EDINET閲覧(提出)サイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)をもとに上場企業サーチ作成

本ページはEDINETに提出された開示情報を上場企業サーチが加工/編集したものであり、記載された情報の正確性および完全性について上場企業サーチは一切の保証を行いません。本ページの情報を利用する際は自己の責任で判断頂き、意思決定に際しては適宜EDINETや提出会社が公開するオリジナルを参照する様にしてください。本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

 

【表紙】

 

【提出書類】

有価証券報告書

【根拠条文】

金融商品取引法第24条第1項

【提出先】

北海道財務局長

【提出日】

2021年3月31日

【事業年度】

第59期(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)

【会社名】

北海道コカ・コーラボトリング株式会社

【英訳名】

HOKKAIDO COCA-COLA BOTTLING CO.,LTD.

【代表者の役職氏名】

代表取締役社長  佐 々 木 康 行

【本店の所在の場所】

札幌市清田区清田一条一丁目2番1号

【電話番号】

(011)888-2051

【事務連絡者氏名】

経営管理部長  神 埜 亨

【最寄りの連絡場所】

札幌市清田区清田一条一丁目2番1号

【電話番号】

(011)888-2051

【事務連絡者氏名】

経営管理部長  神 埜 亨

【縦覧に供する場所】

株式会社東京証券取引所

(東京都中央区日本橋兜町2番1号)

証券会員制法人札幌証券取引所

(札幌市中央区南一条西5丁目14番地の1)

 

 

E00408 25730 北海道コカ・コーラボトリング株式会社 HOKKAIDO COCA-COLA BOTTLING CO.,LTD. 企業内容等の開示に関する内閣府令 第三号様式 Japan GAAP true cte cte 2020-01-01 2020-12-31 FY 2020-12-31 2019-01-01 2019-12-31 2019-12-31 1 false false false E00408-000 2021-03-31 E00408-000 2016-01-01 2016-12-31 E00408-000 2017-01-01 2017-12-31 E00408-000 2018-01-01 2018-12-31 E00408-000 2019-01-01 2019-12-31 E00408-000 2020-01-01 2020-12-31 E00408-000 2016-12-31 E00408-000 2017-12-31 E00408-000 2018-12-31 E00408-000 2019-12-31 E00408-000 2020-12-31 E00408-000 2016-01-01 2016-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00408-000 2017-01-01 2017-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00408-000 2018-01-01 2018-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00408-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00408-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00408-000 2016-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00408-000 2017-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00408-000 2018-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00408-000 2019-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00408-000 2020-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00408-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E00408-000 2020-12-31 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E00408-000 2020-12-31 jpcrp_cor:No1MajorShareholdersMember E00408-000 2020-12-31 jpcrp_cor:No2MajorShareholdersMember E00408-000 2020-12-31 jpcrp_cor:No3MajorShareholdersMember E00408-000 2020-12-31 jpcrp_cor:No4MajorShareholdersMember E00408-000 2020-12-31 jpcrp_cor:No5MajorShareholdersMember E00408-000 2020-12-31 jpcrp_cor:No6MajorShareholdersMember E00408-000 2020-12-31 jpcrp_cor:No7MajorShareholdersMember E00408-000 2020-12-31 jpcrp_cor:No8MajorShareholdersMember E00408-000 2020-12-31 jpcrp_cor:No9MajorShareholdersMember E00408-000 2020-12-31 jpcrp_cor:No10MajorShareholdersMember E00408-000 2020-12-31 jpcrp_cor:SharesWithNoVotingRightsMember E00408-000 2020-12-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsTreasurySharesEtcMember E00408-000 2020-12-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsOtherMember E00408-000 2020-12-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesTreasurySharesSharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E00408-000 2020-12-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsOtherMember E00408-000 2020-12-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesLessThanOneUnitMember E00408-000 2020-12-31 jpcrp_cor:Row1Member E00408-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row1Member E00408-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row2Member E00408-000 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E00408-000:YasuyukiSasakiMember E00408-000 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E00408-000:YuusukeYamadaMember E00408-000 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E00408-000:MasahikoKawamuraMember E00408-000 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E00408-000:GouichiKomatsuMember E00408-000 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E00408-000:TomohiroSeyamaMember E00408-000 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E00408-000:ShoutaSakayoriMember E00408-000 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E00408-000:MakotoSunoharaMember E00408-000 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E00408-000:ShunsukeTomiokaMember E00408-000 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E00408-000:KeiichiUedaMember E00408-000 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E00408-000:KeijiAdachiMember E00408-000 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E00408-000:KatsuhikoSekineMember E00408-000 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E00408-000:NaoyaItouMember E00408-000 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E00408-000:YuusukeGotouMember E00408-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row3Member E00408-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row4Member E00408-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row5Member E00408-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row6Member E00408-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row7Member E00408-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row8Member E00408-000 2020-01-01 2020-12-31 jpcrp_cor:DirectorsExcludingOutsideDirectorsMember E00408-000 2020-01-01 2020-12-31 jpcrp_cor:CorporateAuditorsExcludingOutsideCorporateAuditorsMember E00408-000 2020-01-01 2020-12-31 jpcrp_cor:OutsideDirectorsAndOtherOfficersMember E00408-000 2019-12-31 jpcrp_cor:Row1Member E00408-000 2020-12-31 jpcrp_cor:Row2Member E00408-000 2019-12-31 jpcrp_cor:Row2Member E00408-000 2020-12-31 jpcrp_cor:Row3Member E00408-000 2019-12-31 jpcrp_cor:Row3Member E00408-000 2020-12-31 jpcrp_cor:Row4Member E00408-000 2019-12-31 jpcrp_cor:Row4Member E00408-000 2020-12-31 jpcrp_cor:Row5Member E00408-000 2019-12-31 jpcrp_cor:Row5Member E00408-000 2020-12-31 jpcrp_cor:Row6Member E00408-000 2019-12-31 jpcrp_cor:Row6Member E00408-000 2020-12-31 jpcrp_cor:Row7Member E00408-000 2019-12-31 jpcrp_cor:Row7Member E00408-000 2020-12-31 jpcrp_cor:Row8Member E00408-000 2019-12-31 jpcrp_cor:Row8Member E00408-000 2020-12-31 jpcrp_cor:Row9Member E00408-000 2019-12-31 jpcrp_cor:Row9Member E00408-000 2020-12-31 jpcrp_cor:Row10Member E00408-000 2019-12-31 jpcrp_cor:Row10Member E00408-000 2020-12-31 jpcrp_cor:Row11Member E00408-000 2019-12-31 jpcrp_cor:Row11Member E00408-000 2019-12-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E00408-000 2018-12-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E00408-000 2019-12-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00408-000 2018-12-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00408-000 2018-12-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00408-000 2019-12-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00408-000 2019-12-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E00408-000 2018-12-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E00408-000 2019-12-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00408-000 2018-12-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00408-000 2018-12-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00408-000 2019-12-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00408-000 2019-12-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E00408-000 2018-12-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E00408-000 2018-12-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00408-000 2019-12-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00408-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00408-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00408-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00408-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00408-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E00408-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E00408-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00408-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00408-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E00408-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E00408-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00408-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00408-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E00408-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E00408-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00408-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00408-000 2020-12-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E00408-000 2020-12-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00408-000 2020-12-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00408-000 2020-12-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E00408-000 2020-12-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00408-000 2020-12-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00408-000 2020-12-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E00408-000 2020-12-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00408-000 2019-12-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00408-000 2018-12-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00408-000 2018-12-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00408-000 2019-12-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00408-000 2018-12-31 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00408-000 2019-12-31 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00408-000 2019-12-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00408-000 2018-12-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00408-000 2019-12-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00408-000 2018-12-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00408-000 2019-12-31 jppfs_cor:ReserveForAdvancedDepreciationOfNoncurrentAssetsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00408-000 2018-12-31 jppfs_cor:ReserveForAdvancedDepreciationOfNoncurrentAssetsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00408-000 2019-12-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00408-000 2018-12-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00408-000 2019-12-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00408-000 2018-12-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00408-000 2019-12-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00408-000 2018-12-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00408-000 2019-12-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00408-000 2018-12-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00408-000 2018-12-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00408-000 2019-12-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00408-000 2019-12-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00408-000 2018-12-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00408-000 2018-12-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00408-000 2019-12-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00408-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00408-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00408-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:ReserveForAdvancedDepreciationOfNoncurrentAssetsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00408-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:ReserveForAdvancedDepreciationOfNoncurrentAssetsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00408-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00408-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00408-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00408-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00408-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00408-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00408-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00408-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00408-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00408-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00408-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00408-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00408-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00408-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00408-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00408-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00408-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00408-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00408-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00408-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00408-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00408-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00408-000 2020-12-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00408-000 2020-12-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00408-000 2020-12-31 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00408-000 2020-12-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00408-000 2020-12-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00408-000 2020-12-31 jppfs_cor:ReserveForAdvancedDepreciationOfNoncurrentAssetsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00408-000 2020-12-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00408-000 2020-12-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00408-000 2020-12-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00408-000 2020-12-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00408-000 2020-12-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00408-000 2020-12-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00408-000 2020-12-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember iso4217:JPY iso4217:JPY xbrli:shares xbrli:pure xbrli:shares

第一部【企業情報】

 

第1 【企業の概況】

 

1【主要な経営指標等の推移】

(1) 連結経営指標等

 

回次

第55期

第56期

第57期

第58期

第59期

決算年月

2016年12月

2017年12月

2018年12月

2019年12月

2020年12月

売上高

(百万円)

56,620

56,061

55,997

55,292

51,443

経常利益

(百万円)

2,441

2,431

2,220

2,086

1,260

親会社株主に帰属する
当期純利益

(百万円)

