EDINET閲覧(提出)サイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)をもとに上場企業サーチ作成

本ページはEDINETに提出された開示情報を上場企業サーチが加工/編集したものであり、記載された情報の正確性および完全性について上場企業サーチは一切の保証を行いません。本ページの情報を利用する際は自己の責任で判断頂き、意思決定に際しては適宜EDINETや提出会社が公開するオリジナルを参照する様にしてください。本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

 

【表紙】

 

【提出書類】

有価証券報告書

【根拠条文】

金融商品取引法第24条第1項

【提出先】

近畿財務局長

【提出日】

2020年7月31日

【事業年度】

第56期(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

【会社名】

アルメタックス株式会社

【英訳名】

ALMETAX MANUFACTURING CO., LTD.

【代表者の役職氏名】

代表取締役社長 社長執行役員  村 治 俊 哉

【本店の所在の場所】

大阪市北区大淀中1丁目1番30号

【電話番号】

(06)6440―3838(代表)

【事務連絡者氏名】

取締役専務執行役員管理本部管掌  生 川 聖 一

【最寄りの連絡場所】

大阪市北区大淀中1丁目1番30号

【電話番号】

(06)6440―3838(代表)

【事務連絡者氏名】

取締役専務執行役員管理本部管掌  生 川 聖 一

【縦覧に供する場所】

アルメタックス株式会社 東京支店

 (東京都新宿区西新宿8丁目14番24号 西新宿KFビル)

株式会社東京証券取引所

 (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

 

 

E01320 59280 アルメタックス株式会社 ALMETAX MANUFACTURING CO., LTD. 企業内容等の開示に関する内閣府令 第三号様式 Japan GAAP false cte 2019-04-01 2020-03-31 FY 2020-03-31 2018-04-01 2019-03-31 2019-03-31 1 false false false E01320-000 2020-07-31 E01320-000 2015-04-01 2016-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01320-000 2016-04-01 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01320-000 2017-04-01 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01320-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01320-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01320-000 2016-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01320-000 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01320-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01320-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01320-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01320-000 2019-04-01 2020-03-31 E01320-000 2020-07-31 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E01320-000 2020-03-31 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E01320-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No1MajorShareholdersMember E01320-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No2MajorShareholdersMember E01320-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No3MajorShareholdersMember E01320-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No4MajorShareholdersMember E01320-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No5MajorShareholdersMember E01320-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No6MajorShareholdersMember E01320-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No7MajorShareholdersMember E01320-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No8MajorShareholdersMember E01320-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No9MajorShareholdersMember E01320-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No10MajorShareholdersMember E01320-000 2020-03-31 E01320-000 2020-03-31 jpcrp_cor:SharesWithNoVotingRightsMember E01320-000 2020-03-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsTreasurySharesEtcMember E01320-000 2020-03-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsOtherMember E01320-000 2020-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesTreasurySharesSharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E01320-000 2020-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsOtherMember E01320-000 2020-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesLessThanOneUnitMember E01320-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row1Member E01320-000 2020-07-31 jpcrp_cor:Row1Member E01320-000 2020-07-31 jpcrp_cor:Row2Member E01320-000 2020-07-31 jpcrp030000-asr_E01320-000:ToshiyaMurajiMember E01320-000 2020-07-31 jpcrp030000-asr_E01320-000:HajimuOharaMember E01320-000 2020-07-31 jpcrp030000-asr_E01320-000:MineyaHamaokaMember E01320-000 2020-07-31 jpcrp030000-asr_E01320-000:KenWatabeMember E01320-000 2020-07-31 jpcrp030000-asr_E01320-000:HajimeYadaMember E01320-000 2020-07-31 jpcrp030000-asr_E01320-000:SeiichiIkukawaMember E01320-000 2020-07-31 jpcrp030000-asr_E01320-000:YoshikazuSeikeMember E01320-000 2020-07-31 jpcrp030000-asr_E01320-000:YoshihideTanakaMember E01320-000 2020-07-31 jpcrp030000-asr_E01320-000:KazuyoshiOonishiMember E01320-000 2020-07-31 jpcrp_cor:Row3Member E01320-000 2020-07-31 jpcrp_cor:Row4Member E01320-000 2020-07-31 jpcrp_cor:Row5Member E01320-000 2020-07-31 jpcrp_cor:Row6Member E01320-000 2020-07-31 jpcrp_cor:Row7Member E01320-000 2018-04-01 2019-03-31 E01320-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:DirectorsExcludingOutsideDirectorsMember E01320-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:CorporateAuditorsExcludingOutsideCorporateAuditorsMember E01320-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:OutsideDirectorsAndOtherOfficersMember E01320-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row1Member E01320-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row2Member E01320-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row2Member E01320-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row3Member E01320-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row3Member E01320-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row4Member E01320-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row4Member E01320-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row5Member E01320-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row5Member E01320-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row6Member E01320-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row6Member E01320-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row7Member E01320-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row7Member E01320-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row8Member E01320-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row8Member E01320-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row9Member E01320-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row9Member E01320-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row10Member E01320-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row10Member E01320-000 2019-03-31 E01320-000 2018-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01320-000 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01320-000 2018-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01320-000 2019-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01320-000 2018-03-31 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01320-000 2019-03-31 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01320-000 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01320-000 2018-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01320-000 2018-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01320-000 2019-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01320-000 2018-03-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01320-000 2019-03-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01320-000 2018-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01320-000 2019-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01320-000 2019-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01320-000 2018-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01320-000 2019-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01320-000 2018-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01320-000 2018-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01320-000 2019-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01320-000 2018-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01320-000 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01320-000 2018-03-31 jppfs_cor:RevaluationReserveForLandMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01320-000 2019-03-31 jppfs_cor:RevaluationReserveForLandMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01320-000 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01320-000 2018-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01320-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01320-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01320-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01320-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01320-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01320-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01320-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01320-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01320-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01320-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01320-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01320-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01320-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:RevaluationReserveForLandMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01320-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:RevaluationReserveForLandMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01320-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01320-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01320-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01320-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01320-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01320-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01320-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01320-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01320-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01320-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01320-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01320-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01320-000 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01320-000 2020-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01320-000 2020-03-31 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01320-000 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01320-000 2020-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01320-000 2020-03-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01320-000 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01320-000 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01320-000 2020-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01320-000 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01320-000 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01320-000 2020-03-31 jppfs_cor:RevaluationReserveForLandMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01320-000 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember iso4217:JPY xbrli:shares iso4217:JPY xbrli:shares xbrli:pure

第一部 【企業情報】

 

第1 【企業の概況】

 

1 【主要な経営指標等の推移】

 

回次

第52期

第53期

第54期

第55期

第56期

決算年月

2016年3月

2017年3月

2018年3月

2019年3月

2020年3月

売上高

(千円)

11,561,721

12,064,153

11,779,987

11,065,400

10,422,727

経常利益

又は経常損失(△)

(千円)

463,309

523,772

381,557

38,879

76,548

当期純利益

又は当期純損失(△)

(千円)

305,187

352,271

180,211

78,370

60,612

持分法を適用した場合
の投資利益

(千円)

資本金

(千円)

2,160,418

2,160,418

2,160,418

2,160,418

2,160,418

発行済株式総数

(千株)

11,912

11,912

11,912

11,912

11,912

純資産額

(千円)

8,731,595

9,108,800

9,265,894

9,002,497

8,754,457

総資産額

(千円)

11,060,337

11,704,244

11,721,137

11,455,123

11,052,802

1株当たり純資産額

(円)

