EDINET閲覧(提出)サイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)をもとに上場企業サーチ作成

本ページはEDINETに提出された開示情報を上場企業サーチが加工/編集したものであり、記載された情報の正確性および完全性について上場企業サーチは一切の保証を行いません。本ページの情報を利用する際は自己の責任で判断頂き、意思決定に際しては適宜EDINETや提出会社が公開するオリジナルを参照する様にしてください。本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

 

【表紙】

 

【提出書類】

四半期報告書

【根拠条文】

金融商品取引法第24条の4の7第2項

【提出先】

関東財務局長

【提出日】

2020年8月7日

【四半期会計期間】

第72期第1四半期(自 2020年4月1日 至 2020年6月30日)

【会社名】

日立化成株式会社

【英訳名】

Hitachi Chemical Company, Ltd.

【代表者の役職氏名】

代表取締役    丸山   寿

【本店の所在の場所】

東京都千代田区丸の内一丁目9番2号

【電話番号】

03(5533)7000

【事務連絡者氏名】

法務部 法務グループ 法務担当部長  高橋  毅

【最寄りの連絡場所】

東京都千代田区丸の内一丁目9番2号

【電話番号】

03(5533)7000

【事務連絡者氏名】

法務部 法務グループ 法務担当部長  高橋  毅

【縦覧に供する場所】

該当事項なし

 

 

