EDINET閲覧(提出)サイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)をもとに上場企業サーチ作成

本ページはEDINETに提出された開示情報を上場企業サーチが加工/編集したものであり、記載された情報の正確性および完全性について上場企業サーチは一切の保証を行いません。本ページの情報を利用する際は自己の責任で判断頂き、意思決定に際しては適宜EDINETや提出会社が公開するオリジナルを参照する様にしてください。本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

【表紙】

 

【提出書類】

有価証券報告書

【根拠条文】

金融商品取引法第24条第1項

【提出先】

関東財務局長

【提出日】

2021年12月22日

【事業年度】

第75期(自 2020年10月1日 至 2021年9月30日)

【会社名】

川岸工業株式会社

【英訳名】

Kawagishi Bridge Works Co., Ltd.

【代表者の役職氏名】

代表取締役社長  金本 秀雄

【本店の所在の場所】

東京都港区東新橋1丁目2番13号

【電話番号】

03-3572-5401(代表)

【事務連絡者氏名】

経理部長  影山 浩一

【最寄りの連絡場所】

千葉県柏市高田1055番地

【電話番号】

04-7143-1331(代表)

【事務連絡者氏名】

経理部長  影山 浩一

【縦覧に供する場所】

株式会社東京証券取引所

 (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

 

 

E01381 59210 川岸工業株式会社 Kawagishi Bridge Works Co.,Ltd. 企業内容等の開示に関する内閣府令 第三号様式 Japan GAAP false cns 2020-10-01 2021-09-30 FY 2021-09-30 2019-10-01 2020-09-30 2020-09-30 1 false false false E01381-000 2021-12-22 E01381-000 2016-10-01 2017-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01381-000 2017-10-01 2018-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01381-000 2018-10-01 2019-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01381-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01381-000 2020-10-01 2021-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01381-000 2017-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01381-000 2018-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01381-000 2019-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01381-000 2020-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01381-000 2021-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01381-000 2021-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp_cor:CorporateSharedMember E01381-000 2020-10-01 2021-09-30 E01381-000 2021-12-22 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E01381-000 2021-09-30 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E01381-000 2021-09-30 jpcrp_cor:No1MajorShareholdersMember E01381-000 2021-09-30 jpcrp_cor:No2MajorShareholdersMember E01381-000 2021-09-30 jpcrp_cor:No3MajorShareholdersMember E01381-000 2021-09-30 jpcrp_cor:No4MajorShareholdersMember E01381-000 2021-09-30 jpcrp_cor:No5MajorShareholdersMember E01381-000 2021-09-30 jpcrp_cor:No6MajorShareholdersMember E01381-000 2021-09-30 jpcrp_cor:No7MajorShareholdersMember E01381-000 2021-09-30 jpcrp_cor:No8MajorShareholdersMember E01381-000 2021-09-30 jpcrp_cor:No9MajorShareholdersMember E01381-000 2021-09-30 jpcrp_cor:No10MajorShareholdersMember E01381-000 2021-09-30 E01381-000 2021-09-30 jpcrp_cor:SharesWithNoVotingRightsMember E01381-000 2021-09-30 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsTreasurySharesEtcMember E01381-000 2021-09-30 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsOtherMember E01381-000 2021-09-30 jpcrp_cor:OrdinarySharesTreasurySharesSharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E01381-000 2021-09-30 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsOtherMember E01381-000 2021-09-30 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesLessThanOneUnitMember E01381-000 2021-09-30 jpcrp_cor:Row1Member E01381-000 2021-12-22 jpcrp_cor:Row1Member E01381-000 2021-12-22 jpcrp030000-asr_E01381-000:KanamotoHideoMember E01381-000 2021-12-22 jpcrp030000-asr_E01381-000:MatsumotoMasanoriMember E01381-000 2021-12-22 jpcrp030000-asr_E01381-000:HayashiNobuhikoMember E01381-000 2021-12-22 jpcrp030000-asr_E01381-000:MatsumotoRyujiMember E01381-000 2021-12-22 jpcrp030000-asr_E01381-000:FukagataShikoMember E01381-000 2021-12-22 jpcrp030000-asr_E01381-000:MatsubaraHiroyukiMember E01381-000 2021-12-22 jpcrp030000-asr_E01381-000:SugawaraNikouMember E01381-000 2021-12-22 jpcrp030000-asr_E01381-000:KamioSatoshiMember E01381-000 2021-12-22 jpcrp030000-asr_E01381-000:HakozakiKazuhikoMember E01381-000 2021-12-22 jpcrp030000-asr_E01381-000:IshimatsuKatsuyaMember E01381-000 2021-12-22 jpcrp030000-asr_E01381-000:KudoKenjiMember E01381-000 2021-12-22 jpcrp030000-asr_E01381-000:TakadaMasaakiMember E01381-000 2021-12-22 jpcrp_cor:Row2Member E01381-000 2021-12-22 jpcrp_cor:Row3Member E01381-000 2021-12-22 jpcrp_cor:Row4Member E01381-000 2021-12-22 jpcrp_cor:Row5Member E01381-000 2021-12-22 jpcrp_cor:Row6Member E01381-000 2021-12-22 jpcrp_cor:Row7Member E01381-000 2021-12-22 jpcrp_cor:Row8Member E01381-000 2019-10-01 2020-09-30 E01381-000 2020-10-01 2021-09-30 jpcrp_cor:DirectorsExcludingOutsideDirectorsMember E01381-000 2020-10-01 2021-09-30 jpcrp_cor:CorporateAuditorsExcludingOutsideCorporateAuditorsMember E01381-000 2020-10-01 2021-09-30 jpcrp_cor:OutsideDirectorsAndOtherOfficersMember E01381-000 2020-09-30 jpcrp_cor:Row1Member E01381-000 2021-09-30 jpcrp_cor:Row2Member E01381-000 2020-09-30 jpcrp_cor:Row2Member E01381-000 2021-09-30 jpcrp_cor:Row3Member E01381-000 2020-09-30 jpcrp_cor:Row3Member E01381-000 2021-09-30 jpcrp_cor:Row4Member E01381-000 2020-09-30 jpcrp_cor:Row4Member E01381-000 2021-09-30 jpcrp_cor:Row5Member E01381-000 2020-09-30 jpcrp_cor:Row5Member E01381-000 2021-09-30 jpcrp_cor:Row6Member E01381-000 2020-09-30 jpcrp_cor:Row6Member E01381-000 2021-09-30 jpcrp_cor:Row7Member E01381-000 2020-09-30 jpcrp_cor:Row7Member E01381-000 2021-09-30 jpcrp_cor:Row8Member E01381-000 2020-09-30 jpcrp_cor:Row8Member E01381-000 2021-09-30 jpcrp_cor:Row9Member E01381-000 2020-09-30 jpcrp_cor:Row9Member E01381-000 2021-09-30 jpcrp_cor:Row10Member E01381-000 2020-09-30 jpcrp_cor:Row10Member E01381-000 2021-09-30 jpcrp_cor:Row11Member E01381-000 2020-09-30 jpcrp_cor:Row11Member E01381-000 2021-09-30 jpcrp_cor:Row12Member E01381-000 2020-09-30 jpcrp_cor:Row12Member E01381-000 2019-09-30 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01381-000 2020-09-30 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01381-000 2020-09-30 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01381-000 2019-09-30 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01381-000 2020-09-30 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01381-000 2019-09-30 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01381-000 2019-09-30 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01381-000 2020-09-30 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01381-000 2020-09-30 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01381-000 2019-09-30 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01381-000 2019-09-30 jppfs_cor:ReserveForAdvancedDepreciationOfNoncurrentAssetsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01381-000 2020-09-30 jppfs_cor:ReserveForAdvancedDepreciationOfNoncurrentAssetsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01381-000 2019-09-30 jppfs_cor:ReserveForDividendEqualizationMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01381-000 2020-09-30 jppfs_cor:ReserveForDividendEqualizationMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01381-000 2019-09-30 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01381-000 2020-09-30 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01381-000 2020-09-30 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01381-000 2019-09-30 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01381-000 2019-09-30 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01381-000 2020-09-30 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01381-000 2020-09-30 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01381-000 2019-09-30 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01381-000 2020-09-30 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01381-000 2019-09-30 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01381-000 2019-09-30 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01381-000 2020-09-30 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01381-000 2019-09-30 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01381-000 2020-09-30 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01381-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01381-000 2020-10-01 2021-09-30 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01381-000 2020-10-01 2021-09-30 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01381-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01381-000 2020-10-01 2021-09-30 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01381-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01381-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:ReserveForAdvancedDepreciationOfNoncurrentAssetsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01381-000 2020-10-01 2021-09-30 jppfs_cor:ReserveForAdvancedDepreciationOfNoncurrentAssetsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01381-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:ReserveForDividendEqualizationMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01381-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01381-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01381-000 2020-10-01 2021-09-30 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01381-000 2020-10-01 2021-09-30 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01381-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01381-000 2020-10-01 2021-09-30 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01381-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01381-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01381-000 2020-10-01 2021-09-30 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01381-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01381-000 2020-10-01 2021-09-30 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01381-000 2020-10-01 2021-09-30 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01381-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01381-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01381-000 2020-10-01 2021-09-30 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01381-000 2020-10-01 2021-09-30 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01381-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01381-000 2020-10-01 2021-09-30 jppfs_cor:ReserveForDividendEqualizationMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01381-000 2020-10-01 2021-09-30 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01381-000 2021-09-30 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01381-000 2021-09-30 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01381-000 2021-09-30 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01381-000 2021-09-30 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01381-000 2021-09-30 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01381-000 2021-09-30 jppfs_cor:ReserveForAdvancedDepreciationOfNoncurrentAssetsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01381-000 2021-09-30 jppfs_cor:ReserveForDividendEqualizationMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01381-000 2021-09-30 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01381-000 2021-09-30 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01381-000 2021-09-30 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01381-000 2021-09-30 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01381-000 2021-09-30 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01381-000 2021-09-30 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01381-000 2021-09-30 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember iso4217:JPY xbrli:shares iso4217:JPY xbrli:shares xbrli:pure

