EDINET閲覧(提出)サイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)をもとに上場企業サーチ作成

本ページはEDINETに提出された開示情報を上場企業サーチが加工/編集したものであり、記載された情報の正確性および完全性について上場企業サーチは一切の保証を行いません。本ページの情報を利用する際は自己の責任で判断頂き、意思決定に際しては適宜EDINETや提出会社が公開するオリジナルを参照する様にしてください。本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

【表紙】

 

【提出書類】

有価証券報告書

【根拠条文】

金融商品取引法第24条第1項

【提出先】

関東財務局長

【提出日】

2021年6月18日

【事業年度】

第105期(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)

【会社名】

北越メタル株式会社

【英訳名】

HOKUETSU METAL Co., Ltd.

【代表者の役職氏名】

代表取締役社長  棚橋 章

【本店の所在の場所】

新潟県長岡市蔵王三丁目3番1号

【電話番号】

0258-24-5111(代表)

【事務連絡者氏名】

専務取締役  武仲 康剛

【最寄りの連絡場所】

新潟県長岡市蔵王三丁目3番1号

【電話番号】

0258-24-5111(代表)

【事務連絡者氏名】

専務取締役  武仲 康剛

【縦覧に供する場所】

株式会社東京証券取引所

(東京都中央区日本橋兜町2番1号)

 

E01260 54460 北越メタル株式会社 HOKUETSU METAL Co., Ltd. 企業内容等の開示に関する内閣府令 第三号様式 Japan GAAP true CTE CTE 2020-04-01 2021-03-31 FY 2021-03-31 2019-04-01 2020-03-31 2020-03-31 1 false false false E01260-000 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E01260-000 2021-03-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E01260-000 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E01260-000 2021-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01260-000 2021-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E01260-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E01260-000 2021-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01260-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E01260-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01260-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E01260-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:GeneralReserveMember E01260-000 2021-06-18 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E01260-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E01260-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithNoVotingRightsMember E01260-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsTreasurySharesEtcMember E01260-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsOtherMember E01260-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E01260-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesTreasurySharesSharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E01260-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithFullVotingRightsOtherMember E01260-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsOtherMember E01260-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesLessThanOneUnitMember E01260-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesLessThanOneUnitMember E01260-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row5Member E01260-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row6Member E01260-000 2017-04-01 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01260-000 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01260-000 2016-04-01 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01260-000 2021-06-18 jpcrp030000-asr_E01260-000:NakanoHisashiMember E01260-000 2021-06-18 jpcrp030000-asr_E01260-000:YonedaKouzouMember E01260-000 2021-06-18 jpcrp030000-asr_E01260-000:HondaMasaakiMember E01260-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:DirectorsExcludingOutsideDirectorsMember E01260-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:CorporateAuditorsExcludingOutsideCorporateAuditorsMember E01260-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:OutsideDirectorsAndOtherOfficersMember E01260-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E01260-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E01260-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E01260-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01260-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E01260-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E01260-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01260-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01260-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E01260-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01260-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E01260-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E01260-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember E01260-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E01260-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E01260-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E01260-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01260-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E01260-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01260-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01260-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E01260-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01260-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01260-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E01260-000 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E01260-000 2020-03-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E01260-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01260-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01260-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01260-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01260-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01260-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01260-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01260-000 2017-04-01 2018-03-31 E01260-000 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01260-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01260-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E01260-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E01260-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E01260-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E01260-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E01260-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01260-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E01260-000 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01260-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E01260-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E01260-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E01260-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01260-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E01260-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01260-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E01260-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:GeneralReserveMember E01260-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E01260-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01260-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E01260-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01260-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No9MajorShareholdersMember E01260-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No8MajorShareholdersMember E01260-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No7MajorShareholdersMember E01260-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No6MajorShareholdersMember E01260-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No5MajorShareholdersMember E01260-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No4MajorShareholdersMember E01260-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No3MajorShareholdersMember E01260-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No2MajorShareholdersMember E01260-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No1MajorShareholdersMember E01260-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No10MajorShareholdersMember E01260-000 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01260-000 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01260-000 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E01260-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember E01260-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E01260-000 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01260-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01260-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember E01260-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E01260-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E01260-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E01260-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember E01260-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember E01260-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E01260-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E01260-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E01260-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01260-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E01260-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01260-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01260-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E01260-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:GeneralReserveMember E01260-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:GeneralReserveMember E01260-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:GeneralReserveMember E01260-000 2021-06-18 jpcrp_cor:Row7Member E01260-000 2021-06-18 jpcrp_cor:Row6Member E01260-000 2021-06-18 jpcrp_cor:Row5Member E01260-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row1Member E01260-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row2Member E01260-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row3Member E01260-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row4Member E01260-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row1Member E01260-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row2Member E01260-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row3Member E01260-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row4Member E01260-000 2021-06-18 jpcrp_cor:Row1Member E01260-000 2021-06-18 jpcrp_cor:Row2Member E01260-000 2021-06-18 jpcrp_cor:Row3Member E01260-000 2021-06-18 jpcrp_cor:Row4Member E01260-000 2021-06-18 jpcrp030000-asr_E01260-000:TanahashiAkiraMember E01260-000 2021-06-18 jpcrp030000-asr_E01260-000:TakenakaYasutakaMember E01260-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E01260-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01260-000 2021-06-18 jpcrp030000-asr_E01260-000:InoueKenichiMember E01260-000 2017-03-31 E01260-000 2016-04-01 2017-03-31 E01260-000 2021-06-18 E01260-000 2021-03-31 E01260-000 2020-04-01 2021-03-31 E01260-000 2020-03-31 E01260-000 2019-04-01 2020-03-31 E01260-000 2019-03-31 E01260-000 2018-04-01 2019-03-31 E01260-000 2018-03-31 E01260-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01260-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row5Member E01260-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row6Member E01260-000 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E01260-000 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01260-000 2020-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E01260-000 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01260-000 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01260-000 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E01260-000 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E01260-000 2019-03-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E01260-000 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E01260-000 2019-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01260-000 2019-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E01260-000 2019-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01260-000 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01260-000 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E01260-000 2021-06-18 jpcrp030000-asr_E01260-000:NaritaSatoshiMember E01260-000 2021-06-18 jpcrp030000-asr_E01260-000:OguraYoshihikoMember iso4217:JPY iso4217:JPY xbrli:shares xbrli:shares xbrli:pure

第一部【企業情報】

第1【企業の概況】

1【主要な経営指標等の推移】

(1)連結経営指標等

回次

第101期

第102期

第103期

第104期

第105期

決算年月

2017年3月

2018年3月

2019年3月

2020年3月

2021年3月

売上高

(千円)

18,031,026

22,197,269

24,336,297

22,562,464

21,815,517

経常利益

(千円)

500,920

20,262

272,132

1,470,073

599,976

親会社株主に帰属する当期純利益

(千円)

302,589

416,923

140,223

962,473

729,411

包括利益

(千円)

454,862

433,816

82,319

791,726

829,667

純資産額

(千円)

14,852,343

15,131,312

14,982,760

15,669,781

16,172,001

総資産額

(千円)

20,091,478

22,471,003

21,777,304

21,670,793

26,615,970

1株当たり純資産額

(円)

3,874.73

3,947.56

3,906.36

4,085.69

4,215.81

1株当たり当期純利益

(円)

78.94

108.77

36.57

250.94

190.18

潜在株式調整後

1株当たり当期純利益

(円)

自己資本比率

(%)

73.92

67.34

68.80

72.31

60.76

自己資本利益率

(%)

2.05

2.78

0.93

6.28

4.58

株価収益率

(倍)

16.00

12.54

29.67

3.97

6.50

営業活動による

キャッシュ・フロー

(千円)

781,758

1,834,679

214,287

1,787,449

1,734,437

投資活動による

キャッシュ・フロー

(千円)

649,758

619,335

1,092,797

1,426,173

1,494,589

財務活動による

キャッシュ・フロー

(千円)

472,558

452,693

232,058

70,424

2,282,990

現金及び現金同等物の

期末残高

(千円)

4,153,303

4,915,953

3,376,810

3,667,662

6,190,500

従業員数

(名)

406

408

412

417

468

(注)1 売上高には消費税等は含まれていない。

2 潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式がないため記載していない。

3 当社は、2016年10月1日を効力発生日として、普通株式5株につき1株の割合で株式併合を実施しており、第101期の期首に当該株式併合が行われたと仮定し、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益を算定している。

4 「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を第103期の期首から適用しており、第102期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっている。

 

(2)提出会社の経営指標等

回次

第101期

第102期

第103期

第104期

第105期

決算年月

2017年3月

2018年3月

2019年3月

2020年3月

2021年3月

売上高

(千円)

17,972,784

22,129,910

24,271,864

22,518,892

20,816,528

経常利益又は経常損失(△)

(千円)

311,172

55,699

242,376

1,394,352

568,001

当期純利益

(千円)

225,419

403,975

151,950

2,200,086

382,355

資本金

(千円)

1,969,269

1,969,269

1,969,269

1,969,269

1,969,269

発行済株式総数

(株)

3,994,000

3,994,000

3,994,000

3,994,000

3,994,000

純資産額

(千円)

13,255,046

13,521,198

13,386,531

15,313,996

15,456,212

総資産額

(千円)

18,964,596

20,718,949

20,073,592

21,312,562

25,264,516

1株当たり純資産額

(円)

3,458.02

3,527.51

3,490.18

3,992.92

4,029.21

1株当たり配当額

(円)

21.00

33.00

12.00

80.00

30.00

(内1株当たり中間配当額)

(円)

(1.00)

(20.00)

(5.00)

(20.00)

(25.00)

1株当たり当期純利益

(円)

58.81

105.39

39.62

573.62

99.68

潜在株式調整後

1株当たり当期純利益

(円)

自己資本比率

(%)

69.89

65.26

66.69

71.85

61.18

自己資本利益率

(%)

1.71

3.02

1.13

15.33

2.49

株価収益率

(倍)

21.48

12.94

27.39

1.74

12.40

配当性向

(%)

42.51

31.31

30.29

13.95

30.10

従業員数

(名)

226

230

232

374

382

株主総利回り

(%)

84.2

92.9

75.5

74.9

92.5

(比較指標:配当込みTOPIX)

(%)

(114.7)

(132.9)

(126.2)

(114.2)

(162.3)

最高株価

(円)

1,445

1,649

1,440

1,620

1,365

 

 

(320)

 

 

 

 

最低株価

(円)

1,220

1,265

967

832

889

 

 

(262)

 

 

 

 

(注)1 売上高には消費税等は含まれていない。

2 潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式がないため記載していない。

3 当社は、2016年10月1日を効力発生日として、普通株式5株につき1株の割合で株式併合を実施しており、第101期の期首に当該株式併合が行われたと仮定し、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益を算定している。

4 第101期の1株当たり配当額21.00円は、2016年10月1日を効力発生日として実施した株式併合前の1株当たり中間配当額1.00円と当該株式併合後の1株当たり期末配当額20.00円の合計である。なお、当該株式併合を踏まえて換算した場合、1株当たり中間配当額は5.00円となるため、株式併合後換算の1株当たり年間配当額は25.00円相当となる。

5 最高株価及び最低株価は、東京証券取引所市場第二部におけるものである。なお、2016年10月1日を効力発生日として、普通株式5株につき1株の割合で株式併合を実施したため、第101期の最高株価及び最低株価は株式併合後の株価を記載しており、( )内は株式併合前の株価を記載している。

 

