EDINET閲覧(提出)サイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)をもとに上場企業サーチ作成

本ページはEDINETに提出された開示情報を上場企業サーチが加工/編集したものであり、記載された情報の正確性および完全性について上場企業サーチは一切の保証を行いません。本ページの情報を利用する際は自己の責任で判断頂き、意思決定に際しては適宜EDINETや提出会社が公開するオリジナルを参照する様にしてください。本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

【表紙】

 

【提出書類】

有価証券報告書

【根拠条文】

金融商品取引法第24条第1項

【提出先】

関東財務局長

【提出日】

2021年6月25日

【事業年度】

第120期(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)

【会社名】

昭和産業株式会社

【英訳名】

Showa Sangyo Co., Ltd.

【代表者の役職氏名】

代表取締役社長執行役員  新妻 一彦

【本店の所在の場所】

東京都千代田区内神田2丁目2番1号

【電話番号】

03(3257)2036

【事務連絡者氏名】

財務部経理センター課長  萩尾 勇一

【最寄りの連絡場所】

東京都千代田区内神田2丁目2番1号

【電話番号】

03(3257)2036

【事務連絡者氏名】

財務部経理センター課長  萩尾 勇一

【縦覧に供する場所】

昭和産業株式会社大阪支店

(大阪市北区天満橋1丁目8番30号)

昭和産業株式会社名古屋支店

(名古屋市西区那古野1丁目36番6号)

株式会社東京証券取引所

(東京都中央区日本橋兜町2番1号)

 

E00348 20040 昭和産業株式会社 Showa Sangyo Co., Ltd. 企業内容等の開示に関する内閣府令 第三号様式 Japan GAAP true CTE CTE 2020-04-01 2021-03-31 FY 2021-03-31 2019-04-01 2020-03-31 2020-03-31 1 false false false E00348-000 2021-03-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E00348-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E00348-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00348-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00348-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00348-000 2017-04-01 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00348-000 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00348-000 2016-04-01 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00348-000 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00348-000 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00348-000 2021-03-31 jppfs_cor:ReserveForAdvancedDepreciationOfNoncurrentAssetsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00348-000 2021-03-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00348-000 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00348-000 2021-03-31 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00348-000 2021-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00348-000 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00348-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00348-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00348-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00348-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00348-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00348-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00348-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00348-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ReserveForAdvancedDepreciationOfNoncurrentAssetsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00348-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00348-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00348-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00348-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00348-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E00348-000 2021-03-31 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E00348-000 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00348-000 2021-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00348-000 2021-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E00348-000 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00348-000 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00348-000 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E00348-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No10MajorShareholdersMember E00348-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No9MajorShareholdersMember E00348-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No8MajorShareholdersMember E00348-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row9Member E00348-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row10Member E00348-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row11Member E00348-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row12Member E00348-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row13Member E00348-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row14Member E00348-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row15Member E00348-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row16Member E00348-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row17Member E00348-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ReserveForAdvancedDepreciationOfNoncurrentAssetsMember E00348-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ReserveForAdvancedDepreciationOfNoncurrentAssetsMember E00348-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00348-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00348-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E00348-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00348-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E00348-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00348-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E00348-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00348-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E00348-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00348-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember E00348-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00348-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E00348-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00348-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E00348-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00348-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00348-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E00348-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00348-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E00348-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00348-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember E00348-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00348-000 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E00348-000:StarchesAndSweetenersBusinessReportableSegmentsMember E00348-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E00348-000:StarchesAndSweetenersBusinessReportableSegmentsMember E00348-000 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E00348-000:StarchesAndSweetenersBusinessReportableSegmentsMember E00348-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E00348-000:StarchesAndSweetenersBusinessReportableSegmentsMember E00348-000 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E00348-000:FlourMillingBusinessReportableSegmentsMember E00348-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E00348-000:FlourMillingBusinessReportableSegmentsMember E00348-000 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E00348-000:FlourMillingBusinessReportableSegmentsMember E00348-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00348-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00348-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00348-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00348-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E00348-000:DirectorsExcludingAuditAndSupervisoryCommitteeMember E00348-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row27Member E00348-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row28Member E00348-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row29Member E00348-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row30Member E00348-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row23Member E00348-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row24Member E00348-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row25Member E00348-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row26Member E00348-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row8Member E00348-000 2019-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00348-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E00348-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:UnallocatedAmountsAndEliminationMember E00348-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E00348-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00348-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00348-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E00348-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E00348-000 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00348-000 2021-03-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E00348-000 2021-06-25 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E00348-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E00348-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithNoVotingRightsMember E00348-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsTreasurySharesEtcMember E00348-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsOtherMember E00348-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E00348-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesTreasurySharesSharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E00348-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesReciprocalHoldingSharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E00348-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithFullVotingRightsOtherMember E00348-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsOtherMember E00348-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesLessThanOneUnitMember E00348-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesLessThanOneUnitMember E00348-000 2021-06-25 jpcrp030000-asr_E00348-000:KazuhikoNiitsumaMember E00348-000 2021-06-25 jpcrp030000-asr_E00348-000:ToshiyukiKanekoMember E00348-000 2021-06-25 jpcrp030000-asr_E00348-000:SusumuOyanagiMember E00348-000 2021-06-25 jpcrp030000-asr_E00348-000:JunjiKokuryoMember E00348-000 2021-06-25 jpcrp030000-asr_E00348-000:TatsuyaYamaguchiMember E00348-000 2021-06-25 jpcrp030000-asr_E00348-000:TakashiYanagiyaMember E00348-000 2021-03-31 jpcrp_cor:CorporateSharedMember E00348-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:CorporateSharedMember E00348-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row35Member E00348-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row34Member E00348-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row34Member E00348-000 2021-06-25 jpcrp030000-asr_E00348-000:YukihiroYoshidaMember E00348-000 2021-06-25 jpcrp030000-asr_E00348-000:NorioSaitoMember E00348-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row33Member E00348-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row33Member E00348-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row32Member E00348-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row32Member E00348-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row18Member E00348-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row19Member E00348-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row20Member E00348-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row21Member E00348-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row22Member E00348-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row6Member E00348-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row24Member E00348-000 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E00348-000:VegetableOilsPastaAndPremixBusinessReportableSegmentsMember E00348-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E00348-000:VegetableOilsPastaAndPremixBusinessReportableSegmentsMember E00348-000 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E00348-000:VegetableOilsPastaAndPremixBusinessReportableSegmentsMember E00348-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E00348-000:VegetableOilsPastaAndPremixBusinessReportableSegmentsMember E00348-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E00348-000:FlourMillingBusinessReportableSegmentsMember E00348-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E00348-000 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00348-000 2020-03-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E00348-000 2020-03-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E00348-000 2020-03-31 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E00348-000 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00348-000 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00348-000 2020-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E00348-000 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00348-000 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00348-000 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E00348-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E00348-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E00348-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row1Member E00348-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row2Member E00348-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row3Member E00348-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row4Member E00348-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row1Member E00348-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row2Member E00348-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row3Member E00348-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row4Member E00348-000 2021-06-25 jpcrp_cor:Row1Member E00348-000 2021-06-25 jpcrp_cor:Row2Member E00348-000 2021-06-25 jpcrp_cor:Row3Member E00348-000 2021-06-25 jpcrp_cor:Row4Member E00348-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:GeneralReserveMember E00348-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:GeneralReserveMember E00348-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:GeneralReserveMember E00348-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ReserveForAdvancedDepreciationOfNoncurrentAssetsMember E00348-000 2017-03-31 E00348-000 2016-04-01 2017-03-31 E00348-000 2017-04-01 2018-03-31 E00348-000 2021-06-25 E00348-000 2021-03-31 E00348-000 2020-04-01 2021-03-31 E00348-000 2020-03-31 E00348-000 2019-04-01 2020-03-31 E00348-000 2019-03-31 E00348-000 2018-04-01 2019-03-31 E00348-000 2018-03-31 E00348-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00348-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E00348-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E00348-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00348-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00348-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E00348-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00348-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00348-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E00348-000 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00348-000 2019-03-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E00348-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember E00348-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E00348-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E00348-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00348-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E00348-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00348-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E00348-000:KazuhikoNiitsumaMember E00348-000 2021-06-25 jpcrp030000-asr_E00348-000:HidenoriHanadaMember E00348-000 2019-03-31 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E00348-000 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00348-000 2019-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00348-000 2019-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E00348-000 2019-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00348-000 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00348-000 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E00348-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00348-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E00348-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row5Member E00348-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row6Member E00348-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row7Member E00348-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row8Member E00348-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row9Member E00348-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row10Member E00348-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row11Member E00348-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row12Member E00348-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row13Member E00348-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row14Member E00348-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row15Member E00348-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row16Member E00348-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row17Member E00348-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row18Member E00348-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row19Member E00348-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row20Member E00348-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row21Member E00348-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row22Member E00348-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row23Member E00348-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row25Member E00348-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row26Member E00348-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row27Member E00348-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row28Member E00348-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row29Member E00348-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row30Member E00348-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row5Member E00348-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row7Member E00348-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No6MajorShareholdersMember E00348-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No5MajorShareholdersMember E00348-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No4MajorShareholdersMember E00348-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No3MajorShareholdersMember E00348-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No2MajorShareholdersMember E00348-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No1MajorShareholdersMember E00348-000 2021-03-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E00348-000 2021-03-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E00348-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E00348-000 2021-03-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E00348-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E00348-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E00348-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E00348-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E00348-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:OtherReportableSegmentsMember E00348-000 2020-03-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E00348-000 2020-03-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E00348-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No7MajorShareholdersMember E00348-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E00348-000:FlourMillingBusinessReportableSegmentsMember E00348-000 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E00348-000:AnimalFeedBusinessReportableSegmentsMember E00348-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E00348-000:AnimalFeedBusinessReportableSegmentsMember E00348-000 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E00348-000:AnimalFeedBusinessReportableSegmentsMember E00348-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E00348-000:AnimalFeedBusinessReportableSegmentsMember E00348-000 2021-03-31 jpcrp_cor:UnallocatedAmountsAndEliminationMember E00348-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E00348-000:DirectorsAppointedAsAuditAndSupervisoryCommitteeMember E00348-000 2020-03-31 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E00348-000 2020-03-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E00348-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E00348-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E00348-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E00348-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E00348-000 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00348-000 2021-03-31 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00348-000 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00348-000 2021-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00348-000 2021-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00348-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:UnallocatedAmountsAndEliminationMember E00348-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E00348-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00348-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E00348-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E00348-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00348-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00348-000 2021-06-25 jpcrp_cor:Row7Member E00348-000 2021-06-25 jpcrp_cor:Row6Member E00348-000 2021-06-25 jpcrp_cor:Row5Member E00348-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E00348-000:StarchesAndSweetenersBusinessReportableSegmentsMember E00348-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E00348-000:AnimalFeedBusinessReportableSegmentsMember E00348-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E00348-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E00348-000:VegetableOilsPastaAndPremixBusinessReportableSegmentsMember E00348-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp_cor:CorporateSharedMember E00348-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row31Member E00348-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row31Member E00348-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E00348-000:OutsideDirectorOfTheAboveMember E00348-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row42Member E00348-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row42Member E00348-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row41Member E00348-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row41Member E00348-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row40Member E00348-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row40Member E00348-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row39Member E00348-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row39Member E00348-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row38Member E00348-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row38Member E00348-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row37Member E00348-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row37Member E00348-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row36Member E00348-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row36Member E00348-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row35Member E00348-000 2021-06-25 jpcrp030000-asr_E00348-000:NaokoMikamiMember E00348-000 2021-06-25 jpcrp030000-asr_E00348-000:HideyukiTsukagoshiMember xbrli:pure iso4217:JPY iso4217:JPY xbrli:shares xbrli:shares

第一部【企業情報】

第1【企業の概況】

1【主要な経営指標等の推移】

(1)連結経営指標等

回次

第116期

第117期

第118期

第119期

第120期

決算年月

2017年3月

2018年3月

2019年3月

2020年3月

2021年3月

売上高

(百万円)

 

233,206

 

 

233,166

 

 

255,905

 

 

254,017

 

 

255,997

 

経常利益

(百万円)

 

9,514

 

 

7,737

 

 

9,786

 

 

10,160

 

 

9,213

 

親会社株主に帰属する当期純利益

(百万円)

 

6,167

 

 

4,893

 

 

7,254

 

 

6,764

 

 

10,115

 

包括利益

(百万円)

 

7,819

 

 

6,737

 

 

6,321

 

 

5,917

 

 

12,815

 

純資産額

(百万円)

 

75,368

 

 

81,049

 

 

86,211

 

 

88,721

 

 

103,080

 

総資産額

(百万円)

 

164,959

 

 

170,544

 

 

174,711

 

 

173,451

 

 

213,309

 

1株当たり純資産額

(円)

 

2,318.46

 

 

2,476.29

 

 

2,622.82

 

 

2,738.26

 

 

3,079.85

 

1株当たり当期純利益

(円)

 

194.26

 

 

154.97

 

 

229.65

 

