EDINET閲覧(提出)サイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)をもとに上場企業サーチ作成

本ページはEDINETに提出された開示情報を上場企業サーチが加工/編集したものであり、記載された情報の正確性および完全性について上場企業サーチは一切の保証を行いません。本ページの情報を利用する際は自己の責任で判断頂き、意思決定に際しては適宜EDINETや提出会社が公開するオリジナルを参照する様にしてください。本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

【表紙】

 

【提出書類】

有価証券報告書

【根拠条文】

金融商品取引法第24条第1項

【提出先】

関東財務局長

【提出日】

2021年6月29日

【事業年度】

第72期(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)

【会社名】

三晃金属工業株式会社

【英訳名】

SANKO METAL INDUSTRIAL CO., LTD.

【代表者の役職氏名】

代表取締役社長  佐 藤 宏 明

【本店の所在の場所】

東京都港区芝浦四丁目13番23号

【電話番号】

03(5446)5600(代表)

【事務連絡者氏名】

経理部長  宮 崎 智 裕

【最寄りの連絡場所】

東京都港区芝浦四丁目13番23号

【電話番号】

03(5446)5601

【事務連絡者氏名】

経理部長  宮 崎 智 裕

【縦覧に供する場所】

株式会社東京証券取引所

(東京都中央区日本橋兜町2番1号)

 

 

E00109 19720 三晃金属工業株式会社 SANKO METAL INDUSTRIAL CO., LTD. 企業内容等の開示に関する内閣府令 第三号様式 Japan GAAP false cns 2020-04-01 2021-03-31 FY 2021-03-31 2019-04-01 2020-03-31 2020-03-31 1 false false false E00109-000 2021-06-29 E00109-000 2016-04-01 2017-03-31 E00109-000 2017-04-01 2018-03-31 E00109-000 2018-04-01 2019-03-31 E00109-000 2019-04-01 2020-03-31 E00109-000 2020-04-01 2021-03-31 E00109-000 2017-03-31 E00109-000 2018-03-31 E00109-000 2019-03-31 E00109-000 2020-03-31 E00109-000 2021-03-31 E00109-000 2016-04-01 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00109-000 2017-04-01 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00109-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00109-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00109-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00109-000 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00109-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00109-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00109-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00109-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00109-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E00109-000:RoofOperationReportableSegmentsMember E00109-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E00109-000:BuildingMaterialOperationReportableSegmentsMember E00109-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp_cor:CorporateSharedMember E00109-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E00109-000:RoofOperationReportableSegmentsMember E00109-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E00109-000:BuildingMaterialOperationReportableSegmentsMember E00109-000 2021-06-29 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E00109-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E00109-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No1MajorShareholdersMember E00109-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No2MajorShareholdersMember E00109-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No3MajorShareholdersMember E00109-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No4MajorShareholdersMember E00109-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No5MajorShareholdersMember E00109-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No6MajorShareholdersMember E00109-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No7MajorShareholdersMember E00109-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No8MajorShareholdersMember E00109-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No9MajorShareholdersMember E00109-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No10MajorShareholdersMember E00109-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithNoVotingRightsMember E00109-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsTreasurySharesEtcMember E00109-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsOtherMember E00109-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesTreasurySharesSharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E00109-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsOtherMember E00109-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesLessThanOneUnitMember E00109-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row1Member E00109-000 2021-06-29 jpcrp_cor:Row1Member E00109-000 2021-06-29 jpcrp030000-asr_E00109-000:SatoHiroakiMember E00109-000 2021-06-29 jpcrp030000-asr_E00109-000:YoshiiIkuoMember E00109-000 2021-06-29 jpcrp030000-asr_E00109-000:TsutsumiKojiMember E00109-000 2021-06-29 jpcrp030000-asr_E00109-000:NaganoMitsuhiroMember E00109-000 2021-06-29 jpcrp030000-asr_E00109-000:KonnoTetsuyaMember E00109-000 2021-06-29 jpcrp030000-asr_E00109-000:ShigetaYasunariMember E00109-000 2021-06-29 jpcrp030000-asr_E00109-000:TakayamaHideyukiMember E00109-000 2021-06-29 jpcrp030000-asr_E00109-000:YasuiKiyoshiMember E00109-000 2021-06-29 jpcrp030000-asr_E00109-000:OyaKyoushiMember E00109-000 2021-06-29 jpcrp030000-asr_E00109-000:WatanabeKyoyaMember E00109-000 2021-06-29 jpcrp_cor:Row2Member E00109-000 2021-06-29 jpcrp_cor:Row3Member E00109-000 2021-06-29 jpcrp_cor:Row4Member E00109-000 2021-06-29 jpcrp_cor:Row5Member E00109-000 2021-06-29 jpcrp_cor:Row6Member E00109-000 2021-06-29 jpcrp_cor:Row7Member E00109-000 2021-06-29 jpcrp_cor:Row8Member E00109-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:DirectorsExcludingOutsideDirectorsMember E00109-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:CorporateAuditorsExcludingOutsideCorporateAuditorsMember E00109-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:OutsideDirectorsAndOtherOfficersMember E00109-000 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00109-000 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00109-000 2019-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00109-000 2020-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00109-000 2020-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00109-000 2019-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00109-000 2020-03-31 jppfs_cor:ReserveForSpecialDepreciationMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00109-000 2019-03-31 jppfs_cor:ReserveForSpecialDepreciationMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00109-000 2020-03-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00109-000 2019-03-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00109-000 2019-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00109-000 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00109-000 2019-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00109-000 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00109-000 2019-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00109-000 2020-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00109-000 2019-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00109-000 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00109-000 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00109-000 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00109-000 2019-03-31 jppfs_cor:RevaluationReserveForLandMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00109-000 2020-03-31 jppfs_cor:RevaluationReserveForLandMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00109-000 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00109-000 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00109-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00109-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00109-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00109-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00109-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00109-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00109-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ReserveForSpecialDepreciationMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00109-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ReserveForSpecialDepreciationMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00109-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00109-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00109-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00109-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00109-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:RevaluationReserveForLandMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00109-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00109-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00109-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00109-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00109-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00109-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00109-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00109-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00109-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00109-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00109-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:RevaluationReserveForLandMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00109-000 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00109-000 2021-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00109-000 2021-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00109-000 2021-03-31 jppfs_cor:ReserveForSpecialDepreciationMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00109-000 2021-03-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00109-000 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00109-000 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00109-000 2021-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00109-000 2021-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00109-000 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00109-000 2021-03-31 jppfs_cor:RevaluationReserveForLandMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00109-000 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00109-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E00109-000:RoofOperationReportableSegmentsMember E00109-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E00109-000:RoofOperationReportableSegmentsMember E00109-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E00109-000:BuildingMaterialOperationReportableSegmentsMember E00109-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E00109-000:BuildingMaterialOperationReportableSegmentsMember E00109-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E00109-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E00109-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E00109-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E00109-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E00109-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E00109-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E00109-000:RoofOperationReportableSegmentsMember E00109-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E00109-000:BuildingMaterialOperationReportableSegmentsMember E00109-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E00109-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E00109-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E00109-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E00109-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E00109-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember iso4217:JPY iso4217:JPY xbrli:shares xbrli:pure xbrli:shares

第一部 【企業情報】

 

第1 【企業の概況】

 

1 【主要な経営指標等の推移】

(1)連結経営指標等

 

回次

第68期

第69期

第70期

第71期

第72期

決算年月

2017年3月

2018年3月

2019年3月

2020年3月

2021年3月

売上高

(百万円)

35,486

経常利益

(百万円)

2,554

親会社株主に帰属する
当期純利益

(百万円)

1,743

包括利益

(百万円)

1,839

純資産額

(百万円)

14,969

総資産額

(百万円)

29,466

1株当たり純資産額

(円)

3,882.01

1株当たり当期純利益

(円)

452.23

潜在株式調整後
1株当たり当期純利益

(円)

自己資本比率

(%)

50.8

自己資本利益率

(%)

12.2

株価収益率

(倍)

6.8

営業活動による
キャッシュ・フロー

(百万円)

2,565

投資活動による
キャッシュ・フロー

(百万円)

825

財務活動による
キャッシュ・フロー

(百万円)

615

現金及び現金同等物
の期末残高

(百万円)

5,623

従業員数

(名)

476

 

(注) 1.売上高には、消費税等は含まれておりません。

2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

3.2016年10月1日を効力発生日として、10株を1株とする株式併合を実施したため、第68期の期首に当該株式併合が行われたと仮定し、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益を算定しております。

4.第69期より連結財務諸表を作成しておりませんので、第69期、第70期、第71期及び第72期の連結会計年度に係る主要な経営指標等の推移については記載しておりません。

 

 

