EDINET閲覧(提出)サイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)をもとに上場企業サーチ作成

本ページはEDINETに提出された開示情報を上場企業サーチが加工/編集したものであり、記載された情報の正確性および完全性について上場企業サーチは一切の保証を行いません。本ページの情報を利用する際は自己の責任で判断頂き、意思決定に際しては適宜EDINETや提出会社が公開するオリジナルを参照する様にしてください。本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

【表紙】

 

【提出書類】

有価証券報告書

【根拠条文】

金融商品取引法第24条第1項

【提出先】

関東財務局長

【提出日】

2020年6月29日

【事業年度】

第128期(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

【会社名】

中外鉱業株式会社

【英訳名】

Chugai Mining Co.,Ltd.

【代表者の役職氏名】

代表取締役社長  芳賀 一利

【本店の所在の場所】

東京都千代田区丸の内二丁目4番1号

【電話番号】

(03)3201-1541(代表)

【事務連絡者氏名】

取締役  小原 淳史

【最寄りの連絡場所】

東京都千代田区丸の内二丁目4番1号

【電話番号】

(03)3201-1541(代表)

【事務連絡者氏名】

取締役  小原 淳史

【縦覧に供する場所】

株式会社東京証券取引所

(東京都中央区日本橋兜町2番1号)

 

E00027 14910 中外鉱業株式会社 Chugai Mining Co.,Ltd. 企業内容等の開示に関する内閣府令 第三号様式 Japan GAAP true CTE CTE 2019-04-01 2020-03-31 FY 2020-03-31 2018-04-01 2019-03-31 2019-03-31 1 false false false E00027-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00027-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E00027-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00027-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ReserveForReductionEntry2Member E00027-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ReserveForSpecialDepreciationGeneralMember E00027-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00027-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ReserveForSpecialDepreciationGeneralMember E00027-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E00027-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E00027-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00027-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ReserveForReductionEntry2Member E00027-000 2019-03-31 jppfs_cor:ReserveForSpecialDepreciationGeneralMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00027-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E00027-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E00027-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No1MajorShareholdersMember E00027-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No2MajorShareholdersMember E00027-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No3MajorShareholdersMember E00027-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E00027-000:RealEstateBusinessReportableSegmentsMember E00027-000 2019-03-31 jpcrp030000-asr_E00027-000:RealEstateBusinessReportableSegmentsMember E00027-000 2020-06-29 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E00027-000 2019-03-31 jpcrp030000-asr_E00027-000:MachineryBusinessReportableSegmentsMember E00027-000 2019-03-31 jpcrp030000-asr_E00027-000:InvestmentBusinessReportableSegmentsMember E00027-000 2020-03-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E00027-000 2020-03-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E00027-000 2020-03-31 jpcrp_cor:OtherReportableSegmentsMember E00027-000 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E00027-000:InvestmentBusinessReportableSegmentsMember E00027-000 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E00027-000:MachineryBusinessReportableSegmentsMember E00027-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E00027-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00027-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E00027-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E00027-000 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E00027-000 2019-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00027-000 2019-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E00027-000 2019-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00027-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E00027-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E00027-000 2020-03-31 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E00027-000 2020-03-31 jpcrp_cor:SharesWithNoVotingRightsMember E00027-000 2020-03-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsTreasurySharesEtcMember E00027-000 2020-03-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsOtherMember E00027-000 2020-03-31 jpcrp_cor:SharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E00027-000 2020-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E00027-000 2020-03-31 jpcrp_cor:SharesWithFullVotingRightsOtherMember E00027-000 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E00027-000:ContentBusinessMember E00027-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E00027-000:ContentBusinessMember E00027-000 2019-03-31 jpcrp030000-asr_E00027-000:ContentBusinessMember E00027-000 2018-04-01 2019-03-31 jpcrp030000-asr_E00027-000:ContentBusinessMember E00027-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E00027-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00027-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No5MajorShareholdersMember E00027-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No6MajorShareholdersMember E00027-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No7MajorShareholdersMember E00027-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No8MajorShareholdersMember E00027-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No9MajorShareholdersMember E00027-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No10MajorShareholdersMember E00027-000 2018-04-01 2019-03-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E00027-000 2018-04-01 2019-03-31 jpcrp030000-asr_E00027-000:PreciousMetalBusinessReportableSegmentsMember E00027-000 2018-04-01 2019-03-31 jpcrp030000-asr_E00027-000:RealEstateBusinessReportableSegmentsMember E00027-000 2018-04-01 2019-03-31 jpcrp030000-asr_E00027-000:MachineryBusinessReportableSegmentsMember E00027-000 2018-04-01 2019-03-31 jpcrp030000-asr_E00027-000:InvestmentBusinessReportableSegmentsMember E00027-000 2019-03-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E00027-000 2019-03-31 jpcrp030000-asr_E00027-000:PreciousMetalBusinessReportableSegmentsMember E00027-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E00027-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E00027-000 2020-06-29 jpcrp030000-asr_E00027-000:SHIDEHARAHIROSHIMember E00027-000 2020-06-29 jpcrp030000-asr_E00027-000:MIZUTANISHIGEYUKIMember E00027-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:DirectorsExcludingOutsideDirectorsMember E00027-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:CorporateAuditorsExcludingOutsideCorporateAuditorsMember E00027-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:OutsideDirectorsAndOtherOfficersMember E00027-000 2020-06-29 jpcrp_cor:Row3Member E00027-000 2020-06-29 jpcrp_cor:Row2Member E00027-000 2020-06-29 jpcrp_cor:Row1Member E00027-000 2020-06-29 jpcrp_cor:Row4Member E00027-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E00027-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00027-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E00027-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00027-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ReserveForReductionEntry2Member E00027-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ReserveForSpecialDepreciationGeneralMember E00027-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E00027-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E00027-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00027-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00027-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00027-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ReserveForReductionEntry2Member E00027-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ReserveForSpecialDepreciationGeneralMember E00027-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E00027-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00027-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00027-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E00027-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00027-000 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00027-000 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E00027-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00027-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row1Member E00027-000 2020-06-29 jpcrp030000-asr_E00027-000:HAGAKATSUTOSHIMember E00027-000 2020-06-29 jpcrp030000-asr_E00027-000:MIKAMIMANAMIMember E00027-000 2020-06-29 jpcrp030000-asr_E00027-000:OHARAATSUSHIMember E00027-000 2020-06-29 jpcrp030000-asr_E00027-000:TANAKAYOSHIAKIMember E00027-000 2020-06-29 jpcrp030000-asr_E00027-000:SASAKIFUTOSHIMember E00027-000 2020-06-29 jpcrp030000-asr_E00027-000:UCHIDAMASATOSHIMember E00027-000 2020-06-29 jpcrp030000-asr_E00027-000:YOSHINAGAKATSUHIKOMember E00027-000 2020-06-29 jpcrp030000-asr_E00027-000:NISHIMOTOTAKEOMember E00027-000 2018-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00027-000 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00027-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00027-000 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00027-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00027-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00027-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00027-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00027-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00027-000 2017-04-01 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00027-000 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00027-000 2016-04-01 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00027-000 2016-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00027-000 2015-04-01 2016-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00027-000 2018-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E00027-000 2018-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00027-000 2018-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E00027-000 2018-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00027-000 2020-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E00027-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E00027-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ReserveForReductionEntry2Member E00027-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00027-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E00027-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00027-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E00027-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E00027-000:PreciousMetalBusinessReportableSegmentsMember E00027-000 2019-03-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E00027-000 2019-03-31 jpcrp_cor:OtherReportableSegmentsMember E00027-000 2018-04-01 2019-03-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E00027-000 2018-04-01 2019-03-31 jpcrp_cor:OtherReportableSegmentsMember E00027-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E00027-000 2018-03-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E00027-000 2020-03-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E00027-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E00027-000 2019-03-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E00027-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E00027-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:OtherReportableSegmentsMember E00027-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E00027-000:InvestmentBusinessReportableSegmentsMember E00027-000 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E00027-000:RealEstateBusinessReportableSegmentsMember E00027-000 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00027-000 2020-06-29 E00027-000 2020-03-31 E00027-000 2019-04-01 2020-03-31 E00027-000 2019-03-31 E00027-000 2018-04-01 2019-03-31 E00027-000 2018-03-31 E00027-000 2017-04-01 2018-03-31 E00027-000 2017-03-31 E00027-000 2016-04-01 2017-03-31 E00027-000 2016-03-31 E00027-000 2015-04-01 2016-03-31 E00027-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E00027-000:MachineryBusinessReportableSegmentsMember E00027-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No4MajorShareholdersMember E00027-000 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E00027-000:PreciousMetalBusinessReportableSegmentsMember E00027-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E00027-000 2020-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsOtherMember E00027-000 2020-03-31 jpcrp_cor:SharesLessThanOneUnitMember E00027-000 2020-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesLessThanOneUnitMember E00027-000 2020-03-31 jpcrp_cor:CorporateSharedMember E00027-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E00027-000:PreciousMetalBusinessReportableSegmentsMember E00027-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E00027-000:RealEstateBusinessReportableSegmentsMember E00027-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E00027-000:InvestmentBusinessReportableSegmentsMember E00027-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E00027-000:ContentBusinessMember E00027-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp_cor:CorporateSharedMember xbrli:pure iso4217:JPY iso4217:JPY xbrli:shares xbrli:shares

第一部【企業情報】

第1【企業の概況】

1【主要な経営指標等の推移】

(1)連結経営指標等

回次

第124期

第125期

第126期

第127期

第128期

決算年月

2016年3月

2017年3月

2018年3月

2019年3月

2020年3月

売上高

(千円)

29,188,551

62,501,414

52,109,462

26,457,759

28,517,805

経常利益又は経常損失(△)

(千円)

271,145

74,805

262,364

532,497

893,930

親会社株主に帰属する当期純利益又は親会社株主に帰属する当期純損失(△)

(千円)

483,010

92,002

9,569

123,582

296,966

包括利益

(千円)

288,198

60,693

280,426

520,965

923,096

純資産額

(千円)

6,677,763

6,585,743

6,305,272

6,699,643

6,402,462

総資産額

(千円)

7,645,761

7,585,363

7,320,848

7,795,652

7,756,623

1株当たり純資産額

(円)

23.02

22.70

22.67

23.10

22.07

1株当たり当期純利益金額又は1株当たり当期純損失金額(△)

(円)

1.67

0.32

0.03

0.43

1.03

潜在株式調整後1株当たり

当期純利益金額

(円)

自己資本比率

(%)

87.21

86.69

89.69

85.81

82.42

自己資本利益率

(%)

1.85

株価収益率

(倍)