E01013 42170 日立化成株式会社 Hitachi Chemical Company, Ltd. 企業内容等の開示に関する内閣府令 第四号の三様式 IFRS true cte 2020-04-01 2020-06-30 Q1 2021-03-31 2019-04-01 2019-06-30 2020-03-31 1 false false false E01013-000 2020-08-07 E01013-000 2019-04-01 2019-06-30 E01013-000 2019-04-01 2020-03-31 E01013-000 2020-04-01 2020-06-30 E01013-000 2019-06-30 E01013-000 2020-03-31 E01013-000 2020-06-30 E01013-000 2020-08-07 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E01013-000 2020-06-30 jpcrp_cor:SharesWithNoVotingRightsMember E01013-000 2020-06-30 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsTreasurySharesEtcMember E01013-000 2020-06-30 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsOtherMember E01013-000 2020-06-30 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsOtherMember E01013-000 2020-06-30 jpcrp_cor:OrdinarySharesTreasurySharesSharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E01013-000 2020-06-30 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesLessThanOneUnitMember E01013-000 2020-06-30 jpcrp_cor:Row1Member E01013-000 2020-03-31 jpigp_cor:ShareCapitalIFRSMember E01013-000 2019-03-31 jpigp_cor:ShareCapitalIFRSMember E01013-000 2020-03-31 jpigp_cor:CapitalSurplusIFRSMember E01013-000 2019-03-31 jpigp_cor:CapitalSurplusIFRSMember E01013-000 2020-03-31 jpigp_cor:TreasurySharesIFRSMember E01013-000 2019-03-31 jpigp_cor:TreasurySharesIFRSMember E01013-000 2020-03-31 jpigp_cor:RetainedEarningsIFRSMember E01013-000 2019-03-31 jpigp_cor:RetainedEarningsIFRSMember E01013-000 2019-03-31 jpigp_cor:FinancialAssetsMeasuredAtFairValueThroughOtherComprehensiveIncomeIFRSMember E01013-000 2020-03-31 jpigp_cor:FinancialAssetsMeasuredAtFairValueThroughOtherComprehensiveIncomeIFRSMember E01013-000 2020-03-31 jpigp_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansIFRSMember E01013-000 2019-03-31 jpigp_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansIFRSMember E01013-000 2020-03-31 jpigp_cor:ExchangeDifferencesOnTranslationOfForeignOperationsIFRSMember E01013-000 2019-03-31 jpigp_cor:ExchangeDifferencesOnTranslationOfForeignOperationsIFRSMember E01013-000 2019-03-31 jpigp_cor:EffectivePortionOfCashFlowHedgesIFRSMember E01013-000 2020-03-31 jpigp_cor:EffectivePortionOfCashFlowHedgesIFRSMember E01013-000 2019-03-31 jpigp_cor:AccumulatedOtherComprehensiveIncomeIFRSMember E01013-000 2020-03-31 jpigp_cor:AccumulatedOtherComprehensiveIncomeIFRSMember E01013-000 2020-03-31 jpigp_cor:EquityAttributableToOwnersOfParentIFRSMember E01013-000 2019-03-31 jpigp_cor:EquityAttributableToOwnersOfParentIFRSMember E01013-000 2020-03-31 jpigp_cor:NonControllingInterestsIFRSMember E01013-000 2019-03-31 jpigp_cor:NonControllingInterestsIFRSMember E01013-000 2019-03-31 E01013-000 2019-04-01 2019-06-30 jpigp_cor:RetainedEarningsIFRSMember E01013-000 2020-04-01 2020-06-30 jpigp_cor:RetainedEarningsIFRSMember E01013-000 2020-04-01 2020-06-30 jpigp_cor:EquityAttributableToOwnersOfParentIFRSMember E01013-000 2019-04-01 2019-06-30 jpigp_cor:EquityAttributableToOwnersOfParentIFRSMember E01013-000 2020-04-01 2020-06-30 jpigp_cor:NonControllingInterestsIFRSMember E01013-000 2019-04-01 2019-06-30 jpigp_cor:NonControllingInterestsIFRSMember E01013-000 2020-04-01 2020-06-30 jpigp_cor:FinancialAssetsMeasuredAtFairValueThroughOtherComprehensiveIncomeIFRSMember E01013-000 2019-04-01 2019-06-30 jpigp_cor:FinancialAssetsMeasuredAtFairValueThroughOtherComprehensiveIncomeIFRSMember E01013-000 2019-04-01 2019-06-30 jpigp_cor:ExchangeDifferencesOnTranslationOfForeignOperationsIFRSMember E01013-000 2020-04-01 2020-06-30 jpigp_cor:ExchangeDifferencesOnTranslationOfForeignOperationsIFRSMember E01013-000 2019-04-01 2019-06-30 jpigp_cor:EffectivePortionOfCashFlowHedgesIFRSMember E01013-000 2020-04-01 2020-06-30 jpigp_cor:EffectivePortionOfCashFlowHedgesIFRSMember E01013-000 2019-04-01 2019-06-30 jpigp_cor:AccumulatedOtherComprehensiveIncomeIFRSMember E01013-000 2020-04-01 2020-06-30 jpigp_cor:AccumulatedOtherComprehensiveIncomeIFRSMember E01013-000 2020-04-01 2020-06-30 jpigp_cor:ShareCapitalIFRSMember E01013-000 2019-04-01 2019-06-30 jpigp_cor:ShareCapitalIFRSMember E01013-000 2019-04-01 2019-06-30 jpigp_cor:CapitalSurplusIFRSMember E01013-000 2020-04-01 2020-06-30 jpigp_cor:CapitalSurplusIFRSMember E01013-000 2020-04-01 2020-06-30 jpigp_cor:TreasurySharesIFRSMember E01013-000 2019-04-01 2019-06-30 jpigp_cor:TreasurySharesIFRSMember E01013-000 2019-04-01 2019-06-30 jpigp_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansIFRSMember E01013-000 2020-04-01 2020-06-30 jpigp_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansIFRSMember E01013-000 2020-04-01 2020-06-30 jpigp_cor:CapitalSurplusIFRSMember E01013-000 2020-04-01 2020-06-30 jpigp_cor:TreasurySharesIFRSMember E01013-000 2020-04-01 2020-06-30 jpigp_cor:RetainedEarningsIFRSMember E01013-000 2020-04-01 2020-06-30 jpigp_cor:EquityAttributableToOwnersOfParentIFRSMember E01013-000 2019-04-01 2019-06-30 jpigp_cor:EquityAttributableToOwnersOfParentIFRSMember E01013-000 2020-04-01 2020-06-30 E01013-000 2019-04-01 2019-06-30 E01013-000 2020-06-30 jpigp_cor:ShareCapitalIFRSMember E01013-000 2019-06-30 jpigp_cor:ShareCapitalIFRSMember E01013-000 2020-06-30 jpigp_cor:CapitalSurplusIFRSMember E01013-000 2019-06-30 jpigp_cor:CapitalSurplusIFRSMember E01013-000 2019-06-30 jpigp_cor:TreasurySharesIFRSMember E01013-000 2020-06-30 jpigp_cor:TreasurySharesIFRSMember E01013-000 2020-06-30 jpigp_cor:RetainedEarningsIFRSMember E01013-000 2019-06-30 jpigp_cor:RetainedEarningsIFRSMember E01013-000 2020-06-30 jpigp_cor:FinancialAssetsMeasuredAtFairValueThroughOtherComprehensiveIncomeIFRSMember E01013-000 2019-06-30 jpigp_cor:FinancialAssetsMeasuredAtFairValueThroughOtherComprehensiveIncomeIFRSMember E01013-000 2020-06-30 jpigp_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansIFRSMember E01013-000 2019-06-30 jpigp_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansIFRSMember E01013-000 2020-06-30 jpigp_cor:ExchangeDifferencesOnTranslationOfForeignOperationsIFRSMember E01013-000 2019-06-30 jpigp_cor:ExchangeDifferencesOnTranslationOfForeignOperationsIFRSMember E01013-000 2020-06-30 jpigp_cor:EffectivePortionOfCashFlowHedgesIFRSMember E01013-000 2019-06-30 jpigp_cor:EffectivePortionOfCashFlowHedgesIFRSMember E01013-000 2019-06-30 jpigp_cor:AccumulatedOtherComprehensiveIncomeIFRSMember E01013-000 2020-06-30 jpigp_cor:AccumulatedOtherComprehensiveIncomeIFRSMember E01013-000 2020-06-30 jpigp_cor:EquityAttributableToOwnersOfParentIFRSMember E01013-000 2019-06-30 jpigp_cor:EquityAttributableToOwnersOfParentIFRSMember E01013-000 2019-06-30 jpigp_cor:NonControllingInterestsIFRSMember E01013-000 2020-06-30 jpigp_cor:NonControllingInterestsIFRSMember E01013-000 2020-04-01 2020-06-30 jpcrp040300-q1r_E01013-000:FunctionalMaterialsReportableSegmentMember E01013-000 2019-04-01 2019-06-30 jpcrp040300-q1r_E01013-000:FunctionalMaterialsReportableSegmentMember E01013-000 2020-04-01 2020-06-30 jpcrp040300-q1r_E01013-000:AdvancedComponentsAndSystemsReportableSegmentMember E01013-000 2019-04-01 2019-06-30 jpcrp040300-q1r_E01013-000:AdvancedComponentsAndSystemsReportableSegmentMember E01013-000 2020-04-01 2020-06-30 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E01013-000 2019-04-01 2019-06-30 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E01013-000 2019-04-01 2019-06-30 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E01013-000 2020-04-01 2020-06-30 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember iso4217:JPY iso4217:JPY xbrli:shares xbrli:pure xbrli:shares

第一部【企業情報】

 

第1【企業の概況】

 

1【主要な経営指標等の推移】

 

回次

第71期(2019年度)
第1四半期
連結累計期間

第72期(2020年度)
第1四半期
連結累計期間

第71期(2019年度)

会計期間

自 2019年4月1日
至 2019年6月30日

自 2020年4月1日
至 2020年6月30日

自 2019年4月1日
至 2020年3月31日

売上収益

(百万円)

155,978

126,496

631,433

税引前四半期(当期)利益

(△は損失)

(百万円)

7,542

3,139

23,960

親会社株主に帰属する
四半期(当期)利益(△は損失)

(百万円)

5,135

3,357

16,401

親会社株主に帰属する
四半期(当期)包括利益

(百万円)

