EDINET閲覧(提出)サイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)をもとに上場企業サーチ作成

本ページはEDINETに提出された開示情報を上場企業サーチが加工/編集したものであり、記載された情報の正確性および完全性について上場企業サーチは一切の保証を行いません。本ページの情報を利用する際は自己の責任で判断頂き、意思決定に際しては適宜EDINETや提出会社が公開するオリジナルを参照する様にしてください。本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

【表紙】

 

【提出書類】

有価証券報告書

【根拠条文】

金融商品取引法第24条第1項

【提出先】

関東財務局長

【提出日】

2021年6月25日

【事業年度】

第18期(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)

【会社名】

宮地エンジニアリンググループ株式会社

【英訳名】

MIYAJI ENGINEERING GROUP,INC.

【代表者の役職氏名】

代表取締役社長 青田 重利 

【本店の所在の場所】

東京都中央区日本橋富沢町9番19号

【電話番号】

03(5649)0111(代表)

【事務連絡者氏名】

企画・経理部長 遠藤 彰信

【最寄りの連絡場所】

東京都中央区日本橋富沢町9番19号

【電話番号】

03(5649)0111(代表)

【事務連絡者氏名】

企画・経理部長 遠藤 彰信

【縦覧に供する場所】

株式会社東京証券取引所

(東京都中央区日本橋兜町2番1号)

 

E01461 34310 宮地エンジニアリンググループ株式会社 MIYAJI ENGINEERING GROUP,INC. 企業内容等の開示に関する内閣府令 第三号様式 Japan GAAP true CNS CTE 2020-04-01 2021-03-31 FY 2021-03-31 2019-04-01 2020-03-31 2020-03-31 1 false false false E01461-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No7MajorShareholdersMember E01461-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No8MajorShareholdersMember E01461-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No9MajorShareholdersMember E01461-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01461-000 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01461-000 2021-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01461-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01461-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E01461-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01461-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E01461-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember E01461-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No6MajorShareholdersMember E01461-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:DirectorsExcludingOutsideDirectorsMember E01461-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:CorporateAuditorsExcludingOutsideCorporateAuditorsMember E01461-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:OutsideDirectorsAndOtherOfficersMember E01461-000 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E01461-000:MMBRIDGEReportableSegmentsMember E01461-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E01461-000:MMBRIDGEReportableSegmentsMember E01461-000 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E01461-000:MIYAJIENGINEERINGReportableSegmentsMember E01461-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01461-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01461-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row6Member E01461-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row7Member E01461-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row8Member E01461-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row9Member E01461-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row10Member E01461-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row11Member E01461-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row12Member E01461-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row13Member E01461-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row14Member E01461-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row15Member E01461-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row16Member E01461-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row17Member E01461-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row18Member E01461-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row19Member E01461-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row20Member E01461-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OtherOperatingSegmentsAxisMember E01461-000 2021-06-25 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E01461-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E01461-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row9Member E01461-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row10Member E01461-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row11Member E01461-000 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E01461-000:MIYAJIENGINEERINGReportableSegmentsMember E01461-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E01461-000:MIYAJIENGINEERINGReportableSegmentsMember E01461-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember E01461-000 2021-06-25 jpcrp030000-asr_E01461-000:TsujikawaMasatoMember E01461-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E01461-000:MIYAJIENGINEERINGReportableSegmentsMember E01461-000 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E01461-000:MMBRIDGEReportableSegmentsMember E01461-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E01461-000:MMBRIDGEReportableSegmentsMember E01461-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithNoVotingRightsMember E01461-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsTreasurySharesEtcMember E01461-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsOtherMember E01461-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E01461-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E01461-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithFullVotingRightsOtherMember E01461-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsOtherMember E01461-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesLessThanOneUnitMember E01461-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesLessThanOneUnitMember E01461-000 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01461-000 2016-04-01 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01461-000 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E01461-000 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01461-000 2019-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01461-000 2019-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E01461-000 2019-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01461-000 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E01461-000 2019-03-31 jppfs_cor:RevaluationReserveForLandMember E01461-000 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E01461-000 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E01461-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E01461-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E01461-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember E01461-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01461-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E01461-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E01461-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01461-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E01461-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E01461-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E01461-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01461-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01461-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01461-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01461-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01461-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E01461-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E01461-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E01461-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E01461-000 2020-03-31 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E01461-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01461-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01461-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E01461-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E01461-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row1Member E01461-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row2Member E01461-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row3Member E01461-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row4Member E01461-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row1Member E01461-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row2Member E01461-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row3Member E01461-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row4Member E01461-000 2021-06-25 jpcrp_cor:Row1Member E01461-000 2021-06-25 jpcrp_cor:Row2Member E01461-000 2021-06-25 jpcrp_cor:Row3Member E01461-000 2021-06-25 jpcrp030000-asr_E01461-000:AotaShigetoshiMember E01461-000 2021-06-25 jpcrp030000-asr_E01461-000:NishigakiNoboruMember E01461-000 2021-06-25 jpcrp030000-asr_E01461-000:NagayamaHirohisaMember E01461-000 2021-06-25 jpcrp030000-asr_E01461-000:HirashimaTakashiMember E01461-000 2021-06-25 jpcrp030000-asr_E01461-000:IkeuraMasahiroMember E01461-000 2021-06-25 jpcrp030000-asr_E01461-000:UeharaTadashiMember E01461-000 2021-06-25 jpcrp030000-asr_E01461-000:OhtaHidemiMember E01461-000 2021-06-25 jpcrp030000-asr_E01461-000:NaruseSusumuMember E01461-000 2021-06-25 jpcrp030000-asr_E01461-000:HiguchiMasatoMember E01461-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row12Member E01461-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row13Member E01461-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row14Member E01461-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row15Member E01461-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row16Member E01461-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row17Member E01461-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row18Member E01461-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row19Member E01461-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row20Member E01461-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row5Member E01461-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01461-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E01461-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember E01461-000 2017-04-01 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01461-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E01461-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:RevaluationReserveForLandMember E01461-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E01461-000 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E01461-000 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01461-000 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01461-000 2020-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E01461-000 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01461-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E01461-000 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E01461-000 2021-06-25 E01461-000 2021-03-31 E01461-000 2020-04-01 2021-03-31 E01461-000 2020-03-31 E01461-000 2019-04-01 2020-03-31 E01461-000 2019-03-31 E01461-000 2018-04-01 2019-03-31 E01461-000 2018-03-31 E01461-000 2017-04-01 2018-03-31 E01461-000 2017-03-31 E01461-000 2016-04-01 2017-03-31 E01461-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No1MajorShareholdersMember E01461-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No2MajorShareholdersMember E01461-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No3MajorShareholdersMember E01461-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No4MajorShareholdersMember E01461-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No5MajorShareholdersMember E01461-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row5Member E01461-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row6Member E01461-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row7Member E01461-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row8Member E01461-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01461-000 2021-03-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E01461-000 2021-03-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E01461-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E01461-000 2021-03-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E01461-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E01461-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E01461-000 2020-03-31 jppfs_cor:RevaluationReserveForLandMember E01461-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E01461-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E01461-000 2019-03-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E01461-000 2021-03-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E01461-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E01461-000 2020-03-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E01461-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01461-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E01461-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E01461-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01461-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E01461-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E01461-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01461-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01461-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E01461-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E01461-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01461-000 2021-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01461-000 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E01461-000 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01461-000 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01461-000 2021-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E01461-000 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E01461-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No10MajorShareholdersMember E01461-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E01461-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E01461-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E01461-000 2020-03-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E01461-000 2020-03-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E01461-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E01461-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember E01461-000 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E01461-000 2021-03-31 jppfs_cor:RevaluationReserveForLandMember E01461-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E01461-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01461-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01461-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E01461-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E01461-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E01461-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:RevaluationReserveForLandMember E01461-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember xbrli:shares xbrli:pure iso4217:JPY iso4217:JPY xbrli:shares

第一部【企業情報】

第1【企業の概況】

1【主要な経営指標等の推移】

(1)連結経営指標等

回次

第14期

第15期

第16期

第17期

第18期

決算年月

2017年3月

2018年3月

2019年3月

2020年3月

2021年3月

売上高

(千円)

36,298,417

47,128,342

52,062,540

63,841,859

55,268,380

経常利益

(千円)

2,612,235

3,612,221

4,534,774

5,368,985

5,547,719

親会社株主に帰属する当期純利益

(千円)

2,184,296

2,085,878

3,608,175

2,616,775

3,808,655

包括利益

(千円)

3,161,574

3,205,801

4,260,403

2,531,301

5,339,148

純資産額

(千円)

21,301,190

24,184,561

28,070,724

30,333,710

35,006,440

総資産額

(千円)

47,146,497

54,743,699

55,631,962

59,690,181

60,738,259

1株当たり純資産額

(円)

2,772.42

3,125.65

3,580.73

3,844.08

4,429.74

1株当たり当期純利益

(円)

320.89

306.46

530.16

384.50

559.63

潜在株式調整後1株当たり当期純利益

(円)

自己資本比率

(%)

40.0

38.9

43.8

43.8

49.6

自己資本利益率

(%)

12.4

10.4

15.8

10.4

13.5

株価収益率

(倍)

6.7

6.6

3.5

4.2

4.2

営業活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

5,436,207

7,492,059

2,456,749

4,669,901

1,094,098

投資活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

549,837

997,949

526,145

2,184,554

2,587,402

財務活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

2,586,697

2,115,551

338,127

955,186

1,741,596

現金及び現金同等物の期末残高

(千円)

8,487,637

12,866,195

10,221,427

11,751,586

8,516,686

従業員数

(人)

619

628

652

680

727

 (注)1.売上高には消費税等は含まれておりません。

2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

3.2017年10月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株式併合を行っております。第14期の期首に当該株式併合が行われたと仮定し、1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益を算定しております。

4.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を第16期の期首から適用しており、第15期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。

(2)提出会社の経営指標等

回次

第14期

第15期

第16期

第17期

第18期

決算年月

2017年3月

2018年3月

2019年3月

2020年3月

2021年3月

売上高

(千円)

295,201

438,046

469,251

604,556

669,429

経常利益

(千円)

163,534

309,015

339,584

473,369

542,422

当期純利益

(千円)

161,892

307,310

337,736

471,680

540,501

資本金

(千円)

3,000,000

3,000,000

3,000,000

3,000,000

3,000,000

発行済株式総数

(千株)

69,194

6,919

6,919

6,919

6,919

純資産額

(千円)

9,408,338

9,441,202

9,506,424

9,569,550

9,565,512

総資産額

(千円)

9,426,750

9,458,222

9,524,239

9,588,960

9,586,051

1株当たり純資産額

(円)

1,382.21

1,387.21

1,396.82

1,406.11

1,405.53

1株当たり配当額

(円)

4.00

40.00

60.00

80.00

80.00

(うち1株当たり中間配当額)

()

()

()

()

()

1株当たり当期純利益

(円)

23.78

45.15

49.62

69.31

79.42

潜在株式調整後1株当たり当期純利益

(円)

自己資本比率

(%)

99.8

99.8

99.8

99.8

99.8

自己資本利益率

(%)

1.7

3.3

3.6

4.9

5.6

株価収益率

(倍)

90.0

44.9

37.7

23.4

29.8

配当性向

(%)

168.2

88.6

120.9

115.4

100.7

従業員数

(人)

16

17

17

18

18

株主総利回り

(%)

150.3

145.2

138.6

126.9

184.1

(比較指標:TOPIX)

(%)

(112.3)

(127.4)

(118.1)

(104.1)

(145.0)

最高株価

(円)

249

3,430

3,080

2,324

2,599

 

 

 

(355)

 

 

 

最低株価

(円)

119

1,919

1,728

1,379

1,417

 

 

 

(189)

 

 

 

 (注)1.売上高には消費税等は含まれておりません。

2.第17期の1株当たり配当額には、記念配当20円を含んでおります。

3.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

4.最高株価及び最低株価は東京証券取引所(市場第一部)におけるものであります。

5.2017年10月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株式併合を行っております。第14期の期首に当該株式併合が行われたと仮定し、1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益を算定しております。また、第15期の株価については株式併合後の最高株価及び最低株価を記載しており、( )内に株式併合前の最高株価及び最低株価を記載しております。

6.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を第16期の期首から適用しており、第15期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。

2【沿革】

(宮地エンジニアリンググループ株式会社)

2003年5月

株式会社宮地鐵工所及び宮地建設工業株式会社(2011年3月宮地エンジニアリング株式会社と改称)(以下「両社」という)は、株式移転による完全親会社設立に関する主要事項について合意し、共同株式移転契約を締結

