EDINET閲覧(提出)サイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)をもとに上場企業サーチ作成

本ページはEDINETに提出された開示情報を上場企業サーチが加工/編集したものであり、記載された情報の正確性および完全性について上場企業サーチは一切の保証を行いません。本ページの情報を利用する際は自己の責任で判断頂き、意思決定に際しては適宜EDINETや提出会社が公開するオリジナルを参照する様にしてください。本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

 

【表紙】

 

【提出書類】

四半期報告書

【根拠条文】

金融商品取引法第24条の4の7第1項

【提出先】

関東財務局長

【提出日】

令和3年5月7日

【四半期会計期間】

第115期第1四半期(自  令和3年1月1日  至  令和3年3月31日)

【会社名】

オエノンホールディングス株式会社

【英訳名】

Oenon Holdings, Inc.

【代表者の役職氏名】

代表取締役社長 西 永 裕 司

【本店の所在の場所】

東京都墨田区東駒形一丁目17番6号

【電話番号】

03(6757)4580

【事務連絡者氏名】

代表取締役社長 西 永 裕 司

【最寄りの連絡場所】

東京都墨田区東駒形一丁目17番6号

【電話番号】

03(6757)4580

【事務連絡者氏名】

代表取締役社長 西 永 裕 司

【縦覧に供する場所】

株式会社東京証券取引所

(東京都中央区日本橋兜町2番1号)

 

 

E00397 25330 オエノンホールディングス株式会社 Oenon Holdings, Inc. 企業内容等の開示に関する内閣府令 第四号の三様式 Japan GAAP true cte 2021-01-01 2021-03-31 Q1 2021-12-31 2020-01-01 2020-03-31 2020-12-31 1 false false false E00397-000 2021-05-07 E00397-000 2020-01-01 2020-03-31 E00397-000 2020-01-01 2020-12-31 E00397-000 2021-01-01 2021-03-31 E00397-000 2020-03-31 E00397-000 2020-12-31 E00397-000 2021-03-31 E00397-000 2021-05-07 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E00397-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithNoVotingRightsMember E00397-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsTreasurySharesEtcMember E00397-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsOtherMember E00397-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesTreasurySharesSharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E00397-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsOtherMember E00397-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesLessThanOneUnitMember E00397-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row1Member E00397-000 2020-01-01 2020-03-31 jpcrp040300-q1r_E00397-000:LiquorReportableSegmentsMember E00397-000 2021-01-01 2021-03-31 jpcrp040300-q1r_E00397-000:LiquorReportableSegmentsMember E00397-000 2021-01-01 2021-03-31 jpcrp040300-q1r_E00397-000:StarchForProcessingReportableSegmentsMember E00397-000 2020-01-01 2020-03-31 jpcrp040300-q1r_E00397-000:StarchForProcessingReportableSegmentsMember E00397-000 2020-01-01 2020-03-31 jpcrp040300-q1r_E00397-000:EnzymaticMedicineReportableSegmentsMember E00397-000 2021-01-01 2021-03-31 jpcrp040300-q1r_E00397-000:EnzymaticMedicineReportableSegmentsMember E00397-000 2021-01-01 2021-03-31 jpcrp040300-q1r_E00397-000:RealEstateReportableSegmentsMember E00397-000 2020-01-01 2020-03-31 jpcrp040300-q1r_E00397-000:RealEstateReportableSegmentsMember E00397-000 2021-01-01 2021-03-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E00397-000 2020-01-01 2020-03-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E00397-000 2021-01-01 2021-03-31 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E00397-000 2020-01-01 2020-03-31 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E00397-000 2021-01-01 2021-03-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E00397-000 2020-01-01 2020-03-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember iso4217:JPY iso4217:JPY xbrli:shares xbrli:pure xbrli:shares

第一部 【企業情報】

 

第1 【企業の概況】

 

1 【主要な経営指標等の推移】

 

回次

第114期
第1四半期
連結累計期間

第115期
第1四半期
連結累計期間

第114期

会計期間

自  令和2年1月1日
至  令和2年3月31日

自  令和3年1月1日
至  令和3年3月31日

自  令和2年1月1日
至  令和2年12月31日

売上高

(百万円)

17,027

17,635

77,712

経常利益

(百万円)

47

276

2,248

親会社株主に帰属する
四半期(当期)純利益

又は四半期純損失(△)

(百万円)

58

159

1,147

四半期包括利益又は包括利益

(百万円)

133

332

987

純資産額

(百万円)

21,026

21,979

22,081

総資産額

(百万円)

49,646

50,078

51,724

1株当たり四半期(当期)
純利益

又は四半期純損失(△)

(円)

0.98

2.69

19.26

潜在株式調整後1株当たり
四半期(当期)純利益

(円)

自己資本比率

(%)

38.2

39.7

38.7

 

(注) 1  当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載しておりません。

2  売上高には、消費税等は含まれておりません。

3  潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

4 業績連動型株式報酬制度「株式給付信託(BBT)」を導入しており、株主資本に自己株式として計上されている「株式給付信託(BBT)」に残存する自社の株式は、1株当たり四半期(当期)純利益又は四半期純損失の算定上、期中平均株式数の計算において控除する自己株式に含めております。