 

216.45

 

 

319.67

 

潜在株式調整後1株当たり当期純利益

(円)

 

182.11

 

 

142.95

 

 

211.85

 

 

199.52

 

 

299.41

 

自己資本比率

(%)

 

44.4

 

 

45.8

 

 

47.4

 

 

49.2

 

 

46.7

 

自己資本利益率

(%)

 

8.7

 

 

6.5

 

 

9.0

 

 

8.0

 

 

10.9

 

株価収益率

(倍)

 

15.1

 

 

17.8

 

 

13.1

 

 

14.8

 

 

9.7

 

営業活動によるキャッシュ・フロー

(百万円)

 

19,098

 

 

9,582

 

 

18,590

 

 

15,634

 

 

13,769

 

投資活動によるキャッシュ・フロー

(百万円)

 

9,923

 

 

11,773

 

 

8,208

 

 

7,599

 

 

26,376

 

財務活動によるキャッシュ・フロー

(百万円)

 

4,753

 

 

404

 

 

7,525

 

 

4,686

 

 

13,800

 

現金及び現金同等物の期末残高

(百万円)

 

6,276

 

 

3,680

 

 

6,538

 

 

9,885

 

 

11,160

 

従業員数

(名)

 

2,103

 

 

2,139

 

 

2,376

 

 

2,421

 

 

2,899

 

 

(

1,059

)

(

1,082

)

(

2,029

)

(

2,144

)

(

2,353

)

(注)1 売上高には、消費税等は含まれておりません。

2 従業員数は、就業人員数を表示しております。従業員数欄の( )は、臨時従業員の年間平均雇用人員を示し、外書であります。

3 2017年10月1日付で普通株式5株につき1株の割合で株式併合を実施しております。これに伴い、1株当
たり純資産額、1株当たり当期純利益および潜在株式調整後1株当たり当期純利益は、当該株式併合が第116期の期首に行われたと仮定して算定しております。

4 「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を第118期の期首から適用しており、第117期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。

 

(2)提出会社の経営指標等

回次

第116期

第117期

第118期

第119期

第120期

決算年月

2017年3月

2018年3月

2019年3月

2020年3月

2021年3月

売上高

(百万円)

 

156,542

 

 

156,614

 

 

163,715

 

 

163,575

 

 

157,392

 

経常利益

(百万円)

 

7,574

 

 

6,137

 

 

7,789

 

 

7,686

 

 

6,906

 

当期純利益

(百万円)

 

5,211

 

 

3,096

 

 

6,232

 

 

4,084

 

 

4,973

 

資本金

(百万円)

 

12,778

 

 

12,778

 

 

12,778

 

 

12,778

 

 

12,778

 

発行済株式総数

(株)

164,849,898

 

32,969,979

 

32,969,979

 

32,969,979

 

32,969,979

 

純資産額

(百万円)

 

61,330

 

 

63,994

 

 

67,834

 

 

67,549

 

 

75,712

 

総資産額

(百万円)

 

130,528

 

 

133,270

 

 

133,830

 

 

132,224

 

 

158,058

 

1株当たり純資産額

(円)

 

1,942.54

 

 

2,026.30

 

 

2,146.81

 

 

2,167.85

 

 

2,340.49

 

1株当たり配当額

(円)

 

10.00

 

 

30.00

 

 

60.00

 

 

65.00

 

 

65.00

 

(1株当たり中間配当額)

(

5.00

)

(

5.00

)

(

25.00

)

(

30.00

)

(

30.00

)

1株当たり当期純利益

(円)

 

164.12

 

 

98.05

 

 

197.28

 

 

130.69

 

 

157.16

 

潜在株式調整後1株当たり当期純利益

(円)

 

153.86

 

 

90.45

 

 

181.99

 

 

120.47

 

 

147.20

 

自己資本比率

(%)

 

47.0

 

 

48.0

 

 

50.7

 

 

51.1

 

 

47.9

 

自己資本利益率

(%)

 

8.7

 

 

4.9

 

 

9.5

 

 

6.0

 

 

6.9

 

株価収益率

(倍)

 

17.9

 

 

28.2

 

 

15.2

 

 

24.6

 

 

19.8

 

配当性向

(%)

 

30.5

 

 

51.0

 

 

30.4

 

 

49.7

 

 

41.4

 

従業員数

(名)

 

1,165

 

 

1,168

 

 

1,176

 

 

1,202

 

 

1,244

 

 

(

103

)

(

106

)

(

120

)

(

130

)

(

138

)

株主総利回り

(%)

 

128.3

 

 

123.0

 

 

135.5

 

 

147.4

 

 

145.7

 

(比較指標:配当込みTOPIX)

(%)

(

114.7

)

(

132.9

)

(

126.2

)

(

114.2

)

(

162.3

)

最高株価

(円)

 

639

 

 

2,980

 

 

3,095

 

 

3,265

 

 

3,645

 

 

 

 

 

(

627

)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最低株価

(円)

 

416

 

 

2,692

 

 

2,701

 

 

2,853

 

 

3,000

 

 

 

 

 

(

563

)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(注)1 売上高には、消費税等は含まれておりません。

2 従業員数は、就業人員数を表示しております。従業員数欄の( )は、臨時従業員の年間平均雇用人員を示し、外書であります。

3 2017年10月1日付で普通株式5株につき1株の割合で株式併合を実施しております。これに伴い、1株当
たり純資産額、1株当たり当期純利益および潜在株式調整後1株当たり当期純利益は、当該株式併合が第116期の期首に行われたと仮定して算定しております。また第117期の株価については、株式併合後の最高・最低株価を記載し、株式併合前の最高・最低株価は()にて記載しております。

4 第117期の1株当たり配当額30.00円は、2017年10月1日付による株式併合前の中間配当額5.00円と株式併合後の期末配当額25.00円であります。

5 「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を第118期の期首から適用しており、第117期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。

6 最高株価及び最低株価は東京証券取引所(市場第一部)におけるものであります。

2【沿革】

 当社は、1936年2月18日肥料、小麦粉、植物油脂等の製造販売を目的として創立いたしました。引続き飼料、水飴、精麦、大豆蛋白繊維等の製造販売を目的に加え、事業を開始いたしました。

 創立後今日までの経過の概要は、下記のとおりであります。

1936年2月

昭和産業株式会社創立(資本金250万円)

本店を登記上宮城県宮城郡に設置、実際の業務は東京営業所(京橋区)にて開始

1936年5月

鶴見工場建設

1936年8月

赤塚(後に水戸と改称)工場建設

1937年10月

関西工場建設

1937年12月

上尾工場建設

1938年3月

日本加里工業㈱、日本肥料㈱、昭和製粉㈱を吸収合併し、藤沢、横浜、船橋、太田、大島の5工場が加わる

1938年7月

一之宮工場建設

1942年~

1945年

戦時統制の強化、企業整備令、戦災などにより、一之宮、関西、横浜、藤沢、大島の5工場を失い、肥料、大豆蛋白繊維の各事業を廃止

1948年8月

ぶどう糖の製造販売を目的に追加 本格的発売

1949年5月

東京証券取引所市場第一部に上場

1949年5月

鶴見工場復興

1950年12月

本店を東京都千代田区に移転

1953年11月

当社グループの販売網形成を目的に昭産商事㈱を設立

1955年5月

精麦事業廃止

1961年10月

大阪証券取引所市場第一部に上場

1964年4月

船橋新工場建設 旧工場は閉場、売却

1967年4月

神戸工場建設

1973年5月

本社現社屋完成 一部を賃貸し不動産の賃貸事業本格化

1973年11月

太田工場閉場

1973年12月

鹿島工場建設

1976年11月

中京地区における澱粉、ぶどう糖の製造販売を目的に敷島スターチ㈱へ資本参加

1980年5月

不動産の賃貸を目的に昭産開発㈱を設立

1981年4月

上尾工場閉場

1985年12月

九州産業㈱と九州昭産飼料㈱を合併し、九州地区における配合飼料製造販売を目的に九州昭和産業㈱を設立

1988年3月

水戸工場閉場

1988年6月

㈱コビトを吸収合併

1989年11月

冷凍・冷蔵倉庫を擁する㈱ショウレイを設立

1991年4月

神港製粉㈱を吸収合併

1991年12月

鶏卵の購入販売を目的に昭和鶏卵㈱を設立

1992年10月

北海道の小麦粉製造販売会社である木田製粉㈱へ資本参加

1993年1月

当社関係会社への経営コンサルティングを目的に㈱昭産ビジネスサービスを設立

1993年2月

冷凍食品の製造販売を目的に新潟エリート食品㈱を設立

1993年12月

中京地区の小麦粉製造販売会社である㈱内外製粉へ資本参加

2002年8月

当社の冷凍食品販売業務を新潟エリート食品㈱へ移管

新潟エリート食品㈱は昭和冷凍食品㈱に名称変更

2003年5月

鶴見工場閉場

2005年3月

パンの製造販売を目的に㈱スウィングベーカリーを設立

2009年11月

2014年3月

関西地区の小麦粉製造販売会社である奥本製粉㈱へ資本参加

中京地区の小麦粉製造販売会社であるセントラル製粉㈱へ資本参加

2015年5月

2018年4月

 

2020年7月

2020年12月

冷凍パン生地の製造販売を目的にグランソールベーカリー㈱を設立

関東地区の冷凍パン生地の製造、焼成体制の強化を目的にガーデンベーカリー㈱および同社子会社であるタワーベーカリー㈱並びにスターベーカリー㈱へ資本参加

植物油の製造販売会社であるボーソー油脂㈱および同社子会社5社へ資本参加

糖化品、乳酸菌の製造販売会社であるサンエイ糖化㈱へ資本参加

 

3【事業の内容】

 当社グループは、当社、子会社30社および関連会社14社により構成されており、小麦粉、植物油、糖化製品等の食品と飼料の製造販売を主要な内容とし、他に倉庫業、不動産の賃貸、運輸、外食等の事業を行っております。

 当社グループの事業に係わる位置付けおよびセグメントとの関連は次のとおりであります。なお、以下に示す区分は、セグメントと同一の区分であります。

 また、当連結会計年度より、報告セグメントの区分を変更しております。詳細は、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項(セグメント情報等)」をご参照下さい。

 

<製粉事業>

 当社は小麦粉およびプレミックス等の製造販売を行っており、連結子会社昭産商事㈱は当社製品を購入して販売しております。連結子会社奥本製粉㈱、木田製粉㈱、㈱内外製粉、セントラル製粉㈱、非連結子会社1社および関連会社5社は小麦粉等の製造販売を行い、当社はそれらの製品の一部を購入して販売しております。㈱スウィングベーカリー、グランソールベーカリー㈱、ガーデンベーカリー㈱、タワーベーカリー㈱、連結子会社1社はコンビニエンスストア向けのパン類の製造販売を行っております。

 

<油脂食品事業>

 当社は植物油・業務用食材・二次加工食品等の製造販売を行っており、連結子会社昭産商事㈱は当社製品を購入して販売しております。連結子会社ボーソー油脂㈱および連結子会社5社は油脂、脱脂粕等の製造販売を行っております。連結子会社昭和冷凍食品㈱、非連結子会社2社および関連会社2社は冷凍食品等の製造販売を行っております。

連結子会社㈱オーバンはたい焼き等を中心にチェーン展開を行うとともに、FC店へ業務用食材の卸売りを行っております。

 

<糖質事業>

 当社は糖化製品およびコーンスターチ等の製造販売を行っており、連結子会社昭産商事㈱は当社製品を購入して販売しております。連結子会社敷島スターチ㈱およびサンエイ糖化㈱は糖化製品およびコーンスターチ等の製造販売を、関連会社新日本化学工業㈱は食品用酵素等の製造販売を行っており、当社はその製品の一部を購入しております。

 

<飼料事業>

 当社は関連会社鹿島飼料㈱他に配合飼料の生産を委託して販売しております。連結子会社昭産商事㈱は当社製品を購入して販売しております。連結子会社九州昭和産業㈱および関連会社1社は、配合飼料の製造販売、畜産物等の販売を行っており、連結子会社昭和鶏卵㈱および関連会社1社は洗卵・選別による鶏卵の販売等を行っております。

 

<その他>

 当社および関連会社鹿島サイロ㈱他1社は当社他穀物の荷役・保管、連結子会社㈱ショウレイは当社グループ他の冷凍食品等の保管、当社および連結子会社昭産開発㈱は建物等の賃貸事業、連結子会社昭産運輸㈱、非連結子会社1社および関連会社1社は当社製品等の輸送、連結子会社㈱昭産ビジネスサービスは当社の関係会社に対して金銭の貸付を含むコンサルタント業を行っております。

 

 事業の系統図は次の通りであります。

 

0101010_001.png

 

4【関係会社の状況】

(1)連結子会社

名称

住所

資本金

(百万円)

主要な事業の内容

議決権の

関係内容

所有割合

(%)

