EDINET閲覧(提出)サイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)をもとに上場企業サーチ作成

本ページはEDINETに提出された開示情報を上場企業サーチが加工/編集したものであり、記載された情報の正確性および完全性について上場企業サーチは一切の保証を行いません。本ページの情報を利用する際は自己の責任で判断頂き、意思決定に際しては適宜EDINETや提出会社が公開するオリジナルを参照する様にしてください。本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

【表紙】

 

【提出書類】

有価証券報告書

【根拠条文】

金融商品取引法第24条第1項

【提出先】

関東財務局長

【提出日】

2020年3月27日

【事業年度】

第161期(自 2019年1月1日 至 2019年12月31日)

【会社名】

日本カーボン株式会社

【英訳名】

Nippon Carbon Co., Ltd.

【代表者の役職氏名】

代表取締役社長  宮下 尚史

【本店の所在の場所】

東京都中央区八丁堀一丁目10番7号

【電話番号】

03(6891)3730(大代表)

【事務連絡者氏名】

執行役員 業務統括部長  今井 浩二

【最寄りの連絡場所】

東京都中央区八丁堀一丁目10番7号

【電話番号】

03(6891)3730(大代表)

【事務連絡者氏名】

執行役員 業務統括部長  今井 浩二

【縦覧に供する場所】

日本カーボン株式会社大阪支店

(大阪市北区西天満4丁目11番22号(阪神神明ビル内))

株式会社東京証券取引所

(東京都中央区日本橋兜町2番1号)

 

E01140 53020 日本カーボン株式会社 Nippon Carbon Co., Ltd. 企業内容等の開示に関する内閣府令 第三号様式 Japan GAAP true CTE CTE 2019-01-01 2019-12-31 FY 2019-12-31 2018-01-01 2018-12-31 2018-12-31 1 false false false E01140-000 2018-12-31 jpcrp_cor:Row39Member E01140-000 2019-12-31 jpcrp_cor:Row39Member E01140-000 2019-01-01 2019-12-31 jpcrp_cor:OtherOperatingSegmentsMember E01140-000 2018-12-31 jpcrp_cor:Row38Member E01140-000 2019-12-31 jpcrp_cor:Row38Member E01140-000 2018-12-31 jpcrp_cor:Row37Member E01140-000 2019-12-31 jpcrp_cor:Row37Member E01140-000 2018-12-31 jpcrp_cor:Row36Member E01140-000 2019-12-31 jpcrp_cor:Row36Member E01140-000 2018-12-31 jpcrp_cor:Row35Member E01140-000 2019-12-31 jpcrp_cor:Row35Member E01140-000 2018-12-31 jpcrp_cor:Row34Member E01140-000 2019-12-31 jpcrp_cor:Row34Member E01140-000 2018-12-31 jpcrp_cor:Row33Member E01140-000 2019-12-31 jpcrp_cor:Row33Member E01140-000 2018-12-31 jpcrp_cor:Row32Member E01140-000 2019-12-31 jpcrp_cor:Row32Member E01140-000 2018-12-31 jpcrp_cor:Row31Member E01140-000 2019-12-31 jpcrp_cor:Row31Member E01140-000 2020-03-27 jpcrp030000-asr_E01140-000:AtsushiMiyazakiMember E01140-000 2018-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember E01140-000 2018-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01140-000 2018-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E01140-000 2019-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E01140-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01140-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E01140-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01140-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E01140-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember E01140-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01140-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E01140-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E01140-000 2020-03-27 jpcrp030000-asr_E01140-000:TakeoKatoMember E01140-000 2018-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01140-000 2018-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E01140-000 2018-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01140-000 2018-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E01140-000 2018-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E01140-000 2018-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E01140-000 2019-12-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01140-000 2019-12-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E01140-000 2019-12-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01140-000 2019-12-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01140-000 2019-12-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E01140-000 2019-12-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E01140-000 2019-12-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E01140-000 2019-12-31 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E01140-000 2019-12-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E01140-000 2019-12-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E01140-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01140-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E01140-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01140-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01140-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E01140-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E01140-000 2019-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01140-000 2019-12-31 E01140-000 2019-01-01 2019-12-31 E01140-000 2018-12-31 E01140-000 2018-01-01 2018-12-31 E01140-000 2017-12-31 E01140-000 2017-01-01 2017-12-31 E01140-000 2016-12-31 E01140-000 2016-01-01 2016-12-31 E01140-000 2015-12-31 E01140-000 2015-01-01 2015-12-31 E01140-000 2020-03-27 E01140-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E01140-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E01140-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E01140-000 2019-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E01140-000 2019-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01140-000 2019-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E01140-000 2019-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember E01140-000 2019-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01140-000 2019-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E01140-000 2019-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E01140-000 2019-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E01140-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E01140-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E01140-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E01140-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E01140-000 2019-12-31 jpcrp_cor:No1MajorShareholdersMember E01140-000 2019-12-31 jpcrp_cor:No2MajorShareholdersMember E01140-000 2019-12-31 jpcrp_cor:No3MajorShareholdersMember E01140-000 2019-12-31 jpcrp_cor:No4MajorShareholdersMember E01140-000 2019-12-31 jpcrp_cor:No5MajorShareholdersMember E01140-000 2019-12-31 jpcrp_cor:No6MajorShareholdersMember E01140-000 2019-12-31 jpcrp_cor:No7MajorShareholdersMember E01140-000 2019-12-31 jpcrp_cor:No8MajorShareholdersMember E01140-000 2019-12-31 jpcrp_cor:No9MajorShareholdersMember E01140-000 2019-12-31 jpcrp_cor:No10MajorShareholdersMember E01140-000 2018-01-01 2018-12-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E01140-000 2018-01-01 2018-12-31 jpcrp030000-asr_E01140-000:CarbonProductBusinessReportableSegmentsMember E01140-000 2018-01-01 2018-12-31 jpcrp_cor:OtherReportableSegmentsMember E01140-000 2018-01-01 2018-12-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E01140-000 2018-12-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E01140-000 2019-01-01 2019-12-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E01140-000 2018-12-31 jpcrp030000-asr_E01140-000:CarbonProductBusinessReportableSegmentsMember E01140-000 2018-12-31 jpcrp_cor:OtherReportableSegmentsMember E01140-000 2018-12-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E01140-000 2019-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E01140-000 2019-12-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E01140-000 2019-12-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E01140-000 2019-12-31 jpcrp_cor:OtherReportableSegmentsMember E01140-000 2018-12-31 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E01140-000 2018-12-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E01140-000 2018-12-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E01140-000 2018-12-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E01140-000 2017-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E01140-000 2017-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E01140-000 2017-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember E01140-000 2017-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01140-000 2017-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E01140-000 2017-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01140-000 2017-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E01140-000 2017-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01140-000 2017-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E01140-000 2017-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E01140-000 2017-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E01140-000 2018-01-01 2018-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E01140-000 2018-01-01 2018-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E01140-000 2018-01-01 2018-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E01140-000 2018-01-01 2018-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember E01140-000 2018-01-01 2018-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01140-000 2018-01-01 2018-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01140-000 2018-01-01 2018-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E01140-000 2018-01-01 2018-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01140-000 2018-01-01 2018-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E01140-000 2018-01-01 2018-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E01140-000 2018-01-01 2018-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E01140-000 2018-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E01140-000 2018-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E01140-000 2017-12-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E01140-000 2017-12-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E01140-000 2017-12-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E01140-000 2018-01-01 2018-12-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01140-000 2018-01-01 2018-12-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E01140-000 2018-01-01 2018-12-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01140-000 2018-01-01 2018-12-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E01140-000 2018-01-01 2018-12-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01140-000 2018-01-01 2018-12-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E01140-000 2018-12-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E01140-000 2018-01-01 2018-12-31 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E01140-000 2018-01-01 2018-12-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E01140-000 2018-01-01 2018-12-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E01140-000 2018-01-01 2018-12-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E01140-000 2018-12-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01140-000 2018-12-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01140-000 2018-12-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E01140-000 2018-12-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01140-000 2018-12-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E01140-000 2018-12-31 jpcrp030000-asr_E01140-000:SiliconCarbideProductBusinessReportableSegmentsMember E01140-000 2018-01-01 2018-12-31 jpcrp030000-asr_E01140-000:SiliconCarbideProductBusinessReportableSegmentsMember E01140-000 2019-12-31 jpcrp030000-asr_E01140-000:SiliconCarbideProductBusinessReportableSegmentsMember E01140-000 2019-01-01 2019-12-31 jpcrp030000-asr_E01140-000:SiliconCarbideProductBusinessReportableSegmentsMember E01140-000 2019-12-31 jpcrp030000-asr_E01140-000:CarbonProductBusinessReportableSegmentsMember E01140-000 2019-01-01 2019-12-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E01140-000 2019-01-01 2019-12-31 jpcrp_cor:OtherReportableSegmentsMember E01140-000 2019-01-01 2019-12-31 jpcrp030000-asr_E01140-000:CarbonProductBusinessReportableSegmentsMember E01140-000 2019-12-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E01140-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E01140-000 2018-12-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E01140-000 2018-01-01 2018-12-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E01140-000 2017-12-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E01140-000 2019-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01140-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01140-000 2018-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01140-000 2018-01-01 2018-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01140-000 2017-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01140-000 2017-01-01 2017-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01140-000 2016-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01140-000 2016-01-01 2016-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01140-000 2015-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01140-000 2020-03-27 jpcrp030000-asr_E01140-000:ShigeruArakiMember E01140-000 2020-03-27 jpcrp030000-asr_E01140-000:MitsuoSasakiMember E01140-000 2019-12-31 jpcrp_cor:Row5Member E01140-000 2019-12-31 jpcrp_cor:Row6Member E01140-000 2019-12-31 jpcrp_cor:Row7Member E01140-000 2019-12-31 jpcrp_cor:Row8Member E01140-000 2019-12-31 jpcrp_cor:Row9Member E01140-000 2019-12-31 jpcrp_cor:Row10Member E01140-000 2019-12-31 jpcrp_cor:Row11Member E01140-000 2019-12-31 jpcrp_cor:Row12Member E01140-000 2019-12-31 jpcrp_cor:Row13Member E01140-000 2019-12-31 jpcrp_cor:Row14Member E01140-000 2019-12-31 jpcrp_cor:Row15Member E01140-000 2019-12-31 jpcrp_cor:Row16Member E01140-000 2019-12-31 jpcrp_cor:Row17Member E01140-000 2019-12-31 jpcrp_cor:Row18Member E01140-000 2019-12-31 jpcrp_cor:Row19Member E01140-000 2019-12-31 jpcrp_cor:Row20Member E01140-000 2019-12-31 jpcrp_cor:Row21Member E01140-000 2019-12-31 jpcrp_cor:Row22Member E01140-000 2017-12-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E01140-000 2017-12-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01140-000 2017-12-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01140-000 2017-12-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E01140-000 2017-12-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01140-000 2017-12-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E01140-000 2017-12-31 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E01140-000 2015-01-01 2015-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01140-000 2020-03-27 jpcrp_cor:Row6Member E01140-000 2020-03-27 jpcrp_cor:Row5Member E01140-000 2019-12-31 jpcrp_cor:Row23Member E01140-000 2019-12-31 jpcrp_cor:Row24Member E01140-000 2019-12-31 jpcrp_cor:Row25Member E01140-000 2019-12-31 jpcrp_cor:Row26Member E01140-000 2019-12-31 jpcrp_cor:Row27Member E01140-000 2019-12-31 jpcrp_cor:Row28Member E01140-000 2019-12-31 jpcrp_cor:Row29Member E01140-000 2019-12-31 jpcrp_cor:Row30Member E01140-000 2018-12-31 jpcrp_cor:Row5Member E01140-000 2018-12-31 jpcrp_cor:Row6Member E01140-000 2018-12-31 jpcrp_cor:Row7Member E01140-000 2018-12-31 jpcrp_cor:Row8Member E01140-000 2018-12-31 jpcrp_cor:Row9Member E01140-000 2018-12-31 jpcrp_cor:Row10Member E01140-000 2018-12-31 jpcrp_cor:Row11Member E01140-000 2018-12-31 jpcrp_cor:Row12Member E01140-000 2018-12-31 jpcrp_cor:Row13Member E01140-000 2018-12-31 jpcrp_cor:Row14Member E01140-000 2018-12-31 jpcrp_cor:Row15Member E01140-000 2018-12-31 jpcrp_cor:Row16Member E01140-000 2018-12-31 jpcrp_cor:Row17Member E01140-000 2018-12-31 jpcrp_cor:Row18Member E01140-000 2018-12-31 jpcrp_cor:Row19Member E01140-000 2018-12-31 jpcrp_cor:Row20Member E01140-000 2018-12-31 jpcrp_cor:Row21Member E01140-000 2018-12-31 jpcrp_cor:Row22Member E01140-000 2018-12-31 jpcrp_cor:Row23Member E01140-000 2018-12-31 jpcrp_cor:Row24Member E01140-000 2018-12-31 jpcrp_cor:Row25Member E01140-000 2018-12-31 jpcrp_cor:Row26Member E01140-000 2018-12-31 jpcrp_cor:Row27Member E01140-000 2018-12-31 jpcrp_cor:Row28Member E01140-000 2018-12-31 jpcrp_cor:Row29Member E01140-000 2018-12-31 jpcrp_cor:Row30Member E01140-000 2019-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E01140-000:CarbonProductBusinessReportableSegmentsMember E01140-000 2019-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp_cor:OtherReportableSegmentsMember E01140-000 2019-01-01 2019-12-31 jpcrp_cor:DirectorsExcludingOutsideDirectorsMember E01140-000 2019-01-01 2019-12-31 jpcrp_cor:CorporateAuditorsExcludingOutsideCorporateAuditorsMember E01140-000 2019-01-01 2019-12-31 jpcrp_cor:OutsideDirectorsAndOtherOfficersMember E01140-000 2020-03-27 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E01140-000 2019-12-31 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E01140-000 2019-12-31 jpcrp_cor:SharesWithNoVotingRightsMember E01140-000 2019-12-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsTreasurySharesEtcMember E01140-000 2019-12-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsOtherMember E01140-000 2019-12-31 jpcrp_cor:SharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E01140-000 2019-12-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesTreasurySharesSharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E01140-000 2019-12-31 jpcrp_cor:SharesWithFullVotingRightsOtherMember E01140-000 2019-12-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsOtherMember E01140-000 2019-12-31 jpcrp_cor:SharesLessThanOneUnitMember E01140-000 2019-12-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesLessThanOneUnitMember E01140-000 2019-12-31 jpcrp_cor:Row1Member E01140-000 2019-12-31 jpcrp_cor:Row2Member E01140-000 2019-12-31 jpcrp_cor:Row3Member E01140-000 2019-12-31 jpcrp_cor:Row4Member E01140-000 2018-12-31 jpcrp_cor:Row1Member E01140-000 2018-12-31 jpcrp_cor:Row2Member E01140-000 2018-12-31 jpcrp_cor:Row3Member E01140-000 2018-12-31 jpcrp_cor:Row4Member E01140-000 2020-03-27 jpcrp030000-asr_E01140-000:YoshijiMotohashiMember E01140-000 2020-03-27 jpcrp030000-asr_E01140-000:TakafumiMiyashitaMember E01140-000 2020-03-27 jpcrp030000-asr_E01140-000:AkitoTakahashiMember E01140-000 2020-03-27 jpcrp_cor:Row4Member E01140-000 2020-03-27 jpcrp_cor:Row3Member E01140-000 2020-03-27 jpcrp_cor:Row2Member E01140-000 2020-03-27 jpcrp_cor:Row1Member iso4217:JPY xbrli:shares xbrli:shares xbrli:pure iso4217:JPY

