EDINET閲覧(提出)サイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)をもとに上場企業サーチ作成

本ページはEDINETに提出された開示情報を上場企業サーチが加工/編集したものであり、記載された情報の正確性および完全性について上場企業サーチは一切の保証を行いません。本ページの情報を利用する際は自己の責任で判断頂き、意思決定に際しては適宜EDINETや提出会社が公開するオリジナルを参照する様にしてください。本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

【表紙】

 

【提出書類】

有価証券報告書

【根拠条文】

金融商品取引法第24条第1項

【提出先】

近畿財務局長

【提出日】

2020年6月26日

【事業年度】

第74期(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

【会社名】

イサム塗料株式会社

【英訳名】

Isamu Paint Co., Ltd.

【代表者の役職氏名】

代表取締役社長  北村 倍章

【本店の所在の場所】

大阪市福島区鷺洲2丁目15番24号

【電話番号】

(06)6458-0036

【事務連絡者氏名】

総務部長  糸洲 治夫

【最寄りの連絡場所】

大阪市福島区鷺洲2丁目15番24号

【電話番号】

(06)6453-4511

【事務連絡者氏名】

総務部長  糸洲 治夫

【縦覧に供する場所】

株式会社東京証券取引所

(東京都中央区日本橋兜町2番1号)

 

E00910 46240 イサム塗料株式会社 Isamu Paint Co., Ltd. 企業内容等の開示に関する内閣府令 第三号様式 Japan GAAP true CTE CTE 2019-04-01 2020-03-31 FY 2020-03-31 2018-04-01 2019-03-31 2019-03-31 1 false false false E00910-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00910-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E00910-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ReserveForDividends3Member E00910-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:GeneralReserveMember E00910-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E00910-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00910-000 2020-06-26 E00910-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E00910-000:PaintBusinessReportableSegmentsMember E00910-000 2019-03-31 jpcrp_cor:UnallocatedAmountsAndEliminationMember E00910-000 2018-04-01 2019-03-31 jpcrp_cor:UnallocatedAmountsAndEliminationMember E00910-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00910-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00910-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00910-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00910-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00910-000 2017-04-01 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00910-000 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00910-000 2016-04-01 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00910-000 2016-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00910-000 2015-04-01 2016-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00910-000 2018-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E00910-000 2018-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00910-000 2018-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00910-000 2018-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E00910-000 2018-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00910-000 2018-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00910-000 2018-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00910-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E00910-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00910-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E00910-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00910-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00910-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00910-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E00910-000 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E00910-000 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00910-000 2019-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00910-000 2019-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00910-000 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00910-000 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00910-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E00910-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E00910-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E00910-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00910-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E00910-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ReserveForDividends3Member E00910-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:GeneralReserveMember E00910-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E00910-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E00910-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00910-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00910-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E00910-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00910-000 2019-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E00910-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E00910-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E00910-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ReserveForDividends3Member E00910-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No1MajorShareholdersMember E00910-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No2MajorShareholdersMember E00910-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No3MajorShareholdersMember E00910-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No4MajorShareholdersMember E00910-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No5MajorShareholdersMember E00910-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No6MajorShareholdersMember E00910-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No7MajorShareholdersMember E00910-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No8MajorShareholdersMember E00910-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No9MajorShareholdersMember E00910-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No10MajorShareholdersMember E00910-000 2018-04-01 2019-03-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E00910-000 2018-04-01 2019-03-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E00910-000 2018-04-01 2019-03-31 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E00910-000 2018-04-01 2019-03-31 jpcrp030000-asr_E00910-000:PaintBusinessReportableSegmentsMember E00910-000 2019-03-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E00910-000 2019-03-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E00910-000 2019-03-31 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E00910-000 2019-03-31 jpcrp030000-asr_E00910-000:PaintBusinessReportableSegmentsMember E00910-000 2020-03-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E00910-000 2020-03-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E00910-000 2020-03-31 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E00910-000 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E00910-000:PaintBusinessReportableSegmentsMember E00910-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E00910-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E00910-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E00910-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E00910-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00910-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00910-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00910-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E00910-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00910-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00910-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E00910-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:GeneralReserveMember E00910-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00910-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00910-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E00910-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00910-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E00910-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ReserveForDividends3Member E00910-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:GeneralReserveMember E00910-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E00910-000 2019-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00910-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E00910-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00910-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00910-000 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00910-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00910-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E00910-000 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00910-000 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E00910-000 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00910-000 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00910-000 2020-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E00910-000 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00910-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E00910-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:DirectorsExcludingOutsideDirectorsMember E00910-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:CorporateAuditorsExcludingOutsideCorporateAuditorsMember E00910-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:OutsideDirectorsAndOtherOfficersMember E00910-000 2020-03-31 jpcrp_cor:OtherOperatingSegmentsAxisMember E00910-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E00910-000:PaintBusinessReportableSegmentsMember E00910-000 2020-06-26 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E00910-000 2020-03-31 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E00910-000 2020-03-31 jpcrp_cor:SharesWithNoVotingRightsMember E00910-000 2020-03-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsTreasurySharesEtcMember E00910-000 2020-03-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsOtherMember E00910-000 2020-03-31 jpcrp_cor:SharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E00910-000 2020-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E00910-000 2020-03-31 jpcrp_cor:SharesWithFullVotingRightsOtherMember E00910-000 2020-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsOtherMember E00910-000 2020-03-31 jpcrp_cor:SharesLessThanOneUnitMember E00910-000 2020-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesLessThanOneUnitMember E00910-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row5Member E00910-000 2020-06-26 jpcrp030000-asr_E00910-000:KazuoKakuiMember E00910-000 2020-06-26 jpcrp030000-asr_E00910-000:ShuyaFukadaMember E00910-000 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00910-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E00910-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00910-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00910-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E00910-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00910-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00910-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E00910-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E00910-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00910-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00910-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E00910-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00910-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E00910-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00910-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E00910-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ReserveForDividends3Member E00910-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:GeneralReserveMember E00910-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E00910-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E00910-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00910-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00910-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00910-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E00910-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00910-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E00910-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row6Member E00910-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row7Member E00910-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row8Member E00910-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row9Member E00910-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row10Member E00910-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row11Member E00910-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row12Member E00910-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row13Member E00910-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row14Member E00910-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row15Member E00910-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row16Member E00910-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row5Member E00910-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row6Member E00910-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row7Member E00910-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row8Member E00910-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row9Member E00910-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row10Member E00910-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row11Member E00910-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row12Member E00910-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row13Member E00910-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row14Member E00910-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row15Member E00910-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row16Member E00910-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row1Member E00910-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row2Member E00910-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row3Member E00910-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row4Member E00910-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row1Member E00910-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row2Member E00910-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row3Member E00910-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row4Member E00910-000 2020-06-26 jpcrp_cor:Row1Member E00910-000 2020-06-26 jpcrp_cor:Row2Member E00910-000 2020-06-26 jpcrp_cor:Row3Member E00910-000 2020-06-26 jpcrp_cor:Row4Member E00910-000 2020-06-26 jpcrp030000-asr_E00910-000:MssuakiKitamuraMember E00910-000 2020-06-26 jpcrp030000-asr_E00910-000:YoshioYokoeMember E00910-000 2020-06-26 jpcrp030000-asr_E00910-000:NaokiSawadaMember E00910-000 2020-06-26 jpcrp030000-asr_E00910-000:YukiKashimotoMember E00910-000 2020-03-31 E00910-000 2019-04-01 2020-03-31 E00910-000 2019-03-31 E00910-000 2018-04-01 2019-03-31 E00910-000 2018-03-31 E00910-000 2017-04-01 2018-03-31 E00910-000 2017-03-31 E00910-000 2016-04-01 2017-03-31 E00910-000 2016-03-31 E00910-000 2015-04-01 2016-03-31 iso4217:JPY xbrli:shares xbrli:shares xbrli:pure iso4217:JPY

第一部【企業情報】

第1【企業の概況】

1【主要な経営指標等の推移】

(1)連結経営指標等

回次

第70期

第71期

第72期

第73期

第74期

決算年月

2016年3月

2017年3月

2018年3月

2019年3月

2020年3月

売上高

(千円)

8,110,743

7,994,322

8,026,984

7,945,368

7,485,871

経常利益

(千円)

890,308

1,031,513

939,391

831,775

787,298

親会社株主に帰属する当期純利益

(千円)

569,695

692,013

621,459

555,213

539,087

包括利益

(千円)

523,369

751,118

655,393

545,673

483,518

純資産額

(千円)

13,301,270

13,953,733

14,488,698

14,935,695

15,320,970

総資産額

(千円)

16,914,728

17,189,223

18,019,576

18,308,335

18,338,341

1株当たり純資産額

(円)

1,359.49

7,133.89

7,412.92

7,639.93

7,834.80

1株当たり当期純利益

(円)

59.71

362.73

325.84

291.18

282.75

潜在株式調整後1株当たり当期純利益

(円)

自己資本比率

(%)

76.7

79.2

78.4

79.6

81.5

自己資本利益率

(%)

4.5

5.2

4.5

3.9

3.7

株価収益率

(倍)

8.61

7.95

12.12

12.91

10.17

営業活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

633,283

858,362

1,051,663

640,562

609,718

投資活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

790,038

653,917

34,143

459,409

673,256

財務活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

177,771

401,838

132,861

112,723

110,775

現金及び現金同等物の期末残高

(千円)

2,054,555

1,857,162

2,741,821

2,810,251

2,635,938

従業員数

(名)

197

193

199

197

195

[外 臨時従業員数]

[24]

[20]

[20]

[19]

[17]

 (注)1 売上高には、消費税等は含まれておりません。

2 潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

3 2017年10月1日付で普通株式5株につき1株の割合をもって株式併合を実施しております。第71期の期首に当該株式併合が行われたと仮定し、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益を算定しております。

4 「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を第73期の期首から適用しており、第72期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。

 

(2)提出会社の経営指標等

回次

第70期

第71期

第72期

第73期

第74期

決算年月

2016年3月

2017年3月

2018年3月

2019年3月

2020年3月

売上高

(千円)

7,532,332

7,406,921

7,393,884

7,331,193

6,880,075

経常利益

(千円)

752,940

860,825

769,855

656,663

618,028

当期純利益

(千円)

488,637

592,207

516,769

454,573

445,420

資本金

(千円)

1,290,400

1,290,400

1,290,400

1,290,400

1,290,400

発行済株式総数

(株)

12,000,000

12,000,000

2,400,000

2,400,000

2,400,000

純資産額

(千円)

11,694,450

12,203,454

12,619,474

12,945,310

13,208,940

総資産額

(千円)

