EDINET閲覧(提出)サイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)をもとに上場企業サーチ作成

本ページはEDINETに提出された開示情報を上場企業サーチが加工/編集したものであり、記載された情報の正確性および完全性について上場企業サーチは一切の保証を行いません。本ページの情報を利用する際は自己の責任で判断頂き、意思決定に際しては適宜EDINETや提出会社が公開するオリジナルを参照する様にしてください。本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

【表紙】

 

【提出書類】

有価証券報告書

【根拠条文】

金融商品取引法第24条第1項

【提出先】

近畿財務局長

【提出日】

2021年6月28日

【事業年度】

第64期(自  2020年4月1日  至  2021年3月31日)

【会社名】

扶桑化学工業株式会社

【英訳名】

FUSO CHEMICAL CO.,LTD.

【代表者の役職氏名】

代表取締役社長  杉田  真一

【本店の所在の場所】

大阪市中央区高麗橋四丁目3番10号

【電話番号】

06-6203-4771(代表)

【事務連絡者氏名】

執行役員管理本部長  伊藤 裕之

【最寄りの連絡場所】

大阪市中央区高麗橋四丁目3番10号

【電話番号】

06-6203-4771(代表)

【事務連絡者氏名】

執行役員管理本部長  伊藤 裕之

【縦覧に供する場所】

株式会社東京証券取引所

(東京都中央区日本橋兜町2番1号)

 

E01056 43680 扶桑化学工業株式会社 FUSO CHEMICAL CO.,LTD. 企業内容等の開示に関する内閣府令 第三号様式 Japan GAAP true CTE CTE 2020-04-01 2021-03-31 FY 2021-03-31 2019-04-01 2020-03-31 2020-03-31 1 false false false E01056-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No3MajorShareholdersMember E01056-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No4MajorShareholdersMember E01056-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No5MajorShareholdersMember E01056-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No6MajorShareholdersMember E01056-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No7MajorShareholdersMember E01056-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No8MajorShareholdersMember E01056-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No9MajorShareholdersMember E01056-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No10MajorShareholdersMember E01056-000 2020-03-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E01056-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E01056-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E01056-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E01056-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E01056-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E01056-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01056-000 2021-06-28 jpcrp030000-asr_E01056-000:KiyamaShizumiMember E01056-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row19Member E01056-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row20Member E01056-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row21Member E01056-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row22Member E01056-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row23Member E01056-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row24Member E01056-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row25Member E01056-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E01056-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E01056-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E01056-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01056-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E01056-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ReserveForReductionEntry2Member E01056-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:GeneralReserveMember E01056-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01056-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E01056-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E01056-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01056-000 2021-06-28 jpcrp030000-asr_E01056-000:MasaujiHaruoMember E01056-000 2021-06-28 jpcrp030000-asr_E01056-000:TanimuraTakashiMember E01056-000 2021-06-28 jpcrp030000-asr_E01056-000:SugitaShinichiMember E01056-000 2021-06-28 jpcrp030000-asr_E01056-000:AkazawaTakatoshiMember E01056-000 2021-06-28 jpcrp030000-asr_E01056-000:KinoshitaYoshikiMember E01056-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesTreasurySharesSharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E01056-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithFullVotingRightsOtherMember E01056-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsOtherMember E01056-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesLessThanOneUnitMember E01056-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesLessThanOneUnitMember E01056-000 2021-06-28 jpcrp030000-asr_E01056-000:FujiokaMisakoMember E01056-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row1Member E01056-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row2Member E01056-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row3Member E01056-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row4Member E01056-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row1Member E01056-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E01056-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E01056-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E01056-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01056-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E01056-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ReserveForReductionEntry2Member E01056-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:GeneralReserveMember E01056-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E01056-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01056-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E01056-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E01056-000 2021-06-28 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E01056-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E01056-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithNoVotingRightsMember E01056-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsTreasurySharesEtcMember E01056-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsOtherMember E01056-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E01056-000 2021-06-28 jpcrp_cor:Row1Member E01056-000 2021-06-28 jpcrp_cor:Row2Member E01056-000 2021-06-28 jpcrp_cor:Row3Member E01056-000 2021-06-28 jpcrp_cor:Row4Member E01056-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01056-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E01056-000 2020-03-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E01056-000 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E01056-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E01056-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E01056-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E01056-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01056-000 2019-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01056-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ReserveForReductionEntry2Member E01056-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:GeneralReserveMember E01056-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E01056-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01056-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E01056-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01056-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E01056-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row5Member E01056-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row6Member E01056-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row7Member E01056-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row8Member E01056-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row9Member E01056-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row10Member E01056-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row11Member E01056-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row12Member E01056-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row13Member E01056-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row14Member E01056-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row15Member E01056-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row16Member E01056-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row17Member E01056-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row18Member E01056-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row19Member E01056-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row20Member E01056-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row21Member E01056-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row22Member E01056-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row23Member E01056-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row24Member E01056-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row25Member E01056-000 2021-06-28 jpcrp_cor:Row6Member E01056-000 2021-06-28 jpcrp_cor:Row5Member E01056-000 2021-03-31 jpcrp_cor:CorporateSharedMember E01056-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E01056-000:LifeScienceBusinessUnitReportableSegmentsMember E01056-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E01056-000:ElectronicMaterialsAndFunctionalChemicalsBusinessUnitReportableSegmentMember E01056-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E01056-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01056-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E01056-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E01056-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E01056-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E01056-000 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E01056-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ReserveForReductionEntry2Member E01056-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:GeneralReserveMember E01056-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E01056-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E01056-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E01056-000 2020-03-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E01056-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01056-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01056-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01056-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01056-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01056-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01056-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01056-000 2017-04-01 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01056-000 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01056-000 2016-04-01 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01056-000 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E01056-000 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01056-000 2019-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01056-000 2019-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E01056-000 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E01056-000:LifeScienceBusinessUnitReportableSegmentsMember E01056-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E01056-000:ElectronicMaterialsAndFunctionalChemicalsBusinessUnitReportableSegmentMember E01056-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E01056-000:LifeScienceBusinessUnitReportableSegmentsMember E01056-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E01056-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01056-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E01056-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E01056-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E01056-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E01056-000 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E01056-000:ElectronicMaterialsAndFunctionalChemicalsBusinessUnitReportableSegmentMember E01056-000 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E01056-000:LifeScienceBusinessUnitReportableSegmentsMember E01056-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E01056-000:ElectronicMaterialsAndFunctionalChemicalsBusinessUnitReportableSegmentMember E01056-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E01056-000:LifeScienceBusinessUnitReportableSegmentsMember E01056-000 2021-03-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E01056-000 2021-03-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E01056-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E01056-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E01056-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E01056-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01056-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E01056-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01056-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E01056-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01056-000 2021-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01056-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ReserveForReductionEntry2Member E01056-000 2019-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01056-000 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E01056-000 2019-03-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E01056-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E01056-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01056-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E01056-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:UnallocatedAmountsAndEliminationMember E01056-000 2021-03-31 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E01056-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E01056-000 2020-03-31 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E01056-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E01056-000 2019-03-31 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E01056-000 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E01056-000 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01056-000 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01056-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row5Member E01056-000 2020-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E01056-000 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01056-000 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E01056-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:GeneralReserveMember E01056-000 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E01056-000:ElectronicMaterialsAndFunctionalChemicalsBusinessUnitReportableSegmentMember E01056-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01056-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp_cor:CorporateSharedMember E01056-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E01056-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01056-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E01056-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E01056-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E01056-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E01056-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01056-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E01056-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:OutsideDirectorsAndOtherOfficersMember E01056-000 2017-04-01 2018-03-31 E01056-000 2017-03-31 E01056-000 2016-04-01 2017-03-31 E01056-000 2018-03-31 E01056-000 2021-06-28 E01056-000 2021-03-31 E01056-000 2020-04-01 2021-03-31 E01056-000 2020-03-31 E01056-000 2019-04-01 2020-03-31 E01056-000 2019-03-31 E01056-000 2018-04-01 2019-03-31 E01056-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row2Member E01056-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row3Member E01056-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row4Member E01056-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row6Member E01056-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row7Member E01056-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row8Member E01056-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row9Member E01056-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row10Member E01056-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row11Member E01056-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row13Member E01056-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row14Member E01056-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row15Member E01056-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row16Member E01056-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row17Member E01056-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row18Member E01056-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01056-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E01056-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E01056-000 2021-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01056-000 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E01056-000 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01056-000 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01056-000 2021-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E01056-000 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E01056-000 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E01056-000 2021-03-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E01056-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E01056-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01056-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row12Member E01056-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:DirectorsExcludingAuditAndSupervisoryCommitteeMembersAndOutsideDirectorsMember E01056-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:DirectorsAppointedAsAuditAndSupervisoryCommitteeMembersExcludingOutsideDirectorsMember E01056-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E01056-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E01056-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E01056-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No1MajorShareholdersMember E01056-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No2MajorShareholdersMember E01056-000 2021-06-28 jpcrp030000-asr_E01056-000:FujiokaAtsushiMember E01056-000 2021-06-28 jpcrp030000-asr_E01056-000:HirataFumiakiMember E01056-000 2021-06-28 jpcrp030000-asr_E01056-000:SugimotoMotokiMember iso4217:JPY xbrli:shares iso4217:JPY xbrli:shares xbrli:pure

第一部【企業情報】

第1【企業の概況】

1【主要な経営指標等の推移】

(1)連結経営指標等

 

回次

第60期

第61期

第62期

第63期

第64期

決算年月

2017年3月

2018年3月

2019年3月

2020年3月

2021年3月

売上高

(千円)

36,224,356

40,221,619

42,074,721

41,310,689

42,209,380

経常利益

(千円)

10,038,678

10,367,580

9,854,627

8,954,480

9,746,449

親会社株主に帰属する当期純利益

(千円)

6,895,594

6,592,287

6,881,266

7,014,323

6,808,079

包括利益

(千円)

6,720,760

6,658,167

6,840,630

6,584,852

7,517,706

純資産額

(千円)

45,160,048

50,146,206

55,342,374

60,289,279

66,169,588

総資産額

(千円)

56,271,125

64,231,082

64,457,197

69,222,738

76,032,427

1株当たり純資産額

(円)

1,271.79

1,412.21

1,558.77

1,698.11

1,863.74

1株当たり当期純利益金額

(円)

194.22

185.67

193.81

197.56

191.75

潜在株式調整後1株当たり  当期純利益金額

(円)

自己資本比率

(%)

80.24

78.06

85.86

87.09

87.03

自己資本利益率

(%)

16.20

13.84

13.05

12.13

10.77

株価収益率

(倍)

17.94

14.80

9.61

15.36

21.19

営業活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

9,413,515

4,845,599

8,148,493

11,936,908

12,820,551

投資活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

4,983,272

8,024,601

15,356,573

4,320,598

2,620,018

財務活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

1,533,146

1,675,679

1,639,486

1,641,478

1,639,065

現金及び現金同等物の期末残高

(千円)

23,985,230

18,930,340

10,223,662

16,083,028

24,835,971

従業員数

(人)

700

755

761

781

794

(外、平均臨時雇用者数)

[-]

[-]

[-]

[-]

[-]

(注)1.売上高には、消費税等は含まれていません。

2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載していません。

3.平均臨時雇用者数については、従業員の100分の10未満であるため記載していません。

4.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を2019年3月期の期首から適用しており、2017年3月期以降の主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の経営指標等となっています。

(2)提出会社の経営指標等

 

回次

第60期

第61期

第62期

第63期

第64期

決算年月

2017年3月

2018年3月

2019年3月

2020年3月

2021年3月

売上高

(千円)

30,002,977

33,327,245

34,504,967

34,034,424

35,412,744

経常利益

(千円)

9,211,205

9,809,498

9,854,187

8,113,455

9,222,393

当期純利益

(千円)

6,612,563

6,457,417

7,369,063

6,737,508

6,776,991

資本金

(千円)

4,334,047

4,334,047

4,334,047

4,334,047

4,334,047

発行済株式総数

(株)

35,511,000

35,511,000

35,511,000

35,511,000

35,511,000

純資産額

(千円)

39,363,707

44,200,055

49,895,982

54,945,044

60,245,633

総資産額

(千円)

49,984,685

57,938,811

58,600,233

63,532,862

69,678,027

1株当たり純資産額

(円)

1,108.71

1,244.93

1,405.37

1,547.58

1,696.88

1株当たり配当額

(円)

43.00

45.00

46.00

46.00

48.00

(内1株当たり中間配当額)

(18.00)

(22.00)

(23.00)

(23.00)

(23.00)

1株当たり当期純利益金額

(円)

186.24

181.87

207.55

189.76

190.88

潜在株式調整後1株当たり 当期純利益金額

(円)

自己資本比率

(%)

78.75

76.29

85.15

86.48

86.46

自己資本利益率

(%)

17.99

15.46

15.66

12.85

11.77

株価収益率

(倍)

18.71

15.11

8.97

15.99

21.29

配当性向

(%)

23.09

24.74

22.16

24.24

25.15

従業員数

(人)

379

437

445

467

481

(外、平均臨時雇用者数)

[-]

[-]

[-]

[-]

[-]

株主総利回り

(%)

212.5

170.8

120.2

193.7

258.6

(比較指標:配当込みTOPIX)

(%)

(114.7)

(132.9)

(126.2)

(114.2)

(162.3)

最高株価

(円)

3,590

4,085

3,015

3,650

4,390

最低株価

(円)

1,300

2,610

1,797

1,872

2,790

(注)1.売上高には、消費税等は含まれていません。

2.最高株価および最低株価は、東京証券取引所市場第一部におけるものです。

3.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載していません。

4.平均臨時雇用者数については、従業員の100分の10未満であるため記載していません。

 

2【沿革】

年月

事項

1957年6月

資本金2,000千円で大阪市淀川区野中北二丁目10番30号に帝國製薬株式会社大阪工場を独立させ、扶桑化学工業株式会社を設立

1962年6月

大阪市淀川区新高二丁目6番6号に神崎川工場を設置

1962年9月

食品添加物「リンゴ酸」の製造開始

1966年5月

イソブチレン誘導体「樹脂添加剤」の製造開始

1971年3月

神崎川工場に研究棟完成

1972年6月

大阪市淀川区新高二丁目6番6号に本社移転

1973年1月

堺市築港新町三丁27番10号に、堺工場第1期工事完成

1975年6月

大阪市中央区高麗橋四丁目3番10号に大阪営業所開設

1975年11月

FDA規格の「リンゴ酸」の製造に成功

1978年4月

東京都中央区日本橋室町四丁目1番7号に東京出張所を開設

1981年11月

アルコール製剤「アプルコール」を食品業界へ販売

1982年9月

海苔の雑藻駆除剤「Wクリーン」を海苔養殖業界へ販売

1984年6月

東京出張所を東京営業所に昇格

1984年6月

京都府福知山市長田野町一丁目5番地に福知山工場第1期工事完成

1986年6月

「クエン酸」の製造開始

1987年4月

「クエン酸ナトリウム」の本格販売開始

1987年8月

電子材料「コロイダルシリカ」の試験生産開始

1988年4月

大阪市中央区高麗橋四丁目3番10号に本社移転、大阪営業所廃止

1988年5月

全額出資により扶桑興産株式会社設立

1990年9月

福岡県山門郡大和町豊原107番3号に福岡営業所を開設

1990年10月

株式会社扶桑コーポレイションを合併、全額出資により同一商号にて設立

1994年7月

85%出資により青島扶桑精製加工有限公司を設立

1995年12月

全額出資により青島扶桑貿易有限公司を設立

2001年4月

東京営業所を東京支店、福知山工場を京都工場(現  京都第一工場)、神崎川工場を商品開発センター、堺工場を大阪工場にそれぞれ名称を変更

2001年5月

日本証券業協会に株式を店頭登録

2002年4月

扶桑興産株式会社と株式会社扶桑コーポレイションを合併、株式会社扶桑コーポレーションとして発足

2003年12月

全額出資により青島扶桑第二精製加工有限公司を設立

2003年12月

藤沢薬品工業株式会社より国内化成品事業および米国子会社PMP Fermentation Products, Inc.の全株式を買収

2004年3月

京都第二工場  倉庫完成

2004年10月

中国上海市に青島扶桑精製加工有限公司上海支店を開設

2004年12月

日本証券業協会への店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所(現  東京証券取引所JASDAQ(スタンダード))に株式を上場

