EDINET閲覧(提出)サイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)をもとに上場企業サーチ作成

本ページはEDINETに提出された開示情報を上場企業サーチが加工/編集したものであり、記載された情報の正確性および完全性について上場企業サーチは一切の保証を行いません。本ページの情報を利用する際は自己の責任で判断頂き、意思決定に際しては適宜EDINETや提出会社が公開するオリジナルを参照する様にしてください。本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

【表紙】

 

【提出書類】

有価証券報告書

【根拠条文】

金融商品取引法第24条第1項

【提出先】

近畿財務局長

【提出日】

2020年6月26日

【事業年度】

第68期(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

【会社名】

ロックペイント株式会社

【英訳名】

ROCK PAINT CO.,LTD.

【代表者の役職氏名】

代表取締役社長 内海 東吾

【本店の所在の場所】

大阪市西淀川区姫島3丁目1番47号

【電話番号】

06-6473-1551

【事務連絡者氏名】

取締役 市川 智

【最寄りの連絡場所】

大阪市西淀川区姫島3丁目1番47号

【電話番号】

06-6473-1551

【事務連絡者氏名】

取締役 市川 智

【縦覧に供する場所】

ロックペイント株式会社東京本社

(東京都江東区南砂2丁目37番2号)

株式会社東京証券取引所

(東京都中央区日本橋兜町2番1号)

 

E00907 46210 ロックペイント株式会社 ROCK PAINT CO.,LTD. 企業内容等の開示に関する内閣府令 第三号様式 Japan GAAP true CTE CTE 2019-04-01 2020-03-31 FY 2020-03-31 2018-04-01 2019-03-31 2019-03-31 1 false false false E00907-000 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00907-000 2020-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E00907-000 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00907-000 2020-03-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E00907-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E00907-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00907-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E00907-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00907-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00907-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E00907-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00907-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00907-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E00907-000 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00907-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00907-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E00907-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00907-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E00907-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E00907-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00907-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E00907-000 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00907-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:GeneralReserveMember E00907-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E00907-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E00907-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00907-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00907-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00907-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E00907-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00907-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E00907-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00907-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row6Member E00907-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row7Member E00907-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row8Member E00907-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row9Member E00907-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row16Member E00907-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row17Member E00907-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row18Member E00907-000 2020-06-26 jpcrp_cor:Row5Member E00907-000 2020-06-26 jpcrp030000-asr_E00907-000:KeikoKoideMember E00907-000 2020-06-26 jpcrp030000-asr_E00907-000:KeiichiroZenMember E00907-000 2020-06-26 jpcrp030000-asr_E00907-000:TakaharuNishinoMember E00907-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E00907-000 2018-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E00907-000 2018-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00907-000 2018-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00907-000 2018-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E00907-000 2018-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00907-000 2018-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00907-000 2018-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00907-000 2018-03-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E00907-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E00907-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00907-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00907-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E00907-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00907-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E00907-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00907-000 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E00907-000 2019-04-01 2020-03-31 E00907-000 2020-06-26 E00907-000 2020-03-31 E00907-000 2019-03-31 E00907-000 2018-04-01 2019-03-31 E00907-000 2018-03-31 E00907-000 2017-04-01 2018-03-31 E00907-000 2017-03-31 E00907-000 2016-04-01 2017-03-31 E00907-000 2016-03-31 E00907-000 2015-04-01 2016-03-31 E00907-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row10Member E00907-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row11Member E00907-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row12Member E00907-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row13Member E00907-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row14Member E00907-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row15Member E00907-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row5Member E00907-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row6Member E00907-000 2020-06-26 jpcrp_cor:Row3Member E00907-000 2020-06-26 jpcrp_cor:Row4Member E00907-000 2020-06-26 jpcrp030000-asr_E00907-000:TogoUtsumiMember E00907-000 2020-06-26 jpcrp030000-asr_E00907-000:YujiIkeyaMember E00907-000 2020-06-26 jpcrp030000-asr_E00907-000:YoshinoriTakanohashiMember E00907-000 2020-06-26 jpcrp030000-asr_E00907-000:SatoshiIchikawaMember E00907-000 2020-06-26 jpcrp030000-asr_E00907-000:HajimeNakagawaMember E00907-000 2020-06-26 jpcrp030000-asr_E00907-000:ToshiyukiOkuiMember E00907-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:DirectorsExcludingOutsideDirectorsMember E00907-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:CorporateAuditorsExcludingOutsideCorporateAuditorsMember E00907-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:OutsideDirectorsAndOtherOfficersMember E00907-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row5Member E00907-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No1MajorShareholdersMember E00907-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No2MajorShareholdersMember E00907-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No3MajorShareholdersMember E00907-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No4MajorShareholdersMember E00907-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No5MajorShareholdersMember E00907-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No6MajorShareholdersMember E00907-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No7MajorShareholdersMember E00907-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No8MajorShareholdersMember E00907-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No9MajorShareholdersMember E00907-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No10MajorShareholdersMember E00907-000 2020-03-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E00907-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E00907-000 2019-03-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E00907-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E00907-000 2018-03-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E00907-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ReserveForReductionEntry2Member E00907-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ReserveForReductionEntry2Member E00907-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ReserveForReductionEntry2Member E00907-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ReserveForReductionEntry2Member E00907-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ReserveForReductionEntry2Member E00907-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00907-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00907-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00907-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E00907-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E00907-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E00907-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00907-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E00907-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:GeneralReserveMember E00907-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E00907-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E00907-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00907-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00907-000 2020-06-26 jpcrp030000-asr_E00907-000:YoshiyukiHataMember E00907-000 2020-06-26 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E00907-000 2020-03-31 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E00907-000 2020-03-31 jpcrp_cor:SharesWithNoVotingRightsMember E00907-000 2020-03-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsTreasurySharesEtcMember E00907-000 2020-03-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsOtherMember E00907-000 2020-03-31 jpcrp_cor:SharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E00907-000 2020-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E00907-000 2020-03-31 jpcrp_cor:SharesWithFullVotingRightsOtherMember E00907-000 2020-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsOtherMember E00907-000 2020-03-31 jpcrp_cor:SharesLessThanOneUnitMember E00907-000 2020-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesLessThanOneUnitMember E00907-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row1Member E00907-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row2Member E00907-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row3Member E00907-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row4Member E00907-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row1Member E00907-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row2Member E00907-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row3Member E00907-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row4Member E00907-000 2020-06-26 jpcrp_cor:Row1Member E00907-000 2020-06-26 jpcrp_cor:Row2Member E00907-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E00907-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00907-000 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00907-000 2019-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00907-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:GeneralReserveMember E00907-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00907-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E00907-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00907-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00907-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00907-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E00907-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E00907-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00907-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E00907-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:GeneralReserveMember E00907-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E00907-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00907-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E00907-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00907-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00907-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00907-000 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00907-000 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E00907-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00907-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00907-000 2017-04-01 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00907-000 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00907-000 2016-04-01 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00907-000 2016-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00907-000 2015-04-01 2016-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00907-000 2019-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E00907-000 2019-03-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E00907-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E00907-000 2019-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00907-000 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00907-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E00907-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E00907-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00907-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E00907-000 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00907-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:GeneralReserveMember E00907-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E00907-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00907-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E00907-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00907-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00907-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00907-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E00907-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row7Member E00907-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row8Member E00907-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row9Member E00907-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row10Member E00907-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row11Member E00907-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row12Member E00907-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row13Member E00907-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row14Member E00907-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row15Member E00907-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row16Member E00907-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row17Member E00907-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row18Member E00907-000 2020-06-26 jpcrp030000-asr_E00907-000:KahoruNakamuraMember xbrli:shares xbrli:pure iso4217:JPY iso4217:JPY xbrli:shares

第一部【企業情報】

第1【企業の概況】

1【主要な経営指標等の推移】

(1)連結経営指標等

回次

第64期

第65期

第66期

第67期

第68期

決算年月

2016年3月

2017年3月

2018年3月

2019年3月

2020年3月

売上高

(百万円)

24,590

24,228

24,414

24,132

24,519

経常利益

(百万円)

1,578

2,247

1,971

1,656

1,513

親会社株主に帰属する当期純利益

(百万円)

945

1,479

1,566

1,175

1,037

包括利益

(百万円)

515

1,889

1,710

957

557

純資産額

(百万円)

33,347

34,899

36,269

36,890

37,112

総資産額

(百万円)

40,722

42,442

44,184

44,432

44,951

1株当たり純資産額

(円)

1,734.26

1,815.10

1,886.97

1,919.22

1,930.82

1株当たり当期純利益

(円)

49.18

76.96

81.50

61.14

54.00

潜在株式調整後1株当たり当期純利益

(円)

自己資本比率

(%)

81.9

82.2

82.1

83.0

82.6

自己資本利益率

(%)

2.8

4.3

4.4

3.2

2.8

株価収益率

(倍)

14.21

9.35

11.38

12.59

12.51

営業活動によるキャッシュ・フロー

(百万円)

2,763

3,244

2,066

2,192

2,823

投資活動によるキャッシュ・フロー

(百万円)

980

65

3,321

1,513

2,278

財務活動によるキャッシュ・フロー

(百万円)

289

337

339

336

336

現金及び現金同等物の期末残高

(百万円)

5,242

8,084

13,110

13,456

13,590

従業員数

(人)

489

492

503

510

513

(外、平均臨時雇用者数)

(102)

(119)

(124)

(119)

(129)

(注)1.売上高には消費税等は含まれておりません。

2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

3.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を第67期の期首から適用しており、第66期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。

(2)提出会社の経営指標等

回次

第64期

第65期

第66期

第67期

第68期

決算年月

2016年3月

2017年3月

2018年3月

2019年3月

2020年3月

売上高

(百万円)

23,846

23,442

23,443

22,977

23,287

経常利益

(百万円)

1,729

2,161

2,141

1,609

1,564

当期純利益

(百万円)

1,083

1,383

1,778

1,116

1,090

資本金

(百万円)

1,100

1,100

1,100

1,100

1,100

発行済株式総数

(千株)

22,000

22,000

22,000

22,000

22,000

純資産額

(百万円)

33,175

34,582

36,226

36,775

37,111

総資産額

(百万円)

40,286

41,980

43,977

44,076

44,819

1株当たり純資産額

(円)

