EDINET閲覧(提出)サイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)をもとに上場企業サーチ作成

本ページはEDINETに提出された開示情報を上場企業サーチが加工/編集したものであり、記載された情報の正確性および完全性について上場企業サーチは一切の保証を行いません。本ページの情報を利用する際は自己の責任で判断頂き、意思決定に際しては適宜EDINETや提出会社が公開するオリジナルを参照する様にしてください。本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

 

【表紙】

 

【提出書類】

有価証券報告書

【根拠条文】

金融商品取引法第24条第1項

【提出先】

関東財務局長

【提出日】

令和3年6月25日

【事業年度】

第71期(自  令和2年4月1日  至  令和3年3月31日)

【会社名】

イワブチ株式会社

【英訳名】

IWABUCHI CORPORATION

【代表者の役職氏名】

代表取締役社長 内田 秀吾

【本店の所在の場所】

千葉県松戸市上本郷167番地

【電話番号】

047-368-2222(代表)

【事務連絡者氏名】

専務取締役管理本部長 遠藤 雅道

【最寄りの連絡場所】

千葉県松戸市上本郷167番地

【電話番号】

047-368-2222(代表)

【事務連絡者氏名】

専務取締役管理本部長 遠藤 雅道

【縦覧に供する場所】

イワブチ株式会社  名古屋支店

(名古屋市中区新栄一丁目32番33号)

イワブチ株式会社  大阪支店

(大阪市淀川区田川北二丁目5番20号)

株式会社東京証券取引所

(東京都中央区日本橋兜町2番1号)

 

 

E01439 59830 イワブチ株式会社 IWABUCHI CORPORATION 企業内容等の開示に関する内閣府令 第三号様式 Japan GAAP true cte cte 2020-04-01 2021-03-31 FY 2021-03-31 2019-04-01 2020-03-31 2020-03-31 1 false false false E01439-000 2021-06-25 E01439-000 2016-04-01 2017-03-31 E01439-000 2017-04-01 2018-03-31 E01439-000 2018-04-01 2019-03-31 E01439-000 2019-04-01 2020-03-31 E01439-000 2020-04-01 2021-03-31 E01439-000 2017-03-31 E01439-000 2018-03-31 E01439-000 2019-03-31 E01439-000 2020-03-31 E01439-000 2021-03-31 E01439-000 2016-04-01 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01439-000 2017-04-01 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01439-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01439-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01439-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01439-000 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01439-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01439-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01439-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01439-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01439-000 2021-03-31 jpcrp_cor:CorporateSharedMember E01439-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp_cor:CorporateSharedMember E01439-000 2021-06-25 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E01439-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E01439-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No1MajorShareholdersMember E01439-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No2MajorShareholdersMember E01439-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No3MajorShareholdersMember E01439-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No4MajorShareholdersMember E01439-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No5MajorShareholdersMember E01439-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No6MajorShareholdersMember E01439-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No7MajorShareholdersMember E01439-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No8MajorShareholdersMember E01439-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No9MajorShareholdersMember E01439-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No10MajorShareholdersMember E01439-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithNoVotingRightsMember E01439-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsTreasurySharesEtcMember E01439-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsOtherMember E01439-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesTreasurySharesSharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E01439-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesReciprocalHoldingSharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E01439-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsOtherMember E01439-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesLessThanOneUnitMember E01439-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row1Member E01439-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row2Member E01439-000 2021-06-25 jpcrp_cor:Row1Member E01439-000 2021-06-25 jpcrp_cor:Row2Member E01439-000 2021-06-25 jpcrp030000-asr_E01439-000:UchidaShugoMember E01439-000 2021-06-25 jpcrp030000-asr_E01439-000:MiyazakYoichiMember E01439-000 2021-06-25 jpcrp030000-asr_E01439-000:EndohMasamichiMember E01439-000 2021-06-25 jpcrp030000-asr_E01439-000:WatanabeNaohiroMember E01439-000 2021-06-25 jpcrp030000-asr_E01439-000:ShinozakiYasuyukiMember E01439-000 2021-06-25 jpcrp030000-asr_E01439-000:KoyamaTakashiMember E01439-000 2021-06-25 jpcrp030000-asr_E01439-000:TogashiIchiroMember E01439-000 2021-06-25 jpcrp030000-asr_E01439-000:ShigeruMatsushitaMember E01439-000 2021-06-25 jpcrp030000-asr_E01439-000:KenNagataMember E01439-000 2021-06-25 jpcrp030000-asr_E01439-000:SuzukiKenjiMember E01439-000 2021-06-25 jpcrp030000-asr_E01439-000:OishiMakotoMember E01439-000 2021-06-25 jpcrp030000-asr_E01439-000:TsuchiyaFumioMember E01439-000 2021-06-25 jpcrp030000-asr_E01439-000:TakeshiKikuchiMember E01439-000 2021-06-25 jpcrp_cor:Row3Member E01439-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:DirectorsExcludingOutsideDirectorsMember E01439-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:CorporateAuditorsExcludingOutsideCorporateAuditorsMember E01439-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:OutsideDirectorsAndOtherOfficersMember E01439-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row1Member E01439-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row2Member E01439-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row3Member E01439-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row3Member E01439-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row4Member E01439-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row4Member E01439-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row5Member E01439-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row5Member E01439-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row6Member E01439-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row6Member E01439-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row7Member E01439-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row7Member E01439-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row8Member E01439-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row8Member E01439-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row9Member E01439-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row9Member E01439-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row10Member E01439-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row10Member E01439-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row11Member E01439-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row11Member E01439-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row12Member E01439-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row12Member E01439-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row13Member E01439-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row13Member E01439-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row14Member E01439-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row14Member E01439-000 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E01439-000 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E01439-000 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01439-000 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01439-000 2019-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01439-000 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01439-000 2020-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E01439-000 2019-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E01439-000 2019-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01439-000 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01439-000 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E01439-000 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E01439-000 2020-03-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E01439-000 2019-03-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E01439-000 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E01439-000 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E01439-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E01439-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E01439-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01439-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01439-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01439-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01439-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E01439-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E01439-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E01439-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E01439-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E01439-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E01439-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E01439-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E01439-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E01439-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E01439-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E01439-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E01439-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01439-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01439-000 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E01439-000 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01439-000 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01439-000 2021-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E01439-000 2021-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01439-000 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E01439-000 2021-03-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E01439-000 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E01439-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E01439-000 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01439-000 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01439-000 2020-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01439-000 2019-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01439-000 2020-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01439-000 2019-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01439-000 2019-03-31 jppfs_cor:ReserveForReductionEntryOfLandMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01439-000 2020-03-31 jppfs_cor:ReserveForReductionEntryOfLandMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01439-000 2020-03-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01439-000 2019-03-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01439-000 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01439-000 2019-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01439-000 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01439-000 2019-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01439-000 2020-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01439-000 2019-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01439-000 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01439-000 2019-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01439-000 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01439-000 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01439-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01439-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01439-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01439-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01439-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01439-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01439-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01439-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01439-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01439-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01439-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01439-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01439-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01439-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01439-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01439-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01439-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01439-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01439-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ReserveForReductionEntryOfLandMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01439-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ReserveForReductionEntryOfLandMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01439-000 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01439-000 2021-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01439-000 2021-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01439-000 2021-03-31 jppfs_cor:ReserveForReductionEntryOfLandMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01439-000 2021-03-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01439-000 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01439-000 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01439-000 2021-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01439-000 2021-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01439-000 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember iso4217:JPY iso4217:JPY xbrli:shares xbrli:pure xbrli:shares

第一部 【企業情報】

第1 【企業の概況】

1 【主要な経営指標等の推移】

(1) 連結経営指標等

 

回次

第67期

第68期

第69期

第70期

第71期

決算年月

平成29年3月

平成30年3月

平成31年3月

令和2年3月

令和3年3月

売上高

(千円)

9,811,803

9,973,356

9,863,095

9,893,928

9,893,710

経常利益

(千円)

650,964

379,420

282,590

582,994

763,296

親会社株主に帰属する当期純利益

(千円)

439,392

294,579

146,543

682,860

511,621

包括利益

(千円)

531,402

393,651

31,040

575,076

677,708

純資産額

(千円)

15,554,028

15,788,398

15,604,580

15,964,529

16,426,704

総資産額

(千円)

19,344,103

19,485,401

19,291,989

19,799,370

19,990,433

1株当たり純資産額

(円)

14,486.98

14,696.63

14,525.52

14,861.09

15,292.99

1株当たり当期純利益

(円)

