EDINET閲覧(提出)サイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)をもとに上場企業サーチ作成

本ページはEDINETに提出された開示情報を上場企業サーチが加工/編集したものであり、記載された情報の正確性および完全性について上場企業サーチは一切の保証を行いません。本ページの情報を利用する際は自己の責任で判断頂き、意思決定に際しては適宜EDINETや提出会社が公開するオリジナルを参照する様にしてください。本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

【表紙】

 

【提出書類】

有価証券報告書

【根拠条文】

金融商品取引法第24条第1項

【提出先】

関東財務局長

【提出日】

2020年6月26日

【事業年度】

第55期(自  2019年4月1日  至  2020年3月31日)

【会社名】

大成ラミック株式会社

【英訳名】

Taisei Lamick Co.,Ltd.

【代表者の役職氏名】

代表取締役社長  木村  義成

【本店の所在の場所】

埼玉県白岡市下大崎873番地1

【電話番号】

0480-97-0224(代表)

【事務連絡者氏名】

取締役コーポレートユニットリーダー  北條  洋史

【最寄りの連絡場所】

埼玉県白岡市下大崎873番地1

【電話番号】

0480-97-0224(代表)

【事務連絡者氏名】

取締役コーポレートユニットリーダー  北條  洋史

【縦覧に供する場所】

株式会社東京証券取引所

  (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

 

 

E01058 49940 大成ラミック株式会社 Taisei Lamick Co.,Ltd. 企業内容等の開示に関する内閣府令 第三号様式 Japan GAAP true cte cte 2019-04-01 2020-03-31 FY 2020-03-31 2018-04-01 2019-03-31 2019-03-31 1 false false false E01058-000 2020-06-26 E01058-000 2015-04-01 2016-03-31 E01058-000 2016-04-01 2017-03-31 E01058-000 2017-04-01 2018-03-31 E01058-000 2018-04-01 2019-03-31 E01058-000 2019-04-01 2020-03-31 E01058-000 2016-03-31 E01058-000 2017-03-31 E01058-000 2018-03-31 E01058-000 2019-03-31 E01058-000 2020-03-31 E01058-000 2015-04-01 2016-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01058-000 2016-04-01 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01058-000 2017-04-01 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01058-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01058-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01058-000 2016-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01058-000 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01058-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01058-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01058-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01058-000 2020-03-31 jpcrp_cor:CorporateSharedMember E01058-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp_cor:CorporateSharedMember E01058-000 2020-06-26 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E01058-000 2020-03-31 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E01058-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No1MajorShareholdersMember E01058-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No2MajorShareholdersMember E01058-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No3MajorShareholdersMember E01058-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No4MajorShareholdersMember E01058-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No5MajorShareholdersMember E01058-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No6MajorShareholdersMember E01058-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No7MajorShareholdersMember E01058-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No8MajorShareholdersMember E01058-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No9MajorShareholdersMember E01058-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No10MajorShareholdersMember E01058-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No11MajorShareholdersMember E01058-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No12MajorShareholdersMember E01058-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No13MajorShareholdersMember E01058-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No14MajorShareholdersMember E01058-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No15MajorShareholdersMember E01058-000 2020-03-31 jpcrp_cor:SharesWithNoVotingRightsMember E01058-000 2020-03-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsTreasurySharesEtcMember E01058-000 2020-03-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsOtherMember E01058-000 2020-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesTreasurySharesSharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E01058-000 2020-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsOtherMember E01058-000 2020-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesLessThanOneUnitMember E01058-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row1Member E01058-000 2020-06-26 jpcrp_cor:Row1Member E01058-000 2020-06-26 jpcrp_cor:Row2Member E01058-000 2020-06-26 jpcrp030000-asr_E01058-000:YoshinariKimuraMember E01058-000 2020-06-26 jpcrp030000-asr_E01058-000:TadashiHasebeMember E01058-000 2020-06-26 jpcrp030000-asr_E01058-000:IchiroTomitaMember E01058-000 2020-06-26 jpcrp030000-asr_E01058-000:HirofumiHojoMember E01058-000 2020-06-26 jpcrp030000-asr_E01058-000:SusumuMiyashitaMember E01058-000 2020-06-26 jpcrp030000-asr_E01058-000:NaokoTomonoMember E01058-000 2020-06-26 jpcrp030000-asr_E01058-000:MichitakaSuzukiMember E01058-000 2020-06-26 jpcrp030000-asr_E01058-000:MasaharuYamaguchiMember E01058-000 2020-06-26 jpcrp030000-asr_E01058-000:OsamuKodairaMember E01058-000 2020-06-26 jpcrp030000-asr_E01058-000:SayakaYamaguchiMember E01058-000 2020-06-26 jpcrp_cor:Row3Member E01058-000 2020-06-26 jpcrp_cor:Row4Member E01058-000 2020-06-26 jpcrp_cor:Row5Member E01058-000 2020-06-26 jpcrp_cor:Row6Member E01058-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:DirectorsExcludingOutsideDirectorsMember E01058-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:CorporateAuditorsExcludingOutsideCorporateAuditorsMember E01058-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:OutsideDirectorsAndOtherOfficersMember E01058-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row1Member E01058-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row2Member E01058-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row2Member E01058-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row3Member E01058-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row3Member E01058-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row4Member E01058-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row4Member E01058-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row5Member E01058-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row5Member E01058-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row6Member E01058-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row6Member E01058-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row7Member E01058-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row7Member E01058-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row8Member E01058-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row8Member E01058-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row9Member E01058-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row9Member E01058-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row10Member E01058-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row10Member E01058-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row11Member E01058-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row11Member E01058-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row12Member E01058-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row12Member E01058-000 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E01058-000 2018-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E01058-000 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01058-000 2018-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01058-000 2018-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01058-000 2019-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01058-000 2018-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E01058-000 2019-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E01058-000 2019-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01058-000 2018-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01058-000 2018-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E01058-000 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E01058-000 2019-03-31 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E01058-000 2018-03-31 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E01058-000 2019-03-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E01058-000 2018-03-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E01058-000 2019-03-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E01058-000 2018-03-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E01058-000 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E01058-000 2018-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E01058-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E01058-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E01058-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01058-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01058-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01058-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01058-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E01058-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E01058-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E01058-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E01058-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E01058-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E01058-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E01058-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E01058-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E01058-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E01058-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E01058-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E01058-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E01058-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E01058-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E01058-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01058-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01058-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E01058-000 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E01058-000 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01058-000 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01058-000 2020-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E01058-000 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01058-000 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E01058-000 2020-03-31 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E01058-000 2020-03-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E01058-000 2020-03-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E01058-000 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E01058-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E01058-000 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01058-000 2018-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01058-000 2018-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01058-000 2019-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01058-000 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01058-000 2018-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01058-000 2019-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01058-000 2018-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01058-000 2018-03-31 jppfs_cor:ReserveForReductionEntryOfReplacedPropertyMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01058-000 2019-03-31 jppfs_cor:ReserveForReductionEntryOfReplacedPropertyMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01058-000 2018-03-31 jppfs_cor:ReserveForSpecialDepreciationMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01058-000 2019-03-31 jppfs_cor:ReserveForSpecialDepreciationMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01058-000 2019-03-31 jppfs_cor:ReserveForReductionEntry1Member jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01058-000 2018-03-31 jppfs_cor:ReserveForReductionEntry1Member jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01058-000 2018-03-31 jppfs_cor:ReserveForReductionEntryOfLandMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01058-000 2019-03-31 jppfs_cor:ReserveForReductionEntryOfLandMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01058-000 2018-03-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01058-000 2019-03-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01058-000 2019-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01058-000 2018-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01058-000 2019-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01058-000 2018-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01058-000 2019-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01058-000 2018-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01058-000 2018-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01058-000 2019-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01058-000 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01058-000 2018-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01058-000 2019-03-31 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01058-000 2018-03-31 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01058-000 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01058-000 2018-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01058-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ReserveForReductionEntryOfReplacedPropertyMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01058-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:ReserveForReductionEntryOfReplacedPropertyMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01058-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01058-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01058-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01058-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01058-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01058-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01058-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ReserveForSpecialDepreciationMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01058-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:ReserveForSpecialDepreciationMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01058-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:ReserveForReductionEntry1Member jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01058-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ReserveForReductionEntry1Member jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01058-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01058-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01058-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01058-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01058-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01058-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01058-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01058-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01058-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01058-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01058-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01058-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01058-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01058-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01058-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01058-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:ReserveForReductionEntryOfLandMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01058-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ReserveForReductionEntryOfLandMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01058-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01058-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01058-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01058-000 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01058-000 2020-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01058-000 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01058-000 2020-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01058-000 2020-03-31 jppfs_cor:ReserveForReductionEntryOfReplacedPropertyMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01058-000 2020-03-31 jppfs_cor:ReserveForSpecialDepreciationMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01058-000 2020-03-31 jppfs_cor:ReserveForReductionEntry1Member jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01058-000 2020-03-31 jppfs_cor:ReserveForReductionEntryOfLandMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01058-000 2020-03-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01058-000 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01058-000 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01058-000 2020-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01058-000 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01058-000 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01058-000 2020-03-31 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01058-000 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember iso4217:JPY iso4217:JPY xbrli:shares xbrli:pure xbrli:shares