46.88

営業活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

22,014

620,487

226,843

293,409

925,554

投資活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

25,773

18,138

27,836

167,959

19,902

財務活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

277,601

142,393

27,914

121,643

438,951

現金及び現金同等物の期末

残高

(千円)

902,973

1,362,928

1,589,909

1,593,714

2,938,318

従業員数

(人)

120

107

107

107

110

 (注)1.売上高には消費税等は含まれておりません。

2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

3.第124期、第125期、第126期及び第128期の自己資本利益率および株価収益率については、親会社株主に帰属する当期純損失が計上されているため記載しておりません。

(2)提出会社の経営指標等

回次

第124期

第125期

第126期

第127期

第128期

決算年月

2016年3月

2017年3月

2018年3月

2019年3月

2020年3月

売上高

(千円)

27,344,260

61,239,772

51,431,885

24,382,176

28,791,254

経常利益又は経常損失(△)

(千円)

451,632

114,661

371,474

275,035

259,851

当期純利益又は当期純損失(△)

(千円)

473,104

126,795

355,386

284,942

232,432

資本金

(千円)

12,782,064

6,248,926

6,248,926

6,248,926

6,248,926

発行済株式総数

(千株)

289,747

289,747

289,747

289,747

289,747

純資産額

(千円)

6,217,772

6,090,949

6,446,290

6,161,331

6,393,727

総資産額

(千円)

6,952,744

6,899,391

7,291,322

7,172,437

7,710,166

1株当たり純資産額

(円)

21.47

21.03

22.26

21.27

22.07

1株当たり配当額

(円)

(うち1株当たり中間配当額)

()

()

()

()

()

1株当たり当期純利益金額又は1株当たり当期純損失金額(△)

(円)

1.63

0.44

1.23

0.98

0.80

潜在株式調整後1株当たり

当期純利益金額

(円)

自己資本比率

(%)

89.43

88.28

88.41

85.90

82.93

自己資本利益率

(%)

5.67

3.70

株価収益率

(倍)

21.19

18.69

配当性向

(%)

従業員数

(人)

93

94

94

97

99

株主総利回り

(%)

78.6

96.4

92.9

71.4

53.6

(比較指標:配当込みTOPIX)

(%)

(89.2)

(102.3)

(118.5)

(112.5)

(101.8)

最高株価

(円)

34

37

37

30

25

最低株価

(円)

21

19

25

14

13

 (注)1.売上高には消費税等は含まれておりません。

2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

3.第124期、第125期及び第127期の自己資本利益率及び株価収益率については、当期純損失が計上されているため記載しておりません。

4.最高株価及び最低株価は東京証券取引所市場第二部におけるものであります。

 

2【沿革】

1932年5月

金鉱山の開発を目的として持越鉱山株式会社を創立(資本金150万円)

1932年7月

清越鉱山買収

1935年4月

持越鉱業株式会社に商号変更。

1936年4月

八雲鉱業株式会社、橋洞金山株式会社、中外硫黄株式会社を合併、中外鉱業株式会社に商号変更

1945年8月

終戦により在外資産喪失

1949年5月

東京証券取引所に上場

1951年10月

大阪証券取引所に上場

1962年2月

新潟証券取引所に上場

1973年5月

持越鉱業所に金銀回収設備を設置、精金事業を開始

1978年1月

伊豆大島近海地震により、持越鉱業所鉱さい堆積場の一部決壊、鉱さいの狩野川流出事故により、同年4月末まで同所の操業全面停止

1979年7月

都茂鉱業所を分離、都茂鉱業株式会社(1979年6月1日設立)の経営となる

1982年11月

清越鉱山合理化実施

1985年4月

上国鉱業所合理化実施

1986年5月

上国鉱業所の休山

1987年5月

清越鉱山の休山

1987年6月

都茂鉱業株式会社の操業休止

1987年11月

不動産業、金めっき加工業に進出

1989年3月

持越工場の焼成設備、アルカリ回収設備完成

1991年1月

山梨県に甲府分析センターを開設

1995年1月

中外化学株式会社を設立、写真廃液処理事業に進出

1996年3月

㈱インテックスの株式取得(現連結子会社)

1997年10月

㈱インテックスは東洋機工㈱(足立区所在)と合併し機械事業に進出

1999年7月

愛知県に名古屋営業所を開設

1999年7月

IRセンターを開設

2000年4月

日本スパイダー・システムズ株式会社の株式取得

2000年10月

ガバキング株式会社の株式取得

2000年11月

株式会社リムテックの株式取得

2000年11月

中外キャピタル株式会社の株式取得

2001年1月

米国Katsina Optics,Incの株式取得

2001年10月

日本スパイダー・システムズ株式会社およびガバキング株式会社並びに株式会社リムテックの全株式を売却し、子会社でなくなりました。

2002年2月

中外キャピタル株式会社は株式会社ベンチャーサポート・キャピタルに商号変更いたしました。

2003年3月

投資事業をセグメントに区分いたしました。

2003年4月

米国Katsina Optics,Incは事業を休止いたしました。

2003年8月

10株を1株に併合する株式併合を実施いたしました。
株式併合に伴い、1単元の株式の数を1,000株から100株に変更いたしました。

2004年4月

健康事業に進出いたしました。

2005年8月

東京都大田区に溶媒抽出法による金の生産設備を有する東京工場を新設いたしました。

2006年3月

健康事業部を廃止いたしました。

2007年9月

投資事業から撤退いたしました。

2007年11月

株式会社ベンチャーサポート・キャピタルは株式会社キャリアメイト(現非連結子会社)に商号変更いたしました。

2008年12月

2009年4月

中外化学株式会社の全株式を売却し、子会社でなくなりました。

投資事業をセグメントに区分いたしました。

2010年11月

CR任意組合及びIR任意組合を新たに設立いたしました。(現連結子会社)

2012年10月

宝飾事業をセグメントに区分いたしました。

2014年4月

2014年9月

2017年4月

2017年4月

2017年12月

研究開発事業をセグメントに区分いたしました。

研究開発事業を廃止いたしました。

宝飾事業を貴金属事業に統合いたしました。

コンテンツ事業をセグメント区分いたしました。

香港JACK DIAMOND Co.,Ltd.の株式取得(現連結子会社)

 

3【事業の内容】

 当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(中外鉱業㈱)及び子会社5社により構成されており、貴金属事業、不動産事業、機械事業、投資事業、コンテンツ事業を主たる業務としております。

(1)貴金属事業   当社が貴金属・美術品・宝飾品の販売、金・銀・プラチナ・パラジウム等の生産、販売、含金銀非鉄金属の仕入販売等を行っております。

(2)不動産事業   当社及び子会社㈱インテックスが分譲・賃貸マンション事業、不動産の売買、仲介、賃貸及び管理ならびに企画開発等を行っております。

(3)機械事業    子会社㈱インテックスが中古工作機械・鈑金機械等の仕入、販売を行っております。

(4)投資事業    当社及び子会社㈱インテックスならびにCR任意組合、IR任意組合が金先物取引、有価証券の保有、売買、運用その他の投資を行っております。

(5)コンテンツ事業 当社が玩具、遊戯用具の企画、設計、製造、販売、キャラクター商品の販売、卸業及び企画・開発を行っております。

 以上述べた事項を事業系統図によって示すと次のとおりであります。

0101010_001.png

 

※1 連結子会社

※2 非連結子会社

4【関係会社の状況】

(1)連結子会社

名称

住所

資本金又は出資金

(千円)

主要な事業の内容

議決権の所有割合又は被所有割合

(%)

関係内容

㈱インテックス

東京都

千代田区

100,000

不動産事業、機械事業、投資事業

99.97

当社不動産の管理委託

資金の貸付

役員の兼任

CR任意組合

(注)2

東京都

千代田区

10,000

投資事業

51.00

IR任意組合

(注)2

東京都

千代田区

10,000

投資事業

51.00

(注)3(51.00)

JACK DIAMOND Co.,Ltd.

香港

九龍

0

貴金属事業

100.00

委託販売

 (注)1.「主要な事業の内容」欄には、セグメントの名称を記載しております。

2.議決権の所有割合又は被所有割合につきましては、出資割合を記載しております。

3.議決権の所有割合の( )内は、間接所有割合で内数であります。

 

5【従業員の状況】

(1)連結会社の状況

 

2020年3月31日現在

セグメントの名称

従業員数(人)

貴金属事業

60

不動産事業

6

機械事業

10

投資事業

2

コンテンツ事業

16

全社(共通)

16

合計

110

 (注)1.従業員数は就業人員であります。

2.全社(共通)として記載されている従業員数は、管理部門等に所属しているものであります。

(2)提出会社の状況

 

 

 

 

 

2020年3月31日現在

従業員数(人)

平均年令

平均勤続年数

平均年間給与(円)

99

37

0ヶ月

8

8ヶ月

5,010,499

 

セグメントの名称

従業員数(人)

貴金属事業

60

不動産事業

6

投資事業

1

コンテンツ事業

16

全社(共通)

16

合計

99

 (注)1.従業員数は就業人員であります。

2.平均年間給与は、年俸制による平均給与であります。

3.全社(共通)として記載されている従業員数は、管理部門等に所属しているものであります。

(3)労働組合の状況

 当社グループには、労働組合はありません。

第2【事業の状況】

1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

(1)経営方針

① 業務運営の基本方針

 当社では、以下の経営理念および経営方針を経営の拠り所とする。

【経営理念】

わたしたちは新しい価値の創造を通じて社会に貢献します。

【経営方針】

イ.「本業重視の経営」

金・プラチナ等のスクラップ原料の売買、精製・加工の他、ダイヤモンド等宝飾品の売買を行なう貴金属事業、中古工作機械業界ではトップクラスの地位を占める機械事業、不動産事業、投資事業、コンテンツ事業を含めた本業に経営の重心を置き、収益性を重視した経営を目指してまいります。

ロ.「株主重視の経営」

「常在戦場」の意識を徹底させ会社の活性化を図り、収益力の向上を目指します。

本業重視の経営を行ない配当可能利益を生み出す収益体質の確立を目指してまいります。

ハ.「将来ビジョン」

将来は、当社の各事業部を分社化するとともに、M&Aにより買収する子会社を含めた全体を束ねるホールディングカンパニー制を目指しております。

迅速な意思決定と機動的な業務執行を図り、経営計画の達成を強力に推進いたします。

 また、当社では、以下の「行動指針」を日ごろの業務運営の指針といたします。

【行動指針】

(a) 既成概念を打破し意識の変革を図ろう

(b) 情報を大切に迅速に行動しよう

(c) 常にお客様の立場を考え誠実な対応を心がけよう

(d) 常に効率性を考えコスト意識を持とう

(e) 環境の保全・調和に努め豊かな社会にしよう

 

