EDINET閲覧(提出)サイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)をもとに上場企業サーチ作成

本ページはEDINETに提出された開示情報を上場企業サーチが加工/編集したものであり、記載された情報の正確性および完全性について上場企業サーチは一切の保証を行いません。本ページの情報を利用する際は自己の責任で判断頂き、意思決定に際しては適宜EDINETや提出会社が公開するオリジナルを参照する様にしてください。本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

 

【表紙】

 

【提出書類】

有価証券報告書

【根拠条文】

金融商品取引法第24条第1項

【提出先】

近畿財務局長

【提出日】

2020年6月26日

【事業年度】

第82期(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

【会社名】

石原ケミカル株式会社

【英訳名】

ISHIHARA CHEMICAL CO.,LTD.

【代表者の役職氏名】

代表取締役社長  酒 井 保 幸

【本店の所在の場所】

神戸市兵庫区西柳原町5番26号

【電話番号】

078-681-4801(代表)

【事務連絡者氏名】

取締役管理本部長兼総務部長  山 口 恭 正

【最寄りの連絡場所】

神戸市兵庫区西柳原町5番26号

【電話番号】

078-681-4801(代表)

【事務連絡者氏名】

取締役管理本部長兼総務部長  山 口 恭 正

【縦覧に供する場所】

石原ケミカル株式会社 東京支店

 (東京都台東区台東二丁目26番11号)

株式会社東京証券取引所

 (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

 

 

E00804 44620 石原ケミカル株式会社 ISHIHARA CHEMICAL CO.,LTD. 企業内容等の開示に関する内閣府令 第三号様式 Japan GAAP true cte cte 2019-04-01 2020-03-31 FY 2020-03-31 2018-04-01 2019-03-31 2019-03-31 1 false false false E00804-000 2020-06-26 E00804-000 2015-04-01 2016-03-31 E00804-000 2016-04-01 2017-03-31 E00804-000 2017-04-01 2018-03-31 E00804-000 2018-04-01 2019-03-31 E00804-000 2019-04-01 2020-03-31 E00804-000 2016-03-31 E00804-000 2017-03-31 E00804-000 2018-03-31 E00804-000 2019-03-31 E00804-000 2020-03-31 E00804-000 2015-04-01 2016-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00804-000 2016-04-01 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00804-000 2017-04-01 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00804-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00804-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00804-000 2016-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00804-000 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00804-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00804-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00804-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00804-000 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E00804-000:PlatingChemicalsAndAutomaticControlEquipmentForChemicalsReportableSegmentMember E00804-000 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E00804-000:ElectronicMaterialsReportableSegmentMember E00804-000 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E00804-000:AutomotiveChemicalsForAftermarketReportableSegmentMember E00804-000 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E00804-000:InorganicCompoundsAndFineChemicalsReportableSegmentMember E00804-000 2020-03-31 jpcrp_cor:CorporateSharedMember E00804-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E00804-000:PlatingChemicalsAndAutomaticControlEquipmentForChemicalsReportableSegmentMember E00804-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E00804-000:ElectronicMaterialsReportableSegmentMember E00804-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E00804-000:AutomotiveChemicalsForAftermarketReportableSegmentMember E00804-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E00804-000:InorganicCompoundsAndFineChemicalsReportableSegmentMember E00804-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp_cor:CorporateSharedMember E00804-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E00804-000:PlatingChemicalsAndAutomaticControlEquipmentForChemicalsReportableSegmentMember E00804-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E00804-000:ElectronicMaterialsReportableSegmentMember E00804-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E00804-000:AutomotiveChemicalsForAftermarketReportableSegmentMember E00804-000 2020-06-26 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E00804-000 2020-03-31 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E00804-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No1MajorShareholdersMember E00804-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No2MajorShareholdersMember E00804-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No3MajorShareholdersMember E00804-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No4MajorShareholdersMember E00804-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No5MajorShareholdersMember E00804-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No6MajorShareholdersMember E00804-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No7MajorShareholdersMember E00804-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No8MajorShareholdersMember E00804-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No9MajorShareholdersMember E00804-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No10MajorShareholdersMember E00804-000 2020-03-31 jpcrp_cor:SharesWithNoVotingRightsMember E00804-000 2020-03-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsTreasurySharesEtcMember E00804-000 2020-03-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsOtherMember E00804-000 2020-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesTreasurySharesSharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E00804-000 2020-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsOtherMember E00804-000 2020-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesLessThanOneUnitMember E00804-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row1Member E00804-000 2020-06-26 jpcrp_cor:Row1Member E00804-000 2020-06-26 jpcrp_cor:Row2Member E00804-000 2020-06-26 jpcrp030000-asr_E00804-000:MotoichiTokizawaMember E00804-000 2020-06-26 jpcrp030000-asr_E00804-000:YasuyukiSakaiMember E00804-000 2020-06-26 jpcrp030000-asr_E00804-000:EiUchidaMember E00804-000 2020-06-26 jpcrp030000-asr_E00804-000:GoKoshiyamaMember E00804-000 2020-06-26 jpcrp030000-asr_E00804-000:YasumasaYamaguchiMember E00804-000 2020-06-26 jpcrp030000-asr_E00804-000:YutakaTanidaMember E00804-000 2020-06-26 jpcrp030000-asr_E00804-000:KunioAriharaMember E00804-000 2020-06-26 jpcrp030000-asr_E00804-000:KunpeiMatsumotoMember E00804-000 2020-06-26 jpcrp030000-asr_E00804-000:TakafumiYamashitaMember E00804-000 2020-06-26 jpcrp030000-asr_E00804-000:TakumiNaganoMember E00804-000 2020-06-26 jpcrp030000-asr_E00804-000:TsutomuShibaikeMember E00804-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:DirectorsExcludingOutsideDirectorsMember E00804-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:CorporateAuditorsExcludingOutsideCorporateAuditorsMember E00804-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:OutsideDirectorsAndOtherOfficersMember E00804-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E00804-000:KanjiTakemoriMember E00804-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row1Member E00804-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row2Member E00804-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row2Member E00804-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row3Member E00804-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row3Member E00804-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row4Member E00804-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row4Member E00804-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row5Member E00804-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row5Member E00804-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row6Member E00804-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row6Member E00804-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row7Member E00804-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row7Member E00804-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row8Member E00804-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row8Member E00804-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row9Member E00804-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row9Member E00804-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row10Member E00804-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row10Member E00804-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row11Member E00804-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row11Member E00804-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row12Member E00804-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row12Member E00804-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row13Member E00804-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row13Member E00804-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row14Member E00804-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row14Member E00804-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row15Member E00804-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row15Member E00804-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row16Member E00804-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row16Member E00804-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row17Member E00804-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row17Member E00804-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row18Member E00804-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row18Member E00804-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row19Member E00804-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row19Member E00804-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row20Member E00804-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row20Member E00804-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row21Member E00804-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row21Member E00804-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row22Member E00804-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row22Member E00804-000 2018-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E00804-000 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E00804-000 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00804-000 2018-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00804-000 2019-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00804-000 2018-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00804-000 2019-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E00804-000 2018-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E00804-000 2018-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00804-000 2019-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00804-000 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00804-000 2018-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00804-000 2018-03-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E00804-000 2019-03-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E00804-000 2018-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00804-000 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00804-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00804-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00804-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00804-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00804-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E00804-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E00804-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00804-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00804-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E00804-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E00804-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00804-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00804-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E00804-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E00804-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00804-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00804-000 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E00804-000 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00804-000 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00804-000 2020-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E00804-000 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00804-000 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00804-000 2020-03-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E00804-000 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00804-000 2018-04-01 2019-03-31 jpcrp030000-asr_E00804-000:PlatingChemicalsAndAutomaticControlEquipmentForChemicalsReportableSegmentMember E00804-000 2018-04-01 2019-03-31 jpcrp030000-asr_E00804-000:ElectronicMaterialsReportableSegmentMember E00804-000 2018-04-01 2019-03-31 jpcrp030000-asr_E00804-000:AutomotiveChemicalsForAftermarketReportableSegmentMember E00804-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E00804-000:InorganicCompoundsAndFineChemicalsReportableSegmentMember E00804-000 2018-04-01 2019-03-31 jpcrp030000-asr_E00804-000:InorganicCompoundsAndFineChemicalsReportableSegmentMember E00804-000 2018-04-01 2019-03-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E00804-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E00804-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E00804-000 2018-04-01 2019-03-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E00804-000 2018-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00804-000 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00804-000 2018-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00804-000 2019-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00804-000 2018-03-31 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00804-000 2019-03-31 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00804-000 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00804-000 2018-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00804-000 2019-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00804-000 2018-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00804-000 2018-03-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00804-000 2019-03-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00804-000 2019-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00804-000 2018-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00804-000 2019-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00804-000 2018-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00804-000 2018-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00804-000 2019-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00804-000 2019-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00804-000 2018-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00804-000 2018-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00804-000 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00804-000 2018-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00804-000 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00804-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00804-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00804-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00804-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00804-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00804-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00804-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00804-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00804-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00804-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00804-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00804-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00804-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00804-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00804-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00804-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00804-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00804-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00804-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00804-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00804-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00804-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00804-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00804-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00804-000 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00804-000 2020-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00804-000 2020-03-31 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00804-000 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00804-000 2020-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00804-000 2020-03-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00804-000 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00804-000 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00804-000 2020-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00804-000 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00804-000 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00804-000 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember iso4217:JPY iso4217:JPY xbrli:shares xbrli:pure xbrli:shares

第一部 【企業情報】

 

第1 【企業の概況】

 

1 【主要な経営指標等の推移】

 

(1) 連結経営指標等

 

回次

第78期

第79期

第80期

第81期

第82期

決算年月

2016年3月

2017年3月

2018年3月

2019年3月

2020年3月

売上高

(千円)

14,570,546

14,963,495

15,756,700

16,785,714

経常利益

(千円)

820,956

1,217,543

1,561,451

1,529,856

親会社株主に帰属する
当期純利益

(千円)

570,818

898,005

1,135,566

1,049,571

包括利益

(千円)

