EDINET閲覧(提出)サイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)をもとに上場企業サーチ作成

本ページはEDINETに提出された開示情報を上場企業サーチが加工/編集したものであり、記載された情報の正確性および完全性について上場企業サーチは一切の保証を行いません。本ページの情報を利用する際は自己の責任で判断頂き、意思決定に際しては適宜EDINETや提出会社が公開するオリジナルを参照する様にしてください。本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

【表紙】

 

【提出書類】

有価証券報告書

【根拠条文】

金融商品取引法第24条第1項

【提出先】

関東財務局長

【提出日】

2021年6月25日

【事業年度】

第96期(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)

【会社名】

前田道路株式会社

【英訳名】

MAEDA ROAD CONSTRUCTION CO., LTD.

【代表者の役職氏名】

代表取締役社長  今 泉 保 彦

【本店の所在の場所】

東京都品川区大崎1丁目11番3号

【電話番号】

03(5487)0011(代表)

【事務連絡者氏名】

管理本部 経理部長  西  聖 二

【最寄りの連絡場所】

東京都品川区大崎1丁目11番3号

【電話番号】

03(5487)0011(代表)

【事務連絡者氏名】

管理本部 経理部長  西  聖 二

【縦覧に供する場所】

前田道路株式会社 北関東支店

(さいたま市大宮区桜木町1丁目11番2号)

前田道路株式会社 西関東支店

(横浜市中区不老町3丁目12番5号)

前田道路株式会社 中部支店

(名古屋市中区栄5丁目25番25号)

前田道路株式会社 関西支店

(大阪市中央区久太郎町2丁目5番30号)

株式会社東京証券取引所

(東京都中央区日本橋兜町2番1号)

 

 

E00061 18830 前田道路株式会社 MAEDA ROAD CONSTRUCTION CO., LTD. 企業内容等の開示に関する内閣府令 第三号様式 Japan GAAP true cns cns 2020-04-01 2021-03-31 FY 2021-03-31 2019-04-01 2020-03-31 2020-03-31 1 false false false E00061-000 2021-06-25 E00061-000 2016-04-01 2017-03-31 E00061-000 2017-04-01 2018-03-31 E00061-000 2018-04-01 2019-03-31 E00061-000 2019-04-01 2020-03-31 E00061-000 2020-04-01 2021-03-31 E00061-000 2017-03-31 E00061-000 2018-03-31 E00061-000 2019-03-31 E00061-000 2020-03-31 E00061-000 2021-03-31 E00061-000 2016-04-01 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00061-000 2017-04-01 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00061-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00061-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00061-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00061-000 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00061-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00061-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00061-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00061-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00061-000 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E00061-000:ConstructionReportableSegmentsMember E00061-000 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E00061-000:ManufacturingAndSellingReportableSegmentsMember E00061-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E00061-000 2021-03-31 jpcrp_cor:CorporateSharedMember E00061-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E00061-000:ConstructionReportableSegmentsMember E00061-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E00061-000:ManufacturingAndSellingReportableSegmentsMember E00061-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp_cor:CorporateSharedMember E00061-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E00061-000:ConstructionReportableSegmentsMember E00061-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E00061-000:ManufacturingAndSellingReportableSegmentsMember E00061-000 2021-06-25 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E00061-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E00061-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No1MajorShareholdersMember E00061-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No2MajorShareholdersMember E00061-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No3MajorShareholdersMember E00061-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No4MajorShareholdersMember E00061-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No5MajorShareholdersMember E00061-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No6MajorShareholdersMember E00061-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No7MajorShareholdersMember E00061-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No8MajorShareholdersMember E00061-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No9MajorShareholdersMember E00061-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No10MajorShareholdersMember E00061-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithNoVotingRightsMember E00061-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsTreasurySharesEtcMember E00061-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsOtherMember E00061-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesTreasurySharesSharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E00061-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsOtherMember E00061-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesLessThanOneUnitMember E00061-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row1Member E00061-000 2021-06-25 jpcrp_cor:Row1Member E00061-000 2021-06-25 jpcrp030000-asr_E00061-000:NishikawaHirotakaMember E00061-000 2021-06-25 jpcrp030000-asr_E00061-000:ImaizumiYasuhikoMember E00061-000 2021-06-25 jpcrp030000-asr_E00061-000:TakekawaHideyaMember E00061-000 2021-06-25 jpcrp030000-asr_E00061-000:NagumoMasajiMember E00061-000 2021-06-25 jpcrp030000-asr_E00061-000:TomiyasuToshiakiMember E00061-000 2021-06-25 jpcrp030000-asr_E00061-000:WatanabeAkiraMember E00061-000 2021-06-25 jpcrp030000-asr_E00061-000:MoriyaKoichiMember E00061-000 2021-06-25 jpcrp030000-asr_E00061-000:OhoriRyusukeMember E00061-000 2021-06-25 jpcrp030000-asr_E00061-000:KawaguchiMitsunoriMember E00061-000 2021-06-25 jpcrp030000-asr_E00061-000:HashimotoKeiichiroMember E00061-000 2021-06-25 jpcrp030000-asr_E00061-000:AmanoYoshihikoMember E00061-000 2021-06-25 jpcrp030000-asr_E00061-000:OtawaraYoshitakaMember E00061-000 2021-06-25 jpcrp030000-asr_E00061-000:NakanoYukikoMember E00061-000 2021-06-25 jpcrp_cor:Row2Member E00061-000 2021-06-25 jpcrp_cor:Row3Member E00061-000 2021-06-25 jpcrp_cor:Row4Member E00061-000 2021-06-25 jpcrp_cor:Row5Member E00061-000 2021-06-25 jpcrp_cor:Row6Member E00061-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:DirectorsExcludingOutsideDirectorsMember E00061-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:CorporateAuditorsExcludingOutsideCorporateAuditorsMember E00061-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:OutsideDirectorsAndOtherOfficersMember E00061-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row1Member E00061-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row2Member E00061-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row2Member E00061-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row3Member E00061-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row3Member E00061-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row4Member E00061-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row4Member E00061-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row5Member E00061-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row5Member E00061-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row6Member E00061-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row6Member E00061-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row7Member E00061-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row7Member E00061-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row8Member E00061-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row8Member E00061-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row9Member E00061-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row9Member E00061-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row10Member E00061-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row10Member E00061-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row11Member E00061-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row11Member E00061-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row12Member E00061-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row12Member E00061-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row13Member E00061-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row13Member E00061-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row14Member E00061-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row14Member E00061-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row15Member E00061-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row15Member E00061-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row16Member E00061-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row16Member E00061-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row17Member E00061-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row17Member E00061-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row18Member E00061-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row18Member E00061-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row19Member E00061-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row19Member E00061-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row20Member E00061-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row20Member E00061-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row21Member E00061-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row21Member E00061-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row22Member E00061-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row22Member E00061-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row23Member E00061-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row23Member E00061-000 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E00061-000 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E00061-000 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00061-000 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00061-000 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00061-000 2019-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00061-000 2019-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E00061-000 2020-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E00061-000 2019-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00061-000 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00061-000 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00061-000 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00061-000 2019-03-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E00061-000 2020-03-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E00061-000 2020-03-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E00061-000 2019-03-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E00061-000 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00061-000 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00061-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E00061-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E00061-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00061-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00061-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00061-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00061-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00061-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00061-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E00061-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E00061-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00061-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00061-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00061-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00061-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E00061-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E00061-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E00061-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E00061-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E00061-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E00061-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E00061-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E00061-000 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E00061-000 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00061-000 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00061-000 2021-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E00061-000 2021-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00061-000 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00061-000 2021-03-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E00061-000 2021-03-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E00061-000 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00061-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E00061-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E00061-000:ConstructionReportableSegmentsMember E00061-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E00061-000:ManufacturingAndSellingReportableSegmentsMember E00061-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E00061-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E00061-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E00061-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E00061-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E00061-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E00061-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E00061-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E00061-000 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E00061-000:ConstructionReportableSegmentsMember E00061-000 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E00061-000:ManufacturingAndSellingReportableSegmentsMember E00061-000 2021-03-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E00061-000 2020-03-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E00061-000 2020-03-31 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E00061-000 2020-03-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E00061-000 2021-03-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E00061-000 2020-03-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E00061-000 2021-03-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E00061-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:UnallocatedAmountsAndEliminationMember E00061-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:UnallocatedAmountsAndEliminationMember E00061-000 2021-03-31 jpcrp_cor:UnallocatedAmountsAndEliminationMember E00061-000 2020-03-31 jpcrp_cor:UnallocatedAmountsAndEliminationMember E00061-000 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00061-000 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00061-000 2019-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00061-000 2020-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00061-000 2019-03-31 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00061-000 2020-03-31 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00061-000 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00061-000 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00061-000 2020-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00061-000 2019-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00061-000 2020-03-31 jppfs_cor:ReserveForAdvancedDepreciationOfNoncurrentAssetsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00061-000 2019-03-31 jppfs_cor:ReserveForAdvancedDepreciationOfNoncurrentAssetsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00061-000 2019-03-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00061-000 2020-03-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00061-000 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00061-000 2019-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00061-000 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00061-000 2019-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00061-000 2019-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00061-000 2020-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00061-000 2019-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00061-000 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00061-000 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00061-000 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00061-000 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00061-000 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00061-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00061-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00061-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00061-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00061-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00061-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00061-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00061-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00061-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00061-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00061-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ReserveForAdvancedDepreciationOfNoncurrentAssetsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00061-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ReserveForAdvancedDepreciationOfNoncurrentAssetsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00061-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00061-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00061-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00061-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00061-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00061-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00061-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00061-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00061-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00061-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00061-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00061-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00061-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00061-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00061-000 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00061-000 2021-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00061-000 2021-03-31 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00061-000 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00061-000 2021-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00061-000 2021-03-31 jppfs_cor:ReserveForAdvancedDepreciationOfNoncurrentAssetsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00061-000 2021-03-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00061-000 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00061-000 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00061-000 2021-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00061-000 2021-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00061-000 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00061-000 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember iso4217:JPY iso4217:JPY xbrli:shares xbrli:pure xbrli:shares

