EDINET閲覧(提出)サイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)をもとに上場企業サーチ作成

本ページはEDINETに提出された開示情報を上場企業サーチが加工/編集したものであり、記載された情報の正確性および完全性について上場企業サーチは一切の保証を行いません。本ページの情報を利用する際は自己の責任で判断頂き、意思決定に際しては適宜EDINETや提出会社が公開するオリジナルを参照する様にしてください。本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

【表紙】

 

【提出書類】

有価証券報告書

【根拠条文】

金融商品取引法第24条第1項

【提出先】

関東財務局長

【提出日】

2021年9月29日

【事業年度】

第59期(自 2020年7月1日 至 2021年6月30日)

【会社名】

東洋ドライルーブ株式会社

【英訳名】

TOYO DRILUBE CO.,LTD.

【代表者の役職氏名】

代表取締役社長  飯野 光彦

【本店の所在の場所】

東京都世田谷区代沢一丁目26番4号

【電話番号】

03-3412-5711

【事務連絡者氏名】

取締役管理部長  鈴木 茂生

【最寄りの連絡場所】

東京都世田谷区代沢一丁目26番4号

【電話番号】

03-3412-5711

【事務連絡者氏名】

取締役管理部長  鈴木 茂生

【縦覧に供する場所】

株式会社東京証券取引所

(東京都中央区日本橋兜町2番1号)

 

E01068 49760 東洋ドライルーブ株式会社 TOYO DRILUBE CO.,LTD. 企業内容等の開示に関する内閣府令 第三号様式 Japan GAAP true CTE CTE 2020-07-01 2021-06-30 FY 2021-06-30 2019-07-01 2020-06-30 2020-06-30 1 false false false E01068-000 2020-07-01 2021-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01068-000 2020-07-01 2021-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E01068-000 2020-07-01 2021-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember E01068-000 2020-07-01 2021-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01068-000 2020-07-01 2021-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E01068-000 2020-07-01 2021-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ReserveForAdvancedDepreciationOfNoncurrentAssetsMember E01068-000 2020-07-01 2021-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:GeneralReserveMember E01068-000 2020-07-01 2021-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E01068-000 2020-07-01 2021-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E01068-000 2020-07-01 2021-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E01068-000 2020-07-01 2021-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E01068-000 2021-06-30 jpcrp_cor:No1MajorShareholdersMember E01068-000 2021-06-30 jpcrp_cor:No2MajorShareholdersMember E01068-000 2021-06-30 jpcrp_cor:No3MajorShareholdersMember E01068-000 2021-06-30 jpcrp_cor:No4MajorShareholdersMember E01068-000 2021-06-30 jpcrp_cor:No5MajorShareholdersMember E01068-000 2021-06-30 jpcrp_cor:No6MajorShareholdersMember E01068-000 2021-06-30 jpcrp_cor:No7MajorShareholdersMember E01068-000 2021-06-30 jpcrp_cor:No8MajorShareholdersMember E01068-000 2020-07-01 2021-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ReserveForSpecialDepreciationMember E01068-000 2020-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ReserveForSpecialDepreciationMember E01068-000 2019-07-01 2020-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01068-000 2019-07-01 2020-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E01068-000 2019-07-01 2020-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01068-000 2019-07-01 2020-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E01068-000 2019-07-01 2020-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E01068-000 2019-07-01 2020-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E01068-000 2019-07-01 2020-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember E01068-000 2019-07-01 2020-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01068-000 2019-07-01 2020-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E01068-000 2020-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E01068-000 2020-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E01068-000 2020-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember E01068-000 2020-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01068-000 2020-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E01068-000 2020-06-30 jppfs_cor:ReserveForAdvancedDepreciationOfNoncurrentAssetsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01068-000 2020-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:GeneralReserveMember E01068-000 2020-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E01068-000 2020-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01068-000 2020-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E01068-000 2020-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01068-000 2020-07-01 2021-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01068-000 2019-07-01 2020-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E01068-000 2021-09-29 E01068-000 2021-06-30 E01068-000 2020-07-01 2021-06-30 E01068-000 2020-06-30 E01068-000 2019-07-01 2020-06-30 E01068-000 2019-06-30 E01068-000 2018-07-01 2019-06-30 E01068-000 2018-06-30 E01068-000 2017-07-01 2018-06-30 E01068-000 2017-06-30 E01068-000 2016-07-01 2017-06-30 E01068-000 2021-09-29 jpcrp_cor:Row1Member E01068-000 2021-09-29 jpcrp_cor:Row2Member E01068-000 2021-09-29 jpcrp_cor:Row3Member E01068-000 2021-09-29 jpcrp_cor:Row4Member E01068-000 2021-09-29 jpcrp030000-asr_E01068-000:MitsuhikoIinoMember E01068-000 2021-09-29 jpcrp030000-asr_E01068-000:MakotoYanagiMember E01068-000 2021-09-29 jpcrp030000-asr_E01068-000:ShigeoSuzukiMember E01068-000 2021-09-29 jpcrp030000-asr_E01068-000:AkihitoKobayashiMember E01068-000 2021-09-29 jpcrp030000-asr_E01068-000:KazuhikoMutouMember E01068-000 2021-09-29 jpcrp_cor:Row5Member E01068-000 2020-07-01 2021-06-30 jpcrp_cor:DirectorsExcludingAuditAndSupervisoryCommitteeMembersAndOutsideDirectorsMember E01068-000 2020-07-01 2021-06-30 jpcrp_cor:DirectorsAppointedAsAuditAndSupervisoryCommitteeMembersExcludingOutsideDirectorsMember E01068-000 2020-07-01 2021-06-30 jpcrp_cor:OutsideDirectorsAndOtherOfficersMember E01068-000 2021-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E01068-000 2021-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01068-000 2021-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E01068-000 2021-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember E01068-000 2021-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01068-000 2021-06-30 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01068-000 2021-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ReserveForAdvancedDepreciationOfNoncurrentAssetsMember E01068-000 2021-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:GeneralReserveMember E01068-000 2021-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E01068-000 2021-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E01068-000 2021-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E01068-000 2021-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E01068-000 2020-07-01 2021-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01068-000 2020-07-01 2021-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E01068-000 2021-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01068-000 2019-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E01068-000 2019-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01068-000 2019-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E01068-000 2019-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E01068-000 2019-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E01068-000 2019-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E01068-000 2019-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember E01068-000 2019-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01068-000 2019-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E01068-000 2019-07-01 2020-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ReserveForAdvancedDepreciationOfNoncurrentAssetsMember E01068-000 2019-07-01 2020-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:GeneralReserveMember E01068-000 2019-07-01 2020-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E01068-000 2019-07-01 2020-06-30 jppfs_cor:TreasuryStockMember E01068-000 2019-07-01 2020-06-30 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01068-000 2019-07-01 2020-06-30 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E01068-000 2019-07-01 2020-06-30 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E01068-000 2019-07-01 2020-06-30 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E01068-000 2019-07-01 2020-06-30 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E01068-000 2020-06-30 jppfs_cor:CapitalStockMember E01068-000 2020-06-30 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01068-000 2020-06-30 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01068-000 2020-06-30 jppfs_cor:TreasuryStockMember E01068-000 2020-06-30 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01068-000 2020-06-30 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E01068-000 2020-06-30 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E01068-000 2020-06-30 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E01068-000 2020-06-30 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E01068-000 2019-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ReserveForAdvancedDepreciationOfNoncurrentAssetsMember E01068-000 2019-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:GeneralReserveMember E01068-000 2019-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E01068-000 2019-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01068-000 2020-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E01068-000 2020-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E01068-000 2021-06-30 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01068-000 2021-06-30 jppfs_cor:CapitalStockMember E01068-000 2021-06-30 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01068-000 2021-06-30 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01068-000 2021-06-30 jpcrp_cor:No9MajorShareholdersMember E01068-000 2021-06-30 jpcrp_cor:No10MajorShareholdersMember E01068-000 2019-07-01 2020-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ReserveForSpecialDepreciationMember E01068-000 2019-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ReserveForSpecialDepreciationMember E01068-000 2021-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ReserveForSpecialDepreciationMember E01068-000 2021-09-29 jpcrp030000-asr_E01068-000:MitsutoshiIinoMember E01068-000 2021-09-29 jpcrp030000-asr_E01068-000:KeisukeNishizawaMember E01068-000 2021-09-29 jpcrp030000-asr_E01068-000:HidemiYamaguchiMember E01068-000 2021-09-29 jpcrp030000-asr_E01068-000:TetsujiKajitaMember E01068-000 2021-06-30 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E01068-000 2021-06-30 jpcrp_cor:SharesWithNoVotingRightsMember E01068-000 2021-06-30 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsTreasurySharesEtcMember E01068-000 2021-06-30 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsOtherMember E01068-000 2021-06-30 jpcrp_cor:SharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E01068-000 2021-06-30 jpcrp_cor:OrdinarySharesTreasurySharesSharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E01068-000 2021-06-30 jpcrp_cor:SharesWithFullVotingRightsOtherMember E01068-000 2021-06-30 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsOtherMember E01068-000 2021-06-30 jpcrp_cor:SharesLessThanOneUnitMember E01068-000 2021-06-30 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesLessThanOneUnitMember E01068-000 2021-06-30 jpcrp_cor:Row1Member E01068-000 2021-06-30 jpcrp_cor:Row2Member E01068-000 2021-06-30 jpcrp_cor:Row3Member E01068-000 2021-06-30 jpcrp_cor:Row4Member E01068-000 2020-06-30 jpcrp_cor:Row1Member E01068-000 2020-06-30 jpcrp_cor:Row2Member E01068-000 2020-06-30 jpcrp_cor:Row3Member E01068-000 2020-06-30 jpcrp_cor:Row4Member E01068-000 2021-09-29 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E01068-000 2021-06-30 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E01068-000 2021-06-30 jppfs_cor:TreasuryStockMember E01068-000 2021-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01068-000 2020-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01068-000 2019-07-01 2020-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01068-000 2019-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01068-000 2018-07-01 2019-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01068-000 2018-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01068-000 2017-07-01 2018-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01068-000 2017-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01068-000 2016-07-01 2017-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01068-000 2019-06-30 jppfs_cor:CapitalStockMember E01068-000 2019-06-30 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01068-000 2019-06-30 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01068-000 2019-06-30 jppfs_cor:TreasuryStockMember E01068-000 2019-06-30 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01068-000 2019-07-01 2020-06-30 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01068-000 2019-06-30 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E01068-000 2019-07-01 2020-06-30 jppfs_cor:CapitalStockMember E01068-000 2019-06-30 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E01068-000 2019-06-30 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E01068-000 2019-06-30 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E01068-000 2019-07-01 2020-06-30 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01068-000 2021-06-30 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E01068-000 2020-07-01 2021-06-30 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01068-000 2021-06-30 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E01068-000 2021-06-30 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E01068-000 2020-07-01 2021-06-30 jppfs_cor:CapitalStockMember E01068-000 2020-07-01 2021-06-30 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01068-000 2020-07-01 2021-06-30 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01068-000 2020-07-01 2021-06-30 jppfs_cor:TreasuryStockMember E01068-000 2020-07-01 2021-06-30 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E01068-000 2020-07-01 2021-06-30 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E01068-000 2020-07-01 2021-06-30 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E01068-000 2020-07-01 2021-06-30 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember xbrli:pure iso4217:JPY iso4217:JPY xbrli:shares xbrli:shares

第一部【企業情報】

第1【企業の概況】

1【主要な経営指標等の推移】

(1)連結経営指標等

回  次

第55期

第56期

第57期

第58期

第59期

決算年月

2017年6月

2018年6月

2019年6月

2020年6月

2021年6月

売上高

(千円)

4,912,588

5,459,913

5,549,135

5,644,446

6,377,653

経常利益

(千円)

510,109

781,822

603,162

343,383

733,353

親会社株主に帰属する当期純利益

(千円)

361,603

583,931

505,427

261,920

452,997

包括利益

(千円)

220,775

625,755

401,927

165,939

553,013

純資産額

(千円)

6,242,467

6,820,558

7,168,414

7,281,392

7,781,444

総資産額

(千円)

8,238,996

8,578,376

8,935,573

8,911,927

9,760,228

1株当たり純資産額

(円)

4,710.70

5,147.50

5,414.08

5,499.40

5,875.97

1株当たり当期純利益金額

(円)

273.11

441.02

381.73

197.82

342.13

潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額

(円)

自己資本比率

(%)

75.7

79.4

80.2

81.7

79.7

自己資本利益率

(%)

5.9

8.9

7.2

3.6

6.0

株価収益率

(倍)

7.8

8.2

5.7

10.7

8.2

営業活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

611,131

573,049

537,042

590,350

690,773

投資活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

95,280

126,689

232,320

604,872

235,425

財務活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

21,942

207,256

264,831

57,768

141,198

現金及び現金同等物の期末残高

(千円)