812,123

902,458

1,061,488

985,963

純資産額

(千円)

15,893,994

17,778,970

18,481,679

18,909,616

総資産額

(千円)

19,479,283

21,190,059

22,742,885

22,945,352

1株当たり純資産額

(円)

2,161.25

2,180.39

2,266.57

2,353.89

1株当たり当期純利益

(円)

76.97

114.82

139.26

129.36

潜在株式調整後
1株当たり当期純利益

(円)

自己資本比率

(%)

81.6

83.9

81.3

82.4

自己資本利益率

(%)

3.6

5.3

6.3

5.6

株価収益率

(倍)

17.6

20.7

12.1

14.9

営業活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

880,068

1,177,934

1,300,266

748,911

投資活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

160,332

2,232,195

272,181

45,002

財務活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

370,934

943,944

282,569

592,219

現金及び現金同等物
の期末残高

(千円)

2,808,225

2,700,291

3,440,059

3,551,756

従業員数

(名)

(―)

217

(33)

213

(34)

220

(33)

265

(46)

 

(注) 1 第79期より連結財務諸表を作成しているため、それ以前については記載しておりません。

2 売上高には、消費税等は含まれておりません。

3 潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式がないため記載しておりません。

4 従業員数の(外書)は、臨時従業員の年間平均雇用人員であります。

5 「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を第81期の期首から適用しており、第80期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。

 

 

(2) 提出会社の経営指標等

 

回次

第78期

第79期

第80期

第81期

第82期

決算年月

2016年3月

2017年3月

2018年3月

2019年3月

2020年3月

売上高

(千円)

14,585,261

14,564,693

14,905,752

15,658,338

16,097,960

経常利益

(千円)

754,231

893,153

1,277,676

1,607,382

1,596,276

当期純利益

(千円)

542,283

541,570

884,776

1,134,839

1,115,524

持分法を適用した
場合の投資利益

(千円)

資本金

(千円)

1,447,280

1,447,280

1,980,874

1,980,874

1,980,874

発行済株式総数

(千株)

7,460

7,460

8,154

8,154

8,154

純資産額

(千円)

15,486,902

15,893,994

17,763,633

18,468,933

18,963,769

総資産額

(千円)

18,849,050

19,464,408

21,149,724

22,714,308

22,468,971

1株当たり純資産額

(円)

2,075.97

2,161.25

2,178.51

2,265.00

2,360.63

1株当たり配当額
(内1株当たり
中間配当額)

(円)
(円)

32.00

32.00

42.00

38.00

40.00

(16.00)

(16.00)

(16.00)

(18.00)

(20.00)

1株当たり当期純利益

(円)

72.69

73.03

113.13

139.18

137.48

潜在株式調整後
1株当たり当期純利益

(円)

自己資本比率

(%)

82.2

81.7

84.0

81.3

84.4

自己資本利益率

(%)

3.5

3.5

5.3

6.3

6.0

株価収益率

(倍)

18.5

18.6

21.0

12.1

14.0

配当性向

(%)

44.02

43.82

37.13

27.30

29.10

営業活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

1,148,035

投資活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

1,026,406

財務活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

299,751

現金及び現金同等物
の期末残高

(千円)

2,075,069

従業員数

(名)

203

208

204

211

214

(27)

(33)

(34)

(33)

(36)

株主総利回り
(比較指標:配当込みTOPIX)

(%)

(%)

90.8

(89.2)

93.7

(102.3)

164.2

(118.5)

120.7

(112.5)

139.6

(101.8)

最高株価

(円)

1,531

1,438

2,575

2,498

2,160

最低株価

(円)

1,271

1,241

1,300

1,435

1,363

 

(注) 1 売上高には、消費税等は含まれておりません。

2 持分法を適用した場合の投資利益について、第78期は利益基準及び利益剰余金基準からみて当社の子会社は重要性の乏しい非連結子会社であるため記載しておりません。

3 潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式がないため記載しておりません。

4 従業員数の(外書)は、臨時従業員の年間平均雇用人員であります。

5 第79期より連結財務諸表を作成しているため、それ以降の持分法を適用した場合の投資利益、営業活動によるキャッシュ・フロー、投資活動によるキャッシュ・フロー、財務活動によるキャッシュ・フロー及び現金及び現金同等物の期末残高は記載しておりません。

6 2018年3月期の1株当たり配当額42円には、東京証券取引所市場第一部指定記念配当10円を含んでおります。

7 最高・最低株価は、2018年3月16日以降は東京証券取引所市場第一部におけるものであり、2018年3月15日以前は東京証券取引所市場第二部におけるものであります。

8 「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を第81期の期首から適用しており、第80期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。

 

 

 

2 【沿革】

 

年月

沿革

1900年4月

神戸市兵庫区において、個人経営の石原永壽堂を創業、医薬品、工業薬品の卸小売業を開始。

1925年4月

会社組織に改め、合名会社石原永壽堂を設立。

1939年3月

株式会社に改組し、株式会社石原永壽堂を設立。

1946年3月

石原薬品株式会社に商号を変更。

1953年9月

米国ゼネラルエレクトリック社およびダウコーニング社よりシリコーンを輸入、液状つや出し剤を開発し、楽器・家具用液状つや出し剤「ユニコン」の製造販売を開始。

1955年4月

工業用無機化合物及び塩類、金属洗浄剤、活性炭などの販売を開始。

1958年3月

東京都千代田区に東京出張所(1963年7月東京支店に昇格)を開設。

1959年4月

国産初のクリーム状自動車用つや出し剤「ユニコン カークリーム」の製造販売を開始。

1963年6月

溶接スパッター付着防止剤「ユニコン ノンスパッター」の製造販売を開始。

1964年1月

光沢錫めっき、光沢ハンダめっき用添加剤「ユニコン ティンブライト」の製造販売を開始。

1977年3月

米国コーニング・グラスワークス社(現コーニングインコーポレイティド)と販売提携し、マシナブルセラミック「マコール」の輸入、加工販売を開始。

1978年10月

本社製造部門を滋賀県高島郡今津町(現 滋賀県高島市今津町)に移転し、滋賀工場を開設。

1979年3月

滋賀工場において、自動車用つや出し剤のJIS表示許可の認定。

1981年3月

コンピューター搭載のめっき液自動管理装置「無電解銅めっき液自動管理装置CAAC-710」および「無電解ニッケルめっき液自動管理装置CAAC-750」の製造販売を開始。

1982年8月

東京都北区に東京支店事務所を移転。

1991年11月

大阪証券取引所市場第二部特別指定銘柄に株式を上場。

1994年9月

大阪証券取引所市場第二部特別指定銘柄の指定の解除。

1999年9月

ISO9001の取得。

2003年9月

ISO14001の取得。

2004年5月

東京都台東区に東京支店事務所を移転。

2005年4月

中国に上海駐在員事務所を開設。

2011年3月

東京証券取引所市場第二部に株式を上場。

2012年6月

タイ バンコクにタイ駐在員事務所を開設。

2013年4月

神戸市西区に神戸工場を開設。

2013年10月

石原ケミカル株式会社に商号を変更。

2015年8月

中国に子会社、石原化美(上海)商貿有限公司(現 連結子会社)を設立。

2018年3月

東京証券取引所市場第一部に株式を上場。

2019年10月

キザイ株式会社を完全子会社化。

 

 

 

3 【事業の内容】

(1) 事業の内容

当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、連結子会社(石原化美(上海)商貿有限公司、キザイ株式会社)の計3社で構成されており、電子関連分野、自動車用品分野、工業薬品分野の3つの分野で、金属表面処理剤及び機器等、電子材料、自動車用化学製品等、工業薬品の4つの事業を行っております。

 

当社及び当社の関係会社の事業における当社及び関係会社の位置付け及びセグメントとの関連は、次のとおりであります。なお、以下に示す区分は、セグメントと同一の区分であります。

 

(電子関連分野)

1 金属表面処理剤及び機器等:

① 錫系および銅めっき液・・・パソコン、携帯電話、AV機器などは、半導体、コネクター等の電子部品とプリント配線板を内蔵しています。錫系めっき液は、電子部品とプリント配線板を導通が可能な状態で接合する目的で使用し、銅めっき液は、半導体やプリント配線板の微細な回路形成や導通確保を目的として使用します。当社は、この錫系および銅めっき液の開発、製造、販売、アフターサービスを行っております。また、多種多様な材質や形状を有する電子部品やプリント配線板へのめっき条件の設定や、めっき皮膜の評価や改善などの技術的支援、めっき液ラインの管理などユーザーと深くかかわって開発・改良を進めております。

② 化成処理液自動管理装置等・・・プリント基板加工時の無電解めっき液やフラットパネル製造時の現像液などの化成処理液を自動的に分析し、不足している薬品を自動的に補給管理する化成処理装置の開発、製造、販売、アフターサービスを行うとともに、これらの機器に使用する試薬の開発、製造、販売も行っております。

 

(主な関係会社)当社、石原化美(上海)商貿有限公司及びキザイ株式会社

 

2 電子材料:

  マシナブルセラミックス、エンジニアリングプラスチック及び炭素繊維強化プラスチック(以下CFRPという)・・・半導体製造装置及び検査装置の部品等に使用される耐熱性、電気絶縁性の高いマシナブルセラミックス及びエンジニアリングプラスチックを材料として調達し、ユーザーの仕様に合わせて機械加工し、販売しております。

  また、CFRPをウェハーや液晶パネルの搬送装置の部品として販売しております。

 

(主な関係会社)当社

 

(自動車用品分野)

自動車用化学製品等:

① 自動車用化学製品・・・カーディーラー、自動車整備工場、板金塗装工場、ガソリンスタンド等で使用されるエアコン洗浄剤、ブレーキパーツクリーナーや潤滑剤等整備ケミカル、塗装補修用コンパウンド、艶出し剤、コーティング剤、補修ケミカル、洗車機用洗車剤等自動車アフターマーケット向け業務用ケミカル製品の開発、製造、販売を行っております。

