EDINET閲覧(提出)サイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)をもとに上場企業サーチ作成

本ページはEDINETに提出された開示情報を上場企業サーチが加工/編集したものであり、記載された情報の正確性および完全性について上場企業サーチは一切の保証を行いません。本ページの情報を利用する際は自己の責任で判断頂き、意思決定に際しては適宜EDINETや提出会社が公開するオリジナルを参照する様にしてください。本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

【表紙】

 

【提出書類】

四半期報告書

【根拠条文】

金融商品取引法第24条の4の7第1項

【提出先】

関東財務局長

【提出日】

2020年11月13日

【四半期会計期間】

第123期第2四半期(自 2020年7月1日 至 2020年9月30日)

【会社名】

日本甜菜製糖株式会社

【英訳名】

Nippon Beet Sugar Manufacturing Co.,Ltd.

【代表者の役職氏名】

代表取締役社長  惠 本    司

【本店の所在の場所】

東京都港区三田三丁目12番14号

【電話番号】

03-6414-5522

【事務連絡者氏名】

管理部長  白 畑    康

【最寄りの連絡場所】

北海道河西郡芽室町東芽室基線29番地

【電話番号】

0155-61-3134

【事務連絡者氏名】

経理部長  古 賀    啓

【縦覧に供する場所】

株式会社東京証券取引所

(東京都中央区日本橋兜町2番1号)

 

 

E00355 21080 日本甜菜製糖株式会社 Nippon Beet Sugar Manufacturing Co., Ltd. 企業内容等の開示に関する内閣府令 第四号の三様式 Japan GAAP true cte 2020-04-01 2020-09-30 Q2 2021-03-31 2019-04-01 2019-09-30 2020-03-31 1 false false false E00355-000 2020-11-13 E00355-000 2019-04-01 2019-09-30 E00355-000 2019-04-01 2020-03-31 E00355-000 2020-04-01 2020-09-30 E00355-000 2019-09-30 E00355-000 2020-03-31 E00355-000 2020-09-30 E00355-000 2019-07-01 2019-09-30 E00355-000 2020-07-01 2020-09-30 E00355-000 2020-11-13 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E00355-000 2020-09-30 jpcrp_cor:No1MajorShareholdersMember E00355-000 2020-09-30 jpcrp_cor:No2MajorShareholdersMember E00355-000 2020-09-30 jpcrp_cor:No3MajorShareholdersMember E00355-000 2020-09-30 jpcrp_cor:No4MajorShareholdersMember E00355-000 2020-09-30 jpcrp_cor:No5MajorShareholdersMember E00355-000 2020-09-30 jpcrp_cor:No6MajorShareholdersMember E00355-000 2020-09-30 jpcrp_cor:No7MajorShareholdersMember E00355-000 2020-09-30 jpcrp_cor:No8MajorShareholdersMember E00355-000 2020-09-30 jpcrp_cor:No9MajorShareholdersMember E00355-000 2020-09-30 jpcrp_cor:No10MajorShareholdersMember E00355-000 2020-09-30 jpcrp_cor:SharesWithNoVotingRightsMember E00355-000 2020-09-30 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsTreasurySharesEtcMember E00355-000 2020-09-30 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsOtherMember E00355-000 2020-09-30 jpcrp_cor:OrdinarySharesTreasurySharesSharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E00355-000 2020-09-30 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsOtherMember E00355-000 2020-09-30 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesLessThanOneUnitMember E00355-000 2020-09-30 jpcrp_cor:Row1Member E00355-000 2019-03-31 E00355-000 2020-04-01 2020-09-30 jpcrp040300-q2r_E00355-000:SugarReportableSegmentsMember E00355-000 2019-04-01 2019-09-30 jpcrp040300-q2r_E00355-000:SugarReportableSegmentsMember E00355-000 2020-04-01 2020-09-30 jpcrp040300-q2r_E00355-000:GroceryReportableSegmentsMember E00355-000 2019-04-01 2019-09-30 jpcrp040300-q2r_E00355-000:GroceryReportableSegmentsMember E00355-000 2019-04-01 2019-09-30 jpcrp040300-q2r_E00355-000:FeedReportableSegmentsMember E00355-000 2020-04-01 2020-09-30 jpcrp040300-q2r_E00355-000:FeedReportableSegmentsMember E00355-000 2019-04-01 2019-09-30 jpcrp040300-q2r_E00355-000:AgriculturalMaterialsReportableSegmentsMember E00355-000 2020-04-01 2020-09-30 jpcrp040300-q2r_E00355-000:AgriculturalMaterialsReportableSegmentsMember E00355-000 2020-04-01 2020-09-30 jpcrp040300-q2r_E00355-000:RealEstateReportableSegmentsMember E00355-000 2019-04-01 2019-09-30 jpcrp040300-q2r_E00355-000:RealEstateReportableSegmentsMember E00355-000 2019-04-01 2019-09-30 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E00355-000 2020-04-01 2020-09-30 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E00355-000 2020-04-01 2020-09-30 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E00355-000 2019-04-01 2019-09-30 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E00355-000 2019-04-01 2019-09-30 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E00355-000 2020-04-01 2020-09-30 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember iso4217:JPY iso4217:JPY xbrli:shares xbrli:pure xbrli:shares