2005年6月

京都工場(現  京都第一工場)の電子材料製造設備を増強

2006年3月

東京支店を東京都中央区日本橋本町二丁目2番5号に移転

2007年1月

青島扶桑精製加工有限公司を100%子会社化

2007年12月

京都第二工場の電子材料製造設備を建設

2008年7月

株式会社ヤマノホールディングスより株式会社エックスワンの全株式を買収

2008年8月

全額出資によりFUSO (THAILAND) CO.,LTD.を設立

2008年11月

青島扶桑第二精製加工有限公司の社名を扶桑化学(青島)有限公司に変更

2008年12月

株式会社扶桑コーポレーション75%出資により株式会社海洋化学を設立

2009年8月

商品開発センターを改め、新大阪事業所を設置

2010年4月

ジャスダック証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、大阪証券取引所JASDAQ(現  東京証券取引所JASDAQ(スタンダード))に上場

2010年4月

東京支店を改め、東京本社を設置

 

 

年月

事項

2011年5月

東京本社を東京都中央区日本橋小舟町6番6号に移転

2013年7月

神奈川県川崎市高津区三丁目2番1号に東京研究所を開設

2014年2月

株式会社エックスワンの株式の一部譲渡により、同社を連結子会社から除外

2014年10月

2015年12月

2017年11月

2018年6月

2018年9月

2019年7月

三井化学株式会社より有機酸事業を承継し、無水マレイン酸・フマル酸の販売を開始

公募増資を実施、東京証券取引所市場第一部に市場変更

茨城県神栖市東和田20番地に鹿島事業所を開設

監査等委員会設置会社へ移行

株式会社海洋化学の全株式の譲渡により、同社を連結子会社から除外

鹿島事業所のリンゴ酸製造設備を建設

 

 

 

3【事業の内容】

当社グループ(当社および連結子会社6社)は、「ライフサイエンス事業」および「電子材料および機能性化学品事業」の2分野に関係する事業を行っています。当社グループにおける各事業の位置付けは次のとおりです。なお、次の2部門は「第5  経理の状況  1.連結財務諸表等  (1)連結財務諸表  注記事項」に掲げるセグメントの区分と同じです。

(ライフサイエンス事業)

当セグメントにおいては、(a)果実酸類、有機酸類、(b)応用開発商品の製造・販売を行っています。

(a)果実酸類、有機酸類

リンゴ酸、クエン酸、グルコン酸等の果実酸類および無水マレイン酸等の有機酸を中心に製品構成しています。果実酸類は飲料、加工食品に使用する酸味料、pH調整剤、酸化防止剤等の食品分野での用途を中心に、洗剤、化粧品、表面処理剤、コンクリート用混和剤、電子機器等の工業分野での用途に至るまで幅広く使用されています。

(b)応用開発商品

果実酸等の当社グループ製品を原料として、食品分野、工業分野に幅広く用途開発する商品であり、① 麺食品の品質改良剤、② 加工食品の日持ち向上剤、③食品製造メーカーにおけるトータル・サニテーション、④ 金属加工の改善等に用いられています。

[主な関係会社]

当社(本社、東京本社、新大阪事業所、鹿島事業所、東京研究所、大阪工場、十三工場)、株式会社扶桑コーポレーション、青島扶桑精製加工有限公司、青島扶桑貿易有限公司、扶桑化学(青島)有限公司、FUSO (THAILAND) CO.,LTD.、PMP Fermentation Products, Inc.

(電子材料および機能性化学品事業)

当セグメントにおいては、(a)電子材料、(b)機能性化学品の製造・販売を行っています。

(a)電子材料

研磨剤原料用途として利用されている超高純度コロイダルシリカを中心に製品構成しています。この製品は、半導体業界を中心に需要があり、微細化、高集積化される次世代半導体集積回路の製造に必要なCMP(化学的機械的平坦化)スラリーにも対応しています。

(b)機能性化学品

プラスチック、塗料の添加剤および香料、化粧品の原料としての用途に使用される樹脂添加剤や、精密化学薬品製造の技術を活かしたファインケミカルを販売しています。

[主な関係会社]

当社(東京本社、京都事業所、東京研究所)、青島扶桑精製加工有限公司、扶桑化学(青島)有限公司

[事業系統図]

以上述べた事項を事業系統図によって示すと、次のとおりです。

0101010_001.png

 

4【関係会社の状況】

会社名

住所

資本金

主要な事業の内容

議決権等の

所有割合 (%)

関係内容

(連結子会社)

 

 

 

 

 

株式会社扶桑

コーポレーション

大阪市

中央区

60,000千円

ライフサイエンス事業

100.0

当社ライフサイエンス事業製品の販売を行っています。

役員の兼任1名

青島扶桑精製加工

有限公司

中国山東省

青島市

4,000

千米ドル

ライフサイエンス事業

 

電子材料および機能性化学品事業

100.0

当社ライフサイエンス事業製品、電子材料および機能性化学品事業製品の製造・販売を行っています。

役員の兼任3名

青島扶桑貿易

有限公司

中国山東省

青島市

200

千米ドル

ライフサイエンス事業

100.0

当社ライフサイエンス事業製品の販売を行っています。

役員の兼任3名

扶桑化学(青島)

有限公司

中国山東省

青島市

7,500

千米ドル

ライフサイエンス事業

 

電子材料および機能性化学品事業

100.0

当社ライフサイエンス事業、電子材料および機能性化学品事業の賃貸事業を行っています。

役員の兼任3名

PMP Fermentation

Products, Inc.

アメリカ

イリノイ州

ペオリア市

3千米ドル

ライフサイエンス事業

100.0

当社ライフサイエンス事業製品の製造・販売を行っています。

役員の兼任1名

FUSO(THAILAND)

CO.,LTD.

タイ

バンコク都

111,000

千バーツ

ライフサイエンス事業

100.0

当社ライフサイエンス事業製品の製造・販売を行っています。

役員の兼任2名

(注)1.主要な事業の内容欄には、セグメントの名称を記載しています。

2.青島扶桑精製加工有限公司および扶桑化学(青島)有限公司は、特定子会社に該当しています。

3.FUSO(THAILAND) CO.,LTD.は、2020年10月9日付で71,000千バーツの増資を行い、資本金が増加しています。

5【従業員の状況】

(1)連結会社の状況

 

(2021年3月31日現在)

セグメントの名称

従業員数(人)

ライフサイエンス事業

481

電子材料および機能性化学品事業

276

全社(共通)

37

合計

794

(注)1.従業員数は就業人員(常用パートタイマーを含んでいます。)です。

2.全社(共通)として記載されている従業員数は、特定のセグメントに区分できない提出会社の管理部門に所属しているものです。

(2)提出会社の状況

 

 

 

(2021年3月31日現在)

従業員数(人)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(円)

481

42.3

12.9

6,519,016

 

セグメントの名称

従業員数(人)

ライフサイエンス事業

182

電子材料および機能性化学品事業

262

全社(共通)

37

合計

481

(注)1.従業員数は就業人員(当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含むほか、常用パートタイマーを含んでいます。)です。

2.平均年間給与は、賞与および基準外賃金を含んでいます。

3.全社(共通)として記載されている従業員数は、特定のセグメントに区分できない管理部門に所属しているものです。

(3)労働組合の状況

  当社の労働組合は、扶桑化学工業労働組合と称し、提出会社の本社に置かれ、2021年3月31日現在における組合員数は176名となっています。

  なお、労使関係につきましては特に記載すべき事項はありません。

第2【事業の状況】

1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。中期経営計画につきましては2021年5月7日に公表したものに基づきます。

(1)基本方針

当社グループは、下記の社是、経営信条に則り、収益力・人財(材)力・技術力のレベルを高め、継続的発展を遂げる企業を目指すために、「企業価値」および「企業品質」をより高める企業経営をしていきます。

社是

「限りなき進歩と創造」

経営信条

一. 信用を重んじ確実を旨とする

一. 技術を通じて国家社会に貢献し

一. 社業の繁栄によって従業員の豊かさを築く

 

そのために、ニッチな市場のニーズをとらえ、スピード、コスト、クオリティのバランスが高次元で調和している「金メダル製品」の開発を目指し、顧客満足の最大化を目指していきます。

(2)中長期的な会社の経営戦略及び対処すべき課題

今後の世界経済は、欧米においてはワクチン接種が進展し経済回復が期待されます。中国においては感染を抑え込み経済成長の回復が進んでいます。しかし、全世界的には変異ウイルスの蔓延等もあり感染収束は、まだ時間がかかると想定されます。日本においては、ワクチン接種は開始されましたが、感染再拡大により緊急事態宣言の再発令が行われ、経済停滞の長期化が想定されます。米中の対立、海運の停滞、半導体供給不足等、経済の混乱要因もあり、先行きは見通せない状況にあります。

このような状況のもと、当社は従業員の健康・安全を確保したうえで、生産・販売を維持、強化し、事業継続に注力します。新型コロナウイルスの感染拡大により、影響を受けた市場もありますが、全般的には当社業績に対する影響は限定的でした。しかし、今後の動向によっては、さらに大きな影響を受ける可能性もあり、できる限り顧客とのコミュニケーションを取り早期の情報収集に努め、リスクに先行して対応します。

先行き不透明な状況ではありますが、当社グループは、新規設備の有効活用による国内外の需要取り込み、継続的なコスト削減を通じたコア事業の更なる強化、市場ニーズに適合した新規商品の開発、海外拠点を活用した海外展開、さらに新規設備投資計画を進め供給力強化に取り組みます。2021年の連結業績の計画は、原油価格上昇に伴う原料価格アップ、それに伴う販売価格への影響、半導体市況の予測を織り込んで、下記の通り計画しています。

〇連結業績計画

(単位:百万円)

 

2020年度実績

2021年度計画

増減

売上高

42,209

46,500

+4,290

営業利益

9,632

10,200

+567

経常利益

9,746

10,200

+453

親会社株主に帰属する

当期純利益

6,808

6,950

+141

償却前営業利益

14,659

14,900

+240

 

〇ライフサイエンス事業連結業績計画

(単位:百万円)

 

2020年度実績

2021年度計画

増減

売上高

23,418

26,100

+2,681

営業利益

3,312

3,200

△112

償却前営業利益

4,957

4,800

△157

 

〇電子材料および機能性化学品事業連結業績計画

(単位:百万円)

 

2020年度実績

2021年度計画

増減

売上高

18,790

20,400

+1,609

営業利益

7,645

8,500

+854

償却前営業利益

10,998

11,500

+501

 

<中期経営計画>

当社グループの持続的な成長のためには、グループとして中期的に目指すべき方向性・指針を社内外のステークホルダーに対して打ち出すことの必要性を感じ、今般「中期経営計画 “FUSO VISION 2025”」を策定しました。これを基に2025年度(2026年3月期)までを、『更なる飛躍のための足場固めと新規事業創出・第三の柱構築への挑戦のための5年間』と位置づけ、事業環境の変化への対応と新たな価値の創造に挑戦し続けることで、中期経営計画のサブテーマである『社会課題の解決に貢献するFUSOであるために』を実現していきます。

 

1.中期経営計画の概要

名称   :中期経営計画“FUSO VISION 2025”

サブテーマ:社会課題の解決に貢献するFUSOであるために

期間   :2021年~2025年(5ヶ年の中期計画)

経営目標 :売上高580億円、営業利益140億円、償却前営業利益200億円を目指します。

経営方針 :①既存事業における拡大する需要の取り込み、着実な対応

②新規事業・分野への投資・挑戦

③持続的成長を支える経営基盤の強化

 

2.目指す企業像

「限りなき進歩と創造」の先にあるもの、当社グループが目指す企業像としては、その特定の分野で輝く数多くの金メダル製品と様々な価値観・アイデアを持つ社員がそれぞれの持ち場で活き活きと働き、社会に貢献し続けられる体力のある企業、そのような未来を思い描き下記の通り設定しました。

 

・グローバルニッチトップを追求する FUSO

 ・人々の暮らしの豊かさの向上・持続的な未来に貢献し続ける FUSO

 ・現状に満足することなくInnovationに挑戦し続ける FUSO

 ・既存事業に続く成長性ある第3の柱構築で倒れない強い企業である FUSO

 

3.経営方針

 ①既存事業における拡大する需要の取り込み、着実な対応

 

(ライフサイエンス事業)

 リンゴ酸を核とした海外事業の拡大戦略を加速するとともに、国内事業は採算性の向上を強力に推し進めます。また、コア技術を活かした新規テーマの創出にも注力します。食品用途においては、FUSO製品を使用した食品有効利用技術の提案を進め、地球環境と社会へ貢献できる新規テーマの創出に注力していきます。

 

主な市場環境の現状認識

  ・食品関連

    食品廃棄ロスに対する問題意識の高まり

    健康に対する関心の高まり

・工業関連

  SDGsの意識の高まり

・共通

  国内市場の縮小

  海外市場の拡大

 

 主な市場環境の将来予測

  ・食品関連

    限られた食糧資源を有効利用する技術の発達

未利用資源を食用として利用できる技術の発達

東南アジアを中心とした人口増加と生活レベルの向上に伴う需要の拡大

・工業関連

  電子材料関連の市場の継続的な伸長

COVID-19の流行による需要構造の変化

 

事業方針

 ・社会変化や課題の解決に寄与する技術と製品を提供する

  ・人々の食、健康、住環境の向上に寄与する製品を提供し続ける

 

重点戦略

  ・国内唯一の果実酸総合メーカーとして、更なる基盤強化とラインナップの拡充

   (アクション)

     FUSO果実酸コンビナート構想の実現

     電子材料関連に対応した高純度品の開発

   (目指す成果)

     安定品質、安定供給により顧客の発展に貢献

     付加価値ある提案力により盤石なポジションを構築

 

  ・フードテックの新技術に対する提供価値の創出

   (アクション)

     FUSO製品を使用した食品有効利用技術の提案

     高付加価値な食品素材及び食品添加物製剤の開発

   (目指す成果)

     フードロス削減をはじめ様々な社会課題および食の発展に貢献

     新しい価値を持った食品開発に貢献

 

  ・海外への事業展開の更なる強化

   (アクション)

     各海外拠点における現地企業への展開

     REACH規則への対応

   (目指す成果)

     中国および東南アジアの食文化多様化に貢献

     北米市場でFUSO新商品上市によるブランド力向上

     欧州市場でビジネス拡大、用途拡張

 

(電子材料および機能性化学品事業)

半導体業界の進展に伴う当社製品への需要拡大に備えた生産効率最大化を進め、供給者責任を果たしていきます。世界中の人々の生活の豊かさ向上につながる製品開発を通じて社会に貢献していきます。

 

主な市場環境の現状認識

   ・半導体関連

 コロナウイルス禍によるリモートワークの拡大

     5G、IoTの普及に伴う半導体の需要拡大

 ・情報産業関連

     より便利で豊かさを求める消費者の増加

     低消費電力をはじめとした低環境負荷への要望拡大

 

 主な市場環境の将来予測

   ・半導体関連

     新生活様式定着による半導体需要増

     半導体配線の微細化と多層化による需要増

   ・情報産業関連

     暮らしの高機能化を支援する先端材料需要増

     環境負荷を低減できる材料の普及

 