(2)経営環境及び優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

 当連結会計年度におけるわが国経済は、雇用・所得環境の改善や堅調な企業業績に支えられ、景気は回復基調が持続していたものの、米中貿易摩擦の長期化や、新型コロナウイルスの世界的大流行による各国での経済活動の停止や金融市場の混乱に伴い、国内外において景気が失速する等、先行き不透明な状況が続いております。

 そのような状況のもと、当社グループ(当社及び連結子会社)は、市場の変化に対応し、グループとしての強化と成長を実現すべく、下記の優先的に対処すべき課題に取り組み、収益力向上を図ってまいります。

 貴金属事業は、東京工場において、生産効率の高い金精製回収設備により金地金は月産800キログラムの生産体制、月産50キログラムのプラチナ生産体制をそれぞれ整えております。営業拠点は、全国9支店の営業体制を構築しており、設備に見合う原料集荷、安定操業の維持に努めてまいります。

 不動産事業は、低金利の住宅ローン減税をはじめとした政策支援などにより下支えされているものの、新型コロナウイルス感染症の拡大の影響など不動産事業を取り巻く環境は一段と厳しい状況となっております。

 こうした状況の下、市場や事業を取巻く環境の変化に対応し収益力の強化を図ってまいります。

 機械事業は、米中貿易摩擦の影響や新型コロナウイルス感染症の拡大により設備投資の鈍化によるマイナス成長が続くと予想されるものの、新型コロナウイルス感染症が収束したのちの産業構造は、人手不足を背景とする自動化、無人化への設備投資のニーズ拡大による需要押し上げ等が見込まれる中、中古工作機械、鈑金機械等の仕入販売の強化に加え既存店舗の効率化、在庫の適正化を行ない、収益力の増大に努めてまいります。

 投資事業は、東京商品取引所東京金先物に投資を行ない、収益の確保を目指してまいります。

 コンテンツ事業は、新型コロナウイルス感染症の拡大によりグッズ製造における生産体制や販路の維持・確保等、不確実性が増す状況が続くと予想されます。

 こうした状況の下、全国の小売店やネット通販・自社運営ECサイトにて商品を販売の他、アニメ製作委員会や番組スポンサーへ積極的に参加し、市場のニーズに合った商品の企画・製作・販売を展開し収益力の増大を図ってまいります。

 なお、文中の将来に関する事項は、有価証券報告書提出日(2020年6月29日)において当社グループが判断したものであり、様々な要因により大きく異なる可能性があります。

 

2【事業等のリスク】

 有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況に関する事項のうち、経営者が連結会社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を与えると認識している主要なリスクは、以下のとおりであります。
 なお、文中の将来に関する事項は、有価証券報告書提出日現在において当社グループが判断したものであります。

(1)製品等の価格変動について

  当社グループの貴金属事業の製品は、金、銀、プラチナ、パラジウム等貴金属地金で国際市況商品であります。市場価格は国際商品市況(非鉄金属相場)及び為替相場の影響を大きく受けております。そのため市場価格の変動は当社グループの業績及び財政状態に影響を与える可能性があります。

  また、商品は、ダイヤモンドルース、宝飾品等の国際市況商品であります。市場価格は国際商品市況及び為替相場の影響を大きく受けております。そのため市場価格の変動は当社グループの業績及び財政状態に影響を与える可能性があります。

 当社グループの不動産事業の販売価格は、景気、金利、販売価格等の動向や住宅税制等の影響を受けやすいため、
これらの動向により当社グループの業績及び財政状態に影響を与える可能性があります。

(2)先物取引相場の変動について

 当社グループの投資事業は、主に金現物先物取引を行っております。投資対象の相場動向により大きな影響を受けるため、市況によっては投資額を大きく下回り、当社グループの業績及び財政状態に影響を与える可能性があります。

(3)金利動向の変動について

 当社グループの不動産事業は、購買者の需要動向が金利の動向により大きな影響を受けるため、市場金利の変動が当社グループの業績及び財政状態に影響を与える可能性があります。

(4)法的規制について

 当社グループの貴金属事業は、環境関連法令に基づき、大気、排水、土壌、地下水等の汚染防止に努め、また、休廃止鉱山については、鉱山保安法に基づき、坑廃水による水質汚濁の防止や堆積場の安全管理等、鉱害防止に努めておりますが、関連法令の改正等によっては、当社グループにおいて新たな設備投資や費用負担が発生する可能性があります。

 当社グループの不動産事業は、国土利用計画法、宅地建物取引業法、建築基準法、都市計画法、建設業法、建築士法、借地借家法、建物の区分所有等に関する法律、消防法、住宅の品質確保に関する法律、マンションの管理の適正化の推進に関する法律等による法的規制を受けております。これらの関連法令の改正等によっては、当社グループの業績及び財政状態に影響を与える可能性があります。当社グループは不動産業者として、「宅地建物取引業法」に基づく免許を受け、不動産販売及び不動産賃貸等の事業を行っております。

(5)財務制限条項について

  当社グループの借入金の一部に財務制限条項が付されており、純資産額の下限が定められております。万一、当社の業績が悪化し、当該財務制限条項に抵触した場合には、期限の利益を喪失し、当社グループの財政状態及び経営成績に悪影響を及ぼす可能性があります。

3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

(1)経営成績等の状況の概要

 当連結会計年度における当社グループ(当社及び連結子会社)の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下「経営成績等」という。)の状況の概要は次のとおりであります。

 

①財政状態及び経営成績の状況

 当連結会計年度におけるわが国経済は、雇用・所得環境の改善や堅調な企業業績に支えられ、景気は回復基調が持続していたものの、米中貿易摩擦の長期化や、新型コロナウイルスの世界的大流行による各国での経済活動の停止や金融市場の混乱に伴い、国内外において景気が失速する等、先行き不透明な状況が続いております。

 このような状況の下、貴金属事業におきましては、金価格は、米国利下げや米中貿易摩擦の長期化、中東情勢を巡る地政学リスク、新型コロナウイルス感染拡大による経済・金融市場の不安等を背景に安全資産としての金需要が高まり上昇基調で推移いたしました。

 業績につきましては、金価格の上昇が寄与したことから概ね堅調に推移いたしました。

 不動産事業におきましては、住宅ローン減税等の経済政策や低金利の継続により住宅需要は堅調であり、不動産賃貸業界においては、都心部の優良オフィスを中心に空室率は低水準で推移し、賃料水準においても上昇傾向が続く等、堅調に推移いたしました。

 業績につきましては、都内の販売用不動産において販売損失があったものの、福岡県福岡市の販売用不動産の売却が寄与したことから好調に推移いたしました

 機械事業におきましては、米中貿易摩擦を背景に設備投資意欲の冷え込み等、受注環境は低調に推移しており、中古工作機械業界においても厳しい環境下にあったことから、業績は低調に推移いたしました。

 投資事業におきましては、東京金先物取引を行なっており、運用損失を計上したことから業績は低調に推移いたしました。

 コンテンツ事業におきましては、全国の小売店やネット通販・自社運営ECサイトにて自社商品を販売の他、大規模イベント等に多数出展、アニメ製作委員会や番組スポンサーへ積極的に参加等、市場のニーズに合った商品の企画・製作・販売を展開しております。

 業績につきましては、社会現象を巻き起こした大ヒット作「鬼滅の刃」や「ヒプノシスマイク」等の関連グッズが好調であったことや、ジャンプフェスタ等の物販イベントにおいても盛況を博したことから好調に推移いたしました。

 この結果、当連結会計年度の財政状態及び経営成績は、以下のとおりになりました。

 

a.財政状態

 当連結会計年度末における流動資産の残高は、前連結会計年度末より286,808千円増加し、5,408,855千円となりました。

 増加の主なものは、現金及び預金の増加(1,593,714千円から2,938,318千円へ1,344,603千円の増加)、商品及び製品の増加(998,257千円から1,268,276千円へ270,018千円の増加)であります。

 減少の主なものは、販売用不動産の減少(502,438千円から100,113千円へ402,325千円の減少)及び預け金の減少(1,482,129千円から328千円へ1,481,800千円の減少)であります。

 当連結会計年度末における固定資産の残高は、前連結会計年度末より325,838千円減少し、2,347,767千円となりました。減少の主なものは土地の減少(1,691,391千円から1,472,391千円へ219,000千円の減少)及び長期未収入金の減少(487,019千円から400,915千円へ86,103千円の減少)であります。

 当連結会計年度末における流動負債の残高は、前連結会計年度末より317,935千円増加し、1,015,856千円となりました。

 増加の主なものは、買掛金の増加(70,380千円から140,440千円へ70,060千円の増加)及び短期借入金の増加(300,000千円から550,000千円へ250,000千円の増加)であります。

 当連結会計年度末における固定負債の残高は、前連結会計年度末より59,783千円減少し、338,303千円となりました。

 減少の主なものは長期借入金の減少(161,100千円から105,211千円へ55,889千円の減少)であります。

 当連結会計年度末における純資産の残高は、前連結会計年度末より297,180千円減少し、6,402,462千円となりました。

 減少の主なものは、利益剰余金の減少(472,053千円から175,086千円へ296,966千円の減少)であります。

 

b.経営成績

 当連結会計年度の売上高は28,517,805千円(前年同期26,457,759千円 7.8%増)、営業損益は813,478千円の損失(前年同期は593,139千円の利益)、経常損益は893,930千円の損失(前年同期は532,497千円の利益)、親会社株主に帰属する当期純損益は296,966千円の損失(前年同期は123,582千円の利益)となりました。

 事業の種類別セグメントの業績は次のとおりであります。

 貴金属事業におきましては、売上高は25,859,937千円(前年同期23,153,114千円)、営業損益は202,687千円の利益(前年同期51,669千円の利益)となりました。

 不動産事業におきましては、売上高は1,271,502千円(前年同期316,744千円)、営業損益は331,358千円の利益(前年同期15,792千円の利益)となりました。

 機械事業におきましては、売上高は1,009,031千円(前年同期1,277,631千円)、営業損益は14,976千円の損失(前年同期39,084千円の利益)となりました。

 投資事業におきましては、営業損益は1,307,201千円の損失(前年同期782,684千円の利益)となりました。

 コンテンツ事業におきましては、売上高は1,591,532千円(前年同期895,093千円)、営業損益は355,997千円の利益(前年同期66,884千円の利益)となりました。

 

②キャッシュ・フローの状況

 当連結会計年度における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前連結会計年度末に比べ1,344,603千円増加し、2,938,318千円となりました。

 