2003年6月

両社の定時株主総会において、株式移転により宮地エンジニアリンググループ株式会社を設立し、両社がその完全子会社となることについて承認決議

2003年9月

両社が株式移転により宮地エンジニアリンググループ株式会社を東京都中央区に設立
普通株式を株式会社東京証券取引所市場第一部に上場

2011年2月

宮地建設株式会社を東京都中央区に設立(2018年1月宮地エンジニアリング株式会社と合併し消滅)

2011年3月

 

2015年4月

宮地技工株式会社(2015年7月株式会社エム・ジー・コーポレーションと改称・現 非連結子会社)の全株式を株式会社宮地鐵工所から譲受

エム・エム ブリッジ株式会社(2015年4月三菱重工鉄構エンジニアリング株式会社から改称・現 連結子会社)の株式の51%を三菱重工業株式会社から取得

(旧株式会社宮地鐵工所)

1908年9月

宮地栄治郎個人経営で東京市本所区南二葉町に創業
ボルト、鉄扉等の製作及び建築鉄骨組立工事請負を開始

1919年1月

東京府南葛飾郡大島町に大島工場を新設し、翌年より橋梁架設工事を開始

1923年10月

関東大震災を機に合資会社宮地鐵工所に改組、資本金5万円

1931年1月

本社並びに工場を城東区南砂町に新設

1938年4月

合資会社を株式会社宮地鐵工所に改組、資本金50万円

1945年3月

東京大空襲により工場が全焼、海軍艦政本部要請により長野県波田村に一部工場を移転し波田工場(松本工場)を開設(2014年12月完全操業停止)

1949年3月

宮地建設工業株式会社を創設し、土木部門を分離

1958年8月

大阪営業所、名古屋営業所、札幌営業所開設

1958年10月

株式を東京証券市場に店頭公開

1959年5月

福岡営業所開設

1961年10月

株式を東京証券取引所市場第二部に上場

1962年8月

株式を東京証券取引所市場第一部に上場(2003年9月上場廃止)

1972年8月

沖縄営業所開設

1978年6月

仙台営業所開設

1983年10月

本社を東京都中央区に移転、工場を臨海橋梁工場として千葉工場(市原市)に移転し全面操業開始、東京工場(砂町)を閉鎖

1990年6月

千葉県市原市に株式会社ひまわりを設立(1993年6月宮地技工株式会社と改称)

1994年10月

広島営業所開設

1998年10月

千葉県市原市に株式会社エム・アイ・シーを設立(2015年7月宮地技工株式会社・現 株式会社エム・ジー・コーポレーションと合併し消滅)

2011年3月

宮地技工株式会社の株式を宮地エンジニアリンググループ株式会社へすべて譲渡

2011年3月

宮地建設工業株式会社と合併し消滅

(宮地エンジニアリング株式会社(旧宮地建設工業株式会社))

1949年3月

株式会社宮地鐵工所の土木部門が分離独立して、東京都中央区に設立

1949年10月

建設業法制定により建設大臣登録

1950年11月

本社を東京都文京区に移転

1963年4月

栗橋倉庫開設(現 栗橋機材センター)

1963年7月

大阪出張所開設(現 関西支社)

1964年2月

株式を東京証券取引所市場第二部に上場(2003年9月上場廃止)

1974年3月

建設業法による特定建設業の許可

 

1977年1月

本社を東京都江東区に移転

1983年7月

本社を東京都豊島区に移転

1989年8月

株式会社成和建設の株式を取得(1991年1月エム・ケイ・エンジ株式会社と改称・現 連結子会社)

1991年8月

九州事業所開設(現 福岡営業所)

1995年11月

株式会社宮地鐵工所との共同出資により株式会社宮地総合メンテナンスを東京都千代田区に設立

2003年2月

株式会社宮地総合メンテナンスの株式を買い増しし、同社を完全子会社化

2003年4月

株式会社宮地総合メンテナンスを吸収合併

2003年10月

本社を東京都中央区に移転

2004年9月

エム・ケイ・エンジ株式会社の株式を買い増しし、同社を完全子会社化

2010年3月

エム・ケイ・ワークス株式会社を埼玉県北葛飾郡栗橋町に設立(現 非連結子会社)

2010年4月

名古屋営業所開設

2011年3月

株式会社宮地鐵工所を吸収合併し、商号を宮地エンジニアリング株式会社に変更(現 連結子会社)

2015年1月

宮地エンジニアリング松本発電所を長野県松本市に新設し、発電を開始

2018年1月

宮地建設株式会社を吸収合併

 

3【事業の内容】

当社グループは、当社および子会社5社で構成され、橋梁、鉄骨等の鋼構造物の調査診断・点検、設計、製作、架設、補修・補強の請負ならびに土木工事、プレストレストコンクリート工事の設計、施工・工事管理の請負を主として行っております。当社は事業会社である宮地エンジニアリング株式会社、エム・エム ブリッジ株式会社等の支配、管理を目的とする持株会社であります。

なお、当社は、有価証券の取引等の規制に関する内閣府令第49条第2項に規定する特定上場会社等に該当しており、これにより、インサイダー取引規制の重要事実の軽微基準については連結ベースの数値に基づいて判断することとなります。

当社グループは、事業を基礎としたセグメントから構成されており、「宮地エンジニアリング」、「エム・エム ブリッジ」の2つを報告セグメントとしております。

「宮地エンジニアリング」とは、宮地エンジニアリング株式会社で、新設橋梁の設計・製作・現場施工、既設橋梁の維持・補修・補強、橋梁周辺鋼構造物、複合構造物の設計・製作・現場施工、その他鋼構造物の製作・現場施工、FRP構造物の販売、プレストレストコンクリート橋梁、その他土木事業、大空間・超高層建築物、鉄塔、煙突、工場建物、既設構造物の耐震・免震工事等を行っております。

「エム・エム ブリッジ」とは、エム・エム ブリッジ株式会社で、橋梁、沿岸構造物等の設計・製造、据付、販売及び修理を行っております。

事業の系統図は次のとおりであります。

 

0101010_001.png

 

 

4【関係会社の状況】

名称

住所

資本金

(千円)

主要な事業の内容

議決権の所有割合

(%)

関係内容

(連結子会社)

 

 

 

 

 

宮地エンジニアリング㈱
(注)1.2

東京都中央区

1,500,000

鋼構造物事業

100.0

経営指導

役員の兼任 有

エム・エム ブリッジ㈱
(注)1.3

広島県広島市

450,000

鋼構造物事業

51.0

経営指導

役員の兼任 有

 (注)1.特定子会社に該当しております。

2.宮地エンジニアリング㈱については、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く。)の連結売上高に占める割合が10%を超えておりますが、セグメント情報において宮地エンジニアリングの売上高に占める当該連結子会社の売上高(セグメント間の内部売上高又は振替高を含む。)の割合が90%を超えているため、主要な損益情報等の記載を省略しております。

3.エム・エム ブリッジ㈱については、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く。)の連結売上高に占める割合が10%を超えておりますが、セグメント情報においてエム・エム ブリッジの売上高に占める当該連結子会社の売上高(セグメント間の内部売上高又は振替高を含む。)の割合が90%を超えているため、主要な損益情報等の記載を省略しております。

 

5【従業員の状況】

(1)連結会社の状況

 

2021年3月31日現在

セグメントの名称

従業員数(人)

宮地エンジニアリング

489

エム・エム ブリッジ

220

報告セグメント計

709

その他

18

合計

727

 (注)1.従業員数は、就業人員で記載しております。

2.「その他」の区分は、報告セグメントに帰属しない当社(純粋持株会社)であります。

(2)提出会社の状況

 

 

 

2021年3月31日現在

従業員数(人)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(千円)

18

49.3

22.3

8,397

 (注)1.従業員数は、就業人員で記載しております。

2.従業員は、宮地エンジニアリング㈱からの出向者であり、平均勤続年数は同社での勤続年数を通算しております。

3.平均年間給与は、賞与および基準外賃金を含んでおります。

(3)労働組合の状況

提出会社においては、労働組合はありません。

また、連結子会社における労使関係は安定しており、特記すべき事項はありません。

第2【事業の状況】

1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。

 

(1)経営の基本方針

当社グループは、「鋼橋、建築、土木等社会インフラの建設・維持・補修の事業を通じて、豊かな国土と明るい社会創りに貢献する」ことを経営理念としております。この経営理念に基づき、コンプライアンス・リスク管理体制を整備・適切に運用して、公正な競争、社会や顧客のニーズに応える安全で優れた製品・施工・サービスを提供し、グループの持続的な成長の実現・維持を目指すとともに、株主・投資家をはじめ取引先、従業員、地域社会などのすべてのステークホルダーに対して企業としての社会的責任を全うできるよう努めてまいります。

 

(2)経営環境、経営戦略及び優先的に対処すべき課題

わが国経済の見通しにつきましては、新型コロナウイルス感染拡大の防止策を講じるなか、各種政策の効果や海外経済の改善もあり、持ち直しの動きが続くことが期待されますが、国内外の感染拡大による下振れリスクの高まりに十分注意する必要があり、また、金融資本市場の変動等の影響を注視する必要があります。

当業界におきましては、昨年12月に、高規格道路のミッシングリンク解消や4車線化などのネットワーク整備の加速化・深化が織り込まれた「防災・減災、国土強靱化のための5か年加速化対策」が閣議決定され、また2021年度以降は大阪湾岸線西伸部や名神湾岸連絡線など西日本エリアで大型工事が控えています。

当社グループの主力である道路橋・鉄道橋などの橋梁事業において、今後も一定量の新設橋梁の発注が見込まれるなか、グループが有する豊富な実績・技術力・架設力を最大限活かし、技術提案力、積算精度の更なる向上を図り、情報収集力を高め、総力を挙げて安定的な受注の確保に努め、設計・計画・製作から架設までの総合エンジニアリング力の強化と採算性の更なる向上を図ってまいります。また、高速道路や新幹線などの大規模更新・修繕工事の保全・補修事業、ハイブリッドケーソン・浮体構造物・沈埋函などの沿岸構造物事業、シールドトンネル向けの鋼製セグメント事業、有望な製品の多いFRP事業、および建築・土木関連事業などに経営資源を積極的に投入し経営基盤を強化し、併せて、i-Constructionと働き方改革の推進に積極的に取り組み、生産性を向上させ、一段の飛躍を図ってまいります。

また、グループとしての経営管理体制を一層強化し、安定した黒字体質を確固たるものとするよう努め、グループの中核である宮地エンジニアリング株式会社、エム・エム ブリッジ株式会社とともに更なる事業発展を図ってまいります。両社は、技術提案力の強化など受注力の向上に努め、また、経済合理性を最大限追求することを基本に、製造部門の生産性向上・生産効率化を図り、資機材の共同活用、技術の相互利用・共同開発、人材交流の推進に取り組んでおりますが、更なるシナジーの創出に努め、グループの企業価値を高めると同時に経営基盤を一層強化してまいります。

なお、当社グループは、2019~2021年度中期経営計画の最終年度を迎え以上の取り組みを一層推進してまいります。

また、当社子会社の宮地エンジニアリング株式会社では、2021年度までの4年間で千葉工場に係る総額50億円程度の設備投資計画を実行しておりますが、新型コロナウイルス禍に伴い、経済や企業活動の先行きは不透明感を増しており、生産性向上やコスト削減、業務効率化などに直結する投資は継続する一方で、計画中の新たな投資については延期しており、今後の事業環境を見極めた上で投資の再開を決定いたします。

当社グループは、2019年5月14日に2019年度から2021年度までの3か年にわたる中期経営計画を策定し、最終年度である2021年度の売上高600億円、営業利益45億円などの数値目標を掲げております。計画初年度および2年目の実績は一部の項目を除き最終年度目標を超える成績となりました。中期経営計画の最終年度である2021年度においても数値目標を達成すべく、上記の基本方針に沿って、経営戦略を実践してまいります。

なお、本計画の数値目標(最終年度)とそれに対する当連結会計年度実績につきましては、3「経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」(2)「経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容」を参照ください。

 

2【事業等のリスク】

有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、経営者が連結会社の財政状態、経営成績およびキャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると認識している主要なリスクは、以下のとおりであります。

なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。

(1)特定の製品への依存度について

当社グループの主力事業は橋梁等鋼構造物であり、公共事業が中心となっております。特定の製品、顧客への過度の依存リスクを回避するため、国・地方自治体のほか、各高速道路会社、鉄道会社、大手建設会社などから幅広く受注すべく、積極的に営業活動を展開しておりますが、国・地方自治体の財政政策の動向等によっては、発注量・金額が抑制されて受注量・単価が減少し、業績に影響を及ぼす可能性があります。