事業方針

  ・超高純度コロイダルシリカ等の先端素材の開発・生産で、エレクトロニクス分野の高機能化で社会に貢献する

 

重点戦略

   ・半導体 AI・5G・IoT・自動運転など、拡大する半導体需要への対応

 (アクション)

      需要拡大に備えた生産効率最大化および鹿島事業所での生産能力増設の完了、稼働

      配線微細化・高平坦化の進展に対応したコロイダルシリカの能力増強

    (目指す成果)

      AI・5G・IoT・自動運転など次世代技術開発に不可欠な存在であり続ける

 

   ・情報産業 低環境負荷と高付加価値を実現する材料の開発と需要の取り込み

 (アクション)

      顧客ニーズと技術動向の把握

      他社に先駆けた新素材の開発

    (目指す成果)

      他社に先駆けて量産体制を構築し、新素材でトップシェアを目指す

 

   ・機能性材料 市場ニーズを取り入れた先端材料の開発と新規市場の開拓

 (アクション)

      新技術の開発と製品の拡充

    (目指す成果)

      先端材料開発のパイオニアを目指すとともに、業界標準になり得る材料を開発する

 

 ②新規事業・分野への投資・挑戦

社内外でのオープンイノベーションを推し進め、また外部リソースを最大限に活用し、ライフサイエンス事業・電子材料および機能性化学品事業に続く、第三の柱となる新規事業創出に挑戦します。CVCファンドへのLP出資、M&A、ベンチャー企業との連携、産学連携など様々な手段を検討します。

  (アクション)

    戦略的投資枠の設定

 CVCファンドへのLP出資、M&A、ベンチャー企業との連携、産学連携、社内外でのオープンイノベーションの推進、外部リソースの活用を検討

(目指す成果)

 第三の柱確立に向けた基盤を固め、道筋をつける

 長期的視野に立った事業確立を目指し、中期経営計画においては売上高10億円程度を目標とする

 

③持続的成長を支える経営基盤の強化

 重点戦略

    企業責任・SDGsの取り組み

    コーポレートガバナンスの一層の強化

    非財務目標の「定量化」「可視化」とコミットメント

    ダイバーシティ(多様性)の推進・意識改革

    イノベーションを生み出せる組織風土

    社員が活躍できる職場(多様な視点・価値観)

    働き方改革(自己実現・働き甲斐)

 

<対処すべき課題>

当社グループの事業展開において、以下を重点的テーマとして取り組んでいきます。

 

(ライフサイエンス事業)

2019年7月に竣工した鹿島事業所のリンゴ酸新製造設備は2021年1月から本格稼働しています。2021年度(2022年3月期)は年間を通した安定操業を目指し、工程管理の強化等に努めます。品質面においては、国際食品安全マネジメントシステム「FSSC22000」の認証を2021年度第1四半期中に取得できる見込みです。これにより大阪工場のリンゴ酸製造設備に加えて、鹿島事業所のリンゴ酸新製造設備においても、海外で要求される「FSSC22000」、「HALAL」、「KOSHER」の認証の取得および米国FDA登録を完了します。海外子会社と連携してリンゴ酸の輸出販売を加速させ、海外市場でのFUSOのブランド力向上に努めていきます。

また、次世代新製品として取り組んできた有機酸のコーティング品については、2021年度第3四半期中の上市を目標としており、コート有機酸ビジネスの拡大をはかります。

次に生産体制の最適化・効率化のため、大阪工場へのコート有機酸設備の導入と同時に十三工場機能を大阪工場に集約します。製剤類他製造設備の再編による合理化を進め、コスト競争力の更なる強化をはかります。

海外では、2020年に青島扶桑精製加工有限公司にテストキッチンを新設しました。このテストキッチンを活用することで現地の食品メーカーとの連携を強化し、中国国内での食品添加物製剤ならびに新規食品の開発・拡販を目指します。FUSO(THAILAND) CO., LTD.では、コンビニなどの中食の販売が増加している現地の状況において、タイ国内流通食品への食品添加物製剤の採用増と新規開発を進めます。

これまでに蓄積してきた販売チャネル、製造・開発ノウハウなどのリソースを最大限に活用し、「『FUSO』果実酸コンビナート構想(※)」の実現と食品添加物製剤のトップメーカーを目指すことで、さらなる売上および利益の拡大に取り組んでいきます。

 

※「『FUSO』果実酸コンビナート構想」とは

▷ 大阪工場、鹿島事業所、中国、米国、タイ子会社など国内外の拠点を、大きなコンビナートととらえ、パイプでつながっているかのように有機的に作用しあう生産・開発体制を確立すること

▷ リンゴ酸においては鹿島事業所にて原料からの一貫生産(垂直)体制を確立させたが、幅広い果実酸のラインアップを拡充させ(水平)、かつ誘導品やコート品など派生した製品の自社製造により、ワンストップの総合果実酸メーカーとしての地位を確立すること

 

(電子材料および機能性化学品事業)

2020年年初から始まった新型コロナウイルス禍の拡大は、当社の超高純度コロイダルシリカの主な最終顧客である半導体業界にも非常に大きな影響を及ぼしました。ウェブ会議、リモートワーク、巣ごもり生活といった行動様式の変化に伴い半導体の需要が伸長し、当社の超高純度コロイダルシリカの販売も計画を大きく上回る結果となりました。当社では、半導体の生産量は、半導体の微細化の進展およびそれに伴う製造設備の増設、また、これに追加し、各国家/地域の半導体に対する政策により、当面の期間にわたり需要の増加が継続すると予測しています。

当社では、この需要の増加に対応していくため、2020年11月に超高純度コロイダルシリカの生産能力増強を決定し、BCP(事業継続計画)の観点に鑑み、当社の鹿島事業所に新設備を設置することとしました。2023年4月に稼働予定の本設備は、2018年に京都第一工場および第二工場に完成した超高純度コロイダルシリカ生産設備と同じく、最新の技術を結集した仕様で、これまで以上に製造条件を高精度にコントロールする事が可能となり、これにより益々厳しくなるお客様の品質要求に応える事ができます。

研究開発におきましては、従来どおりケイ素化学を基軸として多方面への事業展開を推進しています。半導体分野では微細化、高集積化が益々進んでおり、それらのニーズに対応すべく、さらに様々な大きさの粒子や硬い粒子、表面修飾した粒子等の製品開発を続けていきます。

半導体研磨用途以外の新分野への製品開発につきましても、東京研究所に積極的に経営資源を投下し、当社グループのコア技術である超高純度コロイダルシリカの合成技術を活かし、新規技術の研究開発を行っています。

 

(3)経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等

 当社グループは、将来の成長に向けた設備投資は不可欠であると考えて、設備投資の採算性を慎重に検討した上で「償却前営業利益」(営業利益に減価償却実施額を加えた金額)を最重要経営指標としています。併せて、総資産回転率等の資産効率、自己資本利益率等の収益性、自己資本比率等の安全性等、複数の指標のバランスを考慮して経営を進めています。

 

2【事業等のリスク】

有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項には、以下のようなものがあります。なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものです。

(1)市場動向の影響について

ライフサイエンス事業の製品は、加工食品・飲料等の食品分野が主な用途ですが、金属加工・コンクリート混和剤等の工業分野でも広く使用されています。食品分野では、比較的景気変動の影響は限定的と言われていますが、異常気象・自然災害等により需要が大きく変動する可能性があります。工業分野では、食品分野に比べ、景気変動の影響をより一層受けるリスクが存在します。また、どの用途においても、輸入品等の競合品との価格競争、国内外の市況の変動により販売価格、原価が影響を受ける可能性があります。そのため、ライフサイエンス事業の特定の会計期間の業績に影響を及ぼす可能性があります。

電子材料および機能性化学品事業は、半導体業界を中心に製品および商品を販売しており、その半導体業界の特徴として、好況・不況の景気の波が激しいことが挙げられます。そのため、半導体業界の景気変動の波を受けるリスクが存在し、当社グループの電子材料および機能性化学品事業の特定の会計期間の業績に影響を及ぼす可能性があります。

(主なリスクへの対応・取り組み)

両事業とも、特定の分野・地域・ユーザーの依存度を分散するよう、新規用途を獲得するため積極的に情報収集・製品開発を行っています。

特に、半導体業界は、短期的な景気の変動はあるものの、中長期的には成長が続くものと想定しています。その想定に沿って、短期的な不況に耐えうる財務体質の強化を目指しています。

(2)自然災害・事故災害の発生について

大規模地震等の自然災害、製造および研究設備等における事故が発生した場合には、生産および物流設備ならびに研究機器等への被害により、当社グループの業績に影響を与える可能性があります。また、当社グループの事業所において、新型コロナウイルスの感染者が発生した場合には、当該事業所の一時閉鎖を行うなど、当社グループの業績に影響を与える可能性があります。

上記リスクは、当社グループだけでなく、重要な取引先でも発生する可能性があり、サプライチェーンへの影響により、当社グループの業績に影響を与える可能性もあります。

(主なリスクへの対応・取り組み)

当社グループの生産設備・研究設備が自然災害・事故災害に被災した場合、および当社グループの事業所において新型コロナウイルスの感染者が発生した場合には、当社グループで策定しているBCPの手続きにより、適切な情報収集・対応策を実施することで、最短での復旧を目指します。なお、感染症対策として、従業員の健康管理、テレワーク・時差出勤の推進、通勤手段の多様化への対応、勤務中の感染予防策の徹底等を社内周知し、実施しています。

また、重要な取引先で被害が発生した場合に備えて、仕入の複数購買等の施策をできる限り実施し、サプライチェーンの維持に努めています。

(3)技術革新の影響について

電子材料および機能性化学品事業の主要な納入先である半導体業界は技術革新の激しい業界であり、新規技術の開発・応用がなされた場合、市場が大きく変化する可能性があります。

(主なリスクへの対応・取り組み)

常に半導体業界の最先端の動向・情報を収集し、最先端の技術に対応した製品開発を行い、供給体制を構築しています。また、半導体研磨分野で培った技術を活かし、中空ナノシリカ、トナー市場向けナノパウダー等の製品で半導体以外の市場の開拓を進め、依存度を下げます。

(4)海外事業について

当社グループの事業は世界的に広がっており、当連結会計年度における海外売上高の連結売上高に占める比率は43.6%(北米16.4%、アジア26.3%、ヨーロッパ0.7%、その他0.2%)と海外向けの売上高の比率が年々高くなっています。

また、在外の連結子会社は、中国、米国およびタイに合わせて5社あり、子会社を通じて海外においても事業を行っています。海外市場で事業を行う際には、社会的・経済的なカントリーリスク、人事・労務問題の環境の相違、法令等の規制強化等、特有のリスクがあり、それらが当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。

(主なリスクへの対応・取り組み)

各国固有のカントリーリスクがあり、それを全て無くすことは困難ですが、各子会社へ駐在員を派遣し、専門家、業界団体等を活用し、各種リスクが顕在化する前段階での情報収集を実施し、早期対応に努めます。

(5)原材料の調達について

当社グループの原材料の調達活動において、中国からの調達のウエイトが大きなものとなっています。このため、中国の社会経済情勢の影響を受けた際には、調達が困難となる可能性や調達価格が上昇する可能性があり、特定の会計期間における業績が影響を受ける可能性があります。

(主なリスクへの対応・取り組み)

中国以外の国からの調達も検討する等、分散化によりリスクの軽減を図っています。さらに、当社および現地法人を通じて、仕入れ先との協力関係を強化し、情報収集、早期の対応が可能な体制を構築しています。また、調達価格が上昇した場合は、各種コスト削減や収益構造の見直しに加え、販売価格の改定による対応も図っていきます。

(6)為替変動の影響について

(4)海外事業について(5)原材料の調達について、で記載のとおり、海外向けの売上高、海外からの仕入高、在外子会社の財務諸表の換算、また、在外子会社も現地通貨と取引通貨が違う場合、それぞれ為替相場の変動リスクがあり、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。

(主なリスクへの対応・取り組み)

海外向けの売上高、海外からの仕入高のバランスをとることで、為替リスクの軽減を図っています。また、長期の販売契約を締結する際には、為替予約を利用して、仕入価格の固定化を図るなど、為替リスク軽減に努めています。

在外子会社の財務諸表を換算する際の為替リスクの回避は困難であり、海外子会社については、現地通貨での業績管理を行い、現地通貨ベースでの業績の向上を目指します。在外子会社が現地通貨以外の通貨で取引する場合は、基軸通貨である米ドルで取引を行い、為替の変動幅を最小限に抑えます。

(7)化学品に対する法規制について

世界的に環境問題に対する関心が高まる中、化学品への規制が強まる傾向にあります。このような状況下、当社グループの製品の製造・販売についても法律等により規制される可能性があります。

(主なリスクへの対応・取り組み)

国内外の化学品への規制について、当社・子会社において、常に動向を注視し、情報収集を行い、必要な場合、担当部門において専門家や業界団体の助言等を得て、早期の対応に努めています。

(8)知的財産権について

知的財産権の取得および利用については、常に当社グループのスケジュール通りとなる保証はなく、市場競争力に影響を及ぼす可能性があります。また、予期せぬ訴訟等の当事者になる可能性があり、その際には費用の発生や人的資源の投入を強いられる可能性があります。

(主なリスクへの対応・取り組み)

知的財産権について、今後の事業展開や競争力に直結するため、非常に重要であると認識しています。所管する部門において、常に動向を注視し、情報収集を行い、専門家を活用する等して、早期の対応に努めています。また、発明審査委員会を設置して、知的財産権について情報共有を図り、適正な管理運用を行う体制を構築しています。

(9)製造物責任について

当社グループでは、製品が顧客であるユーザーで原料として使用される、BtoBと呼ばれる商流が大部分を占めており、当社グループの製品に問題等が発生した場合には、ユーザーから一般消費者向けの製品へも影響を与えるなど、影響の範囲が大きく広がる可能性があります。その結果、当社グループの業績に対して影響を与えるとともに、企業への信頼についても影響を受ける可能性があります。

(主なリスクへの対応・取り組み)

経営信条の一つに「信用を重んじ確実を旨とする」とあるとおり、メーカーとして品質・信頼の確保が重要であると認識し、行動規範に品質の維持、コンプライアンス活動の推進等必要な事項を定め、社内に周知徹底しています。

また、両事業とも品質保証部門に対する体制の強化を図り、当社グループの製商品に対する品質管理を行うとともに、国内外の関係部門、調達先等に関与し、工程管理による不良の低減等の品質保証活動を推進しています。

(10)設備投資計画について

当社グループは既存設備の更新だけでなく、新規設備投資等により事業の拡大を図っています。しかしながら、当社グループの製品に対する需要が期待どおりに推移しなかった場合は、生産設備の稼働率低下により、収益性が低下し、減損損失の計上・固定費の負担等、当社グループの財政状態および経営成績に影響を与える可能性があります。

(主なリスクへの対応・取り組み)

新規製造設備への投資決定の際に、ユーザーからの要望・市場調査を念入りに行う等、十分な検討を重ねて決定しています。

新規製造設備や設備更新の際は、省人化、省エネルギー化等、コストの最小化、効率化を推進した設備の導入を進め、稼働率の低下にも耐えうる企業体質を目指しています。

(11)たな卸資産について

(1)市場動向の影響について、で記載したとおり景気変動の影響を受けた際に、たな卸資産が大きく増加し、陳腐化することで、当社グループの業績に影響を与える可能性があります。

また、原料価格・為替の変動により、たな卸資産の簿価が市場価格より高くなり、低価法が適用されると、当社グループの業績に影響を与える可能性があります。

(主なリスクへの対応・取り組み)

