EDINET閲覧(提出)サイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)をもとに上場企業サーチ作成

本ページはEDINETに提出された開示情報を上場企業サーチが加工/編集したものであり、記載された情報の正確性および完全性について上場企業サーチは一切の保証を行いません。本ページの情報を利用する際は自己の責任で判断頂き、意思決定に際しては適宜EDINETや提出会社が公開するオリジナルを参照する様にしてください。本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

【表紙】

 

【提出書類】

有価証券報告書

【根拠条文】

金融商品取引法第24条第1項

【提出先】

関東財務局長

【提出日】

2020年6月26日

【事業年度】

第94期(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

【会社名】

アツギ株式会社

【英訳名】

ATSUGI CO., LTD.

【代表者の役職氏名】

代表取締役社長  工藤 洋志

【本店の所在の場所】

神奈川県海老名市大谷北1丁目9番1号

【電話番号】

046(235)8104

【事務連絡者氏名】

経理部長  吉田 祐一

【最寄りの連絡場所】

神奈川県海老名市大谷北1丁目9番1号

【電話番号】

046(235)8104

【事務連絡者氏名】

経理部長  吉田 祐一

【縦覧に供する場所】

株式会社東京証券取引所

(東京都中央区日本橋兜町2番1号)

 

E00567 35290 アツギ株式会社 ATSUGI CO., LTD. 企業内容等の開示に関する内閣府令 第三号様式 Japan GAAP true CTE CTE 2019-04-01 2020-03-31 FY 2020-03-31 2018-04-01 2019-03-31 2019-03-31 1 false false false E00567-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00567-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E00567-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00567-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00567-000 2020-06-26 jpcrp030000-asr_E00567-000:TakehiroOkadaMember E00567-000 2020-06-26 jpcrp030000-asr_E00567-000:NaokoHarimaMember E00567-000 2020-06-26 jpcrp030000-asr_E00567-000:ChiakiSatoMember E00567-000 2020-06-26 jpcrp030000-asr_E00567-000:HiroshiKudoMember E00567-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row5Member E00567-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row6Member E00567-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row7Member E00567-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row8Member E00567-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row9Member E00567-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row10Member E00567-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row11Member E00567-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row12Member E00567-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row13Member E00567-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row14Member E00567-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row15Member E00567-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row16Member E00567-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row17Member E00567-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row18Member E00567-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row19Member E00567-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row20Member E00567-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row21Member E00567-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row22Member E00567-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row23Member E00567-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row24Member E00567-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row25Member E00567-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row26Member E00567-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row27Member E00567-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row28Member E00567-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row29Member E00567-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row30Member E00567-000 2020-03-31 jpcrp_cor:OtherOperatingSegmentsAxisMember E00567-000 2020-06-26 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E00567-000 2020-03-31 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E00567-000 2020-03-31 jpcrp_cor:SharesWithNoVotingRightsMember E00567-000 2020-03-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsTreasurySharesEtcMember E00567-000 2020-03-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsOtherMember E00567-000 2020-03-31 jpcrp_cor:SharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E00567-000 2020-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E00567-000 2020-03-31 jpcrp_cor:SharesWithFullVotingRightsOtherMember E00567-000 2020-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsOtherMember E00567-000 2020-03-31 jpcrp_cor:SharesLessThanOneUnitMember E00567-000 2020-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesLessThanOneUnitMember E00567-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row1Member E00567-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row2Member E00567-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row3Member E00567-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row4Member E00567-000 2020-06-26 jpcrp_cor:Row1Member E00567-000 2020-06-26 jpcrp_cor:Row2Member E00567-000 2020-06-26 jpcrp_cor:Row3Member E00567-000 2020-06-26 jpcrp_cor:Row4Member E00567-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:DirectorsExcludingOutsideDirectorsMember E00567-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:CorporateAuditorsExcludingOutsideCorporateAuditorsMember E00567-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:OutsideDirectorsAndOtherOfficersMember E00567-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row5Member E00567-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row6Member E00567-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row7Member E00567-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row8Member E00567-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row9Member E00567-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row10Member E00567-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row11Member E00567-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row12Member E00567-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row13Member E00567-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row14Member E00567-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row15Member E00567-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row16Member E00567-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row17Member E00567-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row18Member E00567-000 2018-04-01 2019-03-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E00567-000 2018-04-01 2019-03-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E00567-000 2018-04-01 2019-03-31 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E00567-000 2018-04-01 2019-03-31 jpcrp030000-asr_E00567-000:TextileAndApparelBusinessReportableSegmentsMember E00567-000 2018-04-01 2019-03-31 jpcrp030000-asr_E00567-000:RealEstateBusinessReportableSegmentsMember E00567-000 2018-04-01 2019-03-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E00567-000 2019-03-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E00567-000 2019-03-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E00567-000 2019-03-31 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E00567-000 2019-03-31 jpcrp030000-asr_E00567-000:TextileAndApparelBusinessReportableSegmentsMember E00567-000 2019-03-31 jpcrp030000-asr_E00567-000:RealEstateBusinessReportableSegmentsMember E00567-000 2019-03-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E00567-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00567-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row32Member E00567-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row32Member E00567-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row31Member E00567-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row31Member E00567-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E00567-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00567-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00567-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E00567-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E00567-000 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E00567-000 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00567-000 2019-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00567-000 2019-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E00567-000 2019-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00567-000 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00567-000 2019-03-31 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E00567-000 2019-03-31 jppfs_cor:RevaluationReserveForLandMember E00567-000 2019-03-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E00567-000 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00567-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E00567-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E00567-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00567-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00567-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E00567-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00567-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RevaluationReserveForLandMember E00567-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E00567-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E00567-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember E00567-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E00567-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00567-000 2018-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00567-000 2018-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E00567-000 2018-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00567-000 2018-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00567-000 2018-03-31 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E00567-000 2018-03-31 jppfs_cor:RevaluationReserveForLandMember E00567-000 2018-03-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E00567-000 2018-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00567-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E00567-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E00567-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00567-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember E00567-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00567-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E00567-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00567-000 2020-03-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E00567-000 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E00567-000:RealEstateBusinessReportableSegmentsMember E00567-000 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E00567-000:TextileAndApparelBusinessReportableSegmentsMember E00567-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ReserveForAdvancedDepreciationOfNoncurrentAssetsMember E00567-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No7MajorShareholdersMember E00567-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ReserveForAdvancedDepreciationOfNoncurrentAssetsMember E00567-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ReserveForAdvancedDepreciationOfNoncurrentAssetsMember E00567-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E00567-000:TextileAndApparelBusinessReportableSegmentsMember E00567-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E00567-000:RealEstateBusinessReportableSegmentsMember E00567-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E00567-000 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00567-000 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E00567-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No8MajorShareholdersMember E00567-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No9MajorShareholdersMember E00567-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No10MajorShareholdersMember E00567-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E00567-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E00567-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00567-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00567-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E00567-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RevaluationReserveForLandMember E00567-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No1MajorShareholdersMember E00567-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No2MajorShareholdersMember E00567-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No3MajorShareholdersMember E00567-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No4MajorShareholdersMember E00567-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No5MajorShareholdersMember E00567-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No6MajorShareholdersMember E00567-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00567-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E00567-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember E00567-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00567-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E00567-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E00567-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00567-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00567-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E00567-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RevaluationReserveForLandMember E00567-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00567-000 2018-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E00567-000 2018-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00567-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ReserveForAdvancedDepreciationOfNoncurrentAssetsMember E00567-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ReserveForAdvancedDepreciationOfNoncurrentAssetsMember E00567-000 2015-04-01 2016-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00567-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E00567-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00567-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E00567-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00567-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E00567-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:RevaluationReserveForLandMember E00567-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E00567-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E00567-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E00567-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00567-000 2020-03-31 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E00567-000 2020-03-31 jppfs_cor:RevaluationReserveForLandMember E00567-000 2020-03-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E00567-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E00567-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E00567-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00567-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00567-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E00567-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00567-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00567-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E00567-000 2020-06-26 E00567-000 2020-03-31 E00567-000 2019-04-01 2020-03-31 E00567-000 2019-03-31 E00567-000 2018-04-01 2019-03-31 E00567-000 2018-03-31 E00567-000 2017-04-01 2018-03-31 E00567-000 2017-03-31 E00567-000 2016-04-01 2017-03-31 E00567-000 2016-03-31 E00567-000 2015-04-01 2016-03-31 E00567-000 2020-06-26 jpcrp030000-asr_E00567-000:KenichiGogamiMember E00567-000 2020-03-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E00567-000 2020-03-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E00567-000 2020-03-31 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E00567-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E00567-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E00567-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E00567-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E00567-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E00567-000:RealEstateBusinessReportableSegmentsMember E00567-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E00567-000:TextileAndApparelBusinessReportableSegmentsMember E00567-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00567-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00567-000 2017-04-01 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00567-000 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00567-000 2016-04-01 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00567-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember E00567-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00567-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:UnallocatedAmountsAndEliminationMember E00567-000 2018-04-01 2019-03-31 jpcrp_cor:UnallocatedAmountsAndEliminationMember E00567-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00567-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00567-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00567-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row19Member E00567-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row20Member E00567-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row21Member E00567-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row22Member E00567-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row23Member E00567-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row24Member E00567-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row25Member E00567-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row26Member E00567-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row27Member E00567-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row28Member E00567-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row29Member E00567-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row30Member E00567-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RevaluationReserveForLandMember E00567-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00567-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00567-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E00567-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00567-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00567-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E00567-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RevaluationReserveForLandMember E00567-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00567-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E00567-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E00567-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember E00567-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00567-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:RevaluationReserveForLandMember E00567-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E00567-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00567-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E00567-000 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00567-000 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00567-000 2020-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E00567-000 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00567-000 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00567-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E00567-000 2016-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00567-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row1Member E00567-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row2Member E00567-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row3Member E00567-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row4Member E00567-000 2020-06-26 jpcrp030000-asr_E00567-000:KengoTakanoMember E00567-000 2020-06-26 jpcrp_cor:Row5Member E00567-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E00567-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E00567-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E00567-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00567-000 2018-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00567-000 2020-06-26 jpcrp030000-asr_E00567-000:TomoyaMakinoMember E00567-000 2020-06-26 jpcrp030000-asr_E00567-000:ToshioTakanasiMember xbrli:pure iso4217:JPY iso4217:JPY xbrli:shares xbrli:shares

第一部【企業情報】

第1【企業の概況】

1【主要な経営指標等の推移】

(1)最近5連結会計年度に係る主要な経営指標等の推移

回次

第90期

第91期

第92期

第93期

第94期

決算年月

2016年3月

2017年3月

2018年3月

2019年3月

2020年3月

売上高

(百万円)

23,964

23,281

23,963

21,870

19,621

経常利益又は経常損失(△)

(百万円)

1,142

1,105

832

726

204

親会社株主に帰属する当期純利益又は親会社株主に帰属する当期純損失(△)

(百万円)

1,193

674

579

3,078

5,933

包括利益

(百万円)

564

615

1,503

4,413

7,775

純資産

(百万円)

48,324

48,192

48,926

44,015

35,756

総資産

(百万円)

56,944

57,163

57,842

50,778

42,395

1株当たり純資産

(円)

293.05

2,959.34

3,043.02

2,737.41

2,222.64

1株当たり当期純利益又は1株当たり当期純損失(△)

(円)

7.15

41.17

35.82

192.00

370.10

潜在株式調整後1株当たり当期純利益

(円)

自己資本比率

(%)

84.6

84.1

84.4

86.4

84.0

自己資本利益率

(%)

2.4

1.4

1.2

6.6

14.9

株価収益率

(倍)

15.9

31.8

33.2

営業活動によるキャッシュ・フロー

(百万円)

