EDINET閲覧(提出)サイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)をもとに上場企業サーチ作成

本ページはEDINETに提出された開示情報を上場企業サーチが加工/編集したものであり、記載された情報の正確性および完全性について上場企業サーチは一切の保証を行いません。本ページの情報を利用する際は自己の責任で判断頂き、意思決定に際しては適宜EDINETや提出会社が公開するオリジナルを参照する様にしてください。本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

 

【表紙】

 

【提出書類】

四半期報告書

【根拠条文】

金融商品取引法第24条の4の7第1項

【提出先】

関東財務局長

【提出日】

2022年2月14日

【四半期会計期間】

第20期第3四半期(自  2021年10月1日  至  2021年12月31日)

【会社名】

富士石油株式会社

【英訳名】

Fuji Oil Company, Ltd.

【代表者の役職氏名】

代表取締役社長 山本 重人

【本店の所在の場所】

東京都品川区東品川二丁目5番8号

【電話番号】

03(5462)7761

【事務連絡者氏名】

総務部長 中山 元宏

【最寄りの連絡場所】

東京都品川区東品川二丁目5番8号

【電話番号】

03(5462)7761

【事務連絡者氏名】

総務部長 中山 元宏

【縦覧に供する場所】

株式会社東京証券取引所

(東京都中央区日本橋兜町2番1号)

 

E01082 50170 富士石油株式会社 Fuji Oil Company, Ltd. 企業内容等の開示に関する内閣府令 第四号の三様式 Japan GAAP true cte 2021-04-01 2021-12-31 Q3 2022-03-31 2020-04-01 2020-12-31 2021-03-31 1 false false false E01082-000 2022-02-14 E01082-000 2020-04-01 2020-12-31 E01082-000 2020-04-01 2021-03-31 E01082-000 2021-04-01 2021-12-31 E01082-000 2020-12-31 E01082-000 2021-03-31 E01082-000 2021-12-31 E01082-000 2020-10-01 2020-12-31 E01082-000 2021-10-01 2021-12-31 E01082-000 2022-02-14 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E01082-000 2021-12-31 jpcrp_cor:SharesWithNoVotingRightsMember E01082-000 2021-12-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsTreasurySharesEtcMember E01082-000 2021-12-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsOtherMember E01082-000 2021-12-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesTreasurySharesSharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E01082-000 2021-12-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesReciprocalHoldingSharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E01082-000 2021-12-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsOtherMember E01082-000 2021-12-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesLessThanOneUnitMember E01082-000 2021-12-31 jpcrp_cor:Row1Member E01082-000 2021-12-31 jpcrp_cor:Row2Member iso4217:JPY iso4217:JPY xbrli:shares xbrli:pure xbrli:shares

第一部 【企業情報】

 

第1 【企業の概況】

 

1 【主要な経営指標等の推移】

 

回次

第19期
第3四半期
連結累計期間

第20期
第3四半期
連結累計期間

第19期

会計期間

自  2020年4月1日
至  2020年12月31日

自  2021年4月1日
至  2021年12月31日

自  2020年4月1日
至  2021年3月31日

売上高

(百万円)

260,972

315,979

344,612

経常利益

(百万円)

5,758

4,824

8,293

親会社株主に帰属する

四半期(当期)純利益

(百万円)

4,277

5,461

6,528

四半期包括利益又は包括利益

(百万円)

3,805

7,023

6,892

純資産額

(百万円)

45,100

54,439

48,188

総資産額

(百万円)

241,886

324,987

253,007

1株当たり四半期(当期)

純利益金額

(円)

55.51

70.87

84.72

潜在株式調整後1株当たり

四半期(当期)純利益金額

(円)

自己資本比率

(%)

18.6

16.7

19.0

 

 

回次

第19期
第3四半期
連結会計期間

第20期
第3四半期
連結会計期間

会計期間

自  2020年10月1日
至  2020年12月31日

自  2021年10月1日
至  2021年12月31日

1株当たり四半期純利益金額

(円)

0.14

74.80

 

(注) 1.当社は四半期連結財務諸表を作成しているため、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載していません。

2.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載していません。

 

2 【事業の内容】

当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)において営まれている事業の内容に重要な変更はありません。
 また、主要な関係会社についても異動はありません。

 

 

 

第2 【事業の状況】

 

1 【事業等のリスク】

 当第3四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生、又は前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等のリスク」についての重要な変更はありません。
  なお、重要事象等は存在しておりません。

 

