EDINET閲覧(提出)サイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)をもとに上場企業サーチ作成

本ページはEDINETに提出された開示情報を上場企業サーチが加工/編集したものであり、記載された情報の正確性および完全性について上場企業サーチは一切の保証を行いません。本ページの情報を利用する際は自己の責任で判断頂き、意思決定に際しては適宜EDINETや提出会社が公開するオリジナルを参照する様にしてください。本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

【表紙】

 

【提出書類】

有価証券報告書

【根拠条文】

金融商品取引法第24条第1項

【提出先】

関東財務局長

【提出日】

2021年6月18日

【事業年度】

第73期(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)

【会社名】

小野薬品工業株式会社

【英訳名】

ONO PHARMACEUTICAL CO., LTD.

【代表者の役職氏名】

代表取締役社長  相 良  暁

【本店の所在の場所】

大阪市中央区道修町二丁目1番5号
(上記所在の場所は、登記簿上の本店所在地であり、事実上の本社業務は、大阪市中央区久太郎町一丁目8番2号において行っております。)

【電話番号】

該当事項はありません。

【事務連絡者氏名】

該当事項はありません。

【最寄りの連絡場所】

大阪市中央区久太郎町一丁目8番2号

【電話番号】

大阪(06)6263局5670番

【事務連絡者氏名】

経理部長  長 濱 一 弘

【縦覧に供する場所】

株式会社東京証券取引所

(東京都中央区日本橋兜町2番1号)

 

 

E00945 45280 小野薬品工業株式会社 ONO PHARMACEUTICAL CO., LTD. 企業内容等の開示に関する内閣府令 第三号様式 IFRS true cte cte 2020-04-01 2021-03-31 FY 2021-03-31 2019-04-01 2020-03-31 2020-03-31 1 false false false E00945-000 2021-06-18 E00945-000 2016-04-01 2017-03-31 E00945-000 2017-04-01 2018-03-31 E00945-000 2018-04-01 2019-03-31 E00945-000 2019-04-01 2020-03-31 E00945-000 2020-04-01 2021-03-31 E00945-000 2017-03-31 E00945-000 2018-03-31 E00945-000 2019-03-31 E00945-000 2020-03-31 E00945-000 2021-03-31 E00945-000 2016-04-01 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00945-000 2017-04-01 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00945-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00945-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00945-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00945-000 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00945-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00945-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00945-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00945-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00945-000 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E00945-000:PharmaceuticalProductsReportableSegmentMember E00945-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E00945-000:PharmaceuticalProductsReportableSegmentMember E00945-000 2021-06-18 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E00945-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E00945-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No1MajorShareholdersMember E00945-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No2MajorShareholdersMember E00945-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No3MajorShareholdersMember E00945-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No4MajorShareholdersMember E00945-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No5MajorShareholdersMember E00945-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No6MajorShareholdersMember E00945-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No7MajorShareholdersMember E00945-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No8MajorShareholdersMember E00945-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No9MajorShareholdersMember E00945-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No10MajorShareholdersMember E00945-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithNoVotingRightsMember E00945-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsTreasurySharesEtcMember E00945-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsOtherMember E00945-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesTreasurySharesSharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E00945-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsOtherMember E00945-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesLessThanOneUnitMember E00945-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row1Member E00945-000 2021-06-18 jpcrp_cor:Row1Member E00945-000 2021-06-18 jpcrp_cor:Row2Member E00945-000 2021-06-18 jpcrp030000-asr_E00945-000:SagaraGyoMember E00945-000 2021-06-18 jpcrp030000-asr_E00945-000:TsujinakaToshihiroMember E00945-000 2021-06-18 jpcrp030000-asr_E00945-000:TakinoToichiMember E00945-000 2021-06-18 jpcrp030000-asr_E00945-000:OnoIsaoMember E00945-000 2021-06-18 jpcrp030000-asr_E00945-000:IdemitsuKiyoakiMember E00945-000 2021-06-18 jpcrp030000-asr_E00945-000:NomuraMasaoMember E00945-000 2021-06-18 jpcrp030000-asr_E00945-000:OkunoAkikoMember E00945-000 2021-06-18 jpcrp030000-asr_E00945-000:NagaeShusakuMember E00945-000 2021-06-18 jpcrp030000-asr_E00945-000:NishimuraKatsuyoshiMember E00945-000 2021-06-18 jpcrp030000-asr_E00945-000:TanisakaHironobuMember E00945-000 2021-06-18 jpcrp030000-asr_E00945-000:HishiyamaYasuoMember E00945-000 2021-06-18 jpcrp030000-asr_E00945-000:TanabeAkikoMember E00945-000 2021-06-18 jpcrp_cor:Row3Member E00945-000 2021-06-18 jpcrp_cor:Row4Member E00945-000 2021-06-18 jpcrp_cor:Row5Member E00945-000 2021-06-18 jpcrp_cor:Row6Member E00945-000 2021-06-18 jpcrp_cor:Row7Member E00945-000 2021-06-18 jpcrp_cor:Row8Member E00945-000 2021-06-18 jpcrp_cor:Row9Member E00945-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:DirectorsExcludingOutsideDirectorsMember E00945-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:OutsideDirectorsMember E00945-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:CorporateAuditorsExcludingOutsideCorporateAuditorsMember E00945-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:OutsideCorporateAuditorsMember E00945-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E00945-000:SagaraGyoMember E00945-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row1Member E00945-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row2Member E00945-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row2Member E00945-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row3Member E00945-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row3Member E00945-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row4Member E00945-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row4Member E00945-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row5Member E00945-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row5Member E00945-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row6Member E00945-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row6Member E00945-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row7Member E00945-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row7Member E00945-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row8Member E00945-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row8Member E00945-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row9Member E00945-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row9Member E00945-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row10Member E00945-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row10Member E00945-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row11Member E00945-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row11Member E00945-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row12Member E00945-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row12Member E00945-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row13Member E00945-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row13Member E00945-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row14Member E00945-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row14Member E00945-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row15Member E00945-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row15Member E00945-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row16Member E00945-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row16Member E00945-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row17Member E00945-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row17Member E00945-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row18Member E00945-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row18Member E00945-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row19Member E00945-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row19Member E00945-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row20Member E00945-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row20Member E00945-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row21Member E00945-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row21Member E00945-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row22Member E00945-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row22Member E00945-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row23Member E00945-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row23Member E00945-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row24Member E00945-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row24Member E00945-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row25Member E00945-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row25Member E00945-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row26Member E00945-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row26Member E00945-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row27Member E00945-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row27Member E00945-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row28Member E00945-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row28Member E00945-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row29Member E00945-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row29Member E00945-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row30Member E00945-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row30Member E00945-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row31Member E00945-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row31Member E00945-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row32Member E00945-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row32Member E00945-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row33Member E00945-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row33Member E00945-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row34Member E00945-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row34Member E00945-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row35Member E00945-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row35Member E00945-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row36Member E00945-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row36Member E00945-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row37Member E00945-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row37Member E00945-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row38Member E00945-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row38Member E00945-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row39Member E00945-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row39Member E00945-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row40Member E00945-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row40Member E00945-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row41Member E00945-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row41Member E00945-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row42Member E00945-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row42Member E00945-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row43Member E00945-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row43Member E00945-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row44Member E00945-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row44Member E00945-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row45Member E00945-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row45Member E00945-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row46Member E00945-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row46Member E00945-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row47Member E00945-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row47Member E00945-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row48Member E00945-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row48Member E00945-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row49Member E00945-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row49Member E00945-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row50Member E00945-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row51Member E00945-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row51Member E00945-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row52Member E00945-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row53Member E00945-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row54Member E00945-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row55Member E00945-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row56Member E00945-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row56Member E00945-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row57Member E00945-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row57Member E00945-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row58Member E00945-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row58Member E00945-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row59Member E00945-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row59Member E00945-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row60Member E00945-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row60Member E00945-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row61Member E00945-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row61Member E00945-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row62Member E00945-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row62Member E00945-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row63Member E00945-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row63Member E00945-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row64Member E00945-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row64Member E00945-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row65Member E00945-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row65Member E00945-000 2019-03-31 jpigp_cor:ShareCapitalIFRSMember E00945-000 2019-03-31 jpigp_cor:CapitalSurplusIFRSMember E00945-000 2019-03-31 jpigp_cor:TreasurySharesIFRSMember E00945-000 2019-03-31 jpigp_cor:OtherComponentsOfEquityIFRSMember E00945-000 2019-03-31 jpigp_cor:RetainedEarningsIFRSMember E00945-000 2019-03-31 jpigp_cor:EquityAttributableToOwnersOfParentIFRSMember E00945-000 2019-03-31 jpigp_cor:NonControllingInterestsIFRSMember E00945-000 2020-04-01 2021-03-31 jpigp_cor:RetainedEarningsIFRSMember E00945-000 2019-04-01 2020-03-31 jpigp_cor:RetainedEarningsIFRSMember E00945-000 2019-04-01 2020-03-31 jpigp_cor:EquityAttributableToOwnersOfParentIFRSMember E00945-000 2020-04-01 2021-03-31 jpigp_cor:EquityAttributableToOwnersOfParentIFRSMember E00945-000 2020-04-01 2021-03-31 jpigp_cor:NonControllingInterestsIFRSMember E00945-000 2019-04-01 2020-03-31 jpigp_cor:NonControllingInterestsIFRSMember E00945-000 2019-04-01 2020-03-31 jpigp_cor:OtherComponentsOfEquityIFRSMember E00945-000 2020-04-01 2021-03-31 jpigp_cor:OtherComponentsOfEquityIFRSMember E00945-000 2019-04-01 2020-03-31 jpigp_cor:ShareCapitalIFRSMember E00945-000 2020-04-01 2021-03-31 jpigp_cor:ShareCapitalIFRSMember E00945-000 2019-04-01 2020-03-31 jpigp_cor:CapitalSurplusIFRSMember E00945-000 2020-04-01 2021-03-31 jpigp_cor:CapitalSurplusIFRSMember E00945-000 2019-04-01 2020-03-31 jpigp_cor:TreasurySharesIFRSMember E00945-000 2020-04-01 2021-03-31 jpigp_cor:TreasurySharesIFRSMember E00945-000 2021-03-31 jpigp_cor:ShareCapitalIFRSMember E00945-000 2020-03-31 jpigp_cor:ShareCapitalIFRSMember E00945-000 2021-03-31 jpigp_cor:CapitalSurplusIFRSMember E00945-000 2020-03-31 jpigp_cor:CapitalSurplusIFRSMember E00945-000 2020-03-31 jpigp_cor:TreasurySharesIFRSMember E00945-000 2021-03-31 jpigp_cor:TreasurySharesIFRSMember E00945-000 2020-03-31 jpigp_cor:OtherComponentsOfEquityIFRSMember E00945-000 2021-03-31 jpigp_cor:OtherComponentsOfEquityIFRSMember E00945-000 2020-03-31 jpigp_cor:RetainedEarningsIFRSMember E00945-000 2021-03-31 jpigp_cor:RetainedEarningsIFRSMember E00945-000 2021-03-31 jpigp_cor:EquityAttributableToOwnersOfParentIFRSMember E00945-000 2020-03-31 jpigp_cor:EquityAttributableToOwnersOfParentIFRSMember E00945-000 2021-03-31 jpigp_cor:NonControllingInterestsIFRSMember E00945-000 2020-03-31 jpigp_cor:NonControllingInterestsIFRSMember E00945-000 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00945-000 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00945-000 2020-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00945-000 2019-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00945-000 2020-03-31 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00945-000 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00945-000 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00945-000 2020-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00945-000 2019-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00945-000 2019-03-31 jppfs_cor:ReserveForAdvancedDepreciationOfNoncurrentAssetsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00945-000 2020-03-31 jppfs_cor:ReserveForAdvancedDepreciationOfNoncurrentAssetsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00945-000 2020-03-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00945-000 2019-03-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00945-000 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E00945-000:ReserveForTaxPurposeReductionToPromoteOpenInnovationMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00945-000 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00945-000 2019-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00945-000 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00945-000 2019-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00945-000 2019-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00945-000 2020-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00945-000 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00945-000 2019-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00945-000 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00945-000 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00945-000 2019-03-31 jppfs_cor:RevaluationReserveForLandMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00945-000 2020-03-31 jppfs_cor:RevaluationReserveForLandMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00945-000 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00945-000 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00945-000 2020-03-31 jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00945-000 2019-03-31 jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00945-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00945-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00945-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00945-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00945-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00945-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00945-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00945-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00945-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00945-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00945-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E00945-000:ReserveForTaxPurposeReductionToPromoteOpenInnovationMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00945-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00945-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00945-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:RevaluationReserveForLandMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00945-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00945-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00945-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00945-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00945-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00945-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00945-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00945-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00945-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00945-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00945-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00945-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ReserveForAdvancedDepreciationOfNoncurrentAssetsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00945-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ReserveForAdvancedDepreciationOfNoncurrentAssetsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00945-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00945-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00945-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:RevaluationReserveForLandMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00945-000 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00945-000 2021-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00945-000 2021-03-31 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00945-000 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00945-000 2021-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00945-000 2021-03-31 jppfs_cor:ReserveForAdvancedDepreciationOfNoncurrentAssetsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00945-000 2021-03-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00945-000 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E00945-000:ReserveForTaxPurposeReductionToPromoteOpenInnovationMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00945-000 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00945-000 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00945-000 2021-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00945-000 2021-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00945-000 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00945-000 2021-03-31 jppfs_cor:RevaluationReserveForLandMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00945-000 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00945-000 2021-03-31 jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember iso4217:JPY iso4217:JPY xbrli:shares xbrli:pure xbrli:shares