第一部 【企業情報】

 

第1 【企業の概況】

 

1 【主要な経営指標等の推移】

 

(1) 連結経営指標等

 

回次

第51期

第52期

第53期

第54期

第55期

決算年月

2016年3月

2017年3月

2018年3月

2019年3月

2020年3月

売上高

(千円)

22,510,733

23,903,980

25,657,272

27,049,369

26,495,946

経常利益

(千円)

1,828,889

1,960,352

1,658,926

1,489,503

1,728,979

親会社株主に帰属する
当期純利益

(千円)

1,285,016

2,808,462

1,379,385

977,073

1,105,202

包括利益

(千円)

1,202,181

2,918,331

1,556,475

811,086

769,058

純資産額

(千円)

14,433,692

18,588,569

20,159,829

20,484,026

20,772,511

総資産額

(千円)

24,533,184

29,000,336

29,656,620

29,712,201

29,135,605

1株当たり純資産額

(円)

2,336.41

2,673.36

2,802.88

2,865.02

2,922.37

1株当たり当期純利益金額

(円)

207.61

451.26

199.16

141.07

159.54

潜在株式調整後
1株当たり当期純利益金額

(円)

自己資本比率

(%)

58.8

63.8

65.5

66.8

69.5

自己資本利益率

(%)

9.1

17.0

7.3

5.0

5.5

株価収益率

(倍)

14.1

6.2

15.8

19.6

15.8

営業活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

1,760,369

2,109,480

3,636,754

1,932,384

3,478,764

投資活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

193,919

1,590,160

3,817,451

613,613

783,774

財務活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

1,596,172

82,916

345,612

929,904

966,626

現金及び現金同等物
の期末残高

(千円)

2,572,396

3,179,912

2,595,054

2,987,698

4,724,196

従業員数

(名)

532

812

813

846

846

[ほか、平均臨時雇用人員]

[72]

[66]

[67]

[71]

[70]

 

(注) 1. 売上高には、消費税等は含まれておりません。

2. 純資産額には、役員向け株式交付信託及び株式給付信託型ESOPが保有する当社株式が自己株式として計上されております。なお、1株当たり純資産額の算定上の基礎となる普通株式の期末株式数は、当該株式を控除対象の自己株式に含めて算出しております。また、1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎となる普通株式の期中平均株式数は、当該株式を控除対象の自己株式に含めて算出しております。

3. 潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

4. 当社は、2017年3月7日を払込期日として650,000株の公募増資を実施し、また、2017年3月29日を払込期日として普通株式97,500株の第三者割当増資を実施しております。

5. 第52期において、Taisei Lamick Malaysia Sdn. Bhd.を連結の範囲に含めております。なお、2016年9月30日をみなし取得日としており、同社の決算日(12月31日)と連結決算日(3月31日)との差異が3ヶ月を超えないため、同社の2016年12月31日の貸借対照表を連結するとともに、2016年10月1日から2016年12月31日までの3ヶ月間の損益計算書を連結しております。

6. 第53期において、Taisei Lamick Malaysia Sdn. Bhd.は決算日を12月31日から3月31日へ変更したため、2017年1月1日から2018年3月31日までの15ヶ月間の実績を連結しております。

7. 「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号  平成30年2月16日)等を第54期の期首から適用しており、第53期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。

 

(2) 提出会社の経営指標等

 

回次

第51期

第52期

第53期

第54期

第55期

決算年月

2016年3月

2017年3月

2018年3月

2019年3月

2020年3月

売上高

(千円)

22,240,941

23,062,304

24,139,345

25,504,730

24,954,760

経常利益

(千円)

1,711,968

1,930,499

1,892,579

1,763,321

1,964,324

当期純利益

(千円)

1,217,956

1,391,395

1,155,669

1,238,735

1,344,541

資本金

(千円)

2,408,600

3,426,246

3,426,246

3,426,246

3,426,246

発行済株式総数

(千株)

6,300

7,047

7,047

7,047

7,047

純資産額

(千円)

14,300,736

17,307,085

18,034,225

18,740,501

19,604,842

総資産額

(千円)

24,310,985

26,136,751

27,015,619

27,296,578

27,465,223

1株当たり純資産額

(円)

2,314.89

2,498.84

2,603.84

2,705.81

2,829.73

1株当たり配当額
(1株当たり中間配当額)

(円)

70.00

70.00

70.00

70.00

70.00

(33.00)

(33.00)

(33.00)

(33.00)

(33.00)

1株当たり当期純利益金額

(円)

196.78

223.57

166.85

178.85

194.09

潜在株式調整後
1株当たり当期純利益金額

(円)

自己資本比率

(%)

58.8

66.2

66.8

68.7

71.4

自己資本利益率

(%)

8.7

8.8

6.5

6.7

7.0

株価収益率

(倍)

14.9

12.6

18.9

15.4

13.0

配当性向

(%)

35.6

31.3

42.0

39.1

36.1

従業員数
[ほか、平均臨時雇用人員]

(名)

469

499

535

557

573

[63]

[59]

[60]

[65]

[63]

株主総利回り

(比較指標:配当込みTOPIX)

(%)

(%)

108.4

106.2

121.2

109.7

103.6

(89.2)

(102.3)

(118.5)

(112.5)

(101.8)

最高株価

(円)

3,200

3,215

3,335

3,305

3,050

最低株価

(円)

2,653

2,702

2,700

2,700

2,124

 

(注) 1. 売上高には、消費税等は含まれておりません。

2. 純資産額には、役員向け株式交付信託及び株式給付信託型ESOPが保有する当社株式が自己株式として計上されております。なお、1株当たり純資産額の算定上の基礎となる普通株式の期末株式数は、当該株式を控除対象の自己株式に含めて算出しております。また、1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎となる普通株式の期中平均株式数は、当該株式を控除対象の自己株式に含めて算出しております。

3. 潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

4. 当社は、2017年3月7日を払込期日として650,000株の公募増資を実施し、また、2017年3月29日を払込期日として普通株式97,500株の第三者割当増資を実施しております。

5. 最高株価及び最低株価は、東京証券取引所市場第一部におけるものであります。

6. 「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号  平成30年2月16日)等を第54期の期首から適用しており、第53期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。

 

 

 

2 【沿革】

当社は株式額面の変更を目的として、1976年4月21日を期日とし、大成包材株式会社(下図における実質上の存続会社)を吸収合併いたしました。

したがいまして、下記沿革では、特に記載のない限り、実質上の存続会社である大成包材株式会社(下図における実質上の存続会社で、現  大成ラミック株式会社)についての記載をしております。

以上の内容を図示しますと以下のとおりとなります。

 


 

年月

事項

1966年3月

東京都足立区下沼田に大成包材株式会社(資本金110百万円、実質上の存続会社)を設立
足立工場にてセロファン及びポリエチレンの加工販売を開始

1972年3月

東京都足立区舎人町に本社を移転

1975年4月

埼玉県南埼玉郡白岡町(現 白岡市)に埼玉工場(現 白岡第3工場)を開設し、本社を移転

1989年5月

液体充填用フィルムを販売開始

1990年4月

大成ラミック株式会社に商号変更

1992年9月

日本精機株式会社と共同開発した液体充填機「NT-DANGAN」を販売開始

1993年5月

埼玉県南埼玉郡白岡町(現 白岡市)に物流子会社「株式会社グリーンパックス」(現 連結子会社)を設立

1993年12月

埼玉県南埼玉郡白岡町(現 白岡市)に本社工場(現 本社・白岡第1工場)を開設

2002年4月

東京証券取引所市場第二部に株式を上場

2003年3月

東京証券取引所市場第一部指定

2005年11月

ISO9001/ISO14001認証取得(現在はISO14001のみ認証継続)

