EDINET閲覧(提出)サイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)をもとに上場企業サーチ作成

本ページはEDINETに提出された開示情報を上場企業サーチが加工/編集したものであり、記載された情報の正確性および完全性について上場企業サーチは一切の保証を行いません。本ページの情報を利用する際は自己の責任で判断頂き、意思決定に際しては適宜EDINETや提出会社が公開するオリジナルを参照する様にしてください。本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

【表紙】

 

【提出書類】

有価証券報告書

【根拠条文】

金融商品取引法第24条第1項

【提出先】

東海財務局長

【提出日】

2021年6月29日

【事業年度】

第72期(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)

【会社名】

旭精機工業株式会社

【英訳名】

ASAHI-SEIKI MANUFACTURING CO.,LTD.

【代表者の役職氏名】

取締役社長  神谷 真二

【本店の所在の場所】

愛知県尾張旭市旭前町新田洞5050番地の1

【電話番号】

0561(52)5356

【事務連絡者氏名】

管理統括部副長  青木 潤

【最寄りの連絡場所】

愛知県尾張旭市旭前町新田洞5050番地の1

【電話番号】

0561(52)5356

【事務連絡者氏名】

管理統括部副長  青木 潤

【縦覧に供する場所】

旭精機工業株式会社東京支店

(東京都文京区湯島一丁目6番3号)

株式会社名古屋証券取引所

(名古屋市中区栄三丁目8番20号)

 

