EDINET閲覧(提出)サイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)をもとに上場企業サーチ作成

本ページはEDINETに提出された開示情報を上場企業サーチが加工/編集したものであり、記載された情報の正確性および完全性について上場企業サーチは一切の保証を行いません。本ページの情報を利用する際は自己の責任で判断頂き、意思決定に際しては適宜EDINETや提出会社が公開するオリジナルを参照する様にしてください。本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

 

【表紙】

 

【提出書類】

有価証券報告書

【根拠条文】

金融商品取引法第24条第1項

【提出先】

関東財務局長

【提出日】

2021年3月29日

【事業年度】

第71期(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)

【会社名】

カンロ株式会社

【英訳名】

Kanro Inc.

【代表者の役職氏名】

代表取締役社長  三 須 和 泰

【本店の所在の場所】

東京都新宿区西新宿3丁目20番2号 東京オペラシティビル

【電話番号】

03(3370)8811 (代表)

【事務連絡者氏名】

取締役常務執行役員 CFO 財務・経理本部長  阿 部 一 博

【最寄りの連絡場所】

東京都新宿区西新宿3丁目20番2号 東京オペラシティビル

【電話番号】

03(3370)8811 (代表)

【事務連絡者氏名】

取締役常務執行役員 CFO 財務・経理本部長  阿 部 一 博

【縦覧に供する場所】

株式会社東京証券取引所

(東京都中央区日本橋兜町2番1号)

 

 

E00378 22160 カンロ株式会社 Kanro Inc. 企業内容等の開示に関する内閣府令 第三号様式 Japan GAAP false cte 2020-01-01 2020-12-31 FY 2020-12-31 2019-01-01 2019-12-31 2019-12-31 1 false false false E00378-000 2021-03-29 E00378-000 2016-01-01 2016-12-31 E00378-000 2017-01-01 2017-12-31 E00378-000 2018-01-01 2018-12-31 E00378-000 2019-01-01 2019-12-31 E00378-000 2020-01-01 2020-12-31 E00378-000 2016-12-31 E00378-000 2017-12-31 E00378-000 2018-12-31 E00378-000 2019-12-31 E00378-000 2020-12-31 E00378-000 2016-01-01 2016-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00378-000 2017-01-01 2017-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00378-000 2018-01-01 2018-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00378-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00378-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00378-000 2016-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00378-000 2017-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00378-000 2018-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00378-000 2019-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00378-000 2020-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00378-000 2020-01-01 2020-12-31 jpcrp_cor:CorporateSharedMember E00378-000 2021-03-29 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E00378-000 2020-12-31 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E00378-000 2020-12-31 jpcrp_cor:No1MajorShareholdersMember E00378-000 2020-12-31 jpcrp_cor:No2MajorShareholdersMember E00378-000 2020-12-31 jpcrp_cor:No3MajorShareholdersMember E00378-000 2020-12-31 jpcrp_cor:No4MajorShareholdersMember E00378-000 2020-12-31 jpcrp_cor:No5MajorShareholdersMember E00378-000 2020-12-31 jpcrp_cor:No6MajorShareholdersMember E00378-000 2020-12-31 jpcrp_cor:No7MajorShareholdersMember E00378-000 2020-12-31 jpcrp_cor:No8MajorShareholdersMember E00378-000 2020-12-31 jpcrp_cor:No9MajorShareholdersMember E00378-000 2020-12-31 jpcrp_cor:No10MajorShareholdersMember E00378-000 2020-12-31 jpcrp_cor:SharesWithNoVotingRightsMember E00378-000 2020-12-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsTreasurySharesEtcMember E00378-000 2020-12-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsOtherMember E00378-000 2020-12-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesTreasurySharesSharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E00378-000 2020-12-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsOtherMember E00378-000 2020-12-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesLessThanOneUnitMember E00378-000 2020-12-31 jpcrp_cor:Row1Member E00378-000 2021-03-29 jpcrp_cor:Row1Member E00378-000 2021-03-29 jpcrp_cor:Row2Member E00378-000 2021-03-29 jpcrp030000-asr_E00378-000:KazuyasuMisuMember E00378-000 2021-03-29 jpcrp030000-asr_E00378-000:ToyoshigeMizutaMember E00378-000 2021-03-29 jpcrp030000-asr_E00378-000:KazuhiroAbeMember E00378-000 2021-03-29 jpcrp030000-asr_E00378-000:HiromichiMitsudaMember E00378-000 2021-03-29 jpcrp030000-asr_E00378-000:TakanobuYoshidaMember E00378-000 2021-03-29 jpcrp030000-asr_E00378-000:TetsusyaMurataMember E00378-000 2021-03-29 jpcrp030000-asr_E00378-000:HiromiHorieMember E00378-000 2021-03-29 jpcrp030000-asr_E00378-000:HideyukiHadaMember E00378-000 2021-03-29 jpcrp030000-asr_E00378-000:KazuoTakahashiMember E00378-000 2021-03-29 jpcrp030000-asr_E00378-000:NobukoHananoMember E00378-000 2021-03-29 jpcrp030000-asr_E00378-000:RyojiMatsubaraMember E00378-000 2021-03-29 jpcrp_cor:Row3Member E00378-000 2021-03-29 jpcrp_cor:Row4Member E00378-000 2021-03-29 jpcrp_cor:Row5Member E00378-000 2021-03-29 jpcrp_cor:Row6Member E00378-000 2021-03-29 jpcrp_cor:Row7Member E00378-000 2020-01-01 2020-12-31 jpcrp_cor:DirectorsExcludingOutsideDirectorsMember E00378-000 2020-01-01 2020-12-31 jpcrp_cor:CorporateAuditorsExcludingOutsideCorporateAuditorsMember E00378-000 2020-01-01 2020-12-31 jpcrp_cor:OutsideDirectorsAndOtherOfficersMember E00378-000 2019-12-31 jpcrp_cor:Row1Member E00378-000 2020-12-31 jpcrp_cor:Row2Member E00378-000 2019-12-31 jpcrp_cor:Row2Member E00378-000 2020-12-31 jpcrp_cor:Row3Member E00378-000 2019-12-31 jpcrp_cor:Row3Member E00378-000 2020-12-31 jpcrp_cor:Row4Member E00378-000 2019-12-31 jpcrp_cor:Row4Member E00378-000 2020-12-31 jpcrp_cor:Row5Member E00378-000 2019-12-31 jpcrp_cor:Row5Member E00378-000 2020-12-31 jpcrp_cor:Row6Member E00378-000 2019-12-31 jpcrp_cor:Row6Member E00378-000 2020-12-31 jpcrp_cor:Row7Member E00378-000 2019-12-31 jpcrp_cor:Row7Member E00378-000 2020-12-31 jpcrp_cor:Row8Member E00378-000 2019-12-31 jpcrp_cor:Row8Member E00378-000 2020-12-31 jpcrp_cor:Row9Member E00378-000 2019-12-31 jpcrp_cor:Row9Member E00378-000 2020-12-31 jpcrp_cor:Row10Member E00378-000 2019-12-31 jpcrp_cor:Row10Member E00378-000 2020-12-31 jpcrp_cor:Row11Member E00378-000 2019-12-31 jpcrp_cor:Row11Member E00378-000 2020-12-31 jpcrp_cor:Row12Member E00378-000 2019-12-31 jpcrp_cor:Row12Member E00378-000 2020-12-31 jpcrp_cor:Row13Member E00378-000 2019-12-31 jpcrp_cor:Row13Member E00378-000 2020-12-31 jpcrp_cor:Row14Member E00378-000 2019-12-31 jpcrp_cor:Row14Member E00378-000 2020-12-31 jpcrp_cor:Row15Member E00378-000 2019-12-31 jpcrp_cor:Row15Member E00378-000 2020-12-31 jpcrp_cor:Row16Member E00378-000 2019-12-31 jpcrp_cor:Row16Member E00378-000 2020-12-31 jpcrp_cor:Row17Member E00378-000 2019-12-31 jpcrp_cor:Row17Member E00378-000 2019-12-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00378-000 2018-12-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00378-000 2019-12-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00378-000 2018-12-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00378-000 2018-12-31 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00378-000 2019-12-31 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00378-000 2018-12-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00378-000 2019-12-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00378-000 2019-12-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00378-000 2018-12-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00378-000 2018-12-31 jppfs_cor:ReserveForAdvancedDepreciationOfNoncurrentAssetsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00378-000 2019-12-31 jppfs_cor:ReserveForAdvancedDepreciationOfNoncurrentAssetsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00378-000 2019-12-31 jppfs_cor:ReserveForSpecialDepreciationMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00378-000 2018-12-31 jppfs_cor:ReserveForSpecialDepreciationMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00378-000 2019-12-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00378-000 2018-12-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00378-000 2019-12-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00378-000 2018-12-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00378-000 2018-12-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00378-000 2019-12-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00378-000 2019-12-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00378-000 2018-12-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00378-000 2018-12-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00378-000 2019-12-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00378-000 2019-12-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00378-000 2018-12-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00378-000 2018-12-31 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00378-000 2019-12-31 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00378-000 2019-12-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00378-000 2018-12-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00378-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:ReserveForAdvancedDepreciationOfNoncurrentAssetsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00378-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:ReserveForAdvancedDepreciationOfNoncurrentAssetsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00378-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00378-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00378-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00378-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00378-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00378-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00378-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:ReserveForSpecialDepreciationMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00378-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:ReserveForSpecialDepreciationMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00378-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00378-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00378-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00378-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00378-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00378-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00378-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00378-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00378-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00378-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00378-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00378-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00378-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00378-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00378-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00378-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00378-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00378-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00378-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00378-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00378-000 2020-12-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00378-000 2020-12-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00378-000 2020-12-31 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00378-000 2020-12-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00378-000 2020-12-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00378-000 2020-12-31 jppfs_cor:ReserveForAdvancedDepreciationOfNoncurrentAssetsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00378-000 2020-12-31 jppfs_cor:ReserveForSpecialDepreciationMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00378-000 2020-12-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00378-000 2020-12-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00378-000 2020-12-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00378-000 2020-12-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00378-000 2020-12-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00378-000 2020-12-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00378-000 2020-12-31 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00378-000 2020-12-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember iso4217:JPY iso4217:JPY xbrli:shares xbrli:pure xbrli:shares

