EDINET閲覧(提出)サイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)をもとに上場企業サーチ作成

本ページはEDINETに提出された開示情報を上場企業サーチが加工/編集したものであり、記載された情報の正確性および完全性について上場企業サーチは一切の保証を行いません。本ページの情報を利用する際は自己の責任で判断頂き、意思決定に際しては適宜EDINETや提出会社が公開するオリジナルを参照する様にしてください。本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

【表紙】

 

【提出書類】

有価証券報告書

【根拠条文】

金融商品取引法第24条第1項

【提出先】

関東財務局長

【提出日】

2020年6月26日

【事業年度】

第94期(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

【会社名】

株式会社 イチケン

【英訳名】

ICHIKEN Co., Ltd.

【代表者の役職氏名】

代表取締役社長 長谷川 博之

【本店の所在の場所】

東京都港区芝浦一丁目1番1号

【電話番号】

03(5931)5642

【事務連絡者氏名】

財務経理部長  湯浅 史朗

【最寄りの連絡場所】

東京都港区芝浦一丁目1番1号

【電話番号】

03(5931)5642

【事務連絡者氏名】

財務経理部長  湯浅 史朗

【縦覧に供する場所】

株式会社東京証券取引所

(東京都中央区日本橋兜町2番1号)

 

E00117 18470 株式会社 イチケン ICHIKEN Co., Ltd. 企業内容等の開示に関する内閣府令 第三号様式 Japan GAAP false CNS 2019-04-01 2020-03-31 FY 2020-03-31 2018-04-01 2019-03-31 2019-03-31 1 false false false E00117-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row5Member E00117-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row6Member E00117-000 2020-06-26 E00117-000 2020-03-31 E00117-000 2019-04-01 2020-03-31 E00117-000 2018-04-01 2019-03-31 E00117-000 2020-06-26 jpcrp_cor:Row6Member E00117-000 2020-06-26 jpcrp_cor:Row5Member E00117-000 2020-06-26 jpcrp030000-asr_E00117-000:HatsuseTakashiMember E00117-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E00117-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E00117-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E00117-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00117-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00117-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember E00117-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No1MajorShareholdersMember E00117-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No2MajorShareholdersMember E00117-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No3MajorShareholdersMember E00117-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No4MajorShareholdersMember E00117-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No5MajorShareholdersMember E00117-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No6MajorShareholdersMember E00117-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No7MajorShareholdersMember E00117-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No8MajorShareholdersMember E00117-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No9MajorShareholdersMember E00117-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No10MajorShareholdersMember E00117-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E00117-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E00117-000:ConstructionReportableSegmentsMember E00117-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E00117-000:CTEReportableSegmentsMember E00117-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E00117-000 2017-04-01 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00117-000 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00117-000 2016-04-01 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00117-000 2016-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00117-000 2015-04-01 2016-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00117-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E00117-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00117-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00117-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember E00117-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00117-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E00117-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E00117-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00117-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E00117-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E00117-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00117-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E00117-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E00117-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00117-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E00117-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E00117-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00117-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E00117-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00117-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00117-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00117-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember E00117-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00117-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E00117-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00117-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E00117-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00117-000 2020-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00117-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E00117-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E00117-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00117-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00117-000 2020-03-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00117-000 2020-03-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00117-000 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E00117-000:CTEReportableSegmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00117-000 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E00117-000:ConstructionReportableSegmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00117-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00117-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00117-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E00117-000:CTEReportableSegmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00117-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E00117-000:ConstructionReportableSegmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00117-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00117-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00117-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00117-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00117-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00117-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00117-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember E00117-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00117-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E00117-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00117-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E00117-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00117-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E00117-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E00117-000:ConstructionReportableSegmentsMember E00117-000 2019-03-31 jpcrp030000-asr_E00117-000:CTEReportableSegmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00117-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E00117-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember E00117-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00117-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E00117-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E00117-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00117-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E00117-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E00117-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00117-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E00117-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00117-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp_cor:CorporateSharedMember E00117-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E00117-000:CTEReportableSegmentsMember E00117-000 2020-06-26 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E00117-000 2020-03-31 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E00117-000 2020-03-31 jpcrp_cor:SharesWithNoVotingRightsMember E00117-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row5Member E00117-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row6Member E00117-000 2020-06-26 jpcrp030000-asr_E00117-000:TomoharuYunoguchiMember E00117-000 2020-06-26 jpcrp030000-asr_E00117-000:SasaHideakiMember E00117-000 2020-03-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsTreasurySharesEtcMember E00117-000 2020-03-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsOtherMember E00117-000 2020-03-31 jpcrp_cor:SharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E00117-000 2020-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E00117-000 2020-03-31 jpcrp_cor:SharesWithFullVotingRightsOtherMember E00117-000 2020-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsOtherMember E00117-000 2020-03-31 jpcrp_cor:SharesLessThanOneUnitMember E00117-000 2020-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesLessThanOneUnitMember E00117-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row1Member E00117-000 2020-06-26 jpcrp_cor:Row7Member E00117-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row2Member E00117-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row3Member E00117-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row4Member E00117-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row1Member E00117-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row2Member E00117-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row3Member E00117-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row4Member E00117-000 2020-06-26 jpcrp_cor:Row1Member E00117-000 2020-06-26 jpcrp_cor:Row2Member E00117-000 2020-06-26 jpcrp_cor:Row3Member E00117-000 2020-06-26 jpcrp_cor:Row4Member E00117-000 2020-06-26 jpcrp030000-asr_E00117-000:HiroyukiHasegawaMember E00117-000 2020-06-26 jpcrp030000-asr_E00117-000:HideoNishideMember E00117-000 2020-06-26 jpcrp030000-asr_E00117-000:SusumuFujitaMember E00117-000 2020-06-26 jpcrp030000-asr_E00117-000:HideakiTakeuchiMember E00117-000 2020-06-26 jpcrp030000-asr_E00117-000:ShunjiIchijiMember E00117-000 2020-06-26 jpcrp030000-asr_E00117-000:NaoyukiWatanabeMember E00117-000 2020-06-26 jpcrp030000-asr_E00117-000:MakotoOgawaMember E00117-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:DirectorsExcludingOutsideDirectorsMember E00117-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:CorporateAuditorsExcludingOutsideCorporateAuditorsMember E00117-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:OutsideDirectorsAndOtherOfficersMember iso4217:JPY xbrli:shares xbrli:shares xbrli:pure iso4217:JPY

第一部【企業情報】

第1【企業の概況】

1【主要な経営指標等の推移】

回次

第90期

第91期

第92期

第93期

第94期

決算年月

2016年3月

2017年3月

2018年3月

2019年3月

2020年3月

売上高

(百万円)

71,778

81,495

82,027

93,824

86,513

経常利益

(百万円)

3,788

4,276

4,951

4,590

4,241

当期純利益

(百万円)

2,311

3,048

3,555

3,157

2,915

持分法を適用した場合の

投資利益

(百万円)

資本金

(百万円)

4,321

4,321

4,321

4,321

4,327

発行済株式総数

(千株)

36,342

36,342

7,268

7,268

7,278

純資産額

(百万円)

11,052

13,866

17,266

19,797

21,880

総資産額

(百万円)

38,680

49,232

54,637

58,669

52,717

1株当たり純資産額

(円)

1,521.88

1,908.81

2,377.92

2,727.41

3,012.33

1株当たり配当額

(円)

8.00

9.00

80.00

80.00

90.00

〔うち1株当たり中間配当額〕

1株当たり当期純利益

(円)

319.58

420.69

490.67

435.79

402.06

潜在株式調整後1株当たり

当期純利益

(円)

317.67

418.35

487.84

433.28

400.14

自己資本比率

(%)

28.5

28.1

31.5

33.7

41.5

自己資本利益率

(%)

23.0

24.5

22.9

17.1

14.0

株価収益率

(倍)

5.0

5.2

4.9

4.3

3.0

配当性向

(%)

12.5

10.7

16.3

18.4

22.4

営業活動による

キャッシュ・フロー

(百万円)

666

1,688

12,299

8,080

3,622

投資活動による

キャッシュ・フロー

(百万円)

65

133

570

1,165

5,445

財務活動による

キャッシュ・フロー

(百万円)

254

345

335

584

2,213

現金及び現金同等物の

期末残高

(百万円)

7,849

9,058

21,593

11,762

12,153

従業員数

(人)

591

605

615

624

631

株主総利回り

(%)

105.1

145.5

162.8

135.7

98.0

(比較指標:配当込みTOPIX)

(%)

(89.2)

(102.3)

(118.5)

(112.5)

(101.9)

最高株価

(円)

484

519

2,850

2,878

1,988

 

 

 

 

(548)

 

 

最低株価

(円)

230

231

2,129

1,850

1,196

 

 

 

 

(384)

 

 

(注)1.当社は連結財務諸表を作成していないので、連結会計年度に係る「主要な経営指標等の推移」は記載していない。

2.売上高には、消費税等は含まれていない。

3.第94期の1株当たり配当額には、創立90周年記念配当10円を含んでいる。

4.2017年10月1日付で普通株式5株につき1株の割合で株式併合を行っている。第90期の期首に当該株式併合が行われたと仮定し、1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益を算定している。

5.最高株価及び最低株価は、東京証券取引所市場第一部におけるものである。

6.2017年10月1日付で普通株式5株につき1株の割合で株式併合を行っている。第92期の株価については、株式併合後の最高・最低株価を記載し、( )内に株式併合前の最高・最低株価を記載している。

 

2【沿革】

1930年6月

第一相互住宅株式会社を設立。

1943年6月

第一建築株式会社に改称。

1949年11月

建設業法による建設大臣登録[イ]第3348号の登録。

1956年12月

第一建設工業株式会社に改称。

1963年4月

東京支店開設。

1963年6月

当社株式を東京・大阪証券取引所、市場第二部に上場。

1974年4月

建設業法の改正により、建設大臣許可(現 国土交通大臣許可)[特-49]第3844号を受ける。

(以後5年ごとに更新)

1981年5月

宅地建物取引業法による建設大臣免許(現 国土交通大臣免許)[1]第2936号を受ける。
(以後5年ごとに更新)

1982年1月

福岡営業所開設。(現 九州支店)

1985年12月

竜野開発株式会社と合併し竜野開発事業所を開設。(現 赤とんぼ広場ショッピングセンター)

1988年10月

本社事務所を神戸市中央区に移転。札幌営業所開設。(現 札幌支店)

1989年10月

株式会社イチケンに商号変更及び本店の所在の場所を神戸市中央区に変更。

1989年10月

大阪営業所開設。(現 関西支店)

1990年9月

当社株式を東京・大阪証券取引所、市場第一部に上場。

1996年4月

本社事務所を東京都港区に移転。

2000年2月

本社事務所を東京都台東区に移転。

2008年7月

本店の所在の場所を東京都台東区に変更。

2008年11月

大阪証券取引所市場第一部、上場廃止。

2015年7月

2018年11月

本社事務所を東京都港区に移転し、本店の所在の場所を東京都港区に変更。(現 東京本社)

ハノイ事務所開設。

 

3【事業の内容】

当社は、建築・土木・内装仕上工事等の建設事業及び不動産事業を主な事業の内容としている。

また、関連当事者である㈱マルハンはその他の関係会社である。

当社の事業に係る位置付けは次のとおりである。

なお、次の2部門は「第5 経理の状況 1財務諸表等(1)財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一である。

建設事業   当社は総合建設業を営んでいる。

不動産事業  当社は不動産売買・賃貸事業等を営んでいる。

事業の系統図は次のとおりである。

0101010_001.png

4【関係会社の状況】

関係会社は次のとおりである。

名称

住所

資本金

(百万円)

主要な事業の

内容

議決権の

所有割合又は

被所有割合(%)

関係内容

(その他の関係会社)

 

 

 

 

 