1,150

1,894

1,110

324

1,013

投資活動によるキャッシュ・フロー

(百万円)

1,547

181

403

979

158

財務活動によるキャッシュ・フロー

(百万円)

986

741

752

494

479

現金及び現金同等物の期末残高

(百万円)

7,543

8,421

8,442

7,238

7,461

従業員数

(名)

1,717

1,724

1,694

1,585

1,535

 

(2,156)

(2,114)

(2,000)

(1,861)

(1,662)

(注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。

2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

3.従業員数は就業人員数であり、臨時従業員数は、年間の平均人員を( )外数で記載しております。

当社は、2017年10月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株式併合を行っております。第91期の期首に当該株式併合が行われたと仮定して、1株当たり純資産、1株当たり当期純利益を算定しております。

5.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第93期の期首から適用しており、第92期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。

6.第93期、第94期の株価収益率については、1株当たり当期純損失であるため記載しておりません。

 

(2)提出会社の最近5事業年度に係る主要な経営指標等の推移

回次

第90期

第91期

第92期

第93期

第94期

決算年月

2016年3月

2017年3月

2018年3月

2019年3月

2020年3月

売上高

(百万円)

23,106

22,416

23,019

20,977

18,782

経常利益又は経常損失(△)

(百万円)

720

1,128

612

743

1,100

当期純利益又は当期純損失(△)

(百万円)

848

915

411

3,440

6,227

資本金

(百万円)

31,706

31,706

31,706

31,706

31,706

発行済株式総数

(株)

173,195,689

173,195,689

17,319,568

17,319,568

17,319,568

純資産

(百万円)

47,286

47,754

48,140

42,992

34,824

総資産

(百万円)

56,027

56,588

57,232

49,584

40,931

1株当たり純資産

(円)

287.53

2,940.07

3,001.95

2,681.44

2,172.36

1株当たり配当額

(円)

3.00

3.00

30.00

30.00

15.00

(内1株当たり中間配当額)

()

()

()

()

()

1株当たり当期純利益又は1株当たり当期純損失(△)

(円)

5.08

55.91

25.42

214.56

388.44

潜在株式調整後1株当たり当期純利益

(円)

自己資本比率

(%)

84.4

84.4

84.1

86.7

85.1

自己資本利益率

(%)

1.8

1.9

0.9

7.6

16.0

株価収益率

(倍)

22.4

23.4

46.8

配当性向

(%)

59.0

53.7

84.7

従業員数

(名)

214

210

209

203

206

 

(530)

(518)

(511)

(516)

(514)

株主総利回り

(%)

98.3

115.1

107.6

91.1

64.0

(比較指標:配当込みTOPIX)

(%)

(89.2)

(102.3)

(118.5)

(112.5)

(101.8)

最高株価

(円)

125

150

1,344

1,239

990

 

 

 

(137)

 

 

最低株価

(円)

106

103

1,164

858

535

 

 

 

(121)

 

 

(注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。

2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

3.従業員数は就業人員数であり、臨時従業員数は、年間の平均人員を( )外数で記載しております。

4.第90期の発行済株式総数は、2015年10月23日開催の取締役会決議により実施した自己株式1,500万株の消却により減少しております。

当社は、2017年10月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株式併合を行っております。第91期の期首に当該株式併合が行われたと仮定して、1株当たり純資産、1株当たり当期純利益を算定しております。また、第92期の株価については株式併合後の最高株価及び最低株価を記載しており、( )内に株式併合前の最高株価及び最低株価を記載しております。

6.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第93期の期首から適用しており、第92期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。

7.第93期、第94期の株価収益率と配当性向については、1株当たり当期純損失であるため記載しておりません。

8.最高株価及び最低株価は東京証券取引所(市場第一部)におけるものであります。

 

2【沿革】

1947年12月

創業者である堀禄助が厚木編織株式会社を設立、現在の本社所在地(神奈川県海老名市)で捕鯨用ロープ、撚糸、靴下、メリヤス肌着等の製造販売開始。(当社の設立年月日:1947年12月24日資本金195千円)。

1952年1月

シームレスストッキング及びタイツの製造販売に着手。

1960年1月

厚木ナイロン工業株式会社に商号変更。

1960年9月

東京店頭売買承認銘柄として株式公開。

1961年5月

全国に直販網の確立を目的として、厚木ナイロン商事株式会社を設立、シームレスストッキング、シームレスタイツ等の本格的国内販売開始。

1961年10月

東京証券取引所市場第二部発足と同時に同市場承認銘柄となる。

1962年10月

東京、大阪、名古屋、各証券取引所市場第一部及び福岡証券取引所に上場(2013年7月 現物市場統合に伴い大阪証券取引所市場第一部は東京証券取引所市場第一部に統合)。

1963年8月

海外販売を目的として厚木ナイロン香港有限公司(現連結子会社 厚木香港有限公司)を設立。

1963年10月

東京証券取引所市場第一部信用銘柄となる。

1964年4月

ファンデーション、ランジェリーの製造販売開始。

1966年5月

ストッキングの増産のため、アツギむつナイロン株式会社を設立(青森県むつ市)。

1968年6月

パンティストッキングの製造販売開始。

1968年12月

パンティストッキングの増産のため、アツギ白石ナイロン株式会社を設立(宮城県白石市)。

1970年6月

パンティストッキングの増産のため、アツギ佐世保ナイロン株式会社を設立(長崎県佐世保市)。

ソックス類の本格製造販売開始。

1971年9月

札幌証券取引所に上場。

1972年10月

ミサワホーム株式会社と業務提携し、厚木ナイロンミサワホーム株式会社を設立(神奈川県海老名市)。

1974年3月

メリヤス肌着の本格製造販売開始。

1977年6月

物流部門を独立させ、アツギ物流株式会社を設立(神奈川県海老名市)。

1977年10月

アツギむつナイロン株式会社がアツギ白石ナイロン株式会社を吸収合併し、東北アツギ株式会社に商号変更。

1979年3月

フルサポーティパンティストッキングの製造販売開始。

1984年11月

繊維機械研究開発部門を独立させ、アツギメカトロ株式会社を設立(神奈川県海老名市)。

1986年2月

本社を東京都中央区から、神奈川県海老名市へ移転。

1986年6月

厚木ナイロン商事株式会社がアツギ物流株式会社を吸収合併。

1988年12月

アツギメカトロ株式会社及び厚木ナイロンミサワホーム株式会社を吸収合併。

1989年10月

パンティストッキング等繊維製品の自動販売機による販売を行うため、厚木ナイロンサービス株式会社を設立(神奈川県海老名市)。

1992年10月

住宅の建設販売部門をアツギミサワ住宅㈱へ営業譲渡。

1998年11月

アツギむつ株式会社及びアツギ白石株式会社を設立。

業務請負会社として青森スタッフ株式会社、宮城スタッフ株式会社、神奈川スタッフ株式会社(現連結子会社)、長崎スタッフ株式会社を設立。

1999年3月

東北アツギ株式会社はアツギむつ株式会社及びアツギ白石株式会社に営業を譲渡し、東北アツギ株式会社は解散。

1999年10月

厚木ナイロン商事株式会社を吸収合併し、アツギ株式会社に商号変更。

2000年9月

介護用品の製造販売を目的として、アツギケア株式会社(現連結子会社)を設立。

印刷、製袋部門を独立させ、アツギ印刷株式会社を設立。

2000年10月

青森スタッフ株式会社はアツギむつ株式会社と、宮城スタッフ株式会社はアツギ白石株式会社と、長崎スタッフ株式会社はアツギ佐世保株式会社(現連結子会社)とそれぞれ合併。

2001年12月

中国での靴下製造を目的として煙台厚木華潤靴下有限公司(現連結子会社)を設立。

2002年10月

中国でのインナーウエア製造を目的として、阿姿誼(上海)針織有限公司(2018年2月清算)を設立。

2003年3月

名古屋、福岡、札幌、各証券取引所の上場廃止。

2003年12月

アツギ佐世保株式会社は、繊維製品製造を中止し、物流業務請負会社に業態変更。

2004年6月

中国の輸出入業務の委託を目的として、阿姿誼(上海)国際貿易有限公司(現連結子会社)を設立。

2007年10月

アツギむつ株式会社がアツギ白石株式会社及びアツギ印刷株式会社を吸収合併し、アツギ東北株式会社(現連結子会社)に商号変更。

2008年7月

中国での販売を目的として、厚木(上海)時装貿易有限公司(現連結子会社)を設立。

2009年12月

2015年11月

中国での靴下製造を目的として、厚木靴下(煙台)有限公司(現連結子会社)を設立。

宮城県白石市で、太陽光発電による売電を開始。

 

3【事業の内容】

 当社グループは、当社及び連結子会社9社、持分法適用関連会社1社で構成され、レッグウエア及びインナーウエア等の製造、仕入、販売を主とし、他に不動産販売、賃貸及び介護用品の仕入、販売、太陽光発電による売電等を行っております。

 当社グループの事業系統図は次のとおりであります。

0101010_001.png

 

(注)1.上記9社はすべて連結子会社であります。

2.上記以外に、持分法適用の関連会社「山東華潤厚木尼龍有限公司」があります。

連結財務諸表提出会社と当該関連会社との間に継続的な営業取引はありません。

 

 提出会社及び関係会社のセグメントに係る位置付けは次のとおりであります。

セグメントの名称

主な事業内容

主な会社名

繊維事業

繊維製品の販売

アツギ㈱、厚木香港有限公司、厚木(上海)時装貿易有限公司

繊維製品の製造、仕入

アツギ㈱、アツギ東北㈱、煙台厚木華潤靴下有限公司、厚木靴下(煙台)有限公司、厚木(上海)時装貿易有限公司、阿姿誼(上海)国際貿易有限公司

物流業務の請負

神奈川スタッフ㈱、アツギ佐世保㈱

不動産事業

不動産の販売、賃貸

アツギ㈱

その他

介護用品の仕入、販売

太陽光発電による売電

アツギケア㈱、アツギ㈱

 

4【関係会社の状況】

名称

住所

資本金

または

出資金

主要な事業の内容

議決権の

所有割合

関係内容

役員の

兼任等

資金援助

設備の

賃貸借

営業上の取引等

(連結子会社)

 

 

 

 

 

 

 

 

アツギ東北㈱

神奈川県

海老名市

490

(百万円)

レッグウエア及びインナーウエアの製造販売

100%

0人

繊維製品の仕入

アツギ佐世保㈱

94

(百万円)

物流業務の請負

100%

0人

当社の物流業務の委託

神奈川スタッフ㈱

40

(百万円)

物流業務の請負

100%

0人

当社の物流業務の委託

アツギケア㈱

80

(百万円)

介護用品の仕入販売

100%

0人

当社製品の販売

厚木香港有限公司

中国

香港

11,100

(千HK$)

レッグウエアの仕入販売

100%

0人

当社製品の販売

煙台厚木華潤靴下有限公司

中国

山東省

18,000

(千US$)

レッグウエアの製造販売

95%

0人

繊維製品の仕入

阿姿誼(上海)国際貿易有限公司

中国

上海

800

(千US$)

原材料及びレッグウエアの仕入販売

100%

1人

繊維製品の仕入

厚木(上海)時装貿易有限公司

3,000

(千US$)

レッグウエアの仕入販売

100%

1人

当社製品の販売、仕入

厚木靴下(煙台)有限公司

中国

山東省

18,000

(千US$)

レッグウエアの製造販売

100%

0人

繊維製品の仕入

(持分法適用関連会社)

 

 

 

 

 

 

 

 

山東華潤厚木尼龍有限公司

中国

山東省

6,122

(千US$)

レッグウエアの製造販売

28.75%

0人

(注)連結子会社のうち、アツギ東北㈱、煙台厚木華潤靴下有限公司、厚木靴下(煙台)有限公司は特定子会社であります。

 