第一部 【企業情報】

 

第1 【企業の概況】

 

1 【主要な経営指標等の推移】

 

回次

第122期
第2四半期
連結累計期間

第123期
第2四半期
連結累計期間

第122期

会計期間

自  2019年4月1日

至  2019年9月30日

自  2020年4月1日

至  2020年9月30日

自  2019年4月1日

至  2020年3月31日

売上高

(百万円)

27,643

24,862

57,021

経常利益

(百万円)

1,421

1,068

2,085

親会社株主に帰属する
四半期(当期)純利益

(百万円)

983

715

1,340

四半期包括利益又は包括利益

(百万円)

794

1,348

1,373

純資産額

(百万円)

67,531

67,599

66,951

総資産額

(百万円)

91,410

90,379

96,405

1株当たり四半期(当期)純利益金額

(円)

69.29

50.40

94.44

潜在株式調整後1株当たり
四半期(当期)純利益金額

(円)

自己資本比率

(%)

73.9

74.8

69.4

営業活動によるキャッシュ・フロー

(百万円)

12,580

9,896

2,991

投資活動によるキャッシュ・フロー

(百万円)

2,030

432

2,631

財務活動によるキャッシュ・フロー

(百万円)

8,726

10,435

898

現金及び現金同等物の
四半期末(期末)残高

(百万円)

11,308

9,772

10,743

 

 

回次

第122期
第2四半期
連結会計期間

第123期
第2四半期
連結会計期間

会計期間

自  2019年7月1日

至  2019年9月30日

自  2020年7月1日

至  2020年9月30日

1株当たり四半期純利益金額

(円)

23.42

19.89

 

(注)1 当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載しておりません。

2 売上高には、消費税等は含まれておりません。

3 潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

 

2 【事業の内容】

当第2四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)において営まれている事業の内容に重要な変更はありません。
 また、主要な関係会社についても異動はありません。

 

第2 【事業の状況】

 

1 【事業等のリスク】

当第2四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生、または前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等のリスク」について、重要な変更はありません。
 なお、重要事象等は存在しておりません。

 

2 【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

当第2四半期連結累計期間(自 2020年4月1日 至 2020年9月30日)における当社グループの財政状態及び経営成績の状況の概要は、次のとおりであります。

 

(1)経営成績の状況

当第2四半期連結累計期間のわが国経済は、全世界に広がっている新型コロナウイルス感染症の影響により、厳しい状況が続いており、個人消費や輸出の一部に持ち直しが見られるものの、先行きは不透明であります。海外経済は日本以上に新型コロナウイルス感染症の影響を受け、しばらくは回復する見込がない状況です。
 砂糖業界におきましては、消費者の低甘味嗜好を背景に、安価な輸入加糖調製品や高甘味度人工甘味料の増加などにより砂糖消費量は減少傾向にあり、厳しい状況が依然として続いております。
 このような状況のもと、当第2四半期連結累計期間は、砂糖の需要減少による影響が大きく、経費削減に取り組んだものの、売上高は、前年同期比10.1%減の24,862百万円となり、経常利益は、前年同期比24.8%減の1,068百万円、親会社株主に帰属する四半期純利益は前年同期比27.2%減の715百万円となりました。
 
