EDINET閲覧(提出)サイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)をもとに上場企業サーチ作成

本ページはEDINETに提出された開示情報を上場企業サーチが加工/編集したものであり、記載された情報の正確性および完全性について上場企業サーチは一切の保証を行いません。本ページの情報を利用する際は自己の責任で判断頂き、意思決定に際しては適宜EDINETや提出会社が公開するオリジナルを参照する様にしてください。本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

 

【表紙】

 

【提出書類】

有価証券報告書

【根拠条文】

金融商品取引法第24条第1項

【提出先】

福岡財務支局長

【提出日】

2021年12月21日

【事業年度】

第84期(自 2020年10月1日 至 2021年9月30日)

【会社名】

日本乾溜工業株式会社

【英訳名】

NIPPON KANRYU INDUSTRY CO.,LTD.

【代表者の役職氏名】

代表取締役社長         伊 東 幸 夫

【本店の所在の場所】

福岡市東区馬出一丁目11番11号

【電話番号】

092-632-1050(代表)

【事務連絡者氏名】

専務取締役経営管理本部長    大 谷 友 昭

【最寄りの連絡場所】

福岡市東区馬出一丁目11番11号

【電話番号】

092-632-1050(代表)

【事務連絡者氏名】

専務取締役経営管理本部長  大 谷 友 昭

【縦覧に供する場所】

証券会員制法人福岡証券取引所

(福岡市中央区天神二丁目14番2号)

 

E00276 17710 日本乾溜工業株式会社 NIPPON KANRYU INDUSTRY CO.,LTD. 企業内容等の開示に関する内閣府令 第三号様式 Japan GAAP true cns cns 2020-10-01 2021-09-30 FY 2021-09-30 2019-10-01 2020-09-30 2020-09-30 1 false false false E00276-000 2021-12-21 E00276-000 2016-10-01 2017-09-30 E00276-000 2017-10-01 2018-09-30 E00276-000 2018-10-01 2019-09-30 E00276-000 2019-10-01 2020-09-30 E00276-000 2020-10-01 2021-09-30 E00276-000 2017-09-30 E00276-000 2018-09-30 E00276-000 2019-09-30 E00276-000 2020-09-30 E00276-000 2021-09-30 E00276-000 2016-10-01 2017-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00276-000 2017-10-01 2018-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00276-000 2018-10-01 2019-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00276-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00276-000 2020-10-01 2021-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00276-000 2017-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00276-000 2018-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00276-000 2019-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00276-000 2020-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00276-000 2021-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00276-000 2021-09-30 jpcrp030000-asr_E00276-000:ConstructionBusinessReportableSegmentsMember E00276-000 2021-09-30 jpcrp030000-asr_E00276-000:DisasterPreventionSecurityReportableSegmentsMember E00276-000 2021-09-30 jpcrp030000-asr_E00276-000:ChemicalProductsReportableSegmentsMember E00276-000 2021-09-30 jpcrp_cor:CorporateSharedMember E00276-000 2021-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E00276-000:ConstructionBusinessReportableSegmentsMember E00276-000 2021-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E00276-000:DisasterPreventionSecurityReportableSegmentsMember E00276-000 2021-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E00276-000:ChemicalProductsReportableSegmentsMember E00276-000 2021-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp_cor:CorporateSharedMember E00276-000 2020-10-01 2021-09-30 jpcrp030000-asr_E00276-000:ConstructionBusinessReportableSegmentsMember E00276-000 2020-10-01 2021-09-30 jpcrp030000-asr_E00276-000:ChemicalProductsReportableSegmentsMember E00276-000 2020-10-01 2021-09-30 jpcrp_cor:CorporateSharedMember E00276-000 2021-12-21 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E00276-000 2021-12-21 jpcrp030000-asr_E00276-000:Series1PreferredStockMember E00276-000 2021-09-30 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E00276-000 2021-09-30 jpcrp030000-asr_E00276-000:Series1PreferredStockMember E00276-000 2021-09-30 jpcrp_cor:No1MajorShareholdersMember E00276-000 2021-09-30 jpcrp_cor:No2MajorShareholdersMember E00276-000 2021-09-30 jpcrp_cor:No3MajorShareholdersMember E00276-000 2021-09-30 jpcrp_cor:No4MajorShareholdersMember E00276-000 2021-09-30 jpcrp_cor:No5MajorShareholdersMember E00276-000 2021-09-30 jpcrp_cor:No6MajorShareholdersMember E00276-000 2021-09-30 jpcrp_cor:No7MajorShareholdersMember E00276-000 2021-09-30 jpcrp_cor:No8MajorShareholdersMember E00276-000 2021-09-30 jpcrp_cor:No9MajorShareholdersMember E00276-000 2021-09-30 jpcrp_cor:No10MajorShareholdersMember E00276-000 2021-09-30 jpcrp_cor:No11MajorShareholdersMember E00276-000 2021-09-30 jpcrp_cor:No1MajorShareholdersVotingRightsMember E00276-000 2021-09-30 jpcrp_cor:No2MajorShareholdersVotingRightsMember E00276-000 2021-09-30 jpcrp_cor:No3MajorShareholdersVotingRightsMember E00276-000 2021-09-30 jpcrp_cor:No4MajorShareholdersVotingRightsMember E00276-000 2021-09-30 jpcrp_cor:No5MajorShareholdersVotingRightsMember E00276-000 2021-09-30 jpcrp_cor:No6MajorShareholdersVotingRightsMember E00276-000 2021-09-30 jpcrp_cor:No7MajorShareholdersVotingRightsMember E00276-000 2021-09-30 jpcrp_cor:No8MajorShareholdersVotingRightsMember E00276-000 2021-09-30 jpcrp_cor:No9MajorShareholdersVotingRightsMember E00276-000 2021-09-30 jpcrp_cor:No10MajorShareholdersVotingRightsMember E00276-000 2021-09-30 jpcrp030000-asr_E00276-000:Series1PreferredStockSharesWithNoVotingRightsMember E00276-000 2021-09-30 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsTreasurySharesEtcMember E00276-000 2021-09-30 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsOtherMember E00276-000 2021-09-30 jpcrp_cor:OrdinarySharesTreasurySharesSharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E00276-000 2021-09-30 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsOtherMember E00276-000 2021-09-30 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesLessThanOneUnitMember E00276-000 2021-09-30 jpcrp_cor:Row1Member E00276-000 2021-12-21 jpcrp_cor:Row1Member E00276-000 2021-12-21 jpcrp030000-asr_E00276-000:ItoYukioMember E00276-000 2021-12-21 jpcrp030000-asr_E00276-000:OtaniTomoakiMember E00276-000 2021-12-21 jpcrp030000-asr_E00276-000:ImadaNobuyaMember E00276-000 2021-12-21 jpcrp030000-asr_E00276-000:TabukiKazushigeMember E00276-000 2021-12-21 jpcrp030000-asr_E00276-000:ArakiTsuyoshiMember E00276-000 2021-12-21 jpcrp030000-asr_E00276-000:HaruyamaKusuoMember E00276-000 2021-12-21 jpcrp030000-asr_E00276-000:AndoDaisukeMember E00276-000 2021-12-21 jpcrp030000-asr_E00276-000:OtsukaMichioMember E00276-000 2021-12-21 jpcrp030000-asr_E00276-000:KumagaeYoshiakiMember E00276-000 2021-12-21 jpcrp030000-asr_E00276-000:KodamaKuniyasuMember E00276-000 2021-12-21 jpcrp_cor:Row2Member E00276-000 2021-12-21 jpcrp_cor:Row3Member E00276-000 2021-12-21 jpcrp_cor:Row4Member E00276-000 2021-12-21 jpcrp_cor:Row5Member E00276-000 2020-10-01 2021-09-30 jpcrp_cor:DirectorsExcludingOutsideDirectorsMember E00276-000 2020-10-01 2021-09-30 jpcrp_cor:CorporateAuditorsExcludingOutsideCorporateAuditorsMember E00276-000 2020-10-01 2021-09-30 jpcrp_cor:OutsideDirectorsAndOtherOfficersMember E00276-000 2020-09-30 jpcrp_cor:Row1Member E00276-000 2021-09-30 jpcrp_cor:Row2Member E00276-000 2020-09-30 jpcrp_cor:Row2Member E00276-000 2021-09-30 jpcrp_cor:Row3Member E00276-000 2020-09-30 jpcrp_cor:Row3Member E00276-000 2021-09-30 jpcrp_cor:Row4Member E00276-000 2020-09-30 jpcrp_cor:Row4Member E00276-000 2021-09-30 jpcrp_cor:Row5Member E00276-000 2020-09-30 jpcrp_cor:Row5Member E00276-000 2021-09-30 jpcrp_cor:Row6Member E00276-000 2020-09-30 jpcrp_cor:Row6Member E00276-000 2021-09-30 jpcrp_cor:Row7Member E00276-000 2020-09-30 jpcrp_cor:Row7Member E00276-000 2021-09-30 jpcrp_cor:Row8Member E00276-000 2020-09-30 jpcrp_cor:Row8Member E00276-000 2021-09-30 jpcrp_cor:Row9Member E00276-000 2020-09-30 jpcrp_cor:Row9Member E00276-000 2021-09-30 jpcrp_cor:Row10Member E00276-000 2020-09-30 jpcrp_cor:Row10Member E00276-000 2021-09-30 jpcrp_cor:Row11Member E00276-000 2020-09-30 jpcrp_cor:Row11Member E00276-000 2021-09-30 jpcrp_cor:Row12Member E00276-000 2020-09-30 jpcrp_cor:Row12Member E00276-000 2021-09-30 jpcrp_cor:Row13Member E00276-000 2020-09-30 jpcrp_cor:Row13Member E00276-000 2021-09-30 jpcrp_cor:Row14Member E00276-000 2020-09-30 jpcrp_cor:Row14Member E00276-000 2021-09-30 jpcrp_cor:Row15Member E00276-000 2020-09-30 jpcrp_cor:Row15Member E00276-000 2021-09-30 jpcrp_cor:Row16Member E00276-000 2020-09-30 jpcrp_cor:Row16Member E00276-000 2021-09-30 jpcrp_cor:Row17Member E00276-000 2020-09-30 jpcrp_cor:Row17Member E00276-000 2021-09-30 jpcrp_cor:Row18Member E00276-000 2020-09-30 jpcrp_cor:Row18Member E00276-000 2021-09-30 jpcrp_cor:Row19Member E00276-000 2020-09-30 jpcrp_cor:Row19Member E00276-000 2021-09-30 jpcrp_cor:Row20Member E00276-000 2020-09-30 jpcrp_cor:Row20Member E00276-000 2020-09-30 jppfs_cor:CapitalStockMember E00276-000 2019-09-30 jppfs_cor:CapitalStockMember E00276-000 2019-09-30 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E00276-000 2020-09-30 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E00276-000 2020-09-30 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember E00276-000 2019-09-30 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember E00276-000 2019-09-30 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00276-000 2020-09-30 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00276-000 2020-09-30 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E00276-000 2019-09-30 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E00276-000 2019-09-30 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00276-000 2020-09-30 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00276-000 2019-09-30 jppfs_cor:TreasuryStockMember E00276-000 2020-09-30 jppfs_cor:TreasuryStockMember E00276-000 2020-09-30 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00276-000 2019-09-30 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00276-000 2020-09-30 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00276-000 2019-09-30 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00276-000 2020-09-30 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E00276-000 2019-09-30 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E00276-000 2019-09-30 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00276-000 2020-09-30 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00276-000 2020-10-01 2021-09-30 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E00276-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E00276-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00276-000 2020-10-01 2021-09-30 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00276-000 2020-10-01 2021-09-30 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00276-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00276-000 2020-10-01 2021-09-30 jppfs_cor:TreasuryStockMember E00276-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00276-000 2020-10-01 2021-09-30 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00276-000 2020-10-01 2021-09-30 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E00276-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E00276-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00276-000 2020-10-01 2021-09-30 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00276-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:CapitalStockMember E00276-000 2020-10-01 2021-09-30 jppfs_cor:CapitalStockMember E00276-000 2020-10-01 2021-09-30 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E00276-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E00276-000 2020-10-01 2021-09-30 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember E00276-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember E00276-000 2020-10-01 2021-09-30 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00276-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00276-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:TreasuryStockMember E00276-000 2021-09-30 jppfs_cor:CapitalStockMember E00276-000 2021-09-30 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E00276-000 2021-09-30 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember E00276-000 2021-09-30 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00276-000 2021-09-30 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E00276-000 2021-09-30 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00276-000 2021-09-30 jppfs_cor:TreasuryStockMember E00276-000 2021-09-30 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00276-000 2021-09-30 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00276-000 2021-09-30 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E00276-000 2021-09-30 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00276-000 2019-10-01 2020-09-30 jpcrp030000-asr_E00276-000:ConstructionBusinessReportableSegmentsMember E00276-000 2019-10-01 2020-09-30 jpcrp030000-asr_E00276-000:DisasterPreventionSecurityReportableSegmentsMember E00276-000 2020-10-01 2021-09-30 jpcrp030000-asr_E00276-000:DisasterPreventionSecurityReportableSegmentsMember E00276-000 2019-10-01 2020-09-30 jpcrp030000-asr_E00276-000:ChemicalProductsReportableSegmentsMember E00276-000 2019-10-01 2020-09-30 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E00276-000 2020-10-01 2021-09-30 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E00276-000 2020-10-01 2021-09-30 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E00276-000 2019-10-01 2020-09-30 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E00276-000 2019-10-01 2020-09-30 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E00276-000 2020-10-01 2021-09-30 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E00276-000 2020-09-30 jpcrp030000-asr_E00276-000:ConstructionBusinessReportableSegmentsMember E00276-000 2020-09-30 jpcrp030000-asr_E00276-000:DisasterPreventionSecurityReportableSegmentsMember E00276-000 2020-09-30 jpcrp030000-asr_E00276-000:ChemicalProductsReportableSegmentsMember E00276-000 2020-09-30 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E00276-000 2021-09-30 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E00276-000 2021-09-30 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E00276-000 2020-09-30 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E00276-000 2019-09-30 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00276-000 2020-09-30 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00276-000 2019-09-30 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00276-000 2020-09-30 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00276-000 2019-09-30 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00276-000 2020-09-30 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00276-000 2020-09-30 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00276-000 2019-09-30 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00276-000 2020-09-30 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00276-000 2019-09-30 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00276-000 2020-09-30 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00276-000 2019-09-30 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00276-000 2020-09-30 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00276-000 2019-09-30 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00276-000 2019-09-30 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00276-000 2020-09-30 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00276-000 2019-09-30 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00276-000 2020-09-30 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00276-000 2020-09-30 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00276-000 2019-09-30 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00276-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00276-000 2020-10-01 2021-09-30 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00276-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00276-000 2020-10-01 2021-09-30 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00276-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00276-000 2020-10-01 2021-09-30 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00276-000 2020-10-01 2021-09-30 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00276-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00276-000 2020-10-01 2021-09-30 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00276-000 2020-10-01 2021-09-30 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00276-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00276-000 2020-10-01 2021-09-30 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00276-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00276-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00276-000 2020-10-01 2021-09-30 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00276-000 2020-10-01 2021-09-30 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00276-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00276-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00276-000 2020-10-01 2021-09-30 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00276-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00276-000 2021-09-30 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00276-000 2021-09-30 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00276-000 2021-09-30 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00276-000 2021-09-30 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00276-000 2021-09-30 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00276-000 2021-09-30 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00276-000 2021-09-30 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00276-000 2021-09-30 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00276-000 2021-09-30 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00276-000 2021-09-30 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember iso4217:JPY iso4217:JPY xbrli:shares xbrli:pure xbrli:shares