14,863,064

15,255,647

15,970,917

16,143,714

16,050,811

1株当たり純資産額

(円)

1,225.85

6,397.07

6,617.93

6,789.63

6,928.37

1株当たり配当額

(円)

10.00

12.00

30.00

50.00

50.00

(内1株当たり中間配当額)

(円)

(5.00)

(5.00)

(5.00)

(25.00)

(25.00)

1株当たり当期純利益

(円)

51.21

310.41

270.95

238.40

233.62

潜在株式調整後1株当たり当期純利益

(円)

自己資本比率

(%)

78.7

80.0

79.0

80.2

82.3

自己資本利益率

(%)

4.2

5.0

4.2

3.6

3.4

株価収益率

(倍)

10.04

9.29

14.58

15.77

12.31

配当性向

(%)

19.5

19.3

18.5

21.0

21.4

従業員数

(名)

190

186

192

191

188

[外 臨時従業員数]

[9]

[8]

[7]

[6]

[4]

株主総利回り

(%)

91.3

104.0

143.2

138.3

109.2

(比較指標:東証第二部株価指数)

(%)

(93.4)

(127.9)

(153.8)

(144.5)

(111.4)

最高株価

(円)

605

604

4,540

4,100

3,750

 

 

 

 

〔636〕

 

 

最低株価

(円)

454

473

2,966

3,525

2,818

 

 

 

 

〔505〕

 

 

 (注)1 売上高には、消費税等は含まれておりません。

2 潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

3 第71期の1株当たり配当額には、創業90周年記念配当2.00円を含んでおります。

4 2017年6月29日開催の第71回定時株主総会決議により、2017年10月1日付で普通株式5株につき1株の割合をもって株式併合を実施しております。これにより当社の株式数は9,600,000株減少し、発行済株式総数は2,400,000株となっております。

5 2017年10月1日付で普通株式5株につき1株の割合をもって株式併合を実施しております。第71期の期首に当該株式併合が行われたと仮定し、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益を算定しております。

6 第72期の1株当たり配当額30.00円は、中間配当額5.00円と期末配当額25.00円の合計となります。なお、2017年10月1日付で普通株式5株につき1株の割合をもって株式併合を実施しておりますので、中間配当額5.00円は株式併合前の配当額、期末配当額25.00円は株式併合後の配当額となります。(株式併合を考慮した場合の1株当たり年間配当額は50.00円となります。)

7 最高・最低株価は、東京証券取引所市場第二部におけるものであります。

8 2017年10月1日付で普通株式5株を1株とする株式併合を実施しているため、第72期の株価については、株式併合後の最高・最低株価を記載し、株式併合前の最高・最低株価は、〔  〕にて記載しております。

2【沿革】

1927年4月

北村勇(故人)が大阪市福島区に個人商店北村溶剤化学製品所を設立創業、各種工業薬品の販売を開始

1947年7月

ローズ色彩工業株式会社(大阪市西区)を設立し、絵具類・インキ類の製造、顔料・付属原材料の販売を開始

1948年1月

大阪市福島区に工場を建設

1949年10月

株式会社北村溶剤化学製品所に商号を変更し、合資会社北村溶剤化学製品所を吸収合併

ラッカー製品アートテックスの製造販売を開始

1950年5月

合成樹脂塗料の製造販売を開始

1955年3月

名古屋出張所を設置

1955年7月

イサム塗料株式会社に商号を変更、東京出張所を設置

1956年2月

本社を大阪市福島区鷺洲に移転

1958年7月

イサム土地建物株式会社(大阪市福島区)を設立(現・連結子会社)

1958年9月

九州工場竣工(福岡市西区)

1959年5月

東京工場竣工(東京都板橋区)、東京出張所を廃止

1962年11月

名古屋工場竣工(名古屋市西区)、名古屋出張所を廃止

1965年9月

滋賀工場竣工(滋賀県草津市)

1966年4月

大阪工場竣工(大阪市淀川区)

1967年6月

イサムエアーゾール工業株式会社(大阪市福島区)を設立(現・連結子会社)

1972年2月

仙台出張所を設置

1974年9月

進勇商事株式会社(大阪市福島区)を設立(現・連結子会社)

1977年1月

イサムモータープール株式会社(大阪市福島区)を設立(現・非連結子会社)

1977年3月

明勇色彩株式会社(大阪市福島区)を設立(現・連結子会社)

1978年4月

中国出張所を設置

1980年1月

日本証券業協会大阪店頭登録

1984年3月

大阪証券取引所市場第二部(特別指定銘柄)に上場

1990年1月

九州工場竣工(福岡県糟屋郡粕屋町)、旧九州工場を廃止

1991年4月

横浜出張所を設置

1991年5月

札幌出張所を設置

1996年1月

大阪証券取引所市場第二部に指定変更

1996年3月

東京・名古屋・大阪の各工場をそれぞれ東京・名古屋・大阪の各支店に改称

九州工場を福岡支店に、中国出張所を広島出張所に改称

2000年5月

滋賀工場竣工(滋賀県草津市笠山)、旧滋賀工場を廃止

2004年11月

東京支店竣工(埼玉県戸田市)、旧東京支店を廃止

横浜出張所を廃止

2009年7月

仙台出張所竣工(仙台市宮城野区)、旧仙台出張所を廃止

札幌出張所を札幌駐在所に改称

2009年12月

進勇商事株式会社を大阪市淀川区へ移転

2013年7月

東京証券取引所と大阪証券取引所の統合に伴い、東京証券取引所市場第二部に上場

 

3【事業の内容】

 当社グループは、当社、子会社5社で構成され、塗料の製造販売及び関連商品の仕入販売を主な内容とし事業活動を展開しております。

 当社グループの事業に係わる位置づけは次のとおりであります。

塗料事業…………塗料事業は、自動車補修用、工業用、建築用等に分かれております。当社グループは、当社が各種塗料類、シンナー類等を製造販売し、各子会社は半製品の加工、製品の充填・小分け作業等または関連商品の仕入・販売を行っております。

エアゾール製品については、原液を当社で製造し、子会社イサムエアーゾール工業㈱に販売、同社でエアゾール製品を製造し、一部は当社で仕入れて販売をしております。子会社明勇色彩㈱は、当社塗料製品のチューブ類への充填・小分け作業を行っております。
また、子会社進勇商事㈱では、塗装関連製品の仕入・販売をしており、一部は当社で仕入れて販売しております。

その他の事業……不動産の賃貸管理・運営業務を行っております。

子会社イサム土地建物㈱、イサムモータープール㈱は、それぞれ不動産賃貸、駐車場経営をしております。

 事業の系統図は次のとおりであります。

0101010_001.png

 

4【関係会社の状況】

名称

住所

資本金

(千円)

主要な事業
の内容

議決権の所有割合(%)

関係内容

(連結子会社)

 

 

 

 

 

イサムエアーゾール

工業株式会社

大阪市

福島区

15,000

塗料事業

100.0

エアゾール原液を当社より供給

エアゾール製品を当社に供給

当社が製品倉庫を賃貸している

役員の兼任 1名

明勇色彩株式会社

 

滋賀県

草津市

10,560

99.2

塗料を当社より供給

チューブ類製品を当社に供給

当社が工場建物の一部を賃貸している

役員の兼任 1名

イサム土地建物
株式会社 ※(注)3,4

大阪市

福島区

40,000

その他

48.5

 [46.7]

資金の貸付 有

役員の兼任 1名

進勇商事株式会社

大阪市

淀川区

10,000

塗料事業

100.0

塗装関連製品を当社に供給

当社が事務所建物の一部を賃貸している

役員の兼任 2名

 (注)1 「主要な事業の内容」欄には、セグメントの名称を記載しております。

2 上記会社は、有価証券届出書、有価証券報告書を提出しておりません。

3 持分は100分の50以下ではありますが、実質的に支配しているため子会社となっております。

4 議決権の所有の割合の[ ]内は、緊密な者又は同意している者の所有割合で外数となっております。

5【従業員の状況】

(1)連結会社の状況

 

2020年3月31日現在

セグメントの名称

従業員数(名)

塗料事業

195

[17]

その他

[]

合計

195

[17]

 (注)1 従業員数は就業人員であります。就業人員には、当社グループからグループ外への出向者を除き、グループ外から当社グループへの出向者を含みますが、いずれも該当はありません。

2 従業員数の[ ]は、臨時従業員数を外書しております。

(2)提出会社の状況

 

 

 

 

2020年3月31日現在

従業員数(名)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(千円)

188

[4]

44.1

16.7

6,343

 

セグメントの名称

従業員数(名)

塗料事業

188

[4]

合計

188

[4]

 

 (注)1 従業員数は就業人員であります。就業人員には、当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含みますが、いずれも該当はありません。

2 従業員数の[ ]は、臨時従業員数を外書しております。

3 平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。

4 提出会社のセグメントは、塗料事業のみであります。

(3)労働組合の状況

 当社の労働組合は、1966年5月9日に結成され、JEC連合塗料部会に所属しており、2020年3月31日現在の加入人員は131名であり、労使関係は安定しており特記すべき事項はありません。

 また、当社グループでは当社以外には労働組合は組織されておりません。

第2【事業の状況】

1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。

 

(1) 経営方針

 当社グループは、「良品質な塗料を通して、広く社会に貢献する」という経営理念のもと、「時代の要求する製品」「愛される商品」を開発することを社是として、常に「業界の先駆者たれ」をモットーに技術開発を推進してまいりました。

 現在は、社員全員が「お客様に一番近いメーカーであり続けよう」という経営ビジョンをしっかり意識して日々業務を遂行し、顧客満足の向上につなげるとともに、地球環境との調和や社会環境の保護を背景とした市場ニーズに基づき、色彩産業としての新しい高い地位を目指して事業活動を行うことにより、顧客および株主の皆様の信頼や期待に応える安定した経営を基本方針としております。

(2) 経営環境および経営戦略等

 当社グループは、自動車補修用塗料および建築用塗料はともにメンテナンス分野に特化しております。また、工業用塗料はユーザー個別対応により、積極的な営業活動を推進するとともに、全社員が環境への問題を最優先課題として取り組んでおります。併せて、顧客のみならず社会的に受け入れられる塗料・塗装システムの開発も進めております。

 現在、塗料業界におきましては、環境関連法(大気汚染防止法、水質汚濁防止法、土壌汚染防止法)や、特化則・有機則・PRTR法などさまざまな法的規制の適用を受けております。このため、当社グループは、社会や業界を取り巻く法律や規制への対応に積極的に取り組んでおり、今後もなお一層、環境・化学物質関連の法規制対応の取り組みを強化してまいります。また、製品化におきましては、これらをクリアした環境対応型製品を主力とする新製品・新システムの開発に注力し、塗装作業従事者の健康維持と地球環境保護を考慮した水性塗料の製品力向上に努めてまいります。

