EDINET閲覧(提出)サイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)をもとに上場企業サーチ作成

本ページはEDINETに提出された開示情報を上場企業サーチが加工/編集したものであり、記載された情報の正確性および完全性について上場企業サーチは一切の保証を行いません。本ページの情報を利用する際は自己の責任で判断頂き、意思決定に際しては適宜EDINETや提出会社が公開するオリジナルを参照する様にしてください。本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

【表紙】

 

【提出書類】

四半期報告書

【根拠条文】

金融商品取引法第24条の4の7第1項

【提出先】

東海財務局長

【提出日】

2020年11月13日

【四半期会計期間】

第92期第2四半期(自 2020年7月1日 至 2020年9月30日)

【会社名】

はごろもフーズ株式会社

【英訳名】

HAGOROMO FOODS CORPORATION

【代表者の役職氏名】

代表取締役社長  後藤 佐恵子

【本店の所在の場所】

静岡県静岡市清水区島崎町151番地

(同所は登記上の本店所在地であり、実際の業務は「最寄りの連絡場所」で行っています。)

【電話番号】

該当事項はありません。

【事務連絡者氏名】

該当事項はありません。

【最寄りの連絡場所】

静岡県静岡市駿河区南町11番1号 静銀・中京銀静岡駅南ビル3階

【電話番号】

(054)288-5200

【事務連絡者氏名】

専務取締役経営企画本部長  川隅 義之

【縦覧に供する場所】

株式会社東京証券取引所

(東京都中央区日本橋兜町2番1号)

はごろもフーズ株式会社東京支店

(東京都中央区八丁堀一丁目5番2号 はごろもビル)

はごろもフーズ株式会社名古屋支店

(愛知県名古屋市中区新栄町二丁目9番地 スカイオアシス栄)

はごろもフーズ株式会社大阪支店

(大阪府大阪市都島区片町二丁目2番48号 JEI京橋ビル)

 

E00508 28310 はごろもフーズ株式会社 HAGOROMO FOODS CORPORATION 企業内容等の開示に関する内閣府令 第四号の三様式 Japan GAAP true CTE 2020-04-01 2020-09-30 Q2 2021-03-31 2019-04-01 2019-09-30 2020-03-31 1 false false false E00508-000 2020-11-13 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E00508-000 2020-09-30 jpcrp_cor:SharesWithNoVotingRightsMember E00508-000 2020-09-30 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsTreasurySharesEtcMember E00508-000 2020-09-30 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsOtherMember E00508-000 2020-09-30 jpcrp_cor:SharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E00508-000 2020-09-30 jpcrp_cor:OrdinarySharesTreasurySharesSharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E00508-000 2020-09-30 jpcrp_cor:SharesWithFullVotingRightsOtherMember E00508-000 2020-09-30 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsOtherMember E00508-000 2020-09-30 jpcrp_cor:SharesLessThanOneUnitMember E00508-000 2020-09-30 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesLessThanOneUnitMember E00508-000 2020-09-30 jpcrp_cor:Row1Member E00508-000 2020-09-30 jpcrp_cor:No9MajorShareholdersMember E00508-000 2020-09-30 jpcrp_cor:No10MajorShareholdersMember E00508-000 2020-09-30 jpcrp_cor:No1MajorShareholdersMember E00508-000 2020-09-30 jpcrp_cor:No2MajorShareholdersMember E00508-000 2020-09-30 jpcrp_cor:No3MajorShareholdersMember E00508-000 2020-09-30 jpcrp_cor:No4MajorShareholdersMember E00508-000 2020-09-30 jpcrp_cor:No5MajorShareholdersMember E00508-000 2020-09-30 jpcrp_cor:No6MajorShareholdersMember E00508-000 2020-09-30 jpcrp_cor:No7MajorShareholdersMember E00508-000 2020-09-30 jpcrp_cor:No8MajorShareholdersMember E00508-000 2020-11-13 E00508-000 2020-09-30 E00508-000 2020-07-01 2020-09-30 E00508-000 2020-04-01 2020-09-30 E00508-000 2019-09-30 E00508-000 2019-07-01 2019-09-30 E00508-000 2019-04-01 2019-09-30 E00508-000 2020-03-31 E00508-000 2019-04-01 2020-03-31 E00508-000 2019-03-31 xbrli:shares xbrli:pure iso4217:JPY iso4217:JPY xbrli:shares

