EDINET閲覧(提出)サイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)をもとに上場企業サーチ作成

本ページはEDINETに提出された開示情報を上場企業サーチが加工/編集したものであり、記載された情報の正確性および完全性について上場企業サーチは一切の保証を行いません。本ページの情報を利用する際は自己の責任で判断頂き、意思決定に際しては適宜EDINETや提出会社が公開するオリジナルを参照する様にしてください。本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

【表紙】

 

【提出書類】

有価証券報告書

【根拠条文】

金融商品取引法第24条第1項

【提出先】

関東財務局長

【提出日】

令和3年6月25日

【事業年度】

第70期(自 令和2年4月1日 至 令和3年3月31日)

【会社名】

細谷火工株式会社

【英訳名】

HOSOYA PYRO-ENGINEERING CO., LTD.

【代表者の役職氏名】

代表取締役社長  細谷 穰志

【本店の所在の場所】

東京都あきる野市菅生1847番地

【電話番号】

042(558)5111(代)

【事務連絡者氏名】

財務経理部長 秋葉 真奈美

【最寄りの連絡場所】

東京都あきる野市菅生1847番地

【電話番号】

042(558)5111(代)

【事務連絡者氏名】

財務経理部長 秋葉 真奈美

【縦覧に供する場所】

株式会社東京証券取引所

(東京都中央区日本橋兜町2番1号)

 

E00850 42740 細谷火工株式会社 HOSOYA PYRO-ENGINEERING CO., LTD. 企業内容等の開示に関する内閣府令 第三号様式 Japan GAAP false CTE 2020-04-01 2021-03-31 FY 2021-03-31 2019-04-01 2020-03-31 2020-03-31 1 false false false E00850-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E00850-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E00850-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00850-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00850-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00850-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E00850-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00850-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E00850-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E00850-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E00850-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E00850-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00850-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00850-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00850-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E00850-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00850-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00850-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00850-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00850-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00850-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E00850-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00850-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E00850-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00850-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E00850-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithNoVotingRightsMember E00850-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsTreasurySharesEtcMember E00850-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsOtherMember E00850-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E00850-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesTreasurySharesSharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E00850-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithFullVotingRightsOtherMember E00850-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsOtherMember E00850-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesLessThanOneUnitMember E00850-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesLessThanOneUnitMember E00850-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E00850-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00850-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E00850-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E00850-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00850-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E00850-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E00850-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00850-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00850-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00850-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E00850-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00850-000 2021-06-25 E00850-000 2021-03-31 E00850-000 2020-04-01 2021-03-31 E00850-000 2020-03-31 E00850-000 2019-04-01 2020-03-31 E00850-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00850-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E00850-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E00850-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:GeneralReserveMember E00850-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:GeneralReserveMember E00850-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:GeneralReserveMember E00850-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:GeneralReserveMember E00850-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:GeneralReserveMember E00850-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00850-000 2021-06-25 jpcrp030000-asr_E00850-000:FuruyamaYuichiMember E00850-000 2021-06-25 jpcrp030000-asr_E00850-000:ToyodaHajimeMember E00850-000 2021-06-25 jpcrp030000-asr_E00850-000:HosoyaRyokiMember E00850-000 2021-06-25 jpcrp030000-asr_E00850-000:SatouMakotoMember E00850-000 2021-06-25 jpcrp030000-asr_E00850-000:TanakaSumioMember E00850-000 2021-06-25 jpcrp030000-asr_E00850-000:ShimuraMinoruMember E00850-000 2021-06-25 jpcrp030000-asr_E00850-000:AndoTakamitsuMember E00850-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:DirectorsExcludingOutsideDirectorsMember E00850-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E00850-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E00850-000:PyrotechnicProductsReportableSegmentsMember E00850-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E00850-000:LeasingReportableSegmentsMember E00850-000 2021-06-25 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E00850-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00850-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00850-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00850-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00850-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00850-000 2017-04-01 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00850-000 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00850-000 2016-04-01 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00850-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No10MajorShareholdersMember E00850-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00850-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:CorporateAuditorsExcludingOutsideCorporateAuditorsMember E00850-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:OutsideDirectorsAndOtherOfficersMember E00850-000 2021-06-25 jpcrp_cor:Row7Member E00850-000 2021-06-25 jpcrp_cor:Row6Member E00850-000 2021-06-25 jpcrp_cor:Row5Member E00850-000 2021-06-25 jpcrp_cor:Row8Member E00850-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00850-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E00850-000:LeasingReportableSegmentsMember E00850-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E00850-000:LeasingReportableSegmentsMember E00850-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E00850-000:LeasingReportableSegmentsMember E00850-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E00850-000:LeasingReportableSegmentsMember E00850-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E00850-000:PyrotechnicProductsReportableSegmentsMember E00850-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E00850-000:PyrotechnicProductsReportableSegmentsMember E00850-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E00850-000:PyrotechnicProductsReportableSegmentsMember E00850-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E00850-000:PyrotechnicProductsReportableSegmentsMember E00850-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E00850-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E00850-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row1Member E00850-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row2Member E00850-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row3Member E00850-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row1Member E00850-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row2Member E00850-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row3Member E00850-000 2021-06-25 jpcrp_cor:Row1Member E00850-000 2021-06-25 jpcrp_cor:Row2Member E00850-000 2021-06-25 jpcrp_cor:Row3Member E00850-000 2021-06-25 jpcrp_cor:Row4Member E00850-000 2021-06-25 jpcrp030000-asr_E00850-000:HosoyaJoushiMember E00850-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00850-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E00850-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E00850-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00850-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E00850-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E00850-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E00850-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E00850-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E00850-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E00850-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E00850-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00850-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E00850-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E00850-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No9MajorShareholdersMember E00850-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No8MajorShareholdersMember E00850-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No7MajorShareholdersMember E00850-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No6MajorShareholdersMember E00850-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No5MajorShareholdersMember E00850-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No4MajorShareholdersMember E00850-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No3MajorShareholdersMember E00850-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No2MajorShareholdersMember E00850-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No1MajorShareholdersMember E00850-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E00850-000 2021-03-31 jpcrp_cor:CorporateSharedMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember xbrli:shares xbrli:pure iso4217:JPY iso4217:JPY xbrli:shares

第一部【企業情報】

第1【企業の概況】

1【主要な経営指標等の推移】

回次

第66期

第67期

第68期

第69期

第70期

決算年月

平成29年3月

平成30年3月

平成31年3月

令和2年3月

令和3年3月

売上高

(千円)

1,466,758

1,527,025

1,649,756

1,549,753

1,557,656

経常利益

(千円)

163,815

142,576

190,411

171,065

201,068

当期純利益

(千円)

114,250

103,156

135,811

114,216

143,314

持分法を適用した場合の投資利益

(千円)

資本金

(千円)

201,600

201,600

201,600

201,600

201,600

発行済株式総数

(株)

4,032,000

4,032,000

4,032,000

4,032,000

4,032,000

純資産額

(千円)

2,171,838

2,299,895

2,412,156

2,482,908

2,726,644

総資産額

(千円)

3,424,032

3,547,999

3,730,353

3,766,594

4,108,308

1株当たり純資産額

(円)

542.38

574.59

602.66

620.33

681.23

1株当たり配当額

(円)

6.00

7.00

7.00

6.00

7.00

(うち1株当たり中間配当額)

(円)

1株当たり当期純利益金額

(円)

28.53

25.77

33.93

28.54

35.81

潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額

(円)

自己資本比率

(%)

63.4

64.8

64.7

65.9

66.4

自己資本利益率

(%)

5.4

4.6

5.8

4.7

5.5

株価収益率

(倍)

17.53

39.31

28.77

24.28

36.27

配当性向

(%)

21.0

27.2

20.6

21.0

19.5

営業活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

29,722

320,022

286,468

85,337

23,296

投資活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

292,579

44,338

95,479

63,676

51,519

財務活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

124,834

45,757

40,361

48,044

37,660

現金及び現金同等物の期末残高

(千円)

529,901

759,828

910,457

884,073

818,191

従業員数

(人)

85

85

83

89

88

〔外、平均臨時雇用人員〕

13

11

5

2

株主総利回り

(%)

133.2

270.0

262.1

189.2

350.5

(比較指標:TOPIX)

(%)

(122.2)

(161.8)

(141.4)

(124.0)

(176.2)

最高株価

(円)

580

2,238

1,249

1,418

1,726

最低株価

(円)

318

495

574

604

650

(注)1 売上高には、消費税等は含まれておりません。

2 従業員数は、就業人員数を記載しております。

3 当社は連結財務諸表を作成しておりませんので連結会計年度に係る主要な経営指標等の推移については、記載しておりません。

4 当社は潜在株式がないため、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額を記載しておりません。

5 「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第68期の期首から適用しており、第67期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。

6 最高株価及び最低株価は東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)におけるものであります。

 

 

2【沿革】

明治39年6月

創業者細谷喜一が警視庁の許可を受け煙火の製造販売を開始

昭和15年7月

二代目社長細谷政夫が事業の一切を継承し、工場設備の拡充に着手

昭和17年7月

東京陸軍造兵廠監督工場として、各種火工品の製造に従事

昭和21年1月

細谷物産株式会社を設立し、煙火類の製造を再開

昭和24年11月

GHQ科学経済局の許可を受け、産業用火工品等の製造販売を開始

昭和24年12月

細谷煙火工業株式会社に商号を変更

昭和26年5月

細谷煙火工業株式会社を発展的解散をした後、ホソヤ煙火化学工業株式会社を設立(資本金400万円)

昭和29年1月

細谷火工株式会社に商号を変更

昭和37年6月

武器・火工品製造設備増強のため増資(資本金4,200万円)