 セグメントごとの経営成績は、次のとおりであります。
<砂糖事業>
 海外市況につきましては、ニューヨーク市場粗糖先物相場(当限)において1ポンド当たり期初10.04セントで始まり、4月下旬には新型コロナウイルス感染症の影響を受け世界的な消費の減少や原油価格の続落とレアル安、更に主要生産国ブラジルの増産見込みから、約13年ぶりとなる9.21セントまで下落しました。その後、8月には中国の砂糖輸入需要とタイのサトウキビ収穫量減少の予測から13.24セントまで上昇しました。砂糖市場は世界需給バランスが供給過多の見込みでありますが、投機筋の買い支えもあり、13.07セントで当第2四半期連結累計期間を終えました。
 一方、国内市況につきましては、期初187~188円(東京精糖上白現物相場、キログラム当たり)で始まり、そのまま当第2四半期連結累計期間を終えました。
 ビート糖、精糖とも、新型コロナウイルス感染症の影響による外出自粛により、土産物や外食向けの業務用の販売が減少し、販売量、売上高とも前年同期を大幅に下回りました。
 砂糖セグメントの売上高は前年同期比12.0%減の17,164百万円となり、前年同期比47.9%減の384百万円のセグメント利益となりました。
<食品事業>
 イーストは、新型コロナウイルス感染症の影響により、学校給食パン用の売上が落ち込みましたが、家庭用の売上増加により、売上高は前年同期を上回りました。
 オリゴ糖等食品素材は、液状オリゴ糖の売上が増加したものの、オリゴ糖やベタインの販売量が減少し、売上高は前年同期を下回りました。
 食品セグメントの売上高は前年同期比2.7%減の1,101百万円となりましたが、経費削減等もあり、9百万円のセグメント利益(前年同期は22百万円のセグメント損失)となりました。
 <飼料事業>
 配合飼料は、販売量は増加しましたが、販売価格の値下がりにより、売上高は前年同期を下回りました。
 ビートパルプは、昨年度生産分の繰越在庫の販売により、売上高は前年同期を上回りました。

 

飼料セグメントの売上高は前年同期比4.3%増の4,119百万円となり、101百万円のセグメント利益(前年同期は26百万円のセグメント損失)となりました。
<農業資材事業>
 紙筒(移植栽培用育苗鉢)は、ビート用紙筒の出荷が10月以降にずれ込んだ影響により、売上高は前年同期を大きく下回りました。
 農業機材は、農業用資材の売上が減少したものの、移植機の売上が増加し、売上高は前年同期を上回りました。
 農業資材セグメントの売上高は前年同期比28.4%減の1,210百万円となり、セグメント利益は、前年同期比81.0%減の29百万円となりました。
<不動産事業>
 不動産セグメントの売上高は、ほぼ前年同期並の755百万円となり、セグメント利益は、前年同期比2.7%減の413百万円となりました。
<その他>
 その他の売上高は、スポーツレジャー施設及びガソリンスタンドの売上の減少等により、前年同期比15.5%減の509百万円となり、131百万円のセグメント損失(前年同期は125百万円のセグメント損失)となりました。

 

(2)財政状態

当第2四半期連結会計期間末の総資産は、前連結会計年度末比6,026百万円減の90,379百万円で、このうち流動資産は、主にたな卸資産の減少により前連結会計年度末比7,733百万円減の40,255百万円となり、固定資産は、主に有形固定資産のその他に含まれる建設仮勘定の増加により前連結会計年度末比1,706百万円増の50,124百万円となりました。
 一方、負債の合計は、前連結会計年度末比6,675百万円減の22,779百万円で、このうち流動負債は、主に短期借入金の減少により前連結会計年度末比6,822百万円減の11,993百万円となり、固定負債は、前連結会計年度末比147百万円増の10,785百万円となりました。
 純資産は、主にその他有価証券評価差額金の増加により前連結会計年度末比648百万円増の67,599百万円となりました。

 

(3)キャッシュ・フローの状況

(営業活動によるキャッシュ・フロー)

当第2四半期連結累計期間における営業活動によるキャッシュ・フローは、9,896百万円の収入となり、前年同期に比べ、2,683百万円の資金の減少となりました。
 これは、主に売上債権の減少で281百万円、未収入金の減少で263百万円の資金の増加となったものの、たな卸資産の増加で2,348百万円、仕入債務の減少で409百万円、税金等調整前四半期純利益の減少で374百万円の資金の減少となったことによるものであります。

(投資活動によるキャッシュ・フロー)

当第2四半期連結累計期間における投資活動によるキャッシュ・フローは、432百万円の支出となり、前年同期に比べ、1,597百万円の資金の増加となりました。
 これは、主に有形固定資産の売却による収入の減少で525百万円の資金の減少となったものの、有価証券の取得による支出の減少で1,500百万円、定期預金の収支差による収入で650百万円の資金の増加となったことによるものであります。

(財務活動によるキャッシュ・フロー)

当第2四半期連結累計期間における財務活動によるキャッシュ・フローは、10,435百万円の支出となり、前年同期に比べ、1,709百万円の資金の減少となりました。

これは、主に配当金の支払額の減少で423百万円の資金の増加となったものの、短期借入金の収支差による支出で2,090百万円の資金の減少となったことによるものであります。

 

以上の結果、当第2四半期連結累計期間末における現金及び現金同等物の残高は、前年同四半期連結累計期間末に比べ1,536百万円減少し、9,772百万円となりました。

 