847.25

883.89

899.14

873.58

849.53

1株当たり配当額
(内、1株当たり
中間配当額)

(円)

11.00

12.00

12.00

12.00

12.00

(5.00)

(6.00)

(6.00)

(6.00)

(6.00)

1株当たり当期純利益

又は1株当たり当期純損失(△)

(円)

29.61

34.18

17.49

7.60

5.88

潜在株式調整後
1株当たり当期純利益

(円)

自己資本比率

(%)

78.9

77.8

79.1

78.6

79.2

自己資本利益率

(%)

3.5

3.9

2.0

0.9

0.7

株価収益率

(倍)

11.35

11.38

22.98

36.73

配当性向

(%)

37.1

35.1

68.6

204.1

営業活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

228,436

660,495

461,510

281,998

449,331

投資活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

616,135

284,192

556,714

319,183

52,022

財務活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

91,617

127,763

125,055

123,967

123,587

現金及び現金同等物
の期末残高

(千円)

1,268,368

1,516,908

1,296,648

1,135,496

1,409,217

従業員数
〔外、平均臨時雇用者数〕

(名)

420

410

409

411

399

190

215

205

167

141

株主総利回り
(比較指標:配当込みTOPIX)

(%)

(%)

93.3

89.2

110.8

102.3

117.5

118.5

90.1

112.5

73.9

101.8

最高株価

(円)

469

431

468

411

354

最低株価

(円)

312

315

370

257

204

 

(注) 1 売上高には、消費税等は含まれておりません。

2 当社は連結財務諸表を作成しておりませんので、連結会計年度に係る主要な経営指標等の推移については、記載しておりません。

3 第52期から第56期までの潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

4 「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第55期の期首から適用しており、第54期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。

5 最高株価及び最低株価は、東京証券取引所市場第二部におけるものであります。

6 第55期の株価収益率及び配当性向については、当期純損失のため記載しておりません。

 

 

2 【沿革】

1965年7月、当社の設立時共同出資会社の一社となる日本エコンアルミ㈱が日本砂鉄鋼業㈱と八幡エコンスチール㈱の共同出資により設立されました。

1969年11月に日本エコンアルミ㈱と日本砂鉄鋼業㈱との共同出資によりアルミビレットの製造販売を事業内容とする関西軽金属㈱(1969年11月12日設立、1969年11月24日関西アルミ㈱に商号変更、1986年4月1日アルメタックス㈱に商号変更)が設立され本格的なアルミビレットの溶解鋳造生産販売を開始いたしました。

設立以降の沿革は次のとおりであります。

1969年11月

日本エコンアルミ㈱の原材料部門として日本砂鉄鋼業㈱との共同出資により「関西軽金属株式会社」(本店所在地 滋賀県栗東市、資本金30百万円)を設立。
11月24日に商号を「関西アルミ株式会社」に変更。

1970年10月

栗東工場(滋賀県栗東市)竣工。アルミビレットの生産開始。

1975年11月

本社を大阪市東区に移転。(登記上本店所在地は滋賀県栗東市)

1977年12月

本社を大阪市淀川区に移転。

1978年1月

ニッサアルミ販売㈱と合併し、関東地区における住宅用アルミ建材の販売を開始。
関東地区の営業拠点として東京営業所(東京都千代田区)を開設。

   3月

日本砂鉄鋼業㈱と合同製鉄㈱との合併を機に、前者のアルミ製品の製造販売を継承。

   5月

滋賀工場(滋賀県栗東市)を新設し、住宅用アルミ建材の生産を開始。

1980年4月

業容の拡大のため、東京営業所を東京都中央区に移転。

1985年11月

関東工場(茨城県古河市)を新設し、住宅用アルミ建材の生産を開始。

1986年4月

CIの導入を図り「アルメタックス株式会社」に商号変更。

1988年4月

関東地区の販路拡大を図り東京営業所を東京支店に昇格。

1989年3月

栗東工場の土地・建物等の生産設備を子会社、関西アルミ製造㈱(連結子会社)に営業譲渡。

   7月

山口工場(山口県山口市)を新設し、住宅用アルミ建材の生産を開始。

1990年6月

関東工場第2工場竣工。

1991年12月

大阪証券取引所市場第二部特別指定銘柄及び京都証券取引所に上場。

1993年7月

本社を大阪市北区大淀中1丁目1番93号に移転。

   9月

大阪証券取引所市場第二部特別指定銘柄の指定解除。

1995年7月

東京支店を現在地(東京都新宿区)に移転。

1996年4月

静岡工場(静岡県掛川市)を新設し、住宅用アルミ建材の生産を開始。

1997年8月

東北工場(宮城県色麻町)を新設し、住宅用アルミ建材の生産を開始。

2001年4月

関西アルミ製造㈱(連結子会社)を吸収合併。

   6月

本店所在地を大阪市北区に移転。

2004年3月

2010年3月

本社及び本店所在地を現在地(大阪市北区大淀中1丁目1番30号)に移転。

アルミビレットの製造・販売を終了。

2010年10月

栗東資源循環センター(滋賀県栗東市)を竣工。

2013年7月

大阪証券取引所と東京証券取引所の現物市場統合に伴い、東京証券取引所市場第二部に上場。

2014年4月

山口工場、静岡工場、東北工場を山口センター、静岡センター、東北センターに改称。

2018年4月

山口センター、静岡センターを山口工場、静岡工場に改称。

 

 

 

3 【事業の内容】

当社は、住宅関連市場における特定需要家向を中心とした住宅建材製品の製造及び販売を主たる事業としており、サッシ、ドア、エクステリア、サッシ部材等の製造販売を行っております。

当社は、住宅建材部門の単一セグメントであります。

 

事業の系統図は次のとおりであります。

 


 

4 【関係会社の状況】

当社は積水ハウス株式会社の持分法適用関連会社に該当いたします。
 当社は同社に対して、建材製品の販売を行っております。

 

名称

住所

資本金
(百万円)

主要な事業の
内容

議決権の被所有
割合(%)

関係内容

(その他の関係会社)
積水ハウス㈱
(注)

大阪市北区

202,591

住宅メーカー

36.4

当社製品の販売
役員の兼任等…1名

 

(注) 有価証券報告書を提出しております。

 

5 【従業員の状況】

(1) 提出会社の状況

  2020年3月31日現在

従業員数(名)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(円)

399

42.9

15.3

4,391,904

141

 

(注) 1 従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数は〔 〕内に年間の平均人員を外数で記載しております。

2 平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。

 

(2) 労働組合の状況

労働組合は、結成されておりませんが労使関係は円満に推移しております。

第2 【事業の状況】

 

1 【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

文中における将来に関する事項は、当事業年度末現在において当社が判断したものであります。

(1)会社の経営の基本方針

当社は、「健康」「快適」「環境共生」をキーワードに、高品質の住まいづくりに寄与し、創造性豊かな住宅建材製品を市場に提供することを通じて、創業以来CS(お客様満足度)の向上を基本として経営を進めてまいりました。
  今後ともお客様の満足を通じて事業の成長と企業価値の最大化を目指すとともに、CSR(企業の社会的責任)を前面に掲げ、株主の皆様やお客様の期待に応えるとともに、地域社会や地球環境に貢献できることを基本理念に取組んでまいります。

また、人材能力を十分に発揮させる職場環境を築き、最大限のスピードをもって従業員が職務遂行できる経営を実践し、常に中長期的視野に立って強い経営基盤を構築して会社の持続的成長が図れるよう取り組んでまいります。