第一部【企業情報】

第1【企業の概況】

1【主要な経営指標等の推移】

回次

第91期

第2四半期

連結累計期間

第92期

第2四半期

連結累計期間

第91期

会計期間

自2019年4月1日

至2019年9月30日

自2020年4月1日

至2020年9月30日

自2019年4月1日

至2020年3月31日

売上高

(千円)

42,294,361

43,284,961

82,852,186

経常利益

(千円)

1,652,864

2,818,421

3,402,675

親会社株主に帰属する四半期(当期)純利益

(千円)

1,115,322

2,081,533

2,316,341

四半期包括利益又は包括利益

(千円)

985,529

2,447,598

1,735,840

純資産額

(千円)

27,932,644

30,697,390

28,513,292

総資産額

(千円)

50,442,346

56,312,357

51,294,918

1株当たり四半期(当期)純利益

(円)

118.51

221.19

246.14

潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益

(円)

自己資本比率

(%)

55.4

54.5

55.6

営業活動による

キャッシュ・フロー

(千円)

273,594

1,649,652

2,488,967

投資活動による

キャッシュ・フロー

(千円)

1,233,803

1,622,276

2,007,033

財務活動による

キャッシュ・フロー

(千円)

993,129

378,844

816,387

現金及び現金同等物の四半期末(期末)残高

(千円)

843,437

2,514,825

2,108,785

 

回次

第91期

第2四半期

連結会計期間

第92期

第2四半期

連結会計期間

会計期間

自2019年7月1日

至2019年9月30日

自2020年7月1日

至2020年9月30日

1株当たり四半期純利益

(円)

59.92

117.73

(注)1 当社は四半期連結財務諸表を作成しているため、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載してい

ません。

2 売上高は消費税等は含みません。

3 潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益については、潜在株式が存在しないため記載していません。

 

2【事業の内容】

  当第2四半期連結累計期間において、当社グループ(当社および当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要な変更はありません。また、主要な関係会社における異動もありません。

第2【事業の状況】

1【事業等のリスク】

 2020年3月期の有価証券報告書(2020年6月26日提出)に記載の内容から重要な変更がないため、記載を省略しています。

2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

(1) 財政状態及び経営成績の状況

①経営成績の状況

 当第2四半期連結累計期間においては、新型コロナウイルス感染症の影響による在宅勤務の拡大や学校の休校等があり、家庭内での食事機会が増加したことで、家庭向けの缶詰・パスタ製品等の販売が好調に推移しました。一方で、外出自粛の影響による外食機会の減少等から、業務用製品の販売が減少しました。

 この結果、売上高は前年同期比2.3%増の432億84百万円となりました。利益面では、主原料の価格が安定して推移したこと等により、営業利益は25億65百万円(前年同期比66.8%増)、海外関連会社の持分法による投資利益が増加したこと等により、経常利益は28億18百万円(同70.5%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益は20億81百万円(同86.6%増)となりました。

 なお、当社グループは、食品事業およびこの付帯事業の単一セグメントであるため、セグメント情報の開示は

行っていませんが、製品群別の販売動向は以下のとおりです。

 

  表:製品群別売上高(連結)                             (単位:千円、%)

製品群

前年同期

当第2四半期

増減

金額

構成比

金額

構成比

金額

家庭用食品

 ツナ

20,174,526

47.7

20,977,876

48.5

803,349

4.0

 デザート

2,723,741

6.5

3,214,059

7.4

490,318

18.0

 パスタ&ソース

4,157,298

9.8

4,466,753

10.3

309,455

7.4

 総菜

3,707,666

8.8

4,129,946

9.5

422,279

11.4

 削りぶし・のり・ふりかけ類

2,371,778

5.6

2,319,315

5.4

△52,462

△2.2

 ギフト・その他食品

1,789,607

4.2

1,589,490

3.7

△200,117

△11.2

34,924,618

82.6

36,697,441

84.8

1,772,822

5.1

 業務用食品

6,347,573

15.0

5,502,449

12.7

△845,124

△13.3

 ペットフード・バイオ他

782,457

1.8

842,498

1.9

60,040

7.7

42,054,649

99.4

43,042,388

99.4

987,739

2.3

 その他

239,712

0.6

242,572

0.6

2,860

1.2

合  計

42,294,361

100.0

43,284,961

100.0

990,599

2.3

 (注)上記金額は消費税等を含みません。

 