第一部 【企業情報】

 

第1 【企業の概況】

 

1 【主要な経営指標等の推移】

 

(1) 連結経営指標等

回次

第67期

第68期

第69期

第70期

第71期

決算年月

2016年12月

2017年12月

2018年12月

2019年12月

2020年12月

売上高

(千円)

19,716,781

21,303,921

経常利益

(千円)

612,109

999,943

親会社株主に帰属する
当期純利益

(千円)

500,590

447,358

包括利益

(千円)

539,617

602,934

純資産額

(千円)

9,736,613

10,003,359

総資産額

(千円)

17,947,411

18,275,093

1株当たり純資産額

(円)

2,686.79

2,791.94

1株当たり当期純利益金額

(円)

138.12

124.38

潜在株式調整後
1株当たり当期純利益金額

(円)

自己資本比率

(%)

54.3

54.7

自己資本利益率

(%)

5.2

4.5

株価収益率

(倍)

21.2

26.1

営業活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

1,970,044

1,512,885

投資活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

213,478

830,970

財務活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

486,496

855,324

現金及び現金同等物の
期末残高

(千円)

2,305,943

2,132,534

従業員数
(外、平均臨時従業員数)

(人)
(人)

515

521

(174)

(146)

(-)

(-)

(-)

 

(注) 1.「売上高」には、消費税等は含まれておりません。

2.第67期及び第68期の「潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額」については、潜在株式がないため記載しておりません。

3.2017年7月1日付で普通株式5株につき1株の割合で株式併合を実施しております。第67期の期首に当該株式併合が行われたと仮定し、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益金額を算定しております。

4.第68期の株主資本において自己株式として計上されている信託に残存する自社の株式は、1株当たり純資産額の算定上、期末発行済株式数の計算において控除する自己株式に含めております。また、1株当たり当期純利益金額の算定上、期中平均株式数の計算において控除する自己株式に含めております。

5.第69期より連結財務諸表を作成しておりませんので、第69期、第70期及び第71期の連結会計年度に係る主要な経営指標等の推移については記載しておりません。

 

 

(2) 提出会社の経営指標等

回次

第67期

第68期

第69期

第70期

第71期

決算年月

2016年12月

2017年12月

2018年12月

2019年12月

2020年12月

売上高

(千円)

19,714,402

21,301,794

22,949,928

24,039,072

23,321,485

経常利益

(千円)

668,286

1,001,473

1,045,354

1,007,604

860,853

当期純利益

(千円)

549,331

593,974

1,011,665

651,999

610,513

持分法を適用した場合の
投資利益

(千円)

資本金

(千円)

2,864,249

2,864,249

2,864,249

2,864,249

2,864,249

発行済株式総数

(株)

19,144,505

3,828,901

3,828,901

7,657,802

7,657,802

純資産額

(千円)

9,533,709

9,935,965

10,656,588

10,827,806

11,175,063

総資産額

(千円)

17,651,694

18,064,223

19,997,246

19,169,506

19,779,299

1株当たり純資産額

(円)

1,315.40

1,386.56

1,487.26

1,535.52

1,584.80

1株当たり配当額
(1株当たり中間配当額)

(円)

12.00

36.00

65.00

45.00

32.00

(6.00)

(6.00)

(30.00)

(30.00)

(15.00)

(円)

1株当たり当期純利益金額

(円)

75.78

82.57

141.19

92.36

86.58

潜在株式調整後
1株当たり当期純利益金額

(円)

自己資本比率

(%)

54.0

55.0

53.3

56.5

56.5

自己資本利益率

(%)

5.9

6.1

9.8

6.1

5.5

株価収益率

(倍)

19.4

19.6

12.2

17.4

17.4

配当性向

(%)

39.6

36.3

23.0

32.5

37.0

営業活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

949,483

2,013,863

1,442,503

投資活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

1,743,929

971,484

1,572,338

財務活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

271,141

1,411,928

48,125

現金及び現金同等物
の期末残高

(千円)

1,800,539

1,430,990

1,253,031

従業員数
(外、平均臨時従業員数)

(人)

477

485

542

578

601

(人)

(143)

(120)

(118)

(121)

(132)

株主総利回り
(比較指標:配当込みTOPIX)

(%)

120.8

135.7

146.6

139.3

133.8

(%)

(100.3)

(122.6)

(103.0)

(121.7)

(130.7)

最高株価

(円)

613

3,400

6,030

1,815

1,605

(円)

 

(610)

 

(3,790)

 

最低株価

(円)

456

2,849

3,120

1,601

1,201

(円)

 

(553)

 

(3,050)

 

 

(注) 1.「売上高」には、消費税等は含まれておりません。

2.第69期、第70期及び第71期の「持分法を適用した場合の投資利益」は持分法適用会社がないため記載しておりません。

3.「潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額」については、潜在株式がないため記載しておりません。

4.2017年7月1日付で普通株式5株につき1株の割合で株式併合、2019年7月1日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割を実施しております。第67期の期首に当該株式併合及び株式分割が行われたと仮定し、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益金額を算定しております。

5.第68期の「1株当たり配当額」36.00円は、中間配当額6.00円と期末配当額30.00円の合計となります。2017年7月1日付で普通株式5株につき1株の割合で株式併合を行っておりますので、中間配当額6.00円は株式併合前の配当額(株式併合を考慮した場合の中間配当額は30.00円)、期末配当額30.00円は株式併合後の配当額となります。(株式併合を考慮した場合の1株当たり年間配当額は60.00円となります。)

6.第69期の「1株当たり配当額」には、特別配当5.00円を含んでおります。

7.第70期の「1株当たり配当額」45.00円は、中間配当額30.00円と期末配当額15.00円の合計となります。2019年7月1日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割を行っておりますので、中間配当額30.00円は株式分割前の配当額(株式分割を考慮した場合の中間配当額は15.00円)、期末配当額15.00円は株式分割後の配当額となります。(株式分割を考慮した場合の1株当たり年間配当額は30.00円となります。)

8.第68期、第69期、第70期及び第71期の株主資本において自己株式として計上されている信託に残存する自社の株式は、1株当たり純資産額の算定上、期末発行済株式数の計算において控除する自己株式に含めております。また、1株当たり当期純利益金額の算定上、期中平均株式数の計算において控除する自己株式に含めております。

 

9.第68期まで連結財務諸表を作成しておりますので、第68期までの「持分法を適用した場合の投資利益」、「営業活動によるキャッシュ・フロー」、「投資活動によるキャッシュ・フロー」、「財務活動によるキャッシュ・フロー」並びに「現金及び現金同等物の期末残高」は記載しておりません。

10.最高株価・最低株価は、東京証券取引所市場第二部におけるものであります。

11.2017年7月1日付で普通株式5株につき1株の割合で株式併合を実施いたしました。第68期の株価については株式併合後の最高・最低株価を記載し、株式併合前の最高・最低株価は( )に記載しております。

12.2019年7月1日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割を実施いたしました。第70期の株価については株式分割後の最高・最低株価を記載し、株式分割前の最高・最低株価は( )に記載しております。

 

 

2 【沿革】

当社は、1912年初代会長故宮本政一が個人にて、山口県光市に製菓業を創始し、1950年5月に株式会社に改組し、宮本製菓株式会社として設立されました。

現在までの会社の沿革は次のとおりであります。

1912年11月

初代会長故宮本政一個人にて山口県光市に製菓業創始。

1950年5月

組織を株式会社に改め、資本金100万円をもって宮本製菓株式会社を設立。

1959年4月

長野県松本市に松本工場を新設。

1960年9月

社名をカンロ株式会社に改称。

1962年6月

本社を東京都豊島区に移転。

1962年9月

東京証券取引所市場第二部に株式を上場。

1963年10月

本社を東京都中野区に移転。

1968年8月

山口県光市に新工場を建設。

1972年5月

山口県光市に光製菓株式会社(旧ひかり製菓株式会社(連結子会社))を設立。

1973年5月

三菱商事株式会社と業務提携、販売総代理店契約を締結。

1982年6月

長野県松本市に新工場を建設し松本工場を移転。

1988年12月

山口県光市に島田工場を新設。(旧ひかり製菓株式会社へ貸与)

