EDINET閲覧(提出)サイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)をもとに上場企業サーチ作成

本ページはEDINETに提出された開示情報を上場企業サーチが加工/編集したものであり、記載された情報の正確性および完全性について上場企業サーチは一切の保証を行いません。本ページの情報を利用する際は自己の責任で判断頂き、意思決定に際しては適宜EDINETや提出会社が公開するオリジナルを参照する様にしてください。本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

 

【表紙】

 

【提出書類】

有価証券報告書

【根拠条文】

金融商品取引法第24条第1項

【提出先】

近畿財務局長

【提出日】

2021年6月29日

【事業年度】

第117期(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)

【会社名】

日和産業株式会社

【英訳名】

NICHIWA SANGYO CO., LTD.

【代表者の役職氏名】

取締役社長  中 澤 敬 史

【本店の所在の場所】

神戸市東灘区住吉浜町19番地の5

【電話番号】

(078)811-1221

【事務連絡者氏名】

取締役管理本部長・総務部長    安 井 秀 夫

【最寄りの連絡場所】

神戸市東灘区住吉浜町19番地の5

【電話番号】

(078)811-1221

【事務連絡者氏名】

取締役管理本部長・総務部長    安 井 秀 夫

【縦覧に供する場所】

株式会社東京証券取引所

 (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

 

 

E00454 20550 日和産業株式会社 NICHIWA SANGYO CO., LTD. 企業内容等の開示に関する内閣府令 第三号様式 Japan GAAP true cte cte 2020-04-01 2021-03-31 FY 2021-03-31 2019-04-01 2020-03-31 2020-03-31 1 false false false E00454-000 2021-06-29 E00454-000 2016-04-01 2017-03-31 E00454-000 2017-04-01 2018-03-31 E00454-000 2018-04-01 2019-03-31 E00454-000 2019-04-01 2020-03-31 E00454-000 2020-04-01 2021-03-31 E00454-000 2017-03-31 E00454-000 2018-03-31 E00454-000 2019-03-31 E00454-000 2020-03-31 E00454-000 2021-03-31 E00454-000 2016-04-01 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00454-000 2017-04-01 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00454-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00454-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00454-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00454-000 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00454-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00454-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00454-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00454-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00454-000 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E00454-000:FeedingReportableSegmentsMember E00454-000 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E00454-000:StockRaisingReportableSegmentsMember E00454-000 2021-03-31 jpcrp_cor:CorporateSharedMember E00454-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E00454-000:FeedingReportableSegmentsMember E00454-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E00454-000:StockRaisingReportableSegmentsMember E00454-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp_cor:CorporateSharedMember E00454-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E00454-000:FeedingReportableSegmentsMember E00454-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E00454-000:StockRaisingReportableSegmentsMember E00454-000 2021-06-29 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E00454-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E00454-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No1MajorShareholdersMember E00454-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No2MajorShareholdersMember E00454-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No3MajorShareholdersMember E00454-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No4MajorShareholdersMember E00454-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No5MajorShareholdersMember E00454-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No6MajorShareholdersMember E00454-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No7MajorShareholdersMember E00454-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No8MajorShareholdersMember E00454-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No9MajorShareholdersMember E00454-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No10MajorShareholdersMember E00454-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithNoVotingRightsMember E00454-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsTreasurySharesEtcMember E00454-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsOtherMember E00454-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesTreasurySharesSharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E00454-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsOtherMember E00454-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesLessThanOneUnitMember E00454-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row1Member E00454-000 2021-06-29 jpcrp_cor:Row1Member E00454-000 2021-06-29 jpcrp030000-asr_E00454-000:NakahashiMasatoshiMember E00454-000 2021-06-29 jpcrp030000-asr_E00454-000:NakazawaTakahumiMember E00454-000 2021-06-29 jpcrp030000-asr_E00454-000:NakahashiTaichiroMember E00454-000 2021-06-29 jpcrp030000-asr_E00454-000:KomotoYoichiMember E00454-000 2021-06-29 jpcrp030000-asr_E00454-000:MatsumotoTakahusaMember E00454-000 2021-06-29 jpcrp030000-asr_E00454-000:YasuiHideoMember E00454-000 2021-06-29 jpcrp030000-asr_E00454-000:KawasakiShiroMember E00454-000 2021-06-29 jpcrp030000-asr_E00454-000:WakimuraTsuneoMember E00454-000 2021-06-29 jpcrp030000-asr_E00454-000:KosakadaKoichiMember E00454-000 2021-06-29 jpcrp030000-asr_E00454-000:YamashitaGoMember E00454-000 2021-06-29 jpcrp_cor:Row2Member E00454-000 2021-06-29 jpcrp_cor:Row3Member E00454-000 2021-06-29 jpcrp_cor:Row4Member E00454-000 2021-06-29 jpcrp_cor:Row5Member E00454-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:DirectorsExcludingOutsideDirectorsMember E00454-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:CorporateAuditorsExcludingOutsideCorporateAuditorsMember E00454-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:OutsideDirectorsAndOtherOfficersMember E00454-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row1Member E00454-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row2Member E00454-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row2Member E00454-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row3Member E00454-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row3Member E00454-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row4Member E00454-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row4Member E00454-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row5Member E00454-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row5Member E00454-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row6Member E00454-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row6Member E00454-000 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E00454-000 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E00454-000 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00454-000 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00454-000 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00454-000 2019-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00454-000 2019-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E00454-000 2020-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E00454-000 2019-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00454-000 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00454-000 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00454-000 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00454-000 2019-03-31 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E00454-000 2020-03-31 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E00454-000 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00454-000 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00454-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00454-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00454-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00454-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00454-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E00454-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E00454-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00454-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00454-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E00454-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E00454-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00454-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00454-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E00454-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E00454-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00454-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00454-000 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E00454-000 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00454-000 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00454-000 2021-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E00454-000 2021-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00454-000 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00454-000 2021-03-31 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E00454-000 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00454-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E00454-000:FeedingReportableSegmentsMember E00454-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E00454-000:StockRaisingReportableSegmentsMember E00454-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E00454-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E00454-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E00454-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E00454-000 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E00454-000:FeedingReportableSegmentsMember E00454-000 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E00454-000:StockRaisingReportableSegmentsMember E00454-000 2021-03-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E00454-000 2020-03-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E00454-000 2021-03-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E00454-000 2020-03-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E00454-000 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00454-000 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00454-000 2020-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00454-000 2019-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00454-000 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00454-000 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00454-000 2019-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00454-000 2020-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00454-000 2019-03-31 jpcrp030000-asr_E00454-000:ReserveForRetirementAllowanceMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00454-000 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E00454-000:ReserveForRetirementAllowanceMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00454-000 2020-03-31 jppfs_cor:ReserveForDividends3Member jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00454-000 2019-03-31 jppfs_cor:ReserveForDividends3Member jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00454-000 2019-03-31 jpcrp030000-asr_E00454-000:ReserveForPriceFluctuationMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00454-000 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E00454-000:ReserveForPriceFluctuationMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00454-000 2019-03-31 jppfs_cor:ReserveForAdvancedDepreciationOfNoncurrentAssetsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00454-000 2020-03-31 jppfs_cor:ReserveForAdvancedDepreciationOfNoncurrentAssetsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00454-000 2019-03-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00454-000 2020-03-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00454-000 2019-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00454-000 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00454-000 2019-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00454-000 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00454-000 2020-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00454-000 2019-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00454-000 2019-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00454-000 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00454-000 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00454-000 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00454-000 2020-03-31 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00454-000 2019-03-31 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00454-000 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00454-000 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00454-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ReserveForAdvancedDepreciationOfNoncurrentAssetsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00454-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ReserveForAdvancedDepreciationOfNoncurrentAssetsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00454-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00454-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00454-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00454-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00454-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00454-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00454-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00454-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00454-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00454-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00454-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00454-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00454-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00454-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00454-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00454-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00454-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00454-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00454-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00454-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00454-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00454-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00454-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E00454-000:ReserveForRetirementAllowanceMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00454-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E00454-000:ReserveForRetirementAllowanceMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00454-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ReserveForDividends3Member jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00454-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ReserveForDividends3Member jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00454-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E00454-000:ReserveForPriceFluctuationMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00454-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E00454-000:ReserveForPriceFluctuationMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00454-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00454-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00454-000 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00454-000 2021-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00454-000 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00454-000 2021-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00454-000 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E00454-000:ReserveForRetirementAllowanceMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00454-000 2021-03-31 jppfs_cor:ReserveForDividends3Member jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00454-000 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E00454-000:ReserveForPriceFluctuationMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00454-000 2021-03-31 jppfs_cor:ReserveForAdvancedDepreciationOfNoncurrentAssetsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00454-000 2021-03-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00454-000 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00454-000 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00454-000 2021-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00454-000 2021-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00454-000 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00454-000 2021-03-31 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00454-000 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember iso4217:JPY iso4217:JPY xbrli:shares xbrli:pure xbrli:shares