409.24

274.33

136.41

635.64

476.28

潜在株式調整後1株当たり当期純利益

(円)

自己資本比率

(%)

80.41

80.55

80.43

80.17

81.73

自己資本利益率

(%)

2.85

1.89

0.94

4.35

3.18

株価収益率

(倍)

13.22

22.67

38.34

8.16

12.22

営業活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

1,025,522

347,936

883,845

729,055

543,030

投資活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

313,618

561,487

148,476

112,768

190,678

財務活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

389,392

451,533

350,521

370,257

339,827

現金及び現金同等物の
期末残高

(千円)

4,467,119

3,809,429

4,190,413

4,649,292

4,688,085

従業員数
(外、平均臨時雇用者数)

(人)

428

437

418

404

393

(15)

(19)

(14)

(16)

(21)

 

 

(注) 1.売上高には、消費税等は含まれておりません。

2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益は、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

3.平成28年10月1日を効力発生日として、普通株式10株を1株の割合で併合しており、第67期の期首に当該株式併合が行われたと仮定して、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益を算定しております。

4.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第69期の期首から適用しており、第68期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。

 

 

(2) 提出会社の経営指標等

 

回次

第67期

第68期

第69期

第70期

第71期

決算年月

平成29年3月

平成30年3月

平成31年3月

令和2年3月

令和3年3月

売上高

(千円)

9,501,802

9,108,102

9,013,761

9,008,114

9,019,762

経常利益

(千円)

617,380

458,448

342,192

507,422

716,521

当期純利益

(千円)

401,315

307,087

234,822

610,410

471,157

資本金

(千円)

1,496,950

1,496,950

1,496,950

1,496,950

1,496,950

発行済株式総数

(株)

1,100,000

1,100,000

1,100,000

1,100,000

1,100,000

純資産額

(千円)

14,932,918

15,099,494

15,026,098

15,352,734

15,717,493

総資産額

(千円)

18,560,899

18,478,811

18,346,217

18,803,438

18,907,507

1株当たり純資産額

(円)

13,899.25

14,055.36

13,987.04

14,291.58

14,632.73

1株当たり配当額
(内1株当たり
中間配当額)

(円)

110.00

200.00

200.00

200.00

200.00

(10.00)

(100.00)

(100.00)

(100.00)

(100.00)

1株当たり
当期純利益

(円)

373.53

285.83

218.58

568.20

438.62

潜在株式調整後
1株当たり
当期純利益

(円)

自己資本比率

(%)

80.45

81.71

81.90

81.65

83.13

自己資本利益率

(%)

2.71

2.05

1.56

4.02

3.03

株価収益率

(倍)

14.48

21.76

23.93

9.13

13.27

配当性向

(%)

53.54

69.97

91.50

35.20

45.60

従業員数
(外、平均臨時雇用者数)

(人)

286

284

277

276

262

(11)

(14)

(12)

(11)

(14)

株主総利回り
(比較指標:配当込みTOPIX)

(%)

113.3

133.7

117.8

121.0

137.8

(%)

(114.7)

(132.9)

(126.2)

(114.2)

(162.3)

最高株価

(円)

5,600
(500)

6,990

8,080

13,140

7,680

最低株価

(円)

4,610
(469)

5,060

4,360

4,505

4,780

 

 

(注) 1.売上高には、消費税等は含まれておりません。

2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益は、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

3.平成28年10月1日を効力発生日として、普通株式10株を1株の割合で併合しており、第67期の期首に当該株式併合が行われたと仮定して、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益を算定しております。

4.第67期の1株当たり配当額110.00円は、中間配当額10.00円と期末配当額100.00円の合計となります。なお、平成28年10月1日を効力発生日として、普通株式10株を1株の割合で併合しておりますので、中間配当額10.00円は株式併合前の配当額、期末配当額100.00円は株式併合後の配当額となります。

5.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第69期の期首から適用しており、第68期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。

6.最高・最低株価は、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)におけるものであります。

7.平成28年6月29日開催の第66回定時株主総会決議に基づき、平成28年10月1日付で普通株式10株を1株とする株式併合を実施しております。第67期の株価については、株式併合後の最高・最低株価を記載し、株式併合前の最高・最低株価は( )にて記載しております。

 

 

2 【沿革】

 

年月

事項

昭和25年8月

資本金100万円をもって東京都中央区木挽町4丁目4番地に「岩淵電気器材株式会社」を設立

昭和26年2月

日本国有鉄道(現JR各社)及び私鉄各社に架線金物並びに関連品の販売を開始

昭和27年9月

商号を「岩淵金属工業株式会社」に変更

昭和30年4月

中部電力株式会社で支線棒仕様書制定

昭和30年10月

名古屋市に名古屋出張所(現名古屋支店)を開設

昭和30年12月

東京通信局(現NTT)で支線棒を仕様化

昭和32年3月

東京電力株式会社で支線棒ISR-Ⅱ(GYR)を仕様化

昭和32年5月

関西電力株式会社で支線棒ISR-Ⅱを仕様化

昭和33年4月

東北電力株式会社で自在バンド各種(IBA、IBB、IBC等)を仕様化

昭和34年2月

大阪市に大阪出張員事務所(現大阪支店)を開設

昭和36年9月

九州電力株式会社で支線棒を仕様化

昭和37年1月

中国電力株式会社で支線棒を仕様化

昭和37年5月

松戸市上本郷167番地に松戸工場(現松戸本社)を建設

昭和39年1月

四国電力株式会社で支線棒を仕様化

昭和40年3月

北海道電力株式会社で自在Cバンド(IBT)を仕様化

昭和40年4月

仙台市に仙台出張所(現仙台支店)を開設

昭和40年8月

札幌市に札幌出張員事務所(現札幌支店)を開設

昭和41年7月

北陸電力株式会社で支線棒(GYR)を仕様化

昭和43年1月

東京都千代田区に「岩淵メッキ工業株式会社」を設立
東京都千代田区に「岩淵プラスチック工業株式会社」を設立

昭和44年8月

東京都港区に「岩淵勧業株式会社」を設立

昭和45年9月

福岡市に福岡営業所(現福岡支店)を開設

昭和46年5月

松戸市中根241番地(現千葉県松戸市中根長津町176番地)に松戸北工場(現松戸工場)を建設

昭和49年7月

仙台市宮城野区に仙台支店社屋を建設

昭和51年6月

松戸北工場を増設し、松戸工場の生産ラインを移設集約

昭和54年4月

広島市に広島営業所(現広島支店)を開設

昭和61年8月

商号を「イワブチ株式会社」に変更

昭和61年8月

「岩淵メッキ工業株式会社」を吸収合併

昭和63年9月

東京都港区に「イワブチメカニクス株式会社」を設立

平成7年4月

日本証券業協会に株式を店頭登録

平成11年11月

ISO9001の認証取得

平成12年4月

「イワブチメカニクス株式会社」を吸収合併

平成13年8月

沖縄電力株式会社で足場金具用バンド(IBT)を仕様化

平成13年10月

ISO14001の認証取得

平成14年3月

東京本社を松戸本社に集約

平成14年9月

中国山東省海陽市に「海陽岩淵金属製品有限公司」を設立

平成15年3月

名古屋市中区に名古屋支店社屋を建設

平成16年10月

「イワブチ勧業株式会社(旧岩淵勧業株式会社)」を吸収合併

平成16年12月

日本証券業協会への店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所に上場

平成18年1月

大阪市淀川区に大阪支店社屋を建設

平成19年9月

松戸流通センターを増設

平成21年7月

札幌市白石区に札幌支店社屋を建設

平成22年4月

ジャスダック証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、大阪証券取引所JASDAQ市場に上場

平成22年9月

「イワブチ化成株式会社(旧岩淵プラスチック工業株式会社)」を吸収合併

平成23年9月

松戸市上本郷138番地1に松戸第2工場を建設

平成24年1月

南房総市白浜町に白浜暴露試験場を建設

平成25年5月

石狩市の「北栄鉄工株式会社」を子会社化

平成25年7月

大阪証券取引所と東京証券取引所の現物市場の統合に伴い、東京証券取引所JASDAQスタンダード市場に上場

平成27年10月

名古屋市に「IWM株式会社」を設立

平成28年10月

株式併合(10株を1株に併合)および単元株式数の変更(1,000株を100株に変更)

平成29年5月

大阪市の「協和興業株式会社」を子会社化

平成29年7月

松戸第2工場内にイワブチテクニカルセンター(ITC)を開設

令和3年4月

「北栄鉄工株式会社」の商号を「HOKUEI株式会社」に変更

 

