EDINET閲覧(提出)サイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)をもとに上場企業サーチ作成

本ページはEDINETに提出された開示情報を上場企業サーチが加工/編集したものであり、記載された情報の正確性および完全性について上場企業サーチは一切の保証を行いません。本ページの情報を利用する際は自己の責任で判断頂き、意思決定に際しては適宜EDINETや提出会社が公開するオリジナルを参照する様にしてください。本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

【表紙】

 

【提出書類】

有価証券報告書(2020年8月7日付け訂正報告書の添付インラインXBRL)

【根拠条文】

金融商品取引法第24条第1項

【提出先】

関東財務局長

【提出日】

2020年6月26日

【事業年度】

第71期(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

【会社名】

大豊建設株式会社

【英訳名】

DAIHO CORPORATION

【代表者の役職氏名】

代表取締役  大隅 健一

【本店の所在の場所】

東京都中央区新川一丁目24番4号

【電話番号】

03(3297)7002

【事務連絡者氏名】

常務執行役員 管理本部副本部長  釘本 実

【最寄りの連絡場所】

東京都中央区新川一丁目24番4号

【電話番号】

03(3297)7002

【事務連絡者氏名】

常務執行役員 管理本部副本部長  釘本 実

【縦覧に供する場所】

大豊建設株式会社東関東支店

(千葉県千葉市中央区本千葉町10番5号)

大豊建設株式会社名古屋支店

(愛知県名古屋市中村区角割町5丁目7番地の2)

大豊建設株式会社大阪支店

(大阪府大阪市中央区博労町2丁目2番13号)

株式会社東京証券取引所

(東京都中央区日本橋兜町2番1号)

 

E00095 18220 大豊建設株式会社 DAIHO CORPORATION 企業内容等の開示に関する内閣府令 第三号様式 Japan GAAP true CNS CNS 2019-04-01 2020-03-31 FY 2020-03-31 2018-04-01 2019-03-31 2019-03-31 2 true S100IZ8D true false E00095-000 2020-03-31 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E00095-000 2020-03-31 jpcrp_cor:SharesWithNoVotingRightsMember E00095-000 2020-03-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsTreasurySharesEtcMember E00095-000 2020-03-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsOtherMember E00095-000 2020-03-31 jpcrp_cor:SharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E00095-000 2020-06-26 jpcrp030000-asr_E00095-000:NachinoShizuMember E00095-000 2020-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesTreasurySharesSharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E00095-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row2Member E00095-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row3Member E00095-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row4Member E00095-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row1Member E00095-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row1Member E00095-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row2Member E00095-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row3Member E00095-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row4Member E00095-000 2020-03-31 jpcrp_cor:SharesWithFullVotingRightsOtherMember E00095-000 2020-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsOtherMember E00095-000 2020-03-31 jpcrp_cor:SharesLessThanOneUnitMember E00095-000 2020-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesLessThanOneUnitMember E00095-000 2020-06-26 jpcrp_cor:Row1Member E00095-000 2020-06-26 jpcrp_cor:Row2Member E00095-000 2020-06-26 jpcrp_cor:Row3Member E00095-000 2020-06-26 jpcrp_cor:Row4Member E00095-000 2020-06-26 jpcrp030000-asr_E00095-000:OsumiKenichiMember E00095-000 2020-06-26 jpcrp030000-asr_E00095-000:TadaFumioMember E00095-000 2020-06-26 jpcrp030000-asr_E00095-000:NakasugiMasanobuMember E00095-000 2020-06-26 jpcrp030000-asr_E00095-000:NagataShuichiMember E00095-000 2020-06-26 jpcrp030000-asr_E00095-000:MorishitaKakueMember E00095-000 2020-06-26 jpcrp030000-asr_E00095-000:KawaguchiTetsuroMember E00095-000 2020-06-26 jpcrp030000-asr_E00095-000:KakitsubaKimiyoshiMember E00095-000 2020-06-26 jpcrp030000-asr_E00095-000:KiyaYoshiyukiMember E00095-000 2020-06-26 jpcrp030000-asr_E00095-000:HashimotoKazuoMember E00095-000 2020-06-26 jpcrp030000-asr_E00095-000:HaradaRyousukeMember E00095-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:DirectorsExcludingOutsideDirectorsMember E00095-000 2019-03-31 jpcrp030000-asr_E00095-000:BuildingConstructionMember E00095-000 2019-03-31 jpcrp030000-asr_E00095-000:OtherMember E00095-000 2019-03-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E00095-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00095-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00095-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00095-000 2017-04-01 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00095-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E00095-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember E00095-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E00095-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E00095-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row14Member E00095-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row15Member E00095-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row16Member E00095-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row17Member E00095-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row18Member E00095-000 2020-03-31 jpcrp_cor:CorporateSharedMember E00095-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row19Member E00095-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row20Member E00095-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row21Member E00095-000 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00095-000 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00095-000 2020-03-31 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E00095-000 2020-03-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E00095-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E00095-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E00095-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00095-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00095-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E00095-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00095-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00095-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E00095-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember E00095-000 2019-03-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E00095-000 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00095-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E00095-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E00095-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E00095-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember E00095-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E00095-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ReserveForAdvancedDepreciationOfNoncurrentAssetsMember E00095-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row5Member E00095-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row6Member E00095-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row7Member E00095-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row8Member E00095-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row9Member E00095-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row10Member E00095-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row11Member E00095-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row12Member E00095-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row13Member E00095-000 2020-06-26 jpcrp_cor:Row7Member E00095-000 2020-06-26 jpcrp_cor:Row6Member E00095-000 2020-06-26 jpcrp_cor:Row5Member E00095-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E00095-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:GeneralReserveMember E00095-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E00095-000 2018-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00095-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00095-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E00095-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00095-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E00095-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember E00095-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E00095-000 2018-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E00095-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No8MajorShareholdersMember E00095-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No9MajorShareholdersMember E00095-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No10MajorShareholdersMember E00095-000 2018-04-01 2019-03-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E00095-000 2019-03-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E00095-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00095-000 2019-03-31 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00095-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00095-000 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00095-000 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E00095-000 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00095-000 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00095-000 2020-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E00095-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E00095-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ReserveForAdvancedDepreciationOfNoncurrentAssetsMember E00095-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:GeneralReserveMember E00095-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E00095-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E00095-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00095-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00095-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E00095-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No5MajorShareholdersMember E00095-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No6MajorShareholdersMember E00095-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No7MajorShareholdersMember E00095-000 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00095-000 2016-04-01 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00095-000 2016-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00095-000 2015-04-01 2016-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00095-000 2018-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E00095-000 2018-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00095-000 2018-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00095-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No1MajorShareholdersMember E00095-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No2MajorShareholdersMember E00095-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No3MajorShareholdersMember E00095-000 2020-03-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E00095-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E00095-000 2019-03-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E00095-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E00095-000 2018-03-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E00095-000 2020-03-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E00095-000 2020-03-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E00095-000 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E00095-000:OtherMember E00095-000 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E00095-000:BuildingConstructionMember E00095-000 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E00095-000:CivilEngineeringMember E00095-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E00095-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E00095-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ReserveForAdvancedDepreciationOfNoncurrentAssetsMember E00095-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E00095-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00095-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00095-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E00095-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00095-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E00095-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E00095-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:GeneralReserveMember E00095-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E00095-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember E00095-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E00095-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ReserveForAdvancedDepreciationOfNoncurrentAssetsMember E00095-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:GeneralReserveMember E00095-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E00095-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E00095-000 2019-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00095-000 2019-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E00095-000 2019-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00095-000 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00095-000 2019-03-31 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E00095-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E00095-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ReserveForAdvancedDepreciationOfNoncurrentAssetsMember E00095-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:GeneralReserveMember E00095-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E00095-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E00095-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E00095-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00095-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00095-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E00095-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00095-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E00095-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E00095-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E00095-000:OtherMember E00095-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E00095-000:BuildingConstructionMember E00095-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E00095-000:CivilEngineeringMember E00095-000 2018-04-01 2019-03-31 jpcrp030000-asr_E00095-000:CivilEngineeringMember E00095-000 2018-04-01 2019-03-31 jpcrp030000-asr_E00095-000:BuildingConstructionMember E00095-000 2018-04-01 2019-03-31 jpcrp030000-asr_E00095-000:OtherMember E00095-000 2018-04-01 2019-03-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E00095-000 2019-03-31 jpcrp030000-asr_E00095-000:CivilEngineeringMember E00095-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00095-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No4MajorShareholdersMember E00095-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00095-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00095-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00095-000 2018-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00095-000 2018-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00095-000 2018-03-31 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E00095-000 2018-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00095-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E00095-000 2018-03-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E00095-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E00095-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00095-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00095-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E00095-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00095-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00095-000 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E00095-000 2020-03-31 jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00095-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember E00095-000 2019-03-31 jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00095-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00095-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E00095-000:CivilEngineeringMember E00095-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E00095-000:BuildingConstructionMember E00095-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E00095-000:OtherMember E00095-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp_cor:CorporateSharedMember E00095-000 2018-03-31 jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00095-000 2020-03-31 jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember E00095-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember E00095-000 2019-03-31 jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember E00095-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember E00095-000 2018-03-31 jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember E00095-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E00095-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00095-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E00095-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E00095-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00095-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E00095-000 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00095-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row5Member E00095-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row6Member E00095-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row7Member E00095-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row8Member E00095-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row9Member E00095-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row10Member E00095-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row11Member E00095-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row12Member E00095-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row13Member E00095-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row14Member E00095-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row15Member E00095-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row16Member E00095-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row17Member E00095-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row22Member E00095-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row23Member E00095-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row18Member E00095-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row19Member E00095-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row20Member E00095-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row21Member E00095-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row22Member E00095-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row23Member E00095-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:CorporateAuditorsExcludingOutsideCorporateAuditorsMember E00095-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:OutsideDirectorsAndOtherOfficersMember E00095-000 2020-06-26 E00095-000 2020-03-31 E00095-000 2019-03-31 E00095-000 2018-04-01 2019-03-31 E00095-000 2018-03-31 E00095-000 2017-04-01 2018-03-31 E00095-000 2017-03-31 E00095-000 2016-04-01 2017-03-31 E00095-000 2016-03-31 E00095-000 2015-04-01 2016-03-31 E00095-000 2019-04-01 2020-03-31 E00095-000 2020-06-26 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember iso4217:JPY xbrli:shares xbrli:shares xbrli:pure iso4217:JPY

第一部【企業情報】

第1【企業の概況】

1【主要な経営指標等の推移】

(1)連結経営指標等

回次

第67期

第68期

第69期

第70期

第71期

決算年月

2016年3月

2017年3月

2018年3月

2019年3月

2020年3月

売上高

(百万円)

146,815

143,613

149,649

150,777

162,811

経常利益

(百万円)

9,205

10,131

11,248

9,191

8,578

親会社株主に帰属する当期純利益

(百万円)

5,554

7,037

7,883

6,141

6,647

包括利益

(百万円)

5,447

7,580

8,714

6,219

5,276

純資産額

(百万円)

42,626

49,981

57,908

61,826

64,988

総資産額

(百万円)

117,353

129,232

140,561

146,938

152,187

1株当たり純資産額

(円)

485.48

567.98

3,296.48

3,579.48

3,825.50

1株当たり当期純利益

(円)

67.18

81.53

456.24

357.07

395.64

潜在株式調整後1株当たり当期純利益

(円)

66.54

80.75

450.27

352.83

392.06

自己資本比率

(%)

35.7

37.9

40.5

41.5

42.1

自己資本利益率

(%)

15.2

15.5

14.9

10.4

10.6

株価収益率

(倍)

7.3

6.8

6.5

9.1

5.7

営業活動による

キャッシュ・フロー

(百万円)

14,890

2,062

15,010

261

5,265

投資活動による

キャッシュ・フロー

(百万円)

1,146

1,621

1,480

3,466

974

財務活動による

キャッシュ・フロー

(百万円)

1,712

496

874

2,342

2,148

現金及び現金同等物の期末残高

(百万円)

31,633

31,592

44,232

38,667

30,274

従業員数

(人)

1,516

1,563

1,601

1,639

1,646

 (注)1.売上高には、消費税等は含まれていない。

    2.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を第70期の期首から適用しており、第69期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっている。

    3.2018年10月1日付で当社株式5株につき1株の割合で株式併合を実施したため、第69期の期首に当該株式併合が行われたと仮定して、1株当たり純資産額1株当たり当期純利益及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益を算定している。

    4.第71期第2四半期より当社取締役(社外取締役を除く。)及び執行役員を対象に株式報酬制度「役員向け株式交付信託」を導入している。当該役員向け株式交付信託が所有する当社株式については、連結財務諸表において自己株式として計上している。1株当たり純資産額を算定するための普通株式の期末発行済株式総数から、当該役員向け株式交付信託が所有する当社株式の数を控除している。また、1株当たり当期純利益及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益を算定するための普通株式の期中平均株式数について、当該役員向け株式交付信託が所有する当社株式の数を控除している。

 

(2)提出会社の経営指標等

回次

第67期

第68期

第69期

第70期

第71期

決算年月

2016年3月

2017年3月

2018年3月

2019年3月

2020年3月

売上高

(百万円)

102,299

99,295

106,452

110,122

120,906

経常利益

(百万円)

6,123

6,369

7,673

6,925

6,237

当期純利益

(百万円)

3,637

4,868

5,555

4,747

5,196

資本金

(百万円)

9,030

9,030

9,039

9,039

9,039

発行済株式総数

(千株)

87,170

87,170

87,210

17,442

17,442

純資産額

(百万円)

36,521

41,578

47,001

49,339

50,996

総資産額

(百万円)

90,390

100,164

109,601

114,989

120,194

1株当たり純資産額

(円)

418.41

474.59

2,687.17

2,871.92

3,022.04

1株当たり配当額

(円)

5.00

9.00

15.00

75.00

100.00

1株当たり当期純利益

(円)

44.00

56.40

321.54

276.01

309.28

潜在株式調整後1株当たり当期純利益

(円)

43.58

55.86

317.33

272.73

306.47

自己資本比率

(%)

40.0

40.9

42.4

42.5

42.1

自己資本利益率

(%)

11.4

12.6

12.7

10.0

10.4

株価収益率

(倍)

11.1

9.8

9.3

11.7

7.3

配当性向

(%)

11.4

16.0

23.3

27.2

32.3

従業員数

(人)

914

936

963

996

1,008

株主総利回り

(%)

83.2

95.5

105.0

116.1

86.9

(比較指標:配当込みTOPIX)

(%)

(89.2)