1,587

1,884

1,412

1,420

839

包括利益

(百万円)

1,414

2,621

525

2,086

748

純資産額

(百万円)

37,513

39,695

39,780

41,427

41,736

総資産額

(百万円)

47,824

48,831

48,783

50,259

49,389

1株当たり純資産額

(円)

1,027.01

5,433.92

5,445.91

5,671.54

5,714.08

1株当たり当期純利益

(円)

43.45

257.98

193.33

194.44

114.94

潜在株式調整後
1株当たり当期純利益

(円)

自己資本比率

(%)

78.4

81.3

81.5

82.4

84.5

自己資本利益率

(%)

4.3

4.9

3.6

3.5

2.0

株価収益率

(倍)

15.1

14.7

18.1

19.4

34.2

営業活動による
キャッシュ・フロー

(百万円)

4,301

4,856

3,639

4,346

3,321

投資活動による
キャッシュ・フロー

(百万円)

3,251

2,301

2,145

2,228

2,116

財務活動による
キャッシュ・フロー

(百万円)

867

877

882

866

761

現金及び現金同等物
の期末残高

(百万円)

7,191

8,867

9,480

10,731

11,175

従業員数
〔ほか、平均臨時雇用人員〕

(名)

1,276

1,302

1,289

1,295

1,268

304

281

278

264

267

 

 

(注) 1 売上高には、消費税等は含まれておりません。

2 「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第58期の期首から適用しており、第57期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準を遡って適用した後の指標等となっております。

3 潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

4 2018年7月1日付けで普通株式5株につき普通株式1株の割合で株式併合を行っております。第56期の期首に当該株式併合が行われたと仮定して、1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益を算定しております。

 

 

(2) 提出会社の経営指標等

 

回次

第55期

第56期

第57期

第58期

第59期

決算年月

2016年12月

2017年12月

2018年12月

2019年12月

2020年12月

売上高

(百万円)

52,389

51,696

51,693

51,143

47,391

経常利益

(百万円)

1,668

1,950

1,779

1,648

881

当期純利益

(百万円)

1,193

1,714

1,284

1,270

692

資本金

(百万円)

2,935

2,935

2,935

2,935

2,935

発行済株式総数

(千株)

38,034

38,034

7,606

7,606

7,606

純資産額

(百万円)

36,156

37,504

38,321

39,154

39,461

総資産額

(百万円)

46,235

46,467

47,461

48,309

47,324

1株当たり純資産額

(円)

989.87

5,133.94

5,246.28

5,360.39

5,402.67

1株当たり配当額
(1株当たり中間配当額)

(円)

12.00

12.00

36.00

60.00

60.00

(6.00)

(6.00)

(6.00)

(30.00)

(30.00)

1株当たり当期純利益

(円)

32.67

234.69

175.86

173.95

94.81

潜在株式調整後
1株当たり当期純利益

(円)

自己資本比率

(%)

78.2

80.7

80.7

81.0

83.4

自己資本利益率

(%)

3.3

4.7

3.4

3.3

1.8

株価収益率

(倍)

20.0

16.1

19.9

21.7

41.5

配当性向

(%)

36.7

25.6

34.1

34.5

63.3

従業員数
〔ほか、平均臨時雇用人員〕

(名)

443

430

428

411

396

67

57

62

69

79

株主総利回り
(比較指標:東証第二部 株価指数)

(%)

110.4

129.5

121.9

133.0

140.3

(110.6)

(153.8)

(131.8)

(153.6)

(138.9)

最高株価

(円)

680

772

4,045

(864)

3,995

4,280

最低株価

(円)

530

643

3,490

(683)

3,345

2,900

 

 

(注) 1 売上高には、消費税等は含まれておりません。

2 「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第58期の期首から適用しており、第57期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準を遡って適用した後の指標等となっております。

3 潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

4 2018年7月1日付けで普通株式5株につき普通株式1株の割合で株式併合を行っております。第56期の期首に当該株式併合が行われたと仮定して、1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益を算定しております。

5 第57期の1株当たり配当額36.00円は、1株当たり中間配当額6.00円と1株当たり期末配当額30.00円の合計であります。2018年7月1日をもって、普通株式5株を1株の割合で株式併合を行っているため、1株当たり中間配当額6.00円は株式併合前、1株当たり期末配当額30.00円は株式併合後の金額となります。

6 最高株価及び最低株価は、東京証券取引所市場第二部におけるものであります。なお、第57期の株価については株式併合後の最高株価及び最低株価を記載しており、株式併合前の最高株価及び最低株価を( )内に記載しております。

 

2 【沿革】

 

年月

概要

1963年1月

清涼飲料水の製造販売を目的として、資本金1億円をもって北海道飲料株式会社を設立、本社を東京都新宿区市谷加賀町に設置

1963年3月

本社を札幌市中央区北1条西5丁目に移し、仕入商品の販売を開始

1963年10月

商号を北海道コカ・コーラボトリング株式会社と改称し、本社を札幌市清田8番地2に移転(現 札幌市清田区清田一条一丁目2番1号)

1963年12月

本社工場を新設 -製品第1号誕生-

1969年1月

貨物自動車運送、運送取扱い、工場荷役及び倉庫業を目的とし、幸楽輸送株式会社(資本金2千万円)を設立(現・連結子会社)

1969年5月

河東郡音更町に帯広工場を新設

1973年4月

東北満俺株式会社と合併(株式額面変更のため)

1973年6月

クリーニング及び清掃業を目的とし、エリオクリーニング株式会社(資本金1千万円)を設立

1973年8月

株式を東京証券取引所市場第二部及び札幌証券取引所に上場

1979年11月

旭川市に旭川工場を新設

1982年2月

ミネラルウォーター等の製造・販売業を目的とし、富浦飲料株式会社(資本金2千万円)を設立

1985年1月

自動販売機の割賦販売債権の買取り、リース、ビデオレンタル及び書籍等の販売業を目的とし、北海道サービス株式会社(資本金7千万円)を設立

1986年11月

自動販売機による飲食品等の販売及び給食事業、磁気カード類の製造・販売業を目的とし、北海道キャンティーン株式会社(資本金8千万円)を設立

1989年1月

清涼飲料水等の製造・販売、貨物自動車運送、運送取扱い及び倉庫業を目的とし、北海道飲料株式会社(資本金1億7千5百万円)を設立

1993年1月

コンピューターに関するソフトウエアの開発及び販売並びに保守、システムの開発業を目的とし、北海道システム開発株式会社(資本金3千万円)を設立

1996年12月

旭川工場の閉鎖(生産機能を本社工場に集約)

2000年10月

各種自動販売機・冷蔵冷凍機・空調機器の修理・保守等を目的とし、北海道マシンメンテナンス株式会社(資本金5千万円)を設立

2001年5月

株式会社エフ・ヴィ・コーポレーションの北海道地区における自動販売機オペレーション業務を引き継ぎ、同社が会社分割により設立した株式会社エフ・ヴィ北海道(資本金1千万円)の全株式を取得

2002年1月

北海道飲料株式会社を北海道ベンディング株式会社に、富浦飲料株式会社を北海道飲料株式会社にそれぞれ社名を変更

2002年4月

北海道システム開発株式会社及びエリオクリーニング株式会社が北海道サービス株式会社と合併し、存続会社は北海道サービス株式会社(現・連結子会社)

2004年5月

北海道ビバレッジサービス株式会社を設立(資本金1千万円)

2004年6月

株式会社エフ・ヴィ北海道及び北海道キャンティーン株式会社を解散(2004年11月清算結了)し、2社の事業を北海道ビバレッジサービス株式会社に移管

2004年12月

帯広工場の閉鎖(生産機能を札幌工場に集約)

2006年3月

コカ・コーラ社製品の製造を目的とし、北海道コカ・コーラプロダクツ株式会社(資本金5千万円)を設立

2008年12月

北海道飲料株式会社を解散

2009年2月

北海道ベンディング株式会社と北海道ビバレッジサービス株式会社が、北海道ビバレッジサービス株式会社を存続会社とする合併を行い、北海道ベンディング株式会社に社名を変更(現・連結子会社)

2009年9月

北海道マシンメンテナンス株式会社と北海道コカ・コーラプロダクツ株式会社が合併し、存続会社は北海道コカ・コーラプロダクツ株式会社(現・連結子会社)

2020年9月

有限会社タナベ商店(資本金3百万円)を取得し、連結子会社化(2020年9月北海道オンラインサービス株式会社に商号変更)

 

 

(注) 当社(1963年1月24日設立)は、株式上場を目的として株式額面変更のため1973年4月1日に、東北満俺株式会社(1940年8月1日設立)を合併会社とし、当社を被合併会社として合併を行いましたが、事実上の存続会社は北海道コカ・コーラボトリング株式会社であります。

 

 

3 【事業の内容】

 当社の企業集団は、当社、当社の親会社及び連結子会社5社で構成されており、親会社の大日本印刷株式会社は印刷事業を主な事業内容としているのに対し、当社グループの事業は飲料の製造・販売事業であります。当社が販売するほか、子会社が製造、運送、自動販売機のオペレーションなどの付帯業務を行っております。

 当社グループの事業に係わる各社の位置付け及び事業の系統図は以下のとおりであります。なお、当社グループは飲料の製造・販売事業の単一セグメントであります。

 

 (1) 当社グループの事業に係わる各社の位置付け

当社が販売するほか、北海道ベンディング株式会社が自動販売機による販売事業及び自動販売機のオペレーション事業を行っております。北海道コカ・コーラプロダクツ株式会社は当社からの業務委託により、飲料の製造及び自動販売機の修理等の事業を行っております。幸楽輸送株式会社は商品の拠点間運送・構内荷役等の事業を行っております。北海道サービス株式会社は当社事業所の一般事務処理業務のほか事務機器のリースを行っております。北海道オンラインサービス株式会社は酒類等の小売販売を行っております。

