EDINET閲覧(提出)サイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)をもとに上場企業サーチ作成

本ページはEDINETに提出された開示情報を上場企業サーチが加工/編集したものであり、記載された情報の正確性および完全性について上場企業サーチは一切の保証を行いません。本ページの情報を利用する際は自己の責任で判断頂き、意思決定に際しては適宜EDINETや提出会社が公開するオリジナルを参照する様にしてください。本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

【表紙】

 

【提出書類】

有価証券報告書

【根拠条文】

金融商品取引法第24条第1項

【提出先】

関東財務局長

【提出日】

2022年3月29日

【事業年度】

第96期(自 2021年1月1日 至 2021年12月31日)

【会社名】

ミヨシ油脂株式会社

【英訳名】

Miyoshi Oil & Fat Co., Ltd.

【代表者の役職氏名】

代表取締役社長兼CEO  三 木 逸 郎

【本店の所在の場所】

東京都葛飾区堀切四丁目66番1号

【電話番号】

03(3603)1111(代表)

【事務連絡者氏名】

経理財務部長  小 河 尚 典

【最寄りの連絡場所】

東京都葛飾区堀切四丁目66番1号

【電話番号】

03(3603)1149

【事務連絡者氏名】

経理財務部長  小 河 尚 典

【縦覧に供する場所】

株式会社東京証券取引所

(東京都中央区日本橋兜町2番1号)

 

 

E00881 44040 ミヨシ油脂株式会社 Miyoshi Oil & Fat Co., Ltd. 企業内容等の開示に関する内閣府令 第三号様式 Japan GAAP true cte cte 2021-01-01 2021-12-31 FY 2021-12-31 2020-01-01 2020-12-31 2020-12-31 1 false false false E00881-000 2022-03-29 E00881-000 2017-01-01 2017-12-31 E00881-000 2018-01-01 2018-12-31 E00881-000 2019-01-01 2019-12-31 E00881-000 2020-01-01 2020-12-31 E00881-000 2021-01-01 2021-12-31 E00881-000 2017-12-31 E00881-000 2018-12-31 E00881-000 2019-12-31 E00881-000 2020-12-31 E00881-000 2021-12-31 E00881-000 2017-01-01 2017-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00881-000 2018-01-01 2018-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00881-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00881-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00881-000 2021-01-01 2021-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00881-000 2017-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00881-000 2018-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00881-000 2019-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00881-000 2020-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00881-000 2021-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00881-000 2021-12-31 jpcrp030000-asr_E00881-000:FoodsBusinessReportableSegmentsMember E00881-000 2021-12-31 jpcrp030000-asr_E00881-000:OilChemicalsBusinessReportableSegmentsMember E00881-000 2021-12-31 jpcrp_cor:CorporateSharedMember E00881-000 2021-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E00881-000:FoodsBusinessReportableSegmentsMember E00881-000 2021-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E00881-000:OilChemicalsBusinessReportableSegmentsMember E00881-000 2021-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp_cor:CorporateSharedMember E00881-000 2021-01-01 2021-12-31 jpcrp030000-asr_E00881-000:FoodsBusinessReportableSegmentsMember E00881-000 2021-01-01 2021-12-31 jpcrp030000-asr_E00881-000:OilChemicalsBusinessReportableSegmentsMember E00881-000 2021-01-01 2021-12-31 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E00881-000 2022-03-29 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E00881-000 2021-12-31 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E00881-000 2021-12-31 jpcrp_cor:No1MajorShareholdersMember E00881-000 2021-12-31 jpcrp_cor:No2MajorShareholdersMember E00881-000 2021-12-31 jpcrp_cor:No3MajorShareholdersMember E00881-000 2021-12-31 jpcrp_cor:No4MajorShareholdersMember E00881-000 2021-12-31 jpcrp_cor:No5MajorShareholdersMember E00881-000 2021-12-31 jpcrp_cor:No6MajorShareholdersMember E00881-000 2021-12-31 jpcrp_cor:No7MajorShareholdersMember E00881-000 2021-12-31 jpcrp_cor:No8MajorShareholdersMember E00881-000 2021-12-31 jpcrp_cor:No9MajorShareholdersMember E00881-000 2021-12-31 jpcrp_cor:No10MajorShareholdersMember E00881-000 2021-12-31 jpcrp_cor:SharesWithNoVotingRightsMember E00881-000 2021-12-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsTreasurySharesEtcMember E00881-000 2021-12-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsOtherMember E00881-000 2021-12-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesTreasurySharesSharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E00881-000 2021-12-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesReciprocalHoldingSharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E00881-000 2021-12-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsOtherMember E00881-000 2021-12-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesLessThanOneUnitMember E00881-000 2021-12-31 jpcrp_cor:Row1Member E00881-000 2021-12-31 jpcrp_cor:Row2Member E00881-000 2022-03-29 jpcrp_cor:Row1Member E00881-000 2022-03-29 jpcrp030000-asr_E00881-000:MikiItsuroMember E00881-000 2022-03-29 jpcrp030000-asr_E00881-000:YamashitaFumioMember E00881-000 2022-03-29 jpcrp030000-asr_E00881-000:MatsumaruMitsuakiMember E00881-000 2022-03-29 jpcrp030000-asr_E00881-000:TakeshitaShoichiMember E00881-000 2022-03-29 jpcrp030000-asr_E00881-000:SudoMotooMember E00881-000 2022-03-29 jpcrp030000-asr_E00881-000:YoshidayaRyoichiMember E00881-000 2022-03-29 jpcrp030000-asr_E00881-000:MurayamaKenjiMember E00881-000 2022-03-29 jpcrp030000-asr_E00881-000:KurodaKanakoMember E00881-000 2022-03-29 jpcrp030000-asr_E00881-000:ShizukuishiHideakiMember E00881-000 2022-03-29 jpcrp030000-asr_E00881-000:TakashimaOsamuMember E00881-000 2022-03-29 jpcrp030000-asr_E00881-000:MiyakoshiTetsuyaMember E00881-000 2022-03-29 jpcrp030000-asr_E00881-000:HirakawaYoshiroMember E00881-000 2022-03-29 jpcrp_cor:Row2Member E00881-000 2022-03-29 jpcrp_cor:Row3Member E00881-000 2022-03-29 jpcrp_cor:Row4Member E00881-000 2022-03-29 jpcrp_cor:Row5Member E00881-000 2022-03-29 jpcrp_cor:Row6Member E00881-000 2022-03-29 jpcrp_cor:Row7Member E00881-000 2022-03-29 jpcrp_cor:Row8Member E00881-000 2021-01-01 2021-12-31 jpcrp_cor:DirectorsExcludingOutsideDirectorsMember E00881-000 2021-01-01 2021-12-31 jpcrp_cor:CorporateAuditorsExcludingOutsideCorporateAuditorsMember E00881-000 2021-01-01 2021-12-31 jpcrp_cor:OutsideDirectorsAndOtherOfficersMember E00881-000 2020-12-31 jpcrp_cor:Row1Member E00881-000 2020-12-31 jpcrp_cor:Row2Member E00881-000 2021-12-31 jpcrp_cor:Row3Member E00881-000 2020-12-31 jpcrp_cor:Row3Member E00881-000 2021-12-31 jpcrp_cor:Row4Member E00881-000 2020-12-31 jpcrp_cor:Row4Member E00881-000 2021-12-31 jpcrp_cor:Row5Member E00881-000 2020-12-31 jpcrp_cor:Row5Member E00881-000 2021-12-31 jpcrp_cor:Row6Member E00881-000 2020-12-31 jpcrp_cor:Row6Member E00881-000 2021-12-31 jpcrp_cor:Row7Member E00881-000 2020-12-31 jpcrp_cor:Row7Member E00881-000 2021-12-31 jpcrp_cor:Row8Member E00881-000 2020-12-31 jpcrp_cor:Row8Member E00881-000 2021-12-31 jpcrp_cor:Row9Member E00881-000 2020-12-31 jpcrp_cor:Row9Member E00881-000 2021-12-31 jpcrp_cor:Row10Member E00881-000 2020-12-31 jpcrp_cor:Row10Member E00881-000 2021-12-31 jpcrp_cor:Row11Member E00881-000 2020-12-31 jpcrp_cor:Row11Member E00881-000 2021-12-31 jpcrp_cor:Row12Member E00881-000 2020-12-31 jpcrp_cor:Row12Member E00881-000 2021-12-31 jpcrp_cor:Row13Member E00881-000 2020-12-31 jpcrp_cor:Row13Member E00881-000 2021-12-31 jpcrp_cor:Row14Member E00881-000 2020-12-31 jpcrp_cor:Row14Member E00881-000 2021-12-31 jpcrp_cor:Row15Member E00881-000 2020-12-31 jpcrp_cor:Row15Member E00881-000 2021-12-31 jpcrp_cor:Row16Member E00881-000 2020-12-31 jpcrp_cor:Row16Member E00881-000 2021-12-31 jpcrp_cor:Row17Member E00881-000 2020-12-31 jpcrp_cor:Row17Member E00881-000 2021-12-31 jpcrp_cor:Row18Member E00881-000 2020-12-31 jpcrp_cor:Row18Member E00881-000 2021-12-31 jpcrp_cor:Row19Member E00881-000 2020-12-31 jpcrp_cor:Row19Member E00881-000 2021-12-31 jpcrp_cor:Row20Member E00881-000 2020-12-31 jpcrp_cor:Row20Member E00881-000 2021-12-31 jpcrp_cor:Row21Member E00881-000 2020-12-31 jpcrp_cor:Row21Member E00881-000 2021-12-31 jpcrp_cor:Row22Member E00881-000 2020-12-31 jpcrp_cor:Row22Member E00881-000 2021-12-31 jpcrp_cor:Row23Member E00881-000 2020-12-31 jpcrp_cor:Row23Member E00881-000 2021-12-31 jpcrp_cor:Row24Member E00881-000 2020-12-31 jpcrp_cor:Row24Member E00881-000 2021-12-31 jpcrp_cor:Row25Member E00881-000 2020-12-31 jpcrp_cor:Row25Member E00881-000 2021-12-31 jpcrp_cor:Row26Member E00881-000 2020-12-31 jpcrp_cor:Row26Member E00881-000 2021-12-31 jpcrp_cor:Row27Member E00881-000 2020-12-31 jpcrp_cor:Row27Member E00881-000 2021-12-31 jpcrp_cor:Row28Member E00881-000 2020-12-31 jpcrp_cor:Row28Member E00881-000 2021-12-31 jpcrp_cor:Row29Member E00881-000 2020-12-31 jpcrp_cor:Row29Member E00881-000 2021-12-31 jpcrp_cor:Row30Member E00881-000 2020-12-31 jpcrp_cor:Row30Member E00881-000 2021-12-31 jpcrp_cor:Row31Member E00881-000 2020-12-31 jpcrp_cor:Row31Member E00881-000 2021-12-31 jpcrp_cor:Row32Member E00881-000 2020-12-31 jpcrp_cor:Row32Member E00881-000 2021-12-31 jpcrp_cor:Row33Member E00881-000 2020-12-31 jpcrp_cor:Row33Member E00881-000 2021-12-31 jpcrp_cor:Row34Member E00881-000 2020-12-31 jpcrp_cor:Row34Member E00881-000 2021-12-31 jpcrp_cor:Row35Member E00881-000 2020-12-31 jpcrp_cor:Row35Member E00881-000 2021-12-31 jpcrp_cor:Row36Member E00881-000 2020-12-31 jpcrp_cor:Row36Member E00881-000 2021-12-31 jpcrp_cor:Row37Member E00881-000 2020-12-31 jpcrp_cor:Row37Member E00881-000 2021-12-31 jpcrp_cor:Row38Member E00881-000 2020-12-31 jpcrp_cor:Row38Member E00881-000 2021-12-31 jpcrp_cor:Row39Member E00881-000 2020-12-31 jpcrp_cor:Row39Member E00881-000 2021-12-31 jpcrp_cor:Row40Member E00881-000 2020-12-31 jpcrp_cor:Row40Member E00881-000 2021-12-31 jpcrp_cor:Row41Member E00881-000 2020-12-31 jpcrp_cor:Row41Member E00881-000 2021-12-31 jpcrp_cor:Row42Member E00881-000 2020-12-31 jpcrp_cor:Row42Member E00881-000 2020-12-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E00881-000 2019-12-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E00881-000 2019-12-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00881-000 2020-12-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00881-000 2020-12-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00881-000 2019-12-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00881-000 2020-12-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E00881-000 2019-12-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E00881-000 2019-12-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00881-000 2020-12-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00881-000 2020-12-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00881-000 2019-12-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00881-000 2019-12-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E00881-000 2020-12-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E00881-000 2020-12-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00881-000 2019-12-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00881-000 2019-12-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E00881-000 2020-12-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E00881-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00881-000 2021-01-01 2021-12-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00881-000 2021-01-01 2021-12-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00881-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00881-000 2021-01-01 2021-12-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E00881-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E00881-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00881-000 2021-01-01 2021-12-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00881-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E00881-000 2021-01-01 2021-12-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E00881-000 2021-01-01 2021-12-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00881-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00881-000 2021-01-01 2021-12-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E00881-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E00881-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E00881-000 2021-01-01 2021-12-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E00881-000 2021-01-01 2021-12-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00881-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00881-000 2021-12-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E00881-000 2021-12-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00881-000 2021-12-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00881-000 2021-12-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E00881-000 2021-12-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00881-000 2021-12-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00881-000 2021-12-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E00881-000 2021-12-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00881-000 2021-12-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E00881-000 2020-01-01 2020-12-31 jpcrp030000-asr_E00881-000:FoodsBusinessReportableSegmentsMember E00881-000 2020-01-01 2020-12-31 jpcrp030000-asr_E00881-000:OilChemicalsBusinessReportableSegmentsMember E00881-000 2021-01-01 2021-12-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E00881-000 2020-01-01 2020-12-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E00881-000 2020-01-01 2020-12-31 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E00881-000 2021-01-01 2021-12-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E00881-000 2020-01-01 2020-12-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E00881-000 2021-01-01 2021-12-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E00881-000 2020-01-01 2020-12-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E00881-000 2020-12-31 jpcrp030000-asr_E00881-000:FoodsBusinessReportableSegmentsMember E00881-000 2020-12-31 jpcrp030000-asr_E00881-000:OilChemicalsBusinessReportableSegmentsMember E00881-000 2021-12-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E00881-000 2020-12-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E00881-000 2020-12-31 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E00881-000 2021-12-31 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E00881-000 2021-12-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E00881-000 2020-12-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E00881-000 2020-12-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E00881-000 2021-12-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E00881-000 2020-12-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00881-000 2019-12-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00881-000 2020-12-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00881-000 2019-12-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00881-000 2019-12-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00881-000 2020-12-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00881-000 2020-12-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00881-000 2019-12-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00881-000 2019-12-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00881-000 2020-12-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00881-000 2019-12-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00881-000 2020-12-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00881-000 2019-12-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00881-000 2020-12-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00881-000 2020-12-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00881-000 2019-12-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00881-000 2019-12-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00881-000 2020-12-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00881-000 2019-12-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00881-000 2020-12-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00881-000 2019-12-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00881-000 2020-12-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00881-000 2021-01-01 2021-12-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00881-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00881-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00881-000 2021-01-01 2021-12-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00881-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00881-000 2021-01-01 2021-12-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00881-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00881-000 2021-01-01 2021-12-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00881-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00881-000 2021-01-01 2021-12-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00881-000 2021-01-01 2021-12-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00881-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00881-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00881-000 2021-01-01 2021-12-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00881-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00881-000 2021-01-01 2021-12-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00881-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00881-000 2021-01-01 2021-12-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00881-000 2021-01-01 2021-12-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00881-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00881-000 2021-01-01 2021-12-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00881-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00881-000 2021-12-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00881-000 2021-12-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00881-000 2021-12-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00881-000 2021-12-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00881-000 2021-12-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00881-000 2021-12-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00881-000 2021-12-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00881-000 2021-12-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00881-000 2021-12-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00881-000 2021-12-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00881-000 2021-12-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember iso4217:JPY iso4217:JPY xbrli:shares xbrli:pure xbrli:shares