(102.3)

(118.5)

(112.5)

(101.9)

最高株価

(円)

659

597

652

3,875

(680)

3,300

最低株価

(円)

406

395

493

2,894

(551)

1,754

 (注)1.売上高には、消費税等は含まれていない。

    2.最高株価及び最低株価は、東京証券取引所市場第一部におけるものである。

    3.2018年10月1日付で当社株式5株につき1株の割合で株式併合を実施したため、第70期の株価については、株式併合後の最高・最低株価を記載し、株式併合前の最高・最低株価は( )にて記載している。

    4.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を第70期の期首から適用しており、第69期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっている。

    5.2018年10月1日付で当社株式5株につき1株の割合で株式併合を実施したため、第69期の期首に当該株式併合が行われたと仮定して、1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益を算定している。

    6.2018年10月1日付で当社株式5株につき1株の割合で株式併合を実施している。したがって、1株当たり配当額については、第69期以前は株式併合前の金額、第70期以降は株式併合後の金額である。

    7.第71期第2四半期より当社取締役(社外取締役を除く。)及び執行役員を対象に株式報酬制度「役員向け株式交付信託」を導入している。当該役員向け株式交付信託が所有する当社株式については、財務諸表において自己株式として計上している。1株当たり純資産額を算定するための普通株式の期末発行済株式総数から、当該役員向け株式交付信託が所有する当社株式の数を控除している。また、1株当たり当期純利益及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益を算定するための普通株式の期中平均株式数について、当該役員向け株式交付信託が所有する当社株式の数を控除している。

2【沿革】

1949年3月

旧満州国の大豊満ダムの建設に参画した技術陣を中心とし、その他満州、台湾及び朝鮮等の外地で活躍した土木、建築技術者を糾合し、資本金500万円をもって大豊建設株式会社を設立。爾後、建設業者として広く、土木・建築の業務に従事している。

1949年9月

建設業法制定による建設業者登録。

1952年3月

大豊式潜函工法の特許登録。

1956年8月

大豊塗装工業株式会社(子会社)を設立。

1962年2月

東京証券取引所市場第二部へ当社株式を上場した。

1963年7月

大阪支店設置、以後業容の拡大に伴い全国に亘る営業の基盤を固めるため、1964年4月仙台支店、名古屋支店、1964年10月新潟支店、1967年6月札幌支店、広島支店、1969年8月横浜支店、1970年12月福岡支店を開設した。

1969年9月

大豊不動産株式会社(子会社)を設立。

1971年1月

ドルフィンドック工法の特許登録。

1972年8月

当社株式が東京証券取引所市場第一部へ指定された。

1972年8月

東京都中央区新川一丁目に地下1階地上8階の新社屋完成、本社を移転した。

1972年12月

宅地建物取引業者免許を取得、免許証番号東京都知事(1)第23310号。

1973年12月

建設業法改正に伴い特定建設業許可を受けた。

許可番号建設大臣許可(特-48)第2520号。

1975年4月

黒岩石材工業株式会社を設立。

1981年6月

東京支店開設。

1984年4月

新潟支店を北陸支店に改称。

1984年6月

タイ大豊株式会社(子会社)を設立。

1984年11月

泥土加圧シールド工法の特許登録。

1987年4月

DOT工法(多連形泥土圧シールド工法)の特許登録。

1988年4月

進和機工株式会社(子会社)を設立。

1988年9月

タイ大豊商事株式会社(子会社の子会社)を設立。

1991年4月

札幌支店、仙台支店及び福岡支店を夫々北海道支店、東北支店及び九州支店に改称。

1992年11月

偏心多軸(DPLEX)シールド工法の特許登録。

1993年10月

DREAM工法(ニューマチックケーソン無人化システム工法)の特許登録。

1995年6月

神戸支店開設。

1996年2月

マダガスカル大豊株式会社(子会社)を設立。

1999年3月

ISO9001を全支店認証取得。

創立50周年を迎えた。

2000年10月

四国支店開設。

2001年3月

ISO14001を本支店一括認証取得。

2002年9月

NewDREAM工法の特許登録。

2004年3月

黒岩石材工業株式会社が旧株式会社森本組より営業譲渡を受け、株式会社森本組に改称。

2007年12月

神戸支店を神戸営業所に改称。

2008年12月

四国支店を四国営業所に改称。

2009年3月

創立60周年を迎えた。

2011年4月

東関東支店開設。

2018年4月

東京支店を東京土木支店と東京建築支店に再編。

2019年3月

創立70周年を迎えた。

 

3【事業の内容】

 当社グループ(当社(大豊建設株式会社)及び子会社11社(内4社は間接所有によるものである)をいう。以下同じ)は、建設事業を主たる業務としている。

 当社グループの事業に係わる位置付けは次のとおりである。

 なお、次の3部門は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメント情報の区分と同一である。

(土木事業)   当社は、建設事業のうち土木事業を営んでおり、子会社である㈱森本組が土木事業の施工及び施工協力を行っている。

(建築事業)   当社は、建設事業のうち建築事業を営んでおり、子会社である㈱森本組が建築事業の施工及び施工協力を、タイ大豊㈱(タイ王国)が建築事業を行っている。

(その他の事業) 子会社である大豊不動産㈱が不動産事業を、大豊塗装工業㈱が塗装工事業を、進和機工㈱が建設資材リース業等を営んでいる。

 

 事業の系統図は次のとおりである。

0101010_001.png

 

4【関係会社の状況】

名称

住所

資本金

(百万円)

事業の内容

議決権の所有割合

(%)

関係内容

(連結子会社)

 

 

 

 

 

㈱森本組

(注)2・4

大阪市中央区

2,000

土木事業

建築事業

100.0

当社より工事の受注をしている。

役員の兼任あり。

大豊塗装工業㈱

(注)3

東京都台東区

96

その他の事業

99.7

(65.4)

当社より工事の受注をしている。

役員の兼任あり。

資金援助あり。

大豊不動産㈱

東京都中央区

10

その他の事業

100.0

当社へ寮等を賃貸している。

役員の兼任あり。

資金援助あり。

進和機工㈱

茨城県

稲敷郡阿見町

50

その他の事業

100.0

当社へ建設資材の賃貸及び販売をしている。

資金援助あり。

その他4社

 (注)1.「事業の内容」欄には、セグメントの名称を記載している。

2.特定子会社に該当する。

3.議決権の所有割合の( )内は、間接所有割合で内数を記載している。

4.㈱森本組については売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の連結売上高に占める割合が10%を超えている。

主要な損益情報等

(1) 売上高

37,850

百万円

 

(2) 経常利益

2,342

 

 

(3) 当期純利益

1,630

 

 

(4) 純資産額

14,025

 

 

(5) 総資産額

33,852

 

 

5【従業員の状況】

(1)連結会社の状況

 

2020年3月31日現在

セグメントの名称

従業員数(人)

土木事業

620

建築事業

511

その他の事業

199

全社(共通)

316

合計

1,646

 (注)従業員数は就業人員である。

 

(2)提出会社の状況

 

 

 

2020年3月31日現在

従業員数(人)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(円)

1,008

45.2

19.4

8,054,154

 

セグメントの名称

従業員数(人)

土木事業

420

建築事業

355

その他の事業

全社(共通)

233

合計

1,008

 (注)1.従業員数は就業人員である。

    2.年間平均給与は、諸手当及び賞与を含んでいる。

 

(3)労働組合の状況

 大豊建設労働組合と称し、1969年12月21日に結成され、2020年3月31日現在の組合員数は606名である。本組合は建設業職員組合の協議会組織である「日本建設産業職員労働組合協議会」に加盟しているが、労使関係においても結成以来円満に推移しており特記すべき事項はない。

 

第2【事業の状況】

1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

当連結会計期間におけるわが国経済は、各種政策の効果や雇用・所得環境の改善を背景に緩やかな回復基調で推移したものの、新型コロナウイルス感染症拡大による世界経済の減速懸念が高まり、不透明感が強まる状況となった。

このような状況の中、当社グループの主要事業である建設事業においては、公共投資は底堅く推移し、民間投資は住宅関連で弱含みではあったが、企業の設備投資は前年並みの水準を維持する環境となった。

今後の我が国経済の見通しとしては、新型コロナウイルス感染症の影響により、当面の間厳しい状況が続くと見込まれる。

建設業界においては、政府建設投資は国土強靭化政策拡大を背景に都市部における雨水対策などの防災・減災事業や社会インフラ設備の老朽化対策事業などへの投資が堅調に推移すると見込まれ、民間建設投資においては、新型コロナウイルス感染症の終息が見えない中で世界的に経済活動が抑制され、国内経済にも不透明感が強まり、厳しい状況が続くと見込まれる。

このような状況の中、技術者・技能労働者不足や資材費等の上昇懸念は残っており、今後も動向を注視する必要がある。また、作業所の週休二日制の実施及び年間5日の有給休暇取得の義務化並びに時間外労働の削減など働き方改革を推進させ、現場技術者や技能労働者の労働環境の改善に努めていかなければならない。

 

(1)会社の経営方針

当社は2020年度を初年度とする中期経営計画に基づき、100年企業を目指す当社の事業と利益の基盤づくりと位置づけ、「既存事業への注力」「新事業への参入」「PPP事業への取り組み」を基本的な事業戦略として取り組んでいく。

 

(2)目標とする経営指標

 

中期経営計画(2020~22年度)における経営数値目標(連結)

 

業績数値

財務数値

受注高

2,000億円以上

ROE

10%以上

売上高

2,000億円以上

 

 

営業利益率

6%以上

 

 

 

(3)経営環境

自然災害の増加

気候変動に伴うゲリラ豪雨は増加傾向にあり、首都圏をはじめ都市部での雨水処理能力が追いついていない状況により、都市機能を失わないための雨水対策として、当社が長年にわたり培ってきたニューマチックケーソン工法、シールド工法を使用した地下貯留施設のニーズが今後増えていくと思われる。

②人口減少社会及び老朽インフラの到来

人口減少社会の到来を見据えて、建築事業においては、これまでの民間住宅中心から非住宅中心への組み立てが必要と思われる。また、老朽インフラ増加により、公共事業形態の変革を余儀なくされると考えている。

 

(4)中長期的な会社の経営戦略

既存事業への注力

土木事業では、防災・減災事業に今までの経験と実績及び技術をもって一層の注力をする。また、建築事業では非住宅事業の強化を目指す。

(1)防災・減災事業の拡充

ニューマチックケーソン工法、シールド工法は、近年のゲリラ豪雨などの異常気象に対応する地下貯留施設の建設など都市の防災・減災に不可欠な技術として注目されるとともに当社の得意工法であり、工事量の拡大を図る。

(2)非住宅事業の強化

物流施設・プラント施設・工場や学校・庁舎・病院などの公共施設に取り組むことで建築事業に占める非住宅比率を上げていく。

 

②新事業への参入

今後ニーズが高まる分野に焦点を当て、新たな事業として育てることを目指す。

(1)維持修繕事業

今後ニーズの高まるインフラ維持・修繕では、新築工事での技術を生かし、その分野の経験のある企業との協業を果たして成果につなげる。

(2)首都圏事業の強化

建設投資の約40%が首都圏に集中しており、当社でも売り上げの約半分は首都圏にあるが、これを6割以上まで引き上げたい。また、シナジー効果が見込める同業他社との協業を果たして成果につなげる。

(3)CLT事業・不動産事業

建築事業において、共同出資の新会社を立ち上げ、CLT事業に取り組む。国産木材の有効活用を図り、新たな事業を創造するとともに当面は新素材の製造、それを用いたプレハブ住宅の普及を目指す。

③PPP事業への取り組み

長期的な視点から将来、官民連携方式による安定的な収益をもたらす事業として取り組むことを目指す。そのためには専門技術もつ企業、ファイナンスに関する金融機関及び提案力をもったコンサルタント技術のある企業と連携を図り、事業検討を行う。

 

(5)優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

①財務戦略

将来への投資金額として300億円を戦略投資として様々な投資に充てる。

(1)成長投資

過去の延長ではなく、将来の外部環境変化を捉え、その布石を打つ成長投資が重要と考える。

(2)株主還元

経営の重要施策として財務体質の充実と株主の皆様に対する安定配当として連結配当性向30%以上確保及び成長投資の進捗を考慮し、臨機応変に自己株式取得に努める。

(3)不動産投資

(4)研究開発投資

②人材育成

人的資源確保の観点から、人材育成として「誰もが挑戦し、活躍できる環境」、「ワークスタイルの改革」「IT環境整備で働き方の効率化」を柱として、待遇改善及び「働き方改革」に取り組む。

③技術伝承

技術を伝承していくために、「得意技術の深化と進化」、「新分野への応用と新技術への挑戦」、「IT技術との融合」を柱として、社員の能力開発、教育・育成に努める。

 

なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものである。

 

2【事業等のリスク】

有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、経営者が連結会社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると認識している主要なリスクは、以下のとおりである。

 今回の新型コロナウイルス感染症の対応について、当社従業員及び協力会社社員の安全を最優先とし、「新型コロナウイルス感染症対策本部」を設置するとともに、感染防止策及び感染症発症時の対応をマニュアル化している。政府の対策特別措置法に基づく緊急事態宣言をうけ、内勤勤務者に対しては、交代勤務、時差出勤、在宅勤務、出張の自粛(TV会議の活用)など、外勤勤務者に対しては、お客様と適宜柔軟に協議し対応、作業所入場者の検温及び体調管理、現場内における3密(密閉、密集・密接)空間の回避などこれまで以上に感染症拡大防止に努めている。

 なお、当社グループにおいて大規模な作業所閉鎖などの工事遅延等がないことにより、当該事象による売上高及び損益に対する影響は軽微であると考えている。

これらのリスクが顕在化した場合、当社グループの財政状態及び経営成績等に影響がある可能性があるが、リスクが発生する可能性を認識したうえで発生した場合の対応に努めるつもりである。

 なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において、当社グループが判断したものである。

 

1.建設業を取り巻く環境の変化によるリスク

(1) 事業環境の変化

  公共工事費の大幅な削減、国内外の景気後退等による建設需要の大幅な縮小等、建設業に係る著しい環境変化が生じた場合には、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性がある。

(2) 公共工事低入札に伴う完成工事総利益の減少

 今後も公共工事の入札における他社との競合が継続して激化し、低入札が繰り返されることになれば、事業利益の大きな割合を占める官庁工事総利益に影響を及ぼす可能性がある。