㈱マルハン

京都市上京区

10,000

総合レジャー
施設の運営

被所有  32.40

当社に対し建設工事の発注をしている。
役員の兼任 2名

 

5【従業員の状況】

(1) 提出会社の状況

 

 

 

2020年3月31日現在

従業員数(人)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(円)

631

42.9

16.1

7,008,559

 

セグメントの名称

従業員数(人)

建設事業

578

不動産事業

7

報告セグメント計

585

全社(共通)

46

合計

631

(注)1.従業員数は就業人員数であり、臨時従業員数は含まれていない。

2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでいる。

3.全社(共通)として記載されている従業員数は、管理部門に所属しているものである。

(2) 労働組合の状況

当社の従業員の組合は結成されていない。

第2【事業の状況】

1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

文中における将来に関する事項は、当事業年度末現在において当社が判断したものであります。

(1)会社の経営の基本方針

当社は、「品質の向上と安全の徹底に努め、いかなるときもクリエイティビティを発揮し、商業空間事業を通じ、快適で豊かな社会の実現を目指す」という経営理念のもと、コア事業である商業施設の建築をはじめとして、他の施設の建築においても、エンドユーザーである生活者が満足する「より豊かで快適な暮らし空間」を創造し、広く地域や社会の発展に貢献することを経営の基本方針としています。

(2)経営環境、優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

今後の事業環境につきましては、新型コロナウイルス感染症の拡大により世界経済への影響懸念が高まるなか、更に建設業界におきましては、東京オリンピック・パラリンピック関連工事一巡後の受注競争の激化、少子高齢化に伴う労働人口の減少、住宅関連市場の縮小等多くの懸念材料が顕在化するものと思われ、今後も予断を許さない状況が続くと予想されます。

このような事業環境認識のもと、当社は、以下のような重点施策に取り組んでまいります。

① 技術提案力の強化

・SDGsのテーマと事業活動を紐づけ省エネ等の社会課題の解決とリンクさせた事業展開を模索し社会ニーズを取り込んだ営業提案力を強化してまいります。

・社会から信頼される品質・安全の提供及び環境への配慮に取り組むとともに、産学連携による独自の商品・技術開発等を推進し差別化・優位性の強化を図ります。

建設事業は採算性と生産性を重視した取り組みを強化

・建物用途別の売上構成は商業施設7割、マンション他で3割を基本とします。また潜在需要の見込める内装・リニューアル工事への取組を推進してまいります。

・設計体制の強化(設計力・技術力の底上げ)により設計施工案件の受注増強を図ります。また、積算部・購買部・技術工務部の連携を強め、コスト競争力を高めてまいります。

・生産性向上施策を推進することで品質・安全を確保しつつ事業規模拡大を目指してまいります。

③ 不動産事業の拡大

・保有不動産を最適化し収益性を高めてまいります。

・不動産取得を絡めて工事受注を目指す営業手法を強化してまいります。

・新たなスキーム(SPC・PFI等)の情報収集と取り組みを推進してまいります。

④ 新規事業への取り組み ~新たな成長基盤を構築~

・海外事業は、現地MOU(協力関係構築に関する覚書)締結企業との関係を強化しつつ、新たな領域開拓も視野にした市場調査を推進し、現地法令等の理解深耕から事業化へと進めてまいります。

・建設周辺事業を中心とした業務提携・出資・M&Aを検討してまいります。

・企業グループ化へ向けた体制を整備致します。

⑤ マネジメント力の向上

・ESG投資を意識した経営を推進し企業価値を向上してまいります。

・経営環境の変化に機敏に反応し、迅速に対応できる体制の構築を進めてまいります。

・人的資源の最適活用を目指します。(働き方改革の推進、教育による将来を担う『人財』の育成)

(3)経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等

当社は、2020年3月期を最終年度とする前中期経営計画において掲げ推進した重点施策をベースとした事業基盤の強化を図るために、創業90周年の節目にあたる当期に、2023年3月期を最終年度とする中期経営計画を策定し、中核となる建設事業の基本戦略として「差別化・優位性の確立」を掲げ、最終年度(2023年3月期)の経営目標である売上高900億円、営業利益44億4千万円、経常利益43億4千万円、配当性向20%以上、ROE(自己資本利益率)10%以上の達成を目指してまいります。

2【事業等のリスク】

有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、経営者が提出会社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると認識している主要なリスクは、以下のとおりであります。

なお、文中における将来に関する事項は、当事業年度末現在において当社が判断したものであるため、実際の結果と異なる可能性があります。

(1) 受注環境と建設資材価格等の動向による影響について

「商業施設に強みを持ったオンリーワン企業」としての地位の確立を目指して、商業施設を中心に一般民間工事の新規顧客の獲得と原価管理の強化による利益の向上に努めてまいる所存でありますが、不透明さを払拭できない経済環境にあって、他社との受注競争の激化による工事採算性の悪化及び急激な建設資材価格や労務費の高騰による工事採算性の悪化が生じた場合には、経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

(2) 取引先の信用リスクについて

取引先に関する信用力や支払条件等の厳格な審査の実施に努めるとともに信用不安情報の早期収集等、可能な限り信用リスクの最小化を図っておりますが、景気の減速や建設市場の縮小等により、発注者、協力業者等の取引先が信用不安に陥った場合には、経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

(3) 工事代金の回収による影響について

今後の事業計画におきまして、商業施設に経営資源を集中し住宅関連工事の選別受注の強化を図ってまいる所存でありますが、請負代金の全額回収までに通常よりも期間を要する大型工事等を受注した場合には、キャッシュ・フローの状況に影響を及ぼす可能性があります。

(4) 施工上の瑕疵等による影響について

施工体制の強化を経営上の重点項目として捉え、品質管理に万全を期しておりますが、訴訟等により瑕疵担保責任を追及され損害賠償が発生した場合には、財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

(5) 保有資産の時価等の変動による影響について

有価証券・不動産・会員権等の資産を保有しており、これらの資産は将来において、時価の変動や使用状況等により財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

(6) 訴訟等のリスクについて

事業活動を行う過程において法令遵守に努めておりますが、訴訟等のリスクに晒される可能性があり、その結果によっては、経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

(7) 災害発生に伴うリスクについて

地震、津波等の自然災害などの原因による予期せぬ災害が発生した場合には、財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

なお、直近では、新型コロナウイルス感染症の拡大により、人の往来が著しく制限された場合や、当社社員や現場において感染者が発生し、工期に遅れが生じた場合には、経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

当社では、これらのリスクに対応するため、時差通勤等を推奨し、感染拡大防止に対して適切な管理体制を構築しております。

3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

(1)経営成績等の状況の概要

当事業年度における当社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下「経営成績等」という。)の状況の概要は次のとおりであります。

① 財政状態及び経営成績の状況

当事業年度におけるわが国経済は、前半は、企業収益や雇用環境の改善などを背景に、緩やかな回復基調で推移いたしました。しかしながら、後半は、消費税の増税や台風などの自然災害が相次いだこと、更に、長引く米中貿易問題や英国のEU離脱問題などによる世界経済の不確実性に加え、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大による国内外の経済活動への影響が懸念され、先行き不透明な状況が一層強まっております。

建設業界におきましては、首都圏を中心とした公共投資や民間設備投資が堅調に推移しているものの、東京オリンピック・パラリンピック関連の建設工事が一巡し、受注面においての競争が厳しくなってきております。また、労務費の上昇に加え、新型コロナウイルスによる中国国内の経済活動の抑制により、建設資材のサプライチェーンの混乱や停滞が生じ、その影響が波及することも懸念され、依然として予断を許さない経営環境が続いております。

このような状況のもと、当社は受注拡大のため、従前から培ってきたコア事業である「商業施設」建築のノウハウや企画・提案力を生かし、店舗等の新築・内改装工事のほか、ホテルの建設需要に対して積極的な受注活動を行ってまいりました。また、マンション建設、教育関連施設の建設、老年人口の増加による医療・介護施設の建設等、幅広い民間事業者の需要にも取り組んでまいりました。

この結果、当事業年度の経営成績につきましては、売上高は865億1千3百万円(前期比7.8%減)となりました。

損益につきましては、売上総利益は増加しましたが、販売費及び一般管理費の増加により、営業利益は43億8千1百万円(前期比5.1%減)、経常利益は42億4千1百万円(前期比7.6%減)となりました。また、当期純利益は29億1千5百万円(前期比7.6%減)となりました。

セグメントの経営成績は、以下のとおりであります。

(建設事業)

受注高は935億4百万円(前期比7.0%減)となりました。完成工事高は858億6千1百万円(前期比7.9%減)となり、次期への繰越工事高は764億9千1百万円(前期比11.1%増)となりました。そして、セグメント利益は60億9千万円(前期比2.6%減)となりました。

(不動産事業)

不動産事業売上高は6億5千2百万円(前期比12.2%増)、セグメント利益は1億3千9百万円(前期比1171.3%増)となりました。

(注)「第2 事業の状況」における各事項の記載については、消費税等抜きの金額で表示している。

② キャッシュ・フローの状況

当事業年度における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前事業年度に比べ3億9千万円の資金の増加(前年同期は98億3千万円の資金の減少)となりました。

当事業年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります

(営業活動によるキャッシュ・フロー)

当事業年度における営業活動によるキャッシュ・フローは、36億2千2百万円の資金の増加(前年同期は80億8千万円の資金の減少)となりました。主な増加要因は、税引前当期純利益42億4千万円、売上債権の減少100億6千4百万円、主な減少要因は、仕入債務の減少104億2千万円、法人税等の支払額13億9千2百万円などであります。

(投資活動によるキャッシュ・フロー)

当事業年度における投資活動によるキャッシュ・フローは、54億4千5百万円の資金の減少(前年同期は11億6千5百万円の資金の減少)となりました。主な減少要因は、有形固定資産の取得による支出53億7千5百万円などであります。

(財務活動によるキャッシュ・フロー)

当事業年度における財務活動によるキャッシュ・フローは、22億1千3百万円の資金の増加(前年同期は5億8千4百万円の資金の減少)となりました。主な増加要因は、長期借入れによる収入30億1千万円、主な減少要因は、長期借入金の返済による支出9億9千2百万円、配当金の支払額5億7千8百万円などであります。

 

③ 受注高、売上高及び繰越工事高の実績

a.受注工事高、売上高及び繰越工事高

期別

セグメントの名称

前期繰越

工事高

(百万円)

当期受注

工事高

(百万円)

(百万円)

当期売上高

(百万円)

次期繰越

工事高

(百万円)

前事業年度

(自 2018年4月1日

至 2019年3月31日)

建設事業

 

 

 

 

 

建築工事

61,313

100,554

161,868

93,203

68,664

土木工事

220

4

224

39

184

61,533

100,558

162,092

93,243

68,848

不動産事業

581

合計

61,533

100,558

162,092

93,824

68,848

当事業年度

(自 2019年4月1日

至 2020年3月31日)

建設事業

 

 

 

 

 

建築工事

68,664

93,499

162,163

85,672

76,491

土木工事

184

5

189

189

68,848

93,504

162,352

85,861

76,491

不動産事業

652

合計

68,848

93,504

162,352

86,513

76,491

(注)1.前事業年度以前に受注した工事で、契約の更改により請負金額に変更あるものについては、当期受注工事高にその増減額を含む。したがって、当期売上高にも係る増減額が含まれている。

2.次期繰越工事高は(前期繰越工事高+当期受注工事高-当期売上高)である。

b.受注工事高の受注方法別比率

工事の受注方法は、特命と競争に大別される。

期別

区分

特命(%)

競争(%)

計(%)

前事業年度

(自 2018年4月1日

至 2019年3月31日)

建築工事

20.0

80.0

100

土木工事

17.1

82.9

100

当事業年度

(自 2019年4月1日

至 2020年3月31日)

建築工事

24.9

75.1

100

土木工事

100

100

(注)百分比は請負金額比である。

c.売上高

期別

セグメントの名称

官公庁(百万円)