2006年10月

液体充填機「DANGAN」の共同開発会社である日本精機株式会社から、開発成果等すべての権利を譲受

2009年8月

新潟県見附市に新潟事業所を開設

2011年4月

アメリカ合衆国イリノイ州に販売子会社「Taisei Lamick USA, Inc.」(現 連結子会社)を設立

2013年5月

埼玉県白岡市に白岡第2工場を開設

2016年4月

FSSC22000(食品安全マネジメントシステム)認証取得

2016年4月

東京都港区に東京営業部を開設

2016年6月

アメリカ合衆国カリフォルニア州にTaisei Lamick USA, Inc.の支店「LA Branch」を開設

2016年9月

マレーシア・クアラルンプールの軟包装資材製造販売会社「Malaysia Packaging Industry Berhad」 (現 連結子会社 Taisei Lamick Malaysia Sdn. Bhd.)を株式の取得により子会社化

2017年3月

公募増資及び第三者割当増資により資本金を3,426百万円に増資

2017年4月

岡山県岡山市北区に西日本DANGANメンテナンス拠点「岡山DANGAN'S STUDIO」を開設

2017年5月

埼玉県白岡市に液体充填デモルーム兼研究開発棟として「星川DANGAN'S STUDIO」を開設

2018年3月

Taisei Lamick Malaysia Sdn. Bhd.が本社及び工場をマレーシア・セランゴール州に移転

2019年5月

大韓民国ソウル特別市に韓国支店を開設

 

 

 

3 【事業の内容】

当社グループは、当社及び子会社3社(株式会社グリーンパックス、Taisei Lamick USA, Inc.、Taisei Lamick Malaysia Sdn. Bhd.)で構成されており、食品業界を中心に「液体包装の分野において、たゆまぬ研究と実践で培ったノウハウを、『安全、安心、便利』そして『持続可能な社会の実現』のために提供し続けます」を企業の使命として包装用フィルムの開発・製造・販売を行っております。

また、液体調味料向けの包装システムとして、内容物・用途に合わせた高機能フィルムと液体粘体の調味料を充填するための液体充填機「DANGAN」を併販し、食品メーカー等の工場で発生する包装のリスクに対するトータルソリューションを提供しております。

(1) 包装フィルムについて

①  液体充填用フィルム事業

主に即席麺の液体スープ、ドレッシングやタレ類、わさび、醤油等を包装するラミネートフィルムの製造販売を行っております。食品工場や流通の過程で発生する液漏れ防止やロスの低減、保存性や易開封性等、各お客様のニーズに合わせた高機能なフィルムを提供しております。

②  ラミネート汎用品事業

粉末・乾燥物用、トイレタリー・コスメティック関連製品用等のラミネートフィルムの製造販売を行っております。

(2) 包装機械について

包装機械事業

液体充填用フィルムに内容物を充填するための液体充填機「DANGAN」を開発・製造し、液体充填用フィルムとともに食品メーカー等への販売を行っております。充填速度の高速化と安定性を重視した液体充填機はDANGANシリーズとして最高スペックのハイエンドモデル「DANGAN G2」をはじめ、高精度・高生産性を継承しつつ価格を抑えたミドルレンジモデル「DANGAN ASTRON」を中心にお客様のニーズに合わせた最適な1台を提供しております。

また、メンテナンス体制の充実やサービスエンジニアによるアドバイザリーサービスの提供、人材教育支援の一環として合宿研修の開催等オペレーションサポートにも注力しております。

 

当社グループの事業内容及び子会社の当該事業に係る位置づけは、次のとおりであります。

株式会社グリーンパックス ・・・・・・・・

当社より委託を受け、包装フィルム及び液体充填機の製造及び販売に係る物流業務等を行っております。

Taisei Lamick USA, Inc.・・・・・・・・・

当社が製造した製品の米州地域での販売及び保守サービスの提供を行っております。

Taisei Lamick Malaysia Sdn. Bhd. ・・・・

ASEAN地域での包装フィルムの製造・販売及び液体充填機の販売を行っております。

 

 

 

 

以上の事項を事業系統図によって示すと次のとおりであります。

 


 

4 【関係会社の状況】

連結子会社

名称

住所

資本金

主要な事業
の内容

議決権の

所有割合
(%)

関係内容

株式会社グリーンパックス

埼玉県白岡市

20,000

千円

運送及び保管業務

100.0

役員の兼任    なし
資金援助      なし
営業上の取引  物流業務
              を委託

Taisei Lamick USA, Inc.

 (注1)

アメリカ合衆国
イリノイ州

6,000

千米ドル

包装フィルムの販売並びに充填機械の販売及び保守

100.0

役員の兼任    あり
資金援助      なし
営業上の取引  当社製品
              の販売

Taisei Lamick Malaysia Sdn. Bhd.
 (注1)

マレーシア
セランゴール州

101,000

千マレーシアリンギット

包装フィルムの製造及び販売並びに充填機械の販売

80.2

役員の兼任    なし
資金援助      貸付金
営業上の取引  当社製品
              の販売

 

(注) 1. Taisei Lamick USA, Inc.及びTaisei Lamick Malaysia Sdn. Bhd.は特定子会社に該当しております。

2. 有価証券届出書又は有価証券報告書を提出している会社はありません。

 

5 【従業員の状況】

(1) 連結会社の状況

  2020年3月31日現在

事業部門の名称

従業員数(名)

包装フィルム部門

673

(56)

包装機械部門

101

( 5)

全社(共通)

72

( 9

合計

846

70

 

(注) 1. 従業員数は就業人員数であり、執行役員を含んでおります。

2. 臨時従業員数は年間の平均人員を()外数で記載しております。

3. 臨時従業員には、パートタイマー及び嘱託契約の従業員数を含み、派遣社員を除いております。

4. 当社グループは、包装フィルム及び液体充填機の製造・販売事業の単一セグメントであるため、事業部門別の従業員数を記載しております。

5. 全社(共通)は、総務及び経理等の管理部門の従業員であります。

 

(2) 提出会社の状況

  2020年3月31日現在

従業員数(名)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(円)

573

(63)

37.0

11.5

5,525,559

 

 

事業部門の名称

従業員数(名)

包装フィルム部門

445

(51)

包装機械部門

85

( 5)

全社(共通)

43

( 7

合計

573

63

 

(注) 1. 従業員数は、当社から他社への出向者を除いた就業人員数であり、執行役員を含んでおります。

2. 臨時従業員数は、年間の平均人員を()外数で記載しております。

3. 臨時従業員には、パートタイマー及び嘱託契約の従業員を含み、派遣社員を除いております。

4. 平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。

5. 当社は、包装フィルム及び液体充填機の単一セグメントであるため、事業部門別の従業員数を記載しております。

6. 全社(共通)は、総務及び経理等の管理部門の従業員であります。

 

(3) 労働組合の状況

当社には労働組合はありません。なお、労使関係は円滑な状況にあり、特記すべき事項はありません。

また、当社グループの一部の連結子会社には労働組合がありますが、労使関係は円滑な状況にあり、特記すべき事項はありません。

 

第2 【事業の状況】

 

1 【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

 

文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において、当社グループが判断したものであります。

 

(1) 経営理念

当社グループは、「液体包装の分野において、たゆまぬ研究と実践で培ったノウハウを、『安全、安心、便利』そして『持続可能な社会の実現』のために提供し続けます」を企業の使命としております。

当社グループの製品・サービス、液体包装にかかわるノウハウをお客様に提供し、お客様及び消費者の皆様、そして社会に対し安定的かつ高度な価値と満足をお届けすることを目指しております。

これら活動を継続・発展させることを通じ、当社グループ事業を支えてくださる仕入先様を含む協力会社の皆様、そして中長期的企業価値の向上による株主の皆様との利益を共有できると考えております。

 

(2) 経営の基本戦略

当社グループは、小容量の液体包装分野において利用される包装機械「液体充填機DANGAN」と、最適な包装性能を実現する高機能包装フィルムの双方を提供しております。

加えて、高いスキル・ノウハウの求められる液体包装オペレーションに対し、当社グループが長年にわたり培ってきた液体包装にかかわる経験と技術をもとに、アドバイザリー機能やお客様研修等、知見の提供も積極的に行っております。

液体包装分野において、「包装フィルム」「包装機械」「オペレーションサービス」を三位一体でワン・ストップ提供するわが国唯一の企業であり、これが当社の「強み」となっております。

この「強み」をさらに強く、継続的に提供価値の向上及び新たな価値の創造に生かし、お客様・社会の要請に応えていくことを基本戦略としております。

 

(3) 目標とする経営指標

当社グループは、経営方針に基づき安定かつ継続的な成長と利益の確保を経営目標としております。

 

(4) 中長期的な経営戦略及び対処すべき課題

①  国内事業

[事業環境]