 国内の塗料需要が停滞している状況においては、製品開発力を強化し、顧客起点の製品開発を推進することや、新たな市場を創造することで顧客の支持を得られるような営業活動により、市場でのシェア拡大に取り組んでまいります。

(3) 経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等

 当社グループでは、経営指標として従来から株主資本利益率を重視しております。また、経営の安定性と収益性の両立を図りながら企業価値の向上を目指すとともに、資金面におけるキャッシュ・フローを重視し、総合的な結果としてROE等の向上につなげることを目標としております。

(4) 優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

 今後の見通しにつきましては、新型コロナウイルス感染症の完全なる終息は予断を許さず、世界経済ならびに日本経済に与える影響が強く懸念されます。また、塗料業界におきましては、引き続き企業間競争が激しくなることが予想されます。このような状況の中、当社グループは、「お客様に一番近いメーカーであり続けよう」という経営ビジョンを掲げ、全社員一丸となって次のとおり取り組んでまいります

人材の育成

 「お客様に一番近いメーカーであり続けよう」という経営ビジョンを掲げる当社グループにとって、顧客の声に耳を傾け、顧客起点の製品開発を推進するための人材育成は最重要課題の一つと位置づけております。人材育成については、全従業員を対象として社員教育制度を整備し、従業員のモチベーションの向上やスキルアップに取り組んでおります。

 また、全社的な労務管理を行うとともに、「働き方改革」やメンタルヘルス対策を推進し、より良い労働環境の整備、運用に努めてまいります。

高品質、安全・安心な製品の安定供給

 当社グループは「環境方針」を定め、社会や業界を取り巻く法律や規制への対応に積極的に取り組むとともに、大規模な事故・災害等の発生に備えて、事業継続計画(BCP)を策定し、社員教育や災害訓練等によりBCPの周知徹底および実効性の向上を図っております。

 一方、経営環境に大きな影響を及ぼす、物流コストや原材料の価格と安定的な調達も大きな課題ととらえております。

 

顧客ニーズに沿った製品開発と新しいマーケットの開拓

 当社グループは自動車補修用塗料を主力としておりますが、自動車業界では、衝突安全装置の普及や自動運転装置の開発・標準化に伴い、自動車補修用塗料の市場は縮小傾向であります。このような状況の中、自動車補修用分野では、より一層の製品開発と新規開拓の推進により、シェアの拡大を図ります。また、大型車両用分野・各種工業用分野など新しいマーケットの獲得を目的に、提案と取り組みを強化し、収益の向上に繋げてまいります。

 さらに、ソフト面の強化としまして、「YouTube」の公式チャンネルを活用してBtoB、BtoCへ製品をPRし、啓蒙・塗装動画サービスの発信を新たな市場向けに実施してまいります。

生産性の向上

 経営資源を最適活用し、組織・業務・生産活動の効率化ならびに集約化に努めてまいります。具体的には、管理業務を本社へ、生産・受注業務を滋賀工場へ集中化し、トータルコストの低減・生産性の向上を進めるとともに、情報システムを強化して全社的な業務の効率化を推進してまいります。さらに、滋賀工場における生産ラインにおいて、費用対効果に配慮しつつ、生産設備の更新、合理化投資を実行し、生産力・収益力の向上に繋げてまいります。

グループ経営における社会的責任(CSR)

 当社グループの経営につきましては、社会的責任を果たすために、環境保全に積極的に取り組み、適切な企業情報の開示やコンプライアンスを一層推進するため、コーポレート・ガバナンス体制の強化および内部統制の充実に全力を投入いたします。

 

2【事業等のリスク】

 有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、経営者が連結会社の財政状態、経営成績及びキャッシュフローの状況に重要な影響を与える可能性があると認識している主要なリスクは、以下のとおりです。

 なお、文中における将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。

(1) 原材料の調達について

 当社グループの使用する原材料は石油関連製品への依存度が高く、原油・ナフサ価格等の動向が塗料原料の価格に影響を及ぼすことが懸念され、業績に多大な影響を受ける可能性があります。また、特定メーカーに依存している原材料について、そのメーカーの罹災や事故により調達が困難となった場合、当社グループの生産に影響を与え、経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

(2) 公的規制について

 塗料業界におきましては、大気汚染防止法、水質汚濁防止法、土壌汚染防止法などの環境関連法や、毒物劇物取締法、廃掃法、PRTR法などさまざまな法的規制の適用を受けております。当社グループは、社会や業界を取り巻く法律や規制の施行に積極的に取り組むため、「環境方針」を定め、ISO14001等を取得するなど対応に注力していますが、今後、新たな法規制の施行や強化などにより、販売活動の制限や法対応への費用増加などが当社グループの経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

(3) 新製品の開発に対するもの

 当社グループは、多様化・高機能化する市場ニーズに対応できる新製品および塗装システムの開発を行なっておりますが、製品開発や販売政策の展開が適正な時期に行なわれなかった場合、将来の成長と収益性が低下し、経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

(4) 災害に対するもの

 危険物を取扱う工場として災害からの安全を確保するために法的な規制を遵守し、災害を未然に防止する対応をとり、万一の災害に対しては火災保険等を付保していますが、当社グループの生産拠点は滋賀工場(滋賀県草津市)のみのため、当工場が地震等の災害に罹災するなどで生産困難となった場合には、当社グループの経営成績に影響を及ぼす可能性があります。また、新型コロナウイルス等の感染症拡大により、当社グループの生産拠点、物流体制、営業活動等に支障が生じた場合には、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。

(5) 製造物責任について

 当社グループは厳正な品質管理基準に基づき製品を製造しておりますが、万一、製品に欠陥が発生した場合に備えて保険に加入しています。しかし、予期せぬ事情で大規模な製品の欠陥による損失が発生した場合は、当社グループの財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

(6) ITリスク

 当社グループは多数の情報システムを運用しており、権限責任の適切な配分、チェック体制の確立、また、外部からの進入に対する方策などを講じておりますが、情報の消失、情報の漏洩、回線障害、コンピュータやシステム障害、ウイルスによる障害等の影響を受ける可能性があります。

 

3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

(1)経営成績等の状況の概要

 当連結会計年度における当社グループの財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下「経営成績等」という。)の状況の概況は次のとおりであります。

 

①財政状態及び経営成績の状況

 当連結会計年度におけるわが国経済は、2019年中は、企業収益や雇用・所得環境の改善等を背景に、景気は緩やかな回復基調で推移しました。一方で米国政権の政策動向や通商問題、欧州における政治不安の再燃や中東情勢に起因する原油価格の動向、相次ぐ自然災害の経済に与える影響など、当社グループを取り巻く環境は予断を許さない状況が続いておりました。加えて2020年3月期決算を迎えるにあたり、新型コロナウイルス感染症の影響により、企業収益、雇用・所得環境や個人消費は急速に悪化し、景気の先行きは極めて不透明なまま事業年度を終了いたしました

 このような環境のもと、当社グループは、自動車補修用市場でのシェア拡大を図るため、顧客ニーズに沿った環境対応型塗料や高機能性塗料で販路拡大を図るとともに、大型車両分野や工業用分野などの新規市場開拓や建築用塗料の受注増加に向けた積極的な営業活動を展開いたしました。

 その結果、当連結会計年度の財政状態及び経営成績は以下のとおりとなりました。

a.財政状態

 当連結会計年度末の資産は、前連結会計年度末と比べ30百万円増加して183億38百万円となりました。

 当連結会計年度末の負債は、前連結会計年度末に比べ3億55百万円減少して30億17百万円となりました

 当連結会計年度末の純資産は、前連結会計年度末に比べ3億85百万円増加して153億21百万円となりました

b.経営成績

当連結会計年度の売上高は、74億86百万円(前年同期比5.8%減少)となりました。利益面につきましては、製品の統廃合や総原価低減に取り組んだものの、原材料価格、物流コスト等の上昇により、営業利益は6億19百万円(前年同期比6.5%減少)、経常利益は7億87百万円(前年同期比5.3%減少)、親会社株主に帰属する当期純利益は5億39百万円(前年同期比2.9%の減少)となりました

 セグメントの経営成績は、次のとおりであります。

塗料事業は、売上高73億84百万円(前年同期比5.8%減少)、営業利益5億70百万円(前年同期比6.3%減少)であります。

 分野別の販売状況は、自動車補修用塗料分野では、環境対応型製品として、主力の低VOCベースコート「アクロベース」やハイソリッドクリヤー「アクセルクリヤー」シリーズで市場占有率の向上を図るとともに、環境対応への要請が強いユーザーを中心に特化則対応でPRTR法届出対象外の1液ベースコート「ハイアートNext」で新規ユーザーの獲得に努めました。併せて、水性1液ベースコート塗料「アクアスDRY」では主力ユーザーへの普及促進を行いました。また、大型車両分野・各種工業用分野を中心に2液ウレタン樹脂塗料「ハイアートCBエコ」で新規市場でのユーザー獲得に注力し、堅調に推移いたしました。さらに、調色作業を標準化・システム化した測色機「彩選短スマート」の販売を促進し、ユーザーの作業効率改善や若年者の技術教育に大きく貢献いたしました

 建築用塗料分野におきましては、主力の「ネオシリカ」シリーズに加え、JISA6021取得の外壁用塗膜防水材「アトロンエラストマー」、内装用光触媒塗料「エアフレッシュ」など、各種用途に特化した製品を展開いたしました。また、タイル床面等滑り止めの「スキッドガードシリーズ」では、高耐久性を実現した無溶剤2液型ウレタン樹脂塗料「スキッドガードTOUGH」、水性1液型アクリルシリコン樹脂塗料「スキッドガードAQUA」の販売促進に取り組みました

 工業用塗料につきましては、ユーザーの環境重視志向を背景に「ハイアートCBエコ」の拡販に注力するとともに、従来の水性塗料と比較して乾燥性・光沢を大幅に向上させた1液型水性アクリル樹脂塗料「アクアシャインGA」において、引き続き個々のユーザーに対応して積極的な個別営業活動に取り組みました

 エアゾール分野におきましても、工業用向け補修用スプレー「エアラッカーエコ」が堅調に推移したほか、2液内部混合型エアースプレー「エアーウレタン」、1液カラークリヤー「キャンディーカラー」の新色の追加により、DIY分野での需要が増加いたしました

その他は、売上高1億2百万円(前年同期比0.7%減少)、営業利益49百万円(前年同期比9.0%減少)であります。

②キャッシュ・フローの状況

 当連結会計年度末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、税金等調整前当期純利益7億67百万円、定期預金の払戻6億円、有価証券の償還3億円などの増加がありましたが、投資有価証券の取得6億1百万円、定期預金の預入6億円などがあり、全体として期首残高より1億74百万円減少し、26億36百万円(前連結会計年度末28億10百万円)となりました。