(4)事業上及び財務上の対処すべき課題

当第2四半期連結累計期間において、当社グループの事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更及び新たに生じた課題はありません。

 

(5)研究開発活動

当第2四半期連結累計期間の研究開発費の総額は298百万円であります。

 

(6)主要な設備

当第2四半期連結累計期間において、主要な設備に著しい変更はありません。

なお、前連結会計年度末において計画中であった主要な設備の新設等について、当第2四半期連結累計期間に完了したものは次のとおりであります。

農業資材セグメントにおいて計画しておりました、江別種子工場の採種収穫作業省力化工事については2020年9月に完了しております。

 

(7)経営成績に重要な影響を与える要因

当社グループの経営成績に重要な影響を与える要因につきましては、前事業年度の有価証券報告書の「対処すべき課題」および「事業等のリスク」に記載のとおり、当社グループの売上高の約7割を砂糖事業が占め、他の事業におきましてもほとんどが砂糖事業に付随または関連する事業から成り立っていることから、国の農業政策や砂糖業界を取り巻く国際情勢、原料甜菜の生産状況など砂糖事業に特有のリスクが、当社グループの経営成績に重要な影響を与える可能性があります。

 

(8)資本の財源及び資金の流動性に係る情報

当社グループが事業を行う上で必要となる運転資金、設備投資、借入金の返済および利息の支払いならびに配当金および法人税の支払い等に資金を充当しております。
 運転資金等の資金需要に対しては、営業活動によるキャッシュ・フローと金融機関からの借入により資金を調達しており、金融機関からの借入金額は年間の資金計画に基づき適切な水準とし、資金繰りを考慮し返済方法を決定しております。また当社および子会社の余剰資金を、当社グループ内で融通し合うことにより資金の効率化を図り、グループ外部への資金流出を抑えております。
 設備投資については、過剰な投資とならないよう当社グループの現況に見合った年間の投資計画を策定し、老朽化した設備の更新のほか、製造コストの削減、製造工程の改善、製品の品質向上、環境対策等を目的とした設備投資または将来の利益獲得のための先行投資を行っております。
 重要な資本的支出の予定及びその資金調達方法は、前事業年度の有価証券報告書の「設備の新設、除却等の計画」に記載のとおりであり、設備の新設・更新については自己資金によっております。

 

3 【経営上の重要な契約等】

当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等は行われておりません。

 

第3 【提出会社の状況】

 

1 【株式等の状況】

(1) 【株式の総数等】

① 【株式の総数】

 

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

20,000,000

20,000,000

 

 

② 【発行済株式】

 

種類

第2四半期会計期間末
現在発行数(株)
(2020年9月30日)

提出日現在
発行数(株)
(2020年11月13日)

上場金融商品取引所
名又は登録認可金融
商品取引業協会名

内容

普通株式

15,325,642

15,325,642

東京証券取引所
市場第一部

単元株式数は100株

15,325,642

15,325,642

 

 

(2) 【新株予約権等の状況】

① 【ストックオプション制度の内容】

該当事項はありません。

 

② 【その他の新株予約権等の状況】

該当事項はありません。

 

(3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

該当事項はありません。

 

(4) 【発行済株式総数、資本金等の推移】

 

年月日

発行済株式
総数増減数
(株)

発行済株式
総数残高
(株)

資本金増減額
(百万円)

資本金残高
(百万円)

資本準備金
増減額
(百万円)

資本準備金
残高
(百万円)

2020年9月30日

15,325,642

8,279

8,404

 

 

(5) 【大株主の状況】

2020年9月30日現在

氏名又は名称

住所

所有株式数
(千株)

発行済株式
(自己株式を
除く。)の
総数に対する
所有株式数
の割合(%)

明治ホールディングス㈱

東京都中央区京橋2-4-16

1,470

10.36

ニッテン共栄会

東京都港区三田3-12-14

960

6.76

㈱みずほ銀行
(常任代理人 ㈱日本カストディ銀行)

東京都千代田区大手町1-5-5
(東京都中央区晴海1-8-12)

705

4.97

日本マスタートラスト信託銀行㈱信託口

東京都港区浜松町2-11-3

643

4.53

㈱日本カストディ銀行 信託口

東京都中央区晴海1-8-12

637

4.49

農林中央金庫

東京都千代田区有楽町1-13-2

514

3.63

東京海上日動火災保険㈱

東京都千代田区丸の内1-2-1

428

3.01

日本通運㈱

東京都港区東新橋1-9-3

320

2.26

DFA INTL SMALL CAP VALUE PORTFOLIO
(常任代理人 シティバンク、
       エヌ・エイ東京支店)

