EDINET閲覧(提出)サイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)をもとに上場企業サーチ作成

本ページはEDINETに提出された開示情報を上場企業サーチが加工/編集したものであり、記載された情報の正確性および完全性について上場企業サーチは一切の保証を行いません。本ページの情報を利用する際は自己の責任で判断頂き、意思決定に際しては適宜EDINETや提出会社が公開するオリジナルを参照する様にしてください。本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

 

【表紙】

 

【提出書類】

有価証券報告書

【根拠条文】

金融商品取引法第24条第1項

【提出先】

関東財務局長

【提出日】

2021年6月24日

【事業年度】

第122期(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)

【会社名】

日本農薬株式会社

【英訳名】

NIHON NOHYAKU CO.,LTD.

【代表者の役職氏名】

代表取締役社長  友 井 洋 介

【本店の所在の場所】

東京都中央区京橋一丁目19番8号

【電話番号】

東京6361局1406(直通)

【事務連絡者氏名】

管理本部 経理部長 永 井 弘 勝

【最寄りの連絡場所】

東京都中央区京橋一丁目19番8号

【電話番号】

東京6361局1406(直通)

【事務連絡者氏名】

管理本部 経理部長 永 井 弘 勝

【縦覧に供する場所】

株式会社東京証券取引所

(東京都中央区日本橋兜町2番1号)

 

 

E00937 49970 日本農薬株式会社 NIHON NOHYAKU CO.,LTD. 企業内容等の開示に関する内閣府令 第三号様式 Japan GAAP true cte cte 2020-04-01 2021-03-31 FY 2021-03-31 2019-10-01 2020-03-31 2020-03-31 1 false false false E00937-000 2021-06-24 E00937-000 2015-10-01 2016-09-30 E00937-000 2016-10-01 2017-09-30 E00937-000 2017-10-01 2018-09-30 E00937-000 2018-10-01 2019-09-30 E00937-000 2019-10-01 2020-03-31 E00937-000 2020-04-01 2021-03-31 E00937-000 2016-09-30 E00937-000 2017-09-30 E00937-000 2018-09-30 E00937-000 2019-09-30 E00937-000 2020-03-31 E00937-000 2021-03-31 E00937-000 2015-10-01 2016-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00937-000 2016-10-01 2017-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00937-000 2017-10-01 2018-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00937-000 2018-10-01 2019-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00937-000 2019-10-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00937-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00937-000 2016-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00937-000 2017-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00937-000 2018-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00937-000 2019-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00937-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00937-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00937-000 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E00937-000:AgrochemicalsReportableSegmentsMember E00937-000 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E00937-000:ChemicalsOtherThanAgrochemicalsReportableSegmentsMember E00937-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E00937-000 2021-03-31 jpcrp_cor:CorporateSharedMember E00937-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E00937-000:AgrochemicalsReportableSegmentsMember E00937-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E00937-000:ChemicalsOtherThanAgrochemicalsReportableSegmentsMember E00937-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E00937-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp_cor:CorporateSharedMember E00937-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E00937-000:AgrochemicalsReportableSegmentsMember E00937-000 2021-06-24 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E00937-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E00937-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No1MajorShareholdersMember E00937-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No2MajorShareholdersMember E00937-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No3MajorShareholdersMember E00937-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No4MajorShareholdersMember E00937-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No5MajorShareholdersMember E00937-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No6MajorShareholdersMember E00937-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No7MajorShareholdersMember E00937-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No8MajorShareholdersMember E00937-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No9MajorShareholdersMember E00937-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No10MajorShareholdersMember E00937-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithNoVotingRightsMember E00937-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsTreasurySharesEtcMember E00937-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsOtherMember E00937-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesTreasurySharesSharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E00937-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsOtherMember E00937-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesLessThanOneUnitMember E00937-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row1Member E00937-000 2021-06-24 jpcrp_cor:Row1Member E00937-000 2021-06-24 jpcrp_cor:Row2Member E00937-000 2021-06-24 jpcrp030000-asr_E00937-000:TomoiYosukeMember E00937-000 2021-06-24 jpcrp030000-asr_E00937-000:ShishidoKojiMember E00937-000 2021-06-24 jpcrp030000-asr_E00937-000:YanoHirohisaMember E00937-000 2021-06-24 jpcrp030000-asr_E00937-000:MachiyaKozoMember E00937-000 2021-06-24 jpcrp030000-asr_E00937-000:YamanoiHiroshiMember E00937-000 2021-06-24 jpcrp030000-asr_E00937-000:YamamotoHideoMember E00937-000 2021-06-24 jpcrp030000-asr_E00937-000:IwataHiroyukiMember E00937-000 2021-06-24 jpcrp030000-asr_E00937-000:KohriAkioMember E00937-000 2021-06-24 jpcrp030000-asr_E00937-000:MatsuiYasunoriMember E00937-000 2021-06-24 jpcrp030000-asr_E00937-000:TachibanaKazuyoshiMember E00937-000 2021-06-24 jpcrp030000-asr_E00937-000:HigashinoYoshiakiMember E00937-000 2021-06-24 jpcrp030000-asr_E00937-000:TomiyasuHaruhikoMember E00937-000 2021-06-24 jpcrp030000-asr_E00937-000:ToigawaIwaoMember E00937-000 2021-06-24 jpcrp030000-asr_E00937-000:NakataChizukoMember E00937-000 2021-06-24 jpcrp030000-asr_E00937-000:OshimaYoshikoMember E00937-000 2021-06-24 jpcrp_cor:Row3Member E00937-000 2021-06-24 jpcrp_cor:Row4Member E00937-000 2021-06-24 jpcrp_cor:Row5Member E00937-000 2021-06-24 jpcrp_cor:Row6Member E00937-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:DirectorsExcludingAuditAndSupervisoryCommitteeMembersAndOutsideDirectorsMember E00937-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:DirectorsAppointedAsAuditAndSupervisoryCommitteeMembersExcludingOutsideDirectorsMember E00937-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:CorporateAuditorsExcludingOutsideCorporateAuditorsMember E00937-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:OutsideDirectorsAndOtherOfficersMember E00937-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row1Member E00937-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row2Member E00937-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row2Member E00937-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row3Member E00937-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row3Member E00937-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row4Member E00937-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row4Member E00937-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row5Member E00937-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row5Member E00937-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row6Member E00937-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row6Member E00937-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row7Member E00937-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row7Member E00937-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row8Member E00937-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row8Member E00937-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row9Member E00937-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row9Member E00937-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row10Member E00937-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row10Member E00937-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row11Member E00937-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row11Member E00937-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row12Member E00937-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row12Member E00937-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row13Member E00937-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row13Member E00937-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row14Member E00937-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row14Member E00937-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row15Member E00937-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row15Member E00937-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row16Member E00937-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row16Member E00937-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row17Member E00937-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row17Member E00937-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row18Member E00937-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row18Member E00937-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row19Member E00937-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row19Member E00937-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row20Member E00937-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row20Member E00937-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row21Member E00937-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row21Member E00937-000 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E00937-000 2019-09-30 jppfs_cor:CapitalStockMember E00937-000 2019-09-30 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00937-000 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00937-000 2019-09-30 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00937-000 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00937-000 2020-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E00937-000 2019-09-30 jppfs_cor:TreasuryStockMember E00937-000 2019-09-30 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00937-000 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00937-000 2019-09-30 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00937-000 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00937-000 2020-03-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E00937-000 2019-09-30 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E00937-000 2019-09-30 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E00937-000 2020-03-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E00937-000 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00937-000 2019-09-30 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00937-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E00937-000 2019-09-30 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E00937-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00937-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00937-000 2019-10-01 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00937-000 2019-10-01 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00937-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00937-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E00937-000 2019-10-01 2020-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E00937-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00937-000 2019-10-01 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00937-000 2019-10-01 2020-03-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E00937-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E00937-000 2019-10-01 2020-03-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E00937-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E00937-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00937-000 2019-10-01 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00937-000 2019-10-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E00937-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E00937-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E00937-000 2019-10-01 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E00937-000 2019-10-01 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00937-000 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E00937-000 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00937-000 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00937-000 2021-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E00937-000 2021-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00937-000 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00937-000 2021-03-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E00937-000 2021-03-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E00937-000 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00937-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E00937-000 2019-10-01 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E00937-000:AgrochemicalsReportableSegmentsMember E00937-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E00937-000:ChemicalsOtherThanAgrochemicalsReportableSegmentsMember E00937-000 2019-10-01 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E00937-000:ChemicalsOtherThanAgrochemicalsReportableSegmentsMember E00937-000 2019-10-01 2020-03-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E00937-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E00937-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E00937-000 2019-10-01 2020-03-31 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E00937-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E00937-000 2019-10-01 2020-03-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E00937-000 2019-10-01 2020-03-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E00937-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E00937-000 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E00937-000:AgrochemicalsReportableSegmentsMember E00937-000 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E00937-000:ChemicalsOtherThanAgrochemicalsReportableSegmentsMember E00937-000 2021-03-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E00937-000 2020-03-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E00937-000 2020-03-31 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E00937-000 2021-03-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E00937-000 2020-03-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E00937-000 2020-03-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E00937-000 2021-03-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E00937-000 2019-10-01 2020-03-31 jpcrp_cor:UnallocatedAmountsAndEliminationMember E00937-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:UnallocatedAmountsAndEliminationMember E00937-000 2020-03-31 jpcrp_cor:UnallocatedAmountsAndEliminationMember E00937-000 2021-03-31 jpcrp_cor:UnallocatedAmountsAndEliminationMember E00937-000 2019-09-30 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00937-000 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00937-000 2019-09-30 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00937-000 2020-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00937-000 2020-03-31 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00937-000 2019-09-30 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00937-000 2019-09-30 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00937-000 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00937-000 2020-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00937-000 2019-09-30 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00937-000 2019-09-30 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00937-000 2020-03-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00937-000 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00937-000 2019-09-30 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00937-000 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00937-000 2019-09-30 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00937-000 2020-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00937-000 2019-09-30 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00937-000 2019-09-30 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00937-000 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00937-000 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00937-000 2019-09-30 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00937-000 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00937-000 2019-09-30 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00937-000 2019-10-01 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00937-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00937-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00937-000 2019-10-01 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00937-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00937-000 2019-10-01 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00937-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00937-000 2019-10-01 2020-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00937-000 2019-10-01 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00937-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00937-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00937-000 2019-10-01 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00937-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00937-000 2019-10-01 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00937-000 2019-10-01 2020-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00937-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00937-000 2019-10-01 2020-03-31 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00937-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00937-000 2019-10-01 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00937-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00937-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00937-000 2019-10-01 2020-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00937-000 2019-10-01 2020-03-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00937-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00937-000 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00937-000 2021-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00937-000 2021-03-31 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00937-000 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00937-000 2021-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00937-000 2021-03-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00937-000 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00937-000 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00937-000 2021-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00937-000 2021-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00937-000 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00937-000 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember iso4217:JPY iso4217:JPY xbrli:shares xbrli:pure xbrli:shares

