EDINET閲覧(提出)サイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)をもとに上場企業サーチ作成

本ページはEDINETに提出された開示情報を上場企業サーチが加工/編集したものであり、記載された情報の正確性および完全性について上場企業サーチは一切の保証を行いません。本ページの情報を利用する際は自己の責任で判断頂き、意思決定に際しては適宜EDINETや提出会社が公開するオリジナルを参照する様にしてください。本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

 

【表紙】

 

【提出書類】

有価証券報告書

【根拠条文】

金融商品取引法第24条第1項

【提出先】

関東財務局長

【提出日】

2021年6月28日

【事業年度】

第86期(自2020年4月1日  至2021年3月31日)

【会社名】

株式会社淺沼組

【英訳名】

ASANUMA CORPORATION

【代表者の役職氏名】

代表取締役社長    浅  沼  誠

【本店の所在の場所】

大阪市浪速区湊町一丁目2番3号マルイト難波ビル

【電話番号】

06-6585-5500(大代表)

【事務連絡者氏名】

執行役員社長室次長兼経理部長兼
コーポレート・コミュニケーション部長    八  木   良  道

【最寄りの連絡場所】

東京都港区芝浦二丁目15番6号オアーゼ芝浦MJビル

【電話番号】

03-5232-5888(代表)

【事務連絡者氏名】

執行役員社長室次長兼海外事業部長    新 浪  勉

【縦覧に供する場所】

株式会社淺沼組東京本店

  (東京都港区芝浦二丁目15番6号オアーゼ芝浦MJビル)

株式会社淺沼組名古屋支店

  (名古屋市中村区名駅南一丁目6番1号サン納屋橋ビル)

株式会社淺沼組神戸支店

  (神戸市中央区八幡通三丁目1番14号)

株式会社淺沼組さいたま支店

  (さいたま市南区沼影一丁目10番1号)

株式会社淺沼組横浜支店

  (横浜市中区尾上町三丁目39番地)

株式会社東京証券取引所

  (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

 

 

E00120 18520 株式会社淺沼組 ASANUMA CORPORATION 企業内容等の開示に関する内閣府令 第三号様式 Japan GAAP true cns cns 2020-04-01 2021-03-31 FY 2021-03-31 2019-04-01 2020-03-31 2020-03-31 1 false false false E00120-000 2021-06-28 E00120-000 2016-04-01 2017-03-31 E00120-000 2017-04-01 2018-03-31 E00120-000 2018-04-01 2019-03-31 E00120-000 2019-04-01 2020-03-31 E00120-000 2020-04-01 2021-03-31 E00120-000 2017-03-31 E00120-000 2018-03-31 E00120-000 2019-03-31 E00120-000 2020-03-31 E00120-000 2021-03-31 E00120-000 2016-04-01 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00120-000 2017-04-01 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00120-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00120-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00120-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00120-000 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00120-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00120-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00120-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00120-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00120-000 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E00120-000:ConstructionReportableSegmentsMember E00120-000 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E00120-000:EngineeringReportableSegmentsMember E00120-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E00120-000 2021-03-31 jpcrp_cor:CorporateSharedMember E00120-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E00120-000:ConstructionReportableSegmentsMember E00120-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E00120-000:EngineeringReportableSegmentsMember E00120-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E00120-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp_cor:CorporateSharedMember E00120-000 2021-06-28 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E00120-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E00120-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No1MajorShareholdersMember E00120-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No2MajorShareholdersMember E00120-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No3MajorShareholdersMember E00120-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No4MajorShareholdersMember E00120-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No5MajorShareholdersMember E00120-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No6MajorShareholdersMember E00120-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No7MajorShareholdersMember E00120-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No8MajorShareholdersMember E00120-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No9MajorShareholdersMember E00120-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No10MajorShareholdersMember E00120-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithNoVotingRightsMember E00120-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsTreasurySharesEtcMember E00120-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsOtherMember E00120-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesTreasurySharesSharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E00120-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsOtherMember E00120-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesLessThanOneUnitMember E00120-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row1Member E00120-000 2021-06-28 jpcrp_cor:Row1Member E00120-000 2021-06-28 jpcrp030000-asr_E00120-000:AsanumaMakotoMember E00120-000 2021-06-28 jpcrp030000-asr_E00120-000:YamakoshiMorioMember E00120-000 2021-06-28 jpcrp030000-asr_E00120-000:UeshibaYukihiroMember E00120-000 2021-06-28 jpcrp030000-asr_E00120-000:MoriyamaKazuhiroMember E00120-000 2021-06-28 jpcrp030000-asr_E00120-000:ToyotaAkihiroMember E00120-000 2021-06-28 jpcrp030000-asr_E00120-000:FujisawaMasahiroMember E00120-000 2021-06-28 jpcrp030000-asr_E00120-000:FukudaMasafumiMember E00120-000 2021-06-28 jpcrp030000-asr_E00120-000:FunamotoMiwakoMember E00120-000 2021-06-28 jpcrp030000-asr_E00120-000:MorikawaTakuyaMember E00120-000 2021-06-28 jpcrp030000-asr_E00120-000:SasakiYuichiMember E00120-000 2021-06-28 jpcrp030000-asr_E00120-000:IshijimaTakashiMember E00120-000 2021-06-28 jpcrp030000-asr_E00120-000:NakagawaYoshiakiMember E00120-000 2021-06-28 jpcrp030000-asr_E00120-000:KimuraTomokoMember E00120-000 2021-06-28 jpcrp_cor:Row2Member E00120-000 2021-06-28 jpcrp_cor:Row3Member E00120-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:DirectorsExcludingOutsideDirectorsMember E00120-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:CorporateAuditorsExcludingOutsideCorporateAuditorsMember E00120-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:OutsideDirectorsAndOtherOfficersMember E00120-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row1Member E00120-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row2Member E00120-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row2Member E00120-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row3Member E00120-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row3Member E00120-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row4Member E00120-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row4Member E00120-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row5Member E00120-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row5Member E00120-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row6Member E00120-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row6Member E00120-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row7Member E00120-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row7Member E00120-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row8Member E00120-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row8Member E00120-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row9Member E00120-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row9Member E00120-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row10Member E00120-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row10Member E00120-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row11Member E00120-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row11Member E00120-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row12Member E00120-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row12Member E00120-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row13Member E00120-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row13Member E00120-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row14Member E00120-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row14Member E00120-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row15Member E00120-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row15Member E00120-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row16Member E00120-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row16Member E00120-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row17Member E00120-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row17Member E00120-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row18Member E00120-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row18Member E00120-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row19Member E00120-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row19Member E00120-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row20Member E00120-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row20Member E00120-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row21Member E00120-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row21Member E00120-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row22Member E00120-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row22Member E00120-000 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E00120-000 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E00120-000 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00120-000 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00120-000 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00120-000 2019-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00120-000 2020-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E00120-000 2019-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E00120-000 2019-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00120-000 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00120-000 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00120-000 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00120-000 2019-03-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E00120-000 2020-03-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E00120-000 2020-03-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E00120-000 2019-03-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E00120-000 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00120-000 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00120-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E00120-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E00120-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00120-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00120-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00120-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00120-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E00120-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E00120-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00120-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00120-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00120-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E00120-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E00120-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E00120-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E00120-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00120-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00120-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E00120-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E00120-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E00120-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E00120-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00120-000 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E00120-000 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00120-000 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00120-000 2021-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E00120-000 2021-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00120-000 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00120-000 2021-03-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E00120-000 2021-03-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E00120-000 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00120-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E00120-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E00120-000:ConstructionReportableSegmentsMember E00120-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E00120-000:ConstructionReportableSegmentsMember E00120-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E00120-000:EngineeringReportableSegmentsMember E00120-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E00120-000:EngineeringReportableSegmentsMember E00120-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E00120-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E00120-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:OtherReportableSegmentsMember E00120-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:OtherReportableSegmentsMember E00120-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E00120-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E00120-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E00120-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E00120-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E00120-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E00120-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:UnallocatedAmountsAndEliminationMember E00120-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:UnallocatedAmountsAndEliminationMember E00120-000 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00120-000 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00120-000 2019-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00120-000 2020-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00120-000 2020-03-31 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00120-000 2019-03-31 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00120-000 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00120-000 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00120-000 2020-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00120-000 2019-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00120-000 2019-03-31 jppfs_cor:ReserveForAdvancedDepreciationOfNoncurrentAssetsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00120-000 2020-03-31 jppfs_cor:ReserveForAdvancedDepreciationOfNoncurrentAssetsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00120-000 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00120-000 2019-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00120-000 2019-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00120-000 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00120-000 2019-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00120-000 2020-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00120-000 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00120-000 2019-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00120-000 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00120-000 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00120-000 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00120-000 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00120-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ReserveForAdvancedDepreciationOfNoncurrentAssetsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00120-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ReserveForAdvancedDepreciationOfNoncurrentAssetsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00120-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00120-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00120-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00120-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00120-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00120-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00120-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00120-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00120-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00120-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00120-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00120-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00120-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00120-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00120-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00120-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00120-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00120-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00120-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00120-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00120-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00120-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00120-000 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00120-000 2021-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00120-000 2021-03-31 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00120-000 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00120-000 2021-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00120-000 2021-03-31 jppfs_cor:ReserveForAdvancedDepreciationOfNoncurrentAssetsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00120-000 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00120-000 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00120-000 2021-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00120-000 2021-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00120-000 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00120-000 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember iso4217:JPY iso4217:JPY xbrli:shares xbrli:pure xbrli:shares

第一部 【企業情報】

 

第1 【企業の概況】

 

1 【主要な経営指標等の推移】

(1) 連結経営指標等

回次

第82期

第83期

第84期

第85期

第86期

決算年月

2017年3月

2018年3月

2019年3月

2020年3月

2021年3月

 売上高

(百万円)

132,699

143,434

135,713

141,472

138,934

 経常利益

(百万円)

6,385

7,609

5,616

6,509

5,364

 親会社株主に帰属する
 当期純利益

(百万円)

