EDINET閲覧(提出)サイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)をもとに上場企業サーチ作成

本ページはEDINETに提出された開示情報を上場企業サーチが加工/編集したものであり、記載された情報の正確性および完全性について上場企業サーチは一切の保証を行いません。本ページの情報を利用する際は自己の責任で判断頂き、意思決定に際しては適宜EDINETや提出会社が公開するオリジナルを参照する様にしてください。本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

【表紙】

 

【提出書類】

有価証券報告書

【根拠条文】

金融商品取引法第24条第1項

【提出先】

関東財務局長

【提出日】

2021年6月29日

【事業年度】

第40期(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)

【会社名】

不二サッシ株式会社

【英訳名】

FUJISASH CO.,LTD.

【代表者の役職氏名】

代表取締役社長  吉田 勉

【本店の所在の場所】

神奈川県川崎市幸区鹿島田一丁目1番2号(新川崎三井ビルディング)

【電話番号】

大代表(044)520-0034

【事務連絡者氏名】

管理本部経営管理部長  町田 仁

【最寄りの連絡場所】

東京都品川区西五反田四丁目32番1号(東京日産西五反田ビル2号館)

【電話番号】

代表(03)6867-0777

【事務連絡者氏名】

管理本部経営管理部長  町田 仁

【縦覧に供する場所】

不二サッシ株式会社 東京支店

(東京都品川区西五反田四丁目32番1号(東京日産西五反田ビル2号館))

不二サッシ株式会社 大阪支店

(大阪府大阪市浪速区湊町一丁目4番38号(近鉄新難波ビル))

不二サッシ株式会社 関東支店

(埼玉県さいたま市浦和区北浦和四丁目5番5号(北浦和大栄ビル4階))

不二サッシ株式会社 名古屋支店

(愛知県名古屋市東区泉一丁目9番22号(名古屋BXビル7階))

株式会社東京証券取引所

(東京都中央区日本橋兜町2番1号)

 

E01422 59400 不二サッシ株式会社 FUJISASH CO.,LTD. 企業内容等の開示に関する内閣府令 第三号様式 Japan GAAP true CTE CTE 2020-04-01 2021-03-31 FY 2021-03-31 2019-04-01 2020-03-31 2020-03-31 1 false false false E01422-000 2021-06-29 jpcrp030000-asr_E01422-000:SahashiHiroshiMember E01422-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01422-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E01422-000:EnvironmentalEngineeringReportableSegmentsMember E01422-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E01422-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01422-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E01422-000:ConstructionMaterialReportableSegmentsMember E01422-000 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E01422-000:AluminiumExtrusionAndProcessedProductsReportableSegmentsMember E01422-000 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E01422-000:ConstructionMaterialReportableSegmentsMember E01422-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01422-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01422-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01422-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E01422-000 2019-03-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E01422-000 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01422-000 2019-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01422-000 2019-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E01422-000 2019-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01422-000 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E01422-000 2019-03-31 jppfs_cor:RevaluationReserveForLandMember E01422-000 2021-03-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E01422-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E01422-000 2020-03-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E01422-000 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E01422-000 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E01422-000:ConstructionMaterialReportableSegmentsMember E01422-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E01422-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E01422-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E01422-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E01422-000:EnvironmentalEngineeringReportableSegmentsMember E01422-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E01422-000:AluminiumExtrusionAndProcessedProductsReportableSegmentsMember E01422-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E01422-000:ConstructionMaterialReportableSegmentsMember E01422-000 2020-03-31 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E01422-000 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E01422-000:AluminiumExtrusionAndProcessedProductsReportableSegmentsMember E01422-000 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E01422-000:EnvironmentalEngineeringReportableSegmentsMember E01422-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:OutsideDirectorsAndOtherOfficersMember E01422-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row5Member E01422-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row6Member E01422-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row7Member E01422-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row8Member E01422-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row9Member E01422-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row10Member E01422-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row11Member E01422-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row12Member E01422-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:CorporateAuditorsExcludingOutsideCorporateAuditorsMember E01422-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E01422-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01422-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E01422-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01422-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E01422-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01422-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E01422-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E01422-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E01422-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E01422-000 2021-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E01422-000 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E01422-000 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E01422-000 2021-03-31 jppfs_cor:RevaluationReserveForLandMember E01422-000 2021-03-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E01422-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E01422-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01422-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E01422-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01422-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01422-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E01422-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E01422-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No1MajorShareholdersMember E01422-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No2MajorShareholdersMember E01422-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No3MajorShareholdersMember E01422-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No4MajorShareholdersMember E01422-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No5MajorShareholdersMember E01422-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No6MajorShareholdersMember E01422-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No7MajorShareholdersMember E01422-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No8MajorShareholdersMember E01422-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No9MajorShareholdersMember E01422-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No10MajorShareholdersMember E01422-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E01422-000 2021-06-29 jpcrp030000-asr_E01422-000:OkanoNaokiMember E01422-000 2021-06-29 jpcrp030000-asr_E01422-000:OgataYuubuMember E01422-000 2021-06-29 jpcrp030000-asr_E01422-000:SuzueTakahiroMember E01422-000 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E01422-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E01422-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:RevaluationReserveForLandMember E01422-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E01422-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01422-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E01422-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01422-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E01422-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01422-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E01422-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E01422-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E01422-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01422-000 2019-03-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E01422-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E01422-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E01422-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E01422-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row1Member E01422-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row6Member E01422-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row7Member E01422-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row8Member E01422-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row9Member E01422-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row10Member E01422-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row11Member E01422-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row12Member E01422-000 2021-06-29 jpcrp_cor:Row6Member E01422-000 2021-06-29 jpcrp_cor:Row5Member E01422-000 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E01422-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E01422-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E01422-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:RevaluationReserveForLandMember E01422-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E01422-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithNoVotingRightsMember E01422-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsTreasurySharesEtcMember E01422-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsOtherMember E01422-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E01422-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E01422-000 2019-03-31 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E01422-000 2020-03-31 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E01422-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E01422-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row2Member E01422-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row3Member E01422-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row4Member E01422-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row2Member E01422-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row3Member E01422-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row4Member E01422-000 2021-06-29 jpcrp_cor:Row1Member E01422-000 2021-06-29 jpcrp_cor:Row2Member E01422-000 2021-06-29 jpcrp_cor:Row3Member E01422-000 2021-06-29 jpcrp_cor:Row4Member E01422-000 2021-06-29 jpcrp030000-asr_E01422-000:YoshidaTutomuMember E01422-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E01422-000:AluminiumExtrusionAndProcessedProductsReportableSegmentsMember E01422-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E01422-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E01422-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01422-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E01422-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01422-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E01422-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01422-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E01422-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E01422-000 2021-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01422-000 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E01422-000 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01422-000 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01422-000 2017-04-01 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01422-000 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01422-000 2016-04-01 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01422-000 2020-03-31 jppfs_cor:RevaluationReserveForLandMember E01422-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E01422-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E01422-000:ConstructionMaterialReportableSegmentsMember E01422-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E01422-000:AluminiumExtrusionAndProcessedProductsReportableSegmentsMember E01422-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E01422-000:EnvironmentalEngineeringReportableSegmentsMember E01422-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E01422-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp_cor:CorporateSharedMember E01422-000 2017-03-31 E01422-000 2016-04-01 2017-03-31 E01422-000 2021-06-29 E01422-000 2021-03-31 E01422-000 2020-04-01 2021-03-31 E01422-000 2020-03-31 E01422-000 2019-04-01 2020-03-31 E01422-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E01422-000 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E01422-000 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E01422-000 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01422-000 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01422-000 2020-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E01422-000 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01422-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E01422-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E01422-000 2021-03-31 jpcrp_cor:CorporateSharedMember E01422-000 2021-06-29 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E01422-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E01422-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E01422-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01422-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E01422-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01422-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E01422-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01422-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E01422-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E01422-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E01422-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01422-000 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E01422-000:EnvironmentalEngineeringReportableSegmentsMember E01422-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01422-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E01422-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01422-000 2021-06-29 jpcrp030000-asr_E01422-000:SenooYoshiakiMember E01422-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:DirectorsExcludingOutsideDirectorsMember E01422-000 2021-06-29 jpcrp030000-asr_E01422-000:UedaTakashiMember E01422-000 2021-03-31 jpcrp_cor:UnallocatedAmountsAndEliminationMember E01422-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:UnallocatedAmountsAndEliminationMember E01422-000 2018-04-01 2019-03-31 E01422-000 2018-03-31 E01422-000 2017-04-01 2018-03-31 E01422-000 2019-03-31 E01422-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01422-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E01422-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01422-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E01422-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E01422-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E01422-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E01422-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithFullVotingRightsOtherMember E01422-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsOtherMember E01422-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesLessThanOneUnitMember E01422-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesLessThanOneUnitMember E01422-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row5Member E01422-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row1Member E01422-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E01422-000:TransportationBusinessReportableSegmentsMember E01422-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E01422-000:TransportationBusinessReportableSegmentsMember E01422-000 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E01422-000:TransportationBusinessReportableSegmentsMember E01422-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E01422-000:TransportationBusinessReportableSegmentsMember E01422-000 2021-06-29 jpcrp030000-asr_E01422-000:EsakiHiroyukiMember E01422-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E01422-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01422-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E01422-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E01422-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E01422-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01422-000 2020-03-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E01422-000 2021-06-29 jpcrp030000-asr_E01422-000:SugawaraNobuyukiMember E01422-000 2020-03-31 jpcrp_cor:UnallocatedAmountsAndEliminationMember E01422-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:UnallocatedAmountsAndEliminationMember E01422-000 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E01422-000:TransportationBusinessReportableSegmentsMember E01422-000 2021-06-29 jpcrp030000-asr_E01422-000:IshiiHiroshiMember E01422-000 2021-06-29 jpcrp030000-asr_E01422-000:NiinoNobuhiroMember xbrli:shares xbrli:pure iso4217:JPY iso4217:JPY xbrli:shares

第一部【企業情報】

第1【企業の概況】

1【主要な経営指標等の推移】

(1)連結経営指標等

回次

第36期

第37期

第38期

第39期

第40期

決算年月

2017年3月

2018年3月

2019年3月

2020年3月

2021年3月

売上高

(百万円)

94,322

98,137

98,254

101,789

92,396

経常利益

(百万円)

2,368

1,862

1,273

737

898

親会社株主に帰属する

当期純利益

(百万円)

4,350

1,639

877

432

572

包括利益

(百万円)

5,251

1,872

894

500

1,180

純資産額

(百万円)

17,574

19,320

19,985

20,297

21,293

総資産額

(百万円)

85,467

90,945

90,832

92,155

91,702

1株当たり純資産額

(円)

138.28

151.84

157.40

159.90

167.53

1株当たり当期純利益

(円)

34.47

12.99

6.96

3.43

4.54

潜在株式調整後1株

当たり当期純利益

(円)

自己資本比率

(%)

20.4

21.1

21.9

21.9

23.1

自己資本利益率

(%)

29.2

9.0

4.5

2.2

2.8

株価収益率

(倍)

2.90

7.70

12.79

19.81

17.61

営業活動による

キャッシュ・フロー

(百万円)

5,122

1,613

3,604

4,830

3,487

投資活動による

キャッシュ・フロー

(百万円)

4,565

2,211

2,907

2,509

2,351

財務活動による

キャッシュ・フロー

(百万円)

274

1,862

1,676

1,769

1,086

現金及び現金同等物の

期末残高

(百万円)

12,823

14,087

13,111

13,656

15,886

従業員数

(人)

2,946

2,948

3,002

3,078

3,055

 (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。

2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

3.第38期における数値は、過年度決算訂正を反映した数値であります。

 

(2)提出会社の経営指標等

回次

第36期

第37期

第38期

第39期

第40期

決算年月

2017年3月

2018年3月

2019年3月

2020年3月

2021年3月

売上高

(百万円)

46,027

47,198

47,630

48,855

44,284

経常利益

(百万円)

1,002

1,365

401

91

795

当期純利益

(百万円)

2,263

1,310

508

293

721

資本金

(百万円)

1,709

1,709

1,709

1,709

1,709

発行済株式総数

(株)

126,267,824

126,267,824

126,267,824

126,267,824

126,267,824

純資産額

(百万円)

11,418

12,744

12,926

12,913

13,820

総資産額

(百万円)

53,265

58,240

58,305

58,427

58,668

1株当たり純資産額

(円)

90.48

100.99

102.43

102.33

109.52

1株当たり配当額

(円)

1.00

1.50

1.50

1.50

1.00

(うち1株当たり中間

配当額)

1株当たり当期純利益

(円)

17.94

10.38

4.03

2.32

5.72

潜在株式調整後1株

当たり当期純利益

(円)

自己資本比率

(%)

21.4

21.9

22.2

22.1

23.6

自己資本利益率

(%)

21.9

10.8

4.0

2.3

5.4

株価収益率

(倍)

5.58

9.63

22.07

29.27

13.98

配当性向

(%)

5.58

14.45

37.19

64.58

17.48

従業員数

(人)

844

843

850

868

886

株主総利回り

(%)

111.0

112.6

102.2

80.8

95.1

(比較指標:配当込みTOPIX)

(%)

(114.7)

(132.9)

(126.2)

(114.2)

(162.3)

最高株価

(円)

119

124

183

119

114

最低株価

(円)

79

88

68

58

62

 (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。

2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

3.最高株価及び最低株価は東京証券取引所(市場第二部)におけるものであります。

 