第一部 【企業情報】

 

第1 【企業の概況】

 

1 【主要な経営指標等の推移】

(1) 連結経営指標等

 

回次

第117期

第118期

第119期

第120期

第121期

第122期

決算年月

2016年9月

2017年9月

2018年9月

2019年9月

2020年3月

2021年3月

売上高

(百万円)

50,641

60,033

61,213

63,260

35,674

71,525

経常利益

(百万円)

3,864

3,597

3,651

2,984

4,004

5,722

親会社株主に帰属する
当期純利益

(百万円)

1,035

1,717

2,507

2,684

1,477

4,344

包括利益

(百万円)

3,625

4,069

1,721

1,431

575

4,731

純資産額

(百万円)

48,697

48,867

57,576

58,198

58,372

62,071

総資産額

(百万円)

88,791

88,713

98,003

94,464

102,214

107,969

1株当たり純資産額

(円)

692.53

700.65

706.59

713.99

716.47

774.76

1株当たり当期純利益金額

(円)

15.49

25.70

37.46

34.07

18.75

55.23

潜在株式調整後
1株当たり当期純利益金額

(円)

自己資本比率

(%)

52.13

52.79

56.80

59.54

55.22

56.43

自己資本利益率

(%)

2.15

3.69

4.89

4.80

2.62

7.40

株価収益率

(倍)

32.86

24.51

21.33

14.38

22.29

9.85

営業活動による
キャッシュ・フロー

(百万円)

3,968

2,515

819

211

5,954

5,776

投資活動による
キャッシュ・フロー

(百万円)

958

441

767

88

47

283

財務活動による
キャッシュ・フロー

(百万円)

2,069

5,932

7,785

1,422

2,248

197

現金及び現金同等物の
期末残高

(百万円)

13,629

10,128

17,534

16,302

12,586

17,414

従業員数
(ほか、平均臨時
雇用人員)

(名)

1,457

1,461

1,443

1,472

1,451

1,484

(452)

(486)

(542)

(304)

(239)

(248)

 

(注) 1 売上高には、消費税等は含まれていません。

2 潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため、記載していません。

3 「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第120期の期首から適用しており、第119期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっています。

4 2019年12月20日開催の第120回定時株主総会決議により、決算期を9月30日から3月31日に変更しました。従って、第121期は2019年10月1日から2020年3月31日の6カ月間となっています。

 

 

 

(2) 提出会社の経営指標等

 

回次

第117期

第118期

第119期

第120期

第121期

第122期

決算年月

2016年9月

2017年9月

2018年9月

2019年9月

2020年3月

2021年3月

売上高

(百万円)

39,703

37,829

37,765

36,060

21,713

43,110

経常利益

(百万円)

4,070

2,585

2,890

2,378

3,254

3,850

当期純利益又は当期純損失(△)

(百万円)

2,719

1,508

2,313

2,284

3,590

2,993

資本金

(百万円)

10,939

10,939

14,939

14,939

14,939

14,939

発行済株式総数

(株)

70,026,782

70,026,782

81,967,082

81,967,082

81,967,082

81,967,082

純資産額

(百万円)

52,803

54,032

63,247

63,423

58,769

61,093

総資産額

(百万円)

77,416

76,761

86,682

81,146

83,239

87,007

1株当たり純資産額

(円)

790.03

808.43

802.87

805.12

746.04

776.91

1株当たり配当額
(1株当たり中間配当額)

(円)

15.00

15.00

15.00

15.00

4.00

15.00

(7.50)

(7.50)

(7.50)

(7.50)

(-)

(7.50)

1株当たり当期純利益又は当期純損失(△)

(円)

40.69

22.57

34.56

29.00

45.58

38.05

潜在株式調整後
1株当たり当期純利益金額

(円)

自己資本比率

(%)

68.21

70.39

72.96

78.16

70.60

70.22

自己資本利益率

(%)

5.22

2.82

3.95

3.61

5.88

4.99

株価収益率

(倍)

12.51

27.91

23.12

16.90

14.30

配当性向

(%)

36.86

66.45

43.40

51.72

39.42

従業員数
(ほか、平均臨時
雇用人員)

(名)

438

419

414

395

381

379

(58)

(58)

(55)

(60)

(68)

(74)

株主総利回り

(%)

126.7

162.9

105.1

91.7

119.4

(比較指標:配当込みTOPIX)

(%)

(-)

(129.3)

(143.3)

(128.4)

(115.1)

(163.6)

最高株価

(円)

939

750

833

803

608

583

最低株価

(円)

431

513

561

394

357

374

 

(注) 1 売上高には、消費税等は含まれていません。

2 潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため、記載していません。

3 第119期は、株式会社ADEKAを割当先とする第三者割当の方法による新株式の発行を行なったため、資本金および発行済株式総数が増加しています。

4 「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第120期の期首から適用しており、第119期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっています。

5 第121期の株価収益率及び配当性向については、当期純損失であるため記載していません。

6 最高株価及び最低株価は、東京証券取引所市場第一部におけるものです。

7 2019年12月20日開催の第120回定時株主総会決議により、決算期を9月30日から3月31日に変更しました。従って、第121期は2019年10月1日から2020年3月31日の6カ月間となっています。

 

 

2 【沿革】

1928年11月

 

旭電化工業株式会社(現株式会社ADEKA)の農業薬品部と藤井製薬株式会社が合併して、
本邦最初の農薬総合メーカーを設立

1930年12月

病害虫の研究を目的として大阪府河内長野市に研究農場を開場

1934年5月

大阪府大阪市西淀川区に大阪工場建設

1953年4月

埼玉県戸田市に東京工場建設

1959年1月

本社を大阪より東京に移転

1961年10月

沖縄に第一農薬株式会社を設立

1963年7月

東京証券取引所市場第二部上場

1968年7月

佐賀県三養基郡に佐賀工場建設

1969年9月

Agricultural Chemicals (Malaysia) Sdn.Bhd.(現持分法適用関連会社)を設立

1974年6月

株式会社ニチノー緑化(現連結子会社)を設立

1976年12月

茨城県神栖市に鹿島工場建設

1978年9月

鹿島工場にいもち病防除剤フジワン原体合成プラント完成

1983年9月

鹿島工場にマロチラート原末製造工場建設

1983年10月

福島県二本松市に福島工場建設

1984年10月

東京工場を福島工場に全面移転

1985年3月

東京証券取引所市場第一部上場

1987年2月

鹿島工場に水稲用殺虫剤アプロード原体合成プラント完成

1989年6月

ジャパンハウステック株式会社(現株式会社ニチノーサービス、現連結子会社)を設立

1990年8月

日本エコテック株式会社(現連結子会社)を設立

1993年4月

大阪府河内長野市に総合研究所建設

1995年11月

総合研究所第2期工事完成(研究所の統合完了)

1997年6月

Nihon Nohyaku America,Inc.を設立

2001年3月

Nichino America,Inc.を設立(現連結子会社) (Nihon Nohyaku America,Inc.を吸収合併)

2002年10月

株式会社トモノアグリカより営業の一部譲受、三菱化学株式会社より農薬事業を譲受

2007年10月

Nichino Europe Co.,Ltd.(現連結子会社)を設立

2008年3月

株式の追加取得により日佳農葯股份有限公司を子会社化(現連結子会社)

2008年11月

株式会社ニチノーサービス鹿島事業所にマルチパーパス棟を建設

2011年12月

日農(上海)商貿有限公司(現非連結子会社)を設立

2013年2月

本社を日本橋から京橋(東京都中央区)へ移転

2014年1月

アリスタライフサイエンスアグリマート株式会社(現株式会社アグリマート)を完全子会社化
(現連結子会社)