7,294

5,221

4,178

4,300

4,138

 包括利益

(百万円)

8,154

5,993

4,506

3,106

4,147

 純資産額

(百万円)

30,071

35,223

37,466

39,313

41,710

 総資産額

(百万円)

104,395

103,369

102,000

103,044

92,176

 1株当たり純資産額

(円)

357.65

4,191.01

4,624.16

4,855.25

5,152.02

 1株当たり当期純利益

(円)

95.14

623.31

504.87

533.47

513.55

 潜在株式調整後

 1株当たり当期純利益

(円)

 自己資本比率

(%)

28.7

34.0

36.6

38.0

45.0

 自己資本利益率

(%)

29.3

16.0

11.5

11.3

10.3

 株価収益率

(倍)

3.36

6.40

4.87

7.08

8.72

 営業活動による
 キャッシュ・フロー

(百万円)

14,231

3,140

11,419

8,228

12,902

 投資活動による
 キャッシュ・フロー

(百万円)

547

698

1,037

385

815

 財務活動による
 キャッシュ・フロー

(百万円)

7,019

2,191

3,940

1,568

1,948

 現金及び現金同等物
 の期末残高

(百万円)

39,720

39,913

23,545

29,777

15,760

 従業員数

(人)

1,243

1,252

1,427

1,452

1,444

 

(注) 1  売上高には、消費税等は含まれておりません。

2  潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

3  「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第84期の期首から適用しており、第83期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。

4  2018年10月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株式併合を実施したため、第83期の期首に当該株式併合が行われたと仮定して、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益を算定しております。

 

 

 

(2) 提出会社の経営指標等

回次

第82期

第83期

第84期

第85期

第86期

決算年月

2017年3月

2018年3月

2019年3月

2020年3月

2021年3月

 売上高

(百万円)

132,132

142,698

134,610

139,039

137,105

 経常利益

(百万円)

6,361

7,523

5,656

6,508

5,312

 当期純利益

(百万円)

7,308

5,166

4,217

4,346

4,139

 資本金

(百万円)

9,614

9,614

9,614

9,614

9,614

 発行済株式総数

(千株)

85,086

85,086

8,508

8,078

8,078

 純資産額

(百万円)

30,419

35,100

37,238

39,198

41,356

 総資産額

(百万円)

98,134

96,962

96,575

98,382

88,274

 1株当たり純資産額

(円)

363.11

4,190.10

4,618.87

4,864.34

5,133.14

 1株当たり配当額
 (うち1株当たり
 中間配当額)

(円)

10.00

16.00

153.00

216.00

257.00

(円)

(-)

(-)

(-)

()

()

 1株当たり当期純利益

(円)

95.33

616.73

509.52

539.20

513.70

 潜在株式調整後

 1株当たり当期純利益

(円)

 自己資本比率

(%)

31.0

36.2

38.6

39.8

46.8

 自己資本利益率

(%)

28.5

15.8

11.7

11.4

10.3

 株価収益率

(倍)

3.36

6.47

4.83

7.00

8.72

 配当性向

(%)

10.5

25.9

30.0

40.1

50.0

 従業員数

(人)

1,243

1,252

1,266

1,267

1,278

 株主総利回り
 (比較指標:配当込み

 TOPIX)

(%)

109.6

141.2

95.4

146.3

178.3

(%)

(114.7)

(132.9)

(126.2)

(114.2)

(162.3)

 最高株価

(円)

403

477

3,800

(468)

5,310

5,190

 最低株価

(円)

181

289

2,440

(316)

2,231

3,010

 

(注) 1  売上高には、消費税等は含まれておりません。

2  潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

3  「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第84期の期首から適用しており、第83期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。

4  2018年10月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株式併合を実施したため、第83期の期首に当該株式併合が行われたと仮定して、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益を算定しております。

5 最高株価及び最低株価は、東京証券取引所市場第一部におけるものであります。なお、第84期の株価については株式併合後の最高株価及び最低株価を記載しており、株式併合前の最高株価及び最低株価を括弧内に記載しております。

6  第82期の1株当たり配当額10.00円には創業125周年記念配当2.00円を含んでおります。

 

 

2 【沿革】

1892年1月、淺沼幸吉が大和郡山市に於て個人企業として淺沼組を創業し、土木建築工事の請負に従事したのが提出会社の起源であります。

その後、1926年には大阪市へ進出、業容の拡大に伴い、組織を改め、1937年6月に資本金100万円をもって株式会社淺沼組を設立いたしました。

設立後の主な変遷は次のとおりであります。

 

1946年8月

東京支店を設置。

 

1947年7月

名古屋支店を設置。

 

1949年10月

建設業法による建設大臣登録(イ)1018号の登録を完了。

 

1963年7月

大阪証券取引所市場第二部に上場。

 

1965年2月

札幌支店、仙台支店、福岡支店を設置。

 

1965年6月

株式会社奈良万葉カンツリ倶楽部を設立。

 

1966年2月

広島支店を設置。

 

1968年4月

大阪証券取引所市場第一部に指定替。

 

1969年5月

東京証券取引所市場第一部に上場。

 

1972年7月

宅地建物取引業法による大阪府知事免許(1)第11264号を取得。

 

1973年12月

建設業法改正により、建設大臣許可(特-48)第2438号の許可を受ける。(以後3年ごとに更新)

 

1973年12月

宅地建物取引業法による建設大臣免許(1)第1730号を取得。(以後3年ごとに更新)

 

1975年1月

定款の一部を変更し、事業目的を建設工事の企画、設計、監理、請負及びコンサルティング業務等に明確化するとともに所要の変更追加をした。

 

1975年3月

淺沼建物株式会社を設立。(現・連結子会社)

 

1981年3月

東京支店を東京本店に改称。

 

1983年4月

横浜支店を設置。

 

1989年2月

定款の一部を変更し、決算期を11月30日から3月31日に、事業目的に健康・医療施設、スポーツ施設、レジャー施設及び教育研修施設の保有並びに経営等を変更追加した。

 

1992年1月

札幌支店を北海道支店に、仙台支店を東北支店に、また福岡支店を九州支店にそれぞれ改称。

 

1995年4月

神戸支店を設置。

 

 

 

2002年6月

定款の一部を変更し、事業目的に損害保険代理業及び生命保険の募集に関する業務を追加した。

 

2002年12月

建設業法による国土交通大臣許可(特-14)第2438号の許可を受ける。(以後5年ごとに更新)

 

2002年12月

宅地建物取引業法による国土交通大臣免許(10)第1730号を取得。(以後5年ごとに更新)

 

2003年6月

定款の一部を変更し、事業目的に環境整備に関する事業並びにこれらに関する企画、設計、監理、請負及びコンサルティング業務を追加、さらに廃棄物・建設副産物の収集、運搬、処理、再利用、環境汚染物質の除去並びにこれらに関する調査、企画、設計、監理及びコンサルティング業務を追加した。

 

2004年1月

長泉ハイトラスト株式会社を設立。(現・持分法適用関連会社)

 

2004年4月

北関東支店を設置。

 

2004年6月

定款の一部を変更し、事業目的に庁舎、医療・社会福祉施設、教育・研究施設、廃棄物処理施設、道路、鉄道、港湾、空港、上下水道その他の公共施設及びこれらに準ずる施設の企画、設計、監理、施工、保有、賃貸、譲渡、維持管理及び運営を追加した。

 

2005年5月

金沢宝町キャンパスサービス株式会社を設立。

 

2007年3月

株式会社城北シンフォニアを設立。

 

2007年4月

宇都宮郷の森斎場株式会社を設立。(現・連結子会社)

 

2010年2月

株式会社ひらかたシンフォニアを設立。

 

2010年3月

PFI大野城宿舎株式会社を設立。(現・持分法適用関連会社)

 

2013年3月

株式会社奈良万葉カンツリ倶楽部の全株式を譲渡。

 

2013年6月

定款の一部を変更し、事業目的に医療機器販売及び太陽光発電事業を追加した。

 

2014年6月

定款の一部を変更し、事業目的にマンション管理業及びマンション管理に関するコンサルティング事業を追加した。

 

2016年2月

桜井給食ファシリティーズ株式会社を設立。(現・連結子会社)

 

2016年4月

小田原斎場PFI株式会社を設立。(現・連結子会社)

 

2016年12月

北関東支店をさいたま支店に改称。

 

2016年12月

株式会社城北シンフォニアを清算。

 

2018年10月

SINGAPORE PAINTS & CONTRACTOR PTE. LTD.を株式取得により子会社化。

 

2019年11月

株式会社ひらかたシンフォニアを清算。

 

2020年3月

金沢宝町キャンパスサービス株式会社を清算。

 

 

 

 

3 【事業の内容】

当社グループは、当社、子会社6社、関連会社2社で構成され、建築、土木及びその他の事業を行っております。

当社グループの事業に係る位置付け及びセグメント情報との関連は次のとおりであります。なお、以下に示す区分は、セグメント情報に記載された区分と同一であります。

 

(建築及び土木)

当社は総合建設業を営んでおります。

 

(関係会社)

SINGAPORE PAINTS & CONTRACTOR   ………
PTE. LTD.