(2)主要原材料の価格変動・調達リスクについて

当社グループの主力事業である橋梁等鋼構造物工事は、鋼材を主要原材料として使用しております。主要原材料については、可能な限り早期の内示・発注により、必要数量の確保や採算の確定に努めておりますが、原材料価格の動向、また供給状況によっては価格の高騰、品不足からの工程遅延や採算悪化を生じる可能性があります。

(3)工場の操業に伴うリスクについて

当社グループは、千葉工場・市原工場を主たる生産拠点とし、大型機械設備を使用しております。このため重大な事故、また地震や台風などの自然災害などによる損壊・損傷、感染症の拡大など予期せぬ事態が生じた場合には、工場の操業に影響を及ぼす可能性があります。当社グループでは、大規模地震や水害、伝染病の発生に備えて事業継続計画(BCP)を策定し、災害等の発生時には速やかに復旧する体制を整えておりますが、想定を超える規模の災害等が発生した場合には、工場のみならず、本社等の事務所や施工現場においても重大な影響が発生する可能性があります。

なお、新型コロナウイルス感染症対策として、子会社宮地エンジニアリング株式会社において新型コロナウイルス対策本部を設置し、従業員の自衛・予防措置を徹底するほか、不要不急の外出・出張の自粛、TV会議やWeb会議の積極的利用、時差出勤制度導入など、感染リスクを極力抑えるための方策を実行し、他の子会社においても同様な取り組みを実施しております。

(4)事故などの安全上のリスクについて

当社グループの主力事業である橋梁等鋼構造物工事は、非常に大きな重量物を扱っております。また施工場所が市街地や道路、鉄道の営業線に近接することもあり、一旦事故が発生すると重大な事故に繋がるリスクがあります。

当社グループでは、外注先業者も対象とした安全衛生大会の実施、安全衛生管理方針説明会の実施、万が一事故が発生した場合の緊急連絡体制の整備など、事故防止について最善の努力を尽くしておりますが、万が一事故を起こした場合には直接的損害のほか社会的信用の失墜、発注機関からの指名停止措置などの行政処分を受ける可能性があります。

(5)法的規制について

当社グループは、事業を営むにあたって建設業法等の法的規制を受けております。当社グループでは、コンプライアンス・リスク管理委員会の設置、定期的なコンプアイアンス教育の実施など、法令等の遵守を徹底するよう努めておりますが、遵守できなかった場合には、発注機関からの指名停止措置などの行政処分、刑事処分、民事訴訟等により、損害賠償金等が発生した場合には、業績および財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

(6)製品の欠陥について

当社グループでは、安全・品質を所管する部署を設置し、不具合発生時の迅速な連絡・情報共有体制を確保するなど、品質管理に万全を期しておりますが、当社グループの施工物件に重大な瑕疵担保責任が発生した場合には、業績に影響を及ぼす可能性があります。

3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

(1)経営成績等の状況の概要

① 経営成績の状況

当連結会計年度におけるわが国経済は、新型コロナウイルス感染症の影響により依然として厳しい状況にありますが、各種政策の効果により持ち直しの動きも見られます。しかしながら、国内外の感染拡大による下振れリスクの高まりに十分注意する必要があります。

公共投資は底堅く推移しておりますが、当社グループの主力である道路橋・鉄道橋などの橋梁事業の今年度の総発注量は、回復傾向にはあるものの、前年度同様低調に推移しました。

このような環境下、受注高につきましては、第2四半期連結会計期間に発注された大型案件を受注したことから、706億95百万円(前年同期比31.5%増)となりました。

その具体的な内容は次のとおりであります。

橋梁では、国土交通省の只越大橋、八王子南BP館高架橋、新川島橋上部その2工事、為当第1橋、海田高架橋、西日本高速道路株式会社の吹田JCT~池田IC橋梁更新建設工事、幸地ICランプ橋、名古屋高速道路公社の新洲崎工区工事、岩手県の徳田橋、千葉県の三郷流山橋その2工事、兵庫県の松沢BP上部工工事、神奈川県横浜市の新本牧ふ頭建設工事(ケーソン鋼殻製作工)などを、また建築他では竹中工務店他の名古屋市国際展示場鉄骨工事、株式会社大林組の筑波大学病院免震工事、株式会社NHKテクノロジーズのNHK菖蒲支線更新鉄塔工事などを受注いたしました。

売上高につきましては、手持ち工事が概ね順調に進捗したものの、552億68百万円(同13.4%減)となりました。

その具体的な内容は次のとおりであります。

橋梁では、国土交通省の気仙沼湾横断橋、新町川橋、中日本高速道路株式会社の大西南第2高架橋他10橋鋼上部工工事、西蟹田第1高架橋他6橋鋼上部工工事、葛葉川橋、西日本高速道路株式会社の水尻高架橋、独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構の福井橋りょう、木の芽川橋りょう、宝町橋りょうなどを、また建築他では、大林組他JVの北海道ボールパーク鉄骨工事、株式会社大林組の梅田北ビル免震工事などを売り上げました。

損益につきましては、千葉工場改革プロジェクトによる工場構内ヤードの有効活用促進などの生産効率化、工事採算性向上の取り組み、働き方改革による業務効率化などにより、営業利益は55億1百万円(同5.0%増)、経常利益は55億47百万円(同3.3%増)、親会社株主に帰属する当期純利益は38億8百万円(同45.5%増)となりました。

セグメントの業績は、次のとおりであります。

(宮地エンジニアリング)

受注高につきましては、大型工事の受注があったことにより、366億27百万円(同8.8%増)となりました。

売上高につきましては、概ね順調に進捗したものの352億2百万円(同14.5%減)となりました。

損益につきましては、生産の効率化、工事採算性の向上などの取り組みにより、営業利益は39億2百万円(同5.6%増)となりました。

(エム・エム ブリッジ)

受注高につきましては、大型工事の受注があったことにより、340億64百万円(同69.5%増)となりました。

売上高につきましては、概ね順調に進捗したものの199億50百万円(同11.6%減)となりました。

損益につきましては、生産の効率化、工事採算性の向上などの取り組みにより、営業利益は16億31百万円(同12.7%増)となりました。

 

2020年2月以降、新型コロナウイルスの感染が急速に拡大しましたが、当連結会計年度の当社グループの生産高(工場生産、現場施工)への影響はありません。また、当連結会計年度末以降、有価証券報告書提出日までの間においても、特段の影響はありません。

 

② 財政状態の状況

資産合計は、前連結会計年度末と比較して10億48百万円増加し、607億38百万円となりました。主な要因は、現金預金が32億34百万円減少したものの、受取手形・完成工事未収入金等が25億29百万円、有形固定資産が7億16百万円、投資有価証券が7億62百万円、それぞれ増加したためであります。

負債合計は、前連結会計年度末と比較して36億24百万円減少し、257億31百万円となりました。主な要因は、支払手形・工事未払金等が47億37百万円、短期借入金が10億円それぞれ減少し、未成工事受入金が16億76百万円増加したためであります。

純資産合計は、前連結会計年度末と比較して46億72百万円増加し、350億6百万円となりました。主な要因は、利益剰余金が32億64百万円、その他有価証券評価差額金が6億47百万円、非支配株主持分が6億87百万円、それぞれ増加したためであります。

 

③ キャッシュ・フローの状況

当連結会計年度末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前連結会計年度末と比較して32億34百万円減少し、85億16百万円となりました。

各キャッシュ・フローの状況と増減要因は以下のとおりであります。

(営業活動によるキャッシュ・フロー)

営業活動によるキャッシュ・フローは、10億94百万円の資金増加(前連結会計年度は46億69百万円の資金増加)となりました。主な要因は、税金等調整前当期純利益58億95百万円の計上、減価償却費10億4百万円の計上、固定資産圧縮損9億82百万円の計上、未成工事受入金の増加16億76百万円があった一方で、売上債権の増加25億29百万円、仕入債務の減少47億5百万円、法人税等の支払額12億86百万円があったことによるものであります。

(投資活動によるキャッシュ・フロー)

投資活動によるキャッシュ・フローは、25億87百万円の資金減少(前連結会計年度は21億84百万円の資金減少)となりました。主な要因は、有形固定資産の取得による支出25億96百万円によるものであります。

(財務活動によるキャッシュ・フロー)

財務活動によるキャッシュ・フローは、17億41百万円の資金減少(前連結会計年度は9億55百万円の資金減少)となりました。主な要因は、短期借入金の減少10億円、配当金の支払額5億41百万円、非支配株主への配当金の支払額1億21百万円によるものであります。

 

④ 生産、受注及び販売の実績

a.生産実績

当連結会計年度の生産実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。

セグメントの名称

当連結会計年度

(自 2020年4月1日

至 2021年3月31日)

前年同期比(%)

宮地エンジニアリング(千円)

35,052,963

△14.6

エム・エム ブリッジ(千円)

16,668,499

△26.6

その他(千円)

3,938

71.0

調整額(千円)

111,737

合計(千円)

51,837,138

△18.8

(注)1.金額は販売価格によっており、セグメント間の取引については相殺消去しております。

2.上記の金額には消費税等は含まれておりません。

 

b.受注実績

当連結会計年度の受注実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。

セグメントの名称

受注高

受注残高

当連結会計年度

(自 2020年4月1日

至 2021年3月31日)

前年同期比(%)

当連結会計年度末

(2021年3月31日)

前年同期比(%)

宮地エンジニアリング(千円)

36,627,837

8.8

47,304,826

3.1

エム・エム ブリッジ(千円)

34,064,111

69.5

41,208,616

52.1

その他(千円)

3,938

71.0

調整額(千円)

△197,838

合計(千円)

70,695,887

31.5

88,315,604

21.2

(注)1.セグメント間の取引については相殺消去しております。

2.上記の金額には消費税等は含まれておりません。

 

c.販売実績

当連結会計年度の販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。

セグメントの名称

当連結会計年度

(自 2020年4月1日

至 2021年3月31日)

前年同期比(%)

宮地エンジニアリング(千円)

35,202,215

△14.5

エム・エム ブリッジ(千円)

19,950,490

△11.6

その他(千円)

3,938

71.0

調整額(千円)

111,737

合計(千円)

55,268,380

△13.4

(注)1.セグメント間の取引については相殺消去しております。

2.最近2連結会計年度の主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に対する割合は次のとおりであります。

相手先

前連結会計年度

(自 2019年4月1日

至 2020年3月31日)

当連結会計年度

(自 2020年4月1日

至 2021年3月31日)

金額(千円)

割合(%)

金額(千円)

割合(%)

国土交通省

11,142,810

17.5

10,369,729

18.8

中日本高速道路株式会社

14,075,582

22.0

9,152,684

16.6

西日本高速道路株式会社

2,083,266

3.3

6,715,144

12.2

3.上記の金額には消費税等は含まれておりません。

(2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりであります。

なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものであります。

①財政状態及び経営成績の状況に関する認識及び分析・検討内容

当連結会計年度(2020年度)は、2019年度を初年度とする3か年にわたる中期経営計画(2019年5月14日公表)の2年目にあたっており、本計画の数値目標(最終年度)とそれに対する当連結会計年度の実績は以下のとおりであります。

(単位:億円)

項目

2021年度目標

2019年度実績

2020年度実績

売上高

600

638

552

営業利益

45

52

55

経常利益

45

53

55

親会社株主に帰属する当期純利益

27

26

38

自己資本比率(注)1

45%以上

43.8%

49.6%

有利子負債比率(注)2

35%以下

15.8%

10.2%

ROE(注)3

10%以上

10.4%

13.5%

ROA(注)4

7%以上

9.3%

9.2%

(注)1.自己資本/総資産

※自己資本は純資産から非支配株主持分を除いております。

2.有利子負債/自己資本

※有利子負債は連結貸借対照表に計上されている負債のうち利子を支払っている全ての負債を対象としております。

3.親会社株主に帰属する当期純利益/自己資本

4.経常利益/総資産

 

当社グループの当連結会計年度の経営成績等は、受注高は第2四半期連結会計期間に発注された大型案件を受注したことにより大幅に増加しました。売上高は手持ち工事が順調に進捗したものの、前年度に大型工事の竣工があったため減収となりましたが、損益については千葉工場構内ヤードの有効活用促進などの生産効率化、工事採算性向上の取り組み、働き方改革による業務効率化などにより、営業利益、経常利益、親会社株主に帰属する当期純利益がいずれも増益となりました。この結果、自己資本比率は増加、有利子負債比率は内部資金の活用などにより期末借入金残高を圧縮したため減少、ROEは増加し、いずれも最終年度目標値を達成しました。売上高については目標値未達となりましたが、計画最終年度となる次年度は目標値必達に向けて全社を挙げて邁進していく所存であります。