1,484

1,179

5,256

親会社株主持分

(百万円)

412,262

422,411

423,432

総資産額

(百万円)

709,700

682,034

704,425

基本的1株当たり四半期
(当期)利益(△は損失)

(円)

641,875,000.00

419,625,000.00

2,050,125,000.00

希薄化後1株当たり四半期
(当期)利益

(円)

親会社株主持分比率

(%)

58.1

61.9

60.1

営業活動による
キャッシュ・フロー

(百万円)

6,353

3,953

65,962

投資活動による
キャッシュ・フロー

(百万円)

18,481

11,376

48,713

財務活動による
キャッシュ・フロー

(百万円)

8,023

10,286

22,513

現金及び現金同等物の
四半期末(期末)残高

(百万円)

78,098

73,809

91,573

 

(注) 1.当社は、国際財務報告基準(以下、IFRS)に基づいて連結財務諸表を作成している。

2.当社は、要約四半期連結財務諸表を作成しているため、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載していない。

3.「売上収益」には、消費税及び地方消費税は含まれていない。

4.「希薄化後1株当たり四半期(当期)利益」については、潜在株式が存在しないため記載していない。

5.当社は、2020年6月23日付で普通株式26,027,000株につき1株に株式併合している。前連結会計年度の期首に当該株式併合が行われたと仮定し、基本的1株当たり四半期(当期)利益(△は損失)を算定している。

 

2【事業の内容】

当第1四半期連結累計期間において、当社及び当社の関係会社が営む事業の内容について、重要な変更はない。また、主要な関係会社における異動もない。

 

第2【事業の状況】

 

1【事業等のリスク】

当第1四半期連結累計期間において、新たに発生した事業等のリスクはない。
 また、前事業年度の有価証券報告書に記載した事業等のリスクについて重要な変更はない。

 

2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

(1) 業績の状況

当第1四半期連結累計期間の当社グループの業績について、売上収益は、データセンター等の市場の伸長を受けた半導体回路平坦化用研磨材料及び銅張積層板の増加や再生医療等製品の増加があったが、新型コロナウイルスの感染拡大により、自動車産業を中心に世界的に需要が低迷したことの影響を受け、1,265億円(前年同期比18.9%減)と前年同期実績を下回った。利益については、物量減の影響に加え、当社が2020年4月28日をもって昭和電工株式会社の連結子会社となる上で発生した費用等により、営業利益は△43億円(前年同期は営業利益70億円)、税引前四半期利益は△31億円(前年同期は税引前四半期利益75億円)、親会社株主に帰属する四半期利益は△34億円(前年同期は親会社株主に帰属する四半期利益51億円)となった。

  ① 機能材料セグメント

  電子材料

半導体用エポキシ封止材は、車載向けの売上が減少したものの、前年同期実績並みとなった。

半導体用ダイボンディング材料は、スマートフォン向けの売上が減少したものの、前年同期実績並みとなった。

半導体回路平坦化用研磨材料は、データセンター等の市場の伸長を受け、前年同期実績を上回った。

ディスプレイ用回路接続フィルムは、スマートフォン向けの売上が減少したことにより、前年同期実績を下回った。

   配線板材料

銅張積層板は、データセンター向け基板の売上が増加したことにより、前年同期実績を上回った。

感光性フィルムは、スマートフォン向けの売上が減少したことにより、前年同期実績を下回った。

この結果、当セグメントの売上収益は600億円(前年同期比4.2%増)、セグメント損益は72億円(前年同期比4.9%増)となった。

  ② 先端部品・システムセグメント

   モビリティ部材

樹脂成形品、摩擦材及び粉末冶金製品は、自動車市況の低迷により、前年同期実績を大幅に下回った。

リチウムイオン電池用カーボン負極材は、環境対応自動車向けの売上が減少したことにより、前年同期実績を大幅に下回った。

   蓄電デバイス・システム

車両用電池は、自動車市況の低迷により、前年同期実績を下回った。

産業用電池・システムは、欧州でのICTインフラ向け電池の売上が減少したことにより、前年同期実績を下回った。

   ライフサイエンス関連製品

診断薬・装置は、脂質異常症や糖尿病、アレルギー疾患の診断薬需要が減少したことにより、前年同期実績を下回った。

再生医療等製品は、受注件数の増加により、前年同期実績を上回った。

この結果、当セグメントの売上収益は665億円(前年同期比32.4%減)、セグメント損益は△116億円(前年同期はセグメント損益1億円)となった。

 

  (2) 財政状態の状況

  ① 資産

当第1四半期連結会計期間末の資産合計は、前連結会計年度末から224億円減少し、6,820億円となった。
  流動資産は、現金及び現金同等物の減少等により、前連結会計年度末から285億円減少した。
 非流動資産は、有形固定資産の増加等により、前連結会計年度末から61億円増加した。

  ② 負債

当第1四半期連結会計期間末の負債合計は、前連結会計年度末から212億円減少し、2,506億円となった。
 流動負債は、社債及び借入金の減少等により、前連結会計年度末から211億円減少した。
 非流動負債は、その他の非流動負債の減少等により、前連結会計年度末から1億円減少した。

  ③ 資本

当第1四半期連結会計期間末の資本合計は、四半期損失を計上したこと等により利益剰余金が減少したため、前連結会計年度末から12億円減少し、4,314億円となった。

 

  (3) キャッシュ・フローの状況

当第1四半期連結会計期間末における現金及び現金同等物は、前連結会計年度末から178億円減少し738億円となった。

  ① 営業活動によるキャッシュ・フロー

当第1四半期連結累計期間における営業活動によるキャッシュ・フローは、四半期利益の減少等から、前年同期実績と比較して24億円少ない40億円の収入となった。

  ② 投資活動によるキャッシュ・フロー

当第1四半期連結累計期間における投資活動によるキャッシュ・フローは、子会社の取得による支出が減少したこと等から、前年同期実績と比較して71億円少ない114億円の支出となった。