2【沿革】

年月

概要

1942年6月

1905年に創立した北越水力電気㈱の化学工業部門を継承し、北越電化工業㈱を設立。

生石灰、カーバイトの製造を開始。(1963年製造中止)

1943年7月

電気銑の製造を開始。(1964年製造中止)

1949年6月

新潟証券取引所に上場。

1950年4月

フェロアロイ製品の製造を開始。(1977年製造中止)

8月

カルシウムシリコンの製造を開始。(1974年製造中止)

1952年10月

チタンスラグの製造を開始。(1977年製造中止)

1957年11月

東都製鋼㈱(現・トピー工業㈱)グループの系列下へ。

1959年10月

製鋼用8t電気炉1基を新設。鋼塊の製造を開始。

1963年1月

製鋼用15t電気炉1基を増設。

1964年11月

北越電化工業㈱、東邦製鋼㈱、㈱新潟製鋼所の3社合併。社名を北越メタル㈱に改称。

1965年11月

長岡工場に圧延工場を新設。小形棒鋼の製造を開始。北越興業㈱(2019年吸収合併)を設立。

1967年11月

シリコチタンの製造を開始。(1977年製造中止)

1968年11月

長岡工場に伸線工場を新設。鉄線の製造を開始。(1993年製造中止)

1970年4月

㈱北越タンバックル(2019年吸収合併)を設立。

12月

三条工場に形鋼圧延設備を新設。形鋼の製造を開始。

1971年5月

協越興業㈱(現・㈱メタルトランスポート・連結子会社)を設立。

1972年9月

長岡工場に製鋼用50t電気炉及び連続鋳造設備を新設。

これにより三条工場10t電気炉及び長岡工場8t、15t電気炉を廃止。

1974年9月

北興商事㈱を設立。

1983年1月

長岡工場に取鍋精錬設備を新設。

1984年10月

長岡工場に細物線材製造設備を新設。

1986年10月

㈱アールディメタル(2000年吸収合併)を設立。

1987年3月

㈱北越タンバックル本社工場を見附に移転。

1990年3月

長岡工場に建屋集塵装置及び鉄屑予熱装置を新設。

1991年6月

北越興業㈱本社工場を雲出工業団地に移転。

1992年3月

長岡工場圧延設備タンデム化完了。

4月

本社新社屋完成。

1997年12月

長岡工場の製鋼用電気炉変圧器を55MVAに増強。

1999年3月

長岡工場の連続鋳造設備を更新。

2000年3月

東京証券取引所第2部に上場。

4月

㈱アールディメタルを吸収合併。

北越興業㈱及び㈱北越タンバックルの営業権を譲受。

2016年4月

北興商事㈱の全株式を売却し、連結子会社から除外。

2019年10月

北越興業㈱及び㈱北越タンバックルを吸収合併。

2020年4月

株式取得により、㈱コーテックス及び㈱コーテックス工業を連結子会社化。

 

3【事業の内容】

 当社及び当社の関係会社(子会社3社、その他の関係会社1社により構成)は鉄鋼製品の製造加工並びに販売等を主な事業としている。

 当社及び関係会社の位置付け等は次のとおりである。

 なお、下記の位置付け等は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメント情報の区分と同一である。

 

(鉄鋼)

 当部門においては、棒鋼、線材、形鋼、UHYフープ、ファブデッキ、メッシュ、ロックボルト、ターンバックル、THピース、UNボルト、異形ボルト、UND自穿孔ボルト、スプリングチェーン等を製造・販売している。

 このうち形鋼については、異形形鋼の新サイズの開発に注力している。

[主な関係会社等]

(運送等)

 ㈱メタルトランスポート

(製造・販売)

 ㈱コーテックス、㈱コーテックス工業

(販売・仕入)

 トピー工業㈱、トピー実業㈱

 

 事業の系統図は次のとおりである。

0101010_001.png

◎ 連結子会社

 

4【関係会社の状況】

名称

住所

資本金(千円)

主要な事業の内容

議決権の

所有(被所有)割合

関係内容

所有割合(%)

被所有割合(%)

(その他の関係会社)

 

 

 

 

 

 

トピー工業㈱(注)1,2

東京都品川区

20,983,430

鉄鋼・自動車・産業機械部品・橋梁・土木・建築・その他

35.1

(1.3)

当社製品を販売している。

(連結子会社)

 

 

 

 

 

 

㈱メタルトランスポート

新潟県長岡市

20,000

鉄鋼

100.0

当社製品他の運搬を行っている。構内作業の委託。

役員の兼任…1人

㈱コーテックス(注)3

東京都新宿区

66,000

鉄鋼・土木

100.0

当社製品を加工し、販売している。

役員の兼任…1人

㈱コーテックス工業(注)3

東京都新宿区

10,000

鉄鋼

(100.0)

㈱コーテックスの完全子会社。

(注)1 「議決権の所有(被所有)割合」欄の( )内は間接所有(内数)である。

2 有価証券報告書を提出している。

3 当社は2020年4月1日付で、株式会社コーテックスの全株式を取得したことにより、同社を完全子会社化した。また、株式会社コーテックスの完全子会社である株式会社コーテックス工業も当社の連結グループとなった。

 

5【従業員の状況】

(1)連結会社の状況

 

2021年3月31日現在

セグメントの名称

従業員数(名)

鉄鋼

468

(注)1 従業員数は就業人員である。

2 従業員数が前連結会計年度末に比べ増加しているが、その主な理由は、2020年4月1日付で株式取得により株式会社コーテックスを連結子会社とし、同社の完全子会社である株式会社コーテックス工業も連結グループに含めたことによるものである。

 

(2)提出会社の状況

 

 

 

2021年3月31日現在

従業員数(名)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(千円)

382

42.2

15.9

5,410

 

セグメントの名称

従業員数(名)

鉄鋼

382

(注)1 従業員数は就業人員である。

2 平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでいる。

 

(3)労働組合の状況

 当社グループには北越メタル労働組合(327人)があり、日本基幹産業労働組合連合会(略称 基幹労連)に加盟している。

 なお、労使関係について特に記載すべき事項はない。

 

第2【事業の状況】

1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

 当社グループは、鉄鋼素材から土木・建築向け加工製品までの一貫体制のなかで、より高付加価値製品の開発・拡充を指向し、他社との差別化、優位性を図り経営基盤の安定・強化を目指している。

 なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものである。

 今後の見通しについては、東京オリンピック・パラリンピック開催に伴う経済需要の拡大と新型コロナワクチンの普及や政府の経済支援策により、景気は緩やかな回復基調に向かうことが期待されるものの、新型コロナウイルス感染症による自粛要請の更なる強化や海外経済の不確実性が懸念され、先行き不透明な状況が続くと予想される。

 当社グループの関連業界においても、国内の鋼材需要の回復に期待するものの、コスト面では主原料である鉄スクラップ、合金鉄や耐火物といった諸資材に加え、電力等のエネルギーコストについても価格上昇が懸念される。

 当社グループとしては、2年目を迎えた中期経営計画「絆2024」の重点課題を確実に実行し、収益体質の改善を図っていく。

 

重点課題

 ① グループ経営構造改革を完成形へ

 ・素材製品から加工製品までの一貫事業体制と管理間接コスト最適化の実現

 ② 持続的な成長を可能とする抜本的な設備投資計画の策案と実行を推進

 ・土台である素材製品事業の基盤強化と加工製品・新製品・新事業のバランスのとれた投資を実行

 ③ 新たな社会的な要請に応えていくため、全社を挙げたSDGs経営の取り組み

 ・長期ビジョン「Metal Vision 2030 <絆>」を追求し、計画的に具現化を図る

 

 また、2021年4月から開始した新たな改善活動「TCC2021」に取り組み、収益力の強化に向けて取り組んでいく。

 

(加工製品部門)

 加工製品部門については、顧客ニーズを的確に捉え、新規顧客の開拓と新製品開発に注力する。

 また、当社の営業力と株式会社コーテックスの営業力を融合し、相乗効果を発現させるとともに、生産面においても、加工工場間におけるプロダクトミックスの最適化を進め、競争力の強化を図っていく。

 

(素材製品部門)

 異形棒鋼を中心とした素材製品部門については、市況変動の影響を大きく受けるため、鉄スクラップ、諸資材、エネルギー等の価格動向に注視し、取引慣習の改善と適正な製品販売価格の確保に努めていく。

 また、昨年度から進めている圧延製造ライン合理化工事による生産効率の改善を図るとともに、本年4月から「素材生産高度化推進室」を新設し、製鋼部門を中心とする素材生産の高度化や廃棄物のゼロエミッション化などに取り組んでいく。

 

(株主の皆さまとの絆)

 当社の株主価値・企業価値の向上を目指し、引き続きガバナンス体制の強化を図るとともに、株主・投資家の皆さまとの対話の機会を重視し、関係性を強化していく。

 株式市場に対しては、今後もIRや広報活動を積極的に行い、経営活動や経営戦略の方向性、検討中の新たな資本政策の方針などについてご理解いただき、末長く応援していただけるよう努力していく。

 

(地域社会やビジネスパートナーの皆さまとの絆)

 当年度は長期ビジョン達成に向けた圧延製造ライン合理化工事や環境・地域社会への貢献を目的とした設備投資等の資金として30億円を調達した。今後は環境や省エネルギー設備への投資も積極的に行い、ビジネスパートナーの皆さまとともに低炭素で持続可能な社会の実現に向けて取り組んでいく。

 地域社会の皆さまとは、地域活動への協賛を引き続き実施するほか、新潟を拠点に活動する女子サッカークラブ「株式会社アルビレックス新潟レディース」とのオフィシャルスポンサー契約を継続することで、女子サッカーの普及拡大と発展を応援し、未来ある子どもたちに夢を与えられる人づくりへの貢献、地域の人々とともに活気あふれるまちづくりに貢献していく。

 

(社員との絆)

 人材は当社グループの事業を支える貴重な経営資源であると認識している。

 当社はこれまで企業説明会やIR活動、地域貢献等を通して当社グループの魅力を発信し、優秀な人材の確保に努めてきたが、これに加え、人事処遇制度の改革と働き方を見直し、社員の成長を積極的にサポートすることで個々の能力を最大限に発揮できる環境を整え、社員とのエンゲージメントを高めていく。

 

 以上、「Metal Vision 2030 <絆>」に掲げた4つの<絆>(地域との絆、社員との絆、ビジネスパートナーとの絆、株主との絆)を強化することで、盤石な経営基盤を再構築するとともに、グループ各社の経営体質の改善・強化に積極的に取り組み、グループ全体の経営安定と持続的成長を図っていく。

 

2【事業等のリスク】

 有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、経営者が連結会社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると認識している主要なリスクは、以下のとおりである。

 なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものである。

 

(1)市場環境等の変化によるリスク

 当社グループは、鉄鋼資源のリサイクル企業として、鉄スクラップを主原料とし特色ある高品質・高付加価値製品を市場に供給することで経営の安定、発展を図っているが、当社の属する普通鋼電炉業界は、市況産業であり業績が景気変動の影響を受けやすい産業である。特に公共投資、民間設備投資及び住宅建築等の鋼材需要の変動や製品の市場価格によって、当社グループの業績及び財務状況に大きく影響する。

 当社グループが消費する主原料である鉄スクラップ、合金鉄、燃料等の価格は国際的な経済状況の動きを反映して、大幅に変動する可能性がある。

 従って、このような原料等の値上がり分を考慮して、製品価格の改善並びにコスト低減をすべく努力するものの、製品価格の改善が図れなかった場合は、当社グループの業績及び財務状況に影響を及ぼす可能性がある。

 