第一部【企業情報】

第1【企業の概況】

1【主要な経営指標等の推移】

(1)連結経営指標等

回次

第157期

第158期

第159期

第160期

第161期

決算年月

2015年12月

2016年12月

2017年12月

2018年12月

2019年12月

売上高

(百万円)

28,891

22,903

27,964

48,017

44,931

経常利益又は経常損失(△)

(百万円)

1,884

570

2,997

16,508

15,106

親会社株主に帰属する当期純利益又は親会社株主に帰属する当期純損失(△)

(百万円)

1,076

5,413

2,961

10,292

9,700

包括利益

(百万円)

1,216

5,226

3,830

10,076

10,714

純資産額

(百万円)

36,617

30,810

33,906

42,734

51,654

総資産額

(百万円)

59,043

53,895

57,656

73,598

77,939

1株当たり純資産額

(円)

283.82

2,293.67

2,553.20

3,303.04

4,080.33

1株当たり当期純利益又は

1株当たり当期純損失(△)

(円)

9.51

488.10

267.71

931.89

876.81

潜在株式調整後

1株当たり当期純利益金額

(円)

自己資本比率

(%)

53.3

47.2

48.9

49.4

57.9

自己資本利益率

(%)

3.42

19.02

11.04

31.80

23.75

株価収益率

(倍)

32.18

4.65

18.94

4.32

4.68

営業活動による

キャッシュ・フロー

(百万円)

3,827

2,370

3,876

12,633

4,792

投資活動による

キャッシュ・フロー

(百万円)

526

6,136

1,498

2,051

3,693

財務活動による

キャッシュ・フロー

(百万円)

740

3,501

1,349

2,418

2,996

現金及び現金同等物

の期末残高

(百万円)

10,685

10,408

11,441

19,602

17,707

従業員数

(名)

574

591

614

679

664

(外、平均臨時雇用者数)

(94)

(90)

(78)

(97)

(97)

(注)1.売上高には消費税等は含んでおりません。

2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

3.第159期以降の1株当たり純資産額の算定上、株式給付信託(BBT)が保有する当社株式を期末発行済株式総数から控除しております。また、第159期以降の1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎となる普通株式の期中平均株式数については、株式給付信託(BBT)が保有する当社株式を控除しております。

4.2017年7月1日を効力発生日として、10株を1株とする株式併合を実施したため、第158期の期首に当該株式併合が行われたと仮定し、1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益金額又は1株当たり当期純損失金額を算定しております。

5.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を当連結会計年度の期首から適用しており、前連結会計年度に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。

(2)提出会社の経営指標等

回次

第157期

第158期

第159期

第160期

第161期

決算年月

2015年12月

2016年12月

2017年12月

2018年12月

2019年12月

売上高

(百万円)

18,789

12,906

15,738

34,072

32,492

経常利益又は経常損失(△)

(百万円)

1,266

1,390

1,827

14,388

13,243

当期純利益又は当期純損失(△)

(百万円)

1,063

5,778

2,507

9,534

9,536

資本金

(百万円)

7,402

7,402

7,402

7,402

7,402

発行済株式総数

(千株)

118,325

11,832

11,832

11,832

11,832

純資産額

(百万円)

29,322

22,985

25,308

33,010

41,422

総資産額

(百万円)

40,720

31,908

35,244

50,795

55,321

1株当たり純資産額

(円)

264.38

2,072.55

2,291.70

2,984.07

3,744.20

1株当たり配当額

(円)

5.00

5.00

50.00

100.00

200.00

(内1株当たり中間配当額)

()

()

()

(50.00)

(100.00)

1株当たり当期純利益又は

1株当たり当期純損失(△)

(円)

9.40

521.01

226.71

863.21

862.04

潜在株式調整後

1株当たり当期純利益金額

(円)

自己資本比率

(%)

72.0

72.0

71.8

64.5

74.9

自己資本利益率

(%)

3.62

22.09

10.39

32.70

25.63

株価収益率

(倍)

32.55

4.36

22.36

4.66

4.76

配当性向

(%)

53.19

9.60

22.05

11.58

23.20

従業員数

(名)

147

148

169

154

180

(外、平均臨時雇用者数)

(49)

(47)

(44)

(65)

(58)

株主総利回り

(%)

135.8

103.5

228.0

186.7

198.9

(比較指標:配当込みTOPIX)

(%)

(112.1)

(112.4)

(137.4)

(115.5)

(136.4)

最高株価

(円)

450

307

5,080

8,170

5,760

最低株価

(円)

223

156

2,290

3,805

3,445

(注)1.売上高には消費税等は含んでおりません。

2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

3.第159期以降の1株当たり純資産額の算定上、株式給付信託(BBT)が保有する当社株式を期末発行済株式総数から控除しております。また、第159期以降の1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎となる普通株式の期中平均株式数については、株式給付信託(BBT)が保有する当社株式を控除しております。

4.2017年7月1日を効力発生日として、10株を1株とする株式併合を実施したため、第158期の期首に当該株式併合が行われたと仮定し、1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益金額又は1株当たり当期純損失金額を算定しております。

5.最高株価及び最低株価は東京証券取引所(市場第一部)におけるものであります。

6.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を当事業年度の期首から適用しており、前事業年度に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。

2【沿革】

提出会社は1915年12月20日、日本カーボン株式会社(以下、「当社」という。)の商号をもって、横浜市神奈川町に資本金10万円で設立し、天然黒鉛電極の製造を開始いたしました。

1917年

横浜山手工場建設。

1927年

我が国最初の人造黒鉛電極製造に成功。

1932年

電動機用電刷子の完成。

1933年

電解板製造のため山梨工場を建設。

1934年

製鋼用人造黒鉛電極製造のため富山工場を建設。

1938年

横浜海岸工場建設、電刷子等高級炭素製品用素材の大量生産開始。

1947年

本社を東京に移転。

1949年

化学構造材料用不浸透黒鉛(レスボン)の工業化に成功。

東京証券取引所に上場。

1961年

人造黒鉛電極増産のため富山工場の設備合理化並びに拡充開始。

1962年

炭素繊維(カーボロン)の工業化に成功。

1966年

ロータリーエンジン用アペックスシールの完成。

滋賀工場(人造黒鉛電極製造)第1期工事完成、子会社新日本カーボン株式会社として分離。

1970年

高強度・高弾性炭素繊維(カーボロン-Z)の販売開始。

1983年

炭化けい素連続繊維(ニカロン)の製造技術を確立し、生産開始。

1985年

デミング賞実施賞を受賞。

1987年

高機能摺動材(SCカーボン)加工工場として白河工場稼働開始。

1994年

リチウムイオン電池用負極材の販売開始。

1995年

電子線照射法による超耐熱性炭化けい素連続繊維(ハイニカロン)の工業化に成功。

1999年

子会社新日本カーボン株式会社(資本金9億円)を合併し滋賀工場として稼働。

2000年

横浜テクニカルセンター閉鎖。

2001年

子会社日本カーボンセラム株式会社と子会社山形カーボン精工株式会社の合併により山形カーボン株式会社を設立。

2002年

子会社山梨カーボン株式会社及び子会社日本カーボン商事株式会社を吸収合併。

子会社精工管理株式会社を分割会社とし、子会社日本カーボン精工株式会社を新設会社とする会社分割を実施。

2003年

特殊炭素製品事業を会社分割により、子会社新日本テクノカーボン株式会社に承継する事業統合を実施。

2005年

関連会社日本カーボン・ローレンヌ株式会社を設立。

2008年

子会社日本カーボン精工株式会社を清算。

子会社山形カーボン株式会社を東北テクノカーボン株式会社に社名を変更。

子会社精工管理株式会社を吸収合併。

2010年

関連会社日本カーボン・ローレンヌ株式会社を日本カーボン・メルセン株式会社に社名を変更。

2012年

子会社NGSアドバンストファイバー株式会社を設立。

2015年

2016年

創立100周年。本社を東京都中央区八丁堀より東京都中央区京橋に移転。

KOGO Kornmeyer Graphit社の株式を取得し関連会社化。

関連会社KOGO Kornmeyer Graphit社をNippon Kornmeyer Carbon Group社に社名を変更。

関連会社日本カーボン・メルセン株式会社を清算。

2018年

 

子会社東北テクノカーボン株式会社を存続会社として、子会社京阪炭素工業株式会社及び子会社九州炭素工業株式会社を吸収合併し、株式会社NTCMに商号変更。

子会社Nippon Carbon Europe GmbHを設立。

子会社NIPPON CARBON OF AMERICA,LLCを設立。

本社を東京都中央区京橋より東京都中央区八丁堀に移転。

2019年

 

山梨工場閉鎖。

子会社Nippon Carbon Shanghai Co.,Ltdを設立。

 

3【事業の内容】

当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、連結子会社9社及び関連会社2社で構成され、炭素製品及び炭化けい素製品の製造及び販売を主な事業内容とし、産業機械製造及び修理、不動産賃貸等の事業活動を展開しております。当社グループの事業に係わる位置づけ及びセグメントとの関連は次のとおりです。

○炭素製品関連

炭素製品の素材製造…当社及び連結子会社新日本テクノカーボン㈱が素材を製造しております。

炭素製品の加工………当社が加工するほか、連結子会社日本カーボンエンジニアリング㈱において加工し、当社で仕入れております。連結子会社新日本テクノカーボン㈱が加工するほか、連結子会社㈱NTCMにおいて加工し、当社及び新日本テクノカーボン㈱で仕入れております。また、持分法適用関連会社Nippon Kornmeyer Carbon Group社において加工しております。

炭素製品の販売………当社が販売するほか、連結子会社新日本テクノカーボン㈱、中央炭素股份有限公司、Nippon Carbon Europe GmbH、NIPPON CARBON OF AMERICA,LLC、Nippon Carbon Shanghai Co.,Ltdが当社の製品等を販売し、当社及び中央炭素股份有限公司が新日本テクノカーボン㈱の製品を販売しております。また、持分法適用関連会社Nippon Kornmeyer Carbon Group社が製品を販売しております。