  ③ 財務活動によるキャッシュ・フロー

当第1四半期連結累計期間における財務活動によるキャッシュ・フローは、長期借入金の返済による支出が増加したこと等から、前年同期実績と比較して23億円多い103億円の支出となった。

 

(4) 事業上及び財務上の対処すべき課題

当第1四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はない。

(5) 研究開発活動

当第1四半期連結累計期間の研究開発費は75億円である。

なお、当第1四半期連結累計期間において、当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はない。

 

3【経営上の重要な契約等】

当第1四半期連結会計期間において、新たに締結した重要な契約はない。

 

第3【提出会社の状況】

 

1【株式等の状況】

(1) 【株式の総数等】

① 【株式の総数】

 

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

32

32

 

 

② 【発行済株式】

 

種類

第1四半期会計期間
末現在発行数(株)
(2020年6月30日)

提出日現在
発行数(株)
(2020年8月7日)

上場金融商品取引所名又は登録認可金融商品取引業協会名

内容

普通株式

8

8

該当事項なし

普通株式は全て譲渡制限株式であり、株式を譲渡するには、取締役会の承認を要する。なお、当社は単元株制度を採用していない。

8

8

 

 

(2) 【新株予約権等の状況】

① 【ストックオプション制度の内容】

該当事項なし

 

② 【その他の新株予約権等の状況】

該当事項なし

 

(3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

該当事項なし

 

(4) 【発行済株式総数、資本金等の推移】

 

年月日

発行済株式
総数増減数
(株)

発行済株式
総数残高
(株)

資本金増減額(千円)

資本金残高
(千円)

資本準備金
増減額
(千円)

資本準備金
残高
(千円)

2020年6月23日

△208,364,905

8

15,454,363

32,861,522

 

(注) 2020年6月5日開催の臨時株主総会の決議に基づき、同年6月23日を効力発生日として26,027,000株を1株とする 株式併合を実施している。

 

(5) 【大株主の状況】

当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はない。

 

 

(6) 【議決権の状況】

① 【発行済株式】

 

 

 

2020年6月30日現在

区分

株式数(株)

議決権の数(個)

内容

無議決権株式

議決権制限株式(自己株式等)

議決権制限株式(その他)

完全議決権株式(自己株式等)

完全議決権株式(その他)

普通株式

7

 

7

単元未満株式

発行済株式総数

8

総株主の議決権

7

 

(注) 2020年6月23日付で、当社の普通株式26,027,000株を1株に併合する株式併合を実施したことに伴い、端数の株式が発生しており、当該端数の合計1株は議決権を有していない。なお、当該1株については、東京地方裁判所の許可決定に基づき、2020年10月8日にHCホールディングス株式会社が取得することを予定しており、取得日以降は議決権を有することになる。

 

② 【自己株式等】

 

 

2020年6月30日現在

所有者の氏名
又は名称

所有者の住所

自己名義
所有株式数
(株)

他人名義
所有株式数
(株)

所有株式数
の合計
(株)

発行済株式
総数に対する
所有株式数
の割合(%)

 

 

2【役員の状況】

該当事項なし

 

第4 【経理の状況】

 

1.要約四半期連結財務諸表の作成方法について

当社の要約四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令第64号)第93条の規定により、国際会計基準第34号「期中財務報告」(以下、IAS第34号)に準拠して作成している。

 

2.監査証明について

当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期連結会計期間(自 2020年4月1日 至 2020年6月30日)及び第1四半期連結累計期間(自 2020年4月1日 至 2020年6月30日)に係る要約四半期連結財務諸表について、EY新日本有限責任監査法人による四半期レビューを受けている。

1【要約四半期連結財務諸表】

(1) 【要約四半期連結財政状態計算書】

(単位:百万円)

項目

注記

前連結会計年度
(2020年3月31日)

当第1四半期連結会計期間
(2020年6月30日)

資産の部

 

 

 

流動資産

 

 

 

現金及び現金同等物

 

91,573

73,809

売上債権

 

130,038

115,437

棚卸資産

 

83,465

88,310

その他の金融資産

10

20,367

20,276

その他の流動資産

 

5,674

7,223

小計

 

331,117

305,055

売却目的で保有する資産

 

2,475

流動資産合計

 

333,592

305,055

 

 

 

 

非流動資産

 

 

 

有形固定資産

 

239,249

242,575

無形資産

 

75,788

74,626

退職給付に係る資産

 

15,005

15,196

繰延税金資産

 

13,550

13,747

持分法で会計処理されている投資

 

7,866

9,093

その他の金融資産

10

14,898

17,068

その他の非流動資産

 

4,477

4,674

非流動資産合計

 

370,833

376,979

資産合計

 

704,425

682,034

 

 

 

 

負債の部

 

 

 

流動負債

 

 

 

買入債務

 

76,034

68,675

社債及び借入金

10

41,255

32,856

未払費用

 

26,023

20,773

未払法人所得税

 

3,473

3,544

リース負債

 

4,628

4,575

その他の金融負債

10

24,126

24,847

その他の流動負債

 

3,528

4,525

小計

 

179,067

159,795

売却目的で保有する資産に直接関連する負債

 

1,797

流動負債合計

 

180,864

159,795

 

 

 

 

非流動負債

 

 

 

社債及び借入金

10

46,618

46,541

退職給付に係る負債

 

17,753

17,781

引当金

 

1,690

1,754

リース負債

 

15,867

16,499

その他の金融負債

10

297

26

その他の非流動負債

 

8,722

8,234

非流動負債合計

 

90,947

90,835

負債合計

 

271,811

250,630

 

 

 

 

資本の部

 

 

 

資本金

 

15,454

15,454

資本剰余金

 

14,914

14,914

自己株式

 

273

17

利益剰余金

 

388,554

384,671

その他の包括利益累計額

 

4,783

7,389

親会社株主持分合計

 

423,432

422,411

非支配持分

 

9,182

8,993

資本合計

 