 

5【従業員の状況】

(1)連結会社の状況

 

2020年3月31日現在

セグメントの名称

従業員数(名)

繊維事業

1,525

1,659

不動産事業

1

1

その他

9

2

合計

1,535

1,662

(注) 従業員数は就業人員数であり、臨時従業員数は、年間の平均人員を( )外数で記載しております。

 

(2)提出会社の状況

 

 

 

 

2020年3月31日現在

従業員数(名)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(円)

206

514

42.8

16.8

5,548,377

 

セグメントの名称

従業員数(名)

繊維事業

205

513

不動産事業

1

1

合計

206

514

(注)1.従業員数は就業人員数であり、臨時従業員数は、年間の平均人員を( )外数で記載しております。

2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。

 

(3)労働組合の状況

 当社及び一部の子会社には労働組合が組織されております。

 なお、労使関係については、特記すべき事項はありません。

 

第2【事業の状況】

1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

 わが国経済の今後の見通しにつきましては、この度の新型コロナウイルス感染症の拡大が国内経済はもとより世界経済にも深刻な打撃を与えており、収束が長引けば大変厳しい1年になることが予想され、極めて不透明な状況にあります。

 当社グループを取り巻く流通・アパレル業界においても、消費の低迷により更なる企業の淘汰・再編、価格競争の激化などが予想され、厳しい状況が続くものと思われます。

 このような経営環境のもと、当社グループは、現在、2020年度までの3年間を実行期間とする中期経営計画『ATSUGI VISION 2020』に鋭意取り組み、更に、2019年度より、これらを確実に遂行するため「事業構造改革」、「業務構造改革」、「コスト構造改革」の3つの構造改革をスタートし、衛星工場の閉鎖などの施策を断行いたしましたが、主力のストッキングやタイツの不振などにより販売が計画を大きく下回り、これに加えて、国内工場の収支悪化に伴い、繊維事業に係る固定資産の減損損失の計上を余儀なくされ、2期連続の大幅な最終損失という結果となりました。

 目下、当社グループが直面している大きな課題は、継続する売上高の減少と国内工場の収支悪化であります。

 またこれらに、新型コロナウイルス感染症拡大による、春先から百貨店をはじめとした取引先店舗の営業自粛や時間短縮、在宅勤務推奨の動きによるストッキング需要の減少等が、副次的に当社の主力商品の生産、販売に一定の影響を加えることは避けられない状況と思われます。

 一刻も早くこの状況に歯止めをかけるため「事業構造改革」、「業務構造改革」、「コスト構造改革」の3つの構造改革をスピーディに推し進めてまいります。

 事業構造改革では、販売商品やルート、国内・海外比率等のバランスの改革を段階的に進めてまいります。販売商品については、特に主力のストッキングにおいては付加価値を高めるべく企画開発に注力して売上を維持する一方、比較的順調に推移しているインナーウエアについては、健康をキーワードとした仕掛けを積極的に打ち出して売上拡大を図るとともに、ソックスについても高機能、高付加価値商品の開発を促進することにより、インナーウエア・ソックスの販売比率を現在の28%から40%まで引き上げます。また、シューアッパー、マスクなどの新しいカテゴリーの商品の企画開発も進めてまいります。

 販売ルートについては、EC比率を現在の4%から10%に引き上げるとともに、直営店展開を現状の5店舗から20店舗まで拡大し、直営売上比率を拡大していきます。これらに加えて、新設のルート戦略部において新規販売ルートの開拓、催事、ポップアップショップなどの展開により新しい売上を創出していきます。海外販売については、中国生産品の中国国内販売の拡大と日本製商品の越境ECによる拡販を同時に進めてまいります。

 業務構造改革では、工場への最新鋭の生産設備の導入、既存設備の改良、生産工程の見直し等により生産効率を上げていきます。あわせて、本社の間接部門を中心に定型業務の見直し、基幹システムの更新等により人員の最適化を図り、労働生産性の向上を図ります。

 コスト構造改革では、工場への省人化設備の導入と新たな生産工程の設計等の取り組みにより、製造原価の低減を図るとともに、本社、物流機能の移管・集約により最適な配置を実施し、あわせて本社敷地(神奈川県海老名市)の土地・建物の再開発により不動産収益の底上げを図ります。

 なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。

 

2【事業等のリスク】

 有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、経営者が連結会社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると認識している主要なリスクは、以下のとおりであります。

 なお、当社は、これらのリスク発生の可能性を認識した上で、発生の回避および発生した場合の対応に最大限の努力をする所存であります。

 本項については、将来に関する事項が含まれておりますが、当該事項は当連結会計年度末現在において判断したものであります。

 

(1)為替レートの変動リスク

 当社グループは、生産拠点を海外シフトしており、外国通貨建ての取引があります。従って、当社グループの取引および投資活動等に係る損益は、外国為替の変動により影響を受ける可能性があります。

 また、当社グループは、ヘッジ取引により、為替変動によるリスクを低減しておりますが、予測を超えた為替変動が業績および財務状況に影響を与える可能性があります。

 

(2)海外事業

 当社グループは、主に生産拠点を中国へ移管しておりますが、中国政府による規制、人材確保の困難さ、通貨切上げ等のリスクが存在します。

 このようなリスクが顕在化することにより、中国での事業活動に支障を生じ、業績および将来の計画に影響を与える可能性があります。

 

(3)原油価格の変動リスク

 原油価格の乱高下に伴い、当社グループの主力商品である靴下の主要な原材料であるナイロン糸および電力・重油等の購入価格の上昇により、業績および将来の計画に影響を与える可能性があります。

 

(4)市況による影響

 当社グループの中核である繊維事業は、市況により業績に大きな影響を受ける業種であります。市況リスクとしては、ファッション・トレンドの変化による需要の減少、天候不順による季節商品の売上減少、デフレによる低価格商品の増加、海外からの低価格商品の輸入増等により、業績および将来の計画に影響を与える可能性があります。

 

(5)貸倒リスク

 当社グループは、販売先の状況および過去の貸倒実績発生率による見積りに基づいて貸倒引当金を計上しておりますが、販売先の財政状況の悪化、その他予期せざる理由により、貸倒引当金の積み増しを行う可能性があります。

 

(6)製造物責任・知的財産

 当社グループの製品の欠陥に起因して、大規模な製品回収や損害賠償が発生し、保険による補填ができない事態が生じた場合や、知的財産に係わる紛争が生じ、当社グループに不利な判断がなされた場合、業績および財政状態に悪影響を与える可能性があります。

 

(7)災害や停電、感染症等による影響

 当社グループの本社及び生産・物流拠点において災害、停電またはその他の操業を中断する事象が発生した場合、当社グループの事業及び経営成績に著しい影響を及ぼす可能性があります。また、感染症の影響が長期化した場合、減産や操業停止など、当社グループ全体の事業運営および業績に影響が及ぶ可能性があります。

 

(8)固定資産の減損について

 当社グループが保有する固定資産について、経営環境の著しい悪化により事業の収益性が低下して投資額の回収が見込めなくなった場合などには、固定資産の減損会計の適用による減損損失が発生し、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。

 

 

3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

(1)経営成績等の状況の概要

 当連結会計年度における当社グループ(当社、連結子会社及び持分法適用会社)の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下、「経営成績等」という。)の状況の概要は次のとおりであります。

 

①経営成績の状況

 当連結会計年度におけるわが国経済は、雇用情勢や所得環境の改善を背景に、引き続き緩やかな回復基調で推移しましたが、その一方で、米中間の貿易摩擦の激化や、新型コロナウイルス感染症の拡大による世界経済への影響が懸念されるなど、先行き不透明な状況で推移しました。

 繊維業界においては、酷暑や暖冬などの天候不順の影響や、消費増税後の消費マインドの低下などにより、実店舗における衣料品販売が総じて苦戦するなど、個人消費は引き続き力強さに欠ける状況が続いており、厳しい環境にあります。

 このような状況において当社グループは、2018年度から2020年度までの3年間を実行期間とする中期経営計画『ATSUGI VISION 2020』で掲げる「企画・開発と営業戦略の融合」、「繊維事業におけるバランスの改革」、「製造原価の低減」、「女性の美と快適に「健康」をプラス」、「生産性の向上」の5つの課題への取り組みに加え、これらを強化するための施策として、2019年度より「事業構造改革」、「業務構造改革」、「コスト構造改革」の3つの構造改革を推進することにより、次の時代を見据えた事業構造への転換を図り、強固な事業基盤の構築を目指しております。

 当連結会計年度においては、衛星工場の閉鎖などの構造改革を実施いたしましたが、販売では主力商品群であるレッグウエア商品が年間を通じて苦戦するなど売上が計画を大きく下回った他、利益面では国内工場の生産性悪化による売上原価の上昇、販売の減少に伴う売上総利益の減少などにより、営業利益および経常利益が減少した結果、繊維事業における利益創出が困難となったことから、保有する固定資産の減損損失を特別損失に計上し、親会社株主に帰属する当期純利益は大幅な損失となりました。

 この結果、当連結会計年度の売上高は19,621百万円(前年同期比10.3%減)、営業損失は461百万円(前年同期は903百万円の損失)、経常損失は204百万円(前年同期は726百万円の損失)、親会社株主に帰属する当期純損失は5,933百万円(前年同期は3,078百万円の損失)となりました。

 

 セグメントの経営成績は、次のとおりであります。

[繊維事業]

 レッグウエア分野は、プレーンストッキングなどのベーシック商品が期初より苦戦し、更には最盛期である秋冬期においてもタイツなどの季節商品が伸び悩むなど全般的に厳しく、同分野の売上高は15,050百万円(前年同期比14.2%減)となりました。

 インナーウエア分野は、スポーツインナー関連が順調に推移した他、主力のブラジャーおよびショーツも好調に推移し、同分野の売上高は3,359百万円(前年同期比7.5%増)となりました。

 これらの結果、繊維事業の売上高は18,409百万円(前年同期比10.9%減)、営業損失は690百万円(前年同期は1,370百万円の損失)となりました。

 

[不動産事業]

 保有資産の有効活用を進めておりますが、当事業の売上高は571百万円(前年同期比2.2%減)、営業利益は308百万円(前年同期比25.0%減)となりました。

 

[その他]

 その他の事業につきましては、介護用品の販売は堅調に推移しましたが、太陽光発電による売電は天候の影響などにより発電量が減少いたしました。これらの結果、当事業の売上高は640百万円(前年同期比3.2%増)、営業利益は28百万円(前年同期比48.9%減)となりました。

 

②財政状態の状況

 当連結会計年度末における総資産は42,395百万円となり、前連結会計年度末に比べ8,383百万円減少いたしました。主な増減内容は、繊維事業において、収益性の低下等により投資額の回収が見込めなくなった一部の生産拠点および物流センター等の事業用資産について減損処理を行ったこと等による有形固定資産の減少5,672百万円、投資有価証券の減少2,169百万円等によるものであります。

 負債の部は6,639百万円となり、前連結会計年度末に比べ124百万円減少いたしました。これは主に、繰延税金負債の減少104百万円等によるものであります。

 純資産の部は35,756百万円となり、前連結会計年度末に比べ8,258百万円減少いたしました。これは主に、親会社株主に帰属する当期純損失5,933百万円の計上による減少や、前期決算に係る配当金481百万円による減少、土地再評価差額金の取崩による減少1,159百万円、その他の包括利益累計額の減少683百万円等によるものであります。

 

③生産、受注及び販売の実績

a.生産実績

 当連結会計年度における生産実績をセグメント別に示すと、次のとおりであります。

セグメントの名称

金額(百万円)

対前年同期比(%)