民間(百万円)

計(百万円)

前事業年度

(自 2018年4月1日

至 2019年3月31日)

建設事業

 

 

 

建築工事

885

92,318

93,203

土木工事

39

39

885

92,358

93,243

不動産事業

581

581

合計

885

92,939

93,824

当事業年度

(自 2019年4月1日

至 2020年3月31日)

建設事業

 

 

 

建築工事

1,546

84,125

85,672

土木工事

189

189

1,546

84,314

85,861

不動産事業

652

652

合計

1,546

84,966

86,513

(注)1.完成工事のうち主なものは、次のとおりである。

前事業年度 請負金額5億円以上の主なもの

アパマンション㈱

アパホテルプライド〈国会議事堂前〉新築工事

㈱エフ・ジェー・ネクスト

ガーラ・レジデンス三鷹シャインパークス新築工事

㈱ビック・ライズ

あおばスポーツパーク施設計画

㈱エイチ・ツー・オーアセットマネジメント

QANAT MALL伏見店建替計画

佐々木食品工業㈱

新宮温泉ふくの湯新築工事

当事業年度 請負金額5億円以上の主なもの

MULプロパティ㈱

OASIS Town キセラ川西新築工事

アパホーム㈱

アパホテル〈山手大塚駅タワー〉新築工事

㈱ジョイフル本田

ジョイフルアスレティッククラブ土浦新築工事

JR西日本不動産開発㈱

ヴィアイン博多口駅前新築工事

北海道防衛局

東千歳(29)局舎新設等建築その他工事

 

2.前事業年度及び当事業年度ともに完成工事高総額に対する割合が100分の10以上の相手先はない。

d.次期繰越工事高(2020年3月31日現在)

区分

官公庁(百万円)

民間(百万円)

計(百万円)

建築工事

3,428

73,063

76,491

土木工事

3,428

73,063

76,491

(注)次期繰越工事のうち請負金額5億円以上の主なものは、次のとおりである。

三菱地所㈱

(仮称)京都梅小路ホテル計画新築工事

2020年9月完成予定

東京都港区

 芝五丁目複合施設新築工事

2021年11月完成予定

高橋㈱

 SG千早建替工事

2022年1月完成予定

セントラル総合開発㈱

(仮称)クレアホームズ発寒5-8A棟B棟新築工事

2022年3月完成予定

㈱東京日商エステム

(仮称)エステムプラザ若葉町新築工事

2022年3月完成予定

 

(2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

① 財政状態の分析

当事業年度の資産合計は527億1千7百万円、負債合計は308億3千7百万円、純資産合計は218億8千万円となり前事業年度と比べて総資産は59億5千1百万円減少しております。

a.流動資産

現金預金が3億9千万円販売用不動産が21億1千8百万円増加しましたが、受取手形が15億3千3百万円、完成工事未収入金が85億3千2百万円リース投資資産が13億5千万円、未収消費税等が16億9百万円減少したことなどから、流動資産は前事業年度と比べて102億6千7百万円減少しております。

b.固定資産

土地が33億6千3百万円、建物が12億3千3百万円、構築物が2千5百万円増加したことなどから、固定資産は前事業年度と比べて43億1千6百万円増加しております。

c.流動負債

短期借入金が8億4千8百万円増加しましたが、支払手形が75億3千2百万円、工事未払金が28億8千8百万円未成工事受入金が4億9千7百万円減少したことなどにより、流動負債は前事業年度と比べて100億7百万円減少しております。

d.固定負債

長期借入金が19億5千1百万円、退職給付引当金が3千3百万円増加したことなどにより、固定負債は前事業年度と比べて19億7千3百万円増加しております。

e.純資産

利益剰余金が前事業年度に係る剰余金の配当により5億7千9百万円減少しましたが、当事業年度において当期純利益を29億1千5百万円獲得したため、23億3千6百万円増加しました。

また、株式含み益の減少により評価・換算差額等が2億5千3百万円減少しましたが、純資産は前事業年度と比べて20億8千2百万円増加しております。

経営成績の分析

経営成績につきましては、「第2 事業の状況 3 経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析 (1)経営成績等の状況の概要 ① 財政状態及び経営成績の状況」に記載のとおりであります。

③ キャッシュ・フローの状況の分析

キャッシュ・フローの状況については「第2 事業の状況 経営者による財政状態経営成績及びキャッシュフローの状況の分析 (1)経営成績等の状況の概要 ② キャッシュ・フローの状況」に記載のとおりで、キャッシュ・フロー指標は次のとおりであります。

 

2018年3月期

2019年3月期

2020年3月期

自己資本比率(%)

31.5

33.7

41.5

時価ベースの自己資本比率(%)

31.7

23.3

16.6

キャッシュ・フロー対有利子負債

比率(年)

0.3

1.7

インタレスト・カバレッジ・レシオ(倍)

288.3

62.7

 

(注)自己資本比率

:自己資本/総資産

時価ベースの自己資本比率

:株式時価総額/総資産

キャッシュ・フロー対有利子負債比率

:有利子負債/キャッシュ・フロー

インタレスト・カバレッジ・レシオ

:キャッシュ・フロー/利払い

1.いずれの指標も財務数値により算出しております。

2.株式時価総額は、期末株価終値×期末発行済株式総数(自己株式控除後)により算出しております。

3.キャッシュ・フローは、営業活動によるキャッシュ・フローを使用しております。

4.有利子負債は、貸借対照表に計上されている負債のうち利子を支払っているすべての負債を対象としております。

5.2019年3月期は営業キャッシュ・フローがマイナスのため、キャッシュ・フロー対有利子負債比率及びインタレスト・カバレッジ・レシオは記載しておりません。

④ 重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

当社の財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成しております。この財務諸表を作成するにあたって、資産、負債、収益及び費用の報告額に影響を及ぼす見積り及び仮定を用いておりますが、これらの見積り及び仮定に基づく数値は実際の結果と異なる可能性があります。

財務諸表の作成に当たって用いた会計上の見積り及び仮定のうち、重要なものは以下のとおりであります。

なお、新型コロナウイルス感染症の影響等不確実性が大きく将来事業計画等の見込数値に反映させることが難しい要素もありますが、期末時点において入手可能な情報をもとに検証を行っております。

a.繰延税金資産の回収可能性

繰延税金資産については、将来の利益計画に基づいた課税所得が十分に確保できることや、回収可能性があると判断した将来減算一時差異について繰延税金資産を計上しております。当社では、取締役会等において決議された翌事業年度の事業計画に基づき回収可能性を検討しておりますが、繰延税金資産の回収可能性は将来の課税所得の見積りに依存するため、前提とした条件や仮定に変更が生じ、繰延税金資産の全部または一部に回収可能性がないと判断した場合には、繰延税金資産の計上額が変動する可能性があります。

b.減損会計による将来キャッシュ・フロー

「固定資産の減損に係る会計基準」において対象とされる資産又は資産グループについて、主に当該資産又は資産グループから得られる割引前将来キャッシュ・フローの総額が帳簿価額を下回る場合には、帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失として計上しております。当社では、減損の兆候の把握、減損損失の認識及び測定に当たっては慎重に検討しておりますが、事業計画や市場環境の変化により収益性が悪化した場合、減損処理が発生する可能性があります。

c.販売用不動産の評価

当社が保有している販売用不動産については、「棚卸資産の評価に関する会計基準」を適用しており、期末に取得価額と正味売却価額を比較し、正味売却価額が取得価額を下回っている場合には、販売用不動産評価損として計上しております。当社では、経済情勢や不動産市況の悪化等により、正味売却価額が下落する場合には、販売用不動産評価損を計上する可能性があります。

d.工事原価総額の見積り

工事原価総額の見積りについては、当初は工事契約に関する実行予算によって行っております。当社では、実行予算作成時には、将来の気象条件や作成時点で入手可能な情報に基づき、施工条件や建設資材価格等について仮定を設定し、作業効率等を勘案して工種毎に詳細に積み上げることによって工事原価総額を見積り、工事着工後完成に至るまで作業所において実際の発生原価と対比して適時・適切に工事原価総額の検討・見直しを行っております。このように気象条件、施工条件、建設資材価格、作業効率等さまざまな仮定要素があり、適時・適切に見積りを行っておりますが、将来の損益は見積金額と異なる可能性があります。

e.工事損失引当金の計上

工事契約について、工事原価総額が工事収益総額を超過する可能性が高く、かつ、その金額を合理的に見積ることができる場合には、その超過すると見込まれる額のうち、当該工事契約に関して既に計上された損益の額を控除した残額を、工事損失が見込まれた期の損失として処理し、工事損失引当金を計上しております。当社では、工事原価総額を合理的な方法により算定しておりますが、見積り特有の不確実性が存在するため、将来において認識される業績及び財政状態に影響を与える可能性があります。

4【経営上の重要な契約等】

特記事項はありません。

5【研究開発活動】

建設事業及び不動産事業において、重要な研究開発活動は行われておりません。

 

第3【設備の状況】

1【設備投資等の概要】

(建設事業)

特記事項なし。

(不動産事業)

当事業年度は、賃貸事業用不動産(ベストウェスタンホテルフィーノ東京赤坂)の取得を行い、その投資額は5,701百万円である。また、保有目的の変更により、土地1,046百万円を販売用不動産に振替えている。

(注)「第3 設備の状況」における各事項の記載については、消費税等抜きの金額で表示している。

2【主要な設備の状況】

2020年3月31日現在

 

事業所名

(所在地)

セグメントの

名称

帳簿価額(百万円)

従業員数(人)

摘要

建物

構築物

車両運搬具

工具器具・備品

土地

リース

資産

合計

面積(㎡)

金額

東京本社・東京支店

(東京都港区)

建設事業

不動産事業

51

125

4

182

348

(注)2

関西支店

(大阪市中央区)

建設事業

16

4

3

23

163

(注)2

九州支店

(福岡市中央区)

建設事業

7

7

5

20

63

(注)2

ベストウェスタンホテル

フィーノ東京赤坂

(東京都港区)

不動産事業

1,293

443

4,408

5,701

(注)3

赤とんぼ広場ショッピングセンター

(兵庫県たつの市)

不動産事業

323

1

15,511

379

704

6

(注)2

札幌支店・名古屋営業所

他3営業所

(札幌市中央区他)

建設事業

5

5

3

13

51

(注)2

その他

不動産事業

22

0

14

1

23

(注)2

(注)1.帳簿価額に建設仮勘定は含まない。

2.上記の他、土地及び建物の一部を他の者から賃借している。賃借料は337百万円である。

3.ベストウェスタンホテルフィーノ東京赤坂、㈱フィーノホテルズへ貸与している。

3【設備の新設、除却等の計画】

建設事業及び不動産事業において、重要な設備の新設、除却等の計画はない。

第4【提出会社の状況】

1【株式等の状況】

(1)【株式の総数等】

①【株式の総数】

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

22,240,000

22,240,000

 

②【発行済株式】

種類

事業年度末現在発行数(株)

(2020年3月31日)

提出日現在発行数(株)

(2020年6月26日)

上場金融商品取引所

名又は登録認可金融

商品取引業協会名

内容

普通株式

7,278,400

7,278,400

東京証券取引所

(市場第一部)

単元株式数

100株

7,278,400

7,278,400

(注)提出日現在発行数には、2020年6月1日以降の新株予約権の行使により発行されたものは含まれていない。

 

(2)【新株予約権等の状況】

①【ストックオプション制度の内容】

旧商法第280条ノ20及び第280条ノ21の規定に基づき、取締役に対する株式報酬型ストックオプションとして新株予約権を発行することを2005年6月29日開催の定時株主総会において特別決議されたもの。

 

事業年度末現在

(2020年3月31日)

決議年月日

2005年6月29日

付与対象者の区分及び人数(名)

