EDINET閲覧(提出)サイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)をもとに上場企業サーチ作成

本ページはEDINETに提出された開示情報を上場企業サーチが加工/編集したものであり、記載された情報の正確性および完全性について上場企業サーチは一切の保証を行いません。本ページの情報を利用する際は自己の責任で判断頂き、意思決定に際しては適宜EDINETや提出会社が公開するオリジナルを参照する様にしてください。本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

 

【表紙】

 

【提出書類】

有価証券報告書

【根拠条文】

金融商品取引法第24条第1項

【提出先】

近畿財務局長

【提出日】

2021年6月23日

【事業年度】

第52期(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)

【会社名】

株式会社 アテクト

【英訳名】

atect corporation

【代表者の役職氏名】

代表取締役社長執行役員 香川 恵一

【本店の所在の場所】

滋賀県東近江市上羽田町3275番地1

【電話番号】

0748-20-3400 (代表)

【事務連絡者氏名】

経理・財務部次長 菅原 偉夫

【最寄りの連絡場所】

滋賀県東近江市上羽田町3275番地1

【電話番号】

0748-20-3400 (代表)

【事務連絡者氏名】

経理・財務部次長 菅原 偉夫

【縦覧に供する場所】

株式会社東京証券取引所

(東京都中央区日本橋兜町2番1号)

 

 

E01066 42410 株式会社 アテクト atect corporation 企業内容等の開示に関する内閣府令 第三号様式 Japan GAAP true cte cte 2020-04-01 2021-03-31 FY 2021-03-31 2019-04-01 2020-03-31 2020-03-31 1 false false false E01066-000 2021-06-23 E01066-000 2016-04-01 2017-03-31 E01066-000 2017-04-01 2018-03-31 E01066-000 2018-04-01 2019-03-31 E01066-000 2019-04-01 2020-03-31 E01066-000 2020-04-01 2021-03-31 E01066-000 2017-03-31 E01066-000 2018-03-31 E01066-000 2019-03-31 E01066-000 2020-03-31 E01066-000 2021-03-31 E01066-000 2016-04-01 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01066-000 2017-04-01 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01066-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01066-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01066-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01066-000 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01066-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01066-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01066-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01066-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01066-000 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E01066-000:PIMReportableSegmentsMember E01066-000 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E01066-000:SanitarySurveyEquipmentReportableSegmentsMember E01066-000 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E01066-000:SemiconductorMaterialsReportableSegmentsMember E01066-000 2021-03-31 jpcrp_cor:CorporateSharedMember E01066-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E01066-000:PIMReportableSegmentsMember E01066-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E01066-000:SanitarySurveyEquipmentReportableSegmentsMember E01066-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E01066-000:SemiconductorMaterialsReportableSegmentsMember E01066-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp_cor:CorporateSharedMember E01066-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E01066-000:PIMReportableSegmentsMember E01066-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E01066-000:SanitarySurveyEquipmentReportableSegmentsMember E01066-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E01066-000:SemiconductorMaterialsReportableSegmentsMember E01066-000 2021-06-23 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E01066-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E01066-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No1MajorShareholdersMember E01066-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No2MajorShareholdersMember E01066-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No3MajorShareholdersMember E01066-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No4MajorShareholdersMember E01066-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No5MajorShareholdersMember E01066-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No6MajorShareholdersMember E01066-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No7MajorShareholdersMember E01066-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No8MajorShareholdersMember E01066-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No9MajorShareholdersMember E01066-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No10MajorShareholdersMember E01066-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithNoVotingRightsMember E01066-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsTreasurySharesEtcMember E01066-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsOtherMember E01066-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesTreasurySharesSharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E01066-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsOtherMember E01066-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesLessThanOneUnitMember E01066-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row1Member E01066-000 2021-06-23 jpcrp_cor:Row1Member E01066-000 2021-06-23 jpcrp030000-asr_E01066-000:KotakaNorioMember E01066-000 2021-06-23 jpcrp030000-asr_E01066-000:KagawaKeiichiMember E01066-000 2021-06-23 jpcrp030000-asr_E01066-000:FurutaYoshihiroMember E01066-000 2021-06-23 jpcrp030000-asr_E01066-000:MurayamaKenjiMember E01066-000 2021-06-23 jpcrp030000-asr_E01066-000:HiguchiYoshihisaMember E01066-000 2021-06-23 jpcrp030000-asr_E01066-000:KusachiKuniharuMember E01066-000 2021-06-23 jpcrp030000-asr_E01066-000:HashimotoYoshikoMember E01066-000 2021-06-23 jpcrp_cor:Row2Member E01066-000 2021-06-23 jpcrp_cor:Row3Member E01066-000 2021-06-23 jpcrp_cor:Row4Member E01066-000 2021-06-23 jpcrp_cor:Row5Member E01066-000 2021-06-23 jpcrp_cor:Row6Member E01066-000 2021-06-23 jpcrp_cor:Row7Member E01066-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:DirectorsExcludingOutsideDirectorsMember E01066-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:CorporateAuditorsExcludingOutsideCorporateAuditorsMember E01066-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:OutsideDirectorsAndOtherOfficersMember E01066-000 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E01066-000 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E01066-000 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01066-000 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01066-000 2019-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01066-000 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01066-000 2019-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E01066-000 2020-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E01066-000 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01066-000 2019-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01066-000 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E01066-000 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E01066-000 2020-03-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E01066-000 2019-03-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E01066-000 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E01066-000 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E01066-000 2020-03-31 jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember E01066-000 2019-03-31 jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember E01066-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E01066-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01066-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01066-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01066-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01066-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01066-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E01066-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E01066-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E01066-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E01066-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E01066-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E01066-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E01066-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E01066-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember E01066-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember E01066-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E01066-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01066-000 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E01066-000 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01066-000 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01066-000 2021-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E01066-000 2021-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01066-000 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E01066-000 2021-03-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E01066-000 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E01066-000 2021-03-31 jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember E01066-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E01066-000:PIMReportableSegmentsMember E01066-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E01066-000:SanitarySurveyEquipmentReportableSegmentsMember E01066-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E01066-000:SemiconductorMaterialsReportableSegmentsMember E01066-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E01066-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E01066-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E01066-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E01066-000 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E01066-000:PIMReportableSegmentsMember E01066-000 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E01066-000:SanitarySurveyEquipmentReportableSegmentsMember E01066-000 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E01066-000:SemiconductorMaterialsReportableSegmentsMember E01066-000 2020-03-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E01066-000 2021-03-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E01066-000 2021-03-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E01066-000 2020-03-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E01066-000 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01066-000 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01066-000 2019-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01066-000 2020-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01066-000 2019-03-31 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01066-000 2020-03-31 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01066-000 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01066-000 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01066-000 2019-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01066-000 2020-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01066-000 2019-03-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01066-000 2020-03-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01066-000 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01066-000 2019-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01066-000 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01066-000 2019-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01066-000 2019-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01066-000 2020-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01066-000 2019-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01066-000 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01066-000 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01066-000 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01066-000 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01066-000 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01066-000 2020-03-31 jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01066-000 2019-03-31 jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01066-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01066-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01066-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01066-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01066-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01066-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01066-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01066-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01066-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01066-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01066-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01066-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01066-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01066-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01066-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01066-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01066-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01066-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01066-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01066-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01066-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01066-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01066-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01066-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01066-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01066-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01066-000 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01066-000 2021-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01066-000 2021-03-31 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01066-000 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01066-000 2021-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01066-000 2021-03-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01066-000 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01066-000 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01066-000 2021-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01066-000 2021-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01066-000 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01066-000 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01066-000 2021-03-31 jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember iso4217:JPY iso4217:JPY xbrli:shares xbrli:pure xbrli:shares

第一部 【企業情報】

 

第1 【企業の概況】

 

1 【主要な経営指標等の推移】

(1) 連結経営指標等

 

回次

第48期

第49期

第50期

第51期

第52期

決算年月

2017年3月

2018年3月

2019年3月

2020年3月

2021年3月

売上高

(千円)

2,483,147

2,669,036

2,955,878

2,977,990

2,855,563

経常利益

(千円)

137,180

109,417

194,053

126,685

189,259

親会社株主に帰属する
当期純利益

(千円)

51,024

82,508

127,093

38,418

75,191

包括利益

(千円)

46,194

74,701

117,816

6,227

109,828

純資産額

(千円)

1,493,037

1,556,453

1,665,922

1,626,964

1,720,976

総資産額

(千円)

5,589,710

5,877,779

5,362,475

5,338,581

5,743,788

1株当たり純資産額

(円)

334.68

347.41

370.93

366.09

388.04

1株当たり当期純利益

(円)

11.99

19.14

29.23

8.76

17.09

潜在株式調整後
1株当たり当期純利益

(円)

11.80

18.74

28.79

8.72

17.09

自己資本比率

(%)

25.7

25.6

30.3

30.2

29.7

自己資本利益率

(%)

3.6

5.6

8.1

2.4

4.5

株価収益率

(倍)

82.2

72.2

37.8

97.3

54.7

営業活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

206,476

316,859

606,405

395,688

457,241

投資活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

2,045,670

215,157

638,371

316,223

407,772

財務活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

1,327,238

297,756

404,412

1,291

196,499

現金及び現金同等物
の期末残高

(千円)

489,807

890,356

452,583

524,831

771,508

従業員数
(ほか、平均臨時雇用者数)

(名)

80

101

100

107

105

(54)

(40)

(39)

(45)

(43)

 

(注) 1.売上高には、消費税等は含まれておりません。

2.従業員数欄の( )は、臨時雇用者の年間平均雇用人員であります。

3. 「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を第50期の期首から適用しており、第49期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準を遡って適用した後の指標等となっております。

 

 

(2) 提出会社の最近5事業年度に係る主要な経営指標等の推移

 

回次

第48期

第49期

第50期

第51期

第52期

決算年月

2017年3月

2018年3月

2019年3月

2020年3月

2021年3月

売上高

(千円)