3,037,066

3,287,691

3,790,859

3,687,838

4,542,442

従業員数

(人)

476

477

502

476

501

(外、平均臨時雇用者数)

(91)

(44)

(75)

(26)

(65)

(注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。

      2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

 

(2)提出会社の経営指標等

回  次

第55期

第56期

第57期

第58期

第59期

決算年月

2017年6月

2018年6月

2019年6月

2020年6月

2021年6月

売上高

(千円)

4,139,930

4,070,495

4,340,788

4,173,157

4,725,949

経常利益

(千円)

468,859

420,323

350,477

330,021

497,204

当期純利益

(千円)

322,782

305,608

249,561

170,536

265,678

資本金

(千円)

375,956

375,956

375,956

375,956

375,956

発行済株式総数

(株)

1,355,000

1,355,000

1,355,000

1,355,000

1,355,000

純資産額

(千円)

6,216,848

6,471,118

6,659,541

6,772,264

6,984,847

総資産額

(千円)

8,023,497

8,078,949

8,153,628

8,158,389

8,635,362

1株当たり純資産額

(円)

4,695.38

4,887.43

5,029.74

5,114.88

5,275.43

1株当たり配当額

(円)

34.00

38.00

39.00

40.00

41.00

(うち1株当たり中間配当額)

(17.00)

(19.00)

(19.00)

(20.00)

(20.00)

1株当たり当期純利益金額

(円)

243.79

230.82

188.49

128.80

200.66

潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額

(円)

自己資本比率

(%)

77.5

80.1

81.7

83.0

80.9

自己資本利益率

(%)

5.3

4.8

3.8

2.5

3.9

株価収益率

(倍)

8.7

15.7

11.5

16.5

14.0

配当性向

(%)

13.9

16.5

20.7

31.1

20.4

従業員数

(人)

141

133

138

134

130

(外、平均臨時雇用者数)

(46)

(41)

(47)

(24)

(42)

株主総利回り

(%)

168.0

287.6

177.7

177.6

233.4

(比較指標:JASDAQ INDEXスタンダード)

(%)

(132.9)

(157.7)

(136.2)

(151.3)

(174.3)

最高株価

(円)

2,225

6,530

3,765

2,802

3,000

最低株価

(円)

1,230

1,965

2,082

1,735

1,875

(注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。

2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

3.第55期の1株当たり配当額には、創立55周年記念配当2円を含んでおります。

4.最高株価及び最低株価は、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)におけるものであります。

5.株主総利回り及び比較指標の最近5年間の推移は以下のとおりであります。

0101010_001.png

2【沿革】

年  月

事  項

1962年7月

当社設立(資本金5,000千円)

米国Drilube社(現:All Metals Processing社)の販売代理店として、同社のドライルーブ製品の輸入販売を開始

1975年4月

神奈川県相模原市に橋本研究所完成、ドライルーブ製品の製造を開始

1980年8月

東京都世田谷区に本社新社屋完成

1982年8月

神奈川県相模原市に相模原工場完成、ドライルーブ製品のコーティング加工事業を開始

1985年3月

群馬県太田市に太田工場完成

1987年3月

神奈川県相模原市に相模原第二工場完成

1988年3月

愛知県春日井市に愛知工場完成

1989年10月

神奈川県愛甲郡愛川町に神奈川工場及び研究所完成、相模原工場・相模原第二工場を集約、橋本研究所移転

1998年8月

愛知県春日井市に愛知新工場完成、愛知工場を移転

2002年5月

香港に子会社の香港塗頼潤滑有限公司を設立

2002年6月

中国広東省中山市の中山市三民金属処理有限公司(現 関連会社)に資本参加

2003年3月

品質マネジメントシステムの国際規格ISO9001を認証取得

2003年12月

香港塗頼潤滑有限公司を清算

2004年8月

群馬県太田市に群馬工場完成、太田工場を移転

2004年8月

中国江蘇省昆山市に合弁会社の昆山三民塗頼電子材料技術有限公司を設立(合弁相手会社:香港三和金属処理有限公司)

2004年10月

環境マネジメントシステムの国際規格ISO14001を認証取得

2006年8月

昆山三民塗頼電子材料技術有限公司(現 関連会社)の工場設備竣工、操業を開始

2008年1月

中国広東省広州市に子会社の広州徳来路博科技有限公司(現 連結子会社)を設立

2008年2月

ジャスダック証券取引所に株式を上場

2010年4月

ジャスダック証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、大阪証券取引所JASDAQ市場に上場

2010年7月

タイ国チョンブリー県にDRILUBE(THAILAND)CO.,LTD.

(ドライルーブ・タイランド)(現 連結子会社)を設立

2013年3月

ベトナム社会主義共和国ハナム省に子会社のDRILUBE VIETNAM CO.,LTD.

(ドライルーブ・ベトナム)(現 連結子会社)を設立

2013年7月

東京証券取引所と大阪証券取引所の統合に伴い、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に上場

2019年4月

長野県上伊那郡箕輪町の長野ドライルーブ株式会社を連結子会社化

2020年6月

大分県中津市に大分ドライルーブ株式会社を設立

 

3【事業の内容】

当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(東洋ドライルーブ株式会社)・子会社5社及び関連会社2社により構成されており、ドライルーブ製品の開発・製造・販売及びドライルーブ製品の自動車機器、電気・電子機器の駆動伝達部等へのコーティング加工並びにドライルーブ製品のコーティング加工法の技術指導を主たる業務としております。

当社グループの事業内容及び当社と関係会社の当該事業に係る位置付けは次のとおりであります。

国内においては、当社がドライルーブ製品の開発・製造・販売、ドライルーブ製品のコーティング加工、ドライルーブ製品のコーティング加工法の技術指導を行い、長野ドライルーブ株式会社及び大分ドライルーブ株式会社はドライルーブ製品のコーティング加工を行います。海外(中国・タイ・ベトナム)においては、子会社の広州徳来路博科技有限公司及びドライルーブ・タイランド、ドライルーブ・ベトナム、関連会社の中山市三民金属処理有限公司及び昆山三民塗頼電子材料技術有限公司がドライルーブ製品のコーティング加工を行います。

(1) ドライルーブ製品の開発・製造・販売

 当社グループは二硫化モリブデン、フッ素樹脂、グラファイト等の主要成分とポリアミドイミド、エポキシ等の樹脂系結合剤を溶剤中に均一に分散させる配合技術・分散技術の研究開発を行い、ドライルーブ製品の開発・製造・販売を行っております。

 当社グループが製造するドライルーブ製品は、スプレー法、印刷法、浸漬法、ディスペンサーまたはスピンコート等により機器にコーティングされ、コーティング後焼成されることにより機器の金属、プラスチック、ゴム等の素材上に潤滑耐久性、低摩擦性、非粘着性、電気的特性等の機能を有する薄いフィルム状の強固な被膜を形成させることが可能です。主要な顧客は自動車機器、光学機器メーカー等の業界であります。

(2) ドライルーブ製品のコーティング加工

 当社・子会社5社及び関連会社2社は、当社が製造したドライルーブ製品の機器へのコーティング加工を行っております。

 主要な顧客は、自動車機器、光学機器、電気・電子機器、OA機器メーカー等でありますが、特に最近は省エネ及び環境保全関連の技術革新が顕著である自動車機器向けのコーティング加工が増加しております。

 なお、ドライルーブ製品を構成する主成分に応じた、代表的な加工の対象となる機器の分類を示すと以下のとおりとなります。

構成主成分

加工対象機器

二硫化モリブデン

ワイパーブレード(注1)のフロントガラスとの摩擦部、キャブレター(注2)のバルブ部、ポンプのゴム粘着部等の高荷重低摩擦性、非粘着性等の性能が要求される自動車機器、電気・電子機器等

フッ素樹脂

燃料給排気等の自動制御機器の主要部、パワーステアリング(注3)・ミッション(注4)等の駆動伝達部、電子機器のキーボード・パネルスイッチ等の低荷重高耐久性、非粘着性等の性能が要求される自動制御機器、電気・電子機器、OA機器等

グラファイト

ワイパーブレードの駆動支持部の軸受け、CD・DVDプレーヤーの読取装置部、デジタルカメラのズームやシャッターの駆動部、カメラレンズの光量調節部等の高荷重高耐久性等の性能が要求される自動車機器、光学機器、電気・電子機器等

 (注)1.ワイパーブレードは、往復回転運動によりガラス面上の雨・ほこり等を取りながらガラス表面に薄く均一な水の膜を作りクリアな視界を確保するものです。

2.キャブレターは、空気に燃料であるガソリンを混ぜてシリンダーに送り込む装置で、気化器と訳されています。実際には霧吹きの原理によって空気中にガソリンを霧のように細かい粒にして混ぜるものです。

3.パワーステアリングは、運転者の操舵を補助する機構であり、この機構により運転者は軽い力で操舵することができます。

4.ミッションとは、走行速度に合わせてギアのポジションを操作し、大きなギアと小さなギアを組み合わせて回転をスムーズにする装置で、マニュアルトランスミッションとオートマトランスミッションがあります。

(3) ドライルーブ製品のコーティング加工法の技術指導

当社は、ドライルーブ製品のコーティング加工を行う会社に対して、コーティング加工法の技術指導を行っております。当社が独自に開発したコーティング設備を提供して技術指導を実施することが当事業の特徴となっております。

[事業系統図]

 事業の系統図は次のとおりであります。

0101010_002.png

 

4【関係会社の状況】

名  称

所在地

資本金

主要な事業の内容

議決権の

所有割合(%)

関係内容

(連結子会社)

 

 

 

 

 

広州徳来路博科技有限公司

(注)2

中華人民共和国広東省広州市

252万米ドル

ドライルーブ製品のコーティング加工

100.0

当社ドライルーブ製品を販売しております。

役員が兼任しております。

DRILUBE(THAILAND)CO.,LTD.

(注)2.3

タイ国

チョンブリー県

18,300万THB

ドライルーブ製品のコーティング加工・表面処理加工

99.9

(2.3)

当社ドライルーブ製品を販売しております。

役員が兼任しております。

資金支援あり。

DRILUBE VIETNAM CO.,LTD.

(注)2

ベトナム社会主義共和国

ハナム省

240万米ドル

ドライルーブ製品のコーティング加工・表面処理加工

100.0

当社ドライルーブ製品を販売しております。

役員が兼任しております。

資金支援あり。

長野ドライルーブ株式会社

長野県上伊那郡箕輪町

2,200万円

ドライルーブ製品のコーティング加工・表面処理加工

90.9

当社ドライルーブ製品を販売しております。

役員が兼任しております。

資金支援あり。

債務保証あり。

大分ドライルーブ株式会社

大分県中津市

2,000万円

ドライルーブ製品のコーティング加工・表面処理加工

100.0

当社ドライルーブ製品を販売しております。

役員が兼任しております。

資金支援あり。

(持分法適用関連会社)

 

 

 

 

 

中山市三民金属処理有限公司

中華人民共和国広東省中山市

300万米ドル

ドライルーブ製品のコーティング加工・金属熱処理

26.2

当社ドライルーブ製品を販売しております。

役員が兼任しております。

昆山三民塗頼電子材料技術有限公司

中華人民共和国江蘇省昆山市

600万米ドル

ドライルーブ製品のコーティング加工・金属熱処理

50.0

当社ドライルーブ製品を販売しております。

役員が兼任しております。

(注)1.有価証券届出書又は有価証券報告書を提出している会社はありません。

2.特定子会社に該当しております。

3.議決権の所有割合の( )内は、間接保有割合で内数であります。

 

5【従業員の状況】

(1) 連結会社の状況

当社グループは、ドライルーブ事業の単一セグメントであるため、セグメント情報に関連付けた記載を省略しております。

 

2021年6月30日現在

セグメントの名称

従業員数(人)

ドライルーブ事業

501

(65)

(注)  従業員数は常用パートを含んだ就業人員(当社グループからグループ外への出向者を除き、グループ外からグループへの出向者を含む。)であり、臨時雇用者数(人材派遣会社からの派遣社員)は、年間の平均人員を( )外数で記載しております。

(2) 提出会社の状況

当社は、ドライルーブ事業の単一セグメントであるため、セグメント情報に関連付けた記載を省略しております。

 

 

 

 

2021年6月30日現在

従業員数(人)

平均年齢(才)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(千円)

130

42

38.7

11.7

5,288

 

 

(注)1.従業員数は当社から社外への出向者を除き、常用パートを含んだ就業人員であり、臨時雇用者数(人材派遣会社からの派遣社員)は、年間の平均人員を( )外数で記載しております。

2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。

(3) 労働組合の状況

 労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しております。

第2【事業の状況】

1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。

 