E01550 61110 旭精機工業株式会社 ASAHI-SEIKI MANUFACTURING CO.,LTD. 企業内容等の開示に関する内閣府令 第三号様式 Japan GAAP false CTE 2020-04-01 2021-03-31 FY 2021-03-31 2019-04-01 2020-03-31 2020-03-31 1 false false false E01550-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row1Member E01550-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row2Member E01550-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row3Member E01550-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row4Member E01550-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesLessThanOneUnitMember E01550-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row1Member E01550-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row2Member E01550-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row3Member E01550-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row4Member E01550-000 2021-06-29 jpcrp_cor:Row1Member E01550-000 2021-06-29 jpcrp_cor:Row2Member E01550-000 2021-06-29 jpcrp_cor:Row3Member E01550-000 2021-06-29 jpcrp_cor:Row4Member E01550-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row13Member E01550-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row5Member E01550-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:CorporateAuditorsExcludingOutsideCorporateAuditorsMember E01550-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:OutsideDirectorsAndOtherOfficersMember E01550-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E01550-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E01550-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E01550-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01550-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E01550-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01550-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E01550-000 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01550-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E01550-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E01550-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01550-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E01550-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:GeneralReserveMember E01550-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E01550-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01550-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E01550-000 2019-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01550-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E01550-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E01550-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01550-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E01550-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:GeneralReserveMember E01550-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E01550-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01550-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E01550-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No4MajorShareholdersMember E01550-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01550-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:DirectorsExcludingOutsideDirectorsMember E01550-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No5MajorShareholdersMember E01550-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No6MajorShareholdersMember E01550-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No7MajorShareholdersMember E01550-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No8MajorShareholdersMember E01550-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No9MajorShareholdersMember E01550-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No10MajorShareholdersMember E01550-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E01550-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E01550-000:PrecisionProcessingOperationDivisionReportableSegmentsMember E01550-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E01550-000:MachineOperationDivisionReportableSegmentsMember E01550-000 2021-03-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01550-000 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E01550-000:MachineOperationDivisionReportableSegmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01550-000 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E01550-000:PrecisionProcessingOperationDivisionReportableSegmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01550-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01550-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01550-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E01550-000:MachineOperationDivisionReportableSegmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01550-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E01550-000:PrecisionProcessingOperationDivisionReportableSegmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01550-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01550-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01550-000 2021-06-29 jpcrp_cor:Row6Member E01550-000 2021-06-29 jpcrp_cor:Row5Member E01550-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01550-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01550-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01550-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01550-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01550-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01550-000 2016-04-01 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01550-000 2021-03-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01550-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E01550-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E01550-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E01550-000:PrecisionProcessingOperationDivisionReportableSegmentsMember E01550-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E01550-000:MachineOperationDivisionReportableSegmentsMember E01550-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E01550-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No1MajorShareholdersMember E01550-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No2MajorShareholdersMember E01550-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No3MajorShareholdersMember E01550-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01550-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E01550-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E01550-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E01550-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01550-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E01550-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E01550-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01550-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E01550-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:GeneralReserveMember E01550-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E01550-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01550-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E01550-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E01550-000 2017-04-01 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01550-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:GeneralReserveMember E01550-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E01550-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E01550-000 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01550-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E01550-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E01550-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E01550-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E01550-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E01550-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E01550-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:GeneralReserveMember E01550-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E01550-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E01550-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E01550-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E01550-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row6Member E01550-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row7Member E01550-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row8Member E01550-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row9Member E01550-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row10Member E01550-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row11Member E01550-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row12Member E01550-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row13Member E01550-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row5Member E01550-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row6Member E01550-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row7Member E01550-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row8Member E01550-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row9Member E01550-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row10Member E01550-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row11Member E01550-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row12Member E01550-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp_cor:CorporateSharedMember E01550-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E01550-000:PrecisionProcessingOperationDivisionReportableSegmentsMember E01550-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E01550-000:MachineOperationDivisionReportableSegmentsMember E01550-000 2021-06-29 E01550-000 2021-03-31 E01550-000 2020-04-01 2021-03-31 E01550-000 2019-04-01 2020-03-31 E01550-000 2021-06-29 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E01550-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E01550-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithNoVotingRightsMember E01550-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsTreasurySharesEtcMember E01550-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsOtherMember E01550-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E01550-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E01550-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithFullVotingRightsOtherMember E01550-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsOtherMember E01550-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesLessThanOneUnitMember E01550-000 2021-06-29 jpcrp030000-asr_E01550-000:KonAtsuhiroMember E01550-000 2021-06-29 jpcrp030000-asr_E01550-000:YamaguchiHiroshiMember E01550-000 2021-06-29 jpcrp030000-asr_E01550-000:KamiyaShinjiMember E01550-000 2021-06-29 jpcrp030000-asr_E01550-000:AndoMitsuruMember E01550-000 2021-06-29 jpcrp030000-asr_E01550-000:KunoHiroyoshiMember E01550-000 2021-06-29 jpcrp030000-asr_E01550-000:ShiraishiNorioMember E01550-000 2021-06-29 jpcrp030000-asr_E01550-000:MatsubaraYukihiroMember E01550-000 2021-06-29 jpcrp030000-asr_E01550-000:IshimuraJunMember E01550-000 2021-06-29 jpcrp030000-asr_E01550-000:MizotaYoshiakiMember E01550-000 2021-06-29 jpcrp030000-asr_E01550-000:OgataAkihikoMember E01550-000 2021-06-29 jpcrp030000-asr_E01550-000:NishinoMitsuruMember E01550-000 2021-06-29 jpcrp030000-asr_E01550-000:BabaToshiakiMember E01550-000 2021-06-29 jpcrp030000-asr_E01550-000:KazusaHideoMember E01550-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E01550-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E01550-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E01550-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E01550-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember iso4217:JPY xbrli:shares xbrli:shares xbrli:pure iso4217:JPY

第一部【企業情報】

第1【企業の概況】

1【主要な経営指標等の推移】

 

回次

第68期

第69期

第70期

第71期

第72期

決算年月

2017年3月

2018年3月

2019年3月

2020年3月

2021年3月

売上高

千円

13,208,252

13,768,641

14,400,412

13,941,653

11,756,345

経常利益又は経常損失

(△)

千円

474,913

575,967

618,872

359,258

130,130

当期純利益

千円

292,567

372,013

764,258

404,480

408,967

持分法を適用した場合の投資利益

千円

-

-

-

-

-

資本金

千円

4,175,416

4,175,416

4,175,416

4,175,416

4,175,416

発行済株式総数

千株

30,887

3,088

3,088

3,088

3,088

純資産額

千円

13,607,074

14,280,523

12,924,405

12,550,395

12,899,018

総資産額

千円

19,867,074

20,581,996

19,031,541

18,502,235

20,599,360

1株当たり純資産額

4,784.63

5,022.56

5,358.83

5,207.56

5,353.44

1株当たり配当額

6.0

70.0

70.0

70.0

70.0

(うち1株当たり中間配当額)