1989年1月

本社を東京都新宿区に移転。

1995年8月
 

山口県光市に新工場を建設し、光工場を移転。
なお、新設移転を機に、事業所名をひかり工場に改称。

1998年3月

本社を東京都中野区に移転。

2011年2月

長野県朝日村に朝日工場を新設。

2011年11月
 

ISO14001(環境マネジメントシステム)をひかり工場(2000年)、松本工場(2001年)、朝日工場が認証登録し全工場で取得。

2015年5月

本社研究室を東京都江東区に移転し、事業所名を豊洲研究所に改称。

2015年7月

FSSC22000(食品安全規格)を朝日工場が取得。

2018年2月

本社を東京都新宿区に移転。

2018年4月

FSSC22000(食品安全規格)をひかり工場が取得。

2018年7月

連結子会社のひかり製菓株式会社を吸収合併。

2019年2月

松本工場において新グミラインが稼働。

2019年4月

FSSC22000(食品安全規格)を松本工場が取得。

 

 

 

3 【事業の内容】

当社は、菓子製造販売を主な内容とした事業活動を行っております。

菓子食品事業:製造販売を行っております。

 

事業の系統図は次のとおりであります。

 


 

 

4 【関係会社の状況】

 

名称

住所

資本金
(千円)

主要な事業
の内容

議決権の所有
(被所有)割合

関係内容

所有割合

(%)

被所有割合

(%)

(その他の関係会社)

 

 

 

 

 

 

三菱商事㈱

東京都千代田区

204,446,667

総合商社

30.03

(0.24)

当社製品の
販売総代理店

 

(注) 1.議決権の所有(被所有)割合の被所有割合欄の( )内は、間接被所有割合で内数であります。

 2.三菱商事㈱は有価証券報告書提出会社であります。

 

5 【従業員の状況】

(1) 提出会社の状況

(2020年12月31日現在)

従業員数(人)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(千円)

601

38.4

13.7

6,356

(132)

 

(注) 1.従業員数は就業人員数であります。

 2.当社の事業は菓子食品事業の単一セグメントであり、セグメントごとの記載を省略しております。

 3.( )内は年間平均臨時従業員数であります。

 4.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。

 

(2) 労働組合の状況

当社の労働組合には、カンロ労働組合が組織されており、日本食品関連産業労働組合総連合会に加盟し、組合員数は2020年12月31日現在、455名であります。

なお、労使関係について特記すべき事項はありません。

第2 【事業の状況】

1 【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

文中における将来に関する事項は、当事業年度末現在において判断したものです。

 

(1) 会社の経営の基本方針

当社は、キャンディを中心とする菓子メーカーとして、「糖を基盤とした事業を通じて人々の健やかな生活に貢献する」を使命とし、消費者の皆様にとって、価値のある安全で安心な商品とサービスの提供に努め、様々なステークホルダーの期待に応えることで持続的な企業価値の向上を目指しております。

 

(2) 経営環境

当社は、現在直面している新型コロナウイルス感染症の感染拡大を外部環境の最大の脅威と認識しております。この状況に対処すべく、感染症対応のBCP(事業継続計画)を策定しました。具体的な感染防止対策として、全工場においては外部者の立ち入りを原則禁止する等の徹底を図り、工場以外においては情報ネットワークの環境整備を進め、テレワーク等で在宅勤務率を高めることにより、商品の安定供給及び社員の安全確保に努めております。加えて、新たな生活様式や消費者心理の変容に適応した商品開発を進めております。
 また、国内の人口減少・少子高齢化等によりキャンディ市場における需要の変容が続くものと思われます。さらにTPPや日EU・EPAの関税撤廃を背景とした輸入品の拡大により、一層の競争激化が予測されます。加えて、地球規模での気候変動が当社の事業活動にも影響を及ぼす可能性があると認識しております。

 

(3) 2021年度の経営指標

当社は、2021年度の経営指標として売上高246億円、営業利益8.4億円、経常利益8.6億円、当期純利益5.9億円を目標としております。

 

(4) 中長期的な会社の経営戦略

① 中期経営計画

当社は、中期経営計画「NewKANRO 2021」において、最終年度の2021年に売上高260億円、ROE10%以上の達成を目指しておりました。しかしながら、新型コロナウイルス感染症の収束時期を明確に見通すことができず、その影響を合理的に算定することが困難な状況となったことから、2020年7月22日に目標を取り下げました。
 新型コロナウイルス感染症の影響により先行きが見えにくく不確実性が高い状況下、次期中期経営計画策定に向けて経営の進むべき方向を示す羅針盤たる2030年のビジョンを示し、すべてのステークホルダーに伝える事が必要と考え、「Kanro Vision2030」を2021年2月10日に公表しました。Visionステートメントとして「Sweeten the Future」を掲げ、目標達成に向けて3つの重点戦略である「価値創造」「ESG経営」「事業領域の拡大」に取組みます。財務指標として最終年度である2030年に売上高550億円、営業利益率8%以上、ROIC10%以上を目指しております。
 なお、2022年を開始年度とする次期中期経営計画については2021年8月に発表する予定です。 

 

② 品質の向上

消費者に、安全・安心な商品を提供し続けることは食品メーカーとしての責任です。品質保証体制に関しても中期経営計画に基づいた施策を実施するとともに、品質保証部を中心に設計から製造までの品質審査、法的適合性の判断、製造委託先の品質管理指導まで迅速かつ的確な対応を心掛けてまいります。また、カスタマーセンターで消費者からいただいたご意見については、品質向上の取組みの一つであるCS向上委員会の活動を通じて、よりご満足いただける商品づくりに役立てております。
 工場では、全自社工場において国際的な食品安全規格FSSC22000の認証を取得、品質管理のための検査機器のさらなる増強、フードディフェンス対策を実施しております。また、製造委託先については定期審査を実施しており、品質基準に満たない場合は委託先の見直しを行うなど、品質管理の一層の強化を図っております。

 

 

③ 地球環境に優しい経営活動と社会貢献活動の展開

人と自然の共生を図り、美しい地球環境を次世代に伝える上で企業が果たすべき役割と責任は大きいと認識しております。当社は全自社工場にてISO14001を既に認証取得しており、また、ひかり工場及び朝日工場で太陽光による発電を行い、売電事業や工場内の電力に活用しております。その他、地球環境の保全に寄与するため、包装資材の見直しによるプラスチックごみの削減、品質設計の見直しや老朽化設備の更新及びリサイクル技術の実現化等による廃棄物の削減、製造工程や配送の効率化等によるCO2の排出削減等にも積極的に取組んでまいります。

また、社会貢献活動として、国内では自然災害発生時における被災地への義援活動や自治体への寄付、新型コロナウイルス感染症患者の治療にあたる医療従事者への商品寄贈、地域とのコミュニケーションを深める活動や教育CSR、スポーツ支援、キャンディを通じて社会支援を行う「キャンディエール」などを実施しております。加えて、国際的な社会貢献として、飢餓のない世界を目指して活動する国際連合世界食糧計画WFPへの参加、子供達に笑顔を届けるセーブ・ザ・チルドレン・ジャパンの活動支援など、様々な社会貢献活動に積極的に取組み、企業の社会的責任を果たしてまいります。

 

④ リスク管理体制の充実

全社的に影響を及ぼす重要なリスクについては「既に認識しているリスク」の見直しと「新たに発生することが見込まれるリスク」の洗出しを定期的に実施し、適宜その対策を講じてまいります。また自然災害や感染症などに備えたBCP(事業継続計画)についても整備しており、定期的にマニュアルの見直しを実施しております。

 

⑤ ダイバーシティの推進

創業から100年を超える歴史を持つ当社が次の100年に向けてさらに成長していくためには、既存の考え方にとらわれず、新しい視点を持ち、積極的に挑戦していくことができる多様な人材が必要であると認識しております。そこで当社は、多様な社員が活きいきと活躍できるように個性を尊重し、安全で働きがいのある職場を実現するために、ダイバーシティ宣言を掲げ、社員一人ひとりが能力を最大限に発揮して、働くことの喜びを実感できる職場づくりを目指しております。
 その取組みの一環として、2020年12月に屋内ハーブ農園「カンロファーム」を埼玉県飯能市にオープンしました。障がいをお持ちの方、定年退職された方を対象に新たな活躍の場を広げることを目的としたものです。
 その他、近年当社が進めてきた取組みが高く評価され、2021年3月に経済産業省による令和2年度「新・ダイバーシティ経営企業100選」に選定されました。 

 

(5) 優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

上記の経営方針・経営戦略の実現に向けて優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題は、次の重要施策を遂行することと認識しております。

 

① 成長戦略

「成長戦略」として、主力ブランド商品の刷新と育成、及び次世代を担う新ブランド商品の開発を中心としたブランド戦略を展開してまいります。グミや飴の刷新及び開発については、多様化する消費者ニーズへの対応が急務であると考えております。そのため、Eコマースを含むオウンドメディアやSNSなどのデジタルを接点に消費者との統合的なコミュニケーションを図り、商品の改良や新しい体験価値の創造に活かすことなどを目的とした「デジタルマーケティング」を推進いたします。また、製造設備投資による生産の効率化や購買機能の強化などにより、売上原価を低減してまいります。海外事業については非連続的な成長を目指し、JVの組成やM&Aを含め、本格的な事業展開を可能とする取組みを進めてまいります。

 

② 経営基盤の強化

「経営基盤の強化」として、国連で採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」を軸に、事業を通じたサステナブルな社会への寄与を目指します。具体的には「素材を活かす」、キャンディならではの「機能性」を中心とした商品開発を推進することにより、消費者の健やかな生活に貢献してまいります。ダイバーシティ(多様性)に関しては、当社の成長に不可欠なものと位置づけ、一層注力いたします。また、食品ロス・CO2の削減など環境負荷低減に取組んでまいります。加えて、コーポレート・ガバナンスの強化、コンプライアンス意識の向上にも引続き取組む他、情報化投資による全社的な生産性の向上など、将来への成長に向けたROIC経営による資本効率を鑑みた設備投資や中長期的な研究開発投資等の諸施策を実施し、持続的な成長に向け経営基盤の一層の強化を図ります。