432,614

431,404

負債及び資本合計

 

704,425

682,034

 

(2) 【要約四半期連結損益計算書及び要約四半期連結包括利益計算書】
【要約四半期連結損益計算書】
【第1四半期連結累計期間】

(単位:百万円)

項目

注記

前第1四半期連結累計期間

(自 2019年4月1日

至 2019年6月30日)

当第1四半期連結累計期間

(自 2020年4月1日

至 2020年6月30日)

売上収益

155,978

126,496

売上原価

 

117,966

97,709

売上総利益

 

38,012

28,787

販売費及び一般管理費

 

30,574

26,319

その他の収益

 

551

706

その他の費用

976

7,497

営業利益(△は損失)

 

7,013

4,323

金融収益

 

368

370

金融費用

 

837

415

持分法による投資利益

 

998

1,229

税引前四半期利益(△は損失)

 

7,542

3,139

法人所得税費用

 

2,303

694

四半期利益(△は損失)

 

5,239

3,833

 

 

 

 

四半期利益の帰属

 

 

 

親会社株主持分

 

5,135

3,357

非支配持分

 

104

476

 

 

 

 

親会社株主に帰属する1株当たり四半期利益(円)

 

 

 

基本的1株当たり四半期利益(△は損失)

641,875,000.00

419,625,000.00

希薄化後1株当たり四半期利益

 

 

 

【要約四半期連結包括利益計算書】
【第1四半期連結累計期間】

(単位:百万円)

項目

 

前第1四半期連結累計期間

(自 2019年4月1日

至 2019年6月30日)

当第1四半期連結累計期間

(自 2020年4月1日

至 2020年6月30日)

四半期利益(△は損失)

 

5,239

3,833

その他の包括利益

 

 

 

純損益に振り替えられることのない項目

 

 

 

FVTOCIの金融資産の公正価値の純変動額

 

408

1,121

純損益に振り替えられる可能性のある項目

 

 

 

在外営業活動体の換算差額

 

6,689

1,279

キャッシュ・フロー・ヘッジの公正価値の
純変動額

 

159

137

持分法によるその他の包括利益

 

181

63

合計

 

7,029

1,353

その他の包括利益合計

 

6,621

2,474

四半期包括利益

 

1,382

1,359

 

 

 

 

四半期包括利益の帰属

 

 

 

親会社株主持分

 

1,484

1,179

非支配持分

 

102

180

 

 

(3) 【要約四半期連結持分変動計算書】

前第1四半期連結累計期間(自 2019年4月1日 至 2019年6月30日)

(単位:百万円)

項目

注記

親会社株主持分

資本金

資本剰余金

自己株式

利益剰余金

その他の包括利益累計額

FVTOCIの
金融資産

確定給付制度の
再測定

期首残高

 

15,454

4,130

251

384,472

1,953

8,479

会計方針の変更による
累積的影響額

 

 

 

 

301

 

 

会計方針の変更を反映した
当期首残高

 

15,454

4,130

251

384,171

1,953

8,479

四半期利益(△は損失)

 

 

 

 

5,135

 

 

その他の包括利益

 

 

 

 

 

408

 

四半期包括利益合計

 

5,135

408

配当金

 

 

 

6,247

 

 

自己株式の取得

 

 

 

3

 

 

 

自己株式の消却

 

 

 

 

 

 

 

その他の包括利益累計額から
利益剰余金への振替

 

 

 

 

47

47

 

その他の増減

 

 

146

 

 

 

 

所有者との取引額等合計

 

146

3

6,200

47

四半期末残高

 

15,454

4,276

254

383,106

2,314

8,479

 

 

 

項目

注記

親会社株主持分

合計

非支配持分

資本合計

その他の包括利益累計額

在外営業活動体
の換算差額

キャッシュ・
フロー・ヘッジ

合計

期首残高

 

5,867

9

16,290

420,095

9,526

429,621

会計方針の変更による
累積的影響額

 

 

 

 

301

2

303

会計方針の変更を反映した
当期首残高

 

5,867

9

16,290

419,794

9,524

429,318

四半期利益(△は損失)

 

 

 

 

5,135

104

5,239

その他の包括利益

 

6,878

149

6,619

6,619

2

6,621

四半期包括利益合計

 

6,878

149

6,619

1,484

102

1,382

配当金

 

 

 

6,247

17

6,264

自己株式の取得

 

 

 

 

3

 

3

自己株式の消却

 

 

 

 

 

その他の包括利益累計額から
利益剰余金への振替

 

 

 

47

 

その他の増減

 

 

56

56

202

64

266

所有者との取引額等合計

 

56

9

6,048

47

6,001

四半期末残高

 

1,011

102

9,680

412,262

9,673

421,935

 

 

 

当第1四半期連結累計期間(自 2020年4月1日 至 2020年6月30日)

(単位:百万円)

項目

注記

親会社株主持分

資本金

資本剰余金

自己株式

利益剰余金

その他の包括利益累計額

FVTOCIの
金融資産

確定給付制度の
再測定

期首残高

 

15,454

14,914

273

388,554

2,073

7,085

四半期利益(△は損失)

 

 

 

 

3,357

 

 

その他の包括利益

 

 

 

 

 

1,121

 

四半期包括利益合計

 

3,357

1,121

配当金

 

 

 

 

 

 

 

自己株式の取得

 

 

 

17

 

 

 

自己株式の消却

 

 

0

273

273

 

 

その他の包括利益累計額から
利益剰余金への振替

 

 

 

 

253

219

34

その他の増減

 

 

 

 

 

 

 

所有者との取引額等合計

 

0

256

526

219

34

四半期末残高

 

15,454

14,914

17

384,671

3,413

7,119

 

 

 

項目

注記

親会社株主持分

合計

非支配持分

資本合計

その他の包括利益累計額

在外営業活動体
の換算差額

キャッシュ・
フロー・ヘッジ

合計

期首残高

 

4,022

353

4,783

423,432

9,182

432,614

四半期利益(△は損失)