2014年7月

Nichino do Brasil Agroquimicos Ltda.(現非連結子会社)を設立

2014年9月

Sipcam Agro S.A.の発行済株式の50%を取得し、社名をSipcam Nichino Brasil S.A.へ変更し
合弁会社として共同経営を開始(現連結子会社)

2015年3月

Hyderabad Chemical Pvt. Ltd.(現Nichino India Pvt. Ltd.)の発行済株式の74%を取得し
子会社化(現連結子会社)

2015年9月

Sipcam Europe S.p.A.(現持分法適用関連会社)の発行済株式の10%を追加取得

2017年3月

Nichino Vietnam Co.,Ltd.(現持分法適用非連結子会社)を設立

2017年9月

Hyderabad Chemical Pvt. Ltd.(現Nichino India Pvt. Ltd.)の発行済株式の25.94%を追加取得

2018年2月

Adnicol S.A.S.(現Nihon Nohyaku Andica S.A.S.)の全株式を取得(現非連結子会社)

2018年9月

株式会社ADEKAによる株式公開買付および同社を割当先とする第三者割当増資により、同社の連結子会社となる

2019年9月

Nichino India Pvt. Ltd.の発行済株式の0.06%を追加取得し完全子会社化

 

 

3 【事業の内容】

当グループは日本農薬株式会社(当社)及び関係会社20社で構成されており、その内訳は親会社1社、連結子会社10社、非連結子会社4社(持分法適用非連結子会社1社)、関連会社5社(持分法適用関連会社2社)です。

事業としては、農薬の製造・販売を主として行っており、この他にも医薬品の製造、関係会社による造園緑化工事、不動産の賃貸、農薬の生産・物流業務等の請負、建物の付帯設備の営繕、作物・環境中の残留農薬の分析等を行っています。

当社グループの事業内容と当社及び関係会社の当該事業に係わる位置づけは次のとおりです。

なお、次の3部門は「第5 経理の状況 1 (1) 連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメント情報の区分と同一です。

(1) 農薬事業

・殺虫剤、殺菌剤、殺虫殺菌剤、除草剤、農薬原体、その他

当社が製造し、全国に跨る特約店網、JA、全農及び農薬メーカー等を通じて販売しています。連結子会社のNichino America,Inc.、Nichino India Pvt.Ltd.、Nichino Chemical India Pvt.Ltd.、Sipcam Nichino Brasil S.A.、Nichino Europe Co.,Ltd.、持分法適用関連会社のSipcam Europe S.p.A.、Agricultual Chemicals (Malaysia) Sdn.Bhd.、関連会社の第一農薬㈱は、それぞれ米国、インド、ブラジル、欧州、沖縄、マレーシアで製造、販売しています。連結子会社の日佳農葯股份有限公司、持分法適用非連結子会社のNichino Vietnam Co.,Ltd.、非連結子会社のNihon Nohyaku Andica S.A.S.は、台湾、東南アジア、中米で販売しています。また、関連会社の㈱アグロ信州は、当社品の販売先です。連結子会社の㈱ニチノー緑化は、ゴルフ場向け農薬及び家庭園芸用薬剤を販売しています。連結子会社の㈱ニチノーサービスに農薬の生産業務を委託しています。

・親会社の㈱ADEKAより原料を購入しています。

(2) 農薬以外の化学品事業

・木材薬品

連結子会社の㈱アグリマートから特約店等を通じて販売しています。

・医薬品等

外用抗真菌剤、動物用医薬品、飼料添加物等を主として当社が製造し、医薬品メーカー等を通じて販売しています。

 

(3) その他

① 造園緑化工事

・連結子会社の㈱ニチノー緑化は、緑化・造園その他の建設工事の請負、設計、施工、監理を行っています。

② 不動産の賃貸

・連結子会社の㈱ニチノーサービスは、不動産の賃貸を行っています。

③ 農薬物流業務等の請負及び倉庫業

・連結子会社の㈱ニチノーサービスは、農薬の受注、保管、配送の請負等を行っています。

④ 作物・環境中の農薬残留分析

・連結子会社の日本エコテック㈱は、作物、食品、ゴルフ場の排水、河川等に含まれる農薬残留の分析を行っています。

 

上記の事業の系統図は次のとおりです。


 

 

4 【関係会社の状況】

 

名称

住所

資本金又は
出資金
(百万円)

主要な事業
の内容

議決権の
所有(被所有)割合

関係内容

所有割合(%)

被所有割合(%)

(親会社)

 

 

 

 

 

 

㈱ADEKA(注5)

東京都荒川区

22,994

農薬以外の
化学品事業

51.07

(0.00)

㈱ADEKAの製品を購入
役員兼任1名

(連結子会社)

 

 

 

 

 

 

㈱ニチノー緑化
(注4)

東京都中央区

160

農薬事業
その他

100.00

当社製品のゴルフ場用農薬販売
役員兼任1名

㈱ニチノーサービス
(注3・4)

東京都中央区

3,400

農薬事業
その他

100.00

当社農薬の生産、受注、保管配送の請負等、不動産の賃貸及び管理の請負等

役員兼任1名

Nichino America,Inc.
(注6)

アメリカ
デラウェア州

米ドル

700,000

農薬事業

100.00

米国における農薬の生産、販売

日本エコテック㈱
(注4)

東京都中央区

20

その他

100.00

作物中やゴルフ場排水、河川等の農薬残留分析
役員兼任1名

日佳農葯股份有限公司

台湾台北市

NT$

4,000万

農薬事業

57.00

台湾における当社製品の販売 

㈱アグリマート
(注4)

東京都中央区

50

農薬以外の
化学品事業

100.00

シロアリ防除資材、防疫用殺虫剤の販売等
 

Nichino India Pvt. Ltd.

インド
テランガナ州

INR
3,859千

農薬事業

100.00

インドにおける農薬の生産、販売
役員兼任1名

Nichino Chemical India Pvt. Ltd.

インド
テランガナ州

INR
10,500千

農薬事業

100.00
(100.00)

インドにおける農薬の生産、販売
役員兼任1名

Sipcam Nichino Brasil S.A.

(注3・7)

ブラジル
ミナスジェライス州

R$
223,896,547

農薬事業

50.00

ブラジルにおける農薬の生産、販売、債務保証

Nichino Europe Co.,Ltd.

イギリス
ケンブリッジシャー州
 


 30,000

農薬事業

100.00

欧州における農薬の生産、販売
役員兼任1名

(持分法適用非連結子会社)

 

 

 

 

 

 

Nichino Vietnam Co.,Ltd.

ベトナム
ホーチミン市

 VND
 2,268,000万

農薬事業

100.00

東南アジアにおける農薬の販売
 

(持分法適用関連会社)

 

 

 

 

 

 

Agricultural Chemicals
(Malaysia) Sdn.Bhd.

マレーシア
ペナン市

RM

2,050,000

農薬事業

24.18

マレーシアにおける農薬の生産、販売
 

Sipcam Europe S.p.A.

イタリア
ミラノ市

EUR
36,945,300

農薬事業
 

20.00

欧州における農薬の生産、販売

 

(注) 1 「主要な事業の内容」には、セグメントの名称を記載しています。

2 「議決権の所有(被所有)割合」欄の(内書)は間接所有です。

3 特定子会社に該当しています。

4 有価証券届出書または有価証券報告書を提出していません。

5 有価証券報告書の提出会社です。

6 Nichino America,Inc.については、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の連結売上高に占める割合が10%を超えています。

  主要な損益情報等 ① 売上高         8,744百万円
         ② 経常利益       1,383  〃
         ③ 当期純利益      1,060 〃
         ④ 純資産額        4,778 〃
         ⑤ 総資産額       10,464 〃

7 Sipcam Nichino Brasil S.A.については、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の連結売上高に占める割合が10%を超えています。

  主要な損益情報等 ① 売上高         9,124百万円
         ② 経常損失(△)   △595 〃
         ③ 当期純損失(△)  △719 〃
         ④ 純資産額        1,651  〃
         ⑤ 総資産額        14,229 〃

 

5 【従業員の状況】

(1) 連結会社の状況

2021年3月31日現在

セグメントの名称

従業員数(名)

農薬事業

1,262

(161)

農薬以外の化学品事業

13

(3)

その他

86

(72)

全社(共通)

123

(12)

合計

1,484

(248)

 

(注) 1 従業員数は、当社グループから当社グループ外への出向者を除いた就業人員です。

2 従業員数欄の(外書)は、臨時従業員の年間平均雇用人員です。

3 全社(共通)は、総務及び経理等の管理部門の従業員です。

 

(2) 提出会社の状況

2021年3月31日現在

従業員数(名)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(円)

379

44.4

16.4

7,001,452

(74)

 

 

セグメントの名称

従業員数(名)

農薬事業

334

(64)

農薬以外の化学品事業

4

(1)

その他

(―)

全社(共通)

41

(9)

合計

379

(74)

 

(注) 1 従業員数は、当社から他社への出向者を除いた就業人員です。

2 平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでいます。

3 従業員数欄の(外書)は、臨時従業員の年間平均雇用人員です。

4 全社(共通)は、総務及び経理等の管理部門の従業員です。

 

