EDINET閲覧(提出)サイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)をもとに上場企業サーチ作成

本ページはEDINETに提出された開示情報を上場企業サーチが加工/編集したものであり、記載された情報の正確性および完全性について上場企業サーチは一切の保証を行いません。本ページの情報を利用する際は自己の責任で判断頂き、意思決定に際しては適宜EDINETや提出会社が公開するオリジナルを参照する様にしてください。本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

【表紙】

 

【提出書類】

有価証券報告書

【根拠条文】

金融商品取引法第24条第1項

【提出先】

関東財務局長

【提出日】

2021年6月25日

【事業年度】

第96期(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)

【会社名】

住友金属鉱山株式会社

【英訳名】

Sumitomo Metal Mining Co., Ltd.

【代表者の役職氏名】

代表取締役社長  野 崎 明

【本店の所在の場所】

東京都港区新橋5丁目11番3号

【電話番号】

03(3436)7926

【事務連絡者氏名】

執行役員経理部長  宮 本 邦 彦

【最寄りの連絡場所】

東京都港区新橋5丁目11番3号

【電話番号】

03(3436)7926

【事務連絡者氏名】

執行役員経理部長  宮 本 邦 彦

【縦覧に供する場所】

株式会社東京証券取引所

(東京都中央区日本橋兜町2番1号)

住友金属鉱山株式会社大阪支社

(大阪市中央区北浜4丁目5番33号(住友ビル内))

 

E00023 57130 住友金属鉱山株式会社 Sumitomo Metal Mining Co., Ltd. 企業内容等の開示に関する内閣府令 第三号様式 IFRS true CTE CTE 2020-04-01 2021-03-31 FY 2021-03-31 2019-04-01 2020-03-31 2020-03-31 1 false false false E00023-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E00023-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00023-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00023-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00023-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E00023-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00023-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E00023-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember E00023-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00023-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E00023-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:OtherRetainedEarningsMember E00023-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E00023-000:VariousReservesSSMember E00023-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E00023-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E00023-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00023-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00023-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00023-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00023-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00023-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00023-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00023-000 2017-04-01 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00023-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No10MajorShareholdersMember E00023-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E00023-000 2021-03-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E00023-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E00023-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E00023-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E00023-000 2020-03-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E00023-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E00023-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00023-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E00023-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember E00023-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00023-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E00023-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E00023-000:VariousReservesSSMember E00023-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E00023-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:OtherRetainedEarningsMember E00023-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E00023-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:OtherRetainedEarningsMember E00023-000 2019-03-31 jpigp_cor:EffectivePortionOfCashFlowHedgesIFRSMember E00023-000 2020-03-31 jpigp_cor:ExchangeDifferencesOnTranslationOfForeignOperationsIFRSMember E00023-000 2019-04-01 2020-03-31 jpigp_cor:ExchangeDifferencesOnTranslationOfForeignOperationsIFRSMember E00023-000 2019-03-31 jpigp_cor:ExchangeDifferencesOnTranslationOfForeignOperationsIFRSMember E00023-000 2020-03-31 jpigp_cor:TreasurySharesIFRSMember E00023-000 2019-04-01 2020-03-31 jpigp_cor:TreasurySharesIFRSMember E00023-000 2019-03-31 jpigp_cor:TreasurySharesIFRSMember E00023-000 2020-03-31 jpigp_cor:CapitalSurplusIFRSMember E00023-000 2019-04-01 2020-03-31 jpigp_cor:CapitalSurplusIFRSMember E00023-000 2019-03-31 jpigp_cor:CapitalSurplusIFRSMember E00023-000 2020-03-31 jpigp_cor:ShareCapitalIFRSMember E00023-000 2019-04-01 2020-03-31 jpigp_cor:ShareCapitalIFRSMember E00023-000 2019-03-31 jpigp_cor:ShareCapitalIFRSMember E00023-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp_cor:CorporateSharedMember E00023-000 2021-06-25 jpcrp_cor:Row1Member E00023-000 2021-06-25 jpcrp_cor:Row2Member E00023-000 2021-06-25 jpcrp_cor:Row3Member E00023-000 2021-06-25 jpcrp_cor:Row4Member E00023-000 2021-06-25 jpcrp030000-asr_E00023-000:NakazatoYoshiakiMember E00023-000 2021-06-25 jpcrp030000-asr_E00023-000:NozakiAkiraMember E00023-000 2021-06-25 jpcrp030000-asr_E00023-000:MatsumotoNobuhiroMember E00023-000 2021-06-25 jpcrp030000-asr_E00023-000:NakanoKazuhisaMember E00023-000 2021-06-25 jpcrp030000-asr_E00023-000:IshiiTaekoMember E00023-000 2021-06-25 jpcrp030000-asr_E00023-000:NakayamaYasuyukiMember E00023-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:DirectorsExcludingOutsideDirectorsMember E00023-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row30Member E00023-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row29Member E00023-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row28Member E00023-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row27Member E00023-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row26Member E00023-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row25Member E00023-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row24Member E00023-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row23Member E00023-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row22Member E00023-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row21Member E00023-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row20Member E00023-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row19Member E00023-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row18Member E00023-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row17Member E00023-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row16Member E00023-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row15Member E00023-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row14Member E00023-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row13Member E00023-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row12Member E00023-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row11Member E00023-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row10Member E00023-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row9Member E00023-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row8Member E00023-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row7Member E00023-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row6Member E00023-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row5Member E00023-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:UnallocatedAmountsAndEliminationMember E00023-000 2020-04-01 2021-03-31 E00023-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row41Member E00023-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row40Member E00023-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row40Member E00023-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row39Member E00023-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row39Member E00023-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row38Member E00023-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row38Member E00023-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row37Member E00023-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row37Member E00023-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row36Member E00023-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row36Member E00023-000 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E00023-000:MaterialsReportableSegmentMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00023-000 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E00023-000:SmeltingAndRefiningReportableSegmentMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00023-000 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E00023-000:MineralResourcesReportableSegmentMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00023-000 2021-03-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00023-000 2021-06-25 jpcrp_cor:Row6Member E00023-000 2021-06-25 jpcrp_cor:Row5Member E00023-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row28Member E00023-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row27Member E00023-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row26Member E00023-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row25Member E00023-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row24Member E00023-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row23Member E00023-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row22Member E00023-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row21Member E00023-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row20Member E00023-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row19Member E00023-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row18Member E00023-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row17Member E00023-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row16Member E00023-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row15Member E00023-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row14Member E00023-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row13Member E00023-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row12Member E00023-000 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E00023-000:SmeltingAndRefiningReportableSegmentMember E00023-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E00023-000:SmeltingAndRefiningReportableSegmentMember E00023-000 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E00023-000:MineralResourcesReportableSegmentMember E00023-000 2021-03-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E00023-000 2021-06-25 jpcrp030000-asr_E00023-000:HigoToruMember E00023-000 2021-06-25 jpcrp030000-asr_E00023-000:WataruYoshidaMember E00023-000 2021-06-25 jpcrp030000-asr_E00023-000:KinoshitaManabuMember E00023-000 2021-06-25 E00023-000 2021-03-31 E00023-000 2020-03-31 E00023-000 2019-04-01 2020-03-31 E00023-000 2019-03-31 E00023-000 2018-04-01 2019-03-31 E00023-000 2018-03-31 E00023-000 2017-04-01 2018-03-31 E00023-000 2017-03-31 E00023-000 2016-04-01 2017-03-31 E00023-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00023-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00023-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E00023-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E00023-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E00023-000:VariousReservesSSMember E00023-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:OtherRetainedEarningsMember E00023-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00023-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E00023-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00023-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember E00023-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00023-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00023-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E00023-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00023-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E00023-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E00023-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E00023-000 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00023-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E00023-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember E00023-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00023-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E00023-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E00023-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00023-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E00023-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00023-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00023-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E00023-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00023-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E00023-000:VariousReservesSSMember E00023-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No4MajorShareholdersMember E00023-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No5MajorShareholdersMember E00023-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No6MajorShareholdersMember E00023-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No7MajorShareholdersMember E00023-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No8MajorShareholdersMember E00023-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No9MajorShareholdersMember E00023-000 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E00023-000:MaterialsReportableSegmentMember E00023-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E00023-000:MaterialsReportableSegmentMember E00023-000 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E00023-000:SmeltingAndRefiningReportableSegmentMember E00023-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E00023-000:SmeltingAndRefiningReportableSegmentMember E00023-000 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E00023-000:MineralResourcesReportableSegmentMember E00023-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E00023-000:MineralResourcesReportableSegmentMember E00023-000 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E00023-000:MaterialsReportableSegmentMember E00023-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E00023-000:MaterialsReportableSegmentMember E00023-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E00023-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E00023-000 2020-03-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E00023-000 2020-03-31 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E00023-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00023-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E00023-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00023-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E00023-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00023-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E00023-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00023-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00023-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00023-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsTreasurySharesEtcMember E00023-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsOtherMember E00023-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E00023-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row57Member E00023-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row57Member E00023-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row56Member E00023-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row56Member E00023-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row55Member E00023-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row55Member E00023-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row54Member E00023-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row54Member E00023-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row53Member E00023-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row53Member E00023-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row52Member E00023-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row52Member E00023-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row51Member E00023-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row51Member E00023-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row50Member E00023-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row50Member E00023-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row49Member E00023-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row49Member E00023-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row48Member E00023-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row48Member E00023-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row47Member E00023-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row47Member E00023-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row46Member E00023-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row46Member E00023-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row45Member E00023-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row45Member E00023-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row44Member E00023-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row44Member E00023-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row43Member E00023-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row43Member E00023-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row42Member E00023-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row42Member E00023-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row41Member E00023-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row35Member E00023-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row34Member E00023-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row34Member E00023-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row33Member E00023-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row33Member E00023-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row32Member E00023-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row32Member E00023-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row31Member E00023-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row31Member E00023-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row30Member E00023-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row29Member E00023-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesTreasurySharesSharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E00023-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithFullVotingRightsOtherMember E00023-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsOtherMember E00023-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesLessThanOneUnitMember E00023-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesLessThanOneUnitMember E00023-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row35Member E00023-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E00023-000:MineralResourcesReportableSegmentMember E00023-000 2021-03-31 jpcrp_cor:CorporateSharedMember E00023-000 2021-03-31 jpigp_cor:NonControllingInterestsIFRSMember E00023-000 2020-04-01 2021-03-31 jpigp_cor:NonControllingInterestsIFRSMember E00023-000 2021-03-31 jpigp_cor:EquityAttributableToOwnersOfParentIFRSMember E00023-000 2020-04-01 2021-03-31 jpigp_cor:EquityAttributableToOwnersOfParentIFRSMember E00023-000 2021-03-31 jpigp_cor:RetainedEarningsIFRSMember E00023-000 2020-04-01 2021-03-31 jpigp_cor:RetainedEarningsIFRSMember E00023-000 2021-03-31 jpigp_cor:OtherComponentsOfEquityIFRSMember E00023-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row11Member E00023-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row10Member E00023-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row9Member E00023-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row8Member E00023-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row7Member E00023-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row6Member E00023-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row5Member E00023-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:OtherRetainedEarningsMember E00023-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E00023-000:VariousReservesSSMember E00023-000 2021-06-25 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E00023-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E00023-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithNoVotingRightsMember E00023-000 2019-04-01 2020-03-31 jpigp_cor:NonControllingInterestsIFRSMember E00023-000 2019-03-31 jpigp_cor:NonControllingInterestsIFRSMember E00023-000 2020-03-31 jpigp_cor:EquityAttributableToOwnersOfParentIFRSMember E00023-000 2019-04-01 2020-03-31 jpigp_cor:EquityAttributableToOwnersOfParentIFRSMember E00023-000 2019-03-31 jpigp_cor:EquityAttributableToOwnersOfParentIFRSMember E00023-000 2020-03-31 jpigp_cor:RetainedEarningsIFRSMember E00023-000 2019-04-01 2020-03-31 jpigp_cor:RetainedEarningsIFRSMember E00023-000 2019-03-31 jpigp_cor:RetainedEarningsIFRSMember E00023-000 2020-03-31 jpigp_cor:OtherComponentsOfEquityIFRSMember E00023-000 2019-04-01 2020-03-31 jpigp_cor:OtherComponentsOfEquityIFRSMember E00023-000 2019-03-31 jpigp_cor:OtherComponentsOfEquityIFRSMember E00023-000 2020-03-31 jpigp_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansIFRSMember E00023-000 2019-04-01 2020-03-31 jpigp_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansIFRSMember E00023-000 2019-03-31 jpigp_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansIFRSMember E00023-000 2020-03-31 jpigp_cor:FinancialAssetsMeasuredAtFairValueThroughOtherComprehensiveIncomeIFRSMember E00023-000 2019-04-01 2020-03-31 jpigp_cor:FinancialAssetsMeasuredAtFairValueThroughOtherComprehensiveIncomeIFRSMember E00023-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:CorporateAuditorsExcludingOutsideCorporateAuditorsMember E00023-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:OutsideDirectorsMember E00023-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:OutsideCorporateAuditorsMember E00023-000 2020-03-31 jpigp_cor:NonControllingInterestsIFRSMember E00023-000 2019-03-31 jpigp_cor:FinancialAssetsMeasuredAtFairValueThroughOtherComprehensiveIncomeIFRSMember E00023-000 2020-03-31 jpigp_cor:EffectivePortionOfCashFlowHedgesIFRSMember E00023-000 2019-04-01 2020-03-31 jpigp_cor:EffectivePortionOfCashFlowHedgesIFRSMember E00023-000 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00023-000 2016-04-01 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00023-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row1Member E00023-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row2Member E00023-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row3Member E00023-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row4Member E00023-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row1Member E00023-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row2Member E00023-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row3Member E00023-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row4Member E00023-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00023-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E00023-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E00023-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00023-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E00023-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No1MajorShareholdersMember E00023-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No2MajorShareholdersMember E00023-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No3MajorShareholdersMember E00023-000 2020-04-01 2021-03-31 jpigp_cor:OtherComponentsOfEquityIFRSMember E00023-000 2021-03-31 jpigp_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansIFRSMember E00023-000 2020-04-01 2021-03-31 jpigp_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansIFRSMember E00023-000 2021-03-31 jpigp_cor:FinancialAssetsMeasuredAtFairValueThroughOtherComprehensiveIncomeIFRSMember E00023-000 2020-04-01 2021-03-31 jpigp_cor:FinancialAssetsMeasuredAtFairValueThroughOtherComprehensiveIncomeIFRSMember E00023-000 2021-03-31 jpigp_cor:EffectivePortionOfCashFlowHedgesIFRSMember E00023-000 2020-04-01 2021-03-31 jpigp_cor:EffectivePortionOfCashFlowHedgesIFRSMember E00023-000 2021-03-31 jpigp_cor:ExchangeDifferencesOnTranslationOfForeignOperationsIFRSMember E00023-000 2020-04-01 2021-03-31 jpigp_cor:ExchangeDifferencesOnTranslationOfForeignOperationsIFRSMember E00023-000 2021-03-31 jpigp_cor:TreasurySharesIFRSMember E00023-000 2020-04-01 2021-03-31 jpigp_cor:TreasurySharesIFRSMember E00023-000 2021-03-31 jpigp_cor:CapitalSurplusIFRSMember E00023-000 2020-04-01 2021-03-31 jpigp_cor:CapitalSurplusIFRSMember E00023-000 2021-03-31 jpigp_cor:ShareCapitalIFRSMember E00023-000 2020-04-01 2021-03-31 jpigp_cor:ShareCapitalIFRSMember E00023-000 2021-06-25 jpcrp030000-asr_E00023-000:WakamatsuShojiMember E00023-000 2021-06-25 jpcrp030000-asr_E00023-000:ImaiKojiMember E00023-000 2021-06-25 jpcrp030000-asr_E00023-000:KanayamaTakahiroMember iso4217:JPY xbrli:shares xbrli:shares xbrli:pure iso4217:JPY