PALISADES WEST 6300,BEE CAVE ROAD BUILDING ONE AUSTIN TX 78746 US
(東京都新宿区新宿6-27-30)

272

1.92

三菱商事㈱

東京都千代田区丸の内2-3-1

265

1.87

6,218

43.79

 

 

(注)1 当社は自己株式1,123,909株(7.33%)を保有しておりますが、大株主の状況からは除外しております。

2 上記の所有株式数のうち信託業務に係る株式数は、次のとおりであります。
日本マスタートラスト信託銀行㈱信託口  643千株
㈱日本カストディ銀行 信託口       637千株

 

 

(6) 【議決権の状況】

① 【発行済株式】

2020年9月30日現在

区分

株式数(株)

議決権の数(個)

内容

無議決権株式

議決権制限株式(自己株式等)

議決権制限株式(その他)

完全議決権株式(自己株式等)

(自己保有株式)

普通株式

1,123,900

完全議決権株式(その他)

普通株式

 

14,131,700

141,317

単元株式数は100株

単元未満株式

普通株式

 

70,042

発行済株式総数

15,325,642

総株主の議決権

141,317

 

 

(注)1 「完全議決権株式(その他)」には、㈱証券保管振替機構名義の株式が400株(議決権4個)含まれております。

2 単元未満株式には当社所有の自己株式9株が含まれております。

 

② 【自己株式等】

2020年9月30日現在

所有者の氏名
又は名称

所有者の住所

自己名義
所有株式数
(株)

他人名義
所有株式数
(株)

所有株式数
の合計
(株)

発行済株式
総数に対する
所有株式数
の割合(%)

(自己保有株式)

日本甜菜製糖株式会社

東京都港区三田3―12―14

1,123,900

1,123,900

7.33

1,123,900

1,123,900

7.33

 

 

 

2 【役員の状況】

該当事項はありません。

 

第4 【経理の状況】

 

1.四半期連結財務諸表の作成方法について

当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(2007年内閣府令第64号)に基づいて作成しております。

 

2.監査証明について

当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(2020年7月1日から2020年9月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(2020年4月1日から2020年9月30日まで)に係る四半期連結財務諸表について、有限責任 あずさ監査法人による四半期レビューを受けております。

 

1 【四半期連結財務諸表】

(1) 【四半期連結貸借対照表】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前連結会計年度

(2020年3月31日)

当第2四半期連結会計期間

(2020年9月30日)

資産の部

 

 

 

流動資産

 

 

 

 

現金及び預金

5,393

4,772

 

 

受取手形及び売掛金

6,987

6,968

 

 

有価証券

6,000

5,000

 

 

商品及び製品

23,583

12,241

 

 

仕掛品

1,895

417

 

 

原材料及び貯蔵品

2,603

3,721

 

 

その他

1,526

7,134

 

 

貸倒引当金

0

1

 

 

流動資産合計

47,988

40,255

 

固定資産

 

 

 

 

有形固定資産

 

 

 

 

 

建物及び構築物(純額)

11,647

11,609

 

 

 

その他(純額)

12,707

13,558

 

 

 

有形固定資産合計

24,355

25,167

 

 

無形固定資産

368

350

 

 

投資その他の資産

 

 

 

 

 

投資有価証券

22,251

23,133

 

 

 

退職給付に係る資産

967

997

 

 

 

その他

487

486

 

 

 

貸倒引当金

12

11

 

 

 

投資その他の資産合計

23,693

24,605

 

 

固定資産合計

48,417

50,124

 

資産合計

96,405

90,379

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前連結会計年度

(2020年3月31日)

当第2四半期連結会計期間

(2020年9月30日)

負債の部

 

 

 

流動負債

 

 

 

 

支払手形及び買掛金

1,493

1,087

 

 

短期借入金

11,752

1,966

 

 

未払法人税等

468

379

 

 

その他

5,101

8,560

 

 

流動負債合計

18,815

11,993

 

固定負債

 

 

 

 

長期借入金

239

295

 

 

役員退職慰労引当金

22

17

 

 

退職給付に係る負債

4,655

4,582

 

 

その他

5,721

5,889

 

 

固定負債合計

10,638

10,785

 

負債合計

29,454

22,779

純資産の部

 

 

 

株主資本

 

 

 

 

資本金

8,279

8,279

 

 

資本剰余金

8,420

8,418

 

 

利益剰余金

42,730

42,736

 

 

自己株式

2,327

2,314

 

 

株主資本合計

57,103

57,119

 

その他の包括利益累計額

 

 

 

 

その他有価証券評価差額金

9,826

10,436

 

 

繰延ヘッジ損益

0

1

 

 

退職給付に係る調整累計額

21

42

 

 

その他の包括利益累計額合計

9,847

10,480

 