 

(2)会社の経営戦略

①営業戦略
 当社コア製品であるプレハブ住宅向け建材の販売を堅持するなかで、さらに高性能の窓や大開口の窓を開発し、1棟当りの売上金額を増加させることで、住宅着工戸数減少の影響を補ってまいります。さらに、新規取引先の獲得、新規製品の受注に努めるとともに、当社オリジナルの高付加価値製品の開発も進めてまいります。
 リフォーム分野では、現在、窓の交換がその大半を占めていますが、材料と工事を合わせて当社が受注している強みを生かし、新たな商材獲得に努めます。
②製造戦略
 少子高齢化が進むなか労働人口は減少しており、さらに長時間労働の抑制もあり、労働力不足は深刻な状況になると予想されます。これに対応するため、さらなる省人化により業務の効率化を進め、製造原価の低減を図ります。
③情報処理戦略
 情報処理の効率化を目的として、PLMシステム(プロダクト ライフサイクル マネジメント システム)の導入を決定いたしました。このシステムは、製品の企画から製造・保守・廃棄までのライフサイクル全般にわたる情報の一元化を図るものです。将来は、間接部門の省人化に加え、生産性の向上、品質の向上に結び付けることが可能となります。

④財務戦略
 現在、当社は借入金等の有利子負債はなく、安定的な現預金を保有しております。本中期経営計画期間では、有利子負債を生じさせることなく、上述した設備投資や新製品開発等に積極的な投資を行ってまいります。

 

(3)優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

住宅建材産業を取り巻く環境は、社会構造の変化、新築住宅市場の縮小などで競争が激化するなど大きな変革の時期を迎えています。このような事業環境の変化に対応し新たな成長を遂げるために、引続きお客様志向の新製品の開発による受注拡大を図るとともに、販売体制の充実、コスト構造の変革に抜本的に取組んで経営体質の強化と業績の向上に努めてまいります。
 とりわけ、当社の基本方針を踏まえ、販売拡大、コスト競争力・新製品開発による付加価値の強化に努めるとともに、資産の効率化を図ってまいります。

新型コロナウイルス感染症の拡大により急激な経済の停滞を余儀なくされ、経営環境の変化も想定されます。当社では、従業員の感染予防として衛生管理の徹底、テレワークやweb会議の活用及び時差出勤等を実施し、感染予防に努めております。なお、新型コロナウイルス感染症の終息時期は未だ不透明であり、当社の受注への影響を現時点では予測できない状況となっております。

 

 

2 【事業等のリスク】

有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、経営者が財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると認識している主要なリスクは以下のとおりであります。

なお、文中における将来に関する事項は、当事業年度末現在において当社が判断したものであります。

当社の主要な販売先は大手プレハブ住宅会社を中心とする特定需要家であり、その特定需要家の売上動向により、当社の財政状態・経営成績及びキャッシュ・フローの状況に影響を及ぼす可能性があります。

当社が使用する原材料の一部の価格が、国際情勢等の変化により変動し、財政状態・経営成績及びキャッシュ・フローの状況に影響を及ぼす可能性があります。

当社が保有する投資有価証券は、株式市場の動向、政府の金融政策、国際情勢等の変化により、財務上及びリスク管理の点から売却する可能性があります。その場合、当社の財政状態・経営成績及びキャッシュ・フローの状況に影響を及ぼす可能性があります。

新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、客先の事業活動が困難になり受注が減少した場合や当社の事業活動が困難になり稼働率が低下した場合、財政状態・経営成績及びキャッシュ・フローの状況に影響を及ぼす可能性があります。

 

3 【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

(1) 経営成績等の状況の概要

当事業年度における当社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下、「経営成績等」という。)の状況の概要は次のとおりであります。

 

① 財政状態及び経営成績の状況

当期のわが国経済は、上半期においては雇用・所得環境の改善が続くなか、景気は緩やかな回復基調で推移いたしました。しかしながら、下半期になり米中貿易摩擦等海外情勢の動向に加え、消費税増税後の景気の減速、さらには新型コロナウイルス感染症が世界経済に与える影響など、景気の先行きは不透明な状況が続いております。
  国内住宅建材市場においては、住宅ローン金利は引き続き低水準であるものの、新設住宅着工やリフォーム需要に活況は見られず、減少傾向で推移いたしました。
 そのような状況のなか、売上高は、104億2千2百万円(前年同期は110億6千5百万円, 5.8%減)、営業損失で2千4百万円(前年同期は営業損失1億3千9百万円)、経常利益で7千6百万円(前年同期は経常損失3千8百万円)、当期純利益は6千万円(前年同期は当期純損失7千8百万円)となり、前年同期と比べ減収増益となりました。

 
 当事業年度末における資産合計は、前事業年度末に比べて4億2百万円減少し、110億5千2百万円となりました。
 これは、主に現金及び預金が2億7千3百万円増加したこと、受取手形(電子記録債権を含む)及び売掛金が1億9千6百万円減少したこと、有形固定資産が減価償却の進捗等により1億3千6百万円減少したこと、市場価額が下落したことにより投資有価証券及び関係会社株式の当期末の評価が合わせて2億9千万円減少したこと等によるものであります。 
 負債合計は、前事業年度末に比べて1億5千4百万円減少し、22億9千8百万円となりました。
 これは、主に、支払手形及び買掛金が1億1千9百万円減少したこと等によるものであります。
 純資産合計は、前事業年度末に比べて2億4千8百万円減少し、87億5千4百万円となりました。
 これは、主に当期純利益6千万円の計上による増加、2019年6月18日の第55期定時株主総会決議に基づく期末配当金及び201911月8日の取締役会決議に基づく第56期中間配当金、合わせて1億2千3百万円を支払ったことによる減少、その他有価証券評価差額金が1億8千4百万円減少したこと等によるものであります

 

 

②  キャッシュ・フローの状況

当事業年度末における現金及び現金同等物は、14億9百万円となり、前年同期に比し2億7千3百万円の増加となりました。

営業活動によるキャッシュ・フローは、前年同期に比し、主に税引前当期純利益が1億9千5百万円増加したこと等により、1億6千7百万円増加し、4億4千9百万円となりました。

投資活動によるキャッシュ・フローは、前年同期に比し、主に有形固定資産の取得による支出が1億3千3百万円減少したこと、無形固定資産の取得による支出が6千2百万円減少したこと等により、2億6千7百万円増加し、△5千2百万円となりました。

財務活動によるキャッシュ・フローは、前年同期に比し、ほぼ増減なしの△1億2千3百万円となりました。

 

③  生産、受注及び販売の状況

a. 生産実績

当事業年度における生産実績は、次のとおりであります。

 

セグメントの名称

生産高(千円)

前年同期比(%)

住宅建材部門

7,824,747

△8.5

 

(注) 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

 

b. 受注実績

住宅建材部門におきましては、販売計画に基づく見込生産を行っており、受注高及び受注残高はありません。

 

c. 販売実績

当事業年度における販売実績は、次のとおりであります。

 

セグメントの名称

販売高(千円)

前年同期比(%)

住宅建材部門

10,422,727

△5.8

 

(注) 1 主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に対する割合

 

相手先

前事業年度

当事業年度

販売高(千円)

割合(%)

販売高(千円)

割合(%)

積水ハウス㈱

6,244,977

56.4

5,961,560

57.2

セキスイハイム工業㈱

1,374,419

12.4

1,439,867

13.8

 

2 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

 

 

(2) 経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

経営者の視点による当社の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりであります。

なお、文中の将来に関する事項は、当事業年度末現在において当社が判断したものです。

 