(2)新型コロナウイルス等の感染症によるリスク

 当社グループは、地域社会やお客様、ビジネスパートナー、株主様との絆を大切にし、会社に集う経営・社員など全ての構成員の絆を強め、社員全員が成長と挑戦する気持ちを忘れず、全員の行動力、叡智、勇気を結集し、環境に優しい地域循環型社会の実現、災害に強い国土強靭化の実現、労働人口減少へのソリューションの提供などによる社会貢献を通して、全てのステークホルダーにとっての存在価値を創造・強化し、予測不能な不連続・不透明な未来に向けて、持続的な成長を目指している。

 世界的な新型コロナウイルスの感染拡大により、当社グループを取り巻く環境は予断を許さない状況である。

 当社グループでは、新型コロナウイルス感染症に対する危機対策本部を設置し、安全衛生の徹底等により社員等への感染予防に取り組んでいるものの、新型コロナウイルス等の感染症により社会・経済・市場等が混乱し、ステークホルダーに重大な影響が及んだ場合には事業活動に制約を受ける可能性があり、当社グループの業績及び財務状況に影響を及ぼす可能性がある。

 

(3)電力供給によるリスク

 当社グループは、地域を中心に鉄スクラップを主原料として、電気炉を活用し鉄鋼製品を生産する「鉄リサイクル」を基幹事業としている。

 社グループでは、大量の電力を消費するため、設備の改造や補助燃料等の活用など電気炉エネルギー効率の高度化を図っているが、電力需要が逼迫した場合は電力供給の制約を受ける可能性がある。また、電力料金についても石油、液化天然ガス、為替等の動向によって上昇する可能性があり、当社グループの業績及び財務状況に影響を及ぼす可能性がある

 

(4)法的規制によるリスク

 当社グループの事業活動は、様々な規制や法令の適用を受けている。

 当社グループは、グループ行動規範を定め法令順守の強化に努めているものの、法規制の変更・強化等によって事業活動に制約を受ける可能性があり、当社グループの業績及び財務状況に影響を及ぼす可能性がある。

 

(5)災害、事故によるリスク

 当社グループは、災害の未然防止対策や設備の事前点検を実施し、災害防止に努めているが、大規模な地震、台風等の自然災害に見舞われ、重大な設備事故や人的被害が発生した場合には、工場の操業停止等により、当社グループの業績及び財務状況に影響を及ぼす可能性がある。

 

(6)人材育成・確保難によるリスク

 当社グループは、人材を最大の財産と考え、「人財」の力を高めることこそが当社グループの価値創造の源泉であると認識している。

 当社グループでは、社員の働きがいの向上を図るため、働く人々の多様性を尊重し、全ての構成員がそれぞれの能力を充分に発揮でき、活き活きと働ける環境の実現を目指し、人材の育成、自己啓発の支援、省力化への投資、人材確保に向けた取り組みなどを行っている。

 今後の国内は、少子化、労働人口の減少という現実があり、当社グループにおいて人材確保が計画未達となった場合には、当社グループの業績及び財務状況に影響を及ぼす可能性がある。

 

(7)その他

 当社グループは、事業等に関するリスクの発生の可能性を認識した上で発生の回避及び発生した場合の対応に努める方針である。

 しかし、現時点では予測できない上記以外のリスクの発生によって、当社グループの業績及び財務状況に影響を及ぼす可能性がある。

 

3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

(1)経営成績等の状況の概要

 当連結会計年度における当社グループ(当社及び連結子会社)の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下「経営成績等」という。)の状況の概要は次のとおりである。

 なお、本報告書提出日現在においては、当社グループの関連業界では、新型コロナウイルス感染症の影響から経済活動の再開が進むとともに、鋼材需要も緩やかに回復する見通しであるが、新型コロナウイルス感染症の感染拡大による影響は不確定要素が多く、感染症の再拡大やワクチン接種の遅れによる当該影響の長期化などによって、当社グループの財政状態、経営成績等に影響を及ぼす可能性がある。

 ①財政状態及び経営成績等の状況

 当連結会計年度におけるわが国経済は、新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、感染拡大防止と経済活動の両立を図るなかで、一部で回復の兆しが見られたものの、足元の感染者数の再拡大や自粛要請の強化などもあり、先行きが不透明な状況が続いている。

 当社グループの関連業界においては、建設需要が低調に推移する中、製品販売数量の確保や製品販売価格の維持に努めたものの、主原料である鉄スクラップ価格が年末に急騰し高止まりするなど採算性は悪化し、厳しい経営環境で推移した。

 当社グループはこのような急変する不連続・不透明な未来に向けて、持続的な成長を図るため、長期ビジョン「Metal Vision 2030<絆>」および中期経営計画「絆2024」(2020年度から2024年度までの5ヶ年)に基づき、災害に強い国土強靭化、労働人口減少による供給制約に対するソリューション提供による社会貢献を実現すべく、事業構造改革を鋭意進めている。昨年度実施した完全子会社2社の吸収合併に加え、2020年4月1日には加工品の共同販売会社であり、加工子会社を傘下に持つ株式会社コーテックスを完全子会社化し、加工品事業の強化を図った。

 販売面では、主力製品である異形棒鋼は、需要の低迷により販売数量が減少するなか、製品販売数量の確保と製品販売価格の維持に努めた。土木・加工製品については、株式会社コーテックスを完全子会社化したことによる相乗効果の発現と既存製品の拡販、新規顧客の開拓に取り組んだ。

 コスト面では、酸素の有効活用や廉価な諸資材の活用といったコスト改善活動「TCC2020」により継続的な原価低減に取り組んだ。

 以上の結果、当連結グループにおける売上高は21,815百万円(前期比3.3%減)、経常利益は599百万円(前期比59.2%減)、親会社株主に帰属する当期純利益は729百万円(前期比24.2%減)となった。

 

 ②キャッシュ・フローの状況

 当連結会計年度末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、6,190百万円となり、前連結会計年度末に比べ2,522百万円(68.8%)増加した。各キャッシュ・フローの状況は次のとおりである。

a.営業活動によるキャッシュ・フロー

 当連結会計年度における営業活動による資金は、1,734百万円の増加(前連結会計年度比53百万円の収入の減少)となった。

 これは主に、主原料である鉄スクラップ価格の高騰等によるたな卸資産の増加767百万円や法人税等の支払額633百万円があったものの、税金等調整前当期純利益932百万円及び減価償却費886百万円の計上や、主原料である鉄スクラップ価格の高騰等による仕入債務の増加1,197百万円によるものである。

b.投資活動によるキャッシュ・フロー

 当連結会計年度における投資活動による資金は、1,494百万円の減少(前連結会計年度比68百万円の支出の増加)となった。

 これは主に、当連結会計年度において実施した長岡圧延合理化精整設備等の有形固定資産の取得による支出1,637百万円によるものである。

c.財務活動によるキャッシュ・フロー

 当連結会計年度における財務活動による資金は、2,282百万円の増加(前連結会計年度比2,353百万円の収入の増加)となった。

 これは主に、長期借入れによる収入3,000百万円によるものである。

 

 ③生産、受注及び販売の実績

 a.生産実績

  当連結会計年度における生産実績をセグメントごとに示すと、次のとおりである。

セグメントの名称

金額(千円)

前年同期比(%)

鉄鋼

18,074,481

96.3

(注)1 金額は、製造原価による。

2 上記の金額には、消費税等は含まれていない。

 

 b.受注実績

  当社グループの生産は主に見込み生産を行っているため、記載を省略している。

 

 c.販売実績

  当連結会計年度における販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりである。

セグメントの名称

金額(千円)

前年同期比(%)

鉄鋼

21,815,517

96.7

(注)1 主な相手先別の販売実績及び総販売実績に対する割合は、次のとおりである。

相手先

前連結会計年度

当連結会計年度

金額(千円)

割合(%)

金額(千円)

割合(%)

伊藤忠丸紅住商テクノスチール㈱

7,900,098

35.0

7,862,511

36.0

阪和興業㈱

2,708,829

12.0

2,486,089

11.4

2 上記の金額には、消費税等は含まれていない。

 

(2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

 経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりである。

 なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものである。

 ①財政状態の分析

a.資産

 当連結会計年度末における資産合計は、前連結会計年度末に比べ4,945百万円増加して、26,615百万円となった。

 これは主に、借入による設備資金の調達と株式会社コーテックスの連結子会社化に伴う資産の受け入れによる現金及び預金の増加(前連結会計年度末比2,522百万円の増加)などにより、流動資産が前連結会計年度末に比べ3,218百万円増加して、15,660百万円になったことや、当連結会計年度において実施した長岡圧延合理化精整設備の取得等による有形固定資産の増加(前連結会計年度末比1,573百万円の増加)などにより、固定資産が前連結会計年度末に比べ1,727百万円増加して、10,955百万円になったことによるものである。

b.負債

 当連結会計年度末における負債合計は、前連結会計年度末に比べ4,442百万円増加して、10,443百万円となった。

 これは主に、主原料である鉄スクラップ価格の高騰等による支払手形及び買掛金の増加(前連結会計年度末比1,098百万円の増加)などにより、流動負債が前連結会計年度末に比べ2,083百万円増加して、7,134百万円になったことや、設備資金の調達による長期借入金の増加(前連結会計年度末比2,162百万円の増加)などにより、固定負債が前連結会計年度末に比べ2,359百万円増加して3,309百万円になったことによるものである。

c.純資産

 当連結会計年度末における純資産合計は、前連結会計年度末に比べ502百万円増加して、16,172百万円となった。

 これは主に、親会社株主に帰属する当期純利益729百万円の計上などにより利益剰余金が前連結会計年度末に比べ400百万円増加して、12,750百万円になったことによるものである。

 また、自己資本比率については、前連結会計年度末の72.3%から11.5ポイント減少して、当連結会計年度末には60.8%となった。

 

 ②経営成績の分析

a.売上高

 当連結会計年度における売上高は、前連結会計年度に比べ746百万円減少の21,815百万円となった。

 これは主に、市況の悪化により海外輸出が減少するなど、素材製品の販売数量が前連結会計年度に比べ18千トン減少し、235千トンになったことによるものである。

b.経常利益

 当連結会計年度における経常利益は、前連結会計年度に比べ870百万円減益の599百万円となった。

 これは主に、素材製品の販売単価が下落するなか、主原料である鉄スクラップ購入価格が急騰し高止まりするなど、採算性が悪化したことによるものである。

c.特別損益

 当連結会計年度における特別損益は、前連結会計年度の82百万円(純額)の損失から415百万円利益(純額)が増加し、332百万円(純額)の利益となった。

 これは主に、2020年4月1日付で株式会社コーテックスの株式を取得し連結子会社化したことにより、同社株式の取得原価と同社時価純資産額の差額344百万円を負ののれん発生益として特別利益に計上したことなどによるものである。

d.親会社株主に帰属する当期純利益

 当連結会計年度における税金等調整前当期純利益は、前連結会計年度に比べ454百万円減益の932百万円となり、法人税、住民税及び事業税、法人税等調整額を差し引いた親会社株主に帰属する当期純利益は、前連結会計年度に比べ233百万円減益の729百万円となった。

 その結果、1株当たり当期純利益は、前連結会計年度に比べ60.76円減少して、190.18円となった。

 

 ③キャッシュ・フローの状況の分析・検討内容並びに資本の財源及び資金の流動性に係る情報

 キャッシュ・フローの状況の分析・検討内容については、「第2 事業の状況 3 経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析 (1)経営成績等の状況の概要 ②キャッシュ・フローの状況」に記載のとおりである。