(1) 経営方針

当社グループの製品:ドライルーブ(=摩擦摩耗抑止潤滑被膜)は、摩擦摩耗により発生するエネルギーのロスを減少させ、摩擦摩耗による性能の低下を防止します。また、ドライルーブ(=電気制御被膜)は、絶縁膜・導通膜などの機能を持ち、電気から発生するエネルギーを制御します。更にドライルーブ(=熱制御被膜)は、発熱被膜・放熱被膜・断熱被膜などを新たに開発しており、熱から発生するエネルギーを制御します。その他にも撥水撥油被膜、耐薬防錆被膜、光学用途被膜など8分類の製品ラインナップを揃え、各産業界の製品機能拡充に向けたキーテクノロジーの提供に努めております。

このように当社グループは、特殊な機能を有する被膜「ドライルーブ」を開発し、「省エネルギー」「環境保全」に貢献することにより、「人々の安全で豊かな生活を支える」ことを会社経営の基本方針としております。

(2) 目標とする経営指標

当社グループは、事業収益を安定的に確保し、企業の持続的成長を企図するために、売上総利益率・営業利益率・経常利益率等を常に意識した経営を行っております。また、研究開発体制の強化と生産体制の向上を図るためには先行した設備投資が必要であり、そのために営業活動によるキャッシュ・フローの収得額増強を図ります。また、良好な財務指標の維持に努め、健全な財務体質を堅持してまいります。

(3) 優先的に対処すべき事実上及び財務上の課題

世界経済は、新型コロナウイルス感染症に対して、ワクチン接種によりパンデミック収束への期待が高まっているものの、変異ウイルスを含めた感染拡大のみならず、景気回復の道筋に先進国であっても大きな差がみられるなど、国際情勢に重大な影響を及ぼす事象の発生が続いています。国内においても緊急事態宣言の再発令や延長による下押し圧力も加わり、景気の先行きの見通しは不透明感が強まっております。

このように世界的に厳しい経済環境にあって、当社グループが株主価値を向上させ、持続的成長を果たすために、事業(収益)構造を見直すとともに、「省エネルギー」「環境保全」に関連した事業への取り組みを強化することを中長期の経営戦略の中核としております。

そして、以下を対処すべき課題として取り組んでまいります。

①技術革新への挑戦

当社には二つのコアな技術があります。その一つはそれぞれ特性のある複数の物質を配合することにより特異な機能を有する被膜を開発する配合設計技術です。新規被膜の開発例として発熱被膜(特許取得)、LUBICK(速乾性潤滑被膜)シリーズ等が挙げられます。もう一つは微粒子や顔料等を液体中に凝集させずに安定的に分散させる分散技術です。これらの技術力を駆使して、市場が要求する機能を的確に捉えて新規製品を開発します。これからも製品開発を通して、摩擦摩耗、熱、電気のエネルギーのロスを制御し「省エネルギー」「環境保全」に貢献してまいります。

②生産性の向上

当社グループは様々な材質・形状の部品にドライルーブ被膜をコーティング加工しています。全工程での生産性向上を目指しておりますが、中でも力を入れているのは作業員が手作業で行っている「精密な加工部品の塗布用セッティング」と「コーティング加工後の検査」の工程にAIセンサーを搭載したロボットを導入して省力化・省人化を進めることです。また他の各工程内にも画像認識等のセンサー機器を導入しIoT化を進めております。

③新規営業戦略とアジア・グローバル戦略の展開

当社グループの主要な取引先である自動車関連機器業界は、今後の自動車市場における環境問題、省エネルギーへの関心の強まりを背景に、今後さらにHV・PHV・EV・FCVに転換が進むと見ております。このような変化に対応できるよう、当社グループはドライルーブ新機能製品の開発と営業展開を進めております。

また、新規分野の開拓にも鋭意尽力してまいります。従前から展開しておりますアジア・グローバル戦略について、自動車関連機器業界、電気・電子部品業界、光学機器業界等の新興国市場への進出に対応するため、東アジアおよびアセアン市場の拠点となる海外子会社を設立いたしました。また、国内子会社として2019年4月に長野ドライルーブ、2020年7月に大分ドライルーブを子会社化いたしました。

海外および国内子会社5社並びに持分法対象の中国の関連会社2社との連携に努め、当社グループ全体で海外市場、特にアジア・アセアン市場の深耕を一層強化してまいります。

④環境への対応

当社グループは地球環境の持続性を保つため、環境に配慮したドライルーブ製品の開発をおこない、ドライルーブ製品の製造からコーティング加工の各プロセスで発生する環境負荷物質の低減に取り組んでおります。

当社グループはドライルーブを普及させることにより摩擦・摩耗というロスを徹底的に減らして部品の耐久性を延ばすことで製品寿命を延ばします。ドライルーブ製品の開発と販売を通して持続可能な社会の実現に貢献いたします。

 

2【事業等のリスク】

有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、経営者が連結会社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると認識している主要なリスクは、以下のとおりであります。

(1) 特定業界への依存について

当社グループの売上高において、自動車関連業界への売上比率は合計で約72.9%と高率であり、自動車業界の生産高並びに1台当たりのコーティング加工の採用点数(額)の影響を大きく受けます。

市場動向に大きく影響を受け、世界的に自動車の生産が停滞した場合、特に国内自動車メーカーの生産が落ち込んだ場合や1台当たりの採用点数(額)が減少した場合、当社グループの財政状態及び経営成績に大きな影響を及ぼすおそれがあります。

(2) 販売価格について

当社グループの主要顧客である自動車関連機器業界及び電気・電子部品業界は、価格競争が激しい業界であり、ライフサイクルが長い製品の場合、不定期ではありますが販売価格が低減する可能性があります。

このような事態に対処するために、当社グループでは生産・加工ラインの合理化または自動化による原価低減に努め、併せて新規顧客の開拓・新製品の市場投入などの営業施策を実施しておりますが、原価低減を上回る販売価格の低減、あるいは新規顧客の開拓、新製品の市場投入が遅れた場合には、当社の財政状態及び経営成績に影響を及ぼすおそれがあります。

(3) ドライルーブ製品、ドライルーブ製品のコーティング加工の品質について

当社グループでは、顧客に提供するドライルーブ製品及びドライルーブ製品のコーティング加工を、高品質で安定的に供給するために、継続的に生産技術や生産・加工設備の改善を進めております。また、ISO9001認証取得会社として、品質マネジメントシステムの品質方針に基づいた品質目標を設定し定常的なレビューを行うなど、品質管理に万全を期して取組んでおります。なお、コーティング加工工程においては、一部外注先を活用しておりますが、その場合には品質・納期等が当社の要求水準に達していることを確認し、品質管理を行っております。

当社グループにおいては、過去に損害賠償責任を問われるような事態が発生したことはありませんが、将来に亘り当社の製品に欠陥・不良が全く生じないという保証はありません。また、今後発売する新製品に、予期せぬ不具合が発生する可能性を完全に否定できるものでもありません。仮に欠陥が認められ、当社グループ製品採用先の生産活動に著しい支障が出た場合は、当社グループへの信任と社会的信用が失墜し、当社の財政状態及び経営成績に影響を及ぼすおそれがあります。

(4) 顧客の要望、市場のニーズへの対応について

当社グループの主要顧客である自動車関連機器業界及び電気・電子部品業界は、技術革新が顕著な業界であり、当社グループに日常的に新製品の開発依頼があります。当社は、これらの依頼に応じて新製品の開発を行っており、最近では当社グループ単独で特許申請を行うケースや共同で特許申請するケースが増えております。

当社グループでは顧客の要望・市場のニーズに対応すべく新製品の開発能力を強化するために研究スタッフの増員、研究設備の充実を図っておりますが、主要顧客からの開発依頼に対応できない状態が継続すると、当社グループ製品が他社製品に代替され、当社グループの財政状態及び経営成績に影響を及ぼすおそれがあります。

(5) 原材料の市況変動について

当社グループが製造するドライルーブ製品の主要な原材料である二硫化モリブデン・フッ素樹脂・グラファイト、並びに有機溶剤等(石油化学関連製品)は、市況の影響を受けます。

当社グループは、同製品の仕入価格が当社計画で想定した範囲内で高騰したものの、内部努力により売上総利益の減少を補うことができなかった場合、また、仕入価格が当社計画で想定した以上に高騰し、ドライルーブ製品及びコーティング加工価格への転嫁を余儀なくされたものの転嫁することができなかった場合、当社の財政状態及び経営成績に大きな影響を及ぼすおそれがあります。

(6) 知的財産権について

当社グループは事業活動のなかで、当社グループ所有の知的財産を使用しております。また、研究開発を進めるなかでは、他社(者)特許権等を充分に照会・確認して新たな特許の申請を行っております。

過去において、当社グループの事業に対する訴訟は提起されておりませんが、当社グループの知的財産権に対する他社の侵害並びに第三者との知的財産権をめぐる係争が発生した場合、当社の財政状態及び経営成績に影響を及ぼすおそれがあります。

(7) 環境規制について

当社グループの生産拠点から排出されるものとして、工業排水・工業排気があります。いずれも所轄官庁に定期的に報告しなければならない量には至ってはおりませんが、それぞれ専用処理設備を設置し、自動的あるいは定期的に監視し、環境基準値を遵守しております。また、生産設備の維持・修繕をする際に油類を使用しておりますが、油類の廃棄は認可された専門業者に委託しております。その他の産業廃棄物も同様に認可された専門業者に委託しております。

近時、化学品メーカーで素材として使用されているPFOA(ペルフルオロオクタン酸=有機フッ素化合物)等の製造・輸入・使用の禁止について、POPRC(残留性有機汚染物質検討委員会)において議論され、その勧告を受けたCOP(締約国会議)は廃絶対象物質に追加することを決定しました。このように環境等に関する国内外の法的規制等が新たに制定・強化されることも視野に入れてはおりますが、これら法規制への対応のために、代替品や代替技術の開発など新たな費用負担等が生じる可能性があります。この負担が多額となった場合は、当社グループの財政状態及び経営成績に影響を及ぼすおそれがあります。

(8) 法的規制等について

当社が関連会社等に輸出しているドライルーブ製品の一部については、外国為替及び外国貿易法等における輸出規制対象物となっており、輸出地域・輸出貨物の用途・需要者の各要件に拠り、経済産業大臣の許可が必要となっております。

今後、新たな国内外の法的規制等が強化・変更が生じた場合には、新たな費用負担等が生じる可能性があります。この負担が多額となった場合は、当社の財政状態及び経営成績に影響を及ぼすおそれがあります。

(9) アジア(中国・タイ・ベトナム)の関連会社及び子会社について

中国広東省の中山市三民金属処理有限公司(合弁相手会社名:香港三民金属処理有限公司、所在地:広東省中山市東升鎮東成路永勝工業区、資本金:US$300万、代表者:廖 徳貴)(当社株式保有率26.2%)は、1996年4月に設立され、主に広東省に進出している日系の電気・電子機器業界を主要顧客として、金属表面熱処理とドライルーブのコーティング加工の事業を行っております。また、江蘇省の昆山三民塗頼電子材料技術有限公司(合弁相手会社名:香港三和金属処理有限公司、所在地:江蘇省昆山市巴城鎮石牌相石路、資本金:US$600万、代表者:伊藤 一隆)(当社株式保有率50.0%)は、2004年8月に設立され、主に江蘇省に進出している日系の電気・電子機器業界を主要顧客として、ドライルーブのコーティング加工と金属表面熱処理の事業を行っております。

2008年1月広東省広州市にドライルーブのコーティング加工事業を行う、当社100.0%子会社の広州徳来路博科技有限公司(所在地:広東省広州市南沙開発区、資本金:US$252万、代表者:飯野 光彦)を設立いたしました。

次に、今後とも大きな発展が期待されるタイ国 並びにアセアン諸国に対して、積極的にドライルーブ・コーティング加工事業を拡充するために、2010年7月にタイ国チョンブリー県に合弁会社ドライルーブ・タイランド(所在地:Tambol Donhuaroh,Amphur Muang,Chonburi province, Zip code 20000 Thailand、資本金:18,300万タイバーツ、代表者:小林 昭仁 )(当社出資比率99.9%)を設立いたしました。2013年3月にはベトナム社会主義共和国ハナム省にドライルーブ・ベトナム(所在地:Dong Van Ⅱ Industrial Zone, Duy Tien District, Ha Nam Province, Vietnam、資本金:US$240万、代表者:新井 良則)を設立いたしました。

中国は、驚異的な経済成長率をもって発展を続けましたが減速の兆候があります。また、成長の歪みや各種課題を包含しているとも伝えられております。また、タイ国やベトナム社会主義共和国については、経済状況に一抹の不安が内在しております。今後、現地における予期しない法令または規制などの変更、不利な政治的または経済的要因等により、当社関係会社が経営不振に陥った場合、あるいは為替等の要因により現地資産の価値がなくなった場合には、当社の財政状態及び経営成績に影響を及ぼすおそれがあります。