2【沿革】

1930年7月

株式会社不二サッシ製作所を設立

1937年11月

商号を株式会社不二製作所に変更

1946年12月

土建資材株式会社を設立

1949年10月

土建資材株式会社を大成産業株式会社に商号変更

1958年5月

株式会社不二製作所、川崎市の本社工場にアルミサッシ工場を建設し、アルミサッシの製造・販売を開始

1960年1月

株式会社不二製作所の商号を不二サツシ工業株式会社に変更

1961年6月

大成産業株式会社の商号を不二サツシ販売株式会社に変更

1961年10月

不二サツシ工業株式会社、東京証券取引所市場第二部に上場

1963年10月

不二サツシ工業株式会社、東京・名古屋証券取引所の市場第一部に指定替え

不二サツシ販売株式会社、東京証券取引所市場第二部に上場

1966年10月

不二サツシ販売株式会社、東京証券取引所の市場第一部に指定替え

不二運送株式会社を設立

1968年11月

不二運送株式会社の商号を不二倉業株式会社に変更

1969年5月

不動産業を目的に東洋ハウジング株式会社を設立

1969年10月

九州不二サッシ株式会社を設立

1978年12月

不二サツシ工業株式会社・不二サツシ販売株式会社、各証券取引所の上場を廃止され店頭売買登録銘柄に指定

1981年7月

東洋ハウジング株式会社の商号を不二サッシ株式会社に変更

1981年10月

不二サッシ株式会社が、不二サツシ工業株式会社及び不二サツシ販売株式会社を吸収合併

1990年7月

フェデラルアルミニウム社の株式を取得

1990年11月

フェデラルアルミニウム社の商号を不二サッシ(マレーシア)SDN.BHD.に変更

1992年8月

不二サッシ株式会社、東京証券取引所市場第二部に上場

1995年4月

九州不二サッシ株式会社、福岡証券取引所に上場

1996年10月

九州不二サッシ株式会社、大阪証券取引所市場第二部に上場

2000年7月

関西不二サッシ株式会社を設立

2001年7月

全国22販売会社を全国6広域販売会社に再編、株式会社不二サッシ東北、株式会社不二サッシ関東、株式会社不二サッシ関西、株式会社不二サッシ九州を設立

2002年6月

日海工業株式会社が、北陸不二サッシ販売株式会社を吸収合併し、日海不二サッシ株式会社に商号を変更

2004年10月

株式交換により九州不二サッシ株式会社を完全子会社化
不二サッシ株式会社、福岡証券取引所に上場

2006年10月

株式会社不二サッシ九州を承継会社とし、不二サッシ株式会社九州支店と九州不二サッシ株式会社ビルサッシ部門を会社分割し、「九州地域製販一体新会社」を発足

2006年11月

不二サッシ株式会社、福岡証券取引所を上場廃止

2007年10月

九州不二サッシ株式会社を承継会社とし、不二サッシ株式会社資材事業部門を吸収分割し、不二ライトメタル株式会社に商号を変更

2009年3月

文化シヤッター株式会社と「資本および業務提携に関する基本合意書」を締結

2010年4月

 

2014年4月

東北支店を会社分割により株式会社不二サッシ東北に承継させるとともに、株式会社不二サッシ東北を存続会社として秋田不二サッシ販売株式会社と岩手不二サッシ販売株式会社を吸収合併

不二サッシ株式会社の住宅建材営業部関東営業部と不二サッシサービス株式会社の保険業を除く全ての事業を会社分割することにより株式会社不二サッシ関東に承継させるとともに、株式会社不二サッシ関東を存続会社として神奈川不二サッシ販売株式会社を吸収合併

2016年11月

太天興業股份有限公司との共同出資で不二太天股份有限公司を設立

2017年8月

不二サッシベトナムを設立

2018年4月

株式取得によりアジアニッカイ株式会社を子会社化

2018年5月

株式取得により北海道住宅サービス株式会社を完全子会社化

2018年7月

2019年5月

高槻ダイカスト株式会社の株式30%を取得し、持分法適用会社化

株式取得により日本防水工業株式会社及び日本スプレー工業株式会社を完全子会社化

 

3【事業の内容】

 当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、子会社32社、関連会社2社及び当社と継続的な事業上の関係があるその他の関係会社1社で構成され、建材品・アルミ形材の製造及び販売を主な事業内容としております。

 事業の種類別セグメント並びに子会社・関連会社(グループ各社)の事業に係わる位置付け等の状況は、次のとおりであります。なお、次の4事業部門は「第5.経理の状況 1.連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項(セグメント情報等)」に掲げるセグメント情報の区分と同一であります。

 

(1)建材事業

 当部門においては、カーテンウォール、ビル用サッシ・ドア、中低層用サッシ・ドア、改装用サッシ、住宅用サッシ、玄関引戸・ドア、室内建具、エクステリア製品等の製造・販売しております。

(製造) 当社、不二ライトメタル株式会社、日海不二サッシ株式会社、関西不二サッシ株式会社、

しらたか不二サッシ株式会社、山口不二サッシ株式会社、株式会社沖縄不二サッシ、

株式会社不二サッシ九州、アジアニッカイ株式会社、不二サッシフィリピン,INC.

(販売) 当社、北海道不二サッシ株式会社、不二サッシリニューアル株式会社、

奈良不二サッシ株式会社、株式会社不二サッシ東北、株式会社不二サッシ関東、

株式会社不二サッシ東海、株式会社不二サッシ関西、株式会社不二サッシ中四国、

株式会社不二サッシ九州、協同建工株式会社、北海道住宅サービス株式会社、不二サッシベトナム

日本防水工業株式会社、日本スプレー工業株式会社

 

(2)形材外販事業

 当部門においては、外販用アルミ形材、アルミ精密加工品の製造・販売等を行っております。

(製造・販売) 不二ライトメタル株式会社、チアン・ジアン・アルミニウムSDN.BHD.

 

(3)環境事業

 当部門においては、一般・産業廃棄物処理プラントの製造・販売を行っております。

(製造・販売) 当社

(4)運送事業

 当部門においては、運送事業を行っております。

不二倉業株式会社

 

(5)その他事業

当部門においては、不動産事業等を行っております。

当社、不二ライトメタル株式会社、不二倉業株式会社

 

以上記述した事項を概要図で示すと、次のとおりであります。

0101010_001.png

 

4【関係会社の状況】

名称

住所

資本金

(百万円)

主要な事業

の内容

議決権の所有割合(%)

関係内容

(連結子会社)

 

 

 

 

 

不二ライトメタル㈱(注)3

熊本県

玉名郡

長洲町

2,000

建材

形材外販

100

当社にアルミ押出形材を販売

建物を賃貸借

関西不二サッシ㈱

大阪府

高槻市

100

建材

100

当社に金属製建具を販売

建物・機械装置等を賃借

資金援助有り

日海不二サッシ㈱

(注)4

石川県

金沢市

100

建材

100

(0.1)

当社に金属製建具を販売

不二サッシ

リニューアル㈱

神奈川県

川崎市

高津区

100

建材

100

当社の改装工事を施工

建物を賃借

資金援助有り

チアン・ジアン・アルミニウムSDN.BHD.(注)4

マレーシア

ペナン州

百万RM

2.5

形材外販

70

(70)

アルミ押出形材を販売

不二倉業㈱

東京都

品川区

400

運送

その他

100

当社製品の運送、倉庫管理業務の委託

建物を賃借

協同建工㈱

神奈川県

大和市

50

建材

100

建築工事並びに内装

工事の請負及び施工

北海道不二サッシ㈱

北海道

札幌市

西区

20

建材

100

当社の金属製建具を販売

建物を賃借

資金援助有り

しらたか不二サッシ㈱
(注)4

山形県

西置賜郡

白鷹町

30

建材

100

(1.7)

当社に金属製建具を販売

㈱不二サッシ東北

宮城県

仙台市

青葉区

230

建材

100

当社の金属製建具を販売

㈱不二サッシ関東

東京都

文京区

100

建材

100

当社の金属製建具を販売

建物を賃借

㈱不二サッシ東海

愛知県

稲沢市

50

建材

100

当社の金属製建具を販売

㈱不二サッシ関西

大阪府

吹田市

50

建材

100

当社の金属製建具を販売

㈱不二サッシ中四国

広島県

福山市

100

建材

100

当社の金属製建具を販売

㈱不二サッシ九州

福岡県

福岡市

博多区

250

建材

100

当社の金属製建具を販売

奈良不二サッシ㈱

奈良県

奈良市

40

建材

100

当社の金属製建具を販売

 

 

名称

住所

資本金

(百万円)

主要な事業

の内容

議決権の所有割合(%)

関係内容

山口不二サッシ㈱

山口県

山口市

50

建材

100

当社に金属製建具を販売

土地建物を賃借

資金援助有り

不二サッシ

フィリピン,INC.

フィリピン

キャビテ州

325

建材

その他

100

関係会社に金属製建具を

加工、販売

資金援助有り

アジアニッカイ㈱

石川県

金沢市

30

建材

100

(100)

関係会社に金属製建具を

加工、販売

北海道住宅サービス㈱

北海道

札幌市

白石区

48

建材

100

(100)

日本防水工業㈱

(注4)

東京都

練馬区

100

建材

100

(3)

当社と営業情報の相互提供

資金援助有り

日本スプレー工業㈱

(注4)

埼玉県

さいたま市

20

建材

100

(100)

当社と営業情報の相互提供

資金援助有り

その他9社

 

 

 

 

 

(持分法適用関連会社)

 

 

 

 

 

不二太天股分有限公司

台湾省

台北市

百万NT$

30

建材

50

当社の金属製建具を販売

高槻ダイカスト㈱

大阪府

高槻市

80

形材外販

32.2

(32.2)

(その他の関係会社)

 

 

 

 

 

 

文化シヤッター㈱

(注)5

 

東京都

文京区

 

15,051

 

建材

(被所有)

 直接

23.5

 

当社に建材品を販売

 (注)1.「主要な事業の内容」欄には、セグメントの名称を記載しております。

2.不二ライトメタル㈱、関西不二サッシ㈱、不二倉業㈱、㈱不二サッシ東北、㈱不二サッシ九州、不二サッシフィリピン,INC.、不二サッシ(マレーシア)SDN.BHD.は特定子会社であります。

3.不二ライトメタル㈱については、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く。)の連結売上高に占める割合が10%を超えております。

主要な損益情報等

(1)売上高

22,748

百万円

(2)経常損失

623

百万円

(3)当期純損失

518

百万円

(4)純資産額

9,147

百万円

(5)総資産額

22,442

百万円

4.議決権の所有割合の( )内は、間接所有割合で内数であります。

5.文化シヤッター㈱は、有価証券報告書を提出しております。

 

5【従業員の状況】

(1)連結会社の状況

 

2021年3月31日現在

セグメントの名称

従業員数(人)

建材

1,983

形材外販

855

環境

43

運送

66

その他

47

全社(共通)

61

合計

3,055

 (注) 全社(共通)として記載されている従業員数は、特定のセグメントに区分できない管理部門に所属しているものであります。

(2)提出会社の状況

 

 

 

2021年3月31日現在

従業員数(人)

平均年令(才)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(千円)

886

45.2

20.9

5,391

 

セグメントの名称

従業員数(人)

建材

782

形材外販

環境

43

運送

その他

全社(共通)

61

合計

886

 (注)1.従業員数は就業人員であり、出向派遣者(35名)は含めておりません。

2.平均年間給与には、賞与及び基準外賃金を含んでおります。

3.全社(共通)として記載されている従業員数は、管理部門に所属しているものであります。

(3)労働組合の状況

 提出会社及び一部の連結子会社(4社)の労働組合は、不二サッシユニオン(2021年3月31日現在の組合員数は1,444名)として全日本労働組合総連合会・ジェイ・エイ・エムに所属しております。

 また、その他の連結子会社の一部においても労働組合が組織されております。

 なお、労使関係は安定しております。

 

第2【事業の状況】

1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

 文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。

(1)経営方針

 当社グループは、経営理念のもとエンジニアリング企業としてお客様に最適なかたちでの価値の提供に努め、すべてのステークホルダーの皆様から「選ばれる企業」として高い信頼を得るため、持続的成長を目指します。

 

【経 営 理 念】

不二サッシは窓から夢をひろげていきます

私たちはお客様との絆を大切にします

私たちは心をこめた商品を世に出します

私たちは活力あふれる気風づくりに努めます

 

(2)経営環境

 新型コロナウイルスの世界的な拡大の影響による、国内外経済への影響は大きく、景気の先行きは予断を許さない状況が続いております。しかしながら一方で、ワクチン接種など感染拡大防止策が講じられることで景気の持ち直しの動きが続くものと期待されます。

 このような状況の中、当社グループの建材事業においては、新設住宅着工戸数が貸家を中心に減少し、先行きの不透明感は強まり、形材外販事業においては、市場環境の冷え込みにより物量が大幅に減少し、厳しい事業環境が続いております。

(3)経営戦略等

 このような環境下、当社グループが対処する課題は、コア事業である建材事業の安定的な収益確保、形材外販事業の抜本的改革、潜在成長性の高いリニューアル事業および環境事業の基盤強化、売上高1,000億円と利益率アップと認識しております。

 2020年度までの各事業における施策の結果は以下の様になります。

[コア事業]

 建材事業におきましては、市場環境に則した商品設定は順調に進みましたが、商品開発投資の増加により利益率は低下いたしました。また、マンションの大規模改修等のビル改装市場が停滞し、コロナ禍で室内に立ち入るサッシ改修は敬遠される一方、防水や塗装等の外装工事は堅調でした。