1,725.66

1,798.97

1,884.96

1,913.55

1,931.03

1株当たり配当額

(円)

15.00

20.00

17.50

17.50

17.50

(うち1株当たり中間配当額)

(7.50)

(10.00)

(7.50)

(7.50)

(7.50)

1株当たり当期純利益

(円)

56.36

71.97

92.52

58.10

56.76

潜在株式調整後1株当たり当期純利益

(円)

自己資本比率

(%)

82.3

82.4

82.4

83.4

82.8

自己資本利益率

(%)

3.3

4.1

5.0

3.1

3.0

株価収益率

(倍)

12.40

10.00

10.03

13.25

11.90

配当性向

(%)

26.6

27.8

18.9

30.1

30.8

従業員数

(人)

478

479

487

491

495

(外、平均臨時雇用者数)

(101)

(112)

(117)

(114)

(124)

株主総利回り

(%)

113.5

120.0

155.9

133.5

121.4

(比較指標:配当込みTOPIX)

(%)

(89.2)

(102.3)

(118.5)

(112.5)

(101.8)

最高株価

(円)

699

760

1,374

998

932

最低株価

(円)

604

592

643

670

621

 (注)1.売上高には消費税等は含まれておりません。

2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

3.最高株価及び最低株価は東京証券取引所(市場第二部)におけるものであります。

4.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号  2018年2月16日)等を第67期の期首から適用しており、第66期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。

2【沿革】

年月

沿革

1931年9月

創業者 辻 巖が個人にてラッカー性塗料の製造開始。

1943年11月

第二次企業整備令により廃業。

1947年1月

大阪市西淀川区において個人経営にてラッカー性塗料の製造を再開。

1952年4月

資本金5百万円にて個人経営より株式会社に改組。「株式会社ロック塗料製造所」と称す。

東京都江東区に東京支店(現東京本社)を設置。

1953年3月

資本金1千万円に増資。

1955年7月

「ロックペイント株式会社」と社名変更。

1961年5月

名古屋市に名古屋営業所を設置。

1963年4月

資本金2億7千万円に増資し、大阪証券取引所市場第二部に上場。

福岡県に福岡営業所を設置。

1963年7月

札幌市に札幌営業所を設置。

1965年4月

兵庫県の宝塚工場製造開始。

1970年3月

埼玉県の東京工場製造開始。

愛知県の犬山工場製造開始。

1971年1月

資本金5億5千万円に増資。

1973年10月

米国デクスター社と共同出資でデクスター・ミドランド株式会社設立。(現バルスパーロック株式会社・現持分法適用会社)

1974年4月

資本金11億円に増資。

1979年9月

大阪市北区に大阪営業所を移設。

1984年6月

栃木県の宇都宮工場製造開始。

1985年3月

佐賀県の九州工場製造開始。

1988年3月

大阪本社に事務所を増築し、大阪営業所を本社に移設。

1990年8月

兵庫県の福崎工場製造開始。

1993年4月

静岡県の富士小山工場製造開始。

1999年7月

デクスター・ミドランド株式会社の商号をバルスパーロック株式会社に変更。

2001年1月

三重県の伊賀上野工場製造開始。

2004年2月

岡山市に岡山営業所を設置。

2006年10月

神奈川県に西関東営業所を設置。

2011年5月

インドネシア共和国にPT. ROCK PAINT INDONESIAを設立。(現連結子会社)

2011年12月

仙台市に仙台営業所を設置。

2012年12月

PT. ROCK PAINT INDONESIA製造販売の開始。

2013年7月

東京証券取引所と大阪証券取引所の統合に伴い、東京証券取引所市場第二部に上場。

 

3【事業の内容】

 当社グループは、当社(ロックペイント株式会社)、連結子会社1社、持分法適用関連会社1社及び持分法非適用関連会社1社により構成されております。

 前記の他に、その他の関係会社1社(辻不動産株式会社)があります。

 当社グループの事業内容及び当該事業に係る位置付けは次のとおりであります。

 なお、当社グループは塗料等製造販売の単一セグメントであります。

(1)塗料

 主な製品は、車両用塗料、建築用塗料、工業用塗料、家庭用塗料、食缶用塗料、工業用接着剤、ポリパテ、シンナー等であります。

 当社が製造・販売するほか、子会社1社が塗料の製造・販売、関連会社2社が塗料の販売を行っております。

(2)塗装関連製品・商品

 主な製品・商品は、ローラー・スプレーガン等の塗装用具、調色用器具類等であります。

 当社が販売しております。

 

[事業系統図]

 以上述べた事項を事業系統図によって示すと次のとおりであります。

 

0101010_001.png

(注)1.持分法非適用関連会社としてBERGER ROCK PAINTS PRIVATE LIMITEDがありますが、重要性がないため、上記事業系統図には含めておりません。

2.継続的な事業上の取引関係がある関連当事者として、ピーアイエー株式会社があり、取引関係については、第5[経理の状況]の連結財務諸表の「関連当事者情報」に記載のとおりであります。

 

4【関係会社の状況】

名称

住所

資本金

主要な事業の内容

議決権の所有割合又は被所有割合(%)

関係内容

(連結子会社)

PT. ROCK PAINT INDONESIA

(注)

インドネシア共和国

1,166億IDR

塗料等の製造販売

99.2

当社製品の一部を製造販売している。

資金の貸付…あり

役員の兼任等…あり

(関連会社)

バルスパーロック㈱

東京都江東区

15百万円

塗料等の販売

30.0

当社製品の一部を販売している。

役員の兼任等…あり

(その他の関係会社)

辻不動産㈱

大阪市西淀川区

24百万円

不動産、有価証券の保有、管理及び運用

(被所有)

40.9

当社の株式を保有。当社に不動産を賃貸している。

役員の兼任等…なし

(注)特定子会社に該当しております。

 

5【従業員の状況】

(1)連結会社の状況

 

2020年3月31日現在

セグメントの名称

従業員数(人)

全社

513

(129)

合計

513

129

(注)1.従業員数は就業人員(当社グループからグループ外への出向者を除き、グループ外から当社グループへの出向者を含む。)であり、臨時雇用者数(パートタイマー、人材会社からの派遣社員等)は、年間の平均人員を( )外数で記載しております。

2.当社グループは、塗料等製造販売の単一セグメントであります。

 

(2)提出会社の状況

 

 

 

 

2020年3月31日現在

従業員数(人)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(円)

495

124

39.7

15.2

6,047,794

(注)1.従業員数は就業人員(当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含む。)であり、臨時雇用者数(パートタイマー、人材会社からの派遣社員等)は、年間の平均人員を( )外数で記載しております。

2.平均年間給与の算出に際しては、海外従業員分を除いた国内従業員分のみで算出しております。

3.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。

4.当社は、塗料等製造販売の単一セグメントであります。

 

(3)労働組合の状況

 当社の労働組合は、ロックペイント労働組合と称しております。

 組合との関係は円満であり、特記すべき事項はありません。

第2【事業の状況】

1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。

(1経営方針

当社グループは、創業以来「高品質の塗料を適正価格で提供する」ことを基本に、たゆみない技術開発と着実な営業努力を積み重ね、常に無借金体制を基本とした堅実で安定した経営を行ってまいりました。

そうした経営基盤の背景には「機械に出来ることは機械に任せ、社員には人間本来の能力、創造力を大いに発揮してもらう」との経営理念に基づいた省力化、合理化さらには効率化の徹底した追求があります。

そのために、常に最新の設備の導入や、生産性を高めるシステム化を実施し、事務関係におけるコンピューター化、オンライン化も率先して進めてきました。

こうしたチャレンジ精神のもとに、市場における情報力を高め、「車両用塗料」、「建築用塗料」、「工業用塗料」、「家庭用塗料」の4本柱を中心に、常にマーケットニーズに合致した製品開発を推し進めております。

地球環境問題は、年々その重要性を増しており、今後も、人と環境にやさしい塗料づくりを目指して、ハード、ソフトの両面から一層の充実を図り、企業の社会的責任を果たしていくとともに、色彩提供産業の一員としての役割を担っていきたいと考えております。

(2経営戦略等

当社グループは、健全な財務体質の維持、向上を図りつつ、企業の永続的な発展を目指しております。

日々、技術革新が進む中、新たな製品づくりの研究、開発に傾注すると共に、更なる生産性、効率化を求めて、各部門でコンピューター化、自動化を導入し、更に改善してまいります。

対外的には、電子商取引の普遍化に伴い、IT情報化による諸情報の提供システムを完成させましたが、中味の更なる充実を行い、取引先各位への便宜性向上に努める所存です。

また、製造・研究開発分野においては、環境保全に取り組む姿勢を確固たるものにし、資源・エネルギーの保存と有効利用を積極的に行い、環境リスクを軽減させるために、水系化、ハイソリッド化、粉体化に向けた製品開発及び製造、拡販を進めつつ、自然保護と景観の維持、創出に邁進いたします。

営業面では、製品の性能や品質、機能に関する要望をいち早く掴み、新しい製品やサービスの開発、提供に結び付けて更なる販路の拡大に努めてまいります。

(3経営環境

今後の経済は、引き続き新型コロナウイルスの感染拡大が国内外の経済や社会活動に大きな影響を及ぼすことが懸念されており、先行き不透明な状況で推移していくものと思われます。

当社グループの位置する塗料業界の当連結会計年度の状況は、船舶の分野に回復が見られましたが、その他の分野で落ち込みが見られ、出荷数量、出荷金額ともに前年同期を下回る結果となりました。今後の塗料業界につきましても、新型コロナウイルスの感染拡大の影響により不透明な点が多いことに加え、東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催延期等の影響もあり、引き続き落ち込みが予想されております。

この様な中で当社グループにつきましては、主要な製品である車両用塗料の自動車補修用塗料において、衝突安全装置の普及拡大や自動運転装置の開発等により自動車の修理入庫数の減少傾向が続いている等の影響があるほか、新型コロナウイルス感染拡大の影響で消費マインドの低下による需要の低迷が一定期間続くことも想定されており、取り巻く環境は、ますます厳しさを増していくものと考えられます。

(4)優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

当社グループは、この様な状況の中で、製造経費や販売管理費の更なる削減等経営全般にわたる効率化を推進し、業績の向上に取り組むとともに、SDGs(持続可能な開発目標)の推進及びグローバル展開の強化に取り組んでまいります。