第一部 【企業情報】

 

第1 【企業の概況】

 

1 【主要な経営指標等の推移】

 

回次

第71期

第72期

第73期

第74期

第75期

決算年月

2017年9月

2018年9月

2019年9月

2020年9月

2021年9月

売上高

(百万円)

19,587

25,746

23,102

19,913

18,873

経常利益

(百万円)

2,963

3,078

1,566

1,522

2,040

当期純利益

(百万円)

2,151

2,124

1,099

801

1,348

持分法を適用した場合の投資利益

(百万円)

資本金

(百万円)

955

955

955

955

955

発行済株式総数

(千株)

15,000

3,000

3,000

3,000

3,000

純資産額

(百万円)

20,852

22,725

23,276

23,704

24,961

総資産額

(百万円)

25,650

28,979

27,197

28,575

29,224

1株当たり純資産額

(円)

7,157.56

7,803.75

7,993.68

8,221.07

8,632.09

1株当たり配当額

(円)

20

125

80

80

80

(うち1株当たり中間配当額)

(―)

(―)

(―)

(―)

(―)

1株当たり当期純利益

(円)

738.38

729.61

377.52

276.70

466.50

潜在株式調整後1株
当たり当期純利益

(円)

自己資本比率

(%)

81.3

78.4

85.6

83.0

85.4

自己資本利益率

(%)

10.9

9.8

4.8

3.4

5.5

株価収益率

(倍)

7.6

5.5

6.2

9.1

6.4

配当性向

(%)

13.5

17.1

21.2

28.9

17.1

営業活動による
キャッシュ・フロー

(百万円)

2,350

74

2,073

2,843

1,764

投資活動による
キャッシュ・フロー

(百万円)

802

748

375

1,700

506

財務活動による
キャッシュ・フロー

(百万円)

240

301

365

318

233

現金及び現金同等物の期末残高

(百万円)

4,073

3,099

4,431

5,255

6,279

従業員数

(名)

265

303

325

313

313

株主総利回り

(%)

216.1

161.7

100.8

109.7

131.1

(比較指標:配当込みTOPIX)

(%)

(129.3)

(143.3)

(128.4)

(134.7)

(171.7)

最高株価

(円)

1,160

4,635

(1,320)

4,065

2,651

3,295

最低株価

(円)

494

3,950
(888)

2,070

1,693

2,354

 

 

 

(注) 1.当社は連結財務諸表を作成していないので、「連結会計年度に係る主要な経営指標等の推移」は記載しておりません。

2.売上高には、消費税等(以下同様)は含まれておりません。

3. 「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を第73期の期首から適用しており、第72期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。

4.2018年4月1日付で当社株式5株につき1株の割合で株式併合を実施したため、第71期の期首に当該株式併合が行われたと仮定して、1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益を算定しております。

5.2017年9月期の1株当たり配当額20円には、設立70周年記念配当2円を含んでおります。

6.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

7.最高・最低株価は、東京証券取引所市場第二部におけるものです。

8.2018年4月1日付で当社株式5株につき1株の割合で株式併合を実施しました。第72期の株価については、株式併合後の最高・最低株価を記載し、株式併合前の最高・最低株価は( )にて記載しております。

 

 

2 【沿革】

1906年3月

 

川岸太一郎が川岸工業所を大阪市に創立

1936年5月

 

九州に進出、福岡県戸畑市(現北九州市)に出張所を設置

1947年3月

 

大阪府大阪市に川岸工業株式会社を設立

1958年2月

 

本社を福岡県福岡市に移転

1961年8月

 

川岸鉄工株式会社を合併

1961年9月

 

東京支店を設置

1962年1月

 

東京証券取引所市場第二部及び福岡証券取引所市場に上場、東京都中央区に本社を移転

1962年12月

 

山口県徳山市(現周南市)に徳山工場を新設

1963年5月

 

千葉県柏市に千葉第一工場を新設

1966年7月

 

大阪府羽曳野市に大阪工場を新設

1967年12月

 

大阪支店及び広島支店を開設

1968年4月

 

千葉県柏市に千葉第二工場を新設

1969年7月

 

本社を東京都港区に移転

1970年12月

 

千葉県東葛飾郡沼南町(現柏市)に千葉第三工場を新設

1971年5月

 

千葉工作株式会社を合併

1971年9月

 

千葉県市原市に市原工場を新設

1975年5月

 

岡山県笠岡市に岡山工場を新設

1985年3月

 

千葉県山武郡松尾町(現山武市)に千葉第五工場を新設

1985年6月

 

川岸工事㈱設立に際し出資

1991年9月

 

茨城県結城郡千代川村(現下妻市)に筑波工場を新設

1993年11月

 

市原工場を閉鎖

1999年6月

 

山口県下松市に山口工場を新設、徳山工場を閉鎖

2000年12月

 

千葉第二工場を操業中止

2001年10月

 

千葉県柏市に川岸プランニング株式会社を設立

2002年11月

 

株式会社サクラダと資本・業務提携

2003年10月

 

山口県下松市に中国支店を開設、広島支店を広島営業所と改称

2003年10月

 

福岡証券取引所上場廃止

2011年9月

 

千葉第五工場を閉鎖

2012年1月

 

株式会社サクラダとの資本・業務提携契約を解除

2013年4月

 

広島営業所を廃止

2013年9月

 

大阪支店を中国支店に統合

2014年4月

 

中国支店を西日本支店に名称変更

 

 

 

3 【事業の内容】

当社グループは、当社及び子会社2社で構成されております。

当社の主な事業は、鉄骨等鋼構造物の設計、製作及び現場施工であります。 

子会社の川岸工事株式会社は、当社が受注した鉄骨工事のうち、主に東日本での施工工事について現場施工を、川岸プランニング株式会社は、設計・積算業務を担っております。

プレキャストコンクリート事業は、建築用プレキャストコンクリート製品の製造、販売及び取付工事を営んでおります。 

事業の系統図は、次のとおりであります。 


 

4 【関係会社の状況】

特に記載すべき事項はありません。

 

5 【従業員の状況】

(1) 提出会社の状況

(2021年9月30日現在)

従業員数(名)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(千円)

313

40.1

13.3

6,089

 

 

事業部門の名称

従業員数(名)

鋼構造物部門(鉄骨)

277

プレキャストコンクリート部門

15

全社(共通)

21

合計

313

 

 

(注) 1.従業員数は就業人員であります。

2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。

3.当社は、建設業以外の事業を営んでいないため、事業部門別の従業員数を記載しております。

4.全社(共通)は、総務及び経理等の管理部門の従業員であります。

 

(2) 労働組合の状況

労使関係について特に記載すべき事項はありません。

 

第2 【事業の状況】

 

1 【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

文中の将来に関する事項は、当事業年度末現在において当社が判断したものであります。

 

(1)経営方針

建設業は人間社会に不可欠の事業であるとの信念のもと、当社は、斯業の発展、高度化に身を投じ、進んで変革、脱皮を遂げ続けるということを経営の基本方針としております。

当社は、日々の事業活動において、「より良い品を、より安く、より早く」を貫き通すことを社是としておりますが、この原則が人々の営みの基礎にあってこそ、社会は発展するということを信じて疑わないからであります。

 

(2)経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等

当社は、企業価値の向上を図るため、持続的な成長を目標に掲げ、成長性と収益性を重要な経営上の指標としております。これに基づき、売上高と営業利益を具体的な指標と捉え、財務体質の強化に努めております。

 

(3)経営環境及び優先的に対処すべき課題

首都圏を中心とした大型物件について進展がみられるものの、鋼材をはじめとした原材料価格等の高騰に加え、技術者・技能者の確保、働き方改革をはじめとした関係法令への対応など、当社を取り巻く経営環境は極めて厳しい状態が続いております。当社はこのような経営環境の中、引き続き生産部門の技術力強化、生産設備の充実、品質管理の徹底、人材の確保・育成、社内システムの見直しなどに取り組んでまいります。

具体的には、

① 千葉第一工場をはじめとして、生産設計部を中心にBIMの積極的な活用により、高度な要求品質に応えられる製作基盤体制の再構築を図り、限られた受注機会を確実に獲得できる体制を整えるとともに、効率的で円滑な業務運営に努めてまいります。

② 人事制度の見直しを行い、意欲のある従業員が自律的に成長し継続的に活躍できる、魅力ある企業の体制構築に努めてまいります。

③ ISOに基づいた品質管理体制を徹底するとともに、無駄の排除と迅速な生産工程の遵守に努め、さらに顧客より信頼される企業を目指してまいります。

④ 人材の確保に努め、技術の継承、安全の徹底等の教育に取り組んでまいります。

 

2 【事業等のリスク】

有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、経営者が提出会社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると認識している主要なリスクは、以下のとおりであります。

なお、文中の将来に関する事項は、当事業年度末現在において当社が判断したものであります。

 

(1)事業環境について

当社の主力製品である建築鉄骨は、オフィスビル、マンション、工場、商業施設、公共施設等に使用されます。需要家区分では、民間向けが主であります。したがって、当社の業績は民間の建築投資の動向により影響を受ける可能性があるため、外部環境の変化やお客様のニーズを的確に捉えてビジネスチャンスに繋げていけるよう、全社一丸となって努力し、リスクの最小化に努めております。

 

 

(2)完成工事未収入金等の債権回収リスクについて

当社の主な顧客は総合工事業者(いわゆる「ゼネコン」)であります。決済条件の関係から未成工事の収支差を加えた「広義」の売上債権は多額となっており、工事代金を受領する前に取引先が信用不安に陥った場合には、工事代金の回収不能のリスクがあるため、成約及び決済条件の約定に際しては、顧客の信用状態に十分留意するとともに、その早期の回収に努めております。 