 

2 【事業の内容】

当第1四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)において営まれている事業の内容について、重要な変更はありません。
  また、主要な関係会社についても異動はありません。

 

第2 【事業の状況】

 

1 【事業等のリスク】

当第1半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、経営者が連結会社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると認識している主要なリスクの発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等のリスク」についての重要な変更はありません。

 

2 【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

文中の将来に関する事項は、当四半期連結累計期間の末日現在において判断したものであります。

(1) 業績の状況

当第1四半期連結累計期間におけるわが国経済は、新型コロナウイルス感染症の感染再拡大を受け未だ収束の見通しが立たないなか、緊急事態宣言の再発出や外出自粛要請による個人消費の大幅な冷え込み、世界的な経済活動の停滞の影響を受け、依然として予断を許さない状況が続いております。
 このような経営環境の下、当社グループは、グループの持続的な成長及び中長期的な企業価値の向上を図るべく、中長期戦略「長期ビジョン100」で掲げた5本の柱を軸として、「中期経営計画2023」の目標達成に向けた取組みを引き続き進めてまいりました。
 これらの結果、当第1四半期連結累計期間の売上高は、17,635百万円(前年同期比3.6%増)となりました。利益面では、売上高の増加やコロナ禍での活動自粛による販売費及び一般管理費の減少により、営業利益は252百万円(前年同期比304.1%増)、経常利益は276百万円(前年同期比484.5%増)となりました。また、親会社株主に帰属する四半期純利益は159百万円(前年同期は親会社株主に帰属する四半期純損失58百万円)となりました。

 

  セグメントの業績を示すと、次のとおりであります。

 

販売実績

セグメントの名称

アイテム

当第1四半期連結累計期間

(自 令和3年1月1日 

 至 令和3年3月31日)

(百万円)

前年同期比

(%)

酒類

和酒部門

焼酎

8,411

101.2

 

 

チューハイ

2,603

137.6

 

 

清酒

772

90.9

 

 

合成清酒

395

84.8

 

 

販売用アルコール

2,275

92.6

 

 

みりん

201

118.5

 

 

14,659

103.6

 

洋酒部門

879

102.9

 

その他の部門

142

111.9

 

 

15,681

103.7

加工用澱粉

909

103.5

酵素医薬品

942

104.0

不動産

85

87.3

その他

16

97.4

合  計

17,635

103.6

 

(注) 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

  

 

<酒類事業>

酒類事業におきましては、国内の人口減少や少子高齢化、飲酒機会の減少により市場の伸張が期待しにくく、価格競争も激化しております。飲用シーン別においては、昨年から続く新型コロナウイルス感染症拡大による外出自粛、休業・時短要請、テレワークの定着化などによる飲食店の業績不振が続いたことで、飲食店向けの焼酎、清酒等が減少する一方、巣ごもりによる家飲み需要の拡大に伴い、チューハイなどのRTD分野が伸張しております。このような環境の下、新商品の拡充等を行った結果、売上高は15,681百万円(前年同期比3.7%増)となりました。また、利益面につきましては、64百万円の営業損失(前年同期は260百万円の営業損失)となりました。
 和酒部門のうち焼酎につきましては、本格焼酎の「博多の華」シリーズ、甲類乙類混和焼酎の「すごむぎ」「すごいも」シリーズが好調に推移し、売上高は増加いたしました。また、国産原料100%で従来の「博多の華」と比べ、より贅沢で、上質な味わいと品質を追求した「博多の華“THE”」シリーズから、焙煎した国産麦の豊かな香りと深いコクが楽しめる本格麦焼酎「博多の華 THE Roast」を発売し、新たなファン層の獲得に努めております。また、2月に開設したオエノングループ公式Twitterアカウントの開設記念として、当社グループのフラッグシップブランドである、しそ焼酎「鍛高譚」やグッズが当たるオープンキャンペーンを実施するなど、消費者との直接的なコミュニケーションを強化することでユーザー層の裾野を広げる活動に取り組んでおります。
 チューハイなどのRTD分野につきましては、「NIPPON PREMIUM」シリーズや「直球勝負」シリーズ、PB商品が好調に推移し、売上高は増加いたしました。「NIPPON PREMIUM」シリーズでは、希少な国産キウイフルーツ果汁を使用した期間限定商品「福岡県産キウイフルーツ」を発売し、日本各地のご当地素材を楽しめるブランドとして引き続き育成しております。
 清酒につきましては、市場の低迷が続いておりますが、「福徳長 米だけのす~っと飲めてやさしいお酒 純米吟醸酒パック」が好調に推移しております。また、成長が見込まれる特定名称酒分野において、「春の純米大吟醸 一滴千両 しぼりたて原酒」を発売いたしました。
 販売用アルコールにつきましては、昨年に新型コロナウイルス感染症拡大に伴う消毒用アルコールの特需がありました工業用アルコールが減少したことにより、売上高は減少いたしました。
 洋酒部門につきましては、自宅で居酒屋のような本格的なチューハイが楽しめる、「酎ハイ専科 レモンサワーの素」が好調に推移するなか、増加し続ける“家飲み”で多様な味わいを求めるニーズに対して、シリーズ商品として「酎ハイ専科 グレープフルーツサワーの素」を発売いたしました。また、「ウイスキー 香薫(こうくん)」も引き続き好調に推移し、売上高は増加いたしました。
 その他、日経POSセレクションにおいて、合成清酒の「元禄美人」が合成清酒カテゴリーで「2020年売上No.1」を獲得いたしました。