東南アジア地区における建物塗装・修繕工事請負業

 

 

(その他)

当社は不動産関連事業を行っております。

 

(関係会社)

淺沼建物㈱  …………………………………

損害保険の代理業務並びに生命保険の募集業務、その他附帯業務

ASANUMA CONSTRUCTION LTD.,  ……………

INTERNATIONAL

アジア・オセアニア地区における不動産事業

長泉ハイトラスト㈱  ………………………

一般廃棄物最終処分場の運営及び維持管理、その他附帯業務

宇都宮郷の森斎場㈱  ………………………

宇都宮郷の森斎場の運営及び維持管理、その他附帯業務

 

PFI大野城宿舎㈱  ………………………

公務員宿舎大野城住宅の運営及び維持管理、その他附帯業務

 

桜井給食ファシリティーズ㈱………………

桜井市立学校給食センターの施設整備及び維持管理、その他附帯業務

 

小田原斎場PFI㈱…………………………

小田原市斎場の施設整備及び維持管理、その他附帯業務

 

 

事業の系統図は次のとおりであります。

 


 

 

4 【関係会社の状況】

 

名称

住所

資本金
(百万円)

主要な事業の内容

議決権の
所有割合(%)

関係内容

(連結子会社)

大阪市
浪速区

20

その他
(損害保険代理業)

100.0

当社が保険業務を発注しております。

役員の兼務…1名 

淺沼建物㈱
                 (注4)

(連結子会社)

シンガポール

500

千SGD

建築、土木

80.0

役員の兼務…1名

SINGAPORE PAINTS &

CONTRACTOR PTE. LTD.
                 (注4)

(連結子会社)

栃木県
宇都宮市

10

その他
(PFI事業)

42.5

当社が資金の貸付を行っております。

宇都宮郷の森斎場㈱
                 (注4)

(連結子会社)

奈良県
桜井市

10

その他
(PFI事業)

50.0

当社が資金の貸付を行っております。

桜井給食
ファシリティーズ㈱
                 (注4)

(連結子会社)

東京都
港区

10

その他
(PFI事業)

40.0

当社が資金の貸付を行っております。

小田原斎場PFI㈱

                 (注4)

(持分法適用関連会社)

静岡県
駿東郡長泉町

90

その他
(PFI事業)

39.0

当社が資金の貸付を行っております。

長泉ハイトラスト㈱
 

(持分法適用関連会社)

福岡市
博多区

10

その他
(PFI事業)

30.0

PFI大野城宿舎㈱
 

 

(注) 1  主要な事業の内容欄には、セグメント情報に記載された名称を記載しております。

2  特定子会社に該当するものはありません。

3  有価証券届出書及び有価証券報告書を提出している会社はありません。

4  売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の連結売上高に占める割合が10%以下であるため、主要な損益情報等の記載を省略しております。

 

 

5 【従業員の状況】

(1) 連結会社の状況

2021年3月31日現在

セグメントの名称

従業員数(人)

建  築

920

土  木

245

その他

9

全社(共通)

270

合計

1,444

 

(注)  従業員数は就業人員数であります。

 

(2) 提出会社の状況

2021年3月31日現在

従業員数(人)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(円)

1,278

44.2

21.5

8,311,458

 

 

セグメントの名称

従業員数(人)

建  築

754

土  木

245

その他

9

全社(共通)

270

合計

1,278

 

(注) 1  従業員数は就業人員数であります。

2  平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。

 

(3) 労働組合の状況

労使関係について特に記載すべき事項はありません。

 

第2 【事業の状況】

 

「第2  事業の状況」における各事項の記載については、消費税等抜きの金額で表示しております。

 

1 【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において、当社グループが判断したものであります。

 

(1) 基本理念

当社グループは、創業理念であります「和の精神」「誠意・熱意・創意」の下、「仕事が仕事を生む」の企業精神に則り、事業活動を通じ誠実なモノづくりに専心し、社会の安全・安心・快適の増進に寄与することを基本理念としております。
 この基本理念の実現に向け、事業活動を通じお客様をはじめとする、あらゆるステークホルダーから信頼され、選ばれ、そして感謝される企業となることを基本方針としており、そのために、刻々と変化する社会やお客様のニーズに柔軟に対応するための技術力、知力、感性を磨き、組織力を以って事業を継続、発展させ、机上の議論より実践を重んじ、現場・現物・現人主義を以って、的確かつ迅速にことにあたり、社会のルールを遵守し、社会と共に持続的発展を目指し、公正で堅実な経営に徹しております。

 

(2) 見通し

次期の見通しにつきましては、今後の新型コロナウイルスの感染動向が景気を左右する最大の要因と見られますが、コロナワクチン接種の進展により新型コロナウイルスの感染拡大は収束に向かっていくものと想定しております。しかしながら足元の主に新型コロナウイルスの変異株を原因とする感染拡大による国内外経済への影響や、米中貿易摩擦の更なる激化等による悪影響が懸念されます。
 企業業績においては、コロナ前の水準に回復しているところがある一方、コロナ禍の影響を直接受ける業界においては引き続き厳しい経営環境が続いており、2極化が鮮明になっております。
 当社グループの主たる事業である建設業界におきましては、公共建設投資は国土強靭化対策の5ヵ年計画が決定され、堅調に推移するものと思われますが、民間建設投資につきましては、主要国で製造業の投資意欲が戻りつつあり、コロナワクチン接種の進展に伴い新型コロナウイルスの感染拡大が収束に向かうにつれ、設備投資も回復してくるものと予想しています。
 

(3) 中期3ヵ年計画の策定及びエコフレンドリーASANUMA21の改定

当社は、2021年度を初年度とする新中期3ヵ年計画を策定しました。当社を取り巻く外部環境は近年さらに激しく変化しています。その変化はより早く、大きく、そして今後も続いていくと思われます。この変化の激しい経営環境下で、将来に亘って持続的に成長していくためには、変化を少しでも早く把握し、迅速かつ的確に対応していくことが必要と考えます。長期ビジョンとして「外部環境の激しい変化に対し、独自性を発揮し果敢に挑戦し続ける企業」を掲げ、その実現に向け、中期3ヵ年計画の各施策を確実に実践してまいります。
 また、当社は2010年度から全社的な地球温暖化防止対策活動である「エコフレンドリーASANUMA21」をスタートさせており、目標とした「施工高1億円当たりのCO2排出量を2020年度までに1990年度比40%削減」を達成したことを踏まえ、昨年政府が脱炭素社会実現に向け打ち出した「2050年度までに、温室効果ガスの排出を実質ゼロにする」との方針に賛同し、この度「エコフレンドリーASANUMA21」を改定し、新中期3ヵ年計画の施策の一環として新たな取り組みをスタートさせました。脱炭素社会に向けた長期ビジョンとして「施工高1億円当たりのCO2排出量を2030年までに1990年度比50%、2050年までに70%削減」を目指し、基本方針を「脱炭素化の推進」、「資源の循環」、「自然・社会との共生」とし、様々な取り組みを行っていきます。
 

 

① 中期3ヵ年計画(2021年度~2023年度)

A 長期ビジョン

「目指すは、外部環境の激しい変化に対し、独自性を発揮し果敢に挑戦し続ける企業」

 

B 位置付け

企業理念である「誠実なモノづくりに専心し、社会の安全・安心・快適の増進に寄与します」のもとに長期ビジョンを作成し、新中期3ヵ年計画を、長期ビジョン実現に向けた独自性の発揮ステージへとつなげるための「淺沼組らしさ(独自性)の深耕」と位置付けました。それを基本方針として以下のように掲げ、3つの外部環境変化に対し果敢に挑戦することで、独自性を深め、次の成長につなげてまいります。

 

C 基本方針

 淺沼組らしさ(独自性)を深耕させ「変化に挑戦」

 

 基本方針に則った具体的な取り組みについては以下のとおりであります。

 

(a)長期的に縮小する国内建設投資とインフラ・建築構造物の老朽化により堅調に推移する国内維持・修繕

     事業投資

  ⅰ.競争力(コスト・品質・提案)の強化

ⅱ.新領域(海外・新分野)への取り組み強化

ⅲ.国内維持管理・修繕事業の取り組み強化

 

(b)建設分野における生産労働人口の減少

ⅰ.生産性向上に資する取り組みの強化

ⅱ.人材確保・人材育成の強化

ⅲ.協力会社との連携強化

 

(c)非財務経営活動(ESG・SDGs等)による企業評価向上の機運

ⅰ.「E」:環境問題解決

ⅱ.「S」:社会課題解決

ⅲ.「G」:コーポレートガバナンスの強化

 

D 主な経営指標

新中期3ヵ年計画の最終年度である2023年度の目標として、受注高1,466億円、売上高1,373億円、営業利益67.3億円、親会社株主に帰属する当期純利益45.4億円、としました。
  また、2023年度において営業利益率を5.0%以上、自己資本利益率(ROE)は3ヵ年とも10.0%以上としています。

 

② エコフレンドリーASANUMA21(改定版)

A 長期ビジョン

「施工高1億円当たりのCO2排出量を2030年までに1990年比50%、2050年までに70%削減」

 

B 基本方針

「脱炭素化の推進」

「資源の循環」

「自然・社会との共生」

 

 

③ 直近の経営環境について

前中期3ヵ年計画(2018年度~2020年度)の最終年度でありました2020年度は、新型コロナウイルス感染拡大の影響を勘案し、年度計画を中期計画より下方修正しましたが、受注高以外は計画を達成しました。足元の建設投資マインドは業種により差はあるものの、全体としては回復傾向にあるものと見ております。

 

(4) 当社における新型コロナウイルス感染症への対応

当社は、お取引先や従業員、その他関係者の皆様の安全を確保する観点から、管理部門の統括責任者である社長室長をトップに、建築・土木部門の統括責任者も含めた新型コロナウイルス対策室を設置し、全社に亘る対策を策定して引き続き新型コロナウイルス感染防止に取り組んでおります。
 主な対策は以下のとおりであります。

 

① 従業員や作業所における協力会社の社員も含めた発熱、倦怠感、嗅覚・味覚の異常などの体調異変の定期的確

   認

② 体調異変がある者の早期の医療機関への相談や出社の見合わせ及び経過観察

③ 体調異変や感染が確認された場合の支援体制の整備

④ 感染リスクを抑え、3密を避けるための対応

a.可能な限りのテレワークの実施

b.時差出勤の実施

c.就業中のマスク着用とオフィス内の仕切り板の設置

d.会議室を利用したワークスペースの拡大

e.不急の出張の禁止

f.会議の縮小、テレビ会議の積極活用

⑤ 臨時休校や臨時休園になった学校や幼稚園等に通う子供を持つ従業員や妊娠中または配偶者が妊娠中の従業員

   に対する特別有給休暇制度の整備

 

 