① 財政状態及び経営成績

当社の主力製品である新設戸建住宅用建材及びリフォーム用住宅建材については、消費税増税による反動の影響に少子高齢化の影響も相まって、受注は低調に推移いたしました。また、2月以降は新型コロナウイルス感染症の影響による自粛ムードが広がりリフォーム用住宅建材の受注減少に拍車がかかり、全体では前年同期を下回る結果となりました。収益面につきましては、売上高の減少にともない固定費率が上昇したものの、業務効率化や費用の削減に取り組んだことにより前期実績を上回る結果となりましたが、営業利益につきましては赤字を計上することになりました。また、特別利益として、投資有価証券のうち無配当株式の売却による2千6百万円、固定資産売却益で1千2百万円あわせて3千8百万円を計上し、特別損失として固定資産除却損1千4百万円を計上いたしました。

なお、当事業年度における新型コロナウイルス感染症の影響につきましては、営業面・生産面ともに当社全体に与える影響は軽微でありました。

次期以降におきましては、新型コロナウイルス感染症による影響が加わり、国内住宅着工戸数は引き続き減少傾向が続くものと見込まれますが、売上・収益の増加に向けて、既存製品の受注を堅持するとともに、新規取引先の獲得並びに新製品のさらなる開発に注力してまいります。また、生産部門はもとより、管理間接部門も含めた業務の合理化等による収益構造の改善に全社を挙げて取り組んでまいります。

資産の減少は、主に投資有価証券及び関係会社株式の当期末の評価減によるものです。流動資産が増加し、流動負債が減少したことで、流動比率は310.2%で高水準を維持しています。したがって、引き続き、支払能力と安全度は高水準にあります。なお、その他有価証券評価差額金の減少等により純資産は減少しましたが、借入金等による負債もないため、自己資本比率は79.2%の高水準にあります。

 

② キャッシュ・フロー

当事業年度における現金及び現金同等物の期末残高は前年同期に比べ2億7千3百万円増加しており、これは、税引前当期純利益が増加し、固定資産の取得による支出が減少したためであります。

当社の資本の財源及び資金の流動性については、運転資金や設備資金等については、自己資金による調達を基本としており、その資金の源泉は営業活動によるキャッシュ・フローであります。また、余剰資金については、預金、投資有価証券及び関係会社株式等により運用しております。

 

③ 重要な会計方針及び見積り

当社の財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成されております。この財務諸表の作成にあたり、見積りが必要な事項につきましては、一定の会計基準の範囲内にて合理的な基準に基づき、会計上の見積りを行っております。当社の財務諸表で採用する重要な会計方針は、「第5 経理の状況」の財務諸表の注記事項「重要な会計方針」に記載しているとおりであります。

なお、新型コロナウイルス感染症の影響につきましては、不確定要素が大きく、将来の業績予想等に反映させることが非常に困難ではありますが、現時点において入手可能な情報を基に検証等を行っております。

 

4 【経営上の重要な契約等】

該当事項はありません。

 

5 【研究開発活動】

当社の研究開発、商品開発活動の基本は健康・快適・環境共生をテーマとした創造性豊かな建材の提供を通じてお客様満足度の高い住まいづくりに貢献することにあります。

当社は、住宅関連市場が成熟化していくなかで多機能、高品質で常に時代を先取りする個性的な製品の開発に取り組んでおります。
 蓄積された技術情報を有効に活用できる開発組織体制のもとで高品質製品の開発を行っており、自社のオリジナル商品のスピーディな開発に注力いたしております。

他部門との情報の共有化を図り、多様化するユーザーのニーズに迅速かつ的確に対応しております。

なお、当事業年度における研究開発費は121百万円であります。

 

第3 【設備の状況】

 

1 【設備投資等の概要】

当事業年度の設備投資については、生産設備の増強、製品情報の管理強化等を目的とした設備投資を実施しております。なお、有形固定資産のほか、無形固定資産への投資を含めて記載しております。

当事業年度の設備投資の総額は、190百万円であります。その主なものは、住宅建材部門の生産用設備投資等であり、機械及び装置が78百万円、工具、器具及び備品が46百万円それぞれ増加したこと等によるものであります。 

 

2 【主要な設備の状況】

2020年3月31日現在

事業所名
(所在地)

セグメント
の名称

設備の内容

帳簿価額(千円)

従業
員数
(名)

建物
及び構築物

機械装置
及び運搬具

土地
(面積㎡)

工具、器具
及び備品

合計

滋賀工場
(滋賀県栗東市)

住宅建材部門

住宅用建材
生産設備

230,140

230,069

417,094

(8,851)

32,849

910,153

134

関東工場
(茨城県古河市)

住宅建材部門

住宅用建材
生産設備

101,151

189,651

308,332

(14,563)

19,428

618,563

114

山口工場
(山口県山口市)

住宅建材部門

住宅用建材
生産設備

41,089

29,721

146,322

(10,700)

9,410

226,542

33

静岡工場
(静岡県掛川市)

住宅建材部門

住宅用建材
生産設備

140,588

3,013

203,687

(14,867)

4,201

351,491

33

栗東資源循環
センター
(滋賀県栗東市)

住宅建材部門

住宅用建材
リサイクル
処理設備

283,700

18,159

245,497

(11,178)

533

547,891

8

東北センター
(宮城県加美郡
色麻町)

住宅建材部門

住宅用建材
生産設備等

65,895

0

58,894

(5,831)

0

124,789

 

 

3 【設備の新設、除却等の計画】

(1) 重要な設備の新設等

該当事項はありません。

 

(2) 重要な設備の除却等

該当事項はありません。

 

第4 【提出会社の状況】

 

1 【株式等の状況】

(1) 【株式の総数等】

① 【株式の総数】

 

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

37,000,000

37,000,000

 

 

② 【発行済株式】

 

種類

事業年度末現在
発行数(株)
(2020年3月31日)

提出日現在
発行数(株)
(2020年7月31日)

上場金融商品取引所名又は登録認可金融商品取引業協会名

内容

普通株式

11,912,515

11,912,515

東京証券取引所
(市場第二部)

単元株式数は
100株であります。

11,912,515

11,912,515

 

 

(2) 【新株予約権等の状況】

① 【ストックオプション制度の内容】

該当事項はありません。

 

② 【ライツプランの内容】

該当事項はありません。

 

③ 【その他の新株予約権等の状況】

該当事項はありません。 

 

(3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

該当事項はありません。

 

(4) 【発行済株式総数、資本金等の推移】

 

年月日

発行済株式
総数増減数
(株)

発行済株式
総数残高
(株)

資本金増減額
 
(千円)

資本金残高
 
(千円)

資本準備金
増減額
(千円)

資本準備金
残高
(千円)

1997年6月28日
(注)

600,000

11,912,515

240,000

2,160,418

240,000

2,233,785

 

 

(注)

有償一般募集

 

 

 

(スプレッド方式)

 発行価額

800円

 

 

資本組入額

400円

 

 

 

(5) 【所有者別状況】

  2020年3月31日現在

区分

株式の状況(1単元の株式数100株)

単元未満
株式の状況
(株)

政府及び
地方公共
団体

金融機関

金融商品
取引業者

その他の
法人

外国法人等

個人
その他

個人以外

個人

株主数
(人)

7

18

44

11

3

2,021

2,104

所有株式数
(単元)

4,867

1,011

51,573

1,345

3

60,165

118,964

16,115

所有株式数
の割合(%)