 

<加工用澱粉事業>

加工用澱粉事業につきましては、食品用やビール用が減少したものの、菓子用や副産物が増加したため、売上高は909百万円(前年同期比3.5%増)となりました。しかしながら、原料であるコーンの価格高騰の影響を受け営業利益は8百万円(前年同期比76.6%減)となりました。

 

<酵素医薬品事業>

酵素医薬品事業につきましては、国内の生産支援ビジネス等が増加したため、売上高は942百万円(前年同期比4.0%増)、営業利益は256百万円(前年同期比6.5%増)となりました。

 

<不動産事業>

不動産事業につきましては、売上高は85百万円(前年同期比12.7%減)、営業利益は49百万円(前年同期比14.5%増)となりました。

 

(2) 財政状態の分析

当第1四半期連結会計期間末の総資産につきましては、50,078百万円となり、前連結会計年度末と比較し  1,645百万円の減少となりました。これは主に売上債権の減少によるものであります。
 負債につきましては、28,098百万円となり、前連結会計年度末と比較して1,544百万円の減少となりました。これは主に未払酒税の減少によるものであります。
 純資産につきましては、21,979百万円となり、前連結会計年度末と比較して101百万円の減少となりました。これは主に配当金の支払いによる利益剰余金の減少によるものであります。
 

(3) 事業上及び財務上の対処すべき課題

  当第1四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。

 

なお、当社は財務及び事業の方針の決定を支配する者の在り方に関する基本方針を定めており、その内容等(会社法施行規則第118条第3号に掲げる事項)は次のとおりであります。

 

① 株式会社の支配に関する基本方針

当社は、当社の財務及び事業の方針の決定を支配する者とは、当社グループの財務、事業の内容及び当社の企業価値を十分に理解し、当社の企業価値ひいては株主共同の利益を持続的に確保、向上していくことを可能とする者でなければならないと考えております。

当社株式について大規模な買付けがなされる場合であっても、これが当社の企業価値・株主共同の利益に資するものであれば、これを一概に否定するものではありません。また、当社の財務及び事業の方針の決定を支配する者の在り方は、最終的には株主全体の意思により決定されるべきであり、特定の者の大規模な買付けに応じて当社株式を売却するか否かは、最終的には当社株主の判断に委ねられるべきものだと考えております。

しかしながら、株式の大規模な買付けの中には、その目的等から見て企業価値・株主共同の利益を損なうことが明白であるもの、買収に応じることを株主に強要するおそれがあるものなど、被買収会社の企業価値・株主共同の利益に資さないものも少なくありません。

当社としては、そのような当社の企業価値・株主共同の利益に資さない大規模な買付けを行う者は、当社の財務及び事業の方針の決定を支配する者として不適切であり、そのような者による大規模な買付けに対しては、必要かつ相当な対抗措置を講じることにより、当社の企業価値ひいては株主共同の利益を確保する必要があると考えております。

 

② 基本方針の実現に資する取組み

ア.企業価値の最大化に向けた経営戦略

当社は、企業理念の下、酒類や酵素医薬品の分野において、普遍概念「顧客志向」「収益志向」を両軸として、「将来価値の共創」に向けた取組みを実行してまいりました。また、当社は、「長期ビジョン100」及び「中期経営計画2023」を策定し、当社グループの持続的な成長及び中長期的な企業価値の向上に向けた取組みを進めております。

「長期ビジョン100」は、企業理念に基づくグループの使命・将来像を描いた7つの指針と、これを実現するにあたっての最重要課題である5本の柱で構成されております。

 

<7つの指針>

① 顧客重視の経営

② 収益重視の経営

③ 株主重視の経営

④ グループ全体最適化

⑤ 経営監督機能の強化

⑥ 強固な財務体質の確立

⑦ 社会的良識を意識した経営

<5本の柱>

① 焼酎事業に集中

② アルコール事業販売の拡大

③ 生産改革

④ 酵素医薬品事業の新展開

⑤ CRE戦略

 

「中期経営計画2023」における定量目標は次のとおりです。

<定量目標>

売上高

900億円

経常利益

30億円

売上高経常利益率

3.3%

1株当たりの配当金

10円

ROE

9.0%

 

当社は、かかる「長期ビジョン100」及び「中期経営計画2023」を着実に実行していくことが、当社の企業価値ひいては株主共同の利益の確保、向上に繋がるものと考えております。

イ.コーポレート・ガバナンスに関する取組み

当社は、「長期ビジョン100」において経営監督機能の強化を指針の一つとして掲げ、独立社外取締役の監督機能を活かしたコーポレート・ガバナンス体制の強化を進めております。
 コーポレート・ガバナンスの具体的な内容につきましては、当社ウェブサイト(https://www.oenon.jp/)をご参照ください。