純資産合計

66,951

67,599

負債純資産合計

96,405

90,379

 

(2) 【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】

【四半期連結損益計算書】
【第2四半期連結累計期間】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前第2四半期連結累計期間

(自 2019年4月1日

 至 2019年9月30日)

当第2四半期連結累計期間

(自 2020年4月1日

 至 2020年9月30日)

売上高

27,643

24,862

売上原価

19,572

17,358

売上総利益

8,070

7,504

販売費及び一般管理費

 

 

 

販売費

※1 5,341

※1 5,172

 

一般管理費

※1 1,537

※1 1,465

 

販売費及び一般管理費合計

6,879

6,638

営業利益

1,191

866

営業外収益

 

 

 

受取利息

2

1

 

受取配当金

280

292

 

持分法による投資利益

12

5

 

その他

32

21

 

営業外収益合計

327

320

営業外費用

 

 

 

支払利息

40

50

 

固定資産処分損

34

46

 

その他

21

21

 

営業外費用合計

97

118

経常利益

1,421

1,068

特別利益

 

 

 

固定資産売却益

31

-

 

特別利益合計

31

-

特別損失

 

 

 

固定資産処分損

29

20

 

その他

0

-

 

特別損失合計

29

20

税金等調整前四半期純利益

1,422

1,048

法人税等

439

332

四半期純利益

983

715

親会社株主に帰属する四半期純利益

983

715

 

 

 

 

【四半期連結包括利益計算書】
【第2四半期連結累計期間】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前第2四半期連結累計期間

(自 2019年4月1日

 至 2019年9月30日)

当第2四半期連結累計期間

(自 2020年4月1日

 至 2020年9月30日)

四半期純利益

983

715

その他の包括利益

 

 

 

その他有価証券評価差額金

1,758

610

 

繰延ヘッジ損益

3

1

 

退職給付に係る調整額

16

20

 

その他の包括利益合計

1,778

632

四半期包括利益

794

1,348

(内訳)

 

 

 

親会社株主に係る四半期包括利益

794

1,348

 

非支配株主に係る四半期包括利益

-

-

 

(3) 【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前第2四半期連結累計期間

(自 2019年4月1日

 至 2019年9月30日)

当第2四半期連結累計期間

(自 2020年4月1日

 至 2020年9月30日)

営業活動によるキャッシュ・フロー

 

 

 

税金等調整前四半期純利益

1,422

1,048

 

減価償却費

1,088

1,117

 

持分法による投資損益(△は益)

12

5

 

退職給付に係る負債の増減額(△は減少)

127

73

 

退職給付に係る資産の増減額(△は増加)

51

1

 

受取利息及び受取配当金

282

293

 

支払利息

40

50

 

有形固定資産売却損益(△は益)

31

0

 

有形固定資産除却損

16

43

 

売上債権の増減額(△は増加)

262

19

 

たな卸資産の増減額(△は増加)

14,049

11,701

 

前払費用の増減額(△は増加)

150

172

 

未収入金の増減額(△は増加)

374

637

 

その他の流動資産の増減額(△は増加)

5,949

6,103

 

仕入債務の増減額(△は減少)

3

406

 

未払消費税等の増減額(△は減少)

155

40

 

その他の流動負債の増減額(△は減少)

2,821

2,553

 

その他

10

24

 

小計

12,782

10,050

 

利息及び配当金の受取額

282

293

 

利息の支払額

53

63

 

法人税等の支払額又は還付額(△は支払)

430

384

 

営業活動によるキャッシュ・フロー

12,580

9,896

投資活動によるキャッシュ・フロー

 

 

 

定期預金の預入による支出

610

 

定期預金の払戻による収入

610

650

 

有価証券の取得による支出

1,500

 

有形固定資産の取得による支出

920

993

 

有形固定資産の売却による収入

545

20

 

貸付けによる支出

15

9

 

預り保証金の返還による支出

91

85

 

その他

49

14

 

投資活動によるキャッシュ・フロー

2,030

432

財務活動によるキャッシュ・フロー

 

 

 

短期借入れによる収入

1,920

1,830

 

短期借入金の返済による支出

9,620

11,620

 

長期借入れによる収入

160

130

 

長期借入金の返済による支出

70

70

 

配当金の支払額

1,130

707

 

自己株式の売却による収入

24

11

 

その他

8

8

 

財務活動によるキャッシュ・フロー

8,726

10,435

現金及び現金同等物の増減額(△は減少)

1,823

971

現金及び現金同等物の期首残高

9,485

10,743

現金及び現金同等物の四半期末残高

※1 11,308

※1 9,772

 