 

 (2) 事業の系統図


 

 

4 【関係会社の状況】

 

名称

住所

資本金
(百万円)

主要な事業
の内容

議決権の所有
(又は被所有)
割合(%)

関係内容

(親会社)

東京都新宿区

114,464

印刷事業

59.9

(6.4)

当社は広告用資材等を購入しております。
被転籍3名

役員の兼任等・・・有

大日本印刷㈱

(連結子会社)

北海道札幌市清田区

20

運送、構内荷役

100.0

当社商品の運送、工場内の荷役作業及び保管を行っております。当社所有の建物を賃借しております。
役員の兼任等・・・有

幸楽輸送㈱

(連結子会社)

北海道札幌市清田区

70

事務機器のリース、一般事務処理業務の受託等

100.0

当社一般事務処理業務の受託等を行っています。当社所有の建物を賃借しております。
役員の兼任等・・・有

北海道サービス㈱

(連結子会社)

北海道札幌市東区

10

飲料・食品販売

100.0

当社より商品を購入し自動販売機による販売を行っております。また、当社の自動販売機のオペレーション業務を代行しております。当社所有の建物を賃借しております。
役員の兼任等・・・有

北海道ベンディング㈱

(連結子会社)

北海道札幌市清田区

50

飲料製造、自動販売機の修理・設置

100.0

当社からの業務委託により飲料の製造、当社自動販売機の修理・保守を行っております。当社所有の建物を賃借しております。
役員の兼任等・・・有

北海道コカ・コーラプロダクツ㈱

(連結子会社)

北海道札幌市清田区

3

酒類等販売

100.0

(100.0)

当社より商品を購入し、販売しております。当社所有の建物を賃借しております。
役員の兼任等・・・有

北海道オンラインサービス㈱

 

 

(注) 1 「議決権の所有又は被所有割合」欄の( )内は間接所有割合を内数で記載しております。

2 上記連結子会社は、いずれも特定子会社に該当しておりません。

3 親会社の大日本印刷㈱は、有価証券報告書を提出しております。

4 上記連結子会社は、いずれも売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の連結売上高に占める割合が10%以下であるため主要な損益情報等の記載を省略しております。 

 

 

5 【従業員の状況】

(1) 連結会社の状況

  (2020年12月31日現在)

従業員数(名)

1,268

[267]

 

 

(注) 1 従業員数は就業人員であり、臨時従業員数は[ ]内に年間の平均人員を外数で記載しております。

 2 当社グループは飲料の製造・販売事業の単一セグメントであるため、セグメント別の従業員数は記載しておりません。

 

(2) 提出会社の状況

  (2020年12月31日現在)

従業員数(名)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(千円)

396

[79]

41.0

18.9

5,415

 

 

(注) 1 平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。

2 従業員数は就業人員であり、臨時従業員数は[ ]内に年間の平均人員を外数で記載しております。

3 当社は飲料の製造・販売事業の単一セグメントであるため、セグメント別の従業員数は記載しておりません。

 

(3) 労働組合の状況

当社グループでは、提出会社及び連結子会社で労働組合が組織されており、社員の大多数は北海道コカ・コーラグループ労働組合連合会(組合員数1,068名)に加入して会社と相互理解を深め、正常且つ円滑な労使関係を維持しております。

なお、上記とは別に北海道コカ・コーラボトリング労働組合があります。

 

第2 【事業の状況】

 

1 【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

文中の将来に関する事項は、有価証券報告書提出日現在において、当社グループが判断したものであります。

 

(1)経営理念・経営方針

当社グループの事業範囲は、北海道全域であり、北海道の健全な発展がなければ、当社グループの事業も成り立ちません。道民の皆様と支えあいながら、社会的責任を果たしていくため、経営理念として

「私たちは知的に活性化された豊かで創発的な社会に貢献します。」

を制定し、以下の経営指針を定めています。

1.生活者やパートナーに「さわやかさと潤い」を提供します。

2.生活者やパートナーとの共存共栄を図るとともに地域社会に貢献します。

3.変革にチャレンジし活力ある創発的な会社をつくります。
 

(2)経営環境

当連結会計年度におけるわが国経済は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で非常に厳しい状況となりました。政府による経済施策であるGоTоキャンペーン等により持ち直しの動きがみられましたが、新型コロナウイルス感染症の再拡大を受けて回復ペースは鈍化しており、予断を許さない状況が続いています。

 北海道経済においても、緊急事態宣言の解除後、景気は回復傾向でありましたが、北海道から外出自粛要請が再び発令され、国内経済と同様、サービス産業等を中心に低迷が続いています。

 飲料業界では、プラスチックごみ問題への対応が求められる中、各社ラベルレス商品の販売や、リサイクル素材を使用した容器の開発等、環境に配慮し持続可能な社会の実現を目指す活動を積極的に行っています。また、コロナ禍における巣ごもり需要に対応するマルチパックでの飲料販売等、引き続きシェア争いが激化しています。

このような厳しい環境の中、当社は事業計画を達成するために、「グループ総合力の最大化」と「新たな価値の創出」を戦略として掲げ、北海道コカ・コーラグループとしての総合力を活かして、地域に密着した事業活動を展開しました。

当社を取り巻く経営環境は、新型コロナウイルス感染症の影響により、社会や生活者の価値観が大きく変化しております。こうした経営環境の中、当社はコロナ禍における生活者の変化に対応した新しい価値提供を強化することが重要であると認識しております。

 

(3)中長期的な会社の経営戦略及び対処すべき課題

当社グループは、経営理念、経営指針に基づき中期経営計画を策定しています。

当社グループは、「変化し続ける環境を勝ち抜くための成長基盤創出と構造改革」を中期経営計画の基本方針とし、以下の全社戦略のもと、中期経営計画の達成に努めていきます。

全社戦略

 ・ニューノーマルへの適応

 ・新たなビジネスチャンスの創出

 ・非飲料成長ドライバーの確立

 ・ビジネス基盤の抜本的再構築

 

当社グループを取り巻く経営環境は、新型コロナウイルス感染症による市場環境の悪化からの回復が見通せず、引き続き厳しい経営環境が予想されます。

当社グループの対処すべき課題として、市場シェアの低下、非飲料事業の低成長、コスト構造、原価の悪化等があげられますが、中期経営計画を達成するため、中期経営計画の基本方針「変化し続ける環境を勝ち抜くための成長基盤創出と構造改革」のもと、以下の戦略を中心に取り組んでまいります

営業戦略

激変する市場で勝利し、シェア成長を実現

投資・SCM・環境戦略

低原価体制の実現と成長戦略投資による新たな利益の創出

人事戦略

働きがい醸成による一人ひとりの更なる成長と、

生産性向上による新しい価値の創造

非飲料・グループ戦略

総合物流事業への本格参入及び新たな事業領域の創出

広報・サスティナビリティ戦略

事業活動と連動した持続可能な価値の創出

 

 

(4)経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標

当社グループは、経営上の目標の達成状況を判断するための指標として、継続的な企業価値の向上を図るため、連結売上高、連結営業利益、連結営業利益率、ROEを選択しております。

また、中期経営計画の最終年度である2023年12月期の目標として、連結売上高580億円、連結営業利益22億円、連結営業利益率3.8%、ROE3.6%を目指しております。

 

(5)新型コロナウイルス感染症が事業に与える影響

新型コロナウイルス感染症拡大の影響は、緊急事態宣言の期間延長、警戒ステージの引き上げ等、予断を許さない状況であります。また、今後も経済活動の低迷は続くと予想され、引き続き厳しい経営環境が想定されます。

当社グループはこのような状況が長期化することを前提に感染予防及び収益確保対策活動を実施しながら、中期経営計画の基本方針である、「変化し続ける環境を勝ち抜くための成長基盤創出と構造改革」のもと事業活動に取り組んでまいります。新型コロナウイルス感染症の影響により、外出自粛や観光客の減少、宿泊や外食を中心とした休業による飲料需要の減少が当社グループの経営成績に影響しておりますが、巣ごもり需要やWEB販売の増加がみられます。

 

2 【事業等のリスク】

有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、経営者が連結会社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると認識している主要なリスクは、以下のとおりであります。

なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。

 

(1) ザ コカ・コーラカンパニー及び日本コカ・コーラ株式会社との契約について

当社は、ザ コカ・コーラカンパニー及び日本コカ・コーラ株式会社との間で、北海道を対象地域としてコカ・コーラ製品の製造・販売及び商標使用等の付与を受けるボトラー契約を締結しております

当社グループの売上の大部分は、ザ コカ・コーラカンパニーが所有する商標(以下「コカ・コーラ商標」という)を使用した飲料の売上から生じていることから、コカ・コーラ社商標の侵害及びそのブランドの毀損は、当社グループの財政状態及び経営成績に大きく影響を及ぼす可能性があります。また、ボトラー契約は定期的に更新され現在に至ります。

 

(2) 品質管理について

当社グループは、お客様に高品質で安心してお飲み頂ける商品を提供するため、札幌工場にて品質マネジメントシステム「ISO9001:2015」、食品安全マネジメントシステム「FSSC22000」の認証を取得しています

製品の安全性はもちろんのこと、お客様の一層の満足度向上をはかるため、社員の意識向上や品質に関する事故の予防活動を推進しておりますが、万一、品質に関する事故が発生した場合には、その発生が当社グループに起因するものであるか否かを問わず、ブランドイメージを著しく損ねる恐れがあります。そのような事態が発生した場合には、当社グループの財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります

 