(2)提出会社の経営指標等

 

回次

第68期

第69期

第70期

第71期

第72期

決算年月

2017年3月

2018年3月

2019年3月

2020年3月

2021年3月

売上高

(百万円)

35,258

35,019

36,107

33,995

32,239

経常利益

(百万円)

2,513

2,450

2,874

2,366

2,500

当期純利益

(百万円)

1,717

2,397

1,943

1,236

1,685

持分法を適用した場合の
投資利益

(百万円)

資本金

(百万円)

1,980

1,980

1,980

1,980

1,980

発行済株式総数

(千株)

3,960

3,960

3,960

3,960

3,960

純資産額

(百万円)

14,868

16,765

18,014

18,672

19,971

総資産額

(百万円)

28,654

31,546

33,134

31,013

30,421

1株当たり純資産額

(円)

3,855.80

4,347.74

4,671.85

4,842.41

5,179.65

1株当たり配当額

(円)

130.00

180.00

150.00

100.00

130.00

(内1株当たり中間配当額)

(円)

(―)

(―)

(―)

(―)

(―)

1株当たり当期純利益

(円)

445.27

621.86

504.12

320.60

437.12

潜在株式調整後
1株当たり当期純利益

(円)

自己資本比率

(%)

51.9

53.1

54.4

60.2

65.7

自己資本利益率

(%)

12.0

15.2

11.2

6.7

8.7

株価収益率

(倍)

6.9

5.8

5.5

6.3

7.0

配当性向

(%)

29.2

28.9

29.8

31.2

29.7

営業活動による
キャッシュ・フロー

(百万円)

2,864

2,150

3,358

1,557

投資活動による
キャッシュ・フロー

(百万円)

624

1,351

769

306

財務活動による
キャッシュ・フロー

(百万円)

525

704

1,612

424

現金及び現金同等物
の期末残高

(百万円)

7,401

7,495

8,472

9,298

従業員数

(名)

441

448

466

470

481

株主総利回り

(%)

102.7

124.6

103.7

82.5

119.3

(比較指標:配当込みTOPIX)

(%)

(114.7)

(132.9)

(126.2)

(114.2)

(162.3)

最高株価

(円)

365

(3,475)

4,375

3,765

2,829

3,230

最低株価

(円)

270

(2,810)

2,850

2,439

1,902

1,900

 

(注) 1.売上高には、消費税等は含まれておりません。

2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

3.2016年10月1日を効力発生日として、10株を1株とする株式併合を実施したため、第68期の期首に当該株式併合が行われたと仮定し、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益を算定しております。

 

4.第68期まで連結財務諸表を作成しておりますので、第68期の持分法を適用した場合の投資利益、営業活動によるキャッシュ・フロー、投資活動によるキャッシュ・フロー、財務活動によるキャッシュ・フロー並びに現金及び現金同等物の期末残高は記載しておりません。また、第69期から第72期は関連会社を有しておりませんので、第69期から第72期の持分法を適用した場合の投資利益は記載しておりません。

5.最高株価及び最低株価は、東京証券取引所市場第一部におけるものであります。なお、2016年10月1日付にて株式の併合(10株を1株に併合)を実施しており、第68期の株価については当該株式併合前の最高・最低株価を記載し、( )内に当該株式併合後の最高・最低株価を記載しております。

 

 

2 【沿革】

 

年月

概要

1949年6月

山口県光市に三晃金属工業株式会社設立

1950年6月

本社・工場を光市より下松市に移転

1954年6月

八幡製鐵株式會社(現 日本製鉄株式会社)、日本鐵板(旧 日鉄日新製鋼)が資本参加

1959年7月

本社を東京都新宿区柏木に移転

1961年9月

本社を東京都千代田区神田小川町(神田三和銀行ビル)に移転

1962年9月

東京証券取引所市場第二部に上場

1964年12月

埼玉県深谷市に深谷製作所を新設

1966年6月

鉄溝・建材部門を分離し、子会社 三晃建材工業株式会社を設立

1968年1月

本社を東京都中央区八丁堀(月星ビル)に移転

1969年3月

子会社 三晃建材工業株式会社を吸収合併

1971年10月

東京・大阪証券取引所市場第一部銘柄に指定

1971年12月

本社を東京都中央区京橋(第一ぬ利彦ビル)に移転

1972年6月

子会社 三晃内装工業株式会社を設立

1974年9月

京都府福知山市に長田野製作所を新設

1979年8月

子会社 三晃内装工業株式会社を解散

1988年2月

滋賀県東近江市に愛東製作所(現 滋賀製作所)を新設

1988年4月

横浜営業所を東京支店から分離し横浜支店として独立

1989年4月

札幌工場を札幌支店から分離し江別製作所として独立

1989年6月

子会社 株式会社福知山三晃(現 非連結子会社)を設立

1990年4月

埼玉県深谷市に総合技術センター(現 技術開発センター)を新設

1990年10月

子会社 有限会社江別三晃工作(現 非連結子会社)を設立

1993年4月

子会社 株式会社深谷三晃(現 非連結子会社)を設立

1999年6月

本社と東京支店を統合し東京都港区芝浦に移転

2014年3月

関連会社 水上金属工業株式会社を子会社化

2014年6月

太陽光発電による売電事業開始

2017年4月

連結子会社 水上金属工業株式会社を吸収合併し、子会社 光三晃株式会社(現 非連結子会社)を設立

 

 

 

3 【事業の内容】

当社グループは、「当社」、「子会社4社」及び「その他の関係会社1社」で構成されており、屋根事業及び建材事業を主な事業として取り組んでおります。

当社グループの事業における当社グループ各社の位置付け及びセグメントとの関連は、次のとおりであります。なお、セグメントと同一の区分であります。

 

[屋根事業]

長尺屋根工事、R-T工事、ハイタフ工事、ソーラー工事、塗装工事及び長尺成型品販売を行っております。
 屋根事業で使用する材料については、主にその他の関係会社の「日本製鉄(株)」の製品を仕入れております。
 また、屋根材等の加工作業の相当部分を非連結子会社の「(株)深谷三晃」、「光三晃(株)」に外注しております。

 

[建材事業]

住宅成型品販売を行っております。
 建材事業で使用する材料については、主にその他の関係会社の「日本製鉄(株)」の製品を仕入れております。
 また、屋根材等の加工作業の相当部分を非連結子会社の「(株)深谷三晃」、「(株)福知山三晃」、「(有)江別三晃工作」に外注しております。

 

[その他]

太陽光により発電した電力を電力会社に卸売りする事業を行っております。

 

事業の系統図は次のとおりであります。


 

 

 

 

 

4 【関係会社の状況】

 

名称

住所

資本金
または
出資金
(百万円)

主要な事業
の内容

議決権の所有(被所有)割合

関係内容

所有割合
(%)

被所有割合
(%)

 

(その他の関係会社)

 

 

 

 

 

 

日本製鉄㈱
(注) 1

東京都
千代田区

419,524

鉄鋼及び化学製品の製造販売並びに建設工事

直接 32.38
 
間接  0.79

役員の兼任有り 2名

 

(注) 1.有価証券報告書の提出会社であります。

2.上記以外に非連結子会社が4社あります。

 

 

5 【従業員の状況】

(1) 提出会社の状況

2021年3月31日現在

従業員数(名)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(円)

481

42.3

17.1

6,955,423

 

 

セグメントの名称

従業員数(名)

屋根事業

408

建材事業

45

全社(共通)

28

合計

481

 

(注) 1.従業員数は、当社から他社への出向者を除く就業人員数であります。

2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。

3.全社(共通)は、総務及び経理等の管理部門の従業員であります。

 

(2) 労働組合の状況

当社には労働組合があり、当社の労働組合は三晃金属工業労働組合と称し、1977年7月2日に結成され、2021年3月31日現在の組合員数は270名であります。

なお、労使関係については円滑な関係にあり、特記すべき事項はありません。

 

第2 【事業の状況】

 

1 【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

文中の将来に関する事項は、当事業年度末現在において、当社が判断したものであります。

 

(企業理念)

我々は

一、 快適で環境に優しい屋根空間を創造し、社会に貢献します。

一、 現場力を磨き、専門性を活かした高品質の建築作品とサービスを提供します。

一、 誠実と勤勉を旨とし、自ら熟慮を重ねて信頼に応えるよう行動します。

一、 人を育て、人を活かし、活力に溢れる企業であり続けます。

 

(経営方針、経営環境及び対処すべき課題等)