4.09

0.85

43.35

1.13

0.00

50.57

100

 

(注) 1 自己株式1,607,465株は「個人その他」に16,074単元、「単元未満株式の状況」に65株含まれております。

2 上記「その他の法人」及び「単元未満株式の状況」の欄には、証券保管振替機構名義の株式がそれぞれ5単元及び30株含まれております。

 

(6) 【大株主の状況】

  2020年3月31日現在

氏名又は名称

住所

所有株式数
(千株)

発行済株式
(自己株式を
除く。)の
総数に対する
所有株式数
の割合(%)

積水ハウス株式会社

大阪市北区大淀中1丁目1―88

3,740

36.30

積水化学工業株式会社

大阪市北区西天満2丁目4番4号

703

6.83

アルメタックス従業員持株会

大阪市北区大淀中1丁目1―30
梅田スカイビルタワーウエスト20階

412

4.01

遠山 和子

神奈川県横須賀市

330

3.20

株式会社みずほ銀行

東京都千代田区大手町1丁目5―5

121

1.18

株式会社三菱UFJ銀行

東京都千代田区丸の内2丁目7―1

121

1.18

石川 晋

兵庫県宝塚市

114

1.11

西田 新次郎

大阪府守口市

106

1.04

カネエム工業株式会社

大阪府八尾市泉町1丁目93

100

0.97

第一生命保険株式会社

東京都千代田区有楽町1丁目13―1

100

0.97

5,851

56.78

 

(注)  上記のほか当社所有の自己株式1,607千株(発行済株式総数に対する所有株式数の割合13.49%)があります。

 

 

 

(7) 【議決権の状況】

① 【発行済株式】

  2020年3月31日現在

区分

株式数(株)

議決権の数(個)

内容

無議決権株式

議決権制限株式(自己株式等)

議決権制限株式(その他)

完全議決権株式(自己株式等)

(自己保有株式)

普通株式

1,607,400

 

完全議決権株式(その他)

普通株式

102,890

10,289,000

単元未満株式

普通株式

16,115

 

1単元(100株)未満の株式

発行済株式総数

11,912,515

総株主の議決権

102,890

 

(注) 「完全議決権株式(その他)」欄の普通株式には、証券保管振替機構名義の株式が500株(議決権5個)含まれております。

 

② 【自己株式等】

  2020年3月31日現在

所有者の氏名
又は名称

所有者の住所

自己名義
所有株式数
(株)

他人名義
所有株式数
(株)

所有株式数
の合計
(株)

発行済株式総数
に対する所有
株式数の割合(%)

(自己保有株式)

アルメタックス株式会社

大阪市北区
大淀中1丁目1―30

1,607,400

1,607,400

13.49

1,607,400

1,607,400

13.49

 

 

 

2 【自己株式の取得等の状況】

 

【株式の種類等】

 会社法第155条第7号による普通株式の取得

 

 

(1) 【株主総会決議による取得の状況】

該当事項はありません。

 

(2) 【取締役会決議による取得の状況】

該当事項はありません。 

 

(3) 【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

 

区分

株式数(株)

価額の総額(千円)

当事業年度における取得自己株式

209

58

当期間における取得自己株式

80

22

 

(注) 2020年7月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りによる株式数は含まれておりません。

 

(4) 【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

 

区分

当事業年度

当期間

株式数(株)

処分価額の総額
(千円)

株式数(株)

処分価額の総額
(千円)

引き受ける者の募集を行った
取得自己株式

消却の処分を行った取得自己株式

合併、株式交換、会社分割に係る
移転を行った取得自己株式

その他(単元未満株式の買増請求による売渡し)

保有自己株式数

1,607,465

1,607,545

 

(注) 1 当期間における処理自己株式には、2020年7月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買増請求による売渡しによる株式数は含まれておりません。

2 当期間における保有自己株式数には、2020年7月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取り及び買増請求による売渡しによる株式数は含まれておりません。

 

 

3 【配当政策】

当社は、一貫して株主の利益を最も重要な経営課題のひとつとして位置付けております。配当につきましては安定配当を基本とし、業績に応じた配当政策を実施してまいります。また、内部留保資金につきましては、経営体質の強化並びに将来の事業展開に充当する方針です。

当期の配当金につきましては、1株につき年間12円(中間配当6円、期末配当6円)としております。

当社は、中間配当と期末配当の年2回の剰余金の配当を行うことを基本方針としております。

これらの剰余金の配当の決定機関は、期末配当については株主総会、中間配当については取締役会であります。

当社は、「取締役会の決議により、毎年9月30日の株主名簿に記録された株主又は登録株式質権者に対し、中間配当を行うことができる。」旨を定款に定めております。

なお、当事業年度に係る剰余金の配当は以下のとおりであります。

決議年月日

配当金の総額
(千円)

1株当たり配当額
(円)

2019年11月8日

取締役会決議

61,830

6

2020年6月26日

定時株主総会決議

61,830

6

 

 

4 【コーポレート・ガバナンスの状況等】

(1) 【コーポレート・ガバナンスの概要】

① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

当社は、より透明性の高い効率的な経営組織の運営とコンプライアンス体制を通してコーポレート・ガバナンスを有効に機能させることが最重要課題と考えております。このため引続き内部監査の充実による経営の適法性、妥当性のチェックと、社内研修により企業倫理と法令遵守の徹底を図ってまいります。

② 企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由

1 当社は監査役制度採用会社であります。

2 当社の企業統治体制の設置機関は、取締役会、監査役会であります。

3 取締役会は、取締役6名で構成しており、代表取締役社長村治俊哉を議長とし、小原肇、濵岡峰也(社外取締役)、渡部健(社外取締役)、矢田肇、生川聖一で構成しております。最高意思決定機関として取締役会を原則として毎月1回以上開催し、経営全般にわたる情報の共有化、法令遵守の徹底を図っております。

4 監査役会は、監査役3名で構成しており、常勤監査役清家由和を議長とし、田中善秀(社外監査役)、大西一嘉(社外監査役)で構成しております。監査役は取締役会にも出席して必要に応じて意見陳述を行い、取締役の業務執行を常に監視できる体制をとっております。また、監査役は監査室長をはじめとする監査室のメンバー4名を監査役スタッフとして使用しております。

5 業務執行の責任の明確化、それによる取締役会の業務執行に対する監督強化、並びに意思決定の迅速化による経営の効率化を目的として、執行役員制度を導入しております。

6 弁護士事務所と顧問契約を締結し、常時法律上の相談、指導を受けるとともに適法性の助言をいただいております。会計監査人と、会社法及び金融商品取引法による監査契約を締結しております。

7 当社は会社法第165条第2項の規定により、「取締役会の決議により、市場取引等による自己株式の取得を行うことができる。」旨を定款に定めております。これは、機動的な資本政策を遂行することを目的とするものであります。

8 当社は安定的な利益還元を実施するために、「取締役会の決議により、毎年9月30日の株主名簿に記録された株主又は登録株式質権者に対し、中間配当を行うことができる。」旨を定款に定めております。

 

③ 企業統治に関するその他の事項

1 当社の取締役は15名以内とする旨を定款で定めております。

2 当社の取締役の選任は株主総会において、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行います。

  但し、取締役選任決議は、累積投票によらないものとします。

3 当社は会社法第309条第2項の規定による株主総会の決議は、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上に当たる多数をもって行います。これは、株主総会の円滑な運営を行うことを目的とするものであります。

 