第一部 【企業情報】

 

第1 【企業の概況】

 

1 【主要な経営指標等の推移】

(1) 連結経営指標等

 

回次

第113期

第114期

第115期

第116期

第117期

決算年月

2017年3月

2018年3月

2019年3月

2020年3月

2021年3月

売上高

(千円)

41,054,883

40,030,177

41,128,950

41,974,743

39,900,700

経常利益

(千円)

805,640

845,867

426,235

659,805

379,018

親会社株主に帰属する当期純利益

(千円)

324,450

525,103

254,428

371,425

139,089

包括利益

(千円)

427,270

566,024

249,870

237,366

282,821

純資産額

(千円)

16,827,054

17,296,459

17,449,763

17,590,548

17,757,480

総資産額

(千円)

26,918,757

27,900,940

28,381,526

27,395,700

27,827,820

1株当たり純資産額

(円)

871.31

895.63

903.57

910.86

919.51

1株当たり当期純利益

(円)

16.80

27.19

13.17

19.23

7.20

潜在株式調整後
1株当たり当期純利益

(円)

自己資本比率

(%)

62.5

62.0

61.5

64.2

63.8

自己資本利益率

(%)

1.95

3.08

1.46

2.12

0.79

株価収益率

(倍)

13.99

10.92

21.64

11.91

49.44

営業活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

2,723,166

569,315

525,525

1,539,893

1,263,233

投資活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

274,227

114,149

1,464,720

971,879

912,826

財務活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

96,740

396,594

96,185

96,777

115,967

現金及び現金同等物
の期末残高

(千円)

10,089,341

10,147,912

9,112,531

9,583,768

9,818,207

従業員数
(外、平均臨時
雇用者数)

(名)

202

194

196

188

180

(60)

(63)

(51)

(32)

(33)

 

(注) 1 売上高には、消費税等は含まれておりません。

2 潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

 

(2) 提出会社の経営指標等

 

回次

第113期

第114期

第115期

第116期

第117期

決算年月

2017年3月

2018年3月

2019年3月

2020年3月

2021年3月

売上高

(千円)

40,730,543

39,862,777

40,574,944

41,001,503

38,764,883

経常利益

(千円)

782,990

778,529

569,546

610,681

253,017

当期純利益

(千円)

307,930

483,142

453,315

333,861

30,378

資本金

(千円)

2,011,689

2,011,689

2,011,689

2,011,689

2,011,689

発行済株式総数

(株)

20,830,825

20,830,825

20,830,825

20,830,825

20,830,825

純資産額

(千円)

16,702,424

17,129,869

17,482,060

17,585,281

17,643,502

総資産額

(千円)

26,733,491

27,672,123

28,348,833

27,326,190

27,622,711

1株当たり純資産額

(円)

864.86

887.00

905.24

910.59

913.61

1株当たり配当額
(1株当たり中間配当額)

(円)

5.00

5.00

5.00

6.00

6.00

(―)

(―)

(―)

(―)

(―)

1株当たり当期純利益

(円)

15.94

25.02

23.47

17.29

1.57

潜在株式調整後
1株当たり当期純利益

(円)

自己資本比率

(%)

62.5

61.9

61.7

64.4

63.9

自己資本利益率

(%)

1.86

2.86

2.62

1.90

0.17

株価収益率

(倍)

14.74

11.87

12.14

13.25

226.75

配当性向

(%)

31.4

20.0

21.3

34.7

382.2

従業員数
(外、平均臨時
雇用者数)

(名)

179

174

173

163

159

(57)

(57)

(41)

(24)

(25)

株主総利回り

(比較指標:東証第二部株価指数)

(%)

(%)

104.3

(136.9)

133.5

(164.6)

130.4

(154.7)

108.7

(119.2)

166.5

(171.1)

最高株価

(円)

246

389

330

292

368

最低株価

(円)

188

217

205

202

219

 

(注) 1 売上高には、消費税等は含まれておりません。

2 潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

3 最高株価及び最低株価は、東京証券取引所市場第二部におけるものであります。

 

 

2 【沿革】

1924年8月

神戸市に日本家畜飼料株式会社設立。

1927年1月

保税工場に、又農林省指定配合飼料工場に指定を受け大連に出張所、下関に支店を開設。

1939年10月

大連出張所、下関支店を閉鎖。

1948年7月

日和産業株式会社に商号変更。

1951年7月

兵庫製油株式会社を吸収合併。

1952年4月
 

神戸市兵庫区に工場建設。
本社を神戸市から大阪市北区に移転。

1961年10月

大阪証券取引所市場第二部開設と同時に株式上場。

1963年6月

広島県三原市に三原工場建設。

1968年4月
 

神戸市東部埋立第二工区に神戸工場建設、兵庫区より移転。
本社を大阪市より現在地へ移転。

1971年1月

長崎県南高来郡有明町(現島原市)に島原出張所開設。

1974年1月

鹿児島市に鹿児島工場建設。

1975年11月

東和畜産株式会社設立。(連結子会社)

1977年3月

鹿児島工場備蓄サイロ建設。

1978年3月

三原工場備蓄サイロ建設。

1983年5月

青森県八戸市に八戸工場建設。

1986年4月

鹿児島県曽於郡輝北町(現鹿屋市)に輝北農場開設。

1987年3月

三原工場設備更新。

1987年6月

長崎県南高来郡有明町(現島原市)に雲仙農場開設。

1991年1月

島原出張所を移設し、長崎営業所に名称を変更。

1995年6月

香川県坂出市に坂出工場開設。

1995年8月

大阪証券取引所貸借銘柄に選定。

1999年4月

兵庫県三木市に三木農場開設。

2003年12月

青森県八戸市に牛専用飼料工場「みちのく飼料株式会社」を関連会社として設立。

2013年7月

東京証券取引所と大阪証券取引所の統合に伴い、東京証券取引所市場第二部に株式上場。

2018年4月

輝北農場及び雲仙農場を連結子会社東和畜産株式会社に譲渡。

 

 

 

3 【事業の内容】

当社グループは当社及び連結子会社1社並びに関連会社1社で構成されており、穀物を主原料として養鶏用、養豚用、養牛用、養魚用その他の配合飼料の製造販売を主たる事業内容とし、その他に畜産物の生産及び販売を行っております。

なお、当社グループの事業に係わる位置づけ及びセグメントとの関連は次のとおりであり、「第5 経理の状況
1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメント情報の区分と同一であります。

飼料事業…畜産用、水産用他の配合飼料を製造販売しております。配合飼料の一部を、得意先を通じて連結子会社東和畜産㈱に販売しております。養牛用配合飼料の一部を、関連会社みちのく飼料㈱に製造委託しております。
また、得意先の生産畜産物の売買を行っております。
(関係会社)当社及びみちのく飼料㈱

畜産事業…畜産物の生産、販売を行っております。連結子会社東和畜産㈱は、肉鶏及び肉豚の肥育、販売をしております。
(関係会社)東和畜産㈱

 

事業の系統図は、次のとおりであります。

 


 

 

4 【関係会社の状況】

 

名称

住所

資本金
(千円)

主要な事業
の内容

議決権の
所有割合(%)

関係内容

(連結子会社)

 

 

 

 

 

東和畜産㈱

鹿児島市

50,000

畜産事業

100

当社より配合飼料の供給を受けております。

当社より資金援助を受けております。

役員の兼任 あり

 

(注) 主要な事業の内容欄には、セグメントの名称を記載しております。

 

5 【従業員の状況】

(1) 連結会社の状況

2021年3月31日現在

セグメントの名称

従業員数(名)

飼料事業

151

(23)

畜産事業

21

(8)

全社(共通)

8

(2)

合計

180

(33)

 

(注) 1 従業員数は就業人員数であり、臨時従業員数は( )内に年間の平均人員を外書で記載しております。

2 臨時従業員には、パートタイマー、嘱託契約の従業員を含んでおります。

3 全社(共通)は、提出会社管理部門の従業員であります。

 