適時、販売状況・販売計画を確認し、生産・購買と販売のバランスをとり、タイムリーに生産計画・購買計画を立案・修正し、実行しています。

原料価格を販売価格へ転嫁し、適切な利幅を維持出来るよう、契約の見直しを実施しています。

3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

(1)経営成績等の状況の概要

当連結会計年度における当社グループ(当社および連結子会社)の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下、「経営成績等」という。)の状況の概要は次のとおりです。

①  財政状態及び経営成績の状況

当連結会計年度における経済環境は、世界経済においては、新型コロナウイルス感染拡大の影響により大幅に落ち込みました。各国政府は大規模な経済対策を実施し、中央銀行も金融緩和により経済を強力に下支えしながら、ロックダウン等の感染症対策を実施しました。感染拡大に一定の歯止めがかかった後、社会活動の再開とともに株価が回復する等、経済回復に明るい兆しもありましたが、その後、再び感染増加に転じ、ロックダウン等の政策が繰り返され、経済的に厳しい状況が継続しました。欧米においてはワクチン接種が進展し、経済回復の期待も高まっていますが、世界的な感染症の収束は未だ見通せない状況にあります。さらに米中対立の継続、加えて海運の停滞、半導体の供給不足等の新たな課題も発生し、先行きは不透明な状況にあります。

日本経済は、新型コロナウイルス感染拡大により発令された初めての緊急事態宣言下で経済活動は停滞し、景気は大幅に落ち込みました。緊急事態宣言解除後、社会活動の再開とともに各経済政策が実施され、景気の落ち込みは一旦底を打ちましたが、感染の再拡大、緊急事態宣言の再発令等の感染対策を繰り返し、社会活動の制限が継続され、インバウンド需要は消失し、個人消費や経済活動の本格的な回復は、未だ見通せない状況が続いています。

このような情勢下、当社グループは従業員の健康・安全を最優先に配慮した上で感染対策を徹底して事業の継続に注力するとともに、成長を持続するため各事業において新規設備の本格稼働への対応や供給体制の維持、強化のための原料の安定確保、設備保全、新規設備投資計画の策定等、経営基盤の一層の強化に取り組みました。

 

a. 財政状態

(資産の部)

当連結会計年度末の流動資産は、前連結会計年度末に比べ9,631百万円増加し、45,131百万円となりました。これは主に、大型の設備投資が一巡したことで投資に伴う支出が減少し、親会社株主に帰属する当期純利益の計上により、現金及び預金が増加したためです。

固定資産は、前連結会計年度末に比べ2,821百万円減少し、30,901百万円となりました。これは主に、大型の設備投資が一巡したため投資額以上に減価償却費が計上されたことにより、有形固定資産が減少したためです。

以上の結果、資産合計は前連結会計年度末に比べ6,809百万円増加し、76,032百万円となりました。

(負債の部)

当連結会計年度末の流動負債は、前連結会計年度末に比べ739百万円増加し、7,836百万円となりました。これは主に、設備投資に係る未払金が減少したものの、未払法人税等およびその他の負債が増加したためです。

固定負債は、前連結会計年度末に比べ189百万円増加し、2,026百万円となりました。これは主に、設備投資に伴う長期設備未払金が増加したためです。

以上の結果、負債合計は前連結会計年度末に比べ929百万円減少し、9,862百万円となりました。

(純資産の部)

当連結会計年度末の純資産合計は、前連結会計年度末に比べ5,880百万円増加し、66,169百万円となりました。これは主に、親会社株主に帰属する当期純利益により、利益剰余金が増加したためです。

b. 経営成績

当連結会計年度の売上高は42,209百万円(前年同期比2.2%増、898百万円増)となりました。営業利益は9,632百万円(同9.1%増、801百万円増)、経常利益は9,746百万円(同8.8%増、791百万円増)、親会社株主に帰属する当期純利益は6,808百万円(同2.9%減、206百万円減)となりました。

売上高、営業利益は、後述の各セグメントの要因により増収増益となりました。経常利益は、期末にかけて円安が進行したことにより為替差損が解消し、為替差益が計上されたことで増益となり、親会社株主に帰属する当期純利益は、前連結会計年度の法人税等が少なかった影響により減益となりました。

 

当社グループの報告セグメントの業績は、次のとおりです。

(ライフサイエンス事業)

ライフサイエンス事業の業績は、外部顧客に対する売上高が23,418百万円(前連結会計年度比2.9%減、701百万円減)、営業利益は3,312百万円(同23.5%減、1,016百万円減)となりました。

日本においては、原料価格の低下は底を打ち上昇に転じたものの、前連結会計年度に引き続き、原料価格に連動して販売価格が変動する契約となっている製品の販売単価が低下しました。加えて、飲食・宿泊等の業務用向けや、飲料用途等、外出自粛による経済低迷の影響を受けた業界向け製商品の販売が減少しました。海外子会社においては、足元では持ち直していますが、中国・米国の経済の落ち込みの影響を受けました。

鹿島事業所のリンゴ酸新規設備の稼働に伴いリンゴ酸の輸出は順調に増加しているものの、前述の要因により、売上高は前連結会計年度を下回りました。営業利益は、原料価格の低下によるコストダウン効果はあったものの、新規設備の稼働に伴う減価償却費の増加によるコストアップや売上高減少の影響により、前連結会計年度を下回り、減収減益となりました。

(電子材料および機能性化学品事業)

電子材料および機能性化学品事業全体の業績は、外部顧客に対する売上高が18,790百万円(前連結会計年度比9.3%増、1,600百万円増)、営業利益は7,645百万円(同33.0%増、1,896百万円増)となりました。

半導体市場は、米中対立・半導体供給不足等の懸念材料はあるものの、デジタル化の進展に伴うデータ量の増大によるサーバー需要の増加等により引き続き堅調に推移しました。半導体の微細化の進展に伴い、当社製品の超高純度コロイダルシリカも採用はさらに増加しています。

在宅勤務の普及によるトナー需要の減少により、ナノパウダーの売上は減少しましたが、超高純度コロイダルシリカの売上が堅調に推移した結果、売上高は前連結会計年度を上回りました。営業利益は、売上高の増加、増産によるコストダウン効果により、前連結会計年度を上回り、増収増益となりました。

②  キャッシュ・フローの状況

当連結会計年度末における連結ベースの現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、税金等調整前当期純利益および減価償却費の発生により取得した資金を有形固定資産の取得、法人税等の支払、配当金の支払に充てた結果、前連結会計年度末に比べ8,752百万円増加し、24,835百万円となりました。

当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりです。

(営業活動によるキャッシュ・フロー)

営業活動の結果取得した資金は、前連結会計年度に比べ883百万円増加し、12,820百万円(前連結会計年度は11,936百万円の取得)となりました。これは主に、法人税等の支払があった一方で、税金等調整前当期純利益および減価償却費による収入が発生したためです。

(投資活動によるキャッシュ・フロー)

投資活動の結果使用した資金は、前連結会計年度に比べ1,700百万円減少し、2,620百万円(前連結会計年度は4,320百万円の使用)となりました。これは主に、定期預金の預入れによる支出、有形固定資産の取得による支出が発生したためです。

(財務活動によるキャッシュ・フロー)

財務活動の結果使用した資金は、前連結会計年度に比べ2百万円増加し、1,639百万円(前連結会計年度は1,641百万円の使用)となりました。これは主に、配当金の支払を行ったためです。

③  生産、受注及び販売の実績

a.生産実績

当連結会計年度における生産実績をセグメントごとに示すと、次のとおりです。

セグメントの名称

当連結会計年度

(自  2020年4月1日

至  2021年3月31日)

前年同期比

ライフサイエンス

17,890,730千円

△3.1%

電子材料および機能性化学品

20,813,763

13.7

合計

38,704,493

5.3

(注)1.金額は販売価格によっており、セグメント間の内部振替前の数値によっています。

2.上記の金額には、消費税等は含まれていません。

b.受注実績

当社グループは、見込み生産を行っているため、受注高および受注残高を把握していません。

c.販売実績

当連結会計年度における販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりです。

セグメントの名称

当連結会計年度

(自  2020年4月1日

至  2021年3月31日)

前年同期比

ライフサイエンス

23,418,822千円

△2.9%

電子材料および機能性化学品

18,790,558

9.3

合計

42,209,380

2.2

(注)1.セグメント間の取引については相殺消去しています。

2.最近2連結会計年度の主要な相手先別の販売実績および当該販売実績の総販売実績に対する割合は、次のとおりです。

相手先

前連結会計年度

(自  2019年4月1日

至  2020年3月31日)

当連結会計年度

(自  2020年4月1日

至  2021年3月31日)

金額(千円)

割合(%)

金額(千円)

割合(%)

A社

4,771,371

11.3

B社

4,385,594

10.4

3.上記の金額には、消費税等は含まれていません。

4.前連結会計年度のA社、B社に対する販売実績は、当該販売実績の総販売実績に対する割合が100分の10未満であるため、記載を省略しています。

5.A社、B社との契約において秘密保持条項が存在するため、社名の公表は控えさせていただきます。

 

(2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりです。

なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものです。

①   重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成されています。

当社グループの連結財務諸表の作成にあたっては、当連結会計年度末における資産、負債の報告金額および収益、費用の報告金額に影響を与える見積り、判断および仮定を使用することが必要となります。当社グループの経営陣は連結財務諸表作成の基礎となる見積り、判断および仮定を過去の経験や状況に応じ合理的と判断される入手可能な情報により継続的に検証し、意思決定を行っています。しかしながら、これらの見積り、判断および仮定は不確実性を伴うため、実際の結果と異なる場合があります。

なお、連結財務諸表の作成のための重要な会計方針等は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 注記事項 (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)」に記載されているとおりです。

また、新型コロナウイルス感染症による影響については、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表 注記事項 (追加情報)」に記載のとおりです。

②  連結会計年度の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

当社グループの当連結会計年度の経営成績等は以下のとおりです。

a. 経営成績等の状況

経営成績の分析

(ライフサイエンス事業)

「ⅰ.果実酸コンビナート構想の実現」、「ⅱ.生産体制の再構築及び設備増強」、「ⅲ.次世代製品の早期戦列化」、「ⅳ.グローバル展開」の各テーマに取り組みました。

ⅰ. 果実酸コンビナート構想の実現

2017年11月に鹿島事業所の承継を完了し、リンゴ酸、フマル酸の原料である無水マレイン酸から製品までの一貫生産体制が確立され、国内№1のフマル酸メーカーとなりました。2019年7月には、鹿島事業所にリンゴ酸新製造設備が竣工し、鹿島事業所で生産するリンゴ酸の国際認証(FSSC22000、HARAL、Kosher)の取得、米国FDA登録を進めるとともに、国内外の顧客の品質評価、認定を促進しました。当社グループの販売力を結集し、海外顧客の新規獲得、既存顧客のシェア拡大に努めた結果、年度後半には海外での販売も増加し、稼働率も向上しました。引き続き、生産効率の高い新設備を有効活用することでコスト競争力を強化し、日本品質を活かしながら、当社グループの販売網により、アジア市場の拡大する需要を確実に取り込みつつ、欧米市場で獲得した新規顧客の定着を図ります。また、世界№1のリンゴ酸メーカーの地位を確立するため、安定操業を継続しメインプラントとして体制を構築します。

 

ⅱ. 生産体制の再構築及び設備増強

増加するリンゴ酸、フマル酸等の果実酸の需要への対応、生産性向上、衛生環境強化を目的に、西日本の生産体制の再構築を進めました。大阪工場リンゴ酸製造設備のマルチプラント化、製剤類の製造を行う十三工場機能の大阪工場集約、次世代製品である油脂コート有機酸の製造設備建設等のプロジェクトを進めました。コロナ禍により困難な局面で時間を要しましたが、2021年9月の油脂コート有機酸設備の建設、2022年度の十三工場機能の大阪工場移転を決定し進めています。大阪工場リンゴ酸製造設備のマルチプラント化についても、引き続き検討準備を進めています。大阪工場を西日本の主要工場とし生産体制の最適化、合理化を進めビジネスの拡大に繋げます。

 

ⅲ. 次世代製品の早期戦列化

次世代の主力製品として、優れたコート性能をもち、様々な顧客ニーズへ対応した油脂コート有機酸の開発および、2020年度中の生産設備導入・製品化、販売開始を目指しました。開発において一定の成果は出ているものの、コロナ禍において製造設備の導入は遅延しましたが、2021年9月の製造設備の建設を決定し、現在工事を行っています。バイオスティミュラント(ストレスフリー製剤)については、植物試験による耐暑性に対する効果・再現性の確認、対象品目の拡充、対象ストレスの拡充、拡販活動を行いました。顧客評価においては高評価を得ていますが、評価系の再現性の確認においては未達成性で、引き続き開発を継続します。

 

ⅳ. グローバル展開

日本、中国、タイ、米国の拠点を活かして、グループの連携を強化し、果実酸の拡販、各製剤類の拡販を各地域で進めました。

アジアにおいては、「One-Stop食添製剤メーカー」として高付加価値の食品添加物製剤を対象品目、取扱い品目や、販売地域を積極的に拡大し、拡販に努めました。中国子会社青島扶桑精製加工有限公司において、テストキッチンが2020年10月に完成し食品添加物製剤ビジネスの拡大に貢献しています。タイ子会社FUSO(THAILAND)CO.,LTD.においても日系、タイローカルの食品大手において新規採用が進みました。中国、東南アジアにおけるリンゴ酸の拡販もグループ一体で進め、販売は増加しました。

北米においては、米国子会社PMP Fermentation Products,Inc.が、アンチダンピング提訴の成功もあり、グルコン酸類の米国唯一の国産メーカーとしての地位を確立しました。コロナ禍で北米市場は停滞しましたが、潜在的な需要は大きく段階的に製造能力の増強を進めています。北中米におけるリンゴ酸の拡販も進め、販売は増加しました。

 

ライフサイエンス事業の経営成績は、売上高は、前連結会計年度に比べ701百万円減少し23,418百万円となりました。営業利益は、前連結会計年度に比べ1,016百万円減少し、3,312百万円となりました。

新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、国内においてはインバウンド需要が消滅し、飲料用途、工業用途で販売が減少しました。欧米、中国等、海外市場においても移動制限、ロックダウン等により社会活動が停滞し、景気の悪化の影響を受けました。また、無水マレイン酸、フマル酸は、原料価格の低下に連動して販売価格が下落しました。家庭用途向けの商品の販売は増加し、リンゴ酸は北米、東南アジア、欧州で新規顧客を獲得し大幅に増加しましたが売上高は前連結会計年度に比べ減少しました。営業利益は原料価格の低下による原価ダウンの効果はありましたが、鹿島リンゴ酸設備の稼働に伴う減価償却費の増加、北米市場の景気悪化による利益減少により前連結会計年度に比べ減少しました。

新型コロナウイルス感染症の拡大により、ライフサイエンス事業に関連する各市場では、プラス面・マイナス面それぞれの影響がありました。当社への影響は、全般的には限定的でしたが、今後の動向を注視していきます。日本においては感染収束の目途が立たない状況ですが、海外においてはワクチン接種の進展により経済活動が大幅に回復している地域もあり、需要を取りこぼすことなく対応できるよう引き続き努めます。

 

(電子材料および機能性化学品事業)

「ⅰ.半導体研磨:重点顧客との取組み強化、生産効率最大化、新規砥粒開発推進」、「ⅱ.生産・研究・品質保証体制堅実化 顧客要望事項への迅速な対応、分析精度・効率向上、コスト削減」、「ⅲ.機能材料:ナノパウダーのビジネス拡大、中空ナノシリカ上市、生産体制の再構築」の各テーマに取り組みました。