2,495,826

2,736,318

3,027,278

3,042,790

2,920,363

経常利益

(千円)

93,243

73,198

166,263

118,516

99,470

当期純利益

(千円)

12,338

49,372

91,944

28,282

5,583

資本金

(千円)

757,744

775,841

797,701

809,639

809,639

発行済株式総数

(株)

4,314,800

4,352,600

4,395,900

4,416,100

4,416,100

純資産額

(千円)

1,779,204

1,817,764

1,900,683

1,884,352

1,874,088

総資産額

(千円)

6,011,959

6,266,864

5,737,914

5,662,190

6,070,901

1株当たり純資産額

(円)

401.24

407.66

424.52

424.58

422.84

1株当たり配当額
(うち1株当たり中間配当額)

(円)

10.00

10.00

10.00

3.00

5.00

( -)

( -)

( -)

( -)

(-)

1株当たり当期純利益

(円)

2.90

11.45

21.15

6.45

1.27

潜在株式調整後
1株当たり当期純利益

(円)

2.85

11.21

20.83

6.42

1.27

自己資本比率

(%)

28.7

28.2

32.4

33.0

30.6

自己資本利益率

(%)

0.7

2.8

5.1

1.5

0.3

株価収益率

(倍)

340.0

120.7

52.2

132.1

735.4

配当性向

(%)

344.8

87.3

47.3

46.5

393.7

従業員数
(ほか、平均臨時雇用者数)

(名)

74

55

56

55

52

(44)

(16)

(10)

(9)

(8)

 株主総利回り     
(比較指標:配当込TOPIX) 

(%)(%)

122.7

(114.7)

172.7

 (132.9)

139.7

 (126.2)

109.0

 (114.2)

119.7

 (162.3)

最高

(円)

1,100

2,145

2,542

1,969

1,279

最低

(円)

709

910

888

650

671

 

(注) 1.売上高には、消費税等は含まれておりません。

2.従業員数欄の( )は、臨時雇用者の年間平均雇用人員であります。

3. 「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を第50期の期首から適用しており、第49期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。

4.最高・最低株価は、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)におけるものであります。

 

 

2 【沿革】

当社の沿革は、前会長小髙勇が1959年10月10日、大阪府大阪市生野区南生野町において、大日化成工業所を創業しプラスチック成形事業を開始したことから始まりますが、その源泉は、戦前の衣料用ボタン製造や潜水艦・鉄道車両向けの熱硬化性樹脂製碍子部品事業に遡ります。1963年に東大阪市荒本に移転し、ガス会社向けコックや化粧品容器の生産を開始いたしました。更にミシン用の模様カム成形を開始し、精度向上のため金型を内製化いたしました。

その後プラスチックフィルム製スピーカー振動板事業等の拡大により、1969年4月23日、大日化成工業株式会社を設立いたしました。

 

大日化成工業株式会社設立以降の会社及び主たる事業内容の変遷は、次のとおりであります。

 

年月

事項

1969年4月

合成樹脂製品の製造販売を目的として大日化成工業株式会社を設立

1975年4月

家庭用ビデオのギア・カム部品製造を開始

1982年4月

商号を大日実業株式会社に変更

1982年5月
 

販売部門を分離し、大日化成工業株式会社を設立
仕入部門を分離し、大日管理株式会社を設立

1982年6月
 

製造部門を分離し、大日エンジニアリング株式会社と株式会社ブレーバーソニックコーポレーションを設立

2001年10月
 

大日化成工業株式会社及び株式会社フルステリを吸収合併
商号を株式会社フルステリに変更し、半導体保護資材及び衛生検査器材の製造販売を開始

2003年5月

商号を株式会社アテクトに変更

2004年3月

ISO9001を取得

2005年2月

大腸菌及び大腸菌群の検出用機器「コリターグ」の製造、販売権を譲り受ける

2006年6月

ISO14001を取得

2006年6月

株式会社ジャスダック証券取引所に株式を上場

2006年10月

株式会社アテクトコリアを大韓民国に設立

2007年4月

株式会社アテクトコリアを連結子会社化

2008年1月

トライアル株式会社を連結子会社化

2008年1月

ポリマー微粒子の製造販売を開始

2008年4月

株式会社ダイプラを連結子会社化

2008年4月

プラスチック造形の製造販売を開始

2010年1月

アテクト・プログレッシヴ・アンド・イノヴェイティヴ・マニュファクチャリング株式会社設立

2010年8月

上海昂統快泰商貿有限公司を中華人民共和国 上海市に設立

2010年11月

安泰科科技股份有限公司を中華民国 高雄市に設立

2012年6月

国内連結子会社である株式会社ダイプラの当社持分株式を全て売却

2014年5月

国内連結子会社であるトライアル株式会社の特別清算が結了

2016年10月

国内連結子会社であるアテクト・プログレッシヴ・アンド・イノヴェイティヴ・マニュファクチャリング株式会社を株式会社アテクトエンジニアリングに社名変更

2017年4月

本社を滋賀県東近江市に移転

 

(注1)2010年4月 ジャスダック証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、大阪証券取引所JASDAQ市場となりました。

(注2)2010年10月 大阪証券取引所JASDAQ市場、大阪証券取引所ヘラクレス市場及び大阪証券取引所NEO市場の合併に伴い、大阪証券取引所JASDAQ市場(スタンダード)の上場となっております。

(注3)2013年7月 大阪証券取引所と東京証券取引所の市場統合に伴い、東京証券取引所JASDAQ市場(スタンダード)の上場となっております。

(注4)トライアル株式会社については、ポリマー微粒子事業の撤退に伴い、2012年6月15日付株主総会において解散を決議しております。

 

 

3 【事業の内容】 

当社の企業集団は、当社及び連結子会社4社(安泰科科技股份有限公司、㈱アテクトコリア、上海昂統快泰商貿有限公司、㈱アテクトエンジニアリング)により構成されており、樹脂特性及び生体物質の制御をコア技術として、主に以下の事業を運営しております。なお、安泰科科技股份有限公司は現在、休眠会社であります。

 

(1) PIM事業:PIMとは粉末射出成形(Powder Injection Molding)の略称で、金属あるいはセラミックスの粉末とバインダーと呼ばれる結着剤とを混練したものを射出成形した後、脱脂・焼結工程を経て金属あるいはセラミックスの成形体を得る生産技法であります。
 金属あるいはセラミックスに通常適用される加工方法に比べて、加工の難しい超硬金属や超硬セラミックスを複雑な形状に量産加工することにメリットの大きな技術です。
 自動車に用いられる超耐熱金属の加工や、セラミックス製の高性能な放熱部品(ヒートシンク)などへの応用が期待されている技術です。

 

(2) 衛生検査器材事業:食品、医薬品、化粧品等を製造する際、衛生に直結する微生物汚染を確認するための試薬や培地類およびディスポシャーレ等の容器類を製造および販売しております。製品及び商品は、原則として、食品メーカー、臨床検査会社、製薬会社、環境試験会社、病院等の顧客に直接販売しております。

 

(3) 半導体資材事業:フラットパネルディスプレイ(液晶ディスプレイ)、有機ELディスプレイ駆動用LSI(注1)、ICカード用LSI(注2)といった情報電子機器部品の実装に用いられるTAB(注3)テープやCOF(注4)テープといったテープ部材の保護資材であるスペーサーテープ(注5)の製造及び販売を行っております。製品は、原則として直接電子部品メーカーに販売しております。

(注1)フラットパネルディスプレイ(液晶ディスプレイ及びプラズマディスプレイ)、有機ELディスプレイ駆動用LSI...液晶ディスプレイには、データを表示するために、表示すべきデータを電圧の量に変えてLCDを駆動するLSIが用いられます。プラズマディスプレイには、色と明るさを表現するために、画面全体に配置された微小な蛍光体部(画素)ひとつひとつの発光をコントロールするLSIが用いられます。

(注2)ICカード用LSI...データ保存用メモリーやCPU、非接触通信回路、暗号回路等を組み込んだ専用LSI。

(注3)TAB(Tape Automated Bonding)...LSI等の半導体チップを回路に接続する(実装)するための方法の一つ。耐熱性プラスチックフィルム上にエッチングにより形成された微細なリード線と半導体チップを直接圧着(ボンディング)することにより、フィルム状のリード線を介して回路に電気的に接続できるようにする技術。
 リードフレームに金線を用いてワイヤーボンディングする一般の実装方法に比べて、連続的にボンディングが可能となる。
 主にフラットパネルディスプレイの駆動用LSIの実装に用いられる。

(注4)COF(Chip On Film)...前項同様、LSI等の半導体チップを回路に接続する(実装)するための方法の一つ。耐熱性プラスチックフィルム上にエッチングにより形成された微細なリード線と半導体チップを直接圧着(ボンディング)することにより、フィルム状のリード線を介して回路に電気的に接続できるようにする技術。
 前項のTAB技術との違いは、半導体チップを接続するリード線(インナーリード)がフィルムに裏打ちされており、インナーリードの変形などが起こりにくく、取り扱いが簡便なことである。
 現在はTAB技術に代わってフラットパネルディスプレイの駆動用LSIの実装では主流を占めている。

(注5)スペーサーテープ...TABやCOFの製造・搬送工程でのリールに巻かれた製品同士が擦れ合うことを防止するエンボススペーサーテープ、モールドスペーサーテープ、フラットテープやTABやCOFの製造でリーダー(引き出し部)として使用されるリーダーテープ等があります。

 

 

事業の系統図は、次のとおりであります。

 


 

 

 

4 【関係会社の状況】

 当社の関係会社の状況は、以下のとおりであります。

名称

住所

資本金又は
出資金
(千円)

主要な事業
の内容

議決権の
所有(被所有)割合

関係内容

所有
割合
(%)

被所有
割合
(%)

(連結子会社)

中華民国
台北市

10,926
(4,000千NTドル)

半導体資材事業

100.0

役員の兼任2名

安泰科科技股份
有限公司

(注)6

(連結子会社)

株式会社
アテクトコリア

(注)2

大韓民国
京畿道
平澤市

571,317
(5,540百万KRW)