当社グループが主力とする食品業界の国内事業においては、単身・共働き世帯の増加に伴い簡便調理が可能な食品の需要が増加する等、ライフスタイルの変化とともに、従来の内食・外食に加え、中食需要の増勢がみられ、小容量の液体包装需要も堅調に推移してきました。今後も少子高齢化が進むことが予想され、個食機会の増加から堅調な中食需要を背景に、小容量の液体包装需要は底堅く推移するものと思われます。

一方、国内人口が減少している中、長期的には総消費量は漸減することが予見され、同時に包装需要も徐々に縮小することが考えられます。

短期・中期的視点では、「環境負荷低減への社会的意識の高まり」「少子高齢化の進展による労働人口の減少」等、社会的課題への取り組みが求められ、環境配慮・生産性向上等を実現する製品・サービスの提供が求められております。

[戦略]

国内におけるニーズが「量」から「質」に変化しつつあることを受け、「質の高い製品・サービス価値の提供」を追求し、利益額・利益率の最大化を目指します。これを実現するため、より付加価値の高い製品・サービスの開発に加え、コスト競争力を高めるコストの最適化、スピーディーな意思決定とそれを実行するための組織体制及び人財開発の整備を進めております。

[課題]

既に顕在化している、もしくは今後顕在化が見込まれるお客様及び社会のニーズに応えるとともに、製品・サービスの質を高め利益の最大化を目指すために取り組むべき主たる課題として次の4点に取り組んでおります。

 

a. 研究開発

既存の製品・サービス分野では、包装に求められる機能性を維持しつつ環境負荷の低減に貢献する包装フィルムの開発、お客様のさらなる生産性向上に貢献する包装機械の開発に持続的に取り組んでおります。

また、液体包装分野でこれまで培ってきた知見・経験に磨きをかけつつ、新たな価値提供分野の研究・開発にも取り組んでおります。

b. コスト競争力の強化

当社製品製造にかかわる生産コスト削減をはじめとし、全社的な全リソースの最適化を図ることで利益率の改善、コスト競争力の強化に努めております。

c. 組織体制の整備

戦略遂行にあたり、スピーディーな意思決定とそれを実行するための組織体制を整備しております。今後も確実な戦略運営を行うため、適時・的確に組織体制の整備を行ってまいります。

d. 人財

人財は最重要の経営リソースと認識しております。将来の経営環境と戦略を見据え、最適な人員数運営と能力開発に注力しております。人財運営にあたっては、従業員満足と戦略遂行のバランスが不可欠であり、常に必要な人事制度の改革にも取り組んでおります。

 

②  海外事業

[事業環境]

当社グループが事業を展開する東アジア地域、米州地域、東南アジア・オセアニア地域においては、既に小容量の液体フィルム包装による流通形態は定着しており、その需要は安定的に推移していると思われます。

わが国と比較し、人口動態等各地域がおかれている状況は様々ではありますが、「生産性向上」「環境負荷低減」等、各地域が共通して抱える課題も多数存在しております。

当社グループは既に海外で事業展開を開始し、着実に市場を開拓している途上にあり、今後も成長余地は十分にあると考えております。

[戦略]

当社グループが日本国内で構築した「包装フィルム」「包装機械」「オペレーションサービス」の三位一体の提供体制は海外においても希少であり、その有効性は高いと考えております。お客様の抱える課題に対し、総合的にソリューションを提供することで、製品・サービスの新規開拓を精力的に進め、当社グループの売上拡大のドライバーとして成長を目指します。

[課題]

a. ローカル市場への対応

「生産性向上」「環境負荷低減」等、各地域共通の課題がある一方、各市場それぞれに固有のニーズも多数存在します。このような地域特性に合わせ、きめ細かく対応するローカル戦略の重要性は極めて高いと認識しております。そこで当社グループでは、事業を展開する各地域それぞれで、地域特性に合わせた事業戦略、製品・サービス戦略を進めております。

b. その他

「研究開発」「コスト競争力」「組織体制」「人財」に関する課題は国内事業と共通です。各地域において、ローカルニーズに合わせそれぞれの課題を認識し、対応を進めております

 

③  新型コロナウイルス感染拡大に伴う経営環境への影響について

当社グループの当連結会計年度の業績においては、新型コロナウイルス感染拡大による影響を受け始めて間もないことから軽微となりました。

今後も世界経済及びわが国への長期的な影響が懸念され、先行き不透明な状況が続くと考えており、当社グループを取り巻く環境の変化を注視してまいります。

なお、新型コロナウイルス感染症による当社グループの業績への影響が業績予想と大きく乖離し、修正が必要になった場合は速やかに開示いたします。

 

 

2 【事業等のリスク】

有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、経営者が連結会社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると認識している主要なリスクは、以下のとおりであります。

なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。

 

(1) 原材料調達について

当社グループは、包装フィルム及び包装機械の製造において様々な原材料を調達しております。その中には世界的な需給の影響を受ける原材料もあります。当社グループが調達するまでのサプライチェーンの過程で、爆発的需要の増加や自然災害等を含む様々な理由による供給の停滞等が発生した場合、原材料の調達が困難になること、調達できた場合でも調達価格が高騰する可能性があり、その場合、当社グループの業績及び財政状態に悪影響を与える可能性があります。

 

(2) 事業活動が制限される不測の事態について

地震・風水害・感染症の発生等に加え、自然災害以外の要因による火災等により設備に被害が出た場合、予定していた事業活動が停止もしくは一部制限される可能性があります。その場合、当社グループの業績及び財政状態に悪影響を与える可能性があります。

なお、新型コロナウイルス感染防止対策として、新型コロナウイルス対策本部を立ち上げ、政府や自治体の要請に従い、出社時の検温、マスクの着用、手洗い・消毒の徹底に加え、テレワークや時差出勤、Web会議の推奨、来客・来訪の自粛等を行っており、事業活動に影響はありません。また、今後もこれらの対策を継続するとともに、感染者が発生した場合の対策も整備し体制を整えております。

 

(3) 法規制・製造物責任について

当社は、様々な規制の下、環境マネジメントシステム(ISO14001)、食品安全マネジメントシステム(FSSC22000)等の必要な認証を取得し、事業を行っております。これら規制が変更されることにより、追加の費用もしくは一時的に事業が制限される可能性があります。加えて、法的及び社会的な製造物責任を負っており、問題が発生した場合に賠償責任が問われる可能性があります。製造物責任賠償保険の付保等可能な備えは行っておりますが、当社グループの業績及び財政状態に悪影響を与える可能性があります。

 

(4) 製品・サービス市場について

当社の扱う包装フィルム及び包装機械分野では多数の市場参加者が製品の製造・販売を行っており、競合状況は高いと認識しております。そのような状況の下、技術革新、生産コストの最適化等価格競争力を高める活動を行っておりますが、需要の急速な減退、価格競争の激化等予想を超える環境変化が発生した場合、当社グループの業績及び財政状態に悪影響を与える可能性があります。

 

(5) 社会的課題への対応について

当社グループでは、今後益々重要性が高まる環境問題や働き手不足等社会的な課題の解決に寄与できる製品・サービス・事業の開発に取り組んでおります。しかし、これら社会的課題が予想を超える速度で進展し、その変化のスピードに遅れを取った場合、取り組みの方向性を修正せざるを得なくなる状況が発生する可能性があります。そのような状況に直面した場合、当社グループの業績及び財政状態に悪影響を与える可能性があります。

 

(6) 人財確保について

当社グループの戦略の遂行に不可欠なスキルを持つ人財の育成・確保ができない場合、戦略の進捗に遅れが生じる可能性があります。常に採用・育成及び人事制度改革は推進しておりますが、人財の確保が困難になった場合、当社グループの業績及び財政状態に悪影響を与える可能性があります。

 

(7) カントリーリスクについて

前項1[経営方針、経営環境及び対処すべき課題等](4)中長期的な経営戦略及び対処すべき課題②海外事業でもご説明したとおり、海外事業は当社グループのトップライン成長を支えるドライバーとして位置づけ活動しております。

一方で、現地の政治・経済・法制度・社会の著しい状況変化、暴動・テロ・様々な地政学リスクの顕在化により当社グループの当該地域での事業活動の一部もしくは全部が制限される状況が発生した場合、当社グループの業績及び財政状態に悪影響を与える可能性があります。

 

(8) 外国為替相場の変動について

当社グループでは、海外事業等、一部外貨建ての取引を行っております。外国為替相場変動による利益への影響を軽減するため一部ヘッジ対応等を進めておりますが、急激かつ大幅な相場変動が発生した場合、当社グループの業績及び財政状態に悪影響を与える可能性があります。

 

3 【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

 

(1) 経営成績等の状況の概要

当連結会計年度における当社グループ(当社及び連結子会社)の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下、「経営成績等」という。)の状況の概要は次のとおりであります。

