EDINET閲覧(提出)サイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)をもとに上場企業サーチ作成

本ページはEDINETに提出された開示情報を上場企業サーチが加工/編集したものであり、記載された情報の正確性および完全性について上場企業サーチは一切の保証を行いません。本ページの情報を利用する際は自己の責任で判断頂き、意思決定に際しては適宜EDINETや提出会社が公開するオリジナルを参照する様にしてください。本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

【表紙】

 

【提出書類】

有価証券報告書

【根拠条文】

金融商品取引法第24条第1項

【提出先】

近畿財務局長

【提出日】

2021年6月22日

【事業年度】

第99期(自 2020年3月26日 至 2021年3月25日)

【会社名】

新内外綿株式会社

【英訳名】

SHINNAIGAI TEXTILE LTD.

【代表者の役職氏名】

代表取締役 社長執行役員  田邉 謙太朗

【本店の所在の場所】

大阪市中央区備後町三丁目2番6号

【電話番号】

06(4705)3781(代表)

【事務連絡者氏名】

取締役 執行役員 業務部長  石田 仁紀

【最寄りの連絡場所】

大阪市中央区備後町三丁目2番6号

【電話番号】

06(4705)3781(代表)

【事務連絡者氏名】

取締役 執行役員 業務部長  石田 仁紀

【縦覧に供する場所】

株式会社東京証券取引所

(東京都中央区日本橋兜町2番1号)

 

E00536 31250 新内外綿株式会社 SHINNAIGAI TEXTILE LTD. 企業内容等の開示に関する内閣府令 第三号様式 Japan GAAP true CTE CTE 2020-03-26 2021-03-25 FY 2021-03-25 2019-03-26 2020-03-25 2020-03-25 1 false false false E00536-000 2020-03-25 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RevaluationReserveForLandMember E00536-000 2020-03-25 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00536-000 2021-03-25 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00536-000 2021-03-25 jppfs_cor:CapitalStockMember E00536-000 2021-03-25 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00536-000 2021-03-25 jppfs_cor:TreasuryStockMember E00536-000 2021-03-25 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00536-000 2020-03-26 2021-03-25 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00536-000 2021-03-25 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00536-000 2021-03-25 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E00536-000 2021-03-25 jppfs_cor:RevaluationReserveForLandMember E00536-000 2020-03-26 2021-03-25 jppfs_cor:CapitalStockMember E00536-000 2020-03-26 2021-03-25 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00536-000 2020-03-25 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E00536-000 2020-03-26 2021-03-25 jppfs_cor:TreasuryStockMember E00536-000 2020-03-26 2021-03-25 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00536-000 2020-03-26 2021-03-25 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00536-000 2020-03-26 2021-03-25 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E00536-000 2020-03-26 2021-03-25 jppfs_cor:RevaluationReserveForLandMember E00536-000 2021-03-25 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00536-000 2021-03-25 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E00536-000 2021-03-25 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00536-000 2021-03-25 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E00536-000 2021-03-25 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E00536-000 2021-03-25 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E00536-000 2021-03-25 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00536-000 2021-03-25 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00536-000 2021-03-25 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E00536-000 2021-03-25 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RevaluationReserveForLandMember E00536-000 2020-03-26 2021-03-25 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00536-000 2020-03-26 2021-03-25 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E00536-000 2020-03-26 2021-03-25 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00536-000 2020-03-26 2021-03-25 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E00536-000 2020-03-26 2021-03-25 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E00536-000 2020-03-26 2021-03-25 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E00536-000 2020-03-26 2021-03-25 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00536-000 2020-03-26 2021-03-25 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00536-000 2019-03-25 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00536-000 2019-03-25 jppfs_cor:TreasuryStockMember E00536-000 2019-03-25 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00536-000 2019-03-25 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00536-000 2019-03-25 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E00536-000 2019-03-25 jppfs_cor:RevaluationReserveForLandMember E00536-000 2019-03-25 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00536-000 2019-03-26 2020-03-25 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00536-000 2019-03-26 2020-03-25 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00536-000 2019-03-26 2020-03-25 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E00536-000 2019-03-26 2020-03-25 jppfs_cor:RevaluationReserveForLandMember E00536-000 2019-03-26 2020-03-25 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00536-000 2019-03-26 2020-03-25 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00536-000 2019-03-26 2020-03-25 jppfs_cor:CapitalStockMember E00536-000 2019-03-26 2020-03-25 jppfs_cor:TreasuryStockMember E00536-000 2020-03-25 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00536-000 2020-03-25 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00536-000 2020-03-25 jppfs_cor:TreasuryStockMember E00536-000 2020-03-25 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00536-000 2020-03-25 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E00536-000 2020-03-25 jppfs_cor:RevaluationReserveForLandMember E00536-000 2020-03-25 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00536-000 2020-03-25 jppfs_cor:CapitalStockMember E00536-000 2019-03-25 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E00536-000 2019-03-25 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E00536-000 2019-03-25 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E00536-000 2019-03-25 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00536-000 2019-03-25 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E00536-000 2019-03-25 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00536-000 2019-03-25 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00536-000 2019-03-25 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E00536-000 2019-03-25 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RevaluationReserveForLandMember E00536-000 2019-03-25 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00536-000 2019-03-26 2020-03-25 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E00536-000 2019-03-26 2020-03-25 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E00536-000 2019-03-26 2020-03-25 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E00536-000 2019-03-26 2020-03-25 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00536-000 2020-03-26 2021-03-25 jpcrp_cor:OutsideDirectorsAndOtherOfficersMember E00536-000 2021-03-25 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00536-000 2020-03-26 2021-03-25 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00536-000 2020-03-25 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00536-000 2019-03-26 2020-03-25 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00536-000 2019-03-25 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00536-000 2018-03-26 2019-03-25 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00536-000 2018-03-25 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00536-000 2017-03-26 2018-03-25 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00536-000 2017-03-25 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00536-000 2016-03-26 2017-03-25 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00536-000 2019-03-25 jppfs_cor:CapitalStockMember E00536-000 2021-03-25 jpcrp_cor:No9MajorShareholdersMember E00536-000 2019-03-26 2020-03-25 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E00536-000 2019-03-26 2020-03-25 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00536-000 2019-03-26 2020-03-25 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00536-000 2019-03-26 2020-03-25 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E00536-000 2019-03-26 2020-03-25 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RevaluationReserveForLandMember E00536-000 2019-03-26 2020-03-25 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00536-000 2021-06-22 jpcrp_cor:Row9Member E00536-000 2021-06-22 jpcrp_cor:Row8Member E00536-000 2021-06-22 jpcrp_cor:Row7Member E00536-000 2021-06-22 jpcrp_cor:Row6Member E00536-000 2021-06-22 jpcrp_cor:Row5Member E00536-000 2021-06-22 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E00536-000 2021-03-25 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E00536-000 2021-03-25 jpcrp_cor:SharesWithNoVotingRightsMember E00536-000 2021-03-25 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsTreasurySharesEtcMember E00536-000 2021-03-25 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsOtherMember E00536-000 2020-03-25 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E00536-000 2020-03-25 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E00536-000 2020-03-25 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00536-000 2020-03-25 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E00536-000 2020-03-25 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00536-000 2020-03-25 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00536-000 2020-03-25 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E00536-000 2020-03-26 2021-03-25 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E00536-000 2020-03-26 2021-03-25 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RevaluationReserveForLandMember E00536-000 2021-03-25 jpcrp_cor:No1MajorShareholdersMember E00536-000 2021-03-25 jpcrp_cor:No2MajorShareholdersMember E00536-000 2021-03-25 jpcrp_cor:No3MajorShareholdersMember E00536-000 2021-03-25 jpcrp_cor:No4MajorShareholdersMember E00536-000 2021-03-25 jpcrp_cor:No5MajorShareholdersMember E00536-000 2021-03-25 jpcrp_cor:No6MajorShareholdersMember E00536-000 2021-03-25 jpcrp_cor:No7MajorShareholdersMember E00536-000 2021-03-25 jpcrp_cor:No8MajorShareholdersMember E00536-000 2021-03-25 jpcrp_cor:No10MajorShareholdersMember E00536-000 2021-03-25 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E00536-000 2020-03-26 2021-03-25 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E00536-000 2020-03-25 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E00536-000 2019-03-26 2020-03-25 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E00536-000 2019-03-25 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E00536-000 2021-03-25 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E00536-000 2020-03-26 2021-03-25 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E00536-000 2020-03-25 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E00536-000 2019-03-26 2020-03-25 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E00536-000 2019-03-25 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E00536-000 2021-03-25 jpcrp_cor:Row1Member E00536-000 2020-03-25 jpcrp_cor:Row1Member E00536-000 2021-06-22 jpcrp_cor:Row1Member E00536-000 2021-06-22 jpcrp_cor:Row2Member E00536-000 2021-06-22 jpcrp_cor:Row3Member E00536-000 2021-06-22 jpcrp_cor:Row4Member E00536-000 2021-06-22 jpcrp030000-asr_E00536-000:HidetakaNagatoMember E00536-000 2021-06-22 jpcrp030000-asr_E00536-000:KentaroTanabeMember E00536-000 2021-06-22 jpcrp030000-asr_E00536-000:MasakiIshidaMember E00536-000 2021-06-22 jpcrp030000-asr_E00536-000:YoshifumiTabuchiMember E00536-000 2021-06-22 jpcrp030000-asr_E00536-000:MamoruKatoMember E00536-000 2021-06-22 jpcrp030000-asr_E00536-000:NobuyukiNakayamaMember E00536-000 2021-06-22 jpcrp030000-asr_E00536-000:MakotoTsujimotoMember E00536-000 2020-03-26 2021-03-25 jpcrp_cor:DirectorsExcludingOutsideDirectorsMember E00536-000 2020-03-26 2021-03-25 jpcrp_cor:CorporateAuditorsExcludingOutsideCorporateAuditorsMember E00536-000 2017-03-25 E00536-000 2016-03-26 2017-03-25 E00536-000 2021-03-25 E00536-000 2020-03-26 2021-03-25 E00536-000 2020-03-25 E00536-000 2019-03-26 2020-03-25 E00536-000 2019-03-25 E00536-000 2018-03-26 2019-03-25 E00536-000 2018-03-25 E00536-000 2017-03-26 2018-03-25 E00536-000 2021-06-22 E00536-000 2021-03-25 jpcrp_cor:SharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E00536-000 2021-03-25 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E00536-000 2021-03-25 jpcrp_cor:SharesWithFullVotingRightsOtherMember E00536-000 2021-03-25 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsOtherMember E00536-000 2021-03-25 jpcrp_cor:SharesLessThanOneUnitMember E00536-000 2021-03-25 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesLessThanOneUnitMember E00536-000 2021-06-22 jpcrp030000-asr_E00536-000:YoshihideOhiwaMember xbrli:pure iso4217:JPY iso4217:JPY xbrli:shares xbrli:shares

第一部【企業情報】

第1【企業の概況】

1【主要な経営指標等の推移】

(1)連結経営指標等

 

回次

第95期

第96期

第97期

第98期

第99期

決算年月

2017年3月

2018年3月

2019年3月

2020年3月

2021年3月

売上高

(千円)

5,944,843

4,958,505

4,961,236

4,077,286

2,939,197

経常利益又は経常損失(△)

(千円)

179,355

23,171

10,433

78,526

214,721

親会社株主に帰属する当期純利益又は親会社株主に帰属する当期純損失(△)