半導体資材事業

100.0

韓国国内の部品メーカー等に対して、当社製品の製造を行っております。
役員の兼任2名

(連結子会社)

中華人民
共和国
上海市

17,461
(1,400千元)

衛生検査器材事業

100.0(100.0)

役員の兼任1名

上海昂統快泰商貿
有限公司

(注)5、7

(連結子会社)

滋賀県
東近江市

10,000

PIM事業
衛生検査器材事業
半導体資材事業

100.0

当社より設備の貸与があります。
外注加工の業務を委託しております。
役員の兼任2名

株式会社アテクト
エンジニアリング

(注)2

 

(注) 1. 主要な事業の内容欄には、セグメント情報に記載された名称を記載しております。 

2. 特定子会社に該当いたします。 

3. 「議決権の所有(被所有)割合」欄の( )内は、間接所有または被所有の割合であります。

4. 有価証券届出書又は有価証券報告書を提出している会社はありません。 

5. 債務超過会社であり、債務超過額は、以下のとおりであります。

            上海昂統快泰商貿有限公司                              3,642千円

6. 安泰科科技股份有限公司は2014年3月末時点で休眠会社となっております。

7. 上海昴統快泰商貿有限公司の株式は、安泰科科技股份有限公司が100%所有しております。

 

 

5 【従業員の状況】

(1) 連結会社の状況

2021年3月31日現在

セグメントの名称

従業員数(名)

PIM事業

4

(3)

衛生検査器材事業

43

(18)

半導体資材事業

18

(19)

全社(共通)

40

(3)

合計

105

(43)

 

(注) 1. 従業員数は就業人員数であり、臨時雇用者数(パートタイマー、嘱託、契約及び派遣労働者)は、年間の平均人員を( )外数で記載しております。

2. 全社(共通)は、管理部門等の従業員数であります。

 

(2) 提出会社の状況

2021年3月31日現在

従業員数(人)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(千円)

52

38.6

5.5

4,840

(8)

 

 

セグメントの名称

従業員数(名)

PIM事業

(‐)

衛生検査器材事業

24

(5)

半導体資材事業

4

(‐)

全社(共通)

24

(3)

合計

52

(8)

 

(注) 1. 従業員数は就業人員数であり、臨時雇用者数(パートタイマー、嘱託、契約及び派遣労働者)は、年間の平均人員を( )外数で記載しております。

2. 平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。

3. 全社(共通)は、管理部門等の従業員数であります。

 

(3) 労働組合の状況

労働組合は結成されておりませんが、労使関係は安定しております。

 

第2 【事業の状況】

 

1 【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

(1)経営方針

当社グループは昨今の目まぐるしく変化する事業環境を踏まえ、中長期的経営課題を総合的に勘案し、2021年6月より経営体制を一新し、新たな経営戦略の下、10年後の「ありたい姿」を実現すべく、新中期経営戦略『VISION25/30』を立案しました。

新中期経営戦略『VISION25/30』の基本方針及び経営目標は以下の通りです。

(基本方針)

1)現有戦力(ヒト・モノ・カネ)により収益拡大させることによる財務健全化

2)4大製品投入による成長戦略の推進

※PIM製品のみならず、全事業、新分野へ新製品を投入

3)成長事業への選択と集中⇒事業ポートフォリオの再編

4)経営体制刷新(執行役員制の導入)

5)ESG経営⇒事業活動を通じたSDGs達成への貢献

(2025年度経営目標)

1)連結売上高   :40億円 以上(目標50億円)

2)連結営業利益  :5億円 必達

3)連結営業利益率 : 10% 必達

 

(2)経営環境及び対処すべき課題等

当社グループでは、株式会社IHI向け自動車ターボ部品の量産、また今後も更に拡大する半導体資材事業における人材・人員の確保が喫緊の課題となっております。

また、将来の拡大成長戦略に向けた研究開発や先行投資を早期に回収することについても大きな課題となっております。

昨今の目まぐるしく変化する経営環境下において中長期的経営課題を総合的に勘案し、当連結会計年度に進めてきた4つ(PIM事業のターボ部品を含む)の新製品を元に現有の経営資源である「ヒト・モノ・カネ」を最大限に活用した新たな事業ポートフォリオを作成し、より一層の選択と集中による中期経営戦略の見直しを行い、更なる企業価値の向上に努めて参ります。 

 ① PIM事業

2020年8月に株式会社IHI向け、ディーゼルVGターボ用部品の最終試験(高温耐久試験)に合格し、当連結会計年度内に自動車メーカー最終承認試験に移行する予定でしたが、新型コロナウイルス再拡大の影響により、現在遅れが生じております。

この度、同社との量産開始時期の再調整の結果、2021年10月の量産開始が合意され、発注済みの『本金型・本設備』の立ち上げ、安定量産技術の確立、PPAP(生産部品承認プロセス)の承認活動を随時進めて参ります。

 ② 衛生検査器材事業

コロナ禍における食品衛生業界の産業構造が大きく変化する中、短期的には、市販用食品が好調に推移していることが奏効したと考えております。今後も目まぐるしく変化する市場環境において、ウィズコロナ・アフターコロナにおける産業構造の変化を注視したきめ細やかな営業活動と柔軟な生産体制を構築すべく、社内の体制を一層、強化して参ります。

 ③ 半導体資材事業

従来の当社スペーサーテープは片側のみにエンボス(凸部)を形成した製品が9割以上を占めていましたが、4Kテレビ対応(高性能・高品質)スペーサーテープの裏面にもエンボスを形成した両山スペーサーテープの商品化に成功し、8Kテレビ及びPCモニタ用として、需要が拡大しています。現在も受注残を抱える状態が続いており、全生産数の3割を片山・両山兼用ラインへの改造を急いでおります。今後は旺盛な需要に対応する為、日韓両拠点での生産能力を1.2倍に増強して参ります。

 

2 【事業等のリスク】

当社グループの経営成績及び財政状態は、今後事業を行っていく上で起こりうる種々のリスクによって影響を受ける可能性があり、有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、特に、投資判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項について、以下に記載しております。
  なお、将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであり、事業等のリスクはこれらに限られるものではありません。

 

(1) PIM事業に関するリスク

① 販売先の動向について

当該事業におきましては、販売先の事業戦略転換や研究開発・販売動向による影響を受ける場合があります。また、販売先において業績不振等による生産縮小が行われた場合にも当社の受注数量が減少する可能性があります。これらの場合には、当社の財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

 

② 貸倒れについて

当該事業の取引先信用不安により予期せぬ貸倒れが発生し、追加的な損失や引当金の計上が必要となる場合は、当社の財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

 

(2) 衛生検査器材事業に関するリスク

① 販売先について

当該事業におきましては、販売先の社内検査方法等の見直しがあった場合には、当該事業の製品及び商品の需要が減少する可能性があり、その時に、新規取引先を開拓できず、また、既存客への販売を拡大できない場合には、当社の財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

 

② 法的規制

当社は食品衛生法関連法規に則り、厳格な品質管理のもとに製品の製造を行っております。しかし全ての製品に品質問題が発生しないという保証はありません。もし重大な品質問題が発生した場合には売上高の減少、コストの増加等により財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

 

(3) 半導体資材事業に関するリスク

① 経済環境、景気動向について

当社は、当社製品を日本国内の企業及び主にアジアに所在する海外の企業に対しても販売しております。そのため、当社製品の需要は、日本経済及び世界経済の景気動向、特に液晶テレビ、スマートフォン等の生産水準・消費の動向の影響を強く受けるため、これらが当社の財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

 

② 特定の販売先に対する売上高への依存について

当該事業におきましては、顧客数が少ないため、国内外ともに特定の販売先に片寄る傾向があります。また、顧客基盤の拡大余地が大きくないために、受注状況が悪化した場合、当社の財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

 

③ 販売先の動向について

当該事業におきましては、販売先の事業戦略転換や販売動向による影響を受ける場合があります。販売先における事業戦略の見直しにより、競合他社に対する生産委託、販売先自らの社内生産、販売先における生産拠点の海外移転等が行われた場合には当社の受注数量が減少する可能性があります。また、販売先において業績不振等による生産縮小が行われた場合にも当社の受注数量が減少する可能性があります。これらの場合には、当社の財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

 

④ 代替の可能性について

当該事業におきましては、当社が製造しているスペーサーテープは、主に、TABテープ及びCOFテープの製造及び搬送工程に使用されておりますが、技術革新等によりこれらのテープによらない半導体部品の製造方法等が確立された場合には、当社の財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

 

 

(4) 原料価格の変動について

半導体資材事業及び衛生検査器材事業ともに製品の原材料は、各種プラスチック等の石油化学製品が多いため、原油・ナフサの価格変動や石油化学製品の市況変動が当社の財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

 

(5) 特定の生産拠点及び物流拠点への依存について

現在、衛生検査器材事業及びPIM事業の生産拠点及び物流拠点は、本社がある東近江市に集中しております。当社の想定を超える天災その他の事変により、工場の生産能力が減少若しくは生産が不能となった場合、または物流拠点に損害を被った場合には当社の業績に影響を及ぼす可能性があります。

 

(6) 経営組織の拡大への対応について

当社の役職員数は、必要最小限の人員であり、内部管理体制もこの規模に応じたものとなっております。当社の経営組織については事業規模に応じて内部管理体制を拡充していく方針でありますが、適切かつ十分な組織対応ができない場合には、組織の一時的な機能低下が発生する可能性があります。

 

(7) ストック・オプションについて

当社は役職員の士気を高め、また優秀な人材を獲得するためのインセンティブプランとして、新株予約権を付与する可能性がありますが、将来的にこれらの新株予約権が行使されれば、当社の1株当たりの株式価値は希薄化し今後の株価形成に影響を及ぼす可能性があります。

 

(8) 新型コロナウイルスの影響について

新型コロナウイルスの影響により、当社の各事業が抱える市場にマイナス影響が発生した場合、当社の財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。また社内において、新型コロナウイルス感染者が発生し、保健所等からの指導によって工場の操業を停止する必要が発生し、生産が不能となった場合には当社の業績に影響を及ぼす可能性があります。