第一部 【企業情報】

 

第1 【企業の概況】

 

1 【主要な経営指標等の推移】

(1) 連結経営指標等

 

回次

第92期

第93期

第94期

第95期

第96期

決算年月

2017年3月

2018年3月

2019年3月

2020年3月

2021年3月

売上高

(百万円)

233,107

234,369

223,757

237,812

234,612

経常利益

(百万円)

27,048

23,810

17,636

19,877

21,078

親会社株主に帰属する
当期純利益

(百万円)

17,922

9,201

11,482

18,826

16,750

包括利益

(百万円)

25,521

12,385

10,069

15,241

18,857

純資産額

(百万円)

194,420

201,977

207,749

206,889

163,560

総資産額

(百万円)

258,037

286,997

290,007

264,080

222,930

1株当たり純資産額

(円)

2,239.97

2,326.81

2,386.55

2,490.89

1,967.73

1株当たり当期純利益

(円)

207.67

106.62

133.00

223.02

203.23

潜在株式調整後
1株当たり当期純利益

(円)

自己資本比率

(%)

74.9

70.0

71.1

77.7

72.7

自己資本利益率

(%)

9.8

4.7

5.6

9.1

9.1

株価収益率

(倍)

9.5

20.2

16.2

9.1

10.5

営業活動による
キャッシュ・フロー

(百万円)

28,569

28,746

17,832

2,627

25,612

投資活動による
キャッシュ・フロー

(百万円)

21,733

11,407

5,001

21,568

222

財務活動による
キャッシュ・フロー

(百万円)

4,836

4,828

4,308

15,988

62,186

現金及び現金同等物
の期末残高

(百万円)

51,021

63,584

72,243

80,669

44,324

従業員数

(外、平均臨時雇用人員)

(名)

2,507

2,512

2,511

2,557

2,554

(14)

(17)

(15)

(13)

(25)

 

(注) 1 売上高には、消費税等は含まれていない。

2 潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式がないため記載していない。

3 「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を第94期の期首から適用しており、第93期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっている。

 

 

(2) 提出会社の経営指標等

 

回次

第92期

第93期

第94期

第95期

第96期

決算年月

2017年3月

2018年3月

2019年3月

2020年3月

2021年3月

売上高

(百万円)

221,034

222,165

211,347

219,662

215,743

経常利益

(百万円)

26,355

23,041

16,698

17,155

20,059

当期純利益

(百万円)

17,578

8,818

11,066

17,532

16,907

資本金

(百万円)

19,350

19,350

19,350

19,350

19,350

発行済株式総数

(千株)

94,159

94,159

94,159

89,159

89,159

純資産額

(百万円)

190,554

198,281

203,259

201,352

157,205

総資産額

(百万円)

248,581

280,549

282,006

253,338

211,074

1株当たり純資産額

(円)

2,204.77

2,294.37

2,351.97

2,443.00

1,907.39

1株当たり配当額
(内1株当たり
中間配当額)

(円)
(円)

55.00

55.00

70.00

750.00

70.00

(-)

(-)

(-)

(-)

(-)

1株当たり当期純利益

(円)

203.38

102.03

128.05

207.69

205.14

潜在株式調整後
1株当たり当期純利益

(円)

自己資本比率

(%)

76.7

70.7

72.1

79.5

74.5

自己資本利益率

(%)

9.6

4.5

5.5

8.7

9.4

株価収益率

(倍)

9.7

21.1

16.8

9.7

10.4

配当性向

(%)

27.0

53.9

54.7

361.1

34.1

従業員数

(外、平均臨時雇用人員)

(名)

2,223

2,219

2,231

2,215

2,196

(5)

(5)

(5)

(1)

(2)

株主総利回り

(比較指標:TOPIX)

(%)

108.9

121.8

125.5

159.0

169.3

(114.7)

(132.9)

(126.2)

(114.2)

(162.3)

最高株価

(円)

2,100

2,750

2,481

3,835

2,293

最低株価

(円)

1,639

1,880

1,957

1,990

1,676

 

(注) 1 売上高には、消費税等は含まれていない。

2 1株当たり配当額には、普通配当のほか下記の記念配当及び特別配当が含まれている。

 

 

第92期

第93期

第94期

第95期

第96期

記念配当

(円)

30.00

特別配当

(円)

10.00

15.00

650.00

 

3 潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式がないため記載していない。

4 「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を第94期の期首から適用しており、第93期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっている。

5 最高株価及び最低株価は、東京証券取引所市場第一部におけるものである。

 

 

 

2 【沿革】

1925年3月、高野政造が土木工事業を開業したのが当社の起源であり、1930年7月、東京都千代田区において舗装工事専門業者として、株式会社高野組(資本金100千円)を設立した。

その後の主な変遷は次のとおりである。

1948年3月

高野建設株式会社と社名変更。

1949年10月

建設業法の施行により建設業者の登録。

1952年12月

名古屋(現 中部)支店開設。

1956年6月

高野産業株式会社(地質調査及び不動産業)を吸収合併。

1959年4月

株式を東京店頭売買承認銘柄として公開。

1960年6月

株式を大阪店頭売買承認銘柄として公開。

1961年1月

大阪(現 関西)支店・仙台(現 東北)支店開設。

1961年7月

広島(現 中国)支店開設。

1961年10月

株式を東京、大阪両証券取引所市場第二部に上場。

1962年12月

東京地方裁判所に会社更生法に基づく更生手続開始の申立、同開始決定。

1964年1月

東京証券業協会が店頭売買登録扱銘柄、大阪証券業協会が店頭売買登録特例銘柄として承認。

1965年8月

東京、横浜、千葉、大阪、名古屋等全国各地でアスファルト合材製品の販売開始。

1965年10月

東京地方裁判所において会社更生法に基づく更生手続終結の決定。

1968年2月

社名を前田道路株式会社と変更。

1968年5月

本店を東京都品川区上大崎3丁目14番12号に移転。

1969年4月

東京証券業協会に店頭売買銘柄の登録。
東京支店開設。

1969年5月

大阪証券業協会に店頭売買銘柄の登録。

1971年7月

株式を東京証券取引所市場第二部に上場し、大阪証券業協会の店頭売買銘柄を廃止。

1972年5月

東京証券取引所市場第一部に指定替え。

1973年6月

福岡営業所を福岡(現 九州)支店に昇格。

1973年9月

東京都品川区に株式会社ニチユウ設立。(現 連結子会社)

1973年11月

建設業法改正により建設大臣許可(特-48)第2313号を受け、以後3年ごとに更新。(1997年以降、5年ごとに更新)

1976年12月

グアムにマエダ・パシフィック・コーポレーション設立。(現 連結子会社)

1983年1月

札幌営業所を札幌(現 北海道)支店に昇格。

1987年1月

北関東支店開設。新潟営業所を北陸支店に、高松営業所を四国支店に昇格。

1990年1月

西関東支店開設。

1998年9月

本店を東京都品川区大崎1丁目11番3号に移転。

1999年4月

東京都品川区にアールテックコンサルタント株式会社設立。(現 連結子会社)

1999年10月

株式会社ダイアスの株式を取得。

2003年10月

株式会社ダイアスを吸収合併。

2008年2月

株式会社冨士土木の株式を株式交換により取得。(現 連結子会社)

2008年9月

宮田建設株式会社の株式を取得。(現 連結子会社)

2010年4月

日本チャトミックス株式会社の株式を取得。

2012年1月

株式会社リアスコンの株式を取得。(現 連結子会社)

2014年4月

株式会社船田土木の株式を取得。(現 連結子会社)

2015年10月

青野建設株式会社及び株式会社アオイ産業の株式を取得。(現 連結子会社)

2015年11月

東海アスコン株式会社の株式を追加取得。(現 連結子会社)

2016年1月

日本チャトミックス株式会社を吸収合併。

 

