EDINET閲覧(提出)サイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)をもとに上場企業サーチ作成

本ページはEDINETに提出された開示情報を上場企業サーチが加工/編集したものであり、記載された情報の正確性および完全性について上場企業サーチは一切の保証を行いません。本ページの情報を利用する際は自己の責任で判断頂き、意思決定に際しては適宜EDINETや提出会社が公開するオリジナルを参照する様にしてください。本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

 

【表紙】

 

【提出書類】

有価証券報告書

【根拠条文】

金融商品取引法第24条第1項

【提出先】

東海財務局長

【提出日】

2021年6月23日

【事業年度】

第72期(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)

【会社名】

株式会社ファインシンター

【英訳名】

FINE SINTER CO., LTD.

【代表者の役職氏名】

代表取締役 社長執行役員  井 上 洋 一

【本店の所在の場所】

愛知県春日井市明知町西之洞1189番地11

【電話番号】

0568-88-4355(代表)

【事務連絡者氏名】

取締役常務執行役員 経理部長 小 林  努

【最寄りの連絡場所】

愛知県春日井市明知町西之洞1189番地11

【電話番号】

0568-88-4355(代表)

【事務連絡者氏名】

取締役常務執行役員 経理部長 小 林  努

【縦覧に供する場所】

株式会社東京証券取引所

(東京都中央区日本橋兜町2番1号)

株式会社名古屋証券取引所

(名古屋市中区栄三丁目8番20号)

 

 

E01396 59940 株式会社ファインシンター FINE SINTER CO., LTD. 企業内容等の開示に関する内閣府令 第三号様式 Japan GAAP true cte cte 2020-04-01 2021-03-31 FY 2021-03-31 2019-04-01 2020-03-31 2020-03-31 1 false false false E01396-000 2021-06-23 E01396-000 2016-04-01 2017-03-31 E01396-000 2017-04-01 2018-03-31 E01396-000 2018-04-01 2019-03-31 E01396-000 2019-04-01 2020-03-31 E01396-000 2020-04-01 2021-03-31 E01396-000 2017-03-31 E01396-000 2018-03-31 E01396-000 2019-03-31 E01396-000 2020-03-31 E01396-000 2021-03-31 E01396-000 2016-04-01 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01396-000 2017-04-01 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01396-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01396-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01396-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01396-000 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01396-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01396-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01396-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01396-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01396-000 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E01396-000:PowderMetallurgicalProductsReportableSegmentsMember E01396-000 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E01396-000:OilHydraulicEquipmentProductsReportableSegmentsMember E01396-000 2021-03-31 jpcrp_cor:CorporateSharedMember E01396-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E01396-000:PowderMetallurgicalProductsReportableSegmentsMember E01396-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E01396-000:OilHydraulicEquipmentProductsReportableSegmentsMember E01396-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp_cor:CorporateSharedMember E01396-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E01396-000:PowderMetallurgicalProductsReportableSegmentsMember E01396-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E01396-000:OilHydraulicEquipmentProductsReportableSegmentsMember E01396-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E01396-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:CorporateSharedMember E01396-000 2021-06-23 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E01396-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E01396-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No1MajorShareholdersMember E01396-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No2MajorShareholdersMember E01396-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No3MajorShareholdersMember E01396-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No4MajorShareholdersMember E01396-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No5MajorShareholdersMember E01396-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No6MajorShareholdersMember E01396-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No7MajorShareholdersMember E01396-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No8MajorShareholdersMember E01396-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No9MajorShareholdersMember E01396-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No10MajorShareholdersMember E01396-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithNoVotingRightsMember E01396-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsTreasurySharesEtcMember E01396-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsOtherMember E01396-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesTreasurySharesSharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E01396-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsOtherMember E01396-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesLessThanOneUnitMember E01396-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row1Member E01396-000 2021-06-23 jpcrp_cor:Row1Member E01396-000 2021-06-23 jpcrp030000-asr_E01396-000:InoueYoichiMember E01396-000 2021-06-23 jpcrp030000-asr_E01396-000:TanakaYoshitoMember E01396-000 2021-06-23 jpcrp030000-asr_E01396-000:ShibataKazuhikoMember E01396-000 2021-06-23 jpcrp030000-asr_E01396-000:ItoMasayukiMember E01396-000 2021-06-23 jpcrp030000-asr_E01396-000:KobayashiTsutomuMember E01396-000 2021-06-23 jpcrp030000-asr_E01396-000:OomaeNobuoMember E01396-000 2021-06-23 jpcrp030000-asr_E01396-000:SuzukiYasunariMember E01396-000 2021-06-23 jpcrp030000-asr_E01396-000:ShimodaMasaoMember E01396-000 2021-06-23 jpcrp030000-asr_E01396-000:TanakaJinMember E01396-000 2021-06-23 jpcrp030000-asr_E01396-000:WatanabeShigetoMember E01396-000 2021-06-23 jpcrp030000-asr_E01396-000:IidaHisashiMember E01396-000 2021-06-23 jpcrp_cor:Row2Member E01396-000 2021-06-23 jpcrp_cor:Row3Member E01396-000 2021-06-23 jpcrp_cor:Row4Member E01396-000 2021-06-23 jpcrp_cor:Row5Member E01396-000 2021-06-23 jpcrp_cor:Row6Member E01396-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:DirectorsExcludingOutsideDirectorsMember E01396-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:CorporateAuditorsExcludingOutsideCorporateAuditorsMember E01396-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:OutsideDirectorsAndOtherOfficersMember E01396-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row1Member E01396-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row2Member E01396-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row2Member E01396-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row3Member E01396-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row3Member E01396-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row4Member E01396-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row4Member E01396-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row5Member E01396-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row5Member E01396-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row6Member E01396-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row6Member E01396-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row7Member E01396-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row7Member E01396-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row8Member E01396-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row8Member E01396-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row9Member E01396-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row9Member E01396-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row10Member E01396-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row10Member E01396-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row11Member E01396-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row11Member E01396-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row12Member E01396-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row12Member E01396-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row13Member E01396-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row13Member E01396-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row14Member E01396-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row14Member E01396-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row15Member E01396-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row15Member E01396-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row16Member E01396-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row16Member E01396-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row17Member E01396-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row17Member E01396-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row18Member E01396-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row18Member E01396-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row19Member E01396-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row19Member E01396-000 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E01396-000 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E01396-000 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01396-000 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01396-000 2019-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01396-000 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01396-000 2019-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E01396-000 2020-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E01396-000 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01396-000 2019-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01396-000 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E01396-000 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E01396-000 2019-03-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E01396-000 2020-03-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E01396-000 2019-03-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E01396-000 2020-03-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E01396-000 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E01396-000 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E01396-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E01396-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E01396-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01396-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01396-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01396-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01396-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E01396-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E01396-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E01396-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E01396-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E01396-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E01396-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E01396-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E01396-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E01396-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E01396-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E01396-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E01396-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E01396-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E01396-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01396-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01396-000 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E01396-000 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01396-000 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01396-000 2021-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E01396-000 2021-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01396-000 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E01396-000 2021-03-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E01396-000 2021-03-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E01396-000 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E01396-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E01396-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E01396-000:PowderMetallurgicalProductsReportableSegmentsMember E01396-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E01396-000:OilHydraulicEquipmentProductsReportableSegmentsMember E01396-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E01396-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E01396-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E01396-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E01396-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E01396-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E01396-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E01396-000 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E01396-000:PowderMetallurgicalProductsReportableSegmentsMember E01396-000 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E01396-000:OilHydraulicEquipmentProductsReportableSegmentsMember E01396-000 2021-03-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E01396-000 2020-03-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E01396-000 2020-03-31 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E01396-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E01396-000 2021-03-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E01396-000 2020-03-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E01396-000 2020-03-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E01396-000 2021-03-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E01396-000 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01396-000 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01396-000 2020-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01396-000 2019-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01396-000 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01396-000 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01396-000 2019-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01396-000 2020-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01396-000 2020-03-31 jppfs_cor:ReserveForAdvancedDepreciationOfNoncurrentAssetsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01396-000 2019-03-31 jppfs_cor:ReserveForAdvancedDepreciationOfNoncurrentAssetsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01396-000 2019-03-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01396-000 2020-03-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01396-000 2019-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01396-000 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01396-000 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01396-000 2019-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01396-000 2019-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01396-000 2020-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01396-000 2019-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01396-000 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01396-000 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01396-000 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01396-000 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01396-000 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01396-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ReserveForAdvancedDepreciationOfNoncurrentAssetsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01396-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ReserveForAdvancedDepreciationOfNoncurrentAssetsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01396-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01396-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01396-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01396-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01396-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01396-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01396-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01396-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01396-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01396-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01396-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01396-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01396-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01396-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01396-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01396-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01396-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01396-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01396-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01396-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01396-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01396-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01396-000 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01396-000 2021-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01396-000 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01396-000 2021-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01396-000 2021-03-31 jppfs_cor:ReserveForAdvancedDepreciationOfNoncurrentAssetsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01396-000 2021-03-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01396-000 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01396-000 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01396-000 2021-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01396-000 2021-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01396-000 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01396-000 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember iso4217:JPY iso4217:JPY xbrli:shares xbrli:pure xbrli:shares

第一部 【企業情報】

 

第1 【企業の概況】

 

1 【主要な経営指標等の推移】

(1) 連結経営指標等

 

回次

第68期

第69期

第70期

第71期

第72期

決算年月

2017年3月

2018年3月

2019年3月

2020年3月

2021年3月

売上高

(千円)

37,476,402

38,987,563

40,501,277

40,322,268

34,606,535

経常利益

(千円)

2,049,182

1,593,913

1,540,974

991,581

131,324

親会社株主に帰属する
当期純利益又は

親会社株主に帰属する
当期純損失(△)