取締役 1

新株予約権の数(個)※

10

新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)※

新株予約権の目的となる株式の種類 ※

普通株式

新株予約権の目的となる株式の数(株)※

2,000

新株予約権の行使時の払込金額(円)※

1

新株予約権の行使期間 ※

2005年6月30日から

2025年6月29日

新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額(円)※

発行価格  1

資本組入額 1

新株予約権の行使の条件 ※

被付与者が当社の取締役の地位を喪失した日の翌日から3年間に限り権利行使ができる。相続人による権利行使は、新株予約権発行後最初に発生した相続の場合に限り認める。その他の条件は当社と被付与者との間で締結する契約に定める。

新株予約権の譲渡に関する事項 ※

新株予約権の譲渡には取締役会の承認を必要とする。

組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項 ※

※ 当事業年度の末日(2020年3月31日)における内容を記載している。提出日の前月末現在(2020年5月31日)において、記載すべき内容が当事業年度の末日における内容から変更がないため、提出日の前月末現在に係る記載を省略している。

 

 

会社法第361条の規定に基づき、取締役に対する株式報酬型ストックオプションとしての新株予約権に関する報酬等について、2006年6月29日開催の定時株主総会、及び2006年12月15日開催の取締役会において決議されたもの。

 

事業年度末現在

(2020年3月31日)

決議年月日

2006年6月29日

付与対象者の区分及び人数(名)

取締役 1

新株予約権の数(個)※

10

新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)※

新株予約権の目的となる株式の種類 ※

普通株式

新株予約権の目的となる株式の数(株)※

2,000

新株予約権の行使時の払込金額(円)※

1株当たり 1

新株予約権の行使期間 ※

2007年2月1日から

2027年1月15日

新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額(円)※(注)1

発行価格  1,682

資本組入額   841

新株予約権の行使の条件 ※(注)2

被付与者が当社の取締役の地位を喪失した日の翌日から3年間に限り権利行使ができる。相続人による権利行使は、新株予約権発行後最初に発生した相続の場合に限り認める。その他の条件は当社と被付与者との間で締結する契約に定める。

新株予約権の譲渡に関する事項 ※

新株予約権の譲渡には取締役会の承認を必要とする。

組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項 ※

※ 当事業年度の末日(2020年3月31日)における内容を記載している。提出日の前月末現在(2020年5月31日)において、記載すべき内容が当事業年度の末日における内容から変更がないため、提出日の前月末現在に係る記載を省略している。

(注)1.発行価格は、新株予約権の払込金額1,681円に行使時の払込金額1円を加算して記載している。なお、新株予約権の払込金額1,681円については、被付与者である当社の役員が有する報酬債権をもって相殺することとしている。

2.2008年6月27日開催の取締役会決議に基づき「新株予約権の行使の条件」の一部変更を行い、被付与者が当社の取締役の地位を喪失した日の翌日から3年間に限り権利行使できる旨を、当社の取締役の地位を喪失した日の翌日から1ヶ月間に限り権利行使できる旨に変更している。

 

会社法第361条の規定に基づき、取締役に対する株式報酬型ストックオプションとしての新株予約権に関する報酬等について、2007年6月28日開催の定時株主総会、及び同日開催の取締役会において決議されたもの。

 

事業年度末現在

(2020年3月31日)

決議年月日

2007年6月28日

付与対象者の区分及び人数(名)

取締役 1

新株予約権の数(個)※

10

新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)※

新株予約権の目的となる株式の種類 ※

普通株式

新株予約権の目的となる株式の数(株)※

2,000

新株予約権の行使時の払込金額(円)※

1株当たり 1

新株予約権の行使期間 ※

2008年6月25日から

2027年6月28日

新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額(円)※(注)1

発行価格  1,335

資本組入額   667

新株予約権の行使の条件 ※(注)2

被付与者が当社の取締役の地位を喪失した日の翌日から3年間に限り権利行使ができる。相続人による権利行使は、新株予約権発行後最初に発生した相続の場合に限り認める。その他の条件は当社と被付与者との間で締結する契約に定める。

新株予約権の譲渡に関する事項 ※

新株予約権の譲渡には取締役会の承認を必要とする。

組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項 ※

※ 当事業年度の末日(2020年3月31日)における内容を記載している。提出日の前月末現在(2020年5月31日)において、記載すべき内容が当事業年度の末日における内容から変更がないため、提出日の前月末現在に係る記載を省略している。

(注)1.発行価格は、新株予約権の払込金額1,334円に行使時の払込金額1円を加算して記載している。なお、新株予約権の払込金額1,334円については、被付与者である当社の役員が有する報酬債権をもって相殺することとしている。

2.2008年6月27日開催の取締役会決議に基づき「新株予約権の行使の条件」の一部変更を行い、被付与者が当社の取締役の地位を喪失した日の翌日から3年間に限り権利行使できる旨を、当社の取締役の地位を喪失した日の翌日から1ヶ月間に限り権利行使できる旨に変更している。

 

会社法第361条の規定に基づき、取締役に対する株式報酬型ストックオプションとしての新株予約権に関する報酬等について、2008年6月27日開催の定時株主総会、及び同日開催の取締役会において決議されたもの。

 

事業年度末現在

(2020年3月31日)

決議年月日

2008年6月27日

付与対象者の区分及び人数(名)

取締役 1

新株予約権の数(個)※

10

新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)※

新株予約権の目的となる株式の種類 ※

普通株式

新株予約権の目的となる株式の数(株)※

2,000

新株予約権の行使時の払込金額(円)※

1株当たり 1

新株予約権の行使期間 ※

2009年6月25日から

2028年6月27日

新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額(円)※(注)

発行価格   508

資本組入額  254

新株予約権の行使の条件 ※

被付与者が当社の取締役の地位を喪失した日の翌日から1ヶ月間に限り権利行使ができる。相続人による権利行使は、新株予約権発行後最初に発生した相続の場合に限り認める。その他の条件は当社と被付与者との間で締結する契約に定める。

新株予約権の譲渡に関する事項 ※

新株予約権の譲渡には取締役会の承認を必要とする。

組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項 ※

※ 当事業年度の末日(2020年3月31日)における内容を記載している。提出日の前月末現在(2020年5月31日)において、記載すべき内容が当事業年度の末日における内容から変更がないため、提出日の前月末現在に係る記載を省略している。

(注)発行価格は、新株予約権の払込金額507円に行使時の払込金額1円を加算して記載している。なお、新株予約権の払込金額507円については、被付与者である当社の役員が有する報酬債権をもって相殺することとしている。

 

会社法第361条の規定に基づき、取締役に対する株式報酬型ストックオプションとしての新株予約権に関する報酬等について、2009年6月26日開催の定時株主総会、及び同日開催の取締役会において決議されたもの。

 

事業年度末現在

(2020年3月31日)

決議年月日

2009年6月26日

付与対象者の区分及び人数(名)

取締役 1

新株予約権の数(個)

10

新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)

新株予約権の目的となる株式の種類

普通株式

新株予約権の目的となる株式の数(株)

2,000

新株予約権の行使時の払込金額(円)

1株当たり 1

新株予約権の行使期間

2010年6月25日から

2029年6月26日

新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額(円)※(注)

発行価格   297

資本組入額  148

新株予約権の行使の条件

被付与者が当社の取締役の地位を喪失した日の翌日から1ヶ月間に限り権利行使ができる。相続人による権利行使は、新株予約権発行後最初に発生した相続の場合に限り認める。その他の条件は当社と被付与者との間で締結する契約に定める。

新株予約権の譲渡に関する事項

新株予約権の譲渡には取締役会の承認を必要とする。

組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項

※ 当事業年度の末日(2020年3月31日)における内容を記載している。提出日の前月末現在(2020年5月31日)において、記載すべき内容が当事業年度の末日における内容から変更がないため、提出日の前月末現在に係る記載を省略している。

(注)発行価格は、新株予約権の払込金額296円に行使時の払込金額1円を加算して記載している。なお、新株予約権の払込金額296円については、被付与者である当社の役員が有する報酬債権をもって相殺することとしている。

 

会社法第361条の規定に基づき、取締役に対する株式報酬型ストックオプションとしての新株予約権に関する報酬等について、2010年6月29日開催の定時株主総会、及び同日開催の取締役会において決議されたもの。

 

事業年度末現在

(2020年3月31日)

決議年月日

2010年6月29日

付与対象者の区分及び人数(名)

取締役 1

新株予約権の数(個)

10

新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)

新株予約権の目的となる株式の種類

普通株式

新株予約権の目的となる株式の数(株)

2,000

新株予約権の行使時の払込金額(円)

1株当たり 1

新株予約権の行使期間

2011年6月27日から

2030年6月29日

新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額(円)※(注)

発行価格   286

資本組入額  143

新株予約権の行使の条件

被付与者が当社の取締役の地位を喪失した日の翌日から1ヶ月間に限り権利行使ができる。相続人による権利行使は、新株予約権発行後最初に発生した相続の場合に限り認める。その他の条件は当社と被付与者との間で締結する契約に定める。

新株予約権の譲渡に関する事項

新株予約権の譲渡には取締役会の承認を必要とする。

組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項

※ 当事業年度の末日(2020年3月31日)における内容を記載している。提出日の前月末現在(2020年5月31日)において、記載すべき内容が当事業年度の末日における内容から変更がないため、提出日の前月末現在に係る記載を省略している。

(注)発行価格は、新株予約権の払込金額285円に行使時の払込金額1円を加算して記載している。なお、新株予約権の払込金額285円については、被付与者である当社の役員が有する報酬債権をもって相殺することとしている。

 

会社法第361条の規定に基づき、取締役に対する株式報酬型ストックオプションとしての新株予約権に関する報酬等について、2011年6月29日開催の定時株主総会、及び同日開催の取締役会において決議されたもの。

 

事業年度末現在

(2020年3月31日)

決議年月日

2011年6月29日

付与対象者の区分及び人数(名)

取締役 1

新株予約権の数(個)

10

新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)

新株予約権の目的となる株式の種類

普通株式

新株予約権の目的となる株式の数(株)

2,000

新株予約権の行使時の払込金額(円)

1株当たり 1

新株予約権の行使期間

2012年6月25日から

2031年6月29日

新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額(円)※(注)

発行価格   343

資本組入額  172

新株予約権の行使の条件

被付与者が当社の取締役の地位を喪失した日の翌日から1ヶ月間に限り権利行使ができる。相続人による権利行使は、新株予約権発行後最初に発生した相続の場合に限り認める。その他の条件は当社と被付与者との間で締結する契約に定める。

新株予約権の譲渡に関する事項

新株予約権の譲渡には取締役会の承認を必要とする。

組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項

※ 当事業年度の末日(2020年3月31日)における内容を記載している。提出日の前月末現在(2020年5月31日)において、記載すべき内容が当事業年度の末日における内容から変更がないため、提出日の前月末現在に係る記載を省略している。

(注)発行価格は、新株予約権の払込金額342円に行使時の払込金額1円を加算して記載している。なお、新株予約権の払込金額342円については、被付与者である当社の役員が有する報酬債権をもって相殺することとしている。

 

会社法第361条の規定に基づき、取締役に対する株式報酬型ストックオプションとしての新株予約権に関する報酬等について、2012年6月28日開催の定時株主総会、及び同日開催の取締役会において決議されたもの。

 

事業年度末現在

(2020年3月31日)

決議年月日

2012年6月28日

付与対象者の区分及び人数(名)

取締役 1

新株予約権の数(個)

10

新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)

新株予約権の目的となる株式の種類

普通株式

新株予約権の目的となる株式の数(株)

2,000

新株予約権の行使時の払込金額(円)

1株当たり 1

新株予約権の行使期間

2013年6月24日から

2032年6月28日

新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額(円)※(注)

発行価格   564

資本組入額  282

新株予約権の行使の条件

被付与者が当社の取締役の地位を喪失した日の翌日から1ヶ月間に限り権利行使ができる。相続人による権利行使は、新株予約権発行後最初に発生した相続の場合に限り認める。その他の条件は当社と被付与者との間で締結する契約に定める。