(10) 自然災害、事故等のリスク

当社グループは、BCP(事業継続計画)を策定し、また構造物の耐震補強、防火訓練などにより自然災害、事故などの発生に備えていますが、先般の東日本大震災のような自然災害や事故により、ドライルーブ製品の生産拠点である神奈川の技術開発センターが生産不能となった場合、他の事業部が技術開発センターのドライルーブ製品生産の補完ができないため、復旧までの期間すべての生産拠点で生産が停滞し、当社グループの経営成績に大きな影響を及ぼすおそれがあります。

当社グループのコーティング加工は、群馬事業部・愛知事業部・技術開発センターの3拠点、及び連結子会社:国内(長野・大分)、並びに海外(中国・タイ・ベトナム)の関係会社5社の設備で行っております。これらの10拠点のうち1ヶ所に自然災害、事故などが発生し、加工不能となった場合、他の拠点設備で補完することは可能でありますが、特殊な設備での加工は復旧までの期間、生産を中断することとなり、当社グループの財政状態及び経営成績に影響を及ぼすおそれがあります。

(11) 人材の確保・育成について

当社グループが製品を提供する顧客は技術革新著しい業界であり、それらに見合った新技術の開発と製品化、既存製品の改良は、当社グループに必要不可欠なものであります。会社知名度の向上による適材の採用、教育・研修による人材の育成に努めておりますが、優秀な技術者や研究開発要員が確保・育成できない場合には、当社の業績に影響を及ぼす可能性があります。

また、今後とも事業展開のグローバル化や業務の多様化、開示すべき会計基準の精緻化等が予想されるため、優秀な人材の確保に一層努めてまいりますが、求める人材を十分に確保・育成できない場合には、今後の事業展開に影響を及ぼす可能性があります。

(12) 新型コロナウイルス感染拡大に係るリスク

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大は続いており、未だ収束の見通しは立っておりません。このような状況が続いた場合、世界的な需要の減少、サプライチェーンの混乱などから、当社グループの売上の減少や原料高につながり、業績及び財政状況に重要な影響を与える可能性があります。

当社では、感染拡大期に衛生管理の徹底、時差出勤やテレワークの導入、WEB会議システムの活用、作業シフトの変更などによって、人と人との接触を避けながら事業継続を行っております。しかしながら、これらの対策によっても感染リスクを完全に避けるものではなく、リスクが顕在化した場合、業績及び財政状況に影響を与える可能性があります。

 

3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

(1) 経営成績等の状況の概要

当連結会計年度における当社グループ(当社、連結子会社及び持分法適用会社)の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下「経営成績等」という。)の状況の概要は次のとおりであります。

①財政状態及び経営成績の状況

当連結会計年度(2020年7月1日~2021年6月30日)における世界経済は、米国では、経済正常化の進展により、4~6月期はコロナ前の水準を超えると見込まれています。欧州では、感染減少により各国はロックダウンの緩和を始めており、4~6月期は持ち直す見込みです。また中国ではコロナ禍からの回復が進む中で成長が鈍化し、4~6月期も穏やかなペースとなる見込みです。

日本経済の実質GDPは、緊急事態宣言が続いた4~6月期も足踏みが続く見通しです。新たな感染の波への警戒は残りますが、景気は今後上向くものと期待されます。鉱工業生産は、設備投資の回復や半導体需要を背景に、生産用機械、電子デバイスが大きく増加して、4月にコロナ前の水準を回復しました。この様な状況の下、6月の経済の基調判断は「新型コロナウイルス感染症の影響により、依然として厳しい状況にあるなか、持ち直しの動きが続いているものの、一部で弱さが増している」に据え置かれました。

この間の当社グループを取り巻く事業環境は、国内では自動車が半導体不足による減産を受けて売上高が足踏み状態、輸出でも自動車は1~3月期から頭打ちとなりました。この環境下において、当社グループの主要販売先である自動車機器業界からの受託額は増加、光学機器業界は減少、電気・電子部品業界は増加となりました。

この結果、当連結会計年度の当社グループ業績につきましては、売上高は6,377百万円(前年同期比 13.0%増)、営業利益は452百万円(前年同期比120.8%増)、経常利益は733百万円(前年同期比 113.6%増)、親会社株主に帰属する当期純利益は452百万円(前年同期比 73.0%増)となりました。営業利益につきましては、当該期間の売上高の増加と製造費用の減少のため前年同期比増益、そして経常利益・親会社株主に帰属する当期純利益につきましては、この期間の為替差損益(前年同期比22百万円増)及び持分法による投資利益(同87百万円増)の増加などが増益要因となっております。

 

当連結会計年度における営業概況は、次の通りです。

当社グループの主要販売先である自動車機器業界向けが前連結会計年度比18.4%の増収となりました。光学機器業界向けは、前連結会計年度比4.2%の減収、電気・電子機器業界向けは、前連結会計年度比9.4%の増収となりました。この結果ドライルーブ事業の売上高は、6,377百万円(前連結会計年度比13.0%増)となりました。

②キャッシュ・フローの状況

当連結会計年度における現金及び現金同等物は、前連結会計年度末と比べ854百万円増加し、4,542百万円となりました。

当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況と主たる増減要因は、次のとおりであります。

(営業活動によるキャッシュ・フロー)

営業活動により得られた資金は、690百万円(前年同期における営業活動により得られた資金は590百万円)となりました。これは主に、資金流入では税金等調整前当期純利益634百万円、減価償却費229百万円、利息及び配当金の受取額204百万円、仕入債務の増加額197百万円、資金流出では売上債権の増加額409百万円、持分法による投資利益200百万円等によるものです。

(投資活動によるキャッシュ・フロー)

投資活動により得られた資金は、235百万円(前年同期における投資活動により使用した資金は604百万円)となりました。これは主に、資金流入では定期預金の払戻による収入1,008百万円、資金の流出では定期預金の預入による支出534百万円、有形固定資産の取得による支出199百万円等によるものです。

(財務活動によるキャッシュ・フロー)

財務活動により使用した資金は、141百万円(前年同期における財務活動により使用した資金は57百万円)となりました。これは主に、資金流入では長期借入れによる収入260百万円、資金流出では長期借入金の返済による支出343百万円、配当金の支払額52百万円によるものです。

③生産、受注及び販売の実績

a.生産実績

当連結会計年度の生産実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。

 セグメントの名称

当連結会計年度

(自 2020年7月1日

至 2021年6月30日)

生産高(千円)

前年同期比(%)

ドライルーブ事業

6,197,950

10.8

(注)1.金額は、販売価格によっております。

2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

b.受注実績

当連結会計年度の受注実績をセグメント別に示すと、次のとおりであります。

 セグメントの名称

受注高(千円)

前年同期比

(%)

受注残高(千円)

前年同期比

(%)

ドライルーブ事業

6,577,356

15.1

396,481

82.9

(注)上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

c.販売実績

当連結会計年度の販売実績をセグメント別に示すと、次のとおりであります。

 セグメントの名称

当連結会計年度

(自 2020年7月1日

至 2021年6月30日)

販売高(千円)

前年同期比(%)

ドライルーブ事業

6,377,653

13.0

(注)1.最近2連結会計年度の主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に対する割合は、次のとおりであります。

相手先

前連結会計年度

(自 2019年7月1日

至 2020年6月30日)

当連結会計年度

(自 2020年7月1日

至 2021年6月30日)

金額(千円)

割合(%)

金額(千円)

割合(%)

株式会社ミツバ

814,399

14.4

926,693

14.5

浜名湖電装株式会社

632,368

11.2

840,571

13.2

株式会社デンソー

665,998

11.8

株式会社デンソーワイパシステムズ

636,744

11.3

2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

3.最近2連結会計年度の主な相手先別の販売実績のうち、当該販売実績の総販売実績に対する割合が10%未満の相手先につきましては記載を省略しております。

 

(2) 経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容等

経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりであります。

なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものであります。

①重要な会計方針および見積り

当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して作成しております。その作成には、経営者による会計方針の選択・適用、資産・負債および収益・費用の報告金額および開示に影響を与える見積りを必要としております。経営者は、これらの見積りについて過去の実績等を勘案し合理的に判断しておりますが、実際の結果は、見積り特有の不確実性があるため、これらの見積りと異なる場合があります。

a.有形固定資産

 当社グループは、原則として、管理会計上の単位を資産グループの基準とし、独立したキャッシュ・フローを生み出す最小単位でグルーピングを行っており、減損の兆候の有無の判定を行なっております。減損の兆候があった場合、将来キャッシュ・フロー等を見積り、減損の要否を判定いたします。判定の結果、減損が必要と判断された資産については、帳簿価額を回収可能価額まで減損処理いたします。将来キャッシュ・フローの見積りは合理的であると判断しておりますが、将来の予測不能な事業上の前提条件の変化によって見積りが変更されることにより、回収可能価額が減少し、減損損失が発生する可能性があります

b.のれん

 当社グループは、のれんの簿価について、それが回収できなくなる可能性を示す兆候がある場合には、減損の有無の判定を行っております。この判定は、のれんが配分された資金生成単位毎に将来キャッシュ・フローの見積りに基づいて行っております。将来キャッシュ・フローの見積りは合理的であると判断しておりますが、将来の予測不能な事業上の前提条件の変化によって見積りが変更されることにより、回収可能価額が減少し、減損損失が発生する可能性があります。

②当連結会計年度の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

a.財政状態の分析

(資 産)

当連結会計年度末の資産合計につきましては、前連結会計年度末に比べ848百万円増加し、9,760百万円(前期末比 9.5%増)となりました。これは主に、受取手形及び売掛金424百万円の増加、現金及び預金378百万円の増加等によるものです。

(負 債)

当連結会計年度末の負債合計につきましては、前連結会計年度末に比べ348百万円増加し、1,978百万円(前期末比 21.4%増)となりました。これは主に、支払手形及び買掛金204百万円の増加、未払法人税等127百万円の増加等によるものです。

(純資産)

当連結会計年度末の純資産合計につきましては、前連結会計年度末に比べ500百万円増加し、7,781百万円(前期末比 6.9%増)となりました。これは主に、利益剰余金400百万円の増加、為替換算調整勘定98百万円の増加等によるものです。

これらの結果、当連結会計年度末の自己資本比率は79.7%(前連結会計年度末は81.7%)となりました。

b.経営成績の分析

(売上高)

当連結会計年度の売上高は6,377百万円(前連結会計年度比13.0%増)となりました。

当社グループの主要販売先である自動車機器業界向けが前連結会計年度比18.4%の増収となりました。光学機器業界向けは、前連結会計年度比4.2%の減収、電気・電子機器業界向けは、前連結会計年度比9.4%の増収となりました。この結果ドライルーブ事業の売上高は、6,377百万円(前連結会計年度比13.0%増)となりました。

(売上総利益)

当連結会計年度の売上総利益は、1,405百万円(前連結会計年度比24.4%増)となりました。

当該期間の製品売上構成比率が変動したことなどを一因として、売上総利益率は22.0%(前連結会計年度は20.0%)となりました。

(営業利益)

当連結会計年度の営業利益は、452百万円(前連結会計年度比120.8%増)となりました。

(経常利益及び親会社株主に帰属する当期純利益)

当連結会計年度の経常利益は、733百万円(前連結会計年度比113.6%増)、親会社株主に帰属する当期純利益は、452百万円(前連結会計年度比73.0%増)となりました。経常利益・親会社株主に帰属する当期純利益につきましては、営業利益に加えてこの期間の為替差損益(前年同期比22百万円増)及び持分法による投資利益(同87百万円増)の増加などが増益要因となっております。

c.キャッシュ・フローの分析

当連結会計年度におけるキャッシュ・フローの分析につきましては、「第2[事業の状況]3[経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析](1)経営成績等の状況の概要 ②キャッシュ・フローの状況」をご参照ください。

d.資本の財源及び資金の流動性について

当社グループの運転資金需要のうち主なものは、原材料の仕入のほか、製造経費、販売費及び一般管理費等の営業費用であります。投資を目的とした資金需要は、設備投資によるものであります。

当社グループは、事業運営上必要な資金の流動性と資金の源泉を安定的に確保することを基本方針としております。短期運転資金は自己資金及び金融機関からの短期借入を基本としており、設備投資や長期運転資金の調達につきましては、金融機関からの長期借入を基本としております。

 