第一部 【企業情報】

 

第1 【企業の概況】

 

1 【主要な経営指標等の推移】

(1) 連結経営指標等

回次

国際会計基準

第69期

第70期

第71期

第72期

第73期

決算年月

2017年3月

2018年3月

2019年3月

2020年3月

2021年3月

売上収益

(百万円)

244,797

261,836

288,634

292,420

309,284

営業利益

(百万円)

72,284

60,684

62,010

77,491

98,330

税引前当期利益

(百万円)

74,540

63,922

65,141

79,696

100,890

親会社の所有者に帰属
する当期利益

(百万円)

55,793

50,284

51,539

59,704

75,425

当期包括利益合計

(百万円)

68,083

67,607

50,821

57,647

95,567

親会社の所有者に帰属
する持分

(百万円)

519,110

524,390

557,350

562,484

635,547

総資産額

(百万円)

617,461

609,226

655,056

673,444

746,842

1株当たり親会社
所有者帰属持分

(円)

979.42

1,019.97

1,084.08

1,126.95

1,273.28

親会社の所有者に帰属
する基本的1株当たり
当期利益

(円)

105.27

97.00

100.25

118.47

151.11

親会社の所有者に帰属
する希薄化後
1株当たり当期利益

(円)

105.26

96.99

100.24

118.45

151.09

親会社所有者帰属持分
比率

(%)

84.1

86.1

85.1

83.5

85.1

親会社所有者帰属持分
当期利益率

(%)

11.3

9.6

9.5

10.7

12.6

株価収益率

(倍)

21.9

34.0

21.6

21.0

19.1

営業活動による
キャッシュ・フロー

(百万円)

74,450

15,727

66,774

74,157

73,977

投資活動による
キャッシュ・フロー

(百万円)

17,989

34,189

49,763

10,234

57,586

財務活動による
キャッシュ・フロー

(百万円)

20,552

62,549

22,279

54,721

24,754

現金及び現金同等物
の期末残高

(百万円)

146,323

65,273

59,981

69,005

61,045

従業員数

(名)

3,290

3,480

3,555

3,560

3,607

 

(注) 1 国際会計基準(以下「IFRS」という。)に基づいて連結財務諸表を作成しております。

2 売上収益には、消費税等は含まれておりません。

3 記載金額は、百万円未満を四捨五入して表示しております。

 

 

(2) 提出会社の経営指標等

 

回次

日本基準

第69期

第70期

第71期

第72期

第73期

決算年月

2017年3月

2018年3月

2019年3月

2020年3月

2021年3月

売上高

(百万円)

243,265

260,223

286,445

286,235

305,183

経常利益

(百万円)

47,787

47,155

58,292

70,773

86,778

当期純利益

(百万円)

51,535

44,383

55,732

69,350

76,927

資本金

(百万円)

17,358

17,358

17,358

17,358

17,358

発行済株式総数

(千株)

589,237

543,341

543,341

528,341

528,341

純資産額

(百万円)

479,272

477,274

507,061

507,735

574,566

総資産額

(百万円)

582,715

551,165

591,395

599,412

669,633

1株当たり純資産額

(円)

904.03

928.03

985.91

1,016.83

1,150.68

1株当たり配当額
(内、1株当たり
中間配当額)

(円)

40.00

45.00

45.00

45.00

50.00

(20.00)

(25.00)

(22.50)

(22.50)

(22.50)

1株当たり当期純利益

(円)

97.22

85.61

108.39

137.59

154.10

潜在株式調整後
1株当たり当期純利益

(円)

97.22

85.60

108.38

137.57

154.08

自己資本比率

(%)

82.2

86.6

85.7

84.7

85.8

自己資本利益率

(%)

11.2

9.3

11.3

13.7

14.2

株価収益率

(倍)

23.7

38.5

20.0

18.1

18.8

配当性向

(%)

41.1

52.6

41.5

32.7

32.4

従業員数

(名)

3,062

3,199

3,284

3,287

3,319

株主総利回り

(%)

49.2

70.9

48.2

55.8

65.4

(比較指標:配当込みTOPIX)

(%)

(114.7)

(132.9)

(126.2)

(114.2)

(162.3)

最高株価

(円)

5,880

3,389

3,430

2,728

3,422

最低株価

(円)

2,285

2,185

2,133

1,822

2,387

 

(注) 1 提出会社の財務諸表は日本基準に基づいて作成しております。

2 売上高には、消費税等は含まれておりません。

3 記載金額は、百万円未満を四捨五入して表示しております。

4 第70期の1株当たり中間配当額には、創立300周年記念配当5円が含まれております。

5 「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第71期の期首から適用しており、第70期に係る主要な経営指標については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。

6 最高株価および最低株価は、東京証券取引所市場第一部におけるものであります。

 

2 【沿革】

1717年

初代小野市兵衞が道修町において、伏見屋市兵衞の屋号のもとに薬種仲買人として創業。

1918年

東洋製薬化成株式会社設立。(現・連結子会社)

1934年

資本金16万円の合名会社小野市兵衞商店に改組する。

1947年

商店の医薬品製造部門として日本有機化工株式会社(資本金19万5千円)、注射アンプル等医薬用硝子資材部門として日本理化学工業株式会社を設立して、資材を含む医薬品の製造及び販売の一貫作業を開始。

1948年

日本有機化工株式会社を現在名の小野薬品工業株式会社と改称し、日本理化学工業株式会社を解散する。

1949年

合名会社小野市兵衞商店を小野薬品工業株式会社に吸収合併し、製造販売部門の一本化を図る。

1961年

城東第三工場(綜合製剤工場)完成。

1962年

大阪証券取引所市場第二部に株式を上場。

1963年

東京証券取引所市場第二部に株式を上場。
城東工場第一工場(合成工場)、第二工場(製剤工場)完成。

1965年

城東工場第四工場(綜合製剤工場)完成。

1968年

中央研究所完成。
生理活性物質「プロスタグランディン」の化学合成に成功。

1969年

城東工場第五工場完成。
富士宮市郊外の富士山麓に新工場(フジヤマ工場)用地として約10万平方米の土地を購入。
東京・大阪各証券取引所市場第一部に指定替え。

1975年

フジヤマ工場本館及び第一、第二工場完成。

1980年

フジヤマ工場第三工場完成。

1982年

フジヤマ工場第五工場完成。
株式会社ビーブランド・メディコーデンタル設立。(現・連結子会社)

1985年

福井安全性研究所、中央研究所第三別館(RI棟)完成。

1987年

水無瀬研究所(旧中央研究所)に新研究棟完成。

1988年

水無瀬研究所にNMR棟完成。
中央物流センター完成。(2016年1月、物流機能の外部委託に伴い廃止)

1989年

水無瀬研究所に新管理棟完成。

1991年

福井研修所完成。
フジヤマ工場第六工場完成。

1994年

福井合成研究所完成。

1995年

東京支店社屋購入。(2018年3月売却)

1996年

水無瀬研究所に第二研究棟完成。

1997年

フジヤマ工場GMP対応の治験薬製造設備完成。

1998年

米国にオノ・ファーマ・ユーエスエー インク(現・連結子会社)、英国にオノ・ファーマ・ユーケー・リミテッド(現・連結子会社)設立。

2000年

フジヤマ工場第七工場(注射剤製造工場)完成。

2002年

筑波研究所完成。

2003年

本社社屋完成。

2013年

韓国に韓国小野薬品工業株式会社(現・連結子会社)設立。

2014年

台湾に台灣小野藥品工業股份有限公司(現・連結子会社)設立。

2016年

水無瀬研究所に第三研究棟完成。

2018年

東京都中央区に東京ビル完成。

2019年

山口工場完成。

2020年

米国にオノ ベンチャー インベストメント インク(現・連結子会社)設立。

米国にオノ ベンチャー インベストメント ファンド I エルピー(現・連結子会社)設立。

2021年

小野薬品ヘルスケア株式会社(現・連結子会社)設立。

 

 

3 【事業の内容】

当社および子会社(以下、当社グループ)、並びに当社グループの関連会社においては、医薬品部門に関係する事業を行っております。2021年3月31日現在において、子会社は10社、関連会社は1社で構成されております。

医薬品事業における当社および関係会社の位置づけ等は次のとおりであります。

 

< 医薬品事業 >

医療用、一般用医薬品等の製造・販売を行っております。このうち医療用医薬品については、従前より研究開発活動に特に注力しており、当企業集団の中で主力分野と位置づけております。

 〔関係会社〕

  (販売および販売支援等)

 韓国小野薬品工業㈱、台灣小野藥品工業股份有限公司

 (製造・販売)

 小野薬品ヘルスケア㈱、東洋製薬化成㈱、㈱ビーブランド・メディコーデンタル、㈱ナミコス

 (医薬品の臨床開発・導出入活動)