 

①  財政状態及び経営成績の状況

当連結会計年度におけるわが国経済は、企業収益や雇用環境に改善がみられ、緩やかな景気回復傾向にありましたが、新型コロナウイルス感染症の影響により足元で大幅に下押しされており、国内はもとより世界経済に与える影響や金融資本市場の変動に一層留意する必要があります。

当軟包装資材業界におきましては、ライフスタイルの変化に伴う新たな包装形態に対し底堅い需要はあるものの、原油価格の変動による原材料価格への影響、天候不順による機会損失、環境問題を背景に脱プラスチック等の対応、流通業界でのフードロス削減に伴う供給量の最適化や賞味期限延長への取り組み等が顕在化し影響を受け始めております。

このような状況下、当社グループのビジネスモデルである「フィルム・液体充填機DANGAN・オペレーション」をワン・ストップで提供する体制を一層推進するため、国内では仙台営業所を移転しDANGANデモルームを併設、海外では東アジアでのさらなる拡販とSE体制の現地化を目的に韓国支店を開設いたしました。また、販売面では市場環境の変化から数量が伸び悩む中、前期より取り組んでおりました販売価格の見直し効果が徐々に表れ、生産面では働き方改革に伴う生産体制の見直しやコスト削減活動等により、収益確保に努めました。

その結果、当連結会計年度の業績は、売上高は26,495百万円(前年同期比2.0%減)、営業利益は1,760百万円(同21.2%増)、経常利益は1,728百万円(同16.1%増)、親会社株主に帰属する当期純利益は1,105百万円(同13.1%増)となりました。

 

 [包装フィルム部門] 

国内市場においては、夏物商品の出足が好調となりましたが、その後の天候不順や市場環境の変化により前年同期の売上高を下回りました。海外市場においては、世界各所で経済・貿易の不透明感が増す中、為替における円高進行等の影響があったものの、前期に新工場の稼働を開始したTaisei Lamick Malaysia Sdn. Bhd.の業績が改善し、前年同期の売上高を上回りました。

その結果、売上高は23,977百万円(前年同期比1.4%減)となりました。

なお、包装フィルム部門において、新型コロナウイルスの感染拡大による業績への影響は軽微であります。

 

 [包装機械部門] 

包装機械部門においては、国内外の展示会への出展及び新規顧客の開拓等、積極的な営業活動に取り組みましたが、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い商談及び設置時期が遅延したこと等により販売台数が減少した結果、売上高は2,518百万円(前年同期比8.1%減)となりました。

 

 

なお、財政状態の状況は以下のとおりであります。

a. 資産

当連結会計年度末における総資産は、前連結会計年度末と比べ576百万円減少し、29,135百万円となりました。

このうち流動資産合計は、前連結会計年度末と比べ118百万円減少し、14,430百万円となりました。これは主に、現金及び預金が1,432百万円増加した一方で、受取手形及び売掛金が976百万円、商品及び製品が382百万円、仕掛品が157百万円減少したことによるものです。

固定資産合計は、前連結会計年度末と比べ457百万円減少し、14,705百万円となりました。これは主に、建設仮勘定が133百万円増加した一方で、機械装置及び運搬具(純額)が349百万円、建物及び構築物(純額)が233百万円減少したことによるものです。

b. 負債

当連結会計年度末における総負債は、前連結会計年度末と比べ865百万円減少し、8,363百万円となりました。

このうち流動負債合計は、前連結会計年度末と比べ656百万円減少し、7,333百万円となりました。これは主に、未払法人税等が129百万円増加した一方で、買掛金が495百万円、短期借入金が163百万円、1年内返済予定の長期借入金が106百万円減少したことによるものです。

固定負債合計は、前連結会計年度末と比べ208百万円減少し、1,030百万円となりました。これは主に、長期借入金が182百万円減少したことによるものです。

c. 純資産

当連結会計年度末における純資産は、前連結会計年度末と比べ288百万円増加し、20,772百万円となりました。これは主に、為替換算調整勘定が180百万円、非支配株主持分が114百万円減少した一方で、利益剰余金が618百万円増加したことによるものです。

 

②  キャッシュ・フローの状況

当連結会計年度末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前連結会計年度末と比べ1,736百万円増加し、4,724百万円となりました。

当連結会計年度における連結キャッシュ・フローの状況は、以下のとおりであります。

(営業活動によるキャッシュ・フロー)

営業活動の結果得られた資金は3,478百万円(前年同期比80.0%増)となりました。

収入の主な内訳は、税金等調整前当期純利益1,695百万円、減価償却費1,227百万円、売上債権の減少額955百万円、たな卸資産の減少額529百万円等であります。

支出の主な内訳は、法人税等の支払額539百万円、仕入債務の減少額476百万円等であります。

(投資活動によるキャッシュ・フロー)

投資活動の結果使用した資金は783百万円(前年同期比27.7%増)となりました。

これは主に、生産設備更新等に伴う有形固定資産の取得による支出967百万円等であります。

(財務活動によるキャッシュ・フロー)

財務活動の結果使用した資金は966百万円(前年同期比3.9%増)となりました。

収入の主な内訳は、海外連結子会社資金調達等に伴う長期借入れによる収入800百万円、短期借入れによる収入600百万円等であります。

支出の主な内訳は、長期借入金の返済による支出1,088百万円、短期借入金の返済による支出756百万円、配当金の支払額486百万円等であります。

 

 

③  生産、受注及び販売の状況

当社グループの事業は、包装フィルム及び液体充填機の製造・販売事業の単一セグメントであるため、部門・区分別に記載しております。

a. 生産実績

当連結会計年度における生産実績は、次のとおりであります。

区分

生産高(千円)

前年同期比(%)






液体充填用フィルム

17,104,742

△0.7

ラミネート汎用品

5,233,755

△15.6

その他

350,382

+4.8

22,688,880

△4.5




包装機械

1,131,410

△20.6

周辺機器

560,746

△12.5

その他

671,711

+15.3

2,363,867

△10.8

 

合計

25,052,748

△5.1

 

(注) 1. 上記の金額は販売価格によっており、消費税等は含まれておりません。

2. 包装フィルムのその他には、版代等が含まれております。

3. 包装機械のその他には、包装機械本体及び周辺機器を除く部品等が含まれております。

 

b. 製品仕入実績

当連結会計年度における製品仕入実績は、次のとおりであります。

区分

製品仕入高(千円)

前年同期比(%)

汎用フィルム

497,604

+5.7

合計

497,604

+5.7

 

(注) 上記の金額は仕入価格によっており、消費税等は含まれておりません。

 

c. 受注実績

当連結会計年度における受注実績は、次のとおりであります。

区分

受注高(千円)

前年同期比(%)

受注残高(千円)

前年同期比(%)






液体充填用フィルム

17,077,691

△0.1

2,099,340

△9.9

ラミネート汎用品

5,375,681

△13.8

1,750,984

△6.5

その他

1,032,574

+1.9

540,681

+14.4

23,485,947

△3.5

4,391,006

△6.1




包装機械

996,206

△30.8

275,789

△38.7

周辺機器

516,322

△12.1

119,032

△24.7

その他

646,297

+9.5

107,206

+12.0

2,158,826

△17.5

502,028

△28.6

 

合計

25,644,774

△4.9

4,893,034

△9.0

 

(注) 1. 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

2. 包装フィルムのその他には、版代等が含まれております。

3. 包装機械のその他には、包装機械本体及び周辺機器を除く部品等が含まれております。

 

 

d. 販売実績

当連結会計年度における販売実績は、次のとおりであります。

区分

販売高(千円)

前年同期比(%)






液体充填用フィルム

17,410,752

+1.4

ラミネート汎用品

5,474,474

△10.2

その他

1,091,935

+4.8

23,977,162

△1.4




包装機械

1,304,854

△12.1

周辺機器

579,980

△16.9

その他

633,948

+13.4

2,518,784

△8.1

 

合計

26,495,946

△2.0

 

(注) 1. 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

2. 包装フィルムのその他には、版代等が含まれております。

3. 包装機械のその他には、包装機械本体及び周辺機器を除く部品等が含まれております。

4. 主要顧客については、総販売実績に対する割合が100分の10未満であるため記載を省略しております。

 

(2) 経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりであります。

なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものであります。

 

①  重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成しております。その作成には、経営者による会計方針の選択・適用、資産・負債及び収益・費用の報告金額及び開示に影響を与える見積りを必要とします。連結財務諸表の作成にあたって用いた会計上の見積り及び仮定のうち、重要なものは、「第5[経理の状況]1[連結財務諸表等][注記事項](連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)」に記載しております。