(3) 飲料業界について

① 市場競争

飲料市場においては、近年市場が成熟状態にあるといわれており、当面市場の大きな伸びは期待できない状況にあります。また、飲料各社間の販売シェア獲得競争は激しく、スーパーマーケット等における販売シェアが減少した場合は、当社グループの経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

 

② 天候要因

当社グループが事業を展開する飲料の売上は、その商品の特性上、天候等の影響を受けやすい傾向にあります。特に最需要期の冷夏や冬季の大雪等も当社グループの経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

 

(4) 経済状況による影響について

① 道内景気と消費動向

当社グループは、北海道の市場を中心として事業活動を展開しております。現在の北海道内の景気の状況から、今後の個人消費が急激に回復するとは想定しておりませんが、急速に個人消費が減少した場合には、当社グループの経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

 

② 保有資産の価値変動

当社グループが保有する土地や有価証券等の価値が変動することにより、当社グループの財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。例えば、有価証券につきましては、時価を有するものはすべて時価にて評価しているため、株式市場等における時価の変動の影響を受けます。

 

③ 年金資産の時価変動リスク

当社グループにおきましては、確定給付型の企業年金基金制度を有しております。このため、有価証券で構成されている年金資産の運用が悪化した場合には、退職給付費用が増加し、当社グループの財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

 

(5) 法的規制等について

当社グループが営む飲料の製造・販売事業におきましては、「食品衛生法」、「製造物責任(PL)法」、「道路交通法」、「廃棄物処理法」、「容器包装リサイクル法」など、さまざまな規制が存在しております。当社グループは、これらすべての規制を遵守し、安全かつ安心な商品の提供につとめてまいります。従いまして、これらの規制が強化された場合には、規制遵守にかかわる費用などが新たに発生することにより、当社グループの財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

 

(6) アルコール飲料について

当社グループで販売している酒類は国内において酒税等を定める酒税法の規制を受けています。当社グループはその酒税法に基づき酒類卸売業免許を取得しています。今後の事業展開においては酒税法の規制を受けるほか、酒税の税率の変更によって販売価格・動向に影響を受ける可能性があります。なお、酒類は一般的に適度の飲酒ならば様々な効能があるとされていますが、慢性的飲酒による各種弊害も指摘されています。これらのアルコールに関連する諸問題が社会的に一層深刻となった場合には、販売活動に何らかの影響・規制が及ぶ恐れがあり、酒類の将来性、当社グループの財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

 

(7) 環境関連について

① 水資源

当社グループは貴重な水資源を利用して事業活動を行っております。製造過程における水使用量の削減、製造過程で使用する水の循環、地域の水源保護の3つの側面で水資源保護活動を推進しています。万一、水質の異常や水資源が枯渇した場合には事業に大きな影響を及ぼす可能性があります

 

容器

コカ・コーラシステムの「2030年容器ビジョン」に基づき、容器をサスティナブルなものにしていく、販売した同等量の容器を回収するなど「World Without Waste(廃棄物ゼロ社会)」の実現を目指して活動しております。しかし、海洋プラスチック問題によるペットボトルの販売禁止等が起こった場合は、当社グループの財政状態及び経営成績に大きく影響を及ぼす可能性があります

 

(8) 災害について

当社グループの主要な生産設備、販売拠点は本店所在地に集中しており、地震・火災などに見舞われた場合は、生産活動の停止、あるいは製品供給の不全に陥る可能性があり、それらは当社グループの財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります

当社グループでは、災害等に対して主要設備の防火、耐震対策などを実施するとともに、製品の分散保管、ITインフラの分散設置を実施し、BCP(事業継続計画)を策定しております

 

(9) 感染症について

新型コロナウイルスに代表される感染症の流行により、市民生活の変化や日本経済の停滞が当社グループの財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります

特に、飲食店や交通機関、レジャー、イベント施設の衰退は当社グループの経営成績と密接な関係にあります

感染症が流行した場合には、従業員についてはマスクの着用や在宅勤務など感染症予防に努めます。また、感染症流行下でも衰退しない販売チャネルに傾注した営業活動を続けることで、売上高の減少を抑えます

 

3 【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

当連結会計年度における当社グループの財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の概要は次のとおりであります

また、当社グループは、飲料の製造・販売事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載はしておりません。

なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。

 

(1) 経営成績等の状況の概要

① 財政状態及び経営成績の状況

当連結会計年度の売上高は、514億4千3百万円(前年同期比7.0%減)、営業利益は8億4千8百万円(前年同期比58.7%減)、経常利益は12億6千万円(前年同期比39.6%減)、親会社株主に帰属する当期純利益は8億3千9百万円(前年同期比40.9%減)となりました

財政状態につきましては、資産は、前連結会計年度に比べ8億7千万円減少の493億8千9百万円となりました。負債は、11億7千9百万円減少の76億5千2百万円となりました。純資産は、3億8百万円増加の417億3千6百万円となりました。

 

② キャッシュ・フローの状況

当連結会計年度における現金及び現金同等物(以下「資金」という)は、前連結会計年度に比べ4億4千3百万円増加し、111億7千5百万円になりました。

活動ごとのキャッシュ・フローの状況は、以下のとおりです。

 

≪営業活動によるキャッシュ・フロー≫

営業活動によって得られた資金は、33億2千1百万円(前連結会計年度は43億4千6百万円の収入)になりました。これは、税金等調整前当期純利益12億5千3百万円、減価償却費28億9千万円などに対し、仕入債務の減少7億5千3百万円などによるものです。

 

≪投資活動によるキャッシュ・フロー≫

投資活動の結果によって使用した資金は、21億1千6百万円(前連結会計年度は22億2千8百万円の使用)になりました。これは、主に製造設備や販売機器などの有形固定資産の取得による支出14億9千7百万円、無形固定資産の取得による支出4億6千7百万円などによるものです。

 

≪財務活動によるキャッシュ・フロー≫

財務活動の結果によって使用した資金は、7億6千1百万円(前連結会計年度は8億6千6百万円の使用)になりました。これは、配当金の支払額4億3千7百万円、リース債務の返済による支出3億2千万円などによるものです。

 

③ 生産、受注及び販売の状況

a 生産実績

当社グループは飲料の製造・販売事業の単一セグメントであり、開示対象となるセグメントはありませんが、当連結会計年度における生産実績を示すと、次のとおりであります。

 

 

名称

生産高(百万円)

前年同期比(%)

飲料水等

31,284

△3.3

 

 

(注) 1 金額は、製造原価によっております。

2 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

 

b 受注実績

当社グループは受注を主体とした生産を行っていないため、受注実績の記載を省略しております。

 

c 販売実績

当社グループは飲料の製造・販売事業の単一セグメントであり、開示対象となるセグメントはありませんが、当連結会計年度における販売実績を示すと、次のとおりであります。

 

名称

販売高(百万円)

前年同期比(%)

飲料水等

51,443

△7.0

 

 

(注) 1 相手先別販売実績において、総販売実績に対する該当割合が10%以上の相手先はありません。

2 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

 

(2) 経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりであります。

なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものであります

 

当連結会計年度の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

当連結会計年度の経営成績は、コロナ禍における生活者ニーズに対応した販売提案活動を強化し、WEB販売を中心とした巣ごもり需要を獲得したものの、新型コロナウイルス感染症による市場環境低迷の影響は大きく、自動販売機やコンビニエンスストア、飲食チャネルを中心に販売が大きく減少したことにより、当連結会計年度の売上高は、前期に比べ38億4千9百万円減少し、514億4千3百万円(前年同期比7.0%減)となりました

売上原価は、売上高の減少に伴い、売上高に対する比率は前期の64.1%から66.4%になりました。 また、生産数量の減少に伴う製造原価の悪化もあり、前期に比べ12億6千5百万円減少し、341億4千9百万円(前年同期比3.6%減)となりました

販売費及び一般管理費は広告・販売促進費の抑制や全社コスト削減活動により、前期に比べ13億7千4百万円減少し164億4千4百万円(前年同期比7.7%減)となりました。この結果、営業利益は前期に比べ12億8百万円減少し8億4千8百万円(前年同期比58.7%減)となりました

営業外収益は、助成金収入等により前期に比べ3億9千8千万円増加し5億5千万円(前年同期比262.4%増)となり、営業外費用は、自動販売機の除却損等により前期に比べ1千6百万円増加し1億3千9百万円(前年同期比13.7%増)となりました。この結果、経常利益は前期に比べ8億2千6百万円減少し12億6千万円(前年同期比39.6%減)となりました

特別利益は、受取保険金の減少等により前期に比べ5千1百万円減少し1百万円(前年同期比96.8%減)となり、特別損失は、固定資産除売却損の減少等により前期に比べ1千3百万円減少し8百万円(前年同期比60.8%減)となりました。

この結果、親会社株主に帰属する当期純利益は、前期に比べ5億8千万円減少し8億3千9百万円(前年同期比40.9%減)となりました

 

当期の経営成績を収めるにあたり、当社グループは中期経営計画に基づき、2020年度の全社方針を定め、以下の活動に取り組んでまいりました

 

<2020年 全社方針>

「グループ総合力の最大化」 と 「新たな価値の創出」 によって

 1.飲料事業の収益力の向上

 2.非飲料事業の成長

 3.経営基盤の強化

を実現する

 

<活動内容>

a 飲料事業の収益力の向上

当社グループは営業上の取り組みとして、スーパーマーケット、コンビニエンスストア等の量販店においては、コロナ禍で増加した家庭内需要に対応するべく、水やお茶等の商品をお求めやすい価格で提供しました。また、外出自粛が求められる中、限られた時間で商品を購入しやすくなるよう、複数本のまとめ売りによる展開を行う等、オンラインでの商品販売とあわせて、道民の皆様の需要に応える商品の提供活動に注力しました