 オノ・ファーマ・ユーエスエー インク、オノ・ファーマ・ユーケー・リミテッド

(その他)

 オノ ベンチャー インベストメント インク

 オノ ベンチャー インベストメント ファンド I エルピー

 その他1社

 

 なお、当社グループ並びに当社グループの関連会社の事業は医薬品事業の単一セグメントであるため、セグメント情報の記載を省略しております。

 

以上述べた事項を事業系統図によって示すと、次のとおりであります。

 

 


 

 

4 【関係会社の状況】

 

名称

住所

資本金

または出資金

主要な事業
の内容

議決権の
所有割合
(%)

関係内容

(連結子会社)

 

百万米ドル

 

 

 

オノ・ファーマ・
ユーエスエー インク

(注)2

米国
マサチューセッツ

24

医薬品事業

100.0

医薬品の臨床開発・導出入活動等を行っている。

オノ・ファーマ・
ユーケー・リミテッド

英国ロンドン

千ポンド

医薬品事業

100.0

医薬品の臨床開発・導出入活動等を行っている。

50

韓国小野薬品工業㈱

韓国ソウル特別市

百万ウォン

医薬品事業

100.0

当社医薬品の販売・販売支援等を行っている。

3,000

台灣小野藥品工業
股份有限公司

台湾台北市

百万台湾元

医薬品事業

100.0

当社医薬品の販売・販売支援等を行っている。

90

東洋製薬化成㈱(注)3

大阪市中央区

百万円

医薬品事業

45.5

医薬品の製造販売等を行っている。
役員の兼任…1名

21

㈱ビーブランド・
メディコーデンタル

大阪市東淀川区

百万円

医薬品事業

80.0

(40.0)

医薬品の仕入販売等を行っている。

10

オノ ベンチャー インベストメント インク

米国
カリフォルニア州

百万米ドル

医薬品事業

100.0

ベンチャー企業等に対する投資およびファンドの運営を行っている。

2

オノ ベンチャー インベストメント ファンド I エルピー

米国
カリフォルニア州

百万米ドル

医薬品事業

100.0

(1.0)

ベンチャー企業等に対する投資を行っている。

 

5

小野薬品ヘルスケア㈱

大阪市中央区

百万円

医薬品事業

100.0

ヘルスケア関連事業の運営等を行っている。

10

その他1社

 

 

 

 

 

 

(持分法適用関連会社)

 

百万円

 

 

 

㈱ナミコス

大阪市中央区

45

医薬品事業

18.8

医薬品用硬質硝子製品の製造販売等を行っている。

 

(注) 1 主要な事業の内容欄には、セグメント情報に記載された名称を記載しております。

2 特定子会社に該当しております。

3 東洋製薬化成㈱の持分は100分の50以下でありますが、実質的に支配しているため子会社としたものであります。

4 議決権の所有割合の(  )内は、間接所有割合で内数であります。

5 有価証券届出書または有価証券報告書を提出している会社はありません。

6 売上収益(連結会社相互間の内部売上収益を除く)の連結売上収益に占める割合が10%を超える関係会社はありません。

 

 

5 【従業員の状況】

(1) 連結会社の状況

2021年3月31日現在

セグメントの名称

従業員数(名)

医薬品事業

3,607

合計

3,607

 

(注) 従業員数は就業人員数であります。

 

(2) 提出会社の状況

2021年3月31日現在

従業員数(名)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(円)

3,319

42.6

16.3

9,373,132

 

 

セグメントの名称

従業員数(名)

医薬品事業

3,319

合計

3,319

 

(注) 1 従業員数は就業人員数であります。

2 平均年間給与は、賞与および一部の手当を含んでおります。

 

(3) 労働組合の状況

当社の城東製品開発センター以外の事業所には単位組合として組織された小野薬品労働組合があり、城東製品開発センターには化学一般小野薬品労働組合があります。また、当社以外では東洋製薬化成㈱に東洋製薬化成株式会社労働組合があります。2021年3月末現在組合員数は、小野薬品労働組合1,965名、化学一般小野薬品労働組合  14名、東洋製薬化成株式会社労働組合54名であります。

会社との関係は各組合とも円満であり、特記すべき事項はありません。

 

第2 【事業の状況】

 

1 【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

(1)企業理念および基本方針

当社グループは、「病気と苦痛に対する人間の闘いのために」という企業理念のもと、いまだ満たされない医療ニーズに応えるため、真に患者さんのためになる革新的な新薬の創製を行う「グローバル スペシャリティ ファーマ」を目指して積極的な努力を続けています。

また、人の生命に関わる医薬品を取り扱う製薬企業としての責任を深く自覚し、法令遵守はもとより、高い倫理観に基づき行動すべく、コンプライアンスの一層の強化に努めています。

 

(2)経営課題

新薬開発型医薬品企業として永続的な発展を実現するため、次のとおり現状の課題を定め、対応に取り組んでいます。

〈現状における課題と取り組み〉

世界で蔓延する新型コロナウイルス感染症に対応するため、欧米に続いて日本でもワクチン接種が始まったものの、変異ウイルス株の発生もあり収束についてはまだ不透明な状況です。こうした中で当社では、医薬品の安定供給体制の確保・維持に取り組み、従業員および事業関係者への感染防止、治療薬の積極的な開発などさまざまな対応を行っております。

不透明さが続くコロナ禍の環境下であるものの、医薬品業界では、オープンイノベーションの活発化やデジタルを核とした異業種連携による新しい価値の創出、セルフメディケーションの重要性の高まりなど、新薬開発におけるさまざまな成長機会は残されており、当社では、あらゆる状況に柔軟かつ迅速に対応して世界で通用する企業となることを目指し、4つの成長戦略「製品価値最大化」「研究開発体制の変革」「海外への挑戦」「企業基盤の強化」を定めて事業活動に取り組んでいます。

 
(a)製品価値最大化
 積極的な研究開発活動、全社を横断する部門間連携と人財育成機能の強化により、早期の上市および効能追加取得、上市から最短でのピークセールス達成を図ります。また、製品ライフサイクルのステージごとの環境変化を機敏に捉え、常に競争優位性を担保しうる戦略立案を実現することにより、各製品のポテンシャルを最大限引き出せるよう取り組んでいます。


(b)研究開発体制の変革

世界には現在も治療法のない病に苦しむ人が大勢います。当社は、いまだ満たされない医療ニーズにお応えすることができる「グローバル スペシャリティ ファーマ」を目指しており、独自の創薬アプローチ「化合物オリエント」をベースに、医療ニーズの高いがんや免疫疾患、中枢神経疾患、スペシャリティ領域を重点研究領域に据えて、それぞれの領域で疾患ノウハウを蓄積し、医療現場に革新をもたらす新薬を創出していきます。そのために、特定の研究分野で世界をリードする大学や研究機関、バイオベンチャー企業との研究・創薬提携を強化・拡充し、ファーストインクラスが狙える独自性の高いパイプラインの充実を図ります。医療ニーズの高い分野での革新的な化合物の導入や新技術の獲得も、積極的に進めています。


(c)海外への挑戦

自社で生み出した新薬を世界中に提供できるよう、特に抗悪性腫瘍剤などのスペシャリティ製品について、海外での自社販売を目指して取り組んでいます。すでに、韓国、台湾では、現地法人を設立して自社製品の販売を開始しています。欧米については、今後の自社販売活動を視野に入れて、開発も含めて体制の整備・強化に努めています。

 
(d)企業基盤の強化
 海外市場での事業を拡大し、厳しい企業間競争を勝ち抜くため、グローバルスタンダードを念頭に、継続的に企業基盤の強化に取り組んでいます。さまざまな環境の変化に対応し、競争に打ち勝つため、人財育成や多様性向上を進めるとともに、従業員等の健康管理への投資を強化するなど、体制の強化を図っています。すべてのステークホルダーに対する社会的責任を果たすべく、長期的な視点での持続的成長を目指し、当社が取り組むべきと定めた重点課題に沿った活動を推進しています。

 

2 【事業等のリスク】

当社グループの業績は、今後起こり得る様々な事業展開上のリスクにより大きな影響を受ける可能性があります。

以下には、当社グループの事業展開上のリスクとなる可能性があると考えられる主な事項を記載しておりますが、全てのリスクを網羅したものではなく、記載したリスク以外のリスクも存在し、それらは投資家の判断に影響を与える可能性があります。

なお、文中における将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。

 

<リスクマネジメント体制>

当社グループは、主要なリスクの発生の可能性を認識したうえで、発生の予防に努め、発生した場合には的確に対処する体制を整備しています。

  部分最適でなく全体最適のリスクマネジメント活動を目指し、2018年度よりERM(Enterprise Risk Management)の導入準備を開始し、2019年度より導入しました。導入にあたり、リスクマネジメント最高責任者(代表取締役社長)とリスクマネジメント統括責任者(取締役専務執行役員/経営戦略本部長)を選任および「リスクマネジメント室」を新設するとともに、「リスクマネジメント規程」を制定しERMを推進しています。

ERMを推進するにあたり、リスクマネジメント室が経営層にインタビューを行い経営層が重要と考えるリスクを抽出したうえで、各本部から選出されたリスクマネージャーとワークショップ形式でリスクの評価・分類を行いました。ワークショップにおいては、経営層が考えるリスクと各マネージャーが持ち寄ったリスクを、実際に起こりうるシナリオとともに議論し、そのリスクが実際に発生する頻度を7段階で、発生した時の影響の重大性を5段階で評価してリスク指数を導き出し、各リスクを特大・大・中・小に分類しました。特定したリスクについては、それぞれ対応責任者を定め、定めた対応策に責任を負うこととしています。また、特に重点的に対応すべきリスクは経営会議にて「重大リスク」として選定、優先的にリソースを配分し、全社で対応・モニタリングを実施する体制を構築しています。

重大リスクへの対応や各部門での対応は、リスクマネジメント室が中心となりモニタリングします。また、リスクマネジメント室はリスクマネージャーと連携して、環境の変化に伴い新たに発生したリスクだけでなく将来発生する可能性のある潜在リスクの把握やリスク指数の見直しなどを定期的に行います。このような取り組みを通して、リスクマネジメントの精度を継続的に高め、リスクの低減に努めています。「主要なリスク」では、上記で分類したリスクのうち「大」以上のリスクを記載しています。

 


 

<主要なリスク>

(1)新製品の開発について

当社グループは、「病気と苦痛に対する人間の闘いのために」という企業理念のもと、いまだ満たされない医療ニーズに応えるため、真に患者さんのためになる独創的で革新的な新薬開発に取り組むことを通して、特定分野に特化した「グローバル スペシャリティ ファーマ」の実現を目指しています。そのために、自ら革新的な医薬品の創製に挑むとともに、世界最先端の技術や知見を取り入れるオープンイノベーションを積極的に進めております。

しかしながら、長期でかつ多額の研究開発投資が独創的な新薬の上市に至らず途中で開発を断念しなければならない事態も予想されます。このような事態に陥った場合には、将来に期待していた収益が得られず、当社グループの経営成績および財政状態は大きな影響を受ける可能性があります。

 