(千円)

1,077,328

462,357

816,786

552,744

225,048

包括利益

(千円)

1,740,210

1,158,914

896,605

148,567

1,447,699

純資産額

(千円)

17,907,486

18,578,383

19,002,372

18,431,470

19,597,532

総資産額

(千円)

43,394,221

46,082,480

46,839,355

46,817,276

49,752,587

1株当たり純資産額

(円)

3,615.97

3,718.93

3,793.93

3,704.10

3,895.10

1株当たり当期純利益又は1株当たり当期純損失(△)

(円)

244.75

105.05

185.58

125.59

51.14

潜在株式調整後
1株当たり当期純利益

(円)

自己資本比率

(%)

36.7

35.5

35.6

34.8

34.5

自己資本利益率

(%)

7.0

2.9

4.9

3.4

1.3

株価収益率

(倍)

8.0

21.7

12.2

13.9

33.6

営業活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

4,492,598

3,733,831

3,965,839

4,880,301

3,250,080

投資活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

4,284,534

4,461,465

4,141,309

3,721,642

4,076,176

財務活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

166,295

1,840,731

443,860

477,373

2,271,107

現金及び現金同等物
の期末残高

(千円)

3,172,695

4,302,153

3,714,223

4,286,344

5,900,927

従業員数
〔ほか、平均臨時
 雇用者数〕 

(名)

2,258

2,295

2,287

2,307

2,281

520

493

512

528

402

 

(注) 1 売上高には、消費税等は含まれておりません。

2 従業員数は就業人員であります。なお、従業員は役員及び当社からの出向者を除き、社外から当社への出向者を含んでおります。

3 平均臨時雇用者は、パートタイマー、期間従業員及び派遣社員であります。

4 潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

5 2016年10月1日付で普通株式5株を1株に併合しています。第68期の期首に当該株式併合が行われたと仮定し、「1株当たり純資産額」、「1株当たり当期純利益」を算定しています。

 

 

(2) 提出会社の経営指標等

 

回次

第68期

第69期

第70期

第71期

第72期

決算年月

2017年3月

2018年3月

2019年3月

2020年3月

2021年3月

売上高

(千円)

26,336,520

26,996,225

27,264,668

27,658,689

23,146,309

経常利益

(千円)

780,154

1,118,958

1,152,218

1,152,575

169,553

当期純利益又は
当期純損失(△)

(千円)

598,486

685,897

948,599

928,397

220,300

資本金

(千円)

2,203,000

2,203,000

2,203,000

2,203,000

2,203,000

発行済株式総数

(株)

4,420,000

4,420,000

4,420,000

4,420,000

4,420,000

純資産額

(千円)

12,865,254

11,901,801

12,241,250

12,635,599

13,116,388

総資産額

(千円)

29,359,069

29,158,139

32,286,889

33,248,026

35,735,668

1株当たり純資産額

(円)

2,922.90

2,704.06

2,781.43

2,871.10

2,980.36

1株当たり配当額
(1株当たり
 中間配当額)

(円)

46.00

65.00

70.00

70.00

10.00

(6.00)

(35.00)

(40.00)

(30.00)

(-)

1株当たり当期純利益又は当期純損失(△)

(円)

135.97

155.83

215.53

210.95

50.06

潜在株式調整後
1株当たり当期純利益

(円)

自己資本比率

(%)

43.8

40.8

37.9

38.0

36.7

自己資本利益率

(%)

4.8

5.5

7.9

7.5

1.7

株価収益率

(倍)

14.3

14.6

10.5

8.3

34.3

配当性向

(%)

51.48

41.71

32.48

33.18

19.98

従業員数
〔ほか、平均臨時
  雇用者数〕

(名)

867

859

863

890

890

230

220

230

250

212

株主総利回り

(%)

119.5

142.9

146.0

119.8

118.5

(比較指標:配当込み
 TOPIX)

(%)

(114.7)

(132.9)

(126.2)

(114.2)

(162.3)

最高株価

(円)

368

(2,050)

2,480

2,727

2,430

1,969

最低株価

(円)

308

(1,653)

1,765

2,020

1,264

1,442

 

(注) 1 売上高には、消費税等は含まれておりません。

2 従業員数は就業人員であります。なお、従業員は役員及び当社からの出向者を除き、社外から当社への出向者を含んでおります。

3 平均臨時雇用者は、パートタイマー、期間従業員及び派遣社員であります。

4 潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

5 2016年10月1日付で普通株式5株を1株に併合しています。「1株当たり純資産額」、「1株当たり当期純利益」は第68期の期首に当該株式併合が行われたと仮定して算定しており、「株主総利回り」は第67期の期首に株式併合が行われたと仮定して算定しております。

6 第68期の1株当たり配当額46.00円は、1株当たり中間配当額6.00円と1株当たり期末配当額40.00円の合計です。2016年10月1日付で普通株式5株を1株に併合しているため、1株当たり中間配当額6.00円は株式併合前、1株当たり期末配当額40.00円は株式併合後の金額となります。

7 最高及び最低株価は東京証券取引所市場第二部におけるものであります。なお、第68期の株価については株式併合前の最高及び最低株価を記載し、( )内に株式併合後の最高及び最低株価を記載しています。

 

 

2 【沿革】

1950年12月    東京都板橋区前野町に当社設立、粉末冶金製品製造開始

1952年4月    東京都板橋区小豆沢町に工場新設、操業開始

1955年8月    名古屋市千種区に名古屋営業所を新設

1960年11月    愛知県春日井市に春日井工場新設、操業開始

1962年6月    東京証券取引所市場第二部に株式を上場

1962年12月    埼玉県川口市に油圧ポンプの機器工場を新設、生産開始

1967年5月    東京都豊島区に本社を移転

1967年12月    川越工場新設、小豆沢工場を全面的に移転、操業開始

1968年5月    油圧機器工場を川越工場に移転

1987年4月    油圧機器工場、川越工場より埼玉県比企郡玉川村へ移転、操業開始

1990年5月    岩手県江刺市(現・奥州市)に東北焼結金属㈱(現・ファインシンター東北㈱、現・連結子会社)
              設立

1992年3月    ㈱ティエスエンジニアリング(ファインシンターエンジニアリング㈱)設立

1996年5月    タイファインシンター㈱(現・連結子会社)設立(合弁)

2000年1月    春日井工場内に技術開発センターを設置

2001年7月    アメリカンファインシンター㈱(現・連結子会社)設立

2002年10月    日本粉末合金㈱と合併し現社名に変更

2002年10月    ㈱三信(現ファインシンター三信㈱、現・連結子会社)を株式取得により子会社化

2002年11月    大阪営業所を大阪府茨木市に移転

2002年12月    名古屋営業所を愛知県豊田市に移転

2002年12月    東京営業所を東京都千代田区に移転

2003年1月    ISO14001全社認証取得

2004年1月    ISO9001全社認証取得

2004年6月    精密焼結合金(無錫)有限公司(現・連結子会社)設立(合弁)

2005年7月    東京営業所を川越工場内に移転

2007年7月    大阪営業所を山科工場内に移転

2008年1月    愛知県春日井市明知町に新本社棟を建設、本社及び技術部門を集約

2008年6月    本店登記を東京都豊島区から愛知県春日井市へ移転

2009年4月    ISO/TS16949認証取得

2009年8月    名古屋営業所を本社内に移転

2010年3月    ファインシンターエンジニアリング㈱(非連結子会社) 清算

2011年3月    ファインシンター三信㈱を株式取得により完全子会社化

2012年9月    ファインシンターインドネシア㈱(現・連結子会社)設立

2017年4月    名古屋証券取引所市場第二部に株式を上場

 

 

3 【事業の内容】

当社の企業集団は、当社及び製造子会社6社で構成され、粉末冶金製品の製造販売を主な事業内容としており、関連当事者(その他の関係会社)であるトヨタ自動車㈱には継続的に粉末冶金製品を販売しております。

当グループの事業に係る位置づけ、及び事業の種類別セグメントとの関連は次の通りであります。ファインシンター東北㈱は当社の粉末冶金製品の製造を行っており、またファインシンター三信㈱、タイファインシンター㈱、アメリカンファインシンター㈱、精密焼結合金(無錫)有限公司、及びファインシンターインドネシア㈱は、粉末冶金製品の製造及び販売を事業内容としております。

 


 

 

4 【関係会社の状況】

 

名称

住所

資本金又は
出資金

主要な事業
の内容

議決権の
所有(被所有)割合

関係内容

所有割合(%)

被所有割合(%)

(連結子会社)

 

 

 

 

 

 

ファインシンター東北㈱

岩手県奥州市

20

百万円

粉末冶金製品製造

100.0

粉末冶金製品の仕入
不動産の賃貸
技術の援助
役員の兼任

タイファインシンター㈱
(注1)

タイ国
ラヨーン県

496百万

タイバーツ

粉末冶金製品製造・販売

87.3

粉末冶金製品の販売
技術の援助
役員の兼任

アメリカンファインシンター㈱ (注1)(注4)

アメリカ合衆国
オハイオ州ティフィン市

39,900
千USドル

粉末冶金製品製造・販売

100.0

粉末冶金製品の販売
技術の援助
役員の兼任
借入金に対する債務保証

精密焼結合金(無錫)有限公司
(注1)(注4)

中華人民共和国
江蘇省無錫市

114
百万元

粉末冶金製品製造・販売

51.0

技術の援助
役員の兼任

ファインシンター三信㈱

埼玉県比企郡

15

百万円

粉末冶金製品製造・販売

100.0

粉末冶金製品の仕入
技術の援助
役員の兼任

資金の援助

ファインシンターインドネシア㈱
(注1)