当社は、ここ数年高い建築需要を背景に利益率重視を基本とした経営方針のもと、安定した売上高、収益を維持し、財務体質も大幅に改善してまいりました。しかしながら、労働人口の減少、環境変化の拡大、先進技術の進展等、当社を取り巻く環境が大きく変化する中で、労働集約型事業の当社において、変化への対応を誤れば業容縮小を余儀なくされかねない、まさに今、サスティナビリティ上の分岐点に立っていると認識し、今般中期計画を策定いたしました。その中で、業務プロセス改革による「生産性の飛躍的向上」と、「技術力の再強化」による商品・施工の差別化拡大を軸とした取り組みを行うことで、中期的に企業価値の向上を実現し、売上高、収益の拡大を図り、80周年、さらに100周年においても、我が社が「顧客や社会、全てのステークホルダーから信用・信頼され、選ばれる企業」であり続けることを目指すことといたしました。

 

 

「技術力の再強化」を軸とした主要施策

サスティナビリティの観点から、以下の主要施策を実行し、「競合者との差別化の拡大」「生産性の飛躍的向上」を推進してまいります。

 


 

 

主要施策①商品・工法開発力の強化

 新しい開発推進体制を起点とした開発力の強化とスピードアップにより、自然環境・ニーズの変化と人口減に立ち向かう省力化工法・商品の早期市場投入の実現を目指します。

 


 

主要施策②施工管理力の強化

 過去に亘る工事実績データの活用により施工管理力の強化を図ります。

 


 

 

主要施策③製造体制の強化

 最適製造体制の再構築による競争力の強化を図ります。

 


 

 

主要施策④施工体制の強化

 全国に展開する三友会を軸とした施工体制の再強化を図ります。

 


 

 

 

 主要施策を支える働き方改革・人材開発の推進

 

  働き方改革

   ・業務プロセスの改革による生産性の向上

   ・業務基盤/DXの推進によるシステムとデータの統合・改善・活用

    ・課題の克服、新たな価値創造に向けた風土の改革

 

  人材開発

   ・新卒、中途採用の継続強化による人材の確保

    ・当社のコア技術、ノウハウの体系化と習得のための研修の強化

    ・多様な人材が誇りをもって活躍できる環境の整備

 


 

 

2 【事業等のリスク】

当社の経営成績及び財政状況等に影響を及ぼす可能性のあるリスクには、以下のようなものがあります。

なお、文中における将来に関する事項は、有価証券報告書提出日(2021年6月29日)現在において当社が判断したものであります。

 

(1) 他社との競合リスクについて

屋根事業においては、競合他社との間で競争状態にあります。今後建設市場の縮小が継続し、受注競争の激化から受注価格が下落した場合には、当社の業績に影響を及ぼす可能性があります。

当該リスクに関しては、差別化商品の開発、施工体制、施工管理力の強化等により競争力維持に努めてまいります。

 

(2) 信用リスクについて

営業債権である受取手形、電子記録債権、完成工事未収入金等は、取引先の信用リスクに晒されております。

当該リスクに関しては、与信管理規程に従い、受注時の与信審査を厳格に行うとともに、必要に応じ適切な債権保全策を実施することにより当該リスクの軽減を図っております。

 

(3) 資材価格の変動リスクについて

屋根事業において、主要資材価格が高騰し受注価格に反映することが困難な場合、当社の業績に影響を及ぼす可能性があります。

 当該リスクに関しては、調達先との価格交渉、分散化、資材の早期発注などの原価低減努力により工事損益への影響を最小限に抑えるよう努めております。

 

(4) 重大事故の発生リスクについて

屋根事業は、作業環境や作業方法から危険を伴うことも多く、人身や施工物に関わる重大な事故が発生した場合、当社の業績に影響を及ぼす可能性があります。

当該リスクに関しては、工事着手に先立ち事前に施工計画を策定し、安全な作業環境を整え施工しております。また、徹底した安全教育を実施し、危険予知活動や安全パトロールなど災害を撲滅するための活動を推進しております。事業部門とは独立した安全・衛生・環境部が工事現場や製作工場へ安全パトロールを実施するとともに、過去事例や他社事例に基づき教育を行うなど、指導・監督の下、安全管理が十分に配慮された体制で施工を行っております。

 

(5) 訴訟リスクについて

当社は、工事の施工において、施工品質の維持・向上に万全を期しておりますが、工事完成の引き渡し後の補修、契約不適合責任、製造物責任等に関連する訴訟や、その他事業活動を行う過程における取引先からの訴訟等が提起された場合、当社業績に影響を及ぼす可能性があります。

当該リスクに関しては、取引に際して事前に顧問弁護士によるリーガルチェック、コンプライアンス体制の整備・適正運用を通じて、訴訟リスクの未然防止・軽減に努めております。

また、万一、訴訟等が提起された場合に備え、顧問弁護士と連携し、訴訟等に的確に対応する体制を整備しております。

 

  (6) 協力会社の確保に係るリスクについて

当社は工事の施工管理を行っているため、優秀な協力会社の確保・育成・新規採用が不可欠であります。現状、協力会社を中心として受注工事に対応できる施工能力を有しておりますが、将来主要な協力会社に不測の事態が発生した場合、受注機会の喪失や納期遅延等の問題が発生する恐れがあり、当社の業績に影響を及ぼす可能性があります。

当該リスクに関しては、工事総括部を中心として協力会社の核である「三友会」の強化による施工品質と施工技術、施工能力の向上の推進に注力するとともに、継続取引協力業者の三友会加入による施工強化や増員支援を図ることで当該リスクの軽減を図っております。

 

 (7) 固定資産の減損損失について

経営環境等の変化による収益性低下により投資額の回収が見込めなくなった場合、保有している固定資産について減損損失を計上する可能性があります。

当該リスクに関しては、財務担当役員を委員長とした設備予算委員会による投資案件の審議により投資の可否を慎重に検討しており、取得後は、同委員会による定期的なモニタリング、四半期毎の減損兆候の把握等に努めております。

 

 (8) 新型コロナウイルス感染症について

新型コロナウイルス感染症が蔓延し、需要の減退、工事中断の長期化の支障などが生じた場合、当社の業績に影響を及ぼす可能性があります。

新型コロナウイルス感染症に対して当社は、下記感染予防・感染防止対応策を施しております。

 ・安全衛生面の徹底(マスク着用、検温、外部との接触の自粛等)

 ・テレワークを積極活用し、出社する場合混雑時間帯を避けるよう「勤務時間の変更」を活用

 ・社内外との会議など各種打合せは、原則Web会議

 ・国内外の出張原則禁止

 ・当社主催行事は社内外問わず原則見合わせ

なお、当事業年度においては、当社の業績に重要な影響は生じておりません。

 

3 【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

当事業年度における当社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下、「経営成績等」という。)の状況の概要並びに経営者の視点による当社の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりであります。なお、文中の将来に関する事項は、当事業年度末現在において判断したものであります。

 

(1)2020年度の事業環境

 ・2020年度の全国非住宅鉄骨造着工床面積が申請ベースで前年比8%減少

    また、全国非住宅鉄骨造着工床面積の内、当社工事物件に関係する工場・倉庫においても前年比4%減少


 

(2)当事業年度の決算概要

 1)業績ハイライト

 

科目

前事業年度実績

(百万円)

当事業年度実績

(百万円)

対前期増減

(百万円)

増減率

(%)

 

売上高 

33,995

32,239

△1,756

△5.2

 

売上総利益

7,569

7,172

△396

△5.2

 

売上総利益率(%) 

22.3

22.2

△0.0

 

販売費及び一般管理費

5,202

4,672

△530

△10.2

 

経常利益 

2,366

2,500

134

5.7

 

当期純利益

1,236

1,685

449

36.3

 

ROS(%)
(売上高経常利益率)

7.0

7.8

0.8

 

ROE(%)

6.7

8.7

2.0

 

  ①売上高 △1,756百万円

   当期の受注減と、ここ数年来の工事期間の後ろ倒し影響により△1,756百万円の減収

 

    ②経常利益 +134百万円

   減収による収益減を、工事原価管理強化等コスト低減努力の成果により吸収し134百万円の増益

    ア.工事後ろ倒し影響          △392百万円

    イ.受注単価下落等影響         △406百万円

    ウ.原価低減効果             +401百万円

    エ.販売費及び一般管理費のコスト低減効果 +530百万円

 

  ③ROS +0.8%の7.8%

 

  ④ROE +2.0%の8.7%

 

(3)財政状態、キャッシュ・フロー、配当金推移

  1)財政状態

 

科目

前事業年度

(百万円)

当事業年度

(百万円)

対前期増減

(百万円)

増減率

(%)

 

流動資産

21,810

21,704

△105

△0.5

 

固定資産

9,202

8,716

△486

△5.3

 

資産合計

31,013

30,421

△592

△1.9

 

流動負債

9,403

7,496

△1,906

△20.3

 

固定負債

2,937

2,952

14

0.5

 

負債合計

12,341

10,449

△1,892

△15.3

 