2 【事業等のリスク】

投資者の投資判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項には、次のようなものがあります。ただし、これらは当社グループに関する全てのリスクを網羅したものではなく、記載された事項以外の予見し難いリスクも存在します。

なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものであります。

当社グループにおいては建設事業を中心とする事業の内容に鑑み、次のようなリスクが存在しております。

 

(1) 国内外情勢や経済動向等の外部経営環境に関わるリスク

① 外部経営環境に関わるリスク

当社グループは、日本、グアム及び東南アジアで建設事業を展開しており、工事需要は、各国の政治動向、経済動向、天災または悪天候、テロや地域紛争、戦争、疫病の発生・蔓延等により大幅に減少する可能性があります。

また、当社グループの取引は、取引ごとの請負代金が大きく、工事の着工から完成引渡しまでの期間が長期に亘るため、工事代金の受領前に取引先の競争環境や事業環境が大幅に変化し、信用不安が生じた場合、当社グループの事業運営に影響を及ぼす可能性があります。

② 競争環境に関わるリスク

当社グループは、国内及び海外において、施工品質及び請負金額に関して激しい競争に直面しております。国内では、既存の建設会社との競争に加え、設備会社やプラント会社との競争、海外では、各国及び日本の海外子会社との競争が激化しております。上述のように、現在の当社グループの競争環境や事業環境が大幅に変化した場合、当社グループの経営に影響を及ぼす可能性があります。

③ PFI事業に関わるリスク

当社グループは、その他の事業としてPFI事業を行っていますが、運営期間が最長2034年までと長期に亘っております。事業運営の間に上述のように、競争環境や事業環境が大幅に変化した場合、当社グループの経営に影響を及ぼす可能性があります。

 

(2) 市況変動に関わるリスク

① 資材調達価格等に関わるリスク

当社グループの建設事業は、各工事業者、資材業者等の協力会社の提供するサービスに一定程度依存しており、協力会社と共に、主要資材価格や労務価格が高騰した場合、当社グループの事業運営に影響を及ぼす可能性があります。

② 為替変動に関わるリスク

当社グループは、日本国外においても事業を展開しており、外貨建により、収益の一部を受領し、費用の一部を支払っております。これら為替変動による収支変動を軽減する目的で、収入で得た外貨は外貨建の支出に充当することを基本としておりますが、当社連結財務諸表において海外工事の外貨建ての財務諸表金額は日本円に換算されるため、当社連結財務諸表は日本円と各通貨間の為替相場変動の影響を受けます。為替相場の変動により、当社グループの事業、財務状況及び業績に影響が及ぶ可能性があります。

③ 資金・金融市場に関わるリスク

当社グループは、建設工事の施工時に多額の立替を必要としており、その資金需要に応じる為に金融機関や市場からの資金調達を行う可能性があります。当社グループの資金調達能力や資金調達コストについては、資金・金融市場の動向や当社グループの信用力の変動等により、資金調達の制約や資金調達コストの上昇を招く可能性があります。

 

(3) 災害に関わるリスク

当社グループの事業地は日本全国及び海外に亘り、かつ屋外が主であり、各地域によりそれぞれの特性があります。そのため、各地域において大規模な震災や台風、火山の噴火等が発生した場合もしくは当該施工現場において火災や水害、テロ攻撃等の災害が発生し、工事の遅延や追加費用が発生した場合、当社グループの経営に重大な影響を及ぼす可能性があります。

 

 

(4) 安全品質環境に関わるリスク

① 安全に関わるリスク

当社グループでは、施工中の安全性の確保のため、日々様々な取組みを実施しておりますが、事故を発生させてしまった場合、当社グループの施工の安全性に対する顧客の信頼及び社会的評価が失墜するだけでなく、死傷した作業員や第三者への補償等に対応しなければならないことから、当社グループの業績に極めて深刻な影響を与える可能性があります。なお、施工事故に伴う各種損害の軽減、並びに被災者への確実な賠償を行う目的で、現在業界水準と同程度の補償額・補償範囲の損害賠償保険に加入しております。

② 品質に関わるリスク

当社グループでは、施工物件の品質性の確保のため、日々様々な取組みを実施しておりますが、施工後の物件に瑕疵が発生した場合、当社グループの施工の品質性に対する顧客の信頼及び社会的評価が失墜するだけでなく、瑕疵担保責任による顧客や第三者への補償等に対応しなければならないことから、当社グループの業績に極めて深刻な影響を与える可能性があります。

 

(5) 法的規制・訴訟に関わるリスク

当社グループの事業は、様々な側面において、国際的な規制並びに政府及び地方自治体レベルの法令及び規則に基づく規制に服しております。これらの規制の変化等により、当社グループの事業がさらに規制され、また、大幅な費用の増加が必要となる可能性があります。

① 法的規制に関わるリスク

当社グループの事業は、建設業法、建築基準法、国土利用計画法、都市計画法、宅地建物取引業法、品質確保法、建設リサイクル法、産業廃棄物法、独占禁止法その他諸外国の類似の法令等の定めに基づき事業を行っておりますが、これらに変更が生じた場合、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。

また、コンプライアンス体制の充実を図っておりますが、これらの法令に違反した場合、行政処分などにより、業績、事業運営に影響を及ぼす可能性があります。

② 訴訟に関わるリスク

当社グループは事業活動に関して各種の訴訟に巻き込まれるおそれがあり、係争中の事案においては、当社グループの主張や予測と相違する結果となった場合には、追加的な支出や引当金の計上により業績に影響を及ぼす可能性があります。

 

(6) IT(情報システム)、顧客情報の取り扱いに関わるリスク

当社グループは、業務の多くを情報システムに依存しております。コンピュータ・プログラムの不具合やコンピュータ・ウィルス等のサイバー攻撃によって情報システムに様々な障害が生じた場合には、重要なデータの喪失に加えて、建設施工に支障が生じる等、当社グループの経営に影響を及ぼす可能性があります。また、情報システムを支える電力、通信回線等のインフラに大規模な障害が発生した場合、当社グループの業務に重大な支障をきたす可能性があります。

また、当社グループが保有する個人情報が取り扱い不備または不正アクセス等により漏洩した場合には、当社グループの事業、またはシステムに対する社会的評価が傷つけられ、顧客及び市場の信頼が低下して、当社グループの事業、財政状態及び業績に影響を及ぼす可能性があります。

 

(7) 人材・労務に関わるリスク

当社グループの事業運営には、各取引の施工、運営に関連して法律上要求される国家資格を始めとする各種の資格や技能を有する人材の確保が必要ですが、当社グループの従業員がその業務に必要なこれらの資格や技能を取得するまでには相応の期間を要することから、当社グループが想定する人員体制を必要な時期に確保できない場合には、当社グループの事業運営が影響を受ける可能性があります。

また、当社グループの従業員は労働組合に所属しておりますが、当社グループの従業員による集団的なストライキ等の労働争議が発生した場合には、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。

 

 

(8) 新型コロナウイルス感染拡大に関するリスクについて

新型コロナウイルス感染拡大による当社グループへの影響につきましては、国内外における経済活動の制約等から以下のリスクが想定されますが、コロナワクチン接種の進展に伴い、そのリスクは徐々に減少してくるものと思われます。しかしながら、今後ワクチン効果の無い新たな変異株の感染拡大があった場合には、そのリスクは増大することが考えられます。

① 新型コロナウイルス感染症の収束が長引くことに伴う経済活動の減速・停滞により建設投資の先送りや中止・抑制など、建設需要が落ち込むことにより、当社グループの事業、財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

② 感染拡大が収まらない場合、更なる経済活動の制約措置が講じられ、建設中の工事物件の施工停止等に伴う完成工事高の減少や工事原価の増加により、完成工事粗利益が減少することにより、当社グループの事業、財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
③ 経済活動の停滞により、協力会社において業績悪化や事業継続に支障が発生した場合、施工労務者不足等、当社における施工能力が低下することにより、当社グループの事業、財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
④ 世界的な経済活動の停滞によるサプライチェーンの混乱により建設資材の調達に支障が出ることにより、調達価格の上昇や工事進捗の遅延等が発生し、工事原価が膨らむことにより当社グループの事業、財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
⑤ 新型コロナウイルスの感染拡大が収束に向かい、経済活動が回復してきたとしても引き続き一定の感染予防対策を講じていく必要があるものと想定され、またコロナ後の新たなニーズへの対応等、工事原価や販管費が今後固定的に増えることにより、当社グループの事業、財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

 

 

3 【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

(1) 経営成績等の状況の概要

当連結会計年度における当社グループの財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下「経営成績等」という。)の状況の概要は次のとおりであります。

① 財政状態及び経営成績の状況

当連結会計年度におけるわが国の経済は、新型コロナウイルスの感染拡大による度重なる緊急事態宣言の発出もあり、年度を通じて経済活動の制約が続き、その影響で一部好調な業種があるものの全般的には厳しい状況が続いてきました。予定されていたオリンピック・パラリンピックや様々なイベントの延期や中止、外出の自粛による個人消費の落ち込みや、インバウンドの消失等、経済活動の低迷が大きく影を落としています。また、世界経済においても新型コロナウイルスの感染拡大の影響は大きく、未だに収束は見えず低調に推移しました。一方早期にコロナ禍から脱却した中国では経済活動の回復が見られ、世界経済のけん引役として期待されるものの、米中貿易摩擦は米国の政権交代後も解決の糸口は見られず、世界経済への悪影響が懸念されます。
 当社グループの主たる事業である建設業界におきましては、公共建設投資は、国土強靭化政策推進の下、自然災害への防災・減災対策や復旧・復興対策、老朽化したインフラ対策等により堅調に推移しました。民間建設投資につきましては、コロナ禍の中、輸出関連企業を中心に製造業の業績の下振れが顕在化し、雇用・所得環境の悪化やインバウンドの消失に伴う宿泊関連をはじめとする設備投資マインドの低下が見られた一方、生活様式の変化に伴い、物流施設等の需要は堅調に推移しました。
  このような状況の中、当社グループは、「中期3ヵ年計画(2018年度~2020年度)」の最終年度に当たり、これまで様々な社会変化に対応すべく、新技術開発による人材不足対策をはじめとした生産性の向上や、大学・異業種等とのオープンイノベーションによる取り組みを拡大し、既存技術の洗練と新領域への挑戦をし、多様に変化する経営環境の中で経営課題をしっかりと捉え、「淺沼組らしさ(独自性)の追求」を推し進めてきました。
 当社グループにおきましては、新型コロナウイルス感染拡大に伴う影響により一部工事案件の発注先送りなどが見られる中、受注競争は厳しさを増してきており、当連結会計年度の受注高は1,206億3千6百万円となり、前連結会計年度比18.6%の減少となりました。
 売上高につきましては、1,389億3千4百万円となり、前連結会計年度比1.8%の減少となりました。
 損益に関しましては、期初計画と比べ完成工事高の増加により完成工事総利益が上回り、売上総利益につきましては、139億4千5百万円(前年同期比4.6%減)となりました。また、営業利益及び経常利益につきましては、それぞれ、営業利益52億9千1百万円(前年同期比19.8%減)、経常利益53億6千4百万円(前年同期比17.6%減)となり、親会社株主に帰属する当期純利益につきましては、41億3千8百万円(前年同期比3.8%減)となりました。