(千円)

90,246

23,772

197

213,786

851,832

包括利益

(千円)

107,079

2,544

3,037

198,316

863,436

純資産額

(千円)

2,872,736

2,820,150

2,777,902

2,540,428

1,647,656

総資産額

(千円)

4,695,003

4,670,405

4,639,307

4,157,986

3,037,918

1株当たり純資産額

(円)

1,465.71

1,439.02

1,417.38

1,295.40

839.18

1株当たり当期純利益又は1株当たり当期純損失(△)

(円)

46.14

12.15

0.10

109.32

435.61

潜在株式調整後1株当たり当期純利益

(円)

自己資本比率

(%)

61.1

60.3

59.7

60.9

54.0

自己資本利益率

(%)

3.2

0.8

0.0

8.1

40.8

株価収益率

(倍)

23.0

7,742.6

営業活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

239,087

34,527

320,724

7,073

44,765

投資活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

94,476

21,289

26,753

141,141

42,922

財務活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

107,528

21,402

103,546

3,492

43,461

現金及び現金同等物の期末残高

(千円)

161,883

125,858

316,636

173,675

216,958

従業員数

(人)

103

95

99

86

82

[外、平均臨時雇用者数]

[78]

[74]

[69]

[65]

[56]

 (注)1.売上高には、消費税及び地方消費税(以下「消費税等」という。)は含まれておりません。

2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、第95期および第97期は潜在株式が存在せず、第96期、第98期および第99期は1株当たり当期純損失であり、また、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

3.第96期、第98期および第99期の株価収益率については、1株当たり当期純損失であるため記載しておりません。

4.当社は、2017年9月26日付で普通株式10株につき1株の割合で株式併合を行っております。第94期の期首に当該株式併合が行われたと仮定し、1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益又は1株当たり当期純損失を算定しております。

 

(2)提出会社の経営指標等

 

回次

第95期

第96期

第97期

第98期

第99期

決算年月

2017年3月

2018年3月

2019年3月

2020年3月

2021年3月

売上高

(千円)

4,427,853

3,812,083

3,719,994

3,045,331

2,294,001

経常利益又は経常損失(△)

(千円)

164,446

9,221

16,422

74,173

174,693

当期純利益又は当期純損失(△)

(千円)

123,212

3,782

11,827

154,487

747,274

資本金

(千円)

731,404

731,404

731,404

731,404

731,404

発行済株式総数

(株)

19,598,000

1,959,800

1,959,800

1,959,800

1,959,800

純資産額

(千円)

2,879,229

2,828,275

2,800,561

2,605,872

1,831,734

総資産額

(千円)

4,700,673

4,646,770

4,740,631

4,266,639

3,317,815

1株当たり純資産額

(円)

1,472.03

1,446.18

1,432.10

1,332.58

936.71

1株当たり配当額

(円)

2.50

20.00

20.00

15.00

0.00

(内1株当たり中間配当額)

(0.00)

(0.00)

(0.00)

(0.00)

(0.00)

1株当たり当期純利益又は1株当たり当期純損失(△)

(円)

62.99

1.93

6.05

79.00

382.14

潜在株式調整後1株当たり当期純利益

(円)

自己資本比率

(%)

61.3

60.9

59.1

61.1

55.2

自己資本利益率

(%)

4.4

0.1

0.4

5.7

33.7

株価収益率

(倍)

16.8

129.0

配当性向

(%)

39.7

330.7

従業員数

(人)

37

37

40

36

35

[外、平均臨時雇用者数]

[5]

[2]

[3]

[4]

[3]

株主総利回り

(%)

116.7

111.0

90.9

67.4

64.8

(比較指標:配当込み TOPIX)

(%)

(116.9)

(130.0)

(126.6)

(118.3)

(164.6)

最高株価

(円)

117

1,134

1,016

2,009

975

 

 

 

(150)

 

 

 

最低株価

(円)

76

987

728

505

484

 

 

 

(92)

 

 

 

 (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。

2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、第95期および第97期は潜在株式が存在せず、第96期、第98期および第99期は1株当たり当期純損失であり、また、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

3.第96期、第98期および第99期の株価収益率および配当性向については、1株当たり当期純損失であるため記載しておりません。

4.当社は、2017年9月26日付で普通株式10株につき1株の割合で株式併合を行っております。第94期の期首に当該株式併合が行われたと仮定し、1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益又は1株当たり当期純損失を算定しております。

5.最高株価および最低株価は、東京証券取引所(市場第二部)におけるものであります。

6.当社は、2017年9月26日付で普通株式10株につき1株の割合で株式併合を行っております。第96期の株価については株式併合後の最高株価および最低株価を記載しており、( )内に株式併合前の最高株価および最低株価を記載しております。

 

2【沿革】

年月

事項

1887年9月

有限会社内外綿設立

1893年11月

有限会社内外綿は株式会社組織に改組して内外綿株式会社となる。

1948年12月

内外綿株式会社の第2会社として企業再建整備法により新内外綿株式会社設立

 

本社所在地、岐阜県海津郡南濃町駒野778番地に移転(資本金6千万円)

1948年12月

本社を大阪市東区高麗橋2丁目1番地に移転

1949年3月

駒野工場(岐阜県海津郡)操業開始

1950年1月

大阪証券取引所に上場

1952年1月

中部綿業株式会社からの現物出資により資本金84,000千円

1953年3月

本社を大阪市東区大川町66番地に移転

1953年7月

住友商事株式会社が筆頭株主となる。

1957年12月

彦根工場(滋賀県彦根市)新設操業開始

1964年9月

本社を大阪市東区高麗橋5丁目45番地に移転

1967年1月

敷島紡績株式会社が住友商事株式会社にかわって筆頭株主となる。

1978年3月

駒野工場を分離し、株式会社ナイガイテキスタイルを設立

1981年6月

内外綿株式会社清算結了

1987年4月

東京営業所を東京都港区北青山2丁目7番地28号に開設

1988年10月

東京営業所を東京都港区南青山5丁目13番地3号に移転

1989年2月

合区により本社の住居表示を変更(大阪市中央区高麗橋四丁目2番7号)

1991年1月

彦根工場遊休土地にゴルフ練習場を建設し、エスエヌアメニティ株式会社に賃貸する。

1991年12月

東京営業所を東京都中央区小伝馬町14番4号に移転

1994年4月

東京営業所を東京都中央区堀留町2丁目1番3号に移転

1998年6月

彦根工場の紡績操業停止

1999年12月

東京営業所を東京都中央区日本橋本町1丁目10番5号に移転

2000年4月

本社を大阪市中央区備後町三丁目2番6号(現在地)に移転

2001年2月

エスエヌアメニティ株式会社解散

2002年3月

彦根工場跡地売却完了

2003年4月

シキボウ株式会社引受による第三者割当増資実施により同社の子会社となる。

2004年6月

東京営業所を南青山オフィスと改称し東京都港区南青山四丁目2番1号に移転

2005年9月

中国の恒明錦業染整有限公司に出資し、関連会社化

2006年6月

南青山オフィスを東京都港区南青山四丁目1番12号に移転

2010年3月

中国の恒明錦業染整有限公司の清算を決議

2011年3月

中国の恒明錦業染整有限公司を清算

2012年7月

南青山オフィスを東京オフィスと改称し東京都渋谷区渋谷一丁目8番7号(現在地)に移転

2013年7月

 

東京証券取引所と大阪証券取引所の市場統合に伴い、大阪証券取引所市場第二部は、東京証券取引所市場第二部に統合

2014年1月

J.P.BOSCO CO.,LTD.(現・連結子会社)の株式取得

2021年4月

シキボウ株式会社と株式交換契約締結

 

3【事業の内容】

 当社の企業集団は、当社、親会社1社および子会社2社で構成され、繊維製品の製造販売を主な事業内容としております。
 その内容は次のとおりであります。
 当社は糸、織編物生地および衣料品の製造、加工及び販売を行っており、糸の製造は連結子会社の㈱ナイガイテキスタイルに委託しております。
 また、当社グループは親会社のシキボウ㈱より原料、原糸の一部を購入しており、同社は原糸および生地の一部を当社より購入しております。

 タイの販売子会社であるJ.P.BOSCO社より原糸の一部を購入しております。

 なお、当社グループは、繊維事業およびこれに付帯する事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略しております。

 

 以上述べた事項を事業系統図によって示すと、次のとおりであります。
 

0101010_001.png

 

4【関係会社の状況】

名称

住所

資本金

主要な事業の内容

議決権の所有割合又は被所有割合

(%)

関係内容

役員の兼任等

事業上の関係

(親会社)

 

 

 

 

 

 

シキボウ㈱

注1

大阪市中央区

11,336

百万円

繊維事業

その他の事業

被所有

52.3

転籍 2人

原料、原糸の購入

原糸、生地販売

(連結子会社)

 

 

 

 

 

 

㈱ナイガイテキスタイル

注2

岐阜県海津市

99

百万円

繊維事業

100.0

兼任 2人

当社からの紡績委託加工

工場土地・建物の賃貸借

J.P.BOSCO CO.,LTD.

注2.3.4

タイ国

バンコク

28,750

千タイバーツ

繊維事業

97.5

(1.0)

兼任 2人

 

原糸の購入等

 

 (注)1.有価証券報告書の提出会社であります。

2.特定子会社に該当しております。

3.J.P.BOSCO CO.,LTD.の資本金は、登録資本金100,000千タイバーツのうち、払込済資本金28,750千タイバーツを記載しております。

4.議決権の所有割合の( )内は、間接所有割合で内数であります。

5.J.P.BOSCO CO.,LTD.については、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く。)の連結売上高に占める割合が10%を超えております。

主要な損益情報等      (1)売上高           785百万円

(2)経常利益        △6百万円

(3)当期純損失      △10百万円

(4)純資産額         239百万円

(5)総資産額         462百万円

5【従業員の状況】

(1)連結会社の状況

 

2021年3月25日現在

事業部門の名称

従業員数(人)

紡績部門

55

[53]

テキスタイル・製品部門

18

[2]

全社(共通)

9

[1]

合計

82

[56]

 (注)1.従業員数は就業人員であり、嘱託、臨時従業員は[ ]内に年間の平均人員を外数で記載しております。

2.全社(共通)として、記載されている従業員は、特定の部門に区分できない管理部門に所属しているものであります。

3. 当社グループは、繊維事業およびこれに付帯する事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略しております。

(2)提出会社の状況

 

 

 

 

 

 

2021年3月25日現在

従業員数(人)

平均年令

平均勤続年数

平均年間給与(円)

35

[3]

46

0カ月

18

4カ月

5,850,235

 (注)1.従業員数は就業人員であります。

2.従業員数の[ ]は、臨時従業員の年間平均雇用人員であります。

3.平均年間給与(税込み)は、基準外賃金および賞与が含まれております。

4. 当社は、繊維事業およびこれに付帯する事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略しております。

(3)労働組合の状況

 当社グループの労働組合は、UAゼンセン同盟新内外テキスタイル労働組合と称し、ゼンセン同盟総合繊維部会に加盟しております。当期末現在の組合員数は57人であります。

第2【事業の状況】

1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

 文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。

 

(1)経営方針

 当社グループは、柔軟な技術やソフトによる革新的なもの作りをもって、健康に配慮し地球環境への貢献を目指し、衣料文化を育み生活を豊かにして、利益成長を継続しながら社会につくします。

 