(3) 労働組合の状況

1 当社の従業員で組織する労働組合は日本農薬労働組合と称し、本部を総合研究所内に置き、2021年3月31日現在の組合員数は217名であり、日本労働組合総連合会に加入しています。

2 労働条件その他諸問題については、労使協議会において相互の意志疎通を図り、円満な関係を保っています。

3 海外連結子会社の一部について、労働組合が組織されていますが、労使関係については良好です。

 

第2 【事業の状況】

 

1 【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において、当社グループが判断したものであります。

 

当社グループは、安全で安定的な食の確保に寄与する優れた農薬をはじめ、医薬、動物薬などの製品を国内外の市場に提供することにより、豊かな生活を守ることを使命として事業を進めております。また、豊かな緑と環境を守ることを目指して緑化造園事業、農薬残留分析などにも取り組んでおります。当社グループは、「研究開発型企業」として技術革新を進め、安全性の高い、環境に配慮した優れた新製品を創出し、価値の創造を図っております。今後もさらに強固な収益体質への転換を図り、事業競争力のある企業グループを目指し、業績の向上に努め、公正で活力のある事業活動を通じて社会的責任を果たし、社会に貢献することを企業理念としております。

 

当社グループの中核事業である農薬事業を取り巻く環境は、世界的な人口増加や新興国の経済発展などを背景とした食料需要の拡大から、グローバルな農薬市場は拡大傾向にあります。一方、国内では、農業従事者の高齢化、後継者不足の深刻化による耕作面積の減少、政府による農業資材費低減方針などを背景に、農薬市場は漸減傾向が継続するものと考えられます。また、創薬難度の高まりと農薬登録要件の増加により、新規薬剤開発コストが増大し、開発期間も長期化しております。さらに、各国の農薬登録制度における要件の厳格化、ジェネリック農薬との価格競争、原材料費や委託製造費の高騰、異常気象による農作物への影響など当社グループを取り巻く事業環境は一層厳しさを増しております。

なお、今後の見通しにつきましては、昨年度に引き続き国内外ともに新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大の終息が見通せず、企業収益や雇用環境などの悪化により世界経済の減速が懸念されます。当社グループの中核事業である農薬事業は、食料安定供給を支える農業生産の根幹に関わるビジネスであるため、他の業種に比し影響は限定的であると考えられますが、生産、調達などへの直接的な影響や農業を取り巻く環境変化による間接的な影響が想定されます。

このような事業環境下、グループビジョン「Nichino Group-Growing Global 世界で戦える優良企業へ」のもと、当社グループは中期経営計画「Ensuring Growing Global 2021(EGG2021)グローインググローバルを確実に!」の最終年度となる当連結会計年度において、ターゲット市場における重点剤の登録申請と開発推進、パイプラインの充実化、インドにおける製販体制強化、スマート農業への対応、業務改革・働き方改革の推進など、事業基盤の強化に一定の成果を上げることができました。また、株式会社ADEKAとの資本業務提携によるシナジーを早期に創出し発揮するべく活動を推進してきました。

2022年3月期から始まる新中期経営計画「Ensuring Growing Global 2(EGG2)」においては、引き続きこれまで実施した出資や買収案件の収益への貢献を最大化していくと同時に、さらなる成長戦略の遂行により業容の拡大を図る計画としました。最終年度である2024年3月期には営業利益64億円、売上高890億円の達成に加え、さらなる成長戦略の遂行により業容の拡大を図り、目標売上高1,000億円を目指してまいります。

 

[日農グループビジョン]
「Nichino Group-Growing Global」

・新規農、医、動物薬など、顧客ニーズに敵う先進技術を提供し農業生産や健康的な生活を支えます。

・低環境負荷製品、省力化技術など、SDGsに資する製品、サービスを拡大し持続可能な社会に貢献します。

 

 

[中期経営計画(2022年3月期~2024年3月期)]
 呼称  「Ensuring Growing Global 2(EGG2)」

 数値計画

 

 

2024年3月期

計画(最終年度)

 

連結売上高

890億円
(目標売上高1,000億円)

 

営業利益

64億円

 

海外売上高

571億円

 

海外売上高比率

64%

 

 (注)  本資料に記載されている計画値および業績見通し等の将来に関する記述は、当社が現在入手している情報および合理的であると判断する一定の前提に基づいており、実際の業績等は様々な要因により大きく異なる可能性があります。

 

 基本方針

当社は、グループビジョンの達成に向けて新たなコーポレートステートメント「Global Innovator for Crop & Life 食とくらしのグローバルイノベーター」を掲げ、前中期経営計画に引き続きグローインググローバルを確固たるものにする基盤強化を行います。基盤強化としては、グループシナジー拡大を含めた収益性の向上に加え、技術革新・次世代事業の確立、持続的な企業価値の向上を基本方針とし、先進技術による農業生産や健康的な生活を支え、持続可能な社会に貢献する企業グループを目指します。

Ⅰ 収益性の向上

「重点品目の拡大」、「原体の最適生産体制による原価低減」、「グループシナジーの拡大」

Ⅱ 技術革新・次世代事業の確立

「研究開発の推進とグローバル展開」、「非化学農薬分野への拡大」、「DX取組」

Ⅲ 持続的な企業価値の向上

「CSR活動、ESG経営の強化」、「業務改革・働き方改革の推進」

 

具体的には、以下に掲げる施策を着実に推進してまいります。

・重点品目の拡大

ベンズピリモキサン、ピリフルキナゾン、ピラフルフェンエチル、フルベンジアミドを主要重点品目と定め、国内外同時開発、海外登録取得推進により販売エリアの拡大及び拡販に努めます。また、ブラジルとインドを主な戦略エリアと定め海外グループ会社を成長ドライバーとして事業規模を拡大させます。

・原体の最適生産体制による原価低減

原体のグローバル最適生産体制の構築と原価低減に努めるとともに、スマート工場化による生産効率化を目指します。

・グループシナジーの拡大

事業部門およびグループ企業が設定した普及販売力強化につながる各施策を確実に実施します。また販社販売・在庫状況を把握し、タイムリーな品繰りと販売施策支援に努めます。

・研究開発の推進とグローバル展開

創薬難度が高まる中、パイプライン化合物拡充は着実に進捗しております。これらの化合物の早期開発を実現させます。また、現在開発中の新規剤については戦略的な研究開発費投資(売上高の約10%)を継続する事により、着実に事業化に繋げます。グローバル登録・開発力を強化し、最適な事業化に向けグループ間連携を強化させます。

・非化学農薬分野への拡大

医薬・動物薬の開発、生物農薬や作物の健全な育成を助けるバイオスティミュラントの導入、天然物質の半発酵生産技術を活用したビジネス、特定機能成分を算出する作物の作出など、化学農薬事業により培ってきた技術・経験を活かし、ライフサイエンスを通じた健康的な生活に寄与する新たな価値を社会に提供します。M&Aなど、外部価値の取り込みによる事業領域拡大も適宜検討します。

・DX取組

スマート農業による省力化の推進をはじめ、スマート工場化への移行促進、普及活動におけるSNSやウェビナーの活用など、デジタルやIT技術を活用し、事業や業務の在り方を変革する事で顧客サービスと企業価値の向上に努めます。

・CSR活動、ESG経営の強化

「技術革新による食と環境・社会への貢献」を基本方針とし、コンプライアンス・リスクマネジメントの拡充、環境経営の高度化、人権経営の拡充、安全文化の深化、社会のニーズに対応した技術と製品開発、コミュニティーへの参画、企業・組織統治の強化の7つの優先課題に取り組みます。これらの課題を確実に実施するためにコーポレートガバナンスの強化、ダイバーシティ経営の推進、経営会議の同格としてCSR会議を位置付け当社グループにおけるCSR活動の一層の充実化を図るなど、CSR経営を強化します。

・業務改革・働き方改革の推進

人事考課制度、福利厚生など、既存制度の抜本的な見直しを行い、さらにいつでもどこでも働けるオフィス環境を構築するなどソフト、ハード両面で従業員の生産性向上に向けた環境整備を行い、従業員のやりがいを向上させます。また、ダイバーシティ&インクルージョンへの取り組みも強化し、グローバルで活躍できる人財開発を推進させます。

 

配当方針

安定配当を基本とし、配当性向30%以上を目指します。

 

当社グループは、これまで農薬化学事業で培ってきた技術をさらに高め、新規農・医・動物薬など先進技術を継続的に提供し、農業生産や健康的な生活を支え社会に貢献します。人類の未来に貢献する企業グループを目指し、研究開発型企業として法令遵守のもと社会的責任を果たすべく企業活動を展開してまいります。

 

 

2 【事業等のリスク】

当社は、グループ全体のリスク管理の基本方針とその管理体制を「リスクマネジメント規定」において定め、部門を統括する常勤取締役及び執行役員から構成されるリスクマネジメント委員会を設置し、リスクの把握、リスクの顕在化予防、顕在化したリスクの影響を最小限に留めるリスク発生対処等を行なっています。

有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項には、以下のようなものがあります。

なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであり、将来において発生の可能性がある全てのリスクを網羅したものではありません。

 

1 経済状況等

当社グループは国内のみならず海外にも輸出し、また販売拠点を有しており、輸出、販売している殆どが農薬製品、農薬用原体であります。このため国内外の政治・経済情勢および農業情勢、市場動向、天候、病害虫の発生状況、公的規制などによって、直接的、間接的な影響を受けます。

 

