EDINET閲覧(提出)サイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)をもとに上場企業サーチ作成

本ページはEDINETに提出された開示情報を上場企業サーチが加工/編集したものであり、記載された情報の正確性および完全性について上場企業サーチは一切の保証を行いません。本ページの情報を利用する際は自己の責任で判断頂き、意思決定に際しては適宜EDINETや提出会社が公開するオリジナルを参照する様にしてください。本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

【表紙】

 

【提出書類】

有価証券報告書

【根拠条文】

金融商品取引法第24条第1項

【提出先】

関東財務局長

【提出日】

2021年9月29日

【事業年度】

第70期(自 2020年7月1日 至 2021年6月30日)

【会社名】

株式会社オーネックス

【英訳名】

ONEX Corporation

【代表者の役職氏名】

代表取締役社長  大屋 和雄

【本店の所在の場所】

東京都町田市森野一丁目7番23号

【電話番号】

046(285)3664

【事務連絡者氏名】

取締役管理本部副本部長  田島 圭子

【最寄りの連絡場所】

東京都町田市森野一丁目7番23号

【電話番号】

046(285)3664

【事務連絡者氏名】

取締役管理本部副本部長  田島 圭子

【縦覧に供する場所】

株式会社東京証券取引所

 (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

 

 

E01446 59870 株式会社オーネックス ONEX Corporation 企業内容等の開示に関する内閣府令 第三号様式 Japan GAAP true cte cte 2020-07-01 2021-06-30 FY 2021-06-30 2019-07-01 2020-06-30 2020-06-30 1 false false false E01446-000 2021-09-29 E01446-000 2016-07-01 2017-06-30 E01446-000 2017-07-01 2018-06-30 E01446-000 2018-07-01 2019-06-30 E01446-000 2019-07-01 2020-06-30 E01446-000 2020-07-01 2021-06-30 E01446-000 2017-06-30 E01446-000 2018-06-30 E01446-000 2019-06-30 E01446-000 2020-06-30 E01446-000 2021-06-30 E01446-000 2016-07-01 2017-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01446-000 2017-07-01 2018-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01446-000 2018-07-01 2019-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01446-000 2019-07-01 2020-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01446-000 2020-07-01 2021-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01446-000 2017-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01446-000 2018-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01446-000 2019-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01446-000 2020-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01446-000 2021-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01446-000 2021-06-30 jpcrp030000-asr_E01446-000:MetalHeatTreatmentAndProcessingBusinessReportableSegmentsMember E01446-000 2021-06-30 jpcrp030000-asr_E01446-000:TransportationBusinessReportableSegmentsMember E01446-000 2020-07-01 2021-06-30 jpcrp030000-asr_E01446-000:MetalHeatTreatmentAndProcessingBusinessReportableSegmentsMember E01446-000 2020-07-01 2021-06-30 jpcrp030000-asr_E01446-000:TransportationBusinessReportableSegmentsMember E01446-000 2021-09-29 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E01446-000 2021-06-30 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E01446-000 2021-06-30 jpcrp_cor:No1MajorShareholdersMember E01446-000 2021-06-30 jpcrp_cor:No2MajorShareholdersMember E01446-000 2021-06-30 jpcrp_cor:No3MajorShareholdersMember E01446-000 2021-06-30 jpcrp_cor:No4MajorShareholdersMember E01446-000 2021-06-30 jpcrp_cor:No5MajorShareholdersMember E01446-000 2021-06-30 jpcrp_cor:No6MajorShareholdersMember E01446-000 2021-06-30 jpcrp_cor:No7MajorShareholdersMember E01446-000 2021-06-30 jpcrp_cor:No8MajorShareholdersMember E01446-000 2021-06-30 jpcrp_cor:No9MajorShareholdersMember E01446-000 2021-06-30 jpcrp_cor:No10MajorShareholdersMember E01446-000 2021-06-30 jpcrp_cor:SharesWithNoVotingRightsMember E01446-000 2021-06-30 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsTreasurySharesEtcMember E01446-000 2021-06-30 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsOtherMember E01446-000 2021-06-30 jpcrp_cor:OrdinarySharesTreasurySharesSharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E01446-000 2021-06-30 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsOtherMember E01446-000 2021-06-30 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesLessThanOneUnitMember E01446-000 2021-06-30 jpcrp_cor:Row1Member E01446-000 2021-09-29 jpcrp_cor:Row1Member E01446-000 2021-09-29 jpcrp030000-asr_E01446-000:OyaKazuoMember E01446-000 2021-09-29 jpcrp030000-asr_E01446-000:TsurutaTakeshiMember E01446-000 2021-09-29 jpcrp030000-asr_E01446-000:MutouKoujiMember E01446-000 2021-09-29 jpcrp030000-asr_E01446-000:TakashinaTakeshiMember E01446-000 2021-09-29 jpcrp030000-asr_E01446-000:TajimaKeikoMember E01446-000 2021-09-29 jpcrp030000-asr_E01446-000:EndouMasatoshiMember E01446-000 2021-09-29 jpcrp030000-asr_E01446-000:YokoyamaTsuyoshiMember E01446-000 2021-09-29 jpcrp030000-asr_E01446-000:YoshidaKatsuhikoMember E01446-000 2021-09-29 jpcrp030000-asr_E01446-000:KajiYoshiakiMember E01446-000 2021-09-29 jpcrp_cor:Row2Member E01446-000 2021-09-29 jpcrp_cor:Row3Member E01446-000 2021-09-29 jpcrp_cor:Row4Member E01446-000 2021-09-29 jpcrp_cor:Row5Member E01446-000 2021-09-29 jpcrp_cor:Row6Member E01446-000 2020-07-01 2021-06-30 jpcrp_cor:DirectorsExcludingOutsideDirectorsMember E01446-000 2020-07-01 2021-06-30 jpcrp_cor:CorporateAuditorsExcludingOutsideCorporateAuditorsMember E01446-000 2020-07-01 2021-06-30 jpcrp_cor:OutsideDirectorsAndOtherOfficersMember E01446-000 2020-06-30 jpcrp_cor:Row1Member E01446-000 2021-06-30 jpcrp_cor:Row2Member E01446-000 2020-06-30 jpcrp_cor:Row2Member E01446-000 2021-06-30 jpcrp_cor:Row3Member E01446-000 2020-06-30 jpcrp_cor:Row3Member E01446-000 2021-06-30 jpcrp_cor:Row4Member E01446-000 2020-06-30 jpcrp_cor:Row4Member E01446-000 2021-06-30 jpcrp_cor:Row5Member E01446-000 2020-06-30 jpcrp_cor:Row5Member E01446-000 2021-06-30 jpcrp_cor:Row6Member E01446-000 2020-06-30 jpcrp_cor:Row6Member E01446-000 2021-06-30 jpcrp_cor:Row7Member E01446-000 2020-06-30 jpcrp_cor:Row7Member E01446-000 2021-06-30 jpcrp_cor:Row8Member E01446-000 2020-06-30 jpcrp_cor:Row8Member E01446-000 2021-06-30 jpcrp_cor:Row9Member E01446-000 2020-06-30 jpcrp_cor:Row9Member E01446-000 2021-06-30 jpcrp_cor:Row10Member E01446-000 2020-06-30 jpcrp_cor:Row10Member E01446-000 2021-06-30 jpcrp_cor:Row11Member E01446-000 2020-06-30 jpcrp_cor:Row11Member E01446-000 2021-06-30 jpcrp_cor:Row12Member E01446-000 2020-06-30 jpcrp_cor:Row12Member E01446-000 2020-06-30 jppfs_cor:CapitalStockMember E01446-000 2019-06-30 jppfs_cor:CapitalStockMember E01446-000 2019-06-30 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01446-000 2020-06-30 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01446-000 2020-06-30 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01446-000 2019-06-30 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01446-000 2019-06-30 jppfs_cor:TreasuryStockMember E01446-000 2020-06-30 jppfs_cor:TreasuryStockMember E01446-000 2019-06-30 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01446-000 2020-06-30 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01446-000 2019-06-30 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E01446-000 2020-06-30 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E01446-000 2020-06-30 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E01446-000 2019-06-30 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E01446-000 2019-07-01 2020-06-30 jppfs_cor:CapitalStockMember E01446-000 2020-07-01 2021-06-30 jppfs_cor:CapitalStockMember E01446-000 2019-07-01 2020-06-30 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01446-000 2020-07-01 2021-06-30 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01446-000 2019-07-01 2020-06-30 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01446-000 2020-07-01 2021-06-30 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01446-000 2020-07-01 2021-06-30 jppfs_cor:TreasuryStockMember E01446-000 2019-07-01 2020-06-30 jppfs_cor:TreasuryStockMember E01446-000 2020-07-01 2021-06-30 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01446-000 2019-07-01 2020-06-30 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01446-000 2020-07-01 2021-06-30 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E01446-000 2019-07-01 2020-06-30 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E01446-000 2020-07-01 2021-06-30 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E01446-000 2019-07-01 2020-06-30 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E01446-000 2021-06-30 jppfs_cor:CapitalStockMember E01446-000 2021-06-30 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01446-000 2021-06-30 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01446-000 2021-06-30 jppfs_cor:TreasuryStockMember E01446-000 2021-06-30 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01446-000 2021-06-30 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E01446-000 2021-06-30 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E01446-000 2019-07-01 2020-06-30 jpcrp030000-asr_E01446-000:MetalHeatTreatmentAndProcessingBusinessReportableSegmentsMember E01446-000 2019-07-01 2020-06-30 jpcrp030000-asr_E01446-000:TransportationBusinessReportableSegmentsMember E01446-000 2019-07-01 2020-06-30 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E01446-000 2020-07-01 2021-06-30 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E01446-000 2019-07-01 2020-06-30 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E01446-000 2020-07-01 2021-06-30 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E01446-000 2020-06-30 jpcrp030000-asr_E01446-000:MetalHeatTreatmentAndProcessingBusinessReportableSegmentsMember E01446-000 2020-06-30 jpcrp030000-asr_E01446-000:TransportationBusinessReportableSegmentsMember E01446-000 2020-06-30 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E01446-000 2021-06-30 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E01446-000 2021-06-30 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E01446-000 2020-06-30 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E01446-000 2020-07-01 2021-06-30 jpcrp_cor:OtherReportableSegmentsMember E01446-000 2020-06-30 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01446-000 2019-06-30 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01446-000 2019-06-30 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01446-000 2020-06-30 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01446-000 2019-06-30 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01446-000 2020-06-30 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01446-000 2019-06-30 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01446-000 2020-06-30 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01446-000 2019-06-30 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01446-000 2020-06-30 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01446-000 2019-06-30 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01446-000 2020-06-30 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01446-000 2020-06-30 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01446-000 2019-06-30 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01446-000 2020-06-30 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01446-000 2019-06-30 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01446-000 2020-06-30 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01446-000 2019-06-30 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01446-000 2020-07-01 2021-06-30 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01446-000 2019-07-01 2020-06-30 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01446-000 2019-07-01 2020-06-30 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01446-000 2020-07-01 2021-06-30 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01446-000 2019-07-01 2020-06-30 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01446-000 2020-07-01 2021-06-30 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01446-000 2020-07-01 2021-06-30 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01446-000 2019-07-01 2020-06-30 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01446-000 2020-07-01 2021-06-30 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01446-000 2019-07-01 2020-06-30 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01446-000 2020-07-01 2021-06-30 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01446-000 2019-07-01 2020-06-30 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01446-000 2019-07-01 2020-06-30 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01446-000 2020-07-01 2021-06-30 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01446-000 2020-07-01 2021-06-30 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01446-000 2019-07-01 2020-06-30 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01446-000 2019-07-01 2020-06-30 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01446-000 2020-07-01 2021-06-30 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01446-000 2021-06-30 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01446-000 2021-06-30 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01446-000 2021-06-30 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01446-000 2021-06-30 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01446-000 2021-06-30 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01446-000 2021-06-30 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01446-000 2021-06-30 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01446-000 2021-06-30 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01446-000 2021-06-30 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember iso4217:JPY iso4217:JPY xbrli:shares xbrli:pure xbrli:shares