 「ツナ」では、油漬タイプの「シーチキン」に加え、健康志向に対応した「オイル不使用シーチキン」や個食

ニーズに対応したパウチタイプの「シーチキンSmile」シリーズが引き続き好調で、売上高は前年同期比4.0%増

加しました。

 「デザート」では、家庭で手作りデザートがブームになったことも影響し、売上高は同18.0%増加しました。

 「パスタ&ソース」では、結束タイプのスパゲッティが引き続き好調で、売上高は同7.4%増加しました。

 「総菜」では、紙容器入りタイプも含めた「シャキッとコーン」シリーズや個食ニーズに対応したパウチタイ

プの「健康シリーズ」が引き続き好調で、売上高は同11.4%増加しました。

 「削りぶし・のり・ふりかけ類」では、かつおパックが好調だったものの、味付けのりやふりかけ類の競争が

激化したことにより、売上高は同2.2%減少しました。

 「ギフト・その他食品」では、包装米飯「パパッとライス」は引き続き好調でしたが、新型コロナウイルス感

染症の影響を受けた「ギフト」が振るわず、売上高は同11.2%減少しました。

 「業務用食品」では、第1四半期に比べ回復傾向にあるものの、外食やコンビニエンスストア向けの販売が振

るわず、売上高は同13.3%減少しました。

 「ペットフード・バイオ他」では、フィッシュミールやエキスが原料不足もあり減少しましたが、猫用ペット

フード「無一物」シリーズ等が好調で、売上高は同7.7%増加しました。

 

②財政状態の状況

 当第2四半期連結会計期間末の資産合計は、前連結会計年度末より50億17百万円増加して、563億12百万円となりました。これは主に、建物及び構築物(純額)が25億2百万円、投資有価証券が7億16百万円、商品及び製品が5億84百万円、原材料及び貯蔵品が5億37百万円ならびに受取手形及び売掛金が5億25百万円それぞれ増加したことによるものです。

 負債合計は、前連結会計年度末より28億33百万円増加して、256億14百万円となりました。これは主に、支払手形及び買掛金が15億73百万円、販売促進引当金が14億20百万円増加したことによるものです。

 純資産合計は、前連結会計年度末より21億84百万円増加して、306億97百万円となりました。これは主に、利益剰余金が18億18百万円、その他有価証券評価差額金が4億32百万円増加したことによるものです。

 この結果、自己資本比率は前連結会計年度末の55.6%から54.5%となりました。

 

(2) キャッシュ・フローの状況

 当第2四半期連結会計期間末における現金及び現金同等物(以下「資金」という)は、前連結会計年度末に比べ、4億6百万円増加し、25億14百万円となりました
 当第2四半期連結累計期間における各キャッシュ・フローの状況は、次のとおりです。

 (営業活動によるキャッシュ・フロー)

 当第2四半期連結累計期間の営業活動により増加した資金は16億49百万円(前年同期は2億73百万円の増加)となりました。これは主に、未払金の減少やたな卸資産が増加したものの、税金等調整前四半期純利益を計上したことや仕入債務およびその他の引当金の増加によるものです。

 (投資活動によるキャッシュ・フロー)

 当第2四半期連結累計期間の投資活動により減少した資金は16億22百万円(前年同期は12億33百万円の減少)となりました。これは主に、有形固定資産の取得支出によるものです。

 (財務活動によるキャッシュ・フロー)

 当第2四半期連結累計期間の財務活動により増加した資金は3億78百万円(前年同期は9億93百万円の増加)となりました。これは主に、配当金の支払があったものの、長期借入金による収入があったことによるものです。

 

