EDINET閲覧(提出)サイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)をもとに上場企業サーチ作成

本ページはEDINETに提出された開示情報を上場企業サーチが加工/編集したものであり、記載された情報の正確性および完全性について上場企業サーチは一切の保証を行いません。本ページの情報を利用する際は自己の責任で判断頂き、意思決定に際しては適宜EDINETや提出会社が公開するオリジナルを参照する様にしてください。本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

【表紙】

 

【提出書類】

有価証券報告書

【根拠条文】

金融商品取引法第24条第1項

【提出先】

関東財務局長

【提出日】

2020年6月25日

【事業年度】

第81期(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

【会社名】

株式会社大谷工業

【英訳名】

OTANI KOGYO CO.,LTD.

【代表者の役職氏名】

代表取締役社長 鈴 木 和 也

【本店の所在の場所】

東京都品川区西五反田7丁目22番17号

【電話番号】

(03)3494-3731(代表)

【事務連絡者氏名】

取締役管理グループマネージャー 中 澤 忠 彦

【最寄りの連絡場所】

東京都品川区西五反田7丁目22番17号

【電話番号】

(03)3494-3731(代表)

【事務連絡者氏名】

取締役管理グループマネージャー 中 澤 忠 彦

【縦覧に供する場所】

株式会社東京証券取引所

(東京都中央区日本橋兜町2番1号)

 

E01425 59390 株式会社大谷工業 OTANI KOGYO CO.,LTD. 企業内容等の開示に関する内閣府令 第三号様式 Japan GAAP false CTE 2019-04-01 2020-03-31 FY 2020-03-31 2018-04-01 2019-03-31 2019-03-31 1 false false false E01425-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E01425-000:TheElectricityAndCommunicationSectorReportableSegmentsMember E01425-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E01425-000:TheBuildingMaterialsSectorReportableSegmentsMember E01425-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp_cor:CorporateSharedMember E01425-000 2020-06-25 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E01425-000 2020-03-31 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E01425-000 2020-03-31 jpcrp_cor:SharesWithNoVotingRightsMember E01425-000 2020-03-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsTreasurySharesEtcMember E01425-000 2020-03-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsOtherMember E01425-000 2020-03-31 jpcrp_cor:SharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E01425-000 2020-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesTreasurySharesSharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E01425-000 2020-03-31 jpcrp_cor:SharesWithFullVotingRightsOtherMember E01425-000 2020-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsOtherMember E01425-000 2020-03-31 jpcrp_cor:SharesLessThanOneUnitMember E01425-000 2020-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesLessThanOneUnitMember E01425-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row5Member E01425-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row6Member E01425-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row7Member E01425-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row8Member E01425-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row9Member E01425-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row10Member E01425-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row11Member E01425-000 2020-06-25 jpcrp030000-asr_E01425-000:InabaHirofumiMember E01425-000 2020-06-25 jpcrp030000-asr_E01425-000:HabiroMotokazuMember E01425-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:DirectorsExcludingOutsideDirectorsMember E01425-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:CorporateAuditorsExcludingOutsideCorporateAuditorsMember E01425-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:OutsideDirectorsAndOtherOfficersMember E01425-000 2020-03-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01425-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E01425-000:TheBuildingMaterialsSectorReportableSegmentsMember E01425-000 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E01425-000:TheBuildingMaterialsSectorReportableSegmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01425-000 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E01425-000:TheElectricityAndCommunicationSectorReportableSegmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01425-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E01425-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E01425-000:TheBuildingMaterialsSectorReportableSegmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01425-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E01425-000:TheElectricityAndCommunicationSectorReportableSegmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01425-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E01425-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E01425-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01425-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01425-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01425-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01425-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01425-000 2017-04-01 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01425-000 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01425-000 2016-04-01 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01425-000 2016-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01425-000 2015-04-01 2016-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01425-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row1Member E01425-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row2Member E01425-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row3Member E01425-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row4Member E01425-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row1Member E01425-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row2Member E01425-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row3Member E01425-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row4Member E01425-000 2020-06-25 jpcrp_cor:Row5Member E01425-000 2020-06-25 jpcrp_cor:Row1Member E01425-000 2020-06-25 jpcrp_cor:Row2Member E01425-000 2020-06-25 jpcrp_cor:Row3Member E01425-000 2020-06-25 jpcrp_cor:Row4Member E01425-000 2020-06-25 jpcrp030000-asr_E01425-000:OtaniKazuhikoMember E01425-000 2020-06-25 jpcrp030000-asr_E01425-000:ShibazakiYasuhiroMember E01425-000 2020-06-25 jpcrp030000-asr_E01425-000:SuzukiKazuyaMember E01425-000 2020-06-25 jpcrp030000-asr_E01425-000:TakeuchiKatsuhikoMember E01425-000 2020-06-25 jpcrp030000-asr_E01425-000:TsuzawaAkihikoMember E01425-000 2020-06-25 jpcrp030000-asr_E01425-000:OtaniTakuoMember E01425-000 2020-06-25 jpcrp030000-asr_E01425-000:SakiyamaKiyoshiMember E01425-000 2020-06-25 jpcrp030000-asr_E01425-000:YamadaHaruhikoMember E01425-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01425-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E01425-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01425-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01425-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E01425-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01425-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E01425-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01425-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E01425-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E01425-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E01425-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E01425-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E01425-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01425-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E01425-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01425-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E01425-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01425-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E01425-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E01425-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E01425-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E01425-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E01425-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E01425-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No11MajorShareholdersMember E01425-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E01425-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E01425-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E01425-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01425-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E01425-000 2018-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01425-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E01425-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E01425-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01425-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E01425-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01425-000 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01425-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E01425-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No1MajorShareholdersMember E01425-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No2MajorShareholdersMember E01425-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No3MajorShareholdersMember E01425-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No4MajorShareholdersMember E01425-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No5MajorShareholdersMember E01425-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No6MajorShareholdersMember E01425-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No7MajorShareholdersMember E01425-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No8MajorShareholdersMember E01425-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No9MajorShareholdersMember E01425-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No10MajorShareholdersMember E01425-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E01425-000:TheElectricityAndCommunicationSectorReportableSegmentsMember E01425-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E01425-000:TheBuildingMaterialsSectorReportableSegmentsMember E01425-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E01425-000:TheElectricityAndCommunicationSectorReportableSegmentsMember E01425-000 2020-06-25 jpcrp030000-asr_E01425-000:KikuAkioMember E01425-000 2020-06-25 jpcrp030000-asr_E01425-000:NakazawaTadahikoMember E01425-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E01425-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01425-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E01425-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01425-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E01425-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E01425-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01425-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E01425-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E01425-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01425-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E01425-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E01425-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E01425-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E01425-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row5Member E01425-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row6Member E01425-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row7Member E01425-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row8Member E01425-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row9Member E01425-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row10Member E01425-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row11Member E01425-000 2020-06-25 E01425-000 2020-03-31 E01425-000 2018-04-01 2019-03-31 E01425-000 2019-04-01 2020-03-31 xbrli:pure iso4217:JPY iso4217:JPY xbrli:shares xbrli:shares

第一部【企業情報】

第1【企業の概況】

1【主要な経営指標等の推移】

回次

第77期

第78期

第79期

第80期

第81期

決算年月

2016年3月

2017年3月

2018年3月

2019年3月

2020年3月

売上高

(千円)

5,705,513

5,631,233

5,751,730

6,158,874

6,012,605

経常利益

(千円)

361,575

342,296

321,489

246,852

317,328

当期純利益

(千円)

240,664

247,882

232,743

207,696

222,865

持分法を適用した場合の投資利益

(千円)

資本金

(千円)

655,200

655,200

655,200

655,200

655,200

発行済株式総数

(千株)

8,800

8,800

880

880

880

純資産額

(千円)

2,132,968

2,347,658

2,564,511

2,743,279

2,937,244

総資産額

(千円)

4,985,702

4,790,204

4,902,339

5,228,695

4,989,173

1株当たり純資産額

(円)

273.70

3,012.82

3,291.16

3,520.59

3,769.58

1株当たり配当額

(円)

3.0

3.0

30.0

30.0

30.0

(うち1株当たり中間配当額)

1株当たり当期純利益金額

(円)

27.51

318.09

298.69

266.55

286.01

潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額

(円)

自己資本比率

(%)

42.8

49.0

52.3

52.5

58.9

自己資本利益率

(%)

11.1

11.1

9.5

7.8

7.8

株価収益率

(倍)

10.0

12.2

13.3

14.1

16.4

配当性向

(%)

10.9

9.4

10.0

11.3

10.5

営業活動による

キャッシュ・フロー

(千円)

809,707

366,761

328,451

608,559

54,834

投資活動による

キャッシュ・フロー

(千円)

155,589

110,219

83,972

97,593

116,110

財務活動による

キャッシュ・フロー

(千円)

228,924

443,879

160,399

107,054

67,080

現金及び現金同等物の

期末残高

(千円)

1,265,023

1,077,686

1,161,766

1,565,678

1,437,322

従業員数

(人)

178

182

178

178

174

(外、平均臨時雇用者数)

18

20

21

株主総利回り

(%)

92.1

130.0

134.3

127.7

159.4

(比較指標:TOPIX配当込み指数)

(%)

89.2

102.3

118.5

112.5

101.8

最高株価

(円)

330

544

4,340

3,880

18,310

 

 

 

 

(403)

 

 

最低株価

(円)

265

266

3,585

3,580

3,630

 

 

 

 

(332)

 

 

(注)1.当社は連結財務諸表を作成しておりませんので、連結会計年度に係る主要な経営指標等の推移については記載しておりません。

2.売上高には消費税等は含まれておりません。

3.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

4.2017年10月1日を効力発生日として、普通株式10株を1株の割合で併合しており、第78期の期首に当該株式併合が行われたと仮定して、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益金額を算定しております。