双和産業株式会社の株式を追加取得。(現 連結子会社)

2018年4月

砂町アスコン株式会社の株式を取得。(現 連結子会社)

2018年10月

新栄建設株式会社の株式を取得。(現 連結子会社)

2019年4月

川崎市川崎区に京浜リサイクルセンター株式会社設立。(現 連結子会社)

2019年7月

大阪府寝屋川市に株式会社エコセンター大阪設立。(現 連結子会社)

2020年3月

株式公開買付けにより前田建設工業㈱の連結子会社となった。

 

 

 

3 【事業の内容】

当社の関係会社は、親会社(前田建設工業㈱)及び子会社24社により構成されており、当社及び子会社は建設事業、製造・販売事業を主な事業としている。

各事業における当社及び当社の関係会社の位置づけ等は次のとおりである。なお、セグメントと同一の区分である。

 

(建設事業)

舗装工事、土木工事及びこれらに関連する事業を営んでいる。

(主な関係会社)当社、㈱冨士土木、宮田建設㈱

 

(製造・販売事業)

アスファルト合材・乳剤及びその他建設資材等の製造・販売事業を営んでいる。

(主な関係会社)当社、㈱ニチユウ、㈱冨士土木、砂町アスコン㈱

 

(その他)

建設用機械・事務用機器等のリース業務、各種保険代理業務及び土木建築工事に関するコンサルタント業務を営んでいる。

(主な関係会社)㈱ニチユウ

 

事業の系統図は次のとおりである。


 

 

4 【関係会社の状況】

 

名称

住所

資本金
(百万円)

主要な事業
の内容

議決権の所有
(被所有)割合

関係内容

所有割合(%)

被所有割合(%)

(親会社)

 

 

 

 

 

 

前田建設工業㈱

(注)2

東京都
千代田区

28,463

建設事業

51.3

当社に対し舗装工事等を発注している。当社から設備工事等を受注している。

(連結子会社)

 

 

 

 

 

 

㈱ニチユウ

東京都
江東区

90

製造・販売事業
その他

84.6

当グループに対し建設用機械・事務用機器等を賃貸している。当社から設備工事等を受注している。当社所有の建物及び土地を賃借している。
  役員の兼務 1名

㈱冨士土木

東京都
府中市

80

建設事業
製造・販売事業

100.0

当社と共同でアスファルト合材等の製造・販売事業を行っている。当社から舗装工事等を受注している。

宮田建設㈱

広島県
庄原市

88

建設事業

100.0

当社と舗装工事等の受発注を行っている。当社からアスファルト合材等の仕入を行っている。当社に対し土地を賃貸している。

砂町アスコン㈱

東京都
江東区

40

製造・販売事業

100.0

当社に対しアスファルト合材等の販売を行っている。当社所有の設備及び土地を賃借している。

その他11社

 

(注) 1 「主要な事業の内容」欄には、セグメント情報に記載された名称を記載している。

2 有価証券報告書を提出している。

3 特定子会社に該当する会社はない。

 

 

5 【従業員の状況】

(1) 連結会社の状況

2021年3月31日現在

セグメントの名称

従業員数(名)

建設事業

1,423

(17)

製造・販売事業

678

(8)

その他

20

全社(共通)

433

合計

2,554

(25)

 

(注) 従業員数は就業人員であり、臨時従業員数は( )内に年間の平均人員を外数で記載している。

 

(2) 提出会社の状況

2021年3月31日現在

従業員数(名)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(千円)

2,196

40.8

15.3

8,069

(2)

 

 

セグメントの名称

従業員数(名)

建設事業

1,237

(1)

製造・販売事業

545

(1)

全社(共通)

414

合計

2,196

(2)

 

(注) 1 従業員数は就業人員であり、提出会社から他社への出向者を除き、また、臨時従業員数は( )内に年間の平均人員を外数で記載している。

2 平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでいる。

 

(3) 労働組合の状況

労使関係については特に記載すべき事項はない。

 

第2 【事業の状況】

「第2 事業の状況」における各事項の記載については、消費税等抜きの金額で表示している。

 

1 【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

文中の将来に関する事項については、当連結会計年度末現在において当グループが判断したものである。

 

(1) 経営方針

当グループは、ひろく社会資本の整備に貢献し、地域社会の豊かな生活の向上に寄与することを企業活動の使命と自覚し、信義・誠実の原則のもと誇りと責任をもって、人と環境を大切にした事業活動を推進し安全を第一として、より優れた技術と品質の提供により快適で潤いのある生活空間の創造を目指し、もって豊かな地域社会の発展に貢献することを経営理念としている。

この経営理念のもと、当グループは、建設事業と舗装材料であるアスファルト合材の製造・販売事業を経営の柱として、営業所・工場を全国に展開している。全国の都市部に経営資源を集中し、経営の基盤であるブロック体制(地域密着・独立採算)を強化することにより、地域に根ざした事業を展開している。

 

(2) 経営環境

道路業界においては、政府の国土強靭化計画等により公共投資は堅調に推移してきたものの、新型コロナウイルス感染症対策の長期化により、先行き不透明な状況が続いている。なお、当社、前田建設工業㈱及び㈱前田製作所の3社による共同持株会社体制への移行を通じ、グループ全体としてシナジーを最大化し、今後将来的に経営環境が著しく変化していくなかで、これまで以上に3社が国内外で築き上げてきた得意分野を共有し、収益力の向上と新たな収益基盤の確立、技術開発やビッグデータの有効活用、デジタルツールの開発、人材育成をはじめとした経営資源のさらなる強化をグループ全体として進めていく。

(建設事業)

建設事業においては、国土強靭化の必要性から公共投資に関しては堅調な推移を見せている。しかしながら新型コロナウイルス感染症対策の長期化により民間発注工事を中心に先行き不透明な状況が続いている。

(製造・販売事業)

製造・販売事業においては、中核の製品であるアスファルト合材を多く使用する新設舗装工事が減少していることから、限られたシェアを競業他社と争う状況が続いている。

 

(3) 中長期的な経営戦略

当社は2030年に創立100年を迎えるに当たり、社員が誇りと自信を持って社会課題の解決に挑戦を続け、広くステークホルダーからの信頼と期待に応えることのできる前田道路ブランドの確立を次の10年で目指す将来のビジョンとする。その達成のために、重点施策を3か年ごとの中期経営計画に落とし込み、第97期をスタートとする中期経営計画を策定した。

 

(4) 優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

上記の経営方針及び中長期的な経営戦略を実行していく上で、当グループが優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題は以下のとおりである。

 

① 体質改善

当グループは、コンプライアンスの徹底と安全を最優先とし、あらゆる変化に対応できる企業文化を構築し、働きがいのある会社・誇りを持てる会社への変革を目指す。

特に重点的な課題として、独占禁止法、建設業法、労働基準法等の厳守、品質管理の徹底、不正撲滅に取り組む。

② 生産性改革

当グループは、既存事業における売上拡大、経営及び現場業務の効率化に伴うコスト削減及びデジタル活用や技術開発に伴う品質向上を推進する。

特に重点的な課題として、デジタル活用による業務の効率化、サービスレベルの向上、離職率の低下及び中途を含む人材採用による組織力強化を図るとともに、拠点拡大のためにM&Aを含めた検討を推進する。

③ 新たな収益基盤の確立

当グループは、市場の変化に対応した新たな事業モデルへの挑戦と確立、継続的な発展及び新たな事業創出のための制度・仕組みの確立を目指す。

特に重点的な課題として、包括的民間委託モデルの構築及び経験の蓄積、海外市場への侵攻のための調査並びに新商品・新製造技術の開発に取り組む。

 

 

2 【事業等のリスク】

有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、経営者が連結会社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると認識している主要なリスクは、次のとおりである。

なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当グループが判断したものである。

 

(1) 市場動向に関するリスク

(建設事業)

当グループの建設事業においては、公共投資の動向に大きく影響される。近年では維持・修繕や政府の国土強靭化計画により堅調な推移を見せているものの、今後、公共投資の大規模な削減等が行われた場合には、業績に悪影響を及ぼす可能性がある。

当グループでは、地域に密着した営業展開やICT、AIを活用した施工体制の開発などを通じて幅広くお客様のニーズに応え、公共工事のみならず民間発注工事の更なる受注拡大に努めている。

(製造・販売事業)

当グループの製品・販売事業においては、中核の製品であるアスファルト合材を多く使用する新設舗装工事などの工事量が減少していることに伴い、アスファルト合材の出荷数量も減少傾向が続いている。

当グループでは、環境配慮型の製品の開発や循環型社会に貢献する技術の開発、地域需要に応じた工場設備の更新などを通じて幅広くお客様のニーズに応え、製品の市場シェアの拡大に努めている。

 

(2) 物価の変動に関するリスク(地政学的リスクを含む)