しかしながら、当社グループの経営成績等に重要な影響を与える要因として、国・地方公共団体の発注量、主要原材料である鋼材の価格動向、地震や台風などの自然災害および重大な事故の発生による生産設備や架設現場の損壊・損傷、建設業法や独占禁止法等の法的規制、施工物件に関わる瑕疵担保責任等が挙げられます。当社グループといたしましては、これらの要因に対し適切に対応(受注量の確保、生産性の向上、経費節減、安全対策の徹底、法令遵守、製品・施工品質の向上)し、安定的な業績の確保を図ってまいります。

 

②重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

連結財務諸表の作成に当たって用いた会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定のうち、重要なものについては、第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項(重要な会計上の見積り)に記載のとおりであります。

なお、新型コロナウイルス感染症については、有価証券報告書提出日現在において当社グループの業績に特段の影響は予想しておりませんが、緊急事態宣言の長期化など、今後の予期せぬ事象によって見積りによる不確実性が顕在化した場合には、実際の結果が見積りよりも悪化する可能性があります。

 

③キャッシュ・フローの状況の分析・検討内容並びに資本の財源及び資金の流動性に係る情報

ⅰ)キャッシュ・フロー

当連結会計年度のキャッシュ・フローの分析につきましては、「(1)経営成績等の状況の概要③キャッシュ・フローの状況」に記載のとおりであります。

 

ⅱ)契約債務

2021年3月31日現在の契約債務の概要は以下のとおりであります。

 

年度別要支払額(百万円)

契約債務

合計

1年以内

1年超3年以内

3年超5年以内

5年超

短期借入金

2,500

2,500

長期借入金

300

300

リース債務(短期)

74,088

74,088

リース債務(長期)

205,012

141,813

59,854

3,344

当社グループの第三者に対する保証は、従業員の金融機関からの借入に対する債務保証であります。保証した借入の債務不履行が保証期間内に発生した場合、当社グループが代わりに弁済する義務があり、2021年3月31日現在の債務保証額は、4百万円であります。

 

ⅲ)財務政策

当社グループは、運転資金および設備資金につきましては、内部資金または借入により資金調達することとしております。このうち、借入による資金調達に関しましては、短期運転資金については短期借入金で、長期運転資金および設備資金については長期借入金で調達しております。

また、当連結会計年度末において、複数の金融機関との間で合計5,000百万円のシンジケーション方式のコミットメントライン契約を締結しております(借入実行残高2,000百万円)。

 

4【経営上の重要な契約等】

該当事項はありません

 

5【研究開発活動】

当社グループは、主に橋梁工事の建設コスト縮減、品質向上、橋梁新製品開発および既設橋梁の維持管理、鋼構造物の生産技術、沿岸構造物の開発・実証に関連した研究開発活動を行っております。

当社グループにおける研究開発活動は、連結子会社である宮地エンジニアリング株式会社技術本部、計画本部および千葉工場技術研究所、ならびにエム・エム ブリッジ株式会社の生産・技術部、建設部が中心となり推進しております。当連結会計年度における研究開発費の総額は211百万円となっており、セグメントごとの研究開発活動の概要は以下のとおりです。

 

1.宮地エンジニアリング

 当連結会計年度における研究開発費は137百万円であり、主な研究開発の状況は以下のとおりであります。

(1)施工技術に関する研究

① 大規模更新に関する研究

高速道路各社において、大規模更新、大規模修繕に関する工事が相次いで発注されており、これに貢献できる、老朽化した橋梁や床版の架け替えを短期間で可能とする技術の研究・開発に取り組んでおります。

② 工場溶接技術に関する研究

 工場溶接工程の生産性向上を目的に、完全溶込み溶接継手の狭開先化について研究を行い、標準化し、実施工に適用しております。今後も、さらなる狭開先化を目指して研究を進めてまいります。また、高能率溶接法の適用の研究にも取り組んでおります。

③ 現場溶接技術に関する研究

 橋梁の現場溶接においては、これまでに多くの実験を重ね、現場溶接の新技術を開発してきました。現場溶接適用継手が多様化するなか、溶接品質の確保と施工性の向上に向けた研究を継続しております。

 

(2)新材料・新素材に関する研究開発

  FRPの橋梁構造物への適用に関する研究

橋梁の計画的な維持管理の必要性から、今後市場の拡大が予測されるFRP検査路について、コスト削減のための構造の合理化や長支間化を実施しました。「FRP合成床版」の材料技術を生かした新たな商品として、歩道拡幅用床版や、鉄道用の壁高欄、道路橋用の壁高欄型枠を実用化し、さらなる構造改善や常設足場などへの用途の拡大を図っております。また、首都高速道路株式会社と共同で開発した、地震などで生じた橋梁の段差を、道路啓開時に車両の通行を可能とする渡し板「F-Deck」は、他の道路管理者への拡販を図るとともに、緊急輸送時にも対応できる新たな商品「ダンパスデッキ」を阪神高速技術株式会社と共同で開発しました。さらに、西日本高速道路株式会社と共同開発したFRP伸縮装置は適用性に関する基礎試験を終え、実施工・商品化のための検討をしております。

 

(3)構造・強度・検査に関する研究開発

① 鋼・コンクリート合成構造に関する技術検討

中小規模の架け替えのための合成床版橋「QS Bridge」および鋼・コンクリート合成床版「QS Slab」について、継続して構造・製作および施工に関する合理化、コスト削減のための改良の検討を進めると同時に、費用対効果と市場性の観点から今後の研究の方向性を継続して検討しております。

② 腐食・防食に関する研究

腐食・防食に関する研究を琉球大学と共同で実施しており、腐食した高力ボルト摩擦接合継手の残存すべり耐力評価手法の実験および解析による検討を進めております。また、鋼橋の防食性能向上のためのFRPパネルによる多機能防食デッキの開発のための基礎実験を開始しております。

 

(4)新製品・新技術に関する研究開発

① 橋梁のモニタリングシステムの適用に関する検討

既設構造物の延命化技術としてモニタリングシステム等の診断技術、耐荷力評価技術、補修・補強技術の開発、改良に取り組んでおります。また、施工時の安全性・品質確保へのモニタリングシステムの適用検討を進めており、OSMOS(光学ストランドモニタリングシステム)の無線型センサーLIRISを用いた遠隔モニタリングの大規模更新工事等への適用実績を増やし、より有効活用が進むよう検討を継続しております。

② 複合・合成構造の研究開発

従来のCFT(コンクリート充填鋼管)と比較して耐荷力・靭性の向上が期待できるRCFT(鉄筋コンクリート充填鋼管)、複合構造であるポータルラーメン橋の適用拡大等について検討を行っております。

③ i-Constructionへの取り組み

構造物の3次元モデルをツールとした設計や施工を行うBIM/CIMおよびドローンやレーザースキャナー、VR等を駆使したICT(情報通信技術)関連技術の導入や開発を推進するとともに、鋼構造物の製作工場および施工現場の生産性と安全性の向上を目的としたi-Constructionへの取り組みを行っております。

 

(5)施工工法等に関わる研究、取り組み

① PC業者、補修業者との連携

既設RC床版の更新技術、特に取り替え用プレキャストPC床版に関する技術(製品、施工)をPC業者と連携し、共同で研究することにより、現在高速道路会社で計画されている鋼道路橋の大規模改修事業に対応すべく、新工法等に取り組んでおります。また、今後本格化する補修・保全工事への対応に向け、補修業者と連携し、各種の課題に取り組んでおります。

② 送り出し工法の合理化に関する研究

当社グループで請け負う桁架設工事は鉄道・道路を跨ぐ工事が多いことから、送り出し架設工法が多く採用され限られた時間内で安全かつ高速に鋼桁を送り出すことが求められております。社会のニーズにこたえるため、北陸新幹線の鋼桁架設工事では、ここ数年をかけて新開発した「ジャッキ装置付全輪駆動式高速台車」をフル活用し、1夜間(高速自動車道全面通行止め間合い)で移動量123mの急速送り出しを実施し、新型高速台車の有効性を実証いたしました。今後は適用工事範囲を増やし、さらなる改善を行いより安全な急速施工を目指してまいります。

③ 建築分野における大空間鉄骨建方の研究

当社グループの建築分野では大空間構造物である大屋根鉄骨建方工事を数多く手掛けています。今般、非対称な大屋根鉄骨ブロックの建方作業の効率化を図るため、遠隔操作で安全かつ迅速に吊上げ形状調整が可能となる玉掛装置を開発いたしました。安全性等の検証のため実物大試験を実施し、現在、難易度の高い大規模開閉ドーム鉄骨建方工事において、本装置を活用し、高所作業の効率化および安全性の向上に貢献しております。

また全長600mにも及ぶ長大な発電施設を、当社が保有する特殊機材を活用した「多機能式移動ステージ工法」を提案し、作業の効率化を実現して施工技術の有効性を実証しております。更に今後は難易度の高い鋼構造物の建方工事に前向きに挑戦すると共に、先端技術を取り入れて、一歩進んだ施工技術を提供できるよう研究開発を推進いたします。

④ 建築構造物およびコンクリート床版切断技術の研究

先に開発した、建築構造物の鉄骨コンクリート柱・壁および橋梁のコンクリート床版を大パネル形状で切断する完全無水式ワイヤーソーシステムを用いた「M-SRシステム」により、実橋梁のコンクリート床版を粉塵や廃水を出さずに高効率に大型パネル形状での切断撤去工事を実施し、その有効性を実証しております。更に橋面上への影響を最少とした新工法のM-SRシステムについても、実証実験を終え高速道路床版更新時の床版撤去工事に適用すべく、同システムの検証と改良を進めており、今期中に更新工事に適用し効率的な急速施工の実現に向けて取り組んでまいります。

 

2.エム・エム ブリッジ

 当連結会計年度における研究開発費は73百万円であり、主な研究開発の状況は以下のとおりであります。

(1)施工技術・構造・材料・検査に関する研究開発

① 大型起振機による実橋での加振試験

今後、新たに設計・建設される斜張橋の減衰特性、耐風安定性の評価に関する知見を深めるために、東北地整/気仙沼湾横断橋にてエム・エム ブリッジ株式会社が保有する大型起振機を用いて加振試験を実施しております。加振試験と並行して、試験に対応する解析を実施し、試験の有効性を確認し、長大橋に対する知見を蓄積しております。

また、加振試験や橋梁の動態観測での活用を目指して、無線技術を用いたシンプルなモニタリングシステムの開発を実施しております。

② 大規模更新・保全事業に関する研究

高速道路各社において需要が高まっている床版の取り替え、拡幅、架け替え工事を対象として、プレキャストPC床版の現場継手の開発を進めており、構造試験を実施しております。

また、腐食・損傷した鋼部材の補修工法に関する研究を継続して実施しております。

③ 橋梁の耐風設計に関する研究

超小型模型でかつ、信頼性のある耐風検討を実現することが可能な簡易風洞実験ツール(S-VFD)を活用するなど、数値流体解析について、橋梁への適用を継続して検討しております。

 

(2)新製品・新技術に関する研究開発

① 沿岸構造物・環境技術に関する研究・実証

環境技術に対する研究開発として、微弱電流が流れる浮桟橋で活発に生息するサンゴの生態に注目し、サンゴの移植・増殖技術の研究を継続して実施しております。

② 生産性、安全性向上に資するi-Construction技術に関する研究

国土交通省が推進するi-ConstructionによるICT技術を活用した生産性、安全性向上に向けた適切な要素技術の開発、試行、検証に取り組んでおります。

③ 耐震補強工事に関する研究

従来、建築・機械分野で用いられている慣性接続要素について、長大橋耐震補強工事に適用するための実用化研究を東北大学他と共同で実施しております。

 

 

第3【設備の状況】

1【設備投資等の概要】

当社グループは、生産設備の改善・維持・補修および架設機材センターの移転・整備など、2,649百万円の設備投資を実施いたしました。

宮地エンジニアリングにおいては、生産設備および架設設備の改善・維持・補修等を目的として、2,256百万円の設備投資を実施いたしました。

エム・エム ブリッジにおいては、架設機材センターの移転・整備など、393百万円の設備投資を実施いたしました。

 

2【主要な設備の状況】

(1)提出会社

該当事項はありません。

(2)国内子会社

2021年3月31日現在

 

会社名

事業所名(所在地)

セグメントの名称

設備の内容

帳簿価額(千円)

従業員数

(人)

建物・
構築物

機械・
運搬具

土地

(面積㎡)

リース
資産

その他

合計

宮地エンジニアリング㈱

千葉工場

(千葉県
 市原市)

宮地エンジ
ニアリング

生産設備

1,684,481

1,424,428

5,999,652

(179,272)