純資産

18,672

19,971

1,299

7.0

 

負債・純資産合計

31,013

30,421

△592

△1.9

 

借入金

 

自己資本比率

60.2%

65.7%

5.4%

 

 

 

(資産)

当事業年度末の総資産は、前事業年度末比592百万円(1.9%)減少の30,421百万円となりました。

これは主に、減価償却費の計上等により固定資産が減少したことによるものであります。

 

(負債)

負債は、前事業年度末比1,892百万円(15.3%)減少の10,449百万円となりました。

これは主に、支払条件の変更等により支払手形及び電子記録債務が減少したことによるものであります。

 

(純資産)

純資産は、前事業年度末比1,299百万円(7.0%)増加の19,971百万円となりました。

 

 

 

2017年3月

2018年3月

2019年3月

2020年3月

2021年3月

 

流動比率  (%)

175.7

186.3

187.9

231.9

289.5

 

自己資本比率(%)

51.9

53.1

54.4

60.2

65.7

 

当事業年度末における流動比率は289.5%(前年同期比57.6%改善)となりました。これは主に、支払条件の変更等により流動負債が減少したことによるものであります。

自己資本比率は65.7%(前年同期比5.5%改善)となりました。これは主に、支払条件の変更等による総資産の減少に対し、当期純利益の計上に伴い純資産が増加したことによるものであります。

今後とも財務上の健全性確保及び資産効率性を高めることを推進してまいります。

 


 

 

2)キャッシュ・フロー

 営業キャッシュ・フローは毎期黒字を計上

 2019年度には借入金(10億円)を返済し無借金へ


 

 

2016年度

2017年度

2018年度

2019年度

2020年度

 

現金及び現金同等物期末残高(百万円)

5,407

7,401

7,495

8,472

9,298

 

 

当事業年度末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、9,298百万円となりました。

当事業年度における各キャッシュ・フローの状況と主な要因は次のとおりであります。

 

(営業活動によるキャッシュ・フロー)

営業活動による資金の増加は1,557百万円となりました。

主な増加要因は、税引前当期純利益2,504百万円、減価償却費660百万円、売上債権の減少額890百万円であります。

主な減少要因は、仕入債務の減少額1,736百万円、法人税等の支払額652百万円であります。

 

(投資活動によるキャッシュ・フロー)

投資活動による資金の減少は306百万円となりました。

主な減少要因は、有形固定資産の取得による支出278百万円であります。

 

(財務活動によるキャッシュ・フロー)

財務活動による資金の減少は424百万円となりました。

主な減少要因は、配当金の支払額386百万円であります。

 

 

3)配当金推移

 業績に応じた利益配分の指標として配当性向30%を目安


 

4)資金需要

当社の運転資金需要のうち主なものは、工事施工に必要な材料、外注加工費、製造関連費等の施工原価及び一般管理費等の費用であります。投資を目的とした資金需要のうち主なものは、屋根事業及び建材事業に係る成型機等の取得を目的とした設備投資によるものであります。また、株主還元については、業績に応じた利益配分を基本とした配当政策に基づき実施しております。

 

5)資金調達

当社は、運転資金及び投資目的とした資金需要を自己資金でまかなっております。

また、適切な現預金残高を維持することに加え、一時的な資金不足に備え、主要取引銀行とのコミットメントライン契約により、充分な流動性を確保しております。

当事業年度末における現金及び現金同等物の残高は9,298百万円となっており、重要な有利子負債はありません。

 

 

(4)セグメントごとの経営成績

 

 

 

セグメント売上高

セグメント利益

 

 

前事業年度

当事業年度

増減

増減率

前事業年度

当事業年度

増減

増減率

 

屋根事業

30,017

28,709

△1,308

△4.4%

2,310

2,393

82

3.6%

 

建材事業

3,896

3,453

△442

△11.4%

20

68

47

230.4%

 

その他

81

76

△4

△5.6%

34

38

3

9.4%

 

合計

33,995

32,239

△1,756

△5.2%

2,366

2,500

133

5.7%

 

 (屋根事業)

  セグメント売上高は、主に改修工事分野で新型コロナウイルス感染症による工事延期等の影響を受け、前年同

 期比1,308百万円(4.4%)減収の28,709百万円となりました。

  セグメント利益は、減収による収益減を工事原価管理強化等コスト低減努力の成果により吸収し、前年同期比 

 82百万円(3.6%)増益の2,393百万円となりました。

 

 (建材事業)

  セグメント売上高は、新型コロナウイルス感染症対策による営業活動自粛の影響により新規リフォーム受注が 

 減少したこと等により、前年同期比442百万円(11.4%)減収の3,453百万円となりました。

  セグメント利益は、製造コスト改善に加えコスト低減努力の成果により、前年同期比47百万円(230.4%)増益

  の68百万円となりました。

 

(その他)

セグメント売上高は、前年同期比4百万円(5.6%)減収の76百万円となりました。

セグメント利益は、前年同期比3百万円(9.4%)増益の38百万円となりました。

 

(5)施工、受注及び売上の状況

  1) 施工実績

当事業年度における施工実績を工事種類ごとに示すと、次のとおりであります。

 

セグメント
の名称

区分

施工高

(百万円)

前年同期比

(%)

屋根事業

工事

長尺屋根

22,846

△3.9

ハイタフ

2,130

△18.4

R-T

488

△52.1

ソーラー

658

33.0

塗装

299

△48.0

 

合計

26,422

△7.2

 

(注) 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

 

 2)受注実績

当事業年度における受注実績及び受注残高をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。

 

セグメント
の名称

区分

受注高

(百万円)

前年同期比

(%)

受注残高

(百万円)

前年同期比

(%)

屋根事業

工事

長尺屋根

23,306

△6.1

14,454

2.0

ハイタフ

2,306

5.3

1,093

18.0

R-T

525

△34.3

350

10.1

ソーラー

1,250

311.8

767

533.9

塗装

484

△9.0

229

627.0

販売

長尺成型品

2,934

44.5

1,610

95.4

ソーラー成型品

18

△10.8

5

 

30,827

0.4

18,511

12.9

建材事業

販売

住宅成型品

3,453

△11.4

 

3,453

△11.4

その他

売電事業

76

△5.6

 

76

△5.6

合計

34,357

△0.9

18,511

12.9

 

(注) 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

 

 3)売上実績

当事業年度における売上実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。

 

セグメント
の名称

区分

売上高

(百万円)

前年同期比

(%)

屋根事業

工事

長尺屋根

23,024

△2.8

ハイタフ

2,140

△18.9

R-T

493

△53.2

ソーラー

604

22.1

塗装

286

△50.4

販売

長尺成型品

2,148

40.0

ソーラー成型品

12

△37.9

 

28,709

△4.4

建材事業

販売

住宅成型品

3,453

△11.4

 

3,453

△11.4

その他

売電事業

76

△5.6

 

76

△5.6

合計

32,239

△5.2

 

(注) 1.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

2.セグメント間の取引はありません。

 

(6)重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

当社の財務諸表は、我が国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成されております。この財務諸表を作成するにあたって、資産、負債、収益及び費用の報告額に影響を及ぼす見積り及び仮定を用いておりますが、これら見積り及び仮定に基づく数値は実際の結果と異なる可能性があります。

財務諸表の作成に当たって用いた会計上の見積り及び仮定のうち、重要なものは以下のとおりであります。

 

1)重要な収益及び費用の計上基準

完成工事高の計上は、当事業年度末までの進捗部分について成果の確実性が認められる工事については工事進行基準(工事の進捗度の見積りは原価比例法)を、その他の工事については工事完成基準を適用しております。

工事進行基準による完成工事高計上においては工事原価総額の見積りにより収益及び損益の額に影響を与えます。工事原価総額の見積りは当初は実行予算によって行います。実行予算作成時には、作成時点で入手可能な情報に基づいた気象条件、施工条件、資材価格について仮定を設定し、作業効率等を勘案して工種毎に詳細に積み上げることによって工事原価総額を見積ります。工事着工後は各工事において実際の発生原価と対比して適時・適切に工事原価総額の見直しを行っており、工事原価総額について検討・分析を実施しております。

また、完成工事高計上においては原価比例法を採用しており、実際の工事の進捗状況と累計発生原価率との乖離が疑われる場合には、その要因を調査・検討することで計上額が妥当であることを検証しており、企業会計基準第15号「工事契約に関する会計基準」に基づき、完成工事高を計上しております。

このように気象条件、施工条件、資材価格、作業効率等さまざまな仮定要素があり、それらについて適時・適切に見積りを行っておりますが、将来の損益は見積金額と異なる場合があります。

 

2)完成工事補償引当金

完成工事に係る契約不適合責任等の費用に備えるため、過年度の実績率を基礎に将来の支出見込を勘案し、特定の物件については個別に発生見込額を考慮し、算定額を計上しております。