(2)市場環境変化への対応について

当社グループは、積極的な研究開発活動、全社を横断する迅速な部門間連携の強化により、製品価値最大化を図っております。そのため常に開発早期から市場環境を見据え、研究開発を含めた製品ステージ毎に 競争優位性を担保しうるよう戦略を見直し、変化に対応しております。また、製品ライフサイクルに影響が及ぶ側面においても絶えず市場動向を捉え、製品のポテンシャルが最大限引き出せるようリソースを担保し準備しております。

しかしながら、競合品や後発品の販売状況により、当社グループの経営成績および財政状態は大きな影響を受ける可能性があります。

 

(3)コンプライアンスについて

当社グループは、事業活動を行う上で、製品の品質、安全、環境関連、化学物質関連の他、取引関連、労務関連、会計基準や税法等の様々な法規制の適用を受けております。また、今後は気候変動の緩和のための各国の政策や法規制強化への対応が必要となります。当社グループは、行動規範のもとに、コンプライアンスプログラム等を制定しているほか、企業コンプライアンス委員会や従業員通報・相談窓口を社内外に設置する等、コンプライアンス体制を構築し、事業活動に関連する法規制が遵守されるよう徹底等しておりますが、当社グループおよび委託先等が重大な法令違反を起こした場合は、当社グループへの信用、経営成績および財政状態は影響を受ける可能性があります。また、法規制の変更などにより事業活動が制限され、その対応のために投資が必要になる場合には、当社グループの経営成績および財政状態は大きな影響を受ける可能性があります。

 

(4) 製品の品質管理について

当社グループは、医薬品の品質に係る法的要件のみならず、患者さん・介護者・医療従事者の視点に立った高い品質の医薬品を安定的に提供するため、「品質が高度に保証された医薬品を安定的に供給することにより社会に貢献する」という方針のもと、独自の品質マニュアルに基づいた品質システムを確立するとともに、システムの継続的な改善に取り組んでいます。一方、当社製品の品質、有効性、安全性に懸念がある場合は、速やかに評価し、回収が決定された場合はその情報を速やかに医療従事者に提供し、必要に応じて当該製品を回収する体制を整えています。しかしながら、予想を超える重大な品質トラブルまたは新たな科学的知見により製品の安全と安心に対する懸念等が発生した場合には、当該製品ブランドだけではなく、当社グループ全体の信用の低下にもつながり、当社グループの経営成績および財政状態は大きな影響を受ける可能性があります。

 

(5)人財の確保および育成について

当社グループは、持続的成長のために多様で優秀な人財の確保、育成に努めております。多様な人財の一人ひとりが生き生きと働き、その能力を最大限に発揮するために、多様な働き方ができる支援制度や職場環境の整備を進め、働きがいのある魅力ある企業となる取り組みを通じて人財の確保を図っており、個々の成長や能力に沿った研修制度を充実させています。

また、環境の変化に迅速かつ柔軟に対応し、企業価値を向上させるためには、組織を構成するメンバーの属性や価値観、行動特性の多様性を高め、その個性を認めることが重要であると考え、「女性活躍推進」、「障がい者活躍推進」、「キャリア採用推進」に取り組んでいます。

しかしながら、中長期的に多様で優秀な人財が確保、育成できない場合は、事業活動の停滞等により、当社グループの経営成績および財政状態は大きな影響を受ける可能性があります。

 

(6)大規模地震や気候変動等に伴う自然災害および事故について

当社グループは、地震や気候変動に伴う洪水(水リスク)等の自然災害に対して、生産工場および主要な事業拠点を対象とした災害対策、事業継続計画(BCP)を策定するとともに、TCFD提言に基づき、気候変動リスクの特定とその対応策について情報開示を行っています。当社グループは、生産拠点をフジヤマ工場(静岡県)、山口工場(山口県)の2か所、物流拠点を国内の複数個所に確保することで、当社製商品の安定的な供給のためのリスク軽減を図っています。また、重要拠点である本社、東京ビル、各工場および各研究所には、災害対策として、非常用電源設備や2回線受電等の停電対策の設備を採用しています。加えて本社、東京ビル、水無瀬研究所、山口工場には、免震装置を導入し、地震に対するリスク軽減を図っております。また、大規模災害に備え、大阪と東京の2拠点で対応できる体制の構築、いち早く従業員の安否を確認できる「安否確認システム」の導入を図る等、社内体制の整備を進めるとともに、定期的な災害訓練等の実施により、継続的な有事対応力の強化や意識向上に努めております。

しかしながら、大規模地震や気候変動に伴う自然災害等により、原材料の確保、生産の継続、流通過程等に問題が生じて製商品の供給や研究開発活動等に支障をきたした場合には、事業活動の停滞等により、当社グループの経営成績および財政状態は大きな影響を受ける可能性があります。

また、新型コロナウイルス等の感染症の蔓延、生産工場の爆発・火災事故、情報・制御システムの障害、原材料購入先のトラブル、電力や水等の社会インフラの機能不全、有害物質による環境汚染、テロ、政変、暴動等が発生し、製商品の供給や研究開発活動等に支障をきたした場合には、事業活動の停滞等により、当社グループの経営成績および財政状態は大きな影響を受ける可能性があります。

 

(7)医療保険制度改革について

当社グループの医薬品製造販売事業は、各国の薬事行政によりさまざまな規制を受けております。日本国内における公定薬価の引下げ、後発医薬品の使用促進などの医療制度改革の影響や海外における様々な医療費抑制策の影響などにより、販売価格が下落し販売数量の伸長等でカバーできず、売上収益が減少した場合には、当社グループの経営成績および財政状態は影響を受ける可能性があります。

 

(8)特定の製品への依存について

当社グループの売上収益のうち、「オプジーボ点滴静注」および「抗PD-1/PD-L1抗体関連のロイヤルティ」の売上収益は、売上収益合計の約6割(2021年3月期)を占めております。薬価改定、他の有力な競合品の出現、特許などの保護期間の満了、その他予期せぬ事情により、売上収益が減少した場合には、当社グループの経営成績および財政状態は影響を受ける可能性があります。

 

(9)新たな副作用について

当社グループは、医薬品ごとにリスク管理計画を策定し、継続的に安全性(副作用)情報の収集と評価を行っています。収集した情報は重篤性や注意喚起の必要性を評価したうえで、必要に応じて添付文書の「使用上の注意」の改訂や医薬品の適正使用に関するお知らせの提供などの安全性対策を実施しております。

しかしながら、医薬品には、治験段階では経験したことがない新たな副作用が市販後において報告される可能性があります。新たな重篤な副作用が発生した場合には、損害賠償金の支払いや承認取消等による売上収益の減少等により、当社グループの経営成績および財政状態は影響を受ける可能性があります。

 

(10)知的財産について

当社グループは、製造または販売する製品が第三者の知的財産権に抵触することのないように十分に注意を払っておりますが、万が一抵触があった場合には、損害賠償の支払いや製造販売の差し止め等による売上収益の減少等により、当社グループの経営成績および財政状態は影響を受ける可能性があります。また、当社グループでは、発明者等を適切に決定、管理し、社内規定や契約等で定めた適切な対価を支払っておりますが、発明者等から訴訟を受けた場合には、損害賠償の支払い等により、当社グループの経営成績および財政状態は影響を受ける可能性があります。

継続中の重要な知的財産に関する判決および訴訟の詳細については、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 連結財務諸表注記 38 偶発債務」をご参照ください。 これらの判決および訴訟が、当社グループの経営成績等へ与える影響については、現時点では見積もることはできません。

なお、2020年6月に本庶佑氏よりPD-1特許に関する対第三者訴訟関連分配金請求訴訟を大阪地方裁判所に提起され訴訟手続きが進んでいます。

 

(11)訴訟について

当社グループの事業活動に関連して、医薬品副作用、製造物責任(PL)、労務問題、公正取引に関する問題および環境に関する問題に関して訴訟を提起される可能性があります。訴訟が発生した場合、その結果によっては、当社グループの経営成績および財政状態は影響を受ける可能性があります。

 

(12)情報管理について

当社グループは、個人情報を含め多くの重要情報を保有しております。これらの情報管理については、規程等を整備し、従業員に対し情報管理の重要性を周知徹底するとともに、ITシステム上のセキュリティ対策等を行うなどの努力を行っております。

しかしながら、ネットワークウイルスの感染、サイバー攻撃等によるシステム障害や事故等の原因によりその情報が改ざん、悪用、漏えい等した場合には、社会的信用を大きく失うことなどで、当社グループの経営成績および財政状態は影響を受ける可能性があります。

 

(13)海外展開について

当社グループは、自社で創製した新薬を世界中に提供できる「グローバル スペシャリティ ファーマ」をめざした海外展開に取り組んでおります。すでに、韓国、台湾では、現地法人を設立して自社製品を販売しており、今後は欧米での自社販売も視野に入れて、開発体制などの整備・強化にも努めていきます。

グローバルな事業活動を行うにあたり、各国の法的規制、経済情勢、政情不安、地域固有の自然災害や事業環境の不確実性等の情報を入手し、必要な対応を検討していますが、リスクを完全に回避することができない場合には、当社グループの経営成績および財政状態は影響を受ける可能性があります。

 

(14)他社との提携について

当社グループは、共同研究、共同開発、開発品の導出入、共同販売等様々な形で他社と提携を行っております。何らかの理由により提携の合意内容が変更・解消になった場合、当社グループの経営成績および財政状態は影響を受ける可能性があります。

 

 (15) 金融市況の変動について

・為替変動

当社グループは、国際的に事業展開を行っており、外貨建てでの受取ロイヤルティや経費支払い等があるため、為替相場の変動により、売上収益の減少や仕入原価、研究開発費の増加、為替差損の発生等のリスクに晒されています。当社グループは上記リスクを緩和すべく、市場リスク管理方針に基づき外貨建て取引の一定の割合について先物為替予約による為替リスクヘッジをしております。

しかしながら、外貨の為替変動が想定以上となった場合、当社グループの経営成績および財政状態は影響を受ける可能性があります。

・価格変動

当社グループは、資本性金融商品から生じる株式価格の変動リスクに晒されています。当社グループは、短期トレーディング目的で保有する資本性金融商品はなく、ビジネス戦略を円滑に遂行するために資本性金融商品を保有しておりますが、定期的に公正価値や発行体の財務状況等を把握するとともに、当該企業との関係を勘案し、必要に応じて保有状況を見直しております。

しかしながら、資本性金融商品の時価が予想を超えて大幅に変動した場合には、当社グループの経営成績および財政状態は影響を受ける可能性があります。

 

(16)環境問題への対応について

当社グループは、環境関連問題への対応として、環境グローバルポリシーに基づいた環境ビジョン(ECO VISION 2050)を定め、脱炭素社会の実現、水循環社会の実現、資源循環社会の実現に向けて全社的に取り組むとともに、環境に対する企業の社会的責任を認識し、事業活動の全分野において、環境に配慮して活動し、豊かな地球環境実現に向けて事業活動の全分野において環境に配慮した活動を推進しています。

また、医薬品の研究、製造の過程等で使われる化学物質の中には、人の健康や生態系に悪影響を与える物質も含まれているため、当社グループでは事業活動を行う国や地域における有害物質の使用、製造、保管、廃棄等の取り扱いに関して、一部では法よりも厳しい自主基準を設ける等、環境法規制を遵守しています。