○炭化けい素製品関連……連結子会社NGSアドバンストファイバー㈱が素材を製造し、加工し、製品を販売しております。

○その他……………………当社が不動産賃貸の事業を行っております。また、連結子会社日本カーボンエンジニアリング㈱は、産業機械製造及び修理の事業を行っております。

 

事業の系統図は次のとおりです。

 

0101010_001.png

 

4【関係会社の状況】

名称

住所

資本金

主要な事業

の内容

議決権

所有割合

(%)

関係内容

役員の

兼任等

(名)

資金援助

関係

営業上の

取引関係

(連結子会社)

 

 

 

 

 

 

 

新日本テクノカーボン㈱

宮城県黒川郡

大郷町

493

百万円

炭素製品の販売

及び製造

50

兼任

4(1)

製品の販売及び購入

日本カーボンエンジニアリング㈱

富山県富山市

48

百万円

炭素製品の製造

機械器具の販売

及び製造

100

兼任

3(-)

保証債務

250百万円

素材の販売

製品の購入

機械設備工事の委託

㈱NTCM

宮城県黒川郡

大郷町

60

百万円

炭素製品の製造

(50)

兼任

3(-)

加工の委託

中央炭素股份有限公司

中華民国

台北市

23

百万NTドル

炭素製品の販売

及び製造

60

兼任

8(-)

製品の販売

㈱日花園

滋賀県

近江八幡市

16

百万円

その他

100

兼任

4(-)

NGSアドバンストファイバー㈱

富山県富山市

1,150

百万円

炭化けい素製品の販売及び製造

50

兼任

3(1)

保証債務

2,135百万円

Nippon Carbon Europe GmbH

ドイツ

ボン市

2

万ユーロ

炭素製品の販売

100

兼任

1(-)

運転資金の貸付15万ユーロ

製品の販売

NIPPON CARBON OF AMERICA,LLC

アメリカ

テキサス州

75

万ドル

炭素製品の販売

100

兼任

1(-)

運転資金の貸付50万ドル

製品の販売

Nippon Carbon Shanghai Co.,Ltd

中国

上海市

3

百万人民元

炭素製品の販売

100

兼任

4(-)

製品の販売

(持分法適用関連会社)

 

 

 

 

 

 

 

Nippon Kornmeyer Carbon Group GmbH

ドイツ

デュッセルドルフ市

5

万ユーロ

炭素製品の製造及び販売

49

兼任

1(-)

 

製品の販売

加工の委託

(注)1.「議決権の所有割合」の( )内は、間接所有割合で内数であります。

2.「役員の兼任等」の( )内は、当社の役員の人数で内数であります。

3.債務保証については、「第5経理の状況 2財務諸表等(1)財務諸表 注記事項(貸借対照表関係)3偶発債務」をご参照下さい。

4.上記連結子会社のうち、有価証券届出書又は有価証券報告書を提出している会社はありません。

5.新日本テクノカーボン㈱については、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の連結売上高に占める割合が10%を超えております。

主要な損益情報等     ① 売上高        11,336 百万円

② 経常利益        1,118  〃

③ 当期純利益        683  〃

④ 純資産額        6,811  〃

⑤ 総資産額       14,091  〃

6.上記以外に非連結子会社が1社及び関連会社が1社あります。

7.新日本テクノカーボン㈱及びNGSアドバンストファイバー㈱は特定子会社であります。

 

5【従業員の状況】

(1)連結会社の状況

 

2019年12月31日現在

セグメントの名称

従業員数(名)

炭素製品関連

541

89

炭化けい素製品関連

73

5

その他

50

3

合計

664

97

(注)1 従業員数は就業人員数であり、臨時雇用者数は( )内に年間の平均人員を外数で記載しております。

2 従業員数は当社グループ(当社及び連結子会社、以下同じ)から当社グループ外への出向者を除き、当社グループ外から当社グループへの出向者を含む就業人員数であります。

 

(2)提出会社の状況

 

 

 

 

2019年12月31日現在

従業員数(名)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(千円)

180

58

41.8

16.6

8,674

 

セグメントの名称

従業員数(名)

炭素製品関連

180

58

その他

合計

180

58

(注)1 平均年間給与は時間外手当及び賞与を含む税込額であります。

2 定年は、満60歳で、退職期日は、満60歳到達日直後の4月又は、10月末日であります。

3 従業員数は就業人員数であり、臨時雇用者数は( )内に年間の平均人員を外数で記載しております。

4 従業員数は当社から他社への出向者を除き、他社から当社への出向者を含む就業人員数であります。

5 前事業年度末に比べ従業員数が26名増加していますが、主として炭素製品関連事業の生産・販売の強化を目的としたものであります。

(3)労働組合の状況

当社グループにおいては、当社及び国内連結子会社2社で労働組合が組織されております。

なお、労使関係について、特に記載すべき事項はありません。

 

第2【事業の状況】

1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

今後の世界経済については、米国では堅調な個人消費の伸びや良好な雇用環境が維持され景気拡大が持続するものと見込まれます。しかし、欧州では域外輸出の減速基調とドイツを中心とする製造業の業況低迷が続くことが見込まれます。また、中国では米中対立の激化から成長の鈍化が続いていくものと見込まれます。

わが国経済については、企業収益の低下に伴う設備投資の減少、アジア経済の減速や欧州経済の停滞により、生産と輸出は引き続き低迷すると考えられます。東京オリンピック・パラリンピックの終了後は、個人消費の落ち込みによる内需低迷リスクが懸念されます。

当社グループを取り巻く事業環境につきまして、鉄鋼産業では、アジア経済の減速懸念等が払しょくされない中、需給動向を注視する状況が続くと考えられます。また、半導体関連産業では、停滞していた市場の回復に向けた動きが加速していくものと思われますが、米中対立による下振れリスクについて予断を許さない対応が求められると想定されます。

このような状況の中、2021年を最終年度とする中期経営方針「INNOVATION PLAN 2021」を念頭におきつつ、当社は、2020年の方針として「実施計画の完遂と持続的成長に向けた改革の推進」を掲げ、全社一丸となって持続的な成長・発展を目指していくものといたします。

そのために以下の主要施策を実行してまいります。

① 2020年度実施計画の完遂

② 収益力の強化

③ 成長力の向上

④ 管理強化と人材育成による企業体質の改善

⑤ 各関係会社の重点課題解決

当社グループは、今後とも、コンプライアンス、安全、環境保全、品質向上、情報管理をはじめとする社会的責任を果たし、グループ全体の国際競争力を一層強化するべく、変革を進めてまいります。

更に、当社は、企業価値の向上および会社の利益ひいては株主共同の利益の実現を目的として、当社株券等の大量買付行為への対応策を導入しております。

 

⑴ 基本的な考え方

当社取締役会は、当社株券等の大量買付行為に関し、たとえそれが当社取締役会の賛同を得ないものであっても、会社の資産の効率的な運用につながり、企業価値の向上および会社の利益ひいては株主共同の利益の実現をもたらすものであれば、何ら否定されるべきものではないと考えます。しかし、このような株券等の大量買付行為の中には、真に会社経営に参加する意思がないにもかかわらず、専ら会社の株価を上昇させて株券等を高値で会社関係者等に引き取らせる目的で行う買付けなど、企業価値および会社の利益ひいては株主共同の利益を著しく損なうことが明白ないわゆる「濫用的買収」が存在する可能性があることは否定できません。

よって、当社株券等に対する大量買付行為が行われた際に、当該大量買付行為に応じるべきか否かを株主の皆様が適切に判断し、あるいは当社取締役会が株主の皆様に代替案を提案するために必要な情報や時間を確保したり、株主の皆様のために当該買付者に対する協議・交渉等を行うことを可能としたりすることにより、当社の企業価値の向上および株主共同の利益を実現するための合理的な枠組みとして、当社株券等の大量買付行為への対応策の導入が必要であると判断しました。

 

(2)当社株券等の大量買付行為への対応策の概要

大量買付者が、大量買付行為を行うにあたり、所定の手続に従うことを要請するとともに、かかる手続に従わない大量買付行為がなされる場合や、かかる手続に従った場合であっても当該大量買付行為が当社の企業価値および会社の利益ひいては株主共同の利益を著しく害するものであると判断される場合には、かかる大量買付行為に対する対抗措置として、原則として新株予約権の無償割当ての方法により、当社取締役会が定める一定の日における株主に対して新株予約権を無償で割り当てるものです。また、会社法その他の法令および当社の定款上認められるその他の対抗措置を発動することが適切と判断された場合には、当該その他の対抗措置が用いられることもあります。

この対抗措置の発動、不発動等の判断は当社取締役会が最終的な判断を行いますが、その判断の合理性および公正性を担保するために、当社取締役会から独立した組織として、独立委員会を設置します。当社取締役会が対抗措置の発動を判断するにあたっては、独立委員会の勧告を最大限尊重した上で、大量買付行為に対する対抗措置発動の是非を決議することを原則としますが、大量買付者による大量買付行為の内容、株主総会の開催に要する時間等諸般の事情を考慮の上、法令および当社取締役の善管注意義務等に鑑みて、独立委員会に対する諮問に加え、株主の意思を直接確認することが実務上適切と判断するときは、当社取締役会は、株主総会を招集し、出席株主の議決権の過半数をもって、対抗措置の発動に関する株主意思を確認することができるものといたします。

大量買付行為への対応策は、2020年3月27日開催の定時株主総会において承認され、その有効期間は、2020年12月期に関する定時株主総会の終結の時までとしております。また、有効期間の満了前であっても、当社の株主総会または取締役会において大量買付行為への対応策を廃止する旨の決議が行われた場合には、その時点で廃止されるものとしております。以上により、本対応策は、株主の皆様の意向を反映し導入したものであると判断しております。

 

2【事業等のリスク】

有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項には、以下のようなものがあります。

なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。

(1)為替変動リスク

当社グループの海外売上高比率は、前連結会計年度が49.9%、当連結会計年度が45.7%となっており、その大部分が外貨建取引であります。当社グループでは、為替予約取引や通貨スワップ取引により、為替変動リスクの経営成績に与える影響を極力軽減するよう努力しておりますが、当該リスクを完全にヘッジできるものではなく、急速な為替相場の変動があれば、経営成績及び財政状態に重大な影響を及ぼす可能性があります。

(2)金利変動リスク

当社グループの長短借入金合計は、当連結会計年度末現在120億2千7百万円となっております。当社グループでは、借入金削減による財務体質の強化に努める一方、金利スワップ契約の締結により、金利変動リスクに対する対応策をとっておりますが、当該リスクを完全にヘッジできるものではなく、急速な金利変動があれば、経営成績及び財政状態に重大な影響を及ぼす可能性があります。

(3)特定業界への高い依存度

当社グループの売上高の約50%が人造黒鉛電極であり、当該製品はほぼ全量電炉鋼業界向けに販売しております。よって電炉鋼業界の景気変動が当社グループの経営成績及び財政状態に重大な影響を及ぼす可能性があります。

(4)法的規制等

当社グループは、事業を遂行していくうえで、国内外におけるさまざまな法的規制等を受けております。法令遵守を基本として事業活動を行っておりますが、関係法令等の変更や規制が強化された場合、その対応のため人的・物的資源の投入が必要になり、経営成績及び財政状態に重大な影響を及ぼす可能性があります。

(5)特定原材料価格の上昇

当社グループは、安定的な原材料確保と最適な価格の維持に努めております。しかしながら、原油価格の高騰や原材料メーカーの生産体制などにより、原材料の需給が逼迫し原材料価格が上昇した場合、経営成績及び財政状態に重大な影響を及ぼす可能性があります。

(6)自然災害等の発生

当社グループは、製造業として安全衛生管理及び労働災害防止に努めておりますが、大地震や気候変動による自然災害などによる生産設備の損壊及び原材料や電力等の供給不足などの不測の事態が発生した場合、経営成績及び財政状態に重大な影響を及ぼす可能性があります。

 

 

3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

(経営成績等の状況の概要)

当連結会計年度における当社グループ(当社、連結子会社及び持分法適用会社)の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下「経営成績」という。)の状況の概要は次のとおりであります。

 

(1)経営成績の状況

当連結会計年度のわが国経済は、労働市場の底堅さが維持された一方、生産活動や輸出は力強さを欠く結果となりました。米中対立などによる海外経済減速にともない、生産や輸出の低迷が続き、景気を下支えしてきた設備投資は、企業収益の悪化にともなう減速感がみられました。緩やかな持ち直しが続いていた個人消費は、消費税引き上げ前の駆け込み需要があった一方、その反動減による落ち込みが続いています。

世界経済は、米国では記録的に低い水準の失業率が続き、良好な雇用環境と個人消費の伸びが維持されました。一方、欧州では、域外輸出の減速基調が続くなか、自動車をはじめ製造業の減産傾向が続き、景況感は悪化しています。また、中国では、政府の景気下支え策により大幅な落ち込みは回避しているものの、経済成長の減速基調が続いています。