 

2 【事業等のリスク】

当社の事業に関し、経営者が投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性があると認識しているリスク事項には以下のようなものがあります。ただし、以下に記載のリスクは当社に関する全てのリスクを網羅したものではありません。なお、文中の将来に関する事項は、当事業年度末現在において判断したものです。

 

1.新型コロナウイルス感染症によるリスク

新型コロナウイルス感染症によるリスクについては、現在進行形の極めて重要なリスクと認識しており、当リスクについては、以下のようなものが考えられます。

 

 (現時点における事業活動への影響について)
  当社では、食品メーカーとして製品を安定供給すべく、工場については感染症対策を強化しながら通常稼働し、生産を継続しております。また、本社・R&D豊洲研究所・全支店では在宅勤務を基本とする運用を継続し、出社人数・在社時間を減らすことで新型コロナウイルス感染リスク低減を図り、役職員の安全・健康を守っております。本社に勤務する従業員から新型コロナウイルスPCR検査陽性者1名が発生いたしましたが、適切に対処しており、事業活動への影響は生じておりません。
 
(財務への影響について)
 当社では、現状において事業活動に必要十分な手許資金を保有しており、資金調達手段についても確保しているため、特段事業活動に影響を与えることはないと考えております。
 
(企業活動への影響について)
 今後、当社従業員から新型コロナウイルス感染症の感染者が発生した場合には、企業活動を一時的に停止する可能性があります。
 
 (原料調達について)
  国内外において新規感染者は依然として発生し続けており、海外等からの原料供給が滞り、原料の供給不安に陥る可能性がありますが、当社では、原料供給が著しく滞った場合には、代替原料への切替を行うべく準備を整えており、安全・安心な製品が供給できるよう努めてまいります。
 
 (需要動向について)
  2021年1月に国内10都道府県にて再発出された緊急事態宣言は、3月21日を以て全面解除されましたが、新型コロナウイルス感染症の影響は当面継続することを想定しております。売上高につきましては、飴・グミともに新たな生活様式に適応した商品開発・プロモーションを実施し、主力ブランド商品の刷新及び次世代を担う新ブランド商品の開発と育成を中心としたブランド戦略を推進、輸出取引の拡大も図ってまいります。しかしながら、新規感染者が大幅に増加し、緊急事態宣言が更なる長期継続する等の事態になった場合には、事業活動及び業績に大きな影響を与える可能性があります。
 

 

2.事業に関するリスク

区分

リスク

対策

顕在化した

場合の

影響度

顕在化する

可能性

市場環境

国内

・消費者の消費動向の変化、多様化する消費者ニーズへの対応遅れによる既存事業への影響、成長機会の損失

・競争激化による収益性低下

・主力ブランド商品の刷新及び育成

・新ブランド商品の開発及び育成
・デジタルマーケティングの推進
・自社ECサイトの販売拡大

・少子高齢化、人口減少の影響による国内キャンディ市場の縮小
・糖に対するネガティブな風評の拡大による事業への影響

・国内キャンディ市場のシェア拡大によるコア事業強化
・糖の価値啓蒙活動の実施

海外

・TPP、日EU経済連携協定など関税引き下げなど経済グローバル化加速による輸入品との価格競争

・海外市場進出遅れによる機会損失

・戦略的パートナーを通じた中国市場他への進出
・戦略的な輸出売上の増加

食の安全性

・製品の品質、表示不備によるお客様からの信頼低下

・食品安全マネジメント充実のため、FSSC22000運用による品質管理
・CS向上委員会の設置

サプライ

チェーン

原材料

調達

・調達価格の変動による原価上昇
・調達先の倒産など、調達先起因による供給の不安定化

・計画的な購買による原価低減
・同一原材料の複数購買先の検討
・代替原料の検討
・サプライヤーへのモニタリング

生産

・製造設備トラブルによる生産遅延、停止

・計画的な設備保守、メンテナンスの実施

物流

・欠品発生による機会損失
・需要予測の見誤りによる長期滞留在庫の発生
・輸送コスト上昇による利益圧迫

・需給予測精度の向上
・発注ロット見直しなど安定供給
に向けた配送体制の検討

自然災害・感染症等

・大規模地震、河川氾濫などの自然災害による企業活動の停滞、停止

・感染症等のまん延による企業活動の停滞、停止

・企業活動の早期回復に向けた災害、感染症BCP運用
・工場の水害に備えた浸水対策の実施

 

 

3.経営基盤に関するリスク

区分

リスク

対策

顕在化した場合の

影響度

顕在化する可能性

情報システム

・システム障害による企業活動停滞、停止
・サイバーテロ、不正アクセス等による企業活動の停滞、停止や情報漏洩

・情報セキュリティポリシー及び情報セキュリティ管理規定の遵守
・定期的な社員情報セキュリティ教育の実施
・外部評価サービスの検討

地球環境

・企業活動における環境配慮への欠如による企業価値毀損
・気候変動による原材料の調達不全
・気候変動による当社製品需要への影響

・CO2排出量削減、食品廃棄物削減の為の生産設備投資
・製品の賞味期限延長などフードロス削減に向けた各種取組
・包装資材等の新たな環境配慮型素材への変更
・各工場における排水処理の適切な実施

ダイバーシティ・働き方

・人材確保の困難
・多様な人材活躍を推進する、働く環境の整備遅れによる競争力低下

・健康経営の推進
・女性活躍の推進
・男性社員の育休取得の推進
・カンロファームの取組
・定期的なダイバーシティに係る社員教育の実施
・テレワーク勤務の環境整備

ガバナンス

・コーポレート・ガバナンス、内部統制の機能不全による事業継続のリスク
・コンプライアンス違反発生による企業価値毀損

・コーポレート・ガバナンス体制の強化
・投資家向け説明会の開催
・ガバナンス委員会、コンプライアンス委員会の開催
・定期的な社員コンプライアンス、ハラスメント研修の実施

・ソーシャルメディア規程の遵守

 

 

 

 

 

3 【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

(経営成績等の状況の概要)

(1) 財政状態及び経営成績の状況

当期におけるわが国経済は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大により急激に悪化し、緊急事態宣言解除後には各種政策の実施により持ち直しの動きがみられたものの、11月には再び新規感染者数が急増し、収束の見通しも立たず、依然として厳しい状況が継続しております。キャンディ市場においては、在宅勤務の浸透や新規感染者の継続的な発生を受けて、オフィス消費や行楽消費の減少が巣ごもり消費の増加を上回り、コンビニエンスストア(以下、CVS)チャネルを中心に飴・グミ等全てのカテゴリーで需要は大きく減少いたしました。
 このような事業環境下、当社では中期経営計画「NewKANRO 2021」の基本戦略である「成長戦略」と「経営基盤の強化」の両輪の施策を推進し、「新しい生活様式」への対応を進めましたが、売上高は前期比7億17百万円(3.0%)減収233億21百万円となりました。

売上総利益は前期比4億94百万円(4.4%)減益108億63百万円、営業利益は前期比87百万円(9.5%)減益8億36百万円、経常利益は前期比1億46百万円(14.6%)減益8億60百万円、当期純利益は前期比41百万円(6.4%)減益6億10百万円となりました。

また、当事業年度末の総資産は197億79百万円(前事業年度末比6億9百万円増加)、負債は86億4百万円(前事業年度末比2億62百万円増加)、純資産は111億75百万円(前事業年度末比3億47百万円増加)となりました。

 

(2) キャッシュ・フローの状況

当事業年度末の現金及び現金同等物の期末残高は、前事業年度末に比べ1億77百万円減少し、12億53百万円となりました。

(営業活動によるキャッシュ・フロー)

営業活動によるキャッシュ・フローは、14億42百万円の資金増(前事業年度は20億13百万円の資金増)となりました。

これは法人税等の支払などがあったものの、営業収入などにより資金が増加したことによるものです。

(投資活動によるキャッシュ・フロー)

投資活動によるキャッシュ・フローは、15億72百万円の資金減(前事業年度は9億71百万円の資金減)となりました。

これは投資有価証券の売却による収入を、設備投資などによる支出が上回ったことによるものです。

(財務活動によるキャッシュ・フロー)

財務活動によるキャッシュ・フローは、48百万円の資金減(前事業年度は14億11百万円の資金減)となりました。

これは短期借入金の純増により資金が増加しましたが、長期借入金の返済、配当金の支払などにより資金が減少したことによるものです。

 

 

 

 

 

(生産、受注及び販売の状況)

当事業年度における生産実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。

 

(1) 生産実績

セグメントの名称

金額(千円)

前期比(%)

菓子食品事業

24,944,803

97.5

 

(注) 1.金額は生産者販売価格により算出しております。

2.金額には消費税等は含まれておりません。

 

(2) 受注実績

受注生産は行っていないため、該当事項はありません。

 

(3) 販売実績

当事業年度における販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。

セグメントの名称

金額(千円)

前期比(%)

菓子食品事業

23,321,485

97.0

 

(注) 1.金額には消費税等は含まれておりません。

2.主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に対する割合

相手先

前事業年度

当事業年度

金額(千円)