 

3 【事業の内容】

当社グループ(当社及び当社の関係会社)は当社を中心に、連結子会社4社と持分法適用関連会社1社より構成されております。

主な事業は、電力、通信、信号、放送、鉄道用各種電気架線金物及びコンクリートポール用品等の製造販売であり、その事業内容と当社及び関係会社の当該事業における位置付けは、次のとおりであります。

なお、北栄鉄工㈱は、令和3年4月1日をもってHOKUEI㈱に商号変更しております。

また、当社グループの事業区分は単一セグメントであるため、セグメントに代えて需要分野別に記載しております。

 

(1) 交通信号・標識・学校体育施設関連

警察庁の要請に応じた交通信号・道路標識の装柱用品及び学校体育施設関連の防球ネット支持金具等であります。

(製造・仕入)  当社、HOKUEI㈱、協和興業㈱、海陽岩淵金属製品有限公司

(販      売)  当社、協和興業㈱

 

(2) CATV・防災無線関連

CATV用ケーブル敷設用の装柱用品及び各地方自治体の防災行政無線施設用の装柱用品等であります。

(製造・仕入)  当社、HOKUEI㈱、協和興業㈱、海陽岩淵金属製品有限公司

(販      売)  当社、IWM㈱、協和興業㈱

 

(3) 情報通信関連

NTT等の情報通信企業のニーズに応じた通信線路用の装柱用品等であります。

(製造・仕入)  当社、HOKUEI㈱、協和興業㈱、海陽岩淵金属製品有限公司

(販      売)  当社、IWM㈱、協和興業㈱、㈱TCM

 

(4) 配電線路関連

各電力会社のニーズに応じた配電線路用の装柱用品及びコンクリートポール用品等であります。 

(製造・仕入)  当社、HOKUEI㈱、協和興業㈱、海陽岩淵金属製品有限公司

(販      売)  当社、協和興業㈱

 

(5) その他

工場内の配電線路用及び鉄道用装柱用品等であります。

(製造・仕入)  当社、HOKUEI㈱、協和興業㈱、海陽岩淵金属製品有限公司

(販      売)  当社、協和興業㈱


 

4 【関係会社の状況】

当社グループの連結子会社並びに持分法適用関連会社は以下のとおりであります。

 

名称

住所

資本金
(千円)

主要な事業
の内容

議決権の所有
(又は被所有)
割合(%)

関係内容

(連結子会社)

 

 

 

 

 

北栄鉄工㈱

北海道石狩市

30,000

金属製品及び
部品の製造

100.0

当社への金属製品及び部品の販売
役員の兼任あり

IWM㈱

愛知県名古屋市

50,000

各種電気架線金物・通信工事資機材の販売

100.0

当社製商品の販売

役員の兼任あり

協和興業㈱

大阪府大阪市

48,000

金属製品及び
部品の製造販売

土木工事及び建柱工事の設計施工

67.36

当社への金属製品及び部品の販売

当社製商品の販売

役員の兼任あり

海陽岩淵金属製品有限公司

中国山東省

400,000

金属製品及び
部品の製造

100.0

当社への金属製品及び部品の販売
役員の兼任あり

(持分法適用関連会社)

 

 

 

 

 

㈱TCM

東京都大田区

50,000

各種電気工事資材販売及び電気架線金物の販売

50.00

当社製商品の販売
役員の兼任あり

 

 

(注) 1.北栄鉄工㈱は、令和3年4月1日をもってHOKUEI㈱に商号変更しております。

2.海陽岩淵金属製品有限公司は、特定子会社に該当します。

3.海陽岩淵金属製品有限公司は、当連結会計年度において、資本金を350,000千円から400,000千円へ増資しております。

 

5 【従業員の状況】

(1) 連結会社の状況

令和3年3月31日現在

需要分野別の名称

従業員数(人)

交通信号・標識・学校体育施設関連

343

(15)

CATV・防災無線関連

情報通信関連

配電線路関連

その他

管理部門(共通)

50

(6)

合計

393

(21)

 

 

(注) 1.当社グループ(当社及び当社の連結子会社)の従業員は、セグメントに代わる各需要分野に重複して従事しておりますので、一括して表示しております。

2.従業員数は就業人員であり、定年再雇用者15名を含んでおります。

3.臨時雇用者(パートタイマー、アルバイト)は、(  )内に当連結会計年度の平均人員を外数で記載しております。

4.上記の従業員のうち、連結子会社4社の従業員数は、131名(7名)であります。

 

(2) 提出会社の状況

令和3年3月31日現在

従業員数(人)

平均年令(才)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(円)

262

(14)

44

16.4

5,883,030

 

 

需要分野別の名称

従業員数(人)

交通信号・標識・学校体育施設関連

227

(8)

CATV・防災無線関連

情報通信関連

配電線路関連

その他

管理部門(共通)

35

(6)

合計

262

(14)

 

 

(注) 1.当社の従業員は、セグメントに代わる各需要分野に重複して従事しておりますので、一括して表示しております。

2.従業員数は就業人員であり、定年再雇用者8名を含んでおります。

3.臨時雇用者(パートタイマー、アルバイト)は、(  )内に当事業年度の平均人員を外数で記載しております。

4.平均年間給与は、基準外給与及び賞与を含めております。

 

(3) 労働組合の状況

当社グループに労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しております。
 当社は、社員の親睦団体として「社員会」があります。

 

第2 【事業の状況】

1 【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

(1)会社の経営の基本方針

当社は、電力、通信、信号、放送、鉄道関連の架線金物を主として製造販売しております。昭和25年設立以来、経済的かつ信頼度の高い製品を供給し、電力、通信をはじめとした幅広いインフラ構築の一翼を担い、社会に貢献することを経営の基本理念としております。

当社グループは、この基本理念に基づき人材育成を図り、顧客のニーズに合致した製品を開発する為の技術を培い、生産設備を充実し、全国を網羅する供給、販売サービス体制を確立して、顧客からの信頼を得てまいりました。

現在わが国では、カーボンニュートラルの実現、国土強靭化やスマート社会など次世代に向けた取り組みが進められておりますが、当社の基本理念に基づき、私達の生活の礎となる電力、通信、交通など幅広いインフラ構築に貢献すべく、更なる開発及び生産技術を磨き、より信頼性の高い製品の提供に全力で取り組んでまいります。また、従来の架線金物事業に留まらず、新分野・新需要に関連する研究機能の強化を図るため、この4月に「NEXT研究室」を新設し、今まで以上に新規マーケット、新規ビジネスの開拓を進めてまいります。

 

(2)目標とする経営指標

当社グループは、株主への安定配当、継続的な収益の確保及び資本の効率的運用を図ることを重要な経営指標と位置付けております。

 

(3)中長期的な会社の経営戦略

当社が設立70周年を迎えた2020年は、電気事業分野において一連の電力システム改革が終了し新たなステージが幕を開け、情報通信分野においては5Gの国内商用化がスタートしました。そして、「ニューノーマル」といわれる時代の始まりとなる年でもありました。

この一大転換点にあってイワブチブランドを次世代に確かにつなぐため、当社グループは10年後のありたい姿を描き「VISION2030~新たな価値づくりへの挑戦」を定めました。柱とする成長戦略は、「新たなものづくり」と「新たな価値づくり」です。既存事業である架線金物事業を「ジョイント事業」と位置づけ、グループの強みであるジョイントパーツの開発・設計・生産の更なる深堀りとともに従来の品質水準を高めながら省人化、柔軟性を備えた工場のスマート化を図り、「新たなものづくり」に取り組みます。また、これまでの“モノとモノ”から、“モノとヒト”、“ヒトとヒト”をつなぐ新たな価値を生み出す事業を「コネクト事業」と位置づけ、広く顧客ニーズに対応したサービス事業を展開する「新たな価値づくり」に挑戦します。

前半5年にあたる「Phase1」では、次のことを基本方針として成長戦略を具現化しながらさらなる成長を目指すとともに社会的責任を果たしてまいります。

①開発の加速と研究の深化探索を見据え、強みである開発基盤を再構築する一方、新たに立ち上げた「NEXT研究室」を中心に研究基盤の確立を図ります。

②新たなセグメントの確立を見据え、脱炭素社会、高度無線環境、自動運転システム、国土強靭化などに関連する様々な新規事業の企画実行に取り組みます。

③これらを支えるため業務改善・プロセス改革とデジタル戦略を推進し、スマートファクトリーの構築、組織力のさらなる強化等に注力します。

 

 