(-)

(-)

(-)

(-)

(-)

1株当たり当期純利益金額

102.87

130.82

308.38

167.73

169.71

潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額

-

-

-

-

-

自己資本比率

68.49

69.38

67.91

67.83

62.62

自己資本利益率

2.19

2.67

5.62

3.18

3.21

株価収益率

22.35

18.81

7.94

12.52

11.77

配当性向

58.31

53.51

22.70

41.73

41.25

営業活動による

キャッシュ・フロー

千円

845,615

965,177

212,732

1,387,665

2,050,587

投資活動による

キャッシュ・フロー

千円

1,174,911

435,202

476,745

753,807

366,632

財務活動による

キャッシュ・フロー

千円

180,757

185,820

1,292,798

617,228

1,051,275

現金及び現金同等物の期末残高

千円

4,202,379

4,546,500

2,990,116

4,241,168

6,976,589

従業員数

497

506

512

531

518

株主総利回り

112.4

123.4

126.2

112.9

111.3

(比較指標:配当込みTOPIX)

(114.7)

(132.9)

(126.2)

(114.2)

(162.3)

最高株価

249

2,798

2,598

2,527

2,120

 

 

 

(319)

 

 

 

最低株価

186

2,400

2,081

1,705

1,681

 

 

 

(227)

 

 

 

 

 (注)1.当社は連結財務諸表を作成しておりませんので、連結会計年度に係る主要な経営指標等の推移については記載しておりません。

2.売上高には消費税等は含まれておりません。

3.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式がないため記載しておりません。

4.従業員数は、就業人員数を表示しております。

5.当社は、2017年10月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株式併合を行っております。第68期の期首に当該株式併合が行われたと仮定して1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益金額を算定しております。

6.最高株価及び最低株価は名古屋証券取引所(市場第二部)におけるものであります。なお、第69期の株価については株式併合後の最高・最低株価を記載し、( )内に株式併合前の最高・最低株価を記載しております。

7.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を第70期の期首から適用しており、第69期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。

 