② 溶接用スパッター付着防止剤・・・建設機械やビル建設の鉄骨等の電気溶接時にはスパッター(鉄の溶けた粒子)が飛散し、溶接部周辺に溶着すると、上塗り塗装のはがれ、錆の発生原因になり、美観も損ねるなど不具合が生じます。当社は、このスパッターの付着を防止するスパッター付着防止剤の開発、製造、販売、アフターサービスを行っております。

 

(主な関係会社)当社及び石原化美(上海)商貿有限公司

 

(工業薬品分野)

工業薬品:

鉄鋼、化学関連の大手ユーザーの生産工程で使用される特殊性の高い商品や官公庁向け薬剤の仕入販売を行っております。主な商品は、自動車用鋼板等の表面処理剤、触媒、活性炭、水処理剤等であります。

 

(主な関係会社)当社

 

 

(2) 事業の系統図

 


 

 

4 【関係会社の状況】

 

名称

住所

資本金又は
出資金

主要な事業
の内容

議決権の所有
(又は被所有)
割合(%)

関係内容

(連結子会社)

 

 

 

 

 

石原化美(上海)商貿有限公司

中華人民共和国
上海市長寧区

1,600万人民元

金属表面処理剤及び機器等、自動車用化学製品等

100

当社製品を主に中華人民共和国を中心に販売しております。

キザイ株式会社

東京都中央区

44,000千円

金属表面処理剤及び機器等

100

 

(注) 1 「主要な事業の内容」欄には、セグメント情報に記載された名称を記載しております。

2 有価証券届出書又は有価証券報告書を提出している会社はありません。

3 2019年10月31日にキザイ株式会社の全株式を取得し、同社を連結子会社といたしました。

 

 

5 【従業員の状況】

(1) 連結会社の状況

2020年3月31日現在

セグメントの名称

従業員数(名)

金属表面処理剤及び機器等

179

(30)

電子材料

20

(5)

自動車用化学製品等

45

(10)

工業薬品

13

(1)

全社(共通)

8

(―)

合計

265

(46)

 

(注) 1 従業員数は就業人員であります。

2 従業員数の(外書)は、臨時従業員の年間平均雇用人員であります。

3 臨時従業員には、パートタイマー及び嘱託契約の従業員を含み、派遣社員を除いております。

 

(2) 提出会社の状況

2020年3月31日現在

従業員数(名)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(千円)

214

(36)

39.6

13.5

6,705

 

 

セグメントの名称

従業員数(名)

金属表面処理剤及び機器等

128

(20)

電子材料

20

(5)

自動車用化学製品等

45

(10)

工業薬品

13

(1)

全社(共通)

8

(―)

合計

214

(36)

 

(注) 1 従業員数は就業人員であります。

2 従業員数の(外書)は、臨時従業員の年間平均雇用人員であります。

3 臨時従業員には、パートタイマー及び嘱託契約の従業員を含み、派遣社員を除いております。

4 平均年間給与は、賞与および基準外賃金を含んでおります。

 

(3) 労働組合の状況

現在労働組合は、組織されておりません。

なお、労使関係は良好であります。

 

第2 【事業の状況】

 

1 【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

 文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。

当社グループは、自己開発、商品開発、市場開発の「三つの開発」を企業理念とし、ニッチ市場といわれる事業分野で高い市場占有率を維持し、基幹となる3つの分野で事業をバランスよく展開し、各々の収益力を高め、総体として会社の業績の伸長をはかってまいります。

このような事業活動を通じて常に新しいニーズの創造・発掘に取り組み、会社の発展を通じて、株主、取引先、従業員など関係各位の信頼と期待に応え、社会に貢献していくことを経営の基本方針にしております。

当基本方針に基づき設定しました、当社グループの経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標(KPI)は以下のとおりであります。当該KPIを採用した理由は、投資家が当社グループの経営方針・経営戦略等を理解する上で重要な指標であり、また、収益力の向上を測定することが可能な指標であり、経営方針・経営戦略等の進捗状況や、実現可能性の評価等を行うことが可能となるためであります。

① 売上総利益率35%以上を目指します。

② 経常利益率10%以上を目指します。

③ ROE(自己資本利益率)・EPS(1株当たり当期純利益)の向上をはかってまいります。

(注)上記KPIについては有価証券報告書提出日現在において予測できる事情等を基礎とした合理的な判断に基づくものであり、その達成を保証するものではありません。

 

当連結会計年度におけるわが国経済は、雇用・所得環境の改善が続く中、各種政策の効果もあり、緩やかな回復傾向が続いておりましたが、新型コロナウイルス感染症の影響により、先行き不透明な状況となっております。

当社グループは、研究開発をさらに進めるとともに海外市場の開拓に積極的に取り組み、高付加価値製品の市場展開に努めてまいりましたが、前年度後半からの電子部品業界における市況減速の影響が引き続きました。

なお、新型コロナウイルス感染症につきましては、各セグメントにおける売上高の減少要因になると見込まれ、その影響度は新型コロナウイルス感染症の終息時期により変動する可能性があります。また、新型ウイルスの感染拡大は、当社にとって重要なリスクであるとの認識から、生産拠点の分散、事業拠点の分散、在宅勤務への対応が必要となります。

このような状況下、当社グループといたしましては、下記に記載する「中長期経営方針」及び「重点課題」に掲げる事項を対処すべき課題と捉え、企業価値向上に向け邁進しております。

① 中長期経営方針

 「成長路線の創造」

自己開発、商品開発、市場開発の「三つの開発」を企業理念とし、ニッチ市場といわれる事業分野で高い市場占有率を維持し、基幹となる三つの分野で四つの事業を展開する事を基本とし、世界に通用する製品、技術、サービスを創造駆使し、グローバル化に対応する企業をめざし、更なる成長をはかります。

② 重点課題

 a.電子部品業界等において、ウエハ用銅、ニッケルめっき液等の付加価値の高い製品を市場投入し、市場を拡大していくことにより、高付加価値製品の売上及び売上総利益の増加をはかります。

 b.カーディーラーにおいて、エアコンクリーナーの更なる拡販に加え、新製品を導入・拡販することにより、市場拡大をはかります。

 c.鉄鋼、化学、石化、環境関連市場において、新規商材を導入し、市場拡大をはかります。

 d.国内および中国、台湾をはじめとする海外市場において、化成処理液自動管理装置の拡販をはかるとともに、アフターサービス体制の充実をはかります。

 e.第5の事業の柱として、導電性銅ナノインク等金属ナノ粒子の新規電子材料の事業化を加速し、先端電子材料市場への参入、市場拡大をはかります。

 f.中国現地法人の早期黒字化を促進するとともに、その他海外拠点の拡大をはかり、グローバル化による事業の海外展開に対応いたします。

 

 

2 【事業等のリスク】

有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、経営者が連結会社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると認識している主要なリスクは、以下のとおりであります。

なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。

 

(特に重要なリスク)

 

リスクの内容

リスクに対する対応策

(1)業界動向及び競合等について

当社グループの主力事業であります金属表面処理剤及び機器等、電子材料は、いずれも電子関連分野に対応し、この分野での新技術の開発、新方式の採用、新製品の出現、競合他社の台頭、需給のサイクルなどにより影響を受け、当社グループの取扱製品の急速な陳腐化や市場性低下、需要先の大幅な生産調整等が起きた場合には当社グループの経営に重大な影響を与える可能性があります。

電子関連分野以外の自動車用品分野や工業薬品分野を含めた基幹となる三つの分野で事業をバランスよく展開し、各々の収益力を高め、総体としての会社の業績の伸長をはかっております。

(2)研究開発活動及び人材育成について

当社グループが事業展開する分野においては、新製品や改良品を継続的に投入し売上の維持・拡大をはかっていくことが必須であり、毎期、製品売上高の概ね10%相当額を研究開発費として投入しております。
しかし、研究開発の成果は不確実なものであり、多額の支出を行ったとしても必ずしも成果に結びつかないというリスクがあります。また、当社グループの企業成長のためには、特に研究開発に係る有能な人材に依存するため、技術スキルの高い人材の確保と育成並びに研究成果の適正な評価が重要になっております。このような人材確保又は育成ができなかった場合には、当社グループの企業成長、経営成績及び財政状況等に悪影響を及ぼす可能性があります。

当社グループは、取引業態毎に得意先、商品構成、営業方法、開発テーマの見直しを行い、付加価値の高い開発テーマ探索を行い、利益率の高い製品を開発し販売しております。

また、ホームページ、採用ツール、リクルーターなどを活用した積極的な採用活動を実施し、技術スキルの高い人材の獲得に努めるとともに、入社後の研修等による人材育成にも努めております。

 

 

(重要なリスク)

 

リスクの内容

リスクに対する対応策

(1)海外活動に係わるリスクについて

当社グループは、海外市場の開拓を積極的に進めており、中国、東南アジアを中心に各国で営業活動及び技術サポート活動を進めております。これら海外活動に係わるリスクとして次のようなリスクがあり、それぞれの事象が発生した場合には当社グループの経営成績及び財政状況等に悪影響を及ぼす可能性があります。
・予期しえない法律・規制、不利な影響を及ぼす租税制度等の変更
・インフラ等が未整備なことによる活動への悪影響
・不利な政治的要因、テロ、戦争、デモ、暴動、病気等による社会的混乱

当社グループは、在外子会社など海外拠点と密接なコミュニケーションをはかることにより現地の情勢把握に努めるとともに、現地専門家の助言を得ることによりリスクの軽減をはかっております。また、海外市場の開拓については、1つの地域に集中するのではなく、適度な分散をはかっております。

(2)法的規制等について

当社グループは、「毒物及び劇物取締法」の対象となる薬品を製造・販売しているため、同法の規制を受けております。今後の法規制の大幅な改正、強化が行われた場合、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。

当社グループは、同法の対象となる薬品に関する製造・販売業登録を取得しており、徹底した社内管理体制を確立し、法令遵守に努めております。また、当社グループは、化学物質及び安全衛生等に関する法規制のもと、品質管理及び法令遵守の徹底をはかって事業活動を行っております。

(3)環境問題対応について

当社グループの製造過程において排出される排水に「水質汚濁防止法」及び「滋賀県公害防止条例」等の対象となる、りん、窒素等が微量含まれており、同法の規制を受けております。今後、何らかの環境問題が発生した場合、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。