当社グループの主要関連産業であります鉄鋼産業は、鋼材受注の減少が続くなど、国内鉄鋼市場は減速傾向にあり、その先行きに注視が必要な状況となっています。また、半導体関連産業は、中国を中心にスマートフォンやデータセンタ関連需要が停滞し力強さに欠ける状況となっています。

このような事業環境の中、当社グループは、生産効率の向上と原価および環境負荷の低減を目的とした生産設備の拡充や、販売力を高めるための販売網強化を推進してまいりました。また、企業市民として、コンプライアンス体制の一層の強化・拡充と最良の製品を通して広く社会に貢献すべく品質管理の徹底を推進してまいりました。

この結果、当連結会計年度の売上高は、前連結会計年度比6.4%減の449億3千1百万円(単体は前期比4.6%減の324億9千2百万円)となりました。損益面につきましては、経常利益は、前連結会計年度比8.5%減の151億6百万円(単体は前期比8.0%減の132億4千3百万円)、親会社株主に帰属する当期純利益は、前連結会計年度比5.8%減の97億円(単体は前期比0.0%増の95億3千6百万円の当期純利益)となりました。

セグメント別の業績は次のとおりであります。

 

[炭素製品関連]

電極部門は、国内については売価・数量ともに昨年の水準が概ね維持されました。輸出については売価重視の販売に徹し、数量は計画未達となりました。なお、主要原材料の価格上昇の影響により売上原価は上昇しています。

ファインカーボン部門については、半導体関連市場の新規設備投資が停滞し、引き合いは弱含む傾向にありましたが、炭素繊維製品および特殊炭素材料の販売は昨年の水準を維持しました。リチウムイオン電池負極材については、民生向けは前連結会計年度比でマイナスとなりましたが、車載向けを中心に底堅さを維持しました。

この結果、売上高は414億5千1百万円(前連結会計年度比6.6%減)、営業利益は140億7千万円(前連結会計年度比9.2%減)と減収減益になりました。

 

[炭化けい素製品関連]

炭化けい素繊維の製造・販売については、工場火災による生産減の影響で前期比減少となりましたが、補助ラインを稼働させ、生産減のカバーを行いました。

この結果、売上高は24億1千3百万円(前連結会計年度比3.8%減)、営業利益は4億1千万円(前連結会計年度比30.6%減)と減収減益になりました。

 

 

 

[その他]

産業用機械の製造・販売は概ね横ばいに推移し、売上高は10億6千6百万円(前連結会計年度比5.5%減)、営業利益は3億3千万円(前連結会計年度比7.4%増)となりました。

 

(2)キャッシュ・フローの状況

現金及び現金同等物の当連結会計年度末残高は、前連結会計年度末残高に比べ18億9千5百万円減少し、177億7百万円となりました。なお、各活動におけるキャッシュ・フローの状況は次のとおりであります。

 

(営業活動によるキャッシュ・フロー)

営業活動によるキャッシュ・フローは、たな卸資産の増加36億9千9百万円、仕入債務の減少15億7千1百万円、法人税等の支払額68億7千万円がありましたが、税金等調整前当期純利益144億5千万円、減価償却費18億4千7百万円等により、47億9千2百万円の収入となりました。

 

(投資活動によるキャッシュ・フロー)

投資活動によるキャッシュ・フローは、有形固定資産の取得による支出36億6千4百万円等により36億9千3百万円の支出となりました。

 

(財務活動によるキャッシュ・フロー)

財務活動によるキャッシュ・フローは、配当金の支払額16億6千1百万円、長期借入金の返済による支出11億9千2百万円等により、29億9千6百万円の支出となりました。

 

 

(生産、受注及び販売の実績)

(1)生産実績

当連結会計年度の生産実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。

セグメントの名称

生産高(百万円)

前年同期比(%)

炭素製品関連

38,936

95.9

炭化けい素製品関連

2,429

97.5

その他

1,066

94.5

合計

42,432

96.0

(注)1 セグメント間取引については、相殺消去しております。

2 金額は消費税等抜きの販売価格によるものであります。

 

(2)受注実績

当社グループの製品中化成品の一部を除いて大部分が見込生産であり、毎月の受注高はおおよそ同月の販売高に相当しております。

 

(3)販売実績

当連結会計年度の販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。

セグメントの名称

販売高(百万円)

前年同期比(%)

炭素製品関連

41,451

93.4

炭化けい素製品関連

2,413

96.2

その他

1,066

94.5

合計

44,931

93.6

(注)1 セグメント間取引については、相殺消去しております。

2 上記の金額には、消費税等は含まれておりません

 

(経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容)

経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりであります。

 

(1)重要な会計方針及び見積り

当社の連結財務諸表は、我が国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づいて作成しております。その作成にあたっての重要な会計方針・見積りは、連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項に記載のとおりであります。

 

(2)経営成績の分析

当連結会計年度の連結経営成績については、売上高は、ファインカーボン製品、炭化けい素連続繊維は昨年並みに推移しましたが、人造黒鉛電極の販売数量減により前連結会計年度に比べ30億8千5百万円減少し、449億3千1百万円(6.4%減)となりました。

売上原価は、前連結会計年度に比べ16億4千1百万円減少し、247億3百万円となりました。原価率は、55.0%と前連結会計年度(54.9%)並に推移しました。

販売費及び一般管理費は、前連結会計年度に比べ1億3千2百万円増加し、54億1百万円となりました。この結果、営業利益は、前連結会計年度に比べ15億7千7百万円減少し、148億2千7百万円となりました。

営業外損益は、2018年12月期のNGSアドバンストファイバー(株)における火災に係る保険金入金等があり、前連結会計年度に比べ1億7千5百万円増加し、2億7千8百万円の利益(純額)となりました。この結果、経常利益は、前連結会計年度に比べ14億2百万円減少し151億6百万円となりました。

特別損益は、NGSアドバンストファイバー(株)における火災損失により6億5千5百万円の損失となりました。この結果、税金等調整前当期純利益は144億5千万円となり、親会社株主に帰属する当期純利益は前連結会計年度に比べ5億9千2百万円減少し97億円となりました。

 

(3)財政状態の分析

当連結会計年度末における資産合計は、779億3千9百万円となり、前連結会計年度末に比べ43億4千万円の増加となりました。流動資産は、現金及び預金の減少18億9千5百万円、受取手形及び売掛金の減少12億5千9百万円がありましたが、たな卸資産の増加37億6百万円等により、506億7百万円と前連結会計年度末に比べ6億9千8百万円の増加となりました。固定資産は設備更新等の投資による有形固定資産の増加26億2千8百万円により、273億3千2百万円と前連結会計年度末に比べ36億4千2百万円の増加となりました。

当連結会計年度末における負債合計は、262億8千4百万円となり、前連結会計年度末に比べ45億7千8百万円の減少となりました。流動負債は、未払法人税等の減少28億4千5百万円、支払手形及び買掛金の減少15億7千万円等により、207億2千5百万円と前連結会計年度末に比べ36億2千1百万円の減少となりました。固定負債は長期借入金の減少12億3千万円等により55億5千9百万円と前連結会計年度末に比べ9億5千7百万円の減少となりました。

当連結会計年度末における純資産合計は、配当金の支払い16億5千7百万円がありましたが、親会社株主に帰属する当期純利益97億円等により516億5千4百万円と、前連結会計年度末に比べ89億1千9百万円の増加となりました

 

(4)資本の財源及び資金の流動性についての分析

①キャッシュ・フロー

キャッシュ・フローについては、「3「経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」(経営成績等の状況の概要)(2)キャッシュ・フローの状況」に記載のとおりになります。

 

②資金需要

当社グループの資金需要は、主に運転資金需要と設備資金需要になります。

運転資金需要につきましては、生産活動に必要な原材料、外注費及び人件費等の製造費用、販売における製品の運送費・包装費、手数料等の販売費のための運転資金が主な内容となります。設備資金需要につきましては、生産性の向上を目的とした設備改善および既存設備の修繕・更新への投資が主な内容となります。

 

③財務政策

当社グループは運転資金、設備資金について、営業キャッシュ・フローで獲得した資金の投入と金融機関からの借入金の調達を行っております。

また、余剰資金の活用について、将来の事業戦略や経営基盤強化のための資金需要に配慮しつつ内部留保を確保し、長期的かつ安定的な利益配分を実施することを基本方針としております。

中期経営方針として掲げている炭素繊維製品の事業拡大、電極事業の生産体制改善・強化等に必要な投資を行ってまいります。

 

(5)経営成績に重要な影響を与える要因について

「2.事業等のリスク」に記載のとおりであります。

 

4【経営上の重要な契約等】

当連結会計年度において、当社グループは経営上の重要な契約等は行っておりません。

 

5【研究開発活動】

当社グループにおける研究開発活動は、炭素製品関連事業に関して、当社研究所を中心に行っており、研究内容は主として客先ニーズに対応した新製品開発にウエイトを置いております。開発の重点は、リチウムイオン二次電池の負極材ならびに炭素繊維関連製品などであります。

このほか将来を見据えての基礎研究活動も並行して進めております。

なお、当連結会計年度の研究開発費は418百万円であります。

(1)二次電池用電極部材

当社のリチウムイオン二次電池用負極炭素材は、民生用、車載用に実績がありますが、更なる高エネルギー密度化、高パワー密度化、長寿化等品質向上のための開発を進めております。

(2)炭素繊維関連製品

半導体製造用、太陽電池製造用、工業炉用等向けの炭素繊維関連製品は、性能向上と品質安定化のため、更には付加価値向上と新規用途開拓のための開発を進めております。

 

第3【設備の状況】

1【設備投資等の概要】

当社グループ(当社及び連結子会社、以下同じ)は、生産設備の合理化、製品の品質の向上及び新製品の開発を目的とした投資を行っております。当連結会計年度の設備投資(有形固定資産受入ベース数値。金額に消費税等を含みません。)内訳は、次のとおりであります。

 

当連結会計年度

 

炭素製品関連

4,228

百万円

炭化けい素製品関連

78

その他

150

合計

4,456

なお、その所要資金については、自己資金及び借入金により充当いたしました。

 

2【主要な設備の状況】

当社グループは、その設備の状況をセグメントごとの数値とともに主たる設備の状況を開示する方法によっております。

当連結会計年度末における状況は、次のとおりであります。

(1)セグメント内訳

2019年12月31日現在

 

セグメントの名称

帳簿価額(百万円)

従業員数

(名)

建物

及び構築物

機械及び装置

土地

(面積㎡)

その他

合計

炭素製品関連

3,748

4,408

3,568

(858,867)

[233,690]

1,329

13,055

541

炭化けい素製品関連

2,870

2,637

(17,931)

67

5,575

73

その他

525

7

29

(57,749)

11

574

50

小計

7,144

7,053

3,598

(934,547)

[233,690]

1,408

19,204

664

消去又は全社

△277

△74

△31

△384

合計

7,144

6,775

3,523

(934,547)

[233,690]

1,377

18,820

664

 

(2)提出会社

2019年12月31日現在

 

事業所名

(所在地)

セグメント

の名称

設備の内容

帳簿価額(百万円)

従業員数

(名)

建物

及び構築物

機械

及び装置

土地

(面積㎡)

その他

合計

富山工場

(富山県富山市)

炭素製品関連

電極製造設備他

607

1,266

2

(233,121)

756

2,632

55

滋賀工場

(滋賀県近江八幡市)

炭素製品関連及び不動産賃貸関連

ファインカーボン製造設備他

1,318

1,414

2,965

(152,805)

123

5,821

55

白河工場

(福島県白河市)

炭素製品関連

ファインカーボン製造設備

326

87

198

(41,240)

1

613

10

 

(3)国内子会社

2019年12月31日現在

 

会社名

事業所名

(所在地)

セグメント

の名称

設備の内容

帳簿価額(百万円)

従業

員数

(名)

建物

及び構築物

機械

及び装置

土地

(面積㎡)

その他

合計

新日本テクノカーボン㈱

本社工場

(宮城県黒川郡大郷町)

炭素製品関連

ファインカーボン製造設備

1,347

984

195

(405,977)

[198,033]

168

2,695

127

日本カーボンエンジニアリング㈱

本社工場

(富山県富山市)

炭素製品関連及びその他

ファインカーボン及び産業機械製造設備

293

17

29

(19,134)

16

356

68

㈱NTCM

本社工場

(宮城県黒川郡大郷町)

炭素製品関連

ファインカーボン製造設備

199

597

48

(36,217)

 

182

1,028

174

NGSアドバンストファイバー㈱

本社工場

(富山県富山市)

炭化けい素製品

関連

ファインカーボン製造設備

2,870

2,637

(17,931)

 

67

5,575

73

 

(4)在外子会社

2019年12月31日現在

 