支出見込額の算定に際しては現在入手可能な情報(過去の実績、補修方法等)及び保険契約を基礎として算定しておりますが、見積りを超える瑕疵及び支出が発生した場合、追加の引当が必要となる可能性があります。

 

3)固定資産の減損

固定資産の減損会計の対象となる建物、構築物、機械及び装置、工具器具・備品並びに土地等を保有しております。減損の兆候の把握、認識の判定は慎重に実施しておりますが、受注状況や市場環境の変化等により、将来キャッシュ・フローの総額の見積りが帳簿価額を下回った場合に、減損損失の計上が必要となる可能性があります。

 

 

(7)2021年度業績予想

 事業環境の認識

  ・新型コロナウイルス感染症の影響など内外経済下振れリスク増大

  ・建設業界においても、工事中断や遅延のみならず、一部工事の発注見合わせなどにも波及するなど、業界を

   取り巻く環境は不透明感が増大

  ・全国非住宅鉄骨造着工床面積は下げ止まり感はあるものの低水準が続き、受注単価も昨年度末の下落傾向継

   続、さらに、足元においては鋼材価格は大幅上昇基調

 

 対策

  ・鋼材価格上昇の受注単価へのタイムリーな反映努力の継続

   ・生産プロセス等の見直しによる、一層のコスト低減施策の実行

    ・営業力の強化による、当社の強みを生かせる分野への注力

 

 2021年度業績予想

 

科目

2020年度実績

(百万円)

2021年度予想

(百万円)

対前期増減

(百万円)

増減率

(%)

 

売上高

32,239

32,500

260

0.8

 

経常利益

2,500

1,000

△1,500

△60.0

 

当期純利益

1,685

612

△1,073

△63.7

 

ROS(%)
(売上高経常利益率)

7.8

3.1

△4.7

 

 

 

4 【経営上の重要な契約等】

 該当事項はありません。

 

 

5 【研究開発活動】

研究開発活動につきましては、当社深谷製作所内に研究開発の活動拠点を設置し、「技術と素材」を活かした製品や各種工法システムの開発を通して、より高い品質と性能を持った屋根・壁の追求に取り組んでおります。
 また、新製品をスピーディかつタイムリーに市場へ送り出すため、社内各部門の代表者からなる「開発企画委員会」を組織して、全社的な開発戦略の検討・方向付けを行い的確かつ効率的な研究開発を鋭意進めております。
 当事業年度(2020年4月1日から2021年3月31日まで)の研究開発費は、232百万円であります。

 

セグメントごとの研究開発活動を示すと次のとおりであります。

 

(1) 屋根事業

屋根事業では、営業、工事、技術、開発が一体となって、顧客ニーズに基づき収益貢献度を勘案した開発テーマの選定と、省力化、安全作業性を考慮した製品・工法・治具の開発の推進機能を担う「開発企画推進班」を「開発企画委員会」の下部組織として組織し、下記事項に取り組んでおります。

 1)製品開発に至る企画案の収集から調査・分析、企画選定立案

  2)業務改善提案委員会などの製品開発及び工法・治具に関する提案事項の検討、選定

  3)営業・工事での過去の事例や技術検討依頼、異業種交流などから、開発に向けた潜在需要の探索、掘り

   起こしを行い企画立案につなげる

当事業年度における研究開発費の金額は228百万円であります。

 

(2) 建材事業

建材事業では、主にプレハブ住宅向け商品の研究開発を行っており、試作品製作や性能試験等を活動テーマとして取り組んでおります。

当事業年度における研究開発費の金額は4百万円であります。

 

第3 【設備の状況】

 

1 【設備投資等の概要】

当事業年度の設備投資については、新商品の開発、省力化、品質の向上などを目的とした設備投資を継続的に実施しております。
 当事業年度の設備投資等の総額は197百万円であり、セグメントごとの設備投資について示すと、次のとおりであります。

 

(1) 屋根事業

当事業年度の主な設備投資等は、屋根事業用の生産設備に130百万円の投資を実施しました。
 なお、重要な設備の除却又は売却はありません。

 

(2) 建材事業

当事業年度の主な設備投資等は、建材事業用の生産設備に67百万円の投資を実施しました。
 なお、重要な設備の除却又は売却はありません。

 

(3) その他

当事業年度の主な設備投資等はありません。

なお、重要な設備の除却又は売却はありません。

 

2 【主要な設備の状況】

 

 

 

 

2021年3月31日現在

事業所名
(所在地)

セグメントの名称

設備の内容

帳簿価額(百万円)

従業
員数
(名)

土地
(面積㎡)

建物・
構築物

機械、運搬具及び工具器具備品

ソフト

ウエア

その他

合計

本社
(東京都港区他)

屋根事業

本社機能

 

52

711

367

49

1,263

122

建材事業

生産設備

82

その他

太陽光
発電設備

(2,785)

深谷製作所
(埼玉県深谷市)

屋根事業

生産設備

2,881

996

251

1

4,132

12

建材事業

(89,365)

長田野製作所
(京都府福知山市)

建材事業

生産設備

659

149

88

1

 ―

899

6

(34,363)

滋賀製作所
(滋賀県東近江市)

屋根事業

生産設備

105

6

65

0

2

180

8

(8,972)

江別製作所
(北海道江別市)

屋根事業

生産設備

54

29

68

3

156

2

建材事業

(17,723)

光製作所
(山口県光市)

屋根事業

生産設備

183

399

170

5

758

5

(19,579)

 

(注) 1.現在休止中の主要な設備はありません。

2.上記の金額には消費税等は含まれておりません。

3.帳簿価額のうち「その他」は、建設仮勘定及びリース資産の合計であります。

 

3 【設備の新設、除却等の計画】

(1) 重要な設備の新設等

当事業年度末現在における重要な設備の新設及び改修等に係る投資予定額は561百万円でありますが、その所要資金については、自己資金で充当する予定であります。

重要な設備の新設及び改修等の計画は、次のとおりであります。

 

会社名

セグメントの名称

設備の内容

投資予定額

着手及び完工予定

予定額
(百万円)

既支払額
(百万円)

着  手

完  工

提出

会社

屋根事業

長尺用成型機等

458

2021年4月

2022年3月

建材事業

住宅用成型機等

102

2021年4月

2022年3月

 

(注) 上記の金額には消費税等は含まれておりません。

 

(2) 重要な設備の除却等

重要な設備の除却等の計画はありません。

 

第4 【提出会社の状況】

 

1 【株式等の状況】

(1) 【株式の総数等】

① 【株式の総数】

 

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

12,000,000

12,000,000

 

 

② 【発行済株式】

 

種類

事業年度末現在
発行数(株)
(2021年3月31日)

提出日現在
発行数(株)
(2021年6月29日)

上場金融商品取引所
名又は登録認可金融
商品取引業協会名

内容

普通株式

3,960,000

3,960,000

東京証券取引所
市場第一部

単元株式数は100株
であります。

3,960,000

3,960,000

 

 

(2) 【新株予約権等の状況】

① 【ストックオプション制度の内容】

該当事項はありません。

 

② 【ライツプランの内容】

該当事項はありません。

 

③ 【その他の新株予約権等の状況】

該当事項はありません。

 

(3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

該当事項はありません。

 

(4) 【発行済株式総数、資本金等の推移】

 

年月日

発行済株式
総数増減数
(千株)

発行済株式
総数残高
(千株)

資本金増減額
 
(百万円)

資本金残高
 
(百万円)

資本準備金
増減額
(百万円)

資本準備金
残高
(百万円)

2016年10月1日

△35,640

3,960

1,980

344

 

(注) 2016年10月1日付にて株式の併合(10株を1株に併合)を実施したことに伴い、発行済株式総数は減少しております。

 

 

(5) 【所有者別状況】

2021年3月31日現在

区分

株式の状況(1単元の株式数100株)

単元未満
株式の状況
(株)

政府及び
地方公共
団体

金融機関

金融商品
取引業者

その他の
法人

外国法人等

個人
その他

個人以外

個人

株主数
(人)

17

27

55

61

2

3,734

3,896

所有株式数
(単元)

4,675

1,357

16,021

3,875

4

13,586

39,518

8,200

所有株式数
の割合(%)

 11.83

3.43

40.54

9.81

0.01

34.38

100.00

 

(注) 1.自己株式が「個人その他」の中に1,041単元、「単元未満株式の状況」の中に43株含まれております。

2.「その他の法人」の中に、証券保管振替機構名義の株式が1単元含まれております。

 

(6) 【大株主の状況】

2021年3月31日現在

氏名又は名称

住所

所有株式数
(千株)