ウ.不適切な支配防止のための取組み

当社は、当社を取り巻く経営環境等の変化、金融商品取引法による大量買付行為に関する規制の整備の浸透状況などを鑑み、大規模買付ルールの取り扱いについて慎重に検討を重ねた結果、平成28年3月23日の第109回定時株主総会終結の時をもって、大規模買付ルールを継続しない(廃止する)こととさせていただきました。

なお、当社は、本大規模買付ルールの有無に関わらず、今後とも中長期的な企業価値ひいては株主共同の利益の確保・向上にグループをあげて取り組んでまいります。また、当社は本大規模買付ルール終了後も、大規模買付行為を行おうとする者に対しては、大規模買付行為の是非を株主の皆様が適切に判断するための必要かつ十分な情報の提供を求め、あわせて当社取締役会の意見等を開示し、株主の皆様の検討のための時間と情報の確保に努める等、金融商品取引法、会社法その他関係法令の許容する範囲内において、適切な措置を講じてまいります。

 

③ 基本方針の実現に資する取組みについての当社取締役の判断及びその判断に係る理由

上記②基本方針の実現に資する取組みは、いずれも、当社の企業価値・株主共同の利益を確保し向上を目的とするものであります。その結果として、当社の企業価値及び株主の共同の利益を著しく損なう大量買付者が現れる危険性を低減するものとなり、上記①株式会社の支配に関する基本方針に沿うものであると考えます。

また、当該取組みは、当社の企業価値を向上させるものであることから、当社株主の共同の利益を損なうものではなく、当社取締役の地位の維持を目的とするものではないことは明らかであると考えます。

 

(4) 研究開発活動

  当第1四半期連結累計期間における当社グループの研究開発費の総額は129百万円であります。
    また、当第1四半期連結累計期間において、当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。

 

3 【経営上の重要な契約等】

(重要な契約の締結)

当社は、平成30年6月1日に三菱地所グループの株式会社ロイヤルパークホテルズアンドリゾーツ(以下「ロイヤルパークホテルズ」といいます。)と事業開発に関する基本合意書を締結し、令和3年3月10日に当該合意書に基づき、ロイヤルパークホテルズと定期建物賃貸借契約を締結いたしました。 

 

契約相手先

賃貸施設の所在地

賃貸延床面積

契約種類

契約締結日

ロイヤルパークホテルズ

東京都中央区銀座6丁目2番地10号

7,385.93㎡(予定)

定期建物賃貸契約

令和3年3月10日

 

 

第3 【提出会社の状況】

 

1 【株式等の状況】

(1) 【株式の総数等】

① 【株式の総数】

 

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

200,000,000

200,000,000

 

 

② 【発行済株式】

 

種類

第1四半期会計期間
末現在発行数(株)
(令和3年3月31日)

提出日現在
発行数(株)
(令和3年5月7日)

上場金融商品取引所
名又は登録認可金融
商品取引業協会名

内容

普通株式

65,586,196

65,586,196

東京証券取引所
(市場第一部)

完全議決権株式であり、権利内容に何ら限定のない当社における標準となる株式
単元株式数は100株であります

65,586,196

65,586,196

 

 

(2) 【新株予約権等の状況】

① 【ストックオプション制度の内容】

該当事項はありません。

 

② 【その他の新株予約権等の状況】

該当事項はありません。

 

(3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

該当事項はありません。

 

(4) 【発行済株式総数、資本金等の推移】

 

年月日

発行済株式
総数増減数
(千株)

発行済株式
総数残高
(千株)

資本金増減額
(百万円)

資本金残高
(百万円)

資本準備金
増減額
(百万円)

資本準備金
残高
(百万円)

令和3年1月1日

令和3年3月31日

65,586

6,946

5,549

 

 

(5) 【大株主の状況】

当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。

 

 

(6) 【議決権の状況】

当第1四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記載することができないことから、直前の基準日(令和2年12月31日)に基づく株主名簿による記載をしております。

 

① 【発行済株式】

 

 

 

令和3年3月31日

区分

株式数(株)

議決権の数(個)

内容

無議決権株式

議決権制限株式(自己株式等)

議決権制限株式(その他)

完全議決権株式(自己株式等)

(自己保有株式)

普通株式

6,152,400

 

4,913

権利内容に何ら限定のない当社における標準となる株式

完全議決権株式(その他)

普通株式

59,362,400

 

593,624

同上

単元未満株式

普通株式

71,396

 

同上

発行済株式総数

65,586,196

総株主の議決権

598,537

 

(注) 1 「完全議決権株式(自己株式等)」の中には、株式会社日本カストディ銀行が保有する株式が491,300株(議決権4,913個)含まれております。なお、当該議決権の数4,913個は、議決権不行使となっております。

     2  「完全議決権株式(その他)」の中には、証券保管振替機構名義の株式が4,000株(議決権40個)含まれております。

3  「単元未満株式」には、当社所有の自己株式が54株含まれております。

 

② 【自己株式等】

令和3年3月31日現在

所有者の氏名
又は名称

所有者の住所

自己名義
所有株式数
(株)