経営者は、これらの見積りについて過去の実績等を勘案し合理的に判断しておりますが、「第5[経理の状況]1[連結財務諸表等][注記事項](追加情報)」に記載のとおり、新型コロナウイルス感染症に関しては、不確実性が高く、収束の時期等を予測することは困難なことから、当連結会計年度末現在で入手可能な情報を踏まえ、今後、2021年3月期末には概ね収束すると仮定して、会計上の見積りを行っております。

しかし、実際の結果は見積り特有の不確実性が存在するため、これらの見積りと異なる場合があります。

 

②  財政状態及び経営成績の状況に関する認識及び分析・検討内容

当社グループの当連結会計年度の経営成績等は、売上高は前連結会計年度と比較して553百万円減少し、26,495百万円(前年同期比2.0%減)となりました。なお、売上高の増加要因については、「第2[事業の状況]3[経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析](1)経営成績等の状況の概要 ① 財政状態及び経営成績の状況」に記載しております。

営業利益は、前連結会計年度と比較して308百万円増加し、1,760百万円(同21.2%増)となりました。営業利益率は6.6%となり、前年同期比1.2%上昇しました。その主な要因は、販売費及び一般管理費が19百万円増加したものの、販売面では市場環境の変化から数量が伸び悩む中、前期より取り組んでおりました販売価格の見直し効果が徐々に表れ、生産面では働き方改革に伴う生産体制の見直しやコスト削減活動等が寄与し、売上総利益が327百万円増加したことによるものです。

経常利益は、前連結会計年度と比較して239百万円増加し、1,728百万円(同16.1%増)となりました。経常利益率は6.5%となり、前年同期比1.0%上昇しました。その主な要因は、支払補償費が33百万円、為替差損が31百万円増加したものの、営業利益が308百万円増加したこと等によるものです。

 

特別利益は、前連結会計年度と比較して13百万円増加し、19百万円(同220.4%増)となりました。その主な要因は、保有株式の売却により投資有価証券売却益12百万円があったことによるものです。

特別損失は、前連結会計年度と比較して11百万円増加し、52百万円(同29.0%増)となりました。その主な要因は、投資有価証券評価損が14百万円減少したものの、執行役員制度変更に伴う特別退職金22百万円があったこと等によるものです。

親会社株主に帰属する当期純利益は、前連結会計年度と比較して128百万円増加し、1,105百万円(同13.1%増)となりました。親会社株主に帰属する当期純利益率は4.2%となり、前年同期比0.6%上昇しました。その主な要因は、税金等調整前当期純利益が240百万円増加したこと等によるものです。

当社グループの当連結会計年度の財政状態の分析については、「第2[事業の状況]3[経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析](1)経営成績等の状況の概要 ① 財政状態及び経営成績の状況」に記載しております。

当社グループの経営成績に重要な影響を与える要因については、「第2[事業の状況]2[事業等のリスク]」に記載しております。

当社グループの資本の財源及び資金の流動性のキャッシュ・フロー分析については、「第2[事業の状況]3[経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析](1)経営成績等の状況の概要 ② キャッシュ・フローの状況」に記載しております。

当社グループの運転資金及び設備投資資金については、自己資金及び金融機関からの借入金により資金調達を行っております。このうち、運転資金は自己資金及び短期借入金、設備投資資金は長期借入金(1年内返済予定の長期借入金を含む)により調達しております。長期借入金の当連結会計年度末の残高は1,674百万円で、すべて金融機関からの借入によるものです。

なお、当連結会計年度において、金融機関からの借入金の資金使途として連結子会社Taisei Lamick USA, Inc.に対し、米州でのさらなる売上拡大のために販売機能強化を目的とした新事務所への移転費用として484百万円の増資を行っております。

また、新型コロナウイルス感染症による影響については、現状において事業活動に必要十分な手許資金を保有しており、資金調達手段についても確保しているため、特段影響を与えることはないと考えております。

経営方針・経営戦略、経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等については、収益率の向上と健全な財務体質が企業の安定成長に重要であると考え、営業利益等の損益項目を重視しております。

 

4 【経営上の重要な契約等】

該当事項はありません。

 

5 【研究開発活動】

当社グループにおける研究開発活動は、デベロップセンターが主体となり、労働生産性向上と環境負荷低減に向けた液体充填用フィルムとその性能を生かす充填機械の開発を行っております。近年、社会的にも課題となっている少子高齢化による働き手不足や廃プラスチックによる環境汚染問題対策について注力し、時代のニーズに合わせたラインナップの強化を図ってまいりました。

当連結会計年度における研究開発活動の概要は次のとおりであります。

 

<新フィルムの開発>

プラスチックごみの環境影響がクローズアップされ、社会全体でこの問題に取り組む必要があり、液体包材にも同様の配慮が求められます。そのため、当社でも持続可能な社会に貢献すべく、地球環境に配慮した液体充填用フィルムの開発に取り組んでまいりました。植物由来の原材料を使用し、従来の石油由来の原材料使用時とほぼ同等の性能を維持した環境対応フィルム「Taisei ECO-Logical Film」を日本包装産業展(JAPAN PACK2019)に参考出展いたしました。

今後も資源循環型プラスチック等の技術開発や軟包装の利点を生かしたパッケージとしての利便性向上の追求を行い、ライフサイクル全体での環境負荷の低減を目指した開発を継続してまいります。

 

<DANGAN INFINITYの開発>

近年、少子高齢化による働き手不足、廃プラスチックによる環境汚染問題といった課題を社会的に抱えており、労働生産性の向上と環境負荷低減が求められております。

まずは充填作業時に発生するフィルム交換作業とそれに伴う機械停止や調整作業を無くすことで、スキルレス化及び労働生産性向上、生産ロス低減による環境負荷低減を実現した液体充填機「DANGAN INFINITY」を日本包装産業展(JAPAN PACK2019)に出展しリリースいたしました。

 

<DANGAN自働化ラインの開発>

DANGAN INFINITYの開発に加え、DANGANで充填した後の生産工程も効率化が求められます。充填後の工程では、人手による検査作業や箱詰め作業の無人化と、個々のスキルに頼らない検査品質の安定化や単純作業からの解放を目指した自働充填ラインを開発し、日本包装産業展(JAPAN PACK2019)に参考出展いたしました。

今後はさらに進化させお客様のニーズに応えられる開発を実施してまいります。

 

<DANGAN IoT機能の開発>

当社グループの「フィルム・液体充填機DANGAN・オペレーション」をワン・ストップでお客様に提供する強みを生かし、DANGAN IoT機能(インテリジェント化)の開発を進めており、将来の自働化・省人化を目指す基盤として「DANGAN CLOUD」を立ち上げ、お客様の工場で稼働するDANGANの稼働状況の分析や遠隔支援等、サポートサービスの充実を目指してまいります。

まずは生産条件のトレーサビリティーと稼働状況分析等が行える「ロギングサービス」を2019年6月にリリースいたしました。

今後は消耗品交換予測機能や充填条件設定の簡易化等を「DANGAN自働化ラインの開発」とともに取り組んでまいります。

 

このように、フィルム分野・充填機械分野双方の技術と液体充填理論の構築を積極的に行った結果、当連結会計年度における研究開発費の総額は426百万円となっております。

上記金額には消費税等は含まれておりません。

第3 【設備の状況】

 

1 【設備投資等の概要】

当連結会計年度の設備投資については、韓国市場における販売拡大を目的とした韓国支店の開設や、生産体制の強化・合理化、品質体制の強化のための工場設備投資、研究開発用設備への投資を行いました。

当連結会計年度の設備投資等は、有形固定資産と無形固定資産の総額で857百万円(建設仮勘定を除く)となりました。

 

2 【主要な設備の状況】

当社グループにおける主要な設備は、次のとおりであります。

(1) 提出会社

 2020年3月31日現在

事業所名
(所在地)

事業部門
の名称

設備の内容

帳簿価額(千円)

従業員数
(名)

建物及び
構築物

機械装置
及び運搬具

土地
(面積㎡)

リース
資産

その他

合計

本社・白岡第1工場
(埼玉県白岡市)

販売業務施設
軟包装用プラスチックフィルム製造施設
統括業務施設

1,124,714

332,854

943,628

(28,871.87)

[-]

32,953

98,029

2,532,180

258

(28)

星川DANGAN'S
STUDIO
(埼玉県白岡市)

研究開発業務施設

947,620

89,349

120,651

(2,462.70)
[-]

22,729

95,507

1,275,859

69

(1)

製版工場
(埼玉県白岡市)

包装フィルム部門

軟包装用プラスチックフィルム用の版製造施設

67,390

117,355

60,272

(1,599.00)

[-]

6,562

251,580

31

(5)