④ 責任限定契約の概要

当社は、会社法第427条第1項に基づき、社外取締役及び監査役との間において、会社法第423条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任限度額は、法令が定める額としております。なお、当該責任限定が認められるのは、当該社外取締役及び監査役が責任の原因となった職務の遂行について善意でかつ重大な過失がないときに限られます。

 

コーポレート・ガバナンス体制概念図(2020年7月31日現在)

 


 

(2) 【役員の状況】

① 役員一覧

男性9名 女性-名 (役員のうち女性の比率-%)

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数
(千株)

代表取締役
社長兼
社長執行役員

村 治 俊 哉

1967年10月23日

1994年6月

当社入社

2014年4月

建材第一営業部長

2014年7月

執行役員就任

2017年6月

取締役兼常務執行役員就任

2018年6月

取締役兼専務執行役員就任

2018年6月

建材営業部門担当

2019年4月

代表取締役社長兼社長執行役員 就任(現任)

(注)

4

取締役
相談役

小 原   肇

1946年3月20日

1983年4月

当社入社

1996年4月

山口工場長

2004年1月

静岡工場長

2005年4月

素材営業部長

2005年6月

取締役就任

2007年7月

素材部門担当

2009年6月

常務取締役就任

2009年6月

資材部門担当兼素材部門担当

2010年4月

新事業担当兼資材部長

2010年10月

栗東資源循環センター担当兼資 材部長

2012年4月

代表取締役社長就任

2014年7月

代表取締役社長兼社長執行役員 就任

2019年4月

代表取締役会長就任

2020年4月

取締役相談役就任(現任)

(注)

49

取締役

濵 岡 峰 也

1955年11月6日

1987年4月

大阪弁護士会登録 清和法律事務所所属(現任)

1991年9月

当社顧問弁護士就任

2008年6月

阪神電気鉄道㈱社外監査役就任(現任)

2011年6月

㈱アシックス社外取締役就任

2011年6月

日本電気硝子㈱社外監査役就任

2015年4月

当社顧問弁護士退任

2015年6月

当社取締役就任(現任)

(注)3

取締役

渡 部  健

1956年1月28日

1985年9月

監査法人太田哲三事務所所属(現 EY新日本有限責任監査法人)

1989年8月

公認会計士登録

2001年6月

新日本監査法人所属(パートナー)

2007年6月

同社代表社員(シニアパートナー)就任

2018年6月

渡部健公認会計士事務所所属(現任)

2019年6月

当社取締役就任(現任)

(注)3

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数
(千株)

取締役兼
副社長執行役員
営業・技術・生産管掌

矢 田   肇

1956年11月10日

1981年4月

積水ハウス㈱入社

2013年4月

同社理事就任

2013年4月

同社退社

2013年5月

当社入社 顧問

2013年6月

常務取締役就任

2013年6月

設計技術部門担当

2014年7月

取締役兼常務執行役員就任

2015年5月

生産部門担当兼滋賀工場長

2017年1月

生産部門担当

2018年6月

取締役兼専務執行役員就任

2019年4月

取締役兼副社長執行役員就任(現任)

2019年4月

営業・技術・生産管掌(現任)

(注)

6

取締役兼
専務執行役員
管理本部・監査・
品質保証管掌

生 川 聖 一

1956年11月26日

1983年9月

当社入社

2009年6月

取締役就任

2009年6月

管理部長

2014年7月

取締役兼執行役員就任

2017年6月

取締役兼常務執行役員就任

2017年6月

経理部長

2019年4月

取締役兼専務執行役員就任(現任)

2019年4月

管理本部・監査・品質保証管掌兼管理本部長

2019年6月

管理本部・監査・品質保証管掌(現任)

(注)

31

監査役
(常勤)

清 家 由 和

1957年12月16日

1980年3月

当社入社

2005年4月

品質改善推進室長

2007年4月

監査室長

2009年6月

取締役就任

2014年7月

取締役兼執行役員就任

2017年6月

取締役兼常務執行役員就任

2017年6月

管理部長

2019年6月

常勤監査役就任(現任)

(注)

22

監査役

田 中 善 秀

1959年2月8日

1981年4月

積水ハウス㈱入社

2007年8月

同社総務部長

2010年6月

同社秘書部長

2014年2月

同社関連企業部長(現任)

2018年6月

当社監査役就任(現任)

(注)5

監査役

大 西 一 嘉

1952年12月16日

1978年4月

神戸大学工学部文部技官就任

1997年6月

同大学工学部助教授就任(大学院自然科学研究科博士課程、大学教育研究センター担当)

2007年4月

同大学工学部准教授就任、大学教育研究推進機構教育部会長就任

2011年6月

㈳日本建築学会近畿支部常議員就任

2013年4月

㈳日本建築学会代議員就任

2018年3月

同大学退職

2018年4月

同大学大学教育推進機構非常勤講師

2018年9月

同大学研究員(現任)

2020年6月

当社監査役就任(現任)

(注)6

115

 

 

 

(注) 1 取締役濵岡峰也及び渡部健は、社外取締役であります。

2 監査役田中善秀及び大西一嘉は、社外監査役であります。

3 2019年3月期に係る定時株主総会終結の時から2021年3月期に係る定時株主総会終結の時までであります。

4 常勤監査役清家由和の監査役の任期は、2019年3月期に係る定時株主総会終結の時から2023年3月期に係る定時株主総会終結の時までであります。

5 監査役田中善秀の監査役の任期は、2018年3月期に係る定時株主総会終結の時から2022年3月期に係る定時株主総会終結の時までであります。

6 監査役大西一嘉の監査役の任期は、2020年3月期に係る定時株主総会終結の時から2024年3月期に係る定時株主総会終結の時までであります。

7 当社では、執行役員制度を導入しております。執行役員は、以下のとおりであります。

代表取締役社長 兼 社長執行役員 村治 俊哉

取締役 兼 副社長執行役員    矢田 肇

取締役 兼 専務執行役員     生川 聖一

常務執行役員           曽根 和幸、山元 秀和

執行役員             中川 智

 

② 社外取締役及び社外監査役との関係

当社の社外取締役は2名、社外監査役は2名であります。

社外取締役である濵岡峰也氏は、清和法律事務所所属の弁護士であります。

社外取締役である渡部健氏は、渡部健公認会計士事務所所属の公認会計士であります。

社外監査役である田中善秀氏は、積水ハウス株式会社の業務執行者であり、積水ハウス株式会社は当社の株式を36.30%(持株比率)保有しております。

社外監査役である大西一嘉氏は、神戸大学所属の研究員であります。

当社は、住宅建材製品の販売を積水ハウス株式会社に対し行っております。

その他、各社外取締役及び各社外監査役とも当社と人的関係、取引関係その他の利害関係はありません。なお、資本関係については、4(2)『役員の状況』に記載のとおりであります。

社外取締役のうち、濵岡峰也氏は、弁護士としての専門的見地に加え、社外役員を含む企業法務に関する豊富な経験を当社の経営体制の強化に活かしていただくため、渡部健氏は、公認会計士として大手企業で長年会計監査を務められた経験を持ち、企業の業務に精通しており、その知識と経験を当社の経営体制の強化に活かしていただくため、選任しております。また、社外監査役は、公正な意見の表明を受け、主に取締役会の意思決定の妥当性・適正性を確保するための助言・提言を受けるために選任しております。

当社は社外取締役及び社外監査役の選任にあたっては、独立性に関する特段の基準を定めておりませんが、株式会社東京証券取引所が求める基準に沿って、独立性に問題がなく一般株主と利益相反が生じるおそれのない、また、代表者でもその意見には傾聴せざるをえない立場の独立役員を社外取締役及び社外監査役より確保することとしております。その為、社外取締役の濵岡峰也氏及び渡部健氏、社外監査役の大西一嘉氏を独立役員として、同取引所に届出ております。