(2)経営環境及び対処すべき課題

 昨年から今年度にかけ、海外および国内経済は依然として新型コロナウイルス感染症の影響が続き、景気動向にはますます不透明感が出ております。

 当社グループは新中期経営計画(2018~2020年度)の最終事業年度でありましたが、今般の新型コロナウイルス感染症の影響に鑑み、2020年度の中期経営計画を凍結し、代わりに、それに対応するための緊急経営計画「Revival Plan 2020-2021」を策定しました。中期経営計画の方針を継続しながら、新型コロナウイルス感染症の影響を最小限に食い止めるため、工場の一時休業、管理販売費等の経費の見直しによる支出の削減等に努めました。また、減少した売上高に対処するため、紡績部門においては、サステナビリティを軸とした戦略を打ち出し、綿花産地との取り組みによりトレーサビリティの高いオーガニックコットンの供給による国内・海外市場の商権獲得を図ります。また、「SDGs」に沿った形で当社グループが貢献できる体制を作り上げ、世界のアパレル業界で「エコロジー」「環境保全」「サステナブル」が要求されつつある中、環境負荷軽減に配慮した商品を打ち出していきます。さらに、製品分野では、自然の植物から抽出した染料を使って糸を染める製法である「ボタニカルダイ」で作った抗ウイルス布製品マスクをECサイトで販売するなど新たな取り組みにも挑戦しております。今後も杢糸に加え環境に配慮したオーガニックコットンやボタニカルダイ等の販路拡大に務めてまいります。

 

2【事業等のリスク】

 当社グループの事業展開その他に関するリスク要因となる可能性があると考えられる主な事項は、以下のとおりであります。

 当社グループは、これらリスク発生の可能性を認識した上で、発生の回避および発生した場合の対応に努める方針であります。

 なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において、当社グループが判断したものであります。

① 事業環境および競合について

 当社グループは、紡績糸および織物・ニットの衣料用素材(テキスタイル)ならびに製品の製造、販売を行っておりますが、競争は年々激化してきております。また、いずれの分野においても有力な競合会社が存在しております。

 アパレルメーカー等に販売する当社グループとしては、きめ細かな納期管理、在庫管理が必要となります。

 このような対応が不十分な場合は、販売機会を逸し、当社グループの業績に影響を与える可能性があります。

② 取扱商品構成について

 紡績糸の売上高は、綿染糸の売上の占める割合が高く、綿染糸を使用した商品は、ファッショントレンドに左右されるため、その商品の需要動向によって当社グループの紡績糸の売上、ひいては業績に影響を与える可能性があります。

③ 原材料価格の変動について

 紡績糸の原材料である原綿は天然農産物であり、国際商品市況における原綿価格は、様々な要因により大きく変動します。加えて外貨建で購入するため、昨今の為替変動も最終価格に大きな影響を及ぼします。

 また、当社グループには、テンセルを素材とした商品群が数多くありますが、原料の供給メーカーであるレンチング社の独占状態にあるため、同社の販売政策によっては、価格が浮動する可能性があります。

 このような要因により、コストアップとなった場合において、それを製品価格に転嫁することは極めて難しい状況にあり、原綿やテンセル原料の価格が高騰した場合には、当社グループの業績に影響を与える可能性があります。

④ 外注依存度について

 当社グループでは、自社設備による生産は紡績糸のみで、テキスタイル以降の生産は、すべて外注生産に依存しております。したがって、外注先の経営方針や経営状態等の変動が、場合によっては、当社グループの業務執行に関して影響を与える可能性があります。

⑤ 中国との関係について

 当社グループの紡績部門およびテキスタイル・製品部門の織物分野については、中国での生産コスト上昇や円安による仕入れコストの上昇が業績に影響を与える可能性があります。

⑥ タイ国との関係について

 当社グループのタイ国における販売子会社については、同国の経済状況、政情などの要因が業績に影響を与える可能性があります。

⑦ 新型コロナウイルス感染症について

 今般の新型コロナウイルス感染症の拡大に対し、シキボウ㈱はグループ親会社として、新型コロナウイルス感染症対策本部を立ち上げ、当社を含むグループ各社の状況や情報の一元化を図っております。

 その中で、当社グループも従業員・顧客・取引先の健康管理を最優先とし、自己防衛に努めるとともに、在宅勤務の推進、会議室等を利用した分散勤務、Web会議・時差出勤の実施、海外・国内出張の自粛など、感染拡大の抑止に向けた各種対策を徹底し、引き続き事業を継続してまいります。

 しかしながら、更なる感染の拡大や事態が長期化した場合、経済活動の停滞に伴う売上の減少等、当社グループの事業活動に影響を及ぼす可能性があります。

 

3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

当連結会計年度の当社グループに関する財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下「経営成績等」という。)の状況の概要並びに経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は、以下のとおりであります。

なお、文中における将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものであります。

 

(1)経営成績

 当連結会計年度におけるわが国経済は、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、企業収益および個人消費の低迷、雇用環境の悪化など厳しい状況で推移しました。

 また、新型コロナウイルス感染症の収束時期が依然見通せず、景気の先行きは不透明な状況が続いております。

 このような状況のもとで、当社グループ紡績部門におきましては、環境に配慮した繊維再生システム「彩生」などにより販売先の拡大に努めましたが、新型コロナウイルス感染症の影響により、主力商品の杢糸の売上高が回復せず厳しい状況が続いております。また、タイ販売子会社におきましても、タイ国内および日本向け輸出販売の低迷により、売上高・利益面で苦戦となりました。この結果、同部門の売上高は18億85百万円となり、前連結会計年度比8億12百万円(30.1%)の減収となりました。テキスタイル・製品部門におきましては、杢糸を使用した自社製品ブランド「mocT(モクティ)」や、植物や果物由来の染料を使った染め糸「ボタニカルダイ」で作った抗ウイルス布製品マスクのECサイトでの販売など新たな取り組みにも挑戦しましたが、紡績部門同様に新型コロナウイルス感染症の影響による店頭販売の不振で、同部門の得意先からの受注も大幅に減少し、同部門の売上高は10億53百万円となり、前連結会計年度比3億25百万円(23.6%)の減収となりました。

 以上の結果、当連結会計年度の売上高は29億39百万円(前連結会計年度比27.9%減)、営業損失は2億30百万円(前年同期は営業損失85百万円)、経常損失は2億14百万円(前年同期は経常損失78百万円)、親会社株主に帰属する当期純損失は8億51百万円(前年同期は親会社株主に帰属する当期純損失2億13百万円)となりました。

 なお、当社グループは、繊維事業およびこれに付帯する事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略しております。

 

(2)財政状態

(資産)

 当連結会計年度末の総資産は、30億37百万円となり、前連結会計年度末に比べ11億20百万円の減少となりました。これは主に、たな卸資産、有形固定資産の減少等によるものであります。

(負債)

 当連結会計年度末の負債は、13億90百万円となり、前連結会計年度末に比べ2億27百万円の減少となりました。これは主に、再評価に係る繰延税金負債の減少等によるものであります。

(純資産)

 当連結会計年度末の純資産は、16億47百万円となり、前連結会計年度末に比べ8億92百万円の減少となりました。これは主に、利益剰余金、土地再評価差額金の減少等によるものであります。その結果、自己資本比率は前連結会計年度末に比べ6.9ポイント減少し、54.0%となりました。

 

(3)キャッシュ・フロー

 当連結会計年度末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前連結会計年度末に比べ43百万円増加し、当連結会計年度末には2億16百万円となりました。

 当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。

(営業活動によるキャッシュ・フロー)

 営業活動の結果獲得した資金は、44百万円(前連結会計年度は7百万円の使用)となりました。

これは主として、減損損失(8億44百万円)、売上債権の減少額(60百万円)、たな卸資産の減少額(2億7百万円)等による増加と税金等調整前当期純損失(10億59百万円)等による減少によるものであります。


(投資活動によるキャッシュ・フロー)

 投資活動の結果使用した資金は、42百万円(前連結会計年度は1億41百万円の使用)となりました。

これは主として、有形固定資産の取得による支出(39百万円)等による減少によるものであります。

 

(財務活動によるキャッシュ・フロー)

 財務活動の結果獲得した資金は、43百万円(前連結会計年度は3百万円の獲得)となりました。

これは主として、短期借入金の純増額(72百万円)等による増加と、配当金の支払額(29百万円)等による減少によるものであります。

 

(4)生産、受注及び販売の実績

①生産実績

 当社グループは、繊維事業の単一セグメントであり、当連結会計年度の生産実績を事業の種類別に示すと、次のとおりであります。

種別

当連結会計年度

(自 2020年3月26日

至 2021年3月25日)

前年同期比(%)

金額(千円)

紡績部門

1,617,493

61.8

テキスタイル・製品部門

764,658

70.8

合計

2,382,151

64.5

 (注)1.金額は製造原価によっております。

2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

②受注実績

 見込み生産のため、該当事項はありません。

③販売実績

 当社グループは、繊維事業の単一セグメントであり、当連結会計年度の販売実績を事業の種類別に示すと、次のとおりであります。

種別

当連結会計年度

(自 2020年3月26日

至 2021年3月25日)

前年同期比(%)

金額(千円)

紡績部門

1,885,794

69.9

テキスタイル・製品部門

1,053,402

76.4

合計

2,939,197

72.1

 (注)上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

 

(5)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

①重要な会計方針及び見積り

 当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成されております。この連結財務諸表の作成にあたって、必要と思われる見積りは、合理的な基準に基づいて実施しております。

 なお、当社グループの連結財務諸表で採用する重要な会計方針は、第5[経理の状況]1[連結財務諸表等](1)[連結財務諸表]「注記事項(連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)」に記載のとおりであります。

 

②当連結会計年度の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

 経営成績の分析

(売上高、営業損失)

 当連結会計年度の売上高は、29億39百万円(前連結会計年度比11億38百万円の減少)、また、営業損失は2億30百万円(前年同期は営業損失85百万円)となりました。主な要因は、紡績部門については、環境に配慮した繊維再生システム「彩生」などにより販売先の拡大に努めましたが、新型コロナウイルス感染症の影響により、主力商品の杢糸の売上高が回復せず厳しい状況が続いています。また、タイ販売子会社におきましても、タイ国内および日本向け輸出販売の低迷により、売上高・利益面で苦戦となりました。テキスタイル・製品部門については、杢糸を使用した自社製品ブランド「mocT(モクティ)」や、植物や果物由来の染料を使った染め糸「ボタニカルダイ」で作った抗ウイルス布製品マスクのECサイトでの販売など新たな取り組みにも挑戦しましたが、紡績部門同様に新型コロナウイルス感染症の影響による店頭販売の不振で、同部門の得意先からの受注も大幅に減少しました。

 なお、部門別の業績詳細は、「(1)経営成績」に記載のとおりであります。

(経常損失)

 当連結会計年度の営業外収益は、国内子会社の新型コロナウイルス感染症の影響に伴う助成金収入として雇用調整助成金48百万円等の計上により、前連結会計年度に比べ49百万円増加の63百万円となりました。また、営業外費用は、その人件費部分として雇用調整に係る労務費35百万円等の計上により、前連結会計年度に比べ41百万円増加の48百万円となりました。

 この結果、当連結会計年度の経常損失は、2億14百万円(前年同期は経常損失78百万円)となりました。

(親会社株主に帰属する当期純損失)