発行済株式
(自己株式を除く。)の総数に対する所有株式数の割合(%)

日本製鉄株式会社

東京都千代田区丸の内2-6-1

1,245

32.31

NST日本鉄板株式会社

東京都中央区日本橋1-2-5

256

6.65

日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口)

東京都港区浜松町2-11-3

164

4.26

株式会社日本カストディ銀行(信託口)

東京都中央区晴海1-8-12

86

2.23

MSIP CLIENT SECURITIES
(常任代理人 モルガン・スタンレーMUFG証券株式会社)

25 Cabot Square, Canary Wharf, London E14 4QA, U.K.
(東京都千代田区大手町1-9-7)

50

1.31

 THE BANK OF NEW YORK MELLON 140040
(常任代理人 株式会社みずほ銀行) 

 240 GREENWICH STREET, NEY YORK, NY 10286, U.S.A.
(東京都港区港南2-15-1) 

49

1.27

DFA INTL SMALL CAP VALUE PORTFOLIO
(常任代理人 シティバンク、エヌ・エイ東京支店)

PALISADES WEST 6300,BEE CAVE ROAD BUILDING ONE AUSTIN TX 78746 US
(東京都新宿区新宿6-27-30)

41

1.08

大久保 敬一

香川県観音寺市

40

1.03

株式会社日本カストディ銀行(信託口5)

東京都中央区晴海1-8-12

39

1.01

JPモルガン証券株式会社

東京都千代田区丸の内2-7-3 東京ビルディング

38

0.98

2,012

52.18

 

(注) 1.上記のほか当社所有の自己株式104千株があります。

2.上記の所有株式数のうち信託業務に係る株式数は次のとおりであります。

日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口)

164千株

株式会社日本カストディ銀行(信託口)

86千株

株式会社日本カストディ銀行(信託口5)

39千株

 

3.所有株式数は千株未満を切り捨てております。

 

 

(7) 【議決権の状況】

① 【発行済株式】

2021年3月31日現在

区分

株式数(株)

議決権の数(個)

内容

無議決権株式

議決権制限株式(自己株式等)

議決権制限株式(その他)

完全議決権株式(自己株式等)

(自己保有株式)

普通株式

104,100

完全議決権株式(その他)

普通株式

3,847,700

38,477

単元未満株式

普通株式

8,200

発行済株式総数

3,960,000

総株主の議決権

38,477

 

(注) 1.「完全議決権株式(その他)」欄の普通株式には、証券保管振替機構名義の株式が100株(議決権1個)含まれております。

2.「単元未満株式」の欄には、当社所有の自己株式43株が含まれております。

 

② 【自己株式等】

2021年3月31日現在

所有者の氏名
又は名称

所有者の住所

自己名義
所有株式数
(株)

他人名義
所有株式数
(株)

所有株式数
の合計
(株)

発行済株式
総数に対する
所有株式数
の割合(%)

(自己保有株式)

三晃金属工業株式会社

東京都港区芝浦4-13-23

104,100

104,100

2.63

104,100

104,100

2.63

 

 

 

2 【自己株式の取得等の状況】

【株式の種類等】

会社法第155条第7号による普通株式の取得

 

 

(1) 【株主総会決議による取得の状況】

該当事項はありません。

 

(2) 【取締役会決議による取得の状況】

該当事項はありません。

 

(3) 【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

会社法第155条第7号による普通株式の取得

 

区分

株式数(株)

価額の総額(百万円)

当事業年度における取得自己株式

120

0

当期間における取得自己株式

 

(注) 当期間における保有自己株式数には、2021年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りによる株式数は含めておりません。

 

(4) 【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

 

区分

当事業年度

当期間

株式数(株)

処分価額の総額
(百万円)

株式数(株)

処分価額の総額
(百万円)

引き受ける者の募集を行った
取得自己株式

消却の処分を行った取得自己株式

合併、株式交換、株式交付、
会社分割に係る移転を行った
取得自己株式

その他

保有自己株式数

104,143

104,143

 

(注)  当期間における保有自己株式数には、2021年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りによる株式数は含めておりません。

 

3 【配当政策】

当社は、業績に応じた利益の配分を基本としつつ、企業価値向上に向けた投資等に必要な資金所要、先行きの業績見通し、財務体質等を勘案しつつ、期末の利益剰余金の配当を実施する方針であります。

「業績に応じた利益配分」の指標としては、配当性向の30%を目安といたします。

なお、期末配当の決定機関は取締役会であります。

当事業年度の剰余金の配当につきましては、1株当たり130.0円とさせていただくことといたしました。

今後は経営の効率化をなお一層推進するとともに更なる経営基盤の拡充と収益力の向上を図り、株主の皆様のご期待に沿うべく努力する所存であります。

 

(注) 基準日が当事業年度に属する剰余金の配当は、以下のとおりであります。

決議年月日

配当金の総額
(百万円)

1株当たり配当額
(円)

2021年4月28日

取締役会決議

501

130.0

 

 

 

4 【コーポレート・ガバナンスの状況等】

(1) 【コーポレート・ガバナンスの概要】

1)コーポレート・ガバナンスに関する基本的考え方

当社は「快適で環境に優しい屋根空間を創造し社会に貢献する。現場力を磨き、専門性を活かした高品質の建築作品とサービスを提供する。誠実と勤勉を旨とし自ら熟慮を重ねて信頼に応えるよう行動する。人を育て、人を活かし、活力に溢れる企業であり続ける」という企業理念の下、株主や取引先をはじめとするすべてのステークホルダーの負託と信頼に応え、当社の健全で持続的な成長と中長期的な企業価値の向上を図ってまいります。

 

2)企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由

(企業統治の体制の概要)

当社は、監査役会設置会社であり、取締役会及び監査役会により業務執行の監督及び監査を行っております。また、業務執行の意思決定機関として経営会議を設置し、機動的な業務執行を可能とするため執行役員制度を採用しております。さらに、補完機関としてリスクマネジメント委員会を設置し、会計監査人として有限責任 あずさ監査法人と監査契約を結んでおります。

取締役会は、7名の取締役(内、社外取締役2名)で構成され、原則として毎月1回開催し、取締役会規程に基づき経営の基本方針ならびに経営全般に係る重要な事項について執行決定を行うとともに、取締役職務の執行状況を監督しております。

また、取締役会には、全ての監査役が出席し、取締役の業務執行を監視できる体制となっております。

[議長]    佐藤宏明(代表取締役社長)

[構成員] 吉井郁雄(取締役専務執行役員)、堤孝二(取締役常務執行役員)、
      長野光博(取締役上席執行役員)、今野徹哉(取締役上席執行役員)、繁田康成(取締役)、

     髙山英幸(取締役)、安井潔(常任監査役)、大屋恭史(監査役)、渡辺匡也(監査役)

 

監査役会は、富な経験や高い識見を有する社外監査役2名(独立監査役として指定)及び社内出身の監査役1名により構成され、原則として毎月1回開催し、独立した立場から取締役の業務執行の監査等を行っております。

[議長]    安井潔(常任監査役)

[構成員]  大屋恭史(監査役)、渡辺匡也(監査役)

 

監査役は取締役会に出席するほか、経営会議及びリスクマネジメント委員会その他重要な会議に出席しております。また、監査役は各機能部門及び各事業場(以下、「各部門」という。)における業務監査(実地調査)を年1回実施し、取締役及び重要な使用人等による業務の執行状況及び内部統制システム・重点リスク事項等に係る体制の整備・運用状況について監査し、その結果等に基づき代表取締役社長及び内部統制・監査部との間で意見交換を行う等緊密な連携に努めております。

 

経営会議は、代表取締役社長を議長とし、代表取締役社長が指名した執行役員等及び常勤監査役により構成され、原則として毎週1回開催し、経営会議規程に基づき取締役会の付議事項を除く経営上の重要事項については審議・決定を行い、取締役会に付議すべき重要な事項については事前に審議し、業務執行並びに経営の効率性及び健全性の確保に努めております。

 

リスクマネジメント委員会は、内部統制基本規程に基づき代表取締役社長を委員長とし、内部統制・監査部内部統制・監査課を事務局として設置され、年4回及び必要の都度開催しております。当委員会においては、各部門におけるリスク管理体制の整備並びに遵守状況等について定期的に点検・確認するとともに、監査役とも情報を共有しつつ、その継続的な改善に努めております。また、重要な事項については、経営会議及び取締役会に都度報告・付議するとともに、各部門に対して通知し、全社的な情報の共有化に努めております。

[委員長] 代表取締役社長

[副委員長]内部統制・監査部管掌役員

[構成員] 総務部長、内部統制・監査部長、経理部長、安全・衛生・環境部長、営業本部長、営業総括部長、
       技術本部長、技術本部副本部長、工事総括部長、施工管理部長、製造技術部長、建材事業部長