 当社グループの運転資金及び設備投資等資金は、主として営業活動によるキャッシュ・フローである自己資金により充当し、必要に応じて金融機関からの借入又は社債の発行を実施することを基本方針としている。

 この方針に従い、当連結会計年度における運転資金、設備投資資金については、自己資金及び金融機関からの借入により充当した。

 今後の資金需要についても、基本方針に基づき、主に自己資金により充当する予定であるが、必要に応じて金融機関からの借入を実施するなど、負債と資本のバランスに配慮しつつ、必要な資金を調達する。

 

 ④重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

 当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づいて作成されている。

 重要な会計方針については、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項(連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)」に記載のとおりである。

 連結財務諸表の作成にあたっては、会計上の見積りを行う必要があり、貸倒引当金等の各引当金の計上、固定資産の減損に係る会計基準における回収可能価額の算定、繰延税金資産の回収可能性の判断等については、過去の実績や他の合理的な方法により見積りを行っているが、重要なものについては、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項(重要な会計上の見積り)」に記載のとおりである。

 

4【経営上の重要な契約等】

(取得による企業結合)

 当社は、2020年4月1日に株式会社コーテックスの株式を取得し子会社化した。また、株式会社コーテックスの完全子会社である株式会社コーテックス工業も当社の連結グループとなった。詳細は、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項(企業結合等関係)」に記載のとおりである。

 

5【研究開発活動】

 当社グループ(当社及び連結子会社)は、グループ全体の経営基盤の強化発展を目指すため、既存製品の高品質化並びに高付加価値化を図るとともに、新製品の開発を進めている。

 当連結会計年度における研究開発は、顧客の多様なニーズに適した新製品の開発や品質向上を志向し、引き続き製造技術、加工技術に係る技術研究を推進しており、特にリニューアルした長岡圧延工場における製品サイズの拡大や、新サイズの認定取得に従事し、合理化投資効果の早期発現に努めた。

 なお、当連結会計年度における試験研究費の総額は6百万円である。

 

第3【設備の状況】

1【設備投資等の概要】

 当連結会計年度の設備投資については主に生産設備の維持更新を図るため、総額2,329百万円実施した。当社においては、長岡圧延合理化工事802百万円、長岡圧延水処理設備364百万円など総額で2,305百万円の設備投資を実施した。

 なお、重要な設備の除却または売却はない。

 

2【主要な設備の状況】

(1)提出会社

2021年3月31日現在

 

事業所名

(所在地)

セグメントの名称

設備の内容

帳簿価額(千円)

従業員数

(名)

建物

及び構築物

機械装置

及び運搬具

土地

(面積千㎡)

その他

合計

長岡工場

(新潟県長岡市)

鉄鋼

鋼塊、棒鋼、線材

生産設備

1,595,674

3,705,435

49,721

(83)

291,637

5,642,469

181

三条工場

(新潟県三条市)

鉄鋼

棒鋼、形鋼

生産設備

225,496

356,146

70,863

(21)

112,341

764,847

33

雲出工場

(新潟県長岡市)

鉄鋼

メッシュ等

生産設備

301,795

97,573

552,164

(60)

12,304

963,837

54

見附工場

(新潟県見附市)

鉄鋼

ボルト類等

生産設備

95,204

55,296

239,914

(14)

4,002

394,418

34

喜多方工場

(福島県喜多方市)

鉄鋼

ターンバックル等

生産設備

45,084

130,821

76,789

(20)

3,585

256,281

31

本社

(新潟県長岡市)

鉄鋼

その他設備

314,228

0

492,226

(38)

30,799

837,254

49

連結会社以外への賃貸設備

(新潟県三条市)

鉄鋼

スクラップ

処理設備

16,704

64

56,900

(3)

0

73,668

 

(2)国内子会社

2021年3月31日現在

 

会社名

事業所名

(所在地)

セグメントの名称

設備の内容

帳簿価額(千円)

従業員数

(名)

建物

及び構築物

機械装置

及び運搬具

土地

(面積千㎡)

その他

合計

㈱メタルトランスポート

新潟県

長岡市

鉄鋼

貨物運送設備

16,509

36,950

207,179

(6)

3,057

263,696

44

㈱コーテックス

本社、前橋工場

(東京都新宿区、

群馬県前橋市)

鉄鋼

せん断補強筋等生産設備

102,104

1,044

79,000

(13)

923

183,073

42

 

(3)在外子会社

 該当事項なし。

 

(注)1 帳簿価額のうち「その他」は工具、器具及び備品並びにリース資産の合計である。

2 現在休止中の主要な設備はない。

3 従業員数は就業人員である。

4 ㈱コーテックスは、子会社である㈱コーテックス工業の数値を含めて記載している。

 

3【設備の新設、除却等の計画】

該当事項なし。

 

第4【提出会社の状況】

1【株式等の状況】

(1)【株式の総数等】

①【株式の総数】

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

11,190,000

11,190,000

 

②【発行済株式】

種類

事業年度末現在

発行数(株)

(2021年3月31日)

提出日現在

発行数(株)

(2021年6月18日)

上場金融商品取引所名

又は登録認可金融商品

取引業協会名

内容

普通株式

3,994,000

3,994,000

東京証券取引所

(市場第二部)

単元株式数は

100株である。

3,994,000

3,994,000

 

(2)【新株予約権等の状況】

①【ストックオプション制度の内容】

 該当事項なし。

 

②【ライツプランの内容】

 該当事項なし。

 

③【その他の新株予約権等の状況】

 該当事項なし。

 

(3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

 該当事項なし。

 

(4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

年月日

発行済株式

総数増減数

(株)

発行済株式

総数残高

(株)

資本金増減額

(千円)

資本金残高

(千円)

資本準備金

増減額

(千円)

資本準備金

残高

(千円)

2016年10月1日

△15,976,000

3,994,000

1,969,269

1,399,606

(注) 2016年10月1日を効力発生日として、普通株式5株につき1株の割合で株式併合を実施し、発行済株式総数は15,976,000株減少し、3,994,000株となっている。

 

(5)【所有者別状況】

 

 

 

 

 

 

 

2021年3月31日現在

区分

株式の状況(1単元の株式数100株)

単元未満

株式の状況

(株)

政府及び地方公共団体

金融機関

金融商品取引業者

その他の法人

外国法人等

個人

その他

個人以外

個人

株主数

(人)

11

12

45

13

5

3,086

3,172

所有株式数

(単元)

6,609

180

21,397

220

9

11,420

39,835

10,500

所有株式数

の割合(%)

16.59

0.45

53.72

0.55

0.02

28.67

100.00

(注)自己株式69,260株は、「個人その他」に692単元、「単元未満株式の状況」に60株含まれている。

なお、当該自己株式には、「株式給付信託(BBT)」及び「株式給付信託(J-ESOP)」の信託財産として株式会社日本カストディ銀行(信託E口)が所有する当社株式88,700株は含まれていない。期末日現在の実質的な所有株式数は157,960株である。

 

(6)【大株主の状況】

 

 

2021年3月31日現在

氏名又は名称

住所

所有株式数

(千株)

発行済株式(自己株式を除く。)の総数に対する所有株式数の割合(%)

トピー工業株式会社

東京都品川区大崎一丁目2番2号

1,322

33.69

伊藤忠メタルズ株式会社

東京都港区北青山二丁目5番1号

348

8.87

株式会社第四北越銀行

新潟県新潟市中央区東堀前通七番町1071番地1

308

7.86

伊藤忠丸紅鉄鋼株式会社

東京都中央区日本橋一丁目4番1号

173

4.43

損害保険ジャパン株式会社

東京都新宿区西新宿一丁目26番1号

136

3.49

株式会社日本カストディ銀行(信託E口)

東京都中央区晴海1丁目8番12号

88

2.26

北越メタル社員持株会

新潟県長岡市蔵王三丁目3番1号

80

2.05

株式会社関茂助商店

新潟県長岡市柏町二丁目7番6号

76

1.94

公益財団法人山口育英奨学会

新潟県長岡市小国町横沢802番地

55

1.42

トピー実業株式会社

東京都品川区大崎一丁目2番2号

52

1.33

2,642

67.33

(注)1 上記のほか、自己株式が69千株ある。

2 株式会社第四銀行及び株式会社北越銀行は2021年1月1日付で合併し、商号を株式会社第四北越銀行に変更している。

 

(7)【議決権の状況】

①【発行済株式】

 

 

 

 

2021年3月31日現在

区分

株式数(株)

議決権の数(個)

内容

無議決権株式

 

議決権制限株式(自己株式等)

 

議決権制限株式(その他)

 

完全議決権株式(自己株式等)

(自己保有株式)

普通株式

69,200

完全議決権株式(その他)

普通株式

3,914,300

39,413

単元未満株式

普通株式

10,500

1単元(100株)未満の株式

発行済株式総数

 

3,994,000

総株主の議決権

 

39,413

(注)1「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式60株が含まれている。

2「完全議決権株式(その他)」には、「株式給付信託(BBT)」及び「株式給付信託(J-ESOP)」の信託財産として、株式会社日本カストディ銀行(信託E口)が保有する株式88,700株(議決権の数887個)が含まれている。

 

②【自己株式等】

 

 

 

 

2021年3月31日現在

所有者の氏名

又は名称

所有者の住所

自己名義

所有株式数

(株)

他人名義

所有株式数

(株)

所有株式数の

合計

(株)

発行済株式

総数に対する

所有株式数

の割合(%)

(自己保有株式)

北越メタル株式会社

新潟県長岡市蔵王

三丁目3番1号

69,200

69,200

1.7

69,200

69,200

1.7

(注)株式給付信託(BBT)及び株式給付信託(J-ESOP)の信託財産として、株式会社日本カストディ銀行(信託E口)が保有する株式88,700株については、上記自己株式等には含まれていないが、連結財務諸表及び財務諸表においては自己株式として表示している。

 

(8)【役員・従業員株式所有制度の内容】

(株式給付信託(BBT(=Board Benefit Trust)))

 当社は、2016年6月21日開催の第100回定時株主総会及び2021年6月18日開催の第105回定時株主総会において、社外取締役を除く当社の取締役及び執行役員(以下、「取締役等」)に対して、取締役等の報酬と当社の業績及び株式価値との連動性をより明確にし、取締役等が株価上昇によるメリットのみならず、株価下落リスクまでも株主の皆様と共有することで、中長期的な業績の向上と企業価値の増大に貢献する意識を高めることを目的として、株式報酬制度「株式給付信託(BBT)」(以下、「本制度」)について決議し、導入している。

 

1.本制度の概要

 本制度は、当社が拠出する金銭を原資として当社株式が信託を通じて取得され、取締役等に対して、当社が定める役員株式給付規程に従って、原則として取締役等の退任時に、当社株式及び当社株式を退任日時点の時価で換算した金額相当の金銭が信託を通じて給付される業績連動型の株式報酬制度である。

 

2.取締役等に交付予定の株式の総数

 当連結会計年度末において、株式会社日本カストディ銀行(信託E口)が保有する当社株式は32,700株である。

 

3.本制度による受益権その他の権利を受けることができる者の範囲

 取締役等を退任した者のうち役員株式給付規程に定める受益者要件を満たした者

 

(株式給付信託(J-ESOP(=Japanese version of Employee Stock Ownership Plan)))

 当社は2021年2月2日開催の取締役会において、当社従業員並びに当社子会社役員及び従業員(以下、「従業員等」)に対して、当社の株価や業績と従業員の処遇の連動性をより高め、経済的な効果を株主の皆様と共有することにより、株価及び業績向上への従業員の意欲や士気を高めることを目的として、自社の株式を給付するインセンティブプラン「株式給付信託(J-ESOP)」(以下、「本制度」)について決議し、導入している。