 

(3)品質管理について

当社の製品である鉄骨・プレキャストコンクリートは、建築物に使用されるため、耐久性等高い品質が求められます。そのため、製品に契約不適合等があり顧客の求める品質に至らない場合、作り直し等の要求や、補修、改修等が求められることが考えられ、当社の業績に影響を与える可能性があるため、仕様や品質等に関する契約上の要求水準を的確に把握するとともに、過去の不具合事例の周知等を実施しております。

 

(4)鋼材価格の変動について

当社の製品である鉄骨の主要材料は鋼材であり、鋼材価格が高騰した際、上昇分が受注価格に速やかに反映されない場合は、当社の業績に影響を与える可能性があるため、幅広い供給元から鋼材の安定供給に努めております。

 

(5)労働災害について

当社ではグループを含めた従業員、協力会社従業員に対する安全教育を行い、労働災害の未然防止に努めております。しかしながら当社グループ、協力会社従業員に不測の事態が発生した場合、取引先からの取引停止、損害賠償の請求がなされる等により、当社の業績に影響を与える可能性があるため、毎月、安全衛生の会議を行い周知・徹底しております。

 

(6)人材確保について

当社の事業は、専門性を有した技術者・技能者により支えられており、優秀な人材の確保と育成、定着率が重要な課題となります。しかしながら、少子高齢化による労働人口の減少により、必要な人材が確保出来なかった場合には、当社の業績に影響を与える可能性があるため、新たな人員の獲得に向けた採用活動を積極的に展開するとともに、社員の定年後の継続雇用を図り、人員の確保に努めております。

 

(7)情報システムに関するリスクについて

当社は、情報共有や業務の効率化のため、情報システムを構築・運用しており、情報システム運営上の安全性確保に取り組んでおりますが、外部からの不正アクセス、コンピューターウイルスの侵入等による機密情報・個人情報の漏洩、事故等により情報システムが不稼働になる可能性を完全に排除することができません。このような場合は、システムに依存している業務の効率性の低下を招くほか、被害の規模によっては事業を中断する可能性があるため、関連部門を中心に情報管理体制を整えております。

 

(8)自然災害その他に関するリスクについて

当社は、地震・洪水等の自然災害や火災等の事故災害により社会的混乱等が発生し、設備の損壊や事業活動の停止があった場合、復旧の規模により、当社の経営成績及び財政状態に重大な影響を与える可能性があるため、東日本地区と西日本地区に工場を分散しており、自然災害等が発生した場合には関連部門を中心に対応策を協議の上、実行する体制を整えております。

 

(9)新型コロナウイルスの感染症によるリスクについて

当社は、新型コロナウイルス感染症が工場内や施工現場内等で感染者が発生した場合、一定期間操業停止になるなど、当社の事業活動に影響を与える可能性があるため、政府の方針や保健行政の指針等に基づき新型コロナウイルス感染症の防止策に取り組んでおります。

 

 

3 【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

(1) 経営成績等の状況の概要

当事業年度における当社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下「経営成績等」という。)の状況の概要は次のとおりであります。

 

① 財政状態及び経営成績の状況

当事業年度における我が国経済は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い断続的に緊急事態宣言及びまん延防止等重点措置が発出されるなど、年度全般を通じて経済活動が制限されました。サービス業を中心に相変わらず厳しい状況が続いておりますが、一方でワクチン接種の進展による新規感染者数の減少や経済活動の規制緩和への期待感などから、個人消費にも持ち直しの兆しがみられるようになりました。

当業界におきましては、首都圏の大型物件についての進展がみられ、需要の端境期を脱し、山積み持ち直しへの期待感が高まっております。一方、鋼材の度重なる価格高騰と納期の長期化が大きな懸念材料となっており、ゼネコンとの契約交渉、契約後の材料手配や製作工程の調整に難航するなど、当社を取り巻く経営環境は極めて複雑化した厳しい状況が続いております。

このような状況の中、当社は受注に鋭意努力しましたが、端境期の影響等もあり、受注高は通期で前期比17.8%減の19,774百万円となりました。当期末の受注残高は、前期比5.9%増の16,066百万円となりました。

 

イ.財政状態

(資産の部)

当事業年度末における総資産は、前事業年度末の28,575百万円から当事業年度末は29,224百万円となり、648百万円増加しました。

流動資産は前事業年度末の20,234百万円から当事業年度末は21,104百万円となり、869百万円増加しました。これは完成工事未収入金が363百万円減少したものの、現金預金が1,024百万円及び材料貯蔵品が249百万円増加したことなどによるものです。

固定資産は前事業年度末の8,341百万円から当事業年度末は8,120百万円となり、221百万円減少しました。これは時価の上昇により投資有価証券が179百万円増加したものの、有形固定資産が減価償却等により249百万円及び確定給付年金制度の終了により前払年金費用が161百万円減少したことなどによるものです。

(負債の部)

当事業年度末における総負債は、前事業年度末の4,871百万円から当事業年度末は4,263百万円となり、607百万円減少しました。

流動負債は前事業年度末の4,108百万円から当事業年度末は3,979百万円となり、128百万円減少しました。これは未払法人税等が75百万円減少したことなどによるものです。

固定負債は前事業年度末の763百万円から当事業年度末は284百万円となり、479百万円減少しました。これは、補償損失引当金が480百万円減少したことなどによるものです。

(純資産の部)

当事業年度末における純資産合計は、前事業年度末の23,704百万円から当事業年度末は24,961百万円となり、1,256百万円増加しました。これは利益剰余金及びその他有価証券評価差額金等が増加したことなどによるものです。

 

ロ.経営成績

需要の端境期により工場の稼働率が伸びず、完成工事高は前期に比べ5.2%減の18,873百万円となりました。

損益面については、前期に受注した採算性の良い大型工事の完成や苦戦しながらも設計変更の獲得を確保した結果、営業利益は1,852百万円(前期比29.9%増)、経常利益は2,040百万円(同34.1%増)となりました。また、特別損失に和解関連費用210百万円及び退職給付制度移行損失151百万円を計上した事により、当期純利益は1,348百万円(同68.2%増)となりました。

なお、当社は建設業以外の事業を営んでいないため、セグメントに関する業績は記載しておりません。

 

 

製品別の経営成績は、次のとおりであります。

(鉄骨)

受注高は、「(仮称)POLA青山ビル新築工事」、「(仮称)東洋大学赤羽台キャンパス新校舎建設工事(C敷地)」、「(仮称)TTMプロジェクト」、「草加市新庁舎建設工事」、「(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業防災施設建築物A棟」、「広島駅南口計画(仮称)新築工事」、「長崎TEC CR棟(2期工事)」等の工事で19,050百万円(前期比14.7%減)であります。

売上高は、「大宮駅東口大門町2丁目中地区市街地再開発事業施設建築物等新築工事」、「(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発新築工事」、「大手町二丁目常盤橋地区再開発A棟」、「岐阜県庁舎行政棟建築工事」、「長崎TEC増強工事(CR棟)」、「株式会社神戸製鋼所神戸発電所第3号・第4号(仮称)タービン設備土木建築工事」、「(仮称)ディスコ桑畑工場A棟Dゾーン増築工事」等の工事で17,841百万円(同6.3%減)となり、これにより受注残高は15,330百万円(同8.6%増)となりました。

(プレキャストコンクリート)

受注高は、「(仮称)イトーピア浜離宮建替計画新築工事」、「GLP ALFALINK流山5&6プロジェクト」、「GLP ALFALINK相模原Ⅱプロジェクト」等の工事で724百万円(同57.9%減)であります

売上高は、「(仮称)江東区亀戸6丁目計画(住宅棟)」、「GPL流山Ⅷプロジェクト」、「Dプロジェクト江東深川新築工事」等の工事で1,031百万円(同18.8%増)となり、これにより受注残高は735百万円(29.5%減)となっております。

 

② キャッシュ・フローの状況

当事業年度末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前事業年度末より1,024百万円増加し、6,279百万円となりました。

(営業活動によるキャッシュ・フロー)

営業活動の結果、得られた資金は1,764百万円(前事業年度2,843百万円の収入)となりました。これは主にその他のたな卸資産の増加249百万円、和解関連費用の支払690百万円及び法人税等の支払496百万円がありましたが、税引前当期純利益が1,679百万円の計上、減価償却費の計上497百万円及び売上債権の減少453百万円などによるものです。

(投資活動によるキャッシュ・フロー)

投資活動の結果、支出した資金は506百万円(前事業年度1,700百万円の支出)となりました。これは有形固定資産の取得等による支出等によるものです。

(財務活動によるキャッシュ・フロー)

財務活動の結果、支出した資金は233百万円(前事業年度318百万円の支出)となりました。これは配当金の支払等によるものです。

 

③ 生産、受注及び販売の実績
a. 生産実績

当事業年度における生産実績を製品ごとに示すと、次のとおりであります。

製品の名称

金額(百万円)

前年同期比(%)

鉄骨

17,904

△3.5

プレキャストコンクリート

1,050

20.2

合計

18,955

△2.5

 

(注) 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

 

 

b. 受注実績

当事業年度における受注実績を製品ごとに示すと、次の通りであります。

製品の名称

受注高(百万円)

前年同期比(%)

受注残高(百万円)

前年同期比(%)

鉄骨

19,050

△14.7

15,330

8.6

プレキャストコンクリート

724

△57.9

735

△29.5

合計

19,774

△17.8

16,066

5.9

 

(注) 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

 

c. 販売実績

当事業年度における販売実績を製品ごとに示すと、次の通りであります。

製品の名称

金額(百万円)

前年同期比(%)

鉄骨

17,841

△6.3

プレキャストコンクリート

1,031

18.8

合計

18,873

△5.2

 

(注) 1.主な相手先別の販売実績及び総販売実績に対する割合は、次の通りであります。

相手先

前事業年度

当事業年度

金額(百万円)