第一部 【企業情報】

 

第1 【企業の概況】

 

1 【主要な経営指標等の推移】

(1) 連結経営指標等

 

回次

第92期

第93期

第94期

第95期

第96期

決算年月

2017年12月

2018年12月

2019年12月

2020年12月

2021年12月

売上高

(百万円)

46,289

45,660

44,941

43,080

47,476

経常利益

(百万円)

1,334

945

1,418

1,447

984

親会社株主に帰属する当期純利益

(百万円)

793

688

1,306

1,018

677

包括利益

(百万円)

2,068

1,051

1,560

250

1,504

純資産額

(百万円)

25,298

23,734

24,883

24,221

25,291

総資産額

(百万円)

53,862

51,277

52,477

49,186

52,623

1株当たり純資産額

(円)

2,454.66

2,318.83

2,431.65

2,366.38

2,475.04

1株当たり当期純利益

(円)

77.09

67.14

127.77

99.61

66.35

潜在株式調整後
1株当たり当期純利益

(円)

自己資本比率

(%)

46.9

46.2

47.4

49.2

48.0

自己資本利益率

(%)

3.3

2.8

5.4

4.2

2.7

株価収益率

(倍)

19.2

15.6

9.9

12.2

19.0

営業活動による
キャッシュ・フロー

(百万円)

3,085

1,051

3,665

2,390

3,346

投資活動による
キャッシュ・フロー

(百万円)

1,913

1,283

1,406

2,500

1,436

財務活動による
キャッシュ・フロー

(百万円)

296

514

1,160

1,257

1,236

現金及び現金同等物
の期末残高

(百万円)

4,846

5,128

6,227

4,859

5,532

従業員数

(名)

559

557

565

590

579

[外、平均臨時雇用者数]

[80]

[87]

[80]

[68]

[62]

 

(注) 1 売上高には、消費税等は含まれておりません。

2 潜在株式調整後1株当たり当期純利益は、潜在株式がないため記載しておりません。

3 2017年7月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株式併合を行っております。第92期の期首に当該
株式併合が行われたと仮定し、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益を算定しております。

4 第93期より、「役員報酬BIP信託」を導入しており、当該信託が保有する当社株式を連結財務諸表におい
て自己株式として計上しております。これに伴い、1株当たり当期純利益の算定上、当該信託が保有する
当社株式を期中平均株式数の計算において控除する自己株式に含めております。また、1株当たり純資産
額の算定上、当該信託が保有する当社株式を期末発行済株式総数から控除する自己株式に含めております。

5 「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第94期の
期首から適用しており、第93期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後
の指標等となっております。

 

(2) 提出会社の経営指標等

 

回次

第92期

第93期

第94期

第95期

第96期

決算年月

2017年12月

2018年12月

2019年12月

2020年12月

2021年12月

売上高

(百万円)

43,862

43,205

42,462

40,797

45,244

経常利益

(百万円)

1,252

933

1,456

1,362

910

当期純利益

(百万円)

740

678

981

945

632

資本金

(百万円)

9,015

9,015

9,015

9,015

9,015

発行済株式総数

(株)

10,306,895

10,306,895

10,306,895

10,306,895

10,306,895

純資産額

(百万円)

23,626

22,601

23,084

22,882

23,567

総資産額

(百万円)

50,618

48,843

49,026

46,622

49,581

1株当たり純資産額

(円)

2,293.42

2,209.37

2,256.69

2,236.95

2,308.20

1株当たり配当額
(内1株当たり中間配当額)

(円)

40

40

40

40

40

(―)

(―)

(―)

(―)

(―)

(円)

1株当たり当期純利益

(円)

71.85

66.15

95.92

92.45

61.85

潜在株式調整後
1株当たり当期純利益

(円)

自己資本比率

(%)

46.7

46.3

47.1

49.1

47.5

自己資本利益率

(%)

3.2

2.9

4.3

4.1

2.7

株価収益率

(倍)

20.6

15.8

13.2

13.2

20.4

配当性向

(%)

55.7

60.5

41.7

43.3

64.7

従業員数

(名)

499

499

506

528

521

[外、平均臨時雇用者数]

[71]

[78]

[71]

[60]

[54]

株主総利回り

(%)

105.0

77.8

95.9

95.2

100.8

(比較指標:配当込みTOPIX)

(%)

(122.2)

(102.7)

(121.3)

(130.3)

(146.9)

最高株価

(円)

148
(1,578)

1,528

1,319

1,344

1,370

最低株価

(円)

133
(1,352)

987

1,001

840

1,152

 

(注) 1 売上高には、消費税等は含まれておりません。

2 潜在株式調整後1株当たり当期純利益は、潜在株式がないため記載しておりません。

3 2017年7月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株式併合を行っております。第92期の期首に当該
株式併合が行われたと仮定し、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益を算定しております。

4 第93期より、「役員報酬BIP信託」を導入しており、当該信託が保有する当社株式を財務諸表において自
己株式として計上しております。これに伴い、1株当たり当期純利益の算定上、当該信託が保有する当社
株式を期中平均株式数の計算において控除する自己株式に含めております。また、1株当たり純資産額の
算定上、当該信託が保有する当社株式を期末発行済株式総数から控除する自己株式に含めております。

5 「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第94期の
期首から適用しており、第93期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後
の指標等となっております。

6  最高株価および最低株価は、東京証券取引所市場第一部におけるものであります。

7 2017年7月1日付で当社普通株式10株を1株に株式併合しております。そのため、第92期の株価につきま
しては株式併合前の最高・最低株価を記載し、( )内に株式併合後の最高・最低株価を記載しております。

 

2 【沿革】

 