新株予約権の譲渡に関する事項

新株予約権の譲渡には取締役会の承認を必要とする。

組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項

※ 当事業年度の末日(2020年3月31日)における内容を記載している。提出日の前月末現在(2020年5月31日)において、記載すべき内容が当事業年度の末日における内容から変更がないため、提出日の前月末現在に係る記載を省略している。

(注)発行価格は、新株予約権の払込金額563円に行使時の払込金額1円を加算して記載している。なお、新株予約権の払込金額563円については、被付与者である当社の役員が有する報酬債権をもって相殺することとしている。

 

会社法第361条の規定に基づき、取締役に対する株式報酬型ストックオプションとしての新株予約権に関する報酬等について、2013年6月27日開催の定時株主総会、及び同日開催の取締役会において決議されたもの。

 

事業年度末現在

(2020年3月31日)

決議年月日

2013年6月27日

付与対象者の区分及び人数(名)

取締役 1

新株予約権の数(個)

10

新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)

新株予約権の目的となる株式の種類

普通株式

新株予約権の目的となる株式の数(株)

2,000

新株予約権の行使時の払込金額(円)

1株当たり 1

新株予約権の行使期間

2014年6月23日から

2033年6月27日

新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額(円)※(注)

発行価格   646

資本組入額  323

新株予約権の行使の条件

被付与者が当社の取締役の地位を喪失した日の翌日から1ヶ月間に限り権利行使ができる。相続人による権利行使は、新株予約権発行後最初に発生した相続の場合に限り認める。その他の条件は当社と被付与者との間で締結する契約に定める。

新株予約権の譲渡に関する事項

新株予約権の譲渡には取締役会の承認を必要とする。

組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項

※ 当事業年度の末日(2020年3月31日)における内容を記載している。提出日の前月末現在(2020年5月31日)において、記載すべき内容が当事業年度の末日における内容から変更がないため、提出日の前月末現在に係る記載を省略している。

(注)発行価格は、新株予約権の払込金額645円に行使時の払込金額1円を加算して記載している。なお、新株予約権の払込金額645円については、被付与者である当社の役員が有する報酬債権をもって相殺することとしている。

 

会社法第361条の規定に基づき、取締役に対する株式報酬型ストックオプションとしての新株予約権に関する報酬等について、2014年6月27日開催の定時株主総会、及び同日開催の取締役会において決議されたもの。

 

事業年度末現在

(2020年3月31日)

決議年月日

2014年6月27日

付与対象者の区分及び人数(名)

取締役 1

新株予約権の数(個)

10

新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)

新株予約権の目的となる株式の種類

普通株式

新株予約権の目的となる株式の数(株)

2,000

新株予約権の行使時の払込金額(円)

1株当たり 1

新株予約権の行使期間

2015年6月25日から

2034年6月27日

新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額(円)※(注)

発行価格   645

資本組入額  323

新株予約権の行使の条件

被付与者が当社の取締役の地位を喪失した日の翌日から1ヶ月間に限り権利行使ができる。相続人による権利行使は、新株予約権発行後最初に発生した相続の場合に限り認める。その他の条件は当社と被付与者との間で締結する契約に定める。

新株予約権の譲渡に関する事項

新株予約権の譲渡には取締役会の承認を必要とする。

組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項

※ 当事業年度の末日(2020年3月31日)における内容を記載している。提出日の前月末現在(2020年5月31日)において、記載すべき内容が当事業年度の末日における内容から変更がないため、提出日の前月末現在に係る記載を省略している。

(注)発行価格は、新株予約権の払込金額644円に行使時の払込金額1円を加算して記載している。なお、新株予約権の払込金額644円については、被付与者である当社の役員が有する報酬債権をもって相殺することとしている。

 

会社法第361条の規定に基づき、取締役に対する株式報酬型ストックオプションとしての新株予約権に関する報酬等について、2015年6月26日開催の定時株主総会、及び2015年7月30日開催の取締役会において決議されたもの。

 

事業年度末現在

(2020年3月31日)

決議年月日

2015年6月26日

付与対象者の区分及び人数(名)

取締役 2

新株予約権の数(個)

30

新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)

新株予約権の目的となる株式の種類

普通株式

新株予約権の目的となる株式の数(株)

6,000

新株予約権の行使時の払込金額(円)

1株当たり 1

新株予約権の行使期間

2016年6月23日から

2035年6月26日

新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額(円)※(注)

発行価格   1,377

資本組入額    689

新株予約権の行使の条件

被付与者が当社の取締役の地位を喪失した日の翌日から1ヶ月間に限り権利行使ができる。相続人による権利行使は、新株予約権発行後最初に発生した相続の場合に限り認める。その他の条件は当社と被付与者との間で締結する契約に定める。

新株予約権の譲渡に関する事項

新株予約権の譲渡には取締役会の承認を必要とする。

組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項

※ 当事業年度の末日(2020年3月31日)における内容を記載している。提出日の前月末現在(2020年5月31日)において、記載すべき内容が当事業年度の末日における内容から変更がないため、提出日の前月末現在に係る記載を省略している。

(注)発行価格は、新株予約権の払込金額1,376円に行使時の払込金額1円を加算して記載している。なお、新株予約権の払込金額1,376円については、被付与者である当社の役員が有する報酬債権をもって相殺することとしている。

 

会社法第361条の規定に基づき、取締役に対する株式報酬型ストックオプションとしての新株予約権に関する報酬等について、2016年6月28日開催の定時株主総会、及び同日開催の取締役会において決議されたもの。

 

事業年度末現在

(2020年3月31日)

決議年月日

2016年6月28日

付与対象者の区分及び人数(名)

取締役 2

新株予約権の数(個)

30

新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)

新株予約権の目的となる株式の種類

普通株式

新株予約権の目的となる株式の数(株)

6,000

新株予約権の行使時の払込金額(円)

1株当たり 1

新株予約権の行使期間

2017年6月26日から

2036年6月28日

新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額(円)※(注)

発行価格  1,065

資本組入額   533

新株予約権の行使の条件

被付与者が当社の取締役の地位を喪失した日の翌日から1ヶ月間に限り権利行使ができる。相続人による権利行使は、新株予約権発行後最初に発生した相続の場合に限り認める。その他の条件は当社と被付与者との間で締結する契約に定める。

新株予約権の譲渡に関する事項

新株予約権の譲渡には取締役会の承認を必要とする。

組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項

※ 当事業年度の末日(2020年3月31日)における内容を記載している。提出日の前月末現在(2020年5月31日)において、記載すべき内容が当事業年度の末日における内容から変更がないため、提出日の前月末現在に係る記載を省略している。

(注)発行価格は、新株予約権の払込金額1,064円に行使時の払込金額1円を加算して記載している。なお、新株予約権の払込金額1,064円については、被付与者である当社の役員が有する報酬債権をもって相殺することとしている。

②【ライツプランの内容】

該当事項なし。

③【その他の新株予約権等の状況】

該当事項なし。

(3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

該当事項なし。

(4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

年月日

発行済株式
総数増減数

(株)

発行済株式総数残高(株)

資本金増減額(千円)

資本金残高(千円)

資本準備金増減額(千円)

資本準備金
残高(千円)

2015年4月1日~

2016年3月31日

(注)1

280,000

36,342,000

16,026

4,321,672

16,016

206,603

2017年10月1日

(注)2

△29,073,600

7,268,400

4,321,672

206,603

2019年4月1日~

2020年3月31日

(注)1

10,000

7,278,400

5,530

4,327,202

5,530

212,134

(注)1.新株予約権の行使による増加である。

2.2017年10月1日付で普通株式5株につき1株の割合で株式併合を実施しており、発行済株式総数の減少29,073,600株は、株式併合によるものである。

(5)【所有者別状況】

 

 

 

 

 

 

 

2020年3月31日現在

区分

株式の状況(1単元の株式数 100株)

単元未満株式の状況

(株)

政府及び地方公共団体

金融機関

金融商品取引業者

その他の法人

外国法人等

個人その他

個人以外

個人

株主数(人)

-

23

33

53

61

3

2,533

2,706

所有株式数(単元)

-

15,025

1,381

25,349

7,802

66

22,906

72,529

25,500

所有株式数の割合(%)

-

20.72

1.90

34.95

10.76

0.09

31.58

100

(注)1.自己株式23,935株は、「個人その他」に239単元、「単元未満株式の状況」に35株を含めて記載している。

2.証券保管振替機構名義の株式は、「その他の法人」に2単元含まれている。

 

(6)【大株主の状況】

 

 

2020年3月31日現在

氏名又は名称

住所

所有株式数

(株)

発行済株式(自己株式を除く。)の総数に対する所有株式数の割合(%)

株式会社マルハン

京都市上京区出町今出川上る青龍町231

2,342,800

32.29

日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口)

東京都中央区晴海1-8-11

424,500

5.85

日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口)

東京都港区浜松町2-11-3

249,600

3.44

株式会社三井住友銀行

東京都千代田区丸の内1-1-2

199,200

2.74

全国一栄会持株会

東京都港区芝浦1-1-1

㈱イチケン内

178,000

2.45

BBH LUX/DAIWA SBI LUX FUNDS SICAV-DSBI JAPAN EQUITY SMALL CAP ABSOLUTE VALUE

(常任代理人 株式会社三井住友銀行)

80 ROUTE D'ESCH LUXEMBOURG LUXEMBOURG  L-1470

(東京都千代田区丸の内1-3-2)

150,000

2.06

GOLDMAN SACHS INTERNATIONAL

(常任代理人 ゴールドマン・サックス証券株式会社)

PLUMTREE COURT,25 SHOE LANE,LONDON EC4A 4AU,U.K.

(東京都港区六本木6-10-1六本木ヒルズ森タワー)

131,800

1.81

株式会社三菱UFJ銀行

東京都千代田区丸の内2-7-1

118,400

1.63

原 勝彦

石川県小松市

95,100

1.31

原 久美

石川県小松市

94,900

1.30

3,984,300

54.92

(注)全国一栄会持株会は、当社の取引先企業で構成されている持株会である。

(7)【議決権の状況】

①【発行済株式】

 

 

 

 

2020年3月31日現在

区分

株式数(株)

議決権の数(個)

内容

無議決権株式

 

議決権制限株式(自己株式等)

 

議決権制限株式(その他)

 

完全議決権株式(自己株式等)

普通株式

23,900

完全議決権株式(その他)

普通株式

7,229,000

72,290

単元未満株式

普通株式

25,500

1単元(100株)

未満の株式

発行済株式総数

 

7,278,400

総株主の議決権

 

72,290

(注)1.完全議決権株式(自己株式等)欄は、すべて当社保有の自己株式である。

2.完全議決権株式(その他)欄には、証券保管振替機構名義の株式200株(議決権の数2個)が含まれている。

3.単元未満株式には、当社保有の自己株式35株が含まれている。

 

②【自己株式等】

 

 

 

 

2020年3月31日現在

所有者の氏名

又は名称

所有者の住所

自己名義

所有株式数

(株)

他人名義

所有株式数

(株)

所有株式数

の合計

(株)

発行済株式総数に対する所有株式数の割合(%)

株式会社イチケン

東京都港区芝浦

1-1-1

23,900

23,900

0.33

23,900

23,900

0.33

 

2【自己株式の取得等の状況】

【株式の種類等】 会社法第155条第7号に該当する普通株式の取得

(1)【株主総会決議による取得の状況】

 該当事項なし。

(2)【取締役会決議による取得の状況】

 

 該当事項なし。

(3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

区分

株式数(株)

価額の総額(円)

当事業年度における取得自己株式

317

547,788

当期間における取得自己株式

42

62,664

(注)当期間における取得自己株式には、2020年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りによる株式は含めていない。

(4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

区分

当事業年度

当期間

株式数(株)

処分価額の総額

(円)

株式数(株)

処分価額の総額

(円)

