EDINET閲覧(提出)サイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)をもとに上場企業サーチ作成

本ページはEDINETに提出された開示情報を上場企業サーチが加工/編集したものであり、記載された情報の正確性および完全性について上場企業サーチは一切の保証を行いません。本ページの情報を利用する際は自己の責任で判断頂き、意思決定に際しては適宜EDINETや提出会社が公開するオリジナルを参照する様にしてください。本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

【表紙】

 

【提出書類】

有価証券報告書

【根拠条文】

金融商品取引法第24条第1項

【提出先】

関東財務局長

【提出日】

2021年6月24日

【事業年度】

第79期(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)

【会社名】

中外炉工業株式会社

【英訳名】

Chugai Ro Co., Ltd.

【代表者の役職氏名】

代表取締役社長  尾 崎   彰

【本店の所在の場所】

大阪市中央区平野町3丁目6番1号
  (あいおいニッセイ同和損保御堂筋ビル)

【電話番号】

大阪06(6221)1251

【事務連絡者氏名】

取締役業務本部長  根 来 茂 樹

【最寄りの連絡場所】

東京都港区港南2丁目5番7号(港南ビル)

【電話番号】

東京03(5783)3360

【事務連絡者氏名】

東京支社長  今 上 雅 司

【縦覧に供する場所】

中外炉工業株式会社東京支社

 (東京都港区港南2丁目5番7号(港南ビル))
 

株式会社東京証券取引所

 (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

 

 

E00119 19640 中外炉工業株式会社 Chugai Ro Co., Ltd. 企業内容等の開示に関する内閣府令 第三号様式 Japan GAAP true cte cte 2020-04-01 2021-03-31 FY 2021-03-31 2019-04-01 2020-03-31 2020-03-31 1 false false false E00119-000 2021-06-24 E00119-000 2016-04-01 2017-03-31 E00119-000 2017-04-01 2018-03-31 E00119-000 2018-04-01 2019-03-31 E00119-000 2019-04-01 2020-03-31 E00119-000 2020-04-01 2021-03-31 E00119-000 2017-03-31 E00119-000 2018-03-31 E00119-000 2019-03-31 E00119-000 2020-03-31 E00119-000 2021-03-31 E00119-000 2016-04-01 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00119-000 2017-04-01 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00119-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00119-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00119-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00119-000 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00119-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00119-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00119-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00119-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00119-000 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E00119-000:EnergyReportableSegmentMember E00119-000 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E00119-000:InformationCommunicationsReportableSegmentMember E00119-000 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E00119-000:EnvironmentReportableSegmentMember E00119-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E00119-000 2021-03-31 jpcrp_cor:CorporateSharedMember E00119-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E00119-000:EnergyReportableSegmentMember E00119-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E00119-000:InformationCommunicationsReportableSegmentMember E00119-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E00119-000:EnvironmentReportableSegmentMember E00119-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp_cor:CorporateSharedMember E00119-000 2021-06-24 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E00119-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E00119-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No1MajorShareholdersMember E00119-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No2MajorShareholdersMember E00119-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No3MajorShareholdersMember E00119-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No4MajorShareholdersMember E00119-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No5MajorShareholdersMember E00119-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No6MajorShareholdersMember E00119-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No7MajorShareholdersMember E00119-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No8MajorShareholdersMember E00119-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No9MajorShareholdersMember E00119-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No10MajorShareholdersMember E00119-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithNoVotingRightsMember E00119-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsTreasurySharesEtcMember E00119-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsOtherMember E00119-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesTreasurySharesSharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E00119-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsOtherMember E00119-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesLessThanOneUnitMember E00119-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row1Member E00119-000 2021-06-24 jpcrp_cor:Row1Member E00119-000 2021-06-24 jpcrp030000-asr_E00119-000:OzakiAkiraMember E00119-000 2021-06-24 jpcrp030000-asr_E00119-000:NegoroShigekiMember E00119-000 2021-06-24 jpcrp030000-asr_E00119-000:NiiyaMasamoriMember E00119-000 2021-06-24 jpcrp030000-asr_E00119-000:SakataMamoruMember E00119-000 2021-06-24 jpcrp030000-asr_E00119-000:NagahamaMitsuruMember E00119-000 2021-06-24 jpcrp030000-asr_E00119-000:NomuraMasaakiMember E00119-000 2021-06-24 jpcrp030000-asr_E00119-000:SatouRyouMember E00119-000 2021-06-24 jpcrp030000-asr_E00119-000:NanbaKenichiroMember E00119-000 2021-06-24 jpcrp030000-asr_E00119-000:ArakiToshiyaMember E00119-000 2021-06-24 jpcrp030000-asr_E00119-000:SekiSyozoMember E00119-000 2021-06-24 jpcrp030000-asr_E00119-000:PaulChEnMember E00119-000 2021-06-24 jpcrp_cor:Row2Member E00119-000 2021-06-24 jpcrp_cor:Row3Member E00119-000 2021-06-24 jpcrp_cor:Row4Member E00119-000 2021-06-24 jpcrp_cor:Row5Member E00119-000 2021-06-24 jpcrp_cor:Row6Member E00119-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:DirectorsExcludingOutsideDirectorsMember E00119-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:CorporateAuditorsExcludingOutsideCorporateAuditorsMember E00119-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:OutsideDirectorsAndOtherOfficersMember E00119-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row1Member E00119-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row2Member E00119-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row2Member E00119-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row3Member E00119-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row3Member E00119-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row4Member E00119-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row4Member E00119-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row5Member E00119-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row5Member E00119-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row6Member E00119-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row6Member E00119-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row7Member E00119-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row7Member E00119-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row8Member E00119-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row8Member E00119-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row9Member E00119-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row9Member E00119-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row10Member E00119-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row10Member E00119-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row11Member E00119-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row11Member E00119-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row12Member E00119-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row12Member E00119-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row13Member E00119-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row13Member E00119-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row14Member E00119-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row14Member E00119-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row15Member E00119-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row15Member E00119-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row16Member E00119-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row16Member E00119-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row17Member E00119-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row17Member E00119-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row18Member E00119-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row18Member E00119-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row19Member E00119-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row19Member E00119-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row20Member E00119-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row20Member E00119-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row21Member E00119-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row21Member E00119-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row22Member E00119-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row22Member E00119-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row23Member E00119-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row23Member E00119-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row24Member E00119-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row24Member E00119-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row25Member E00119-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row25Member E00119-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row26Member E00119-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row26Member E00119-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row27Member E00119-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row27Member E00119-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row28Member E00119-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row28Member E00119-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row29Member E00119-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row29Member E00119-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row30Member E00119-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row30Member E00119-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row31Member E00119-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row31Member E00119-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row32Member E00119-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row32Member E00119-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row33Member E00119-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row33Member E00119-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row34Member E00119-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row34Member E00119-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row35Member E00119-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row35Member E00119-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row36Member E00119-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row36Member E00119-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row37Member E00119-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row37Member E00119-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row38Member E00119-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row38Member E00119-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row39Member E00119-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row39Member E00119-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row40Member E00119-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row40Member E00119-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row41Member E00119-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row41Member E00119-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row42Member E00119-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row42Member E00119-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row43Member E00119-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row43Member E00119-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row44Member E00119-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row44Member E00119-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row45Member E00119-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row45Member E00119-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row46Member E00119-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row46Member E00119-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row47Member E00119-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row47Member E00119-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row48Member E00119-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row48Member E00119-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row49Member E00119-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row49Member E00119-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row50Member E00119-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row50Member E00119-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row51Member E00119-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row51Member E00119-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row52Member E00119-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row52Member E00119-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row53Member E00119-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row53Member E00119-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row54Member E00119-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row54Member E00119-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row55Member E00119-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row55Member E00119-000 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E00119-000 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E00119-000 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00119-000 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00119-000 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00119-000 2019-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00119-000 2019-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E00119-000 2020-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E00119-000 2019-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00119-000 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00119-000 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00119-000 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00119-000 2020-03-31 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E00119-000 2019-03-31 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E00119-000 2019-03-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E00119-000 2020-03-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E00119-000 2019-03-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E00119-000 2020-03-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E00119-000 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00119-000 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00119-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E00119-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E00119-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00119-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00119-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00119-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00119-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E00119-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E00119-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00119-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00119-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E00119-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E00119-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E00119-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E00119-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E00119-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E00119-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00119-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00119-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E00119-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E00119-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E00119-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E00119-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00119-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00119-000 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E00119-000 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00119-000 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00119-000 2021-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E00119-000 2021-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00119-000 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00119-000 2021-03-31 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E00119-000 2021-03-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E00119-000 2021-03-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E00119-000 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00119-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E00119-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E00119-000:EnergyReportableSegmentMember E00119-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E00119-000:EnergyReportableSegmentMember E00119-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E00119-000:InformationCommunicationsReportableSegmentMember E00119-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E00119-000:InformationCommunicationsReportableSegmentMember E00119-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E00119-000:EnvironmentReportableSegmentMember E00119-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E00119-000:EnvironmentReportableSegmentMember E00119-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E00119-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E00119-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E00119-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E00119-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E00119-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E00119-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E00119-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E00119-000 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00119-000 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00119-000 2019-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00119-000 2020-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00119-000 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00119-000 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00119-000 2019-03-31 jppfs_cor:ReserveForAdvancedDepreciationOfNoncurrentAssetsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00119-000 2020-03-31 jppfs_cor:ReserveForAdvancedDepreciationOfNoncurrentAssetsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00119-000 2020-03-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00119-000 2019-03-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00119-000 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00119-000 2019-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00119-000 2019-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00119-000 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00119-000 2019-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00119-000 2020-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00119-000 2019-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00119-000 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00119-000 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00119-000 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00119-000 2020-03-31 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00119-000 2019-03-31 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00119-000 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00119-000 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00119-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00119-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00119-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00119-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00119-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00119-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00119-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ReserveForAdvancedDepreciationOfNoncurrentAssetsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00119-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ReserveForAdvancedDepreciationOfNoncurrentAssetsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00119-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00119-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00119-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00119-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00119-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00119-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00119-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00119-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00119-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00119-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00119-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00119-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00119-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00119-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00119-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00119-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00119-000 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00119-000 2021-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00119-000 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00119-000 2021-03-31 jppfs_cor:ReserveForAdvancedDepreciationOfNoncurrentAssetsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00119-000 2021-03-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00119-000 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00119-000 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00119-000 2021-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00119-000 2021-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00119-000 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00119-000 2021-03-31 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00119-000 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember iso4217:JPY iso4217:JPY xbrli:shares xbrli:pure xbrli:shares