(3) 労務費・資機材費の高騰

  労務費及び主要な資材費が上昇することによる建設コストの増加により利益が減少する可能性がある。

(4) 取引先等の信用リスク

 取引先の業績等の悪化により工事代金の回収や工事の遅延等が発生し、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性がある。取引先等の信用リスクの対応として、情報収集、与信管理及び債権保全に努めている。

(5) 海外工事に伴う為替差損の発生、想定外のカントリーリスクの発生

海外工事に関し、為替の変動による損失が発生する可能性がある。また、事前の想定を超えるカントリーリスクの発生による損失が発生する可能性があり、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性がある。海外工事に伴う為替差損の発生、想定外のカントリーリスクの対応として、為替予約や進出国の適度な分散によりリスクを軽減している。

 

2.人材確保についてのリスク

公共事業批判の風潮や建設業という業種に対するイメージから優秀な人材の確保が困難になる恐れがある。人材確保についてのリスクの対応として建設技術者・技能労働者不足の深刻化にならないように、社員の能力開発、教育・育成及び技術伝承に力をいれ、待遇改善策としては作業所の週休二日制の実施及び時間外労働の削減などの「働き方改革」を推進させ、労働環境の改善による人材確保に努めている。

 

3.法規制等に関するリスク

工事施工に伴い、第三者事故や労働災害を発生させた場合等、建設業法、労働安全衛生法上の罰則及び工事発注機関からの指名停止措置などが重複して行われ、工事受注機会を逃す可能性がある。

 

4.瑕疵の発生によるリスク

 完成マンション戸数の増大、及び住宅の品質確保の促進等に関する法律による瑕疵担保期間の長期化等により、補修費用が増加する可能性がある。

 

5.訴訟等のリスク

 現在係争中や訴訟中の案件において、当社グループの主張が予測と異なる結果となった場合は、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性がある。

 

6.自然災害等のリスク

地震、津波、風水被害等の自然災害や感染症の大流行が発生した場合には、従業員や保有資産に損害を受け、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性がある。また、重大な事故が発生した場合にも同様に影響を及ぼす可能性がある。

 

7.資産保有によるリスク

当社グループは、事業用及び賃貸用不動産としての不動産並びに有価証券等を所有しているが、時価の変動等により減損処理の必要性が生じた場合は、当社グループの経営成績及び財政状態等に影響を及ぼす可能性がある。

 

8.投資開発事業のリスク

不動産市場の急激な縮小や競争環境の激化など、投資開発分野の事業環境に著しい変化が発生した場合には、事業計画の変更等による採算性の悪化など、当社グループの業績等に影響を及ぼす可能性がある。

 

3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

(1)経営成績等の状況の概要

 ①経営成績の状況

当連結会計年度におけるわが国経済は、各種政策の効果や雇用・所得環境の改善を背景に緩やかな回復基調で推移したものの、新型コロナウイルス感染症拡大による世界経済の減速懸念が高まり、不透明感が強まる状況となっている。

当社グループの主要事業である建設事業においては、公共投資は底堅く推移し、民間投資は住宅関連で弱含みではあったものの、企業の設備投資は前年並みの水準を維持する環境となった。

このような情勢下において、当社グループを挙げて営業活動を行った結果、連結受注高においては166,402百万円(前期比13.8%減)となった。うち、当社受注工事高においては、土木工事で77,444百万円(前期比1.8%増)、建築工事で52,809百万円(前期比26.9%減)、合計130,254百万円(前期比12.2%減)となった。なお、官民別比率は、官公庁工事51.1%、民間工事48.9%である。
 また、連結売上高においては162,811百万円(前期比8.0%増)となった。うち、当社完成工事高においては、土木工事で58,753百万円(前期比8.9%増)、建築工事で62,153百万円(前期比10.6%増)、合計120,906百万円(前期比9.8%増)となった。なお、官民別比率は、官公庁工事56.0%、民間工事44.0%である。
 利益面においては、連結で経常利益8,578百万円(前期比6.7%減)、親会社株主に帰属する当期純利益6,647百万円(前期比8.2%増)という結果になった。うち、当社の経常利益で6,237百万円(前期比9.9%減)、当期純利益で5,196百万円(前期比9.5%増)という結果になった。

 セグメント別の業績は次のとおりである。
 土木事業においては、売上高は77,988百万円(前期比3.0%増)、営業利益4,648百万円(前期比26.7%減)となった。
 建築事業においては、売上高は81,287百万円(前期比13.9%増)、営業利益3,623百万円(前期比41.0%増)となった。
 その他の事業においては、売上高は4,002百万円(前期比2.3%減)、営業利益280百万円(前期比13.9%減)となった。

 

②財政状態の分析

  当連結会計年度末の資産の部は、前連結会計年度末に比べ、現金預金が8,392百万円、投資有価証券が2,119百万円減少したが、受取手形・完成工事未収入金等が10,323百万円、未成工事支出金等が1,852百万円、立替金が2,610百万円、長期貸付金が1,616百万円増加したこと等により、資産合計は5,248百万円増加した152,187百万円となった。

  負債の部は、前連結会計年度末に比べ、支払手形・工事未払金等が1,022百万円、電子記録債務が4,087百万円増加したが、未成工事受入金が2,722百万円減少したこと等により、負債合計は2,087百万円増加した87,198百万円となった。

  純資産の部は前連結会計年度末に比べ、3,161百万円増加した64,988百万円となり、自己資本比率は42.1%となった。主な増減要因は、親会社株主に帰属する当期純利益の計上による増加6,647百万円、剰余金の配当による減少1,277百万円、その他有価証券評価差額金の減少1,411百万円である。

 

 ③キャッシュ・フローの状況

  当連結会計年度のキャッシュ・フローについては、営業活動により5,265百万円減少し、投資活動により974百万円減少し、財務活動により2,148百万円減少し、この結果、現金及び現金同等物(以下、「資金」という。)は8,392百万円の減少となり、当連結会計年度末残高は30,274百万円(前期比21.7%減)となった。
 当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりである。

 

(営業活動によるキャッシュ・フロー)

 営業活動の結果使用した資金は、純額で5,265百万円(前期は261百万円の獲得)となった。これは主に、税金等調整前当期純利益の計上9,461百万円、仕入債務の増加5,115百万円等による資金の増加、売上債権の増加10,870百万円、たな卸資産の増加1,855百万円、未成工事受入金の減少2,721百万円、法人税等の支払額3,166百万円等による資金の減少があったことによるものである。

(投資活動によるキャッシュ・フロー)

 投資活動の結果使用した資金は、純額で974百万円(前期比71.9%減)となった。これは主に、有形固定資産の売却による収入1,639百万円等による資金の増加、有形固定資産の取得による支出1,349百万円、長期貸付けによる支出1,630百万円等による資金の減少によるものである。

(財務活動によるキャッシュ・フロー)

 財務活動の結果使用した資金は、純額で2,148百万円(前期比8.3%減)となった。これは主に、自己株式の取得による支出834百万円、配当金の支出1,277百万円等による資金の減少によるものである。

④生産、受注及び売上の実績

a.受注実績

セグメントの名称

      前連結会計年度        (自 2018年4月1日

至 2019年3月31日)

(百万円)

      当連結会計年度        (自 2019年4月1日

至 2020年3月31日)

(百万円)

土木事業

102,864

95,409

建築事業

89,030

70,251

その他の事業

1,067

741

合計

192,963

166,402

 

b.売上実績

セグメントの名称

       前連結会計年度      (自 2018年4月1日

至 2019年3月31日)

(百万円)

       当連結会計年度      (自 2019年4月1日

至 2020年3月31日)

(百万円)

土木事業

75,694

77,988

建築事業

71,391

81,280

その他の事業

3,690

3,542

合計

150,777

162,811

 (注)1.上記の金額には、消費税等は含まれていない。

2.当社グループでは生産実績を定義することが困難であるため、「生産の状況」は記載していない。

3.当連結会計年度において売上高総額に対する割合が100分の10以上の相手先はない。

 

  なお、参考のため提出会社個別の事業の状況は次のとおりである。

建設業における受注工事高及び施工高の状況

① 受注工事高、完成工事高、繰越工事高及び施工高

第70期(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

工事別

期首

繰越工事高

(百万円)

期中

受注工事高

(百万円)

(百万円)

期中

完成工事高

(百万円)

期末繰越工事高

期中施工高

(百万円)

手持工事高

(百万円)

うち施工高

(百万円)

 

 

 

 

 

 

 

 

土木

112,370

76,066

188,437

53,937

134,499

1.3

1,756

55,020

建築

67,004

72,254

139,259

56,184

83,074

0.6

502

55,778

179,375

148,321

327,696

110,122

217,574

1.0

2,258

110,798

 

第71期(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

工事別

期首

繰越工事高

(百万円)

期中

受注工事高

(百万円)

(百万円)

期中

完成工事高

(百万円)

期末繰越工事高

期中施工高

(百万円)

手持工事高

(百万円)

うち施工高

(百万円)

 

 

 

 

 

 

 

 

土木

134,499

77,444

211,944

58,753

153,191

2.1

3,199

60,196

建築

83,074

52,809

135,884

62,153

73,731

0.5

343

61,994

217,574

130,254

347,829

120,906

226,923

1.6

3,543

122,191

 (注)1.前期以前に受注した工事で、契約の変更により請負金額の増減がある場合は、期中受注工事高にその増減額を含む。したがって、期中完成工事高にもかかる増減額が含まれる。

2.期末繰越工事高の施工高は、支出金により手持工事高の施工高を推定したものである。

3.期中施工高は(期中完成工事高+期末繰越施工高-前期末繰越施工高)に一致する。

4.提出会社の不動産事業の売上高は、建築の「期中完成工事高」に含めて記載しており、それぞれ第70期は276百万円、第71期は298百万円が含まれている。

5.土木工事及び建築工事の期中受注工事高のうち海外工事の割合は第70期はそれぞれ0.3%、0.0%、第71期はそれぞれ22.2%、-%である。

6.期中受注工事高のうち海外工事の請負金額10億円以上の主なものは、次のとおりである。

第70期

該当なし

 

第71期

桃園市政府捷運工程局

 

マダガスカル共和国

桃園捷運緑線GC02標南出土段至G07站(不含)間地下段土建統包工程

トアマシナ自治港(SPAT)

 

② 受注工事高の受注方法別比率

 工事の受注方法は、特命と競争に大別される。

期別

区分

特命(%)

競争(%)

計(%)

第70期

(自 2018年4月1日

至 2019年3月31日)

土木工事

5.6

94.4

100.0

建築工事

29.2

70.8

100.0

第71期

(自 2019年4月1日

至 2020年3月31日)

土木工事

5.4

94.6

100.0

建築工事

57.6

42.4

100.0

 (注) 百分比は請負金額比である。

 

③ 完成工事高

期別

区分

国内

海外

(百万円)

(A)

(A)/(B)

(%)

(百万円)

(B)

官公庁

(百万円)

民間

(百万円)

第70期

(自 2018年4月1日

至 2019年3月31日)

土木工事

46,024

2,531

5,382

10.0

53,937

建築工事

7,484

48,534

165

0.3

56,184

53,509

51,065

5,547

5.0

110,122

第71期

(自 2019年4月1日

至 2020年3月31日)

土木工事

50,614

2,105

6,033

10.2

58,753

建築工事

11,098

51,054

62,153

61,713

53,159

6,033

5.0

120,906

 (注)1.海外工事の地域別割合は、次のとおりである。

地域

第70期(%)

第71期(%)

東南アジア

39.5

44.8

アフリカ

60.5

55.2

100.0

100.0

2.完成工事のうち主なものは次のとおりである。

第70期 請負金額10億円以上の主なもの

国土交通省 東北地方整備局

国道106号 腹帯地区道路工事

東京都下水道局

王子第二ポンプ所建設その2工事

宮城県

平成26年度県債311地震災1441-A03号坂元川外河川災害復旧工事(その3)

住友不動産㈱

(仮称)駒澤計画新築工事

東京急行電鉄㈱

麹町東急ビル建替計画

南関東防衛局

浜松(28)庁舎新設建築その他工事

第71期 請負金額10億円以上の主なもの

東日本高速道路㈱ 関東支社

東京外環自動車道田尻工事

西宮市上下水道局

公共下水道新設(合流貯留管整備その2)工事

国土交通省 中国地方整備局

三隅・益田道路新沖田川橋下部工事

ナカノ開発プロジェクト特定目的会社

(仮称)ナカノ千葉白井物流センター計画

㈱グランド東京

(仮称)グランド東京渋谷宇田川町PROJECT新築工事

住友不動産㈱

(仮称)北田辺計画新築工事

3.完成工事高総額に対する割合が100分10以上の相手先別の完成工事高及びその割合は、次のとおりである。

第70期

 該当する相手先はない。

第71期

 該当する相手先はない。

4.提出会社の不動産事業の売上高は、建築工事の「国内」の「民間」に含めて記載しており、それぞれ第70期は276百万円、第71期は298百万円が含まれている。

 

④ 手持工事高(2020年3月31日現在)

区分

国内

海外

(百万円)

(A)

(A)/(B)

(%)

(百万円)

(B)

官公庁(百万円)

民間(百万円)

土木工事

93,928

37,672

21,591

14.1

153,191

建築工事

12,393

61,337

73,731

106,321

99,010

21,591

9.5

226,923

 (注)手持工事のうち請負金額10億円以上の主なものは、次のとおりである。

国土交通省 東北地方整備局

国道7号 今泉第一トンネル工事

2021年6月完成予定

横浜市

 

国土交通省 九州地方整備局

工業用水道 東寺尾送水幹線口径1100mm更新工事(その1)

鹿児島3号東西道路シールドトンネル(下り線)新設工事

2025年3月完成予定

 

2024年3月完成予定

野村不動産㈱

(仮称)Landport上尾Ⅰ新築工事

2021年12月完成予定

三菱地所レジデンス㈱

世田谷区駒沢3丁目計画新築工事

2021年10月完成予定

東京急行電鉄㈱

(仮称)鷺沼一丁目マンション計画新築工事

2021年4月完成予定

 

(2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

 経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりである。なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものである。

 

①財政状態及び経営成績の状況に関する認識及び分析・検討内容

当連結会計年度の財政状態及び経営成績については、2017年度を初年度として策定した中期経営計画(2017~2019年度)の最終年度である2019年度の達成状況は以下のとおりである。

 

指標

2019年度(計画)

2019年度(実績)

2019年度(計画比)

受注高

142,300百万円

166,402百万円

24,102百万円増(16.9%増)

売上高

157,000百万円

162,811百万円

5,811百万円増(3.7%増)

営業利益率

5.9%

5.2%

0.7ポイント減

自己資本比率

42.7%

42.1%

0.6ポイント減

ROE(自己資本利益率)