2 【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当グループが判断したものです。

なお、「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号2020年3月31日)等を当第1四半期連結会計期間の期首から適用しています。詳細については、「第4経理の状況1四半期連結財務諸表注記事項(会計方針の変更)」に記載しています。

 

(1)財政状態及び経営成績の状況

   ①経営成績

 当第3四半期連結累計期間におけるドバイ原油価格は、期初1バレルあたり61ドル台で始まりましたが、4月以降、欧米での新型コロナウイルスのワクチン接種普及に伴う景気回復期待等から上昇基調となり、7月上旬には75ドル台に達しました。その後、デルタ株の世界的な流行懸念から65ドル台まで下落するも、大型ハリケーンの米国メキシコ湾岸石油生産施設への接近や一部の産油国からの供給障害による需給の引き締まり等を背景に上昇に転じ、10月下旬には84ドル台に達しました。しかし、11月下旬に新たな変異株であるオミクロン株の感染拡大によるリスク回避の動きから調整色を再び強める局面がありましたが、米国を中心とした景気回復の持続力の強さとエネルギー需要の底堅さに支えられ、その後、回復に向かい、77ドル台で当四半期の取引を終了しました。この結果、期中平均は約72ドルとなりました。

 一方、為替相場は期初1ドル110円台後半で始まりましたが、米国金利の上昇一服などを理由に一時107円台半ばまで円高が進んだものの、その後はFOMCにおいて早期の利上げが意識されたことから111円台後半まで円安が進みました11月に入ると、米国におけるインフレへの警戒が強まりFRBが量的緩和に着手したことなどを背景に115円台半ばまで円安が進みました。12月はオミクロン株への警戒感から112円台後半まで戻す局面はあったものの、米国株式相場の堅調な推移などを受け、月末近くに115円台まで円安が進み、約115円で期末の取引を終了しました。この結果、期中平均は、111円台前半となりました。

 

 このような事業環境のもと、当社は5月から7月にかけて4年に一度実施する大規模定期修理を行いました。袖ケ浦製油所での原油処理量は、前年同期比1,029千キロリットル減の4,240千キロリットル、当社の石油製品及び石油化学製品等の販売数量は、1,105千キロリットル減の4,406千キロリットルとなりました。

 

 こうした状況のもと、当第3四半期連結累計期間の業績は以下のとおりとなりました。

 売上高は、大規模定期修理に伴い販売数量は減少したものの、原油価格の上昇に伴い販売単価が上昇した事等により、前年同期比550億円増収の3,159億円となりました。損益につきましては、在庫影響(総平均法及び簿価切下げによる棚卸資産の評価が売上原価に与える影響)が124億円の原価押し下げ要因(前年同期は50億円の原価押し下げ要因)となり、営業利益は51億円(前年同期比0億円増益)となりました。経常利益は48億円(前年同期比9億円減益)となりました。親会社株主に帰属する四半期純利益は54億円(前年同期比11億円増益)となりました。

 なお、当期の在庫影響を除いた実質ベースの損益は、大規模定期修理の影響等により、営業損失相当額は72億円(前年同期比73億円減益)、経常損失相当額は76億円(前年同期比83億円減益)となりました。

 

 

 

 ②財政状態

(流動資産)

流動資産は、前連結会計年度末と比べ633億円増加の1,968億円となりました。主な要因は、受取手形、売掛金及び契約資産の増加506億円、棚卸資産の増加196億円であります。

(固定資産)

固定資産は、前連結会計年度末と比べ86億円増加の1,281億円となりました。主な要因は、機械装置及び運搬具の増加74億円、投資有価証券の増加17億円であります。

(流動負債)

流動負債は、前連結会計年度末と比べ705億円増加の2,278億円となりました。主な要因は、短期借入金の増加453億円、未払金の増加186億円、未払揮発油税の増加104億円であります。

(固定負債)

固定負債は、前連結会計年度末と比べ48億円減少の426億円となりました。主な要因は、修繕引当金の減少69億円、長期借入金の増加12億円であります。

(純資産)

純資産合計は、前連結会計年度末と比べ62億円増加の544億円となりました。主な要因は、利益剰余金の増加46億円、為替換算調整勘定の増加16億円であります。

 

(2)経営方針・経営戦略等

  前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期連結累計期間における経営方針・経営戦略等の変更はありません。

 

  (3)事業上及び財務上の対処すべき課題

  当第3四半期連結累計期間において、事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更及び新たに生じた課題はありません。                                       

 