年月

沿革

1921年11月

繊維工業用石鹸の製造を目的としてミヨシ石鹸工業合資会社を設立

1937年2月

ミヨシ化学興業株式会社に改組、脂肪酸、繊維油剤を製造

1941年6月

マーガリンの製造を開始、食品分野に進出

1949年2月

ミヨシ油脂株式会社に社名変更

1949年5月

東京証券取引所市場第一部に上場

1949年6月

大阪出張所(現大阪支店)を開設

1950年2月

名古屋出張所(現名古屋支店)を開設

1950年3月

高級アルコールおよび粉末石鹸の製造を開始

1960年10月

神戸工場に、合成洗剤・食用油脂・工業用油脂製造設備を建設

1962年3月

九州営業所(現福岡支店)を開設

1963年7月

綾瀬運輸梱包㈱(現ミヨシ物流㈱)を設立

1967年11月

名古屋工場に、合成洗剤・化成品・食用油脂製造設備を建設

1971年5月

鐘紡㈱(現クラシエホールディングス㈱)との共同出資により、カネボウ石鹸製造㈱(現セキセイT&C㈱)を名古屋工場内に設立、化粧石鹸およびシャンプー類の製造を開始
食料品等の販売会社日正商事㈱(現ミヨシ商事㈱)を子会社化

1972年12月

大洋漁業㈱(現マルハニチロ㈱)との共同出資により、食用油脂の製造を目的とする㈱大洋ミヨシ千葉精油所を設立

1975年5月

重金属吸着用キレート樹脂を開発し、販売を開始

1980年11月

ホイップクリーム工場完成、販売を開始

1986年10月

千葉工場にマーガリン製造設備を建設

1988年11月

千葉工場の粉末油脂製造設備稼動

1991年8月

マレーシアの脂肪酸製造会社パームオレオ社に資本参加

1991年12月

動・植物油脂類の保管事業を目的とする日本タンクターミナル㈱を系列化

1992年7月

㈱大洋ミヨシ千葉精油所を吸収合併、千葉工場に併合

1995年1月

阪神・淡路大震災により神戸工場が壊滅的被害

1998年8月

神戸工場に新マーガリン工場が完成

2001年1月

本社内に食品研究所(現食品油脂研究所)を設立

2002年5月

千葉工場に新マーガリン工場が完成

2003年1月

食料品等の販売会社日正商事㈱、ミユキ商事㈱、ミヨシ商事㈱、㈱岡山食販は合併、日正商事㈱を存続会社としてミヨシ商事㈱に商号変更

2016年1月

スウェーデンのAAK社と合弁会社AAK・ミヨシジャパン㈱を設立し、チョコレート用油脂事業に参入

2016年6月

神戸工場に新精製工場の建設

2019年8月

ミヨシファクトリー㈱でカフェ事業を開始

 

 

 

3 【事業の内容】

当社の企業集団は、当社、子会社4社、関連会社3社および関連当事者(主要株主)2社で構成され、天然油脂を原料ベースとした食用油脂、工業用油脂、各種脂肪酸、化成品、環境関連製品等の製造ならびに販売を主な事業内容とし、さらに、各事業に関する物流およびこれらに附帯するサービス業務等の事業活動を展開しております。

当社グループの事業に係る位置付けおよびセグメントとの関連は次のとおりであります。

なお、セグメントと同一の区分であります。

食品事業

 食用油脂は、当社が製造し、需要家および代理店に販売しております。この代理店に連結子会社のミヨシ商事㈱が含まれております。

 関連当事者(主要株主)の山崎製パン㈱に、代理店を経由し製品を販売しております。また、関連当事者(主要株主)の日清オイリオグループ㈱より、主に商社等の代理店を経由して油脂原料を購入しております。

 関連会社のAAK・ミヨシジャパン㈱は、当社がチョコレート用油脂事業参入に際し締結した合弁事業契約に基づき設立したものであります。

 

 

油化事業

 工業用油脂、各種脂肪酸は、当社が製造し、需要家および代理店に販売しております。この代理店に連結子会社のミヨシ商事㈱が含まれております。持分法適用関連会社のセキセイT&C㈱は、当社の脂肪酸を一部原料とし、石鹸等の製造ならびに販売を行っております。

 化成品、環境関連製品は、当社が製造し、需要家および代理店に販売しております。この代理店に連結子会社のミヨシ商事㈱が含まれております。

 

 

その他

 非連結子会社のミヨシ共栄㈱は、主に当社の原料の供給業務、連結子会社のミヨシ物流㈱は、当社製品の物流業務、非連結子会社のミヨシファクトリー㈱は、飲食事業を行っており、持分法適用関連会社の日本タンクターミナル㈱は、主に油脂原料を扱う倉庫業および港湾輸送業等を行っております。

 

 

事業の系統図は、次のとおりです。

 


 

 

4 【関係会社の状況】

 

名称

住所

資本金又は
出資金
(百万円)

主要な事業
の内容

議決権の
所有割合
(%)

関係内容

(連結子会社)

 

 

 

 

 

ミヨシ商事㈱ (注)4

東京都葛飾区

65

食品事業

および

油化事業

100.0

当社製品の販売先および
仕入商品の購入先、
不動産の賃貸

ミヨシ物流㈱ 

東京都葛飾区

100

その他

80.6

当社製品の物流業務、 

不動産の賃貸

(持分法適用関連会社)

 

 

 

 

 

セキセイT&C㈱

愛知県岩倉市

100

油化事業

50.0

当社製品の販売先、
不動産の賃貸
役員の兼任 1名

日本タンクターミナル㈱

千葉市美浜区

157

その他

43.4

当社原料の保管
および港湾運送業
役員の兼任 2名

 

(注) 1 主要な事業の内容欄には、セグメント情報に記載された名称を記載しております。

2 上記子会社は、特定子会社に該当しておりません。

3 上記会社は、有価証券届出書および有価証券報告書を提出しておりません。

4 ミヨシ商事㈱に対し、同社の買掛金債務等について保証を行っております。

 

5 【従業員の状況】

(1) 連結会社の状況

2021年12月31日現在

セグメントの名称

従業員数(名)

食品事業

328

[26]

油化事業

135

[19]

全社共通

116

[17]

合計

579

[62]

 

(注) 従業員数は就業人員であり、臨時従業員数は[ ]内に当連結会計年度の平均人員を外数で記載しております。

    なお、臨時従業員には、パートタイマーを含み、派遣社員を除いております。

 

(2) 提出会社の状況

2021年12月31日現在

従業員数(名)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(円)

521

[54]

41.5

18.0

6,498,623

 

 

セグメントの名称

従業員数(名)

食品事業

305

[24]

油化事業

135

[19]

全社共通

81

[11]

合計

521

[54]

 

(注) 1 従業員数は就業人員であり、臨時従業員数は[ ]内に当事業年度の平均人員を外数で記載しております。

      なお、臨時従業員には、パートタイマーを含み、派遣社員を除いております。

2 平均年間給与は、賞与および基準外賃金を含んでおります。

 

(3) 労働組合の状況

提出会社の労働組合は日本労働組合総連合会、日本化学エネルギー産業労働組合連合会に属し、組合員数は467名でユニオンショップ制であります。

なお、当社グループの労使関係については概ね良好であります。

 

第2 【事業の状況】

 

1 【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

  文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において、当社グループが判断したものであります。

 

(1)経営の基本方針

 ① 経営理念

当社グループは、「人によし、社会によし、未来によし。」の経営理念のもと、油脂の力を活かした“ものづくり”を通して、すべての人から信頼される企業であり続けることを目指しております。

 ② 目標とする経営指標

当社グループは、株主資本の効率的運用による投資効率の高い経営を図るため、自己資本利益率(ROE)5.0%以上を目標経営指標としております。

 

(2)経営環境

     ・企業構造

当社事業の中核をなすのは、「油脂」の力を活かしたものづくりです。当社では、食品事業と油化事業の二本柱で強固な経営基盤の構築に努めており、環境に左右されない「持続的成長基盤」の確立を目指しております。

 

     ・主要製品と競争優位性

当社グループの強みは、私たちが普段食べているもの、使っているものに当社製品が幅広く使われていることです。食品事業においては、マーガリン、ショートニング、粉末油脂、ホイップクリーム等を主要製品として、製パン、製菓、即席麺メーカー等に対して、生産力、技術力、提案力を活かして「おいしさ」で暮らしへ貢献する製品を安定的に供給しております。油化事業においては、脂肪酸、グリセリン、香粧品原料、重金属処理剤、その他各種界面活性剤を主要製品とし、「油脂製品」「化成品」「環境産業製品」の3つの分野においてさまざまな産業分野に向けて、人と暮らしに「やさしい」製品の提供に努めております。

 

(3)優先的に対処すべき事業上および財務上の課題

当社グループを取り巻く事業環境は、国内人口の減少等により需要が低迷するなか、新型コロナウイルス感染症の影響による経済活動の制限と、油脂原料をはじめとする各種原材料価格の上昇が続き、今後も厳しい状況で推移すると思われます。

このような事業環境において当社グループは、2022年12月期を始期とする「中期経営計画(2022~2024年)」を策定し、食品事業は「これからの時代の『おいしさ』『健康』『食生活の変化』で持続可能な社会を実現する」を、油化事業は「これからの時代へ、ボタニカルを提唱した技術や製品を創出することで、持続可能な社会を実現する」をミッションとして、次の時代に求められる新製品開発や市場開拓に積極的に取り組んでまいります。

また、内部統制機能とコンプライアンス体制を一層充実させ、コーポレートガバナンス体制の強化を図るとともに、サステナビリティ推進委員会を中心に、SDGsや社会貢献活動への取り組みを強化し、「人によし、社会によし、未来によし」の経営理念のもと、継続的な企業価値の向上に努めてまいります。

 

2 【事業等のリスク】

有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のあるリスクについては、以下のようなものがあります。これらは、社内のモニタリングを通じて網羅的に把握した上で、特に重要なリスクは、コンプライアンス・リスク管理委員会で協議し決定しております。

なお、文中の将来に関する事項は、有価証券報告書提出日(2022年3月29日)現在において当社グループが判断したものであり、事業等のリスクはこれらに限られるものではありません。

 

(1) 原材料の仕入価格変動

当社グループは、海外からパーム油等の油脂原料を仕入れているため、原材料用油脂の市況および為替相場が、当社グループの原材料の仕入価格に影響を与えます。

原材料の仕入価格に著しい変動があった場合、納入先ユーザーとの価格改定に多少の時間が必要となり、原材料の仕入価格の上昇を販売価格に転嫁するのに時間差が生じた場合、また、原材料の高騰が継続し、原料価格の上昇の全部または一部を製品価格に転嫁できない状況が継続した場合は、当社グループの業績および財務状況に悪影響を及ぼす可能性があります。

 

(2) 為替レートの変動

当社グループでは、換算時の為替レートが予想を超えて大幅に変動した場合には、外貨建取引から発生する資産等の日本円換算額に影響を与える可能性があり、当社グループの業績および財務状況に悪影響を及ぼす可能性があります。

 

(3) 食品の安全性

当社グループでは、食品安全システムに関する国際認証規格「FSSC22000」、ISO・HACCPおよびAIB国際検査統合基準の認証を取得し、国際標準規格にしたがって各種製品を製造しております。また、トレーサビリティーシステムの構築を進める等品質管理に万全な体制で取り組んでおります。