当社グループは、滋賀工場が琵琶湖に隣接することから環境保全設備の充実、保全活動に力を入れており、徹底した社内管理体制を確立し、法令遵守に努めております。

(4)保有有価証券の時価下落によるリスクについて

当社グループは、当連結会計年度末において事業投資の資金需要までの待機資金である余資の運用目的及び取引先との安定的な関係を維持するための政策保有目的で有価証券を保有しております。
これらの有価証券の急激な価格の下落は当社グループの業績及び財政状態に影響を与える可能性があります。

当社グループは、有価証券の投資・運用において、発行体の信用リスク、株価・為替の変動リスク、金利変動による債券価格の変動リスク、カントリーリスク等想定されるリスクについて、十分な検討を行い極力元本にリスクを生じさせない運用に努めることを原則としております。

(5)自然災害・新型ウイルス等の感染症によるリスクについて

当社グループは、国内・海外において営業活動を展開しており、大規模な地震・台風などの自然災害や新型ウイルス等の感染症により設備の損害や人的被害が発生した場合には、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。

当社グループは、生産拠点の分散や事業拠点の分散、在宅勤務への対応などにより、事業活動への影響の極小化をはかっております。

 

 

 

3 【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

 

(1) 経営成績等の状況の概要

当連結会計年度における当社グループ(当社及び当社の関係会社)の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下、「経営成績等」という。)の状況の概要は次のとおりであります。

① 財政状態及び経営成績の状況

当社グループの経営成績について、当連結会計年度の業績は、売上高16,785百万円(前年比6.5%増)、営業利益1,447百万円(前年比1.3%減)、経常利益1,529百万円(前年比2.0%減)、親会社株主に帰属する当期純利益は1,049百万円(前年比7.6%減)となりました。

 

セグメントごとの経営成績は、次のとおりであります。

<金属表面処理剤及び機器等>

 当セグメントの売上高は、8,490百万円(前年比8.6%増)、営業利益は、1,051百万円(前年比11.6%減)となりました。

<電 子 材 料>

当セグメントの売上高は、573百万円(前年比7.6%増)、営業損失は、148百万円(前年同期は251百万円の営業損失)となりました。

<自動車用化学製品等>

当セグメントの売上高は、2,686百万円(前年比4.4%増)、営業利益は、607百万円(前年比1.8%減)となりました。

<工 業 薬 品>

当セグメントの売上高は、5,035百万円(前年比4.2%増)、営業利益は、185百万円(前年比3.2%減)となりました。

 

当連結会計年度末における流動資産残高は、前連結会計年度末に比べ1,379百万円増加し11,234百万円となりました。主な増減は、現金及び預金の増加1,218百万円であります。固定資産残高は、前連結会計年度末に比べ1,177百万円減少し11,710百万円となりました。主な増減は、投資有価証券の減少2,370百万円、長期預金の減少437百万円、有形固定資産の増加1,612百万円、無形固定資産の増加60百万円等によるものであります。負債合計は、前連結会計年度末に比べ225百万円減少し4,035百万円、純資産合計は、前連結会計年度末に比べ427百万円増加し18,909百万円となりました。

 

② キャッシュ・フローの状況

当連結会計年度末における現金及び現金同等物は、前連結会計年度末より111百万円増加し、3,551百万円となりました。

(営業活動によるキャッシュ・フロー)

税金等調整前当期純利益が前年同期に比べ69百万円減少し1,499百万円となり、減価償却費454百万円、売上債権の増加204百万円及び法人税等の支払い478百万円等により、営業活動によるキャッシュ・フローは748百万円(前年同期1,300百万円)となりました。

(投資活動によるキャッシュ・フロー)

有価証券の売却及び償還による収入3,044百万円、有形固定資産の取得による支出1,604百万円及び子会社株式の取得による支出1,769百万円等により、投資活動によるキャッシュ・フローは△45百万円(前年同期△272百万円)となりました。

(財務活動によるキャッシュ・フロー)

自己株式の取得による支出231百万円及び配当金の支払い326百万円等により、財務活動によるキャッシュ・フローは△592百万円(前年同期△282百万円)となりました。

 

 

③ 生産、受注及び販売の実績

a. 生産実績

 

セグメントの名称

生産高(千円)

前年同期比(%)

金属表面処理剤及び機器等

5,426,989

106.0

電子材料

523,313

107.0

自動車用化学製品等

2,183,610

101.6

工業薬品

152,954

61.6

合計

8,286,868

103.5

 

(注) 1 金額は販売価格によっております。

2 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

 

b. 商品仕入実績

 

セグメントの名称

商品仕入高(千円)

前年同期比(%)

金属表面処理剤及び機器等

2,372,109

97.7

電子材料

33,831

191.6

自動車用化学製品等

320,119

97.2

工業薬品

4,583,078

106.5

合計

7,309,138

103.3

 

(注) 1 金額は実際仕入価格によっております。

2 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

 

c. 受注実績

当社グループは主として見込生産によっておりますので、受注実績について特に記載する事項はありません。

 

d. 販売実績

 

セグメントの名称

販売高

前年同期比(%)

金額(千円)

構成比(%)

金属表面処理剤及び機器等

 

 

 

製品

5,441,085

32.4

115.1

商品

3,049,136

18.2

98.7

8,490,222

50.6

108.6

電子材料

 

 

 

製品

535,093

3.2

104.0

商品

38,006

0.2

211.6

573,099

3.4

107.6

自動車用化学製品等

 

 

 

製品

2,190,713

13.0

103.7

商品

495,921

3.0

107.6

2,686,634

16.0

104.4

工業薬品

 

 

 

製品

157,855

0.9

65.4

商品

4,877,903

29.1

106.3

5,035,758

30.0

104.2

総計

16,785,714

100.0

106.5

 

(注) 1 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

2 輸出販売高及び輸出割合は、次のとおりであります。

 

前連結会計年度

当連結会計年度

輸出販売高(千円)

輸出割合(%)

輸出販売高(千円)

輸出割合(%)

6,193,430

39.3

6,375,349

38.0

 

3 主な輸出先及び輸出販売高に対する割合は、次のとおりであります。

 

輸出先

前連結会計年度(%)

当連結会計年度(%)

台湾

44.7

43.1

韓国

22.6

22.4

中国

15.5

15.4

アセアン

13.8

15.0

その他

3.4

4.1

100.0

100.0

 

4 主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に対する割合は次のとおりであります。

 

相手先

前連結会計年度

当連結会計年度

金額(千円)

割合(%)

金額(千円)

割合(%)

AMPOC Far-East Co., Ltd.

2,555,527

16.2

2,577,780

15.4

 

 

(2) 経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりであります。

なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものであります。

 

① 財政状態及び経営成績の状況に関する認識及び分析・検討内容

当社グループの当連結会計年度の財政状態は、親会社株主に帰属する当期純利益1,049百万円並びに剰余金の配当326百万円等により当連結会計年度期首の純資産残高より427百万円増加し、当連結会計年度末の純資産残高は18,909百万円となりました。これらの結果、自己資本比率は82.4%となり、健全な経営基盤を維持するため内部留保の充実をはかっております。

当社グループの経営成績について、当連結会計年度におけるわが国経済は、雇用・所得環境の改善が続く中、各種政策の効果もあり、緩やかな回復傾向が続いておりましたが、新型コロナウイルス感染症の影響により、先行き不透明な状況となっております。

このような状況の下、当社グループは、研究開発をさらに進めるとともに海外市場の開拓に積極的に取り組み、高付加価値製品の市場展開に努めてまいりましたが、前年度後半からの電子部品業界における市況減速の影響が引き続きました。

当社グループの経営成績に重要な影響を与える要因としては、短期的には付加価値の高い製品を市場投入し市場を拡大していくことであり、長期的には研究開発を促進し事業化を加速していくことであります。新規高付加価値製品の市場展開に積極的に取り組むとともに研究開発をさらに進めております。

なお、新型コロナウイルス感染症による影響が2020年9月まで継続すると仮定し、この影響が国内及び海外における全てのセグメントの売上高減少要因になると見込んでおります。

 

経営方針・経営戦略、経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等について、当社グループは、①売上総利益率35%以上、②経常利益率10%以上、③ROE(自己資本利益率)・EPS(1株当たり当期純利益)の向上を目標としております。

当連結会計年度におきましては、ROE・EPSは前期と比較して減少致しました。

全ての指標について目標を達成するため、さらなる企業価値向上に努めてまいります。

 (参考)売上総利益率、経常利益率、ROE(自己資本利益率)・EPS(1株当たり当期純利益)の状況

(連結)

売上総利益率

経常利益率

ROE
(自己資本利益率)

EPS
(1株当たり
    当期純利益)

2019年3月

32.1%

9.9%

6.3%

139.26円

2020年3月

32.0%

9.1%

5.6%

129.36円

 

 

セグメントごとの財政状態及び経営成績の状況に関する認識及び分析・検討内容は、次のとおりであります。

<金属表面処理剤及び機器等>

当セグメントが対応する電子部品業界は、車載、スマートフォン関連の減産及び移動通信システム(5G)普及の遅れなどにより、前年度第4四半期から引き続き生産減となりました。

4K、8K及び有機EL化に対応した大型テレビ向けめっき液について、第3四半期以降は在庫調整がありましたが、上期は比較的堅調に推移したこと及び下期より新たに装飾めっきが加わり、前期を上回る結果となりました。

また、機器等の管理装置につきましては、主要ユーザーの稼働率低下の影響により、前期を下回る結果となりました。

<電 子 材 料>

機能材料加工品は、半導体市況の低迷によりエンプラ製品の売上は低調なものの、セラミック製品は特定ユーザー向けの加工品が好調に推移しました。

 

<自動車用化学製品等>

自動車用エアコンフィルターの定期交換作業にあわせてエアコン洗浄を同時に施工するビジネスを継続して提案することにより、新規採用及び新規取組カーディーラーが増加し、エアコン洗浄剤は引き続き好調に推移しました。