 当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。

(営業活動によるキャッシュ・フロー)

 営業活動の結果獲得した資金は925,554千円(前連結会計年度は293,409千円の獲得)となりました。これは主に税金等調整前当期純損失892,134千円、売上債権の増加額191,394千円等による資金の減少があったものの、たな卸資産の減少額307,273千円及び預け金の減少額1,481,800千円等による資金の増加があったことによるものであります。

(投資活動によるキャッシュ・フロー)

 投資活動の結果使用した資金は19,902千円(前連結会計年度は167,959千円の使用)となりました。

(財務活動によるキャッシュ・フロー)

 財務活動の結果獲得した資金は438,951千円(前連結会計年度は121,643千円の使用)となりました。これは主に短期借入金の返済による支出350,000千円及び長期借入金の返済による支出111,013千円等による資金の減少があったものの、短期借入れによる収入600,000千円及び非支配株主からの払込みによる収入300,000千円による資金の獲得があったことによるものであります。

 

 当社グループのキャッシュ・フロー指標のトレンドは下記のとおりであります。

(キャッシュ・フローの指標)

 

第125期

2017年3月期

第126期

2018年3月期

第127期

2019年3月期

第128期

2020年3月期

自己資本比率(%)

86.69

89.69

85.81

82.42

時価ベースの
自己資本比率(%)

103.10

102.87

74.31

56.01

(注)自己資本比率:自己資本/総資産

時価ベースの自己資本比率:株式時価総額/総資産

各指標は、いずれも連結ベースの財務数値により算出しております。

株式時価総額は、期末株価終値×期末発行済株式数(自己株式控除後)により算出しております。

 

③生産、受注及び販売の実績

a.生産実績

 当連結会計年度の生産実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。

セグメントの名称

当連結会計年度

(自 2019年4月1日

至 2020年3月31日)

前年同期比(%)

貴金属事業(千円)

22,260,349

165.9

合計(千円)

22,260,349

165.9

 (注)1.金額は販売価格によっており、セグメント間の内部振替前の数値によっております。

2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

3.不動産事業、機械事業、投資事業、コンテンツ事業は生産活動がないので記載しておりません。

b.受注実績

 該当事項はありません。

c.販売実績

 当連結会計年度の販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。

セグメントの名称

当連結会計年度

(自 2019年4月1日

至 2020年3月31日)

前年同期比(%)

貴金属事業(千円)

25,859,937

111.7

不動産事業(千円)

1,256,772

417.0

機械事業(千円)

1,009,031

79.0

投資事業(千円)

△1,267,750

コンテンツ事業(千円)

1,591,532

177.8

報告セグメント計(千円)

28,449,524

107.6

その他(千円)

68,281

396.4

合計(千円)

28,517,805

107.8

 (注)1.セグメント間の取引については相殺消去しております。

2.最近2連結会計年度の主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に対する割合は次のとおりであります。

相手先

前連結会計年度

(自 2018年4月1日

至 2019年3月31日)

当連結会計年度

(自 2019年4月1日

至 2020年3月31日)

金額(千円)

割合(%)

金額(千円)

割合(%)

三菱商事RtMジャパン株式会社

6,999,867

26.5

15,699,116

55.1

松田産業株式会社

1,804,701

6.8

1,960,656

6.9

住商マテリアル株式会社

8,648,074

32.7

1,031,935

3.6

3.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

 

 

(2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

①財政状態及び経営成績の状況に関する認識及び分析・検討内容

 当社グループの当連結会計年度の財政状態及び経営成績は、以下のとおりであります。

a.財政状態の分析

 当連結会計年度の財政状態の分析につきましては、「第2 事業の状況 3 経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析(1)経営成績等の状況の概要 ①財政状態及び経営成績の状況」をご覧ください。

 

b.経営成績の分析

 当連結会計年度の経営成績の分析につきましては、「第2 事業の状況 3 経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析(1)経営成績等の状況の概要 ①財政状態及び経営成績の状況」をご覧ください。また、当社の経営成績に重要な影響を与える要因につきましては、「第2 事業の状況 2 事業等のリスク」をご覧ください。

 

②キャッシュ・フローの分析・検討内容並びに資本の財源及び資金の流動性に係る情報

a.キャッシュ・フローの状況の分析・検討

 当連結会計年度のキャッシュ・フローの分析につきましては、「第2 事業の状況 3 経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析(1)経営成績等の状況の概要 ②キャッシュ・フローの状況」をご覧ください。

 

b.資本の財源及び資金の流動性について

 当社グループの資本の財源及び資金の流動性については、次のとおりであります。

 当社グループの運転資金需要のうち主なものは、商品の仕入のほか、販売費及び一般管理費等の営業費用であります。

 当社グループは、運営上必要な流動性と資金の源泉を安定的に確保することに努めております。運転資金は、自己資金を基本としており、自己資金で補うことができない場合は金融機関からの借入を行うことを基本としております。

 なお、当連結会計年度末における借入残高は760,877千円であります。また、当連結会計年度末における現金及び現金同等物の残高は2,938,318千円であります。

 

③重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

 当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成されております。この連結財務諸表の作成にあたって採用している重要な会計方針については、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等(1)連結財務諸表 注記事項 (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)」に記載のとおりであります。

 

4【経営上の重要な契約等】

「投資事業」に関する任意組合契約

契約名

契約先

契約内容

契約年月日

契約期間

 任意組合契約

(連結子会社)

CR任意組合

 任意組合出資者が共同で投資事業を行う任意組合契約。同事業から生じた損益を、任意組合出資者に出資比率で分配する。

 2019年9月27日

 2019年10月1日~2020年9月30日

以降、出資者の合意により再契約

 任意組合契約

(連結子会社)

IR任意組合

 任意組合出資者が共同で投資事業を行う任意組合契約。同事業から生じた損益を、任意組合出資者に出資比率で分配する。

 2019年9月30日

 2019年10月1日~2020年9月30日

以降、出資者の合意により再契約

(注)CR任意組合、IR任意組合ともに、出資者の合意によりそれぞれ1年間の再契約を行っております。

5【研究開発活動】

 該当事項はありません。

 

第3【設備の状況】

1【設備投資等の概要】

 当社グループでは、工具器具備品の取得及びソフトウェアの取得等を中心に総額17,541千円の設備投資を行いました。その主な内容は、貴金属事業の蛍光X線分析装置の取得及び本社の会計ソフトウェアの取得であります。

2【主要な設備の状況】

 当社グループにおける主要な設備は、次のとおりであります。

(1)提出会社

事業所名

(所在地)

セグメントの名称

設備の内容

帳簿価額

従業員数

(人)

建物及び

構築物

(千円)

機械装置及び運搬具

(千円)

土地

(千円)

(面積㎡)

その他

(千円)

合計

(千円)

東京工場

(東京都大田区)

貴金属事業

精製回収設備

0

11,165

0

11,165

13

ルピナス御徒町支店

(東京都台東区 他)

貴金属事業

販売施設

25,234

775

142,810

9,403

178,223

47

賃貸用不動産

(東京都品川区)

不動産事業

賃貸設備

292,488

48

989,300

(6,456)

0

1,281,837

6

コンテンツ事業部

(東京都品川区)

コンテンツ事業

企画業務施設

998

1,151

2,149

16

本社

(東京都千代田区)

会社統括業務

貴金属事業
不動産事業

投資事業

統括販売施設

69,656

28,061

6,005

11,956

115,680

17

 (注)1.帳簿価額のうち「その他」は工具、器具及び備品、建設仮勘定であります。

 

    2.上記の他、主要な賃借設備として以下のものがあります。

事業所名

(所在地)

セグメントの

 名称

設備の内容

面積(㎡)

契約期間

年間賃借料(千円)

本社

(東京都千代田区)

会社総括業務

貴金属事業

不動産事業

投資事業

本社事務所

236

2018年9月から2020年8月

51,402

東京工場

 (東京都大田区)

貴金属事業

工場建物設備

1,553

2015年4月から2020年9月

44,400

3.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

 

(2)国内子会社

会社名

事業所名(所在地)

セグメントの名称

設備の内容

帳簿価額

従業員数

(人)

建物及び構築物

(千円)

機械装置及び運搬具

(千円)

土地

(千円)

(面積㎡)

その他

(千円)

合計

(千円)

㈱インテックス

本社ほか4支店

不動産事業

機械事業

投資事業

販売施設

165,522

13,236

334,275(3,503)

104

513,138

11

 (注)1.帳簿価額のうち「その他」は工具、器具及び備品であります。

2.上記の他、主要な賃借設備として以下のものがあります。

事業所名

(所在地)

 セグメントの

 名称

設備の内容

面積(㎡)

契約期間

年間賃借料(千円)

 足立支店

(東京都足立区)

機械事業

 販売施設

1,438

2019年6月から2022年5月

10,470

3.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

3【設備の新設、除却等の計画】

 該当事項はありません。

第4【提出会社の状況】

1【株式等の状況】

(1)【株式の総数等】

①【株式の総数】

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

1,158,900,000

1,158,900,000

 

②【発行済株式】

種類

事業年度末現在発行数

(株)

(2020年3月31日)

提出日現在発行数(株)

(2020年6月29日)

上場金融商品取引所名又は登録認可金融商品取引業協会名

内容

普通株式

289,747,982

289,747,982

東京証券取引所市場第二部

権利内容に何ら限定のない当社における標準となる株式であり、単元株式数は、100株であります。

289,747,982

289,747,982

 

(2)【新株予約権等の状況】

①【ストックオプション制度の内容】

 該当事項はありません。

②【ライツプランの内容】

 該当事項はありません。

③【その他の新株予約権等の状況】

 該当事項はありません。

 

 

(3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

 該当事項はありません。

(4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

 

年月日

発行済株式総数増減数

(千株)

発行済株式総数残高

(千株)

資本金増減額

(千円)

資本金残高

(千円)

資本準備金増減額(千円)

資本準備金残高(千円)

2016年8月12日

(注)

289,747

△6,533,138

6,248,926

 (注)2016年6月29日開催の定時株主総会において、資本金を6,533,138千円減少することを決議しております。

 

 

(5)【所有者別状況】

 

 

 

 

 

 

 

2020年3月31日現在

区分

株式の状況(1単元の株式数100株)

単元未満株式の状況

(株)

政府及び地方公共団体

金融機関

金融商品取引業者

その他の法人

外国法人等

個人その他

個人以外

個人

株主数(人)

6

25

103

31

55

21,573

21,793

所有株式数(単元)

1,281

49,955

1,283,511

23,446

3,306

1,532,826

2,894,325

315,482

所有株式数の割合(%)