(4)会社の対処すべき課題

当社グループの対処すべき課題は、以下の事項になります。

①  人材育成

顧客とのゆるぎない信頼関係を構築し、顧客満足度を向上させるべく積極的な社員教育を実施してまいります。また、製造業として技術の継承を確実に実施すると共に新たな技術への挑戦にも全力で取り組んでまいります。

 

②  競争力強化並びに迅速な対応の徹底

当社グループにおける販売、生産、管理というそれぞれの側面において、競争力強化のために更なるコストの低減に努めます。また、時代の変化を敏感にキャッチし迅速かつ的確な対応を徹底することで、企業としての総合力の強化を図ってまいります。

 

③  真摯に取組む姿勢

当社グループを取り巻くすべてのことに真摯に向き合い、品質向上や顧客満足度向上を更に目指し、幅広いインフラ構築の一端を担う企業として社会貢献に繋げるべく取り組んでまいります。また、企業として社会的責任を果たすべく、コンプライアンス体制を根幹に据えた企業経営を進めてまいります。

 

2 【事業等のリスク】

有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、経営者が連結会社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると認識し、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項には、以下のようなものがあります。

なお、文中における将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。

 

  (1)市場環境の変化

① 市場環境

当社グループにおける市場を大別すると、配電線路関連では、一連の電力システム改革以降も、送配電網の強靭化とコスト効率化の両立や脱炭素社会への移行など様々な課題解決のなかで資機材の仕様・調達・流通における再編の動きは続くものと認識いたします。情報通信関連では、足元の高度無線環境整備推進事業に加え、5G需要に対しては新製品・新サービスの提供がポイントになります。CATV・防災無線関連では、国土強靭化緊急対策が加速する中、物件ごとに価格競争が一段と激しさを増すことが予想されます。交通信号・標識・学校体育施設関連では、スマートシティーといった次世代システムとリンクした需要への対応がカギとなります。

こうした各需要に対し、積極的な事業活動を展開しておりますが、各市場の制度変更、景気変動、ニーズの変化に的確に対応できない場合、中長期的な業績に重大な影響を与える可能性があります。

 

② 資産価値

当社グループは、顧客との連携、情報収集の強化と情報共有化を図り、需要動向に応じた適切な在庫管理および設備投資を行っておりますが、市場環境、競争状況、ニーズの変化、新技術や新製品による既存製品の陳腐化等が生じた場合、棚卸資産の評価損や事業用固定資産の減損損失により、業績および財政状態に重大な影響を与える可能性があります。

 

  (2)原材料の価格・調達

当社グループは、鋼材、亜鉛などの各種市況をモニタリングするとともに、仕入・外注先とは良好な関係を保ち円滑なサプライチェーンを築いておりますが、鋼材を主とした原材料や副資材など生産に必要な資源や外注加工品が、想定外に高騰し製造コストの上昇を招いた場合、業績に重大な影響を与える可能性があります。

また、複数社による生産補完体制等、十分な対応策を講じているものの、様々な要因で生産に必要な国内外の資源の調達が阻害され、あるいは仕入先・協力会社とのサプライチェーンの変更等を余儀なくされた場合、製品の供給が滞るおそれがあり、業績および財政状態に重大な影響を与える可能性があります。

 

  (3)製品の品質

当社グループは、ISOマネジメントシステムをツールとした品質管理体制を、協力会社を含めグループ全体に整備しておりますが、設計・製造上の過誤、施工不良などにより製品およびサービスに欠陥があることが判明し、法令の規定または当社グループの判断で、無償修理・交換・返金・回収などの措置を行うこととなった場合、多額の費用の発生とメーカーとしての信頼を失墜するおそれがあり、業績および財政状態に重大な影響を与える可能性があります。

 

  (4)金融市場

① 金融資産

当社グループが保有する金融資産(投資有価証券、確定給付企業年金資産)の価格が著しく下落し、多額の評価損あるいは補填が発生する場合、業績および財政状態に重大な影響を与える可能性があります。

 

② 為替変動

当社グループの連結子会社である海陽岩淵金属製品有限公司は、主として、当社製品の生産を担っており、当社との取引はすべて円建てで行っております。そのため、同社は、円建ての預金や売掛金等を有しており、為替レートが円安(元高)となった場合、為替差損が発生し、業績および財政状態に重大な影響を与える可能性があります。

 

  (5)災害・事故の発生

① 自然災害

当社グループは、地震、風水害、感染症の蔓延などの災害に対しては、事業拠点、製造拠点ごとに災害対策を講じておりますが、想定を超える規模の災害が発生し、サプライチェーンの停滞・寸断、設備の損壊、社員の罹患、ライフラインの停止などにより生産販売活動に支障をきたす場合、業績および財政状態に重大な影響を与える可能性があります。

 

② 事故

当社グループは、ISOマネジメントシステムをツールとした安全衛生および環境保全体制等を整備しておりますが、人為的ミスによる有害物質の漏洩などの突発的な事故により一時的に操業を停止せざるを得ない場合、製品の供給が滞るおそれがあり、業績および財政状態に重大な影響を与える可能性があります。

 

  (6)情報セキュリティ

当社グループは、顧客などの個人情報や機密保持契約に基づく機密情報の管理について、ハード・ソフト両面からセキュリティ対策を実施しておりますが、新種のコンピュータウィルスやサイバー攻撃などにより保有する情報が漏洩する場合、顧客等からの損害賠償請求や信用低下などにより、業績および財政状態に重大な影響を与える可能性があります。

 

  (7)人材の確保・育成

① 人材確保

当社グループは、働き方改革のもと、安全で公正公平な働きやすい職場環境の確保と魅力ある会社作りに取り組んでおりますが、人材の流動化や雇用情勢の変動等により必要な人材が確保できない場合、中長期的には業績および財政状態に重大な影響を与える可能性があります。

 

② 人材育成

当社グループは、様々な教育による人材育成の強化に取り組み、品質を支える技術の継承等を図っておりますが、ベテラン社員の退職、コミュニケーションの不足や社員のモチベーション低下といった人的要因により他のリスクを誘発する場合、顧客の信頼、社会的信用、業績および財政状態に重大な影響を与える可能性があります。

 

  (8)法令・規則違反

当社グループは、様々な法的要求事項に対し真摯に対応することを基本とし、コンプライアンス体制および内部統制制度を構築し、社員教育においても重要項目としてコンプライアンスの徹底をグループで取り組んでおりますが、事業活動を行う上で様々な法規制の適用を受けており、グループのみならず委託先・協力会社を含めて重大な法令違反が起きる場合、訴訟等の発生、顧客の信頼、社会的信用、業績および財政状態に重大な影響を与える可能性があります。

また、内部監査ほか種々の仕組みを用いて法規制の新設・改定に対するモニタリングを行い、対応しておりますが、制改定により事業活動が制限され、あるいは対応のため多大な支出が必要になる場合、業績および財政状態に重大な影響を与える可能性があります。

 

  (9)グループ経営

当社グループは、製品供給体制を最適化すべく製造販売活動を行っておりますが、グループの全体最適を考え、事業の見直し再編等を行い、一時的に多額の損失が発生する場合、業績および財政状態に重大な影響を与える可能性があります。

 

3 【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

当連結会計年度における当社グループ(当社、連結子会社及び持分法適用会社)の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下、「経営成績等」という。)の状況の概要並びに経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりであります。

 

(1)経営成績

当連結会計年度におけるわが国の経済は、新型コロナウイルス感染症の影響による景気の落ち込みに一定の回復が見られたものの、感染症再拡大による社会経済活動の制限などから、設備投資や個人消費は依然不透明な状況にあります。

当社グループの主要需要であります電力業界においては、送配電部門の分社化を背景に、更なる経営合理化の推進による設備投資の抑制やコスト削減要請が続いており、厳しい受注環境となりました。一方、通信業界においては、総務省が推進するデジタル化に対応した社会環境整備、「ICTインフラ地域展開マスタープラン3.0」が策定され、光ファイバー網ならびに5G基地局の整備が進められております。

当社グループにおいては、環境省による2050年カーボンニュートラル実現の宣言等もあるなか、EV関連など環境配慮に関連した製品の開発・販売や、グループ会社とのシナジーにより海外に関連した資機材を受注するなど、新ビジネスの展開を進めました。また、生産・営業・管理部門一丸となって事業活動のプロセス改革・業務改善活動の推進ならびに経営資源の効率化を進めてまいりました。この他、株式市況の回復により年金資産の運用環境が改善し、利益を押し上げました。