第一部 【企業情報】

 

第1 【企業の概況】

 

1 【主要な経営指標等の推移】

(1) 連結経営指標等

回次

第75期

第76期

第77期

第78期

第79期

決算年月

2017年3月

2018年3月

2019年3月

2020年3月

2021年3月

売上高

(百万円)

31,146

30,830

37,090

38,090

24,718

経常利益

(百万円)

919

1,287

1,157

1,875

565

親会社株主に帰属する
当期純利益

(百万円)

978

864

754

1,120

329

包括利益

(百万円)

1,488

1,358

425

213

1,586

純資産額

(百万円)

20,369

21,236

20,955

20,687

21,792

総資産額

(百万円)

38,502

41,368

42,731

46,696

38,577

1株当たり純資産額

(円)

2,607.86

2,716.95

2,718.52

2,681.62

2,824.02

1株当たり当期純利益

(円)

125.77

111.09

97.31

145.97

42.88

潜在株式調整後1株当たり当期純利益

(円)

自己資本比率

(%)

52.7

51.1

48.9

44.1

56.2

自己資本利益率

(%)

4.9

4.2

3.6

5.4

1.6

株価収益率

(倍)

17.2

26.5

18.0

10.1

49.4

営業活動による
キャッシュ・フロー

(百万円)

1,033

377

1,348

580

3,300

投資活動による
キャッシュ・フロー

(百万円)

402

837

478

442

551

財務活動による
キャッシュ・フロー

(百万円)

484

468

279

4,510

4,481

現金及び現金同等物
の期末残高

(百万円)

7,634

6,724

5,137

8,625

6,889

従業員数

(人)

686

701

725

731

715

 

(注) 1 売上高には消費税等は含まれておりません。

2 潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

3 2017年10月1日付けで普通株式10株につき1株の割合で株式併合を行っております。第75期の期首に当該株式併合が行われたと仮定し、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益を算定しております。

4 「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を第77期の期首から適用しており、第76期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。

 

 

(2) 提出会社の経営指標等

回次

第75期

第76期

第77期

第78期

第79期

決算年月

2017年3月

2018年3月

2019年3月

2020年3月

2021年3月

売上高

(百万円)

27,794

27,562

32,822

34,373

20,097

経常利益

(百万円)

1,021

1,103

935

1,610

176

当期純利益

(百万円)

1,134

823

643

958

109

資本金

(百万円)

6,176

6,176

6,176

6,176

6,176

発行済株式総数

(千株)

78,000

7,800

7,800

7,800

7,800

純資産額

(百万円)

19,760

20,533

20,181

19,878

20,577

総資産額

(百万円)

36,737

38,907

40,383

44,369

35,164

1株当たり純資産額

(円)

2,539.12

2,639.30

2,628.27

2,588.99

2,680.32

1株当たり配当額
(うち1株当たり
中間配当額)

(円)

6.00

60.00

60.00

60.00

60.00

(―)

(―)

(-)

(-)

(-)

1株当たり当期純利益

(円)

145.80

105.80

82.98

124.86

14.24

潜在株式調整後1株当たり当期純利益

(円)

自己資本比率

(%)

53.8

52.8

50.0

44.8

58.5

自己資本利益率

(%)

5.9

4.1

3.2

4.8

0.5

株価収益率

(倍)

14.9

27.8

21.1

11.8

148.9

配当性向

(%)

41.2

56.7

72.3

48.1

421.3

従業員数

(人)

420

438

450

453

427

株主総利回り

(%)

(%)

113

156

98

87

123

(比較指標:配当込みTOPIX)

(115)

(133)

(126)

(114)

(162)

最高株価

(円)

245

3,090

(230)

3,280

1,919

2,332

最低株価

(円)

175

2,118

(200)

1,688

1,139

1,321

 

(注) 1 売上高には消費税等は含まれておりません。

2 潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

3 2017年10月1日付けで普通株式10株につき1株の割合で株式併合を行っております。第75期の期首に当該株式併合が行われたと仮定し、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益を算定しております。

4 最高株価及び最低株価は、東京証券取引所市場第一部におけるものであります。なお、第76期の株価については株式併合後の最高株価及び最低株価を記載しており、株式併合前の最高株価及び最低株価を括弧内に記載しております。

 

 

2 【沿革】

1945年4月

中外炉工業株式会社設立。

1949年1月

東京事務所(現東京支社)開設。

1954年5月

サーフェス・コンバッション社(米国)と技術提携、工業炉の最新鋭技術を導入。

1959年4月

名古屋事務所(現名古屋営業所)開設。

1959年5月

中外工業株式会社(現・連結子会社㈱シーアール)設立。

1961年12月

各種コーティングライン、タイヤコード熱処理ライン、抄紙機用フードなど産業機械の分野に進出。

1962年4月

小倉工場竣工。

1962年10月

株式を大阪証券取引所市場第二部に上場。

1966年8月

上下焚ウォーキングビーム型加熱炉を開発、営業拡大の基礎を確立。

1969年2月

株式を大阪証券取引所市場第一部に上場。

1970年3月

株式を東京証券取引所市場第一部に上場。

1973年11月

下水汚泥焼却設備を主体に、環境設備の分野に進出。

1975年10月

堺工場(現堺事業所)竣工。

1977年12月

燃焼研究所新設。

1987年7月

台湾に合弁会社台湾中外炉工業股份有限公司(現・連結子会社)を設立。

1992年4月

中外環境エンジニアリング株式会社(現・連結子会社中外エンジニアリング㈱)を設立。

1994年4月

蓄熱脱臭装置で大気浄化分野へ進出。

1996年4月

PDP(プラズマ・ディスプレー・パネル)製造装置でディスプレー分野へ進出。

1999年8月

中外プラント株式会社(現・連結子会社)を設立。

2005年2月

中国に中外炉熱工設備(上海)有限公司(現・連結子会社)を設立。

2005年11月

本社を大阪市中央区に移転。

2005年12月

堺工場を整備・拡大し「堺事業所」に改称。

2005年12月

堺センター開設。

2010年2月

昭和シェル石油株式会社とCIS太陽電池生産技術を共同開発。

2012年2月

インドネシアにPT. Chugai Ro Indonesia(現・連結子会社)を設立。

2012年3月

タイにChugai Ro (Thailand) Co.,Ltd.(現・連結子会社)を設立。

2012年7月

中国に中外炉設備技術(上海)有限公司(現・連結子会社)を設立。

2016年9月

メキシコにChugai Ro de Mexico, S.A. de C.V.(現・連結子会社)を設立。

 

 

 

3 【事業の内容】

当社グループは、当社及び子会社9社で構成され、エネルギー分野(主に鉄鋼、自動車、非鉄金属、電池製造関連)、情報・通信分野(主に精密塗工・乾燥関連)、環境保全分野(主に大気浄化、廃棄物処理・リサイクル関連)の3分野における、工業炉・産業機械・環境設備・燃焼設備についての設計・製作・施工及び燃焼機器などの製作・販売を主な内容とし、さらに各事業に付帯するエンジニアリング、研究開発並びにその他のサービスなどの事業活動を展開しております。

当社グループの事業に係わる位置付け及びセグメントとの関連は、次のとおりであります。

 

エネルギー分野

自動車・機械部品熱処理炉、電池・基板・触媒・磁性材熱処理炉、鉄鋼・非鉄金属加熱炉・熱処理炉、金属ストリッププロセスライン、塗装ライン、各種工業用バーナ、省エネ制御機器などの設計・製作・施工・販売を行っております。

(主な関係会社)当社

 

情報・通信分野

精密塗工・乾燥装置、FPD用熱処理設備などの設計・製作・施工・販売を行っております。

(主な関係会社)当社

 

環境保全分野

大気浄化設備、キルン・環境プロセス設備などの設計・製作・施工・販売を行っております。

(主な関係会社)当社、中外エンジニアリング㈱

 

その他

中外エンジニアリング㈱を除く、国内・海外子会社の事業を「その他」としております。中外プラント㈱は工業炉等の技術サービス・人材派遣業務をそれぞれ行っており、㈱シーアールは、当社グループを対象に損害保険の代理店業務、リース業務、並びに人材派遣業務を行っております。また、台湾中外炉工業股有限公司は台湾における工業炉等の販売・資材調達を、中外炉熱工設備(上海)有限公司は中国における工業炉等の製作・販売・資材調達を、中外炉設備技術(上海)有限公司は、中国における工業炉等の設計・技術サービス提供、仲介販売及び輸出入代理業務を、Chugai Ro (Thailand) Co.,Ltd.はタイにおける各種工業炉等の販売及びメンテナンス業務を、PT. Chugai Ro Indonesiaはインドネシアにおける各種工業炉等の販売及びメンテナンス業務を、Chugai Ro de Mexico, S.A. de C.V.はメキシコにおける各種工業炉等の販売及びメンテナンス業務を、それぞれ行っております。

(主な関係会社)中外プラント㈱、㈱シーアール、台湾中外炉工業股份有限公司、中外炉熱工設備(上海)有限公司、中外炉設備技術(上海)有限公司、Chugai Ro (Thailand) Co.,Ltd.、PT. Chugai Ro Indonesia、Chugai Ro de Mexico, S.A. de C.V.