昭和38年6月

資本金5,040万円に増資

日本証券業協会東京地区協会の店頭登録銘柄として登録

昭和40年3月

第三種爆発物武器製造事業許可

昭和42年1月

電気信管の武器製造事業許可

昭和45年6月

機械信管の武器製造事業許可

昭和47年3月

資本金1億80万円に増資

昭和48年3月

自動車用緊急保安炎筒に対するJIS規格認定工場

昭和50年12月

資本金2億160万円に増資

平成6年5月

現在地に本社移転

平成13年4月

ISO9001認定取得(BSK)

平成16年12月

株式会社ジャスダック証券取引所に株式を上場

平成22年4月

ジャスダック証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、大阪証券取引所(JASDAQ市場)に株式を上場

平成22年10月

大阪証券取引所ヘラクレス市場、同取引所JASDAQ市場及び同取引所NEO市場の各市場の統合に伴い、大阪証券取引所JASDAQ(スタンダード)に株式を上場

平成25年7月

株式会社大阪証券取引所と株式会社東京証券取引所グループの合併に伴い、株式会社東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に株式を上場

 

3【事業の内容】

 当社は、火工品事業及び賃貸事業を営んでおります。なお、以下に示す区分は、セグメントと同一の区分であります。

(火工品事業)

 当社は火工品を製造し、製品の大部分を外部顧客に販売しております。

 株式会社ホソヤエンタープライズは、関連会社であります。

 株式会社ホソヤエンタープライズには、主に原材料を供給して外注加工を発注し、半製品を購入しておりますが、重要な取引ではありません。

(賃貸事業)

 当社は、大型商業店舗、大型実験棟や火薬庫の施設を賃貸しております。

 火薬庫の一部について、株式会社ホソヤエンタープライズに賃貸しております。

 

 事業の系統図は次のとおりであります。

 

0101010_001.png

 

4【関係会社の状況】

 当社は関連会社1社を有しておりますが、重要性が乏しいため記載を省略しております。

 

5【従業員の状況】

(1)提出会社の状況

 

 

 

 

(令和3年3月31日現在)

従業員数(人)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(円)

88

46.7

7.4

4,531,143

 

セグメントの名称

従業員数(人)

火工品事業

76

賃貸事業

1

全社(共通)

11

合計

88

(注)1 従業員数は就業人員であり、臨時従業員数は[ ]内に年間の平均人員を外数で記載しております。

2 平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。

3 臨時従業員は、パートタイマーのみとし、嘱託契約の従業員及び季節工は含んでおりません。

4 賃貸事業には、主に管理部門の従業員が従事しております。

5 全社(共通)は、総務及び財務経理等の管理部門の従業員であります。

 

(2)労働組合の状況

 労働組合は結成されておりません。

 労使関係につき特に記載すべき事項はありません。

 

第2【事業の状況】

1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

 文中の将来に関する事項は、当事業年度末現在において判断したものであります。

(1)基本方針・経営戦略等

 当社は、「高エネルギー物質利用で広く社会に貢献し 従業員の物心両面の充実を追求する」を経営理念とし、経営の基軸としております。また、社訓に掲げる「多くの人のお役に立てるモノ作り」を全従業員挙げて全うし、当社に関わる全ての方が「誇り」を持てる企業を目指しております。

 また、安全・信頼を第一とし良品を提供すると共に、新製品の開発と新たな市場開拓を積極的に推進いたします。そして当社のステークホルダー全てにその利益を還元できるよう目標を設定し、その達成に取り組んでまいります。

(2)経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等

 当社は、経営上の目標の達成状況を判断するため客観的な指標として、自己資本比率、総資産経常利益率(ROA)、株主資本利益率(ROE)を重視しております。

(3)経営環境及び対処すべき課題

 当社は、事業環境の変化に対応し持続的な成長を実現させるため、収益力の強化と経営基盤の安定化を目指しております。この実現に向けた事業展開において、次の事項を主要な課題としております。

① 新規事業の推進

 当社は、火工品事業に次ぐ第二の柱とすべく、化成品事業の拡充を図ってまいります。これまで蓄積した独自の技術を基に、関連企業や研究機関と連携して研究・開発を進め、新たな収益基盤となるべく製品の量産化に向けた生産体制の確立を目指します。

② 研究・開発の強化

 既存製品の開発及び製造で培った技術と経験を基に、基礎研究・応用研究共に充実させ高エネルギー物質を利用した精密火工品など独自性の高い新技術の開発で、防衛及び宇宙分野への展開を図ります。

 また、知的財産に係る管理体制の強化も重点課題と位置付けております。

③ インフラ整備の推進

 本社のある菅生工場及び化成品事業の拠点となる草花工場の既存設備は、老朽化や非効率化などの課題を有しております。そこで当社は、生産効率の向上と製品の高付加価値化を目的とした自動化や省人化並びにシステム化などの整備を進めてまいりました。今後も、高エネルギー物質に対する法令や規制を遵守すると共に、従来の工場の在り方を刷新し新技術に対応した整備を継続して行ってまいります。

 火薬庫地区においては、効率的な運用を目指した再整備を継続的に検討しております。

 中長期計画に基づく集中的且つ効率的な設備投資を積極的に行い、経営資源の活用を図ってまいります。

④ 人的基盤の強化

 企業の持続的な成長には、人材の確保と共に従業者がスキルや意識を高めるための環境づくりが重要であると考えております。大学や各関連団体からの情報を収集し当社に必要な人材を確保すると共に、常に働く環境を改善し、個々の能力を最大限に引き出す仕組みを整え体系化していくことで、組織の活性化に努めてまいります。

 

 また、新型コロナウイルス感染症の収束の時期は未だ不透明であり、経済活動への影響を現時点では予測できない状況となっております。このため、新型コロナウイルス感染症の感染拡大による影響は、翌期以降の当社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があります。影響額については、現時点において合理的に算定することが困難でありますが、生産性向上に向けた体制を着実に構築することにより、利益確保に努めてまいります。

 

2【事業等のリスク】

 当社の経営成績、財政状況等に影響を及ぼす可能性のあるリスクおよび変動要因は、以下に記載するとおりであります。当社では、当該リスクの発生に伴う影響を極力回避するための努力を継続してまいります。

 なお、文中の将来に関する事項は、当事業年度末現在において当社が判断したものであります。

(1)取扱製品の特殊性について

 当社の主な製品は、救命、救難及び訓練等に用いられる防衛省向け火工品が中心で、これらの製品には少量ですが火薬及び爆薬が原料として使用されております。

 火薬工場は、火薬類取締法によって厳しく管理され、事故防止等保安対策には万全を期しておりますが、火薬事故が起きると工場の一時稼動停止の可能性も考えられ、経営上の最大のリスクと捉え品質及び安全管理の徹底を最も重要視しております。

(2)特定取引先への取引の高い依存度について

 当社の主要な取引先は防衛省であり、取引額の多くを占めていることから、特定取引先への依存度が高い状況にあるといえます。防衛省からの受注は、国家予算の影響を受けて増減することがあり、防衛省への依存度が高い当社の収益状況に多大な影響があります。このリスクに対し、専門性の高い高エネルギー物質の評価試験や火工品焼却処理などの事業において新たな取引先を開拓することによって、安定的な売上を得られるよう努力しております。

(3)製品納期の高い集中度について

 当社の主要顧客は防衛省を始めとする官公庁であるため、製品の納期は第4四半期に集中し、業績は期末編重で推移する傾向にあります。官公庁への販売比率が増加するとこうした傾向は強まり、生産の非効率化にも繋がります。そのため当社は、民間向け製品の販売努力によって上期の受注を増やし、売上の平準化を目指しております。

(4)新型コロナウイルス感染症等の異常事態リスク

新型コロナウイルス感染症拡大のようなパンデミックや大規模な自然災害等の異常事態が当社の想定を超える規模で発生し、事業運営が困難になった場合、当社の財政状態や経営成績等に大きな影響を与える可能性があります。

有事の際に当社では、従業員の安全の確保を最優先にBCPによる事業リスクの最小化に向けた施策を推進いたします。

 

3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

 文中の将来に関する事項は、当事業年度末現在において判断したものであります。

(1)経営成績等の状況の概要

 当事業年度における当社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下「経営成績等」という。)の状況の概要は次のとおりであります。

① 財政状態の状況

 当事業年度末の資産合計は、前事業年度末に比べ341百万円増加し、4,108百万円となりました。

 当事業年度末の負債合計は、前事業年度末に比べ97百万円増加し、1,381百万円となりました。

 当事業年度末の純資産合計は、前事業年度末に比べ243百万円増加し、2,726百万円となりました

② 経営成績の状況

 当事業年度におけるわが国経済は、中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受け、経済活動は停滞し、二度にわたる緊急事態宣言の発令による企業収益の悪化や個人消費の低迷が続く厳しい状況となりました。

 このような環境のもと、当社は事業の継続を最優先とし、従業員の安全確保に取り組みながら工場の稼働を継続いたしました。

 主力の火工品事業では、民間向け製品市場に感染症拡大の影響があり売上が伸び悩みました。防衛省向け製品も前期と比べ減少したものの期初の計画通りの売上が確保できたことに加え、新規化成品の受注があったことから前期と比べ増収となりました。

 損益面では、収益性の改善を目的とした、機械や設備の更新と作業の見直しを進めたことが奏功し、従業員の処遇改善や環境整備のための設備投資を行ってもなお、利益率は大幅に向上いたしました。

 以上の結果、当事業年度の売上高は1,557百万円(前年同期比0.5%増)、営業利益198百万円(同17.6%増)、経常利益201百万円(同17.5%増)、当期純利益143百万円(同25.5%増)となりました。