 当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。

 

(営業活動によるキャッシュ・フロー)

 営業活動による資金の増加は6億10百万円(前連結会計年度6億41百万円)となりました。

 その主な要因は、増加した資金では、税金等調整前当期純利益7億67百万円などがあり、減少した資金では、法人税等の支払額2億49百万円などによるものであります。

 

(投資活動によるキャッシュ・フロー)

 投資活動による資金の減少は6億73百万円(前連結会計年度4億59百万円)となりました。

 その主な要因は、増加した資金では、定期預金の払戻6億円、有価証券の償還3億円などがあり、減少した資金では、投資有価証券の取得6億1百万円、定期預金の預入6億円などによるものであります。

 

(財務活動によるキャッシュ・フロー)

 財務活動による資金の減少は1億11百万円(前連結会計年度1億13百万円)となりました。

 その主な要因は、配当金の支払額95百万円などによるものであります。

 

③生産、受注及び販売の実績

a.生産実績

生産実績

セグメントの名称

生産高(千円)

前年同期比(%)

塗料事業

3,414,552

△4.2

その他

合計

3,414,552

△4.2

 (注)1 金額は製造原価によっております。

2 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

商品仕入実績

セグメントの名称

仕入高(千円)

前年同期比(%)

塗料事業

1,634,389

△6.6

その他

合計

1,634,389

△6.6

 (注)1 金額は仕入価格によっております。

2 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

b.受注実績

 主として見込生産によっておりますので、受注ならびに受注残高について特に記載すべき事項はありません。

c.販売実績

セグメントの名称

販売高(千円)

前年同期比(%)

塗料事業

7,383,681

△5.8

その他

102,190

△0.7

合計

7,485,871

△5.8

 (注)1 セグメント間取引については相殺消去しております。

2 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

(2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

 経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりであります。

 なお、文中における将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものであります。

 

①財政状態及び経営成績の状況に関する認識および分析・検討内容

a.経営成績等

1)財政状態

 当連結会計年度末の資産は、前連結会計年度末と比べ30百万円増加して183億38百万円となりました。

 資産の増加の主なものは、有価証券3億1百万円、投資有価証券2億88百万円、減少の主なものは受取手形及び売掛金3億24百万円、現金及び預金1億74百万円であります。

 当連結会計年度末の負債は、前連結会計年度末に比べ3億55百万円減少して30億17百万円となりました。

 負債の減少の主なものは、電子記録債務1億60百万円、役員退職慰労引当金87百万円であります。

 当連結会計年度末の純資産は、前連結会計年度末に比べ3億85百万円増加して153億21百万円となりました。

 増加の主なものは、利益剰余金4億44百万円であります。

  以上の結果、自己資本比率は1.9ポイント上がり、81.5%となりました

2)経営成績

 当社の主力事業の自動車補修用塗料分野の国内市場が停滞している環境において、環境保全の法規制などにより、塗料の低溶剤化・水性化を推進することが不可欠となるなど、事業環境は厳しい状況が続いております。そうした環境のもと、積極的な営業活動を展開いたしました結果、売上高は前連結会計年度比5.8%減少の74億86百万円となりました。

 また、製品の統廃合や総原価低減に取り組んだものの、原材料価格、物流コスト等の上昇により、営業利益は前連結会計年度比6.5%減少の6億19百万円、経常利益は前連結会計年度比5.3%減少の7億87百万円、親会社株主に帰属する当期純利益は前連結会計年度比2.9%減少の5億39百万円となりました。

 3)キャッシュ・フローの状況

 キャッシュ・フローの状況におきましては、当連結会計年度末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前連結会計年度末に比べ1億74百万円減少し、26億36百万円(前連結会計年度末28億10百万円)となりました。

 営業活動による資金の増加は、6億10百万円となりました。

 投資活動による資金の減少は、6億73百万円となりました。

 財務活動による資金の減少は、1億11百万円となりました。

 なお、詳細は「第一部 企業情報 第2 事業の状況 3経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析 (1)②キャッシュ・フローの状況」に記載しております。

b.経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

 当社グループの経営に影響を与える大きな要因としましては、使用する原材料の石油関連製品への依存度が高く、原油・ナフサ価格等の動向が塗料原料の価格に影響を及ぼします。また、物流費の上昇もコスト増加の要因であり、原材料価格の上昇によるコスト増とともに収益の圧迫要因となります。このような状況の下、当社グループは生産効率化ならびに業務の効率化によりコスト増を吸収しつつ、一部販売価格への転嫁等により対応しております。

 当社グループの主たる事業である塗料業界におきましては、大気汚染防止法、水質汚濁防止法、土壌汚染防止法などの環境関連法や、毒物劇物取締法、廃掃法、PRTR法などさまざまな法的規制の適用を受けております。当社グループは、社会や業界を取り巻く法律や規制の施行に積極的に取り組むため、「環境方針」を定め、ISO14001等を取得するなど対応に注力しています。また、大規模な事故・災害等の発生に備えて、事業継続計画(BCP)を策定し、社員教育や災害訓練等によりBCPの周知徹底および実効性の向上を図っております。

 今後の経済の見通しにつきましては、新型コロナウイルス感染症の終息時期や感染拡大による影響が見通せず、先行きは極めて不透明な状況であります。当社グループを取り巻く状況も予断を許しませんが、新型コロナウイルス感染症が徐々に収束し、人の往来が回復するにつれて、当社グループの収益環境も回復してくると考えております。

c.資本の財源および資金の流動性

 当社グループの事業活動における運転資金需要の主なものは当社グループの主たる事業である塗料事業であります。塗料事業の必要な資金は、製造費用、販売費および一般管理費、設備投資でありますが、これらは全て営業活動によるキャッシュ・フローと内部資金により調達しており、金融機関からの借入や社債の発行による資金調達はありません。今後の事業の維持・発展に必要な運転資金・設備資金についても内部資金による調達で可能であると考えておりますが、取引銀行2行と20億円の当座貸越契約を締結し流動性を補完しています。

 

②重要な会計上の見積りおよび当該見積りに用いた仮定

 当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して作成しております。なお、この連結財務諸表作成に当たりましては、引当金の計上など一部に将来の見積りに基づいているものがありますが、これらの見積りは当社グループにおける過去の実績等を勘案し、「退職給付に関する会計基準」「税効果会計に係る会計基準」「金融商品に関する会計基準」などに準拠しております。

 

4【経営上の重要な契約等】

 該当事項はありません。

 

5【研究開発活動】

 当社グループの研究開発活動は、当社技術部を中心に、塗料、塗装及び塗装システムを含めた各用途分野にわたり長期的な基礎研究を行うとともに、営業企画部も加え、多様化・高機能化する市場ニーズ及び環境保護を目的とした環境対応型塗料の開発に取り組んでおります。当連結会計年度における研究開発費は143百万円であります。

 なお、当連結会計年度の主な研究開発活動は次の通りであります

 

(1)自動車補修用塗料分野

 上塗り関係では、揮発性有機化合物(VOC)を大幅に削減した、主力の1液型上塗り塗料の市場拡大を図りつつ、優れた環境機能を持つ水性塗料の更なる開発・研究を進め、トータル的に使い易く、より環境負荷低減を実現出来る製品開発に取り組みました。

下地関係では、新製品を含め顧客から高い評価を得ておりますが、更なる技術開発に注力し、より顧客満足度の高い製品を提供出来るよう研究開発に取り組みました。

 

(2)建築用塗料分野

 環境対応型塗料を重点商品とし更なる研究開発を行い、水系、弱溶剤系、室内環境対応水系などの環境型高機能性塗料の一層の充実に取り組みました

 また、タイル床面の滑り止めシステムや磁器タイルの美装に漏水防止性を付与した磁器タイル壁面改修システムの開発を進めるとともに、消臭・抗菌等に特徴がある内装用光触媒塗料に加え、遮熱塗料として高日射反射率カラー舗装材・ガラス用遮熱コーティング材など「熱」「ニオイ」に特化し、高い技術力を生かした高機能性塗料の充実にも注力しました

 

(3)工業用塗料分野

 個々のユーザーに対応して積極的な個別営業活動に対応する技術指導・開発に積極的に取り組みました。また、従来の溶剤系塗料の無鉛化を積極的に推進するとともに、工業用分野における水性化へのシフトに取り組みました

 エアゾール製品におきましても、環境対応型スプレーの充実を図るとともに、磁器タイル用滑り止めスプレー、万能型1液密着プライマースプレーなどのエアゾール製品の充実に取り組みました

 

第3【設備の状況】

1【設備投資等の概要】

 当連結会計年度において、当社グループの設備投資の総額は、102百万円であります。その主なものは、カラーマッチングシステムのソフト更新、全拠点サーバーの導入によるものであります。

2【主要な設備の状況】

 当社グループにおける主要な設備は、以下のとおりであります。

(1)提出会社

2020年3月31日現在

 

事業所名

(所在地)

セグメントの名称

設備の内容

帳簿価額(千円)

従業員数

(名)

建物及び構築物

機械及び

装置

工具,器具及び備品

土地

(面積㎡)

リース資産

合計

滋賀工場

(滋賀県草津市)

塗料事業

塗料製品の製造設備

301,489

114,447

23,061

63,887

(49,702)

9,468

12

512,364

107[-]

大阪支店

(大阪市淀川区)

塗料事業

塗料製品の販売設備

78,232

579

367,857

(3,383)

446,668

15[1]

東京支店

(埼玉県戸田市)

塗料事業

塗料製品の販売設備

209,184

1,027

1,302

57,513

(6,117)

269,026

21[1]

仙台出張所

(仙台市宮城野区)

塗料事業

塗料製品の販売設備

20,283

0

232

40,004

(1,058)

60,519

2[1]

名古屋支店

(名古屋市西区)

塗料事業

塗料製品の販売設備

36,205

243

1,288

9,787

(2,556)

47,523

17[-]

福岡支店

(福岡県糟屋郡

粕屋町)

塗料事業

塗料製品の販売設備

48,827

1,388

1,579

310,500

(5,863)

362,294

16[-]

本社

(大阪市福島区)

塗料事業

その他設備

4,197

93

[555]

20,762

32

25,084

10[1]

 (注)1 金額には消費税等は含んでおりません。

2 建物の一部を賃借しており、賃借料は11,400千円であります。

3 現在休止中の主要な設備はありません。

4 従業員数の[ ]は、臨時従業員数を外書しております。

5 土地の[ ]は、賃借中のものであり、外数であります。

6 リース資産の内、滋賀工場に設置しているもの以外は、本社に一括して記載しております。

また、無形固定資産におけるリース資産は下段に記載しております。

 (2)国内子会社

2020年3月31日現在

 