塗料業界では、従前より一般社団法人日本塗料工業会が推進する「コーティング・ケア」等、環境保護に関する活動を実施してまいりました。また、市場においても環境配慮ニーズに応じた製品の拡充が求められている等、環境問題と強い関わりのあるSDGsの推進は当社グループの事業活動に密接に関連した内容であります。この様な中で、当社グループでは、水性塗料や温暖化対策に寄与する高日射反射率塗料の拡充、環境負荷低減に優位性が高い粉体塗料の低温化、接着剤の無溶剤化や天然由来原料の積極的な使用による環境負荷物質の低減等の取り組みを進めており、また、今般サステナビリティ経営推進部を設置する等、SDGsに係る取り組みを強化する体制を整備しております。当社グループでは、SDGsを推進し、人と環境にやさしい商品とサービスの提供」をテーマに、販売・製造・技術開発の体制強化に努め持続可能な社会の実現に向けて事業活動を進めてまいります。

また、当社グループでは、停滞傾向にある国内市場だけではなく、海外市場への展開を進めるために、インドネシアの子会社PT. ROCK PAINT INDONESIAにおける接着剤や建築用塗料の更なる拡販、2018年にインドで設立した関連会社BERGER ROCK PAINTS PRIVATE LIMITEDにおける自動車補修用塗料の製造販売等の取り組みを行っており、今後もグローバル展開を強化してまいります。

(5経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等

当社グループは、刻々と変化する市場環境の中、特定の経営指標をもって目標とすることはせず、公表している業績予想に基づき安定した収益基盤を着実に強化していくことが第一と認識しております。

 

2【事業等のリスク】

有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、経営者が連結会社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると認識している主要なリスクは、以下のとおりであります。なお、当該リスクが顕在化する可能性の程度や時期につきましては、合理的に予見することが困難であるため記載しておりません。

文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。

(1)新型コロナウイルスの影響について

当社グループは、新型コロナウイルスの感染拡大に対して、代表取締役社長を本部長とする危機対策本部を設置し、在宅勤務等の感染防止策を実施し、人の安全と健康の確保を優先して事業活動を継続してまいりました。しかし、新型コロナウイルス感染症は経済や社会活動に大きな影響を及ぼす事象であり、また、収束の見込みも立っていないため、今後の展開によっては当社グループの事業活動が制限され、経営成績及び財務状況等に影響を及ぼす可能性があります。

(2)原材料価格の変動について

当社グループの製品は、石油化学製品を主要な原材料としております。石油化学製品は、産油国の政治経済情勢や主要消費国の景気動向の影響を受けやすいため、計画的な原材料の発注や複数購買のほか、従業員の常日頃からのリスク認識や危機管理により原材料価格の変動による影響を最小化するよう努めております。しかし、原材料価格の上昇に伴う製造原価の上昇等の場合に、すぐに製品価格に転嫁できるとは限らないため、当社グループの経営成績及び財務状況等に影響を及ぼす可能性があります。

(3)公的規制について

当社グループの製品は、その性質上、VOC排出規制やホルムアルデヒド規制、産業廃棄物規制等の環境・化学物質関連の法規制の適用を受けております。当社グループでは、これらの法規制を遵守するとともに、環境配慮型製品の開発等を進め、環境負荷物質の低減に努めております。しかし、今後、新たな法規制の施行や強化等があった場合には、販売活動の制限、法規制への対応に係る研究開発や設備投資等により、当社グループの経営成績及び財務状況等に影響を及ぼす可能性があります。

(4)災害の発生について

当社グループの工場は、危険物を取扱っております。事故発生の防止のため、マニュアルや手順書を作成しておりますが、火災や爆発等の事故が発生する可能性があります。また、本社を含む当社グループの複数の拠点が南海トラフ地震防災対策推進地域に存在する等、大規模な地震が発生した場合には、重大な被害が発生する可能性があるほか、近年多発する大型台風による風水害等、その他の自然災害の発生により被害を受ける可能性もあります。当社グループでは、BCP(事業継続計画)の策定や防災対策を実施しておりますが、これらの事故や自然災害等が発生した場合は、当社グループに操業停止等の影響を生じさせ、当社グループの経営成績及び財務状況等に影響を及ぼす可能性があります。

 

3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

(1経営成績等の状況の概要

 当連結会計年度における当社グループの財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下「経営成績等」という。)の状況の概要は次のとおりであります。

①財政状態及び経営成績の状況

当連結会計年度におけるわが国経済は、雇用・所得環境の改善、堅調な設備投資を背景に緩やかな回復基調で推移しておりましたが、消費税増税や自然災害の発生、更には新型コロナウイルスの感染拡大が経済や社会活動に大きな影響を及ぼし、不透明な状況で推移しました。海外経済についても、新型コロナウイルスの感染拡大の影響が世界的な広がりを見せており、不透明な状況で推移しています。

この様な状況のもとで、当社グループは、市場ニーズに応じた新製品開発上市や新規需要の開拓に努めるとともにグローバル展開を推進し、また、製造経費の削減等の効率化に取り組んでまいりました。

この結果、当連結会計年度の財政状態及び経営成績は以下のとおりとなりました。

a.財政状態

当連結会計年度末の資産の合計は、前連結会計年度末に比べ5億18百万円増加し、449億51百万円となりました。

当連結会計年度末の負債の合計は、前連結会計年度末に比べ2億97百万円増加し、78億39百万円となりました。

当連結会計年度末の純資産の合計は、前連結会計年度末に比べ2億21百万円増加し、371億12百万円となりました。

b.経営成績

当連結会計年度の業績は、売上高245億19百万円(前年同期比1.6%増)、営業利益13億80百万円(前年同期比3.0%増)、経常利益15億13百万円(前年同期比8.6%減)、親会社株主に帰属する当期純利益10億37百万円(前年同期比11.7%減)となりました。

当社グループは、塗料等製造販売の単一セグメントであるため、製品分野別の業績は次のとおりであります。

1)車両用塗料分野

環境対応と生産性向上の両立に有効な高性能ベースコートと環境配慮型クリヤー・下地塗料及び水性シリーズ「ネオウォーターベース」の拡販により、自動車補修用塗料市場でのシェア拡大に努め、大型車両や産業機械等に適した環境配慮型2液アクリルポリウレタン塗料は堅調に推移しましたが、修理入庫数減少の影響を補いきれず、売上高は前年同期を下回りました。

2)建築用塗料分野

改修・リニューアル市場に重点を置き、需要喚起の建物塗替診断やカラープランニング等の提案型営業を続けた結果、環境対応製品及び高付加価値製品を中心とした製品群は好調に推移しましたが、2019年10月の消費税増税以降の市況の冷え込みに加え、2月後半からの新型コロナウイルスの感染拡大の影響もあり、売上高は前年同期を若干下回りました。

3)工業用塗料分野

塗料分野では、従来品の溶剤塗料は販売が低調でしたが、環境に配慮した粉体塗料が鋼製家具、什器用途を中心に大きく伸長しました。接着剤分野では、国内外の包装用途並びに工業用途で着実なる需要開拓及び高付加価値製品の販売を行い、売上高は前年同期を上回りました。

4)家庭用塗料分野

主力のエアゾール製品は環境対応型スプレーや高性能サビ止めスプレーを中心に回復基調にあり、堅調に推移しましたが、市況の冷え込みを補うには至らず、売上高は前年同期を下回りました。

②キャッシュ・フローの状況

当連結会計年度における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前連結会計年度末に比べ1億33百万円増加し、当連結会計年度末には135億90百万円となりました。

当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は、次のとおりであります。

(営業活動によるキャッシュ・フロー)

営業活動の結果得られた資金は、28億23百万円(前年同期は21億92百万円の獲得)となりました。主な要因は、税金等調整前当期純利益15億12百万円、減価償却費12億17百万円の資金の増加があったことによるものです。

(投資活動によるキャッシュ・フロー)

投資活動の結果使用した資金は、22億78百万円(前年同期は15億13百万円の使用)となりました。主な要因は、固定資産の取得による支出22億16百万円があったことによるものです。

(財務活動によるキャッシュ・フロー)

財務活動の結果使用した資金は、3億36百万円(前年同期は3億36百万円の使用)となりました。主な要因は、配当金の支払によるものです。

③生産、受注及び販売の実績

当社グループは、塗料等製造販売の単一セグメントであるため、セグメント別の記載を行っておりません。

a.生産実績

当連結会計年度の生産実績を、生産分類別に示すと、次のとおりであります。

生産分類別種類

当連結会計年度

(自 2019年4月1日

至 2020年3月31日)

前年同期比(%)

合成樹脂塗料類(百万円)

11,952

102.5

その他(百万円)

5,773

108.8

合計(百万円)

17,726

104.5

(注)1.金額は、製造原価によっております。

2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

b.受注実績

当社グループは、見込み生産を行っているため、該当事項はありません。

c.販売実績

当連結会計年度の販売実績を、商品分類別に示すと、次のとおりであります。

商品分類別種類

当連結会計年度

(自 2019年4月1日

至 2020年3月31日)

前年同期比(%)

合成樹脂塗料類(百万円)

14,124

97.4

その他(百万円)

10,395

107.9

合計(百万円)

24,519

101.6

(注)上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

(2経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

 経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりであります。

 なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものであります。

①財政状態及び経営成績の状況に関する認識及び分析・検討内容

 当社グループは、常に無借金体制を基本とした堅実で安定した経営を行うことを方針としております。当社グループの当連結会計年度の財政状態及び経営成績は次のとおりで、健全な財務体質の維持、向上及び安定した収益基盤の強化を図ることができました。なお、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、当社グループにおいても、自動車補修や建物の塗替等における塗料の需要低迷が見られつつあり、収束の見込みも立っていない現状ではその影響が一定期間続くことが想定されます。

a.財政状態

(資産)

当連結会計年度末の資産の合計は、前連結会計年度末に比べ5億18百万円増加の449億51百万円(前年同期444億32百万円)となりました。これは主に設備投資に係る建設仮勘定等の固定資産が増加したことによるものであります。

(負債)

当連結会計年度末の負債の合計は、前連結会計年度末に比べ2億97百万円増加の78億39百万円(前年同期75億41百万円)となりました。これは主に退職給付に係る負債等の固定負債が増加したことによるものであります。