 

 

3 【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

(1)経営成績等の状況の概要

当連結会計年度における当社グループ(当社及び連結子会社)の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下「経営成績等」という。)の状況の概要は次のとおりであります。

文中の将来に関する事項は、当連結会計年度の提出日現在において当社グループが判断したものであります。

 

① 財政状態及び経営成績の状況

当連結会計年度におけるわが国経済は、世界的に蔓延する新型コロナウイルスの影響により、経済活動が停滞し、業種によっては回復の動きがみられつつも感染の再拡大による先行き不透明感が続いております。そのような中、当連結会計年度の各事業への影響と現況は下記の通りとなります。

半導体資材及び衛生検査器材の2大コア事業の上半期売上高は前年割れとなっておりましたが、第3四半期連結会計期間以降は両事業共にコロナ感染拡大以前かそれ以上の水準に回復致しました。半導体資材事業においては、世界的な「巣ごもり特需」での急回復に加え、8KテレビやPCモニタの需要拡大が後押し致しました。衛生検査器材事業においては、食品衛生業界の産業構造が大きく変化する中で内食・デリバリー及びテイクアウト需要の増加により、下半期単独での売上高は本来、閑散期となる当第4四半期連結会計期間の売上も堅調に推移したことから創業以来、過去最高となりました。一方、PIM事業については自動車部品量産化に注力すべく、高機能部品の新規受注活動を制限すると共に前連結会計年度に受注済の半導体設備や工作機械用高機能部品の回復が鈍く、当連結会計年度において前年割れとなりました。

費用面については、全社で徹底した緊縮活動を実施し、販売管理費において前期比8.7%減、110百万円の削減を行いました。製造部門においては下半期より一時帰休を解除し、増産対応にシフトしましたが在庫圧縮と生産の効率化による原価低減活動をより一層進めました。間接部門においての輪番制出勤体制は当連結会計年度に渡り実施し、上半期に実施した製造部門の一時帰休と合わせ雇用調整助成金の申請により、減収に伴う利益の減少を最小限に抑えました。

当社グループは上述の目まぐるしく変化する経営環境下において中長期的経営課題を総合的に勘案し、当連結会計年度に進めてきた4つ(PIM事業のターボ部品を含む)の新製品を元に現有の経営資源である「ヒト・モノ・カネ」を最大限に活用した新たな事業ポートフォリオを作成し、より一層の選択と集中による中期経営戦略の見直しを行い、新たな中期経営計画『VISION25/30』を策定しました。

以上の結果、当連結会計年度の業績は、売上高2,855百万円(前期比4.1%減)、営業利益162百万円(前期比3.1%増)、経常利益189百万円(前期比49.4%増)、親会社株主に帰属する当期純利益は75百万円(前期比95.7%増)となりました。

セグメント別の経営成績は次の通りであります。

 

PIM(パウダー・インジェクション・モールディング)事業

1)高機能部品

米中貿易摩擦と新型コロナウイルスの影響により、半導体設備や工作機械の世界的需要低迷が続き、直動型ベアリングをはじめとする高機能部品の売上は前年割れとなりました。今後は直動型ベアリングの新品番獲得やセラミックス製CMOSセンサー部品の数量増など、緩やかに受注回復の見込みであり、併せて、2021年秋以降、自動車部品の量産準備完了後、新規受注案件獲得の為の営業活動を再開します。

2)自動車部品:VG(Variable Geometry)ターボ部品

 2020年8月に株式会社IHI向け、ディーゼルVGターボ用部品の最終試験(高温耐久試験)に合格し、当連結会計年度内に自動車メーカー最終承認試験に移行する予定でしたが、新型コロナウイルス再拡大の影響により、現在遅れが生じております。この度、同社との量産開始時期の再調整の結果、2021年10月の量産開始が合意され、発注済みの『本金型・本設備』の立ち上げ、安定量産技術の確立、PPAP(生産部品承認プロセス)の承認活動を随時進めて参ります。

以上の結果、当連結会計年度の売上高は83百万円(前期比27.5%減)、営業利益28百万円(前期比35.2%減)となりました。

 

 

衛生検査器材事業

当事業については、2020年5月から9月まで続いた前年割れから一転、10月以降は前年を上回る受注が継続していることに加え、株式会社HIROTSUバイオサイエンス向けがん検査用シャーレ(N‐NOSE)の本格受注を開始するなど、下半期単独では創業以来過去最高の売上となりました。コロナ禍における食品衛生業界の産業構造が大きく変化する中、短期的には、市販用食品が好調に推移していることが奏効したと考えております。今後も目まぐるしく変化する市場環境において、ウィズコロナ・アフターコロナにおける産業構造の変化を注視したきめ細やかな営業活動と柔軟な生産体制を構築すべく、社内の体制を一層、強化して参ります。

以上の結果、当連結会計年度の売上高は1,536百万円(前期比2.2%減)、営業利益63百万円(前期比27.2%増)となりました。

 

半導体資材事業

当第4四半期連結会計期間に入り、上述の理由により、需要は大幅に回復し、当第4四半期連結会計期間単独の売上高は前期比117.3%(出荷数量:115.5%)となりました。

また、従来の当社スペーサーテープは片側のみにエンボス(凸部)を形成した製品が9割以上を占めていましたが、4Kテレビ対応(高性能・高品質)スペーサーテープの裏面にもエンボスを形成した両山スペーサーテープの商品化に成功し、8Kテレビ及びPCモニタ用として、需要が拡大しています。現在も受注残を抱える状態が続いており、全生産数の3割を片山・両山兼用ラインへの改造を急いでおります。今後は旺盛な需要に対応する為、日韓両拠点での生産能力を1.2倍に増強して参ります。

以上の結果、当連結会計年度の売上高は1,235百万円(前期比4.4%減)、営業利益70百万円(前期比11.0%増)となりました。

 

② キャッシュ・フローの状況

当連結会計年度末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前連結会計年度末に比べ246百万円増加し、771百万円となりました。

また、当連結会計年度における各キャッシュ・フローは、次のとおりであります。

 

(営業活動によるキャッシュ・フロー)

当連結会計年度において、営業活動による資金の収入は457百万円(前期は395百万円の収入)となりました。

税金等調整前当期純利益112百万円、法人税等の支払額23百万円により差引88百万円の増加、減価償却費327百万円の増加、運転資金(売上債権、たな卸資産、仕入債務)の増減により1百万円の減少等によるものです。

 

(投資活動によるキャッシュ・フロー)

当連結会計年度において、投資活動による資金の支出は407百万円(前期は316百万円の支出)となりました。

設備投資による有形固定資産361百万円、無形固定資産57百万円の支出増加等によるものです。

 

(財務活動によるキャッシュ・フロー)

当連結会計年度において、財務活動による資金の収入は196百万円(前期は1百万円の支出)となりました。

長期借入れによる収入による増加850百万円、セール・アンド・リースバックによる収入の増加101百万円のほか、長期借入金の返済による減少722百万円等によるものです。

 

 

③ 生産、受注及び販売の実績

(a) 生産実績

当連結会計年度における生産実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。

セグメントの名称

生産高(千円)

前期比(%)

PIM事業

14,048

31.6

衛生検査器材事業

578,831

87.6

半導体資材事業

683,538

89.3

合計

1,276,418

86.8

 

(注) 1. 金額は、製造原価によっております。

2. 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

3. 当連結会計年度において、生産実績に著しい変動がありました。これはPIM事業におきまして、米中貿易摩擦と新型コロナウイルスの影響により、半導体設備や工作機械の世界的需要低迷が続き、直動型ベアリングをはじめとする高機能部品の売上が減少したことによるものであります。

 

(b) 仕入実績

当連結会計年度における仕入実績は、次のとおりであります。

セグメントの名称

仕入高(千円)

前期比(%)

PIM事業

8,732

72.2

衛生検査器材事業

181,701

100.4

合計

190,433

98.6

 

(注) 1. 金額は、仕入価格によっております。

2. 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

 

(c) 受注実績

当連結会計年度における受注実績は、次のとおりであります。

セグメントの名称

受注高
(千円)

前期比(%)

受注残高
(千円)

前期比(%)

半導体資材事業

1,252,846

98.8

101,229

120.9

 

(注) 1. 金額は、販売価格によっております。

2. 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

3. PIM事業及び衛生検査器材事業は受注生産を行っておりませんので、記載を省略しております。

 

 

(d) 販売実績

当連結会計年度における販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。

セグメントの名称

販売高(千円)

前期比(%)

PIM事業

83,469

72.5

衛生検査器材事業

1,536,771

97.8

半導体資材事業

1,235,321

95.6

合計

2,855,563

95.9

 

(注)1. セグメント間取引については、相殺消去しております。

2. 主な相手先別の販売実績及び総販売実績に対する割合

相手先

前連結会計年度

当連結会計年度

販売高
(千円)

割合
(%)

販売高
(千円)

割合
(%)

STEMCO CO., LTD.

363,323

12.20

356,953

12.50

SERVEONE CO., LTD.