【注記事項】
(四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

当第2四半期連結累計期間
(自 2020年4月1日 至 2020年9月30日)

1 原価差異の繰延処理

操業度等の季節的な変動に起因して発生した原価差異につきましては、原価計算期間末までにほぼ解消が見込まれるため、当該原価差異を流動資産(その他)及び流動負債(その他)として繰延べております。

2 税金費用の計算

当連結会計年度の税引前当期純利益に対する税効果会計適用後の実効税率を合理的に見積り、税引前四半期純利益に当該見積実効税率を乗じて計算する方法を採用しております。

ただし、当該見積実効税率を用いて税金費用を計算すると著しく合理性を欠く結果となる場合には、法定実効税率を使用する方法によっております。

 

 

(追加情報)

当第2四半期連結累計期間

(自  2020年4月1日  至  2020年9月30日)

前連結会計年度の有価証券報告書の(追加情報)(新型コロナウイルスの感染拡大に伴う会計上の見積りについて)に記載した新型コロナウイルス感染症の今後の広がり方や収束時期等を含む仮定について重要な変更はありません。

 

 

(四半期連結貸借対照表関係)

1  保証債務

連結会社以外の会社の金融機関からの借入金に対して、次のとおり債務保証を行っております。

前連結会計年度
(2020年3月31日)

当第2四半期連結会計期間
(2020年9月30日)

とかち飼料㈱

900百万円

とかち飼料㈱

799百万円

 

 

(四半期連結損益計算書関係)

※1  販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は、次のとおりであります。

 

 

前第2四半期連結累計期間

(自  2019年4月1日

至  2019年9月30日)

当第2四半期連結累計期間

(自  2020年4月1日

至  2020年9月30日)

(1)販売費

 

 

 

 

運送費・保管費

2,850

百万円

2,830

百万円

販売促進費

1,256

1,123

賃金・賞与手当

638

653

退職給付費用

29

44

減価償却費

41

41

 

(2)一般管理費

 

 

 

 

賃金・賞与手当

412

百万円

412

百万円

退職給付費用

30

41

役員退職慰労引当金繰入額

4

4

減価償却費

24

32

研究開発費

288

298

 

 

(四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

※1  現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は、次のとおりであります。

 

 

前第2四半期連結累計期間

(自  2019年4月1日

至  2019年9月30日)

当第2四半期連結累計期間

(自  2020年4月1日

至  2020年9月30日)

現金及び預金

5,308百万円

4,772百万円

有価証券

7,500 〃

5,000 〃

預入期間が3か月超の定期預金等

△1,500 〃

- 〃

現金及び現金同等物

11,308百万円

9,772百万円

 

 

 

(株主資本等関係)

前第2四半期連結累計期間(自 2019年4月1日 至 2019年9月30日)

 

1.配当金支払額

決議

株式の種類

配当金の総額
(百万円)

1株当たり
配当額(円)

基準日

効力発生日

配当の原資

2019年6月27日
定時株主総会

普通株式

1,135

80

2019年3月31日

2019年6月28日

利益剰余金

 

(注)1株当たり配当額には、創立100周年記念配当30円を含んでおります。

 

2.基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間の末日後となるもの

 

該当事項はありません。

 

3.株主資本の著しい変動

 

該当事項はありません。

 

当第2四半期連結累計期間(自 2020年4月1日 至 2020年9月30日)

 

1.配当金支払額

決議

株式の種類

配当金の総額
(百万円)

1株当たり
配当額(円)

基準日

効力発生日

配当の原資

2020年6月26日
定時株主総会

普通株式

710

50

2020年3月31日

2020年6月29日

利益剰余金

 

 

2.基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間の末日後となるもの

 

該当事項はありません。

 

3.株主資本の著しい変動

 

該当事項はありません。

 

 

(セグメント情報等)

【セグメント情報】

Ⅰ  前第2四半期連結累計期間(自  2019年4月1日  至  2019年9月30日)

1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報

 

 

 

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

報告セグメント

その他

(注)

合計

砂糖

食品

飼料

農業資材

不動産

売上高

 

 

 

 

 

 

 

 

  外部顧客への売上高

19,504

1,132

3,949

1,689

764

27,039

603

27,643

  セグメント間の内部
 売上高又は振替高

90

14

7

13

58

184

2,271

2,455

19,594

1,147

3,956

1,703

822

27,223

2,875

30,099

セグメント利益
又は損失(△)

737

22

26

156

425

1,269

125

1,143

 

(注)「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、貨物輸送、石油類の販売及びスポーツ施設・書店の営業等を含んでおります。

 

2.報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期連結損益計算書計上額との差額及び当該差額の主な内容(差異調整に関する事項)

 

(単位:百万円)