割合(%)

金額(千円)

割合(%)

三菱商事㈱

23,106,082

96.1

22,647,751

97.1

 

 

 

(経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容)

経営者の視点による当社の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりであります。

なお、文中の将来に関する事項は、当事業年度末現在において判断したものであり、事業環境等前提条件の変化等により、実際の結果は異なる可能性があります。

 

(1) 重要な会計方針及び見積り

当社の財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められる会計基準に基づき作成されております。この財務諸表の作成にあたって当社が採用している重要な会計方針は、「第5 経理の状況 1 財務諸表等 (1)財務諸表 注記事項 (重要な会計方針)」に記載のとおりであります。また、財務諸表を作成するにあたり、資産・負債や収益・費用に影響を与える見積りは、経営者が過去の実績や現在の状況並びに入手可能な情報を総合的に勘案し、その時点で最も合理的と考えられる見積りや仮定を継続的に使用しておりますが、見積り及び仮定には不確実性が伴うため、実際の結果と異なる可能性があります。
 
(繰延税金資産の回収可能性)
 当社は、繰延税金資産について、事業計画等に基づき将来の課税所得を合理的に見積り、回収可能性を十分に検討し、回収可能見込額を計上しております。繰延税金資産の回収可能性は、将来の課税所得の見積りに依存するため、その見積りの前提とした条件や仮定に変更が生じ、課税所得が減少した場合、繰延税金資産が取り崩され、税金費用が計上される可能性があります。

 

(固定資産の減損処理)
 当社は、固定資産の減損の兆候を把握するに当たり、資産全体でグルーピングし、営業損益が継続してマイナスとなる場合等に、また、遊休資産については個別物件単位にグルーピングし、将来の具体的使用計画が見込まれない場合等に、減損の兆候があると判断しております。当該資産グループから得られる割引前将来キャッシュ・フローの総額が帳簿価額を下回る場合には、 帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失として計上しておりますが、事業計画や経営環境の変化により、その見積り額の前提とした条件や仮定に変更が生じた場合、減損処理が必要となる可能性があります。
 

なお、会計上の見積りに対する新型コロナウイルス感染症の影響に関して、収束時期などを想定することは困難であるものの、その影響は2021年12月期の一定期間にわたり継続すると仮定して当事業年度(2020年12月期)の会計上の見積りを行っております。

 

(2) 経営成績の分析

① 売上高

飴カテゴリーは、袋・スティック形態の減少が継続したことに加えて、近年売上拡大を続けていたコンパクトサイズ形態も、新型コロナウイルス感染症による影響を大きく受け前期比減少に転じました。製品別では、「健康のど飴たたかうマヌカハニー」シリーズ、「ノンシュガースーパーメントールのど飴」などのコロナ禍での好調商品があるものの、マスク生活の浸透・CVSチャネルの販売減等により、「のど飴」製品の売上が大きく減少いたしました。また、「もりもり山のくだもの飴」・「金のミルク」といった既存主力ブランド商品の一部も、CVSチャネルの販売減の影響が大きく、前年割れとなりました。グミカテゴリーは、主力ブランドの一つである「カンデミーナグミ」の増加や家庭内消費を捉えた「あそぼん!グミ」等の新製品の発売に加え、「ピュレグミ」でのキャラクターとのコラボ商品が好調に推移したことにより、コロナ禍でも前期比増加となりました。素材菓子は、市場動向に加えて、CVSでのプライベートブランド化による影響を受け、前期比減少となりました。その結果、233億21百万円前期比7億17百万円減収)となりました。

 

② 売上総利益

減収要因に加えて、生産高減少による売上原価率の上昇により、108億63百万円前期比4億94百万円減益)となりました。

 

③ 営業利益

新型コロナウイルス感染症拡大の影響により販促活動が制限され販売費が減少したことや、一般諸経費の削減を図ったものの売上総利益の減少を吸収できず、8億36百万円前期比87百万円減益)となりました。

 

④ 経常利益

前期の損害金収入の反動減により、8億60百万円前期比1億46百万円減益)となりました。

 

⑤ 当期純利益

政策保有株式の縮減による一部銘柄の売却に伴い投資有価証券売却益74百万円を計上したこと、及び前期に計上した減損損失の反動により、6億10百万円前期比41百万円減益)となりました。

 

⑥ 中期経営計画の進捗状況

当社は、中期経営計画「NewKANRO 2021」において、「成長戦略」「経営基盤の強化」の両輪の施策に取組んでまいりました。2019年までの3ヶ年においては、選択と集中による飴の販売増加、製造ラインの増設によるグミの販売増加により業容拡大を実現いたしましたが、2020年は新型コロナウイルスの感染拡大により当社の事業は大きく影響を受け、売上高、利益とも計画を下回りました。また、新型コロナウイルスについては収束時期を明確に見通すことができず、その影響を合理的に算定することが困難な状況となったことから、2020年7月22日に2021年度の売上高260億円、ROE10%以上の目標数値を取り下げました。

 

 

(3) 財政状態及びキャッシュ・フローの状況の分析

① 財政状態の分析

当事業年度末の総資産は、前事業年度末に比べ6億9百万円3.2%)増加し197億79百万円となりました。これは主に現金及び預金が1億77百万円、売掛金が1億59百万円、投資有価証券が1億48百万円減少しましたが、未収入金が1億53百万円、有形固定資産が9億47百万円増加したことによるものです。

負債の部は、前事業年度末に比べ2億62百万円3.1%)増加し86億4百万円となりました。これは主に1年内返済予定の長期借入金が2億92百万円、未払消費税等が2億15百万円、未払費用が1億40百万円減少しましたが、短期借入金が5億円、未払金が3億47百万円、未払法人税等が1億58百万円増加したことによるものです。

純資産の部は、前事業年度末に比べ3億47百万円3.2%)増加し111億75百万円となりました。これは主に当期純利益6億10百万円の計上及び配当金2億14百万円の支払により利益剰余金が3億95百万円増加したことによるものです。

 

② キャッシュ・フローの状況の分析

当事業年度のキャッシュ・フローの状況につきましては、「第2 事業の状況 3 経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析 経営成績等の状況の概要 (2) キャッシュ・フローの状況」に記載のとおりであります。

(キャッシュ・フロー関連指標の推移)

 

2018年12月

2019年12月

2020年12月

自己資本比率(%)

53.3

56.5

56.5

時価ベースの自己資本比率(%)

61.8

59.0

53.7

キャッシュ・フロー対有利子負債比率(年)

1.9

0.4

0.7

インタレスト・カバレッジ・レシオ(倍)

170.0

340.2

385.8

 

(注) 自己資本比率:自己資本/総資産

 時価ベースの自己資本比率:株式時価総額/総資産

 キャッシュ・フロー対有利子負債比率:有利子負債/キャッシュ・フロー

 インタレスト・カバレッジ・レシオ:キャッシュ・フロー/利払い

 (注1)いずれも単体ベースの財務数値により算出しております。

 (注2)株式時価総額は自己株式を除く発行済株式数をベースに計算しております。

 (注3)キャッシュ・フローは営業キャッシュ・フローを利用しております。

(注4)有利子負債は貸借対照表に計上されている負債のうち利子を支払っている全ての負債(短期借入金、長期借入金)を対象としております。また、利払いは、キャッシュ・フロー計算書の利息の支払額を使用しております。

 

(資本の財源及び資金の流動性)

当社の運転資金需要の主なものは、原材料の仕入や労務費、製造諸経費、販売費及び一般管理費等であります。また、設備投資資金需要は、主にキャンディ製造設備への投資であります。
 これらの資金需要については、営業活動によるキャッシュ・フローや金融機関からの借入により調達しております。

 

4 【経営上の重要な契約等】

 当社は、1973年5月に三菱商事株式会社との業務提携を行い、同社と販売総代理店契約を結んでおります。

 

 

5 【研究開発活動】

当社は、「糖を基盤とした事業を通じて人々の健やかな生活に貢献する」という使命のもと、「糖を科学する技術」をコア・コンピタンスとし「素材を活かす技術」及び「機能を発揮させる技術」の構築に取組んでまいりました。また、フードロスやCO2の削減、脱プラスチック等サステナブルな社会の実現へ向けた研究開発も積極的に実施しております。

様々な分野の研究開発を実施するにあたり、基礎研究と応用研究の2つの領域ごとに研究テーマを設定することで、研究開発の質的向上及び効率化を目指しております。

 

(1) 基礎研究領域における取組み

「機能を発揮させる技術」について、大学や企業の研究機関との共同研究など、オープンイノベーションを積極的に推進してまいりました。中でも企業との共同研究によりガラクトオリゴ糖の機能を活かした、キャンディ業界初の整腸作用を表示できる特定保健用食品を発売いたしました。また、大学との共同研究においてはハーブエキスの病原菌に対する殺菌力の確認試験や虫歯・歯周病予防など、口腔衛生に関連する研究開発を継続しております。さらに、医学系大学との共同研究により新型コロナウイルスの不活性化研究を行いました。概要として、柿渋を含む飴を舐めた際の唾液を採取し試験管の中で新型コロナウイルスと反応させた結果、ウイルスの感染性を99.9%以上失わせることに成功いたしました。

 

(2) 応用研究領域における取組み

「素材を活かす技術」については、カンロが長年培ってきたキャンディの配合技術や製法技術をさらに深耕することにより、植物性たんぱく質である大豆をサクサクとした食感と芳醇な香りで味わえる新しいキャンディを実現しました。また、当社主力ブランドのカンロ飴にこだわりの塩や素材の旨味を最大限活かした「塩カンロ飴」を開発しました。