 形材外販事業におきましては、市場競争激化により売上・利益率ともに悪化いたしました。そのため、生産体制の見直しや不採算取引の改善等、収益力回復に向けた抜本的な取り組みを開始いたしました。

[注力事業]

 光建材事業については、建材とLED照明を融合したアルビームシステムの商品ラインナップを拡充し、ゼネコンや設計事務所への浸透により受注獲得に寄与しております。

[成長事業]

 海外事業については、海外拠点の新設等によりビル海外事業の営業強化を図りましたが、コロナ禍による渡航制限・物流制限により停滞いたしました。

 

 新型コロナウイルス感染症については、未だ収束の見通しが立っておりませんが、そのような中で2021年度は営業強化や継続的な経費削減、生産性向上を更に推し進めるとともに形材外販事業の抜本的改革により収益確保につなげてまいります。

[次期中期経営計画の策定について]

 2021年度は、2030年に迎える創業100年を見据えた、事業基盤の確立を目指す足場固めの事業年度とし、次期中期経営計画は2022年度を開始年度として策定いたします。

 

 

2【事業等のリスク】

 有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項には、以下のようなものがあります。

 なお、文中の将来に関する事項は、当有価証券報告書提出日現在において当社グループが判断したものであります。

 

(1)経済状況について

 当社グループにおける営業収入の大部分は、日本国内における需要に大きく影響を受けます。このため、当社グループの経営成績は、日本国内の景気動向、建設会社の建設工事受注残高や住宅着工戸数の変動等の影響を受ける可能性があります。

 また、国内景気の悪化により、売掛金、受取手形等の債権が劣化した場合、貸倒引当金の積み増しが必要となるなど、当社グループの経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

 

(2)原材料の市況変動の影響について

 当社グループは、アルミ地金を主たる原材料とする事業(建材事業、形材外販事業)が売上高の大半を占めております。このアルミ地金価格は、市況(為替相場およびロンドン金属取引所(LME)の価格相場)の変動により影響を受けることから、今後も市況が上昇する局面では、原材料費の上昇が押さえきれず、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。

 

(3)市場環境について

 営業活動を展開する上で競業他社との競争は避けられませんが、そのような状況に耐えうるべく製品・サービスの向上に努めております。しかしながら、市場環境が大きく変化した場合、厳しい価格競争にさらされるなど、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。

 

(4)経営成績の季節的変動について

 当社グループは、建材事業、特にビルサッシの売上比率が高く、このビルサッシの売上が季節的に大きく変動することから、営業年度の第2四半期及び第4四半期に売上が集中する傾向があります。

 

(5)特定事業への依存について

 当社グループは、売上・利益ともに建材事業への依存率が高く、この事業の業績に全体の経営成績が大きく影響される傾向があります。建築投資全体が縮小傾向で推移する状況に対して当社グループは、形材外販事業や環境事業等非サッシ事業およびリニューアル事業の拡大を積極的に推進しております。

 

(6)法的規制について

 当社グループは、商品の設計・製造・販売・施工に関連して、多くの法的規制を受けております。「建設業法」に基づき、建材事業は建具工事業、環境事業は機械器具設置工事業の許可を受けて営業を行っており、この他にも水質汚濁防止法、廃棄物の処理及び清掃に関する法律など環境関連法や消費生活用製品安全法など様々な法的規制を受けながら事業を展開しております。今後、これらの規則の改廃や新たな法的規制が設けられる場合には、当社の業績が影響を受ける可能性があります。

 

(7)自然災害及び事故等の発生による影響について

 地震・津波などの自然災害および火災・停電等の事故災害によって、当社グループの生産・販売・物流拠点および設備が破損、機能不全に陥る可能性があります。災害による影響を最小限に抑える対策を講じていますが、災害による被害を被った場合は、当社の業績が影響を受ける可能性があります。

 

(8)環境問題

 当社グループは、産業廃棄物の処理に関する法律及び大気、水質、騒音、振動、土壌汚染等の環境諸法令の適用を受けており、環境基本方針・行動指針に基づき環境マネジメントシステムの下、環境保全活動を行っております。

 しかしながら、今後何らかの環境問題が発生した場合、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

 また、過去の事業活動における環境問題の事実を厳粛に受け止め教訓とし、徹底した社内管理体制を確立し、法令遵守に努めております。

 

(9)新型コロナウイルス感染症の影響について

 2019年暮れから発生した新型コロナウイルス感染症は世界各地で感染の拡大が続いておりますが、ワクチン接種など感染拡大防止策が講じられ、一部では状況の好転も見られます。

 一方、国内においては未だ感染の収束が見通せない状況であり、国内経済の先行きは非常に不透明な状況となっております。

 当社グループにおきましては、お客様および従業員の安全を第一に考えるとともに、政府や自治体の要請をふまえ、従業員の健康管理確認の徹底、テレワークの推進、社内会議、国内遠距離、海外出張の制限等の対応を実施しております。

 また、リモート対応の推進等による業務改革や効率化の推進など様々な施策を講じることで、業績への影響の低減を図っております。

 しかしながら、今後、事態の長期化等により、当社グループの経営成績および財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

 

 

3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

(1) 経営成績等の状況の概要

 当連結会計年度における当社グループ(当社、連結子会社及び持分法適用会社)の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下、「経営成績等」という。)の状況の概要は次のとおりであります。

①財政状態及び経営成績の状況

 当連結会計年度におけるわが国経済は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により厳しい環境が続き、依然として先行き不透明な状況となっております。しかしながら、年度後半より、一部持ち直しの動きが見られております。

 このような状況の中、当社グループは2017年度にスタートさせました中期経営計画「創造」の4年目におきましても各施策を推進してまいりました。しかしながら、建材事業においては、新設住宅着工戸数が貸家を中心に減少し、先行きの不透明感は強まり、形材外販事業においては、市場環境の冷え込みにより物量が大幅に減少し、厳しい事業環境が続いております。

 この結果、当連結会計年度の財政状態及び経営成績は以下のとおりとなりました。

a.財政状態

 当連結会計年度末の資産合計は、前連結会計年度に比べ4億5千3百万円減少し、917億2百万円となりました。

 当連結会計年度末の負債合計は、前連結会計年度に比べ14億4千9百万円減少し、704億9百万円となりました。

 当連結会計年度末の純資産合計は、前連結会計年度に比べ9億9千6百万円増加し、212億9千3百万円となりました。

b.経営成績

 当連結会計年度の業績は売上高923億9千6百万円(前年同期比9.2%減)、営業利益5億3千4百万円(前年同期比6千2百万円減)、経常利益8億9千8百万円(前年同期比1億6千1百万円増)、親会社株主に帰属する当期純利益5億7千2百万円(前年同期比1億4千万円増)となりました。

 

セグメント毎の経営成績は次のとおりであります。

〔建材〕

 建材事業においては、新型コロナウイルス感染症拡大による市場悪化を受け、売上高は685億9百万円(前年同期比9.0%減)と減収になりましたが、ビルサッシ事業の利益率改善により、セグメント利益19億6千9百万円(前年同期比3億9千7百万円増)と増益になりました。

 

〔形材外販〕

 形材外販事業においては、新型コロナウイルス感染症拡大による市場環境の冷え込みや競争激化などの影響から、売上高は184億9千1百万円(前年同期比12.0%減)、セグメント損失7億4千1百万円(前年同期はセグメント利益2千5百万円)と減収減益になりました。

 

〔環境〕

 環境事業においては、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けましたが、営業力の強化により、売上高は32億1千4百万円(前年同期比2.2%増)、セグメント利益2億5千1百万円(前年同期比8千9百万円増)と増収増益となりました。

 

〔運送〕

 運送事業においては、サッシ及び形材販売の出荷量減等の影響を受け、売上高18億1千3百万円(前年同期比2.7%減)と減収になりましたが、倉庫事業の強化により、セグメント利益3億3千7百万円(前年同期比3千4百万円増)と増益になりました。

 

〔その他〕

 その他事業には、不動産業等がありますが、売上高は3億6千7百万円(前年同期比19.2%減)と減収になりましたが、セグメント利益は1億5千4百万円(前年同期比9千3百万円増)と増益になりました。

 

②キャッシュ・フローの状況

 当連結会計年度における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)の残高は、前連結会計年度末に比べ22億2千9百万円増加し、当連結会計年度末には158億8千6百万円となりました。

 

 当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。

(営業活動によるキャッシュ・フロー)

 営業活動の結果得られた資金は、34億8千7百万円(前年同期は48億3千万円の獲得)となりました。これは主に売上債権の減少によるものであります。

(投資活動によるキャッシュ・フロー)

 投資活動の結果使用した資金は、23億5千1百万円(前年同期は25億9百万円の使用)となりました。これは主に有形固定資産の取得による支出によるものであります。

(財務活動によるキャッシュ・フロー)

 財務活動の結果得られた資金は、10億8千6百万円(前年同期は17億6千9百万円の使用)となりました。これは主に短期借入金の純増加額によるものであります。

③生産、受注及び販売の実績

a.生産実績

 当連結会計年度の生産実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。

セグメントの名称

当連結会計年度

(自 2020年4月1日

至 2021年3月31日)

前年同期比(%)

建材(百万円)

64,779

87.3

形材外販(百万円)

18,491

88.1

環境(百万円)

3,197

102.7

運送(百万円)

報告セグメント計(百万円)

86,468

88.0

その他(百万円)

1,268

96.2

合計(百万円)

87,736

88.1

 (注) 上記の金額は、販売価格により表示しております。なお、消費税等は含まれておりません。

b.受注実績

 当連結会計年度の受注実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。

セグメントの名称

当連結会計年度

(自 2020年4月1日

至 2021年3月31日)

受注高

(百万円)

前年同期比(%)

受注残高

(百万円)

前年同期比(%)

建材

53,980

100.2

53,698

99.0

 (注) 上記の金額は、販売価格により表示しております。なお、消費税等は含まれておりません。

c.販売実績

 当連結会計年度における販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。

セグメントの名称

当連結会計年度

(自 2020年4月1日

至 2021年3月31日)

前年同期比(%)

建材(百万円)

68,509

91.0

形材外販(百万円)

18,491

88.0

環境(百万円)

3,214

102.2

運送(百万円)

1,813

97.3

報告セグメント計(百万円)

92,029

90.8

その他(百万円)

367

80.8

合計(百万円)

92,396

90.8

 (注) 上記の金額は、販売価格により表示しております。なお、消費税等は含まれておりません。

 

(2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

 経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりであります。

 なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものであります。

 

①重要な会計方針及び見積り

 当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成されております。この連結財務諸表の作成に当たりまして、決算日における資産・負債の数値、各連結会計年度における収入・費用の数値に影響をおよぼす見積り計上を行っております。主に繰延税金資産、貸倒引当金、工事損失引当金、退職給付に係る負債、資産除去債務等に対しまして過去の実績等を勘案し合理的に判断しておりますが、これらの見積りについては、実際の結果と異なる場合があります。

②当連結会計年度の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

 当社グループは、2017年度にスタートさせました中期経営計画「創造」の4年目におきましても各施策を推進してまいりましたが、新型コロナウイルス感染症拡大による影響が大きく、主力とするビルサッシを中心とした建材事業分野における新設住宅着工戸数の減少や、形材外販事業における市場環境の冷え込みによる物量の大幅減少など、厳しい事業環境が続いております。

(売上高)

 売上高は主に新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、923億9千6百万円(前年同期比9.2%減)と減収になりました。建材事業については、住宅建材事業の市場悪化と新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受け、また、マンションの大規模改修等のビル改装市場が停滞し、全体で減収となりました。また、形材外販事業については新型コロナウイルス感染症拡大の影響ならびに競争激化による受注の大幅な減少により、減収となりました。

(営業利益)

 営業利益は主に建材事業における利益率の改善、経費削減等に尽力いたしましたが、売上・物量減少による減益要因を上回ることができず、5億3千4百万円(前年同期比6千2百万円減)と減益になりました。

 なお、セグメント別の売上高及び営業利益につきましては、「(1)経営成績等の状況の概要 ①財政状態及び経営成績の状況」に記載のとおりであります。

(親会社株主に帰属する当期純利益)

 営業外損益においては、雇用調整助成金などの補助金収入が増加したことに加え、特別損益において、保険事業にかかる営業権の譲渡契約の締結により特別利益(事業譲渡益)2億9千1百万円を計上したこと等により、税金等調整前当期純利益は10億4千8百万円(前年同期比3億9千6百万円増)と増益になり、親会社株主に帰属する当期純利益につきましても、税金費用が増加いたしましたが、5億7千2百万円(前年同期比1億4千万円増)と増益になりました。

(資産)

 当連結会計年度末における流動資産は529億7千4百万円となり、前連結会計年度末に比べ7億8百万円減少いたしました。これは主に現金及び預金が22億5千8百万円、電子記録債権が9億2千2百万円増加し、受取手形及び売掛金が26億7百万円、仕掛品が12億1千8百万円減少したことによるものであります。固定資産は387億2千8百万円となり、前連結会計年度末に比べ2億5千5百万円増加いたしました。これは主に投資有価証券が6億2千4百万円、投資その他の資産のその他が1億4千5百万円増加し、繰延税金資産が2億7千1百万円、有形固定資産が2億2千万円減少したことによるものであります。この結果、総資産は917億2百万円となり、前連結会計年度末に比べ4億5千3百万円減少いたしました。