  (4)研究開発活動

  該当事項はありません。

 

3 【経営上の重要な契約等】

 当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。 

第3 【提出会社の状況】

 

1 【株式等の状況】

(1) 【株式の総数等】

① 【株式の総数】

 

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

200,000,000

200,000,000

 

 

② 【発行済株式】

 

種類

第3四半期会計期間末
現在発行数(株)
(2021年12月31日)

提出日現在発行数(株)
(2022年2月14日)

上場金融商品取引所
名又は登録認可金融
商品取引業協会名

内容

普通株式

78,183,677

78,183,677

東京証券取引所
(市場第一部)

単元株式数は100株です。

78,183,677

78,183,677

 

 

(2) 【新株予約権等の状況】

① 【ストックオプション制度の内容】

該当事項はありません。

 

② 【その他の新株予約権等の状況】

該当事項はありません。

 

(3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

該当事項はありません。

 

(4) 【発行済株式総数、資本金等の推移】

 

年月日

発行済株式
総数増減数
(株)

発行済株式
総数残高
(株)

資本金

増減額
(百万円)

資本金

残高
(百万円)

資本準備金
増減額
(百万円)

資本準備金
残高
(百万円)

2021年12月31日

78,183,677

24,467

2,480

 

 

(5) 【大株主の状況】

当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。

 

 

(6) 【議決権の状況】

当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記載することができないことから、直前の基準日(2021年9月30日)に基づく株主名簿による記載をしています。

① 【発行済株式】

 2021年9月30日現在

区分

株式数(株)

議決権の数(個)

内容

無議決権株式

議決権制限株式(自己株式等)

議決権制限株式(その他)

完全議決権株式(自己株式等)

(自己保有株式)

普通株式

966,100

(相互保有株式)

普通株式

155,000

完全議決権株式(その他)

普通株式

77,055,200

770,552

単元未満株式

普通株式

7,377

発行済株式総数

78,183,677

総株主の議決権

770,552

 

(注) 1.「完全議決権株式(その他)」の欄には、証券保管振替機構名義の株式1,500株(議決権の数15個)が含まれています。

2.「単元未満株式」の欄には、当社所有の自己保有株式98株が含まれています。

 

② 【自己株式等】

 

 

2021年9月30日現在

所有者の氏名
又は名称

所有者の住所

自己名義
所有株式数
(株)

他人名義
所有株式数
(株)

所有株式数
の合計
(株)

発行済株式
総数に対する
所有株式数
の割合(%)

富士石油株式会社

東京都品川区東品川二丁目5番8号

(自己保有株式)

966,100

966,100

1.23

富士石油販売株式会社

東京都品川区東品川二丁目5番8号

(相互保有株式)

155,000

155,000

0.19

1,121,100

1,121,100

1.43

 

 

2 【役員の状況】

前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間における役員の異動はありません。

第4 【経理の状況】

 

1.四半期連結財務諸表の作成方法について

当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(2007年内閣府令第64号)に基づいて作成しております。

 

2.監査証明について

当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(2021年10月1日から2021年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2021年4月1日から2021年12月31日まで)に係る四半期連結財務諸表について、有限責任 あずさ監査法人による四半期レビューを受けております。

 

1 【四半期連結財務諸表】

(1) 【四半期連結貸借対照表】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前連結会計年度

(2021年3月31日)

当第3四半期連結会計期間

(2021年12月31日)

資産の部

 

 

 

流動資産

 

 

 

 

現金及び預金

15,143

12,115

 

 

受取手形及び売掛金

29,199

-

 

 

受取手形、売掛金及び契約資産

-

79,867

 

 

有価証券

200

200

 

 

棚卸資産

80,661

100,340

 

 

未収入金

3,564

2,701

 

 

その他

4,736

1,642

 

 

流動資産合計

133,505

196,866

 

固定資産

 

 

 

 

有形固定資産

 

 

 

 

 

建物及び構築物(純額)

13,242

12,882

 

 

 

油槽(純額)

3,085

2,777

 

 

 

機械装置及び運搬具(純額)

27,891

35,311

 

 

 

土地

51,542

51,542

 

 

 

建設仮勘定

2,875

2,403

 

 

 

その他(純額)

598

528

 

 

 

有形固定資産合計

99,236

105,446

 

 

無形固定資産

 

 

 

 

 

ソフトウエア

670

650

 

 

 

その他

134

134

 

 

 

無形固定資産合計

805

785

 

 

投資その他の資産

 

 

 

 

 