32,027

105,635

9,246,226

208

宮地エンジニアリング㈱

松本発電所

(長野県
 松本市)

宮地エンジ
ニアリング

太陽光
発電設備他

60,965

0

746,900

(100,634)

207,540

170

1,015,576

宮地エンジニアリング㈱

本社他

(東京都
 中央区他)

宮地エンジ
ニアリング

架設設備他

179,452

1,021,151

569,553

(41,790)

54,510

1,824,667

281

エム・エム
ブリッジ㈱

本社他

(広島県
 広島市他)

エム・エム
ブリッジ

機材
センター他

229,536

143,893

171,562

(23,001)

6,851

69,866

621,710

220

(注)1.帳簿価額のうち「その他」は、「工具器具・備品」であります。

なお、金額には消費税等を含めておりません。

2.宮地エンジニアリング㈱の松本発電所には賃貸中の建物44,624千円を含んでおります。

3.建物及び土地の一部を連結会社以外から賃借しております。賃借料は302,990千円、土地の面積は68,952㎡であり上記面積に含めておりません。

(3)在外子会社

該当事項はありません。

3【設備の新設、除却等の計画】

当社グループの設備投資については、景気予測、業界動向、投資効率等を総合的に勘案し、連結会社各社が個別に策定しており、そのうち重要な案件については、当社において審議・決裁しております。

当連結会計年度末現在における重要な設備の新設計画は、次のとおりであります。

なお、宮地エンジニアリング㈱千葉工場では、通常の設備更新の他に、構内ヤード整備および塗装工場再構築ならびに新事務所建設のための投資として2018年度から2021年度までの4年間で総額50億円程度の設備投資を計画し着手しましたが、新型コロナウイルスの感染拡大により事業環境の先行きが不透明な状況となっていることから、生産性向上やコスト削減、業務効率化などに直結する投資は継続する一方で、計画中の新たな投資については一時延期することとし、当該投資計画の再開につきましては今後の事業環境を見極めた上で決定することとしております。従って、下記の投資予定金額には、完成予定年月が未定である投資(約43億円)を含んでおりません。

重要な設備の新設

会社名

事業所名

所在地

セグメントの名称

設備の内容

投資予定金額

資金調達方法

着手及び完了予定年月

完成後の

増加能力

総額

(千円)

既支払額

(千円)

着手

完了

宮地エンジニアリング㈱

千葉工場

千葉県

市原市

宮地エンジニアリング

生産設備

906,700

5,547

自己資金

2021年3月

2022年3月

宮地エンジニアリング㈱

栗橋機材センター

埼玉県

久喜市

宮地エンジニアリング

架設設備

218,640

自己資金

2021年4月

2022年3月

(注) 上記の金額に消費税等は含まれておりません。

 

第4【提出会社の状況】

1【株式等の状況】

(1)【株式の総数等】

①【株式の総数】

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

27,677,800

27,677,800

 

②【発行済株式】

種類

事業年度末現在発行数(株)

(2021年3月31日)

提出日現在発行数(株)

(2021年6月25日)

上場金融商品取引所名又は登録認可金融商品取引業協会名

内容

普通株式

6,919,454

6,919,454

東京証券取引所

(市場第一部)

単元株式数

100株

6,919,454

6,919,454

 

(2)【新株予約権等の状況】

①【ストックオプション制度の内容】

該当事項はありません。

②【ライツプランの内容】

該当事項はありません。

③【その他の新株予約権等の状況】

該当事項はありません。

(3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

記載事項はありません。

(4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

年月日

発行済株式
総数増減数

(千株)

発行済株式
総数残高

(千株)

資本金増減額(千円)

資本金残高(千円)

資本準備金増減額(千円)

資本準備金
残高(千円)

2017年10月1日

(注)

△62,275

6,919

3,000,000

2,597,947

(注) 株式併合(10:1)によるものであります。

(5)【所有者別状況】

 

 

 

 

 

 

 

2021年3月31日現在

区分

株式の状況(1単元の株式数100株)

単元未満株式の状況(株)

政府及び地方公共団体

金融機関

金融商品

取引業者

その他の

法人

外国法人等

個人その他

個人以外

個人

株主数(人)

27

32

111

68

2

4,235

4,475

所有株式数

(単元)

21,072

2,349

9,540

6,775

2

29,249

68,987

20,754

所有株式数の割合(%)

30.54

3.41

13.83

9.82

0.00

42.40

100.00

(注)1.自己株式113,818株は「個人その他」に1,138単元、「単元未満株式の状況」に18株含まれております。

2.「その他の法人」には、証券保管振替機構名義の株式が2単元含まれております。

(6)【大株主の状況】

 

 

2021年3月31日現在

氏名又は名称

住所

所有株式数

(千株)

発行済株式(自己株式を除く。)の総数に対する所有株式数の割合(%)

日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口)

東京都港区浜松町二丁目11番3号

450

6.62

株式会社三菱UFJ銀行

東京都千代田区丸の内二丁目7番1号

327

4.81

明治安田生命保険相互会社

東京都千代田区丸の内二丁目1番1号

266

3.92

宮地取引先持株会

東京都中央区日本橋富沢町9番19号

221

3.25

株式会社日本カストディ銀行(信託口)

東京都中央区晴海一丁目8番12号

186

2.74

吉田 知広

大阪府大阪市

173

2.54

日本製鉄株式会社

東京都千代田区丸の内二丁目6番1号

157

2.32

三菱UFJ信託銀行株式会社

東京都千代田区丸の内一丁目4番5号

128

1.88

山内 正義

千葉県浦安市

116

1.70

DFA INTL SMALL CAP VALUE PORTFOLIO

(常任代理人名シティバンク、エヌ・エイ東京支店)

PALISADES WEST 6300,BEE CAVE ROAD BUILDING ONE AUSTIN TX 78746 US

(東京都新宿区新宿六丁目27番30号)

104

1.53

2,131

31.31

(注) 上記のほか、自己株式が113千株あります。

 

 

(7)【議決権の状況】

①【発行済株式】

 

 

 

2021年3月31日現在

区分

株式数(株)

議決権の数(個)

内容

無議決権株式

 

議決権制限株式(自己株式等)

 

議決権制限株式(その他)

 

完全議決権株式(自己株式等)

普通株式

113,800

完全議決権株式(その他)

普通株式

6,784,900

67,849

単元未満株式

普通株式

20,754

発行済株式総数

 

6,919,454

総株主の議決権

 

67,849

(注) 「完全議決権株式(その他)」欄には証券保管振替機構名義の株式が200株含まれております。また、
「議決権の数」欄には、同機構名義の完全議決権株式に係る議決権の数が2個含まれております。

②【自己株式等】

 

 

 

 

2021年3月31日現在

所有者の氏名又は名称

所有者の住所

自己名義所有株式数(株)

他人名義所有株式数(株)

所有株式数の合計(株)

発行済株式総数に対する所有株式数の割合

(%)

宮地エンジニアリンググループ㈱

東京都中央区日本橋富沢町9番19号

113,800

113,800

1.64

113,800

113,800

1.64

 

2【自己株式の取得等の状況】

【株式の種類等】 会社法第155条第7号に該当する普通株式の取得

(1)【株主総会決議による取得の状況】

該当事項はありません。

(2)【取締役会決議による取得の状況】

該当事項はありません。

(3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

区分

株式数(株)

価額の総額(円)

当事業年度における取得自己株式

41

85,649

当期間における取得自己株式

(注) 当期間における取得自己株式には、2021年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取による株式は含まれておりません。

(4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

区分

当事業年度

当期間

株式数(株)

処分価額の総額

(円)

株式数(株)

処分価額の総額

(円)

引き受ける者の募集を行った取得自己株式

消却の処分を行った取得自己株式

合併、株式交換、株式交付、会社分割に係る移転を行った取得自己株式

その他

保有自己株式数

113,818

113,818

(注) 当期間における保有自己株式数には、2021年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取および売渡請求による株式は含まれておりません。

3【配当政策】

当社グループは、株主の皆様に対する利益還元を経営の重要課題のひとつと考えております。また、中長期的視点に立った、持続性の高い企業体質の確立と企業価値の向上を考慮した利益配分を行うことを基本方針としております。

当社は、中間配当と期末配当の年2回の剰余金の配当を行うことを基本にしており、これらの剰余金の配当の決定機関は、期末配当については株主総会、中間配当については取締役会であります。

当期の期末配当につきましては、普通配当1株当たり80円の配当を実施することを決定いたしました。

また、2022年3月期の配当につきましては、1株当たり80円の期末配当を予定しております。

内部留保資金につきましては、今後の経営環境の変化に対応すべく、安定配当・設備投資・経営基盤の強化などのバランスを考慮して、有効に活用してまいります。

当社は、会社法第454条第5項の規定により毎年9月30日を基準日として取締役会の決議によって中間配当を行うことができる旨を定款に定めております。

なお、当事業年度に係る剰余金の配当は以下のとおりであります。

決議年月日

配当金の総額

(千円)

1株当たり配当額

(円)

2021年6月25日

544,450

80

定時株主総会決議

 

4【コーポレート・ガバナンスの状況等】

(1)【コーポレート・ガバナンスの概要】

 ① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

当社のコーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方は、株主をはじめ顧客、取引先、従業員、地域社会等のステークホルダーからの信頼と共感を得られる経営を企業活動の基本であると認識し、持続的な成長と中長期的な企業価値の向上を目指し、経営基盤の継続的強化、経営の健全性、透明性確保に取り組み、コーポレート・ガバナンスの継続的強化および内部統制の体制整備・強化を重要課題として掲げ、その実践に努めることであります。

 ② 企業統治の体制の概要および当該体制を採用する理由

当社のコーポレート・ガバナンス体制の模式図は、以下のとおりであります。

0104010_001.jpg

a企業統治の体制の概要

当社は、コーポレート・ガバナンスの一層の充実という観点から、2021年6月25日付で監査等委員会設置会社に移行しました。

併せて、取締役の指名、報酬等に係る取締役会の機能の独立性・客観性と説明責任を強化することを目的として任意の指名・報酬委員会を設置いたしました。

)取締役会

当社の取締役会は、代表取締役社長青田重利、代表取締役永山弘久、取締役西垣登、取締役平島崇嗣、取締役上原正、取締役池浦正裕、社外取締役成瀬進、社外取締役太田英美、社外取締役辻川正人、社外取締役樋口眞人の10名(うち監査等委員である取締役3名)で構成され、社外取締役が構成人数の3分の1以上を占めております。

議長は代表取締役社長の青田重利が努めており、取締役会は、原則月1回の定期開催のほか、必要に応じて、適宜臨時に開催しております。

取締役会は、グループ内の最高意思決定機関として、グループ経営に係る最重要案件の審議・決定と取締役の職務執行状況の監督を行っております。

主要事業子会社は、執行役員制度を採用し、経営の意思決定と業務執行の分離により、権限・責任の明確化および意思決定の迅速化を実現しております。

当社は、グループ全体の計画を策定し、これに基づき各事業子会社は、個別の計画および具体的な年次の目標・行動計画・予算を策定し、それに基づく月次・四半期業績管理を実施しております。

ⅱ)監査等委員会

当社の監査等委員会は、社外取締役太田英美、社外取締役辻川正人、社外取締役樋口眞人の3名で構成されております。監査等委員会は、定期開催のほか、必要に応じて、適宜臨時に開催してまいります。

また、監査等委員は、会計監査人および内部監査部門と随時情報交換や意見交換を行うほか、取締役会への出席に加えて、監査室からの報告や各事業子会社の関係者から聴取を行ってまいります。

ⅲ)指名・報酬委員会

取締役の指名、報酬等に係る取締役会の機能の独立性・客観性と説明責任を強化することを目的として、取締役会の諮問機関として指名・報酬委員会を設置いたしました。

指名・報酬委員会は、社外取締役太田英美、社外取締役辻川正人、代表取締役社長青田重利の3名で構成され、社外取締役太田英美が議長を務めております。

b.当該体制を採用する理由

当社が本体制を採用する理由は、監査等委員である取締役に取締役会での議決権を付与すること等により、取締役会の監査・監督機能を一層強化するとともに、意思決定の迅速化および中長期視点の議論の更なる充実を図る体制を構築することと、取締役会が、独立社外取締役が過半数を占める指名・報酬委員会および弁護士等で構成するコンプライアンス・リスク管理委員会等からの答申や提言を受け意思決定することで、法令遵守と透明性の高い経営を実現するとともに、企業統治の確立において極めて有効な経営監視機能を果たすと考えるためであります。