役員の

兼任等

営業上の取引

資金援助

昭産商事㈱

東京都板橋区

391

製粉事業

油脂食品事業

糖質事業

飼料事業

96.2

当社製品の販売

貸付金※

奥本製粉㈱

大阪府貝塚市

88

製粉事業

80.2

同社製品を購入し販売

木田製粉㈱

北海道札幌市

北区

222

製粉事業

100.0

同社製品を購入し販売

㈱内外製粉

三重県三重郡

川越町

101

製粉事業

100.0

同社製品を購入し販売

貸付金※

セントラル製粉㈱

愛知県知多市

100

製粉事業

54.9

同社製品を購入し販売

貸付金※

㈱スウィングベーカリー

千葉県印西市

100

製粉事業

100.0

固定資産の賃貸

貸付金※

グランソールベーカリー㈱

茨城県神栖市

100

製粉事業

100.0

固定資産の賃貸

貸付金※

ガーデンベーカリー㈱

東京都昭島市

100

製粉事業

66.6

貸付金※

タワーベーカリー㈱

埼玉県越谷市

100

製粉事業

80.0

(80.0)

当社製品の購入

貸付金※

ボーソー油脂㈱

千葉県船橋市

100

油脂食品事業

100.0

同社製品を購入し販売

昭和冷凍食品㈱

新潟県新潟市

南区

100

油脂食品事業

100.0

固定資産の賃貸

貸付金※

㈱オーバン

東京都板橋区

36

油脂食品事業

100.0

(100.0)

当社製品の販売

敷島スターチ㈱

三重県鈴鹿市

300

糖質事業

100.0

同社製品を購入し販売

貸付金※

サンエイ糖化㈱

愛知県知多市

400

糖質事業

100.0

九州昭和産業㈱

鹿児島県

志布志市

300

飼料事業

78.7

固定資産の賃貸

貸付金※

昭和鶏卵㈱

埼玉県入間郡

三芳町

100

飼料事業

100.0

固定資産の賃貸

貸付金※

㈱ショウレイ

千葉県船橋市

101

その他

100.0

当社及び関係会社の製品等の一部の保管

固定資産の賃貸

昭産開発㈱

埼玉県上尾市

101

その他

100.0

固定資産の賃貸

貸付金※

昭産運輸㈱

千葉県船橋市

10

その他

100.0

当社製品等の輸送

㈱昭産ビジネスサービス

東京都千代田区

10

その他

100.0

関係会社に対する金銭の貸付

その他6社

 

 

 

 

 

 

 

 

(2)持分法適用会社

名称

住所

資本金

(百万円)

主要な事業の内容

議決権の

所有割合

(%)

関係内容

役員の

兼任等

営業上の取引

資金援助

名古屋埠頭サイロ㈱

愛知県名古屋市

昭和区

195

製粉事業

44.6

(11.2)

関係会社の穀物の一部の荷役・保管

國成麵粉股份有限公司

台湾

桃園市

百万NT$

610

製粉事業

40.0

新日本化学工業㈱

愛知県安城市

96

糖質事業

24.9

同社製品の購入

中一食品股份有限公司

台湾

台南市

百万NT$

1,200

飼料事業

35.0

鹿島サイロ㈱

茨城県神栖市

450

その他

33.3

当社及び関係会社の穀物の一部の荷役・保管

志布志サイロ㈱

鹿児島県

志布志市

1,200

その他

25.0

関係会社の穀物の一部の荷役・保管

(注)1 「主要な事業の内容」欄には、セグメント情報に記載された名称を記載しています。

2 「当社の議決権の所有割合」欄の(内書)は間接所有であります。

3 上記の子会社のうち、昭産商事㈱は特定子会社であります。

4 上記の会社は、有価証券届出書及び有価証券報告書を提出していません。

5 昭産商事㈱については、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の連結売上高に占める割合が10%を超えています。

主要な損益情報等

①売上高

47,852

百万円

 

②経常利益

392

 〃

 

③当期純利益

264

 〃

 

④純資産額

3,605

 〃

 

⑤総資産額

14,417

 〃

6 資金援助のうち、貸付金※は連結子会社の㈱昭産ビジネスサービスからの貸付によるものであります。

5【従業員の状況】

(1)連結会社の状況

 

2021年3月31日現在

セグメントの名称

従業員数(名)

製粉事業

974

(1,850)

油脂食品事業

768

(293)

糖質事業

506

(50)

飼料事業

171

(118)

その他

157

(42)

全社

323

 

合計

2,899

(2,353)

(注)1 従業員数は就業人員であります。

2 従業員数欄の( )は、臨時従業員の年間平均雇用人員を示し、外書であります。

3 当連結会計年度より、報告セグメントの区分を変更しております。詳細は「第5 経理の状況 1.連結財務諸表等 注記事項 (セグメント情報等) 4 報告セグメントの変更等に関する事項」をご参照下さい。

4 従業員数が前連結会計年度と比べて478名増加いたしましたのは、主にボーソー油脂株式会社およびその子会社5社とサンエイ糖化株式会社を連結子会社としたためであります。

 

(2)提出会社の状況

 

 

 

 

2021年3月31日現在

従業員数(名)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(円)

1,244

(138)

39.4

15.9

6,920,274

 

セグメントの名称

従業員数(名)

製粉事業

384

(37)

油脂食品事業

332

(48)

糖質事業

131

(26)

飼料事業

27

(9)

その他

47

(18)

全社

323

 

合計

1,244

(138)

(注)1 従業員数は就業人員であります。

2 平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでいます。

3 従業員数欄の( )は、臨時従業員の年間平均雇用人員を示し、外書であります。

4 当連結会計年度より、報告セグメントの区分を変更しております。詳細は「第5 経理の状況 1.連結財務諸表等 注記事項 (セグメント情報等) 4 報告セグメントの変更等に関する事項」をご参照下さい。

 

(3)労働組合の状況

 特記事項はありません。

 

第2【事業の状況】

1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

 文中における将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。

 

(1) 経営戦略(長期ビジョン・中期経営計画)

 当社グループは「人々の健康で豊かな食生活に貢献する」ことをグループ経営理念とし、1936年の設立以来、小麦、大豆、菜種、トウモロコシなどの穀物を、小麦粉、プレミックス、植物油、糖化製品、配合飼料などに加工し、

「食」を通じた社会への貢献を志してまいりました。一層の発展のため、創立90周年にあたる2025年度のありたい姿(長期ビジョン)「SHOWA Next Stage for 2025」を策定し、その実現に向けては、3年間の中期経営計画を3次にわたり展開しております。

 

 1st Stageとなる「中期経営計画17-19」では「ありたい姿の実現に向けた足場固め」を基本方針として、収益基盤の強化に取り組んでまいりました。2020年4月よりスタートしました2nd Stage「中期経営計画20-22」は「確立」のステージとして位置付け、当社グループならではの新しい価値をステークホルダーの皆様にお届けすべく、基本コンセプト「SHOWA New Value Creation」を掲げ、基盤事業をより一層盤石にし、成長事業の育成に取り組んでおります。

 

■「SHOWA Next Stage for 2025」の内容

 

ありたい姿

全てのステークホルダーに満足を提供する

 “穀物ソリューション・カンパニー Next Stage”

~幹を太くし、枝葉を広げ、世の中のためになる果実を育てる~

方 針

昭和産業グループならではの複合系シナジーソリューションを進化させると共に、ESG視点での取り組みも強化し、企業価値の向上に努めてまいります。

 

0102010_001.png

 

 

 

 

 

 

 

■「中期経営計画20-22」について

 

 「中期経営計画20-22」は、長期ビジョンの中間地点であることから、「確立」のステージとして位置づけ、当社グループならではの新しい価値をステークホルダーの皆様にお届けすべく、基本コンセプト「SHOWA New Value Creation~SHOWAだからできる新たな価値とは~」を掲げ、基盤事業の盤石化と成長事業の育成に取り組んでまいります。なお、「中期経営計画20-22」では長期ビジョンの数値目標の達成にむけたマイルストーンとして引き続き数値目標を掲げるとともに、基本戦略③「社会的課題解決への貢献」における非財務目標を掲げ、事業活動を通してESG経営を推進するCSV戦略を更に展開してまいります。

 

〔基本方針〕

 基盤事業の盤石化と成長事業の育成

 

〔基本戦略〕

① 基盤事業の強化

・グループ会社間の連携強化によるサプライチェーン改革

・シェア拡大に向けた生産能力増強・ソリューション提案強化

・高付加価値商品の開発

② 事業領域の拡大

・消費スタイル変化に伴う国内外の新たな領域・地域での市場拡大

③ 社会的課題解決への

  貢献

・事業活動を通してESG経営を推進することで、新たな価値を創出し、持続可能な社会の実現に貢献(CSV戦略の更なる展開)

④ プラットフォームの

  再構築

・イノベーション創出に向けた経営基盤の確立

・事業ポートフォリオ管理体制の強化

⑤ ステークホルダー

  エンゲージメントの

  強化

・自らの透明性を高め、ステークホルダーの皆様から信頼されるため、対話を強化し、パートナーシップを更に推進

 

 [数値目標]                     [非財務目標]

 連結売上高 (※1)

2,800億円

 

CO2排出量  (※2)

26%削減

連結経常利益

130億円

食品ロス  (※3)

5%以上削減

ROE

9.0%以上

女性管理職数(※4)

2倍以上

※1)「収益認識に関する会計基準」等適用による影響(売上高の減少)を含む      ※2)グループ全体2030年度目標 対2013年度

                                          ※3)昭和産業単体2022年度目標 対2016年度~2018年度平均

                                          ※4)昭和産業単体2022年度目標 対2016年度~2018年度平均

 

(2) 対処すべき課題

 当社グループを取り巻く環境は、新型コロナウイルス感染症の影響により、経済・社会活動が制限され、依然として厳しい状況が続いております。

 「マクロ環境」「ビジネス環境」「市場環境」の3つの視点で事業環境を分析し、「新しい基軸によるニーズの高まり」や、「最新技術を利用した飛躍的な生産性の向上」、「消費・ライフスタイルの変化に伴う新たな領域・地域での市場拡大」等を、中期的な新たな事業機会と認識しております。当社グループは、多種多様な穀物を扱う穀物ソリューション・カンパニーとして、その総合力、技術力を活用し、「中期経営計画20-22」の5つの基本戦略に沿って、長期ビジョンの実現に向けて取り組んでまいります。

 

0102010_002.png

 

■「中期経営計画20-22」の基本戦略

[基本戦略① 基盤事業の強化]

・プレミックスの生産能力増強を目的として約56億円を投資し、船橋工場内に新プレミックス工場を建設しており、予定している2022年6月操業開始に向け、順調に工事が進んでおります。新工場では、最新の自動化設備やIoTによる高い生産性と、生産リードタイムの短縮・多品種小ロット生産を実現させます。

・食用油の生産能力増強を目的として約29億円を投資し、鹿島工場内にある製油工場の抽出工程を最新設備に更新いたしました。

・糖質事業では、国内での安定供給体制を一層強固なものとし、更なる生産性向上を図ることを目的に、サンエイ糖化株式会社を完全子会社化いたしました。両社の販売チャネルや原料調達力、技術力、研究開発力、マーケティング機能等を融合することで、新たな価値の創出を実現してまいります。

・荷役効率の改善を目的として約10億円を投資し、鹿島工場のニューマチックアンローダー(穀物荷役設備)を更新いたしました。これにより、電力を22%削減いたします。

 

[基本戦略② 事業領域の拡大]

・台湾大成集団のグループ会社である、「國成麵粉股份有限公司」および「中一食品股份有限公司」が実施する第三者割当増資による株式を引き受け、台湾における「製粉事業」「飼料事業(鶏卵)」に新たに参入いたしました。両社とも、海外では当社グループ初の持分法適用会社となりました。

・当社グループが取り扱う油種の品揃え拡大を目的に、米油を取り扱うボーソー油脂株式会社を完全子会社化いたしました。両社の持つ経営資源や知見を相互に活用し、製造体制の統合や両社の商材と販路の活用等を行うことにより、両社における事業のシナジーを最大化させてまいります。

・健康志向の高まりから需要が拡大している大豆たん白食品につきましては、家庭用新商品として、ミンチタイプの大豆ミート「まめたん」と、大豆たんぱく(大豆ミート)入りのコーンのポタージュ「美活ポタジェ 大豆たんぱくとコーンのポタージュ」の2品を発売いたしました。引き続き、業務用・家庭用の両面から大豆たん白の販売強化を図ってまいります。

・新規事業として参入を進めているアグリビジネスについては、鹿島第二工場内に人工光型植物工場の実験プラントを建設し、操業を開始いたしました。

 

[基本戦略③ 社会的課題解決への貢献]

・「持続可能な生産活動」への取り組みとして、約5億円を投資して鹿島工場コージェネレーション設備の燃料を石炭から都市ガスにシフトする燃料転換工事を実施しております。本工事により、石炭の使用を廃止し、当社グループ全体の生産活動によるCO2排出量を約20%(2013年度対比)削減いたします。

・当社バイオマスと、サトウキビ由来の植物性プラスチックを合計44%使用したごみ袋の実証実験を、当社がオフィシャルパートナーを務める鹿島アントラーズのホームスタジアムであるカシマサッカースタジアムにて実施しております。