繊維事業

9,737

83.3

合計

9,737

83.3

(注)1.セグメント間取引については、内部振替前の数値によっております。

2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

3.金額は、製造原価によっております。

 

b.受注状況

 当社グループ(当社及び連結子会社)は見込生産を行っているため、該当事項はありません。

 

c.販売実績

 当連結会計年度における販売実績をセグメント別に示すと、次のとおりであります。

セグメントの名称

金額(百万円)

対前年同期比(%)

繊維事業

18,409

89.1

不動産事業

571

97.8

その他

640

103.2

合計

19,621

89.7

(注)1.セグメント間の取引については相殺消去しております。

2.主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に対する割合は、次のとおりであります。

相手先

前連結会計年度

当連結会計年度

金額(百万円)

割合(%)

金額(百万円)

割合(%)

㈱しまむら

2,650

12.1

2,279

11.6

3.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

 

④キャッシュ・フローの状況

科目

前連結会計年度

(百万円)

当連結会計年度

(百万円)

増減(百万円)

営業活動によるキャッシュ・フロー

324

1,013

689

投資活動によるキャッシュ・フロー

△979

△158

820

財務活動によるキャッシュ・フロー

△494

△479

14

現金及び現金同等物に係る換算差額

△54

△152

△97

現金及び現金同等物の増減額

△1,203

223

1,427

現金及び現金同等物の期末残高

7,238

7,461

223

 

 

[営業活動によるキャッシュ・フロー]

 営業活動によるキャッシュ・フローは、税金等調整前当期純損失5,495百万円の計上はありましたが、減損損失5,287百万円、減価償却費721百万円、売上債権の減少727百万円等により、差引1,013百万円の収入(前年同期は324百万円の収入)となりました。

 

[投資活動によるキャッシュ・フロー]

 投資活動によるキャッシュ・フローは、有形固定資産の取得374百万円、投資有価証券の償還224百万円等により、158百万円の支出(前年同期は979百万円の支出)となりました。

 

[財務活動によるキャッシュ・フロー]

 財務活動によるキャッシュ・フローは、主に配当金の支払い477百万円等により、479百万円の支出(前年同期は494百万円の支出)となりました。

 

 この結果、当連結会計年度末における現金及び現金同等物の残高は、前連結会計年度末に比べ223百万円増加し、7,461百万円となりました。

 

(2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

 経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりであります。なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものであります。

 

①重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

 当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成しております。この連結財務諸表の作成にあたって、会計方針の選択、資産・負債及び収益・費用の報告金額及び開示に影響を与える見積りを必要とします。経営者は、これらの見積りについて過去の実績等を勘案し合理的に判断しておりますが、実際の結果は見積りの不確実性があるため、これらの見積りと異なる結果となる場合があります。

 当社グループの連結財務諸表で採用する重要な会計方針、会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定については、「第5経理の状況1連結財務諸表等(1)連結財務諸表注記事項(連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)、(追加情報)」に記載しておりますが、特に以下の重要な会計方針が連結財務諸表作成における重要な見積りの判断に大きな影響を及ぼすと考えております。

 なお、新型コロナウイルス感染症の影響等不確実性が大きく、将来の業績予測等に反映させることが難しい要素もありますが、連結会計年度末時点において入手可能な情報を基に検証等を行っております。

 

(固定資産の減損処理)

 当社グループは、固定資産のうち減損の兆候がある資産又は資産グループについて、当該資産又は資産グループから得られる割引前将来キャッシュ・フローの総額が帳簿価額を下回る場合には、帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失として計上しております。減損の兆候の把握、減損損失の認識及び測定に当たっては慎重に検討しておりますが、事業計画や市場環境の変化により、その見積り額の前提とした条件や仮定に変更が生じ減少した場合、減損処理が必要となる可能性があります。

 

(繰延税金資産)

 当社グループは、繰延税金資産について、その回収可能性を考慮して、評価性引当額を計上しております。評価性引当額を計上する際には、将来の課税所得を合理的に見積っております。繰延税金資産の回収可能性は将来の課税所得の見積りに依存するので、その見積りの前提とした条件や仮定に変更が生じ減少した場合、繰延税金資産の計上が見直され、税金費用の計上に影響を与える可能性があります。

 

②当連結会計年度の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

 当社グループの経営成績等の詳細については、「第2 事業の状況 3 経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析 (1)経営成績等の状況の概要」をご参照下さい。

 なお、新型コロナウイルス感染症により2020年2月から3月の企業活動には一定の影響がありましたが限定的であり、当期の業績への影響は軽微であると判断しております。

 当社グループの経営に影響を与える大きな要因の詳細については、「第2 事業の状況 1 経営方針、経営環境及び対処すべき課題等、2 事業等のリスク」をご参照下さい。

 当社グループにおける資金需要は、製品製造のための原材料費、製造費、販売費及び一般管理費等の営業費用並びに設備新設、維持改修等に係る投資であります。これらの資金需要につきましては、自己資金を基本としており、現時点で借入金はありません。また、当社グループは、事業運営上必要な流動性と資金の源泉を安定的に確保することを基本方針としており、資金調達に関し、低コストかつ安定的な資金の確保を基本に、財務状況や金融環境に応じ、最適と思われる調達手段を選択しております。

 

③経営方針、経営戦略、経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等

 当社グループは、現在、2020年度までの3年間を実行期間とする中期経営計画『ATSUGI VISION 2020』に鋭意取り組み、更に、2019年度より、これらを確実に遂行するため「事業構造改革」、「業務構造改革」、「コスト構造改革」の3つの構造改革をスタートし、衛星工場の閉鎖などの施策を断行いたしましたが、主力のストッキングやタイツの不振などにより販売が計画を大きく下回り、これに加えて、国内工場の収支悪化に伴い、繊維事業に係る固定資産の減損損失の計上を余儀なくされ、2期連続の大幅な最終損失という結果となりました。

 今後も厳しい経営環境が継続すること等を踏まえ、あらためて3つの構造改革の計画を検証し、当社グループの主力事業である繊維事業を中心に更なる施策を立案しております。構造改革後に当社グループが目指していく中期的なビジョンとして、連結売上高220億円、連結営業利益15.5億円、親会社株主に帰属する当期純利益11.5億円、ROE3%を数値目標としております。

 

 

4【経営上の重要な契約等】

 該当事項はありません。

 

5【研究開発活動】

 当社グループは、女性の「美しさ」と「快適さ」を追求し、当社最大の強みである技術力及び商品開発力に磨きをかけ、素材の応用研究から付加価値向上と、差別化商品の企画のための研究開発を積極的に行っております。

 研究開発体制を強化する為に本社内に研究開発専用の設備を導入、技術力の向上、技術者の育成を行っております。そして本社を拠点として、新しい価値の創造と消費者の信頼を得られる高い品質を持った商品の研究開発に取り組んでおります。「価格を上回る価値ある商品づくり」を念頭に、多様化するニーズに対応した商品を提供し、顧客満足の向上に努めます。

 当社グループの研究開発は、当社の研究開発部門を中核として、連結会社の技術開発部門により行っております。

 当連結会計年度における当社グループが支出した研究開発費の総額は479百万円であり、繊維事業に係るものであります。

 

 セグメントの研究開発活動は次のとおりであります。

[繊維事業]

(1)レッグウエア分野

① ストッキング・ソックスの開発

 プレーンストッキングの主力ブランドである「ASTIGU/アスティーグ」では、暖冬傾向にある近年において、肌寒くてもタイツをはくほどではない天候が多い中で、従来のストッキングよりもあたたかく、薄手タイツよりも軽やかな着こなしを提供できる発熱機能を持たせたプレーンストッキング、アスティーグ「温」を開発いたしました。

 ファッションレッグウエアブランド「ATSUGI THE LEG BAR/アツギ・ザ・レッグバー」では、スニーカー通勤の社会的な盛り上がりをふまえて、「ニオイ対策」「ムレ対策」「すべり対策」を講じたスニーカー着用に適したスニーカー通勤対応ストッキングを開発しました。

 また、新ブランド「ATSUGI CLINICAL/アツギ クリニカル」では、美しいレッグラインを叶えたい消費者のニーズを満たす本格的な着圧商品を開発しました。ストッキングは、足首、ふくらはぎ、太ももの着圧値を段階的に設計することで各部位を適切な強さで引き締め、美しいレッグラインを実現します。ハイソックスは、ナイロン・綿・レーヨンの3つの素材展開があり、素材ごとに足首の着圧値を分け、好みの素材かつ好みの着圧値を選択することが出来ます。

 

(2)インナーウエア分野

① 「快眠ing」良質な眠りのためのナイトウエアの開発

 就寝時には締め付けアイテムから身体を解放し就寝用インナーに着替える“眠りのための新習慣”を提案し、心身ともにリラックスして良質な睡眠をとるためのナイトウエアアイテムを開発いたしました。

 

② 「デイリーケアラボ」吸水ケアパッド専用ショーツの開発

 高齢化社会が進み、健康年齢への関心の高まりや尿ケア用品の拡大を受け、ずれやニオイ、防水、透湿など尿もれケアできる商品として主素材や仕様を選定し、吸水ケアパッドのための専用ショーツを開発いたしました。

 

第3【設備の状況】

1【設備投資等の概要】

 当社グループは、生産設備の増強、コスト低減に対応するため繊維事業を中心に435百万円の設備投資を実施しております。

 所要資金につきましてはすべて自己資金を充当しております。

 なお、当連結会計年度において重要な設備の除却、売却等はありません。

 

2【主要な設備の状況】

(1)提出会社

2020年3月31日現在

 

事業所名

(所在地)

セグメント

の名称

設備の内容

帳簿価額(百万円)

従業員数

(名)

建物及び構築物

機械装置

及び

運搬具

土地

(面積千㎡)

その他

建設

仮勘定

合計

本社他

(神奈川県海老名市他)

繊維事業・全社

事務所・倉庫

センター

303

0

2,015

(39)

0

0

2,319

205

<513>

(青森県むつ市他)※1

繊維事業

関係会社

賃貸設備他

0

134

〔69〕

0

134

本社他

(神奈川県海老名市他)

不動産事業

賃貸設備他

679

0

7,171

〔96〕

0

7,852

1

<1>

(宮城県白石市)

その他

太陽光

発電設備

4

561

358

(63)

0

924

(神奈川県海老名市他)

その他・

全社

土地・建物他

4

3,512

(60)

3,517

(注)1.面積の内〔 〕は賃貸中の土地で外数であります。

2.※1の賃貸設備はすべて連結子会社への賃貸であります。

3.従業員数の< >は臨時従業員数で外数であります。

 

(2)国内子会社

2020年3月31日現在

 

会社名

事業所名

(所在地)

セグメントの名称

設備の内容

帳簿価額(百万円)

従業員数

(名)

建物及び構築物

機械装置及び

運搬具

土地

(面積千㎡)

その他

建設

仮勘定

合計

アツギ東北㈱

(青森県

むつ市他)

繊維事業

繊維製品

製造設備

0

0

0

0

0

42

<1,143>

(注) 従業員数の< >は臨時従業員数で外数であります。

 

(3)在外子会社

2020年3月31日現在

 

会社名

事業所名

(所在地)

セグメントの名称

設備の内容

帳簿価額(百万円)

従業員数

(名)

建物及び構築物

機械装置及び

運搬具

土地

(面積千㎡)

その他

建設

仮勘定

合計

煙台厚木華潤靴下

有限公司

(中国山東省

煙台市)

繊維事業

繊維製品

製造設備

224

735

34

994

945

<3>

厚木靴下(煙台)

有限公司

(中国山東省

煙台市)

繊維事業

繊維製品

製造設備

509

585

8

7

1,109

297

<->

(注) 従業員数の< >は臨時従業員数で外数であります。

 