5.第79期、第80期、第81期の平均臨時雇用者数は従業員数の100分の10を超えたため、年間の平均人員を( )外数で記載しております。

6.最高株価及び最低株価は東京証券取引所(JASDAQ)におけるものであります。

7.当社は、2017年10月1日付けで普通株式10株につき1株の割合で株式併合を行っております。第79期の株価については併合後の最高株価及び最低株価を記載しており、( )内に株式併合前の最高株価及び最低株価を記載しております。

 

2【沿革】

 当社の前身は、1946年2月に設立された大谷重工業株式会社富山支社小杉製作所であり、民生用金物の生産を行っておりましたが、その後架線金物の製造を開始し、その本格化にともない分離独立いたしました。その後の当社の沿革は以下のとおりであります。

年月

概要

1947年6月

富山県射水郡小杉町(現富山県射水市)に株式会社大谷工業小杉製作所を設立

1948年12月

名古屋市に名古屋出張所(現名古屋営業所)を開設

中部配電株式会社(現中部電力株式会社)及び日本電信電話公社東海電気通信局(現株式会社NTT西日本東海事業本部)などに対して営業活動を開始

1954年5月

小杉研砥工業株式会社(創立1941年1月)を合併し本社分工場とする。同時に商号を大谷工業株式会社と改称

1956年7月

仙台市に仙台工場を設置、東北電力株式会社への販売を目的として架線金物の製造を開始

1959年3月

東京都墨田区に東京工場を設置、東京電力株式会社向け製品の製造開始

1960年1月

仙台工場を閉鎖し、仙台出張所を開設

1960年2月

東京工場を東京都江東区に移転

1970年10月

本社を東京都品川区西五反田7丁目22番17号TOCビル内に移転、本社工場を富山工場と改称

1971年1月

名古屋出張所を名古屋営業所に昇格

1971年2月

昭和電機製造株式会社(創立1935年3月)を合併、栃木県鹿沼市に鹿沼工場を設置

1975年8月

事業部制をひき、東京地区に第一事業部、富山地区に第二事業部を設置

1977年11月

特販部を設け、鉄骨ビル・各種橋梁工事の一部に使用するスタッドの製造販売を開始

1984年3月

東京工場を閉鎖、諸設備を鹿沼工場に移転すると同時に、溶融亜鉛めっき設備の自動化・自動倉庫の設置等、設備の近代化に着手

1985年7月

鹿沼工場頭付きスタッドのJIS規格認可

1986年11月

櫻井鐡工株式会社の子会社としてサクライエンジニアリング株式会社設立(所在地千葉県松尾町)

1988年3月

鹿沼工場六角ボルト・六角ナットのJIS規格認可

1988年10月

富山工場溶融亜鉛めっきのJIS規格認可

1988年11月

日本証券業協会に株式を店頭登録

1989年7月

本社を東京都品川区北品川5丁目4番14号TOC北品川ビルに移転

1989年9月

櫻井鐡工株式会社(創立1979年5月)を合併し、商号を大谷櫻井鐡工株式会社に変更

同日、従来の事業部制度を廃止し、新事業部制度として、管理本部、電力通信事業本部、建材事業本部、橋梁鉄構事業本部を新設、並びに仙台出張所を仙台営業所に、広島出張所を広島営業所に昇格するとともに、合併に伴い、大阪営業所及び福岡営業所を継承

1992年8月

サクライエンジニアリング株式会社の商号を大谷エンジニアリング株式会社に変更するとともに所在地を東京都品川区北品川に移転

1995年4月

事業部制を廃止、また広島営業所を閉鎖

1995年10月

大谷エンジニアリング株式会社は事実上休眠会社となる

1996年6月

橋梁鉄構事業を営業譲渡

1996年9月

本社を東京都品川区西五反田7丁目22番17号TOCビルに移転

1996年10月

商号を大谷櫻井鐡工株式会社より株式会社大谷工業に変更

1997年3月

千葉工場の土地の約半分と、建物・機械装置等を処分

1999年6月

鹿沼工場ISO9001認証取得

1999年9月

富山工場ISO9001認証取得

2004年12月

日本証券業協会への店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場

2006年1月

福岡営業所を閉鎖

2006年3月

仙台営業所を閉鎖

2006年8月

大谷エンジニアリング株式会社清算結了

2010年4月

ジャスダック証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、大阪証券取引所JASDAQ(現 大阪証券取引所JASDAQ(スタンダード))に上場

2013年3月

富山工場にレーザー加工機(イタリア製)を導入し、金属加工を開始

2013年7月

大阪証券取引所と東京証券取引所の現物市場の統合に伴い、東京証券取引所JASDAQスタンダード市場に上場

2015年6月

鹿沼工場ISO14001認証取得

 

3【事業の内容】

 当社グループは、当社及び㈱ニュー・オータニ(その他の関係会社)から構成されております。

 

 各社の事業内容並びに当社との取引関係は下記のとおりであります。

会社名

 

事業内容

 

当社との取引関係

 

㈱ニュー・オータニ

 

ホテル業

 

当社との取引はありません。

 

 

 当社グループが営んでいる主な事業は、架線金物、鉄塔・鉄構及びスタッドの設計、製造販売であります。事業に係る位置づけは次のとおりであります。

 

0101010_001.png

 

(注)1.電力通信部門の取扱品目は、主に架線金物及び鉄塔・鉄構であります。

2.建材部門の取扱品目は、主にスタッドであります。

 

4【関係会社の状況】

名称

住所

資本金

(千円)

主要な事業

の内容

議決権の

被所有割合

(%)

関係内容

(その他の関係会社)

 

 

 

 

 

㈱ニュー・オータニ(注)

東京都千代田区

3,462,000

ホテル業

27.83

事業上の関係はありません。

役員の兼任 有

(注) 有価証券報告書の提出会社であります。

 

5【従業員の状況】

(1) 提出会社の状況

 

 

 

 

2020年3月31日現在

従業員数(人)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(円)

174

21

40.0

17.2

5,218,855

 

セグメントの名称

従業員数(人)

電力通信部門

134

(16)

建材部門

22

(2)

報告セグメント計

156

(18)

全社(共通)

18

(3)

合計

174

(21)

(注)1.従業員数は就業人員であり、嘱託及び臨時雇用者は( )内に年間の平均人員を外数で記載しております。

2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。

3.全社(共通)として記載されている従業員数は、管理部門、開発部門及び営業推進部門に所属しているものであります。

 

(2) 労働組合の状況

 「株式会社大谷工業労働組合」として主に富山工場の従業員で構成され、2020年3月31日現在の組合員数は、80名であります。

 所属上部団体は、JAMであります。

 発足以来労使関係は円満に推移しており、特記すべき事項はありません。

 

第2【事業の状況】

1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

文中の将来に関する事項は、有価証券報告書提出日現在において当社が判断したものです。

(1) 新型コロナウイルス感染症の影響について

 現在、日本国内では緊急事態宣言の解除が行われ、外出自粛や施設の使用制限の段階的解除が行われておりますが、世界的な感染拡大が続いており、今後も第2波が警戒されるなど収束時期等の予測は困難となっております。

 電力・通信業界は、ライフラインを支える重要な事業である為、当社の主要製品である架線金物は安定的・継続的に供給をする必要があり新型コロナウイルス感染症による影響は小さいと見込んでおります。

 一方、建設業界では、感染拡大の防止策として工事中断などの対応策がとられており、一部の案件で着工時期や規模・工程の見直し、計画の延期・中止があることに加え、東京オリンピック・パラリンピックの延期による影響で、今後の見通しは不透明となっております。

 しかしながら、大型連休明けより各所で工事が再開され、工程の巻き返しが図られていることもあり、後ろ倒しとなっていた工事も通期では計画通りに進むと見込んでおります。

 これらの予測により、コロナウイルス感染症の影響は僅少であり、当該感染症の影響に関する特段の記載はしておりません。

 

(2) 会社の経営の基本方針

 当社は1946年の創業以来、豊富な知識・高度な技術で鉄に生命の息吹を与え「豊かな社会を築き上げる」ことを理念としております。本邦において基幹インフラ(電力・通信業等)の一翼を担っているとの矜持を忘れず、「安心・安全・高品質」な製品をお届けする「社会に継続していく意義のある企業」として貢献し続けたいと念願しております。

 

(3) 目標とする経営指標

 当社は毎期安定的な利益を継続的に確保するとともに、株主利益重視と経営効率化の観点から総資本利益率(ROA)、自己資本比率及び配当性向の向上に努力してまいります。

 

(4) 中長期的な会社の経営戦略

 当社製品は、電力会社、通信会社、建設会社を主なお客様として、インフラや各種建物の建築資材として用いられ、その信頼性・安全性を支える一端を担っております。今後もこれまでに培ってきたノウハウや金属加工技術を駆使しお客様の要望に最大限答えることができるよう「提案型」の営業に注力するとともに、膜天井金物など架線金物以外の製品についても営業努力を図り、大型鋼材から小物まで処理できるメッキ設備を活かし新分野での製品開発にも努めて参ります。

 

(5) 経営環境及び優先的に対処すべき事業上・財務上の課題

 今後も安定的な成長をするために下記の点を重要課題として取り組んでおります。

① 電力業界は電力システム改革が進み、2020年4月より発送電部門の法的分離が行われ、大きな転換期を迎えております。その方針のもと、資材調達方法の見直しや修繕費の削減が行われ、当社関連製品の取引量も低調に推移しております。通信業界は設備投資の抑制傾向が継続しており、長寿化、メンテナンスフリーが促進されております。そのため原価低減・新製品開発などにより当社製品の優位性(品質・価格など)を確立し、更新需要を着実に取り込む体制づくりが重要です。また、新規先への「提案型営業」に努め取引先にとって有為なメーカーであることを追求してまいります。