・女性活躍推進法に基づき、女性活躍推進に積極的に取り組む企業として、厚生労働大臣認定「えるぼし」(2つ星)を当社として初めて取得いたしました。今後も従業員一人ひとりが活躍できる職場作りに取り組み、ダイバーシティを推進してまいります。

 

[基本戦略④ プラットフォームの再構築]

 イノベーション創出に向けた経営基盤を確立するため、以下の取り組みを進めております。

・顧客課題解決型の提案を行う営業組織として、2021年4月1日付で営業部門にソリューション営業部を新設しております。

・課題解決力の深化とイノベーションの促進を基本コンセプトとして、2021年4月1日付で新人事制度を導入しております。これにより、効果的な人材育成と経営目標達成に向けた活動の促進を図ります。

 

[基本戦略⑤ ステークホルダーエンゲージメントの強化]

・当社グループの価値創造の源泉や将来に向けた価値創造ストーリーについて、ステークホルダーの皆様により深くご理解いただくことを目的として、当社グループとして初となる「統合報告書2020」を発行いたしました。今後も、経営の透明性を高め、ステークホルダーとの対話を強化し、パートナーシップを更に推進します。

 

2【事業等のリスク】

 当社グループでは、年1回、経営目標の達成を阻害する可能性のあるリスクを洗い出し、それらについて「経営への影響度」と「発生可能性」で構成されるリスク基準により評価を行い、リスクの重要度を決定するリスクアセスメントを行っております。これらに基づき、リスク毎に対策を立案しており、万一発生した場合においても影響の極小化に努めております。特に重要度の高いリスクについては、リスクマネジメント委員会にて対応状況をモニタリングし、改善・指導を行う事で対策実行を支援するとともに、リスク低減に向けた継続的なリスクマネジメント活動を展開しております。

 認識しているリスクの内、当社グループの経営成績、株価および財政状態等に影響を及ぼす可能性が特に高いと判断しているリスクには以下のようなものがあります。

 また、各リスク項目毎の文末における[ ]につきましては、リスクが顕在化した際、当社グループが掲げております、長期ビジョンの※基本戦略の内、主に影響を受ける戦略を示しております。
(※基本戦略につきましては「1 経営方針、経営環境及び対処すべき課題等 「中期経営計画20-22」について 基本戦略」をご参照下さい。)
 なお、文中における将来に関する事項は、有価証券報告書提出日現在において当社グループが判断したものであります。

 

(1)穀物原料調達

 当社グループにおける主要製品の原料となる小麦、大豆、菜種、トウモロコシなどの穀物原料は、主に海外から調達しています。そのため、原料コストは、穀物相場、為替相場及び海上輸送運賃の変動による影響を受けます。また、小麦については主に国の麦政策に基づく売渡制度により調達していることから、国際貿易交渉の進展等により、その管理手法に大幅な変更があった場合には影響を受ける可能性があります。

 穀物相場や為替相場の急激な高騰は、製品原価を押し上げ、当社グループの経営成績を大きく左右する可能性があります。為替相場の変動リスクを軽減するために先物為替予約取引を含むデリバティブ金融商品を一部利用していますが、予め決められたルールに基づき、影響を最小限に抑えるべく原料価格に見合った適正な製品価格への転嫁、コスト削減施策の実施などに努めております。

 また、穀物原料を継続的に確保するために、生産地での異常気象や輸出国の物流障害等に備えて調達供給地域の分散を図っております。特に小麦については、我が国の主要食糧の安定供給を図る観点から国が一元的に輸入しておりますが、不測の事態に備えて2.3ヶ月分の備蓄在庫を保有しています。飼料穀物は、災害発生などの緊急時の復旧期間を3週間と想定して当社関連会社の穀物サイロ会社において備蓄在庫を保有しております。

[長期ビジョンへの影響:基本戦略①/②]

 

(2)製品安全

 食品の安全性に対する消費者の意識は年々高まっており、法律や国からの指導、安全基準についても一段と厳しくなっております。

 当社グループは、食品の安全・安心を確実に実行していくために、HACCPを柱としてISO22000、GFSI認証スキームであるFSSC22000、ISO9001、AIBフードセーフティシステムを包括した当社独自の「食品安全・品質マネジメントシステム(FSQMS)」を運用し、予防的な対策と継続的な改善を行っています。また、万が一にも製品の安全・安心に懸念が生じた場合に備えて、製品回収の仕組み・手順を構築しております。

 健康被害や法令違反が疑われる場合は、緊急製品安全委員会で対応を検討の上で製品の回収を決定し、社告やホームページなどで開示する体制をとっております。ただし、これらの想定範囲を超えた事象が発生した場合、原材料の調達不能による操業の停止、製品回収によるコストアップ、一時的な出荷不能に伴う売上高の減少、信用低下に伴う顧客離れによる中長期的な売上高の減少が発生し、当社グループの経営成績や財政状態に影響を与える可能性があります。また、BSE、口蹄疫、鳥インフルエンザ、豚熱などの家畜伝染病の発生による配合飼料販売への影響などにつきましては、当社グループを含む飼料畜産業界全体に影響を与える可能性があります。

[長期ビジョンへの影響:基本戦略①/②/③]

 

(3)災害

 将来発生が想定される大型地震(南海トラフ巨大地震、首都直下地震など)や、近年多発している気候変動が主因と考えられる風水害(台風・大雨など)などの自然災害は当社グループとしても重大なリスクと認識しております。

 当社グループは、生産拠点として全国各地に工場を有しております。これら工場設置地域においては、安全管理体制の確立や設備補強などの災害対策を講じておりますが、想定以上の大規模災害が発生した場合には、従業員の出勤不能、工場の操業停止による製品供給体制の停滞等を招き、当社グループの経営成績や財政状態に影響を与える可能性があります。

 災害対策として、平常時においては毎年災害訓練のほか、災害備蓄物資等の点検、整備を行うとともに、災害対策委員会を定期的に開催し、災害発生時の情報ルートや連絡手段の整備等の改善・見直しを行っております。万が一、災害が発生した場合、先ず従業員とその家族の安否を確認の上、災害対策規程に基づき、非常災害にかかる応急措置を迅速・的確に実施して被害の軽減を図ってまいります。

 また、事業継続の観点から必要となるシステムについては、直下型地震が発生する等の最悪の事態を想定し、システムがダウンした場合、直ちに予備機に切り替えて事業を継続できる体制を整えております。これに加え今後は、グループ会社を含めたBCP体制の構築を進めてまいります。

[長期ビジョンへの影響:基本戦略:基本戦略①/②/③/④]

 

(4)情報管理

 ICTの発展に伴いサイバー攻撃の手口も年々高度化・巧妙化するなど、当社グループを取り巻く経営環境において、サイバーリスクは高まっております。

 当社グループでは、リスクマネジメント委員会傘下の部会として情報セキュリティ委員会を年2回開催し、セキュリティ対策の検討・見直しを継続的に実施しており、当事業年度においては統合セキュリティ管理システムを導入しました。また、近年では年々増加する標的型メール攻撃に対する訓練やeラーニング、各部署に配置した「IT推進者」への教育の徹底や人的対応力強化に注力しております。ただし、当社グループの想定を上回る新手のサイバー攻撃を受けた場合、システム停止による製品供給の遅れ、情報漏洩による損害賠償、信用低下による顧客離れ等による売上高の減少など、当社グループの経営成績や財政状態に影響を与える可能性があります。

[長期ビジョンへの影響:基本戦略①/④]

 

(5)資産運用

 当社グループにおける退職給付費用及び退職給付債務の算定につきましては、割引率等数理計算における前提条件及び年金資産の時価や長期期待運用収益率に基づくため、実際の結果が想定した前提条件などと異なり、年金資産の積立不足を補填する必要が生じた場合、追加的掛金拠出等により、当社グループの経営成績や財政状態に影響を与える可能性があります。当社グループでは財務リスクの圧縮と社員の福利厚生の充実を目的に、企業年金制度の一部にDC(確定拠出型年金)を導入しております。

 また、当社は営業戦略上の目的で株式を保有しておりますが、経済情勢の変化などによる企業の倒産や株価下落等により、当社グループの投資有価証券に影響を与える可能性があります。保有する株式については毎年1回、取締役会において、個別の政策保有株式の保有の適否について、株式動向や取引実績などを総合的に勘案して検証を行い、保有の是非についての報告を行っています。保有の妥当性が認められない場合は、適宜、縮減に取り組んでおります。

[長期ビジョンへの影響:基本戦略①]

 

(6)世界規模での感染症拡大(パンデミック)

 当社グループでは、新型ウイルスによる感染症が拡大した場合においても、操業を維持するための体制整備を行っております。平常時はリスクマネジメント委員会を中心として感染症に関する情報収集、事前準備等の対策を行っております。また、万が一、感染者が出た場合あるいはその蓋然性が高まった場合には、危機管理規程に基づき社長を本部長とする感染症対策本部を設置し、感染症のまん延、及び事業継続に向けて適宜適切に対応する体制を整えています。ただし、パンデミックが発生した場合には、従業員の出勤停止による生産調整等、製品供給体制の停滞を招き、当社グループの経営成績や財政状態に影響を与える可能性があります。

 現在、世界的に感染が拡大しております新型コロナウイルス感染症に対しては、社長を本部長とする「感染症対策本部」を設置し、出勤前の検温確認による出勤管理、不要不急の国内外出張の自粛、テレワーク(在宅勤務)、時差出勤の推奨、オンライン会議の活用など密集化防止のための施策など、感染拡大防止と社員の健康管理を徹底する対策を講じております。万が一、従業員に感染が確認された場合は、速やかに当該従業員の行動履歴調査による濃厚接触者の特定、及び当該事業所の消毒などを実施いたします。なお、従業員に濃厚接触者が発生した場合は、2週間の自宅待機と毎日の検温等による体調管理を徹底いたします。

 ただし、今後事態が長期化した場合、消費動向の変化による影響や予想を超えた数の従業員・お取引先様の感染などにより、当社グループの生産活動や販売活動など、事業活動全般が制約される事で、当社グループの経営成績や財政状態に影響を与える可能性があります。

 当社グループとしましては、今後も引き続き、お取引先様、お客様及び当社グループ従業員・家族の安全と健康を最優先に、食品メーカーとして安全・安心・安定供給の責任を果たすべく、事業の継続に努めてまいります。

[長期ビジョンへの影響:基本戦略①/②/③/④]

 

(7)企業買収及び合弁事業

 当社グループは、長期ビジョンの基本戦略となる「基盤事業の強化」及び「事業領域の拡大」を実現するための手段として国内外の企業買収や海外現地パートナーとの合弁等の可能性を常に検討しております。

 企業買収や合弁事業の実施にあたっては、当社グループ独自に策定したガイドラインに基づいた検証・審査プロセスを実施すると共に、外部専門家を活用することでリスクの低減を図っております。しかし、対象となる事業の環境変化等により、当初の想定通りにシナジー効果等が創出できない場合、当社グループの期待する成果が得られない可能性があります。また、企業買収等に伴い計上したのれん及び顧客関連資産については、それぞれの事業価値及び将来の収益力を適切に反映したものと考えておりますが、対象となる事業において当初想定していた収益力が低下するなどの理由により減損損失が発生し、当社グループの経営成績や財政状態に影響を与える可能性があります。

[長期ビジョンへの影響:基本戦略①/②]

 

3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

(1)経営成績等の状況の概要

 当連結会計年度における当社グループ(当社、連結子会社及び持分法適用会社)の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下、「経営成績等」という。)の状況の概要は次のとおりであります。

 

①財政状態及び経営成績の状況

1) 経営成績の状況

 当連結会計年度の我が国経済は、新型コロナウイルス感染症の影響により、経済・社会活動が制限され、極めて厳しい状況が続きました。ウィズコロナに対応した生活様式の定着や、国内でのワクチン接種も始まりましたが、一方で、同ウイルス変異株による新規感染者が増加する等、いまだ感染収束の見通しは立っておらず、依然として厳しい状況が続いております。

 さらに、原料穀物におきましても、中国の堅調な需要や米国、南米の天候不順による減産観測から国際相場は上昇を続けており、市場は価格高騰を危惧する状況となっております。

 このような状況の中、当社90周年を迎える2025年度のありたい姿(長期ビジョン)「SHOWA Next Stage for 2025」の実現に向け、2nd Stage「中期経営計画20-22」を昨年4月にスタートいたしました。5つの基本戦略「①基盤事業の強化」「②事業領域の拡大」「③社会的課題解決への貢献」「④プラットフォームの再構築」「⑤ステークホルダーエンゲージメントの強化」の各種施策の推進に努めてまいります。

 当連結会計年度では、「①基盤事業の強化」の施策については、糖質事業において国内での安定供給体制を一層強固なものとし、更なる生産性向上を図ることを目的に、サンエイ糖化株式会社を子会社化いたしました。両社の販売チャネルや原料調達力、技術力、研究開発力、マーケティング機能等を融合することで、新たな価値の創出を実現してまいります。