 

 

事業系統図等

以上述べた事項を事業系統図によって示すと次のとおりであります。


 

 

4 【関係会社の状況】

 

名称

住所

資本金
(百万円)

主要な事業
の内容

議決権の
所有割合
(%)

関係内容

(連結子会社)

 

 

 

 

 

㈱シーアール

堺市西区

20

その他

100.0

当社グループを対象に損害保険の代理店業務・リース業務、人材派遣業務を行っております。資金の貸付があります。

中外エンジニアリング㈱

堺市西区

20

環境保全

100.0

環境保全設備、燃焼設備等の設計・製作・販売・技術サービスを行っております。資金の貸付があります。

中外プラント㈱

堺市西区

10

その他

100.0

工業炉等の技術サービス・人材派遣業務を行っております。

台湾中外炉工業股份有限公司

台湾高雄市

5,000千NT$

その他

100.0

台湾における工業炉等の販売・資材調達を行っております。

中外炉熱工設備(上海)有限公司

中国上海市

500千US$

その他

75.0

中国における工業炉等の製作・販売・資材調達を行っております。

中外炉設備技術(上海)有限公司

中国上海市

200千US$

その他

75.0

中国における工業炉等の設計・技術サービス提供、仲介販売及び輸出入代理業務を行っております。

Chugai Ro (Thailand) Co.,Ltd.

(注)2

タイ・バンコク市

10百万バーツ

その他

49.9

タイにおける各種工業炉等の販売及びメンテナンス業務を行っております。

PT. Chugai Ro Indonesia

インドネシア・ジャカルタ市

30万US$

その他

100.0

インドネシアにおける各種工業炉等の販売及びメンテナンス業務を行っております。資金の貸付があります。

Chugai Ro de Mexico, S.A.
 de C.V.

メキシコ・アグアスカリエンテス市

100千US$

その他

100.0

メキシコにおける各種工業炉等の販売及びメンテナンス業務を行っております。

 

(注) 1 主要な事業の内容欄には、セグメントの名称を記載しております。

2 持分は100分の50以下でありますが、実質的に支配しているため子会社としております。

 

 

5 【従業員の状況】

(1) 連結会社の状況

2021年3月31日現在

セグメントの名称

従業員数(人)

エネルギー分野

351

情報・通信分野

36

環境保全分野

59

その他

229

全社(共通)

40

合計

715

 

(注) 従業員数は、就業人員であり、連結会社以外への出向者(5名)は含んでおりません。

 

(2) 提出会社の状況

2021年3月31日現在

従業員数(人)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(円)

427

43.8

18.0

8,158,790

 

 

セグメントの名称

従業員数(人)

エネルギー分野

351

情報・通信分野

36

環境保全分野

全社(共通)

40

合計

427

 

(注) 1 従業員数は、就業人員であり、出向者(22名)は含んでおりません。

2 平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。

 

(3) 労働組合の状況

あります。労使関係は相互信頼を基調として安定しております。

 

第2 【事業の状況】

 

1 【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において、当社グループが判断したものであります。

(経営方針)

当社グループは「熱技術」を核として、エネルギーの有効活用や地球環境の保全などの社会的要請に的確に応えるとともに、情報・通信の高機能化など先端分野にも新しい価値を創造し、公正な企業活動を行い社会の発展に貢献することを、企業活動の基本理念としております。

また、株主や取引先、従業員などのすべてのステークホルダーの期待と信頼に応えるべく、確固たる事業基盤を確立し、収益力ある安定した企業体質を形成していくことが経営の基本方針であります。

 

(経営環境及び対処すべき課題)

今後の見通しにつきましては、新型コロナウイルスのワクチン接種の進展に伴い、経済活動再開の動きが期待されるものの、変異ウイルスの流行による感染再拡大の懸念もあり、先行き不透明な状況が続くと想定されます。

このような事業環境のもと、当社グループは、感染症の拡大防止に努めつつ、省エネ、CO2削減、再生可能エネルギー関連設備などで、政府が発表した「2050年カーボンニュートラルに伴うグリーン成長戦略」に貢献すべく、水素やアンモニア燃焼をはじめ多彩な技術力・開発力と人材育成の強化を進めてまいります。

また、製造業のものづくりに不可欠な「熱技術」を、環境、脱炭素、省人化、AI・IoTの活用や自動車の電動化・軽量化など社会のニーズに合わせて進化させるとともに、納入設備のライフサイクルに合わせたメンテナンス体制の拡充を継続し、受注・売上の増加を図ってまいる所存です。

当社グループでは目標とする経営指標について、単年度のみ策定しており、中期的な経営指標は策定しておりません。2022年3月期の目標とする経営指標は、受注高300億円、売上高270億円、営業利益6億円、売上高営業利益率2.2%、自己資本利益率(ROE)2.8%であります。

 

 

2 【事業等のリスク】

有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項には以下のようなものがあります。

なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末において当社グループが判断したものであります。

 

(1) 経済情勢について

当社グループの主要な製品である生産設備に対する需要は、国内外の経済情勢特に設備投資動向の影響を受けます。従って、当社グループの関連する市場における景気後退、特に設備投資意欲の減退は当社グループの経営成績に影響を与える可能性があります。

 

(2) 為替相場の変動について

当社グループの海外売上比率は、2019年3月期22.1%、2020年3月期15.6%、2021年3月期21.0%と推移しております。為替変動の影響を抑制するため、円建て契約の割合を増やすほか、現地調達の比率の増加や、為替予約によるリスクヘッジ等を行っておりますが、これにより当該リスクを完全に回避できる保証はなく、当社グループの経営成績に影響を与える可能性があります。

 

(3) 品質問題による業績への影響について

当社グループは1997年に品質マネジメントシステムの国際規格ISO9001を取得し、品質確保を経営の最重要事項の一つとして掲げております。しかしながら一般的に、顧客仕様に基づいた製品の開発、設計あるいは製造上の瑕疵による製品品質に関わるリスクを、将来にわたって全て排除することは難しいものと認識しております。製造物責任等につきましては、保険付保によるリスクヘッジを行っておりますが、顧客からの訴訟等により高額の賠償請求を受けた場合には、十分なカバーができないケースも想定されます。これらに伴う当社グループ製品への信用低下、取引停止等も含め、当社グループの経営成績は品質問題の影響を受ける可能性があります。

 

(4)中国等海外への事業展開

当社グループでは、中国、台湾、タイ、インドネシア、メキシコに拠点を構えており、製品の輸出入や現地における販売、生産など国際的な事業活動を行っております。これらの活動に関するリスクとして、海外における予期しない法律や規制の変更、産業基盤の脆弱性、感染症の流行、治安の悪化やテロ、戦争その他の要因による社会的または政治的混乱等の発生が考えられます。当社グループでは取引にあたり、各国の経済・社会情勢の変動を注視するとともに、取引先の状況等調査しつつ、受注活動を行っておりますが、これらの事象が顕在化することによって、当社グループの業績および財務状況に影響を受ける可能性があります。

 

(5) 法的規制等について

当社グループの事業は、事業を展開する各国において、事業・投資の許可、国家安全保障等による輸出制限などの政府規制の適用を受けるとともに、通商、独占禁止、環境・リサイクル関連の法的規制を受けております。万が一これらの規制を遵守できなかった場合、当社グループの活動が制限される可能性があります。

 

(6) 資材価格等の上昇について

当社グループの事業は、顧客仕様に基づく生産設備の設計・製作・施工がその大半を占めております。事業の性格上、見積・受注から引渡しまでに長期間を要する場合もあり、設備の製作・施工に要する資材・下請工事費用等について、需給のバランスから価格が高騰し、当社グループの経営成績に影響を及ぼす可能性があります。当社グループでは購入先の多様化、資材発注の早期化、業者との協力関係構築などにより、リスクの低減に努めています。

 

 