352,976

11.85

353,163

12.37

 

3. 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

 

(2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は以下のとおりであります。
 文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。

 

① 財政状態及び経営成績の状況に関する認識及び分析・検討内容
(a) 財政状態の分析

 (流動資産の部)

当連結会計年度末の流動資産は、前連結会計年度末に比べ336百万円増加(23.0%増)の1,804百万円となりました。これは、「現金及び預金」が246百万円、「受取手形及び売掛金」が86百万円、「原材料及び貯蔵品」が53百万円増加する一方、「商品及び製品」が102百万円減少したこと等によるものです。

 

(固定資産の部)

当連結会計年度末の固定資産は、前連結会計年度末に比べ68百万円増加(1.8%増)の3,939百万円となりました。これは、設備投資により476百万円増加し、減価償却費により327百万円減少したこと等によるものです。

この結果、総資産は、前連結会計年度末に比べ405百万円増加(7.6%増)の5,743百万円となりました。

 

(流動負債の部)

当連結会計年度末の流動負債は、前連結会計年度末に比べ303百万円増加(24.3%増)の1,551百万円となりました。これは、「1年内返済予定の長期借入金」が192百万円、「設備関係支払手形」及び「営業外電子記録債務」が40百万円増加したこと等によるものです

 

(固定負債の部)

当連結会計年度末の固定負債は、前連結会計年度末に比べ8百万円増加(0.3%増)の2,471百万円となりました。これは、「リース債務」が71百万円増加する一方、「長期借入金」が65百万円減少したこと等によるものです。

 この結果、負債合計は、前連結会計年度末に比べ311百万円増加(8.4%増)の4,022百万円となりました

 

 

(純資産の部)

当連結会計年度末の純資産は、前連結会計年度末に比べ94百万円増加(5.8%増)の1,720百万円となりました。これは、「利益剰余金」が61百万円増加したことによるものです。「為替換算調整勘定」は円安・韓国ウォン/台湾ドル高の影響により34百万円増加しました。

 

(b) 経営成績の分析

(売上高)

当連結会計年度のグループ連結売上高は、2,855百万円(前期は2,977百万円)、122百万円(4.1%)の減収となりました。

当連結会計年度における売上高の概況は、「(1)経営成績等の状況の概要 ①財政状態及び経営成績の状況」をご参照下さい。

 

(売上原価)

売上原価は、1,530百万円(前期は1,546百万円)、16百万円(1.1%)の減少となりました。

また売上原価の比率は、53.6%(前期は51.9%)となりました。

売上総利益は1,325百万円(前期は1,431百万円)、105百万円の減益となりました。

 

(販売費及び一般管理費)

販売費及び一般管理費は、1,163百万円(前期は1,273百万円)、前期比110百万円減となりました。これは、給料及び手当255百万円、研究開発費181百万円、荷造運賃発送費179百万円が主な要因であります。

 

(営業利益)

営業利益は、162百万円(前期比3.1%増)、前期比4百万円の増益となりました。

 

(営業外損益)

営業外損益は、27百万円の収益(前期は30百万円の損失)となりました。これは、営業外収益として助成金58百万円、為替差益10百万円、営業外費用として減価償却費22百万円、支払利息18百万円の計上が主な要因であります。

 

(経常利益)

上記の結果、経常利益は189百万円(前期比49.4%増)、前期比62百万円の増益となりました。 

 

(特別損益)

特別損益は、77百万円の損失(前期は61百万円の損失)となりました。これは、特別利益として役員の権利不行使等による新株予約権戻入益7百万円、固定資産売却益1百万円、特別損失として固定資産除却損54百万円及び減損損失31百万円の計上が主な要因であります。 

 

(法人税等)

法人税等は、29百万円(前期は21百万円)となりました。

 

(法人税等調整額)

法人税等調整額は、7百万円(前期は5百万円)となりました。

 

(親会社株主に帰属する当期純利益)

親会社株主に帰属する当期純利益は、75百万円(前期は38百万円)、36百万円(95.7%)の増益となりました。

当連結会計年度における利益の概況は、「(1)経営成績等の状況の概要 ①財政状態及び経営成績の状況」をご参照下さい。

 

② キャッシュ・フローの状況の分析・検討内容並びに資本の財源及び流動性に係る情報

(キャッシュ・フローの状況の分析・検討内容)

当連結会計年度は、フリーキャッシュ・フロー(営業活動により獲得されたキャッシュ・フローと投資活動に支出されたキャッシュ・フローの合計)は、49百万円増加(前期は79百万円の増加)、前期比29百万円の減少となりました。当社グループは、フリーキャッシュ・フローを戦略的投資または負債返済に充当可能な資金の純額、或いは、資金調達にあたって外部借入への依存度合いを測る目的から、有用な指標と考えております。

 

(資本の財源及び資金の流動性に関する情報)

当社グループの主な資金需要は、事業活動に要する運転資金、生産及び主としてPIM事業による研究開発費に要する設備投資等であり、自己資金、或いは金融機関からの短期・長期借入金等により必要資金を調達しております。当社グループは、金融機関との間で長期間に亘って築き上げてきた幅広く良好な関係に基づき、長期借入金を中心に必要資金を調達しています。

資金の流動性につきましては、投資計画に応じた現金及び預金残高の確保と必要に応じた外部資金の調達を柔軟に行うことにより維持して参ります。

 

③ 重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して作成しております。その作成には、会計方針の選択・適用、資産・負債や収益・費用の報告金額及び開示に影響を与える見積りを必要とします。当社は、これらの見積りについて、過去の実績等を勘案し合理的に判断しておりますが、実際の結果は見積り特有の不確実性があるため、これらの見積りと異なる場合があります。
 当社グループの連結財務諸表で採用する重要な会計方針は、第5「経理の状況」の1「連結財務諸表」の「連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について」に記載しております。

連結財務諸表の作成に当たって用いた会計上の見積り及び仮定のうち、重要なものは「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項 (重要な会計上の見積り)」に記載しております。

なお、新型コロナウイルス感染症の今後の広がり方や収束時期等を含む仮定に関する情報は、第5「経理の状況」の1「連結財務諸表」の「追加情報」に記載しております。

 

4 【経営上の重要な契約等】

該当事項はありません。

 

5 【研究開発活動】

当連結会計年度の研究開発活動は、PIM(パウダー・インジェクション・モールディング)事業における株式会社IHI向け自動車ターボ部品の立上げ及び衛生検査器材事業におけるFM-Plateの研究開発に集中し、新中期経営計画『VISION25/30』において発表した新製品の基礎となる新技術の研究開発及び工法開発を行いました。

当連結会計年度における研究開発費の金額は181百万円であります。

 

第3 【設備の状況】

 

1 【設備投資等の概要】

当連結会計年度の設備投資につきましては、生産能力向上等を目的とした設備投資を継続的に実施しております。
 なお、設備投資の総額は476百万円であります。

当連結会計年度のセグメントごとの設備投資について示すと、次のとおりであります。

 

(1) PIM事業

当連結会計年度の主な設備投資は、新商品開発、製造技術改善を目的とした焼結炉、成形機、マシニングセンタなど総額294百万円の投資を実施いたしました。
 なお、重要な設備の除却または売却はありません。

 

(2) 衛生検査器材事業

当連結会計年度の主な設備投資は、生産能力向上を目的としたシャーレ自動梱包システムなど総額143百万円の投資を実施いたしました。
 なお、重要な設備の除却または売却はありません。

 

(3) 半導体資材事業

当連結会計年度の主な設備投資は、生産性の能力向上を目的として総額38百万円の投資を実施いたしました。
 なお、重要な設備の除却または売却はありません。

 

2 【主要な設備の状況】

(1) 提出会社

2021年3月31日現在

事業所名
(所在地)

セグメントの名称

設備の内容

帳簿価額(単位:千円)

従業員数
(名)

建物及び
構築物

機械装置
及び運搬具

土地
(面積㎡)

工具器具
及び備品

無形固定
資産

合計

本社工場
(滋賀県東近江市)

PIM事業

製造設備

294,173

229,108

91,039

(5,760)

83,479

956

698,758

52

(8)

衛生検査器材事業

製造設備

532,867

263,926

159,590

(1,920)

21,431

34,808

1,012,624

半導体資材事業

製造設備

92,999

66,620

35,802

(9,600)

4,819

26,971

227,213

その他

土地・
本社設備

17,281

1,253,363

(79,529)

1,270,644

日商安泰科股份有限公司台湾分公司
(台湾支店)
(中華民国台北市)

半導体資材事業

支店設備

[9]

55

55

韓国支店
(大韓民国
京畿道
水原市)

半導体資材事業

支店設備

[18]

 

(注) 1.帳簿価額には、建設仮勘定の金額を含んでおりません。なお、金額には消費税等を含めておりません。

2.従業員数は就業人員数であり、臨時雇用者数(パートタイマー、嘱託、契約及び派遣労働者)は、年間の平均人員を( )外数で記載しております。

3.[ ]内は賃借中の土地の面積であります。

 

 

(2) 国内子会社

2021年3月31日現在

会社名

事業所名
(所在地)

セグメント
の名称

設備の
内容

帳簿価額(千円)

従業員数
(名)

建物及び
構築物

機械装置
及び
運搬具

土地
(面積㎡)

工具器具
及び備品

無形固定
資産

合計

株式会社アテクト
エンジニアリング

本社工場
(滋賀県
東近江市)

PIM事業、

衛生検査器材事業、

半導体資材事業

PIM事業製造設備

衛生検査器材事業設備

半導体資材事業設備

208

[11,520]

208

47

(20)

 

(注) 1.帳簿価額には、建設仮勘定の金額を含んでおりません。なお、金額に消費税等は含まれておりません。

2.従業員数は就業人員数であり、臨時雇用者数(パートタイマー、嘱託及び派遣労働者)は、年間の平均人員を( )外数で記載しております。

3.[ ]内は賃借中の土地の面積であります。

 

(3) 在外子会社

2021年3月31日現在

会社名

事業所名
(所在地)

セグメント
の名称

設備の
内容

帳簿価額(千円)

従業員数
(名)

建物及び
構築物

機械装置
及び
運搬具

土地
(面積㎡)

工具器具
及び備品

無形固定
資産

合計

株式会社
アテクトコリア

アテクトコリア本社
工場(大韓
民国京畿道
平澤市)

半導体
資材事業

半導体
資材事業
製造設備

128,316

33,108

[4,683]

1,757

163,183

6

(15)

 

(注) 1.帳簿価額には、建設仮勘定の金額を含んでおりません。なお、金額に消費税等は含まれておりません。

2.従業員数は就業人員数であり、臨時雇用者数(パートタイマー、嘱託及び派遣労働者)は、年間の平均人員を( )外数で記載しております。

3.[ ]内は賃借中の土地の面積であります。

 

3 【設備の新設、除却等の計画】

(1) 重要な設備の新設等

 

会社名

事業所名
(所在地)