3【設備の新設、除却等の計画】

当社グループの設備投資は、市場動向、生産計画、設備投資効率等を総合的に勘案して策定しております。設備計画は各統括・各部門が中心となり策定し、グループ全体の設備計画は提出会社を中心に調整を図り決定しております。

当連結会計年度後1年間の設備投資計画は繊維事業で1,000百万円であります。

なお、所要資金については、すべて自己資金の充当を予定しております。

第4【提出会社の状況】

1【株式等の状況】

(1)【株式の総数等】

①【株式の総数】

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

39,103,900

39,103,900

 

②【発行済株式】

種類

事業年度末現在発行数(株)

(2020年3月31日)

提出日現在発行数(株)

(2020年6月26日)

上場金融商品取引所名

又は登録認可金融

商品取引業協会名

内容

普通株式

17,319,568

17,319,568

東京証券取引所

(市場第一部)

単元株式数

100株

17,319,568

17,319,568

 

(2)【新株予約権等の状況】

①【ストックオプション制度の内容】

 該当事項はありません。

 

②【ライツプランの内容】

 該当事項はありません。

 

③【その他の新株予約権等の状況】

 該当事項はありません。

 

(3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

 該当事項はありません。

 

(4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

年月日

発行済株式

総数増減数

(株)

発行済株式

総数残高

(株)

資本金増減額

(百万円)

資本金残高

(百万円)

資本準備金

増減額

(百万円)

資本準備金

残高

(百万円)

2015年10月30日

(注)1

△15,000,000

173,195,689

31,706

7,927

2017年10月1日

(注)2

△155,876,121

17,319,568

31,706

7,927

2019年6月27日

(注)3

17,319,568

31,706

△3,000

4,927

(注)1.2015年10月23日開催の取締役会決議により実施した自己株式1,500万株の消却による減少であります。

2.2017年6月29日開催の第91回定時株主総会により、2017年10月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株式併合を行ったことによる減少であります。

3.2019年6月27日開催の第93期定時株主総会決議に基づき、資本準備金の一部を減少し、同額をその他資本剰余金に振り替えました。これにより、2019年6月27日付で資本準備金は3,000百万円減少し、4,927百万円となっております。

4.2020年6月26日開催の第94期定時株主総会決議に基づき、資本金の一部を減少し、同額をその他資本剰余金に振り替えました。これにより、2020年6月26日付で資本金は11,706百万円減少し、20,000百万円となっております。なお、同日付で会社法第452条の規定に基づき、その他資本剰余金4,662百万円を繰越利益剰余金に振替え、欠損補填を実施しております。

 

(5)【所有者別状況】

 

 

 

 

 

 

 

2020年3月31日現在

区分

株式の状況(1単元の株式数100株)

単元未満

株式の状況

(株)

政府及び地方公共団体

金融機関

金融商品取引業者

その他の法人

外国法人等

個人

その他

個人以外

個人

株主数(人)

27

33

113

76

9

18,246

18,504

所有株式数

(単元)

38,599

3,048

27,228

19,272

40

83,038

171,225

197,068

所有株式数

の割合(%)

22.5

1.8

15.9

11.3

0.0

48.5

100.0

(注)1.自己株式1,288,842株は、「個人その他」に12,888単元及び「単元未満株式の状況」に42株を含めて記載しております。

2.「単元未満株式の状況」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が90株含まれております。

 

(6)【大株主の状況】

 

 

2020年3月31日現在

氏名又は名称

住所

所有株式数

(千株)

発行済株式(自己株式を除く。)の総数に対する所有株式数の割合(%)

日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口)

東京都中央区晴海1丁目8-11

1,219

7.60

東レ株式会社

東京都中央区日本橋室町2丁目1-1

1,025

6.39

日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口)

東京都港区浜松町2丁目11番3号

849

5.29

株式会社オンワードホールディングス

東京都中央区日本橋3丁目10番5号

612

3.81

小林 茂

新潟県新発田市

503

3.14

STATE STREET BANK AND TRUST COMPANY 505103(常任代理人 株式会社みずほ銀行)

P.O. BOX 351 BOSTON MASSACHUSETTS 02101 U.S.A.

(東京都港区港南2丁目15-1 品川インターシティA棟)

429

2.67

江綿株式会社

大阪府大阪市中央区久太郎町3丁目3番14号

401

2.50

旭化成株式会社

東京都千代田区有楽町1丁目1-2号

345

2.15

日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口5)

東京都中央区晴海1丁目8-11

321

2.00

株式会社三井住友銀行

東京都千代田区丸の内1丁目1番2号

244

1.52

5,951

37.12

(注)1.上記の信託銀行の所有株式数には、下記の投資信託設定株式及び年金信託設定株式が含まれております。

日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口)

1,046千株

日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口)

694千株

2.上記のほか当社所有の自己株式1,288千株があります。

3.2020年2月14日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書において、ブランデス・インベストメント・パートナーズ・エル・ピーが2020年2月10日現在で以下の株式を所有している旨が記載されているものの、当社として2020年3月31日現在における実質所有株式数の確認ができませんので、上記大株主の状況には含めておりません。

なお、その大量保有報告書の内容は次のとおりであります。

大量保有者    ブランデス・インベストメント・パートナーズ・エル・ピー

住所       アメリカ合衆国、カリフォルニア州、サンディエゴ、エル・カミノ・レアール11988

(11988 El Camino Real, San Diego, CA, U.S.A.)

保有株券等の数  株式 941,500株

株券等保有割合  5.44%

 

 

(7)【議決権の状況】

①【発行済株式】

 

 

 

 

2020年3月31日現在

区分

株式数(株)

議決権の数(個)

内容

無議決権株式

 

議決権制限株式(自己株式等)

 

議決権制限株式(その他)

 

完全議決権株式(自己株式等)

普通株式

1,288,800

完全議決権株式(その他)

普通株式

15,833,700

158,337

単元未満株式

普通株式

197,068

1単元(100株)未満の株式

発行済株式総数

 

17,319,568

総株主の議決権

 

158,337

(注)1.「単元未満株式」の欄には、当社所有の自己株式42株が含まれております。

2.「単元未満株式」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が90株含まれております。

 

②【自己株式等】

 

 

 

 

2020年3月31日現在

所有者の氏名

又は名称

所有者の住所

自己名義

所有株式数(株)

他人名義

所有株式数(株)

所有株式数

の合計

(株)

発行済株式

総数に対する

所有株式数

の割合(%)

アツギ株式会社

神奈川県海老名市

大谷北1丁目9番1号

1,288,800

1,288,800

7.44

1,288,800

1,288,800

7.44

 

2【自己株式の取得等の状況】

【株式の種類等】

会社法第155条第7号による普通株式の取得

 

(1)【株主総会決議による取得の状況】

 該当事項はありません。

 

(2)【取締役会決議による取得の状況】

 該当事項はありません。

 

(3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

 会社法第155条第7号による取得

区分

株式数(株)

価額の総額(円)

当事業年度における取得自己株式

2,825

2,416,636

当期間における取得自己株式

77

47,763

(注)当期間における取得自己株式には、2020年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りによる株式数は含まれておりません。

 

 

(4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

区分

当事業年度

当期間

株式数(株)

処分価額の総額

(円)

株式数(株)

処分価額の総額

(円)

引き受ける者の募集を行った取得自己株式

消却の処分を行った取得自己株式

合併、株式交換、会社分割に係る移転を行った取得自己株式

その他(-)

保有自己株式数

1,288,842

1,288,919

(注) 当期間における処理自己株式数および保有自己株式数には、2020年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取り及び買増しによる株式数は含まれておりません。

 

3【配当政策】

 当社の剰余金の配当についての基本政策は、収益の状況や内部留保の水準等を総合的に勘案して決定する考えでありますが、同時に安定配当に留意することも大切であると考えております。

 この考えに基づき、当期の業績等を総合的に判断し、2020年3月期の期末配当金につきましては、1株当たり15円といたします。

 当社は、中間配当及び期末配当の年2回を基本的な方針としており、これらの剰余金の配当の決定機関は、期末配当については株主総会、中間配当については取締役会であります。

 当社は定款に、毎年9月30日の最終の株主名簿に記載された株主に対し、取締役会の決議によって、中間配当を行うことができる旨を定めております。

 内部留保資金の使途につきましては、中長期的な経営計画に基づく投資資金に充当する考えであります。

 

 なお、当事業年度に係る剰余金の配当は以下のとおりであります。

決議年月日

配当金の総額(百万円)

1株当たり配当額(円)

2020年6月26日

240

15

定時株主総会決議

 

4【コーポレート・ガバナンスの状況等】

(1)【コーポレート・ガバナンスの概要】

① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

 当社は、コーポレート・ガバナンスを経営の重要課題の一つとしてとらえ、その強化に積極的に取り組んでおります。

 意思決定の迅速化および役割と責任の明確化を目的とした経営体制を構築するために、社長直下に構造改革推進、営業、研究開発、生産、管理の5名の担当統括を配置し、体制整備を図っております。また、「企業理念」と、これを実践するための「企業行動基準」を策定し、従業員の法令順守と倫理行動を徹底しております。

 

② 企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由

a.企業統治の体制の概要

 当社は、経営意思決定機関である取締役会において、法令で定められた事項のほか、当社グループの重要事項について審議、意思決定を行い、取締役の職務の執行を監督しております。取締役会は、原則として月1回開催し、議長である代表取締役社長の工藤洋志を含む取締役5名(うち社外取締役2名)で構成されており、加えて監査役3名(うち社外監査役2名)も出席し取締役の職務執行を監査しております。

 また、当社は業務執行機能と経営監督機能を分離するため、執行役員制度を採用し、重要な意思決定の迅速化、業務執行の責任の明確化を図っております。

 当社は監査役会を設置しており、監査役会は、原則として月1回開催し、議長である常勤監査役の佐藤智明を含む監査役3名(うち社外監査役2名)で構成され、取締役会をはじめとする重要な会議への出席や代表取締役との意見交換、取締役、執行役員その他使用人からの業務執行状況の聴取、会計監査人や内部監査担当者との情報交換等により取締役の職務執行を監査しております。

 取締役会の下には、代表取締役社長である工藤洋志を議長とし、取締役、本社配属の執行役員および常勤監査役で構成する経営会議を設置し、原則として隔週開催し、経営に関する全般的重要事項を協議決定しております。また、関係会社役員も参加するグループ幹部会議を年2回開催し、グループ経営上の方針に基づく達成度の確認を行っております。

 この他、取締役会の下に代表取締役社長の工藤洋志を委員長とし、構成員の過半数を独立役員とする任意の報酬諮問委員会を設置しており、役員報酬制度に関する事項について検討し、取締役会に対して助言・提言を行っております。

 主な機関ごとの構成員は以下の通りです。(◎は議長、委員長を示します。)

2020年6月26日現在

役職名

氏名

取締役会

監査役会

経営会議

グループ

幹部会議

報酬諮問

委員会

代表取締役社長

工藤 洋志

 

取締役

岡田 武浩

 

 

取締役

牧野 智哉

 

 

社外取締役

髙梨 利雄

 

 

 

社外取締役

播磨奈央子

 

 

 

常勤監査役

佐藤 智明

社外監査役

後上 憲一

 

 

社外監査役

高野 健吾

 

 

 

 

 当社の経営組織その他コーポレート・ガバナンス体制の概要は次のとおりであります。

0104010_001.png

b.当該体制を採用する理由

 上記のとおり、迅速な意思決定、経営監視を図り、企業価値の向上と効率的な経営を推進するに十分なガバナンス機能を有していると当社は判断するためであります。

 