 

セグメントごとの経営成績は、次のとおりであります。

(建  築)

受注高は935億8千5百万円(前年同期比23.8%減)、売上高は1,101億4千5百万円(前年同期比5.5%減)となり、セグメント利益は109億6千7百万円(前年同期比8.5%減)となりました。

(土  木)

受注高は270億5千1百万円(前年同期比6.5%増)、売上高は277億1百万円(前年同期比18.1%増)となり、セグメント利益は26億1千3百万円(前年同期比13.2%増)となりました。

 

また、「その他」の事業につきましては、売上高10億8千7百万円(前年同期比24.3%減)、セグメント利益1億4千3百万円(前年同期比9.4%減)となりました。

 

 

② キャッシュ・フローの状況

(営業活動によるキャッシュ・フロー)

営業活動による資金の減少は129億2百万円(前連結会計年度82億2千8百万円の資金の増加)となりました。これは主に支払期日の変更による仕入債務の減少によるものであります。

 

(投資活動によるキャッシュ・フロー)

投資活動による資金の増加は8億1千5百万円(前連結会計年度3億8千5百万円の資金の減少)となりました。これは主に投資有価証券の売却によるものであります。

 

(財務活動によるキャッシュ・フロー)

財務活動による資金の減少は19億4千8百万円(前連結会計年度15億6千8百万円の資金の減少)となりました。これは主に配当金の支払によるものであります。

 

以上の結果、当連結会計年度における現金及び現金同等物は、140億1千6百万円減少し、当連結会計年度末には157億6千万円(前連結会計年度比47.1%の減少)となりました。

 

③ 生産、受注及び売上の状況

a.受注実績

セグメントの名称

前連結会計年度

(自  2019年4月1日

至  2020年3月31日)

(百万円)

当連結会計年度

(自  2020年4月1日

至  2021年3月31日)

(百万円)

建  築

122,874

93,585

土  木

25,406

27,051

合計

148,280

120,636

 

 (注)  当社グループでは建設事業以外では受注生産を行っておりません。

 

b.売上実績

セグメントの名称

前連結会計年度

(自  2019年4月1日

至  2020年3月31日)

(百万円)

当連結会計年度

(自  2020年4月1日

至  2021年3月31日)

(百万円)

建  築

116,575

110,145

土  木

23,459

27,701

その他

1,437

1,087

合計

141,472

138,934

 

 (注) 1  セグメント間の取引については相殺消去しております。

 2  当社グループでは生産実績を定義することが困難であるため「生産の状況」は記載しておりません。

 3  売上高総額に対する割合が100分の10以上の相手先はありません。

 

 

なお、参考のため提出会社個別の事業の状況は次のとおりであります。

 

建設事業における受注工事高及び完成工事高の状況

a.受注工事高、完成工事高及び次期繰越工事高

期別

区分

前期繰越
工事高
(百万円)

当期受注
工事高
(百万円)


(百万円)

当期完成
工事高
(百万円)

次期繰越
工事高
(百万円)

前事業年度

(自  2019年4月1日

至  2020年3月31日)

建築工事

122,030

120,673

242,703

114,899

127,804

土木工事

32,352

25,053

57,406

23,434

33,972

154,383

145,726

300,110

138,333

161,776

当事業年度

(自  2020年4月1日

至  2021年3月31日)

建築工事

127,804

92,235

220,039

109,180

110,858

土木工事

33,972

26,939

60,912

27,529

33,382

161,776

119,174

280,951

136,709

144,241

 

 (注) 1  前事業年度以前に受注した工事で、契約の変更により請負金額の増減がある場合は、当期受注工事高にそ 
 の増減額を含んでおります。したがって、当期完成工事高にもかかる増減額が含まれております。

 2  次期繰越工事高は(前期繰越工事高+当期受注工事高-当期完成工事高)であります。

 

b.受注工事高の受注方法別比率

工事受注方法は、特命と競争に大別されます。

期別

区分

特命
(%)

競争
(%)


(%)

前事業年度

(自  2019年4月1日

至  2020年3月31日)

建築工事

40.8

59.2

100.0

土木工事

20.0

80.0

100.0

当事業年度

(自  2020年4月1日

至  2021年3月31日)

建築工事

49.9

50.1

100.0

土木工事

32.8

67.2

100.0

 

 (注)  百分比は請負金額比であります。

 

 

c.完成工事高

期別

区分

官公庁
(百万円)

民間
(百万円)


(百万円)

前事業年度

(自  2019年4月1日

至  2020年3月31日)

建築工事

29,593

85,305

114,899

土木工事

16,521

6,912

23,434

46,115

92,218

138,333

当事業年度

(自  2020年4月1日

至  2021年3月31日)

建築工事

26,009

83,171

109,180

土木工事

18,831

8,697

27,529

44,840

91,869

136,709

 

 (注) 1  完成工事高のうち請負金額10億円以上の主なものは、次のとおりであります。

 

前事業年度

シモハナ物流株式会社

(仮称)シモハナ物流(株)岩槻センター新築工事

大和リース株式会社

(仮称)BRANCH博多パピヨンガーデン新築工事

東ソー物流株式会社

東ソー物流株式会社 物流センター新築工事

福岡県嘉麻市

嘉麻市新庁舎建設工事

パナソニックホームズ株式会社

(仮称)パークナード代官山新築工事

ヒューリック株式会社

高畑町裁判所跡地保存管理・活用事業

西日本高速道路株式会社

舞鶴若狭自動車道 石原工事

福島地方環境事務所

平成30年度浪江町特定復興再生拠点区域被災建物等解体

撤去等及び除染等工事(その2)

 

 

当事業年度

大和ハウス港北特定目的会社

(仮称)DPL横浜港北Ⅰ 新築工事

大阪府和泉市

和泉市新庁舎整備事業

ミサワホーム株式会社

トヨタホーム株式会社

(仮称)千代田区飯田橋四丁目計画新築工事

須河車体株式会社

須河車体株式会社 新工場新築工事(建築工事)

日野セールスサポート株式会社

九州日野自動車株式会社 新本社・支店移転建設工事

独立行政法人都市再生機構

(仮称)南青山アパート災害公営住宅建設工事

関東地方整備局

東京外環中央JCT北側ランプ函渠工事

東大阪市上下水道局

令和元年度公共下水道第9工区管きょ築造工事

 

 

      2  前事業年度及び当事業年度ともに完成工事高総額に対する割合が、100分の10以上の相手先はありません。

 

 

d.次期繰越工事高(2021年3月31日現在)

区分

官公庁
(百万円)

民間
(百万円)


(百万円)

建築工事

26,992

83,866

110,858

土木工事

23,333

10,048

33,382

50,326

93,915

144,241

 

 (注)  次期繰越工事のうち請負金額10億円以上の主なものは、次のとおりであります。

 

セキスイハイム東海株式会社

(仮称)タワー・ザ・ファースト名古屋伏見新築工事

2023年3月完成予定

奈良県大和郡山市

大和郡山市新庁舎建設工事

2023年6月完成予定

東京都

警視庁志村警察署庁舎(30)改築工事

2022年9月完成予定

住友不動産株式会社

(仮称)中野六丁目計画新築工事

2022年8月完成予定

北鈴蘭台駅前再開発株式会社

北鈴蘭台駅前地区第一種市街地再開発事業施設建築物新築工事

2022年5月完成予定

大阪市都市整備局

水都国際中学校・高等学校西学舎建設その他工事

2022年11月完成予定

東京都水道局

東村山市萩山町三丁目地内から小平市天神町三丁目

地内間導水管(2000mm)用トンネル築造工事

2022年8月完成予定

名古屋高速道路公社

令和元年度高速1号楠線床版等修繕工事(楠工区)

2022年6月完成予定

 

 

(2) 経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりであります。なお、文中の将来に関する事項は、提出日現在において判断したものであります。

 

① 財政状態及び経営成績の状況に関する認識及び分析・検討内容

(経営成績)

当連結会計年度における建設事業につきましては、年度初めから新型コロナウイルスの感染拡大に伴う最初の緊急事態宣言が発令され、経済活動が制約、混乱した中でスタートし、特に受注活動において大きく制約を受けました。また、当社におきましては、国内の作業所における施工活動は特段停滞することはありませんでしたが、海外の塗装工事を行う連結子会社においては一定期間工事がストップする状況となりました。新型コロナウイルスへの対応が長引く中、ある程度感染予防対策も確立、浸透してきており、年度初めと比較すれば落ち着きを取り戻している感はありますが、変異株のまん延も聞かれ引き続き警戒は必要と考えます。工事の施工環境としましては、建設資材の調達も含め大きな混乱はなく推移いたしました。