ⅰ. 半導体研磨:重点顧客との取組み強化、生産効率最大化、新規砥粒開発推進

コロナ禍で対面での顧客とのコミュニケーションが難しくなる中、リモート会議を活用し、新規砥粒開発を推進しました。開発は計画通り進捗し、新規製造ラインの顧客認定を進め、2020年度下期より本格的に新規砥粒の供給を開始しました。新製造ラインを含めた製造設備をフル活用して、増加する需要に対応します。さらに増加が見込まれる需要に対応するため鹿島事業所に超高純度コロイダル設備の建設を決定しました。供給体制の確立のため、確実に計画を進めていきます。

 

ⅱ. 生産・研究・品質保証体制堅実化 顧客要望事項への迅速な対応、分析精度・効率向上、コスト削減

最先端の製造設備を導入し、シングルナノ世代に対応した高精度のプロセス制御を行い、高品質・高効率の生産体制の確立に努めました。また、既存設備を合わせて品種ごとの生産切り替えを減らし、生産の効率化を推進し、コスト削減に寄与しました。研究開発体制は、新規砥粒の開発を進めるとともに、新規設備を含めた製造設備を有効活用できるよう量産化とマッチした開発を実施しました。また、スケールアップ技術の確立、デザインレビューの実施、高精度装置の導入、プロセス技術開発を推進しました。品質保証体制については、新たな分析機器を導入、顧客認定を取得し、分析精度および顧客評価との相関性の向上を図りました。今後も製品供給体制の強化を図り、増加する需要に対応できる体制を構築します。

 

ⅲ. 機能材料:ナノパウダーのビジネス拡大、中空ナノシリカ上市、生産体制の再構築

トナー需要は、テレワークの進展により印刷量が減り、減少しています。また、顧客においてもトナー関連部材の開発ペースが鈍化しています。改めてナノパウダー、中空ナノシリカの市場調査を進め、引き続き既存顧客との取組みを深めるとともに、新規顧客の開拓を進めます。

 

電子材料および機能性化学品事業の経営成績は、売上高は前連結会計年度に比べ1,600百万円増加し、18,790百万円となりました。営業利益は前連結会計年度に比べ1,896百万円増加し、7,645百万円となりました。

半導体市場はリモートワークの進展に伴い電子機器の需要増加や、通信量の増加によるデータセンター増設等により堅調に推移しました。当社の超高純度コロイダルシリカは既存市場に加え、半導体の最先端の製造プロセスのCMP用途において採用が増加しています。また、米中貿易摩擦や半導体需要の急速な増大により半導体の供給体制に不安が生じており、業界の在庫水準も引き上がっています。ナノパウダーはトナー需要減少の影響を受けましたが、上記要因により、売上高は前連結会計年度に比べ増加しました。営業利益は、売上高の増加に加え、販売量増加に伴う稼働率向上による原価低減効果、増設設備の稼働に伴う減価償却費も減少に転じて、前連結会計年度に比べ増加しました。

新型コロナウイルス感染症の拡大により、デジタル化の進展が加速し、半導体市場においては急速に需要が拡大しました。機能材料分野においてはトナー需要の減少や自動車需要の減少等の影響もあります。半導体需要の急速な拡大に対する供給不安、海運の停滞、米中対立の継続等、先行き不確定な要素も多く今後の動向を注視していきます。引き続き、原料等の安定調達に努め、安全操業を継続して増加する需要に対応していきます。

 

(売上高)

前述のとおり、前連結会計年度に比べ電子材料および機能性化学品事業は増加しましたが、ライフサイエンス事業で減少したため、898百万円増加し、42,209百万円となりました。

 

(営業利益)

前述のとおり、前連結会計年度に比べ電子材料および機能性化学品事業は増加しましたが、ライフサイエンス事業で減少したため、801百万円増加し、9,632百万円となりました。

 

(経常利益)

当連結会計年度の営業外収益は、前連結会計年度に比べ31百万円減少し、123百万円となりました。これは主に、年度末にかけて円安が進行し為替差益が計上されたものの、金利が急速に下がったことにより受取利息が減少したためです。営業外費用は、前連結会計年度に比べ22百万円減少し、9百万円となりました。これは主に、前連結会計年度に為替差損が計上されていたためです。

上記要因により、経常利益は前連結会計年度に比べ791百万円増加し、9,746百万円となりました。

 

(親会社株主に帰属する当期純利益)

当連結会計年度の特別利益は、前連結会計年度に比べ65百万円減少し、13百万円となりました。これは主に、前連結会計年度で台風等の災害に対して受取保険金が計上されたためです。特別損失は、前連結会計年度に比べ127百万円減少し、30百万円となりました。これは主に、固定資産除却損が減少したためです。法人税、住民税及び事業税、法人税等調整額は、利益の増加に加え、前連結会計年度に適用された税額控除の影響が大きく、法人税等合計で前連結会計年度に比べ1,060百万円増加し、2,921百万円となりました。

特別利益が減少したものの、特別損失の減少と経常利益の増加により税金等調整前当期純利益は増加しましたが、法人税等増加の影響が大きく、親会社株主に帰属する当期純利益は、前連結会計年度に比べて206百万円減少し、6,808百万円となりました。

 

財政状態の分析

財政状態の分析については、「(1)経営成績等の状況の概要 ①財政状態及び経営成績の状況 a.財政状態」に記載のとおりです。

キャッシュ・フローの分析

キャッシュ・フローの分析については、「(1)経営成績等の状況の概要 ②キャッシュ・フローの状況」に記載のとおりです。

 

b. 資本の財源および資金の流動性についての分析

当社グループの運転資金需要のうち主なものは、棚卸資産の購入費用、製造経費、販売費及び一般管理費等の営業費用です。運転資金の財源は、自己資金および金融機関からの短期借入等を基本としています。当連結会計年度は、新たな短期借入は行っておらず、当連結会計年度末に短期借入金の残高はありません。

投資を目的とした資金需要のうち主なものは、設備投資、事業買収等によるものです。投資資金の財源は主に、自己資金および金融機関からの長期借入等によります。当連結会計年度は、設備投資に対する資金に対し、新たな長期借入は行っておらず、当連結会計年度末に長期借入金の残高はありません。当連結会計年度に実施した設備投資に係る資金の財源は、自己資金を充当しています。

新型コロナウイルス感染症の拡大に対して、現状は財政状態に大きな影響は出ていませんので新たな資金調達の予定はありませんが、今後の状況を注視して、必要に応じて資金調達等の対策を検討します。

c. 経営成績に重要な影響を与える要因

「第2 事業の状況 2 事業等のリスク」に記載のとおりです。

d. 経営方針・経営戦略、経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等

当連結会計年度における当社の最重要指標である「償却前営業利益」(営業利益に減価償却実施額を加えた金額)は、前連結会計年度に比べ1,296百万円増加し、14,659百万円となりました。

前連結会計年度に比べ、減価償却費は、電子材料および機能性化学品事業は大型の設備投資が一巡し減少に転じましたが、ライフサイエンス事業において鹿島事業所の設備投資の影響が大きく増加しました。営業利益はライフサイエンス事業において減少しましたが、電子材料および機能性化学品事業において増加し、全体で償却前営業利益は増加しました。

総資産回転率は0.58回で低下傾向にあります。これは、設備投資が売上高の増加に先行して行われており、総資産の増加が売上高の増加を上回るためです。今後、設備投資を売上高の増加に繋げて改善を目指します。

自己資本利益率は10.8%で、低下傾向にあります。営業利益は増加しましたが、法人税等の増加の要因で親会社株主に帰属する当期純利益が減少し、純資産は利益剰余金により増加したためです。今後も投資は計画されており、減価償却費の増加による一時的な利益の低下は想定されるものの、償却前営業利益の最大化を目指し、純資産は安全性とのバランスを考慮して、自己資本利益率の維持向上を目指します。

自己資本比率は87.0%で、水準以上の安全性は確保できています。今後も、増加が見込まれる需要に対応するため、継続的な設備投資や研究開発投資が成長の源泉であり、投資を継続するためにも、一定水準以上の純資産の厚みが必要である認識です。

投資計画、配当政策を考慮して、効率性、収益性のより一層の向上を目指します。

 

4【経営上の重要な契約等】

該当事項はありません。

 

5【研究開発活動】

当社グループは、販売戦略ターゲットに対応して、ライフサイエンス事業、電子材料および機能性化学品事業に関する研究開発を行いました。

ライフサイエンス事業、電子材料および機能性化学品事業ともに、当社グループ内において、海外子会社も含めて営業関連部署や品質保証部門等と互いに連携し、またユーザーとも相互協力を図りながら新規事業、新製品の企画開発、技術開発情報の収集等を行いました。

当連結会計年度における各セグメント別の研究の目的、主要課題、研究成果および研究開発費は、次のとおりです。なお、当連結会計年度の研究開発費の総額は、685百万円となりました。

(1)ライフサイエンス事業

フードロスの削減、サスティナブルな原料利用、健康意識の高まり、食の多様化といった食品業界を取り巻く大きな環境の変化をチャンスととらえ、当社の主力製品である各種有機酸を活かし、食品添加物製剤やコート有機酸といった機能性を有する商品の開発に注力しました。

特に、SDGsへの取り組みとして、食品業界にとって避けては通れないフードロスの問題に貢献するため、各種有機酸を果物や野菜の褐変防止や加工食品の日持ち向上に利用できるよう、食品添加物製剤の開発を進めました。加工食品メーカーへの新規採用も進んでおり、今後もフードロス削減の一助となるよう、新たに見出した知見を活かした商品開発を進めていきます。

また、各種有機酸を活かした、機能性を有するコート有機酸の開発を進めました。各種有機酸を心材とし、油脂等を用いてコーティングすることで、酸味のマスキング、吸湿・酸化・反応防止、流動性改善、飛散防止等の効果が期待できます。現在、市場増大が見込まれる製菓、グミ・キャンディーを始めとした加工食品分野に向け商品の上市を目指し、大阪工場への生産設備導入を進めています。

一方、新規の取り組みとして、近年着目されているバイオスティミュラント製剤の開発を進めてきました。数年前から「ある天然物由来の活性成分」に着目し、その活性成分がHSP(ヒートショックプロテイン)発現に作用することを活かした商品開発に取り組み、商品化に目途がつきました。今後も顧客(地域農業関連団体)との取組みを加速させ、販売拡大を目指していきます。

なお、当連結会計年度の当セグメントにおける研究開発費は、226百万円となりました。

(2)電子材料および機能性化学品事業

シリコンウエハ研磨および半導体CMP研磨スラリー向けの超高純度コロイダルシリカ製品分野では、粒子サイズ、形状、濃度、表面状態、硬さ、粒度分布、粗大粒子等を安定的かつ自在にコントロールする技術をさらに発展させ、顧客ニーズにマッチした新製品の開発を行い、着実にシェアを伸ばしています。また、新たなコンセプトを導入したコロイダルシリカの開発に着手し、一部顧客へのサンプルワークを開始するなど、シングルナノ~オングストローム配線幅となる最新世代に向けた取り組みを進めています。より高度な技術が必要とされる分析装置についても、新測定技術を採用した最新鋭装置を積極的に導入しています。

製造技術については、半導体配線幅の急速な微細化に対応した高レベルの製造工程品質管理体制を継続的にブラッシュアップすると同時に、最新鋭の機器を導入した新規ラインも高い水準で稼働しています。また、2020年11月には、鹿島事業所への超高純度コロイダルシリカ製造設備の新設計画を発表しました。これにより製造能力増強を達成し、旺盛な半導体製造業界の需要に迅速に対応していきます。

一方、上記コア技術を応用して情報産業向けに上市しましたナノシリカ粉末製品は確実に需要を伸ばしており、数多くの顧客へのワークを継続しています。新規用途向け応用開発品についても、東京研究所を拠点として鋭意開発を行い、新規顧客の獲得ならびに、コア技術をベースとした新規分野製品群の拡張が進んでいます。

当連結会計年度は、これら新規開発活動を支える開発環境の整備にも注力し、最新鋭の品質評価機器の複数導入、京都研究所ならびに東京研究所の2開発拠点での研究開発投資および要員増を実施しました。

なお、当連結会計年度の当セグメントにおける研究開発費は、458百万円となりました。

第3【設備の状況】

1【設備投資等の概要】

当連結会計年度において、当社グループは、生産および業務の合理化、製品の品質向上、研究開発のための設備投資を行いました。

当連結会計年度における設備投資のセグメント別内訳は次のとおりです。なお、設備投資額には、有形固定資産の他、無形固定資産および長期前払費用等を含めて記載しております。

ライフサイエンス事業

914,692

千円

電子材料および機能性化学品事業

609,516

千円

1,524,208

千円

全社

366,156

千円

合計

1,890,364

千円

 

ライフサイエンス事業における主な設備投資は、提出会社における鹿島事業所の有機酸製造設備の更新工事です。

電子材料および機能性化学品事業における主な設備投資は、提出会社における超高純度コロイダルシリカ製造設備の改造工事です。

全社における主な設備投資は、提出会社における社内基幹システムの更新等です。

なお、以上の設備投資に係る所要資金は、自己資金によっています。

2【主要な設備の状況】

当社グループにおける主要な設備は、以下のとおりです。

(1)提出会社

(2021年3月31日現在)

 

事業所名

(所在地)

セグメントの名称

設備の内容

帳簿価額(千円)

従業

員数

(人数)

建物及び構築物

機械装置及び運搬具

土地
(面積㎡)

リース
資産

その他

合計

鹿島事業所

(茨城県神栖市)

ライフサイエンス事業

果実酸および応用開発商品生産設備等

2,246,332

2,302,677

3,826,441

(338,754.36)

25,451

8,400,902

52

新大阪事業所

(大阪府大阪市)

ライフサイエンス事業

応用開発商品生産設備

研究設備等

305,640

5,854

32,606

(685.74)

[3,987.41]

30,185

374,287

44

大阪工場

(大阪府堺市)

ライフサイエンス事業

果実酸および応用開発商品生産設備等

199,189

26,654

23,616

(11,547.84)

3,162

252,622

32

十三工場

(大阪府大阪市)

ライフサイエンス事業

果実酸および応用開発商品生産設備等

16,635

1,059

71,852

(2,340.16)

352

89,900

8

京都第一工場

(京都府福知山市)

電子材料および機能性化学品事業

電子材料および機能性化学品生産設備等

1,729,309

2,430,729

686,007

(40,353.40)

12,690

150,727

5,009,463

170

京都第二工場

(京都府福知山市)

電子材料および機能性化学品事業

電子材料および機能性化学品生産設備等

4,206,159

2,320,003

1,565,206

(63,787.17)

6,820

44,720

8,142,910

76

 

(2)国内子会社

主要な生産設備はありません。

(3)在外子会社

(2021年3月31日現在)

 

会社名

(所在地)

セグメントの名称

設備の内容

帳簿価額(千円)

従業

員数

(人数)

建物及び構築物

機械装置及び運搬具

土地
(面積㎡)

リース
資産

その他

合計

青島扶桑精製加工有限公司

(中国山東省青島市)

ライフサイエンス事業

 

電子材料および機能性化学品事業

果実酸および応用開発商品生産設備等

306,732

152,345

[34,367.70]

113,668

572,745

241

扶桑化学(青島)有限公司

(中国山東省青島市)

ライフサイエンス事業

 

電子材料および機能性化学品事業

電子材料および機能性化学品生産設備等

314,168

15,075

[61,248.00]

11,297

340,540

PMP Fermentation
Products, Inc.