当グループは、建設事業及び製造・販売事業ともに原材料となる原油価格の動向に大きく影響を受ける。原油産出国における紛争や貿易摩擦等により請負価格や販売単価に転嫁できない大幅な原油価格の値上がりが起こった場合には、業績に悪影響を及ぼす可能性がある。

 

(3) 法的規制等に関するリスク

当グループが事業を遂行するに当たり、建設業法、独占禁止法、廃棄物処理法、労働安全衛生法等による法的規制等を受けている。法律の改廃、新設、適用基準の変更等があった場合又は法的規制による行政処分等を受けた場合には、業績に悪影響を及ぼす可能性がある。

当グループでは、倫理綱領を定め、倫理委員会及び独占禁止法違反危機管理委員会等を開催するとともに、全役職員に対する研修、講義を継続的に実施することにより、法令遵守の徹底に取り組んでいる。

 

(4) 人材の確保に関するリスク

我が国においては、人口の都市部集中と地方の過疎化や、少子高齢化に伴う人口減少などにより、建設就業者の減少や高齢化、新たな人材の確保が困難になるといったリスクがある。

当グループでは、働き方改革を念頭にワークライフバランスに配慮した環境の整備や福利厚生の充実、次代を担う人材の育成を主眼においた社員教育の実施により新たな人材の確保を推進し、安心して働ける職場環境の構築に努めている。また、機械化・省人化施工の開発によりICTの活用による生産性向上を推進している。

 

(5) 事故・災害によるリスク

当グループが事業を遂行するに当たり、工事現場や工場において、重大な事故が発生した場合には、業績に悪影響を及ぼす可能性がある。また、大規模な自然災害の発生等により当グループの今後の事業活動に重大な影響を及ぼす可能性がある。

当グループでは、労働安全衛生マネジメントシステム(OHSAS18001)を効果的に運用し、継続的改善を行い、災害・事故防止と健康維持に全員で取り組むとともに、BCPを策定し、各種訓練を実施することにより、災害発生時の損害を最小限に抑え、事業の継続や復旧を図る体制を構築している。

 

(6) 環境リスク

当グループが事業を遂行するに当たり、工事現場における騒音・振動や工場における騒音・悪臭・粉塵など、環境に悪影響を与える重大な問題が発生した場合、当グループの信用の失墜につながり、今後の事業活動に重大な影響を及ぼす可能性がある。

当グループでは、環境マネジメントシステム(ISO14001)を効率的に運用し、継続的改善を行い、地球環境及び社会・生活環境の保全に積極的に取り組むとともに、建設廃材のリサイクル及びエネルギーや天然資源の消費量削減などに向けて、循環型社会形成システムの構築を積極的に推進している。

 

 

(7) 新型コロナウイルス感染症に関するリスク

新型コロナウイルス感染症は、わが国のみならず世界中で感染が再拡大傾向にある。当グループにおける業績に与える影響は限定的であると考えられるが、今後、従業員や協力業者に感染が拡大した場合には、業績に悪影響を及ぼす可能性がある。

当グループでは、定期的に検温や消毒を行うことによって感染防止に努めるとともに、必要に応じて時差出勤やリモートワークといった勤務形態を行うことによってリスクの最小化に向けた施策を実施している。

 

3 【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

(1) 経営成績等の状況の概要

当連結会計年度における当グループ(当社及び連結子会社)の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下、「経営成績等」という。)の状況の概要は次のとおりである。

① 財政状態及び経営成績の状況

当連結会計年度におけるわが国経済は、一部に持ち直しの動きがみられるものの、新型コロナウイルス感染症対策長期化の影響により、先行き不透明な状況が続いた。

道路業界においては、新型コロナウイルス感染症の影響から民間発注工事は減少したが、官庁発注工事が堅調に推移した。

このような情勢のもと当グループは、建設事業においては、官庁発注工事と民間小型工事の受注に注力し、製造・販売事業においては、環境配慮型の設備投資の継続により販売数量の確保と採算性の維持に努めてきた。

以上の結果、当連結会計年度の売上高は2,346億1千2百万円(前年同期比1.3%減)となった。

営業利益は207億3千8百万円(前年同期比5.9%増)、経常利益は210億7千8百万円(前年同期比6.0%増)、親会社株主に帰属する当期純利益は167億5千万円(前年同期比11.0%減)となった。

資産は、前連結会計年度末に比べ411億4千9百万円減少し、2,229億3千万円となった。

負債は、前連結会計年度末に比べ21億7千9百万円増加し、593億7千万円となった。

純資産は、前連結会計年度末に比べ433億2千9百万円減少し、1,635億6千万円となった。

 

 セグメントごとの経営成績は次のとおりである。

(建設事業)

建設事業の当連結会計年度の受注工事高は1,655億8千2百万円(前年同期比0.3%増)、完成工事高は1,605億1千4百万円(前年同期比1.7%減)となり、営業利益は133億2千5百万円(前年同期比5.0%減)となった。

(製造・販売事業)

製造・販売事業の当連結会計年度のアスファルト合材及びその他製品売上高は、735億2千3百万円(前年同期比0.4%減)となり、営業利益は135億5百万円(前年同期比16.2%増)となった。

(その他)

当連結会計年度のその他売上高は5億7千4百万円(前年同期比8.2%減)となり、営業利益は2億2千9百万円(前年同期比52.5%増)となった。

 

② キャッシュ・フローの状況

当連結会計年度末における現金及び現金同等物は、前連結会計年度末に比べ363億4千4百万円減少し、443億2千4百万円となった。

営業活動によるキャッシュ・フローは、前連結会計年度の収入に比べ229億8千5百万円増加し、256億1千2百万円の収入となった。これは主に、前連結会計年度において127億9千7百万円の独占禁止法関連の支払いがあったことによるものである。

投資活動によるキャッシュ・フローは、前連結会計年度の収入に比べ213億4千6百万円減少し、2億2千2百万円の収入となった。これは主に、有価証券及び信託受益権の売却又は償還並びに定期預金の払い戻しによる収入が減少したことによるものである。

財務活動によるキャッシュ・フローは、前連結会計年度の支出に比べ461億9千7百万円増加し、621億8千6百万円の支出となった。これは主に、配当金の支払額が増加したことによるものである。

 

 

③ 生産、受注及び販売の状況

a.受注実績

 

セグメントの名称

前連結会計年度

(自 2019年4月1日

至 2020年3月31日)

(百万円)

当連結会計年度

(自 2020年4月1日

至 2021年3月31日)

(百万円)

建設事業

165,035

 

165,582

(0.3%増)

 

(注) 1 上記の金額は、セグメント間取引の相殺消去後の数値である。

2 ( )内は前年同期比である。

3 当グループの「建設事業」以外では、受注生産を行っていない。

 

b.売上実績

 

セグメントの名称

前連結会計年度

(自 2019年4月1日

至 2020年3月31日)

(百万円)

当連結会計年度

(自 2020年4月1日

至 2021年3月31日)

(百万円)

建設事業

163,344

 

160,514

(1.7%減)

製造・販売事業

73,843

 

73,523

(0.4%減)

その他

625

 

574

(8.2%減)

合計

237,812

 

234,612

(1.3%減)

 

(注) 1 上記の金額は、セグメント間取引の相殺消去後の数値である。

2 ( )内は前年同期比である。

 

建設事業は、提出会社に係る受注・売上の状況が当グループの受注・売上の大半を占めているので、参考のため提出会社個別の事業の状況を示すと次のとおりである。

 

提出会社個別の建設事業における受注工事高及び完成工事高の状況

① 受注工事高、完成工事高及び次期繰越工事高

 

期別

区分

前期繰越
工事高
(百万円)

当期受注
工事高
(百万円)


(百万円)

当期完成
工事高
(百万円)

次期繰越
工事高
(百万円)

前事業年度

(自 2019年4月1日

至 2020年3月31日)

アスファルト舗装

38,968

130,137

169,105

124,796

44,308

コンクリート舗装

1,371

1,858

3,230

2,707

522

土木工事

9,015

24,894

33,909

27,823

6,086

49,355

156,890

206,246

155,328

50,918

当事業年度

(自 2020年4月1日

至 2021年3月31日)

アスファルト舗装

44,308

126,989

171,297

127,091

44,206

コンクリート舗装

522

2,971

3,494

2,204

1,289

土木工事

6,086

27,863

33,949

23,369

10,580

50,918

157,823

208,741

152,665

56,076

 

(注) 1 当期受注工事高には、前期以前に受注した工事で、契約の変更により、請負金額に変更のあるものについての増減額を含めている。従って当期完成工事高にもこの増減額が含まれている。

2 次期繰越工事高は(前期繰越工事高+当期受注工事高-当期完成工事高)である。

 

② 受注工事高の受注方法別比率

工事の受注方法は、特命と競争に大別される。

 

期別

区分

特命(%)

競争(%)

計(%)

前事業年度

(自 2019年4月1日

至 2020年3月31日)

アスファルト舗装

88.8

11.2

100.0

コンクリート舗装

70.7

29.3

100.0

土木工事

93.8

6.2

100.0

当事業年度

(自 2020年4月1日

至 2021年3月31日)