 

② 建設業界は東京オリンピック期間中の工事抑制への協力のため、発注量を抑えており当期の取引量は減少しておりますが、新幹線の延伸、2025年の大阪万博や、インバウンド需要による建物の増加など、建築需要は高く、今後も期待できる分野であります。このため、着実に受注に結びつける営業体制を構築し、案件ごとに徹底した採算管理をしてまいります。

 

③ 物流費においては業容の拡大とともに、取引先の遠距離化・小口注文による発送頻度増など、運送費が増加する傾向にあります。売上を増加させる一方で、如何にして物流費負担を軽減し利益を確保するかが課題であると認識しております。

 

2【事業等のリスク】

有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、経営者が提出会社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると認識している主要なリスクは、以下のとおりであります。なお、本項に記載した将来に関する事項は、有価証券報告書提出日現在において、当社が判断したものであります。

(1) 事業環境の変化に伴うリスク

当社の営業基盤を大別すると、電力通信関連と建材関連となります。事業環境の変化への対応として、電力通信関連では営業部門による市場動向の調査および営業推進部門・開発部門によるVAを含めた提案と市場の開拓を行っています。また、建材関連においては、東京オリンピック・パラリンピックを控え首都圏での一時的な工事抑制がある中、営業部門による新規顧客の獲得、営業推進部門による新分野の開拓ならびに開発部門による顧客ニーズへの対応を行っています。しかしながら、各市場の景気動向、ニーズの変化への的確な対応ができない場合、中長期的な業績および財務状況に影響を及ぼすリスクとなります。また、新型コロナウイルスによる影響が継続した場合、景気の悪化に伴う設備投資や建築需要の抑制は、当社の業績および財務状況に影響を及ぼすリスクとなります。

 

(2) 原材料等の価格変動によるリスク

当社の生産に必要な原材料においては、市況価格のモニタリングを行っております。また、仕入先および外注先においては良好な関係を保つことで円滑なサプライチェーンを築いております。しかしながら、原材料や副資材、外注加工品の価格が原価管理上想定以上の高騰により製造コストの上昇が生じた場合は、採算性の悪化により当社の業績および財務状況に影響を及ぼすリスクとなります。

 

(3) 事故・災害発生によるリスク

当社においては各事業所において労働安全衛生活動を推進することで、安全確保に努めています。また、大規模地震等の自然災害発生時への備えとして、事業継続計画の策定、社員安否確認システムの構築、耐震対策、防災訓練を行っております。しかしながら、想定を超える規模の事故・災害が発生し、設備の損傷や物流の寸断等により顧客への製品供給に支障を生じた場合は、当社の業績および財務状況に影響を及ぼすリスクとなります。

 

(4) 製品の品質に関するリスク

当社の生産部門、販売部門においては、ISO規格認証を受けた品質マネジメントシステムを活用し、製品の品質保証はもとより、当社およびサプライチェーンの品質管理体制と顧客満足度をモニタリングすることで製品品質の信頼性・安定性を継続的に確保できるよう努めています。しかしながら、予期せぬ製品の欠陥が判明し、大規模な製品の回収・返金・無償交換等の措置による費用の発生ならびに当社信頼性の低下に及んだ場合は、当社の業績および財務状況に影響を及ぼすリスクとなります。

 

(5) 法令違反によるリスク

当社では、法的要求事項への対応としてコンプライアンス宣言とともにコンプライアンスマニュアル・行動規範を策定しております。また、社員に対するコンプライアンス教育と行動規範の周知を行い、法令遵守の徹底に努めています。しかしながら、法令に反する事象が発生し、当社の社会的信用が低下した場合は、当社の業績や財務状況に影響を及ぼすリスクとなります。

 

(6) 情報流出によるリスク

当社では、情報資産を適切に管理するために情報セキュリティ要領を策定し、全社員へ周知のうえ、遵守・徹底に努めています。しかしながら、情報が外部に流出し、当社の社会的信用が低下した場合は、当社の業績や財務状況に影響を及ぼすリスクとなります。

 

(7) 債権回収に関わるリスク

建材部門における施工付きスタッド販売においては、設計数量をもとに受注金額を決定し、施工数量に応じて収益を得る契約としていますが、工事案件によっては工事完了前に受注金額を超過することがあり、その超過部分について設計変更内容と施工状況の精査を含めた顧客との価格交渉になることがあります。当社においては月次に売掛金残高を確認することにより債権回収状況をモニタリングしておりますが、工事案件の交渉状況により、長期にわたり債権回収できない取引が発生した場合は、当社の業績および財務状況に影響を及ぼすリスクとなります。

 

 

3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

(1) 経営成績等の状況の概要

当事業年度における当社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の概要は次のとおりであります。

 

① 財政状態及び経営成績の状況

 当事業年度における我が国の経済は、雇用・所得環境の改善が続くなかで、各種政策の効果もあって、緩やかな回復が続くことが期待されておりましたが、新型コロナウイルス感染症の影響により、景気は足下で大幅に下押しされており、厳しい状況にあります。また先行きについては厳しい状況が続くと見込まれ、内外経済をさらに下振れさせるリスクに十分注意する必要があり、金融資本市場の変動等の影響を注視する必要があります。

 当社の主要な取引先である電力業界は、2020年4月より発送電部門の法的分離が行われ、大きな転換期に差し掛かっております。通信業界は設備投資抑制が継続しており、受注競争は激しさを増しております。建設業界においては、オリンピック期間中の工事抑制に協力し、発注量が抑えられていましたが、新型コロナウイルス感染症の影響によりオリンピックの延期が決定したことで、今後の工事計画にも大きな影響が出ております。

 

a.財政状態

 総資産は前事業年度末に比べ239百万円減少し4,989百万円となりました。これは主に棚卸資産61百万円、有形及び無形固定資産38百万円の増加、売上債権151百万円、現金及び預金128百万円の減少によるものです。

 負債は前事業年度末に比べ433百万円減少し2,051百万円となりました。これは主に設備関係電子記録債務52百万円の増加、仕入債務324百万円、退職給付引当金59百万円、設備未払金47百万円の減少によるものです。

 純資産は前事業年度末に比べ193百万円増加し2,937百万円となりました。これは主に当期純利益222百万円の計上と、配当金23百万円の支払によるものです。

 

b.経営成績

 当事業年度の経営成績は、売上高は6,012百万円と前期比146百万円(2.4%)の減少となりました。

 利益面では売上総利益が1,315百万円と前期比59百万円(4.8%)の増加、営業利益は309百万円と前期比68百万円(28.4%)の増加、経常利益は317百万円と前期比70百万円(28.5%)の増加となりました。また、当期純利益は222百万円と前期比15百万円(7.3%)の増加となりました。

 

 セグメントの業績は、次のとおりであります。

(電力通信部門)

 売上高は4,218百万円と前期比158百万円(3.9%)の増加、セグメント利益は593百万円と前期比86百万円(17.0%)の増加となりました。

 

(建材部門)

 売上高は1,793百万円と前期比305百万円(14.5%)の減少、セグメント利益は120百万円と前期比17百万円(12.8%)の減少となりました。

 

② キャッシュ・フローの状況

 当事業年度末における現金及び現金同等物(以下「資金」という)は前事業年度末に比べ128百万円減少し1,437百万円となりました。当事業年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。

 

(営業活動によるキャッシュ・フロー)

 当事業年度において営業活動の結果得られた資金は、54百万円(前期比553百万円の減少)となりました。

これは主に償却・税引前の当期利益470百万円を計上したこと、退職給付引当金の減少59百万円、売上債権の減少額151百万円、たな卸資産の増加額61百万円、仕入債務の減少額324百万円、法人税等の支払額99百万円によるものです。

 

(投資活動によるキャッシュ・フロー)

 当事業年度において投資活動の結果使用した資金は116百万円(前期比18百万円の増加)となりました。これは主に有形及び無形固定資産の取得による支出160百万円と有形及び無形固定資産の売却による収入49百万円、預り保証金の返還による支出11百万円によるものです。

 

(財務活動によるキャッシュ・フロー)

 当事業年度において財務活動の結果使用した資金は67百万円(前期比39百万円の減少)となりました。これは、主に割賦債務の返済による支出32百万円と配当金の支払額23百万円によるものです。

③ 生産、受注及び販売の実績

a.生産実績

 当事業年度における生産実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。

セグメントの名称

生産高(千円)

前年同期比(%)

電力通信部門

2,996,723

4.7

建材部門

651,569

△14.5

合計

3,648,293

0.7

(注)1.金額は、標準原価によっております。

2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

 

b.商品仕入実績

 当事業年度における商品仕入実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。

セグメントの名称

仕入高(千円)

前年同期比(%)

電力通信部門

208,079

△7.0

建材部門

809,346

△10.9

合計

1,017,426

△10.1

(注)1.金額は、実際仕入価格によっております。

2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

 

c.受注実績

 当事業年度における受注実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。

セグメントの名称

受注高(千円)

前年同期比(%)

受注残高(千円)

前年同期比(%)

電力通信部門

4,170,962

△2.9

608,289

△7.3

建材部門

1,788,216

△3.1

495,781

△1.1

合計

5,959,178

△3.0

1,104,071

△4.6

(注)1.金額は、販売予定価格によっております。

2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

 

d.販売実績

 当事業年度における販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。

セグメントの名称

販売高(千円)

前年同期比(%)