(アメリカ合衆国イリノイ州ペオリア市)

ライフサイエンス事業

果実酸および応用開発商品生産設備等

473,800

844,799

104,677

(41,884.62)

10,986

1,434,262

53

 

(注)1.帳簿価額のうち「その他」は工具、器具及び備品であり、建設仮勘定は含まれていません。なお、金額には消費税等は含まれていません。

2.新大阪事業所の土地は賃借しています。年間賃借料は18,514千円であり、賃借している土地の面積は[  ]で記載しています。

3.在外子会社において土地を賃借しています。賃借している土地の面積は[  ]で記載しています。

3【設備の新設、除却等の計画】

(1)重要な設備の新設等

当連結会計年度末現在における重要な設備の新設等の計画は次のとおりです。

 

会社名

事業所

(所在地)

セグメントの名称

設備の内容

投資予定額

資金調達

方法

着手及び完了予定

総額

(百万円)

既支払額(百万円)

着手

(年月)

完了

(年月)

扶桑化学工業㈱

鹿島事業所

(茨城県神栖市)

電子材料および機能性化学品事業

超高純度コロイダルシリカ製造設備および付帯設備

18,000

自己資金

2021年8月

2023年4月

 

(2)重要な設備の除却等

該当事項はありません。

第4【提出会社の状況】

1【株式等の状況】

(1)【株式の総数等】

①【株式の総数】

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

95,000,000

95,000,000

 

②【発行済株式】

種類

事業年度末現在発行数

(株)

(2021年3月31日)

提出日現在発行数(株)

(2021年6月28日)

上場金融商品取引所名又は登録認可金融商品取引業協会名

内容

普通株式

35,511,000

35,511,000

東京証券取引所

(市場第一部)

単元株式数100株

35,511,000

35,511,000

 

(2)【新株予約権等の状況】

①【ストックオプション制度の内容】

該当事項はありません。

②【ライツプランの内容】

該当事項はありません。

③【その他の新株予約権等の状況】

該当事項はありません。

(3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

該当事項はありません。

(4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

年月日

発行済株式総数増減数

(株)

発行済株式総数残高(株)

資本金増減額(千円)

資本金残高(千円)

資本準備金増減額(千円)

資本準備金残高(千円)

2015年12月4日

4,000,000

35,511,000

3,153,680

4,334,047

3,153,680

4,820,722

(注)公募による新株発行(一般募集)

発行価格        1,645円

発行価額     1,576.84円

資本組入額     788.42円

(5)【所有者別状況】

 

 

 

 

 

 

 

2021年3月31日現在

区分

株式の状況(1単元の株式数100株)

単元未満株式の状況

(株)

政府及び地方公共団体

金融機関

金融商品取引業者

その他の法人

外国法人等

個人その他

個人以外

個人

株主数(人)

36

26

59

167

6

2,222

2,516

所有株式数(単元)

86,134

2,425

146,329

57,395

22

62,753

355,058

5,200

所有株式数の割合(%)

24.26

0.68

41.21

16.17

0.01

17.67

100.00

(注)  自己株式7,383株は、「個人その他」に73単元および「単元未満株式の状況」に83株を含めて記載しています。

(6)【大株主の状況】

 

 

 

2021年3月31日現在

氏名又は名称

住所

所有株式数

(千株)

発行済株式(自己株式を除く。)の総数に対する所有株式数の割合(%)

株式会社壽世堂

大阪市中央区伏見町四丁目4番1号

日生伏見町ビル本館内

5,596

15.76

帝國製薬株式会社

香川県東かがわ市三本松567番地

3,328

9.37

赤澤  庄三

兵庫県宝塚市

3,085

8.69

日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口)

東京都港区浜松町2丁目11番3号

2,570

7.24

株式会社日本カストディ銀行(信託口)

東京都中央区晴海1丁目8-12

2,137

6.02

大阪中小企業投資育成株式会社

大阪府大阪市北区中之島3丁目3番23号

1,500

4.23

有限会社帝産

香川県東かがわ市三本松567番地

1,375

3.87

株式会社日本触媒

大阪市中央区高麗橋四丁目1-1

1,186

3.34

JP MORGAN CHASE BANK 385174

(常任代理人 株式会社みずほ銀行決済営業部)

25 BANK STREET, CANARY WHARF, LONDON, E14 5JP, UNITED KINGDOM

(東京都港区港南2丁目15-1 品川インターシティA棟)

796

2.24

株式会社りそな銀行

大阪府大阪市中央区備後町2丁目2-1

792

2.23

22,368

63.00

 (注)  上記の株主の所有株式数には、信託業務に係る株式数が含まれている場合があります。

(7)【議決権の状況】

①【発行済株式】

 

 

 

 

2021年3月31日現在

区分

株式数(株)

議決権の数(個)

内容

無議決権株式

 

議決権制限株式(自己株式等)

 

議決権制限株式(その他)

 

完全議決権株式(自己株式等)

(自己保有株式)

普通株式

7,300

完全議決権株式(その他)

普通株式

35,498,500

354,985

単元未満株式

普通株式

5,200

発行済株式総数

 

35,511,000

総株主の議決権

 

354,985

 

②【自己株式等】

 

 

 

 

2021年3月31日現在

所有者の氏名又は名称

所有者の住所

自己名義所有株式数(株)

他人名義所有株式数(株)

所有株式数の合計(株)

発行済株式総数に対する所有株式数の割合(%)

扶桑化学工業株式会社

大阪市中央区高麗橋四丁目3番10号

7,300

7,300

0.02

7,300

7,300

0.02

 

2【自己株式の取得等の状況】

【株式の種類等】    会社法第155条第7号に該当する普通株式の取得

(1)【株主総会決議による取得の状況】

    該当事項はありません。

(2)【取締役会決議による取得の状況】

    該当事項はありません。

(3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

区分

株式数(株)

価額の総額(円)

当事業年度における取得自己株式

24

76,800

当期間における取得自己株式

(注) 当期間における取得自己株式には、2021年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りによる株式は含まれていません。

 

(4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

区分

当事業年度

当期間

株式数(株)

処分価額の総額

(円)

株式数(株)

処分価額の総額

(円)

引き受ける者の募集を行った取得自己株式

消却の処分を行った取得自己株式

合併、株式交換、株式交付、会社分割に係る移転を行った取得自己株式

その他

(  -  )

保有自己株式数

7,383

7,383

(注)当期間における保有自己株式数には、2021年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りおよび売渡による株式は含まれていません。

3【配当政策】

当社は、株主の皆様への長期的な利益還元を経営の重要課題の一つとして考えています。また、業績や事業計画、財務体質等を総合的に勘案し、長期にわたり安定的な配当を行うことを利益配分の基本方針としています。

当社は、中間配当と期末配当の年2回の剰余金の配当を行うことを基本方針としています。

これらの剰余金の配当の決定機関は、期末配当については株主総会、中間配当については取締役会です。

当期の期末配当につきましては、1株につき25円とすることが、2021年6月25日開催の第64期定時株主総会において決議されました。これにより、当期の年間配当は、1株につき普通配当48円(うち、中間配当23円)となりました。この結果、当期の配当性向は、25.1%となりました。

内部留保資金につきましては、将来の事業成長のための設備投資および研究開発に充当していきます。

当社は、会社法第454条第5項の規定により、「取締役会の決議によって、毎年9月30日を基準日として、中間配当をすることができる」旨を定款に定めています。

なお、当事業年度に係る剰余金の配当は以下のとおりです。

決議年月日

配当金の総額(千円)

1株当たり配当額(円)

2020年10月30日

816,583

23

取締役会決議

2021年6月25日

887,590

25

定時株主総会決議

 

4【コーポレート・ガバナンスの状況等】

(1)【コーポレート・ガバナンスの概要】

①  コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

取締役会および取締役・執行役員・連結子会社の長で構成する経営会議で情報を共有化し、具体的職務執行を監督しています。常勤の監査等委員である取締役も諸会議に出席し、業務執行に対する監査が有効に行われるよう努めています。

また、経営内容の透明性を高めるため、適時情報開示につとめるとともに、積極的なIR活動を実施することによって、株主をはじめステークホルダー(利害関係者)とのコミュニケーションを推進していきます。

②  企業統治の体制の概要およびその採用理由

当社は、2018年6月22日開催の第61期定時株主総会において、監査等委員会への移行を内容とする定款の変更が決議されたことにより、同日付をもって監査役会設置会社から監査等委員会設置会社へ移行しています。この移行の目的は、取締役の職務の執行を監査・監督する機関を監査等委員会へ移行することが、取締役の職務の執行に対する監督機能の実効性を高め、当社および当社の子会社(以下、「当社グループ」といいます。)のコーポレート・ガバナンス体制の一層の充実を図ることが出来ると考えたためです。また、今後、取締役会の決議によって重要な業務執行の全部または一部を取締役に委任することを可能にすることで、より迅速な経営の意思決定が実現し、業務執行の機動性を向上させることが期待できます。

以下のコーポレート・ガバナンスの状況については、本有価証券報告書提出日現在のものを記載しています。

取締役会は、取締役(監査等委員である取締役は除く。)6名と監査等委員である取締役4名(うち社外取締役4名)で構成され、原則として毎月1回および必要に応じて臨時に開催されております。取締役会において、取締役会規程で定められた事項や経営の基本方針等の重要事項を決定するとともに、取締役の職務の執行を監督しております。

なお、取締役会の任意の諮問機関として人事報酬諮問委員会を設置しております。人事報酬諮問委員会では、取締役の人事および報酬等に係る事項について、取締役会の諮問を受けて審議を行い、その結果を取締役会へ答申しております。人事報酬諮問委員会では、独立社外取締役が委員長に就くことが規程で定められており、これにより、独立社外取締役の適切な関与・助言が得られ、取締役会の機能の独立性・客観性・透明性を高め、コーポレート・ガバナンス体制の更なる強化を図っております。

人事報酬諮問委員会構成員の氏名等

(委員長)木下 善樹(独立社外取締役)

(委 員)木山 静美(独立社外取締役)、平田 文明(独立社外取締役)

また、常勤の取締役(監査等委員である取締役は除く。)6名と常勤の監査等委員である取締役1名で構成される常務会を原則として毎月1回開催するほか、常務会出席者に執行役員・グループ会社社長等の幹部社員を加えた経営会議を原則3ヵ月に1回開催しております。常務会および経営会議において、当社グループの業務の執行の状況について報告を受けるとともに、多面的かつ慎重な審議・迅速な意思決定を行うことで、当社グループ全体の監督を行っております。

監査等委員会は、監査等委員である取締役4名(うち社外取締役4名)で構成され、原則として毎月1回および必要に応じて臨時に開催されております。監査等委員会において、取締役の職務の執行の適法性のみならず、妥当性の監査も実施しております。

③  企業統治に関するその他の事項

イ.内部統制システム整備の状況

当社は、会社法および同施行規則に基づく内部統制システムの整備に関して、「内部統制基本規程」および同規程に基づく「内部統制システムの基本方針」を取締役会において決議し、当社グループにおける内部統制システム整備のための基本方針を以下のように定め、この基本方針に従い、業務の適正を確保するための体制を整備しております。

1.事業活動の目的の達成のため、業務の有効性及び効率性を高める。

2.財務諸表及び財務諸表に重要な影響を及ぼす可能性のある情報の信頼性を確保する。

3.事業活動に関わる法令その他の規範の遵守を促進する。

4.資産の取得、使用及び処分が正当な手続き及び承認の下に行われるよう、資産の保全を図る。

5.上記の目的を達成するため、適切な情報処理技術を活用する。

 

ロ.リスク管理体制の整備の状況

当社は、リスク管理体制の整備に関して、「リスクマネジメント規程」においてリスクマネジメントに関わる基本原則を定めており、この基本原則に従い、リスク管理体制を確保するための体制を整備しております。

 

ハ.責任限定契約の内容の概要

当社と取締役(業務執行取締役等であるものを除く。)は、会社法第427条第1項の規定に基づき、同法第423条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結しています。

当該契約に基づく損害賠償責任の限度額は、会社法第425条第1項に定める最低責任限度額としています。なお、当該責任限定が認められるのは、当該取締役が責任の原因となった職務の遂行について善意でかつ重大な過失がないときに限られます。

 

ニ.役員等賠償責任保険契約の内容の概要

当社は、取締役(監査等委員である取締役を含む。)および子会社の役員等を被保険者として、会社法第430条の3第1項に規定する役員等賠償責任保険契約を保険会社との間で締結しています。

当該保険契約では、被保険者である役員等がその職務の執行に関し責任を負うことまたは当該責任の追及に係る請求を受けることによって生ずることのある損害について補填することとされています。ただし、法令違反の行為であることを認識して行った行為に起因して生じた損害は補填されないなど、一定の免責事由があります。

当該保険契約には免責額の定めを設けており、当該免責額までの損害については補填の対象としないこととされています。

保険料は特約部分も含め当社が全額負担しており、被保険者の実質的な負担はありません。

 

ホ.反社会的勢力排除に向けた基本的な考え方およびその整備状況

1.基本的な考え方

当社は、反社会的勢力が、従業員および株主を含めた企業全般に多大な被害を及ぼす可能性のある組織であるという認識のもと、反社会的勢力との関係遮断が不可欠であると認識しております。そのため、当社では、「反社会的勢力対応規程」において、反社会的勢力による事業活動への関与の拒絶を明記するとともに、会社全体として対応する体制について定めております。また、同規程を2018年2月に改定し、反社会的勢力の排除体制の強化に努めております。

2.対応統括部署

当社の総務部長を統括責任者とし、さらに、各部署において実施責任者を定め、反社会的勢力に会社全体で対応しております。

3.外部の専門機関との連携状況

当社は大阪府企業防衛連合協議会および東警察署管内企業防衛対策協議会に加盟しており、同協議会にて開催される講演、研修会等に参加し、情報収集を行っております。また、顧問弁護士や所轄警察とも適時連絡を取っております。

4.研修活動の実施状況

大阪府企業防衛連合協議会および東警察署管内企業防衛対策協議会開催の研修会等に適時参加し、反社会的勢力に関する情報の収集に努めております。

 

ヘ.会計監査人の責任限定契約の内容

当社の会計監査人であるEY新日本有限責任監査法人との間に、会社法第427条第1項の規定に基づき、その事業年度における報酬等の額に2を乗じた額を損害賠償責任の限度とする旨の契約を締結しています。

ト.取締役の定数

当社の取締役(監査等委員である取締役を除く。)は10名以内、監査等委員である取締役は7名以内とする旨定款に定めています。

チ.取締役の選任の決議要件

当社は、株主総会における取締役の選任決議について、監査等委員である取締役とそれ以外の取締役とを区別して、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨定款に定めております。

また、取締役の選任決議は、累積投票によらないものとする旨を定款に定めています。

 

リ.株主総会決議事項を取締役会で決議することができる事項

(自己株式の取得)

当社は、経営環境の変化に対応した機動的な資本政策を遂行するため、会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議によって自己株式を取得することができる旨を定款に定めています。

(取締役の責任免除)

当社は、会社法第426条第1項の規定により、会社法第423条第1項に定める取締役(取締役であった者を含む。)の損害賠償責任につき、法令の限度において、取締役会の決議によって、その責任を免除することができる旨を定款に定めています。

これは、取締役が職務の執行にあたり期待される役割を十分に発揮できることを目的としています。

(中間配当)

当社は、株主への機動的な利益還元を行うため、会社法第454条第5項の規定により、取締役会の決議によって毎年9月30日を基準日として、中間配当を行うことができる旨を定款に定めています。

ヌ.株主総会の特別決議要件

当社は、特別決議の定足数を緩和することにより株主総会の円滑な運営を行うため、会社法第309条第2項に定める決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款に定めています。

 

(2)【役員の状況】

① 役員一覧

男性8名 女性2名 (役員のうち女性の比率20.0%)

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数

(千株)

代表取締役

会長

藤岡 実佐子

1955年4月22日

1981年4月

当社社外取締役

2003年7月

帝國製薬株式会社代表取締役

2009年1月

同社代表取締役社長(現任)