アスファルト舗装

84.8

15.2

100.0

コンクリート舗装

61.5

38.5

100.0

土木工事

95.3

4.7

100.0

 

(注) 百分比は請負金額比である。

 

 

③ 完成工事高

 

期別

区分

官公庁(百万円)

民間(百万円)

計(百万円)

前事業年度

(自 2019年4月1日

至 2020年3月31日)

アスファルト舗装

10,595

114,201

124,796

コンクリート舗装

1,456

1,251

2,707

土木工事

1,917

25,905

27,823

13,970

141,357

155,328

当事業年度

(自 2020年4月1日

至 2021年3月31日)

アスファルト舗装

18,352

108,738

127,091

コンクリート舗装

622

1,582

2,204

土木工事

695

22,673

23,369

19,670

132,994

152,665

 

(注) 1 前事業年度の完成工事のうち請負金額1億円以上の主なものは、次のとおりである。

発注者

工事名

東日本高速道路㈱

館山自動車道 君津舗装工事

成田国際空港㈱

T2南側地区エプロン舗装工事

東日本高速道路㈱

横浜横須賀道路 京浜管内舗装補修工事

いすゞ自動車販売㈱

株式会社いすゞユーマックス オークション会場新築工事(外構工事分)

国土交通省

塩手山トンネル舗装工事

 

2 当事業年度の完成工事のうち請負金額1億円以上の主なものは、次のとおりである。

発注者

工事名

中日本高速道路㈱

新東名高速道路 御殿場JCT~長泉沼津IC間6車線化工事

酒部建設㈱

龍北総合運動場整備事業 龍北総合運動場整備工事

前田建設工業㈱

築城(29)仮設滑走路整備土木工事

国土交通省

山岸地区改良舗装工事

西日本高速道路㈱

平成30年度 中国自動車道(特定更新等)三次高速道路事務所管内
舗装補修工事

 

3 前事業年度及び当事業年度ともに完成工事高総額に対する割合が100分の10以上の相手先はない。

 

④ 手持工事高(2021年3月31日現在)

 

区分

官公庁(百万円)

民間(百万円)

計(百万円)

アスファルト舗装

15,637

28,568

44,206

コンクリート舗装

774

514

1,289

土木工事

899

9,681

10,580

17,312

38,764

56,076

 

(注) 手持工事のうち請負金額1億円以上の主なものは、次のとおりである。

発注者

工事名

完成予定年月

中日本高速道路㈱

東名高速道路 富士管内舗装補修工事(平成30年度)

2021年10月

前田建設工業㈱

(仮称)南房総市プライベートドライブコース建設工事

2023年1月

東日本高速道路㈱

首都圏中央連絡自動車道 加須管内舗装補修工事

2021年10月

東日本高速道路㈱

上信越自動車道 佐久管内舗装補修工事

2021年8月

東日本高速道路㈱

横浜新道 京浜管内舗装補修工事

2021年6月

 

 

 

c.製造・販売事業における生産及び販売の状況

 

期別

アスファルト合材

その他売上金額
(百万円)

売上高合計
(百万円)

生産実績
(千t)

売上数量
(千t)

売上金額
(百万円)

前連結会計年度

(自 2019年4月1日

至 2020年3月31日)

8,276

5,394

52,035

21,808

73,843

当連結会計年度

(自 2020年4月1日

至 2021年3月31日)

8,467

5,543

52,790

20,733

73,523

 

(注) 1 アスファルト合材の生産実績と売上数量との差は社内使用数量である。

2 その他売上高は、アスファルト乳剤、砕石等の素材の販売等の売上高である。

 

当グループの「製造・販売事業」以外では、生産実績を定義することが困難であるため「生産の状況」は記載していない。

 

(2) 経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

経営者の視点による当グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりである。なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものである。

 

① 当連結会計年度の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

a.経営成績の分析

(売上高)

当連結会計年度における売上高は、前連結会計年度に比べ32億円(1.3%)減少し、2,346億1千2百万円となった。

建設事業の売上高は、官庁発注工事の完成工事高は増加したものの、民間発注工事の完成工事高が減少したことにより前連結会計年度に比べ28億2千9百万円(1.7%)減少し、1,605億1千4百万円となった。

製造・販売事業の売上高は、アスファルト合材の売上高は増加したものの、その他の製品の売上高が減少したことにより前連結会計年度に比べ3億1千9百万円(0.4%)減少し、735億2千3百万円となった。

その他の売上高は、前連結会計年度に比べ5千1百万円(8.2%)減少し、5億7千4百万円となった。

(営業利益)

当連結会計年度における売上総利益は、前連結会計年度に比べ11億7千2百万円(3.7%)増加し、332億9千2百万円となった。

販売費及び一般管理費は、前連結会計年度に比べ9百万円(0.1%)増加し、125億5千4百万円となった。

以上の結果、営業利益は、前連結会計年度に比べ11億6千3百万円(5.9%)増加し、207億3千8百万円となった。

建設事業の営業利益は、完成工事高の減少及び原価率の悪化により、前連結会計年度に比べ6億9千9百万円(5.0%)減少し、133億2千5百万円となった。

製造・販売事業の営業利益は、原油価格などの原材料価格が下落したことに伴う原価率の改善により、前連結会計年度より18億8千7百万円(16.2%)増加し、135億5百万円となった。

その他の営業利益は、前連結会計年度より7千8百万円(52.5%)増加し、2億2千9百万円となった。

(経常利益)

当連結会計年度における営業外収益は、受取配当金が減少したことにより前連結会計年度に比べ9千6百万円(11.9%)減少し、7億1千5百万円となった。営業外費用は、支払手数料が減少したことにより前連結会計年度に比べ1億3千3百万円(26.2%)減少し、3億7千5百万円となった。

以上の結果、経常利益は、前連結会計年度に比べ12億円(6.0%)増加し、210億7千8百万円となった。

(親会社株主に帰属する当期純利益)

当連結会計年度における特別利益は、前連結会計年度に発生した独占禁止法関連損失引当金戻入額63億1百万円がなくなったことにより、前連結会計年度に比べ28億2千2百万円(42.5%)減少し、38億1千8百万円となった。特別損失は、固定資産除却損及び減損損失が減少したことにより、前連結会計年度に比べ5億2千8百万円(40.0%)減少し、7億9千1百万円となった。

法人税、住民税及び事業税は、課税所得が増加したことにより、前連結会計年度に比べ8億1千3百万円(12.5%)増加し、73億1千6百万円となった。法人税等調整額は、前連結会計年度の△2億4千5百万円から△1億1千7百万円となった。

以上の結果、親会社株主に帰属する当期純利益は、前連結会計年度に比べ20億7千6百万円(11.0%)減少し、167億5千万円となった。

 

 

b.財政状態の分析

(資産)

当連結会計年度末における資産は、前連結会計年度末に比べ411億4千9百万円減少し、2,229億3千万円となった。流動資産は、前連結会計年度末に比べ432億8千1百万円減少し、1,016億3千5百万円となった。これは主に、配当金の支払いにより現金預金が減少したことによるものである。固定資産は、前連結会計年度末に比べ21億3千1百万円増加し、1,212億9千5百万円となった。これは主に、設備投資により有形固定資産が増加したことによるものである。

 

 セグメントごとの財政状態は次のとおりである。

(建設事業)

当連結会計年度末における建設事業のセグメント資産は、回収に伴い完成工事未収入金が減少したことにより、前連結会計年度末に比べ20億4千3百万円減少し、664億9千9百万円となった。

(製造・販売事業)

当連結会計年度末における製造・販売事業のセグメント資産は、製造能力の維持・増強を目的としてアスファルトプラント設備へ、循環型事業の拡充を目的として破砕・再生処理設備への投資を行ったことに伴い有形固定資産が増加したことにより、前連結会計年度末に比べ1億5千9百万円増加し、751億7千4百万円となった。

(その他)

当連結会計年度末におけるその他のセグメント資産は、前連結会計年度末に比べ3千4百万円増加し、18億7千8百万円となった。

 

(負債)

当連結会計年度末における負債は、前連結会計年度末に比べ21億7千9百万円増加し、593億7千万円となった。流動負債は、前連結会計年度末に比べ13億3千1百万円増加し、516億9千1百万円となった。これは主に、未成工事受入金及び未払金が増加したことによるものである。固定負債は、前連結会計年度末に比べ8億4千7百万円増加し、76億7千8百万円となった。これは主に、繰延税金負債が増加したことによるものである。

(純資産)

純資産は、前連結会計年度末に比べ433億2千9百万円減少し、1,635億6千万円となった。これは主に、配当金の支払いに伴い利益剰余金が減少したことによるものである。

 