他人名義
所有株式数
(株)

所有株式数
の合計
(株)

発行済株式総数に対する所有株式数の割合(%)

(自己保有株式)

 

 

 

 

 

オエノンホールディングス株式会社

東京都墨田区東駒形1丁目17番6号

5,661,100

491,300

6,152,400

9.38

5,661,100

491,300

6,152,400

9.38

 

 (注)他人名義で所有している理由等

名義人の氏名又は名称

名義人の住所

所有理由

株式会社日本カストディ銀行
(信託E口)

東京都中央区晴海1丁目8番12号 

「株式給付信託(BBT)」制度の信託財産として491,300株所有しております。

 

 

2 【役員の状況】

該当事項はありません。

 

第4 【経理の状況】

 

1.四半期連結財務諸表の作成方法について

当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令第64号)に基づいて作成しております。

 

2.監査証明について

当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期連結会計期間(令和3年1月1日から令和3年3月31日まで)及び第1四半期連結累計期間(令和3年1月1日から令和3年3月31日まで)に係る四半期連結財務諸表について、EY新日本有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。

 

1 【四半期連結財務諸表】

(1) 【四半期連結貸借対照表】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前連結会計年度

(令和2年12月31日)

当第1四半期連結会計期間

(令和3年3月31日)

資産の部

 

 

 

流動資産

 

 

 

 

現金及び預金

915

694

 

 

受取手形及び売掛金

※1,※3 16,869

※3 13,470

 

 

商品及び製品

5,903

6,142

 

 

仕掛品

151

205

 

 

原材料及び貯蔵品

1,452

1,812

 

 

その他

231

385

 

 

貸倒引当金

31

11

 

 

流動資産合計

25,491

22,698

 

固定資産

 

 

 

 

有形固定資産

 

 

 

 

 

建物及び構築物

25,589

25,592

 

 

 

 

減価償却累計額

18,873

18,981

 

 

 

 

建物及び構築物(純額)

6,716

6,611

 

 

 

機械装置及び運搬具

35,879

35,857

 

 

 

 

減価償却累計額

29,556

29,732

 

 

 

 

機械装置及び運搬具(純額)

6,323

6,124

 

 

 

土地

9,673

9,673

 

 

 

建設仮勘定

328

1,797

 

 

 

その他

2,055

2,035

 

 

 

 

減価償却累計額

1,805

1,808

 

 

 

 

その他(純額)

249

227

 

 

 

有形固定資産合計

23,290

24,434

 

 

無形固定資産

 

 

 

 

 

のれん

9

8

 

 

 

その他

239

220

 

 

 

無形固定資産合計

248

229

 

 

投資その他の資産

 

 

 

 

 

投資有価証券

1,331

1,470

 

 

 

繰延税金資産

983

871

 

 

 

退職給付に係る資産

32

32

 

 

 

その他

350

347

 

 

 

貸倒引当金

5

5

 

 

 

投資その他の資産合計

2,693

2,715

 

 

固定資産合計

26,232

27,379

 

資産合計

51,724

50,078

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前連結会計年度

(令和2年12月31日)

当第1四半期連結会計期間

(令和3年3月31日)

負債の部

 

 

 

流動負債

 

 

 

 

支払手形及び買掛金

※1 4,696

4,169

 

 

電子記録債務

1,345

983

 

 

短期借入金

※4 1,050

※4 4,950

 

 

未払金

4,357

4,893

 

 

未払酒税

8,889

5,362

 

 

未払法人税等

552

156

 

 

賞与引当金

58

395

 

 

役員賞与引当金

40

9

 

 

株主優待引当金

18

18

 

 

設備関係支払手形

※1 304

94

 

 

設備関係電子記録債務

206

227

 

 

その他

2,448

1,442

 

 

流動負債合計

23,968

22,704

 

固定負債

 

 

 

 

長期借入金

※4 750

※4 375

 

 

長期預り金

3,179

3,231

 

 

繰延税金負債

146

167

 

 

役員株式給付引当金

76

87

 

 

退職給付に係る負債

1,258

1,270

 

 

資産除去債務

113

113

 

 

その他

150

147

 

 

固定負債合計

5,674

5,394

 

負債合計

29,643

28,098

純資産の部

 

 

 

株主資本

 

 

 

 

資本金

6,946

6,946

 

 

資本剰余金

5,599

5,600

 

 

利益剰余金

8,683

8,424

 

 

自己株式

1,577

1,577

 

 

株主資本合計

19,652

19,393

 

その他の包括利益累計額

 

 

 

 

その他有価証券評価差額金

275

372

 

 

繰延ヘッジ損益

29

45

 

 

退職給付に係る調整累計額

95

93

 

 

その他の包括利益累計額合計

341

511

 

非支配株主持分

2,086

2,075

 

純資産合計

22,081

21,979

負債純資産合計

51,724

50,078

 

(2) 【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】

【四半期連結損益計算書】
【第1四半期連結累計期間】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前第1四半期連結累計期間

(自 令和2年1月1日

 至 令和2年3月31日)

当第1四半期連結累計期間

(自 令和3年1月1日

 至 令和3年3月31日)