2012年6月

当社代表取締役会長(現任)

2014年6月

朝日放送グループホールディングス株式会社外取締役(監査等委員)(現任)

(重要な兼職の状況)

帝國製薬株式会社 代表取締役社長

朝日放送グループホールディングス株式会 社外取締役(監査等委員)

 

(注)3

116

代表取締役

社長

杉田 真一

1955年10月5日

1980年4月

藤沢薬品工業株式会社(現アステラス製薬株式会社)入社

2005年4月

当社入社

2006年4月

当社ライフサイエンス事業部営業開発本部企画開発部長

2012年7月

当社執行役員

当社電子材料本部長 兼 京都事業所長

2019年2月

当社管理本部副本部長

2019年6月

当社取締役

当社管理本部長 兼 イノベーション推進室管掌

2020年6月

当社代表取締役社長(現任)

 

(注)3

8

専務取締役

電子材料事業部長

政氏  晴生

1967年3月23日

1990年4月

当社入社

2005年7月

当社電子材料事業本部電材営業開発部長

2008年2月

当社電子材料事業部門電子材料本部長

2008年7月

当社執行役員

2010年7月

当社上席執行役員

電子材料事業部長(現任)

2011年6月

当社取締役

2019年4月

当社常務取締役

2020年6月

当社専務取締役(現任)

当社イノベーション推進室管掌

 

(注)3

26

専務取締役

国際事業部長

谷村  隆史

1964年11月27日

1989年12月

当社入社

2008年2月

青島扶桑精製加工有限公司上海支店長

2008年8月

FUSO(THAILAND)CO.,LTD. 社長

2011年5月

当社ライフサイエンス事業部アジア事業開発本部長兼営業部長

2013年4月

当社ライフサイエンス事業部長

2013年7月

当社上席執行役員

2014年6月

当社取締役

2019年4月

当社常務取締役

当社ライフサイエンス事業部管掌 兼 企画開発室長

2020年6月

当社専務取締役(現任)

当社ライフサイエンス事業部管掌 兼 企画開発室管掌

2021年4月

当社国際事業部長(現任)

 

(注)3

27

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数

(千株)

取締役

ライフサイエンス事業部長

椙本  源樹

1968年11月11日

1992年4月

当社入社

2010年4月

当社電子材料事業部営業開発部長

2015年7月

当社執行役員

当社ライフサイエンス事業部営業開発部長

2019年4月

当社ライフサイエンス事業部長(現任)

2019年6月

当社取締役(現任)

 

(注)3

2

取締役

企画開発室長

藤岡  篤

1988年5月4日

2019年11月

当社入社

2020年3月

帝國製薬株式会社取締役(現任)

2020年7月

当社執行役員

当社企画開発室長(現任)

2021年6月

当社取締役

(重要な兼職の状況)

帝國製薬株式会社 取締役

 

(注)3

22

取締役

監査等委員

赤澤  敬敏

1956年8月23日

1981年4月

株式会社百十四銀行入行

2003年7月

同行鳴門支店副支店長

2009年1月

同行津田支店支店長

2012年6月

同行人事部

2014年6月

当社常勤監査役

2018年6月

当社監査等委員である社外取締役(現任)

 

(注)4

6

取締役

監査等委員

木下  善樹

1943年10月12日

1971年4月

大阪弁護士会に弁護士登録

1975年1月

木下善樹法律事務所開業(現任)

2000年6月

当社監査役

2018年6月

当社監査等委員である社外取締役(現任)

 

(注)4

42

取締役

監査等委員

木山  静美

1962年3月10日

1982年4月

大阪府庁入庁

2008年3月

大阪府庁退庁

2009年8月

木山行政書士事務所開業(現任)

2020年6月

当社監査等委員である社外取締役(現任)

 

(注)4

取締役

監査等委員

平田  文明

1955年6月3日

1981年4月

武田薬品工業株式会社入社

2006年6月

三井化学ポリウレタン株式会社(現三井化学株式会社)取締役研究所長

2009年4月

三井化学株式会社理事

2012年5月

同社理事 鹿島工場長

2016年4月

エムシー工業株式会社(現三井エムシー株式会社)代表取締役社長

2021年3月

同社参与退任

2021年6月

当社監査等委員である社外取締役(現任)

 

(注)5

252

(注)1.取締役藤岡篤は代表取締役会長藤岡実佐子の長男です。

2.当社の監査等委員会の体制は次のとおりです。

委員長 木下善樹、委員 赤澤敬敏、委員 木山静美、委員 平田文明

なお、赤澤敬敏は、常勤の監査等委員であり、赤澤敬敏、木下善樹、木山静美、平田文明は、監査等委員である社外取締役です。

3.2021年6月25日開催の定時株主総会の終結の時から1年間

4.2020年6月19日開催の定時株主総会の終結の時から2年間

5.2021年6月25日開催の定時株主総会の終結の時から2年間

6.所有株式数は、2021年3月31日現在のものです。

 

② 社外役員の状況

当社の社外取締役は4名(うち監査等委員である社外取締役4名)です。

監査等委員である社外取締役木下善樹氏は、当社株式の42千株を直接保有する株主であり、役員持株会を通じた当社株式の所有をしていますが、当社との間にこれ以外の利害関係は特にありません。監査等委員である社外取締役赤澤敬敏氏は、当社株式の6千株を直接保有する株主でありますが、当社との間にこれ以外の利害関係は特にありません。監査等委員である社外取締役木山静美氏および平田文明氏は、当社との間に利害関係は特にありません。

当社の社外取締役は、それぞれの専門的分野に関する相当程度の知見を有しており、当該分野に関する助言を得るだけでなく、当社グループにおいて更なる整備が必要とされる内部統制についても助言を得ることで一定の役割を果たしています。なお、社外取締役は毎月開催される取締役会に出席するほか、監査等委員である社外取締役においては、事業所、工場等を訪問し、現場の状況の視察、現場幹部との接触により、実態把握に努めています。

また、監査等委員である独立社外取締役を3名選任しており、独立役員は3名体制となっています。当社は、独立役員を選任するにあたり、社外役員を当社において合理的に可能な範囲で調査した結果、以下の項目のいずれにも該当しない場合に、一般株主と利益相反が生じるおそれがないものと判断し、東京証券取引所が定める「独立役員」として届け出ることとします。

1.当社グループの業務執行者又は過去10年間において当社グループの業務執行者であった者

2.当社グループを主要な取引先とする者またはその業務執行者

3.当社グループの主要な取引先またはその業務執行者

4.当社グループから役員報酬以外に多額の金銭その他の財産を得ているコンサルタント、会計専門家または法律専門家(当該財産を得ている者が法人、組合等の団体である場合は、当該団体に所属する者)

5.当社グループの会計監査人である監査法人に所属する公認会計士である者

6.当社グループの現在の主要株主(直接又は間接に10%以上の当社の議決権を保有)または主要株主が法人の場合には当該法人の業務執行者

7.当社グループが主要株主(直接又は間接に10%以上の議決権を保有)である会社の業務執行者

8.当社グループが借り入れを行っている主要な金融機関またはその親会社若しくは子会社の業務執行者

9.当社グループから一定額(過去3年間の平均で年間1,000万円)を超える寄付または助成を受けている者(その者が、法人、組合等の団体である場合は、当該法人の業務執行者)

10.当社グループから取締役(常勤・非常勤を問わない)を受け入れている会社またはその親会社若しくは子会社の業務執行者

11.過去3年間において上記2~10に該当していた者

12.上記1~11に該当する者(重要な者に限る)の配偶者または二親等以内の親族

 

③ 社外取締役による監査と内部監査、監査等委員会による監査及び会計監査との相互連携並びに内部統制部門との関係

監査等委員である社外取締役による監査、内部監査および会計監査の相互連携については、定期連絡会を開催してそれぞれの監査計画および監査結果の報告を行うほか、必要に応じて随時連絡会を開催し、情報の交換を図っています。

(3)【監査の状況】

①  監査等委員会による監査の状況

監査等委員会による監査については、常勤の監査等委員である取締役が中心となって取締役会、常務会、経営会議にすべて出席するほか、重要な議案については担当取締役から報告を受けるなどして、業務の執行の状況を確認しています。また、監査等委員会において定める監査の方針、監査計画等に基づき、監査を実施しています。

監査等委員会は、月例で取締役会の数日前に開催しているほか、必要に応じて適宜開催しています。当事業年度では、全13回開催されており、個々の監査等委員の出席状況は、以下のとおりです。

赤澤 敬敏氏  当事業年度に開催された全13回のすべてに出席

木下 善樹氏  当事業年度に開催された全13回のすべてに出席

村上 敬司氏  当事業年度に開催された全13回のすべてに出席

木山 静美氏  監査等委員就任以降に開催された10回のすべてに出席

監査等委員会では毎期「監査計画書」を作成しており、計画書の中で「活動すべき主な検討事項」を定めております。当事業年度においては次の事項を主な事項として監査活動を実施しました。

・企業価値拡大に向けた各部門(含む子会社)の経営課題への対応状況及び改善状況

・東京証券取引所第一部上場企業に相応しいガバナンス及びコンプライアンス体制の整備運用状況

・海外子会社の内部統制システムの構築、運用状況

・リスク管理、危機管理の体制整備状況

・労働環境、人材育成に資する教育、人事システムの構築、運用状況

・販売システムの更新及び情報セキュリティの改善、進捗状況

・監査等委員会の自己評価による活動改善

なお、常勤の監査等委員である取締役赤澤敬敏氏は、金融機関における長年の経験があり、財務および会計に関する相当程度の知見を有しています。監査等委員である取締役木下善樹氏は、弁護士として法令について高度な専門知識および幅広い経験を有しています。また、監査等委員である取締役村上敬司氏は、化学品業界で豊富な経営の経験と幅広い見識を有しており、さらに経営の監督等の経験も有しています。そして、監査等委員である取締役木山静美氏は、行政における豊富な経験および行政書士としての知識・見識を有しています。

②  内部監査の状況

内部監査を行う組織は、内部監査室が業務執行部門から独立した専任組織として設置されており、人員は3名となっております。内部監査室は、当社グループを対象にした業務監査、会計監査および代表取締役特命による調査の実施等を行うほか、監査等委員会の事務局等の業務も担当しています。

③  会計監査の状況

a.  監査法人の名称

EY新日本有限責任監査法人

b.  継続監査期間

30年間

1991年3月以前の調査が著しく困難なため、継続監査期間はこの期間を超えている可能性があります。

c.  業務を執行した公認会計士の氏名および監査業務に係る補助者の構成

監査にあたった公認会計士の体制は下記のとおりです。

業務を執行した公認会計士の氏名

継続監査年数

監査業務に係る補助者の構成

指定有限責任社員  業務執行社員  仲下  寛司

3

公認会計士  6名

その他     33名

指定有限責任社員  業務執行社員  北池  晃一郎

1

 

d.  監査法人決定の方針

当社の監査等委員会は、監査法人の品質管理体制や独立性、監査の実施体制等および監査報酬等の「選定基準」により、監査法人候補を選定します。その後、監査法人候補の中から、職務を適切に遂行できること、当社の業務内容を理解して中立的・客観的観点から監査を行い経営の健全性確保に貢献できること、監査等委員監査との連携の重要性を認識し監査等委員と適切なコミュニケーションがとれること等の「指名方針」を基準として、監査法人を選定することとしています。その結果、EY新日本有限責任監査法人を会計監査人として選定しました。

e.  監査等委員である取締役および監査等委員会による監査法人の評価

当社の監査等委員である取締役および監査等委員会は、監査法人に対して評価を行っております。この評価については、監査等委員会が定めた8項目を基準として、「監査及び四半期レビュー計画説明書」の内容を精査する方法および執行部門である当社管理本部へのヒアリングを実施する方法に依っています。その結果、品質管理、監査等委員等ならびに経営者等とのコミュニケーション、グループ監査および不正リスク等の全ての項目において、監査法人の職務執行に問題は無いと評価しました。

④  監査報酬の内容等

a.  監査公認会計士等に対する報酬

区分

前連結会計年度

当連結会計年度

監査証明業務に基づく報酬(千円)

非監査業務に基づく報酬(千円)

監査証明業務に基づく報酬(千円)

非監査業務に基づく報酬(千円)

提出会社

30,000

30,000

連結子会社

30,000

30,000

 

b.  監査公認会計士等と同一のネットワーク(Ernst&Young Office Limited)に対する報酬(a.を除く)

区分

前連結会計年度

当連結会計年度

監査証明業務に基づく報酬(千円)

非監査業務に基づく報酬(千円)

監査証明業務に基づく報酬(千円)

非監査業務に基づく報酬(千円)

提出会社

連結子会社

904

1,222

904

1,222

連結子会社における非監査業務の内容は、移転価格税制に関する税務アドバイザリー業務等です。

c.  その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

該当事項はありません。

d.  監査報酬の決定方針

当社の監査公認会計士等に対する監査報酬の決定については、監査法人からの工数、報酬の提示に基づき、始めに財務経理部が契約期間における監査実施状況や会計制度変更状況を考慮し、翌契約期間において効率的な監査体制を構築してもらうよう監査法人との協議を行った後、報酬案を決定します。その後、監査等委員会の同意を得て、社内承認を経た後、監査報酬を決定します。

e.  監査等委員会が会計監査人の報酬等に同意した理由

当社の監査等委員会は、会計監査人の監査計画の内容、会計監査の職務遂行状況および報酬見積りの算出根拠が適切であるかどうかについて必要な検証を行ったうえで、会社法第399条第3項の規定により、会計監査人の報酬等の額について同意の判断をしました。

(4)【役員の報酬等】

①  役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項

当社の取締役の報酬につきましては、2018年6月22日開催の第61期定時株主総会での決議により、取締役(監査等委員である取締役は除く。)および監査等委員である取締役ごとの報酬限度額を決定しています。取締役(監査等委員である取締役は除く。)は10名以内で、その限度額は年額700百万円(うち社外取締役分年額100百万円)であり、監査等委員である取締役は7名以内で、その限度額は年額200百万円です。

取締役(社外取締役および監査等委員である取締役は除く。)の報酬につきましては、月例報酬である基本報酬(定期同額給与)と取締役賞与によって構成されています。基本報酬は、各役職とも年間報酬額の5~7割を基準とし、取締役賞与は、業績連動賞与とその他賞与とから成り、合わせて各役職の年間報酬額の3~5割を基準としています。

社外取締役および監査等委員である取締役の報酬は、月例報酬である基本報酬(定期同額給与)で構成されており、原則として取締役賞与の支給はありません。

当社は、独立社外取締役を委員長とした人事報酬諮問委員会を設置しており、取締役の報酬は、人事報酬諮問委員会で検討することとしています。

 

2021年度の取締役(監査等委員である取締役は除く。)の基本報酬額(定期同額給与)は、各取締役の役割・期待値等を総合的に勘案し、2021年5月開催の人事報酬諮問委員会での諮問結果を踏まえ、取締役会での議論を経て、代表取締役へ一任して決定しています。2021年度の取締役(社外取締役および監査等委員である取締役は除く。)の業績連動賞与の算定方法は、2021年5月開催の人事報酬諮問委員会での諮問結果を踏まえ、取締役会で決定しています。指標の選定理由は、下記に記載のとおりです。また、2020年度の取締役(監査等委員である取締役は除く。)のその他賞与の額は、当期の業績のほか、各取締役の貢献度等を総合的に勘案して、2021年5月開催の人事報酬諮問委員会での諮問結果を踏まえ、取締役会での議論を経て、代表取締役へ一任して決定しています。なお、基本報酬およびその他賞与の額の決定を代表取締役へ一任した理由は、当社グループの業績を俯瞰しつつ、各取締役の担当職務の評価を行うには、代表取締役が最適であると判断したためです。