2【沿革】

1953年8月

資本金8千万円で旭大隈工業株式会社として設立。各種銃弾類の製造開始。

1958年12月

自動連続プレス(マルチフォーミングマシン)の製造開始。

1961年1月

東洋精機株式会社から銃弾の製造販売に関する営業権を譲り受け、以後わが国唯一の小口径銃弾メーカーとなる。

1961年5月

社名を旭精機工業株式会社に変更。

1961年10月

名古屋証券取引所市場第二部へ上場。

1969年3月

ばね機械の製造開始。

1970年5月

コイニングプレスの製造開始。

1971年11月

自動機・専用機の製造開始。

1972年12月

タッピングユニットの製造開始。

1979年1月

航空機部品の製造開始。

1979年6月

ばね機械のCNC化に成功。

1983年6月

バーチカルフォーミングマシンの製造開始。

1996年9月

小口径銃弾を除く全製品についてISO9001認証を取得。

2000年10月

パソコン制御のばね機械の製造開始。

2002年7月

iTP-60(プレス機械)の製造開始。

2002年9月

ISO14001認証を取得(本社・本社工場)。

2003年7月

SCP-100(プレス機械)の製造開始。

2003年8月

Transub01(搬送装置)の製造開始。

2006年5月

Transub02(搬送装置)の製造開始。

2006年11月

CFX-12(ばね機械)製造開始。

2007年1月

USX-8(ばね機械)の製造開始。

2007年11月

USX-5(ばね機械)の製造開始。

2009年10月

iTP-30(プレス機械)の製造開始。

2009年11月

iCF-08&iCF-26(ばね機械)の製造開始。

2011年8月

LTP-45&F3(プレス機械)の製造開始。

2011年11月

T2(ばね機械)の製造開始。

2011年11月

AG-12E(ばね端面研削機)の製造開始。

2011年11月

ISO9001認証を取得(小口径銃弾部門)。

2011年12月

JISQ9100認証を取得(航空機部品部門)。

2013年7月

iTP-60W(プレス機械)の製造開始。

2014年11月

研王(ばね端面研削機)の製造開始。

2015年5月

AG-5E(ばね端面研削機)の製造開始。

2015年6月

当社製ばね機械用生産性向上システム開発。

2015年7月

T4(ばね機械)の製造開始。

2016年12月

神戸工場開設。

2019年5月

ドイツ駐在員事務所開設。

2019年7月

AG-12HD(ばね端面研削機)の製造開始。

2020年3月

IATF16949認証を取得(自動車関連部品の製造)。

2021年3月

神戸工場撤退。

 

3【事業の内容】

 当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社及び非連結子会社1社により構成されており、精密加工事業部(主な製品名 小口径銃弾、精密金属加工品)及び機械事業部(主な製品名 プレス機械、航空機部品、ばね機械、自動機・専用機)で事業を営んでおります。また、当社グループが営んでいる主な事業内容と、関係会社の当該事業に係る位置付けは、次のとおりであります。

(精密加工事業部及び機械事業部)

当社は、各種精密金属加工品及びプレス機械を製造販売しております。この製品の一部について、株式会社アステックス(非連結子会社)に金型の製造及び業務の委託をしております。

 以上述べた事項を図によって示すと次のとおりであります。

     0101010_001.png

4【関係会社の状況】

該当事項はありません。

 

5【従業員の状況】

(1)提出会社の状況

 

 

 

2021年3月31日現在

従業員数(人)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(千円)

518

44.1

18.9

5,434

 

セグメントの名称

従業員数(人)

精密加工事業部

287

機械事業部

164

報告セグメント計

451

全社(共通)

67

合計

518

 (注)1.従業員数は就業人員数(当社から社外への出向者を除く。)であります。

    2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。

    3.全社(共通)として記載されている従業員数は、管理部門に所属しているものであります。

(2)労働組合の状況

 当社の労働組合は、旭精機工業労働組合と称し、2021年3月31日現在の組合員数は379名で「JAM」に加盟しており、労使関係は相互信頼を基調として安定しております。

第2【事業の状況】

1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

文中の将来に関する事項は、当事業年度末現在において当社が判断したものであります。

 

(1)経営方針

 当社は、「確かな物づくりを通して、社会に貢献し、企業のたゆみない発展をめざす。」という経営理念のもと、次の経営方針を掲げております。

顧客によい製品をより安くより早く提供できるよう努力する。

地域社会と共存し、自然環境を大切にする。

正しい倫理観を持ち、誠実と公正に徹する。

明るい活気のある会社づくりに努める。

 この方針に基づき、価格・品質・納期・安全のすべてにおいて最高水準を確保した製品を生産・供給し社会の繁栄、発展に寄与することが、事業の使命であると考えております。

 この使命を果たすため、メーカーとして市場の声に基づいた技術開発が不可欠であるとの認識のもと、研究開発体制の強化に努め、顧客の最新のニーズを常に収集し、新技術・新製品の開発に積極的に取り組んでおります。

 

(2)経営戦略等

 〔精密加工事業部〕

  ①精密金属加工品

   価値作業比率・稼働率・品質の向上、生産管理機能・マネジメント力・固有技術・潜在技術等の強化を目的とした「Do Now!改革活動」を進めております。この活動により従来の各部署が担う役割のテリトリーを超えて、新規製品の受注獲得へ注力するとともに、適正在庫を目指す在庫管理体制の強化に取り組んでおります。

   また、企業成長に欠かせない社員教育におきましても、特にミドルマネジメント層の強化を図るため、自律的な改善推進等に取り組んでおります。

   市場開拓におきましては、自動車市場におけるEVを始めとした脱内燃機関用の自動車部品市場に向け、プレス成形における難加工材の取り扱いを進めながら新製品の獲得に取り組むとともに、リモート面談等の活用による顧客との商談手法の多様化も行ってまいります。