電力通信部門

4,218,943

3.9

建材部門

1,793,661

△14.5

合計

6,012,605

△2.4

(注)1.主な相手先の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に対する割合は次のとおりであります。

 

相手先

前事業年度

当事業年度

販売高(千円)

割合(%)

販売高(千円)

割合(%)

北陸電力㈱

850,734

13.8

881,169

14.7

イワブチ㈱

630,526

10.2

652,329

10.9

2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

(2) 経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

経営者の視点による当社の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次の通りであります。なお、文中の将来に関する事項は、当事業年度末現在において判断したものであります。

 

財政状態及び経営成績の状況に関する認識及び分析・検討内容

当事業年度の売上高は6,012百万円と前期比146百万円(2.4%)の減少となりました。売上総利益は1,315百万円と前期比59百万円(4.8%)の増加、営業利益は309百万円と前期比68百万円(28.4%)の増加、経常利益は317百万円と前期比70百万円(28.5%)の増加となりました。また、当期純利益は222百万円と前期比15百万円(7.3%)の増加となりました。

セグメントごとの財政状態及び経営成績は次のとおりであります。

(電力通信部門)

電力通信部門において電力業界は、省エネ推進や発送電部門の法的分離による電力システム改革が進み、資材調達の全面見直し、修繕費の削減が行われ、取引量が減少しています。通信業界においても、設備投資抑制が継続しており、架線金物需要は低調に推移しております。

一方、鉄塔・鉄構については、経年による建替需要の増加に加え、鉄塔幹線の設計業務が好調で売上高、利益ともに増加となりました。

この結果、売上高は4,218百万円と前期比158百万円(3.9%)の増加、セグメント利益は593百万円と前期比86百万円(17.0%)の増加となりました。

セグメント資産は、主に売掛金674百万円と前期比28百万円の増加、有形及び無形固定資産765百万円と前期比40百万円の増加、棚卸資産807百万円と前期比10百万円の増加により、前期比84百万円増加の2,465百万円となりました。

 

(建材部門)

建材部門においては、2025年の大阪万博や新幹線の延伸、インバウンド需要による建物の増加と、建設業界は好況でありますが、2019年度はオリンピック期間中の工事抑制に協力するため、発注が抑えられております。

この結果、売上高は1,793百万円と前期比305百万円(14.5%)の減少、セグメント利益は120百万円と前期比17百万円(12.8%)の減少となりました。

セグメント資産は主に売掛金318百万円と前期比109百万円の減少、電子記録債権102百万円と前期比47百万円の減少、棚卸資産211百万円と前期比51百万円の増加、有形及び無形固定資産72百万円と前期比12百万円の減少により147百万円減少の778百万円となりました。

 

② 経営成績に重要な影響を与える要因について

当社の主力製品である架線金物は、鉄鋼等の原材料比率が高く、「2 事業等のリスク」に記載してありますように、その価格変動による収益への影響は甚大であり、販売価格への速やかな価格転嫁が必要となります。一方で、主要取引先である電力業界や通信業界では、資材調達の見直しや設備投資の抑制等が行われ、受注競争もより激しさを増している状況であり、直接的に販売価格に転嫁することが厳しくなっております。

この状況に対し、これまで培ったノウハウを集約し原価低減を進め、販売価格への原材料の価格変動の影響を抑えると共に、市場環境や多様化する顧客のニーズに応えるため、新製品開発など提案型営業を進める事で取引先にとって有為なメーカーであることを追求してまいります。

 

③ 経営上の目標の達成状況について

当社は毎期安定的な利益を継続的に確保するとともに、株主利益重視と経営効率化の観点から「総資本利益率(ROA)」、「自己資本比率」及び「配当性向」を重要な指標として位置づけております。

当事業年度における「総資本利益率(ROA)」は4.5%(前年同期比0.5ポイント増加)、「自己資本比率」は58.9%(前年同期比6.4ポイント増加)、「配当性向」は10.5%(前年同期比0.8ポイント減少)でした。引き続きこれらの指標について、改善されるよう取り組んでまいります。

 

キャッシュ・フローの状況分析・検討内容並びに資本の財源及び資金の流動性に関わる情報について

当社の当事業年度のキャッシュ・フローは、現金及び現金同等物の期末残高が前年同期に比べ128百万円減少しております。これは主に取引先への支払条件の変更等により仕入債務が324百万円減少したことと、電力産業を取り巻く環境の変化によって架線金物の取引量の低下等の影響により売上債権が151百万円減少したことが主な要因であります。

資本の財源及び資金の流動性については、当社の資金需要は主に大きく分けて運転資金需要と設備資金需要の二つがあります。

運転資金需要のうち主なものは製品を製造するための材料仕入、製造費、販売費及び一般管理費等の営業費用によるものであり、また設備資金需要としましては、主に製造設備等の固定資産購入によるものであります。

現在、運転資金、設備資金につきましては内部資金より充当し、不足が生じた場合短期及び長期借入金で調達を行っております。

 

⑤ 重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

当社の財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成されております。この財務諸表の作成にあたり、見積りが必要な事項につきましては、一定の会計基準の範囲内にて合理的な基準に基づき、会計上の見積りを行っております。当社の財務諸表で採用する重要な会計方針は、「第5 経理の状況」の財務諸表の注記事項「重要な会計方針」に記載しているとおりであります。

なお、新型コロナウイルス感染症の影響に関する会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定につきましては「第5 経理の状況」の財務諸表の注記事項「追加情報」に記載しております。

 

 

4【経営上の重要な契約等】

該当事項はありません。

 

5【研究開発活動】

当社の研究開発活動は、お客様のニーズに合わせた製品開発を基本としております。新規製品の開発及び現行品の改善において、これまでの製造過程から得た固有の技術を生かして製品の開発を推進し、積極的な提案を行っております。

主要取引先である各電力会社・通信会社からは、既存製品のコスト低減や新規製品の開発を目的とした「VE・VA提案」の要請、及び現場作業の安全性・作業性向上に向けた検討が求められ、その要請に応えるべく開発・改善活動を展開いたしました。

また、建築関連においてはお客様ニーズを基に、それに応えるべく研究開発活動を展開しました。

 

その研究開発活動の結果、当事業年度は次の成果を得ました。

(1) 電力通信部門

① 固有技術の高度化による開発

・新工法による機材の開発(パンザマスト取替工具、無停電工法用架空地線金物)

・材料の経年変化による強度確認(可変式アームバンドの振動試験)

・高耐食性めっきの研究(溶融亜鉛アルミニウム合金めっき)

・次世代通信用金物の開発(可搬型基地局、メッセンジャー取付金具)

② 既存技術の適用拡大による生産工程の改善

・コストダウン提案による製品化(低圧直付金物)

・ファイバーレーザー加工機および工程改善によるによる短納期・低コスト提案(単相変圧器取付金具)

③ ニーズに基づく新製品開発

・現場環境に対応した機材の開発(屋外線上空通過回避金物)

・セキュリティー機材の開発(監視カメラ用架台)

・環境負荷低減に伴う機材の開発(グリーンエアコン架台)

 

(2) 建材部門

① ニーズに基づく新製品開発

・現場打ちスタッド機材の開発(スタッド溶接機)

・スタッド施工関連工具の開発(スタッド溶接機ガン)

・特殊免震装置

 

この結果、当事業年度の研究開発費は51百万円となりました。

なお、研究開発費は開発グループの人件費をセグメント及び品目別に区分することは困難なため、セグメント及び品目別金額については記載しておりません。

 

第3【設備の状況】

1【設備投資等の概要】

当事業年度は主に経常的設備の更新、補充を目的として、電力通信部門176百万円、建材部門8百万円の設備投資を行いました。

また、当事業年度において重要な設備の除却、売却等はありません。

 

2【主要な設備の状況】

2020年3月31日現在

 

事業所名

(所在地)

セグメント

の名称

設備の内容

帳簿価額(千円)

従業

員数

(人)

建物及び

構築物

機械装置

及び運搬具

土地

(面積㎡)

リース

資産

その他

合計

富山工場

(富山県射水市)

電力通信部門

架線金物及び鉄塔・鉄構製造販売設備

110,251

237,618

93,939

(12,717.74)

16,879

458,690

90

鹿沼工場

(栃木県鹿沼市)

電力通信部門

建材部門

架線金物及びスタッド製造設備

139,094

196,328

23,757

(32,840.94)

9,727

368,907

49

本社

(東京都品川区)

全社共通

販売管理統括施設

247

1,982

454

2,335

5,020

35

旧千葉工場

(千葉県山武市)

全社共通

賃貸用不動産及び遊休地

109,025

(83,474.61)

109,025

(注)1.帳簿価額のうち「その他」は工具、器具及び備品の合計であり、建設仮勘定は含めておりません。なお、金額には消費税等を含めておりません。

2.土地の面積は、共有持分がある場合は持分相当面積を算出して記載しております。

 

3【設備の新設、除却等の計画】

重要な設備の新設、除却等の計画はありません。

 

第4【提出会社の状況】

1【株式等の状況】

(1)【株式の総数等】

①【株式の総数】

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

2,800,000

2,800,000

 

②【発行済株式】

種類

事業年度末現在発行数(株)

(2020年3月31日)

提出日現在発行数(株)

(2020年6月25日)

上場金融商品取引所名又は登録認可金融商品取引業協会名

内容

普通株式

880,000

880,000

東京証券取引所

JASDAQ

(スタンダード)

単元株式数は100株であります。

880,000

880,000

 

 

(2)【新株予約権等の状況】

①【ストックオプション制度の内容】

 該当事項はありません。

 

②【ライツプランの内容】

 該当事項はありません。

 

③【その他の新株予約権等の状況】

 該当事項はありません。

 

(3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

 該当事項はありません。

 