第一部 【企業情報】

 

第1 【企業の概況】

 

1 【主要な経営指標等の推移】

(1) 連結経営指標等

回次

第66期

第67期

第68期

第69期

第70期

決算年月

2017年6月

2018年6月

2019年6月

2020年6月

2021年6月

売上高

(千円)

5,476,390

6,126,612

6,252,991

5,317,067

5,066,482

経常利益又は
経常損失(△)

(千円)

294,280

328,110

261,415

25,131

73,168

親会社株主に帰属する
当期純利益又は
親会社株主に帰属する
当期純損失(△)

(千円)

128,618

229,896

161,516

13,132

201,590

包括利益

(千円)

177,952

217,802

111,553

19,285

141,929

純資産額

(千円)

5,301,837

5,486,085

5,564,518

5,512,111

5,337,009

総資産額

(千円)

9,997,150

10,346,566

10,267,144

10,009,094

10,183,050

1株当たり純資産額

(円)

3,201.21

3,312.78

3,360.14

3,328.49

3,222.85

1株当たり当期純利益
又は1株当たり
当期純損失(△)

(円)

77.66

138.82

97.53

7.93

121.73

潜在株式調整後
1株当たり当期純利益

(円)

自己資本比率

(%)

53.0

53.0

54.2

55.1

52.4

自己資本利益率

(%)

2.46

4.26

2.92

0.24

株価収益率

(倍)

19.57

11.37

10.58

93.32

営業活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

691,871

665,485

653,500

889,311

595,190

投資活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

415,017

868,862

515,103

391,881

410,577

財務活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

500,184

21,552

71,878

32,232

28,419

現金及び現金同等物
の期末残高

(千円)

2,121,461

1,896,532

1,963,051

2,428,249

2,641,283

従業員数
(外、平均臨時
雇用者数)

(人)

262

269

290

282

267

(126)

(133)

(135)

(90)

(91)

 

(注) 1.売上高には、消費税等は含まれておりません。

2.第66期、第67期、第68期及び第69期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため、記載しておりません。

3.第70期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、1株当たり当期純損失であり、また、潜在株式が存在しないため、記載しておりません。

4.第70期の自己資本利益率については、当期純損失であるため、記載しておりません。

5.第70期の株価収益率については、1株当たり当期純損失であるため、記載しておりません。

6.当社は、2018年1月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株式併合を行っております。第66期の期首に当該株式併合が行われたと仮定し、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益又は1株当たり当期純損失を算定しております。

7.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第68期の期首から適用しており、第67期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。

 

(2) 提出会社の経営指標等

 

回次

第66期

第67期

第68期

第69期

第70期

決算年月

2017年6月

2018年6月

2019年6月

2020年6月

2021年6月

売上高

(千円)

4,701,249

5,079,453

4,958,607

4,021,182

3,866,177

経常利益又は経常損失(△)

(千円)

496,535

435,301

223,669

10,594

150,857

当期純利益又は当期純損失(△)

(千円)

339,332

289,487

145,173

558

253,919

資本金

(千円)

878,363

878,363

878,363

878,363

878,363

発行済株式総数

(株)

16,600,000

1,660,000

1,660,000

1,660,000

1,660,000

純資産額

(千円)

5,531,863

5,776,822

5,838,911

5,772,813

5,545,381

総資産額

(千円)

9,838,548

10,330,082

10,205,160

10,000,521

10,058,444

1株当たり純資産額

(円)

3,340.10

3,488.34

3,525.83

3,485.92

3,348.68

1株当たり配当額
(内1株当たり
中間配当額)

(円)

2.00

20.00

20.00

20.00

20.00

(―)

(―)

(―)

(―)

(-)

1株当たり当期純利益又は1株当たり当期純損失(△)

(円)

204.88

174.80

87.66

0.34

153.33

潜在株式調整後
1株当たり当期純利益

(円)

自己資本比率

(%)

56.2

55.9

57.2

57.7

55.1

自己資本利益率

(%)

6.34

5.12

2.50

株価収益率

(倍)

7.42

9.03

11.77

配当性向

(%)

9.8

11.4

22.8

従業員数
(外、平均臨時
雇用者数)

(人)

204

202

224

212

197

(114)

(120)

(121)

(88)

(83)

株主総利回り

(%)

149.5

157.2

106.0

79.6

106.1

(比較指標:配当込みTOPIX)

(%)

(132.2)

(145.0)

(133.1)

(137.2)

(174.7)

最高株価

(円)

191

3,380

(334)

1,726

1,033

1,850

最低株価

(円)

97

1,573

(148)

852

550

652

 

(注) 1.売上高には、消費税等は含まれておりません。

2.第66期から第68期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため、記載しておりません。

3.第69期及び第70期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、1株当たり当期純損失であり、また、潜在株式が存在しないため、記載しておりません。

4.当社は、2018年1月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株式併合を行っております。第66期の期首に当該株式併合が行われたと仮定し、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益又は1株当たり当期純損失を算定しております。第67期の株価については株式併合後の最高・最低株価を記載し、( )内に株式併合前の最高・最低株価を記載しております。

5.第69期及び第70期の自己資本利益率については、当期純損失であるため、記載しておりません。

6.第69期及び第70期の株価収益率及び配当性向については、1株当たり当期純損失であるため、記載しておりません。

7.最高・最低株価は、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)におけるものであります。

8.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第68期の期首から適用しており、第67期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。

 

2 【沿革】

 

年月

事項

1951年8月

個人事業大同熱処理工業所を母体に発展させ、東京都大田区雪ヶ谷に大屋熱処理株式会社(現:株式会社オーネックス)を設立、東京都大田区仲池上で操業を開始

1953年4月

高周波焼入れ部門の操業を開始

1958年12月

浸炭焼入れ方法を固形浸炭方法から、ガスを用いるガス浸炭方法への転換を始める(1965年10月には完全に転換)

1967年6月

神奈川県厚木市の内陸工業団地に工場用地取得

1968年4月

厚木工場操業開始

1969年9月

騎西工場操業開始

1971年4月

金属熱処理の技術の研究・開発のため研究室を設置(現:技術研究所)

1972年1月

大屋運輸株式会社(現:株式会社オーネックスライン)設立

1973年12月

山口県厚狭郡山陽町(現:山陽小野田市)に工場用地取得

1974年9月

厚木工場に軽合金課を設置し、非鉄金属の熱処理を開始

1976年9月

山口工場操業開始

1976年10月

本店を神奈川県厚木市上依知字上ノ原3012番地3に移転

1978年6月

大屋技研株式会社(現:株式会社オーネックスエンジニアリング)設立

1978年12月

埼玉県東松山市の東松山工業団地に工場用地取得

1980年7月

東松山工業団地に騎西工場の設備(高周波部門を除く)を移転すると共に、新たな設備も設置して東松山工場の操業開始

1984年8月

山陽大屋熱処理株式会社(現:株式会社オーネックス山口工場)を設立

1985年12月

厚木工場が工業標準化法に基づく日本工業規格(JIS)許可工場となる

1986年1月

長野県上田市の塩田工業団地に用地取得

1986年12月

東松山工場が工業標準化法に基づく日本工業規格(JIS)許可工場となる

1987年11月

信濃冶金化学株式会社を買収し、社名を長野大屋熱処理株式会社(現:株式会社オーネックス長野工場)とする

1989年8月

騎西工場の高周波部門を東松山工場に統合し、騎西工場を閉鎖

1991年6月

CIをグループ全体で実施し、社名を株式会社オーネックスとする

1991年10月

株式会社オーネックス長野を長野県上田市の塩田工業団地に移転

1997年2月

日本証券業協会に株式を登録

1998年10月

株式会社オーネックス山口の山口工場がISO9001の認証を取得

2000年3月

株式会社オーネックス長野を解散・清算し、新たに長野工場とする

2000年8月

東松山工場がISO9001の認証を取得

2000年12月

厚木工場がISO9001の認証を取得

2004年1月

株式会社オーネックス山口を吸収合併し、山口工場とする

2004年12月

日本証券業協会への店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場

2005年4月

厚木工場がISO14001の認証を取得

2005年9月

東松山工場がISO14001の認証を取得

2006年4月

長野工場がISO9001の認証を取得

2006年7月

山口県山陽小野田市の新山野井工業団地に用地取得

2007年2月

山口第二工場操業開始

2010年4月

ジャスダック証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、大阪証券取引所JASDAQ(現東京証券取引所JASDAQスタンダード)に上場