そのような中、当社グループの受注高は、中期3ヵ年計画(2018年度~2020年度)の最終年度に当たり、当初計画値でありました1,360億円及び修正後の年度計画値の1,260億8千万円を下回り、1,206億3千6百万円となりました。これは過去に受注した工事の取り消しや工事の発注の先送り等があったことによるものです。

売上高につきましては、1,389億3千4百万円となり、前連結会計年度の受注が多かったことから当年度初めの手持工事高が確保されていたことと、比較的順調に工事が進捗したことで、当初の中期3ヵ年計画値を達成することができました。
 損益に関しましては、営業利益は52億9千1百万円となり、中期3ヵ年計画よりも完成工事総利益率が下回ったことで未達となりましたが、年度計画は売上高が増加したこと等で達成することができました。同様に経常利益及び親会社株主に帰属する当期純利益につきましても、それぞれ、53億6千4百万円、41億3千8百万円となり、中期3ヵ年計画未達となりましたが年度計画は達成することができました。また、自己資本利益率(ROE)は10.3%となり、前連結会計年度と比べて1.0ポイントの減少となり、中期3ヵ年計画の3年目計画値11.4%は未達となりましたが、10%以上との目標は達成できました。

 

 

(セグメントごとの経営成績)

建築部門の経営成績は、受注高が前連結会計年度比23.8%減935億8千5百万円となり、これは前連結会計年度において大型の物流施設の受注がありましたが、当連結会計年度は無かったこと等で、民間の受注が当社において、209億4千5百万円減少したことが主たる要因です。売上高は前連結会計年度比5.5%減1,101億4千5百万円となりましたが、手持工事が順調に進捗し、年度計画は達成しました。セグメント利益は前連結会計年度比8.5%減の109億6千7百万円となり、これは売上高が減少したことに加え、前連結会計年度に利益率の高い大型工事があったことによります。

土木部門の経営成績は、受注高が前連結会計年度比6.5%増270億5千1百万円となり、これは官庁工事が減少したものの、民間の大型受注があったためで、年度計画を達成することができました。売上高につきましては、前連結会計年度比18.1%増277億1百万円となりましたが、これは期初の手持工事高が多かったことと、順調に進捗したことによるもので、年度計画を上回ることができました。セグメント利益は前連結会計年度比13.2%増の26億1千3百万円となり、これは売上高の増加によるものです。

 

(財政状態)

当連結会計年度末における財政状態は、資産合計が921億7千6百万円となり、前連結会計年度比108億6千8百万円の減少となりましたが、これは主に支払期日を変更したことにより現金及び預金が140億1千6百万円減少した一方、未収入金は40億1百万円増加したこと等によるものです。

負債合計は、前連結会計年度比132億6千5百万円減少し、504億6千5百万円となりましたが、これは主に支払期日を変更したことにより、支払手形・工事未払金等が115億6千5百万円減少したことや未成工事受入金が13億5千5百万円減少したこと等によります。

純資産合計は、前連結会計年度比23億9千7百万円増加し、417億1千万円となりました。これは主に当期純利益41億5千5百万円の計上や配当金の支払17億4千万円によるものです。

この結果、連結自己資本比率は45.0%となり、中期3ヵ年計画の最終年度の目標値であります40%台を達成することができました。

 

② キャッシュ・フローの状況の分析・検討内容並びに資本の財源及び資金の流動性に係る情報

当連結会計年度における現金及び現金同等物は、140億1千6百万円減少し、当連結会計年度末では157億6千万円となりました。これは主に支払期日を変更したことにより、仕入債務が115億4千6百万円減少したこと、また未収入金が40億4千万円増加したこと等により営業活動によるキャッシュ・フローが129億2百万円の減少となった一方、政策保有株式の縮減を進めていることで投資有価証券の売却により19億6千4百万円の収入があったこと等で投資活動によるキャッシュ・フローは8億1千5百万円増加し、配当金の支払16億4百万円や借入金の返済により財務活動によるキャッシュ・フローが19億4千8百万円減少したことによるものです。
 当社グループにおける主な資金需要は、建設事業における工事施工に要する工事費、販売費及び一般管理費ならびに技術開発・ICT関連の設備投資や新領域関連の投資資金です。
 運転資金については、金融機関からの借入金及び社債の発行により調達しており、設備投資資金等については、内部留保等の自己資金でまかなっております。
 当社は中期3ヵ年計画において、資金投入計画と共に株主還元計画を打ち出しており、競争力の維持・強化、成長投資と株主還元のバランスを取る方針としております。株主配当につきましては、中期3ヵ年計画において最終年度である当連結会計年度の連結配当性向を50%以上としており、1株当たり257円、連結配当性向50.0%としました。また、次期の配当につきましては、新中期3ヵ年計画(2021年度~2023年度)において連結配当性向50%以上を計画しております。
 

 

③ 重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

当社グループの連結財務諸表は、我が国において一般に公正妥当と認められる会計基準に準拠して作成しておりますが、この連結財務諸表の作成にあたっては、経営者により、一定の会計基準の範囲内で見積りが行われており、資産・負債や収益・費用の金額にその結果が反映されております。

これらの見積りにつきましては、過去の実績等を踏まえながら継続して評価し、必要に応じ見直しを行っておりますが、見積りには不確実性が伴うため、実際の結果はこれらの見積りと異なることがあります。

連結財務諸表の作成に当たって用いた会計上の見積り及び仮定のうち、重要なものは「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項 (重要な会計上の見積り)」に記載しています。なお、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響に関する会計上の見積り及び仮定については、連結財務諸表「注記事項(追加情報)(新型コロナウイルスの感染拡大の影響に関する会計上の見積り)」に記載のとおり前連結会計年度末の有価証券報告書の追加情報に記載した内容から重要な変更はありませんが、国内外経済の減速に伴う設備投資マインドの低下は足元では改善の兆候が見られ、新型コロナウイルスの感染拡大が収束に向かうにつれ、2021年度の後半あたりから回復してくるものと仮定して翌連結会計年度の受注計画を立てております。当連結会計年度末における繰延税金資産の回収可能性の判断にあたりましても、上記新規工事受注高における一定程度の影響が残るものとの仮定を用いて見積もっております。

 

 

4 【経営上の重要な契約等】

特記事項はありません。

 

 

5 【研究開発活動】

当社グループは、創業理念である「和の精神」「誠意・熱意・創意」の下、「仕事が仕事を生む」の企業精神に則り、事業活動を通じ誠実なモノづくりに専心し、社会の安全・安心・快適の増進に寄与することを基本理念として、変化する社会やお客様のニーズに対応できる技術開発を、技術研究所を拠点に推進しております。

研究開発活動としては、免震及び制震技術などの高品質・高性能な構造物を実現する技術、ストック活用のためのリニューアル技術、ICTやIoTを活用した施工改善・生産性向上に資する技術の研究開発と商品化に注力しております。

当連結会計年度における研究開発費の総額は488百万円であります。

当連結会計年度の主要な研究開発活動は以下のとおりであります。なお、子会社においては、研究開発活動は特段行われておりません。

(建築及び土木)
[高品質・高性能な構造物の実現技術]
(1) 技能伝承システムの開発と運用

次世代建設生産性向上の対策として「Ai-MAP SYSTEM(アイマップシステム)」の開発に取り組んでおります。このシステムは、画像解析やセンシング等の新技術によるデータを熟練者の保有する経験値と融合させ、次世代の建設生産における課題解決と技能の継続的な育成を具現化させる技術であります。当該システムを構成する要素技術は、国土交通省の進める「建設現場の生産性を向上する革新的技術の導入・活用に関するプロジェクト」の試行対象技術として採択され、土木作業所における試行で高評価を得ることができました。翌連結会計年度には本システムを建築作業所にも適用し、当社の生産性向上と品質の高度化につなげる取組みを行う予定であります。

 

(2) 免震及び制震技術の高度化

建築物の免震及び制震技術について、設計技術の高度化と当該技術による合理化を目指した研究開発を行っております。当連結会計年度では、地震時における建物の揺れの大きさをリアルタイムに提供するモニタリングサービスのさらなる高度化のため、IoTスマートセンサーの性能検証実験を実施いたしました。翌連結会計年度では、センサーの特性を活用した評価手法の改良を行い、新たなサービスの展開を目指しております。

 

(3) 鉄筋コンクリート造壁のひび割れ誘発目地工法「CCB-NAC工法」の展開

当社では、鉄筋コンクリート造壁に不可避な乾燥収縮によるひび割れを、壁に設けた目地内で確実に誘発させ、高品質な壁を築造する「CCB工法」、この技術を発展させた「CCB-NAC工法」を開発してきました。当連結会計年度では16物件に採用されました。そのうち工場のリニューアル改修において、本工法をコンクリート床にも適用いたしました。翌連結会計年度には本工法を進化させた「PRS目地充填工法」について、一般財団法人日本建築総合試験所の建設材料技術性能証明の取得を目指しております。

 

(4) 環境配慮型コンクリートの開発

環境配慮型コンクリートは、CO2排出量を最大60%まで削減可能な脱炭素型のコンクリートで、2021年3月に「建設材料技術性能証明」を取得いたしました。高炉スラグ微粉末やフライアッシュなどの産業副産物をセメントの一部と置換することにより、高いレベルでのCO2排出抑制を実現します。当社名古屋支店の大規模改修工事において、初めて適用いたしました。今後、脱炭素に向けた取組みとして、設計施工物件などへ環境配慮型コンクリートの適用を推進いたします。

 

 

[ストック活用のためのリニューアル技術]
(5) 補強組積ブロック増設耐震壁による耐震補強工法の適用範囲拡大の開発

補強組積ブロック(RMユニット)を用いた増設耐震壁による耐震補強工法は、在来工法に比べ工期が短く、狭小な場所での施工が容易で、作業騒音が少ないなどの長所があり、これまで着実に施工実績を重ねております。当連結会計年度では、本工法の適用範囲の拡大を目指し、一般財団法人日本建築総合試験所の建築技術性能証明改定のための審査を受けております。翌連結会計年度には、同建築技術性能証明を取得し、さらなる営業展開を図ります。