第一部 【企業情報】

 

第1 【企業の概況】

 

1 【主要な経営指標等の推移】

 

(1) 連結経営指標等

 

回次

第80期

第81期

第82期

第83期

第84期

決算年月

2017年9月

2018年9月

2019年9月

2020年9月

2021年9月

売上高

(千円)

12,185,655

12,759,887

13,656,998

14,409,783

18,046,652

経常利益

(千円)

620,403

705,616

929,578

953,101

1,390,021

親会社株主に帰属する
当期純利益

(千円)

444,818

484,303

630,795

628,829

919,377

包括利益

(千円)

600,407

527,717

488,023

625,903

917,035

純資産額

(千円)

5,382,940

5,869,456

6,306,198

6,870,739

7,721,350

総資産額

(千円)

8,866,209

9,173,855

9,992,307

12,312,333

12,735,015

1株当たり純資産額

(円)

866.42

962.94

1,049.59

1,161.60

1,330.37

1株当たり
当期純利益金額

(円)

85.08

92.91

121.98

121.59

179.23

潜在株式調整後
1株当たり当期純利益金額

(円)

36.20

39.42

51.34

51.18

74.83

自己資本比率

(%)

60.7

64.0

63.1

55.8

60.6

自己資本利益率

(%)

8.7

8.6

10.4

9.5

12.6

株価収益率

(倍)

6.0

6.2

3.9

5.2

4.2

営業活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

241,781

948,771

172,005

652,937

1,355,442

投資活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

62,724

134,105

189,348

1,197,921

352,497

財務活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

66,106

66,916

88,832

702,532

184,847

現金及び現金同等物
の期末残高

(千円)

2,486,986

3,234,735

2,784,549

2,942,098

3,760,195

従業員数

[ほか、平均臨時雇用人員]

(人)

226

234

236

293

303

[27]

[29]

[32]

[51]

[51]

 

(注)1 売上高には、消費税等は含まれておりません。

2 「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を第82期の期首から適用しており、第81期以前の総資産の金額については、当該会計基準等を遡って適用した後の金額となっております。

3 第84期において、企業結合に係る暫定的な会計処理の確定を行っており、第83期連結会計年度の関連する経営指標等については、暫定的な会計処理の確定による取得原価の当初配分の重要な見直しが反映された後の金額によっております。

 

 

(2) 提出会社の経営指標等

 

回次

第80期

第81期

第82期

第83期

第84期

決算年月

2017年9月

2018年9月

2019年9月

2020年9月

2021年9月

売上高

(千円)

11,816,859

12,355,898

13,199,372

13,609,286

14,977,811

経常利益

(千円)