2013年1月

株式会社オーネックスエンジニアリング解散

2013年12月

厚木工場及び東松山工場がISO/TS16949の認証を取得

2014年5月

株式会社オーネックステックセンターを設立

2015年12月

株式会社オーネックステックセンター三重工場操業開始及び株式会社オーネックス三重営業所開設(三重県亀山市 亀山・関テクノヒルズ工業団地)

2016年3月

株式会社オーネックスライン三重営業所開設(同上)

2017年12月

本社機能の一部を東京都町田市森野一丁目7番23号に移転

2019年9月

2021年3月

本店を東京都町田市森野一丁目7番23号に移転

長野工場閉鎖

 

 

3 【事業の内容】

当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、株式会社オーネックス(以下、「当社」という。)及び連結子会社2社及び持分法適用関連会社1社により構成されており、金属熱処理加工事業及び運送事業を営んでおります。

事業内容と当社グループ各社の当該事業にかかる位置付けは、次のとおりであります。

なお、次の2事業は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1) 連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。

[金属熱処理加工事業]

1.金属熱処理加工事業

当社及び株式会社オーネックステックセンターが金属熱処理加工事業を営んでおります。

2.金属矯正加工事業

金属矯正加工事業は、持分法適用関連会社の株式会社昌平が営んでおります。当社は同社へ、金属熱処理加工に伴って発生する製品の曲り、捩れなどの矯正加工を委託しております。

[運送事業]

株式会社オーネックスラインが一般貨物運送業の認可を受けて営んでおります。当社及び株式会社オーネックステックセンターは同社へ、取引先との熱処理製品等の運送を委託しております。

 

以上記述した事項を事業系統図によって示すと、次のとおりであります。

 


 

 

4 【関係会社の状況】

 

名称

住所

資本金
(千円)

主要な事業
の内容

議決権の
所有割合(%)

関係内容

(連結子会社)

 

 

 

 

 

㈱オーネックスライン

(注)2

神奈川県厚木市

50,000

運送事業

100.0

荷造運送の一部を委託している。

役員の兼任3名。

(連結子会社)

 

 

 

 

 

㈱オーネックステックセンター

(注)3

神奈川県厚木市

95,000

金属熱処理加工事業

100.0

熱処理加工の一部を受託、委託している。

役員の兼任4名。

(持分法適用関連会社)

 

 

 

 

 

㈱昌平

(注)4

横浜市鶴見区

10,000

金属矯正加工事業

10.0

金属矯正の一部を委託している。

資金援助あり。

 

(注) 1.連結子会社の「主要な事業の内容」欄には、セグメントの名称を記載しております。

2.㈱オーネックスラインについては、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の連結売上高に占める割合が10%を超えておりますが、セグメントの運送事業売上高に占める当該連結子会社の売上高(セグメント間の内部売上高又は振替高を含む)の割合が90%を超えるため、主要な損益情報等の記載を省略しております。

3.特定子会社に該当しております。

4.持分は100分の20未満でありますが、実質的な影響力を持っているため関連会社としたものであります。

 

5 【従業員の状況】

(1) 連結会社の状況

2021年6月30日現在

セグメントの名称

従業員数(人)

金属熱処理加工事業

220

89)

運送事業

47

(  2)

合計

267

91)

 

(注) 従業員数は就業人員(当社グループからグループ外への出向者を除き、グループ外から当社グループへの出向者を含む。)であり、臨時雇用者数(嘱託、常用時給者、パートタイマー、人材会社からの派遣社員を含む。)は、年間の平均人員を( )外数で記載しております。前連結会計年度末の従業員数との比較では15名減です。

 

(2) 提出会社の状況

2021年6月30日現在

従業員数(人)

平均年齢

平均勤続年数

平均年間給与(円)

197

42.8

16.2

4,929,025

83)

 

(注) 1.従業員数は就業人員(当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含む。)であり、臨時雇用者数(嘱託、常用時給者、パートタイマー、人材会社からの派遣社員を含む。)は、年間の平均人員を( )外数で記載しております。

なお、前事業年度末の従業員数との比較では15名減です。

2.平均年間給与(税込)は、基準外賃金及び賞与を含んでおります。

3.当社は「金属熱処理加工事業」の単一セグメントであるため、セグメント別の従業員の状況の記載を省略しております。

 

(3) 労働組合の状況

提出会社の労働組合は、上部団体JAM神奈川に加盟しており、組合員数は123名であります。

なお、労使関係は安定しております。

 

第2 【事業の状況】

 

1 【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

    文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。

 

(1) 会社の経営の基本方針(経営理念)

当社グループの全従業員が共有し、進むべきベクトルを合わせるため、「品質の追求」、「人間性の尊重」、

「社会への貢献」、「夢のある職場」からなる経営理念(社是)を定め、株主をはじめとするすべてのステーク

ホルダーから評価される経営を行い、持続的に企業価値の向上を図ることを目指しています。

 

(2) 経営戦略及び経営方針

① 経営戦略

1.熱処理技術力の向上と新しい熱処理技術への取組み

2 環境の変化に対応した柔軟な事業展開

3.顧客志向を徹底した提案型営業

4.ITを活用したワークスタイルの変革

5.人材の育成

当社は、この5項目を経営戦略の柱としその実現のために、当期の情勢を見据え以下の「オーネックス方針」を掲げ、社会に一層貢献できる企業価値の高い会社の実現を目指していきます。

② 経営方針

1.法令遵守の徹底

オーネックスグループ企業行動憲章を踏まえ、コンプライアンスを経営の根幹と捉えて推進するために、「企業倫理」、「コーポレートガバナンス・内部統制」を堅持し、環境・社会・ガバナンス(ESG)に着目し、特に環境への配慮を念頭に企業の社会的責任(CSR)を遂行します。

2.強固な収益体質の確立

長野工場閉鎖による拠点集約の目的は、生産効率の向上であり、早期に体制を整備し収益基盤を強化します。

さらに既存取引の採算の見直しや熱処理作業の自動化によるコスト削減、サイクルタイム短縮や業務プロセスの集約化による生産性の向上等により強固な収益体質を確立します。

3.成長戦略の展開

グループの成長戦略の柱として設立したオーネックステックセンターは事業開始から5年が経過し、徐々に軌道に乗りつつあります。首都圏直下型地震や富士山の噴火などが発生することが高い確率で予想されており、オーネックステックセンターの基盤拡大は、オーネックスグループにとって成長戦略とともに事業継続計画(BCP)対策としても重要な位置づけにあります。そして、近畿、東海エリアのさらなる市場開拓を進め、飛躍的な成長を目指します。

4.必要人員の確保と育成

少子高齢化に加え雇用の流動化がみられるなか、人員の確保と育成は経営の重要な課題となっています。採用活動を強化し有能な人員の確保を図るとともに、多能工化の推進による生産効率の実現が急務となっています。そのため、各層を対象とした「人材育成システム」を再整備するとともに各部門を経験させ技術を継承しつつ多能工化を図ります。また、自然災害や疫病に対するリスク管理を強化し、従業員等の健康へも配慮します。

5.技術・品質の探究及び継承

熱処理技術向上のための探求と高い水準の品質システムを維持し、顧客ニーズに応え、さらなる受注拡大に資する基盤整備を進めるとともに保有する技術を継承していき、自動車の電動(EV)化や脱炭素社会の実現に向けた流れの中で必要な熱処理技術の確立に取り組んでいきます。

 

 

(3) 経営環境及び対処すべき課題等

当社グループを取り巻く経営環境は、新型コロナウイルス感染症が第2回目の緊急事態宣言以降収まってきたかに見えましたが、4月以降再び拡大し第3回目の緊急事態宣言が発令されました。経済活動は、段階的に進められ回復の兆しがみられましたが、コロナ禍の収束と経済活動の回復の先行きは、不透明な状況が続いております。

今後の経済の見通しにつきましては、日本のワクチン接種完了者比率は年内に人口比率5割を超えるとみられ、一定の防疫措置を講じつつ、徐々に経済活動は正常化に向かうと予想されます。

このような状況を踏まえ、当社グループは本年3月に長野工場を閉鎖しました。厚木工場及び東松山工場など他の工場へ取引を移行し、並行して生産設備の移設も行うことで当社の生産体制の見直しを行い、効率化を進め収益体質の強化を図り生産性の向上に取り組んでまいります。

 

(金属熱処理加工事業)

金属熱処理業界につきましては、主力取引業界である自動車部品関連等が新型コロナウイルス感染症の影響及び半導体調達の問題に伴う影響により、受注が低調に推移しました。その一方で熱処理業界においては、メーカーの熱処理外製化による受注獲得機会の拡大が期待されています。

また、各国は環境規制強化やカーボンニュートラルへの取り組みを表明しており、金属熱処理業界などは厳しい対応を迫られることとなりますが、カーボンニュートラルへ向けた検討、あるいは自動車のEV化による部品数の減少への対応などの検討を行ってまいります。