(負債)

 当連結会計年度末における流動負債は470億3千6百万円となり、前連結会計年度末に比べ20億1千2百万円増加いたしました。これは主に短期借入金が27億6千6百万円、1年内償還予定の社債が24億9千5百万円増加し、支払手形及び買掛金が21億8千3百万円、前受金が6億円、その他が3億1千3百万円減少したことによるものであります。固定負債は233億7千3百万円となり、前連結会計年度末に比べ34億6千1百万円減少いたしました。これは主に退職給付に係る負債が3億2千4百万円増加し、社債が27億1千万円、長期借入金が9億2千5百万円減少したことによるものであります。この結果、負債合計は704億9百万円となり、前連結会計年度末に比べ14億4千9百万円減少いたしました。

(純資産)

 当連結会計年度末における純資産合計は212億9千3百万円となり、前連結会計年度末に比べ9億9千6百万円増加いたしました。これは主に利益剰余金が3億8千3百万円、その他有価証券評価差額金が4億3千5百万円増加したことによるものであります。この結果、自己資本比率は23.1%(前連結会計年度末は21.9%)となりました。

(キャッシュ・フローの状況の分析・資本内容並びに資本の財源および資金の流動性に係る情報)

 財務戦略の基本的な考え方

 当社グループは、強固な財務基盤の構築を目指しながら、企業価値向上を図るため、収益や成長ができる事業へ資源を集中する戦略(事業ポートフォリオ戦略)を推進し、グループの経営資源の最適配分することを財務戦略の基本としております。

 強固な財務基盤の構築につきましては、2020年度を最終年度とする中期経営計画「創造」における自己資本

比率の目標値を22.5%に設定しておりましたが、目標値を上回り、当連結会計年度末の自己資本比率は23.1%となりました。

 経営資源の配分に関する考え方

 当社グループは、企業価値向上に資する経営資源の配分に努めます。

手元現預金および多様な資金調達の活用により、成長のための投資、株主還元の充実を図ってまいります。

 資金需要の主な内容

 当社グループの資金需要の主なものは、製品製造のための原材料、部品の購入、外注加工費、人件費等の営業活動資金と、持続的な成長のために商品競争力を高める研究開発投資や、生産性向上を図る設備投資を実施する投資活動資金となっております。

 資金調達

 当社グループの事業活動の維持および拡大に必要な資金を安定的に確保するため、内部資金および外部資金を調達し有効に活用しております。設備投資は営業キャッシュフローの範囲内とすることを基本としておりますが、多様な資金調達手段を活用し、金融機関からの借入やリースによる固定資産購入等を行っております。

 

(重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定)

 当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成されております。この連結財務諸表の作成にあたりまして、資産・負債及び収益・費用の測定並びに開示に与える影響のうち、将来事象の結果に依存するため確定できない金額については見積りを必要とします。これらの見積りについては、過去の実績や適切な仮定に基づいて合理的な判断を行っておりますが、見積り特有の不確実性があるため、実際の結果と異なる可能性があります。

 繰延税金資産の回収可能性や減損損失の認識の判定等にあたっては、連結財務諸表作成時点で入手可能な情報に基づき、今後の新型コロナウイルス感染症による企業活動の制限等、不確実性の高い要素を反映させ、会計上の見積りを行っております。

 しかし、当該影響は不確定要素が多く、上記仮定に変化が生じた場合には、翌連結会計年度以降の当社グループの財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に影響を及ぼす可能性があります。

 

(経営方針、経営戦略、経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等)

 当社グループは、売上高および営業利益ならびに自己資本比率を重要な経営指標として位置づけております。

 中期経営計画「創造」の最終年度であります2020年度の当連結会計年度においては、新型コロナウイルス感染症拡大の影響による市場悪化、競争激化などから、売上は923億9千6百万円(前年同期比9.2%減)、営業利益は5億3千4百万円(前年同期比6千2百万円減)と前連結会計年度に比べ減収減益となりました。

 また自己資本比率につきましては、10期連続の黒字決算を重ねることで、継続的に良化しており、当連結会計年度末で23.1%となりました。

 2021年度は、2030年に迎える創業100年を見据えた、事業基盤の確立を目指す足場固めの事業年度とし、次期中期経営計画は2022年度を開始事業年度として策定いたします。

 

4【経営上の重要な契約等】

 該当事項はありません。

 

5【研究開発活動】

 当社グループは、一般サッシからカーテンウォールまで総合外装メーカーとして一貫した商品開発を行っております。多様化する顧客ニーズへの対応と安全・安心社会実現に向けた開発をテーマに掲げ、さらには、環境負荷低減、高耐久化技術を取り入れた新商品開発に注力しております。
 当社の研究開発は、技術本部管轄の商品開発部、技術管理部、性能研究部、研究開発部により推進しており、研究開発スタッフは、全体で79名にのぼり、これは全従業員数の約2.6%に当たっております。
 また、次世代素材分野開拓に向け、連結子会社の不二ライトメタル㈱の開発・技術本部が研究開発に注力しております。

 当連結会計年度におけるグループ全体の研究開発費の総額は、1,505百万円となっております。

 

[建材]

 2020年9月に就任した菅内閣総理大臣が所信表明演説において、2050年までにCO2排出を実質ゼロ(カーボンニュートラル)宣言をした上、2021年4月には2013年度を基準とし、2030年26%削減から46%削減へ、大きな上積みを表明しました。この目標に対してはさらなる排出量の削減のみでは困難であり、エネルギー源については再生可能エネルギーの大幅な普及促進、水素やアンモニウムガスによる火力発電に関する技術開発などエネルギーミックスに関連する法整備などを含めた変革が求められております。

 また、2021年4月1日に改正建築物省エネ法が施行されて、中規模(300㎡)以上の事務所ビルや商業ビルの新築工事に対しては、現行の省エネ基準が義務化されております。国土交通省では省エネ基準の適用対象を拡大するため、法規制を視野に入れた検討会を設置しており、省エネルギー住宅について従来から指摘されている①外壁の高断熱化、②高遮熱性開口部、③高効率の空調などの新たな基準や既存ストック対策、再生可能エネルギーや非利用エネルギーの利用拡大などの検討に着手しております。

 なお住宅・建築物における省エネ対策の強化として高断熱建材の普及に向けた取組みである「建材トップランナー制度」、「窓の断熱表示制度」に加えて新築建築物や住宅の省エネ改修を対象とする支援事業などの施策が進められております。

 中期経営計画「創造」の核となる次代商品体系構築では、高断熱・高遮音・防火性・安全性等の付加価値を高めた商品体系を構築いたしました。高層ビル用カーテンウォールについては安全性を高めた材料の高強度化に対応しております。樹脂や木質より有利な金属の利点を生かし、形材間に樹脂をカシメた、断熱性能設計に自由度を持たすことができる断熱カシメ構造を採用しております。サッシやドアにはアルミと樹脂を複合した構造の「FNS-Ⅱ100R」の市場投入を完了し高い評価を頂くと共に、CO2排出量の削減と建物の省エネルギー化に貢献しております。
 また、2019年6月より個別認定の防火設備の出荷が開始され、市場からは個別認定の品揃え拡充が求められる中、個別認定を必要とする開口部の室内側に防火ロールスクリーンを設置することで開口部に防火設備を必要としない「インナー防火スクリーン」の開発を終えました。既存の商品を活用できることから設計の自由度が広がることにより、様々な建築デザインに対応できる商品として今後の展開を見込んでおります。

 住宅建材におきましては、2017年度より出荷を開始した次世代用高断熱サッシをモデルチェンジし、さらに断熱性を高めると共に、Hiサッシ(H2700)タイプも展開し、対応範囲の拡大を行いました。

 光建材事業におきましては、外装建材に内蔵したフルカラーLEDモジュールを制御し、建物の窓や壁面などに色や映像の演出が可能な「アルビーム ムーブ」が2020年度グッドデザイン賞を受賞しました。設計施工を省略化し建物にデジタル表現を取り入れやすくすることで、街の夜景観の向上・建物への付加価値の創造が可能になっております。

 特需事業におきましては、ユニットハウスを利用したスモーキングボックス及びオフグリッドハウスを開発し、レンタル事業者様に出荷を開始しております。

 建材事業に係る研究開発費は1,339百万円であります。

 

[形材外販]

 連結子会社の不二ライトメタル㈱において、2002年より研究開発をスタートしました次世代耐熱マグネシウム合金(KUMADAI 耐熱マグネシウム合金)はRIMCOF技術研究組合にて協同開発に成功しました航空機用マグネシウム合金を自動車等輸送機器への適用に向け邁進しております。

 難燃性マグネシウム合金は、高速鉄道の車両用素材開発を「革新的新構造材料等技術開発」にて進め、高速鉄道車両試験用構体による「鉄道車両構体における構造安全性確認試験(気密疲労試験)」が実施されました。

 医療デバイスの基材として期待されます生体吸収性マグネシウム合金は、素材作製から加工までの自社内一貫製造・供給(溶解・鋳造→押出→引抜)設備にて素材の製作を行い、研究機関および医療機器開発メーカーと共に医療デバイスの実用化推進を行ってまいります。

 形材外販事業に係る研究開発費は165百万円であります。

 

 当社グループの研究開発活動の責任部署である技術本部は、「ISO9001品質マネジメントシステム」での設計品質の管理、ならびに公的試験機関と同等の国際的にも認められる「ISO17025」を取得した試験所での性能証明と、高品質商品を提供しております。さらに、文化シヤッター㈱との共同開発で、防災・減災商品や、断熱性と防火性を両立させる環境配慮対応商品に加え、日射遮蔽、通風対応での熱負荷低減対応等サッシとシャッターの相互の専門分野を活用した商品など、開口部への新しい価値の提供を目指し研究を進めております。今後もさらに一層の品質向上を目指し、お客様にご満足のいただける商品を提供するとともに、環境に配慮した商品の研究開発に努めてまいります。

 

 

第3【設備の状況】

1【設備投資等の概要】

 当社グループでは、生産部門の設備更新等により、2,224百万円(国庫補助金等による圧縮記帳額1千1百万円控除後)の設備投資を実施いたしました。

 建材事業は、主に当社において加工設備の設備更新を中心に1,421百万円、形材外販事業は、主に不二ライトメタル㈱において押出設備を中心に756百万円(国庫補助金等による圧縮記帳額1千万円控除後)の設備投資を実施いたしました。

 

2【主要な設備の状況】

 当社グループにおける主要な設備は、次のとおりであります。

(1)提出会社

事業所名

(所在地)

セグメント

の名称

設備の内容

帳簿価額

従業

員数

(人)

建物及び

構築物

(百万円)

機械装置及び運搬具

(百万円)

土地

(百万円)

(面積㎡)

リース資産

(百万円)

その他

(百万円)

合計

(百万円)

本社等

(神奈川県

 川崎市幸区)

建材

その他

研究開発設備

会社統括業務

販売設備

584

147

646

(35,616)

88

190

1,657

306

千葉工場

(千葉県市原市)

建材

生産設備

物流設備

研究開発設備

会社統括業務

販売設備

3,636

646

6,958

(275,724)

758

158

12,159

154

大阪工場

(大阪府高槻市)

建材

生産設備

873

550

1,310

(49,483)

289

28

3,052

10

東京支店他6支店

及び営業所

建材

販売設備

会社統括業務

15

5

0

21

416

 (注)1.大阪工場の生産設備は、国内子会社の関西不二サッシ㈱に賃貸しており、関西不二サッシ㈱の従業員は138名であります。

2.千葉工場及び大阪工場のリース資産の主な内容は、太陽光発電設備であります。

3.帳簿価額のうち「その他」は、工具、器具及び備品及び建設仮勘定であります。

なお、金額には消費税等を含めておりません。

 

(2)国内子会社

会社名

事業所名

(所在地)

セグメントの名称

設備の内容

帳簿価額

従業

員数

(人)

建物及び構築物

(百万円)

機械装置及び運搬具

(百万円)

土地

(百万円)

(面積㎡)

リース資産

(百万円)

その他

(百万円)

合計

(百万円)

不二ライトメタル㈱

本社

(熊本県玉名郡

長洲町)

建材

形材外販

生産設備

研究開発設備

会社統括業務

1,802

3,679

1,918

(228,661)

510

7,911

798

日海不二サッシ㈱

本社

(石川県金沢市)

建材

生産設備

会社統括業務

165

105

1,592

(23,795)

8

7

1,878

180

不二倉業㈱

本社

(東京都品川区)

運送

その他

会社統括業務

92

9

502

(16,851)

102

707

70

 (注) 帳簿価額のうち「その他」は、工具、器具及び備品及び建設仮勘定であります。

なお、金額には消費税等を含めておりません。

 

3【設備の新設、除却等の計画】

 当社グループの設備投資については、景気予測、業界動向、投資効率等を総合的に勘案して策定しております。設備計画は原則的に連結会社各社が個別に策定しておりますが、グループ全体で重複投資とならないよう、提出会社を中心に調整を図っております。

 なお、当連結会計年度末現在における重要な設備の新設、改修等の計画は次のとおりであります。

  (1)重要な設備の新設等

会社名

事業所名

所在地

セグメント

の名称

設備の内容

投資予定金額

資金調達

方法

着手及び完了予定

完成後の

増加能力

総額

(百万円)

既支払額

(百万円)