 新型コロナウイルス感染症の影響につきましては、「第2 事業の状況」の「1.経営方針、経営環境及び対処すべき課題等」をご参照下さい。

③ キャッシュ・フローの状況

 当事業年度における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前期と比べ65百万円減少し818百万円となりました。

 当事業年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。

 (営業活動によるキャッシュ・フロー)

 営業活動により得られた資金は、23百万円(前事業年度は85百万円の収入)となりました。これは主に、税引前当期純利益201百万円、減価償却費66百万円の計上がありましたが、売上債権の増加123百万円、たな卸資産の増加121百万円等によるものです。

(投資活動によるキャッシュ・フロー)

 投資活動に使用した資金は、51百万円(前事業年度は63百万円の支出)となりました。これは主に、有形固定資産の取得52百万円によるものです。

(財務活動によるキャッシュ・フロー)

 財務活動に使用した資金は、37百万円(前事業年度は48百万円の支出)となりました。これは主に、短期借入による収入500百万円、長期借入金による収入100百万円がありましたが、短期借入金の返済600百万円、長期借入金の返済11百万円、配当金の支払23百万円等によるものです。

 

④ 生産、受注及び販売の実績

a.生産実績

 当事業年度における生産実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。

セグメントの名称

生産高(千円)

前期比(%)

火工品事業

1,565,097

8.2

合計

1,565,097

8.2

(注)1 金額は、販売価格によっております。

2 上記金額には、消費税等は含まれておりません。

3 賃貸事業は、生産実績がありませんので記載しておりません。

 

b.受注実績

 当事業年度における受注実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。

セグメントの名称

受注高(千円)

前期比(%)

受注残高(千円)

前期比(%)

火工品事業

1,698,329

33.2

968,159

46.6

合計

1,698,329

33.2

968,159

46.6

(注)1 上記金額には、消費税等は含まれておりません。

2 賃貸事業は、受注実績がありませんので記載しておりません。

 

c.販売実績

 当事業年度における販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。

セグメントの名称

販売高(千円)

前期比(%)

火工品事業

1,390,360

0.6

賃貸事業

167,295

△0.3

合計

1,557,656

0.5

(注)1 最近2事業年度における主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に対する割合

相手先

前事業年度

当事業年度

金額(千円)

割合(%)

金額(千円)

割合(%)

防衛省

743,274

48.0

650,929

41.8

ミネベアミツミ株式会社

230,176

14.9

208,464

13.4

2 上記金額には、消費税等は含まれておりません。

 

(2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

 経営者の視点による当社の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりであります。

 なお、文中の将来に関する事項は、当事業年度末現在において判断したものであります。

① 財政状態及び経営成績の状況に関する認識及び分析・検討内容

a.財政状態

(資産)

 当事業年度末における流動資産は1,882百万円となり、前事業年度末に比べ181百万円増加いたしました。これは主に現金及び預金の減少65百万円に対し、売掛金の増加127百万円、期末棚卸資産の増加121百万円によるものです。固定資産は2,226百万円となり、前事業年度末に比べ160百万円増加いたしました。これは主に、株価高騰による投資有価証券の増加180百万円によるものです。

 この結果、総資産は4,108百万円となり、前事業年度末に比べ341百万円増加いたしました。

(負債)

 当事業年度末における流動負債は824百万円となり、前事業年度末に比べ53百万円減少いたしました。これは主に、未払消費税等の増加34百万円に対し、短期借入金の減少100百万円によるものです。固定負債は557百万円で、前事業年度末に比べ151百万円増加いたしました。これは主に、長期借入金の増加88百万円、株価高騰による長期繰延税金負債の増加49百万円によるものです。

 この結果、負債合計は1,381百万円となり、前事業年度に比べ97百万円増加いたしました。

(純資産)

 当事業年度末における純資産は2,726百万円となり、前事業年度に比べ243百万円増加いたしました。これは主に、利益剰余金の増加119百万円、その他有価証券評価差額金の増加124百万円によるものです。この結果、当事業年度末の自己資本比率は前事業年度と比べ0.5ポイント増加し66.4%となりました。

 b.経営成績

1.経営成績

(売上高)

 当事業年度の売上高は、1,557百万円(前期比0.5%増)となり前期より7百万円増加いたしました。民間向け火工品は感染症拡大の影響があり売上が伸び悩みましたが、防衛省向け火工品が期初の計画通りの売上を確保できたことに加え、新規化成品の受注があったことから売上高は増加いたしました。

(売上総利益)

 当事業年度の売上総利益は、収益性の改善を目的とした、機械や設備の更新と作業の見直しを進めた結果、522百万円となり前期より38百万円増加いたしました。

(販売費及び一般管理費)

 当事業年度の販売費及び一般管理費は、従業員の処遇改善を行ったこと等により、324百万円となり前期より9百万円増加いたしました。

(営業利益)

 当事業年度の営業利益は、長期的な視点で継続している工程改善の成果により、198百万円となり前期より29百万円増加いたしました。

(経常利益)

 当事業年度の経常利益は、201百万円となり前期より30百万円増加いたしました。

(当期純利益)

 税引前当期純利益は201百万円(前期に比べ35百万円増加)となり、税効果会計適用後の法人税等の税額負担は58百万円(前期に比べ6百万円増加)となりました。その結果、当事業年度の当期純利益は、143百万円となり前期より29百万円増加いたしました。

2.経営成績に重要な影響を与える要因について

 経営成績に重要な影響を与える要因につきましては「2 事業等のリスク」に記載しております。

 

② キャッシュ・フローの状況の分析・検討内容並びに資本の財源及び資金の流動性に係る情報

a.キャッシュ・フローの状況の分析

 当社の資金状況は、「(1)経営成績等の状況の概要 ③キャッシュ・フローの状況」に記載したとおりです。

b.資本の財源及び資金の流動性

1.資金需要

 当社の事業活動における運転資金需要の主なものは当社の火工品事業に関わる仕入原材料、外注加工費と賃貸事業に関わる管理費、各事業についての一般管理費等があります。また、設備資金需要としては火工品の製造設備投資等があります。

2.財務政策

 当社の資金運用については、短期的な流動預金に限定しており、必要な資金については銀行等金融機関からの借入により資金を調達しております。

 借入金を含む当期末の有利子負債残高は718百万円であります。

③ 重要な会計方針及び見積り

 当社の財務諸表は、我が国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づいて作成しております。財務諸表を作成するにあたって、資産、負債、収益及び費用の報告額に影響を及ぼす見積り及び仮定を用いておりますが、これらの見積り及び仮定に基づく数値は実際の結果と異なる可能性があります。財務諸表に与える影響が大きいと考えられる項目・事象は以下のとおりです。

ア.繰延税金資産

 繰延税金資産は、入手可能な情報や資料に基づき将来の課税所得の見積り等を踏まえ、回収可能性に問題がないと判断した金額を計上しております。今後、将来の経営成績等が著しく変化し、繰延税金資産の全部または一部に回収可能性がないと判断した場合には、繰延税金資産の計上額が変動する可能性があります。

イ.製品保証引当金

 製品売上高に対して過年度の保証実績を基礎に算定し、製品保証引当金として計上しています。

 引当金の見積りにおいて想定していなかった製品の不具合による保証義務の発生や、引当の額を超えて保証費用が発生する場合は、当社の業績を悪化させる可能性があります。一方、実際の保証費用が引当金の額を下回った場合は引当金戻入益を計上することになります。

 新型コロナウイルス感染症について、今後の広がり方や収束時期を予測することは困難ですが、当事業年度における当社の事業活動へ与える影響は限定的であります。したがって、当事業年度においては、新型コロナウイルス感染症の影響は軽微であると仮定して会計上の見積りを行っております。

 しかしながら、新型コロナウイルス感染症の影響が長期化・深刻化し、当社の事業活動に支障が生じる場合、翌事業年度以降の財務諸表に重要な影響を及ぼす可能性があります。

(3)経営方針、経営戦略、経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等

 当社は、資産効率の向上及び株主資本の有効利用が全てのステークホルダーの利益に合致するものと考え、「総資産経常利益率(ROA)」及び「株主資本利益率(ROE)」を重要な指標として位置づけいずれも5%以上を目指しております。

 当事業年度における「総資産経常利益率(ROA)」は5.1%、「株主資本利益率(ROE)」は5.5%となりました。

 自己資本比率        66.4%(前年同期比0.5ポイント増)

 総資産経常利益率(ROA) 5.1%(前年同期比0.5ポイント増)

 株主資本利益率(ROE)  5.5%(前年同期比0.8ポイント増)

引き続きこれらの指標の改善に取り組んでまいります。

(4)セグメントごとの財政状態及び経営成績の状況に関する認識及び分析・検討内容

(火工品事業)

 当事業年度の売上高は1,390百万円(前年同期比0.6%増)となりました。防衛省向け製品の売上は、受注数量が大幅に減少したことや、一部製品が次年度納期の契約となったことで前期と比べ減少いたしました。また、民間向け製品の市場は感染症拡大の影響で停滞気味となり売上は落ち込みましたが、これらを化成品の新規受注で補うことができました。また、長期的な視点で継続している製品ごとの工程改善が今期確実に成果を上げ、利益率は大幅に向上いたしました。この結果セグメント利益は115百万円(同35.8%増)となりました。

 セグメント資産は、売掛金及び棚卸資産の増加等により、前年同期と比べ213百万円増加の2,142百万円となりました。

(賃貸事業)

 当事業年度の売上高は167百万円(前年同期比0.3%減)となりました。下期、商業施設内に建物を新設し新たな契約を開始しましたが、その他の契約が減少したことなどによりセグメント利益は118百万円(同1.2%減)となりました。

 セグメント資産は、有形固定資産の増加等により、前年同期と比べ10百万円増加の645百万円となりました。

 

4【経営上の重要な契約等】

 該当事項はありません。

 