インドネシア共和国西ジャワ州カラワン県

28,060
千USドル

粉末冶金製品製造・販売

99.2

粉末冶金製品の仕入
技術の援助
役員の兼任
借入金に対する債務保証
資金の援助

(その他の関係会社)

 

 

 

 

 

 

トヨタ自動車㈱ (注3)

愛知県豊田市

635,401

百万円

自動車、産業車両等製造・販売

0.0

20.9

自動車部品の販売
役員の兼任

 

(注) 1 特定子会社に該当しております。

2 上記子会社は、有価証券届出書又は有価証券報告書を提出しておりません。

3 有価証券報告書を提出しております。

4 アメリカンファインシンター㈱、精密焼結合金(無錫)有限公司については、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の連結売上高に占める割合が10%を超えております。

  アメリカンファインシンター㈱ ① 売上高        4,779,379千円

                  ② 経常損失         265,191 〃

                  ③ 当期純損失       271,906 〃

                  ④ 純資産額       2,313,243 〃

                  ⑤ 総資産額       7,696,919 〃

 

  精密焼結合金(無錫)有限公司   ① 売上高        3,525,429千円

                  ② 経常利益         538,796 〃

                  ③ 当期純利益       405,339 〃

                  ④ 純資産額       4,043,134 〃

                  ⑤ 総資産額       4,585,554 〃

 

 

5 【従業員の状況】

(1) 連結会社の状況

2021年3月31日現在

セグメントの名称

従業員数(名)

粉末冶金製品事業

2,194

379

油圧機器製品事業

32

12

全社共通

55

11

合計

2,281

402

 

(注) 1 従業員数は就業人員であります。なお、従業員は役員及び当社からの出向者を除き、社外から当社への出向者を含んでおります。

2 臨時従業員数は〔 〕内に年間平均人員を外数で記載しております。なお、臨時従業員は、パートタイマー、期間従業員及び派遣社員であります。

3 全社共通は総務及び経理等の管理部門の従業員であります。

 

(2) 提出会社の状況

2021年3月31日現在

従業員数(名)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(千円)

890

212

42.8

18.0

6,221

 

 

セグメントの名称

従業員数(名)

粉末冶金製品事業

803

189

油圧機器製品事業

32

12

全社共通

55

11

合計

890

212

 

(注) 1 従業員は就業人員であります。なお、従業員は役員及び当社からの出向者を除き、社外から当社への出向者を含んでおります。

2 臨時従業員数は〔 〕内に年間平均人員を外数で記載しております。なお、臨時従業員は、パートタイマー、期間従業員及び派遣社員であります。

3 平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。

4 全社共通は総務及び経理等の管理部門の従業員であります。

 

(3) 労働組合の状況

当社の労働組合は、JAMに所属しております。なお、労使間に特記すべき事項はありません。また、連結子会社には労働組合は組織されておりません。

第2 【事業の状況】

 

1 【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。

 

(1)会社の経営の基本方針

〔基本理念〕

ものつくりを通し、すみよい社会と人々の幸せに貢献する

 

〔長期方針〕

① 21世紀に勝ち残る企業基盤を確立する

・品質第一に徹し、魅力ある商品・技術の実現

② 良い社風を築き、地域に信頼される企業を目指す

③ 明るく働きがいのある職場を築く

 

(2)目標とする経営指標

当社は、事業領域の拡大による売上高の伸張と、事業基盤の強化・付加価値の向上による売上高営業利益率、及び株主資本利益率(ROE)、モビリティの脱炭素化への貢献のためCO排出量の削減率を重要な経営指標としております。

 

(3)経営環境及び対処すべき課題

当社グループの主要顧客である自動車産業は、100年一度の大変革が進行中であり、気候危機・食糧難・水不足などの社会課題の国際的な取り組み、AI・デジタル技術の変化など、当社を取り巻く環境は大きく変動しております。

当社としては、持続的成長と企業価値向上の為に2030年ビジョンと中期経営計画2025を策定し、取組みを進めてまいります。

 

1.FINE SINTER VISION 2030

 


 

2.経営目標

2025年度の経営目標として、売上高は鉄道・油圧事業の回復に時間がかかるとの想定のもと、新型コロナウイルス感染拡大前の400億円レベルでも、8%の営業利益、10%のROEを達成し、さらに将来の成長につなげることを目指します。具体的には、モノづくり革新などで競争力を強化し、成長投資を行うことで将来の成長に向けた事業構造の変革を進めるとともに、持続的成長に向けESG経営を推進します。


 

3.基本戦略

<競争力の強化>

①デジタル技術と匠の技の融合によるモノづくりの革新

AI・IoT技術による24時間無人稼働化、全工程自動搬送などによる品質向上、製品1個1個へのQRコード付与による製品単位での品質保証、匠の技の段替ノウハウの設備機構への落とし込み、現場オペレーター作業の標準化、段替短縮のDX化に取り組みます。「未来Factory」と名付けたコンセプトを春日井工場から順次グローバルに展開していく計画です。

 

②ロスの撲滅とムダの排除による生産性工場

モノづくりの革新と併行して、地道なロス低減とTPSの考え方に沿ったムダの排除による生産性向上で、現場力を高めてまいります。

 

③グローバル最適生産・供給体制

各拠点の特性を活かし、製品別に「最適生産拠点」を設定、「一括生産でグローバル供給する製品」と「地産地消で生産する製品」を切り分けることで、グループ最小投資・最適コスト化による原価の低減を進め、受注の拡大、売上・利益率の向上を狙います。併せて、グローバル最適調達を推進し、最安値原材料の集中購買や高額消耗品の仕様統一で調達コスト低減をはかります。

 

<事業構造変革>

①CASE対応と価値の創造

・ハイブリッドインバーター部品の高付加価値化

当社は、ハイブリッド車、燃料電池車の電気コントロール部に使われる『リアクトルコア』単体を2018年から生産を開始し、現在車両180万台分まで生産拡大しています。今後、高付加価値化として、『リアクトルAssy』開発に取り組み、2030年に向け新材料を用いた『次世代コア』開発を進めていきます。

 

・『モーター』への取り組み

粉末冶金ならではの、3D形状設計の自由度を最大限に活かし、小型省スペースで、海外展開し易い直流DCモーターを開発しています。手始めに医療機器用油圧ポンプモーターから手掛け、将来的に、電動自転車、発電機、小型EVなどへ拡大していきます。

 

・材料開発

高精度で低コストを実現する『高強度材』、電動化製品に欠かせない『機能材』、配合の自由度を活かした『トライポロジー、複合材』、環境に考慮し、紛争鉱物を使わない『ニッケルコバルトレス材』、製造工法を変えCO2削減に貢献する『省エネ材』、これら5つの切り口で『材料開発』を加速してまいります。

 

②鉄道・油圧事業の強化

・鉄道事業

シェアの高い新幹線向けに加えて在来線用や海外鉄道向けにビジネスを拡大するとともに、産業用の小型集電子などの新規製品の開発を進めます。合わせて、体質強化と工場の工程改革を進めてまいります。

 

・油圧事業

手術台や画像診断など医療機器分野の拡大や、ブランド力を活かした高級デンタルチェアのアジアでの拡販、切粉等の圧縮機など環境にやさしい製品や、小型で廉価なクランプユニットなどの開発などを進め、2025年以降の大幅な成長に向けた取り組みを進めます。

 

③将来に向けた新規事業分野の開拓

・『粉末に加工する技術』と『熱処理技術』を活かした『昆虫食』事業

・当社の強みである『MIM工法』と当社オリジナルの『チタンMMC』材料を用いた商品開発事業

・当社特許技術の『焼結ベント』を活かした『抗ウィルスフィルター』事業

 

<ESG経営>

当社の企業理念、「ものつくりを通じて、すみよい社会と人びとの幸せに貢献する」の実現はESG経営につながります。

 

①環境

・2050年のカーボンニュートラルに向けて、省エネの焼結炉や水素活用など革新技術の開発や日常改善の加速と、再生可能エネルギーの導入を進めます。なお、2013年比で2019年までにCO排出量を35%削減しており、2025年には40%削減を目指します。

・廃棄物の削減やコバルトを使わない材料開発による環境負荷物質の低減を行います。なお、2010年比で2025年までに45%削減、2030年までに50%削減を目標としております。

 

②社会

(社会との共生・共創)

以下の取り組みにより社会とつながることは、刺激や新たな発想などのきっかけとなり、長期的な企業価値向上につながるものと考えております。

・人権や環境等の社会問題への影響を考慮した鉱物調達活動のグローバル推進

・環境保護活動、主体的なボランティア活動や地域社会との交流

 

(エンゲージメントの向上)

従業員のエンゲージメントが企業の社会的・経済的価値の源泉との考えに基づき、以下の取り組みを推進します。

・ウェルネス経営として、従業員自らが豊かな人生をデザインして自己実現を志向している状態を目指し、身体的健康、精神的健康の安定と活力みなぎる活性職場づくりの推進

・女性や障がい者の活躍の支援などのダイバーシティ推進

 

③ガバナンス

資本コストを上回るROE目標を設定し、収益力の向上を図り、得られた収益を、資本コストを基準とした判断に基づく将来への成長投資や、最適資本政策に基づき株主還元を行うことにより、企業価値の最大化を目指してまいります。あわせてリスク管理体制の強化としてまいります。

 

 

2 【事業等のリスク】

 有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項には、以下のようなものがあります。

 なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。

 

(1) 自動車業界への販売依存度

当社グル-プの製品は主としてエンジン部品、ショックアブソーバー部品等の自動車用部品のため、自動車産業の構造変化及び市場縮小等が、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。なお、当社グループの連結売上高に占めるトヨタ自動車及び同社現地子会社の割合は35.8%であります。

当社グループとしては、自動車産業の変革に対応するために、当社の強みである粉末冶金の特性や関連技術を活かし、電動化関連製品の開発を強化する一方、非自動車分野の鉄道車両用部品及び油圧機器製品の開発と拡販の強化を行っております。更に、新規分野の開拓も進めております。