0.04

1.73

44.35

0.81

0.11

52.96

100.00

 (注)1.自己株式100,360株は「個人その他」に1,003単元及び「単元未満株式の状況」に60株を含めて記載しております。

2.上記「その他の法人」及び「単元未満株式の状況」の欄には証券保管振替機構名義の株式が、それぞれ236単元及び17株含まれております。

(6)【大株主の状況】

 

 

2020年3月31日現在

氏名又は名称

住所

所有株式数

(百株)

発行済株式(自己株式を除く。)の総数に対する所有株式数の割合(%)

有限会社マイネン

東京都中央区日本橋三丁目2番14号

181,606

6.27

株式会社フェンテ

東京都渋谷区円山町6番7号

139,871

4.83

株式会社プレサージュ

東京都品川区西五反田二丁目7番11号2階

116,902

4.04

有限会社ライデンシャフト

東京都中央区日本橋兜町17番1号-706

115,780

4.00

有限会社メティス

東京都中央区銀座一丁目27番8号

114,831

3.96

株式会社ムーンズティア

東京都渋谷区広尾一丁目3番18号

113,739

3.93

株式会社Collco

東京都中央区日本橋二丁目1番17号2階

102,904

3.55

BOOCSダイエット株式会社

東京都目黒区目黒一丁目4番16号7階

100,756

3.48

有限会社プラフィット

東京都江戸川区西葛西二丁目18番1号-303

93,371

3.22

東京産業株式会社

東京都世田谷区奥沢五丁目1番11号-202

87,912

3.04

1,167,674

40.31

 

(7)【議決権の状況】

①【発行済株式】

 

 

 

 

2020年3月31日現在

区分

株式数(株)

議決権の数(個)

内容

無議決権株式

 

議決権制限株式(自己株式等)

 

議決権制限株式(その他)

 

完全議決権株式(自己株式等)

普通株式

100,300

完全議決権株式(その他)

普通株式

289,332,200

2,893,322

単元未満株式

普通株式

315,482

発行済株式総数

 

289,747,982

総株主の議決権

 

2,893,322

(注)「完全議決権株式(その他)」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が23,600株含まれております。また、「議決権の数」欄には、同機構名義の完全議決権株式に係る議決権の数236個が含まれております。

②【自己株式等】

 

 

 

 

2020年3月31日現在

所有者の氏名又は名称

所有者の住所

自己名義所有株式数(株)

他人名義所有株式数(株)

所有株式数の合計(株)

発行済株式総数に対する所有株式数の割合

(%)

中外鉱業株式会社

東京都千代田区丸の内二丁目4番1号

100,300

100,300

0.03

100,300

100,300

0.03

 

2【自己株式の取得等の状況】

【株式の種類等】 会社法第155条第7号に該当する普通株式の取得

(1)【株主総会決議による取得の状況】

      該当事項はありません。

(2)【取締役会決議による取得の状況】

      該当事項はありません。

(3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

区分

株式数(株)

価額の総額(円)

 当事業年度における取得自己株式

1,778

35,978

 当期間における取得自己株式

65

979

(注)当期間における取得自己株式には、2020年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りによる株式は含まれておりません。

(4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

区分

当事業年度

当期間

株式数(株)

処分価額の総額

(円)

株式数(株)

処分価額の総額

(円)

引き受ける者の募集を行った取得自己株式

消却の処分を行った取得自己株式

合併、株式交換、会社分割に係る移転を行った取得自己株式

その他

( - )

保有自己株式数

100,360

100,425

(注)当期間における保有自己株式数には、2020年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りによる株式は含まれておりません。

 

 

3【配当政策】

 当社は、利益配分につきましては、将来の事業展開と経営体質の強化のために必要な内部留保を確保しつつ、安定した配当を継続して実施していくことを基本としております。

 当社は、中間配当と期末配当の年2回の剰余金の配当を行うことを基本方針としております。

 これらの剰余金の配当の決定機関は、期末配当については株主総会、中間配当については取締役会であります。

 当事業年度の配当につきましては、大変不本意ではありますが、配当を見送ることといたしました。

  内部留保資金につきましては、今後予想される経営環境の変化に対応すべく、今まで以上にコスト競争力を高め、市場ニーズに応える技術・製造開発体制を強化し、さらには、グローバル戦略の展開を図るために有効投資してまいりたいと考えております。

 当社は、「取締役会の決議により、毎年9月30日を基準日として、中間配当を行うことができる。」旨を定款に定めております。

4【コーポレート・ガバナンスの状況等】

(1)【コーポレート・ガバナンスの概要】

(1)コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

 当社のコーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方は、本業重視の経営、株主重視の経営を基本とし、企業の永続的存続と企業価値の増大を目指すという経営の基本方針を実現するために、経営上の組織体制や仕組みを整備し、必要な施策を実施していくということが、経営上の最も重要な課題であると考えております。
  2006年5月19日付取締役会において、内部統制システムの基本方針について決議を行い、内部統制システム及びリスク管理体制を更に強固なものとすることといたしました。

(2)企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由

当社の提出日現在における企業統治の体制の模式図は、以下のとおりであります。

0104010_001.png

① 企業統治の体制の概要

a.取締役会

 2020年6月29日現在の取締役は7名で、取締役会を原則として毎月1回開催しております。
 取締役会においては、重要事項は全て付議され、業績の進捗についても議論し対策等を検討実施しております。また、取締役の事業分担と責任を明確にするため常務会を設置し、常務取締役より担当事業について報告を行い責任の所在を明確にし、経営環境の変化に迅速に対応できる体制をとっております。

(構成員の氏名)

代表取締役社長 芳賀一利(議長)、取締役 三上真名美、同 小原淳史、同 田中義朗、同 佐々木太志、

取締役(社外) 内田雅敏、同 芳永克彦

 

b.監査役会

 当社は、監査役制度を採用しており、監査役会は常勤監査役1名、非常勤監査役2名で、非常勤監査役は全員社外監査役であります。非常勤監査役には弁護士を迎え、監査役会を強化し、広く意見を求め、会社経営の改善に努めることとしております。各監査役は、取締役会への出席に加え、必要に応じて社内の各種重要会議への出席や各事業部・グループ会社等への往査などを通じ、取締役の職務執行に関する監査を実行しております。監査役会は、原則として毎月1回開催され監査の実効性と効率化を図っております。

(構成員の氏名)

監査役(常勤) 西元丈夫(議長)、監査役(社外) 幣原廣、同 水谷繁幸

 

当該企業統治の体制を採用する理由

 当社は、社外取締役2名、社外監査役2名を選任しており、経営の意思決定を持つ取締役会に対して中立的な立場から有益な監査及び監査を行える体制を整備し、経営への監視機能を強化しております。企業統治において、外部から客観的、中立の経営監視機能が十分に機能する体制が整っているものと判断しております。

 

(3)企業統治に関するその他の事項

a.内部統制システムの整備の状況及びリスク管理体制の状況

ⅰ.当社及び子会社の取締役・使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制

 当社及び子会社は法令及び定款を遵守し、コンプライアンスの推進に関しては役員・使用人がコンプライアンスを自らの問題としてとらえ、業務執行にあたるよう研修等を通じて指導する。

 重要事実が発生した場合には、当該事実が発生したことを認識した部署から速やかに総務部に情報が集約され、取締役会に対して報告がなされ適切に対応する。

 また、当社は相談・通報体制を設け、役員及び使用人が社内においてコンプライアンス違反行為が行われ、または行われようとしていることに気がついたときは、総務部長、常勤監査役に通報しなければならないと定める。会社は通報内容を秘守し、通報者に対して不利益な扱いを行わない。

ⅱ.損失の危険の管理に関する規程その他の体制

 リスク管理体制としては、法的規制等については各事業部が対応し、個人情報保護法に関しては総務部が中心となって対応する。

 さらに、各部門の責任者参加のもと定期的に労働安全衛生委員会を開催し、労働安全に取り組む。

ⅲ.取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

 当社は重要な決定事項については、原則として毎月1回開催する定時取締役会において決定するほか必要に応じて臨時取締役会を開催することにより迅速な決定を行う。

 業務の運営については、将来の事業環境を踏まえ中期経営計画及び各年度予算を立案し、全社的な目標を設定する。

 各部門においてはその目標に向け具体策を立案し実行する。

ⅳ.取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制

 当社は法令・社内規程(重要文書管理規程)に基づき文書等の保存を行う。

 また、情報の管理については個人情報保護規程により対応する。

ⅴ.当社及び子会社からなる企業グループにおける業務の適正を確保するための体制

 当社及び子会社からなる企業グループにおいては、「業務運営の基本方針」に準じて業務遂行を行う。

 また、関係会社の経営に関しては、その自主性を尊重しつつ経営内容の定期的な報告と重要案件の事前協議を行う。

ⅵ.監査役の職務を補助すべき使用人

 現在、監査役の職務を補助すべき使用人はいないが、必要に応じて、監査役の業務補助のため監査役スタッフを置くこととし、その人事については、取締役と監査役が意見交換を行う。

ⅶ.当社及び子会社の取締役・使用人が監査役に報告をするための体制

 当社及び子会社の取締役及び使用人は、会社に重大な損失を与える事項が発生しまたは発生する恐れがあるとき、役員、使用人による違法または不正な行為を発見したとき、その他監査役会が報告すべきものと定めた事項が生じたときは、監査役に報告する。

 事業部門を統括する取締役は、監査役会と協議のうえ、定期的または不定期に担当する部門のリスク管理体制について報告する。

ⅷ.その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制

 役員、使用人の監査役監査に対する理解を深め、監査役監査の環境を整備するように努める。

 代表取締役との定期的な意見交換を実施し、適切な意思疎通及び効果的な監査業務の遂行を図る。

 なお、監査役は、当社の会計監査人からの会計監査内容について説明を受けるとともに、情報の交換を行うなど連携を図っていく。

ⅸ.内部統制システムに関する整備状況

 内部統制システムは、事業内容や社会環境の変化にあわせて見直しを続けなければならないものであり、当社及びグループ各社は、このシステムの整備を一層強力に進めていく。

 

b.取締役及び監査役の責任免除

 当社は、会社法第427条第1項の規定により、任務を怠ったことによる取締役(取締役であった者も含む。)及び監査役(監査役であったものも含む。)の損害賠償責任を、取締役会の決議によって、法令で定める範囲内で免除することのできる旨を定款に定めております。これは、取締役及び監査役がその期待される役割を十分に発揮できるようにすること、また、今後も社内外問わず広く適切な人材を確保できるようにすることを目的とするものであります。