9.9%

10.6%

0.7ポイント増

受注高は、土木・建築ともに対前年を下回ったが、対計画は大きく上回る結果となった。土木についてはシールド工事の受注が極めて好調である反面、ニューマチックケーソン工事は苦戦。それ以外ではスポンサー及びサブの大型案件の受注が目立った。建築については住宅・非住宅ともに大型案件を複数受注したことが受注高を伸ばした要因である。

売上高は、対前年、対計画ともに増加したが、保有技術者数から定まる施工キャパシティの上限に近い状態が続いている状況である。

営業利益率は、対前年、対計画ともに減少し、目標を達成出来ない結果となった。

自己資本比率は、対前年では増加したものの、対計画では目標を達成出来ない結果となった。

自己資本の充実と安定配当の維持、及び手元資金の有効活用をして、2020年度を初年度とする中期経営計画の目標を達成すべくグループ全体で取り組む。

 

中期経営計画では営業利益率5%以上、ROE10.0%以上の達成を目指している。当連結会計年度における営業利益率5.2%(前年計画比0.2ポイント増加)ROEは10.6%(前年計画比0.6ポイント増加)であり、自己資本の充実と安定配当の維持、及び手元資金の有効活用をして、次年度からの中期経営計画の目標を達成すべくグループ全体で取り組む。

②キャッシュ・フローの状況の分析・検討内容並びに資本の財源及び資本金の流動性に係る情報

  当連結会計年度のキャッシュ・フローについては、営業活動により5,265百万円減少し、投資活動により974百万円減少し、財務活動により2,148百万円減少し、この結果、現金及び現金同等物は8,392百万円の減少となり、当連結会計年度末残高は30,274百万円(前期比21.7%減)となった。

  当社グループの財務戦略については、建設事業が主力事業であることから、工事代金の回収及び借入金を主体に資金を調達している。今後も「財務体質の更なる強化」を図る方針である。

 

③重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められる会計基準に基づき作成されている。この連結財務諸表を作成するにあたって、資産、負債、収益及び費用の報告額に影響を及ぼす見積もり及び仮定を用いているが、これらの見積もり及び仮定に基づく数値は実際の結果と異なる可能性がある。

連結財務諸表の作成にあたって用いた会計上の見積り及び仮定のうち、重要なものは以下のとおりである。

 

(工事進行基準による完成工事高の計上及び工事損失引当金の計上)

「第5経理の状況 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項 連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項 4.(5)重要な収益及び費用の計上基準」に記載のとおり、完成工事高の計上は、当連結会計年度末までの進捗部分について成果の確実性が認められる工事については工事進行基準を適用している。工事進行基準では、工事原価総額に対する発生原価の割合をもって工事進捗度を見積もり、工事収益総額に進捗度を乗じて完成工事高を計上している。

また、「第5経理の状況 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項 連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項 4.(3)重要な引当金の計上基準」に記載のとおり、受注工事の損失に備えるため、発生する工事原価の見積額が受注額を超過することが確実視され、かつ、その金額を合理的に見積もることができる工事について、翌連結会計年度以降に発生が見込まれる損失額を工事損失引当金として計上している。

そのため、工事進行基準による完成工事高の計上及び工事損失引当金の計上において工事収益総額、工事原価総額の会計上の見積りは重要なものとなっている。

当社及び連結子会社では、工事収益総額については、当事者間で合意された工事契約等に基づいて見積もり、工事原価総額については、工事案件ごとの実行予算に基づいて見積もっている。実行予算の策定にあたっては施工方法、仕様内容、作業工程、資材の単価や数量等を積み上げて策定しており、工事着工後も継続的に実行予算と実際発生原価の比較管理を行い、適時に実行予算書の見直しを行うなど適切な原価管理に取り組んでいる。

しかしながら、これらの見積もりには、新たな合意による工事契約の変更、工種・工法の見直し、工事着手後の工事の状況の変化による作業内容の変更、実行予算作成時に顕在化していなかった事象の発生等の様々な要因により変動する可能性があり、不確実性を伴う。その結果、工事進行基準による完成工事高、完成工事原価及び工事損失引当金の実際の計上額は、これらの見積もりと異なる場合がある。

 

4【経営上の重要な契約等】

 該当事項なし。

 

5【研究開発活動】

 当社の研究開発については、社会情勢の変化に対応し独自技術の大深度化、改良等を積極的に実施し、受注の拡大を目指している。建設費の低減を図ると共に安全性の向上を図るため無人化、遠隔化の可能な工法や、工期短縮のためのプレキャスト化、計測・管理技術の高度化による精度・品質・安全性の向上、CIM導入による施工効率化等に取り組んでいる。また、建築プロジェクトにおける設計・施工におよぶBIMの導入検討や異業種との連携を図る共同研究にも取り組んでいる。

 当連結会計年度における研究開発費の総額は98百万円であった。各セグメント別の研究開発費の区分は困難であるため、研究開発費は総額で記載している。また、主な研究開発成果は以下のとおりである。なお、子会社においては、研究開発活動は特段行っていない。

(土木事業)

1.New DREAM工法の開発

大豊式ニューマチックケーソン工法に多機能型ケーソン掘削機、掘削機メンテナンスシステム、大気圧エレベーター、DHENOXシステム(ヘリウム混合ガスシステム)、遠隔地耐力試験装置等を組み合わせ、主要高気圧作業の100%無人化施工を可能とするNew DREAM工法を開発した。本工法は国土交通省のテーマ設定技術に選定された他、2車線道路断面シールド工事の発進立坑に採用され、施工が完了した。今後、大断面道路・鉄道トンネルの立坑や雨水貯留施設等の大深度、大断面の地下構造物への適用が期待される。

2.狭小断面ニューマチックケーソン工法の開発

自社開発の狭小断面用の遠隔操作掘削機やエレベーター等を配備することで、直径6m程度の2車線道路橋や鉄道橋の基礎、下水道人孔等の狭小断面の施工を可能とする、完全無人化狭小断面ニューマチックケーソン工法を開発した。本工法は東京都下水道局発注の大深度狭小断面のケーソン工事に採用され、安全かつ高精度で施工が完了し、その適合性が実証された。今後さらなる大深度狭小断面のニューマチックケーソン工事への適合可能な工法として、その用途拡大が期待される。

3.減圧管理プログラムの開発

ニューマチックケーソン工法が大深度化する中、高気圧作業従事者が大気圧に帰還する際の安全な減圧方法に関する計算プログラムを専門医とタイアップして自社開発した。プログラムを使用することにより、ニューマチックケーソンにおける高気圧作業での多種多様な条件において、安全な減圧方法が確実かつ瞬時に算定されることで、さらなる大深度ニューマチックケーソンを施工する際も安全を確保できる。本プログラムによる減圧管理は2015年度から開始され、現在まで45基のニューマチックケーソン工事で高気圧作業従事者の減圧症を予防し、安全や健康管理に貢献している。

4.ニューマチックケーソン工法の高度施工管理技術の開発

ニューマチックケーソン工法のさらなる大断面・大深度化に備え、施工精度の向上および施工管理の効率化への対応として、リアルタイムの沈下姿勢計測システム、高圧作業室内の掘削形態計測システム、高気圧作業従事者ごとのAIによる顔認証を含む作業情報自動認証システムを開発した。本システムは、高度計測技術に当社で開発したソフトを組み込みデータ処理するものであり、主要な管理を迅速かつ正確に自動で行うことが可能となる。現在まで8基のニューマチックケーソン工事に適用し、i–constructionの推進に伴う生産性向上や施工管理技術の高度化に貢献している。今後さらなる新技術の導入により施工管理技術の大幅な向上を目指し、システムの開発を継続する。

5.硬質地盤掘削システム

ニューマチックケーソン工法の大深度化・大断面化に加え近年では岩盤硬質地盤への適用が増加する中、岩盤硬質地盤を効率的に掘削可能とする硬質地盤掘削システムを開発した。当社保有掘削機DREAMⅡに装着可能なリッパバケットなどの特殊掘削機器との組み合わせにより、効果的な掘り起しかつ効率的な掘削が可能となるシステムである。貯留容量の確保等により大断面大深度となる雨水貯留池やポンプ場、大深度立坑などでの採用が期待される。

 

6.DAPPI(ダッピ)工法の開発

泥土加圧推進工法をベースに、管路内から地中障害物を安全・確実に撤去できるDAPPI工法を開発した。本工法は、カッター駆動部を管内から発進立坑へ引抜き、障害物等を撤去した後、駆動部を搬入、装着し再掘進する着脱・再掘進型管渠築造工法である。また障害物を坑内から撤去するため、地上の交通や地域住民への影響を最小限にできる。東京都発注の下水道再構築工事で初めて採用され、5件の施工実績があり、今後都市の再構築等、類似工事での採用が期待される。

7.DRES(ドレス)工法の開発

港湾、河川、湖沼等の高含水の浚渫土を超高圧(4MPa)で効率的に脱水・分級してリサイクルできるシステムを開発した。本工法は、田子の浦港で浚渫土の減容化に採用され、また、新門司の築堤材製作工事では日本最大規模の処理システムで稼働するなど、その浚渫土処理累計は約101万m3となり、港湾の維持や環境影響の低減に貢献している。特に田子の浦港では、高濃度ダイオキシン類の浚渫土中間処理にも採用され、環境負荷の低減やコスト縮減に貢献しており、今後さらに湖沼、港湾等での活躍が期待される。

8.鋼製函体締切工法の開発

既設橋脚の水中部を鋼製函体で仮締切し、ドライな状態で高品質な橋脚耐震補強を安全に行うことのできる鋼製函体締切工法を民間4社で共同開発した。本工法に用いる函体は、浮力を利用して曳航沈設が可能なため、桁下空間の制限を受けず、フーチング上に設置できる。これまでに河川内の橋脚耐震補強に採用され、当社施工分として完了工事が5件ある。

本工法の特徴に加え、狭隘な場所や浅水深による作業制限がさらに緩和でき、大幅な工費の低減を可能とする当社独自開発の「複合壁体締切(RECC)工法」では8基、と「カプセル壁体締切工法」では4基の施工実績があり、安全・安心社会の構築に貢献している。今後、同様な条件、工事で採用が期待される。

(建築事業)

1.BIM・ICTに対応する新体制構築

BIM(Building Information Modeling)の導入から5年が経過し、実務での本格的な活用段階期に移行している。今春に専属の新組織を設立し、実施物件での設計のフルBIM化に着手した。今後BIMの設計施工一気通貫による新たな生産プロセスへ移行すべく、オリジナルプラットフォーム・ファミリの構築とオペレーターの増員のための教育も行なっている。また、ICT・AI技術の開発に向けた取組みにも着手した。

2.免震・制震工法の開発

各種用途の建築物への免震工法の適用は定着しており、当社でも関東近郊、東海、関西、九州地区等、集合住宅を中心とした多くの実績がある。最近では、首都直下型・南海トラフ等の巨大地震の発生が懸念される中、防災拠点の耐震化や企業のBCP(企業継続計画)対策のひとつとして重要視されている。当社では新たにKTB協会に加入し、PC圧着関節工法の実施権を取得している。このPC圧着関節工法と免震工法を組み合わせることにより、大型物流倉庫等の大スパン建物で高い免震性と経済性を両立させることができる。また、制震工法については、超高層住宅での「摩擦ダンパー工法」や、官庁物件における「アンボンドブレース工法」の適用を通じて多くのノウハウを蓄積しており、関連技術を総合的に活用し、免震・制震分野へ継続的に取組んでいく

3.プレストレスプレキャスト技術の導入

建設業の就労人口の減少により建設現場では慢性的な労務不足が発生している。コンクリート部材を工場で製作し、現場で組み立てて接合するプレキャスト工法は、現場の省力化や工程の短縮・合理化に高い有効性を持っている。

当社では実施権を取得しているKTB定着工法・PC圧着関節工法は、プレストレスプレキャスト工法(PcaPC工法)といい、プレキャストコンクリートに高張力(プレストレス)を加えることで、大スパンが可能でひび割れも発生しない、高品質・高耐久性・高耐震性を備えた優れた工法である。すでに物流倉庫など複数の工事においてその有効性を確認しており、今後、発注者へのプレストレスプレキャスト工法による提案を積極的に行い営業展開していく

4.耐震補強関連技術の開発

耐震基準を満たさない、いわゆる「既存不適格建築物」への対応は緊急の課題であり、「改正耐震促進法」への対応も求められている。しかし、実際の工事では「コスト・工期」のみならず「低騒音・低振動」であることや、「居ながら施工」への対応が不可欠となってきている。当社ではそれらの要望に対応できる要素技術として「MARS(連続繊維補強)工法」、「鋼管(低騒音・低振動)コッター工法」、「デザインフィット工法(部分アンカー枠付き鉄骨ブレース補強)」、「スマイルパラレル工法」などを保有しており、それらを活用しながら物件の特性に配慮した多くの耐震補強工事を実現してきた。最近の事例としては、東北地区の庁舎改修工事でPCa部材とPC(高強度)鋼棒を使用した外側補強を行っており、前記技術と併せて官公庁物件を含む耐震改修分野への展開を図っていく

5.杭・基礎関連技術の開発

当社では、引抜き抵抗力に優れるなどの特徴を持つ中間および先端に拡径部を有する場所打ちコンクリート杭工法「Me-A工法」を共同開発し、一般財団法人ベターリビングより一般評定を取得した。本工法は、アースドリル工法を用いて、杭軸部の中間および先端に節状の拡径部(節)を設けて、建物を支える力を増大させた場所打ちコンクリート杭を造成する工法であり、この拡径部は地震の時に建物を転倒させようとする力に抵抗するため、杭の引抜き抵抗としても有効に働く。従来の杭より短く、もしくは杭軸部を細くすることが可能になり、杭の工事費を低減できる。これまでに、東京の集合住宅6件で採用されている。また、阪神・淡路大震災における杭頭破壊の事例を契機に、杭頭の損傷を制御する研究・開発が行われるようになり、多くの関連技術が実用化されるようになってきた。当社でも「CTP(杭頭半固定接合)工法」の導入を図り、杭性能の向上とともにコストダウンにも有効なツールとして検討を進めてきた結果、これまでに4件の高層集合住宅で採用している。両工法は汎用性に優れており、今後も全国への積極的な展開を進めていく