2 原材料の調達について

当社グループの事業で用いる農薬原体、原料、副原料等の一部については、コストダウンを推進した結果、特定の地域や購入先に集中する傾向にあり、年間購入総額における中国依存度は高い水準にあります。当社グループでは原材料の調達先の複数化を進めることによりリスクを低減するよう取り組んでいますが、相手国での法規制の強化や購入先の操業事故等により調達に制約を受けた場合は当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。

 

3 原材料の価格変動について

当社グループの事業で用いる農薬原料、副原料等の購入価格は、国内、国外の市況、為替相場の変動および原油、ナフサ価格動向などの影響を受けます。業績に及ぼす影響は、購入価格の引下げ、販売価格への転嫁、為替リスクヘッジなどにより極力回避していますが、予期せぬ事態の場合は業績に影響を及ぼす可能性があります。

 

4 為替の変動について

当社グループの事業には、農薬原体を含む原材料の輸入、製品の輸出とインド、ブラジル、米国などにおける生産、販売が含まれており、外貨建てとしては米ドル、インドルピー、ブラジルレアルが主なものであります。これらの外貨建ての項目は、連結財務諸表の作成のため円換算されていますが、換算時の為替レートにより元の現地通貨における価値が変わらなかったとしても円換算後の価格が影響を受ける可能性があります。

 

5 新製品の開発

新製品の開発には、多大な技術的、財務的、人的資源と長い時間を要します。この間の市場環境の変化、技術水準の進捗、規制動向の変化などにより開発の成否、将来の成長と収益性に影響を受ける可能性があります。

 

6 災害・事故について

当社グループでは安全で安定的な食の確保と豊かな緑と環境を守ることを使命として、国際標準に基づく品質、環境管理システムにて操業、運営しています。しかしながら、大規模地震や台風などの自然災害による生産設備への被害、工場における事故などのトラブルにより工場停止、原料などの供給不足、品質異常などの不測の事態が発生する可能性があります。これらのリスク回避として、厳格な原材料の受け入れ検査、製品の品質チェック、定期的な設備点検などを実施していますが、自然災害、事故などによる影響を完全に排除する保証はなく、当社グループの業績および財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

 

 

7 新型コロナウイルス感染症について

新型コロナウイルス感染症の世界的な拡大状況によっては、製品の生産、原材料の調達等に影響を与える可能性があります。さらに、同感染症の拡大の影響が長期化した場合、当社グループの事業活動が停滞し、当社グループの財政状態と経営成績に影響を及ぼす可能性があります。当社グループでは従業員の感染リスクを回避するため、国内外の出張を原則禁止するとともに、在宅勤務や時差出勤、フレックス勤務、Web会議の活用等の感染防止策に取り組み、事業への影響を最小限に抑えるよう努めています。

 

8 法的規制

当社グループの事業は、国内外での販売、輸出において農薬取締法、通商関連法、独占禁止法、製造物責任法等様々な法規制、政府規制を受けています。当社グループでは、コンプライアンス委員会活動を通じてコンプライアンス強化に努め、適切に対応すべく取り組んでいますが、今後、法的規制を遵守できなかった場合や、規制の強化によっては当社グループの社会的評価や業績に影響を及ぼす恐れがあります。特に近年、農薬に関する法規制が世界的に強化されており、農薬原体等の新規登録の遅延、中止、既存登録の抹消の処分を受けた場合、当社グループの事業展開に支障をきたすとともに業績に重大な影響を及ぼす可能性があります。

 

9 企業買収・事業投資について

当社グループは、戦略的施策の一環として、グローバルベースで企業買収・事業投資を実施しています。実施に際しては、対象企業や事業について詳細なデューデリジェンスを行い、リスク回避に努めていますが、将来の不確実な経済条件及び経営環境の変化により期待する成果が得られないと判断された場合には、関係会社株式の評価損やのれんの減損損失が発生し、当社グループの業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

 

 

3 【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

(業績等の概要)

当社は、2019年12月20日開催の第120回定時株主総会の決議により、決算日を従来の9月30日から3月31日に変更いたしました。

これにより、前連結会計年度が2019年10月1日から2020年3月31日までの6カ月となったため、当連結会計年度においては前連結会計年度との比較は行っておりませんのでご了承くださいますようお願い申しあげます。

(1) 業績

当連結会計年度におけるわが国の経済は、新型コロナウイルス感染症の拡大により企業収益の減少や個人消費の低迷、雇用環境の悪化などから厳しい状況で推移いたしました。足下では企業の生産活動や設備投資に持ち直しの動きがみられるものの、新型コロナウイルス変異株の広まりなどから感染者数が再び増加傾向に転じており、景気の先行きは依然として不透明な状況にあります。

農業を取り巻く環境は、世界的な人口増加や新興国の経済発展などを背景とした農産物需要の拡大から農業生産は引き続き伸長するものと考えられます。世界の農薬市場は、ここ数年成長が鈍化していましたが、米州などの需要増加から再び拡大基調にあります。当社グループの主な販売地域に目を転じますと、天候に恵まれた北米では農薬市場は堅調に推移しました。中南米では、ブラジルで大豆やトウモロコシの作付面積の拡大などから需要が増加しました。また、アジアでは、温暖な気候が続いた中国やモンスーンの降雨量が豊富だったインドなどの需要が増加しました。一方、欧州は天候不順や過年度の流通在庫の影響から市場全体が伸び悩みました。

国内農業においては農家の高齢化や後継者不足の深刻化、耕作放棄地の増加などの構造的課題の解決は進んでいません。これに対して政府の農林水産業・地域の活力創造本部ではロボット技術やICTなどを活用したスマート農業の実践による生産性の向上が議論されています。また、食料・農林水産業の生産力向上と持続性の両立をイノベーションで実現させるための政策方針として「みどりの食料システム戦略」を策定しています。なお、この戦略では化学農薬使用量(リスク換算)低減のための施策が検討されており、国内農薬事業への影響を注視する必要があると考えられます。

当社グループの農薬事業は、世界の食の安定供給に貢献するという社会的使命を担っています。コロナ禍においてもこの使命を果たすため、使用者への農薬製品の安定供給に努めております。

このような状況下、当社グループは中期経営計画「Ensuring Growing Global 2021(EGG2021)グローインググローバルを確実に!」に取り組み、収益性の向上とグループ力強化を目指しました。当連結会計年度における当社グループの売上高は715億25百万円となりました。海外売上高は448億64百万円、海外売上高比率は62.7%となりました。利益面では、営業利益は69億81百万円、経常利益は57億22百万円、親会社株主に帰属する当期純利益は43億44百万円となりました。

セグメントの業績を示すと、次のとおりです。

 

① 農薬事業

農薬事業の売上高は653億86百万円、セグメント利益(営業利益)は59億98百万円となりました。

 

② 農薬以外の化学品事業

農薬以外の化学品事業の売上高は42億79百万円、セグメント利益(営業利益)は14億70百万円となりました。

 

③ その他

その他の売上高は18億59百万円、セグメント利益(営業利益)は3億82百万円となりました。

 

(2) 財政状態の状況

当連結会計年度末の資産合計は、前連結会計年度に比べ、57億55百万円増1,079億69百万円となりました。

当連結会計年度末の負債合計は、前連結会計年度末に比べ、20億56百万円増458億97百万円となりました。

当連結会計年度末の純資産合計は、前連結会計年度末と比べ、36億98百万円増620億71百万円となりました。

 

 

(3) キャッシュ・フローの状況

当連結会計年度末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は前連結会計年度末に比べ48億28百万円増加し、当連結会計年度末は174億14百万円となりました。

 

(営業活動によるキャッシュ・フロー)

営業活動による資金の増加は、57億76百万円となりました。これは売上債権の増加額25億89百万円による資金の減少があった一方、税金等調整前当期純利益58億50百万円、仕入債務の増加額19億15百万円による資金の増加があったことが主な要因であります。

 

(投資活動によるキャッシュ・フロー)

投資活動による資金の減少は、2億83百万円となりました。これは有形固定資産の売却による収入17億円があった一方、有形固定資産の取得による支出12億35百万円、無形固定資産の取得による支出1億88百万円、定期預金の預入、払戻による純減の支出4億21百万円があったことが主な要因であります。

 

(財務活動によるキャッシュ・フロー)

財務活動による資金の減少は、1億97百万円となりました。これは短期借入れによる収入57億25百万円があった一方、短期借入金の返済51億91百万円、配当金の支払額9億17百万円があったことが主な要因であります。

 

 

(生産、受注及び販売の状況)

前連結会計年度は、決算期の変更により、2019年10月1日から2020年3月31日までの6カ月間となっています。このため、前年同期比(%)については記載していません。

(1) 生産実績

当連結会計年度における生産実績をセグメントごとに示すと、次のとおりです。

 

セグメントの名称

生産高(百万円)

前年同期比(%)

農薬事業

42,736

農薬以外の化学品事業

837

その他

520

合計

44,094

 

(注) 1 金額は、製品製造原価によっています。

2 上記の金額には、消費税等は含まれていません。

 

(2) 商品仕入実績

当連結会計年度における商品仕入実績をセグメントごとに示すと、次のとおりです。

 

セグメントの名称

仕入高(百万円)

前年同期比(%)

農薬事業

12,411

農薬以外の化学品事業

1,082

その他

98

合計

13,592

 