 当連結会計年度の特別損失は、減損損失等を計上したことにより8億45百万円となりました。

 また、法人税等合計は、△2億7百万円(前年同期は1億33百万円)となりました。

 この結果、当連結会計年度の親会社株主に帰属する当期純損失は、8億51百万円(前年同期は親会社株主に帰属する当期純損失2億13百万円)となりました。

 

財政状態の分析

 当連結会計年度の財政状態の分析につきましては、「(2)財政状態」に記載のとおりであります。

 

キャッシュ・フローの分析

 当連結会計年度のキャッシュ・フローの分析につきましては、「(3)キャッシュ・フロー」に記載のとおりであります。

 

 当社グループの経営成績に重要な影響を与える要因につきましては、第2[事業の状況]2[事業等のリスク]に記載のとおりであります。

 

当社グループの資本の財源及び資金の流動性につきましては、以下のとおりであります。

 当社グループの運転資金需要のうち主なものは、商品の仕入のほか、製造費用、販売費及び一般管理費等の営業費用であります。また、投資を目的とした資金需要は、設備投資によるものであります。

 当社グループは、財務の健全性や資本効率の向上を追求しながら、株主への適性な利益還元を実施するとともに、事業運営上必要な資金の流動性と資金の源泉を安定的に確保することを基本方針としております。

 短期運転資金、設備投資につきましては自己資金及び金融機関からの短期借入金での調達によるものであります。

 なお、当連結会計年度末における有利子負債の残高は2億56百万円となっております。また、当連結会計年度末における現金及び現金同等物の残高は2億16百万円となっております。

 

4【経営上の重要な契約等】

 当社は、2021年4月28日開催の取締役会において、シキボウ株式会社を株式交換完全親会社、当社を株式交換完全子会社とする株式交換を実施することを決議し、同日付で株式交換契約を締結いたしました。

 詳細は、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」の(重要な後発事象)をご参照ください。

 

5【研究開発活動】

 当連結会計年度におきまして、紡績部門といたしましては、従来より持続可能な社会創りに少しでも貢献できるよう地球環境と健康に配慮したエコフレンドリーな商品群を基本コンセプトに開発を進めてまいりました。

 当期は、新型コロナウイルス感染拡大による衛生加工素材への需要の高まりを受け、シキボウの抗ウイルス加工素材「フルテクト」を使用したマスクや、保湿・消臭機能を併せ持つコラーゲン練り込みレーヨン「フィラゲン」を使用したマスクを開発し、EC販売を通じ直接消費者に安心・快適な製品をお届けすることができました。サステナブル素材としては、廃棄されるパイナップルの葉から繊維を取り出し、オーガニックコットン等と混紡して衣料品やバッグ等の雑貨への応用を模索しています。これは、沖縄の株式会社フードリボンが推進するプロジェクトの一環として取り組んでいます。

 また、前期に構築した廃棄される生地や製品をもう一度糸に生まれ変わらせる「彩生~saisei~」リサイクルシステムも、着物の古着の再生等、様々なお客様との取り組みが広がりつつあります。

 さらに、国内の産地における繊維メーカーとの共同開発や各大学研究機関の持つ知的財産を活用すべく産学協同の商品開発も進めてまいります。

 なお、当連結会計年度における研究開発費の総額は、23,238千円であります。

第3【設備の状況】

1【設備投資等の概要】

 重要な設備投資、除却および売却はありません。

 

2【主要な設備の状況】

 当社グループにおける主要な設備は、以下のとおりであります。

(1)提出会社

2021年3月25日現在

 

事業所名

(所在地)

セグメントの名称

設備の内容

帳簿価額(千円)

従業員数(人)

建物及び構築物

土地

(面積(㎡))

その他

合計

駒野事務所

(岐阜県海津市南濃町)

繊維事業

倉庫設備

173,978

1,006,600

(65,439)

1,180,578

-[-]

本社

(大阪市中央区)

繊維事業

販売設備

統括業務施設

21

0

21

35[3]

 

(2)国内子会社

2021年3月25日現在

 

会社名

事業所名

(所在地)

セグメントの名称

設備の内容

帳簿価額(千円)

従業員数(人)

機械装置及び運搬具

その他

合計

㈱ナイガイ テキスタイル

本社及び工場

(岐阜県海津市南濃町)

繊維事業

紡績設備

0

0

0

33[53]

 

(3)在外子会社

2021年3月25日現在

 

会社名

事業所名

(所在地)

セグメントの名称

設備の内容

帳簿価額(千円)

従業員数(人)

機械装置及び運搬具

その他

合計

J.P.BOSCO CO.,LTD.

本社

(タイ国バンコク)

繊維事業

販売設備等

763

520

1,284

14[-]

 

 (注)1.帳簿価額の内「その他」は工具、器具及び備品であります。

2.従業員数の[ ]は、臨時従業員数を外書きしております。

3【設備の新設、除却等の計画】

(1)重要な設備の新設等

 該当事項はありません。

(2)重要な設備の除却等

 該当事項はありません。

第4【提出会社の状況】

1【株式等の状況】

(1)【株式の総数等】

①【株式の総数】

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

3,900,000

3,900,000

 

②【発行済株式】

種類

事業年度末現在発行数

(株)

(2021年3月25日)

提出日現在発行数(株)

(2021年6月22日)

上場金融商品取引所名又は登録認可金融商品取引業協会名

内容

普通株式

1,959,800

1,959,800

東京証券取引所

市場第二部

単元株式数

100株

1,959,800

1,959,800

 

(2)【新株予約権等の状況】

①【ストックオプション制度の内容】

 該当事項はありません。

②【ライツプランの内容】

  該当事項はありません。

③【その他の新株予約権等の状況】

     該当事項はありません。

 

(3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

 該当事項はありません。

(4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

年月日

発行済株式総数増減数

(株)

発行済株式総数残高

(株)

資本金増減額(千円)

資本金残高(千円)

資本準備金増減額(千円)

資本準備金残高(千円)

2017年9月26日

(注)

△17,638,200

1,959,800

731,404

 (注)株式併合(10:1)によるものであります。

(5)【所有者別状況】

 

 

 

 

 

 

 

2021年3月25日現在

区分

株式の状況(1単元の株式数100株)

単元未満株式の状況

(株)

政府及び地方公共団体

金融機関

金融商品取引業者

その他の法人

外国法人等

個人その他

個人以外

個人

株主数(人)

4

23

25

15

7

1,709

1,783

所有株式数(単元)

539

889

10,477

498

20

7,112

19,535

6,300

所有株式数の割合(%)

2.76

4.55

53.63

2.55

0.10

36.41

100

 (注)1.「個人その他」および「単元未満株式の状況」の中には、自己名義の株式が42単元および94株含まれております。

2.「その他の法人」の中には、証券保管振替機構名義の株式が2単元含まれております。

 

(6)【大株主の状況】

 

 

 

2021年3月25日現在

氏名又は名称

住所

所有株式数

(千株)

発行済株式(自己株式を除く。)の総数に対する所有株式数の割合(%)

シキボウ㈱

大阪市中央区備後町三丁目2番6号

1,020

52.1

㈱SBI証券

東京都港区六本木一丁目6番1号

31

1.5

MSIP CLIENT SECURITIES(常任代理人 モルガン・スタンレーMUFG證券㈱)

25 CABOT SQUARE,CANARY WHARF,LONDON E14 4QA,U.K.(東京都千代田区大手町一丁目9番7号)

28

1.4

酒井 一

愛知県春日井市

27

1.4

㈱日本カストディ銀行 (信託口4)

東京都中央区晴海一丁目8-12

25

1.3

長根 英寿

群馬県太田市

24

1.2

高石 文夫

東京都江戸川区

20

1.0

福井 眞吾

大阪市城東区

16

0.8

田中 義信

徳島県名西郡石井町

16

0.8

宝天大同

兵庫県神戸市北区山田町下谷上字箕谷3-1

15

0.7

1,224

62.6

 

(7)【議決権の状況】

①【発行済株式】

 

 

 

 

2021年3月25日現在

区分

株式数(株)

議決権の数(個)

内容

無議決権株式

 

議決権制限株式(自己株式等)

 

議決権制限株式(その他)

 

完全議決権株式(自己株式等)

普通株式

4,200

完全議決権株式(その他)

普通株式

1,949,300

19,493

単元未満株式

普通株式

6,300

1単元(100株)未満の株式

発行済株式総数

 

1,959,800

総株主の議決権

 

19,493

 (注)「完全議決権株式(その他)」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が2百株(議決権2個)含まれております。

 

②【自己株式等】

 

 

 

 

2021年3月25日現在

所有者の氏名又は名称

所有者の住所

自己名義所有株式数(株)

他人名義所有株式数(株)

所有株式数の合計(株)

発行済株式総数に対する所有株式数の割合

(%)

新内外綿㈱

大阪市中央区備後町三丁目2番6号

4,200

4,200

0.21

4,200

4,200

0.21

 

2【自己株式の取得等の状況】

【株式の種類等】 会社法第155条第7号に該当する普通株式の取得

(1)【株主総会決議による取得の状況】

 該当事項はありません。

(2)【取締役会決議による取得の状況】

     該当事項はありません。

(3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

区分

株式数(株)

価額の総額(円)

当事業年度における取得自己株式

5

2,580

当期間における取得自己株式

 (注)当期間における取得自己株式には、2021年5月26日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りによる株式は含まれておりません。

(4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

区分

当事業年度

当期間

株式数(株)

処分価額の総額

(円)

株式数(株)

処分価額の総額

(円)

引き受ける者の募集を行った取得自己株式

消却の処分を行った取得自己株式

合併、株式交換、株式交付、会社分割に係る移転を行った取得自己株式

その他

保有自己株式数

4,294

4,294

(注)当期間における保有自己株式数には、2021年5月26日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りによる株式は含まれておりません。

 

3【配当政策】

 当社は、財務体質と経営基盤の強化を図るとともに、株主各位に対しまして、安定した配当の維持および、適正な利益還元を行うことを最重要目標としております。内部留保資金につきましては、中長期的な展望に立った新製品・新事業の開発および経営体制の効率化など企業価値を高めるための投資に活用し、企業体質と企業競争力のさらなる強化に取り組んでまいります。

 当社は、中間配当と期末配当の年2回の剰余金の配当を行うことを基本方針としております。

 これらの剰余金の配当の決定機関は、期末配当については株主総会、中間配当については取締役会であります。

 当期の配当につきましては、まことに遺憾ながら無配とさせていただきます。

 当社は、「取締役会の決議により、毎年9月25日を基準日として、中間配当を行うことができる。」旨を定款に定めております。

4【コーポレート・ガバナンスの状況等】

(1)【コーポレート・ガバナンスの概要】

① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

 当社のコーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方は、法令遵守に基づく企業倫理の重要性を認識しつつ、変化に対応する迅速な意思決定により当社グループの企業価値を継続的に高めていくことを経営上の最重要課題として位置付けております。その実現のために、当社グループ全体で客観的なチェックシステムに努め、コーポレート・ガバナンスを充実させて行きたいと考えております。

 

② 企業統治の体制の概要および当該体制を採用する理由

 イ.企業統治の体制の概要

 当社は監査役制度を採用しており、監査役による取締役の業務執行の監査を実施しております。当社の取締役会は取締役4名(うち1名は社外取締役)、監査役会は監査役4名(うち2名は社外監査役)で構成されております。