白岡第2工場
(埼玉県白岡市)

包装フィルム部門

軟包装用プラスチックフィルム製造施設

1,874,670

695,501

2,266,965

(48,855.62)

[-]

22,917

34,942

4,894,996

96

(12)

白岡第3工場
(埼玉県白岡市)

包装フィルム部門

軟包装用プラスチックフィルム製造施設

221,585

152,965

77,579

(4,742.69)

[-]

26,661

16,788

495,580

40

(9)

新潟事業所
(新潟県見附市)

包装機械部門

液体充填機製造施設

366,024

21,620

118,548

(7,000.06)

[-]

17,334

523,527

23

(4)

製袋工場
(埼玉県白岡市)

包装フィルム部門

軟包装用プラスチックフィルム袋加工施設

32,435

67,633

50,696

(1,022.00)

[-]

2,254

153,020

4

(3)

国内営業施設
(福岡県糟屋郡志免町他7ヵ所)

販売業務施設

22,873

65,870

16,196

104,940

49

(1)

海外営業施設
(大韓民国ソウル特別市)

販売業務施設

14,772

39,583

 

 

4,272

58,628

3

(-)

福利厚生施設
(埼玉県上尾市他1ヵ所)

従業員の寮
保養施設

7,895

249,540

(3,410.22)

[707.00]

366

257,803

(-)

 

(注)1. 現在休止中の主要な設備はありません。

2. 帳簿価額のうち「その他」は、工具、器具及び備品であり、建設仮勘定は含んでおりません。
なお、上記の金額には消費税等は含まれておりません。

3. 土地及び建物の一部を賃借しております。年間賃借料は89,727千円であります。
賃借している土地の面積については、[  ]で外書きしております。

4. 従業員数の( )は臨時雇用者数であり、外数で記載しております。

 

 

(2) 国内子会社

重要性がないため、記載を省略しております。

 

(3) 在外子会社

 2020年3月31日現在

会社名

事業所名
(所在地)

事業
部門
の名称

設備の
内容

帳簿価額(千円)

従業員数
(名)

建物及び
構築物

機械装置
及び
運搬具

土地
(面積㎡)

リース
資産

その他

合計

Taisei Lamick
USA, Inc.

営業施設
(米国イリノイ州他1ヵ所)

販売業務施設

4,610

12,446

7,529

64,153

88,740

16

(-)

Taisei Lamick Malaysia Sdn. Bhd.

本社工場
(マレーシア
セランゴール州)

販売業務施設
軟包装用プラスチックフィルム製造施設

1,440,616

255,939

1,024,852

(20,255.40)

47,867

2,769,275

174

(-)

 

(注)1. 現在休止中の主要な設備はありません。

2. 帳簿価額のうち「その他」は、工具、器具及び備品並びに使用権資産であり、建設仮勘定は含んでおりません。
なお、上記の金額には消費税等は含まれておりません。

3. 従業員数の( )は臨時雇用者数であり、外数で記載しております。

 

3 【設備の新設、除却等の計画】

(1) 重要な設備の新設等

 

会社名

事業所名
(所在地)

事業部門
の名称

設備の内容

投資予定額

資金調達
方法

着手及び完了予定年月

完成後の
増加能力

総額
(千円)

既支払額
(千円)

着手

完了

提出会社

本社・白岡

第1工場

(埼玉県白岡市)

包装フィルム部門

フィルム製造設備

448,110

自己資金

2019年4月

2022年5月

(注2)

工場設備

238,289

2019年5月

2022年6月


(注2)

包装機械部門

液体充填機製造設備

24,000

2020年4月

2022年3月


(注2)

研究開発設備

42,850

2020年4月

2021年5月


(注2)

本社管理部門

(埼玉県白岡市)

事務用機器等

406,325

2,255

自己資金

2020年1月

2023年3月


(注2)

星川

DANGAN'S

STUDIO

(埼玉県白岡市)

包装フィルム部門

フィルム検査設備

21,262

自己資金

2020年4月

2021年8月


(注2)

包装機械部門

液体充填機製造設備

122,100

2020年4月

2022年5月


(注2)

デモンストレーション用液体充填機

12,300

2020年4月

2020年12月


(注2)

研究開発設備

123,050

2020年4月

2022年2月


(注2)

白岡第2工場

(埼玉県白岡市)

包装フィルム部門

フィルム製造設備増設

119,900

自己資金

2019年4月

2021年10月

生産能力

10%増加

フィルム製造設備

178,050

2020年1月

2021年8月


(注2)

工場設備

148,800

2020年2月

2021年12月

(注2)

白岡第3工場
(埼玉県白岡市)

包装フィルム部門

フィルム製造設備

147,700

自己資金

2020年2月

2022年10月

(注2)

工場設備

113,900

2020年2月

2021年10月


(注2)

製版工場

(埼玉県白岡市)

包装フィルム部門

製版製造設備

18,600

自己資金

2020年2月

2022年2月


(注2)

工場設備

5,600

2020年5月

2020年8月


(注2)

新潟事業所

(新潟県見附市)

包装機械部門

液体充填機製造設備

25,540

自己資金

2020年4月

2022年9月


(注2)

名古屋支店

(愛知県名古屋市)

包装フィルム部門

デモンストレーション用液体充填機

8,900

自己資金

2020年9月

2020年10月


(注2)

岡山DANGAN'S
STUDIO

(岡山県岡山市)

包装機械部門

デモンストレーション用液体充填機

23,000

自己資金

2020年4月

2020年10月


(注2)

福岡支店

(福岡県糟屋郡志免町)

包装フィルム部門

デモンストレーション用液体充填機

8,000

自己資金

2020年4月

2020年7月


(注2)

韓国支店

(大韓民国ソウル特別市)

包装機械部門

デモンストレーション用液体充填機

2,310

自己資金

2020年3月

2020年5月

(注2)

株式会社グリーンパックス

物流センター

(埼玉県久喜市)

製品の運搬及び保管設備等

51,136

自己資金

2020年1月

2020年10月


(注2)

Taisei Lamick USA, Inc.

営業施設

(米国イリノイ州他1ヵ所)

販売業務施設

572,450

128,744

自己資金

2019年11月

2020年7月


(注2)

Taisei Lamick Malaysia Sdn. Bhd.

本社工場
(マレーシアセランゴール州)

フィルム製造設備増設

29,900

自己資金

2020年10月

2020年12月

生産能力

10%増加

工場設備等

18,336

自己資金

2020年6月

2020年12月


(注2)

 

(注) 1.上記の金額に消費税等は含まれておりません。

2.完成後の増加能力につきましては、合理的な算定が困難であるため、記載を省略しております。

 

(2) 重要な設備の除却等

経常的な設備の更新のための除却等を除き、重要な設備の除却等の計画はありません。

 

第4 【提出会社の状況】

 

1 【株式等の状況】

(1) 【株式の総数等】

① 【株式の総数】

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

20,000,000

20,000,000

 

 

② 【発行済株式】

種類

事業年度末現在
発行数(株)
(2020年3月31日)

提出日現在
発行数(株)
(2020年6月26日)

上場金融商品取引所名又は登録認可金融商品取引業協会名

内容

普通株式

7,047,500

7,047,500

東京証券取引所
(市場第一部)

単元株式数は100株であります。

7,047,500

7,047,500

 

 

(2) 【新株予約権等の状況】

① 【ストックオプション制度の内容】

該当事項はありません。

 

② 【ライツプランの内容】

該当事項はありません。

 

③ 【その他の新株予約権等の状況】

該当事項はありません。

 

(3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

該当事項はありません。

 

(4) 【発行済株式総数、資本金等の推移】

年月日

発行済株式
総数増減数
(株)

発行済株式
総数残高
(株)

資本金増減額
(千円)

資本金残高
(千円)

資本準備金
増減額
(千円)

資本準備金
残高
(千円)

2017年3月7日
(注1)

650,000

6,950,000

884,910

3,293,510

884,910

3,780,985

2017年3月29日
(注2)

97,500

7,047,500

132,736

3,426,246

132,736

3,913,721

 

(注) 1.有償一般募集

発行価格    2,856.00円
発行価額    2,722.80円
資本組入額  1,361.40円

2.有償第三者割当(オーバーアロットメントによる売出しに関連した第三者割当増資)

発行価格    2,722.80円
資本組入額  1,361.40円
割当先      野村證券㈱

 

(5) 【所有者別状況】

  2020年3月31日現在

区分

株式の状況(1単元の株式数100株)

単元未満
株式の状況
(株)

政府及び
地方公共
団体

金融機関

金融商品
取引業者

その他の
法人

外国法人等

個人
その他

個人以外

個人

株主数(人)