 

(2) 海外進出に内在するリスク

当社グループの事業には、海外における製品の生産と販売が含まれています。各地域における政治、経済状況の変化等による予期せぬ事象が当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。

 当社グループとしては、現地の動向は海外拠点スタッフの情報網を積極的に活用する事で適時適切に入手し対応するように努めております。

 

(3) 業界内外の競争に伴うリスク

当社グループが身を置く業界の競争は非常に厳しく、競合他社は国内外の多岐に渡ります。顧客のニーズを満たした製品の開発・製造・販売に努めておりますが、競合他社との競争に打ち勝てない場合は当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。

当社グループでは、デジタル設計から実証加工、電動化製品の開発から量産までをそれぞれを担う専任組織と、開発・生産技術・金型部門を統合した「テクニカルセンター」を設けており、開発力の強化と開発から量産化までの加速を進めております。

 

(4) 原材料の仕入に係る仕入価格の変動及び人権に関わるリスク

当社グループでは、粉末冶金製品の原材料として鉄粉等の金属粉を使用していますが、これらの原料価格が高騰し、製品価格に反映することが困難な場合は、当社グループの業績に影響を与える可能性があります。また、供給元の不慮の事故や資源国の政治・経済状況、労務管理面での人権侵害などにより、原材料・部品の不足や当社グループの企業イメージ毀損などが生じる可能性があります。その場合は生産の遅れによる原価上昇、株価低迷や投資家の投資撤退などの可能性があります。

当社グループとしては、製品歩留りの向上による原材料使用量の低減や、市況の変動が大きく資源国での人権侵害リスクの高いコバルトの添加不要材料の開発・提案、定期的な仕入先調査などでリスク低減を図っております。

 

(5) 為替変動によるリスク

当社グループの事業には、海外における製品の生産と販売が含まれています。各地域における売上、費用、資産を含む現地通貨建ての項目は、連結財務諸表作成のために円換算されています。従いまして、換算時の為替レートにより、円換算後の価値が影響を受ける可能性があります。

なお、為替変動による通期連結営業利益への影響は、1円/$あたり約10百万円です。

当社グループとしては、ものづくり改革や自動化等の合理化推進等により、円高進行時でも利益確保できる体質構築に努めております。

 

 

(6) 新型コロナウイルス感染拡大に関するリスク

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う製品需要の低迷、生産の停滞などが生じた場合、当社グループの財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があります。

当社グループとしては、感染拡大防止のため、衛生管理の徹底やテレワーク等の事業運営を実施するとともに、有事の際、稼働日数調整や開発費以外の固定費削減及び機動的な短期資金調達などの対応で、リスクの最小化に努めてまいります。

 

(7) 気候変動

気候変動がもたらすリスクは、製品の開発設計から調達・生産・物流・販売まで、企業活動全般に渡って存在しており、異常気象による災害リスクがもたらす生産影響、規制強化によるコスト増等は企業活動を停滞させる恐れがあります。

当社グループとしては、気候変動対応への取り組みとしてCO低減の長期ビジョンを策定し、2025年までにCOを40%削減する目標の達成に向けて省エネ技術の開発など当社グループ一丸となって推進しております。また、電動車両搭載製品の売上構成比を高めてまいります。

 

(8) 退職給付債務

当社グループの従業員退職給付費用及び債務は、割引率などの数理計算上の前提条件や年金資産の長期期待収益率に基づいて算出されております。従いまして、割引率の低下や年金資産の減少など実際の結果が前提条件と異なる場合は、将来の期間に認識される費用及び計上される債務に大きな影響を及ぼす可能性があります。

当社グループとしては、年金資産の運用にあたり、分散投資や運用状況の定期的モニター等により、リスクの低減に努めております。

 

(9) 法令適合

当社グループは事業の遂行にあたり各国の法的規制の適用を受けております。これらの法令等に違反した場合や社会的要請に反した行動等により、法令による罰則・訴訟・社会的制裁を受ける可能性があります。訴訟及び規制当局による措置その他の法的手段は、当社グループの事業、業績及び財政状態に大きな影響を与える可能性があります。

当社グループでは法令に適合することを確保するための体制として、内部統制委員会を設置しております。コンプライアンスの状況を把握するとともに、コンプライアンスの取り組みを横断的に統括する事務局を設置し、職場に適した活動や継続的な啓蒙活動ができるよう取り組んでおります。

 

(10) 情報セキュリティ

当社グループは、技術情報などの情報資産のデータ処理を行っていますが、不測の事態によって外部からのコンピュータウィルスの感染やハッキングの被害、サーバ及びネットワーク機器の障害やシステム障害の発生による業務停止や情報の外部漏洩等の事態が発生する可能性があり、それに伴い当社グループの業績及び財政状態に悪影響を及ぼす可能性があります。

当社グループでは対策として、情報セキュリティポリシーを策定し、「機密性」、「完全性」、「可用性」の確立に向けて発生するリスクを未然に防止する活動を進めております。

 

 

3 【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。

 

(経営成績等の状況の概要)

(1) 業績

当連結会計年度における世界経済は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う経済活動・社会活動の停滞により、厳しい状況で推移しました。

当社グループ製品の主要市場である日本・米国・中国・東南アジアの自動車産業における生産台数は、総じて第1四半期は前年を大きく下回るペースとなったものの、第2四半期以降は急激に持ち直しの動きが見られました。

このような状況の中、当社グループにおきましては、主に年初は稼働調整を行う一方、省人や固定費圧縮等による収益構造改善等を推し進め、売上回復局面での利益確保に努めました。

これらの結果、当連結会計年度の業績は、売上高は346億6百万円(前年度比14.2%減)となり、営業利益は1億81百万円(前年度比86.0%減)、経常利益は1億31百万円(前年度比86.8%減)、親会社株主に帰属する当期純損失は2億25百万円(前年度と比べ7憶77百万円減)となりました。

 

セグメントの業績は、次のとおりであります。

<粉末冶金製品事業>

自動車用部品につきましては、第1四半期連結会計期間は新型コロナウイルス感染拡大の影響等で前年同四半期に比べ48.3%の減収となったのに対し、第2四半期以降回復基調となり、第3、第4四半期は前年同期比増収となりました。当社グループとしては、前述の収益構造改善に取り組みました。

鉄道車両用部品につきましては、新幹線用ブレーキライニング及び新幹線用すり板の搭載車両増加がありましたが、新型コロナウイルス感染拡大に伴う減便の影響により、第2四半期以降売上高は減少し、第4四半期連結会計期間では前年同四半期に比べ29.0%の減収となりました。

これらの結果、当連結会計年度における売上高は331億95百万円と前年度と比べ51億62百万円13.5%)の減収となり、セグメント利益につきましては、16億22百万円と前年度と比べ11億76百万円42.0%)の減益となりました。

 

<油圧機器製品事業>

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、画像診断機器用製品は売上増となりました。デンタルチェア用製品はアジア向けを中心に厳しい状況が続き、年度終盤では輸出増加で売上回復、国内理美容チェア用製品も回復傾向となりましたが、第4四半期連結会計期間でも前年同四半期に比べ6.3%減収となりました。

この結果、当連結会計年度における売上高は14億3百万円と、前年度と比べ5億53百万円28.3%)の減収となり、セグメント利益につきましては、3億26百万円と前年度と比べ2億29百万円41.3%)の減益となりました。

 

(2) キャッシュ・フローの状況

  (営業活動によるキャッシュ・フロー)

営業活動の結果得られた資金は、32億50百万円となり、前連結会計年度に比べ16億30百万円減少(前年同期比33.4%減)となりました。これは主に、新型コロナウイルス感染拡大の影響による営業利益の減少によるものであります。

 

(投資活動によるキャッシュ・フロー)

投資活動の結果使用した資金は、40億76百万円となり、前連結会計年度に比べ3億54百万円増加(前年同期比9.5%増)となりました。これは主に、新規品生産や改善のための有形固定資産取得による支出の増加によるものであります。

 

(財務活動によるキャッシュ・フロー)

財務活動の結果得られた資金は、22億71百万円となり、前連結会計年度に比べ27億48百万円増加となりました。これは主に、短期借入金の増加16億57百万円、長期借入れによる収入12億78百万円、長期借入金の返済による支出3億15百万円等があったことによるものであります。

 

(生産、受注及び販売の状況)

(1) 生産実績

当連結会計年度における生産実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。

 

セグメントの名称

生産高(千円)

前年同期比(%)

粉末冶金製品事業

33,130,653

△14.3

油圧機器製品事業

1,429,188

△27.0

合計

34,559,842

△14.9

 

(注) 1 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

2 金額は販売価格によっております。

 

(2) 受注実績

当連結会計年度における受注実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。

 

セグメントの名称

受注高(千円)

前年同期比(%)

受注残高(千円)

前年同期比(%)

粉末冶金製品事業

34,107,025

△8.4

3,369,527

37.1

油圧機器製品事業

1,430,159

△26.8

155,000

21.1

合計

35,537,184

△9.3

3,524,527

36.3

 

(注) 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

 

(3) 販売実績

当連結会計年度における販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。

 

セグメントの名称

販売高(千円)

前年同期比(%)

粉末冶金製品事業

33,195,094

△13.5

油圧機器製品事業

1,403,159

△28.3

その他

8,281

△3.6

合計

34,606,535

△14.2

 

(注) 1 主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に対する割合は次のとおりであります。

 

相手先

前連結会計年度

当連結会計年度

販売高(千円)

割合(%)

販売高(千円)

割合(%)

トヨタ自動車㈱

9,000,509

22.3

7,924,982

22.9

 

2 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

 

 

(経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容)