 取締役会は定例的および臨時に開催され、重要事項に関して迅速かつ柔軟に意思決定を行う一方、各人がタイムリーな報告を行うことにより取締役の業務執行を監視・監督しております。また、経営方針の決定と監督を明確にし、権限委譲を推進して業務執行責任者の担当業務の責任と役割を明確にすることで、経営体制の活性化を図るとともに、機動的な人材登用により高い意識、熱意のある経営幹部育成の一助とするために執行役員制度を導入しております。

 顧問弁護士は、必要に応じて法律全般に関して助言と指導を行っております。

 

0104010_001.png

 

 ロ.当該体制を採用する理由

 当社は、上記のように監査役4名による監査を実施し、また、監査役4名を交えた取締役会において各取締役の業務執行状況の把握および監督を行っており、コーポレート・ガバナンスは機能していると考えております。

③ 企業統治に関するその他の事項

  ・内部統制システムの整備の状況

  Ⅰ 当社および当社の子会社の取締役および使用人の職務の執行が法令および定款に適合することを確保するための体制

   (ⅰ) 当社および当社の子会社からなる企業集団(以下、「当社グループ」という。)は、法令遵守と企業倫理遂行の立場を明確にするため、行動規範を定め、これを周知する。また、その徹底を図るため、総務部門においてコンプライアンスの取り組みを横断的に統括することとし、同部門を中心に当社グループの社員教育等を行う。

   (ⅱ) 当社は、企業統治機能の強化を図るため、内部監査部門と総務部門が連携し、内部統制システムの一層の強化を図る。

   (ⅲ) 当社は、内部通報制度を設け、違法行為が発生し、または発生するおそれがあると判断した場合には、内部通報窓口に直ちに通報するものとする社内規程を定める。

   (ⅳ) 当社グループにおける内部統制の強化を図るため、(ⅱ)で取り決めた内部統制システムおよび(ⅲ)で取り決めた内部通報制度の対象範囲を当社グループ全体とする。

   (ⅴ) 当社グループとしての財務報告の信頼性を確保するため、財務報告に係る内部統制システムを構築する。

  Ⅱ 取締役の職務の執行に係る情報の保存および管理に関する体制

   (ⅰ) 法令および社内規程に定める文書保存期間に従い、適切に文書等の保存および管理を行い、取締役および監査役が常時閲覧可能な状態とする。

   (ⅱ) 情報の管理については、営業秘密に関する社内規程、個人情報の保護に関する社内規程等により基本的事項を定め、業務の適正円滑な遂行を図る。

   (ⅲ) 情報の適切な管理を行うため、法令および社内規程に定める開示ルールに従い、情報の適時開示に努める。

  Ⅲ 損失の危険の管理に関する規程その他の体制

   (ⅰ) 取締役会、監査役会および部長会議により業務執行状況の把握に努める。管理部門各セクションによる日常的なチェックにより内部統制およびリスク管理に対するサポートを行い、企業価値を損なうリスクの発生を未然に防止するために必要な措置またはリスクを最小化するために必要な措置を講じる。

   (ⅱ) 万一事故やトラブル等の緊急事態が発生した場合は、経営トップを本部長とする対策本部を設置し、情報の収集と指揮命令系統の一元化を図り、危機管理に当たることとする。

   (ⅲ) 前(ⅰ)および(ⅱ)の損失の危機の管理の対象範囲を当社グループ全体とし、必要な規程、体制を構築する。

  Ⅳ 当社グループの取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

   (ⅰ) 当社は、毎月1回定例の取締役会を開催し、経営の最高方針および経営に関する重要な事項を決定し、取締役の職務の執行を監督する。

   (ⅱ) 当社は、経営管理上の重要事項の指定、意思決定のプロセス、周知徹底および記録保持等の取扱いについては社内規程を定める。さらに、取締役会で決議すべき事項およびその他の重要事項は、取締役会規則に定め、法令および定款の定めに則った適法かつ円滑な運営を図る。

   (ⅲ) 当社は、当社グループ子会社各社における取締役およびその使用人の職務の執行が効率的に行われるよう、原則として当社グループ子会社各社において毎月1回の取締役会を開催し、経営の方針および経営に関する重要な事項を審議決定する旨の社内規程を定める。

   (ⅳ) 当社は、当社グループ子会社各社の、経営管理上の重要事項の指定、意思決定のプロセス、周知徹底および記録保持等の取扱いについて社内規程を定める。

  Ⅴ 当社ならびにその親会社および子会社からなる企業集団における業務の適正を確保するための体制

   (ⅰ) 「シキボウグループ コンプライアンス・マニュアル」に基づき、当社グループの繁栄と成長を目指し、グループ会社間の指揮・命令・意思疎通の連携を密にし、グループ全体の業務の適正を図る。

   (ⅱ) 子会社の重要事項等については、当社取締役会においての承認または報告を要することとする。

   (ⅲ) 当社と親会社および子会社との間における不適切な取引または会計処理を防止するため、監査部門は親会社および子会社の監査室またはこれに相当する部署と十分な情報交換を行う。

  Ⅵ 監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する事項および当該補助使用人の取締役からの独立性に関する事項

   (ⅰ) 当社の監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合は、必要に応じてスタッフを置くこととし、その人事については、取締役と監査役が意見交換を行うこととする。

   (ⅱ) 補助使用人を置いた場合は、当該使用人は監査役の指揮命令に従うものとする。

  Ⅶ 当社グループの取締役および使用人が当社の監査役に報告をするための体制および監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制

   (ⅰ) 当社の取締役は、会社に著しい損害を及ぼすおそれのある事実があることを発見したときは、法令に従い直ちに監査役に報告することとする。

   (ⅱ) 当社の使用人ならびに当社グループ子会社各社の取締役および使用人は、違法行為が発生し、または発生するおそれがあると判断した場合には、当社または当社グループ子会社各社の内部通報制度に従い内部通報窓口に直ちに通報するものとし、通報を受けた内部通報窓口部署は、それぞれの内部通報制度に従い、当社の監査役に対して内部通報事案についての調査・対応に関する報告を行うこととする。

   (ⅲ) 当社は、(ⅰ)および(ⅱ)の報告について、シキボウグループ親会社の監査等委員会および内部通報窓口に報告を行うこととする。

   (ⅳ) 当社は、内部通報窓口へ通報を行った者および監査役または内部通報窓口へ報告を行った当社グループ子会社各社の役職員に対し、当該通報・報告をしたことを理由として不利な取扱いを行うことを禁止し、その旨を当社グループの取締役および使用人に周知する。

   (ⅴ) 当社の監査役は、代表取締役と定期的に会合をもつほか、重要な意思決定の過程および業務の執行状況を把握するため、取締役会、部長会議その他の重要な会議に出席し、必要に応じて業務執行に関する重要な書類を閲覧し、当社グループの取締役または使用人にその説明を求めることができるものとする。

   (ⅵ) 当社の監査役は、当社グループの取締役および使用人から報告を受けるほか、会計監査人および内部監査部門等と緊密な連携を保ち、効率的な監査の実施に努めるものとする。

   (ⅶ) 当社は、当社の監査役がその職務の執行について、当社に対し、会社法第388条に基づく費用の前払い等の請求をした時は、当該請求に係る費用または債務が当該監査役の職務の執行に必要でないと認められた場合を除き、速やかに当該費用または債務を処理する。

 

  ・業務の適正を確保するための体制の運用状況の概要

  当社は、上記に掲げた内部統制システムの整備をしておりますが、その基本方針に基づき、以下の具体的な取り組みを行っております。

  Ⅰ 取締役の職務執行について

 取締役会は、社外取締役1名を含む取締役4名で構成され、社外監査役2名を含む監査役4名も出席しております。当事業年度において取締役会を19回開催し、経営方針、予算の策定等各議案についての審議、月次の業績の分析・評価を行い、活発な意見交換がなされており、意思決定および監督の実効性は確保されております。

  Ⅱ 監査役の職務執行について

 監査役は、監査方針・監査計画に基づき監査を実施するとともに、当事業年度は9回監査役会を開催し、必要に応じて代表取締役、取締役と監査内容についての意見交換を実施いたしました。また、監査役は適宜会計監査人と面談し、監査結果の報告を受けるとともに、経営上の重要事項についての意見交換を実施いたしました。

  Ⅲ コンプライアンス体制について

 当社および当社の子会社の取締役および使用人に「シキボウグループ コンプライアンス・マニュアル」を配布するとともに、全体会議においてインサイダー取引防止等の法令遵守に関する説明を継続的に行っております。また、当社は「内部通報規程」により相談・通報体制を設けており、当社子会社もこの相談・通報体制を利用することでコンプライアンスの実効性向上に努めております。

  Ⅳ リスク管理体制について

 当社および当社子会社の主要な損失の危険に関する事項は、取締役会および部長会議にて各部門の管理者から報告が行われております。

 

④ 責任限定契約の内容の概要

 当社と社外取締役田淵義文氏および監査役(非常勤)加藤守氏、社外監査役中山宣幸氏および社外監査役辻本誠氏は、会社法第427条第1項の規定に基づき、同法第423条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任の限度額は、同法第425条第1項に定める最低責任限度額としております。

 

⑤ 取締役の定数

当社の取締役は、10名以内とする旨を定款で定めております。

 

 

⑥ 取締役の選任および解任の決議要件

 当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨を定款で定めております。また、取締役の選任は、累積投票によらないものとする旨を定款で定めております。

 

⑦ 株主総会の特別決議要件

 当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款で定めております。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目的とするものであります。

 

⑧ 中間配当

 当社は、株主への機動的な利益還元を行うため、会社法第454条第5項の規定により、取締役会の決議によって毎年9月25日を基準日として、中間配当を行うことができる旨を定款に定めております。

 

⑨ 自己の株式の取得

 当社は、将来の機動的な資本政策を可能とするために、会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議によって市場取引等により自己の株式を取得することができる旨を定款で定めております。

 

⑩ 取締役および監査役の責任免除

 当社は、会社法第426条第1項の規定により、取締役会の決議をもって同法第423条第1項の行為に関する取締役(取締役であった者を含む。)および監査役(監査役であった者を含む。)の責任を法令の限度において免除することができる旨定款に定めております。これは、取締役および監査役が職務を遂行するにあたり、その能力を十分に発揮して、期待される役割を果たしうる環境を整備することを目的とするものであります。

 

(2)【役員の状況】

① 役員一覧

男性8名 女性-名 (役員のうち女性の比率-%)

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数

(千株)

取締役会長

長門 秀高

1959年7月23日

 

1983年4月

敷島紡績㈱(現 シキボウ㈱)入社

1999年4月

同社業務部業務課長兼東京業務課長

2004年12月

同社総括部副部長兼原糸素材事業部原料課長

2009年6月

同社経営企画室長

2011年6月

当社取締役総務部長

2012年3月

取締役経営業務部長

2014年1月

J.P.BOSCO CO.,LTD.取締役

2016年3月

取締役業務部長

2017年6月

代表取締役 社長執行役員

2021年6月

取締役会長(現任)

 

(注)4

4

代表取締役

社長執行役員

田邉 謙太朗

1962年6月18日

 

1985年4月

当社入社

2013年6月

当社取締役紡績部担当兼㈱ナイガイテキスタイル代表取締役専務

2014年1月

J.P.BOSCO CO.,LTD.取締役(現任)