自動販売機ビジネスにおいては、テレワークの拡大によりオフィスでの売上が減少しましたが、自動販売機のすべてを当社が管理するという一社管理提案を、テレワークの難しいコールセンター等に特化して実施しました。また、飲食店等においては外出自粛の影響による打撃が大きく、売上が落ち込みましたが、テイクアウト需要の拡大にあわせた飲料のセット販売提案を行う等、コロナ禍での需要に合わせた営業活動を実施しました

新商品としては、2020年3月に発売を開始した、果実本来の甘さとピューレが入ったリッチな味わいを楽しめる「ファンタ プレミアグレープ」に続くプレミアシリーズの新フレーバー「ファンタ プレミアピーチ」、カフェで飲むような豊かなミルクの味わいにこだわった、ラテ専門のペットボトル入りコーヒー「ジョージア ラテニスタ」シリーズ、香り豊かな紅茶にたっぷりレモン果汁とはちみつで作ったレモネードを絶妙に合わせ、甘さ控えめで爽やかな酸味の味わいをお楽しみいただける「紅茶花伝 クラフティー(CRAFTEA)レモネード」、こだわりレモンサワー専門ブランド「檸檬堂」から切れ味抜群のドライなおいしさが楽しめる「檸檬堂 カミソリレモン」を発売しました

 

b 非飲料事業の成長

非飲料事業の成長に向けた取り組みとしては、グループ会社を中心に、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により需要が高まった衛生用品の販売、当社グループの物流網を活用した物流BPOへの取り組み、清掃・衛生点検事業の新規取り組み、機器のメンテナンス・保守管理事業の新販路の開拓により売上の拡大をはかりました。

 

c 経営基盤の強化

経営基盤の強化に向けた取り組みとしては、自社製造比率の向上による製造原価の低減や、新規投資の見直し及び販売促進費の効果的な使用など、グループ全社をあげて徹底的なコスト削減を実施しました

CSR活動としては、「北の大地とともに」を合言葉にCSR活動を展開し、「SDGs(持続可能な開発目標)」を新たな指標ととらえ、活動を継続してきました

環境に対する取り組みとしては、コカ・コーラシステムの目標として「World Without Waste(廃棄物ゼロ社会)」の実現を掲げ、2030年までに、ペットボトル素材をサスティナブル素材100%とし、新たな化石燃料を使用しない容器を完全導入すること、日本国内で販売した同等量のペットボトル容器を回収すること等を目指して活動しております

この取り組みの一環として、使用済みペットボトルを回収・リサイクル処理したうえで、ペットボトルとして再生し、飲料の容器として用いる「ボトルtoボトル」の促進を図るため、ナチュラルミネラルウォーターブランド「い・ろ・は・す」に、100%リサイクルペット素材を用いているほか、ラベルをなくすことによりラベルをはがす手間がなくなり、ゴミの分別を楽にすることができる「い・ろ・は・す 天然水ラベルレス」を新たに発売しました。また、公益財団法人アイヌ民族文化財団と「ペットボトルの資源循環の協働事業」を開始し、アイヌ文化の振興・発展及び国民理解促進の拠点であるウポポイ(民族共生象徴空間)に空容器回収ボックス「リバースベンディングマシン」を設置しました。さらに、地域貢献活動として、ウポポイ(民族共生象徴空間)で回収した空容器1本につき1円が公益財団法人アイヌ民族文化財団へ寄附され、アイヌ文化の振興に活用される予定です。

新型コロナウイルス感染症対策としては、当社BCPに則り、従業員やその家族、道民の皆様の健康と安全の確保のため、全従業員のマスク着用、在宅勤務やWEB会議の活用等、感染拡大防止に取り組んでおります。これらの取り組みは、北海道からの呼びかけに基づき、当社の『「新北海道スタイル」安心宣言』を作成し、当社ホームページ等で周知しております

また、「どさんこ企業として、いまできることを」という当社の想いを、新型コロナウイルス感染症と日々向き合う医療関係者の皆さまへお届けするべく、感染症指定医療機関、保健所及び北海道新型コロナウイルス感染症対策本部等へ「コカ・コーラ製品」12万本、「N95 規格マスク」1万2千枚を寄贈しました

さらに、新しい生活様式が求められている中、安心して暮らせる社会をサポートするために、「食品ロス」となる製品を必要とされる方々や施設等に無償で配給する団体であるフードバンクを通じて、地域のこども食堂や生活困窮者支援団体等に製品配布を行いました

 

新型コロナウイルス感染症の影響について

新型コロナウイルス感染拡大影響による緊急事態宣言を受け、外出自粛、在宅勤務、休業、休校、インバウンドの大幅な減少などにより3月以降道内販売が急速に減少し、非常に厳しい状況となりました。スーパーマーケットやドラッグストアでの「巣ごもり・まとめ買い需要」、檸檬堂やWEB販売の増加はあったものの、外出自粛と観光客の激減、宿泊・外食を中心とした休業により自動販売機、コンビニエンスストア、ホテル、飲食店で大きなマイナスインパクトを受けました

新型コロナウイルス感染症による市場環境は、今後3年間程度で緩やかに回復すると想定しておりますが、次年度以降についても回復途中であり、一定の影響が発生すると想定されます

 

当連結会計年度の財政状態の分析

当連結会計年度における資産は、前連結会計年度に比べ8億7千万円減少の493億8千9百万円となりましたこれは主に、現金及び預金が増加したものの、販売機器、受取手形及び売掛金が減少したことによるものです

負債は、11億7千9百万円減少の76億5千2百万円となりました。これは主に、買掛金、設備関係未払金が減少したことによるものです

純資産は、3億8百万円増加の417億3千6百万円となりました。これは主に、利益剰余金が増加したことによるものです

この結果、自己資本比率は84.5%となり、当連結会計年度末の1株当たり純資産額は5,714円8銭となりました

 

④ 資本の財源及び資金の流動性の分析

a キャッシュ・フロー分析

キャッシュ・フローの分析については、「第2 事業の状況 3経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析 (1)経営成績等の状況の概要 ②キャッシュ・フローの状況」に記載しております

また、キャッシュ・フロー指標のトレンドは以下のとおりであります

 

2019年12月

2020年12月

自己資本比率(%)

82.4

84.5

時価ベースの自己資本比率(%)

54.8

58.1

 

(注) 自己資本比率:自己資本/総資産
       時価ベースの自己資本比率:株式時価総額/総資産

1 各指標は、いずれも連結ベースの財務数値により算出しております。

2 株式時価総額は、期末株価終値×期末発行済株式数(自己株式控除後)により算出しております。

 

b 資金需要、資金調達

資金需要としては、商品及び原材料仕入等の運転資金のほか、将来の成長に向けた自動販売機を中心とした販売機器や生産設備等の設備投資資金等があります。また、株主の皆様への利益還元を経営の重点政策と位置づけています。利益の配分については、株主の皆様へ安定配当を行うことを基本とし、財政状態及び経営成績を総合的に判断して実行していきます。

資金調達については、基本的に自己資金で賄うこととしていますが、資金需要の内容、規模、今後の情勢等を勘案し、継続的に最適な資金調達方法の検討を進めていきます。

 

c 資金の流動性

当社グループはCMS(キャッシュ・マネジメント・システム)を導入しており、各グループ会社における余剰資金を当社へ集中し、一元管理を行うことにより、資金効率の向上を図っております。

 

⑤ 経営方針・経営戦略、経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等の達成・進捗状況

当社グループは、連結売上高、連結営業利益、連結営業利益率、ROEを重要な経営指標としており、その状況については以下のとおりであります。

(単位:百万円)

 

2019年12月期

実績値

2020年12月期

実績値

2021年12月期

目標値

連結売上高

55,292

51,443

51,500

連結営業利益

2,057

848

850

連結営業利益率

3.7%

1.7%

1.7%

ROE

3.5%

2.0%

1.2%

 

 

経営者の問題意識と今後の方針につきましては、「第2 事業の状況 1 経営方針、経営環境及び対処すべき課題等 (2)経営環境、(3)中長期的な会社の経営戦略及び対処すべき課題」に記載のとおりであり、今後も中期経営計画に基づき引き続き企業価値向上を図っていきます

 

(3) 重要な会計方針及び見積り

当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている企業会計基準に基づき作成されております。この連結財務諸表の作成にあたり、見積りが必要な事項につきましては、合理的な基準に基づき会計上の見積りを行っております

その他重要な会計方針は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項 連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」に記載しております

 

新型コロナウイルス感染症の影響に関する会計上の見積り

当社グループは繰延税金資産の回収可能性等の会計上の見積りについて、連結財務諸表作成時において入手可能な情報に基づき実施しております

なお、新型コロナウイルス感染症が事業に与える影響については、「第2 事業の状況 1 経営方針、経営環境及び対処すべき課題等 (5)新型コロナウイルス感染症が事業に与える影響」に記載のとおりであり、市場環境が新型コロナウイルス感染拡大前の水準まで回復するには3年間程度かかると想定し、会計上の見積りを行っております

上記を仮定として会計上の見積りを行っておりますが、現時点で会計上の見積りに大きな影響は発生しないと判断しております

 

4 【経営上の重要な契約等】

ボトラー契約

当社は、ザ コカ・コーラカンパニー及び日本コカ・コーラ株式会社との間で、北海道を対象地域としてコカ・コーラ製品の製造・販売及び商標使用等の付与を受けるボトラー契約を締結しております。

 

5 【研究開発活動】

 該当事項はありません。

第3 【設備の状況】

 