(4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

年月日

発行済株式

総数増減数

(千株)

発行済株式

総数残高

(千株)

資本金増減額

 

(千円)

資本金残高

 

(千円)

資本準備金

増減額

(千円)

資本準備金

残高

(千円)

2017年10月1日(注)

△7,920

880

655,200

221,972

(注)2017年6月28日開催の第78期定時株主総会決議により、2017年10月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株式併合を行っております。

 

(5)【所有者別状況】

 

 

 

 

 

 

 

2020年3月31日現在

区分

株式の状況(1単元の株式数100株)

単元未満

株式の状況

(株)

政府及び

地方公共

団体

金融機関

金融商品

取引業者

その他の

法人

外国法人等

個人

その他

個人以外

個人

株主数(人)

5

16

63

5

434

523

所有株式数

(単元)

600

58

4,698

18

3,422

8,796

400

所有株式数

の割合(%)

6.83

0.66

53.41

0.20

38.90

100.00

(注)自己株式100,803株は「個人その他」に1,008単元、「単元未満株式の状況」欄に3株を含めて記載しております。

 

(6)【大株主の状況】

 

 

2020年3月31日現在

氏名又は名称

住所

所有株式数(百株)

発行済株式(自己株式を除く。)の総数に対する所有株式数の割合(%)

㈱ニュー・オータニ

東京都千代田区紀尾井町4番1号

2,168

27.82

㈱エムアンドエーコーポレーション

東京都港区元赤坂1丁目7番20号

774

9.93

㈱テーオーシーサプライ

東京都品川区西五反田7丁目22番17号

550

7.05

大 谷 和 彦

東京都千代田区

421

5.40

大 谷 けい子

東京都渋谷区

420

5.39

大谷鹿沼取引先持株会

東京都品川区西五反田7丁目22番17号

299

3.83

大谷富山取引先持株会

富山県射水市戸破3456

289

3.70

㈲大谷興産

東京都品川区上大崎3丁目10番50号

180

2.31

㈱三井住友銀行

東京都千代田区丸の内1丁目1番2号

150

1.92

㈱みずほ銀行

東京都千代田区大手町1丁目5番5号

150

1.92

㈱北陸銀行

富山県富山市堤町通り1丁目2番26号

150

1.92

5,551

71.24

 

 

(7)【議決権の状況】

①【発行済株式】

 

 

 

 

2020年3月31日現在

区分

株式数(株)

議決権の数(個)

内容

無議決権株式

 

議決権制限株式(自己株式等)

 

議決権制限株式(その他)

 

完全議決権株式(自己株式等)

(自己保有株式)

普通株式

100,800

完全議決権株式(その他)

普通株式

778,800

7,788

単元未満株式数    (注)

普通株式

400

1単元(100株)未満の株式

発行済株式総数

 

880,000

総株主の議決権

 

7,788

(注)「単元未満株式」の株式数の欄には、当社所有の自己株式が3株含まれております。

 

②【自己株式等】

 

 

 

 

2020年3月31日現在

所有者の氏名

又は名称

所有者の住所

自己名義

所有株式数

(株)

他人名義

所有株式数

(株)

所有株式数

の合計

(株)

発行済株式

総数に対する

所有株式数

の割合(%)

(自己保有株式)

株式会社大谷工業

東京都品川区西五反田

7丁目22番17号

100,800

-

100,800

11.45

100,800

-

100,800

11.45

 

2【自己株式の取得等の状況】

【株式の種類等】

会社法第155条第7号に該当する普通株式の取得

 

(1)【株主総会決議による取得の状況】

該当事項はありません。

 

(2)【取締役会決議による取得の状況】

該当事項はありません。

 

(3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

区分

株式数(株)

価額の総額(千円)

当事業年度における取得自己株式

14

170

当期間における取得自己株式

(注) 当期間における取得自己株式には、2020年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りによる株式は含まれておりません。

 

(4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

区分

当事業年度

当期間

株式数(株)

処分価額の総額

(千円)

株式数(株)

処分価額の総額

(千円)

引き受ける者の募集を行った取得自己株式

消却の処分を行った取得自己株式

合併、株式交換、会社分割に係る移転を行った取得自己株式

その他(-)

保有自己株式数

100,803

100,803

(注) 当期間における保有自己株式には、2020年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りによる株式数は含めておりません。

 

3【配当政策】

当社は株主の皆様への長期的利益還元を重要な経営課題と考え、毎期安定的な利益を継続的に確保するとともに、配当性向の向上に努め、継続的かつ安定配当をすることを基本としております。

当社の剰余金の配当は、中間配当及び期末配当の年2回を基本的な方針としております。これらの剰余金の配当の決定機関は、中間配当は取締役会、期末配当は株主総会であります。

当事業年度の剰余金の配当は業績内容を勘案し、1株当たり年間30円(配当性向10.5%)といたしました。次期の配当は期末において1株当たり年間30円(配当性向11.1%)を予定しております。

また、内部留保金につきましては、今後の生産設備等の充実を図り市場に対応した事業展開に備えることとしております。

なお、当社は、「取締役会の決議によって、毎年9月30日現在の最終の株主名簿に記載または記録された株主または登録株式質権者に対し、中間配当を行うことができる。」旨を定款に定めております。

 

(注)基準日が当事業年度に属する剰余金の配当は、以下のとおりであります。

決議年月日

配当金の総額

(千円)

1株当たり配当額

(円)

2020年6月25日

定時株主総会決議

23,375

30.0

 

 

4【コーポレート・ガバナンスの状況等】

(1)【コーポレート・ガバナンスの概要】

① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

当社は、経営の透明性や経営環境の変化に迅速に対応できる組織体制を確立し、法令を遵守し企業価値の向上を図ることをコーポレート・ガバナンスの基本的な方針としております。

 

② 企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由

取締役会は定例取締役会を毎月1回、必要に応じて臨時取締役会を開催し、法令または定款の定める事項のほか業務執行の基本事項について会社の意思を決定するとともに、業務執行状況の報告を受け、取締役の適正な業務執行が図られるよう監督しております。構成人員は取締役7名(代表取締役社長鈴木和也、大谷和彦、芝﨑安宏、竹内克彦、津澤明彦、中澤忠彦、菊明雄)、社外取締役2名(大谷卓男、崎山喜代志)であります。

監査役会は、毎月1回開催し、その職務の遂行上知り得た情報を相互に共有し、意見交換を行い、連携を図っております。また、監査役は取締役会に、さらに常勤監査役はその他業務部門の重要な会議等にも出席し、取締役会のほか重要な意思決定の過程及び業務執行状況を監査しております。構成人員は監査役1名(監査役山田晴彦)、社外監査役2名(稲葉弘文、羽廣元和)であります。

監査グループは、内部監査部門として、各部門の業務監査及び内部統制監査を行っております。構成人員は2名(監査グループサブマネージャー吉田剛、酒井靖)であります。

また弁護士や税理士から、より専門的な立場での適切なアドバイスを得るため顧問契約を結び万全を期しております。

以上の体制及びその運用により、経営監視機能の実効性と独立性は十分に確保されていると考えており現在の体制を採用しております。

 

0104010_001.png

 

 

③ 企業統治に関するその他の事項

(a)取締役の定数

当社の取締役は3名以上とする旨定款に定めております。

(b)取締役の選任の決議要件

当社は、取締役の選任決議については、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、出席した当該株主の議決権の過半数をもって行う旨定款に定めております。また、取締役の選任決議は、累積投票によらないものとする旨定款に定めております。

(c)株主総会の特別決議事項

当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨定款に定めております。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目的とするものであります。

(d)株主総会決議事項を取締役会で決議することができる事項

イ 自己株式の取得

当社は、会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議をもって、自己株式を取得することができる旨定款に定めております。これは、経営環境の変化に対応した機動的な資本政策の遂行を可能とするため、市場取引等により自己株式を取得することを目的とするものであります。

ロ 中間配当

当社は、取締役会の決議によって毎年9月30日現在の最終の株主名簿等に記載または記録された株主または登録株式質権者に対し、中間配当を行うことができる旨定款に定めております。これは、株主への機動的な利益還元を行うことを目的とするものであります。

ハ 取締役及び監査役の責任免除

当社は、会社法第423条第1項に規定する取締役(取締役であった者を含む。)及び監査役(監査役であった者を含む。)の損害賠償責任について、法令に定める要件に該当する場合には、法令の限度において、取締役会の決議によって免除することができる旨定款に定めております。これは、取締役及び監査役がその期待される役割を十分に発揮できることを目的とするものであります。

 

(2)【役員の状況】

① 役員一覧

男性 12名 女性 -名(役員のうち女性の比率 -%)

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株

式数

(百株)

取締役会長

(代表取締役)

大 谷 和 彦

1946年7月8日

 

1975年5月

当社取締役

1993年6月

株式会社ホテルニューオータニ(現㈱ニュー・オータニ)代表取締役社長(現任)

〃  〃

株式会社ホテルニューオータニ九州(現㈱ニューオータニ九州)代表取締役会長(現任)

1995年6月

当社代表取締役会長

〃  〃

株式会社テーオーシー代表取締役会長(現任)

1997年7月

株式会社テーオーリネンサプライ代表取締役名誉会長(現任)

1999年2月

株式会社ニューオータニエンタープライズ(現エイチアールティーニューオータニ㈱)代表取締役名誉会長(現任)

2007年10月

当社取締役会長

2009年8月

株式会社TOLコマーシャル・ディレクション(現㈱TOLCD)代表取締役名誉会長(現任)

2017年6月

当社取締役名誉会長

2018年6月

当社代表取締役会長(現任)

 

注3

421

取締役副会長

(代表取締役)