 

 

 

 

3,357

476

3,833

その他の包括利益

 

920

137

2,178

2,178

296

2,474

四半期包括利益合計

 

920

137

2,178

1,179

180

1,359

配当金

 

 

 

 

9

9

自己株式の取得

 

 

 

 

17

 

17

自己株式の消却

 

 

 

 

 

その他の包括利益累計額から
利益剰余金への振替

 

 

 

253

 

その他の増減

 

 

175

175

175

 

175

所有者との取引額等合計

 

175

428

158

9

149

四半期末残高

 

3,102

41

7,389

422,411

8,993

431,404

 

(4) 【要約四半期連結キャッシュ・フロー計算書】

(単位:百万円)

項目

注記

前第1四半期連結累計期間

(自 2019年4月1日

至 2019年6月30日)

当第1四半期連結累計期間

(自 2020年4月1日

至 2020年6月30日)

営業活動によるキャッシュ・フロー

 

 

 

四半期利益(△は損失)

 

5,239

3,833

減価償却費及び償却費

 

10,526

10,831

法人所得税費用

 

2,303

694

減損損失

 

2,298

受取利息及び受取配当金

 

368

138

支払利息

 

513

407

持分法による投資損益(△は益)

 

998

1,229

売上債権の増減額(△は増加)

 

3,580

14,906

未収入金の増減額(△は増加)

 

1,477

814

棚卸資産の増減額(△は増加)

 

1,416

4,360

買入債務の増減額(△は減少)

 

578

7,631

退職給付に係る資産及び負債の増減額

 

135

247

その他

 

5,055

6,922

小計

 

9,354

3,962

利息及び配当金の受取額

 

348

184

利息の支払額

 

486

348

法人所得税の支払額又は還付額(△は支払)

 

2,863

155

営業活動によるキャッシュ・フロー

 

6,353

3,953

投資活動によるキャッシュ・フロー

 

 

 

有形固定資産の取得による支出

 

11,020

11,574

有形固定資産の売却による収入

 

50

52

有価証券等の売却及び償還による収入

 

1,877

137

子会社の取得による支出

9,180

子会社の売却による収入

 

678

有価証券の取得による支出

 

269

534

その他

 

61

135

投資活動によるキャッシュ・フロー

 

18,481

11,376

財務活動によるキャッシュ・フロー

 

 

 

短期借入金の純増減額(△は減少)

 

1,730

2,458

長期借入れによる収入

 

989

長期借入金の返済による支出

 

136

6,580

リース負債の返済による支出

 

879

1,222

配当金の支払額

 

6,247

非支配持分株主への配当金の支払額

 

17

9

その他

 

3

17

財務活動によるキャッシュ・フロー

 

8,023

10,286

現金及び現金同等物に係る換算差額

 

3,043

55

現金及び現金同等物の増減額(△は減少)

 

23,194

17,764

現金及び現金同等物の期首残高

 

101,292

91,573

現金及び現金同等物の期末残高

 

78,098

73,809

 

 

【要約四半期連結財務諸表注記】

1.報告企業

日立化成株式会社(以下、当社)は日本国に所在する株式会社である。当社は、前連結会計年度末時点において、東京証券取引所に上場していたが、2020年6月19日に上場廃止となっている。

当社の本社及び主要な事業所の住所はホームページ(URL https://www.hitachi-chem.co.jp)で開示している。
 当社及び子会社(以下、当社グループ)の要約四半期連結財務諸表は2020年6月30日を期末日とし、当社グループ並びにその関連会社及び共同支配企業に対する持分により構成されている。当社グループは、機能材料及び先端部品・システムの製造・加工及び販売を主たる事業としている。

 

2.作成の基礎

(1) 準拠する会計基準

 当社は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令第64号)第1条の2に掲げる「指定国際会計基準特定会社」の要件を満たしていることから、同第93条の規定により、IAS第34号に準拠して要約四半期連結財務諸表を作成している。要約四半期連結財務諸表には年次連結財務諸表で要求されている情報の全ては含まれておらず、利用に際しては前連結会計年度の連結財務諸表と併せて参照されることが望まれる。
 また、当要約四半期連結財務諸表は、2020年8月7日に代表取締役丸山寿により承認されている。
 

(2) 見積り及び判断の利用

 当社は、要約四半期連結財務諸表の作成に当たり、資産、負債、収益及び費用の報告額に影響を及ぼす会計方針の適用、判断、見積り及び仮定の設定を行っている。
 見積り及びその基礎となる仮定は継続して見直しており、その見積りの変更による影響は、見積りを変更した会計期間及びその影響を受ける将来の会計期間において認識される。また、実際の業績はこれらの見積りとは異なる場合がある。
 当要約四半期連結財務諸表上で認識する金額に重要な影響を与える会計上の判断、見積り及び仮定に関する状況は、原則として前連結会計年度の連結財務諸表と同様である。

 

3.重要な会計方針

当要約四半期連結財務諸表において適用する重要な会計方針は、前連結会計年度の連結財務諸表において適用した会計方針と同一である。なお、当第1四半期連結累計期間の法人所得税費用は、見積平均年次実効税率に基づき算定している。

 

 

4.セグメント情報

(1) 報告セグメントの概要

当社グループの報告セグメントは、当社グループの構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が経営資源の配分の決定及び業績評価のために定期的に検討を行う対象としているものである。

当社グループは、注力事業領域に対応した組織体制の下で事業活動を展開し、報告セグメントとしては、情報通信関連分野を中心とした「機能材料」と、モビリティ、エネルギー及びライフサイエンス関連分野を中心とした「先端部品・システム」の2つに分類している。「機能材料」事業では、電子材料、配線板材料、電子部品等の製造・販売を行っており、「先端部品・システム」事業では、モビリティ部材、蓄電デバイス・システム、ライフサイエンス関連製品等の製造・販売を行っている。

各セグメントに属する主要製品は、以下のとおりである。

 