1 【設備投資等の概要】

当連結会計年度における設備投資総額は2,007百万円であります。競争優位を確保するため、自動販売機等の販売機器の更新を行ったほか、札幌工場第1ラインにおいて、コカ・コーラシステム初のアルコール飲料となる「檸檬堂」の製造設備対応を行いました。

なお、当社グループは飲料の製造・販売事業の単一セグメントであるため、セグメント別の設備の状況は記載しておりません。

また、重要な設備の除却又は売却はありません。

 

2 【主要な設備の状況】

当社グループ(当社及び連結子会社)における主要な設備は、次のとおりであります。

(1) 提出会社

(2020年12月31日現在)

事業所名
(所在地)

設備の内容

帳簿価額(百万円)

従業
員数
(名)

建物及び
構築物

機械装置
及び運搬具

土地

(面積千㎡)

リース資産

その他

合計

札幌工場

(札幌市清田区)

製造設備

1,700

3,511

1,174

(58)

11

24

6,423

(注3)

道央地区

(札幌市東区他)

販売設備

1,661

15

1,764

(70)

51

1,526

5,019

60

(9)

道南地区

(函館市他)

販売設備

572

806

(42)

44

529

1,952

43

(9)

道北地区

(旭川市他)

販売設備

674

0

288

(79)

51

467

1,482

34

(12)

道東地区

(河東郡音更町他)

販売設備

398

2

568

(32)

15

360

1,345

33

(13)

本社、
その他厚生施設等

(札幌市清田区他)

本社機能等

2,053

264

1,361

(71)

75

1,756

5,511

226

(36)

合計

7,060

3,794

5,963

(354)

250

4,664

21,733

396

(79)

 

 

(注) 1 帳簿価額の金額は、有形固定資産及び無形固定資産の帳簿価額であります。なお、金額には消費税等は含まれておりません。

   2 帳簿価額「その他」は、販売機器、工具、器具及び備品、無形固定資産(ソフトウエア仮勘定を除く)の合計で表示しております。

3 札幌工場における従業員数は全て連結子会社の従業員であるため、記載しておりません。

4 従業員数は就業人員であり、臨時従業員数は( )内に年間の平均人員を外数で記載しております。

 

 

(2) 国内子会社

(2020年12月31日現在)

会社名

事業所名
(所在地)

設備の内容

帳簿価額(百万円)

従業
員数
(名)

建物及び
構築物

機械装置
及び運搬具

土地
(面積千㎡)

リース
資産

その他

合計

幸楽輸送㈱

本社他

(札幌市清田区他)

本社機能
販売設備

0

 

[44]

304

 

[―]

(―)

[53]

 

[―]

16

 

[0]

320

 

[99]

137

(27)

北海道
サービス㈱

本社他

(札幌市清田区他)

本社機能
販売設備

 

[37]

 

[―]

(―)

[―]

11

 

[―]

0

 

[0]

12

 

[37]

92

(40)

北海道
ベンディング

本社他

(札幌市東区他)

本社機能
販売設備

 

[73]

 

[0]

(―)

[―]

593

 

[―]

0

 

[0]

593

 

[75]

434

(48)

北海道
コカ・コーラ
プロダクツ㈱

本社他

(札幌市清田区他)

本社機能
販売設備

 

[190]

 

[0]

(―)

[―]

63

 

[―]

1

 

[0]

64

 

[190]

209

(73)

 

 

(注) 1 帳簿価額の金額は、有形固定資産及び無形固定資産の帳簿価額であります。なお、金額には消費税等は含まれておりません。

2 帳簿価額「その他」は、工具、器具及び備品、無形固定資産の合計で表示しております。

3 上記中[ ]は、連結会社から賃借中のものを外数で表示しております。

4 従業員数は就業人員であり、臨時従業員数は( )内に年間の平均人員を外数で記載しております。

 

3 【設備の新設、除却等の計画】

(1) 重要な設備の新設等

 

会社名

事業所名
(所在地)

設備の内容

投資予定額

資金調達
方法

着手
年月

完了
予定年月

完成
後の
増加
能力

総額
(百万円)

既支払額
(百万円)

提出会社

本社他

(札幌市清田区他)

販売機器の更新

253

自己資金

2021年1月

2021年12月

(注)1

 

 (注) 1 完成後の増加能力については、設備の更新が主目的であり、量的な表示が困難のため記載しておりません。

   2 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

 

(2) 重要な設備の除却等

経常的な設備の更新のための除却等を除き、重要な設備の除却等の計画はありません。

 

第4 【提出会社の状況】

 

1 【株式等の状況】

(1) 【株式の総数等】

① 【株式の総数】

 

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

23,702,800

23,702,800

 

 

② 【発行済株式】

 

種類

事業年度末現在
発行数(株)
(2020年12月31日)

提出日現在
発行数(株)
(2021年3月31日)

上場金融商品取引所
名又は登録認可金融
商品取引業協会名

内容

普通株式

7,606,898

 7,606,898

東京証券取引所
(市場第二部)
札幌証券取引所

単元株式数
100株

7,606,898

7,606,898

 

 

(2) 【新株予約権等の状況】

① 【ストックオプション制度の内容】

該当事項はありません。

 

② 【ライツプランの内容】

該当事項はありません。

 

③ 【その他の新株予約権等の状況】

該当事項はありません。

 

(3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

該当事項はありません。

 

(4) 【発行済株式総数、資本金等の推移】

 

年月日

発行済株式
総数増減数
(株)

発行済株式
総数残高
(株)

資本金増減額
(百万円)

資本金残高
(百万円)

資本準備金
増減額
(百万円)

資本準備金
残高
(百万円)

2018年7月1日(注)

△30,427,595

7,606,898

2,935

4,924

 

 (注) 2018年3月29日開催の第56期定時株主総会において、株式併合に関する議案が承認可決されたため、同年7月1日をもって5株を1株とする株式併合を行っております。

 

 

(5) 【所有者別状況】

  (2020年12月31日現在)

区分

株式の状況(1単元の株式数100株)

単元未満
株式の状況
(株)

政府及び
地方公共
団体

金融機関

金融商品
取引業者

その他の
法人

外国法人等

個人
その他

個人以外

個人

株主数
(人)

17

13

117

38

4

6,437

6,626

所有株式数
(単元)

2,816

499

52,932

3,357

6

16,358

75,968

10,098

所有株式数
の割合(%)

3.70

0.66

69.68

4.42

0.01

21.53

100.00

 

 

(注) 自己株式302,770株は「個人その他」に3,027単元、「単元未満株式の状況」に70株含まれております。

 

(6) 【大株主の状況】

  (2020年12月31日現在)

氏名又は名称

住所

所有株式数
(千株)

発行済株式
(自己株式を
除く。)の
総数に対する
所有株式数
の割合(%)

大日本印刷株式会社

東京都新宿区市谷加賀町1丁目1番1号

3,906

53.47

株式会社栗林商会

北海道室蘭市入江町1-19

645

8.83

MSIP CLIENT SECURITIES
(常任代理人)
モルガン・スタンレーMUFG証券株式会社

25 Cabot Square, Canary Wharf, London E14 4QA, U.K.
(東京都千代田区大手町1丁目9-7 大手町フィナンシャルシティ サウスタワー)

278

3.81

北島義俊

東京都新宿区

101

1.38

株式会社北洋銀行

北海道札幌市中央区大通西3丁目7

55

0.76

株式会社日本カストディ銀行(信託口)

東京都中央区晴海1丁目8-12

47

0.65

関谷幸平

岐阜県羽島郡岐南町

44

0.60

株式会社DNPグラフィカ

東京都新宿区市谷加賀町1丁目1-1

39

0.53

東洋製罐グループホールディングス株式会社

東京都品川区東五反田2丁目18-1

36

0.50

伊藤組土建株式会社

北海道札幌市中央区北4条西4丁目1

36

0.49

5,191

71.07

 

 

(注) 上記のほか当社所有の自己株式302千株があります。

 

 

(7) 【議決権の状況】

① 【発行済株式】

 (2020年12月31日現在)

区分

株式数(株)

議決権の数(個)

内容

無議決権株式

議決権制限株式(自己株式等)

議決権制限株式(その他)

完全議決権株式(自己株式等)

(自己保有株式)

普通株式

302,700

 

完全議決権株式(その他)

 

普通株式

7,294,100

 

 

72,941

単元未満株式

 

普通株式

10,098

 

 

発行済株式総数

7,606,898

総株主の議決権

72,941

 

 

(注) 「単元未満株式」には当社所有の自己株式70株が含まれております。

 

② 【自己株式等】

(2020年12月31日現在)

所有者の氏名
又は名称

所有者の住所

自己名義
所有株式数
(株)

他人名義
所有株式数
(株)

所有株式数
の合計
(株)

発行済株式
総数に対する
所有株式数
の割合(%)

(自己保有株式)

北海道コカ・コーラ
ボトリング株式会社

札幌市清田区清田一条
一丁目2番1号

302,700

302,700

3.98

302,700

302,700

3.98

 

 

2 【自己株式の取得等の状況】

 

【株式の種類等】会社法第155条第7号による普通株式の取得

 

(1) 【株主総会決議による取得の状況】

該当事項はありません。

 

(2) 【取締役会決議による取得の状況】

  該当事項はありません。

 

(3) 【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

区分

株式数(株)

価額の総額(円)

当事業年度における取得自己株式

315

1,178,906

当期間における取得自己株式

62

245,830

 

 

(注) 当期間における取得自己株式には、2021年3月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りによる株式数は含めておりません。

 

 

(4) 【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

 

区分

当事業年度

当期間

株式数(株)

処分価額の総額
(円)

株式数(株)

処分価額の総額
(円)

引き受ける者の募集を行った
取得自己株式

消却の処分を行った取得自己株式

合併、株式交換、株式交付、会社分割に係る移転を行った取得自己株式

その他(―)