603,687

655,991

855,555

891,226

1,027,567

当期純利益

(千円)

431,260

447,017

571,626

621,212

712,441

資本金

(千円)

413,675

413,675

413,675

413,675

413,675

発行済株式総数

(千株)

普通株式5,102

優先株式2,000

普通株式5,102

優先株式2,000

普通株式5,102

優先株式2,000

普通株式5,102

優先株式2,000

普通株式5,102

優先株式2,000

純資産額

(千円)

5,316,702

5,763,129

6,165,449

6,730,004

7,372,397

総資産額

(千円)

8,743,310

8,950,782

9,755,505

11,246,925

11,824,492

1株当たり純資産額

(円)

853.27

941.85

1,021.67

1,133.68

1,261.14

1株当たり配当額

(内1株当たり中間配当額)

(円)

(円)

普通株式 5.00

優先株式 8.00

普通株式 7.00

優先株式 8.00

普通株式 9.00

優先株式 8.00

普通株式 10.00

優先株式  8.00

普通株式 12.00

優先株式 8.00

(普通株式  ―)

(優先株式  ―)

(普通株式  ―)

(優先株式  ―)

(普通株式  ―)

(優先株式  ―)

(普通株式  ―)

(優先株式  ―)

(普通株式 ―)

(優先株式 ―)

1株当たり
当期純利益金額

(円)

82.39

85.52

110.24

120.08

138.18

潜在株式調整後1株当たり
当期純利益金額

(円)

35.10

36.38

46.52

50.56

57.99

自己資本比率

(%)

60.8

64.4

63.2

59.8

62.3

自己資本利益率

(%)

8.5

8.1

9.6

9.6

10.1

株価収益率

(倍)

6.2

6.7

4.3

5.2

5.4

配当性向

(%)

6.1

8.2

8.2

8.3

8.7

従業員数

[ほか、平均臨時雇用人員]

(人)

207

215

217

224

233

[23]

[23]

[26]

[30]

[35]

株主総利回り

(%)

154.1

175.1

149.5

198.2

237.5

(比較指標:配当込みTOPIX)

(%)

(129.3)

(143.3)

(128.4)

(134.7)

(171.7)

最高株価

(円)

533

640

575

920

792

最低株価

(円)

317

430

382

319

525

 

(注) 1 売上高には、消費税等は含まれておりません。

2 2019年9月期の1株当たり配当額9円には、記念配当1円を含んでおります。

3 最高株価及び最低株価は、福岡証券取引所におけるものであります。

4 「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を第82期の期首から適用しており、第81期以前の総資産の金額については、当該会計基準等を遡って適用した後の金額となっております。

 

 

2 【沿革】

 

年月

事項

1939年7月

電極用ピッチコークスの製造及び販売を目的として、日本乾溜工業株式会社を大阪府大阪市港区木屋町2番地に設立。(資本金195,000円)
同時に福岡県八幡市(現 北九州市)に黒崎工場を開設。

1953年9月

鋳物砂添加剤(製品名:クーゲル)の製造・販売開始。

1956年9月

長崎県長崎市に長崎営業所(現 長崎支店)を開設し、産業安全衛生用品の販売開始。

1959年4月

福岡県八幡市(現 北九州市)に八幡営業所(現 北九州営業部)を開設。

1960年5月

不溶性硫黄(製品名:セイミサルファー)の製造・販売開始。

1961年1月

福岡県福岡市に福岡営業所(現 福岡営業部)を開設。

1962年6月

熊本県熊本市に熊本営業所(現 熊本支店)を開設。

1962年9月

ガードレール等の交通安全施設資材の販売開始。

1963年2月

日本道路公団別府阿蘇道路管理事務所管内「別府阿蘇有料道路(現 別府阿蘇道路)」にて路面標示工事を初施工し、交通安全施設工事の施工開始。

1966年7月

鹿児島県鹿児島市に鹿児島営業所(現 鹿児島支店)を開設。

1966年10月

宮崎県宮崎市に宮崎支店を開設。

1966年11月

本社を大阪府大阪市より、福岡県北九州市八幡区築地町22番地(現 北九州市八幡西区築地町12番25号)の黒崎工場内に移転し、工場との一体化を図る。

1967年10月

落石防止網等の法面・土木資材の販売開始。

1967年12月

本社を福岡県北九州市八幡区築地町22番地より、福岡県北九州市八幡区築地町18番地(現 北九州市八幡西区築地町13番5号)に移転。

1968年6月

佐賀県佐賀市に佐賀支店を開設。

1968年6月

大分県大分市に大分支店を開設。

1968年6月

千葉県木更津市に木更津出張所(現 木更津支店)を開設。

1969年7月

関連会社、日本標識工業株式会社を設立。

1983年1月

本社を福岡県北九州市八幡西区築地町13番5号より、福岡県北九州市八幡西区築地町10番20号に移転。

1993年4月

日本標識工業株式会社を吸収合併し、標識製造部門として位置付ける。

1996年4月

福岡証券取引所に株式を上場。

1997年4月

福岡テイト株式会社と合併。

1998年7月

株式会社思永館(福岡県北九州市)に資本参加。

2001年12月

本社、サイン課、工事課及び本社営業部ISO9001(2000)認証取得。

2002年4月

エクステリア事業部を会社分割により株式会社思永館(現 株式会社エクシス)に承継。

2002年12月

黒崎工場ISO9001(2000)認証取得。

2004年9月

長崎支店ISO9001(2000)認証取得。

2005年4月

工事課(路面標示施工部門)を閉鎖。

2005年6月

サイン課(標識製造部門)を閉鎖。

2005年11月

株式会社エクシス全株式を売却。

2007年1月

本社を福岡県北九州市八幡西区築地町10番20号より、福岡県福岡市東区馬出一丁目11番11号に移転。

2009年10月

佐賀安全産業株式会社設立(現 連結子会社)。

2010年5月

株式会社旭友の株式を取得し、子会社化(現 連結子会社)。

2019年4月

有限会社大邦興産(現 株式会社大邦興産)の株式を取得し、子会社化(現 連結子会社)。

2020年8月

株式会社ニチボーの株式を取得し、子会社化(現 連結子会社)。

 

 

 

3 【事業の内容】

当社グループは、当社及び連結子会社4社(佐賀安全産業株式会社、株式会社旭友、株式会社大邦興産、株式会社ニチボー)の計5社で構成されており、当社及び当社の関係会社で行っている主な事業内容は次のとおりであります。

なお、当社グループが営んでいる事業はセグメントと同一の区分であります。

 

セグメントの名称

区分

主たる業務

会社名

建設事業

工事

交通安全施設・法面・環境メンテナンス工事の施工

当社
佐賀安全産業㈱
㈱旭友

㈱大邦興産

地盤改良・地すべり対策・法面工事の施工

㈱ニチボー

販売

交通安全施設資材・土木資材等の販売

当社
佐賀安全産業㈱
㈱旭友

㈱大邦興産

防災安全事業

販売

防災安全衛生用品・保安用品等の販売

化学品事業

製造

不溶性硫黄・環境型自然土防草舗装材の製造・販売

当社

 

 

事業の系統図は、次のとおりであります。

 


 

 

4 【関係会社の状況】

 

名称

住所

資本金
(千円)

主要な事業の

内容

議決権の
所有又は被所有割合

関係内容

所有割合
(%)

被所有割合
(%)

(連結子会社)

 

 

 

 

 

 

佐賀安全産業㈱

佐賀県佐賀市

10,000

建設事業

防災安全事業

100.0

工事の請負、商品の販売

製品の販売、工事の外注

事務の受託、倉庫の賃貸

機器の賃貸

役員の兼務・・・・1名

㈱旭友

宮崎県宮崎市

25,000

建設事業

防災安全事業

100.0

(100.0)

工事の請負、商品の販売

工事の外注、機器の賃貸

役員の兼務・・・・1名

㈱大邦興産

熊本市東区

10,000

建設事業

防災安全事業

100.0

商品の販売、製品の販売

工事の外注、商品の仕入

事務の受託、

事務所及び機器の賃貸

役員の兼務・・・・1名

㈱ニチボー

(注)3、4

福岡市博多区

50,000

建設事業

100.0

商品の販売、機器の購入

役員の兼務・・・・1名

 

(注) 1  「主要な事業の内容」欄には、セグメントの名称を記載しております。

2  「議決権の所有又は被所有割合」欄の(内書)は間接所有であります。

3  特定子会社であります。

4 ㈱ニチボーについては、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の連結売上高に占める割合が10%を超えております。

主要な損益情報等  ①  売上高      2,342,690千円

②  経常利益      448,905〃

③  当期純利益    300,626〃

④  純資産額     825,027〃

⑤  総資産額    1,126,699〃

 

5 【従業員の状況】

(1) 連結会社の状況

2021年9月30日現在

セグメントの名称

従業員数(人)

建設事業

221

45

防災安全事業

28

( 4

化学品事業

27

―)

全社(共通)

27

( 2

合計

303

51

 

(注) 1 従業員数は就業人員であります。

2 従業員数欄の(外書)は、臨時従業員の年間平均雇用人数(1日8時間換算)であります。

3 全社(共通)は管理部門の従業員であります。

 

 

(2) 提出会社の状況

2021年9月30日現在

従業員数(人)