以上の結果、当連結会計年度の売上高は9,893百万円と前連結会計年度並みとなりました。営業利益は690百万円と前連結会計年度に比べ235百万円、51.9%の増益、経常利益は763百万円と前連結会計年度に比べ180百万円、30.9%の増益となりました。親会社株主に帰属する当期純利益については511百万円と、特別利益を計上した前連結会計年度と比べ171百万円、25.1%の減益となりました。

なお、新型コロナウイルス感染症による業績への影響について、当社グループに関連した需要に大きな影響はありませんでした。

 

セグメントに代わる需要分野別の経営成績は、次のとおりです。

① 交通信号・標識・学校体育施設関連

交通信号・標識関連は、信号灯器の改修、標識の保守・改修工事が全国的に実施されたことから堅調に推移しました。学校体育施設関連についても、防球ネット工事件数が全国的に少なかったものの、多くの新製品投入などにより堅調に推移しました。その結果、売上高は1,191百万円と前連結会計年度並みとなりました。

 

② CATV・防災無線関連

防災無線関連は、デジタル化への更新工事や補改修工事が全国的に実施されたことから、好調に推移しました。一方、CATV関連は、受注物件数の減少から、低調に推移しました。その結果、売上高は1,104百万円と前連結会計年度に比べ183百万円、14.3%の減収となりました。

 

③ 情報通信関連

情報通信関連は、総務省が推進する光ファイバー網の整備工事が始まり、好調に推移しました。また、5Gに関連した移動体基地局用製品など顧客ニーズに即した新製品を積極的に投入しました。その結果、売上高は2,210百万円と前連結会計年度に比べ253百万円、13.0%の増収となりました。

 

④ 配電線路関連

配電線路関連は、電力会社による経営基盤強化に向けた調達価格の見直しなどにより、厳しい受注環境となりました。そのような状況の中、製品ラインナップの拡充と既存製品の販売拡大を行った結果、売上高は3,479百万円と前連結会計年度並みとなりました。

 

⑤ その他

鉄道関連は、安全対策関連工事の追加発注があり、好調に推移しました。一方、一般民需、公共工事関連では、街路灯・防犯灯LED化を中心としたセキュリティ関連工事が減少し低調に推移しました。その結果、売上高は1,906百万円と前連結会計年度に比べ35百万円、1.8%の減収となりました。

 

生産、仕入、受注及び販売の実績は、次のとおりであります。

①  生産実績

当連結会計年度における生産実績を需要分野別に示すと、次のとおりであります。

 

需要分野別の名称

金額(千円)

前年同期比(%)

交通信号・標識・学校体育施設関連

719,407

92.4

CATV・防災無線関連

384,655

82.1

情報通信関連

865,002

105.5

配電線路関連

1,357,358

92.7

その他

940,230

88.4

合計

4,266,653

92.9

 

 

(注) 1.金額は、標準原価で表示しております。

2.上記金額には、消費税等は含まれておりません。

 

②  製商品仕入実績

当連結会計年度における製商品仕入実績を需要分野別に示すと、次のとおりであります。

 

需要分野別の名称

金額(千円)

前年同期比(%)

交通信号・標識・学校体育施設関連

254,260

105.1

CATV・防災無線関連

278,937

78.0

情報通信関連

650,492

103.9

配電線路関連

1,027,910

101.1

その他

452,692

100.5

合計

2,664,294

98.9

 

 

(注) 1.金額は、仕入価格に仕入付随費用を含めて表示しております。

2.上記金額には、消費税等は含まれておりません。

 

③  受注実績

当連結会計年度における受注実績を需要分野別に示すと、次のとおりであります。

 

需要分野別の名称

受注高(千円)

前年同期比(%)

受注残高(千円)

前年同期比(%)

交通信号・標識・学校体育施設関連

1,192,270

99.2

10,981

103.4

CATV・防災無線関連

1,112,520

85.8

31,076

133.9

情報通信関連

2,261,282

115.8

90,971

224.1

配電線路関連

3,529,560

100.3

97,499

204.1

その他

1,908,844

98.7

43,715

105.9

合計

10,004,477

101.0

274,244

167.8

 

 

(注) 1.金額は、販売価格で表示しております。

2.上記金額には、消費税等は含まれておりません。

 

④  販売実績

当連結会計年度における販売実績を需要分野別に示すと、次のとおりであります。

 

需要分野別の名称

金額(千円)

前年同期比(%)

交通信号・標識・学校体育施設関連

1,191,912

99.4

CATV・防災無線関連

1,104,652

85.7

情報通信関連

2,210,911

113.0

配電線路関連

3,479,828

99.2

その他

1,906,405

98.2

合計

9,893,710

100.0

 

 

(注) 1.金額は、販売価格で表示しております。

2.上記金額には、消費税等は含まれておりません。

 

 

(2)財政状態

当連結会計年度末の総資産は、前連結会計年度末に比べ191百万円増加し、19,990百万円となりました。

当連結会計年度における資産、負債及び純資産の状況とそれらの要因は、次のとおりであります。

流動資産は、前連結会計年度末に比べ134百万円増加し、12,717百万円となりました。これは、主に受取手形及び売掛金が87百万円、電子記録債権が51百万円増加したことによるものです。

固定資産は、前連結会計年度末に比べ56百万円増加し、7,272百万円となりました。これは、主に投資その他の資産が166百万円増加したことと、有形固定資産が97百万円減少したことによるものです。

負債は、前連結会計年度末に比べ271百万円減少し、3,563百万円となりました。これは、主に未払法人税等が174百万円及び長期借入金が90百万円減少したことによるものです。

純資産は、前連結会計年度末に比べ462百万円増加し、16,426百万円となりました。これは、主に利益剰余金が296百万円及びその他有価証券評価差額金が109百万円増加したことによるものです。

この結果、自己資本比率は前連結会計年度末の80.17%から81.73%、期末発行済株式総数に基づく1株当たり純資産額は前連結会計年度末の14,861円09銭から15,292円99銭となりました。

 

(3)キャッシュ・フロー

当連結会計年度における連結ベースの現金及び現金同等物(以下「資金」)は、下記のとおり、営業活動により資金が増加したことから、資金残高は前連結会計年度末より38百万円増加(前連結会計年度は458百万円の増加)し、当連結会計年度末には4,688百万円となりました。

当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は、次のとおりであります。

営業活動によるキャッシュ・フローは、543百万円のプラス(前連結会計年度は729百万円のプラス)となりました。これは、主に税金等調整前当期純利益の計上725百万円及び減価償却費の計上316百万円による資金の増加と、法人税等の支払い342百万円による資金の減少によるものです。

投資活動によるキャッシュ・フローは、190百万円のマイナス(前連結会計年度は112百万円のプラス)となりました。これは、主に有形固定資産の取得184百万円による資金の減少によるものです。

財務活動によるキャッシュ・フローは、339百万円のマイナス(前連結会計年度は370百万円のマイナス)となりました。これは、主に長期借入金の返済143百万円及び配当金の支払い214百万円による資金の減少によるものです。

 

(4)資本の財源及び資金の流動性

当社グループの運転資金需要のうち主なものは、売上原価、販売費及び一般管理費等の営業費用であります。投資を目的とした資金需要は設備投資等によるものであります。

当社グループは、事業運営上必要な資金の源泉を安定的に確保することを基本方針としております。

短期運転資金は自己資金を基本としており、設備投資資金の調達につきましては、必要に応じ主に金融機関からの長期借入としております。

なお、当連結会計年度末における借入金及びリース債務の残高は426百万円となっております。また、当連結会計年度末における現金及び現金同等物の残高は4,688百万円となっております。

 

(5)重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成されております。連結財務諸表の作成にあたり、見積りが必要となる事項につきましては、合理的な基準に基づき、会計上の見積りを行っております。これらの見積りについては、継続して評価し、必要に応じて見直しを行っておりますが、見積りには不確実性が伴うため、実際の結果はこれらと異なる場合があります。

なお、当社グループの連結財務諸表で採用している重要な会計方針は、「第5 経理の状況 1(1)連結財務諸表 注記事項 (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)」及び「第5 経理の状況 1(1)連結財務諸表 注記事項 (重要な会計上の見積り)」に記載しております。

 

 

4 【経営上の重要な契約等】

該当事項はありません。

 

5 【研究開発活動】

当社グループは電力、情報通信、交通信号など、架線金物メーカーとして、需要家のニーズに応えるため、品質と信頼性を重視し、設計開発期間の短縮、長期信頼性向上、施工作業性向上のための研究により、コスト競争力のある製品の開発と提案等に取り組んでいます。