(注) 1 金額は、仕入価格によっています。

2 上記の金額には、消費税等は含まれていません。

 

(3) 受注実績

当連結会計年度における受注状況をセグメントごとに示すと、次のとおりです。

 

セグメントの名称

受注高(百万円)

前年同期比(%)

受注残高(百万円)

前年同期比(%)

農薬事業

農薬以外の化学品事業

その他

618

57

合計

618

57

 

(注) 上記の金額には、消費税等は含まれていません。

 

(4) 販売実績

当連結会計年度における販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりです。

 

セグメントの名称

販売高(百万円)

前年同期比(%)

農薬事業

65,386

農薬以外の化学品事業

4,279

その他

1,859

合計

71,525

 

(注) 1 セグメント間取引については、相殺消去しています。

2 上記の金額には、消費税等は含まれていません。

 

 

(経営者の視点による経営成績等の状況に関する認識および分析・検討内容)

経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識および分析・検討内容は以下のとおりです。なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものであります。 

 

(1) 当連結会計年度の経営成績の状況に関する認識および分析・検討内容

当社グループの中核事業である農薬事業を取り巻く環境は、世界的な人口増加や新興国の経済発展などを背景とした食料需要の拡大から、グローバルな農薬市場は拡大傾向にあります。一方、国内では、農業従事者の高齢化、後継者不足の深刻化による耕作面積の減少、政府による農業資材費低減方針などを背景に、農薬市場は漸減傾向が継続するものと考えられます。また、創薬難度の高まりと農薬登録要件の増加により、新規薬剤開発コストが増大し、開発期間も長期化しております。さらに、各国の農薬登録制度における要件の厳格化、ジェネリック農薬との価格競争、原材料費や委託製造費の高騰、異常気象による農作物への影響など当社グループを取り巻く事業環境は一層厳しさを増しております。

なお、今後の見通しにつきましては、昨年度に引き続き国内外ともに新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大の終息が見通せず、企業収益や雇用環境などの悪化により世界経済の減速が懸念されます。当社グループの中核事業である農薬事業は、食料安定供給を支える農業生産の根幹に関わるビジネスであるため、他の業種に比し影響は限定的であると考えられますが、生産、調達などへの直接的な影響や農業を取り巻く環境変化による間接的な影響が想定されます。

このような事業環境下、グループビジョン「Nichino Group-Growing Global 世界で戦える優良企業へ」のもと、当社グループは中期経営計画「Ensuring Growing Global 2021(EGG2021)グローインググローバルを確実に!」に取り組み、収益性の向上とグループ力強化を目指しました。当連結会計年度における当社グループの売上高は715億25百万円となりました。利益面では、営業利益は69億81百万円、経常利益は57億22百万円となり、親会社株主に帰属する当期純利益は43億44百万円となりました。

なお、セグメント別の業績は以下のとおりです。 

 

(農薬事業)

国内農薬販売では、水稲用殺菌剤チアジニル(「商品名「ブイゲット」)や園芸用殺菌剤ピラジフルミド(商品名「パレード」)などの主力自社開発品目の普及拡販に努めました。また、前期より商慣習改善による農薬の使用時期および流通実態に即した販売の平準化を図ったことなどから売上高が伸長しました。なお、当社が2020年4月より配信しておりますスマートフォン用アプリケーション「レイミーのAI病害虫雑草診断」は、本年1月に診断作物を既存の水稲に加えキャベツ、レタス、はくさい、ブロッコリーおよびねぎを追加し、スマート農業を通じた生産者の利便性の向上を図っています。

海外農薬販売では、世界最大の農薬市場であるブラジルは需要が回復基調にあるものの競争激化などからSipcam Nichino Brasil S.A.の販売が伸び悩みました。一方、北米ではNichino America,Inc.において技術普及活動が奏功した殺虫剤ブプロフェジンと落花生の作付面積拡大により需要が増加した殺菌剤フルトラニルの販売が牽引し売上高が伸長しました。また、インドのNichino India Pvt.Ltd.では良好なモンスーンの降雨に加え今期より販売を開始した園芸用殺虫剤トルフェンピラドと殺虫剤フルベンジアミドの寄与もあり売上高が伸長しました。さらに、欧州では競合剤から市場シェアを獲得したばれいしょ枯凋剤ピラフルフェンエチルの販売が増加したことなどからNichino Europe Co.,Ltd.の売上高が伸長しました。

ノウハウ技術料収入は、技術導出先の販売が伸び悩んだことなどから減少しました。

以上の結果、農薬事業の売上高は653億86百万円、セグメント利益(営業利益)は59億98百万円となりました。

 

 

(農薬以外の化学品事業)

化学品事業では、住宅着工戸数の減少などから株式会社アグリマートのシロアリ薬剤の販売が伸び悩みました。一方、医薬品事業では、外用抗真菌剤ルリコナゾールおよびラノコナゾールの足白癬分野の売上高が伸長しました。

以上の結果、農薬以外の化学品事業の売上高は42億79百万円、セグメント利益(営業利益)は14億70百万円となりました。

 

(その他)

緑化造園工事事業では、東京オリンピック開催の延期に伴い大型工事の発注が延期になったことなどから売上高が減少しました。

分析事業では、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により主力のコーヒー分野の受注が伸び悩んだ結果、売上高が減少しました。

以上の結果、その他の売上高は18億59百万円、セグメント利益(営業利益)は3億82百万円となりました。

 

(2) 目標とする経営指標の達成状況等

当社グループは、2013年度に当社の将来のありたい姿として「日農グループビジョン」を策定いたしました。本ビジョンでは、作物保護や生活環境改善など、これまで農薬化学事業で培ってきた技術をさらに高めることにより人類の未来に貢献するグループを目指しており、数値目標として、2021年度売上高1千億円、さらには、継続的な創薬で社会に貢献するために、将来安定的事業推進とプレゼンスが確保できる多国籍大手4社に次ぐ売上高2千億円規模の研究開発型企業を目指すことを定めております。

2019年9月期を初年度とする中期経営計画「Ensuring Growing Global 2021(EGG2021)グローインググローバルを確実に!」においては、最終年度となる2021年3月期の目標売上高1,000億円、計画数値として売上高763億円、営業利益47億円を設定し、これまで実施した出資や買収案件の収益への貢献を最大化していくと同時に、さらなる成長戦略の遂行により業容の拡大を図る計画としております。

最終年度となる当連結会計年度においては、ターゲット市場における重点剤の登録申請と開発推進、パイプラインの充実化、インドにおける製販体制強化、スマート農業への対応、業務改革・働き方改革の推進など、事業基盤の強化に一定の成果を上げることができました。また、株式会社ADEKAとの資本業務提携によるシナジーを早期に創出し発揮するべく活動を推進してきました。

当連結会計年度においては、上記計画値の達成に向け業績向上に努めてまいりました。海外農薬販売において、欧州などの地域で販売が伸長したものの、ブラジル市場の競争激化の影響から連結子会社のSipcam Nichino Brasil S. A. の販売が伸び悩みました。これらの結果、売上高は計画値を下回りました。一方、利益面においては、欧州をはじめとした海外農薬販売の増加や諸経費の削減などにより営業利益は計画値を上回りました。

 

(3) 財政状態の状況

①事業全体の状況

当連結会計年度末の総資産は、現金及び預金並びに売上債権が増加したことなどにより、前連結会計年度に比べ、57億55百万円増1,079億69百万円となりました。

負債につきましては、社債及び長期借入金が減少したものの、仕入債務及び短期借入金が増加したことなどにより、前連結会計年度末に比べ、20億56百万円増458億97百万円となりました。

純資産につきましては、前連結会計年度末と比べ、36億98百万円増620億71百万円となりました。この結果、自己資本比率は前連結会計年度末と比べ、1,2%増の56.4%になりました。

 

 

②セグメント情報に記載された区分ごとの状況

当連結会計年度末のセグメント資産は、前期末に比べ36億46百万円増加し、956億39百万円となりました。

 (農薬事業)

当連結会計年度末のセグメント資産は、前期末に比べ28億40百万円増加し、898億40百万円となりました。

 (農薬以外の化学品事業)

当連結会計年度末のセグメント資産は、前期末に比べ6億76百万円増加し、33億円となりました。

 (その他)

当連結会計年度末のセグメント資産は、前期末に比べ1億29百万円増加し、24億98百万円となりました。

 

③キャッシュ・フローの状況

キャッシュ・フローの状況につきましては、「(業績等の概要) (3) キャッシュ・フローの状況」に記載のとおりであります。

 

④資本の財源および資金の流動性

当社グループの資金需要のうち主なものは、新剤開発・登録等にかかる研究開発費や開発途中の剤の生産設備の設置及び既存剤の生産効率化にかかる設備投資であり、これらを主に自己資金並びに金融機関からの借入金により調達しています。また、当連結会計年度末における現金及び現金同等物の残高は174億14百万円であり、十分な手元流動性を確保しています。

 

⑤重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成されています。重要な会計上の見積りについては、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項 (重要な会計上の見積り)」に記載しています。連結財務諸表を作成するにあたって、資産、負債、収益及び費用の報告額に影響を及ぼす見積り及び仮定を用いていますが、これらの見積り及び仮定に基づく数値は実際の結果と異なる可能性があります。

なお、新型コロナウイルス感染症の影響については、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項 (追加情報)」に記載しています。