第一部【企業情報】

第1【企業の概況】

1【主要な経営指標等の推移】

(1)連結経営指標等

回次

国際財務報告基準

移行日

第93期

第94期

第95期

第96期

決算年月

2017年

4月1日

2018年3月

2019年3月

2020年3月

2021年3月

売上高

百万円

929,746

912,208

851,946

926,122

税引前当期利益

108,286

89,371

79,035

123,379

親会社の所有者に帰属する

当期利益

90,227

66,790

60,600

94,604

親会社の所有者に帰属する

当期包括利益

88,893

50,351

28,541

128,758

親会社の所有者に帰属する持分

957,502

1,029,385

1,047,561

1,001,946

1,113,923

総資産額

1,714,979

1,732,333

1,797,701

1,719,690

1,885,999

1株当たり

親会社所有者帰属持分

3,471.74

3,746.03

3,812.26

3,646.34

4,053.94

基本的1株当たり当期利益

327.26

243.06

220.54

344.29

希薄化後1株当たり当期利益

295.31

243.06

220.54

344.29

親会社所有者帰属持分比率

55.8

59.4

58.3

58.3

59.1

親会社所有者帰属持分

当期利益率

9.08

6.43

5.91

8.94

株価収益率

13.69

13.45

10.06

13.88

営業活動による

キャッシュ・フロー

百万円

78,552

114,744

136,545

91,522

投資活動による

キャッシュ・フロー

22,787

142,354

70,334

32,393

財務活動による

キャッシュ・フロー

89,797

29,047

9,149

55,758

現金及び現金同等物の期末残高

172,907

137,330

81,261

155,530

158,373

従業員数

7,384

7,074

6,776

6,873

7,072

[外、平均臨時雇用者数]

[679]

[698]

[663]

[666]

[722]

(注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。

2.1株当たり親会社所有者帰属持分は、発行済株式総数から自己株式数を控除して算定しております。また、基本的1株当たり当期利益は、期中平均発行済株式総数から期中平均自己株式数を控除して算定しております。

3.2017年10月1日付で普通株式2株につき1株の割合で株式併合を行っております。移行日に当該株式併合が行われたと仮定し、1株当たり親会社所有者帰属持分、基本的1株当たり当期利益及び希薄化後1株当たり当期利益を算定しております。

4.第94期より国際財務報告基準(以下「IFRS」という。)に基づいて連結財務諸表を作成しております。

5.当連結会計年度(第96期)より、顧客から受領した有償支給品に係る会計処理について会計方針の変更を行っております。前連結会計年度(第95期)は本会計方針変更の遡及適用後の数値を記載しております。

 

 

回次

日本基準

第92期

第93期

第94期

決算年月

2017年3月

2018年3月

2019年3月

売上高

百万円

786,146

933,517

912,139

経常利益又は経常損失(△)

1,565

124,853

82,247

親会社株主に帰属する当期純利益又は親会社株主に帰属する当期純損失(△)

18,540

91,648

64,577

包括利益

27,997

93,811

44,529

純資産額

1,024,121

1,120,008

1,154,363

総資産額

1,685,018

1,698,725

1,759,271

1株当たり純資産額

3,486.92

3,771.69

3,827.65

1株当たり当期純利益金額又は当期純損失金額(△)

67.22

332.42

235.00

潜在株式調整後1株当たり

当期純利益金額

299.94

自己資本比率

57.1

61.0

59.8

自己資本利益率

1.93

9.17

6.18

株価収益率

13.48

13.91

営業活動による

キャッシュ・フロー

百万円

43,796

79,405

118,877

投資活動による

キャッシュ・フロー

143,219

22,994

142,962

財務活動による

キャッシュ・フロー

70,392

90,095

29,047

現金及び現金同等物の期末残高

170,293

135,045

81,261

従業員数

7,384

7,074

6,776

[外、平均臨時雇用者数]

[679]

[698]

[663]

 (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。

    2.1株当たり純資産額は、発行済株式総数から自己株式数を控除して算定しております。また、1株当たり当期純利益金額は、期中平均発行済株式総数から期中平均自己株式数を控除して算定しております。

3.第92期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額につきましては、潜在株式は存在するものの、1株当たり当期純損失金額であるため、記載しておりません。

第94期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額につきましては、条件付発行可能株式は存在するものの、所定の条件を満たしておらず希薄化効果を有していないため、記載しておりません。

4.第92期の株価収益率につきましては、親会社株主に帰属する当期純損失を計上したため、記載しておりません。

5.2017年10月1日付で普通株式2株につき1株の割合で株式併合を行っております。第92期の期首に当該株式併合が行われたと仮定し、1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益金額又は当期純損失金額及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額を算定しております。

6.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を第94期の期首から適用しており、第93期に係る主要な経営指標等につきましては、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。

7.第94期の日本基準による諸数値につきましては、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査を受けておりません。

 

 

(2)提出会社の経営指標等

回次

第92期

第93期

第94期

第95期

第96期

決算年月

2017年3月

2018年3月

2019年3月

2020年3月

2021年3月

売上高

百万円

626,177

750,436

758,858

743,418

821,176

経常利益

47,322

51,518

77,622

110,491

75,303

当期純利益又は

当期純損失(△)

188

28,346

49,716

87,940

53,702

資本金

93,242

93,242

93,242

93,242

93,242

(発行済株式総数)

(千株)

(581,628)

(290,814)

(290,814)

(290,814)

(290,814)

純資産額

百万円

616,870

636,000

647,889

706,782

804,929

総資産額

1,011,614

1,025,767

1,071,903

1,103,689

1,300,541

1株当たり純資産額

2,236.66

2,314.46

2,357.78

2,572.16

2,929.41

1株当たり配当額

11.0

83.0

73.0

78.0

121.0

(内1株当たり中間配当額)

(〃)

(5.0)

(17.0)

(51.0)

(39.0)

(22.0)

1株当たり当期純利益

金額又は当期純損失金額(△)

0.68

102.81

180.92

320.03

195.44

潜在株式調整後

1株当たり当期純利益金額

93.38

自己資本比率

61.0

62.0

60.4

64.0

61.9

自己資本利益率

0.03

4.52

7.74

12.98

7.10

株価収益率

43.57

18.07

6.93

24.45

配当性向

97.3

40.3

24.4

61.9

従業員数

2,279

2,308

2,395

2,428

2,433

[外、平均臨時雇用者数]

[220]

[226]

[227]

[237]

[271]

株主総利回り

142.7

205.9

155.0

111.5

231.5

(比較指標:配当込みTOPIX)

(114.7)

(132.9)

(126.2)

(114.2)

(162.3)

最高株価

1,676.5

5,562

4,902

3,715

5,584

 

 

 

(1,966.5)

 

 

 

最低株価

973

3,563

2,743

1,859

2,141

 

 

 

(1,306.5)

 

 

 

 (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。

2.1株当たり純資産額は、発行済株式総数から自己株式数を控除して算定しております。また、1株当たり当期純利益金額は、期中平均発行済株式総数から期中平均自己株式数を控除して算定しております。

3.第92期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額につきましては、潜在株式は存在するものの、1株当たり当期純損失金額であるため、記載しておりません。

第94期から第96期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額につきましては、条件付発行可能株式は存在するものの、所定の条件を満たしておらず希薄化効果を有していないため、記載しておりません。

4.第92期の株価収益率及び配当性向につきましては、当期純損失を計上したため、記載しておりません。

5.2017年10月1日付で普通株式2株につき1株の割合で株式併合を行っております。

第92期の期首に当該株式併合が行われたと仮定し、1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益金額又は当期純損失金額及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額を算定しております。

第93期の1株当たり配当額83.0円は、当該株式併合前の中間配当額17.0円と、当該株式併合後の期末配当額66.0円の合計額であります。株式併合後の基準で換算した1株当たり年間配当額は100.0円となります。

第93期以降の株主総利回りについては、第92期の期首に当該株式併合が行われたと仮定し算定しております。

第93期の株価については株式の併合後の最高・最低株価を記載し、( )内に株式の併合前の最高・最低株価を記載しております。

6.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を第94期の期首から適用しており、第93期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。

7.株価は、東京証券取引所市場第一部におけるものであります。

2【沿革】

1590

 

住友家の業祖、蘇我理右衛門、京都において銅製錬、銅細工を開業。その後、銀・銅を吹き分ける“南蛮吹き”の技術をもち、また鉱山の開発も手がける。

1691年

別子銅山の稼行開始。

1905年

四阪島に銅製錬所を新設。

1927年7月

住友合資から別子鉱山、四阪島製錬所等を分離し、住友別子鉱山㈱を設立。

1937年6月

住友別子鉱山㈱と住友炭礦㈱を合併して、住友鉱業㈱を設立。

1939年11月

電気ニッケルの生産開始。

1946年1月

社名を井華鉱業㈱と改称。

1950年3月

井華鉱業㈱の金属部門をもって、別子鉱業㈱を設立し新発足。

1950年6月

東京証券取引所市場第一部上場。

1952年6月

社名を、別子鉱業㈱から住友金属鉱山㈱に改称。

1956年9月

㈱日向製錬所(現・連結子会社)を設立し、フェロニッケルの生産開始。

1960年4月

東京電子金属㈱を設立し、エレクトロニクス材料の製造事業に進出。

(1966年、当社に吸収合併された)

1963年4月

シポレックス製造㈱を設立し、ALC(軽量気泡コンクリート)事業に進出。

(1989年、当社に吸収合併された)

1964年7月

住鉱アイ・エス・ピー㈱を設立し、亜鉛・鉛の生産開始。

(1980年、当社に吸収合併され、播磨事業所となる)

1965年8月

市川市に中央研究所(現 市川研究センター)建設。

1967年9月

電子金属事業部青梅工場(現 青梅事業所)完成。

1970年6月

新居浜ニッケル新工場完成。

1971年2月

東予製錬所完成。

1973年3月

1977年1月

別子鉱山、5月鴻之舞鉱山操業終結。

住友金属鉱山シンガポール社を設立し、海外におけるエレクトロニクス材料の製造事業に進出。

(2017年、会社譲渡)

1977年2月

新居浜研究所設置。

1981年8月

金属鉱業事業団(現 (独)石油天然ガス・金属鉱物資源機構)の広域調査により、当社の鹿児島県菱刈鉱区に高品位の金鉱脈発見される。

1985年7月

菱刈鉱山、金鉱脈に到達。探鉱出鉱開始。

1986年2月

Sumitomo Metal Mining Arizona Inc.(現・連結子会社)へ出資し、モレンシー銅鉱山(米国)の権益取得。海外鉱山事業への進出並びに銅原料の安定確保。

1988年7月

カナダのインコ社(現 ヴァーレ・カナダ社)よりPTインターナショナルニッケルインドネシア(現 PT Vale Indonesia Tbk)の株式を取得。ニッケル原料の安定確保。

1990年7月

ニューカレドニアのエタブリスモン バランド(現 FIGESBAL SA、持分法適用会社)に資本参加。

1992年1月

米国のフェルプス・ドッジ社(現 フリーポート・マクモラン社)が所有する(現在はカナダのルンディン・マイニング社が所有)カンデラリア銅鉱床(チリ)の開発プロジェクトに参加。

1995年9月

中国の金隆銅業有限公司(現・持分法適用会社)に資本参加。

1997年2月

海外資源事業統括会社としてSumitomo Metal Mining America Inc.(現・連結子会社)を設立。

1999年9月

住友金属鉱山シポレックス㈱(現・連結子会社)を設立。

1999年9月

㈱ジェー・シー・オー(現・連結子会社)東海事業所において臨界事故発生。

2002年7月

三井金属鉱業株式会社と亜鉛製錬事業について提携し、合弁会社エム・エスジンク㈱(現・持分法適用会社)を設立。

2003年2月

同和鉱業株式会社(現 DOWAホールディングス株式会社)と硫酸事業について提携し、合弁会社㈱アシッズ(現・持分法適用会社)を設立。

2005年4月

フィリピンのパラワン島南部リオツバ地区においてコーラルベイ・プロジェクト(低品位酸化ニッケル鉱の湿式処理(HPAL)プロジェクト)の生産開始。

2005年12月

チリのCompania Contractual Minera Ojos del Salado(現・持分法適用会社)が探鉱権を所有するプンタ・デル・コブレ探鉱地区(チリ)の銅探鉱プロジェクトに参加。

2006年2月

カナダのテック・コミンコ社(現 Teck Resources Ltd.)及び住友商事株式会社との共同プロジェクト、米国アラスカ州ポゴ金鉱山の生産開始。

2006年11月

ペルーのセロ・ベルデ鉱山の硫化銅鉱床開発プロジェクトの生産開始。

 

 

2009年7月

ポゴ金鉱山権益のTeck Resources Ltd.保有分を住友商事㈱とともに取得。合わせてオペレータの地位を継承し、当社初の海外鉱山操業を開始。

2009年8月

フィリピンのNickel Asia Corporation(現・持分法適用会社)に資本参加。

2009年9月

フィリピンのミンダナオ島北東部タガニート地区におけるタガニート・プロジェクト(低品位酸化ニッケル鉱の湿式処理(HPAL)プロジェクト)の実施を決定。

2010年7月

住友金属鉱山伸銅㈱と三井金属鉱業㈱圧延加工事業部が吸収分割の方法により事業統合し、当社と三井金属鉱業㈱の共同出資による三井住友金属鉱山伸銅㈱(現・持分法適用会社)が発足。

2011年5月

カナダのクアドラFNXマイニング社(現 KGHM インターナショナル社)がチリに保有するシエラゴルダ銅鉱山開発プロジェクトに参加。

2013年6月

フィリピンのタガニート・プロジェクトのプラントが完成。

 

2013年7月

当社と日立電線株式会社(現 日立金属株式会社)のリードフレーム事業が吸収分割の方法により事業統合。

2013年7月

2013年9月

2015年7月

2016年5月

2016年11月

日立電線㈱(現 日立金属㈱)の伸銅事業会社の株式取得。

フィリピンのタガニート・プロジェクトの生産開始。

チリのシエラゴルダ銅鉱山の生産開始。

SMM Morenci Inc.(現・連結子会社)を通じて、モレンシー銅鉱山の権益追加取得。

日立金属㈱とのリードフレーム及び伸銅事業の協業解消、並びにリードフレーム事業撤退を決定。

2017年6月

2018年9月

2019年3月

2020年10月

 

カナダのアイアムゴールド社がカナダに保有するコテ金開発プロジェクトに参加。

Sumitomo Metal Mining Pogo LLC の売却とともにポゴ金鉱山のオペレータの地位を譲渡。

カナダのTeck Resources Ltd.がチリに保有するケブラダ・ブランカ銅鉱山の権益取得。

PT Vale Indonesia Tbk株式を一部売却。

 

 

3【事業の内容】

 当企業集団は、当連結会計年度末(2021年3月31日)現在、当社及び連結子会社55社、持分法適用会社14社により構成され、資源開発、非鉄金属製品の製造・販売、電池材料及び機能性材料の製造・販売を主たる業務とし、その他これらに関連する事業活動を展開しております。

 当企業集団の事業内容と主な会社の当該事業に係る位置付けは次のとおりであります。

 なお、次の4区分は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 連結財務諸表注記 6.事業セグメント」に掲げるセグメント情報の区分と同一であります。

 

(1)資源セグメント

資源開発…………………… 国内及び海外における非鉄金属資源の探査・開発・生産及び生産物の販売

(金銀鉱の採掘・販売、金の製錬・販売、銅精鉱及びSX-EW法による銅の生産・販売等)

<主な会社>

当社、Sumitomo Metal Mining America Inc.、Sumitomo Metal Mining Arizona Inc.、SMM Morenci Inc.、SMMA Candelaria Inc.、Sumitomo Metal Mining Canada Ltd.、SMM Gold Cote Inc.、SMM Exploration Corporation、Sumitomo Metal Mining Oceania Pty.Ltd.、SMM Resources Inc.、SMM Cerro Verde Netherlands B.V.、SMMCV Holding B.V.、Sumitomo Metal Mining Peru S.A.、Sumitomo Metal Mining Chile LTDA.、SMM Sierra Gorda Inversiones LTDA.、SMM-SG Holding Inversiones LTDA.、SMM Holland B.V.、SMM Quebrada Blanca SpA、SMMQB Holding SpA、Sumitomo Metal Mining do Brasil LTDA.、Compania Contractual Minera Candelaria、Sociedad Minera Cerro Verde S.A.A.、Compania Contractual Minera Ojos del Salado、Sierra Gorda S.C.M.、Quebrada Blanca Holdings SpA、Cordillera Exploration Company Inc.