割合(%)

金額(百万円)

割合(%)

鹿島建設株式会社

6,114

30.7

5,525

29.3

清水建設株式会社

3,227

16.2

3,064

16.2

大成建設株式会社

2,578

12.9

2,522

13.4

 

2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

 

(2) 経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

経営者の視点による当社の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりであります。

なお、文中の将来に関する事項は、当事業年度末現在において当社が判断したものであります。

 

① 財政状態及び経営成績の状況に関する認識及び分析・検討内容

イ.財政状態の分析

財政状態の分析につきましては、「(1)経営成績等の状況の概要 ①財政状態及び経営成績の状況」をご参照ください。

 

ロ.経営成績の分析

(売上高)

売上高は、需要の端境期により工場の稼働率が伸びず、前事業年度に比べ1,039百万円減少し18,873百万円(前事業年度比5.2%減)となりました。その内訳は、鉄骨17,841百万円、プレキャストコンクリート1,031百万円であります。

(営業利益)

売上高は減少したものの、前期に受注した採算性の良い大型工事の完成や苦戦しながらも設計変更の獲得を確保した結果、売上総利益が448百万円増加し2,655百万円(前年同期比20.3%増)となりましたが、販売費及び一般管理費は、取締役の報酬制度を変更したことなどにより21百万円増加し802百万円(同2.8%増)となりました。

以上の結果、営業利益は、426百万円増加し1,852百万円(同29.9%増)となりました。

 

(当期純利益)

営業外収益は、鉄屑売却益の増加等により前事業年度と比較して7百万円増加し230百万円(前事業年度比3.3%増)となりました。営業外費用は、固定資産解体費用及び固定資産除却損等が減少したことにより前事業年度と比較して84百万円減少し42百万円(同66.7%減)となりました。

特別損益につきましては、特別損失に和解関連費用210百万円及び退職給付制度移行損失を151百万円計上しております。

以上の結果、当期純利益は、546百万円増加し1,348百万円(同68.2%増)となりました。

 

 ハ.経営成績に重要な影響を与える要因について

経営成績に重要な影響を与える要因については、「第2 事業の状況 2事業等のリスク」をご参照ください。

 

②キャッシュ・フローの状況の分析・検討内容並びに資本の財源及び資金の流動性に係る情報

(キャッシュ・フロー)

当事業年度末における現金及び現金同等物は、前事業年度末より1,024百万円増加し、6,279百万円となりました。当事業年度のキャッシュ・フローの分析につきましては、「(1)経営成績等の状況の概要 ② キャッシュ・フローの状況」に記載のとおりであります。

(資金需要)

当社における資金需要の主なものは、製品製作のための原材料の購入、協力会社への人件費等の運転資金及び品質確保や作業効率化のための設備資金であります。

(財務政策)

当社は、運転資金につきましては、自己資金で対応することを原則としておりますが、金利動向や負債と資本のバランスに配慮しつつ、必要に応じて金融機関からの借入を実施しております。

資金の流動性については、余剰資金の有効活用に努めるとともに、さらに金融機関との間で当座貸越契約を締結する等により、急な資金需要にも備えております。

なお、当事業年度末において借入金の残高はありません。また、現金預金6,279百万円を保有しており、必要な資金は確保されていると認識しております。

 

③経営者の問題認識と今後の方針について

「第2 事業の状況 1 経営方針、経営環境及び対処すべき課題等」をご参照ください。

なお、2022年9月期の見通しにつきましては、新型コロナウイルス感染症による影響が大きく左右すると思われます。ワクチン接種などの感染予防対策等により、感染者数の減少や経済活動の規制緩和により経済は回復傾向になると期待されますが、一方で変異株の感染拡大の懸念が予想されます。

当業界につきましては、今まで続いていた端境期を脱し首都圏の大型物件についての進展も見られる一方で、他業種の鉄需要の高まりやCO2排出量削減のため高炉の停止等により鋼材全般の品薄化となり、鋼材価格の高騰と納入時期の長期化が大きな懸念材料になっております。さらに、新型コロナウイルス感染症の収束が見通せないうえ、民間建設投資の動向と景気悪化による工事の中断等、予断を許さない状況が続くものと思われます。

上記のような厳しい環境が想定されることから、来期は完成工事高20,000百万円、営業利益900百万円、経常利益1,000百万円、当期純利益700百万円を見込んでおります。

 

④経営方針・経営戦略又は経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等

「第2 事業の状況 1 経営方針、経営環境及び対処すべき課題等 (2)経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等」をご参照下さい。当社の当事業年度の数値目標は、2021年9月期において売上高20,000百万円、営業利益900百万円でありましたが、実績では、営業利益は1,852百万円で目標をクリアする事が出来ましたが、売上高は、需要の端境期により工場の稼働率が伸びず18,873百万円となり目標を達成することはでませんでした。

2022年9月期においては、売上高20,000百万円、営業利益900百万円の目標達成に向け邁進してまいります。

 

⑤重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

当社の財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められる会計基準に基づいて作成されております。この財務諸表を作成するために、会計方針の選択、資産・負債及び収益・費用の報告金額及び開示に影響を与える見積りを行っております。当社は、過去の実績や現在の状況を踏まえ、合理的と判断される前提に基づき継続的に見積りを行っておりますが、見積りには不確実性を伴うことから、実際の結果とは異なることがあります。

当社の財務諸表の作成にあたり使用した重要な会計方針は、「第5 経理の状況 1 財務諸表等 注記事項 重要な会計方針」に記載しておりますが、特に以下の重要な会計方針及び見積りが財務諸表に大きな影響を及ぼすと考えております。

財務諸表の作成に当たって用いた会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定のうち、重要なものについては、「第5 経理の状況 1 財務諸表等 (1)財務諸表 注記事項(重要な会計上の見積り)」に記載のとおりであります。

なお、新型コロナウイルス感染症の影響に関する会計上の見積りについては、「第5 経理の状況 1 財務諸表等 (1)財務諸表 注記事項(追加情報)」に記載しております。

 

4 【経営上の重要な契約等】

当事業年度において、経営上の重要な契約等はありません。

 

5 【研究開発活動】

当事業年度は、鉄骨製作の溶接高能率化に焦点を当てて、当事業年度継続テーマとして、柱スキンプレートの強度レベルを590N/mm2級鋼材を用いて、柱スキンプレートと内ダイアフラムの板厚差がエレクトロスラグ溶接部(ESW部)の機械的性能に与える影響を確認する目的として溶接施工実験を行いました。また、新材料・新工法導入の一環としてNBFW(Non Brittle Fracture Welding)法の適用が回避可能な鋼材である冷間成形角形鋼管SBCP385TF材による溶接施工実験を行いました。

溶接実験結果は、いずれの溶接実験においても健全な溶接継手で良好な機械的性能が得られております。これらの研究成果は2022年度建築学会論文大会に論文投稿を予定しており、昨年度の研究成果の一部は2021年度建築学会論文大会(東海)に論文を投稿し、論文発表をしております。

 

来年度は、継続テーマと新材料・新工法導入の一環として、以下の研究テーマを計画しております。

・新材料、新工法導入の一環として、大入熱対応の新規鋼材である780N/mm2(HBL630C)鋼材を用いた溶接組立箱形断面柱(BOX柱)を対象に、CO2ガスシールドアーク溶接(角継手)においては拡散性水素低減装置を用いた場合の予熱、後熱必要性を確認するとともに、内ダイアフラム溶接接合にESWを適用する場合における溶接継手の機械的性能を確認するための溶接施工実験

・当事業年度継続研究テーマとして、柱スキンプレートと内ダイアフラムの板厚差に着目して、柱スキンプレートと内ダイアフラムの板厚差(3、4、5サイズ差)の違いが、ESW部の機械的性能に及ぼす影響を確認するための溶接施工実験

 

一方、外部活動は、日本建築学会の鉄骨工事運営委員会、日本鋼構造協会の研究委員会及び鉄骨建設協会の技術研究委員会にも積極的に参加し、当社技術レベルアップに努めております。
 当事業年度における研究開発費は、3百万円であります。

 

第3 【設備の状況】

 

1 【設備投資等の概要】

当事業年度に実施した設備投資額は、作業効率向上を目的とした機械装置等の新設・更新を中心に総額266百万円であります。なお、機械装置で主なものは、千葉第一工場のショットブラスト設備・橋型クレーン1基新設、高圧変電設備・天井クレーン1基の更新及び筑波工場の天井クレーン増設で194百万円であります。

また、当社は建設業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略しております。

 

2 【主要な設備の状況】

(2021年9月30日現在)

事業所

(所在地)

設備の内容

帳簿価額(百万円)

従業員数(人)

摘要

建物・

構築物

機械及び

装置、車

両運搬具

工具器具

・備品

土地

合計

面積(㎡)

金額

本社・東京支店

(東京都港区)

営業・工務

5

5

68

 

千葉第一工場

(千葉県柏市)

事務

鋼構造物

生産設備

1,532

710

(13,858)

90,020

 

1,294

3,537

139

 

千葉第三工場

(千葉県柏市)

鋼構造物

生産設備

146

144

(6,415)

20,671

126

417

14

 

筑波工場

(茨城県下妻市)

プレキャスト

コンクリート

生産設備

77

180

(429)

65,719

 

531

788

17

 

大阪工場

(大阪府羽曳野市)

鋼構造物

生産設備

25

64

(2,598)

15,270

70

160

8

 

岡山工場

(岡山県笠岡市)

鋼構造物

生産設備

52

87

(3,212)

21,521

13

152

17

 

西日本支店・

山口工場

(山口県下松市)

営業・事務

鋼構造物

生産設備

265

177

42,950

1,065

1,508

50

 

その他

遊休・社宅

67

0

36,642

357

425

(注3)

 

2,167

1,370

(26,512)

292,796

3,458

6,996

313

 

 

 