しかしながら、社会全般にわたる食品の安全性問題が発生した場合、当社グループの業績および財務状況に悪影響を及ぼす可能性があります。

 

(4) 事故および自然災害

当社グループは、工場火災等の事故を防止するため、設備点検を定期的に実施するとともに、各工場で安全衛生防火委員会を開催し、リスク発生の未然防止に努めております。また、地震等の自然災害への対応については、「災害対策マニュアル」を作成するとともに、早期に事業を復旧させるために「事業継続計画(BCP)」を策定する等、万全の災害対策を講じております。

しかしながら、地震や工場火災等の大規模災害が発生した場合には、生産設備の損壊、生産活動の停止等により、当社グループの業績および財務状況に悪影響を及ぼす可能性があります。

 

(5) 退職給付債務

当社グループの退職給付費用および債務は、割引率等数理計算上で設定される前提条件や年金資産の期待運用収益率に基づいて算出されております。実際の結果が前提条件と異なった場合、将来期間において認識される費用および計上される債務に影響を及ぼします。

年金資産の運用利回りの悪化や割引率の低下等は、当社グループの業績および財務状況に悪影響を及ぼす可能性があります。

 

(6) 重要な訴訟等

当社グループは、事業活動の遂行にあたり法令遵守などコンプライアンス経営に努めておりますが、事業活動のなかで重要な訴訟等が提起され当社グループに不利な判断がなされた場合には、当社グループの業績および財務状況に悪影響を及ぼす可能性があります。

 

 

(7) 新型コロナウイルス感染拡大によるリスク

当社グループは、検温、定時の消毒、換気をはじめ、リモート勤務の導入等、新型コロナウイルス感染症の感染防止に努めておりますが、感染者の増加等で生産または販売体制に支障が生じた場合、また、感染拡大やその長期化により製品需要の低迷や当該感染症に起因して原材料価格が高騰した場合、その他原材料の供給が不安定となり、製品の製造に支障をきたす場合には、当社グループの業績および財務状況に悪影響を及ぼす可能性があります。

 

(8) 法令等の規制強化

当社グループは、食品事業、油化事業の両事業において法令を遵守し、製品の製造ならびに販売を行っておりますが、化学物質管理に関する法令改正等で規制が強化された場合は、設備投資やシステムの構築等が必要となり、当社グループの業績および財務状況に悪影響を及ぼす可能性があります。

 

(9) 情報セキュリティ

当社グループは、情報セキュリティ強化のため、防御システムの導入および定期的なメンテナンスの実施の他、関連規程類の整備を行っており対応に努めておりますが、重大なシステム障害や未知のコンピューターウイルスが社内ネットワークに侵入し、コンピューターシステムが長期間使用できなくなった場合は、当社グループの業績および財務状況に悪影響を及ぼす可能性があります。

 

(10) 人材確保

当社グループは、優秀な人材を採用し、製造部門、技術部門、販売部門、管理部門等の幅広い部門で、人材を育成することで、事業運営と競争力の向上に努めておりますが、少子化等により企業間での採用競争が激しくなり必要とする人材を確保できなかった場合、また、従業員の退職等によって必要な人材が確保できなくなった場合は、当社グループの業績および財務状況に悪影響を及ぼす可能性があります。

 

 

3 【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

 (1) 経営成績等の状況の概要

当連結会計年度における当社グループ(当社、連結子会社及び持分法適用会社)の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下、「経営成績等」という。)の状況の概要は次のとおりであります。

① 財政状態及び経営成績の状況

当連結会計年度における我が国経済は、新型コロナウイルス感染症の影響が長期化するなか、ワクチン接種の進展に伴う経済の段階的再開により持ち直しの動きが見られましたが、新たな変異株の出現のため、景気の下振れリスクが懸念され、先行き不透明な状況で推移いたしました。

当油脂加工業界におきましては、新型コロナウイルス感染症の世界的流行に伴う油脂原料の需給逼迫とバイオ燃料向けの需要増加の影響等により、油脂原料価格の上昇が止まらず、非常に厳しい経営環境で推移いたしました。

このような状況のなかで当社グループは、「中期経営計画(2019~2021年)」の最終年度として、「世の中にないものを創出します」、「既存市場へ新たに参入します」、「さらに拡売します」の3つの領域を掲げ、既存製品の更なる品質向上や、市場のニーズに対応した高付加価値製品の開発を進める一方、マーケティング活動を強化し、生産ロスの削減や環境に配慮した製品を展開するなど、持続可能な開発目標に向けた取り組みに注力しました。

また、油脂原料をはじめとする原材料価格の急激な上昇に対応するため、製品価格の改定を複数回実施しつつ、製品の安定供給に努めました。さらにコロナ禍による営業活動の制約に対しては、オンラインの商談やWEBを利用した販売手法を取り入れ、製品の拡販に努めました。

この結果、売上高は47,476百万円(前連結会計年度比10.2%増)となりましたが、利益面では、販売価格の改定が原材料価格の上昇スピードに追い付かず、営業利益は698百万円(前連結会計年度比38.0%減)、経常利益は984百万円(前連結会計年度比32.0%減)、親会社株主に帰属する当期純利益は677百万円(前連結会計年度比33.4%減)となりました。

 

セグメントの業績は、次のとおりであります。
 

≪食品事業≫

食品事業につきましては、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で外食産業および土産菓子業界の需要は低迷しておりましたが、緊急事態宣言が解除された秋口より回復傾向で推移しました。また、巣ごもり需要をはじめ新たな消費動向が下支えとなり、主要需要先である製パン業界に回復の兆しが見られたことで、主力製品であるマーガリンやショートニングは堅調に推移しました。

このような状況のなか当社グループは、既存製品の拡販に加えて、新たな時代のニーズに応えるために、プラントベース(植物由来)食品市場に向けた製品「botanova」や、賞味期限の延長に寄与しフードロスの削減につながる製品「SDFOODs」を、展示会への出展やニュースサイトによる情報発信を通じてアピールし、新規市場や新規顧客の開拓に努めました。

一方、生産面では、「AIB国際検査統合基準」への対応の強化や、食品安全システムに関する国際認証規格「FSSC22000」に則った食の安全・安心への対応に取り組むとともに、生産ラインの統合や省エネルギー効率化システムの導入を行い、生産体制の効率化を推し進めました。

その結果、売上高は31,771百万円(前連結会計年度比9.1%増)、営業利益は153百万円(前連結会計年度比3.4%減)となりました。

 

≪油化事業≫

工業用油脂製品につきましては、世界的に経済活動の回復が進むなか、各国への輸出に主導された、家電、自動車、化粧品等への需要が回復したため、主要需要先である合成樹脂、界面活性剤、塗料、ゴム等の業界への脂肪酸およびグリセリンの販売が堅調に推移しました。

界面活性剤製品につきましては、香粧品分野の高機能シャンプー向け原料基剤「アンホレックス」や洗顔用クレンジング製品向けの原料基剤「Mファインオイル」は好調に推移しましたが、紙・パルプ分野の家庭紙用薬剤は、コロナ禍でマスク着用が常態化したことにより需要が低迷しました。また、環境関連分野の飛灰用重金属処理剤は、事業系廃棄物の減少により低調に推移しました。

その結果、売上高は15,182百万円(前年同期比11.1%増)となりましたが、営業利益は、原料価格の高騰により販売価格の是正に努めましたが、495百万円(前年同期比46.7%減)となりました。

 

また、当連結会計年度における財政状態の状況は次のとおりであります。

(資産)

流動資産は、前連結会計年度末に比べ2,978百万円増の25,504百万円となりました。固定資産は、前連結会計年度末に比べ457百万円増の27,118百万円となりました。

この結果、総資産は、前連結会計年度末に比べ3,436百万円増の52,623百万円となりました。

(負債)

流動負債は、前連結会計年度末に比べ2,881百万円増の18,743百万円となりました。固定負債は、前連結会計年度末に比べ515百万円減の8,588百万円となりました。

この結果、負債合計は、前連結会計年度末に比べ2,366百万円増の27,331百万円となりました。

(純資産)

純資産は、前連結会計年度末に比べ1,070百万円増の25,291百万円となりました。

 

② キャッシュ・フローの状況

当連結会計年度末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前連結会計年度末に比べ673百万円増加し、5,532百万円となりました。

当連結会計年度における活動ごとのキャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。

(営業活動によるキャッシュ・フロー)

当連結会計年度において営業活動によって得られた資金は3,346百万円(前連結会計年度は2,390百万円)となりました。これは、主に税金等調整前当期純利益954百万円に、減価償却費の加算1,682百万円、仕入債務の増加3,190百万円等による資金の増加があった一方、売上債権の増加2,152百万円、たな卸資産の増加262百万円、法人税等の支払145百万円等による資金の減少があったことによるものです。

(投資活動によるキャッシュ・フロー)

当連結会計年度において投資活動の結果、1,436百万円の資金の減少(前連結会計年度は2,500百万円の資金の減少)となりました。これは、主に有形固定資産の取得2,209百万円、無形固定資産の取得106百万円等による資金の減少があった一方、投資有価証券の売却による収入964百万円等による資金の増加があったことによるものです。

(財務活動によるキャッシュ・フロー)

当連結会計年度において財務活動の結果、1,236百万円の資金の減少(前連結会計年度は1,257百万円の資金の減少)となりました。これは、主に長期借入金の返済による支出722百万円、配当金の支払412百万円等による資金の減少があったことによるものです。

 

 

③ 生産、受注及び販売の実績

 1) 生産実績

(イ)生産実績

当連結会計年度における生産実績をセグメントごとに示すと次のとおりであります。

 

セグメントの名称

金額(百万円)

前年同期比(%)

食品事業

22,069

+14.5

油化事業

8,796

+7.4

合計

30,865

+12.4

 

(注) 1 金額は、製造原価によっております。

2 上記金額には、消費税等は含まれておりません。

3 上記金額には、中間製造工程の自家消費分は含まれておりません。

 

(ロ)仕入実績

当連結会計年度における仕入実績をセグメントごとに示すと次のとおりであります。

 

セグメントの名称

金額(百万円)

前年同期比(%)

食品事業

5,093

+4.0

油化事業

4,153

+46.0

合計

9,247

+19.4

 

(注) 1 金額は、仕入価格によっております。

2 上記金額には、消費税等は含まれておりません。

 

 2) 受注状況

当社グループは、原則として受注生産を行っておりません。

 

 3) 販売実績

当連結会計年度における販売実績をセグメントごとに示すと次のとおりであります。

 

セグメントの名称

金額(百万円)

前年同期比(%)

食品事業

31,771

+9.1

油化事業

15,182

+11.1

その他

523

+75.1

合計

47,476

+10.2

 

(注) 1 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

2 その他は、不動産賃貸、原料油脂等であります。

3 主な相手先別の販売実績および総販売実績に対する割合は次のとおりであります。

 

相手先

前連結会計年度

当連結会計年度

金額(百万円)

割合(%)