その第1歩としまして、当社グループは、株式会社オーネックステックセンター(三重県亀山市)及び山口工場に自家消費型太陽光発電システムの導入を進めております。

加えて、経営方針でも述べておりますが、市場シェアの高い近畿・東海エリアをカバーする株式会社オーネックステックセンターをさらに拡充し、「顧客基盤の拡大」を推進してまいります。

 

(運送事業)

運送事業におきましても、新型コロナウイルス感染症の影響により、国内においては、自動車関連、電気機械などの一部商材に堅調さはみられたものの、全体としては低調に推移しております。

このような環境を踏まえ、運送事業における対面での対応や接客時の感染防止対策を実施し、従業員の衛生管理に最大限留意します。また、これまで以上に運行管理の徹底、配車の効率化及びエコドライブによる燃費の削減に努め「強固な収益体質の確立」を推進してまいります。

 

2 【事業等のリスク】

当社グループの事業展開、経営成績及び財務状況等に影響を及ぼす可能性がある主なリスクには以下のようなものがあります。

なお、文中における将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。

 

(1) 市場、事業環境に関するリスク

① 金属熱処理加工事業市場の変動

当社グループの売上は産業工作機械、自動車、建設機械部品関連が大きな割合を占めており、新型コロナウイルス感染症の拡大が収束せず景気の下振れが継続すれば、マーケット環境に大きな変化が生じ事業に大きな影響を受ける可能性があります。需要の裾野の広い一般産業機械分野向けの比率を高め、依存度の高い分野の需要の下方変動による影響の緩和を図っておりますが、高依存度の特定産業分野における急激な需要の縮小は、当社グループの財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローに影響を及ぼす可能性があります。

 

② 製品の品質

当社グループは、技術を磨き「品質の追求」をモットーにしており、適切な品質管理のもと製品作りに励んでおりますが、熱処理加工の欠陥に起因した大規模な損害賠償請求等が発生し、保険金で補填できない場合には、当社グループの財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローに影響を及ぼす可能性があります。

③ 運送事業市場の変動

新型コロナウイルス感染症とその抑制のための制限措置の世界的な拡大は、物流業界においても日本を含む世界各国における生産活動の停止等により、生産関連貨物及び消費関連貨物ともに貨物輸送需要が低調に推移しており、このまま継続した場合、当社グループの財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローに影響を及ぼす可能性があります。

④ 労使関係及び労働環境

当社グループでは安定した労使関係の構築に努めております。労使協議会を定期的に開催し、職場環境、労働条件の改善について協議しており、労使関係の悪化による事業リスクは少ないと考えております。また、安全で働きやすい職場環境作りを目指して取り組んでおりますが、設備の不具合、作業手順の不遵守等により、労働災害が発生する可能性があります。特に重大な労働災害が発生した場合には、事業に影響を及ぼす可能性があります。

⑤ 情報システム

当社は生産管理システムや社内ネットワークシステム等を導入し、業務運営のオンライン化、システム化を推進し、バックアップ体制も整えております。ただし、これらのシステムやネットワークに大規模な障害が発生し、復旧に長時間を要するような場合、生産活動等に支障をきたし、当社グループの事業に影響を及ぼす可能性があります。

⑥ 情報セキュリティー

当社グループでは、事業遂行に関連し重要情報を入手することがあり、これらの情報の外部への流出防止・目的外の流用等が起こらないよう徹底を図っております。ただし、予期せぬ事態により流出する可能性は皆無ではなく、このような事態が生じた場合、社会的信用の失墜やその対応のための多額の費用負担が発生し、当社グループの事業に影響を及ぼす可能性があります。

 

(2) 金融、経済に関するリスク

① 原材料価格

原材料価格の上昇に対応するため、生産性向上による原価低減、経費削減及び販売価格への転嫁等の対策を講じてまいりますが、想定以上に原材料価格が上昇し、価格転嫁等の対応が遅れた場合には、当社グループの収益性に影響を与える可能性があります。

② 債権の貸倒

当社グループは、特に事業の継続性が不安定な取引先に依存していることはありません。また取引を行う際は、情報収集に努め、細心の注意を払っておりますが、当期の新型コロナウイルスの感染症拡大にみられるような景況の変動によっては、取引先の倒産や経営不安等により債権回収に支障が生じ、当社グループの財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローに影響を及ぼす可能性があります。

③ 金利の変動

当社グループは、有利子負債の削減を軸に財務体質の強化に努めておりますが、金利上昇は支払利息の増加を招き、当社グループの財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローに影響を及ぼす可能性があります。

④ 資産価値の変動

経済情勢などから、土地や有価証券など、当社グループが保有する資産価値が下落することにより、評価損が発生する恐れがあるなど、資産価値の変動が当社グループの財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローに影響を及ぼす可能性があります。

 

⑤  退職給付債務

当社及び連結子会社は、確定給付型の制度として、確定給付企業年金制度等の年金制度及び退職一時金制度を設けております。当社グループの退職給付費用及び債務は、割引率等の前提条件に基づいて算出されております。

したがって、その前提条件の変更や年金資産の運用成績の悪化、会計基準の変更等があった場合、当社グループの財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローに影響を及ぼす可能性があります。

 

(3)  法令、災害等に関するリスク

① コンプライアンス

当社グループでは、グループ企業行動憲章を制定し法令遵守の徹底を図っておりますが、法令違反が発生し、それに伴い社会的信用を失墜し、また経済的制裁を受ける等コンプライアンス上のリスクを完全に回避できない可能性があり、各種法令に抵触する事態が生起した場合、当社グループの財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローに影響を及ぼす可能性があります。

② 環境規制

当社グループの熱処理加工拠点及び運送事業においては、環境に関する規制を遵守しております。地球規模の環境問題は深刻化しており、温室効果ガスの排出規制やCO2排出量削減等の規制は改正・強化される傾向にあり、規制を遵守するための費用は、当社グループの財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローに影響を及ぼす可能性があります。

③ 情報開示及び株主利益

当社グループは適時開示に関わる運用体制を整備し、会社情報の公正かつ適時適切な開示及び財務報告の信頼性の確保に努めておりますが、法令・通達等の制定・変更あるいは証券取引所ルールの改定等、状況変化への適切な対応や財務報告に関連する業務プロセスの検証が十分でない場合、金融商品取引法に基づく財務報告に係る内部統制の有効性の評価において、重要な欠陥又は不備を指摘される可能性も無いとは言えません。その場合、情報開示の適切性を欠き、市場での株主価値の下落並びに株主にとっての不利益を招来する可能性があります。

④  自然災害等

当社グループ及び当社グループ取引先の事業拠点が地震、洪水、火災、雪害等の災害などにより、物的・人的被害を受けた場合、当社グループは、危機対策本部を設置し対処・対応いたしますが、災害の規模が甚大な場合、財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローに影響を及ぼす可能性があります。

 

(4)  新型コロナウイルス感染症拡大に関するリスク

新型コロナウイルス感染症につきましては、今後ワクチン接種の効果が期待できるものの、変異株の脅威が増すなど、収束時期を見通すことが困難な状況が継続しております。

そのため、当社熱処理事業におきましては、手動式処理炉の自動化による生産性効率化、サイクルタイムの短縮、段取り削減のための工夫、また事業継続策のひとつとして人材の確保及び育成として多能工化による適切な人員配置等により、リスク回避を推進してまいります。ただし、この新型コロナウイルス感染症拡大の影響が長期化し、顧客からの受注が減少すると人件費等の固定費の負担が大きくなり、あるいは設備投資資金の回収が遅れたりした場合、減損損失の発生原因にもなり得ることから、当社グループの財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローに影響を及ぼす可能性があります。

 

 

3 【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

当連結会計年度における当社グループ(当社及び連結子会社)の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の概要は次のとおりであります。なお、文中における将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。

 

(1)  経営成績の状況

当連結会計年度におけるわが国経済は、新型コロナウイルス感染症が第2回目の緊急事態宣言以降収まってきたかに見えましたが、4月以降再び拡大し第3回目の緊急事態宣言が発令されました。経済活動は、段階的に進められ回復の兆しがみられましたが、コロナ禍の収束と経済活動の回復の先行きは、不透明な状況が続いております。

今後の経済の見通しにつきましては、日本のワクチン接種完了者比率は、年内に人口比率5割を超えるとみられ、一定の防疫措置を講じつつ、徐々に経済活動は正常化に向かうものと予想されます。

このような経済状況の下で当社グループは、長野工場を閉鎖し東松山工場及び厚木工場等他の工場へ取引を移行し、並行して生産設備の移設を行い生産体制の見直しによる効率化等、収益体質の強化を図り生産性の向上等に努めました。

主力取引業界である自動車部品関連等全般に受注が低調に推移したため、売上高は前期と比較して減少しました。経費面では、長野工場閉鎖に伴う移設費用が発生したため、当期は、営業損失を計上しました。また、長野工場閉鎖による減損損失及び投資有価証券評価損を特別損失として計上しております。

この結果、当連結会計年度の業績は、売上高5,066百万円(前期比△4.7%減)、営業損失111百万円(前期は営業利益19百万円)、経常損失73百万円(前期は経常利益25百万円)、親会社株主に帰属する当期純損失は201百万円(前期は親会社株主に帰属する当期純利益13百万円)となりました。

セグメントの業績は次のとおりであります。

 

(金属熱処理加工事業)

金属熱処理業界につきましては、新型コロナウイルス感染症の影響等により、主力取引業界である自動車部品関連等からの受注が低調に推移しました。  また、長野工場閉鎖に伴う移設費用が発生したため、セグメント利益は減少しました。

売上高4,515百万円(前期比△3.2%減)、セグメント損失152百万円(前期はセグメント損失21百万円)となりました。

 

(運送事業)