地質調査・土木工事……… 資源開発技術から発展した地質調査業及び掘削技術を中心とした土木工事業

<主な会社>

住鉱資源開発㈱

 

(2)製錬セグメント

金属製錬…………………… 銅・ニッケル・フェロニッケル・亜鉛の製錬・販売及び金・銀・白金・パラジウム等の貴金属の製錬・販売等

<主な会社>

当社、㈱日向製錬所、㈱四阪製錬所、住鉱物流㈱、Coral Bay Nickel Corporation、Taganito HPAL Nickel Corporation、Sumitomo Metal Mining Philippine Holdings Corporation、住友金属鉱山管理(上海)有限公司、住友金属鉱山(香港)有限公司、㈱アシッズ、エム・エスジンク㈱、FIGESBAL SA、金隆銅業有限公司、Nickel Asia Corporation

金属加工…………………… 伸銅品等の製造・販売

<主な会社>

三井住友金属鉱山伸銅㈱

 

(3)材料セグメント

電池材料…………………… 水酸化ニッケル・ニッケル酸リチウム等の製造・販売

<主な会社>

当社、住鉱エナジーマテリアル㈱

 

機能性材料………………… ペースト・粉体材料(ニッケル粉等)・結晶材料(タンタル酸リチウム基板等)・光通信用材料及びデバイス・薄膜材料(ターゲット材等)・磁性材料・テープ材料(2層めっき基板)・リードフレーム・プリント配線板・コネクタ等の製造・加工・販売

<主な会社>

当社、大口電子㈱、住鉱国富電子㈱、㈱SMMプレシジョン、㈱グラノプト、㈱サイコックス、新居浜電子㈱、㈱伸光製作所、住鉱テック㈱、韓国住鉱株式会社、上海住鉱電子漿料有限公司、東莞住鉱電子漿料有限公司、台住電子材料股份有限公司、格藍光学材料貿易(深圳)有限公司、住鉱科技商貿(東莞)有限公司、Sumiko Tec(Thailand)Co.,Ltd.、大口マテリアル㈱

 

その他……………………… 自動車排ガス処理触媒・化学触媒・石油精製脱硫触媒・軽量気泡コンクリート(シポレックス)・潤滑剤等の製造・販売等

<主な会社>

住友金属鉱山シポレックス㈱、住鉱潤滑剤㈱、住鉱潤滑剤貿易(上海)有限公司、エヌ・イー ケムキャット㈱、日本ケッチェン㈱

 

(4)その他

エンジニアリング事業、環境保全設備・装置の設計・製造・施工、建設業、機械設備の設計・製作等

<主な会社>

当社、ヰゲタハイム㈱、㈱ジェー・シー・オー、日本照射サービス㈱、住友金属鉱山エンジニアリング㈱、住鉱技術サービス㈱、住鉱テクノリサーチ㈱

 

 以上に述べた事項の概略図は次頁のとおりであります。

 

0101010_001.png

 

4【関係会社の状況】

 

名称

住所

資本金

又は

出資金

主要な

事業の

内容

議決権の

所有割合

又は

被所有割合

(%)

関係内容

役員の兼任等

貸付金

(百万円)

営業上の取引

設備の

賃貸借

当社

役員

(名)

当社

社員

(名)

(連結子会社)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Sumitomo Metal Mining America Inc.

アメリカ合衆国

デラウェア州

U.S.$

600

資源

100

3

Sumitomo Metal Mining Arizona Inc.

アメリカ合衆国

デラウェア州

U.S.$

800

資源

80

(80)

2

当社は同社より銅精鉱を購入しております。

SMM Morenci Inc.

アメリカ合衆国

デラウェア州

千U.S.$

10

資源

100

(100)

2

当社は同社より銅精鉱を購入しております。

SMMA Candelaria Inc.

アメリカ合衆国

デラウェア州

U.S.$

100

資源

100

(100)

4

SMM Sierra Gorda Inversiones LTDA. (注)2

チリ

サンチャゴ市

千U.S.$

1,578,960

資源

70

(70)

2

SMM-SG Holding Inversiones LTDA. (注)2

チリ

サンチャゴ市

千U.S.$

1,010,752

資源

100

(0)

3

SMM Holland B.V. (注)2

オランダ

アムステルダム市

千U.S.$

638,722

資源

100

2

SMM Quebrada Blanca SpA (注)2

チリ

サンチャゴ市

千U.S.$

1,310,150

資源

83

(83)

3

SMMQB Holding SpA (注)2

チリ

サンチャゴ市

千U.S.$

1,094,309

資源

100

3

Sumitomo Metal Mining Canada Ltd.

カナダ

ブリティッシュ

コロンビア州

千C.$

28,905

資源

100

1

974

SMM Gold Cote Inc. (注)2

カナダ

ブリティッシュ

コロンビア州

千U.S.$

215,000

資源

100

3

13,064

SMM Exploration Corporation

アメリカ合衆国

ワシントン州

千U.S.$

21,950

資源

100

(100)

1

Sumitomo Metal Mining Oceania Pty.Ltd.

オーストラリア

ニューサウス

ウェールズ州

千A.$

43,000

資源

100

(89)

2

当社は同社より銅精鉱を購入しております。

SMM Resources Inc.

カナダ

ノバスコシア州

千C.$

39,261

資源

100

1

SMM Cerro Verde Netherlands B.V.

オランダ

アムステルダム市

千U.S.$

3,123

資源

80

(80)

3

SMMCV Holding B.V.

オランダ

アムステルダム市

千U.S.$

1,260

資源

100

2

Sumitomo Metal Mining Peru S.A.

ペルー

リマ市

千PEN

25,150

資源

100

3

Sumitomo Metal Mining Chile LTDA.

チリ

サンチャゴ市

百万CLP

16,877

資源

100

(0)

3

Sumitomo Metal Mining do Brasil LTDA.

ブラジル

サンパウロ市

千BRL

69,767

資源

100

(0)

 

 

 

名称

住所

資本金

又は

出資金

主要な

事業の

内容

議決権の

所有割合

又は

被所有割合

(%)

関係内容

役員の兼任等

貸付金

(百万円)

営業上の取引

設備の

賃貸借

当社

役員

(名)

当社

社員

(名)

住鉱資源開発㈱

東京都港区

百万円

80

資源

100

3

当社は同社に地質調査を外注しております。

㈱日向製錬所

宮崎県日向市

百万円

1,080

製錬

60

5

1,937

当社は同社にニッケル鉱石を供給し、フェロニッケルの加工を委託しております。

㈱四阪製錬所

愛媛県新居浜市

百万円

400

製錬

100

4

住鉱物流㈱

愛媛県新居浜市

百万円

50

製錬

100

4

当社は同社に運送業務を外注しております。

Coral Bay Nickel Corporation

フィリピン

パラワン州

千PHP

587,500

製錬

54

4

当社は同社よりニッケル原料を購入しております。

Taganito HPAL Nickel Corporation

フィリピン

北スリガオ州

千PHP

4,095,000

製錬

75

5

87,917

当社は同社よりニッケル原料を購入しております。

Sumitomo Metal Mining Philippine Holdings Corporation

フィリピン

マニラ

千PHP

501,587

製錬

100

4

住友金属鉱山管理(上海)

有限公司

中華人民共和国

上海市

千RMB.\

12,588

製錬

100

4

当社は同社に金属営業・材料営業活動のサポート、情報収集を中心としたコンサルティング業務を委託しております。また同社から機能性材料の原料を購入し、同社に機能性材料製品を販売しております。

住友金属鉱山(香港)

有限公司

中華人民共和国

香港

千U.S.$

15

製錬

100

(100)

1

当社は同社に非鉄金属製品・機能性材料製品を販売しております。

住鉱エナジーマテリアル㈱

東京都港区

百万円

150

材料

100

3

当社は同社にニッケル酸リチウムの製造を委託しております。

大口電子㈱

鹿児島県伊佐市

百万円

1,000

材料

100

4

当社は同社に機能性材料の製造を委託しております。

住鉱国富電子㈱

北海道岩内郡共和町

百万円

400

材料

100

3

9,234

当社は同社にタンタル酸リチウム基板の製造を委託しております。当社は同社より磁性材料を購入しております。

大口マテリアル㈱

鹿児島県伊佐市

百万円

100

材料

95

4

 

 

名称

住所

資本金

又は

出資金

主要な

事業の

内容

議決権の

所有割合

又は

被所有割合

(%)

関係内容

役員の兼任等

貸付金

(百万円)

営業上の取引

設備の

賃貸借

当社

役員

(名)

当社

社員

(名)

㈱SMMプレシジョン

秋田県能代市

百万円

150

材料

100

3

当社は同社に機能性材料の製造を委託しております。

㈱グラノプト

秋田県能代市

百万円

150

材料

51

3

格藍光学材料貿易(深圳)

有限公司

中華人民共和国

深圳市

千RMB.\

700

材料

51

2

新居浜電子㈱

愛媛県新居浜市

百万円

9

材料

100

2

当社は同社に2層めっき基板等の製造を委託しております。

韓国住鉱株式会社

大韓民国

ソウル市

千W

100,000

材料

100

1

当社は同社に機能性材料営業活動のサポート、情報収集を中心としたコンサルティング業務を委託しております。

台住電子材料

股份有限公司

台湾

高雄市

千NT.$

75,800

材料

100

4

当社は同社に原材料を供給して機能性材料の製造を委託しております。

上海住鉱電子漿料

有限公司

中華人民共和国

上海市

千RMB.\

16,034

材料

69

5

当社は同社に機能性材料を販売しております。

東莞住鉱電子漿料

有限公司

中華人民共和国

広東省

千RMB.\

9,603

材料

100

(49)

4

当社は同社に機能性材料を販売しております。

㈱サイコックス

東京都港区

百万円

100

材料

51

3

㈱伸光製作所

野県上伊那郡

箕輪町

百万円

738

材料

100

4

2,460

住鉱テック㈱

神奈川県横浜市

港北区

百万円

490

材料

100

3

2,834

住鉱科技商貿(東莞)

有限公司

中華人民共和国

広東省

千RMB.\

5,000

材料

100

(100)

1

Sumiko Tec(Thailand)Co.,Ltd.

タイ

バンコク市

千Baht

10,000

材料

100

(100)

1

住友金属鉱山シポレックス㈱

東京都港区

百万円

5,000

材料

100

3

1,842

住鉱潤滑剤㈱

東京都港区

百万円

72

材料

100

2

住鉱潤滑剤貿易(上海)

有限公司

中華人民共和国

上海市

千RMB.\

2,049

材料

100

(100)

2

ヰゲタハイム㈱

東京都新宿区

百万円

50

その他

100

1

当社は同社に建築工事の設計施工管理等を発注しております。

㈱ジェー・シー・オー

東京都港区

百万円

10

その他

100

4

985

 

 

名称

住所

資本金

又は

出資金

主要な

事業の

内容

議決権の

所有割合

又は

被所有割合

(%)

関係内容

役員の兼任等

貸付金

(百万円)

営業上の取引

設備の

賃貸借

当社

役員

(名)

当社

社員

(名)

日本照射サービス㈱

東京都港区

百万円

450

その他

100

4

328

住鉱テクノリサーチ㈱

愛媛県新居浜市

百万円

100

その他

100

3

972

当社は同社に分析業務を外注しております。

住友金属鉱山エンジニアリング㈱

愛媛県新居浜市

百万円

240

その他

100

6

当社は同社に機械設備・プラント類の設計製作及び土木工事等の設計施工管理等を発注しております。

住鉱技術サービス㈱

愛媛県新居浜市

百万円

50

その他

100

4

当社は同社に製造管理等を委託しております。

その他1社

(持分法適用会社)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Compania Contractual Minera Candelaria

チリ

サンチャゴ市

千U.S.$

105,860

資源

20

(20)

当社は同社より銅精鉱を購入しております。

Sociedad Minera Cerro Verde S.A.A.

ペルー

アレキーパ州

千U.S.$

990,659

資源

21

(21)

1

当社は同社より銅精鉱を購入しております。

Compania Contractual Minera Ojos del Salado

チリ

サンチャゴ市

千U.S.$

33,676

資源

20

(20)

当社は同社より銅精鉱を購入しております。

Sierra Gorda S.C.M.

チリ

サンチャゴ市

千U.S.$

2,819,400

資源

45

(45)

当社は同社より銅精鉱を購入しております。

Quebrada Blanca Holdings SpA

チリ

サンチャゴ市

千U.S.$

995,157

資源

33

(33)

Cordillera Exploration Company Inc.