 「②事業領域の拡大」の施策については、台湾大成集団のグループ会社である「國成麵粉股份有限公司」および「中一食品股份有限公司」が実施する第三者割当増資による株式を引き受け、台湾において新たに「製粉事業」「飼料事業(鶏卵)」に参入いたしました。両社は当社の持分法適用会社となりました。

 さらに、当社グループが取り扱う油種の品揃えの拡大を目的に、米油を取り扱うボーソー油脂株式会社を子会社化いたしました。両社の持つ経営資源や知見を相互に活用し、製造体制の統合や両社の商材と販路の活用等を行うことにより、両社における事業のシナジーを最大化させてまいります。

 当連結会計年度の経営成績は、連結売上高が255,997百万円と前年同期に比べ1,980百万円(0.8%)の増収となりました。営業利益は7,594百万円と前年同期に比べ1,214百万円(13.8%)の減益、経常利益は9,213百万円と前年同期に比べ947百万円(9.3%)の減益、親会社株主に帰属する当期純利益は10,115百万円と前年同期に比べ3,351百万円(49.5%)の増益となりました。

 

 セグメント別の業績は次のとおりであります。

 なお、当連結会計年度より、報告セグメントの区分を変更しており、以下の前年同期比較については、前年同期の数値を変更後のセグメント区分に組み替えた数値で比較しております。

 詳細は「第5 経理の状況 1.連結財務諸表等 注記事項 (セグメント情報等) 4 報告セグメントの変更等に関する事項」をご参照下さい。

 

<製粉事業>

 製粉事業につきましては、マーケット分析力を生かし、ターゲット業態別での提案型営業の強化を行ってまいりました。新型コロナウイルス感染症の影響による内食需要の高まりから、中華麺用・日本麺用小麦粉の販売は好調でしたが、一方で外出自粛の影響から、外食や土産品向け等は厳しい環境となりました。また、コンビニエンスストア向けの日配品においても、来客数の減少等により販売数量は減少しました。冷凍食品やテイクアウト等の新たな市場や需要への取り組みを行ってまいりましたが、業務用小麦粉、業務用プレミックス(加工用プレミックス)、ふすまとも販売数量につきましては、前年同期を下回りました。販売価格につきましては、輸入小麦の政府売渡価格が昨年4月に平均3.1%(税込価格)引き上げられ、10月に平均4.3%(税込価格)引き下げられたことを受け、小麦粉製品の価格改定を実施いたしました。

 これらの結果、製粉事業の売上高は74,315百万円と前年同期に比べ5,520百万円(6.9%)の減収、営業利益は1,704百万円と前年同期に比べ1,153百万円(40.4%)の減益となりました。

 

<油脂食品事業>

 油脂食品事業につきましては、業務用では油脂と食材(ミックス・パスタ)のシナジー効果を生かし、課題解決型の営業活動を強化してまいりました。他部門と連携を図ることで販売拡大と新たな販路開拓に取り組んだことに加え、ボーソー油脂株式会社を子会社化したことにより、業務用油脂の販売数量は、前年同期を上回りました。一方で、新型コロナウイルス感染症の影響が続き、主要販売先の外食産業が大幅に売上減少したこと等から、業務用食材の販売数量につきましては、前年同期を下回りました。

 家庭用では、他部門と連携した組織営業の推進に努めてまいりました。新型コロナウイルス感染症の影響が長期化し、巣ごもり需要に伴う内食消費傾向が続いたことにより、家庭用食用油、家庭用小麦粉、プレミックス(お好み焼粉、ホットケーキミックス等)、パスタの販売数量につきましては、前年同期を上回りました。

 これらの結果、油脂食品事業の売上高は88,533百万円と前年同期に比べ6,905百万円(8.5%)の増収、営業利益は3,118百万円と前年同期に比べ621百万円(16.6%)の減益となりました。

 なお、当連結会計年度より業績管理区分を見直したことから、従来「製粉事業」に区分していた冷凍食品業を「油脂食品事業」に区分する変更を行っております。

 

<糖質事業>

 糖質事業につきましては、当社子会社である敷島スターチ株式会社やサンエイ糖化株式会社との連携を図り、価格改定や、提案型営業の強化による低分解水あめ、粉あめなどの独自商品群の拡販に努めてまいりました。新型コロナウイルス感染症の影響が長期化したことにより厳しい市場環境が続きましたが、糖化品の販売数量につきましては、サンエイ糖化株式会社を子会社化したことにより前年同期を上回りました。コーンスターチの販売数量につきましては、ビール用途等の需要が減少し前年同期を下回りました。加工でん粉の販売数量につきましても、食品用途・工業用途ともに需要が減少したことから前年同期を下回りました。

 これらの結果、糖質事業の売上高は36,607百万円と前年同期に比べ1,921百万円(5.5%)の増収、営業利益は1,677百万円と前年同期に比べ550百万円(48.8%)の増益となりました。

 

<飼料事業>

 飼料事業につきましては、鶏卵、豚肉等の畜産物の販売支援による畜産生産者との取り組み強化、顧客の抱える様々な課題に対する解決策の提案、高利益商材の拡販に努めてまいりました。配合飼料の販売数量につきましては、前年同期を上回りました。鶏卵の販売数量につきましては、前年同期を下回りました。配合飼料の販売価格につきましては、ほぼ前年並みとなりました。また、鶏卵相場が前年同期を下回る水準で推移したことから、鶏卵の販売価格につきましては、前年同期を下回りました。

 これらの結果、飼料事業の売上高は51,620百万円と前年同期に比べ984百万円(1.9%)の減収、営業利益は1,017百万円と前年同期に比べ255百万円(33.4%)の増益となりました。

 

<その他>

 倉庫業につきましては、新型コロナウイルス感染症の影響による荷動きの停滞で貨物収容スペースが圧迫される中、隣接する当社関連サイロ会社との連携を図り、効率的な荷役に努めてまいりました。不動産業につきましては、継続して所有物件の資産価値向上に努め、リーシングによる売り上げ拡大を図ってまいりました。また、新規事業として植物工場の操業を開始いたしました。

 これらの結果、保険代理業、自動車等リース業、運輸業等もあわせたその他の売上高は4,921百万円と前年同期に比べ341百万円(6.5%)の減収、営業利益は1,826百万円と前年同期に比べ146百万円(7.4%)の減益となりました。

 なお、当連結会計年度より業績管理区分を見直したことから、従来の「倉庫事業」と「不動産事業」を「その他」に区分する変更を行っております。

 

2) 財政状態の状況

 総資産は、213,309百万円と前連結会計年度に比べ39,857百万円増加しております。主な増加要因は、たな卸資産が8,202百万円増加したこと、投資有価証券が7,430百万円増加したことであります。

 負債は、110,229百万円と前連結会計年度に比べ25,498百万円増加しております。主な増加要因は、有利子負債が14,775百万円増加したことであります。

 純資産は、103,080百万円と前連結会計年度に比べ14,358百万円増加しております。主な増加要因は、親会社株主に帰属する当期純利益10,115百万円の計上により増加したこと、自己株式の減少により2,553百万円増加したことであります。一方、主な減少要因は、配当金の支払による2,047百万円の減少であります。

 これらの結果、自己資本比率は49.2%から46.7%となりました。

 

②キャッシュ・フローの状況

 当連結会計年度の営業活動によるキャッシュ・フローは、税金等調整前当期純利益11,422百万円、減価償却費8,816百万円及び売上債権の減少や仕入債務の増加等による資金の増加がありましたが、負ののれん発生益3,463百万円、法人税等の支払2,517百万円及びたな卸資産の増加等があった結果、合計では13,769百万円の収入となり、前連結会計年度に比べ1,864百万円(11.9%)収入が減少しました。

 投資活動によるキャッシュ・フローは、連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得14,366百万円、有形固定資産の取得10,506百万円及び関係会社株式の取得2,630百万円等で資金を使用した結果、合計では26,376百万円の支出となり、前連結会計年度に比べ18,776百万円(247.1%)支出が増加しました。

 財務活動によるキャッシュ・フローは、配当金の支払2,047百万円及び長期借入金の返済1,640百万円等がありましたが、社債の発行17,912百万円等により13,800百万円の収入となりました。

 以上の結果、当連結会計年度末の現金及び現金同等物の残高は11,160百万円となり、前連結会計年度末に比べ1,274百万円(12.9%)の増加となりました。

 

③生産、受注及び販売の実績

 1) 生産実績

 当連結会計年度における生産実績をセグメントごとに示すと、次のとおりとなります。

セグメントの名称

生産高(百万円)

前年同期比(%)

製粉事業

67,476

△4.6%

油脂食品事業

52,276

16.4%

糖質事業

26,188

2.3%

飼料事業

25,687

2.9%

その他

11

合計

171,640

3.3%

(注)1 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

2 金額は製造原価によっており、セグメント間取引については相殺消去しております。

3 当該内容は、製品ベースの生産実績によっております。

 

 2) 受注実績

 当社グループは、受注生産を行っておりません。

 

 3) 販売実績

 当連結会計年度における販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりとなります。

セグメントの名称

販売高(百万円)

前年同期比(%)

製粉事業

74,315

△6.9%

油脂食品事業

88,533

8.5%

糖質事業

36,607

5.5%

飼料事業

51,620

△1.9%

その他

4,921

△6.5%

合計

255,997

0.8%

(注)1 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

2 セグメント間取引については相殺消去しております。

3 総販売実績に対する主要な取引先の販売実績の割合が10%未満のため、記載を省略しております。

 

(2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

 経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりであります。なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものであります。

 

①重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

 当社グループにおける重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定については、「第5 経理の状況 1.連結財務諸表等 注記事項(重要な会計上の見積り)」をご参照下さい。

 なお、新型コロナウイルス感染症拡大による影響に関する仮定については「第5 経理の状況 1.連結財務諸表等 注記事項(追加情報)」をご参照下さい。

 

②財政状態及び経営成績の分析・検討内容

 「(1)経営成績等の状況の概要 ①財政状態及び経営成績の状況」をご参照下さい。

 

③キャッシュ・フローの状況の分析・検討内容並びに資本の財源及び資金の流動性の分析

1) キャッシュ・フローの状況の分析・検討内容

「(1)経営成績等の状況の概要 ②キャッシュ・フローの状況」をご参照下さい。

 

2) 財務政策
 当社グループは、経済環境や金利動向を考慮しながら、「金利優位性の高い資金を、必要な金額だけ、安定的に調達すること」を基本方針とし、事業運営上必要な資金の確保及び経済環境の急激な変化に耐えうる流動性の維持に努めております。
 当連結会計年度末における自己資本比率は46.7%ですが、この水準を維持するとともに、㈱日本格付研究所における格付(A-、安定的)の維持、向上を目指してまいります。

 

3) 資金需要
 当社グループの運転資金需要のうち主なものは、当社グループ製品製造のための原材料の購入等の製造費並びに販売費及び一般管理費等の営業費用によるものです。営業費用の主なものは人件費及び発送配達費です。
 投資資金需要のうち主なものは、製造工場の設備新設、維持、更新等、基盤事業における生産効率向上のための設備投資です。
 また、長期ビジョン実現のための資金需要として、将来の企業価値の源泉となる投資については、財務健全性の維持と資本効率性の向上を考慮しながら積極的且つ継続的に実施していく方針です。

 

4) 資金調達
 当社グループの調達手段として、長期運転資金及び設備投資資金については、原則営業活動により得られたキャッシュ・フロー及び金融機関からの長期借入を基本とし、必要に応じて社債等による資金調達も実施してまいります。短期資金調達については、営業活動により得られたキャッシュ・フロー、コマーシャル・ペーパーの発行及び金融機関からの短期借入を基本としております。
 また、当社グループは、当社及び国内連結子会社にキャッシュ・マネジメント・システム(CMS)を導入し、グループ内資金を一元管理しております。グループ内の余剰資金を集中、配分することで、コスト低減に努めつつ資金の流動性確保、資金効率の向上及び金融負債の極小化を図っております。さらに、緊急時の流動性確保への備えとして、複数年のコミットメントライン契約を締結しております。

 

④新型コロナウイルス感染症の影響

「2.事業等のリスク (6)世界規模での感染症拡大(パンデミック)」をご参照下さい。

 

4【経営上の重要な契約等】

その他の経営上の重要な契約は次のとおりであります。

 

会社名

契約締結先

契約内容

契約締結年月日

有効期間

当社

鹿島飼料㈱

配合飼料委託加工製造契約

1992年4月1日

1994年3月31日まで、以降1年毎延長。

但し、期間満了3ヶ月前までに書面による申出によって終了できる。

 

(株式譲渡契約)

 当社は、2020年7月20日開催の取締役会において、サンエイ糖化株式会社(以下「サンエイ糖化」)の発行済株式の全てを取得することを決議し、同日付でサンエイ糖化の株主である三井物産株式会社(以下「三井物産」)との間で株式譲渡契約を締結し、株式譲渡実行日を2020年10月1日に予定していることを公表いたしました。