運送事業につきましては、新型コロナウイルス感染症の影響により、収益向上のための取引見直しを実施したものの受注減により売上高は減少しました。外注費、労務費の削減など経費削減に努め、セグメント利益は増加しました。

売上高550百万円(前期比△15.5%減)、セグメント利益20百万円(同152.3%増)となりました。

 

(2)  財政状態の状況

 (資産)

当連結会計年度末における流動資産は4,563百万円となり前連結会計年度末に比べ404百万円増加いたしました。

これは主に現金及び預金が213百万円、受取手形及び売掛金が180百万円、電子記録債権が48百万円増加したこと等によるものであります。固定資産は5,619百万円となり前連結会計年度末に比べ△230百万円減少いたしました。これは主に投資その他の資産が89百万円増加したものの、有形、無形固定資産が△320百万円減少したこと等によるものであります。

この結果総資産は、10,183百万円となり、前連結会計年度末に比べ173百万円増加いたしました。

 

 (負債)

当連結会計年度末における流動負債は、2,051百万円となり前連結会計年度末と比べ333百万円増加いたしました。これは主に未払金が183百万円、電子記録債務が103百万円増加したこと等によるものであります。

固定負債は、2,794百万円となり前連結会計年度末と比べ15百万円増加いたしました。これは主に退職給付に係る負債が△25百万円、リース債務が△8百万円減少したものの、長期借入金が51百万円増加したこと等によるものであります。

この結果負債合計は、4,846百万円となり前連結会計年度末に比べ349百万円増加いたしました。

 

 (純資産)

当連結会計年度末における純資産合計は5,337百万円となり、前連結会計年度末と比較して△175百万円減少いたしました。これはその他有価証券評価差額金が59百万円増加したものの、利益剰余金が△234百万円減少したこと等によるものであります。

この結果自己資本比率は52.4%(前連結会計年度末は55.1%)となりました。

 

(3) 当期のキャッシュ・フローの概況

当連結会計年度における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、長期借入れによる収入1,050百万円があったものの、有形固定資産の取得による支出が411百万円、長期借入金の返済による支出が917百万円等により前連結会計年度末に比べ213百万円増加し、当連結会計年度末には2,641百万円となりました。当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。

 

(営業活動によるキャッシュ・フロー)

営業活動の結果得られた資金は595百万円(前期は889百万円)となりました。これは主に税金等調整前当期純損失が225百万円、売上債権の増加額が228百万円、退職給付に係る負債の減少額が25百万円あったものの、減価償却費が566百万円、その他の流動負債の増加額が181百万円、仕入債務の増加額が140百万円、減損損失が81百万円、法人税等の還付額が51百万円等があったことによるものであります。

 

(投資活動によるキャッシュ・フロー)

投資活動の結果使用した資金は410百万円(前期は391百万円)となりました。これは主に有形固定資産の取得による支出が411百万円あったことなどによるものであります。

 

(財務活動によるキャッシュ・フロー)

財務活動の結果獲得した資金は28百万円(前期は32百万円の支出)となりました。これは主に長期借入れによる収入が1,050百万円があったものの、長期借入金の返済による支出が917百万円、リース債務の返済による支出が56百万円、配当金の支払額が33百万円、社債の償還による支出が15百万円等があったことによるものであります。

 

(4)  資本の財源及び資金の流動性

当社グループの運転資金需要のうち主なものは、売上原価、販売費及び一般管理費等の営業費用であります。

投資を目的とした資金需要は、設備投資等によるものであります。また、運転資金及び設備投資資金の調達につきましては、必要に応じ主に金融機関からの長期借入としております。

 

 

 (5) 生産、受注及び販売の実績

 

イ. 生産実績

当連結会計年度の生産実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。

 

セグメントの名称

当連結会計年度

(自 2020年7月1日

至 2021年6月30日)

前年同期比(%)

金属熱処理加工事業(千円)

3,662,305

98.7

 

(注) 1.金額は製造原価によっており、消費税等は含まれておりません。

2.セグメント間の取引については、相殺消去しております。

 

ロ. 受注実績

当連結会計年度の受注実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。

 

セグメントの名称

受注高(千円)

前年同期比(%)

受注残高(千円)

前年同期比(%)

金属熱処理加工事業

4,672,863

100.4

193,698

189.2

 

(注) 金額は販売価額によっており、消費税等は含まれておりません。

 

ハ. 販売実績

当連結会計年度の販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。

 

セグメントの名称

当連結会計年度

(自 2020年7月1日

至 2021年6月30日)

前年同期比(%)

金属熱処理加工事業(千円)

4,515,652

96.8

運送事業(千円)

550,830

84.5

合計(千円)

5,066,482

95.3

 

(注) 1.上記金額には、消費税等は含まれておりません。

2.セグメント間の取引については、相殺消去しております。

 

(6) 重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

 当社グループの連結財務諸表は、我が国において一般に公正妥当と認められる会計基準に基づいて作成されております。連結財務諸表を作成するにあたり重要となる会計方針については、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1) 連結財務諸表  注記事項 連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」をご参照願います。連結財務諸表の作成にあたっては、報告期間の期末日における資産・負債の計上、期中の収益・費用の計上を行うため、必要に応じて会計上の見積り及び仮定を用いております。この会計上の見積り及び仮定は、その性質上不確実であり、実際の結果と異なる可能性があります。

新型コロナウイルス感染症の拡大や収束時期を予想することは困難でありますが、ワクチン接種等の感染防止策が講じられ景気動向は緩やかな回復基調で推移すると想定しております。

ただし、ワクチン先進国での再拡大も懸念されることから、当社グループへの業績に与える影響につきましては、2022年6月期の1年程度及ぼすと想定しております。

当社グループでは、上記の仮定を基礎として、固定資産の減損会計や繰延税金資産の回収可能性等の会計上の見積りを行っております。

なお、新型コロナウイルス感染症拡大による影響は極めて不確実であり、想定を超える変化等が生じた場合は、当社グループの連結財務諸表に大きな影響を及ぼす可能性があります。

 

 

(繰延税金資産の回収可能性)
   当社グループは、将来減算一時差異の解消見込み額について、収益力やタックス・プランニングに基づく一時差

  異等加減算前課税所得が十分に確保できることを前提に、繰延税金資産を慎重に計上しております。
   繰延税金資産の回収可能性は将来の課税所得の見積りに左右されるため、その見積りの前提とした条件や仮定に

  変更が生じた場合、繰延税金資産の修正を行うため、将来の税金費用に影響を与える可能性があります。

 

(退職給付債務及び退職給付費用の算定)

   当社グループは、確定給付型の制度として、確定給付企業年金制度等の年金制度及び退職一時金制度を設けてお

  ります。当社グループの退職給付費用及び債務は、割引率等の前提条件に基づいて算出されております。
   当該見積り及び当該仮定について、将来の不確実な経済条件の変動等により見直しが必要となった場合、翌連結

  会計年度以降の連結財務諸表において認識する退職給付に係る負債及び退職給付費用の金額に重要な影響を与える

  可能性があります。

 

(固定資産の減損)

   当社グループは、固定資産のうち減損の兆候がある資産又は資産グループについて、当該資産又は資産グループ

  から得られる割引前将来キャッシュ・フローを見積り、見積られた割引前将来キャッシュ・フローの総額が帳簿価

  額を下回る場合には、帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失として計上しております。
   減損の兆候の把握、減損損失の認識及び測定にあたっては、慎重に検討しておりますが、事業計画や経営環境等

  の諸前提の変化により、固定資産の減損損失を計上し、当社グループの業績を悪化させる可能性があります。

 

 

  (7) 経営方針、経営戦略、経営上の目標を判断するための客観的な指標等

新型コロナウイルス感染症の拡大は、今後ワクチン接種の効果が期待できるものの、変異株の脅威が増すなど、収束時期を見通すことは、困難な状況であること及び米中摩擦の影響なども継続しており景気の下振れにより、一部の企業を除き、企業収益は減少傾向で推移しています。

このような状況の下、当社グループにつきまして、株式会社オーネックス既存工場については、エネルギーコストの上昇、人手不足による労務費の上昇に対応するため製造原価・経費の低減や、取引採算の改善など、収益力の向上に努めてまいります。また、株式会社オーネックステックセンターについては、当社グループの成長戦略の要としまして、設備を順次拡充し、事業拠点ネットワークをさらに拡大し取引先のニーズに、より一層迅速に対応できる体制を強化してまいります。

当社は、主要取引先である産業工作機械、自動車部品、建設機械関連等の動向に左右され、極めて需要が読みにくいことなどから、中期経営計画を策定しておりません。中期経営計画を策定し、開示した場合、頻繁に修正のリリースを出すことに繋がり、投資家の皆様を混乱させることにもなりかねないことから、単年度の計画を公表し、変化のスピードの速い金属熱処理業界の中で柔軟かつ迅速に対応していくことが重要と判断しております。

連結業績予想につきましては、2022年6月期の連結売上高5,201百万円、利益面では、同営業利益205百万円、同経常利益204百万円、親会社株主に帰属する当期純利益151百万円を見込んでおります。

 

2022年6月期連結業績予想

 

売上高

 

百万円

営業利益

 

百万円

経常利益

 

百万円

親会社株主に帰属する当期純利益

百万円

2022年6月期予想

5,201

205

204

151

増減率(%)

2.7

 

 

4 【経営上の重要な契約等】

 該当事項はありません。

 

5 【研究開発活動】

当社グループの金属熱処理加工事業は、技術研究所を中心に新しい熱処理技術の調査研究を継続しております。それと共に、多様化・高度化する取引先の要望に対応し提案する技術開発を基本としております。

当連結会計年度における研究開発費総額は25百万円で主な研究項目は、次のとおりであります。

    なお、運送事業に関しては、研究開発活動を行っておりません。

 