セグメントの名称

設備の
内容

投資予定金額

資金調達
方法

着手年月

完成予定
年月

完成後の増加能力

 総額
(千円)

 既支払額
(千円)

株式会社アテクト

本社工場
(滋賀県

東近江市)

PIM事業

PIM事業 製造設備

292,280

129,658

銀行借入

2020年10月

2021年10月

(注)2

株式会社アテクト

本社工場
(滋賀県

東近江市)

衛生検査
器材事業

衛生検査器材事業製造設備

63,000

銀行借入

2021年4月

2021年10月

(注)2

 

(注) 1.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

  2.完成後の増加能力については、その測定が困難なため、記載を省略しております。

 

(2) 重要な設備の除却等

   該当事項はありません。

第4 【提出会社の状況】

 

1 【株式等の状況】

(1) 【株式の総数等】

① 【株式の総数】

 

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

12,960,000

12,960,000

 

 

② 【発行済株式】

 

種類

事業年度末現在
発行数(株)
(2021年3月31日)

提出日現在
発行数(株)
(2021年6月23日)

上場金融商品取引所
名又は登録認可金融
商品取引業協会名

内容

普通株式

4,416,100

4,432,800

東京証券取引所
JASDAQ
(スタンダード)

単元株式数は100株であります。

4,416,100

4,432,800

 

(注)提出日現在の発行数には、2021年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの新株予約権の行使により発行された株式数は、含まれておりません。

 

 

(2) 【新株予約権等の状況】

① 【ストックオプション制度の内容】

会社法第236条、第238条及び239条の規定に基づき発行した新株予約権は、次のとおりであります。

〈第十五回新株予約権>

取締役会の決議日(2016年8月9日)

付与対象者の区分及び人数(名)

取締役2、子会社取締役1、従業員17

 

事業年度末現在
(2021年3月31日)

提出日の前月末現在
(2021年5月31日)

新株予約権の数(個)

283 (注2)

116

新株予約権の目的となる株式の種類

普通株式

同 左

新株予約権の目的となる株式の数(株)

28,300 (注2)

11,600

新株予約権の行使時の払込金額(円)

904

904

新株予約権の行使期間

2018年8月10日~
2021年8月9日

同 左

新株予約権の行使により株式を発行する場合の
株式の発行価格及び資本組入額(円)

発行価格   904
資本組入額  452

発行価格   904

資本組入額  452

新株予約権の行使の条件

(注1)

同 左

新株予約権の譲渡に関する事項

本新株予約権を譲渡するにあたっては当社取締役会の承認を要するものとする。

同 左

組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に
関する事項

 

(注1)  新株予約権者は、権利行使時において、会社又は関係会社の取締役、監査役、顧問もしくは従業員の地位にあることを要します。その他の条件については、取締役会決議に基づき、当社と新株予約権の割当を受けたものとの間で締結する「新株予約権割当契約書」に定めるものといたします。
新株予約権の相続はこれを認めません。
各新株予約権の質入その他一切の処分は認めないものといたします。
当社が新株予約権の発行日以降、当社が株式分割または株式併合を行う場合は、次の算式により未行使の新株予約権の目的たる株式の数につき調整を行い、調整により生じる1株未満の株式は切り捨てます。
調整後株式数=調整前株式数×分割・併合の比率
 また、当社が合併する場合、株式交換を行う場合、会社分割を行う場合、その他必要と認められる場合には、取締役会の決議をもって適当と認める新株予約権の目的たる株式数の調整を行います。
 新株予約権の発行日以降、当社が時価を下回る価額をもって株式の発行又は自己株式の処分を行う場合(時価発行として行う公募増資、新株予約権付社債又は2002年4月1日改正前の旧商法第280条ノ19に定める新株引受権の行使によるもの、並びに合併、株式交換及び会社分割に伴うものを除く)には、次の算式により払込金額を調整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げます。調整後の払込金額は、株主割当日があるときはその日、それ以外のときは払込期日の翌日以降に適用いたします。

 
調整後行使価額


 
調整前行使価額


×

既発行株式数

新発行株式数×1株当たり払込金額

新規発行前の株価

既発行株式数+新発行株式数

 

     なお、上記の算式において「既発行株式数」とは、調整後の払込金額が適用される前日における当社の発行済株式総数から同日における当社の保有する自己株式の総数を控除した数とし、自己株式を処分する場合には、「新発行株式数」を「処分する自己株式数」に、「1株当たり発行価額」を「1株当たり譲渡価格」に、それぞれ読み替えます。
 また、新株予約権の発行日以降、当社が株式分割または株式併合を行う場合は、次の算式により払込金額を調整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げます。

調整後行使価額

調整前行使価額

×

分割・併合の比率

 

(注2) 「新株予約権の数」及び「新株予約権の目的となる株式の数」は、退職等の理由により権利を喪失したものを減じた数であります。

 

 

(第十七回新株予約権)

取締役会の決議日(2020年4月15日)

付与対象者の区分及び人数(名)

子会社取締役1、従業員19、子会社従業員1

 

事業年度末現在
(2021年3月31日)

提出日の前月末現在
(2021年5月31日)

新株予約権の数(個)

459 (注2)

459

新株予約権の目的となる株式の種類

普通株式

同 左

新株予約権の目的となる株式の数(株)

45,900 (注2)

45,900

新株予約権の行使時の払込金額(円)

880

880

新株予約権の行使期間

2023年4月16日~
2026年4月15日

同 左

新株予約権の行使により株式を発行する場合の
株式の発行価格及び資本組入額(円)

発行価格   880
資本組入額  440

発行価格   880

資本組入額  440

新株予約権の行使の条件

(注1)

同 左

新株予約権の譲渡に関する事項

本新株予約権を譲渡するにあたっては当社取締役会の承認を要するものとする。

同 左

組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に
関する事項

 

(注1)  新株予約権者は、権利行使時において、会社又は関係会社の取締役、監査役、顧問もしくは従業員の地位にあることを要します。その他の条件については、取締役会決議に基づき、当社と新株予約権の割当を受けたものとの間で締結する「新株予約権割当契約書」に定めるものといたします。
新株予約権の相続はこれを認めません。
各新株予約権の質入その他一切の処分は認めないものといたします。
当社が新株予約権の発行日以降、当社が株式分割または株式併合を行う場合は、次の算式により未行使の新株予約権の目的たる株式の数につき調整を行い、調整により生じる1株未満の株式は切り捨てます。
調整後株式数=調整前株式数×分割・併合の比率
 また、当社が合併する場合、株式交換を行う場合、会社分割を行う場合、その他必要と認められる場合には、取締役会の決議をもって適当と認める新株予約権の目的たる株式数の調整を行います。
 新株予約権の発行日以降、当社が時価を下回る価額をもって株式の発行又は自己株式の処分を行う場合(時価発行として行う公募増資、新株予約権付社債又は2002年4月1日改正前の旧商法第280条ノ19に定める新株引受権の行使によるもの、並びに合併、株式交換及び会社分割に伴うものを除く)には、次の算式により払込金額を調整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げます。調整後の払込金額は、株主割当日があるときはその日、それ以外のときは払込期日の翌日以降に適用いたします。

 
調整後行使価額


 
調整前行使価額


×

既発行株式数

新発行株式数×1株当たり払込金額

新規発行前の株価

既発行株式数+新発行株式数

 

     なお、上記の算式において「既発行株式数」とは、調整後の払込金額が適用される前日における当社の発行済株式総数から同日における当社の保有する自己株式の総数を控除した数とし、自己株式を処分する場合には、「新発行株式数」を「処分する自己株式数」に、「1株当たり発行価額」を「1株当たり譲渡価格」に、それぞれ読み替えます。
 また、新株予約権の発行日以降、当社が株式分割または株式併合を行う場合は、次の算式により払込金額を調整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げます。

調整後行使価額

調整前行使価額

×

分割・併合の比率

 

(注2) 「新株予約権の数」及び「新株予約権の目的となる株式の数」は、退職等の理由により権利を喪失したものを減じた数であります。

 

② 【ライツプランの内容】

該当事項はありません。

 

③ 【その他の新株予約権等の状況】

    該当事項はありません。

 

(3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

  該当事項はありません。 

 

(4) 【発行済株式総数、資本金等の推移】

 

年月日

発行済株式
総数増減数
(株)

発行済株式
総数残高
(株)

資本金増減額
 
(千円)

資本金残高
 
(千円)

資本準備金
増減額
(千円)

資本準備金
残高
(千円)

2016年4月1日~
2017年3月31日(注)1

73,700

4,314,800

20,099

757,744

20,099

677,744

2017年4月1日~
2018年3月31日(注)1

37,800

4,352,600

18,096

775,841

18,096

695,841

2018年4月1日~

2019年3月31日(注)1

43,300

4,395,900

21,860

797,701

21,860

717,701

2019年4月1日~

2020年3月31日(注)1

20,200

4,416,100

11,938

809,639

11,938

729,639

 

(注)1.新株予約権(ストックオプション)の権利行使による増加であります。

2.2021年4月1日~2021年5月31日までの間に、新株予約権の行使により、発行済株式総数が16,700株、資本金及び資本準備金がそれぞれ10,187千円増加しております。

 

(5) 【所有者別状況】

2021年3月31日現在

区分

株式の状況(1単元の株式数100株)

単元未満
株式の状況
(株)

政府及び
地方公共
団体

金融機関

金融商品
取引業者

その他の
法人

外国法人等

個人
その他

個人以外

個人

株主数
(人)

3

19

13

10

2

1,867

1,914

所有株式数
(単元)

750

1,640

1,795

446

7

39,404

44,042

11,900

所有株式数
の割合(%)

1.70

3.72

4.08

1.01

0.02

89.47

100.00

 

(注) 1. 自己株式15,775株は、「個人その他」に157単元、「単元未満株式の状況」に75株含まれております。

2.上記「その他の法人」には、株式会社証券保管振替機構名義の株式が6単元含まれております。

 

 

(6) 【大株主の状況】

2021年3月31日現在

氏名又は名称

住所

所有株式数
(株)