 

(6) 当社リニューアル物件におけるWELL認証の取得

WELL認証は、空間のデザインや運用に人間の健康の視点から、より良い居住環境の創造を目指し、アメリカの公益法人IWBI(International WELL Building Institute)が制定し、2014年から運用を開始した評価システムであります。施工中の当社名古屋支店の改修において設計段階からWELL認証を取得すべく取組み、当連結会計年度の2021年2月に予備認証を取得いたしました。築30年を経過したオフィス全体の改修でのWELL認証の予備認証取得はわが国では初となります。今後は本認証の取得に向け取り組んでまいります。

 

[施工改善・生産性向上に資する技術]
(7) 鉄骨造建物を対象とした合理化技術の開発

建築現場の人手不足にともない建築着工の比率が増加している鉄骨造を対象に、合理化技術の開発を強化しております。当連結会計年度では、物流倉庫などを対象とした鉄骨造小梁仕口部について大学との共同研究をすすめ、数値シミュレーションと実証実験により、小梁たわみ抑制の合理的設計手法を確立いたしました。翌連結会計年度では、実物件への適用を目指すとともに、新たな合理化技術の開発に着手いたします。

 

 (8) ICTを用いた品質・生産性向上のための開発

当社での設計・施工におけるBIM(ビルディング インフォメーション モデリング)活用はBIM推進室を中心に、全店的に進めております。技術研究所ではVR(バーチャルリアリティー)を駆使し、コンピュータ上の仮想空間を利用した技術教育システムの構築およびAI(人工知能)を利用した品質管理システム(配筋自主検査システム)の開発などを進めております。当連結会計年度では3次元モデルを活用した技術教育システムの実効性検討を行い、若手技術者の研修等で利用いたしました。翌連結会計年度では、配筋自主検査システムの開発をさらに進める予定であります。

 

また、「その他」の事業においては、研究開発活動は特段行われておりません。

 

第3 【設備の状況】

 

「第3  設備の状況」における各事項の記載については、消費税等抜きの金額で表示しております。

 

1 【設備投資等の概要】

当連結会計年度の設備投資については、社内システムの機能拡張等の情報関連設備(ソフトウェア含む)及び名古屋支店の改修等に投資を行い、その総額は1,021百万円でありました。

なお、施工能力に重大な影響を及ぼすような固定資産の売却、除却等はありません。

2 【主要な設備の状況】

(1) 提出会社

2021年3月31日現在

事業所名
(所在地)

帳簿価額(百万円)

従業員数
(人)

建物・
構築物

機械・運搬具
・工具器具
・備品

土地

リース資産

合計

面積(㎡)

金額

本社
(大阪市浪速区)

780

325

1,375

172

-

1,278

100

大阪本店
(大阪市浪速区)

192

23

7,042

297

-

513

358

東京本店
(東京都港区)

948

40

24,152

705

0

1,695

478

名古屋支店
(名古屋市中村区)

212

8

2,389

177

-

398

119

北海道支店
(札幌市豊平区)

-

2

-

-

-

2

27

東北支店
(仙台市青葉区)

106

4

485

78

-

189

54

さいたま支店
(さいたま市南区)

0

-

-

-

-

0

2

横浜支店
(横浜市中区)

0

0

-

-

-

0

1

神戸支店
(神戸市中央区)

0

0

-

-

-

0

2

広島支店
(広島市南区)

135

3

332

174

-

313

59

九州支店
(福岡市博多区)

132

4

494

3

-

140

73

 

(注) 1  帳簿価額に建設仮勘定は含まれておりません。

2  大半の設備は共通的に使用されているので、セグメントごとに分類せず、主要な事業所ごとに一括して記載しております。

3  建物の一部を連結会社以外から賃借しております。賃借料は994百万円であります。

4  土地、建物には下記の施設が含まれております。

  ○機材グループ等

    機材グループ・倉庫・資材置場においては、建設工事施工の補助部門として工事用機械工具等の整備、加工及び維持管理、保管を行っております。

施設

帳簿価額(百万円)

備考

建物

土地

面積(㎡)

金額

機材グループ・倉庫・資材置場

23

18,055

145

東京本店

機材グループ

 

 

 

  ○技術研究所

    主な保有施設・機器は次のとおりであります。

建物

区分

施設及び機器の概要

・研究棟、実験棟PRC構造

  地下1階地上3

  階延床面積

  1,972㎡

・ANNEX棟

  鉄骨造

  地上2階延床面積 1,441㎡

研究室・管理室

研究室、企画管理室、資料室、会議室、打合せ室、リフレッシュルーム、ライブラリー、展示室、設備機械室、サウンドマスキングシステム、監視カメラシステム

構造実験室

大型反力壁・載荷床版、天井走行クレーン、3軸同時永久磁石振動台システム、動ひずみ測定器、大型構造物試験機、構造物疲労試験機、デジタル式地震観測装置、可搬型振動計測システム、地震・免震体験ユニットシステム、3D計測システム、ハンドヘルドデータロガー、高画素カメラ

コンクリート
試験室

1000kN万能試験機、凍結融解試験機、動弾性係数測定器、中性化促進試験機(2台)、長さ変化測定器、強制2軸ミキサー、フリーザーインキュベーター、恒温恒湿実験室、オムニミキサー、透気試験装置、パッケージ型恒温恒湿室、塩水浸漬乾燥試験機、含水率測定器、データロガー、超音波テスター

材料試験室

20kN万能材料試験機、プロフォメーター、簡易型引張試験機、位相差顕微鏡、ポータブル日射計、放射線線量計、ストラクチャスキャン(2台)、鉄筋腐食度測定器、大型試料乾燥器、200kN油圧式疲労試験機、木材水分計、精密騒音計、軽量床衝撃音発生器、重量床衝撃音発生器、音響インテンシティ測定システム、色彩色差計、空気質計測装置

分析試験室

粉末X線回折装置、ポロシメータ、元素分析装置付き卓上電子顕微鏡、気泡組織計測装置、自動乳鉢

ANNEX棟

多目的実験スペース、天井走行クレーン、構造ヘルスモニタリングシステム、制震ダンパー、太陽光発電システム、自然光照明、移動式書庫、監視カメラシステム

 

 

5  土地建物のうち賃貸中の主なもの

事業所名

土地(㎡)

建物(㎡)

事業所名

土地(㎡)

建物(㎡)

大阪本店

2,549

3,066

名古屋支店

1,812

58

東京本店

5,079

4,901

 

 

 

 

 

6  上記の他、リース契約による賃借設備のうち主なもの

    該当事項はありません。

 

(2) 国内子会社

主要な設備はありません。

 

(3) 在外子会社

2021年3月31日現在

事業所名
(所在地)

セグメントの名称

帳簿価額(百万円)

従業員数
(人)

建物・
構築物

機械・運搬具
・工具器具
・備品

土地

リース資産

合計

面積(㎡)

金額

SINGAPORE PAINTS &

CONTRACTOR PTE. LTD.
(シンガポール)

建築、土木

0

25

-

-

54

80

166

 

 

 

 

3 【設備の新設、除却等の計画】

(建築及び土木)

 (1) 重要な設備の新設等

会社名

事業所
(所在地)

セグメント
の名称

設備の内容

投資予定金額

資金調達
方法

着手年月

完成予定
年月

完成後の
増加能力

総額
(百万円)

既支払額
(百万円)

提出会社

本社

(大阪市浪速区)

建築・土木

ICT関連システム

(BIM・CIM等)

367

-

自己資金

2021年

4月

2024年

3月

-

提出会社

名古屋支店

(名古屋市中村区)

建築

名古屋支店改修

1,040

405

自己資金

2020年

8月

2021年

7月

-

 

(注) 1 完成後の増加能力については、合理的な算定が困難であるため記載しておりません。

2 上記金額には消費税等は含まれておりません。

 

 (2) 重要な設備の除却等

 重要な設備の除却等の計画はありません。

 

(その他)

重要な設備の新設及び除却等の計画はありません。

 

第4 【提出会社の状況】

 

1 【株式等の状況】

(1) 【株式の総数等】

① 【株式の総数】

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

29,356,500

29,356,500

 

 

② 【発行済株式】

種類

事業年度末現在
発行数(株)
(2021年3月31日)

提出日現在
発行数(株)
(2021年6月28日)

上場金融商品取引所
名又は登録認可金融
商品取引業協会名

内容

普通株式

8,078,629

8,078,629

東京証券取引所
(市場第一部)

単元株式数は100株であります。

8,078,629

8,078,629

 

 

(2) 【新株予約権等の状況】

① 【ストックオプション制度の内容】

該当事項はありません。

 

② 【ライツプランの内容】

該当事項はありません。

 

③ 【その他の新株予約権等の状況】

該当事項はありません。

 

(3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

該当事項はありません。

 

 

(4) 【発行済株式総数、資本金等の推移】

年月日

発行済株式
総数増減数
(株)

発行済株式
総数残高
(株)

資本金増減額
 
(百万円)

資本金残高
 
(百万円)

資本準備金
増減額
(百万円)

資本準備金
残高
(百万円)

2017年3月15日

(注)1

6,700,000

84,086,293

1,040

9,459

1,040

2,010

2017年3月29日

(注)2

1,000,000

85,086,293

155

9,614

155

2,165

2018年10月1日

     (注)3

△76,577,664

8,508,629

9,614

2,165

2019年5月31日

     (注)4

△430,000

8,078,629

9,614

2,165

 

(注) 1  有償一般募集
発行価格      324円
発行価額    310.56円
資本組入額   155.28円

2  有償第三者割当(オーバーアロットメントによる売出しに関連した第三者割当増資)
発行価格    310.56円
資本組入額   155.28円
割当先    大和証券㈱

3  2018年6月27日開催の第83期定時株主総会の決議に基づき、2018年10月1日付で当社普通株式10株につき1株の割合で株式併合を実施したため、発行済株式総数が76,577,664株減少し、8,508,629株となっております。