5【研究開発活動】

(火工品事業)

 当社は、「高エネルギー物質利用で広く社会に貢献する」ことを経営理念としており、日々の研究開発に取り組んでおります。

 研究開発の主要課題及び研究成果等は次のとおりです。

(1) 高エネルギー物質の合成に関する研究開発

 日本国内では他に合成実績がほとんどない高エネルギー物質等について試作合成を実施しており、合成の実績を着実に積み重ねていくことで研究機関や大学等と連携して合成工程の安全化・効率化を目指した研究を継続しております。

(2) 新規液体推進薬の研究開発

 継続的に研究を行ってきた硝酸ヒドロキシルアンモニウム(Hydroxyl Ammonium Nitrate; HAN)を基材とした複数種類の低毒性推進薬(グリーンプロペラント)について、研究機関や企業と連携して人工衛星用の推進薬としての実用化に向けた研究を継続しております。

(3) 安全性評価の系統的研究

 高エネルギー物質は、非常に感度が鋭感なものから鈍感なものまであり、使用条件により多種多様な特性と性能を有しています。

 当社では、製品の研究開発は元より製品の改良や不具合等の未然防止のため、自社製品に使用する様々な高エネルギー物質の評価を実施し、それら基礎データを継続的に収集、管理しております。

(4) 火工品の開発

 当社は、これまで培った花火技術や各種火工品の製造技術を基に、花火の打ち上げや点火に使用する「着火線」について、この度、実用新案を申請いたしました。

 当該実用新案は、スターマインの筒及び煙火玉の親導に取り付ける従来の着火線の伝火性能を向上させるための製法ですので、現在、新型コロナ禍により大きな影響受けている花火業界に対し、微力ながら貢献できるものと考えております。

(5) 発煙薬の研究

 昼間に使用される火工品には、その用途により様々な色を発煙する製品がありますが、昨今、その発煙色の原料となる染料の製造中止が多発する傾向にあります。

 発煙薬は、染料の他にも様々な化学薬品を最適比で配合して作製する必要があるため、従来の染料が製造中止になると同色の発煙薬を作成するためには改めて配合要領を変更する必要が生じます。

 そのため、当社では日頃から各種配合試験を行い、それらの基礎データを継続的に収集・管理することで発煙製品の安定的な製造に努めてまいります。

 また、昨今、演劇や撮影の演出効果としての火工品のニーズが高まっていることから、人体や環境にやさしい材料を配合することも重要な設計要件になっています。これらは、火工品に求められる性能との両立が大変難しいところですが、引続き、新たな社会ニーズに応え得る製品の開発に努めてまいります。

(6) 精密火工品の研究開発

 昨年末、「はやぶさ2の帰還成功」が話題になりました。

 この成功は、極限の環境下で長期間耐え得る材料や電子機器等、日本の高い技術が結集された賜物だと言えます。実は、これらの中には、火薬エネルギーを活用した精密火工品も含まれており、このような火薬又は高エネルギー物質にかかわる応用技術は、今後とも、宇宙事業においても重要なファクターであるといえます。また、将来的には、小規模な民間企業やベンチャー企業による宇宙ビジネスへの参入が加速されると予想されます。

 当社は、様々な火工品製造で培ったノウハウを基に、今後とも基礎研究、試作及び試験を着実に実施し、お客様の多様なご要望に応えてまいります。

(賃貸事業)

 賃貸事業につきましては、研究開発活動を行っておりません。

(当事業年度の研究開発)

 当事業年度の研究開発費の総額は9百万円であります。

 そのすべては火工品事業の研究開発のための費用であります。

 

第3【設備の状況】

1【設備投資等の概要】

 当事業年度中に実施した設備投資の総額は54百万円で、その主なものは次の通りです。

 火工品事業においては、製造設備及び検査機器等9百万円、施設や作業環境の整備14百万円など、総額26百万円の投資を実施いたしました。

 賃貸事業においては、賃貸中の建物改修18百万円、建物の新設10百万円など、総額28百万円の投資を実施いたしました。

 

2【主要な設備の状況】

 当社における主要な設備は、以下のとおりであります。

(令和3年3月31日現在)

 

事業所名

(所在地)

セグメントの

名称

設備の

内容

帳簿価額(千円)

従業員数

(人)

建物及び

構築物

機械装置

及び

運搬具

土地

(面積㎡)

その他

合計

本社工場

(東京都

あきる野市)

 

火工品事業

火工品

生産設備

その他

196,985

15,401

744,383

(222,252)

 

28,367

985,138

68[-]

東京営業所

(東京都

新宿区)

 

その他の

設備

15

504

520

8[-]

本社

(東京都

あきる野市)

(注)1

賃貸事業

商業施設

ほか

167,849

671

577,169

(71,764)

[7,061]

1,208

746,899

1[-]

本社機能

6,345

221

127

(242)

2,144

8,839

11[-]

(注)1 土地及び建物の一部を賃借しており、年間賃借料は7,048千円であります。賃借している土地の面積については、[ ]で外書しております。

2 帳簿価額のうち「その他」は、工具、器具及び備品及びリース資産の合計であります。

3 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

4 従業員数の[ ]は、臨時従業員数を外書しております。

 

3【設備の新設、除却等の計画】

(1)重要な設備の新設等

 該当事項はありません。

 

(2)重要な設備の除却等

 該当事項はありません。

 

第4【提出会社の状況】

1【株式等の状況】

(1)【株式の総数等】

①【株式の総数】

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

8,064,000

8,064,000

 

②【発行済株式】

種類

事業年度末現在発行数

(株)

(令和3年3月31日)

提出日現在発行数

(株)

(令和3年6月25 日)

上場金融商品取引所

名又は登録認可金融

商品取引業協会名

内容

普通株式

4,032,000

4,032,000

東京証券取引所

JASDAQ

(スタンダード)

単元株式数は100株であります。

4,032,000

4,032,000

 

(2)【新株予約権等の状況】

①【ストックオプション制度の内容】

 該当事項はありません。

 

②【ライツプランの内容】

 該当事項はありません。

 

③【その他の新株予約権等の状況】

 該当事項はありません。

 

(3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

 該当事項はありません。

 

(4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

年月日

発行済株式

総数増減数

(株)

発行済株式

総数残高

(株)

資本金増減額

(千円)

資本金残高

(千円)

資本準備金

増減額

(千円)

資本準備金

残高

(千円)

昭和50年12月1日(注)

2,016,000

4,032,000

100,800

201,600

18,121

18,121

(注) 株主割当  有償(1:0.9)

発行価格  50円

資本組入額 50円

第三者割当 有償

発行価格  82円

資本組入額 50円

 

(5)【所有者別状況】

 

 

 

 

 

 

 

令和3年3月31日現在

区分

株式の状況(1単元の株式数100株)

単元未満

株式の状況

(株)

政府及び

地方公共

団体

金融機関

金融商品

取引業者

その他の

法人

外国法人等

個人

その他

個人以外

個人

株主数

(人)

5

26

32

19

1,882

1,964

所有株式数

(単元)

3,998

1,058

9,962

1,044

24,229

40,291

2,900

所有株式数

の割合(%)

9.9

2.6

24.7

2.6

60.2

100

(注) 自己株式29,466株は、「個人その他」に294単元、「単元未満株式の状況」に66株含まれております。

なお、自己株式は株主名簿記載上の株式数であり、かつ、令和3年3月31日現在の実質的な所有株式数であります。

 

(6)【大株主の状況】

 

 

令和3年3月31日現在

氏名又は名称

住所

所有株式数

(千株)

発行済株式(自己株式を除く。)の総数に対する所有株式数の割合(%)

一般社団法人日本文化伝承会館

東京都あきる野市草花2510-1

558

13.9

細谷火工共栄会

東京都あきる野市菅生1847

274

6.9

志村 実

東京都青梅市

175

4.4

西武信用金庫

東京都中野区中野2-29-10

170

4.2

細谷 亮旗

東京都あきる野市

155

3.9

ナスクリエート株式会社

東京都中央区日本橋本町3-8-4

137

3.4

日油株式会社

東京都渋谷区恵比寿4-20-3

100

2.5

株式会社りそな銀行

大阪府大阪市中央区備後町2-2-1

95

2.4

三井住友海上火災保険株式会社

東京都千代田区神田駿河台3-9

95

2.4

浅原 勝

兵庫県三田市

90

2.2

1,849

46.2

 

(7)【議決権の状況】

①【発行済株式】

 

 

 

 

令和3年3月31日現在

区分

株式数(株)

議決権の数(個)

内容

無議決権株式

 

議決権制限株式

(自己株式等)

 

議決権制限株式(その他)

 

完全議決権株式

(自己株式等)

(自己保有株式)

普通株式

29,400

完全議決権株式(その他)

普通株式

3,999,700

39,997

単元未満株式

普通株式

2,900

一単元(100株)未満の株式

発行済株式総数

 

4,032,000

総株主の議決権

 

39,997

(注) 「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式66株が含まれております。

 

②【自己株式等】

 

 

 

 

令和3年3月31日現在

所有者の氏名

又は名称

所有者の住所

自己名義

所有株式数

(株)

他人名義

所有株式数

(株)

所有株式数

の合計

(株)

発行済株式総数に

対する所有株式数

の割合(%)

(自己保有株式)

細谷火工株式会社

東京都あきる野市菅生1847

29,400

29,400

0.7

29,400

29,400

0.7

 

 

 

2【自己株式の取得等の状況】

【株式の種類等】 普通株式

(1)【株主総会決議による取得の状況】

 該当事項はありません。

 

(2)【取締役会決議による取得の状況】

 該当事項はありません。

 

(3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

区分

株式数(株)

価額の総額(千円)