引き受ける者の募集を行った取得自己株式

消却の処分を行った取得自己株式

合併、株式交換、会社分割に係る移転を行った取得自己株式

その他

(-)

保有自己株式数

23,935

23,977

(注)当期間における保有自己株式数には、2020年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りによる株式は含めていない。

3【配当政策】

当社は、事業の成長・拡大及び財務基盤の安定化による企業価値の向上と、株主様への直接的な利益還元である配当の安定的な実施に重点を置き、利益配分につきましては、今後の成長・拡大に備えた内部留保の充実を考慮して決定することを株主還元の基本方針としております。

当社の剰余金の配当は、中間配当と期末配当の年2回行うことを基本方針としております。

これらの剰余金の配当の決定機関は、期末配当については株主総会、中間配当については取締役会であります。

当事業年度(第94期)の1株当たりの配当につきましては、普通配当80円に記念配当10円を合わせた90円の期末配当を行うことといたしました。これにより年間配当金は1株当たり90円、配当性向は22.4%となりました。

また、内部留保資金につきましては、今後予想される経営環境の変化に対応すべく、安定した財務内容の堅持と競争力を保持するために有効な投資をしてまいります。

なお、当社は「取締役会の決議により、毎年9月30日を基準日として中間配当を行うことができる。」旨を定款に定めております。

当事業年度に係る剰余金の配当は以下のとおりであります。

決議年月日

配当金の総額

(百万円)

1株当たり配当額

(円)

2020年6月26日

652

90.00

定時株主総会決議

 

 

4【コーポレート・ガバナンスの状況等】

(1)【コーポレート・ガバナンスの概要】

1.企業統治の体制

・企業統治の体制の概要及び現状の体制を採用する理由

当社は、監査役会設置会社であり、監査役は、法務、財務、会計、会社経営の経験等の高い見識と豊富な経験を有し、取締役会等において経営陣に対して積極的に意見を述べるとともに、日常的に取締役を含む業務執行者と意見交換を行い、諸会議や意見交換により得られた情報を他の監査役とも積極的に共有することを通じて、独立した客観的な立場で実効性の高い監査体制を構築しております。

取締役会は、法令、定款及び取締役会規則に基づき、企業戦略等の重要事項を決定することとしており、他社における会社経営経験者、弁護士、経営戦略の立案・遂行に関する経験者等の社外取締役による経営方針や経営計画等に関する意見表明及び助言、利益相反取引の監督の実施等の適切な関与の下、実効性の高い監督体制を構築しております。また、任意の機関として設けたコンプライアンス推進委員会を通じて、コーポレートガバナンスや内部統制の充実・強化を図っております。

なお、取締役会の決定に基づく業務執行上の重要事項は経営会議において審議・決定するとともに、業務分掌や職務権限等に係る社内規定を定め、各部門の職責と決裁権限等を明確にすることを通じて、経営陣幹部による迅速かつ適切な意思決定が可能となるよう環境を整備しております。

① 取締役会は、取締役7名(社外取締役は、独立社外取締役2名を含む3名)で構成され、法令、定款及び取締役会規則に基づき、経営方針、経営戦略等の経営上の重要事項を原則月1回開催される取締役会において審議・決定するとともに、取締役の職務執行についての監督を行っております。なお、経営責任の明確化を図るため取締役の任期は1年間としております。

② 取締役会の決議に基づく業務執行上の重要事項は、代表取締役社長が議長となり、事業本部、技術本部、管理本部の各本部長である業務執行取締役、社外取締役及び常勤監査役により構成される経営会議において充分時間をかけて審議・決定しております。

③ 取締役会の監督機能を強化し、経営の意思決定・監督機関と業務執行の機能を分離し、迅速な意思決定を図るため、執行役員制度を導入しております。

④ 執行役員は、取締役会の決議により選任され(取締役兼務者4名を含む14名)、代表取締役社長の指揮命令・監督のもと、担当職務を執行しております。

⑤ 当社は、監査役会設置会社であり、監査役会は監査役3名(社外監査役は、独立役員として指定した2名)で構成されております。

⑥ 監査役は、監査役会が定めた監査方針及び監査計画に従い、取締役会、経営会議等の重要な会議に常時出席し、業務及び財産等の調査を通じて取締役の職務の執行状況について厳正な監査を実施しております。

⑦ 当社は、取締役会の諮問機関として、構成員の半数以上を独立社外取締役とする指名・報酬委員会を設け、取締役、監査役及び執行役員の指名・報酬等に関する手続きの公平性・透明性・客観性等の強化を図っております。

⑧ 代表取締役社長を委員長、業務執行取締役を委員、外部の弁護士をアドバイザーとするコンプライアンス推進委員会を設け、コンプライアンスの取組みの推進・主導活動のほか、コーポレートガバナンスや内部統制の充実・強化を図っております。

⑨ 取締役の職務の執行が法令および定款に適合することを確保するための体制その他業務の適正を確保するための体制として、取締役会において内部統制構築の基本方針を定め、内部統制機能の向上を図っております。

⑩ 代表取締役社長直轄の内部監査部門として業務監査室を設置し、業務監査室は、内部統制システムを円滑に推進するため、会計監査人と調整を図りながら内部統制システムの更なる整備・向上に取り組むとともに、社内教育、研修会を実施して全役職員への啓蒙や意識改革に努めております。

⑪ 業務監査室は、一定規模以上の工事作業所を対象とした日常的な作業所監査のほか、各部門を対象とした内部監査を期初に策定した内部監査計画に基づき実施し、これらの監査結果を直接代表取締役社長に報告するとともに、監査役会とも監査結果を共有することにより連携を図っております。また、業務監査室は、監査機会を通じて被監査部門に対して適宜業務改善指示を行い、被監査部門から改善計画を報告させることにより、内部監査の実効性を確保しております。

⑫ 総務・法務部においては、遵法意識の啓蒙、現業部門に対するアドバイザリー業務、契約書等の事前審査を通じて、法令違反等の未然防止並びに企業活動において発生するリスクの低減に努めております。

⑬ 複数の弁護士や税理士と顧問契約を締結し、客観的で専門的な立場からの意見やアドバイスを受け、経営判断の重要な指針としております。

・内部統制システムの整備の状況

① 取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制

・「コンプライアンスに係る基本指針」を定め、全役職員に対して企業活動におけるコンプライアンス意識の向上とその重要性について継続して教育・指導を行い、法令違反、定款違反等の不正をおこさせない企業風土を醸成する。そのために、代表取締役社長を委員長としたコンプライアンス推進委員会を設置し、全役職員に対する教育・指導を主導する等の委員会活動を通じて、コンプライアンスのより一層の充実・強化を図る。また、内部監査部門による内部監査及び内部通報制度等を通じて、法令及び定款に違反する行為等を早期に発見・是正する体制を構築する。

・市民社会の秩序や安全に影響を与えるような反社会的勢力や団体との関係は断固拒絶し、これらに関係する企業、団体、個人とは一切取引を行わないものとする。また、関係行政機関や諸団体等を通じて反社会的勢力の情報を収集するとともに、講習会、セミナー等を通じて従業員への周知徹底を図る。

・財務報告の信頼性を確保するため、「財務報告に係る内部統制の基本方針」を遵守するとともに、財務報告に係る内部統制の整備、運用、評価を行う体制の更なる整備に努める。

② 取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制

「文書管理規定」を遵守し、取締役の職務の執行状況を適切に記録、保存、管理し、取締役及び監査役は、これらの文書を常時閲覧できるものとする。

③ 損失の危険の管理に関する規定その他の体制

予想されるリスクに対してその回避、軽減及び対処方法等について適切な管理体制を整えるものとする。また、不測の事態が発生した場合には、損失の拡大防止と損失を最小限に止めるため、代表取締役社長を本部長とする対策本部を設置のうえ、迅速に対応する。

④ 取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

達成すべき全社的目標・計画を取締役及び従業員が認識し、これらの目標を達成するために取締役並びに各担当者の業務範囲や責任範囲、決裁権限等を明確にし、ITシステムを活用した情報の共有化を図るとともに業務効率を改善する。また、目標達成に向けて常に業務の進捗確認を行い、目標達成の確度を上げる。

⑤ 当社並びにその親会社及び子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制

現在、当社に子会社は存在しないが、将来において当社を中心とする企業集団を形成した場合には、当社は主管部門を設置して、子会社に対して当社と整合性をもった各種規定・制度の整備・運用を行うよう指導し、当社の取締役会及び主管部門は子会社の重要案件の取扱いや業務執行状況等について定期的に報告を求め、子会社を適正に管理・監督する。

また、子会社の業務の適正を確保するため、当社内部監査部門が定期的に子会社の内部監査を実施するとともに、当社の内部通報制度を子会社の役職員も利用できる体制とする。

⑥ 監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する事項及び当該使用人の取締役からの独立性に関する事項並びに当該使用人に対する指示の実効性に関する事項

監査役の求めに応じて、監査役の職務を補助する組織または人員を配置し、監査業務の補助を行うものとする。当該職務補助者が他部門の使用人を兼務する場合は、監査役の職務補助業務を優先するものとする。また、当該職務補助者の人事異動については監査役の意見を尊重し、決定するものとし、人事評価については監査役が行うものとする。

⑦ 取締役及び使用人が監査役に報告するための体制その他の監査役への報告に関する体制

・取締役及び使用人は、全社的に重大な影響を及ぼす事項または及ぼす恐れのある事項については監査役に速やかに報告するものとする。

・監査役は必要に応じて取締役及び使用人に対して業務執行状況の報告を求めることができ、監査役から報告を求められた者は速やかに報告するものとする。

⑧ 監査役に報告した者が当該報告をしたことを理由として不利な取扱いを受けないことを確保するための体制

報告者が、当該報告をしたことを理由として不利益な取扱いを受けることがないよう、「内部通報規定」の通報者と同様に保護措置を講じるものとする。

⑨ 監査役の職務の執行について生ずる費用または債務の処理に係る方針に関する事項

当社に対して監査役がその職務の執行について生ずる費用を請求した場合には、当社はその費用を負担するものとする。

⑩ その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制

・代表取締役社長は、監査役との定期的な会合を実施するとともに、監査役に対して適宜必要な情報を提供し、監査役との意思疎通を図るものとする。

・内部監査部門は、内部監査の結果等を定期的に監査役会に報告する等、監査役との連携を図るものとする。

・監査役は、関係部署と連携を図りながら随時情報交換を行い、必要に応じて社内の会議体に出席できるものとする。

・リスク管理体制の整備の状況

当社を取り巻く経営環境の変化に伴い、管理すべきリスクも複雑・多様化しております。このような状況の中、当社では、総務・法務部を設置し、「コンプライアンス」及び「企業理念に沿った活動」を広く推進する体制作りをしております。

当社のコーポレート・ガバナンス体制の概念図は次のとおりであります。

0104010_001.png

 

2.取締役及び監査役の責任免除

当社は、取締役及び監査役が職務の遂行にあたりその能力を十分発揮できるよう、会社法第426条第1項の規定により、取締役会の決議によって、取締役(取締役であった者を含む。)及び監査役(監査役であった者を含む。)の損害賠償責任を法令の限度において免除することができる旨定款に定めております。

3.責任限定契約の内容の概要

当社と取締役(業務執行取締役等である者を除く。)及び監査役は、会社法第427条第1項の規定に基づき、同法第423条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任の限度額は、取締役(業務執行取締役等である者を除く。)及び監査役ともに3百万円または法令が定める最低限度額のいずれか高い額としております。なお、当該責任限定が認められるのは、責任の原因となった職務の遂行について善意にして、かつ、重大な過失がない場合に限られます。

4.取締役の定数

当社の取締役は、9名以内とする旨定款に定めております。

5.取締役の選任の決議要件

当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することのできる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨定款に定めております。