 ③ 企業統治に関するその他の事項

a内部統制システムおよびリスク管理体制の整備の状況

当社は、「法令等遵守(コンプライアンス)体制」、「リスク管理体制」を核とし「情報の保存・管理体制」、「職務の執行の効率性を確保するための体制」、「当社グループの業務の適正性を確保するための体制」、「監査等委員会の監査の実効性を確保する体制」等を含む、会社法に基づく内部統制システムの整備に関する基本方針の取締役会決議に従い、また、事業子会社においても、当社取締役会決議に基づき同様な内部統制システムの整備に関する基本方針に従い内部統制の整備に取り組んでおります。

具体的な施策といたしましては①コンプライアンス・リスク管理に関する重要問題を審議する「コンプライアンス・リスク管理委員会」の設置、②グループ企業行動憲章・行動規範・独占禁止法遵守マニュアルなどの制定、③主要事業子会社への内部監査部門の設置、④社内・社外(弁護士)の2つの通報相談窓口を持つ「内部通報制度」の設置、⑤コンプライアンス・リスク管理教育の実施、⑥主要事業子会社での災害対策本部、ISO推進委員会の設置などにより推進しております。

また、財務報告の信頼性を確保するための内部統制を確実に実行するため、その有効性を評価するための基本方針・計画・業務プロセス文書に基づく自己点検、内部監査部門のモニタリングによる検証、評価、改善を行い、グループを挙げてコンプライアンス・リスク管理体制の整備・強化を推進し、市場と社会から信頼される企業グループを目指しております。

反社会的勢力および団体とは関係を持たないことを「企業行動憲章」、「行動規範」に明確に定めるとともに、定期的に外部専門機関ほかと情報交換を行うなど情報収集に努め、被害防止を図っており、不当な要求を受けるなどの事案が発生した場合には、外部専門機関・顧問弁護士と連携して対応する体制を構築しております。

また、発注者をはじめ各ステークホルダーから信頼される企業グループとして、安全で優れた製品・施工・サービスの提供への取り組みを一層強化し、健全な企業の発展に努めております。持株会社体制を採っている当社は、事業会社についての状況を把握し、グループの管理を行っており、説明責任も併せて負っております。

b子会社の業務の適正を確保するための体制整備の状況

当社は、持株会社として、当社の取締役が、取締役会を通じて当社グループ全体の重要事項の決定および各事業子会社の経営管理、業務執行の監督を行う体制を整備しております。

具体的には、「関係会社管理規程」等の規定により事業子会社の当社への承認・報告ルールを定め、これに基づき各事業子会社の経営管理および経営指導体制を構築・整備しております。また、内部監査部門は、定期的にグループ会社の監査を実施し、業務の適正化を推進しております。

各事業子会社は、当社との連携・情報共有を保ちつつ、自社の規模、性質、機関の設計その他会社の特質を踏まえ、自律的に内部統制システムを構築・整備しております。また、当社のグループ会社として、その経営方針、企業集団の管理体制を尊重しつつ、法令・定款を遵守し、企業の独立性・独自性を堅持した企業運営を行っております。

c.責任限定契約の内容の概要

当社と各社外取締役とは、会社法第427条第1項の規定に基づき、同法第423条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任の限度額は、法令に定める額としております。なお、当該責任限定が認められるのは、当該社外取締役が責任の原因となった職務の遂行について善意かつ重大な過失がないときに限られます。

d役員等賠償責任保険契約の内容の概要

当社は、会社法第430条の3第1項に規定する役員等賠償責任保険契約を保険会社との間で締結しております。当該保険契約の被保険者の範囲は、当社取締役全員であり、被保険者は保険料の10%にあたる額を負担しております。当該保険契約により被保険者が役員として職務執行につき行った行為(不法行為を含む。)に起因して損害賠償請求がなされたことにより、被保険者が被る損害賠償金や訴訟費用等が填補されることとなります。

ただし、被保険者の職務の執行の適正性が損なわれないようにするため、違法行為が行われていた場合には填補の対象としないこととしております。

 ④ 取締役の定数

当社の取締役(監査等委員である取締役を除く。)は10名以内、監査等委員である取締役は4名以内とする旨定款で定めております。

  取締役の選任の決議要件

当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨定款に定めております。

 ⑥ 株主総会の特別決議要件

当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨定款に定めております。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目的とするものであります。

 ⑦ 自己株式の取得の決定機関

当社は、会社法第165条第2項に定める自己株式の取得について、株主総会の決議によらず取締役会の決議により取得できる旨定款に定めております。これは、自己株式の取得を取締役会の権限とすることにより、機動的な資本政策を行うためであります。

 ⑧ 中間配当の決定機関

当社は、株主への機動的な利益還元を行うため、会社法第454条第5項の規定により、取締役会の決議によって毎年9月30日を基準日として、中間配当を行うことができる旨定款に定めております。

 ⑨ 取締役の責任免除

当社は、会社法第426条第1項の規定により、取締役会の決議をもって同法第423条第1項の行為に関する取締役(取締役であった者を含む。)の責任を法令の限度において免除することができる旨定款に定めております。これは、取締役が職務を遂行するにあたり、その能力を十分に発揮して、期待される役割を果たしうる環境を整備することを目的とするものであります。

(2)【役員の状況】

① 役員一覧

男性 10名 女性 -名 (役員のうち女性の比率-%)

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数

(百株)

代表取締役

社長

青田 重利

1947年9月28日

 

1970年11月

株式会社宮地鐵工所入社(現
宮地エンジニアリング株式会社)

1999年6月

同社大阪支社長

2001年8月

同社橋梁営業本部副本部長
兼大阪支社長

2002年6月

同社取締役橋梁営業本部長
兼海外業務部長

2003年6月

同社取締役執行役員橋梁営業本部長兼海外業務部長

2004年6月

同社取締役執行役員
営業本部長兼海外業務部長

2005年6月

当社取締役

2007年6月

株式会社宮地鐵工所
常務取締役常務執行役員
営業本部長

2007年6月

宮地建設工業株式会社取締役(現 宮地エンジニアリング株式会社)

2009年6月

株式会社宮地鐵工所
専務取締役専務執行役員
社長補佐兼経営企画本部長

2010年6月

同社代表取締役社長

2011年3月

宮地エンジニアリング株式会社
代表取締役社長

2011年6月

当社代表取締役副社長

2013年4月

当社代表取締役社長(現任)

2019年6月

宮地エンジニアリング株式会社

代表取締役会長(現任)

 

(注)2

36

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数

(百株)

代表取締役

グループ企画管理本部長

永山 弘久

1962年7月29日

 

1985年4月

株式会社宮地鐵工所入社(現
宮地エンジニアリング株式会社)

2006年2月

同社生産本部設計部長

2009年11月

同社千葉工場技術部長

2010年10月

同社千葉工場生産管理部長

2011年3月

宮地エンジニアリング株式会社
橋梁事業本部千葉工場
生産管理部長

2012年6月

同社橋梁事業本部付副本部長

2013年6月

同社取締役橋梁事業本部副本部長

2015年4月

当社企画部長

2015年4月

宮地エンジニアリング株式会社
取締役経営企画本部副本部長兼経営企画本部新規事業開発室長

2015年6月

当社取締役企画部長

2017年6月

宮地エンジニアリング株式会社
常務取締役経営企画本部長
兼経営企画本部新規事業開発室長、コンプライアンス・リスク管理担当

2017年6月

当社取締役総務部長兼企画部長

2019年4月

当社取締役グループ企画管理本部長

2019年6月

エム・エム ブリッジ株式会社
取締役

2020年4月

宮地エンジニアリング株式会社
代表取締役社長経営企画本部長
兼経営企画本部新規事業開発室長、コンプライアンス・リスク管理担当(現任)

2020年4月

当社代表取締役グループ企画管理本部長(現任)

2021年6月

エム・エム ブリッジ株式会社
取締役(現任)

 

(注)2

16

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数

(百株)

取締役

西垣 登

1951年1月21日

 

1969年4月

宮地建設工業株式会社入社(現 宮地エンジニアリング株式会社)

2006年4月

同社建設本部建築部長

2007年6月

同社執行役員営業本部長

2011年3月

宮地エンジニアリング株式会社
執行役員建設事業本部
建設営業本部長

2013年4月

同社執行役員建設事業本部
副事業本部長兼建設営業本部長
兼営業第二部長

2013年6月

同社取締役建設事業本部
副事業本部長兼建設営業本部長
兼営業第二部長

2013年6月

当社取締役(現任)

2015年4月

宮地エンジニアリング株式会社
常務取締役営業本部長

2017年6月

同社専務取締役
営業本部長

2020年6月

同社取締役副社長
営業本部長(現任)

 

 

(注)2

35

取締役

平島 崇嗣

1961年11月4日

 

1985年4月

宮地建設工業株式会社入社(現 宮地エンジニアリング株式会社)

2009年1月

同社工事本部計画部長

2011年3月

宮地エンジニアリング株式会社
執行役員建設事業本部建設工事本部副本部長兼計画部長

2013年4月

同社執行役員建設事業本部工務・計画本部長兼計画部長

2015年4月

同社取締役工務・計画本部長
兼営業本部副本部長

2016年4月

同社取締役計画本部長兼営業本部副本部長

2017年6月

当社取締役(現任)

2019年4月

宮地エンジニアリング株式会社
取締役工事本部長

2021年4月

同社取締役常務執行役員工事本部長(現任)

 

(注)2

12

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数

(百株)

取締役

上原 正

1960年4月11日

 

1983年4月

株式会社宮地鐵工所入社(現 宮地エンジニアリング株式会社)

2008年4月

同社工事本部工事計画部長

2009年3月

同社営業本部技術提案室主幹(部長)

2010年10月

同社技術本部技術部長

2011年3月

宮地エンジニアリング株式会社
橋梁事業本部技術本部技術部長

2013年4月

同社橋梁事業本部千葉工場計画部長

2015年4月

同社執行役員千葉工場技術部長

2017年6月

同社取締役技術本部長兼技術部長兼計画本部副本部長

2019年4月

同社取締役技術本部長

2019年6月

エム・エム ブリッジ株式会社
取締役

2020年6月

当社取締役(現任)

2021年4月

宮地エンジニアリング株式会社
取締役常務執行役員営業本部副本部長(現任)

 

(注)2

5

取締役

池浦 正裕

1959年2月7日

 

1982年4月

三菱重工業株式会社入社

2008年4月

三菱重工鉄構エンジニアリング株式会社(現 エム・エム ブリッジ株式会社)橋梁事業本部営業統括部営業一部長

2008年6月

同社橋梁事業本部営業統括部長

2009年10月

同社経営企画本部部長

2012年5月

同社新事業開発室調査役

2014年4月

同社社長室調査役

2015年4月

エム・エム ブリッジ株式会社
執行役員社長室調査役

2017年6月

同社常務執行役員社長室長

2019年6月

同社取締役常務執行役員社長室長

2020年4月

同社取締役常務執行役員

2020年6月

同社代表取締役社長(現任)

2020年6月

当社取締役(現任)

 

(注)2

1

取締役

成瀬 進

1953年2月8日

 

1975年4月

運輸省入省(現 国土交通省)

1995年4月

同省第一港湾建設局
秋田港工事事務所長

1997年1月

同省港湾局海岸・防災課
海岸企画官

2000年6月

同省港湾局建設課国際業務室長

2004年4月

国土交通省北海道局港政課長

2005年8月

同省東北地方整備局副局長

2006年11月

財団法人国際臨海開発研究
センター常務理事

2009年12月

国際港湾協会(IAPH)
事務総長

2010年6月

当社社外監査役

2019年6月

当社社外取締役(現任)

 

(注)2

8

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数

(百株)

取締役

(監査等委員)

太田 英美

1947年12月19日

 

1970年4月

新日本製鐵株式會社入社(現 日本製鉄株式会社)

1993年7月

同社鉄構海洋事業部海洋鋼構造エンジニアリング部長

1999年7月

同社鉄構海洋事業部長

2001年6月

同社取締役鉄構海洋事業部長

2005年4月

同社常務取締役エンジニアリング事業本部副本部長

2006年7月

新日鉄エンジニアリング株式会社代表取締役副社長(現 日鉄エンジニアリング株式会社)

2010年7月

同社常任監査役

2015年4月

日之出水道機器株式会社取締役(現任)

2018年6月

当社社外取締役

2021年6月

当社社外取締役(監査等委員)(現任)

 

(注)3

取締役

(監査等委員)

辻川 正人

1958年1月31日

 

1985年11月

司法試験合格

1988年4月

大阪弁護士会登録

1988年4月

関西法律特許事務所入所

1994年1月

同事務所パートナー

2004年12月

弁護士法人関西法律特許事務所社員弁護士(現任)

2007年6月

株式会社立花エレテック社外取締役(現任)

2019年6月

当社社外監査役

2021年6月

当社社外取締役(監査等委員)(現任)