 

c.取締役の定数

 当社は、取締役の定数を12名以内と定款に定めております。

 

d.取締役の選任の決議要件

 当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨定款に定めております。

 

e.自己の株式の取得

 当社は、会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議をもって、自己の株式を取得することができる旨を定款に定めております。これは、経営環境の変化に対応した機動的な資本政策の遂行を可能とするため、市場取引等により自己の株式を取得することを目的とするものであります。

 

f.中間配当

 当社は、株主への機動的な利益還元を行うため、会社法第454条第5項の規定により、取締役会の決議によって毎年9月30日を基準日として、中間配当を行うことができる旨を定款に定めております。

 

g.株主総会の特別決議要件

 当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨定款に定めております。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目的とするものであります。

 

h.株式会社の支配に関する基本方針について

現時点では具体的な方針および買収防衛策等は導入しておりません。

 

(2)【役員の状況】

① 役員一覧

男性9名 女性1名 (役員のうち女性の比率10%)

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数

(百株)

代表取締役

社長

芳賀 一利

1951年2月14日

 

2007年11月

東京ビジネスサポート㈱代表取締役社長

2014年12月

当社顧問

2015年6月

当社代表取締役社長(現任)

 

(注)3

942

取締役

三上 真名美

1965年11月22日

 

1987年12月

㈱日本企画設計

レーシングドライバー契約

2013年4月

当社顧問

 

BOOCSダイエット㈱代表取締役社長就任(現任)

 

㈲マイネン取締役就任(現任)

2013年6月

当社取締役就任(現任)

 

(注)3

282,362

取締役

小原 淳史

1965年10月16日

 

1992年11月

㈱インテックス入社

2002年8月

当社入社

2008年8月

当社経理部部長

2013年1月

当社総務部部長

2013年6月

当社取締役 総務部部長(現任)

 

(注)3

86

取締役

田中 義朗

1969年5月1日

 

2004年11月

当社入社

2008年11月

当社財務部課長

2012年10月

当社宝飾部部長

2013年6月

当社取締役 財務部部長(現任)

2016年6月

㈱インテックス取締役(現任)

 

(注)3

67

取締役

佐々木 太志

1970年1月30日

 

1993年7月

当社入社

2004年8月

当社精金事業部大阪支店支店長

2007年6月

当社精金事業部営業部副部長

兼大阪支店支店長

2013年12月

当社貴金属部部長

2014年6月

当社取締役 貴金属部部長(現任)

 

(注)3

203

取締役

内田 雅敏

1945年4月5日

 

1975年4月

弁護士登録

1978年4月

四谷総合法律事務所開設

2008年6月

当社社外監査役就任

2015年6月

当社社外取締役就任(現任)

 

(注)3

取締役

芳永 克彦

1947年2月1日

 

1970年10月

司法試験合格

1975年4月

弁護士登録

1984年4月

四谷総合法律事務所入所

2000年4月

東京弁護士会綱紀委員会委員長

2016年6月

当社社外取締役就任(現任)

 

(注)3

常勤監査役

西元 丈夫

1947年12月16日

 

1970年4月

東洋機工㈱入社

1987年7月

同社不動産事業部次長

1989年10月

㈱インテックス入社、ビル事業部次長

1991年1月

当社入社、不動産事業部次長

1999年3月

㈱インテックス入社、不動産事業部長

2001年6月

同社取締役不動産事業部長

2002年6月

当社常務取締役就任

2007年6月

当社常勤監査役就任(現任)

 

(注)4

371

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数

(百株)

監査役

幣原  廣

1949年5月7日

 

1982年4月

弁護士登録

1991年10月

銀座東法律事務所開設

1999年4月

第二東京弁護士会副会長

2000年6月

当社社外監査役就任

2002年4月

日本弁護士連合会事務次長

2007年6月

当社社外監査役退任

 

前澤給装工業㈱社外監査役

2008年8月

タマホーム㈱社外監査役(現任)

2011年4月

日本弁護士連合会常務理事(現任)

2013年6月

当社社外監査役就任(現任)

2014年9月

東京フロンティア基金法律事務所所長(現任)

2015年6月

前澤給装工業㈱社外取締役就任

2015年6月

日本郵便㈱社外監査役(現任)

2020年6月

前澤給装工業㈱社外取締役退任

 

(注)4

監査役

水谷 繁幸

1982年4月7日

 

2009年2月

弁護士登録

日比谷パートナーズ法律事務所入所

2011年9月

合併により設立された東京神谷町綜合法律事務所勤務

2014年9月

当社顧問

2015年6月

当社社外監査役就任(現任)

 

(注)4

284,034

 (注)1.取締役内田雅敏氏、芳永克彦氏の2名は、社外取締役であります。

2.監査役幣原廣氏、水谷繁幸氏の2名は、社外監査役であります。

3.2020年6月26日開催の定時株主総会の終結の時から2年間

4.2019年6月27日開催の定時株主総会の終結の時から4年間

 

② 社外役員の状況

 当社の社外取締役は2名、社外監査役は2名であります。
 社外取締役 内田雅敏氏、芳永克彦氏は、東京弁護士会所属のそれぞれ弁護士であり、社外監査役 幣原廣氏、水谷繁幸氏は、第二東京弁護士会所属のそれぞれ弁護士であり、企業法務に精通し、企業経営を統治する十分な見識を有していることから職務を適切に遂行できるものと考えております。また、内田雅敏氏、芳永克彦氏、幣原廣氏、水谷繁幸氏の4名は東京証券取引所が有価証券上場規定に定める独立役員であります。
 なお、いずれも当社との間に人的、資本的取引関係その他の利害関係はありません。
 また、当該社外取締役及び社外監査役が役員や使用人である会社等又は役員や使用人であった会社等と、当社との間に人的、資本的取引関係その他の利害関係はありません。
 当社は、社外取締役及び社外監査役を選任するために提出会社からの独立性に関する基準又は方針はないものの、選任にあたっては、経歴や当社との関係を踏まえて、当社経営陣からの独立した立場で社外役員としての職務を遂行できる十分な独立性が確保できることを前提に判断しております。

 

③ 社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部統制部門との関係

 社外監査役による監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部統制部門との関係は、必要に応じそれぞれ適宜情報の交換を行うことで相互の連携を高めております。

(3)【監査の状況】

① 監査役監査の状況
 提出日現在において、監査役会は監査役3名(うち社外監査役2名)で構成されております。各監査役は、取締役会等重要な会議への出席や代表取締役、会計監査人ならびに内部監査室との間で定期的に情報交換を行うことで、取締役の職務執行の監査、内部統制システムの整備ならびに運用状況を確認しております。

 

 当事業年度において当社は監査役会を14回開催しており、個々の監査役の出席状況については次のとおりであります。

氏名

開催回数

出席回数

西元 丈夫

14回

14回

幣原  廣

14回

14回

水谷 繁幸

14回

14回

 監査役会における主な検討事項として、取締役の職務執行の状況、監査役監査実施の状況、子会社の経営管理状況等の事項を検討しております。

 また、常勤監査役の活動として、監査役監査の実施、重要な会議への出席及び経営幹部への状況聴取等を通して経営管理状況の把握に努めております。その他、内部監査室及び会計監査人との間においては三者による協議の実施や監査計画の共有を行うなど、相互の連係による効果的かつ効率的な監査体制の構築を図っております。

 

② 内部監査の状況

 内部監査機能としては、代表取締役社長の直轄組織として内部監査室を設置しており、4名で構成されております。内部監査室は、内部監査規程に基づき、監査役監査と連携して本社機能を含む各事業部及び関係会社の業務、会計、事業リスク等の内部監査を定期的に実施し、業務執行の監視と業務運営の効率化に向けた適宜、的確な助言を行うとともに、監査結果については代表取締役社長に報告しております。
 また、改善すべき事項については、各事業部及び関係会社から改善状況の報告を求め、再評価を行っております。

 

③ 会計監査の状況

a.監査法人の名称

 監査法人ハイビスカス

 

b.継続監査期間

 10年間

 

c.業務を執行した公認会計士

 髙橋克幸、丸木章道

 

d.監査業務に係る補助者の構成

 公認会計士3名、会計士補等3名

 

e.監査法人の選定方針と理由

 監査法人の選定方針と理由については、監査法人の品質管理体制、独立性、専門性、不正リスク防止への体制、監査報酬の妥当性を考慮し、決定しております。監査役会は、会計監査人の職務の執行に支障がある場合等、その必要があると判断した場合は、株主総会に提出する会計監査人の解任または不再任に関する議案の内容を決定いたします。また、監査役会は、会計監査人が会社法第340条第1項各号に定める項目に該当すると認められる場合には、監査役全員の同意に基づき監査役会が、会計監査人を解任いたします。この場合、監査役会が選定した監査役は、解任後最初に招集される株主総会におきまして、会計監査人を解任した旨と解任の理由を報告いたします。

 

f.監査役及び監査役会による監査法人の評価

 監査役及び監査役会は、監査法人に対して評価を行っており、監査法人ハイビスカスに解任及び不再任に該当する事象がなかったため、再任しております。

④ 監査公認会計士等に対する報酬の内容

a.監査公認会計士等に対する報酬

区分

前連結会計年度

当連結会計年度

監査証明業務に基づく報酬(千円)

非監査業務に基づく報酬(千円)

監査証明業務に基づく報酬(千円)

非監査業務に基づく報酬(千円)

提出会社

23,450

24,600

連結子会社

23,450

24,600

 

b.監査公認会計士等と同一のネットワークに対する報酬(a.を除く)

 該当事項はありません。

 

c.その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

 該当事項はありません。

 

d.監査報酬の決定方針

 当社の監査公認会計士等に対する監査報酬の決定方針としましては、監査日数、業務の特性等の要素を勘案し決定しております。

 

e.監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由

 監査役会は、会計監査人の監査計画の内容、会計監査の職務遂行状況及び報酬見積りの算出根拠等が適切であるかどうかについて必要な検証を行ったうえで、会計監査人の報酬等の額について同意の判断をいたしました。

 

(4)【役員の報酬等】

① 役員の報酬等の額またはその算定方法の決定に関する方針に係る事項

a.役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項

 役員の報酬等額又はその算定方法の決定に関する方針は定めておりませんが、当社の状況、当該役員の職員職責、従業員給与とのバランス等を考慮し、取締役の報酬は株主総会で決議された報酬総額の限度内においてその配分を取締役会にて、監査役の報酬は株主総会で決議された報酬総額の限度内において監査役会の協議にて決定しております。

 

b.役員の報酬等に関する株主総会の決議があるときの、当該株主総会の決議年月日及び当該決議の内容

 役員報酬等に関する株主総会の決議年月日は2001年6月28日であり、決議の内容は、取締役の月額報酬限度額を9,000千円以内とし、また、監査役の月額報酬限度額を3,000千円以内とするものです。当該定めに係る取締役は7名であり、また、監査役は3名であります。