(1) 材料高強度化対応の熱処理技術開発

地球環境保護のための排ガス規制や燃費改善のニーズが高まっており、そのため部品の小型化とそれに伴う高強度化の動きに対応する、耐摩耗性と耐焼付性に優れた特性を発揮する新しい表面処理技術開発

(2) 省エネルギー、低コスト指向の熱処理技術開発

熱処理時間短縮、電力やガスの消費量削減あるいは工程削減などを目的とした、より効率的な熱処理技術開発

(3) 歪みの極小化対応の熱処理技術開発

熱処理により発生する歪みの極小化を目的とし、併せて機械的性質も改善する新しい熱処理技術開発

(4) 高精度・高品質の熱処理技術開発

炉内の雰囲気制御方式を見直し、品質の安定化を図る高精度な熱処理技術開発

第3 【設備の状況】

 

1 【設備投資等の概要】

当社グループでは、受注拡大、生産能力の向上や環境改善を図るため、金属熱処理加工事業を中心に375百万円の設備投資を実施いたしました。

金属熱処理加工事業においては、エリア拡大による新規得意先の獲得や生産能力の向上を図るため,機械装置等を中心に342百万円の設備投資を実施いたしました。

運送事業においては、トラック4台など33百万円の設備投資を実施いたしました。

なお、当連結会計年度において重要な設備の除却、売却等はありませんでした。

 

2 【主要な設備の状況】

当社グループにおける主要な設備は、次のとおりであります。

(1) 提出会社

 

 

 

 

 

 

 

2021年6月30日現在

事業所名
(所在地)

セグメントの
名称

設備の内容

帳簿価額(千円)

従業員数
(人)

建物及び
構築物

機械装置
及び
運搬具

土地
(面積㎡)

リース
資産

その他

合計

厚木工場
(神奈川県
厚木市)

金属熱処理加工事業

金属熱処理設備

136,998

255,784

1,020,125

(14,331)

22,661

23,065

1,458,636

77

(17)

東松山工場
(埼玉県
東松山市)

金属熱処理加工事業

金属熱処理設備

94,519

202,726

224,262

(9,502)

15,044

17,705

554,259

65

(42)

山口工場
(山口県山陽
小野田市)

金属熱処理加工事業

金属熱処理設備

106,822

44,213

56,529

 (13,310)

3,626

27,092

238,285

19

(11)

山口第二工場
(山口県山陽
小野田市) 

金属熱処理加工事業

金属熱処理設備

143,436

6,259

161,000

(18,382)

48

1,356

312,101

5

(8)

長野工場
(長野県
上田市)

金属熱処理加工事業

金属熱処理設備

27,100

(3,659)

27,100

(―)

技術研究所
(神奈川県
厚木市)

金属熱処理加工事業

基礎応用総合研究施設

2,857

516

2,745

2,828

8,947

1

(2)

本社
(東京都
町田市他)

金属熱処理加工事業

統轄業務施設

146,854

3,788

1,953

15,102

167,698

30

(3)

福利厚生施設
(神奈川県
厚木市)

金属熱処理加工事業

社員寮

128,865

(343)

128,865

 

 

 

(2) 国内子会社

 

 

 

 

 

 

 

 

2021年6月30日現在

会社名

事業所名
(所在地)

セグメント
の名称

設備の
内容

帳簿価額(千円)

従業員数
(人)

建物及び
構築物

機械装置
及び
運搬具

土地
(面積㎡)

リース
資産

その他

合計

㈱オーネックス
テックセンター

三重工場
(三重県
亀山市)

金属熱処理加工事業

金属熱処理設備

458,307

725,276

437,000

(21,675)

10,178

88,938

1,719,701

23

(6)

㈱オーネックス
ライン

厚木営業所

(神奈川県
厚木市他)

運送事業

運送設備

14,207

28,711

151,541

(3,353)

56,649

2,107

253,217

47

(2)

 

(注) 1.帳簿価額のうち「その他」は、工具器具備品等であります。なお、帳簿価額には、建設仮勘定の金額を含んでおりません。

2.上記金額には消費税等は含まれておりません。

3.提出会社の厚木工場、技術研究所及び本社の土地の面積及び金額については、同一所在地のため厚木工場に一括して表示しております。

4.従業員数の( )は、正社員以外の臨時従業員(嘱託、常用時給者、パートタイマー及び人材会社からの派遣社員)を外書しております。

 

3 【設備の新設、除却等の計画】

当社グループの設備投資については、提出会社が策定する景気予測、業界動向により、連結会社各社が自社の経営環境、投資効率等を総合的に勘案して設備計画を立案し、提出会社と調整を行い決定しております。

なお、当連結会計年度末現在における重要な設備の新設、改修計画は次のとおりであります。

 

(1) 重要な設備の新設

 

会社名

事業所名

所在地

セグメント
の名称

設備の内容

投資予定金額

資金調達方法

着手及び完了予定年月

完成後の
増加能力

総額

(千円)

既支払額

(千円)

着手

完了

当社厚木工場

神奈川県厚木市

金属熱処理加工事業

光輝焼戻炉

20,000

自己資金及び借入金

2022年

1月

2022年

3月

(注)

当社厚木工場

神奈川県厚木市

金属熱処理加工事業

真空焼戻炉

40,000

自己資金及び借入金

2022年

3月

2022年

5月

(注)

当社東松山工場

埼玉県東松山市

金属熱処理加工事業

高周波焼入機(2基)

55,000

自己資金及び借入金

2021年

12月

2022年

6月

(注)

当社東松山工場

埼玉県東松山市

金属熱処理加工事業

バッチ型焼戻炉

35,000

自己資金及び借入金

2022年

1月

2022年

3月

(注)

㈱オーネックステックセンター

三重県亀山市

金属熱処理加工事業

バッチ型浸炭炉

54,750

自己資金及び借入金

2022年

2月

2022年

5月

(注)

 

(注) 1.上記金額には、消費税等は含まれておりません。

2.金属熱処理加工事業は、生産能力の表示が困難なため、その完成後の増加能力の記載を省略しておりま

 す。

 

(2) 重要な設備の除却等

当連結会計年度末現在における重要な除売却予定はありません。

 

第4 【提出会社の状況】

 

1 【株式等の状況】

(1) 【株式の総数等】

① 【株式の総数】

 

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

5,868,600

5,868,600

 

 

② 【発行済株式】

 

種類

事業年度末現在
発行数(株)
(2021年6月30日)

提出日現在
発行数(株)
(2021年9月29日)

上場金融商品取引所名又は登録認可金融商品取引業協会名

内容

普通株式

1,660,000

1,660,000

東京証券取引所
JASDAQ
(スタンダード)

単元株式数
100株

1,660,000

1,660,000

 

 

(2) 【新株予約権等の状況】

① 【ストックオプション制度の内容】

該当事項はありません。

 

② 【ライツプランの内容】

該当事項はありません。

 

③ 【その他の新株予約権等の状況】

該当事項はありません。

 

(3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

 該当事項はありません。

 

(4) 【発行済株式総数、資本金等の推移】

 

年月日

発行済株式
総数増減数
(株)

発行済株式
総数残高
(株)

資本金増減額(千円)

資本金残高
(千円)

資本準備金
増減額
(千円)

資本準備金

残高

(千円)

2018年1月1日
(注)

△14,940,000

1,660,000

878,363

713,431

 

(注) 2017年9月27日開催の第66期定時株主総会決議に基づき、2018年1月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株式併合を行っております。

 

 

(5) 【所有者別状況】

 

2021年6月30日現在

区分

株式の状況(1単元の株式数100株)

 単元未満
株式の状況
 (株)

政府及び
地方公共
団体

金融機関

金融商品
取引業者

その他の
法人

外国法人等

個人
その他

個人以外

個人

株主数
(人)

9

17

26

13

2

820

887

所有株式数
(単元)

2,622

1,333

3,614

978

6

7,987

16,540

6,000

所有株式数
の割合(%)

15.852

8.059

21.850

5.912

0.036

48.288

100.000

 

(注) 自己株式4,011株は、「個人その他」に40単元及び「単元未満株式の状況」に11株を含めて記載しております。

 

(6) 【大株主の状況】

2021年6月30日現在

氏名又は名称

住所

所有株式数
(千株)

発行済株式
(自己株式を
除く。)の
総数に対する
所有株式数
の割合(%)

大屋 和雄

神奈川県海老名市

164

9.92

有限会社大屋興産

神奈川県厚木市上依知字上ノ原3012-3

105

6.38

大屋 廣茂

神奈川県厚木市

83

5.02

株式会社横浜銀行
(常任代理人 株式会社日本カストディ銀行)

神奈川県横浜市西区みなとみらい3-1-1
(東京都中央区晴海1-8-12)

79

4.82

MSIP CLIENT 
SECURITIES
(常任代理人 モルガン・スタンレーMUFG証券株式会社)

25 CABOT SQUARE, 
CANARY WHARE,LONDON E14 4Q4, U.K.
(東京都千代田区大手町1―9―7)

79

4.79

坂内 誠

神奈川県小田原市

72

4.40

株式会社三井住友銀行

東京都千代田区丸の内1-1-2

58

3.53

株式会社商工組合中央金庫

東京都中央区八重洲2―10―17

56

3.43

THK株式会社

東京都港区芝浦2―12―10

53

3.20

SMBC日興証券株式会社

東京都千代田区丸の内3-3-1

50

3.04

803

48.52

 

 

 

(7) 【議決権の状況】

① 【発行済株式】

 

 

 

2021年6月30日現在

区分

株式数(株)

議決権の数(個)

内容

無議決権株式

議決権制限株式(自己株式等)

議決権制限株式(その他)

完全議決権株式(自己株式等)

普通株式

4,000

完全議決権株式(その他)

普通株式

16,500

1,650,000

単元未満株式

普通株式

6,000

発行済株式総数

1,660,000

総株主の議決権

16,500

 

 

② 【自己株式等】

 

 

 

 