セグメント

主要製品

機能材料

電子材料

  半導体用エポキシ封止材、半導体用ダイボンディング材料、

  半導体回路平坦化用研磨材料、ディスプレイ用回路接続フィルム、

  タッチパネル周辺材料、粘着フィルム

 

配線板材料

  銅張積層板、感光性フィルム

 

電子部品

   配線板

先端部品・システム

モビリティ部材

  樹脂成形品、摩擦材、粉末冶金製品、

  リチウムイオン電池用カーボン負極材、電気絶縁用ワニス、機能性樹脂

 

蓄電デバイス・システム

  車両用電池、産業用電池・システム、キャパシタ

 

 ライフサイエンス関連製品

  診断薬・装置、再生医療等製品

 

 

 

 (2) 報告セグメントの売上収益及び損益の金額に関する情報

前第1四半期連結累計期間(自 2019年4月1日 至 2019年6月30日)

 

 

(単位:百万円)

項目

報告セグメント

調整額
(注)

合計

機能材料

先端部品・
システム

売上収益

 

 

 

 

 

 外部顧客への売上収益

57,548

98,430

155,978

155,978

 セグメント間の売上収益

276

251

527

527

合計

57,824

98,681

156,505

527

155,978

セグメント損益

6,892

118

7,010

3

7,013

金融収益

368

金融費用

837

持分法による投資損益

998

税引前四半期損益

7,542

 

(注)セグメント損益の調整額は、セグメント間取引消去額である。

 

当第1四半期連結累計期間(自 2020年4月1日 至 2020年6月30日)

 

 

(単位:百万円)

項目

報告セグメント

調整額
(注)

合計

機能材料

先端部品・
システム

売上収益

 

 

 

 

 

 外部顧客への売上収益

59,951

66,545

126,496

126,496

 セグメント間の売上収益

270

346

616

616

合計

60,221

66,891

127,112

616

126,496

セグメント損益

7,228

11,588

4,360

37

4,323

金融収益

370

金融費用

415

持分法による投資損益

1,229

税引前四半期損益

3,139

 

(注)セグメント損益の調整額は、セグメント間取引消去額である。

 

 

5.売上収益

(1) 収益の分解

当社グループの売上収益は、主に顧客との契約から認識された収益であり、当社グループの報告セグメントを主要な製品別に分解した場合の内訳は、以下のとおりである。

(単位:百万円)

項目

前第1四半期連結累計期間

当第1四半期連結累計期間

(自 2019年4月1日
  至 2019年6月30日)

(自 2020年4月1日
  至 2020年6月30日)

機能材料セグメント

 

 

 電子材料

23,074

22,800

 配線板材料

19,051

19,909

 電子部品

8,561

9,569

 その他

6,862

7,673

 小計

57,548

59,951

先端部品・システムセグメント

 

 

 モビリティ部材

53,727

28,315

 蓄電デバイス・システム

38,859

31,115

 ライフサイエンス関連製品

5,266

5,638

 その他

578

1,477

 小計

98,430

66,545

合計

155,978

126,496

 

(注)グループ会社間の内部取引控除後の金額を表示している。

 

 

6.企業結合

前第1四半期連結累計期間(自  2019年4月1日  至  2019年6月30日)

(Apceth Biopharma GmbHの取得)

① 企業結合の概要

(a) 被取得企業の名称及びその事業の内容

被取得企業の名称  Apceth Biopharma GmbH

事業の内容     再生医療等製品の受託製造

(b) 企業結合の主な理由

当社グループは、「2018中期経営計画」の中で、ライフサイエンス事業を将来の基盤事業へ育成することを基本方針とし、①診断薬事業の事業基盤の確立、及び②再生医療事業の立ち上げを進めている。

今回のApceth Biopharma GmbHの持分取得により、同社の受託製造拠点や幅広い販売網を活用して、再生医療事業のさらなる拡大を図るため。

(c) 取得日

2019年4月2日

(d) 取得企業が被取得企業の支配を獲得した方法

現金を対価とする持分の取得

(e) 結合後企業の名称

Apceth Biopharma GmbH

(f) 取得した議決権比率

取得日直前に保有していた議決権比率    0.0%

取得後の議決権比率           100.0%

(g) 取得企業を決定するに至った主な根拠

現金を対価とする持分の取得により、当社がApceth Biopharma GmbHの議決権の過半数を取得したため。

 

② 取得の対価

 

(単位:百万円)

項目

金額

現金及び現金同等物

9,463

合計

9,463

 

 

子会社の取得による支出は以下のとおりである。

 

(単位:百万円)

項目

金額

現金及び現金同等物による取得の対価

9,463

取得した子会社の現金及び現金同等物

△227

子会社の取得による支出

9,236

 

 

③ 取得関連費用

企業結合に係る取得関連費用として、持分取得に係る業務委託費用等336百万円を前連結会計年度(2018年度)の連結損益計算書及び前第1四半期連結累計期間(2019年度)の要約四半期連結損益計算書の「その他の費用」に計上している。

 

 

④ 取得した資産及び引き受けた負債

 

(単位:百万円)

項目

金額

流動資産

 

売上債権

309

その他

288

非流動資産

 

有形固定資産

1,794

無形資産

3,501

その他

106

資産合計

5,998

流動負債

 

 買入債務

111

 その他

458

非流動負債

 

 リース負債

508

  繰延税金負債

1,045

負債合計

2,122

資本

3,876

 

 

⑤ 取得により生じたのれん

 

(単位:百万円)

項目

金額

取得の対価

9,463

当社グループが取得した識別可能な純資産の公正価値

△3,876

取得により生じたのれん

5,587

 

 

のれんは、今後期待される将来の超過収益力から発生したものである。認識されたのれんのうち、税務上損金算入が見込まれるものはない。なお、取得した資産及び引き受けた負債、並びにのれんは前第1四半期連結会計期間(2019年度)において公正価値評価及び取得原価の配分が完了していなかったため、暫定的な会計処理を行っていたが、前第2四半期連結会計期間(2019年度)に確定している。