平均年齢

平均勤続年数

平均年間給与(円)

233

(35)

447ヶ月

1311ヶ月

5,108,552

 

 

セグメントの名称

従業員数(人)

建設事業

153

29

防災安全事業

26

( 4

化学品事業

27

―)

全社(共通)

27

( 2

合計

233

35

 

(注) 1 従業員数は就業人員であります。

2 従業員数欄の(外書)は、臨時従業員の年間平均雇用人数(1日8時間換算)であります。

3 全社(共通)は管理部門の従業員であります。

4 平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。

 

(3) 労働組合の状況

当社グループには、労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しております。

第2 【事業の状況】

 

1 【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

 文中における将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において、当社グループが判断したものであります。

 

(1)会社の経営の基本方針

当社グループは、「環境にやさしく安全な社会の創造に向けてあくなき挑戦を続ける。」という経営理念のもと、高い企業価値を実現するために、企業の社会的使命・責任を果たし、健全かつ適切な業務運営を通じて、お客様や地域社会からの長期にわたる揺るぎない信頼の確立を図らなければならないものと思っております。

 

(2)目標とする経営指標

当社グループは、単年度の損益計画・資金計画の達成を最重要課題として認識しており、特に安定的な企業価値の向上に繋がる経常利益の増加と当期純利益の増加によるキャッシュ・フローの増加を最重要目標として、収益性の向上・財務体質の充実に取り組んでおります。

 

(3)経営環境及び対処すべき課題

 今後のわが国経済の見通しにつきましては、新型コロナウイルスの感染拡大防止と経済活性化が慎重に進むことで、依然として先行き不透明感が続くものと予想されますが、企業の設備投資の増加や世界経済の回復が続くことなどを背景に、景気の緩やかな回復が期待されます。
 当社グループが主力事業とする建設業界におきましては、公共事業費予算については、防災・減災、国土強靭化のための5か年加速化対策が進められており、「激甚化する風水害や切迫する大規模地震等への対策」「予防保全型インフラメンテナンスへの転換に向けた老朽化対策の加速」など各分野での一定の公共投資は見込めるものの、人件費や資材の高騰に加え、受注競争の激化など経営環境は依然として厳しい状況が続くものと予想されます。
 このような経営環境の中、当社グループは、「第84~86期」中期経営計画の中間年度を迎え、現中期経営計画の諸施策推進にあたり、限られたリソースの中で役割分担を見直し(業務の選択と集中により組織を再編)、エリア拠点に対するサポート機能の再強化を図り、中期経営計画の施策実行を加速するために組織変更を実施いたしました。本計画期間を「将来の成長加速に向けた仕込みと筋力強化のステージ」と位置づけており、より安定した経営基盤を構築することで、成長分野での事業推進及び生産性の向上について、積極的な展開に取り組んでまいります。

 なお、『「第84期~第86期」中期経営計画』の内容については、以下の通りであります。

 

 ①基本方針

 「当社グループは、安心・安全かつ環境にやさしい地域社会づくりに貢献します。」

 「80年培った防災・減災の技術と、技術に裏付けされた商品・製品・サービスで、お客様から最も信頼される地域No.1企業を目指します。」

 

 ②取組み

 (イ)成長分野である法面・メンテ工事の強化

 (ロ)工事施工体制の強化

 (ハ)業務改革の推進

 (ニ)営業部・支店を核とした事業体制の再構築

 (ホ)人材成長モデル・研修体系の見直し

 (ヘ)M&A志向領域の決定

 

 

2 【事業等のリスク】

有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、経営者が連結会社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると認識している主要なリスクは、以下のとおりであります。当社グループは、これらのリスク発生の可能性を認識した上で、発生の回避や発生した場合の対応に努めて参ります。

なお、文中における将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において、当社グループが判断したものであります。

 

(1) 公共事業の削減による官公庁工事の減少

当社グループの経営成績は、国及び地方自治体の公共投資予算を反映します。建設事業部門において、国及び地方自治体が発注する公共事業が一般に想定される規模を超えて削減された場合には、当社グループの経営成績、財政状態等に影響を及ぼす可能性があります。

当社グループでは、公共事業以外の受注活動も強化することで、リスクの低減を図っております。

 

(2) 取引先の信用不安によるリスク

当社グループは、受注に際して信用リスクの回避には最大限に注意しているところでありますが、建設市場全体が縮小傾向を続けるなか、注文者である取引先が信用不安に陥った場合には、当社グループの経営成績、財政状態等に影響を及ぼす可能性があります。

当社グループでは、与信管理の徹底により貸倒れ防止に努めております。また、リスクに備えるため、下請債権保全支援事業による債権保証ファクタリングを利用し、貸倒れが発生した場合でも損失を回避、または低減しております。

 

(3) 建設資材価格及び労務費の変動リスク

建設資材価格や労働者不足による労務費などの高騰により工事採算が悪化した場合には、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。

当社グループは、資材調達先や工事下請業者との取引関係を強化し、常に市場の最新情報を入手することで、資材価格高騰などによる影響を最小限に抑えられるように努めております。

 

(4) 労災事故等によるリスク

当社グループの建設事業部門においては、重大な労災事故、第三者事故等を惹起すると、発注者から指名停止等の処分を受け、その後の受注に影響を及ぼす可能性があります。

また、化学品工場においては、原材料に可燃性の高い硫黄を扱うために火災が発生した場合、火災の規模によっては、その後の生産体制に影響を及ぼす可能性があります。

当社グループは、安全教育、安全パトロールの強化により、事故や労働災害の防止に努めております。

 

(5) 従業員の確保等に関するリスク

当社グループの建設事業部門においては、国家資格を有した管理技術者が必要となるほか、施工管理を担当する人員を必要とします。少子高齢化の進展や建設業界への就労人口が減少傾向にある状況から、人材獲得の停滞や離職者の増加等により人材が不足する状況に陥った場合、受注機会の減少が考えられ、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。

当社グループは、新たな人材の獲得に向けた採用活動を積極的に展開するとともに社員の定年後の継続雇用の充実を図り、人員の確保に努めております。また、工事施工管理業務を希望する女性の雇用も積極的に行っております。

 

(6) 新型コロナウイルス感染症等の拡大によるリスク

新型コロナウイルス、インフルエンザ等の感染症が拡大し、建設市場の縮小、施工中案件の中断、工場の稼働停止等が発生した場合は、受注機会の減少、工事採算の悪化等が考えられ、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。

当社グループでは、新型コロナウイルス感染症への対策として、時差通勤やテレワークの導入、また事務所にマスクや手指の消毒液を設置するなどの感染予防対策を施し、社員及び協力業者等の健康管理を徹底したうえで事業を継続しております。

 

(7) M&Aにおけるのれん等の減損リスク

当社グループは、事業規模の拡大と収益源の多様化を目的として、M&Aを事業展開の選択肢の一つとして考えております。

M&Aによる事業展開においては、当社グループが当初想定したシナジーや事業拡大等の効果が得られない可能性があります。これらに加えて、子会社化後の業績悪化やのれんの償却又は減損等により、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

当社グループでは、M&Aを行う際には、対象企業の財務内容や契約関係等について公認会計士等の外部専門家の助言を含めたデューデリジェンスを実施すること等により、各種リスクの低減に努めております。また、M&A実施後には、グループ会社の業績等について常時管理する体制を構築しており、定期的に取締役会に報告しております。

 

(8) 有価証券の価格変動等のリスク

当社グループは、既存の事業基盤を拡大するために、中長期的な友好関係の維持を目的とした資本提携や戦略的な企業買収等を行っております。当社グループが保有している投資有価証券及び関係会社株式の時価又は実質価額が著しく下落した場合、その程度によっては、売却損や評価損の計上を強いられることも想定され、当社グループの経営成績や財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

当社グループでは、当該リスクが顕在化する可能性や業績への影響については、現時点では認識しておりませんが、資本提携先や買収先企業については、取締役会及び経営会議等で定期的にモニタリングし、監督機能を強化することにより、リスクの低減に努めるとともに業績向上を目指した経営を行っております。

 

 

3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

(1) 経営成績等の状況の概要

当連結会計年度における当社グループの財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下、「経営成績等」という)の状況の概要は次のとおりであります。

 

① 経営成績の状況

当連結会計年度におけるわが国経済は、新型コロナウイルス感染症の拡大により、緊急事態宣言が断続的に発令されており、経済活動の停滞や個人消費の悪化など、依然として先行き不透明な状況で推移しました。
 当社グループが主力事業とする建設業界におきましては、建設資材価格の高騰や建設労働者不足による労務費の高止まり等も続いており、依然として厳しい状況で推移したものの、新型コロナウイルス感染症による影響が比較的限定的であり、社会インフラの老朽化に伴う公共投資は堅調に推移いたしました。

 このような状況の中、当社グループでは、2023年9月期を最終年度とする3ヵ年の「第84~86期」中期経営計画を新たに策定し、企業価値の向上に向けて取り組んでまいりました。
 当社グループの連結業績につきましては、主力の建設事業が好調であったことから、売上高は180億46百万円(前期比25.2%増、36億36百万円増)となりました。
 利益面につきましては、売上高の増加と原価管理や工事における工程管理が徹底できたことから売上総利益率が向上し、営業利益は13億31百万円(前期比47.8%増、4億30百万円増)、経常利益は13億90百万円(同45.8%増、4億36百万円増)、親会社株主に帰属する当期純利益は9億19百万円(同46.2%増、2億90百万円増)となりました。