フィリピン

マニラ

千PHP

554,211

資源

40

3

㈱アシッズ

東京都港区

百万円

150

製錬

50

4

当社は同社に硫酸を販売しております。

エム・エスジンク㈱

東京都港区

百万円

100

製錬

50

3

三井住友金属鉱山伸銅㈱

埼玉県上尾市

百万円

4,250

製錬

50

5

当社は同社に銅を販売しております。

FIGESBAL SA

ニューカレドニア

ヌメア

千CFPF

543,213

製錬

26

(0)

1

1

当社は同社よりニッケル鉱石を購入しております。

金隆銅業有限公司

中華人民共和国

安徽省

千RMB.\

802,038

製錬

27

1

1

Nickel Asia Corporation

フィリピン

マニラ

千PHP

6,849,836

製錬

27

(27)

2

 

 

名称

住所

資本金

又は

出資金

主要な

事業の

内容

議決権の

所有割合

又は

被所有割合

(%)

関係内容

役員の兼任等

貸付金

(百万円)

営業上の取引

設備の

賃貸借

当社

役員

(名)

当社

社員

(名)

エヌ・イー ケムキャット㈱

東京都港区

百万円

3,424

材料

50

3

日本ケッチェン㈱

東京都港区

百万円

480

材料

50

4

 

 

  (注)1.主要な事業の内容欄には、セグメントの名称を記載しております。

2.上記のうち、特定子会社に該当する会社はSMM Gold Cote Inc.、SMM Sierra Gorda Inversiones LTDA.、SMM-SG Holding Inversiones LTDA.、SMM Quebrada Blanca SpA、SMMQB Holding SpA及びSMM Holland B.V.であります。

3.「議決権の所有割合又は被所有割合」欄の(内書)は間接所有です。

4.上記のうち、連結財務諸表に重要な影響を与えている債務超過の状況にある会社は、Sierra Gorda S.C.M.であります。当連結会計年度末における債務超過額は176,829百万円です。

5.上記の連結子会社で、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く。)の連結売上高に占める割合が10%を超えている会社はありません。

6.上記の役員の兼任等で、当社社員には執行役員等を含んでおります。

7.有価証券届出書又は有価証券報告書を提出している会社はありません。

5【従業員の状況】

(1)連結会社の状況

 

2021年3月31日現在

セグメントの名称

従業員数(人)

資源

374

[62]

製錬

2,556

[96]

材料

2,764

[344]

報告セグメント計

5,694

[502]

その他

553

[101]

本社その他

825

[119]

合計

7,072

[722]

 (注)1.従業員数は就業人員であり、臨時従業員数は[ ]内に年間の平均人員を外数で記載しております。

2.本社その他として記載している従業員数は、管理部門等に所属している者であります。

3.材料セグメントにおける大口マテリアル株式会社の子会社化などにより、前連結会計年度末に比べ従業員数が増加しております。

 

(2)提出会社の状況

 

 

 

 

2021年3月31日現在

従業員数(人)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(千円)

2,433

[271]

42.7

19.5

7,952

 

セグメントの名称

従業員数(人)

資源

196

[50]

製錬

796

[54]

材料

616

[48]

報告セグメント計

1,608

[152]

本社その他(当社)

825

[119]

合計

2,433

[271]

 (注)1.従業員数は就業人員であり、臨時従業員数は[ ]内に年間の平均人員を外数で記載しております。

2.平均年間給与(税込)は、基準外給与、その他諸手当及び賞与を含めております。

3.本社その他(当社)として記載している従業員数は、管理部門等に所属している者であります。

 

(3)労働組合の状況

2021年3月31日現在

 

社内組織

上部組織

店所別組合

住友金属鉱山労働組合総連合会

(略称 住鉱連)

日本基幹産業労働組合連合会

(略称 基幹労連)

住友金属鉱山東京労働組合(市川研究センター、大阪支社、

名古屋支店を含む)

別子労働組合

住友金属鉱山播磨労働組合

住友電子金属労働組合

住友金属鉱山菱刈鉱山労働組合

 (注)1.当社の各店所においては上記のとおり組合が結成されており管理社員を除く全従業員が加入しております。

2.各店所の組合は、それぞれ上部組織の住鉱連及び基幹労連に加入しており、住鉱連は、社内全般にわたる労働条件について、会社と交渉を行います。

3.連結子会社に係る主な労働組合は、日向製錬所労働組合、ジェー・シー・オー労働組合、住友金属鉱山シポレックス労働組合、大口電子労働組合、伸光製作所労働組合、国富労働組合であります。上記労働組合は、それぞれ住鉱連及び基幹労連に加入しており、各店所組合を含む住鉱連の2021年3月31日現在における所属組合員数は3,596名であります。

なお、労使は相互信頼を基盤に円満な関係を持続しております。

 

第2【事業の状況】

1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

 当社グループ(当社、連結子会社及び持分法適用会社)は、以下の経営理念、経営ビジョン、CSR方針を経営の基本方針としております。

 

「SMMグループ経営理念」

・ 住友の事業精神に基づき、地球および社会との共存を図り、健全な企業活動を通じて社会への貢献とステークホルダーへの責任を果たし、より信頼される企業をめざします

・ 人間尊重を基本とし、その尊厳と価値を認め、明るく活力ある企業をめざします

 

「SMMグループ経営ビジョン」

・ 技術力を高め、ものづくり企業としての社会的な使命と責任を果たします

・ コンプライアンス、環境保全および安全確保を基本としたグローバルな企業活動により、資源を確保し、非鉄金属、機能性材料などの高品質な材料を提供し、企業価値の最大化をめざします

 

「CSR方針」

1.資源の有効利用およびリサイクルを推進するとともに、技術革新やエネルギー効率の継続的な改善などにより、地球温暖化対策に取り組みます

2.国内外において地域に根ざした活動を積極的に推進し、地域社会との共存を図ります

3.健全な事業活動を継続するために、人権を尊重するとともに、多様な人材が活躍する企業を目指します

4.安全を最優先し、快適な職場環境の確保と労働災害ゼロを達成します

5.多様なステークホルダーとのコミュニケーションを強化し、健全な関係を構築します

 

 また、上記の経営方針を受けた到達すべき目標として長期ビジョンとターゲットを以下のとおり定めています。

『長期ビジョン』

 「世界の非鉄リーダー」を目指す。

≪当社グループが目指す「世界の非鉄リーダー」≫

・ 資源権益やメタル生産量において、グローバルな存在感(=世界トップ5に入るメタル)がある

・ 資源メジャーでも容易に模倣できない、卓越した技術や独自のビジネスモデルを有している

・ 持続的成長を実現し、安定して一定規模の利益をあげている

・ SDGs等の社会課題に積極的に取り組んでいる

・ 従業員がいきいきと働いている

『ターゲット』

・ ニッケル:生産量15万t/年

・ 銅:権益分生産量30万t/年

・ 金:優良権益獲得による鉱山オペレーションへの新規参画

・ 材料事業:ポートフォリオ経営による税引前当期利益250億円/年の実現

・ 利益:親会社の所有者に帰属する当期利益 1,500億円/年

 

 長期ビジョンとターゲットの達成に向け当社グループは3年ごとに中期経営計画を策定し実行しています。また2008年からはCSR活動を体系的に開始し、価値創造の方向性を示す「2020年のありたい姿」に取り組んだ後、新たな社会課題や当社グループの事業課題を視野に入れ、長期ビジョンの実現に向けた2030年時点でのマイルストーンとして「2030年のありたい姿」を2020年3月に公表し、活動を進めています。

 

(1) 中期経営計画

 当社グループは、2019年2月に公表した、2019年度から2021年度を対象とする「2018年中期経営計画」(以下、「18中計」という。)を実行し、企業価値の一層の向上と新たな成長への挑戦を進めております。なお、文中における将来に関する事項は、当連結会計年度末において当社グループが判断したものであります。

 

① 経営環境

「18中計」の策定に際して考慮すべき中期的な経営環境として以下を挙げております。

<社会全体>

・先進国、中国の経済成長率鈍化

・世界経済の不透明性、不確実性拡大

  米中関係悪化、国家資本主義の拡大、保護主義の先鋭化

・移民問題、経済格差による社会的分断

  ポピュリズムの台頭、地政学リスクの上昇

・先進国の少子高齢化の急速な進展

・労働生産性の伸びの鈍化による経済成長率の低下

  生産性向上に向けたデジタルテクノロジーの適用

・世界的なSDGs対応、ESG投資への潮流加速

・持続可能な社会への転換(環境負荷の低減)

  環境負荷物質(CO2等)排出量削減

  資源リサイクルの拡大

  シェアリングエコノミーの進展

<当社事業関連>

・中期的な資源価格の上昇

  優良鉱山開発案件の不足

  EV化進展等による非鉄需要拡大

・資源開発、製錬操業をめぐる事業環境の悪化

  資源ナショナリズムの高揚

  鉱山開発における高地化、奥地、深部、低品位化など開発難度の上昇

  環境規制強化、住民理解獲得の困難化

  投資、ランニングコスト上昇

・デジタルテクノロジーの進化発展、インフラ化

  AI、IoT、5G、VR技術の開発加速

  CASE、ロボットなどの実社会への展開

 

② 基本戦略

 「18中計」では、『コアビジネス(資源・製錬・材料)の成長基盤強化』『電池向け正極材を軸とした3事業連携の強化』『コーポレート機能の強化』を3大基本戦略とし、優先的に対処すべき課題である、ものづくり力/事業管理力の強化・向上、新製品・新事業の創出、成長を支える人材の確保・育成 の実現に向けた諸施策を展開してまいります。

 

◇コアビジネス(資源・製錬・材料)の成長基盤強化

 ケブラダ・ブランカ2プロジェクト(資源)、ポマラプロジェクト(製錬)、電池増強(材料)を3大プロジェクトと位置付け、総力を挙げて推進してまいります。

 ケブラダ・ブランカ2プロジェクトは、2018年12月に当社が参入を決定したチリの銅鉱山開発プロジェクトです。生産開始は2022年後半、マインライフは約28年、平均年間銅生産量は約24万tの大型プロジェクトとなる予定です。

 ポマラプロジェクトは、インドネシア スラウェシ島における、コーラルベイ、タガニートに次ぐ第3のHPAL(低品位酸化ニッケル鉱の湿式処理)プラント建設プロジェクトです。参入を決定した場合、2020年代後半頃の操業開始を目指します。これによりニッケル生産量15万t/年のターゲット実現に向けて更に一歩前進します。

 電池増強は、拡大が見込まれる車載用二次電池の需要に対応し段階的に能力を増強してまいります。2019年4月に新設した電池材料事業本部のもと、中長期的には2027年度までに、電池正極材料(ニッケル酸リチウム(NCA)、三元系(NMC)、水酸化ニッケル)の合計1万t/月の生産体制構築を目指します。

 また、製錬事業を中心に、老朽化設備の維持更新投資や効率化投資を遅滞なく実施し、逸失利益・機会損失の極小化に努めてまいります。

 

◇電池向け正極材を軸とした3事業連携の強化

 電池リサイクルの事業化(バッテリーtoバッテリー)に向け、2019年3月、廃リチウムイオン二次電池の新リサイクルプロセスパイロットプラントの稼働を開始しました。事業化が実現すれば、国内において持続可能な循環型社会の形成がより一層進み、世界的な資源枯渇に対応する資源循環に大きく貢献することになります。

 

◇コーポレート機能の強化

 CSRや社内外のステークホルダーとのコミュニケーション活性化、ダイバーシティや働き方改革の推進、自由闊達な組織風土の再構築等に向け、2019年4月に本社組織をコーポレートコミュニケーション/コーポレートマネジメント/コーポレートプランニングという機能別部門に再編しました。また2020年6月には再編後の課題を整理して一部組織を改正しました。専門性を重視しつつ、グローバル化する諸課題にも対応する組織を目指します。特にコーポレートコミュニケーション部門においては、SDGs、ESGといった企業として求められる共通課題に連携して対応してまいります。

 

③ 目標とする経営指標

 「世界の非鉄リーダー」実現に向けては、健全な財務体質に裏打ちされた大型プロジェクトやM&Aへの機動的な対応が欠かせません。当社グループは「18中計」において、財務体質の健全性を示す指標として連結自己資本比率50%以上の維持を掲げております。

 

④ 新型コロナウイルス感染症の影響

 新型コロナウイルスの感染症の拡大は未だ収束せず、経済環境の先行きは不透明な状況が継続していますが、現時点において「18中計」の戦略・目標の変更や大型プロジェクトの中止を判断するような状況にはなく、大型プロジェクトの実施可否については、想定しうる範囲で意思決定に必要な前提条件を予測し適切に判断いたします。

 

(2) その他

 ㈱ジェー・シー・オーは、施設の維持管理、低レベル放射性廃棄物の保管管理、施設の廃止措置に向けた準備のため、施設の解体や除染等を推進するための諸施策を進めております。当社は、同社がこれらに万全の態勢で取り組むことができるよう引き続き支援を行ってまいります。

 

2【事業等のリスク】

 有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項には、以下のようなものがあります。なお、文中における将来に関する事項は、当連結会計年度末において当社グループが判断したものであります。

 

(1)非鉄金属価格及び為替レートの変動

① 非鉄金属価格の低下

 銅、ニッケル、金などの非鉄金属の価格は、ロンドン金属取引所(LME:London Metal Exchange)、その他の国際市場において決定されます(以下、それらの市場において決定された価格を、LME相場等という)。LME相場等は、国際的な需給バランス、政治経済の状況、投機的取引、さらには代替素材の競争力などの影響を受けて変動します。それらの影響により銅、ニッケル、金などのLME相場等が著しく低下し、その状態が長期間続いた場合、当社グループの経営成績に重大な影響を及ぼす可能性があります。

 

② 為替レート(円高)

 銅精鉱、ニッケルマットなどの輸入原料だけでなく、非鉄金属地金の国内価格につきましても、米ドル建てのLME相場等を基準に決定されることから、当社が製錬事業から得る製錬マージンは実質的に米ドル建てであり、海外への鉱山投資や製品等の輸出から得られる収入も外国通貨建てであります。したがって、為替レートが大きく円高に振れ、長期間継続した場合、当社グループの経営成績に重大な影響を及ぼす可能性があります。

 

 2021年度の業績予想において、非鉄金属価格変動および為替レート変動が連結税引前利益に与える影響は、以下のとおり試算しております。

変動要素

変動幅

連結税引前利益に与える影響

±100$/t

25億円

ニッケル

±10¢/lb

15億円

±10$/TOZ

2億円

為替レート(米ドル)

±1円/$

18億円

     (注)上記の為替レート変動の影響額は国内の金属加工収入および海外換算為替差の合計となります。

 

 これらに対し当社グループでは、資源事業及び製錬事業のコスト低減を図るとともに、非鉄金属価格や為替レートの変動の影響を比較的受けにくい材料事業の収益安定化をめざしてまいります。また、必要に応じて、非鉄金属価格及び為替レート変動のリスクヘッジを目的とした為替予約取引、商品先物取引、通貨・商品オプション取引を利用してまいります。

 

(2)非鉄金属原料の購入契約条件の悪化及び供給障害

 銅精鉱、ニッケルマットなどの非鉄金属原料の調達について、投資に裏打ちされていない長期買鉱契約によるものもあります。長期買鉱契約については、原料購入条件について毎年改定交渉を行いますが、その際さまざまな市場の要因により必ずしも必要量を購入することができない場合があります。さらに、製品価格は需給など主に非鉄金属地金自身の要因により決まることから、製品価格に原料購入条件の悪化を転嫁することが難しい場合があります。また、異常気象、大規模地震、供給者の操業上の事故、労働争議、人権侵害及び法令違反など、当社の管理が及ばない事態により原料の供給が事態の解決まで停止することがあります。これらにより当社グループの生産が制約を受け、財政状態及び経営成績の悪化につながる場合があります。