(2) 提出会社の状況

2021年3月31日現在

従業員数(名)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(千円)

159

45.5

19.6

4,897

(25)

 

 

セグメントの名称

従業員数(名)

飼料事業

151

(23)

畜産事業

(―)

全社(共通)

8

(2)

合計

159

(25)

 

(注) 1 従業員数は就業人員数であり、臨時従業員数は( )内に年間の平均人員を外書で記載しております。

2 臨時従業員には、パートタイマー、嘱託契約の従業員を含んでおります。

3 平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。

4 全社(共通)は、本社管理部門の従業員であります。

 

(3) 労働組合の状況

労使関係について特に記載すべき事項はありません。

 

第2 【事業の状況】

 

1 【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。

 

(1) 経営方針

当社グループはお客様第一主義を掲げ、安全で良品質な配合飼料を安定的にお客様に供給することにより、飼料畜産業界の発展に寄与することを経営方針としております。

 

(2) 経営戦略等

当社グループは、飼料事業並びに畜産事業において持続的な成長と企業価値の向上のため、販売の強化に加え、設備の更新等による固定費や生産コストの削減に注力することで、業績の向上に努めてまいります。以上の施策に取り組むことで、来期の業績は、売上高400億円、営業利益4億円、経常利益5億円、親会社株主に帰属する当期純利益3億円を見込んでおります。

 

(3) 経営環境

当社グループを取り巻く経営環境は、原材料価格や畜産物市況が不安定であることに加え、他社との競争も激しさを増し、さらに新型コロナウイルスの感染拡大による畜産市況への影響等により、引き続き厳しい状況です。

 

(4) 優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

今後の飼料業界並びに畜産業界につきましては、原材料価格が高騰を続けていることに加え、新型コロナウイルスの感染拡大等による畜産物市況の変化により、厳しい経営環境が見込まれます。

このような状況のもとで、当社グループは、市場動向を注視し、お客様との連携を深め、新製品・新ブランドの開発を推進することで販売を強化し、生産設備の更新等による効率化を図ることに加え、感染症の拡大防止に努めることで業績予想の達成を目指してまいります。

 

2 【事業等のリスク】

有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、経営者が連結会社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると認識している主要なリスクは、以下のとおりであります。

なお、文中における将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。

 

(1) 穀物相場リスク

配合飼料原料の大半を占めるとうもろこし等の仕入価格は米国のシカゴ穀物相場を基準としており、穀物相場は主生産地である米国での作付状況や天候条件によって変動します。

穀物相場の予想しがたい高騰によって、売上原価に影響を及ぼすおそれがあります。

 

(2) 為替相場リスク

当社グループの仕入原料の大半は輸入品のため、為替相場の変動により仕入コストが影響を受けることがあります。

為替予約を行うことにより、為替変動リスクの低減を図っておりますが、必ずしも完全に回避できるものではなく、予期せぬ円安が発生した場合は、売上原価が増加することで損失を被ることがあります。

なお、当社グループは投機目的の外国為替予約は行っておりません。

 

 

(3) 畜産物相場リスク

畜産物相場は、需給関係に応じて変動します。需給関係や生産コストと関係なく騰落することもあります。このため、畜産事業者にとって畜産相場低迷時には生産コストに見合う収入を獲得できない場合があり、当社グループは債権回収に困難を来すことがあります。また、当社グループは、連結子会社において肉豚・肉鶏を生産しており、販売価格の低下により、売上高に影響を及ぼすおそれがあります。

 

(4) 配合飼料価格安定基金

原料価格の高騰等による配合飼料価格の変動に備え、畜産事業者の経営安定を目的として、飼料価格安定基金制度があります。

この制度は、畜産事業者と飼料メーカーが基金の負担金を拠出し、配合飼料価格が上昇した際、畜産事業者に補てん金が支払われるものです。飼料基金負担金の動向によっては、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼすおそれがあります。

 

(5) 家畜等の疾病

当社グループは、畜水産事業者に配合飼料を販売しており、畜水産事業者において伝染性疾病が発生した場合、配合飼料の製造及び販売に影響し、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼすおそれがあります。

また、当社グループの各家畜飼育設備では、消毒等の衛生対策及び異常家畜の早期発見に努めておりますが、家畜伝染病が発生した場合においては、生産物の大量処分や沈静化するまでの飼育の禁止等、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼすおそれがあります。

 

(6) 新型コロナウイルス感染症に関するリスク

新型コロナウイルス感染症の感染拡大により市場ニーズが変化し、畜産物相場が変動することで、当社の取引先及び販売先に影響を及ぼすリスクがあります。

 

 

3 【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

(1) 経営成績等の状況の概要

当連結会計年度における当社グループ(当社及び連結子会社)の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下、「経営成績等」という。)の状況の概要は次のとおりであります。

 

① 財政状態及び経営成績の状況

当連結会計年度におけるわが国経済は、新型コロナウイルスの感染拡大により、個人消費や企業収益が悪化するなど、前期に引き続き厳しい状況で推移しました。2020年5月に解除された緊急事態宣言は、年末にかけて感染が再拡大し2021年1月にも発令が行われ、解除後も感染拡大が続いていることから、わが国経済はより一層厳しさを増しております。

配合飼料業界におきましては、主原料のとうもろこしは、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大で経済活動の減速懸念から軟調に推移していたものの、下期には中国の旺盛な需要や南米での作付遅延による生産量減少から価格は上昇しました。副原料である大豆粕も、とうもろこしと同様に価格は上昇を続けております。外国為替相場につきましては、円高傾向が続いていましたが、新型コロナウイルスに対するワクチン接種が進んだことによる経済活動再開の動きから円安傾向へと転じております。

畜産物市況につきましては、鶏卵相場は、新型コロナウイルスの影響等による需要減から値を下げておりましたが、年初より、鳥インフルエンザの影響による供給不足から値を上げております。鶏肉相場は、輸入量が増加しましたが、家庭での需要増に加え、鶏卵相場と同様、鳥インフルエンザの影響により価格は上昇しました。豚肉相場は、家庭での需要が旺盛な中、海外での海上運賃の高騰や新型コロナウイルスによる生産量減少により輸入量が減り、上期は堅調に推移しましたが、国内生産量の増加により下期は軟調に推移しました。牛肉相場は政府の補助事業と輸出増加に加え、生産頭数の減少により堅調な推移となりました。

このような状況のなか、当社は2020年4月と7月に配合飼料価格の値下げを行いましたが、2020年10月と2021年1月には値上げを行いました。

その結果、売上高は399億円(前年同期比4.9%減)となりました。利益面につきましては、営業利益は2億83百万円(前年同期比46.3%減)となり、経常利益は3億79百万円(前年同期比42.6%減)、親会社株主に帰属する当期純利益は1億39百万円(前年同期比62.6%減)となりました。

セグメントごとの経営成績は、次のとおりであります。

飼料事業

売上高は、381億53百万円(前年同期比5.3%減)となり、セグメント利益(営業利益)は7億67百万円(前年同期比5.9%減)となりました。

畜産事業

売上高は、17億47百万円(前年同期比4.3%増)となり、セグメント利益(営業利益)は1億41百万円(前年同期比680.8%増)となりました。

 

② キャッシュ・フローの状況

当連結会計年度末における現金及び現金同等物(以下「資金」という)は、98億18百万円となり、前連結会計年度末より2億34百万円増加しました。各キャッシュ・フローの状況とそれらの主な要因は次のとおりであります。

 

(営業活動によるキャッシュ・フロー)

営業活動の結果取得した資金は、12億63百万円(前年同期取得した資金15億39百万円)となりました。これは主に、減価償却費を5億56百万円、税金等調整前当期純利益を3億79百万円計上し、貸倒引当金の増加が5億39百万円あったことによるものであります。

 

(投資活動によるキャッシュ・フロー)

投資活動の結果使用した資金は、9億12百万円(前年同期使用した資金9億71百万円)となりました。これは主に、貸付金の回収による収入が3億88百万円あったものの、有形固定資産の取得による支出が8億89百万円、貸付けによる支出が4億15百万円あったことによるものであります。

 

(財務活動によるキャッシュ・フロー)

財務活動の結果使用した資金は、1億15百万円(前年同期使用した資金96百万円)となりました。これは主に、配当金の支払いによる支出1億15百万円によるものであります。

 

