EDINET閲覧(提出)サイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)をもとに上場企業サーチ作成

本ページはEDINETに提出された開示情報を上場企業サーチが加工/編集したものであり、記載された情報の正確性および完全性について上場企業サーチは一切の保証を行いません。本ページの情報を利用する際は自己の責任で判断頂き、意思決定に際しては適宜EDINETや提出会社が公開するオリジナルを参照する様にしてください。本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

【表紙】

【提出書類】

有価証券報告書

【根拠条文】

金融商品取引法第24条第1項

【提出先】

関東財務局長

【提出日】

2021年6月25日

【事業年度】

第125期(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)

【会社名】

昭和電線ホールディングス株式会社

【英訳名】

SWCC SHOWA HOLDINGS CO., LTD.

【代表者の役職氏名】

代表取締役社長  長 谷 川 隆 代

【本店の所在の場所】

川崎市川崎区日進町1番14号

【電話番号】

(044)223-0520

【事務連絡者氏名】

人事総務統括部法務課長 上 林 克 寿

【最寄りの連絡場所】

川崎市川崎区日進町1番14号

【電話番号】

(044)223-0521

【事務連絡者氏名】

人事総務統括部法務課長 上 林 克 寿

【縦覧に供する場所】

株式会社東京証券取引所

(東京都中央区日本橋兜町2番1号)

 

E01336 58050 昭和電線ホールディングス株式会社 SWCC SHOWA HOLDINGS CO., LTD. 企業内容等の開示に関する内閣府令 第三号様式 Japan GAAP true CTE CTE 2020-04-01 2021-03-31 FY 2021-03-31 2019-04-01 2020-03-31 2020-03-31 1 false false false E01336-000 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E01336-000:ElectricWireOperationsReportableSegmentsMember E01336-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E01336-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E01336-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E01336-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E01336-000:MagnetWireOperationsReportableSegmentsMember E01336-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E01336-000:PowerSystemOperationsReportableSegmentsMember E01336-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E01336-000:ElectricWireOperationsReportableSegmentsMember E01336-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:UnallocatedAmountsAndEliminationMember E01336-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row1Member E01336-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row2Member E01336-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row3Member E01336-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row4Member E01336-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row1Member E01336-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row6Member E01336-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E01336-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithNoVotingRightsMember E01336-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsTreasurySharesEtcMember E01336-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsOtherMember E01336-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E01336-000 2020-03-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E01336-000 2020-03-31 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E01336-000 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E01336-000:ElectricWireOperationsReportableSegmentsMember E01336-000 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E01336-000:PowerSystemOperationsReportableSegmentsMember E01336-000 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E01336-000:MagnetWireOperationsReportableSegmentsMember E01336-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:UnallocatedAmountsAndEliminationMember E01336-000 2021-03-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E01336-000 2021-06-25 jpcrp_cor:Row5Member E01336-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:OutsideDirectorsMember E01336-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:DirectorsAppointedAsAuditAndSupervisoryCommitteeMembersExcludingOutsideDirectorsMember E01336-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:DirectorsExcludingAuditAndSupervisoryCommitteeMembersAndOutsideDirectorsMember E01336-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E01336-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E01336-000 2021-06-25 E01336-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E01336-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01336-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01336-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01336-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E01336-000 2021-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01336-000 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E01336-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01336-000 2020-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01336-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01336-000 2019-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01336-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row5Member E01336-000 2021-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01336-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E01336-000:OutsideDirectorsAuditAndSupervisoryCommitteeMember E01336-000 2021-03-31 E01336-000 2020-04-01 2021-03-31 E01336-000 2020-03-31 E01336-000 2019-04-01 2020-03-31 E01336-000 2019-03-31 E01336-000 2018-04-01 2019-03-31 E01336-000 2018-03-31 E01336-000 2017-04-01 2018-03-31 E01336-000 2017-03-31 E01336-000 2016-04-01 2017-03-31 E01336-000 2021-03-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E01336-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E01336-000 2020-03-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E01336-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E01336-000 2019-03-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E01336-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01336-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01336-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01336-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01336-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01336-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E01336-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E01336-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember E01336-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01336-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E01336-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01336-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E01336-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01336-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E01336-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E01336-000 2021-03-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E01336-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E01336-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01336-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E01336-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01336-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01336-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E01336-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E01336-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E01336-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:RevaluationReserveForLandMember E01336-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E01336-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E01336-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01336-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E01336-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01336-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember E01336-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01336-000 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01336-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E01336-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E01336-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E01336-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp_cor:OtherOperatingSegmentsAxisMember E01336-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01336-000 2017-04-01 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01336-000 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01336-000 2016-04-01 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01336-000 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E01336-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row5Member E01336-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row6Member E01336-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01336-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E01336-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember E01336-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E01336-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E01336-000 2019-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01336-000 2019-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E01336-000 2019-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01336-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E01336-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01336-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01336-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E01336-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01336-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01336-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E01336-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E01336-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember E01336-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No1MajorShareholdersMember E01336-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No2MajorShareholdersMember E01336-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No3MajorShareholdersMember E01336-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No4MajorShareholdersMember E01336-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No5MajorShareholdersMember E01336-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No6MajorShareholdersMember E01336-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No7MajorShareholdersMember E01336-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No8MajorShareholdersMember E01336-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No9MajorShareholdersMember E01336-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No10MajorShareholdersMember E01336-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E01336-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E01336-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E01336-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E01336-000:ElectricWireOperationsReportableSegmentsMember E01336-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E01336-000:PowerSystemOperationsReportableSegmentsMember E01336-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E01336-000:MagnetWireOperationsReportableSegmentsMember E01336-000 2020-03-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E01336-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OtherOperatingSegmentsAxisMember E01336-000 2021-06-25 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E01336-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:RevaluationReserveForLandMember E01336-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01336-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E01336-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E01336-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E01336-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01336-000 2021-06-25 jpcrp_cor:Row1Member E01336-000 2021-06-25 jpcrp_cor:Row2Member E01336-000 2021-06-25 jpcrp_cor:Row3Member E01336-000 2021-06-25 jpcrp_cor:Row4Member E01336-000 2021-06-25 jpcrp030000-asr_E01336-000:HasegawaTakayoMember E01336-000 2021-06-25 jpcrp030000-asr_E01336-000:DongchengZhangMember E01336-000 2021-06-25 jpcrp030000-asr_E01336-000:TogawaKiyoshiMember E01336-000 2021-06-25 jpcrp030000-asr_E01336-000:IchikawaSeiichiroMember E01336-000 2021-06-25 jpcrp030000-asr_E01336-000:GuoqiangHuMember E01336-000 2021-06-25 jpcrp030000-asr_E01336-000:TogawaTakashiMember E01336-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesTreasurySharesSharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E01336-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithFullVotingRightsOtherMember E01336-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsOtherMember E01336-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesLessThanOneUnitMember E01336-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesLessThanOneUnitMember E01336-000 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E01336-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01336-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E01336-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01336-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember E01336-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01336-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E01336-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E01336-000 2021-06-25 jpcrp030000-asr_E01336-000:SakakuraYujiMember E01336-000 2019-03-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E01336-000 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E01336-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E01336-000 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E01336-000 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01336-000 2019-03-31 jppfs_cor:RevaluationReserveForLandMember E01336-000 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E01336-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E01336-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E01336-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E01336-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01336-000 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01336-000 2020-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E01336-000 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01336-000 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E01336-000 2020-03-31 jppfs_cor:RevaluationReserveForLandMember E01336-000 2020-03-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E01336-000 2021-03-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E01336-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E01336-000 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E01336-000:MagnetWireOperationsReportableSegmentsMember E01336-000 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E01336-000:PowerSystemOperationsReportableSegmentsMember E01336-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E01336-000 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01336-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row2Member E01336-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row3Member E01336-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row4Member E01336-000 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01336-000 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01336-000 2021-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E01336-000 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E01336-000 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E01336-000 2021-03-31 jppfs_cor:RevaluationReserveForLandMember iso4217:JPY xbrli:shares xbrli:shares xbrli:pure iso4217:JPY

第一部【企業情報】

第1【企業の概況】

1【主要な経営指標等の推移】

(1)連結経営指標等

回次

第121期

第122期

第123期

第124期

第125期

決算年月

2017年3月

2018年3月

2019年3月

2020年3月

2021年3月

売上高

(百万円)

155,232

168,186

177,174

171,142

161,697

経常利益

(百万円)

2,446

4,892

5,603

7,864

7,765

親会社株主に帰属する当期純利益

(百万円)

1,976

3,737

4,569

5,465

4,966

包括利益

(百万円)

2,938

5,722

2,314

4,584

8,628

純資産額

(百万円)

28,655

33,477

35,628

39,981

48,169

総資産額

(百万円)

119,528

123,518

124,165

122,521

129,460

1株当たり純資産額

(円)

913.60

1,101.71

1,171.66

1,327.04

1,594.63

1株当たり当期純利益金額

(円)

64.14

123.93

153.22

183.27

166.49

潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額

(円)

自己資本比率

(%)

23.6

26.6

28.1

32.3

36.7

自己資本利益率

(%)

7.4

12.3

13.5

14.7

11.4

株価収益率

(倍)

13.4

7.7

4.6

5.5

9.8

営業活動による

キャッシュ・フロー

(百万円)

7,842

6,804

6,901

8,696

8,882

投資活動による

キャッシュ・フロー

(百万円)

2,218

4,051

3,552

4,144

3,358

財務活動による

キャッシュ・フロー

(百万円)

6,506

3,295

2,970

4,879

5,661

現金及び現金同等物の期末残高

(百万円)

5,192

4,603

4,721

4,225

4,086

従業員数

(名)

4,941

4,757

4,494

4,352

4,319

(外、平均臨時雇用者数)

 

()

()

(509)

(449)

()

(注)1 本報告書中の売上高については消費税等抜きで表示しております。

2 潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

3 「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)を第123期の期首から適用しており、第122期に係る数値については、当該会計基準を遡って適用した後の数値となっております。

4 従業員数は、就業人員数を記載しております。

5 第121期、第122期および第125期の平均臨時雇用者数は、従業員数の100分の10未満であるため記載しておりません

(2)提出会社の経営指標等

回次

第121期

第122期

第123期

第124期

第125期

決算年月

2017年3月

2018年3月

2019年3月

2020年3月

2021年3月

売上高

(百万円)

3,104

2,654

2,273

2,574

4,372

経常利益

(百万円)

599

397

352

561

2,556

当期純利益

(百万円)

581

360

370

539

2,485

資本金

(百万円)

24,221

24,221

24,221

24,221

24,221

発行済株式総数

(千株)

308,268

30,826

30,826

30,826

30,826

純資産額

(百万円)

30,415

29,973

30,144

30,431

32,513

総資産額

(百万円)

83,637

81,306

80,740

77,322

73,572

1株当たり純資産額

(円)

987.11

1,005.01

1,010.77

1,020.39

1,089.95

1株当たり配当額

(円)

0.00

5.00

7.00

15.00

20.00

(うち1株当たり中間配当額)

(円)

(0.00)

(0.00)

(0.00)

(0.00)

(0.00)

1株当たり当期純利益金額

(円)

18.86

11.94

12.42

18.08

83.33

潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額

(円)

自己資本比率

(%)

36.4

36.9

37.3

39.4

44.2

自己資本利益率

(%)

1.9

1.2

1.2

1.8

7.9

株価収益率

(倍)

45.5

79.7

56.7

55.9

19.6

配当性向

(%)

41.9

56.4

83.0

24.0

従業員数

(名)

49

33

38

48

45

株主総利回り

(%)

136.5

151.7

113.7

164.6

266.2

(比較指標:配当込みTOPIX)

(%)

(114.7)

(132.9)

(126.2)

(114.2)

(162.3)

最高株価

(円)

96

1,171(105)

960

1,583

1,999

最低株価

(円)

53

860 (73)

510

704

930

(注)1 本報告書中の売上高については消費税等抜きで表示しております。

2 潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

3 「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)を第123期の期首から適用しており、第122期に係る数値については、当該会計基準を遡って適用した後の数値となっております。

4 従業員数は、就業人員数を記載しております。

5 最高株価および最低株価は東京証券取引所(市場第一部)におけるものであります。

6 2017年10月1日を効力発生日として、普通株式10株を1株とする株式併合を実施したため、第122期の株価については、株式併合後の最高・最低株価を記載し、株式併合前の最高・最低株価は( )にて記載しております。

2【沿革】

 

年月

概要

1936年5月

東京電気㈱(現㈱東芝)より独立、資本金100万円をもって川崎市に設立

1937年8月

裸銅線製造販売開始

1949年4月

大阪販売店、仙台・福岡・名古屋出張所設置

5月

東京証券取引所に株式上場

1950年9月

建設業(電気工事)開始

1951年9月

札幌販売店設置

1960年10月

広島出張所設置

1961年12月

相模原工場完成

1967年11月

東京都港区に本社事務所を開設

1968年5月

三重工場完成

1969年3月

相模原市に電子部工場新設

1972年8月

仙台工場完成

1973年9月

当社初の転換社債を発行

1979年6月

当社初の外貨建転換社債を発行

1987年7月

決算期を4月末日より3月31日に変更

1988年2月

当社初の外貨建新株引受権付社債を発行

1990年4月

海老名工場完成

1995年6月

愛知工場完成

2002年7月

電力用電線・ケーブル事業を㈱エクシムに営業譲渡

2006年4月

会社分割を実施し、持株会社体制へ移行

 

(事業会社として、昭和電線ケーブルシステム㈱および昭和電線デバイステクノロジー㈱を設立し、昭和ビジネスサポート㈱を昭和電線ビジネスソリューション㈱に商号変更)

 

商号を「昭和電線電纜㈱」から「昭和電線ホールディングス㈱」に変更

2011年5月

当社と富通集団有限公司との間で業務提携契約を締結

(当社と富通集団(香港)有限公司との間で同社を割当先とする第三者割当増資に関する株式引受契約を締結)

2015年10月

昭和電線ケーブルシステム㈱が㈱エクシムを吸収合併

2017年4月

昭和電線ケーブルシステム㈱が昭和電線デバイステクノロジー㈱および昭和電線ビジネスソリューション㈱を吸収合併

2017年12月

2019年6月

2019年10月

本店所在地を東京都港区虎ノ門四丁目3番1号から川崎市川崎区日進町1番14号に変更

監査役会設置会社から監査等委員会設置会社へ移行

当社と古河電気工業㈱との間で建設・電販市場向け汎用電線事業に関する業務提携契約を締結

 

3【事業の内容】

 当社および当社の主要な関係会社の、セグメント情報との関連における事業内容および当該事業に係る位置付けは、次のとおりであります。

(エネルギー・インフラ事業)