 

セグメントの業績は、次のとおりであります。

 

〔建設事業〕

 建設事業における工事につきましては、東九州自動車道関連の大型工事が順次完成したことや、各県の元請工事が順調に推移したことに加え、新規連結子会社である株式会社ニチボーの業績が寄与し、完成工事高は前期を上回りました。
 また、建設工事関連資材の販売につきましても、港湾の防風柵や道路等の盛土補強材、橋梁補修等のメンテナンス資材の販売が増加したことから商品売上高は前期を上回りました。

 以上の結果、建設事業の売上高は145億85百万円(前期比23.6%増、27億80百万円増)、セグメント利益は15億38百万円(同22.6%増、2億84百万円増)となりました。

 

〔防災安全事業〕

 防災安全事業につきましては、労働安全衛生法の改正に伴い安全衛生保護具の販売が増加したことに加え、備蓄用や新型コロナウイルス感染症対策の資機材の販売や鳥インフルエンザ対策用品の販売が堅調に推移したことから売上高は前期を上回りました。
 以上の結果、防災安全事業の売上高は29億68百万円(前期比35.6%増、7億79百万円増)、セグメント利益は2億93百万円(同41.5%増、86百万円増)となりました。

 

〔化学品事業〕

 化学品事業につきましては、タイヤの製造過程で使用されるゴム加硫剤(不溶性硫黄)の販売は、新型コロナウイルス感染拡大の影響により低調に推移しておりましたタイヤ需要に若干の持ち直しが見られたこともあり、売上高は前期を上回りました。
 また、当社オリジナル製品である環境型自然土防草舗装材(製品名:雑草アタック)の売上高につきましては、前期並みとなりました。

 以上の結果、化学品事業の売上高は4億92百万円(前期比18.7%増、77百万円増)、セグメント利益は98百万円(同169.7%増、61百万円増)となりました。

 

 

② 財政状態の状況

当連結会計年度末の総資産は、127億35百万円(前連結会計年度末比3.4%増、4億22百万円増)となりました。

 資産につきましては、流動資産が84億93百万円(同4.0%増、3億29百万円増)となりました。その主な要因は、未成工事支出金が4億39百万円減少しましたが、現金及び預金が8億18百万円増加したことによるものであります。

固定資産につきましては、42億41百万円(同2.2%増、92百万円増)となりました。その主な要因は、のれん及び顧客関連資産の償却により2億3百万円減少しましたが、熊本支店新社屋建設等により有形固定資産が2億96百万円増加したことによるものであります。

負債につきましては、50億13百万円(同7.9%減、4億27百万円減)となりました。その主な要因は、手持工事の完成に伴って未成工事受入金が2億52百万円減少、借入金の返済により長期借入金が1億15百万円減少したことによるものであります。

純資産につきましては、77億21百万円(同12.4%増、8億50百万円増)となりました。その主な要因は、親会社株主に帰属する当期純利益を9億19百万円計上したことによるものであります。

 

③ キャッシュ・フローの状況

当連結会計年度末の現金及び現金同等物(以下、「資金」という)の残高は、37億60百万円(前連結会計年度比27.8%増、8億18百万円増)となりました。

当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。

 

(営業活動によるキャッシュ・フロー)

営業活動によるキャッシュ・フローは、13億55百万円の資金の増加となりました(前連結会計年度比107.6%増、7億2百万円増)。その主な要因は、法人税等の支払により資金が4億95百万円減少、未成工事受入金の減少により資金が2億52百万円減少しましたが、税金等調整前当期純利益を14億17百万円計上したことや棚卸資産の減少により資金が5億4百万円増加したことによるものであります。

 

(投資活動によるキャッシュ・フロー)

投資活動によるキャッシュ・フローは、3億52百万円の資金の減少となりました(前連結会計年度は11億97百万円の減少)。その主な要因は、熊本支店新社屋建設等により資金が3億96百万円減少したことによるものであります。

 

(財務活動によるキャッシュ・フロー)

財務活動によるキャッシュ・フローは、1億84百万円の資金の減少となりました(前連結会計年度は7億2百万円の増加)。その主な要因は、借入金の返済により資金が1億15百万円減少したことによるものであります。

 

 

④ 生産、受注及び販売の状況

 (当連結企業集団の各セグメント売上高)

セグメントの名称

前連結会計年度

(自 2019年10月1日

至 2020年9月30日)

当連結会計年度

(自 2020年10月1日

至 2021年9月30日)

売上高(千円)

売上高(千円)

建設事業

11,805,435

14,585,643

防災安全事業

2,189,403

2,968,583

化学品事業

414,945

492,425

合計

14,409,783

18,046,652

 

(注) 1 売上高には、消費税等は含まれておりません。

2 セグメント間取引については、相殺消去しております。

3 前連結会計年度の売上高のうち、売上高総額に対する割合が100分の10以上の相手先はありません。
当連結会計年度の売上高のうち、売上高総額に対する割合が100分の10以上の相手先はありません。

 

 

当社グループの生産・販売品目は広範囲かつ多種多様であります。また、事業の中心となっている建設事業では生産実績を定義することが困難であり、建設事業においては請負形態をとっているため販売実績という定義は実態のそぐわないものであります。したがってセグメントごとに生産規模及び受注規模を金額あるいは数量で示すことはしておりません。

なお、参考のため提出会社の事業の状況のうち、建設業における受注工事高及び施工の状況は次のとおりであります。

 

(建設業における受注工事高及び施工高の状況)

(イ)受注工事高、完成工事高、繰越工事高及び施工高

期別

区分

前期繰越
工事高
(千円)

当期受注
工事高
(千円)

合計
(千円)

当期完成
工事高
(千円)

次期繰越工事高

当期施工高
(千円)

手持工事高
(千円)

うち施工高

比率
(%)

金額
(千円)

前事業年度

(自 2019年

  10月1日

至 2020年

  9月30日)

交通安全
施設工事

1,813,934

4,550,709

6,364,644

4,651,366

1,713,277

16.1

276,522

4,427,969

法面工事

262,718

1,039,293

1,302,011

1,042,652

259,358

17.3

44,791

1,055,050

環境・メンテナンス工事

158,403

515,087

673,490

516,209

157,280

5.0

7,895

514,379

その他工事

65,727

647,630

713,358

618,445

94,913

46.0

43,679

647,716

合計

2,300,783

6,752,720

9,053,504

6,828,674

2,224,829

16.8

372,888

6,645,116

当事業年度

(自 2020年

  10月1日

至 2021年

  9月30日)

交通安全
施設工事

1,713,277

4,840,885

6,554,162

4,536,126

2,018,035

12.4

250,034

4,509,638

法面工事

259,358

1,003,688

1,263,047

1,011,468

251,578

18.2

45,787

1,012,464

環境・メンテナンス工事

157,280

633,464

790,745

658,296

132,449

16.7

22,145

672,546

その他工事

94,913

768,148

863,061

591,600

271,461

3.2

8,768

556,689

合計

2,224,829

7,246,187

9,471,017

6,797,492

2,673,524

12.2

326,735

6,751,339

 

(注) 1 前期以前に受注した工事で、契約の変更により請負金額に増減のあるものにつきましては、当期受注工事高にその増減額を含んでおります。したがって、当期完成工事高にも係る増減額が含まれております。

2 次期繰越工事高の「うち施工高」は、未成工事支出金により手持工事高の施工高を推定したもので、比率は、手持工事高の施工進捗度を記載しております。

3 当期施工高は、(当期完成工事高+次期繰越工事高の「うち施工高」-前期繰越工事高の「うち施工高」)に一致いたします。

 

 

(ロ)完成工事高

期別

区分

官公庁(千円)

民間(千円)

合計(千円)

前事業年度

(自 2019年10月1日

至 2020年9月30日)

交通安全施設工事

2,171,572

2,479,794

4,651,366

法面工事

430,283

612,368

1,042,652

環境・メンテナンス工事

50,965

465,244

516,209

その他工事

108,825

509,620

618,445

合計

2,761,645

4,067,028

6,828,674

当事業年度

(自 2020年10月1日

至 2021年9月30日)

交通安全施設工事

1,697,857

2,838,269

4,536,126

法面工事

178,960

832,508

1,011,468

環境・メンテナンス工事

215,936

442,360

658,296

その他工事

46,941

544,658

591,600

合計

2,139,695

4,657,797

6,797,492

 

(注) 1 前事業年度の完成工事のうち、請負金額1億円以上の主なものは、次のとおりであります。

      西日本高速道路株式会社

平成30年度 九州支社管内標識取替工事

      福岡県朝倉県土整備事務所

平榎(1)地区災害関連緊急地すべり対策法面工事(2工区)

      西日本高速道路株式会社

九州自動車道 鹿児島高速道路事務所管内立入防止柵改良工事

      北九州市建設局

城山緑地防矢ネット設置工事

      佐賀国道事務所

国道497号防護柵設置(5工区)工事

 