会社名

事業所名

(所在地)

セグメント

の名称

設備の内容

帳簿価額(千円)

従業員数

(名)

建物及び構築物

機械及び

装置

工具、器具及び備品

土地

(面積㎡)

合計

明勇色彩
株式会社

本社

(滋賀県草津市)

塗料事業

塗料製品の製造設備

83

270

353

[13]

イサム土地建物
株式会社

賃貸不動産

(大阪市北区)

その他

賃貸物件の設備

334,476

69

346,619

(1,145.5)

681,164

進勇商事

  株式会社

本社

(大阪市淀川区)

塗料事業

塗装関連製品の販売設備

30

30

4

 (注)1 金額には消費税等は含んでおりません。

2 現在休止中の主要な設備はありません。

3 従業員数の[ ]は、臨時従業員数を外書しております。

4 明勇色彩㈱は、提出会社の滋賀工場の建物の一部を賃借しており、賃借料は2,868千円であります。

5 進勇商事㈱は、提出会社の大阪支店の建物の一部を賃借しており、賃借料は3,528千円であります。

3【設備の新設、除却等の計画】

 当連結会計年度において、経常的な設備の更新計画を除き、新たに確定した重要な設備の新設、拡充、改修、除
却、売却等の計画はありません。

第4【提出会社の状況】

1【株式等の状況】

(1)【株式の総数等】

①【株式の総数】

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

9,600,000

9,600,000

 

②【発行済株式】

種類

事業年度末現在

発行数(株)

(2020年3月31日)

提出日現在

発行数(株)

(2020年6月26日)

上場金融商品取引所名又は登録認可金融商品取引業協会名

内容

普通株式

2,400,000

2,400,000

東京証券取引所

市場第二部

単元株式数

100株

2,400,000

2,400,000

 

 

(2)【新株予約権等の状況】

①【ストックオプション制度の内容】

 該当事項はありません。

②【ライツプランの内容】

 該当事項はありません。

③【その他の新株予約権等の状況】

該当事項はありません。

 

(3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

該当事項はありません。

(4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

年月日

発行済株式総数増減数(株)

発行済株式総数残高(株)

資本金増減額

(千円)

資本金残高

(千円)

資本準備金増減額

(千円)

資本準備金残高

(千円)

2017年10月1日

(注)

△9,600,000

2,400,000

1,290,400

1,209,925

(注) 株式併合(5:1)によるものであります。

(5)【所有者別状況】

 

 

 

 

 

 

 

2020年3月31日現在

区分

株式の状況(1単元の株式数100株)

単元未満株式の状況

(株)

政府及び地方公共団体

金融機関

金融商品取引業者

その他の法人

外国法人等

個人その他

個人以外

個人

株主数

(人)

2

9

94

23

586

714

所有株式数

(単元)

1,081

191

2,757

1,086

18,752

23,867

13,300

所有株式数の割合(%)

4.53

0.80

11.56

4.55

78.56

100.00

(注) 自己株式493,499株は、「個人その他」に4,934単元、「単元未満株式の状況」に99株含まれております。

 

 

(6)【大株主の状況】

 

 

2020年3月31日現在

氏名又は名称

住所

所有株式数

(千株)

発行済株式(自己株式を除く。)の総数に対する所有株式数の割合(%)

北村 初美

大阪市福島区

443

23.24

北村 健

同 上

442

23.19

イサム塗料栄勇会

大阪市福島区鷺洲2-15-24

240

12.61

第一生命保険株式会社

(常任代理人 資産管理サービス信託銀行株式会社) 

東京都千代田区有楽町1-13-1 

(東京都中央区晴海1-8-12)

93

4.89

長瀬産業株式会社

東京都中央区日本橋小舟町5-1

36

1.88

光通信株式会社

東京都豊島区西池袋1-4-10

27

1.44

石原産業株式会社

大阪市西区江戸堀1-3-15 

24

1.25

イサム塗料従業員持株会

大阪市福島区鷺洲2-15-24

22

1.18

株式会社ダイセル

大阪市北区大深町3-1

21

1.13

BBH FOR FIDELITY PURITAN TR: FIDELITY SR INTRINSIC OPPORTUNITIES FUND

(常任代理人 株式会社三菱UFJ銀行)

245 SUMMER STREET BOSTON, MA 02210, USA

(東京都千代田区丸の内2-7-1)

18

0.98

1,369

71.83

 (注) イサム塗料栄勇会は取引先を対象とした持株会であります。

 

 

(7)【議決権の状況】

①【発行済株式】

 

 

 

 

2020年3月31日現在

区分

株式数(株)

議決権の数(個)

内容

無議決権株式

 

議決権制限株式(自己株式等)

 

議決権制限株式(その他)

 

完全議決権株式(自己株式等)

普通株式

493,400

完全議決権株式(その他)

普通株式

1,893,300

18,933

単元未満株式

普通株式

13,300

発行済株式総数

 

2,400,000

総株主の議決権

 

18,933

(注) 「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式が99株含まれております。

 

 

②【自己株式等】

 

 

 

 

2020年3月31日現在

所有者の氏名又は名称

所有者の住所

自己名義所有株式数

(株)

他人名義所有株式数

(株)

所有株式数の合計

(株)

発行済株式総数に対する所有株式数の割合(%)

イサム塗料株式会社

大阪市福島区鷺洲

2丁目15番24号

493,400

493,400

20.55

493,400

493,400

20.55

 

 

2【自己株式の取得等の状況】

【株式の種類等】 会社法第155条第7号による普通株式の取得

 

(1)【株主総会決議による取得の状況】

 該当事項はありません。

(2)【取締役会決議による取得の状況】

該当事項はありません。

 

(3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

区分

株式数(株)

価額の総額(千円)

当事業年度における取得自己株式

128

464

当期間における取得自己株式

40

114

(注) 当期間における取得自己株式には、2020年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取による株式数は含めておりません。

 

(4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

区分

当事業年度

当期間

株式数(株)

処分価額の総額

(千円)

株式数(株)

処分価額の総額

(千円)

引き受ける者の募集を行った取得自己株式

消却の処分を行った取得自己株式

合併、株式交換、会社分割に係る移転を行った取得自己株式

その他

(-)

保有自己株式数

493,499

493,539

 (注) 当期間における保有自己株式数には、2020年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取による株式数は含めておりません。

3【配当政策】

 当社は、企業の永続的な発展を目指し、健全な財務内容の維持向上を図るとともに、安定した株主配当を継続的に実施することを基本とし、業績や経営環境などを総合的に勘案して実施したいと考えております。

 当社の剰余金の配当は、中間配当および期末配当の年2回を基本的な方針としております。配当の決議機関は、中間配当は取締役会、期末配当は株主総会であります。

 この方針に基づき、当事業年度の剰余金の配当につきましては、1株当たり25円とし、中間配当金25円と合わせて50円としております。この結果、当事業年度の配当性向は21.4%となりました。

 内部留保資金の使途につきましては、今後の社業の拡充・発展に備え、販売力およびコスト競争力強化のために有効に投資する所存であります。

 なお、当社は中間配当を行うことができる旨を定款で定めております。

 基準日が当事業年度に属する剰余金の配当は、以下のとおりであります。

決議年月日

配当金の総額

1株当たり配当額

2019年11月7日

47,666千円

25

取締役会決議

2020年6月26日

47,663千円

25

定時株主総会決議

 

 

4【コーポレート・ガバナンスの状況等】

(1)【コーポレート・ガバナンスの概要】

① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

 当社は、継続的に企業価値を高めることを目指した、株主重視の経営を基本方針としております。この方針を実現するため、効率が良く、健全で透明性の高い経営ができる組織体制や諸制度を整備し、必要な施策に取り組むことが、当社のコーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方であり、経営上の最も重要な課題のひとつと位置付けております。

 

② 企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由

(企業統治の体制の概略)

 当社は、取締役会の監査・監督機能を強化し、コーポレート・ガバナンスの一層の充実および企業価値の向上を図るため、2020年6月26日開催の第74回定時株主総会の決議により、監査等委員会設置会社に移行しました。監査等委員(3名 うち社外取締役2名)による経営監視の体制を実施しており、経営の監視機能の面では十分に機能する体制が整っているものと考えております。

 

(取締役会)

  取締役会は、2020年6月26日現在 取締役社長 北村倍章を議長とし、その他のメンバーとして、監査等委員でない取締役 角井和夫、取締役 深田修也の3名、監査等委員である取締役 横江喜夫、取締役 澤田直樹、取締役 樫元雄生3名の計6名で構成されております。定例取締役会のほか、必要に応じ機動的に臨時取締役会を開催し、法令で定められた事項や経営に関する重要事項を迅速に意思決定するとともに、各取締役の業務執行状況を逐次監督しております。

 

(監査等委員会)

  監査等委員会は、2020年6月26日現在 常勤監査等委員 横江喜夫、監査等委員 澤田直樹、監査等委員 樫元雄生の3名で構成され、うち2名が独立役員である社外取締役であります。常勤監査等委員は、取締役会や重要な会議に出席し、代表取締役社長と定期懇談を持ち、業務執行の監査機能の充実を図っております。

 

(経営企画会議)

  経営企画会議は当社の経営方針および経営戦略等に関する審議を行うため、取締役社長 北村倍章を議長とし、岩倉伸介、角井和夫、深田修也、各部門長4名で構成されております。

 

(コンプライアンス委員会)

  会社のすべての役員・従業員が法令・社会規範・社内規則を遵守できるよう「コンプライアンス憲章」「コンプライアンス規程」を定め、コンプライアンスの推進に関する基本方針及び諸施策の審議や、報告・相談及び通報への対応を行っております。

 

(企業統治の体制を採用する理由)

 当社の取締役会は、監査等委員でない取締役3名および監査等委員である取締役3名の計6名で構成され、定例取締役会のほか、必要に応じ機動的に臨時取締役会を開催し、法令で定められた事項や経営に関する重要事項を迅速に意思決定するとともに、各取締役の業務執行状況を逐次監督しております。また、監査等委員会(監査等委員3名 うち社外取締役2名)による経営監視の体制を実施しており、経営の監視機能の面では十分に機能する体制が整っているものと考えております。

 会社のコーポレート・ガバナンスの体制は次の通りです。(2020年6月26日現在)

0104010_001.png

 