当事業年度における取得自己株式

当期間における取得自己株式

(注) 当期間における取得自己株式には、令和3年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りによる株式数は含めておりません。

 

(4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

区分

当事業年度

当期間

株式数(株)

処分価額の総額

(千円)

株式数(株)

処分価額の総額

(千円)

引き受ける者の募集を行った取得自己株式

消却の処分を行った取得自己株式

合併、株式交換、株式交付、会社分割に係る移転を行った取得自己株式

その他

保有自己株式数

29,466

29,466

(注) 当期間における保有自己株式数には、令和3年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りによる株式数は含めておりません。

 

3【配当政策】

 当社の配当政策については、売上増加と収益力を高めより良い製品をユーザーに提供し、顧客の満足を得て利益確保を目指すことで、株主の皆様へ長期的且つ安定的な配当ができるよう、年1回期末配当を行う方針であります。当事業年度の剰余金につきましては、継続的な安定配当の基本方針及び当期の業績を勘案して、1株当たり7円としております。

配当の決定機関は、株主総会であります。

また、内部留保資金につきましては、企業体質の強化及び将来の事業展開のための財源として利用していく予定であります。

 

 

(注) 基準日が当事業年度に属する剰余金の配当は、以下のとおりであります。

決議年月日

配当金の総額

(百万円)

1株当たり配当額

(円)

令和3年6月24日

28

7

定時株主総会

 

4【コーポレート・ガバナンスの状況等】

(1)【コーポレート・ガバナンスの概要】

① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

 当社は、経営の効率性、透明性を高め、安全かつ健全なる事業活動を通じ、企業価値を最大化することをコーポレート・ガバナンスの基本的な考え方としております。
 特に火薬類を製造する企業として、徹底した安全管理とコンプライアンス(法令遵守)を重要課題として、経営体制及び内部統制システムのより一層の充実を図ってまいります。

 

② 企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由

 当社は、経営の透明性、企業価値の極大化を図ることをコーポレート・ガバナンスの目的と位置づけ、経営を取り巻く環境の変化に迅速に対応できる組織体制の構築及び強化を図るため、次のとおり取り組んでおります。

 当社は、企業統治を維持し信頼性を得るために、内部統制の充実と企業行動に関する制度整備の要請から、監査役会を設置し会計監査人を選任するとともに、社外取締役1名及び社外監査役2名を確保し、実効性のある事業活動を展開しております。

 当社は、社外取締役及び各社外監査役との間で会社法第427条第1項に基づき、同法第423条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結しております。

 当社の社外取締役及び社外監査役は、会社法第423条第1項の責任につき、同法第425条第1項に規定する最低限度額を損害賠償責任の限度としております。

 

ア.取締役会

 取締役会は、代表取締役社長を議長とし、定例取締役会を月1回開催しております。

 定例取締役会においては、経営の基本方針及び業務執行に関する重要事項を決定しております。

 なお、意思決定にさらなる公正化を図ることと、取締役会のチェック機能の強化を図るため、社外取締役を導入し監査役も取締役会に出席して相互牽制機能を強化しております。

 各取締役の氏名、略歴等は「(2)役員の状況」に記載したとおりです。

イ.監査役会

 監査役会は、社外監査役を含めた3名で構成し、定例監査役会を四半期毎に開催しております。議長は、監査役会で選定されます。

 さらに必要に応じて随時監査役会を開催して、監査方針、監査計画、監査業務を検討するほか、取締役会及び重要会議への出席や業務執行状況及び経営状態の調査を通じ、取締役の業務執行の監査を行っております。

 各監査役の氏名、略歴等は「(2)役員の状況」に記載したとおりです。

ウ.会計監査人

 当社は、会社法における会計監査人を設置し、監査役会と連携を密にして監査状況について、不定期ではありますが打ち合わせをおこなって監査機能の充実を図っております。

 各会計監査人の氏名は「(3)監査の状況」に記載したとおりです。

エ.内部統制評価グループ

 内部統制評価グループは内部監査を実施すると共に、関係部署と連携して金融商品取引法に基づく「財務報告に係る内部統制の有効性の評価」を行い、適宜取締役会への報告を行っております。

 また、法令及び社内諸規程遵守のために、継続的な社内教育を実施しております。

 内部統制評価グループは、工場統括室長 河野均を内部統制評価責任者とし、その他内部統制評価担当者4名により構成されております。

 

会社の機関・内部統制関係図

 

0104010_001.png

 

③ 企業統治に関するその他の事項

 当社は、会社法及び会社法施行規則に基づき、以下の「内部統制システムの基本方針」を定めております。

ア. 取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制

(ア)法令及び定款等の遵守を目的として「企業行動規範」「コンプライアンス規程」等の社内規程を定め、取締役が率先垂範すると共に使用人全員に対して教育・研修により周知徹底を図る。

(イ)法令違反等の行為又は事実を識別した場合には、速やかに取締役会及び監査役会に報告すると共に、法令違反等の未然防止、早期発見と早期解決のために「内部通報制度規程」を制定して問題点の指摘と改善策を講じる。

(ウ)内部統制評価の計画に基づき、内部統制評価グループはコンプライアンスの状況を定期的に監査する。

イ. 取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制

(ア)取締役会の職務に係る情報・帳票類等(電磁的記録を含む。以下に同じ。)については、「文書管理規程」及び法令に基づき適正に作成、保存及び管理し、取締役及び監査役が常時閲覧できるものとする。

(イ)当社が保存または管理する電磁的記録については、「ITシステム管理規定」に則した管理体制でセキュリティの確保を図ると共に、継続的にその改善を図る。

ウ. 損失の危険の管理に関する規程その他の体制

(ア)事業上のリスク管理に関する基本方針及び体制を定めた「経営危機管理規程」に基づきリスク管理体制を構築する。

(イ)各部門は、それぞれの部門に発生する可能性のあるリスクの把握に努め、内部統制評価グループは、リスク管理体制の有効性について監査を実施する。

(ウ)経営に重大な影響を与える事態が発生した場合には、直ちに対策本部を招集し、迅速な対応を行うことにより、損失・被害を最小限にとどめる。

エ. 取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

(ア)取締役は、責任と権限に関する基本事項を定めた「職務権限規程」に基づき適正かつ効率的に職務を執行する。

(イ)取締役会は原則月1回開催し、経営上の重要な事項は取締役会において決定される。また、取締役及び使用人が共有する全社的な経営目標を定め、取締役は、その目標達成のため担当する各部門に周知徹底するとともに、業務運営を容易にするため指揮し統括管理する。

(ウ)原則月1回開催される常勤役員会において、職務を執行する取締役及び執行役員は、職務の執行に関して充分な審議を行い、目標達成のための進捗を管理する。

オ. 監査役による監査の実効性を確保する体制

(ア)監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合には、取締役会は監査役と協議の上、必要と判断した場合監査役の補助使用人を任命することができる。

また、その人員の異動、評価等の人事事項に関しては監査役の意見を尊重した上で行うものとする。

(イ)取締役及び使用人は法令に基づく事項の他、監査役の求める事項について速やかに対応し、会社に著しい損害を及ぼす恐れがある事実があることを発見した時は、法令に従い直ちに監査役に伝達する。

(ウ)監査役がその職務の執行について生ずる費用の前払又は償還等の請求をした時は、当該監査役の職務の執行が適切か否かを判断して手続きを行うものとする。

(エ)監査役と取締役及び会計監査人とは、それぞれ定期的に意見を交換する。また、取締役及び使用人は監査役から業務執行に関する事項について質問等があった時は、速やかに適切な対応を行う。

 

④ 責任限定契約の内容の概要

 当社は、社外取締役及び各社外監査役との間で会社法第427条第1項の規定に基づき、同法第423条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結しております。

 当社の社外取締役及び社外監査役は、会社法第423条第1項の責任につき同法第425条第1項に定める最低責任限度額をもって、損害賠償責任の限度としております。

 

⑤ 役員等賠償責任保険契約の内容の概要

 当社は、保険会社との間で当社役員を被保険者として、会社法第430条の3第1項の規定に基づく役員等賠償責任保険契約を締結しており、被保険者がその職務の執行に関し責任を負うことまたは当該責任の追及に係る請求を受けることによって生ずることのある損害を当該保険により塡補することとしております。

 

⑥ 取締役の定数

 当社の取締役は10名以内とする旨を定款で定めております。

 

⑦ 取締役の選任の決議要件

 当社は、取締役の選任決議については、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨、また、取締役の選任決議については、累積投票によらないものとする旨を定款に定めております。

 

⑧ 株主総会の特別決議要件

 当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上を持って行う旨定款に定めております。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目的とするものです。

 

⑨ 自己株式の取得

 当社は、自己株式の取得について、経済情勢の変化に対応して財務政策等の経営諸施策を機動的に遂行することを可能とするため、会社法第165条第2項の規定に基づき、取締役会の決議によって市場取引等により自己の株式を取得することができる旨を定款で定めております。

 

⑩ 株式会社の支配に関する基本方針

 当社は、当社の財務及び事業の方針の決定を支配する者は、当社の創業から100年以上受け継がれている確固たる経営理念、日本企業としての存在価値及び当社のステークホルダーとの信頼関係を重視し、当社の企業価値を高めるものでなければならないと考えております。

 現時点では特別な買収防衛策は導入いたしておりませんが、今後も引き続き社会情勢等の変化を注視しつつ弾力的な検討を行ってまいります。

 

(2)【役員の状況】

① 役員一覧

男性8名 女性0名 (役員のうち女性の比率0%)

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有

株式数

(千株)

代表取締役社長

細谷 穰志

昭和34年3月19日

 

昭和52年3月

防衛庁航空自衛隊入隊

昭和58年6月

当社入社

平成4年12月

㈱ホソヤエンタープライズ代表取締役

平成18年6月

当社取締役

平成19年6月

取締役東京営業所長

平成20年10月

専務取締役東京営業所長

平成25年6月

代表取締役社長(現)