(3) 優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

 当第2四半期連結累計期間において、当社グループが優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題について重要な変更はありません。

(4) 研究開発活動

 当第2四半期連結累計期間におけるグループ全体の研究開発活動の金額は、86,493千円です。なお、当第2四半期連結累計期間において、当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。

 

(5) 会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

 前事業年度の有価証券報告書に記載した「経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」中の、重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定の記載についての重要な変更はありません。

 なお、新型コロナウイルス感染症に関する会計上の見積りにつきましては、「第4 経理の状況 1 四半期連結財務諸表 注記事項 (追加情報)」をご参照ください。

 

3【経営上の重要な契約等】

 当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定または締結等はありません。

第3【提出会社の状況】

1【株式等の状況】

(1)【株式の総数等】

①【株式の総数】

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

41,300,000

41,300,000

 

②【発行済株式】

種類

第2四半期会計期間末

現在発行数(株)

(2020年9月30日)

提出日現在発行数(株)

(2020年11月13日)

上場金融商品取引所名又は登録認可金融商品取引業協会名

内容

普通株式

10,325,365

10,325,365

東京証券取引所

(市場第二部)

単元株式数

100株

10,325,365

10,325,365

 

(2)【新株予約権等の状況】

①【ストックオプション制度の内容】

    該当事項はありません。

 

②【その他の新株予約権等の状況】

    該当事項はありません。

 

(3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

 該当事項はありません。

(4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

年月日

発行済株式
総数増減数

(株)

発行済株式
総数残高(株)

資本金増減額
 

(千円)

資本金残高
 

(千円)

資本準備金
増減額
(千円)

資本準備金
残高
(千円)

2020年7月1日~
2020年9月30日

10,325,365

1,441,669

 

 

(5)【大株主の状況】

 

 

2020年9月30日現在

氏名又は名称

住所

所有株式数

(千株)

発行済株式(自己株式を除く。)の総数に対する所有株式数の割合(%)

公益財団法人はごろも教育研究奨励会

静岡市清水区辻1-1-1

4,391

46.67

はごろも高翔会

静岡市清水区島崎町151

はごろもフーズ株式会社内

843

8.96

後藤康雄

静岡市清水区

427

4.55

株式会社静岡銀行

静岡市葵区呉服町1-10

291

3.10

農林中央金庫

東京都千代田区有楽町1-13-2

291

3.10

はごろもフーズ従業員持株会

静岡市清水区島崎町151

はごろもフーズ株式会社内

160

1.70

株式会社榎本武平商店

東京都江東区新大橋2-5-2

150

1.59

木内建設株式会社

静岡市駿河区国吉田1-7-37

135

1.44

三井物産株式会社

東京都千代田区大手町1-2-1

108

1.15

東洋製罐グループホールディングス株式会社

東京都品川区東五反田2-18-1

 

86

0.91

6,885

73.17

 

(6)【議決権の状況】

①【発行済株式】

 

 

 

 

2020年9月30日現在

区分

株式数(株)

議決権の数(個)

内容

無議決権株式

 

議決権制限株式(自己株式等)

 

議決権制限株式(その他)

 

完全議決権株式(自己株式等)

(自己保有株式)

普通株式

914,600

完全議決権株式(その他)

普通株式

9,389,800

93,898

単元未満株式

普通株式

20,965

1単元(100株)未満の株式

発行済株式総数

 

10,325,365

総株主の議決権

 

93,898

 (注)「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式20株が含まれています。

②【自己株式等】

 

 

 

 

2020年9月30日現在

所有者の氏名

又は名称

所有者の住所

自己名義

所有株式数

(株)

他人名義

所有株式数

(株)

所有株式数

の合計

(株)

発行済株式総数に対する所有株式数の割合(%)

(自己保有株式)

はごろもフーズ株式会社

静岡市清水区

島崎町151

914,600

914,600

8.86

914,600

914,600

8.86

 (注)第2四半期会計期間末日現在の自己株式数は914,620株です。

 

2【役員の状況】

前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間における役員の異動はありません。

なお、役職の異動は、次のとおりです。

 