会社名

事業所名

(所在地)

セグメント

の名称

設備の内容

帳簿価額(百万円)

従業

員数

(名)

建物

及び構築物

機械

及び装置

土地

(面積㎡)

その他

合計

中央炭素股份有限公司

中壢工場

(中華民国桃園県)

炭素製品関連

炭素製品製造設備

50

47

152

(4,852)

7

258

43

Nippon Carbon Europe GmbH

(ドイツ

ボン市)

炭素製品関連

販売設備

(-)

7

7

2

NIPPON CARBON OF AMERICA,LLC

(アメリカ

テキサス州)

炭素製品関連

販売設備

52

5

(962)

4

62

1

Nippon Carbon Shanghai Co.,Ltd

(中国

上海市)

炭素製品関連

販売設備

(-)

0

0

2

(注)1 金額に消費税等は含めておりません。

2 [ ]は、連結会社以外からの賃借中の土地であり内数であります。なお、年間賃借料は76百万円であります。

3 帳簿価額のうちその他は、車両運搬具及び工具器具備品であり、建設仮勘定を含んでおります。

 

3【設備の新設、除却等の計画】

(1)重要な設備の新設等

生産体制の改善等を目的とし、日本カーボン㈱の富山工場の電極製造設備の設備改善、更新を計画しております。

 

(2)重要な設備の除却等

経常的な設備の更新のための除却等を除き、重要な設備の除却等の計画はありません。

 

第4【提出会社の状況】

1【株式等の状況】

(1)【株式の総数等】

①【株式の総数】

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

40,000,000

40,000,000

 

②【発行済株式】

種類

事業年度末現在

発行数(株)

(2019年12月31日)

提出日現在

発行数(株)

(2020年3月27日)

上場金融商品取引所名

又は登録認可金融

商品取引業協会名

内容

普通株式

11,832,504

11,832,504

東京証券取引所

(市場第一部)

完全議決権株式であり、権利内容に何ら限定のない当社における標準となる株式。

単元株式数100株。

11,832,504

11,832,504

 

(2)【新株予約権等の状況】

①【ストックオプション制度の内容】

該当事項はありません。

 

②【ライツプランの内容】

該当事項はありません。

 

③【その他の新株予約権等の状況】

該当事項はありません。

 

(3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

該当事項はありません。

 

(4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

年月日

発行済株式

総数増減数

(株)

発行済株式

総数残高

(株)

資本金増減額

(百万円)

資本金残高

(百万円)

資本準備金

増減額

(百万円)

資本準備金

残高

(百万円)

2017年1月1日~

2017年12月31日(注)

△106,492,541

11,832,504

7,402

1,851

2019年1月1日~

2019年12月31日

11,832,504

7,402

1,851

(注)当社は、2017年3月29日開催の第158回定時株主総会決議により、同年7月1日付にて株式の併合(10株を1株に併合)を実施したため、当社の発行済株式総数は1,064,925百株減少し、118,325百株となっております。

 

(5)【所有者別状況】

 

 

 

 

 

 

 

2019年12月31日現在

区分

株式の状況(1単元の株式数100株)

単元未満

株式の状況

(株)

政府及び

地方公共

団体

金融機関

金融商品

取引業者

その他の

法人

外国法人等

個人

その他

個人以外

個人

株主数

(人)

56

34

170

155

10

14,172

14,597

所有株式数

(単元)

30,625

2,662

5,826

12,260

23

66,426

117,822

50,304

所有株式数

の割合(%)

26.0

2.3

4.9

10.4

0.0

56.4

100

(注)1 自己株式726,838株は「個人その他」に7,268単元及び「単元未満株式の状況」に38株含めて記載しております。なお、自己株式726,838株は、株主名簿記載上の株式数であり、2019年12月31日現在の実質保有残高は、726,738株であります。

2 上記「その他の法人」には、証券保管振替機構名義の株式が15単元含まれております。

3 金融機関には株式給付信託(BBT)が保有する株式が、株主名簿上427単元含まれております。

 

(6)【大株主の状況】

 

 

2019年12月31日現在

氏名又は名称

住所

所有株式数

(百株)

発行済株式(自己株式を除く。)の総数に対する所有株式数の割合(%)

株式会社みずほ銀行

東京都千代田区大手町1-5-5

5,517

4.97

日本生命保険相互会社

東京都千代田区丸の内1-6-6

3,790

3.41

日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口)

東京都中央区晴海1-8-11

3,139

2.83

日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口)

東京都港区浜松町2-11-3

2,434

2.19

T H E  B A N K  O F  N E W  Y O R K 1 3 3 9 7 2

(常任代理人 株式会社みずほ銀行決済営業部)

RUE MONTOYERSTRAAT 46, 1000 BRUSSELS, BELGIUM

(東京都港区港南2-15-1)

2,126

1.91

住友商事株式会社

東京都千代田区大手町2-3-2

2,107

1.90

日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口)

東京都中央区晴海1-8-11

2,082

1.87

野村信託銀行株式会社(信託口)

東京都千代田区大手町2-2-2

1,842

1.66

日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口)

東京都中央区晴海1-8-11

1,368

1.23

株式会社横浜銀行

神奈川県横浜市西区みなとみらい3-1-1

1,319

1.19

25,726

23.16

(注)1 上記所有株式数のうち、信託業務に係る株式数は次のとおりであります。

日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社

6,589百株

日本マスタートラスト信託銀行株式会社

2,434百株

野村信託銀行株式会社

1,842百株

2 上記のほか、株式給付信託(BBT)が保有する当社株式427百株があります。

(7)【議決権の状況】

①【発行済株式】

 

 

 

 

2019年12月31日現在

区分

株式数(株)

議決権の数(個)

内容

無議決権株式

 

議決権制限株式(自己株式等)

 

議決権制限株式(その他)

 

完全議決権株式(自己株式等)

(自己保有株式)

権利内容に何ら限定のない当社における標準となる株式

普通株式

726,800

完全議決権株式(その他)

普通株式

11,055,400

110,554

同上

単元未満株式

普通株式

50,304

同上

発行済株式総数

 

11,832,504

総株主の議決権

 

110,554

(注)1.単元未満株式には、当社所有の自己株式38株が含まれております。

2.「完全議決権株式(その他)」の普通株式には、株主名簿上は当社名義となっておりますが、実質的に所有していない株式が1百株(議決権1個)含まれております。

3.「完全議決権株式(その他)」の普通株式には、証券保管振替機構名義の株式が15百株(議決権15個)含まれております。

4.「完全議決権株式(その他)」には、株式給付信託(BBT)が保有する当社株式427百株(議決権の数427個)が含まれております。

 

②【自己株式等】

 

 

 

 

2019年12月31日現在

所有者の氏名又は名称

所有者の住所

自己名義

所有株式数

(株)

他人名義

所有株式数

(株)

所有株式数

の合計

(株)

発行済株式

総数に対する

所有株式数

の割合(%)

(自己保有株式)

日本カーボン株式会社

東京都中央区八丁堀

一丁目10番7号

726,800

726,800

6.14

726,800

726,800

6.14

(注)1.「自己名義所有株式数」のほか、株主名簿上は当社名義となっておりますが、実質的に所有していない株式が1百株あります。

   2.株式給付信託(BBT)が保有する当社株式427百株は、上記の自己株式には含まれておりません。

 

(8)【役員・従業員株式所有制度の内容】

当社は、2017年3月29日開催の第158回定時株主総会決議に基づき、取締役の中長期的な業績の向上と企業価値の増大に貢献する意識を高めることを目的として、業績連動型株式報酬制度「株式給付信託(BBT)」を導入しております。

 

1.本制度の概要

 本制度は、当社が拠出する金銭を原資として当社株式が信託(以下、本制度に基づき設定される信託を「本信託」といいます。)を通じて取得され、取締役に対して、当社が定める役員株式給付規定に従って、当社株式及び当社株式を時価で換算した金額相当の金銭(以下「当社株式等」といいます。)が本信託を通じて給付される業績連動型株式報酬制度です。なお、取締役が当社株式等の給付を受ける時期は、原則として取締役の退任時となります。

0104010_001.png

 

①当社は、第158回株主総会において、本制度について役員報酬の決議を得て、第158回株主総会で承認を受けた枠組みの範囲内において、「役員株式給付規定」を制定します。

②当社は、①の第158回株主総会で承認を受けた範囲内で金銭を信託します。

③本信託は、②で信託された金銭を原資として当社株式を、取引市場を通じて又は当社の自己株式処分を引き受ける方法により取得します。

④当社は、「役員株式給付規定」に基づき取締役にポイントを付与します。なお、取締役に付与されたポイントは、各付与日から3年後に、当該3年間の株価の変動幅に応じて、予め定められた評価係数(0.8~1.2の範囲)を乗じることにより調整されます。

⑤本信託は、当社から独立した信託管理人の指図に従い、本信託勘定内の当社株式に係る議決権を行使しないこととします。

⑥本信託は、取締役を退任した者のうち「役員株式給付規定」に定める受益者要件を充たした者(以下「受益者」といいます。)に対して、当該受益者に付与され、調整されたポイント数に応じた当社株式を給付します。ただし、取締役が「役員株式給付規定」に定める要件を充たす場合には、ポイントの一定割合について、当社株式の時価相当の金銭を給付します。

 

2.本信託の概要

(1)名称         :株式給付信託(BBT)

(2)委託者        :当社

(3)受託者        :みずほ信託銀行株式会社

(再信託受託者:資産管理サービス信託銀行株式会社)

(4)受益者        :取締役を退任したもののうち役員株式給付規定に定める受益者要件を満たす者

(5)信託管理人      :当社と利害関係のない第三者を選定

(6)信託の種類      :金銭信託以外の金銭信託(他益信託)

(7)本信託契約の締結日  :2017年5月19日

(8)金銭を信託日     :2017年5月19日

(9)信託の期間      :2017年5月19日から信託が終了するまで

(特定の終了期日は定めず、本制度が継続する限り信託は継続します。)

 

3.株式給付信託(BBT)による受益権その他の権利を受けることができるものの範囲

取締役を退任した者のうち「役員株式給付規定」に定める受益者に対して、当該受益者に付与され、調整されたポイント数に応じた当社株式を給付します。ただし、取締役が「役員株式給付規定」に定める要件を充たす場合には、ポイントの一定割合について、当社株式の時価相当の金銭を給付します。

 

2【自己株式の取得等の状況】

【株式の種類等】 会社法第155条第7号による普通株式の取得

 

(1)【株主総会決議による取得の状況】

該当事項はありません。

 

(2)【取締役会決議による取得の状況】

該当事項はありません。

 

(3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

 

区分

株式数(百株)

価額の総額(百万円)

当事業年度における取得自己株式

6

1

当期間における取得自己株式

2

0

(注) 当期間における取得自己株式には、2020年3月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取による株式数は含めておりません。

 

(4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

区分

当事業年度

当期間

株式数(百株)

処分価額の総額

(百万円)

株式数(百株)

処分価額の総額

(百万円)

その他(第三者割当による自己株式の処分)

保有自己株式数

7,268

7,270

(注)当期間における保有自己株式には、2020年3月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取及び売渡による株式数は含めておりません。

3【配当政策】

当社では、配当については、収益状況に対応した配当を行うことを基本としつつ、収益基盤の確保、強化のため内部留保の充実、財務体質の強化により、将来における安定した配当の維持を重要な責務と考えております。

当社の剰余金の配当は、基本的には中間配当及び期末配当の年2回行うこととしております。配当の決定機関は、中間配当は取締役会、期末配当は株主総会であります。

当期の剰余金の配当については、資金需要に配慮しつつ、長期的かつ安定的な配当を実施するという基本方針に基づき、1株当たり200円(うち中間配当100円)といたしました。

なお、会社法第454条第5項に規定する中間配当を行うことができる旨を定款に定めております。

 

(注) 基準日が当事業年度に属する剰余金の配当は、以下のとおりであります。

決議機関

決議年月日

配当金の総額

(百万円)

1株当たり配当額

(円)

取締役会決議

2019年8月9日

1,110

100

定時株主総会

2020年3月27日

1,110

100

 

4【コーポレート・ガバナンスの状況等】

(1)【コーポレート・ガバナンスの概要】

①コーポレート・ガバナンスの基本的な考え方

当社は、経営の効率性、透明性を確保し、企業価値の向上を図ることをコーポレート・ガバナンスの基本方針、目的としており、コーポレート・ガバナンスの充実を図ることにより、事業環境の急変に即応できる経営体制の構築を推進しております。

 