研究開発には、当連結会計年度末時点で当社製品開発部において13名が従事しております。

当連結会計年度の研究開発費の総額は、183,449千円であり、研究開発の目的と主要課題及び成果は次のとおりであります。

・配電線路関連、情報通信関連、防犯カメラ関連、防災無線関連の需要環境の変化に対応するための製品開発。

・5G(ローカル5Gを含む)など移動体基地局関連機器用の製品開発並びに現場要望に応える製品の改良。

・脱炭素社会へのシフトに合わせた再生可能エネルギー関連・EV用充電設備関連の製品開発。

・無電柱化に対応した地中化設備関連の製品開発。

・事業者との共同研究・開発の実施。

・構造解析技術の活用による開発期間の短縮、スピード感のあるフィードバックおよび顧客満足度の向上を目指した製品開発。

(注)  上記金額には、消費税等は含まれておりません。

 

第3 【設備の状況】

1 【設備投資等の概要】

当社グループでは、当連結会計年度において、製品の開発改良・生産効率向上のための設備の増強及び老朽設備の更新のための設備の増強を中心に、193,574千円の設備投資を実施しました。

また、当連結会計年度において、重要な設備の除却、売却等はありません。

なお、当社グループでは、需要分野にかかわらず一貫した生産体制を確立しており、設備投資等の概要を需要分野別に区別しておりません。

(注)上記金額には、消費税等は含まれておりません。

 

2 【主要な設備の状況】

当社グループにおける主要な設備は、以下のとおりであります。

(1) 提出会社

令和3年3月31日現在

事業所名
(所在地)

需要分野別の名称

設備の内容

帳簿価額(千円)

従業員数
(人)

建物及び
構築物

機械装置
及び運搬具

土地
(面積㎡)

リース
資産

その他

合計

松戸本社
(千葉県松戸市)

交通信号・標識・学校体育施設関連、CATV・防災無線関連、情報通信関連、配電線路関連、その他の管理・販売・配送業務

管理業務設備・販売業務設備・配送設備

555,286

2,242

773,067

(16,359)

8,419

63,235

1,402,250

79

(6)

松戸工場
(千葉県松戸市)

交通信号・標識・学校体育施設関連、CATV・防災無線関連、情報通信関連、配電線路関連、その他の製造・研究開発業務

生産設備・研究開発設備

230,545

68,429

725,220

(15,436)

155,591

45,482

1,225,269

145

(8)

松戸第2工場
(千葉県松戸市)

交通信号・標識・学校体育施設関連、CATV・防災無線関連、情報通信関連、配電線路関連、その他の製造業務

生産設備

297,951

6,760

816,670

(6,364)

221,205

248

1,342,835

2

(-)

大阪支店
(大阪市淀川区)

交通信号・標識・学校体育施設関連、CATV・防災無線関連、情報通信関連、配電線路関連、その他の販売・配送業務

販売業務設備・配送設備

152,939

0

375,233

(2,007)

1,355

529,527

9

(-)

名古屋支店
(名古屋市中区)

交通信号・標識・学校体育施設関連、CATV・防災無線関連、情報通信関連、配電線路関連、その他の販売・配送業務

販売業務設備・配送設備

69,503

315

209,934

(831)

1,906

281,659

8

(-)

札幌支店
(札幌市白石区)

交通信号・標識・学校体育施設関連、CATV・防災無線関連、情報通信関連、配電線路関連、その他の販売・配送業務

販売業務設備・配送設備

87,722

0

131,114

(999)

1,409

220,246

5

(-)

仙台支店
(仙台市宮城野区)

交通信号・標識・学校体育施設関連、CATV・防災無線関連、情報通信関連、配電線路関連、その他の販売・配送業務

販売業務設備・配送設備

52,880

0

13,762

(1,708)

1,714

68,357

5

(-)

 

 

 

(2) 国内子会社

令和3年3月31日現在

会社名
事業所名

所在地

需要分野別の名称

設備の内容

帳簿価額(千円)

従業員数
(人)

建物及び
構築物

機械装置
及び運搬具

土地
(面積㎡)

リース
資産

その他

合計

北栄鉄工株式会社

北海道
石狩市

標識関連、CATV・防災無線関連、情報通信関連、配電線路関連、その他の製造業務

生産設備

50,863

8,211

55,397

(5,950)

586

115,058

21

(2)

協和興業株式会社

大阪府大阪市

交通信号・学校体育施設関連、防災無線関連、情報通信関連、配電線路関連、その他の製造・販売業務、各種工事の設計施工

生産設備・販売業務設備

9,266

14,462

160,500

(2,100)

7,497

191,726

21

(4)

 

(注) 北栄鉄工株式会社は、令和3年4月1日をもってHOKUEI株式会社に商号変更しております。

 

(3) 在外子会社

令和3年3月31日現在

会社名
事業所名

所在地

需要分野別の名称

設備の内容

帳簿価額(千円)

従業員数
(人)

建物及び
構築物

機械装置
及び運搬具

土地
(面積㎡)

リース
資産

その他

合計

海陽岩淵
金属製品
有限公司

中国
山東省

交通信号・標識関連、CATV・防災無線関連、情報通信関連、配電線路関連、その他の製造業務

生産設備

83,396

75,811

(46,677)

31,664

190,872

80

(-)

 

 

(注) 1.帳簿価額のうち「その他」は、工具、器具及び備品、建設仮勘定、無形固定資産の合計であります。なお、金額には消費税等は含まれておりません。

2.臨時雇用者(パートタイマー、アルバイト)は、(  )内に当連結会計年度の平均人員を外数で記載しております。

3.海陽岩淵金属製品有限公司の土地の面積は土地使用権に係るものであり、土地使用権の帳簿価額は23,934千円で、無形固定資産に計上しております。

4.松戸第2工場中には、富田鉄工㈱(関連会社)に貸与中の土地251,534千円(1,960㎡)、建物167,137千円を含んでおります。

5.上記の他、主要な賃借しているものとして、以下のものがあります。

令和3年3月31日現在

会社名

事業所名
(所在地)

需要分野別の名称

設備の内容

土地及び建
物の面積

(㎡)

年間賃借料
(千円)

イワブチ㈱

松戸工場
(千葉県松戸市)

交通信号・標識・学校体育施設関連、CATV・防災無線関連、情報通信関連、配電線路関連、その他の製造・研究開発業務

駐車場(賃借)

580

4,224

イワブチ㈱

広島支店

(広島市中区)

交通信号・標識・学校体育施設関連、CATV・防災無線関連、情報通信関連、配電線路関連、その他の販売業務

事務所(賃借)

141

5,093

イワブチ㈱

福岡支店
(福岡市中央区)

交通信号・標識・学校体育施設関連、CATV・防災無線関連、情報通信関連、配電線路関連、その他の販売業務

事務所(賃借)

279

10,867

 

 

 

3 【設備の新設、除却等の計画】

当社グループの設備投資については、新製品対応、省力化、作業工程改善、社内情報システムの強化、社内環境整備、老朽化等を総合的に勘案して策定しております。設備計画は原則的に連結会社各社が策定しております。

当連結会計年度後1年間の重要な設備の新設、改修計画は、以下のとおりであります。

なお、経常的な設備の更新を除き、重要な設備の除却、売却等の計画はありません。

(1) 重要な設備の新設等

 

会社名
事業所名

所在地

需要分野別の名称

設備の内容

投資予定金額

資金調達
方法

着手及び完了予定

完成後の
増加能力

総額
(千円)

既支払額
(千円)

着手

完了

イワブチ㈱

松戸本社

千葉県松戸市

交通信号・標識・学校体育施設関連、CATV・防災無線関連、情報通信関連、配電線路関連、その他の管理・販売・配送業務

ソフトウェア等

55,780

自己資金

令和3年

4月

令和4年

3月

微増

イワブチ㈱

松戸工場

千葉県松戸市

交通信号・標識・学校体育施設関連、CATV・防災無線関連、情報通信関連、配電線路関連、その他の製造・研究開発業務

生産機械設備、金型及び試験設備等

102,182

自己資金

令和3年

4月

令和4年

3月

微増

 

 

(注)  上記金額には、消費税等は含まれておりません。

 

(2) 重要な改修

重要な設備の改修はありません。

 

第4 【提出会社の状況】

1 【株式等の状況】

(1) 【株式の総数等】

① 【株式の総数】

 

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

4,000,000

4,000,000

 

 

② 【発行済株式】

 

種類

 事業年度末現在発行数(株)
     (令和3年3月31日)

 提出日現在発行数(株)
     (令和3年6月25日)