<工 業 薬 品>

海外市況の低迷や自然災害など鉄鋼業界にとって厳しい環境が続く中、官庁向け入札案件の拡大や新規商材の拡販、既存商品の拡大により、好調に推移しました。

 

② キャッシュ・フローの状況の分析・検討内容並びに資本の財源及び資金の流動性に係る情報

当社グループの当連結会計年度のキャッシュ・フローについて、営業活動によるキャッシュ・フローは748百万円の収入、投資活動によるキャッシュ・フローは45百万円の支出となり、フリーキャッシュ・フローは703百万円のプラスとなりました。なお、投資活動によるキャッシュ・フローにおいて、キザイ株式会社の全株式の取得による1,769百万円の支出が発生しております。

当社グループの資本の財源及び資金の流動性については、資産構成に合わせた最適な資金調達を行うことを基本方針としております。

運転資金のうち主なものは、製品製造のための原材料費、労務費、経費、販売費及び一般管理費等の営業費用であり、これらの資金需要に対しては自己資金により対応しております。投資を目的とした資金需要は、主に設備投資等によるものであり、これらの資金需要に対しては自己資金により対応しております。

資金の配分方針については、適正な手許現金及び現金同等物の水準を定め、企業価値向上に資する資金の配分に努めております。貸借対照表から算出した運転資金(※売上債権+棚卸資産-仕入債務)を安定的な経営に必要な適正な手許現金及び現金同等物の水準とし、それを超える部分については、成長投資、株主還元等への原資といたします。

成長投資について、2019年度は主として金属表面処理剤及び機器等セグメント等における設備投資として1,467百万円、主として金属表面処理剤及び機器等セグメント等における研究開発投資として1,041百万円となりました。2020年度は設備投資として336百万円、研究開発投資として1,042百万円を見込んでおります。設備投資計画の詳細については、「第3 設備の状況 3 設備の新設、除却等の計画」をご参照ください。

株主還元については安定的で継続的な配当を行うことを基本としつつ、自己株式取得も機動的に組み合わせて行います。当社の配当政策については、「第4 提出会社の状況 3 配当政策」をご参照ください。

 

③ 重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成しております。この連結財務諸表を作成するにあたって、資産、負債、収益及び費用の報告額に影響を及ぼす見積り及び仮定を用いておりますが、これらの見積り及び仮定に基づく数値は実際の結果と異なる可能性があります。

連結財務諸表の作成に当たって用いた会計上の見積り及び仮定のうち、重要なものは以下のとおりであります。

 

・繰延税金資産の回収可能性

繰延税金資産の回収可能性は、将来の税金負担額を軽減する効果を有するかどうかで判断しております。当該判断は、収益力に基づく一時差異等加減算前課税所得の十分性、タックス・プランニングに基づく一時差異等加減算前課税所得の十分性及び将来加算一時差異の十分性のいずれかを満たしているかどうかにより判断しております。

収益力に基づく一時差異等加減算前課税所得の十分性を判断するにあたっては、一時差異等の解消見込年度及び繰戻・繰越期間における課税所得を見積っております。課税所得は、取締役会で承認された事業計画等に基づき算定され、売上高に影響する電子部品の市場成長率の見込などの仮定を用いております。

なお、新型コロナウイルス感染症による影響が2020年9月まで継続すると仮定しております。

当該見積り及び当該仮定について、将来の不確実な経済条件の変動等により見直しが必要となった場合、翌連結会計年度以降の連結財務諸表において認識する繰延税金資産及び法人税等調整額の金額に重要な影響を与える可能性があります。

 

4 【経営上の重要な契約等】

特に記載すべき事項はありません。

 

 

 

5 【研究開発活動】

当社グループは、ユーザーニーズに即応した製品を研究・開発し、顧客に満足していただける製品を提供することを基本方針とし、活動の方針は次のとおりであります。

(1)ユーザーニーズに合致した製品の開発

(2)高品質、高付加価値製品の開発

(3)環境に配慮した製品開発

当連結会計年度における当社グループが支出した研究開発費の総額は1,041百万円であります。セグメント別研究開発費の内訳は、金属表面処理剤及び機器等805百万円、電子材料158百万円、自動車用化学製品等77百万円であります。

 

主な研究開発

<金属表面処理剤及び機器等セグメント>

・錫系および銅めっき液

スマートフォン、AV機器、家電、また最近では車にも、半導体、コンデンサー、コネクター等の電子部品とプリント配線板が多く使用されています。錫系めっき液は、電子部品とプリント配線板を導通が可能な状態で接合する目的で使用し、銅めっき液は、半導体やプリント配線板の微細な回路形成や導通確保を目的として使用します。当社は、この錫系および銅めっき液の開発、製造、販売、アフターサービスを行っております。また、多種多様な材質や形状の電子部品やプリント配線板へのめっき条件設定、めっき皮膜評価やその改善などの技術的支援、めっき液ラインの管理などユーザーと深くかかわり開発・改善を進めております。

 

<電子材料セグメント>

・導電性銅ナノインクの開発

印刷法を利用して回路形成可能な導電性銅ナノインクを開発しております。部品上への直接導体回路形成、フレキシブル回路、RFIDタグ、パワーデバイス向け接合材料などの分野においてユーザー評価を進めております。

 

<自動車用化学製品等セグメント>

・エアコン洗浄剤の開発

カーエアコンディショナー熱交換器(エバポレーター部)を清浄化する薬剤の開発を行っております。洗浄、除菌、消臭処理のみではなく、施工後に長期間の抗菌、防臭効果を発揮、薬剤の安全性追究、エアコン回路内の部材の保護を目標としております。

・塗装補修用コンパウンドの開発

板金塗装工場で使用する研磨及び仕上用コンパウンドの開発を行っております。今般の薬剤の開発動向としては、耐擦り傷性クリヤー等の難研磨性補修用塗膜に対し、研磨傷を残さず、光沢良く仕上げることを可能とし、工程短縮や作業効率向上をはかることを目標としております。

・コーティング剤の開発

光沢、キズ隠ぺい性、撥水、耐久性能を発揮するガラス系コーティング剤の開発を行っております。

作業工数低減、収益改善、環境負荷低減、労働安全面改善に繋がる次世代型として位置付けされることを目標としております。

第3 【設備の状況】

 

1 【設備投資等の概要】

当連結会計年度の設備投資の総額は、1,467百万円で主なものは滋賀工場第一製造所の建替、生産設備の維持更新および本社研究開発用機器の増強等であります。

 

2 【主要な設備の状況】

(1)提出会社

2020年3月31日現在 

事業所名
(所在地)

セグメント
の名称

設備の内容

帳簿価額(単位:千円)

従業員数
(名)

建物

構築物

機械及び
装置

車両
運搬具

工具、器具
及び備品

土地
面積(㎡)

リース
資産

合計

滋賀工場
(滋賀県高島市今津町)

金属表面処理剤及び機器等、電子材料、自動車用化学製品等、工業薬品

生産設備

1,588,782

165,108

491,113

96,559

94,222
 (24,802)

2,435,785

32

(14)

神戸工場
(神戸市西区)

電子材料

生産設備、研究開発設備、その他の設備

492,960

13,997

45,011

13,432

564,105

(10,337)

112,855

1,242,362

14

(2)

配送センター
(滋賀県高島市今津町)

金属表面処理剤及び機器等、電子材料、自動車用化学製品等、工業薬品

その他の
設備

68,823

11,059

2,625

2,639

10,721

5,798

(2,541)

101,668

12

(5)

本社
(神戸市兵庫区)

金属表面処理剤及び機器等、電子材料、自動車用化学製品等、工業薬品

研究開発設備、その他の設備

723,289

8,367

0

279

120,706

98,673

(1,511)

7,000

958,316

124

(10)

東京支店
(東京都台東区)

金属表面処理剤及び機器等、電子材料、自動車用化学製品等、工業薬品

その他の
設備

161,368

375

2,504

259,859

(335)

424,108

31

(3)

 

(注) 従業員数の(外書)は、臨時従業員数であります。

 

(2)国内子会社

2020年3月31日現在

事業所名
(所在地)

セグメント
の名称

設備の内容

帳簿価額(単位:千円)

従業員数
(名)

建物

構築物

機械及び
装置

車両
運搬具

工具、器具
及び備品

土地
面積(㎡)

リース
資産

合計

キザイ㈱
(東京都中央

区)

金属表面処理剤及び機器等

生産設備、研究開発設備、その他の設備

15,612

620

28,044

375

13,136

624,629

(7,651)

682,419

43

(9)

 

(注) 従業員数の(外書)は、臨時従業員数であります。

 

(3)在外子会社

重要な設備はありません。

 

3 【設備の新設、除却等の計画】

(1) 重要な設備の新設等

 

会社名

事業所名
(所在地)

セグメントの名称

設備の内容

投資予定額

資金調達方法

着手年月

完了予定
年月

完成後の
増加能力

総額
(千円)

既支払額
(千円)

提出
会社

本社
(神戸市兵庫区)

金属表面処理剤及び機器等、電子材料、自動車用化学製品等、工業薬品

研究開発機器等

151,000

14,000

自己資金

2019年10月

2021年3月

滋賀工場
(滋賀県高島市今津町)

金属表面処理剤及び機器等、電子材料、自動車用化学製品等、工業薬品

機械装置等

122,000

自己資金

2020年4月

2021年3月

神戸工場
(神戸市西区)

電子材料

機械装置、研究開発機器等

76,000

32,000

自己資金

2020年1月

2021年3月

子会社

キザイ株式会社

(東京都中央区)

金属表面処理剤及び機器等

機械装置、研究開発機器等

33,000

自己資金

2020年4月

2021年3月

382,000

46,000

 

(注) 上記金額には、消費税等は含まれておりません。

 

(2) 重要な設備の除却等

該当事項はありません。

 

第4 【提出会社の状況】

 

1 【株式等の状況】

(1) 【株式の総数等】

① 【株式の総数】

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

15,650,000

15,650,000

 

 

② 【発行済株式】

種類

事業年度末現在
発行数(株)
(2020年3月31日)

提出日現在
発行数(株)
(2020年6月26日)