4【経営上の重要な契約等】

該当事項はありません。

5【研究開発活動】

現在、産業界の技術革新は、省エネと環境保全がキーワードとなっています。当社の主なお取引先である自動車機器、電気・電子機器、精密機器の業界でも、低炭素化・省エネルギー・軽量化・耐久向上 及び新エネルギー転換・クリーンエネルギー化の対応などに関わる技術革新が求められ、研究開発が進められています。このような状況下で、各産業界が当社に要望する研究開発の課題は、薄膜で被覆することによる摩擦摩耗によるロスの軽減、機器類の耐久性向上 及び耐食性の向上を企図するドライルーブ製品に磨きをかけ、また各種機能性新被膜の開発提供などにあります。

技術開発センター 研究開発室では、顧客の要望や機能要件を正確に収受し、そのニーズに柔軟かつ短納期で応えていく開発姿勢を基本としております。研究開発室の活動方針は、既存品の改良と新製品の開発へ取り組むことであり、自動車機器メーカーなど顧客との共同開発を通じて、加工技術の開発にも努めております。

2021年6月期における主な研究開発内容は、ベースとなる分散技術、配合設計及び分析能力を向上させ既存製品改良及び新製品開発を実施しました。また、既存のコーティング技術を改良するとともに新たなコーティング加工技術を確立しました。研究開発専門のスタッフは10名で、研究開発費(設備を除く)として95百万円を計上しています。さらに各分野の専門家を顧問として招聘しており、研究開発の進捗を図っております。

当社グループは、ドライルーブ事業の単一セグメントであるため、セグメント情報は記載しておりません。

第3【設備の状況】

1【設備投資等の概要】

当社グループでは、急速な技術革新や販売競争の激化に対処するため、製造設備の増強を中心に199百万円の設備投資を実施いたしました。
 なお、当社グループは「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項(セグメント情報等)」に記載のとおりドライルーブ事業の単一セグメントであるため、設備の状況についてはセグメント情報ごとに記載しておりません。

 また、当連結会計年度において、97百万円の減損損失を計上しております。減損損失の詳細につきましては、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1) 連結財務諸表 注記事項 (連結損益計算書関係) ※4 減損損失」に記載のとおりです。

2【主要な設備の状況】

当社グループにおける主要な設備は、次のとおりであります。

(1) 提出会社

2021年6月30日現在

 

事業所名

(所在地)

設備の内容

帳簿価額(千円)

従業員数

(人)

建物及び
構築物

機械装置及び運搬具

土 地

(面積㎡)

その他

合 計

本 社

(東京都世田谷区)

統括業務施設

10,327

920

42,100

(142.70)

12,360

65,708

15(-)

技術開発センター

(神奈川県愛甲郡愛川町)

加工設備

製造設備

研究設備

58,542

6,756

134

4,070

7,164

11,317

170,512

(3,599.78)

577

1,289

1,012

261,377

24(2)

群馬事業部

(群馬県太田市)

加工設備

141,143

31,453

310,785

(8,999.93)

3,901

487,284

42(16)

愛知事業部

(愛知県春日井市)

加工設備

159,690

60,489

165,423

(4,988.91)

267,000

(9,917.30)

25,388

677,991

49(24)

(注)1.帳簿価額のうち「その他」は、工具、器具及び備品及び建設仮勘定の合計であります。

2.上記金額には消費税等は含まれておりません。

3.愛知事業部には、工場用地(岐阜県御嵩町)の土地267,000千円(9,917.30㎡)を別段で記載しております。

4.従業員数の( )内は、臨時雇用者数を外書しております。

5.現在休止中の設備はありません。

(2) 国内子会社

2021年6月30日現在

 

会社名

事業所名

(所在地)

設備の内容

帳簿価額(千円)

従業

員数

(人)

建物及び構築物

機械装置及び運搬具

土 地

(面積㎡)

その他

合 計

長野ドライルーブ株式会社

長野県上伊那郡

箕輪町

加工設備

29,912

16,581

37,400

(2,877.44)

3,816

87,710

42

(15)

大分ドライルーブ株式会社

大分県中津市

加工設備

2,346

25,069

66,643

(8,138.41)

7,995

102,054

37

(6)

(3) 在外子会社

2021年6月30日現在

 

会社名

事業所名

(所在地)

設備の内容

帳簿価額(千円)

従業

員数

(人)

建物及び構築物

機械装置及び運搬具

土 地

(面積㎡)

その他

合 計

広州徳来路博科技有限公司

広州市

(中国)

加工設備

4,541

65,743

5,376

75,661

112

(-)

DRILUBE(THAILAND)CO.,LTD.

チョンブリー県

(タイ国)

加工設備

153,949

33,369

160,926

(12,328)

4,865

353,111

152

(2)

DRILUBE VIETNAM CO.,LTD.

ハナム省

(ベトナム)

加工設備

82,476

29,610

341

112,429

28

(-)

 

3【設備の新設、除却等の計画】

当社グループの設備投資については、景気予測、業界動向、投資効率等を総合的に勘案して策定しております。

(1) 重要な設備の新設等

会社名

事業所名

(所在地)

設備の内容

投資予定額

資金調達
方法

着手年月

完了予定
年月

完成後の

増加能力

総 額

(百万円)

既支払額

(百万円)

提出会社

愛知事業部

(愛知県春日井市)

生産設備

483

自己資金

2021年8月

未定

提出会社

群馬事業部

(群馬県太田市)

生産設備

50

自己資金

2022年5月

2022年6月

提出会社

技術開発センター

(神奈川県愛川町)

研究設備

30

自己資金

2022年1月

2022年1月

 

(2) 重要な設備の除却等

該当事項はありません。

第4【提出会社の状況】

1【株式等の状況】

(1)【株式の総数等】

①【株式の総数】

種  類

発行可能株式総数(株)

普通株式

4,240,000

4,240,000

 

②【発行済株式】

種  類

事業年度末現在発行数(株)

(2021年6月30日)

提出日現在発行数(株)

(2021年9月29日)

上場金融商品取引所名又は登録認可金融商品取引業協会名

内 容

普通株式

1,355,000

1,355,000

東京証券取引所

JASDAQ

(スタンダード)

(注)

1,355,000

1,355,000

(注)普通株式は完全議決権株式であり、権利内容に何ら限定のない標準となる株式で単元株式数は100株であります。

(2)【新株予約権等の状況】

①【ストックオプション制度の内容】

該当事項はありません。

②【ライツプランの内容】

該当事項はありません。

③【その他の新株予約権等の状況】

      該当事項はありません。

 

(3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

該当事項はありません。

(4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

年月日

発行済株式

総数増減数

(株)

発行済株式総数残高(株)

資本金増減額

(千円)

資本金残高

(千円)

資本準備金増減額(千円)

資本準備金残高(千円)

2008年2月14日

(注)

195,000

1,355,000

225,956

375,956

225,956

327,956

(注)有償一般募集(ブックビルディング方式による募集)

発行価格        2,500円

引受価額      2,317.50円

資本組入額     1,158.75円

払込金総額     451,912千円

 

(5)【所有者別状況】

 

 

 

 

 

 

 

2021年6月30日現在

区  分

株式の状況(1単元の株式数 100株)

単元未満

株式の状況

(株)

政府及び地方公共団体

金融機関

金融商品

取引業者

その他の

法人

外国法人等

個人その他

個人以外

個人

株主数(人)

3

12

11

18

1

420

465

所有株式数

(単元)

532

202

1,491

414

4

10,897

13,540

1,000

所有株式数の割合(%)

3.9

1.5

11.0

3.1

0.0

80.5

100.0

(注)自己株式30,967株は、「個人その他」に309単元及び「単元未満株式の状況」に67株含めて記載しております。

(6)【大株主の状況】

 

 

2021年6月30日現在

氏名又は名称

住所又は所在地

所有株式数

(株)

発行済株式(自己株式を除く。)の総数に対する所有株式数の割合(%)

飯野 光彦

東京都世田谷区

333,290

25.2

飯野 玲子

東京都世田谷区

105,820

8.0

株式会社スター・ライツ・クリエイト

東京都世田谷区代沢1-25-3

103,920

7.8

飯野 光俊

東京都世田谷区

89,300

6.7

飯野 佐保里

東京都世田谷区

60,570

4.6

株式会社日本カストディ銀行(信託口)

東京都中央区晴海1-8-12

47,700

3.6

阪田 和弘

鳥取県鳥取市

40,700

3.1

川村 美也子

東京都練馬区

32,700

2.5

中野 香

東京都立川市

31,160

2.4

飯野 泰子

東京都世田谷区

30,900

2.3

876,060

66.2

 

(7)【議決権の状況】

①【発行済株式】

 

 

 

2021年6月30日現在

区  分

株式数(株)

議決権の数(個)

内  容

無議決権株式

 

議決権制限株式(自己株式等)

 

議決権制限株式(その他)

 

完全議決権株式(自己株式等)

(自己保有株式)

単元株式数100株

普通株式

30,900

完全議決権株式(その他)

普通株式

1,323,100

13,231

同 上

単元未満株式

普通株式

1,000

発行済株式総数

 

1,355,000

総株主の議決権

 

13,231

(注)「単元未満株式」欄の普通株式には自己保有株式67株が含まれております。

②【自己株式等】

 

 

 

 

2021年6月30日現在

所有者の氏名

又は名称

所有者の住所

又は所在地

自己名義所有

株式数(株)

他人名義所有

株式数(株)

所有株式数の

合計(株)

発行済株式総数に対する所有株式数の割合(%)

(自己保有株式)

 

 

 

 

 

東洋ドライルーブ㈱

東京都世田谷区

代沢1-26-4

30,900

30,900

2.3

30,900

30,900

2.3

 

2【自己株式の取得等の状況】

【株式の種類等】  普通株式

(1)【株主総会決議による取得の状況】

該当事項はありません。

(2)【取締役会決議による取得の状況】

該当事項はありません。

(3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

     該当事項はありません。

 

(4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

区  分

当事業年度

当期間

株式数(株)

処分価額の総額

(千円)

株式数(株)

処分価額の総額

(千円)

引き受ける者の募集を行った取得自己株式

消却の処分を行った取得自己株式

合併、株式交換、株式交付、会社分割に係る移転を行った

取得自己株式

その他

保有自己株式数

30,967

30,967

 

3【配当政策】

当社は、株主の皆さまへの利益還元を重要な経営課題の一つと認識し、経営体質を強化するための必要な内部留保と成果配分のバランスを勘案した上で、安定的な配当を継続していくことを基本方針としております。

内部留保資金につきましては、企業体質の強化及び設備投資等のために有効活用し、今後も事業の拡大に努めてまいる所存であります。

毎事業年度における配当の回数につきましては、中間配当と期末配当の年2回の剰余金の配当を行うことを基本的な方針としております。

今後につきましても、株主に対する利益還元を経営の重要な政策と位置づけ、利益の状況や将来の事業展開などを総合的に判断しながら、配当による利益還元を行っていく予定であります。以上の方針に基づき、当期は1株当たり41円の配当(うち中間配当20円)を実施することを決定しました。この結果、当事業年度の配当性向は20.4%となりました。

当社は、「会社法第459条第1項の規定に基づき、取締役会の決議をもって剰余金の配当等を行なうことができる。」旨定款に定めております。

基準日が当事業年度に属する剰余金の配当は以下のとおりであります。

決議年月日

配当金の総額(千円)

1株当たり配当額(円)

2020年12月11日

26,480

20

取締役会決議

2021年8月7日

27,804

21

取締役会決議

 

4【コーポレート・ガバナンスの状況等】

(1)【コーポレート・ガバナンスの概要】

※コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

当社グループのコーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方は、①経営のスピード化・戦略性を向上させ、②企業行動の透明性を確保するとともに、③ディスクロージャーとアカウンタビリティーを充実させることにより、より一層株主価値を重視したコーポレート・ガバナンスを構築していく所存であります。

①企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由

a.企業統治の体制の概要

当社は監査等委員会設置会社です。監査等委員会は議長 柳任、委員 西澤圭助、委員 山口秀巳です。有価証券報告書提出日現在において常勤の監査等委員である取締役1名、非常勤の監査等委員である取締役(社外取締役)2名の3名で構成されております。また、監査等委員は監査等委員会を定期に開催し、業務執行の適法性、妥当性の監査・監督を行っております。

取締役会は社外取締役2名を含む9名の取締役によって構成され、経営方針、その他経営に関する重要事項を決定するとともに、各取締役の業務執行状況を監督する機関として運用されております。毎月1回の定時取締役会のほか、必要に応じて臨時取締役会も開催しております。

上記に加え、部門長で構成される経営戦略会議を適時開催し、実務的な協議を行っております。経営戦略会議での協議の内容は、取締役会の適切かつ機動的な意思決定に活かしております。

(図)業務執行・監視及び内部統制の仕組み

0104010_001.png

 

b.企業統治の体制を採用する理由

当社は2015年9月25日開催の第53回定時株主総会において監査等委員会設置会社へ移行しております。取締役会の監査・監督機能およびコーポレート・ガバナンスの強化を図るとともに、権限委譲により迅速な意思決定を行い、経営の効率化を一層高めることを目的としております。