③ 企業統治に関するその他の事項

イ.内部統制システムの整備の状況

a.当社グループの取締役および使用人の職務の執行が法令および定款に適合することを確保するための体制

 当社グループは、全ての取締役および使用人が法令・定款を遵守し、その徹底を図るために当社が「コンプライアンス委員会」を設置し、当社グループ全体をモニタリングする。当社グループに重大な影響を与えるおそれのあるコンプライアンス上の問題、当社グループの取締役の関与が認められるコンプライアンス上の問題を付議し、審議結果を当社取締役会に報告する。当社は各業務部門の長を、グループ会社はその代表者をコンプライアンス責任者とし、各業務部門および各社固有のコンプライアンスリスクを分析し、その対策を具体化する

 

b.取締役の職務の執行に係る情報の保存および管理に関する体制

 取締役の職務執行に係る情報については「文書管理規程」に従い、その保存媒体に応じて適切・確実に記録し、取締役(監査等委員を含む。)はその記録を常時閲覧できるものとする

 

c.損失の危険の管理に関する規程その他の体制

 当社は、リスク管理担当部門を定め、「リスク管理規程」の策定にあたる。また、リスクカテゴリー毎の責任部署を定め、グループ全体のリスクを網羅的・総括的に管理し、リスク管理体制の確立を目指す。

 監査等委員および内部監査室は各部門のリスク管理状況を監査し、その結果を取締役会および監査等委員会に報告する。取締役会は定期的にリスク管理体制を見直し、問題点の把握と改善に努める

 

d.取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

 代表取締役は、総務担当取締役を取締役の職務の執行の効率性に関しての総括責任者に任命し、中期経営計画および年次経営計画に基づいた職務執行が効率的に行われるよう監督する

 

 業務執行取締役は、経営計画に基づいた各業務執行部門が実施すべき具体的な施策および効率的な業務遂行体制を決定する。総括責任者はその遂行状況を各業務執行取締役および業務執行部門長に、取締役会および経営企画会議において定期的に報告させ、施策および効率的な業務遂行体制を阻害する要因の分析とその改善を図っていく

 

e.当社グループにおける業務の適正を確保するための体制

当社の子会社の取締役は、定期的に当社に対し、経営状況その他経営の重要事項に関する報告を行う

当社は、グループ各社の経営管理を担当する部門を設置し、グループ各社と定期的な情報交換を行い、グループ各社の損失の危険を早期に発見することに努め、これを把握した場合は、直ちに発見された損失の危険の内容・程度・グループ全体に対する影響等について、当社の取締役会および監査等委員会に報告する

当社は、グループの内部統制を担当する部門を設置し、グループ各社における内部統制の実効性を高める施策を実施するとともに、必要に応じてグループ各社を指導する

 

f.監査等委員会の職務を補助すべき使用人に関する事項および当該使用人の取締役(監査等委員である取締役を除く。)からの独立性に関する事項ならびに当該使用人に対する指示の実効性の確保に関する事項

監査等委員会が必要とした場合、監査等委員会の職務を補助すべき使用人を置くことができることとし、その人事については取締役(監査等委員である取締役を除く。)と監査等委員会で協議の上、決定する

当該使用人は監査等委員会の指揮命令に従うものとし、取締役(監査等委員である取締役を除く。)の指揮は受けない

 

g.当社グループの取締役および使用人が監査等委員会に報告するための体制その他の監査等委員会への報告に関する体制

当社グループの取締役および使用人は当社グループの業務または業績に影響を与える重要な事項について監査等委員会に報告するものとし、職務の執行に関する法令違反、定款違反および不正行為の事実、または当社グループに損害を及ぼす事実を知ったときは、遅滞なく報告するものとする。なお、前記にかかわらず、監査等委員会は必要に応じて、取締役および使用人に対して報告を求めることができるものとする

当社グループの取締役および使用人は、前項に係る報告をしたことを理由として、不利益な取り扱いを受けない

 

h.その他監査等委員会の監査が実効的に行われることを確保するための体制

「監査等委員会規則」および「監査等委員会監査等基準」を定め、これらに基づく独立性と権限により、監査の実効性を確保する

監査等委員会は代表取締役、会計監査人それぞれとの間で定期的に意見交換会を開催する

監査等委員会の職務の執行について生ずる費用等は、当社規定に基づき当社が負担する

 

ロ.業務の適正を確保するための体制の運用状況の概要

 当社グループでは、上記方針に基づいて、内部統制体制の整備とその適切な運用に努めております。当期において実施いたしました主な取り組みは以下のとおりです

 

(コンプライアンスの取り組み)

 当社グループは、コンプライアンス委員会が主導してコンプライアンス規程を整備し、取締役および使用人が、職務の執行に関する法令違反、不正行為の事実、または当社グループに損害を及ぼす事実を知った場合に、通報・相談できる窓口を設置し、コンプライアンス上の問題の早期発見に努めております。また、グループ内において、継続してコンプライアンスに係る教育・周知活動を実施しております

 

(リスク管理の取り組み)

 当社は、業務執行機関である経営企画会議を、定期的に開催しており、当該会議において、リスクカテゴリー毎のリスク管理責任部署より経営目標の進捗状況や事業活動に重大な悪影響を及ぼすリスク等の報告を受け、リスク低減に努めております

 また、大規模な事故・災害・感染症拡大等の発生に備えて、事業継続計画(BCP)を策定しております。BCPの取り組みの一つとして、大規模災害時における従業員とその家族等の安否確認システムを導入しており、地震等を想定した訓練を実施し、BCPの周知、徹底および実効性の向上を図っています。感染症については、従業員の安全を第一に職場における感染症対策を徹底し、全事業所が相互に連携して適正な生産・販売・管理業務の構築を目指します

 

 

(子会社管理の取り組み)

 当社の子会社の取締役は、定期的に当社に対し経営目標の進捗状況や事業活動におけるリスク等の報告を行い、相互に情報交換を行うことによりリスクの低減に努めております。また、当社の子会社管理部門が、職務分掌に従い、子会社の内部統制体制の整備・運用について指導・助言を行っております

 

ハ.反社会的勢力排除に向けた基本的考え方及びその整備状況

a.反社会的勢力排除に向けた基本的な考え方

 当社グループは、コンプライアンス体制の充実と強化を図るべく、「コンプライアンス憲章」「コンプライアンス規程」を制定し、あらゆる違法行為・反社会的行為には、襟を正し毅然とした態度で臨むことを定めております。取締役および使用人は、日頃から公正明朗な取引を行うことを心がけるとともに法令等社会ルールを遵守する企業風土の醸成に努めております

 

b.反社会的勢力排除に向けた整備状況

 外部専門機関からの情報の活用により取引の相手方が反社会的勢力であるかどうかの確認を行うとともに、「大阪府企業防衛連合協議会」の会員となり、警察等関係諸機関および会員相互の連携を図り、反社会的勢力による不法、不当な行為を予防、排除することに努めております。反社会的勢力から接触があった場合は、当該部門長が総務部に連絡し、必要であれば早期に警察や顧問弁護士等に相談し、適切な処置を講じる体制を整備しております

 

ニ.リスク管理体制の整備の状況

  当社は、企業活動の継続的発展を脅かすリスクに対応するため、「リスク管理規程」を定め、同規程に基づき、全社的なリスク管理体制の整備に取り組んでおります。また、取締役会には、監査等委員である取締役も全員出席し、取締役(監査等委員である取締役を除く。)は重要事項の審議や決議、各部門の報告を行い、相互に業務執行に関して監督するとともに、リスク情報の共有化を図っております。会計に関しましては、清稜監査法人により定期的な会計監査を受けており、監査等委員会、内部監査室は適時報告を受けております。法務に関しましては弁護士と顧問契約を締結しており、法務面でのリスク管理に努めております。

 

④ 株主総会の特別決議要件

 当社は株主総会の円滑な運営を行うことを目的として、会社法第309条第2項に定める株主総会の決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款で定めております。

 

⑤ 取締役の定数

 当社は機動的な意思決定の実施を行うため、取締役(監査等委員である取締役を除く。)は10名以内、監査等委員である取締役は4名以内とする旨を定款で定めております。

 

⑥ 取締役の選任の決議要件

 当社は機動的な事務処理を可能にするため、取締役(監査等委員である取締役を除く。)の選任決議は、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨を定款で定めております。

 

⑦ 取締役の責任免除

 当社は、取締役(監査等委員を含む。)が職務を遂行するにあたり、期待される役割を十分に発揮できるよう、会社法第426条第1項の規定により、取締役会の決議によって、法令の定める範囲内で、取締役(監査等委員を含む。)の責任を免除できる旨を定款に定めております。

 

⑧ 剰余金の配当等の決定機関

 当社は機動的な剰余金の配当等の実施を可能とするため、剰余金の配当等会社法第459条第1項各号に定める事項については、法令に別段の定めのある場合を除き、株主総会の決議によらず取締役会の決議によって行うことができる旨を定款に定めております。

 

⑨ 中間配当

 当社は株主への機動的な利益還元を行うため、会社法第454条第5項の規定により取締役会の決議によって毎年9月30日を基準日として中間配当を行うことができる旨を定款で定めております。

(2)【役員の状況】

① 役員一覧

男性6名 女性-名 (役員のうち女性の比率-%)

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数

(百株)

取締役社長

(代表取締役)

北村 倍章

1975年2月6日

 

2005年6月

当社入社

2005年6月

当社取締役

2005年6月

当社情報システム担当

2008年6月

当社総務担当

2010年6月

当社常務取締役

2013年4月

当社東京支店長

2017年4月

当社名古屋支店長

2019年4月

当社代表取締役社長(現任)

 

(注)3

40

取締役

滋賀工場長

角井 和夫

1962年2月24日

 

1984年3月

当社入社

2006年4月

当社滋賀工場技術部長

2010年4月

当社滋賀工場生産管理部長

2018年4月

2019年6月

当社滋賀工場長(現任)

当社取締役(現任)

 

(注)3

16

取締役

大阪支店長

深田 修也

1968年7月2日

 

1991年3月

当社入社

2011年4月

当社滋賀工場技術部長

2014年4月

当社大阪支店販売部長

2018年4月

2019年6月

当社大阪支店長(現任)

当社取締役(現任)

 

(注)3

13

取締役

(常勤監査等委員)

横江 喜夫

1955年4月30日

 

1979年3月

当社入社

2010年6月

当社内部監査室長

2013年4月

当社総務部部長(内部監査担当)

2013年6月

2020年6月

当社監査役

当社取締役監査等委員(現任)

 

(注)4

12

取締役

(監査等委員)

澤田 直樹

1955年12月14日

 

1988年1月

澤田直樹税理士事務所開設

2001年12月

指吸会計センター㈱取締役

2003年1月

税理士法人ゆびすい社員

2005年12月

税理士法人ゆびすい代表社員(現任)

2008年6月

当社監査役

2016年1月

ゆびすいグループ代表(現任)