 文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループ(当社及び連結子会社)が判断したものであります。

(1) 財政状態の分析

資産は497億52百万円となり、前連結会計年度末に比べ、29億35百万円増加いたしました。これは、新型コロナウイルス感染拡大リスクへの備えなどによる現金及び預金の増加(前連結会計年度末比16億26百万円増)、売上回復に伴う受取手形及び売掛金の増加(前連結会計年度末比5億12百万円増)、株価回復に伴う評価額の上昇による投資有価証券の増加(前連結会計年度末比6億28百万円増)によるものであります。

負債は301億55百万円となり、前連結会計年度末に比べ、17億69百万円増加いたしました。これは、設備投資の低減による営業外電子記録債務の減少(前連結会計年度末比4億23百万円減)の一方、新型コロナウイルスのリスクへの備えとして短期借入金の増加(前連結会計年度末比22億72百万円増)、国内新規品用設備等の資金として長期借入金の増加(前連結会計年度末比3億16百万円増)によるものであります。

純資産は195億97百万円となり、前連結会計年度末に比べ、11億66百万円増加いたしました。これは、主に円安進行に伴う為替換算調整勘定の増加による、その他の包括利益累計額の増加(前連結会計年度末比12億41百万円増)によるものであります。

 

(2) 経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析

当社グループは、「中期経営計画2020」の達成に向け、グループ一丸となり「ものつくり改革」「新製品開発」「海外事業の展開」「非自動車分野の強化」に取り組んでまいりました。総じてこれらの取り組みは、一定の成果をあげたものの、今後の課題を残す結果となりました。2020年度の目標として掲げておりました、連結での売上高465憶円、営業利益率10%に対して、新型コロナウイルス感染拡大前の2019年度の実績は、売上高403憶円、営業利益率3.2%と及ばず、ROEは3.4%でした。「ものつくり改革」で、製品の集約や焼結炉の寄せ止めなどが進みましたが、生産工程の抜本的見直しには至りませんでした。「新製品開発」では、トヨタ自動車と材料開発を行ったハイブリッド車用のインバーター部品を受注するなどの成果を生みました。「海外事業の展開」では、米国第2工場立上げなどの成果があった一方で、リソーセスの逼迫を招き収益面での貢献に遅れが生じました。また、米中貿易摩擦の影響等による中国・タイの市場減速で売上高の拡大が停滞しました。「非自動車分野の強化」では、鉄道部品・油圧機器事業については売上成長の遅れはあったものの、シェアの維持及び拡大となりました。

重要な経営指標の一つであるCO排出量削減については、生産設備の寄せ止めなどの取り組みにより、2013年に対して2019年までに35%削減、新型コロナウイルス感染拡大の影響による生産減少もあって、2020年は42.6%の削減となりました。

2021年度以降は、1 経営方針、経営環境及び対処すべき課題等(3)経営環境及び対処すべき課題 に記載した「中期経営計画2025」を確実に進め、持続的成長と企業価値向上に努めてまいります。

当社グループの資金状況については、新型コロナウイルス感染拡大の影響による売上の減少がありましたが、稼働調整や固定費圧縮で営業キャッシュ・フローは32億50百万円となり、そこから新規品等にかかる設備投資活動で40億76百万円の支出、通常より厚めの運転資金確保のための短期借入及び設備投資に関わる長期借入など財務活動によるキャッシュ・フローで22億71百万円増加したことにより、前連結会計年度より現金及び現金同等物の期末残高は16億14百万円増加し、59億円となりました。

今後の資金需要としましては、国内における「未来Factory」及び新規分野への開発投資、海外での新規品立上げ等に伴う設備投資がありますが、必要資金は自己資金及び借入金でまかなう予定です。

 

 

(重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定)

当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成されております。この連結財務諸表の作成にあたって、会計方針の選択、資産・負債及び収益・費用の報告金額及び開示に影響を与える見積りを必要とします。経営者は、これらの見積りについて過去の実績等を勘案し合理的に判断しておりますが、実際の結果は見積りの不確実性があるため、これらの見積りと異なる結果となる場合があります。

当社グループの連結財務諸表で採用する重要な会計方針、会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定のうち重要なものについては、「第5経理の状況1連結財務諸表等(1)連結財務諸表注記事項(連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)、(重要な会計上の見積り)」に記載しておりますが、特に以下の重要な会計方針が連結財務諸表作成における重要な見積りの判断に大きな影響を及ぼすと考えております。

なお、新型コロナウィルスが当連結会計年度に与える影響は限定的であったことから、翌連結会計年度以降への影響についても限定的であるという仮定を置いた上で合理的な見積りを実施しております。

 

① 繰延税金資産

当社グループは、繰延税金資産について、その回収可能性を考慮して、評価性引当額を計上しております。評価性引当額を計上する際には、将来の課税所得を合理的に見積っております。繰延税金資産の回収可能性は将来の課税所得の見積りに依存するので、その見積額が減少した場合は繰延税金資産が減額され税金費用が計上される可能性があります。

 

② 固定資産の減損損失

当社グループは固定資産の減損会計の適用に際し、独立したキャッシュ・フローを生み出す最小単位でグルーピングし、各グループの単位で将来キャッシュ・フローを見積っております。将来キャッシュ・フローが帳簿価額を下回った場合、回収可能価額まで帳簿価額を減額しております。将来この回収可能価額が減少した場合、減損損失が発生し、利益に影響を与える可能性があります。

 

4 【経営上の重要な契約等】

当連結会計年度において、経営上の重要な契約等はありません。

 

 

5 【研究開発活動】

 当社グループは粉末冶金工法を活用した自動車部品、鉄道車両用部品、産業機械用部品等の開発・製造販売、ならびに粉末冶金部品を組み込んだ油圧機器製品の開発・製造販売を行っております。
 当連結会計年度における当社グループの研究開発活動の金額は183百万円であります。
 
 セグメントごとの研究開発活動状況は以下のとおりであります。
 
① 粉末冶金製品事業
 自動車部品に関しましては、加速するCASE、環境対応に向け、5つの切り口で材料開発を進めております。競争力確保を狙い、高精度ながら低コストを実現する高強度材開発、電動化製品に欠かせない機能材開発、ブレーキに代表される配合の自由度を活かしたトライポロジー材開発、環境対応や省エネルギーに欠かせないニッケル・コバルトレス材料、省エネ材料開発を加速し、社会に貢献でするモノづくり企業を目指しております。また、今後の自動車の電動化拡大に向けて、インバーター部品については、年間180万台規模の生産まで拡大し、次世代製品も手掛けております。電動化対応においては、小型直流モーター開発及び高強度複合材開発を足掛かりに、次世代モーター開発、燃料電池車構成部品の開発にも取り組んでおります。

 鉄道車両用に関しましては、ブレーキライニング及びパンタグラフすり板を軸に高機能・新用途製品の開発・拡販に取り組んでおります。当連結会計年度は、カーボン系集電材の特長である高耐熱・高電導性を活かし新たな用途に展開した新製品を量産化しました。銅系焼結集電材を改良し摺動接触部材に応用した新製品につきましても、実車試験が終わり次年度から量産を開始します。また事業拡大に向け、次世代新幹線用の高性能化、在来線さらには産業機械用への拡販も積極的に進めております。

 

② 油圧機器製品事業
 油圧機器製品は、歯科、画像診断、手術台向けの医療機器、食品機械、設備業界からの多様なニーズに対応した製品開発を行っております。当連結会計年度は、医療機器向けに、静粛性を高めた小型モーターポンプをベースにタンク一体型の油圧ユニット、ショックレス性能を高め客先ニーズの高速化に対応した油圧システムを開発し、製品化しました。また、設備業界向けには、小型・低騒音化技術と高精度制御技術に加えて蓄圧装置を応用した省エネタイプの油圧ユニットを開発し、機能評価を進めております。

 SDGsの循環型社会の構築に向けた環境関連の新たな取り組みとして、既存ユニットを使用した小型産廃機器の開発も開始しました。

 

③ 新規事業分野
 上記セグメントごとの研究開発以外に、新規事業として、当社の強みである粉末冶金技術を、最大限に活かせる新規分野開拓への挑戦を進めております。未来創成事業と位置付け、3つの事業化を検討しております。一つ目は、将来の食糧問題を見据え、粉末に加工する技術と熱処理技術を活かした『昆虫食事業』に取組んでおります。二つ目は、当社のオリジナル技術と材料が活かせる『チタン商品開発事業』です。生活用品から医療機器製品、高級ホビー製品開発を加工レスで実現致します。三つ目は、当社特許技術を活かした『抗ウィルス製品事業』です。既に、銅材フィルターでは、菌の増殖を抑える効果が確認されており、空気循環系設備や、医療設備、理美容設備などからも注目されております。今後、これらの新規事業を、自動車、鉄道、油圧機器事業に続く、第4の柱に成長させる様、開発を加速してまいります。

 

第3 【設備の状況】

 

1 【設備投資等の概要】

当連結会計年度については、国内における新規品及び増産対応に伴う設備投資を実施しております。

 

当連結会計年度の設備投資について、セグメントごとに示すと次のとおりであります。

 

 

 

当連結会計年度

 

 

粉末冶金製品事業

3,165,951

千円

 

 

油圧機器製品事業

60,452

千円

 

 

その他

千円

 

 

全社共通

247,773

千円

 

 

合計

3,474,177

千円

 

 

 

 

当連結会計年度中に行った設備投資の総額は3,474,177千円であり、主にHVインバーター用部品の増産、新規製品導入及び合理化に伴う設備購入、及び老朽設備更新等であります。

油圧機器製品は主に老朽設備の更新、全社共通はソフトウェアの導入等であります。

 

 

2 【主要な設備の状況】

(1) 提出会社

2021年3月31日現在)

事業所名
(所在地)