(注) 1.帳簿価額に建設仮勘定は、含まれておりません。

2.土地の面積欄中( )内は、賃借中のものは外書きで示しております。

3.その他の主なものは、次のとおりであります。
千葉県柏市(土地)    575㎡    179百万円

4.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

5.当社は建設業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略しております。

 

3 【設備の新設、除却等の計画】

(1) 重要な設備の新設等

該当事項はありません。

 

(2) 重要な設備の除却等

該当事項はありません。

第4 【提出会社の状況】

 

1 【株式等の状況】

(1) 【株式の総数等】

① 【株式の総数】

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

8,000,000

8,000,000

 

 

② 【発行済株式】

種類

事業年度末現在
発行数(株)
(2021年9月30日)

提出日現在
発行数(株)
(2021年12月22日)

上場金融商品取引所
名又は登録認可金融
商品取引業協会名

内容

普通株式

3,000,000

3,000,000

東京証券取引所
(市場第二部)

単元株式数
  100株

3,000,000

3,000,000

 

 

(2) 【新株予約権等の状況】

① 【ストックオプション制度の内容】

 該当事項はありません。

 

② 【ライツプランの内容】

 該当事項はありません。

 

③ 【その他の新株予約権等の状況】

    該当事項はありません。

 

(3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

該当事項はありません。

 

(4) 【発行済株式総数、資本金等の推移】

年月日

発行済株式
総数増減数
(株)

発行済株式
総数残高
(株)

資本金増減額
(千円)

資本金残高
(千円)

資本準備金
増減額
(千円)

資本準備金
残高
(千円)

2018年4月1日(注)

△12,000,000

3,000,000

955,491

572,129

 

(注) 株式併合(5株を1株に併合)によるものであります。

 

(5) 【所有者別状況】

2021年9月30日現在

区分

株式の状況(1単元の株式数100株)

単元未満
株式の状況
(株)

政府及び
地方公共
団体

金融機関

金融商品
取引業者

その他の
法人

外国法人等

個人
その他

個人以外

個人

株主数
(人)

8

19

35

41

2

1,498

1,603

所有株式数
(単元)

1,345

971

13,611

2,893

5

11,033

29,858

14,200

所有株式数
の割合(%)

4.50

3.25

45.59

9.69

0.02

36.95

100.00

 

(注) 1.自己株式108,339株は、「個人その他」に1,083単元、「単元未満株式の状況」の中に39株含まれております。

2.「その他の法人」の中には、証券保管振替機構名義の株式が2単元含まれております。

 

(6) 【大株主の状況】

2021年9月30日現在

氏名又は名称

住所

所有株式数
(千株)

発行済株式(自己株式を除く。)の総数に対する所有株式数の割合(%)

伊藤忠丸紅住商テクノスチール
株式会社

東京都千代田区大手町1丁目6番1号

500

17.29

エムエム建材株式会社

東京都港区東新橋1丁目5番2号

500

17.29

川岸興産株式会社

福岡市博多区博多駅前3丁目16番10号

155

5.36

神鋼商事株式会社

大阪市中央区北浜2丁目6番18号

141

4.90

Black Clover Limited Director Sakamoto Shungo      (常任代理人 三田証券株式会社)

Sertus Chambers, Second Floor, The Quadrant, Manglier Street, P.O.Box 334, Victoria, Mahe, Republic of Seychelles

118

4.08

内藤 征吾

東京都中央区

89

3.11

川岸 隆一

千葉県柏市

82

2.85

INTERACTIVE BROKERS LLC  (常任代理人 インタラクティブ・ブローカーズ証券株式会社)

 ONE PICKWICK PLAZA GREENWICH, CONNECTICUT 06830 USA
(東京都千代田区霞が関3丁目2番5号)

62

2.16

株式会社りそな銀行

大阪市中央区備後町2丁目2番1号

62

2.14

三菱UFJモルガン・スタンレー 証券株式会社

千代田区大手町1丁目9番2号

58

2.01

1,769

61.19

 

 

(注) 上記のほか、当社所有の自己株式108千株があります。

 

(7) 【議決権の状況】

① 【発行済株式】

2021年9月30日現在

区分

株式数(株)

議決権の数(個)

内容

無議決権株式

議決権制限株式(自己株式等)

議決権制限株式(その他)

完全議決権株式(自己株式等)

(自己保有株式)

普通株式

108,300

 

完全議決権株式(その他)

普通株式

2,877,500

 

28,775

単元未満株式

普通株式

14,200

 

発行済株式総数

3,000,000

総株主の議決権

28,775

 

 

(注) 1.「完全議決権株式(その他)」の普通株式には、証券保管振替機構名義の株式が200株(議決権の数2個)含まれております。

2.「単元未満株式」の普通株式には、当社所有の自己株式39株が含まれております。

 

 

② 【自己株式等】

2021年9月30日現在

所有者の氏名
又は名称

所有者の住所

自己名義
所有株式数
(株)

他人名義
所有株式数
(株)

所有株式数
の合計
(株)

発行済株式
総数に対する
所有株式数
の割合(%)

(自己保有株式)

川岸工業株式会社

東京都港区東新橋
1丁目2番13号

108,300

108,300

3.61

108,300

108,300

3.61

 

 

2 【自己株式の取得等の状況】

 

【株式の種類等】

会社法第155条第7号による普通株式の取得

 

 

(1) 【株主総会決議による取得の状況】

該当事項はありません。

 

(2) 【取締役会決議による取得の状況】

該当事項はありません。

 

(3) 【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

区分

株式数(株)

価額の総額(千円)

当事業年度における取得自己株式

224

675

当期間における取得自己株式

 

 

(注)  当期間における取得自己株式には、2021年12月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取による株式数は含めておりません。

 

(4) 【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

区分

当事業年度

当期間

株式数(株)

処分価額の総額
(千円)

株式数(株)

処分価額の総額
(千円)

引き受ける者の募集を行った
取得自己株式

消却の処分を行った取得自己株式

合併、株式交換、株式交付、
会社分割に係る移転を行った
取得自己株式

その他(譲渡制限付株式報酬による自己株式の処分)

8,482

20,356

 

 

 

 

 

保有自己株式数

108,339

108,339

 

 

(注)  当期間における保有自己株式数には、2021年12月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取り及び買増しによる株式数は含めておりません。

 

 

3 【配当政策】

当社の配当の基本的な方針は、収益状況に見合った配当を安定的に行うことと、競争が厳しい鉄骨業界において、企業体質の強化及び品質確保のための設備投資等を行うための内部留保の充実とのバランスを勘案して決定することとしております。

また、配当の回数についての基本的な方針は、半期毎の業績変動が依然として大きいことから、定時株主総会の承認に基づく年1回の配当を基本としております。なお、定款に、取締役会の決議によって、毎年3月31日の最終の株主名簿に基づき中間配当金を支払うことができる旨定めております。

当事業年度の配当につきましては、上記基本方針に基づき、1株につき80円とさせて頂きました。

なお、2020年12月22日開催の第74回定時株主総会において、定款の変更が決議されたことにより、「剰余金の配当等会社法第459条第1項各号に定める事項については、法令に別段の定めがある場合を除き、取締役会の決議により定めることができる。」旨を定款に定めております。

当事業年度の剰余金の配当は、次のとおりであります。

決議年月日

配当金の総額(千円)

1株当たりの配当額(円)

2021年12月21日

定時株主総会決議

231,332

80

 

 

4 【コーポレート・ガバナンスの状況等】

(1) 【コーポレート・ガバナンスの概要】

① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

当社は、建築を支える鋼構造物の製作事業において、日々、技術と生産性の向上に努め、安心で安全、そして持続可能な社会の実現に向けて、モノづくりで貢献することを使命とし、法令を遵守するとともに、高い倫理観をもって公正かつ透明な企業活動を行い、コーポレート・ガバナンスの整備、充実に取り組んでおります。

具体的には、取締役会と監査役会を設置し、取締役会の機能的な運営ならびに監査役会が定めた監査方針に従い、監査役が計画的かつ厳正な監査を実施しています。

また、会計監査については、八重洲監査法人と監査契約を締結し、法律問題については、高場法律事務所と顧問契約を締結し、各々に与えられた責任を果たす体制としております。

加えて、内部監査室による内部監査を実施し、内部統制機能の充実に努めると同時に、業務統括部にてディスクロージャーの向上も推進しております。

 

② 企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由
イ.企業統治の体制の概要

当社は、監査役会設置会社の形態を採用し、当社における業務執行に対する管理・監督機能の充実を図っております。
 当社は、会社法に基づく機関として、株主総会及び取締役会、監査役会を設置し、これら各機関の相互連携により、経営の健全性、効率性及び透明性が確保できるものと認識しているため、現状の企業統治体制を採用しております。

当社の各機関の内容は以下のとおりであります。

(取締役会)

当社の取締役会は、代表取締役社長 金本秀雄を議長とし、取締役 松本正憲、取締役 林伸彦、取締役 松本龍丈、取締役 深潟志向、社外取締役 松原弘幸、社外取締役 菅原二康、社外取締役 神尾諭の取締役8名(うち社外取締役3名)で構成されており、経営方針の策定、業務の意思決定及び取締役間の相互牽制による業務執行の監督を行う機関と位置付け運営されております。原則として、毎月1回開催され、経営の基本方針及び法令、定款に定められた事項、その他経営に関する重要な事項について意思決定するほか、計画の進捗状況や社内における業務執行状況の確認をすることで新たな課題に対しても機動的に対処できる体制を築いております。

 

(監査役会)

監査役会は、常勤監査役 箱崎一彦を議長とし、常勤監査役 石松克也、社外監査役 工藤健二、社外監査役 高田雅章の監査役4名(うち社外監査役2名)で構成されており、原則として毎月1回開催されるほか、必要に応じて臨時監査役会を開催する体制をとっております。全員が株主総会、取締役会に出席をし、ガバナンスのあり方と運営状況を監視し、取締役の職務の執行を含む日常的活動の監査を行っております。