保有自己株式数

302,770

 ―

302,832

 

 

(注) 当期間における保有自己株式数には、2021年3月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取

    りによる株式数は含めておりません。

 

3 【配当政策】

当社は、株主の皆様への利益還元を経営の重点政策と位置づけています。利益の配分については、株主の皆様へ安定配当を行うことを基本とし、財政状態及び経営成績を総合的に判断して実行していきます。また、将来の事業展開に備えて、内部留保による財務体質の充実につとめ、経営基盤の強化をはかります。

内部留保金については、財務体質の強化とあわせ、今後の設備投資などへの必要資金に充当いたします。

なお、当期末の配当につきましては、1株につき30円と決議されました。

当社は、中間配当と期末配当の年2回の剰余金の配当を行うことを基本方針としており、これらの剰余金の配当の決定機関は、期末配当については株主総会、中間配当については取締役会であります。

当社は、「取締役会の決議により、毎年6月30日を基準日として、中間配当を行うことができる。」旨を定款に定めております。

 

(注) 基準日が当事業年度に属する剰余金の配当は、以下のとおりであります。

 

決議年月日

配当金の総額

1株当たり配当額

(百万円)

(円)

2020年8月7日

取締役会決議

219

 30

2021年3月30日

定時株主総会決議

 219

 30

 

 

 

4 【コーポレート・ガバナンスの状況等】

(1) 【コーポレート・ガバナンスの概要】

① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

当社は、企業倫理とコンプライアンスの重要性を認識し、企業の社会的責任を果たすことを経営上の最も重要な課題の一つとして位置づけており、このことが、企業価値の向上に不可欠であると認識しております。

その実現のために、株主の皆様や取引先をはじめ、生活者、社員等さまざまなステークホルダーとの良好な関係を築くとともに、的確な経営の意思決定、それに基づく業務執行、並びに適正な監督・監視を可能とする経営体制を構築し、総合的なコーポレート・ガバナンスの充実につとめております。

 

② 企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由

 a 企業統治の体制の概要

当社は、監査役会設置会社であり、独立性のある社外役員を監査役会には社外監査役2名、取締役会には社外取締役3名選任し、経営監督機能の客観性・中立性を確保しております。また、執行役員制度の導入により経営の意思決定・監督機能と業務執行を分離し、コーポレート・ガバナンスの充実につとめております。各機関、委員会等につきましては以下のとおりであります。

(a) 取締役会

取締役会は、社外取締役3名を含む9名(2021年3月31日現在)で構成されており、会社の重要な業務執行の決定を行うとともに、各取締役の職務の執行を監督しております。当期は取締役会を8回開催し、「取締役会規則」に基づき重要事項につき審議、決定し、適切な運営が行われております。

 議 長:佐々木康行(代表取締役社長)

 構成員:山田雄亮、川村雅彦、小松剛一、瀬山朋広、酒寄正太、春原誠(独立役員、社外)、

冨岡俊介(独立役員、社外)、上田恵一(独立役員、社外)

(b) 監査役会

監査役会は、社外監査役2名を含む4名(2021年3月31日現在)で構成されており、監査役は効率的な経営の意思決定に資するため、取締役会、経営会議等に出席しております。
  社外監査役を含む監査役は、取締役の職務執行について、監査役会の定める監査基準及び分担に従い監査を実施しており、必要に応じて、取締役、使用人に対して業務執行に関する報告を求めております。

 議 長:安立啓二(常勤)

 構成員:関根克彦(常勤)、伊藤直哉(社外)、後藤雄則(社外)

(c) 経営会議

経営会議は、業務執行上の重要事項や経営課題に対処することを目的として、週1回程度の頻度で開催しております。なお、経営会議には常勤監査役も出席し、必要あるときは意見を述べることとしています。

 議 長:佐々木康行(代表取締役社長)

 構成員:山田雄亮(取締役)、川村雅彦(取締役)、小松剛一(取締役)、安立啓二(監査役)、

関根克彦(監査役)、菅原一機(執行役員)、松原孝志(執行役員)、井馬智行(執行役員)、

山本昌広(執行役員)、吉田貴彦(執行役員)、各部門長、グループ会社社長

(d) 企業倫理行動委員会

企業倫理行動委員会は、公正かつ公明な企業活動を遂行しております。

 委員長:川村雅彦(取締役)
  構成員:山田雄亮(取締役)、小松剛一(取締役)

 オブザーバー:安立啓二(監査役)、関根克彦(監査役)

(e) リスクマネジメント委員会

リスクマネジメント委員会は、環境・品質を含むリスク対応および予防的リスクマネジメント、リスクの周知を行っております。

 委員長:川村雅彦(取締役)
  構成員:山田雄亮(取締役)、小松剛一(取締役)、菅原一機(執行役員)、松原孝志(執行役員)、

井馬智行(執行役員)、山本昌広(執行役員)、吉田貴彦(執行役員)、各部門長、

グループ会社社長、グループ会社総務部長

 オブザーバー:安立啓二(監査役)、関根克彦(監査役)

(f) 内部統制実行委員会

内部統制実行委員会は、内部統制の整備・運用状況の監督組織として、財務報告に係る内部統制の整備・運用を管理しております。

 委員長:川村雅彦(取締役)

 構成員:山田雄亮(取締役)、小松剛一(取締役)、菅原一機(執行役員)、井馬智行(執行役員)、

各部門長、グループ会社社長

 オブザーバー:安立啓二(監査役)、関根克彦(監査役)

 

 b 当該体制を採用する理由

 当社は、迅速な意思決定、経営監督機能の強化をはかるため、上記の体制を採用しており、ガバナンスについて十分機能できていると考えております。

 

当社のコーポレート・ガバナンス体制の模式図は以下のとおりです。


 

③ 企業統治に関するその他の事項

 a 当社の内部統制システムの整備の状況

(a) 当社におけるコーポレート・ガバナンス体制等の構築及び運用に関して、「北海道コカ・コーラグループコンプライアンス管理基本規程」を制定するとともに、当社経営会議が、当該規程に基づき、当社グループのコーポレート・ガバナンスを統括しております。

  当社グループにおける業務の適正を確保するため、各グループ会社は、行動規範となる、「DNPグループ行動規範」及び「北海道コカ・コーラグループ社員行動規準」、業務の適正を確保するための体制等の構築及び運用に関する、「北海道コカ・コーラグループコンプライアンス管理基本規程」を基礎として、それぞれ諸規程を制定・整備し、各グループ会社はその運用状況を確認し、点検・評価・改善しております。
  また、当社監査室、当社経営会議事務局及び各委員会を含む本社各部門は、上記の実施状況について、監査もしくは検査、指導・教育を行っております。

(b) 当社グループにおける業務の適正を確保するため、全社員(取締役を含む)の行動規範として、「DNPグループ行動規範」及び「北海道コカ・コーラグループ社員行動規準」を定めており、研修等を通じてこれらの徹底をはかるとともに、業務の適正を確保するための体制等の構築及び運用に関して、「北海道コカ・コーラグループコンプライアンス管理基本規程」を制定し、各グループ会社は、これらを基礎として、それぞれ諸規程を制定・整備しております。

(c) 各グループ会社は、(b)の方針等に基づき、事業内容・規模等に照らして自社に必要な体制・手続を自律的に決定し、実施・点検・評価・改善しております。

(d) 当社監査室、経営会議事務局及び各委員会を含む本社各部門は、(b)(c)の実施状況について、監査もしくは検査、指導・教育を行っております。

(e) 当社グループにおける重要な業務の意思決定及び執行状況については、親会社である大日本印刷株式会社へ報告しております。また親会社である大日本印刷株式会社の監査室及び企業倫理行動委員会等による、当社グループにおけるコンプライアンス体制の構築・運用状況等の監査もしくは検査・教育を受け入れることとしております。

(f) 親会社である大日本印刷株式会社及び大日本印刷株式会社以外の株主の利益が実質的に相反するおそれのある大日本印刷株式会社との取引その他の施策を実施するにあたっては、必ず取締役会に付議の上、決定しております。
 

 b リスク管理体制の整備の状況

  コンプライアンス、環境、災害、製品安全及び情報セキュリティ等に係るリスク管理については、親会社である大日本印刷株式会社の助言に基づき、規程等の整備、研修の実施等を行い、リスクの未然防止につとめるとともに、リスク発生時には、当社グループにおける損失を回避・軽減するため、速やかにこれに対応しております。また、新たに生じたリスクについては、速やかに対応すべき組織及び責任者たる取締役を定めております。
 

④ 取締役の定数

当社の取締役は、9名以内とする旨定款に定めております。

 

⑤ 取締役の選任の決議要件

当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨、及び累積投票によらない旨を定款に定めております。

 

⑥ 自己株式の取得

当社は、会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議によって自己株式を取得することができる旨を定款に定めております。これは、経営環境の変化に対応した機動的な資本政策の遂行を可能とするため、自己株式を取得することを目的とするものであります。

 

⑦ 責任限定契約の内容

当社は、会社法第427条第1項の規定による、社外取締役及び社外監査役との間に、同法第423条第1項の責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく責任の限度額は、法令が規定する額としております。

なお、当該責任限定が認められるのは、社外取締役及び社外監査役が責任の原因となった職務について善意でかつ重大な過失がないときに限られます。

 

⑧ 取締役の責任免除

当社は、取締役(取締役であったものを含む。)の会社法第423条第1項の責任につき、善意でかつ重大な過失がない場合は、取締役会の決議によって、法令の定める限度額の範囲内で、その責任を免除することができる旨を定款に定めております。これは、取締役が職務を遂行するにあたり、その能力を十分に発揮して、期待される役割を果たしうる環境を整備することを目的とするものであります。