2021年6月30日現在

所有者の氏名
又は名称

所有者の住所

自己名義
所有株式数
(株)

他人名義
所有株式数
(株)

所有株式数
の合計
(株)

発行済株式
総数に対する
所有株式数
の割合(%)

㈱オーネックス

東京都町田市森野1-7-23

4,000

4,000

0.24

4,000

4,000

0.24

 

 

2 【自己株式の取得等の状況】

 

【株式の種類等】

会社法第155条第7号による普通株式の取得

 

 

(1) 【株主総会決議による取得の状況】

 該当事項はありません。

 

(2) 【取締役会決議による取得の状況】

    該当事項はありません。

 

(3) 【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

 

区分

株式数 (株)

価格の総額 (円)

当事業年度における取得自己株式

50

52,500

当期間における取得自己株式

 

(注) 当期間における取得自己株式には、2021年9月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取による株式は含まれておりません。

 

(4) 【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

 

区分

当事業年度

当期間

株式数(株)

処分価額の総額(円)

株式数(株)

処分価額の総額(円)

引き受ける者の募集を行った
取得自己株式

消却の処分を行った取得自己株式

合併、株式交換、株式交付、
会社分割に係る移転を行った
取得自己株式

その他(―)

保有自己株式数

4,011

4,011

 

(注) 当期間における保有自己株式数には、2021年9月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りによる株式は含まれておりません。

 

3 【配当政策】

当社は、株主の皆様に対する利益還元を経営の最重要課題の一つとして位置づけております。企業体質の強化と将来の事業展開に備えた内部留保の充実を勘案し、安定的に配当を行うことを基本方針としております。

また、当社は剰余金の配当を期末配当の年1回行うこととしており、この剰余金の配当の決定機関は株主総会であります。

当期(2021年6月期)の配当金につきましては、1株当たり20円の普通配当を実施することを決定しました。

内部留保資金につきましては、今後予想される経営環境の変化に対応すべく、今まで以上にコスト競争力を高め、市場ニーズに応える技術・品質体制を強化し、さらには、成長戦略の展開を図るため有効投資してまいりたいと考えております。

当社は、株主への機動的な利益還元を行うため、会社法第454条第5項の規定により、取締役会の決議によって毎年12月31日を基準日として、中間配当を行うことができる旨を定款に定めております。

なお、当事業年度に係る剰余金の配当は以下のとおりであります。

 

決議年月日

配当金の総額
(百万円)

1株当たり配当額
(円)

2021年9月28日

定時株主総会決議

33

20.0

 

 

 

4 【コーポレート・ガバナンスの状況等】

(1) 【コーポレート・ガバナンスの概要】

①コーポレートガバナンスに関する基本的な考え方

当社は株主、顧客、従業員をはじめとする様々なステークホルダーの利益を尊重すると共にコンプライアンスを重視し、企業価値の向上を図るためコーポレート・ガバナンスの強化を経営の最重要課題のひとつとして位置づけております。

<経営理念>

・品質の追求

・人間性の尊重

・社会への貢献

・夢のある職場

<オーネックスグループ企業行動憲章>

・法令遵守

・お客さまの満足

・情報発信

・地球環境保全への貢献

・地域社会との調和

・人権尊重

・反社会的勢力の排除

・従業員の尊重

 

②企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由

イ.企業統治の体制の概要

当社は企業規模及び経営のモニタリング機能の実効性等を勘案し、監査役設置会社形態を採用しております。重要事項の決定や業務執行の監督を行う取締役会と会社すべての業務の監査を行う監査役・監査役会で構成されています。また、監査役会を設置すると共に、会計監査人を設置しております。

 

取締役会は、代表取締役社長大屋和雄が議長を務め、その他、取締役会長鶴田猛士、常務取締役武藤孝司、取締役高階毅司、取締役田島圭子及び社外取締役遠藤將敏の計6名で構成されており、経営方針、法令で定められた事項やその他経営に関する重要事項を決定すると共に、業務執行状況を監督する機関と位置付け運用しております。また、取締役会の下部機関として、経営会議及び執行役員会を設けており、経営会議については月1回開催することにより、取締役会の意思決定、監督をサポートし経営に関する重要案件の審議を実施しております。執行役員会については月1回開催し、部門運営上の課題の審議及び業務報告を実施することにより、経営にかかわる審議の迅速化を図っております。

 

取締役は、独立役員である社外取締役を除き、当社の業務に精通した者を選任し、業務執行の責任者も兼ねることで業務の執行にも当たっております。また、業務執行取締役の担当を適宜変更し、より経営情報の共有が図れるよう配慮し、より効率的な経営及びガバナンスが実践できるよう努めております。取締役会では各取締役が職務の執行状況を定期的に報告し、各取締役が相互に監視・監督を行うと共に、社外監査役を含む複数の監査役による監査を受けつつ、取締役は適切な職務の執行をしております。

 

監査役会は、常勤監査役横山剛が議長を務め、その他、社外監査役吉田雄彦及び社外監査役鍛冶良明の計3名で構成されており、法令で定められた事項や各監査役による監査業務執行のための監査方法についての監査基準及びその他の監査役の職務の執行に関する事項を決定する機関と位置付け運用しております。

 

 

監査役は、監査役会において定めた監査計画に基づき監査を行うと共に、代表取締役社長及び他の取締役、内部統制部門、会計監査人との間で意見交換を実施し、情報交換を含め連携を図っております。常勤の監査役については、主要な稟議書の回付を受け、取締役及び使用人の職務の執行状況を監査すると共に、コンプライアンス・リスク管理委員会など重要な会議に出席し、必要な場合は意見を述べております。

 

          コンプライアンス・リスク管理委員会は、当社グループにおいて発生しうるリスクの発生防止に係る管理体

        制の整備及び発生したリスクへの対応を行うことにより損失を最小限に止めることを目的としております。
          代表取締役社長を委員長とし、社内外の種々リスクに対して各リスクごと責任者には取締役を、担当者には

        次長以上の役職者を充て、迅速に対応できる体制を整えてリスク管理の強化を図っております。
          内部監査は、内部統制室が担当しております。
 

ロ.当該体制を採用する理由

当社では監査役会設置会社を採用しており、意思決定機関である取締役会をサポートするため経営会議の開催や業務執行の迅速化等のため執行役員制度を導入しております。また監査役会については取締役会等の重要な会議に出席し、取締役の職務の監督を行っております。

現在の組織体制を採用することで

・経営の透明性と健全性の確保

・スピードのある意思決定と業務遂行

・アカウンタビリティーの明確化

・迅速かつ適切な情報開示

が確保された経営を推進しております。また、社会環境・法制度等の変化に応じて、適切な仕組みを検討し、コーポレート・ガバナンスの更なる充実・強化に向け、必要な見直しを行っていく方針であります。

 

 

ハ. 下図は、会社の機関・内部統制の関係を図示したものです。

 


 

③企業統治に関するその他の事項

イ.内部統制システムに関する基本的な考え方及びその整備状況

内部統制システムを整備し、企業経営の効率性を高め、適正な業務運営を行い企業価値向上の実現を図ってまいります。

(イ)取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制

a.コンプライアンス体制の基礎として、オーネックスグループ企業行動憲章を制定し法令遵守を周知徹底します。

b.コンプライアンス・リスク管理委員会を設置し、コンプライアンス体制の整備及び問題点の把握に努めます。

c.取締役は重大な法令違反その他コンプライアンスに関する重要な事実を発見した場合には、直ちに監査役及びコンプライアンス・リスク管理責任者に報告するほか、遅滞なく取締役会において報告するものとします。

d.監査役は当社の法令遵守体制の運用に問題があることを認める時は、意見を述べると共に、改善策の策定を求めることができるものとします。

e.執行部門から独立した部署が内部監査を実施します。

(ロ)取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制

取締役の職務の執行に係る情報については、文書取扱規程に基づき保存・管理することとし、必要に応じて閲覧可能な状態を維持することとします。

(ハ)損失の危険の管理に関する規程その他の体制

当社は、当社の業務執行に係るリスクについてリスク管理規程を定め、リスク管理規程に基づき管理体制を整備することとします。

 

(ニ)取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

a.取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制の基礎として、取締役会を月1回定時に開催しているほか、必要に応じて適宜臨時に開催することとしており、当社の経営方針及び経営戦略に関わる重要事項については事前に社長、取締役会長、常務取締役等によって構成される経営会議において議論を行い、その審議を経て執行決定を行うこととします。

b.取締役会の決定に基づく業務執行については、組織規程、業務分掌規程に従うこととします。

(ホ)当社及びその子会社から成る企業集団における業務の適正性を確保するための体制

a.グループ会社における業務の適正を確保するため、グループ企業すべてに適用する行動指針として、オーネックスグループ企業行動憲章を定め、これを基礎として、グループ各社で諸規程を整備しています。

b.経営管理については、関係会社管理規程に従い、当社への決裁・報告制度による子会社経営の管理を行うとともに、必要に応じてモニタリングを行っています。取締役会は、グループ会社において、法令違反その他コンプライアンスに関する重要な事項を発見した場合には、監査役に報告することとします。

c.子会社が当社からの経営管理、経営指導内容が法令に違反し、その他、コンプライアンス上問題があると認めた場合には、コンプライアンス・リスク管理責任者に報告することとしています。コンプライアンス・リスク管理責任者は直ちに監査役に報告を行うと共に、意見を述べることができるものとしています。監査役は意見を述べると共に、改善策の策定を求めることができるものとします。