セグメント
の名称

設備の
内容

帳簿価額(千円)

従業
員数
(名)

建物及び
構築物

機械装置
及び
運搬具

土地
(面積㎡)

リース
資産

工具器具備品

合計

川越工場
(埼玉県川越市)

粉末冶金製品事業

粉末冶金製品製造設備

356,966

674,122

48,454

(19,844)

44,758

1,124,301

127

〔25〕

春日井工場
(愛知県
 春日井市)

同上

同上

252,531

883,092

215,141

(18,165)

23,030

1,373,795

124

〔36〕

山科工場
(京都市山科区)

同上

同上

293,649

526,168

522,965

(16,102)

184,567

1,527,350

156

〔24〕

滋賀工場
(滋賀県愛知郡
 愛荘町)

同上

同上

402,760

1,755,784

222,177

(62,410)

1,652

84,573

2,466,947

227

〔86〕

玉川工場
(埼玉県比企郡
 ときがわ町)

油圧機器製品事業

油圧機器製品製造設備

71,538

149,145

292,241

(9,175)

715

513,641

32

〔12〕

ファインシンター
東北㈱(注2)
(岩手県奥州市)

粉末冶金製品事業

土地
建物

373,688

888,980

(55,656)

1,262,668

本社
(愛知県
 春日井市)

 

全社

粉末冶金製品事業

 

本社機能

製造設備

561,043

481,684

742,762

(22,175)

185,267

111,657

2,082,416

224

〔29〕

 

(注) 1 上記の金額には消費税等は含まれておりません。

2 ファインシンター東北㈱に対する貸与資産であります。

3 従業員数の〔 〕は年間平均臨時従業員数を外書きしております。なお、臨時従業員は、パートタイマー、期間従業員及び派遣社員であります。

 

 

(2) 国内子会社

2021年3月31日現在)

会社名

事業所名
(所在地)

セグメントの名称

設備の内容

帳簿価額(千円)

従業
員数
(名)

建物及び
構築物

機械装置
及び
運搬具

土地
(面積㎡)

リース
資産

工具器具備品

合計

ファインシンター東北㈱

(岩手県
奥州市)

粉末冶金製品事業

粉末冶金製品製造設備

155,067

429,317

7,444

23,736

615,565

75

〔21〕

ファインシンター三信㈱

(埼玉県比企郡
川島町)

同上

同上

251,870

573,996

104,254

(4,864)

1,200

21,196

952,518

82

〔39〕

 

(注) 1 上記の金額には消費税等は含まれておりません。

2 従業員数の〔 〕は年間平均臨時従業員数を外書きしております。なお、臨時従業員は、パートタイマー、期間従業員及び派遣社員であります。

 

 

(3) 在外子会社

2021年3月31日現在)

会社名

事業所名
(所在地)

セグメン
トの名称

設備の
内容

帳簿価額(千円)

従業
員数
(名)

建物及び
構築物

機械装置
及び
運搬具

土地
(面積㎡)

リース
資産

工具器具備品

合計

タイファインシンター㈱

(RAYONG
THAILAND)

粉末冶金製品事業

粉末冶金製品製造設備

191,371

705,435

492,899

(110,741)

6,904

87,417

1,484,027

461

〔28〕

アメリカンファインシンター㈱

(TIFFIN
 OHIO
 USA)

同上

同上

1,456,620

4,042,758

22,344

(67,237)

123,205

5,644,928

241

〔43〕

精密焼結合金(無錫)有限公司

(中国
江蘇省
無錫市)

同上

同上

585,718

1,396,577

12,447

90,777

2,085,521

398

〔―〕

ファインシンターインドネシア㈱

(KARAWANG JI
INDONESIA)

同上

同上

49,065

706,079

573,029

57,757

1,385,932

134

〔59〕

 

(注) 1 上記の金額には消費税等は含まれておりません。

2 従業員数の〔 〕は年間平均臨時従業員数を外書きしております。なお、臨時従業員は、パートタイマー、期間従業員及び派遣社員であります。

 

3 【設備の新設、除却等の計画】

(1) 重要な設備の新設等

 

会社名

事業所名
(所在地)

セグメント
の名称

設備の
内容

投資予定額

資金
調達
方法

着手及び完了予定

完成後
増加能力

総額
(百万円)

既支払額
(百万円)

着手

完了

株式会社ファインシンター

春日井工場

(愛知県春日井市)

粉末冶金製品事業

粉末冶金製品製造設備

284

自己資金及び借入金

2021年

4月

2022年

4月

高効率

生産ライン構築

アメリカンファインシンター㈱

(TIFFIN OHIO
 USA)

同上

同上

436

同上

2021年

5月

2022年

10月

生産数

年間

1,200千個

 

(注) 上記の金額には消費税等は含まれておりません。

 

 

(2) 重要な設備の除却等

経常的な設備の更新のための除却等を除き、重要な設備の除却等の計画はありません。

 

第4 【提出会社の状況】

 

1 【株式等の状況】

(1) 【株式の総数等】

① 【株式の総数】

 

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

10,000,000

10,000,000

 

 

② 【発行済株式】

 

種類

事業年度末現在
発行数(株)
(2021年3月31日)

提出日現在
発行数(株)
(2021年6月23日)

上場金融商品取引所名又は登録認可金融商品取引業協会名

内容

普通株式

4,420,000

4,420,000

東京証券取引所
名古屋証券取引所
各市場第二部

単元株式数は100株であります。

4,420,000

4,420,000

 

 

(2) 【新株予約権等の状況】

① 【ストックオプション制度の内容】

該当事項はありません。

 

② 【ライツプランの内容】

該当事項はありません。

 

③ 【その他の新株予約権等の状況】

該当事項はありません。

 

(3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

該当事項はありません。

 

(4) 【発行済株式総数、資本金等の推移】

 

年月日

発行済株式
総数増減数
(株)

発行済株式
総数残高
(株)

資本金増減額
 
(千円)

資本金残高
 
(千円)

資本準備金
増減額
(千円)

資本準備金
残高
(千円)

2016年10月1日(注)

△17,680,000

4,420,000

2,203,000

1,722,945

 

(注) 普通株式5株を1株に併合したことによる減少です。

 

 

(5) 【所有者別状況】

2021年3月31日現在

区分

株式の状況(1単元の株式数100株)

単元未満
株式の状況
(株)

政府及び
地方公共
団体

金融機関

金融商品
取引業者

その他の
法人

外国法人等

個人
その他

個人以外

個人

株主数
(人)

0

9

16

35

11

0

1,384

1,455

所有株式数
(単元)

0

5,112

209

21,476

246

0

17,055

44,098

10,200

所有株式数
の割合(%)

0.00

11.59

0.47

48.70

0.55

0.00

38.67

100.00

 

(注)  自己株式19,262株は「個人その他」に192単元、「単元未満株式の状況」に62株含まれております。
なお、2021年3月31日現在の実質的な所有株式数は、19,062株であります。

 

(6) 【大株主の状況】

2021年3月31日現在

氏名又は名称

住所

所有株式数
(千株)

発行済株式
(自己株式を除く。)の総数に対する所有株式数の割合(%)

トヨタ自動車株式会社

愛知県豊田市トヨタ町1番地

920

20.90

ファインシンター従業員持株会

愛知県春日井市明知町西之洞1189番地11号

230

5.24

株式会社デンソー

愛知県刈谷市昭和町1丁目1番地

220

5.01

KYB株式会社

東京都港区浜松町2丁目4番1号

220

5.01

アイシン精機株式会社

愛知県刈谷市朝日町2丁目1番地

135

3.08

住友電気工業株式会社

大阪府大阪市中央区北浜4丁目5番33号

129

2.93

株式会社清里中央
オートキャンプ場

愛知県名古屋市北区若葉通1丁目38番地

101

2.30

株式会社三菱UFJ銀行

東京都千代田区丸の内2丁目7番1号

101

2.29

三井住友信託銀行株式会社

東京都千代田区丸の内1丁目4番1号

100

2.27

JFEスチール株式会社

東京都千代田区内幸町2丁目2番3号

94

2.14

2,254

51.21

 

(注)1.上記の所有株式数のうち、信託業務に係る株式数は、次のとおりであります。
 三井住友信託銀行株式会社100千株

  2.アイシン精機株式会社は、2021年4月1日付で、社名を株式会社アイシンに変更しております。

 

 

(7) 【議決権の状況】

① 【発行済株式】

2021年3月31日現在

区分

株式数(株)

議決権の数(個)

内容

無議決権株式

議決権制限株式(自己株式等)

議決権制限株式(その他)

完全議決権株式(自己株式等)

(自己保有株式)

普通株式

19,000

完全議決権株式(その他)

普通株式

4,390,800

43,908

単元未満株式

普通株式

10,200

発行済株式総数

 

4,420,000

総株主の議決権

43,908

 

(注) 単元未満株式には当社所有の自己株式62株が含まれております。

 

② 【自己株式等】

2021年3月31日現在

所有者の氏名
又は名称

所有者の住所

自己名義
所有株式数
(株)

他人名義
所有株式数
(株)

所有株式数
の合計
(株)

発行済株式
総数に対する
所有株式数
の割合(%)

(自己保有株式)

株式会社ファインシンター

愛知県春日井市明知町
西之洞1189番地11

19,000

19,000

0.42

19,000

19,000

0.42

 

(注) 株主名簿上は、当社名義となっているが、実質的に所有していない株式が200株(議決権2個)あります。

なお、当該株式は、上記「発行済株式」の「完全議決権株式(その他)」欄に含めております。

 

 

2 【自己株式の取得等の状況】

【株式の種類等】 会社法第155条第7号による普通株式の取得

 

  (1) 【株主総会決議による取得の状況】

 該当事項はありません。

 