 当事業では、主に電線、電力ケーブル、免震装置、制振・防振の製造販売等およびエンジニアリングの設計・請負等を行っています。

 製造販売会社として昭和電線ケーブルシステム㈱、冨士電線㈱、昭光機器工業㈱、㈱昭和サイエンス、販売会社としてSFCC㈱、㈱SDS、昭和電線電纜(上海)有限公司、その他の会社として㈱エステック、昭和リサイクル㈱があります。

(通信・産業用デバイス事業)

 当事業では、主に通信ケーブル、ワイヤハーネス、精密デバイスの製造販売を行っています。

 製造販売会社として昭和電線ケーブルシステム㈱、冨士電線㈱、青森昭和電線㈱、SWCC SHOWA(VIETNAM)CO.,LTD.、嘉興昭和機電有限公司、東莞昭和機電有限公司、SWCC SHOWA VIETNAM INTERCONNECT PRODUCTS CO.,LTD.、福清昭和精密電子有限公司、販売会社として㈱SDS、香港昭和有限公司、昭和電線電纜(上海)有限公司があります。

(電装・コンポーネンツ事業)

 当事業では、主に巻線、裸線、無酸素銅、銅合金線、車載用アルミケーブルの製造販売を行っています。

 製造販売会社として昭和電線ケーブルシステム㈱、昭和電線ユニマック㈱、販売会社として㈱SDS、昭和電線電纜(上海)有限公司があります。

(その他、新規事業を含む)

 当事業では、自動車用電線、ネットワークソリューションの製造販売および報告セグメントに含まれない事業セグメントとして物流業、事務管理業務、材料の研究開発、超電導事業の製造販売等を含んでおります。

 製造販売会社として昭和電線ケーブルシステム㈱、販売会社として㈱SDS、昭和電線電纜(上海)有限公司、その他の会社として㈱アクシオ、㈱ロジス・ワークスがあります。

 

 なお、当社は、有価証券の取引等の規制に関する内閣府令第49条第2項に規定する特定上場会社等に該当し、インサイダー取引規制の重要事実の軽微基準のうち、上場会社の規模との対比で定められる数値基準については連結ベースの計数に基づいて判断することとなります。

 事業の系統図は次のとおりであります。(2021年3月31日現在)

*は持分法適用会社、その他は全て連結子会社であります。

 

0101010_001.png

4【関係会社の状況】

 

名称

住所

資本金又は

出資金

(百万円)

主要な事業の内容

議決権の所有割合

(%)

関係内容

(連結子会社)

 

 

 

 

 

昭和電線ケーブルシステム㈱

川崎市

川崎区

10,000

エネルギー・インフラ事業

通信・産業用デバイス事業

電装・コンポーネンツ事業

その他(新規事業を含む)

100.0

経営管理を行っております。

兼任3名(当社役員2名、当社従業員1名)

当社より資金援助を受けております。

SFCC㈱

川崎市

川崎区

490

エネルギー・インフラ事業

60.0

経営管理を行っております。

兼任1名(当社役員1名)

昭和電線ユニマック㈱

三重県

いなべ市

480

電装・コンポーネンツ事業

100.0

経営管理を行っております。

兼任2名(当社役員2名)

当社より資金援助を受けております。

冨士電線㈱

神奈川県

伊勢原市

318

エネルギー・インフラ事業

通信・産業用デバイス事業

100.0

経営管理を行っております。

兼任3名(当社役員3名)

当社より資金援助を受けております。

㈱アクシオ

東京都

品川区

310

その他(新規事業を含む)

100.0

経営管理を行っております。また、情報システムの構築・運用を委託しております。

兼任2名(当社役員2名)

㈱SDS

川崎市

川崎区

100

エネルギー・インフラ事業

通信・産業用デバイス事業

電装・コンポーネンツ事業

その他(新規事業を含む)

100.0

経営管理を行っております。

兼任1名(当社役員1名)

㈱ロジス・ワークス

川崎市

川崎区

95

その他

100.0

(100.0)

経営管理を行っております。

兼任1名(当社役員1名)

青森昭和電線㈱

青森県

青森市

80

通信・産業用デバイス事業

100.0

(100.0)

経営管理を行っております。

昭光機器工業㈱

東京都

大田区

80

エネルギー・インフラ事業

100.0

(100.0)

経営管理を行っております。

当社より資金援助を受けております。

㈱昭和サイエンス

東京都

品川区

40

エネルギー・インフラ事業

70.0

(70.0)

経営管理を行っております。

㈱エステック

川崎市

川崎区

20

エネルギー・インフラ事業

100.0

(100.0)

経営管理を行っております。

昭和リサイクル㈱

相模原市中央区

20

エネルギー・インフラ事業

100.0

(100.0)

経営管理を行っております。

香港昭和有限公司

中国

千香港ドル

84,300

通信・産業用デバイス事業

100.0

兼任3名(当社役員1名、当社従業員2名)

昭和電線電纜(上海)有限公司

中国

千米ドル

9,900

エネルギー・インフラ事業

通信・産業用デバイス事業

電装・コンポーネンツ事業

その他(新規事業を含む)

100.0

兼任3名(当社役員1名、当社従業員2名)

SWCC SHOWA (VIETNAM) CO., LTD.

ベトナム

千米ドル

7,000

通信・産業用デバイス事業

100.0

(100.0)

兼任1名(当社従業員1名)

嘉興昭和機電有限公司

中国

千米ドル

5,150

通信・産業用デバイス事業

98.5

(1.42)

兼任3名(当社役員1名、当社従業員2名)

東莞昭和機電有限公司

中国

人民元

24,207,336

通信・産業用デバイス事業

98.5

(98.5)

兼任3名(当社役員1名、当社従業員2名)

福清昭和精密電子有限公司

中国

千米ドル

3,400

通信・産業用デバイス事業

100.0

(100.0)

兼任1名(当社従業員1名)

SWCC SHOWA VIETNAM INTERCONNECT PRODUCTS CO., LTD.

ベトナム

百万ドン

45,100

通信・産業用デバイス事業

98.5

(98.5)

兼任2名(当社役員1名、当社従業員1名)

 

 

名称

住所

資本金又は

出資金

(百万円)

主要な事業の内容

議決権の所有割合

(%)

関係内容

(持分法適用関連会社)

 

 

 

 

 

富通昭和線纜(杭州)有限公司

中国

千人民元

524,230

通信・産業用デバイス事業

電装・コンポーネンツ事業

48.9

(48.9)

兼任2名(当社役員2名)

当社より資金援助を受けております。

富通昭和線纜(天津)有限公司

中国

千人民元

170,000

電装・コンポーネンツ事業

49.0

(49.0)

兼任2名(当社役員2名)

当社より資金援助を受けております。

特変電工昭和(山東)電纜附件有限公司

中国

千米ドル

14,000

エネルギー・インフラ事業

49.0

(49.0)

華和工程股份有限公司

台湾

千台湾ドル

35,000

エネルギー・インフラ事業

50.0

(50.0)

兼任1名(当社従業員1名)

(その他の関係会社)

 

 

 

 

 

富通集団有限公司

中国

千人民元

2,248,000

電線・ケーブルの製造販売等の事業

被所有

21.1

(21.1)

業務提携契約を締結しております。

 

(注)1 主要な事業の内訳欄には、セグメントの名称を記載しております。

2 昭和電線ケーブルシステム㈱および冨士電線㈱は特定子会社に該当しております。

3 議決権の所有または被所有割合の( )内は、間接所有割合で内数であります。

4 富通集団有限公司の間接所有割合の内訳は、富通集団有限公司の100%子会社である富通集団(香港)有限公司および富通集団(香港)有限公司の100%子会社である㈱FTの所有によるものであります。

5 連結子会社の多摩川電線㈱は、2020年4月1日付で連結子会社の昭和電線ユニマック㈱に吸収合併されました。

6 連結子会社の㈱ダイジは、2020年9月30日付で解散し、清算手続き中であるため、重要な子会社から除外しております。

7 連結子会社のSWCC DAIJI VIETNAM INTERCONNECT PRODUCTS CO.,LTDは、2021年3月26日付でSWCC SHOWA VIETNAM INTERCONNECT PRODUCTS CO.,LTD.に商号を変更いたしました。

8 昭和電線ケーブルシステム㈱、㈱SDSおよび冨士電線㈱については売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の連結売上高に占める割合が10%を超えております。

主要な損益情報等

 

昭和電線ケーブルシステム㈱

㈱SDS

冨士電線㈱

(1)売上高(百万円)

114,873

23,817

14,641

(2)経常利益(百万円)

4,005

517

1,131

(3)当期純利益(百万円)

2,275

330

655

(4)純資産額(百万円)

29,826

2,299

6,551

(5)総資産額(百万円)

101,094

12,308

13,323

 

 

5【従業員の状況】

(1)連結会社における状況

 

2021年3月31日現在

セグメントの名称

従業員数(名)

エネルギー・インフラ事業

1,152

通信・産業用デバイス事業

1,979

電装・コンポーネンツ事業

333

その他

855

合計

4,319

(注) 従業員数は、就業人員であります。

 

(2)提出会社の状況

 

 

 

2021年3月31日現在

従業員数(名)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(千円)

45

49.6

18.3

6,756

 

セグメントの名称

従業員数(名)

その他

45

合計

45

(注)1 従業員数は、就業人員であります。

2 平均年間給与は、賞与および基準外賃金を含んでおります。

 

(3)労働組合の状況

 当社の労働組合は、1946年3月に結成され、昭和電線労働組合とし、現在は当社および昭和電線ケーブルシステム㈱の従業員を対象としております。2021年3月31日現在組合員数は、974名で電線工業の連合体である日本労働組合総連合会傘下の全日本電線関連産業労働組合連合会に加入しております。

 各社の組合活動については、特記すべきことはなく、主として組合員の給与・労働条件の改善にその重点が向けられ、いずれも円満適正に処理されております。

 

第2【事業の状況】

1【経営方針、経営環境および対処すべき課題等】

 文中における将来に関する事項は、当事業年度末現在において、当社グループが判断したものであります。

 

 (1)会社の経営の基本方針

  当社グループは、経営理念である「信頼の輪を広げます」のもと、信頼される製品でインフラを支え、社会の安心安全に貢献する会社であり続けることを使命としております。そして、長年積み上げてきた技術とサービスでお客様のニーズを掘り起こし、付加価値を創造する企業体として成長し続けることをビジョンとして掲げております。

  当社グループは、1936年の創業から90周年を迎える2026年に向けた昭和電線グループの経営構想である「SWCC VISION2026」を策定しており、変わりゆく時代においてもその使命を忘れることなく、「迅速」「情熱」「考動」でお客様と社会に一層貢献していくことを方針としております。

 

  0102010_001.png

 

 (2)中長期的な会社の経営戦略

  当社グループは、現在、中期経営計画「Change SWCC2022」ローリングプラン(2019)に取り組んでいます。中期経営計画では、建設、電力、通信の基盤事業の生産性向上や事業見直しによる収益力強化、モビリティ・インダストリ(医療・工場自動化)分野を含む新規事業への投資、ワイヤハーネス・電子ワイヤ事業の海外製造拠点への移転等の加速を主な戦略として、2022年度目標売上高2,000億円、営業利益100億円を掲げております。この目標達成のための施策を下記に示しております。

 

①基盤事業の収益力強化

・事業構造改革…国内生産体制の強靭化による収益力改善と安定製造

・事業収益性評価…ROIC経営導入による投下資本効率改善、低採算事業の対処と不採算事業の撤退

・グループ調達による集中購買と開発購買の推進

・AI、IoTを活用したスマートファクトリー構想

②新規事業の創出

・グループ横断の製販技プロジェクトチームによる新規事業の創出

・コアコンピタンス・要素技術の創出とニーズ発掘による新製品開発

・メーカー系IT企業で培ったIT技術によるデジタルトランスフォーメーション(DX)ソリューションの推進

 

③海外事業の新展開

・ワイヤハーネス・電子ワイヤ事業および銅・巻線事業の拡大

・海外ガバナンス体制強化

 

  2020年度におきましても、新型コロナウイルス感染拡大防止策を徹底する一方で中期経営計画に基づいた各種の施策についても着実に進めてまいりました。基盤事業の収益力強化については、ROIC(投下資本利益率)を経営指標とする事業構造改革に取り組み、ゴム線事業の売却や事業会社の統廃合を進めてまいりました。新規事業の創出については、DX推進のためのソリューション強化の一環として、㈱アクシオにおいてクラウドID管理サービスに関する業務資本提携に向けた準備を進めてまいりました。また、海外事業の新展開については、精密デバイス事業でベトナム製造拠点への移管を進めるとともに、ワイヤハーネス事業ではさらなる事業拡大を目指し、中国現地法人である嘉興昭和機電有限公司の新工場建設のため約16億円の投資を決定し、着工いたしました。

 

 (3)経営環境および優先的に対処すべき事業上の課題

  当社グループを取り巻く経営環境としては、国内電力インフラに関する安定した需要や、今後拡大が見込まれる5G関連需要、脱炭素社会に向けた取り組みの中で環境対応車をはじめとする環境配慮型製品に関する潜在的な需要が見込まれるものの、足元では新型コロナウイルス感染症の影響が継続することによる国内経済の足踏みも懸念されております。

  このような経営環境において、当社グループは、新型コロナウイルスの感染防止対策の徹底を継続していくとともに、人員および拠点の抜本的な再配置や事業ポートフォリオの見直し、持続的成長に向けたESG経営の強化を進めながら、ROICを重要な経営指標と位置づけ、一層の資本効率向上に向けて取り組んでまいります。

 

①昭和電線グループの中期経営計画「Change SWCC2022」ローリングプラン(2019)

  2021年度連結業績予想および現中期経営計画の2022年度連結業績目標は以下のとおりとなっております。

(単位:億円)

 

2020年度実績

2021年度予想

(収益認識基準適用前)

2021年度予想

(収益認識基準適用後)

2022年度目標

(収益認識基準適用前)

売上高

1,616

2,000

1,800

2,000

営業利益

75

86

86

100

経常利益

77

83

83

95

親会社株主に帰属する

当期純利益

49

68

68

66

営業利益率

4.7%

4.3%

4.8%

5%以上

配当性向

12%

18%

18%

約20%

有利子負債

376

390

390

380以下

DEレシオ

79%

73%

73%

70%以下

純資産

481

543

543

550以上

自己資本比率

36.7%

38.4%

38.4%

38%以上

ROIC

6.3%

6.7%

6.7%

7%以上

  (注)1.DEレシオは自己資本で算出しております。

     2.当社グループは2022年3月期の期首より「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日)および「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 2021年3月26日)を適用いたします。当該基準適用後の当社グループの2022年3月期連結業績予想につきましては、上記「2021年度予想(収益認識基準適用後)」に記載のとおりとなります。