(ヘ)監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する事項

監査役が補助すべき使用人を置くことを求めた場合、取締役会は必要に応じて補助業務をする者を配置することとします。

(ト)上記使用人の取締役からの独立性及び当該使用人に対する指示の実効性の確保に関する事項

a.監査役の職務の補助を担当する使用人に関する人事考課及び人事異動については、監査役の同意を得ることとします。

b.前項の使用人は、監査役から指示を受けた業務を執行しています。

(チ)当社取締役及び使用人並びに子会社の取締役、監査役及び使用人等が監査役に報告するための体制、その他の監査役への報告に関する体制

a.当社グループの取締役及び使用人は、コンプライアンス及びリスクに関する事項等、当社グループに重大な損失を及ぼす恐れのある事項等を適時、適切な方法により監査役へ報告するものとします。

b.監査役は、取締役会の他、経営会議、その他の重要な会議に出席し、取締役及び使用人からその職務の執行状況を聴取し、関係資料を閲覧することができます。

c.当社グループの取締役及び使用人は、監査役が報告を求めた場合は、迅速かつ的確な対応を行うこととします。

(リ)前項の報告を行った者が当該報告をしたことを理由として不利な取扱いを受けないことを確保するための体制

監査役に対して前項の報告を行ったことを理由として、当該報告者は何ら不利な取扱いを受けないものとします。

(ヌ)監査役の職務の執行について生ずる費用または債務の処理に係る方針に関する事項

監査役がその職務の執行について生じる費用の前払い等の請求をしたときは、当該監査役の職務の執行に必要でないと認められた場合を除き、速やかに処理することとします。

(ル)その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制

a.監査役は稟議書その他業務に関する重要な文書を閲覧し、必要に応じて取締役、使用人にその説明を求めることができます。

b.代表取締役は、取締役及び使用人の監査役監査の重要性に対する認識及び理解を深め、監査役監査が実効的に行われるよう環境整備に努めます。

 

 

ロ.役員等の責任限定契約の内容の概要

取締役及び監査役が期待される役割・機能を十分に発揮できるよう、会社法第426条第1項の規定に基づき、会社法第423条第1項の取締役及び監査役の損害賠償責任について取締役会の決議によって法令の定める範囲内で免除できる旨を定款で定めております。

また、社外取締役及び社外監査役として有用な人材を迎えるべく会社法第427条第1項の規定に基づき、会社法第423条第1項の損害賠償責任について社外取締役及び社外監査役の責任を限定できるよう、損害賠償責任限定契約の締結ができる旨を定款で定めております。この規定に基づき、社外取締役及び社外監査役との間で、会社法第423条第1項の責任についてその職務を行うにつき悪意又は重大な過失があった場合を除き、法令に定める金額を限度とする責任限定契約を締結しております。

ハ. 役員等賠償責任保険契約の内容の概要

当社は、会社法第430条の3項第1項に規定する役員等賠償責任保険契約を保険会社との間で締結しております。当該保険により、被保険者が業務に起因して賠償責任を負った場合における損害(ただし、保険契約上で定められた免責事由に該当するものを除く。)等を填補することとしております。なお、保険料は全額を当社が負担しております。被保険者の範囲は、オーネックスグループの会社法上の取締役及び監査役並びに同社が採用する執行役員制度上の執行役員です。

ニ. リスク管理体制の整備の状況

当社は、リスク管理体制を強化するため代表取締役社長を委員長とするコンプライアンス・リスク管理委員会を設置しております。リスク毎にリスク管理責任者を選任し、リスク管理を実施しております。なお、コンプライアンス・リスク管理委員会は四半期ごとに開催しております。

ホ. 取締役の定数

当社の取締役は、8名以内とする旨を定款に定めております。

ヘ. 取締役の選任の決議要件

当社の取締役の選任決議は、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨及び累積投票によらない旨を定款に定めております。

ト. 取締役の解任の決議要件

当社の取締役の解任決議は、議決権を行使することができる株主の議決権の過半数を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款に定めております。

チ. 株主総会の特別決議要件

当社は、会社法第309条第2項に定める決議は、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款に定めております。これは特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目的とするものであります。

リ. 自己株式取得に関する要件

当社は、自己株式の取得について、機動的な資本政策の遂行を可能とするため、会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議によって市場取引等により自己の株式を取得することができる旨を定款で定めております。

ヌ. 中間配当金

当社は、中間配当について取締役会の決議によって、毎年12月31日の最終の株主名簿に記載又は記録された株主又は登録株式質権者に対し、会社法第454条第5項の規定に定める剰余金の配当(中間配当金)を行うことができる旨を定款に定めております。これは、株主への機動的な利益還元を可能とすることを目的としております。

 

 

 

(2) 【役員の状況】

① 役員一覧

男性8名 女性1名 (役員のうち女性の比率 11.1%)

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数
(株)

代表取締役社長
事業本部長

大屋 和雄

1952年6月11日

1975年4月

旭ファイバーグラス㈱入社

1986年10月

当社入社開発部長

1987年9月

当社取締役開発部長

1988年9月

当社取締役第一工場長

1992年9月

当社常務取締役

1995年7月

当社常務取締役管理本部長兼経理部長

2000年11月

株式会社昌平代表取締役

2008年2月

当社代表取締役兼管理本部長

2008年2月

株式会社オーネックスライン代表取締役(現任)

2008年7月

当社代表取締役

2010年2月

当社代表取締役社長兼管理本部長

2011年10月

当社代表取締役社長兼最高執行役員

2013年9月

当社代表取締役社長兼最高執行役員兼事業本部長(現任)

2014年5月

株式会社オーネックステックセンター代表取締役(現任)

(注)3

164,329

取締役会長
管理本部長

鶴田 猛士

1950年8月13日

2003年4月

当社入社経営企画部長

2005年4月

当社経営企画室長

2008年9月

当社取締役経営企画室長

2010年4月

当社取締役管理本部副本部長兼経営企画部長

2010年10月

当社取締役管理本部長兼経営企画部長

2011年8月

当社取締役管理本部長

2011年10月

当社常務取締役管理本部長

2012年9月

株式会社オーネックスライン監査役(現任)

2013年11月

当社常務取締役管理本部長兼事業本部副本部長

2014年5月

株式会社オーネックステックセンター取締役

2017年9月

当社専務取締役管理本部長

2020年9月

 

当社取締役会長管理本部長(現任)

2020年9月

株式会社オーネックステックセンター専務取締役(現任)

(注)3

1,000

専務取締役
事業本部副本部長兼
営業部長

武藤 孝司

1951年12月20日

1974年3月

当社入社

2006年10月

当社営業部長

2008年7月

当社厚木工場長

2010年5月

当社執行役員厚木工場長

2012年6月

当社執行役員事業本部副本部長兼営業部長

2012年9月

当社取締役事業本部副本部長兼営業部長

2014年5月

株式会社オーネックステックセンター取締役

2016年1月

株式会社オーネックスライン取締役(現任)

2017年9月

当社常務取締役事業本部副本部長兼営業部長

2020年9月

株式会社オーネックステックセンター常務取締役(現任)

2021年9月

当社専務取締役事業本部副本部長兼営業部長(現任)

(注)3

1,416

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数
(株)

常務取締役
事業本部副本部長兼
厚木工場・東松山工場長兼設備管理部長

高階 毅司

1956年3月19日

2014年9月

当社入社事業本部付部長

2015年7月

当社厚木工場・東松山工場工場長

2016年8月

当社厚木工場・東松山工場・長野工場工場長兼設備管理部長

2016年9月

当社取締役事業本部副本部長兼厚木工場・東松山工場・長野工場工場長兼設備管理部長

2017年11月

当社取締役事業本部副本部長兼厚木工場・東松山工場・長野工場工場長

2021年6月

当社取締役事業本部副本部長兼厚木工場・東松山工場長兼設備管理部長

2021年9月

当社常務取締役事業本部副本部長兼厚木工場・東松山工場長兼設備管理部長(現任)

(注)3

1,000

取締役
管理本部副本部長兼
総務人事部長兼
経理部長

田島 圭子

1956年11月14日

2011年11月

当社入社総務人事部次長

2012年10月

当社経理部長兼総務人事部次長

2019年8月

当社総務人事部長兼経理部長

2020年9月

当社取締役管理本部副本部長兼総務人事部長兼経理部長(現任)

(注)3

1,000

取締役

遠藤 將敏

1954年9月4日

1977年4月

ヂーゼル機器株式会社(現ボッシュ株式会社)入社

2000年5月

同社取締役執行役員

2005年9月

同社取締役

2014年12月

同社退社

2017年9月

当社取締役(現任)

(注)3

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数
(株)

常勤監査役

横山 剛

1952年1月30日

1975年3月

当社入社

2003年1月

当社東松山工場長

2006年9月

当社取締役事業本部副本部長兼技術担当兼東松山・長野工場担当

2008年7月

当社取締役技術担当兼技術研究所長

2008年9月

当社取締役技術研究所長

2010年4月

当社取締役技術研究所長兼事業本部長代行

2010年10月

当社取締役事業本部長

2011年9月

株式会社オーネックスライン取締役

2011年10月

当社常務取締役事業本部長

2013年9月

当社取締役事業本部副本部長

2013年11月

当社取締役事業本部副本部長技術研究所担当兼厚木工場長兼山口工場長

2014年2月

当社取締役事業本部副本部長兼厚木工場長

2014年5月

株式会社オ-ネックステックセンター監査役(現任)

2014年8月

当社取締役事業本部副本部長兼厚木工場長兼東松山工場長

2015年7月

当社取締役事業本部副本部長

2016年9月

当社監査役(現任)

(注)4

2,005

監査役

吉田 雄彦

1948年1月2日

1970年4月

三菱重工業株式会社入社

1999年1月

三菱キャタピラーフォークリフト

 

ヨーロッパ社長(在オランダ)

2003年6月

三菱重工業株式会社 取締役

2006年4月

同社代表取締役 常務執行役員

2009年6月

同社特別顧問

2012年9月

当社監査役(現任)

(注)4

監査役

鍛冶 良明

1959年4月9日

1992年4月

弁護士登録

 

鍛冶法律事務所入所(現任)

2007年9月

当社監査役(現任)

(注)5

170,750