金額(百万円)

割合(%)

ニッシントーア・岩尾㈱

4,757

11.0

4,968

10.5

 

 

 

 (2) 経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりであります。

なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものであります。

① 財政状態及び経営成績の状況に関する認識及び分析・検討内容

1)財政状態の分析

(資産)

当連結会計年度末の総資産は、前連結会計年度末に比べ3,436百万円増の52,623百万円となりました。主な増加は受取手形及び売掛金1,437百万円、電子記録債権715百万円、現金及び預金673百万円、土地665百万円、退職給付に係る資産543百万円であり、主な減少は建設仮勘定586百万円、投資有価証券235百万円であります。

(負債)

負債は、前連結会計年度末に比べ2,366百万円増の27,331百万円となりました。主な増加は支払手形及び買掛金3,158百万円、繰延税金負債393百万円であり、主な減少は借入金722百万円であります。

(純資産)

純資産は、前連結会計年度末に比べ1,070百万円増の25,291百万円となりました。主な増加はその他有価証券評価差額金467百万円、退職給付に係る調整累計額352百万円、利益剰余金265百万円であります。
  当連結会計年度末の自己資本比率は、前連結会計年度末の49.2%から48.0%に減少しました。また、1株当たり純資産額は、前連結会計年度末の2,366円38銭から2,475円04銭に増加しました。

 

2)経営成績の分析

(売上高、売上原価、販売費及び一般管理費、営業利益)

売上高は、前連結会計年度比10.2%増の47,476百万円となりました。

食品事業の売上高は、前連結会計年度比9.1%増の31,771百万円となりました。

食品事業においては、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で外食産業および土産菓子業界の需要が低迷しておりましたが、緊急事態宣言が解除された秋口より回復傾向で推移し、また、主要需要先である製パン業界に回復の兆しが見られたことで、主力製品であるマーガリンやショートニングが堅調に推移しました。

油化事業の売上高は、前連結会計年度比11.1%増の15,182百万円となりました。

工業用油脂製品においては、世界的に経済活動の回復が進むなか、輸出に主導された、家電、自動車、化粧品等への需要が回復したため、主要需要先である合成樹脂、界面活性剤、塗料、ゴム等の業界への脂肪酸およびグリセリンの販売が堅調に推移しました。

界面活性剤製品においては、高機能シャンプー向け原料基剤「アンホレックス」や洗顔用クレンジング製品向けの原料基剤「Mファインオイル」は好調に推移しましたが、家庭紙用薬剤は、コロナ禍でマスク着用が常態化したことにより需要が低迷しました。

環境関連分野においては飛灰用重金属処理剤が、事業系廃棄物の減少により低調に推移しました。

売上原価は、前連結会計年度に比べ4,691百万円増加し、40,322百万円となり、原価率は、前連結会計年度比2.2ポイント増加し、84.9%となりました。これは主に油脂原料相場の高騰が継続したことによるものです。

販売費及び一般管理費は、前連結会計年度比2.1%増の6,456百万円となりました。売上原価、販売費及び一般管理費に含まれている研究開発費は、前連結会計年度比1.9%減の1,370百万円となりました。

この結果、営業利益は、前連結会計年度比38.0%減の698百万円となりました。

なお、研究開発活動の詳細については、「第2 事業の状況 5 研究開発活動」に記載しております。

 

(営業外損益、経常利益)

営業外損益は、前連結会計年度の320百万円の収益(純額)から、285百万円の収益(純額)になりました。

この結果、経常利益は、前連結会計年度比32.0%減の984百万円となりました。

(特別損益、税金等調整前当期純利益)

特別損益は、前連結会計年度の90百万円の損失(純額)から、30百万円の損失(純額)になりました。これは、前連結会計年度の有形固定資産除却損90百万円計上、当連結会計年度の投資有価証券売却益29百万円、有形固定資産除却損59百万円計上によるものです。

この結果、税金等調整前当期純利益は、前連結会計年度比29.6%減の954百万円となりました。

(親会社株主に帰属する当期純利益)

親会社株主に帰属する当期純利益は、前連結会計年度比33.4%減の677百万円となりました。1株当たり当期純利益は、前連結会計年度の99円61銭から66円35銭となりました。

 

② キャッシュ・フローの状況の分析・検討内容並びに資本の財源及び資金の流動性に係る情報

当社グループの当連結会計年度のキャッシュ・フローの状況は、「(1) 経営成績等の状況の概要 ② キャッシュ・フローの状況」に記載のとおりであります。

当社グループの運転資金需要のうち主なものは、油脂原料等の原材料購入費用のほか、製造費、販売費及び一般管理費等の営業費用であります。投資を目的とした資金需要は、生産設備の更新を中心とした設備投資等によるものであります。

当社グループは、事業運営上必要な流動性と資金の源泉を安定的に確保することを基本方針としております。

短期運転資金は自己資金及び金融機関からの短期借入を基本としており、設備投資や長期運転資金の調達につきましては、自己資金及び金融機関からの長期借入を基本としております。

なお、当連結会計年度末における借入金及びリース債務を含む有利子負債の残高は9,252百万円となっております。また、当連結会計年度末における現金及び現金同等物の残高は5,532百万円となっております。

 

③ 重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成されております。この連結財務諸表の作成にあたり、資産および負債または損益の状況に影響を与える会計上の見積りは、過去の実績等の連結財務諸表作成時に入手可能な情報に基づき合理的に判断しておりますが、実際の結果は見積り特有の不確実性があるため、これらの見積りと異なる場合があります。

当社グループの連結財務諸表作成にあたって採用している重要な会計方針は、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項 (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)」に記載のとおりであります。

また、新型コロナウイルス感染症の影響については、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項 (追加情報)」に記載のとおりであります。

なお、連結財務諸表の作成にあたって用いた会計上の見積り及び仮定のうち、重要なものは「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項 (重要な会計上の見積り)」に記載のとおりであります。

 

④ 経営方針・経営戦略等又は経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等

当社グループは、株主資本の効率的運用による投資効率の高い経営を図るため、自己資本利益率(ROE)5.0%以上を目標経営指標としております。

当連結会計年度におけるROEは、前連結会計年度に比べ1.5ポイント減少し、2.7%となりました。

これは、新型コロナウイルス感染症まん延に伴う外出自粛要請の影響による巣ごもり需要で、食料品や衛生用品等の需要は堅調に推移しましたが、外食産業関連のサービス消費の需要が低迷し、更に油脂原料相場の高騰が継続しました。このような状況のなか当社グループは、販売価格の改定により利益の確保に努めるとともに、生産体制の効率化等のコスト削減を強力に推進しましたが、原材料価格の高騰による影響を吸収することができず、営業利益、経常利益及び親会社株主に帰属する当期純利益が減少したことによるものです。

 

 

4 【経営上の重要な契約等】

該当事項はありません。

 

5 【研究開発活動】

当社グループの研究開発活動は、食品から地球環境関連製品に至るまで、多方面にわたる産業のニーズに応えるため、新素材開発の基礎研究と商品化に向けた応用研究を積極的に展開しております。研究開発体制は、食品事業では、新技術に繋がるシーズの探索、中長期的な新技術開発テーマに取り組む食品油脂研究所とマーガリン、粉末油脂、ホイップクリーム等の新技術開発および製品開発に取り組む技術開発部門、市場のニーズに即応した製品開発、提案活動を行うソフト開発部門の3部門で構成されております。また、油化事業では、界面活性剤、環境産業、新規開発関連用途別の技術部から構成されております。

なお、当連結会計年度に研究開発に要した費用総額は、1,370百万円であります。

セグメントの研究開発活動は、次のとおりであります。

 

食品事業では、「美味しさ・健康・安全・安心・環境・機能・簡便」をキーワードとして、マーガリン、ショートニング、ホイップクリーム、粉末油脂などの食用加工油脂を主体としてお客様に役立つ製品開発、新製品の投入、用途開発、プレゼンテーション、展示会、講習会などの技術活動の推進をしております。さらに油脂製品開発における基盤技術の構築と新技術の研究から学会発表や論文投稿、特許出願等を積極的に進めております。

当連結会計年度におきましては、中期経営計画(2019~2021年)の最終年度として、これからの時代のおいしさ、健康、食生活の変化に貢献する製品の研究開発に注力しました。

SDGsへの取り組みのひとつとして、おいしさを長持ちさせる機能を持った製品群をSDFOODsと名付け、展示会等を活用して積極的に提案活動をおこないました。パンや菓子などのおいしく食べられる期間を延長することで、食品ロスの削減に貢献できる製品として評価をいただきました。この分野の新製品として、ケーキなど焼き菓子のソフトでしとりのある食感を長期間維持できる製品「パールインプラス」を発売しました。市場にて高い評価をいただき、菓子メーカーにてご採用いただきました。

また、プラントベース食品の市場拡大に対応していくため、2020年に発売した「植物のおいしさバター風味」、「植物のおいしさラード風味」に加えて、新たに「植物のおいしさ牛脂風味」を発売しました。牛肉の調理感を表現した油脂素材として、やや物足りない風味となりがちな植物肉にコクとうまみを付与する製品として高い評価をいただきました。粉末油脂事業にも注力し、製菓製パン市場のほか、飲料や食品市場に向けた新製品開発と提案活動に取り組み成果を上げました。

当セグメントに係る研究開発費は835百万円であります。

 

油化事業では、紙パルプ用薬剤、香・化粧品基剤などの各種界面活性剤、工業用エステル基剤のほか、重金属処理剤や生分解性樹脂分散体などの環境関連製品の開発を進めるとともに、新規事業創出に向けた研究開発を推進しております。

界面活性剤関連では、香・化粧品基剤のクレンジング基剤「Mファインオイル」、ボディ、シャンプー用基材「アンホレックス」、紙パルプ分野の家庭紙用柔軟剤が、国内外の市場で高い評価を獲得しました。同時に工業用エステル「Mファインエステル」、土壌改質・機能付与剤「土のオアシス」、不織布用親水化剤「ソフトオイル」の開発にも注力しました。環境関連薬剤関連では、廃水処理剤「エポラス」、「エポフロック」の改良開発や植物由来生分解性樹脂の水系分散体「ランディ」の応用開発を進めました。

また、新規事業の創出に向けた取り組みでは、高機能紫外線吸収剤「MYUA」、イオン液体「MYIL」、機能性界面活性剤の商品開発・用途開拓に注力し、一部採用されるなど、成果を上げました。

当セグメントに係る研究開発費は534百万円であります。

 

第3 【設備の状況】

 

1 【設備投資等の概要】

当連結会計年度の設備投資については、生産工場の生産合理化、効率化、老朽化設備の更新を中心に総額1,822百万円の設備投資を実施いたしました。

 

セグメントの設備投資は、次のとおりであります。

 

① 食品事業

生産設備の老朽化に伴う設備投資等に、総額1,161百万円の設備投資を実施いたしました。

なお、主要な設備の除却・売却等はありません。

 

② 油化事業

生産設備の老朽化に伴う設備投資等に、総額517百万円の設備投資を実施いたしました。

なお、主要な設備の除却・売却等はありません。

 