  当事業年度の完成工事のうち、請負金額1億円以上の主なものは、次のとおりであります。

   西日本高速道路株式会社

九州自動車道 下関IC~福岡IC間防護柵改良工事

   西日本高速道路株式会社

 

令和元年度 大分自動車道 久留米高速道路事務所管内遮音壁取替工事

   福岡県京築県土整備事務所

県道苅田採銅所線道路災害復旧工事(2工区)

   大隅河川国道事務所

東九州道(志布志~大崎)標識設置工事

   西日本高速道路株式会社

令和2年度 長崎バイパス 西山トンネル内装塗装工事

 

2 前事業年度の完成工事高のうち、完成工事高総額に対する割合が100分の10以上の相手先は次のとおりであります。

   西日本高速道路株式会社 1,200,200千円 17.6%

  当事業年度の完成工事高のうち、完成工事高総額に対する割合が100分の10以上の相手先は次のとおりで

  あります。

 

   西日本高速道路株式会社 1,220,539千円 18.0%

 

(ハ)手持工事高(2021年9月30日現在)

区分

官公庁(千円)

民間(千円)

合計(千円)

交通安全施設工事

1,196,898

821,137

2,018,035

法面工事

72,298

179,280

251,578

環境・メンテナンス工事

69,799

62,649

132,449

その他工事

95,471

175,990

271,461

合計

1,434,467

1,239,057

2,673,524

 

(注) 手持工事のうち、請負金額90百万円以上の主なものは、次のとおりであります。

西日本高速道路株式会社

 

令和2年度 山陽自動車道 広島高速道路事務所管内遮音壁取換工事

2023年6月完成予定

 

西日本高速道路株式会社

令和3年度 九州支社管内標識取替工事

2022年10月完成予定

ミズノ㈱

武雄市新球場建設(建築主体)その1工事

2022年2月完成予定

松尾建設㈱

 

令和2年度 東九州自動車道 大分高速道路事務所管内舗装補修工事

2021年11月完成予定

 

鹿島道路㈱

令和2年度隼人道路 隼人西舗装工事

2022年12月完成予定

 

 

 

(2) 経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

経営者の視点による経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりであります。

なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものであります。

 

① 重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成しております。この連結財務諸表の作成にあたっては、経営者により、一定の会計基準の範囲内で資産、負債並びに収益、費用の数値に影響を与える見積りが行われている部分があります。当該見積りにつきましては、継続して評価し、必要に応じて見直しを行っておりますが、実際の結果は見積り特有の不確実性があるため、これらの見積りと異なる場合があります。

なお、当社グループの連結財務諸表で採用する重要な会計方針は、「第5 経理の状況 1連結財務諸表等 (1) 連結財務諸表 注記事項(連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)」に記載しております。

また、連結財務諸表の作成に当たって用いた会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定のうち、重要なものについては、「第5 経理の状況 1連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項(重要な会計上の見積り)」に記載のとおりであります。

 

② 経営者による経営成績等の分析・検討内容

経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況の概要につきましては、「第2 事業の状況 3経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析(1)経営成績等の状況の概要」に記載のとおりであります。

また、当社グループは企業価値の更なる向上を実現するため、2023年9月期を最終年度とする3ヵ年の『「第84期~第86期」中期経営計画』を策定し、本計画期間を「将来の成長加速に向けた仕込みと筋力強化のステージ」と位置づけ、成長分野での事業推進及び生産性の向上について、積極的な展開に取り組んでおります。本計画の概要については「第2 事業の状況 1 経営方針、経営環境及び対処すべき課題等(3)経営環境及び対処すべき課題」に記載のとおりであります。

 

③ 資本の財源及び資金の流動性に係る情報

当社グループの運転資金需要のうち主なものは材料費・外注費等の工事原価、商品の仕入、並びに販売費及び一般管理費等の営業費用であります。また、投資を目的とした資金需要の主なものは設備投資等によるものであります。

当社グループは事業運営上必要な資金の流動性と資金の源泉を安定的に確保することを基本方針としております。短期運転資金は自己資金及び金融機関からの短期借入を基本としており、設備投資資金や長期運転資金の調達につきましては、自己資金及び金融機関からの長期借入を基本としております。

なお、設備投資の詳細につきましては「第3 設備の状況」に記載のとおりであります。

 

4 【経営上の重要な契約等】

該当事項はありません。

 

5 【研究開発活動】

該当事項はありません。

 

第3 【設備の状況】

 

1 【設備投資等の概要】

当連結会計年度の設備投資につきましては、業務の効率化・工場及び事務所の維持改修・製品生産能力の増強を目的として、全体で393百万円の設備投資を実施いたしました。なお、有形固定資産の他、無形固定資産への投資を含めて記載しております。

また、セグメントごとの設備投資については次のとおりであります。

(1) 建設事業

当連結会計年度は、提出会社の熊本支店新築工事を中心に337百万円の設備投資を実施いたしました。

(2) 防災安全事業

当連結会計年度は、設備投資の実施はありません。

(3) 化学品事業

当連結会計年度は、不溶性硫黄生産工場の製品倉庫の改修及び機械装置等の維持更新を中心に50百万円の設備投資を実施いたしました。

(4) 全社共通

当連結会計年度は、事務機器購入を中心に5百万円の設備投資を実施いたしました。

 

(注)「第3 設備の状況」における各事項の記載については、消費税等抜きの金額を表示しております。

 

2 【主要な設備の状況】

(1) 提出会社

2021年9月30日現在

事業所名
(所在地)

セグメントの
名称

設備の内容

帳簿価額(千円)

従業員数

(人)

建物

構築物

機械等

土地
(面積㎡)

リース資産

合計

本社
(福岡市東区)

全社、建設事業、防災安全事業

事務所

160,536

48

13,238

144,598

(909)

1,220

319,642

56

福岡営業部
(福岡県糟屋郡粕屋町)

建設事業、防災安全事業

事務所他

27,837

984

1,165

26,000

(1,231)

609

56,597

15

北九州営業部

北九州防災安全部

(北九州市八幡西区)

建設事業

防災安全事業

事務所他

46,971

1,011

225

75,235

(2,000)

6,102

129,545

18

久留米営業部
(福岡県久留米市)

建設事業、防災安全事業

事務所他

8,084

301

1,989

139,662

(1,026)

150,037

7

佐賀支店
(佐賀県佐賀市)

建設事業、防災安全事業

事務所他

9,627

13

1,487

57,680

(1,110)

68,808

14

長崎支店
(長崎県長崎市)

建設事業、防災安全事業

事務所他

6,031

21

162

14,216

(1,044)

1,529

21,960

10

熊本支店
(熊本市東区)

建設事業、防災安全事業

事務所他

193,795

24,653

8,669

97,760

(1,971)

324,878

12

鹿児島支店
(鹿児島県鹿児島市)

建設事業、防災安全事業

事務所他

50,181

257

256

129,849

(1,669)

180,544

15

宮崎支店
(宮崎県宮崎市)

建設事業、防災安全事業

事務所他

22,138

162

127

18,300

(1,003)

40,728

5

大分支店

大分防災安全部
(大分県大分市)

建設事業、防災安全事業

事務所他

12,550

323

1,801

51,568

(1,514)

66,243

12

木更津支店
(千葉県木更津市)

防災安全事業

事務所他

10,067

1,098

151

17,832

(575)

29,149

8

黒崎工場
(北九州市八幡西区)

化学品事業

生産設備他

208,170

10,786

57,582

156,181

(5,450)

 ―

432,719

27

 

(注) 1 上記の金額には、建設仮勘定は含まれておりません。

2 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

3 生産設備である黒崎工場はセイミサルファー(不溶性硫黄)及び雑草アタック(環境型自然土防草舗装材)を生産しております。

4 現在休止中の主要な設備はありません。

 

 

(2) 国内子会社

2021年9月30日現在

会社名

事業所名
(所在地)

セグメントの

名称

設備の内容

帳簿価額(千円)

従業員数
(人)

建物

構築物

機械等

土地
(面積㎡)

リース
資産

合計

㈱旭友

本社
(宮崎県宮崎市)

建設事業、

防災安全事業

施工機器他

313

21,040

(206)

21,353

14

㈱ニチボー

佐賀営業所(佐賀県三養基郡みやき町)

建設事業

事務所、倉庫、施工機器他

26,297

19,422

55,135

(7,908)

100,855

5

 

(注)  1 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

2 現在休止中の主要な設備はありません。

 

3 【設備の新設、除却等の計画】

 当社は、経済情勢や各業態の動向を捉え、設備投資を行っております。

(1) 新設

当連結会計年度において、新たに計画した重要な設備の新設はありません。

 

(2) 除却等

当連結会計年度において、新たに計画した重要な設備の除却等はありません。

 

第4 【提出会社の状況】

 

1 【株式等の状況】

(1) 【株式の総数等】

① 【株式の総数】

 

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

18,000,000

優先株式

2,000,000

20,000,000

 

 

② 【発行済株式】

 

種類

事業年度末現在
発行数(株)
(2021年9月30日)

提出日現在
発行数(株)
(2021年12月21日)

上場金融商品取引所
名又は登録認可金融
商品取引業協会名

内容

普通株式

5,102,000

5,102,000

福岡証券取引所

単元株式数  100株
完全議決権株式であり、議決権内容に何ら限定のない当社における標準となる株式

 第1回優先株式
(注)1

2,000,000

2,000,000

非上場

単元株式数  100株
(注)2、3、4、5

7,102,000

7,102,000

 