③生産、受注及び販売の実績

a. 生産実績

当連結会計年度における生産実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。

 

セグメントの名称

生産高(千円)

前年同期比(%)

飼料事業

33,306,300

△4.4

畜産事業

1,527,475

△3.4

合計

34,833,775

△4.3

 

(注) 1 金額は製造原価によっております。

2 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

 

b. 受注実績

当社グループは受注生産を行っていないため、該当事項はありません。

 

c. 販売実績

当連結会計年度における販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。

 

セグメントの名称

販売高(千円)

前年同期比(%)

飼料事業

38,153,650

△5.3

畜産事業

1,747,050

4.3

合計

39,900,700

△4.9

 

(注) 1 セグメント間の取引については相殺消去しております。

2 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

3 相手先別の販売実績につきましては、総販売実績に対して100分の10を超える相手先はありませんので記載を省略しております。

 

(2) 経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容 

経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりであります。

なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものであります。

 

① 重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて作成されております。当社グループは、貸倒引当金や固定資産の減損、繰延税金資産の回収可能性等について、過去の実績値や状況を踏まえ合理的と判断される前提に基づき、継続的に見積り、予測を行っております。そのため実際の結果は、見積り特有の不確実性があるため、これらの見積りと異なる可能性があります。また、新型コロナウイルス感染症の影響等不確実性が大きく、将来の業績予測等に反映させることが難しい要素もありますが、連結財務諸表作成時において入手可能な情報を基に検証等を行っております。

なお、連結財務諸表の作成のための重要な会計基準等は「第5 経理の状況 (1)連結財務諸表 注記事項(重要な会計上の見積り)」に記載されているとおりであります。

 

 

② 当連結会計年度の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

a. 財政状態の分析

(流動資産)

当連結会計年度末における流動資産の合計は209億35百万円(前連結会計年度末205億31百万円)となり、4億03百万円増加しました。この要因は、現金及び預金が2億34百万円、原材料及び貯蔵品が1億79百万円増加したことによるものであります。

 

(固定資産)

当連結会計年度末における固定資産の合計は、68億92百万円(前連結会計年度末68億64百万円)となり、28百万円増加しました。この要因は、貸倒引当金が4億37百万円増加し、機械装置及び運搬具が2億86百万円減少したものの、建設仮勘定が2億99百万円、破産更生債権等が2億29百万円、投資有価証券が2億9百万円増加したことによるものであります。

 

(流動負債)

当連結会計年度末における流動負債の合計は、99億66百万円(前連結会計年度末96億96百万円)となり、2億70百万円増加しました。この要因は、未払金が1億97百万円減少したものの、支払手形及び買掛金が2億66百万円、未払消費税等が1億45百万円増加したことによるものであります。

 

(固定負債)

当連結会計年度末における固定負債の合計は、1億3百万円(前連結会計年度末1億8百万円)となり、5百万円減少しました。この要因は、退職給付に係る負債が5百万円減少したことによるものであります。

 

(純資産)

当連結会計年度末における純資産の合計は、177億57百万円(前連結会計年度末175億90百万円)となり、1億69百万円増加しました。この要因は、その他有価証券評価差額金が1億54百万円、利益剰余金が23百万円増加したことによるものであります。

 

b. 経営成績の分析

(売上高)

当連結会計年度の売上高は399億円(前連結会計年度419億74百万円)となり、20億74百万円減少しました。
 

(営業利益)

当連結会計年度の営業利益は2億83百万円(前連結会計年度5億27百万円)となり、2億44百万円減少しました。この要因は、販売費及び一般管理費が1億30百万円減少したものの、売上総利益が3億75百万円減少したことによるものであります。

 

(営業外損益)

当連結会計年度の営業外収益は2億35百万円(前連結会計年度2億79百万円)となり、43百万円減少しました。

また、営業外費用は1億40百万円(前連結会計年度1億47百万円)となり、7百万円減少しました。

 

(親会社株主に帰属する当期純利益)

以上の結果、当連結会計年度の親会社株主に帰属する当期純利益は1億39百万円(前連結会計年度3億71百万円)となり、2億32百万円減少しました。

 

 

c.セグメントごとの財政状態及び経営成績の状況に関する認識及び分析・検討内容

(飼料事業)

飼料事業におきましては、新型コロナウイルスや家畜の疾病等による畜産物市況の変化に加え、原材料価格が高騰したこと等から減収・減益となりました。

 

(畜産事業)

畜産事業におきましては、豚肉相場が家庭での需要増等に支えられ、1年を通して前年を上回ったことから、増収・増益となりました。

 

d.キャッシュ・フローの状況の分析

当連結会計年度のキャッシュ・フローの分析につきましては、「第2 事業の状況 3 経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析 (1) 経営成績等の状況の概要 ② キャッシュ・フローの状況」に記載のとおりであります。 

 

e.資本の財源及び資金の流動性についての分析

当社グループの運転資金需要のうち主なものは、原材料及び貯蔵品の調達や製造費、販売費及び一般管理費等の営業費用であります。投資を目的とした資金需要は、生産設備への投資等によるものであります。

当社グループは、事業運営上必要な資金の流動性と資金の源泉を安定的に確保することを基本方針としております。

短期運転資金は自己資金及び金融機関からの短期借入を基本としており、設備投資等は自己資金で賄うことを基本方針としております。

なお、当連結会計年度末における現金及び現金同等物の残高は、98億18百万円となっております。

 

4 【経営上の重要な契約等】

該当事項はありません。

 

 

5 【研究開発活動】

当社の研究開発体制としましては、全国5工場において顧客と密な情報交換や勉強会、技術指導を通して交流を深め、顧客ニーズに応じた研究・開発を行い、中央研究所(神戸市)で情報を集約し全社で共有しております。

新規飼料については、国内外の最新情報を収集・検討後、当社グループの直営農場等で試験を行い、データの分析を行っております。

また大学や公的機関と共同研究を行い、情報交流や技術の向上を図っております。

今期においては、生産物の高品質化及び飼育成績向上の観点から、飼料の研究・開発を実施しました。当連結会計年度の研究結果は次の通りです。

 

  養鶏部門

  鶏の腸内細菌を調査し、有用な細菌を増加させる生菌剤を複数組み合わせることで免疫力が向上する飼料を開発・販売しました。

    軟便を防止することで、悪臭防止と腸内環境改善が見込める鉱物系原料の利用開発を行いました。

    肉用鶏におきましては、加熱した際に出る鶏肉特有の臭気を低減する飼料を販売しました。

 

  養豚部門

  肉豚用におきましては、梅酢を用いて腸内環境を整えストレスを軽減させることで生存率を向上させる飼料を開発・販売しました。

  穀物原料の配合割合を変えることで、あっさりと食べやすい脂にする飼料を開発・販売しました。

  母豚用におきましては、乳酸菌、オリゴ糖及び良質の繊維質原料を使用し、便秘防止等、腸内環境を改善することで、子豚の生産能力向上を目的とした飼料を開発しました。

 

研究開発活動及びこれに係る研究開発費につきましては、飼料事業と畜産事業が連携して実施したため、セグメント別に区分することは困難であります。なお、当連結会計年度の研究開発費は、85百万円であります。

第3 【設備の状況】

 

1 【設備投資等の概要】

当連結会計年度の設備投資については、生産設備の更新等の設備投資を行いました。

当連結会計年度の設備投資額は708百万円であり、セグメントごとの設備投資は次のとおりであります。この所要資金は自己資金でまかないました。

 

飼料事業

生産設備の更新等のために640百万円の投資を実施しました。なお、重要な設備の除却又は売却はありません。

 

畜産事業

既存設備の合理化等のため57百万円の投資を実施しました。なお、重要な設備の除却又は売却はありません。

 

なお、上記金額には消費税等は含まれておりません。

 

2 【主要な設備の状況】

当社グループにおける主要な設備は、以下のとおりであります。

(1) 提出会社

2021年3月31日現在

事業所名
(所在地)

セグメントの名称

設備の
内容

帳簿価額(千円)

従業員数
(名)

(注)1

建物及び
構築物

機械装置
及び運搬具

土地
(面積㎡)

工具、器具
及び備品

合計

神戸工場
(神戸市東灘区)

飼料事業

飼料製造設備

86,672

392,752

80,177

(6,611)

33,840

593,443

26

三原工場
(広島県三原市)

飼料事業

飼料製造設備

180,664

324,856

169,441

(12,521)