2014年2月

当社取締役紡績部長兼㈱ナイガイテキスタイル代表取締役専務

2017年3月

当社取締役紡績部担当兼開発・マーケティング部長兼㈱ナイガイテキスタイル代表取締役専務

2017年6月

当社取締役 常務執行役員 紡績部・製品部担当兼開発・マーケティング部長兼新規市場開拓室長兼㈱ナイガイテキスタイル代表取締役専務

2018年6月

当社取締役 常務執行役員 紡績部・テキスタイル部・製品部担当兼開発・マーケティング部長兼㈱ナイガイテキスタイル代表取締役専務

2019年12月

当社取締役 常務執行役員 紡績テキスタイル部・製品部担当兼開発・マーケティング部長兼㈱ナイガイテキスタイル代表取締役専務

2020年3月

当社取締役 常務執行役員 紡績テキスタイル部・製品部担当兼㈱ナイガイテキスタイル代表取締役専務

2021年6月

代表取締役 社長執行役員(現任)

 

(注)4

6

取締役

執行役員

業務部長

石田 仁紀

1962年3月21日

 

1989年10月

敷島紡績㈱(現 シキボウ㈱)入社

2005年12月

同社テキスタイル事業部長付(PT.MERTEX INDONESIA出向兼MGI出向

2009年4月

同社繊維部門総括部課長

2013年7月

同社総務部(秘書)課長兼総務課長

2015年6月

同社総務部長兼(秘書)課長兼総務課長

2015年7月

同社総務部長

2016年6月

当社監査役

2018年3月

当社監査役退任

2018年4月

当社入社

2018年4月

当社業務部長

2018年6月

 

当社取締役 執行役員 業務部長(現任)

 

(注)3

2

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数

(千株)

取締役

田淵 義文

1950年12月7日

 

1974年4月

㈱大和銀行(現㈱りそな銀行)入行

2002年3月

同行理事名古屋支店長

2003年6月

㈱近畿大阪銀行(現㈱関西みらい銀行)取締役常務執行役員

2004年4月

ジェイアンドエス保険サービス㈱取締役専務執行役員

2008年6月

ディアンドアイ情報システム㈱専務取締役

2011年6月

旭精工㈱監査役(現任)

2013年1月

ディアンドアイ情報システム㈱取締役副社長

2014年6月

㈱DACS監査役

2015年6月

当社監査役

2018年6月

当社監査役退任

2018年6月

当社取締役(現任)

 

(注)3

常勤監査役

大岩 由秀

1960年6月22日

 

1983年4月

当社入社

2008年3月

当社総務部副部長(財務・経理)

2012年6月

㈱ナイガイテキスタイル取締役

(現任)

2014年3月

当社経営業務部担当部長(財務・経理)

2017年6月

当社執行役員 業務部長代理

2019年3月

当社執行役員 業務部副部長

2021年6月

当社常勤監査役(現任)

 

(注)7

5

監査役

加藤 守

1958年9月6日

 

1982年4月

敷島紡績㈱(現 シキボウ㈱)入社

2016年6月

当社取締役

2017年11月

シキボウ㈱上席執行役員繊維部門長兼総括部長兼グローバル事業推進室長

2018年3月

同社上席執行役員繊維部門長兼総括部長兼グローバル事業推進室長兼営業第二部長

2018年4月

同社上席執行役員繊維部門長兼営業第二部長

 

丸ホームテキスタイル㈱取締役、PT.MERTEX INDONESIA コミサリス、敷紡(香港)有限公司董事兼総経理、タイシキボウ㈱取締役

2018年6月

当社取締役退任

2018年6月

当社監査役(現任)

2019年3月

同社上席執行役員繊維部門長兼営業第二部長、PT.MERTEX INDONESIA コミサリス

2019年6月

同社上席執行役員繊維部門長、PT.MERTEX INDONESIA コミサリス(現任)

 

(注)5

監査役

中山 宣幸

1970年2月19日

 

1999年4月

東京弁護士会弁護士登録

 

虎門中央法律事務所入所

2005年10月

2011年6月

西野・中山法律事務所開設

当社監査役(現任)

 

(注)6

監査役

辻本 誠

1970年4月6日

 

1994年10月

太田昭和監査法人(現EY新日本有限責任監査法人)入所

1998年5月

日本公認会計士協会公認会計士登録

2001年4月

㈱ジェノバ入社

2006年8月

日本税理士連合会税理士登録

2007年8月

辻本公認会計士事務所開設(現任)

2018年6月

当社監査役(現任)

 

(注)5

18

 

 (注)1.取締役 田淵 義文氏は、社外取締役であります。

    2.監査役 中山 宣幸氏および辻本 誠氏は、社外監査役であります。

    3.2020年6月19日開催の定時株主総会の終結の時から2年

    4.2021年6月22日開催の定時株主総会の終結の時から2年

    5.2018年6月21日開催の定時株主総会の終結の時から4年

    6.2019年6月21日開催の定時株主総会の終結の時から4年

    7.2021年6月22日開催の定時株主総会の終結の時から4年

    8.当社では、経営方針の決定と監督を明確にし、権限委譲を推進して業務執行責任者の担当業務の責任と役割を明確にすることで、経営体制の活性化を図るとともに、機動的な人材登用により高い意識、熱意のある経営幹部育成の一助とするために執行役員制度を導入しております。

      なお、取締役を兼務していない執行役員は次のとおりであります。

役名

氏名

担当

執行役員

川村 昌二

紡績テキスタイル部長

執行役員

山田 光浩

製品部長兼開発・マーケティング部長

執行役員

杉本 浩二

㈱ナイガイテキスタイル代表取締役専務

    9.当社は、法令に定める監査役の員数を欠くことになる場合に備え、会社法第329条第3項に定める補欠監査役2名を選任しております。補欠監査役の略歴は次のとおりであります。

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数

(千株)

岩田 眞人

1950年8月17日生

1974年4月 敷島紡績㈱(現 シキボウ㈱)入社

2000年10月 当社入社

2000年10月 当社開発・技術部マネージャー

2009年3月 当社営業管理部長兼開発・マーケティング部テクニカルアドバイザー

2016年3月 当社開発・マーケティング部テクニカルアドバイザー

2017年9月 当社退職

(注)

2

多田 信広

1968年11月12日生

1991年4月 瑞穂監査法人入所

1997年4月 公認会計士資格取得

1998年9月 税理士資格取得

2000年1月 多田公認会計士事務所代表(現任)

(注)

     (注)補欠監査役の任期は、就任した時から退任した監査役の任期の満了の時までであります。

 

② 社外役員の状況

 当社の社外取締役は1名、社外監査役は2名であります。

 社外取締役が役員を兼務する他の会社または兼務していた他の会社とは、記載すべき人的関係、資本的関係または取引関係その他の利害関係はありません。

 社外監査役は、当社との人的関係、資本的関係または取引関係その他の利害関係はない弁護士と高度な専門知識を有している公認会計士であります。

 社外取締役には経営等にかかる豊富な経験や専門的な知識に基づく助言・発言を通じて、当社業務運営の適正化担保、外部からの客観的・中立的な経営監督機能を期待しております。また、当社業務執行取締役から独立した客観的立場にあり、かつ、一般株主と利益相反が生じるおそれもないと判断しております。

 社外監査役には豊富な経験と幅広い見識に基づいた監視機能を期待しております。また、法令、財務・会計、企業経営等に関して、専門的な知見を有しており、社外での経験、知識等を活かして、独立した立場から当社の監査業務およびコンプライアンスの実現に資すると判断しております。

 なお、社外取締役または社外監査役を選任するための独立性に関する基準・方針については、別途当社が定めている「コーポレートガバナンスの基本指針」に則り、独立性に関する判断基準としています。

 

③ 社外取締役または社外監査役による監督または監査と内部監査、監査役監査および会計監査との相互連携ならびに内部統制部門との関係

 社外取締役は、取締役会において内部監査の実施状況等、リスク管理の状況、内部統制システムの整備の状況およびコンプライアンスの実施状況等について定期的に報告を受けております。

 社外監査役は、意見および情報交換のため、定期的に会計監査人と会合することとしており、必要が生じたときは、これ以外にも適宜会合を持つこととしております。監査役は、必要に応じて会計監査人の往査および監査講評に立ち会うほか、会計監査人に対して監査の実施経過について適宜報告を求めることとしております。また、必要に応じ内部監査部門と会合を持つこととしております。

 

(3)【監査の状況】

① 監査役監査の状況

 当社の監査役監査の組織は、1名の常勤監査役を含めて4名の監査役で構成されております。各監査役は、監査役会で定めた監査方針、監査計画等に従い、監査役相互の連携および会計監査人との連携を図りながら監査を実施しております。また、常勤監査役は取締役会および重要会議に、非常勤監査役は取締役会に常時出席し、取締役の経営課題に関する意思決定および業務執行状況について客観的な立場から、常時監査し、意見表明を行っております。

 なお、社外監査役 中山宣幸氏は弁護士としての専門的見地を有しており、また、社外監査役 辻本誠氏は公認会計士としての専門的見地を有しております。

 当事業年度は、監査役会を9回開催しており、個々の監査役の出席状況については以下のとおりです。

役 職 名

氏 名

開催回数

出席回数

常勤監査役

飯田 修久

9回

9回

監 査 役

加藤  守

9回

9回

社外監査役

中山 宣幸

9回

9回

社外監査役

辻本  誠

9回

9回

 

 監査役会においては、監査報告の作成、常勤監査役の選定および解職、監査の方針・計画、会計監査人の選解任または不再任に関する事項ならびに会計監査人の報酬等に対する同意等、監査役会の決議による事項について検討を行いました。また、取締役および部長等から業務執行状況の聴取を行いました。

 常勤監査役は、監査役会が定めた監査の方針、職務の分担等に従い、取締役会その他重要な会議に出席し、取締役および部長等からその職務の執行状況について報告を受け、必要に応じて説明を求め、重要な決裁書類等を閲覧し、本社および子会社において業務および財産の状況を調査しました。またこれらの活動について監査役会で報告し、情報を共有しました。

 

② 内部監査の状況

 当社における内部監査は、業務部が対応しており、業務部は監査計画等に基づき、業務運営の適正性や妥当性等を確認し、リスク管理強化に努めています。

 また、監査役会は業務部から情報の提供を受け、関係部署との十分な連携を図っています。

 

③ 会計監査の状況

a.監査法人の名称

 PwCあらた有限責任監査法人

 

b.継続監査期間

 2年間

 

c.業務を執行した公認会計士

 指定有限責任社員 業務執行社員 山上 眞人

 指定有限責任社員 業務執行社員 北野 和行

 

d.監査業務に係る補助者の構成

 当社の会計監査業務に係る補助者は、公認会計士3名、その他10名で構成されております。

 

e.監査法人の選定方針と理由

 当社の「会計監査人の選定基準」をもとに、会計監査人候補者から、監査法人の概要・監査の実施体制等および報酬の見積額について、書面を入手し、面談、質問等を通じて選定しております。選定理由については、当社の事業規模、経営計画等を勘案し、監査法人の独立性、専門性、品質管理体制および監査報酬等を総合的に判断しております。

 監査役会は、会計監査人の職務の執行に支障がある等、その必要があると判断した場合は、株主総会に提出する会計監査人の解任または不再任に関する議案の内容を決定いたします。

 また、監査役会は、会計監査人が会社法第340条第1項各号に定める項目に該当すると認められた場合は、監査役会全員の同意に基づき、会計監査人を解任いたします。この場合、監査役会が選定した監査役は、解任後最初に招集される株主総会において、会計監査人を解任した旨と解任理由を報告いたします。