しかしながら、今後、温暖化対策としての新たな炭素税の導入や温室効果ガス排出規制などが強化された場合には、コストが増加する可能性があります。また、万が一有害物質による予期せぬ汚染やそれに伴う危害が顕在化した場合には、保険の適用からの除外または補償金額を超える費用負担、法的責任を負う可能性があります。また、環境法規制の変更により、当社の研究、開発、製造その他の事業活動が制限される可能性があります。

このような場合には、当社グループの経営成績および財政状態は影響を受ける可能性があります

 

(17)新型コロナウイルス感染拡大について

当社グループは、生命関連企業として医薬品の安定供給を図るため、関係会社や取引先とも連携し、安定供給を維持しており、当面の当社医薬品の生産および医療機関への供給体制に問題はありません。

また、患者さん、医療従事者および従業員の安全確保と健康保持、感染拡大の防止を目的に、医療機関への訪問は自粛してきましたが、昨年6月以降は、影響の少ない地域・医療機関から段階的に営業活動を再開し始め、従来の訪問形態に加え、Webを活用した面会やリモート講演会の企画等、新たな手段も用いつつMRの責務である情報提供活動に臨んでおります。さらに、国内および海外出張の原則禁止、講演会・セミナー・社内外研修等のイベントの原則中止・延期もしくはWeb形式での実施等、最大限の予防措置を講じてきています。

しかしながら、今後、更なる感染拡大やパンデミックにあたる状況が長期化し、製商品の供給や研究開発活動等に支障をきたした場合には、事業活動の停滞等により、当社グループの経営成績および財政状態は影響を受ける可能性があります。

 

(18)繰延税金資産や減損処理について

当社グループは、事業用の様々な有形固定資産、無形資産および繰延税金資産等を計上しております。これらの資産については、「事業等のリスク」に記載している様々なリスクが顕在化すること等により、業績計画との乖離が生じ、将来期待していたキャッシュ・フローが獲得できなくなった場合には、有形固定資産、無形資産の減損が発生したり、繰延税金資産が減少する可能性があります。このような場合には、当社グループの経営成績および財政状態は影響を受ける可能性があります。

 

3 【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

(1) 経営成績等の状況の概要

当連結会計年度における当社グループの財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下「経営成績等」という。)の状況の概要は以下のとおりとなりました。

 

①財政状態及び経営成績の状況

(財政状態)

  当連結会計年度末の資産合計は、前連結会計年度末に比べ734億円増7,468億円となりました。
  流動資産は、その他の金融資産や売上債権及びその他の債権、棚卸資産の増加などから224億円増2,476億円となりました。
  非流動資産は、その他の金融資産や投資有価証券の増加などから510億円増4,992億円となりました。
  負債は、退職給付に係る負債などの減少があったものの、仕入債務及びその他の債務の増加などから3億円増1,057億円となりました。
  親会社の所有者に帰属する持分は、利益剰余金やその他の資本の構成要素の増加などから731億円増6,355億円となりました。

 

(経営成績)

  (単位:百万円)

 

前連結会計年度

当連結会計年度

対前年度増減額

対前年度増減率

売上収益

292,420

309,284

16,865

5.8%

営業利益

77,491

98,330

20,839

26.9%

税引前当期利益

79,696

100,890

21,194

26.6%

当期利益
(親会社の所有者帰属)

59,704

75,425

15,721

26.3%

 

[売上収益]

 売上収益は、前連結会計年度比169億円(5.8%)増加3,093億円となりました。

抗悪性腫瘍剤「オプジーボ点滴静注」は、競合環境が厳しくなるものの、食道がんへの使用が拡大したことなどにより、前連結会計年度比115億円(13.2%)増加の988億円となりました。

その他の主要新製品では、2型糖尿病治療剤「グラクティブ錠」は255億円(前連結会計年度比2.1%減)、糖尿病および慢性心不全治療剤「フォシーガ錠」は224億円(同23.7%増)、関節リウマチ治療剤「オレンシア皮下注」は219億円(同10.4%増)、血液透析下の二次性副甲状腺機能亢進症治療剤「パーサビブ静注透析用」は81億円(同13.9%増)、多発性骨髄腫治療剤「カイプロリス点滴静注用」は71億円(同18.8%増)となりました。

長期収載品は、後発品使用促進策の影響を受け、アルツハイマー型認知症治療剤「リバスタッチパッチ」は66億円(前連結会計年度比22.5%減)、末梢循環障害改善剤「オパルモン錠」は55億円(同34.5%減)、骨粗鬆症治療剤「リカルボン錠」は29億円(同39.9%減)となりました。

・ロイヤルティ・その他は、前連結会計年度比79億円9.1%)増加の947億円となりました。

 

[営業利益]

営業利益は、前連結会計年度比208億円(26.9%)増加983億円となりました。

・売上原価は、製品商品の売上が増加したことに加え、無形資産償却費が増加したことなどにより、前連結会計年度比65億円(8.2%)増加856億円となりました。

・研究開発費は、大学や研究機関との共同研究費やバイオベンチャーとの創薬提携にかかるマイルストンの支払いなどが増加しました。一方で、昨年6月以降、被験者登録を含めた開発活動を再開しましたが、新型コロナウイルス感染症の影響により治験費用が減少したことから、前連結会計年度比41億円(6.2%)減少624億円となりました。

販売費及び一般管理費(研究開発費を除く)は、新型コロナウイルス感染症の影響によるMRの医療機関訪問自粛などにより営業活動経費が減少しました。一方で、積極的なWeb講演会の実施、自社サイトのコンテンツ拡充や新たな営業プラットフォームの活用に伴う費用が増加するとともに、新製品上市および効能追加に係る費用やフォシーガ錠の売上拡大に伴うコプロフィーが増加したことなどにより、前連結会計年度比16億円(2.3%)増加692億円となりました。

・その他の収益は、昨年11月にロシュ社から抗PD-L1抗体関連特許に関するライセンス契約締結に伴う契約一時金を得たことなどにより、前連結会計年度比73億円増加の82億円となりました。

[親会社の所有者に帰属する当期利益]

親会社の所有者に帰属する当期利益は、税引前当期利益の増加に伴い、前連結会計年度比157億円(26.3%)増加754億円となりました。

 

<新型コロナウイルス感染症拡大による事業および業績への影響>

当社グループは、生命関連企業として医薬品の安定供給を図るため、関係会社や取引先とも連携し、安定供給を維持しており、当面の当社医薬品の生産および医療機関への供給体制に問題はありません。医療従事者への情報提供活動につきましては、感染拡大の防止を目的に、医療機関への訪問は自粛していましたが、昨年6月以降は、影響の少ない地域・医療機関から段階的に営業活動を再開し始め、従来の訪問形態に加え、Webを活用した面会やリモート講演会の企画など、新たな手段も取り入れながら情報提供活動に臨んでおります。また、在宅勤務の環境下でも医療従事者への情報提供、医薬品安全性情報の収集が実施できる体制へ移行しています。

当連結会計年度における新型コロナウイルス感染症拡大による業績への影響については、新規治験開始の延期や実施中の治験の中断およびMRの医療機関訪問自粛などがありましたが、営業利益に与える影響は軽微でした。翌連結会計年度の事業および業績への影響については、引き続き一定の活動制限が継続されることを想定しておりますが、営業利益に与える影響は引き続き軽微と見込んでおります。

 

なお、懸念される経営リスクについては、「2 事業等のリスク <主要なリスク>(17)新型コロナウイルス感染拡大について」に記載しています。

 

② キャッシュ・フローの状況

 (単位:百万円)

 

前連結会計年度

当連結会計年度

対前年度増減額

現金及び現金同等物の期首残高

59,981

69,005

 

営業活動によるキャッシュ・フロー

74,157

73,977

△180

投資活動によるキャッシュ・フロー

△10,234

△57,586

△47,351

財務活動によるキャッシュ・フロー

△54,721

△24,754

29,967

現金及び現金同等物の増減額(△は減少)

9,202

△8,363

 

現金及び現金同等物に係る為替変動による影響額

△179

403

 

現金及び現金同等物の期末残高

69,005

61,045

 

 

 

当連結会計年度における現金及び現金同等物の増減額は、84億円の減少となりました。

 

(営業活動によるキャッシュ・フロー)

当連結会計年度において営業活動によるキャッシュ・フローは、法人所得税等の支払額341億円などがあった一方で、税引前当期利益1,009億円などがあった結果、740億円の収入となりました。

 

(投資活動によるキャッシュ・フロー)

当連結会計年度において投資活動によるキャッシュ・フローは、定期預金の預入による支出(純額)501億円や無形資産の取得による支出133億円などがあった結果、576億円の支出となりました。

 

(財務活動によるキャッシュ・フロー)

当連結会計年度において財務活動によるキャッシュ・フローは、配当金の支払額224億円などがあった結果248億円の支出となりました。

 

③ 生産、受注及び販売の実績

(1) 生産実績

当連結会計年度における生産実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。

(単位:百万円) 

セグメントの名称

生産高

対前年度増減率

医薬品事業

213,005

20.6%

合計

213,005

20.6%

 

(注) 1 金額は、売価換算額(消費税等抜き)によっております。

2 連結会社間の取引は相殺消去しております。

3 当社グループのセグメントは、「医薬品事業」単一であります。

 

(2) 受注状況

当社グループでは、主に販売計画に基づいて生産計画を策定し、これに基づき生産を行っております。受注生産は一部の連結子会社で行っておりますが、受注残高の金額に重要性はないため、記載を省略しております。

 

(3) 販売実績

当連結会計年度における販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。

 (単位:百万円) 

セグメントの名称

販売高

対前年度増減率

医薬品事業

309,284

5.8%

合計

309,284

5.8%

 

(注) 1 連結会社間の取引は相殺消去しております。

2 当社グループのセグメントは、「医薬品事業」単一であります。

3 主な相手先別の販売実績および総販売実績に対する割合は、次のとおりであります。

  (単位:百万円) 

相手先

前連結会計年度

当連結会計年度

金額

割合

金額

割合

ブリストル・マイヤーズ スクイブ社
およびそのグループ会社

66,826

22.9%

65,470

21.2%

㈱メディパルホールディングス
およびそのグループ会社

46,295

15.8%

47,577

15.4%

㈱スズケンおよびそのグループ会社

45,828

15.7%

46,404

15.0%

アルフレッサホールディングス㈱
およびそのグループ会社

31,894

10.9%

34,422

11.1%

東邦ホールディングス㈱
およびそのグループ会社

30,637

10.5%

32,596

10.5%

 

(注) 4 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。 

 

 

(2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容、資本の財源及び資金の流動性に関する状況は次のとおりであります。

  

①経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

医薬品業界においては、新薬創製の成功確率は年々低下し、研究開発費負担が増大するとともに、医療制度改革による種々の医療費抑制政策が強化されるなど、新薬開発型企業にとっては厳しい経営環境が続いています。このような経営環境の中、当社グループでは、「製品価値最大化」「研究開発体制の変革」「海外への挑戦」「企業基盤の強化」を経営上の重要課題と捉え、これらの課題を達成していくことにより、持続的な成長に努めています。