6.木構造建築技術の開発

潤沢な国内森林資源を維持するために、国内産木材の活用を国は積極的に推奨している。建築への木材の利用は近年急速に増加している状況の中、当社においても木構造の技術開発のためのプロジェクトチームを発足し、茨城県阿見町にある当社の中央機材センター内に多様な木構造技術を活用した技術研究所を新設した。大断面集成材のラーメン構造と鉄筋コンクリート造を組み合わせた、立面ハイブリッド工法や、CLT(Cross Laminated Timber)という、ひき板を直交に積層接着したものを耐震壁として、鉄筋コンクリート造と組み合わせたハイブリッド構造の研究・開発を行っている。更に木質材料の新たな技術開発を継続する。

(その他の事業)

研究開発活動は特段行っていない。

第3【設備の状況】

1【設備投資等の概要】

(土木事業)

 当連結会計年度においては、技術研究所の新設及び新規受注工事に伴う工事用機械を中心に設備投資を行い、その総額は576百万円であった。

(建築事業)

 当連結会計年度においては、技術研究所の新設及び新規受注工事に伴う工事用機械を中心に設備投資を行い、その総額は593百万円であった。

(その他の事業)

 当連結会計年度においては、事業用地の取得及び新規受注工事に伴う工事用機械を中心に設備投資を行い、その総額は296百万円であった。

2【主要な設備の状況】

(1)提出会社

事業所名

(所在地)

帳簿価額(百万円)

従業員数(人)

建物・

構築物

機械、運搬具及び工具器具備品

土地

リース

資産

合計

面積(㎡)

金額

本 社

(東京都中央区)

3,868

575

288,145

2,608

10

7,063

104

北海道支店

(札幌市豊平区)

1

0

1,490

72

74

2

東北支店

(仙台市青葉区)

6

8

(2,678)

1,206

76

91

142

北陸支店

(新潟市中央区)

54

0

48,189

451

506

2

東京建築支店

(東京都中央区)

110

0

110

231

東京土木支店

(東京都中央区)

34

1

24,102

423

459

172

名古屋支店

(名古屋市中村区)

75

5

(66)

6,269

160

240

88

大阪支店

(大阪市中央区)

142

7

13,374

907

1,057

180

広島支店

(広島市中区)

14

1

(212)

6,973

246

262

3

九州支店

(福岡市博多区)

75

14

(660)

1,186

202

292

57

海 外

(マダガスカル共和国他)

14

14

27

4,384

628

(3,617)

390,937

5,150

10

10,174

1,008

 

(2)主な国内子会社

会社名

事業所名

(所在地)

セグメントの名称

帳簿価額(百万円)

従業員数

(人)

建物・

構築物

機械、運搬具及び工具器具備品

土地

合計

面積(㎡)

金額

㈱ 森 本 組

本社他

(大阪市中央区)

土木事業

建築事業

8

90

98

412

大豊塗装工業㈱

本社他

(東京都台東区)

その他の事業

9

0

56

4

13

17

大豊不動産㈱

本社他

(東京都中央区)

その他の事業

293

0

394

280

573

1

進 和 機 工 ㈱

本社他

(茨城県

稲敷郡阿見町)

その他の事業

157

157

2

(3)在外子会社

会社名

事業所名

(所在地)

セグメントの名称

帳簿価額(百万円)

従業員数

(人)

建物・

構築物

機械、運搬具及び工具器具備品

土地

リース資産

合計

面積(㎡)

金額

タイ大豊㈱

本社

(タイ王国)

建築事業

61

5

10,219

106

1

175

27

 (注)1.提出会社は土木事業及び建築事業を営んでいるが、大半の設備は共通的に使用されているので、報告セグメントごとに分類せず、主要な事業所ごとに一括して記載している。

2.帳簿価額に建設仮勘定は含めていない。

3.提出会社の土地欄中( )内は、賃借中のものであり、外書きで示している。

4.提出会社の土地建物のうち連結子会社以外に賃貸中の主なもの

事業所名

土地(㎡)

建物(㎡)

本 社

515

10,278

5.リース契約による賃借設備のうち主なもの

会社名

事業所名

セグメントの名称

設備の内容

台数

リース期間

年間リース料(百万円)

大豊建設㈱

本社他

土木事業

建築事業

システム設備他

一式他

4年間他

10

 

3【設備の新設、除却等の計画】

会 社 名

事業所名

(所在地)

セグメントの名称

設備の内容

投資予定金額

(百万円)

資金調達方法

備考

総額

既支払額

 

大豊建設㈱
中央機材センター

(茨城県稲敷郡阿見町)

 

 

土木事業

 

ニューマチック
ケーソン設備

 

482

自己資金

2020年4月着手
2021年3月完成予定

 

第4【提出会社の状況】

1【株式等の状況】

(1)【株式の総数等】

①【株式の総数】

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

32,000,000

32,000,000

 

②【発行済株式】

種類

事業年度末現在発行数

(株)

(2020年3月31日)

提出日現在発行数(株)

(2020年6月26日)

上場金融商品取引所名又は登録認可金融商品取引業協会名

内容

普通株式

17,442,028

17,442,028

東京証券取引所

市場第一部

単元株式数は

100株である

17,442,028

17,442,028

 

(2)【新株予約権等の状況】

①【ストックオプション制度の内容】

 

      a.2014年度株式報酬型新株予約権

決議年月日

2015年2月13日

付与対象者の区分及び人数(名)

取締役                7

執行役員              8

新株予約権の数(個)※

143[129]

新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数(株)※

普通株式 28,600[25,800]

新株予約権の行使時の払込金額(円)※

新株予約権の行使期間 ※

自  2015年3月3日  至  2035年3月2日

新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額(円)※

発行価格          3,480

資本組入額      (注)1

新株予約権の行使の条件 ※

(注)2

新株予約権の譲渡に関する事項 ※

  取締役会の承諾なく譲渡、譲渡担保又は質入れその他担保設定することはできない。

組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項 ※

 

   b.2015年度株式報酬型新株予約権

決議年月日

2016年2月15日

付与対象者の区分及び人数(名)

取締役                7

執行役員             11

新株予約権の数(個)※

327[316]

新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数(株)※

普通株式 65,400[63,200]

新株予約権の行使時の払込金額(円)※

新株予約権の行使期間 ※

自  2016年3月2日  至  2036年3月1日

新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額(円)※

発行価格          2,035

資本組入額      (注)1

新株予約権の行使の条件 ※

(注)2

新株予約権の譲渡に関する事項 ※

  取締役会の承諾なく譲渡、譲渡担保又は質入れその他担保設定することはできない。

組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項 ※

 

   c.2016年度株式報酬型新株予約権

決議年月日

2017年2月10日

付与対象者の区分及び人数(名)

取締役                7

執行役員             11

新株予約権の数(個)※

287

新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数(株)※

普通株式 57,400

新株予約権の行使時の払込金額(円)※

新株予約権の行使期間 ※

自  2017年3月2日  至  2037年3月1日

新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額(円)※

発行価格          2,435

資本組入額      (注)1

新株予約権の行使の条件 ※

(注)2

新株予約権の譲渡に関する事項 ※

  取締役会の承諾なく譲渡、譲渡担保又は質入れその他担保設定することはできない。

組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項 ※

    ※   当事業年度の末日(2020年3月31日)における内容を記載している。当事業年度の末日から提出日の前月末現在(2020年5月31日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を[ ]内に記載しており、その他の事項については当事業年度の末日における内容から変更はない。

(注)1.募集新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第1項に従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果生じる1円未満の端数は、これを切り上げるものとする。

   2.(1)新株予約権者は、当社の取締役及び執行役員のいずれの地位も喪失した日から1年経過した日の翌日

(以下、「権利行使開始日」という。)から9年間に限り、募集新株予約権を行使することができる。

    (2)次のいずれかに該当する事由が生じた場合、新株予約権者は、当該新株予約権を行使できない。

①新株予約権者が、当社の取締役又は執行役員のいずれかに在職している期間中に禁固以上の刑に処せられた場合。

②新株予約権者又はその法定相続人が、当社所定の書面により新株予約権の全部又は一部を放棄する旨を申し出た場合。

    (3)上記(1)にかかわらず、新株予約権者が死亡した場合、新株予約権者の相続人は、当該新株予約権者

が死亡した日から6か月間に限り、当該新株予約権を行使することができる(ただし、相続人がかかる期間に死亡した場合の再相続は除く。)。

 

②【ライツプランの内容】

 該当事項なし。

 

③【その他の新株予約権等の状況】

 該当事項なし。

 

(3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

 該当事項なし。

 

(4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

年月日

発行済株式総数増減数

(千株)

発行済株式総数残高

(千株)

資本金増減額(百万円)

資本金残高(百万円)

資本準備金増減額

(百万円)

資本準備金残高(百万円)

2015年7月29日

(注)1

10,000

85,670

2,355

8,676

2,355

7,186

2015年8月26日

(注)2

1,500

87,170

353

9,030

353

7,540

2017年9月30日

(注)3

40

87,210

9

9,039

9

7,549

2018年10月1日

(注)4

△69,768

17,442

9,039

7,549

 (注)1.公募による新株式発行(一般募集)

発行価格         494円

発行価額       471.05円

資本組入額       235.525円

払込金総額     4,710百万円

2.第三者割当増資による新株式発行(オーバーアロットメントによる売出し)

発行価格         494円

発行価額       471.05円

資本組入額       235.525円

払込金総額       706百万円

割当先      大和証券㈱

    3.新株予約権の行使による増加

    4.株式併合(5:1)による減少

 

(5)【所有者別状況】

 

 

 

 

 

 

 

2020年3月31日現在

区分

株式の状況(1単元の株式数 100株)

単元未満株式の状況

(株)

政府及び地方公共団体

金融機関

金融商品取引業者

その他の

法人

外国法人等

個人その他

個人以外

個人

株主数(人)

31

28

56

157

5

3,730

4,007

所有株式数(単元)

71,751

2,371

14,319

45,293

3,554

36,310

173,598

82,228

所有株式数

の割合(%)

41.33

1.36

8.25

26.09

2.05

20.92

100.00

 (注)1.自己株式583,650株は、「個人その他」に5,836単元、「単元未満株式の状況」に50株含めて記載してい

      る。

     2.「単元未満株式の状況」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が20株含まれている。

    3.「役員向け株式交付信託」制度導入のために設定した日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口)が所有する当社株式106,600株(1,066単元)は、「金融機関」に含まれている。

 

(6)【大株主の状況】

 

 

2020年3月31日現在

氏名又は名称

住所

所有株式数

(千株)

発行済株式(自己株式を除く。)の総数に対する所有株式数の割合(%)

日本トラスティ・サービス信託銀行㈱(信託口)

東京都中央区晴海1丁目8-11

2,321

13.77

日本マスタートラスト信託銀行㈱

(信託口)

東京都港区浜松町2丁目11-3

1,203

7.14

住友不動産㈱

東京都新宿区西新宿2丁目4-1

649

3.85

あいおいニッセイ同和損害保険㈱

東京都渋谷区恵比寿1丁目28-1

621

3.68

日本トラスティ・サービス信託銀行㈱

(信託口9)

東京都中央区晴海1丁目8-11

500

2.97

MSIP CLIENT SECURITIES

(モルガン・スタンレーMUFG証券㈱)

25 CABOT SQUARE,CANARY WHARF,LONDON E14 4QA,U.K.

(東京都千代田区大手町1丁目9-7)

485

2.88

第一生命保険㈱

東京都千代田区有楽町1丁目13-1

411

2.44

SSBTC CLIENT OMNIBUS ACCOUNT

(香港上海銀行東京支店 カストディ業務部)

ONE LINCOLN STREET,BOSTON

MA USA 02111

(東京都中央区日本橋3丁目11-1)

403

2.39

NORTHERN TRUST GROBAL SERVICES SE,LUXEMBOURG RE LUDU RE:UCITS CLIENTS 15.315 PCT NON TREATY ACCOUNT

(香港上海銀行東京支店 カストディ業務部)

6,RUE LOU HEMMER,L-1748 SENNINGERBERG,GRAND-DUCHY OF LUXEMBOURG

(東京都中央区日本橋3丁目11-1)

394

2.34

NOMURA AYA

(シティバンク、エヌ・エイ東京支店)

SINGAPORE

(東京都新宿区新宿6丁目27-30)

354

2.10

──────

7,345

43.57

(注)1.発行済み株式の総数に対する所有株式数の割合は自己株式583,650株を控除して計算している。なお、当該控除した自己株式には「役員向け株式交付信託」制度導入のために設定した日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口)が所有する当社株式106,600株は含まれていない。

 

 

(注)2.ブラックロック・ジャパン株式会社から、2018年4月19日付で、ブラックロック(ルクセンブルグ)エス・エー(BlackRock (Luxembourg) S.A.)、ブラックロック・アセット・マネジメント・アイルランド・リミテッド(BlackRock Asset Management Ireland Limited)、ブラックロック・インターナショナル・リミテッド(BlackRock International Limited)およびブラックロック・インスティテューショナル・トラスト・カンパニー、エヌ.エイ.(BlackRock Institutional Trust Company, N.A.)を共同保有者とする大量保有報告書が提出されているが、当社として2020年3月31日末現在における当該法人の実質所有株式数を完全に把握できないため、上記大株主の状況には含めていない。

  当社は、2018年10月1日付で普通株式5株に1株の割合で株式併合を実施したが、以下の所有株式数は、株式併合前の株式数で記載している。

なお、その大量保有報告書の内容は次のとおりである。

 

氏名又は名称

住所

保有株券等の数

(千株)

株券等保有割合

(%)

ブラックロック・ジャパン株式会社

東京都千代田区丸の内一丁目8番3号

1,302

1.49

ブラックロック(ルクセンブルグ)エス・エー(BlackRock (Luxembourg) S.A.)

ルクセンブルク大公国 L-1855 J.F.ケネディ通り 35A

772

0.89

ブラックロック・アセット・マネジメント・アイルランド・リミテッド(BlackRock Asset Management Ireland Limited)

アイルランド共和国 ダブリン インターナショナル・ファイナンシャル・サービス・センター JPモルガン・ハウス

200

0.23

ブラックロック・インターナショナル・リミテッド(BlackRock International Limited)

英国 エディンバラ センプル・ストリート 1 エクスチェンジ・プレース・ワン

275

0.32

ブラックロック・インスティテューショナル・トラスト・カンパニー、エヌ.エイ.(BlackRock Institutional Trust Company, N.A.)