 

f.監査役および監査役会による監査法人の評価

 当社の監査役および監査役会は、監査法人に対して評価を行っております。評価方法は、公益財団法人日本監査役協会が公表しております「会計監査人の評価及び選定基準策定に関する監査役等の実務指針」に準拠した基準を策定しており、当該基準に基づき、監査法人、当社業務部担当等へのヒアリングおよび監査業務の時間内訳等のレビュー等を通じ、1年間の監査の状況を評価しております。

 

g.監査法人の異動

 当社の監査法人は次のとおり異動しております。

 前々連結会計年度および前々事業年度  東陽監査法人

 前連結会計年度および前事業年度    PwCあらた有限責任監査法人

 

なお、臨時報告書に記載した事項は次のとおりであります。

(1)異動に係る監査公認会計士等の名称

 ①選任する監査公認会計士等の名称

  PwCあらた有限責任監査法人

 ②退任する監査公認会計士等の名称

  東陽監査法人

 

(2)異動の年月日

  2019年6月21日

 

(3)退任する監査公認会計士等が直近において監査公認会計士等となった年月日

  2018年6月21日

 

(4)退任する監査公認会計士等が直近3年間に作成した監査報告書等または内部統制監査報告書における意見等に関する事項

 該当事項はありません。

 

(5)異動の決定または異動に至った理由および経緯

 当社の会計監査人であります東陽監査法人は、2019年6月21日開催予定の第97期定時株主総会終結の時をもって任期満了となります。これに伴い、監査役会は、親会社であるシキボウ株式会社が今年度に東陽監査法人からPwCあらた有限責任監査法人へ変更するため、グループ会社として監査の一貫性、効率性の観点から、当社の会計監査人についても変更を推奨提案していること、また、現会計監査人の監査継続年数が12年と長期にわたること、並びに、新たな視点での監査が期待できることに加え、同監査法人が専門性、独立性および適切性を有し、当社の会計監査が適切かつ妥当に行われることを確保する体制を備えていることなど、総合的に勘案した結果、当社の会計監査人として適任と判断したためであります。

 

(6)上記(5)の理由および経緯に対する監査報告書等または内部統制監査報告書の記載事項に係る退任する監査公認会計士等の意見

 特段の意見はない旨の回答を得ております。

 

④ 監査報酬の内容等

a.監査公認会計士等に対する報酬

区分

前連結会計年度

当連結会計年度

監査証明業務に基づく報酬(千円)

非監査業務に基づく報酬(千円)

監査証明業務に基づく報酬(千円)

非監査業務に基づく報酬(千円)

提出会社

16,000

17,000

連結子会社

16,000

17,000

 

b.監査公認会計士等と同一のネットワークに属する組織に対する報酬(a.を除く)

 該当事項はありません。

 

c.その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

 該当事項はありません。

 

d.監査報酬の決定方針

 当社の監査報酬は、監査日数、会社の規模、業務内容等を検討の上、その都度協議、検討を行い決定しております。

 

e.監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由

 監査役会は、会計監査人から受けた当事業年度の監査計画に係る監査時間・配員計画から見積もられた報酬額の算出根拠等について、監査業務と報酬との対応関係が詳細かつ明瞭であることから、合理的なものとし、会計監査人の報酬等の額について同意の判断を行っております。

 

(4)【役員の報酬等】

① 役員の報酬等の額またはその算定方法の決定に関する方針に係る事項

 当社は、2021年2月19日開催の取締役会において、取締役の個人別の報酬等の内容にかかる決定方針を決議しております。当該取締役会の決議に際しては、あらかじめ決議する内容について人事委員会へ諮問し、答申を受けております。また、取締役会は、当事業年度に係る取締役の個人別の報酬等について、報酬等の内容の決定方法および決定された報酬等の内容が取締役会で決議された決定方針と整合していることや人事委員会からの答申が尊重されていることを確認しており、当該決定方針に沿うものであると判断しております。

 

 当社の役員報酬は、業績に連動しない「基本報酬」と、経常利益をその指標とする係数テーブルによる「業績報酬」の2項目により構成されており、その報酬額については当社の業績に見合った水準を設定し、人事委員会での審議の上、取締役会に諮問し、取締役会で決議・最終承認されています。

 

 また、報酬体系は上記2項目の報酬は業務執行取締役・執行役員のみとし、業務を執行していない社外取締役・監査役(社外を含む)は、業績連動の報酬は相応しくないとして「基本報酬」のみとしています。

    ・基本報酬

    ・業績報酬・・・経常利益額による係数テーブル制

 

 業績連動報酬に関しましては、中期経営計画として≪持続可能な成長≫「構造的利益体質への追及」を策定し、経常利益の年度ごとの達成状況にて評価しています。

 当該指標を評価の基準としている理由は、中期経営計画にも掲げているとおり、企業価値の持続的な向上が重要であり、その収益力の指針として経常利益が最適な目標であると認識しているからです。

 

 取締役および監査役の個人別の報酬等の額・算定方法の決定と内容にかかる方針の内容は次のとおりです。

 a.報酬の基本方針

  当社の役員報酬は、企業価値の持続的な向上を目指すインセンティブとして機能する報酬体系とし、個々の取締役報酬に関しては、各々の職責に見合った適正な水準とすることを基本とする。また、業務執行取締役の報酬は業績に連動しない「基本報酬」と、経常利益をその指標とする係数テーブルによる「業績連動報酬」の2項目により構成する。但し、社外取締役・監査役(社外を含む)は、別途定めることとする。

 b.基本報酬の個人別の報酬等の額の決定に関する方針

  当社の役員の基本報酬は、月例の固定報酬とし、その役位、職責等に応じて同業他社水準、当社業績、従業員の給与水準等を考慮し総合的に勘案するものとする。

 c.業績連動報酬の額の決定に関する方針

  当社の業績連動報酬は、業績向上への意識を高めることを目的とし、経常利益をその指標とした係数テーブルにより算出された額を支給するものとする。

 d.上記のほか報酬の客観性・透明性の確保等について

  取締役・監査役の報酬等について下記に定める事項については、客観性・透明性を確保するため、当社取締役会の諮問機関である「人事委員会」にて下記項目を審議の上、取締役会で決議するものとする。

  ・報酬の支給総額

  ・金銭でない報酬等の有無、額および算定方法の決定

  ・固定報酬額・業績連動報酬額・非金銭報酬額の個人別報酬額の割合決定

  ・報酬等を与える時期または条件の決定

 

② 役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額および対象となる役員の員数

役員区分

報酬等の総額

(千円)

報酬等の種類別の総額(千円)

対象となる

役員の員数

(人)

固定報酬

業績連動報酬

退職慰労金

取締役

(社外取締役を除く。)

29,807

19,567

10,240

3

監査役

(社外監査役を除く。)

11,129

11,129

1

社外役員

10,488

10,488

4

 

③ 役員ごとの連結報酬等の総額等

  連結報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。

 

④ 使用人兼務役員の使用人分給与のうち重要なもの

総額(千円)

対象となる役員の員数(人)

内容

24,155

2

担当する部門の部門長職に該当する給与であります。

 

(5)【株式の保有状況】

① 投資株式の区分の基準および考え方

 当社は、投資株式について、もっぱら株式の価値の変動または配当の受領によって利益を得ることを目的として保有する株式を純投資目的である投資株式、それ以外の株式を純投資目的以外の目的である投資株式(政策保有株式)に区分しております。

 

② 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

a.保有方針および保有の合理性を検証する方法ならびに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の内容

 当社は、取引上の関係強化、情報収集を目的として純投資以外の株式を保有しています。

 当社は、それぞれの純投資目的以外の株式について、定期的に保有する株式について、発行会社との取引状況や、配当利回りおよび事業利益を踏まえた経済合理性などを総合的に検証し、取締役会で毎年度確認いたします。なお、継続して保有することが適切でないと判断した株式は、売却を進めるなど縮減に努めます。

 当事業年度では、2020年7月開催の取締役会において個別銘柄ごとに上記の方法による検証を行い、保有の合理性を確認しております。

 

b.銘柄数および貸借対照表計上額

 

銘柄数

(銘柄)

貸借対照表計上額の

合計額(千円)

非上場株式

非上場株式以外の株式

1

22,667

 

(当事業年度において株式数が増加した銘柄)

 

銘柄数

(銘柄)

株式数の増加に係る取得

価額の合計額(千円)

株式数の増加の理由

非上場株式

非上場株式以外の株式

1

1,021

発行会社の取引先持株会を通じて継続的に購入しているため

 

(当事業年度において株式数が減少した銘柄)

 該当事項はありません。

 

c.特定投資株式およびみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報

特定投資株式

銘柄

当事業年度

前事業年度

保有目的、定量的な保有効果

及び株式数が増加した理由

当社の株式の

保有の有無

株式数(株)

株式数(株)

貸借対照表計上額

(千円)

貸借対照表計上額

(千円)

㈱キング

37,654

35,799

(保有目的)主要な取引先であり、事業上の関係を勘案し、良好な関係の強化および維持を図るため保有しております。

(定量的な保有効果)(注)

(増加した理由)発行会社の取引先持株会を通じて継続的に購入しているため

22,667

18,543

(注)当社は、特定投資株式における定量的な保有効果の記載が困難であるため、保有の合理性を検証した方法について記載いたします。当社は、毎期、個別の政策保有株式について政策保有の意義を検証しており、現状保有する政策保有株式は保有方針に沿った目的で保有していることを確認しております。

 

③ 保有目的が純投資目的である投資株式

  該当事項はありません。

 

 

④ 当事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的から純投資目的以外の目的に変更したもの

  該当事項はありません。

 

⑤ 当事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的以外の目的から純投資目的に変更したもの

  該当事項はありません。

第5【経理の状況】

1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について

(1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)に基づいて作成しております。

 

(2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。

 

  また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しております。

 

2.監査証明について

 当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2020年3月26日から2021年3月25日まで)の連結財務諸表および事業年度(2020年3月26日から2021年3月25日まで)の財務諸表について、PwCあらた有限責任監査法人により監査を受けております。

3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

 当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。内容としては、会計基準等の内容を適切に把握し、会計基準等の変更等について的確に対応することができる体制を整備するため、公益財団法人財務会計基準機構へ加入し、各種セミナーに参加しております。

 

1【連結財務諸表等】

(1)【連結財務諸表】

①【連結貸借対照表】

 

 

 

(単位:千円)

 

前連結会計年度

(2020年3月25日)

当連結会計年度

(2021年3月25日)

資産の部

 

 

流動資産

 

 

現金及び預金

173,675

216,958

受取手形及び売掛金

701,006

645,536

電子記録債権

30,385

21,968

商品及び製品

631,183

455,809

仕掛品

93,502

67,555

原材料及び貯蔵品

256,884

240,476

その他

25,254

22,584

貸倒引当金

268

270

流動資産合計

1,911,623

1,670,619

固定資産

 

 

有形固定資産

 

 

建物及び構築物

※1 1,930,231

※1 1,896,318

減価償却累計額

1,694,507

1,722,318

建物及び構築物(純額)

235,724

174,000

機械装置及び運搬具

1,688,602

1,605,245

減価償却累計額

1,613,795

1,604,480

機械装置及び運搬具(純額)

74,806

764

土地

※1,※2 1,702,657

※1 1,006,600

建設仮勘定

200

その他

183,735

169,243

減価償却累計額

170,061

168,722

その他(純額)

13,674

521

有形固定資産合計

2,027,062

1,181,885

無形固定資産

 

 

ソフトウエア

29,282

76

無形固定資産合計

29,282

76

投資その他の資産

 