当社グループの収益は、医薬品事業の単一セグメントですが、売上収益の内訳としては、「製品商品」「ロイヤルティ・その他」に区分しています。

「製品商品」については、抗悪性腫瘍剤「オプジーボ点滴静注」の売上収益が、経営成績に重要な影響を与えるものと認識しています。「オプジーボ点滴静注」については、これまでの薬価の引き下げに加え、今後も競合他社製品との競争は激化すると予想されるものの、これまで承認取得したがん腫での使用拡大に加え、新たな適応がん腫の拡大と治療ラインの拡大、併用療法の開発等により使用対象患者数の拡大を見込んでおり、持続的に伸長できると考えています。

「ロイヤルティ・その他」については、ブリストル・マイヤーズ スクイブ社からの「オプジーボ点滴静注」に係るロイヤルティ収入等が、経営成績に重要な影響を与えるものと認識しています。引き続き、ブリストル・マイヤーズ スクイブ社との協力関係を維持することで、グローバルにおいても、「オプジーボ点滴静注」のさらなる適応拡大と治療ラインの拡大、併用療法の開発等により使用対象患者数の拡大を見込んでおり、中期的に伸長できるものと考えています。

また、「オプジーボ点滴静注」の価値最大化に加え、「オプジーボ点滴静注」のような革新的新薬を継続的に創出できるような研究開発力の強化に取り組んでおり、研究開発費の増大が、経営成績に重要な影響を与えるものと認識しています。当社独自の化合物オリエントという創薬アプローチ法を基盤としつつ、いまだ満たされない医療ニーズの高いがんや免疫疾患、中枢神経疾患、スペシャリティ領域を重点研究領域に据えて、経営資源を集中させ、効率的な経費支出に努めることで、利益の確保も図っていきます。

中期的には、研究開発費は増加するものの、売上収益の拡大により売上収益の20~25%程度を投資しつつ、かつ営業利益率20%以上を目指していきたいと考えています。また、これらの水準を目標としつつ、売上収益の拡大によって利益拡大を図ることがROEの水準を高めていくことにつながるものと考えています。なお、当連結会計年度は、売上収益に対する研究開発費率20.2%(前連結会計年度22.7%)、営業利益率31.8%(前連結会計年度26.4%)、ROE12.6%(前連結会計年度10.7%)でありました。

 

②資本の財源及び資金の流動性に関する状況

当社グループは、円滑な事業活動に必要となる流動性の確保と財務の健全性および安全性の確保を資金調達の基本方針としており、市場環境等を考慮した上で、有効かつ機動的な資金調達を実施していきます。資金需要としては、研究開発投資に加え、有形・無形の固定資産への投資が中心となりますが、当社グループでは以前より流動資産が流動負債を大きく上回っており、資金の源泉については、内部資金を充当しています。

当連結会計年度末の流動資産は、2,476億円(内、現金及び現金同等物は610億円)、流動負債は937億円であり、必要な流動性は十分に満たしていると認識しています。

 

 

③重要な会計方針及び見積り

当社グループの連結財務諸表は、収益および費用、資産および負債の測定に関する経営者の見積りおよび仮定を含んでおります。これらの見積りおよび仮定は過去の実績および決算日において合理的であると考えられる様々な要因等を勘案した経営者の最善の判断に基づいております。しかし、その性質上、将来において、これらの見積りおよび仮定とは異なる結果となる可能性があります。

見積りおよびその基礎となる仮定は経営者により継続して見直されております。これらの見積りおよび仮定の見直しによる影響は、その見積りおよび仮定を見直した期間およびそれ以降の期間において認識しております。

当社グループの連結財務諸表で認識する金額に重要な影響を与える見積りおよび仮定は以下のとおりであります。

なお、新型コロナウイルス感染症の影響等、不確実性が大きく将来事業計画等の見込数値に反映させることが難しい要素もありますが、期末時点で入手可能な情報をもとに検証を行っております。

 

(1)無形資産(特許権及びライセンス等)の減損

当社グループは、無形資産について、回収可能価額が帳簿価額を下回る兆候がある場合には、減損テストを実施しております。

減損テストを実施する契機となる重要な要素には、過去あるいは見込まれる営業成績に対しての著しい実績の悪化、取得した資産の用途の著しい変更ないし戦略全体の変更、業界トレンドや経済トレンドの著しい悪化等が含まれます。減損テストに使用する資産の回収可能価額は、適切な利率で割り引かれたリスク調整後の将来キャッシュ・フロー評価によって測定する使用価値を基礎に測定しております。将来キャッシュ・フローは事業予測に基づいて決定しております。将来の事象によって、減損テストに用いられた仮定が変更され、その結果、当社グループの将来の業績に影響を及ぼす可能性があります。

 

(2)特許権等実施料引当金

当社グループは、第三者への特許権等実施料の支出に備えて、その発生額を見積り、認識・測定しております。なお、IAS第37号「引当金、偶発債務及び偶発資産」(以下、「IAS第37号」)の規定等で要求されている情報は、今後の協議等の結果に影響を与える可能性があるため個別に開示せず、IAS第37号第92項の規定に従って開示しています。

 

(3)繰延税金資産の回収可能性

資産および負債の会計上の帳簿価額と税務上の金額との間に生じる一時差異に係る税効果については、繰延税金資産を回収できる課税所得が生じると見込まれる範囲において、当該一時差異に適用される法定実効税率を使用して繰延税金資産を計上しております。

 

(4)退職給付会計の基礎率

当社グループは確定給付型を含む複数の退職給付制度を有しております。

確定給付制度債務の現在価値および関連する勤務費用等は、数理計算上の仮定に基づいて算定しております。数理計算上の仮定には、割引率や利息の純額等の変数についての見積りおよび判断が求められます。

当社グループは、これらの変数を含む数理計算上の仮定の適切性について、外部の年金数理人からの助言を得ております。

数理計算上の仮定は、経営者の最善の見積りと判断により決定しておりますが、将来の不確実な経済条件の変動の結果によって影響を受ける可能性があり、見直しが必要となった場合、連結財務諸表において認識する金額に重要な影響を与える可能性があります。

 

(5)偶発債務の将来の経済的便益の流出の可能性

当社グループは、製造または販売する製品が第三者の知的財産権に抵触した場合や、通常の事業活動を営む上で、様々な訴訟や賠償要求を受ける可能性があります。不利益な結果を引き起こす可能性が高く、かつ、その金額を合理的に見積ることができる場合には、当該債務を計上します。見積りを行う際には、当社グループが受けている訴訟の進捗および他の会社が受けている同種の訴訟やその他関連する事項を考慮します。発生した負債は見積りに基づいており、将来における偶発債務の発展や解決に大きく影響されます。
 引当金の認識基準を満たさない債務については、その発生可能性および金額的影響等を入手可能な情報に基づいて考慮した上で、偶発債務として注記しております。

 

 

4 【経営上の重要な契約等】

(1) 技術導出契約等

 

会社名

契約先

所在地

契約内容

対価の受取

契約締結年
および契約期間

当社

ロシュ社

スイス

抗PD-L1抗体に係る技術

契約一時金
ロイヤルティ

2020.11より該当特許の満了年まで

リジェネロン社/
サノフィ社

米国/
フランス

抗PD-1抗体に係る技術

契約一時金
ロイヤルティ

2018.8より該当特許の満了年まで

インサイト社

アメリカ

抗PD-1抗体に係る技術

契約一時金
ロイヤルティ

2017.11より該当特許の満了年まで

メルク社

アメリカ

抗PD-1抗体に係る技術

契約一時金
ロイヤルティ

2017.1より該当特許の満了年まで

参天製薬株式会社

日本

ONO-9054の製造・開発・販売に関する契約

契約一時金
ロイヤルティ

2016.3より対価の支払いが完了するまで

ギリアド・サイエンシズ社

アメリカ

ONO-4059の開発・販売に関する契約

契約一時金
ロイヤルティ

2014.12より対価の支払いが完了するまで

Meiji Seika ファルマ株式会社

日本

リマプロスト アルファデクスの販売に関する契約(タイ)

契約一時金
ロイヤルティ

2014.7より販売後
10年間、その後2年毎の自動更新

ブリストル・マイヤーズ スクイブ社

アメリカ

ヒト型抗ヒトPD-1モノクローナル抗体に関する技術

ロイヤルティ

2011.9より、特許有効期間または発売後13年間のいずれか長い方

東亜製薬株式会社

韓国

プランルカスト水和物の販売に関する契約

1995.5
自動更新中

東亜製薬株式会社

韓国

リマプロスト アルファデクスの販売に関する契約

1990
自動更新中

日盛新薬株式会社

韓国

メシル酸カモスタットの販売に関する契約

1986
自動更新中

サノフィ・アベンティス社

フランス

ゲメプロストの販売に関する契約

1981
自動更新中

 

 

 

(2) 技術導入契約等

 

会社名

契約先

所在地

契約内容

対価の支払

契約締結年
および契約期間

当社

ライボンセラピューティクス社

アメリカ

PARP7阻害剤に関する技術

契約一時金

ロイヤルティ

2021.2より対価の

支払いが完了するまで

コーディアセラピューティクス株式会社

日本

MALT1阻害剤に関する技術

契約一時金

ロイヤルティ

2020.12より対価の

支払いが完了するまで

エスケーバイオファーマシューティカルズ社

韓国

Cenobamateに関する技術

契約一時金

ロイヤルティ

2020.10より対価の

支払いが完了するまで

ギリアド・サイエンシズ社

アメリカ

抗CD47抗体に関する技術

契約一時金
ロイヤルティ

2019.7より該当特許の満了年まで

ラファエル社

アメリカ

CPI-613(devimistat)に関する技術

契約一時金
ロイヤルティ

2019.6より対価の支払いが完了するまで

リペア社

カナダ

Polθ阻害剤に関する技術

研究資金
契約一時金
ロイヤルティ

2019.1より対価の支払いが完了するまで

フェイト社

アメリカ

iPS細胞由来他家CAR-T細胞
治療薬に関する共同研究

研究資金
契約一時金
ロイヤルティ

2018.9より、発売後15年間または特許有効期間のいずれか長い方

生化学工業株式会社

日本

SI-613に関する技術

契約一時金

2017.8より発売後10年間、その後2年毎の自動更新

ファイザー社

アメリカ

エンコラフェニブおよびビニメチニブに関する技術

契約一時金
ロイヤルティ

2017.5より対価の支払いが完了するまで

メラス社

オランダ

二重特異性抗体に関する共同研究

研究資金
契約一時金
ロイヤルティ

2014.4より
特許有効期間

ボシュ ヘルス社

アメリカ

メチロシンに関する技術

契約一時金
ロイヤルティ

2013.10より
データ保護期間

ビアル社

ポルトガル

BIA9-1067(Opicapone)に関する技術

契約一時金

2013.4より、データ保護期間または特許有効期間のいずれか長い方

セルヴィエ社

フランス

イバブラジンに関する技術

契約一時金
ロイヤルティ

2011.9より、データ保護期間または特許有効期間のいずれか長い方

アムジェン社

アメリカ

AMG-416に関する技術

契約一時金
ロイヤルティ

2011.9より、データ保護期間、特許有効期間または発売後10年間のいずれか長い方

ブリストル・マイヤーズ スクイブ社

アメリカ

関節リウマチ治療剤の共同開発・共同販売

2011.9より、特許有効期間または発売後13年間のいずれか長い方

アムジェン社

アメリカ

カルフィルゾミブとONX0912に関する技術

契約一時金
ロイヤルティ

2010.9より、発売後12年間または特許有効期間のいずれか長い方

ヘルシン社

スイス

癌性悪液質治療剤に関する技術

契約一時金
ロイヤルティ

2006.10より、発売後10年間または特許有効期間のいずれか長い方

サカラ社

アメリカ

キナーゼを標的とした共同研究

研究資金
契約一時金
ロイヤルティ

2006.7より、発売後5年間または特許有効期間のいずれか長い方

 