また、取締役の選任決議は、累積投票によらないものとする旨定款に定めております。

6.自己の株式の取得

当社は、経営環境の変化に対応し機動的な経営を行うことを目的として、会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議をもって自己の株式を取得することができる旨定款に定めております。

7.中間配当

当社は、株主への機動的な利益還元を行うことを目的として、会社法第454条第5項の規定により、取締役会の決議によって、毎年9月30日を基準日として中間配当を行うことができる旨定款に定めております。

8.株主総会の特別決議要件

当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することのできる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨定款に定めております。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目的とするものであります。

(2)【役員の状況】

① 役員一覧

男性10名 女性-名 (役員のうち女性の比率-%)

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所 有

株式数

(株)

取締役社長

(代表取締役)

社長執行役員

長谷川 博之

1960年2月4日

 

1982年4月

当社入社

2001年6月

当社取締役(関西支店長代行)

2002年6月

当社取締役(関西統括兼神戸本店長)

2005年4月

当社常務取締役(関西統括兼神戸本店長)

2007年4月

当社取締役、常務執行役員(事業統括本部副本部長兼関東統括)

2011年4月

当社取締役、常務執行役員(東京支店長)

2014年6月

当社取締役、専務執行役員(営業推進本部長)

2015年6月

当社代表取締役社長、社長執行役員(現)

 

(注)3

6,000

取締役

専務執行役員

(管理本部長)

西出 英雄

1954年1月21日

 

1977年4月

㈱ダイエー入社

2004年6月

同社財務本部副本部長

2005年4月

㈱日本流通リース代表取締役社長

2007年4月

当社入社 管理本部副本部長

2008年4月

当社執行役員(管理本部副本部長)

2011年5月

当社執行役員(管理本部長)

2015年6月

当社取締役、執行役員(管理本部長)

2017年6月

当社取締役、常務執行役員(管理本部長)

2019年6月

当社取締役、専務執行役員(管理本部長)

(現)

 

(注)3

2,000

取締役

常務執行役員

(技術本部長)

佐々 英昭

1954年4月2日

 

1993年10月

当社入社

2002年6月

当社札幌支店建設部長

2008年4月

当社東京支店建設部長

2013年4月

当社東京支店副支店長

2013年6月

当社執行役員(東京支店副支店長)

2015年6月

当社執行役員(東京支店長)

2016年6月

当社常務執行役員(東京支店長)

2019年4月

当社常務執行役員(技術本部長代行)

2019年6月

当社取締役、常務執行役員(技術本部長)

(現)

 

(注)3

2,300

取締役

常務執行役員

(事業本部長)

湯ノ口 智治

1957年12月16日

 

2003年7月

当社入社

2006年1月

当社福岡支店長

2008年4月

当社執行役員(福岡支店長)

2013年6月

当社常務執行役員(福岡支店長)

2016年4月

当社常務執行役員(関西支店長)

2019年4月

当社常務執行役員(事業本部長代行)

2019年6月

当社取締役、常務執行役員(事業本部長)

(現)

 

(注)3

900

取締役

藤田  進

1956年12月23日

 

2002年7月

㈱マルハン 社長室次長

2005年10月

同社経営企画部長

2006年10月

2015年6月

同社執行役員経営企画部長

同社取締役執行役員経営企画部長

2015年6月

当社取締役(現)

2015年7月

2018年4月

㈱マルハン 取締役執行役員経営企画本部長

同社取締役上席執行役員経営企画本部長(現)

 

(注)3

取締役

武内 秀明

1959年5月11日

 

1984年4月

日揮㈱入社

1994年4月

東京弁護士会登録 清水直法律事務所入所

2001年10月

松井・武内法律事務所開設 同パートナー

2005年8月

武内法律事務所開設 同所長弁護士 (現)

2012年9月

メディアスホールディングス㈱監査役

(現)

2015年6月

当社取締役(現)

 

(注)3

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所 有

株式数

(株)

取締役

伊知地 俊人

1963年7月29日

 

1988年2月

東急不動産地域サービス㈱(現 東急リバブル㈱)入社

1989年2月

㈱タケツーエステート入社

1993年10月

ウィル不動産販売(現 ㈱ウィル)創業

1993年11月

アサヒハウス㈱取締役

1995年6月

㈱ウィル不動産販売(現 ㈱ウィル)設立 同社代表取締役社長

2008年1月

㈱リノウエスト取締役(現)

2008年1月

㈱ウィルフィナンシャルコミュニケーションズ取締役

2011年3月

㈱ウィル空間デザイン代表取締役

2013年11月

㈱遊取締役

2014年4月

㈱ウィル取締役会長(現)

2014年7月

㈱ウィルスタジオ取締役

2017年6月

当社取締役(現)

 

(注)3

監査役

(常勤)

渡辺 直之

1957年11月8日

 

1980年4月

不二建設㈱入社

1990年4月

同社経理部課長代理

1993年3月

フジケン㈱経理部課長代理

1993年5月

当社入社

2005年4月

当社財務経理部担当部長

2007年2月

当社財務経理部長

2017年6月

当社監査役(現)

 

(注)4

4,900

監査役

小川 真人

1961年1月25日

 

1983年9月

ピート・マーウィック・ミッチェル会計事務所(現 あずさ監査法人)入所

1996年10月

センチュリー監査法人(現 あずさ監査法人)社員

2001年10月

新日本監査法人(現 あずさ監査法人)入所

2003年7月

㈱ケーピーエムジーエフエーエス(現 ㈱KPMG FAS)へ転籍

2005年7月

㈱KPMG FAS取締役(パートナー)

2008年4月

一般社団法人日英協会監事(現)

2008年4月

ACEコンサルティング㈱代表取締役(現)

2011年4月

一般社団法人日本公認不正検査士協会理事

2013年1月

NPO法人シンクキッズ監事(現)

2013年1月

㈱クロスヴィジョンインターナショナル社外取締役(現)

2016年6月

㈱リョーサン社外取締役監査等委員(現)

2017年6月

当社監査役(現)

 

(注)4

監査役

初瀬 貴

1977年1月9日

 

2002年10月

弁護士登録(東京弁護士会)

虎門中央法律事務所入所

2015年5月

Georgetown University Law Center LL.M.修了

2015年8月

Sheppard Mullin Richter & Hampton LLP/

Washington,D.C.Office勤務

2016年6月

NY州弁護士登録

2017年11月

弁護士法人漆間総合法律事務所入所

2018年9月

公認不正検査士登録

2019年1月

弁護士法人漆間総合法律事務所 代表社員(現)

2020年6月

当社監査役(現)

 

(注)5

16,100

(注)1.取締役 藤田進、武内秀明及び伊知地俊人は、社外取締役である。

2.監査役 小川真人及び初瀬貴は、社外監査役である。

3.取締役の任期は、2020年6月26日開催の定時株主総会の終結の時から1年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結の時までである。

4.監査役の任期は、2017年6月28日開催の定時株主総会の終結の時から4年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結の時までである。

5.監査役の任期は、2020年6月26日開催の定時株主総会の終結の時から4年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結の時までである。

6.当社は経営執行の迅速化と明確化を図るため、執行役員制度を導入している。

執行役員は、14名で内4名は取締役と兼務している。

7.初瀬貴の氏名に関しては、「開示用電子情報処理組織による手続の特例等に関する留意事項について(電子開示手続等ガイドライン)」(金融庁総務企画局)の規定により使用可能とされている文字以外を含んでいるため、電子開示システム(EDINET)上使用できる文字で代用している。

 

② 社外役員の状況

当社の社外取締役は3名、社外監査役は2名であります。

社外取締役の藤田進氏は㈱マルハンの取締役上席執行役員を兼務しておりますが、同社は、議決権比率にして32.40%に相当する当社株式を保有しており、当社にとって「その他の関係会社」に該当するとともに、建設工事に係る取引先(取引高は当事業年度において27百万円)でもあります。なお、藤田進氏と当社との間には特別の利害関係はありません。

社外取締役の武内秀明氏が所長弁護士を兼務している武内法律事務所及び同氏が社外監査役を兼務しているメディアスホールディングス㈱と当社の間には、資本関係や取引関係を含めて何ら関係はありません。また、武内秀明氏と当社との間には特別の利害関係はありません。

社外取締役の伊知地俊人氏が取締役会長を兼務している㈱ウィルと当社の間には、資本関係や取引関係を含めて何ら関係はありません。また、伊知地俊人氏と当社との間には特別の利害関係はありません。

社外監査役の小川真人氏が代表取締役を兼務しているACEコンサルティング㈱及び同氏が社外取締役監査等委員を兼務している㈱リョーサンと当社の間には、資本関係や取引関係を含めて何ら関係はありません。また、小川真人氏と当社との間には特別の利害関係はありません。

社外監査役の初瀬貴氏が代表社員を兼務している弁護士法人漆間総合法律事務所と当社の間には、資本関係や取引関係を含めて何ら関係はありません。また、初瀬貴氏と当社との間には特別の利害関係はありません。

当社は、経営の監視機能の充実を図るため、会社経営に関する豊富な経験と見識もしくは専門的な知見を有する社外取締役及び社外監査役を選任し、業務の適正の確保及び企業価値向上に向けた客観的かつ適切な意見、監督または監査など、公正中立の立場から経営監視の職務を適切に遂行することを社外取締役及び社外監査役に求めております。

藤田進氏は、他社における会社経営の経験のほか、経営戦略の立案・遂行に関する長い経験と高い見識を有しており、当社の社外取締役としての職務遂行にあたり適任と判断しております。

武内秀明氏は、法律の専門家としての豊富な経験と高い見識を有しており、当社の社外取締役としての職務遂行にあたり適任と判断しております。

伊知地俊人氏は、他社における会社経営の経験のほか、不動産関連の実務に関する長い経験と高い見識を有しており、当社の社外取締役としての職務遂行にあたり適任と判断しております。

小川真人氏は、長年にわたる公認会計士としての実務経験に基づく財務及び会計に関する専門的な知識に加えて企業倫理の遵守に徹する見識等を有するほか、他社の代表取締役としての豊富な会社経営経験を有することから、当社の社外監査役としての職務遂行にあたり適任と判断しております。

初瀬貴氏は、法律の専門家としての海外での勤務経験を含む豊富な経験と企業倫理に関する高い見識を有しており、当社の社外監査役としての職務遂行にあたり適任と判断しております。

なお、社外取締役の武内秀明氏及び伊知地俊人氏並びに社外監査役の小川真人氏及び初瀬貴氏は、当社が規定する独立性判断基準を満たしていることから、独立役員に指定しております。

 

③ 社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部統制部門との関係

常勤監査役及び社外監査役は、会計監査人や内部監査部門から定期的に監査の実施状況や結果について報告を受けるとともに、必要の都度相互に情報交換・意見交換を行うなど、他の監査機関との緊密な連携のもと、社外取締役の意見も取り入れながら厳正な監査を行っております。

 

 

(3)【監査の状況】

1.監査役監査の状況

監査役は、取締役会その他重要な会議に出席する他、事業所の往査等を通じて経営状況を把握する等の業務監査を実施しております。また、監査役会において相互に業務執行の状況について報告を行うとともに、内部監査部門及び会計監査人と必要の都度相互の情報交換・意見交換を行うなど、連携を密にして監査の実効性と効率性の向上に努めております。

また、常勤監査役の主な活動としまして、取締役会のほか経営会議を含む重要会議に出席し、監査役として積極的に意見を述べるとともに、日常的に業務執行取締役を含むその他の業務執行者との意見交換や社外取締役とも必要に応じた意見交換を行い、諸会議や意見交換により得られた情報を、他の監査役とも積極的に共有しております。

当事業年度において当社は監査役会を14回開催しており、個々の監査役の出席状況については次のとおりであります。

氏名

開催回数

出席回数

渡辺 直之

14回

14回

小川 真人

14回

14回

初瀬 貴

―回

―回

(注)初瀬貴氏は、2020年6月26日開催の定時株主総会にて、新任の社外監査役として選任されたため、出席回数はありません。

2.内部監査の状況

当社の内部監査機能は、業務監査室(5名)が会計、業務等に関する内部監査を定期的に実施し、各部門に対し具体的な助言を行っております。

3.会計監査の状況

①監査法人の名称

有限責任監査法人トーマツ

 