着手

完了

不二サッシ㈱

千葉工場他

千葉県市原市

建材

生産設備

1,649

90

自己資金及び

借入金

2021年3月

2022年3月

不二ライトメタル㈱西日本事業部他

熊本県玉名郡

長洲町

形材外販

1,699

3

2021年3月

2022年3月

 (注) 金額には消費税等を含んでおりません。

 

  (2)重要な設備の除却等

該当事項はありません。

 

第4【提出会社の状況】

1【株式等の状況】

(1)【株式の総数等】

①【株式の総数】

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

157,000,000

157,000,000

 

②【発行済株式】

種類

事業年度末現在発行数

(株)

(2021年3月31日)

提出日現在発行数

(株)

(2021年6月29日)

上場金融商品取引所名

又は登録認可金融商品

取引業協会名

内容

普通株式

126,267,824

126,267,824

東京証券取引所

市場第二部

単元株式数100株

126,267,824

126,267,824

 

(2)【新株予約権等の状況】

①【ストックオプション制度の内容】

該当事項はありません。

 

②【ライツプランの内容】

該当事項はありません。

 

③【その他の新株予約権等の状況】

該当事項はありません。

 

(3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

 該当事項はありません。

 

(4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

年月日

発行済株式

総数増減数

(千株)

発行済株式

総数残高

(千株)

資本金増減額(百万円)

資本金残高(百万円)

資本準備金

増減額

(百万円)

資本準備金

残高

(百万円)

2015年4月1日~

2016年3月31日
(注)

△1,500

126,267

1,709

791

 (注)第2種優先株式(行使価額修正条項付新株予約権付社債券等)1,500,000株は、2015年7月15日において当社定款に定める取得条項に基づき取得し、2015年7月27日をもって第2種優先株式の全部を消却しました。

 

(5)【所有者別状況】

 

 

 

 

 

 

 

2021年3月31日現在

区分

株式の状況(1単元の株式数100株)

単元未満

株式の状況

(株)

政府及び地方公共団体

金融機関

金融商品

取引業者

その他の

法人

外国法人等

個人その他

個人以外

個人

株主数(人)

13

41

255

53

45

17,843

18,250

所有株式数

(単元)

55,480

56,935

429,757

43,197

2,510

672,914

1,260,793

188,524

所有株式数の割合(%)

4.40

4.52

34.09

3.43

0.19

53.37

100.0

 (注)1.自己株式78,389株(1981年10月1日に吸収合併した不二サツシ販売株式会社名義900株含む。)は「個人その他」に783単元及び「単元未満株式の状況」に89株含めて記載しております。

なお、自己株式78,389株は株主名簿記載上の株式数であり、2021年3月31日現在の実保有残高は77,789株であります。

2.「その他の法人」及び「単元未満株式の状況」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が、それぞれ43単元及び70株含まれております。

 

 

(6)【大株主の状況】

 

 

2021年3月31日現在

氏名又は名称

住所

所有株式数

(千株)

発行済株式(自己株式を除く。)の総数に対する所有株式数の割合(%)

文化シヤッター株式会社

東京都文京区西片1-17-3

29,626

23.48

大栄不動産株式会社

東京都中央区日本橋室町1-1-8

5,349

4.24

蛇の目ミシン工業株式会社

東京都八王子市狭間町1463

2,100

1.66

株式会社りそな銀行

大阪府大阪市中央区備後町2-2-1

1,857

1.47

不二サッシ社員持株会

神奈川県川崎市幸区鹿島田1-1-2

1,821

1.44

大日メタックス株式会社

福井県福井市森行町2-5

1,530

1.21

三井物産株式会社

東京都千代田区大手町1-2-1

1,474

1.17

株式会社埼玉りそな銀行

埼玉県さいたま市浦和区常盤7-4-1

1,438

1.14

三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社

東京都千代田区大手町1-9-2

1,408

1.12

日本証券金融株式会社

東京都中央区日本橋茅場町1-2-10

1,209

0.96

 

47,815

37.89

 

(7)【議決権の状況】

①【発行済株式】

 

 

 

 

2021年3月31日現在

区分

株式数(株)

議決権の数(個)

内容

無議決権株式

 

議決権制限株式(自己株式等)

 

議決権制限株式(その他)

 

完全議決権株式(自己株式等)

普通株式

77,700

完全議決権株式(その他)

普通株式

126,001,600

1,260,016

単元未満株式

普通株式

188,524

発行済株式総数

 

126,267,824

総株主の議決権

 

1,260,016

 (注)  「完全議決権株式(その他)」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が4,300株含まれております。また、「議決権の数」欄には、同機構名義の完全議決権株式に係る議決権の数43個が含まれております。

 

②【自己株式等】

 

 

 

 

2021年3月31日現在

所有者の氏名又は名称

所有者の住所

自己名義所有

株式数(株)

他人名義所有

株式数(株)

所有株式数の

合計(株)

発行済株式総数に対する所有株式数の割合(%)

不二サッシ株式会社

神奈川県川崎市幸区鹿島田一丁目1番2号(新川崎三井ビルディング)

77,700

77,700

0.06

77,700

77,700

0.06

 (注)1.上記のほか株主名簿上は当社名義となっておりますが、実質的に所有していない株式が1,500株あります。(1981年10月1日に吸収合併した不二サツシ販売株式会社名義900株を含む。)。なお、当該株式は上記「① 発行済株式」の「完全議決権株式(その他)」に1,500株含まれております。

2.上記のほか株主名簿上は関係会社名義となっておりますが、実質的に所有していない株式が100株あります。なお、当該株式は上記「① 発行済株式」の「完全議決権株式(その他)」に100株含まれております。

 

2【自己株式の取得等の状況】

【株式の種類等】

 会社法第155条第7号に該当する普通株式の取得

(1)【株主総会決議による取得の状況】

 該当事項はありません。

(2)【取締役会決議による取得の状況】

 該当事項はありません。

(3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

普通株式

区分

株式数(株)

価額の総額(円)

当事業年度における取得自己株式

1,611

130,904

当期間における取得自己株式

229

18,247

(注) 当期間における取得自己株式には、2021年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りによる株式数は含まれておりません。

 

(4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

① 普通株式

区分

当事業年度

当期間

株式数(株)

処分価額の総額

(円)

株式数(株)

処分価額の総額

(円)

引き受ける者の募集を行った取得自己株式

消却の処分を行った取得自己株式

合併、株式交換、株式交付、会社分割に係る移転を行った取得自己株式

その他(-)

保有自己株式数

77,789

78,018

(注) 当期間における保有自己株式数には、2021年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りによる株式数は含まれておりません。

 

3【配当政策】

 当社は、適正な利益を確保することにより、株主の皆様への安定的な利益還元と将来の事業展開に備えるための内部留保の充実に努めることを利益配分の基本方針としており、株主の皆様への安定的な利益還元ができることを経営の最重要課題の一つと認識しております。

 当社における剰余金の配当の決定機関は期末配当については株主総会であり、また、取締役会の決議により、毎年9月30日を基準日として、中間配当を行うことができる旨を定款に定めております。

 当事業年度の期末配当金につきましては、新型コロナウイルスの感染拡大により、先行きが見通せない極めて厳しい状況であることから、誠に遺憾ではございますが、1株あたり50銭減配し、1株につき1円の期末配当を実施いたします。

 なお、内部留保資金につきましては、財務体質の一層の強化ならびに今後予想される経営環境の変化に対処すべく、競争力強化のための基幹設備の更新や研究開発費、人材育成の費用等に有効投資してまいりたいと考えております。

 今後とも安定的な利益還元を維持すべく、引き続き業績の向上を図り、企業価値の向上に努めてまいります。

 なお、当事業年度に係る剰余金の配当は、以下のとおりであります。

決議年月日

配当金の総額(百万円)

1株当たり配当額(円)

2021年6月29日

126

1.0

定時株主総会決議

 

4【コーポレート・ガバナンスの状況等】

(1)【コーポレート・ガバナンスの概要】

① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

当社のコーポレートガバナンスに関する基本的な考え方は、当社グループ全体の企業価値の向上と強固な経営基盤の構築を通じて、お客様に信頼され、社会に貢献し続けるという経営基本方針を実現するため、責任ある経営体制の確立と経営の透明性向上並びに経営に対する監視・監督機能の強化に努めることで、ガバナンスの強化を図っております。

a.当社は、株主の権利を尊重し、株主が権利を適切に行使することができる環境の整備と株主の実質的な平等性の確保に取り組んでまいります。

b.当社は、企業の社会的責任を十分に認識し、株主、顧客、社員、事業パートナー及び地域社会をはじめとしたさまざまなステークホルダーとの良好な関係を構築し、高い自己規律に基づき健全に業務を運営する企業文化・風土を醸成してまいります。

c.当社は、ステークホルダーとの建設的な対話を行う基盤を構築するために、会社情報の適切な開示と、企業経営の透明性の確保に努めてまいります。

d.当社は、グループの統括管理機能を担う事業会社として、取締役会による業務執行の監督機能の実効性確保に努めてまいります。

e.当社は、持続的な成長と中長期的な企業価値の向上に資するよう、ステークホルダーとの間で建設的な対話を行います。

 

当社は、当社グループのすべての役職員が、日々の業務を遂行していくうえで規範とすべき共通の価値観・倫理観を5項目の「不二サッシ・コンプライアンス行動規範」に定めるとともに、実践すべき具体的な行動を、「不二サッシ・コンプライアンス行動基準」として26項目に定めております。これらの行動規範や行動基準を役職員に広く理解・浸透させるため、当社では、コンプライアンスの教育活動や啓蒙活動を当社グループの役職員に対して定期的に実施しております。

 

② 企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由

a.企業統治の体制の概要

・取締役会

当社の取締役会は、代表取締役社長 吉田勉が議長を務め、その他のメンバーは取締役 岡野直樹、取締役 植田高志、取締役 江崎裕之、取締役 新野伸宏、取締役 石井浩、社外取締役 緒方右武、社外取締役 鈴江孝裕の取締役7名(うち社外取締役2名)で構成されており、毎月の定例取締役会のほか、必要に応じて臨時取締役会を開催しております。取締役会は、法令・定款に定められた事項のほか、取締役会規程に基づき重要事項を決議し、各取締役の業務執行の状況を監督しております。

また、取締役会には、すべての監査役が出席し、取締役の業務執行の状況を監視できる体制となっております。

 

・監査役会

当社は監査役会制度を採用しております。監査役 菅原伸幸(議長)、社外監査役 妹尾佳明、社外監査役 佐藤広司の常勤監査役1名及び非常勤監査役2名で構成されており、うち2名が社外監査役であります。監査役会は、毎月の定例監査役会のほか、必要に応じて臨時監査役会を開催しております。常勤監査役は、取締役会のほか、部門長会議等の重要な会議に出席し、必要に応じて意見陳述を行う等、常に取締役の業務執行を監視できる体制となっております。

また、監査部及び会計監査人と随時情報交換や意見交換を行う等連携を密にし、監査機能の向上を図っております。

 

b.当該企業統治の体制を採用する理由

当社は、監査役制度を採用しており、監査役設置会社として監査役が取締役の職務執行に対する監査を行っています。また、執行役員制度を導入し、取締役会から委譲された権限の範囲内で、当社業務の重要な執行方針については、執行役員全員(在外勤務者を除く。)と一部の部門長で構成される経営審議・業務執行会議(以下、「経営会議」という。)にて審議・決定することにし、取締役会は経営の意思決定と執行役員の業務執行状況に対する監督機能に重点を置いています。また、取締役8名のうち2名を社外から招聘しており、他の取締役から独立した立場で、当社の経営判断・意思決定の過程において、専門分野を含めた幅広い経験・見識に基づいた助言をいただけるものと考えております。なお、取締役会は原則として月1回以上開催し、実質的な議論が十分できるよう、議題に関する資料を事前に出席者全員に周知する体制を取るなどの運営を行っています。

監査役は、3名のうち2名が社外監査役として選任されており、監査役の全員が取締役会のほか、重要な意思決定の過程および業務の執行状況を把握するため、経営会議にも出席し、独立した立場から経営に対する指摘・助言を行い、経営上並びに業務執行上の重要事項の意思決定プロセスの適法性および妥当性を監査していることから、監査役制度において当社のコーポレート・ガバナンスは十分に機能しているものと考えております。

 

会社の機関・内部統制の関係図

0104010_001.png

③ その他の企業統治に関する事項

a.内部統制システムの整備の状況

 当社の内部統制システムの整備については、効率的で適法な企業体制を作ることを目的とし、取締役会で決議した「内部統制システムの整備に関する基本方針」に則り、各担当部門の下で、可及的速やかに実行すべきものとし、かつ不断の見直しによってその改善を図るものとしております。

 また、当社は、別に定めた「財務報告に係る内部統制の基本方針」に基づき、適正な財務報告および連結ベースの財務報告を作成するための体制を構築・整備しています。また、財務報告に係る内部統制で求められている「ITへの対応」に関しては、「財務報告に係るIT統制活動の基本方針」に基づき、適切な体制を構築・整備しています。

・内部統制システムの整備状況

・2000年6月より、経営の意思決定・監督機能と業務執行機能を分離し、業務執行の迅速化と業務執行責任の明確化を図るため、執行役員制度を導入しました。

・2002年6月より、業務執行の強化策として、取締役社長以外の取締役の役付と取締役への業務委嘱をなくし、業務委嘱は執行役員に対して行うことにしました。

・2005年6月に「報酬委員会」を設置し、各期の業績・成果に見合った、個別役員報酬の決定を行う制度を導入しております。

・2006年5月に「取締役の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制その他株式会社の業務並びに当該株式会社及びその子会社から成る企業集団の業務の適正を確保するために必要な体制(内部統制システム)」の構築について、その基本方針を定め、企業価値の向上に向け、内部統制の有効性を確保するための最適な運用及び整備に努めております。