売上高

17,027

17,635

売上原価

14,158

14,667

売上総利益

2,869

2,967

販売費及び一般管理費

2,806

2,715

営業利益

62

252

営業外収益

 

 

 

受取利息

0

0

 

受取配当金

6

6

 

受取賃貸料

19

18

 

為替差益

-

10

 

雑収入

11

12

 

営業外収益合計

36

46

営業外費用

 

 

 

支払利息

14

13

 

操業休止等経費

6

6

 

減価償却費

15

-

 

為替差損

6

-

 

雑損失

9

3

 

営業外費用合計

52

23

経常利益

47

276

特別利益

 

 

 

その他

0

0

 

特別利益合計

0

0

特別損失

 

 

 

固定資産除却損

※1 62

※1 27

 

投資有価証券評価損

30

2

 

その他

2

3

 

特別損失合計

96

33

税金等調整前四半期純利益又は
税金等調整前四半期純損失(△)

48

242

法人税等

3

79

四半期純利益又は四半期純損失(△)

45

162

非支配株主に帰属する四半期純利益

12

3

親会社株主に帰属する四半期純利益又は
親会社株主に帰属する四半期純損失(△)

58

159

 

【四半期連結包括利益計算書】
【第1四半期連結累計期間】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前第1四半期連結累計期間

(自 令和2年1月1日

 至 令和2年3月31日)

当第1四半期連結累計期間

(自 令和3年1月1日

 至 令和3年3月31日)

四半期純利益又は四半期純損失(△)

45

162

その他の包括利益

 

 

 

その他有価証券評価差額金

108

97

 

繰延ヘッジ損益

20

74

 

退職給付に係る調整額

0

2

 

その他の包括利益合計

88

169

四半期包括利益

133

332

(内訳)

 

 

 

親会社株主に係る四半期包括利益

144

329

 

非支配株主に係る四半期包括利益

11

3

 

【注記事項】

(追加情報)

(連結納税制度からグループ通算制度への移行に係る税効果会計の適用)
  当社及び一部の連結子会社は、「所得税法等の一部を改正する法律」(令和2年法律第8号)において創設され

たグループ通算制度への移行及びグループ通算制度への移行にあわせて単体納税制度の見直しが行われた項目につ

いては、「連結納税制度からグループ通算制度への移行に係る税効果会計の適用に関する取扱い」(実務対応報告

第39号 令和2年3月31日)第3項の取扱いにより、「税効果会計に係る会計基準の適用指針」(企業会計基準適用

指針第28号 平成30年2月16日)第44項の定めを適用せず、繰延税金資産及び繰延税金負債の額について、改正前の

税法の規定に基づいております。
 
 (新型コロナウイルス感染拡大に伴う会計上の見積りについて)

 前連結会計年度の有価証券報告書の追加情報(新型コロナウイルス感染拡大に伴う会計上の見積りについて)に

記載した新型コロナウイルス感染症拡大の影響に関する仮定について、重要な変更はありません。

 

(四半期連結貸借対照表関係)

※1 四半期連結会計期間末日満期手形の会計処理については、手形交換日をもって決済処理しております。なお、前連結会計年度末日が金融機関の休日であったため、次の期末日満期手形が、前連結会計年度末残高に含まれております。

 

 

前連結会計年度
(令和2年12月31日)

当第1四半期連結会計期間
(令和3年3月31日)

受取手形

9百万円

―百万円

支払手形

49

設備関係支払手形

40

 

 

2 偶発債務

(1) 保証債務

連結子会社以外の会社等の金融機関からの借入等に対して、次のとおり債務保証を行っております。

 

前連結会計年度
(令和2年12月31日)

当第1四半期連結会計期間
(令和3年3月31日)

従業員(カードローン及びクレジットカード利用残高等)

2百万円

1百万円

 

 

(2) 仕入契約残高

    当社グループは、粗留アルコールの調達につき、複数のサプライヤーとの間で仕入契約を締結しておりま

    す。いずれも中途解約は不能であります。

 

前連結会計年度
(令和2年12月31日)

当第1四半期連結会計期間
(令和3年3月31日)

粗留アルコール

4,895

3,324

 

 

※3 債権流動化

債権譲渡契約に基づく債権流動化を行っております。

 

前連結会計年度
(令和2年12月31日)

当第1四半期連結会計期間
(令和3年3月31日)

受取手形裏書譲渡残高

343百万円

196百万円

売掛金譲渡残高

7,073

4,375

7,417

4,572

上記債権流動化に伴う
買戻義務限度額

1,338百万円

952百万円

 

 

 

※4 財務制限条項

     前連結会計年度(令和2年12月31日

 当社が、金融機関と締結している金銭消費貸借契約(シンジケートローン)の一部に、以下の財務制限条項が付されております。

    (短期借入金のうち750百万円、長期借入金のうち750百万円)

①令和元年12月期決算以降、各年度の決算期の末日における連結の貸借対照表上の純資産の部の金額を平成30
 年12月決算期末日における連結の貸借対照表上の純資産の部の金額の75%および直前の決算期末日における
 連結の貸借対照表上の純資産の部の金額の75%のいずれか高い方の金額以上に維持すること。