 

会社名

契約先

所在地

契約内容

対価の支払

契約締結年
および契約期間

当社

ノバルティス社 /
ノバルティスファーマ

株式会社

スイス/日本

リバスチグミン貼付剤の共同開発・共同販売

契約一時金

2005.12より、発売後10年間または特許有効期間のいずれか長い方

メルク社

アメリカ

糖尿病治療剤の共同開発・共同販売

2004.11より
特許有効期間

メルク社

アメリカ

アプレピタントに関する技術

2004.11より
特許有効期間

杏林製薬株式会社

日本

頻尿・尿失禁治療剤の共同開発・共同販売

契約一時金

2000.10より、発売後10年間または特許有効期間のいずれか長い方

アステラス製薬

株式会社

日本

ビスフォスフォネート製剤の共同開発・共同販売

契約一時金
ロイヤルティ

1999.1より、発売後10年間または特許有効期間のいずれか長い方
以後自動更新

 

 

(3) 販売契約

 

会社名

契約先

所在地

契約内容

契約期間

当社

アストラゼネカ社

イギリス

ダパグリフロジンに関する
コ・プロモーション

2013.12より発売後12年間または物質特許満了日のいずれか遅い期間ま

東洋紡株式会社

日本

診断用試薬および医療用器械の販売

1972.3 自動更新中

東洋製薬化成株式会社

日本

医療用医薬品および局方品の販売

自動更新中

 

 

(4) その他提携契約等

 

会社名

契約先

所在地

契約内容

対価の受取・支払

契約締結年
および契約期間

当社

ペプチドリーム株式会社

日本

創薬開発プラットフォームシステムに関する非独占的ライセンス契約

契約一時金

ロイヤルティ

2021.3より対価の支払いが完了するまで

バイエル社/
ブリストル・マイヤーズ
スクイブ社

ドイツ/
アメリカ

ニボルマブとレゴラフェニブとの併用療法に関する開発提携

2019.7より併用療法の試験終了まで

ファイザー社

アメリカ

PD-1特許訴訟に伴う和解契約

一時金

ロイヤルティ

2019.2より該当特許の満了年まで

エーザイ株式会社

日本

ニボルマブとレンビマとの併用療法に関する開発提携

2017.9より併用療法の試験終了まで

アジレント社

アメリカ

オプジーボのためのPD-L1コンパニオン診断薬の開発提携

2015.2よりオプジーボを販売している期間

協和発酵キリン

株式会社

日本

ニボルマブとモガムリズマブとの併用療法に関する開発提携

2014.12より併用療法の試験終了まで

ブリストル・マイヤーズ スクイブ社

アメリカ

日韓台におけるオプジーボ、ipilimumab、lirilumab、urelumabおよびBMS-986016に関する共同開発・商業化

開発費用の分担に応じた利益の配分

2014.7より製品を販売している期間

 

 

5 【研究開発活動】

当社グループは、病気と苦痛に対する人間の闘いのために」という企業理念のもと、これまで克服されていない病気や、いまだ患者さんの治療満足度が低く、医療ニーズの高い疾患領域に挑戦し、独創的かつ画期的な医薬品の創製に向けて努力を積み重ねています。

現在、開発パイプラインには、オプジーボに加えて、抗体医薬品を含む抗がん剤の新薬候補化合物をはじめ、自己免疫疾患や神経系疾患の治療薬候補などがあり、開発を進めています。なかでも、がん治療の領域はアンメット・メディカル・ニーズが高いことから、重要な戦略分野と位置づけています。

創薬研究においては、特長のある生理活性脂質や独自の標的分子に着目して画期的な新薬候補化合物の創製を目指す創薬アプローチ「化合物オリエント」をベースに、重点領域毎に設置している「オンコロジー研究センター」「イムノロジー研究センター」「ニューロロジー研究センター」「スペシャリティ研究センター」で、それぞれの疾患ノウハウを蓄積し、医療ニーズを適切に捉えることで、医療インパクトのある画期的新薬の創製につなげることに取り組んでいます。さらに、オープン・イノベーションをグローバルで積極的に展開し、世界最先端の技術や情報を取り入れ、世界トップクラスの研究者とのネットワークを構築するとともに、従来の低分子創薬に加え、抗体や細胞、ウイルスなどの生物製剤も利用することで、医療現場に革新をもたらす新薬の創製を目指します。また、ライセンス活動による有望な新薬候補化合物の導入にも努め、研究開発活動の一層の強化に取り組んでいます。

当連結会計年度における研究開発活動の主な成果(2021年4月26日時点まで)は、以下のとおりです。

 

[開発品の主な進捗状況]

<がん領域>

「オプジーボ/ニボルマブ」(他剤との併用療法を含む)

胃がん

・昨年5月、国内で「治癒切除不能な進行・再発の胃がん」を効能・効果とした承認申請を行いました(ATTRACTION-4 試験:ONO-4538-37の臨床試験のデータに基づき行いました。)。

・昨年12月、国内で「治癒切除不能な進行・再発の胃がん」を効能・効果とした承認申請を行いました(CheckMate-649 試験:ONO-4538-44およびATTRACTION-4 試験:ONO-4538-37の臨床試験のデータに基づき行いました。)。

食道がん

・昨年4月に韓国で、昨年6月に台湾で「フッ化ピリミジン系薬剤及びプラチナ系薬剤を含む化学療法に不応または不耐の根治切除不能な進行・再発の食道扁平上皮がん」を効能・効果とした承認を取得しました。

・本年2月、国内で「食道がんの術後補助療法」を効能・効果とした承認申請を行いました。

結腸・直腸がん

・昨年9月、国内で「ヤーボイ」との併用療法について、「がん化学療法後に増悪した治癒切除不能な進行・再発の高頻度マイクロサテライト不安定性(MSI-High:microsatellite instability-High)を有する結腸・直腸がん」を効能・効果とした承認を取得しました。

悪性胸膜中皮腫

・昨年10月、国内で「ヤーボイ」との併用療法について、「切除不能な進行・再発の悪性胸膜中皮腫」を効能・効果とした承認申請を行いました。

腎細胞がん

・昨年10月、国内で武田薬品工業株式会社が開発中のキナーゼ阻害剤「カボメティクス錠/カボザンチニブリンゴ酸塩」との併用療法について、「根治切除不能又は転移性の腎細胞がん」を効能・効果とした承認申請を行いました。

小細胞肺がん

・昨年10月、単剤および「ヤーボイ」との併用療法について、「小細胞肺がん」を対象としたフェーズⅢ試験を実施していましたが、戦略上の理由により国内での開発を中止しました。

非小細胞肺がん

・昨年11月、国内でプラチナ製剤を含む化学療法との併用療法、「ヤーボイ」との併用療法および「ヤーボイ」とプラチナ製剤を含む化学療法との併用療法について、「切除不能な進行・再発の非小細胞肺がん」を効能・効果とした承認を取得しました。

 

・昨年12月、韓国で「ヤーボイ」との併用療法について、「EGFR又はALK遺伝子変異陰性の進行・再発の非小細胞肺がん」(PD-L1発現率が1%以上の患者)を効能・効果とした承認を取得しました。

・昨年12月、韓国で「ヤーボイ」とプラチナ製剤を含む化学療法との併用療法について、「EGFR又はALK遺伝子変異陰性の進行・再発の非小細胞肺がん」を効能・効果とした承認を取得しました。

・本年2月、台湾で「ヤーボイ」との併用療法について、「EGFR又はALK遺伝子変異陰性の進行・再発の非小細胞肺がん」(PD-L1発現率が1%以上の患者)を効能・効果とした承認を取得しました。 

・本年2月、台湾で「ヤーボイ」とプラチナ製剤を含む化学療法との併用療法について、「EGFR 又はALK遺伝子変異陰性の進行・再発の非小細胞肺がん」を効能・効果とした承認を取得しました。 

胆道がん

・昨年11月、日本、韓国、台湾で「胆道がん」を対象としたフェーズⅡ試験を開始しました。

尿路上皮がん

・本年3月、国内で「尿路上皮がんの術後補助療法」を効能・効果とした承認申請を行いました。

原発不明がん

・本年4月、国内で「原発不明がん」を効能・効果とした承認申請を行いました。

膠芽腫

・本年1月、「膠芽腫」を対象とした開発を実施していましたが、期待していた効果が得られないと判断し、国内での開発を中止しました。

固形がん(子宮頸がん、子宮体がん及び軟部肉腫)

・本年4月、「固形がん(子宮頸がん、子宮体がん及び軟部肉腫)」を対象とした開発を実施していましたが、戦略上の理由により国内での開発を中止しました。

中枢神経系原発リンパ腫/精巣原発リンパ腫

・本年4月、「中枢神経系原発リンパ腫/精巣原発リンパ腫」を対象とした開発を実施していましたが、戦略上の理由により国内での開発を中止しました。

用法及び用量

昨年9月、国内で単剤投与時における用法及び用量(1回480㎎を4週間間隔で点滴静注)の追加に係る承認を取得しました。

・本年1月、国内で「再発又は難治性の古典的ホジキンリンパ腫」に対する小児の用法及び用量の追加に係る承認申請を行いました。

「ベレキシブル錠/チラブルチニブ塩酸塩」

・昨年8月、国内でBtk阻害剤「ベレキシブル錠」について、「原発性マクログロブリン血症及びリンパ形質細胞リンパ腫」を効能・効果とした承認を取得しました。

・「ベレキシブル錠」について、2014年に米国Gilead社に導出しましたが、Gilead社のテリトリーにおけるがん領域の権利が返還されました。なお、Gilead社は、引き続きがん領域以外の権利を保有しています。

「ビラフトビカプセル/エンコラフェニブ」「メクトビ錠/ビニメチニブ」

・昨年11月、国内でBRAF阻害剤「ビラフトビカプセル」およびMEK阻害剤「メクトビ錠」について、「ビラフトビカプセル」と「メクトビ錠」および抗ヒトEGFRモノクローナル抗体である「セツキシマブ」との3剤併用療法、および「ビラフトビカプセル」と「セツキシマブ」の2剤併用療法における「がん化学療法後に増悪した BRAF遺伝子変異を有する治癒切除不能な進行・再発の結腸・直腸癌」を効能・効果とした承認を取得しました。

・昨年11月、国内で「ビラフトビカプセル」および「メクトビ錠」の併用療法について、「BRAF遺伝子変異を有する甲状腺がん」を対象としたフェーズⅡ試験を開始しました。