③ 企業統治に関するその他の事項

a.内部統制システムの整備の状況

 当社は、2006年5月19日開催の取締役会において、内部統制システム構築の基本方針について決議しております。

 また、2019年4月19日開催の取締役会において一部改定を行い、コーポーレート・ガバナンスの一層の強化と、コンプライアンスの実現に努めております。

 

b.リスク管理体制の整備の状況

 当社のリスク管理体制は、「リスクマネジメント委員会」を設置し、主管部署である法務担当がリスク管理規程に基づき、グループ全体のリスクを総括的に管理しております。また、内部監査担当者が各部署のリスク管理状況を監査し、結果を定期的に担当取締役に報告する体制としております。

 

c.子会社の業務の適正を確保するための体制整備の状況

 当社の子会社の業務の適正を確保するため、当社の制定した「企業行動基準」および「倫理規程」を定期的に啓蒙し、子会社の役職員に対して法令順守の徹底を図るとともに、当社内部監査担当者が年度監査計画に沿って内部監査を実施し、法令・定款への適合性および業務運営の妥当性・合理性のチェックを行っております。

 

d.責任限定契約の内容の概要

 当社と社外取締役及び社外監査役は、会社法第427条第1項の規定に基づき、同法第423条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任の限度額は、法令が定める額としております。なお、当該責任限定が認められるのは、当該社外取締役または社外監査役が責任の原因となった職務の遂行について善意でかつ重大な過失がないときに限られます。

 

 

e.取締役の定数

 当社の取締役は12名以内とする旨を定款に定めております。

 

f.取締役の選任の決議要件

 当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨および累積投票によらない旨を定款に定めております。

 

g.中間配当

 当社は、中間配当について、株主への機動的な利益還元を可能とするため、取締役会の決議によって毎年9月30日を基準日として、中間配当を行うことができる旨を定款に定めております。

 

h.自己の株式の取得の決定機関

 当社は、会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議によって自己の株式を取得することができる旨を定款で定めております。これは、自己の株式の取得を取締役会の権限とすることにより、機動的な資本政策を可能とすることを目的とするものであります。

 

i.株主総会の特別決議要件

 当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款で定めております。

 これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目的とするものであります。

 

j. 取締役及び監査役の責任免除

 当社は、会社法第426条第1項の規定により、取締役会の決議をもって同法第423条第1項の行為に関する取締役(取締役であった者を含む)及び監査役(監査役であった者を含む)の責任を法令の限度において免除することができる旨定款に定めております。これは、取締役及び監査役が職務を遂行するにあたり、その能力を十分に発揮して、期待される役割を果たしうる環境を整備することを目的とするものであります。

(2)【役員の状況】

① 役員一覧

男性 7名 女性 1名 (役員のうち女性の比率12%)

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数

(千株)

代表取締役社長

社長執行役員

工 藤 洋 志

1964年12月13日

 

1987年4月

厚木ナイロン商事㈱入社

2007年4月

当社秘書室長

2011年4月

当社経営企画室長兼秘書室長

2012年4月

当社人事総務部長兼秘書室長

2013年4月

2014年6月

当社執行役員

当社取締役

2014年6月

2014年6月

2015年4月

当社代表取締役社長(現任)

当社社長執行役員(現任)

当社繊維事業本部長

 

(注)3

31

取締役

執行役員

構造改革推進統括

岡 田 武 浩

1963年7月20日

 

1987年4月

厚木ナイロン商事㈱入社

2007年4月

当社営業管理部長

2010年4月

当社経理部長

2012年6月

2012年6月

当社執行役員(現任)

当社取締役(現任)

2014年4月

2016年4月

2019年4月

2020年4月

当社管理本部管理統括兼経理部長

当社管理本部管理統括

当社管理統括

当社構造改革推進統括(現任)

 

(注)3

10

取締役

執行役員

営業統括

牧 野 智 哉

1975年10月12日

 

2000年4月

当社入社

2013年4月

当社チェーンストア第二支店長

2016年4月

当社大阪支店長

2019年4月

2019年4月

2020年4月

2020年6月

当社執行役員(現任)

当社構造改革推進統括

当社営業統括(現任)

当社取締役(現任)

 

(注)3

2

取締役

髙 梨 利 雄

1954年10月20日

 

1977年4月

旭化成工業㈱(現旭化成㈱)入社

2009年4月

旭化成せんい㈱(現旭化成㈱)執行役員

2011年4月

同社取締役常務執行役員

2012年4月

2012年4月

2016年4月

2016年4月

2017年4月

2017年4月

2017年4月

2020年6月

同社代表取締役社長

同社社長執行役員

旭化成㈱専務執行役員

同社繊維事業本部長

センコー㈱代表取締役(現任)

同社副社長執行役員(現任)

同社国際物流事業本部長(現任)

当社取締役(現任)

 

(注)3

-

取締役

播 磨 奈央子

1980年10月27日

 

2003年10月

朝日監査法人(現有限責任あずさ監査法人)入所

2007年7月

公認会計士登録

2008年4月

 

2008年4月

播磨奈央子公認会計士事務所開設 代表(現任)

ジャパン・ホテル・アンド・リゾート㈱(現ジャパン・ホテル・リート・アドバイザーズ㈱)入社

2017年7月

2018年1月

2018年6月

2019年1月

2020年2月

日本環境設計㈱常勤監査役

㈱キノファーマ社外監査役(現任)

当社取締役(現任)

㈱ビズリーチ社外監査役(現任)

ビジョナル㈱社外取締役(常勤監査等委員)(現任)

 

(注)3

2

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数

(千株)

常勤監査役

佐 藤 智 明

1960年1月15日

 

1983年4月

厚木ナイロン商事㈱入社

2004年4月

当社経営企画室長

2007年4月

当社執行役員

2007年4月

2007年10月

2008年4月

2008年6月

2009年4月

2009年6月

2015年6月

当社生産本部長付

当社レッグ生産計画部長

当社生産本部副本部長

当社取締役

当社生産本部長

煙台厚木華潤靴下有限公司董事長

当社常勤監査役(現任)

 

(注)4

13

監査役

後 上 憲 一

1955年12月28日

 

1978年4月

㈱三井銀行(現㈱三井住友銀行)入行

2006年4月

㈱三井住友銀行執行役員池袋ブロック部長

2007年4月

同行執行役員品質管理部長

2009年5月

大和SMBCキャピタル㈱常務執行役員

2010年6月

㈱オートシステム代表取締役社長

2014年6月

㈱室町クリエイト代表取締役社長

2019年6月

当社監査役(現任)

 

(注)4

0

監査役

高 野 健 吾

1957年8月10日

 

1980年4月

㈱横浜銀行入行

2009年4月

同行執行役員市場営業部長

2011年5月

同行執行役員市場営業部長市場営業部担当

2011年6月

同行取締役執行役員市場営業部長市場営業部担当

2012年5月

同行取締役常務執行役員国際業務部、市場営業部担当

2013年4月

 

2015年4月

2019年4月

2019年6月

2019年6月

同行代表取締役常務執行役員国際業務部担当

浜銀TT証券㈱代表取締役社長

横浜キャピタル㈱代表取締役会長(現任)

横浜魚類㈱監査役(現任)

当社監査役(現任)

 

(注)4

0

60

(注)1.取締役髙梨利雄、播磨奈央子の両氏は、社外取締役であります。

2.監査役後上憲一、高野健吾の両氏は、社外監査役であります。

3.取締役の任期は、2020年6月26日開催の定時株主総会の終結の時から2年間であります。

4.監査役の任期は、2019年6月27日開催の定時株主総会の終結の時から4年間であります。

5.取締役播磨奈央子氏の戸籍上の氏名は、髙木奈央子であります。

 

 

② 社外役員の状況

 当社の社外取締役は2名、社外監査役は2名であります。当社においては、社外取締役及び社外監査役を選任するための提出会社からの独立性に関する基準又は方針はないものの、金融商品取引所が有価証券上場規程に定める独立役員に関する基準等を参考に、専門的な知見に基づく客観的かつ適切な監督又は監査といった機能及び役割が期待され、一般株主と利益相反が生じる恐れがないことを基本的な考え方として、社外取締役及び社外監査役を選任しております。

 

髙梨 利雄氏

 髙梨氏はセンコー株式会社の代表取締役副社長としてロジスティクス分野に高い見識を有しているうえ、長年にわたり旭化成株式会社の繊維事業部門において執行役員および役員を歴任した経験から、繊維業界に精通しております。これらの知識と経験等を踏まえ、当社グループの経営を独立的な立場から適切に監督し、当社グループの持続的な成長と中長期的な企業価値の向上に貢献できるものと判断し、選任いたしました。同氏はセンコー株式会社の代表取締役副社長でありますが、当社はセンコー株式会社との間に取引等の特別な関係はなく、同氏と当社の間に人的関係、資本関係又は取引関係、その他特別の利害関係はありません。

 

播磨 奈央子氏

 播磨氏は公認会計士として財務・会計に関する専門的な知識を有しているほか、一般事業会社の監査役や監査等委員としての経営監督経験に基づき、当社取締役会において積極的に意見を述べております。同氏は過去に社外役員となること以外の方法で会社の経営に関与したことはありませんが、これらの知識と経験等を踏まえ、当社グループの経営を独立的な立場から適切に監督し、さらには女性の視点を事業戦略等に反映することなどにより、引き続き当社グループの持続的な成長と中長期的な企業価値の向上に貢献できるものと判断し、選任いたしました。なお、前記「(2) 役員の状況 「所有株式数」欄」に記載の数の当社株式を保有している以外に、同氏と当社の間に人的関係、資本関係又は取引関係、その他特別の利害関係はありません。

 

後上 憲一氏

 後上氏は、銀行の支店業務における要職や執行役員、一般事業会社の代表取締役社長を歴任し、金融分野に関する豊富な経験と知識、また経営者としての豊富な見識を有しております。これらの経験と知見を活かし、当社における適切で実効性のある監査の遂行に貢献できるものと判断し、選任いたしました。同氏はすでに銀行を退任されており、独立性は確保されております。なお、前記「(2) 役員の状況 「所有株式数」欄」に記載の数の当社株式を保有している以外に、同氏と当社の間に人的関係、資本関係又は取引関係、その他特別の利害関係はありません。

 

高野 健吾氏

 高野氏は、銀行の市場営業部門における要職や、銀行および証券会社等の代表取締役を歴任し、国内外の金融に関する豊富な経験と知識、また経営者としての豊富な見識を有しております。これらの経験と知見を活かし、当社における適切で実効性のある監査の遂行に貢献できるものと判断し、選任いたしました。同氏はすでに銀行を退任されており、独立性は確保されております。なお、前記「(2) 役員の状況 「所有株式数」欄」に記載の数の当社株式を保有している以外に、同氏と当社の間に人的関係、資本関係又は取引関係、その他特別の利害関係はありません。

 

③ 社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部統制部門との関係

 社外取締役と社外監査役は定期的に会合をもち、取締役の職務執行の適法性・妥当性について意見交換を行っております。また、社外取締役および社外監査役は取締役会において財務報告に係る内部統制評価の報告を受け、意見交換を行うと共に、会計監査人との定期および不定期の会合により、監査計画および監査状況について情報交換および意見交換を行い、相互連携して監査業務を推進しております。また、内部監査の状況については常勤監査役を通じて相互連携を図っております。

 

(3)【監査の状況】

① 監査役監査の状況

 当社は監査役会を設置しており、議長である常勤監査役の佐藤智明を含む監査役3名(うち社外監査役2名)から構成されております。また、監査役の職務を補助するスタッフを1名配置しております。

 当社は監査役会を原則として月1回開催しており、当事業年度における監査役会への個々の監査役の出席状況については次のとおりであります。

 

区分

氏 名

出席状況(出席率)

常勤監査役

佐藤 智明

全12回中12回(100%)

社外監査役

後上 憲一

全10回中10回(100%)

社外監査役

高野 健吾

全10回中10回(100%)

(注)開催回数が異なるのは、就任時期の違いによるものです。

 