投資有価証券

18,613

20,374

 

 

 

長期貸付金

717

717

 

 

 

退職給付に係る資産

39

619

 

 

 

その他

500

584

 

 

 

貸倒引当金

409

408

 

 

 

投資その他の資産合計

19,461

21,888

 

 

固定資産合計

119,502

128,120

 

資産合計

253,007

324,987

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前連結会計年度

(2021年3月31日)

当第3四半期連結会計期間

(2021年12月31日)

負債の部

 

 

 

流動負債

 

 

 

 

買掛金

21,982

28,666

 

 

短期借入金

74,050

119,432

 

 

1年内返済予定の長期借入金

10,046

9,477

 

 

未払金

18,788

37,439

 

 

未払揮発油税

17,674

28,136

 

 

未払法人税等

1,600

1

 

 

賞与引当金

327

140

 

 

その他

12,815

4,572

 

 

流動負債合計

157,285

227,868

 

固定負債

 

 

 

 

長期借入金

26,376

27,638

 

 

繰延税金負債

9,038

9,055

 

 

特別修繕引当金

2,339

2,514

 

 

修繕引当金

7,719

755

 

 

退職給付に係る負債

1,421

2,102

 

 

役員退職慰労引当金

18

19

 

 

その他

620

593

 

 

固定負債合計

47,533

42,679

 

負債合計

204,819

270,547

純資産の部

 

 

 

株主資本

 

 

 

 

資本金

24,467

24,467

 

 

資本剰余金

25,495

25,495

 

 

利益剰余金

1,543

6,234

 

 

自己株式

1,431

1,431

 

 

株主資本合計

50,075

54,765

 

その他の包括利益累計額

 

 

 

 

その他有価証券評価差額金

498

452

 

 

土地再評価差額金

1

1

 

 

為替換算調整勘定

3,194

1,559

 

 

退職給付に係る調整累計額

651

606

 

 

その他の包括利益累計額合計

2,043

498

 

非支配株主持分

156

171

 

純資産合計

48,188

54,439

負債純資産合計

253,007

324,987

 

(2) 【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】

【四半期連結損益計算書】
【第3四半期連結累計期間】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前第3四半期連結累計期間

(自 2020年4月1日

 至 2020年12月31日)

当第3四半期連結累計期間

(自 2021年4月1日

 至 2021年12月31日)

売上高

260,972

315,979

売上原価

252,617

307,558

売上総利益

8,354

8,421

販売費及び一般管理費

3,236

3,239

営業利益

5,118

5,181

営業外収益

 

 

 

受取利息

39

16

 

受取配当金

30

132

 

為替差益

79

168

 

持分法による投資利益

1,855

726

 

タンク賃貸料

158

181

 

その他

216

246

 

営業外収益合計

2,379

1,470

営業外費用

 

 

 

支払利息

1,071

1,072

 

タンク賃借料

161

201

 

その他

506

554

 

営業外費用合計

1,739

1,828

経常利益

5,758

4,824

特別利益

 

 

 

固定資産売却益

2

18

 

有価証券売却益

77

-

 

受取保険金

-

711

 

特別利益合計

79

730

特別損失

 

 

 

固定資産除却損

110

64

 

減損損失

125

-

 

特別損失合計

235

64

税金等調整前四半期純利益

5,602

5,489

法人税、住民税及び事業税

897

27

法人税等調整額

410

15

法人税等合計

1,307

11

四半期純利益

4,294

5,477

非支配株主に帰属する四半期純利益

17

16

親会社株主に帰属する四半期純利益

4,277

5,461

 

【四半期連結包括利益計算書】
【第3四半期連結累計期間】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前第3四半期連結累計期間

(自 2020年4月1日

 至 2020年12月31日)

当第3四半期連結累計期間

(自 2021年4月1日

 至 2021年12月31日)

四半期純利益

4,294

5,477

その他の包括利益

 

 

 

その他有価証券評価差額金

138

45

 

為替換算調整勘定

136

317

 

退職給付に係る調整額

28

44

 

持分法適用会社に対する持分相当額

519

1,317

 

その他の包括利益合計

489

1,545

四半期包括利益

3,805

7,023

(内訳)

 

 

 

親会社株主に係る四半期包括利益

3,787

7,006

 

非支配株主に係る四半期包括利益

17

16

 

【注記事項】
(会計方針の変更)

 (収益認識に関する会計基準等の適用)