 

②セグメント別の状況および課題

  各セグメントの状況および課題については以下のとおりであります。

(エネルギー・インフラ事業)

  エネルギー・インフラ事業は、国内の電力インフラ、建設関連向けの電線・ケーブル、免制震部材が主体の事業となっております。

  電力インフラでは、国土強靭化対策による底堅い需要に加えて、再生可能エネルギーへのシフトに伴うさらなる需要増加も見込まれることに対して、主力製品である接続部品(SICONEX®)の増産強化を進めてまいります。また、施工作業員が不足している課題に対しては、接続工事技術の効率化・省力化にサステナブルな人材育成プログラムを付加した接続工事システムの展開を新たなブランド(SICOPLUS™)の下で進めてまいります。

  建設関連向けの電線・ケーブルでは、今後の国内建設需要の増加が見込み難い中で、DX推進によるビジネスプロセスのデジタル化等を進めることにより収益力の強化を図ってまいります。

 

 

(通信・産業用デバイス事業)

  通信・産業用デバイス事業は、国内やアジア圏向けの通信ケーブル、家電や産業機器向けのワイヤハーネス、複写機向け精密デバイスが主体の事業となっております。

  通信ケーブルでは、5Gサービス拡大や生活様式の変化による通信環境向上ニーズの高まりに伴う需要の取り込みに注力するとともに、現在分散している開発・製造拠点を集約することで収益力を強化してまいります。

  ワイヤハーネスは、主に中国を中心とする旺盛な家電向け需要の取り込みに注力するとともに、さらに海外展開を強化するために嘉興昭和機電有限公司の新工場建設に着工しており、2021年12月の稼働を予定しております。

  精密デバイスは、今後のサプライチェーンの変化に対応するため、昭和電線ケーブルシステム㈱海老名工場にある製品開発部門と一部生産ラインを同社相模原事業所に移転し、製品開発力の強化を図ると共に、海外向けの生産ラインをベトナムにある同社の100%子会社である
SWCC SHOWA(VIETNAM) CO., LTD.に移管し、地産地消をさらに加速させます。なお、2022年3月末までに海老名工場の売却完了を予定しております。

 

(電装・コンポーネンツ事業)

  電装・コンポーネンツ事業は、電線導体用の線材や汎用モータ用の巻線等の一般汎用製品と、無酸素銅MiDIP®およびヒータ用銅合金線等の高品位線材や、環境対応車向け高機能巻線といった高機能製品が主体の事業となっております。

  高機能製品は、第3四半期以降に特に自動車向けを中心に好調な需要が継続いたしましたが、今後も環境対応車向け需要の増加に合わせて収益性の高い同製品の販売割合を高めるべく、無酸素銅MiDIP®の生産体制を増強していくとともに、ヒータ用銅合金線ではその特性を生かした用途拡大に向けた開発、製造体制の強化を推進してまいります。

 

(新規事業)

  新規事業では、モビリティ、インダストリ、ITを軸に新たな事業創出に向けて取り組みを推進しております。モビリティでは、CASE、MaaS関連の車載向け製品へ注力しており、インダストリでは、新型コロナウイルス禍で加速することが見込まれる遠隔医療やスマートワーク化へのシステム、ネットワーク機器需要の取り込みを推進しております。

 

 

③ESG経営の強化

  当社グループは、「信頼の輪を広げます」の経営理念のもと、社会インフラを支える製品の供給を通じて責任を全うしていくことが社会との関わりの根幹であると認識し、事業を行ってまいりました。2020年5月には、持続可能な社会づくりを目指し、環境中長期計画「Green Plan 2050」を策定したほか、2021年2月には2021年度スタートの5か年計画「第7次昭和電線グループ環境自主行動計画(ボランタリープラン)」を発表しております。

  今後も、ESG経営を強化し、SDGsの活動を通じてすべてのステークホルダーの皆様に貢献できるよう努めてまいります。

 

(E/環境対策)

  当社グループでは、環境中長期計画「Green Plan 2050」において脱炭素社会への貢献目標を明確にするほか、このマイルストーンとして2030年度には2013年度対比でCO2削減量35%を目指すという目標を掲げております。「第7次昭和電線グループ環境自主行動計画(ボランタリープラン)」では、CO2削減に加え、産業廃棄物の埋め立て処分量の削減、水資源の有効活用等の目標を定めました。

  当事業年度においては、昨年に続き環境配慮型製品の開発と製品化を促進し、調達においてもサプライヤーの環境対応を勘案してグリーン調達を行いました。また、新たな取り組みとして「プラスチック使用ガイドライン」を制定し、プラスチック使用量削減の取り組みを強化したほか、㈱日本政策投資銀行のDBJ環境格付では、「環境への配慮に対する取り組みが特に先進的」である最高ランクの格付けを2年連続で取得し、同制度に基づく融資を受けました。

 

(S/社会との関わり)

  当社グループでは、人材育成プログラムや新人事制度の導入、働き方改革、ダイバーシティの推進等、社員一人ひとりが自分の能力を活かして活躍し、会社とともに成長していける職場環境づくりに努めています。また、健全かつ安定した労働力の確保は、企業競争力の強化につながることから、「健康経営」を推進し、代表取締役社長を中心とした健康経営推進体制により、昭和電線健康保険組合、産業医、保健師と連携しながら取り組んでおります。こうした取り組みは、子育てサポート企業を対象とする「くるみん」の認定や「健康経営優良法人2021(大規模法人部門)」の認定等、高い外部評価を獲得しています。

  当事業年度においては、活力と競争力ある組織を目指して、年功序列を廃止し、役割と能力によって給与が決まる新人事制度を導入しました。また、「ハラスメントポリシー」や「社会貢献活動方針」の策定に加え、新型コロナウイルス感染症の拡大に合わせた、テレワークおよび時差通勤対象者の拡充等、働きやすい職場環境づくりに努めました。そのほか、社会インフラを支える企業として、品質を守る取り組みにも力を入れています。2021年度からは、グループCEO直轄組織として安全・環境・品質統括室を設置しました。今後もコンプライアンスを重視しながら、より良い製品づくりに取り組んでまいります。

 

(G/ガバナンス改革)

  当社グループでは、監査等委員会設置会社の下で事業セグメント体制をとっており、業務執行の効率化・迅速化と監督機能の強化の両立を図っております。

  当事業年度においては、独立社外取締役を2名から3名に増員することで監督機能の一層の強化を図るとともに、業務執行における株主の皆様との一層の価値共有を図るために、業務執行取締役および執行役員に対して譲渡制限付株式を付与する報酬制度を導入いたしました。また、中長期的なマネジメント体制の構築を目的として、「SWCC次世代経営者サクセッションプラン」を策定し、経営者候補の選抜および育成にも取り組んでおります。

 

 (4)2021年度経営方針

  2021年度も引き続き新型コロナウイルス感染症による事業への影響を免れない状況が見込まれますが、2020年度に定めた変革を着実に実行するとともに、市場や環境の変化に応じた柔軟でスピード感のある判断と施策を実施することで、このような経営環境下にあっても、より一層、経営体質を強化し資本効率を高めてまいります。その観点から、2021年度のグループ経営方針は次の4点としております。

・コーポレートと事業セグメントが一体となり、柔軟性やスピード感ある判断と施策の実施

・ROIC経営の考え方の浸透、資本コストを意識した構造改革、事業改革の推進

・オープンイノベーションを取り入れ、新規事業の立上げを加速

・安全・環境・品質への取り組みを強化

 

 (5)次期中期経営計画の策定

  計画目標の早期達成や事業環境の変化を踏まえて、現中期経営計画を見直し、創立90周年である2026年度を最終年度とする新たな中期経営計画の策定を進めております。次期中期経営計画については、本年11月の公表を予定しております。

 

2【事業等のリスク】

 当社グループにおいて、リスクとは、経営の目的の達成を阻害する潜在的な要因であると定義しております。

 また、リスクを適切に管理することは、経営上極めて重要な課題であるとの認識のもと、当社グループはリスクマネジメント委員会を中心とするリスクマネジメント体制を整備しております。具体的な本委員会の構成としては、グループCEOを委員長、当社取締役および執行役員、主要事業会社の社長を委員としております。グループCEO統括のもと、本委員会にて、リスクの評価およびリスクマネジメント計画、対応策、年間を通したマネジメントサイクルの結果を、適時に取締役会へ報告しております。また、リスク統括部署として経営管理統括部内にリスクマネージメント室を設置し、規則、ガイドラインの制定および教育研修をはじめ、事業の継続発展のために不可欠な全社的リスクマネジメント体制の強化を図っております。

0102010_002.png

 リスクのうち、投資家の判断に重要な影響を及ぼす可能性がある主要リスクについては、本委員会にてリスクを識別、分析、評価をして判断しております。具体的には、グループ各社から挙げられたリスクを数値化する等して定量的に分析を行い、その上で当社グループとして重要な影響を及ぼす可能性があるリスクを主要リスクとして評価、対策を行っております。評価した主要リスクとしては、以下のようなものがあります。

 なお、本項においては、将来に関する事項が含まれておりますが、当該事項は本有価証券報告書提出日現在において判断したものであります。

 

【2020年度主要リスク】

リスク項目

認識しているリスク内容

主要な取り組み

残存するリスク

自然災害等

〇以下の自然災害等による製造拠点の操業停止や物流機能の麻痺等

・大規模な地震・台風・洪水等の自然災害

・火災等の事故

・事前に想定されるリスクに対して円滑な初期対応を講じるために、サプライチェーンを含めたBCP(事業継続計画)を策定

・製造拠点ではインフラ設備の強靭化投資を計画的に実施

・電力不足・物流の停滞等により社会インフラ機能そのものの低下が長期化する等、計画的な生産活動に大幅な制限が生じた場合の業績等への重要な影響

原材料価格

〇主要原料の銅の価格変動

〇ポリエチレン等の石油化学製品の価格変動

・グループ調達を統括する組織による管理強化

・計画的な安定調達実施による在庫削減

・製品価格へのスライド転嫁

・先物取引等を活用した銅価格変動リスクヘッジ

・製品価格への転嫁が困難な場合や相場が大きく下落する局面での損失が生じた場合の業績等への重要な影響

 

パンデミック

新型コロナウイルス感染症による影響

・新型コロナウイルス緊急対策本部による対応(従業員の安全確保、社内外の感染抑止等)

・オンラインツール等を活用したビジネス継続体制の構築

・感染症の継続による市場縮小、サプライチェーンの寸断または事業活動の制限による財政状態および経営成績への重要な影響

為替変動

〇海外売上(全体の9.2%)に係る為替リスク

〇海外子会社の為替評価損、連結決算での円換算による影響

・資産、負債の均衡化

・為替予約等のヘッジ取引

 

・急激な為替変動リスクによる業績等への重要な影響

 

 

人材確保

〇長年培ってきた技術・技能を有する人材の高齢化や流動化

〇経営上必要な人員の確保

・優秀な人材や事業運営上必要となる資格者の確保と育成

・教育システムの充実

・シニア活用を促進する人事制度導入

・IoT(Internet of Things)やRPA(Robotic Process Automation)の活用による省人化や業務の効率化による人的資源確保

・人事運営上の制約や事業上の機会の逸失が生じた場合の業績等への重要な影響

 

 

 その他、当社グループが認識している業績等に重要な影響を及ぼす可能性がある経営上のリスクは以下のとおりであります。

 

①金利に係るリスク

 当社グループでは、銅等の原材料調達のための運転資金や設備投資のための長期安定的資金を必要としており、当事業年度末現在の有利子負債は376億円であり、総資産に占める割合は29.1%であります。

 これに対して、棚卸資産の圧縮による運転資金の削減や保有資産の売却による資金調達、グループファイナンスによる資金運用の効率化を実施することで有利子負債の削減に取り組んでおりますが、金利が大幅に上昇した場合には金融費用の負担が増加するおそれがあり、また、金利変動のリスクに対しても、金利スワップ等のヘッジ取引により一定限度まで低減しております。

②品質問題に係るリスク

 当社グループでは、製品の品質に関しては、常にその特性に応じた最適な品質保持を心がけて品質管理の徹底に努めており、当社の品質管理部門を中心とする品質マネジメント体制を構築しております。

 しかしながら、品質保持の取り組みの範囲を超えて重大な品質問題等が発生した場合には、当社グループの製品・役務に係る欠陥・不良等に起因する損失補償や製造物責任訴訟等の問題に発展する可能性が皆無ではなく、さらに当社グループの信用の毀損に繋がるおそれもあります。

 このようなリスクを未然に防止し、継続的な品質管理体制を強化するため、グループCEO直轄組織として安全・環境・品質統括室を設置いたしました。また、このリスクに対して、賠償に備えた保険の加入等も行っております。

③設備投資に係るリスク

 当社グループでは、電線・ケーブル等をはじめとする社会インフラ整備に必要不可欠な製品を製造しており、その品質の安定と生産性の向上のために、将来の受注動向や減価償却費の推移等を勘案しながら、計画的に新規製造設備の導入や既存設備の改良・更新を進めております。

 しかしながら、経営環境や受注動向に著しい変動が生じた場合や、自然災害等における被害が生じた場合、既存設備の老朽化が想定を超えて進展した場合には、当初の設備投資計画の見直しを迫られるおそれがあります。

④海外事業展開に係るリスク

 当社グループの海外における事業展開やその拠点は、主に中国に集中しており、同国における法制度や行政上の取り扱い等の変更によっては、当社グループの同国内での事業活動に支障をきたすおそれがあり、また、人民元のレートの大幅な調整や、中国経済の失速は、当社グループの業績に直接的な影響を及ぼしかねません。

 このようなリスクに対しては、当社グループは、パートナー企業との連携をさらに強化するとともに、ベトナムをはじめとする中国以外の海外事業展開を推進する等により、リスクの低減に努めております。

 

⑤コンプライアンスに係るリスク

 当社グループは、国内および海外において事業展開する上で、各規制当局より各種法制・税制に関する規制を受けるとともに、取引先等に対しては、契約上・取引上の義務を負っております。このため、当社グループは、社内規程の整備や従業員への定期的な教育等を通じて、コンプライアンスの徹底を図っておりますが、それにも係わらず、法令・契約等に違反する事象が生じた場合には、各規制当局から処分・制裁等を受け、また取引先等の関係者から損害賠償や取引の停止を求められる等の可能性があります。

 また、移転価格税制に関するリスクについては、当社グループ内における海外子会社等との取引価格には、細心の注意を払い決定しておりますが、税務当局との見解に相違が生じた場合には、税負担の増加等により、当社グループの業績等に重要な影響を及ぼす可能性があります。