③ その他

製品倉庫の老朽化に伴う設備投資等に、総額143百万円の設備投資を実施いたしました。

なお、主要な設備の除却・売却等はありません。

 

 

2 【主要な設備の状況】

(1) 提出会社

 2021年12月31日現在

事業所名
(所在地)

セグメント
の名称

設備の
内容

帳簿価額(百万円)

従業
員数
(名)

建物及び
構築物

機械装置
及び
運搬具

土地

その他

合計

面積
(千㎡)

金額

本社
(東京都葛飾区)

全社的管理
業務・販売
業務

本社

211

12

111

335

202

[13]

東京工場
(東京都葛飾区)

食品事業

食品生産
設備

439

310

27

(1)

1,020

(29)

73

1,844

30

[5]

千葉工場
(千葉市美浜区)

食品事業

食油生産
設備

711

1,118

23

2,107

260

4,196

86

[7]

神戸工場
(神戸市長田区)
(注)5

食品事業
および
油化事業

食油・工
業用油脂
生産設備

1,842

2,724

39

(15)

1,674

(30)

41

6,284

87

[13]

名古屋工場
(愛知県岩倉市)
(注)6

油化事業

化成品
生産設備

424

523

44

220

57

1,226

71

[13]

大阪支店
(大阪市東成区)

関西地区の
販売および
業務連絡

支店

30

2

30

1

62

28

[3]

 

 

(2) 国内子会社

 2021年12月31日現在

事業所名
(所在地)

セグメント
の名称

設備の
内容

帳簿価額(百万円)

従業
員数
(名)

建物及び
構築物

機械装置
及び
運搬具

土地

その他

合計

面積
(千㎡)

金額

ミヨシ物流㈱
(東京都葛飾区ほ
か)

その他

物流設備

0

1

5

8

35

[6]

ミヨシ商事㈱
(東京都葛飾区ほ
か)

(注)7

食品事業
および
油化事業

販売設備

291

0

1

267

15

574

23

[2]

 

 

(3) 在外子会社

該当事項はありません。

 

(注) 1 土地の欄中( )内の外書数は、連結会社以外からの借地面積および借地権であります。

2 上記金額には、建設仮勘定を含めておりません。

3 帳簿価額の「その他」は、工具、器具及び備品、リース資産であります。

4 従業員数の[ ]は、平均臨時雇用者数を外書きしております。

5 貸与中の建物及び構築物147百万円、機械装置及び運搬具7百万円、その他1百万円を含んでおります。

6 貸与中の建物及び構築物69百万円、機械装置及び運搬具0百万円を含んでおり、関連会社のセキセイT&C㈱に貸与しております。

7 貸与中の建物及び構築物281百万円、土地141百万円、その他3百万円を含んでおり、親会社である提出会社に貸与しております。

 

 

3 【設備の新設、除却等の計画】

 

(1) 重要な設備の新設等

当連結会計年度末現在における重要な設備の新設、拡充の計画は以下のとおりであります。

 

会社名

事業所名
(所在地)

セグメント
の名称

設備の内容

設備予定額

資金調達
方法

着手年月

完了年月

完成後の
増加能力

総額
(百万円)

既支払額
(百万円)

 提出
 会社

神戸工場

 (神戸市
 長田区)

食品事業

  および 

油化事業

ボイラー

設備

400

自己資金

2022年

5月

2023年

12月

 

(注) 上記金額には消費税等は含めておりません。

 

 

(2) 重要な設備の除却等

  当社は2022年2月24日開催の取締役会において、当社が所有する固定資産を譲渡することを決議いたしました。

  詳細につきましては、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項 (重要な後発

 事象)」に記載のとおりであります。

 

第4 【提出会社の状況】

 

1 【株式等の状況】

(1) 【株式の総数等】

① 【株式の総数】

 

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

29,897,100

29,897,100

 

 

② 【発行済株式】

 

種類

事業年度末現在
発行数(株)
(2021年12月31日)

提出日現在
発行数(株)
(2022年3月29日)

上場金融商品取引所
名又は登録認可金融
商品取引業協会名

内容

普通株式

10,306,895

10,306,895

東京証券取引所
市場第一部

単元株式数
100株

10,306,895

10,306,895

 

 

(2) 【新株予約権等の状況】

① 【ストックオプション制度の内容】

該当事項はありません。

 

② 【ライツプランの内容】

該当事項はありません。

 

③ 【その他の新株予約権等の状況】

該当事項はありません。

 

(3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

該当事項はありません。

 

(4) 【発行済株式総数、資本金等の推移】

 

年月日

発行済株式
総数増減数
(株)

発行済株式
総数残高
(株)

資本金増減額
 
(百万円)

資本金残高
 
(百万円)

資本準備金
増減額
(百万円)

資本準備金
残高
(百万円)

2017年7月1日

△92,762,059

10,306,895

9,015

5,492

 

   (注)  2017年3月29日開催の第91期定時株主総会の決議に基づき、2017年7月1日付で当社普通株式10株を1株

         に株式併合しております。そのため、発行済株式総数は92,762,059株減少し、10,306,895株となっており

         ます。

 

 

(5) 【所有者別状況】

2021年12月31日現在

区分

株式の状況(1単元の株式数100株)

単元未満
株式の状況
(株)

政府及び
地方公共
団体

金融機関

金融商品
取引業者

その他の
法人

外国法人等

個人
その他

個人以外

個人

株主数
(人)

22

24

183

50

8

12,295

12,582

所有株式数(単元)

26,970

2,128

33,030

2,992

19

37,770

102,909

15,995

所有株式数の割合(%)

26.21

2.07

32.10

2.91

0.01

36.70

100.00

 

(注) 1 自己株式5,659株は、「個人その他」に56単元、「単元未満株式の状況」に59株含まれております。

なお、自己株式の株主名簿上の株式数と実質的な所有株式数は同一であります。

2 上記「その他の法人」の中には、証券保管振替機構名義の株式が5単元含まれております。

3 上記「金融機関」の中には、役員報酬BIP信託の保有する当社株式が909単元含まれております。

 

(6) 【大株主の状況】

2021年12月31日現在

氏名又は名称

住所

所有株式数
(千株)

発行済株式
(自己株式を
除く。)の
総数に対する
所有株式数
の割合(%)

山崎製パン株式会社

東京都千代田区岩本町3丁目10番1号

1,030

10.01

日清オイリオグループ株式会社

東京都中央区新川1丁目23番1号

1,030

10.01

日本マスタートラスト信託銀行
株式会社(信託口)

東京都港区浜松町2丁目11番3号

619

6.01

ミヨシ協力会

東京都葛飾区堀切4丁目66番1号

444

4.31

株式会社三菱UFJ銀行

東京都千代田区丸の内2丁目7番1号

409

3.98

農林中央金庫

東京都千代田区有楽町1丁目13番2号

409

 3.98

三菱UFJ信託銀行株式会社
(常任代理人 日本マスタートラスト信託銀行株式会社)

東京都千代田区丸の内1丁目4番5号
(東京都港区浜松町2丁目11番3号)

 

385

3.74

東京海上日動火災保険株式会社

東京都千代田区丸の内1丁目2番1号

179

1.74

SMBC日興証券株式会社

東京都千代田区丸の内3丁目3番1号

156

1.52

 明治安田生命保険相互会社
(常任代理人 株式会社日本カストディ銀行)

東京都千代田区丸の内2丁目1番1号
(東京都中央区晴海1丁目8番12号)

 

144

1.41

4,810

46.70

 

 (注) 役員報酬BIP信託が保有する当社株式90,950株は、発行済株式の総数に対する所有株式数の割合の計算に
    おいて控除する自己株式に含めておりません。

 

 

(7) 【議決権の状況】

① 【発行済株式】

2021年12月31日現在

区分

株式数(株)

議決権の数(個)

内容

無議決権株式

議決権制限株式(自己株式等)

議決権制限株式(その他)

完全議決権株式(自己株式等)

(自己保有株式)

普通株式

5,600

 

(相互保有株式)

普通株式

10,600

 

完全議決権株式(その他)

普通株式

102,747

10,274,700

単元未満株式

普通株式

15,995

発行済株式総数

10,306,895

総株主の議決権

102,747

 

(注) 1 「完全議決権株式(その他)」の中には、証券保管振替機構名義の株式が500株(議決権5個)含まれてお
ります。

2 「完全議決権株式(その他)」の中には、役員報酬BIP信託が保有する当社株式90,900株(議決権909個)
を含めております。

3 「単元未満株式」には、当社所有の自己株式59株および役員報酬BIP信託が保有する当社株式50株が含

    まれております。

 

② 【自己株式等】

2021年12月31日現在

所有者の氏名
又は名称

所有者の住所

自己名義
所有株式数
(株)

他人名義
所有株式数
(株)

所有株式数
の合計
(株)

発行済株式
総数に対する
所有株式数
の割合(%)

(自己保有株式)

ミヨシ油脂株式会社

東京都葛飾区堀切
4丁目66番1号

5,600

5,600

0.05

(相互保有株式)

日本タンクターミナル
株式会社

千葉市美浜区新港
2番地の1

10,600

10,600

0.10

16,200

16,200

0.15

 

  (注)  役員報酬BIP信託が保有する当社株式は、上記自己保有株式に含まれておりません。

 

(8) 【役員・従業員株式所有制度の内容】

① 業績連動型株式報酬制度の概要 

当社は、2018年2月13日開催の取締役会において、役員報酬制度の見直しを行い、当社の取締役(代表取締役社長および業務執行取締役に限り、社外取締役を除く。以下同じ。)を対象として、業績連動型株式報酬制度(以下「本制度」という。)を導入することを決議いたしました。また、同取締役会において、本制度の導入に関する議案を、2018年3月28日開催の第92期定時株主総会に付議することを決議し、同株主総会において承認可決されました。

当社は、取締役の報酬と、当社の業績および株主価値との連動性をより明確化し、当社の中長期的な業績の向上と企業価値の増大への貢献意欲を高めることを目的として、本制度を導入しましたが、コーポレートガバナンス体制の一層の充実と経営の意思決定の迅速化を図るため、CxO制度を導入し、取締役会による業務執行に対する監督機能を強化することとしました。これに伴い、本制度の制度対象者を、当社の取締役のうちCxOを兼務する者および委任型執行役員である者(以下「CxO等」という。)とするため、2021年2月12日開催の取締役会において、2021年12月末日で終了する事業年度から2023年12月末日で終了する3事業年度を対象期間として、本制度の継続及び一部改定について2021年3月26日開催の第95期定時株主総会に付議することを決議し、同株主総会において承認可決されました。

本制度では、役員報酬BIP(Board Incentive Plan)信託(以下「BIP信託」という。)と称される仕組みを採用しています。BIP信託とは、欧米の業績連動型株式報酬(Performance Share)制度および譲渡制限付株式報酬(Restricted Stock)制度と同様に、役位や業績目標の達成度に応じて、当社株式および当社株式の換価処分金相当額の金銭を交付および給付する制度です。