監査等委員である取締役3名のうち2名を社外取締役とすることで、取締役会の監督機能の強化に資するものと考えており、現状の体制としております。

c.内部統制システムの整備状況

当社は、2015年9月25日開催の取締役会の決議により、内部統制システム構築の基本方針を一部改定し、次のとおりとしております。

また、2009年4月開催の取締役会において、金融商品取引法に基づく財務報告に係る有効な内部統制の確立を図る目的として「財務報告基本方針」と管理体制を定め、その整備・運用に努めております。

1.取締役・使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制

(1) 当社の「コンプライアンス憲章」の行動指針を基礎として、取締役はその遵守及び推進に率先垂範して取り組みます。また、取締役及び使用人は、継続的なコンプライアンス教育による意識改善、内部監査による業務改善、内部通報制度の適切な活用等を通じてコンプライアンス体制の向上を図り、職務執行においては法令及び定款に則って行動するよう徹底します。

(2) 業務執行にあたっては、取締役会及び経営戦略会議で、総合的に検討したうえで意思決定を行います。

(3) 内部監査室は、内部監査規程及び内部監査計画に従い、各業務運営組織に対して業務監査を実施し、法令及び規程等の遵守並びに運用状況を確認いたします。

(4) 当社は、監査等委員会を設置し、取締役は監査の補助スタッフの充実、その独立性の確保及び内部監査室・各業務運営組織との連携の促進など監査等委員会監査の実効性の確保に留意いたします。

2.取締役の職務執行に係る情報の保存及び管理に関する体制

取締役の職務執行に係る情報(文書又は電磁的記録)は、法令及び社内規程に基づき、各部署で適切に保存・管理いたします。

3.当社及び子会社の損失の危険の管理に関する規程その他の体制

(1) 当社及び子会社は、損失の危険に関する規程として、経営危機管理規程、稟議規程、予算管理規程、資金管理要領等の規程等を整備し、各規程等を適切に運用いたします。

(2) 当社及び子会社は、予算制度等により資金を適切に管理するとともに、稟議規程及び職務権限規程等により所定の権限及び責任に基づいて予算の執行を行います。重要案件においては、取締役会において総合的に審議いたします。

(3) 当社及び子会社の取締役及び使用人は、当社の業務執行に重大な影響を及ぼす危機的状況が発生した場合は、経営危機管理規程に従い、当該状況の緊急度に応じて危機管理組織を編成し、当社の信頼性と将来価値保全のために対策を行います。

4.当社及び子会社の取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

当社及び子会社は、本社管理部及び事業部ごとにそれぞれ担当取締役または執行役員を設置することで、職務責任の所在を明確にし、月1回開催される定例取締役会において、経営に関する重要事項の審議、決議及び職務執行状況の監督を行います。

5.当社及びその子会社からなる企業集団における業務の適正を確保するための体制

(1) 子会社においては、当社と共通のコンプライアンス憲章や経営理念を展開し、グループの健全な内部統制体制の構築をいたします。

(2) 子会社に対しては、当社の定める規程類の適用、又は同様の社内規程の整備を求めます。

(3) 関係会社の監督については、関係会社管理規程に従い、担当役員が必要事項を監督し、経営状況を把握いたします。

(4) 内部監査室は、監査等委員会と連携し適宜子会社並びに関係会社の内部監査を行い、内部管理状況の把握と改善点の洗い出しを行います。

6.子会社の取締役等の職務の執行に係る事項の当該株式会社への報告に関する体制

子会社の自主性を尊重しつつ、事業の状況に関する定期的な報告を受けるとともに、重要事項についての事前協議を行います。

7.監査等委員会の職務を補助すべき取締役及び使用人に関する事項及び当該取締役及び使用人の取締役からの独立性に関する事項

取締役及び使用人は、補助スタッフの業務が円滑に行われるよう、監査環境の整備に協力し、監査等委員会と協議のうえ適切な体制を構築いたします。

当該取締役及び使用人の人事権に係る事項の決定については、監査等委員会の同意を得ることにより、他の取締役(監査等委員である取締役を除きます。)からの独立性を確保いたします。

8.監査等委員会の職務を補助すべき取締役又は使用人に対する、監査等委員会の指示の実効性の確保に関する事項

監査等委員会より監査業務補助の指示を受けた取締役又は使用人は、その指示の実効性を確保するため、他の取締役(監査等委員である取締役を除きます。)・内部監査室長等の指揮・命令は受けません。

9.当社及び子会社の取締役及び使用人等が当社の監査等委員会に報告するための体制

(1) 当社及び子会社の取締役(監査等委員である取締役を除きます。)は、主な執行業務について担当部署を通じて適宜適切に当社の監査等委員会に報告するほか、会社に著しい損害を及ぼすおそれのある事実を発見したときは、直ちに当社の監査等委員会に報告いたします。

(2) 当社の監査等委員会が当社の取締役(監査等委員である取締役を除きます。)及び使用人並びに子会社の取締役、監査役及び使用人等から職務執行状況について報告を受けることができる体制を構築することのほか、これらの者は、当社の監査等委員会の監査活動に対して協力をいたします。当社の監査等委員は、当社及び子会社の経営戦略会議等の重要会議に出席できることといたします。

(3) 法令違反や不正行為に関する通報・報告に関する適正な仕組み(内部通報制度等)を定め、当社及び子会社の取締役及び使用人等が前各号に定める報告等をしたことを理由として不利な取扱いを受けないようにいたします。

10.その他監査等委員会の監査が実効的に行われることを確保するための体制

(1) 監査等委員会は、代表取締役と適宜情報交換、意見交換を行うことのほか、会計監査人、内部監査室とも適宜情報交換、意見交換を行い、相互の意思疎通を図ります。

(2) 内部監査室は、監査等委員会と緊密に連携を保ち、監査等委員会の要請に応じ調査を行うことといたします。

(3) 監査等委員の職務の執行に関して生ずる費用の処理については、監査等委員の請求に従い円滑に行います。

d.リスク管理体制の整備の状況

当社のリスク管理体制は、前記内部統制基本方針3に記載のとおり、損失の危険に関する規程として、経営危機管理規程、稟議規程、予算管理規程、資金管理要領等の規程等を制定しており、各規程を適切に運用するよう努めております。

また、予算制度等により資金を適切に管理するとともに、稟議規程及び職務権限規程等に基づき所定の権限及び責任に基づき予算の執行を行っております。重要案件においては、取締役会において総合的に審議しております。

取締役及び使用人は、当社の業務執行に重大な影響を及ぼす危機的状況が発生した場合には、経営危機管理規程に従い、当該状況の緊急度に応じて危機管理組織を編成し、当社の信頼性と将来価値保全のための対策を行うこととしております。

②取締役の責任免除の内容

当社は、取締役が期待される役割を十分に発揮できるよう、会社法第426条第1項の規定により、任務を怠ったことによる取締役(取締役であった者を含む。)の損害賠償責任を、法令の限度において、取締役会の決議によって免除することができる旨定款に定めております。

③社外取締役の責任限定契約の内容

当社は、適任者を招聘、登用し、その期待される役割を十分に発揮していただくため、取締役(業務執行取締役等であるものを除く。)との間で、会社法第427条第1項の規定に基づき、同法第423条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結することができる旨定款に定めております。当該契約に基づく責任の限度額は、法令が規定する額としております。

④役員等賠償責任保険契約の内容の概要

1.被保険者の範囲

 当社の取締役並びに当社の子会社の役員を被保険者としています

2.保険契約の内容の概要

 被保険者が1の会社の役員としての業務につき行った行為(不作為を含む)に起因して損害賠償請求がなされたことにより被保険者が被る損害賠償金や争訟費用等を保障するものですただし贈収賄等の犯罪行為や意図的に違法行為を行った役員自身の損害等は保障対象外とすることにより役員の職務の執行の適正性が損なわれないように措置を講じていますなお保険料は全額当社負担としています

⑤会計監査人と締結している責任限定契約の内容

当社と会計監査人との間には、会社法第427条第1項の規定に基づき、同法第423条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任の限度額は法令が規定する額としております。

⑥取締役の責任免除

当社は、取締役が期待される役割を十分に発揮できるよう、会社法第426条第1項の規定により、任務を怠ったことによる取締役(取締役であった者を含む。)の損害賠償責任を、法令の限度において、取締役会の決議によって免除することができる旨定款に定めております。

⑦取締役の定数

当社の取締役は13名以内(内、監査等委員である取締役は4名以内)とする旨定款に定めております。

⑧取締役の選任及び解任の決議要件

当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨定款に定めております。

また、取締役の選任決議は、累積投票によらないものとする旨定款に定めております。

⑨株主総会の特別決議要件

当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株主の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨定款に定めております。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目的とするものであります。

⑩取締役会で決議できる株主総会決議事項

a.自己の株式の取得

当社は、機動的な資本政策の遂行を可能にするため、会社法第165条第2項の規定に基づき、取締役会の決議によって自己の株式を取得することができる旨定款に定めております。

b.剰余金の配当等の決定機関

当社は、資本政策及び配当政策の機動性を確保するため、剰余金の配当等会社法第459条第1項各号に定める事項については、法令に別段の定めがある場合を除き、取締役会の決議により定めることができる旨定款で定めております。

(2)【役員の状況】

①役員一覧

男性9名 女性-名 (役員のうち女性の比率-%)

役職名

氏  名

生年月日

略  歴

任 期

所有

株式数(株)

代表取締役社長

飯野 光彦

1953年2月10日

1978年4月

当社入社

1979年8月

当社専務取締役

1980年12月

長野ドライルーブ㈱取締役

1988年8月

当社代表取締役専務

1992年8月

当社代表取締役社長

1994年9月

日本ケミカルコート㈱監査役

2002年4月

中山市三民金属処理有限公司副董事長

2004年8月

昆山三民塗頼電子材料技術有限公司董事長

2007年7月

昆山三民塗頼電子材料技術有限公司董事(現任)

2008年2月

広州徳来路博科技有限公司董事

(現任)

2010年6月

DRILUBE(THAILAND)CO.,LTD.取締役(現任)

2011年6月

中山市三民金属処理有限公司董事(現任)

2015年7月

DRILUBE VIETNAM CO.,LTD.会長

(現任)

2018年9月

当社代表取締役会長 兼 社長

2018年10月

広州徳来路博科技有限公司董事長(現任)

2019年4月

長野ドライルーブ㈱取締役(現任)

2019年9月

当社代表取締役社長(現任)

2020年6月

大分ドライルーブ㈱代表取締役

(現任)

 

(注)2

333,290

常務取締役

飯野 光俊

1986年7月25日

2009年4月

当社入社

2012年10月

DRILUBE(THAILAND)CO.,LTD.

営業部門マネージャー

2015年12月

当社本社営業統括課長 兼 技術開発センター副センター長

2016年11月

昆山三民塗頼電子材料技術有限公司董事(現任)

2017年7月

当社事業推進室長 兼 技術開発センター副センター長

2017年9月

当社取締役事業推進室長 兼 技術開発センター副センター長

2018年10月

広州徳来路博科技有限公司董事 (現任)

2019年4月

長野ドライルーブ㈱取締役(現任)

2019年9月

当社常務取締役(現任)

2020年6月

大分ドライルーブ㈱取締役(現任)

 

(注)2

89,300

常務取締役

梶田 哲二

1973年3月4日

1996年10月

当社入社

2009年3月

当社愛知事業部副事業部長

2010年9月

当社取締役愛知事業部長

2013年3月

DRILUBE VIETNAM CO.,LTD.社長

2019年9月

当社常務取締役(現任)

2020年6月

大分ドライルーブ㈱取締役(現任)

 

(注)2

3,800

 

 

役職名

氏  名

生年月日

略  歴

任 期

所有

株式数(株)

取締役

小林 昭仁

1961年5月2日

1996年11月

当社入社

2009年3月

当社群馬事業部副事業部長

2010年9月

当社取締役群馬事業部長

2015年11月

当社取締役群馬事業部営業部門長

2016年6月

当社取締役、DRILUBE(THAILAND)CO.,LTD.社長(現任)

 

(注)2

1,800

取締役

群馬事業部長

武藤 和彦

1961年8月29日

1995年7月

当社入社

2009年3月

当社技術開発センター長

2010年9月

2020年7月

当社取締役技術開発センター長

当社取締役群馬事業部長(現任)

 

(注)2

6,400

取締役

管理部長

鈴木 茂生

1960年12月9日

2019年6月

2019年9月

当社入社 同 管理部長

当社取締役管理部長(現任)

2019年10月

 

2019年11月

2019年12月

 

2020年6月

DRILUBE VIETNUM CO.,LTD監査役

(現任)

長野ドライルーブ㈱監査役(現任)