⑥知的財産権に係るリスク

 当社グループは、技術とノウハウに関する権利保護に注力しており、技術系社員全員に対して特許教育を継続的に行うだけでなく、製品開発や発売の際には特許調査等を徹底して実施しております。しかし、事業展開する上で第三者から知的財産権を侵害されるおそれがあり、また、当社グループの製品または技術に対して、第三者から権利侵害を主張されるおそれもあります。自らの知的財産権を保護するためには訴訟等を通じた対応も必要となり、その場合には、多額の費用と経営資源が費やされるおそれがあり、さらに第三者の権利侵害の申し立てが認められた場合には、重要な技術が利用できなくなる等の可能性があります。

⑦情報管理に係るリスク

 当社グループは、事業活動の過程で、取引先等の個人情報や当社グループおよび取引先の技術、製造、販売、研究開発等に関する機密情報を保有しております。

 これらの情報へのサイバー攻撃や不正アクセス、不適切な取扱いによる情報流出等を防ぐため、情報セキュリティシステムに関する技術的な強化や情報管理に関する社内規程の整備、従業員への教育に努めるだけではなく、ネットワークのセキュリティ強化に対して継続した投資を行っております。しかし、流出等のリスクは完全には回避できないため、その場合には、金銭的補償や信頼回復に向けた対応に多額の費用を要する等、当社グループの業績等に重要な影響を及ぼす可能性があります。

3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

(1)経営成績等の状況の概要

 当連結会計年度における当社グループの財政状態、経営成績およびキャッシュ・フローの状況の概要は次のとおりであります。

①財政状態の状況

 当連結会計年度末における資産合計は1,294億60百万円で、前連結会計年度末より69億38百万円増加しております。その内訳としては、流動資産の増加35億28百万円、固定資産の増加34億10百万円であります。流動資産の増加は、主に受取手形及び売掛金が増加したことによるものであります。固定資産の増加は、主に退職給付に係る資産が増加したことによるものであります。

 当連結会計年度末における負債合計は812億90百万円で、前連結会計年度末より12億49百万円減少しております。その内訳としては、流動負債の減少8億98百万円、固定負債の減少3億50百万円であります。流動負債の減少は、主に短期借入金の返済によるものであります。

 当連結会計年度末における純資産の合計は481億69百万円で、前連結会計年度末より81億87百万円増加しております。これは、主に親会社株主に帰属する当期純利益49億66百万円を計上したこと、その他の包括利益累計額合計が36億43百万円増加したこと等によるものであります。

 当社グループは2019年11月に中期経営計画「Change SWCC2022」ローリングプラン(2019)を策定し、その中で財務体質の健全化を財政政策の優先方針としております。当連結会計年度末の有利子負債は前連結会計年度末より46億14百万円減少376億89百万円となり、自己資本比率は前連結会計年度比で4.4ポイント増の36.7%となりました。その結果、DEレシオは当連結会計年度末で79%となり、前連結会計年度比で28ポイントの改善となりました。

②経営成績の状況

   当連結会計年度におけるわが国経済は、新型コロナウイルス感染症の影響による停滞から第3四半期以降回復の兆しが見られましたが、感染症の再拡大により予断を許さない状況が継続しております。また、海外においては米中関係の緊張や新型コロナウイルス感染症の影響があり、ワクチンの接種が進みつつあるものの、依然として先行きが不透明な状況が続いております。

   電線業界におきましては、第1四半期までの大きな落ち込みから徐々に回復し、第3四半期以降自動車用ワイヤハーネス、産業機械等の電気機械向けや建設・電販向け電線の需要は回復しましたが、電線全体の需要は前年度の水準には至りませんでした。

  このような環境下、当社グループでは本社・営業所等でのテレワークや時差通勤の強化等、新型コロナウイルス感染防止対策を徹底した上で事業活動を継続し、柔軟な生産調整や不要不急経費の削減等の施策を実施することで、感染拡大による事業への影響を最小限にとどめるべく努めてまいりました。その結果、当社グループの当連結会計年度の業績は、第1四半期は落ち込みが見られたものの第2四半期からは回復に転じ、第3および第4四半期では前年度を超える営業利益となったことから、売上高は1,616億97百万円(前年度比5.5%減)営業利益は75億90百万円(前年度比11.8%減)経常利益は77億65百万円(前年度比1.3%減)、親会社株主に帰属する当期純利益は49億66百万円(前年度比9.1%減)となりました。

  セグメント別の業績は、次のとおりであります。

 

(エネルギー・インフラ事業)

  国内電力インフラ向け需要は第2四半期を中心に当初予定された東京オリンピック・パラリンピック開催に合わせた工事停止の影響を受けました。建設関連向け需要は第2四半期以降緩やかに回復しながら推移したものの、全般において前年度の需要水準には至らなかったこと等から、当事業の売上高は865億21百万円(前年度比2.2%減)営業利益は54億26百万円(前年度比11.4%減)となりました。

 

(通信・産業用デバイス事業)

  第1四半期は建設関連が低迷した影響を受けましたが、第2四半期からは、5Gサービス関連等の国内向け通信ケーブル需要が動き出し、産業用デバイス関連でも中国市場を中心に需要が回復してまいりました。しかし、全般において前年度の需要水準には至らなかったこと等から、当事業の売上高は269億56百万円(前年度比11.6%減)営業利益は18億47百万円(前年度比26.5%減)となりました。

 

(電装・コンポーネンツ事業)

  重電向け等の汎用巻線の需要は低迷いたしましたが、利益面では、第3四半期以降、自動車向け高機能製品の需要が好調であったこと等から、当事業の売上高は430億63百万円(前年度比8.7%減)営業利益は7億34百万円(前年度比29.1%増)となりました。

 

(その他)

  全般的な収益構造の見直しを進めたこと等により、売上高は51億55百万円(前年度比3.1%増)営業利益は2億87百万円(前年度比280.6%増)となりました。

(注) 上記、各セグメントの売上高には、セグメント間の内部売上高または振替高を含めておりません。

③キャッシュ・フローの状況

 当連結会計年度末における連結ベースの現金及び現金同等物(以下、「資金」といいます。)は、40億86百万円となり、前連結会計年度末に比べ1億39百万円減少しております。

 中期経営計画における財務政策の方針に基づき、当連結会計年度において営業活動より生み出されたキャッシュ・フロー88億82百万円(うち減価償却費31億83百万円)を、将来の事業規模の維持・成長のための投資(固定資産取得35億16百万円)や株主への配当(4億47百万円)、借入金の返済(46億75百万円)に配分しております。

④生産、受注および販売の状況

 当社および連結子会社の生産・販売品目は、広範囲かつ多種多様であり、同種の製品であっても、その容量、構造、形式等は必ずしも一様ではなく、また受注生産形態をとらない製品も含まれるため、セグメントごとに生産規模および受注規模を金額あるいは数量で示すことはしておりません。

 このため、生産、受注および販売の状況については、「3 経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析 (1)経営成績等の状況の概要 ②経営成績の状況」におけるセグメントの業績に関連付けて示しております。なお、主要な販売先については、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (セグメント情報等) 関連情報 3 主要な顧客ごとの情報」に記載のとおりであります。

 

(2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

 文中における将来に関する事項は、有価証券報告書提出日現在において、当社グループが判断したものであります。

①重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

 連結財務諸表の作成に当たって用いた会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定のうち、重要なものについては、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1) 連結財務諸表 注記事項 (重要な会計上の見積り)」に記載のとおりであります。

 

②当連結会計年度の経営成績等の状況に関する認識および分析・検討内容

 当社グループの当連結会計年度における経営成績については、特に第1四半期は新型コロナウイルス感染症の影響を受け前年度の収益を大きく下回ることとなりました。第2四半期以降はエネルギー・インフラ事業および通信・産業用デバイス事業で、第3四半期以降は自動車向け高機能製品を中心に電装・コンポーネンツ事業で需要が回復し、第3および第4四半期だけでは前年度を上回る営業利益となりましたが、通期としては前年度の収益水準には至りませんでした。

 このように当連結会計年度は当社グループの事業全般において新型コロナウイルス感染症が需要に及ぼす影響を受ける結果となりましたが、一方で、そのような状況においても全社的な感染防止対策と徹底した収益改善施策に取り組むことで、その影響を最小限にとどめることができました。

③経営成績に重要な影響を与える要因について

 経営者の問題意識と今後の方針については、「2 事業等のリスク」に記載のとおりであります。

 

④経営戦略の現状と見通し

 当社グループは、現中期経営計画である「Change SWCC2022」ローリングプラン(2019)で掲げた2022年度目標売上高2,000億円、営業利益100億円の達成に向けて、基盤事業の収益力強化、新規事業の創出、海外事業の新展開を基本戦略とする各種の施策を推進しております。2020年度においても、ROIC向上のための事業統廃合、DXソリューション強化のための業務資本提携、海外事業強化のための中国ワイヤハーネス新工場の着工などに取り組んでまいりました。

 今後も引き続きROICを経営指標とする事業構造改革に取り組んでまいりますが、合わせて、創立90周年である2026年度を見据えた新たな成長戦略を含む次期中期経営計画の策定を現在進めております。

⑤経営者の問題意識と今後の方針について

 経営者の問題意識と今後の方針については、「1 経営方針、経営環境および対処すべき課題等」に記載のとおりであります。

 

資本の財源および資金の流動性について

 当社グループは、安定した財務基盤の強化に努めつつ、中長期的な将来の成長に向け、生産拠点の再構築、強靭化及び製造能力の増強等による基盤事業の収益力強化や、新規事業の創出、海外事業での新工場の立ち上げ等の設備・技術投資にもキャッシュ・フローを戦略的に振り向けてまいります。

 また、個々の取り組みとしまして、営業活動によるキャッシュ・フローでは、収益のみならず資産効率の改善にも努めて、その最大化を目指しております。

 投資活動によるキャッシュ・フローでは、合理化や成長分野向けの設備投資等を中心に、2021年度は償却額を大幅に上回る投資額を計画しておりますが、資産売却収入により、例年並みの水準となる予定です。財務活動によるキャッシュ・フローでは、有利子負債の削減に努めつつ、配当政策に基づき株主への還元を行ってまいります。

 財務活動によるキャッシュ・フローでは、有利子負債の削減に努めつつ、配当政策に基づき株主への還元を行っていきます。なお、複数の金融機関でコミットメントラインを設定し、緊急時の流動性を確保しております。

 

4【経営上の重要な契約等】

      該当事項はございません。

5【研究開発活動】

 当社グループは、長期ビジョン「SWCC VISION2026」および中期経営計画「Change SWCC2022」で掲げた「技術力と創造力で未来をつなぐ」をテーマに"モビリティ"、"スマートインフラ"、"スマートインダストリー"を中心にESG経営のもと研究開発を実行しております。

 基盤事業であるエネルギー・インフラ事業、通信・産業用デバイス事業、電装・コンポーネンツ事業では、高い公共性を有するインフラや自動車や医療分野に大きく関わる「信頼」に根差した新製品の開発を行っております。また新規事業ではIT分野への展開をはじめ、モビリティ・インダストリーといった電線事業以外の領域への新製品・商品開発やラインナップ増強を推進しております。

 当連結会計年度における、当社グループの研究開発費は総額1,276百万円であり、その成果は次のとおりであります。

 

 (エネルギー・インフラ事業)

当事業における研究開発活動は、昭和電線ケーブルシステム㈱および冨士電線㈱を中心に進められております。

当社グループでは、小型・軽量・環境に配慮した電力機器部品を“SICONEX®(サイコネックス)”ブランドとして展開しております。2020年度には、特別高圧の電力量計であるVCT(電力取引用計器用変圧変流器)用のダイレクトモールドブッシングの開発を行いました。また、今後の154kV変圧器更新需要を見据えた「154kV T形終端接続部」の開発を進めております。

耐火電線では、建築物大規模化・高層化に対応し従来の30分/840℃の加熱条件から、より長時間(60分/925℃)の火災環境に耐え、かつ低発煙・ノンハロゲン材料で構成された1時間低圧耐火ケーブルを開発し販売を開始しました。

汎用電線分野では、循環型社会に対応しリサイクル困難な架橋ポリエチレンの再利用を開始しました。また、トンネル照明用分岐付ケーブルおよびコネクタのラインナップに、新たにトンネル入口警告灯照明用として遮へい付分岐付ケーブルおよびコネクタを開発し、販売を開始しました。

免震分野では、環境貢献製品である錫プラグ入り積層ゴムの開発や文化財保護技術として伝統木造建築物の制振構造化等を大学・設計事務所および建設会社とともに調査し、(一社)日本建築学会や海外の学会に発表しております。得られた知見をもとに当社製品の開発、設計を継続実施することで、これまでのスクラップアンドビルド以外の選択肢を顧客に提示できるようにしております。

制振・制音分野では、高速道路の防犯体制強化に伴う監視カメラの設置数増加計画に基づき、照明柱に設置するカメラの映像ブレ対策用防振装置を開発し、フィールド試験を実施しました。

当事業に係る研究開発費は391百万円であります。

 

 (通信・産業用デバイス事業)

当事業における研究開発活動は、昭和電線ケーブルシステム㈱、冨士電線㈱を中心に進められております。

光通信分野では、2020年からサービスが開始された5Gや高度化サービスの普及展開に必要な無線基地局用光ケーブルの開発を継続して進めております。総務省の高度無線化事業にも使われている光ローラブルケーブルは、データセンター内光配線で需要が拡大することが見込まれております。細径・高密度化の要求が民需用途でも進むと想定し、ラインナップ増強のための開発を継続しております。

データセンターを取り巻く市場では、クラウド化の進展によりLANケーブルの需要も拡大すると想定されております。さらなる高速化要求に対応する25/40ギガビット伝送に対応したCategory 8(Cat.8)ケーブルの開発を継続しております。LANケーブルの新製品としては、工場等の過酷な高温環境で使用できる125℃耐熱LANケーブルのラインナップを増強しました。従来の超細径仕様の製品は最大配線長が40mでしたが、今回開発した125℃耐熱LANケーブルは最大60m~80mまで配線可能となりました。また、工場・製造現場用途として高遮へい・高温環境に加え過酷なノイズ環境においても使用可能な製品もラインナップしました。

 

通信ケーブル関係では、道路のトンネル内で電波遮へい対策として使用される漏えい同軸ケーブルと機器を接続するコネクタを国土交通省のNETIS(新技術情報提供システム)へ登録しました。

精密デバイス関連では、プリンタ・複写機・商用印刷機に使用される定着ローラ、加圧ローラ、ベルト等の開発を継続し、省エネ・環境対応・超高画質化などに対応した製品の市場投入を継続しております。また、高品質・低コストを目指した生産革新ラインを構築し、生産性を従来比5倍に高めました。

当事業に係る研究開発費は131百万円であります。

 