2016年1月

 

2020年6月

株式会社ゆびすいホールディングス代表取締役(現任)

当社取締役監査等委員(現任)

 

(注)4

取締役

(監査等委員)

樫元 雄生

1978年11月13日

 

2008年12月

2015年1月

 

2017年6月

2020年6月

ながやま法律事務所入所

ながやま・かしもと法律事務所 共同経営者(現任)

当社監査役

当社取締役監査等委員(現任)

 

(注)4

81

注)1 2020年6月26日開催の定時株主総会において定款の変更が決議されたことにより、当社は同日付をもって監査等委員会設置会社へ移行しております。

2 取締役澤田直樹及び樫元雄生は、社外取締役であります。

3 取締役(監査等委員である取締役を除く。)の任期は、2020年3月期に係る定時株主総会終結の時から2021年3月期に係る定時株主総会終結の時までであります。

4 監査等委員である取締役の任期は、2020年3月期に係る定時株主総会終結の時から2022年3月期に係る定時株主総会終結の時までであります。

 

② 社外役員の状況

 2020年6月26日現在、社外取締役2名を選任しております。

社外取締役が他の会社等の役員若しくは使用人である、又は役員若しくは使用人であった場合における当該他の会社等と当社の間に取引等に特別な利害関係はなく、独立性、中立性の立場であります。

社外取締役 澤田直樹氏は税理士として、また樫元雄生氏は弁護士としてそれぞれ専門的な見地から当社の業務執行の適正性確保のための有用な意見を頂いております。

当社は、社外取締役を選任するための当社からの独立性に関する基準または方針として明確に定めたものはありませんが、取締役の法令遵守、経営管理に対する監査に必要な知識と経験を有し、当社経営陣から独立した立場で社外役員としての職務を遂行できることを基本的な考え方として選任しております。

なお、当社は澤田直樹氏および樫元雄生氏を一般株主との利益相反が生じる恐れがない者として独立役員に指定し、東京証券取引所に対し届け出ております。

 

③ 社外取締役による監督又は監査と内部監査及び会計監査との相互連携並びに内部統制部門との関係

社外取締役は、取締役会の議題内容や会社経営に係る重要な事項について、経営者及び内部統制部門から定期的に報告を受け、必要に応じて社外の視点から意見を述べております。

監査等委員である社外取締役は、監査等委員会に出席し、監査等委員相互の情報交換等を行うと共に、取締役会にも出席し、中立的な立場から経営の意思決定と執行を監視しております。

 また、常勤監査等委員から会計監査についての報告、説明を受け、必要に応じて社外の視点から意見を述べております。内部監査室による内部監査の結果についても、常勤監査等委員から報告、説明を受けており意見交換を行うなどにより効率的な監査の実施に努めております。

 

(3)【監査の状況】

① 監査等委員会監査の状況

 監査等委員会は2020年6月26日現在 社外取締役(非常勤)2名を含む3名で構成されており、監査等委員会、取締役会、その他経営上の重要な会議に出席し、必要に応じて意見を述べるほか、重要文書の閲覧や業務執行状況の聴取等を行い、取締役の業務執行について適法性、妥当性の監査を行っております。また、監査等委員会で定めた監査方針と年度監査計画に基づき、常勤監査等委員が事業所への往査等を通じて業務監査を実施しております。

常勤監査等委員は、必要に応じて内部監査室から監査計画並びに監査の方法及び結果の報告、説明を受け、協議または意見交換を通して効率的な監査の実施に努めております。また、会計監査人との連携を強めるため監査計画を相互に交換しているほか、会計監査人の監査実施時に会計監査に関する報告及び説明を受け、会計監査人と常勤監査等委員の間で、意見交換等を行っております。

その結果を常勤監査等委員は、監査等委員会において、社外取締役へ連絡、報告しております。

 

② 内部監査の状況

 内部監査部門として社長直轄の内部監査室(2名)が設置されており、各事業部門および関係会社の業務執行についての監査を実施するとともに内部統制に係る規則ならびに文書の整備を並行して行っております。内部統制監査の結果については、代表取締役及び常勤監査等委員に適宜報告しております。

内部監査室は、常勤監査等委員及び会計監査人と定期的に報告会を持つことを通じて、お互いの監査計画、監査方法、監査結果に関する情報・意見の交換を行って相互連携をはかり、監査の有効性と効率性を高めております。

また、内部統制部門としてコンプライアンス委員会、総務部が設置されております。

内部統制部門は、内部監査室、常勤監査等委員および会計監査人と連絡を密にし、監査結果は、内部統制部門にも連絡され、監査結果を踏まえた内部統制の整備及び運用を進めております。

 

③ 会計監査の状況

a.監査法人の名称

清稜監査法人

 

b.継続監査期間

33年間

 

c.業務を執行した公認会計士

代表社員 業務執行社員 公認会計士 舩越 啓仁

     業務執行社員 公認会計士 森本 了太

 

d.監査業務に係る補助者の構成

 当社の会計監査業務に係わる補助者は、公認会計士9名、その他2名であります。

 

e.監査法人の選定方針と理由

 監査等委員会は、会計監査人の評価および選定基準を策定し、独立性・専門性・品質管理体制等について検証、確認することにより、会計監査人を適切に選定しています。

 監査等委員会は、会計監査人の職務の執行に支障がある場合等、その必要がある場合は、株主総会に提出する会計監査人の解任又は不再任に関する議案の内容を決定いたします。

 また、会計監査人が会社法第340条第1項各号に定める項目に該当すると認められる場合は、監査等委員全員の同意に基づき会計監査人を解任いたします。この場合、監査等委員会が選定した監査等委員は、解任後最初に招集される株主総会において、会計監査人を解任した旨およびその理由を報告いたします。

 

f.監査等委員会による監査法人の評価

 当社の監査等委員会は、監査法人に対して評価を行っております。この評価については、監査等委員会が制定した会計監査人の評価基準に基づいて、監査活動の適切性、妥当性を評価・検証することにより実施しており、職務の遂行について適正であると認めております。

 

④ 監査報酬の内容等

a.監査公認会計士等に対する報酬

区分

前連結会計年度

当連結会計年度

監査証明業務に基づく報酬(千円)

非監査業務に基づく報酬(千円)

監査証明業務に基づく報酬(千円)

非監査業務に基づく報酬(千円)

提出会社

18,000

18,000

連結子会社

18,000

18,000

b.監査公認会計士等と同一のネットワークに対する報酬(a.を除く)

該当事項はありません。

 

c.その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

該当事項はありません。

 

.監査報酬の決定方針

 当社は監査公認会計士等に対する監査報酬について、監査日数・要員数等を総合的に勘案し決定しております。

 

e.監査等委員会が会計監査人の報酬等に同意した理由

 監査等委員会は、会計監査人の監査計画の内容、職務遂行および報酬見積り等の算定根拠資料や契約書が適切であるかを確認し、検討した結果、会計監査人の報酬等について同意をしております。

 

(4)【役員の報酬等】

① 役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項

 役員の報酬等は役員報酬・賞与規程(内規)に基づき、取締役(監査等委員である取締役を除く。)の報酬および賞与については株主総会で決議された報酬総額の範囲内において取締役会で承認された方法により決定しております。監査等委員の報酬および賞与については株主総会で決議された報酬総額の範囲内で監査等委員の協議により決定しております。

 また、役員報酬は従業員給与等を勘案し役位別に定めております。

 当社の役員の報酬等に関する株主総会の決議年月日は1982年9月25日であり、決議の内容は取締役(監査等委員である取締役を除く。)の報酬限度額は年額1億20百万円(使用人兼務取締役の使用人分給与を含まない)、監査等委員である取締役の報酬限度額は年額30百万円と決議されております。

 当事業年度の役員の報酬等は、役員報酬・賞与規程(内規)に従い、2019年6月27日開催の取締役会において取締役全員満場異議なく決議しております。

② 役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

役員区分

報酬等の総額

(千円)

報酬等の種類別の総額(千円)

対象となる

役員の員数

(人)

固定報酬

業績連動報酬

退職慰労金

取締役

(社外取締役を除く。)

136,276

35,610

100,666

6

監査役

(社外監査役を除く。)

7,560

7,560

1

社外役員

7,320

7,320

3

(注) 上記の取締役報酬には、使用人兼務取締役の使用人分給与相当額(4名 29,700千円)は含まれておりません。

③ 役員ごとの連結報酬等の総額等

 連結報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。

 

(5)【株式の保有状況】

① 投資株式の区分の基準及び考え方

 当社は、保有目的が純投資目的である投資株式と純投資目的以外の目的である投資株式の区分について、純投資目的である投資株式は専ら株式の価値の変動又は株式に係る配当によって利益を受けることを目的とし、それ以外を純投資目的以外の目的である投資株式としております。当社は純投資目的である投資株式を保有しておりません。

 

② 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

a.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の内容

 当社が純投資目的以外の目的で保有する株式は、取引先の株式を保有することで中長期的な関係維持・強化および株主の安定等が可能になるものを対象としております。同株式の保有継続の適否は、当社の成長に必要かどうか、他に有効な資金活用はないか等の観点により取締役会等で定期的に検証を行っております。発行会社の株式を保有する結果として当社の企業価値を高め、株主・投資家の皆様の利益に繋がると考える場合において、株式の政策保有を継続する方針としております。
 当社は、政策保有株式に係る議決権行使について、発行会社の持続的な成長と中長期的な企業価値の向上に繋がるかどうかを総合的に判断することとしております。これにより企業価値の向上と株主・投資家の皆様の中長期的な利益に繋がると考えております。

 

b.銘柄数及び貸借対照表計上額

 

銘柄数

(銘柄)

貸借対照表計上額の

合計額(千円)

非上場株式

2

5,010

非上場株式以外の株式

16

421,410

 

(当事業年度において株式数が増加した銘柄)

 該当事項はありません。

 

(当事業年度において株式数が減少した銘柄)

 該当事項はありません。

c.特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報

特定投資株式

銘柄

当事業年度

前事業年度

保有目的、定量的な保有効果

及び株式数が増加した理由

当社の株式の

保有の有無

株式数(株)

株式数(株)

貸借対照表計上額

(千円)

貸借対照表計上額

(千円)