(純資産)

当連結会計年度末の純資産の合計は、前連結会計年度末に比べ2億21百万円増加の371億12百万円(前年同期368億90百万円)となり、自己資本比率は82.6%(前年同期83.0%)となりました。

b.経営成績

(売上高と営業利益)

当連結会計年度の売上高については、主に工業用塗料分野が前年同期を上回ったものの、車両用塗料分野が前年同期を下回り、245億19百万円(前年同期241億32百万円)となりました。売上原価は190億80百万円(前年同期188億60百万円)となり、売上原価率は77.8%(前年同期78.1%)となりました。また、販売費及び一般管理費は40億58百万円(前年同期39億31百万円)となり、営業利益は13億80百万円(前年同期13億40百万円)となりました。

(経常利益)

当連結会計年度の営業外収益は、持分法による投資利益もあり、4億20百万円(前年同期3億57百万円)となりました。また、営業外費用は、為替差損もあり、2億87百万円(前年同期41百万円)となり、経常利益は15億13百万円(前年同期16億56百万円)となりました。

(親会社株主に帰属する当期純利益)

当連結会計年度の特別利益は、保険金の受取等により、1億84百万円(前年同期1億10百万円)となりました。また、特別損失は1億85百万円(前年同期1億3百万円)となりました。税金等調整前当期純利益は15億12百万円(前年同期16億64百万円)となり、法人税、住民税及び事業税と法人税等調整額を合わせた税金費用が4億75百万円(前年同期4億87百万円)となったため、親会社株主に帰属する当期純利益は10億37百万円(前年同期11億75百万円)となりました。

当社グループの経営成績に重要な影響を与える要因として、当社グループの位置する塗料業界は、主要な原料は石油関連製品に依存しており、産油国の政治経済情勢や為替相場の動向に大きく影響されます。また、塗料は、危険物であり、環境対策の法的規制等が、工場の稼動や立地、塗料の品質改良推進に大きな影響を及ぼし、維持費用や研究開発の費用の増加につながり、経営成績に影響を与えます。これらの要因については、産油国や消費国を始め国内外の情報を迅速に把握し、さらには従業員の常日頃からのリスク認識や危機管理を遂行しております。詳細につきましては、2〔事業等のリスク〕の項目をご参照ください。

なお、当社グループは、塗料等製造販売の単一セグメントであるため、製品分野別の業績は、(1) 経営成績等の状況の概要 ①財政状態及び経営成績の状況に記載のとおりであります。

②キャッシュ・フローの状況の分析・検討内容並びに資本の財源及び資金の流動性に係る情報

当社グループは、無借金体制を基本とした堅実で安定した経営を行っております。当社グループの運転資金需要のうち主なものは、製造のための原材料等の購入のほか、人件費・物流費・研究開発費・広告宣伝費等を中心とする製造費や販売費及び一般管理費等の支出によるものであります。設備資金需要のうち主なものは、製造のための生産設備や販売拠点等の新設・拡充及び修理等のためのものであります。これらの資金需要につきましては、全て自己資金にて対応しております。また、株主還元につきましては、当社は、配当性向30を目処に安定的かつ継続的な配当を実施しております。今後につきましても、当該株主還元を継続するとともに、様々な経営環境の変化等に対応すべく、販売・製造・技術開発の体制強化のために自己資金を有効に投資し、堅実で安定した経営を行い、収益の向上に努めてまいります。

なお、当連結会計年度のキャッシュ・フローの状況につきましては、(1) 経営成績等の状況の概要 ②キャッシュ・フローの状況に記載のとおりであります。

③重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成されております。当社グループは、貸倒引当金、たな卸資産の評価、投資その他の資産の評価及び退職給付に係る負債等に関して、過去の実績や当該取引の状況に応じて、合理的と考えられる見積り及び判断を行っております。その詳細については、第5[経理の状況]の連結財務諸表の「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」及び「追加情報」に記載されているとおりであります。

 当社グループは、これらの結果を決算日における資産・負債の帳簿価額及び報告期間における収益・費用の金額に反映して連結財務諸表を作成しておりますが、実際の結果は見積り特有の不確実性があるため、これらの見積りと異なる場合があります。

④経営方針、経営戦略、経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等

2019年5月9日に公表いたしました当連結会計年度の当初業績予想に対しては、売上高は0.1%増、営業利益は4.8%減、経常利益は11.0%減、親会社株主に帰属する当期純利益は13.5%減となりました。引き続き、顧客満足度の高い新製品開発上市や新規需要の開拓に努めるとともに、安定した収益基盤を着実に強化してまいります。

なお、翌連結会計年度(2021年3月期)の業績予想については、業績予想の開示が可能になった段階で改めて開示します。

 

4【経営上の重要な契約等】

技術援助等を受けている契約

相手方の名称

国名

契約品目

契約

締結日

契約内容

契約期間

THE SHERWIN-WILLIAMS COMPANY

米国

食品、飲料用缶及びエアゾール容器用コーティング類

1999年

3月1日

食品、飲料用缶及びエアゾール容器用コーティング類の製造及びそれらのシステムの適用に関する技術提供。

技術指導料は純販売高の一定率。

1999年3月1日から

2004年2月29日まで

以後5年ごとの自動更新

 

5【研究開発活動】

当社グループにおいては、環境配慮・高機能・高付加価値をキーワードに顧客満足の向上を図るべく、既存技術の応用研究のみならず、特長のある製品の開発を念頭に入れた新技術の研究活動にも注力し、鋭意研究活動に取り組んでおります。

当連結会計年度における分野別の研究開発活動の内容は、次のとおりであります。

①車両塗料分野

自動車補修用塗料分野では「環境対応と生産性向上の両立」をテーマに、溶剤系塗料では特化則該当物質の不使用、乾燥時間短縮等に取り組んできました。近年では、プライマーからトップコートクリヤーまでオール有機則非該当で構成される水性塗料の研究に注力し未来の地球環境を意識した製品開発に取り組んでおります。また、自動車補修用塗料分野で培った技術を活用し大型車両・産業機械分野をターゲットとした遮熱性能等の「高付加価値・性能特化製品」についても研究開発を進めております。

②建築・家庭塗料分野

近年、建築物において高耐久性、低汚染性、高耐候性等の付加価値が求められる中、美観以外に躯体保護、鉄部への防食等の長寿命化が期待できる水性塗料の開発に取り組んでおります。また、高日射反射率塗料においては更なる機能性向上を目指し、温暖化対策としての省エネルギー活動に貢献すべく研究開発を進めております。

③工業塗料分野

環境負荷低減に優位性が高い粉体塗料については低温化、高耐久のみならず、意匠等の外観や特徴的な性能を有する製品の要望等、顧客ニーズが多様化しており、「環境配慮」と「顧客満足」を両輪とした研究開発を進めております。また、溶剤系塗料においても自己修復塗料「ロックテックスリターンクリヤー」を始めとする高機能製品を中心に性能向上を進め、特長のある製品開発に取り組んでおります。

④工業用接着剤分野

SDGs(持続可能な開発目標)等の環境対策活動を通じ、環境低負荷をキーワードに技術開発を進めております。具体的には接着剤の無溶剤化や天然由来原料の積極的な使用による環境負荷物質の低減を図っており、更に顧客と環境対策活動をテーマに共同で技術開発を行うことでダイレクトな効果が表れる様に進めております。また、高性能が求められるリチウムイオン電池や太陽電池バックシート等の産業資材用接着剤等、付加価値向上を目指した開発を行っております。

 当連結会計年度における研究開発費用は、852百万円であります。

なお、当社グループは、塗料等製造販売の単一セグメントであるため、塗料等における研究開発費として記載しております。

 

第3【設備の状況】

1【設備投資等の概要】

 当社グループでは、総額2,509百万円の設備投資を実施しました。

 その主なものは、大阪本社に4億64百万円、宇都宮工場に2億59百万円であります。

 

2【主要な設備の状況】

当社グループにおける主要な設備は、以下のとおりであります。

(1)提出会社

2020年3月31日現在

 

事業所名

(所在地)

セグメントの名称

設備の内容

帳簿価額

従業

員数

(人)

建物及び構築物

(百万円)

機械装置及び運搬具

(百万円)

土地

(百万円)

(面積千㎡)

その他

(百万円)

合計

(百万円)

大阪本社及び工場

(大阪市西淀川区)

塗料等製造販売

製造

販売・配送

研究開発

238

55

1,543

(20)

583

2,420

159

(15)

東京本社

(東京都江東区)

塗料等製造販売

販売

研究開発

194

7

15

(4)

52

270

86

(7)

犬山工場

(愛知県犬山市)

塗料等製造販売

製造

配送

220

445

85

(41)

214

966

52

(23)

宇都宮工場

(栃木県宇都宮市)

塗料等製造販売

製造

配送

507

835

1,214

(74)

8

2,566

43

(16)

伊賀上野工場

(三重県伊賀市)

塗料等製造販売

製造

配送

705

314

1,219

(42)

19

2,259

29

(8)

福崎工場

(兵庫県神崎郡福崎町)

塗料等製造販売

製造

配送

271

157

835

(47)

7

1,271

28

(10)

東京工場

(埼玉県八潮市)

塗料等製造販売

製造

配送

318

97

126

(27)

19

561

22

(10)

宝塚工場

(兵庫県宝塚市)

塗料等製造販売

製造

配送

38

10

223

(32)

2

274

13

(11)

九州工場

(佐賀県神埼郡吉野ヶ里町)

塗料等製造販売

製造

配送

327

35

400

(30)

26

789

14

(7)

富士小山工場

(静岡県駿東郡小山町)

塗料等製造販売

配送・調色

172

7

578

(26)

3

761

8

(4)

(注)1.帳簿価額のうち「その他」は、工具、器具及び備品、建設仮勘定であります。なお、金額には消費税等は、含んでおりません。

2.従業員数の( )は、平均臨時雇用者数を外書しております。

3.現在休止中の主要な設備はありません。

 

(2)在外子会社

2020年3月31日現在

 

会社名

事業所名

(所在地)

セグメントの名称

設備の内容

帳簿価額

従業

員数

(人)

建物及び構築物

(百万円)

機械装置及び運搬具

(百万円)

土地

(百万円)

(面積千㎡)

その他

(百万円)

合計

(百万円)