・2007年3月に「財務報告に係る内部統制の基本方針」を定め、適正な財務報告および連結ベースの財務報告書の信頼性確保に向けた体制整備に取り組んでおります。

・2009年3月に財務報告に関する内部統制の強化を図るため、監査部に内部統制室を新設しました。

・2009年11月に海外子会社の管理を強化するため海外事業部を新設し、また、2010年11月に国内子会社を管理する関連事業部を総合企画部関連事業部とし、「関連会社管理規程」に基づき、子会社の管理業務を行うとともに、指導・育成のための適切な助言を行い、グループの経営管理強化に努めています。

・2015年11月に役員人事・役員報酬決定の透明性を確保するため、従来の「報酬委員会」を改組し、新たに「役員人事・報酬協議会」を設置し、従来の取締役兼専務執行役員以上の者に加え、社外取締役をメンバーとしております。

役員人事は、取締役・執行役員・監査役候補者の指名基準に基づき、「役員人事・報酬協議会」において原案を策定し、取締役会にて決定しております。

 

b.リスク管理体制の整備の状況

 当社のリスク管理体制は、決裁規程などの社内規程・マニュアル等に基づき業務執行ルールを明確にするとともに、経理面においては、各部門長による自立的な管理を基本としつつ、経営管理部経理部が財務リスク並びに計数的な管理を行い、また、他の部門から独立した組織である監査部において、不二サッシグループの業務監査を厳正に実施し、経営管理部コーポレートガバナンス部コンプライアンス統括室において、企業活動における法令遵守と倫理に基づく行動の徹底と実践の啓蒙を行っております。更に、公害防止・環境保全等環境問題に関するリスクに対しては環境安全部が統括管理を行い、品質管理・品質保証に関するリスクに対しては、品質保証部が体制の整備を行っております。これらリスク管理体制の整備状況は次のとおりであります。

・1999年2月より、不二サッシグループを取り巻く重大なリスクが発生した場合、迅速で正確な事実把握と会社としての的確な対応を速やかに決定するため、「緊急対策検討委員会」を設置し、会社の危機管理体制の徹底を図っております。

・2003年4月より、法令遵守および企業倫理意識を高め遵法体制を築くため、コンプライアンス統括室を設置するとともに、「不二サッシ・コンプライアンス行動規範」を制定し、不二サッシグループの役職員一人ひとりが、日々の業務を遂行していく上で誠実かつ適切な行動をするための共通の価値観・倫理観である基本方針を定めております。

・2005年4月より、情報等の管理並びに個人番号及び特定個人情報については、「情報セキュリティ・ポリシー」及び「個人情報の取扱いについて(プライバシー・ポリシー)」において基本方針を定めております。

・当社は、環境基本方針・行動指針に基づき、「環境マネジメントシステム」を導入し、環境保全活動を進めるとともに、「中央環境管理委員会」および「事業所環境管理委員会」において、環境施策の検討や情報交換を行っております。

・2006年4月より、内部通報制度を導入し「不二サッシ企業倫理ホットライン」(社外の相談・通報窓口)を開設しております。

・従来の建材に関する品質管理・保証だけでなく、不二サッシグループの非サッシ分野における品質管理・保証体制を整備するため、2006年6月に品質保証部を設置しております。

・2007年8月には、先に定めた「不二サッシ・コンプライアンス行動規範」に基づき、日々の業務を遂行していく上で実践すべき具体的な行動をまとめた「不二サッシ・コンプライアンス行動基準」を制定しております。また、同年10月に「不二サッシコンプライアンスマニュアル」を発行し、不二サッシグループの全役職員一人ひとりが、日々の継続的な活動の中で自らコンプライアンスを実践していくよう、教育を推進しております。

・2008年4月に、「不二サッシグループ製品安全行動指針」を定め、製品安全を経営の責務と位置づけ、お客様に安心、安全な製品をお届けするために、グループ全体で製造・販売する製品の安全確保に努めております。また、製品事故情報が速やかに報告されるよう「不二サッシ事故情報報告制度」を制定し、不二サッシグループ及び特約店等の取引先に対して周知を図っております。また、顧客満足や安心・安全な商品提供のために必要なすべての計画的・体系的な活動を不二サッシグループ全体で実施するため、「品質管理委員会」や「中央規格委員会」において品質情報の共有化や水平展開ならびに規格の整備を行うとともに、品質パトロール(監査)を通じて品質保証体制の強化を図っております。

・当社は、市民生活の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力に対して、断固とした姿勢で臨み、関係を一切遮断します。また、暴力団排除条例に基づき、反社会的勢力の活動を助長し、その運営に資することとなる利益の供与は行わないことを取締役会において決議しております。また、不二サッシグループ各社に対して、通達等により反社会的勢力との関係排除を周知するとともに、暴力団排除条例に基づき、諸規程および契約書式等の整備を図っております。

 

c.子会社の業務の適正を確保するための体制整備の状況

・総合企画部関連事業部(以下、「関連事業部」という。)は、関係会社管理規程に基づき、子会社・関連会社(以下、「子会社等」という。)の管理業務の総括を行うとともに、所管する部門長(以下、「関係部門長」という。生産関係会社は生産管理部長、販売関係会社は営業企画部長、海外関係会社は海外営業部長)と協議し、子会社等の指導、育成のため適切な助言を行っております。

・関連事業部及び関係部門長は、子会社等が行う重要事項等について、審査、検討を行い、当社の決裁を受け、また、事業計画に基づく子会社等の経営内容を把握するため、必要に応じて財務諸表、借入金残高報告書等の書類を求め、確認及び検討を行っております。上記体制の強化のため関係会社管理規程を改訂し、当社に事前申請又は事後報告する事項を具体的に定めるとともに、意思決定のプロセスを明確にしております。

また、子会社等の内部統制に関する諸規程の整備を実施しております。

・子会社等の株主総会に対する当社の議決権行使及び委任に関する事項は、当社担当役員の決裁に基づいて行使しております。

・監査部は、内部監査規程に準拠して、子会社等に対して必要の都度、会計監査及び業務監査を行っております。なお、財務報告に関する内部統制の強化を図るため、2009年3月に監査部に内部統制室を新設しております。

・子会社等に損失等の危機が発生し、関連事業部がこれを把握した場合には、直ちに発見された損失の危機の状況、発生する損失の程度及び当社に対する影響等について、当社の代表取締役、担当部門及び緊急対策検討委員会に速やかに報告される体制を構築・整備しております。

・子会社等の監査役には、当社の使用人等が兼務し、子会社等の取締役の業務監査及び会計監査(又は会計監査のみ)を行っております。

・公害防止、環境保全に関する統括管理については、前述のとおり、環境安全部において、不二サッシグループの公害防止対策に関する体制を整備しております。

・定期的に当社及び子会社等の社長による社長会を開催し、円滑な企業グループ活動と営業の諸問題等の解決を図り、相互協調を促進しております。

 

d.責任限定契約の内容の概要

 当社と取締役(業務執行取締役等であるものを除く。)及び社外監査役並びに会計監査人は、会社法第427条第1項の規定に基づき、同法第423条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任の限度額は5百万円または法令が定める額のいずれか高い額としております。なお、当該責任限定が認められるのは、取締役(業務執行取締役等であるものを除く。)及び社外監査役並びに会計監査人が責任の原因となった職務の遂行について善意でかつ重大な過失がないときに限られます。

e.役員等賠償責任保険契約の内容の概要

 当社は、損害保険会社と会社法第430条の3第1項に規定する役員等賠償責任保険契約を締結し、当該保険契約による被保険者が負担することになる株主代表訴訟と第三者が役員に対して起こす損害賠償請求の損害を補填することとしております。

 当該役員等賠償責任保険契約の被保険者は当社および子会社のすべての役員等(取締役、監査役、執行役員)であり、すべての被保険者について、その保険料を全額当社が負担しております。

.取締役の定数

 当社の取締役は15名以内とする旨を定款に定めております。

.取締役の選任及び解任の決議要件

 当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨および累積投票によらないものとする旨を定款に定めております。

 また、取締役の解任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款に定めております。

.取締役会で決議できる株主総会決議事項

・自己株式の取得

 当社は、会社法第165条第2項の規定に基づき、取締役会の決議によって市場取引等により、自己の株式を取得することができる旨を定款に定めております。これは、機動的に自己株式の取得を行うことを目的とするものであります。

・中間配当

 当社は、株主への機動的な利益還元を行うため、会社法第454条第5項の規定により、取締役会の決議によって、毎年9月30日現在の最終の株主名簿に記載または記録された株主または登録株式質権者に対し、中間配当をすることができる旨を定款に定めております。

・取締役及び監査役の責任免除

 当社は、取締役及び監査役の責任免除について、会社法第426条第1項の規定により、任務を怠ったことによる取締役(取締役であった者を含む。)および監査役(監査役であった者を含む。)の損害賠償責任を、法令の限度において、取締役会の決議によって免除することができる旨を定款に定めております。

 これは、取締役および監査役がその期待される役割を十分に発揮できることを目的とするものであります。

i.株主総会の特別決議要件

 当社は、株主総会の円滑な運営を行うため、会社法第309条第2項に定める決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款に定めております。

 

 

 

(2)【役員の状況】

① 役員一覧

男性11名 女性-名(役員のうち女性の比率-%)

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数

(千株)

代表取締役社長

社長執行役員

吉田 勉

1958年12月18日

 

1981年4月

不二サツシ販売㈱入社

2006年2月

当社東京支店副支店長

2008年3月

同執行役員東京支店長

2010年4月

同執行役員営業本部営業統括部長兼東京支店長

2011年3月

同執行役員営業本部営業統括部長兼東京支店長兼シンガポール支店長

2011年6月

同取締役

2012年4月

同執行役員営業副本部長

2012年6月

同執行役員営業本部長

2014年1月

同執行役員営業本部長兼ビル営業本部長

2014年6月

同常務執行役員営業本部長兼ビル営業本部長

2017年4月

 

同代表取締役社長、社長執行役員(現任)

 

(注)3

146.9

取締役

常務執行役員

生産本部・監査部

・環境安全部担当

岡野 直樹

1955年9月6日

 

1981年4月

不二サツシ販売㈱入社

2005年10月

当社東京支店管理部長

2008年3月

同業務改革推進部長

2009年3月

同情報システム部長

2011年6月

同執行役員管理本部経営管理部長

2014年1月

同執行役員戦略統括本部長

2014年6月

同取締役(現任)

2015年6月

同執行役員戦略統括本部長、技術本部担当

2016年2月

同執行役員生産本部長、品質保証部・環境安全部担当

2017年4月

同執行役員営業本部長

2018年2月

同常務執行役員営業本部長

2020年4月

同常務執行役員生産本部・環境安全部担当

2021年5月

同常務執行役員生産本部・監査部・環境安全部担当(現任)

 

(注)3

36.5

取締役

執行役員

営業本部長

江崎 裕之

1964年9月8日

 

1988年4月

当社入社

2005年11月

同大阪支店営業部長

2010年11月

同大阪支店長

2013年4月

同参与大阪支店長

2014年7月

同執行役員大阪支店長

2016年3月

同執行役員西日本営業推進担当、大阪支店長

2017年4月

同執行役員営業本部副本部長兼西日本営業推進担当、大阪支店長

2018年2月

同執行役員営業本部副本部長兼ビル建材担当、大阪支店長

2020年4月

同執行役員営業本部長兼ビル建材担当、大阪支店長

2020年6月

同取締役(現任)

2020年7月

同執行役員営業本部長(現任)

 

(注)3

41.1

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数

(千株)

取締役

常務執行役員

グループ内部統制

・管理本部経営管理部

担当

植田 高志

1957年5月15日

 

1981年4月

㈱埼玉銀行入行

1997年5月

㈱あさひ銀行磯子支店長

1999年9月

同志木支店長

2003年6月

㈱りそな銀行東京営業第三部長

2006年3月

同東京中央支店長兼八重洲支店長

2009年6月

同執行役員首都圏地域担当(ブロック)担当

2011年6月

りそなカード㈱専務取締役

2017年6月

当社執行役員管理本部総務人事部、海外事業部担当

2020年4月

同執行役員グループ内部統制・監査部担当

2020年6月

同取締役(現任)

2021年5月

同執行役員グループ内部統制・管理本部経営管理部担当

2021年6月

同常務執行役員グループ内部統制・管理本部経営管理部担当(現任)

 

(注)3

13.4

取締役

執行役員

管理本部長

新野 伸宏

1963年2月5日

 

1985年4月

当社入社

1997年11月

同本社工場JIT推進室長

2008年3月

山口不二サッシ㈱代表取締役社長

2010年11月

当社合理化推進部長兼生産本部生産管理部長兼生産企画部長

2015年7月

同参与生産本部生産企画部長

2016年3月

同参与生産本部副本部長

2017年4月

同執行役員生産本部長、環境完全部担当

2018年2月

同執行役員管理本部長

2019年6月

同執行役員管理本部長、監査部担当

2020年4月

同執行役員管理本部長(現任)

2021年6月

同取締役(現任)

 

(注)3

13.0

取締役

執行役員

経営企画室長

石井 浩

1963年5月13日

 