 

⑨ 監査役の責任免除

当社は、監査役(監査役であったものを含む。)の会社法第423条第1項の責任につき、善意でかつ重大な過失がない場合は、取締役会の決議によって、法令の定める限度額の範囲内で、その責任を免除することができる旨を定款に定めております。これは、監査役が職務を遂行するにあたり、その能力を十分に発揮して、期待される役割を果たしうる環境を整備することを目的とするものであります。

 

⑩ 中間配当の決定機関

当社は、取締役会の決議によって、毎年6月30日を基準日として中間配当をすることができる旨を定款に定めております。これは、中間配当を取締役会の権限とすることにより、株主への機動的な利益還元を行うことを目的とするものであります。

 

⑪ 株主総会の特別決議要件

当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨定款に定めております。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目的とするものであります。

 

 

(2) 【役員の状況】

① 役員一覧

男性13名 女性0名 (役員のうち女性の比率0%)

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数
(株)

取締役社長
(代表取締役)

佐々木 康行

1954年2月2日

1977年4月

大日本印刷株式会社入社

2000年12月

同社包装総合開発センター
システム開発本部開発第1部長

2002年2月

同社退社

同 年3月

当社入社

2006年3月

取締役製造統括本部長

2010年3月

常務取締役技術部、生産管理部、品質保証部、IT推進室担当

2013年3月

 

代表取締役専務営業統括本部長、広報・CSR推進部、コカ・コーラシステム担当

2014年3月

代表取締役社長営業統括本部長

2016年1月

代表取締役社長(現任)

(注)4

6,300

取締役
営業企画部
 チェーンストア営業本部
ベンディング・リテール営業本部
エリア営業本部
カスタマーセンター担当

山田 雄亮

1965年7月27日

1990年4月

当社入社

2004年4月

営業統括本部営業企画部長

2010年3月

執行役員広報・CSR推進部長

2011年1月

執行役員営業統括本部チェーンストア事業部長

2013年5月

当社退社

同 年5月

北海道サービス株式会社代表取締役社長

2015年3月

当社入社、取締役営業統括本部副本部長

同 年3月

北海道サービス株式会社退社

2019年1月

取締役営業統括本部長、営業統括本部エリア本部長

2021年1月

取締役営業企画部、チェーンストア営業本部、ベンディング・リテール営業本部、エリア営業本部、カスタマーセンター担当(現任)

(注)4

1,400

取締役
広報・サスティナビリティ推進部、
危機管理部、総務人事部、
経営管理部担当

川村 雅彦

1966年1月29日

1988年4月

大日本印刷株式会社入社

2014年3月

同社ファインオプトロニクス事業部総務部長

2017年2月

同社退社

同 年3月

当社入社、顧問

同 年3月

取締役危機管理部、総務人事部担当

2021年1月

取締役広報・サスティナビリティ推進部、危機管理部、総務人事部、経営管理部担当(現任)

(注)4

900

取締役
技術部、生産管理部担当

小松 剛一

1968年4月3日

1991年4月

当社入社

2006年10月

技術部長

2012年3月

当社退社

同 年3月

北海道ベンディング株式会社取締役

2014年3月

当社入社、執行役員技術部担当

同 年3月

北海道ベンディング株式会社退社

2016年3月

執行役員技術部担当、北海道コカ・コーラプロダクツ株式会社代表取締役社長

2017年3月

取締役技術部担当、北海道コカ・コーラプロダクツ株式会社代表取締役社長

2020年3月

取締役技術部、生産管理部担当(現任)

(注)4

1,300

取締役

瀬山 朋広

1967年5月23日

1992年4月

大日本印刷株式会社入社

2013年4月

同社海外事業統括本部海外事業統括部長

2014年6月

DNP America,LLC 社長

2018年4月

大日本印刷株式会社事業推進本部副本部長

2019年3月

当社入社、取締役、大日本印刷株式会社事業推進本部副本部長

同 年10月

取締役、大日本印刷株式会社事業推進本部副本部長、マーケティング本部グローバルマーケティング室長(現任)

(注)4

取締役

酒寄 正太

1963年3月19日

1986年4月

大日本印刷株式会社入社

2002年1月

同社商印事業部商印第1営業本部営業第5部長

2009年4月

同社商印事業部商印第3営業本部長

2017年4月

同社情報イノベーション事業部副事業部長

2020年3月

当社入社、取締役、大日本印刷株式会社情報イノベーション事業部第1CXセンター長(現任)

(注)4

 

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数
(株)

取締役

春原 誠

1947年4月18日

1973年4月

弁護士登録(第二東京弁護士会)

1982年5月

茅根・春原法律事務所設立

1992年4月

司法研修所民事弁護教官

(1995年4月まで)

2010年3月

当社監査役

2014年3月

当社取締役(現任)

(注)4

取締役

冨岡 俊介

1976年9月30日

2007年9月

冨岡公治法律事務所入所

弁護士登録(札幌弁護士会)

2016年3月

当社取締役(現任)

(注)4

取締役

上田 恵一

1956年6月30日

1979年4月

監査法人栄光会計事務所入所(現 EY 新日本有限責任監査法人)

1982年3月

公認会計士登録

1988年7月

中央監査法人入所

1998年7月

中央監査法人代表社員就任

2007年1月

上田恵一公認会計士事務所設立

2016年3月

当社監査役

2020年3月

当社取締役(現任)

(注)4

常勤監査役

安立 啓二

1965年1月30日

1987年4月

当社入社

2009年10月

IT推進室長

2011年10月

北海道サービス株式会社入社

2012年9月

当社退社

2014年3月

北海道サービス株式会社取締役

2018年3月

同社退社

同 年3月

当社常勤監査役(現任)

(注)7

常勤監査役

関根 克彦

1958年10月17日

1982年4月

大日本印刷株式会社入社

2005年10月

同社経理本部経理第2部長

2011年6月

株式会社DNPアカウンティングサービス 代表取締役社長

2021年3月

同社退社、当社入社、顧問

同 年3月

常勤監査役(現任)

(注)5

監査役

伊藤 直哉

1958年9月21日

2010年4月

北海道大学大学院教授

2016年3月

当社監査役(現任)

(注)6

監査役

後藤 雄則

1976年3月5日

2007年9月

誠信法律事務所入所(現 弁護士法人誠信法律事務所)

弁護士登録(札幌弁護士会)

2010年9月

札幌フロンティア法律事務所開設

2018年3月

当社監査役(現任)

(注)7

9,900

 

 

 

(注) 1 取締役 春原誠、冨岡俊介、上田恵一の各氏は「社外取締役」であります。

2 監査役 伊藤直哉、後藤雄則の両氏は「社外監査役」であります。

3 取締役 春原誠、冨岡俊介、上田恵一の各氏は有価証券上場規程第436条の2に定める「独立役員」であります。

4 2020年12月期に係る定時株主総会終結の時から2021年12月期に係る定時株主総会終結の時までであります。

5 2020年12月期に係る定時株主総会終結の時から2024年12月期に係る定時株主総会終結の時までであります。

6 2019年12月期に係る定時株主総会終結の時から2023年12月期に係る定時株主総会終結の時までであります。

7 2017年12月期に係る定時株主総会終結の時から2021年12月期に係る定時株主総会終結の時までであります。

8  当社では、経営に関する的確かつ迅速な意思決定、それに基づく円滑な業務執行をはかるため、執行役員制度を導入しております。執行役員は次のとおりであります。

菅原 一機

 エリア営業本部長、営業企画部長

松原 孝志

 ベンディング・リテール営業本部長

井馬 智行

 総務人事部長、危機管理部長、成長戦略策定室、広報・サスティナビリティ推進部担当

山本 昌広

 チェーンストア営業本部長

吉田 貴彦

 事業開発部長

 

 

② 社外役員の状況

当社は、業務執行の監督機能強化と、幅広い経営的視点を取り入れるため、社外取締役3名、社外監査役2名を選任しております。

当社では、社外取締役及び社外監査役を選任するための独立性に関する基準等はありませんが、一般株主と利益相反が生じないよう、金融商品取引所の定める独立役員の独立性に関する判断基準等を参考にしております。

当社と社外取締役及び社外監査役に、人的関係、資本的関係及び特別な利害関係はありません。

独立役員に指定している社外取締役の春原誠氏は、弁護士としての専門的見地を当社事業活動に活かすとともに、社外取締役としての客観的な立場から経営の意思決定に参画することができると考えます。

独立役員に指定している社外取締役の冨岡俊介氏は、弁護士としての専門的見地を当社事業活動に活かすとともに、社外取締役としての客観的な立場から経営の意思決定に参画することができると考えます。

独立役員に指定している社外取締役の上田恵一氏は、公認会計士としての専門的見地を当社事業活動に活かすとともに、社外取締役としての客観的な立場から経営の意思決定に参画することができると考えます。

社外監査役の伊藤直哉氏は、大学教授としての専門知識を有しており、監査機能を強化できると考えます。

社外監査役の後藤雄則氏は、弁護士としての専門知識を有しており、監査機能を強化できると考えます。

 

③ 社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部統

制部門との関係

内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携及び内部統制部門との関係につきまして、社外取締役及び社外監査役は、取締役会を通じて会社の活動状況の報告を受けており、情報交換を通じて連携強化に努めております。また、社外監査役は、主に監査役会で、定期的に会計監査人から、監査・レビューの結果報告を受けており、これらの情報交換を通して連携強化に努めております。

 

(3) 【監査の状況】

① 監査役監査の状況

a 組織・人員

当社は、監査役会設置会社であり、常勤監査役2名、社外監査役2名の合計4名で構成されております。

なお、各監査役の経験等は次のとおりです。(2021年3月31日現在)