PT. ROCK PAINT INDONESIA

本社及び工場

(インドネシア

共和国)

塗料等製造販売

製造

販売・配送

393

535

300

(50)

2

1,231

18

(5)

(注)1.帳簿価額のうち「その他」は、工具、器具及び備品、建設仮勘定であります。

2.従業員数の( )は、平均臨時雇用者数を外書しております。

 

3【設備の新設、除却等の計画】

 当社グループの設備投資については、景気予測、業界動向、投資効率等を総合的に勘案して策定しております。

 なお、当連結会計年度末現在における重要な設備の新設、改修及び除却の計画はありません。

 

第4【提出会社の状況】

1【株式等の状況】

(1)【株式の総数等】

①【株式の総数】

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

88,000,000

88,000,000

 

②【発行済株式】

種類

事業年度末現在発行数(株)

(2020年3月31日)

提出日現在発行数(株)

(2020年6月26日)

上場金融商品取引所名又は登録認可金融商品取引業協会名

内容

普通株式

22,000,000

22,000,000

東京証券取引所

市場第二部

単元株式数

100株

22,000,000

22,000,000

 

(2)【新株予約権等の状況】

①【ストックオプション制度の内容】

 該当事項はありません。

 

②【ライツプランの内容】

 該当事項はありません。

 

③【その他の新株予約権等の状況】

 該当事項はありません。

 

(3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

 該当事項はありません。

 

(4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

年月日

発行済株式総数増減数(千株)

発行済株式総数残高(千株)

資本金増減額

(百万円)

資本金残高

(百万円)

資本準備金増減額(百万円)

資本準備金残高(百万円)

1974年4月1日

11,000

22,000

550

1,100

530

(注)有償

 株主割当  1:1  11,000,000株

 発行価格           50円

 

(5)【所有者別状況】

 

 

 

 

 

 

 

2020年3月31日現在

区分

株式の状況(1単元の株式数100株)

単元未満株式の状況(株)

政府及び地方公共団体

金融機関

金融商品取引業者

その他の法人

外国法人等

個人その他

個人以外

個人

株主数(人)

6

12

163

20

799

1,000

所有株式数(単元)

1,969

90

130,816

1,761

85,353

219,989

1,100

所有株式数の割合(%)

0.90

0.04

59.46

0.80

38.80

100.0

(注)自己株式2,781,392株は、「個人その他」に27,813単元及び「単元未満株式の状況」に92株を含めて記載しております。

(6)【大株主の状況】

 

 

2020年3月31日現在

氏名又は名称

住所

所有株式数

(千株)

発行済株式(自己株式を除く。)の総数に対する所有株式数の割合(%)

辻不動産株式会社

大阪市西淀川区姫島3丁目1番47号

7,860

40.90

ケミコ株式会社

大阪市西淀川区姫島3丁目1番47号

2,065

10.75

ロック共栄会

大阪市西淀川区姫島3丁目1番47号

789

4.11

ロック商事株式会社

大阪市西淀川区姫島3丁目1番47号

569

2.96

辻 信一郎

兵庫県西宮市

367

1.91

ピーアイエー株式会社

大阪市西淀川区姫島3丁目8番1号

306

1.59

内海 東吾

東京都港区

293

1.53

名出 草苑子

神戸市西区

292

1.52

松井 朋子

兵庫県西宮市

282

1.47

旭化成株式会社

東京都千代田区有楽町1丁目1番2号

240

1.25

13,066

67.99

 

(7)【議決権の状況】

①【発行済株式】

 

 

 

 

2020年3月31日現在

区分

株式数(株)

議決権の数(個)

内容

無議決権株式

 

議決権制限株式(自己株式等)

 

議決権制限株式(その他)

 

完全議決権株式(自己株式等)

普通株式

2,781,300

完全議決権株式(その他)

普通株式

19,217,600

192,176

単元未満株式

普通株式

1,100

発行済株式総数

 

22,000,000

総株主の議決権

 

192,176

 

②【自己株式等】

 

 

 

 

2020年3月31日現在

所有者の氏名又は名称

所有者の住所

自己名義所有株式数(株)

他人名義所有株式数(株)

所有株式数の合計(株)

発行済株式総数に対する所有株式数の割合

(%)

ロックペイント株式会社

大阪市西淀川区姫島3丁目1番47号

2,781,300

2,781,300

12.64

2,781,300

2,781,300

12.64

 

2【自己株式の取得等の状況】

 【株式の種類等】 普通株式

 

(1)【株主総会決議による取得の状況】

 該当事項はありません。

 

(2)【取締役会決議による取得の状況】

 該当事項はありません。

 

(3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

 該当事項はありません。

 

(4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

区分

当事業年度

当期間

株式数(株)

処分価額の総額

(円)

株式数(株)

処分価額の総額

(円)

引き受ける者の募集を行った取得自己株式

消却の処分を行った取得自己株式

合併、株式交換、会社分割に係る移転を行った取得自己株式

その他

( - )

保有自己株式数

2,781,392

2,781,392

(注)当期間における保有自己株式数には、2020年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りによる株式は含まれておりません。

 

3【配当政策】

当社は、株主への利益還元を最重要政策の一つとして考えており、1952年の会社設立以来、安定した配当を継続して実施していくことを基本方針としております。

 また、当社は「取締役会の決議により、毎年9月30日を基準日として、中間配当を行うことができる。」旨を定款に定めており、中間配当と期末配当の年2回の剰余金の配当を行うことを基本方針としております。これらの剰余金の配当の決定機関は、期末配当については株主総会、中間配当については取締役会であります。

 当事業年度の配当につきましては、上記方針に基づき1株当たり17円50銭の配当(うち中間配当7.5円)を実施することを決定しました。この結果、当事業年度の配当性向は30.8%となりました。

 内部留保金につきましては、今後予想される経営環境の変化に対応すべく、販売・製造・技術開発の体制強化のために有効に投資してまいりたいと考えております。

 なお、当事業年度に係る剰余金の配当は以下のとおりであります。

決議年月日

配当金の総額

(百万円)

1株当たり配当額

(円)

2019年11月6日

144

7.5

取締役会決議

2020年6月25日

192

10.0

定時株主総会決議

 

4【コーポレート・ガバナンスの状況等】

(1)【コーポレート・ガバナンスの概要】

①コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

 コーポレート・ガバナンスが有効に機能することが求められるなか、当社は従来から少数の取締役による迅速な意思決定と取締役会の活性化を目指し、取締役相互の経営監視とコンプライアンスの徹底を図ってまいりました。今後も、経営の透明性と効率性を高めることにより、株主、顧客、取引先、従業員等のステークホルダーに対して、調和のとれた対応をとりながら、更に企業競争力の強化を図り、また、経営の公正さを高めるために積極的、迅速な情報開示に努めてまいる所存です。

②企業統治の体制の概要

 当社の取締役会は、2020年6月26日現在、議長である代表取締役社長 内海東吾、代表取締役専務 池谷裕司、常務取締役 高野橋義則、取締役 市川智及び畑善之並びに社外取締役 奥井敏幸及び中村香の7名で構成されております。取締役会は、当社の業務執行を決定し、取締役の業務執行を監督することを目的とし、法定の開催回数よりも多く随時開催しており、経営に関する重要な事項の決定及び進捗を管理しております。取締役は、取締役会の決定事項に基づく経営目標を定め、月次及び四半期業績の管理を行うとともに、業務の執行状況を取締役会に報告しております。また、取締役会の機能の独立性・客観性と説明責任を強化し、かつ取締役の指名及び報酬等に関する手続きの公正性・透明性・客観性を確保するために、取締役会から諮問を受けた取締役の指名及び報酬等に関する答申を行う機関として、取締役 内海東吾及び池谷裕司並びに社外取締役 奥井敏幸及び中村香の4名で構成し、社外取締役 奥井敏幸を委員長とする指名諮問委員会並びに取締役 内海東吾及び市川智並びに社外取締役 奥井敏幸及び中村香の4名で構成し、社外取締役 中村香を委員長とする報酬諮問委員会を設置しております。

 なお、当社は経営会議を月1回開催し、経営基本方針に基づき経営に関する重要な事項を審議することにより、代表取締役及び取締役会を補佐しております。

 当社は、監査役制度を採用しております。また、取締役の業務執行に関する監査役の監査機能を強化するために監査役会を設置しており、監査役会は監査に関する重要事項について報告・協議・決議を行っております。監査役会は、議長である常勤監査役 善敬一郎並びに社外監査役 中川元、小出啓子及び西野隆治の4名で構成されております。監査役は、監査役会が定めた監査の方針、業務の分担等に従い、取締役会や経営会議等の重要な会議に出席し、経営上の重要な意思決定や業務の執行状況の把握に努め、必要と判断される要請を行う等、取締役の業務執行について、適法性・妥当性の観点から監査を行っております。

 なお、法務関係では、顧問契約を結んでいる弁護士より、適宜、法律や法務のアドバイスを受けております。

③当該企業統治の体制を採用する理由

 当社は従来から少数の取締役による迅速な意思決定と取締役会の活性化を目指し、取締役相互の経営監視とコンプライアンスの徹底を図っております。また、取締役の業務執行に関する監査を行うとともに、指名諮問委員会及び報酬諮問委員会を設置することで手続きの公正性・透明性・客観性を確保しております。現状の体制を基本に、コーポレート・ガバナンスの充実を図ってまいります。

④企業統治に関するその他の事項

a.内部統制システムの整備の状況

当社は業務を適正かつ効率的に推進し、また社会的責任を遂行する上で、当社グループの実情に適合した有効な内部統制システムの構築及びその運用が不可欠であるものと認識しております。このため取締役会において、「内部統制システムの整備に関する基本方針」の決議を行い、内部統制システムの構築・整備を進めております。また、コンプライアンスの徹底を図るため、コンプライアンス推進委員会においてコンプライアンスの取り組みを横断的に統括することとし、同委員会を中心に研修等を通じ、指導しております。

b.リスク管理体制の整備の状況

 リスクファクターには、当社の有する経営資源や当社を取り巻く経営環境等の様々な要因がありますが、当社では、法令・企業倫理遵守を徹底し、塗料製造業特有のリスクに対して取締役や監査役そして業務執行担当の相互間の監視や連絡、指摘を頻繁に行い、さらに従業員管理担当者を含めた製造・営業・物流・労務・経理・債権管理・ITシステム等、種々の委員会や連絡会を設け、個別に、また相互に討議・連絡・報告を行い、生じ得るリスクに備えて活動しております。

c.子会社の業務の適正を確保するための体制整備の状況

 当社は、グループ各社における内部統制の構築を目指し、当社にグループ全体の内部統制に関する担当部署を設けるとともに、当社及び当社グループ各社間での協議、情報の共有化、指示・要請の伝達等が効率的に行われるよう管理する体制となっております。