上場金融商品取引所
名又は登録認可金融
商品取引業協会名

内容

普通株式

8,154,140

8,154,140

東京証券取引所
(市場第一部)

単元株式数は、100株であります。

8,154,140

8,154,140

 

 

(2) 【新株予約権等の状況】

① 【ストックオプション制度の内容】

該当事項はありません。

 

② 【ライツプランの内容】

該当事項はありません。

 

③ 【その他の新株予約権等の状況】

該当事項はありません。

 

(3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

該当事項はありません。

 

(4) 【発行済株式総数、資本金等の推移】

 

年月日

発行済株式
総数増減数
(株)

発行済株式
総数残高
(株)

資本金
増減額
(千円)

資本金
残高 
(千円)

資本準備金
増減額
(千円)

資本準備金
残高
(千円)

1998年7月1日 (注)1

△350,000

7,460,440

1,447,280

1,721,281

2017年9月4日 (注)2

589,700

8,050,140

453,597

1,900,877

453,597

2,174,878

2017年9月26日 (注)3

104,000

8,154,140

79,996

1,980,874

79,996

2,254,875

 

(注) 1.利益による自己株式の消却であります。

2.有償一般募集(ブックビルディング方式による募集)

発行価格     1,641円

引受価額  1,538.40円

資本組入額  769.20円

3.有償第三者割当(オーバーアロットメントによる売出しに関連した第三者割当増資)

発行価格  1,538.40円

資本組入額  769.20円

割当先  みずほ証券株式会社

 

(5) 【所有者別状況】

2020年3月31日現在

区分

株式の状況(1単元の株式数100株)

単元未満
株式の状況
(株)

政府及び
地方公共
団体

金融機関

金融商品
取引業者

その他の
法人

外国法人等

個人
その他

個人以外

個人

株主数
(人)

22

14

96

33

3

3,972

4,140

所有株式数
(単元)

24,217

420

11,846

5,574

12

39,435

81,504

3,740

所有株式数
の割合(%)

29.71

0.52

14.54

6.84

0.01

48.38

100

 

(注) 自己株式120,802株は、「個人その他」に1,208単元、「単元未満株式の状況」に2株含まれております。

 

(6) 【大株主の状況】

2020年3月31日現在

氏名又は名称

住所

所有株式数
(千株)

発行済株式(自己株式を
除く。)の総数に対する
所有株式数の割合(%)

石原ケミカル取引先持株会

神戸市兵庫区西柳原町5-26

546

6.80

CGML PB CLIENT
ACCOUNT/COLLATERAL
 (常任代理人シティバンク、
 エヌ・エイ東京支店)

CITIGROUP CENTRE, CANADA SQUARE,
CANARY WHARF, LONDON E14 5LB
 (東京都新宿区新宿6丁目27番30号)

396

4.94

日本生命保険相互会社

東京都千代田区丸の内1丁目6番6号

379

4.72

株式会社三井住友銀行

東京都千代田区丸の内1丁目1番2号

346

4.31

日本マスタートラスト信託
銀行株式会社(信託口)

東京都港区浜松町2丁目11番3号

336

4.18

日本トラスティ・サービス信託
銀行株式会社(信託口)

東京都中央区晴海1丁目8-11

317

3.95

株式会社みずほ銀行

東京都千代田区大手町1丁目5-5

223

2.77

第一生命保険株式会社

東京都千代田区有楽町1丁目13-1

211

2.62

大阪中小企業投資育成株式会社

大阪市北区中之島3丁目3番23号

209

2.60

株式会社池田泉州銀行

大阪市北区茶屋町18-14

160

1.99

3,126

38.92

 

(注)2020年4月7日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書において、三井住友DSアセットマネジメント株式会社及びその共同保有者である株式会社三井住友銀行が2020年3月31日現在で以下の株式を所有している旨が記載されているものの、上記の表中に記載の株式会社三井住友銀行を除き、当社として2020年3月31日現在における実質所有株式数の確認ができませんので、上記大株主の状況には含めておりません。

 なお、その大量保有報告書の内容は以下のとおりであります。

氏名又は名称

住所

保有株券等の数
(千株)

株券等保有割合
(%)

三井住友DSアセットマネジメント株式会社

東京都港区愛宕2丁目5番1号 愛宕グリーンヒルズMORIタワー28階

64

0.79

株式会社三井住友銀行

東京都千代田区丸の内1丁目1番2号

346

4.25

411

5.04

 

 

 

(7) 【議決権の状況】

① 【発行済株式】

2020年3月31日現在

区分

株式数(株)

議決権の数(個)

内容

無議決権株式

議決権制限株式(自己株式等)

議決権制限株式(その他)

完全議決権株式(自己株式等)

(自己保有株式)

普通株式

120,800

 

完全議決権株式(その他)

普通株式

 

8,029,600

 

80,296

単元未満株式

普通株式

3,740

 

1単元(100株)未満の株式

発行済株式総数

8,154,140

総株主の議決権

80,296

 

(注) 単元未満株式数には、当社所有の自己株式2株が含まれております。

 

② 【自己株式等】

 

 

2020年3月31日現在

所有者の氏名
又は名称

所有者の住所

自己名義
所有株式数
(株)

他人名義
所有株式数
(株)

所有株式数
の合計
(株)

発行済株式
総数に対する
所有株式数
の割合(%)

(自己保有株式)

石原ケミカル株式会社

神戸市兵庫区西柳原町5-26

120,800

120,800

1.48

120,800

120,800

1.48

 

 

 

2 【自己株式の取得等の状況】

 

【株式の種類等】

会社法第155条第3号による普通株式の取得

 

 

(1) 【株主総会決議による取得の状況】

該当事項はありません。

 

(2) 【取締役会決議による取得の状況】

区分

株式数(株)

価額の総額(千円)

取締役会(2019年12月12日)での決議状況
(取得期間 2019年12月13日)

130,000

249,730

当事業年度前における取得自己株式

当事業年度における取得自己株式

120,700

231,864

残存決議株式の総数及び価額の総額

9,300

17,865

当事業年度の末日現在の未行使割合(%)

7.2

7.2

 

 

 

当期間における取得自己株式

提出日現在の未行使割合(%)

7.2

7.2

 

 

(3) 【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

    該当事項はありません。

 

(4) 【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

 

区分

当事業年度

当期間

株式数(株)

処分価額の総額
(千円)

株式数(株)

処分価額の総額
(千円)

引き受ける者の募集を行った
取得自己株式

消却の処分を行った取得自己株式

合併、株式交換、会社分割に係る
移転を行った取得自己株式

その他

 

 

 

 

 

保有自己株式数

120,802

120,802

 

(注)当期間における保有自己株式数には、2020年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取による株式数は含めておりません。

 

 

3 【配当政策】

当社は、業績に裏付けられた安定的で継続的な配当を行うことを基本としつつ、業績に応じた増配を検討するなど弾力的な還元策をはかっていく方針であります。また、配当に加えて自己株式取得も機動的に組み合わせて行うことにより実質的な株主還元の一層の強化をはかっていきたいと考えます。なお、健全な経営基盤を維持するため内部留保の充実をはかるとともに、内部留保資金の活用については、研究開発や新事業、新技術開発など将来の企業価値を高めるための投資に優先して充当してまいります。

当社の剰余金の配当は、中間配当及び期末配当の年2回を基本的な方針としております。配当の決定機関は、中間配当は取締役会、期末配当は株主総会であります。

このような方針の下、業績、経営環境及び財務状況等を総合的に勘案して当期の期末配当金につきましては、1株当たり20円とし、さきの中間配当金(1株当たり20円)とあわせて年間で、1株当たり40円の配当金を実施いたしました。

なお、当社は会社法第454条第5項に規定する中間配当を行うことができる旨を定款に定めております。

(注) 基準日が当事業年度に属する剰余金の配当は、以下のとおりであります。

 

決議年月日

配当金額の総額(千円)

1株当たり配当額(円)

2019年10月29日

取締役会決議

163,080

20.00

2020年6月25日

定時株主総会決議

160,666

20.00

 

 

 

4 【コーポレート・ガバナンスの状況等】

(1) 【コーポレート・ガバナンスの概要】

① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

当社は、効率的かつ健全な経営を可能にし、迅速な意思決定を行うことができる経営管理体制の充実と、経営の透明性の観点から経営のチェック機能の充実を重要な課題と考えており、その観点から、行動指針としてのコンプライアンス管理規程の制定等によるコンプライアンスの強化、迅速かつ適切な情報開示、機関投資家説明会及び決算時の証券アナリスト説明会等の継続的なIR活動等を通じて、適切なコーポレート・ガバナンスの構築・強化をはかっております。

 

② 企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由(提出日現在)

当社は、社外取締役2名を含む取締役8名で構成される取締役会と社外監査役2名を含む監査役3名で構成される監査役会による監査役会設置会社であります。

a.取締役会

取締役会は、毎月1回の定時開催に加え、必要に応じて臨時開催して、重要な意思決定や取締役の業務執行状況の監督等を行い、迅速で効率的な経営に努めております。

 (取締役会構成員の氏名等)

        議 長:代表取締役社長 酒井保幸
     構成員:代表取締役会長 時澤元一、常務取締役 内田衛、常務取締役 越山剛、取締役 山口恭正、

        取締役 谷田豊、取締役 有原邦夫(社外取締役)、取締役 松本君平(社外取締役)

b.監査役会

監査役会は、毎月1回開催し、経験や見識に基づいた客観的な立場から取締役の職務執行を監査し、経営課題についての認識を深め、積極的な意見表明ができるよう努めております。

(監査役会構成員の氏名等)

        議 長:監査役(常勤)山下隆史

    構成員:監査役(非常勤)永野卓美、監査役(非常勤)芝池勉

c.経営会議

取締役会の機能をより強化し経営効率を向上させるため、代表取締役会長 時澤元一を議長として、取締役のほか会長が任命した者によって構成される経営会議を2ヶ月に1回程度開催し、経営全般に関する重要事項や絞り込んだテーマについて、専門的、多面的な事前検討を行い内容を取締役会に付議しております。

d.情報開示委員会

情報開示の充実をはかるため、取締役3名で構成される情報開示委員会を設置し、適時・適正な情報の開示に努めております。

(情報開示委員会構成員の氏名等)