1988年4月

当社入社

2008年3月

同営業統括本部ビル建材統括部営業企画室長

2009年3月

同営業本部営業統括部営業企画部長

2012年4月

同営業本部営業企画部長兼シンガポール支店長

2015年7月

同参与営業本部営業企画部長

2016年8月

同参与営業本部営業企画部長兼ビル営業本部海外営業企画部長

2017年4月

同執行役員経営企画室長(現任)

2021年6月

同取締役(現任)

 

(注)3

13.9

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数

(千株)

取締役

緒方 右武

1944年1月18日

 

1968年4月

警察庁入庁

1989年8月

鹿児島県警察本部長

1992年9月

警察庁刑事局刑事企画課長

1994年7月

警察大学校特別捜査幹部研修所長

1996年4月

広島県警察本部長

1997年8月

中部管区警察局長

1998年9月

警察共済組合本部常任監事

1999年9月

㈱整理回収機構専務取締役

2008年9月

日本遊技機工業組合専務理事

2015年6月

当社取締役(現任)

2015年6月

大栄不動産㈱取締役(現任)

2020年6月

鈴江コーポレーション㈱社外取締役(現任)

 

(注)3

22.1

取締役

鈴江 孝裕

1951年6月19日

 

1974年4月

鈴江組倉庫㈱入社

1987年6月

同取締役

1990年6月

同常務取締役

1997年6月

同専務取締役

1999年6月

鈴江コーポレーション㈱代表取締役会長

2012年6月

同代表取締役社長

2015年6月

当社取締役(現任)

2016年6月

鈴江コーポレーション㈱代表取締役会長(現任)

 

(注)3

36.9

常勤監査役

菅原 伸幸

1958年5月5日

 

1981年4月

不二サツシ工業㈱入社

2006年4月

当社住宅建材事業部長

2009年3月

同総合企画部長

2010年11月

不二サッシマレーシア社社長

2011年6月

当社執行役員、不二サッシマレーシア社社長

2015年6月

当社執行役員監査部長

2019年6月

同常勤監査役(現任)

 

(注)4

30.0

監査役

妹尾 佳明

1949年5月5日

 

1976年4月

弁護士登録(第二東京弁護士会所属)

1976年4月

石井成一法律事務所勤務

1979年4月

妹尾佳明法律事務所開設

2004年10月

MOS合同法律事務所開設

2011年6月

当社監査役(現任)

 

(注)4

35.1

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数

(千株)

監査役

佐橋 広司

1953年9月14日

 

1976年4月

㈱埼玉銀行入行

1994年1月

㈱あさひ銀行津田沼支店長

2000年3月

㈱あさひ銀行入間支店長

2004年5月

大栄不動産㈱総務部長

2007年4月

同執行役員パーキング事業部長

2010年6月

同常務執行役員不動産営業本部副本部長兼営業推進部長

2014年6月

同上席常務執行役員パーキング事業部担当

2016年6月

同上席常務執行役員グリーンフォレスト事業部担当兼グリーンフォレスト事業部長兼グリーンフォレストケア㈱代表取締役社長

2018年6月

同専務執行役員グリーンフォレスト事業部担当兼グリーンフォレスト事業部長

2020年6月

グリーンフォレストケア㈱取締役会長

2021年6月

当社監査役(現任)

 

(注)5

 

389.4

 (注)1.取締役のうち緒方右武、鈴江孝裕の両名は、社外取締役であります。

    2.監査役のうち妹尾佳明、佐橋広司の両名は、社外監査役であります。

    3.2021年6月29日開催の定時株主総会の終結の時から2年間

    4.2019年6月27日開催の定時株主総会の終結の時から4年間

    5.2021年6月29日開催の定時株主総会の終結の時から4年間

    6.当社は、法令に定める監査役の員数を欠くことになる場合に備え、監査役補欠者2名を選出しております。

      監査役補欠者の略歴は、以下のとおりであります。

 

 

氏名

(生年月日)

略歴

所有株式数

(千株)

吉原 和仁

(1961年10月10日生)

 

1985年4月

㈱埼玉銀行入行

1996年4月

同シドニー支店支店長代理

1999年11月

同三ツ境支店副支店長

2003年3月

㈱りそな銀行業務監査部(東京)内部監査員

2005年6月

同監査役会事務局監査員

2014年4月

同東京営業第九部長

2017年7月

当社参与経営企画室部長

2019年5月

同参与経営企画室部長兼日本防水工業㈱取締役兼日本スプレー工業㈱取締役

2019年10月

同参与経営企画室部長兼日本防水工業㈱取締役会長兼日本スプレー工業㈱取締役会長

2020年4月

同執行役員経営企画室部長兼日本防水工業㈱取締役会長兼日本スプレー工業㈱取締役会長(現任)

 

11.9

布施 明正

(1963年6月3日生)

 

1995年4月

東京地方検察庁検事

1995年7月

広島地方検察庁検事

1996年4月

福岡地方検察庁検事

1998年4月

東京地方検察庁検事

1999年4月

浦和地方検察庁検事

2000年4月

名古屋地方検察庁検事

2001年3月

退官

2001年4月

弁護士登録(第二東京弁護士会所属)

土屋東一法律事務所勤務

2002年12月

2012年4月

山下・渡辺法律事務所入所

布施明正法律事務所開設(現任)

 

 

② 社外役員の状況

 当社の社外取締役は2名、社外監査役は2名であります。

 社外取締役緒方右武氏は、警察庁および㈱整理回収機構でのリスクマネジメントや危機管理に関する豊富な経験を有しており、当社との取引関係その他利害関係がない独立した立場で、公正かつ客観的に、社外取締役としての職務を遂行できると考えております。また、社外取締役鈴江孝裕氏は、永年にわたる企業経営者としての事業戦略に関する豊富な経験を有しており、当社の経営判断・意思決定に対し、その知識と経験に基づいた有益な意見や指導をいただけるものと考えております。

 なお、両氏は東京証券取引所の定めに基づく独立役員として指定し、同取引所に届け出ております。

 社外監査役妹尾佳明氏は、弁護士としての豊富なキャリアと専門的な知識・経験を有しており、当社との取引関係その他利害関係がない独立した立場で、公正かつ客観的に、社外監査役としての職務を遂行できると考えております。

 なお、社外監査役妹尾佳明氏は、東京証券取引所の定めに基づく独立役員として指定し、同取引所に届け出ております。

 社外監査役佐橋広司氏は、金融機関における長年の経験および大栄不動産㈱等における業務執行者・企業経営者としての経験など、豊富な経験と幅広い見識を有しており、この知識を生かして、中立的・客観的な視点での取締役の業務実行状況を監査し、社外監査役としての職務を遂行できると考えております。

 なお、社外監査役は、常勤監査役とともに監査役会の場において、監査部および会計監査人からも定期的に内部管理体制上の問題点、財務報告に係る内部統制上の指摘事項や会計監査の説明を受けるなど情報の交換を行い連携を図っております。

 社外役員による当社株式の保有は「① 役員一覧」の所有株式欄に記載のとおりであります。

 当社においては、社外取締役又は社外監査役を選任するための会社からの独立性に関する基準をコーポレートガバナンス基本方針に定めております。

■社外取締役

(1) 東京証券取引所が定める独立性判断基準を満たし、一般株主との間で利益相反が生ずるおそれがないと認

められる者

(2) 当社の経営理念を理解し、社会的な責務や役割に十分な理解を有する者

(3) 社外取締役としての役割を十分認識し、企業経営、経済、法務、会計、税務、監査等の各分野における知

識や活動を生かして、当社の取締役及び経営陣を監督し、的確・適切な意見・助言を行い得る者

■社外監査役

(1) 東京証券取引所が定める独立性判断基準を満たし、一般株主との間で利益相反が生ずる恐れがないと認め

られる者

(2) 当社の経営理念を理解し、社会的な責務や役割に十分な理解を有する者

(3) 社外監査役としての役割を十分認識し、企業経営、経済、法務、会計、税務、監査等の各分野における知

識を生かして、中立的・客観的な視点で取締役の業務執行状況を監査し、経営の健全性及び透明性の向上に貢献できる者

③ 社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部統制部門との関係

 当社は、社外取締役及び社外監査役が企業統治において果たす機能および役割として、当社との取引関係その他利害関係がない独立した立場で、取締役会等において取締役の職務執行状況に関して積極的に経営に対する指摘・助言を行っております。

また、内部監査部門と取締役及び監査役は、適宜、情報交換を行い連携を図っております。内部監査部門が行った監査内容は、定期的に取締役会及び監査役会へ報告を行っております。また、社外取締役、社外監査役との連絡・調整については、コーポレートガバナンス部及び秘書室が担当し、必要に応じて対応できる体制をとっております。

(3)【監査の状況】

① 監査役監査の状況

当社は、監査役会設置会社として、監査役3名(内、社外監査役2名)は株主の負託を受けた独立の機関として取締役の職務の執行を監査することにより、企業の健全で持続的な成長を確保し、社会的信頼に応える良質な企業統治体制を確立する責務を負っております。監査役は、社外監査役を含む全員が取締役会や経営会議に出席し、独立した立場から経営に対する指摘・助言を行い、経営上並びに業務執行上の重要事項の意思決定プロセスの適法性および妥当性について監査しております。また、常勤監査役は、主要な決裁書、その他業務執行に関する重要な文書の閲覧、各部門および子会社の往査等を通じ、取締役の職務執行を監査しております。さらに、監査役は代表取締役と定期的に意見交換を行うとともに監査役会の場において社外監査役も含め、内部監査部門および会計監査人からも定期的に内部管理体制上の問題点、財務報告に係る内部統制上の指摘事項や会計監査の説明を受けるなど情報の交換を行い連携を図っています。

当事業年度において監査役会を19回開催しており、個々の監査役の出席状況については次のとおりであります。

氏  名

開催回数

出席回数

菅原 伸幸

19回

19回

妹尾 佳明

19回

19回

佐々木 茂

19回

19回

監査役の主な活動は、以下のとおりであります。

a.重要な会議の主催および出席

(a)監査役会の開催

(b)取締役会・経営会議・幹部会等への出席

b.代表取締役との意見交換等

(a)代表取締役への業務監査報告(随時)

(b)社外監査役を交えた意見交換(年2回程度)

c.取締役へのヒアリング

(a)取締役、執行社員へのヒアリング(随時)

・各部署における内部統制システムの構築・運用状況の検証

d.往査によるヒアリング・調査等

(a)親会社の各部署、事業所(支店、工場)

(b)子会社の本社、工場

往査先は被監査部署のリスク状況を勘案し、選定

e.重要な書類の閲覧

(a)株主総会議事録、取締役会議事録、経営会議概況報告コメント・指示事項等

(b)決裁書類、重要な契約書、斡旋手数料等の管理書類

(c)監査部の監査報告書(通常監査・特命監査)

(d)月次資料(経理月報・管理表・債権管理書類等)

f.法定備置書類等の点検

(a)会社法、金融商品取引法に基づく法定備置書類

② 内部監査の状況

当社の内部監査部門(監査部)は、監査部長1名、監査担当部長1名、監査部監査室3名および監査部内部統制室2名の合計7名で構成されています。監査室は、内部監査規程および業務引継規程に基づき業務監査を実施しております。子会社につきましても監査契約を結び、当社の監査部がグループの業務運営の管理体制の適切性および有効性等の検証、評価を行うため、業務監査を実施しております。また、財務報告に係る内部統制の強化を図るため、2009年3月に監査部に内部統制室を設置し、同室は当社および重要な子会社の財務報告に係る内部統制の整備状況・運用状況の評価を実施しております。

③ 会計監査の状況

a.監査法人の名称

東陽監査法人

b.継続監査期間

11年間

c.業務を執行した公認会計士

指定社員 業務執行役員 中野 敦夫

指定社員 業務執行役員 菊地 康夫

指定社員 業務執行役員 大山 昌一

(注)1.継続監査年数については、全員7年以内であるため、記載を省略しています。

2.同監査法人は、公認会計士法上の規制及び日本公認会計士協会の自主規制実施に基づき、業務

執行社員の交替制度を導入しています。

d.監査業務に係る補助者の構成

監査業務に係る補助者の構成は、以下の通りであります。

公認会計士 10名   その他 3名

(注)その他は、公認会計士試験合格者等であります。

e.監査法人の選定方針と理由

 監査役会は、外部会計監査人の選解任等の議案決定権を行使するに際して、現任の外部会計監査人の監査活動の適切性・妥当性を監査役会にて定める外部会計監査人の評価基準に基づき評価のうえ決定いたします。

 会計監査人の解任につきましては、会計監査人が会社法第340条第1項各号に定めるいずれかの事由に該当した場合、監査役会は監査役全員の同意により会計監査人を解任いたします。この場合、監査役会が選定した監査役は、解任後最初に招集される株主総会におきまして、会計監査人を解任した旨と解任の理由を報告いたします。

 また、上記の場合の他、会計監査人の職務遂行の状況、監査の品質等を総合的に勘案して、監査役会は会計監査人の解任または不再任に関する議案の内容を決定し、取締役会は当該決定に基づき、当該議案を株主総会に提案いたします。

f.監査役及び監査役会による監査法人の評価

 外部会計監査人の監査活動の適切性・妥当性の評価にあたって、監査役は経営執行部門から会計監査人についての報告聴取、現場立会いを行い、会計監査人が独立性と専門性を有し監査品質を維持し適切に監査しているか評価いたします。

 