  役職の異動

新役職名

旧役職名

氏名

異動年月日

取締役 新清水プラント工場長

取締役 シーチキン・デザート・総菜ユニット新清水プラント準備室長

望月 浩志

2020年9月1日

 

第4【経理の状況】

1.四半期連結財務諸表の作成方法について

 当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令第64号)にもとづいて作成しています。

 

2.監査証明について

 当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定にもとづき、第2四半期連結会計期間(2020年7月1日から2020年9月30日まで)および第2四半期連結累計期間(2020年4月1日から2020年9月30日まで)に係る四半期連結財務諸表について、双研日栄監査法人による四半期レビューを受けています。

 

1【四半期連結財務諸表】

(1)【四半期連結貸借対照表】

 

 

(単位:千円)

 

前連結会計年度

(2020年3月31日)

当第2四半期連結会計期間

(2020年9月30日)

資産の部

 

 

流動資産

 

 

現金及び預金

2,108,785

2,514,825

受取手形及び売掛金

18,417,153

18,942,583

商品及び製品

7,396,027

7,980,289

仕掛品

83,331

44,753

原材料及び貯蔵品

2,702,186

3,239,254

その他

1,859,307

2,041,088

貸倒引当金

4,063

2,289

流動資産合計

32,562,729

34,760,504

固定資産

 

 

有形固定資産

 

 

建物及び構築物(純額)

4,111,214

6,613,248

土地

3,487,847

3,487,847

その他(純額)

4,050,819

3,775,655

有形固定資産合計

11,649,881

13,876,750

無形固定資産

389,278

466,247

投資その他の資産

 

 

投資有価証券

6,044,421

6,760,798

退職給付に係る資産

54,488

その他

597,778

451,568

貸倒引当金

3,659

3,512

投資その他の資産合計

6,693,028

7,208,855

固定資産合計

18,732,189

21,551,852

資産合計

51,294,918

56,312,357

負債の部

 

 

流動負債

 

 

支払手形及び買掛金

12,134,671

13,708,221

1年内返済予定の長期借入金

77,440

202,652

未払金

5,577,664

5,226,822

未払法人税等

952,130

772,438

売上割戻引当金

35,609

81,888

販売促進引当金

2,745

1,423,438

賞与引当金

349,078

389,657

その他

920,588

417,373

流動負債合計

20,049,927

22,222,492

固定負債

 

 

長期借入金

1,122,560

1,677,906

役員退職慰労引当金

804,156

757,096

退職給付に係る負債

12,735

28,275

その他

792,245

929,197

固定負債合計

2,731,698

3,392,474

負債合計

22,781,625

25,614,967

 

 

 

 

(単位:千円)

 

前連結会計年度

(2020年3月31日)

当第2四半期連結会計期間

(2020年9月30日)

純資産の部

 

 

株主資本

 

 

資本金

1,441,669

1,441,669

資本剰余金

942,527

942,527

利益剰余金

26,613,177

28,431,210

自己株式

2,162,718

2,162,718

株主資本合計

26,834,656

28,652,689

その他の包括利益累計額

 

 

その他有価証券評価差額金

2,045,553

2,478,332

繰延ヘッジ損益

70,348

8,762

為替換算調整勘定

125,278

149,976

退職給付に係る調整累計額

311,986

292,417

その他の包括利益累計額合計

1,678,636

2,044,701

純資産合計

28,513,292

30,697,390

負債純資産合計

51,294,918

56,312,357

 

(2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】

【四半期連結損益計算書】
【第2四半期連結累計期間】

 

 

(単位:千円)

 

前第2四半期連結累計期間

(自 2019年4月1日

 至 2019年9月30日)

当第2四半期連結累計期間

(自 2020年4月1日

 至 2020年9月30日)

売上高

42,294,361

43,284,961

売上原価

26,757,695

26,334,468

売上総利益

15,536,666

16,950,492

販売費及び一般管理費

13,998,261

14,384,544

営業利益

1,538,404

2,565,948

営業外収益

 

 

受取利息

3

6

受取配当金

85,983

87,925

持分法による投資利益

116,022

仕入割引

16,937

19,118

賃貸料収入

36,057

35,665

その他

30,680

24,635

営業外収益合計

169,662

283,374

営業外費用

 