        委員長:取締役 山口恭正

    構成員:常務取締役 内田衛、常務取締役 越山剛

e.コンプライアンス・リスク管理委員会

コンプライアンス体制の整備・推進のためコンプライアンス・リスク管理委員会を設置し、常務取締役 越山剛を委員長として、定例委員会を3ヶ月に1回以上開催し、全社的なコンプライアンス及びリスク管理を統括しております。

f.内部監査室

内部監査を実施する内部監査室は1名で構成され、各部門の業務運営が規程、基準、諸規則に基づき、合理的に遂行されているか否かについて、その実施状況を監査することにより経営管理の実態を適正に把握し、業務の改善および能率増進等経営の向上に資することをもってその目的としております。

 

g.会計監査人

当社は、有限責任監査法人トーマツと監査契約を締結し、会社法監査及び金融商品取引法監査を受けております。
 
・業務を執行した公認会計士の氏名

指定有限責任社員 業務執行社員 千原徹也
 指定有限責任社員 業務執行社員 西方 実
・監査業務に係る補助者の構成 公認会計士6名、その他10名

 

 これらの状況の模式図は以下のとおりであります。


 

 

 上記のように、効率的かつ健全な経営を可能にし迅速な意思決定を行うことができる経営管理体制と経営の透明性の観点からの経営のチェック機能が、十分機能する体制となっているため、現状の体制としております。

 

③ 企業統治に関するその他の事項

a.内部統制システムの整備の状況及びリスク管理体制の整備の状況

当社は経営の有効性と効率性の確保、事業・財務報告の信頼性の確保、遵法・リスク管理という観点から、取締役会において内部統制システム構築の基本方針を決議し、その整備及び強化を進めております。その主要な施策は以下の通りであります。

(a) 取締役の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制並びに使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制

  当社は、コンプライアンスの徹底をはかるため部長会等で事例報告を行い、これらを各部で共有化し自部門の職務執行において法令、定款の適合性を点検する体制をとります。全社的には経営会議が中心となり、コンプライアンスに係る政策の立案、行動指針の決定を行い、コンプライアンス・リスク管理委員会が、各部門のコンプライアンスの推進、統括を行います。また、取締役の職務執行の相互監視、監査役による取締役職務執行の監査、内部監査室による法令及び定款への適合性の確認並びに定期的な教育研修等の実施を通じて、取締役及び使用人の職務執行が法令及び定款に適合することを確保する体制の整備に努めます。

(b) 取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制

  当社は、法令で定められた議事録等の文書をはじめ取締役の職務の執行に係わる情報について、文書管理規程等の社内規程に従い適切に保存及び管理します。

(c) 損失の危険の管理に関する規程その他の体制

  当社は、リスク管理のため平時より業務に関し損失が発生する可能性のある事項を洗い出し、リスク発生を未然に防ぐよう各部門で対応します。全社的には経営会議が中心になりリスク管理に係わる政策の立案、行動指針の決定を行い、コンプライアンス・リスク管理委員会が各部門のリスク管理の推進、統括を行います。なお、不測の事態が発生した場合には、リスク情報を経営会議に集約するとともに、必要に応じ顧問弁護士等を含めた対策チームを編成し、迅速な対応策の決定、実行により損害の拡大を防止し、これを最小限に止める体制の整備に努めます。

(d) 取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

  当社は、効率的かつ健全な経営を可能にし、意思決定の迅速化がはかれる経営管理体制の充実と経営の透明性確保のため経営のチェック機能の充実に努めます。毎月開催する取締役会では重要な意思決定や取締役の業務執行状況の監督等を行うほか、取締役会の機能をより強化し経営効率を向上させるため、経営会議を定時、臨時を含め2ヶ月に1回程度開催し、経営全般に関する重要事項や絞り込んだテーマについて専門的、多面的な事前検討を行い内容を取締役会に付議するなど取締役の職務執行が効率的に行われることを確保できる体制の整備に努めます。

(e) 当社及び子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制

・ 当社は、子会社の業務執行の重要な事項については、当社の決裁事項または当社への報告事項とし、子会社からは月次決算書類や経営内容を的確に把握するための資料の提出を受け、子会社全体の経営状況を把握することにより、業務の適正の確保に努めます。

・ 当社は、リスク管理規程を子会社との共通規程として定め、企業集団における各種リスクを統合的に管理する体制の整備に努めます。

・ 当社及びその子会社は、子会社における経営に重要な事項について、子会社と事前に協議するなど緊密な連携を保ち、効率的な業務運営を図ります。

・ 当社の内部監査室は、子会社における内部監査を実施または統括し、子会社の業務全般にわたる内部統制の有効性と妥当性を検証し、その結果を代表取締役に報告します。

(f) 監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する事項、当該使用人の取締役からの独立性に関する事項並びに監査役の当該使用人に対する指示の実効性の確保に関する事項

  監査役の職務を補助すべき使用人は配置していないが、監査役の職務が円滑に執行できるよう日常的に内部監査室等関連部門が協力体制を敷きます。なお、監査役より要請がある場合は、取締役及び他の役職者の指揮命令を受けずに監査業務に必要な事項を命令できる使用人を配置するものとします。また、当該使用人の人事異動、人事評価及び懲戒処分に関しては、監査役会の同意を得るものとします。

(g) 取締役及び使用人が監査役に報告をするための体制その他の監査役への報告に関する体制並びにその他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制

  当社及び子会社の取締役及び使用人は、監査役または監査役会に内部監査及びリスク管理の状況、会社に著しい損害を及ぼす恐れのある事項、重大な法令違反または定款違反並びに内部通報(ヘルプライン)の状況を適時報告するものとします。

  監査役は、必要に応じ当社及び子会社の取締役及び使用人から業務執行状況の報告を求めるとともに、稟議書の閲覧、取締役会他重要な会議への出席などを通じて業務執行状況の把握を行い、監査の実効性を確保します。また、監査役は、代表取締役社長との意思疎通をはかるため、監査上の重要事項について意見交換を実施します。
 なお、コンプライアンス管理規程において、当社は業務に関して行われる法令違反が発生したことを通報した者に対して不利な取り扱いを行わない旨明記します。

(h) 監査役の職務の執行について生ずる費用の前払又は償還の手続その他の当該職務の執行について生ずる費用又は債務の処理に係る方針に関する事項

  当社は、監査役がその職務執行について支出した費用は必要でないと認められる場合を除き、その費用を負担します。

b.社外取締役及び社外監査役との責任限定契約の内容の概要

当社は、会社法第427条第1項に基づき、業務執行取締役等でない取締役及び監査役との間において、会社法第423条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任限度額は、法令が定める額としております。なお、当該責任限定が認められるのは、当該業務執行取締役等でない取締役及び監査役が責任の原因となった職務の遂行について善意でかつ重大な過失がないときに限られます。

 

c.会社の支配に関する基本方針

当社は、財務及び事業の方針の決定を支配する者の在り方に関する基本方針を定めており、その内容等(会社法施行規則第118条第3号に掲げる事項)は次のとおりであります。

(a) 会社の支配に関する基本方針の内容について

当社は、当社株式を、1991年11月より大阪証券取引所へ上場しており、また、2011年3月より東京証券取引所へ上場し、株式を市場に公開しております。上場会社である以上、当社取締役会が、当社株主の皆様及び投資家の皆様による当社株式の売買を妨げることはありません。当社取締役会といたしましては、当社の企業理念及び経営方針を背景に、研究開発への重点的な注力や中期的な経営基本戦略に基づく経営の推進等により、中長期的視点から当社の企業価値及び株主共同の利益の向上を目指し、これによって株主の皆様に長期的かつ継続的に当社の経営方針に賛同し、当社への投資を継続していただくために邁進いたしますが、大規模買付者が出現した場合、当該大規模買付者が当社の財務及び事業の方針の決定を支配する者として適切であるか否かの判断につきましては、最終的には当社株主の皆様の意思に委ねられるべきであると考えております。

しかしながら、株式の大規模買付行為又はこれに類する行為の中には、その目的・態様等から見て企業価値及び株主共同の利益を毀損するもの、大規模買付行為又はこれに類する行為に応じることを対象会社の株主に強要して不利益を与えるおそれがあるもの、対象会社の取締役会や株主に対して大規模買付行為又はこれに類する行為の内容や大規模買付者についての十分な情報を提供せず、取締役会や株主による買付条件等の検討や対象会社の取締役会の代替案の提案に要する十分な時間を提供しないもの等、対象会社の企業価値及び株主共同の利益の確保・向上を妨げ、個々の株主の皆様の判断に委ねるべき前提を欠くものも少なくありません。

当社は、このように当社の企業価値及び株主共同の利益の確保・向上を妨げるような大規模買付行為を行う者は、当社の財務及び事業の方針の決定を支配する者として不適切であると考えており、このような大規模買付行為に対しては、株主の皆様の事前の承認や、株主の皆様の意思決定に基づき、当社取締役会が、法令及び定款によって許容される限度において当社の企業価値及び株主共同の利益の確保・向上のための相当な措置を講じるべきであると考え、これを、当社の財務及び事業の方針の決定を支配する者の在り方に関する基本方針といたします。

(b) 基本方針の実現に資する取組みについて

当社では、以下のように、当社の企業理念及び経営方針の下、中期的な経営基本戦略、CSR活動及びコーポレート・ガバナンスの強化への取組みから、当社の企業価値及び株主共同の利益の向上に努めております。これらの施策は、上記会社の支配に関する基本方針の実現に資するものと考えております。

イ.当社の中期的な経営基本戦略等

当社は、創業以来、界面化学(気体・液体・固体などの物質と物質の境界面に関する物性現象の研究)の技術をコアとして「表面の機能を創造する」ことを社会的使命とし、その実現に尽力してまいりました。さらに、化学的な技術に機械や電気などの物理的な技術を融合させ、科学領域にも進出しております。