(7) 株価の下落

当社グループは、投資有価証券として日本企業の時価のある上場株式を保有していますが、株価の下落により、保有株式の評価損の計上が必要となる可能性があります。また、その他有価証券評価差額金の減少が当社グループの純資産に影響を与える可能性があります。

 

(8) 災害及び感染症

当社グループは、地震、津波、洪水、火災等の災害や感染症の発生などに対して、損害の発生及び拡大を防ぐため、防災設備の整備や点検、訓練、感染症の未然防止などに努めるとともに、事業継続計画(BCP)を策定し、安否確認システムを導入するなどの対策を講じておりますが、こうした災害による人的・物的被害により、当社グループの事業活動が影響を受ける可能性があります。また、発生する損害額が損害保険等によって十分にカバーされる保証はありません。

なお、今般の新型コロナウイルス感染症につきましては、グループ役職員の感染未然防止を図るため、社内に「コロナ対策本部」を立ち上げ、情報収集に努めるとともに、出張の制限、在宅勤務の導入、時差出勤の推奨に加え、ウエブ会議などネット環境の整備や出社時の手指消毒・検温の義務化などの施策を実施しています。

 

(9) 与信リスク

当社グループは、取引先の与信管理については、情報収集や社内規定に沿った受注前審査を徹底するとともに、必要に応じ保険を付保するなど、リスク回避に努めておりますが、不測の事態により取引先が信用不安に陥った場合は、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。

 

(10) 情報セキュリティへの脅威

当社グループは、事業の遂行に必要な取引先情報の他、技術・営業・その他事業に関する秘密情報を保有しており、ITシステムを利用した基幹業務を行っていることから、コンピュータウイルスの感染や外部からの不正アクセス、サイバー攻撃など不測の事態により、システム障害や秘密情報の漏洩・滅失等が発生し、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。当社グループでは、情報セキュリティにかかる管理規定を整備し、在宅勤務時は専用パソコン貸与によるVPN(仮想専用線)接続で通信の安全性を確保、ファイアウォールの設置など予防措置を図るとともに、定期的な監査を実施して、リスクの回避、影響の最小化に努めています。

 

 

3 【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

当連結会計年度における当社グループ(当社及び連結子会社)の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下、「経営成績等」という。)の状況の概要並びに経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりであります。

なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものであります。

 

(1)経営成績の状況の概要及び分析・検討内容

当連結会計年度におけるわが国経済は、新型コロナウイルス感染症収束の兆しが見られないなか、一部の業界で徐々に経済活動再開の動きが見られたものの、秋口からの感染再拡大もあり、企業の設備投資の動きは弱く、厳しい状況が続きました。

このような経営環境のもと、当社グループは、テレワークやネット会議の活用に加え、出張の抑制など感染症発生の未然防止に努めつつ、業績確保に向けた受注活動を展開し、中国向けステンレス製造設備や中国向けフレキシブルディスプレー関連精密塗工装置などの成約を得て、受注高は前期比105.6%の25,328百万円となりました。

売上面につきましては、国内鉄鋼向け省エネ型加熱炉や国内鉄鋼向け排ガス処理装置などを納入するとともに、改造・メンテナンス案件の売上確保に注力しましたが、期初受注残高が少なかったことから、売上高は前期比64.9%の24,718百万円に留まりました。

利益面につきましては、大幅な減収のなか原価、経費の低減に努めた結果、当初の損失予想からは改善し、営業利益390百万円(前期比22.8%)、経常利益565百万円(前期比30.1%)、親会社株主に帰属する当期純利益329百万円(前期比29.4%)となりました。

 

各分野別の概況は次のとおりです。なお、分野別の受注高及び売上高は、セグメント間取引相殺消去前の金額によっております。

(エネルギー分野)

受注面では、中国向けステンレス製造設備や自動車部品熱処理設備、土壌浄化熱処理設備などの成約を得て、受注高は18,436百万円(前期比106.8%)となりました。

売上面では、国内鉄鋼向け省エネ型加熱炉や排ガス処理装置などを納入したほか、電池関連高温熱処理設備などの工事が進捗しましたが、期初受注残高が少なく、売上高は18,990百万円(前期比59.8%)に留まりました。

営業損益は大幅な減収により、414百万円の営業利益(前期比23.4%)となりました。

(情報・通信分野)

受注面では、中国向けフレキシブルディスプレー関連精密塗工装置などの成約を得て、受注高は2,307百万円(前期比118.8%)となりました。 

売上面では、中国向けフレキシブルディスプレー関連精密塗工装置などを納入しましたが、期初受注残高が少なかったこともあり、売上高は1,081百万円(前期比43.4%)に留まりました。 

営業損益は大幅な減収により、572百万円の営業損失(前期は379百万円の営業損失)となりました。

(環境保全分野)

受注面では、国内外の環境規制強化に対応した蓄熱式排ガス処理装置などの成約を得て、受注高は2,560百万円(前期比103.7%)となりました。

売上面では、蓄熱式排ガス処理装置などの納入やメンテナンス案件の確保で、売上高は2,644百万円(前期比124.5%)と増加しました。

営業損益は増収により、201百万円の営業利益(前期比1,948.4%)となりました。

 

(その他)

受注面では、海外子会社において、中国向けモータコア焼鈍炉などの成約を得て、4,689百万円(前期比101.9%)となりました。

売上面では、中国向け蓄熱式排ガス処理装置などを納入し、売上高は4,323百万円(前期比108.9%)となりました。

営業損益は増収により319百万円の営業利益(前期比127.7%)となりました。

 

なお、受注高、売上高、営業利益、売上高営業利益率、自己資本利益率(ROE)の期初目標に対する実績は以下のとおりです。

 

2021年3月期実績

期初目標

達成度(%)

受注高(百万円)

25,328

27,000

93.8

売上高(百万円)

24,718

25,500

96.9

営業利益(百万円)

390

△800

売上高営業利益率(%)

1.6

△3.1

自己資本利益率(%)

1.6

△3.9

 

営業利益、売上高営業利益率、自己資本利益率が目標を上回った主な要因は、利益率の改善及び経費の削減であります。

 

(2)財政状態の状況の概要及び分析・検討内容

資産合計は現金及び預金や受取手形及び売掛金の減少などにより、前期末比8,118百万円減少の38,577百万円とな
りました。

負債合計は買掛金や短期借入金の減少などにより、前期末比9,223百円減少の16,785百万円となりました。

純資産合計はその他有価証券評価差額金の増加などにより、前期末比1,104百万円増加の21,792百万円となり、自
己資本比率は56.2%となりました。

 

(3)キャッシュ・フローの状況の概要及び分析・検討内容

(営業活動によるキャッシュ・フロー)

仕入債務の減少による資金の減少5,513百万円はあったものの、売上債権の減少による資金の増加7,972百万円などにより、3,300百万円の資金の増加(前期は580万円の資金の減少)となりました。

(投資活動によるキャッシュ・フロー)

研究開発設備などの有形固定資産の取得による支出264百万円や無形固定資産の取得による支出178百万円などにより、551百万円の資金の減少(前期は442百万円の資金の減少)となりました。

(財務活動によるキャッシュ・フロー)

短期借入金の返済による資金の減少4,000百万円や配当金の支払460百万円などにより、4,481百万円の資金の減少(前期は4,510百万円の資金増加)となりました。

(資本の財源及び資金の流動性)

当社グループの運転資金及び設備・投融資資金は、主に営業活動によるキャッシュ・フローを財源とし、必要に応じ、金融機関からの借入を行うこととしております。また、資金の流動性を確保するため、取引金融機関と当座貸越契約を締結しております。

 

 

(4)生産、受注及び販売の状況

a.生産実績

当連結会計年度における生産実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。

 

セグメントの名称

金額(百万円)

前期比(%)

エネルギー分野

18,990

59.8

情報・通信分野

1,081

43.4

環境保全分野

2,644

124.5

その他

4,323

108.9

相殺消去

△2,320

合計

24,718

64.9

 

(注) 1 金額は売上高により表示しております。

2 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

 

b.受注状況

当連結会計年度における受注状況をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。

 

セグメントの名称

受注高(百万円)

前期比(%)

受注残高(百万円)

前期比(%)

エネルギー分野

18,436

106.8

12,482

95.8

情報・通信分野

2,307

118.8

1,950

269.3

環境保全分野

2,560

103.7

1,159

93.3

その他

4,689

101.9

3,030

114.9

相殺消去

△2,665

△766

合計

25,328

105.6

17,856

103.7

 

(注) 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

 

c.販売実績

当連結会計年度における販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。

 

セグメントの名称

金額(百万円)

前年同期比(%)

エネルギー分野

18,990

59.8

情報・通信分野

1,081

43.4

環境保全分野

2,644

124.5

その他

4,323

108.9

相殺消去

△2,320

合計

24,718

64.9

 

(注) 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

 

 

(5)重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成しております。この連結財務諸表を作成するにあたって、資産、負債、収益及び費用の報告額に影響を及ぼす見積り及び仮定を用いておりますが、これらの見積り及び仮定に基づく数値は実際の結果と異なる可能性があります。

連結財務諸表の作成にあたって用いた会計上の見積り及び仮定のうち、重要なものは「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項 (重要な会計上の見積り)」に記載しております。

 

 

4 【経営上の重要な契約等】

当社が技術援助契約を締結している主なものは、次のとおりであります。

(1) 技術供与

 

契約先

内容

契約期間

(米国)
Surface Combustion, Inc.