② キャッシュ・フローの状況の分析・検討内容並びに資本の財源及び資金の流動性に係る情報

a.キャッシュ・フローの状況の分析

当連結会計年度のキャッシュ・フローの状況の分析については、「(1)経営成績等の状況の概要 ②キャッシュ・フローの状況」に記載のとおりである。

 

b.資本の財源及び資金の流動性

当グループの運転資金は、主に原材料の仕入、製造費、販売費及び一般管理費等の営業費用として消費されている。また、投資を目的とした資金は、設備投資、子会社株式等の取得等に消費される。これらの必要資金は、利益の計上、減価償却費等により生み出される内部資金により調達することとしているが、必要に応じて金融機関からの借入を行うことがある。

なお、新型コロナウイルス感染症の影響については、一時的かつ限定的であると判断しており、当グループの手元資金及び設備投資等の実行に必要な資金繰りに支障が出る懸念は低いものと判断している。

当連結会計年度末における現金及び現金同等物の残高は443億2千4百万円となっている。

 

③ 重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

当グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成している。この連結財務諸表を作成するに当たって、資産、負債、収益及び費用の報告額に影響を及ぼす見積り及び仮定を用いているが、これらの見積り及び仮定に基づく数値は実際の結果と異なる可能性がある。

連結財務諸表の作成に当たって用いた会計上の見積り及び仮定のうち、重要なものは以下のとおりである。

 

a.工事進行基準の適用における工事原価総額の見積り

「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項 (重要な会計上の見積り)」に記載のとおりである。

 

 

b.退職給付債務の算定

当社は、確定給付制度を採用している。確定給付制度の退職給付債務及び関連する勤務費用は、数理計算上の仮定を用いて退職給付見込額を見積り、割り引くことにより算定している。数理計算上の仮定には、割引率、長期期待運用収益率等の様々な計算基礎がある。

当該見積り及び当該仮定について、将来の不確実な経済条件の変動等により見直しが必要となった場合、翌連結会計年度以降の連結財務諸表において認識する退職給付に係る負債及び退職給付費用の金額に重要な影響を与える可能性がある。

なお、当連結会計年度末の退職給付債務の算定に用いた主要な数理計算上の仮定は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項 (退職給付関係)(8)数理計算上の計算基礎に関する事項」に記載のとおりである。

 

4 【経営上の重要な契約等】

(共同持株会社設立による経営統合)

 

当社、前田建設工業株式会社(以下「前田建設」という。)及び株式会社前田製作所(以下「前田製作所」という。)は、2021年10月1日を効力発生日として、共同株式移転の方法により共同持株会社を設立し経営統合を行うことについて、2021年5月14日に開催した各社取締役会における決議に基づき、経営統合契約書を締結し、共同して株式移転計画を作成した。

なお、株式移転計画については、2021年6月25日(当社)、2021年6月23日(前田建設)、2021年6月22日(前田製作所)開催の各社の定時株主総会にてそれぞれ承認されている。

 

株式移転の詳細については、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項 (重要な後発事象)」に記載のとおりである。

 

5 【研究開発活動】

当グループは、二酸化炭素等の温室効果ガスの放出による地球環境問題や道路交通騒音・振動等の沿道環境問題への対応、道路インフラの効率的な保全、デジタル技術の活用等、社会及び国民の幅広いニーズに応えるべく、「人と環境に配慮した技術」、「維持修繕の効率化に貢献する技術」、「生産性の向上に寄与する技術」及び「持続可能な社会をつくる技術」を重点テーマにあげて研究開発に取り組んでいる。

当連結会計年度における研究開発費の総額は851百万円である。なお、当グループは建設事業及び製造・販売事業が一連のものであり、セグメントごとの明確な関連付けは困難である。

当連結会計年度における主な研究開発活動は次のとおりである。

 

(1) 「人と環境に配慮した技術」に関する研究開発

① 当社が開発したフォームドアスファルト技術を用いたアスファルト混合物(以下「合材」という。)の製造出荷が可能な工場を全国37箇所に増加させた。本技術は、アスファルトを発泡し合材を製造するものであり、製造した合材に残存する微細泡(マイクロバブル)がアスファルトの粘度を下げ、合材の締固め特性を向上させる。これにより、通常の合材よりも低い温度で締固めを行うことが可能となるため、製造温度を低減させた「中温化混合物」や製造温度はそのままで施工性を向上させた「施工性改善混合物」に利用することができる。

「中温化混合物」は、合材の製造温度を低下させることができ、製造時の燃料使用量が減少し、二酸化炭素排出量が削減できるとともに、施工温度が低いため、舗装現場の作業員環境を改善でき、熱中症対策にも期待できる。

「施工性改善混合物」は、製造温度は同じでも締固めの可能温度域を広げることができ、温度低下による施工不良が発生しにくくなる。また、長距離・長時間運搬が可能となり、これまで合材の供給が困難であった空白圏域での施工も可能となる。

さらに、合材を持続的にリサイクルしていくためには再生アスファルト混合物の品質向上が不可欠であるが、これにもフォームドアスファルト技術は有効である。

② 舗装修繕時に発生した古い舗装材をリサイクルする工程において、乾燥・加熱時には臭気が発生する。通常、その対策としてフィルターや脱臭炉を設置しているが、より効果的で効率的な装置として蓄熱式脱臭炉を開発した。蓄熱式脱臭炉は、燃焼室内のハニカムセラミック蓄熱体で熱を蓄えることで、従来の脱臭炉と同等の脱臭効果を維持しながら、燃料消費量及び二酸化炭素排出量の大幅な削減が可能であることが確認された。現在、各工場への展開を進めている。

 

 

(2) 「維持修繕の効率化に貢献する技術」に関する研究開発

① 舗装ストックは年々増加しており、我が国の道路整備は「造る時代」から「メンテナンスの時代」へと変化した。しかしながら道路のメンテナンスにかけられる費用には限りがあるため、効率的な道路補修のニーズが高まっている。この対策として、既設舗装上に厚さ20㎜程度で施工を行う薄層オーバーレイ工法「スマートコート」を開発し実用化に至った。これにより、経済的に路面のリフレッシュ及び延命化を図ることが可能となったが、使用する合材の性質上、破損レベルや交通量などに制限があり、破損の激しい個所や重交通路線への適用は困難であった。そこで合材の性能を向上させることで、より重度な破損個所や重交通路線への適用を可能とし、本技術の普及を図っている。

また、舗装の構造的破損(走行に支障をきたすような重度の破損)の原因のひとつに路盤層以下への水分の浸透による支持力低下がある。これは、路面のひび割れから雨水などの水分が過剰に浸透することにより発生するため、ひび割れを塞ぐことにより防止することができる。そこで、主剤と硬化剤を混合することにより硬化するクラック注入剤「MDシール」を開発し販売を行っている。これは、浸透性に優れ微細なひび割れや深部まで容易に浸透するため、既設舗装の延命化に有効である。

② 舗装の長寿命化によるライフサイクルコストの低減を図るため、高耐久アスファルト舗装を開発し、耐久性の検証を行っている。高耐久アスファルト舗装は、従来の半たわみ舗装と同等の耐久性と耐油性を有しつつ、より低コスト・短期間での施工が可能であり、大規模物流ターミナルやバスターミナルといったの大型車両の駐車場などに適用することを想定している。

 

(3) 「生産性の向上に寄与する技術」に関する研究開発

当グループでは、i-Constructionに代表されるような情報通信技術(ICT)などを活用した建設現場の生産性向上技術の開発に取り組んでいる。ICTを活用した情報化施工では、舗装修繕工事向けの独自手法を自社工事で多数導入するとともに、国土交通省の新技術情報提供システム(NETIS)に登録することで自社以外の工事への汎用化を進めている。現場作業の効率化では、開発中であった建設機械搭載型レーザースキャナを用いた出来形管理技術が国土交通省の「建設現場の生産性を飛躍的に向上するための革新的技術の導入・活用に関するプロジェクト」に選定され実用化に至った。舗装工事における省人化は、生産性向上のみならず安全性向上にも寄与する重要課題と捉え、作業の機械化など様々な研究開発を行っている。

 

 

(4) 「持続可能な社会をつくる技術」に関する研究開発

国の第4次社会資本整備重点計画においてグリーンインフラの推進が掲げられ、当グループでも、防災・減災技術である雨水流出抑制の研究開発を始め、自然環境の改善を目的とした水質浄化や雨水浸透による地下水涵養など、持続可能な社会に向けた技術の開発に取り組んでいる。防災・減災技術では、20年に渡り施工実績がある雨水貯留・浸透技術「アクアプラ工法」をベースに、ゲリラ豪雨による内水氾濫など近年の都市型水害に対応する冠水対策工事の提案型設計施工を行っている。この冠水対策技術の確立と対策効果向上を目的として、雨量計や水位計によるモニタリングを実施し設計へのフィードバックを行っている。

第3 【設備の状況】

「第3 設備の状況」における各事項の記載については、消費税等抜きの金額で表示している。

 

1 【設備投資等の概要】

経営規模の拡大、業務の効率化及び環境への負荷の軽減を目的として、当連結会計年度は総額で11,210百万円の設備投資を行った。

なお、当連結会計年度において重要な設備の除却、売却等はない。

 