②令和元年12月期決算以降、各年度の決算期の末日における単体の貸借対照表上の純資産の部の金額を平成30
 年12月決算期末日における単体の貸借対照表上の純資産の部の金額の75%および直前の決算期末日における
  単体の貸借対照表上の純資産の部の金額の75%のいずれか高い方の金額以上に維持すること。

③令和元年12月期決算以降の決算期を初回の決算期とする連続する2期について、各年度の決算期における連
 結の損益計算書に示される経常損益が2期連続して損失とならないようにすること。なお、本号の遵守に関
 する最初の判定は、令和2年12月決算期およびその直前の期の決算を対象として行われる。

④令和元年12月期決算以降の決算期を初回の決算期とする連続する2期について、各年度の決算期における単
 体の損益計算書に示される経常損益が2期連続して損失とならないようにすること。なお、本号の遵守に関
  する最初の判定は、令和2年12月決算期およびその直前の期の決算を対象として行われる。

 

     当第1四半期連結会計期間(令和3年3月31日

 当社が、金融機関と締結している金銭消費貸借契約(シンジケートローン)の一部に、以下の財務制限条項が付されております。

    (短期借入金のうち750百万円、長期借入金のうち375百万円)

①令和元年12月期決算以降、各年度の決算期の末日における連結の貸借対照表上の純資産の部の金額を平成30
 年12月決算期末日における連結の貸借対照表上の純資産の部の金額の75%および直前の決算期末日における
 連結の貸借対照表上の純資産の部の金額の75%のいずれか高い方の金額以上に維持すること。

②令和元年12月期決算以降、各年度の決算期の末日における単体の貸借対照表上の純資産の部の金額を平成30
 年12月決算期末日における単体の貸借対照表上の純資産の部の金額の75%および直前の決算期末日における
  単体の貸借対照表上の純資産の部の金額の75%のいずれか高い方の金額以上に維持すること。

③令和元年12月期決算以降の決算期を初回の決算期とする連続する2期について、各年度の決算期における連
 結の損益計算書に示される経常損益が2期連続して損失とならないようにすること。なお、本号の遵守に関
 する最初の判定は、令和2年12月決算期およびその直前の期の決算を対象として行われる。

④令和元年12月期決算以降の決算期を初回の決算期とする連続する2期について、各年度の決算期における単
 体の損益計算書に示される経常損益が2期連続して損失とならないようにすること。なお、本号の遵守に関
  する最初の判定は、令和2年12月決算期およびその直前の期の決算を対象として行われる。

 

(四半期連結損益計算書関係)

※1 固定資産除却損の主要な内訳

 

前第1四半期連結累計期間

(自  令和2年1月1日

至  令和2年3月31日)

当第1四半期連結累計期間

(自  令和3年1月1日

至  令和3年3月31日)

建物及び構築物

0百万円

―百万円

機械装置及び運搬具

0

0

その他

0

撤去費用

62

27

62

27

 

 

 

(四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

当第1四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第1四半期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの償却額は、次のとおりであります。

 

 

前第1四半期連結累計期間

(自  令和2年1月1日

至  令和2年3月31日)

当第1四半期連結累計期間

(自  令和3年1月1日

至  令和3年3月31日)

減価償却費

430百万円

418百万円

のれんの償却額

15

0

 

 

(株主資本等関係)

前第1四半期連結累計期間(自  令和2年1月1日  至  令和2年3月31日)

1.配当金支払額

決議

株式の種類

配当金の総額
(百万円)

1株当たり
配当額(円)

基準日

効力発生日

配当の原資

令和2年3月23日
定時株主総会

普通株式

425

令和元年12月31日

令和2年3月24日

利益剰余金

 

 (注)令和2年3月23日定時株主総会の決議による配当金の総額には、資産管理サービス信託銀行株式会社(信託E
    口)が保有する当社株式に対する配当金3百万円が含まれております。

 

当第1四半期連結累計期間(自  令和3年1月1日  至  令和3年3月31日)

1.配当金支払額

決議

株式の種類

配当金の総額
(百万円)

1株当たり
配当額(円)

基準日

効力発生日

配当の原資

令和3年3月23日
定時株主総会

普通株式

419

令和2年12月31日

令和3年3月24日

利益剰余金

 

 (注)令和3年3月23日定時株主総会の決議による配当金の総額には、株式会社日本カストディ銀行(信託E口)
    が保有する当社株式に対する配当金3百万円が含まれております。

 

(セグメント情報等)

【セグメント情報】

Ⅰ  前第1四半期連結累計期間(自  令和2年1月1日  至  令和2年3月31日)

1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報

(単位:百万円)

 

報告セグメント

その他
(注)1

調整額
(注)2

四半期連結損益計算書計上額
(注)3

酒類

加工用
澱粉

酵素
医薬品

不動産

合計

売上高

 

 

 

 

 

 

 

 

 (1)外部顧客に
  対する売上高

15,127

879

905

97

17,010

16

17,027

 (2)セグメント間の
  内部売上高又は振替高

0

0

0

15,128

879

905

97

17,011

16

0

17,027

セグメント利益又は
セグメント損失(△)