 

 

4 【経営上の重要な契約等】

 

契約会社名

契約先

契約年月日

有効期限

契約の内容

日本農薬㈱
(当社)

全国農業協同組合連合会

2003年12月11日

2003年10月1日から2004年9月30日までとし、文書による別段の意思表示なき時は1年ごとの自動延長。

農薬製品の売買に関する売買基本契約(更改)。

全国農業協同組合連合会

2021年2月4日

2020年12月1日から2021年11月30日まで

売買基本契約に基づく令和3農薬年度の売買に関する契約。

 

 

 

5 【研究開発活動】

当社グループは「研究開発型企業」として、技術革新をすすめ、安全性の高い環境に配慮した新製品の開発を行っています。

当社グループにおける研究開発費の総額は、4,461百万円です。

セグメントごとの研究開発活動を示すと次のとおりです。

 

(1) 農薬事業

・新規開発品目

日本・インド同時開発を進めている新規水稲用殺虫剤ベンズピリモキサン(商品名「オーケストラ」)は、Nichino India Pvt. Ltd.との協働により、日印同時開発を進めており、2019年2月に日本およびインドにおいて登録申請を完了しました。日本では新規作用性が評価され、優先評価制度の適用を受けたことで、通常より早い2020年9月にオーケストラフロアブルおよびオーケストラ粉剤DLとして農薬登録を取得しました。なお、オーケストラフロアブルは2021年5月に販売を開始しました。インドでは2022年の登録取得を見込んでおり、2021年中には米国へのインポートトレランス申請が計画されています。

さらに、新規剤パイプラインとして、殺虫剤2剤と殺菌剤1剤を開発検討中です。

新規汎用性殺菌剤ピラジフルミド(商品名「パレ-ド」)は、果樹用パレ-ド15フロアブル、野菜用パレ-ド20フロアブルおよび芝用ディサイドフロアブルを販売しています。パレード20フロアブルは新規処理分野(セル苗灌注処理)での適用による特長化を推進し、レタス、はくさい、キャベツに加え、新たにねぎでの登録を取得しました。同剤については、グローバルな開発も展開中であり、2019年3月に韓国において製剤登録を取得し、現地販社と協力して2020年に販売開始しました。2019年には米国(カリフォルニア州含む)、カナダ、メキシコへ登録申請し、2022年の登録、販売開始を見込んでいます。さらに欧州、ブラジルおよびその他の国および地域においても開発の可能性を検討しています。

 

・国内新製品

規殺虫剤を含む水稲箱処理剤としてブイゲットハコレンジャーL粒剤およびハコガード粒剤を販売開始しました。その他の既存の自社開発品目では、園芸分野におけるドローン散布等が可能な無人航空機散布への適用拡大も積極的に進めており、フェニックス顆粒水和剤およびアクセルフロアブルはかんしょでの登録を取得しました。

また、緑地管理用抑草剤としてフィールドセイバー粒剤を販売開始しました。

さらに、過冷却促進物質を利用した凍霜害抑制剤(商品名「フロストバスター」)の試験販売を開始し、関係部門やグループ会社と協働して本格販売に向けた知見の取得を図っています。

 

・海外関連

殺ダニ剤ピフルブミドは、韓国、ヨルダンでは既に販売を開始していますが、シリアでは登録を取得し、ベトナム、イスラエルでは登録申請を行っています。また、その他の国および地域における開発の可能性を見極めるための評価を継続しています。

殺虫剤ピリフルキナゾンは Nichino America,Inc. との協働により 2018年11月に米国食用登録を取得し、普及販売を開始しています。また、メキシコ、シリアの既販売国に加え、グアテマラ、パキスタンで販売開始し、韓国では混合剤の登録を取得しました。さらに、中国での登録申請、インドでの混合剤開発など、順次、登録国や地域拡大に向けた取り組みを進めています。

殺虫剤トルフェンピラドは、米国の一部地域で販売を開始していますが、主要市場であるカリフォルニア州での登録を取得しました。また、ブラジルでも登録を取得し、2021年中の販売開始を見込んでいます。さらに、中国への再申請を実施したほか、順次、登録国や地域を拡大しています。

殺虫剤フルベンジアミドは Nichino Do Brasil Agroquimicos Ltda.と協働して2020年にブラジルでの登録を取得し、2021年に販売開始しました。

殺菌剤イソプロチオランはイネいもち剤として販売開始以来40年以上が経過していますが、現在全く新しい用途として、中南米、フィリピン等を対象にバナナシガトカ病分野への適用拡大に向けて開発を進めています。ビジネスに不可欠な欧米へのIT申請を実施しました。

イタリア ISEM 社より譲り受けた除草剤オルトスルファムロンは、サトウキビ用増糖剤分野以外にも、アメリカでの果樹下草分野での登録を取得したほか、新規混合剤の開発検討、新規分野への適用拡大の可能性追求等を継続しており、グローバルな拡販支援に努めました。また、原体製造場としてNichino India Pvt. Ltd.の米国への追記申請を準備中です。

除草剤ピラフルフェンエチルは、欧州における再評価対応を進め、2031年までの登録期限が認められました。引き続き各国での製剤登録を進めています。

さらに殺虫剤ブプロフェジン、殺虫・殺ダニ剤フェンピロキシメート、殺菌剤フルトラニルについてもグローバルでの登録維持、拡大への対応を進め、それぞれビジネスの維持・拡大を図っています。

共同開発品目では、フルベンジアミドはライセンス先のバイエルクロップサイエンス社と、殺虫剤メタフルミゾンはライセンス先のBASF社と協力し、グローバルでの普及販売に努めており、当社のノウハウ技術料収入に寄与しています。

 

(2) 農薬以外の化学品事業

特記すべき事項はありません。

 

(3) その他

特記すべき事項はありません。

 

当社は引き続き研究開発型企業としての社会的責任を果たすべく、法令およびその精神遵守のもと、技術革新により環境、安全および健康に配慮した新製品の市場投入に注力します。また、新中期経営計画に基づいて積極的なグローバル展開を推進し、価格競争力のある新規有効成分を継続的に創出していくとともに、将来の市場環境を見据えた改革的・計画的な活動を強化してまいります。

 

(注)研究開発費には消費税等は含まれていません。

第3 【設備の状況】

 

1 【設備投資等の概要】

当社グループでは、生産設備の増強・合理化・老朽化設備の更新、研究の実験設備の強化等を主な目的として設備投資を継続的に実施しています。なお、有形固定資産の他、無形固定資産への投資を含めて記載しています。

当連結会計年度の設備投資金額は、1,537百万円であり、セグメントごとの設備投資について示すと、次のとおりです。

(1)農薬事業

当連結会計年度の設備投資額は、1,466百万円であり、主なものは、福島・佐賀事業所の既存設備更新等です。

(2)農薬以外の化学品事業

当連結会計年度の設備投資額は僅少です。

(3)その他

当連結会計年度の設備投資額は僅少です。

 

 

2 【主要な設備の状況】

(1) 提出会社

2021年3月31日現在

事業所名
(所在地)

セグメントの
名称

設備の
内容

帳簿価額(百万円)

従業員数
(名)

建物
及び
構築物

機械装置
及び
運搬具

土地
(面積㎡)

リース
資産

その他

合計

㈱ニチノーサービス福島事業所
(福島県二本松市)

農薬事業

その他

生産設備
物流設備

525

443

568

(119,225)

5

1,542

㈱ニチノーサービス鹿島事業所
(茨城県神栖市)

農薬事業
農薬以外の化学品事業

生産設備
研究設備

561

671

309

(44,990)

5

1,548

5

大阪事業所
(大阪市西淀川区)

その他

物流設備

191

2

45

(13,754)

[2,065]

25

265

6

㈱ニチノーサービス佐賀事業所
(佐賀県三養基郡上峰町)

農薬事業

その他

生産設備
物流設備

581

707

135

(83,564)

24

1,449

本社・支店他
(東京都中央区他)

農薬事業
農薬以外の化学品事業
その他

管理業務
販売業務

127

223

482

(2,685)

17

49

899

232

総合研究所他
(大阪府河内長野市)

農薬事業

研究設備
試験圃場

1,587

280

3,469

(167,444)

244

5,582

136

 

 

(2) 国内子会社

2021年3月31日現在

会社名

事業所名
(所在地)

セグメントの名称

設備の
内容

帳簿価額(百万円)

従業員数
(名)

建物
及び
構築物

機械装置
及び
運搬具

土地
(面積㎡)

リース
資産

その他

合計

㈱ニチノ
ー緑化

東京都
中央区他

農薬事業
その他

その他
設備

1

0

(-)

17

0

18

30

㈱ニチノ
ーサービス

福島県
二本松市他

農薬事業
その他

商業施設等

329

0

3,857

(21,577)

11

1

4,200

171

日本エコテック㈱

東京都
中央区他

その他

その他
設備

31

0

(-)

84

16

133

42

 

 

 

 

(3) 在外子会社

2021年3月31日現在

会社名

事業所名
(所在地)

セグメントの名称

設備の
内容

帳簿価額(百万円)

従業員数
(名)

建物
及び
構築物

機械装置
及び
運搬具

土地
(面積㎡)

リース
資産

その他

合計

Nichino America,Inc.

米国
デラウェア州

農薬事業

コンピュ
ータ周辺
装置等

3

72

(-)

7

83

48

Nichino India Pvt.Ltd.