 上場金融商品取引所名又
 は登録認可金融商品取引
 業協会名

内容

普通株式

1,100,000

1,100,000

 東京証券取引所
 JASDAQ
 (スタンダード)

 単元株式数
 100株

1,100,000

1,100,000

 

 

(2) 【新株予約権等の状況】

① 【ストックオプション制度の内容】

該当事項はありません。

 

② 【ライツプランの内容】

該当事項はありません。

 

③ 【その他の新株予約権等の状況】

該当事項はありません。

 

(3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

該当事項はありません。

 

(4) 【発行済株式総数、資本金等の推移】

 

年月日

発行済株式総数増減数(株)

発行済株式総数残高(株)

資本金増減額
(千円)

資本金残高
(千円)

資本準備金増減額 (千円)

資本準備金残高 (千円)

平成28年10月1日

△9,900,000

1,100,000

1,496,950

1,210,656

 

(注)平成28年6月29日開催の第66回定時株主総会決議に基づき、平成28年10月1日を効力発生日として株式併合(10株を1株に併合)したものです。

 

 

(5) 【所有者別状況】

令和3年3月31日現在

区分

株式の状況(1単元の株式数100株)

単元未満
株式の状
況 (株)

政府及び
地方公共
団体

金融機関

金融商品
取引業者

その他の
法人

外国法人等

個人その他

個人以外

個人

株主数
(人)

8

16

109

20

2

999

1,154

所有株式数
(単元)

1,430

145

2,785

461

3

6,166

10,990

1,000

所有株式数
の割合(%)

13.01

1.32

25.34

4.19

0.03

56.11

100.00

 

 

(注) 1.自己株式25,867株は、「個人その他」に258単元及び「単元未満株式の状況」に67株を含めて記載してお
ります。

2.上記の「その他の法人」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が1単元含まれております。

 

(6) 【大株主の状況】

令和3年3月31日現在

氏名又は名称

住所

所有株式数
(百株)

発行済株式(自己株式を除く。)の総数に対する所有株式数の割合(%)

イワブチ取引先持株会

千葉県松戸市上本郷167

926

8.62

住友商事株式会社

東京都千代田区大手町2―3―2

600

5.59

イワブチ従業員持株会

千葉県松戸市上本郷167

399

3.71

損害保険ジャパン株式会社

東京都新宿区西新宿1―26―1

398

3.71

三井住友信託銀行株式会社

東京都千代田区丸の内1―4―1

380

3.54

公益財団法人光奨学会

千葉県松戸市上本郷167

380

3.54

株式会社常陽銀行

茨城県水戸市南町2―5―5

359

3.34

日本製鉄株式会社

東京都千代田区丸の内2―6―1

320

2.98

光岡 毅

千葉県松戸市

243

2.27

山口プレス工業株式会社

東京都葛飾区西新小岩5―16―2

163

1.52

4,168

38.82

 

(注) 上記のほか当社所有の自己株式258百株があります。

 

(7) 【議決権の状況】

① 【発行済株式】

令和3年3月31日現在

区分

株式数(株)

議決権の数(個)

内容

無議決権株式

議決権制限株式(自己株式等)

議決権制限株式(その他)

完全議決権株式(自己株式等)

(自己保有株式)

普通株式

25,800

 

(相互保有株式)

普通株式

3,400

 

完全議決権株式(その他)

普通株式

1,069,800

 

10,698

単元未満株式

普通株式

1,000

 

発行済株式総数

1,100,000

総株主の議決権

10,698

 

 

(注)  上記「完全議決権株式(その他)」の「株式数」欄には、証券保管振替機構名義の株式が100株含まれております。また、「議決権の数」欄には、同機構名義の完全議決権株式に係る議決権の数1個が含まれております。

 

② 【自己株式等】

令和3年3月31日現在

所有者の氏名又は
名称

所有者の住所

自己名義所有株式数(株)

他人名義所有株式数(株)

所有株式数の合計(株)

発行済株式総数に
対する所有株式数
の割合(%)

(自己保有株式)

イワブチ㈱

千葉県松戸市上本郷
167番地

25,800

25,800

2.35

(相互保有株式)

富田鉄工㈱

千葉県松戸市上本郷
97番地1号

3,400

3,400

0.31

29,200

29,200

2.65

 

 

 

2 【自己株式の取得等の状況】

 

【株式の種類等】

会社法第155条第7号に該当する普通株式の取得

 

 

(1) 【株主総会決議による取得の状況】

該当事項はありません。

 

(2) 【取締役会決議による取得の状況】

該当事項はありません。

 

(3) 【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

 

区分

株式数(株)

価額の総額(円)

当事業年度における取得自己株式

117

686,790

 

 

 

当期間における取得自己株式

 

(注) 当期間における取得自己株式数には、令和3年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取による株式は含まれておりません。

 

(4) 【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

 

区分

当事業年度

当期間

株式数(株)

処分価額の総額
(円)

株式数(株)

処分価額の総額
(円)

引き受ける者の募集を行った
取得自己株式

消却の処分を行った取得自己株式

合併、株式交換、株式交付、
会社分割に係る移転を行った
取得自己株式

その他(-)

 

 

 

 

 

保有自己株式数

25,867

25,867

 

 

(注)  当期間における保有自己株式数には、令和3年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの自己株式の取得及び単元未満株式の買取りによる株式は含まれておりません。

 

 

3 【配当政策】

当社は、株主の皆様に対する利益還元を経営の重要課題として取り組んでおります。そのため、収益の確保に努めるとともに、安定的かつ業績に応じた中間配当および期末配当を行うことを基本方針としております。また、内部留保資金につきましては、企業価値向上に向け積極的な事業展開に備えた経営基盤の強化に有効活用してまいります。

当社の剰余金の配当の決定機関は、中間配当については取締役会、期末配当については株主総会であります。なお、当社は、取締役会の決議によって、毎年9月30日を基準日として中間配当をすることができる旨を定款に定めております。

当事業年度の配当につきましては、上記方針に基づき、期末配当金は1株当たり100円、中間配当金は1株当たり100円、年間配当金は1株当たり200円となりました。

当事業年度に係る剰余金の配当は、以下のとおりであります。

 

決議年月日

配当金の総額(円)

1株当たり配当額(円)

令和2年11月16日

取締役会決議

107,421,100

100

令和3年6月25日

定時株主総会決議

107,413,300

100

 

 

 

4 【コーポレート・ガバナンスの状況等】

(1) 【コーポレート・ガバナンスの概要】

① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

株主・取引先・従業員をはじめとするステークホルダーと企業価値を分かち合えるように経営の健全性、効率性を目指すとともに、ステークホルダーがその判断を出来るように可能な限りの情報を開示することをコーポレート・ガバナンスの基本とし、法令を順守するとともに企業の社会的責任を果たすべく安全な製品の供給と環境の保全に努め、地域社会との共生を図ってまいります。

 

②  企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由

a  企業統治の体制

(a) 業務執行

取締役会は、現在9名の取締役で構成されており、原則月1回の定例取締役会を開催し、法令で定められた事項及び業務執行に関する重要事項を決定するとともに、取締役の職務執行を監督しております。また、監査役も取締役会に出席しております。

常務会は、現在4名の取締役(社長、副社長、専務、常務)で構成されており、原則月1回の常務会を取締役会の前に開催し、会社の組織、運営、その他経営に関する重要な事項について審議しております。また、常勤監査役も常務会に出席しております。

(b) 内部監査及びISO外部審査

社長室長を責任者とする各部店・子会社単位で監査する経営全般の監査は、各部店・子会社に対し2年に1回以上実施され、その結果は、取締役、監査役に報告されております。

また、ISO管理責任者によるISOマネジメントシステム監査及びISO認証機関による外部審査は年1回実施され、その結果は、経営層に報告されております。

(c) 監査役監査

各監査役は、相互の協議による職務分担に従い、取締役会及び各種委員会に出席するとともに監査計画に基づいて業務及び財産の状況を調査し、取締役及び部門関係者と面談し、電磁記録のアクセスを通じて監査を実施しております。

監査役会は、社内常勤監査役1名、社内非常勤監査役1名、社外監査役2名で構成し、原則として2か月に1回開催しております。

(d) 会計監査

会計監査人は、有限責任 あずさ監査法人であり、監査契約を締結し、適正な会計監査を受けております。令和3年3月期における当社の会計監査業務を執行した公認会計士は、斎藤 昇及び成島 徹の両氏であります。会計監査業務に係る補助者は公認会計士4名及びその他5名により構成されております。