 

1.本制度の概要

 本制度は、当社が拠出する金銭を原資として当社株式が信託を通じて取得され、一定の要件を満たした従業員等に対して、当社が定める株式給付規程に従って、当社株式及び当社株式を時価で換算した金額相当の金銭が信託を通じて給付される仕組みである。

 

2.従業員等に交付予定の株式の総数

 当連結会計年度末において、株式会社日本カストディ銀行(信託E口)が保有する当社株式は56,000株である。

 

3.本制度による受益権その他の権利を受けることができる者の範囲

 従業員等のうち株式給付規程に定める受益者要件を満たした者

 

2【自己株式の取得等の状況】

【株式の種類等】  会社法第155条第7号に該当する普通株式の取得

(1)【株主総会決議による取得の状況】

 該当事項なし。

 

(2)【取締役会決議による取得の状況】

 該当事項なし。

 

(3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

区分

株式数(株)

価額の総額(千円)

当事業年度における取得自己株式

45

57

当期間における取得自己株式

(注)当期間における取得自己株式には、2021年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りによる株式数は含めていない。

 

(4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

区分

当事業年度

当期間

株式数(株)

処分価額の総額

(千円)

株式数(株)

処分価額の総額

(千円)

引き受ける者の募集を行った取得自己株式

消却の処分を行った取得自己株式

合併、株式交換、株式交付、会社分割に係る移転を行った取得自己株式

その他(株式給付信託(J-ESOP)制度への拠出)

56,000

71,344

保有自己株式数

69,260

69,260

(注)1 当事業年度及び当期間の保有自己株式数には、「株式給付信託(BBT)」及び「株式給付信託(J-ESOP)」の信託財産として株式会社日本カストディ銀行(信託E口)が所有する当社株式は含めていない。

2 当期間における保有自己株式数には、2021年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りによる株式数は含めていない。

 

3【配当政策】

 当社における剰余金の配当等の決定方針は、連結業績に応じた株主への利益還元と今後の事業展開並びに企業体質強化に向けた内部留保の充実である。内部留保については、長期的かつ安定的な事業展開を図るための設備投資や新製品の開発に充当し、企業体質の強化に努めていく。連結業績に応じた利益還元の指標は、連結配当性向30%程度を目標とするが、安定的な配当継続にも充分な考慮を払ったうえで決定する。

 当社の剰余金の配当は、中間配当と期末配当の年2回を基本的な方針としている。

 なお、配当の決定機関は取締役会であり、「剰余金の配当等会社法第459条第1項各号に定める事項を株主総会の決議によらず取締役会の決議によって定める」旨を定款に定めている。

 当期の配当については、当期の業績、今後の事業展開などを総合的に勘案し、中間配当は、2020年11月5日開催の取締役会において1株につき25円とすることを、期末配当は、2021年5月19日開催の取締役会において1株につき5円とすることをそれぞれ決議した。

(注) 基準日が当事業年度に属する剰余金の配当は、以下のとおりである。

決議年月日

配当金の総額

(千円)

1株当たり配当額

(円)

2020年11月5日

96,719

25.00

取締役会決議

2021年5月19日

19,623

5.00

取締役会決議

 

4【コーポレート・ガバナンスの状況等】

(1)【コーポレート・ガバナンスの概要】

① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

 当社は、当社グループが企業として存続・発展する上で、法と企業倫理に基づき行動し、経営の健全性・透明性の確保と企業価値を高めるためには、コーポレート・ガバナンスの充実が経営の最重要課題のひとつであると考えている。

 また、当社は、「コーポレートガバナンス・コード」の理念や原則の趣旨・精神等を踏まえた様々な施策を講じて、コーポレート・ガバナンスの強化に努めていくことを基本方針としている。

 

② 企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由

 当社は、監査役会設置会社であり、また、執行役員制度を導入することで、経営の機能を「意思決定機能」と「業務執行機能」に区分し、意思決定の迅速化、並びに業務執行責任の明確化を図るとともに、変化の激しい経営環境に迅速に対応するため、取締役及び執行役員の任期を1年としている。

 当社の体制の概要及びその機能等は以下のとおりである。

 

a.取締役会

 取締役会(提出日現在、取締役5名のうち3名が社外取締役)は、月に1回の定例の取締役会に加え、必要に応じて臨時取締役会を開催し、法令や定款に定められた事項や重要な経営事項を決定している。

 なお、取締役会の議長は、代表取締役社長棚橋章が務めている。また、その他の構成員は、専務取締役武仲康剛、社外取締役小倉克彦、社外取締役米田康三、社外取締役中野久である。

 

b.監査役会

 監査役会は、提出日現在、3名の監査役(うち2名が社外監査役)で構成され、各監査役は、監査役会が定めた監査の方針、業務の分担等に基づき、業務執行の適法性について監査を実施している。常勤監査役は、経営会議及びその他重要な会議に出席し、また3名の監査役は、取締役会に出席し、必要に応じて取締役及び執行役員又は使用人に説明を求め、経営監視機能の充実を図っている。

 なお、監査役会の議長は、社外監査役本田雅章が務めている。また、その他の構成員は、監査役成田智志、社外監査役井上健一である。

 

c.経営会議

 経営会議は、提出日現在、常勤取締役(2名)と執行役員(2名)で構成され、月2回の開催のほか、必要に応じて随時開催することにより、取締役会決議事項の事前審議や取締役会から委任された事項等について、的確、適正かつ迅速な経営判断を行える体制をとっている。

 なお、経営会議の議長は、代表取締役社長棚橋章が務めている。また、その他の構成員は、専務取締役武仲康剛、執行役員南波義幸、執行役員田村寛である。

 

 また、コンプライアンス・リスク管理委員会、指名・報酬委員会等任意の機関を設置し、統治機能の強化を図っている。

 

③ 企業統治に関するその他の事項

 当社は、会社法第427条第1項に基づき、取締役(業務執行取締役等である者を除く。)及び監査役との間において、会社法第423条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結している。当該契約に基づく損害賠償責任限度額は、法令が定める額としている。なお、当該責任限定が認められるのは、当該取締役及び監査役が責任の原因となった職務の遂行について善意でかつ重大な過失がないときに限られる。これは、当該取締役及び監査役が職務を遂行するにあたり、その能力を十分に発揮して、期待される役割を果たし得る環境を整備することを目的とするものである。

 内部統制システムの整備状況については、内部統制システム基本方針に基づき、コンプライアンス・リスク管理委員会を設置し、委員長に当社代表取締役社長、委員に当社の常勤取締役及び執行役員並びに子会社社長を選任し、法令・企業倫理の方針・施策について検討し、実施するとともに、企業倫理相談窓口を設け、法令・企業倫理遵守に関する通報・相談に当社グループ一体で対応している。また、代表取締役社長直轄の内部監査室を設置し、財務報告の信頼性確保を含む内部統制システムの有効性を継続的に評価し、必要な是正を行う。さらに、反社会的勢力排除に向け、グループ行動規範等に反社会的勢力とは一切関係を持たないことを定め、必要に応じて警察、顧問弁護士等の専門機関と連携し、体制の強化を図っている。

 また、子会社は、リスクマネジメントに関する事案が発生し又はその恐れのある場合には、関係会社規程に基づき直ちに当社に報告を行い、適切な対応を図る体制をとっている。

 リスク管理体制の整備状況については、経営及び当社グループの取締役等及び使用人の生命等に重大な影響を与えるリスクには、コンプライアンス・リスク管理委員会が対応し、不測の事態が発生した場合は、危機対策本部を設置し、迅速な対応を行い、リスクを最小限に止め、早期正常化を図る体制をとっている。

 当社の子会社の業務の適正を確保するための体制の整備状況については、当社グループの取締役等及び使用人にグループ行動規範を周知させるとともに、子会社の経営上の重要事項について、関係会社規程に基づき事前報告を受け、グループ経営の観点から助言及び社内手続きを実施する体制をとっている。

 

④ 取締役の定数

 当社の取締役は12名以内とする旨を定款に定めている。

 

⑤ 取締役の選任の決議要件

 当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨を定款に定めている。また、取締役の選任決議は、累積投票によらないものとする旨も定款に定めている。

 

⑥ 株主総会決議事項を取締役会で決議することができる事項

a.剰余金の配当等の決定機関

 当社は、剰余金の配当等会社法第459条第1項各号に定める事項については、法令に別段の定めのある場合を除き、株主総会の決議によらず取締役会の決議によって定める旨を定款に定めている。これは、機動的な資本政策及び配当政策を図ることを目的とするものである。

b.取締役及び監査役の責任免除

 当社は、会社法第426条第1項の規定により、取締役会の決議をもって同法第423条第1項の行為に関する取締役及び監査役(取締役及び監査役であった者を含む。)の責任を法令の限度において免除することができる旨を定款に定めている。これは、取締役及び監査役が職務を遂行するにあたり、その能力を十分に発揮して、期待される役割を果たしうる環境を整備することを目的とするものである。

 

⑦ 株主総会の特別決議要件

 当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款に定めている。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目的とするものである。

 

⑧ 役員等賠償責任保険契約の内容の概要

 当社は、保険会社との間で会社法第430条の3第1項の規定に基づく役員等賠償責任保険契約を締結しており、当社取締等被保険者の職務の執行に関し責任を負うこと、または、当該責任の追及に係る請求を受けることによって生ずることのある損害を当該保険契約によって填補することとしている。ただし、法令違反の行為であると認識して行った行為に起因して生じた損害は填補されないなど、一定の免責事項がある。なお、保険料は全額当社が負担している。また、当該保険契約は次回更新時においても同内容での更新を予定している。

 

(2)【役員の状況】

① 役員一覧

男性8名 女性-名(役員のうち女性の比率-)

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数

(株)

代表取締役社長

棚 橋   章

1956年11月18日

 

1980年4月

トピー工業株式会社入社

1998年4月

同社豊橋製造所製鋼部製鋼工場長

2000年1月

同社豊橋製造所業務管理部生産管理課長

2003年4月

同社豊橋製造所業務管理部長

2004年7月

同社スチール事業部総括部長

2006年4月

同社スチール事業部豊橋製造所長

2007年4月

同社執行役員スチール事業部副事業部長兼豊橋製造所長

2011年4月

同社執行役員鉄鋼事業に関する事項担当、スチール事業部長

2011年6月

当社取締役就任

2011年6月

トピー工業株式会社取締役鉄鋼事業に関する事項担当、スチール事業部長

2012年5月

同社取締役鉄鋼事業に関する事項担当、スチール事業部長、新製鋼工場建設プロジェクトリーダー

2013年4月

同社取締役執行役員鉄鋼事業に関する事項担当、スチール事業部長、新製鋼工場建設プロジェクトリーダー

2013年6月

同社執行役員鉄鋼事業に関する事項担当、スチール事業部長、新製鋼工場建設プロジェクトリーダー

2013年7月

同社執行役員鉄鋼事業に関する事項担当、スチール事業部長兼スチール事業部豊橋製造所長、新製鋼工場建設プロジェクトリーダー

2015年4月

同社常務執行役員鉄鋼事業担当、スチール事業部長

2016年4月

当社専務取締役グループ経営に関する事項につき、社長を補佐就任

2017年4月

当社代表取締役社長就任(現任)

 

(注)3

4,900

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数

(株)

専務取締役

経営企画、総務、人事、財務、

システムに関する事項管掌、

経営統括本部長

武 仲 康 剛

1960年3月23日

 