 

⑥ 当社グループへの業績に与える影響

被取得企業の取得日から2019年6月30日までの経営成績は重要性が乏しいため記載を省略している。

当企業結合が期首に行われたと仮定した場合の、当社グループの要約四半期連結損益計算書の売上収益及び四半期利益への影響は、重要性が乏しいため記載を省略している。

 

当第1四半期連結累計期間(自  2020年4月1日  至  2020年6月30日)

当第1四半期連結累計期間において重要な企業結合はない。

 

 

7.配当金

前第1四半期連結累計期間(自 2019年4月1日 至 2019年6月30日)

(1) 配当金支払額

決議

株式の種類

配当金の総額
(百万円)

1株当たり
配当額(円)

基準日

効力発生日

配当の原資

2019年5月31日
取締役会

普通株式

6,247

30

2019年3月31日

2019年6月4日

利益剰余金

 

 

(2) 基準日が当該第1四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当該第1四半期連結会計期間の末日後となるもの

該当事項なし

 

当第1四半期連結累計期間(自 2020年4月1日 至 2020年6月30日)

(1) 配当金支払額

該当事項なし

 

(2) 基準日が当該第1四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当該第1四半期連結会計期間の末日後となるもの

該当事項なし

 

8.減損損失

前第1四半期連結累計期間(自 2019年4月1日 至 2019年6月30日)

該当事項なし

 

当第1四半期連結累計期間(自 2020年4月1日  至  2020年6月30日)

先端部品・システムセグメントの粉末冶金事業において、新型コロナウィルスの感染拡大の影響が想定以上に長期化したことにより、事業計画で想定していた将来キャッシュ・フローを見込めなくなったため、機械装置等の事業用資産及びのれんの帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失として要約四半期連結損益計算書上の「その他の費用」に計上している。減損損失として計上した金額は、機械装置等の事業用資産927百万円、のれん1,367百万円である。なお、回収可能価額は使用価値により算定しており、使用価値は将来キャッシュ・フローを税引前の加重平均資本コスト6.6%で現在価値に割り引いて算定している。

 

9.1株当たり四半期利益

1株当たり四半期利益及びその算定上の基礎は以下のとおりである。

 項目

前第1四半期連結累計期間
(自 2019年4月1日
  至 2019年6月30日)

当第1四半期連結累計期間
(自 2020年4月1日
  至 2020年6月30日)

親会社株主に帰属する四半期利益(△は損失)

(百万円)

5,135

△3,357

発行済普通株式の期中平均株式数

(株)

基本的1株当たり四半期利益(△は損失)

(円)

641,875,000.00

△419,625,000.00

 

(注)1 希薄化後1株当たり四半期利益については、潜在株式が存在しないため記載していない。

2 当社は、2020年6月23日付で普通株式26,027,000株につき1株に株式併合している。前連結会計年度の期首に当該株式併合が行われたと仮定し、基本的1株当たり四半期利益(△は損失)を算定している。

 

 

10.金融商品の公正価値

(1) 帳簿価額及び公正価値

主な金融商品の帳簿価額及び公正価値は以下のとおりである。

(単位:百万円)

項目 

前連結会計年度
(2020年3月31日)

当第1四半期連結会計期間
(2020年6月30日)

帳簿価額

公正価値

帳簿価額

公正価値

償却原価で測定する金融負債

 

 

 

 

 社債及び借入金

87,873

88,378

79,397

79,876

 

 

(2) 公正価値の測定方法

公正価値の測定は当社の評価方針及び手続に従って行われており、金融商品の個々の資産性質、特徴並びにリスクを最も適切に反映できる評価モデルを決定している。また、担当部署は公正価値の変動に影響を与え得る重要な指標の推移を継続的に検証している。

短期間で決済される社債及び借入金の公正価値は帳簿価額と近似していることから当該帳簿価額によっている。
 決済までの期間が長期の借入金のうち変動金利のものはその金利が短期間で市場金利を反映すること、また、当社グループの信用状態に大きな変動が生じていないことから、その公正価値は帳簿価額と近似していると考えられるため当該帳簿価額によっている。一方、固定金利のものは元利金の合計額を期末時点で新たに同様の借入を行ったと仮定した場合に想定される利率で割り引いた現在価値を公正価値としている。
 決済までの期間が長期の社債の公正価値については取引先金融機関から入手した評価価額によっている。

上記以外の金融資産及び金融負債の公正価値は概ね帳簿価額と近似している。

 

(3) 公正価値のレベル別分類

公正価値のヒエラルキーは、その測定に使用する指標の観察可能性が高い順に以下の3つのレベルに区分している。

 

レベル1

同一の資産又は負債の活発な市場における相場価格により測定した公正価値

レベル2

レベル1以外の直接的又は間接的に観察可能な指標を使用して測定した公正価値

レベル3

観察可能でない指標を使用して測定した公正価値

 

公正価値の測定に複数の指標を使用している場合には、その測定において重要な指標のうち、最も観察可能性が低いものに基づいて公正価値のレベルを決定している。公正価値のレベル間の振替は、各四半期の期首時点で発生したものとして認識している。

 

上場株式についてはその株価により公正価値を測定しており、公正価値レベル1に分類している。
 非上場株式については割引将来キャッシュ・フローに基づく評価技法及び純資産価値に基づく評価技法等を用いて公正価値を測定しており、公正価値レベル3に分類している。
 債券については取引先金融機関から提出された評価価額により公正価値を測定しており、公正価値レベル3に分類している。
 社債及び借入金については公正価値レベル2に分類している。
 デリバティブ取引については取引先金融機関から提出された評価価額により公正価値を測定しており、FVTPLの金融資産又はFVTPLの金融負債として公正価値レベル2に分類している。

 

経常的に公正価値により測定する金融商品は以下のとおりである。

 

前連結会計年度末(2020年3月31日)

 

 

 

 

 (単位:百万円)

項目