 監査役会における主な検討事項は、監査方針および監査計画、常勤監査役の選定、会計監査人の再任・不再任、会計監査人の報酬、株主総会提出議案及び書類の監査、監査報告の内容等であります。

 また、監査役の活動として、取締役会への出席、取締役や執行役員および各部署の責任者等からの業務執行状況の聴取および意見交換、会計監査人や内部監査担当者との情報交換、主要な事業所や子会社の業務および財産の状況の調査等を実施しました。その他、常勤監査役が、経営会議、リスクマネジメント委員会、その他重要な会議への出席や、重要な決裁書類等の閲覧を行っており、これらの内容については監査役会において報告し、社外監査役と情報の共有を図っております。なお、新型コロナウイルス感染症の拡大により実施困難となった監査役の活動はありません。

 

② 内部監査の状況

 当社における内部監査は、内部監査規程に基づき、法務担当が主管となって、監査計画を作成し、当社および子会社の業務運営について、その法令・定款への適合性および妥当性・合理性を確認し、評価し、その結果に基づく情報提供、合理化への助言、提案等により、その改善を図ることを目的として実施しております。

 当社および子会社に対する内部監査、コンプライアンス、リスク管理等の結果は、遅滞なく担当取締役および監査役に報告を行っております。

 監査役と内部監査担当者および会計監査人は、定期的な会合を含め、必要に応じて随時情報交換および意見交換を行う等により緊密に相互連携しながら、実効性のある監査を実施しております。また、内部統制部門より情報を取得し、改善事項の把握と、その対応状況について監査しております。

 

③ 会計監査の状況

a.監査法人の名称

EY新日本有限責任監査法人

 

b.継続監査期間

1968年12月以降

 

c.業務を執行した公認会計士

指定有限責任社員 業務執行社員 佐藤 武男

指定有限責任社員 業務執行社員 白取 一仁

 

d.監査業務に係る補助者の構成

公認会計士 12名

その他   15名

 

e.監査法人の選定方針と理由

 会計監査人の選定に際しては、監査役会にて決議した「会計監査人の解任または不再任の決定の方針」に従い、会計監査人が会社法第340条第1項各号に定める項目のいずれにも該当しないことを確認した上で、会計監査人の職務の遂行に関する事項の整備状況や監査活動の適切性、妥当性等を勘案し、取締役と綿密な連携をとりつつ、再任・不再任の決定を行う方針であり、当社を担当している監査チームの監査活動において、品質管理体制や独立性、監査チーム体制や監査実施状況に問題は認められず、コミュニケーションも多くとられていることから、再任が適当であると判断致しました。

 

f.監査役及び監査役会による監査法人の評価

 当社監査役会は、監査法人の再任手続きの過程で、監査法人から品質管理体制、独立性や専門性、監査計画、監査結果の概要等の報告を受けるとともに、担当部署からもその評価について聴取を行い、それらを踏まえていずれの事項についても問題ないとの評価を行っております。

 

④ 監査報酬の内容等

a.監査公認会計士等に対する報酬

区分

前連結会計年度

当連結会計年度

監査証明業務に

基づく報酬(百万円)

非監査業務に

基づく報酬(百万円)

監査証明業務に

基づく報酬(百万円)

非監査業務に

基づく報酬(百万円)

提出会社

39

39

連結子会社

39

39

 

b.監査公認会計士等と同一のネットワークに対する報酬(a.を除く)

該当事項はありません。

 

c.その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

該当事項はありません。

 

d.監査報酬の決定方針

 当社の監査公認会計士等に対する監査報酬の決定方針といたしましては、監査法人より、監査対象事業年度の監査予定時間を基礎として計算した見積報酬額の提示および説明を受けた後、報酬の妥当性を検討、協議した結果、最終的に経営者が決定しております。

 

e.監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由

 当社監査役会は、会計監査人の監査計画の内容は妥当であり、前期の会計監査人の職務の遂行状況および報酬等に鑑みて、提示された報酬等の額は相当であると判断し、会社法第399条に基づき同意しております。

 

(4)【役員の報酬等】

① 役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項

 役員の報酬は、株主総会が決定する報酬総額の範囲内で、世間水準および従業員給与とのバランスを考慮し、取締役は、役員評価制度に基づき、過半数を独立役員で構成する報酬諮問委員会の諮問を受けて、取締役会決議により、監査役は監査役の協議により決定しております。

 役員評価制度は、取締役(社外取締役を除く)を対象として、短期の業績に対する動機付けの強化を図る目的で導入しております。また、同じく取締役(社外取締役を除く)を対象として、報酬の一定割合を役員持株会に毎月拠出して自社株式の取得に充当する中長期インセンティブ報酬(自社株取得目的報酬)制度を導入しており、同制度に基づき取得した自社株式については、在任期間中および退任後1年間保有を義務付けることにより、株主の皆さまとの中長期的な利害の共有を図っております。

 取締役(社外取締役を除く)の月例報酬は、固定報酬と業績報酬から構成されます。固定報酬と業績報酬は、職務の役割と責任に応じて役位別に報酬テーブルに設定されており、報酬テーブルに設定されている固定報酬と業績報酬の比率は代表取締役社長が1:1、それ以外の取締役(社外取締役を除く)が3:1であります。また、監査役及び社外取締役の月例報酬は、固定報酬のみであります。

 業績報酬は、前事業年度に係る連結売上高、連結営業利益、連結経常利益の額に応じた係数を定め、基準金額に当該係数を乗じて決定し、次期の月例報酬としております。当該指標を選択した理由は、経営上の目標達成状況を判断する客観的な指標として適切と考えられるためです。

 また、評価の特例として、通常想定されていないレベルで業績が変動した場合の評価については、報酬諮問委員会にて審議を行い取締役会へ答申することを定めております。

 なお、2020年5月に役員評価制度の一部改定を行い、固定報酬と業績報酬の比率については代表取締役社長、それ以外の取締役(社外取締役を除く)のいずれも1:1とし、業績報酬の指標については「連結経常利益」を「親会社株主に帰属する当期純利益」に変更することといたしました。改定後の報酬比率および指標は、2020年度を評価対象年度とする役員報酬より適用いたします。

 

 2019年度の取締役報酬の業績報酬に係る指標の目標および実績は、下記の通りであります。

指標

目標(百万円)

実績(百万円)

連結売上高

24,500

21,870

連結営業利益

900

△903

連結経常利益

1,000

△726

 なお、取締役の報酬限度額は、2000年6月29日開催の第74回定時株主総会において月額20百万円以内、監査役の報酬限度額は月額5百万円以内と決議しております。報酬諮問委員会は、代表取締役社長である工藤洋志を委員長とし、過半数が独立役員で構成されており、取締役会の諮問に応じて、役員報酬制度に関する基本方針に関する事項、役員報酬の構成要素および割合に関する事項、社外取締役を除く当社取締役の業績報酬の支給額の基準となる評価の決定に関する事項、その他、役員の報酬制度に関して報酬諮問委員会が必要と認めた事項等について検討し、取締役会に対して助言・提言を行っております。

 当事業年度において報酬諮問委員会は、取締役会の諮問を受け、上記の役員評価制度に則り業績報酬の支給額の基準となる評価の決定について審議し、当該結果を答申しております。

 

② 役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

役員区分

報酬額の総額

(百万円)

報酬等の種類別の総額(百万円)

対象となる役員の員数

(名)

固定報酬

業績連動報酬

取締役

(社外取締役を除く)

29

27

2

4

監査役

(社外監査役を除く)

12

12

1

社外役員

14

14

6

(注)1.役員毎の報酬等の総額につきましては、1億円以上を支給している役員はありませんので、記載を省略しております。

2.上記の人員には、2019年6月27日開催の第93回定時株主総会終結の時をもって任期満了により退任した社外監査役2名を含んでおります。

 

③ 使用人兼務役員の使用人分給与のうち重要なもの

総額(百万円)

対象となる役員の員数(名)

内容

33

3

使用人兼務取締役に対する使用人給与相当額

 

(5)【株式の保有状況】

① 投資株式の区分の基準及び考え方

 当社は、保有目的が純投資目的である投資株式と純投資目的以外の目的である投資株式の区分について、株式の価値の変動または株式に係る配当によって利益を受けることを目的とする投資を純投資目的である投資株式とし、それ以外を純投資目的以外の目的である投資株式(政策保有株式)としております。

 

② 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

a.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の内容

 当社は、安定的・長期的な取引関係の構築や取引強化等の観点から、政策保有株式として、取引先の株式を保有しておりますが、保有の意義が必ずしも十分でないと判断される銘柄については縮減を進めていくことを基本方針としております。保有の合理性につきましては、取引状況、配当利回り等を適宜、取締役会等に報告し検証しております。

 

b.銘柄数及び貸借対照表計上額

 

銘柄数

(銘柄)

貸借対照表計上額の

合計額(百万円)

非上場株式

6

106

非上場株式以外の株式

32

6,309

 

(当事業年度において株式数が増加した銘柄)

 

銘柄数

(銘柄)

株式数の増加に係る取得

価額の合計額(百万円)

株式数の増加の理由

非上場株式

非上場株式以外の株式

16

35

取引先持株会を通じた株式の取得

 

(当事業年度において株式数が減少した銘柄)

 

銘柄数

(銘柄)

株式数の減少に係る売却

価額の合計額(百万円)

非上場株式

非上場株式以外の株式

 

c.特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報

 

特定投資株式

銘柄

当事業年度

前事業年度

保有目的、定量的な保有効果

及び株式数が増加した理由

当社の株式の

保有の有無

株式数(株)

株式数(株)

貸借対照表計上額

(百万円)

貸借対照表計上額

(百万円)

旭化成㈱

1,706,000

1,706,000

(保有目的)繊維製品の原料の調達を行っており、事業上の関係を勘案し、同社との良好な関係の維持、強化を図るため

(定量的な保有効果)(注)1

1,304

1,948

東レ㈱

2,687,000

2,687,000

(保有目的)繊維製品の原料の調達を行っており、事業上の関係を勘案し、同社との良好な関係の維持、強化を図るため

(定量的な保有効果)(注)1

1,260

1,899

 

 

銘柄

当事業年度

前事業年度

保有目的、定量的な保有効果

及び株式数が増加した理由

当社の株式の

保有の有無

株式数(株)

株式数(株)

貸借対照表計上額

(百万円)

貸借対照表計上額

(百万円)

イオン㈱

348,658

343,485

(保有目的)繊維製品等の取引を行っており、事業上の関係を勘案し、同社との良好な関係の維持、強化を図るため

(定量的な保有効果)(注)1

(株式数が増加した理由)取引先持株会を通じた株式の取得

836

795

㈱オンワードホールディングス

780,000

780,000

(保有目的)繊維製品等のライセンス契約を行っており、事業上の関係を勘案し、同社との良好な関係の維持、強化を図るため

(定量的な保有効果)(注)1

370

457

㈱しまむら

52,848

52,416

(保有目的)繊維製品等の取引を行っており、事業上の関係を勘案し、同社との良好な関係の維持、強化を図るため

(定量的な保有効果)(注)1

(株式数が増加した理由)取引先持株会を通じた株式の取得

344

491

㈱イズミ

113,435

112,960

(保有目的)繊維製品等の取引を行っており、事業上の関係を勘案し、同社との良好な関係の維持、強化を図るため

(定量的な保有効果)(注)1

(株式数が増加した理由)取引先持株会を通じた株式の取得

338

582

㈱ライフコーポレーション

94,513

93,478

(保有目的)繊維製品等の取引を行っており、事業上の関係を勘案し、同社との良好な関係の維持、強化を図るため

(定量的な保有効果)(注)1

(株式数が増加した理由)取引先持株会を通じた株式の取得

281

222

㈱セブン&アイ・ホールディングス

78,155

78,155

(保有目的)繊維製品等の取引を行っており、事業上の関係を勘案し、同社との良好な関係の維持、強化を図るため

(定量的な保有効果)(注)1

279

326

MS&ADインシュアランスグループ

ホールディングス㈱

83,700

83,700

(保有目的)三井住友海上火災保険㈱との間で、保険取引を行っており、事業上の関係を勘案し、同社との良好な関係の維持、強化を図るため

(定量的な保有効果)(注)1

(注)2

253

282

 