 その後、公正取引委員会による審査が当初の想定よりも長期化していることから、当社と三井物産との間で株式譲渡契約の変更契約書を締結した上で、株式譲渡実行日を延期しておりましたが、公正取引委員会より排除措置命令を行わない旨の通知を受領し、独占禁止法に定める株式取得の禁止期間が経過したことから、2020年12月11日付で三井物産との間で株式譲渡契約の変更契約書を締結し、2020年12月24日に当該譲渡を完了いたしました

 

5【研究開発活動】

 当社グループの研究開発は、基盤事業の持続的成長に貢献するため、新製品開発や新たな分野への挑戦に繋がる創造的な新技術の開発に注力しております。また、生産技術力向上、食品の安全・安心を確保する技術の確立に取り組んでいます。
 千葉県船橋市にあるRD&Eセンターを主な研究開発拠点として業務に取り組み、研究開発力、事業化推進力などの強化を図るため、大学や公的研究機関との連携のほか、他業種との交流を行っております。そして、お客様をはじめ社内外とのコミュニケーションの活性化を図り、複合系シナジーソリューションの提供に努めております。

 セグメントごとの研究開発活動は以下のとおりであります。

 

<製粉事業>

 製粉工程の効率化や小麦粉品質安定化など製粉技術の向上に関する研究のほか、パン・菓子用や麺用の小麦粉、パン・菓子用プレミックス、バッターミックス、冷凍パン生地などの各種製品開発および各顧客のニーズに応じた改良を主として食品加工メーカーやコンビニエンスストア向けに行いました。また、5種の国産原料を使用した汎用性の高い業務用プレミックス『香味五穀マルチミックス ~国産ブレンド~』を開発し、商品化しました。

 なお、製粉事業に係る研究開発費の金額は952百万円です。

 

<油脂食品事業>

 油脂および大豆たん白製品の製造技術向上に関する研究や、様々な用途に合わせた機能で差別化した業務用油脂製品、および業務用食材としてNBおよび各顧客向け天ぷら粉、から揚げ粉などのプレミックス製品の開発、改良を行いました。それら業務用製品は、食品加工メーカー、外食チェーンやスーパーのバックヤード向けに供給しております。また、油脂製品とプレミックス製品との最適な利用方法の研究・提案を行い、当社グループのシナジー効果を活かすことに努めております。

 また、家庭用食材として、2020年9月に『味覇(ウェイパァー)から揚げ粉』『健康こめ油』などを、2021年3月に『まんまるおおきなホットケーキのもと』『しあわせの生食パンミックス』『もう包まない!混ぜ餃子の素』などを開発し、商品化しました。

 なお、油脂食品事業に係る研究開発費の金額は342百万円です。

 

<糖質事業>

 トウモロコシからコーンスターチを製造する工程の最適化研究や、加工でん粉、粉末水あめやオリゴ糖など食品加工特性などに特徴がある糖質の研究開発を行っており、新たに糖化製品を2品上市しました。機能性を有する製品においては、お客様への提案に繋げる取り組みとして用途開発も進めており、各種飲料、菓子、乳製品など幅広い用途で、お客様のニーズに合わせた提案を多数行いました

 なお、糖質事業に係る研究開発費の金額は203百万円です。

 

<飼料事業>

 採卵鶏用飼料や豚用飼料における機能素材の給与効果や、加工特性に優れた特殊卵に関する研究開発、加工卵の製造方法に関する検討を行いました。また、当社グループおよび外食チェーンのお客様における食品廃棄物などを飼料に有効活用する研究を進めております。
 なお、飼料事業に係る研究開発費の金額は各セグメントに含まれない基礎的研究開発費の金額に含まれています。

 

(注) 基礎的研究開発費の金額991百万円についてはセグメント分類上全社費用として取り扱っております。

 

第3【設備の状況】

1【設備投資等の概要】

 当社グループは、生産設備の合理化、生産体制の効率化、製品の安全性の強化や需要増加への対応及び研究開発の促進のため、投資内容を厳選し投資を行っております。当連結会計年度の設備投資の内訳は、以下のとおりであります。

セグメントの名称

当連結会計年度(百万円)

前年同期比(%)

製粉事業

4,533

44.6

油脂食品事業

4,066

82.0

糖質事業

1,289

△36.9

飼料事業

458

△43.2

その他

1,442

4.3

11,791

22.7

全社

643

601.6

合計

12,434

28.2

(注)1 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

2 当連結会計年度より、報告セグメントの区分を変更しております。詳細は「第5 経理の状況 1.連結財務諸表等 注記事項 (セグメント情報等) 4 報告セグメントの変更等に関する事項」をご参照下さい。

 

<製粉事業>

 主に当社船橋工場における二次加工食品製造設備への投資を行っております。

 

<油脂食品事業>

 主に当社鹿島工場における油脂原料搾油設備への投資を行っております。

 

<糖質事業>

 主に当社鹿島工場における糖質製造設備への投資を行っております。

 

<飼料事業>

 主に生産体制の効率化を中心とした投資を行っております。

 

<その他>

 主に当社鹿島工場における原料荷役設備への投資を行っております。

 

<全社>

 主に当社における基礎的試験研究用資産への投資を行っております。

 

 また、所要資金は主に自己資金、借入金によっております。

 なお、重要な設備の除却又は売却はありません。

 

2【主要な設備の状況】

(1)提出会社

 

 

 

 

 

 

2021年3月31日現在

事業所名

(所在地)

セグメントの

名称

設備の内容

帳簿価額(百万円)

従業

員数

(名)

建物及び

構築物

機械装置

及び

運搬具

土地

(面積㎡)

リース

資産

その他

合計

本社 ※2

(東京都千代田区)

製粉事業

油脂食品事業

糖質事業

飼料事業

その他

オフィス及びテナントビル

589

3

7

61

62

723

345

(1,016)

(46)

鹿島工場

(茨城県神栖市他)

製粉事業

油脂食品事業

糖質事業

その他

小麦粉、植物油、植物蛋白、糖質、二次加工食品製造設備、倉庫荷役・保管設備

9,479

11,332

3,471

16

141

24,441

333

(326,837)

(38)

神戸工場

(兵庫県神戸市東灘区)

製粉事業

油脂食品事業

その他

小麦粉、植物油、二次加工食品製造設備、倉庫荷役・保管設備

2,836

2,281

731

9

76

5,935

136

(72,965)

(7)

船橋工場

(千葉県船橋市)

製粉事業

油脂食品事業

その他

小麦粉、二次加工食品製造設備、倉庫保管設備

1,605

2,770

1,291

7

49

5,725

120

(66,470)

(22)

本八幡ビル他

(千葉県市川市他)

その他

テナントビル他

1,399

79

79

1

1,559

(40,017)

RD&Eセンター他

(千葉県船橋市他)

製粉事業

油脂食品事業

糖質事業

飼料事業

全社

研究施設

1,107

6

58

32

167

1,373

196

(2,993)

(16)

社宅

(茨城県神栖市)

 

従業員用社宅

160

0

373

1

535

(4,388)

(注)1 設備の帳簿価額は、減価償却費控除後のものであります。なお、金額には消費税等は含まれておりません。

※2 本社共同ビルの当社持分の内、一部を連結会社以外に賃貸しております。

3 従業員数の( )内数字は臨時従業員数を示し、外書であります。

 

(2)国内子会社

 

 

 

 

 

 

 

 

2021年3月31日現在

会社名

事業所名

(所在地)

セグメントの

名称

設備の

内容

帳簿価額(百万円)

従業

員数

(名)

建物及び

構築物

機械装置

及び

運搬具

土地

(面積㎡)

リース

資産

その他

合計

昭産商事㈱

本社

(東京都板橋区)

製粉事業

油脂食品事業

糖質事業

飼料事業

その他

オフィス及びテナントビル

326

8

49

10

395

82

[0]

(750)

[0]

(10)

奥本製粉㈱

本社及び工場

(大阪府貝塚市)

製粉事業

油脂食品事業

小麦粉、二次加工食品製造設備

1,497

880

1,790

85

4,253

176

(45,654)

(63)

木田製粉㈱

本社及び工場

(北海道札幌市北区)

製粉事業

小麦粉製造設備

276

220

695

18

1,211

39

(15,907)

(10)

㈱内外製粉

本社及び工場

(三重県三重郡川越町)

製粉事業

小麦粉製造設備

180

62

472

0

8

725

34

(21,603)

(6)

㈱スウィングベーカリー

本社及び工場

(千葉県印西市)

製粉事業

パン生産設備

612

219

346

12

18

1,211

55

(9,911)

(292)

グランソールベーカリー㈱

本社及び工場

(茨城県神栖市)

製粉事業

冷凍パン生地製造設備

1,568

1,448

140

21

3,179

57

(17,353)

(132)

セントラル製粉㈱

本社及び工場

(愛知県知多市)

製粉事業

小麦粉製造設備

388

205

1

26

621

28

<12,718>

(7)

ガーデンベーカリー㈱

本社及び工場

(東京都昭島市)

製粉事業

パン生産設備

487

440

70

22

1,020

89

(14,758)

(837)

タワーベーカリー㈱

本社及び工場

(埼玉県越谷市)

製粉事業

冷凍パン生地製造設備

493

771

50

13

1,329

123

(6,623)

(473)

昭和冷凍食品㈱

本社及び工場

(新潟県新潟市南区)

油脂食品事業

冷凍食品製造設備

183

138

432

2

9

765

73

(12,034)

(94)

ボーソー油脂㈱

工場

(千葉県船橋市他)

油脂食品事業

植物油

精製、抽出設備

111

345

1,566

11

4

2,040

97

(26,423)

(18)

東京油脂㈱

本社及び工場

(千葉県船橋市他)

油脂食品事業

植物油

搾油、充填設備

539

57

978

603

3

2,181

20

(6,900)

(11)

敷島スターチ㈱

本社及び工場

(三重県鈴鹿市)

糖質事業

糖質製造設備

1,133

796

521

5

28

2,486

99

(65,011)

(5)

サンエイ糖化㈱

本社及び工場

(愛知県知多市)

糖質事業

糖質製造設備

1,951

2,242

2,047

19

170

6,431

245

(103,449)

(12)

九州昭和産業㈱

本社及び工場

(鹿児島県志布志市)

飼料事業

配合飼料製造設備

275

271

423

18

988

40

(22,388)

(10)

支店及び工場

(熊本県八代市)

飼料事業

配合飼料製造設備

100

35

0

136

5

<2,975>

(1)

昭和鶏卵㈱

本社及び工場

(埼玉県入間郡三芳町他)

飼料事業

鶏卵パッキング設備

681

120

787

5

1,595

36

(13,350)

(83)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2021年3月31日現在

会社名

事業所名

(所在地)

セグメントの

名称

設備の

内容

帳簿価額(百万円)

従業

員数

(名)

建物及び

構築物

機械装置

及び

運搬具

土地

(面積㎡)

リース

資産

その他

合計

㈱ショウレイ

本社及び倉庫

(千葉県船橋市)

その他

冷凍冷蔵倉庫設備

185

235

139

5

565

16

(7,188)

(3)

昭産開発㈱

本社

(埼玉県上尾市)

その他

オフィス及びテナントビル

1,991

0

19

2,011

8

(12,391)

(7)

(注)1 設備の帳簿価額は、減価償却費控除後のものであります。なお、金額には消費税等は含まれておりません。

2 連結会社間での賃貸借設備については、賃借側の会社の設備に含めて記載しております。

3 土地の< >内数字は連結会社以外からの賃借による面積を示し、外書であります。

4 [ ]内数字は連結会社以外への賃貸設備を示し、内数であります。

5 従業員数の( )内数字は臨時従業員数を示し、外書であります。

 

3【設備の新設、除却等の計画】

(1)重要な設備の新設等

 

会社名

事業所名

所在地

セグメントの名称

設備の

内容

投資予定額

(百万円)

 資金調達方法

着手

年月

完了予定年月

完成後の

増加能力等

総額

既支払額

当社

船橋工場

千葉県

船橋市

製粉事業

油脂食品事業

二次加工

食品製造設備

5,600

1,143

自己資金

2020年

7月

2022年

6月

年間約

28,000t

 

(2)重要な設備の除却等

 特記事項はありません。

 

第4【提出会社の状況】

1【株式等の状況】

(1)【株式の総数等】

①【株式の総数】

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

131,000,000

131,000,000

 

②【発行済株式】

種類

事業年度末現在発行数(株)

(2021年3月31日)

提出日現在発行数

(株)

(2021年6月25日)

上場金融商品取引所

名又は登録認可金融

商品取引業協会名

内容

普通株式

32,969,979

32,969,979

東京証券取引所

(市場第一部)

単元株式数は100株

であります。

32,969,979

32,969,979

(注) 「提出日現在発行数」欄には、2021年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの新株予約権の行使により発行された株式数は含まれておりません。

 

(2)【新株予約権等の状況】

①【ストックオプション制度の内容】

 該当事項はありません。

 

②【ライツプランの内容】

 該当事項はありません。

 