㈱ダイセル

109,400

109,400

取引関係の維持・発展

86,317

131,499

コニシ㈱

40,000

40,000

取引関係の維持・発展

57,280

64,160

㈱三井住友フィナンシャルグループ

21,000

21,000

取引関係の維持・発展

55,083

81,396

長瀬産業㈱

42,500

42,500

取引関係の維持・発展

54,358

67,533

日立化成㈱

10,700

10,700

取引関係の維持・発展

49,113

26,236

日本航空㈱

20,000

20,000

取引関係の維持・発展

39,800

77,980

㈱大和証券グループ本社

61,000

61,000

取引関係の維持・発展

25,571

32,879

第一生命ホールディングス㈱

11,300

11,300

取引関係の維持・発展

14,639

17,379

ショーボンドホールディングス㈱

2,600

1,300

取引関係の維持・発展

11,232

9,607

MS&ADインシュアランスグループホールディングス㈱

3,600

3,600

取引関係の維持・発展

10,890

12,132

㈱三菱UFJフィナンシャル・グループ

19,000

19,000

取引関係の維持・発展

7,657

10,450

石原産業㈱

5,000

5,000

取引関係の維持・発展

2,760

5,640

DIC㈱

1,000

1,000

取引関係の維持・発展

2,393

3,235

菊水化学工業㈱

5,000

5,000

取引関係の維持・発展

1,835

1,985

㈱みずほフィナンシャルグループ

11,000

11,000

取引関係の維持・発展

1,360

1,884

ハリマ化成グループ㈱

1,000

1,000

取引関係の維持・発展

1,123

1,029

(注)1 みなし保有株式はありません。

2 定量的な保有効果の記載については困難でありますが、保有の合理性は配当利回りや当社との取引関係の維持・発展等の経済合理性等より検証しております。

 

③ 保有目的が純投資目的である投資株式

該当事項はありません。

第5【経理の状況】

1 連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について

(1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)に基づいて作成しております。

 

(2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。

 また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しております。

 

2 監査証明について

 当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2019年4月1日から2020年3月31日まで)の連結財務諸表及び事業年度(2019年4月1日から2020年3月31日まで)の財務諸表について、清稜監査法人により監査を受けております。

3 連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

 当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内容を適切に把握し、対応することができる体制を整備するため、公益財団法人財務会計基準機構へ加入し、会計基準設定主体等の行う研修会等に参加しております。

1【連結財務諸表等】

(1)【連結財務諸表】

①【連結貸借対照表】

 

 

(単位:千円)

 

前連結会計年度

(2019年3月31日)

当連結会計年度

(2020年3月31日)

資産の部

 

 

流動資産

 

 

現金及び預金

4,820,251

4,645,938

受取手形及び売掛金

2,447,726

2,124,207

有価証券

900,022

1,201,125

商品及び製品

915,250

887,620

仕掛品

124,250

123,713

原材料及び貯蔵品

186,622

202,542

その他

40,283

32,585

貸倒引当金

12,200

13,276

流動資産合計

9,422,204

9,204,454

固定資産

 

 

有形固定資産

 

 

建物及び構築物

2,755,970

2,777,408

減価償却累計額

1,681,981

1,744,432

建物及び構築物(純額)

1,073,989

1,032,976

機械及び装置

567,149

576,902

減価償却累計額

420,161

459,778

機械及び装置(純額)

146,988

117,124

工具、器具及び備品

426,997

430,641

減価償却累計額

403,396

402,486

工具、器具及び備品(純額)

23,601

28,155

土地

1,344,467

1,344,467

リース資産

59,569

79,554

減価償却累計額

38,649

49,324

リース資産(純額)

20,920

30,230

その他

282

減価償却累計額

141

その他(純額)

141

有形固定資産合計

2,609,965

2,553,093

無形固定資産

 

 

ソフトウエア

15,075

38,925

施設利用権

1,017

570

電話加入権

6,555

6,555

リース資産

823

44

無形固定資産合計

23,470

46,094

投資その他の資産

 

 

投資有価証券

4,256,346

4,544,445

長期預金

1,200,000

1,200,000

保険積立金

601,177

536,174

繰延税金資産

179,482

218,427

その他

23,948

42,530

貸倒引当金

8,257

6,876

投資その他の資産合計

6,252,696

6,534,700

固定資産合計

8,886,131

9,133,887

資産合計

18,308,335

18,338,341

 

 

 

 

(単位:千円)

 

前連結会計年度

(2019年3月31日)

当連結会計年度

(2020年3月31日)

負債の部

 

 

流動負債

 

 

支払手形及び買掛金

435,687

383,031

電子記録債務

1,298,212

1,138,677

リース債務

11,318

9,007

未払金

207,722

176,037

未払法人税等

130,596

91,457

未払消費税等

25,511

32,571

前受金

4,103

4,185

預り金

73,646

67,898

賞与引当金

116,007

113,542

その他

44,726

42,314

流動負債合計

2,347,528

2,058,719

固定負債

 

 

長期預り保証金

262,141

266,674

リース債務

12,405

24,139

繰延税金負債

32,591

40,044

役員退職慰労引当金

163,257

76,007

修繕引当金

82,500

90,000

退職給付に係る負債

472,218

461,788

固定負債合計

1,025,112

958,652

負債合計

3,372,640

3,017,371

純資産の部

 

 

株主資本

 

 

資本金

1,290,400

1,290,400

資本剰余金

1,210,130

1,210,130

利益剰余金

12,777,653

13,221,408

自己株式

981,269

981,734

株主資本合計

14,296,914

14,740,204

その他の包括利益累計額

 

 

その他有価証券評価差額金

269,595

196,851

その他の包括利益累計額合計

269,595

196,851

非支配株主持分

369,186

383,915

純資産合計

14,935,695

15,320,970

負債純資産合計

18,308,335

18,338,341

 

②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
【連結損益計算書】

 

 

(単位:千円)

 

前連結会計年度

(自 2018年4月1日

 至 2019年3月31日)

当連結会計年度

(自 2019年4月1日

 至 2020年3月31日)

売上高

7,945,368

7,485,871

売上原価

※2,※3 5,466,415

※2,※3 5,100,972

売上総利益

2,478,953

2,384,899

販売費及び一般管理費

※1 1,816,887

※1 1,765,867

営業利益

662,066

619,032

営業外収益

 

 

受取利息

762

410

有価証券利息

17,300

12,152

受取配当金

19,167

19,468

受取賃貸料

51,802

51,493

塗装情報サービス会費

66,946

63,607

生命保険満期差益

23,189

10,650

負ののれん償却額

5,786

その他

17,580

15,501

営業外収益合計

202,532

173,281

営業外費用

 

 

支払利息

799

803

支払補償費

17,371

1,692

たな卸資産廃棄損

7,835

貸倒引当金繰入額

4,625

1,961

その他

2,193

559

営業外費用合計

32,823

5,015

経常利益

831,775

787,298

特別利益

 

 

投資有価証券売却益

1,294

特別利益合計

1,294

特別損失

 

 

たな卸資産廃棄損

19,694

災害による損失

2,244

784

特別損失合計

2,244

20,478

税金等調整前当期純利益

830,825

766,820

法人税、住民税及び事業税

263,767

211,412

法人税等調整額

6,497

859

法人税等合計

257,270

210,553

当期純利益

573,555

556,267

非支配株主に帰属する当期純利益

18,342

17,180

親会社株主に帰属する当期純利益

555,213

539,087

 

【連結包括利益計算書】

 

 

(単位:千円)

 

前連結会計年度

(自 2018年4月1日

 至 2019年3月31日)

当連結会計年度

(自 2019年4月1日

 至 2020年3月31日)

当期純利益

573,555

556,267

その他の包括利益

 

 

その他有価証券評価差額金

27,882

72,749

その他の包括利益合計

27,882

72,749

包括利益

545,673

483,518

(内訳)

 

 

親会社株主に係る包括利益

527,329

466,342

非支配株主に係る包括利益

18,344

17,176

 

③【連結株主資本等変動計算書】

前連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

 

 

 

 

(単位:千円)

 

株主資本

 

資本金

資本剰余金

利益剰余金

自己株式

株主資本合計

当期首残高

1,290,400

1,210,130

12,317,779

980,379

13,837,930

当期変動額

 

 

 

 

 

剰余金の配当

 

 

95,339

 

95,339

親会社株主に帰属する当期純利益

 

 

555,213

 

555,213

自己株式の取得

 

 

 

890

890

株主資本以外の項目の当期変動額(純額)

 

 

 

 

 

当期変動額合計

459,874

890

458,984

当期末残高

1,290,400

1,210,130

12,777,653

981,269

14,296,914

 

 

 

 

 

 

 

その他の包括利益累計額

非支配株主持分

純資産合計

 

その他有価証券評価差額金

その他の包括利益累計額合計

当期首残高

297,480

297,480

353,288

14,488,698

当期変動額

 

 

 

 

剰余金の配当

 

 

 

95,339

親会社株主に帰属する当期純利益

 

 

 

555,213

自己株式の取得

 

 

 

890

株主資本以外の項目の当期変動額(純額)

27,885

27,885

15,898

11,987

当期変動額合計

27,885

27,885

15,898

446,997

当期末残高

269,595

269,595

369,186

14,935,695

 

当連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

 

 

 

 

(単位:千円)

 

株主資本

 

資本金

資本剰余金

利益剰余金

自己株式

株主資本合計

当期首残高

1,290,400

1,210,130

12,777,653

981,269

14,296,914

当期変動額

 

 

 

 

 

剰余金の配当

 

 

95,332

 

95,332

親会社株主に帰属する当期純利益

 

 

539,087

 

539,087

自己株式の取得

 

 

 

465

465

株主資本以外の項目の当期変動額(純額)

 

 

 

 

 

当期変動額合計

443,755

465

443,290

当期末残高

1,290,400

1,210,130

13,221,408

981,734

14,740,204

 

 

 

 

 

 

 

その他の包括利益累計額

非支配株主持分

純資産合計

 

その他有価証券評価差額金

その他の包括利益累計額合計

当期首残高

269,595

269,595

369,186

14,935,695

当期変動額

 

 

 

 

剰余金の配当

 

 

 

95,332

親会社株主に帰属する当期純利益

 

 

 

539,087

自己株式の取得

 

 

 

465

株主資本以外の項目の当期変動額(純額)

72,744

72,744

14,729

58,015

当期変動額合計

72,744

72,744

14,729

385,275

当期末残高

196,851

196,851

383,915

15,320,970

 

④【連結キャッシュ・フロー計算書】

 

 

(単位:千円)

 

前連結会計年度

(自 2018年4月1日

 至 2019年3月31日)

当連結会計年度

(自 2019年4月1日

 至 2020年3月31日)

営業活動によるキャッシュ・フロー

 

 

税金等調整前当期純利益

830,825

766,820

減価償却費

144,290

135,763

負ののれん償却額

5,786

役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)

5,556

87,250

賞与引当金の増減額(△は減少)

568

2,465

修繕引当金の増減額(△は減少)

7,500

7,500

貸倒引当金の増減額(△は減少)

5,352

306

退職給付に係る負債の増減額(△は減少)