 (電装・コンポーネンツ事業)

当事業における研究開発活動は、昭和電線ケーブルシステム㈱、昭和電線ユニマック㈱を中心に進められております。

線材では、高機能無酸素銅を(MiDIP® OFC/ミディップ オーエフシー)ブランドとして主に車載用途の巻線素材展開しております。無酸素銅製造技術をさらに高めるために低レベル酸素濃度を連続的に計測するシステムの開発を進め、無酸素銅の増産を進めております。また当社無酸素銅の特徴を活かし押出製法とのコラボレーションによる伸銅製品開発・拡販にも注力しております。

銅銀合金は高強度・高導電性・高屈曲特性の特長を備えた銅合金であり、高導電率特性を活かして自動車のシートヒータ、ハンドルヒータへの適用だけでなく、電動化対応としてバッテリーヒータ用途への展開をしております。さらに進歩が著しいカテーテル治療などの医療関連、そして極細線製造技術を応用した半導体市場への適用等、高強度・高導電性・高屈曲性へのニーズに応えるための開発を進めております。

巻線では、高耐熱性および高効率・高信頼性が要求される車載機器関連分野においてポリイミド樹脂被覆の高電圧仕様のエナメル平角線を増産しております。現在、車載機器以外のモビリティ分野などでの適用検討をしており、顧客との協業による開発に注力しております。また5G機器やPC・サーバに使用される電子部品向けとして、耐熱性および耐加工に優れた絶縁材料を開発し、当社独自の加工技術により製造した巻線を開発・上市し、採用が進んでおります。顧客使用条件に対応した改良を行い、ICT、IoTの進展に合わせて、適用拡大を進めてまいります。

電子機器分野の巻線応用製品として、弊社独自の耐熱性および耐加工に優れた材料と線材加工技術を生かし、高強度と高導電率を合わせ持った配線材の製品開発を進めております。

当事業に係る研究開発費は5百万円であります。

 

 

 (新規事業・その他)

当事業における研究開発活動は、昭和電線ケーブルシステム㈱、㈱アクシオを中心に進められております。

自動車用電線・応用製品分野では、銅合金線やアルミ合金線技術を活かし、高い機械的強度を有する細径電線の開発をしております。また、通信・ワイヤハーネス分野で培った技術を応用し、先進運転支援システムや自動運転用途の自動車内データを高速処理するための、細径・小型・防水化された車載高速通信ケーブルおよび加工品の製品開発を進めております。

ヘルスケア分野においては、遠隔医療・医療情報システムや、手術室における高精細医用映像システムに不可欠な高速・大容量ネットワークを支える配線部材、システム構築の提供について検討しております。また、低侵襲性医療における次世代ヘルスケア用途として、ロボット医療・介護、高度医療機器に必要とされる製品の技術開発を進めております。

超電導システム製品では、三相同軸超電導ケーブルシステムをBASFジャパン㈱戸塚工場に全長約200m実証試験線路を建設し、2020年11月から工場の省エネルギー化の実証試験を開始しました。実証試験は2021年9月まで行い、液体窒素での冷却検証のほか運用コストや安全性を確認いたします。民間工場の実系統に三相同軸超電導ケーブルを導入した実証試験は世界で初めてとなります。

 

ICT分野では、企業におけるクラウドサービスの利用が年々増加しており、またDXの推進やテレワークの増加、内部不正による情報漏洩に対し、ゼロトラストネットワークへの移行が始まっております。このような環境を実現する為にはIDを中心とした認証基盤の構築が必要で、㈱アクシオでは長年培ってきたノウハウを活かし容易に認証基盤の構築を可能とするパッケージ(アクシオモデル)を発表しました。また、クラウド環境におけるID管理を実現するパッケージを有するKeyspider㈱に出資し、ゼロトラストネットワークでの認証基盤事業展開を拡大させていきます。

当事業に係る研究開発費は747百万円であります。

 

第3【設備の状況】

1【設備投資等の概要】

 当連結会計年度で3,969百万円の設備投資(無形固定資産を含む)を実施しました。

 セグメントごとの設備投資(未実現利益調整前)は、次のとおりであります。

 エネルギー・インフラ事業においては、1,430百万円の設備投資を行っております。主なものは電線製造設備の増強等であります。

 通信・産業用デバイス事業においては、899百万円の設備投資を行っております。主なものは通信ケーブル製造設備の増強等であります。

 電装・コンポーネンツ事業においては、1,010百万円の設備投資を行っております。主なものは線材・巻線製造設備の増強等であります。

 その他については、679百万円の設備投資を行っております。主なものはシステム関連等であります

 所要資金については、主に自己資金および外部調達資金を充当しました。

 

2【主要な設備の状況】

(1)提出会社

 該当はありません。

 

(2)国内子会社

 

会社名

事業所名

所在地

設備の内容

帳簿価額(百万円)

従業員数

(名)

建物及び構築物

機械装置及び運搬具

土地

(面積㎡)

その他

昭和電線ケーブルシステム㈱

相模原事業所

神奈川県

相模原市

中央区

エネルギー・インフラ事業の製造設備等

1,143

581

(114,994)

8,161

 

377

10,263

505

昭和電線ケーブルシステム㈱

三重事業所

三重県

いなべ市

エネルギー・インフラ事業、電装・コンポーネンツ事業他の製造設備等

1,235

1,078

(170,015)

2,210

[226]

151

4,675

211

昭和電線ケーブルシステム㈱

仙台事業所

宮城県

柴田郡

柴田町

エネルギー・インフラ事業、通信・産業用デバイス事業、電装・コンポーネンツ事業他の製造設備等

854

760

(494,853)

4,513

389

6,518

258

昭和電線ケーブルシステム㈱

愛知工場

愛知県

豊川市

エネルギー・インフラ事業の製造設備等

667

277

(170,000)

3,255

45

4,246

134

昭和電線ケーブルシステム㈱

海老名工場

神奈川県

海老名市

通信・産業用デバイス事業の製造設備等

349

204

(17,502)

764

34

1,353

82

冨士電線㈱

伊勢原工場他

神奈川県

伊勢原市他

エネルギー・インフラ事業、通信・産業用デバイス事業他の製造設備等

531

844

(45,006)

1,346

117

2,839

281

(注)1 帳簿価額は、建設仮勘定の金額を除いております。

2 [ ]内は、連結子会社以外からの賃借設備であり、外数で面積を記載しております。

なお、当該賃借設備に対する年間賃借料は0百万円であります。

3 現在休止中の主要な設備はありません。

4 上記の他の賃借設備、リース設備および賃貸設備には重要性がありません。

 

3【設備の新設、除却等の計画】

 当連結会計年度末現在において設備投資計画(新設・拡充)は、次のとおりであります。

 なお、当社グループ(当社および連結子会社)は、各々単体あるいは複合的に設備投資を行っており、各々個別に記載することが困難なため、セグメントごとの数値を記載しております。

 

セグメントの名称

投資予定金額

(百万円)

設備等の主な内容名

資金調達方法

エネルギー・インフラ事業

1,840

電線製造設備の増強等

自己資金および外部調達資金

通信・産業用デバイス事業

3,239

ワイヤハーネス中国新工場の建設

通信ケーブルの国内拠点再編関連および製造設備の増強等

自己資金および外部調達資金

電装・コンポーネンツ事業

949

線材・巻線製造設備の増強等

自己資金および外部調達資金

その他(含む新規事業)

1,797

福利厚生施設、輸送用車両およびシステム関連等

自己資金および外部調達資金

合計

7,825

 

 

(注) 経常的な設備の更新の場合を除き、重要な設備の除・売却の計画はありません。

 

第4【提出会社の状況】

1【株式等の状況】

(1)【株式の総数等】

①【株式の総数】

 

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

                   70,000,000

                   70,000,000

 

②【発行済株式】

 

種類

事業年度末現在発行数

(株)

(2021年3月31日)

提出日現在発行数(株)

(2021年6月25日)

上場金融商品取引所名又は登録認可金融商品取引業協会名

内容

普通株式

30,826,861

30,826,861

東京証券取引所

(市場第一部)

単元株式数 100株

30,826,861

30,826,861

 

(2)【新株予約権等の状況】

①【ストックオプション制度の内容】

 該当事項はありません。

 

②【ライツプランの内容】

 該当事項はありません。

 

③【その他の新株予約権等の状況】

 該当事項はありません。

 

(3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

 該当事項はありません。

 

(4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

 

 

年月日

発行済株式総数増減数

(千株)

発行済株式総数残高

(千株)

資本金増減額

(百万円)

資本金残高

(百万円)

資本準備金

増減額

(百万円)

資本準備金

残高

(百万円)

2017年6月23日

 (注)1

308,268

24,221

△5,530

2017年10月1日

 (注)2

△277,441

30,826

24,221

(注)1 2017年6月23日開催の第121期定時株主総会において、資本準備金の全額を減少し、その他資本剰余金へ振替えることを決議しております。

2 2017年6月23日開催の第121期定時株主総会において、株式併合の件(普通株式について10株を1株に併合すること)が決議されたため、同年10月1日をもって発行済株式総数は30,826,861株となっております。

 

(5)【所有者別状況】

 

 

 

 

 

 

 

2021年3月31日現在

区分

株式の状況(1単元の株式数100株)

単元未満株式の状況

(株)

政府及び地方公共団体

金融機関

金融商品取引業者

その他の法人

外国法人等

個人

その他

個人以外

個人

株主数(人)

29

33

101

117

11

10,006

10,297

所有株式数

(単元)

104,014

5,787

24,500

113,634

527

59,434

307,896

37,261

所有株式数の割合(%)

33.78

1.88

7.96

36.91

0.17

19.30

100

(注)1 自己株式996,224株は、「個人その他」に9,962単元および「単元未満株式の状況」に24株含めて記載しております。

2 上記「その他の法人」には、証券保管振替機構名義の株式が1単元含まれております。

 

(6)【大株主の状況】

 

 

2021年3月31日現在

氏名又は名称

住所

所有株式数

(千株)

発行済株式(自己株式を除く。)の総数に対する所有株式数の割合(%)

BANK OF CHINA (HK) LIMITED - CUSTODY ACCOUNT

(常任代理人 シティバンク、エヌ・エイ東京支店)

BANK OF CHINA TOWER, 1 GARDEN ROAD, CENTRAL HONG KONG 

(東京都新宿区新宿六丁目27番30号) 

 

5,714

19.15

㈱日本カストディ銀行(信託口)

東京都中央区晴海一丁目8番12号

4,653

15.60

日本マスタートラスト信託銀行㈱(信託口)

東京都港区浜松町二丁目11番3号

2,875

9.63

BNP PARIBAS SECURITIES SERVICES LUXEMBOURG/JASDEC/FIM/LUXEMBOURG FUNDS/UCITS ASSETS

(常任代理人 香港上海銀行東京支店)

33 RUE DE GASPERICH, L-5826 HOWALD-HESPERANGE, LUXEMBOURG

 

 

(東京都中央区日本橋三丁目11番1号)

 

1,170

3.92

ENEOSホールディングス㈱

東京都千代田区大手町一丁目1番2号

979

3.28

富国生命保険(相)

東京都千代田区内幸町二丁目2番2号

772

2.58

㈱FT

東京都港区虎ノ門四丁目1番17号

578

1.94

INTERNATIONAL CORE EQUITY PORTFOLIO DFA INVESTMENT DIMENSIONS GROUP INC

(常任代理人 シティバンク、エヌ・エイ東京支店)

6300 BEE CAVE ROAD, BUILDING ONE AUSTIN TX 78746 US

 

(東京都新宿区新宿六丁目27番30号)

 

329

1.10

NOMURA PB NOMINEES LIMITED OMNIBUS-MARGIN (CASHPB)

(常任代理人 野村證券㈱)

1 ANGEL LANE, LONDON, EC4R 3AB, UNITED KINGDOM

(東京都中央区日本橋一丁目13番1号)

297

0.99

㈱日本カストディ銀行(信託口5)

東京都中央区晴海一丁目8番12号

293

0.98

17,663

59.20

(注)1 上記のほかに、自己株式が996千株あります。

2 上記の所有株式数のうち、信託業務に係る株式数は、次のとおりであります。

  ㈱日本カストディ銀行(信託口)               4,653千株

  日本マスタートラスト信託銀行㈱(信託口)          2,875千株

  ㈱日本カストディ銀行(信託口5)               293千株

3 富通集団(香港)有限公司は、2011年9月8日付で当社の主要株主となっております。なお、同社の当社株式所有に係る株主名簿上の名義は、BANK OF CHINA (HK) LIMITED - CUSTODY ACCOUNTとなっております。

4 JXTGホールディングス㈱は、2020年6月25日付で商号をENEOSホールディングス㈱に変更しております。

5 日本トラスティ・サービス信託銀行㈱は、2020年7月27日付でJTCホールディングス㈱および資産管理サービス信託銀行㈱と合併し、商号を㈱日本カストディ銀行に変更しております。

6 2020年7月22日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書(変更報告書)において、三井住友DSアセットマネジメント㈱が2020年7月15日現在で以下の株式を所有している旨が記載されているものの、当社として2021年3月31日現在における実質所有株式数の確認ができないので、上記大株主の状況には含めておりません。

  なお、その大量保有報告書(変更報告書)の内容は次のとおりであります。

氏名又は名称

住所

保有株券等の数

(株)

株券等保有割合

(%)

三井住友DSアセットマネジメント㈱

東京都港区虎ノ門一丁目17番1号

虎ノ門ヒルズビジネスタワー26階

株式  2,716,100

8.81

7 2020年8月19日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書(変更報告書)において、JPモルガン・アセット・マネジメント㈱ならびにその共同保有者であるジェー・ピー・モルガン・セキュリティーズ・ピーエルシー (J.P. Morgan Securities plc)およびジェー・ピー・モルガン・セキュリティーズ・エルエルシー(J.P. Morgan Securities LLC) が2020年8月14日現在でそれぞれ以下の株式を所有している旨が記載されているものの、当社として2021年3月31日現在における実質所有株式数の確認ができないので、上記大株主の状況には含めておりません。

   なお、その大量保有報告書(変更報告書)の内容は次のとおりであります。

氏名又は名称

住所

保有株券等の数

(株)

株券等保有割合

(%)

JPモルガン・アセット・マネジメント㈱

東京都千代田区丸の内2丁目7番3号東京ビルディング

株式  2,241,100

7.27

ジェー・ピー・モルガン・セキュリティーズ・ピーエルシー (J.P. Morgan Securities plc)

英国、ロンドン E14 5JP カナリー・ウォーフ、バンク・ストリート25

株式    113,236

0.37

ジェー・ピー・モルガン・セキュリティーズ・エルエルシー(J.P. Morgan Securities LLC)