 

投資有価証券

18,543

22,667

繰延税金資産

5,655

その他

※1 169,018

※1 165,868

貸倒引当金

3,200

3,200

投資その他の資産合計

190,017

185,336

固定資産合計

2,246,362

1,367,298

資産合計

4,157,986

3,037,918

 

 

 

 

(単位:千円)

 

前連結会計年度

(2020年3月25日)

当連結会計年度

(2021年3月25日)

負債の部

 

 

流動負債

 

 

支払手形及び買掛金

451,243

376,995

短期借入金

※1 190,807

※1 256,233

未払法人税等

3,501

3,603

賞与引当金

39,252

35,605

設備関係支払手形

3,323

その他

75,822

97,779

流動負債合計

763,950

770,218

固定負債

 

 

退職給付に係る負債

312,264

289,800

繰延税金負債

3,139

3,003

再評価に係る繰延税金負債

※2 520,502

307,647

その他

17,700

19,591

固定負債合計

853,606

620,043

負債合計

1,617,557

1,390,261

純資産の部

 

 

株主資本

 

 

資本金

731,404

731,404

利益剰余金

594,644

196,681

自己株式

4,171

4,174

株主資本合計

1,321,876

923,911

その他の包括利益累計額

 

 

その他有価証券評価差額金

3,923

6,077

繰延ヘッジ損益

39

357

土地再評価差額金

※2 1,181,598

698,395

為替換算調整勘定

25,738

12,275

その他の包括利益累計額合計

1,211,300

717,105

非支配株主持分

7,252

6,639

純資産合計

2,540,428

1,647,656

負債純資産合計

4,157,986

3,037,918

 

②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
【連結損益計算書】

 

 

 

(単位:千円)

 

前連結会計年度

(自 2019年3月26日

 至 2020年3月25日)

当連結会計年度

(自 2020年3月26日

 至 2021年3月25日)

売上高

4,077,286

2,939,197

売上原価

※2 3,399,463

※2 2,511,177

売上総利益

677,823

428,019

販売費及び一般管理費

※1,※2 763,763

※1,※2 658,371

営業損失(△)

85,940

230,351

営業外収益

 

 

受取利息

881

399

受取配当金

572

501

為替差益

1,124

受取手数料

6,261

3,064

雇用調整助成金

48,283

その他

5,171

11,401

営業外収益合計

14,011

63,651

営業外費用

 

 

支払利息

3,484

3,987

手形売却損

1,728

1,955

為替差損

4,815

貸倒損失

699

雇用調整に係る労務費

35,494

その他

1,384

1,068

営業外費用合計

6,597

48,021

経常損失(△)

78,526

214,721

特別利益

 

 

固定資産売却益

※3 2,252

特別利益合計

2,252

特別損失

 

 

固定資産除売却損

※4 1,392

※4 102

減損損失

1,738

※5 844,962

特別損失合計

3,130

845,065

税金等調整前当期純損失(△)

79,403

1,059,787

法人税、住民税及び事業税

6,242

963

法人税等調整額

127,390

208,650

法人税等合計

133,633

207,687

当期純損失(△)

213,037

852,099

非支配株主に帰属する当期純利益又は非支配株主に帰属する当期純損失(△)

748

267

親会社株主に帰属する当期純損失(△)

213,786

851,832

 

【連結包括利益計算書】

 

 

 

(単位:千円)

 

前連結会計年度

(自 2019年3月26日

 至 2020年3月25日)

当連結会計年度

(自 2020年3月26日

 至 2021年3月25日)

当期純損失(△)

213,037

852,099

その他の包括利益

 

 

その他有価証券評価差額金

998

2,153

繰延ヘッジ損益

45

317

為替換算調整勘定

15,765

13,808

その他の包括利益合計

14,721

11,336

包括利益

198,316

863,436

(内訳)

 

 

親会社株主に係る包括利益

199,459

862,824

非支配株主に係る包括利益

1,142

612

 

③【連結株主資本等変動計算書】

前連結会計年度(自 2019年3月26日 至 2020年3月25日)

 

 

 

(単位:千円)

 

株主資本

 

資本金

利益剰余金

自己株式

株主資本合計

当期首残高

731,404

847,542

4,126

1,574,819

当期変動額

 

 

 

 

剰余金の配当

 

39,111

 

39,111

親会社株主に帰属する当期純損失(△)

 

213,786

 

213,786

自己株式の取得

 

 

45

45

株主資本以外の項目の当期変動額(純額)

 

 

 

 

当期変動額合計

252,897

45

252,943

当期末残高

731,404

594,644

4,171

1,321,876

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その他の包括利益累計額

非支配株主

持分

純資産合計

 

その他

有価証券

評価差額金

繰延ヘッジ

損益

土地再評価

差額金

為替換算調整勘定

その他の

包括利益

累計額合計

当期首残高

4,922

85

1,181,598

10,367

1,196,973

6,109

2,777,902

当期変動額

 

 

 

 

 

 

 

剰余金の配当

 

 

 

 

 

 

39,111

親会社株主に帰属する当期純損失(△)

 

 

 

 

 

 

213,786

自己株式の取得

 

 

 

 

 

 

45

株主資本以外の項目の当期変動額(純額)

998

45

15,370

14,327

1,142

15,469

当期変動額合計

998

45

15,370

14,327

1,142

237,473

当期末残高

3,923

39

1,181,598

25,738

1,211,300

7,252

2,540,428

 

当連結会計年度(自 2020年3月26日 至 2021年3月25日)

 

 

 

(単位:千円)

 

株主資本

 

資本金

利益剰余金

自己株式

株主資本合計

当期首残高

731,404

594,644

4,171

1,321,876

当期変動額

 

 

 

 

剰余金の配当

 

29,332

 

29,332

土地再評価差額金の取崩

 

483,203

 

483,203

親会社株主に帰属する当期純損失(△)

 

851,832

 

851,832

自己株式の取得

 

 

2

2

株主資本以外の項目の当期変動額(純額)

 

 

 

 

当期変動額合計

397,962

2

397,964

当期末残高

731,404

196,681

4,174

923,911

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その他の包括利益累計額

非支配株主

持分

純資産合計

 

その他

有価証券

評価差額金

繰延ヘッジ

損益

土地再評価

差額金

為替換算調整勘定

その他の

包括利益

累計額合計

当期首残高

3,923

39

1,181,598

25,738

1,211,300

7,252

2,540,428

当期変動額

 

 

 

 

 

 

 

剰余金の配当

 

 

 

 

 

 

29,332

土地再評価差額金の取崩

 

 

483,203

 

483,203

 

親会社株主に帰属する当期純損失(△)

 

 

 

 

 

 

851,832

自己株式の取得

 

 

 

 

 

 

2

株主資本以外の項目の当期変動額(純額)

2,153

317

13,463

10,991

612

11,604

当期変動額合計

2,153

317

483,203

13,463

494,194

612

892,771

当期末残高

6,077

357

698,395

12,275

717,105

6,639

1,647,656

 

④【連結キャッシュ・フロー計算書】

 

 

 

(単位:千円)

 

前連結会計年度

(自 2019年3月26日

 至 2020年3月25日)

当連結会計年度

(自 2020年3月26日

 至 2021年3月25日)

営業活動によるキャッシュ・フロー

 

 

税金等調整前当期純損失(△)

79,403

1,059,787

減価償却費

58,362

70,282

減損損失

1,738

844,962

貸倒引当金の増減額(△は減少)

132

2

退職給付に係る負債の増減額(△は減少)

26,856

21,743

賞与引当金の増減額(△は減少)

6,086

3,218

受取利息及び受取配当金

1,454

900

為替差損益(△は益)

1,019

1,054

支払利息

3,484

3,987

固定資産除売却損益(△は益)

860

102

売上債権の増減額(△は増加)

359,580

60,071

たな卸資産の増減額(△は増加)

99,863

207,330

前払費用の増減額(△は増加)

6,846

3,861

未収入金の増減額(△は増加)

8,168

6,357

長期前払費用の増減額(△は増加)

97

4,011

仕入債務の増減額(△は減少)

193,433

71,310

未払金の増減額(△は減少)

11,970

16,952

未払費用の増減額(△は減少)

17,464

7,282

その他

13,247

2,295

小計

4,878

49,151

利息及び配当金の受取額

1,452

1,516

利息の支払額

3,450

4,506

法人税等の支払額

5,045

1,395

法人税等の還付額

4,848

営業活動によるキャッシュ・フロー

7,073

44,765

投資活動によるキャッシュ・フロー

 

 

有形固定資産の取得による支出

136,593

39,710

有形固定資産の売却による収入

2,252

964

無形固定資産の取得による支出

5,323

2,800

投資有価証券の取得による支出

1,171

1,021

その他

304

355

投資活動によるキャッシュ・フロー

141,141

42,922

財務活動によるキャッシュ・フロー

 

 

短期借入金の純増減額(△は減少)

42,649

72,796

自己株式の取得による支出

45

2

配当金の支払額

39,111

29,332

財務活動によるキャッシュ・フロー

3,492

43,461

現金及び現金同等物に係る換算差額

1,760

2,021

現金及び現金同等物の増減額(△は減少)

142,961

43,282

現金及び現金同等物の期首残高

316,636

173,675

現金及び現金同等物の期末残高

173,675

216,958

 

【注記事項】
(連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)

1.連結の範囲に関する事項

(1)連結子会社の数および名称

・連結子会社の数     2

・連結子会社の名称

 株式会社ナイガイテキスタイル

 J.P.BOSCO CO.,LTD.

(2)非連結子会社の名称

該当事項はありません。

 

2.持分法適用に関する事項

 該当事項はありません。

 

3.連結子会社の事業年度等に関する事項

 連結子会社のうち株式会社ナイガイテキスタイルの決算日は3月25日であり、連結決算日と同一であります。J.P.BOSCO CO.,LTD.の決算日は12月31日であり、連結決算日との差は3ヶ月以内であるため、当該連結子会社の決算日現在の財務諸表を基礎として連結を行っております。ただし、連結決算日までの期間に発生した重要な取引については、連結上必要な調整を行っております。

 

4.会計方針に関する事項

(1)重要な資産の評価基準及び評価方法

① 有価証券

その他有価証券

時価のあるもの

決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定)

時価のないもの

移動平均法による原価法

② デリバティブ

時価法

③ 棚卸資産

 移動平均法による原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)

(2)重要な減価償却資産の減価償却の方法

① 有形固定資産

 主として定率法(ただし、当社および国内連結子会社は、1998年4月1日以降に取得した建物(附属設備を除く。)並びに2016年4月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物は定額法によっております。)

 なお、主な耐用年数は次のとおりであります。

 建物及び構築物    8~47年

 機械装置及び運搬具  3~7年

② 無形固定資産(のれんを除く。)

 定額法(ただし、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)によっております。)

(3)重要な引当金の計上基準

① 貸倒引当金

 債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権については回収可能性を個別に勘案し、回収不能見込額を計上しております。

② 賞与引当金

 従業員に対して支給する賞与の支払に備えるため、過去の支給実績を勘案し、当連結会計年度に負担すべき支給見込額を計上しております。

(4)退職給付に係る会計処理の方法

 当社および連結子会社は、退職給付に係る負債および退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末自己都合要支給額を基礎とした額を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。

(5)重要な外貨建の資産及び負債の本邦通貨への換算の基準

 外貨建金銭債権債務は、決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理しております。

(6)重要なヘッジ会計の方法