経営全般、渉外統括調整担当

芝 﨑 安 宏

1947年3月25日

 

1969年4月

当社入社

2004年6月

当社取締役管理部門担当

2005年6月

当社代表取締役社長

2017年6月

当社相談役

2018年6月

当社代表取締役副会長

2019年6月

当社代表取締役副会長経営全般、渉外統括調整担当(現任)

 

注3

27

取締役社長

(代表取締役)

経営全般、監査・営業第一・営業推進担当

鈴 木 和 也

1958年7月8日

 

1981年4月

当社入社

2013年6月

当社理事営業第一グループマネージャー

2015年3月

当社理事営業推進グループマネージャー

 〃  6月

当社取締役営業推進グループマネージャー

2016年6月

当社取締役営業推進・開発担当兼営業推進グループマネージャー

2017年6月

当社取締役営業第三・営業推進担当兼営業推進グループマネージャー

 〃  6月

当社取締役営業第三・営業推進担当

2018年6月

当社代表取締役社長全般、監査・営業第一・営業第三・営業推進担当

2019年6月

当社代表取締役社長経営全般、監査・営業第一・営業推進担当(現任)

 

注3

11

取締役

営業第二・富山工場担当兼営業第二グループマネージャー

竹 内 克 彦

1958年6月6日

 

1982年4月

北陸電力㈱入社

2014年6月

同社品質管理部副部長(品質管理担当)兼品質管理部考査室長

2015年7月

当社理事営業第二グループマネージャー

2017年6月

当社取締役営業第二担当

 〃  9月

当社取締役営業第二担当兼営業第二グループマネージャー

2019年6月

当社取締役営業第二・富山工場担当兼営業第二グループマネージャー(現任)

 

注3

5

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株

式数

(百株)

取締役

鹿沼工場・開発担当兼鹿沼工場グループマネージャー

津 澤 明 彦

1959年9月28日

 

1982年4月

当社入社

2012年6月

当社鹿沼工場グループマネージャー

2015年6月

当社理事鹿沼工場グループマネージャー

2017年6月

当社取締役鹿沼工場・開発担当兼鹿沼工場グループマネージャー

 〃  9月

当社取締役鹿沼工場・開発担当

2019年6月

当社取締役鹿沼工場・開発担当兼鹿沼工場グループマネージャー(現任)

 

注3

6

取締役

管理・IR担当兼管理グループマネージャー

中 澤 忠 彦

1960年3月29日

 

1983年4月

当社入社

2011年3月

当社営業第二グループサブマネージャー

2016年6月

当社理事営業第一グループマネージャー

2018年8月

当社理事管理グループマネージャー

2019年6月

当社取締役管理・IR担当兼管理グループマネージャー(現任)

 

注3

23

取締役

営業第三担当

菊   明 雄

1958年9月29日

 

1977年4月

当社入社

2010年11月

当社営業第三グループサブマネージャー

2015年6月

当社理事営業第二グループマネージャー

2017年9月

当社理事鹿沼工場グループマネージャー

2019年6月

当社取締役営業第三担当(現任)

 

注3

9

取締役

大 谷 卓 男

1953年6月11日

 

1988年6月

株式会社テーオーシー取締役

1993年6月

同社代表取締役社長(現任)

1995年6月

当社取締役(現任)

〃  〃

株式会社ホテルニューオータニ(現㈱ニュー・オータニ)取締役(現任)

1998年7月

株式会社テーオーリネンサプライ代表取締役会長(現任)

2000年10月

星製薬株式会社代表取締役社長(現任)

2009年8月

株式会社TOCディレクション代表取締役社長(現任)

〃  〃

株式会社TOLコマーシャル・ディレクション(現㈱TOLCD)代表取締役会長(現任)

2018年6月

株式会社テーオーシーサプライ代表取締役会長(現任)

 

注3

18

取締役

崎 山 喜 代 志

1954年6月3日

 

1997年9月

株式会社ニューオータニ(現㈱ニュー・オータニ)宿泊部長

1999年11月

同社ホテルニューオータニ幕張副総支配人

2005年9月

同社取締役ホテルニューオータニ大阪総支配人

2014年3月

同社取締役経営管理室担当

2015年6月

株式会社TOLCD取締役(現任)

〃  〃

株式会社ニュー・オータニ取締役(現任)

2016年6月

株式会社テーオーシー執行役員秘書室長(現任)

2018年6月

当社取締役(現任)

 

注3

-

監査役

(常勤)

山 田 晴 彦

1954年3月1日

 

1976年4月

当社入社

2010年3月

当社開発グループマネージャー

 〃  6月

当社理事開発グループマネージャー

2016年6月

当社常勤監査役(現任)

 

注4

10

監査役

稲 葉 弘 文

1959年4月2日

 

2000年8月

三陽紙器株式会社代表取締役社長

2004年2月

株式会社サンキュージャパン代表取締役社長

2005年2月

三陽エンジニアリング株式会社代表取締役社長(現任)

2006年6月

株式会社テーオーシー取締役(現任)

2011年6月

当社監査役(現任)

 

注5

3

監査役

羽 廣 元 和

1945年9月15日

 

2006年6月

株式会社ニューオータニ(現㈱ニュー・オータニ)監査役(現任)

2008年6月

株式会社テーオーシー常務取締役事務管理部門担当、製薬事業部門管掌

2011年6月

当社監査役(現任)

2014年7月

株式会社テーオーシー顧問(現任)

 

注4

-

533

 

(注)1.取締役大谷卓男及び崎山喜代志は、社外取締役であります。

2.監査役稲葉弘文及び羽廣元和は、社外監査役であります。

3.取締役の任期は、2019年3月期に係る定時株主総会終結の時から2021年3月期に係る定時株主総会終結の時までであります。

4.監査役山田晴彦及び羽廣元和の任期は、2020年3月期に係る定時株主総会終結の時から2024年3月期に係る定時株主総会終結の時までであります。

5.監査役稲葉弘文の任期は、2019年3月期に係る定時株主総会終結の時から2023年3月期に係る定時株主総会終結の時までであります。

 

② 社外役員の状況

当社の社外取締役は2名、社外監査役は2名であります。

社外取締役大谷卓男氏は、㈱テーオーシーの代表取締役社長及び㈱テーオーシーサプライの代表取締役会長であります。当社は㈱テーオーシーから事務所の一部を賃借しており、㈱テーオーシーサプライは当社発行済株式の総数(自己株式を除く)の7.05%を有する大株主であります。同氏は長年にわたる企業経営者としての豊富な経験と高い経営的見識を有しており、社外取締役として業務執行を行う経営陣から独立した立場で適切な助言と提言を受けることにより、当社の経営に資することが大きいと判断し、選任しております。

社外取締役崎山喜代志氏は、㈱ニュー・オータニの取締役及び㈱テーオーシーの執行役員であります。㈱ニュー・オータニは当社発行済株式の総数(自己株式を除く)の27.82%を有する大株主であります。同氏は長年にわたる経営者としての豊富な経験と高い見識を有しており、社外取締役として独立した中立的な立場から当社の経営に関する助言・監督等の職務を適切に遂行できるものと判断し、選任しております。

社外監査役稲葉弘文氏は、三陽エンジニアリング㈱の代表取締役社長であり、社外監査役羽廣元和氏は、㈱ニュー・オータニの監査役及び㈱テーオーシーの顧問であります。

社外監査役稲葉弘文氏及び社外監査役羽廣元和氏は、企業経営者としての豊富な経験と幅広い知見に基づき適切に監査業務を遂行していただけると判断し、選任しております。なお、記載すべき取引及び利害関係はありません。

当社において、社外取締役及び社外監査役を選任するための独立性に関する基準または方針はないものの、専門的な知見に基づく客観的かつ適切な監督又は監査といった機能及び役割が期待され、一般株主と利益相反が生じるおそれがないことを基本的な考え方として、選任しております。

 

③ 社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部統制部門との関係

社外取締役は取締役会を通じて必要な情報の収集及び意見の表明を行うことにより、また、社外監査役は会計監査人や内部監査部門及び内部統制部門との連携を図ることにより、経営監視機能の充実を図っております。

 

 

(3)【監査の状況】

①監査役監査の状況

 監査役監査は財務及び会計に相当程度の知見を有する常勤監査役1名と、幅広い知見と豊富な経験を有す社外監査役2名に就任いただき、その職務の遂行上知り得た情報を相互に共有し、意見交換を行い、連携を図っております。監査の方法は監査役会が定めた監査役監査の基準に準拠し、取締役会その他業務部門の重要な会議等へ出席し取締役会ほかの重要な意思決定の過程及び業務執行状況を監査することにより、監査役機能の実効性の確保を図っております。また、監査グループから監査計画と監査結果について定期的な報告を受けるほか、必要に応じて会計監査人の往査及び監査講評等に立ち会うなど、監査グループ及び会計監査人と相互に密接な連携を保ち効率的な監査を実施しております。

 当事業年度においては当社は監査役会を毎月1回開催しており、平均所要時間は30分であります。個々の監査役の出席状況は次のとおりであります。

 

氏 名

開催回数

出席回数

山 田 晴 彦

13回

13回

稲 葉 弘 文

13回

13回

羽 廣 元 和

13回

13回

 

 監査役会における主な検討事項は、事業計画の進捗状況、労務管理のほか内部統制システムの運用状況の確認、会計監査人の相当性および利益相反取引などがあります。

 さらに常勤監査役の活動として代表取締役・取締役とヒアリングを行うとともに、マネージャー会議など重要な会議にも出席し、また重要な決済書類の閲覧を行い監査しております。

 