アメリカ合衆国 ニューヨーク州 10179 ニューヨーク市 マディソン・アベニュー383番地

株式     34,554

0.11

8 2020年9月4日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書において、三井住友信託銀行㈱ならびにその共同保有者である三井住友トラスト・アセットマネジメント㈱および日興アセットマネジメント㈱が2020年8月31日現在でそれぞれ以下の株式を所有している旨が記載されているものの、当社として2021年3月31日現在における実質所有株式数の確認ができないので、上記大株主の状況には含めておりません。

  なお、その大量保有報告書の内容は次のとおりであります。

氏名又は名称

住所

保有株券等の数

(株)

株券等保有割合

(%)

三井住友信託銀行㈱

東京都千代田区丸の内一丁目4番1号

株式    180,400

0.59

三井住友トラスト・アセットマネジメント㈱

東京都港区芝公園一丁目1番1号

株式  1,155,600

3.75

日興アセットマネジメント㈱

東京都港区赤坂九丁目7番1号

株式    370,900

1.20

9 2021年2月4日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書(変更報告書)において、大和アセットマネジメント㈱が2021年1月29日現在でそれぞれ以下の株式を所有している旨が記載されているものの、当社として2021年3月31日現在における実質所有株式数の確認ができないので、上記大株主の状況には含めておりません。

     なお、その大量保有報告書(変更報告書)の内容は次のとおりであります。

氏名又は名称

住所

保有株券等の数

(株)

株券等保有割合

(%)

大和アセットマネジメント㈱

東京都千代田区丸の内一丁目9番1号

株式  1,259,900

4.09

 

(7)【議決権の状況】

①【発行済株式】

 

 

 

 

2021年3月31日現在

区分

株式数(株)

議決権の数(個)

内容

無議決権株式

 

議決権制限株式

(自己株式等)

 

議決権制限株式

(その他)

 

完全議決権株式

(自己株式等)

(自己保有株式)

単元株式数100株

普通株式

996,200

完全議決権株式

(その他)

普通株式

29,793,400

297,934

同上

単元未満株式

普通株式

37,261

一単元(100株)未満の株式

発行済株式総数

 

30,826,861

総株主の議決権

 

297,934

(注)1 「完全議決権株式(その他)」欄の普通株式には、証券保管振替機構名義の株式が100株(議決権1個)含まれております。

2 「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式24株が含まれております。

 

②【自己株式等】

 

 

 

 

2021年3月31日現在

所有者の氏名又は名称

所有者の住所

自己名義所有株式数(株)

他人名義所有株式数(株)

所有株式数の合計(株)

発行済株式総数に対する所有株式数の割合(%)

(自己保有株式)

昭和電線ホールディングス㈱

川崎市川崎区日進町1番14号

996,200

996,200

3.2

996,200

996,200

3.2

 

2【自己株式の取得等の状況】

【株式の種類等】

会社法第155条第7号による普通株式の取得

 

(1) 【株主総会決議による取得の状況】

 該当事項はありません。

 

(2) 【取締役会決議による取得の状況】

 該当事項はありません。

 

(3) 【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

 

区分

株式数(株)

価額の総額(千円)

当事業年度における取得自己株式

559

817

当期間における取得自己株式

92

150

(注) 当期間における取得自己株式には、2021年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取による株式数は含めておりません。

 

(4) 【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

 

区分

当事業年度

当期間

株式数(株)

処分価額の総額

(円)

株式数(株)

処分価額の総額

(円)

引き受ける者の募集を行った取得自己株式

消却の処分を行った取得自己株式

合併、株式交換、株式交付、会社分割に係る移転を行った取得自己株式

その他(譲渡制限付株式報酬による自己株式の処分)

8,321

9,075,001

7,985

13,207,190

保有自己株式数

996,224

988,331

(注) 当期間における保有自己株式には、2021年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取による株式数は含めておりません。

 

3【配当政策】

 当社は、収益状況のみならず、今後の事業展開の見通し、経営体質の強化、内部留保等を総合的に勘案し、株主の皆様への安定継続した配当を行うことを基本方針としております。また、当社が持株会社であることから、当社単体のみならず昭和電線グループとして連結業績に見合った配当も考慮しております。

 当社の剰余金の配当は、中間配当および期末配当の年2回を基本的な方針としております。配当の決定機関は、中間配当は取締役会、期末配当は株主総会であります。

 当事業年度の配当金については、中間配当については見送ったものの、期末配当は1株につき20円としました。

 内部留保資金の使途については、今後の事業展開への備えと研究開発費用として投入していくこととしております。

 また、当社は会社法第454条第5項に規定する中間配当を行うことができる旨を定めております。

 

(注)基準日が当事業年度に属する剰余金の配当は、以下のとおりであります。

決議年月日

配当金の総額(百万円)

1株当たり配当額(円)

2021年6月25日

596

20

定時株主総会決議

 

4【コーポレート・ガバナンスの状況等】

(1)【コーポレート・ガバナンスの概要】

① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

    当社のコーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方は、「信頼」をキーワードとした経営理念に基づき、経営の迅速・効率化およびこれに伴うモニタリング機能の強化が企業における普遍的な課題であるとの認識の下、取り組みを進めていくことであります。

    また、企業として求められる社会的責任(CSR)を果たしていくことを念頭におき、昭和電線グループの業務の適正を確保するために必要な体制の整備についても積極的に取り組んでまいります。

② コーポレート・ガバナンス体制の概要および当該体制を採用する理由

イ 法定により設置している機関

当社は2019年6月26日開催の当社第123期定時株主総会の決議に基づき、監査役会設置会社から監査等委員会設置会社へ移行しました。このことから、株主総会、取締役のほか取締役会、監査等委員会、会計監査人を機関として設置しております。当該体制は、執行役員に業務執行権限を大幅に委譲することで、業務執行を効率化・迅速化させること、それにより取締役会において経営戦略等の重要なテーマの審議を一層充実させること、さらに監査等委員会を中心に監査、監督機能の強化を図ることを目的に採用しております。

(取締役会)

(i)目的、権限

当社およびグループ会社の経営方針および業務執行に関する事項を審議決定するとともに、取締役の職務の執行が適法かつ効率的に行われていることを監督します。

(ii)構成

有価証券報告書提出日現在において取締役(監査等委員である取締役を除く。)3名および監査等委員である取締役4名(うち社外取締役3名)で構成されております。

(iii)開催状況

定例取締役会を月1回開催するほか、必要に応じて臨時取締役会を開催しております。

なお、2020年度において20回開催しました。

(ⅳ)その他

事業年度毎に取締役会の実効性評価を実施することで、取締役会等の運営について定期的に評価し、改善に取り組んでおります。

(監査等委員会)

監査等委員会の目的、権限、構成および開催状況等については、「4 コーポレート・ガバナンスの状況等 (3)監査の状況 ①監査等委員会監査の状況」に記載のとおりであります。

(会計監査人)

会計監査人の目的、権限および構成等については、「4 コーポレート・ガバナンスの状況等 (3)監査の状況 ③会計監査の状況」に記載のとおりであります。

 

 

ロ 任意に設置している機関

取締役会の諮問機関として指名委員会および報酬委員会を設置しております。その目的は、社外取締役の関与・助言の機会を適切に確保することで、取締役等の人事や報酬等に関する決定プロセスの客観性および透明性を高め、コーポレート・ガバナンス体制の一層の充実・強化を図ることにあります。また、そのほかにリスクマネジメント委員会を設置しております。

(指名委員会)

(i)目的、権限

取締役および執行役員等の候補者の指名や後継者計画等に関して、取締役会の諮問に基づき審議の上、答申します。

2020年度は、主に、次世代経営幹部候補者育成計画および人事制度改革に関するフォローならびにパフォーマンスレビューの進め方および評価結果に関して審議しております。

(ii)構成

指名委員会規程において、取締役会決議により選定された3名以上の取締役で構成され、うち半数以上は独立社外取締役とすることと定められております。

なお、有価証券報告書提出日現在において取締役3名(うち社外取締役2名、委員長は社外取締役)で構成されております。

(iii)開催状況

適時に(概ね月1回程度)開催されております。

なお、2020年度において16回開催しました。

(報酬委員会)

(i)目的、権限

取締役および執行役員等の報酬の体系・制度や個別の報酬額等の決定に関して、取締役会の諮問に基づき審議の上、答申しております。

2020年度は、主に業績連動報酬の算定基準の見直し、譲渡制限付株式報酬制度の適用拡大、次年度報酬額に関して審議し、取締役会に対し答申しております。なお、次年度(2021年度)報酬額に関する答申については、現任の取締役および執行役員に対するパフォーマンスレビューの結果を参考としております。

(ii)構成

報酬委員会規程において、取締役会決議により選定された3名以上の取締役で構成され、うち半数以上は独立社外取締役とすることと定められております。

なお、有価証券報告書提出日現在において取締役4名(うち社外取締役2名、委員長は社外取締役)で構成されております。

(iii)開催状況

適時に(概ね月1回程度)開催されております。

なお、2020年度において9回開催しました。

(リスクマネジメント委員会)

(i)目的、権限

グループ全体に係るコンプライアンスおよびリスク管理を所管し、それらの問題点の把握および是正を継続して行うことで、昭和電線グループのコーポレート・ガバナンス体制のより一層の強化に努めます。

(ii)構成

リスクマネジメント委員会規程において、委員長1名および委員数名により構成され、委員長はグループCEOとし、委員は昭和電線グループの取締役および当社の執行役員とすることと定められております。

なお、有価証券報告書提出日現在において委員長1名および委員14名で構成されております。

(iii)開催状況

定期(半期に1回)および必要に応じて開催することとしております。

 

ハ 機関の構成員

機関名

構成

取締役会

議長

長谷川隆代(代表取締役社長)

その他

構成員

<取締役>

張東成(代表取締役)、胡国強

<監査等委員>

戸川清※、坂倉裕司※、市川誠一郎※、戸川隆(常勤監査等委員)

監査等委員会

委員長

戸川清※

その他

構成員

坂倉裕司※、市川誠一郎※、戸川隆(常勤監査等委員)

指名委員会

委員長

戸川清(監査等委員※)

その他

構成員

坂倉裕司(監査等委員※)、胡国強(取締役)

報酬委員会

委員長

坂倉裕司(監査等委員※)

その他

構成員

戸川清(監査等委員※)、長谷川隆代(代表取締役社長)、

張東成(代表取締役)

リスクマネジメント

委員会

委員長

長谷川隆代(代表取締役社長・グループCEO)

その他

構成員

張東成(代表取締役・専務執行役員)、その他委員13名

(注)※は、社外取締役であります。

 

ニ コーポレート・ガバナンス体制図

 

0104010_001.png

 

 

③ コーポレート・ガバナンスに関するその他の事項

     イ 業務執行および内部統制システム整備の状況

取締役の業務執行が効率的に行われることを確保するための体制として、定例取締役会を月1回開催するほか、必要に応じて臨時取締役会を開催しており、当社およびグループの経営に関する重要な事項については、事前にグループ経営会議等において審議した上で、取締役会で決定することとしております。また、取締役会は、グループの中期経営計画および年度事業計画を立案し、具体的な経営目標を設定しております。その上で、当社およびグループ各社の代表取締役および業務執行取締役は、昭和電線グループ経営管理規程および各社の取締役会規則等に定める機関、手続き等に基づき必要な決定を行い、職務を効率的に執行しております。

内部統制システムについては、リスクマネジメント委員会を中心に昭和電線グループの方針・行動マニュアルの策定、教育計画、実行計画等の決定、監査によるフォロー・チェック、取締役会への上申およびグループ各社共用の内部通報制度(「コンプライアンス・ホットライン」)の運営を行っております。なお、内部通報制度における通報および相談の窓口は、社内および社外(弁護士)にそれぞれ設け、迅速、適切に対応しております。また、当社およびグループ各社の内部統制責任者で構成される内部統制責任者会議が定期的に開催される等、内部統制の実効性を高める施策を実施しております。

ロ リスク管理体制の整備の状況

リスク管理体制としては、昭和電線グループリスク管理規程に基づき、リスクマネジメント委員会を中心にグループ各社において経営上の重大なリスクを低減するためのリスクマネジメントを実施しており、さらに監査統括部による内部監査を実施することで、グループの横断的なリスク管理体制の整備および問題点の把握に努めております。その上で取締役会は、重大なリスクが発生した場合は、昭和電線グループ緊急事態対策規程に基づき緊急事態対策本部を設置し対応することとしております。

ハ 子会社の業務の適正を確保するための体制整備の状況

当社は、昭和電線グループ経営管理規程に基づき、グループ経営に係る事項については、グループ経営会議においてグループ各社より報告を受け、または審議を経た上で、重要性に応じて当社の取締役会において決議する仕組みを構築しております。また、監査統括部が、昭和電線グループ内部監査規程に基づきグループ各社の業務の適正性、妥当性を検証し、必要に応じて指導・提言を行っております。

ニ 責任限定契約の概要

当社と非業務執行取締役は、会社法第427条第1項の規定により、同法第423条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任の限度額は、同法第425条第1項に定める最低責任限度額としております。

なお、当該責任限定が認められるのは、当該非業務執行取締役が責任の原因となった職務の遂行について善意でかつ重大な過失がないときに限られます。

ホ 役員等賠償責任保険契約の内容の概要

当社は、会社法第430条の3第1項に規定する役員等賠償責任保険契約を保険会社との間で締結しております。当該保険契約の被保険者の範囲は当社および国内外の子会社の取締役、執行役員および管理職従業員であり、被保険者は保険料を負担しておりません。当該保険契約により被保険者の職務の執行に起因して、損害賠償請求を受けた場合に被保険者が法律上の損害賠償責任を負担することによって被る損害が填補されることとなります。ただし、被保険者の職務の執行の適正性が損なわれないようにするため、法令違反の行為であることを認識して行った行為に起因して生じた損害等の場合には填補の対象としないこととしております。

ヘ 取締役の定数等

定款において、取締役(監査等委員である取締役を除く。)は10名以内とし、監査等委員である取締役は4名以内とする旨を定めております。

また、株主総会における取締役の選任決議は、監査等委員である取締役とそれ以外の取締役とを区別して、それぞれ議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨および累積投票によらない旨を定めております。

ト 取締役会で決議することができる株主総会決議事項

      (i)自己株式の取得

当社は、機動的な資本政策の遂行を可能とするため、会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議によって自己の株式を取得することができる旨を定款で定めております。

      (ii)中間配当

当社は、株主への機動的な利益還元を可能とするため、取締役会の決議によって、毎年9月30日を基準日として中間配当をすることができる旨を定款で定めております。

チ 株主総会の特別決議要件

当社は、株主総会の円滑な運営のため、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款で定めております。

 