[オブザーバー]常勤監査役

[事務局] 内部統制・監査課長

 

また、いわゆる内部通報システムとして、コーポレートリスク相談室等を設置し、社員及び外部者等による業務遂行上のリスクに関する相談・通報を受け付ける体制を整備しております。

会計監査人は、会社法及び金融商品取引法に基づく会計監査のいずれも有限責任 あずさ監査法人を選任し、独立した立場から監査が実施される環境を整備しております。

 

(当該体制を採用する理由)

業務執行取締役及び豊富な経験と高い識見を有する社外取締役から構成される取締役会が経営の基本方針や重要な業務の執行を行い、監査役が独立した立場から取締役の職務執行を監査する体制が、経営の効率性と健全性を確保し有効であると判断し、本体制を採用しております。

 

当社における会社の機関・内部統制等の関係

(→は報告、指示、監査、選任等を意味する。)


3)企業統治に関するその他の事項

(内部統制システムの整備状況)

当社は業務の適正を確保するための体制(内部統制システム)についてその基本方針を取締役会において次のとおり決議し、会社の業務の効率性並びに法令遵守及びリスク管理等の健全性の確保に努めるとともに、社会経済情勢その他環境の変化に応じて不断の見直しを行い、その整備・充実に努めております。

 

①当社の取締役の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制

取締役会は、取締役会規程その他の規程に基づき、経営上の重要事項について決定を行い、または報告を受けております。

業務を執行する取締役(以下、「業務執行取締役」という。)は、取締役会における決定に基づき、各々の職務分担に応じて職務を執行し、使用人の業務の執行を監督するとともに、法令遵守を含めその進捗状況を取締役会に報告しております。

 

②当社の取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制

当社は、取締役会議事録をはじめとする職務執行上の各種情報について、情報の保存及び管理に関する規程に基づき、対象とすべき情報、管理の方法並びに管理責任等を明確化し、必要なセキュリティー・ポリシー等を定めた上で適切に保存及び管理しております。

また、経営計画・事業方針、財務情報等の重要な企業情報について、法令等に定める方法のほか、適時・的確な開示に努めております。

 

③当社の損失の危険の管理に関する規程その他の体制

代表取締役社長を委員長とし、全社のリスクマネジメント活動を統括するリスクマネジメント委員会を設置し、リスク管理に係る基本方針、規程の制定・改廃その他重要事項を審議しております。

各機能部門長及び各事業場長(以下、「各部門長」という。)は、自部門における事業上のリスクの把握・評価を行い、規程において定められた権限・責任に基づき業務を遂行しております。各機能部門長は、担当する各機能別リスクについて、全社的視点から規程等を整備・周知するとともに、各部門及び各グループ会社への情報提供、指導、助言及び内部監査等を行っております。内部統制・監査部長は、各機能部及び各事業場(以下、「各部門」という。)における事業遂行上のリスクの識別・評価に基づくリスクマネジメント体制の整備及びその自律的な活動を支援し、併せて、全社的視点からリスクマネジメント活動の有効性に係る監視・点検を行っております。

リスクマネジメント活動等の状況は、定期的及び必要の都度開催するリスクマネジメント委員会において総括・レビューを行い、重要事項その他定められた事項については経営会議及び取締役会に報告しております。

経営に重大な影響を与える不測の事態が発生した場合または発生するおそれのある場合には、業務執行取締役は、損害及び影響等を最小限にとどめるため、直ちにリスクマネジメント委員会の招集を要請するなど、必要な対応をしております。

 

④当社の取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

経営計画、事業戦略、重要な設備投資等取締役の職務執行に係る重要な個別執行事項については、経営会議における事前の審議を経て、取締役会において執行決定を行っております。

各業務執行取締役、各執行役員、各部門長等は、取締役会における決定に基づき個別業務を遂行するが、職務の執行における効率性を確保するため、組織規程・業務分掌規程において各業務執行取締役、各執行役員、各部門長等の責任・権限を明確化するとともに、必要な業務手続き等を定めております。

 

⑤当社の使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制

法令遵守及びリスク管理等の当社の内部統制システムの運用については、各部門長の責任の下で各部門が自律的な活動を推進しております。

各部門長は、その職務の執行にあたり、各部門における法令及び社内規程の遵守・徹底を図り、業務上の法令違反行為の未然防止に努めるとともに、社員に対する教育・啓発に努めております。また、法令違反のおそれのある行為・事実を認知した場合には、速やかに内部統制・監査部長に報告しております。

内部統制・監査部長は、各部門における法令及び社内規程の遵守状況を定期的及び必要の都度監視・点検し、これらの内容をリスクマネジメント委員会に報告するとともに、必要に応じ、法令・社内規程違反等の未然防止策等につき適切な措置を講じております。また、重要事項その他定められた事項については経営会議及び取締役会に報告しております。

社員は、法令及び社内規程を遵守し、適正に職務を行う義務を負っております。違法行為等を行った社員については、就業規則等の定めに基づき制裁を行っております。

なお、併せて、社員等及びその家族、派遣社員・請負先社員等から業務遂行上のリスクに関する相談・通報を受け付ける内部通報制度を設置し、適切な運用に努めております。

 

⑥当社及び子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制

当社及びグループ会社の内部統制システムについては、各部門長及び各グループ会社社長の責任による自律的な構築・運用を基本とし、内部統制・監査部長が必要に応じ、その構築・運用を監視・点検しております。

当社及びグループ会社は、各社の事業特性を踏まえつつ事業戦略を共有化するとともに、グループ一体となった経営を行っております。

当社業務執行取締役、執行役員、各部門長及びグループ会社社長は、業務運営方針等を社員に周知・徹底しております。

これに基づく具体的な体制は以下の通りとしております。

ア.グループ会社の取締役等の職務の執行に係る事項の当社への報告に関する体制

各主管部門は、各グループ会社における事業計画、重要な事業方針、決算等、当社の連結経営上または各グループ会社の経営上の重要事項について、各グループ会社に対し報告を求めるとともに、助言等を行っております。

イ.グループ会社の損失の危険の管理に関する規程その他の体制

各主管部門は、各グループ会社におけるリスク管理状況につき、各グループ会社に対し報告を求めるとともに、助言等を行っております。

ウ.グループ会社の取締役等の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

各主管部門は、各グループ会社の業績評価を行うとともに、マネジメントに関する支援を行っております。

エ.グループ会社の取締役等及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制

各主管部門は、各グループ会社における法令遵守及び内部統制の整備・運用状況につき、各グループ会社に対し報告を求めるとともに、必要な支援・助言等を行っております。また、各グループ会社における法令違反のおそれのある行為・事実について、各グループ会社に対し報告を求めるとともに、速やかに内部統制・監査部長に報告しております。

 

⑦監査役の監査に関する事項

当社の取締役、執行役員、各部門長及びその他の使用人等は、職務執行の状況、経営に重要な影響をおよぼす事実等の重要事項について、適時・適切に監査役または監査役会に直接または内部統制・監査部等当社関係部門を通じて報告するとともに、内部統制システムの整備・運用状況等の経営上の重要事項についても、取締役会、経営会議及びリスクマネジメント委員会等において報告し、監査役と情報を共有しております。また、必要に応じて監査役より報告を受けております。

グループ会社の取締役、監査役、使用人等は、各グループ会社における職務執行の状況、経営に重要な影響をおよぼす事実等の重要事項について、適時・適切に当社の監査役または監査役会に直接または内部統制・監査部等当社関係部門を通じて報告しております。

当社は、これらの報告をした者に対し、内部通報に関する規程等に基づき、報告したことを理由とする不利な取扱いを行っておりません。

内部統制・監査部長は、監査役と定期的または必要の都度、内部統制システムの運用状況等に関する意見交換を行う等、監査役監査の効率的な実施に向けて連係を図っております。また、内部通報制度の運用状況について監査役に報告しております。

なお、取締役は、補助使用人その他監査役監査の環境整備に係る事項について、監査役の求めに応じ、適宜、監査役と意見を交換しております。

当社は、監査役の職務執行上必要と認める費用を予算に計上しております。また、監査役が緊急または臨時に支出した費用については、事後、監査役の償還請求に応じております。

 

(反社会的勢力排除に向けた基本的な考え方及びその整備状況)

当社は、社会との調和を促進し、社会から信頼される企業であり続けることを基本理念として、市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力との関係を一切持たないこと、反社会的勢力からの不当要求等には一切応じないことを旨とした社内規程を定め、これに基づく社内体制を整えております。

具体的には、当社内における統括部門及び統括責任者を明確にし、部門間の連絡体制を密にするとともに、警察等との平素からの連携や、社内情報の共有化・研修会の実施等による啓発活動に努めております。