 

(注)3

取締役

(監査等委員)

樋口 眞人

1957年6月5日

 

1982年4月

警察庁入庁

2007年1月

同捜査第二課長

2009年10月

同情報通信企画課長

2011年9月

東京都青少年・治安対策本部長

2013年6月

福岡県警察本部長

2015年1月

大阪府警察本部長

2016年10月

第一東京弁護士会登録
樋口コンプライアンス法律事務所
弁護士(現任)

2019年6月

株式会社ヒガシトゥエンティワン社外取締役(現任)

2020年6月

当社社外監査役

2021年6月

当社社外取締役(監査等委員)(現任)

 

(注)3

116

(注)1.成瀬進、太田英美、辻川正人および樋口眞人は、社外取締役であります。

2.2021年6月25日開催の定時株主総会の終結の時から1年間

3.2021年6月25日開催の定時株主総会の終結の時から2年間

② 社外役員の状況

当社の社外取締役は4名(監査等委員は3名)であります。

社外取締役成瀬進は当社株式847株を所有しておりますが、それ以外当社との間に人的関係、資本的関係または取引その他の利害関係はありません。社外取締役太田英美、社外取締役川正人および社外取締役樋口眞人は当社株式を所有しておらず、当社との間に人的関係、資本的関係または取引その他の利害関係はありません。

社外取締役は、これまで培われた国内外での豊富な知識、経験、当社グループの主力事業に関する高度な知見などを当社および当社グループのコーポレート・ガバナンス体制の強化・向上と一層の経営体制強化が期待され、また社外での専門知識、経験などを当社および当社グループ内の違法行為・反倫理的行動に対するチェック機能を強化・向上していただくとともに、加えて監査等委員である取締役は、監査業務の独立性・透明性を高めることが期待されるため選任しております。

当社では社外役員の選任にあたっては、会社法および株式会社東京証券取引所が定める基準を踏まえ、当社の一般株主と利益相反の生じるおそれがなく、社外役員として期待される職務を適切かつ十分に遂行いただける方を選任することを、社外役員選任の方針としています。

 

③ 社外取締役による監督又は監査と内部監査、監査等委員会による監査及び会計監査との相互連携並びに内部統制部門との関係

社外取締役は、主に取締役会等への出席を通じて、内部監査・会計監査及び内部統制についての報告を受け、適宜必要な意見を述べることが可能な体制を構築し、経営の監督機能を強化しております。

監査等委員である社外取締役は、監査等委員会の他、取締役会やコンプライアンス・リスク管理委員会等の社内重要会議に出席し、それぞれの知識や経験を活かして、他の取締役の業務執行及び法令遵守状況など経営全般にわたる監査を実施しています。また内部監査部門による監査結果の報告を求めることにより内部監査部門との連携を図っています。

 

(3)【監査の状況】

① 監査等委員会監査の状況

a.組織・人員

当社は、2021年6月25日開催の第18回定時株主総会において定款の変更が決議されたことにより、同日付をもって監査役会設置会社から監査等委員会設置会社へ移行しています。

監査等委員会は監査等委員である取締役3名で構成し、3名全員が社外取締役であります。

監査等委員会は、監査室および会計監査人との緊密な連携を保ち、情報交換、意見交換を行い、監査の充実に努めております。

 

b.監査役会の活動状況

当事業年度において当社は監査役会を9回開催しており、個々の監査役の出席状況は次のとおりであります。

役職

氏名

開催回数

出席回数

常勤監査役

髙島 秀則

2回

2回

常勤監査役

長谷川 寛

9回

9回

社外監査役

中里 哲三

2回

2回

社外監査役

辻川 正人

9回

9回

社外監査役

樋口 眞人

7回

7回

(注) 髙島秀則および中里哲三は、2020年6月25日開催の第17回定時株主総会終結の時をもって退任するまでの監査役会への出席回数を記載しております。また、樋口眞人は、2020年6月25日開催の第17回定時株主総会にて選任された後の監査役会への出席回数を記載しております。

監査役会は、監査方針・監査計画・職務分担、会計監査人報酬に対する同意の可否、会計監査人の評価および再任・不再任、監査報告書案等の審議を行いました。また、子会社を含めたガバナンスの状況、内部統制システムの運用状況、働き方改革への取組状況、事業計画進捗状況などを監査しました。

 

c.監査役の主な活動

監査役は、取締役会に出席し、議事運営・決議内容を監査し、取締役会の意思決定の適正性を確保するための質問・助言を行っております。また、監査役全員による代表取締役およびグループ企画管理本部担当取締役との会談を半期ごとに開催し、監査所見に基づく提言・意見交換を行っております。さらに年2回開催されるコンプライアンス・リスク管理委員会に出席し、必要に応じて意見表明を行っております。

 

d.常勤監査役及び社外監査役の活動状況

常勤監査役長谷川寛は、当社取締役会のほか兼務している子会社の経営会議・取締役会、コンプライアンス・リスク管理委員会等重要な会議に出席し、必要に応じ質問・意見の表明を行うほか、会計監査人から会計監査(四半期レビューを含む)および内部統制監査の実施状況の報告を受け、会計監査人による、子会社宮地エンジニアリング株式会社の千葉工場および架設工事現場等の往査に立ち会い、会計監査の相当性のチェックを行っております。また重要な決裁書類の閲覧、各取締役から担当業務の状況・課題のヒアリングおよび意見交換等を行い、これらの内容を監査役会において社外監査役に報告し、適時に共有いたしました。

社外監査役は、取締役会、コンプライアンス・リスク管理委員会に出席して必要に応じて意見表明を行うほか、疑問点がある場合は取締役からヒアリングを行っております。

 

② 内部監査の状況

当社は、業務執行から独立した立場で内部監査を実施する監査室(専任1名、兼務4名)を設置しております。当社の監査室は、監査等委員および主要事業子会社の監査役ならびに会計監査人と緊密な連携をとり、グループ全体の業務遂行、内部統制、コンプライアンス・リスク管理状況の監査を定期的に実施し、結果を取締役会および監査等委員などに適宜報告しております。

 

③ 会計監査の状況

a.監査法人の名称

東陽監査法人

 

b.継続監査期間

14年間

 

c.業務を執行した公認会計士

辻村 茂樹

南泉 充秀

 

d.監査業務に係る補助者の構成

当社の会計監査業務に係る補助者は、公認会計士4名、その他5名であります。

 

e.監査法人の選定方針と理由

会計監査人に求められる専門性、独立性および適切性ならびに品質管理体制を具備しており、また当社グループが展開する事業分野への理解度等を勘案した結果、当社グループの会計監査人として適任と判断し、選定しております。

 

.監査役及び監査役会による監査法人の評価

当社の監査役及び監査役会は、会計監査人が独立の立場を保持し、かつ、適正な監査を実施しているかを監視および検証するとともに、会計監査人からその職務の執行状況について報告を受け、必要に応じて説明を求めました。また、会計監査人から「職務の遂行が適正に行われることを確保するための体制」(会社計算規則第131条各号に掲げる事項)を「監査に関する品質管理基準」(2005年10月28日企業会計審議会)等に従って整備している旨の通知を受け、必要に応じて説明を求めました。また、監査役会は、「会計監査人の評価及び選定基準」を策定し、この基準に基づいて会計年度ごとに評価を実施し、会計監査人の選定について判断しております。

 

④ 監査報酬の内容等

a.監査公認会計士等に対する報酬の内容

区分

前連結会計年度

当連結会計年度

監査証明業務に基づく報酬(千円)

非監査業務に基づく報酬(千円)

監査証明業務に基づく報酬(千円)

非監査業務に基づく報酬(千円)

提出会社

8,000

8,000

連結子会社

34,500

37,000

42,500

45,000

 

b.監査公認会計士等と同一のネットワークに対する報酬(a.を除く)

該当事項はありません。

 

c.その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

該当事項はありません。

 

d.監査報酬の決定方針

監査公認会計士等に対する監査報酬の決定方針は策定しておりませんが、会計監査人からの見積書をもとに、監査計画(監査内容、監査人数等)の内容を検討し、監査役会の同意を得て監査報酬を決定しております。

 

e.監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由

監査役会は、会計監査人の監査計画の内容、会計監査の職務遂行状況および報酬見積りの算出根拠等が適切であるかどうかについて必要な検証を行ったうえで、会計監査人の報酬等の額について同意の判断をしております。

 

(4)【役員の報酬等】

 ① 役員の報酬等の額またはその算定方法の決定に関する方針の内容および決定方法

当社の役員の報酬等の額またはその算定方法の決定に関する方針は、同一階層の会社の一般例、従業員の給与水準との均衡、経営の一般状況等を総合的に考慮の上決定しております。

当社は、コーポレート・ガバナンスの一層の充実という観点から、2021年6月25日付の第18回定時株主総会で監査等委員会設置会社への移行付議し、決議されました。また、同株主総会で役員報酬の総額について、取締役(監査等委員である取締役を除く。)年間報酬総額の上限を年額120百万円(ただし、使用人兼務取締役の使用人分給与は含まない。また、年額のうち社外取締役分は12百万円とする。定款で定める取締役の員数は10名以内とする。本有価証券報告書提出日現在は7名。そのうち1名は無報酬。)、監査等委員である取締役年間報酬総額の上限を年額48百万円(定款で定める監査等委員である取締役の員数は4名以内とする。本有価証券報告書提出日現在は3名。)と決議されました。併せて、同日の取締役会で取締役の指名、報酬等に係る取締役会の機能の独立性・客観性と説明責任を強化することを目的として、任意の指名・報酬委員会を設置いたしました。

当社の取締役の報酬等の額またはその算定方法の決定に関する方針は、毎年定時株主総会後の取締役会において、株主総会で決議された報酬総額の範囲内において、同一階層の会社の一般例、従業員の給与水準との均衡、経営の一般状況等を総合的に考慮して取締役会に諮っております。その決定権限を有する者は、取締役会により委任された代表取締役社長青田重利であり、会社の業績や経営内容、経済情勢、また各取締役の担当職務、業績、貢献度等を勘案して決定する権限を有しております。今後、取締役(監査等委員である取締役を除く。)の報酬等の額は、会社の業績や経営内容、経済情勢等を考慮し、指名・報酬委員会の答申を受け、取締役会で決定し、監査等委員である取締役の報酬等は、株主総会で決議された報酬総額の範囲内において、監査等委員である取締役の協議によって決定する予定であります。

なお、当社の役員が当事業年度に受けている報酬等は、固定報酬のみであります。

 ② 役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

役員区分

報酬等の総額

(千円)

報酬等の種類別の総額(千円)

対象となる

役員の員数

(人)

固定報酬

業績連動報酬

退職慰労金

左記のうち、非金銭報酬等

取締役

(社外取締役を除く。)

12,912

12,912

6

監査役

(社外監査役を除く。)

5,472

5,472

2

社外役員

18,600

18,600

5

(注)1.上記には、2020年6月25日開催の第17回定時株主総会終結の時をもって退任した取締役1名と監査役2名を含んでおります。

2.取締役の対象となる役員の員数は、無報酬の取締役2名を除いております。

 ③ 報酬等の総額が1億円以上である者の報酬等の総額等

該当事項はありません。

 ④ 使用人兼務役員の使用人分給与のうち重要なもの

該当事項はありません。

(5)【株式の保有状況】

① 投資株式の区分の基準及び考え方

当社グループは、保有目的が純投資目的である投資株式と純投資目的以外の目的である投資株式の区分について、専ら株式の時価の変動または株式に係る配当によって利益を受けることを目的として保有している株式を純投資目的である投資株式、それ以外の株式を純投資目的以外の目的である投資株式に区分しております。

なお、当社グループでは、保有目的が純投資目的である投資株式は保有しない方針であり、政策保有目的の株式のみ保有しております。

 

② 宮地エンジニアリング㈱における株式の保有状況

当社および連結子会社のうち、投資株式の貸借対照表計上額(投資株式計上額)が最も大きい会社(最大保有会社)である宮地エンジニアリング㈱については以下のとおりです。

保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

a.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の内容

当社グループは、当社と保有先との長期的・安定的な関係の構築など取引関係の維持等を目的として、上場株式を政策保有しております。保有株式につきましては、年度毎、株式保有先毎に業績・株価・配当・成長性など多角的に検証し、取締役会にて検証結果を審議・承認しております。その結果、保有意義が不十分、あるいは資本コストに見合っていないと判断した保有株式については、保有先企業との対話などを踏まえたうえで縮減することとしております。

また、政策保有株式に係る議決権の行使については、当社グループと個々の投資先企業の持続的成長に資するか否かの視点に立って、議案毎の賛否を判断することとしております

 

b.銘柄数及び貸借対照表計上額の合計額

 