13,823

688,786

27

鹿児島工場
(鹿児島県鹿児島市)

飼料事業

飼料製造設備

115,876

86,784

256,540

(29,571)

27,084

486,286

43

八戸工場 (注)3
(青森県八戸市)

飼料事業

飼料製造設備

164,375

273,608

295,798

(19,368)

53,806

787,589

43

坂出工場
(香川県坂出市)

飼料事業

飼料製造設備

104,491

60,646

200,004

(9,140)

7,126

372,269

24

長崎営業所
(長崎県島原市)

飼料事業

事務所

28,234

2,854

20,460

(11,425)

1,493

53,043

9

三木農場
(兵庫県三木市)

飼料事業

養鶏設備

9,272

4,553

331,319

(38,525)

0

345,145

2

本社 (注)2
(神戸市東灘区)

全社統括業務

事務所

6,276

6,423

(―)

3,336

16,036

10

 

(注) 1 上記「従業員数」には臨時従業員が含まれておりますが、出向社員は含まれておりません。

2 上記の「本社」には中央研究所が含まれております。

3 上記の「八戸工場」の土地の一部2,211㎡をみちのく飼料㈱に貸与しております。

4 上記金額には、消費税等は含まれておりません。

 

(2) 国内子会社

2021年3月31日現在

会社名

事業所名
(所在地)

セグメン
トの名称

設備の
内容

帳簿価額(千円)

従業員数(名)

(注)1

建物及び
構築物

機械装置
及び運搬具

土地
(面積㎡)

工具、器具
及び備品

合計

東和畜産
株式会社

農場
(長崎県

 島原市他)

畜産事業

養鶏・養豚設備等

943,630

27,235

208,510

(336,867)

7,917

1,187,293

29

 

(注) 1 上記「従業員数」には臨時従業員が含まれております。

2 上記金額には、消費税等は含まれておりません。

 

 

3 【設備の新設、除却等の計画】

(1) 重要な設備の新設等

該当事項はありません。

 

(2) 重要な設備の除却等

該当事項はありません。

 

第4 【提出会社の状況】

 

1 【株式等の状況】

(1) 【株式の総数等】

① 【株式の総数】

 

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

79,591,000

79,591,000

 

 

② 【発行済株式】

 

種類

事業年度末現在発行数(株)
(2021年3月31日)

提出日現在発行数(株)
(2021年6月29日)

上場金融商品取引所
名又は登録認可金融
商品取引業協会名

内容

普通株式

20,830,825

20,830,825

東京証券取引所
(市場第二部)

単元株式数は100株であります。

20,830,825

20,830,825

 

 

(2) 【新株予約権等の状況】

① 【ストックオプション制度の内容】

該当事項はありません。

 

② 【ライツプランの内容】

該当事項はありません。

 

③ 【その他の新株予約権等の状況】

該当事項はありません。

 

(3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

該当事項はありません。

 

(4) 【発行済株式総数、資本金等の推移】

 

年月日

発行済株式
総数増減数
(株)

発行済株式
総数残高
(株)

資本金増減額
 
(千円)

資本金残高
 
(千円)

資本準備金
増減額
(千円)

資本準備金
残高
(千円)

1998年1月27日(注)

△409,000

20,830,825

2,011,689

1,904,186

 

(注) 自己株式の利益による消却

 

 

(5) 【所有者別状況】

2021年3月31日現在

区分

株式の状況(1単元の株式数100株)

単元未満
株式の状況
(株)

政府及び
地方公共
団体

金融機関

金融商品
取引業者

その他の
法人

外国法人等

個人
その他

個人以外

個人

株主数
(人)

13

18

41

44

3

1,851

1,970

所有株式数
(単元)

58,917

2,612

64,930

20,169

304

61,317

208,249

5,925

所有株式数
の割合(%)

28.29

1.25

31.18

9.69

0.15

29.44

100.00

 

(注) 1 自己株式1,518,877株は「個人その他」に15,188単元、「単元未満株式の状況」に77株含めて記載しております。

2 上記「その他の法人」には、証券保管振替機構名義の株式が20単元含まれております。

 

(6) 【大株主の状況】

2021年3月31日現在

氏名又は名称

住所

所有株式数
(千株)

発行済株式
(自己株式を
除く。)の総数
に対する所有
株式数の割合(%)

豊田通商㈱

名古屋市中村区名駅4丁目9―8

1,362

7.05

東北グレーンターミナル㈱

青森県八戸市大字河原木字海岸24―4

1,153

5.97

㈱カーギルジャパン

東京都千代田区丸の内3丁目1番1号

1,000

5.18

㈱みなと銀行

神戸市中央区三宮町2丁目1―1

963

4.99

Unearth International Limited

F20, 1st Floor Eden Plaza, Eden Island, Seychells

956

4.95

㈱三菱UFJ銀行

東京都千代田区丸の内2丁目7番1号

923

4.78

㈱三井住友銀行

東京都千代田区丸の内1丁目1番2号

923

4.78

兵庫県信用農業協同組合連合会

神戸市中央区海岸通1丁目

849

4.40

三井住友海上火災保険㈱

東京都千代田区神田駿河台3丁目9番地

827

4.28

㈱十文字チキンカンパニー

岩手県二戸市石切字火行塚25

733

3.80

9,690

50.18

 

(注) 1  上記のほか、当社保有の自己株式が1,518千株あります。

      2  株式会社カーギルジャパンは、2021年6月1日にカーギルジャパン合同会社に商号変更しております。

 

(7) 【議決権の状況】

① 【発行済株式】

2021年3月31日現在

区分

株式数(株)

議決権の数(個)

内容

無議決権株式

議決権制限株式(自己株式等)

議決権制限株式(その他)

完全議決権株式(自己株式等)

(自己保有株式)

普通株式

1,518,800

 

完全議決権株式(その他)

普通株式

19,306,100

 

 

193,061

単元未満株式

普通株式

5,925

 

 

発行済株式総数

20,830,825

総株主の議決権

193,061

 

(注) 「完全議決権株式(その他)」欄の普通株式には、証券保管振替機構名義の株式が2,000株(議決権20個)含まれております。

 

② 【自己株式等】

2021年3月31日現在

所有者の氏名
又は名称

所有者の住所

自己名義所有
株式数(株)

他人名義所有
株式数(株)

所有株式数の
合計(株)

発行済株式総数
に対する所有株
式数の割合(%)

(自己保有株式)

日和産業株式会社

神戸市東灘区住吉浜町19―5

1,518,800

1,518,800

7.29

1,518,800

1,518,800

7.29

 

 

 

2 【自己株式の取得等の状況】

 

【株式の種類等】

会社法第155条第7号による普通株式の取得

 

 

(1) 【株主総会決議による取得の状況】

該当事項はありません。

 

(2) 【取締役会決議による取得の状況】

該当事項はありません。

 

(3) 【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

 

区分

株式数(株)

取得価額の総額
(円)

当事業年度における取得自己株式

55

17,710

当期間における取得自己株式(注)

 

(注) 当期間における取得自己株式には、2021年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りによる株式は含まれておりません。

 

(4) 【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

 

区分

当事業年度

当期間

株式数(株)

処分価額の総額
(円)

株式数(株)

処分価額の総額
(円)

引き受ける者の募集を行った
取得自己株式

消却の処分を行った取得自己株式

合併、株式交換、株式交付、
会社分割に係る移転を行った
取得自己株式

その他(注)

保有自己株式数

1,518,877

1,518,877

 

(注) 当期間における保有自己株式数には、2021年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りによる株式数は含まれておりません。

 

3 【配当政策】

当社は、長期にわたっての財務体質と経営基盤の強化のため内部留保の確保に努めるとともに、継続的に安定した配当を行うことを基本方針としております。

当社の剰余金の配当は、期末配当の年1回を基本的な方針としており、必要に応じて中間配当を可能としております。配当の決定機関は、中間配当は取締役会、期末配当は株主総会であります。

当事業年度の剰余金の配当につきましては、継続的な安定配当の基本方針のもと、当事業年度の業績と今後の見通し等を勘案し、1株につき普通配当6円といたしました。

内部留保資金につきましては、企業体質の強化等に活用いたします。

なお、当社は中間配当を行うことができる旨を定款で定めております。

(注) 基準日が当事業年度に属する剰余金の配当は、以下のとおりであります。

決議年月日

配当金の総額
(千円)

1株当たり配当額
(円)