(e) 責任限定契約の内容の概要

当社は、会社法第427条第1項の規定に基づき、社外取締役及び各監査役との間において、会社法第423条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任の限度額は、法令が規定する最低責任限度額としております。

(f) 取締役の定数

当社の取締役は、15名以内とする旨定款に定めております。

(g) 取締役の選任の決議要件

当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨を、また、累積投票によらない旨を定款に定めております。

(h) 株主総会決議事項を取締役会で決議することができる事項

a)  自己株式の取得

当社は、自己株式の取得について、機動的な資本政策の遂行を可能とするため、会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議によって市場取引等による自己株式の取得ができる旨を定款に定めております。

b)  中間配当

当社は、株主の皆様への利益還元の機会を充実させるため、取締役会の決議によって、毎年9月30日を基準日として中間配当をすることができる旨を定款に定めております。

(i) 株主総会の特別決議要件

当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨定款に定めております。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目的とするものです。 

 

 コーポレート・ガバナンス体制の模式図

 

 


 
b  企業統治の体制を採用する理由

当社は、社外取締役1名を含む取締役会と社外監査役2名を含む監査役会の連携を中心に、内部統制システムの整備とISOマネジメントシステムを通じて、経営に対する監督機能の強化を充分に図れることから、現状の体制を採用しております。

 

③  企業統治に関するその他の事項

a  内部統制システムの整備の状況

(a) 基本的な考え方

内部統制システムは、経営の健全性を目指すコーポレート・ガバナンスの中核であるとの認識のもとに、企業が開示する情報が適正であることを確保する手段と考えております。また、業務の効率性を確保するとともに、法令を順守し、経営に重大な影響を与える事故や不祥事を未然に防止するリスク管理システムとして捉えております。

なお、内部統制システムは当社グループの企業行動指針を踏まえ、企業規模、業界の特殊性、経営への影響度、社会的責任、費用対効果を十分考慮した上で整備しております。

(b) 整備状況

毎月開催する組織横断的委員会である予算審議委員会、販売企画委員会、生産計画委員会、品質管理委員会に取締役及び監査役も出席し、各問題点につき審議し解決を図っております。

環境保全委員会及び安全衛生委員会を定期的に開催し、環境関係法令・労働安全衛生の法令の順守状況を評価するとともに、職場の改善事項につき審議しております。

社長室・総務部・経理部・情報システム部で関係業務の内部体制について責任を持ち、営業部門・製造部門の各業務へのモニタリングを、日常業務を通じて実施しております。

ISOマネジメントシステムを重要な内部統制システムとして採用し、運用しております。

 

b  リスク管理体制の整備の状況

リスク管理につきましては、市場環境の変化(市場環境、資産価値)、原材料の価格・調達、製品の品質、金融市場(金融資産、為替変動)、災害・事故の発生(自然災害、事故)、情報セキュリティ、人材の確保・育成(人材確保、人材育成)、法令・規則違反及びグループ経営に関するリスクに分類し、リスクの低減と未然の防止に努めております。

法令・規則の順守については、コンプライアンス基本規定を制定するとともに、コンプライアンス体制の社長声明を各部店に掲示して、法令順守及び企業倫理の徹底を図っております。なお、コンプライアンス基本規定には内部通報者保護及びコンプライアンス教育の規定を設けております。

製品の品質と事故の発生リスクについては、ISOマネジメントシステムを通じて、予防及び緊急時の措置を定めております。

また、定期的な内部監査の実施により、包括的にリスク管理体制に問題がないかといった検証を行っております。

 

(2) 【役員の状況】

①  役員一覧

 男性13名 女性0名 (役員のうち女性の比率0%)

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数
(百株)

代表取締役社長
営業本部長

内田  秀吾

昭和33年7月13日

昭和56年4月

当社入社

平成14年3月

福岡支店長

平成18年6月

取締役就任  営業第一部長

平成20年6月

取締役  営業本部営業統括部長

平成21年6月

常務取締役就任  営業本部副本部長兼営業統括部長

平成23年4月

専務取締役就任  営業本部長兼営業統括部長

平成24年4月

代表取締役社長就任 営業本部長

平成25年6月

代表取締役社長  営業本部長兼海陽岩淵金属製品有限公司董事長(現任)

令和2年6月~
令和4年6月

59

取締役副社長
生産本部長

宮﨑  洋一

昭和30年1月28日

昭和54年4月

当社入社

平成12年3月

営業統括部長

平成14年3月

名古屋支店長

平成15年6月

取締役就任  名古屋支店長

平成18年3月

取締役  製造部長

平成25年6月

常務取締役就任  製造部長

平成27年4月

常務取締役 製造部長兼品質保証部長

平成28年4月

常務取締役 製造部長

平成30年4月

常務取締役 生産本部長

平成30年6月

専務取締役就任 生産本部長

令和3年6月

取締役副社長 生産本部長(現任)

令和3年6月~
令和5年6月

37

専務取締役
管理本部長

遠藤  雅道

昭和30年10月3日

昭和54年4月

当社入社

平成14年3月

情報システム部長

平成23年4月

総務部長

平成23年6月

取締役就任  総務部長

平成28年6月

常務取締役就任 総務部長

平成30年4月

常務取締役 管理本部長兼総務部長

令和2年4月

常務取締役 管理本部長

令和3年6月

専務取締役 管理本部長(現任)

令和3年6月~
令和5年6月

20

常務取締役
営業本部営業統括部長

渡邉  尚浩

昭和31年2月14日

昭和55年4月

日本電信電話公社入社

平成13年8月

東日本電信電話㈱山梨支店設備部長

平成16年4月

NTTインフラネット㈱出向首都圏支店神奈川支店長

平成18年4月

同社首都圏支店設備部長

平成21年4月

当社入社、営業第二部担当部長

平成25年6月

取締役就任  営業第二部長

平成30年4月

取締役 営業本部営業統括部長

平成30年6月

常務取締役就任 営業本部営業統括部長(現任)

令和3年6月~
令和5年6月

12

取締役
社長室担当

篠崎  泰之

昭和26年7月24日

昭和50年4月

住友商事㈱入社

平成12年11月

同社鉄鋼第二本部大阪薄板・ステンレス部長

平成14年8月

マツダスチール㈱出向  社長

平成18年6月

NANJING BAOSTEEL SUMMIT METAL PRODUCTS CO.,LTD.出向  総経理

平成21年4月

住友商事㈱金属事業部門鉄鋼第二本部長付

平成22年6月

当社監査役就任

平成23年6月

当社取締役就任

平成23年8月

取締役  社長室長

平成30年7月

取締役 社長室担当(現任)

令和3年6月~
令和5年6月

11

 

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数
(百株)

取締役
札幌支店長

小山  隆

昭和28年5月3日

昭和52年4月

北海道電力㈱入社

平成17年3月

同社配電部長

平成20年4月

ほくでんサービス㈱配電事業部長

平成20年6月

同社取締役配電事業部長

平成25年6月

同社常務取締役

平成29年6月

当社入社

平成29年10月

札幌支店長

平成30年6月

取締役就任 札幌支店長(現任)

令和2年6月~
令和4年6月

2

取締役
社長室長

富樫 一郎

昭和35年10月27日

平成3年5月

当社入社

平成21年1月

総務部長

平成23年4月

社長室部長

平成30年6月

取締役就任 社長室部長

平成30年7月

取締役 社長室長(現任)

令和2年6月~
令和4年6月

5

取締役
大阪支店長

松下  茂

昭和32年4月3日

昭和51年4月

日本電信電話公社入社

平成22年7月

西日本電信電話㈱大阪東支店設備部部長

平成24年7月

日本コムシス㈱入社

平成27年11月

同社NTT事業本部本社アクセスシステム部アクセス推進部門担当部長

平成31年4月

当社入社

令和2年4月

大阪支店長

令和3年6月

取締役就任 大阪支店長(新任)

令和3年6月~
令和5年6月

取締役

永田  健

昭和40年9月19日

平成2年4月

ニチメン㈱(現双日㈱)入社

平成15年8月

サミットスチール㈱(現住友商事グローバルメタルズ㈱)入社

平成25年4月

同社厚板建材事業部長付

令和3年4月

住友商事グローバルメタルズ㈱薄板事業部長付(現任)

令和3年6月

当社取締役就任(新任)

令和3年6月~
令和5年6月

常勤監査役

鈴木 健司

昭和30年12月28日

昭和53年4月

当社入社

平成24年6月

製品開発部長

平成29年6月

取締役就任 製品開発部長

令和2年4月

取締役 製品開発部担当

令和2年6月

常勤監査役就任(現任)