一方、グミの研究開発においては、デジタル技術を駆使した形状設計により動物や海の生き物を可愛く表現し、親子がグミで楽しくコミュニケーションしてもらえる新ブランド「あそぼん!グミ」を完成させました。また、グミに空気を閉じ込める技術を開発し、ふわふわした食感で口溶けに優れたマシュマロが完成し、「マロッシュ」という製品にてテスト販売を行い、2021年には本格発売を予定しています。

他にも当社の主力ブランドであるピュレグミについて、グミ充填技術の応用により小さなお子様でも食べやすい小さめのハート型リング形状を実現するとともに甘味と酸味の調和した「ピュレリング」を発売しました。

 

(3) サステナブルに関する取組み

「持続可能な開発目標(SDGs)」を基本とした全社的な活動を行っている中で、研究部門ではフードロス削減を目的とした賞味期限延長への取組みを継続しており、一部の製品について原料選定や配合検討により賞味期限の延長を可能としました。また、パッケージについては、リサイクル可能な材質の選定や紙を使用した包材による機械適正の確認、保存性等の品質確認を実施し、環境に配慮した商品展開のための準備を行いました。

なお、当事業年度における研究開発費の総額は、629百万円であります。

 

第3 【設備の状況】

1 【設備投資等の概要】

当期の設備投資総額は2,090百万円であります。

主なものは、キャンディ製造設備(ひかり工場1,030百万円、松本工場475百万円、朝日工場461百万円)であります。

また、当期において重要な設備の除却、売却等はありません。

 

2 【主要な設備の状況】

(2020年12月31日現在)

事業所名
(所在地)

セグメントの
名称

設備の内容

帳簿価額(千円)

従業員数
(人)

建物
及び構築物

機械装置
及び運搬具

土地
(面積㎡)

その他

合計

本社
(東京都新宿区)

菓子食品事業

本社ビル

85,430

33

(―)

127,345

212,810

195

(20)

ひかり工場
(山口県光市)

菓子食品事業

キャンディ
製造設備

622,632

1,573,500

298,234

(37,599)

317,416

2,811,784

114

(45)

松本工場
(長野県松本市)

菓子食品事業

キャンディ
製造設備

1,262,902

1,326,488

419,590

(19,198)

49,120

3,058,101

105

(31)

朝日工場
(長野県朝日村)

菓子食品事業

キャンディ
製造設備

1,134,627

780,554

426,810

(38,924)

52,138

2,394,131

60

(35)

R&D豊洲研究所
(東京都江東区)

菓子食品事業

その他設備

458,123

211,733

(444)

78,883

748,740

26

(―)

 

(注) 1.帳簿価額のうち「その他」は、工具、器具及び備品及びリース資産並びに建設仮勘定の合計であります。
なお、金額には消費税等は含んでおりません。

2.従業員数の( )は、臨時従業員数を外書しております。

3.本社は賃貸物件であり当事業年度における賃借料は117,473千円であります。

 

3 【設備の新設、除却等の計画】

(1) 重要な設備の新設等

                                     (2020年12月31日現在)

事業所名
(所在地)

セグメントの
名称

設備の内容

投資予定金額

資金調達
方法

着手及び完了予定

完成後の増加能力

総額
(千円)

既支払額
(千円)

着手年月

完了予定年月

本社

(東京都新宿区)

菓子食品事業

システム投資等

472,000

自己資金

及び借入金

2021年3月

2023年1月

ひかり工場

(山口県光市)

菓子食品事業

キャンディ製造設備

511,433

254,119

自己資金

及び借入金

2019年12月

2021年12月

松本工場

(長野県松本市)

菓子食品事業

キャンディ製造設備

324,000

自己資金

及び借入金

2021年1月

2021年12月

朝日工場

(長野県朝日村)

菓子食品事業

キャンディ製造設備

238,319

4,729

自己資金

及び借入金

2020年3月

2021年12月

R&D豊洲研究所

(東京都江東区)

菓子食品事業

その他設備

140,375

自己資金

及び借入金

2021年2月

2021年7月

 

(注) 1.金額には消費税等は含まれておりません。

   2.完成後の増加能力については合理的な算定が困難なため記載しておりません。

 

(2) 重要な設備の除却、売却等

該当事項はありません。

 

第4 【提出会社の状況】

 

1 【株式等の状況】

(1) 【株式の総数等】

① 【株式の総数】

 

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

20,000,000

20,000,000

 

 

② 【発行済株式】

 

種類

事業年度末現在
発行数(株)
(2020年12月31日)

提出日現在
発行数(株)
(2021年3月29日)

上場金融商品取引所名又は登録認可金融商品取引業協会名

内容

普通株式

7,657,802

7,657,802

東京証券取引所
(市場第二部)

単元株式数
100株

7,657,802

7,657,802

 

 

(2) 【新株予約権等の状況】

① 【ストックオプション制度の内容】

 該当事項はありません。

 

② 【ライツプランの内容】

 該当事項はありません。

 

③ 【その他の新株予約権等の状況】

 該当事項はありません。

 

(3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

 該当事項はありません。

 

(4) 【発行済株式総数、資本金等の推移】

 

年月日

発行済株式
総数増減数
(株)

発行済株式
総数残高
(株)

資本金増減額
 
(千円)

資本金残高
 
(千円)

資本準備金
増減額
(千円)

資本準備金
残高
(千円)

2019年7月1日

3,828,901

7,657,802

2,864,249

2,141,805

 

(注) 2019年5月13日開催の取締役会決議により、2019年7月1日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割を行っております。

 

 

(5) 【所有者別状況】

(2020年12月31日現在)

区分

株式の状況(1単元の株式数100株)

単元未満
株式の状況
(株)

政府及び
地方公共
団体

金融機関

金融商品
取引業者

その他の
法人

外国法人等

個人
その他

個人以外

個人

株主数
(人)

9

6

82

4

2

5,940

6,043

所有株式数
(単元)

15,331

338

31,458

71

16

29,188

76,402

17,602

所有株式数
の割合(%)

20.07

0.44

41.18

0.09

0.02

38.20

100.00

 

(注) 自己株式502,790株は、「個人その他」に5,027単元及び「単元未満株式の状況」に90株含まれております。また、期末日現在の実質的な所有株式数と同数であります。なお、当該自己株式には、株式交付信託の信託財産として、株式会社日本カストディ銀行(信託口)が所有する当社株式103,600株は含めておりません。

 

(6) 【大株主の状況】

2020年12月31日現在)

氏名又は名称

住所

所有株式数
(千株)

発行済株式
(自己株式を除く。)の総数に対する所有株式数の割合(%)

三菱商事株式会社

東京都千代田区丸の内2丁目3-1

2,126

29.72

カンロ共栄会

東京都新宿区西新宿3丁目20-2

472

6.60

株式会社榎本武平商店

東京都江東区新大橋2丁目5-2

450

6.30

三井住友信託銀行株式会社
(常任代理人 株式会社日本カストディ銀行)

東京都千代田区丸の内1丁目4-1
(東京都中央区晴海1丁目8-12)

323

4.52

株式会社三井住友銀行

東京都千代田区丸の内1丁目1-2

319

4.47

株式会社みずほ銀行
(常任代理人 株式会社日本カストディ銀行)

東京都千代田区大手町1丁目5-5
(東京都中央区晴海1丁目8-12)

264

3.69

東京海上日動火災保険株式会社

東京都千代田区丸の内1丁目2-1

242

3.38

株式会社山口銀行
 (常任代理人 日本マスタートラスト信託銀行株式会社)

山口県下関市竹崎町4丁目2-36
 (東京都港区浜松町2丁目11-3)

160

2.24

株式会社日本カストディ銀行(信託口)

東京都中央区晴海1丁目8-12

116

1.62

多根 嘉宏

京都府京都市左京区

98

1.38

4,573

63.92

 

(注) 1.上記のほか当社所有の自己株式502千株があります。

2.当社は、役員向け株式交付信託を導入しております。

  当該信託の信託財産として、株式会社日本カストディ銀行(信託口)が所有する103千株は、上記(注)1.の自己株式に含めておりません。

 

(7) 【議決権の状況】

① 【発行済株式】

2020年12月31日現在)

区分

株式数(株)

議決権の数(個)

内容

無議決権株式

議決権制限株式(自己株式等)

議決権制限株式(その他)

完全議決権株式(自己株式等)

(自己保有株式)

普通株式

502,700

完全議決権株式(その他)

普通株式

71,375

7,137,500

単元未満株式

普通株式

17,602

発行済株式総数

7,657,802

総株主の議決権

71,375

 

(注)1.株式会社日本カストディ銀行(信託口)が所有する当社株式103,600株(議決権の数1,036個)につきましては、「完全議決権株式(その他)」に含めております。

2.「単元未満株式」の欄の普通株式には、当社所有の自己保有株式90株が含まれております。

 

② 【自己株式等】

2020年12月31日現在)

所有者の氏名
又は名称

所有者の住所

自己名義
所有株式数
(株)

他人名義
所有株式数
(株)

所有株式数
の合計
(株)

発行済株式
総数に対する
所有株式数
の割合(%)

(自己保有株式)

カンロ株式会社

東京都新宿区西新宿3丁目20-2

502,700

502,700

6.56

502,700

502,700

6.56

 