当社は経営基本戦略として、次に掲げる4つの基本戦略を柱と位置づけ、経常利益の確保、ROE(自己資本利益率)・EPS(1株当たりの当期純利益)の向上等を通じた、当社の企業価値及び株主共同の利益の向上に全社をあげて邁進しております。

 ・新製品開発、新技術開発のため研究開発投資を積極的に行い、新製品、新市場を開発して業容の拡大をはかっていきます。

 ・基礎となる3つの分野(電子関連分野・自動車用品分野・工業薬品分野)と4つの事業(電子関連分野における金属表面処理剤及び機器等、電子材料、自動車用化学製品等、工業薬品)をバランスよく展開し、各々の事業の収益力を高め、その総体として会社の業績の伸長をはかっていきます。

 ・自社製品比率を高め、売上総利益の拡大をはかり収益力の高い会社を目指します。

 ・電子材料関連分野を重点開発分野と位置づけ、第5の事業を育成します。

さらに、当社は、当社がその事業により獲得した成果の配分の一環として、継続的な安定配当を行うことを基本としつつ、業績に応じた増配を実施するなど、当社株主の皆様への弾力的な還元策をはかっており、今後もかかる方針を堅持していきたいと考えております。

ロ.当社のCSR(企業の社会的責任)活動とコーポレート・ガバナンスの強化への取組み

 当社は環境にやさしい製品の開発、市場投入をはじめとして、本社、東京支店、神戸工場及び琵琶湖を控えた滋賀工場において環境保全対策の充実をはかっております。また、当社は、品質マネジメントシステムの国際規格である「ISO 9001」、環境マネジメントシステムの国際規格である「ISO 14001」の認証を取得し、これらをツールとして品質及び環境に対する万全の維持管理を行うとともに、地域社会への貢献もはかっております。

 当社は効率的かつ健全な経営を可能にし、迅速な意思決定を行うことができる経営管理体制の充実と、経営の透明性の観点から経営のチェック機能の充実を重要な課題と考えており、その観点から、部長会における事例報告や行動指針としてのコンプライアンス規程の制定等によるコンプライアンスの強化、迅速かつ適切な情報開示、機関投資家説明会及び決算時の証券アナリスト説明会等の継続的なIR活動等を通じて、適切なコーポレート・ガバナンスの構築・強化をはかっております。

(c) 会社の支配に関する基本方針に照らして不適切な者によって当社の財務及び事業の方針の決定が支配されることを防止するための取組みについて

当社が、上記のような会社の支配に関する基本方針に照らして不適切な者によって当社の財務及び事業の方針の決定が支配されることを防止するための取組みの一つとして、2017年6月28日から効力を生じていた対応方針を2020年6月25日付で継続した対応方針(以下、「本対応方針」といいます。)の概要は以下の通りです。

《本対応方針の概要》
イ.大規模買付ルールの設定

本対応方針は、大規模買付者に対して大規模買付ルールに従うことを求めるものです。
 大規模買付ルールとは、大規模買付行為が開始される前に、大規模買付者に対して、当社取締役会に対する十分な情報提供を要求し、それに基づき当社取締役会がその買付行為の評価・検討や代替案の提示等を行い、かつ、所定の期間が経過して初めて大規模買付行為を開始することを認める、というものです。

 具体的には、(a)当社取締役会の恣意的判断を排除し、株主の皆様のために実質的かつ合理的な判断を客観的に行う諮問機関としての対抗措置を発動することができる状態にあるか否かを検討・判断する権限を株主総会から授権された独立委員会の設置、(b)大規模買付者への意向表明書の提出要求、(c)大規模買付者への大規模買付情報(当社株主の皆様の判断及び当社取締役会としての意見形成のための情報)の提供要求とその公表、(d)大規模買付情報の提供完了後60日間(対価を円貨の現金のみとする公開買付けによる当社全株式の買付の場合)又は90日間(上記以外の大規模買付行為の場合)の取締役会検討期間の設定、及び(e)取締役会検討期間の経過前(それまでに、対抗措置発動の判断を行うための株主総会の開催が決定された場合には当該株主総会における対抗措置発動の否決前)の大規模買付行為開始の禁止、等が大規模買付ルールの主な内容です。

ロ.対抗措置の発動

当社取締役会は、大規模買付ルールが遵守されなかった場合には、当該ルールの違反のみをもって、相当と認められる対抗措置を講じることがあります。

また、大規模買付ルールが遵守されている場合であっても、当該大規模買付行為が当社の企業価値及び株主共同の利益の確保・向上に著しく反すると認められる場合には、当社取締役会は、独立委員会の判断を最大限尊重した上で、当社の企業価値及び株主共同の利益を守るために相当と認められる対抗措置を講じることがあります。

当社が、株主総会又は取締役会の決議を経て、本対応方針に基づき発動する大規模買付行為に対する対抗措置は、新株予約権の無償割当て、新株予約権の第三者割当てによる発行、新株の発行等、会社法その他の法律及び当社定款が認める措置とし、具体的な対抗措置については、その時点で相当と認められるものを選択することといたします。

ハ.有効期間

本対応方針につきましては、2020年6月25日開催の当社定時株主総会において、株主の皆様からのご賛同をいただき、同日開催の当社取締役会の終了時点から継続されました。

 本対応方針の有効期間は、2023年6月に開催される当社定時株主総会後、最初に開催される取締役会の終了時点までとします。但し、かかる有効期間の満了前であっても、(a)当社の株主総会において本対応方針を廃止する旨の議案が承認された場合、又は(b)当社の取締役会において本対応方針を廃止する旨の決議がなされた場合には、本対応方針はその時点で廃止されるものとします。

(d) 上記の取組みに対する当社取締役会の判断及びその判断に係る理由

当社の中期的な経営基本戦略、CSR活動、コーポレート・ガバナンスの強化への取組みは、中長期的視点から当社の企業価値及び株主共同の利益の向上を目指すための具体的方策として行われているものであり、まさに上記基本方針に沿うものです。

また、本対応方針は、以下のように合理性が担保されており、上記基本方針に沿うとともに当社の企業価値及び株主共同の利益に合致するものであり、当社の役員の地位の維持を目的とするものではありません。

イ. 本対応方針は、大規模買付行為が行われた際に、当該大規模買付行為に応じるべきか否かを株主の皆様が判断するために必要な情報や時間を確保すること等を可能にするものであり、当社の企業価値及び株主共同の利益の確保・向上の目的をもって導入されるものです。

ロ. 本対応方針は、当社定時株主総会の議案としてお諮りし、株主の皆様のご賛同をいただいております。また、当社の株主総会において本対応方針を廃止する旨の議案が承認された場合、本対応方針はその時点で廃止されるものとされております。そのため、本対応方針の消長及び内容は、当社株主の皆様の合理的意思に依拠したものとなっております。また、当社取締役会が独立委員会への諮問をした場合は、対抗措置を発動することができる状態にあるか否かを検討・判断する権限を株主総会から授権された独立委員会が、その判断について当社取締役会に勧告するものであり、対抗措置の発動は、間接的に株主の皆様の意思に依拠することになりますし、株主意思の確認手続として株主総会が開催される場合には、対抗措置の発動は、当社株主の皆様の直接の意思に依拠することになります。

ハ. 本対応方針の対抗措置発動等の運用に際して、当社取締役会の恣意的判断を排除し、株主の皆様のために実質的かつ合理的な判断を客観的に行う諮問機関として、当社及び当社の経営陣との間に特別の利害関係を有していない社外監査役、弁護士、公認会計士、税理士、学識経験者、投資銀行業務又は当社の業務領域に精通している者、社外の経営者の中から選任される委員により構成される独立委員会を設置しております。

ニ. 本対応方針に定める対抗措置は、予め定められた合理的かつ詳細な客観的発動要件が充足されなければ発動されないように設定されており、当社取締役会による恣意的な対抗措置の発動を防止するための仕組みを十分に確保しているものといえます。

ホ. 当社取締役会は、大規模買付ルールが遵守された場合の対抗措置の発動について対抗措置を発動することができる状態にあるか否かを検討・判断する権限を株主総会から授権された独立委員会の勧告を最大限尊重し、又は株主総会を開催して株主の皆様の直接の意思を確認するように設定されております。このように、対抗措置の発動は当社株主の皆様の直接又は間接の意思に基づきなされるものであり、当社取締役会による恣意的な対抗措置の発動を防止するための仕組みを確保しているものといえます。

ヘ. 本対応方針は、デッドハンド型買収防衛策(取締役会の構成員の過半数を交替させてもなお、対抗措置の発動を阻止できない買収防衛策)、スローハンド型買収防衛策(取締役会の構成員の交替を一度に行うことができないため、対抗措置の発動を阻止するのに時間を要する買収防衛策)のいずれでもありません。

 

④ 取締役の定数

当社の取締役は、8名以内とする旨を定款に定めております。

 

⑤ 取締役の選任の決議要件

当社は、取締役の選任決議は、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨を、また、その決議は累積投票によらないものとする旨を定款に定めております。

 

⑥ 取締役会で決議することができる株主総会決議事項

a.自己の株式の取得

当社は、会社法第165条第2項の規定に基づき、取締役会の決議をもって市場取引等により自己株式を取得することができる旨を定款に定めております。これは、経済情勢の変化に対応して機動的な資本政策の遂行を可能とすることを目的とするものであります。

b.中間配当

当社は、会社法第454条第5項の規定に基づき、取締役会の決議をもって毎年9月30日を基準日として中間配当を行うことができる旨を定款に定めております。これは、株主への機動的な利益還元を可能とすることを目的とするものであります。

c.取締役及び監査役の責任免除

当社は、取締役及び監査役が職務の遂行にあたり期待される役割を十分に発揮できるようにするため、会社法第426条第1項の規定により、同法第423条第1項に規定する取締役(取締役であった者を含む。)及び監査役(監査役であった者を含む。)の損害賠償責任を、法令の限度において、取締役会の決議によって免除することができる旨を定款に定めております。

 

⑦ 株主総会の特別決議要件

当社は、会社法第309条第2項に定める決議は、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款に定めております。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目的とするものであります。

 

 

(2) 【役員の状況】

① 役員一覧

男性11名 女性0名 (役員のうち女性の比率0%)

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期