一体化カテナリ型焼鈍炉の技術

自 1990年9月
至 1997年9月
以後は、1年毎自動延長

(韓国)
Hanwha Corporation/Machinery

工業炉、雰囲気ガス発生機及び蓄熱式脱臭装置に関する技術

自 2018年1月
至 2019年12月
以後は、2年毎自動延長

 

(注) 1 上記についてはロイヤルティとして売上高の一定率を受けとっております。

2 上記のうち、契約期間が自動延長とあるものは、各契約とも契約満了日前一定の日前に当事者の一方が終結通知を他方に提出しなければ延長されます。

 

 

5 【研究開発活動】

当社グループは、熱技術を核として、エネルギーの有効活用や地球環境の保全などの社会的要請に的確に応えるとともに、情報・通信の高機能化など先端分野にも新しい価値の創造と顧客が期待する製品を提供し、社会の発展に貢献するとの企業理念のもと、エネルギー分野、情報・通信分野、環境保全分野の3分野における研究開発を行っております。

当社の研究開発は、一昨年度までは各事業部門の研究開発部署を中心に推進されておりました。しかし、当社を取り巻く外部環境の変化や多様化は著しく、当社もそれに対して迅速に対応し、顧客の満足する技術、商品を創出すべく、開発のスピードアップと実行力の強化を図ることを目的とした「商品開発部」を79期より社長直轄の専任組織としました。商品開発部では新しい価値を探索・創造・商品化するイノベーション活動とインキュベーション活動を各事業部門の開発業務とも連携を図りながら、中長期的な視点も含めた次代の当社の柱商品を創出する開発業務を実施しております。

当連結会計年度におけるグループ全体の研究開発費は731百万円であります。なお、研究開発は各事業部門が連携して行っているため、総額のみ記載しております各分野での研究開発のトピックスを下記に記載します。

 

(1) エネルギー分野

省エネルギー、CO2削減に寄与する商品開発を目指し、成長分野の電気自動車(EV)や燃料電池車(FCV)で需要が高まっている高機能材料・機能部品事業領域分野では、堺事業所に78期に設置した高機能材料用途の粉体焼成試験設備を用いて量産化に向けた実証試験を行い、開発段階~連続処理装置のプロセス提案に向けて継続して取り組んでおります。また、火炎を利用した高温加熱による粉体の球状化試験にも継続して取り組んでおり、成長著しい半導体分野での用途拡大を図っております。

また、国内のみならず世界的な潮流でもある脱炭素エネルギーへのアプローチとして、従来から取り組んでいる水素燃焼技術の開発ならびに普及促進に加え、アンモニア燃料利用拡大に向けた燃焼技術開発では、当社の基幹領域である工業炉での適用に加え、新分野である火力発電所用の大容量アンモニアバーナの開発をNEDO国家プロジェクトにて、電源開発、電力中央研究所、産業総合研究所、大阪大学と共同で開発を開始しました。

さらには、ICT技術の普及促進として、省人化や自動化といった顧客ニーズに応えるべくバーナにセンシング機器を付帯させて燃焼調整補助を行う新商品「ラムダアイ(TM)」の開発や、熱処理設備の操業状態の「見える化」「集中・遠隔監視」を低コストで導入できる新汎用システム「CRism(TM)」の開発などを行っております。

 

(2) 情報・通信分野

フレキシブル機能を用いたディスプレー、センサー、ウエラブル機器および、電池関連や携帯端末の製造プロセス用設備に対する商品開発にも継続して取り組んでおり、商品構成の拡大を目指しております。

特に半導体パッケージ業界については、将来的な角型基板への塗工の市場拡大と、現市場である円形基板(ウエハー)の根強い塗工需要の観点から、78期に開発した塗料廃棄率が大幅に低減できる「RSコータ(TM)」の小型基板向けの開発を79期に完了し、80期は処理対象基板径を拡大して開発を行い、塗工精度の向上およびユーザへPRを進めて参ります。

 

(3) 環境保全分野

環境保全は、地球温暖化への対応を施したうえで社会が持続成長を続けるには必要不可欠との認識のもと、土壌改質など環境負荷低減、ゼロエミッションに関連する受注案件対応に注力して取り組んでおります。

 

(注) 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

 

第3 【設備の状況】

 

1 【設備投資等の概要】

当連結会計年度の設備投資総額(無形固定資産を含む)は449百万円で、主に研究開発設備およびソフトウエアであります。なお、設備投資のセグメント別内訳は、事業セグメントに資産を配分していないため、記載しておりません。

 

2 【主要な設備の状況】

当社グループ(当社及び連結子会社)における主要な設備は、以下のとおりであります。

提出会社

2021年3月31日現在

事業所名
(所在地)

セグメントの
名称

設備の内容

帳簿価額(百万円)

従業
員数
(人)

建物及び
構築物

機械装置
及び運搬具

土地
(面積千㎡)

その他

合計

本社
(大阪市中央区)

共通

その他設備

37

0

2

40

19

堺事業所
(堺市西区)

共通

生産設備、研究開発設備、その他設備

1,107

400

1,007

(51)

174

2,689

363

堺センター
(堺市西区)

共通

その他設備

136

1

259

(5)

0

397

0

小倉工場
(北九州市
小倉北区)

共通

生産設備

268

2

644

(40)

0

916

4

燃焼研究所

(大阪府柏原市)

共通

研究開発設備

14

25

9

49

2

 

(注) 1 帳簿価額のうち「その他」は、工具、器具及び備品であります。なお、金額には消費税等は含まれておりません。

2 小倉工場は、一部を外注先等に貸与しております。

3 燃焼研究所は、連結子会社㈱シーアールの土地169百万円(2千㎡)を賃借しております。

4 現在休止中の設備はありません。

 

3 【設備の新設、除却等の計画】

当社グループ(当社及び連結子会社)における設備の新設等の計画は、以下のとおりであります。

 

設備の内容

予算金額
(百万円)

既支払額
(百万円)

今後の所要額
(百万円)

着手年月

完成予定年月

研究開発設備

100

100

2021年4月

2022年3月

社内システム更新他

400

400

2021年4月

2022年3月

500

500

 

 

 

(注) 1 上記の金額に消費税等は含まれておりません。

2 今後の所要額500百万円は全額自己資金を充当する予定であります。

 

第4 【提出会社の状況】

 

1 【株式等の状況】

(1) 【株式の総数等】

① 【株式の総数】

 

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

25,000,000

25,000,000

 

 

② 【発行済株式】

 

種類

事業年度末現在
発行数(株)
(2021年3月31日)

提出日現在
発行数(株)
(2021年6月24日)

上場金融商品取引所名又は登録認可金融商品取引業協会名

内容

普通株式

7,800,000

7,800,000

東京証券取引所
市場第一部

単元株式数は100株であります。

7,800,000

7,800,000

 

 

(2) 【新株予約権等の状況】

① 【ストックオプション制度の内容】

該当事項はありません。

 

② 【ライツプランの内容】

該当事項はありません。

 

③ 【その他の新株予約権等の状況】

該当事項はありません。

 

(3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

該当事項はありません。

 

(4) 【発行済株式総数、資本金等の推移】

 

年月日

発行済株式
総数増減数
(千株)

発行済株式
総数残高
(千株)

資本金増減額
 
(百万円)

資本金残高
 
(百万円)

資本準備金
増減額
(百万円)

資本準備金
残高
(百万円)

2017年10月1日

(注1)

△70,200

7,800

6,176

1,544

 

(注1) 2017年6月22日開催の第75期定時株主総会の決議により、2017年10月1日付で当社普通株式10株を1株に併合いたしました。これにより、発行済株式総数は70,200千株減少し、7,800千株となっております。

 

 

(5) 【所有者別状況】

2021年3月31日現在

区分

株式の状況(1単元の株式数100株)

単元未満
株式の状況
(株)

政府及び
地方公共
団体

金融機関

金融商品
取引業者

その他の
法人

外国法人等

個人
その他

個人以外

個人

株主数
(人)

32

34

158

57

7

5,097

5,385

所有株式数
(単元)

27,951

2,060

15,349

2,731

34

29,302

77,427

57,300

所有株式数
の割合(%)

36.10

2.66

19.82

3.53

0.04

37.85

100.00

 

(注) 1 期末現在の自己株式数は122,838株であり、122,800株(1,228単元)は「個人その他」欄に、38株は「単元未満株式の状況」欄に含まれております。

2 「その他の法人」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が、3単元含まれております。

 

(6) 【大株主の状況】

2021年3月31日現在

氏名又は名称

住所

所有株式数
(千株)

発行済株式
(自己株式を
除く。)の
総数に対する
所有株式数
の割合(%)

第一生命保険株式会社

東京都千代田区有楽町1丁目13-1

464

6.05

日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口)

東京都港区浜松町2丁目11-3

432

5.64

株式会社りそな銀行

大阪市中央区備後町2丁目2-1

380

4.96

中外炉工業関連企業持株会

大阪市中央区平野町3丁目6-1

275

3.59

株式会社日本カストディ銀行(信託口)