  ②小口径銃弾

   顧客からの高度な要求水準に応えるために、常に基礎技術の蓄積に努めるとともに、更なる高性能及び高品質な銃弾製造に取り組んでおります。

   また、引き続き製造に携わる全従業員の教育を徹底してまいります。

 〔機械事業部〕

  ①プレス機械

   マーケティングチームによる市場・顧客動向について多角的な情報収集を行うことによりマーケティング活動の高度化に努め、市場・顧客ニーズに合わせたプレス機械の開発及び販売に取り組んでおります。また、海外駐在員事務所(ドイツ)を中心に、欧州市場への販売網強化に取り組んでおります。

  ②ばね機械

   IoT、AIを活用した高機能・高品質な製品開発に取り組んでおります。

   また、海外市場につきましては、海外駐在員事務所(ドイツ)を中心に欧州市場の開拓を行うとともに、製品の常設展示場の設置及び海外展示会の活用による北米市場の開拓に取り組んでおります。

  ③航空機部品

   製品受注状況及び今後の受注見込みに応じた生産計画を作成し、人員配置の最適化を行い機械事業部内での最適生産体制の構築に取り組んでおります。

  ④自動機・専用機

   顧客との信頼関係の維持・向上に努めながら、市場動向を見据えた付加価値の高い製品開発・販売に取り組んでまいります。

 

(3)経営環境

 今後のわが国経済は、政府の新型コロナウイルス感染症への各種政策により持ち直しの動きが期待されるものの、感染再拡大による影響が懸念される等、先行き不透明な状況が続くものと思われます。

 このような情勢のもと、当社は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に取り組むことは勿論のこと、新たな経営体制のもと、当社を取り巻く経営環境や顧客からの受注の変化等に有効に対応すべく、生産性の一層の向上を図りながら人員の適正配置等を機動的に実行してまいります。また市場動向及び顧客ニーズの効果的な分析等による的確な状況把握のもと、顧客満足度の高い製品の開発、画期的な新技術の追求に積極的に取り組み、業績の回復を図ってまいります。

 

(4)優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

 〔精密加工事業部〕

  ①精密金属加工品

   従来の市場に留まらず、今後の成長が見込まれる市場への新製品の販路開拓を目指しつつ、労働生産性の追求による効率的な生産体制の向上等に取り組んでまいります。

  ②小口径銃弾

   小口径銃弾生産に求められる高性能及び高品質の追求、並びにその生産過程における安全な生産体制の徹底に取り組んでまいります。

 〔機械事業部〕

  ①プレス機械

   自動車業界向けを中心とした電池缶の市場動向の把握と予測を行いつつ、製品主流に沿ったプレス機械の開発及び販売に取り組んでまいります。

  ②ばね機械

   多種多様な顧客ニーズに応えるために、製品ラインナップの強化と海外販路の拡大に取り組んでまいります。

  ③航空機部品

   航空機業界における生産計画の変動等を見極め、生産体制を見直しながら取り組んでまいります。

  ④自動機・専用機

   自動車業界を中心とする市場動向の変化に対応した製品開発・販売に取り組んでまいります。

 〔財務上の課題〕

  新型コロナウイルス感染症の拡大に対応すべく、手元資金の安定確保を図ってまいります。

 

(5)経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等

 当社は、収益面での経営指標を重視しておりますので、売上高を伸ばしながら、かつ継続的にコストダウンに努め、営業利益率を高めることで高収益企業として成長し続けてまいりたいと考えております。

 

2【事業等のリスク】

 有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、経営者が提出会社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると認識している主要なリスクは、以下のとおりであります。

 なお、文中の将来に関する事項は、当事業年度末現在において当社が判断したものであります。

 

(1)小口径銃弾事業に関するリスク

 小口径銃弾は、その納入先のほぼ100%が防衛省であり、毎年当社の売上高に占める割合が高く、当社業績における重要度はきわめて高いものがあります。しかし、官需という性質上、売上高は政府の予算執行に左右され、今後の政府の政策等の変更によって発注額が大きく減少した場合、当社の業績に大きな影響を与える可能性があります。