 これらに対し、当社グループは優良な海外鉱山等への投資を進め、その経営に関与することを通して安定した原料ソース(自山鉱)とコンフリクトフリーの原料の確保を進めております。

 

(3)鉱山投資の不確実性

 当社グループは、上述のとおり原料の安定確保に向けた鉱山投資を行っていく方針ですが、鉱山開発の難度上昇に伴い優良案件の権益獲得競争が激化すると共に参入コストは増大しております。さらにそのような中、鉱山開発の着手後には探鉱結果に基づき想定した採鉱可能埋蔵量及び採鉱コストと実際が異なる、あるいは将来異なっていくことにより投資回収が想定どおり進まない可能性があります。また、環境行政上の手続き及び地域住民の反対運動を含むさまざまな事態により生産開始が遅延し、開発費用の負担が増加する可能性があります。これら鉱山投資の不確実性に起因する追加投資あるいは採鉱コスト上昇の負担が、当社グループの財政状態及び経営成績の悪化につながる場合があります。

 これらに対し当社グループは、長年にわたる探鉱経験及び鉱山評価ノウハウの蓄積に基づく慎重な採算性判断により厳選した投資を実行しております。また新規のプロジェクトにおいては、開発の準備段階よりかかる不確実性リスクの軽減・回避に努めております。

 

(4)HPAL技術の優位性低下

 当社グループは世界に先駆けてHPALの商業生産に成功し、現在フィリピン国内の2拠点で操業を継続しております。このHPAL技術は今まで資源化されてこなかった低品位のニッケル酸化鉱からニッケル・コバルトの回収を可能とした、当社グループにとって重要な技術の一つです。しかしながらHPALの商業生産開始後15年以上が経過し、他社でもHPALプロジェクトの計画・稼働が始まるなど、優位性の低下に繋がる動きが活発化しております。また、HPALに代わる画期的な新ニッケル製錬方法の出現の可能性などが優位性を脅かす要因として考えられます。

 これらに対し当社グループでは既存のHPAL技術に磨きをかけ、安定操業・コスト低減に向けた活動を継続することで優位性を維持するとともに、未利用資源となっているニッケル低品位鉱石のさらなる活用に向けた新プロセスの研究開発も実施していきます。

 

(5)環境保全と法令遵守

 当社グループの事業、特に鉱山業及び非鉄金属製錬業は、労働安全、労働衛生、環境保全、鉱害又は公害防止、鉱業又は産業廃棄物処理、毒劇物管理など広範な法令の適用を受けております。それらの法令により、事業者の過失の有無に拘わらず損害補償や休廃止した鉱山の維持管理を課せられることがあり、新たな環境規制などにより追加の費用負担が発生する可能性があります。また、鉱山業及び非鉄金属製錬業は、環境汚染と鉱業又は産業廃棄物処理のリスクとそれに対応する責任を負っております。さらに環境保全については法令順守にとどまらず、より積極的かつ先んじた取組みが求められております。

 関係法令を遵守しつつ事業を経営していくため、相当額の必要コストを負担しなければならない場合、また不測の事態によりリスクが顕在化し、その対応に要するコストが想定を上回る場合、さらには環境に関する社会の要請が今後より高度な水準でなされ、当社グループが迅速かつ適切に対応できないあるいはその対応に遅れが生じる場合には、コスト負担に加え当社グループの企業ブランド価値の毀損や事業活動の縮小あるいは停止などの可能性があり、当社グループの財政状態及び経営成績へ影響を及ぼすことが考えられます。

 このため、当社グループは環境マネジメントシステム及びリスクマネジメントシステムを整備し運用することで、環境保全と法令遵守に万全を期すとともに、予期せぬコスト負担を最小限に抑えるべく努めております。また、「2030年のありたい姿」の実現に向けた進捗管理を行い、適宜対応することでリスクの低減を図ってまいります。

 

(6)市場変化と新商品開発

 材料事業が対象とする市場では、利用技術、顧客要求、商品寿命が急速に変化する一方で、新商品の開発は長期化し、多くの資金及び人材投入を要することがあります。また、新商品の市場投入後、技術進歩により当該商品が陳腐化した場合や、変化する顧客要求に対応できない場合及び競争相手による同等品の市場占有が進行した場合には、要した投資の回収が計画通りに見込めないこともあります。加えて、材料事業の主要製品の販売量は、車載用二次電池、情報通信端末などを製造する顧客の生産水準の影響を強く受け、顧客が製造するこれら製品需要の周期的変化、技術革新の進展、経済動向等の要因によって変化します。これらにより材料事業における新商品開発及び既存商品の販売が計画どおりに進まない場合、当社グループの財政状態及び経営成績へ影響を及ぼすことが考えられます。

 当社グループでは、成果の早期実現をめざした研究開発体制を敷き、影響の軽減を図っています。また、次世代電池材料の開発強化のため電池研究所の拡張・設備拡充を決定し、粉体材料では社会課題の解決に向けて社外のサイト利用者と共に当社素材との掛け合わせにより新たな技術・製品開発につなげるための製品情報発信サイト「X-MINING(クロスマイニング)」を立ち上げました。

 

(7)知的財産

 当社グループは、知的財産権の獲得と管理の重要性を認識し、法令にしたがって取得保全手続きを行っておりますが、知的財産権の保全手続きにつきましては必ずしも確実に取得できるものではなく、第三者との係争、第三者による違法な行使などにより当社の研究開発成果の享受が脅かされる場合が考えられます。

 当社グループでは、知的財産権管理の専門部署を設け、確実な取得及び保全に努めております。

 

(8)海外進出

 当社グループは、製品の製造拠点及び販売の市場を海外に求め、国際的に事業を展開しております。海外における事業活動につきましては、政情不安、環境・労働・課税・通貨管理・貿易上の法令及び規制の変化、知的財産権等の法的権利の限定的保護あるいは不十分な強制力、外国為替の変動、財産の没収あるいは国有化など個々の国ごとに政治的、経済的リスクが存在しております。非鉄金属価格の高騰などを背景とする国家や地方政府による資源事業への介入・増税への動き、あるいは各方面からの環境対策要求の高まりなどを含め、それらのリスクの顕在化により当該投下資金の回収を達成しえなくなる場合が考えられます。

 事業のグローバル展開に伴い、当社グループではカントリーリスクを十分に検討し、投資の意思決定を行っております。また進出後も現地の状況のモニタリングを継続し、変化に応じて適宜対策を講じております。

 

(9)自然災害等

 当社グループの製造拠点は、顧客との関係、原料調達上の有利性、グループ内関連事業との連携、経営資源の有効活用などの点を考慮し立地していますが、それら地域に大規模な地震、風水害等不測の災害や事故が発生した場合、損害が多額になるとともに当該製造拠点での生産が大幅に低下する可能性があります。

 これら自然災害や重大事故に対し当社グループでは、建屋の耐震補強や津波発生時における浸水対策工事等を進めると同時に可能かつ妥当な範囲で保険を付し、二次的な影響を押さえるための体制の整備及び対応を図っております。

 

(10)気候変動対応

 国連気候変動枠組条約第21回締約国会議(COP21)において「パリ協定」が採択され各国で批准されたことを機に、気候変動や地球温暖化の原因とされる温室効果ガスの削減を目的とした枠組みが世界的に進められており、環境規制も強化されています。今後、環境規制のさらなる強化により環境負荷物質の排出責任者として応分の負担(炭素税)による業績への悪影響だけでなく、さらなる排出量規制に対応できない場合には事業活動の縮小あるいは停止などの可能性があり、当社グループの財政状態及び経営成績へ影響を及ぼすことが考えられます。

 当社グループは気候変動の重大性を認識しており、2020年3月に「TCFD」(気候変動関連財務情報開示タスクフォース:Task Force on Climate-related Financial Disclosures)への賛同を表明しております。また、「2030年のありたい姿」で重要課題として掲げている気候変動への対策を積極的に進め、目標の達成に向けた取り組みを継続してまいります。

 

(11)労働者不足

 当社グループは事業継続に必要な労働力の維持・拡充を適宜行っておりますが、国内においては今後少子高齢化による労働人口の減少により労働力の確保が今まで以上に難しくなることが想定されます。必要人員の確保ができなくなった場合には、製造現場での生産体制が維持できず減産につながるなど、事業継続の基本に関わる問題となります。またそこまでに至らなくとも、人的資本の不足により新規プロジェクトへの参入機会を逸失することで、企業として成長機会を失う事態も十分に考えられます。

 このような事態を回避するため、働き方改革や自由闊達な組織風土の再構築などに取り組み魅力ある企業としての体制を整え、人材の確保と育成を図ってまいります。また、デジタルテクノロジーの導入により合理化・省力化を進めることで必要とされる労働力の低減を進めてまいります。

 

(12)情報管理

 当社グループは、事業を展開する上で、顧客及び取引先の機密情報や個人情報及び当社グループ内の機密情報や個人情報を有しています。これら情報の外部流出や破壊、改ざん等が発生した場合には、損害補償等により当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。また、新型コロナウイルス感染症の影響によるテレワークの増加に合わせて、よりセキュリティに配慮した通信・勤務環境を整備する必要が生じています。

 これらに対し、当社グループでは、多層的なセキュリティ対策システムの導入及び更新、見直しを行うとともに、従業員に対する情報セキュリティ教育を実施しております。

 

(13)感染症の流行

 現在、全世界で蔓延している新型コロナウイルス感染症だけでなく、今後も新たな感染症の流行により、急激な需要収縮やサプライチェーンの途絶による操業停止など、当社グループの業績は大きな影響を受けることが十分に考えられます。

 当社グループとしては業績への影響を最小化するため、原料などの代替調達先の確保などに取り組み、生産縮小・停止による供給障害を極小化させる体制を整えてまいります。また、取引先や従業員の安全を最優先に、テレワークによる接触機会の低減、フレックスタイムや時差出勤等の通勤手段の柔軟な対応、BCP(Business Continuity Plan)の見直しや訓練実施等の対策を引き続き展開してまいります。

 

(14)デジタルトランスフォーメーション(DX)への対応

 ICT分野におけるテクノロジーの進化や、ビッグデータの解析、AI、シミュレーション等の著しい進展、ロボティクス技術の進歩等を受け、ビジネスの分野においてDXは業務やビジネスモデルに抜本的な変革をもたらしており、一部の海外鉱山では操業の遠隔監視や鉱石の自動搬送等の形で実用化されています。この変化への対応は競争力の維持、向上というチャンスに繋がる一方で、DX分野への経営資源の投入が過小であったり遅れた場合には必要な対応が取れず、競争力の喪失や収益力の毀損につながる可能性があると考えています。

 当社グループとしてもこの変化へ積極的に対応すべく、DX導入を推進する組織を整備し具体的な検討・対応に努めてまいります。

 

 

3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

(1) 経営成績等の状況の概要及び経営者の視点による分析・検討内容

 当連結会計年度における当社グループの財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下「経営成績等」という。)の状況の概要及び経営者の視点による分析・検討内容は次のとおりであります。

(注)「経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」に記載している金額のうち、「(1) 経営成績等の状況の概要及び経営者の視点による分析・検討内容 ⑤ キャッシュ・フロー」は、消費税等を含んだ金額であります。

 

① 経営成績

(単位:百万円)

 

売上高

税引前当期利益

親会社の所有者に

帰属する当期利益

当連結会計年度

926,122

123,379

94,604

前連結会計年度

851,946

79,035

60,600

増減

74,176

44,344

34,004

増減率(%)

8.7

56.1

56.1

 

(年間平均海外相場、年間平均為替相場)

 

単位

前連結会計年度

当連結会計年度

増減

(△は減少)

$/t

5,860

6,879

1,019

$/TOZ

1,462.3

1,824.1

361.8

ニッケル

$/lb

6.35

6.80

0.45

為替(TTM)

円/$

108.74

106.07

△2.67

 

 当連結会計年度の世界経済は、新型コロナウイルス感染症の拡大が収束していないことなどを背景に、景気が減速基調で推移しましたが、中国や米国等の地域では景気の回復傾向がみられるようになりました。

 為替相場については、欧米などで当該感染症が再拡大したことに加え、米国での長期金利低下や金融緩和策によるドル需要の緩和などから、円高ドル安傾向で推移しておりましたが、米国の経済回復期待の高まりなどにより第4四半期連結会計期間に入り円安ドル高傾向に転じました。平均為替レートは前連結会計年度と比べ円高となりました。

 主要非鉄金属価格につきましては、銅及びニッケル価格は、当該感染症の拡大を受け前年度末にかけ下落しましたが、中国経済が回復していることなどを背景に上昇基調で推移しました。金価格は、当該感染症の影響による世界経済の先行き不透明感により第2四半期連結会計期間をピークに上昇基調で推移しました。この結果、当連結会計年度の銅及びニッケル並びに金価格はいずれも前連結会計年度を上回りました。

 材料事業の関連業界におきましては、当該感染症の拡大による経済活動の停滞を受け、当社の車載用電池向け部材は需要が一時的に低迷し販売は伸び悩みました。スマートフォン市場は、当該感染症の拡大による影響を受け一部の部材で在庫調整があったものの、第5世代移動通信システム(5G)の進展などにより需要は回復傾向に転じました。

 このような状況のなか、当連結会計年度の連結売上高は、電池材料事業での一時的な生産調整による減販などはあったものの、銅及びニッケル並びに金価格が前連結会計年度を上回ったことなどにより、前連結会計年度に比べ74,176百万円増加し、926,122百万円となりました。なお、当連結会計年度から、顧客から受領した有償支給品に係る会計処理を変更しております。また、前連結会計年度にも本会計方針の変更を遡及適用し、売上高を表示しております。

 連結税引前当期利益は、増収及び持分法による投資損益が好転したことなどにより、前連結会計年度に比べ44,344百万円増加し、123,379百万円となりました。

 親会社の所有者に帰属する当期利益は、連結税引前当期利益が増加したことなどにより、前連結会計年度に比べ34,004百万円増加し、94,604百万円となりました。

 

 セグメントの業績は、次のとおりであります。

 

(資源セグメント)

(単位:百万円)

 

前連結会計年度

当連結会計年度

増減

増減率(%)

売上高

114,861

127,042

12,181

10.6

セグメント利益

37,956

65,290

27,334

72.0

 

 セグメント利益は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響による販売量の減少、及びケブラダ・ブランカ銅鉱山フェーズ2開発プロジェクト(チリ)における建設中断期間費用の損失処理などによる悪化があったものの、金及び銅価格の上昇などにより前連結会計年度を上回りました。

 主要鉱山の概況は以下のとおりであります。

 菱刈鉱山は順調な操業を継続し、販売金量は計画通り、前連結会計年度並みの6tとなりました。

 モレンシー銅鉱山(米国)の生産量は、鉱石処理量の減少などにより前連結会計年度を下回り、446千tとなりました。(うち非支配持分を除く当社持分は25.0%)