利益

金額

報告セグメント計

1,269

「その他」の区分の利益又は損失(△)

△125

セグメント間取引消去

47

その他の調整額

0

四半期連結損益計算書の営業利益

1,191

 

 

 

 

Ⅱ  当第2四半期連結累計期間(自  2020年4月1日  至  2020年9月30日)

1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報

 

 

 

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

報告セグメント

その他

(注)

合計

砂糖

食品

飼料

農業資材

不動産

売上高

 

 

 

 

 

 

 

 

  外部顧客への売上高

17,164

1,101

4,119

1,210

755

24,353

509

24,862

  セグメント間の内部
 売上高又は振替高

92

11

7

0

55

166

1,981

2,148

17,257

1,113

4,127

1,210

811

24,519

2,491

27,010

セグメント利益
又は損失(△)

384

9

101

29

413

938

131

806

 

(注)「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、貨物輸送、石油類の販売及びスポーツ施設・書店の営業等を含んでおります。

 

2.報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期連結損益計算書計上額との差額及び当該差額の主な内容(差異調整に関する事項)

 

(単位:百万円)

利益

金額

報告セグメント計

938

「その他」の区分の利益又は損失(△)

△131

セグメント間取引消去

59

その他の調整額

0

四半期連結損益計算書の営業利益

866

 

 

(1株当たり情報)

1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。

 

項目

前第2四半期連結累計期間

(自  2019年4月1日

至  2019年9月30日)

当第2四半期連結累計期間

(自  2020年4月1日

至  2020年9月30日)

1株当たり四半期純利益金額

69円29銭

50円40銭

(算定上の基礎)

 

 

親会社株主に帰属する四半期純利益金額(百万円)

983

715

普通株主に帰属しない金額(百万円)

普通株式に係る親会社株主に帰属する
四半期純利益金額(百万円)

983

715

普通株式の期中平均株式数(株)

14,195,426

14,199,285

 

(注)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

 

2 【その他】

該当事項はありません。

第二部 【提出会社の保証会社等の情報】

 

該当事項はありません。

独立監査人の四半期レビュー報告書

 

2020年11月13日

日 本 甜 菜 製 糖 株 式 会 社

    取 締 役 会  御中

 

有限責任 あずさ監査法人

札幌事務所

 

 

指定有限責任社員

業務執行社員

 

公認会計士

井  上     東

 

 

指定有限責任社員

業務執行社員

 

公認会計士

田  辺    拓  央

 

 

監査人の結論

当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている日本甜菜製糖株式会社の2020年4月1日から2021年3月31日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間(2020年7月1日から2020年9月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(2020年4月1日から2020年9月30日まで)に係る四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書、四半期連結キャッシュ・フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
 当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、日本甜菜製糖株式会社及び連結子会社の2020年9月30日現在の財政状態並びに同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示していないと信じさせる事項が全ての重要な点において認められなかった。

 

監査人の結論の根拠

当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行った。四半期レビューの基準における当監査法人の責任は、「四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。

 

四半期連結財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
 四半期連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき四半期連結財務諸表を作成することが適切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に基づいて継続企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。

監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。

 

四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任

監査人の責任は、監査人が実施した四半期レビューに基づいて、四半期レビュー報告書において独立の立場から四半期連結財務諸表に対する結論を表明することにある。
 監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に従って、四半期レビューの過程を通じて、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。

・ 主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対する質問、分析的手続その他の四半期レビュー手続を実施する。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。

・ 継続企業の前提に関する事項について、重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認められると判断した場合には、入手した証拠に基づき、四半期連結財務諸表において、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、適正に表示されていないと信じさせる事項が認められないかどうか結論付ける。また、継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、四半期レビュー報告書において四半期連結財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する四半期連結財務諸表の注記事項が適切でない場合は、四半期連結財務諸表に対して限定付結論又は否定的結論を表明することが求められている。監査人の結論は、四半期レビュー報告書日までに入手した証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。

・ 四半期連結財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠していないと信じさせる事項が認められないかどうかとともに、関連する注記事項を含めた四半期連結財務諸表の表示、構成及び内容、並びに四半期連結財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示していないと信じさせる事項が認められないかどうかを評価する。

・ 四半期連結財務諸表に対する結論を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する証拠を入手する。監査人は、四半期連結財務諸表の四半期レビューに関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で監査人の結論に対して責任を負う。

監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した四半期レビューの範囲とその実施時期、四半期レビュー上の重要な発見事項について報告を行う。

監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを講じている場合はその内容について報告を行う。

 

利害関係

会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。

 

以  上

 

 

(注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報告書提出会社)が別途保管しております。

2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。

 

E00355-000 2020-11-13