社外監査役は、取締役会で内部統制の報告を受けており、監査室、社内監査役及び公認会計士と連携し、適時意見交換を行っております。

 

③ 社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部統制部門との関係

社外監査役は、取締役会で内部統制の報告を受けており、監査室、社内監査役及び公認会計士と連携し、適時意見交換を行っております。なお、社外取締役による監督と監査役監査との相互連携は行っておりません。

 

(3) 【監査の状況】

① 監査役監査の状況

 当社は、常勤監査役1名、社外監査役2名で監査役会を構成しております。監査役会は原則として毎月1回開催しており、当事業年度においては合計12回開催され、その全てに対象となる監査役が全員出席しております。また、内部監査部門である監査室に監査役スタッフを兼務させることで監査役会を補佐するとともに、内部監査との連携が図れる体制を取っております。

 監査役会においては、監査役会の決議による事項及び監査役の職務の執行に関する事項を検討しております。主な検討事項は、監査の方針及び実施計画、監査報告書の作成、内部統制システムの整備・運用状況、会計監査人の監査の方法及び結果の相当性等です。

 また、各監査役は、監査役会の定める監査基準及び分担に従い、取締役の職務執行について監査を実施しております。監査役の活動として、取締役及び使用人等との意思疎通、取締役会その他重要な会議への出席、重要な決裁書類及び議事録等の閲覧、本社及び主要な事業所における業務及び財産状況の調査、会計監査人からの監査の実施状況及び結果報告の確認等を行っております。

 

② 内部監査の状況

 当社における内部監査は、監査室を設置し、人員4名を配置し書面及び聞取りによる監査を実施し代表取締役に内容報告を行い、業務遂行の適正化、内部監査機能の強化を図っております。また、その内容等について、監査役、公認会計士とも協議いたしており、適時意見交換を行っております。

 

③ 会計監査の状況

イ 業務を執行した公認会計士の氏名及び所属する監査法人名

業務執行社員 目細 実(有限責任監査法人トーマツ)

業務執行社員 安田秀樹(有限責任監査法人トーマツ)

 

 

ロ 継続監査期間

2007年3月期以降の14年間。

 

ハ 監査業務に係る補助者の構成

公認会計士

5名

その他

9名

 

 

ニ 監査法人の選定方針と理由

監査法人の選定方針は、日本監査役協会より示された「会計監査人の評価及び選定基準策定に関する監査役等の実務指針」に基づき選定するものとしております。当方針に基づき、監査時における立会及びヒアリング、定期的なディスカッション、監査報告及び四半期レビューの報告、及び取締役・内部監査部門・その他の使用人等とのヒアリングや監査法人のガバナンスフォーラムへの参加等を通じて、監査実績の収集を図るとともに、次期の監査体制及び監査計画の説明をヒアリングし、改善事項の指摘がないことで、当社の会計監査人として相当であると評価いたしました。
 監査役会は、会計監査人の職務の執行に支障がある場合等その他その必要があると判断した場合は、会計監査人の解任又は不再任に関する議案を決定し、取締役会は、当該決定に基づき、当該議案を株主総会に提出いたします。また、監査役会は、会計監査人が会社法第340条第1項に定める解任事由に該当すると認められる場合は、監査役全員の同意に基づき、会計監査人を解任いたします。この場合、監査役会が選定した監査役は、解任後最初に招集される株主総会におきまして、会計監査人を解任した旨と解任の理由を報告いたします。

 

④ 監査報酬の内容等

イ 監査公認会計士等に対する報酬の内容

 

前事業年度

当事業年度

監査証明業務に
基づく報酬(千円)

非監査業務に
基づく報酬(千円)

監査証明業務に
基づく報酬(千円)

非監査業務に
基づく報酬(千円)

23,200

23,200

 

 

ロ 監査公認会計士等と同一のネットワークに属する組織に対する報酬

該当事項はありません。

 

ハ その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

該当事項はありません。

 

ニ 監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容

該当事項はありません。

 

ホ 監査報酬の決定方針

当社の監査公認会計士等に対する監査報酬の決定方針は、監査法人が当社に対し提出した監査計画及び日程に基づく報酬見積に対し、前年実績等を勘案し監査法人と協議のうえ、監査役会の同意を得て決定いたしております。

 

ヘ 監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由

監査役会は、日本監査役協会が公表する「会計監査人との連携に関する実務指針」を踏まえ、監査計画における監査時間及び監査報酬の推移並びに過年度の監査計画と実績の状況を確認し、報酬額の見積もりの妥当性を検討した結果、会計監査人の報酬等につき同意いたしました。

 

(4) 【役員の報酬等】

① 役員の報酬等の額又はその算出方法の決定に関する方針に係る事項

当社の役員報酬は、内規に基づき、固定報酬部分と業績に応じて変動する部分を役職ごとに定めております。
 基本構成比は、業績連動報酬部分は、個人ごとの報酬年額の10~15%程度となるように設計し、当該報酬は、上限2倍までとすることをその内規で定めております。また、業績連動報酬の基準となる経営指標は、当期の経常利益見込と当期純利益見込、及び前年同実績並びに過去3~5年間の同実績を考慮しております。なお、当社の意図しない特別な利益が発生した場合は、その基準より排除しております。

この経営指標を選択した理由は、業績に対する取締役の責任を明確にしたうえで利益額を報酬に連動させるためです。また、代表取締役と他の取締役による構成比の違いはありません。
 取締役会において、業績連動報酬を前述の指標を基準に検討して決定しております。また、その裁量範囲は株主総会決議を要さない範囲であります。

なお、報酬の具体的な決定については、取締役会が代表取締役社長に一任し、代表取締役社長は内規に基づきこれを決定しております。

監査役の報酬等の額については、監査役会で協議して定めております。

 

② 提出会社の役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

役員区分

報酬等の総額
(千円)

報酬等の種類別の総額(千円)

対象となる
役員の員数
(名)

固定報酬

業績連動報酬

退職慰労金

取締役
(社外取締役を除く)

105,450

105,450

6

監査役
(社外監査役を除く)

18,000

18,000

2

社外役員

16,800

16,800

5

 

 

③ 提出会社の役員ごとの報酬等の総額等

報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。

 

(5) 【株式の保有状況】

① 投資株式の区分の基準及び考え方

当社は、保有目的が純投資目的である投資株式と純投資目的以外の目的である投資株式の区分について、配当金収益及び株式の値上がり目的で購入した株式を純投資目的の株式、事業上の関係強化等、純投資以外の経営戦略上重要な目的を併せ持つ特定投資株式を純投資目的以外の目的である投資株式としております。

 

② 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式
a.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の内容

当社は、個別の特定投資株式について、取締役会にて、当該保有先との取引状況を踏まえた事業上のメリット及び当該株式の市場価額、配当収益その他の経済合理性等を基に保有目的の適切性や収益性を毎年度確認することとしております。なお、保有の適切性・合理性が認められない場合に加え純投資としての保有意義も認められない場合は、売却を検討します。2020年5月13日開催の取締役会で、検証対象9銘柄のうち、保有目的及び収益性の観点から8銘柄については、保有が適切であると判断しました。残り1銘柄については、適切な時期に売却を検討しますが、当社の財務状況から当面は保有することとしました。

 

 

b.銘柄数及び貸借対照表計上額

 