なお、当社のコーポレート・ガバナンス体制は、提出日現在下記のとおりであります。

 


 

 

ロ.当該体制を採用する理由

当社は、監査役設置会社形態を採用しており、社外監査役を含めた監査役による監査体制が経営監視機能を果たしていると判断しております。また、当社は社外取締役を選任することにより、業務執行の公正性を監督する機能を更に強化しております。社外取締役については、鉄骨事業に関する知見と経営者としての経験に基づき、実践的な視点からの意見を期待しております。以上の取り組みによって、当社のコーポレート・ガバナンスの実効性を確保できるものと考えております。

 

 ③ 企業統治に関するその他の事項

イ.内部統制システムの整備状況

内部統制の充実は、業務の適正化・効率化等を通じ、様々な利益をもたらすと同時に、ディスクロージャーの全体の信頼性を確保することになります。

1.「取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制」

a.取締役は、自己の担当する業務に係る法令を遵守し、業務を運営する責任と権限を有します。

b.監査役は、独立の機関として、取締役の職務の執行を監督します。

c.内部監査室長を内部監査人として位置付け、業務運営の状況について監査を行います。

.業務統括部にコンプライアンス担当者を置き、コンプライアンスに係る行動規範、規程の制定をはかります。

e.「内部通報規程」を定め、社内規則及び企業倫理、社会通念等に違反する事実の早期発見を図るとともに、通報者がいかなる不利益も受けないことを明確にしています。

2.「取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制」

a.取締役会議事録は、法令に従い作成し、適切に保存・管理しています。

b.重要事項に係る稟議書、重要な契約書等、職務の執行に係る重要な文書は、適切に保存・管理しています。

 

3.「損失の危険の管理に関する規程その他の体制並びに取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制」

a.損失の危険(リスク)については、「リスク・コンプライアンス規程」に基づく対応によって、リスク発生の未然防止や危機拡大の防止に努めます。

b.毎年9月、鉄骨需要の見通し、新技術・設備動向、顧客の動静、競合他社の動静等を調査、情報を集約し経営計画の見直しを行い、取締役会で審議します。

c.決定された経営計画に基づき、支店、工場ごとの年度予算を策定し、業績管理を行います。

d.取締役の職務の執行が効率的に行われていることを確保するために、取締役会を毎月1回開催するほか、必要に応じて臨時に開催します。また、重要な取締役会付議事項の事前協議及び取締役会決議事項の事後報告を実施する会議体として、経営会議を原則月1回開催します。さらに、経営の健全性と効率性を高めるために「執行役員制度」を導入しています。

4.「当社及びその子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制」

a.子会社、関連会社の管理担当者は、当社のコンプライアンス方針が各社に伝達され、当社の方針に背馳することがないように徹底する責任を負います。

b.当社は、定期的に子会社の取締役等と連絡会議を開催し、子会社の業務執行状況、法令遵守状況等の報告を義務づけています。

c.当社は、子会社も含めた年度予算を策定し、その進捗管理等を実施することを通じて、職務執行の効率化を図ります。

d.子会社における経営上の重要事項の決定に関しては、当社への事前報告・協議を義務づけるほか、必要に応じ、当社の役員又は従業員を派遣し、適切な指導・監督を行います。

5.「監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する事項」

コンプライアンス担当者は、監査役会事務局員を兼ねます。

6.「前号の使用人の取締役からの独立性に関する事項並びに当該使用人に対する指示の実効性の確保に関する事項」

コンプライアンス担当者(兼監査役会事務局員)の人事異動、人事評価、懲戒処分等については、監査役の同意を得た上で決定します。また、監査役は、当該使用人に対し補助業務の指揮命令権を有します。

7.「当社の取締役及び使用人並びに子会社の取締役、監査役及び使用人又はこれらの者から報告を受けた者が監査役に報告をするための体制その他の監査役への報告に関する体制」

(a)取締役は、取締役会の権限に関する法令、定款を遵守するとともに、下記事項については、取締役会に報告する義務を負います。以って、監査役への報告を兼ねます。

a.会社に著しい損害が生ずるおそれのある場合

b.コンプライアンス違反が発生した場合

c.内部監査の実施結果

d.品質欠陥の発生状況

e.労働災害の発生状況

(b)前項に関わらず監査役はいつでも必要に応じて、当社の取締役及び使用人並びに子会社の取締役、監査役及び使用人に対して報告を求めることができます。また、使用人に対し、監査役の調査権限及び報告を求める権限に関する法令の定めを周知徹底します。

(c)監査役は、取締役会のほか、重要な意思決定の過程及び職務の執行状況を把握するため、経営会議その他の重要な会議又は委員会へ出席することができます。

8.「前号の報告をした者が当該報告をしたことを理由として不利な取扱いを受けないことを確保するための体制」

社内規則に「内部通報制度」を定め、当該報告をしたことを理由として不利な取扱いを行うことを禁止し、その旨を当社及び子会社の取締役、監査役及び使用人に周知徹底しています。

9.「監査費用等の処理に係る方針」

通常の監査費用については、会社の事業計画及び監査役等の監査計画に応じて予算化し、企業不祥事発生時等の緊急の監査費用も含めて、請求のあった後、速やかに処理します。

 

10.「その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制」

上記5から9のほか、監査役監査活動が円滑に行われるよう環境整備に協力し、代表取締役との定期協議も実施しています。

11.「財務報告に係る内部統制の整備、運用及び評価のための体制」

財務報告の信頼性を確保するための必要な内部統制体制を整備します。

 

ロ.リスク管理体制の整備の状況

当社では、高場法律事務所と顧問契約を締結し、日常発生する法律問題全般に関して、助言と指導を受けております。

また、会計監査については、八重洲監査法人と監査契約を締結し、適時適正な監査を受けております。

 

ハ.取締役の定数と取締役選任の決議要件

当社の取締役は、10名以内とする旨定款に定めております。

また、当社は、取締役の選任決議については、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行うこと及び累積投票によらない旨定款に定めております。

 

ニ.取締役及び監査役の責任限定契約

当社は、取締役(業務執行取締役等である者を除く)及び監査役と会社法第427条第1項の規定により、同法第423条第1項の賠償責任を限定する契約を締結しております。なお、当該契約に基づく賠償責任の限度額は法令が規定する額であります。

 

ホ.役員等賠償責任保険契約の概要

当社は、当社の役員等(取締役、監査役及び執行役員)を被保険者として、保険会社との間で会社法第430条の3第1項に規定する役員等賠償責任保険契約(D&O保険)を締結しており、被保険者である役員等がその職務の執行に関し責任を負うこと、または、当該責任の追及にかかる請求を受けることによって生ずることのある損害について、填補することとしております。

保険料は特約部分も含め会社が全額負担しており、被保険者の実質的な保険料負担はありません。

当該保険契約では、被保険者である役員等がその職務の執行に関し責任を負うこと、または、当該責任の追及にかかる請求を受けることによって生ずることのある損害について、填補することとしております。ただし法令違反の行為であることを認識して行った行為に起因して生じた損害は填補されないなど、一定の免責事由があります。

 

ヘ.取締役会で決議できる株主総会決議事項

当社は、会社法第454条第5項の規定により、取締役会の決議によって毎年3月31日を基準日として、中間配当を行うことができる旨、定款に定めております。また、剰余金の配当等は、会社法第459条第1項各号に定める事項について、法令に別段の定めがある場合を除き、株主総会の決議によらず取締役会の決議により定める旨、定款に定めております。これは、株主への機動的な利益還元を可能にするためのものであります。

 

ト.株主総会の特別決議要件

当社は、株主総会を円滑に運営することを目的として、会社法第309条第2項に定める決議は、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨定款に定めております。

 

 

(2) 【役員の状況】

① 役員一覧

男性12名 女性0名 (役員のうち女性の比率0.0%)

役職名

氏名
(生年月日)

略歴

任期

所有
株式数
(株)

代表取締役
社長

金 本 秀 雄

(1950年8月24日生)

1973年4月

当社入社

1986年9月

当社千葉第五工場長

1995年10月

当社千葉第一工場長

1998年12月

当社取締役

1999年12月

当社営業部長

2001年10月

川岸プランニング㈱取締役

2005年12月

当社東京支店製造担当
兼千葉第一工場長

2007年4月

当社東京支店製造担当兼工務部長
兼橋梁工事部長

2008年2月

当社東京支店製造部長兼工務部長

2008年12月

当社常務取締役東京支店製造本部長
兼工務部長

2011年4月

当社常務取締役中国支店長

2012年12月

当社専務取締役大阪・中国地区担当
兼中国支店長

2014年4月

当社専務取締役西日本地区担当

2015年12月

当社代表取締役社長(現任)

2016年12月

川岸プランニング㈱代表取締役(現任)

注3

9,188

常務取締役

松 本 正 憲

(1969年2月2日生)

1991年4月

当社入社

2010年4月

当社中国支店次長

2013年4月

当社中国支店副支店長

2014年4月

当社西日本支店長

2015年1月

当社執行役員西日本支店長

2016年12月

当社取締役西日本支店長

2019年12月

当社常務取締役西日本支店長

2020年10月

当社常務取締役西日本支店担当(現任)

注3

4,254

常務取締役

林 伸 彦

(1965年5月21日生)

1991年4月

㈱協和埼玉銀行(現㈱りそな銀行)

新宿新都心支店入行

2012年10月

㈱りそな銀行名古屋支店第五部長

2018年10月

当社事務部長

2019年10月

当社業務統括部長

2019年12月

当社取締役業務統括部長

2021年12月

当社常務取締役東京支店長

兼業務統括部長(現任)

注3

2,542

取締役

松 本 龍 丈

(1964年6月1日生)