(注) 株式交付信託の信託財産として、株式会社日本カストディ銀行(信託口)が所有する103,600株(1.35%)は、上記自己株式数に含めておりません。

 

(8) 【役員・従業員株式所有制度の内容】

当社は、2017年3月29日開催の第67期定時株主総会決議に基づき、当社取締役(社外取締役を除きます。)及び執行役員(以下、「取締役等」といいます。)を対象とする株式報酬制度(以下、「本制度」といいます。)を導入しております。

① 本制度の概要

本制度は、当社が金員を拠出することにより設定する信託(以下、「本信託」といいます。)が当社株式を取得し、役位等一定の基準に応じて当社が取締役等に付与するポイント数に相当する数の当社株式を、本信託を通じて取締役等に対して交付する制度です。なお、取締役等が当社株式の交付を受ける時期は、原則として取締役等の退任時(取締役等の退任後、監査役に就任した場合は監査役退任時)です。

 

② 本制度により取得した当社株式の総数又は総額

株式会社日本カストディ銀行(信託口)が、2017年5月25日付で75,000株(43,050千円)、2017年5月26日付で200,000株(115,600千円)、2021年2月25日付で20,000株(29,900千円)を取得いたしました。

なお、2017年7月1日付で普通株式5株につき1株の割合で株式併合、2019年7月1日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割を実施しており、有価証券報告書提出日現在において株式会社日本カストディ銀行(信託口)が所有する当社株式数は、123,600株であります。

 

③ 本制度による受益権その他の権利を受けることができる者の範囲

取締役等を退任した者(取締役等の退任後、監査役に就任した場合は監査役を退任した者)のうち株式交付規程に定める受益者要件を満たした者

 

2 【自己株式の取得等の状況】

 

【株式の種類等】

会社法第155条第7号による普通株式の取得

 

 

(1) 【株主総会決議による取得の状況】

 該当事項はありません。

 

(2) 【取締役会決議による取得の状況】

 該当事項はありません。

 

(3) 【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

 会社法第155条第7号による取得

区分

株式数(株)

価額の総額(円)

当事業年度における取得自己株式

140

207,590

当期間における取得自己株式

40

58,300

 

(注) 当期間における取得自己株式には、2021年3月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りによる株式数は含めておりません。

 

(4) 【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

 

区分

当事業年度

当期間

株式数(株)

処分価額の総額

(円)

株式数(株)

処分価額の総額

(円)

引き受ける者の募集を行った取得自己株式

消却の処分を行った取得自己株式

合併、株式交換、株式交付、会社分割に係る移転を行った取得自己株式

その他(株式交付信託への第三者割当による自己株式の処分)

20,000

29,900,000

保有自己株式数

502,790

    482,830

 

(注)1.当事業年度及び当期間の保有自己株式数には、株式交付信託の信託財産として株式会社日本カストディ銀行(信託口)が所有する当社株式は含まれておりません。

2.当期間における保有自己株式数には、2021年3月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取り・買増しによる株式数は含んでおりません。

 

 

3 【配当政策】

(1) 配当につきましては、株主の皆様への利益還元を重要な政策と認識しており、継続的かつ安定的な配当を行うことを基本方針としております。当社の剰余金の配当は、中間配当及び期末配当の年2回を基本的な方針としております。当社は、毎年6月30日を基準日として、中間配当を行うことができる旨を定款に定めております。また、会社法第459条第1項の規定に基づき、取締役会の決議をもって剰余金の配当等を行うことができる旨を定款に定めております。当期の期末配当金につきましては、1株につき17円としております。当期の年間配当金は、中間配当金15円と期末配当金17円を合わせた1株当たり32円となります。

 

(2) 内部留保につきましては、企業価値の向上に向けた投資等に活用し、将来の事業展開に備えた経営基盤の強化を図るために有効活用してまいります。

 

(3) 自己株式の処分・活用につきましては、当社成長発展のためのより良い資本政策を検討し、時宜にかなった決定をしてまいります。

 

 (注) 基準日が当事業年度に属する剰余金の配当は、次のとおりであります。

決議年月日

配当金の総額
(千円)

1株当たり配当額
(円)

2020年8月6日

取締役会決議

107,325

15.00

2021年2月10日

取締役会決議

121,635

17.00

 

 

 

4 【コーポレート・ガバナンスの状況等】

(1) 【コーポレート・ガバナンスの概要】

① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

当社では、経営の透明性と健全性の確保、及び効率性の向上を基本方針として、取締役会及び監査役会の機能強化、法令違反行為の未然防止機能強化、ディスクロージャー、株主への説明義務が重要であると考え、コーポレート・ガバナンスの充実に取組んでおります。この実現のため、当社は監査役会設置会社の形態を採用し、独立役員の要件を満たす社外取締役・社外監査役の選任により、経営監督機能を強化するとともに、執行役員制度を導入し、取締役会の決議によって選任された執行役員12名が、各本部間の情報及び業務計画や施策等の立案・進捗管理を共有化し、迅速な業務執行を図っております。

 

② 企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由

当社の企業統治の体制の概要は以下のとおりであります。


 

 

(会社の機関の内容)

経営に関わる意思決定については、法令等に定められた事項や重要事項等は取締役会、日常の業務執行に関しては、常勤取締役及び執行役員を中心に構成される常勤役員会及び人事委員会を定期的に開催して意思疎通を図るとともに社外役員にも電子メール等により迅速に情報を共有し、積極的に意見を交換しながら、規程に定められた審議事項や業務報告に対して慎重かつ迅速な意思決定を行い、経営の進捗及び業務執行の適正性を管理監督しております。

 

(イ) 取締役会

当社の取締役会は、取締役7名(内、社外取締役4名)で構成し、法令及び定款で定められた事項及び経営に関する重要事項につき、十分に審議した上で意思決定を行っております。また、監査役4名(内、社外監査役3名)も出席しております。

取締役会は、業務執行取締役の担当業務及び執行役員へ委任する業務執行分野をそれぞれ決定し、業務執行は当該分掌に基づき行われております。また、業務執行取締役は、業務執行の進捗状況等を常勤役員会及び取締役会で報告し、執行役員は、代表取締役、常勤役員会及び取締役会に対して適宜適切に担当分野の業務執行状況を報告しております。

 

(ロ) ガバナンス委員会

当社のガバナンス委員会は、取締役3名(内、独立社外取締役2名)で構成し、取締役等の指名・報酬などの検討にあたり、透明性・公正性を確保できるよう、取締役会の諮問機関として設置しており、コーポレート・ガバナンスの強化を図っております。

 

(ハ) 監査役会

当社の監査役会は、監査役4名(内、社外監査役3名)で構成し、法令及び定款に基づき、取締役の意思決定の過程や業務執行の監査を実施しております。社内監査役は、経営全般に関する豊富な知見に基づく視点から、社外監査役は、財務、会計及び企業法務に関する知識と経験に基づく視点から、それぞれ監査を行うことにより経営の健全性を確保しております。

 

(ニ) 常勤役員会

当社の常勤役員会は、常勤取締役3名、常勤監査役2名(内、社外監査役1名)及び執行役員で構成され、業務執行取締役及び執行役員により日常的な業務執行の報告が行われ、取締役会決議事項を除く重要な業務執行を、審議の上、代表取締役社長が決定しております。

 

(ホ) 人事委員会

当社の人事委員会は、常勤取締役3名及び執行役員で構成し、社員の活力を高めるため、人事・組織諸制度の的確な運用及び当該諸制度の制定・改廃並びにその他人事・組織に関する重要事項について審議の上、代表取締役社長が決定しております。また、必要に応じて常勤監査役2名(内、社外監査役1名)も出席しております。

 

(ヘ) 機関ごとの構成員

役職名

氏名

取締役会

ガバナンス委員会

監査役会

常勤役員会

人事委員会

代表取締役社長

CEO兼チーフ・コンプライアンス・オフィサー

三 須 和 泰

 

取締役専務執行役員

営業本部・マーケティング

本部担当

水 田 豊 重

 

 

取締役常務執行役員

CFO 財務・経理本部長

阿 部 一 博

 

 

独立社外取締役

光 田 博 充

 

 

 

独立社外取締役

吉 田 孝 信

 

 

 

社外取締役

村 田 哲 也

 

 

 

 

独立社外取締役

堀 江 裕 美

 

 

 

 

常勤監査役

羽 田 英 之

 

常勤社外監査役

高 橋 一 夫

 

独立社外監査役

花 野 信 子

 

 

 

社外監査役

松 原 良 司

 

 

 

常務執行役員

石 川 和 弘

 

 

 

常務執行役員

関 口 直 樹

 

 

 

執行役員

加 来 俊 治

 

 

 

執行役員

山 本 寿 男

 

 

 

執行役員

田 邉 信 男

 

 

 

執行役員

内 山 妙 子

 

 

 

執行役員

CIO

松 本   毅

 

 

 

執行役員

平 田 幹 二

 

 

 

執行役員

守 田 昌 弘

 

 

 

 

※◎は議長、委員長

 