発行済株式
(自己株式を
除く。)の総数
に対する所有株式数の割合(%)

小髙 得央

兵庫県芦屋市

1,850,800

42.06

佐藤 弘之

大阪府吹田市

179,500

4.08

上田八木短資株式会社

大阪府大阪市中央区高麗橋2丁目4-2

170,800

3.88

岩橋 陽介

東京都中野区

120,700

2.74

早川 満

三重県名張市

106,620

2.42

東ヶ崎 尚美

茨城県小美玉市

93,080

2.12

楽天証券株式会社

東京都港区南青山2丁目6番21号

80,100

1.82

日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口)

東京都港区浜松町2丁目11番3号

67,300

1.53

原田 正剛

徳島県海部郡牟岐町

43,100

0.98

古舘 道子

茨城県土浦市

38,680

0.88

2,750,680

62.51

 

(注) 1.上記の他当社所有の自己株式15,775株があります。

 

(7) 【議決権の状況】

① 【発行済株式】

2021年3月31日現在

区分

株式数(株)

議決権の数(個)

内容

無議決権株式

議決権制限株式(自己株式等)

議決権制限株式(その他)

完全議決権株式(自己株式等)

(自己保有株式)

普通株式

15,700

 

完全議決権株式(その他)

普通株式

4,388,500

 

43,885

単元未満株式

普通株式

11,900

 

発行済株式総数

4,416,100

総株主の議決権

43,885

 

(注) 「完全議決権株式(その他)」欄の普通株式には、株式会社証券保管振替機構名義の株式が600株(議決権6個)

  含まれております。

 

 

② 【自己株式等】

2021年3月31日現在

所有者の氏名
又は名称

所有者の住所

自己名義
所有株式数
(株)

他人名義
所有株式数
(株)

所有株式数
の合計
(株)

発行済株式総数
に対する所有
株式数の割合(%)

(自己保有株式)

株式会社アテクト

滋賀県東近江市上羽田町3275番地1

15,700

15,700

0.35

15,700

15,700

0.35

 

 

2 【自己株式の取得等の状況】

 

【株式の種類等】

会社法第155条第7号による普通株式の取得

 

 

(1) 【株主総会決議による取得の状況】

該当事項はありません。

 

(2) 【取締役会決議による取得の状況】

該当事項はありません。

 

(3) 【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

 

区分

株式数(株)

価額の総額(千円)

当事業年度における取得自己株式

87

81

当期間における取得自己株式

 

(注) 当期間における取得自己株式には、2021年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りによる株式数は含めておりません。

 

(4) 【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

 

区分

当事業年度

当期間

株式数(株)

処分価額の総額
(千円)

株式数(株)

処分価額の総額
(千円)

引き受ける者の募集を行った
取得自己株式

消却の処分を行った取得自己株式

合併、株式交換、株式交付、
会社分割に係る移転を行った
取得自己株式

その他

保有自己株式数

15,775

15,775

 

(注) 当期間における保有自己株式には、2021年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取り及び売渡による株式数は含めておりません。

 

 

3 【配当政策】

当社は、株主の皆様への利益還元を経営上の重要な課題の一つとして考えており、業績の伸長に合わせて、長期的な視野に立ち、安定的かつ継続的な利益還元を行うことを基本方針としております。

当事業年度の期末配当につきましては、当期の業績を勘案するとともに、新型コロナウイルスの感染再拡大による将来の先行きが不確実な中、内部留保により資金を確保し、新たな中期経営計画『VISION25/30』を着実に進めるため、1株あたり5円とさせていただきます。

また、当社は2008年6月26日の定時株主総会において、剰余金の配当等会社法第459条第1項各号に定める事項については、法令に別段の定めがある場合を除き、取締役会の決議によって定め、株主総会の決議によらない旨を定款に定めております。また中間配当の基準日は毎年9月末日とし、それ以外に別途基準日を定めて剰余金の配当をすることができる旨を定款に定めております。なお、当面は従来どおり期末日を基準日とした年1回の配当を継続してまいります。

(注) 基準日が当事業年度に属する剰余金の配当は、以下のとおりであります。

決議年月日

配当金の総額
(百万円)

1株当たり配当額(円)

2021年5月11日

取締役会決議

22

5

 

 

 

4 【コーポレート・ガバナンスの状況等】

(1) 【コーポレート・ガバナンスの概要】

 ①コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

当社は、経営の効率性、透明性を高め、迅速な意思決定を行い、安全かつ健全な事業活動を通じ、業績の向上を実現しながら、企業価値を高めていくことを、コーポレート・ガバナンスの基本的な考えとしております。

 

②企業統治の体制

   〈概要及び当該体制を採用する理由〉

当社は監査役並びに監査役会設置会社であります。本報告書提出日現在(2021年6月23日現在)、取締役は4名(うち社外取締役1名)、監査役は3名(うち社外監査役3名)であり、会社機関の内容につきましては以下のとおりであります。

 


 

(その他の事項)

   ・内部統制システムの整備状況

当社は取締役会において内部統制システムに関する基本方針、すなわち取締役の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制、その他会社の業務の適正を確保するための体制について定めております。
 グループ全体のコンプライアンスやリスク管理を統括するコンプライアンス・人事評価報酬委員会を設置し、役職員の教育を実施しております。
 また、法令違反その他のコンプライアンスに関する事実については、コンプライアンス担当取締役等を情報受領者とする社内通報制度(ホットライン制度)を設置し運用しております。
 以上のグループ全体の内部統制システム及びその運用については、内部統制室が評価し、その結果を代表取締役社長に報告しております。

   ・リスク管理体制の整備状況

内部統制室による内部統制評価及びコンプライアンス・人事評価報酬委員会でのリスクの指摘に対し、取締役及びラインへのフィードバックを行い対応を検討しております。

   ・子会社の業務の適正を確保するための体制整備の状況

当社は、適正なグループ経営を推進するため、子会社管理規程を定め、グループ各社の自主性を尊重しつつ、重要事項の執行については同規程に従いグループ各社から当社への事前相談を行わせ、必要に応じて親会社の稟議決裁を受けなければならないこととしております。また、人事においても、グループ各社の取締役については、その半数以上を当社から就任させなければならないこととし、当社の関与のもとグループ経営の適正な運営を確保しております。

 

(責任限定契約について)

当社と社外取締役及び社外監査役は、会社法第427条第1項の規定に基づき、同法第423条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結しております。当社の社外取締役及び社外監査役は、会社法第423条第1項の責任につき、会社法第425条第1項に規定する最低責任限度額をもって、損害賠償責任の限度としております。

 

(役員等賠償責任保険契約について)

当社は、会社法第430条の3に規定する下記の役員等賠償責任保険(D&O保険)契約を締結しております。なお、2021年9月1日に当該保険契約を同内容で更新する予定であります。

(a) 被保険者の範囲

当社および子会社の役員、管理職従業員

(b) 保険契約の内容の概要

a. 被保険者の実質的な保険料負担割合

    保険料は特約部分も含め会社負担としており、被保険者の実質的な保険料負担はない。

b. 填補の対象となる保険事故の概要

       特約部分も合わせ、被保険者である役員等がその職務の執行に関し責任を負うことまたは当該責任の追

      及に係る請求を受けることによって生ずることのある損害について填補する。ただし、法令違反の行為で

      あることを認識して行った行為の場合等一定の免責事由がある。

c. 役員等の職務の適正性が損なわれないための措置

       保険契約に免責額の定めを設けており、当該免責額までの損害については填補の対象としないこととし

          ている。

 

③取締役に関する事項

当社の取締役会は4名の取締役で構成され、うち3名が当社の業務執行を担当し、1名は社外取締役であります。取締役会は月1回以上開催されますが、経営上の重要課題に迅速に対応するため、適宜に臨時取締役会を開催しております。

取締役の経営責任を明確にし、経営環境の変化に迅速に対応可能な経営体制を構築するため、取締役の任期を選任後1年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会終結の時までと定めております。 

 取締役は10名以内とする旨を定款で定めております。

取締役選任決議は、株主総会において議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行うこととし、累積投票によらないものとする旨を定款で定めております。

 (a) 自己株式の取得

当社は、自己の株式の取得について、経済情勢の変化に対応して財務政策等の経営諸施策を機動的に遂行することを可能とするため、会社法第165条第2項の規定に基づき、取締役会の決議によって市場取引等により自己の株式を取得することができる旨を定款で定めております。

 (b) 剰余金の配当

当社は、株主への機動的な利益還元の実施を可能にするため、剰余金の配当等会社法第459条第1項各号に定める事項については、法令に別段の定めがある場合を除き、取締役会の決議によって定め、株主総会の決議によらない旨を定款に定めております。また中間配当の基準日は毎年9月末日とし、それ以外に別途基準日を定めて剰余金の配当をすることができる旨を定款に定めております。

コンプライアンスに関する課題を検討し、発生リスクを事前に回避することと、取締役等の人事評価及び報酬を審議するために、コンプライアンス・人事評価報酬委員会を取締役会内に設置し、適宜開催しております。

執行の最高意思決定機関として経営執行委員会を置き、委員を執行役員として毎月1回開催しております。経営執行委員会では経営方針をはじめとした重要事項の意思決定を行うとともに、取締役会への上程事項の審議等をしております。
 また、常勤役員、執行役員、部長その他管理職で構成される業績実績会議、製販会議及び原価会議がそれぞれ月1回開催され、業績管理及び施策の検討等を行っております。

 

 ④株主総会決議に関する事項

    株主総会の特別決議要件

当社は、会社法第309条第2項の規定に定める特別決議については、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨、定款で定めております。これは、株主総会における特別決議の定足数の確保を容易にし、会社意思の決定の迅速化と適切な対応ができることを目的としています。

 

 

(2) 【役員の状況】

①役員一覧

男性6名 女性1名 (役員のうち女性の比率14.2%)

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数
(株)