東京都中央区晴海1丁目8-12

202

2.64

株式会社みずほ銀行

東京都千代田区大手町1丁目5-5

189

2.47

三菱商事株式会社

東京都千代田区丸の内2丁目3-1

179

2.34

株式会社錢高組

大阪市西区西本町2丁目2-4

175

2.28

日本生命保険相互会社

東京都千代田区丸の内1丁目6-6

149

1.95

中外炉工業従業員持株会

大阪市中央区平野町3丁目6-1

132

1.73

2,582

33.64

 

 

 

(7) 【議決権の状況】

① 【発行済株式】

2021年3月31日現在

区分

株式数(株)

議決権の数(個)

内容

無議決権株式

議決権制限株式(自己株式等)

議決権制限株式(その他)

完全議決権株式(自己株式等)

(自己保有株式)

普通株式

122,800

 

完全議決権株式(その他)

普通株式

7,619,900

 

76,199

単元未満株式

普通株式

57,300

 

発行済株式総数

 

7,800,000

 

総株主の議決権

76,199

 

(注) 1 「完全議決権株式(その他)」の「株式数」欄には、証券保管振替機構名義の株式が300株(議決権3個)含まれております。

2 「単元未満株式」欄には、当社所有の自己株式38株が含まれております。

 

② 【自己株式等】

2021年3月31日現在

所有者の氏名
又は名称

所有者の住所

自己名義
所有株式数
(株)

他人名義
所有株式数
(株)

所有株式数
の合計
(株)

発行済株式総数
に対する所有
株式数の割合(%)

(自己保有株式)

中外炉工業株式会社

大阪市中央区平野町3丁目
6-1

122,800

122,800

1.6

122,800

122,800

1.6

 

 

 

2 【自己株式の取得等の状況】

 

【株式の種類等】

会社法第155条第7号による普通株式の取得

 

 

(1) 【株主総会決議による取得の状況】

該当事項はありません。

 

(2) 【取締役会決議による取得の状況】

該当事項はありません。

 

(3) 【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

 

区分

株式数(株)

価額の総額(百万円)

当事業年度における取得自己株式

927

1

当期間における取得自己株式

350

0

 

(注) 当期間における取得自己株式には、2021年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買い取りによる株式数は含めておりません。

 

(4) 【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

 

区分

当事業年度

当期間

株式数(株)

処分価額の総額
(百万円)

株式数(株)

処分価額の総額
(百万円)

引き受ける者の募集を行った取得自己株式

消却の処分を行った取得自己株式

合併、株式交換、株式交付、会社分割に係る移転を行った取得自己株式

その他
( ─ )

保有自己株式数

122,838

123,188

 

(注) 当期間における保有自己株式には、2021年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買い取りによる株式数は含めておりません。

 

 

3 【配当政策】

当社は株主の皆様への利益還元を経営の最重要課題の一つとして位置づけ、業績を考慮しつつ、安定した配当を継続していくことを基本方針としております。

また、配当の回数に関しましては、期末配当のみの年1回としており、その決定機関は株主総会であります。

当期の期末配当につきましては、当期の収益状況及び経営環境等を総合的に勘案し、1株につき60円とさせていただきました。

内部留保資金につきましては、今後の競争激化に対応するため、研究開発活動等に充当して業績の回復に努めてまいりたいと存じます。

当期の剰余金の配当は次のとおりであります。

決議

配当金の総額(百万円)

1株当たり配当額(円)

2021年6月23日

定時株主総会

460

60

 

 

 

4 【コーポレート・ガバナンスの状況等】

(1) 【コーポレート・ガバナンスの概要】

①コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

当社は、「熱技術を核として新しい価値を創造し、これを通じて社会に貢献するとともに企業の繁栄と社員の幸福を実現する」との経営理念で、株主、顧客をはじめとする様々なステークホルダーから評価・信頼される事業活動を行い、継続的に企業価値を高めていくことを経営の基本方針としております。

この基本方針に則り、コーポレート・ガバナンスを充実し、経営の透明性を高め、適法性を確保し、経営効率の向上に努めています。

 

②企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由

当社は執行役員制度の採用により、必要な権限を委譲し意思決定のスピードアップと責任の明確化を図っておりますが、状況に応じて取締役が執行役員を兼務することにより、経営と現場の連結を図っております。

当社の取締役会は総数7名で構成され、代表取締役社長を議長とし、経営の基本方針ならびに法令で定められた事項や、その他の経営に関する重要事項を決定するとともに、執行役員ならびに部門責任者による業務執行状況を監督する機関と位置付けております。構成員につきましては、(2) 役員の状況①役員一覧に記載しております。

当社は監査役4名による監査役制度を採用しており、監査役は会社の健全性と社会的信頼を維持する観点から、取締役会や執行役員会などの重要な会議に出席して意見を述べるほか、業務執行各面における適法性、妥当性に関して監査計画に基づいた監査を実施しております。構成員につきましては、(2) 役員の状況①役員一覧に記載しております。

加えて、組織上独立した内部監査室が各事業部や関係会社の業務執行状況について監査を実施し、評価と提言を行うとともに、監査役に報告することとし、内部統制及び監査役機能の維持・強化に努めております。また、『中外炉工業グループ行動規範』をグループ全役職員に配布し、コンプライアンスや企業倫理の徹底を図っております。さらに、『コンプライアンス相談窓口』を社外に設置し、従業員からの通報ラインも確保しております。

当社は、会計監査人として、PwC京都監査法人と監査契約を締結しており、定期的に監査を受け、会計処理の正確性と透明性の強化に努めております。また、顧問弁護士事務所からは必要に応じてアドバイスを受けております。

これらの体制により当社のコーポレート・ガバナンスは十分に機能していると判断しております。

 

③企業統治に関するその他の事項

当社は、会社法の規定に基づき、業務の適正を確保するための体制の整備について、取締役会で次のとおり決議し、内部統制システムの充実に努めております。

1)取締役(執行役員等を含む:以下同様)及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制

1.コンプライアンス体制の充実及び強化を推進するため、具体的な行動指針を定めた『中外炉工業グループ行動規範』の遵守をすべての取締役及び使用人に徹底し、問題の発生の未然防止に努めます。万一、問題が発生した場合には法令・規則に基づいた厳正かつ公平な基準で処置を行います。

2.取締役の職務執行については取締役会が監督するとともに、監査役会の定める『監査役監査基準』に従い監査役が監査を行います。使用人の職務執行については、就業規則に則り適正な措置を行うと同時に、執行部門から独立した内部監査室が内部監査を計画的に実施し、法令・定款に不適合となる事態を早期に発見し未然防止に努めます。

3.法令や企業倫理に反する行為を防止・是正するために、内部通報制度として社外の第三者機関に『コンプライアンス相談窓口』を設け、適切に運用します。

4.市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力に対しては、取引への介入を徹底的に排除するとともに断固たる姿勢で臨み、一切の関係を遮断するという基本的な考え方を『中外炉工業グループ行動規範』に定め、グループ全役職員に周知するとともに遵守の徹底を図ります。

 

2)取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制

取締役の職務執行に係る情報については、取締役会規則・稟議規定・企業秘密管理規定等に基づき、保存・管理を行い、必要に応じて監査役、会計監査人等が閲覧、謄写可能な状態で管理しています。

3)損失の危険の管理に関する規程その他の体制

当社の事業運営に伴うリスクの管理については、法令遵守、品質、与信、事故、情報セキュリティ、災害などの個別のリスクに係る担当部署において、過去に当面した事例等を基に、それらの回避方法、対処手順、代替予備手段の準備等により軽減・回避措置を実施します。また、不測の事態が発生した場合は、必要に応じ対策本部を設置するなど迅速な対応を行い、損害の拡大防止に努めます。さらに、内部監査室が、個別のリスク対応の適切性や有効性を検証してリスク管理の実効性を確保いたします。

4)取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

1.重要な経営事項についての審議機関として取締役会を月1回定時に開催するほか、必要に応じて適宜臨時に開催し、その審議を経て意思決定を行います。また、取締役会の意思決定の迅速化及び業務執行の監督機能強化を図るため、執行役員制度を採用し、経営の効率化に努めています。

2.経営計画の策定により業務目標を明確化し、四半期毎の業務執行報告会で進捗状況の検証を行います。

5)当社及び子会社からなる企業集団における業務の適正を確保するための体制

1.子会社においても『中外炉工業グループ行動規範』の遵守を徹底し、グループ全体が同等の水準のコンプライアンス経営を実践するよう努めます。また、内部通報制度である『コンプライアンス相談窓口』をグループ全体を対象とした制度として位置付け、適切に運用します。

2.経営計画には子会社を含むグループ全体計画を網羅し、定期的な確認や報告または意見交換の場を持ち、子会社の取締役等の職務の執行が効率的に行われることを確保するとともに、企業集団における業務の適正を確保します。

3.内部監査室は子会社の内部監査を実施し、法令・定款違反等の問題があると認めた場合には、直ちに監査役に報告します。

4.子会社の損失の危険の管理に関する規程その他の体制については、(3)に記載した取組みの中で整備・運用します。

6)監査役の職務を補助すべき使用人に関する体制及び当該使用人の取締役からの独立性並びに監査役の当該使用人に対する指示の実効性の確保に関する事項

1.監査役が補助使用人の設置を求めた場合には、当社の使用人から監査役補助者を任命するものとします。監査役補助者の人事考課は監査役が行い、監査役補助者の任命解任等については監査役会の同意を得た上で取締役会が決定することとし、取締役からの独立性並びに監査役の指示の実効性を確保することとします。