4  2019年5月10日開催の取締役会の決議に基づき、2019年5月31日付で自己株式の消却を実施したため、発行済株式総数は430,000株減少し、8,078,629株となっております。

 

(5) 【所有者別状況】

2021年3月31日現在

区分

株式の状況(1単元の株式数100株)

単元未満
株式の状況
(株)

政府及び
地方公共
団体

金融機関

金融商品
取引業者

その他の
法人

外国法人等

個人
その他

個人以外

個人

株主数
(人)

31

23

171

78

11

5,204

5,518

所有株式数
(単元)

23,643

2,280

9,736

13,027

19

31,708

80,413

37,329

所有株式数
の割合(%)

29.40

2.84

12.11

16.20

0.02

39.43

100

 

(注) 1  単元未満株式のみを有する株主数は1,599人であります。

2  自己株式21,893株は、「個人その他」に218単元及び「単元未満株式の状況」に93株を含めて記載しております。

 

 

(6) 【大株主の状況】

2021年3月31日現在

氏名又は名称

住所

所有株式数
(千株)

発行済株式(自己株式を
除く。)の総数に対する
所有株式数の割合(%)

日本マスタートラスト信託銀行
株式会社(信託口)

東京都港区浜松町二丁目11番3号

521

6.47

INTERTRUST TRUSTEES (CAYMAN) LIMITED SOLELY IN ITS CAPACITY AS TRUSTEE OF JAPAN-UP
(常任代理人 株式会社みずほ銀行)

190 ELGIN AVENUE, GEORGETOWN, GRAND CAYMAN KY1-9005, CAYMAN ISLANDS
(東京都港区港南二丁目15番1号
品川インターシティA棟)

476

5.90

淺沼組弥生会持株会

大阪市浪速区湊町一丁目2番3号
マルイト難波ビル

381

4.73

株式会社三井住友銀行

東京都千代田区丸の内一丁目1番2号

377

4.69

平和株式会社

神戸市灘区新在家北町一丁目1番30号

303

3.76

INTERTRUST TRUSTEES (CAYMAN) LIMITED AS TRUSTEE OF JAPAN-UP UNIT TRUST
(常任代理人 立花証券株式会社)

190 ELGIN AVENUE, GEORGETOWN, GRAND CAYMAN KY1-9005, CAYMAN ISLANDS
(東京都中央区日本橋茅場町一丁目13番14号)

300

3.72

あいおいニッセイ同和損害保険
株式会社

東京都渋谷区恵比寿一丁目28番1号

254

3.16

株式会社日本カストディ銀行
(信託口)

東京都中央区晴海一丁目8番12号

248

3.09

住友不動産株式会社

東京都新宿区西新宿二丁目4番1号

183

2.27

浅沼 誠

奈良市

137

1.71

3,183

39.51

 

(注) 2020年4月8日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書(変更報告書)において、株式会社ストラテジックキャピタルが2020年4月3日現在で以下の株式を所有している旨が記載されているものの、当社として2021年3月31日現在における実質所有株式数の確認ができませんので、上記大株主の状況には含めておりません。なお、その大量保有報告書の内容は次のとおりであります。

氏名又は名称

住所

所有株式数
(千株)

株券等保有割合
(%)

株式会社ストラテジック
キャピタル

東京都渋谷区東三丁目14番15号
MOビル6F

816

10.10

 

 

(7) 【議決権の状況】

① 【発行済株式】

2021年3月31日現在

区分

株式数(株)

議決権の数(個)

内容

無議決権株式

議決権制限株式(自己株式等)

議決権制限株式(その他)

完全議決権株式(自己株式等)

(自己保有株式)

普通株式

21,800

完全議決権株式(その他)

普通株式

8,019,500

80,195

単元未満株式

普通株式

37,329

1単元(100株)未満の株式

発行済株式総数

8,078,629

総株主の議決権

80,195

 

(注)  「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式93株が含まれております。

 

② 【自己株式等】

2021年3月31日現在

所有者の氏名
又は名称

所有者の住所

自己名義
所有株式数
(株)

他人名義
所有株式数
(株)

所有株式数
の合計
(株)

発行済株式総数
に対する所有
株式数の割合(%)

(自己保有株式)

株式会社淺沼組

大阪市浪速区湊町
一丁目2番3号
マルイト難波ビル

21,800

21,800

0.27

21,800

21,800

0.27

 

 

 

2 【自己株式の取得等の状況】

 

【株式の種類等】

会社法第155条第7号による普通株式の取得

 

 

(1) 【株主総会決議による取得の状況】

該当事項はありません。

 

(2) 【取締役会決議による取得の状況】

該当事項はありません。

 

(3) 【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

区分

株式数(株)

価額の総額(円)

当事業年度における取得自己株式

1,572

6,522,280

当期間における取得自己株式

95

427,045

 

(注)  当期間における取得自己株式には、2021年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取による株式数は含めておりません。

 

(4) 【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

区分

当事業年度

当期間

株式数(株)

処分価額の総額
(円)

株式数(株)

処分価額の総額
(円)

引き受ける者の募集を行った
取得自己株式

消却の処分を行った取得自己株式

合併、株式交換、株式交付、会社分割に係る移転を行った取得自己株式

その他(単元未満株式の買増請求)

保有自己株式数

21,893

21,988

 

(注)  保有自己株式数には、2021年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取及び買増請求による株式数は含めておりません。

 

3 【配当政策】

利益配分については、株主への利益還元を最重要施策として考え、それを実現するため、将来の事業展開に必要な新技術の開発等をしつつ、会社の競争力の維持強化に努め、業績に裏付けられた成果配分を行うことを基本方針としています。また、剰余金の配当は期末配当の1回としており、この決定機関は株主総会であります。
 また、中期3ヵ年計画(2018年度~2020年度)の最終年度である2020年度における株主還元計画では、連結配当性向を50%以上としており、新中期3ヵ年計画(2021年度~2023年度)の株主還元計画においては、連結配当性向を3ヵ年とも50%以上を目指すこととしています。
 当事業年度の株主配当につきましては、1株当たり257円(連結配当性向50.0%)を行うことといたしました。
 当事業年度の剰余金の配当は次のとおりであります。

決議年月日

配当金の総額(百万円)

1株当たりの配当額(円)

2021年6月25日

定時株主総会決議

2,070

257.0

 

 

 

4 【コーポレート・ガバナンスの状況等】

(1) 【コーポレート・ガバナンスの概要】

① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

当社は、当社の持続的な成長及び長期的な企業価値の向上を図る観点から、意思決定の透明性・公正性を確保するとともに、保有する経営資源を十分有効に活用し、迅速・果断な意思決定により企業の活力を増大させることがコーポレートガバナンスの要諦であると考え、次の基本的な考え方に沿って、コーポレートガバナンスの充実に取り組むことを基本方針としております。

a.株主の権利を尊重し、平等性を確保する。

b.株主を含むステークホルダーの利益を考慮し、それらステークホルダーと適切に協働する。

c.会社情報を適切に開示し、透明性を確保する。

d.透明性・公平性かつ迅速・果断な意思決定を行うために取締役会の役割、責任の適切な遂行に努める。

e.株主との間で建設的な対話を行う。

 

② 企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由
  当社は、経営管理組織の充実を経営の最重要項目の一つと認識し、経営上の最高意思決定機関としての取締役会並びに監査機関としての監査役会を中心に、経営上の重要事項の迅速かつ的確な判断と厳格な経営監視体制の確立、経営の透明性・公平性の確保等に努めております。
  また、将来を見据えた経営戦略や具体的な業務執行の決定が、機動的かつ的確に行える体制の確立と、市場環境の変化に対応すべく、経営上の意思決定と業務執行の明確化を目指して、当社定款において取締役数を20名以内と定めているところ、取締役9名からなる取締役会と執行役員制度を採用しております。
 取締役、監査役及び執行役員の指名にあたっては、取締役会の諮問機関である指名・報酬委員会の審議結果を踏まえ、取締役会において決定しております。当委員会は、浅沼誠社長、山腰守夫社長室長及び社外取締役3名(福田昌史、船本美和子、森川卓也)で構成しており、筆頭社外取締役を委員長としております。
 なお、当社は、会社法第427条第1項に基づき、社外取締役及び社外監査役との間において、会社法第423条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任限度額は、法令が定める額としております。当該責任限定が認められるのは、当該取締役が、責任の原因となった職務の遂行について善意でかつ重大な過失がないときに限られます。
  当社の取締役会は9名で構成されており、迅速かつ的確な意思決定を行うことができる適正な規模と考えております。取締役会は、原則月1回もしくは必要に応じ随時開催し、法令及び定款に定められた事項並びに経営上の重要事項に関する決議を行っております。
  また、当社は監査役制度を採用しており、監査役(社外監査役を含む)の取締役会への出席をはじめ、監査役の監査の実施、並びに監査法人(EY新日本有限責任監査法人)による会計監査と内部統制システムへの監査を受けており、経営の健全性の維持・向上に努めております。
  これらのことから、実効性のある経営監視機能は確保されていると考えており、現在の体制を採用しております。
  なお、取締役会及び監査役会の構成員は、(2) 役員の状況 ① 役員一覧に記載しております。

 

当社のコーポレート・ガバナンス体制

(2021年6月28日現在)


 

③ 企業統治に関するその他の事項

a.内部統制システムの整備の状況
  当社の業務執行に関しては、「経営会議」を組織し、経営に関する重要事項の原案を作成し、取締役会に提案を行っております。一方、取締役会において決定された経営に関する重要事項について「社長室」で監理・監督を行い、さらに、「建築事業本部」、「土木事業本部」及び「安全品質環境本部」において、受注・技術・品質・安全・環境等業務全般の指導、監督を行っております。

 

b.コンプライアンス体制の整備の状況
  当社のコンプライアンス体制に関しては、役職員が遵守すべき「淺沼組企業行動規範」、「コンプライアンス宣言」に基づき、法令遵守はもとより誠実な事業活動の徹底に努めてお