なお、当社は2021年5月にBIP信託の信託期間を3年間延長し、以下の通り信託契約を締結しております。

 

  (信託契約の内容)

  ・信託の種類         特定単独運用の金銭信託以外の金銭の信託(他益信託)

  ・信託の目的         CxO等に対するインセンティブの付与

  ・委託者             当社

  ・受託者             三菱UFJ信託銀行株式会社

                       (共同受託者 日本マスタートラスト信託銀行株式会社)

  ・受益者              CxO等のうち受益者要件を満たす者

  ・信託管理人         当社と利害関係のない第三者(公認会計士)

  ・信託延長契約日     2021年5月11日

  ・信託の期間         2018年5月9日 ~ 2024年6月末日

  ・制度開始日         2018年6月1日

  ・議決権行使         行使しないものとします。

  ・取得株式の種類     当社普通株式

    ・信託金の上限額   200百万円(信託報酬および信託費用を含みます。)

   ・株式の取得時期   2021年5月13日~2021年7月6日

   ・株式の取得方法     株式市場から取得

  ・帰属権利者         当社

  ・残余財産           帰属権利者である当社が受領できる残余財産は、信託金から株式取得資金を控除した

             信託費用準備金の範囲内とします。

 

② CxO等に取得させる予定の株式の上限数

  1事業年度あたり50,000株

 

③ 本制度による受益権その他の権利を受けることができる者の範囲

  CxO等のうち受益者要件を満たす者

 

2 【自己株式の取得等の状況】

 

【株式の種類等】

会社法第155条第7号における普通株式の取得

 

 

(1) 【株主総会決議による取得の状況】

該当事項はありません。

 

(2) 【取締役会決議による取得の状況】

該当事項はありません。

 

(3) 【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

 

区分

株式数(株)

価額の総額(千円)

当事業年度における取得自己株式

401

514

当期間における取得自己株式

 

(注) 1  当期間における取得自己株式には、2022年3月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の
  買取りによる株式数は含めておりません。

2  役員報酬BIP信託が保有する当社株式は、上記取得自己株式数に含まれておりません。

 

(4) 【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

 

区分

当事業年度

当期間

株式数(株)

処分価額の総額
(千円)

株式数(株)

処分価額の総額
(千円)

引き受ける者の募集を行った
取得自己株式

消却の処分を行った取得自己株式

合併、株式交換、株式交付、会社分割
に係る移転を行った取得自己株式

その他( ― )

保有自己株式数

5,659

5,659

 

(注) 1  当期間における保有自己株式には、2022年3月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の
   買取りによる株式数は含めておりません。

2  役員報酬BIP信託が保有する当社株式は、上記保有自己株式数に含まれておりません。

 

 

3 【配当政策】

当社の配当政策の基本は、将来にわたり安定した配当の継続と、企業を取り巻く環境の変化に備え企業体質の強化と業容の拡大のための内部留保の充実との均衡を図っていくことにあります。

また、当社の剰余金の配当は、期末配当の年1回を基本的な方針としており、決定機関は株主総会であります。

当事業年度の剰余金の配当につきましては、継続的な安定配当の基本方針のもと、業績、財務状況などを総合的に勘案し、1株当たり40円の配当といたしました。

 

(注) 基準日が当事業年度に属する剰余金の配当は以下のとおりであります。

 

決議年月日

配当金の総額
(百万円)

1株当たりの配当額
(円)

 

2022年3月29日

定時株主総会決議

 412

 40

 

 (注) 2022年3月29日定時株主総会の決議による配当金の総額には、役員報酬BIP信託が保有する当社株式に対する配当金3百万円が含まれております。

 

 

4 【コーポレート・ガバナンスの状況等】

(1) 【コーポレート・ガバナンスの概要】

① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

 当社は、経営目標の達成に向けて、経営の透明性・公正性を重視、確保するとともに情報の適切な開示を行います。また、企業競争力を高めるために迅速な意思決定と業務執行を行うことにより、コーポレート・ガバナンスの一層の強化を目指します。

 

② 企業統治の体制

イ 企業統治体制の概要

当社は、監査役会設置会社であります。当社の監査役4名のうち2名(髙島治氏及び宮腰哲也氏)が社外監査役で、客観的な立場から適切な監査を実施しており、経営の監視機能を高めております。

監査役会の構成員については、後記「役員の状況」のとおりであり、議長は、雫石秀明氏が務めております
 
 ・取締役会

取締役8名で構成され、取締役会の監督機能の強化を図るため、取締役のうち2名(村山憲二氏及び黒田佳奈子氏)を独立社外取締役として選任しております。取締役会は、月1回定時に開催するほか、必要に応じて随時開催し、当社の経営方針、経営戦略に関わる法定事項及び経営の重要事項について審議のうえ意思決定を行っております。

取締役会の構成員については、後記「役員の状況」のとおりであり、議長は、代表取締役社長兼CEOの三木逸郎氏が務めております。また、取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するために、執行役員制度を導入して、取締役会の意思決定の迅速化と業務執行機能・チェック機能の両機能を高めることとしております。

 

・経営会議

当社の経営方針及び経営戦略に関わる重要事項については、取締役会の前に取締役(兼CxO)、監査役及び本部長によって構成され、月2回および必要の都度開催される経営会議において議論を行い、その審議を経て意思決定を行うことにより、経営機能を一層有効に発揮する体制をとっております。

議長は、代表取締役社長兼CEOの三木逸郎氏が務めております。

 

・指名報酬委員会

取締役の指名・報酬等に関する手続きの公正性・透明性・客観性を強化し、コーポレート・ガバナンスの充実を図るため、取締役会の諮問機関として委員の過半数を独立社外役員(委員長は社外取締役)で構成される指名報酬委員会を設置しております。

委員長は、社外取締役の村山憲二氏が務めております。
 

・サステナビリティ推進委員会

サステナビリティの視点を踏まえた経営および事業体制の構築を推進するため、取締役(兼CxO)で構成されるサステナビリティ推進委員会を年2回定期的に開催しております。

議長は、代表取締役社長兼CEOの三木逸郎氏が務めております。
  

・コンプライアンス・リスク管理委員会

コンプライアンス体制の強化と事業上のリスクに対応するため、取締役(兼CxO)、監査役、本部長、監査室長、総務部長及び顧問弁護士で構成されるコンプライアンス・リスク管理委員会を年2回定期的に開催しております。

議長は、代表取締役社長兼CEOの三木逸郎氏が務めております。

 

(当社のコーポレート・ガバナンス体制の概要図)


 

ロ 企業統治体制を採用する理由

業務執行に関する取締役会の意思決定機能及び監督機能の強化と執行役員制度による業務執行の迅速化を図るとともに、監査役の監督機能強化にも努めており、当社にとって最適な企業統治体制であると認識しているため、現状の体制を採用しております。

 

 

ハ 内部統制システムの整備の状況

取締役の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制、その他会社の業務の適正を確保するための体制についての決定内容の概要は以下のとおりです。

(イ)取締役の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制

当社は、取締役、従業員を含めた行動規範として企業倫理行動を定めた「ミヨシ油脂行動規範」を遵守する。また、「コンプライアンス規程」の運用等、各種制度を整備・確立し、取締役の法令違反行為を抑制・防止する。あわせて、取締役会については「取締役会規則」に則り、その適切な運営が確保されたなかで月1回開催することを原則とし、その他必要に応じて随時開催して取締役間の意思疎通と迅速な意思決定を図るとともに相互に業務執行を監督し、必要に応じ外部の専門家を起用し法令違反行為を未然に防止する。また、当社は監査役会設置会社であり、取締役の職務執行については、監査役会の定める監査の方針及び分担に従い各監査役の監査の対象になり、経営機能に対する監督強化を図る。

社会の秩序や安全を脅かす反社会的勢力に対しては、一切の関係を断固拒絶し、不当要求等があった場合には、警察等の外部専門機関及び顧問弁護士と連携し、組織的に対応する。

(ロ)取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制

取締役の職務執行に係る情報については、「情報管理規程」に基づき管理基準及び管理体制を整備し、法令及び社内規則に基づき作成・保存するとともに、必要に応じて取締役、監査役、会計監査人等が閲覧、謄写可能な状態にし、適切かつ確実に保存・管理する。また、セキュリティ防御により不正アクセスに対する電磁的情報の漏洩対策を施す。

(ハ)損失の危険の管理に関する規程その他の体制

平時におけるリスク管理については、「リスク管理規程」に基づき、リスク管理責任者を社長とするリスク管理委員会がリスク管理の主管部門となり、定期的なリスクの洗い出し等、業務執行に係る個々のリスクを明確にし、リスク管理体制を構築する。また、不測の事態の発生等の有事の際には、「災害対策マニュアル」及び「ビジネス危機対策マニュアル」に従い、社長を本部長とする対策本部を設置し迅速な対応を行い、損害の拡大を防止しこれを最小限に止める。

(ニ)取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

・ 取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するために、取締役会をスリム化し、執行役員制度を導入して、取締役会の意思決定の迅速化と業務執行機能・チェック機能の両機能を高めることとする。

・ 取締役会を月1回定時に開催するほか、必要に応じて随時開催する。なお、当社の経営方針及び経営戦略に関わる重要事項については、事前に取締役(兼CxO)、監査役および本部長によって構成され、月2回および必要の都度開催される経営会議において議論を行い、その審議を経て意思決定を行うことにより、経営機能を一層有効に発揮する体制をとるものとする。

・ 取締役会の決定に基づく業務執行については、「組織規程」、「業務分掌規程」に則り、行うものとする。

(ホ)使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制

・ 社長を委員長とするコンプライアンス委員会を法令遵守の主管部門と位置づけ、「コンプライアンス規程」及び「コンプライアンスプログラム」に則り、コンプライアンス体制の整備と推進を図る。

・ 法令等の遵守、違反行為、不正行為の未然防止を徹底するため、企業倫理行動を定めた「ミヨシ油脂行動規範」を使用人に周知徹底し、「コンプライアンス規程」及び「コンプライアンスプログラム」に則り、コンプライアンス意識の向上に向けた教育研修を実施する。

・ 法令その他コンプライアンス違反に関する事実についての通報相談窓口として、総務部長と社外の弁護士への「ヘルプライン」を設置し運用する。

・ ハラスメントに関する相談・苦情に対応するための相談窓口として、人事部への「ほっとライン」を設置し運用する。

・ 客観性と公正性を確保するため、内部監査部門である監査室を社長直轄部門とし、監査室が定期的に監査を実施する。

(へ)当社及び子会社から成る企業集団(以下、「当社グループ」という。)における業務の適正を確保するための体制

 

・ 当社は、「関係会社管理規程」に則り当社グループの経営管理を行うものとし、子会社の営業成績、財務状況、その他経営上の重要事項について当社への定期的な報告を義務付ける。また、関係会社事業報告会を開催し、経営の重要課題について報告を受ける。

・ 当社グループは、当社グループ各社で当社に準じた「リスク管理規程」を策定・運用し、当社で定期的に開催するリスク管理委員会で当社グループの損失の危機の管理を行う。