 

(注)4

75

取締役

古山 雄一

昭和34年3月4日

 

昭和56年4月

当社入社

平成15年12月

品質保証部長

平成18年4月

資材部長

平成19年6月

取締役資材部長

平成20年10月

取締役工場長兼技術開発センター長

平成21年8月

取締役工場長

平成25年6月

常務取締役

令和元年10月

相談役取締役(現)

 

(注)4

2

取締役

豊田 肇

昭和28年8月20日

 

昭和52年4月

防衛庁航空自衛隊幹部候補生学校入隊

平成19年4月

空将補

平成22年12月

防衛省航空自衛隊退官

平成23年7月

㈱ホソヤエンタープライズ入社

平成25年6月

同社退社

平成25年6月

当社入社

平成25年7月

社長室長

平成26年6月

執行役員社長室長

平成28年4月

執行役員社長室長兼東京営業所長

平成28年6月

取締役社長室長兼東京営業所長

令和3年2月

取締役社長室長(現)

 

(注)4

3

取締役

細谷 亮旗

昭和60年10月14日

 

平成22年3月

足利工業大学大学院機械工学専攻修士課程修了

機械工学修士

平成22年4月

足利工業大学大学院機械工学専攻研究生入学

平成23年3月

足利工業大学大学院機械工学専攻研究生終了

平成23年4月

当社入社

平成29年1月

営業課長

平成29年6月

取締役(現)

平成30年6月

㈱ホソヤエンタープライズ社外取締役(現)

令和元年11月

当社草花工場長(現)

 

(注)4

155

取締役

佐藤 誠

昭和39年7月4日

 

平成8年1月

経営コンサルタント業開業

平成17年4月

公認会計士開業登録(現)

平成18年2月

税理士開業登録(現)

平成19年8月

あすなろ監査法人代表社員(現)

平成27年6月

㈱アイティフォー社外取締役(監査等委員)(現)

平成27年6月

当社取締役(現)

 

(注)4

監査役

(常勤)

田中 澄夫

昭和33年7月16日

 

昭和52年3月

当社入社

平成20年4月

資材部長

平成21年4月

生産管理部長

平成27年11月

総務部長

平成30年4月

社長付

平成30年6月

常勤監査役(現)

 

(注)5

2

監査役

志村 実

昭和32年6月15日

 

昭和58年4月

志村電設㈱取締役

平成4年1月

志村電設㈱代表取締役社長(現)

平成14年6月

当社監査役(現)

 

(注)6

175

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有

株式数

(千株)

監査役

安藤 隆允

昭和19年9月15日

 

昭和51年11月

防衛庁調達実施本部入庁(現防衛装備庁)

平成15年8月

防衛庁退官

平成15年8月

公認会計士開業登録

平成17年9月

税理士開業登録

平成22年5月

安藤公認会計士事務所所長(現)

平成22年6月

当社監査役(現)

 

(注)5

412

(注)1 取締役佐藤誠は、社外取締役であります。

2 監査役志村実は、社外監査役であります。

3 監査役安藤隆允は、社外監査役であります。

4 取締役の任期は、令和3年6月24日開催の定時株主総会の終結の時から2年間。

5 監査役の任期は、平成30年6月28日開催の定時株主総会の終結の時から4年間。

6 監査役の任期は、令和2年6月26日開催の定時株主総会の終結の時から4年間。

7 取締役細谷亮旗は、代表取締役社長細谷穰志の長男であります。

8 当社は、法令に定める監査役の員数を欠くことになる場合に備え、補欠監査役2名を選任しております。補欠監査役の略歴は次のとおりであります。

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数

(千株)

河野  均

昭和34年11月26日生

昭和53年3月

防衛庁航空自衛隊入隊

(注)

平成26年11月

防衛省航空自衛隊退官

平成26年11月

当社入社

平成28年4月

工場統括室長(現)

岩﨑 泰一

昭和53年1月15日生

平成19年9月

弁護士登録

(注)

 

新宿法律事務所パートナー(現)

平成28年3月

アグロカネショウ㈱社外取締役 (現)

(注) 補欠監査役の任期は、就任した時から退任した監査役の任期の満了の時までであります。

 

② 社外役員の状況

 当社の社外取締役は1名、社外監査役は2名であります。

 社外取締役佐藤誠氏は、公認会計士及び税理士の資格を持ち、専門的な知識を生かした独立的な立場で経営に参加していただけると判断しております。なお、当社との間に意思決定に影響を与える人的関係、資本的関係又は取引関係その他の利害関係はありません。

 社外取締役の選任は、経営に外部の視点を取り入れ、業務執行に対する強化を図ることを目的としております。これにより、取締役会の意思決定と監督機能を強化し、経営の更なる透明化を図ります。

 社外監査役志村実氏は、以前より当社の非常勤監査役として監査業務経験が豊富であることや、経営者としての知見や経験を有しており、社外監査役として独立的な立場で公正な監査をしております。なお、当社との間に意思決定に影響を与える人的関係、資本的関係又は取引関係その他の利害関係はありません。

 社外監査役安藤隆允氏は、公認会計士として財務及び会計に関する相当の知見を有しており、社外監査役として独立的な立場で公正な監査をしております。なお、当社との間に意思決定に影響を与える人的関係、資本的関係又は取引関係その他の利害関係はありません。

 社外監査役の当社株式の所有状況につきましては、上記「① 役員一覧」において記載のとおりであります。

 また、安藤隆允氏は、金融商品取引所の定めに基づき届け出た独立役員であります。

 社外監査役は、独立的な立場で経営監視機能を確保するために選任しております。

 当社は、社外取締役及び社外監査役を選任するための独立性に関する基準又は方針はないものの、選任にあたっては、東京証券取引所における独立役員の独立性に関する判断基準を参考にしております。

③ 社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部統制部門との関係

 社外取締役及び社外監査役は、会計監査人と連携を密にし、監査の方針、会計監査計画等を協議して定め、会計監査実施状況及び会計監査結果等について報告をうけるとともに相互に意見交換を行っております。

 また、社外取締役及び社外監査役は、社長直属の内部統制評価グループから内部統制評価の報告を受けるとともに、コミュニケーションをはかり連携を深めております。

 

④ 補欠監査役

 当社は、監査役の員数を欠くことになる場合に備え、あらかじめ補欠監査役2名を選任しております。

 河野均氏は、その経歴を通じて培った高い見識と幅広い経験を活かして客観的かつ公正な立場で監査できると期待し、補欠監査役として選任しております。なお、河野均氏が監査役として就任される場合は、事前に当社を退職いたします。

 岩﨑泰一氏は、弁護士として法律についての専門的な知識と経験に基づき、客観的かつ公正な立場に立って経営の監視監督ができると期待し、補欠監査役として選任しております。

 なお、岩﨑泰一氏は、東京証券取引所の定める独立役員としての要件を満たしております。

 

 

(3)【監査の状況】

① 監査役監査の状況

 当社の監査役は3名であり、常勤監査役1名と非常勤監査役2名で構成され、非常勤監査役安藤隆允氏は、公認会計士として財務及び会計に関する相当の知見を有しております。

 監査役会では、監査方針、監査計画、監査業務等の決議および審議を行い、監査結果等の報告がなされました。当事業年度は合計6回開催しており、個々の監査役の出席状況については次のとおりであります。

 

氏 名

開催回数

出席回数

田中 澄夫

6

6

志村  実

6

5

安藤 隆允

6

6

 

 監査役は、取締役会に出席し、議事運営、決議内容等を監査し必要に応じて意見表明を行います。その他、常勤監査役が、重要な会議等への出席をしております。

 監査計画に基づき、重要書類の閲覧調査、内部統制システムの構築と運用状況、コンプライアンス体制の運用状況等について監査を実施いたしました。

 会計監査人からは期初に監査計画の説明を受け、期中に適宜監査状況を聴取し、期末に監査結果の報告を受けるなど、密接な連携を図っております。

 

② 内部監査の状況

 当社における内部監査は、実質的に社長直属の内部統制グループ5名により監査しております。

 なお、内部統制グループは、内部統制マネジメントシステムの要求事項に適合しているか、業務プロセスごと、年間を通じて評価することでリスクの予防と組織内の相互監視体制をとっております。

 また、内部統制グループは監査役や会計監査人とも密接な連携をとっており、監査役や会計監査人は、内部監査の状況を適時に把握できる体制になっております。

 

③ 会計監査の状況

a.業務を執行した公認会計士

江畑公認会計士事務所    公認会計士 江畑幸雄

公認会計士赤須会計事務所  公認会計士 赤須克己

黒須公認会計士事務所    公認会計士 黒須 裕

b.監査業務に係る補助者の構成

当社の会計監査業務に係る補助者は、公認会計士1名です。

c.監査証明の審査体制

 当社の会計監査人は、監査意見の表明前に独立性を保持した他の公認会計士に審査を受けております。

d.監査人の選定方針と理由

 当社は、会計監査人の選定に関し、会計監査人の品質管理体制、独立性等を勘案し選定を行なっております。

 監査役会は、会計監査人の能力、監査の遂行状況及びその品質管理、独立性等を勘案して必要と判断した場合には、会計監査人の解任又は不再任に関する議案の内容を決定し、当社取締役会は当該決定に基づき当該議案を株主総会に提出いたします。

 また、会計監査人が会社法第340条第1項各号のいずれかに該当すると認められる場合は、監査役会は監査役全員の同意により会計監査人を解任いたします。この場合、監査役会が選定した監査役は、解任後最初に招集される株主総会において、会計監査人を解任した旨及びその理由を報告いたします。