セグメントごとの主な設備投資等は次のとおりである。

(建設事業)

当連結会計年度は、施工の効率化を目的として建設機械を中心に設備投資を行い、その総額は3,395百万円であった。

(製造・販売事業)

当連結会計年度は、製造能力の維持・増強及び循環型事業の拡充を目的としてアスファルトプラント設備や建設廃棄物等のリサイクルのための破砕・再生処理設備への投資を中心に行い、その総額は6,450百万円であった。

 

2 【主要な設備の状況】

(1) 提出会社

  2021年3月31日現在

事業所名
(所在地)

設備の内容
(セグメント)

帳簿価額(百万円)

従業員数
(名)

建物・
構築物

機械・
運搬具

その他

土地

合計

面積(㎡)

金額

本店

(東京都品川区)

施工機械等
アスファルト合材
設備等

(全社共通)

3,048

1,391

521

3,468

4,488

9,448

117

北海道地区

札幌営業所

他14ヶ所 (注)2

施工機械等
アスファルト合材
設備等

(建設事業)

(製造・販売事業)

837

968

61

79,708

(23,030)

1,110

2,978

94

東北地区

仙台営業所

他30ヶ所 (注)2

施工機械等
アスファルト合材
設備等

(建設事業)

(製造・販売事業)

1,436

2,001

122

109,775

(146,227)

2,134

5,694

256

北関東地区

埼玉営業所

他22ヶ所 (注)2

施工機械等
アスファルト合材
設備等

(建設事業)

(製造・販売事業)

1,257

882

151

76,580

(60,638)

3,338

5,629

260

東京地区

品川営業所

他19ヶ所 (注)2

施工機械等
アスファルト合材
設備等

(建設事業)

(製造・販売事業)

3,484

2,035

140

101,525

(30,184)

15,175

20,836

256

西関東地区

横浜営業所

他19ヶ所 (注)2

施工機械等
アスファルト合材
設備等

(建設事業)

(製造・販売事業)

1,635

1,185

129

74,997

(44,072)

9,920

12,870

225

中部地区

名古屋営業所

他23ヶ所 (注)2

施工機械等
アスファルト合材
設備等

(建設事業)

(製造・販売事業)

1,722

2,628

154

72,587

(62,298)

2,538

7,044

223

関西地区

大阪営業所

他18ヶ所 (注)2

施工機械等
アスファルト合材
設備等

(建設事業)

(製造・販売事業)

1,125

847

90

78,325

(59,281)

3,663

5,726

198

 

 

 

事業所名
(所在地)

設備の内容
(セグメント)

帳簿価額(百万円)

従業員数
(名)

建物・
構築物

機械・
運搬具

その他

土地

合計

面積(㎡)

金額

中国地区

広島営業所

他21ヶ所 (注)2

施工機械等
アスファルト合材
設備等

(建設事業)

(製造・販売事業)

628

802

80

114,538

(46,576)

2,546

4,057

176

九州地区

福岡営業所

他16ヶ所 (注)2

施工機械等
アスファルト合材
設備等

(建設事業)

(製造・販売事業)

732

1,054

105

86,909

(27,971)

4,187

6,081

181

北陸地区

新潟営業所

他8ヶ所 (注)2

施工機械等
アスファルト合材
設備等

(建設事業)

(製造・販売事業)

347

207

33

30,089

(10,675)

817

1,405

68

四国地区

香川営業所

他10ヶ所 (注)2

施工機械等
アスファルト合材
設備等

(建設事業)

(製造・販売事業)

356

335

42

39,101

(17,759)

1,110

1,845

95

つくばテクノ
センター

(茨城県土浦市)

(注)2、3

(全社共通)

684

26

118

22,791

(23,850)

801

1,631

47

 

 

(2) 国内子会社

2021年3月31日現在

会社名
事業所名
(所在地)

セグメントの名称

帳簿価額(百万円)

従業員数
(名)

建物・
構築物

機械・
運搬具

その他

土地

合計

面積(㎡)

金額

㈱ニチユウ本店

(東京都江東区)

製造・販売事業

8

2

10

22

㈱冨士土木本店

(東京都府中市)

建設事業

119

40

5

165

44

製造・販売事業

146

23

0

61,371

191

360

12

全社共通

16

2

2

5,308

472

494

4

宮田建設㈱本店

(広島県庄原市)

建設事業

124

42

23

34,307

198

388

64

砂町アスコン㈱本店

(東京都江東区)

製造・販売事業

35

18

0

9,230

92

146

29

 

 

(注) 1 帳簿価額に建設仮勘定は含まない。

2 土地及び建物の一部を連結会社以外から賃借している。賃借料は1,073百万円であり、土地の面積については、( )内に外書きで示している。

3 提出会社のつくばテクノセンターは、技術研究所、機械センター及び研修センターを設置した複合施設である。

4 土地建物のうち賃貸中の主なもの

 

土地(㎡)

建物(㎡)

提出会社 本店

17,431

1,201

 

5 現在休止中の主な設備はない。

 

 

3 【設備の新設、除却等の計画】

(1) 重要な設備の新設等

経営規模の拡大、施工の機械化等に伴い、事務所、機械設備等の拡充更新計画を次のとおり予定している。

 

(建設事業)

 

名称

内容

投資予定金額

資金調達方法

備考

総額
(百万円)

既支払額
(百万円)

提出会社

建物・構築物

900

自己資金

着手 2021年4月

完成 2022年3月

機械・運搬具

1,700

その他

300

2,900

 

 

(製造・販売事業)

 

名称

内容

投資予定金額

資金調達方法

備考

総額
(百万円)

既支払額
(百万円)

提出会社

建物・構築物

1,300

自己資金

着手 2021年4月

完成 2022年3月

機械・運搬具

6,400

その他

200

7,900

 

 

(その他)

設備の新設等の計画はない。

 

(2) 重要な設備の除却等

該当事項なし。

 

第4 【提出会社の状況】

 

1 【株式等の状況】

(1) 【株式の総数等】

① 【株式の総数】

 

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

193,000,000

193,000,000

 

 

② 【発行済株式】

 

種類

事業年度末現在
発行数(株)
(2021年3月31日)

提出日現在
発行数(株)
(2021年6月25日)

上場金融商品取引所名又は登録認可金融商品取引業協会名

内容

普通株式

89,159,453

89,159,453

東京証券取引所
(市場第一部)

単元株式数は100株である。

89,159,453

89,159,453

 

 

(2) 【新株予約権等の状況】

① 【ストックオプション制度の内容】

該当事項なし。

 

② 【ライツプランの内容】

該当事項なし。

 

③ 【その他の新株予約権等の状況】

該当事項なし。

 

(3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

該当事項なし。

 

(4) 【発行済株式総数、資本金等の推移】

 

年月日

発行済株式
総数増減数
(株)

発行済株式
総数残高
(株)

資本金増減額
 
(百万円)

資本金残高
 
(百万円)

資本準備金
増減額
(百万円)

資本準備金
残高
(百万円)

2019年7月31日 (注)

△5,000,000

89,159,453

19,350

23,006

 

(注) 自己株式の消却による減少である。

 

(5) 【所有者別状況】

  2021年3月31日現在

区分

株式の状況(1単元の株式数100株)

単元未満
株式の状況
(株)

政府及び
地方公共
団体

金融機関

金融商品
取引業者

その他の
法人

外国法人等

個人
その他

個人以外

個人

株主数
(人)

26

38

154

204

30

11,071

11,523

所有株式数
(単元)

83,042

18,759

485,202

120,666

142

183,068

890,879

71,553

所有株式数
の割合(%)

9.32

2.11

54.46

13.54

0.02

20.55

100.00

 

(注) 自己株式6,740,228株は「個人その他」に67,402単元、「単元未満株式の状況」に28株含まれている。

 

 

(6) 【大株主の状況】

  2021年3月31日現在

氏名又は名称

住所

所有株式数
(千株)

発行済株式
(自己株式を
除く。)の
総数に対する
所有株式数
の割合(%)

前田建設工業株式会社

東京都千代田区富士見2丁目10番2号

42,271

51.29

日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口)

東京都港区浜松町2丁目11番3号

2,919

3.54

前田道路社員持株会

東京都品川区大崎1丁目11番3号

1,993

2.42

NORTHERN TRUST CO. (AVFC) RE SILCHESTER INTERNATIONAL INVESTORS INTERNATIONAL VALUE EQUITY TRUST
(常任代理人 香港上海銀行東京支店 カストディ業務部)

50 BANK STREET CANARY WHARF LONDON E14 5NT, UK
 
(東京都中央区日本橋3丁目11番1号)

1,853

2.25

株式会社日本カストディ銀行(信託口)

東京都中央区晴海1丁目8番12号

1,459

1.77

前田道路株式協力会

東京都品川区大崎1丁目11番3号

1,071

1.30

ノーザン トラスト カンパニー エイブイエフシー リ ユーエス タックス エグゼンプテド ペンション ファンズ
(常任代理人 香港上海銀行東京支店 カストディ業務部)