米国 カリフォルニア州 サンフランシスコ市 ハワード・ストリート 400

485

0.56

3,034

3.48

 

 

3.三井住友信託銀行株式会社から、2020年2月6日付で、三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社及び日興アセットマネジメント株式会社を共同保有者とする大量保有報告書が提出されているが、当社として2020年3月31日現在における当該法人の実質所有株式数を完全に把握できないため、上記大株主の状況には含めていない。

なお、その大量保有報告書の内容は次のとおりである。

 

氏名又は名称

住所

保有株券等の数

(千株)

株券等保有割合

(%)

三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社

東京都港区芝公園一丁目1番1号

634

3.69

日興アセットマネジメント株式会社

東京都港区赤坂九丁目7番1号

229

1.32

872

5.00

 

 

4.みずほ証券株式会社から、2017年7月7日付で、アセットマネジメントOne株式会社を共同保有者とする大量保有報告書(変更報告書)が提出されているが、当社として2020年3月31日現在における当該法人の実質所有株式数を完全に把握できないため、上記大株主の状況には含めていない。

  当社は、2018年10月1日付で普通株式5株に1株の割合で株式併合を実施したが、以下の所有株式数は、株式併合前の株式数で記載している。

なお、その大量保有報告書の内容は次のとおりである。

 

氏名又は名称

住所

保有株券等の数

(千株)

株券等保有割合

(%)

みずほ証券株式会社

東京都千代田区大手町1丁目5番1号

72

0.08

アセットマネジメントOne株式会社

東京都千代田区丸の内一丁目8番2号

3,470

3.98

3,542

4.06

 

 

5.野村證券株式会社から、2019年4月18日付で、野村アセットマネジメント株式会社を共同保有者とする大量保有報告書(変更報告書NO.2)が提出されているが、当社として2020年3月31日現在における当該法人の実質所有株式数を完全に把握できないため、上記大株主の状況には含めていない。

なお、その大量保有報告書の内容は次のとおりである。

氏名又は名称

住所

保有株券等の数

(千株)

株券等保有割合

(%)

野村證券株式会社

東京都中央区日本橋一丁目9番1号

79

0.46

野村アセットマネジメント株式会社

東京都中央区日本橋一丁目12番1号

935

5.36

1,014

5.82

 

6.JPモルガン証券株式会社から、2019年12月19日付で、JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社とジェー・ピー・モルガン・セキュリティーズ・ピーエルシー (J.P. Morgan Securities plc)を共同保有者とする大量保有報告書(変更報告書)が提出されているが、当社として2020年3月31日現在における当該法人の実質所有株式数を完全に把握できないため、上記大株主の状況には含めていない。

なお、その大量保有報告書の内容は次のとおりである。

氏名又は名称

住所

保有株券等の数

(千株)

株券等保有割合

(%)

JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社

東京都千代田区丸の内2丁目7番3号 東京ビルディング

799

4.58

JPモルガン証券株式会社

東京都千代田区丸の内2丁目7番3号東京ビルディング

1

0.01

ジェー・ピー・モルガン・セキュリティーズ・ピーエルシー (J.P. Morgan Securities plc)

英国、ロンドン E14 5JP カナリー・ウォーフ、バンク・ストリート25

11

0.07

812

4.66

 

 

 

 

 

(7)【議決権の状況】

①【発行済株式】

 

 

 

 

2020年3月31日現在

区分

株式数(株)

議決権の数(個)

内容

無議決権株式

 

議決権制限株式(自己株式等)

 

議決権制限株式(その他)

 

完全議決権株式(自己株式等)

(自己保有株式)

普通株式

583,600

完全議決権株式(その他)

普通株式

16,776,200

167,762

単元未満株式

普通株式

82,228

発行済株式総数

 

17,442,028

総株主の議決権

 

167,762

(注) 1.「完全議決権株式(その他)」の欄には、「役員向け株式交付信託」の導入に伴い日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口)が所有する当社株式106,600株(議決権の数1,066個)が含まれている。なお、当該議決権の数1,066個は、議決権不行使となっている。

    2.単元未満株式の欄には、当社所有の自己株式50株及び証券保管振替機構名義の株式が20株含まれている。

 

②【自己株式等】

 

 

 

 

2020年3月31日現在

所有者の氏名

又は名称

所有者の住所

自己名義所有株式数(株)

他人名義所有株式数(株)

所有株式数

の合計(株)

発行済株式総数に

対する所有株式数

の割合(%)

大豊建設株式会社

東京都中央区新川一丁目24番4号

583,600

583,600

3.35

583,600

583,600

3.35

 (注)「役員向け株式交付信託」制度導入のために設定した日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口)が所有する当社株式106,600株(議決権1,066個)は、上記自己株式には含まれていない。

 

(8)【役員・従業員株式所有制度の内容】

取締役等に対する株式報酬制度の概要

当社は、2019年6月27日開催の第70回定時株主総会において、当社取締役及び執行役員(社外取締役を除く。以下「取締役等」という。)を対象に、信託を用いた株式報酬制度(以下「本制度」という。)を導入することを決議した。

本制度は、当社が金銭を拠出することにより設定する信託(以下「本信託」という。)が当社株式を取得し、当社が各取締役等に付与するポイントの数に相当する数の当社株式が本信託を通じて各取締役等に対して交付される、という株式報酬制度である。なお、取締役等が当社株式の交付を受ける時期は、原則として取締役等の退任時である。

 

②取締役等に取得させる予定の株式の総数

当社は2019年8月27日付で自己株式106,600株(272百万円)を日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口)に拠出しており、今後拠出する予定は未定である。

 

 

③本制度による受益権その他の権利を受けることができるものの範囲

取締役等のうち受益者要件を満たす者

 

2【自己株式の取得等の状況】

【株式の種類等】 会社法第155条第7号による普通株式の取得

(1)【株主総会決議による取得の状況】

 該当事項なし。

(2)【取締役会決議による取得の状況】

区分

株式数(株)

価額の総額(円)

取締役会(2019年5月14日)での決議状況

(取得期間  2019年5月15日~2019年9月13日)

300,000

1,000,000,000

当事業年度前における取得自己株式

当事業年度における取得自己株式

300,000

831,406,000

残存決議株式の総数及び価額の総額

168,594,000

当事業年度の末日現在の未行使割合(%)

16.86

当期間における取得自己株式

提出日現在の未行使割合(%)

16.86

 

(3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

区分

株式数(株)

価額の総額(円)

当事業年度における取得自己株式

1,270

3,577,888

当期間における取得自己株式

89

197,277

 (注)1.当期間における取得自己株式には、2020年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取による株式数は含めていない。

 

(4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

区分

当事業年度

当期間

株式数(株)

処分価額の総額

(円)

株式数(株)

処分価額の総額

(円)

引き受ける者の募集を行った取得自己株式

消却の処分を行った取得自己株式

合併、株式交換、会社分割に係る移転を行った取得自己株式

その他

(単元未満株式の買増請求による売渡し)

その他

(新株予約権の行使による譲渡)

21,800

54,649,800

5,000

14,226,000

その他

(役員向け株式交付信託への処分)

106,600

272,789,400

保有自己株式数

583,650

578,739

 (注)1.当社は、2019年6月27日開催の第70回定時株主総会において、当社取締役及び執行役員(社外取締役を除く。)を対象に、信託を用いた株式報酬制度を導入することを決議した。2019年8月27日に受託者である日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口)に対し、当社株式106,600株を処分した。

2.「役員向け株式交付信託」制度導入のために設定した日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口)が所有する当社株式106,600株は、上記保有自己株式には含まれていない。

    3.当期間における保有自己株式数には、2020年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取による株式数は含めていない。

 

3【配当政策】

 利益配分については、長期的発展の礎となる財務体質の充実を図りつつ、株主各位への安定的な配当の維持及び向上を図っていくことを基本方針としている。また、期末配当において年1回の剰余金の配当を行うことを基本方針としており、この剰余金の配当の決定機関は株主総会である。
 当事業年度(第71期)の配当については、当期の業績並びに経営環境を総合的に勘案して、1株当たり100円の配当とする。次期の配当については現時点では未定である。
 また、内部留保については、今後予想される建設業界の競争激化に対処するため、新技術の開発等の投資に活用し、企業体質と企業競争力のさらなる強化に取り組む所存である。

 当社は、会社法第454条第5項に規定する中間配当を行うことができる旨を定款に定めていない。

 

 当事業年度の剰余金の配当は次のとおりである。

決議年月日

配当金の総額(百万円)

1株当たりの配当額(円)

2020年6月26日

定時株主総会決議

1,685

100

 

4【コーポレート・ガバナンスの状況等】

(1)【コーポレート・ガバナンスの概要】

①コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

当社のコーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方は経営理念である「顧客第一」、「創造と開拓」、「共生」、「自己責任」を経営の基本とし、「大豊建設株式会社企業行動規範」に基づき、反社会的勢力を排除する等、取締役、執行役員及び使用人が法令・定款その他社内規程及び社会通念を遵守した行動を定め、株主・顧客をはじめとするステークホルダーの要望に応えていく。

当社は、企業として社会的使命と責任を果たすとともに、継続的成長と発展を目指すため、企業競争力強化の観点から迅速で適切な経営判断を行うことが重要であり、経営の透明性を図るためのチェック機能の充実及び公平性を維持することが重要な課題であると考えている。

 

②企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由

1)企業統治の体制の概要

当社は、「取締役会」、「監査役会」、「経営会議」及び「執行役員会」の機関を置き、経営機構を意思決定・監督と業務執行に分離し、また監査役と連携して業務監査及び内部統制の有効性評価を行う「監査室」を設置し、コーポレート・ガバナンスの強化及び財務報告の信頼性の確保を図っている。

また、取締役の指名・報酬に関する手続きの公正性・透明性・客観性を確保し、コーポレート・ガバナンスの充実を図るため、取締役会の諮問機関として任意の「指名報酬委員会」を設置している。

「取締役会」

取締役会は、取締役 大隅健一、多田二三男、中杉正伸、森下覚恵、永田修一の5名及び社外取締役 川口哲郎、垣鍔公良、町野静の3名で構成され、取締役 大隅健一を議長とし、定例取締役会を毎月、臨時取締役会を必要に応じて開催し、取締役会規程に基づき重要事項の決定を行うとともに業務執行状況の監督を行い、経営監視機能の強化を図っている。

「監査役会」

当社は、監査役制度を採用しており、監査役会は常勤監査役 木屋善之と社外監査役 橋本一男及び原田良輔の3名で構成され、常勤監査役 木屋善之を議長とし、定例監査役会を毎月、臨時監査役会を必要に応じて開催し、監査計画の策定、実施状況及び監査結果等を検討、評価している。また、定例取締役会、臨時取締役会、経営会議及び執行役員会等の重要な会議に出席し意見を述べるほか、取締役会の意見聴取や資料の閲覧等を行い、取締役会の業務執行の妥当性を監査している。

「指名報酬委員会」

指名報酬委員会は代表取締役社長 大隅健一と独立社外取締役 川口哲郎、垣鍔公良及び町野静の4名で構成され、代表取締役社長 大隅健一を委員長とし、委員長は委員の互選により決定している。当委員会は指名に関する委員会と報酬に関する委員会をそれぞれ原則年1回開催するほか、必要に応じて随時開催することとしている。また、取締役個々の報酬額や経営陣幹部の選任と取締役・監査役候補の指名について、個々の経歴、業績等(再任の場合は任期中の業績等を含む)のみならず、人格や知見が取締役及び監査役の候補として十分かどうか任意の指名報酬委員会で審議している。

「経営会議」

経営会議は取締役と各本部の本部長等 取締役 大隅健一他11名で構成され、取締役 大隅健一を議長とし、経営上重要な事項について取締役会決議の事前審議を行うとともに、業務執行上の意思決定を行っている。

「執行役員会」

執行役員会は執行役員社長 大隅健一他22名で構成され、執行役員社長 大隅健一を議長とし、定例執行役員会を年4回開催し、取締役会で決定された方針の伝達・指示を行うとともに業務の執行状況について報告を行っている。

 

0104010_001.png

2)企業統治の体制を採用する理由

当社は、企業として社会的使命と責任を果たすとともに、継続的に成長と発展を目指すため、企業競争力強化の観点から迅速で適切な経営判断を行うことが重要であり、経営の透明性を図るためのチェック機能の充実及び公平性を維持することが重要な課題であると考えており、その課題を対処する最良の組織体制が現在の体制であると考えている。

 

③企業統治に関するその他の事項

1)内部統制システムの整備状況

当社の内部統制システムの基本方針は以下のとおりである。

a.当社の取締役、執行役員および使用人の職務の執行が法令および定款に適合することを確保するための体制

1.当社は、当社の取締役、執行役員および使用人(以下「役職員」という。)が法令、定款その他社内規程および社会通念を遵守した行動を取るため、「大豊建設株式会社企業行動規範」を定め、全役職員に周知徹底させる。

2.当社は、財務報告の信頼性を確保するため、金融商品取引法その他の関係法令に基づき、内部統制システムを整備し、運用するとともに、法令等に定められた開示を適時適切に行う。

3.当社は、社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力との一切の関係を遮断するとともに、これら反社会的勢力に対しては、外部専門機関と連携し、全社を挙げて毅然とした態度で対応する。

b.取締役の職務の執行に係る文書その他の情報の保存および管理に関する体制

1.当社は、取締役および執行役員(以下「取締役等」という。)の職務の執行に係る文書その他の情報を法令および文書・記録管理規程に基づき、適切に作成し、保存および管理を行う。

2.当社は、取締役会議事録および事業運営上の重要事項に関する決裁書類など取締役の職務の執行に関する重要な文書については、取締役等および監査役が必要に応じていつでも閲覧することができるよう保存し、管理する。

c.損失の危険の管理に関する規程その他の体制

  当社は、監査室に定期的に日常の業務執行について内部監査を実施させるものとし、調査結果を社長に報告する。なお、業務執行に関して、法令または社内規程等に反するおそれのあるリスクが発見されたときは、監査室長は、直ちに社長および関係部門管理者にその旨報告し、関係部門管理者は、その報告に基づき必要な改善措置をとる。

d.取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

1.当社は、取締役会で年度経営計画および中期経営計画を定め、取締役等はその目標達成のために効率的に職務執行を行い、定期的にその進捗状況を取締役会において報告する。

2.当社は、業務執行の決定にあたり、法令および取締役会規程、経営会議規程、執行役員会規程等の社内規程に従い、審議の効率化および実効性の向上を図る。

3.当社は、日常の業務執行については、職務執行規程、職制等に従い、業務遂行に必要な職務の範囲および責任を明確にし、役職員に周知徹底させる。

e.当社および子会社から構成される企業グループにおける業務の適正を確保するための体制

1.当社の子会社の取締役等の職務執行にかかる事項の報告に関するための体制

当社は、当社および子会社の取締役が出席するグループ役員連絡会等を定期的に開催し、子会社の営業成績、財務状況その他の重要な情報を把握するとともに、グループ全体の情報共有化を図る。