②内部監査の状況

 内部監査は監査グループ(人員2名)が担当し、内部監査年間計画書に基づく通常監査と社長の命により随時行う特命監査を実施しております。監査結果は被監査部門に説明し意見を聴取し、内部監査報告書により社長及び監査役に報告し監査の連携を図っております。また、内部統制部門が実施する統制状況について内部統制監査を実施し、内部統制の有効性についての評価及びフィードバックを行っております。

 

③会計監査の状況

会計監査人は有限責任監査法人トーマツを選任し、法定監査を受けております。

 

b.継続監査期間

1988年以降

 

c.業務を執行した公認会計士の氏名については次のとおりであります。

業務を執行した公認会計士の氏名

大 中 康 宏

佐 瀬   剛

(注) 継続監査年数が全員7年以内であるため、記載を省略しております。

 

d.監査業務に係る補助者の構成は次のとおりであります。

監査業務に係る補助者の構成

人数(名)

公認会計士

その他

 

e.監査法人の選定方針と理由

 当社の会計監査人に必要とされる専門性、独立性、品質管理体制、当社の事業活動に対する理解に基づき監査する体制を有していることなどを総合的に判断した結果、適任と判断したためであります。

 

f.監査役及び監査役会による監査法人の評価

有限責任監査法人トーマツについて、会計監査人の適格性及び独立性を害する事由はなく、適正な監査が可能であり、監査方法も相当であると評価しております。

 

④監査報酬の内容等

監査公認会計士等に対する報酬の内容

区分

前事業年度

当事業年度

監査証明業務に基づく報酬(百万円)

非監査業務に基づく報酬

(百万円)

監査証明業務に基づく報酬(百万円)

非監査業務に基づく報酬

(百万円)

提出会社

22

22

1

当社における非監査業務の内容は、新収益認識基準の導入に関する助言業務を依頼しております。

 

b.監査公認会計士等と同一のネットワーク(デロイトグループ)に属する組織に対する報酬(a.を除く)

該当事項はありません。

 

c.その他重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

該当事項はありません。

 

d.監査報酬の決定方針

 監査報酬については、会計監査人から提出された監査計画の妥当性を検証のうえ、当該計画に示された監査時間等から監査報酬が合理的であると判断したうえで決定することとしております。

 

e.監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由

監査役会は、会計監査人の監査計画の内容、職務遂行状況及び報酬見積もりの算定根拠等が適切であるかどうかについて検証を行い、当該検証結果を踏まえて、報酬等の額について同意の判断をいたしました。

(4)【役員の報酬等】

① 役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項

当社は役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針は、取締役の役位、経歴等、その責任に応じた基本報酬としており、業務の執行状況等を総合的に勘案して、独立役員が出席する取締役会において決定しております。この方針により、各取締役の業務目標の達成状況等を勘案し、役員報酬について代表取締役社長が草案を作成し、株主総会において決議いただいている報酬総額を限度額とした範囲内で取締役会において協議の上で、その配分を決定しております。

社外役員、監査役は、業務執行から独立した立場として経営の助言を行う役割であり、その業務責任に対するものを基本報酬としております。

 

 取締役の報酬限度額は、1991年6月26日開催の第52期定時株主総会において月額1,500万円以内と決議いただいております。

 監査役の報酬限度額は、1987年6月24日開催の第48期定時株主総会において月額140万円以内と決議いただいております。

 当社の役員の報酬等の額、又その算定方法の決定に関する方針の決定権限を有する者は代表取締役社長であり、その権限の範囲は株主総会で決議した総額の範囲内で取締役会の承認により代表取締役社長に一任されております。

 

② 役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

役員区分

報酬等の総額

(百万円)

報酬等の種類別の総額(百万円)

対象となる

役員の員数

(人)

基本報酬

ストック

オプション

賞与

退職慰労金

取締役

(社外取締役を除く。)

103

98

4

8

監査役

(社外監査役を除く。)

9

9

0

1

社外役員

6

6

4

 

③ 役員ごとの報酬等の総額等

報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。

 

④ 使用人兼務役員の使用人分給与のうち重要なもの

使用人兼務役員である者が存在しないため、記載しておりません。

 

 

(5)【株式の保有状況】

① 投資株式の区分の基準及び考え方

当社の投資株式は、保有目的が純投資目的である投資株式と純投資目的以外の目的である投資株式の区分について、株式の時価による変動または配当による利益を得ることを目的として保有する株式を純投資目的とする投資株式としており、それ以外の投資株式を政策保有株式として区分しております。政策保有目的以外の投資株式は保有しておりません。

 

② 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

a.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の内容

 当社では事業関連の取引先企業において、電力・通信事業との長期的・安定的な関係性の維持を行い、インフラ整備を行う上での技術的分野の向上、また高品質を維持していく上での関係性を強化することを目的としております。金融機関の投資株式について、金融取引以外に当社事業展開の契機を得る取引の仲介などを目的として政策保有株式を保有しております。

 当該株式の保有意義の検証については、四半期毎に保有目的などの定性面に加えて、保有による便益やリスク等、定量的項目も考慮して個別に検討しております。政策保有株式を含む有価証券の新規取得、買い増し、または売却の要否は、政策保有株式の保有意義を検証したうえで、取締役会の承認によるものとしております。

 

b.銘柄数及び貸借対照表計上額

 

銘柄数

(銘柄)

貸借対照表計上額の

合計額(百万円)

非上場株式

1

11

非上場株式以外の株式

11

53

 

(当事業年度において株式数が増加した銘柄)

 

銘柄数

(銘柄)

株式数の増加に係る取得

価額の合計額(百万円)

株式数の増加の理由

非上場株式

非上場株式以外の株式

2

1

取引先持株会の継続による増加

 

(当事業年度において株式数が減少した銘柄)

 

銘柄数

(銘柄)

株式数の減少に係る売却

価額の合計額(百万円)

非上場株式

1

3

非上場株式以外の株式

 

 

c.特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報

特定投資株式

銘柄

当事業年度

前事業年度

保有目的、定量的な保有効果

及び株式数が増加した理由

当社の株式の

保有の有無

株式数(株)

株式数(株)

貸借対照表計上額

(百万円)

貸借対照表計上額

(百万円)

イワブチ㈱

2,100

2,100

主に架線金物の取引関係維持強化のため

10

10

北陸電気工事㈱

10,000

10,000

架線金物及び鉄塔・鉄構の取引関係維持強化のため

9

8

㈱トーエネック

2,705

2,282

主に架線金物の取引関係維持強化のため

取引先持株会の継続による増加

8

6

㈱三井住友フィナンシャルグループ

2,100

2,100

金融取引にかかる取引先としての関係維持強化のため

5

8

㈱関電工

5,000

5,000

主に架線金物の取引関係維持強化のため

4

4

北陸電力㈱

5,000

5,000

架線金物及び鉄塔・鉄構の取引関係維持強化のため

3

4

㈱三菱UFJフィナンシャル・グループ

7,200

7,200

金融取引にかかる取引先としての関係維持強化のため

2

3

㈱CKサンエツ

826

735

主に架線金物の取引関係維持強化のため

取引先持株会の継続による増加

2

2

㈱ほくほくフィナンシャルグループ

2,400

2,400

金融取引にかかる取引先としての関係維持強化のため

2

2

㈱みずほフィナンシャルグループ

17,000

17,000

金融取引にかかる取引先としての関係維持強化のため

2

2

東京電力ホールディングス㈱

5,000

5,000

主に架線金物の取引関係維持強化のため

1

3

(注)1.株式会社三井住友フィナンシャルグループは当社株式を保有しておりませんが、同社子会社である株式会社三井住友銀行は当社株式を保有しております。

2.株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループは当社株式を保有しておりませんが、同社子会社である三菱UFJ信託銀行株式会社は当社株式を保有しております。

3.株式会社ほくほくフィナンシャルグループは当社株式を保有しておりませんが、同社子会社である株式会社北陸銀行は当社株式を保有しております。

4.株式会社みずほフィナンシャルグループは当社株式を保有しておりませんが、同社子会社である株式会社みずほ銀行は当社株式を保有しております。

 

みなし保有株式

該当事項はありません。

 

③ 保有目的が純投資目的である投資株式

該当事項はありません。

 

第5【経理の状況】

 

 

1 財務諸表の作成方法について

当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(1963年大蔵省令第59号)に基づいて作成しております。

 

2 監査証明について

当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、事業年度(2019年4月1日から2020年3月31日まで)の財務諸表について、有限責任監査法人トーマツにより監査を受けております。

 

3 連結財務諸表について

当社は子会社がありませんので、連結財務諸表を作成しておりません。

 

4 財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

当社は、以下のとおり財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。

具体的には、会計基準等の内容の適切な把握及び変更等について的確に対応することができる体制を整備するため、公益財団法人財務会計基準機構への加入及び各種団体や監査法人主催のセミナー等に参加しております。

 

1【財務諸表等】

(1)【財務諸表】

①【貸借対照表】

 

 

(単位:千円)

 

前事業年度

(2019年3月31日)

当事業年度

(2020年3月31日)

資産の部

 

 

流動資産

 

 

現金及び預金

1,565,678

1,437,322

受取手形

※2 204,047

※2 180,073

電子記録債権

※2 260,397

※2 213,663

売掛金

1,073,739

992,485

商品及び製品

425,576

482,674

仕掛品

343,526

346,387

原材料及び貯蔵品

188,214

189,907

前払費用

13,851

11,565

その他

49,771

5,848

流動資産合計

4,124,804

3,859,927

固定資産

 

 

有形固定資産

 

 

建物

※1 1,238,591

※1 1,283,598

減価償却累計額

1,055,761

1,071,249

建物(純額)

182,830

212,348

構築物

※1 183,844

※1 207,744

減価償却累計額

167,994

170,498

構築物(純額)