③【その他の新株予約権等の状況】

新株予約権付社債

 会社法に基づき発行した新株予約権付社債は、次のとおりであります。

 第10回無担保転換社債型新株予約権付社債(2016年6月14日発行)

決議年月日

2016年5月30日

新株予約権の数(個)※

4,384[4,363](注)1

新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)※

新株予約権の目的となる株式の種類 ※

普通株式

(単元株式数 100株)

新株予約権の目的となる株式の数(株)※

1,445,085[1,438,050]

新株予約権の行使時の払込金額(円)※

(注)2

新株予約権の行使期間 ※

(注)3

新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額(円)※

(注)4

新株予約権の行使の条件 ※

各本新株予約権の一部については、行使することができない。

新株予約権の譲渡に関する事項 ※

本新株予約権付社債は会社法第254条第2項本文及び第3項本文の定めにより本新株予約権又は本社債の一方のみを譲渡することはできない。

組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項 ※

(注)5

新株予約権の行使の際に出資の目的とする財産の内容及び価額 ※

各本新株予約権の行使に際しては、当該各本新株予約権が付された本社債を出資するものとし、当該本社債の価額は、その払込金額と同額とする。

新株予約権付社債の残高(百万円) ※

4,384[4,363](注)1

※ 当事業年度の末日(2021年3月31日)における内容を記載しております。当事業年度の末日から提出日の前月末現在(2021年5月31日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を[ ]内に記載しており、その他の事項については当事業年度の末日における内容から変更はありません。

(注)1.新株予約権付社債の額面1百万円につき新株予約権1個が割り当てられております。

2.本新株予約権の行使に際して払い込むべき金額

(1)各本新株予約権の行使に際しては、当該各本新株予約権が付された本社債を出資するものとし、当該本社債の価額は、その払込金額と同額とする。

(2)転換価額は、当初、金602円とする。2017年10月1日付で普通株式5株につき1株の割合で株式併合を実施したことに伴い、金3,010円に調整している。

(3)転換価額は、本新株予約権付社債の発行後、当社が時価を下回る払込金額をもって当社普通株式を引き受ける者を募集する場合、下記の算式により調整される。

 

 

 

 

既発行株式数

交付株式数

×

1株当たりの払込金額

調整後転換価額

調整前転換価額

×

時価

既発行株式数+交付株式数

また、転換価額は、当社普通株式の株式分割又は無償割当て、特別配当を実施する場合その他一定の事由が生じた場合にも適宜調整される。

3.2016年8月1日から2021年6月10日までとする。ただし、以下の期間については、行使請求をすることができないものとする。

(1)当社普通株式に係る株主確定日及びその前営業日(振替機関の休業日等でない日をいう。以下同じ。)

(2)振替機関が必要であると認めた日

(3)組織再編行為による繰上償還及び上場廃止等による繰上償還の定めにより2021年6月10日以前に本社債が繰上償還される場合には、当該償還に係る元金が支払われる日の前営業日以降

(4)期限の利益喪失に関する特約の定めにより当社が本社債につき期限の利益を喪失した場合には、期限の利益を喪失した日以降

(5)組織再編行為において承継会社等の新株予約権が交付される場合で、本新株予約権の行使請求の停止が必要なときは、当社が、行使請求を停止する期間(当該期間は1か月を超えないものとする。)その他必要事項をあらかじめ書面により社債管理者に通知し、かつ、当該期間の開始日の1か月前までに必要事項を公告した場合における当該期間

4.(1)本新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式1株の発行価格

本新株予約権の行使により発行する当社普通株式1株の発行価格は、当該行使請求に係る本新株予約権が付された本社債の金額の合計額を、当該各本新株予約権の行使請求により当社が交付する当社普通株式の数で除して得られる金額となる。

(2)本新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金

本新株予約権の行使により株式を発行する場合の増加する資本金の額は、会社計算規則第17条の定めるところに従って算出された資本金等増加限度額に0.5を乗じた金額とし、計算の結果1円未満の端数を生ずる場合は、その端数を切り上げるものとする。増加する資本準備金の額は、資本金等増加限度額より増加する資本金の額を減じた額とする。

5.当社が組織再編行為を行う場合の承継会社等による本新株予約権付社債の承継

(1)当社は、当社が組織再編行為を行う場合(ただし、承継会社等の普通株式が当社の株主に交付される場合に限る。)は、組織再編行為による本社債の繰上償還を行う場合を除き、当該組織再編行為の効力発生日の直前において残存する本新株予約権の新株予約権者に対し、本欄第(2)項に定める内容の承継会社等の新株予約権(以下「承継新株予約権」という。)を交付するものとする。この場合、当該組織再編行為の効力発生日において、本新株予約権は消滅し、本社債に係る債務は承継会社等に承継され(承継会社等に承継された本社債を以下「承継社債」という。)、承継新株予約権は承継社債に付された新株予約権となり、本新株予約権者は承継新株予約権の新株予約権者となる。本新株予約権に関する規定は承継新株予約権について準用する。

(2)承継新株予約権の内容は次に定めるところによる。

①承継新株予約権の数

組織再編行為の効力発生日の直前において残存する本新株予約権の数と同一の数とする。

②承継新株予約権の目的である株式の種類

承継会社等の普通株式とする。

③承継新株予約権の目的である株式の数の算定方法

行使請求に係る承継新株予約権が付された承継社債の金額の合計額を本項第④号に定める転換価額で除して得られる数とする。この場合に1株未満の端数を生じたときはこれを切り捨て、現金による調整は行わない。

④承継新株予約権が付された承継社債の転換価額

承継新株予約権が付された承継社債の転換価額は、組織再編行為の効力発生日の直前に本新株予約権を行使した場合に本新株予約権者が得られるのと同等の経済的価値を、組織再編行為の効力発生日の直後に承継新株予約権を行使したときに受領できるように定めるものとする。なお、組織再編行為の効力発生日以後における承継新株予約権が付された承継社債の転換価額は、本新株予約権に準じた調整を行う。

⑤承継新株予約権の行使に際して出資される財産の内容及びその価額

各承継新株予約権の行使に際しては、当該各承継新株予約権が付された承継社債を出資するものとし、当該承継社債の価額は、本社債の払込金額と同額とする。

⑥承継新株予約権を行使することができる期間

組織再編行為の効力発生日(当社が行使請求を停止する期間を定めた場合には、当該組織再編行為の効力発生日又は当該停止期間の末日の翌銀行営業日のうちいずれか遅い日)から本新株予約権の行使請求期間の末日までとする。

⑦承継新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金

承継新株予約権の行使により株式を発行する場合の増加する資本金の額は、会社計算規則第17条の定めるところに従って算出された資本金等増加限度額に0.5を乗じた金額とし、計算の結果1円未満の端数を生ずる場合は、その端数を切り上げるものとする。増加する資本準備金の額は、資本金等増加限度額より増加する資本金の額を減じた額とする。

⑧その他の承継新株予約権の行使の条件

各承継新株予約権の一部については、行使することができない。

⑨承継新株予約権の取得事由

 取得事由は定めない。

 

(3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

 該当事項はありません。

 

(4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

年月日

発行済株式

総数増減数

(株)

発行済株式

総数残高

(株)

資本金増減額

(百万円)

資本金残高

(百万円)

資本準備金

増減額

(百万円)

資本準備金

残高

(百万円)

2017年10月1日

△131,879,919

32,969,979

12,778

3,270

(注) 2017年6月28日開催の第116回定時株主総会決議により、2017年10月1日付で普通株式5株につき1株の割合で株式併合を行っております。

 

(5)【所有者別状況】

 

 

 

 

 

 

 

 

2021年3月31日現在

区分

株式の状況(1単元の株式数100株)

単元未満

株式の状況

(株)

政府及び

地方公共

団体

金融機関

金融商品

取引業者

その他の

法人

外国法人等

個人

その他

個人以外

個人

株主数(人)

34

24

255

139

4

11,959

12,415

所有株式数

(単元)

113,402

4,942

113,329

25,734

96

71,051

328,554

114,579

所有株式数

の割合(%)

34.52

1.50

34.49

7.83

0.03

21.63

100.00

(注) 議決権行使の基準日現在の自己株式は621,084株であり、「個人その他」に6,210単元及び「単元未満株式の状況」に84株含まれております。また、証券保管振替機構名義の株式は1,480株で、「その他の法人」に14単元及び「単元未満株式の状況」に80株含まれております。

 

(6)【大株主の状況】

 

 

2021年3月31日現在

氏名又は名称

住所

所有株式数

(千株)

発行済株式(自己株式を除く。)の総数に対する所有株式数の割合(%)

伊藤忠商事㈱

東京都港区北青山2丁目5-1

2,540

7.9

㈱千葉銀行

千葉県千葉市中央区千葉港1-2

1,542

4.8

三井物産㈱

(常任代理人㈱日本カストディ銀行)

東京都千代田区大手町1丁目2-1

(東京都中央区晴海1丁目8-12)

1,540

4.8

ユアサ・フナショク㈱

千葉県船橋市宮本4丁目18-6

1,233

3.8

日本マスタートラスト信託銀行㈱(信託口)

東京都港区浜松町2丁目11-3

1,224

3.8

損害保険ジャパン㈱

東京都新宿区西新宿1丁目26-1

1,197

3.7

農林中央金庫

東京都千代田区有楽町1丁目13-2

1,103

3.4

昭和産業取引先持株会

東京都千代田区内神田2丁目2-1

1,037

3.2

双日㈱

東京都千代田区内幸町2丁目1-1

1,000

3.1

㈱カーギルジャパン

東京都千代田区丸の内3丁目1-1

940

2.9

13,358

41.3

 

(7)【議決権の状況】

①【発行済株式】

 

 

 

2021年3月31日現在

区分

株式数(株)

議決権の数(個)

内容

無議決権株式

議決権制限株式(自己株式等)

議決権制限株式(その他)

完全議決権株式(自己株式等)

(自己保有株式)

普通株式

621,000

(相互保有株式)

普通株式

7,400

完全議決権株式(その他)

普通株式

32,227,000

322,270

単元未満株式

普通株式

114,579

発行済株式総数

32,969,979

総株主の議決権

322,270

(注)1 証券保管振替機構名義の株式が、「完全議決権株式(その他)」欄の普通株式に1,400株(議決権14個)、「単元未満株式」欄の普通株式に80株含まれております。

2 「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式84株が含まれております。

 

 

②【自己株式等】

 

 

 

 

2021年3月31日現在

所有者の氏名

又は名称

所有者の住所

自己名義

所有株式数

(株)

他人名義

所有株式数

(株)

所有株式数

の合計

(株)

発行済株式

総数に対する

所有株式数

の割合(%)

(自己保有株式)

東京都千代田区内神田2丁目2-1

621,000

621,000

1.9

昭和産業㈱

(相互保有株式)

宮城県仙台市宮城野区蒲生2丁目1-5

7,400

7,400

0.0

共同輸送㈱

628,400

628,400

1.9

 

2【自己株式の取得等の状況】

【株式の種類等】 会社法第155条第7号による普通株式の取得

(1)【株主総会決議による取得の状況】

該当事項はありません。

 

(2)【取締役会決議による取得の状況】

該当事項はありません。

 

(3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

会社法第155条第7号による取得

区分

株式数(株)

価額の総額(円)

当事業年度における取得自己株式

2,365

7,841,860

当期間における取得自己株式

681

2,071,690

(注)当期間における取得自己株式には、2021年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りによる株式数は含めておりません。

 

(4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

区分

当事業年度

当期間

株式数(株)

処分価額の総額

(円)

株式数(株)

処分価額の総額

(円)

引き受ける者の募集を行った取得自己株式

消却の処分を行った取得自己株式

合併、株式交換、株式交付、会社分割に係る移転を行った取得自己株式

その他(新株予約権の権利行使)

1,172,928

2,521,044,125

7,035

15,133,286

その他(譲渡制限付株式としての処分)

18,611

39,985,175

保有自己株式数

621,084

7,035

(注) 当期間における保有自己株式数には、2021年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りによる株式数は含めておりません。

 

3【配当政策】

 当社は、長期的に安定した配当の継続を目指しつつ、経営基盤の安定を図ることを基本方針としております。

 当社の剰余金の配当は、中間配当及び期末配当の年2回を基本的な方針としております。配当の決定機関は、中間配当は取締役会、期末配当は株主総会であります。また、「取締役会の決議により、毎年9月30日を基準日として、中間配当をすることができる。」旨を定款に定めております。

 今後も、戦略的な事業投資など長期的な企業価値向上に資するための内部留保を充実させつつ、株主優待制度と併せて、株主の皆様への安定した利益還元を行ってまいります。

 当期の期末配当金につきましては、当期の業績等を勘案し、1株につき35円とさせていただきます。これにより、中間配当金30円を含めた当期の年間配当金は、1株につき65円となります。

 

(注) 基準日が当事業年度に属する剰余金の配当は、以下のとおりであります。

決議年月日

配当金の総額

(百万円)

1株当たり配当額

(円)

2020年11月16日

957

30

取締役会決議

2021年6月25日

1,132

35

定時株主総会決議

 