2021年度の監査等委員である取締役の報酬は、2021年5月開催の人事報酬諮問委員会での諮問結果を踏まえ、監査等委員会において決定しています。

 

○2021年度の業績連動賞与について

2021年度の業績連動賞与は、下記方法に基づき算定されるものであり、その算定方法については、監査等委員会が適正と認めた旨を記載した書面を受領しています。2021年度の業績連動報酬は、2022年6月開催予定の定時株主総会終了後に算定し支給します。

 

○業績連動賞与の算定方法

取締役賞与計上前の連結税金等調整前当期純利益に減価償却費を加えた額に0.03471%を乗じた額を基準額とし、基準額に各役職の係数を乗じて算出します。(1万円未満切捨て)

ただし、基準額の上限値は6,240千円とし、取締役賞与計上前の連結税金等調整前当期純利益に減価償却費を加えた額が120億円未満の場合には、業績連動賞与を支給しません。

 

○業績連動賞与に係る指標の選定理由および目標値・実績値

当社グループは、将来の成長に向けた設備投資は不可欠であると考えて、「償却前営業利益」を最重要経営指標としています。この最重要指標に、経営上リスク管理を行うべき、受取支払利息・為替差損益等の営業外損益および特別損益を加減算した、「連結税金等調整前当期純利益に減価償却費を加えた額」が指標に最もふさわしいと判断しました。なお、税金等調整前当期純利益には役員賞与が含まれるため、これを除いて計算することとしています。

2021年度 目標値

14,983,459千円

2020年度 実績値

14,863,859千円

 

 

○取締役の役職別支給係数

役職

支給係数

支給上限額

会長・社長

2.5385

15,840千円

副会長・副社長

2.2308

13,920千円

専務取締役

1.9231

12,000千円

常務取締役

1.7308

10,800千円

取締役

1.0000

6,240千円

 

○留意事項

・取締役(社外取締役は除く)は、法人税法第34条第1項第3号に記載されている業務執行役員です。

・法人税法第34条第1項第3号イに規定する「当該事業年度の利益に関する指標」とは、取締役賞与計上前の連結税金等調整前当期純利益に減価償却費を加えた額とします。

なお、減価償却費には、有形固定資産、無形固定資産、長期前払費用、のれんの償却費が含まれ、「報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報」に記載されている減価償却費と同額となります。

・法人税法第34条第1項第3号イ(1)に規定する「確定額」は、役職ごとに設定し、その支給上限額は上表のとおりとします。

・当事業年度中に新たに業務執行役員に選任されたものは、当事業年度における当該取締役の在職月数(1ヵ月未満の端数切捨て)にて支給します。

・やむを得ない事情により取締役が職務執行期間の中途で退任した場合、当事業年度における当該取締役の在職月数(1ヵ月未満の端数切捨て)にて支給します。なお、期末後の退任については月数按分しません。

・当事業年度中に役職の変更があった場合、当事業年度における各役職の在職月数で支給係数の按分計算を行います。按分計算された支給係数の小数点以下第5位を切上げて、当該取締役の支給係数とします。

②  役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額および対象となる役員の員数

役員区分

報酬等の総額

(千円)

報酬等の種類別の総額(千円)

対象となる役員の員数(人)

基本報酬

賞与

退職慰労金

取締役(監査等委員及び社外取締役を除く。)

267,090

160,080

107,010

6

監査等委員(社外取締役を除く。)

社外役員

47,612

46,887

725

6

(注)取締役の支給額には、使用人兼取締役の使用人分給与は含まれていません。

 

③  役員ごとの連結報酬等の総額等

連結報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載していません。

(5)【株式の保有状況】

①  投資株式の区分の基準及び考え方

当社は、保有目的が取引価額の変動または配当の受取を目的とした「純投資目的の投資株式」と事業機会の創出や企業間関係の維持・強化を目的とした「純投資目的以外の目的である投資株式(政策保有株式)」とに区分しています。

②  保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

a.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の内容

当社は、当該株式が安定的な取引関係の構築や成長戦略に則った業務提携関係の維持・強化に繋がり、当社の中長期的な企業価値の向上に資すると判断した場合について、保有していく方針です。

当社は、取締役会において、毎期、個別の政策保有株式について、政策保有の継続の可否の検証を行っています。保有先企業との取引状況並びに保有先企業の財政状態、経営成績および株価、配当等の状況を確認し、政策保有の意義が薄れたと判断した株式は、適時・適切に売却をします。

b.銘柄数及び貸借対照表計上額

 

銘柄数

(銘柄)

貸借対照表計上額の

合計額(千円)

非上場株式

7

62,598

非上場株式以外の株式

25

1,002,906

 

(当事業年度において株式数が増加した銘柄)

 

銘柄数

(銘柄)

株式数の増加に係る取得

価額の合計額(千円)

株式数の増加の理由

非上場株式

非上場株式以外の株式

2

8,413

取引先持株会を通じた株式の取得

 

(当事業年度において株式数が減少した銘柄)

 

銘柄数

(銘柄)

株式数の減少に係る売却

価額の合計額(千円)

非上場株式

非上場株式以外の株式

 

 

c.特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報

特定投資株式

銘柄

当事業年度

前事業年度

保有目的、定量的な保有効果

及び株式数が増加した理由

当社の株式の

保有の有無

株式数(株)

株式数(株)

貸借対照表計上額

(千円)

貸借対照表計上額

(千円)

日本精化株式会社

129,898

126,188

(保有目的)ライフサイエンス事業の取引先であり、企業間の関係強化により、製商品の販売・仕入の維持強化、今後の新規事業展開を図るため

(定量的な保有効果)(注)

(株式数が増加した理由)取引先持株会を通じた株式の取得

194,718

188,651

株式会社フジミインコーポレーテッド

34,128

33,303

(保有目的)電子材料事業の取引先であり、企業間の関係強化により、製商品の販売・仕入の維持強化、今後の新規事業展開を図るため

(定量的な保有効果)(注)

(株式数が増加した理由)取引先持株会を通じた株式の取得

147,263

89,518

株式会社ソフト99コーポレーション

98,000

98,000

(保有目的)事業機会の創出や将来の新規事業展開により、企業価値向上を図るため

(定量的な保有効果)(注)

126,616

73,500

武田薬品工業株式会社

27,617

27,617

(保有目的)ライフサイエンス事業の取引先であり、企業間の関係強化により、製商品の販売・仕入の維持強化、今後の新規事業展開を図るため

(定量的な保有効果)(注)

110,053

91,357

稲畑産業株式会社

42,000

42,000

(保有目的)ライフサイエンス事業の取引先であり、企業間の関係強化により、製商品の販売・仕入の維持強化、今後の新規事業展開を図るため

(定量的な保有効果)(注)

69,636

49,560

株式会社日本触媒

9,429

9,429

(保有目的)ライフサイエンス事業の取引先であり、企業間の関係強化により、製商品の販売・仕入の維持強化、今後の新規事業展開を図るため

(定量的な保有効果)(注)

59,779

46,673

株式会社ヤクルト本社

10,000

10,000

(保有目的)ライフサイエンス事業の取引先であり、企業間の関係強化により、製商品の販売・仕入の維持強化、今後の新規事業展開を図るため

(定量的な保有効果)(注)

56,000

63,900

 

 

銘柄

当事業年度

前事業年度

保有目的、定量的な保有効果

及び株式数が増加した理由

当社の株式の

保有の有無

株式数(株)

株式数(株)

貸借対照表計上額

(千円)

貸借対照表計上額

(千円)

株式会社りそなホールディングス

80,863

80,863

(保有目的)傘下企業である株式会社りそな銀行は、当社の取引銀行であり、企業間の関係強化により、安定的な取引を図るため

(定量的な保有効果)(注)

 

※ただし、傘下企業である株式会社りそな銀行が当社の株式を保有している。

37,585

26,296

大丸エナウィン株式会社

25,000

25,000

(保有目的)ライフサイエンス事業の取引先であり、企業間の関係強化により、製商品の販売・仕入の維持強化、今後の新規事業展開を図るため

(定量的な保有効果)(注)

33,075

36,650

日本化薬株式会社

27,155

27,155

(保有目的)ライフサイエンス事業の取引先であり、企業間の関係強化により、製商品の販売・仕入の維持強化、今後の新規事業展開を図るため

(定量的な保有効果)(注)

29,028

27,019

住友商事株式会社

14,672

14,672

(保有目的)電子材料事業の取引先であり、企業間の関係強化により、製商品の販売・仕入の維持強化、今後の新規事業展開を図るため

(定量的な保有効果)(注)

23,137

18,178

ダイトーケミックス株式会社

20,400

20,400

(保有目的)事業機会の創出や将来の新規事業展開により、企業価値向上を図るため

(定量的な保有効果)(注)

22,399

6,160

久光製薬株式会社

2,666

2,666

(保有目的)事業機会の創出や将来の新規事業展開により、企業価値向上を図るため

(定量的な保有効果)(注)

19,221

13,436

星光PMC株式会社

18,800

18,800

(保有目的)ライフサイエンス事業の取引先であり、企業間の関係強化により、製商品の販売・仕入の維持強化、今後の新規事業展開を図るため

(定量的な保有効果)(注)

15,322

11,938

荒川化学工業株式会社

10,000

10,000

(保有目的)ライフサイエンス事業の取引先であり、企業間の関係強化により、製商品の販売・仕入の維持強化、今後の新規事業展開を図るため

(定量的な保有効果)(注)

13,200

12,030

日油株式会社

2,099

2,099

(保有目的)ライフサイエンス事業の取引先であり、企業間の関係強化により、製商品の販売・仕入の維持強化、今後の新規事業展開を図るため

(定量的な保有効果)(注)

12,153

7,199

 

銘柄

当事業年度

前事業年度

保有目的、定量的な保有効果

及び株式数が増加した理由

当社の株式の

保有の有無

株式数(株)

株式数(株)

貸借対照表計上額

(千円)

貸借対照表計上額

(千円)

長瀬産業株式会社

5,775

5,775

(保有目的)ライフサイエンス事業の取引先であり、企業間の関係強化により、製商品の販売・仕入の維持強化、今後の新規事業展開を図るため

(定量的な保有効果)(注)

9,984

7,386

堺化学工業株式会社

4,000

4,000

(保有目的)ライフサイエンス事業の取引先であり、企業間の関係強化により、製商品の販売・仕入の維持強化、今後の新規事業展開を図るため

(定量的な保有効果)(注)

8,412

7,188

株式会社みずほフィナンシャルグループ

3,578

35,780

(保有目的)傘下企業である株式会社みずほ銀行は、当社の取引銀行であり、企業間の関係強化により、安定的な取引を図るため

(定量的な保有効果)(注)

(株式数が減少した理由)株式併合

5,721

4,422

株式会社池田泉州ホールディングス

24,383

24,383

(保有目的)傘下企業である株式会社池田泉州銀行は、取引銀行であり、企業間の関係強化により、安定的な取引を図るため

(定量的な保有効果)(注)

 

※ただし、傘下企業である株式会社池田泉州銀行が当社の株式を保有している。

4,340

3,974

株式会社伊藤園

260

260

(保有目的)ライフサイエンス事業の取引先であり、企業間の関係強化により、製商品の販売・仕入の維持強化、今後の新規事業展開を図るため

(定量的な保有効果)(注)

1,514

1,270

クミアイ化学工業株式会社

1,380

1,380

(保有目的)ライフサイエンス事業の取引先であり、企業間の関係強化により、製商品の販売・仕入の維持強化、今後の新規事業展開を図るため

(定量的な保有効果)(注)

1,385

1,155

ハリマ化成グループ株式会社

1,350

1,350

(保有目的)ライフサイエンス事業の取引先であり、企業間の関係強化により、製商品の販売・仕入の維持強化、今後の新規事業展開を図るため

(定量的な保有効果)(注)

1,274

1,516

株式会社百十四銀行

545

545

(保有目的)取引銀行であり、企業間の関係強化により、安定的な取引を図るため

(定量的な保有効果)(注)

921

1,068

 

 

銘柄

当事業年度

前事業年度

保有目的、定量的な保有効果

及び株式数が増加した理由

当社の株式の

保有の有無

株式数(株)

株式数(株)

貸借対照表計上額

(千円)

貸借対照表計上額

(千円)

スガイ化学工業株式会社

102

102

(保有目的)ライフサイエンス事業の取引先であり、企業間の関係強化により、製商品の販売・仕入の維持強化、今後の新規事業展開を図るため

(定量的な保有効果)(注)

161

115

 

(注)特定投資株式における定量的な保有効果を記載することは、取引先個々の取引高を個別開示することとなり、営業機密の観点から困難であるため、保有の合理性を検証した方法について記載します。当社は、毎期、個別の政策保有株式について、取引高、取引の重要性、将来性、併せて株価、配当金額等、政策保有の意義を取締役会において検証しており、2021年3月31日を基準とした検証の結果、現状保有する政策保有株式は、いずれも保有方針に沿った目的で保有していることを確認しています。

③  保有目的が純投資目的である投資株式

該当事項はありません。

 

第5【経理の状況】

1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について

(1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)に基づいて作成しています。

(2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しています。

  また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しています。

2.監査証明について

当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2020年4月1日から2021年3月31日まで)の連結財務諸表および事業年度(2020年4月1日から2021年3月31日まで)の財務諸表について、EY新日本有限責任監査法人により監査を受けています。

3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っています。具体的には、会計基準等の内容を適切に把握し、連結財務諸表等を適正に作成できる体制を整備するため、監査法人等が主催する研修会への参加ならびに会計専門書の定期購読を行っています。

1【連結財務諸表等】

(1)【連結財務諸表】

①【連結貸借対照表】

 

 

 

(単位:千円)

 

前連結会計年度

(2020年3月31日)

当連結会計年度

(2021年3月31日)

資産の部

 

 

流動資産

 

 

現金及び預金

16,468,059

25,594,582

受取手形及び売掛金

10,274,938

10,546,322

有価証券

98,055

111,938

商品及び製品

6,369,281

6,390,775

仕掛品

456,399

482,774

原材料及び貯蔵品

1,282,454

1,667,693

その他

558,988

346,171

貸倒引当金

8,635

9,027

流動資産合計

35,499,542

45,131,230

固定資産

 

 

有形固定資産

 

 

建物及び構築物

19,799,236

20,104,833

減価償却累計額

9,098,206

10,081,960

建物及び構築物(純額)

10,701,029

10,022,872

機械装置及び運搬具

32,016,739

32,784,949

減価償却累計額

21,407,576

24,667,093

機械装置及び運搬具(純額)

10,609,162

8,117,855

土地

6,890,096

6,891,883

建設仮勘定

307,871

453,627

その他

2,894,797

3,094,377

減価償却累計額

2,511,806

2,656,376

その他(純額)

382,991

438,001

有形固定資産合計

28,891,152

25,924,241

無形固定資産

2,423,654

2,186,540

投資その他の資産

 

 

投資有価証券

852,765

1,161,405

長期前払費用

40,049

225,426

繰延税金資産

1,299,544

1,113,889

退職給付に係る資産

41,634

115,077

その他

178,396

174,615

貸倒引当金

4,000

0

投資その他の資産合計

2,408,389

2,790,414

固定資産合計

33,723,196

30,901,196

資産合計

69,222,738

76,032,427

 

 

 

 

(単位:千円)

 

前連結会計年度

(2020年3月31日)

当連結会計年度

(2021年3月31日)

負債の部

 

 

流動負債

 

 

支払手形及び買掛金

2,083,944

2,027,968

未払金

2,883,888

2,563,434

未払法人税等

940,857

1,588,545

賞与引当金

545,961

644,980

役員賞与引当金

83,440

54,360

修繕引当金

280,551

327,865

その他

277,924

629,105

流動負債合計