15,850

37,245

機械及び装置

※1,※4 2,490,758

※1,※4 2,537,040

減価償却累計額

2,051,489

2,116,975

機械及び装置(純額)

439,269

420,064

車両運搬具

72,825

75,682

減価償却累計額

59,294

59,818

車両運搬具(純額)

13,531

15,863

工具、器具及び備品

245,288

266,597

減価償却累計額

225,059

237,653

工具、器具及び備品(純額)

20,229

28,943

土地

※1 226,722

※1 226,722

リース資産

3,628

1,186

減価償却累計額

2,488

731

リース資産(純額)

1,139

454

建設仮勘定

16,437

3,410

有形固定資産合計

916,009

945,053

無形固定資産

 

 

ソフトウエア

8,021

8,654

電話加入権

1,972

1,972

ソフトウエア仮勘定

8,522

その他

1,887

1,706

無形固定資産合計

11,881

20,855

 

 

 

 

(単位:千円)

 

前事業年度

(2019年3月31日)

当事業年度

(2020年3月31日)

投資その他の資産

 

 

投資有価証券

73,910

65,442

関係会社株式

10,500

10,500

出資金

3,572

3,573

従業員に対する長期貸付金

124

357

差入保証金

12,448

10,791

会員権

14,713

17,163

繰延税金資産

57,688

54,058

その他

3,042

1,450

投資その他の資産合計

175,999

163,336

固定資産合計

1,103,890

1,129,245

資産合計

5,228,695

4,989,173

負債の部

 

 

流動負債

 

 

支払手形

36,603

22,672

電子記録債務

927,953

644,369

買掛金

431,546

404,757

短期借入金

※1 48,000

※1 48,000

未払金

17,524

36,105

設備関係未払金

※4 64,992

※4 17,914

未払費用

195,763

182,299

未払法人税等

62,059

45,819

未払消費税等

35,689

23,187

その他

59,002

92,403

流動負債合計

1,879,135

1,517,531

固定負債

 

 

リース債務

14,992

5,606

退職給付引当金

496,203

436,303

役員退職慰労引当金

26,730

27,150

長期預り保証金

62,379

59,363

資産除去債務

5,975

5,975

固定負債合計

606,280

534,397

負債合計

2,485,415

2,051,928

 

 

 

 

(単位:千円)

 

前事業年度

(2019年3月31日)

当事業年度

(2020年3月31日)

純資産の部

 

 

株主資本

 

 

資本金

655,200

655,200

資本剰余金

 

 

資本準備金

221,972

221,972

資本剰余金合計

221,972

221,972

利益剰余金

 

 

利益準備金

5,280

5,280

その他利益剰余金

 

 

繰越利益剰余金

2,143,685

2,343,174

利益剰余金合計

2,148,965

2,348,454

自己株式

296,822

296,993

株主資本合計

2,729,314

2,928,632

評価・換算差額等

 

 

その他有価証券評価差額金

13,964

8,611

評価・換算差額等合計

13,964

8,611

純資産合計

2,743,279

2,937,244

負債純資産合計

5,228,695

4,989,173

 

②【損益計算書】

 

 

(単位:千円)

 

前事業年度

(自 2018年4月1日

 至 2019年3月31日)

当事業年度

(自 2019年4月1日

 至 2020年3月31日)

売上高

 

 

商品及び製品売上高

6,158,874

6,012,605

売上原価

 

 

商品及び製品期首たな卸高

486,629

425,576

当期商品仕入高

1,131,995

1,017,426

当期製品製造原価

※1 3,710,872

※1 3,737,258

合計

5,329,496

5,180,261

他勘定振替高

592

290

商品及び製品期末たな卸高

425,576

482,674

売上原価合計

※3 4,903,327

※3 4,697,296

売上総利益

1,255,547

1,315,308

販売費及び一般管理費

※1,※4 1,014,885

※1,※4 1,006,299

営業利益

240,661

309,009

営業外収益

 

 

受取利息

33

44

受取配当金

2,431

3,602

受取保険金

2,500

雑収入

3,572

5,866

営業外収益合計

8,537

9,513

営業外費用

 

 

支払利息

1,502

846

雑損失

844

348

営業外費用合計

2,346

1,194

経常利益

246,852

317,328

特別利益

 

 

固定資産売却益

※5 44,669

※5 1,189

役員退職慰労引当金戻入額

16,599

保険解約返戻金

3,344

特別利益合計

64,612

1,189

特別損失

 

 

投資有価証券評価損

1,904

固定資産除売却損

※6 583

※6 6,325

特別損失合計

2,488

6,325

税引前当期純利益

308,977

312,191

法人税、住民税及び事業税

94,837

83,854

法人税等調整額

6,443

5,472

法人税等合計

101,280

89,326

当期純利益

207,696

222,865

 

製造原価明細書

 

 

前事業年度

(自 2018年4月1日

至 2019年3月31日)

当事業年度

(自 2019年4月1日

至 2020年3月31日)

区分

注記

番号

金額(千円)

構成比

(%)

金額(千円)

構成比

(%)

Ⅰ 材料費

 

2,094,597

56.6

2,094,883

56.0

Ⅱ 労務費

 

820,564

22.2

835,963

22.4

Ⅲ 経費

 

783,493

21.2

809,404

21.6

(うち外注加工費)

 

(306,131)

8.3

(342,231)

9.1

(うち減価償却費)

 

(162,603)

4.4

(143,818)

3.8

当期総製造費用

 

3,698,655

100

3,740,250

100

期首仕掛品たな卸高

 

355,925

 

343,526

 

合計

 

4,054,581

 

4,083,777

 

期末仕掛品たな卸高

 

343,526

 

346,387

 

他勘定振替高

 

182

 

131

 

当期製品製造原価

 

3,710,872

 

3,737,258

 

原価計算の方法

原価計算の方法は標準原価に基づく工程別総合原価計算によっております。原価差額は期末において税法の規定に基づき処理しております。

 

(注)※1.他勘定振替高の内訳は次のとおりであります。

項目

前事業年度

(自 2018年4月1日

至 2019年3月31日)

当事業年度

(自 2019年4月1日

至 2020年3月31日)

研究開発費への振替高(千円)

182

131

合計(千円)

182

131

 

③【株主資本等変動計算書】

前事業年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

 

 

 

 

 

 

 

(単位:千円)

 

株主資本

 

資本金

資本剰余金

利益剰余金

自己株式

株主資本合計

 

資本準備金

資本剰余金合計

利益準備金

その他利益剰余金

利益剰余金合計

 

繰越利益剰余金

当期首残高

655,200

221,972

221,972

5,280

1,959,364

1,964,644

296,822

2,544,994

当期変動額

 

 

 

 

 

 

 

 

剰余金の配当

 

 

 

 

23,376

23,376

 

23,376

当期純利益

 

 

 

 

207,696

207,696

 

207,696

自己株式の取得

 

 

 

 

 

 

 

 

株主資本以外の項目の当期変動額(純額)

 

 

 

 

 

 

 

 

当期変動額合計

184,320

184,320

184,320

当期末残高

655,200

221,972

221,972

5,280

2,143,685

2,148,965

296,822

2,729,314

 

 

 

 

 

 

評価・換算差額等

純資産合計

 

その他有価証券評価差額金

評価・換算差額等合計

当期首残高

19,517

19,517

2,564,511

当期変動額

 

 

 

剰余金の配当

 

 

23,376

当期純利益

 

 

207,696

自己株式の取得

 

 

 

株主資本以外の項目の当期変動額(純額)

5,552

5,552

5,552

当期変動額合計

5,552

5,552

178,768

当期末残高

13,964

13,964

2,743,279

 

当事業年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

 

 

 

 

 

 

 

(単位:千円)

 

株主資本

 

資本金

資本剰余金

利益剰余金

自己株式

株主資本合計

 

資本準備金

資本剰余金合計

利益準備金

その他利益剰余金

利益剰余金合計

 

繰越利益剰余金

当期首残高

655,200

221,972

221,972

5,280

2,143,685

2,148,965

296,822

2,729,314

当期変動額

 

 

 

 

 

 

 

 

剰余金の配当

 

 

 

 

23,376

23,376

 

23,376

当期純利益

 

 

 

 

222,865

222,865

 

222,865

自己株式の取得

 

 

 

 

 

 

170

170

株主資本以外の項目の当期変動額(純額)

 

 

 

 

 

 

 

 

当期変動額合計

199,488

199,488

170

199,317

当期末残高

655,200

221,972

221,972

5,280

2,343,174

2,348,454

296,993

2,928,632

 

 

 

 

 

 

評価・換算差額等

純資産合計

 

その他有価証券評価差額金

評価・換算差額等合計

当期首残高

13,964

13,964

2,743,279

当期変動額

 

 

 

剰余金の配当

 

 

23,376

当期純利益

 

 

222,865

自己株式の取得

 

 

170

株主資本以外の項目の当期変動額(純額)

5,352

5,352

5,352

当期変動額合計

5,352

5,352

193,965

当期末残高

8,611

8,611

2,937,244

 

④【キャッシュ・フロー計算書】

 

 

(単位:千円)

 

前事業年度

(自 2018年4月1日

 至 2019年3月31日)

当事業年度

(自 2019年4月1日

 至 2020年3月31日)

営業活動によるキャッシュ・フロー

 

 

税引前当期純利益

308,977

312,191

減価償却費

175,669

158,553

退職給付引当金の増減額(△は減少)

18,363

59,900

役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)

11,472

420

受取利息及び受取配当金

2,464

3,646

受取保険金

2,500

支払利息

1,502

846

投資有価証券評価損益(△は益)

1,904

有形及び無形固定資産除売却損益(△は益)

44,085

5,136

保険解約返戻金