インド
テランガナ州

農薬事業

生産設備
物流設備

103

54

 489
(7,673)

32

679

400

Nichino Chemical India Pvt.Ltd.

インド
テランガナ州

農薬事業

生産設備
物流設備

84

868

 189
(76,224)

8

1,151

210

Sipcam Nichino Brasil S.A.

ブラジル
ミナスジェライス州

農薬事業

生産設備
物流設備

328

244

 77
(254,049)

98

749

165

 

(注) 1 帳簿価額のうち「その他」は工具器具及び備品であり、建設仮勘定は含めていません。なお、金額には消費税等は含めていません。

2 帳簿価額は内部取引に伴う未実現利益消去前の金額を記載しています。

3 土地及び建物の一部を賃借しており、主なものは工場用地、倉庫用地ならびに本社及び支店用事務所建物です。

賃借している土地の面積については[  ]で外書きしています。

4 提出会社には貸与中の土地1,099百万円(254,751㎡)、建物及び構築物1,682百万円、機械装置及び運搬具1,821百万円、その他35百万円を含んでおり、子会社である㈱ニチノー緑化、日本エコテック㈱及び㈱ニチノーサービスに貸与しています。

5 上記の他、連結会社以外からの主要な賃借設備の内容は、下記のとおりです。

(イ)提出会社

事業所名
(所在地)

セグメントの
名称

設備の内容

台数

リース
期間

年間
リース料
(百万円)

リース契約
残高
(百万円)

本社
(東京都中央区)

農薬事業
農薬以外の化学品事業

サーバー・パソコン・他

700セット

4年

26

56

本社
(東京都中央区)

全社

新基幹システムサーバー

1セット

5年

10

17

 

 

(ロ)国内子会社

重要な賃借設備は、ありません。

 

(ハ)在外子会社

重要な賃借設備は、ありません。

 

3 【設備の新設、除却等の計画】

(1) 重要な設備の新設等

会社名

事業所名
(所在地)

セグメントの名称

設備の内容

投資予定額

資金調達方法

着手年月

完了予定
年月

完成後の
増加能力

総額
(百万円)

既支払額
(百万円)

Nichino India Pvt.Ltd

インド
テランガナ州

農薬事業

生産設備

954

24

自己資金

2020年
11月

2022年
5月

日産0.8t

 

(注) 上記の金額に消費税等は含まれておりません。

 

(2) 重要な設備の除却等

2021年3月31日現在、当社グループにおいては、重要な設備の除却、売却の計画はありません。

第4 【提出会社の状況】

 

1 【株式等の状況】

(1) 【株式の総数等】

① 【株式の総数】

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

199,529,000

199,529,000

 

 

② 【発行済株式】

種類

事業年度末現在
発行数(株)
(2021年3月31日)

提出日現在
発行数(株)
(2021年6月24日)

上場金融商品取引所名又は登録認可金融商品取引業協会名

内容

普通株式

81,967,082

81,967,082

東京証券取引所
(市場第一部)

単元株式数は100株です。

81,967,082

81,967,082

 

 

(2) 【新株予約権等の状況】

① 【ストックオプション制度の内容】

該当事項はありません。

 

② 【ライツプランの内容】

該当事項はありません。

 

③ 【その他の新株予約権等の状況】

該当事項はありません。

 

(3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

該当事項はありません。

 

(4) 【発行済株式総数、資本金等の推移】

年月日

発行済株式
総数増減数
(株)

発行済株式
総数残高
(株)

資本金増減額
 
(百万円)

資本金残高
 
(百万円)

資本準備金
増減額
(百万円)

資本準備金
残高
(百万円)

2018年9月28日

11,940,300

81,967,082

4,000

14,939

4,000

12,235

 

(注) 有償第三者割当 発行価格670円 資本組入額335円
割当先 株式会社ADEKA

 

 

(5) 【所有者別状況】

2021年3月31日現在

区分

株式の状況(1単元の株式数100株)

単元未満
株式の状況
(株)

政府及び
地方公共
団体

金融機関

金融商品
取引業者

その他の
法人

外国法人等

個人
その他

個人以外

個人

株主数
(人)

30

30

185

125

22

10,496

10,888

所有株式数
(単元)

144,723

12,396

432,756

56,354

90

172,280

818,599

107,182

所有株式数
の割合(%)

17.68

1.51

52.87

6.88

0.01

21.05

100.00

 

(注) 1 自己株式3,192,862株は「個人その他」に31,928単元(31,928百株)及び「単元未満株式の状況」に62株をそれぞれ含めて記載してあります。

2 上記「その他の法人」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が30単元(30百株)含まれています。

 

(6) 【大株主の状況】

2021年3月31日現在

氏名又は名称

住所

所有株式数
(千株)

発行済株式
(自己株式を
除く。)の
総数に対する
所有株式数
の割合(%)

株式会社ADEKA

東京都荒川区東尾久7-2-35

40,173

51.00

日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口)

東京都港区浜松町2-11-3

3,169

4.02

株式会社みずほ銀行

東京都千代田区大手町1-5-5

1,997

2.54

株式会社日本カストディ銀行(信託口9)

東京都中央区晴海1-8-12

1,532

1.95

農林中央金庫

東京都千代田区有楽町1-13-2

1,401

1.78

株式会社日本カストディ銀行(信託口)

東京都中央区晴海1-8-12

1,392

1.77

朝日生命保険相互会社

東京都新宿区四谷1-6-1

853

1.08

株式会社りそな銀行

大阪府大阪市中央区備後町2-2-1

719

0.91

DFA INTL SMALL CAP VALUE PORTFOLIO
(常任代理人 シティバンク、エヌ・エイ東京支店)

PALISADES WEST 6300, BEECAVE ROAD BUILDING ONE AUSTIN TX 78746 US
(東京都新宿区新宿6-27-30)

559

0.71

株式会社日本カストディ銀行(信託口5)

東京都中央区晴海1-8-12

541

0.69

52,340

66.45

 

(注) 1 当社は、自己株式3,192千株を保有しています。

2 上記所有株式数のうち、信託業務に係る株式数は、次のとおりです。

日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口)

3,169千株

株式会社日本カストディ銀行(信託口9)

1,532千株

株式会社日本カストディ銀行(信託口)

1,392千株

株式会社日本カストディ銀行(信託口5)

541千株

 

 

 

 

(7) 【議決権の状況】

① 【発行済株式】

2021年3月31日現在

区分

株式数(株)

議決権の数(個)

内容

無議決権株式

議決権制限株式(自己株式等)

議決権制限株式(その他)

完全議決権株式(自己株式等)

(自己保有株式)

普通株式

3,192,800

完全議決権株式(その他)

普通株式

786,671

78,667,100

単元未満株式

普通株式

107,182

発行済株式総数

81,967,082

総株主の議決権

786,671

 

(注) 1 「完全議決権株式(その他)」欄の普通株式には、証券保管振替機構名義の株式3,000株(議決権30個)が含まれています。

2 「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式62株が含まれています。

3 「完全議決権株式(その他)」欄および「単元未満株式」欄には、役員向け株式交付信託に係る信託口が保有する当社株式がそれぞれ、137,400株(議決権1,374個)および93株含まれています。

 

② 【自己株式等】

2021年3月31日現在

所有者の氏名
又は名称

所有者の住所

自己名義
所有株式数
(株)

他人名義
所有株式数
(株)

所有株式数
の合計
(株)

発行済株式
総数に対する
所有株式数
の割合(%)

(自己保有株式)

 

 

 

 

 

日本農薬株式会社

東京都中央区京橋
1-19-8

3,192,800

3,192,800

3.90

3,192,800

3,192,800

3.90

 

(注) 役員向け株式交付信託に係る信託口が保有する当社株式は、上記自己保有株式に含めていません。

 

(8) 【役員・従業員株式所有制度の内容】

1. 役員・従業員株式所有制度の概要

当社は、取締役の報酬と当社の業績及び株式価値との連動性をより明確にし、取締役が株価の変動による利益・リスクを株主の皆様と共有することで、中長期的な業績の向上と企業価値の増大に貢献する意識を高めることを目的として、取締役(監査等委員である取締役、社外取締役及び非業務執行取締役を除きます。)及び執行役員(以下「取締役等」といいます。)を対象に、信託を用いた業績連動型株式報酬制度(以下「本制度」といいます。)を導入しております。

 本制度は、当社が金銭を拠出することにより設定する信託(以下「本信託」といいます。)が当社株式を取得し、当社取締役会が定める株式交付規程に従って当社が取締役等に付与するポイントの数に相当する数の当社株式が本信託を通じて取締役等に対して交付される、という株式報酬制度です。

取締役が当社株式の交付を受ける時期は、原則として取締役等の退任時です。

2. 役員・従業員持株会に取得させる予定の株式の総数

137,493株

3. 当該役員・従業員株式所有制度による受益権その他の権利を受けることができる者の範囲

株式交付規程の定めにより株式交付を受ける権利を取得した取締役等が対象であります。

 

2 【自己株式の取得等の状況】

 

【株式の種類等】

会社法第155条第7号による普通株式の取得

 

 

(1) 【株主総会決議による取得の状況】

該当事項はありません。

 

(2) 【取締役会決議による取得の状況】

該当事項はありません。

 

(3) 【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】