1990年10月

トピー工業株式会社入社

2003年7月

同社造機事業部総括部長

2008年7月

青島トピー機械有限公司総経理

2011年10月

青島トピー機械有限公司総経理兼トピー履帯有限公司総経理

2012年4月

トピー工業株式会社経営企画部長代行

2013年4月

同社グローバル戦略推進部長

2014年4月

当社経営企画室長

2015年4月

当社経営企画部長

2016年4月

当社執行役員経営企画部長

2016年6月

当社取締役執行役員経営企画、財務に関する事項管掌、経営企画部長就任

2016年10月

当社取締役執行役員経営企画、財務に関する事項管掌、経営企画部門担当就任

2017年10月

当社取締役執行役員経営企画、総務、財務、システムに関する事項管掌、経営企画、総務部門担当就任

2018年1月

当社取締役執行役員経営企画、総務、財務、システムに関する事項管掌、経営統括本部長就任

2018年4月

当社常務取締役経営企画、総務、人事、財務、システムに関する事項管掌、経営統括本部長就任

2019年1月

当社常務取締役経営企画、総務、人事、財務、システムに関する事項管掌、経営統括本部長、グループ経営構造改革推進委員長就任

2020年4月

当社常務取締役経営企画、総務、人事、財務、システムに関する事項管掌、経営統括本部長就任

2021年4月

当社専務取締役経営企画、総務、人事、財務、システムに関する事項管掌、経営統括本部長就任(現任)

 

(注)3

1,000

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数

(株)

取締役

小 倉 克 彦

1969年5月15日

 

1992年4月

伊藤忠商事株式会社入社

2001年3月

伊藤忠香港会社(香港駐在)

2007年10月

伊藤忠商事株式会社石炭部プロジェクト推進・開発チーム長

2011年5月

同社中国金属・エネルギーグループ長代行(兼)伊藤忠(中国)集団有限公司(北京駐在)

2015年4月

伊藤忠商事株式会社石炭部長代行

2017年4月

伊藤忠豪州会社ブリスベン事務所長(ブリスベン駐在)(兼)IMEA出向(DIRECTOR)

2018年4月

伊藤忠商事株式会社金属経営企画部長(兼)CP・CITIC戦略室

2021年4月

同社金属資源部門長補佐(兼)非鉄・リサイクル部長(現任)

2021年4月

伊藤忠メタルズ株式会社取締役(現任)

2021年6月

当社社外取締役就任(現任)

 

(注)3

取締役

米 田 康 三

1948年6月18日

 

1972年3月

株式会社住友銀行(現 株式会社三井住友銀行)入行

2001年4月

同社執行役員本店営業第二部長

2002年6月

Japan Equity Capital Co., Ltd会長兼CEO

2003年4月

大和証券SMBCプリンシパル・インベストメンツ株式会社顧問

2005年6月

平田機工株式会社代表取締役社長

2012年4月

株式会社キンレイ(現 株式会社KRホールディングス)代表取締役社長

2014年12月

株式会社アミファ社外取締役(現任)

2015年6月

2015年6月

株式会社タカギ社外取締役

アネスト岩田株式会社社外取締役(現任)

2015年12月

スリーフィールズ合同会社代表社員(現任)

2016年11月

フォーライフ株式会社社外取締役(現任)

2018年6月

当社社外取締役就任(現任)

 

(注)3

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数

(株)

取締役

中 野   久

1952年6月21日

 

1975年4月

安田火災海上保険株式会社(現 損害保険ジャパン株式会社)入社

1999年7月

同社中部業務部長

2000年7月

アイ・エヌ・エイひまわり生命保険株式会社(現 SOMPOひまわり生命保険株式会社)へ出向

2002年6月

セゾン自動車火災保険株式会社へ出向

2005年4月

株式会社損害保険ジャパン(現 損害保険ジャパン株式会社)執行役員兼人事部長

2006年6月

同社取締役嘱常務執行役員兼嘱人事部長

2008年4月

同社代表取締役常務執行役員関西第一本部長

2009年4月

同社代表取締役専務執行役員関西第一本部長

2010年4月

同社代表取締役副社長執行役員関西第一本部長

2010年6月

同社取締役退任

2010年6月

財形住宅金融株式会社代表取締役社長

2014年6月

同社取締役退任

2014年6月

当社常勤監査役就任

2018年6月

当社常勤監査役退任

2019年6月

当社社外取締役就任(現任)

 

(注)3

1,000

常勤監査役

本 田 雅 章

1961年3月23日

 

1983年4月

トピー工業株式会社入社

2007年1月

同社スチール事業部豊橋製造所業務管理部長

2010年4月

同社財務部管財担当部長

2015年4月

同社財務部参事

2015年6月

当社常勤監査役就任(現任)

 

(注)4

2,200

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数

(株)

常勤監査役

成 田 智 志

1960年9月20日

 

1983年4月

当社入社

2003年4月

当社営業本部条鋼営業部長代行

2007年10月

当社営業本部加工品営業部長兼大阪営業所長兼名古屋営業所長

2011年10月

当社総務本部総務部長

2014年4月

当社執行役員総務本部長兼総務部長

2014年6月

当社取締役執行役員総務本部長兼総務部長就任

2017年10月

当社取締役執行役員営業に関する事項管掌、営業本部副本部長就任

2018年6月

当社常務執行役員営業本部長

2021年4月

当社常任顧問

2021年6月

当社常勤監査役就任(現任)

 

(注)5

5,100

監査役

井 上 健 一

1971年9月7日

 

1995年4月

トピー工業株式会社入社

2013年4月

同社スチール事業部豊橋製造所技術管理部品質管理グループ長

2017年4月

同社スチール事業部豊橋製造所圧延部圧延技術グループ長

2018年10月

同社スチール事業部豊橋製造所生産技術部圧延技術グループ長

2019年10月

同社経営企画部関係会社室

2020年4月

同社経営企画部関係会社室長(現任)

2020年6月

当社監査役就任(現任)

 

(注)4

14,200

 

 

(注)1 取締役小倉克彦、取締役米田康三及び取締役中野久の3氏は、社外取締役である。

2 常勤監査役本田雅章及び監査役井上健一の両氏は、社外監査役である。

3 取締役の任期は、2021年3月期に係る定時株主総会終結の時から2022年3月期に係る定時株主総会終結の時までである。

4 常勤監査役本田雅章及び監査役井上健一の両氏の任期は、2020年3月期に係る定時株主総会終結の時から2024年3月期に係る定時株主総会終結の時までである。

5 常勤監査役成田智志氏の任期は、2021年3月期に係る定時株主総会終結の時から2025年3月期に係る定時株主総会終結の時までである。

6 当社は、執行役員制度を導入している。

本報告書提出日現在で、当社取締役を兼務しない執行役員は次のとおりである。

役職名

氏名

担当職掌

執行役員

南波 義幸

営業本部長

執行役員

田村  寛

製造本部長

7 当社は、法令に定める監査役の員数を欠くことになる場合に備え、会社法第329条第3項に定める補欠監査役1名を選任している。

補欠監査役の略歴は次のとおりである。

氏名

生年月日

略歴

所有株式数

(株)

中 村   毅

1960年4月2日生

1983年4月

トピー工業株式会社入社

2000年1月

同社豊橋製造所開発技術部製鋼技術課長

2005年10月

同社豊橋製造所製鋼工場長

2006年6月

明海ガス株式会社代表取締役社長

2008年4月

トピー工業株式会社豊橋製造所開発技術部長

2010年7月

同社経営企画部特命担当部長

2011年6月

当社監査役就任

2014年4月

トピー工業株式会社技術統括部長

2016年4月

同社執行役員技術統括部長

2017年4月

同社執行役員技術部長

2017年6月

当社監査役退任

2018年4月

トピー工業株式会社執行役員鉄鋼事業に関する事項担当、スチール事業部長兼スチール事業部豊橋製造所長

2019年1月

同社執行役員鉄鋼事業担当、スチール事業部長

2020年4月

同社常務執行役員鉄鋼事業担当、スチール事業部長

2021年4月

同社常務執行役員経営企画部長(現任)

 

 

② 社外役員の状況

 提出日現在、当社は社外取締役として小倉克彦氏、米田康三氏及び中野久氏の3名を選任している。

 小倉克彦氏は、略歴のとおり、グローバルに展開する企業において、国内外での勤務で培われた豊富な経験と幅広い見識を有しており、多角的な観点から当社の持続的な企業価値向上への貢献に期待できると判断し、社外取締役として選任している。

 なお、当社と伊藤忠商事株式会社との間には取引はない。また、同氏は、当社の特定関係事業者である伊藤忠メタルズ株式会社の取締役を兼務しており、当社は、同社との間に主原料等の取引関係がある。

 米田康三氏は、略歴のとおり、長年にわたり多くの企業経営に携わり、現在も複数社の社外取締役として活躍しており、豊富な経験と幅広い見識を有している。取締役会においても、積極的に経営へのアドバイスを行っているほか、株主視点でのガバナンス高度化に向けた提言、業務執行の監督等にもその役割を十分果たしてきた。今後も当社の持続的な企業価値向上への貢献に期待できると判断し、引き続き社外取締役として選任している。

 なお、同氏は、株式会社アミファの取締役、アネスト岩田株式会社の取締役、スリーフィールズ合同会社の代表社員、フォーライフ株式会社の取締役を兼務しているが、当社は、これらの会社との間には取引はない。

 中野久氏は、略歴のとおり、長年にわたり多くの企業経営に携わり、豊富な経験と幅広い見識を有している。取締役会においても、積極的に人材戦略(サクセッションプラン)などに関する提言を行っているほか、経営へのアドバイス、業務執行の監督等にもその役割を十分果たしてきた。また、同氏は、指名・報酬委員会の委員長を務めてきた。今後も当社の持続的な企業価値向上への貢献に期待できると判断し、引き続き社外取締役として選任している。

 提出日現在、当社は社外監査役として本田雅章氏、井上健一氏の2名を選任している。

 本田雅章氏は、当社の関連当事者であるトピー工業株式会社の出身であり、同社で培われた豊富な経験と幅広い見識を当社の監査体制に活かしてもらうため、引き続き社外監査役として選任している。

 なお、当社と同社との間には、後記「関連当事者情報」に記載の関係がある。

 井上健一氏は、当社の関連当事者であるトピー工業株式会社の経営企画部関係会社室長であり、同社で培われた豊富な経験と幅広い見識を当社の監査体制に活かしてもらうため、引き続き社外監査役として選任している。

 なお、当社と同社との間には、後記「関連当事者情報」に記載の関係がある。

 また、当社は、米田康三氏及び中野久氏の2名を東京証券取引所が指定を義務付ける独立役員に指定しており、当社の取締役会などにおいて一般株主の利益保護のために必要な発言も期待される。

 当社は、社外取締役又は社外監査役を選任するための当社からの独立性に関する基準又は方針は、東京証券取引所が定める独立性基準に従い、当社との人的関係、資本関係、取引関係その他の利害関係を勘案し、判断して決定している。

 なお、社外取締役及び社外監査役と当社の間には、特別の利害関係等はない。

 

③ 社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部統制部門との関係

 社外取締役又は社外監査役による監督又は監査は、取締役会又は監査役会等を通じて適宜意見や情報交換を行うことで、内部監査、監査役監査、会計監査人監査及び内部統制部門と連携を図っている。

 

(3)【監査の状況】

① 監査役監査の状況

a.組織、人員及び手続き

 当社は監査役会設置会社で財務及び会計に関する相当程度の知見を有する監査役1名を含む社外監査役2名と社内監査役1名で構成されている。

 監査役監査の手続き、業務分担については、期初に策定する監査計画書に基づき、監査役全員が取締役会の出席及び期末決算監査等を担当し、取締役会以外の経営会議やコンプライアンス・リスク管理委員会等の重要会議の出席、重要書類の閲覧、各部門の業務監査及び子会社の往査、会計監査人が実施する棚卸監査の立会いは、常勤監査役が担当している。