(2)【役員の状況】

① 役員一覧

男性6名 女性1名 (役員のうち女性の比率14.3%)

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数

(株)

代表取締役社長

・取締役会議長

グループCEO

長谷川隆代

1959年10月15日

 

1984年4月

当社入社

2005年6月

当社技術開発センター次長兼超電導プロジェクト長

2010年4月

昭和電線ケーブルシステム㈱常務取締役、

 

当社執行役員、技術企画室長

2013年6月

当社取締役

2018年6月

当社代表取締役・取締役社長

2019年4月

当社代表取締役社長、グループCEO

2020年4月

当社代表取締役社長、取締役会議長、

グループCEO(現任)

 

(注)2

9,517

代表取締役

専務執行役員

張東成

1964年1月6日

 

1993年4月

当社入社

2006年10月

当社経営企画部次長

2012年6月

当社執行役員、海外事業企画推進室長

2015年6月

当社取締役

2017年6月

当社常務取締役

2018年6月

当社常務取締役、事業戦略本部長

2019年4月

当社取締役、専務執行役員、事業戦略統括本部長

2020年4月

 

2021年4月

当社代表取締役、専務執行役員、事業戦略統括本部長

当社代表取締役、専務執行役員(現任)

 

(注)2

2,511

取締役

胡国強

1963年3月4日

 

2008年5月

富通集団有限公司董事(現任)

2018年6月

当社取締役(現任)

 

(注)2

15,000

取締役

(監査等委員)

戸川清

1948年5月21日

 

2010年4月

日立化成工業㈱(現昭和電工マテリアルズ㈱)執行役専務

2015年6月

当社取締役

2019年6月

当社取締役(監査等委員)(現任)

 

(注)4

5,024

取締役

(監査等委員)

坂倉裕司

1951年5月3日

 

1998年4月

日商岩井㈱(現双日㈱)市場金融部長

1999年6月

日商岩井証券㈱代表取締役社長

2006年5月

GCA㈱取締役チーフ・ファイナンシャル・オフィサー

2020年6月

当社取締役(監査等委員)(現任)

 

(注)3

219

取締役

(監査等委員)

市川誠一郎

1953年12月8日

 

2004年9月

サッポロビール㈱生産技術本部製造部長

2013年3月

同社取締役、専務執行役員、生産技術本部長

2021年6月

当社取締役(監査等委員)(現任)

 

(注)4

0

取締役

(常勤監査等委員)

戸川隆

1957年4月9日

 

2008年4月

㈱東芝経営監査部経営監査第一担当グループ長

2009年6月

当社経理統括部次長

2010年6月

当社執行役員、経理統括部長

2011年6月

当社取締役

2014年6月

当社常務取締役

昭和電線ビジネスソリューション㈱取締役社長

2016年6月

㈱SDS専務取締役

2020年6月

当社取締役(常勤監査等委員)(現任)

 

(注)3

2,986

35,259

 

(注)1 監査等委員である取締役のうち、戸川清、坂倉裕司および市川誠一郎は社外取締役であります。

2 取締役の任期は、2021年3月期に係る定時株主総会終結の時から2022年3月期に係る定時株主総会終結の時までであります。

3 監査等委員である取締役のうち、坂倉裕司および戸川隆の任期は、2020年3月期に係る定時株主総会終結の時から2022年3月期に係る定時株主総会終結の時までであります。

4 監査等委員である取締役のうち、戸川清および市川誠一郎の任期は、2021年3月期に係る定時株主総会終結の時から2023年3月期に係る定時株主総会終結の時までであります。

 

(参考)執行役員一覧

役職名

氏名

担当

グループCEO
(代表取締役社長

・取締役会議長

長谷川隆代

グループ経営統括・業務変革統括

専務執行役員

(代表取締役)

張東成

社長補佐

業務変革統括補佐

常務執行役員

山口太

ファイナンス、CSR、リスクマネジメント担当

経営管理統括部長 兼 経営管理統括部輸出管理室長

常務執行役員

小又哲夫

経営戦略、投資戦略、広報・IR担当

経営戦略企画部長

執行役員

川瀬幸雄

エネルギー・インフラ事業統括担当

エネルギー・インフラ事業セグメント長

昭和電線ケーブルシステム㈱代表取締役社長

執行役員

兒玉喜直

通信・産業用デバイス事業統括担当

通信・産業用デバイス事業セグメント長

冨士電線㈱代表取締役社長

執行役員

山村隆史

電装・コンポーネンツ事業統括担当

電装・コンポーネンツ事業セグメント長

昭和電線ユニマック㈱代表取締役社長

執行役員

樋口嘉章

新規事業セグメント、DX・サイバーセキュリティー担当

新規事業セグメント長 兼 DX・システム企画室長

執行役員

大竹潔

海外事業統括、ワイヤハーネス事業担当

海外事業統括部長 兼 海外事業統括部グローバルマネージメント室長

昭和電線電纜(上海)有限公司董事長

香港昭和有限公司董事長

嘉興昭和機電有限公司董事長

東莞昭和機電有限公司董事長

執行役員

黒須光明

営業統括、建設電販・物流改革担当

グループ営業統括室長

SFCC㈱代表取締役社長

執行役員

菅井幹夫

総務、法務、人事、人材育成、グループ調達担当

人事総務統括部長 兼 グループ調達本部長

執行役員

今井啓隆

経理・財務、審査担当

経理・財務統括部長

 

② 社外役員の状況

  当社は、監査等委員である取締役のうち、3名を社外取締役としております。社外取締役はいずれも経営に対する高い見識があることから、当社の経営に対する適切な助言や監督が期待できます。

  社外取締役については、当社との間に人的関係、資本的関係または取引関係その他の利害関係はありません。

  独立社外役員を選任するための独立性に関する基準または方針については、㈱東京証券取引所の定める独立役員の独立性に関する判断基準および当社の定める「社外役員の独立性判断基準」によることとしております。

 

(社外役員の独立性判断基準)

 当社は、社外役員または社外役員候補者が、当社において合理的に可能な範囲で調査した結果、次の各項目のいずれにも該当しないと判断される場合に、独立性を有しているものと判断します。

 

イ 当社および当社の子会社(以下、併せて「当社グループ」という。)の業務執行者(注1)または過去10年間において当社グループの業務執行者であった者

ロ 当社グループを主要な取引先とする者(注2)、またはその業務執行者

ハ 当社グループの主要な取引先である者(注3)、またはその業務執行者

ニ 当社の総議決権の10%以上の議決権を直接または間接的に保有している大株主、またはその業務執行者

ホ 当社グループの会計監査人である監査法人に所属する者

へ 当社グループから役員報酬以外に、多額(注4)の金銭その他の財産上の利益を受けている弁護士、公認会計士、税理士またはコンサルタント等

ト 当社グループから多額の金銭その他の財産上の利益を受けている法律事務所、監査法人、税理士法人またはコンサルティング・ファーム等の法人、組合等の団体に所属する者、当社グループから多額の寄付または助成を受けている者、または法人、組合等の団体の理事その他の業務執行者

チ ロからトまでのいずれかに過去3年間において該当していた者

リ イからトまでのいずれかに該当する者の近親者(注5)である者

 

(注)1 業務執行者とは、業務執行取締役、執行役、または執行役員その他の上級管理職にある使用人をいいます。

2 主要な取引先とする者とは、直近事業年度における当社グループとの取引額が、その者の1事業年度の連結売上高の2%を超える取引先、または直近事業年度末における当社の連結総資産の2%を超える額を当社グループに融資している金融機関をいいます。

3 主要な取引先である者とは、直近事業年度における当社グループとの取引額が、当社の1事業年度の連結売上高の2%を超える取引先をいいます。

4 多額とは、過去3事業年度の平均で、個人の場合は1,000万円以上、法人または団体の場合はその連結売上高もしくは総収入の2%を超えることをいいます。

5 近親者とは、配偶者または二親等内の親族をいいます。

 

③ 社外取締役による監督または監査と内部監査、監査等委員会監査および会計監査との相互連携ならびに内部統制部門との関係

  社外取締役は、取締役会や経営会議等において内部監査および監査等委員会監査の結果、コンプライアンスの状況や内部統制システムの構築・運用状況を含むリスク管理状況等について報告を受けることとなっており、これらの情報に基づきながら、取締役会において経営の監督を行うこととしております。また、社外監査等委員は常勤監査等委員と常に連携を図るとともに、内部監査部門および会計監査人から監査結果等について報告を受け、これらの情報等を踏まえて取締役の職務の執行の監査を行うこととしております。

 

(3)【監査の状況】

① 監査等委員会監査の状況

 監査等委員会は、監査等委員である取締役4名(うち社外取締役3名)で構成されております。

 監査等委員会は、監査等委員会において定められた監査方針、監査計画等に基づき、内部統制システムに対する監視および検証ならびに会計監査人および内部監査部門等との実効的な連携を通じて、取締役の職務の執行の監査等を行っております。当事業年度においては、経営方針・経営計画の遂行状況、リスクマネジメントの遂行状況および海外ファイナンスリスクの管理状況を重点監査項目として監査等を実施しております。

 監査等委員は、取締役会のほか、グループ経営会議、リスクマネジメント委員会が開催する会議その他の重要な会議に出席しております。また、監査の実効性、効率性を高めるため、代表取締役社長との間で当事業年度6回の意見交換の場を設けております。また、執行役員との間で定例の連絡会を当事業年度3回および執行役員の所管業務に関する報告を当事業年度9回受けております。その他グループ会社の監査役等との情報共有を目的として、グループ監査役連絡会を当事業年度3回開催しております。

 監査等委員会は、法定開示情報等、事業報告等および計算関係書類についての監査等を通じて、取締役の職務の執行の監査および監査報告の作成等、監査等委員会規則および監査等委員会監査等基準に定める職務を行っております。

 常勤の監査等委員は、重要な会議および委員会への出席、各部門への実地監査等を通じて、内部統制システムの構築および運用の状況を日常的に監視および検証し、その結果を監査等委員会へ報告しております。

 情報収集の充実を図り、内部監査部門等との十分な連携を通じて、監査の実効性を高め、監査、監督機能を強化するために取締役戸川隆を常勤の監査等委員として選定しております。

 常勤の監査等委員である戸川隆は、監査部門および経理部門を中心に豊富な経験と実績を有し、また、当社および当社子会社の取締役として当社グループの経営にも携わり、財務および会計に関する相当程度の知見を有しております。

 当事業年度において監査等委員会を17回開催しております。

 個々の監査等委員の監査等委員会への出席状況については次のとおりであります。

氏名

開催回数

出席回数(出席率)

戸川  清

17回

17回(100%)

平井 隆一

17回

17回(100%)

坂倉 裕司

13回

13回(100%)

戸川  隆

13回

13回(100%)

(注)監査等委員坂倉裕司および戸川隆は、2020年6月29日開催の当社第124期定時株主総会において新たに選任され就任していることから、就任以降に開催された監査等委員会の回数に対して出席率を算出しております。

監査等委員会における主な検討事項については次のとおりであります。

・監査方針、監査計画等の策定

・会計監査人の評価および再任の適否の決定

・監査報告の作成

② 内部監査の状況

 内部監査部門として監査統括部(提出日現在の人員は7名)を設置しております。監査リスクベースによるリスク評価を行い、内部統制システムのなかで、当社およびグループ各社の業務の適正性、妥当性の検証を行い、必要に応じて指導・提言を行っております。また、コンプライアンスの状況、リスクマネジメントの状況などのモニタリング活動を実施しております。

 監査統括部は、監査等委員会および会計監査人と定期、不定期に情報交換の場を設置し、内部統制の状況およびリスク評価等に関する意見交換を行い、相互の連携を図っております。

③ 会計監査の状況

イ 監査法人の名称

EY新日本有限責任監査法人

ロ 継続監査期間

69年間

 

ハ 業務を執行した公認会計士

業務を執行した公認会計士の氏名

所属する監査法人名

指定有限責任社員 業務執行社員 白羽 龍三

EY新日本有限責任監査法人

指定有限責任社員 業務執行社員 山本 秀仁

(注) 継続関与年数については、全員7年以内であります。

ニ 監査業務に係る補助者の構成

 会計監査業務に係る補助者の構成は、公認会計士11名、会計士試験合格者等4名、その他24名となります。

ホ 監査法人の選定方針と理由

 当社では、会社法第340条に定める監査等委員の全員の同意による会計監査人の解任のほか、監査等委員会が、会計監査人の監査活動の評価手続きを実施し、その評価結果に基づき、会計監査人の解任または不再任に関する議案を株主総会に提出する必要があると判断した場合には、当該議案の内容を決定します。

へ 監査等委員会による監査法人の評価

 監査等委員会において、監査等委員会で定める会計監査人の評価項目の評価手続きに基づき評価を行い、会計監査人を再任することの適否を決定し、または株主総会に提出する会計監査人の選任および解任ならびに不再任に関する議案の内容を決定しております。

 

④ 監査報酬の内容等

イ 監査公認会計士等に対する報酬

区  分

前連結会計年度

当連結会計年度

監査証明業務に基づく報酬(百万円)

非監査業務に基づく報酬(百万円)

監査証明業務に基づく報酬(百万円)

非監査業務に基づく報酬(百万円)

提出会社

65

72

連結子会社

37

36

合計

102

108

ロ 監査公認会計士等と同一のネットワーク(Ernst&Young)に対する報酬(イを除く)

区  分

前連結会計年度

当連結会計年度

監査証明業務に基づく報酬(百万円)

非監査業務に基づく報酬(百万円)

監査証明業務に基づく報酬(百万円)

非監査業務に基づく報酬(百万円)

提出会社

9

5

連結子会社

0

2

0

2

合計

0

12

0

7

ハ その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

 当社および連結子会社における非監査業務の内容は、主として税務関連業務であります。

ニ 監査報酬の決定方針

 当社は、会計監査人の監査計画等の妥当性を勘案した上で、監査等委員会の同意を得て会計監査人の報酬等を決定します。

ホ 監査等委員会が会計監査人の報酬等に同意した理由

 監査等委員会は、会計監査人の監査計画の内容、職務遂行状況および報酬見積りの算出根拠等が適切であるかについて必要な検証を行った結果、会計監査人の報酬等の額について、会社法第399条第1項および第3項の同意をしました。

 

(4)【役員の報酬等】

① 役員の報酬等の額またはその算定方法の決定に関する方針に関する事項

  当社は、2021年2月24日開催の取締役会において、取締役の個人別の報酬等の内容にかかる決定方針を決議しております。当該取締役会の決議に際しては、あらかじめ決議する内容について報酬委員会へ諮問し、答申を受けております。

  また、取締役会は、当事業年度に係る取締役の個人別の報酬等について、報酬等の内容の決定方法および決定された報酬等の内容が当該決定方針と整合していることや、報酬委員会からの答申が尊重されていることを確認しており、当該決定方針に沿うものであると判断しております。