 

支払利息

2,152

2,807

賃貸収入原価

20,895

16,641

持分法による投資損失

23,491

その他

8,663

11,451

営業外費用合計

55,202

30,900

経常利益

1,652,864

2,818,421

特別利益

 

 

固定資産売却益

10,750

611

投資有価証券売却益

880

特別利益合計

11,631

611

特別損失

 

 

固定資産除却損

1,395

7,846

固定資産売却損

991

投資有価証券売却損

130

災害による損失

3,519

特別損失合計

1,525

12,357

税金等調整前四半期純利益

1,662,969

2,806,675

法人税等

547,646

725,142

四半期純利益

1,115,322

2,081,533

親会社株主に帰属する四半期純利益

1,115,322

2,081,533

 

【四半期連結包括利益計算書】
【第2四半期連結累計期間】

 

 

(単位:千円)

 

前第2四半期連結累計期間

(自 2019年4月1日

 至 2019年9月30日)

当第2四半期連結累計期間

(自 2020年4月1日

 至 2020年9月30日)

四半期純利益

1,115,322

2,081,533

その他の包括利益

 

 

その他有価証券評価差額金

104,188

432,779

繰延ヘッジ損益

4,226

61,585

退職給付に係る調整額

10,382

17,087

持分法適用会社に対する持分相当額

31,760

22,216

その他の包括利益合計

129,793

366,064

四半期包括利益

985,529

2,447,598

(内訳)

 

 

親会社株主に係る四半期包括利益

985,529

2,447,598

非支配株主に係る四半期包括利益

 

(3)【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】

 

 

(単位:千円)

 

前第2四半期連結累計期間

(自 2019年4月1日

 至 2019年9月30日)

当第2四半期連結累計期間

(自 2020年4月1日

 至 2020年9月30日)

営業活動によるキャッシュ・フロー

 

 

税金等調整前四半期純利益

1,662,969

2,806,675

減価償却費

454,562

462,716

貸倒引当金の増減額(△は減少)

1,272

1,920

その他の引当金の増減額(△は減少)

1,454,380

1,460,491

受取利息及び受取配当金

85,986

87,931

支払利息

2,152

2,807

為替差損益(△は益)

651

537

持分法による投資損益(△は益)

23,491

116,022

売上債権の増減額(△は増加)

3,294,740

525,429

たな卸資産の増減額(△は増加)

583,092

1,244,271

未収入金の増減額(△は増加)

43,993

250,064

仕入債務の増減額(△は減少)

162,064

1,573,550

未払金の増減額(△は減少)

1,434,006

1,573,624

その他

720,726

36,591

小計

290,774

2,469,847

利息及び配当金の受取額

85,986

87,931

利息の支払額

2,214

3,190

法人税等の支払額

100,952

907,549

法人税等の還付額

2,613

営業活動によるキャッシュ・フロー

273,594

1,649,652

投資活動によるキャッシュ・フロー

 

 

有形固定資産の取得による支出

1,169,154

1,638,128

投資有価証券の取得による支出

12,687

4,407

貸付金の回収による収入

167

233

その他

52,127

20,027

投資活動によるキャッシュ・フロー

1,233,803

1,622,276

財務活動によるキャッシュ・フロー

 

 

長期借入れによる収入

1,200,000

700,000

長期借入金の返済による支出

19,442

ファイナンス・リース債務の返済による支出

37,337

38,212

自己株式の取得による支出

137

配当金の支払額

169,396

263,500

財務活動によるキャッシュ・フロー

993,129

378,844

現金及び現金同等物に係る換算差額

193

181

現金及び現金同等物の増減額(△は減少)

32,726

406,039

現金及び現金同等物の期首残高

810,711

2,108,785

現金及び現金同等物の四半期末残高

843,437

2,514,825

 

【注記事項】

(四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

(税金費用の計算)

 税金費用については、当第2四半期連結会計期間を含む連結会計年度の税引前当期純利益に対する税効果会計適用後の実効税率を合理的に見積り、税引前四半期純利益に当該見積実効税率を乗じて計算しています。

 

(追加情報)

(新型コロナウイルス感染症に関する会計上の見積り)