 セロ・ベルデ銅鉱山(ペルー)の生産量は、当該感染症の拡大に伴う国家非常事態宣言を受け、保安操業を実施した影響などにより前連結会計年度を下回り、372千tとなりました。(うち非支配持分を除く当社持分は16.8%)

 シエラゴルダ銅鉱山(チリ)の生産量は、鉱石処理量の増加などにより前連結会計年度を上回り、149千tとなりました。(うち非支配持分を除く当社持分は31.5%)

 

(製錬セグメント)

(単位:百万円)

 

前連結会計年度

当連結会計年度

増減

増減率(%)

売上高

614,031

693,758

79,727

13.0

セグメント利益

48,257

55,816

7,559

15.7

 

(当社の主な製品別生産量)

製品

単位

前連結会計年度

当連結会計年度

増減

(△は減少)

t

399,399

442,626

43,227

kg

17,933

17,170

△763

電気ニッケル

t

58,813

55,861

△2,952

フェロニッケル

t

13,539

13,023

△516

(注)生産量には、受委託分を含めて表示しております。

 

 セグメント利益は、非鉄金属価格が上昇したことなどにより、前連結会計年度を上回りました。

 電気銅の生産量及び販売量は前連結会計年度を上回りましたが、電気ニッケルの生産量及び販売量は前連結会計年度を下回りました。

 Coral Bay Nickel Corporation(フィリピン)の生産量は、新型コロナウイルス感染症の拡大による影響は軽微であり、前連結会計年度並みとなりました。Taganito HPAL Nickel Corporation(フィリピン)では、当該感染症拡大の影響を受けて予定休転期間が一部長期化しました。休転後は概ね計画どおりに操業を行いましたが、降雨の影響等もあり、生産量は前連結会計年度を下回りました。

(材料セグメント)

(単位:百万円)

 

前連結会計年度

当連結会計年度

増減

増減率(%)

売上高

207,966

211,533

3,567

1.7

セグメント利益

5,274

11,326

6,052

114.8

 

 セグメント利益は、電池材料等では一時的な生産調整により販売量が減少しましたが、粉体材料等において前連結会計年度と比較し販売量が増加したことなどにより、前連結会計年度を上回りました。

 

② 経営成績に重要な影響を与える要因について

 主な要因として、資源・製錬セグメントは、非鉄金属価格及び為替レートの変動、材料セグメントは、市場動向の変化が挙げられます。詳細及び他の要因につきましては、「第2 事業の状況 2 事業等のリスク」に記載のとおりであります。

 

③ 財政状態

(単位:百万円)

 

前連結会計年度末

当連結会計年度末

増減

資産合計

1,719,690

1,885,999

166,309

負債合計

608,830

663,016

54,186

資本合計

1,110,860

1,222,983

112,123

 

 当連結会計年度末の資産合計は前連結会計年度末に比べて増加しました。主な増減は次のとおりであります。PT Vale Indonesia Tbk(製錬セグメント、インドネシア共和国所在)株式の一部売却に伴い同社を持分法適用会社から除外したことなどにより、持分法で会計処理されている投資が減少したものの、同社株式のその他の金融資産への振替及び保有株式の価格上昇などにより、その他の金融資産が増加しました。さらに、非鉄金属価格の上昇などにより棚卸資産、営業債権及びその他の債権が増加しました。

 負債合計は前連結会計年度末に比べ増加しました。主な増減は次のとおりであります。借入金の返済により社債及び借入金が減少したものの、営業債務及びその他の債務、保有株式の評価差額に係る繰延税金負債が増加しました。

 資本合計は、前連結会計年度末に比べ増加しました。主な増減は次のとおりであります。その他の資本の構成要素のうち在外営業活動体の換算差額が円高の影響により減少したものの、その他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産が保有株式の価格上昇により増加しました。また、当期利益を計上したことにより利益剰余金が増加しました。

 

④ 財務指標

 当社グループは、2019年度から2021年度までの3年間を対象とする「18中計」に基づき、さらなる企業価値・株主共同の利益の向上に邁進しております。

 「18中計」においては、財務体質の健全性を示す指標として連結自己資本比率50%以上の維持、株主還元の指標として連結配当性向35%以上といたしました。当連結会計年度の親会社所有者帰属持分比率は59.1%となり、連結配当性向は35.1%となりました。

 

⑤ キャッシュ・フロー

(単位:百万円)

 

前連結会計年度

当連結会計年度

増減

営業活動によるキャッシュ・フロー

136,545

91,522

△45,023

投資活動によるキャッシュ・フロー

△70,334

△32,393

37,941

財務活動によるキャッシュ・フロー

9,149

△55,758

△64,907

換算差額

△1,091

△528

563

現金及び現金同等物の期首残高

81,261

155,530

74,269

現金及び現金同等物の期末残高

155,530

158,373

2,843

 

 当連結会計年度の営業活動によるキャッシュ・フローは、税引前当期利益が前連結会計年度に比べて増加し、営業債務及びその他の債務が増加したものの、棚卸資産、営業債権及びその他の債権が増加したことなどから、前連結会計年度に比べて収入が減少しました。

 投資活動によるキャッシュ・フローは、有形固定資産の売却収入が減少したものの、PT ValeIndonesia Tbk株式の一部売却などの関係会社株式の売却による収入が増加し、前連結会計年度のケブラダ・ブランカ銅鉱山(チリ)への参入などに伴う関係会社株式の取得による支出が減少したことなどから、前連結会計年度に比べて支出が減少しました。

 財務活動によるキャッシュ・フローは、長期借入れによる収入が前連結会計年度に比べて減少したことに加え、社債の発行による収入が当連結会計年度はなかったこと、短期借入金の返済による支出及び長期借入金の返済による支出が増加したことなどから、当連結会計年度は支出となりました。

 

⑥ 資本の財源及び資金の流動性

a)財務戦略の基本的な考え方

 当社グループでは、減耗する資源を取り扱っており、常に新たな資源権益獲得のための大型開発プロジェクト参画やM&Aに備える必要があります。また、新たな製錬所建設も含め、資源・製錬の開発プロジェクトは、投資を実行してから回収するまでに、比較的長期間を要します。従い一時的な大きなキャッシュ・アウトフローに耐えうる健全な財務体質を維持していくことが重要であり、当社はこのような考え方のもと、具体的には連結自己資本比率を50%以上に保つことを財務戦略の基本としております。

 

b)資金調達と流動性マネジメント

 当社は事業活動を支える資金調達に際して、低コストでかつ安定的に資金を確保することを目標として取り組んでいます。資金調達にあたっては、社債等の直接金融と銀行借入等の間接金融のバランスを見極めつつ、その時々のマーケット状況での有利手段を追求しています。資源・製錬事業における海外大型プロジェクトでは、現地のカントリーリスクにさらされることも多く、政府系金融機関による各種支援メニューや複数の金融機関による協調型融資の活用、プロジェクトファイナンスの組成など、その都度最適な資金調達方法を検討しております。

 また、当社はそのような大型プロジェクトも含めた将来の設備投資等の資金需要に対応しつつ、経営の安定化から一定の手元流動性を維持することも必要であると考えています。

 当社は、手元流動性の水準を考えるにあたり、流動性リスクとして連結売上高1.5ヶ月分と半年以内返済予定の借入金等の合計額を想定し、これに対し、現金・預金及び現金同等物(以下「手元現預金」)及びコマーシャルペーパー発行可能枠の未使用額を合わせた金額で賄うことで対応することとしています。また、金融市場の動向によりコマーシャルペーパーによる調達が一時的に困難になるリスクも想定し、発行に際してはコミットメントライン契約に基づく借入限度額の範囲内にとどめることを原則としています。

 さらに、手元現預金が中長期にわたり必要額に満たなくなると想定される場合には、社債の発行や金融機関からの借入金等を通じて、必要な現預金残高を確保することを考えております。

 なお、当社は、日本国内の市場においてJCRから「ダブルAマイナス」の長期発行体格付及び「J-ワンプラス」の国内CP格付を取得しており、資金調達にあたっては十分な信用力を保持しております。また、主要な国内金融機関と円貨及び外貨でのコミットメントライン契約を締結しており、金融・資本市場の流動性が逼迫した状況下でも、コミットメントラインを使用することによって十分な流動性を確保することができると考えております。

 

⑦ 重要な会計方針及び見積り

 当社グループの連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(1976年大蔵省令第28号)第93条の規定によりIFRSに準拠して作成しております。連結財務諸表の作成にあたり、必要と思われる見積りは合理的な基準に基づいて実施しております。重要な会計方針及び見積りの詳細につきましては、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 連結財務諸表注記 3.重要な会計方針 及び 4.重要な会計上の見積り及び見積りを伴う判断」に記載のとおりであります。

 

(2) 生産、受注及び販売の実績

① 生産実績及び受注実績

 当社グループの生産・販売品目は広範囲かつ多種多様であり、また連結会社間の取引が複雑で、報告セグメントごとの生産実績及び受注実績を正確に把握することは困難なため、当社の主要な品目等についてのみ「(1) 経営成績等の状況の概要及び経営者の視点による分析・検討内容」において、各報告セグメントの業績に関連付けて記載しております。

 

② 販売実績

 当連結会計年度における販売実績を報告セグメントごとに示すと、次のとおりであります。

セグメントの名称

当連結会計年度(百万円)

前連結会計年度比(%)

資源

127,042

10.6

製錬

693,758

13.0

材料

211,533

1.7

報告セグメント計

1,032,333

10.2

その他

9,703

△3.2

調整額

△115,914

22.1

連結財務諸表計上額

926,122

8.7

 (注)1.セグメント間の販売実績は、各セグメントに含めて表示しております。

2.主な相手先別の販売実績及び総販売実績に対する割合は次のとおりであります。

相手先

前連結会計年度

当連結会計年度

金額(百万円)

割合(%)

金額(百万円)

割合(%)

パナソニック㈱

158,297

18.6

145,322

15.7

3.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

4.当連結会計年度より顧客から受領した有償支給品に係る会計処理について会計方針の変更を行っております。本会計方針の変更を遡及適用したため、前連結会計年度及び前連結会計年度比について、遡及適用後の数値をもとに算定しております。

 

4【経営上の重要な契約等】

(1)モレンシー銅鉱山の共同運営契約

 当社の連結子会社でありますSumitomo Metal Mining Arizona Inc.及びSMM Morenci Inc.は、米国モレンシー銅鉱山を共同保有し、同鉱山の共同運営を行う契約を米国フリーポート・マクモラン社の関係会社と締結しております。これにより、Sumitomo Metal Mining Arizona Inc.は、同鉱山の生産物の権益見合いの15%を、SMM Morenci Inc.は13%を引き取る権利・義務を保有しております。

 

(2)Compania Contractual Minera Candelariaの共同運営契約

 当社の連結子会社でありますSMMA Candelaria Inc.は、チリ共和国Compania Contractual Minera Candelariaの株式の20%を保有し、同社の共同運営を行う契約をカナダ国ルンディン・マイニング社と締結しております。これにより、SMMA Candelaria Inc.は、Compania Contractual Minera Candelariaの生産物の20%を購入する権利・義務を保有しております。

 

(3)Sociedad Minera Cerro Verde S.A.A.の共同運営契約

 当社の連結子会社でありますSMM Cerro Verde Netherlands B.V.は、ペルー共和国のSociedad Minera Cerro Verde S.A.A.の株式の21%を保有し、当社はSociedad Minera Cerro Verde S.A.A.の共同運営を行う契約を、米国フリーポート・マクモラン社及び同社の関係会社並びにペルー共和国ブエナベンチューラ社と締結しております。これにより、当社は、Sociedad Minera Cerro Verde S.A.A.で生産された銅精鉱につき、当初10年間は生産量の50%(2016年12月出港分までで終了)、11年目以降は生産量の21%を購入する権利・義務を保有しております。

 

(4)PT Vale Indonesia Tbkの共同運営契約

 当社は、インドネシア共和国のPT Vale Indonesia Tbkの株式の15%を保有し、同社の共同運営を行う株主間契約を、カナダ国のヴァーレ・カナダ社及びインドネシア国営企業であるPT Indonesia Asahan Aluminium(Persero)と締結しております。またこの3社にPT Vale Indonesia Tbkを加えた4社による生産物を購入する権利・義務に関する契約を締結しております。これによりPT Vale Indonesia Tbkのソロワコ鉱山の合意した年間生産量についてその20%を購入する権利・義務を保有しております。

 

(5)Coral Bay Nickel Corporationの共同運営契約

 当社の連結子会社でありますCoral Bay Nickel Corporationは、三井物産㈱及び双日㈱並びにフィリピン共和国Nickel Asia Corporationより合計46%の出資を受け、当社は、同三社とCoral Bay Nickel Corporationを共同運営する契約を締結しております。これにより、Coral Bay Nickel Corporationは、Nickel Asia Corporationの子会社であるリオツバ・ニッケル・マイニング社が操業するリオツバ鉱山のニッケル鉱のうち、HPAL法に適した鉱石を全量購入する権利を保有し、当社はCoral Bay Nickel Corporationの生産物を全量購入する権利・義務を保有しております。

 

(6)Sierra Gorda S.C.M.の共同運営契約

 当社の連結子会社でありますSMM Sierra Gorda Inversiones LTDA.は、チリ共和国Sierra Gorda S.C.M.に45%の出資をしており、当社は同社の共同運営を行う契約を住友商事㈱及びカナダ国KGHM インターナショナル社と締結しております。これにより、当社は、Sierra Gorda S.C.M.で生産された銅精鉱の50%を購入する権利・義務を保有しております。

 

(7)Taganito HPAL Nickel Corporationの共同運営契約

 当社の連結子会社でありますTaganito HPAL Nickel Corporationは、三井物産㈱及びNickel Asia Corporationより合計25%の出資を受け、当社は、同二社とTaganito HPAL Nickel Corporationを共同運営する契約を締結しております。これにより、Taganito HPAL Nickel Corporationは、Nickel Asia Corporationの子会社であるタガニート・マイニング社が操業するタガニート鉱山のニッケル鉱のうち、HPAL法に適した鉱石を全量購入する権利を保有し、当社はTaganito HPAL Nickel Corporationの生産物を全量購入する権利・義務を保有しております。

 

(8)ケブラダ・ブランカ銅鉱山の株主間契約について

 当社の連結子会社でありますSMM Quebrada Blanca SpAは、チリ共和国ケブラダ・ブランカ銅鉱山に90%を出資するQuebrada Blanca Holdings SpAに33%の出資をしており、住友商事㈱及びカナダ国Teck Resources Ltd.のチリ国子会社Teck Resources Chile Ltd.と株主間契約を締結しております。これにより、当社は、ケブラダ・ブランカ銅鉱山社における開発計画(ケブラダ・ブランカ2プロジェクト)をTeck Resources Ltd.等と共同で推進しております。

5【研究開発活動】

当社グループでは資源、製錬及び材料をコアビジネスとして選択と集中を進めるなか、研究開発においても研究開発費の重点配分を行い、「製錬プロセス技術」、「粉体合成・表面処理技術」、「結晶育成・加工技術」、「探鉱・採鉱・選鉱技術」をコア技術と位置付けています。また、「評価解析技術」、「数理解析技術」、「情報通信技術(ICT)」を基盤技術と定め、技術ドメインを明確にして重点的な開発を実行しております。