  (2) 【取締役会決議による取得の状況】

 該当事項はありません。

 

  (3) 【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

 

区分

株式数(株)

価額の総額(千円)

当事業年度における取得自己株式

27

51

当期間における取得自己株式

20

32

 

(注)  当期間における取得自己株式には、2021年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りによる株式数は含めておりません。

 

  (4) 【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

 

区分

当事業年度

当期間

株式数(株)

処分価額の総額
(千円)

株式数(株)

処分価額の総額
(千円)

引き受ける者の募集を行った
取得自己株式

消却の処分を行った取得自己株式

合併、株式交換、株式交付、
会社分割に係る移転を行った
取得自己株式

その他(-)

 

 

 

 

 

保有自己株式数

19,062

19,082

 

(注) 当期間における保有自己株式数には、2021年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りによる株式数は含めておりません。

 

 

3 【配当政策】

当社は、株主の皆様への長期的利益還元を重要な経営課題の一つと考え、安定配当を行うことを基本としつつ、企業体質の強化及び今後の事業展開を勘案した上で業績に対応した配当を行うこととしております。
 内部留保した資金は、将来にわたり株主の利益を確保するために、事業成長のための投資及び財務体質の強化に活用してまいります。
 当社は、中間配当と期末配当の年2回の配当を行うことを基本方針としており、配当の決定機関は、中間配当は取締役会、期末配当は株主総会であります。
 当事業年度の配当金につきましては、連結業績を鑑み、中間は無配当、期末は10円とさせていただきました。
 なお、当社は「取締役会の決議によって、毎年9月30日を基準日として中間配当を行うことができる。」旨を定款に定めております。

 

        基準日が当事業年度に属する剰余金の配当は、以下のとおりであります。

決議年月日

配当金の総額
(千円)

1株当たり配当額
(円)

2021年6月22日

定時株主総会決議

44,009

10

 

 

 

 

4 【コーポレート・ガバナンスの状況等】

(1) 【コーポレート・ガバナンスの概要】

① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

当社は、「ものつくりを通し、すみよい社会と人々の幸せに貢献する」という基本理念の下、1.持続的成長を目指し企業基盤を確立する、2.良い社風を築き、地域に信頼される企業を目指す、3.明るく働きがいのある職場を築く、ことを経営目標としております。その実現に向け、経営の効率性・公正性・透明性を一層向上させるとともに、経営の監督機能の強化や情報の適時開示を促進し、攻めのガバナンスにも主体的に取り組んでまいります。

 

<基本方針>

1.株主の権利・平等性の確保

株主の権利と平等性を確保するとともに、適切な権利行使のための環境を整備する。

2.株主以外のステークホルダーとの適切な協働

会社の持続的成長は様々なステークホルダーとの信頼関係に基づくことを認識する。

3.適切な情報開示と透明性の確保

正確で分かり易く有用性の高い情報を主体的に開示する。

4.取締役会の責務

取締役会は株主に対する受託者責任を踏まえ、その役割と責務を果たす。

5.株主との対話

株主との建設的な対話を通して企業価値の向上に努める。

 

② 企業統治体制の概要及び当該体制を採用する理由

当社は取締役会及び監査役会設置会社であり、当社の企業統治の体制は、株主総会を頂点とし、取締役会、監査役会及び会計監査人で構成されています。また、当社では社内組織上の執行役員制を設けて、業務執行と監督を分離し、意思決定の迅速化とガバナンスの強化を図っております。

コーポレート・ガバナンスにおいて外部からの客観的・中立的な経営監視の機能は重要と考えており、多数決原則に服しない形で経営陣を監視する監査役による監査に加え、経営に対する監督機能の強化を図る仕組みとして、複数の独立した取締役による監督がふさわしいと考えており、現状としても取締役8名のうち3名を社外取締役が占めております。当該体制の概要は、模式図をご参照ください。

 

 

 


 

<取締役会> 
 基本理念、行動憲章、取締役会規則、経営会議上程議案基準、グループ会社管理規定等の社内規定を制定し、法令や定款に適合し、かつ効率的に当社及び子会社の業務が行えるよう管理・監督しております。

 構成員は、代表取締役井上洋一、取締役田中義人、取締役柴田和彦、取締役伊藤雅之、取締役小林努、社外取締役大前伸夫、社外取締役下田正生、社外取締役鈴木康也であります。

 なお、当事業年度中、取締役会は12回開催されました。

 

<経営会議> 
 経営会議は、非常勤の社外取締役及び社外監査役を除く全役員による毎週の定例会議であり、取締役会付議に達しない日常的な業務執行に関する決定、報告、情報共有を行っております。

 構成員は、代表取締役井上洋一、取締役田中義人、取締役柴田和彦、取締役伊藤雅之、取締役小林努、執行役員金井洋一、執行役員桜井博、執行役員大野一成であります。

 なお、当事業年度中、経営会議は48回開催されました。

 

 

<監査役会>  
 監査役は、監査方針及び監査計画に基づき、職務の分担を定め、取締役会及びその他の重要会議への出席、重要書類の閲覧、事業所往査や子会社調査の実施を通じて、取締役の職務の執行を監査及び内部統制の整備・運用状況の監督をしております。

 構成員は、常勤監査役田中仁、社外監査役渡邉誠人、社外監査役飯田寿であります。

 なお、当事業年度中、監査役会は6回開催されました。

 

<内部監査部門>  
 当社は、内部監査部門として監査室を設置しており、財務報告に係る内部統制の有効性評価及び監査、全社的な業務監査、監査役の行う監査の補佐を目的としております。

 構成員は、江角武彦、嶋﨑真士、二上昌立であります。

 

<内部統制委員会>

 当社グループの内部統制上の課題に関する報告・提案・協議を実施しており、これらの状況を、随時、取締役会及び監査役会に報告することとしております。

 構成員は、代表取締役井上洋一、取締役田中義人、取締役柴田和彦、取締役伊藤雅之、取締役小林努、執行役員金井洋一、執行役員桜井博、執行役員大野一成及び経営管理部・監査室の事務局担当者であります。

 

③ 企業統治に関するその他の事項

 一 内部統制システムの整備の状況

(イ)取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制

1.当社は、法令・定款及び社会規範の遵守が企業活動の前提であることを認識し、当社の企業理念(「基本理念」及び「長期方針」)の実現のために、コンプライアンスの取り組みは当社グループ全体が共有すべき基本方針と位置づけております。

2.上記を確保する体制として、社外取締役には大所高所からの経営に対するご意見をいただくとともに、取締役会の意思決定の適正性及び妥当性を高めております。

3.社外取締役を含む当社の役員は、グループ全体における企業倫理の遵守及び浸透を率先垂範して行い、今後とも内外の環境変化に応じ適切な内部統制システムの整備に努めてまいります。

4.コンプライアンスの取り組みを横断的に統括する事務局を経営管理部に置き、同部を中心に継続的な役職員教育を行ってまいります。

5.内部統制委員会はコンプライアンスの状況を把握するとともに、これらの状況を、随時、取締役会及び監査役会に報告することとしております。

 

(ロ)取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制

1.当社は、取締役会、経営会議をはじめとする重要な意思決定に係る記録、添付資料などの情報、稟議書等の決裁文書については、文書管理規定に基づいて記録し管理しております。

2.取締役、監査役及び会計監査人は、常時これらの文書を閲覧できるものとしております。

 

 

(ハ)損失の危険の管理に関する規程その他の体制

1.当社は、事業環境の将来変化を十分に評価した中長期経営計画、またこれに基づいた単年度の利益計画及び投資計画について、取締役会規則及び付議基準に則り、適切に提案し意思決定しております。

2.製造業者として特に重要な安全、品質及び環境については、組織体制、方針及び実施策を明確にして取り組んでおります。

3.その他、コンプライアンスはもとより、地震・火災などの災害、環境、情報セキュリティーなど事業の継続性を脅かすリスクについては、それぞれの担当部署または委員会において、規則・ガイドラインの制定、マニュアルの作成・配布、責任者の特定、教育の実施を行うものとしております。

4.これらの組織横断的なリスク状況の監視及び全社的な対応は、経営管理部及び内部統制委員会が行うこととしております。

 

(ニ)取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

1.当社は、環境変化に対応した将来ビジョンと中期経営計画を定め、その達成に向け、毎年の経営計画(会社方針)を策定しております。

2.取締役会の決定した会社方針を、各取締役、執行役員及び従業員が全員で共有し、各部署から各室・課に至るまで、その達成のための具体的方針及び実施計画を策定し、全社活動を展開しております。

3.代表取締役及び常勤監査役は、定期的にこれらの実施状況をレビューすることによって、進捗状況を把握し必要な改善を促すこととしております。

4.以上の全社的なPDCAの仕組みをもって、効率的な職務達成のシステムを構築しております。

 

(ホ)株式会社並びにその親会社及び子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制

 当社の取締役がグループ各社の役員を兼務することを通じ、当社グループ全体としての業務の適正を確保する体制としておりますほか、当社の内部統制委員会を通じ、グループ各社の内部統制に関する情報の共有化、指示・要請の伝達が効率的に行われるように努めてまいります。

 また、海外事業については、品質・収益・労務の観点を特に重要視し、当社の各専門部署は実効ある支援を行い、経営管理部、経理部及び生産管理部が窓口部署としての機能を果たすなど海外事業体の管理体制の充実を図ってまいります。

1.子会社の取締役等及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制

 当社は行動憲章をグループ会社にも展開し、法令遵守及び企業倫理を周知徹底しております。また、子会社が設置する内部通報窓口等を通じ、コンプライアンスに関わる問題を早期に把握し、解決を図ってまいります。

2.子会社の損失の危険の管理に関する規程その他の体制

 財務、安全、環境、品質、災害等のリスク管理に関しては、グループ危機管理委員会を通じて、重大なリスクについて速やかに当社に報告することを求めるとともに、重要課題と対応については当社の経営会議等において審議することとしております。