「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号2020年3月31日。以下「収益認識会計基準」という。)等を第1四半期連結会計期間の期首から適用し、約束した財又はサービスの支配が顧客に移転した時点で、当該財又はサービスと交換に受け取ると見込まれる金額で収益を認識することとしました。

収益認識会計基準等の適用については、収益認識会計基準第84項ただし書きに定める経過的な取扱いに従っており、第1四半期連結会計期間の期首より前に新たな会計方針を遡及適用した場合の累積的影響額を、第1四半期連結会計期間の期首の利益剰余金に加減し、当該期首残高から新たな会計方針を適用することとしています。ただし、収益認識会計基準第86項に定める方法を適用し、第1四半期連結会計期間の期首より前までに従前の取扱いに従ってほとんどすべての収益の額を認識した契約に、新たな会計方針を遡及適用していません。また、収益認識会計基準第86項また書き(1)に定める方法を適用し、第1四半期連結会計期間の期首より前までに行われた契約変更について、すべての契約変更を反映した後の契約条件に基づき、会計処理を行っています。

この結果、当第3四半期連結累計期間の会計処理に与える影響は軽微です。

収益認識会計基準等を適用したため、前連結会計年度の連結貸借対照表において、「流動資産」に表示していた「受取手形及び売掛金」は、第1四半期連結会計期間より「受取手形、売掛金及び契約資産」に含めて表示することとしました。なお、収益認識会計基準第89-2項に定める経過的な取扱いに従って、前連結会計年度について新たな表示方法により組替えを行っていません。さらに、「四半期財務諸表に関する会計基準」(企業会計基準第12号2020年3月31日)第28-15項に定める経過的な取扱いに従って、前第3四半期連結累計期間に係る顧客との契約から生じる収益を分解した情報を記載していません。

 

(時価の算定に関する会計基準等の適用)

「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号2019年7月4日。以下「時価算定会計基準」という。)等を第1四半期連結会計期間の期首から適用し、時価算定会計基準第19項及び「金融商品に関する会計基準」(企業会計基準第10号2019年7月4日)第44-2項に定める経過的な取扱いに従って、時価算定会計基準等が定める新たな会計方針を、将来にわたって適用することといたしました。

なお、当該会計基準等の適用が四半期連結財務諸表に与える影響はありません。

 

(追加情報)

(新型コロナウイルス感染症の世界的な拡大の影響について)

新型コロナウイルス感染症の世界的な拡大により需要見通しは不透明であるものの、今後の機械装置の稼働率への影響は限定的であり、会計上の見積りに与える影響は重要でないと判断しております。

 

(連結納税制度からグループ通算制度への移行に係る税効果会計の適用に関する取扱い)

当社及び一部の連結子会社は、「所得税法等の一部を改正する法律」(2020年法律第8号)において創設されたグループ通算制度への移行及びグループ通算制度への移行にあわせて単体納税制度の見直しが行われた項目については、「連結納税制度からグループ通算制度への移行に係る税効果会計の適用に関する取扱い」(実務対応報告第39号 2020年3月31日)第3項の取扱いにより、「税効果会計に係る会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第28号 2018年2月16日)第44項の定めを適用せず、繰延税金資産及び繰延税金負債の額について、改正前の税法の規定に基づいています。

 

 

 

(四半期連結貸借対照表関係)

  偶発債務

  従業員又は連結会社以外の会社の下記の債務に対して債務保証を行っております。

 

前連結会計年度
(2021年3月31日)

当第3四半期連結会計期間
(2021年12月31日)

従業員(持家)

 

 

金融機関からの借入債務

9百万円

4百万円

バイオマス燃料供給有限責任事業組合

 

 

当座貸越約定、輸入消費財の延納、

 

 

信用状取引約定に係る債務保証

979百万円

2,500百万円

 

 

 

(四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

 当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半期連結累計期間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりです。

 

前第3四半期連結累計期間

(自  2020年4月1日

至  2020年12月31日)

当第3四半期連結累計期間

(自  2021年4月1日

至  2021年12月31日)

減価償却費

4,827百万円

5,127百万円

 

 

 

 

(株主資本等関係)

前第3四半期連結累計期間(自  2020年4月1日  至  2020年12月31日)

1.配当金支払額

      該当事項はありません。

 

2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末日後
   となるもの

     該当事項はありません。

 

 

当第3四半期連結累計期間(自  2021年4月1日  至  2021年12月31日)

1.配当金支払額

決議

株式の種類

配当金の総額
(百万円)

1株当たり
配当額(円)