(2)航空機メーカー等の生産計画の大幅な変更等に関するリスク

 当社は、旅客機の主翼の部品などをはじめとする航空機部品の加工を手掛けておりますが、航空機メーカー等における生産計画の大幅な変更等が生じた場合、当社の業績に大きな影響を与える可能性があります。

(3)金属材料の価格変動に関するリスク

 ニッケル、鉄、銅等の金属材料の価格は、経済情勢に伴い大きく変動する場合があり、これは当社の業績に大きな影響を与える可能性があります。

(4)精密金属加工品事業における業界動向等に関するリスク

 当社の精密金属加工品は、売上の半数以上が自動車関連部品であり、自動車業界及び自動車関連業界の影響を受けており、これらの業界において想定を上回る技術革新や産業構造の急速な変化等が生じ、かかる事態に対応できない場合、当社の業績に大きな影響を与える可能性があります。

(5)プレス機械、自動機・専用機、ばね機械における顧客動向等に関するリスク

 当社のプレス機械、自動機・専用機、ばね機械は、幅広い顧客の要求に対応すべく品質の向上、納期の短縮、新製品の開発などに取り組んでおりますが、今後、顧客をとりまく環境が急速に変化するなどで顧客の要求水準が想定外に上がり、これに対応できない場合、当社の業績に大きな影響を与える可能性があります。

(6)退職給付債務に関するリスク

 退職給付債務及び退職給付費用は、割引率や長期期待運用収益率など見積り数値である基礎率に基づいて計算を行っております。このため、見積りに対応する実績値や見積りの前提となる環境等の変動によっては、当社の業績及び財政状態に大きな影響を与える可能性があります。

(7)取引先の信用リスク

 当社は取引先毎に適正な与信管理を行い、回収リスクの低減に努めていますが、取引先の倒産等不測の事態により債務不履行が生じた場合、当社の業績に大きな影響を与える可能性があります。

(8)不正行為等によるリスク

 当社は、内部統制基本方針を定め、その充実・強化を図っております。業務運営において役員、社員の不正及び不法行為の防止に万全を期しておりますが、万一かかる不正行為等が発生した場合、当社の業績及び財政状態に大きな影響を与える可能性があります。

(9)自然災害・感染症等に関するリスク

 当社は国内に本社工場の他、複数の拠点を有しており、これらの地域において地震や台風等の自然災害や未知の感染症の流行等が発生した場合、生産、物流などに支障をきたし事業活動の遂行が阻害される可能性があります。

 特に本社工場が位置する東海地方は、東海地震、東南海地震等大規模地震の発生する可能性が高いと言われております。当社では、これら大規模地震の発生に備え、BCP(事業継続計画)の整備を進めるなど被害の拡大を軽減するための施策に可能な範囲で取り組んでおりますが、かかる大規模地震が発生した場合には、これらの施策にもかかわらず、工場・生産設備等の毀損、通信・交通網の遮断等による生産活動の中断、物流ルートの寸断などが生じ、当社の業績及び財政状態に大きな影響を与える可能性があります。

3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

(1)経営成績等の状況の概要

 当事業年度における当社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下「経営成績等」という。)の状況の概要は次のとおりであります。

①財政状態及び経営成績の状況

当事業年度におけるわが国経済は、新型コロナウイルス感染症の世界的な拡大によって緊急事態宣言の発令、外出自粛・休業要請など経済活動が制約される中、年前半の景気が大きく落ち込みました。後半にかけて一部景気の持ち直しの動きがみられましたが、感染再拡大の影響もあり、依然として先行き不透明な状況となっております。

このような状況のもと当社におきましては、下期以降、精密金属加工品及びプレス機械を中心に回復基調で推移したものの、上期(第2四半期累計期間)までの売上高の減少及び利益面での損失を補填するまでには至らず、売上高は117億5千6百万円と前期比15.7%の減少となり、利益面につきましては、誠に遺憾ながら、営業損失2億2千4百万円(前期は2億8千8百万円の営業利益)、経常損失1億3千万円(前期は3億5千9百万円の経常利益)となりました。当期純利益につきましては、特別利益として、保有する投資有価証券の一部売却による投資有価証券売却益及び神戸工場の撤退に伴う受取補償金を計上したことにより、4億8百万円と前期比1.1%の増加となりました。