銘柄数

(銘柄)

貸借対照表計上額の

合計額(千円)

非上場株式

23

167,137

非上場株式以外の株式

19

4,509,794

 

(当事業年度において株式数が増加した銘柄)

 

銘柄数

(銘柄)

株式数の増加に係る取得

価額の合計額(千円)

株式数の増加の理由

非上場株式

非上場株式以外の株式

 

(当事業年度において株式数が減少した銘柄)

 

銘柄数

(銘柄)

株式数の減少に係る売却

価額の合計額(千円)

非上場株式

非上場株式以外の株式

2

143,172

 

c.特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報

特定投資株式

銘柄

当事業年度

前事業年度

保有目的、定量的な保有効果

及び株式数が増加した理由

当社の株式の

保有の有無

株式数(株)

株式数(株)

貸借対照表計上額

(千円)

貸借対照表計上額

(千円)

ショーボンドホールディングス㈱

345,400

345,400

同社グループは構造物の総合メンテナンスを行っており、事業上の関係を勘案し、良好な関係の維持、強化を図るため、継続して保有しております。

無(注)3

1,647,558

1,492,128

㈱三菱UFJフィナンシャル・グループ

1,155,560

1,155,560

同社子会社の㈱三菱UFJ銀行から資金の借入を行っており、良好な関係の維持、強化を図るため、継続して保有しております。

無(注)4

683,744

465,690

住友不動産㈱

102,000

102,000

同社グループはビルや不動産開発、建築土木工事を行っており、事業上の関係を勘案し、良好な関係の維持、強化を図るため、継続して保有しております。

398,412

268,770

㈱大林組

264,870

264,870

当社グループの顧客であり、事業上の関係を勘案し、良好な関係の維持、強化を図るため、継続して保有しております。

268,843

245,269

東海旅客鉄道㈱

14,200

14,200

当社グループの顧客であり、事業上の関係を勘案し、良好な関係の維持、強化を図るため、継続して保有しております。

235,010

245,944

戸田建設㈱

275,968

275,968

当社グループの顧客であり、事業上の関係を勘案し、良好な関係の維持、強化を図るため、継続して保有しております。

223,810

173,583

㈱八十二銀行

525,577

525,577

資金の借入を行っており、良好な関係の維持、強化を図るため、継続して保有しております。

211,807

205,500

日本製鉄㈱

102,000

102,000

橋梁の主要材料である鉄鋼製品の供給を受けており、事業上の関係を勘案し、良好な関係の維持、強化を図るため、継続して保有しております。

192,423

94,390

㈱千葉銀行

237,699

237,699

資金の借入を行っており、良好な関係の維持、強化を図るため、継続して保有しております。

172,331

112,431

東京海上ホールディングス㈱

25,000

25,000

同社グループは保険・金融事業を行っており、事業上の関係を勘案し、良好な関係の維持、強化を図るため、継続して保有しております。

無(注)5

131,625

123,750

㈱三井住友フィナンシャルグループ

23,179

23,179

同社子会社の㈱三井住友銀行から資金の借入を行っており、良好な関係の維持、強化を図るため、継続して保有しております。

無(注)6

92,878

60,798

ジェイエフイーホールディングス㈱

61,150

61,150

同社グループから橋梁の主要材料である鉄鋼製品の供給を受けており、事業上の関係を勘案し、良好な関係の維持、強化を図るため、継続して保有しております。

無(注)7

83,347

42,988

 

 

銘柄

当事業年度

前事業年度

保有目的、定量的な保有効果

及び株式数が増加した理由

当社の株式の

保有の有無

株式数(株)

株式数(株)

貸借対照表計上額

(千円)

貸借対照表計上額

(千円)

㈱駒井ハルテック

36,788

36,788

橋梁事業において協力関係にあり、事業上の関係を勘案し、良好な関係の維持、強化を図るため、継続して保有しております。

80,896

54,961

日鉄物産㈱

6,400

6,400

橋梁の主要材料である鉄鋼製品の供給を受けており、事業上の関係を勘案し、良好な関係の維持、強化を図るため、継続して保有しております。

25,952

23,360

㈱IHI

9,157

9,157

同社グループと橋梁事業において協力関係にあり、事業上の関係を勘案し、良好な関係の維持、強化を図るため、継続して保有しております。

20,557

11,556

三菱重工業㈱

5,100

5,100

当社グループのエム・エム ブリッジ㈱に共同で出資をしており、良好な関係の維持、強化を図るため、継続して保有しております。

17,589

13,935

㈱みずほフィナンシャルグループ

8,116

81,160

同社子会社の㈱みずほ銀行と預金取引や内国為替取引を行っており、良好な関係の維持、強化を図るため、継続して保有しております。

株式数が減少した理由は株式併合によるものであります。

12,977

10,031

岡谷鋼機㈱

1,000

1,000

橋梁の主要材料である鉄鋼製品の供給を受けており、事業上の関係を勘案し、良好な関係の維持、強化を図るため、継続して保有しております。

9,110

8,050

双日㈱

2,947

2,947

事業上の関係を勘案し、良好な関係の維持、強化を図るため、継続して保有しております。

919

748

㈱川金ホールディングス

369,000

同社グループから橋梁用免制振装置や支承の供給を受けており、事業上の関係を勘案し、良好な関係の維持、強化を図るため保有しておりました。

無(注)8

92,988

(注)1.当社グループは、特定投資株式における定量的な保有効果の記載が困難であり、保有の合理性を検証した方法については次のとおりであります。

当社グループは、年度毎、株式保有先毎に業績・株価・配当・成長性など多角的に検証しております。2021年3月31日を基準日とした検証の結果、現状保有する政策保有株式はいずれも充分な保有意義を有していることを確認しております。

2.「-」は、当該銘柄を保有していないことを示しております。

3.ショーボンドホールディングス㈱は当社株式を保有しておりませんが、同社子会社であるショーボンド建設㈱は当社株式を保有しております。

4.㈱三菱UFJフィナンシャル・グループは当社株式を保有しておりませんが、同社子会社である㈱三菱UFJ銀行および三菱UFJ信託銀行㈱は当社株式を保有しております。

5.東京海上ホールディングス㈱は当社株式を保有しておりませんが、同社子会社である東京海上日動火災保険㈱は当社株式を保有しております。

6.㈱三井住友フィナンシャルグループは当社株式を保有しておりませんが、同社子会社である㈱三井住友銀行は当社株式を保有しております。

7.ジェイエフイーホールディングス㈱は当社株式を保有しておりませんが、同社子会社であるJFEスチール㈱およびJFE鋼材㈱は当社株式を保有しております。

8.㈱川金ホールディングスは当社株式を保有しておりませんが、同社子会社である㈱川金コアテックは当社株式を保有しております。

 

③ 提出会社における株式の保有状況

株式の保有が子会社株式のみであるため、記載事項はありません。

第5【経理の状況】

1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について

(1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号。以下「連結財務諸表規則」という。)に準拠して作成し、「建設業法施行規則」(昭和24年建設省令第14号)に準じて記載しております。

 

(2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。

また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しております。

 

2.監査証明について

当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2020年4月1日から2021年3月31日まで)の連結財務諸表及び事業年度(2020年4月1日から2021年3月31日まで)の財務諸表について、東陽監査法人による監査を受けております。

 

3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内容を適切に把握し、適切な会計処理をできる体制を整備するため、公益財団法人財務会計基準機構へ加入し、情報の収集に努めております。

また、同機構等が行う各種研修会等に参加しております。

 

1【連結財務諸表等】

(1)【連結財務諸表】

①【連結貸借対照表】

 

 

(単位:千円)

 

前連結会計年度

(2020年3月31日)

当連結会計年度

(2021年3月31日)

資産の部

 

 

流動資産

 

 

現金預金

11,751,586

8,516,686

受取手形・完成工事未収入金等

28,314,518

30,843,945

未成工事支出金

※4 661,750

※4 752,875

材料貯蔵品

80,632

38,358

その他

957,276

1,067,866

流動資産合計

41,765,764

41,219,731

固定資産

 

 

有形固定資産

 

 

建物・構築物

※2,※6 7,181,930

※2,※6 7,755,479

減価償却累計額及び減損損失累計額

5,472,987

5,554,153

建物・構築物(純額)

※2,※6 1,708,942

※2,※6 2,201,326

機械・運搬具

10,843,956

12,059,720

減価償却累計額及び減損損失累計額

9,132,985

9,470,177

機械・運搬具(純額)

1,710,970

2,589,542

工具器具・備品

1,198,767

1,213,483

減価償却累計額及び減損損失累計額

956,881

967,636

工具器具・備品(純額)

241,885

245,846

土地

※1,※2 7,725,638

※1,※2,※6 7,598,943

リース資産

656,237

672,577

減価償却累計額

356,358

420,459

リース資産(純額)

299,878

252,117

建設仮勘定

510,675

26,890

有形固定資産合計

12,197,991

12,914,667

無形固定資産

238,533

305,924

投資その他の資産

 

 

投資有価証券

※2 4,216,514

※2 4,979,431

関係会社株式

52,000

52,000

繰延税金資産

791,918

843,965

その他

457,149

452,228

貸倒引当金

29,690

29,690

投資その他の資産合計

5,487,892

6,297,936

固定資産合計

17,924,416

19,518,528

資産合計

59,690,181

60,738,259

 

 

 

 

(単位:千円)

 

前連結会計年度

(2020年3月31日)

当連結会計年度

(2021年3月31日)

負債の部

 

 

流動負債

 

 

支払手形・工事未払金等

13,264,426

8,526,988

短期借入金

※2,※5 3,500,000

※2,※5 2,500,000

未払金

552,740

1,233,784

未払法人税等

807,339

1,022,607

未成工事受入金

1,646,540

3,322,654

完成工事補償引当金

595,550

584,926

工事損失引当金

※4 1,480,500

※4 1,859,700

賞与引当金

662,064

748,778

災害損失引当金

125,869

圧縮未決算特別勘定

915,858

その他

529,525

857,095

流動負債合計

24,080,414

20,656,534

固定負債

 

 

長期借入金

※2 300,000

※2 300,000

リース債務

254,269

205,012

再評価に係る繰延税金負債

※1 1,639,718

※1 1,639,718

役員退職慰労引当金

155,873

141,300

退職給付に係る負債

2,869,528

2,781,210

資産除去債務

19,500

その他

37,164

8,041

固定負債合計

5,276,055

5,075,284

負債合計

29,356,470

25,731,818

純資産の部

 

 

株主資本

 

 

資本金

3,000,000

3,000,000

資本剰余金

3,746,206

3,746,206

利益剰余金

15,456,512

18,720,714

自己株式

230,500

230,586

株主資本合計

21,972,218

25,236,334

その他の包括利益累計額

 

 

その他有価証券評価差額金

1,183,241

1,831,106

土地再評価差額金

※1 3,240,566

※1 3,240,566

退職給付に係る調整累計額

234,489

160,806

その他の包括利益累計額合計

4,189,318

4,910,866

非支配株主持分

4,172,173

4,859,240

純資産合計

30,333,710

35,006,440

負債純資産合計

59,690,181

60,738,259

 

②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
【連結損益計算書】

 

 

(単位:千円)

 

前連結会計年度

(自 2019年4月1日

 至 2020年3月31日)

当連結会計年度

(自 2020年4月1日

 至 2021年3月31日)

完成工事高

63,841,859

55,268,380

完成工事原価

※2,※6 55,208,689

※2,※6 46,436,048

完成工事総利益

8,633,170

8,832,332

販売費及び一般管理費

※1,※2 3,392,139

※1,※2 3,331,082

営業利益

5,241,030

5,501,249

営業外収益

 

 

受取利息

2,077

1,585

受取配当金

133,235

133,227

受取賃貸料

30,258

25,322

スクラップ売却益

3,650

6,200

その他

21,011

18,484

営業外収益合計

190,233

184,819

営業外費用

 

 

支払利息

37,716

31,984

シンジケートローン手数料

90,000

前受金保証料

19,421

13,601

その他

5,141

2,763

営業外費用合計

62,278

138,350

経常利益

5,368,985

5,547,719

特別利益

 

 

固定資産売却益

※3 2,420

※3 532

投資有価証券売却益

50,684

関係会社株式売却益

1,998

ゴルフ会員権償還益

17,200

圧縮未決算特別勘定戻入額

915,858

補助金収入

177,147

受取保険金

1,317,540

313,369

その他

10,568

特別利益合計

1,339,158

1,468,160

特別損失

 

 

固定資産除却損

※4 148,236

※4 60,505

災害による損失

77,067

災害損失引当金繰入額

125,869

固定資産圧縮損

84,141

982,187