 新型コロナウイルス感染症の流行やその収束時期等の仮定について、当連結会計年度の第1四半期報告書の(追加情報)の記載から重要な変更はありません。

 

(四半期連結損益計算書関係)

※ 販売費及び一般管理費のうち主要なもの

 

 前第2四半期連結累計期間

(自  2019年4月1日

  至  2019年9月30日)

 当第2四半期連結累計期間

(自  2020年4月1日

  至  2020年9月30日)

販売奨励金

7,401,481千円

7,684,416千円

販売促進引当金繰入額

1,349,362

1,423,438

広告宣伝費

879,645

775,829

荷造運賃

1,040,686

1,097,597

給料及び手当

765,938

783,787

 

(四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

※ 現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係

 

前第2四半期連結累計期間

(自  2019年4月1日

至  2019年9月30日)

当第2四半期連結累計期間

(自  2020年4月1日

至  2020年9月30日)

現金及び預金勘定

843,437千円

2,514,825千円

現金及び現金同等物

843,437

2,514,825

 

(株主資本等関係)

Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自 2019年4月1日 至 2019年9月30日)

配当に関する事項

(1) 配当金支払額

2019年6月27日の第90期定時株主総会において、次のとおり決議しています。

・普通株式の配当に関する事項

(イ)配当金の総額             169,396千円

(ロ)1株当たり配当額             18円00銭

(ハ)基準日               2019年3月31日

(ニ)効力発生日             2019年6月28日

(ホ)配当の原資               利益剰余金

 

(2) 基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間末後となるもの

2019年11月14日開催の取締役会において、次のとおり決議しています。

・普通株式の配当に関する事項

(イ)配当金の総額             169,395千円

(ロ)1株当たり配当額             18円00銭

(ハ)基準日               2019年9月30日

(ニ)効力発生日             2019年12月6日

(ホ)配当の原資               利益剰余金

 

Ⅱ 当第2四半期連結累計期間(自 2020年4月1日 至 2020年9月30日)

配当に関する事項

(1) 配当金支払額

2020年6月26日の第91期定時株主総会において、次のとおり決議しています。

・普通株式の配当に関する事項

(イ)配当金の総額             263,500千円

(ロ)1株当たり配当額             28円00銭

   (うち記念配当10円を含む)

(ハ)基準日               2020年3月31日

(ニ)効力発生日             2020年6月29日

(ホ)配当の原資               利益剰余金

 

(2) 基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間末後となるもの

2020年11月12日開催の取締役会において、次のとおり決議しています。

・普通株式の配当に関する事項

(イ)配当金の総額             235,268千円

(ロ)1株当たり配当額             25円00銭

   (うち記念配当7円を含む)

(ハ)基準日               2020年9月30日

(ニ)効力発生日             2020年12月4日

(ホ)配当の原資               利益剰余金

 

(セグメント情報等)

【セグメント情報】

前第2四半期連結累計期間(自 2019年4月1日 至 2019年9月30日)および当第2四半期連結累計期間(自 2020年4月1日 至 2020年9月30日)

 当社グループは、食品事業およびこの付帯事業の単一セグメントであるため、記載を省略しています。

 

(金融商品関係)

  1年内返済予定の長期借入金、長期借入金およびデリバティブ取引が、企業集団の事業の運営において重要なものとなっており、かつ、前連結会計年度の末日に比べて著しい変動が認められます。

 

前連結会計年度(2020年3月31日)

 科目

連結貸借対照表計上額

(千円)

時価(千円)

差額(千円)

(1)1年内返済予定の長期借入金

77,440

77,440

(2)長期借入金

1,122,560

1,105,091

△17,468

(3)デリバティブ取引(※)

100,311

100,311

 (※)デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しています。

 

    当第2四半期連結会計期間(2020年9月30日)

 科目

四半期連結貸借対照表計上額(千円)

時価(千円)

差額(千円)

(1)1年内返済予定の長期借入金

202,652

202,652

(2)長期借入金

1,677,906

1,658,919

△18,986

(3)デリバティブ取引(※)

12,494

12,494

 (※)デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しています。

 