③ 企業統治に関するその他の事項
(イ) 内部統制システムの整備の概要

(a) 全役職員の行動規範として「企業行動憲章」及び「企業行動基準」を定め、その周知徹底を図り、遵法の精神に則り業務運営に当たっております。

(b) 反社会的勢力及び団体に対しては一切関係を持たず、不当要求や妨害については警察等の外部機関とも適切に連携しつつ毅然とした態度で組織的に対応しております。

(c) コンプライアンスの推進については、「コンプライアンス組織・運営規程」に則り、「内部通報基準」の制定、社内外の通報窓口設置、チーフ・コンプライアンス・オフィサーを委員長とするコンプライアンス委員会の設置、各本部・事業所等を担当するコンプライアンス・オフィサーを中心とした全役職員への教育実施等により、法令等遵守の徹底、コンプライアンス意識の向上及び行動規範の浸透を図り、風通しの良い企業風土の醸成を推進しております。

(d) 取締役会は、法令及び定款で定められた事項及び経営に関する重要事項につき、十分に審議した上で意思決定を行う一方、業務執行する取締役、及び執行役員からは、その執行状況に関わる報告等を求めて経営方針の進捗状況を把握し、業務執行の適正性を管理監督しております。さらに、取締役等の指名・報酬などの検討にあたり、透明性・公正性を確保できるよう、取締役会の諮問機関としてガバナンス委員会を設置し、コーポレート・ガバナンスの強化を図っております。

(e) 監査役は、取締役会及び常勤役員会のほか、重要な意思決定の過程及び業務執行状況を把握するため、重要な会議に出席し、取締役、執行役員及び使用人の業務執行状況等に関して意見の陳述や報告を行い、必要に応じて助言・勧告、場合によっては適切な処置を講じております。

 

(f) 監査役会は、会計監査人より取締役、執行役員及び使用人の業務執行に関する不正行為又は法令及び定款に違反する重大な事実がある旨の報告を受けた場合、監査役が協議して必要な調査を行い、助言又は勧告等の必要な処置を講じております。

(g) 内部監査部門として監査室を社長直轄組織として設置し、定期監査と共に必要に応じて臨時監査を実施して日常の業務執行状況を把握し、その改善を図っております。

 

(ロ) リスク管理体制の整備の概要

(a) 全社的に影響を及ぼす重要なリスクについては、経営企画部を主管部として要因別に「既に認識しているリスク」の見直しと「新たに発生することが見込まれるリスク」の洗出しを定期的に実施しております。
各部門では部門の業務に関わる重要なリスクについては、「既に認識しているリスク」の見直しと「新たに発生することが見込まれるリスク」の洗出しを定期的に実施して経営企画部に報告しております。
経営企画部は全社及び各部門に関わる重要なリスクと、リスクが顕在化する可能性や顕在化した場合の影響等を含めた対応策を取り纏めて常勤役員会に報告しております。常勤役員会は当該報告内容を審議し、必要に応じて、リスクの解消・改善を行う新たな処置を取っております。

(b) 新たにリスク管理面で問題が発生もしくは発生が予想される場合は、その都度経営企画部より常勤役員会に報告し、その対策を協議して是正処置を取っております。ただし、緊急を要する場合は、担当本部長より代表取締役社長に報告し、対策を協議して是正処置を取り、速やかに常勤役員会に報告しております。また、重大事故発生や大規模自然災害・ウィルス感染症等に対応するために、災害対応マニュアルや事業継続計画(BCP)を策定しており、重大な危機発生時には、リスク管理基本規程に基づき対応しております。

 
(ハ) 取締役会で決議できる株主総会決議事項
(a) 剰余金の配当等

当社は、株主への機動的な利益還元等を行うため、会社法第459条第1項各号に定める事項については、法令に別段の定めのある場合を除き、取締役会の決議によって定めることができる旨定款で定めております。

(b) 中間配当

当社は、株主への機動的な利益還元を行うため、会社法第454条第5項の規定に基づき取締役会の決議によって、毎年6月30日を基準日として、中間配当を行うことができる旨定款で定めております。

(c) 取締役等の責任免除

当社は、取締役等の職務の遂行に当たり期待される役割を十分に発揮できるようにするため、会社法第426条第1項の規定に基づき、任務を怠ったことによる取締役(取締役であった者を含む。)及び監査役(監査役であった者を含む。)の会社法第423条第1項の損害賠償責任について、法令の定める要件に該当する場合には、法令の定める限度において、取締役会の決議によって免除することができる旨定款に定めております。

 

(ニ) 取締役の定数

当社の取締役は、15名以内とする旨定款に定めております。

 

(ホ) 取締役の選任の決議要件

当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨定款に定めております。

 

(ヘ) 株主総会の特別決議要件

当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨定款に定めております。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目的とするものであります。

 

 

(2) 【役員の状況】

① 役員一覧

男性9名 女性2名 (役員のうち女性の比率18.2%)

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数
(株)

代表取締役社長
CEO兼
チーフ・コンプライアンス・
オフィサー

三 須 和 泰

1957年2月28日

1979年4月

三菱商事株式会社入社

1992年2月

英国三菱商事会社出向

1997年8月

三菱商事株式会社食品原料部

2004年4月

同社食品本部加工食品第三ユニットマネージャー

2006年4月

同社生活産業グループCEOオフィス室長代行

2008年4月

同社生活産業グループCEOオフィス室長

2009年4月

同社食品本部長兼酪農食品ユニットマネージャー

2011年4月

同社執行役員中国生活産業グループ統括

2014年4月

同社執行役員海外市場本部長

2016年3月

同社退任

2016年3月

当社代表取締役社長

2019年1月

当社代表取締役社長CEO兼チーフ・コンプライアンス・オフィサー(現任)

(注)3

8,000

取締役
専務執行役員
営業本部・マーケティング本部担当

水 田 豊 重

1959年5月29日

1983年4月

当社入社

2005年4月

当社広島支店長

2007年10月

当社広域販売部長

2009年10月

当社大阪支店長

2013年4月

当社営業本部営業部長

2014年3月

当社執行役員営業本部長兼営業部長

2016年1月

当社常務執行役員営業本部長

2017年3月

当社取締役常務執行役員営業本部長

2019年1月

当社取締役専務執行役員営業本部長

2021年1月

当社取締役専務執行役員営業本部・マーケティング本部担当(現任)

(注)3

900

取締役
常務執行役員
CFO財務・経理本部長

阿 部 一 博

1968年11月20日

1991年4月

三菱商事株式会社入社

2001年5月

英国三菱商事会社出向

2006年5月

三菱商事株式会社エネルギー事業グループコントローラーオフィス

2010年12月

三菱商事フィナンシャルサービス株式会社出向

2013年6月

三菱商事(広州)有限公司董事

2016年6月

三菱商事株式会社監査役室

2019年1月

当社常務執行役員CFO財務・経理本部長

2019年3月

当社取締役常務執行役員CFO財務・経理本部長(現任)

(注)3

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数
(株)

取締役

光 田 博 充

1951年3月31日

1974年4月

朝日麦酒株式会社入社

1989年4月

同社食料食品研究所飲料開発部長

1996年7月

アサヒ飲料株式会社飲料研究所所長

2000年4月

同社明石工場工場長

2001年9月

同社執行役員研究所長

2006年3月

同社取締役研究開発本部長

2009年3月

同社専務取締役研究開発本部長

2012年3月

同社顧問

2013年3月

同社退任

2013年4月

光田技術士事務所開設(現任)

2016年3月

当社取締役(現任)

(注)3

取締役

吉 田 孝 信

1957年2月18日

1979年4月

プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社入社
東京支店長、販売部長等を歴任

1998年7月

ルイヴィトン&モエヘネシーグループタグ・ホイヤー・ジャパン株式会社営業本部長

2001年1月

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社営業担当副社長

2007年1月

日本ヒルズ・コルゲート株式会社営業担当副社長

2012年10月

ダノンジャパン株式会社営業担当副社長

2015年6月

吉田C&M株式会社代表取締役(現任)

2016年3月

当社取締役(現任)

(注)3

取締役

村 田 哲 也

1969年10月11日

1992年4月

三菱商事株式会社入社

2011年7月

株式会社ライフコーポレーション出向

2012年3月

同社執行役員首都圏ストアサポート本部長

2013年9月

同社執行役員首都圏ストア本部長

2015年4月

同社上席執行役員首都圏営業本部副本部長兼首都圏ストア本部長

2016年2月

三菱商事株式会社生活原料本部付

2016年4月

同社生鮮品本部戦略企画室長

2018年4月

同社生活流通本部食品流通部長

2019年3月

当社取締役(現任)

2019年4月

三菱商事株式会社ヘルスケア・食品流通本部食品流通部長(現任)

2020年4月

同社食品流通・物流本部食品流通部長(現任)

(注)3

取締役

堀 江 裕 美

1956年6月19日

1987年5月

リーバイ・ストラウス ジャパン株式会社入社

1992年1月

同社広報部長

1999年12月

同社マーケティング部長

2005年3月

同社退社

2005年3月

スターバックス コーヒー ジャパン株式会社入社 広報本部長

2006年12月

同社マーケティング本部長

2010年8月

同社執行役員マーケティング統括、経営会議メンバー

2016年5月

株式会社アダストリア社外取締役就任(現任)

2016年12月

スターバックス コーヒー ジャパン株式会社退社

2017年3月

Haruka Inc. ブランドコンサルタント代表取締役(現任)

2021年3月

当社取締役(現任)

(注)3

 

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数
(株)

常勤監査役

羽 田 英 之

1959年1月1日

1985年2月

当社入社

2003年1月

当社管理本部情報システム部長

2011年4月

当社管理本部副本部長兼経営企画室長

2012年3月

当社取締役管理本部副本部長兼経営企画室長