取締役会長

小 髙 得 央

1962年6月17日

1986年4月

三井物産㈱入社

1995年1月

消滅会社㈱フルステリ
代表取締役社長就任

1997年3月

消滅会社大日実業㈱
代表取締役社長就任

1997年8月

消滅会社大日化成工業㈱
代表取締役社長就任

2006年6月

㈱アテクト

代表取締役社長就任

2007年5月

㈱アテクトコリア
代表取締役就任

2010年1月

アテクト・プログレッシヴ・アンド・イノヴェイティヴ・マニュファクチャリング㈱(現㈱アテクトエンジニアリング)代表取締役社長就任

2010年8月

上海昂統快泰商貿有限公司

董事長就任

2010年11月

安泰科科技股份有限公司董事長就任

2019年7月

 安泰科科技股份有限公司

 董事就任(現任)

2021年6月

 当社取締役会長就任(現任)

(注)3

1,850,800

代表取締役社長執行役員

香 川 恵 一

1962年7月31日

1985年4月

日本ビクター㈱ 入社

1989年4月

太陽誘電㈱ 総合研究所 入社

2006年7月

同社子会社㈱ザッツ福島
代表取締役就任

2010年11月

同社記録メディア事業本部
部長就任

2011年4月

当社入社 生産技術ディヴィジョン リーダー就任

2011年10月

安泰科科技股份有限公司董事就任 

 

㈱アテクトコリア取締役就任

2012年2月

アテクト・プログレッシヴ・アンド・イノヴェイティヴ・マニュファクチャリング㈱(現㈱アテクトエンジニアリング)取締役就任

2012年6月

当社取締役就任

2013年6月

当社専務取締役就任

2018年6月

当社代表取締役専務就任

 2019年7月

㈱アテクトコリア

代表取締役就任(現任)

㈱アテクトエンジニアリング

代表取締役社長就任(現任)

 上海昂統快泰商貿有限公司

 董事長就任(現任)

安泰科科技股份有限公司

董事長就任(現任)

 2020年4月

当社代表取締役副社長就任

 2021年6月

当社代表取締役社長執行役員

就任(現任)

(注)3

13,200

取締役専務執行役員
(常勤)

古 田 芳 浩

1954年9月22日

1978年4月

松下電工㈱入社

2008年6月

同社取締役就任

2009年4月

パナソニック㈱システム ・設備事業推進本部 副本部長就任

2011年6月

同社常任監査役就任

2015年6月

同社顧問就任

2016年6月

当社監査役就任

2018年3月

㈱アテクトコリア監査役就任(現任)

2018年3月

㈱アテクトエンジニアリング

監査役就任

2018年6月

当社取締役就任

2019年7月

㈱アテクトエンジニアリング

取締役就任(現任)

2021年6月

当社取締役専務執行役員

就任(現任)

(注)3

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数
(株)

取締役

村 山 憲 司

1952年6月8日

1975年4月

三菱銀行㈱入行

1998年1月

東京三菱銀行北畠支店長

1999年10月

同行今里支社長

2001年4月

同行東大阪支社長

2003年3月

同行梅田支社長

2005年4月

中央青山監査法人 事業開発部ディレクター

2007年2月

萬世電機㈱管理本部長

2007年6月

同社取締役管理本部長

2009年6月

同社常務取締役管理本部長

2014年4月

同社常務取締役管理本部長兼経営企画部長

 2019年7月

㈱クリハラント(現任)

㈱NSC顧問(現任)

植田建設工業㈱(現任)

 2020年6月

当社取締役就任(現任)

(注)3

1,000

監査役
(常勤)

樋 口 善 久

1958年1月27日

1980年4月

松下電器産業㈱(現パナソニック㈱)入社

1989年1月

マレーシア松下テレビ㈱ 出向

1992年5月

オーストラリア松下電器㈱ 出向

1998年3月

松下電器産業㈱(現パナソニック㈱)本社経理部

2008年5月

パナソニックノースアメリカ㈱  北米業績管理部長 出向

2011年9月

パナソニック㈱本社 監査役室

2018年4月

松下不動産㈱総務部長

2020年6月

当社監査役就任(現任)

(注)4

監査役

草 地 邦 晴

1968年7月11日

1997年4月

御池総合法律事務所入所

2001年4月

同事務所パートナー就任(現任)

2017年6月

当社監査役就任(現任)

(注)5

監査役

橋 本 良 子

1960年5月19日

1983年3月

松下電工㈱入社

2010年4月

パナソニック電工創研㈱ 出向

2016年4月

立命館大学イノベーション・マネジメント研究センター客員研究員

(現任)

2017年4月

大阪成蹊大学教授

2018年4月

立命館大学大学院経営管理研究科

非常勤講師(現任)

2019年4月

事業構想大学院大学教授(現任)

2020年6月

当社監査役就任(現任)

(注)6

1,865,000

 

(注) 1. 取締役 村山憲司氏は、社外取締役であります。

2.監査役 樋口善久氏、草地邦晴氏及び橋本良子氏は、社外監査役であります。

3. 取締役の任期は、2021年3月期に係る定時株主総会終結の時から2022年3月期に係る定時株主総会終結の時までであります。

4. 監査役 樋口善久氏の任期は、2020年3月期に係る定時株主総会終結の時から2024年3月期に係る定時株主総会終結の時までであります。

5. 監査役 草地邦晴氏の任期は、2021年3月期に係る定時株主総会終結の時から2025年3月期に係る定時株主総会終結の時までであります。

6.監査役 橋本良子氏の任期は、2020年3月期に係る定時株主総会終結の時から2024年3月期に係る定時株主総会終結の時までであります。

7.所有株式は2021年3月31日時点のものであります。

 

② 社外取締役及び社外監査役

当社の社外取締役は1名、社外監査役は3名であります。

当社における社外取締役である村山憲司氏は、金融機関における永年の法人取引経験の他、上場会社管理部門長として経営全般に携わってきた豊富な経験と幅広い見識を経営全般に反映していただくことを企図し選任しております。また、当社は同氏を株式会社東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に対し独立役員として届け出ております。

社外監査役である樋口善久氏は、上場会社であるパナソニック株式会社及び関連会社の経理部門での豊富な経験と財務及び会計に関する相当程度の知見を有しており、幅広い見識を経営全般に反映していただくことを企図し選任しております。また、当社は同氏を株式会社東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に対し独立役員として届け出ております。

社外監査役である草地邦晴氏は、弁護士の資格を有しており、法務に関する知見を経営に反映していただくことを企図し選任しております。また、当社は同氏を株式会社東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に対し独立役員として届け出ております。

社外監査役である橋本良子氏は、上場会社であった松下電工株式会社の事業企画部門等での豊富な経験及び大学教授としての専門的な見識を経営全般に反映していただくことを企図し選任しております。また、当社は同氏を株式会社東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に対し独立役員として届け出ております。

当社と社外取締役及び社外監査役との人間関係、資本的関係又は取引関係その他の利害関係については、特別な利害関係はありません。

社外取締役及び社外監査役は高い独立性及び専門的な知見に基づく、客観的かつ適切な監視、監督により、当社グループの企業統治の有効性を高める機能及び役割を担っております。
  当社は、社外取締役及び社外監査役を選任するための独立性に関する基準又は方針を定めてはおりませんが、選任にあたっては東京証券取引所の独立役員の独立性に関する判断基準等を参考にしております。

監査役と会計監査人との相互連携につきましては、情報交換会を年数回開催し、お互いの連携をとっております。また、監査役と内部統制室においても同様に行っております。一方、内部統制室と会計監査人との相互連携についても、適宜情報交換を必要の都度行っております。
 なお、これらの監査については、取締役会及び内部統制室を通じて責任者に対して適宜報告がなされております。また、同様に社外監査役に対しても、取締役会、監査役会において適宜報告及び意見交換がなされております。

 

 

(3) 【監査の状況】

① 監査役監査の状況

当社における監査役監査は、監査役が取締役会への出席、決裁書の閲覧などを通じ、取締役会の意思決定及び取締役の職務執行状況について監査しております。
 監査役会は3名の監査役で構成され、監査役3名のうち1名が常勤監査役、2名が非常勤監査役であります。各監査役は監査役会で定めた監査方針、業務分担に従い、取締役会や監査業務上必要な会議への出席、取締役からの報告、各業務執行部門との意見交換、会計監査人・内部統制室との連絡・協議を通して監視・検証しております。

当事業年度において当社は監査役会を月1回以上開催しており、個々の監査役の監査役会及び取締役会の出席状況については次のとおりであります。

役職名

氏名

当該事業年度の出席率

監査役会

取締役会

独立社外常勤監査役

樋口善久

 93%(15回/16回)

 92%(12回/13回)

独立社外監査役

草地邦晴

100%(19回/19回)

100%(17回/17回)

独立社外監査役

橋本良子

 93%(15回/16回)

92%(12回/13回)

常勤監査役

樋野勝秀

100%(3回/3回)

100%(4回/4回)

独立社外監査役

内海和夫

100%(3回/3回)

 75%(3回/4回)

 

(注)1.樋口善久氏、橋本良子氏につきましては、2020年6月23日就任後の状況を記載しております。

    2.樋野勝秀氏は2020年3月期に係る定時株主総会終結の時をもって、辞任しております。

   3.内海和夫氏は2020年3月期に係る定時株主総会終結の時をもって、退任しております。

監査役会における主な検討事項として取締役の職務執行の適法性・妥当性、会社財産の保全・管理及び内部統制の有効性等の検証等であります。

また、常勤の監査役の活動として、重要な会議への出席、重要な決裁書類等の閲覧、事業所・子会社等の往査、監査環境の整備等により、幅広い情報を収集し、監査役会等において結果を報告し、情報の共有に努めております。

 

② 内部監査の状況

当社における内部監査は、取締役会のもとに内部統制室を設置し、要員1名を配置しております。監査役と緊密に情報交換を行いながら法規制及び社内ルールの遵守、重要業務の業務監査及び内部統制制度の有効性を評価し、改善の提言を行い財務報告の信頼性確保に努めております。

 

③  会計監査人の状況

(a) 監査法人の名称

 ひびき監査法人