2.子会社の損失の危険の管理に関する体制

当社は、子会社の事業活動に伴い生じる各種リスクの対応策については、当社が指示する部署において、その対応策を検討し、子会社の取締役等に対する指導を行うほか、災害等の当社および子会社に共通する事項については、対応マニュアルを整備している。

3.子会社の取締役等の職務執行が法令および定款に適合することを確保するための体制

イ.当社は、グループ各社にそれぞれの規模や業態に応じて、適正数の監査役またはコンプライアンス推進担当者を置くよう指導するとともに、子会社の取締役等および使用人に対し、コンプライアンスの知識を高めるための研修を実施し、コンプライアンス体制の強化を図る。

ロ.当社は、グループ役員連絡会等において、グループ全体のコンプライアンスに係る重要事項等につき協議し、情報共有したうえで指導を行うとともに、内部統制システムの基本方針に基づき、内部統制システムの継続的な向上を図る。また、当社は、適宜に当社の顧問弁護士により、当社および子会社の取締役等ならびに使用人に対し研修を行う。

ハ.当社は、当社の企業グループ全体に適用される内部通報制度として公益通報者保護規程を定め、外部の弁護士に対して直接通報を行うことができるコンプライアンス・ホットラインを設置する。

 

f.監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する事項

1.取締役会は、監査役会監査の実効性を高め、かつ監査業務を円滑に遂行するため、監査役の要請に基づき、監査役会と充分に協議し、監査役会との合意に基づき、監査役の職務を補助すべき使用人を配置する。

2.監査役の職務を補助すべき使用人を配置する際、当該使用人は専属とし、監査役の指揮命令のみに服する。また,当該使用人の人事異動、人事評価、懲戒処分の決定は、あらかじめ監査役会が委任した常勤監査役の同意を必要とする。

g.監査役への報告に関する体制

1.当社の取締役等は、取締役会、執行役員会等の会議において、監査役に対し、審議事項・決議事項につき、適切な報告を行うために、法令を遵守し、有効な内部統制の運用および財務内容の適正開示に努める。

2.取締役等は、会社に著しい損害を及ぼすおそれのある事実を発見したときは、直ちに監査役に報告する。

3.監査役が取締役等の職務の執行に関して意見を表明し、またはその改善を勧告したときは、当該取締役等は、改善を求められた事項の対応等およびその進捗状況を監査役に報告する。

4.当社の子会社の取締役等、監査役および使用人は、職務執行に関して重大な法令・定款違反、若しくは不正行為の事実、又は会社に重大な損失を与える事実、またはその恐れがあることを知ったときは、遅滞なく当社監査役、または当社管理本部長に報告を行い、管理本部長は当社の監査役に報告するものとする。

5.当社は、当社の監査役へ前項の報告を行った当社および子会社の役職員に対し、当該報告したことを理由として不利な取扱いを行うことを禁止し、その旨を当社および子会社の役職員に周知徹底する。

h.その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制

1.監査役は、取締役会に出席するほか、必要と認められる重要な会議に出席する。

2.当社は、監査役がその職務の執行について、会社法第388条に基づく費用の前払等の請求をしたときは、担当部署において審議の上、速やかに当該費用または債務を処理する。

3.当社および子会社の取締役等は、監査体制の実効性を高めるため、監査役の意見を充分に尊重し、監査役の監査に協力する。

4.監査役は、月1回定期に監査役会を開催するほか、必要に応じて臨時に開催し、監査実施状況等について情報交換および協議を行うとともに、会計監査人から定期的に会計監査に関する報告を受け、意見交換を行う。

 

2)リスク管理体制の整備の状況

 当社のリスク管理は、社内各部署において担当業務に関するリスクを想定し、その対応策を作成し教育している。災害等各部署に共通するリスクについては、対応マニュアルを整備し継続的に教育している。また、日常の業務については、監査室を中心とした監査チームが定期的な内部監査を実施し、業務執行に関し法令・社内規程等に反する恐れのあるリスクが発見された時は、直ちに管理本部長に報告し、必要な改善を行っている。また顧問弁護士とは顧問契約に基づき、法律上の判断を必要とする場合に適時指導・助言等を受けている。

 

3)提出会社の子会社の業務の適正を確保するための体制整備の状況

 当社の子会社の業務の適正を確保するため、子会社の事業活動に伴い生じる各種リスクの対応策については、当社が指示する部署において、その対応策を検討し、子会社の取締役等に対する指導を行うほか、災害等の当社および子会社に共通する事項については、対応マニュアルを整備している。

 

④責任限定契約の内容の概要

1)社外取締役及び監査役

 当社と社外取締役及び監査役は、その職務を行うにつき善意でかつ重大な過失がないときは、会社法第423条第1項の賠償責任を、金1,000万円又は会社法第425条第1項第1号及び第2号の合計額のいずれか高い額に限定する契約を締結している。

2)会計監査人

 当社と有限責任 あずさ監査法人は、会社法第427条第1項の規定に基づき、同法第423条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結しており、当該契約に基づく損害賠償責任限度額は、同法第425条第1項に定める最低責任限度額となっている。

 

⑤取締役の定数

当社の取締役は10名以内とする旨を定款に定めている。

 

⑥取締役の選任の決議要件

 当社は取締役の選任決議について議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行い、取締役の選任決議は、累積投票によらない旨を定款に定めている。

 

⑦株主総会決議事項を取締役会で決議することができる事項

当社は、以下の株主総会決議事項について取締役会で決議することができる旨を定款に定めている。

1)自己の株式の取得

  経済情勢の変化に対応して財務政策等の経営諸施策を機動的に遂行することを可能とするため、会社法第165条第2項の規定に基づき、取締役会の決議によって市場取引等により自己の株式を取得することができる。

 

2)取締役の責任免除

  職務の遂行にあたり期待される役割を十分に発揮できるよう、会社法第426条第1項の規定に基づき、任務を怠ったことによる取締役(取締役であった者を含む。)の損害賠償責任を、法令の限度において、取締役会の決議によって免除することができる。

 

3)監査役の責任免除

  職務の遂行にあたり期待される役割を十分に発揮できるよう、会社法第426条第1項の規定に基づき、任務を怠ったことによる監査役(監査役であった者を含む。)の損害賠償責任を、法令の限度において、取締役会の決議によって免除することができる。

⑧株主総会の特別決議要件

 当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款に定めている。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目的とするものである。

 

(2)【役員の状況】

① 役員一覧

男性10名 女性 1名 (役員のうち女性の比率9.1%)

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数

(千株)

代表取締役

執行役員社長

大隅 健一

1951年10月24日

 

1974年4月

当社入社

2006年4月

東京支店副支店長

2007年4月

東北支店副支店長

2008年2月

東北支店長

2008年6月

執行役員東北支店長

2010年6月

取締役兼常務執行役員就任

2012年4月

取締役兼専務執行役員就任

2016年4月

取締役兼執行役員副社長就任東北支店長を委嘱

2017年4月

代表取締役兼執行役員副社長就任

2017年6月

代表取締役兼執行役員社長就任(現任)

 

(注)4

4

代表取締役

執行役員副社長

多田 二三男

1953年11月23日

 

1977年4月

当社入社

2004年7月

土木本部土木第一営業部長

2005年6月

取締役就任

2006年4月

取締役兼執行役員就任

土木本部次長を委嘱

2007年1月

東京支店長を委嘱

2007年6月

取締役兼常務執行役員就任

土木本部副本部長を委嘱

2008年6月

土木本部長を委嘱

2009年6月

代表取締役兼専務執行役員就任

2011年4月

代表取締役兼執行役員副社長就任(現任)

2012年4月

建築本部長を委嘱

 

(注)3

8

代表取締役

執行役員副社長

管理本部長

中杉 正伸

1953年10月3日

 

1977年4月

当社入社

1999年8月

管理本部総務部法務課長

2004年3月

管理本部総務部総務課長

2008年1月

管理本部総務部長

2009年2月

執行役員管理本部長

2009年6月

 

2010年6月

2013年4月

2019年4月

2020年4月

取締役兼執行役員就任

管理本部長を委嘱(現任)

取締役兼常務執行役員就任

取締役兼専務執行役員就任

取締役兼執行役員副社長就任

代表取締役兼執行役員副社長就任(現任)

 

(注)3

3

取締役

専務執行役員

土木本部長

森下 覚恵

1956年4月23日

 

1979年4月

当社入社

2003年10月

広島支店営業部長代理

2005年4月

広島支店営業部長

2008年6月

広島支店長

2009年4月

大阪支店土木技術部長

2010年4月

大阪支店土木営業部長

2013年4月

九州支店長

2014年4月

2017年4月

2018年4月

2019年4月

2019年6月

 

執行役員九州支店長

執行役員名古屋支店長

常務執行役員名古屋支店長

専務執行役員土木本部長

取締役兼専務執行役員就任(現任)

土木本部長を委嘱

 

(注)3

1

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数

(千株)

取締役

専務執行役員

建築本部長

永田 修一

1958年5月22日

 

1982年4月

当社入社

2011年5月

大阪支店建築部次長

2011年9月

大阪支店建築部長

2011年11月

大阪支店建築部長兼積算部長

2014年4月

建築本部建築部長兼建築第一営業部長

2015年4月

執行役員建築本部副本部長兼建築部長兼建築第一営業部長

2018年4月

 

2019年4月

2019年6月

 

2020年4月

常務執執行役員建築本部副本部長兼建築部長兼建築第一営業部長

常務執行役員建築本部長兼建築部長

取締役兼常務執行役員就任

建築本部長兼建築部長を委嘱

取締役兼専務執行役員就任(現任)

建築本部長を委嘱

 

(注)3

2

取締役

川口 哲郎

1948年10月31日

 

2005年12月

外務省中東アフリカ局地域調整官

2006年3月

大臣官房総務課企画官人事課

2008年1月

特命全権大使マダガスカル、コモロ

2012年12月

退官

2017年6月

取締役就任(現任)

 

(注)3

取締役

垣鍔 公良

1954年10月25日

 

1982年4月

検事任官東京地方検察庁

1986年4月

 

2005年4月

弁護士登録第一東京弁護士会

垣鍔法律事務所入所

東京ウィル法律事務所開設

2017年6月

取締役就任(現任)

 

(注)3

取締役

町野 静

1982年1月31日

 

2007年12月

弁護士登録第一東京弁護士会

弁護士法人北浜法律事務所入所

2015年8月

 

2016年11月

増田・舟井・アイファースト&ミッチェル法律事務所客員弁護士

弁護士法人イノベンティア入所

2019年1月

 

2019年6月

弁護士法人イノベンティアパートナー(現任)

取締役就任(現任)

 

(注)3

監査役

(常勤)

木屋 善之

1954年8月27日

 

1977年4月

当社入社

2003年4月

2006年7月

管理本部経理部主計課長

㈱森本組経理部長

2008年4月

㈱森本組執行役員管理本部副本部長兼経理部長

2009年6月

 

2011年6月

2013年6月

㈱森本組取締役執行役員管理本部副本部長兼経理部長

㈱森本組監査役

監査役就任(現任)

 

(注)5

0

監査役

(非常勤)

橋本 一男

1953年5月8日

 

2010年4月

あいおい損害保険㈱(現あいおいニッセイ同和損害保険㈱)執行役員四国本部長

2010年10月

あいおい損害保険㈱(現あいおいニッセイ同和損害保険㈱)執行役員北海道本部長

2011年4月

あいおい生命保険㈱常務執行役員

2011年10月

 

2014年3月

2017年6月

三井住友海上あいおい生命保険㈱

執行役員

同社退任

監査役就任(現任)

 

(注)5

監査役

(非常勤)

原田 良輔

1954年5月22日

 

2010年4月

㈱三井住友銀行常務執行役員

2011年5月

 

2011年6月

三井住友ファイナンス&リース㈱

専務執行役員

同社取締役専務執行役員

2013年5月

SMBC債権回収㈱顧問

2013年6月

2017年6月

2017年6月

2017年6月

同社代表取締役社長

同社退任

エイチアールディー㈱取締役(現任)

監査役就任(現任)

 

(注)5

19

 (注)1.取締役川口哲郎、垣鍔公良及び町野静は、「社外取締役」である。

2.監査役橋本一男及び原田良輔は、「社外監査役」である。

3.2019年6月27日開催の定時株主総会の終結の時から2年間

4.2020年6月26日開催の定時株主総会の終結の時から2年間

5.2017年6月29日開催の定時株主総会の終結の時から4年間

 

6.当社は、法令に定める監査役の員数を欠くことになる場合に備え、会社法第329条第3項に定める補欠監査役1名を選任している。補欠監査役の略歴は次のとおりである。

 

氏名

生年月日

略歴

所有株式数

(千株)

土屋 文男

1952年7月26日生

1985年4月  弁護士登録

       第二東京弁護士会

1989年4月 土屋綜合法律事務所開設

       現在に至る

0

 

7.当社は執行役員制度を導入しており、2020年6月26日現在の執行役員は次のとおりである。

 ※印は取締役兼務者である。

役職名

氏名

担当業務

※執行役員社長

大 隅 健 一

 

※執行役員副社長

多 田 二三男

安全環境担当

※執行役員副社長

中 杉 正 伸

管理本部長兼コンプライアンス・関係会社・総務事項担当

※専務執行役員

森 下 覚 恵

土木本部長兼海外部門担当

※専務執行役員

永 田 修 一

建築本部長

専務執行役員

松 井 秀 一

東京土木支店長

常務執行役員

今 井 和 美

技師長

常務執行役員

田 丸   裕

土木本部副本部長

常務執行役員

尾 形 則 光

名古屋支店長

常務執行役員

釘 本   実

管理本部副本部長兼経理部長

常務執行役員

中 村 百 樹

東京建築支店長

常務執行役員

浅 田 潤 一

東北支店長

執行役員

竹 内   清

土木本部

執行役員

上 島 明 彦

監査室長

執行役員

池 田   聡

管理本部人事部長

執行役員

高 畑 真 二

建築本部副本部長

執行役員

木 内   孝

東京建築支店副支店長

執行役員

瀬 知 昭 彦

企画室長

執行役員

益 田 浩 史

大阪支店長

執行役員

釣 部 敏 雄

海外支店長兼海外現地法人担当

執行役員

小 野 剛 史

管理本部総務部長

執行役員

田 中 浩 一

九州支店長

執行役員

松 岡 昭 二

大阪支店副支店長

 

 

② 社外役員の状況

 当社の社外取締役は3名、社外監査役は2名である。

 社外取締役の川口哲郎は、長年行政機関の要職を歴任し幅広い経験と知見を基に、経営への監督と提言をして頂くことができることから社外取締役として選任している。当社との間には特別な利害関係はなく、独立性を有していると考えている。