   (注)金融商品の時価の算定方法

   (1)1年内返済予定の長期借入金

 短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっています。

   (2)長期借入金

 元利金の合計額を、同様の新規借入を行った場合に想定される利率で割り引いた現在価値により算定しています。

   (3)デリバティブ取引

 取引先金融機関から提示された価格等にもとづき算定しています。

 

(1株当たり情報)

 1株当たり四半期純利益および算定上の基礎は、以下のとおりです。

 

前第2四半期連結累計期間

(自 2019年4月1日

至 2019年9月30日)

当第2四半期連結累計期間

(自 2020年4月1日

至 2020年9月30日)

   1株当たり四半期純利益

      118円51銭

      221円19銭

(算定上の基礎)

 

 

親会社株主に帰属する四半期純利益(千円)

1,115,322

2,081,533

普通株主に帰属しない金額(千円)

普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純利益(千円)

1,115,322

2,081,533

普通株式の期中平均株式数(株)

9,410,876

9,410,745

(注) 潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式が存在しないため記載していません。

 

2【その他】

 2020年11月12日開催の取締役会において、当期中間配当に関し、次のとおり決議しています。

  (イ)中間配当による配当金の総額             235,268千円

    (ロ)1株当たりの金額                   25円00銭

       (うち記念配当7円を含む)

    (ハ)支払請求の効力発生日および支払開始日      2020年12月4日

  (注) 2020年9月30日現在の株主名簿に記載又は記録された株主に対し、支払いを行います。

 

第二部【提出会社の保証会社等の情報】

 該当事項はありません。

 

 

 

独立監査人の四半期レビュー報告書

 

 

    2020年11月12日

はごろもフーズ株式会社

取締役会 御中

 

双研日栄監査法人

 東京都中央区

 

 

指定社員

業務執行社員

 

公認会計士

吉澤 秀雄  ㊞

 

 

指定社員

業務執行社員

 

公認会計士

箕輪 光紘  ㊞

 

 

監査人の結論

当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられているはごろもフーズ株式会社の2020年4月1日から2021年3月31日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間(2020年7月1日から2020年9月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(2020年4月1日から2020年9月30日まで)に係る四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書、四半期連結キャッシュ・フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。

当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、はごろもフーズ株式会社及び連結子会社の2020年9月30日現在の財政状態並びに同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示していないと信じさせる事項が全ての重要な点において認められなかった。

 

監査人の結論の根拠

当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行った。四半期レビューの基準における当監査法人の責任は、「四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。

 

四半期連結財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。

四半期連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき四半期連結財務諸表を作成することが適切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に基づいて継続企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。

監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。

 

四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任

監査人の責任は、監査人が実施した四半期レビューに基づいて、四半期レビュー報告書において独立の立場から四半期連結財務諸表に対する結論を表明することにある。

監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に従って、四半期レビューの過程を通じて、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。

・ 主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対する質問、分析的手続その他の四半期レビュー手続を実施する。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。

・ 継続企業の前提に関する事項について、重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認められると判断した場合には、入手した証拠に基づき、四半期連結財務諸表において、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、適正に表示されていないと信じさせる事項が認められないかどうか結論付ける。また、継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、四半期レビュー報告書において四半期連結財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する四半期連結財務諸表の注記事項が適切でない場合は、四半期連結財務諸表に対して限定付結論又は否定的結論を表明することが求められている。監査人の結論は、四半期レビュー報告書日までに入手した証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。

・ 四半期連結財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠していないと信じさせる事項が認められないかどうかとともに、関連する注記事項を含めた四半期連結財務諸表の表示、構成及び内容、並びに四半期連結財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示していないと信じさせる事項が認められないかどうかを評価する。

・ 四半期連結財務諸表に対する結論を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する証拠を入手する。監査人は、四半期連結財務諸表の四半期レビューに関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で監査人の結論に対して責任を負う。

監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した四半期レビューの範囲とその実施時期、四半期レビュー上の重要な発見事項について報告を行う。

監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを講じている場合はその内容について報告を行う。

 

利害関係

会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。

         以上

(注) 1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報告書提出会社)が別途保管しております。

2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。

 

E00508-000 2020-11-13