(注) 1 第1回優先株式は、企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第8項に規定する行使価額修正条項付新株予約権付社債券等であります。

2 当該行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の特質は以下のとおりであります。

①  第1回優先株式は、当社の普通株式の株価を基準として基準価額が修正され、取得と引換えに交付する
  普通株式数が変動します。行使価額修正条項の内容は(注)5に記載のとおりであります。

② 行使価額の修正基準は、毎年4月1日に先立つ45取引日目に始まる30取引日の証券会員制法人福岡証券
  取引所における当社普通株式の普通取引の毎事業日の終値の平均値といたします。

③ 行使価額は、前項記述の平均値が138円を上回るときは138円を上限とし、41円を下回るときは41円を下
  限といたします。

④ 当社は、いつでも法令の定めるところに従って、第1回優先株主との合意により当該行使価額修正条項
  付新株予約権付社債券等を取得し、法令の定めるところに従って消却することができます。

3 第1回優先株式の権利の行使に関する事項についての第1回優先株主との間の取り決めはありません。また、当社の株券の売買に関する事項についての第1回優先株主との間の取り決めはありません。

4 第1回優先株式は、第三者割当(債務の株式化 10億円)により発行されたものであります。

5 優先株式の内容は次のとおりであります。なお、会社法第322条第2項に規定する定款の定めはありません。また、第1回優先株式は、当社の自己資本の充実と財務体質の改善及び強化を目的として発行されたものであり、第1回優先株主との合意により株主総会において議決権を有しておりません。

①  優先期末配当金

(イ)当社は、剰余金の配当を支払うときは、毎事業年度の末日の最終の株主名簿に記載又は記録された優先株式を有する株主(以下「優先株主」という。)又は優先株式の登録株式質権者(以下「優先登録株式質権者」という。)に対し、当該事業年度の末日の最終の株主名簿に記載又は記録された普通株式を有する株主(以下「普通株主」という。)又は普通株式の登録株式質権者(以下「普通登録株式質権者」という。)に先立ち、1事業年度につき優先株式1株あたり下記(ロ)に定める額の剰余金の配当(以下「優先期末配当金」という。)を分配可能額がある限り必ず支払う。但し、当該事業年度において下記(ハ)に定める優先中間配当金を支払ったときは、その額を控除した額とする。

(ロ)優先期末配当金の額

1株あたりの優先期末配当金の額は、以下の算式に従い計算される金額又は50円のいずれか少ない額とする。初年度における優先期末配当金は、配当起算日から事業年度の最終日までの日数(初日および最終日を含む。)で日割計算した額とする。優先期末配当金は、円位未満小数第1位まで算出し、その小数第1位を四捨五入する。

優先配当金=500円×(日本円TIBOR+1.50%)

「日本円TIBOR」とは、2005年3月28日または2005年10月1日以降の毎年10月1日(以下「優先配当算出基準日」という。)午前11時現在における日本円6ヶ月物トーキョー・インター・バンク・オファード・レートとして全国銀行協会によって公表される数値をいい、上記計算式においては、次回の優先配当算出基準日の前日までの各事業年度について適用される。但し、優先配当算出基準日が銀行休業日の場合は直前営業日を優先配当算出基準日とする。

優先配当算出基準日に日本円TIBORが公表されない場合、同日(当日が銀行休業日の場合は直前営業日)ロンドン時間午前11時にスクリーン・ページに表示されるロンドン銀行間市場出し手レート(ユーロ円LIBOR6ヶ月物(360日ベース))として英国銀行協会(BBA)によって公表される数値又はこれに準ずると認められるものを日本円TIBORに代えて用いるものとする。

日本円TIBOR又はこれに代えて用いる数値は、%未満小数第4位まで算出し、その小数第4位を四捨五入する。

(ハ)優先中間配当金

当社は、中間配当金を支払うときは、優先株主又は優先登録株式質権者に対して、普通株主又は普通登録株式質権者に先立ち、優先株式1株につき各事業年度における優先期末配当金の2分の1に相当する額の金銭(以下「優先中間配当金」という。)を必ず支払う。優先中間配当金は、円位未満小数第1位まで算出し、その小数第1位を四捨五入する。

(ニ)非累積条項

ある事業年度において、優先株主又は優先登録株式質権者に対して支払う剰余金の配当が優先期末配当金の額に達しないときは、その不足額は翌事業年度以降に累積しない。

(ホ)非参加条項

優先株主又は優先登録株式質権者に対しては、優先期末配当金又は優先中間配当金を超えて剰余金の配当は行わない。

②  残余財産の分配

当社の残余財産を分配するときは、優先株主又は優先登録株式質権者に対し、普通株主又は普通登録株式質権者に先立ち、優先株式1株につき500円を支払う。

優先株主又は優先登録株式質権者に対しては、前記の金額を超えては残余財産の分配は行わない。

③  優先株式の取得請求と金銭の交付

(イ)優先株主は、2009年10月1日以降、毎年1月1日から1月31日までの期間(以下「取得請求可能期間」という。)において、当社に対して、毎事業年度に、前事業年度における分配可能額の2分の1に相当する金額を上限として、優先株式1株を取得するのと引換えに、当該優先株式の発行価額に相当する金銭の交付を請求することができる。この請求があった場合、当社は、取得請求可能期間満了の日から1ヶ月以内に、金銭を交付する。

(ロ)取得請求により交付すべき金銭の合計額が前事業年度における分配可能額の2分の1を超える場合、取得の順位は、取得請求可能期間経過後において実施する抽選その他の方法により決定する。

④  合意による取得・消却

(イ)当社は、いつでも法令の定めるところにしたがって優先株主との合意により、分配可能額を上限として、優先株式を有償で取得することができる。

(ロ)当社は、取得した優先株式を取締役会決議によって消却することができる。

⑤  議決権

優先株主は、株主総会において議決権を有しない。

⑥  種類株主総会の決議事項

法令に定める種類株主総会の承認事項および次の事項については、種類株主総会の承認を要する。

剰余金の配当、中間配当、自己株式取得(優先株主による取得請求権の行使及び優先株主との合意による有償取得を含み、無償取得、会社法の規定に基づく株式取得請求権に応じた買取、会社法第234条第4項に基づく1株に満たない端株の買取及び同法第197条第3項に基づく所在不明株主の株式の買取は含まない。)資本又は準備金の減少に伴う払戻し(以下あわせて「剰余金の分配等」という。)の結果、最終の貸借対照表上の金額を基準として算出した純資産額が10億円を下回ることになる剰余金の分配等の決定。

⑦  優先株式の取得請求と普通株式の交付

優先株主は、2008年4月1日以降いつでも、当社に対し、当該優先株式の取得を請求することができる。この場合、当社は、当該優先株主又は優先登録株式質権者に対し、優先株式1株と引換えに、払込価額を基準価額で除して得られる数の普通株式の交付を請求することができる。但し、前記普通株式の数の算出にあたっては1株に満たない端数が生じたときは、これを切り捨て、現金による調整は行わない。

 

⑧  基準価額

定款に定める取得請求が2008年4月1日から2009年3月31日までの間に行われた場合、138円(以下、「当初基準価額」という。)を基準価額とする。定款に定める取得請求が2009年4月1日以降に行われた場合については、毎年4月1日に先立つ45取引日目に始まる30取引日の証券会員制法人福岡証券取引所の開設する市場における当社の普通株式の普通取引の毎取引日の終値(気配表示を含む。)の平均値(終値のない日数を除く。円位未満小数第2位まで算出し、その小数第2位を四捨五入する。)を、同年4月1日より翌年3月31日までの1年間に取得請求する場合の基準価額とする。但し、前記の平均値が、当初基準価額を超えたときは当初基準価額を、当初基準価額の30%を下回ったときは当初基準価額の30%を、基準価額とする。

⑨  基準価額の調整

(イ)優先株式の発行後に、次に掲げる各事由により当社普通株式数に変更を生ずる可能性がある場合は、次に定める算式(以下、「基準価額調整式」という。)により基準価額を調整する。

 

 

 

 

 

 

新規発行
普通株式数

×

1株当たり
払込金額


調整後
基準価額



調整前
基準価額


×

既発行
普通株式数

1株当たり時価

既発行普通株式数+新規発行普通株式数

 

(A)基準価額調整式に使用する時価を下回る払込金額をもって普通株式を発行する場合(自己株式を処分する場合を含む)

(B)株式の分割により普通株式を発行する場合

(C)基準価額調整式に使用する時価を下回る価額で普通株式への新株予約権を発行する場合又は基準価額調整式を使用する時価を下回る価額で普通株式を引換えとして交付する内容の取得請求権付株式を発行する場合

(ロ)前項(A)から(C)に掲げる場合の他、合併、資本の減少又は普通株式の併合などにより基準価額の調整を必要とする場合には、合併比率、資本の減少の割合、併合割合などに即して、取締役会が適当と判断する価額に変更する。