 セグメントごとの経営成績は次のとおりであります。

〔精密加工事業部〕

 精密加工事業部における当事業年度の売上高は、68億6千5百万円と前期比7.2%の減少となり、その内容は以下のとおりです。

a.精密金属加工品

 当事業年度の売上高は、上期において減少した主力の自動車関連部品を中心に下期以降回復してきたものの、上期の売上減少を補填するまでには至らず、35億4千3百万円と前期比13.6%の減少となりました。

b.小口径銃弾

 当事業年度の売上高は、政府の予算執行を受け、33億2千1百万円と前期比0.7%の増加となりました。

〔機械事業部〕

 機械事業部における当事業年度の売上高は、48億9千1百万円と前期比25.3%の減少となり、その主な内容は以下のとおりです。

a.プレス機械

 当事業年度の売上高は、リチウムイオン電池缶製造用プレスの受注が下期以降大幅に回復いたしましたが、かかる受注を得た時期や生産に必要な期間等の事情から当期中に出荷した台数は前年度を下回り、36億3千9百万円と前期比12.9%の減少となりました。

b.自動機・専用機

 当事業年度の売上高は、自動車関連向けが減少したことから、5億5千2百万円と前期比25.8%の減少となりました。

c.航空機部品

 当事業年度の売上高は、旅客機の減産の影響を受け、3億6千5百万円と前期比51.9%の減少となりました。

d.ばね機械

 当事業年度の売上高は、顧客からの受注が依然として停滞しており、3億1千6百万円と前期比58.8%の減少となりました。

 

 財政状態は次のとおりであります。

(流動資産)

 当事業年度末における流動資産の残高は、131億4千1百万円(前事業年度末は107億9千1百万円)となり、23億4千9百万円増加いたしました。これは主に、売上債権の回収により売掛金が2億2百万円減少したものの、短期借入金の増加等により現金及び預金が27億3千5百万円増加したことによるものであります。

(固定資産)

 当事業年度末における固定資産の残高は、74億5千8百万円(前事業年度末は77億1千万円)となり、2億5千2百万円減少いたしました。これは主に、精密金属加工品製造設備の拡充等により建設仮勘定が1億5千9百万円増加したものの、減価償却費の計上等により機械及び装置が3億9千3百万円減少したことによるものであります。

 この結果、総資産は205億9千9百万円(前事業年度末は185億2百万円)となり、20億9千7百万円増加いたしました。

(流動負債)

 当事業年度末における流動負債の残高は、67億4千6百万円(前事業年度末は50億7百万円)となり、17億3千9百万円増加いたしました。これは主に、短期借入金が12億3千万円増加したことによるものであります。

(固定負債)

 当事業年度末における固定負債の残高は、9億5千3百万円(前事業年度末は9億4千4百万円)となり、9百万円増加いたしました。これは主に、退職給付引当金が6千1百万円増加したことによるものであります。

 この結果、負債合計は77億円(前事業年度末は59億5千1百万円)となり、17億4千8百万円増加いたしました。

(純資産の部)

 当事業年度末における純資産の部の残高は、128億9千9百万円(前事業年度末は125億5千万円)となり、3億4千8百万円増加いたしました。これは主に、当期純利益の計上等により繰越利益剰余金が2億4千万円増加したこと及び保有株式の市場価格の上昇によりその他有価証券評価差額金が1億9百万円増加したことによるものであります。

 

②キャッシュ・フローの状況

 当事業年度における現金及び現金同等物(以下「資金」という)は短期借入金の増額等により27億3千5百万円増加し、当事業年度末には69億7千6百万円(前年同期比64.5%増)となりました。

 また当事業年度中における各キャッシュ・フローは次のとおりであります。

(営業活動によるキャッシュ・フロー)

 当事業年度において営業活動による資金の増加は20億5千万円(前年同期比47.8%増)となりました。これは主に、減価償却費で8億1千8百万円及び税引前当期純利益を5億9千3百万円計上したことや売上債権が2億3千5百万円減少したことによるものであります。