 社外取締役の垣鍔公良は、弁護士としての専門的な知識と経験を基に、経営への監督と提言をして頂くことができることから社外取締役として選任している。当社との間には特別な利害関係はなく、独立性を有していると考えている。

 社外取締役の町野静は、弁護士としての専門的な知識と経験を基に、2017年12月19日に公表した「第三者委員会設置のお知らせ」に記載の当社事業所における不正取引に関して、第三者委員会の委員として、事実関係の調査及び原因究明に尽力した経緯があり、独立した客観的立場からの監督・助言機能が期待でき、当社のコーポレート・ガバナンス強化に有用であると判断し、社外取締役として選任している。当社との間には当該第三者委員会の委員としての立場及び支払った委託料が4百万円未満であることを勘案し、一般株主と利益相反が生じる恐れがなく、独立性を有していると考えている。

 社外監査役の橋本一男は、他企業にて要職を歴任、専門的な知識、豊富な経験により監査体制強化を図るため選任している。当社との間には人的関係、資本関係及び特別な利害関係はなく、独立性を有していると考えている。

 なお、同氏は過去において当社の主要な株主であるあいおい損害保険㈱(現あいおいニッセイ同和損害保険㈱)の業務執行者であり、2020年3月31日現在、同社が当社株式の3.68%を保有する資本関係にあるが、既に退任後相当期間経過しており、出身会社の意向に影響を受ける立場にない。

 社外監査役の原田良輔は、金融機関にて要職を歴任、専門的な知識、豊富な経験により監査体制強化を図るため選任している。当社との間には人的関係、資本関係及び特別な利害関係はなく、独立性を有していると考えている。

 なお、同氏は過去において当社の主要な取引金融機関である㈱三井住友銀行の業務執行者であるが、既に退任後相当期間経過しており、出身銀行の意向に影響を受ける立場にない。

 当社において、社外取締役及び社外監査役を選任するための独立性に関する基準はないものの、東京証券取引所の独立性の判断基準及び専門的な知見に基づく客観的かつ適切な提言、監督又は監査といった機能及び役割が期待され、一般株主と利益相反が生じるおそれがないこと等を参考として選任している。

 

1)他の法人等との業務状況及び当社と当該他の法人等との関係

垣鍔公良氏の兼職先である東京ウィル法律事務所と当社とは重要な取引その他の関係にない。

 原田良輔氏の兼職先であるエイチアールディー株式会社と当社とは重要な取引その他の関係にない。

 町野静氏の兼職先である弁護士法人イノベンティアと当社とは重要な取引その他の関係にない。

 

2)他の法人等の社外役員の兼職状況及び当社と当該他の法人等との関係

    該当事項はありません。

 

3)主要取引先等特定関係事業者との関係

        該当事項はありません。

 

4)当事業年度における主な活動状況

    取締役会等への出席状況及び発言状況

区 分

氏  名

出席状況及び発言状況

取締役

川 口 哲 郎

当期開催の取締役会16回のうち全てに出席し、議案審議等に適宜必要な発言を行っている。

取締役

垣 鍔 公 良

当期開催の取締役会16回のうち15回に出席し、議案審議等に適宜必要な発言を行っている。

取締役

町 野   静

当期開催の取締役会16回のうち就任後開催された11回全てに出席し、議案審議等に適宜必要な発言を行っている。

監査役

橋 本 一 男

当期開催の取締役会16回のうち15回に出席し、議案審議等に適宜必要な発言を行っている。

監査役

原 田 良 輔

当期開催の取締役会16回のうち全てに出席し、議案審議等に適宜必要な発言を行っている。

 

5)当社の子会社において受け取った役員としての報酬等の総額

    該当事項はありません。

 

③ 社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部統制部門との関係

社外取締役による監督は経営陣幹部の選解任その他の取締役会の重要な意思決定を通じ、経営の監督を行っている。

社外監査役による監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部統制部門との関係については、取締役会、監査役会及び内部統制部門会議等において適宜報告及び意見交換がされている。

 

(3)【監査の状況】

①監査役監査の状況

当社における監査役監査は、月1回定期に監査役会を開催するほか、必要に応じて臨時に開催し、当社の会計監査人である有限責任 あずさ監査法人から会計監査の結果報告を受け、必要に応じその結果の説明を求め確認している。

なお、常勤監査役の木屋善之は、通算8年にわたり決算手続並びに財務諸表の作成等に従事し、監査役として7年従事している。また、社外監査役の橋本一男は、保険業界にて要職を歴任、専門的な知識、豊富な経験を有しており、社外監査役の原田良輔は、金融機関にて要職を歴任、専門的な知識、豊富な経験を有している。

当事業年度において当社は監査役会を月1回開催しており、個々の監査役の出席状況については次のとおりである。

氏  名

開催回数

出席回数

木 屋 善 之

16

16

橋 本 一 男

16

15

原 田 良 輔

16

15

監査役会における主な検討事項として、監査に関する必要事項の報告を受け、協議・決議を行っている。

また、常勤監査役の活動として、会計監査人及び経理部等との間で意見聴取、情報交換を行っている。

 

②内部監査の状況

 内部監査担当は3名であり、代表取締役直轄の監査室を中心とした監査チームが、本社各部門及び各支店の内部監査を実施しており、監査役監査との連携を図り、会社の業務及び財産の状況を調査し、事業年度ごとに作成される監査計画に基づく監査を実施している。なお、会計監査及び財務報告に係る内部統制監査の報告について、会計監査人と意見交換し、連携を図っている。

 

③会計監査の状況

1)監査法人の名称

有限責任 あずさ監査法人

2)継続監査期間

50年間

上記は、調査が著しく困難であったため、現任の監査人である有限責任 あずさ監査法人の前身(の1つ)である朝日監査法人が監査法人組織になって以降の期間について記載したものである。実際の継続監査期間は、この期間を超える可能性がある。

3)業務を執行した公認会計士

岩出 博男

田中 淳一

4)監査業務に係る補助者の構成

公認会計士6名、その他9名である。

5)監査法人の選定方針と理由

監査役及び監査役会は、当社の会計監査人として適格性、監査実施体制に問題なく、事業の性質上の望まれる分野の知見も有している監査法人であると判断し、選定した。

6)監査役及び監査役会による監査法人の評価

当社の監査役及び監査役会は、監査法人に対して評価を行っている。この評価については、監査役会で審議して評価した。

 

④監査報酬の内容等

1)監査公認会計士等に対する報酬

区分

前連結会計年度

当連結会計年度

監査証明業務に基づく報酬(百万円)

非監査業務に基づく報酬(百万円)

監査証明業務に基づく報酬(百万円)

非監査業務に基づく報酬(百万円)

提出会社

41

43

連結子会社

14

14

55

58

 

 

2)監査公認会計士等と同一のネットワーク(KPMG)に属する組織に対する報酬(1)を除く)

(前連結会計年度)

 該当事項なし。

(当連結会計年度)

 該当事項なし。

 

3)その他重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

(前連結会計年度)

 該当事項なし。

(当連結会計年度)

 該当事項なし。

 

4)監査報酬の決定方針

 当社の会計監査人に対する監査報酬は、監査日数等を勘案の上、交渉により決定し、監査役及び監査役会で審議して決定している。

 

5)監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由

当社の監査役会が会社法第399条第1項の同意をした理由は、当社の監査役及び監査役会が会計監査人の監査の内容、職務執行状況、報酬見積り等を検討した結果、適切な報酬額であると判断したものである。

 

(4)【役員の報酬等】

役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項

1)役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針

当社は取締役の報酬決定に際し、公正性、透明性、客観性を確保する観点から、代表取締役を委員長とし、社外取締役3名を委員とする指名報酬委員会において審議した内容を取締役会で決議決定している。

当社の役員報酬は、「基本報酬」「業績報酬」及び「株式報酬」により構成されている。この内「基本報酬」は役位毎に定められた額であり、代表取締役が各々の職務及び業績等を考慮して策定する「業績報酬」と合わせて、役位毎に定められた上限額以内で支給することを原則としている。「株式報酬」は、役員の中長期的な業績の向上と企業価値の増大に貢献する意識を高めるために導入した制度であり、役位に応じた基礎金額を基に算出したポイントを、設定した信託を通じて各事業年度末に付与し、退任時に当社株式として交付する。

また、監査役の個々の報酬額については、監査役の協議により決定している。役員報酬の年度限度額については、株主総会の決議事項とする。

 

2)役員の報酬等に関する株主総会の決議について

当社の取締役報酬については、2019年6月27日開催の第70期定時株主総会において、年度限度額を180百万円以内(うち社外取締役分15百万円以内)とすることと共に、新たに導入する取締役に対する株式報酬制度の概要及び制度に基づき取締役に交付する当社株式の取得金額として、当初3事業年度に合計150百万円を上限とする拠出金により信託を設定すること等について承認決議された。

 

3)最近事業年度の取締役報酬等の額の決定過程における取締役会と指名報酬委員会の活動について

当社の取締役報酬制度と取締役の報酬額に関し、2020年6月12日の指名報酬委員会で審議した。その答申を受け、2020年6月26日の取締役会で承認決議した。

 

役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

役員区分

報酬等の総額

(百万円)

報酬等の種類別の総額(百万円)

対象となる

役員の員数

(人)

基本報酬

賞与

株式報酬

ストック

オプション

株式給付

取締役(社外取締役を除く。)

142

117

24

7

監査役(社外監査役を除く。)

12

12

1

社外役員

21

21

5

 

(5)【株式の保有状況】

①投資株式の区分の基準及び考え方

当社は、投資株式について、株式の価値の変動または配当の受領によって利益を得ることを目的として保有する株式を純投資目的である投資株式とそれ以外の株式を純投資目的以外の目的である投資株式(政策保有株式)に区分している。

 

②保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

1)保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の内容

当社は、保有先企業の動向、取引の状況、当該保有株式の市場価額等の状況を踏まえて、当該企業との取引関係の開拓・維持・安定化、提携関係、その他事業上の関係、地域社会や同業者との関係維持により、当社の企業価値の向上に資すると認められる場合、政策保有目的で株式を保有することを基本方針としている。

当社は政策保有株式の検証を毎年、取締役会において保有銘柄毎に保有に伴う便益やリスクが資本コストに見合っているか検証するとともに、中長期的な関係維持、取引拡大等の保有目的に沿っているかを検証した結果を基に個別銘柄ごとに保有の適否を検証し、保有意義が認められないものについては売却を含め検討することとしている。2019年度に実施した検証の結果、保有意義が認められなかった8銘柄について売却をした。

当社は政策保有株式の議決権行使について、当社の企業価値向上に資するかどうか、保有目的に沿うかどうか等を考慮することとし、長期に業績が低迷する場合や不祥事が発生した場合には、発行会社に状況を確認した上で検討し議決権行使を行う。

 

2)銘柄数及び貸借対照表計上額

 

銘柄数

(銘柄)

貸借対照表計上額の

合計額(百万円)

非上場株式

22

660

非上場株式以外の株式

20

4,745

 

(当事業年度において株式数が増加した銘柄)

 

銘柄数

(銘柄)

株式数の増加に係る取得

価額の合計額(百万円)

株式数の増加の理由

非上場株式

非上場株式以外の株式

5

366

取引関係のより一層の強化が当社の企業価値向上に資する判断による株式購入。

 

(当事業年度において株式数が減少した銘柄)

 

銘柄数

(銘柄)

株式数の減少に係る売却

価額の合計額(百万円)

非上場株式

3

82

非上場株式以外の株式

5

464

 

3)特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報

  特定投資株式

銘柄

当事業年度

前事業年度

保有目的、定量的な保有効果

及び株式数が増加した理由

当社の株

式の保有

の有無

株式数(株)

株式数(株)

貸借対照表計上額

(百万円)

貸借対照表計上額

(百万円)

住友不動産㈱

638,000

638,000

(保有目的)

工事請負に係る取引先であり、保有による取引関係の強化により工事受注量の確保等が見込めるため、当社の経営戦略上保有が適当と判断している。

(定量的な保有効果)

なお、定量的な保有効果については、資本コストに見合っているか検証する指標として、配当に加え、取引高や工事利益等を使用しているため、取引先との営業機密の観点から記載は困難である。

1,681

2,925

京浜急行電鉄㈱

517,209.574

511,123.834

(保有目的)

上記に同じ。

(定量的な保有効果)

上記に同じ。

(増加の理由)

取引関係のより一層の強化が当社の企業価値向上に資すると判断し、取引先持株会を通じた購入により増加している。

939

959

㈱協和エクシオ

167,700

167,700

(保有目的)

上記に同じ

(定量的な保有効果)

上記に同じ。

403

512

㈱横河ブリッジホールディングス

152,300

152,300

(保有目的)

上記に同じ

(定量的な保有効果)

上記に同じ。

299

289

太平電業㈱

121,700

(保有目的)

上記に同じ。

(定量的な保有効果)

上記に同じ。

(増加の理由)

工事受注量の確保等を目的として株式を購入している。

282

コムシスホールディングス㈱

78,732

78,435

(保有目的)

上記に同じ。

(定量的な保有効果)

上記に同じ。

(増加の理由)

取引関係のより一層の強化が当社の企業価値向上に資すると判断し、取引先持株会を通じた購入により増加している。

219

236

MS&ADインシュアランスグループホールディングス㈱

69,343

69,343

(保有目的)

保険契約等の取引を行っており、保有による取引関係の強化により保険取引の円滑化が見込めるため、当社の資本政策上保有が適当と判断している。

(定量的な保有効果)

上記に同じ。

209

233

小田急電鉄㈱

72,137

72,137

(保有目的)

工事請負に係る取引先であり、保有による取引関係の強化により工事受注量の確保等が見込めるため、当社の経営戦略上保有が適当と判断している。

(定量的な保有効果)

上記に同じ。

171

193

 

 

銘柄

当事業年度

前事業年度

保有目的、定量的な保有効果

及び株式数が増加した理由

当社の株

式の保有

の有無

株式数(株)

株式数(株)

貸借対照表計上額

(百万円)

貸借対照表計上額

(百万円)

旭コンクリート工業㈱

190,000

190,000

(保有目的)

資材購買に係る取引先であり、保有による取引関係の強化により納入コストの低減等が見込めるため、当社の経営戦略上保有が適当と判断している。なお、定量的な保有効果については、資本コストに見合っているか検証する指標として、配当に加え、取引高や工事利益等を使用しているため、取引先との営業機密の観点から記載は困難である。

(定量的な保有効果)

上記に同じ。

122