2.監査役補助者は業務の執行にかかる役職を兼務しないこととします。

7)監査役への報告に関する体制及び監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制

1.取締役(取締役会)及び使用人並びに子会社の取締役、監査役、使用人及びこれらの者から報告を受けた者は、当社及びグループの業務または業績に影響を与える重要な事項について、当社監査役に報告します。また、監査役から報告の要請があった場合には、これらの者は直ちに報告を行います。

2.監査役への報告をした者が当該報告をしたことを理由として不利な取扱いを受けないことを確保するものとします。

3.監査役は代表取締役と定期的な会合をもち、重要課題について意見交換及び必要な要請を行います。また、会計監査人、内部監査室と定期的な会合をもち、監査の実効性・効率性を確保します。

8)監査役の職務の執行について生ずる費用又は債務の処理に係る方針

監査役の職務の執行に係る費用の前払、支出した費用及び支出の日以後におけるその利息、負担した債務の債権者に対する弁済について、監査役から請求があった場合には、これを支払又は弁済を行います。

9)財務報告の信頼性を確保するための体制

金融商品取引法に基づき、当社及びグループとしての財務報告に係る信頼性を確保するために、代表取締役社長を統括責任者として、基本方針を決定し、必要かつ適切な財務報告に係る内部統制システムを整備・運用します。また、内部統制の有効性については、内部監査室が定期的に検証し、その検証結果を、改善・是正に関する提言とともに、取締役会及び監査役に報告します。

 

④取締役の定数及び選任

当社の取締役は10名以内とする旨を定款で定めております。また、取締役の選任決議は、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行ない、累積投票によらない旨を定款で定めております。

 

⑤自己株式の取得

当社は、機動的な資本政策を遂行するため、会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議に基づき、市場取引等により自己株式を取得することができる旨を定款で定めております。

 

⑥責任限定契約の概要

当社と社外取締役及び各社外監査役とは、会社法第423条第1項の損害賠償責任につき、法令に定める額を限度とする責任限定契約を締結しております。

 

⑦株主総会の特別決議要件

当社は、株主総会の円滑な運営を行うため、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款で定めております。

 

役員等賠償責任保険契約の内容の概要

当社は、当社ならびに当社子会社におけるすべての取締役、監査役および執行役員を被保険者として、改正会社法(2021年3月1日施行)第430条の3第1項に規定する役員等賠償責任保険(D&O保険)契約を保険会社との間で締結しております。

当該契約の内容の概要は、以下のとおりです。

・被保険者が会社の役員としての業務について行った行為に起因して生じた会社訴訟、第三者訴訟、株主代表訴訟等により、被保険者が負担することとなった争訟費用および損害賠償金等を填補の対象としております。

・被保険者の職務の執行の適正性が損なわれないようにするための措置として、被保険者による犯罪行為等に起因する損害等については、填補の対象外としています。

 

 

(2) 【役員の状況】

①役員一覧

男性11名 女性0名 (役員のうち女性の比率0.0%)

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式
数(株)

代表取締役
社長

尾 崎   彰

1957年5月31日

1980年4月

当社入社

2013年4月

執行役員就任

2015年4月

業務本部経営企画室長

2016年6月

取締役執行役員就任

2019年4月

取締役常務執行役員就任

2020年4月

代表取締役社長就任(現)

(注)3

8,100

取締役
常務執行役員
業務本部長

根 来 茂 樹

1958年11月24日

2016年4月

りそなビジネスサービス㈱代表取締役社長

2017年4月

当社入社
顧問

2017年6月

取締役就任(現)

2018年4月

取締役常務執行役員就任(現)

2021年4月

業務本部長(現)

(注)3

3,400

取締役
執行役員
コンバーテック事業部長 

新 谷 昌 徳

1957年2月15日

1981年4月

当社入社

2012年4月

執行役員就任

2015年4月

技術統括本部事業開発室長

2016年6月

取締役執行役員就任(現)

2020年4月

コンバーテック事業部長(現)

(注)3

7,600

取締役
執行役員
 プラント事業本部長

阪 田   守

1962年1月19日

1984年4月

当社入社

2013年4月

執行役員就任

2016年4月

プラント事業本部長

2016年6月

取締役執行役員就任(現)

2020年4月

プラント事業本部長(現)

(注)3

6,700

取締役
執行役員
熱処理事業本部長

長 濱   満

1957年8月10日

1983年4月

当社入社

2016年4月

執行役員就任

2017年4月

常務執行役員就任

2020年4月

熱処理事業本部長(現)

2020年6月

取締役執行役員就任(現)

(注)3

3,900

取締役

野 村 正 朗

1952年3月29日

2011年6月

新日本理化㈱取締役会長

2014年6月

当社監査役就任

2015年6月

当社取締役就任(現)

2015年7月

学校法人帝塚山学院理事長(現)

(注)3

取締役

佐 藤   良

1947年4月6日

2008年4月

ダニエリエンジニアリングジャパン㈱代表取締役

2018年4月

当社入社
顧問

2019年6月

当社取締役就任(現)

(注)3

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式
数(株)

監査役
常勤

南 場 賢一郎

1953年8月14日

2008年6月

ディー・エフ・エル・リース㈱代表取締役社長

2011年5月

当社入社
顧問

2011年6月

取締役就任

2016年4月

常務取締役就任

2021年6月

監査役就任(現)

(注)4

9,300

監査役
常勤

荒 木 俊 也

1960年7月21日

2016年4月

ジェイアンドエス保険サービス㈱取締役専務執行役員

2021年4月

当社入社
顧問

2021年6月

監査役就任(現)

(注)5

監査役
非常勤

碩   省 三

1948年1月1日

1979年4月

弁護士開業(御堂筋法律事務所所属)

2015年6月

当社監査役就任(現)

2016年6月

㈱椿本チエイン社外監査役(現)

(注)6

監査役
非常勤

ポール・チェン

1944年8月24日

2007年3月

東京大学名誉教授(現)

2015年4月

青山学院大学国際政治経済学部特別招聘教授(現)

2015年6月

当社監査役就任(現)

(注)6

 

39,000

 

(注) 1 取締役野村正朗氏及び佐藤良氏は、社外取締役であります。

2 監査役碩省三氏及びポール・チェン氏は、社外監査役であります。

3 取締役の任期は、2021年3月期に係る定時株主総会終結の時から2023年3月期に係る定時株主総会終結の時までであります。

4 監査役の任期は、2021年3月期に係る定時株主総会終結の時から2024年3月期に係る定時株主総会終結の時までであります。

5 監査役の任期は、2021年3月期に係る定時株主総会終結の時から2025年3月期に係る定時株主総会終結の時までであります。

6 監査役の任期は、2019年3月期に係る定時株主総会終結の時から2023年3月期に係る定時株主総会終結の時までであります。

 

②社外役員の状況

当社の社外取締役は2名であります。

社外取締役野村正朗氏は、元新日本理化株式会社取締役会長であり、上場企業経営者としての豊富な経験と幅広い知見を生かした経営全般の監視と有効な助言を期待して、当社取締役に選任しております。当社と同氏の間には人的関係、資本的関係及び重要な取引関係その他の利害関係はありません。なお、同氏は学校法人帝塚山学院理事長でありますが、当社と学校法人帝塚山学院との間には人的関係、資本的関係及び重要な取引関係その他の利害関係はありません。

社外取締役佐藤良氏は元ダニエリエンジニアリングジャパン株式会社代表取締役であり、企業経営者としての豊富な経験と幅広い知見、加えてプラント事業に関する豊富な経験を有していることから、経営全般の監視と有効な助言を期待して、当社取締役に選任しております。当社と同氏の間には人的関係、資本的関係及び重要な取引関係その他の利害関係はありません。

当社の社外監査役は2名であります。

社外監査役碩省三氏は、当社が法律顧問契約を結んでいる弁護士法人御堂筋法律事務所の社員であり、弁護士としての専門的知見および企業法務に関する豊富な経験を当社の監査に活かしていただくため、当社監査役に選任しております。当社と同氏の間には人的関係、資本的関係及び重要な取引関係その他の利害関係はありません。なお、同氏は株式会社椿本チエイン社外監査役でありますが、当社と株式会社椿本チエインとの間には人的関係、資本的関係及び重要な取引関係その他の利害関係はありません。

社外監査役ポール・チェン氏は、東京大学名誉教授ならびに青山学院大学国際政治経済学部特別招聘教授であり、大学教授としての豊富な学識経験を基にした客観的観点から経営全般の監視と有効な助言を期待し、当社監査役に選任しております。当社と同氏の間には人的関係、資本的関係及び重要な取引関係その他の利害関係はありません。また、当社と東京大学および青山学院大学との間には人的関係、資本的関係及び重要な取引関係その他の利害関係はありません。

 

社外取締役および社外監査役については、高い識見と能力を有し、当社取締役会に多様な視点を取り入れる観点から、広範な知識と経験及び出身分野における実績を有することを基本的な考えとして候補者を決定しております。また、その独立性については、会社法上の要件に加え、東京証券取引所の定める要件を参考にするとともに、当社独自の基準を定めており、以下のすべてに該当しないことを独立性充足の条件としております。