2021年6月29日

定時株主総会決議

115,871

6

 

 

 

4 【コーポレート・ガバナンスの状況等】

(1) 【コーポレート・ガバナンスの概要】

① コーポレート・ガバナンスに関する基本的考え方

当社はお客様第一主義を掲げ、安全で良品質な配合飼料を安定的にお客様に供給することにより、飼料畜産業界の発展に寄与することを経営方針と致しております。
 経営の効率的かつ正しい意思決定を確保すると共に、監査体制を充実させることにより説明責任を明確化させ経営のコンプライアンス及び透明性の確保を進めることが、企業価値の最大化につながると考えており、コーポレート・ガバナンス体制の構築に努めております。

 

② 企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由
 当社は監査役設置会社であり、株主総会及び取締役のほか、取締役会、監査役、監査役会、会計監査人を置いております。
 取締役会は、取締役会長 中橋正敏、取締役社長 中澤敬史、専務取締役 中橋太一郎、取締役 古本洋一、取締役 松本幸久、取締役 安井秀夫、社外取締役 河崎司郎の7名で構成されており、法令で別段の定めがある場合を除き、取締役会長 中橋正敏が招集し、その議長を務めております。取締役会では、法令及び定款に定められた事項、並びに経営上の重要な案件等について十分な審議及び決議をしております。業務執行に関しましては、各工場を担当する取締役もしくは執行役員に加え、3本部制(生産、営業及び管理本部についてそれぞれ統括する取締役を各本部長として任命)を採用することにより、意思決定の迅速性・的確性を確保すると同時に、責任分担を可能としております。
  監査役会は、常勤監査役 脇村常雄、社外監査役 小阪田興一、社外監査役 山下剛の3名で構成されております。監査役は監査役会において各監査役の監査状況の報告及び会計監査人の監査報告を受けております。また監査役は、取締役会等の重要な会議に出席しているほか、取締役及び使用人等の職務執行状況を把握し、重要な決裁書類等の閲覧や主要な事業所の業務及び財産の状況を調査し、また会計監査人及び内部監査部門と連携することにより、経営監視機能の強化を図っております。

 


 

 

③ 企業統治に関するその他の事項
a.内部統制システムの整備の状況
  当社は、取締役会の決議に基づく内部統制システム整備の基本方針を次のとおり定めており、本基本方針に則りリスク管理体制を含めた内部統制システムの整備を行っております。また、必要に応じて当該方針の整備状況について報告を受け、検討、見直しを行っております。
イ 当社及び子会社の取締役・使用人の職務の執行が法令・定款に適合することを確保するための体制

企業倫理規程をはじめとするコンプライアンス体制にかかる規程を、当社及び子会社の役職員が法令・定款及び社会規範を遵守した行動をとるための行動規範とする。また、その徹底を図るため、総務部においてコンプライアンスの取り組みを横断的に統括することとし、同部を中心に当社及び子会社の役職員教育を行う。総務部は、当社及び子会社のコンプライアンスの状況を監査する。これらの活動は定期的に取締役会及び監査役会に報告されるものとする。法令上疑義のある行為等について、当社及び子会社の役職員が直接情報提供を行う手段としてホットラインを設置・運営する。

ロ 当社及び子会社の取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制

文書管理規程に従い、取締役の職務執行に係る情報を文書または電磁的媒体に記録し、保存する。取締役及び監査役は、文書管理規程により、常時、これらの文書等を閲覧できるものとする。

ハ 当社及び子会社の損失の危険の管理に関する規程その他の体制

当社及び子会社の組織横断的リスク状況の監視並びに全社的対応は総務部が行う。また、各部署の所管業務に付随するリスク管理は各々担当部署が行う。

ニ 当社及び子会社の取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

社内規則に基づく職務権限及び意思決定ルールにより、適正かつ効率的に職務の執行が行われる体制をとるものとする。

ホ 当社及び子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制

子会社にそれぞれの責任を負う者を任命し、法令遵守体制、リスク管理体制を構築する権限と責任を与えるとともに、総務部はこれらを横断的に管理し、子会社が適切な内部統制システムの整備を行うように指導する。

へ 子会社の取締役の職務の執行に係る事項の当社への報告に関する体制

子会社は、経営上の重要事項を取締役会に報告するものとする。子会社において企業行動に関する重要な法令違反が発生した場合にも、速やかに報告するものとする。

ト 監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する体制

監査役の職務を補助する組織を総務部とする。監査役から補助すべき使用人を置くことの求めがあった場合は、取締役は監査役と協議し配置する。

チ 前項の使用人の取締役からの独立性及び監査役の当該使用人に対する指示の実効性の確保に関する事項

監査役の職務を補助すべき使用人の異動及び懲戒については、監査役会の意見を尊重するものとする。監査役の当該使用人に対する指示を不当に制限してはならず、また当該使用人は監査役の指示に従わなければならない。

リ 取締役及び使用人並びに子会社の取締役、監査役及び使用人等が監査役に報告をするための体制

取締役及び使用人並びに子会社の取締役、監査役及び使用人等は、会社または子会社に著しい損害を及ぼす恐れがある事実及び法令に違反する重大な事実が発生した場合にはその事実、並びにホットラインによる通報があった場合にはその内容を、速やかに監査役に報告する。

ヌ 前項の報告をした者が当該報告をしたことを理由として不利な扱いを受けないことを確保するための体制

当社及び子会社の役職員が通報窓口や監査役等への報告を行った場合に、当該報告をしたことを理由にしてその役職員に対して不利な扱いを行うことを禁止する。

ル 監査役の職務の執行について生ずる費用の前払または償還の手続その他の当該職務の執行について生ずる費用または債務の処理に係る方針

監査役が当社に対し職務の執行について生じた費用または債務の処理の請求をしたときには、必要でないと認められた場合を除き速やかに当該費用の支払い等の処理を行う。

 

ヲ その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制

監査役は、効率的かつ効果的な監査を行うために、当社及び子会社の社長並びに会計監査人と情報の交換を含む緊密な協力関係を維持するとともに、必要に応じて独自に弁護士や公認会計士等の外部専門家の支援を受けることができる。

 

b.責任限定契約の内容の概要

社外取締役及び社外監査役との間で、会社法第427条第1項及び定款の規定に基づき、会社法第423条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結しております。責任の限度額は法令で定める額を限度とする責任限定契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任限度額は、法令が定める額としております。なお、当該責任限定が認められるのは、当該社外取締役及び社外監査役が責任の原因となった職務の遂行について善意でかつ重大な過失がないときに限られます。

 

c.役員等を被保険者として締結している役員等賠償責任保険契約の内容の概要

当社は、取締役及び監査役の全員を被保険者とする会社法第430条の3第1項に規定する役員等賠償責任保険契約を保険会社との間で締結しており、被保険者が一部の保険料を負担しております。当該保険契約では、被保険者が会社の役員の地位に基づき行った行為(不作為を含みます。)に起因して損害賠償請求がなされたことにより、被保険者が被る損害賠償金や訴訟費用等が補填されることとなります。

 

d.取締役の定数

当社の取締役は8名以内とする旨を定款で定めております。

 

e.取締役の選任の決議要件

当社は、取締役の選任決議は、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨を定款で定めております。

また、取締役の選任決議は累積投票によらないものとしております。

 

f.取締役会で決議できる株主総会決議事項
イ 自己株式の取得

当社は、自己の株式の取得について、企業環境の変化に対応した機動的な資本政策を遂行するため、会社法第165条第2項の規定に基づき、取締役会の決議によって市場取引等により自己の株式を取得することができる旨を定款で定めております。

 

ロ 中間配当

当社は、株主への機動的な利益還元を行うため、会社法第454条第5項の規定により、取締役会の決議によって毎年9月30日を基準日として中間配当をすることができる旨定款に定めております。

 

ハ 取締役及び監査役の責任免除

当社は、取締役及び監査役の責任免除について、職務の遂行にあたり期待される役割を十分に発揮できるようにするため、会社法第426条第1項の規定により、取締役(取締役であった者を含む。)及び監査役(監査役であった者を含む。)の会社法第423条第1項の責任につき、善意でかつ重大な過失がない場合は、取締役会の決議によって、法令の定める限度額の範囲内で、その責任を免除することができる旨定款に定めております。

 

g.株主総会の特別決議要件

当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨定款に定めております。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目的とするものであります。

 

 