② 企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由

当社は監査役制度を採用しており、取締役会、監査役(会)、及び会計監査人を設置しております。取締役会においては、意思決定と取締役の業務執行の監督を行っております。業務執行を迅速かつ効率的に行うため、内部統制機能の充実、職務権限規定等の運用を行うことにより、その実効性を図っております。また、コンプライアンスを含むリスク管理、経営の透明性確保や公正な情報開示等の取り組みを行っております。これら取締役の職務の執行に当たり、監査役は監査機能を担い、取締役会と監査役(会)はひとつの枠組みの中でそれぞれの機能を果たすことでガバナンス体制が構築されており、充分に機能していると判断していることから、現状の体制を採用しております。今後も引き続き、業務の効率性アップ、リスク管理の強化、経営の透明性確保に向け、ガバナンス体制の充実を図ってまいります。

当社は、会社法第427条第1項に基づき、社外取締役および社外監査役との間において、会社法第423条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任限度額は法令が定める額としております。なお、当該責任限定が認められるのは、当該社外取締役および社外監査役が責任の原因となった職務の遂行について善意でかつ重大な過失がないときに限られております。

 

イ.取締役及び取締役会

有価証券報告書提出日現在、取締役は4名であり、うち2名が社外取締役であります。取締役会は原則として月2回、また必要に応じて適宜開催され、経営の基本方針を決定するとともに、業務執行の監督を行い、重要事項の報告を受けております。

ロ.執行役員

有価証券報告書提出日現在、執行役員は6名であります。執行役員は、取締役及び取締役会が決定する基本方針のもと、分掌する業務の責任を担い執行しております。

ハ.監査役及び監査役会

監査役は3名(常勤1名、非常勤2名)であり、うち2名(非常勤2名)が社外監査役であります。監査役は、会計監査人や内部監査室との相互連携により、監査実効性の充実を図っております。

 

③企業統治に関するその他の事項

1)内部統制システムの整備の状況

当社は、会社法及び会社法施行規則に基づき、以下のとおり、当社の業務の適正を確保するための体制を整備しております。

イ.取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制

文書規定に従い、取締役の職務執行に係る情報を文書または電磁的媒体(以下「文書等」)に記録し、保存しております。取締役及び監査役は、常時、これらの文書等を閲覧できるものとしております。

ロ.損失の危険の管理に関する規定その他の体制

危機の発生について全力を挙げてその予防を図ると共に、万一発生した危機に対しては、正確かつ迅速に、誠意を持って解決にあたり、会社の社会的信用の維持と損害の軽減に努めることを基本方針として、危機管理基本マニュアルを制定しております。

ハ.取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

以下の経営管理システムを用いて、取締役の職務の執行の効率化を図っております。

(イ)取締役会は、取締役、社員が共有する全社的な中長期の目標を明確にし、その目標を具体化するため、毎期、事業部門毎の業績目標と研究開発や設備投資を含めた予算を設定し実施計画を策定しております。

(ロ)各事業部門を担当する取締役は、実施計画達成のための具体的施策や権限分配を含めた効率的な業務遂行体制を構築しております。

(ハ)業務統括部長は、月次の業績を迅速に管理会計としてデータ化し、経営会議に報告しております。

(ニ)各事業部門を担当する部門長は、目標との差異要因を分析して業務推進会議で報告し、必要に応じ目標を修正しております。

(ホ)各事業部門を担当する部門長は、(ニ)の議論を踏まえ、各事業部門が実施すべき具体的な施策及び効率的な業務遂行体制を改善しております。

ニ.取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制

当社は、当社及びグループ各社の取締役及び監査役ならびに使用人すべてを対象とし、倫理法令遵守の基準であり手引書ともなる「倫理法令遵守の基本方針」及び「日本カーボン行動基準」を制定し、法令遵守をあらゆる企業活動の前提とすることを徹底しております。

また、その実現のため、以下の組織体制を確立しております。

(イ)社長を議長として、取締役及び監査役(オブザーバー)から成る、倫理法令遵守委員会を設置することで、倫理法令遵守関係の全てを統括、決定できる体制としております。

(ロ)倫理法令遵守委員会の下に、倫理法令遵守統括室を置き、事務局業務を含め一貫して取り扱う体制としております。

(ハ)倫理法令遵守統括室は、当社全部門及びグループ各社を直轄する体制としております。倫理法令遵守に関する事項につき社員からの報告、相談に対応する直通窓口を設置するとともに、外部弁護士宛ての外部通報窓口も設置し、疑義ある事項の調査、是正及び遵守状況のチェックを行い、倫理法令遵守委員会に報告しております。

(ニ)(ハ)における報告、相談を行った者がいかなる場合も不利益を被らないための運用マニュアルを設定しております。

ホ.当該株式会社ならびにその親会社及び子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制

当社事業改革推進ユニット企画部をグループ各社全体の内部統制に関する担当部署とし、当社及びグループ各社間での内部統制に関する協議、情報の共有化、指示事項の伝達等が効率的に行われるシステムを含む体制の構築を進めております。

へ.監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する事項

監査役は、監査業務に必要な場合は、内部監査室に所属の使用人に対し、必要な事項を命令することが出来るものとしております。

ト.前号の使用人の取締役からの独立性に関する事項

監査役より監査業務に必要な命令を受けた使用人は専任とし、監査役の指示に従って、その監査職務の補助を行います。また当該使用人の任命、異動に際しては、予め常勤監査役の同意を得ることとし、取締役からの独立性が確保できる体制としております。

チ.取締役及び使用人が監査役に報告をするための体制その他の監査役への報告に関する体制

取締役及び使用人並びにグループ会社の取締役等は、監査役会に対して、取締役と監査役会との協議により決定する方法により、当社及びグループ会社に重要な影響を及ぼす事項を報告するものとしております。ただし、これらの事項に関する重大な事実を発見した取締役及び使用人並びにグループ会社の取締役等は、監査役に直接報告することができるものとしております。また、監査役への報告を行った者がいかなる場合も不利益を被らないための運用マニュアルを設定しております。

リ.その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制

監査役会による、取締役及び重要な使用人からの個別ヒヤリングおよび監査役会と会計監査人および内部監査部門との意見交換会を開催するものとしております。

当社のコーポレート・ガバナンス体制の概要図は以下のとおりであります。

0104010_002.png

 

2)リスク管理体制の整備の状況

イ.コンプライアンス体制

当社では、倫理法令遵守の徹底なくして会社の永続的、安定的発展はもちろんのこと存続すらないとの認識のもと、倫理法令遵守の徹底を経営の基本原則としております。そこで、あらゆる法令やルールを厳格に遵守し、社会的規範にもとることのない、誠実で公正な企業活動遂行のため、「倫理法令遵守の基本方針」及び「日本カーボン行動基準」を制定し、グループ全体で倫理法令遵守確立に取り組んでおります。組織上の体制としては「倫理法令遵守委員会」がその根幹となり、その下に「倫理法令遵守統括室」を設置することにより、法令遵守はもとより、リスク管理の徹底、株主、取引先、地域社会等ステークホルダーへの透明性を高める体制を築いております。

ロ.危機管理

当社は、危機の発生について全力を挙げてその予防を図るとともに、万一発生した危機に対しては、正確かつ迅速に、誠意を持って解決にあたり、会社の社会的責任、信用の維持、損害の軽減に努めることを基本方針に、危機管理基本マニュアルを定め対応しております。この中では、危機を全社的危機、関連部門での対処可能な危機(個別危機)に分け、連絡及び対策指示ルートをマニュアル化して、迅速かつ適切な危機管理を行うべく体制を整えております。

ハ.内部通報制度

当社は、社内における各種の報告、相談、通報などの窓口として、倫理法令遵守統括室を設け対応しております。この中では、統括室長への専用回線を設け、いかなる場合も相談者が不利益を被らないことなど運用マニュアルを設けて、違反への予防、早期の対処に努めております。また、社外弁護士も各種の報告、相談、通報などの窓口としております。

3)取締役の定数

当社の取締役は15名以内とする旨を定款で定めております。

 

4)取締役の選任の決議要件

取締役の選任決議は、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨を定款で定めております。

また、取締役の選任決議は、累積投票によらないものとする旨を定款で定めております。

 

5)取締役会で決議できる株主総会決議事項

当社は、会社法第454条第5項の規定により、取締役会の決議によって、毎年6月30日を基準日として中間配当をすることができる旨を定款で定めております。

また、当社は、自己の株式の取得について、経営環境の変化に対応した機動的な資本政策の実行を可能とするため、会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議によって同条第1項に定める市場取引等により自己の株式を取得することができる旨を定款で定めております。

 

6)株主総会の特別決議要件

当社は、会社法第309条第2項に定める決議は、議決権を行使することのできる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款で定めております。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目的とするものであります。

 

 

(2)【役員の状況】

① 役員一覧

男性7名 女性0名 (役員のうち女性の比率0%)

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有

株式数

(百株)

代表取締役

会長

本 橋 義 時

1948年5月10日

 

1972年4月

当社入社

2008年8月

当社執行役員生産技術本部滋賀工場製造部長

2008年10月

当社執行役員生産技術本部滋賀工場長

2009年3月

当社取締役生産技術本部滋賀工場長

2011年1月

当社常務取締役生産技術本部富山工場長

2013年1月

当社常務取締役生産技術本部長兼生産技術部長

2014年2月

当社代表取締役副社長兼生産技術本部長兼生産技術部長

2015年3月

当社代表取締役副社長兼生産技術本部長兼生産技術部長兼開発本部長

2017年1月

当社代表取締役会長(現)

 

注3

66

代表取締役

社長

宮 下 尚 史

1964年2月8日

 

1992年6月

当社入社

2011年1月

当社執行役員営業本部FC販売第1部長兼大阪支店長

2011年11月

当社執行役員FC販売第1部長兼FC販売第2部長兼大阪支店長

2012年1月

当社執行役員営業本部副本部長兼FC販売第1部長兼FC販売第2部長

2012年3月

当社取締役営業本部副本部長兼FC販売第1部長兼FC販売第2部長

2013年1月

当社取締役営業本部長兼FC販売第1部長兼FC販売第2部長

2013年9月

当社取締役営業本部長兼FC販売第1部長

2015年1月

当社常務取締役営業本部長兼FC販売部長

2015年3月

当社常務取締役営業本部長

2016年1月

当社専務取締役営業・企画本部長

2017年1月

当社代表取締役社長(現)

 

注3

14

取締役

高 橋 明 人

1975年3月30日

 

 

2000年4月

弁護士登録

2005年4月

ニューヨーク州弁護士登録

2009年9月

高橋・片山法律事務所開設

2010年12月

株式会社興人ホールディングス(旧株式会社興人)監査役(社外監査役)

2012年3月

当社監査役

2012年12月

株式会社オリエンタルコンサルタンツホールディングス(旧株式会社ACKグループ)監査役(社外監査役)

2015年3月

当社取締役(現)

2015年12月

株式会社オリエンタルコンサルタンツホールディングス(旧株式会社ACKグループ)取締役(社外取締役)(現)

2018年2月

オーエスジー株式会社 取締役監査等委員(社外取締役)(現)

 

注3

-

取締役

加 藤 丈 夫

1952年11月3日

 

 

1975年4月

株式会社アルバック(旧日本真空技術株式会社)入社

2006年9月

同社取締役

2013年7月

アルバック東北株式会社代表取締役社長

2018年9月

株式会社アルバック顧問

2020年3月

当社取締役(現)

 

注3

-

常勤監査役

宮 崎  淳

1959年3月6日

 

1982年4月

当社入社

2015年4月

ファインカーボン販売部長

2017年1月

執行役員ファインカーボン販売部長

2020年1月

理事ファインカーボン販売部長

2020年3月

当社常勤監査役(現)

 

注4

1

監査役

荒 木  繁

1956年4月28日

 

1981年4月

安田信託銀行株式会社入行

2005年7月

みずほ信託銀行株式会社総合基金営業部長

2010年8月

みずほトラストオペレーションズ株式会社常務執行役員

2012年3月

当社常勤監査役

2020年3月

当社監査役(現)

 

注4

10

監査役

佐々木 光 雄

1949年3月6日

 

1980年9月

公認会計士登録

1984年9月

税理士登録

1984年10月

公認会計士佐々木光雄事務所設立

1991年4月

東光監査法人代表社員(現)

2015年3月

当社監査役(現)

 

注5

1

92

(注)1 取締役 高橋 明人氏及び取締役 加藤 丈夫氏は、社外取締役であります。

また、東京証券取引所の定めに基づく独立役員として届け出ております。

2 監査役 荒木 繁氏及び監査役 佐々木 光雄氏は、社外監査役であります。

また、東京証券取引所の定めに基づく独立役員として届け出ております。

3 任期は2019年12月期に係る定時株主総会の終結の時から2020年12月期に係る定時株主総会の終結の時までであります。

4 任期は2019年12月期に係る定時株主総会の終結の時から2023年12月期に係る定時株主総会の終結の時までであります。

5 任期は2018年12月期に係る定時株主総会の終結の時から2022年12月期に係る定時株主総会の終結の時までであります。

6 当社は、法令に定める監査役の員数を欠くことになる場合に備え、会社法第329条第3項に定める補欠監査役1名を選任しております。補欠監査役の略歴は次のとおりであります。