 なお、決議当時の取締役は6名であり、また、監査役は4名であります。

 

c.役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針の決定権限を有する者、当該権限の内容、当該裁量の範囲

 役員の報酬等額又はその算定方法の決定に関する方針は定めておりませんので、該当事項はありません。

 

d.役員の報酬等額又はその算定方法の決定に関する方針の決定に関与する委員会の手続の概要

 役員の報酬等額又はその算定方法の決定に関する方針の決定に関与する委員会は設置しておりませんので、該当事項はありません。

 

e.当事業年度における役員の報酬等の額の決定過程における取締役会及び委員会等の活動内容

 取締役の報酬の額の決定にあたっての手続きとして、取締役会で審議の上、決議しております。

 

f.役員の報酬等における業績連動報酬とそれ以外の報酬等の支給割合の決定方針の内容

 役員の報酬等には業績連動報酬は含まれておりませんので、該当事項はありません。

 

g.業績連動報酬に係る指標、当該指標を選択した理由、当該業績連動報酬の額の決定方法

 役員の報酬等には業績連動報酬は含まれておりませんので、該当事項はありません。

 

② 役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

役員区分

報酬等の総額(千円)

基本報酬(千円)

対象となる役員の員数(人)

取締役

(社外取締役を除く)

49,500

49,500

5

監査役

(社外監査役を除く)

9,999

9,999

1

社外役員

15,600

15,600

4

 

③ 提出会社の役員ごとの連結報酬等

 連結報酬等の総額が1億円であるものが存在しないため、記載しておりません。

 

④ 使用人兼務役員の使用人給与のうち重要なもの

 使用人兼務役員の重要なものがないため、記載しておりません。

 

(5)【株式の保有状況】

① 投資株式の区分の基準及び考え方

 当社は、子会社株式及び関連会社株式を除く保有株式のうち、保有目的が「純投資目的」と「純投資目的以外」である投資株式の区分について、「純投資目的」とは専ら株式の価値の変動又は株式に係る配当によって利益を受けることを目的としたものとし、「純投資目的以外」とは上記以外を目的としたものとしております。

 

②保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

  投資株式のうち保有目的が純投資目的以外の目的であるものの銘柄数及び貸借対照表計上額の合計額

 

銘柄数

(銘柄)

貸借対照表計上額の

合計額(千円)

非上場株式

1

71

非上場株式以外の株式

 

(当事業年度において株式数が増加した銘柄)

 該当事項はありません。

 

(当事業年度において株式数が減少した銘柄)

 

銘柄数

(銘柄)

株式数の減少に係る売却価額の合計額(千円)

非上場株式

1

12,126

非上場株式以外の株式

 

③ 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式のうち、当事業年度における貸借対照表計上額が資本金額の100分の1を超える銘柄

 該当事項はありません。

 

④ 保有目的が純投資目的である投資株式

 該当事項はありません。

第5【経理の状況】

連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について

(1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(1976年大蔵省令第28号)に基づいて作成しております。

 

(2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(1963年大蔵省令第59号。以下「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。

  また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しております。

 

監査証明について

 当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2019年4月1日から2020年3月31日まで)の連結財務諸表及び事業年度(2019年4月1日から2020年3月31日まで)の財務諸表について監査法人ハイビスカスにより監査を受けております。

連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みついて

 当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内容を適切に把握し、適用できる体制を整備するため、公益財団法人財務会計機構へ加入し、会計基準等の習得に努めております。

1【連結財務諸表等】

(1)【連結財務諸表】

①【連結貸借対照表】

 

 

(単位:千円)

 

前連結会計年度

(2019年3月31日)

当連結会計年度

(2020年3月31日)

資産の部

 

 

流動資産

 

 

現金及び預金

1,593,714

2,938,318

売掛金

224,375

415,770

商品及び製品

998,257

1,268,276

仕掛品

232,112

329,687

原材料及び貯蔵品

18,815

18,360

販売用不動産

502,438

※4 100,113

仕掛不動産

29,579

預け金

1,482,129

328

その他

55,622

378,069

貸倒引当金

15,000

40,068

流動資産合計

5,122,047

5,408,855

固定資産

 

 

有形固定資産

 

 

建物及び構築物

1,346,934

1,169,251

減価償却累計額

714,503

615,352

建物及び構築物(純額)

※2 632,430

※2,※4 553,899

機械装置及び運搬具

524,448

504,512

減価償却累計額

452,497

451,224

機械装置及び運搬具(純額)

※2 71,951

※2 53,288

土地

※2 1,691,391

※2,※4 1,472,391

その他

132,677

119,199

減価償却累計額

106,247

101,583

その他(純額)

26,429

17,616

建設仮勘定

5,000

有形固定資産合計

2,422,203

2,102,195

無形固定資産

 

 

コンテンツ資産

3,925

その他

9,416

12,403

無形固定資産合計

13,341

12,403

投資その他の資産

 

 

投資有価証券

※1 101,946

※1 100,071

出資金

10,205

10,105

長期未収入金

487,019

400,915

敷金及び保証金

115,371

115,243

その他

10,537

7,747

貸倒引当金

487,019

400,915

投資その他の資産合計

238,060

233,167

固定資産合計

2,673,605

2,347,767

資産合計

7,795,652

7,756,623

 

 

 

 

(単位:千円)

 

前連結会計年度

(2019年3月31日)

当連結会計年度

(2020年3月31日)

負債の部

 

 

流動負債

 

 

買掛金

70,380

140,440

短期借入金

※2 300,000

※2 550,000

関係会社短期借入金

50,000

50,000

1年内返済予定の長期借入金

※2 110,790

※2 55,666

未払金

38,168

23,028

未払法人税等

27,896

65,186

ポイント引当金

1,800

2,600

その他

98,885

128,934

流動負債合計

697,921

1,015,856

固定負債

 

 

長期借入金

※2 161,100

※2 105,211

金属鉱業等鉱害防止引当金

※3 3,953

※3 3,953

預り敷金保証金

16,926

12,708

繰延税金負債

13,250

8,976

資産除去債務

202,858

207,455

固定負債合計

398,087

338,303

負債合計

1,096,008

1,354,160

純資産の部

 

 

株主資本

 

 

資本金

6,248,926

6,248,926

利益剰余金

472,053

175,086

自己株式

31,243

31,279

株主資本合計

6,689,736

6,392,734

その他の包括利益累計額

 

 

為替換算調整勘定

65

71

その他の包括利益累計額合計

65

71

非支配株主持分

9,973

9,800

純資産合計

6,699,643

6,402,462

負債純資産合計

7,795,652

7,756,623

 

②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
【連結損益計算書】

 

 

(単位:千円)

 

前連結会計年度

(自 2018年4月1日

 至 2019年3月31日)

当連結会計年度

(自 2019年4月1日

 至 2020年3月31日)

売上高

26,457,759

28,517,805

売上原価

※1 24,515,373

※1 27,842,948

売上総利益

1,942,385

674,857

販売費及び一般管理費

※2 1,349,245

※2 1,488,335

営業利益又は営業損失(△)

593,139

813,478

営業外収益

 

 

受取利息及び配当金

126

817

国庫補助金収入

9,725

9,455

保険金収入

12,248

610

その他

1,812

6,785

営業外収益合計

23,911

17,669

営業外費用

 

 

支払利息

7,966

12,134

休山管理費

67,830

70,485

その他

8,756

15,501

営業外費用合計

84,553

98,121

経常利益又は経常損失(△)

532,497

893,930

特別利益

 

 

固定資産売却益

273

78

投資有価証券売却益

10,251

特別利益合計

273

10,329

特別損失

 

 

固定資産除却損

※3 0

※3 8,534

特別損失合計

0

8,534

税金等調整前当期純利益又は税金等調整前

当期純損失(△)

532,771

892,134

法人税、住民税及び事業税

13,880

35,230

法人税等調整額

1,994

4,274

法人税等合計

11,886

30,956

当期純利益又は当期純損失(△)

520,885

923,090

非支配株主に帰属する当期純利益又は非支配株主に帰属する当期純損失(△)

397,302

626,124

親会社株主に帰属する当期純利益又は親会社株主に帰属する当期純損失(△)

123,582

296,966

 

【連結包括利益計算書】

 

 

(単位:千円)

 

前連結会計年度

(自 2018年4月1日

 至 2019年3月31日)

当連結会計年度

(自 2019年4月1日

 至 2020年3月31日)

当期純利益又は当期純損失(△)

520,885

923,090

その他の包括利益

 

 

為替換算調整勘定

80

5

その他の包括利益合計

80

5

包括利益

520,965

923,096

(内訳)

 

 

親会社株主に係る包括利益

123,662

296,971

非支配株主に係る包括利益

397,302

626,124

 

③【連結株主資本等変動計算書】

前連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

 

 

 

 

 

 

 

(単位:千円)

 

株主資本

その他の包括利益

累計額

非支配株主持分

純資産合計

 

資本金

利益剰余金

自己株式

株主資本

合計

為替換算調整勘定

その他の

包括利益累

計額合計

当期首残高

6,248,926

348,471

31,227

6,566,170

146

146

260,752

6,305,272

当期変動額

 

 

 

 

 

 

 

 

親会社株主に帰属する当期純利益又は親会社株主に帰属する当期純損失(△)

 

123,582

 

123,582

 

 

 

123,582

自己株式の取得

 

 

16

16

 

 

 

16

株主資本以外の項目の当期

変動額(純額)

 

 

 

80

80

270,725

270,805

当期変動額合計

123,582

16

123,566

80

80

270,725

394,371

当期末残高

6,248,926

472,053

31,243

6,689,736

65

65

9,973

6,699,643

 

 

当連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

 

 

 

 

 

 

 

(単位:千円)

 

株主資本

その他の包括利益

累計額

非支配株主持分

純資産合計

 

資本金

利益剰余金

自己株式

株主資本

合計

為替換算調整勘定

その他の

包括利益累

計額合計

当期首残高

6,248,926

472,053

31,243

6,689,736

65

65

9,973

6,699,643

当期変動額

 

 

 

 

 

 

 

 

親会社株主に帰属する当期純利益又は親会社株主に帰属する当期純損失(△)

 

296,966

 

296,966

 

 

 

296,966

自己株式の取得

 

 

35

35

 

 

 

35

株主資本以外の項目の当期

変動額(純額)

 

 

 

5

5

173

178

当期変動額合計

296,966

35

297,002

5

5

173

297,180

当期末残高

6,248,926

175,086

31,279

6,392,734

71

71

9,800

6,402,462

 