  取締役の個人別の報酬等の内容にかかる決定方針の内容は次のとおりです。

 

イ 報酬構成

取締役(監査等委員である取締役を除く。)に対する報酬は、固定報酬と業績連動報酬で構成されます。

<構成図>

種類

項目

内容

固定報酬

 

基本報酬と取締役各人の職務・職責に応じて支給する職務付加報酬で構成されます。

業績連動報酬

 

固定報酬額の一定割合を上限額とした上で、短期および中期の目標インセンティブのバランスを考慮して、一律に以下の指標および算式によって算定するものとしております。なお、業務執行を行わない取締役(監査等委員である取締役を含む。)に対しては、業績連動報酬は支給しないものとしております。
(i)指標

 ・営業利益達成率(A)=(当期営業利益見通値÷当期営業利益目標値)×100%

 ・中期営業利益達成率(B)={(前々期営業利益+前期営業利益)÷

(前々期営業利益目標値+前期営業利益目標値)}×100%

 ・ROIC達成率(C)=(当期ROIC見通値÷当期ROIC目標値)×100%

(ii)指標を選択した理由

 営業利益達成率および中期営業利益達成率は、収益性の指標として設定しており、ROIC達成率は、資本効率性の指標として設定しております。それぞれの目標値を達成するインセンティブとなることで中長期的な企業価値向上に繋がるものと判断しております。

(iii)指標に関する実績

 当期は、各指標に設定されている目標値をそれぞれ達成しております。

(ⅳ)算式
 業績連動報酬額 = 業績連動報酬上限額×(A×40%+B×30%+C×30%)

譲渡制限付株式付与のための報酬

取締役と株主の一層の価値共有を進めるために、譲渡制限付株式の付与のための報酬を支給するものとしております。当該報酬は、一律に業績連動報酬の内の一定割合をその支給に充てるものとしております。
業務執行を行わない取締役(監査等委員である取締役を含む。)に対しては、譲渡制限付株式の付与のための報酬は支給しないものとしております。

 

ロ 報酬割合

全体の報酬に占める固定報酬、業績連動報酬および譲渡制限付株式の付与のための報酬については、都度、報酬委員会において見直されるものとします。また、これらの取締役(監査等委員である取締役を除く。)の報酬等は、総額にして年額3億円を超えないものとします。なお、2021年度の報酬については、固定報酬の20%を業績連動報酬の上限額として支給し、その業績連動報酬の50%に相当する金額を譲渡制限付株式の付与のための報酬として支給します。

ハ 交付の時期等

当該年度における固定報酬および業績連動報酬を合算した金銭報酬については、当該年度の開始月より、月額で均等に支給するものとします。譲渡制限付株式の付与のための報酬については、当該年度の株主総会において選任または再任されることを条件として、その翌月までに支給するものとします。

ニ 取締役の報酬に関する株主総会の決議年月日および決議内容

取締役(監査等委員である取締役を除く。以下、本項目において同じ。)の報酬については、2019年6月26日開催の当社第123期定時株主総会において年額3億円以内(うち社外取締役分年額30百万円以内)を限度額とすることと決議されており、取締役の報酬額には、実質的な限度額の範囲を明確にするために、執行役員兼務取締役の執行役員分報酬および使用人兼務取締役の使用人分給与を含むこととしております。なお、当該株主総会終結時点の取締役の員数は4名(うち社外取締役は1名)となります。

また、2020年6月29日開催の当社第124期定時株主総会において年額3億円以内(うち社外取締役は年額30百万円以内)の枠内で、取締役に対して譲渡制限付株式の付与のために、年額80百万円以内を限度として金銭報酬を支給することとしております。なお、当該株主総会終結時点の取締役の員数は3名(うち社外取締役は0名)となります。

監査等委員である取締役の報酬については、2019年6月26日開催の当社第123期定時株主総会において年額80百万円以内を限度額とすることと決議されております。なお、当該株主総会終結時点の監査等委員である取締役の員数は3名(うち社外取締役は2名)となります。

ホ 取締役の個人別の報酬等の決定に係る委任に関する事項

取締役(監査等委員である取締役を除く。以下、本項目において同じ。)の個人別の報酬額は、株主総会において定められた取締役の報酬等総額の範囲内で、2020年6月29日開催の取締役会において一任された代表取締役社長である長谷川隆代が、報酬委員会の答申および当社が定める取締役等の報酬決定に関する方針、ならびに取締役へのパフォーマンスレビューによる評価結果等を考慮することを条件に決定しております。

独立社外取締役を構成員に含む任意の報酬委員会により答申がなされていること、また当社が定める取締役等の報酬決定に関する方針に従っていること、さらに業務執行を行わない取締役を中心に実施した取締役へのパフォーマンスレビューによる評価結果を、過半数が独立社外取締役で構成する任意の指名委員会にて審議がされていることから、報酬決定のプロセスには客観性および透明性が確保されており、恣意的な決定はなされず権限が適切に行使されるための措置が講じられております。

なお、代表取締役社長に委任した理由は、当社を取り巻く環境および経営状況等を熟知した上で取締役の職責および能力を踏まえた評価を行う者として適任であると判断したためであります。

監査等委員である取締役の報酬は、会社法第361条第3項により、株主総会において定められた限度額の範囲内において、監査等委員である取締役の協議により決定されます。

② 役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額および対象となる役員の員数

     イ 報酬等の総額および対象となる役員の員数

役員区分

報酬等の総額

(百万円)

報酬等の種類別の総額(百万円)

対象となる役員の員数(人)

固定報酬

業績連動報酬

譲渡制限付

株式報酬

退職慰労金

取締役(監査等委員および社外取締役を除く)

78

64

11

2

0

4

取締役(監査等委員)

(社外取締役を除く)

16

16

0

0

0

2

社外取締役

2

2

0

0

0

1

社外取締役 監査等委員

30

30

0

0

0

3

(注)1 上記には、2020年6月29日開催の当社第124期定時株主総会終結の時をもって退任した取締役(監査等委員である取締役を除く。)1名および同日をもって辞任した取締役(監査等委員)1名を含んでおります。

2 2020年6月29日開催の当社第124期定時株主総会終結の時をもって社外取締役(監査等委員である取締役を除く。)から取締役(監査等委員である取締役を除く。)に異動となった1名は、社外取締役としての任期に関する報酬は「社外取締役」欄に、取締役(監査等委員である取締役を除く。)としての任期に関する報酬は「取締役(監査等委員および社外取締役を除く)」欄に含めております。

3 取締役の報酬額には、使用人兼務取締役の使用人分の給与は含まれておりません。

     ロ 提出会社の役員ごとの連結報酬等の総額等

連結報酬等の総額が1億円以上であるものが存在しないため、記載しておりません。

 

 

(5)【株式の保有状況】

① 投資株式の区分の基準および考え方

当社は、保有目的に従い、保有する投資株式を純投資目的とそれ以外に区分しております。

純投資目的とは、キャピタルゲインまたは株式に係る配当による利益の獲得などを目的とした投資株式を指します。

② 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

  イ 保有方針および保有の合理性を検証する方法ならびに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の内容

当社は、株式の政策保有については、企業間取引の強化と事業上の関係維持の必要性および発行会社のリスク要因等を勘案し、合理性が認められた場合に限り保有することとしております。合理性が認められない場合には、取引先企業との対話を十分に実施しながら縮減を進めております。

なお、政策保有株式の検証は、毎年取締役会において、保有目的および配当金額や当社との取引額、株価水準等を基準とした定量評価を参考として、事業上の関係性および市況を考慮したうえで、総合的に判断しております。

     ロ 銘柄数および貸借対照表計上額

 

銘柄数

(銘柄)

貸借対照表計上額の

合計額(百万円)

非上場株式

4

2

非上場株式以外の株式

1

127

 

 

(当事業年度において株式数が増加した銘柄)

 該当事項はありません。

 

(当事業年度において株式数が減少した銘柄)

 

銘柄数

(銘柄)

株式数の減少に係る売却

価額の合計額(百万円)

非上場株式

非上場株式以外の株式

1

46

 

     ハ 特定投資株式およびみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報

         特定投資株式

銘柄

当事業年度

前事業年度

保有目的、定量的な保有効果

および株式数が増加した理由

当社の株式の

保有の有無

株式数(株)

株式数(株)

貸借対照表計上額

(百万円)

貸借対照表計上額

(百万円)

ENEOSホールディングス㈱

254,000

254,000

定量評価において当社の基準を満たしており、エネルギー・インフラ事業の原材料調達において重要な取引先であることから、総合的な検証の結果、保有の合理性はあるものと判断しております。

127

94

宇部興産㈱

27,700

46

 

 

 

 

       みなし保有株式

銘柄

当事業年度

前事業年度

保有目的、定量的な保有効果

および株式数が増加した理由

当社の株式の

保有の有無

株式数(株)

株式数(株)

貸借対照表計上額

(百万円)

貸借対照表計上額

(百万円)

泉州電業㈱

1,000,000

1,000,000

定量評価において当社の基準を満たしており、エネルギー・インフラ事業の商品販売において重要な取引先であることから、総合的な検証の結果、保有の合理性はあるものと判断しております。

3,600

2,418

㈱ダイヘン

244,800

244,800

定量評価において当社の基準を満たしており、電装・コンポーネンツ事業の商品販売において重要な取引先であることから、総合的な検証の結果、当期末においては、保有の合理性はあるものと判断しております。

1,191

711

愛知電機㈱

129,200

129,200

定量評価において当社の基準を満たしており、電装・コンポーネンツ事業の商品販売において重要な取引先であることから、総合的な検証の結果、当期末においては、保有の合理性はあるものと判断しております。

360

250

DOWAホールディングス㈱

21,000

21,000

定量評価において当社の基準を満たしており、エネルギー・インフラ事業の原材料調達において重要な取引先であることから、総合的な検証の結果、保有の合理性はあるものと判断しております。

97

59

日本電設工業㈱

194,000

409

宇部興産㈱

42,000

70

(注)DOWAホールディングス㈱は当社株式を保有しておりませんが、同社子会社であるDOWAメタルマイン㈱は当社株式を保有しております。

   ③ 保有目的が純投資目的の投資株式

区分

当事業年度

前事業年度

銘柄数

(銘柄)

貸借対照表計上額の

合計額(百万円)

銘柄数

(銘柄)

貸借対照表計上額の

合計額(百万円)

非上場株式

1

100

非上場株式以外の株式

 

区分

当事業年度

受取配当金の

合計額(百万円)

売却損益の

合計額(百万円)

評価損益の

合計額(百万円)

非上場株式

非上場株式以外の株式

 

   ④ 保有目的を変更した投資株式

該当事項はありません。

 

   ⑤ 当社および連結子会社のうち、投資株式の貸借対照表計上額(投資株式計上額)が最も大きい会社である昭和電線ケーブルシステム㈱の保有する株式に関する情報

     イ 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式の銘柄数および貸借対照表計上額

 

銘柄数

(銘柄)

貸借対照表計上額の

合計額(百万円)

非上場株式

23

403

非上場株式以外の株式

5

1,053

 

 

(当事業年度において株式数が増加した銘柄)

 該当事項はありません。

 

(当事業年度において株式数が減少した銘柄)

 

銘柄数

(銘柄)

株式数の減少に係る売却

価額の合計額(百万円)

非上場株式

1

4

非上場株式以外の株式

 

     ロ 特定投資株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額および保有目的等

        特定投資株式

銘柄

当事業年度

前事業年度

保有目的、定量的な保有効果

および株式数が増加した理由

当社の株式の

保有の有無

株式数(株)

株式数(株)

貸借対照表計上額

(百万円)

貸借対照表計上額

(百万円)

PT VOKSEL ELECTRIC Tbk.

416,510,165

416,510,165

定量評価においては、当社の基準を満たしておりますが、事業上の関係性等を総合的に判断し、保有の継続については検討しております。

638

753

関西電力㈱

146,800

146,800

定量評価において当社の基準を満たしておらず、事業上の関係性等を踏まえ、保有の継続については検討しております。

176

177

東北電力㈱

144,300

144,300

定量評価において当社の基準を満たしておらず、事業上の関係性等を踏まえ、保有の継続については検討しております。

151

150

JMACS㈱

161,000

161,000

定量評価において当社の基準を満たしており、エネルギー・インフラ事業の商品販売において重要な取引先であることから、総合的な検証の結果当期末においては、保有の合理性はあるものと判断しております。

74

55

泉州電業㈱

4,000

4,000

定量評価において当社の基準を満たしており、エネルギー・インフラ事業の商品販売において重要な取引先であることから、総合的な検証の結果、保有の合理性はあるものと判断しております。

14

10

 

 

     ハ 保有目的が純投資目的の投資株式

該当事項はありません。

     ニ 保有目的を変更した投資株式

該当事項はありません。

 

第5【経理の状況】

1 連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について

(1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)に基づいて作成しております。

(2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。

  また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しております。

 

2 監査証明について

 当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2020年4月1日から2021年3月31日まで)の連結財務諸表および事業年度(2020年4月1日から2021年3月31日まで)の財務諸表について、EY新日本有限責任監査法人による監査を受けております。

 

3 連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

 当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内容を適切に把握することおよび会計基準等の変更等について適切に対応できる体制を確保するため、公益財団法人財務会計基準機構へ加入し、定期的なセミナーに参加しております。

 

1【連結財務諸表等】

(1)【連結財務諸表】

①【連結貸借対照表】

 

 

(単位:百万円)

 

前連結会計年度

(2020年3月31日)

当連結会計年度

(2021年3月31日)

資産の部

 

 

流動資産

 

 

現金及び預金

4,304

4,165

受取手形及び売掛金

41,207

43,859

商品及び製品

9,365

9,889

仕掛品

7,322

7,130

原材料及び貯蔵品

5,038

4,522

その他

4,515

5,716

貸倒引当金

12

13

流動資産合計

71,741

75,269

固定資産

 

 

有形固定資産

 

 

建物及び構築物

※2 38,790

※2 38,685

減価償却累計額

31,546

31,775

建物及び構築物(純額)

7,243

6,909

機械装置及び運搬具

※2 62,665

※2 62,362

減価償却累計額

56,734

56,380

機械装置及び運搬具(純額)

5,930

5,982

工具、器具及び備品

※2 7,605

※2 7,538

減価償却累計額

6,369

6,392

工具、器具及び備品(純額)

1,236

1,145

土地

※2,※5 23,659

※2,※5 23,159

その他

1,834

2,500

有形固定資産合計

39,905

39,697

無形固定資産

1,442

1,357

投資その他の資産

 

 

投資有価証券

※1,※2 5,997

※1,※2 6,584

繰延税金資産

1,071