50 BANK STREET CANARY WHARF LONDON E14 5NT, UK
 
(東京都中央区日本橋3丁目11番1号)

1,024

1.24

バンク オブ ニユーヨーク ジーシーエム クライアント アカウント ジエイピーアールデイ アイエスジー エフイー-エイシー
(常任代理人 株式会社三菱UFJ銀行)

PETERBOROUGH COURT 133 FLEET STREET LONDON EC4A 2BB UNITED KINGDOM
 

(東京都千代田区丸の内2丁目7番1号) 

709

0.86

ゴールドマン・サックス・アンド・カンパニーレギュラーアカウント
(常任代理人 ゴールドマン・サックス証券株式会社)

200 WEST STREET NEW YORK, NY, USA
 
(東京都港区六本木6丁目10番1号六本木ヒルズ森タワー)

637

0.77

野村證券株式会社

東京都中央区日本橋1丁目13番1号

633

0.77

54,573

66.21

 

(注) 1 上記の他、当社所有の自己株式6,740千株がある。

2 上記の所有株式数のうち、信託業務に係る株式数は、当社として把握することができない。

3 前事業年度末現在主要株主であった前田総合インフラ株式会社は、2020年6月26日付で前田建設工業株式会社に吸収合併されている。

4 2020年12月22日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書において、シルチェスター・インターナショナル・インベスターズ・エルエルピーが2020年12月18日現在で以下の株式を所有している旨が記載されているものの、当社として2021年3月31日現在における実質所有株式数の確認ができないので、上記大株主の状況には含めていない。

  なお、その大量保有報告書の内容は次のとおりである。

氏名又は名称

住所

保有株券等の数
(千株)

株券等保有割合
(%)

シルチェスター・インターナショナル・インベスターズ・エルエルピー

英国ロンドン ダブリュー1ジェイ 6ティーエル、ブルトン ストリート1、タイム アンド ライフ ビル5階

4,482

5.03

 

 

 

(7) 【議決権の状況】

① 【発行済株式】

  2021年3月31日現在

区分

株式数(株)

議決権の数(個)

内容

無議決権株式

議決権制限株式(自己株式等)

議決権制限株式(その他)

完全議決権株式(自己株式等)

(自己保有株式)

普通株式

6,740,200

完全議決権株式(その他)

普通株式

82,347,700

823,477

単元未満株式

普通株式

71,553

発行済株式総数

89,159,453

総株主の議決権

823,477

 

(注) 「単元未満株式」欄の普通株式には、次の株式数が含まれている。

 自己保有株式数

前田道路株式会社所有

28株

 

 

② 【自己株式等】

  2021年3月31日現在

所有者の氏名
又は名称

所有者の住所

自己名義
所有株式数
(株)

他人名義
所有株式数
(株)

所有株式数
の合計
(株)

発行済株式
総数に対する
所有株式数
の割合(%)

(自己保有株式)

前田道路株式会社

東京都品川区大崎
1丁目11番3号

6,740,200

6,740,200

7.56

6,740,200

6,740,200

7.56

 

 

2 【自己株式の取得等の状況】

 

 

【株式の種類等】 

会社法第155条第7号による普通株式の取得

 

 

(1) 【株主総会決議による取得の状況】

 該当事項なし。

 

(2) 【取締役会決議による取得の状況】

 該当事項なし。

 

(3) 【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

 

区分

株式数(株)

価額の総額(円)

当事業年度における取得自己株式

974

1,891,443

当期間における取得自己株式

15

33,660

 

(注) 「当期間における取得自己株式」には、2021年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りによる株式数は含めていない。

 

(4) 【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

 

区分

当事業年度

当期間

株式数(株)

処分価額の総額
(円)

株式数(株)

処分価額の総額
(円)

引き受ける者の募集を行った
取得自己株式

消却の処分を行った取得自己株式

合併、株式交換、株式交付、
会社分割に係る移転を行った
取得自己株式

その他(単元未満株式の売渡請求)

90

166,410

保有自己株式数

6,740,228

6,740,243

 

(注) 当期間における「保有自己株式数」には、2021年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取り及び売渡しによる株式数は含めていない。

 

 

3 【配当政策】

当社の配当政策の基本的な考え方は、安定配当の継続を第一義とし、将来の経営基盤の強化を図りながら安定的な利益を確保することにある。

当社の剰余金の配当は、期末配当の年1回としており、配当の決定機関は株主総会である。

当事業年度の期末配当については、1株当たり普通配当70円としている。

内部留保金については、長期的かつ安定した成長発展のための事業展開・設備投資・研究開発等に活用していく予定である。

基準日が当事業年度に属する剰余金の配当は、次のとおりである。

決議年月日

配当金の総額(百万円)

1株当たり配当額(円)

2021年6月25日

定時株主総会決議

5,769

70

 

 

4 【コーポレート・ガバナンスの状況等】

(1) 【コーポレート・ガバナンスの概要】

① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

当社は、コーポレート・ガバナンスについて、株主をはじめ取引先、従業員及び地域社会を含む全ての利害関係者の利益を考慮しつつ、継続的に企業価値を高めていく手段であると考え、経営上の最重要課題と位置付けている。

 

② 企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由

当社は、監査役会制度を採用している。当社の企業統治の体制の模式図は次のとおりである。


a.企業統治の体制の概要
(取締役会)

当社の取締役会は、10名(うち社外取締役5名)の取締役で構成されている。

取締役会は、毎月1回開催することとし、必要に応じて臨時に開催しており、法令に定められた事項及び当社取締役会規程に定められた事項について決議する。

また、取締役会には全ての監査役が出席し、法令に定める事項及び当社監査役会規程に従い、取締役の職務の執行状況を監査し、経営の監視を行っている。

取締役会の構成員は、次のとおりである。

議 長:代表取締役社長 今泉保彦

構成員:取締役会長 西川博隆、代表取締役副社長 武川秀也、取締役 南雲政司、取締役 富安敏明、社外取締役 渡邊顯、社外取締役 森谷浩一、社外取締役 大堀龍介、社外取締役 川口充功、社外取締役 橋本圭一郎

 

(執行役員・支店長会議)

当社は、経営責任を明確にし、経営の意思決定・監督機能の強化を図ると同時に業務の執行機能を強化するため、執行役員制度を採用している。

また、全国に11の支店を設置し、支店長がそれぞれの業務を統括しており、執行役員及びこれら支店長で構成する執行役員・支店長会議を開催し、取締役会の方針に基づく会社の計画、経営管理の具体的方針等を決定するとともに、取締役会に対し業務の執行状況の報告及び業務執行に関する提案を行っている。

執行役員・支店長会議は、毎月1回開催することとし、必要に応じて臨時に開催している。

執行役員・支店長会議の構成員は、次のとおりである。

議 長:執行役員社長 今泉保彦

構成員:執行役員副社長 武川秀也、専務執行役員 土屋聡、常務執行役員 南雲政司、常務執行役員・東京支店長 大西國雄、常務執行役員・北関東支店長 緑川英二、常務執行役員 益田章喜、常務執行役員 山内敬、常務執行役員 富安敏明、執行役員・北陸支店長 廣兼新一、執行役員・関西支店長 佐々木伸人、執行役員 内田哲郎、執行役員 春藤昭晴、執行役員 遠藤隆嗣、執行役員 戸崎一範、執行役員 大野伸治、執行役員・北海道支店長 西場慎一、執行役員 佐々木隆博、執行役員 山田哲郎、東北支店長 代田雅和、西関東支店長 下舘芳人、中部支店長 西依和浩、中国支店長 岩藤克也、九州支店長 志波誠一、四国支店長 宮下庄司

(監査役会)

当社の監査役会は3名(うち社外監査役2名)の監査役で構成されている。

監査役会は、毎月1回開催することとし、必要に応じて臨時に開催している。

取締役会には3名の監査役全員が、執行役員・支店長会議には1名の常勤監査役が出席し、必要に応じて意見陳述を行う等、取締役の職務の執行状況を監査し、経営の監視を行っている。

また、内部統制部及び会計監査人と随時情報交換・意見交換を行うことにより、監査機能の向上を図っている。

監査役会の構成員は、次のとおりである。

議 長:常勤監査役 天野善彦

構成員:社外監査役 大田原吉隆、社外監査役 中野由紀子

(指名・報酬諮問委員会)

当社は、取締役の指名・報酬等に関する手続きの客観性及び透明性を確保することで、取締役に対する監督機能の強化を図り、コーポレート・ガバナンス体制を一層充実させることを目的として、指名・報酬諮問委員会を設置している。

指名・報酬諮問委員会は、あらかじめ定めた年間スケジュールにしたがって開催することとし、その他必要に応じて臨時に開催している。

指名・報酬諮問委員会は、取締役会からの諮問に応じて次の事項について審議し、取締役会に答申する。

<指名関係>

1.取締役の選任及び解任案