260

37

240

42

59

2

62

 

(注) 1  「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、倉庫業・荷役業等であります。

2  調整額は、セグメント間の取引消去であります。

3  セグメント利益又はセグメント損失は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。

 

 

Ⅱ  当第1四半期連結累計期間(自  令和3年1月1日  至  令和3年3月31日)

1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報

(単位:百万円)

 

報告セグメント

その他
(注)1

調整額
(注)2

四半期連結損益計算書計上額
(注)3

酒類

加工用
澱粉

酵素
医薬品

不動産

合計

売上高

 

 

 

 

 

 

 

 

 (1)外部顧客に
  対する売上高

15,681

909

942

85

17,619

16

17,635

 (2)セグメント間の
  内部売上高又は振替高

0

0

0

15,682

909

942

85

17,620

16

0

17,635

セグメント利益又は
セグメント損失(△)

64

8

256

49

249

2

252

 

(注) 1  「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、倉庫業・荷役業等であります。

2  調整額は、セグメント間の取引消去であります。

3  セグメント利益又はセグメント損失は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。

 

(1株当たり情報)

1株当たり四半期純利益又は1株当たり四半期純損失及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。

 

項目

前第1四半期連結累計期間

(自  令和2年1月1日

至  令和2年3月31日)

当第1四半期連結累計期間

(自  令和3年1月1日

至  令和3年3月31日)

1株当たり四半期純利益又は

1株当たり四半期純損失(△)

△0円 98銭

2円 69銭

(算定上の基礎)

 

 

親会社株主に帰属する四半期純利益

又は親会社株主に帰属する四半期純損失(△)
(百万円)

△58

159

普通株主に帰属しない金額 (百万円)

普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純利益又は親会社株主に帰属する四半期純損失(△) (百万円)

△58

159

普通株式の期中平均株式数 (千株)

59,804

59,433

 

(注)1 潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

2 株主資本において自己株式として計上されている「株式給付信託(BBT)」が保有する当社株式を、「1株当た

  り四半期純利益又は1株当たり四半期純損失」の算定上、期中平均株式数の計算において控除する自己株式

  に含めております(前第1四半期連結累計期間491千株、当第1四半期連結累計期間491千株)。

 

(重要な後発事象)

該当事項はありません。

 

2 【その他】

該当事項はありません。

 

第二部 【提出会社の保証会社等の情報】

 

該当事項はありません。

独立監査人の四半期レビュー報告書

 

令和3年5月7日

オエノンホールディングス株式会社

取締役会  御中

 

EY新日本有限責任監査法人
東 京 事 務 所

 

 

 

指定有限責任社員
業務執行社員

 

公認会計士

島  村     哲

 

 

指定有限責任社員
業務執行社員

 

公認会計士

小  宮  正  俊

 

 

監査人の結論

当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられているオエノンホールディングス株式会社の令和3年1月1日から令和3年12月31日までの連結会計年度の第1四半期連結会計期間(令和3年1月1日から令和3年3月31日まで)及び第1四半期連結累計期間(令和3年1月1日から令和3年3月31日まで)に係る四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レビューを行った。
 当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、オエノンホールディングス株式会社及び連結子会社の令和3年3月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する第1四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項が全ての重要な点において認められなかった。

 

監査人の結論の根拠

当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行った。四半期レビューの基準における当監査法人の責任は、「四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。

 

四半期連結財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
 四半期連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき四半期連結財務諸表を作成することが適切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に基づいて継続企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
 監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。

 

四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任

監査人の責任は、監査人が実施した四半期レビューに基づいて、四半期レビュー報告書において独立の立場から四半期連結財務諸表に対する結論を表明することにある。
 監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に従って、四半期レビューの過程を通じて、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
・ 主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対する質問、分析的手続その他の四半期レ

ビュー手続を実施する。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して

実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
・ 継続企業の前提に関する事項について、重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認

められると判断した場合には、入手した証拠に基づき、四半期連結財務諸表において、我が国において一般に公正妥

当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、適正に表示されていないと信じさせる事項が認められな

いかどうか結論付ける。また、継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、四半期レビュー報告書

において四半期連結財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する四半期連結財務諸表の

注記事項が適切でない場合は、四半期連結財務諸表に対して限定付結論又は否定的結論を表明することが求められて

いる。監査人の結論は、四半期レビュー報告書日までに入手した証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、

企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
・ 四半期連結財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作

成基準に準拠していないと信じさせる事項が認められないかどうかとともに、関連する注記事項を含めた四半期連結

財務諸表の表示、構成及び内容、並びに四半期連結財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示していないと

信じさせる事項が認められないかどうかを評価する。
・ 四半期連結財務諸表に対する結論を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する証拠を入手する。監

査人は、四半期連結財務諸表の四半期レビューに関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で

監査人の結論に対して責任を負う。

監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した四半期レビューの範囲とその実施時期、四半期レビュー上の重要な発見事項について報告を行う。

監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを講じている場合はその内容について報告を行う。

 

利害関係

会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。

以  上

 

 

(注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報告書提出会社)が別途保
 管しております。

2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。

 

E00397-000 2021-05-07