基準日

効力発生日

配当の原資

2021年6月25日
定時株主総会

普通株式

772

10

2021年3月31日

2021年6月28日

利益剰余金

 

 

2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末日後
   となるもの

     該当事項はありません。

(セグメント情報等)

【セグメント情報】

 前第3四半期連結累計期間(自 2020年4月1日 至 2020年12月31日)及び当第3四半期連結累計期間(自 2021年4月1日 至 2021年12月31日

当連結グループは、石油精製/販売事業のみの単一セグメントであるため、記載を省略しております。

 

(収益認識関係)

 

顧客との契約から生じる収益を分解した情報

 

当第3四半期連結累計期間(自2021年4月1日 至2021年12月31日)

                                    (単位:百万円)

 

石油製品

その他

合計

顧客との契約から生じる収益

313,057

2,922

315,979

 

(注)「顧客との契約から生じる収益」はほとんどが「一時点で顧客に移転される財又はサービスから生じる

 収益」であり、それ以外は僅少です。

 

(1株当たり情報)

1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎は、次のとおりです。

 

項目

前第3四半期連結累計期間

(自  2020年4月1日

至  2020年12月31日)

当第3四半期連結累計期間

(自  2021年4月1日

至  2021年12月31日)

1株当たり四半期純利益金額

55円51銭

70円87銭

    (算定上の基礎)

 

 

  親会社株主に帰属する四半期純利益(百万円)

4,277

5,461

    普通株主に帰属しない金額(百万円)

普通株式に係る親会社株主に帰属する

四半期純利益(百万円)

4,277

5,461

    普通株式の期中平均株式数(株)

77,062,479

77,062,479

 

(注)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載していません。

 

 

 

2 【その他】

 該当事項はありません。

 

第二部 【提出会社の保証会社等の情報】

該当事項はありません。

独立監査人の四半期レビュー報告書

 

2022年2月14日

富士石油株式会社

取締役会 御中

 

有限責任 あずさ監査法人

東京事務所

指定有限責任社員

業務執行社員

公認会計士

岩 出 博 男

 

指定有限責任社員

業務執行社員

公認会計士

吉 田 貴 富

 

 

監査人の結論

当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている富士石油株式会社の2021年4月1日から2022年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(2021年10月1日から2021年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2021年4月1日から2021年12月31日まで)に係る四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レビューを行った。

 

当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、富士石油株式会社及び連結子会社の2021年12月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項が全ての重要な点において認められなかった。

 

監査人の結論の根拠

当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行った。四半期レビューの基準における当監査法人の責任は、「四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。

 

四半期連結財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。

 

四半期連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき四半期連結財務諸表を作成することが適切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に基づいて継続企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。

 

監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。

 

 

四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任

 監査人の責任は、監査人が実施した四半期レビューに基づいて、四半期レビュー報告書において独立の立場から四半期連結財務諸表に対する結論を表明することにある。

 

監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に従って、四半期レビューの過程を通じて、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。

 

・主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対する質問、分析的手続その他の四半期レビュー

 手続を実施する。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して実施さ

 れる年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。

 

・継続企業の前提に関する事項について、重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認め

 られると判断した場合には、入手した証拠に基づき、四半期連結財務諸表において、我が国において一般に公正妥当

 と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、適正に表示されていないと信じさせる事項が認められない

 かどうか結論付ける。また、継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、四半期レビュー報告書に

 おいて四半期連結財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する四半期連結財務諸表の注

 記事項が適切でない場合は、四半期連結財務諸表に対して限定付結論又は否定的結論を表明することが求められてい

 る。監査人の結論は、四半期レビュー報告書日までに入手した証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、企

 業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。

 

・四半期連結財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成

 基準に準拠していないと信じさせる事項が認められないかどうかとともに、関連する注記事項を含めた四半期連結財

 務諸表の表示、構成及び内容、並びに四半期連結財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示していないと信

 じさせる事項が認められないかどうかを評価する。

 

・四半期連結財務諸表に対する結論を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する証拠を入手する。監査

 人は、四半期連結財務諸表の四半期レビューに関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で監

 査人の結論に対して責任を負う。

 

監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した四半期レビューの範囲とその実施時期、四半期レビュー上の重要な発見事項について報告を行う。

 

監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを講じている場合はその内容について報告を行う。

 

利害関係

会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。

                                                                                                以 上

 

 

(注) 1. 上記の監査報告書の原本は当社(四半期報告書提出会社)が別途保管しております。

2. XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。

 

E01082-000 2022-02-14