3.子会社の取締役等の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

 子会社の取締役に対して、中期経営計画及び毎年の経営計画(会社方針)の策定を求めるとともに、グループ会社における業務分掌に基づいた適切な権限移譲を通じ、業務が効率的に行われるよう図ってまいります。

4.子会社の取締役等の職務の執行に係る事項の事前承認等に関する体制

 子会社の経営上の重要事項に関しては、子会社との間で合意したグループ会社管理規定に基づき、当社の事前承認または当社への報告を求めるとともに、当社の取締役会等において審議することとしております。

 

 

(ヘ)監査役がその職務を補助すべきことを求めた場合における当該使用人に関する体制、当該使用人の取締役からの独立性に関する体制及び当該使用人に対する監査役の指示の実効性確保に関する体制

1.監査役は、監査室、経営管理部、経理部その他に所属する従業員に対し、監査業務に必要な事項を要請することができるものとしております。
2.監査役より監査業務に必要な要請を受けた従業員は、その要請に対して、取締役、所属長等の指揮命令を受けないものとしております。

 

(ト)取締役及び使用人が監査役に報告する体制及び当該報告をしたことを理由として不利な取扱いを受けないことを確保するための体制

1.取締役及び使用人は、取締役会のほか、経営会議、収益や品質等に係る定期不定期の機能会議への常勤監査役の出席を要請し、当社及び当社グループに重大な影響を及ぼす事項、毎月の経営状態として重要な状況が、速やかに監査役に報告される体制を確保しております。

2.内部統制委員会を通じ、重大な法令・定款違反その他コンプライアンス上重要な事項が速やかに監査役に報告される体制を確保しております。

 

(チ)監査役の職務の執行について生ずる費用の前払また償還の手続その他当該職務の執行について生ずる費用または債務の処理に係る方針に関する事項

 監査役がその職務の執行について、当社に対して会社法第388条に基づく費用の前払等の請求をしたときは、当該請求に係る費用または債務が当該監査役の職務の執行に必要ではないと認められた場合を除き、速やかに当該費用または債務を当社が負担します。

 

(リ)その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制

1.監査役は代表取締役との定期会合をもち、情報交換を図っております。

2.常勤監査役は定期的に行われる方針点検に出席し、各職場の実施状況を把握できる体制としておりますほか、工場・事業所の視察などを通じ、日常業務の執行状況を常時把握できる機会の確保に努めております。

3.社外監査役には、企業活動に対する識見豊富な方に就任いただき、経営に対するけん制を高めるとともに、実効的な監査が行える体制としております。

 

(ヌ)財務報告に係る内部統制を確保するための体制及び方針

 当社は、金融商品取引法が定める「財務報告に係る内部統制の経営者による評価及び会計士による監査」に対応するために、内部監査部門(監査室)は、金融商品取引法及び金融庁の実施基準等に従って、内部統制の整備状況を把握し、有効性の評価を行い、不備がある場合はこれを是正し、内部統制報告書を作成して会計監査人による監査に備えるものとします。

 

(ル)反社会的勢力排除に向けた基本的な考え方及び体制整備

1.反社会的勢力排除に向けた基本的な考え方

 当社は市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力とは一切の関わりを持たず、不当な要求等に対しては毅然とした対応をとっております。

2.反社会的勢力排除に向けた体制整備

 当社は反社会的勢力排除について「行動憲章」に明確に規定しており、役員及びグループ全体の社員等はこれらを共有化し、徹底します。また、反社会的勢力による不当要求等に備え、所管部署にて対応マニュアル等を整備するとともに、外部機関の定期会合等に出席し情報収集及び連携強化に努めます。

 

 

 

 

二 自己株式の取得

当社は、自己株式の取得について、経済情勢の変化に対応して財務政策等の経営諸政策を機動的に遂行することを可能とするため、会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議によって市場取引等により自己の株式を取得することができる旨を定款に定めております。

 

三 株主総会の特別決議要件

当社は、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、迅速かつ機動的に株主総会を招集するため、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款に定めております。

 

四 株主総会決議事項を取締役会で決議することができる事項

(剰余金の配当等)

当社は、取締役会の決議によって、毎年9月30日を基準日として会社法第454条第5項に規定する中間配当を行うことができる旨を定款で定めています。これにより、株主への機動的な利益還元を実施できるよう、剰余金の配当等を取締役会の決議によって行うことができます。

 

五 取締役の定数

当社の取締役は15名以内とする旨を定款に定めております。

 

六 取締役の選任の決議要件

当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨を定款に定めております。また、取締役の選任決議は、累積投票によらないものとする旨を定款に定めております。

 

七 責任限定契約の概要

当社は、会社法第427条第1項の規定により、取締役(業務執行取締役等である者を除く。)及び監査役との間において、会社法第423条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結しています。当該契約に基づく損害賠償責任の限度額は、法令が定める額を限度としています。なお、当該責任限定が認められるのは、当該取締役または当該監査役が職務を行うについて善意でかつ重大な過失がないときに限られます。

 

八 役員賠償責任保険の概要

当社は、以下の内容を概要とする役員賠償責任保険契約を取締役及び監査役との間において締結しています。
1.被保険者の実質的な保険料負担割合は、1割としております。
2.填補の対象となる保険事故の概要は、特約部分も合わせ、被保険者である役員等がその職務の執行に関し責任を負うことまたは当該責任の追及に係る請求を受けることによって生じることのある損害について填補します。ただし、法令違反の行為であることを認識して行った行為の場合等一定の免責事由があります。

 

 

(2) 【役員の状況】

① 役員一覧

男性 11名 女性 ―名 (役員のうち女性の比率 ―%)

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数
(株)

代表取締役
社長執行役員

井 上 洋 一

1958年1月10日

1980年4月

トヨタ自動車工業㈱(現トヨタ自動車㈱)入社

2003年9月

有限会社トヨタモーターマニュファクチュアリングポーランド副社長

2007年4月

トヨタ自動車㈱貞宝工場工機管理部長

2008年1月

同社ダイエンジニアリング部長

2009年6月

同社常務役員

2009年6月

当社監査役

2013年4月

当社顧問

2013年6月

当社取締役社長

2019年6月

当社代表取締役社長執行役員(現任)

(注)3

2,458

取締役
専務執行役員

田  中  義  人

1963年10月22日

1987年4月

トヨタ自動車㈱入社

2013年4月

同社駆動・HVユニット生技部ドライブライン計画室長

2017年2月

当社理事

2017年6月

当社取締役

2018年6月

当社DE部長

2019年1月

当社生産技術部長

2019年6月

当社取締役常務執行役員

2021年4月

当社取締役専務執行役員(現任)

(注)3

2,018

取締役
常務執行役員

柴 田 和 彦

1959年6月25日

1983年4月

トヨタ自動車㈱入社

2009年6月

同社三好工場第1機械部長

2013年4月

同社三好工場製造エンジニアリング部長

2015年6月

当社取締役

2015年6月

当社春日井工場長

2016年6月

当社山科工場長

2017年6月

当社常務取締役

2019年1月

当社生産管理部長

2019年6月

当社取締役常務執行役員(現任)

2020年6月

当社山科工場長

(注)3

2,606

取締役
常務執行役員

伊 藤 雅 之

1962年1月26日

1985年3月

当社入社

2010年1月

当社営業部副部長

2013年1月

ファインシンターインドネシア㈱副社長

2015年6月

当社取締役

2015年6月

当社営業部長

2019年6月

当社執行役員

2020年4月

当社常務執行役員

2020年6月

当社取締役常務執行役員(現任)

2020年6月

当社PHA部長

(注)3

1,846

取締役
常務執行役員

小 林  努

1963年7月21日

1987年4月

トヨタ自動車㈱入社

2008年1月

同社原価改善部改善推進室グループ長

2012年1月

トヨタモーターマニュファクチュアリングインディアナ㈱財務統括責任者

2019年1月

当社経理部長(現任)

2019年6月

当社執行役員

2021年4月

当社常務執行役員

2021年6月

当社取締役常務執行役員(現任)

(注)3

1,250

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数
(株)

取締役

大 前 伸 夫

1947年2月4日

1989年6月

大阪大学助教授

1998年4月

神戸大学教授

2010年4月

神戸大学名誉教授(現任)

2015年6月

当社取締役(現任)

(注)3

取締役

鈴 木 康 也

1974年10月28日

1997年10月

監査法人トーマツ(現有限責任監査法人トーマツ)名古屋事務所入所

2001年7月

公認会計士登録(現任)

2008年8月

鈴木康也公認会計士事務所開設

2008年10月

税理士登録(現任)

2019年6月

当社取締役(現任)

(注)3

取締役

下 田 正 生

1970年1月2日

1994年4月

トヨタ自動車㈱入社

2003年5月

天津一汽トヨタ発動機有限公司生産技術・製造統括次長

2021年1月

同社素形材技術部長(現任)

2021年6月

当社取締役(現任)

(注)3

常勤監査役

田 中   仁

1960年1月12日

1982年3月

当社入社

2006年6月

当社管理部副部長

2015年6月

当社経営管理部長

2017年6月

当社常勤監査役(現任)

(注)4

4,808

監査役

渡 邉 誠 人

1962年2月4日

1988年10月

監査法人トーマツ(現有限責任監査法人トーマツ)名古屋事務所入所

1990年10月

サンアイ監査法人(現有限責任監査法人トーマツ)入所

1992年8月

公認会計士・税理士登録(現任)

2001年4月

 

監査法人トーマツ(現有限責任監査法人トーマツ)代表社員

2005年4月

公認会計士渡邉誠人事務所開設

2010年6月

当社監査役(現任)

(注)5