1)現在または最近5年間で、当社の総議決権の5%以上の議決権を保有する大株主またはその業務執行者

2)現在または最近5年間で、当社グループの主要な取引先の業務執行者

3)現在または最近5年間で、当社グループの監査業務を担当している者

4)当社から、当社役員報酬以外に、過去3年平均にて、年間1,000万円を超える報酬を得ている者

5)上記のいずれかに掲げる者の配偶者または2親等以内の親族

6)当社グループの取締役、監査役、執行役員、その他の使用人、の配偶者または2親等以内の親族

 

 

(3) 【監査の状況】

①監査役監査の状況
a.組織・人員

当社は監査役会設置会社であり、当事業年度末では3名でしたが、本報告書提出日現在では4名となっており、常勤監査役2名と社外監査役2名から構成されています。

常勤監査役南場賢一郎氏は、当社の管理部門の責任者を担当してきており、財務及び会計に関する相当程度の知見を有しております。

また、社外監査役碩省三氏は弁護士、ポール・チェン氏は大学教授であります。

b.監査役会の活動状況

監査役会は、月次で開催される他、必要に応じて随時開催され、当事業年度は13回開催され、監査役3名は全てに出席しました。

監査役会の主な活動としては、監査の方針・計画・職務分担の策定や会計監査人の監査計画の確認及び監査方法・結果の相当性の評価並びに会計監査人の再任・不再任の決定をしております。

また、取締役の競合・利益相反取引及び善管注意義務・忠実義務、内部統制システムの整備・運用状況の評価等を行っております。

c.監査役の主な活動

監査役は取締役会に出席し、取締役の職務執行状況について監査を実施し、議案・審議内容につき、適宜必要な意見表明を行っており、監査役のうち2名は当事業年度の取締役会すべてに、1名はその92%に出席しました。

常勤監査役は、重要な会議の出席、取締役との協議、重要な書類の閲覧のほか、会計監査人及び内部監査室の監査に同行し、会計監査の評価や内部統制システムの整備・運用状況の評価などを実施しました。

社外監査役は、取締役会等重要な会議の出席を通じ、長年に亘る弁護士としての専門的見地や大学教授としての豊富な学識経験を基にした客観的観点から、さらにその独立性から忌憚なく意見を述べることにより、特にコーポレート・ガバナンスをよりよく充実させる役割を担っております。

また、監査役全員による代表取締役や取締役・執行役員とのそれぞれのテーマに応じた意見交換・議論を定期的に行うことで職務の執行状況を把握するとともに、必要に応じ提言を行っております。

さらに会計監査人から監査計画、監査事項の内容や結果の報告を受けるとともに、必要に応じて適宜情報の提供、交換を実施し、相互に効率的かつ効果的な監査が行えるように努めています。

 

②内部監査の状況

当社の内部監査室は組織上独立した専任の職員1名から構成され、各事業部や関係会社の業務執行状況について監査を実施し、評価と提言を行うとともに、監査役に報告することとし、内部統制の維持・強化に努めております。

当社の監査役(社外監査役を含む)は、内部監査部門である内部監査室から監査計画や監査の実施状況などにつき、定期的に詳細な報告を受け、相互に意見交換を行うなど緊密な連携体制を構築しております。

さらに、経理・財務部門などの内部統制部門から内部統制システムの構築・運用の状況について定期的に報告を受けております。

 

 

③会計監査の状況

a.監査法人の名称

PwC京都監査法人

 

b.継続監査期間

1969年以降

上記継続監査期間は、当社において調査可能な範囲での期間であり、実際の継続監査期間は上記期間を超えている可能性があります。

 

c.業務を執行した公認会計士

中村  源

野村 尊博

 

d.監査業務に係る補助者の構成

当社の会計監査業務に係る補助者の構成は、公認会計士2名、その他6名であります。

 

e.監査法人の選定方針と理由

監査役会は、当社の会計監査人に必要とされる専門性、独立性、品質管理体制を有していること、及び当社の事業活動に対する理解や海外子会社の会計監査人との連携体制などを検証・確認し、監査法人を選定しております。

 

f.監査役及び監査役会による監査法人の評価

監査役会は、「会計監査人の評価基準」を定めており、その基準に基づき会計監査人に関する評価を行っております。その主な評価項目は、会計監査人の独立性及び専門性、監査体制、監査手法及び業務内容、監査役会への報告義務履行・連携などで、これらの評価結果を検証し、再任の相当性を判断しています。

 

④監査報酬の内容等
a.監査公認会計士等に対する報酬

区分

前連結会計年度

当連結会計年度

監査証明業務に
基づく報酬(百万円)

非監査業務に
基づく報酬(百万円)

監査証明業務に
基づく報酬(百万円)

非監査業務に
基づく報酬(百万円)

提出会社

32

32

連結子会社

32

32

 

 

b. 監査公認会計士等と同一のネットワークに対する報酬(a.を除く)

該当事項はありません。

 

c. その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

該当事項はありません。

 

d. 監査報酬の決定方針

該当事項はありませんが、監査計画の妥当性等を検討した上で決定しております。

 

e. 監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由

当社監査役会は、会計監査人の監査計画の内容、従前の会計監査の職務執行状況並びに報酬見積りの算出根拠等を検討した結果、取締役会が提案した会計監査人に対する報酬等に対して、会社法第399条第1項の同意を行っております。

 

(4) 【役員の報酬等】

①役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項

当社の役員報酬につきましては、2007年6月28日開催の第65期定時株主総会決議により、取締役「月額27百万円以内」、監査役「月額6百万円以内」とされております。

 

当社は、取締役の個人別の報酬等の内容に係る決定方針を定めており、その概要は以下のとおりです。

1.基本方針

当社の取締役の報酬は、企業価値の持続的な向上を図るインセンティブとして十分に機能する報酬体系とし、個々の取締役の報酬の決定に際しては、職制上の地位・職務の内容・業績・社会情勢等を踏まえた適正な水準とすることを基本方針とする。

2.役員報酬の種類と構成

当社の取締役の報酬は金銭による月例の固定報酬とし、代表取締役・役付取締役および業務執行取締役の報酬は、役位に応じた基本報酬部分と業績等連動部分により構成する。

監督機能を担う社外取締役については、その職務に鑑み、基本報酬のみとする。

3.取締役の個人別の報酬等の額の決定に関する方針

1)固定報酬のうち、基本報酬部分は、役位・職責に応じて、他社水準・当社の業績・従業員給与の水準等を総合的に勘案して決定する。

2)業績等連動部分は、当社の業績において重視すべき利益や担当事業における成長を表す以下の指標を採用する。当該指標に基づいて事業年度ごとに算定し、毎年7月に改定する。

(1)代表取締役・役付取締役:

  連結営業利益率

(2)業務執行取締役:

  ①目標営業利益額および目標受注額の達成度合

   ②重要な単年度課題および中期事業運営の推進状況

3)業績等連動部分の額は、役位に応じて、基本報酬の概ね0~70%の範囲内で変動するものとする。

4.取締役に対し報酬等を与える時期又は条件の決定方針

基本報酬部分に業績等連動部分を加えた合計額を年俸として、毎年7月に改定し、12等分を月例の固定報酬として支給する。

5.取締役の個人別報酬額の決定の方法

取締役の個人別報酬額については、取締役会決議に基づき、代表取締役社長がその具体的内容の決定について委任を受ける。

個人別報酬額の業績等連動部分の額については、会長・社長・業務本部長・常勤監査役から構成される「業績等評価委員会」での審議を経て、代表取締役社長が決定する。

 

当社は、事業年度ごとの会社業績向上に対する意識を高めるため、単年度の業績に対する達成度合いを指標として採用するとともに、業務執行取締役については中期事業運営の推進状況を定性評価項目として加えることで、当社グループの持続的な成長を意識した経営を推進していきます。

なお、業績指標に対する実績につきましては、「第2 事業の状況 3経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」に記載のとおりです。

 

当社においては、取締役会の委任決議に基づき代表取締役社長尾崎彰が取締役の個人別の報酬額の具体的内容を決定しております。

その権限の内容は、「取締役の個人別の報酬等の内容についての決定に関する方針」の「5.取締役の個人別報酬額の決定の方法」に記載のとおり、取締役会決議に基づき、上記決定方針およびあらかじめ定められた報酬内規に基づく算出方法の範囲内で、代表取締役社長がその具体的内容の決定について委任を受けております。

これらの権限を委任した理由は、当社全体の業績を俯瞰しつつ各取締役の担当職務の評価を行うには代表取締役社長が最も適しているからであります。

なお、人別報酬額の業績等連動部分の額については、会長・社長・業務本部長・常勤監査役から構成される「業績等評価委員会」での審議を経て、決定されるため、取締役会は、当該権限が代表取締役によって適切に行使されるよう措置を講じており、当該手続きを経て取締役の個人別の報酬額が決定されていることから、取締役会はその内容が決定方針に沿うものであると判断しております。

 

②役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

 

役員区分

報酬等の総額
(百万円)

報酬等の種類別の総額(百万円)

対象となる
役員の員数
(名)

固定報酬

取締役

(社外取締役を除く)

200