氏名

生年月日

略歴

任期

所有

株式数

(百株)

小 西 勇 二

1950年

8月1日生

1973年4月

㈱富士銀行入行

(注)

2005年4月

2009年6月

2013年10月

2014年6月

2014年6月

2017年6月

みずほ情報総研㈱常務執行役員

みずほスタッフ㈱取締役副社長

みずほビジネスパートナー㈱取締役副社長

みずほ投信投資顧問㈱非常勤監査役

キョーリン製薬ホールディングス㈱社外監査役

アクリーティブ株式会社取締役監査等委員

(注) 任期は就任した時から退任した監査役の任期満了の時までであります。

7.当社は、経営の意思決定機能と業務執行機能を分離し、経営管理体制の一層の強化を図るべく、執行役員制度を導入しております。取締役を兼務している者を除いた執行役員の状況は以下のとおりであります。

氏  名

職  名

山崎 裕功

専務執行役員、電極事業ユニット長、電極材販売部長

山野 智

執行役員、ファインカーボン事業ユニット長、ファインカーボン販売部長

浦野 章

執行役員、事業改革推進ユニット長

今井 浩二

執行役員、業務統括部長

梅田 匡

執行役員

川副 健志

執行役員、企画部長

 

② 社外役員の状況

当社の社外取締役は2名、社外監査役は2名であります。

社外取締役の高橋明人氏は、弁護士として法律の専門的見地ならびに経営に関する高い見識を有しており、また、数年にわたり当社の社外監査役として当社に寄与した実績があります。同氏は株式会社オリエンタルコンサルタンツホールディングス(旧株式会社ACKグループ)社外取締役およびオーエスジー㈱社外取締役を兼職しておりますが、当社との間には記載すべき利害関係はありません。

同じく、社外取締役の加藤丈夫氏は、企業経営その他幅広い分野での豊富な経験と優れた見識を客観的立場から当社経営に活かし、企業価値向上とコーポレートガバナンスの一層の充実を図っていただくため、社外取締役として選任しております。

社外監査役の荒木繁氏は、相当期間に亘り金融業務に携わっており、財務及び会計に関する相当程度の知見を有しております。同氏は当社の取引金融機関であるみずほ信託銀行株式会社の出身者でありますが、当社の社外監査役選任時点において、同行を退職しております。また、社外監査役の荒木繁氏は、前記「(2) [役員の状況]の「所有株式数」欄」に記載の数の当社株式を保有している以外に、当社との間には記載すべき利害関係はありません。

同じく、社外監査役の佐々木光雄氏は、公認会計士および税理士として豊富な経験と幅広い見識を有しており、財務及び会計に関する相当程度の知見を有しております。当社との間には記載すべき利害関係はありません。また、社外監査役の佐々木光雄氏は、前記「(2) [役員の状況]の「所有株式数」欄」に記載の数の当社株式を保有している以外に、当社との間には記載すべき利害関係はありません。

また、当社は、会社法第427条第1項の規定により、社外取締役および社外監査役全員と、同法第423条第1項の責任について、同法第425条第1項に定める最低責任限度額を限度とする旨の契約を締結しております。

当社は、社外取締役および社外監査役を選任するための当社からの独立性に関する基準又は方針はないものの、選任にあたっては、一般株主と利益相反が生じるおそれのない社外取締役および社外監査役を選任しており、全員を東京証券取引所の定めに基づく独立役員として届け出ております。

③ 社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部統制部門との関係

社外取締役及び社外監査役は経営陣から独立した立場で、経営の評価あるいは監査を行っております。また、取締役会や監査役会において、コンプライアンスや危機管理を含む内部統制システムの整備・運用状況及び内部監査結果の報告を受け、適宜意見を述べております。社外監査役、内部監査室及び会計監査人は相互に連携をとって実効的な監査を行うとともに、定期的に取締役と意見交換をおこなっております。

 

(3)【監査の状況】

① 監査役監査の状況

監査役監査については、常勤監査役1名、非常勤監査役2名(社外2名)の計3名で構成されており、監査役会で策定された監査の方針、監査計画に基づき監査役監査を実施しております。また、監査役は会計監査人から監査計画、監査体制の説明を受けるほか、実地棚卸等の立会や、会計監査結果報告等の受領と情報交換等を行う定例会合を実施し、会計監査人との連携を図っております。監査役は、取締役会その他重要会議に出席し、取締役からの聴取、重要な決裁書類の閲覧等により、取締役の意思決定、職務執行の適法性及び妥当性に関する監査を行っております。

 

② 内部監査の状況

内部監査については、経営トップの直属として内部監査室を設置し専任3名を配属させ、当社及びグループ会社の内部監査体制の充実を図っております。内部統制部門である倫理法令遵守統括室の定める内部統制システムの整備及び運用の方針や具体策をもとに、内部監査室は年間の監査計画を立案し、それに基づき、グループ内各組織の業務プロセスの適正性、財務報告の信頼性等の内部監査を実施しております。内部監査室は、監査の結果を監査対象部門に伝え改善状況を確認し、フォローアップ監査の結果を取締役会へ報告しております。内部監査室は、必要に応じて会計監査人と連携を行うとともに、監査役会においても、定例的に監査報告や情報交換を行い、実効性のある監査の実現に努めております。

 

③ 会計監査の状況

a.監査法人の名称

有限責任監査法人トーマツ

 

b.業務を執行した公認会計士

業務執行社員:森谷 和正、中島 逹弥

 

c.監査業務に係る補助者の構成

当社の会計監査業務に係る補助者は、公認会計士6名、その他6名であります。

また、業務執行社員の継続関与年数については、同監査法人が法令等に準拠して定める内部規程によりローテーションが組まれており全員7年以内であるため、記載を省略しております

 

d.監査法人の選定方針と理由

当社の監査役会は、公益社団法人日本監査役協会が公表している「会計監査人の評価及び選定基準策定に関する監査役等の実務指針」に基づき、会計監査人の品質管理の状況、独立性及び専門性、監査体制が整備されていること、具体的な監査計画並びに監査報酬が合理的かつ妥当であることを確認し、監査実績などを踏まえたうえで、会計監査人を総合的に評価し、選定について判断しております。

会計監査人の職務の執行に支障がある場合等、その必要があると判断した場合は、会計監査人の解任または負債人に関する議案を決定いたします。

会計監査人が会社法第340条第1項各号に定める項目に該当すると認められ、かつ改善の見込みがないと判断した場合は、監査役全員の同意に基づき、会計監査人を解任いたします。この場合、監査役会が選定した監査役は、解任後最初に招集される株主総会におきまして、会計監査人を解任した旨と解任理由を報告いたします。

 

e.監査役及び監査役会による監査法人の評価

当社の監査役及び監査役会は、会計監査人が独立の立場を保持し、かつ、適正な監査を実施しているかを監視及び検証するとともに、会計監査人からその職務の執行状況について報告を受け、必要に応じて説明を求めております。また、会計監査人から「職務の遂行が適正に行われることを確保するための体制」(平成17年10月28日 企業会計審議会)等に従って整備している旨の通知を受け、必要に応じて説明を求めております。結果、評価として、有限責任監査法人トーマツの監査方法及び結果は相当であると認めております。

 

④ 監査報酬の内容等

「企業内容の開示に関する内閣府令の一部を改正する内閣府令」(平成31年1月31日内閣府令第3号)による改正後の「企業内容等の開示に関する内閣府令」第二号様式記載上の注意(56)d(f)ⅰからⅲの規定に経過措置を適用しております。

 

a.監査公認会計士等に対する報酬

区分

前連結会計年度

当連結会計年度

監査証明業務に基づく

報酬(百万円)

非監査業務に基づく

報酬(百万円)

監査証明業務に基づく

報酬(百万円)

非監査業務に基づく

報酬(百万円)

提出会社

46

0

46

1

連結子会社

6

8

52

0

54

1

当社における非監査業務の内容は、前連結会計年度においては、電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法第17条第1項の規定による賦課金に係る特例の認定申請に関する手続業務であり、当連結会計年度においては、公認会計士法第2条第1項の行う以外の業務である企業会計基準第29号「収益認識に関する会計基準」の適用による会計方針の検討に関する助言・指導業務であります。

 

b.その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

該当事項はありません。

 

c.監査報酬の決定方針

監査報酬の決定方針については、特段定めておりませんが、監査計画等を勘案して決定しております。なお、本決定においては会社法第399条に基づき監査役会の同意を得ております。

 

d.監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由

当社の監査役会は、日本監査役協会が公表する「会計監査人との連携に関する実務指針」を踏まえ、監査項目別監査時間および監査報酬の推移並びに過年度の監査計画と実績の状況を確認し、当事業年度の監査時間および報酬額の見積の妥当性を検討した結果、会計監査人の報酬等につき、会社法第399条第1項の同意判断をしております。

 

(4)【役員の報酬等】

① 役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項

当社は役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針を定めており、役員報酬は、役職に応じた基本報酬と業績連動賞与および株価連動型株式報酬から構成されております。(下表をご参照ください)

算定された役員報酬等は、諮問委員会でその妥当性が検討され、諮問委員会の諮問を受けて取締役会または監査役会で決定されております。

また、2007年3月29日開催の定時株主総会において、取締役は年額300百万円、監査役は年額50百万円を限度とすることが定められています。

報酬の種類

給付

方式

固定・変動

業績連動指標

報酬の内容

業務執行取締役

社外取締役

監査役

構成比※

基本報酬

現金

固定

役位に応じた額を定めており、その割合は会長90、社長100、副社長75、社外取締役8、監査役25であります。

80%

業績連動賞与

(短期)

現金

変動

・親会社株主に帰属する当期純利益

・売上高前期比伸長率と営業利益前期比伸長率の平均値

・株主価値(株価+配当額)前期比伸長率

以上の3項目であり、株主の皆様との価値共有、企業価値向上及び株価上昇に対するインセンティブ付与の観点からこれら指標を採用しております。

役位に応じた賞与基本額を定めており、その割合は会長90、社長100、副社長75、社外取締役8であります。また、左記3項目の数値に夫々支給係数を定めております。(0%~400%)それらを掛け合わせ賞与額を算出しております。

12%

固定賞与

現金

固定

基本月額報酬の50%程度であります。

株価連動型

株式報酬

(中長期的)

株式80%

現金20%

変動

・株価

株主の皆様との価値共有、企業価値向上及び株価上昇に対するインセンティブ付与の観点からこの指標を採用しております。

役位に応じた給付株数と中長期(3年)の株価の変動率による支給係数を定めております。

株式等の給付を受ける時期は、原則として取締役の退任時であります。

8%

※構成比は支給係数が100%の場合の大凡の構成比であり、実際の構成比は業績連動指標により変動いたします。

 

② 役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

役員区分

報酬等の総額

(百万円)

報酬等の種類別の総額(百万円)

対象となる

役員の員数

(名)

固定報酬

業績連動報酬

退職慰労金

取締役(社外取締役を除く。)

262

159

103

-

3

監査役(社外監査役を除く。)

15

15

0

-

1

社外役員

36

28

7

-

4

 

 

③ 役員ごとの連結報酬等の総額等

連結報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。

 

 

(5)【株式の保有状況】

① 投資株式の区分の基準及び考え方

当社は、保有目的が純投資目的である投資株式と純投資目的以外の目的である投資株式の区分について、純投資目的とは、専ら株式の価値変動や株式に係る配当によって利益を受けることを目的とする場合と考えております。一方、純投資目的以外とは、当社の販売・仕入・金融等に関する重要な取引先との関係強化および取引の円滑化に資する場合と考えております。なお、当社は純投資目的の株式は保有しておりません。

 

② 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

a.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の内容

当社は、販売・仕入・金融等に関する重要な取引先との関係強化及び取引の円滑化に資すると判断される場合に限り、株式の政策保有を行っております。保有する政策保有株式については、定期的に取締役会へ報告し、個々の銘柄において、取引の重要性、配当利回り等保有のメリットを総合的に勘案し、保有の適否を判断しております。

 

b.銘柄数及び貸借対照表計上額

 

銘柄数

(銘柄)

貸借対照表計上額の

合計額(百万円)

非上場株式

4

24

非上場株式以外の株式

38

4,777

 

(当事業年度において株式数が増加した銘柄)

 

銘柄数

(銘柄)

株式数の増加に係る取得

価額の合計額(百万円)

株式数の増加の理由

非上場株式

非上場株式以外の株式

3

4

取引先持ち株会での定期買付による増加。

 

(当事業年度において株式数が減少した銘柄)

 

銘柄数

(銘柄)

株式数の減少に係る売却

価額の合計額(百万円)

非上場株式

非上場株式以外の株式

1

 

c.特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごと株式数、貸借対照表計上額等に関する情報

特定投資株式

銘柄

当事業年度

前事業年度

保有目的、定量的な保有効果

及び株式数が増加した理由

当社の株式の

保有の有無

株式数(株)