広州徳来路博科技有限公司監事

(現任)

大分ドライルーブ㈱監査役(現任)

 

(注)2

300

取締役

(監査等委員)

柳  任

1954年3月9日

1985年3月

当社入社

1999年9月

当社太田工場次長

2001年4月

当社愛知工場長

2004年1月

当社愛知事業部長

2005年1月

当社取締役愛知事業部長

2010年6月

DRILUBE(THAILAND)CO.,LTD.社長

2010年9月

当社常務取締役ドライルーブ事業統括本部長

2010年10月

DRILUBE(THAILAND)CO.,LTD.取締役(現任)

2015年11月

当社常務取締役ドライルーブ事業統括本部長 兼 群馬事業部長

2019年4月

長野ドライルーブ㈱取締役

2019年9月

当社常務取締役

2021年9月

当社取締役(監査等委員)(現任)

 

(注)2

16,930

社外取締役

(監査等委員)

西澤 圭助

1954年3月13日

1986年10月

司法試験合格

1989年4月

弁護士登録 中村法律事務所入所

2003年6月

㈱新川監査役

2005年1月

当社監査役

2008年2月

アイディホーム㈱社外監査役

2015年9月

当社取締役(監査等委員)(現任)

2017年5月

牧野内総合法律事務所所属(現職)

 

(注)3

3,100

 

 

役職名

氏  名

生年月日

略  歴

任 期

所有

株式数(株)

社外取締役

(監査等委員)

山口 秀巳

1954年1月2日

1972年4月

国税庁東京国税局入庁

2002年7月

住吉税務署副署長

2008年7月

北沢税務署長

2013年7月

国税庁東京国税局調査第二部長

2014年7月

国税庁退職

2014年8月

税理士登録 東京税理士会

2016年4月

当社顧問税理士

2016年9月

当社取締役(監査等委員)(現任)

2021年6月

大日精化工業株式会社社外監査役(現任)

 

(注)3

900

455,820

(注)1.取締役 西澤圭助並びに山口秀巳は、社外取締役であります。

2.監査等委員以外の取締役の任期は、2022年6月期に係る定時株主総会終結の時までであります。

3.監査等委員である取締役の任期は、2023年6月期に係る定時株主総会終結の時までであります。

4.常務取締役 飯野光俊は、代表取締役社長 飯野光彦の実子であります。

5.当社は、法令に定める監査等委員である取締役の員数を欠くことになる場合に備え、会社法第329条第3項に定める監査等委員である補欠取締役1名を選任しております。補欠取締役の略歴は次のとおりであります。

氏 名

生年月日

略  歴

所有株式数(株)

 

水永 誠二

 

 

1959年1月12日生

 

1989年4月 弁護士登録(東京弁護士会)

      中村法律事務所入所

1991年4月 牧野内総合法律事務所入所(現職)

2003年6月 ㈱アーネストワン社外監査役(現任)

2004年1月 ファースト住建㈱社外監査役

2016年1月 同 社外取締役(監査等委員)(現任)

 

②社外役員の状況

当社の社外取締役は2名であります。

当社と社外取締役 西澤圭助及び同 山口秀巳との間には、人的関係、資本的関係又は取引関係その他の利害関係はありません。社外取締役の選任にあたっては、当社の監査・監督機能を強化するため、法務及び税務という専門分野において豊富な経験を有する方を選任しております。また、社外取締役 西澤圭助は、東京証券取引所が指定を義務付ける一般株主と利益相反が生じるおそれのない独立役員となっております。コーポレート・ガバナンスにおいて、外部からの客観的、中立的な経営監視機能は重要と考えており、社外取締役2名の監査・監督が実施されることにより、外部からの経営監視機能が十分に機能するため、現状の体制としております。

 社外取締役を選任するための独立性の基準又は方針は定めておりませんが、選任にあたっては、証券取引所の独立役員の独立性に関する判断基準等を参考にしております。

 なお、社外取締役による当社株式の保有状況は「役員一覧」の「所有株式数」欄に記載のとおりであります。

 

③社外取締役による監督又は監査と内部監査、監査等委員会による監査及び会計監査との相互連携並びに内部統制部門との関係

当社の監査等委員会の監査につきましては、監査等委員が取締役会に出席するほか、重要な決裁書類の閲覧を行い、独立した立場から適法性、適切性といった観点からの業務監査を行います。監査等委員である社外取締役 西澤圭助は弁護士資格を、同 山口秀巳は税理士資格を有しております。また、監査等委員会は、会計監査人、内部監査室と緊密な連携を保ち、重ねて調査する必要の認められる案件、迅速に対処すべき案件等を見極め合理的な監査に努めております。

 

(3)【監査の状況】

①監査等委員会による監査の状況

当社の監査等委員会の監査につきましては、監査等委員が取締役会に出席するほか、重要な決裁書類の閲覧を行い、独立した立場から適法性、適切性といった観点からの業務監査を行います。取締役監査等委員は、議長 柳任、委員 西澤圭助、委員 山口秀巳の3名であり、西澤圭助および山口秀巳が社外取締役です。常勤監査等委員の柳任は、過去に社長として海外子会社であるドライルーブタイランドを指揮・監督した豊富な経験とドライルーブ事業全般における幅広い知識により多様な助言を行っています。社外取締役 西澤圭助は弁護士としての豊富な実績や幅広い知見を有し、その専門的見地からの提言や助言を行っています。同 山口秀巳は税理士として、財務及び会計について相当程度の知見を有し、その専門的見地からの提言や助言を行っています。また、監査等委員会は、会計監査人、内部監査室長、内部統制部門担当者と緊密な連携を保ち、重ねて調査する必要の認められる案件、迅速に対処すべき案件等を見極め合理的な監査に努めております。

当事業年度において当社は監査等委員会を11回開催しており、個々の監査等委員の出席状況については次のとおりであります。

氏  名

開催回数

出席回数

長尾 宣孝

11回

11回

柳 任

西澤 圭助

11回

11回

山口 秀巳

11回

11回

(注)1.長尾宣孝氏は、2021年9月29日開催の株主総会の終結時をもって退任致しました。

   2.柳任氏は、2021年9月29日開催の株主総会にて、新任の監査等委員として選任されたため、

     出席回数はありません。

監査等委員会の主な検討事項は、監査計画、監査報告書作成、業務および財産の状況の調査の方法に関する事項になります。また、内部監査室による当社および子会社等についての内部監査結果は、監査等委員会において報告されています。

常勤監査等委員は、監査等委員会の議長を務め審議を進めるほか、取締役会や社内の重要な会議等に出席し、必要に応じた意見表明を行っております。また、重要な決裁書類や契約書等を閲覧して精査しております。

②内部監査の状況

当社の内部監査室は、内部監査責任者1名・担当者2名を置き、当社全部門及びグループ会社に対し必要に応じて内部監査を実施しております。また、内部監査室は、監査等委員会・会計監査人と監査計画及び監査実施状況等について定期的に会合を行う等、連携を保ちながら意見交換を行います。

③会計監査の状況

a.監査法人の名称

太陽有限責任監査法人

b.継続監査期間

1年

c.業務を執行した公認会計士の氏名

指定有限責任社員  業務執行社員  桐川 聡

指定有限責任社員  業務執行社員  上西 貴之

d.監査業務に係る補助者の構成

公認会計士   4名

その他     10名

e.監査法人の選定方針と理由

 当社は、監査法人の品質管理体制、監査の実施体制、監査報酬の水準等、監査法人の設定基準を定めており、太陽有限責任監査法人が適任であると判断しております。

 監査等委員会は、会計監査人の職務の執行に支障がある場合等、その必要があると判断した場合は、会計監査人の解任又は不再任を株主総会の会議の目的とすることといたします。

 また監査等委員会は、会計監査人が会社法第340条第1項各号に定める項目に該当すると認められる場合は、監査等委員全員の同意に基づき、会計監査人を解任いたします。この場合、監査等委員会が選定した監査等委員は、解任後最初に招集される株主総会におきまして、会計監査人を解任した旨と解任の理由を報告いたします。

 

f.監査等委員及び監査等委員会による監査法人の評価

 当社は、監査法人の品質管理の状況、監査チームの構成及び監査実施状況、当社とのコミュニケーションの状況等、監査法人の評価基準を定め、これらに基づき評価を行っております。

g.監査法人の異動

 当社の監査法人は次のとおり異動しております

  前連結会計年度及び前事業年度   EY新日本有限責任監査法人

  当連結会計年度及び当事業年度   太陽有限責任監査法人

 なお臨時報告書に記載した事項は次のとおりであります

 ⅰ.当期異動に係る監査公認会計士等の状況

  ・選任する監査公認会計士等の名称

   太陽有限責任監査法人

  ・退任する監査公認会計士等の名称

   EY新日本有限責任監査法人

 ⅱ.当該異動の年月日

   2020年9月29日

 ⅲ.退任する監査公認会計士等が監査公認会計士等となった年月日

   2007年8月1日

 ⅳ.退任する監査公認会計士等が直近3年間に作成した監査報告書等における意見等に関する事項

   該当事項はありません。

 ⅴ.当該異動の決定又は当該異動に至った理由及び経緯

 当社の会計監査人であるEY新日本有限責任監査法人は、2020年9月29日開催の第58回定時株主総会終結の時をもって任期満了となりました。監査等委員会は、近年、監査報酬が増加傾向にあることなどを契機として、当社グループの事業規模に適した監査対応と監査費用について検討してまいりました。

 その結果、監査公認会計士等に求められる専門性、独立性及び効率性を有し、当社の会社監査が適切に行われる内部監査体制が整備されており、さらには当社の事業規模での監査や、新たな視点での監査が出来る会計監査人として、監査費用等を総合的に勘案し、新たに太陽有限責任監査法人を会計監査人として選任するものであります。

 ⅵ.上記ⅴの理由及び経緯に対する意見

  ・退任する監査公認会計士等の意見

   特段の意見はない旨の回答を得ております。

  ・監査等委員会の意見

   妥当であると判断しております。

 

④監査報酬の内容等

a.監査公認会計士等に対する報酬

区  分

前連結会計年度

当連結会計年度

監査証明業務に基づく報酬(千円)

非監査業務に基づく

報酬(千円)

監査証明業務に基づく報酬(千円)

非監査業務に基づく

報酬(千円)

提出会社

30,240

32,900

連結子会社

30,240

32,900

b.監査公認会計士等と同一のネットワーク(GrantThorntonInternationalLtd)に対する報酬(a.を除く)

区  分

前連結会計年度

当連結会計年度

監査証明業務に基づく報酬(千円)

非監査業務に基づく

報酬(千円)

監査証明業務に基づく報酬(千円)

非監査業務に基づく

報酬(千円)

提出会社

連結子会社

1,075

1,075

c.その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

(前連結会計年度)

 その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容については、重要な報酬がないため記載を省略しております。

(当連結会計年度)

 その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容については、重要な報酬がないため記載を省略しております。

d.監査報酬の決定方針

明文化した方針はありませんが、監査公認会計士等より監査計画等の説明を受け、計画の妥当性、並びにそれにともなう見積もりを精査し、当社監査等委員会の同意の上、適切に決定しております。

e.監査等委員会が会計監査人の報酬等に同意した理由

監査等委員会は、会計監査人の監査計画の内容、会計監査の職務遂行状況及び報酬見積りの算出根拠が適切であるかどうかについて必要な検証を行ったうえで、会計監査人の報酬等の額について同意の判断をいたしました。

 

(4)【役員の報酬等】

①役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に関する事項

 当社は2021年2月12日開催の取締役において取締役の個人別の報酬等の内容にかかる決定方針を決議しております

 また取締役会は当事業年度に係る個人別の報酬等について報酬等の内容の決定方法および決定された報酬等の内容が取締役会で決議された決定方針と整合しており当該決定方針に沿うものであると判断しております

1.基本方針

 当社の取締役の報酬は企業価値の持続的な向上を図るインセンティブとして十分に機能するよう株主利益と連動した報酬体系としの取締役の報酬の決定に際しては各職責を踏まえた適正な水準とすることを基本方針とする具体的には業務執行取締役の報酬は固定報酬としての基本報酬業績連動報酬等により構成し監督機能を担う社外取締役についてはその職務に鑑み基本報酬のみを支払うこととする

2.基本報酬(金銭報酬)の個人別の報酬等の額の決定に関する方針(報酬等を与える時期または条件の決定に関する方針を含む)

 当社の取締役の基本報酬は月例の固定報酬とし役位職責在任年数に応じて他社水準当社の業績従業員給与の水準をも考慮しながら総合的に勘案して決定するものとする

3.業績連動報酬等の内容および額または数の算定方法の決定に関する方針(報酬等を与える時期または条件の決定に関する方針を含む)