 現在の当社会計監査人である公認会計士 江畑幸雄、公認会計士 赤須克己及び公認会計士 黒須裕を選定した理由は、独立性及び専門性並びに監査活動の適切性などの職務遂行能力を総合的に勘案した結果、適切であると判断したためであります。

e.監査役及び監査役会による監査人の評価

 当社の監査役及び監査役会は、当社会計監査人に対して評価を行っております。監査役及び監査役会は、会計監査人である公認会計士 江畑幸雄、公認会計士 赤須克己及び公認会計士 黒須裕の執務状況の確認及び報告等を受け、監査業務は妥当であると評価いたしました。

 

④ 監査報酬の内容等

a.監査公認会計士等に対する報酬

区分

前事業年度

(自 平成31年4月1日

至 令和2年3月31日)

当事業年度

(自 令和2年4月1日

至 令和3年3月31日)

監査証明業務に

基づく報酬

(千円)

非監査業務に

基づく報酬

(千円)

監査証明業務に

基づく報酬

(千円)

非監査業務に

基づく報酬

(千円)

提出会社

10,454

10,454

10,454

10,454

 

b.その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

前事業年度(自 平成31年4月1日 至 令和2年3月31日)

 該当事項はありません。

 

当事業年度(自 令和2年4月1日 至 令和3年3月31日)

 該当事項はありません。

 

c.監査報酬の決定方針

 監査報酬の決定方針としましては、監査日数・業務の内容等を勘案し、監査役会の同意のもと適切に決定しております。

 

d.監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由

 取締役会が提案した会計監査人に対する報酬等に対して、当社の監査役会が会社法第399条第1項の同意をした理由は、会計監査の実施状況及び過年度報酬等から、相当額であると判断したためであります。

 

(4)【役員の報酬等】

① 役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項

・取締役の個人別報酬等の内容にかかる方針に関する事項

 当社は役員報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針を定めております。

 取締役の報酬の基本方針としては、企業規模、他社の支給状況及び従業員賃金の水準を考慮し、個人の役位・職責・役割の範囲等を総合的に勘案し、決定することを基本の考えとしております。

 当社の取締役の基本報酬は、業績に連動しない固定報酬としております。

 また、取締役の個人別報酬等の内容の決定については、取締役会の決議に基づき、代表取締役社長が委任を受けるものとし、その権限の内容は、各取締役の基本報酬の額の決定としております。その権限を委任した理由は、当社全体の業績を俯瞰しつつ各取締役の担当業務の評価を行うには代表取締役社長が最も適していることによるものです。

 なお、監査役の報酬等については、株主総会の決議により承認された報酬総額の範囲内で監査役間の協議により決定しております。

 当事業年度にかかる取締役の個人別の報酬等については、上記により取締役会から委任を受けた代表取締役社長細谷穰志が決定しております。

 また、取締役会は、当事業年度に係る取締役の個人別の報酬等について、報酬等の内容の決定方法及び決定された報酬等の内容が取締役会で決議された決定方針と整合していることを確認しており、当該決定方針に沿うものであると判断しております。

・取締役及び監査役の報酬等についての株主総会の決議に関する事項

 当社取締役の報酬額につきましては、平成28年6月24日開催の定時株主総会において年額100,000千円以内と決議いただいております。当該株主総会終結時点の取締役の員数は5名(うち社外取締役1名)です。

 当社監査役の報酬額につきましては、平成9年6月27日開催の定時株主総会において年額10,000千円以内と決議いただいております。当該株主総会終結時点の監査役の員数は3名です。

 

② 役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

役員区分

報酬等の

総額

(千円)

報酬等の種類別の総額(千円)

対象となる

役員の員数

(名)

固定報酬

退職慰労金

取締役

(社外取締役を除く)

56,551

48,399

8,151

4

監査役

(社外監査役を除く)

5,295

5,004

291

1

社外役員

5,040

5,040

3

(注)1 「退職慰労金」は、当事業年度に係る役員退職慰労引当金繰入額であります。

 

③ 役員ごとの報酬等の総額等

 報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。

 

④ 使用人兼務役員の使用人給与のうち、重要なもの

 使用人兼務役員は存在しないため、記載しておりません。

 

 

(5)【株式の保有状況】

① 投資株式の区分の基準及び考え方

 当社は「保有目的が純投資目的である投資株式」について、株式の価値の変動又は株式に係る配当によって利益を受ける目的を基準とし「純投資目的以外の目的である投資株式」と区分しています。

 当社の保有する保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式は、対象先との長期的・安定的な関係の維持・強化、事業戦略上のメリットの享受などがはかられ、対象先及び当社の企業価値の向上に資すると判断される場合において、限定的に保有するものであります。

② 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

a.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の内容

 当社では、保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式全てについて、個別銘柄毎に、中長期的な視点から成長性、収益性、取引関係強化等の保有意義及び経済合理性を確認しています。

 検証結果については、保有意義に関して、検証対象の何れも当社の中長期的な経済的利益を増大する目的で保有しており、その妥当性を確認しました。保有の合理性については、検証対象の何れも上記条件を満たしていることを確認致しました。

 

b.銘柄数及び貸借対照表計上額

 

銘柄数

(銘柄)

貸借対照表計上額の

合計額(千円)

非上場株式

非上場株式以外の株式

3

434,471

 

(当事業年度において株式数が増加した銘柄)

 

銘柄数

(銘柄)

株式数の増加に係る取得

価額の合計額(千円)

株式数の増加の理由

非上場株式

非上場株式以外の株式

1

1,166

取引先持株会を通じた株式の取得

 

(当事業年度において株式数が減少した銘柄)

 

銘柄数

(銘柄)

株式数の減少に係る売却

価額の合計額(千円)

非上場株式

非上場株式以外の株式

 

c.特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報

特定投資株式

銘柄

当事業年度

前事業年度

保有目的、定量的な保有効果

及び株式数が増加した理由

当社の株式の

保有の有無

株式数(株)

株式数(株)

貸借対照表計上額

(千円)

貸借対照表計上額

(千円)

日油株式会社

53,000

53,000

(保有目的)円滑な取引関係を維持するために取得後継続保有。

(定量的な保有効果)(注)

306,870

181,790

ミネベアミツミ株式会社

43,461

42,894

(保有目的)円滑な取引関係を維持するために取得後継続保有。

(定量的な保有効果)(注)

(株式数が増加した理由)取引先持株会を通じた株式の取得

122,953

69,230

株式会社りそなホールディングス

10,000

10,000

(保有目的)円滑な取引関係を維持するために取得後継続保有。

(定量的な保有効果)(注)

4,648

3,252

(注) 当社の保有する特定投資株式について定量的な保有効果を記載することは困難でありますが、個別銘柄毎に保有意義及び経済合理性を検証し、その妥当性を確認しております。

 

③ 保有目的が純投資目的である投資株式

区分

当事業年度

前事業年度

銘柄数

(銘柄)

貸借対照表計上額の

合計額(千円)

銘柄数

(銘柄)

貸借対照表計上額の

合計額(千円)

非上場株式

非上場株式以外の株式

1

1,419

1

1,097

 

区分

当事業年度

受取配当金の

合計額(千円)

売却損益の

合計額(千円)

評価損益の

合計額(千円)

非上場株式

非上場株式以外の株式

66

591

 

 

第5【経理の状況】

1 財務諸表の作成方法について

 当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号)に基づいて作成しております。

 

2 監査証明について

 当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、事業年度(令和2年4月1日から令和3年3月31日まで)の財務諸表について、公認会計士 江畑幸雄、公認会計士 赤須克己及び公認会計士 黒須裕により監査を受けております。

 

3 連結財務諸表について

 当社は、子会社がないため、連結財務諸表は作成しておりません。

 

4 財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

 当社は、財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みとして、会計基準等の内容を適切に把握できる体制を整備するため、公益財団法人財務会計基準機構へ加入しております。

 

1【財務諸表等】

(1)【財務諸表】

①【貸借対照表】

 

 

(単位:千円)

 

前事業年度

(令和2年3月31日)

当事業年度

(令和3年3月31日)

資産の部

 

 

流動資産

 

 

現金及び預金

934,073

868,191

受取手形

528

電子記録債権

15,853

13,880

売掛金

278,353

406,088

商品及び製品

43,096

122,521

仕掛品

190,797

231,208

原材料及び貯蔵品

227,124

229,125

前払費用

6,002

6,470

未収入金

2,098

2,054

その他

3,357

2,200

流動資産合計

1,700,758

1,882,268

固定資産

 

 

有形固定資産

 

 

建物

1,596,820

1,633,885

減価償却累計額

1,317,699

1,337,499

建物(純額)

※1 279,120

※1 296,385

構築物

490,658

493,785

減価償却累計額

410,209

418,973

構築物(純額)

80,449

74,811

機械及び装置

293,604

298,304

減価償却累計額

277,598

282,868

機械及び装置(純額)

16,006

15,436

車両運搬具

28,287

24,400

減価償却累計額

25,691

23,541

車両運搬具(純額)

2,596

859

工具、器具及び備品

236,847

245,367

減価償却累計額

207,656

222,836

工具、器具及び備品(純額)

29,190

22,530

土地

※1 1,319,550

※1 1,321,680

リース資産

15,957

17,622

減価償却累計額

4,792

7,927

リース資産(純額)

11,165

9,694

建設仮勘定

18,780

890

有形固定資産合計

1,756,858

1,742,288

無形固定資産

 

 

ソフトウエア

254

リース資産

43,364

38,570

その他

5,942

5,243

無形固定資産合計

49,561

43,814

 

 

 

 

(単位:千円)

 

前事業年度

(令和2年3月31日)

当事業年度

(令和3年3月31日)

投資その他の資産

 

 