②継続監査期間

15年間

 

③業務を執行した公認会計士

鈴木 登樹男

菊地 徹

 

④監査業務に係る補助者の構成

公認会計士 4名、その他 7名

(注)その他は、公認会計士試験合格者、システムレビュー担当者等です。

 

⑤監査法人の選定方針と理由

当社では、監査法人は、専門的かつ独立した立場から開示情報を監査し、財務情報に信頼性を付与することで、開示情報の信頼性を担保する役割を担う者として、株主や投資家等に対して責務を負っているものと認識しています。この考えに基づき、当社は監査法人に対して、開示情報の信頼性を担保し得る専門性と独立性を求めるとともに、監査法人の概要、監査の実施体制等、監査報酬見積額等により、総合的に判断することとしています。現在の監査法人については、当社の業務内容に精通し、効率的な監査を実施しており適切であると考えています。

 

⑥監査役会による監査法人の評価

当社の監査役会は、監査法人に対して評価を行っています。監査法人との意見交換や監査実施状況等を通じて、監査法人の品質管理、監査チーム、監査報酬等、監査役等とのコミュニケーション、経営者等の関係、不正リスク等の観点から、独立性と専門性の有無について確認を行っています。

また、会社法第340条に定める監査役会による会計監査人の解任の他、原則として会計監査人が職務を適切に遂行することが困難と認められる場合には、監査役会の決議により、会計監査人の解任又は不再任に関する議案を株主総会に提案することとしています。

 

4.監査報酬の内容等

①監査公認会計士等に対する報酬

前事業年度

当事業年度

監査証明業務に基づく報酬

(百万円)

非監査業務に基づく報酬

(百万円)

監査証明業務に基づく報酬

(百万円)

非監査業務に基づく報酬

(百万円)

37

37

 

②監査公認会計士等と同一のネットワークに対する報酬(①を除く)

該当事項はありません。

 

③その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

該当事項はありません。

 

④監査報酬の決定方針

決定方針は特に定めておりませんが、当社の業種・規模及び監査計画日数等に基づき決定しております。

 

⑤監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由

取締役会が提案した会計監査人に対する報酬等に対して、当社の監査役会が会社法第399条第1項の同意をした理由は、監査役会は、会計監査人からの監査計画の聴取や社内関係部署から提供された参考資料を通じて、会計監査人の監査計画の内容並びに監査時間、人員計画の相当性などを確認するとともに、過年度の報酬額とその算出根拠並びに同規模の同業他社の事例等を参考とするなどして協議の結果、当期の会計監査人の報酬等につき、会社法第399条第1項の同意を行ったものであります。

(4)【役員の報酬等】

1.役員の報酬等の額または算定方法の決定に関する方針に係る事項

取締役及び監査役の報酬等のうち、取締役の報酬については、持続的な成長に向けた健全なインセンティブの一つとして機能するよう、基本的な考え方及び算定基準を指名・報酬委員会の答申内容を踏まえて取締役会において定め、当社の業績や経済情勢等を勘案したうえで、株主総会において承認された取締役の報酬総額の範囲内で、具体的な報酬額を決定しております。

監査役の報酬については、株主総会において承認された監査役の報酬総額の範囲内で、監査役の協議により決定しております。

 

2.役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

役員区分

報酬等の総額

(百万円)

報酬等の種類別総額

(百万円)

対象となる役員の員数

(人)

基本報酬

賞与

取締役

(社外取締役を除く)

141

141

6

監査役

(社外監査役を除く)

12

12

1

社外役員

22

22

4

(注)役員報酬限度額は、2008年6月27日開催の定時株主総会で、次のとおり決議されております。

但し、この金額には使用人分の給与(賞与を含む)相当額は含まれないこととなっております。

取締役

年額 270百万円

監査役

年額  40百万円

 

(5)【株式の保有状況】

1.投資株式の区分の基準及び考え方

当社が保有している株式は、全て純投資目的以外であります。

 

 

2.保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

①保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の内容

当社は、毎年、取締役会において個別に各株式発行会社の業績や財務状況等を把握するとともに保有目的、保有に伴う便益、リスク等を総合的に勘案したうえで、保有の適否を検証するものとし、保有に適さないと判断した株式については順次縮減に努めるものとします。

銘柄数及び貸借対照表計上額

 

銘柄数

(銘柄)

貸借対照表計上額の

合計額(百万円)

非上場株式

10

39

非上場株式以外の株式

6

682

 

(当事業年度において株式数が増加した銘柄)

 

銘柄数

(銘柄)

株式数の増加に係る取得

価額の合計額(百万円)

株式数の増加の理由

非上場株式

非上場株式以外の株式

 

(当事業年度において株式数が減少した銘柄)

 

銘柄数

(銘柄)

株式数の減少に係る売却

価額の合計額(百万円)

非上場株式

非上場株式以外の株式

③特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報

特定投資株式

銘柄

当事業年度

前事業年度

保有目的、定量的な保有効果

及び株式数が増加した理由

当社の株式の

保有の有無

株式数(株)

株式数(株)

貸借対照表計上額

(百万円)

貸借対照表計上額

(百万円)

住友不動産㈱

115,000

115,000

取引先との関係強化のため

303

527

㈱三井住友フィナンシャルグループ

45,807

45,807

取引先との関係強化のため

120

177

上新電機㈱

55,000

55,000

取引先との関係強化のため

114

140

㈱三菱UFJフィナンシャル・グループ

215,100

215,100

取引先との関係強化のため

86

118

暁飯島工業㈱

32,000

32,000

取引先との関係強化のため

43

42

㈱みずほフィナンシャルグループ

113,850

113,850

取引先との関係強化のため

14

19

 

第5【経理の状況】

1.財務諸表の作成方法について

当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号)第2条の規定に基づき、同規則及び「建設業法施行規則」(昭和24年建設省令第14号)により作成している。

2.監査証明について

当社は金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき事業年度(2019年4月1日から2020年3月31日まで)の財務諸表について、有限責任監査法人トーマツにより監査を受けている。

3.連結財務諸表について

当社は、子会社がないので、連結財務諸表を作成していない。

4.財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

当社は、会計基準等の内容を適切に把握し、運用できる体制を整備するため、公益財団法人財務会計基準機構への加入、監査法人及び各種団体の主催する研修への参加など、財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っている。

1【財務諸表等】

(1)【財務諸表】

①【貸借対照表】

 

 

(単位:百万円)

 

前事業年度

(2019年3月31日)

当事業年度

(2020年3月31日)

資産の部

 

 

流動資産

 

 

現金預金

11,762

12,153

受取手形

※1 4,339

2,806

完成工事未収入金

※1 32,312

※1 23,780

リース投資資産

1,350

販売用不動産

267

2,385

未成工事支出金

※4 1,384

※4 1,517

前渡金

10

前払費用

76

91

未収入金

69

140

未収消費税等

1,673

63

その他

172

211

貸倒引当金

7

5

流動資産合計

53,412

43,144

固定資産

 

 

有形固定資産

 

 

建物

※2 2,264

※2 3,544

減価償却累計額

1,822

1,868

建物(純額)

442

1,675

構築物

213

241

減価償却累計額

195

197

構築物(純額)

18

44

車両運搬具

6

6

減価償却累計額

0

1

車両運搬具(純額)

6

5

工具器具・備品

315

344

減価償却累計額

168

205

工具器具・備品(純額)

146

138

土地

※2 1,426

※2 4,789

リース資産

23

27

減価償却累計額

13

10

リース資産(純額)

10

16

建設仮勘定

46

25

有形固定資産合計

2,096

6,695

無形固定資産

 

 

ソフトウエア

173

139

その他

40

17

無形固定資産合計

214

156

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

前事業年度

(2019年3月31日)

当事業年度

(2020年3月31日)

投資その他の資産

 

 

投資有価証券

1,576

1,229

出資金

5

3

破産更生債権等

132

133

長期前払費用

19

11

繰延税金資産

785

901

差入保証金

519

520

その他

39

54

貸倒引当金

132

133

投資その他の資産合計

2,945

2,721

固定資産合計

5,256

9,573

資産合計

58,669

52,717

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

前事業年度

(2019年3月31日)

当事業年度

(2020年3月31日)

負債の部

 

 

流動負債

 

 

支払手形

14,530

6,997

工事未払金

14,946

12,058

短期借入金

※2 1,462

※2 2,311

リース債務

4

6

未払金

248

225

未払費用

114

113

未払法人税等

809

760

未成工事受入金

2,067

1,569

預り金

152

203

完成工事補償引当金

249

343

工事損失引当金

※4 191

※4 119

賞与引当金

429

421

損害賠償引当金

70

その他

9

5

流動負債合計

35,213

25,206

固定負債

 

 

長期借入金

※2 1,915

※2 3,867

リース債務

6

11

退職給付引当金

1,358

1,391

長期未払金

9

9

長期預り金

368

351

固定負債合計

3,657

5,631

負債合計

38,871

30,837

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

前事業年度

(2019年3月31日)

当事業年度

(2020年3月31日)

純資産の部

 

 

株主資本

 

 

資本金

4,321

4,327

資本剰余金

 

 

資本準備金

206

212

資本剰余金合計

206

212

利益剰余金

 

 

利益準備金

309

367

その他利益剰余金

 

 

繰越利益剰余金

14,451

16,730

利益剰余金合計

14,761

17,097

自己株式

24

25

株主資本合計

19,265

21,611

評価・換算差額等

 

 

その他有価証券評価差額金

494

241

評価・換算差額等合計

494

241

新株予約権

38

27

純資産合計

19,797

21,880

負債純資産合計

58,669

52,717

 

②【損益計算書】

 

 

(単位:百万円)

 

前事業年度

(自 2018年4月1日

 至 2019年3月31日)

当事業年度

(自 2019年4月1日

 至 2020年3月31日)

売上高

 

 

完成工事高

※1,※2 93,243

※1,※2 85,861

不動産事業売上高

581

652

売上高合計

93,824

86,513

売上原価

 

 

完成工事原価

※3 86,160

※3 78,761

不動産事業売上原価

560

503

売上原価合計

86,721

79,264

売上総利益

 

 

完成工事総利益

7,082

7,099

不動産事業総利益

20

148

売上総利益合計

7,103

7,248

販売費及び一般管理費

 

 

役員報酬

178

175

従業員給料及び手当

878

970

退職金

7

17

退職給付費用

47

49

賞与引当金繰入額

77

77

法定福利費

163

170

福利厚生費

41

163

修繕維持費

38

34

事務用品費

18

17

通信交通費

157

172

動力用水光熱費

3

2

広告宣伝費

8

21

貸倒引当金繰入額

1

交際費

76

81

寄付金

1

2

地代家賃

104

137

減価償却費

96

121

租税公課

179

169

保険料

17

16

雑費

387

465

販売費及び一般管理費合計

2,484

2,867

営業利益

4,618

4,381

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

前事業年度

(自 2018年4月1日

 至 2019年3月31日)

当事業年度

(自 2019年4月1日

 至 2020年3月31日)

営業外収益

 

 

受取利息

0

0

受取配当金

20

23

還付加算金

0

13

協賛金収入

6

貸倒引当金戻入額

3

2

雑収入

12

9

営業外収益合計

37

54

営業外費用

 

 

支払利息

46

58

手形売却損

9

13

支払手数料

50

損害賠償引当金繰入額

70

雑支出

9

1

営業外費用合計

65

194

経常利益

4,590

4,241

特別利益

 

 

固定資産売却益

3

投資有価証券売却益

3

特別利益合計

7

特別損失

 

 

固定資産売却損

17

固定資産除却損

9

1

特別損失合計

26

1