⑤責任限定契約の内容の概要

 当社と取締役(業務執行取締役等である者を除く。)及び監査役は、会社法第427条第1項の規定に基づき、同法第423条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任の限度額は、法令が定める最低責任限度額としております。

⑥取締役の定数

 当社の取締役は8名以内とする旨定款に定めております。

⑦取締役の選任の決議要件

 当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使できる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行うものと定めております。また、取締役の選任決議は、累積投票の方法によらないものとする旨も定款で定めております。

⑧取締役及び監査役の責任免除

当社は、会社法第426条第1項の規定により、取締役会の決議をもって同法第423条第1項の行為に関する取締役(取締役であったものを含む。)及び監査役(監査役であったものを含む。)の責任を法令の限度において免除することができる旨を定款に定めております。これは、取締役及び監査役が職務を遂行するにあたり、その能力を十分に発揮して、期待される役割を果たし得る環境を整備することを目的とするものであります。

⑨株主総会決議事項を取締役会で決議することができる事項

a.自己の株式の取得

 当社は、自己の株式の取得について、機動的な資本政策を遂行することができるように、会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議をもって市場取引等により自己の株式を取得することができる旨を定款で定めております。

b.中間配当

 当社は、毎年9月30日を基準日として、取締役会の決議をもって、株主又は登録株式質権者に対し、中間配当金として剰余金の配当ができる旨を定款で定めております。これは、株主への機動的な利益還元を行うことを目的にするものであります。

⑩株主総会の特別決議要件

 当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款で定めております。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目的にするものであります。

(2)【役員の状況】

①役員一覧

男性 9名 女性 2名 (役員のうち女性の比率 18.2%)

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数

(千株)

代表取締役社長

内海 東吾

1960年6月21日

1983年4月 三井物産株式会社入社

1999年10月 同社化成品部産業原料 第一室マネージャー

2003年6月 当社入社 東京営業部長

2003年6月 当社取締役就任

2004年6月 当社代表取締役副社長就任

2006年11月 バルスパーロック株式会社代表取締役就任(現任)

2007年6月 当社代表取締役社長就任(現任)

(注)3

293

代表取締役専務

全般・営業・人事総務・情報システム・経営企画・サステナビリティ経営推進担当

池谷 裕司

1956年3月4日

1979年4月 当社入社

2004年2月 当社営業部長兼海外部長

2006年6月 当社取締役就任

2009年6月 当社常務取締役就任

2011年6月 当社代表取締役専務就任(現任)

2019年12月 全般・営業・人事総務・情報システム・経営企画・サステナビリティ経営推進担当(現任)

(注)3

2

常務取締役

製造・技術・品質保証担当

高野橋 義則

1965年10月15日

1993年4月 当社入社

2007年10月 当社技術部長

2008年6月 当社取締役就任

2015年10月 製造・技術・品質保証担当(現任)

2017年6月 当社常務取締役就任(現任)

(注)3

1

取締役

経理担当

市川 智

1951年10月2日

1975年4月 三井物産株式会社入社

2001年5月 台湾三井物産 取締役

2005年4月 東邦物産株式会社出向

2010年6月 同社取締役 専務執行役員CFO

2013年6月 当社入社  顧問

2013年6月 当社取締役就任(現任)

2017年3月 経理担当(現任)

(注)4

取締役

営業・資材・海外担当

畑 善之

1960年7月22日

1983年4月 三井物産株式会社入社

2010年10月 インド三井物産 副会長

2012年7月 アジア・大洋州三井物産 SVP兼基礎化学品商品本部長

2015年1月 同社 マニラ支店長

2017年6月 三井物産ケミカル株式会社 取締役 副社長兼関西支店長

2019年6月 当社入社 執行役員

2019年6月 当社取締役就任 営業・資材・海外担当 (現任)

(注)4

1

取締役

奥井 敏幸

1949年7月16日

1968年4月 大阪国税局入局

2006年5月 税理士資格取得

2008年7月 中京税務署長

2009年7月 大阪国税局退官

2009年9月 奥井税理士事務所開設(現任)

2011年6月 当社監査役就任

2019年6月 当社取締役就任(現任)

(注)4

取締役

中村 香

1980年11月10日

2005年11月 司法試験合格

2007年9月 弁護士登録

2007年9月 八重洲総合法律事務所 入所

     (現任)

2020年6月 当社取締役就任(現任)

(注)3

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数

(千株)

常勤監査役

善 敬一郎

1961年1月4日

1984年4月 当社入社

2006年4月 当社品質保証部長

2006年6月 当社取締役

2012年6月 当社上席執行役員

2019年6月 当社監査役就任(現任)

(注)5

3

監査役

中川 元

1956年11月3日

1986年11月 司法試験合格

1989年4月 弁護士登録

1996年3月 巽・中川法律事務所開設(現任)

2007年6月 当社監査役就任(現任)

(注)5

監査役

小出 啓子

1949年10月12日

1968年4月 大阪国税局入局

1994年9月 税理士資格取得

2008年7月 東淀川税務署長

2009年7月 大阪国税局退官

2009年8月 小出啓子税理士事務所開設(現任)

2019年6月 当社監査役就任(現任)

(注)5

監査役

西野 隆治

1953年4月23日

1977年4月 三井物産株式会社入社

2004年4月 同社有機化学品本部 化成品部長

2006年6月 同社アジア本部 化学品第一商品本部長

2010年11月 同社基礎化学品本部 理事 副本部長

2012年6月 三井物産ケミカル株式会社 代表取締役社長

2019年6月 当社監査役就任(現任)

(注)5

300

 (注)1.取締役奥井 敏幸及び中村 香は、社外取締役であります。

2.監査役中川 元、小出 啓子及び西野 隆治は、社外監査役であります。

3.2020年6月開催の定時株主総会の終結の時から2年間

4.2019年6月開催の定時株主総会の終結の時から2年間

5.2019年6月開催の定時株主総会の終結の時から4年間

②社外役員の状況

 当社の社外取締役は2名、社外監査役は3名であります。

 社外取締役 奥井敏幸氏は、直接会社経営に関与された経験はありませんが、税理士としての豊富な経験と専門知識を有しており、主に財務会計の観点から有益なアドバイスをいただくため、就任いただいております。

 社外取締役 中村 香氏は、直接会社経営に関与された経験はありませんが、弁護士としての豊富な経験と専門知識を有しており、主にコンプライアンスの観点から有益なアドバイスをいただくため、就任いただいております。なお、中村 香氏は、当社の顧問弁護士事務所である八重洲総合法律事務所の弁護士であります。

 社外監査役 中川 元氏及び小出啓子氏は、直接会社経営に関与された経験はありませんが、一般株主と利益相反が生じない独立した立場からの監査が期待できる上、弁護士、税理士としての豊富な経験と知識を当社の監査に活かしていただくため、就任いただいております。なお、中川 元氏は、当社の顧問弁護士事務所である巽・中川法律事務所の弁護士であります。

 社外監査役 西野隆治氏は、一般株主と利益相反が生じない独立した立場からの監査が期待できる上、三井物産ケミカル株式会社の社長として企業経営に携わってきた経歴からの豊富な知識と経験を当社の監査に活かしていただくため、就任いただいております。なお、三井物産ケミカル株式会社との間には、製品の売買等の取引関係がありますが、西野隆治氏は、既に同社の社長を退任しております。

 当社と社外取締役 奥井敏幸氏、中村香氏及び社外監査役 中川 元氏、小出啓子氏、西野隆治との間には、特別な利害関係はありません。

 当社の社外取締役及び社外監査役は、本人又は二親等内の親族が、現在又は過去3年間において、以下に該当していないことを独立性基準とし、当社経営陣からの独立した立場で社外役員としての職務を遂行できる十分な独立性が確保できることを前提に判断しております。

a.当社グループやその業務執行者が役員に就任している会社の業務執行者

b.当社グループの大株主又はその業務執行者

c.当社グループの主要な取引先、借入先、又はその業務執行者

d.当社グループを主要な取引先とする者、又はその業務執行者

e.当社グループより役員報酬以外に多額の報酬や寄付を受けている者、又はその業務執行者

※ 主要とは、次のいずれかのものをいう。

1)当社グループの主要な取引先の場合は、当社グループの最終事業年度における年間連結売上高の2%を超えるもの。

2)当社グループの主要な借入先の場合は、当社グループの最終事業年度における連結総資産の2%を超えるもの。

3)当社グループを主要な取引先とする者の場合は、当該取引先の最終事業年度における年間連結売上高の2%を超えるもの。

※ 多額とは、個人の場合は年間1,000万円以上、団体の場合は最終事業年度における年間連結売上高の2%を超えるものをいう。

 また、社外取締役及び社外監査役の選任状況については、当社の現状の経営規模からみて充分に確保されていると判断しております。

③社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部統制部門との関係

 社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査との関係は、会計監査人及び内部監査室と密接に連携を取り合い、必要に応じて取締役会及び監査役会を開催することで、監督又は監査の実効性を高めております。社外取締役及び社外監査役のサポート及び情報伝達等は、経理部が随時行っております。

 

(3)【監査の状況】

①監査役監査の状況

当社における監査役監査は、常勤監査役1名、非常勤監査役3名で構成され、監査役監査基準に基づき実施しております。監査役は、会計監査人及び内部監査室と密接に連携を取り合い、必要に応じて監査役会を開催することで、監査の実効性を高めております。また、会計監査人の監査実施時に、会計監査人と常勤監査役が監査計画、監査実施状況等の相互連絡を行い、その結果を常勤監査役は他監査役に連絡、報告しております。