投資有価証券

255,370

435,891

出資金

3,125

3,125

差入保証金

920

920

投資その他の資産合計

259,415

439,936

固定資産合計

2,065,835

2,226,039

資産合計

3,766,594

4,108,308

負債の部

 

 

流動負債

 

 

買掛金

71,255

74,937

短期借入金

※1 600,000

※1 500,000

1年内返済予定の長期借入金

※1 11,004

※1 11,004

リース債務

13,103

14,419

未払金

26,586

18,083

未払費用

46,609

46,301

未払法人税等

32,658

41,687

未払消費税等

7,720

41,724

前受金

12,242

15,370

預り金

12,514

14,177

賞与引当金

43,220

46,141

その他

707

709

流動負債合計

877,621

824,556

固定負債

 

 

長期借入金

※1 169,565

※1 258,561

リース債務

42,856

34,726

退職給付引当金

54,632

54,913

役員退職慰労引当金

68,135

76,579

製品保証引当金

469

2,141

長期預り保証金

54,139

55,139

長期預り金

9,349

繰延税金負債

6,830

56,261

資産除去債務

9,434

9,434

固定負債合計

406,064

557,107

負債合計

1,283,685

1,381,664

 

 

 

 

(単位:千円)

 

前事業年度

(令和2年3月31日)

当事業年度

(令和3年3月31日)

純資産の部

 

 

株主資本

 

 

資本金

201,600

201,600

資本剰余金

 

 

資本準備金

18,121

18,121

資本剰余金合計

18,121

18,121

利益剰余金

 

 

利益準備金

50,400

50,400

その他利益剰余金

 

 

別途積立金

1,350,000

1,350,000

繰越利益剰余金

736,802

856,101

利益剰余金合計

2,137,202

2,256,501

自己株式

14,690

14,690

株主資本合計

2,342,233

2,461,532

評価・換算差額等

 

 

その他有価証券評価差額金

140,675

265,111

評価・換算差額等合計

140,675

265,111

純資産合計

2,482,908

2,726,644

負債純資産合計

3,766,594

4,108,308

 

②【損益計算書】

 

 

(単位:千円)

 

 前事業年度

(自 平成31年4月1日

 至 令和2年3月31日)

 当事業年度

(自 令和2年4月1日

 至 令和3年3月31日)

売上高

 

 

製品売上高

1,381,985

1,390,360

賃貸売上高

167,767

167,295

売上高合計

1,549,753

1,557,656

売上原価

 

 

製品売上原価

 

 

製品期首たな卸高

38,323

43,096

当期製品仕入高

34,671

39,237

当期製品製造原価

991,368

1,029,496

合計

1,064,363

1,111,830

製品期末たな卸高

43,096

122,521

差引

1,021,266

989,309

不動産賃貸原価

45,240

46,307

売上原価合計

1,066,507

1,035,616

売上総利益

483,245

522,039

販売費及び一般管理費

 

 

発送費

20,331

20,737

製品保証引当金繰入額

2,141

製品保証引当金戻入額

932

役員報酬

59,085

58,443

従業員給料

76,299

80,902

福利厚生費

24,419

23,806

賞与引当金繰入額

23,127

24,388

退職給付引当金繰入額

2,207

2,533

退職給付費用

725

役員退職慰労引当金繰入額

8,878

8,443

旅費及び交通費

6,780

5,584

通信費

3,631

3,552

事務用消耗品費

1,596

1,553

租税公課

8,871

9,882

賃借料

4,126

4,666

修繕費

1,799

2,288

交際費

2,792

925

広告宣伝費

2,315

2,061

支払手数料

23,509

22,044

研究開発費

※1 9,121

※1 9,087

株主関連費用

5,195

5,286

減価償却費

3,079

3,203

その他

28,610

31,749

販売費及び一般管理費合計

314,850

324,009

営業利益

168,395

198,030

 

 

 

 

(単位:千円)

 

 前事業年度

(自 平成31年4月1日

 至 令和2年3月31日)

 当事業年度

(自 令和2年4月1日

 至 令和3年3月31日)

営業外収益

 

 

受取利息

50

5

受取配当金

6,054

5,699

雑収入

1,247

1,724

営業外収益合計

7,352

7,429

営業外費用

 

 

支払利息

4,247

3,883

雑損失

435

508

営業外費用合計

4,682

4,391

経常利益

171,065

201,068

特別利益

 

 

固定資産売却益

※2 363

保険差益

1,092

特別利益合計

1,092

363

特別損失

 

 

固定資産除却損

※3 269

※3 83

訴訟関連損失

5,896

特別損失合計

6,166

83

税引前当期純利益

165,991

201,348

法人税、住民税及び事業税

56,543

63,521

法人税等調整額

4,768

5,486

法人税等合計

51,775

58,034

当期純利益

114,216

143,314

 

【製造原価明細書】

 

 

前事業年度

(自 平成31年4月1日

至 令和2年3月31日)

当事業年度

(自 令和2年4月1日

至 令和3年3月31日)

区分

注記

番号

金額(千円)

構成比

(%)

金額(千円)

構成比

(%)

Ⅰ 材料費

 

440,296

41.8

439,885

39.7

Ⅱ 労務費

 

395,883

37.6

399,842

36.1

Ⅲ 経費

※1

217,467

20.6

268,125

24.2

当期総製造費用

 

1,053,647

100.0

1,107,854

100.0

仕掛品期首棚卸高

 

147,716

 

190,797

 

合計

 

1,201,364

 

1,298,652

 

仕掛品期末棚卸高

 

190,797

 

231,208

 

他勘定振替高

※2

19,198

 

37,947

 

当期製品製造原価

 

991,368

 

1,029,496

 

 

(原価計算の方法)

 原価計算の方法は、個別原価計算によっております。

 

※1 主な内訳は次のとおりです。

項目

前事業年度

(自 平成31年4月1日

至 令和2年3月31日)

当事業年度

(自 令和2年4月1日

至 令和3年3月31日)

外注加工費

90,751千円

100,802千円

減価償却費

44,357千円

50,331千円

 

※2 他勘定振替高の内容は、次のとおりです。

項目

前事業年度

(自 平成31年4月1日

至 令和2年3月31日)

当事業年度

(自 令和2年4月1日

至 令和3年3月31日)

販売費及び一般管理費中の研究開発費

9,121千円

9,087千円

販売費及び一般管理費中の製品補修費

80千円

4,601千円

販売費及び一般管理費中の広告宣伝費

610千円

188千円

製造原価中の仕損費

1,223千円

2,120千円

製造原価中の改良費

5,382千円

21,059千円

製造原価中の修繕費

479千円

-千円

有形固定資産中の機械装置

1,447千円

-千円

有形固定資産中の工具、器具及び備品

851千円

-千円

有形固定資産中の建設仮勘定

-千円

890千円

合計

19,198千円

37,947千円

 

【不動産賃貸原価明細書】

 

前事業年度

(自 平成31年4月1日

至 令和2年3月31日)

当事業年度

(自 令和2年4月1日

至 令和3年3月31日)

区分

金額(千円)

構成比

(%)

金額(千円)

構成比

(%)

Ⅰ 減価償却費

12,867

28.4

12,830

27.7

Ⅱ 租税公課

12,058

26.7

12,100

26.1

Ⅲ その他諸費用

20,314

44.9

21,376

46.2

合計

45,240

100.0

46,307

100.0

 

③【株主資本等変動計算書】

前事業年度(自 平成31年4月1日 至 令和2年3月31日)

 

 

 

 

 

 

(単位:千円)

 

株主資本

 

資本金

資本剰余金

利益剰余金

 

資本準備金

資本剰余金合計

利益準備金

その他利益剰余金

利益剰余金合計

 

別途積立金

繰越利益剰余金

当期首残高

201,600

18,121

18,121

50,400

1,350,000

650,603

2,051,003

当期変動額

 

 

 

 

 

 

 

剰余金の配当

 

 

 

 

 

28,017

28,017

当期純利益

 

 

 

 

 

114,216

114,216

自己株式の取得

 

 

 

 

 

 

 

株主資本以外の項目の当期変動額(純額)

 

 

 

 

 

 

 

当期変動額合計

86,198

86,198

当期末残高

201,600

18,121

18,121

50,400

1,350,000

736,802

2,137,202

 

 

 

 

 

 

 

 

株主資本

評価・換算差額等

純資産合計

 

自己株式

株主資本合計

その他有価証券評価差額金

評価・換算差額等合計

当期首残高

14,689

2,256,035

156,120

156,120

2,412,156

当期変動額

 

 

 

 

 

剰余金の配当

 

28,017

 

 

28,017

当期純利益

 

114,216

 

 

114,216

自己株式の取得

0

0

 

 

0

株主資本以外の項目の当期変動額(純額)

 

 

15,445

15,445

15,445

当期変動額合計

0

86,197

15,445

15,445

70,752

当期末残高

14,690

2,342,233

140,675

140,675

2,482,908

 

当事業年度(自 令和2年4月1日 至 令和3年3月31日)

 

 

 

 

 

 

(単位:千円)

 

株主資本

 

資本金

資本剰余金

利益剰余金

 

資本準備金

資本剰余金合計

利益準備金

その他利益剰余金

利益剰余金合計

 

別途積立金

繰越利益剰余金

当期首残高

201,600

18,121

18,121

50,400

1,350,000

736,802

2,137,202

当期変動額

 

 

 

 

 

 

 

剰余金の配当

 

 

 

 

 

24,015

24,015

当期純利益

 

 

 

 

 

143,314

143,314

自己株式の取得

 

 

 

 

 

 

 

株主資本以外の項目の当期変動額(純額)

 

 

 

 

 

 

 

当期変動額合計

119,299

119,299

当期末残高

201,600

18,121

18,121

50,400

1,350,000

856,101

2,256,501