(2) 【役員の状況】

① 役員一覧

男性10名 女性-名 (役員のうち女性の比率-%)

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数(千株)

取締役会長
(代表取締役)

中 橋 正 敏

1945年12月6日

1973年6月

当社入社

1985年8月

取締役総務部長

1993年6月

常務取締役総務部長

1997年6月

専務取締役

1999年6月

取締役社長(代表取締役)

2017年6月

取締役会長(代表取締役)(現在)

(注)3

411

取締役社長
(代表取締役)

中 澤 敬 史

1955年3月24日

1977年4月

当社入社

2002年6月

執行役員八戸工場長

2003年6月

取締役八戸工場長

2011年6月

常務取締役八戸工場長

2013年6月

常務取締役営業本部長・八戸工場長

2016年6月

取締役副社長(代表取締役)営業本部長・八戸工場長

2017年6月

取締役社長(代表取締役)(現在)

(注)3

20

専務取締役
営業本部長

中 橋 太一郎

1979年1月6日

2007年4月

当社入社

2008年5月

執行役員管理本部長

2011年6月

取締役管理本部長

2017年6月

専務取締役管理本部長

2018年6月

専務取締役営業本部長(現在)

(注)3

24

取締役
生産本部長
鹿児島
工場長

古 本 洋 一

1947年6月9日

1971年4月

当社入社

1995年6月

鹿児島工場長

2005年6月

執行役員鹿児島工場長

2006年6月

取締役生産本部長・鹿児島工場長(現在)

(注)3

2

取締役
三原工場長

松 本 幸 久

1952年8月1日

1975年4月

当社入社

2009年3月

執行役員三原工場長

2013年6月

取締役三原工場長(現在)

(注)3

3

取締役
管理本部長
総務部長

安 井 秀 夫

1956年3月14日

1978年4月

当社入社

2011年6月

執行役員管理本部副本部長

2018年6月

取締役管理本部長・総務部長(現在)

(注)3

25

取締役

河 崎 司 郎

1953年12月29日

1976年4月

㈱三和銀行(現㈱三菱UFJ銀行)入行

2003年10月

㈱UFJ銀行(現㈱三菱UFJ銀行)瓦町支店長

2006年1月

㈱三菱東京UFJ銀行(現㈱三菱UFJ銀行)瓦町支社長

2008年10月

新日本有限責任監査法人(現EY新日本有限責任監査法人)プリンシパル

2010年7月

同法人シニアプリンシパル

2017年6月

当社取締役(現在)

(注)3

 

 

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数(千株)

常勤監査役

脇 村 常 雄

1952年10月30日

1983年7月

当社入社

2001年6月

取締役総務部長

2006年6月

取締役管理本部長・総務部長

2008年5月

取締役

2008年6月

監査役

2009年6月

常勤監査役(現在)

(注)4

211

監査役

小阪田 興 一

1941年12月5日

1964年4月

㈱日本興業銀行(現㈱みずほフィナンシャルグループ)入行

1990年1月

同行経理部長

1997年6月

日本経営システム㈱取締役社長

2005年6月

同社顧問

2008年6月

当社監査役(現在)

(注)4

監査役

山 下  剛

1968年11月20日

1992年4月

㈱トーメン(現豊田通商㈱)入社

2020年4月

豊田通商㈱大阪食料部部長(現在)

2020年6月

当社監査役(現在)

(注)4

696

 

(注) 1 取締役 河崎司郎は、社外取締役であります。

2 監査役 小阪田興一及び監査役 山下剛は、社外監査役であります。

3 取締役 中橋正敏、中澤敬史、中橋太一郎、古本洋一、松本幸久、安井秀夫、河崎司郎の任期は、2021年3月期に係る定時株主総会終結の時から2023年3月期に係る定時株主総会終結の時までであります。

4 監査役 脇村常雄、小阪田興一、山下剛の任期は、2020年3月期に係る定時株主総会終結の時から2024年3月期に係る定時株主総会終結の時までであります。

    5 専務取締役 中橋太一郎は、取締役会長(代表取締役) 中橋正敏の子であります。

 

② 社外取締役及び社外監査役

    当社の社外取締役は1名、社外監査役は2名を選任しております。

社外取締役 河崎司郎は、銀行並びに監査法人における幅広い実務の経験を有しており、その経験・見識に基づく客観的な視点から、取締役会において適宜助言を行い、また必要に応じて説明を求めることにより、経営に対する適切な監督を行います。当社と同氏との間には、特別な利害関係は無く、㈱東京証券取引所に独立役員として届け出ております。

社外監査役 小阪田興一は、企業経営者として得た豊富な経験と幅広い見識に基づく客観的な視点から、取締役会において適宜発言を行い、また監査役会において適宜質問と意見の表明を行うことにより、取締役の職務執行に対する適切な監査を実施しております。当社と同氏との間には、特別な利害関係は無く、㈱東京証券取引所に独立役員として届け出ております。

社外監査役 山下剛は、当社の株主であり取引先である豊田通商㈱の社員であり、商社勤務における豊富な経験と幅広い見識を有しております。

なお当社では、社外取締役及び社外監査役を選任するための独立性に関する基準を特段設定しておりませんが、選任にあたって㈱東京証券取引所等の独立役員の独立性に関する判断基準を参考としております。

 

③ 社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部統制部門との関係

 社外取締役は、取締役会などにおいて、専門的知識や経験に基づいた視点での意見を述べ、あるいは個別に業務執行取締役や監査役との意見交換を行うことで、連携強化を図っております。また、取締役会の一員として意見及び助言を行い、内部統制部門を有効に機能させることを通じて、適正な業務執行の確保を図っています。

 社外監査役は、監査役会への出席並びに会計監査人からの報告等を通じ、会計監査及び内部監査の報告を受け、必要に応じて意見を述べることにより、監査の実効性を高めるとともに、高い専門性により監査役監査を実施しております。

 

 

(3) 【監査の状況】

① 監査役監査の状況

監査役3名(うち社外監査役2名)は取締役会等の重要会議に出席しているほか、補助として総務部と連携することにより、取締役及び使用人等の職務執行状況を把握し、重要な決裁書類等の閲覧や本社及び主要な事業所において業務及び財産の状況を調査いたしました。また会計監査人から報告を受けるとともに説明を求め、その職務執行状況を監査すると同時に、十分な協力体制を構築しております。また内部監査部門とも連携することにより、経営監視機能の充実に努めております。

なお、常勤監査役 脇村常雄は、当社において総務部に長年在籍し、2001年6月から2008年5月まで取締役として経理業務を担当しており、財務及び会計に関する相当程度の知見を有しております。また、社外監査役 小阪田興一は、企業経営者として、社外監査役 山下剛は、当社の株主であり取引先である豊田通商㈱の社員として得た豊富な経験と幅広い見識を有しております。

当事業年度において当社は監査役会を年5回開催しており、個々の監査役の出席状況については次のとおりであります。

氏名

開催回数

出席回数

脇  村 常 雄

5回

5回

小阪田 興 一

5回

5回

山  下     剛

4回

4回

 

(注)開催回数が異なるのは、就任時期の違いによるものです。

 

監査役会における主な検討事項として、監査役会運営方針、会計監査人の監査方法及び結果についての相当性、取締役等の職務の執行状況、内部統制システムに関する取締役会決議内容の相当性等であります。

また、常勤監査役の活動として、管理本部及び総務部と連携することによる社内の業務監査、会計監査人との定期的な打ち合わせによる意見交換等を行っております。

 

② 内部監査の状況

当社における内部監査は、管理本部(専属スタッフ1名)および総務部が内部統制基本方針に基づき、監査役会とも連携することにより、当社グループのコンプライアンスの状況の監視、組織横断的リスク状況の監視等を行っております。

また、内部監査の結果については、取締役会に報告しております。

 

③ 会計監査の状況

a. 監査法人の名称

EY新日本有限責任監査法人

 

b. 継続監査期間

61年間

業務執行社員のローテーションに関しては適切に実施されており、原則として連続して7会計期間を超えて監査業務に関与しておりません。

なお、筆頭業務執行社員については連続して5会計期間を超えて監査業務に関与しておりません。

 

c. 業務を執行した公認会計士

上田  美穂

葉山 良一

 

d. 監査業務に係る補助者の構成

監査補助者は公認会計士4名、その他8名であります。

 