(ハ)基準価額調整式に使用する1株当たりの時価は、調整後基準価額を適用する日に先立つ45取引日目に始まる30取引日の証券会員制法人福岡証券取引所の開設する市場における当社の普通株式の普通取引の毎取引日の終値(気配表示を含む。)の平均値(終値のない日数を除く。円位未満小数第2位まで算出し、その小数第2位を四捨五入する。)とする。

(ニ)基準価額調整式に使用する調整前基準価額は、調整後基準価額を適用する前日において有効な基準価額とし、また、基準価額調整式で使用する既発行普通株式数は、株主割当日がある場合はその日、また株主割当日がない場合は調整後基準価額を適用する日の1ヶ月前の日における当社の発行済普通株式数とする。

(ホ)取得請求により交付する株式の内容

当社普通株式

⑩  優先株式併合・株式分割・株式無償割当て、募集株式等の割当てを受ける権利等

(イ)当社は、法令に定める場合を除き、優先株式については、株式の併合又は分割を行わず、また優先株主に対しては、株式無償割当てを行わない。

(ロ)当社は、優先株主に対しては募集株式又は募集新株予約権もしくは新株予約権付社債の割当てを受ける権利を与えず、新株予約権無償割当てを行わない。

 

(2) 【新株予約権等の状況】

① 【ストックオプション制度の内容】

該当事項はありません。

 

② 【ライツプランの内容】

該当事項はありません。

 

③ 【その他の新株予約権等の状況】

該当事項はありません。

 

 

(3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

 

 

第4四半期会計期間

(2021年7月1日から

2021年9月30日まで)

第84期

(2020年10月1日から

2021年9月30日まで)

当該期間に権利行使された当該行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の数(個)

当該期間の権利行使に係る交付株式数(株)

当該期間の権利行使に係る平均行使価額等(円)

当該期間の権利行使に係る資金調達額(千円)

当該期間の末日における権利行使された当該行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の数の累計(個)

当該期間の末日における当該行使価額修正条項付新株予約権付社債券等に係る累計の交付株式数(株)

当該期間の末日における当該行使価額修正条項付新株予約権付社債券等に係る累計の平均行使価額等(円)

当該期間の末日における当該行使価額修正条項付新株予約権付社債券等に係る累計の資金調達額(千円)

 

 

(4) 【発行済株式総数、資本金等の推移】

 

年月日

発行済株式
総数増減数
(株)

発行済株式
総数残高
(株)

資本金増減額
 
(千円)

資本金残高
 
(千円)

資本準備金
増減額
(千円)

資本準備金
残高
(千円)

2008年2月1日

(注)

7,102,000

△500,000

413,675

500,000

 

(注) 2007年12月21日開催の第70期定時株主総会における資本金の額の減少決議に基づくその他資本剰余金への振替であり、減資割合は54.7%であります。 

 

(5) 【所有者別状況】

① 普通株式

2021年9月30日現在

区分

株式の状況(1単元の株式数100株)

単元未満
株式の状況
(株)

政府及び
地方公共
団体

金融機関

金融商品
取引業者

その他の
法人

外国法人等

個人
その他

個人以外

個人

株主数
(人)

6

3

69

4

2

1,287

1,371

所有株式数
(単元)

5,070

16

24,960

121

2

20,847

51,016

400

所有株式数
の割合(%)

9.9

0.0

48.9

0.3

0.0

40.9

100.00

 

(注) 自己株式61,795株は「個人その他」に617単元及び「単元未満株式の状況」に95株を含めて記載しております。

 

② 優先株式

2021年9月30日現在

区分

株式の状況(1単元の株式数100株)

単元未満
株式の状況
(株)

政府及び
地方公共
団体

金融機関

金融商品
取引業者

その他の
法人

外国法人等

個人
その他

個人以外

個人

株主数
(人)

1

1

所有株式数
(単元)

20,000

20,000

所有株式数
の割合(%)

100.00

100.00

 

 

(6) 【大株主の状況】

所有株式数別

 

 

2021年9月30日現在

氏名又は名称

住所

所有株式数
(千株)

発行済株式
(自己株式を
除く。)の
総数に対する
所有株式数
の割合(%)

株式会社FCP18

福岡市博多区上川端町12-20

2,000

28.41

伊藤忠丸紅住商テクノスチール
株式会社

東京都千代田区大手町1-6-1

290

4.12

株式会社福岡銀行

福岡市中央区天神2-13-1

245

3.48

日鉄建材株式会社

東京都千代田区外神田4-14-1

220

3.12

株式会社西日本シティ銀行

福岡市博多区博多駅前3-1-1

191

2.71

株式会社にしけい

福岡市博多区店屋町5-10

188

2.67

日本乾溜工業従業員持株会

福岡市東区馬出1-11-11

169

2.41

大阪中小企業投資育成株式会社

大阪市北区中之島3-3-23

134

1.90

JFE建材株式会社

東京都港区港南1-2-70

123

1.75

神鋼建材工業株式会社

兵庫県尼崎市丸島町46

120

1.70

日本乾溜工業取引先持株会

福岡市東区馬出1-11-11

108

1.54

3,788

53.82

 

(注)  株式会社FCP18が所有する2,000千株については、第1回優先株式につき、法令に別段の定めがある場合を除き、定款の定めにより株主総会において議決権を有しておりません。

 

所有議決権数別

2021年9月30日現在

氏名又は名称

住所

所有議決権数
(個)

総株主の議決権
に対する
所有議決権数
の割合(%)

伊藤忠丸紅住商テクノスチール
株式会社

東京都千代田区大手町1-6-1

2,900

5.75

株式会社福岡銀行

福岡市中央区天神2-13-1

2,450

4.86

日鉄建材株式会社

東京都千代田区外神田4-14-1

2,200

4.36

株式会社西日本シティ銀行

福岡市博多区博多駅前3-1-1

1,910

3.78

株式会社にしけい

福岡市博多区店屋町5-10

1,880

3.73

日本乾溜工業従業員持株会

福岡市東区馬出1-11-11

1,697

3.36

大阪中小企業投資育成株式会社

大阪市北区中之島3-3-23

1,340

2.65

JFE建材株式会社

東京都港区港南1-2-70

1,230

2.44

神鋼建材工業株式会社

兵庫県尼崎市丸島町46

1,200

2.38

日本乾溜工業取引先持株会

福岡市東区馬出1-11-11

1,082

2.14

17,889

35.49

 

 

 

(7) 【議決権の状況】

① 【発行済株式】

2021年9月30日現在

区分

株式数(株)

議決権の数(個)

内容

無議決権株式

優先株式

「1 株式等の状況」の「(1)株式の総数等」の「② 発行済株式」の注記参照

2,000,000

議決権制限株式(自己株式等)

議決権制限株式(その他)

完全議決権株式(自己株式等)

(自己保有株式)

普通株式

61,700

 

議決権内容に何ら限度のない当社における標準となる株式

完全議決権株式(その他)

普通株式

5,039,900

 

50,399

同上

単元未満株式

普通株式

400

 

同上

発行済株式総数

7,102,000

総株主の議決権

50,399

 

(注) 「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式95株が含まれております。

 

② 【自己株式等】

2021年9月30日現在

所有者の氏名
又は名称

所有者の住所

自己名義
所有株式数
(株)

他人名義
所有株式数
(株)

所有株式数
の合計
(株)

発行済株式
総数に対する
所有株式数
の割合(%)

(自己保有株式)

日本乾溜工業株式会社

福岡市東区馬出1-11-11

61,700

61,700

0.87

61,700

61,700

0.87

 

 

2 【自己株式の取得等の状況】

 

【株式の種類等】

会社法第155条第7号による普通株式の取得

 

(1)【株主総会決議による取得の状況】

 該当事項はありません。

 

(2)【取締役会決議による取得の状況】

 該当事項はありません。

 

(3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

 

区分

株式数(株)

価額の総額(千円)

当事業年度における取得自己株式

33

22

当期間における取得自己株式

 

(注)  当期間における取得自己株式には、2021年12月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りによる株式数は含めておりません。

 

 

(4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

 

区分

当事業年度

当期間

株式数(株)

処分価額の総額
(千円)

株式数(株)

処分価額の総額
(千円)

引き受ける者の募集を行った
取得自己株式

消却の処分を行った取得自己株式

合併、株式交換、株式交付、
会社分割に係る移転を行った
取得自己株式

その他(  ―  )

保有自己株式数

61,795

61,795

 

(注) 当期間における保有自己株式には、2021年12月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りによる株式数は含めておりません。

 

3 【配当政策】

当社は、株主各位への利益還元を経営の重要課題と認識しており、安定的な経営基盤の確保に努め、株主配当につきましても、安定的に継続することを基本方針としております。

当事業年度の剰余金の配当につきましては、事業年度の業績、今後の事業展開及び財務状況並びに株主の皆様への利益配分等を総合的に勘案し、普通株式につきましては、1株当たり12円の配当としております。また、第1回優先株式につきましては発行要領の定めに従い、1株当たり8円の配当としております。

内部留保資金の使途につきましては、今後の事業展開への備えとしていくこととしております。

なお、当社は、期末配当と中間配当の年2回の剰余金の配当を行うことができる旨を定款に定めております。剰余金の配当の決定機関は、期末配当については株主総会、中間配当については取締役会であります。

 

(注)基準日が当事業年度に属する剰余金の配当は、以下のとおりであります。

決議年月日

株式の種類