 

銘柄

当事業年度

前事業年度

保有目的、定量的な保有効果

及び株式数が増加した理由

当社の株式の

保有の有無

株式数(株)

株式数(株)

貸借対照表計上額

(百万円)

貸借対照表計上額

(百万円)

㈱いなげや

86,893

85,207

(保有目的)繊維製品等の取引を行っており、事業上の関係を勘案し、同社との良好な関係の維持、強化を図るため

(定量的な保有効果)(注)1

(株式数が増加した理由)取引先持株会を通じた株式の取得

137

108

ユニー・ファミリーマートホールディングス㈱

70,052

70,052

(保有目的)繊維製品等の取引を行っており、事業上の関係を勘案し、同社との良好な関係の維持、強化を図るため

(定量的な保有効果)(注)1

135

197

㈱三井住友フィナンシャルグループ

50,400

50,400

(保有目的)㈱三井住友銀行との間で、銀行取引を行っており、事業上の関係を勘案し、同社との良好な関係の維持、強化を図るため

(定量的な保有効果)(注)1

(注)3

132

195

㈱コンコルディア・フィナンシャルグループ

331,000

331,000

(保有目的)㈱横浜銀行との間で、銀行取引を行っており、事業上の関係を勘案し、同社との良好な関係の維持、強化を図るため

(定量的な保有効果)(注)1

(注)4

104

141

㈱丸井グループ

50,000

50,000

(保有目的)繊維製品等の取引を行っており、事業上の関係を勘案し、同社との良好な関係の維持、強化を図るため

(定量的な保有効果)(注)1

90

111

アクシアル リテイリング㈱

17,446

17,125

(保有目的)繊維製品等の取引を行っており、事業上の関係を勘案し、同社との良好な関係の維持、強化を図るため

(定量的な保有効果)(注)1

(株式数が増加した理由)取引先持株会を通じた株式の取得

69

58

㈱サンドラッグ

17,479

17,282

(保有目的)繊維製品等の取引を行っており、事業上の関係を勘案し、同社との良好な関係の維持、強化を図るため

(定量的な保有効果)(注)1

(株式数が増加した理由)取引先持株会を通じた株式の取得

60

52

㈱オーワク

31,586

30,629

(保有目的)繊維製品等の取引を行っており、事業上の関係を勘案し、同社との良好な関係の維持、強化を図るため

(定量的な保有効果)(注)1

(株式数が増加した理由)取引先持株会を通じた株式の取得

54

34

 

 

銘柄

当事業年度

前事業年度

保有目的、定量的な保有効果

及び株式数が増加した理由

当社の株式の

保有の有無

株式数(株)

株式数(株)

貸借対照表計上額

(百万円)

貸借対照表計上額

(百万円)

㈱三越伊勢丹ホールディングス

76,791

72,657

(保有目的)繊維製品等の取引を行っており、事業上の関係を勘案し、同社との良好な関係の維持、強化を図るため

(定量的な保有効果)(注)1

(株式数が増加した理由)取引先持株会を通じた株式の取得

48

81

㈱平和堂

19,239

18,629

(保有目的)繊維製品等の取引を行っており、事業上の関係を勘案し、同社との良好な関係の維持、強化を図るため

(定量的な保有効果)(注)1

(株式数が増加した理由)取引先持株会を通じた株式の取得

36

43

J.フロント リテイリング㈱

40,448

39,504

(保有目的)繊維製品等の取引を行っており、事業上の関係を勘案し、同社との良好な関係の維持、強化を図るため

(定量的な保有効果)(注)1

(株式数が増加した理由)取引先持株会を通じた株式の取得

36

52

㈱三菱UFJフィナンシャル・グループ

78,000

78,000

(保有目的)三菱UFJ信託銀行㈱との間で、銀行取引を行っており、事業上の関係を勘案し、同社との良好な関係の維持、強化を図るため

(定量的な保有効果)(注)1

(注)5

31

42

㈱髙島屋

30,639

29,639

(保有目的)繊維製品等の取引を行っており、事業上の関係を勘案し、同社との良好な関係の維持、強化を図るため

(定量的な保有効果)(注)1

(株式数が増加した理由)株式取引先持株会を通じた株式の取得

29

43

東急㈱(注)6

11,419

11,419

(保有目的)繊維製品等の取引を行っており、事業上の関係を勘案し、同社との良好な関係の維持、強化を図るため

(定量的な保有効果)(注)1

19

22

エイチ・ツー・オー リテイリング㈱

17,041

16,009

(保有目的)繊維製品等の取引を行っており、事業上の関係を勘案し、同社との良好な関係の維持、強化を図るため

(定量的な保有効果)(注)1

(株式数が増加した理由)取引先持株会を通じた株式の取得

13

24

㈱フジ

6,900

6,900

(保有目的)繊維製品等の取引を行っており、事業上の関係を勘案し、同社との良好な関係の維持、強化を図るため

(定量的な保有効果)(注)1

12

13

 

 

銘柄

当事業年度

前事業年度

保有目的、定量的な保有効果

及び株式数が増加した理由

当社の株式の

保有の有無

株式数(株)

株式数(株)

貸借対照表計上額

(百万円)

貸借対照表計上額

(百万円)

ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス㈱

12,067

10,831

(保有目的)繊維製品等の取引を行っており、事業上の関係を勘案し、同社との良好な関係の維持、強化を図るため

(定量的な保有効果)(注)1

(株式数が増加した理由)取引先持株会を通じた株式の取得

11

11

イオン北海道㈱

8,200

8,200

(保有目的)繊維製品等の取引を行っており、事業上の関係を勘案し、同社との良好な関係の維持、強化を図るため

(定量的な保有効果)(注)1

6

6

㈱ヨンドシーホールディングス

2,152

1,901

(保有目的)繊維製品等の取引を行っており、事業上の関係を勘案し、同社との良好な関係の維持、強化を図るため

(定量的な保有効果)(注)1

(株式数が増加した理由)取引先持株会を通じた株式の取得

4

3

㈱天満屋ストア

3,500

3,500

(保有目的)繊維製品等の取引を行っており、事業上の関係を勘案し、同社との良好な関係の維持、強化を図るため

(定量的な保有効果)(注)1

3

4

㈱松屋

1,951

1,214

(保有目的)繊維製品等の取引を行っており、事業上の関係を勘案し、同社との良好な関係の維持、強化を図るため

(定量的な保有効果)(注)1

(株式数が増加した理由)取引先持株会を通じた株式の取得

1

1

野村ホールディングス㈱

2,432

2,432

(保有目的)野村證券㈱との間で、証券取引を行っており、事業上の関係を勘案し、同社との良好な関係の維持、強化を図るため

(定量的な保有効果)(注)1

1

0

第一生命ホールディングス㈱

100

100

(保有目的)第一生命保険㈱との間で、保険取引を行っており、事業上の関係を勘案し、同社との良好な関係の維持、強化を図るため

(定量的な保有効果)(注)1

0

0

(注)1.当社は、特定投資株式における定量的な保有効果の記載が困難であるため記載しておりません。また、保有の合理性について取引状況、配当利回り等を適宜、取締役会等に報告し検証しております。

2.MS&ADインシュアランスグループホールディングス㈱は当社株式を保有しておりませんが、同社子会社である三井住友海上火災保険㈱は当社株式を保有しております。

3.㈱三井住友フィナンシャルグループは当社株式を保有しておりませんが、同社子会社である㈱三井住友銀行は当社株式を保有しております。

4.㈱コンコルディア・フィナンシャルグループは当社株式を保有しておりませんが、同社子会社である㈱横浜銀行は当社株式を保有しております。

5.㈱三菱UFJフィナンシャル・グループは当社株式を保有しておりませんが、同社子会社である三菱UFJ信託銀行㈱は当社株式を保有しております。

6.東急㈱は、2019年9月2日付で東京急行電鉄㈱より商号変更しております。

 

③ 保有目的が純投資目的である投資株式

区分

当事業年度

前事業年度

銘柄数

(銘柄)

貸借対照表計上額の

合計額(百万円)

銘柄数

(銘柄)

貸借対照表計上額の

合計額(百万円)

非上場株式以外の株式

1

32

1

32

 

区分

当事業年度

受取配当金の

合計額(百万円)

売却損益の

合計額(百万円)

評価損益の

合計額(百万円)

非上場株式以外の株式

0

0

 

第5【経理の状況】

1 連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について

(1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号。以下「連結財務諸表規則」という。)に基づいて作成しております。

 なお、当連結会計年度(2019年4月1日から2020年3月31日まで)の連結財務諸表に含まれる比較情報のうち、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則等の一部を改正する内閣府令」(平成30年3月23日内閣府令第7号。以下「改正府令」という。)による改正後の連結財務諸表規則第15条の5第2項第2号及び同条第3項に係るものについては、改正府令附則第3条第2項により、改正前の連結財務諸表規則に基づいて作成しております。

 

(2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。

 また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しております。

 

2 監査証明について

 当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2019年4月1日から2020年3月31日まで)及び事業年度(2019年4月1日から2020年3月31日まで)の連結財務諸表及び財務諸表について、EY新日本有限責任監査法人の監査を受けております。

 

3 連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組について

 当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組を行っております。具体的には、会計基準等の内容を適切に把握し、変更等について的確に対応することができる体制を整備するため、公益財団法人財務会計基準機構へ加入しております。

 

1【連結財務諸表等】

(1)【連結財務諸表】

①【連結貸借対照表】

 

 

(単位:百万円)

 

前連結会計年度

(2019年3月31日)

当連結会計年度

(2020年3月31日)

資産の部

 

 

流動資産

 

 

現金及び預金

7,980

8,120

受取手形及び売掛金

3,952

3,198

商品及び製品

4,745

5,001

仕掛品

1,501

1,421

原材料及び貯蔵品

447

491

その他

493

495

貸倒引当金

122

113

流動資産合計

18,998

18,615

固定資産

 

 

有形固定資産

 

 

建物及び構築物

17,619

14,818

減価償却累計額

12,939

13,091

建物及び構築物(純額)

4,680

1,726

機械装置及び運搬具

14,817

13,845

減価償却累計額

11,957

11,962

機械装置及び運搬具(純額)

2,860

1,882

土地

※2 14,926

※2 13,098

建設仮勘定

27

209

その他

861

750

減価償却累計額

722

706

その他(純額)

139

43

有形固定資産合計

22,633

16,960

無形固定資産

 

 

土地使用権

187

163

ソフトウエア

54

3

その他

0

0

無形固定資産合計

241

167

投資その他の資産

 

 

投資有価証券

8,617

6,448

繰延税金資産

31

12

その他

※1 258

※1 193

貸倒引当金

2

3

投資その他の資産合計

8,905

6,652

固定資産合計

31,780

23,780

資産合計

50,778

42,395

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

前連結会計年度

(2019年3月31日)

当連結会計年度

(2020年3月31日)

負債の部

 

 

流動負債

 

 

支払手形及び買掛金

2,062

1,981

未払法人税等

132

133

賞与引当金

114

102

その他

697

840

流動負債合計

3,006

3,057

固定負債

 

 

繰延税金負債

522

594

再評価に係る繰延税金負債

※2 1,656

※2 1,479

退職給付に係る負債

1,290

1,221

その他

287

285

固定負債合計