④【連結キャッシュ・フロー計算書】

 

 

(単位:千円)

 

前連結会計年度

(自 2018年4月1日

 至 2019年3月31日)

当連結会計年度

(自 2019年4月1日

 至 2020年3月31日)

営業活動によるキャッシュ・フロー

 

 

税金等調整前当期純利益又は税金等調整前当期

純損失(△)

532,771

892,134

減価償却費

139,338

79,733

貸倒引当金の増減額(△は減少)

2,000

25,068

ポイント引当金の増減額(△は減少)

1,800

800

受取利息及び受取配当金

126

817

支払利息

7,966

12,134

補助金収入

9,725

9,455

保険金収入

12,248

610

有形固定資産売却損益(△は益)

273

78

有形固定資産除却損

0

8,534

投資有価証券売却損益(△は益)

10,251

売上債権の増減額(△は増加)

140,186

191,394

たな卸資産の増減額(△は増加)

52,715

307,273

仕入債務の増減額(△は減少)

50,554

70,060

未払金の増減額(△は減少)

8,035

1,010

デリバティブ債務の増減額(△は減少)

25,900

預け金の増減額(△は増加)

305,329

1,481,800

差入保証金の増減額(△は増加)

33,000

その他

38,148

55,061

小計

267,110

934,713

利息及び配当金の受取額

126

657

利息の支払額

7,781

12,133

補助金の受取額

9,725

9,455

保険金の受取額

42,248

610

法人税等の支払額

18,019

7,749

営業活動によるキャッシュ・フロー

293,409

925,554

投資活動によるキャッシュ・フロー

 

 

有形固定資産の取得による支出

101,918

26,939

有形固定資産の売却による収入

1,300

97

無形固定資産の取得による支出

65,581

4,733

投資有価証券の売却による収入

12,126

敷金保証金の増加による支出

1,285

1,543

敷金保証金の減少による収入

538

971

その他

1,012

117

投資活動によるキャッシュ・フロー

167,959

19,902

 

 

 

 

(単位:千円)

 

前連結会計年度

(自 2018年4月1日

 至 2019年3月31日)

当連結会計年度

(自 2019年4月1日

 至 2020年3月31日)

財務活動によるキャッシュ・フロー

 

 

短期借入れによる収入

600,000

短期借入金の返済による支出

350,000

長期借入れによる収入

150,000

長期借入金の返済による支出

145,050

111,013

非支配株主からの払込みによる収入

257,900

300,000

自己株式の取得による支出

16

35

非支配株主への分配による支出

384,478

財務活動によるキャッシュ・フロー

121,643

438,951

現金及び現金同等物の増減額(△は減少)

3,805

1,344,603

現金及び現金同等物の期首残高

1,589,909

1,593,714

現金及び現金同等物の期末残高

1,593,714

2,938,318

 

【注記事項】
(連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)

1.連結の範囲に関する事項

(1)連結子会社の数  4

連結子会社の名称

 ㈱インテックス

 CR任意組合

 IR任意組合

 JACK DIAMOND Co.,Ltd.

(2)主要な非連結子会社の名称等

 ㈱キャリアメイト

(連結の範囲から除いた理由)

 非連結子会社は、総資産、売上高、当期純損益(持分に見合う額)及び利益剰余金(持分に見合う額)等からみて小規模であり、かつ、全体としても連結財務諸表に重要な影響を及ぼしていないためであります。

2.持分法の適用に関する事項

(1)持分法適用の関連会社はありません。

(2)持分法を適用しない非連結子会社(㈱キャリアメイト)は当期純損益(持分に見合う額)及び利益剰余金(持分に見合う額)等からみて、持分法の対象から除いても連結財務諸表に及ぼす影響が軽微であり、かつ、全体としても重要性がないため持分法の適用範囲から除外しております。

3.連結子会社の事業年度等に関する事項

 連結子会社の事業年度の末日は連結決算日と同一であります。

4.会計方針に関する事項

(1)重要な資産の評価基準及び評価方法

イ 有価証券

(1)子会社株式

 移動平均法による原価法を採用しております。

(2)その他有価証券

 時価のあるもの

 決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定)を採用しております。

 時価のないもの

 移動平均法による原価法を採用しております。

ロ デリバティブ

 時価法を採用しております。

ハ たな卸資産

(1)商品、販売用不動産、仕掛不動産

 個別法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)を採用しております。

(2)製品、仕掛品、原材料

 総平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)を採用しております。

(2)重要な減価償却資産の減価償却の方法

イ 有形固定資産

 定率法を採用しております。(賃貸用資産については、定額法を採用しております。)

 ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)ならびに2016年4月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物は定額法を採用しております。

 なお、主要な耐用年数は次のとおりであります。

 建物及び構築物   3~38年

 機械装置及び運搬具 2~17年

ロ 無形固定資産

  コンテンツ資産

   コンテンツ資産については、社内における利用可能期間(1年)に基づく定額法を採用しております。

 ソフトウェア

 ソフトウェア(自社利用)については、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法を採用しております。

(3)重要な引当金の計上基準

イ 貸倒引当金

 売上債権、貸付金等の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。

ロ ポイント引当金

 会員に付与したポイントの利用による費用負担に備えるため、当連結会計年度末における将来利用見込額に基づき計上しております。

ハ 金属鉱業等鉱害防止引当金

 当社は、金属鉱業等鉱害対策特別措置法第7条第1項に規定する特定施設の使用の終了後における鉱害防止に要する費用の支出に備えるため、必要見積額を計上しております。

(4)連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

 手許現金、随時引き出し可能な現金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。

(5)その他連結財務諸表作成のための重要な事項

イ 消費税等の会計処理

 消費税等の会計処理は、税抜方式によっております。

 

(未適用の会計基準等)

(収益認識に関する会計基準等)

・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2018年3月30日 企業会計基準委員会)

・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 2018年3月30日 企業会計基準委員会)

 

 1 概要

国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)は、共同して収益認識に関する包括的な会計基準の開発を行い、2014年5月に「顧客との契約から生じる収益」(IASBにおいてはIFRS第15号、FASBにおいてはTopic606)を公表しており、IFRS第15号は2018年1月1日以後開始する事業年度から、Topic606は2017年12月15日より後に開始する事業年度から適用される状況を踏まえ、企業会計基準委員会において、収益認識に関する包括的な会計基準が開発され、適用指針と合わせて公表されたものです。

企業会計基準委員会の収益認識に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、IFRS第15号と整合性を図る便益の1つである財務諸表間の比較可能性の観点から、IFRS第15号の基本的な原則を取り入れることを出発点とし、会計基準を定めることとされ、また、これまで我が国で行われてきた実務等に配慮すべき項目がある場合には、比較可能性を損なわせない範囲で代替的な取扱いを追加することとされています。

 

 2 適用予定日

2022年3月期の期首から適用予定であります。

 

 3 当該会計基準等の適用による影響

連結財務諸表に与える影響額は、現在評価中です。

 

(表示方法の変更)

 該当事項はありません。

 

(追加情報)

 新型コロナウイルス感染症の世界的な拡大は、経済活動や生活行動等に広範な影響を与える事象であり、当社グループは、2021年3月期においてもその影響が続くものと想定しております。当該仮定に基づき、固定資産の減損会計等の見積りを行った結果、当期の財政状態及び経営成績に影響はありません。なお、この仮定は不確実性が高いため、収束が遅延し、影響が長期化した場合には、将来において財政状態・経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

(連結貸借対照表関係)

※1 非連結子会社及び関連会社に対するものは、次のとおりであります。

 

前連結会計年度

(2019年3月31日)

当連結会計年度

(2020年3月31日)

投資有価証券(株式)

100,000千円

100,000千円

 

※2 担保資産及び担保付債務

 担保に供している資産は、次のとおりであります。

 

前連結会計年度

(2019年3月31日)

当連結会計年度

(2020年3月31日)

建物及び構築物

242,506千円

225,526千円

機械装置及び運搬具

12,103

10,675

土地

754,857

754,857

1,009,467

991,059

 担保付債務は、次のとおりであります。

 

前連結会計年度

(2019年3月31日)

当連結会計年度

(2020年3月31日)

短期借入金

300,000千円

550,000千円

1年内返済予定の長期借入金

110,790

55,666

長期借入金

161,100

105,211

571,890

710,877

 

※3 金属鉱業等鉱害防止引当金は、租税特別措置法の金属鉱業等鉱害防止引当金に該当いたします。

※4 保有目的の変更

 当連結会計年度において、建物及び建物附属設備23,506千円、土地219,000千円を販売用不動産242,506千円に振り替えております。

 

(連結損益計算書関係)

※1 期末たな卸高は収益性の低下に伴う簿価切下後の金額であり、次のたな卸資産評価損が売上原価に含まれております。

前連結会計年度

(自 2018年4月1日

  至 2019年3月31日)

当連結会計年度

(自 2019年4月1日

  至 2020年3月31日)

45,766千円

17,738千円

 

※2 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。

 

前連結会計年度

(自 2018年4月1日

  至 2019年3月31日)

当連結会計年度

(自 2019年4月1日

  至 2020年3月31日)

給料

548,304千円

574,652千円

地代家賃

90,852

92,276

支払手数料及び支払報酬

127,615

188,288

貸倒引当金繰入額

2,000

25,068

 

※3 固定資産除却損の内容は次のとおりであります。

 

前連結会計年度

(2019年3月31日)

当連結会計年度

(2020年3月31日)

建物及び構築物

0千円

32千円

機械装置及び運搬費

8,497

その他

0

3

0

8,534

 

(連結包括利益計算書関係)

※ その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額

 

前連結会計年度

(自 2018年4月1日

至 2019年3月31日)

当連結会計年度

(自 2019年4月1日

至 2020年3月31日)

為替換算調整額:

 

 

当期発生額

80千円

△5千円

税効果調整前

80

△5

税効果額

為替換算調整額

80

△5

その他の包括利益合計

80

△5

 

(連結株主資本等変動計算書関係)

前連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項

 

当連結会計年度期首株式数(株)

当連結会計年度増加株式数(株)

当連結会計年度減少株式数(株)

当連結会計年度末株式数(株)

発行済株式

 

 

 

 

普通株式

289,747,982

289,747,982

合計

289,747,982

289,747,982

自己株式

 

 

 

 

普通株式(注)

97,762

820

98,582

合計

97,762

820

98,582

(注)普通株式の自己株式の株式数の増加820株は、単元未満株式の買取りによる増加であります。

 

2.配当に関する事項

該当事項はありません。

 

当連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項

 

当連結会計年度期首株式数(株)

当連結会計年度増加株式数(株)

当連結会計年度減少株式数(株)