 

e. 監査法人の選定方針と理由

監査役会は、監査法人の概要、監査計画及び監査の品質管理体制の内容、監査報酬の見積額等を参考にして選定を行っております。

監査役会は、会計監査人の職務の執行に支障がある場合等その他その必要があると判断した場合は、会計監査人の解任または不再任に関する議案を決定し、取締役会は、当該決定に基づき、当該議案を株主総会に提出いたします。

 

f. 監査役及び監査役会による監査法人の評価

監査役会は、会計監査人より入手した監査計画の内容、監査報酬の見積もり等を踏まえ、監査結果及び監査品質に関する報告に対して必要に応じて説明を求め、評価しております。

 

④ 監査報酬の内容等

a. 監査公認会計士等に対する報酬の内容

区分

前連結会計年度

当連結会計年度

監査証明業務に
基づく報酬(百万円)

非監査業務に
基づく報酬(百万円)

監査証明業務に
基づく報酬(百万円)

非監査業務に
基づく報酬(百万円)

提出会社

26

27

連結子会社

26

27

 

 

b. 監査公認会計士等と同一のネットワークに属する組織に対する報酬(a.を除く)

該当事項はありません。

 

c. その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

該当事項はありません。

 

d. 監査報酬の決定方針

会計監査人に対する監査報酬の決定方針は策定しておりませんが、監査計画、監査日数等を勘案した上で、監査役会の同意を得て決定しております。

 

e. 監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由

監査役会は、日本監査役協会が公表する「会計監査人との連携に関する実務指針」を踏まえ、過年度の監査計画における監査項目別、階層別監査時間の実績及び報酬額の推移並びに会計監査人の職務遂行状況を確認し、当事業年度の監査計画及び報酬額の妥当性を検討した結果、会計監査人の報酬等について会社法第399条第1項の同意を行っております。

 

 

(4) 【役員の報酬等】

① 役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項

当社は、2021年5月21日開催の取締役会において、取締役の個人別の報酬等の内容にかかわる決定方針を決議しております。また、取締役会は、当事業年度における取締役の個人別の報酬等について、報酬等の内容の決定方法及び決定された報酬等の内容が当該決定方針と整合していることを確認しており、当該決定方針に沿うものであると判断しております。

取締役の個人別の報酬等の内容にかかる決定方針の内容は次の通りです。

a.基本方針

当社の取締役の報酬は、担当職務とその職責、貢献度とその成果、そして当社の業績等を総合的に勘案し、決定することを基本方針としております。また、取締役及び監査役の報酬は基本報酬のみとしております。

b.基本報酬に関する方針

当社の取締役の基本報酬は、金銭による月例の固定報酬としております。決定方法としましては、取締役会より報酬額の決定権限の委任を受けた代表取締役が、株主総会で決議された報酬総額の範囲内において、役位別配分割合を基に算出した金額を基本方針に照らし合わせ、総合的に勘案し、協議の上で決定しております。

当社の監査役の基本報酬は、金銭による月例の固定報酬としております。決定方針としましては、株主総会で決議された報酬総額の範囲内において、監査役の協議の上で決定しております。

なお、2016年6月29日開催の第112回定時株主総会の決議により取締役については月額13百万円以内、1994年6月29日開催の第90回定時株主総会の決議により監査役については月額3百万円以内と定めております。

当事業年度に係る取締役の個人別の報酬等の決定については、取締役会は、代表取締役会長中橋正敏及び代表取締役社長中澤敬史に対し、各取締役の基本報酬の額の決定を委任しております。委任した理由としましては、長年にわたり当社における経営全般の管理・監督に携わってまいりましたことから、取締役の報酬額を適切に決定できると判断したためであります。

なお、監査役の報酬については、監査役会の協議により決定しております。

 

② 役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

役員区分

報酬等の総額
(百万円)

報酬等の種類別の総額(百万円)

対象となる
役員の員数
(名)

固定報酬

業績連動報酬

退職慰労金

左記のうち、

非金銭報酬等

取締役
(社外取締役を除く。)

110

110

6

監査役
(社外監査役を除く。)

10

10

1

社外役員

4

4

2

 

(注) 社外取締役2名のうち退任した1名、社外監査役2名のうち1名及び退任した1名については報酬を支払っておりません。

 

③  役員ごとの連結報酬等の総額等

連結報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。

 

④  使用人兼務役員の使用人分給与のうち重要なもの
使用人兼務役員の使用人分給与の総額は19百万円であり、対象となる役員の員数は3人であります。

 

(5) 【株式の保有状況】

① 投資株式の区分の基準及び考え方

当社は、保有目的が純投資目的である投資株式と純投資目的以外の目的である投資株式の区分について、株式の価値の変動または株式に係る配当によって利益を受けることを目的とする投資を純投資目的である投資株式とし、それ以外を純投資目的以外の目的である投資株式としております。

 

 

② 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式
a.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の内容

当社は、継続的な取引関係を維持し、持続的な成長を続けていくため、当社の企業価値向上に資すると認める株式については、政策保有株式として保有することを方針としております。保有の意義が必ずしも十分でないと判断される銘柄については縮減を図ります。

個別の政策保有株式については、毎年、中長期的な視点から取引先との事業上の関係等を精査し、保有継続の可否を審議しております。

 

b.銘柄数及び貸借対照表計上額

 

 

銘柄数

(銘柄)

貸借対照表計上額の
合計額(千円)

非上場株式

4

11,500

非上場株式以外の株式

6

476,403

 

 

(当事業年度において株式数が増加した銘柄)

該当事項はありません。

 

(当事業年度において株式数が減少した銘柄)

 

銘柄数

(銘柄)

株式数の減少に係る売却価額の合計額(千円)

非上場株式以外の株式

1

0

 

 

 

c.特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報

 

特定投資株式

 

銘柄

当事業年度

前事業年度

保有目的、定量的な保有効果(注)
及び株式数が増加した理由

当社の株
式の保有
の有無

株式数(株)

株式数(株)

貸借対照表計上額
(千円)

貸借対照表計上額
(千円)

豊田通商㈱

57,593

57,593

飼料事業における主要な仕入先としての継続的な取引関係の維持

267,519

146,631

㈱関西みらいフィナンシャルグループ

188,220

188,220

継続的な取引関係の維持

121,778

73,217

エスフーズ㈱

17,330

17,330

継続的な取引関係の維持

65,594

38,749

㈱みずほフィナンシャルグループ

8,638

86,385

継続的な取引関係の維持

13,812

10,677

三井住友トラスト・ホールディングス㈱

1,302

1,302

継続的な取引関係の維持

5,024

4,067

兼松㈱

1,800

1,800

飼料事業における主要な仕入先としての継続的な取引関係の維持

2,674

1,996

 

(注) 特定投資株式における定量的な保有効果につきましては、事業上の機密事項に該当するため記載しておりません。当社は、毎期、個別の政策保有株式について政策保有の意義を検証しており、2021年3月31日を基準とした検証の結果、現状保有する政策保有株式はいずれも保有方針に沿った目的で保有していることを確認しております。

 

 

みなし保有株式

該当事項はありません。

 

③ 保有目的が純投資目的である投資株式

 

区分

当事業年度

前事業年度

銘柄数
(銘柄)

貸借対照表計
上額の合計額
(千円)

銘柄数
(銘柄)

貸借対照表計
上額の合計額
(千円)

非上場株式

非上場株式以外の株式

6

37,465

6

29,233

 

 

区分

当事業年度

受取配当金の
合計額(千円)

売却損益の
合計額(千円)

評価損益の
合計額(千円)

非上場株式

非上場株式以外の株式

846

0

14,027

 

 

④ 当事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的から純投資目的以外の目的に変更したもの

該当事項はありません。

 

⑤ 当事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的以外の目的から純投資目的に変更したもの

該当事項はありません。

第5 【経理の状況】

 

1 連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について

(1) 当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(1976年大蔵省令第28号)に基づいて作成しております。

 

(2) 当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(1963年大蔵省令第59号)に基づいて作成しております。

 

2 監査証明について

当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2020年4月1日から2021年3月31日まで)の連結財務諸表及び事業年度(2020年4月1日から2021年3月31日まで)の財務諸表について、EY新日本有限責任監査法人により監査を受けております。

 

3 連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するため、監査法人との連携や情報の共有、会計や税務に係る各種セミナーへの参加や専門誌などの購読により会計基準の変更等について適切に対応できるよう努めております。

 

1 【連結財務諸表等】

(1) 【連結財務諸表】

①【連結貸借対照表】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(単位:千円)