「カイプロリス/カルフィルゾミブ」

・昨年11月、国内でプロテアソーム阻害剤「カイプロリス」について、すでに承認されている「再発又は難治性の多発性骨髄腫」の効能・効果において、「カイプロリス」の週2回のレジメンで、「デキサメタゾン」およびヒト型抗CD38モノクローナル抗体「ダラザレックス点滴静注/ダラツムマブ」との新たな併用(DKd)療法が可能になりました。

 

「エドルミズ錠/アナモレリン塩酸塩」

・本年1月、国内でグレリン様作用薬「エドルミズ錠/アナモレリン塩酸塩」について、「悪性腫瘍(非小細胞肺癌、胃癌、膵癌、大腸癌)におけるがん悪液質」を効能・効果とした承認を取得しました。  

「ONO-7912(CPI-613)/Devimistat」

・昨年6月、がん代謝阻害薬「ONO-7912(CPI-613)/Devimistat」について、国内で「膵がん」を対象としたフェーズⅠ試験を開始しました。

「ONO-4687(BMS-986227)/Cabiralizumab」

・昨年10月、抗CSF-1R抗体「ONO-4687(BMS-986227)/Cabiralizumab」について、「膵がん」を対象としたフェーズⅡ試験を実施していましたが、試験を中止しました。

「ONO-4578」

昨年9月、国内でプロスタグランディン受容体(EP4)拮抗薬「ONO-4578」について、「結腸・直腸がん」を対象としたフェーズⅠ試験を開始しました。

・昨年11月、国内で「ONO-4578」について、「膵がん」を対象としたフェーズⅠ試験を開始しました。

・昨年12月、国内で「ONO-4578」について、「非小細胞肺がん」を対象としたフェーズⅠ試験を開始しました。  

<がん領域以外>

「パーサビブ静注透析用シリンジ/エテルカルセチド塩酸塩」

・昨年6月、国内で新たに静注透析用シリンジ製剤の承認を取得しました。

「オノアクト/ランジオロール塩酸塩」

・昨年6月、国内で「敗血症に伴う頻脈性不整脈(心房細動、心房粗動、洞性頻脈)」を効能・効果とした承認を取得しました。

「オンジェンティス錠/ONO-2370/オピカポン」

・昨年6月、国内でCOMT阻害剤「オンジェンティス錠/ONO-2370/オピカポン」について、「レボドパ・カルビドパ又はレボドパ・ベンセラジド塩酸塩との併用によるパーキンソン病における症状の日内変動(wearing-off 現象)の改善」を効能・効果とした承認を取得しました。

「フォシーガ錠/ダパグリフロジンプロピレングリコール水和物」

・昨年11月、選択的SGLT2阻害剤「フォシーガ錠/ダパグリフロジンプロピレングリコール水和物」について、国内で「標準治療を受けている慢性心不全」を効能・効果として承認されました。

「ジョイクル関節注/ジクロフェナクエタルヒアルロン酸ナトリウム」

・本年3月、変形性関節症治療剤「ジョイクル関節注/ジクロフェナクエタルヒアルロン酸ナトリウム」について、国内で「変形性関節症(膝関節、股関節)」を効能・効果として承認されました。

「フオイパン錠/カモスタットメシル酸塩」

・昨年6月、国内で蛋白分解酵素阻害剤「フオイパン錠」について、新型コロナウイルス感染症に関するフェーズⅠ試験を開始しました。

・昨年11月、国内で「フオイパン錠」について、新型コロナウイルス感染症を対象としたフェーズⅢ試験を開始しました。

「ONO-2910」

・昨年6月、国内でシュワン細胞分化促進薬「ONO-2910」について、健康成人男性を対象としたフェーズⅠ試験を開始しました。

・本年4月、国内で「ONO-2910」について、「糖尿病性多発神経障害」を対象としたフェーズⅡ試験を開始しました。

「ONO-2909」

・昨年11月、国内でプロスタグランディン受容体(DP1)拮抗薬「ONO-2909」について、健康成人および「ナルコレプシー」を対象としたフェーズⅠ試験を開始しました。

 

「ベレキシブル錠/チラブルチニブ塩酸塩」

・昨年12月、国内でBtk阻害剤「ベレキシブル錠」について、「全身性強皮症」を対象としたフェーズⅠ試験を開始しました。 

「ONO-2808」

・本年1月、国内でS1P5受容体作動薬「ONO-2808」について、フェーズⅠ試験を開始しました。

「ONO-7269」

・本年1月、FXIa阻害薬「ONO-7269」について、「脳梗塞」を対象とした開発を実施していましたが、戦略上の理由により国内での開発を中止しました。

 

[創薬/研究提携活動の状況]

・本年3月、ペプチドリーム株式会社と、同社独自の創薬開発プラットフォームシステム(Peptide Discovery Platform System)の自動化プラットフォームに関する非独占的ライセンス許諾契約を締結しました。

・本年3月、米国カリフォルニア大学に加盟する7校の早期段階の研究テーマにアプローチするとともに、加盟7校の革新的な創薬アイデアに基づく創薬研究を効率的に促進することを目的として、同校の創薬コンソーシアムに参画しました。

[ライセンス活動の状況]

・昨年10月、韓国 SK Biopharmaceuticals社と、同社の抗てんかん薬である「Cenobamate」について、日本において独占的に開発および商業化するライセンス契約を締結しました。

・昨年12月、 Chordia Therapeutics株式会社と、同社が開発中のMALT1阻害剤「CTX-177」について、全世界において独占的に開発および商業化するライセンス契約を締結しました。

・本年2月、米国 Ribon Therapeutics 社と、同社が開発中のPARP7阻害剤「RBN-2397」について、日本、韓国、台湾およびASEAN諸国において独占的に開発および商業化するライセンス契約を締結しました。

 

  当連結会計年度の研究開発費の総額は、62,528百万円であります。

なお、当社グループの事業は医薬品事業の単一セグメントであるため、セグメントごとの記載を省略しております。

 

第3 【設備の状況】

 

1 【設備投資等の概要】

当連結会計年度の設備投資につきましては、研究設備の増強・維持投資6,029百万円、生産設備の増強・維持投資1,568百万円、営業設備等の増強・維持投資1,503百万円など、合計9,100百万円の投資を実施しました。

 当連結会計年度における重要な設備の除却または売却はありません。

 

また、当社グループの事業は医薬品事業の単一セグメントであるため、セグメントごとの記載を省略しております。

 

2 【主要な設備の状況】

(1) 提出会社

2021年3月31日現在

事業所名
(所在地)

セグメント
の名称

設備の内容

帳簿価額(百万円)

従業員数
(名)

建物及び
構築物

機械装置
及び運搬具

土地
(面積㎡)

使用権

資産

その他

合計

本社
(大阪市中央区)

医薬品事業

その他設備

3,149

2,050

(1,709)

740

108

6,046

767

東京支社
(東京都中央区)

同上

同上

6,011

8,840

(1,340)

63

14,914

138

東京支店

(東京都中央区)

同上

同上

8

(―)

625

2

635

182

横浜支店
(横浜市港北区)

同上

同上

785

946

(877)

172

8

1,911

76

東海支店
(名古屋市中区)

同上

同上

327

190

(568)

527

7

1,051

150

大阪支店
(大阪市中央区)

同上

同上

336

1,806

(1,483)

642

20

2,804

335

九州沖縄支店
(福岡市博多区)

同上

同上

374

245

(1,347)

673

12

1,304

145

フジヤマ工場
(静岡県富士宮市)

同上

医薬品

製造設備

6,514

3,803

1,900

(112,832)

121

183

12,520

107

山口工場
(山口県山口市)

同上

同上

12,816

4,759

476

(57,711)

917

363

19,332

28

水無瀬研究所
(大阪府三島郡島本町)

同上

研究施設
設備等

14,314

5

4,588

(38,493)

112

6,606

25,625

566

福井研究所
(福井県坂井市)

同上

同上

531

0

1,050

(161,329)

9

285

1,875

40

筑波研究所
(茨城県つくば市)

同上

研究施設
設備

1,315

1,900

(98,081)

2

1,034

4,251

74

城東製品開発センター
(大阪市東成区)

同上

同上

2,704

888

993

(4,965)

148

4,733

57

 

(注) 1 帳簿価額には、建設仮勘定の金額を含んでおりません。なお、金額には消費税等を含んでおりません。

2 帳簿価額のその他の内容は、工具器具及び備品であります。

3 現在休止中の主要な設備はありません。

4 営業所等は、その所属するそれぞれの事業所に含めております。

5 城東工場は、2020年4月1日付で「城東製品開発センター」に変更いたしました。

 

 

(2) 国内子会社

2021年3月31日現在

会社名

事業所名
(所在地)

セグメント
の名称

設備の内容

帳簿価額(百万円)

従業
員数
(名)

建物及び
構築物

機械装置
及び
運搬具

土地
(面積㎡)

使用権
資産

その他

合計

東洋製薬化成㈱

本社
(大阪市中央区)

医薬品事業

その他設備

(―)

0

0

4

城東工場
(大阪市鶴見区)

同上

研究製造
施設設備

1,134

1,283

1,733

(11,925)

88

4,237

127

淡路工場
(大阪市東淀川区)

同上

製造設備等

4

82

(―)

3

89

32

㈱ビーブランド・
メディコーデンタル

本社
(大阪市東淀川区)

同上

その他設備

7

(―)

1

8

11

 

(注) 1 帳簿価額には、建設仮勘定の金額を含んでおりません。なお、金額には消費税等を含んでおりません。

2 帳簿価額のその他の内容は、工具器具及び備品であります。

3 現在休止中の主要な設備はありません。

 

(3) 在外子会社

2021年3月31日現在

会社名

事業所名
(所在地)

セグメント
の名称

設備の内容

帳簿価額(百万円)

従業
員数
(名)

建物及び
構築物

機械装置
及び
運搬具

土地
(面積㎡)

使用権
資産

その他

合計

オノ・ファーマ・
ユーエスエー インク

本社
(米国マサチューセッツ州)

医薬品事業

その他設備

(―)

1,751

5

1,756

31

オノ・ファーマ・
ユーケー・リミテッド

本社
(英国ロンドン)

同上

同上

19

(―)

105

16

140

35

韓国小野薬品工業㈱

本社
(韓国ソウル
特別市)

同上

同上

7

(―)

90

3

101

40

台灣小野藥品工業股份有限公司

本社
(台湾台北市)

同上

同上

(―)

200

16

216

38

オノ ベンチャー インベストメント インク

本社

(米国カリフォルニア州)

同上

同上

(―)

55

55

1

 

(注) 1 帳簿価額には、建設仮勘定の金額を含んでおりません。なお、金額には消費税等を含んでおりません。

2 帳簿価額のその他の内容は、工具器具及び備品であります。

3 現在休止中の主要な設備はありません。

 

3 【設備の新設、除却等の計画】

 重要な設備の新設等

該当事項はありません。

 

第4 【提出会社の状況】

 

1 【株式等の状況】

(1) 【株式の総数等】

① 【株式の総数】

 

種類

発行可能株式総数  (株)

普通株式

1,500,000,000

1,500,000,000

 

 

② 【発行済株式】