なお、監査役小出啓子氏は、税理士の資格を有しており、財務及び会計に関する相当程度の知見を有しております。

当事業年度における監査役会は8回開催しており、個々の監査役の出席状況については次のとおりであります。

氏 名

開催回数

出席回数

善 敬一郎

6回

6回

中川  元

8回

8回

小出 啓子

6回

6回

西野 隆治

6回

6回

(注)監査役 善敬一郎氏、小出啓子氏及び西野隆治氏は、2019年6月27日開催の第67回定時株主総会で選任されましたので、開催回数及び出席回数は就任後のものであります。

監査役会における主な検討事項は、監査計画の策定、監査報告書の作成、内部統制システムの構築及び運用状況、会計監査人の評価及び報酬等に関する同意判断、競業取引・利益相反取引等であります。

また、常勤監査役の活動として、取締役会のほか経営会議等の重要な会議への出席、重要な決裁書類等の閲覧、各事業所への往査、業務監査の状況報告等を行っております。非常勤監査役は、取締役会及び監査役会に出席し、弁護士、税理士、企業経営経験者としての専門的見地やその豊富な知識と経験から必要に応じて発言等を行っております。

②内部監査の状況

内部監査については、社長の指示に基づき、内部監査室(5名)を中心とし、監査役と連携し、全部門を対象に業務監査を実施しており、監査結果は社長、監査役に報告しております。なお、内部監査、監査役監査及び会計監査の相互連携並びにこれらの監査と内部統制部門との関係は、(2)役員の状況の③の項目をご参照ください。

③会計監査の状況

a.監査法人の名称

 ひびき監査法人

b.継続監査期間

 1975年以降

c.業務を執行した公認会計士

 代表社員 業務執行社員 加藤 功士

 代表社員 業務執行社員 岡田 博憲

d.監査業務に係る補助者の構成

 当事業年度の会計監査業務に係る補助者は公認会計士5名であります。

e.監査法人の選定方針と理由

 当社の監査役会は、監査法人の品質管理体制が整備されていること、専門性や独立性を有すること、監査費用が相当であること、グローバルネットワークを有していること等を監査法人の選定方針としております。現任のひびき監査法人の品質管理体制、専門性及び独立性、監査の方法及び結果等は、これまでの実績から鑑みても充分なものであると認識しております。また、グローバルに展開するPKF Internationalのメンバーファームであること、監査費用も相当であること等から当該監査法人を選定しております。

 なお、監査役会は、会計監査人の職務の執行に支障がある場合等、その必要があると判断した場合は、株主総会に提出する会計監査人の解任又は不再任に関する議案の内容を決定いたします。また、会計監査人が会社法第340条第1項各号に定める項目に該当すると認められる場合は、監査役全員の同意に基づき、会計監査人を解任いたします。この場合、監査役会が選定した監査役は、解任後最初に招集される株主総会において、会計監査人を解任した旨及びその理由を報告いたします。

f.監査役及び監査役会による監査法人の評価

 当社の監査役及び監査役会は、監査法人に対して評価を行っております。この評価については、監査法人の選定方針及び日本監査役協会が策定した監査法人の評価基準を基に実施しております。その結果、現任のひびき監査法人の品質管理の状況、専門性及び独立性等の事項について、相当であることを確認しております。

④監査報酬の内容等

a.監査公認会計士等に対する報酬

区分

前連結会計年度

当連結会計年度

監査証明業務に基づく報酬(百万円)

非監査業務に基づく報酬(百万円)

監査証明業務に基づく報酬(百万円)

非監査業務に基づく報酬(百万円)

提出会社

19

19

連結子会社

19

19

b.監査公認会計士等と同一のネットワーク(PKF International)に対する報酬(a.を除く)

区分

前連結会計年度

当連結会計年度

監査証明業務に基づく報酬(百万円)

非監査業務に基づく報酬(百万円)

監査証明業務に基づく報酬(百万円)

非監査業務に基づく報酬(百万円)

提出会社

連結子会社

c.その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

 前連結会計年度及び当連結会計年度ともに、該当事項はありません。

d.監査報酬の決定方針

 当社の監査公認会計士等に対する監査報酬の決定方針は定めておりません。

e.監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由

 監査役会は、会計監査人の監査計画の内容、会計監査の職務執行状況及び報酬見積りの算出根拠等が適切であるかどうかについて必要な検証を行ったうえで、会計監査人の報酬等の額について同意の判断をいたしました。

 

(4)【役員の報酬等】

①役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項

 役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針は、株主総会において決議された報酬限度額の範囲内で決定しております。取締役の報酬等は各取締役の役職、業績、社会水準等を総合的に勘案のうえ、決定しております。また、監査役の報酬等は監査役の協議で決定しております。なお、役職ごとの方針は定めておりません。

 当社の役員の報酬等に関しては、取締役の報酬限度額は、2006年6月29日開催の第54回定時株主総会において年額216百万円以内(定款で定める取締役の定数は8名以内)と決議いただいております。監査役の報酬限度額は、2006年6月29日開催の第54回定時株主総会において年額24百万円以内(定款で定める監査役の定数は4名以内)と決議いただいております。

 取締役の報酬等の決定権限は取締役会にあり、その決定に係る最終的な権限及び裁量を有しておりますが、当該取締役会は、社外取締役を委員長とする報酬諮問委員会に報酬等について諮問し、報酬諮問委員会は、その内容について答申することになっております。報酬諮問委員会は、取締役会から提出された報酬等について議論を行い、2019年6月27日に適切であるとの答申を行い、同日の取締役会で取締役の報酬等を最終決定しました。なお、監査役の報酬等は監査役の協議で決定しております。

 当社の役員報酬は、基本報酬と業績連動報酬となる賞与により構成されており、その支給割合の決定に関する方針は、定めておりませんが、業績向上に対する意識を高めるために、業績連動報酬に係る指標は親会社株主に帰属する当期純利益を指標としており、その5%を業績連動報酬の上限としております。この範囲内において、取締役会が各取締役の役職、業績、社会水準等を総合的に勘案のうえ、取締役の報酬等を決定し、監査役が協議により監査役の報酬等を決定しております。なお、報酬諮問委員会は、取締役会から諮問された報酬等の内容について、2020年4月24日及び6月25日に議論を行い、報酬限度額及び報酬体系については、引き続き現在と同じ内容とすること及び業績連動報酬の上限については、配当性向等を勘案し、従来の親会社株主に帰属する当期純利益の3%から5%に引き上げることが相当であること並びに報酬等の内容は適切であることを答申し、2020年6月25日の取締役会でこれを決定しました。

 当事業年度における業績連動報酬に係る指標である親会社株主に帰属する当期純利益については、2019年5月9日に公表いたしました当連結会計年度の当初業績予想12億円を目標としておりましたが、実績としては10億37百万円となり、当初業績予想に対して、13.5%減となりました。

②役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

役員区分

報酬等の総額

(百万円)

報酬等の種類別の総額(百万円)

対象となる役員の員数(人)

基本報酬

賞与

退職慰労金

 取締役(社外取締役を除く。)

154

113

16

24

6

 監査役(社外監査役を除く。)

12

8

2

1

2

 社外役員

15

13

1

8

(注)上記の退職慰労金には、当事業年度に係る役員退職慰労引当金の繰入額を含んでおります。

なお、個別役員報酬1億円を超える役員はおりません。

 

(5)【株式の保有状況】

①投資株式の区分の基準及び考え方

当社は、取引関係の維持・強化を目的に必要と認める会社の株式を保有することを方針としており、純投資目的の株式を保有することは現在考えておりません。

②保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

a.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の内容

当社は、取引関係の維持・強化を目的に必要と認める会社の株式を保有することを方針としております。保有の継続等については、当社の事業の状況や保有先との取引の状況、株式の市場価格等を勘案し、毎年取締役会で検証しております。これらを基に取締役会で検証した結果、保有に合理性のない銘柄はなく、引き続き保有を継続するとの判断に至りました。今後も継続的に保有継続の可否を判断してまいります。

b.銘柄数及び貸借対照表計上額

 

銘柄数

(銘柄)

貸借対照表計上額の

合計額(百万円)

非上場株式

31

140

非上場株式以外の株式

18

2,145

(当事業年度において株式数が増加した銘柄)

 

銘柄数

(銘柄)

株式数の増加に係る取得

価額の合計額(百万円)

株式数の増加の理由

非上場株式

非上場株式以外の株式

(当事業年度において株式数が減少した銘柄)

 

銘柄数

(銘柄)

株式数の減少に係る売却

価額の合計額(百万円)

非上場株式

非上場株式以外の株式

 

c.特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報

 特定投資株式

銘柄

当事業年度

前事業年度

保有目的、定量的な保有効果

及び株式数が増加した理由

当社の株式の

保有の有無

株式数(株)

株式数(株)

貸借対照表計上額

(百万円)

貸借対照表計上額

(百万円)

長瀬産業(株)

1,200,000

1,200,000

企業間取引の強化のために保有しております。なお、一律に定量的な保有効果を定めた基準はありませんが、関連取引の状況や配当、株式の市場価格等により保有の合理性を検証しております。

1,534

1,906

コニシ(株)

160,000

160,000

企業間取引の強化のために保有しております。なお、一律に定量的な保有効果を定めた基準はありませんが、関連取引の状況や配当、株式の市場価格等により保有の合理性を検証しております。

229

256

センコーグループホールディングス(株)

133,402

133,402

企業間取引の強化のために保有しております。なお、一律に定量的な保有効果を定めた基準はありませんが、関連取引の状況や配当、株式の市場価格等により保有の合理性を検証しております。

111

122

DIC(株)

31,090

31,090

企業間取引の強化のために保有しております。なお、一律に定量的な保有効果を定めた基準はありませんが、関連取引の状況や配当、株式の市場価格等により保有の合理性を検証しております。

74

100

森六ホールディングス(株)

40,000

40,000

企業間取引の強化のために保有しております。なお、一律に定量的な保有効果を定めた基準はありませんが、関連取引の状況や配当、株式の市場価格等により保有の合理性を検証しております。

59

104

日産自動車(株)

100,000

100,000

企業間取引の強化のために保有しております。なお、一律に定量的な保有効果を定めた基準はありませんが、関連取引の状況や配当、株式の市場価格等により保有の合理性を検証しております。

35

90

ニチハ(株)

11,200

11,200

企業間取引の強化のために保有しております。なお、一律に定量的な保有効果を定めた基準はありませんが、関連取引の状況や配当、株式の市場価格等により保有の合理性を検証しております。