1987年3月

㈱茨城電業社入社

1993年8月

当社入社

2014年4月

当社東京支店営業部長

2019年1月

当社執行役員東京支店営業部長

2020年12月

当社取締役東京支店営業部長(現任)

注3

1,300

取締役

深 潟 志 向

(1964年1月22日生)

1986年4月

当社入社

2010年5月

当社東京支店千葉第三工場長

2013年4月

当社東京支店千葉第一工場計画部長

2015年4月

当社東京支店生産設計部長

2019年2月

当社東京支店千葉第一工場長

2020年1月

当社執行役員東京支店千葉第一工場長

2021年12月

当社取締役東京支店千葉第一工場長

(現任)

注3

 

 

役職名

氏名
(生年月日)

略歴

任期

所有
株式数
(株)

取締役

松 原 弘 幸

(1962年5月11日生)

1986年4月

丸紅㈱入社

2005年3月

MISA METAL FABRICATING INC. 社長

2014年4月

伊藤忠丸紅鉄鋼㈱鋼管部長

2019年4月

伊藤忠丸紅住商テクノスチール㈱

取締役兼執行役員

建築・鉄構部門長代行

2019年8月

長野鋼材㈱取締役(現任)

2020年4月

伊藤忠丸紅住商テクノスチール㈱

取締役兼常務執行役員

建築・鉄構部門長(現任)

2020年12月

当社社外取締役(現任)

注3

取締役

菅 原 二 康

(1964年1月2日生)

1986年4月

京成建設㈱入社

1993年4月

日商岩井㈱入社

2012年4月

㈱メタルワン建材
(現 エムエム建材㈱)建築建材部長 

2014年4月

同社鉄構部長

2014年4月

㈱MOKエンジニアリング

(現エムエム建材エンジニアリング㈱)

取締役(現任)

2015年4月

 三井物産メタルワン建材㈱
(現 エムエム建材㈱)本部長補佐

兼鉄構第一部長

2017年4月

エムエム建材㈱第一営業本部副本部長

2019年4月

同社執行役員第一営業本部

副本部長

2020年12月

当社社外取締役(現任)

2021年4月

エムエム建材㈱執行役員

第一営業本部長(現任)

注3

取締役

神 尾 諭

(1959年12月16日生)

1983年4月

㈱協和銀行(現㈱りそな銀行)

三ツ境支店入行

2002年10月

㈱あさひ銀行(現㈱りそな銀行)

伊奈支店長

2007年1月

㈱りそな銀行青戸支店長

2009年10月

同行難波エリア拠点統括部長

2012年4月

同行融資管理部長

2015年4月

りそなビジネスサービス㈱

執行役員ローン融資サポート部長

2016年10月

同社執行役員監査室長

2018年4月

同社常務取締役

2019年10月

㈱山王社外取締役監査等委員(現任)

2020年12月

当社社外取締役(現任)

注3

常勤監査役

箱 崎 一 彦

(1952年9月5日生)

1975年4月

㈱富士銀行(現 ㈱みずほ銀行)入行

2004年4月

㈱みずほ銀行執行役員小舟町支店長

2009年11月

㈱紀伊國屋書店社外監査役

2017年6月

㈱栗本鐵工所社外監査役

2018年7月

当社顧問

2018年12月

当社常勤監査役(現任)

注4

 

 

役職名

氏名
(生年月日)

略歴

任期

所有
株式数
(株)

常勤監査役

石 松 克 也

(1960年7月25日生)

1984年4月

大和銀行(現㈱りそな銀行)

世田谷支店入行

2006年3月

㈱りそな銀行浅草橋支店長

2008年4月

同行決済ソリューション室長

2015年4月

りそな決済サービス㈱執行役員業務部長

2018年4月

同社取締役業務本部長

2019年4月

同社常勤監査役

2020年4月

当社顧問

2020年12月

当社常勤監査役(現任)

注5

監査役

工 藤 健 二

(1945年5月28日生)

1968年4月

㈱松田設計事務所入社

1979年1月

川岸興産㈱入社

1985年5月

同社代表取締役社長(現任)

1991年4月

㈱エイアンドエイ連合代表取締役社長

2003年12月

当社社外監査役(現任)

注6

4,400

監査役

高 田 雅 章

(1963年11月23日生)

1987年4月

㈱神戸製鋼所入社

2008年6月

同社鉄鋼部門薄板営業部

自動車薄板室長

2011年4月

同社鉄鋼事業部門薄板営業部

自動車担当部長

2015年4月

同社鉄鋼事業部門薄板営業部長

2017年4月

神鋼商事㈱鉄鋼本部本部長補佐

2018年6月

同社執行役員鉄鋼本部副本部長(現任)

2021年12月

当社社外監査役(現任)

注7

12名

 

 

 

21,684

 

 

(注) 1.取締役松原弘幸、菅原二康及び神尾諭は、社外取締役であります。

2.監査役工藤健二及び高田雅章は、社外監査役であります。

3.2020年12月22日選任後、1年以内に終了する事業年度に関する定時株主総会の終結の時まで。

4.2018年12月20日選任後、4年以内に終了する最終の事業年度に関する定時株主総会の終結の時まで。

5.2020年12月22日選任後、4年以内に終了する最終の事業年度に関する定時株主総会の終結の時まで。

6.2019年12月20日選任後、4年以内に終了する最終の事業年度に関する定時株主総会の終結の時まで。

7.2021年12月21日選任後、4年以内に終了する最終の事業年度に関する定時株主総会の終結の時まで。

8.執行役員制の導入に伴う業務執行体制は、次のとおりであります。

〔業務執行体制(2021年12月22日現在)〕

取締役

地位

氏名

担当業務

代表取締役

社長執行役員

金本 秀雄

 

常務取締役

常務執行役員

松本 正憲

西日本支店担当

常務取締役

常務執行役員

林  伸彦

東京支店長兼業務統括部長

取締役

執行役員

松本 龍丈

東京支店営業部長

取締役

執行役員

深潟 志向

東京支店千葉第一工場長

 

執行役員

村上 達也

東京支店コンクリート部長

 

執行役員

入江  悟

西日本支店長

 

 

 

② 社外役員の状況

当社の社外取締役は3名、社外監査役は2名であります。

社外取締役松原弘幸氏は、当社の大株主である伊藤忠丸紅住商テクノスチール株式会社の取締役であり、社外取締役菅原二康氏は、当社の大株主であるエムエム建材株式会社の執行役員であります。当社と伊藤忠丸紅住商テクノスチール株式会社及びエムエム建材株式会社との間では、鋼材取引及び鉄骨等工事請負取引があります。両氏は、長年にわたり鋼材供給事業に携わり鉄骨事業等に関する知見に富み、企業経営者としての経験に基づき、実践的な視点から、当社取締役会の意思決定及び経営監督の実現に貢献いただけるものと判断し、当社の社外取締役として選任しております。

社外取締役神尾諭氏は、大手銀行における豊富な経験と他社における取締役経験に基づく豊富な経験と高い識見を当社取締役会の意思決定及び経営監督に反映していただくため、社外取締役として選任し、独立役員に指定しております。

社外監査役工藤健二氏は、一級建築士としての建設設計業界の知見とともに、長年にわたる企業経営者としての専門性を有し、かつ、社外監査役として一般株主との利益相反が生ずる恐れがないと判断し、当社の独立役員に指定しております。

社外監査役高田雅章氏は、当社の株主である神鋼商事株式会社の執行役員であります。同氏は、長年にわたり鋼材供給事業に携わり鉄骨事業等に関する知見に富み、企業経営者としての経験に基づき、実践的な視点から、当社の監査業務に貢献いただけると判断し、当社の社外監査役として選任しております。

資本的関係については、社外取締役の松原弘幸氏、菅原二康氏及び神尾諭氏、社外監査役の高田雅章氏は、いずれも当社の株式を保有しておらず、人的関係その他の利害関係についても、該当事項はありません。

また、当社の株式を社外監査役工藤健二氏が4,400株を保有しておりますが、こちらにつきましても人的関係その他の利害関係について、該当事項はありません。

なお、工藤健二氏が代表取締役である川岸興産株式会社は、当社との間で不動産賃貸借に係る取引があります。

当社は、社外取締役及び社外監査役を選任するための提出会社からの独立性に関する基準又は方針は定めておりませんが、株式会社東京証券取引所の独立役員の独立性に関する判断基準を参考にしております。

 

③ 社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部統制部門との関係

社外取締役3名は、取締役会や毎月定期的に開催される経営会議への出席により、業務の執行状況を聴取し、適宜意見を述べるなどの活動をしております。

社外監査役2名は、監査役会で作成され取締役会で報告した監査計画に基づき監査を行うとともに、取締役会や経営会議への出席により取締役の職務執行に関して監督・監査を行っております。さらに監査役会では、会計監査人との協議・監査結果等の報告の場を設け、内部監査人から内部統制上の重要な問題が発生した場合に適宜報告を受けることにより、相互連携を図っております。

 

(3) 【監査の状況】

① 監査役監査の状況

当社の監査役会は、常勤監査役2名、社外監査役2名の計4名によって構成されております。監査役は、取締役会をはじめとする重要な会議に出席するほか、重要な決裁書類を閲覧することで経営の監視を行っております。また、専門的な見地から取締役の意思決定及び業務執行の適法性について厳正に監査を行っております。

常勤監査役の箱崎一彦氏は、大手銀行における豊富な経験と他社における監査経験を通して財務及び会計に関する相当程度の知見を有しており、その幅広い見識で監査業務に従事しております。

常勤監査役の石松克也氏は、大手銀行における豊富な経験と他社における監査経験を通して財務及び会計に関する相当程度の知見を有しており、その幅広い見識で監査業務に従事しております。

 