 業績連動報酬等は事業年度ごとの業績向上に対する意識を高めるため業績指標(KPI)を反映した現金報酬とし各事業年度の連結営業利益の目標値に対する達成度合いに応じて算出された額を毎月支給する目標となる業績指標とその値は中期経営計画と整合するよう計画策定時に設定し適宜環境の変化に応じて見直しを行うものとする

4.金銭報酬の額業績連動報酬等の額の取締役の個人別の報酬等の額に対する割合の決定に関する方針

 業務執行取締役の種類別の報酬割合については当社と同程度の事業規模や関連する業種・業態に属する企業をベンチマークとする報酬水準を踏まえ上位の役位ほど業績連動報酬のウェイトが高まる構成とする取締役会(ホの委任を受けた代表取締役社長)は種類別の報酬割合について取締役の個人別の報酬等の内容を決定することとする

5.取締役の個人別の報酬等の内容についての決定に関する事項

 個人別の報酬額については取締役会決議にもとづき代表取締役社長がその具体的内容について委任を受けるものとしその権限の内容は各取締役の基本報酬の額および各取締役の担当事業の業績を踏まえた業績連動報酬の評価配分とする取締役会は当該権限が代表取締役社長によって適切に行使されるよう監督を行うこととする

②役員区分ごとの報酬の総額、報酬の種類別の総額及び対象となる役員の員数

役員区分

 

報酬等の総額

(千円)

報酬等の種類別の総額(千円)

対象となる

役員の員数(人)

固定報酬

業績連動報酬

退職慰労金

取締役(監査等委員を除く)

(社外取締役を除く)

127,200

122,040

5,160

-

7

取締役(監査等委員)

(社外取締役を除く)

12,000

12,000

-

-

1

社外役員

3,600

3,600

-

-

2

(注)1.取締役の報酬等の額には使用人兼務取締役の使用人分給与は含まれておりません

2.業績連動報酬等にかかる業績指標は連結ベースの営業利益でその実績は連結計算書類に記載の通

  りであります当該指標を選択した理由はこれが当社グループの収益力を示す重要な指標と考える

  ためです

3.取締役の報酬限度額は2015年9月25日開催の第53回定時株主総会において取締役(監査等委員を

  除く)について年額300百万円以内監査等委員である取締役について年額30百万円以内と決議いた

  だいております当該株主総会終結時点の取締役の員数は8名監査等委員である取締役の員数は3

  名であります

4.取締役会は代表取締役社長の飯野光彦氏に取締役の個人別の報酬等の額の決定を委任しておりま

  す委任した理由は会社全体の業績等を勘案しつつ各取締役の担当について評価を行うには代表取

  締役社長が適していると判断したためであります

③役員ごとの連結報酬等の総額等

連結報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため記載しておりません

 

(5)【株式の保有状況】

①投資株式の区分の基準及び考え方

 当社は、株式の価値の変動又は株式に係る配当によって利益を受けることを目的とする純投資目的である投資株式、それ以外の株式を純投資目的以外の目的である投資株式として区分しております。

②保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

a.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の内容

 当社は、取引先との良好な取引関係の維持発展などの政策的な目的により株式を保有することとしております。保有する政策保有株式については、毎年、取締役会において、個別銘柄ごとに、定量的(営業取引の状況、配当利回り等)および定性的(取引関係の円滑な推進等)な観点から検証を行い、保有継続の意義があるかを確認しています。

b.銘柄数及び貸借対照表計上額

 

銘柄数

(銘柄)

貸借対照表計上額の

合計額(千円)

非上場株式

1

1,000

非上場株式以外の株式

4

22,685

 

 

(当事業年度において株式数が増加した銘柄)

 

銘柄数

(銘柄)

株式数の増加に係る取得

価額の合計額(千円)

株式数の増加の理由

非上場株式

非上場株式以外の株式

1

240

取引先持株会での定期買付による増加

 

(当事業年度において株式数が減少した銘柄)

 

銘柄数

(銘柄)

株式数の減少に係る売却

価額の合計額(千円)

非上場株式

1

0

非上場株式以外の株式

 

c.特定投資株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報

特定投資株式

銘柄

当事業年度

前事業年度

保有目的、定量的な保有効果

及び株式数が増加した理由

当社の株式の

保有の有無

株式数(株)

株式数(株)

貸借対照表計上額

(千円)

貸借対照表計上額

(千円)

アルプスアルパイン㈱

13,799

13,628

(保有目的)取引関係の維持・強化を目的として保有

(定量的な保有効果) (注)

(株式数が増加した理由)

取引先持株会での定期買付による増加

16,186

18,807

㈱T&Dホールディングス

3,000

3,000

(保有目的)保険取引の円滑化を目的として保有

(定量的な保有効果) (注)

4,308

2,763

第一生命ホールディングス㈱

600

600

(保有目的)保険取引の円滑化を目的として保有

(定量的な保有効果) (注)

1,220

769

トヨタ自動車㈱

100

100

(保有目的)業界動向等の情報収集を目的として保有

(定量的な保有効果) (注)

971

676

(注)定量的な保有効果については記載が困難であり記載しておりません。保有の合理性は、保有目的、経済合理性、取引状況等により検証しております。

みなし保有株式

該当事項はありません。

③保有目的が純投資目的である投資株式

該当事項はありません。

④当事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的から純投資目的以外の目的に変更したもの

該当事項はありません。

⑤当事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的以外の目的から純投資目的に変更したもの

該当事項はありません。

第5【経理の状況】

1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について

(1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(1976年大蔵省令第28号)に基づいて作成しております。

(2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(1963年大蔵省令第59号。以下「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。

 また、当社は特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しております。

2.監査証明について

 当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2020年7月1日から2021年6月30日まで)の連結財務諸表及び事業年度(2020年7月1日から2021年6月30日まで)の財務諸表について、太陽有限責任監査法人により監査を受けております。

 

3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

 当社は連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内容を適切に把握するため、公益財団法人財務会計基準機構へ加入し、また、経理部門にて会計基準等の動向を解説した機関誌の定期購読やセミナーへの参加などを行っております。

1【連結財務諸表等】

(1)【連結財務諸表】

①【連結貸借対照表】

 

 

(単位:千円)

 

前連結会計年度

(2020年6月30日)

当連結会計年度

(2021年6月30日)

資産の部

 

 

流動資産

 

 

現金及び預金

※2 4,534,902

※2 4,913,442

受取手形及び売掛金

762,799

1,186,984

商品及び製品

64,075

61,184

仕掛品

21,969

37,375

原材料及び貯蔵品

125,984

145,081

未収還付法人税等

1,262

その他

33,673

40,914

貸倒引当金

3,608

3,994

流動資産合計

5,541,059

6,380,989

固定資産

 

 

有形固定資産

 

 

建物及び構築物

2,141,891

2,176,656

減価償却累計額

1,443,475

1,526,835

建物及び構築物(純額)

698,416

649,820

機械装置及び運搬具

※3 2,083,910

※3 2,170,512

減価償却累計額

1,774,841

1,885,800

機械装置及び運搬具(純額)

309,068

284,711

工具、器具及び備品

239,218

281,579

減価償却累計額

210,642

229,582

工具、器具及び備品(純額)

28,575

51,997

土地

1,201,449

1,220,791

建設仮勘定

6,367

14,929

有形固定資産合計

2,243,878

2,222,250

無形固定資産

 

 

ソフトウエア

28,627

41,392

のれん

79,643

58,405

無形固定資産合計

108,271

99,798

投資その他の資産

 

 

投資有価証券

48,337

48,385

関係会社出資金

※1 822,651

※1 840,915

繰延税金資産

38,257

46,068

その他

109,470

121,821

投資その他の資産合計

1,018,717

1,057,190

固定資産合計

3,370,867

3,379,239

資産合計

8,911,927

9,760,228

 

 

 

 

(単位:千円)

 

前連結会計年度

(2020年6月30日)

当連結会計年度

(2021年6月30日)

負債の部

 

 

流動負債

 

 

支払手形及び買掛金

※2 387,661

※2 592,615

短期借入金

100,000

100,000

1年内返済予定の長期借入金

343,200

308,200

未払金

45,581

86,606

未払費用

43,674

49,923

未払法人税等

5,031

132,155

賞与引当金

21,698

26,035

その他

52,852

87,780

流動負債合計

999,700

1,383,317

固定負債

 

 

長期借入金

333,500

285,300

退職給付に係る負債

163,814

181,901

長期未払金

123,561

123,288

その他

9,958

4,976

固定負債合計

630,834

595,466

負債合計

1,630,534

1,978,784

純資産の部

 

 

株主資本

 

 

資本金

375,956

375,956

資本剰余金

454,760

454,760

利益剰余金

6,435,963

6,835,999

自己株式

11,567

11,567

株主資本合計

7,255,112

7,655,149

その他の包括利益累計額

 

 

その他有価証券評価差額金

4,194

4,060

為替換算調整勘定

22,084

120,766

その他の包括利益累計額合計

26,279

124,827

非支配株主持分

0

1,468

純資産合計

7,281,392

7,781,444

負債純資産合計

8,911,927

9,760,228

 

②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
【連結損益計算書】

 

 

(単位:千円)

 

前連結会計年度

(自 2019年7月1日

 至 2020年6月30日)

当連結会計年度

(自 2020年7月1日

 至 2021年6月30日)

売上高

5,644,446

6,377,653

売上原価

4,514,243

4,971,919

売上総利益

1,130,202

1,405,733

販売費及び一般管理費

※1,※2 925,355

※1,※2 953,348

営業利益

204,847

452,385

営業外収益

 

 

受取利息及び配当金

7,085

11,114

為替差益

7,834

持分法による投資利益

113,139

200,917

補助金収入

30,232

18,623

助成金収入

224

37,729

その他

6,534

7,981

営業外収益合計

157,216

284,201

営業外費用

 

 

支払利息

2,894

2,507

為替差損

14,838

その他

947

726

営業外費用合計

18,680

3,233

経常利益

343,383

733,353

特別損失

 

 

減損損失

※4 97,956

固定資産除却損

※3 3,475

※3 314

その他

826

特別損失合計

3,475

99,096

税金等調整前当期純利益

339,907

634,256

法人税、住民税及び事業税

84,853

187,570

法人税等調整額

6,925

7,751

法人税等合計

77,927

179,818

当期純利益

261,979

454,438

非支配株主に帰属する当期純利益

59

1,440

親会社株主に帰属する当期純利益

261,920

452,997

 

【連結包括利益計算書】

 

 

(単位:千円)

 

前連結会計年度

(自 2019年7月1日

 至 2020年6月30日)

当連結会計年度

(自 2020年7月1日

 至 2021年6月30日)

当期純利益

261,979

454,438

その他の包括利益

 

 

その他有価証券評価差額金

4,852

134

為替換算調整勘定

66,885

87,461

持分法適用会社に対する持分相当額

24,302

11,247

その他の包括利益合計

※1,※2 96,040

※1,※2 98,575

包括利益

165,939

553,013

(内訳)

 

 

親会社株主に係る包括利益

165,939

551,545

非支配株主に係る包括利益

0

1,468

 

③【連結株主資本等変動計算書】

前連結会計年度(自2019年7月1日 至2020年6月30日)

 

 

 

 

(単位:千円)

 

株主資本

 

資本金

資本剰余金

利益剰余金

自己株式

株主資本合計

当期首残高

375,956

454,760

6,227,004

11,567

7,046,153

当期変動額

 

 

 

 

 

剰余金の配当

 

 

52,961

 

52,961

親会社株主に帰属する当期純利益

 

 

261,920

 

261,920

株主資本以外の項目の当期変動額(純額)

 

 

 

 

 

当期変動額合計

208,958

208,958

当期末残高

375,956

454,760

6,435,963

11,567

7,255,112

 

 

 

 

 

 

 

 

その他の包括利益累計額

非支配株主持分

純資産合計

 

その他有価証券評価差額金

為替換算調整勘定

その他の包括利益累計額合計

当期首残高

9,047

113,213

122,261

0

7,168,414

当期変動額

 

 

 

 

 

剰余金の配当

 

 

 

 

52,961

親会社株主に帰属する当期純利益

 

 

 

 

261,920

株主資本以外の項目の当期変動額(純額)

4,852

91,128

95,981

0

95,981

当期変動額合計

4,852

91,128

95,981

0

112,977

当期末残高

4,194

22,084

26,279

0

7,281,392

 

当連結会計年度(自2020年7月1日 至2021年6月30日)

 

 

 

 

(単位:千円)

 

株主資本

 

資本金

資本剰余金

利益剰余金

自己株式

株主資本合計

当期首残高

375,956

454,760

6,435,963

11,567

7,255,112

当期変動額

 

 

 

 

 

剰余金の配当

 

 

52,961

 

52,961

親会社株主に帰属する当期純利益

 

 

452,997

 

452,997

株主資本以外の項目の当期変動額(純額)