 

(内部統制システムの運用状況)

当事業年度における運用状況は次のとおりであります。

①当社の取締役の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制

取締役会は12回開催され、取締役会規程に基づき、経営上の重要な付議事項について決定を行い、また業務執行取締役からその業務執行状況等の報告を受けております。

なお、職務の執行が法令及び定款に適合することを確保し、適正性・効率性を高めるためにすべての取締役会において2名の社外取締役並びに2020年5月までは2名の、2020年6月以降は3名の社外監査役が出席しております。
 

②当社の取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制

12回開催した取締役会の議事録及び資料をはじめ28回開催した経営会議の議事録及び資料等、職務執行上の各種情報については情報の保存及び管理に関する規程に基づき適切に保存・管理しております。

 

 

③当社の損失の危険の管理に関する規程その他の体制

リスクマネジメント委員会を規程に基づき、当期においては上期2回と下期2回の計4回開催しており、内部統制の計画をはじめ、当社の全機能部門及び全事業場(以下、「全部門」という。)ならびにグループ会社の内部統制の運用状況の確認と評価等が審議されております。

なお、審議内容については経営会議及び取締役会へ報告しております。

 

④当社の取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するため業務執行取締役により経営会議を取締役会に先立ち開催しており、当期においては28回開催しております。

また、組織規程、業務分掌、決裁規程等社内規程については適宜改定を行っております。

 

⑤当社の使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制

当社の全部門長に対する個別の情報把握はもとより、定期的な内部統制の運用状況の確認を上期と下期の2回実施しリスクマネジメント委員会に報告のうえ、経営会議及び取締役会へ報告しております。

 

⑥当社及び子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制

グループ会社に対する個別の内部統制システムの運用状況の監視・点検はもとより、定期的な内部統制の運用状況の確認を年1回実施しリスクマネジメント委員会に報告のうえ、経営会議及び取締役会へ報告しております。

 

⑦監査役の監査に関する事項

監査役は監査方針を含む監査計画を策定し、当社の全部門の監査を実施するとともに、取締役会をはじめ経営会議、リスクマネジメント委員会、その他主要な会議にも出席して内部統制システムの運用状況を含む経営上の重要事項について情報を共有し、また、必要な意見表明を行っております。

 

(取締役の定数)

当社の取締役は20名以内とする旨を定款で定めております。

 

(取締役の選任の決議要件)

当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨を定款で定めております。また、取締役の選任については、累積投票によらないものとする旨を定款で定めております。

 

(株主総会決議事項を取締役会で決議することができることとした事項)
①自己の株式の取得

当社は、自己の株式の取得について、機動的な資本政策等を遂行するため、会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議によって市場取引等により自己の株式を取得できる旨を定款で定めております。

 

②取締役及び監査役の責任免除

当社は、取締役及び監査役の会社法第423条第1項の責任を合理的な範囲内に留めることにより、期待される役割を十分に発揮できるようにするため、会社法第426条第1項の規定により、取締役及び監査役(取締役及び監査役であったものを含む。)の損害賠償責任を、善意でかつ重大な過失がないときは、法令の限度において、取締役会の決議によって免除することができる旨を定款で定めております。

 

③剰余金の配当等

当社は、機動性を確保する観点等から、剰余金の配当等会社法第459条第1項各号に定める事項を、取締役会の決議によって定めることができる旨を定款で定めております。

 

(株主総会の特別決議要件)

当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款に定めております。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目的とするものであります。

 

 

(2) 【役員の状況】

1)役員の一覧

男性10名 女性― (役員のうち女性の比率―)

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数
(株)

代表取締役
社長

佐 藤 宏 明

1956年4月25日

1980年4月

新日本製鐵株式會社入社

2002年7月

同社八幡製鐵所生産業務部長

2005年4月

ニッポン・スチールサウスイーストアジア社へ出向 同社社長

2007年4月

新日本製鐵株式會社 建材事業部建材営業部長

2009年4月

同社チタン事業部長

2012年10月

同社新日鐵住金株式会社へ統合

サイアムユナイテッドスティール社へ出向 同社社長

2016年9月

同社NSサイアムユナイテッドスティール社に社名変更 同社社長

2019年4月

当社顧問

2019年6月

当社代表取締役社長現在に至る。

(注)3

3,000

取締役
 専務執行役員
 営業本部長

吉 井 郁 雄

1957年5月20日

1980年4月

新日本製鐵株式會社入社

2003年10月

新日鐵住金ステンレス株式会社営業本部鋼板営業部次長

2011年2月

同社執行役員営業本部副本部長、薄板営業部長、フォワード営業推進班長

2012年10月

当社顧問

2013年6月

当社取締役、東京支店副支店長、東京支店営業部長

2014年4月

当社取締役東京支店長、東京支店営業部長

2015年4月

当社常務取締役東京支店長、東京支店営業部長

2016年4月

当社常務取締役屋根営業本部長、営業総括部長、海外営業に関する事項管掌

2019年4月

当社専務取締役営業本部長、営業総括部長、建材事業部に関する事項管掌

2021年6月

当社取締役専務執行役員営業本部長、建材事業部、支店に関する事項管掌現在に至る。

(注)3

500

取締役
常務執行役員
技術本部長

堤   孝 二

1958年4月2日

1982年4月

新日本製鐵株式會社入社

2009年4月

同社機材部長

2012年10月

同社新日鐵住金株式会社へ統合
同社機材調達部長

2014年4月

当社顧問

2014年6月

当社取締役営業総括部長

2016年4月

当社取締役東京支店長

2017年4月

当社常務取締役東京支店長

2019年4月

当社常務取締役技術本部長

2021年6月

当社取締役常務執行役員技術本部長、製作所に関する事項管掌、支店に関する事項につき吉井専務執行役員に協力現在に至る。

(注)3

500

取締役
 上席執行役員
 技術本部副本部長

長 野 光 博

1966年7月7日

1985年4月

当社入社

2011年3月

当社中国支店長

2013年5月

当社大阪支店副支店長

2014年4月

当社大阪支店長

2018年4月

当社執行役員大阪支店長、屋根営業本部西日本成型品営業部長

2019年4月

当社執行役員大阪支店長、営業本部西日本成型品営業部長

2020年4月

当社執行役員技術本部施工管理部長

2021年4月

2021年6月

当社執行役員技術本部副本部長

取締役上席執行役員技術本部副本部長、工事総括部・施工管理部・技術開発センターを担当現在に至る。

(注)3

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数
(株)

取締役
上席執行役員
総務部長

今 野 徹 哉

1964年4月17日

1988年4月

新日本製鐵株式會社入社

2012年10月

同社新日鐵住金株式会社へ統合
財務部制度・システム企画室上席主幹

2014年4月

同社から大阪製鐵株式会社へ出向

2018年4月

新日鐵住金株式会社内部統制・監査部部長、財務部上席主幹兼務

2019年4月

同社日本製鉄株式会社に社名変更

2020年4月

当社顧問

2020年6月

当社執行役員総務部長及び働き方改革推進班長

2021年6月

当社取締役上席執行役員総務部長及び働き方改革推進班長、内部統制・監査部、人材開発部、経理部及び安全・衛生・環境部に関する事項管掌現在に至る。

(注)3

取締役

繁 田 康 成

1968年8月2日

1992年4月

新日本製鐵株式會社入社

2012年10月

同社新日鐵住金株式会社へ統合

2012年12月

同社薄板事業部電磁鋼板営業部電磁鋼板輸出室長

2019年4月

同社日本製鉄株式会社に社名変更
薄板事業部電磁鋼板営業部長

2021年4月

同社薄板事業部薄板営業部長現在に至る。

2021年6月

当社取締役現在に至る。

(注)3

 

取締役

髙 山 英 幸

1960年6月29日

1985年4月

新日本製鐵株式會社入社

2011年4月

同社君津製鐵所生産業務部長

2012年10月

同社新日鐵住金株式会社へ統合

君津製鐵所生産業務部長

2014年4月

日本鐵板株式会社顧問

2014年6月

同社取締役

2016年4月

同社取締役常務執行役員営業本部長

2016年6月

同社常務取締役常務執行役員営業本部長

2018年6月

同社常務取締役常務執行役員

2019年4月

同社代表取締役社長

2019年6月

当社取締役現在に至る。

2019年7月

日本鐵板株式会社 NST日本鉄板株式会社に社名変更 代表取締役社長現在に至る。

(注)3

常任監査役
(常勤)

安 井 潔 

1959年2月24日

1981年4月

日新製鋼株式会社入社

2005年4月

同社呉製鉄所製鋼部長

2008年4月

同社執行役員技術総括部長

2011年4月

同社執行役員周南製鋼所長

2012年4月

同社常務執行役員周南製鋼所長