具体的には、資源開発及び非鉄製錬分野における新規プロセス・技術開発、また、材料分野では、社会的ニーズの高い環境・エネルギー分野及び情報通信分野の材料・新技術開発を中心に、国家プロジェクトへの参画や産学連携を含め取り組んでおります。また、将来を見据えた粉体材料に関する新規技術獲得のために、粉体基礎研究にも取り組んでおります。

また、「2030年のありたい姿」実現に向け、資源、製錬、材料の3部門連携を推進し、Li精製、廃電池リサイクル等のプロセス開発を継続すると共に、温出効果ガス排出を抑制できる製品として電池正極材、当社独自技術による日射遮蔽材の開発を継続し、新製錬技術の検討にも着手してまいります。

なお、当連結会計年度に投入した研究開発費は6,229百万円であり、研究所の費用を管理上、各セグメントに配分した後の調整額等846百万円が含まれております。

セグメントごとの研究開発活動の状況は次のとおりであります。

 

(1)資源セグメント

非鉄金属原料鉱石の処理に関して、精鉱の品質及び実収率の改善のためのパイロット設備を利用した浮遊選鉱等の選鉱技術開発や探鉱技術及び鉱石採掘法の効率化の技術開発等を行っております。

当セグメントに係る研究開発費は181百万円であります。

 

(2)製錬セグメント

非鉄金属事業において、原料対応力、コスト競争力強化に繋がる製錬技術の開発や新プロセス技術の開発を行っております。また、ハイブリッド自動車や電気自動車の二次電池からニッケルやコバルト等のレアメタルを回収するプロセスの開発も進めております。本プロセスは、乾式製錬工程と湿式製錬工程を組み合わせ、廃リチウムイオン二次電池から銅やニッケル・コバルトを回収し、再び電池材料に再資源化するものです。すでに基礎実験を終了し、パイロットプラントを2019年3月より稼働を開始しました。

産学連携による研究開発推進のため、九州大学と組織対応型連携契約を締結し、共同研究と人材育成を継続してきております。革新的な湿式製錬技術や排水処理技術の開発などに取り組んでいるほか、九州大学全体のシーズを活用して資源・製錬分野を中心にさまざまなテーマでの連携を進めております。

また、国内非鉄金属製錬業の持続的発展のため、東北大学多元物質科学研究所に共同研究部門を設置しました。技術の先進化やそれに伴う国際競争力強化のための共同研究や、次世代の非鉄金属製錬技術者の人材教育を推進しております。

当セグメントに係る研究開発費は1,396百万円であります。

 

(3)材料セグメント

環境・エネルギー分野で注目されている二次電池正極材及び情報通信分野で注目されている情報通信端末用のSAWフィルターに関連した機能性材料を中心に研究開発を進めております。

二次電池関連では、リチウムイオン二次電池の正極材料であるニッケル酸リチウムについて、コスト・容量・出力及び安全性確保などの機能向上を図り、ハイブリッド自動車、電気自動車用電池への積極的な展開に取り組んでおり、開発した材料の量産移行を進めております。また、次世代の高性能ニッケル正極材や全固体電池用正極材の開発を目的に2022年7月完成目途で電池研究所(愛媛県新居浜市)の拡張、設備充実を決定しました。

情報通信分野では、情報通信端末用SAWフィルターのチップに用いられるタンタル酸リチウム基板やニオブ酸リチウム基板の製造コスト低減のため、育成結晶の長尺化や育成及び加工収率向上のための技術開発に取り組んでおります。

産学連携による研究開発推進のため、東北大学と包括的な共同研究と人材教育を進める組織連携協力協定を締結し、同大学の広範囲にわたる研究機能を活用して、機能性材料の開発、評価技術の開発及び人材育成を進める体制を整備しております。また、同大学とは2050年に向けたビジョン共創型パートナーシップに基づく取組みを開始いたしました。この取り組みでは、2050年をターゲットとした「ありたい姿」と「ビジョン」を策定し、そこからバックキャストした具体的なステップとして、材料系素材の共同研究・開発に取組み、事業化・社会実装を実現することで、新たな価値の創造を目指します。

当セグメントに係る研究開発費は3,803百万円であります。

 

第3【設備の状況】

1【設備投資等の概要】

 設備投資の状況をセグメント別に示すと、次のとおりであります。

セグメントの名称

当連結会計年度(百万円)

前連結会計年度比(%)

資源

10,236

△29.7

製錬

16,071

△33.9

材料

6,365

△22.8

報告セグメント計

32,672

△30.6

その他

764

20.1

調整額

1,623

△45.0

合計

35,059

△30.8

 (注)「設備の状況」に記載している金額は、消費税等を除いた金額であります。

 

 当社グループでは、生産活動の維持、増強並びに生産性の向上を図るため、必要な設備投資を実施しております。当連結会計年度は35,059百万円の設備投資(有形固定資産及び無形資産受入ベース)を実施いたしました。

 

 資源セグメントにおいては、当社では引き続き菱刈鉱山におきまして、探鉱開発を中心とした設備投資を実施いたしました。また、コテ金開発プロジェクトの建設やモレンシー銅鉱山など海外鉱山における採鉱及び生産のための設備投資を実施いたしました。当セグメントにおける設備投資の総額は10,236百万円でありました。

 

 製錬セグメントにおいては、当社及びCoral Bay Nickel Corporationなどにおいて設備の維持・更新のための設備投資を実施いたしました。またTaganito HPAL Nickel Corporationにおいてクロマイト回収に係る設備投資を実施しております。当セグメントにおける設備投資の総額は16,071百万円でありました。

 

 材料セグメントにおいては、電池材料の生産設備増強を実施しております。当セグメントにおける設備投資の総額は6,365百万円でありました。

 

 なお、所要資金につきましては、自己資金及び借入金をもって充当いたしました。

 

2【主要な設備の状況】

 

(1)提出会社の状況

 提出会社の主要な事業所等における設備の状況は次のとおりであります。

2021年3月31日現在

 

主要な事業所等

(所在地)

セグメントの名称

設備の内容

帳簿価額(百万円)

従業員数

(人)

土地

<面積千㎡>

建物及び

構築物

機械装置

及び運搬具

その他の

投下資本

合計

菱刈鉱山

(鹿児島県

伊佐市)

資源

金銀鉱石生産設備

594

 

[449]

<347>

10,260

 

 

 

1,308

 

 

 

567

 

 

 

12,729

 

 

 

131

[40]

金属事業本部他

(愛媛県

新居浜市他)

製錬

金属製錬設備

2,378

 

 

<1,053>

14,677

 

 

 

14,110

 

 

 

2,596

 

 

 

33,761

 

 

 

536

[36]

材料

電池材料製造設備及び機能性材料製造設備

149

 

 

<131>

8,819

 

 

 

11,287

 

 

 

811

 

 

 

21,066

 

 

 

288

[13]

調整額等

(本社部門)

その他の設備

6,774

(472)

[377]

<4,571>

6,787

 

 

 

725

 

 

 

2,893

 

 

 

17,179

 

 

 

423

[43]

播磨事業所

(兵庫県加古郡

播磨町他)

製錬

金属製錬設備

電池材料製造設備

1,992

(1)

[36]

<95>

3,355

 

 

 

6,167

 

 

 

219

 

 

 

11,733

 

 

 

167

[11]

機能性材料事業本部

(東京都

青梅市他)

材料

機能性材料

製造設備

125

 

 

<68>

2,579

 

 

 

7,251

 

 

 

565

 

 

 

10,520

 

 

 

224

[21]

 (注)1.各設備の金額は帳簿価額を記載しております。

2.「その他の投下資本」の内訳は工具、器具及び備品、鉱業権、ソフトウエア、使用権資産、その他の合計であります。

3.土地面積は< >書きで記載しており、( )書きは賃貸分を内数で、また[ ]書きは賃借分を外数で記載しております。

4.従業員数は就業人員であり、臨時従業員数は[ ]内に年間の平均人員を外数で記載しております。

5.金属事業本部他の調整額等(本社部門)は、別子事業所(含新居浜地区不動産管理)、新居浜研究所、電池研究所、その他の本社部門の新居浜地区に所在する組織の設備及び人員を含めております。

 

(2)国内連結子会社の状況

 主要な国内連結子会社における設備の状況は次のとおりであります。

2021年3月31日現在

 

会社名

主要な

事業所

(所在地)

セグメントの名称

設備の内容

帳簿価額(百万円)

従業員数

(人)

土地

<面積千㎡>

建物及び

構築物

機械装置

及び

運搬具

その他の

投下資本

合計

㈱日向製錬所

本社工場

(宮崎県

日向市)

製錬

フェロニッケル製錬設備

578

(66)

 

<375>

1,537

 

 

 

1,753

 

 

 

150

 

 

 

4,018

 

 

 

152

[18]

㈱四阪製錬所

四阪工場

(愛媛県

今治市)

製錬

粗酸化亜鉛

製造設備

 

 

<->

1,686

 

 

 

1,228

 

 

 

52

 

 

 

2,966

 

 

 

62

[1]

大口電子㈱

本社工場

(鹿児島県

伊佐市)

材料

機能性材料製造設備

334

(-)

[4]

<193>

2,378

 

 

 

917

 

 

 

78

 

 

 

3,707

 

 

 

260

[25]

㈱グラノプト

本社工場

(秋田県

能代市)

材料

機能性材料製造設備

38

 

 

<12>

189

 

 

 

351

 

 

 

1,583

 

 

 

2,161

 

 

 

29

[39]

㈱伸光製作所

本社工場

(長野県

上伊那郡

箕輪町)

材料

プリント配線板製造設備

472

 

[5]

<25>

830

 

 

 

661

 

 

 

203

 

 

 

2,166

 

 

 

235

[22]

伊那工場

(長野県

伊那市)

464

 

 

<20>

250

 

 

 

99

 

 

 

4

 

 

 

817

 

 

 

18

[-]

住鉱テック㈱

 

能代工場

(秋田県

能代市)

材料

 

電子部品製造設備

 

252

 

 

<27>

496

 

 

 

755

 

 

 

29

 

 

 

1,532

 

 

 

64

[40]

仙台工場

(宮城県

宮城郡

利府町)

312

 

 

<7>

187

 

 

 

545

 

 

 

92

 

 

 

1,136

 

 

 

76

[26]

本社工場

(神奈川県

横浜市

港北区)

244

(4)

 

<5>

103

 

 

 

71

 

 

 

433

 

 

 

851

 

 

 

92

[19]

住鉱国富電子㈱

本社工場

(北海道

岩内郡

共和町)

材料

機能性材料製造設備

 

[7]

<->

1,298

 

 

 

539

 

 

 

15

 

 

 

1,852

 

 

 

215

[36]

住友金属鉱山シポレックス㈱

栃木工場

(栃木県

那須郡

那珂川町)

材料

軽量気泡コンクリート製造設備

655

 

 

<158>

1,202

 

 

 

798

 

 

 

34

 

 

 

2,689

 

 

 

154

[28]

三重工場

(三重県

亀山市)

1,915

(0)

[5]

<133>

1,248

 

 

 

719

 

 

 

73

 

 

 

3,955

 

 

 

120

[15]

 

 

2021年3月31日現在

 

会社名

主要な事業所(所在地)

セグメントの名称

設備の内容

帳簿価額(百万円)

従業員数(人)

土地

<面積千㎡>

建物及び構築物

機械装置及び

運搬具

その他の投下資本

合計

住鉱エナジーマテリアル㈱

楢葉工場

(福島県

双葉郡

楢葉町)

材料

機能性材料製造設備

 

[24]

<->

1,254

 

 

 

1,289

 

 

 

158

 

 

 

2,701

 

 

 

85

[-]

 (注)1.各設備の金額は帳簿価額を記載しております。

2.「その他の投下資本」は、工具、器具及び備品、ソフトウエア、使用権資産、その他の合計であります。

3.土地面積は< >書きで記載しており、( )書きは賃貸分を内数で、また[ ]書きは賃借分を外数で記載しております。

4.従業員数は就業人員であり、臨時従業員数は[ ]内に年間の平均人員を外数で記載しております。

 

 

(3)在外連結子会社の状況

 主要な在外連結子会社における設備の状況は次のとおりであります。

2021年3月31日現在

 

会社名

主要な

事業所

(所在地)

セグメントの名称

設備の

内容

帳簿価額(百万円)

従業員数

(人)

土地

<面積千㎡>

建物及び

構築物

機械装置

及び

運搬具

その他の

投下資本

合計

Sumitomo Metal Mining Arizona Inc.

モレンシー銅鉱山

(アメリカ合衆国 アリゾナ州)

資源

銅精鉱・SX-EW法による銅の生産設備

632

 

 

 

 

<20,986>

14,085

 

 

 

 

 

20,535

 

 

 

 

 

907

 

 

 

 

 

36,159

 

 

 

 

 

2

SMM Morenci Inc.

モレンシー銅鉱山

(アメリカ合衆国 アリゾナ州)

 

資源

銅精鉱・SX-EW法による銅の生産設備

222

 

 

 

 

<18,188>

13,595

 

 

 

 

 

21,673

 

 

 

 

 

27,927

 

 

 

 

 

63,417

 

 

 

 

 

2

Sumitomo Metal Mining Oceania Pty.Ltd.

ノースパークス銅鉱山

(オーストラリア ニューサウスウェールズ州)

資源

銅精鉱の生産設備

144

 

 

 

 

 

 

<3,940>

2,542

 

 

 

 

 

 

 

1,309

 

 

 

 

 

 

 

166

 

 

 

 

 

 

 

4,161

 

 

 

 

 

 

 

7

Coral Bay Nickel Corporation

本社工場

(フィリピン パラワン州)

製錬

ニッケル製錬設備

 

[4,440]

<->

15,009

 

 

 

17,370

 

 

 

215

 

 

 

32,594

 

 

 

617

[6]

Taganito HPAL Nickel Corporation

本社工場

(フィリピン 北スリガオ州)

製錬

ニッケル製錬設備

 

[6,747]

<->

37,793

 

 

 

99,778

 

 

 

276

 

 

 

137,847

 

 

 

709

[10]

 (注)1.各設備の金額は帳簿価額を記載しております。

2.「その他の投下資本」は、工具、器具及び備品、鉱業権、ソフトウエア、使用権資産、その他の合計であります。

3.土地面積は< >書きで記載しており、( )書きは賃貸分を内数で、また[ ]書きは賃借分を外数で記載しております。

4.従業員数は就業人員であり、臨時従業員数は[ ]内に年間の平均人員を外数で記載しております。

 

(4)所有鉱区

 当社グループの所有する鉱区は次のとおりであります。

2021年3月31日現在

 

会社名

地区名

主要鉱山名

主要鉱山

所在地

鉱種

鉱区面積(アール)

鉱区数

採掘権

試掘権

住友金属鉱山㈱

菱刈

菱刈鉱山

鹿児島県

金、銀、銅、鉛、亜鉛、すず、硫化鉄、アンチモニー、タングステン、けい石、長石、耐火粘土

175,130

(33,514)

274,747

(274,747)

18

(16)

Sumitomo Metal Mining Arizona Inc.及び

SMM Morenci Inc.