22

17

122

59

15

19,241

19,476

所有株式数
(単元)

11,819

768

10,675

13,818

31

33,330

70,441

3,400

所有株式数
の割合(%)

16.78

1.09

15.15

19.62

0.04

47.32

100.00

 

(注) 1.「金融機関」の中には、役員向け株式交付信託及び株式給付信託型ESOPの信託財産として保有する当社株式274単元が含まれております。

2.自己株式91,924株は、「個人その他」に919単元及び「単元未満株式の状況」に24株含まれております。

 

(6) 【大株主の状況】

  2020年3月31日現在

氏名又は名称

住所

所有株式数
(千株)

発行済株式
(自己株式を
除く。)の
総数に対する
所有株式数
の割合(%)

株式会社タイパック

埼玉県春日部市新宿新田333番地42

569

8.22

日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口)

東京都港区浜松町2丁目11番3号

338

4.89

RBC IST 15 PCT NON LENDING ACCOUNT-CLIENT ACCOUNT
(常任代理人  シティバンク、エヌ・エイ東京支店)

7TH FLOOR,155 WELLINGTON STREET WEST TORONTO,ONTARIO,CANADA,M5V 3L3
(東京都新宿区新宿6丁目27番30号)

234

3.39

CLEARSTREAM BANKING S.A.
(常任代理人  香港上海銀行東京支店)

42,AVENUE JF KENNEDY,L-1855
LUXEMBOURG
(東京都中央区日本橋3丁目11番1号)

223

3.22

JP MORGAN CHASE BANK 385632
(常任代理人  株式会社みずほ銀行決済営業部)

25 BANK STREET,CANARY WHARF,LONDON, E14 5JP,UNITED KINGDOM
(東京都港区港南2丁目15-1品川インターシティA棟)

220

3.18

日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口)

東京都中央区晴海1丁目8-11

208

3.01

大日精化工業株式会社

東京都中央区日本橋馬喰町1丁目7-6

191

2.76

CREDIT SUISSE (LUXEMBOURG) S.A./CUSTOMER ASSETS,FUNDS UCITS
(常任代理人  株式会社三菱UFJ銀行)

56,GRAND RUE L-1660 LUXEMBOURG
(東京都千代田区丸の内2丁目7-1)

189

2.74

大成ラミック取引先持株会

埼玉県白岡市下大崎873番地1

178

2.57

木村  義成

埼玉県春日部市

177

2.56

新生紙パルプ商事株式会社

東京都千代田区神田錦町1丁目8

136

1.96

大成ラミック従業員持株会

埼玉県白岡市下大崎873番地1

135

1.96

三井住友信託銀行株式会社

東京都千代田区丸の内1丁目4-1

135

1.95

日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口5)

東京都中央区晴海1丁目8-11

124

1.80

STATE STREET BANK AND TRUST COMPANY 505001
(常任代理人  株式会社みずほ銀行決済営業部)

P.O.BOX 351 BOSTON MASSACHUSETTS 02101 U.S.A.
(東京都港区港南2丁目15-1品川インターシティA棟)

100

1.46

3,163

45.66

 

 

(注) 上記所有株式数のうち、信託業務に係る株式数は、次のとおりであります。

日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口)276千株(内 投資信託設定分256千株、年金信託設定分20千株)

日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口)94千株(内 投資信託設定分78千株、年金信託設定分15千株)

 

(7) 【議決権の状況】

① 【発行済株式】

 2020年3月31日現在

区分

株式数(株)

議決権の数(個)

内容

無議決権株式

議決権制限株式(自己株式等)

議決権制限株式(その他)

完全議決権株式(自己株式等)

(自己保有株式)

普通株式

91,900

 

完全議決権株式(その他)

普通株式

6,952,200

 

69,522

単元未満株式

普通株式

3,400

 

発行済株式総数

7,047,500

総株主の議決権

69,522

 

(注) 1. 「完全議決権株式(その他)」欄の普通株式には、役員向け株式交付信託及び株式給付信託型ESOPの信託財産として保有する当社株式27,400株(議決権の数274個)が含まれております。

2. 「単元未満株式」欄の普通株式には、役員向け株式交付信託及び株式給付信託型ESOPの信託財産として保有する当社株式28株並びに当社所有の自己株式24株が含まれております。

 

② 【自己株式等】

 2020年3月31日現在

所有者の氏名
又は名称

所有者の住所

自己名義
所有株式数
(株)

他人名義
所有株式数
(株)

所有株式数
の合計
(株)

発行済株式
総数に対する
所有株式数
の割合(%)

(自己保有株式)

 大成ラミック株式会社

埼玉県白岡市下大崎
873番地1

91,900

91,900

1.30

91,900

91,900

1.30

 

(注) 役員向け株式交付信託及び株式給付信託型ESOPの信託財産として保有する当社株式は、上記の自己保有株式には含めておりません。

 

(8) 【役員・従業員株式所有制度の内容】

1.役員・従業員株式所有制度の概要

当社は、中長期的な業績向上と企業価値の増大への貢献意欲を高めることを目的として、取締役(社外取締役を除く。)を対象に役員向け株式交付信託を、また、一定以上の職位の従業員を対象に株式給付信託型ESOPを導入しております。

これらの制度はいずれも、当社が拠出する金銭を原資として信託を設定し、信託を通じて当社株式の取得を行い、対象者に給付する仕組みであります。

役員向け株式交付信託については、取締役に対し、取締役株式交付規程に従って、その役位及び経営指標に関する数値目標の達成度に応じて付与されるポイントに基づき、信託を通じて当社株式を交付する仕組みであります。

株式給付信託型ESOPについては、一定以上の職位の従業員に対し、従業員株式給付規程に従って、その職位に応じて付与されるポイントに基づき、信託を通じて当社株式を給付する仕組みであります。

2.役員・従業員等に取得させる予定の株式の総数

・役員向け株式交付信託     17,078株

・株式給付信託型ESOP   10,350株

3.当該役員・従業員株式所有制度による受益権その他の権利を受けることができる者の範囲

・役員向け株式交付信託

取締役のうち取締役株式交付規程に定める受益者要件を満たす者

・株式給付信託型ESOP

従業員のうち従業員株式給付規程に定める受益者要件を満たす者

 

2 【自己株式の取得等の状況】

 

【株式の種類等】

普通株式

 

 

(1) 【株主総会決議による取得の状況】

該当事項はありません。

 

(2) 【取締役会決議による取得の状況】

該当事項はありません。

 

(3) 【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

該当事項はありません。

 

(4) 【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

区分

当事業年度

当期間

株式数(株)

処分価額の総額
(千円)

株式数(株)

処分価額の総額
(千円)

引き受ける者の募集を行った
取得自己株式

消却の処分を行った取得自己株式

合併、株式交換、会社分割に係る
移転を行った取得自己株式

その他(    ─    )

保有自己株式数

91,924

91,924

 

(注) 1.当期間における保有自己株式数には、2020年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りによる株式数は含めておりません。

2.役員向け株式交付信託及び株式給付信託型ESOPとして保有する当社株式は、上記の保有自己株式数には含めておりません。

 

3 【配当政策】

当社は、利益配分につきましては、将来の事業展開と経営体質の強化のために必要な内部留保を確保しつつ、安定した配当を継続して実施していくこと及び中間配当と期末配当の年2回の剰余金の配当を行うことを基本方針としております。

これらの剰余金の配当の決定機関は、期末配当については株主総会、中間配当については取締役会であります。

当事業年度におきましては、上記方針に基づき1株当たり70円の配当(内 中間配当33円)を実施することを決定しました。この結果、当事業年度の配当性向は36.1%となりました。

内部留保資金につきましては、今後予想される経営環境の変化に対応すべく、今まで以上にコスト競争力を高め、市場ニーズに応える製造・開発体制を強化し、さらには、グローバル戦略の展開を図るため有効に投資してまいりたいと考えております。

当社は、「取締役会の決議により、毎年9月30日を基準日として、中間配当を行うことができる。」旨を定款に定めております。

なお、当事業年度に係る剰余金の配当は以下のとおりであります。

決議年月日

配当金の総額
(千円)

1株当たり配当額
(円)

2019年11月5日

取締役会決議

229,534

33.00

2020年6月25日

定時株主総会決議

257,356

37.00

 

(注)  2019年11月5日取締役会決議による配当金の総額には、信託が保有する自社の株式に対する配当金905千円が含まれております。また、2020年6月25日定時株主総会決議による配当金の総額には、信託が保有する自社の株式に対する配当金1,014千円が含まれております。

 

4 【コーポレート・ガバナンスの状況等】

(1) 【コーポレート・ガバナンスの概要】