22

34

(株)稲葉製作所

12,000

12,000

企業間取引の強化のために保有しております。なお、一律に定量的な保有効果を定めた基準はありませんが、関連取引の状況や配当、株式の市場価格等により保有の合理性を検証しております。

15

16

協和キリン(株)

6,000

6,000

企業間取引の強化のために保有しております。なお、一律に定量的な保有効果を定めた基準はありませんが、関連取引の状況や配当、株式の市場価格等により保有の合理性を検証しております。

14

14

 

 

銘柄

当事業年度

前事業年度

保有目的、定量的な保有効果

及び株式数が増加した理由

当社の株式の

保有の有無

株式数(株)

株式数(株)

貸借対照表計上額

(百万円)

貸借対照表計上額

(百万円)

旭化成(株)

18,928

18,928

企業間取引の強化のために保有しております。なお、一律に定量的な保有効果を定めた基準はありませんが、関連取引の状況や配当、株式の市場価格等により保有の合理性を検証しております。

14

21

阪急阪神ホールディングス(株)

2,852

2,852

企業間取引の強化のために保有しております。なお、一律に定量的な保有効果を定めた基準はありませんが、関連取引の状況や配当、株式の市場価格等により保有の合理性を検証しております。

10

11

(株)オカムラ

10,600

10,600

企業間取引の強化のために保有しております。なお、一律に定量的な保有効果を定めた基準はありませんが、関連取引の状況や配当、株式の市場価格等により保有の合理性を検証しております。

9

12

コマニー(株)

4,290

4,290

企業間取引の強化のために保有しております。なお、一律に定量的な保有効果を定めた基準はありませんが、関連取引の状況や配当、株式の市場価格等により保有の合理性を検証しております。

3

5

石原産業(株)

5,183

5,183

企業間取引の強化のために保有しております。なお、一律に定量的な保有効果を定めた基準はありませんが、関連取引の状況や配当、株式の市場価格等により保有の合理性を検証しております。

2

5

(株)T&Dホールディングス

3,000

3,000

企業間取引の強化のために保有しております。なお、一律に定量的な保有効果を定めた基準はありませんが、関連取引の状況や配当、株式の市場価格等により保有の合理性を検証しております。

2

3

(株)日本触媒

400

400

企業間取引の強化のために保有しております。なお、一律に定量的な保有効果を定めた基準はありませんが、関連取引の状況や配当、株式の市場価格等により保有の合理性を検証しております。

1

2

ダイニチ工業(株)

2,246

2,246

企業間取引の強化のために保有しております。なお、一律に定量的な保有効果を定めた基準はありませんが、関連取引の状況や配当、株式の市場価格等により保有の合理性を検証しております。

1

1

エムケー精工(株)

1,100

1,100

企業間取引の強化のために保有しております。なお、一律に定量的な保有効果を定めた基準はありませんが、関連取引の状況や配当、株式の市場価格等により保有の合理性を検証しております。

0

0

 当社はみなし保有株式は保有しておりません。

d.保有目的が純投資目的である投資株式

該当事項はありません。

第5【経理の状況】

1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について

(1) 当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号。以下「連結財務諸表規則」という。)に基づいて作成しております。

 

(2) 当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。

また、当社は特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しております。

 

2.監査証明について

当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2019年4月1日から2020年3月31日まで)の連結財務諸表及び事業年度(2019年4月1日から2020年3月31日まで)の財務諸表について、ひびき監査法人による監査を受けております。

 

3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内容を適切に把握し、正確な連結財務諸表を作成することができる体制を整備するため、公益財団法人財務会計基準機構へ加入し、各種セミナーへの参加や資料の提供を受けております。

 

1【連結財務諸表等】

(1)【連結財務諸表】

①【連結貸借対照表】

 

 

(単位:百万円)

 

前連結会計年度

(2019年3月31日)

当連結会計年度

(2020年3月31日)

資産の部

 

 

流動資産

 

 

現金及び預金

13,456

13,590

受取手形及び売掛金

※3 5,510

5,007

電子記録債権

※3 1,262

1,071

商品及び製品

2,964

3,257

仕掛品

561

570

原材料及び貯蔵品

1,310

1,401

その他

144

168

貸倒引当金

1

3

流動資産合計

25,209

25,065

固定資産

 

 

有形固定資産

 

 

建物及び構築物

15,801

16,152

減価償却累計額

11,937

12,022

建物及び構築物(純額)

3,863

4,130

機械装置及び運搬具

16,951

17,361

減価償却累計額

14,458

14,847

機械装置及び運搬具(純額)

2,493

2,513

土地

※2 7,907

※2 7,850

建設仮勘定

※2 278

683

その他

2,485

2,621

減価償却累計額

2,211

2,214

その他(純額)

273

406

有形固定資産合計

14,816

15,585

無形固定資産

 

 

ソフトウエア

206

322

ソフトウエア仮勘定

162

その他

60

60

無形固定資産合計

267

545

投資その他の資産

 

 

投資有価証券

※1 3,176

※1 2,632

長期貸付金

28

21

繰延税金資産

126

305

その他

836

※2 822

貸倒引当金

29

26

投資その他の資産合計

4,139

3,755

固定資産合計

19,223

19,886

資産合計

44,432

44,951

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

前連結会計年度

(2019年3月31日)

当連結会計年度

(2020年3月31日)

負債の部

 

 

流動負債

 

 

買掛金

1,875

2,011

電子記録債務

1,213

1,159

未払金

796

774

未払法人税等

165

316

賞与引当金

335

341

その他

346

211

流動負債合計

4,733

4,815

固定負債

 

 

役員退職慰労引当金

250

258

退職給付に係る負債

2,053

2,190

資産除去債務

102

96

その他

401

478

固定負債合計

2,808

3,024

負債合計

7,541

7,839

純資産の部

 

 

株主資本

 

 

資本金

1,100

1,100

資本剰余金

530

530

利益剰余金

36,048

36,750

自己株式

2,168

2,168

株主資本合計

35,510

36,211

その他の包括利益累計額

 

 

その他有価証券評価差額金

1,292

874

為替換算調整勘定

176

65

退職給付に係る調整累計額

94

44

その他の包括利益累計額合計

1,374

896

非支配株主持分

6

4

純資産合計

36,890

37,112

負債純資産合計

44,432

44,951

 

②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
【連結損益計算書】

 

 

(単位:百万円)

 

前連結会計年度

(自 2018年4月1日

 至 2019年3月31日)

当連結会計年度

(自 2019年4月1日

 至 2020年3月31日)

売上高

24,132

24,519

売上原価

※2 18,860

※2 19,080

売上総利益

5,271

5,438

販売費及び一般管理費

※1,※2 3,931

※1,※2 4,058

営業利益

1,340

1,380

営業外収益

 

 

受取利息

7

8

受取配当金

76

79

受取賃貸料

151

140

業務受託手数料

4

7

持分法による投資利益

51

117

為替差益

13

その他

53

66

営業外収益合計

357

420

営業外費用

 

 

売上割引

29

30

為替差損

244

不動産賃貸原価

12

12

その他

0

0

営業外費用合計

41

287

経常利益

1,656

1,513

特別利益

 

 

固定資産売却益

※3 1

※3 48

収用補償金

75

受取保険金

33

133

ゴルフ会員権売却益

2

その他

0

特別利益合計

110

184

特別損失

 

 

固定資産売却損

※4 0

固定資産除却損

※5 89

※5 139

固定資産圧縮損

43

減損損失

※6 1

災害による損失

11

2

ゴルフ会員権売却損

0

特別損失合計

103

185

税金等調整前当期純利益

1,664

1,512

法人税、住民税及び事業税

518

537

法人税等調整額

30

62

法人税等合計

487

475

当期純利益

1,176

1,037

非支配株主に帰属する当期純利益又は非支配株主に帰属する当期純損失(△)

0

0

親会社株主に帰属する当期純利益

1,175

1,037

 

【連結包括利益計算書】

 

 

(単位:百万円)

 

前連結会計年度

(自 2018年4月1日

 至 2019年3月31日)

当連結会計年度

(自 2019年4月1日

 至 2020年3月31日)

当期純利益

1,176

1,037

その他の包括利益

 

 

その他有価証券評価差額金

231

418

為替換算調整勘定

20

111

退職給付に係る調整額

8

50

その他の包括利益合計

※1 218

※1 479

包括利益

957

557

(内訳)

 

 

親会社株主に係る包括利益

956

559

非支配株主に係る包括利益

1

1

 

③【連結株主資本等変動計算書】

前連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

株主資本

 

資本金

資本剰余金

利益剰余金

自己株式

株主資本合計

当期首残高

1,100

530

35,209

2,168

34,671

当期変動額

 

 

 

 

 

剰余金の配当

 

 

336

 

336

親会社株主に帰属する当期純利益

 

 

1,175

 

1,175

株主資本以外の項目の当期変動額(純額)

 

 

 

 

 

当期変動額合計

838

838

当期末残高

1,100

530

36,048

2,168

35,510

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その他の包括利益累計額

非支配株主持分

純資産合計

 

その他有価証券評価差額金

為替換算調整勘定

退職給付に係る調整累計額

その他の包括利益累計額合計

当期首残高

1,524

156

86

1,593

5

36,269

当期変動額

 

 

 

 

 

 

剰余金の配当

 

 

 

 

 

336

親会社株主に帰属する当期純利益

 

 

 

 

 

1,175

株主資本以外の項目の当期変動額(純額)

231

20

8

219

1

217

当期変動額合計

231

20

8

219

1

620

当期末残高

1,292

176

94

1,374

6

36,890

 

 

当連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

株主資本

 

資本金

資本剰余金

利益剰余金

自己株式

株主資本合計

当期首残高

1,100

530

36,048

2,168

35,510

当期変動額

 

 

 

 

 

剰余金の配当

 

 

336

 

336

親会社株主に帰属する当期純利益

 

 

1,037

 

1,037

株主資本以外の項目の当期変動額(純額)

 

 

 

 

 

当期変動額合計

701

701

当期末残高

1,100

530

36,750

2,168

36,211

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その他の包括利益累計額

非支配株主持分

純資産合計

 

その他有価証券評価差額金

為替換算調整勘定

退職給付に係る調整累計額

その他の包括利益累計額合計

当期首残高

1,292

176

94

1,374

6

36,890

当期変動額

 

 

 

 

 

 

剰余金の配当