 

b.監査役及び監査役会の活動状況

 当社は当事業年度において監査役会を15回開催しており、個々の監査役の出席状況については、次のとおりである。

 

氏名

開催回数

出席回数

常勤監査役

社外

本田 雅章

15回

15回(100%)

社内

松原 光成

15回

15回(100%)

監査役

社外

金井 一泰

3回

3回(100%)

社外

井上 健一

12回

12回(100%)

 監査役会における決議件数は14件あり、監査方針や監査計画の策定、常勤監査役の選定、監査報告の作成、会計監査人の選解任又は不再任に関する事項、会計監査人の評価・報酬の同意、監査役選任の同意等に関して決議を行っている。なお、監査役会の平均所要時間は、30分程度である。

 また、監査役会としては、各監査役が実施した監査の結果については、随時他の監査役へ報告する体制とし、業務監査の結果等については、代表取締役及び社外取締役との意見交換会を通じて、業務課題の共有化を図るなどして、取締役の職務の執行状況を監査し、経営監視機能を果たしている。

 さらに監査役会は、当事業年度の重点監査項目として、

・中期経営計画に基づく業務運営の適法性

・企業集団における内部統制システムの構築・運用状況

・コンプライアンス体制およびリスク管理体制の運用状況

・新基幹システムの構築・整備状況

・会社財産の管理状況

・人材の育成・強化への取組状況

を選定し、業務執行部門に対して年2回の頻度で業務監査を行っている。

 

② 内部監査の状況

a.組織、人員及び手続き

 内部監査組織については、当社は業務執行部門から独立した内部監査室(2名)を設置している。

 監査方針及び監査基本計画は、事前に経営会議及び取締役会へ報告を行うこととしており、内部監査終了後は、内部監査報告を作成して取締役及び監査役、執行役員等に報告し、指摘された問題点を速やかに改善している。当事業年度においては、21部門、子会社1社の内部監査を行っている。

 

b.内部監査、監査役監査及び会計監査の相互連携並びにこれらの監査と内部統制部門との関係

 監査役と内部監査室との連携は、監査役監査の実効性を確保する上で極めて重要であることから、各々の監査範囲や監査手続きを相互に確認したうえで、内部監査室の年度監査計画の作成内容や監査結果の報告等の定期的な打合せを当事業年度は10回行い、連携を図っている。その他、内部監査室と会計監査人との間では必要に応じて意見交換の場を設け、会計監査人との緊密な連携を図っている。

 監査役は、会計監査人から監査手続きの概要・重点項目、監査結果について報告を受けるなど、当事業年度は8回の定期的な意見交換の場を設け、会計監査人との緊密な連携を図っている。なお、監査上の主要な検討項目については、その監査の実施状況等について意見交換の場を設け、報告を受けている。

 会計監査人は、内部監査室、監査役との打合せや随時の情報交換等を通じた緊密な連携を図るほか、各部門に対して必要な資料の開示や提出を求めることにより、実効性のある監査を行っている。

 

③ 会計監査の状況

a.監査法人の名称

高志監査法人

 

b.継続監査期間

20年

 

c.業務を執行した公認会計士

片岡 俊員

竹田 信一

 上記、2名の業務執行社員のローテーションに関しては、適切に実施されており、連続して7会計期間を超えて監査業務に関与していない。

 

d.監査業務に係る補助者の構成

公認会計士 6名

その他   1名

(注)その他は、公認会計士試験合格者である。

 

e.監査法人の選定方針と理由

 監査役会は、会計監査人が会社法第340条第1項各号に定める項目に該当すると認められる場合、監査役全員の同意に基づき会計監査人を解任する。

 また、法令違反による懲戒処分または監督官庁からの処分を受けた場合、その他会計監査人の監査品質、品質管理、独立性その他職務の遂行に支障があると判断した場合、会計監査人の解任または不再任を株主総会の目的とすることとする。

 当社は、会計監査人の選定について、監査役会が定める「会計監査人選解任に係る実施基準」に基づき、「会計監査人の解任または不再任の決定の方針」を踏まえ総合的に検討した結果、高志監査法人を当社の会計監査人として選任することが適切と判断している。

 

f.監査役及び監査役会による監査法人の評価

 監査役会は、監査役会が定める「会計監査人選解任に係る実施基準」に基づき、会計監査人の監査品質、品質管理、独立性、監査実施の有効性及び効率性等を総合的に評価した結果、特に指摘すべき事項はない。

 

④ 監査報酬の内容等

a.監査公認会計士等に対する報酬

区分

前連結会計年度

当連結会計年度

監査証明業務に

基づく報酬(千円)

非監査業務に

基づく報酬(千円)

監査証明業務に

基づく報酬(千円)

非監査業務に

基づく報酬(千円)

提出会社

22,000

300

21,600

360

連結子会社

22,000

300

21,600

360

(注) 提出会社に対する非監査業務の内容

連結会計年度)

 当社が監査公認会計士に対して報酬を支払った非監査業務の内容は、「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法」に基づく、減免申請書に対する合意された手続業務である。

(当連結会計年度)

 当社が監査公認会計士に対して報酬を支払った非監査業務の内容は、「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法」に基づく、減免申請書に対する合意された手続業務である。

 

b.監査公認会計士等と同一のネットワークに対する報酬(a.を除く)

 該当事項なし。

 

c.その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

 該当事項なし。

 

d.監査報酬の決定方針

 該当事項はないが、監査日数等を勘案したうえで決定している。

 

e.監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由

 監査役会は、会計監査人の監査計画の内容、会計監査の職務執行状況及び報酬見積りの算定根拠などを精査した結果、妥当であることを確認したうえで、会計監査人の報酬等の額について同意の判断を行っている。

 

(4)【役員の報酬等】

① 役員の報酬の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項

 当社は、取締役の個人別の報酬等の内容にかかる決定方針を取締役会で決議している。当該取締役会の決議に際しては、あらかじめ決議する内容について指名・報酬委員会へ諮問し、答申を受けている。

 また、取締役会は、当事業年度に係る取締役の個人別の報酬等について、報酬等の内容の決定方法および決定された報酬等の内容が取締役会で決議された決定方針と整合していることや、指名・報酬委員会からの答申が尊重されていることを確認しており、当該決定方針に沿うものであると判断している。

 取締役の個人別の報酬等の内容に係る決定方針の内容は次のとおりである。

a.基本方針

 当社の取締役の報酬は、会社業績と企業価値の持続的な向上を図るインセンティブとして十分に機能する報酬体系とし、個々の取締役の報酬の決定に際しては、各職責を踏まえた適正な水準とすることを基本方針とする。

 具体的には、業務執行取締役の報酬は、金銭報酬と株式報酬により構成し、金銭報酬は一部業績連動型の基本報酬(固定報酬)と賞与があり、監督機能を担う社外取締役については、その職務に鑑み、基本報酬のみを支払うこととする。

b.基本報酬(金銭報酬)の個人別の報酬等の額の決定に関する方針(報酬等を与える時期または条件の決定に関する方針を含む。)

 当社の取締役の基本報酬は、月例の固定報酬とし、役位、職責に応じて他社水準、当社の業績、従業員給与の水準を考慮しながら、総合的に勘案して決定するものとする。

c.業績連動報酬等ならびに非金銭報酬等の内容および額または数の算定方法の決定に関する方針(報酬等を与える時期または条件の決定に関する方針を含む。)

 業績連動報酬等は、会社業績と個人業績により構成し、会社業績は前連結会計年度の連結経常利益を主要指標として、連結株主資本利益率、連結総資産利益率等の業績指標の達成度を基準に算出された定量評価のポイントに基づいている。個人業績は前連結会計年度の業務執行の状況等の評価に基づき、会社業績と個人業績で算出された額を基本報酬とともに、月例報酬として支給する。

 非金銭報酬等は、信託を用いた株式報酬制度「株式給付信託(BBT(=Board Benefit Trust))」であり、取締役の報酬と会社の業績および株式価値との連動性をより明確にし、取締役が株価上昇によるメリットのみならず、株価下落リスクまでも株主と共有することで、中長期的な業績の向上と企業価値の増大に貢献する意識を高めることを目的としている。会社業績の定量評価のポイントに基づき算出された株式数を退任時に支給する。

d.金銭報酬の額、業績連動報酬等の額または非金銭報酬等の額の取締役の個人別の報酬等の額に対する割合の決定に関する方針

 業務執行取締役の種類別の報酬割合については、当社と同程度の事業規模や関連する業種・業態に属する企業をベンチマークとする報酬水準を踏まえた報酬割合とし、指名・報酬委員会において検討を行う。取締役(e.の委任を受けた代表取締役社長)は指名・報酬委員会の答申内容を尊重し、当該答申で示された種類別の報酬割合の範囲内で取締役の個人別の報酬等の内容を決定することとする。

 なお、報酬等の種類ごとの比率の目安は、定額報酬:業績連動報酬:非金銭報酬=80:20:3とする。(設定している標準レベルの業績達成の場合)

金銭報酬

標準額

定額報酬

業績連動報酬

 

会社業績

個人業績

基本報酬

80%

20%

15%

5%

変動幅

0~70%

0~50%

0~20%

非金銭報酬

標準額

業績連動報酬

会社業績

基本報酬

3%

変動幅

0~9%

 

e.取締役の個人別の報酬等の内容についての決定に関する事項

 個人別の報酬額については取締役会決議にもとづき代表取締役社長がその具体的内容について委任をうけるものとし、その権限の内容は、各取締役の基本報酬の額および賞与の評価配分とする。

 取締役会は、当該権限が代表取締役社長によって適切に行使されるよう、指名・報酬委員会に原案を諮問し答申を得るものとし、上記の委任をうけた代表取締役社長は、当該答申の内容に従って決定をしなければならないこととする。なお、株式報酬は、指名・報酬委員会の答申を踏まえ、取締役会で取締役個人別の割当て株式数を決議する。

 

② 提出会社の役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

役員区分

報酬等の総額

(千円)

報酬等の種類別の総額(千円)

対象となる

役員の員数

(名)

基本報酬

業績連動報酬

左記のうち、非金銭報酬等

取締役

(社外取締役を除く。)

66,251

40,224

26,026

3,334

2

監査役

(社外監査役を除く。)

12,480

12,480

1

社外役員

23,080

23,080

3

(注)1 当事業年度末現在の取締役は5名(うち社外取締役3名)、監査役は3名(うち社外監査役は2名)であり、上記の支給人員との相違は、無報酬の取締役1名、無報酬の監査役2名によるものである。

2 業績連動報酬等は会社業績と個人業績により構成し、会社業績は前連結会計年度の連結経常利益、連結株主資本利益率、連結総資産利益率等の業績指標を用いており、その実績は、連結経常利益1,470百万円、連結株主資本利益率6.3%、連結総資産利益率4.4%である。当該業績指標をポイント化し、職位別の基準額に対して変動幅を乗じて算定している。当該業績指標を選定した理由は、会社業績と企業価値の持続的な向上を図るインセンティブとして十分に機能する報酬体系とするためである。また、個人業績は前連結会計年度の業務執行の状況等の評価に基づき、算定している。

3 非金銭報酬等の内容は信託を用いた株式報酬制度「株式給付信託(BBT(=Board Benefit Trust))」であり、交付の条件等は「① 役員の報酬の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項」のとおりである。また、業績指標の内容および当該指標を選定した理由ならびに算定方法、業績指標の実績については、業績連動報酬等と同様である。なお、当事業年度における取締役に対する株式の交付はない。