 

銘柄数

(銘柄)

貸借対照表計上額の
合計額(千円)

非上場株式

非上場株式以外の株式

9

629,497

 

 

(当事業年度において株式数が増加した銘柄)

  該当事項はありません。

 

(当事業年度において株式数が減少した銘柄)

 

 

銘柄数

(銘柄)

株式数の減少に係る
売却価額の合計額(千円)

非上場株式

非上場株式以外の株式

1

50,235

 

 

c.特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報

 

特定投資株式

 

銘柄

当事業年度

前事業年度

保有目的、定量的な保有効果
及び株式数が増加した理由

当社の株
式の保有
の有無

株式数(株)

株式数(株)

貸借対照表計上額
(千円)

貸借対照表計上額
(千円)

積水化学工業㈱

300,000

300,000

配当金収入、取引関係強化
配当利回り13.5%

429,900

533,700

㈱立花エレテック

64,680

64,680

配当金収入、株式安定化
配当利回り10.3%

93,656

107,562

エア・ウォーター㈱

37,000

37,000

配当金収入、株式安定化
配当利回り14.5%

54,982

59,348

㈱ユーシン

51,000

配当金収入
配当利回り0.0%

50,184

㈱ササクラ

13,800

13,800

配当金収入、株式安定化
配当利回り3.1%

26,413

33,948

平和紙業㈱

31,000

31,000

配当金収入、株式安定化
配当利回り2.1%

12,555

15,872

㈱三菱UFJフィナンシャル・グループ

10,420

10,420

配当金収入、財務政策
配当利回り12.3%

4,199

5,731

不二サッシ㈱

44,000

44,000

配当金収入、取引関係強化
配当利回り4.2%

2,992

3,916

㈱みずほフィナンシャルグループ

20,000

20,000

配当金収入、財務政策
配当利回り5.4%

2,472

3,426

三井住友トラスト・ホールディングス㈱

745

745

配当金収入、財務政策
配当利回り7.0%

2,327

2,962

 

 

みなし保有株式

該当事項はありません。

 

 

③ 保有目的が純投資目的である投資株式

 

区分

当事業年度

前事業年度

銘柄数
(銘柄)

貸借対照表計
上額の合計額
(千円)

銘柄数
(銘柄)

貸借対照表計
上額の合計額
(千円)

非上場株式

非上場株式以外の株式

1

171,226

1

160,583

 

 

区分

当事業年度

受取配当金の
合計額(千円)

売却損益の
合計額(千円)

評価損益の
合計額(千円)

非上場株式

非上場株式以外の株式

2,601

133,159

 

 

④ 当事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的から純投資目的以外の目的に変更したもの

 該当事項はありません。

 

⑤ 当事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的以外の目的から純投資目的に変更したもの

 該当事項はありません。

 

第5 【経理の状況】

 

1 財務諸表の作成方法について

当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号)に基づいて作成しております。

 

2 監査証明について

当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、事業年度(2019年4月1日から2020年3月31日まで)の財務諸表について、有限責任監査法人トーマツにより監査を受けております。

 

3 連結財務諸表について

当社は、子会社がないため、連結財務諸表は作成しておりません。

 

4 財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

当社は、財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内容を適切に把握し、財務諸表を適正に作成できる体制を整備するため、公益財団法人財務会計基準機構へ加入し、セミナー等に定期的に参加しております。

 

1 【連結財務諸表等】

(1) 【連結財務諸表】

該当事項はありません。

 

(2) 【その他】

該当事項はありません。

2 【財務諸表等】

(1) 【財務諸表】

①【貸借対照表】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(単位:千円)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前事業年度

(2019年3月31日)

当事業年度

(2020年3月31日)

資産の部

 

 

 

流動資産

 

 

 

 

現金及び預金

1,135,496

1,409,217

 

 

受取手形

※3 42,318

54,509

 

 

電子記録債権

※1,※3 2,351,057

※1 2,267,916

 

 

売掛金

※1 1,177,298

※1 1,052,078

 

 

商品及び製品

153,311

146,038

 

 

仕掛品

20,032

14,697

 

 

原材料及び貯蔵品

486,526

551,155

 

 

前払費用

25,109

25,836

 

 

未収入金

162,508

104,636

 

 

未収還付法人税等

55,577

8,710

 

 

その他

1,155

1,823

 

 

貸倒引当金

3,040

2,868

 

 

流動資産合計

5,607,352

5,633,751

 

固定資産

 

 

 

 

有形固定資産

 

 

 

 

 

建物

2,798,296

2,807,367

 

 

 

 

減価償却累計額

1,865,708

1,933,926

 

 

 

 

建物(純額)

932,587

873,441

 

 

 

構築物

433,239

433,239

 

 

 

 

減価償却累計額

392,079

399,012

 

 

 

 

構築物(純額)

41,160

34,226

 

 

 

機械及び装置

1,788,670

1,806,408

 

 

 

 

減価償却累計額

1,263,478

1,344,036

 

 

 

 

機械及び装置(純額)

525,192

462,372

 

 

 

車両運搬具

73,451

73,451

 

 

 

 

減価償却累計額

47,345

57,472

 

 

 

 

車両運搬具(純額)

26,106

15,979

 

 

 

工具、器具及び備品

1,210,343

1,249,647

 

 

 

 

減価償却累計額

1,120,650

1,173,626

 

 

 

 

工具、器具及び備品(純額)

89,693

76,021

 

 

 

土地

※2 1,494,351

※2 1,494,351

 

 

 

建設仮勘定

1,930

18,250

 

 

 

有形固定資産合計

3,111,021

2,974,641

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(単位:千円)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前事業年度

(2019年3月31日)

当事業年度

(2020年3月31日)

 

 

無形固定資産

 

 

 

 

 

借地権

7,977

7,977

 

 

 

ソフトウエア

119,840

120,237

 

 

 

電話加入権

0

0

 

 

 

その他

173

173

 

 

 

無形固定資産合計

127,991

128,389

 

 

投資その他の資産

 

 

 

 

 

投資有価証券

1,483,116

1,218,968

 

 

 

関係会社株式

1,004,978

978,921

 

 

 

従業員に対する長期貸付金

4,700

4,100

 

 

 

長期前払費用

3,313

2,015

 

 

 

その他

120,797

120,162

 

 

 

貸倒引当金

8,148

8,148

 

 

 

投資その他の資産合計

2,608,757

2,316,019

 

 

固定資産合計

5,847,770

5,419,050

 

資産合計

11,455,123

11,052,802

負債の部

 

 

 

流動負債

 

 

 

 

支払手形

※3 698,540

618,581

 

 

買掛金

※1 647,927

※1 608,118

 

 

未払金

220,536

183,229

 

 

未払費用

77,366

69,415

 

 

未払法人税等

22,879

38,497

 

 

未払消費税等

21,328

61,754

 

 

前受金

4,214

11,092

 

 

預り金

22,527

16,978

 

 

賞与引当金

160,500

160,018

 

 

製品保証引当金

43,372

10,241

 

 

設備関係支払手形

※3 2,560

38,219

 

 

流動負債合計

1,921,753

1,816,147

 

固定負債

 

 

 

 

長期未払金

2,500

2,500

 

 

繰延税金負債

229,726

175,245

 

 

再評価に係る繰延税金負債

※2 132,842

※2 132,842

 

 

退職給付引当金

163,641

169,447

 

 

その他

2,163

2,163

 

 

固定負債合計

530,873

482,198

 

負債合計

2,452,626

2,298,345