社外監査役の工藤健二氏は、一級建築士としての建築設計業界の知見とともに、長年にわたる企業経営者としての経験を活かして監査業務に従事されております。

当事業年度において当社は監査役会を12回開催(2021年9月30日現在)しており、個々の監査役の出席状況については次のとおりであります。

氏名

開催回数

出席回数

出席率

箱崎 一彦

12回

12回

100%

石松 克也

10回

10回

100%

工藤 健二

12回

12回

100%

木村 純一

12回

12回

100%

 

監査役会の主な検討事項としては、監査方針や監査計画策定、監査報告書の作成、会計監査人の選定・評価、会計監査人の監査報酬に対する同意、会計監査人の監査の方法及び結果の相当性、内部統制システムの整備・運用状況等であります。また、監査役会は、代表取締役と定期的に協議会(意見交換会)を開催し必要に応じ提言を行っております。

常勤監査役の主な活動としては、監査役会の議長を務めるとともに、年間の監査計画に基づき、実地監査、取締役会やその他の重要な会議への出席、重要な決裁書類の閲覧、取締役、執行役員、その他使用人等の業務執行状況の調査、内部監査室及び会計監査人との情報交換、日本監査役協会主催のセミナー等を通じた最新の情報収集等を実施しております。

 

② 内部監査の状況

内部監査につきましては、内部統制の充実・強化の観点から代表取締役直轄部門として内部監査室を発足させ2名で構成されています。

業務運営の状況について監査を実施することによって内部統制の充実に努め、かつ、監査役会及び会計監査人と内部統制上の問題点の有無や課題等について適宜意見を交換しております。また、改善すべき事項がある場合には、その助言・指導も実施しております。

 

③ 会計監査の状況
イ.監査法人の名称

八重洲監査法人

 

ロ.継続監査期間

1976年以降

 

ハ.業務を執行した公認会計士

三井 智宇

辻田 武司

小松 一郎

 

ニ.監査業務に係る補助者の構成

当社の会計監査業務に係る補助者は、公認会計士8名その他4名であります。

 

 ホ.監査法人の選定方針と理由

当社監査役会は、日本監査役協会が公表する「会計監査人の評価及び選定基準策定に関する監査役等の実務指針」などを参考にして、監査法人の専門性、独立性、監査実績、執行部門の意見等を総合的に検証し選定しております。

当社監査役会は、会計監査人が会社法第340条第1項各号に定める項目に該当すると認められる場合には、監査役全員の同意によって会計監査人を解任いたします。

また、上記に準ずる場合、その他必要があると監査役会が判断した場合は、会計監査人の解任又は不再任に関する議案を決定し、当社取締役会は、当該決定に基づき、当該議案を株主総会に提出いたします。

 

ヘ.監査役及び監査役会による監査法人の評価

当社の監査役及び監査役会は、会計監査人の監査の方法と結果の相当性を判断するため、事業年度を通して会計監査人と連携を確保し、主体的に会計監査人の独立性、品質管理の状況、職務遂行体制の適切性、会計監査の実施状況を把握して評価した結果、会計監査人の監査の方法及び結果は相当であると評価いたしました。

 

④監査報酬の内容等

イ.監査公認会計士等に対する報酬の内容

前事業年度

当事業年度

監査証明業務に
基づく報酬(千円)

非監査業務に
基づく報酬(千円)

監査証明業務に
基づく報酬(千円)

非監査業務に
基づく報酬(千円)

21,000

21,000

 

 

ロ.監査公認会計士等と同一のネットワーク(KRESTON)に対する報酬(イ.を除く)

該当事項はありません。

 

ハ.その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

該当事項はありません。

 

ニ.監査報酬の決定方針

当社の監査報酬の決定方針としましては、会計監査人の監査計画概要書などを確認し、当社の事業規模・業務の特性、監査日数等を勘案し、監査役会の同意を得た上で、決定しております。

 

ホ.監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由

当社監査役会は、日本監査役協会が公表する「会計監査人との連携に関する実務指針」を踏まえ、会計監査人の監査計画概要書などを確認し、従前の事業年度における職務執行状況などを検討した結果、会計監査人の報酬等につき、会社法第399条第1項の同意を行っております。

 

(4) 【役員の報酬等】

① 役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項

当社の役員の報酬は、基本報酬である「固定報酬」、毎期の業績達成度合いに応じた「賞与」、そして当社の株価変動のメリットとリスクを株主の皆様と共有し、株価上昇及び企業価値向上への貢献意欲を従来以上に高めることを目的として、取締役(社外取締役を除く。)を対象とした「譲渡制限付株式報酬」で構成しております。

当社の役員の報酬等の額は、定款に株主総会の決議によって定めると規定しており、2019年12月20日開催の第73回定時株主総会において取締役の報酬額を年額240百万円以内(うち社外取締役30百万円以内)及び譲渡制限付株式報酬の限度額を年額60百万円以内、2016年12月20日開催の第70回定時株主総会において監査役の報酬額を年額30百万円以内と決議しております(同定時株主総会終結時の取締役の員数は7名、監査役の員数は3名)。

当社の取締役の個人別の報酬の額またはその算定方法は、株主総会で決議された報酬総額の範囲内で、毎年、定時株主総会後の取締役会に諮っております。その決定権限を有する者は、取締役会より委任された代表取締役社長金本秀雄であり、会社の業績や経営内容、各取締役の担当職務、貢献度等を勘案して決定しております。なお、代表取締役社長に委任した理由は、当社全体の業務を俯瞰しつつ各取締役の担当職務や職責の評価を実施でき、当社を取り巻く経営環境を熟知し、総合的に役員の報酬額を決定できると判断したためであります。こうしたことから取締役会は、その内容が決定方針に沿うものであり、相当であると判断しております。

監査役の報酬等の額は、株主総会で決議された報酬限度額の範囲内において、常勤・非常勤と業務分担等の状況を考慮して、監査役会の協議により決定しております。

(役員報酬等の額の決定過程における取締役会の活動)

当事業年度における取締役の個人別の報酬等は、2020年12月20日に開催した取締役決議に基づき、上記プロセスにより決定しております。

 

② 役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

役員区分

報酬等の総額
(千円)

報酬等の種類別の総額(千円)

対象となる
役員の員数
(名)

固定報酬

賞与

株式報酬

取締役
(社外取締役を除く。)

121,093

78,900

22,617

19,576

5

監査役
(社外監査役を除く。)

16,870

16,870

2

社外役員

6,300

6,300

8

 

 

(注) 1.取締役の報酬等の総額には、使用人兼務取締役の使用人分給与は含まれておりません。

2.上記、報酬等の総額には、2020年12月22日開催の第74回定時株主総会終結の時をもって退任した取締役3名が含まれております。

3.当社は、2019年12月20日開催の第73回定時株主総会終結の時をもって役員退職慰労金制度を廃止し、同株主総会終結後引き続いて在任する取締役及び監査役に対しては、役員退職慰労金制度廃止までの在任期間に対する役員退職慰労金を各氏の退任時に贈呈することを決議しております。この決議に基づき、当事業年度中に退任した取締役に対して支払った退職慰労金は、1,000千円を支給しております。なお、上記、報酬等の総額には含まれておりません。

 

③ 役員ごとの報酬等の総額等

報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。

 

(5) 【株式の保有状況】

① 投資株式の区分の基準及び考え方

事業を拡大し、持続的な発展により企業価値を高めていくためには、販売・生産・資金調達等において様々な取引先との協力関係が必要であります。当社は、事業戦略上の重要性、取引先との事業上の関係等を総合的に勘案し、政策的に必要であると判断する株式については保有していく方針であります。

 

② 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式
a.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の内容

毎年、取締役会において個別の政策保有株式について、上記の方針に適合するか検証を行い、その検証の結果、保有の意義が必ずしも十分でないと判断される銘柄については、縮減を図ります。

 

b.銘柄数及び貸借対照表計上額

 

銘柄数

(銘柄)

貸借対照表計上額の
合計額(千円)

非上場株式

4

12,986

非上場株式以外の株式

12

712,100

 

 

(当事業年度において株式数が増加した銘柄)

 

銘柄数

(銘柄)

株式数の増加に係る取得価額の合計額(千円)

株式数の増加の理由

非上場株式

非上場株式以外の株式

2

7,488

取引先持株会を通じた取得によるもの

 

 

(当事業年度において株式数が減少した銘柄)

該当事項はありません。

 

 

c.特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報

 

特定投資株式

銘柄

当事業年度

前事業年度

保有目的、定量的な保有効果
及び株式数が増加した理由

当社の株
式の保有
の有無

株式数(株)

株式数(株)

貸借対照表計上額
(千円)

貸借対照表計上額
(千円)

三菱商事㈱

65,100

65,100

当該企業グループとは、鋼材の購入及び加工等の取引等を長年続けており、円滑な取引継続による鋼材等の安定確保が不可欠であると認識しております。

230,193

163,563

大成建設㈱

47,516

45,533

当該企業とは、当社が今後も事業を継続していく上で、重要な取引先であると認識しております。株式数の増加については、取引先持株会を通じた取得によるものであります。

171,058

161,643

ジェイエフイーホールディングス㈱

75,000

75,000

当該企業グループとは、鋼材の購入及び加工等の取引を長年続けており、円滑な取引継続による鋼材等の安定確保が不可欠であると認識しております。


 (注2)

127,275

54,900

㈱りそなホールディングス

135,631

135,631

当該企業グループとは、当社の財務活動を円滑に行う上で、重要な取引先であると認識しております。


 (注3)

60,871

48,501

前田建設工業㈱   (注6)

38,896

38,896

当該企業とは、当社が今後も事業を継続していく上で、重要な取引先であると認識しております。

34,967

29,911

㈱大林組

26,422

26,422

当該企業とは、当社が今後も事業を継続していく上で、重要な取引先であると認識しております。

24,546

25,233

丸紅㈱

25,217

25,165

当該企業グループとは、鋼材の購入及び加工等の取引等を長年続けており、円滑な取引継続による鋼材等の安定確保が不可欠であると認識しております。
株式数の増加については、取引先持株会を通じた取得によるものであります。