4 取締役の報酬限度額は、2016年6月21日開催の第100回定時株主総会において、年額130,000千円以内(うち社外取締役分20,000千円以内、使用人兼務取締役の使用人分給与を含まない。)と決議いただいている。当該株主総会終結時点の取締役の員数は8名(うち社外取締役3名)である。また、この金銭報酬とは別枠で、2016年6月21日開催の第100回定時株主総会において、取締役(社外取締役を除く。)に対する株式報酬として3事業年度ごとに当社が51百万円(うち当社の取締役分として36百万円)を上限として金銭を信託に拠出すると決議いただいている。当該株主総会終結時点の取締役の員数は、8名(うち社外取締役3名)である。なお、2021年6月18日開催の第105回定時株主総会において、取締役に付与される1事業年度当たりのポイント数の合計は8,602ポイントを上限と決議いただいている。(取締役に付与されるポイントは、株式等の交付に際し、1ポイント当たり当社普通株式1株に換算される。)当該株主総会終結時点の取締役の員数は、5名(うち社外取締役3名)である。

5 監査役の報酬限度額は、2013年6月20日開催の第97回定時株主総会において、年額50,000千円以内と決議いただいている。当該株主総会終結時点の監査役の員数は4名である。

6 取締役会は、代表取締役社長 棚橋章氏に対し、各取締役の基本報酬の額の決定を委任している。委任した理由は、当社全体の業績等を勘案しつつ、各取締役の評価を行うには代表取締役社長が適していると判断したためである。なお、当該権限が代表取締役社長によって適切に行使されるよう、指名・報酬委員会に原案を諮問し答申を得るものとし、上記の委任をうけた代表取締役社長は、当該答申の内容に従って決定をしなければならないこととする。また、株式報酬は、指名・報酬委員会の答申を踏まえ、取締役会で取締役個人別の割当て株式数を決議する。

 

③ 提出会社の役員ごとの連結報酬等の総額等

 連結報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載していない。

 

(5)【株式の保有状況】

① 投資株式の区分の基準及び考え方

 当社は、株式の価値の変動または株式に係る配当によって利益を受けることを目的として保有する場合を「純投資目的」とし、「純投資目的」以外の目的で保有する場合を「純投資目的以外」と定義している。

② 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

a.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の内容

 政策保有株式については、当社の企業価値向上の効果等を念頭に、取締役会で個別銘柄ごとに精査を行い、保有の適否を検証する。

 

b.銘柄数及び貸借対照表計上額

 

銘柄数

(銘柄)

貸借対照表計上額の

合計額(千円)

非上場株式

8

58,722

非上場株式以外の株式

6

843,135

 

(当事業年度において株式数が増加した銘柄)

 該当事項なし。

 

(当事業年度において株式数が減少した銘柄)

 

銘柄数

(銘柄)

株式数の減少に係る売却

価額の合計額(千円)

非上場株式

非上場株式以外の株式

1

212

 

 

c.特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額及び保有目的

特定投資株式

銘柄

当事業年度

前事業年度

保有目的、定量的な保有効果

及び株式数が増加した理由(注)2

当社の株式の

保有の有無

株式数(株)

株式数(株)

貸借対照表計上額

(千円)

貸借対照表計上額

(千円)

㈱第四北越フィナンシャルグループ

131,877

131,947

・取引関係の円滑化のため

344,198

311,791

SOMPOホールディングス㈱

67,500

67,500

・取引関係の円滑化のため

286,335

225,652

フルサト工業㈱

128,500

128,500

・取引関係の円滑化のため

175,531

185,297

㈱みずほフィナンシャルグループ

15,484

154,840

・取引関係の円滑化のため

24,758

19,138

㈱福田組

2,244

2,244

・取引関係の円滑化のため

11,870

9,492

㈱巴コーポレーション

1,100

1,100

・取引関係の円滑化のため

441

379

(注)1 ㈱みずほフィナンシャルグループ以下は、貸借対照表計上額が資本金額の100分の1以下であるが、保有する特定投資株式は60銘柄以下であるため記載している。

2 個別の保有効果については、経営戦略上の理由から記載を省略している。

 

③ 保有目的が純投資目的である投資株式

区分

当事業年度

前事業年度

銘柄数

(銘柄)

貸借対照表計上額の

合計額(千円)

銘柄数

(銘柄)

貸借対照表計上額の

合計額(千円)

非上場株式

非上場株式以外の株式

2

9,036

2

7,153

 

区分

当事業年度

受取配当金の

合計額(千円)

売却損益の

合計額(千円)

評価損益の

合計額(千円)

非上場株式

非上場株式以外の株式

461

1,220

2,916

 

④ 当事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的以外の目的から純投資目的に変更したもの

銘柄

株式数(株)

貸借対照表計上額(千円)

㈱大光銀行

3,800

コンドーテック㈱

2,000

2,138

 

第5【経理の状況】

1 連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について

(1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(1976年大蔵省令第28号)に基づいて作成している。

 

(2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(1963年大蔵省令第59号。以下「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成している。

 また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成している。

 

2 監査証明について

 当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2020年4月1日から2021年3月31日まで)の連結財務諸表及び事業年度(2020年4月1日から2021年3月31日まで)の財務諸表について、高志監査法人の監査を受けている。

 

3 連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

 当社は、会計基準等の内容を適切に把握できる体制を整備するため、公益財団法人財務会計基準機構へ加入し、各種団体の主催する研修会への参加や会計専門誌の購読を行っている。

 

1【連結財務諸表等】

(1)【連結財務諸表】

①【連結貸借対照表】

 

 

(単位:千円)

 

前連結会計年度

(2020年3月31日)

当連結会計年度

(2021年3月31日)

資産の部

 

 

流動資産

 

 

現金及び預金

3,667,662

6,190,500

受取手形及び売掛金

2,430,914

2,077,719

電子記録債権

3,348,244

3,037,711

たな卸資産

※1 2,982,149

※1 4,021,023

未収還付法人税等

49,763

その他

21,264

291,042

貸倒引当金

8,074

7,478

流動資産合計

12,442,161

15,660,282

固定資産

 

 

有形固定資産

 

 

建物及び構築物

9,070,260

9,733,888

減価償却累計額

6,518,397

7,021,086

建物及び構築物(純額)

※2 2,551,862

※2 2,712,801

機械装置及び運搬具

21,169,735

23,200,121

減価償却累計額

18,067,645

18,816,788

機械装置及び運搬具(純額)

※2 3,102,089

※2 4,383,332

工具、器具及び備品

2,222,713

2,375,018

減価償却累計額

1,860,075

1,919,760

工具、器具及び備品(純額)

※2 362,638

※2 455,258

土地

※2 1,748,554

※2 1,824,759

リース資産

8,190

11,370

減価償却累計額

6,435

7,976

リース資産(純額)

1,755

3,394

建設仮勘定

199,138

160,490

有形固定資産合計

7,966,038

9,540,036

無形固定資産

19,676

17,698

投資その他の資産

 

 

投資有価証券

927,591

1,074,640

繰延税金資産

268,156

248,961

その他

48,700

78,104

貸倒引当金

1,530

3,752

投資その他の資産合計

1,242,917

1,397,953

固定資産合計

9,228,632

10,955,688

資産合計

21,670,793

26,615,970

 

 

 

 

(単位:千円)

 

前連結会計年度

(2020年3月31日)

当連結会計年度

(2021年3月31日)

負債の部

 

 

流動負債

 

 

支払手形及び買掛金

2,890,393

3,989,352

電子記録債務

488,510

620,071

短期借入金

※2 450,084

未払法人税等

454,622

60,545

環境対策引当金

5,443

その他

1,217,919

2,008,951

流動負債合計

5,051,446

7,134,448

固定負債

 

 

社債

100,000

100,000

長期借入金

※2 2,162,339

執行役員退職慰労引当金

31,806

13,440

役員株式給付引当金

12,640

16,950

環境対策引当金

1,872

798

退職給付に係る負債

796,725

918,788

資産除去債務

5,889

21,159

その他

631

76,045

固定負債合計

949,565

3,309,521

負債合計

6,001,011

10,443,969

純資産の部

 

 

株主資本

 

 

資本金

1,969,269

1,969,269

資本剰余金

1,418,574

1,441,113

利益剰余金

12,350,025

12,750,641

自己株式

156,498

177,688

株主資本合計

15,581,371

15,983,335

その他の包括利益累計額

 

 

その他有価証券評価差額金

88,410

193,881

退職給付に係る調整累計額

5,215

その他の包括利益累計額合計

88,410

188,665

純資産合計

15,669,781

16,172,001

負債純資産合計

21,670,793

26,615,970

 

②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
【連結損益計算書】

 

 

(単位:千円)

 

 前連結会計年度

(自 2019年4月1日

 至 2020年3月31日)

 当連結会計年度

(自 2020年4月1日

 至 2021年3月31日)

売上高

22,562,464

21,815,517

売上原価

※1 18,332,525

※1 18,361,785

売上総利益

4,229,938

3,453,731

販売費及び一般管理費

※2,※3 2,802,006

※2,※3 2,903,982

営業利益

1,427,931

549,748

営業外収益

 

 

受取利息及び配当金

38,236

44,143

受取賃貸料

7,273

7,938

補助金収入

8,475

その他

10,688

11,492

営業外収益合計

56,198

72,048

営業外費用

 

 

支払利息

281

12,085

設備賃貸費用

4,291

5,726

貸倒引当金繰入額

2,222

その他

9,483

1,787

営業外費用合計

14,056

21,821

経常利益

1,470,073

599,976

特別利益

 

 

固定資産売却益

※4 2,531

※4 2,237

負ののれん発生益

※5 344,312

投資有価証券売却益

2,819

3,387

受取保険金

25,766

34,827

保険解約返戻金

239

特別利益合計

31,357

384,765

特別損失

 

 

固定資産売却損

※6 1,173

減損損失

※7 2,802

※7 2,794

固定資産除却損

※8 13,945

※8 40,900

投資有価証券売却損

5

投資有価証券償還損

680

投資有価証券評価損

3,214

ゴルフ会員権評価損

1,500

環境対策引当金繰入額

4,369

事業構造改革費用

※9 91,982

※9 2,465

特別損失合計

113,798

52,035

税金等調整前当期純利益

1,387,632

932,705

法人税、住民税及び事業税

472,576

206,775

法人税等調整額

47,417

3,482

法人税等合計

425,159

203,293

当期純利益

962,473

729,411

親会社株主に帰属する当期純利益

962,473

729,411

 

【連結包括利益計算書】

 

 

(単位:千円)

 

 前連結会計年度

(自 2019年4月1日

 至 2020年3月31日)

 当連結会計年度

(自 2020年4月1日

 至 2021年3月31日)

当期純利益

962,473

729,411

その他の包括利益

 

 

その他有価証券評価差額金

170,747

105,470

退職給付に係る調整額

5,215

その他の包括利益合計

※1 170,747

※1 100,255

包括利益

791,726

829,667

(内訳)

 

 

親会社株主に係る包括利益

791,726

829,667

非支配株主に係る包括利益

 

③【連結株主資本等変動計算書】

前連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

 

 

 

 

 

(単位:千円)

 

株主資本

 

資本金

資本剰余金

利益剰余金

自己株式

株主資本合計

当期首残高

1,969,269

1,418,574

11,492,013

156,255

14,723,603

当期変動額

 

 

 

 

 

剰余金の配当

 

 

104,462

 

104,462