株式数(株)

貸借対照表計上額

(百万円)

貸借対照表計上額

(百万円)

大陽日酸㈱

704,000

704,000

炭素製品関連事業の取引の関係強化及び取引の円滑化のために保有しております。

定量的な保有効果については、記載が困難であるため開示を控えさせていただきます。(注2)

1,709

1,264

㈱コンコルディア・フィナンシャルグループ

1,579,000

1,579,000

財務取引の関係維持・強化及び円滑化のため保有しております。

定量的な保有効果については、記載が困難であるため開示を控えさせていただきます。(注2)

713

666

共英製鋼㈱

300,000

300,000

炭素製品関連事業の取引の関係強化及び取引の円滑化のために保有しております。

定量的な保有効果については、記載が困難であるため開示を控えさせていただきます。(注2)

641

498

㈱みずほフィナンシャルグループ

1,736,858

1,736,858

財務取引の関係維持・強化及び円滑化のため保有しております。

定量的な保有効果については、記載が困難であるため開示を控えさせていただきます。(注2)

292

295

住友商事㈱

115,000

115,000

炭素製品関連事業の取引の関係強化及び取引の円滑化のために保有しております。

定量的な保有効果については、記載が困難であるため開示を控えさせていただきます。(注2)

186

179

滋賀銀行㈱

41,400

41,400

財務取引の関係維持・強化及び円滑化のため保有しております。

定量的な保有効果については、記載が困難であるため開示を控えさせていただきます。(注2)

115

106

東ソー㈱

58,750

58,750

炭素製品関連事業の取引の関係強化及び取引の円滑化のために保有しております。

定量的な保有効果については、記載が困難であるため開示を控えさせていただきます。(注2)

99

84

東京鐵鋼㈱

50,000

50,000

炭素製品関連事業の取引の関係強化及び取引の円滑化のために保有しております。

定量的な保有効果については、記載が困難であるため開示を控えさせていただきます。(注2)

79

56

大同特殊鋼㈱

15,800

15,800

炭素製品関連事業の取引の関係強化及び取引の円滑化のために保有しております。

定量的な保有効果については、記載が困難であるため開示を控えさせていただきます。(注2)

75

68

 

 

銘柄

当事業年度

前事業年度

保有目的、定量的な保有効果

及び株式数が増加した理由

当社の株式の

保有の有無

株式数(株)

株式数(株)

貸借対照表計上額

(百万円)

貸借対照表計上額

(百万円)

ホソカワミクロン㈱

15,400

15,400

炭素製品関連事業の取引の関係強化及び取引の円滑化のために保有しております。

定量的な保有効果については、記載が困難であるため開示を控えさせていただきます。(注2)

72

64

日本製鉄㈱

42,287

40,572

炭素製品関連事業の取引の関係強化及び取引の円滑化のために保有しております。

定量的な保有効果については、記載が困難であるため開示を控えさせていただきます。(注2)

また、株式数の増加は、取引先持株会での定期買付および日新製鋼ホールディングス㈱の上場廃止による株式交換によるものとなります。

69

76

㈱三井住友フィナンシャルグループ

16,160

16,160

財務取引の関係維持・強化及び円滑化のため保有しております。

定量的な保有効果については、記載が困難であるため開示を控えさせていただきます。(注2)

65

58

㈱SUMCO

34,560

34,560

炭素製品関連事業の取引の関係強化及び取引の円滑化のために保有しております。

定量的な保有効果については、記載が困難であるため開示を控えさせていただきます。(注2)

63

42

片倉工業㈱

45,000

45,000

炭素製品関連事業の取引の関係強化及び取引の円滑化のために保有しております。

定量的な保有効果については、記載が困難であるため開示を控えさせていただきます。(注2)

61

50

阪和興業㈱

20,000

20,000

炭素製品関連事業の取引の関係強化及び取引の円滑化のために保有しております。

定量的な保有効果については、記載が困難であるため開示を控えさせていただきます。(注2)

57

56

SOMPOホールディングス㈱

13,250

13,250

財務取引の関係維持・強化及び円滑化のため保有しております。

定量的な保有効果については、記載が困難であるため開示を控えさせていただきます。(注2)

56

49

エア・ウォーター㈱

31,000

31,000

炭素製品関連事業の取引の関係強化及び取引の円滑化のために保有しております。

定量的な保有効果については、記載が困難であるため開示を控えさせていただきます。(注2)

49

51

 

 

銘柄

当事業年度

前事業年度

保有目的、定量的な保有効果

及び株式数が増加した理由

当社の株式の

保有の有無

株式数(株)

株式数(株)

貸借対照表計上額

(百万円)

貸借対照表計上額

(百万円)

三井化学㈱

18,400

18,400

炭素製品関連事業の取引の関係強化及び取引の円滑化のために保有しております。

定量的な保有効果については、記載が困難であるため開示を控えさせていただきます。(注2)

49

45

㈱大垣共立銀行

19,400

19,400

財務取引の関係維持・強化及び円滑化のため保有しております。

定量的な保有効果については、記載が困難であるため開示を控えさせていただきます。(注2)

46

42

㈱大阪ソーダ

11,800

11,800

炭素製品関連事業の取引の関係強化及び取引の円滑化のために保有しております。

定量的な保有効果については、記載が困難であるため開示を控えさせていただきます。(注2)

37

29

イビデン㈱

13,516

12,324

炭素製品関連事業の取引の関係強化及び取引の円滑化のために保有しております。

定量的な保有効果については、記載が困難であるため開示を控えさせていただきます。(注2)

また、株式数の増加は、取引先持株会での定期買付によるものとなります。

35

19

ジェイ エフ イー ホールディングス㈱

23,675

23,675

炭素製品関連事業の取引の関係強化及び取引の円滑化のために保有しております。

定量的な保有効果については、記載が困難であるため開示を控えさせていただきます。(注2)

33

41

㈱ほくほくフィナンシャルグループ

18,600

18,600

財務取引の関係維持・強化及び円滑化のため保有しております。

定量的な保有効果については、記載が困難であるため開示を控えさせていただきます。(注2)

21

23

㈱トクヤマ

7,119

6,783

炭素製品関連事業の取引の関係強化及び取引の円滑化のために保有しております。

定量的な保有効果については、記載が困難であるため開示を控えさせていただきます。(注2)

また、株式数の増加は、取引先持株会での定期買付によるものとなります。

20

16

中部鋼鈑㈱

24,000

24,000

炭素製品関連事業の取引の関係強化及び取引の円滑化のために保有しております。

定量的な保有効果については、記載が困難であるため開示を控えさせていただきます。(注2)

17

13

 

 

銘柄

当事業年度

前事業年度

保有目的、定量的な保有効果

及び株式数が増加した理由

当社の株式の

保有の有無

株式数(株)

株式数(株)

貸借対照表計上額

(百万円)

貸借対照表計上額

(百万円)

虹技㈱

11,500

11,500

炭素製品関連事業の取引の関係強化及び取引の円滑化のために保有しております。

定量的な保有効果については、記載が困難であるため開示を控えさせていただきます。(注2)

16

14

愛知製鋼㈱

4,400

4,400

炭素製品関連事業の取引の関係強化及び取引の円滑化のために保有しております。

定量的な保有効果については、記載が困難であるため開示を控えさせていただきます。(注2)

16

15

大阪製鐵㈱

11,000

11,000

炭素製品関連事業の取引の関係強化及び取引の円滑化のために保有しております。

定量的な保有効果については、記載が困難であるため開示を控えさせていただきます。(注2)

16

20

日本化学工業㈱

5,000

5,000

炭素製品関連事業の取引の関係強化及び取引の円滑化のために保有しております。

定量的な保有効果については、記載が困難であるため開示を控えさせていただきます。(注2)

15

11

大豊工業㈱

13,320

13,320

炭素製品関連事業の取引の関係強化及び取引の円滑化のために保有しております。

定量的な保有効果については、記載が困難であるため開示を控えさせていただきます。(注2)

11

12

宇部興産㈱

3,300

3,300

炭素製品関連事業の取引の関係強化及び取引の円滑化のために保有しております。

定量的な保有効果については、記載が困難であるため開示を控えさせていただきます。(注2)

7

7

三菱マテリアル㈱

2,090

2,090

炭素製品関連事業の取引の関係強化及び取引の円滑化のために保有しております。

定量的な保有効果については、記載が困難であるため開示を控えさせていただきます。(注2)

6

6

兼松㈱

2,500

2,500

炭素製品関連事業の取引の関係強化及び取引の円滑化のために保有しております。

定量的な保有効果については、記載が困難であるため開示を控えさせていただきます。(注2)

3

3

㈱富山第一銀行

10,000

10,000

財務取引の関係維持・強化及び円滑化のため保有しております。

定量的な保有効果については、記載が困難であるため開示を控えさせていただきます。(注2)

3

3

 

 

銘柄

当事業年度

前事業年度

保有目的、定量的な保有効果

及び株式数が増加した理由

当社の株式の

保有の有無

株式数(株)

株式数(株)

貸借対照表計上額

(百万円)

貸借対照表計上額

(百万円)

京阪ホールディングス㈱

600

600

炭素製品関連事業の取引の関係強化及び取引の円滑化のために保有しております。

定量的な保有効果については、記載が困難であるため開示を控えさせていただきます。(注2)

3

2

住友重機械工業㈱

780

780

炭素製品関連事業の取引の関係強化及び取引の円滑化のために保有しております。

定量的な保有効果については、記載が困難であるため開示を控えさせていただきます。(注2)

2

2

㈱中山製鋼所

2,700

2,700

炭素製品関連事業の取引の関係強化及び取引の円滑化のために保有しております。

定量的な保有効果については、記載が困難であるため開示を控えさせていただきます。(注2)

1

1

日東精工㈱

1,371

1,371

炭素製品関連事業の取引の関係強化及び取引の円滑化のために保有しております。

定量的な保有効果については、記載が困難であるため開示を控えさせていただきます。(注2)

0

0

日新製鋼ホールディングス㈱

-

1,500

炭素製品関連事業の取引の関係強化及び取引の円滑化のために保有しておりました。

日新製鋼ホールディングス㈱の上場廃止に伴い、2019年1月1日に日本製鉄㈱の株式と株式交換をしております。

-

1

(注)1.「-」は、当該銘柄を保有していないことを示しております。

2.当社は、特定投資株式における定量的な保有効果の記載が困難であるため、保有の合理性を検証した方法について以下のとおり掲載いたします。当社は、販売・仕入・金融等に関する重要な取引先との関係強化及び取引の円滑化に資すると判断される場合に限り、株式の政策保有を行っております。保有する政策保有株式については、定期的に取締役会へ報告し、個々の銘柄において、取引の重要性、配当利回り等保有のメリットを総合的に勘案し、保有の適否を判断しております。

 

第5【経理の状況】

1 連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について

(1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)に基づいて作成しております。

 

 

(2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下、「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。

また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しております。

 

2 監査証明について

当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2019年1月1日から2019年12月31日まで)及び事業年度(2019年1月1日から2019年12月31日まで)の連結財務諸表及び財務諸表について、有限責任監査法人トーマツにより監査を受けております。

 

3 連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するため特段の取組みを行っております。具体的には、公益財団法人財務会計基準機構への加入、監査法人等の外部機関が開催する研修への参加及び会計専門誌の購読等を通じて、会計制度の動向及び会計基準等の内容を把握し的確に対応することができるように努めております。

 

1【連結財務諸表等】

(1)【連結財務諸表】

①【連結貸借対照表】

 

 

(単位:百万円)

 

前連結会計年度

(2018年12月31日)

当連結会計年度

(2019年12月31日)

資産の部

 

 

流動資産

 

 

現金及び預金

19,747

17,852

受取手形及び売掛金

※3 15,270

※3 14,010

商品及び製品

6,889

9,153

仕掛品

4,351

4,829

原材料及び貯蔵品

3,255

4,220

その他

415

562

貸倒引当金

20

20

流動資産合計

49,908

50,607

固定資産

 

 

有形固定資産

 

 

建物及び構築物

15,502

16,680

減価償却累計額及び減損損失累計額

9,300

9,536

建物及び構築物(純額)

6,202

7,144

機械及び装置

41,826

44,008

減価償却累計額及び減損損失累計額

36,859

37,232

機械及び装置(純額)

4,966

6,775

車両運搬具及び工具器具備品

3,084

3,264

減価償却累計額及び減損損失累計額

2,665

2,708

車両運搬具及び工具器具備品(純額)

418

555

土地

3,516

3,523

建設仮勘定

1,087

821

有形固定資産合計

※2 16,192

※2 18,820

無形固定資産

202

160

投資その他の資産

 

 

投資有価証券

※1 5,390

※1 6,044

繰延税金資産

402

371

その他

※1 1,510

※1 1,946

貸倒引当金

8

10