モレンシー

モレンシー銅鉱山

アメリカ合衆国 アリゾナ州

銅、モリブデン

1,399,096

1,024

Sumitomo Metal Mining Oceania Pty.Ltd.

パークス

ノースパークス銅鉱山

オーストラリア ニューサウスウェールズ州

金、銅

267,350

10,950,000

8

 (注) 鉱区面積及び鉱区数の( )書きは非稼行分であり、内数で記載しております。

 

(5)鉱量

 当社グループの所有する主要鉱山の鉱量は次のとおりであります。

①国内鉱山

会社名

鉱山名

鉱山所在地

 

可採鉱量

(千t)

品位

住友金属鉱山㈱

菱刈鉱山

鹿児島県

8,008

(注)

Au 19.8g/t

Ag 10.0g/t

 (注) 菱刈鉱山の鉱量計算は日本工業規格(JIS)M1001-1994に準拠した「菱刈鉱山鉱量計算基準」に基づいて行っております。

可採鉱量につきましては、鉱量計算に相当の時間を要するため、2020年12月末時点での数値を記載しております。

 

②海外鉱山

会社名

鉱山名

鉱山所在地

 採掘予定鉱量

(注)1、2、4

資源量

(注)1、3、4

備考

(鉱量計算基準

の依拠国)

(千t)

品位

(千t)

品位

Sumitomo Metal Mining Arizona Inc.及び

SMM Morenci Inc.

モレンシー

銅鉱山

アメリカ合衆国

アリゾナ州

1,204,000

 

Cu 0.23%

585,200

 

Cu 0.24%

アメリカ合衆国

Sumitomo Metal Mining Oceania Pty.Ltd.

ノースパークス銅鉱山

オーストラリア

ニューサウスウェールズ州

17,176

 

Cu 0.55%

81,242

 

Cu 0.55%

オーストラリア

 (注)1.採掘予定鉱量及び資源量は各連結子会社における非支配株主持分を含めた量を記載しております。

2.採掘予定鉱量は各国の鉱量計算基準に基づいて算定される、経済的に採掘可能な部分を意味します。

3.資源量は各国の鉱量計算基準に基づいて算定される、経済的な抽出が可能と合理的に考えられるほどの品位あるいは品質を有する部分を意味します。

4.採掘予定鉱量及び資源量は2020年12月末時点での数値を記載しております。

  また採掘予定鉱量及び資源量の区分については、各銅鉱山のオペレーター権を持つ運営会社からの報告に従っております。

 

3【設備の新設、除却等の計画】

(1)設備の新設・改修

 当社グループにおける当連結会計年度終了後1年間の設備投資計画(新設、整備等)は856億円であり、セグメント別の内訳は以下のとおりです。

 

セグメントの名称

2021年3月末

計画金額

(百万円)

計画の内容

資源

29,792

コテ金開発プロジェクト、菱刈鉱山の下部鉱体開発等

製錬

35,940

国内外拠点の製造設備等の整備等

材料

12,132

電池材料を主とした材料製品生産設備の増強、整備等

その他

7,687

電池研究所の拡張・設備充実、別子事業所独身・単身寮新設、その他の整備等

合計

85,551

 

(注)所要資金はすべて自己資金ないし借入金により充当する予定であります。

 

(2)設備の売却

 重要な設備の売却計画はありません。

 

(3)設備の除却

 重要な設備の除却計画はありません。

第4【提出会社の状況】

1【株式等の状況】

(1)【株式の総数等】

①【株式の総数】

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

500,000,000

500,000,000

 

 

②【発行済株式】

種類

事業年度末現在

発行数(株)

(2021年3月31日)

提出日現在

発行数(株)

(2021年6月25日)

上場金融商品取引所名又は登録認可金融商品取引業協会名

内容

普通株式

290,814,015

290,814,015

東京証券取引所

市場第一部

単元株式数は、100株で

あります。

290,814,015

290,814,015

(注)提出日現在の発行数には、2021年6月1日から本有価証券報告書提出日までの新株予約権の行使により発行された株式数は含まれておりません。

 

(2)【新株予約権等の状況】

①【ストックオプション制度の内容】

該当事項はありません。

 

②【ライツプランの内容】

該当事項はありません。

 

③【その他の新株予約権等の状況】

会社法の規定に基づき発行した新株予約権付社債は、次のとおりであります。

住友金属鉱山株式会社2023年満期ユーロ円建取得条項付転換社債型新株予約権付社債

決議年月日

2018年2月27日

新株予約権の数(個)※

3,000

新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)※

新株予約権の目的となる株式の種類及び内容※

普通株式

新株予約権の目的となる株式の数(株)※

3,862,992(注)1、8

新株予約権の行使時の払込金額(円)※

7,766.0(注)2、8

新株予約権の行使期間※

2018年4月2日~

2023年3月1日

(行使請求受付場所現地時間)

新株予約権の行使により株式を発行する場合の

株式の発行価格及び資本組入額(円)※

発行価格  7,766.0

資本組入額 3,884

(注)3、8

新株予約権の行使の条件※

(注)4

新株予約権の譲渡に関する事項※

(注)5

組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項※

(注)6

新株予約権の行使の際に出資の目的とする

財産の内容及び価額※

(注)7

新株予約権付社債の残高(百万円)※

30,000

※当事業年度の末日(2021年3月31日)における内容を記載しております。当事業年度の末日から提出日の前月末現在(2021年5月31日)にかけて変更された事項はありません。

(注)1.本新株予約権の行使により当社が当社普通株式を交付する数は、行使請求に係る本社債の額面金額の総額を(注)2記載の新株予約権の行使時の払込金額(以下「転換価額」といいます。)で除した数とします。但し、行使により生じる1株未満の端数は切り捨て、現金による調整は行いません。

2.転換価額は、本新株予約権付社債の発行後、当社が当社普通株式の時価を下回る払込金額で当社普通株式を発行し又は当社の保有する当社普通株式を処分する場合には、下記の算式により調整されます。なお、下記の算式において、「既発行株式数」は当社の発行済普通株式(当社が保有するものを除きます。)の総数をいいます。

 

 

 

 

既発行株式数

新発行・処分株式数×1株当たりの払込金額

調整後

調整前

×

時 価

転換価額

転換価額

既発行株式数+新発行・処分株式数

 

また、転換価額は、当社普通株式の分割又は併合、当社普通株式の時価を下回る価額をもって当社普通株式の交付を請求できる新株予約権(新株予約権付社債に付されたものを含みます。)の発行又は一定限度を超える配当支払いが行われる場合その他一定の事由が生じた場合にも適宜調整されます。

3.本新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金の額は、会社計算規則第17条の定めるところに従って算定された資本金等増加限度額に0.5を乗じた金額とし、計算の結果1円未満の端数を生じる場合はその端数を切り上げた額とします。増加する資本準備金の額は、資本金等増加限度額より増加する資本金の額を減じた額とします。

4.(1)本新株予約権の一部行使はできません。

(2)2022年12月15日(当日を含む。)までは、本新株予約権付社債権者は、ある四半期(1暦年を3ヶ月に区切った期間をいいます。以下本(2)において同じ。)の最後の取引日(以下に定義します。以下同じ。)に終了する20連続取引日において、当社普通株式の終値(以下に定義します。以下同じ。)が、当該最後の取引日において適用のある転換価額の130%を超えた場合に限って、翌四半期の初日から末日(但し、2022年10月1日に開始する四半期に関しては、2022年12月15日)までの期間において、本新株予約権を行使することができます。

但し、本(2)記載の本新株予約権の行使の条件は、以下①、②及び③の期間は適用されません。

① (ⅰ)株式会社日本格付研究所若しくはその承継格付機関(以下「JCR」といいます。)による当社の長期発行体格付がBBB-(格付区分の変更が生じた場合は、これに相当するもの)以下である期間、(ⅱ)JCRにより当社の長期発行体格付がなされなくなった期間、又は(ⅲ)JCRによる当社の長期発行体格付が停止若しくは撤回されている期間。但し、JCRによる当社の長期発行体格付がなされなくなり、又は停止若しくは撤回された場合(以下、これらを「本件格付中止等」と総称します。)で、本件格付中止等の以前から、当社の依頼に基づき当社の長期発行体格付(又はこれに相当する格付)(当該格付が利用できない場合は、当社の個別債務格付)が代替格付機関(以下に定義します。以下同じ。)からなされているときは、当該本件格付中止等については本(ⅱ)及び(ⅲ)は適用されないものとし、本件格付中止等以降、本(ⅰ)は「代替格付機関による当社の長期発行体格付が、代替格付機関が株式会社格付投資情報センター又はその承継格付機関(以下「R&I」といいます。)である場合はBBB-(格付区分の変更が生じた場合は、これに相当するもの)以下である期間、代替格付機関がムーディーズ・ジャパン株式会社又はその承継格付機関(以下「ムーディーズ」といいます。)である場合はBaa3(格付区分の変更が生じた場合は、これに相当するもの)以下である期間」と、本(ⅱ)は「代替格付機関により当社の長期発行体格付(又はこれに相当する格付)がなされなくなった期間」と、本(ⅲ)は「代替格付機関による当社の長期発行体格付(又はこれに相当する格付)が停止若しくは撤回されている期間」とそれぞれ読み替えて適用するものとし、以後も同様とします。

「代替格付機関」とは、R&I、JCR及びムーディーズ(以下「適格格付機関」といいます。)のうち、本件格付中止等を行った適格格付機関以外の適格格付機関であって、かつ、当該本件格付中止等の時点において、当社が依頼して、当社の長期発行体格付(又はこれに相当する格付)(当該格付が利用できない場合は、当社の個別債務格付)を取得している適格格付機関をいいます。

② 当社が、本社債の繰上償還の通知を行った日以後の期間(但し、税制変更等による繰上償還において繰上償還を受けないことが選択された本社債に係る本新株予約権を除きます。)

③ 当社が組織再編等を行うにあたり、本新株予約権の行使を禁止しない限り、本新株予約権付社債の要項に従い本新株予約権付社債権者に対し当該組織再編等に関する通知を行った日(同日を含む。)から当該組織再編等の効力発生日(同日を含む。)までの期間

「取引日」とは、株式会社東京証券取引所(以下「東京証券取引所」という。)が開設されている日をいい、終値が発表されない日を含みません。

一定の日における当社普通株式の「終値」とは、東京証券取引所におけるその日の当社普通株式の普通取引の終値(当日に終値がない場合は、その日に先立つ直近の終値)をいいます。

5.本新株予約権は、本社債に付されたものであり、本社債からの分離譲渡はできません。

6.(1)組織再編等が生じた場合、当社は、承継会社等(以下に定義します。)をして、本新株予約権付社債の要項に従って、本新株予約権付社債の主債務者としての地位を承継させ、かつ、本新株予約権に代わる新たな新株予約権を交付させるよう最善の努力をするものとします。但し、かかる承継及び交付については、(ⅰ)その時点で適用のある法律上実行可能であり、(ⅱ)そのための仕組みが既に構築されているか又は構築可能であり、かつ、(ⅲ)当社又は承継会社等が、当該組織再編等の全体から見て不合理な(当社がこれを判断します。)費用(租税を含みます。)を負担せずに、それを実行することが可能であることを前提条件とします。かかる場合、当社は、また、承継会社等が当該組織再編等の効力発生日において日本の上場会社であるよう最善の努力をするものとします。本(1)に記載の当社の努力義務は、当社が本新株予約権付社債の受託会社に対して、承継会社等が、当該組織再編等の効力発生日において、理由の如何を問わず、日本の上場会社であることを当社は予想していない旨の証明書を交付する場合、適用されません。

「承継会社等」とは、組織再編等における相手方であって、本新株予約権付社債及び/又は本新株予約権に係る当社の義務を引き受ける会社をいいます。

(2)上記(1)の定めに従って交付される承継会社等の新株予約権の内容は下記のとおりとします。

① 新株予約権の数

当該組織再編等の効力発生日の直前において残存する本新株予約権付社債に係る本新株予約権の数と同一の数とします。

② 新株予約権の目的である株式の種類

承継会社等の普通株式とします。

③ 新株予約権の目的である株式の数

承継会社等の新株予約権の行使により交付される承継会社等の普通株式の数は、承継会社等が、当該組織再編等の条件等を勘案の上、本新株予約権付社債の要項を参照して決定するほか、下記(ⅰ)又は(ⅱ)に従います。なお、転換価額は上記(注)2と同様の調整に服します。

(ⅰ)合併、株式交換又は株式移転の場合、当該組織再編等の効力発生日の直前に本新株予約権を行使した場合に得られる数の当社普通株式の保有者が当該組織再編等において受領する承継会社等の普通株式の数を、当該組織再編等の効力発生日の直後に承継会社等の新株予約権を行使したときに受領できるように、転換価額を定めます。当該組織再編等に際して承継会社等の普通株式以外の証券又はその他の財産が交付されるときは、当該証券又は財産の価値を承継会社等の普通株式の時価で除して得られる数に等しい承継会社等の普通株式の数を併せて受領できるようにします。

(ii)上記以外の組織再編等の場合、当該組織再編等の効力発生日の直前に本新株予約権を行使した場合に本新株予約権付社債権者が得られるのと同等の経済的利益を、当該組織再編等の効力発生日の直後に承継会社等の新株予約権を行使したときに受領できるように、転換価額を定めます。

④ 新株予約権の行使に際して出資される財産の内容及びその価額

承継会社等の新株予約権の行使に際しては、承継された本社債を出資するものとし、当該本社債の価額は、承継された本社債の額面金額と同額とします。

⑤ 新株予約権を行使することができる期間

当該組織再編等の効力発生日(場合によりその14日後以内の日)から、上記に定める本新株予約権の行使期間の満了日までとします。

⑥ その他の新株予約権の行使の条件

承継会社等の各新株予約権の一部行使はできないものとします。また、承継会社等の新株予約権の行使は、上記(注)4(2)と同様の制限を受けます。

⑦ 承継会社等による新株予約権付社債の取得

承継会社等は、承継会社等の新株予約権及び承継された社債を当社による本新株予約権付社債の取得と同様に取得することができます。

⑧ 新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金

承継会社等の新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金の額は、会社計算規則第17条の定めるところに従って算定された資本金等増加限度額に0.5を乗じた金額とし、計算の結果1円未満の端数を生じる場合はその端数を切り上げた額とします。増加する資本準備金の額は、資本金等増加限度額より増加する資本金の額を減じた額とします。

⑨ 組織再編等が生じた場合

承継会社等について組織再編等が生じた場合にも、本新株予約権付社債と同様の取り扱いを行います。

⑩ その他

承継会社等の新株予約権の行使により生じる1株未満の端数は切り捨て、現金による調整は行いません。承継会社等の新株予約権は承継された本社債と分離して譲渡できません。

(3)当社は、上記(1)の定めに従い本社債及び信託証書に基づく当社の義務を承継会社等に引き受け又は承継させる場合、本新株予約権付社債の要項に定める一定の場合には保証を付すほか、本新株予約権付社債の要項に従います。

7.各本新株予約権の行使に際しては、当該本新株予約権に係る本社債を出資するものとし、当該本社債の価額は、その額面金額と同額とします。