4【コーポレート・ガバナンスの状況等】

(1)【コーポレート・ガバナンスの概要】

① 企業統治の体制

1) コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

 当社グループでは、経営環境の急激な変化に速やかに対応できる体制を確立し、また経営の透明性をより高めるために、コーポレート・ガバナンスの強化を重要な経営課題と位置付けております。

 

2) 企業統治の体制の概要及び当体制を採用する理由

 当社は、監査等委員会設置会社の体制を採用しております。監査等委員が取締役会の構成員となることにより、取締役会の監督機能を強化し、更なる監視体制の強化を通じて、より一層のコーポレート・ガバナンスの充実を図るとともに、取締役会が業務執行の決定を取締役に委任することを可能とすることで、経営の意思決定を迅速化し、業務執行の機動性を向上させることを目的としております。

 当社経営体制は、有価証券報告書提出日現在において取締役(監査等委員である取締役を除く。)が8名(うち独立社外取締役2名を含む。)、監査等委員である取締役が3名(うち独立社外取締役2名を含む。)、執行役員が20名(取締役兼務者6名を含む。)であります。

 なお、会社の主要機関の概要は以下の通りです。

(a)取締役会

 取締役会は業務執行に関する重要事項の審議決定、および取締役の職務執行を監督しております。取締役11名(うち社外取締役4名)で構成され、取締役社長執行役員を議長としており、原則として毎月1回、定例取締役会を開催し、必要に応じて臨時取締役会を開催しております。

(b)監査等委員会

 取締役会の監督機能の強化、及び意思決定の迅速化を図る事を目的に監査等委員会を設置しております。監査等委員である取締役3名(うち社外取締役2名)で構成され、議長を常勤の監査等委員とし、原則として毎月1回、定時での開催を行っております。なお、必要に応じて臨時での開催も行っております。

(c)経営会議

 経営意思および方針の決定等に関する重要事項を協議し、経営の意思の統一を図ることを目的に経営会議を設置し、経営に関する重要な案件について十分な検討を行っております。業務執行取締役6名及び常勤の監査等委員である取締役1名で構成されており、議長を取締役社長執行役員とし、原則として毎月2回、定時での開催を行っております。

(d)経営役員会

 月次の決算概況、子会社の決算に関する事項、取締役会及び経営会議に関する事項等の報告することを目的に経営役員会を設置しております。取締役11名(うち社外取締役4名)及び執行役員14名で構成されており、議長を取締役社長執行役員とし、原則として毎月1回、定時での開催を行っております。

(e)報酬諮問委員会

 報酬諮問委員会は取締役等の報酬に係る決定プロセス及び結果の透明性と客観性を確保するために設置し、取締役等の報酬等と役員報酬ポリシーの改廃について審議し、取締役会に答申しております。社外取締役4名で構成されており、議長を監査等委員である取締役以外の社外取締役とし、取締役会の要請に応じて開催を行っております。

(f)経営諮問委員会

 経営諮問委員会は取締役等の成果評価や任免等に関するプロセスの妥当性や客観性を確保するために設置し、取締役等の成果評価や任免等の他、報酬関係以外の経営課題全般について審議し、取締役会に答申しております。社外取締役4名で構成されており、議長を監査等委員である取締役以外の社外取締役とし、取締役会の要請に応じて開催を行っております。

(g)その他委員会

 当社グループの社会的責任を果たし、社会の持続可能な発展に貢献する取り組みを推進することを目的として、CSR委員会を設置しております。当該委員会の委員長を社長、副委員長を生産・技術部門統轄、営業部門統轄、管理部門統轄、研究開発部門統轄の4名とし、委員はすべての部署長で構成されております。さらにCSR委員会の傘下に、当社が重要と考える6つの社会的課題(「安全・安心で高品質な製品の提供」「公正な企業活動」「人権尊重」「環境への配慮」「社会への貢献」「ステークホルダーとの対話・情報開示」)に加えて、リスクマネジメントなどの個別課題に取り組む専門委員会を設置しております。

 

主要機関における構成は以下の通りです。(◎は議長を表す。)

役職名

氏名

取締役会

監査等

委員会

経営会議

経営役員会

報酬諮問

委員会

経営諮問

委員会

代表取締役

社長執行役員

新妻 一彦

 

 

 

取締役

専務執行役員

金子 俊之

 

 

 

取締役

専務執行役員

国領 順二

 

 

 

取締役

常務執行役員

大柳 奨

 

 

 

取締役

常務執行役員

山口 龍也

 

 

 

取締役

常務執行役員

塚越 英行

 

 

 

取締役

(社外)

柳谷 孝

 

 

取締役

(社外)

三上 直子

 

 

取締役

(常勤)

齋藤 規生

 

 

取締役

(社外)

吉田 幸宏

 

取締役

(社外)

花田 秀則

 

専務執行役員

 

髙橋 秀和

 

 

 

 

 

常務執行役員

 

猪野 浩

 

 

 

 

 

執行役員

 

檜前 慶一

 

 

 

 

 

執行役員

 

太田 隆行

 

 

 

 

 

執行役員

 

杉山 毅

 

 

 

 

 

執行役員

 

小河原 賢二

 

 

 

 

 

執行役員

 

荒川 謹亮

 

 

 

 

 

執行役員

 

細井 義泰

 

 

 

 

 

執行役員

 

駒井 孝哉

 

 

 

 

 

執行役員

 

大野 正史

 

 

 

 

 

執行役員

 

松嶋 伸

 

 

 

 

 

執行役員

 

仙波 美智代

 

 

 

 

 

執行役員

 

鈴木 孝明

 

 

 

 

 

執行役員

 

永井 俊彦

 

 

 

 

 

 

 会社の経営上の意思決定、執行及び監督に係る経営管理組織その他のコーポレート・ガバナンス体制の状況

 

 

0104010_001.png

 

② 内部統制システムの整備、リスク管理体制の整備の状況

 当社の内部統制システム(リスク管理体制の構築を含む。)については、以下のとおり「内部統制システム構築に関する基本方針」を定め、課題を抽出し、改善を行っております。

 

1) 取締役の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制

 会社の業務執行が全体として適正かつ健全に行われるため、かつ、財務報告の信頼性を確保するために、取締役会は企業統治を一層強化する観点から、実効性ある内部統制システムの整備・運用と会社による全体としてのコンプライアンスの体制の確立に努めるとともに、その内容を定期的に見直す。

 また、監査等委員会はこの内部統制システムの有効性と機能を監査し、課題の早期発見と是正に努める。

 

2) 取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制

 取締役会議事録、決裁後の稟議書等の重要な意思決定の記録については、「文書管理規程」および「稟議規程」等の社内規程に基づき、作成、保存および管理する。各取締役の要求があるときは、これを閲覧に供する。

 

3) 損失の危険の管理に関する規程その他の体制

 企業経営に対する重大なリスクに適切かつ迅速に対応する組織を編成し、リスク情報の収集と分析を行う。あわせて、その予防と緊急時の対応策を整備し、昭和産業グループ全体のリスクを統括的に管理する。また、緊急事態が発生した際には、「危機管理規程」等に基づき対応する。

 また、反社会的勢力に対しては、その要求には絶対応じないこと、その活動・運営を助長する取引をしないことを基本方針として、組織全体として対応する。

 

4) 取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

 「取締役会規程」等に基づく職務権限・意思決定のルールにより、適正かつ効率的に職務の執行が行われる体制をとる。

 また、経営に重要な影響を及ぼす事項については、効率的な経営判断が行えるように、以下のとおり手順を定めて実施する。

(a) 経営会議を定期的に開催し、重要な事項の実施につき協議する。

(b) 投資検討委員会により、多額の投資を伴う案件について、経営会議の事前審査を実施する。

 

5) 使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制

 「昭和産業グループ CSR行動規範」を定め、その周知徹底を図ることにより、コンプライアンス、企業倫理の徹底、品質の向上等に努める。さらに、内部統制システムが全社員に徹底されるよう、専任組織により、コンプライアンス、経営方針等に関する教育を行う。

 「昭和産業グループ 内部通報規程」により、コンプライアンス違反行為等に関する相談または通報の適正な処理の仕組みを定め、不正行為等の早期発見、是正および通報者の保護を図る。

 重大なコンプライアンス違反、社内規程違反または社会通念に反する行為等があった際は、遅滞なく取締役会および監査等委員会に報告する。

 

6) 当社及び子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制

 取締役は、適正かつ効率的な業務の執行を確保するため、社内規程を整備し、各役職者の権限および責任を明確化する。また、適切な人材を確保・活用すること、および適切な情報システムを整備することで、業務の適正を確保する。

 子会社の経営、投資、資金調達、コンプライアンス、組織、重大なリスクに関する事項等、子会社の取締役等が当社に報告すべき事項を定め、職務の執行の効率的な実施、および業務の適正を確保する。また、グループ経営戦略の企画立案等を行う専任部署を設け、子会社の業務支援等を行う。

 業務監査部は、昭和産業グループの企業活動が、経営目標達成のために、適法適正かつ効率的に行われるよう、業務の遂行状況、および内部統制の整備・運用の状況について監査し、改善の勧告、改善案の提示、改善状況の確認を行い、その状況は、取締役会および監査等委員会に適宜報告する。取締役会は、その報告を受けて適切に対処する。

 

7) 監査等委員会の職務を補助すべき使用人に関する事項、当該使用人の取締役(監査等委員である取締役を除く。)からの独立性に関する事項、当該使用人に対する指示の実効性の確保に関する事項

 監査等委員会の職務を補助するため、監査等委員会事務局を設置する。

 業務監査部に所属する使用人は、監査等委員会が求めたときは、監査等委員会の職務の補助を行う。また、「組織規程」に、監査等委員会の補助業務を遂行中の業務監査部員は監査等委員以外の者からの指揮命令を受けず、かつ、当該業務監査部員の異動については監査等委員会の同意を得ることを定め、その指示の実効性を確保する。

 

8) 当社及び子会社の取締役(当社の監査等委員である取締役を除く。)、監査役及び使用人等が当社の監査等委員会に報告をするための体制、その他の当社の監査等委員会への報告に関する体制、当社の監査等委員会に報告をしたことを理由として不利な取扱いを受けないことを確保するための体制

 昭和産業グループの取締役(当社の監査等委員である取締役を除く。)、監査役および使用人等は、職務の執行に関して重大なコンプライアンス違反もしくは不正行為の事実、または会社に著しい損害を及ぼすおそれある事実を知ったときは、遅滞なく当社の監査等委員会に報告する。昭和産業グループの取締役(当社の監査等委員である取締役を除く。)、監査役および使用人等は、事業・組織に重大な影響を及ぼす決定や監査の実施結果を遅滞なく当社の監査等委員会に報告する。

 また、「昭和産業グループ 内部通報規程」により、経営に重大な影響を及ぼす可能性があると判断される案件については速やかに当社の監査等委員会に報告する体制、および通報者が通報をしたことを理由として解雇その他いかなる不利な取扱いも受けないこと等を確保する体制を整備する。

 

9) その他監査等委員会の監査が実効的に行われることを確保するための体制

 代表取締役は、監査等委員会と可能な限り会合を持ち、会社運営に関する意見交換および意思の疎通を図る。経営会議等、業務の適正を確保するうえで重要な会議への監査等委員の出席を確保する。

 監査等委員会は、会計監査人、業務監査部との綿密な情報交換および連携を図ることで、監査の実効性を確保する。

 また、監査等委員に適用される役員規程類に、監査等委員の職務の執行について生ずる費用等に関する事項を定め、その費用等は会社が負担する。

 

〇 責任限定契約の内容の概要

 当社と社外取締役および常勤の監査等委員である取締役との間で、それぞれ会社法第423条第1項に関する責任について、当社定款の規定により責任限度額を法令が規定する額とする責任限定契約を締結しております。

 

③ 取締役の定数及び取締役選任決議の要件

 当社の取締役(監査等委員である取締役を除く。)は9名以内とし、監査等委員である取締役は5名以内としております。また、取締役の選任決議は、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨、および累積投票によらない旨を定款に定めております。

 

④ 自己の株式の取得の決定機関

 当社は、自己の株式の取得について、社会情勢などの変化に対応して迅速に資本施策を遂行するために、会社法第165条第2項の規定に基づき、取締役会の決議によって市場取引等により自己の株式を取得することができる旨を定款に定めております。

 

⑤ 中間配当の実施

 当社は、会社法第454条第5項の規程に基づき、取締役会の決議により、毎年9月30日を基準日として、中間配当をすることができる旨を定款に定めております。これは、経営環境の変化に応じ機動的な配当政策が遂行できるようにするためであります。

 

⑥ 株主総会の特別決議要件

 当社は、会社法第309条第2項に定める決議は、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもってこれを行う旨を定款に定めております。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うためであります。

 

⑦ 株式会社の支配に関する基本方針

 当社は株式会社の財務及び事業の方針の決定を支配する者の在り方に関する基本方針(以下、「基本方針」といいます。)を定めており、その内容等(会社法施行規則第118条第3号に掲げる事項)は次のとおりであります。

1) 基