・ 当社グループは、当社グループ各社で当社に準じた業務分掌、組織、職務権限に関する規程を定め、それらの規程に基づき業務を執行することにより子会社の取締役等の職務の執行が効率的に行われることを確保する。

・ 当社グループは、「ミヨシ油脂行動規範」並びに「コンプライアンス規程」を当社グループ全体に適用するとともに、当社グループの役員及び使用人が利用できる社外の弁護士へのヘルプラインを設置することにより、子会社の取締役等及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保する。

・ 当社の監査役及び会計監査人の監査を通し、当社グループの業務の適正を確保する。また監査室が監査を実施し、内部統制の有効性と業務の効率性を確保する体制を構築する。

(ト)監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する事項

監査役から監査役の職務を補助すべき使用人を置くことを求められた場合は、監査役の職務を補助すべき使用人に関する規程を定め、当社の使用人から監査役の職務を補助すべき使用人を任命することとする。

(チ)監査役の職務を補助すべき使用人の取締役からの独立性及び監査役の当該使用人に対する指示の実効性確保に関する事項

・ 監査役の職務を補助すべき使用人の人事に関しては、取締役からの独立性を確保するため、取締役と監査役とが協議の上で決定する。なお、当該使用人は業務の執行に係る役職を兼務しないこととする。

・ 監査役の職務を補助すべき使用人は、取締役の指揮命令を受けないこととし、当該使用人の人事及びその変更については、監査役の同意を要することとする。

(リ)当社グループの役員及び使用人またはこれらの者から報告を受けた者が監査役に報告するための体制その他の監査役への報告に関する体制

・ 当社の取締役及び使用人は、監査役会の定めるところに従い、各監査役の要請に応じて必要な報告及び情報提供を行う。

・ 当社の監査役は、当社グループの法令遵守状況、業務上のリスクに関する状況及び内部通報の状況について、定期的に開催する当社のコンプライアンス・リスク管理委員会で報告を受け、必要に応じて担当役員にその説明を求めることができる。

・ 監査役は、監査室が実施する当社グループの業務監査の結果について報告を受ける。

・ 当社グループの役員及び使用人は、当社グループの経営、業績に影響を与える重要な事項や重大な法令・定款違反行為その他会社に著しい損害を与える事項が発生した場合は、「関連会社管理規程」に則り、所管部門に対して速やかな報告を行い、所管部門は当該内容を取締役及び監査役に報告する。

(ヌ)監査役に報告した者が当該報告をしたことを理由として不利な取扱いを受けないことを確保するための体制

当社グループの役員及び使用人は、当社グループの経営、業績に影響を与える重要な事項や重大な法令・定款違反行為その他会社に著しい損害を与える事項について当社に対して報告を行ったことを理由に不利な取扱いを受けない。

(ル)監査役の職務の執行について生ずる費用の前払または償還の手続その他の当該職務の執行について生ずる費用または債務の処理に関する事項

当社は、監査役がその職務の執行について、当社に対し、費用の前払い等の請求をしたときは、速やかに当該費用または債務を処理する。

(ヲ)その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制

監査役会は、定期的に代表取締役社長との意見交換を行うことができるものとする。また、監査業務に関し、会計監査人及び顧問弁護士と定期的に会合をもつものとする。

(ワ)財務報告の信頼性を確保するための体制

財務報告の適正性を確保するため、金融商品取引法に基づく内部統制報告書の有効かつ適切な提出に向け、当社グループにおける内部統制システムの構築を行う。また、その体制が適正に機能することを継続的に評価し、必要な是正を行うこととする。

 

ニ リスク管理体制の整備の状況

(コンプライアンス委員会)
取締役、従業員を含めた行動規範として企業倫理行動を定めた「ミヨシ油脂行動規範」を遵守するとともに、コンプライアンス委員会(経営会議と同一の構成メンバー、監査室長、総務部長および顧問弁護士で構成)を定期的に開催し、コンプライアンス体制の強化に向け全社的な取り組みを推進しております。

(リスク管理委員会)
当社の事業を取り巻くさまざまなリスクに対して、平常時において的確な管理を行うことを目的に「リスク管理規程」を制定するとともに、定期的なリスク管理委員会(コンプライアンス委員会と同一の構成メンバー)の開催を通してリスクの発生の未然防止に努めております。また、リスクの顕在化および災害の発生等の有事の場合の対応は「ビジネス危機対策マニュアル」および「災害対策マニュアル」に従い対応することとしております。

なお、リスク管理委員会の定時の開催については、コンプライアンス委員会とリスク管理委員会の両委員会を統合した「コンプライアンス・リスク管理委員会」として開催しております。

 

③ 株主総会決議事項を取締役会で決議することができる事項

当社は、自己の株式の取得について、機動的な資本政策の遂行を可能とするため、会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議によって市場取引等により自己の株式を取得することができる旨を定款に定めております。

 

④ 責任限定契約の内容

当社は、取締役(業務執行取締役等である者を除く)および監査役との間で、会社法第427条第1項の規定により、同法第423条第1項の責任について、その職務を行うことにつき善意であり重大な過失がないときは、同法第425条第1項に定める最低責任限度額を限度として損害賠償責任を限定する旨の責任限定契約を締結しております。

 

⑤ 取締役の定数

当社の取締役は12名以内とする旨定款に定めております。

 

⑥ 取締役の選任の決議要件

当社は、取締役の選任決議について、株主総会において議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨、また、取締役の選任決議は、累積投票によらない旨を定款に定めております。

 

⑦ 株主総会の特別決議要件

当社は、株主総会の円滑な運営を行うことを目的として、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款に定めております。

 

 

(2) 【役員の状況】 

 ① 役員一覧

    男性11名 女性1名 (役員のうち女性の比率8.3%)

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数
(百株)

 代表取締役社長

CEO
(最高経営責任者)

三 木 逸 郎

1975年6月7日

2005年3月

玉の肌石鹸株式会社取締役

2006年3月

ミヨシ石鹸株式会社取締役

2011年4月

当社入社

2016年1月

当社執行役員経営企画室長

2016年3月

当社取締役執行役員経営企画室長

2017年3月

当社取締役常務執行役員経営企画室長

2018年3月

当社代表取締役専務執行役員経営企画室長兼食品本部、油化本部管掌

2019年3月

当社代表取締役社長執行役員

2021年3月

当社代表取締役社長兼CEO(最高経営責任者)(現任)

(注)1

623

 代表取締役専務

CFO
(最高財務責任者)

山 下 史 生

1954年5月18日

1977年4月

当社入社

2007年3月

当社経理部長

2009年3月

当社執行役員経理部長

2012年3月

当社取締役執行役員経理部長

2013年3月

当社取締役執行役員総務・経理・情報システム担当兼経理部長

2014年4月

当社取締役執行役員総務人事・経理・情報システム担当兼経理部長

2015年4月

当社取締役執行役員管理部門統括
兼経理財務部長

2016年4月

当社取締役執行役員管理本部長

2018年3月

当社取締役常務執行役員管理本部

2019年3月

当社取締役専務執行役員管理本部長兼関係会社管掌

2021年3月

当社代表取締役専務兼CFO(最高財務責任者)(現任)

(注)1

42

常務取締役

COO
(最高執行責任者)

松 丸 光 昭

1955年6月26日

1979年4月

当社入社

2008年9月

当社油化事業本部油化営業部長

2010年3月

当社執行役員油化事業本部油化営業部長

2012年4月

当社執行役員油化本部副本部長(営業担当)兼油脂製品営業部長

2014年3月

当社取締役執行役員油化本部副本部長(営業担当)兼油脂製品営業部長

2015年4月

当社取締役執行役員油化本部営業統括兼生産統括

2016年4月

当社取締役執行役員油化本部長兼営業統括

2017年4月

当社取締役執行役員油化本部長

2019年3月

当社取締役常務執行役員油化本部長

2021年3月

当社常務取締役兼COO(最高執行責任者)(現任)

(注)1

43

 取締役

CSO
(最高営業責任者)

竹 下 昇 一

1958年8月14日

1977年4月

当社入社

2015年4月

当社油化本部営業部長

2016年4月

当社油化本部営業部長兼企画業務部長

2017年4月

当社油化本部営業統括兼企画業務部長

2018年3月

当社執行役員油化本部営業統括兼企画業務部長

2019年3月

当社取締役執行役員油化本部営業統括兼企画業務部長

2020年3月

当社取締役執行役員油化本部副本部長兼業務部長

2021年3月

当社取締役兼CSO(最高営業責任者)(現任)

(注)1

30

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数
(百株)

 取締役

CHRO・CPO
(最高人事・生産責任者)

須 藤 元 雄

 1963年4月22日

1986年4月

当社入社

2015年4月

当社東京工場長

2016年7月

当社生産本部生産管理部長兼東京工場長

2018年3月

当社執行役員生産本部長

2019年3月

当社取締役執行役員生産本部長

2021年3月

当社取締役兼CHRO・CPO(最高人事・生産責任者)(現任)
 

(注)1

32

取締役

吉田谷 良 一

1954年3月31日

1978年4月

山崎製パン株式会社入社

2007年3月

同社パン第一本部パン第一部長

2009年8月

同社執行役員安城工場長

2011年7月

同社執行役員生産企画室長

2012年3月

同社取締役生産企画室長

2013年3月

当社取締役(現任)

2014年7月

山崎製パン株式会社取締役生産企画本部長兼生産企画部長

2016年3月

同社常勤監査役

2017年3月

同社取締役生産管理本部長

2018年11月

同社取締役生産管理本部長兼生産統括本部生産企画本部長兼生産企画部長、生産統括本部和菓子本部・洋菓子本部担当(現任)

2019年6月

日糧製パン株式会社取締役(現任)

(注)1

取締役

村 山 憲 二

1954年10月21日

1988年3月

公認会計士登録

2003年7月

中央青山監査法人代表社員

2007年8月

新日本有限責任監査法人(現EY新日本有限責任監査法人)シニアパートナー

2017年7月

 村山公認会計士事務所開設(現任) 

2018年6月

内外テック株式会社社外取締役(現任)

2019年6月

株式会社J-WAVE社外監査役(現任)

2021年3月

当社取締役(現任)

(注)1 

取締役

黒 田 佳奈子

1980年8月2日

2012年2月

一般社団法人日本CIS認定協会理事

2012年11月

株式会社プログレス代表取締役

2016年1月

株式会社Dorest(現株式会社WOMAN COLLEGE)代表取締役(現任)

2021年3月

当社取締役(現任)

(注)1

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数
(百株)

常勤監査役

雫 石 秀 明

1956年11月30日

1991年2月

当社入社

2012年3月

当社執行役員人事部長

2013年3月

当社執行役員総務部長兼人事部長

2013年3月

ミヨシ保険サービス株式会社(現ミヨシファクトリー株式会社)代表取締役社長

2014年4月

当社執行役員総務人事部長

2017年3月

当社取締役執行役員管理本部総務人事部長

2021年3月

当社常勤監査役(現任)

(注)3

58

常勤監査役

髙 島  治

1961年10月13日