④ 監査報酬の内容等

a.監査公認会計士等に対する報酬

区分

前連結会計年度

当連結会計年度

監査証明業務に基づく報酬(百万円)

非監査業務に基づく報酬(百万円)

監査証明業務に基づく報酬(百万円)

非監査業務に基づく報酬(百万円)

提出会社

71

58

連結子会社

8

8

79

66

 

b.監査公認会計士等と同一のネットワークに属する組織に対する報酬(a.を除く)

該当事項はありません。

c.その他重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

該当事項はありません。

.監査報酬の決定方針

当社は、会計監査人に対する監査報酬については、会計監査人より当事業年度の監査実績並びに翌事業年度の監査方針及び監査計画等を聴取した上、適正な監査を遂行する上で必要な金額を監査役会の同意を得て決定しております。

e.監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由

監査役会は、前事業年度の監査において、会社法第340条第1項に規定する会計監査人の適格性、独立性を害する事由等の発生はなく、今後も適正な監査の遂行が継続されると認めたうえで、会計監査人の報酬等の額について、「監査計画書」及びそれに基づく「監査報酬見積書」等を考慮して同意の判断を行っております。

 

(4)【役員の報酬等】

① 役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項

当社は、役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針を定めており、その内容は以下のとおりであります。

a.基本方針

 客観性・透明性を確保し、取締役の業績向上へのモチベーション及びコミットメントを高め、業績目標の実現と企業価値の増大に寄与するために有効に機能する役員報酬制度としております。

b.報酬構成

 取締役の報酬は、固定報酬である役位別基本報酬と、業績に応じて変動する業績報酬で構成しております。社外取締役の報酬は、その役割と独立性の観点から、役位別基本報酬のみで構成しております。

c.役位別基本報酬

基本報酬については、各役員の責任の規模や役割の大きさに応じて設定する役位ごとの設計としております。

d.業績報酬

 短期業績連動報酬として、単年度の個別当期純利益及び親会社株主に帰属する当期純利益を算出基礎とし、役位ごとに定める基準に基づき決定しており、当該純利益の増減により、業績報酬部分が変動する設計としております。当企業グループは持続的な成長、企業価値の向上の観点から経営陣による全体を俯瞰した視点をもとに課題解決に取り組み、全てのステークホルダーに対して企業の社会的責任を果たす活動の推進等を目標としております。その上で成果として公表している当該純利益実績値に応じた業績報酬としております。

 当期にかかる業績連動報酬については、2019年3月期決算値を基に算出し、業績指標に関する実績は、2019年度の個別当期純利益293百万円、親会社株主に帰属する当期純利益432百万円であります。

 なお、今後、コーポレートガバナンス・コードの主旨に鑑み、業績連動報酬部分の拡大や、中長期的な企業業績を反映させることを目的とする報酬制度として、企業価値(株式価値)向上と連動する株式報酬制度等を検討、推進してまいります。

e.報酬決定過程

 全ての取締役報酬は、独立社外取締役が参画する役員人事・報酬協議会の審議、答申を踏まえ、取締役会の決議により決定しております。当事業年度においては、2020年6月24日に実施された役員人事・報酬協議会にて、取締役の報酬方針並びに個別報酬について審議され、2020年6月26日開催の取締役会において決議されております。

f.役員・人事報酬協議会について

当社では、役員人事・報酬協議会で決定する事項を「役員人事・報酬協議会内規」にて以下の通り定めております。

・役員報酬の配分を決定するに際し、役位ごとの基本報酬と、前期の業績評価・成果等を勘案の上決定する。

・賞与の配分を決定するに際し、役位及び前期の業績評価・成果等を勘案の上決定する。

当事業年度に係る取締役および執行役員の個人別報酬等の内容が問題ないと判断した理由

 取締役および執行役員の個人別報酬等は役員人事・報酬協議会において個人別の報酬等を具体的に算定するための基準である役員人事・報酬協議会内規に基づき決定しております。

また、決定手順も役員人事・報酬協議会内規に基づき取締役会の承認を得ており、適性であるものと判断しております。

g.監査役報酬

監査役については、固定報酬である基本報酬のみを支給しており、業績による変動はありません。

 

② 役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

役員区分

報酬等の総額

(百万円)

報酬等の種類別の総額(百万円)

対象となる役員の員数(人)

固定報酬

業績連動報酬

取締役(社外取締役を除く。)

128

127

0

5

監査役(社外監査役を除く。)

15

15

1

社外役員

18

18

4

(注)1.取締役の支給額には、使用人兼務取締役の使用人分給与は含まれておりません。

2.取締役の報酬限度額は、1990年6月28日開催の第9期定時株主総会において、年額4億5千万円以内(ただし、使用人分給与は含まない。)と決議いただいております。

3.監査役の報酬限度額は、1990年6月28日開催の第9期定時株主総会において、年額8千万円以内と決議いただいております。

(5)【株式の保有状況】

① 投資株式の区分の基準及び考え方

 当社は、保有目的が純投資目的である投資株式と純投資目的以外の目的である投資株式について以下のように区分しております。

(純投資目的である投資株式)

 専ら株式の価値の変動又は株式の配当によって利益を得ることを目的とする。

(純投資目的以外の目的である投資株式)

 当該株式が取引先との事業上の関係を維持・強化することを目的とし、当社の中長期的な企業価値の向上に資すると認められる場合に、保有していくこととする。

② 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

a.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の内容

当社は、取締役会において、毎年、当該政策保有株式について資本コスト等を基準にリスクとリターンを勘案した中長期的な経済合理性等や、取引先との総合的な関係の維持・強化の観点からの保有効果等について検証を行い、その結果、保有の妥当性、意義、必要性がないと判断される場合、縮減するなど見直しを行います。

b.銘柄数及び貸借対照表計上額

 

銘柄数

(銘柄)

貸借対照表計上額の

合計額(百万円)

非上場株式

23

294

非上場株式以外の株式

12

1,872

(当事業年度において株式数が増加した銘柄)

 

銘柄数

(銘柄)

株式数の増加に係る取得

価額の合計額(百万円)

株式数の増加の理由

非上場株式

非上場株式以外の株式

5

18

持株会による増加

(当事業年度において株式数が減少した銘柄)

 

銘柄数

(銘柄)

株式数の減少に係る売却

価額の合計額(百万円)

非上場株式

1

2

非上場株式以外の株式

 

c.特定投資株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報

特定投資株式

銘柄

当事業年度

前事業年度

保有目的、定量的な保有効果

及び株式数が増加した理由

当社の株式の

保有の有無

株式数(株)

株式数(株)

貸借対照表計上額

(百万円)

貸借対照表計上額

(百万円)

積水ハウス㈱

436,032

436,032

(保有目的)建材事業セグメントにおける営業活動等の維持及び強化のため

(定量的な保有効果)(注)

1,035

778

㈱長谷工コーポレーション

202,404

191,688

(保有目的)建材事業セグメントにおける営業活動等の維持及び強化のため

(定量的な保有効果)(注)

(株式数が増加した理由)持株会による取得

313

221

蛇の目ミシン工業㈱

200,000

200,000

(保有目的)形材外販事業セグメントにおける取引による良好かつ円滑な関係の維持及び強化のため

(定量的な保有効果)(注)

167

58

鹿島建設㈱

65,213

65,213

(保有目的)建材事業セグメントにおける営業活動等の維持及び強化のため

(定量的な保有効果)(注)

102

72

㈱ヤマダコーポレーション

60,000

60,000

(保有目的)建材事業セグメントにおける営業活動等の維持のため

(定量的な保有効果)(注)

147

114

戸田建設㈱

47,384

44,270

(保有目的)建材事業セグメントにおける営業活動等の維持及び強化のため

(定量的な保有効果)(注)

(株式数が増加した理由)持株会による取得

38

28

㈱安藤・間

16,778

15,672

(保有目的)建材事業セグメントにおける営業活動等の維持及び強化のため

(定量的な保有効果)(注)

(株式数が増加した理由)持株会による取得

14

10

㈱淺沼組

4,919

4,632

(保有目的)建材事業セグメントにおける営業活動等の維持及び強化のため

(定量的な保有効果)(注)

22

17

㈱四国銀行

4,000

4,000

(保有目的)建材事業セグメントにおける営業活動等の維持及び強化のため

(定量的な保有効果)(注)

3

3

京浜急行電鉄㈱

3,071

2,713

(保有目的)建材事業セグメントにおける営業活動等の維持及び強化のため

(定量的な保有効果)(注)

(株式数が増加した理由)持株会による取得

5

5

トヨタ自動車㈱

2,790

2,790

(保有目的)建材事業セグメントにおける営業活動等の維持及び強化のために保有していた企業の株式について、株式交換が実施され、完全子会社となったことに伴い、その親会社株式を保有するもの

(定量的な保有効果)(注)

24

18

永大産業㈱

1,000

1,000

(保有目的)建材事業セグメントにおける営業活動等の維持及び強化のため

(定量的な保有効果)(注)

0

0

    (注)定量的な保有効果を算定することは困難なため保有の妥当性・合理性を検証した方法を記載いたします。

2021年5月31日開催の取締役会において、当社の経営戦略・事業内容及び同社の経営内容並びに財務指標等につき、保有の妥当性・合理性について総合的に検証いたしました。

 

第5【経理の状況】

1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について

(1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(1976年大蔵省令第28号)に基づいて作成しております。

(2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(1963年大蔵省令第59号。以下「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。

 また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しております。

 

2.監査証明について

 当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2020年4月1日から2021年3月31日まで)の連結財務諸表及び事業年度(2020年4月1日から2021年3月31日まで)の財務諸表について、東陽監査法人により監査を受けております。

 

 3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

 当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内容を適切に把握し、また、会計基準等の変更等について的確に対応することができる体制を整備するため、公益財団法人財務会計基準機構へ加入し各種情報を取得するとともに、監査法人等が主催する研修会に積極的に参加しております。

 

1【連結財務諸表等】

(1)【連結財務諸表】

①【連結貸借対照表】

 

 

(単位:百万円)

 

前連結会計年度

(2020年3月31日)

当連結会計年度

(2021年3月31日)

資産の部

 

 

流動資産

 

 

現金及び預金

※2 14,325

※2 16,583

受取手形及び売掛金

※2 17,190

※2 14,583

電子記録債権

3,405

※2 4,328

商品及び製品

1,145

1,223

仕掛品

※4 13,663

※4 12,445

原材料及び貯蔵品

2,711

2,630

販売用不動産

※2 309

※2 306

その他

※6 1,559

※6 1,519

貸倒引当金

628

646

流動資産合計

53,682

52,974

固定資産

 

 

有形固定資産

 

 

建物及び構築物

38,503

39,430

減価償却累計額及び減損損失累計額

31,078

31,483

建物及び構築物(純額)

※2,※7 7,425

※2,※7 7,946

機械装置及び運搬具

41,258

41,076

減価償却累計額及び減損損失累計額

35,887

35,619

機械装置及び運搬具(純額)

※2,※7 5,370

※2,※7 5,456

土地

※2,※3 13,683

※2,※3 13,729

リース資産

2,349

2,402

減価償却累計額

953

1,146

リース資産(純額)

1,396

1,256

建設仮勘定

761

94

その他

11,629

11,747

減価償却累計額及び減損損失累計額

10,596

10,781

その他(純額)

※2,※7 1,033

※2,※7 966

有形固定資産合計

29,670

29,450

無形固定資産

 

 

のれん

278

232

その他

323

395

無形固定資産合計

601

628

投資その他の資産

 

 

投資有価証券

※1,※2 2,254

※1,※2 2,879

長期貸付金

345

334

繰延税金資産

4,162

3,891

その他

※1 2,333

※1 2,478

貸倒引当金

897

935

投資その他の資産合計

8,199

8,649

固定資産合計

38,472

38,728

資産合計

92,155

91,702

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

前連結会計年度

(2020年3月31日)

当連結会計年度

(2021年3月31日)

負債の部

 

 

流動負債

 

 

支払手形及び買掛金

15,484

13,301

電子記録債務

4,858

4,697

短期借入金

※2,※8 11,955

※2,※8 14,722

1年内償還予定の社債

215

2,710

リース債務

237

233

未払法人税等

302

268

前受金

8,546

7,946

工事損失引当金

※4 271

※4 319

その他

3,151

2,837

流動負債合計

45,024

47,036

固定負債

 

 

社債

2,725

15

長期借入金

※2 6,559

※2 5,633

リース債務

1,306

1,166

繰延税金負債

27

27

再評価に係る繰延税金負債

※3 413

※3 413

退職給付に係る負債

15,204

15,528

資産除去債務

265

270

その他

333

317

固定負債合計

26,834

23,373

負債合計

71,858

70,409

純資産の部

 

 

株主資本

 

 

資本金

1,709

1,709

資本剰余金

816

816

利益剰余金

16,923

17,307

自己株式

15

9

株主資本合計

19,434

19,823

その他の包括利益累計額

 

 

その他有価証券評価差額金

465

900

土地再評価差額金

※3 1,505

※3 1,505

為替換算調整勘定

382

414

退職給付に係る調整累計額

854

674

その他の包括利益累計額合計

733

1,316

非支配株主持分

129

153

純資産合計

20,297

21,293

負債純資産合計

92,155

91,702

 

②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
【連結損益計算書】

 

 

(単位:百万円)

 

前連結会計年度

(自 2019年4月1日

 至 2020年3月31日)

当連結会計年度

(自 2020年4月1日

 至 2021年3月31日)

売上高

101,789

92,396

売上原価