(投資活動によるキャッシュ・フロー)

 当事業年度において投資活動による資金の減少は3億6千6百万円(前年同期比51.4%減)となりました。これは主に、投資有価証券の売却により1億8千2百万円増加したものの、有形固定資産の取得で6億5千7百万円支出したことによるものであります。

(財務活動によるキャッシュ・フロー)

 当事業年度において財務活動による資金の増加は10億5千1百万円(前年同期比70.3%増)となりました。これは主に、配当金で1億6千8百万円支出したものの、短期借入金が12億3千万円増加したことによるものであります。

 

③生産、受注及び販売の実績

a.生産実績

 当事業年度の生産実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。

セグメントの名称

当事業年度

(自 2020年4月1日

至 2021年3月31日)

前年同期比(%)

精密加工事業部(千円)

6,880,223

92.6

機械事業部(千円)

4,792,132

72.4

合計(千円)

11,672,355

83.1

 (注)1.金額は販売価格によっており、セグメント間の内部振替前の数値によっております。

    2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

b.受注実績

 当事業年度の受注実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。

セグメントの名称

受注高(千円)

前年同期比(%)

受注残高(千円)

前年同期比(%)

精密加工事業部

6,626,091

93.7

2,810,785

92.2

機械事業部

6,878,631

153.1

4,937,135

167.4

合計

13,504,722

116.8

7,747,920

129.1

 (注)1.セグメント間の受注については相殺消去しております。

2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

c.販売実績

 当事業年度の販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。

セグメントの名称

当事業年度

(自 2020年4月1日

至 2021年3月31日)

前年同期比(%)

精密加工事業部(千円)

6,865,340

92.8

機械事業部(千円)

4,891,004

74.7

合計(千円)

11,756,345

84.3

 (注)1.セグメント間の取引については相殺消去しております。

2.最近2事業年度の主な相手先別の販売実績及び総販売実績に対する割合は、次のとおりであります。

相手先

前事業年度

(自 2019年4月1日

至 2020年3月31日)

当事業年度

(自 2020年4月1日

至 2021年3月31日)

金額(千円)

割合(%)

金額(千円)

割合(%)

防衛省

3,201,138

23.0

3,242,879

27.6

Shenzhen Kedali Industry Co., Ltd.

2,376,668

17.0

1,733,722

14.7

イーグル工業株式会社

1,647,461

11.8

1,275,932

10.9

3.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

 

(2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

 経営者の視点による当社の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりであります。

 なお、文中の将来に関する事項は、当事業年度末現在において判断したものであります。

①財政状態及び経営成績の状況に関する認識及び分析・検討内容

〔精密加工事業部〕

 売上高は、精密金属加工品の減少により68億6千5百万円(前期比7.2%の減少)、セグメント利益は、精密金属加工品の減益により6億1千4百万円(前期比15.0%の減少)、セグメント資産は、主にたな卸資産の減少により55億1千6百万円(前期比0.1%の減少)となりました。

〔機械事業部〕

 売上高は、主にプレス機械及びばね機械の減少により48億9千1百万円(前期比25.3%の減少)、セグメント損失は、主に自動機・専用機及びプレス機械の減少により4千9百万円(前期は3億1千5百万円のセグメント利益)、セグメント資産は、主に固定資産及び売上債権の減少により48億5千3百万円(前期比13.7%の減少)となりました。

②キャッシュ・フローの状況の分析・検討内容並びに資本の財源及び資金の流動性にかかる情報

(資金の流動性についての分析)

 キャッシュ・フローに関する詳細の記述は「(1)経営成績等の状況の概要 ②キャッシュ・フローの状況」に記載したとおりであります。また、当社のキャッシュ・フロー指標のトレンドは、次のとおりであります。

(キャッシュ・フロー指標のトレンド)

 

第70期

第71期

第72期

自己資本比率(%)

67.9

67.8

62.6

時価ベースの自己資本比率(%)

31.0

27.4

23.4

キャッシュ・フロー対有利子負債比率(年)

4.2

1.2

1.4

インタレスト・カバレッジ・レシオ(倍)

46.9

192.0

113.3

※自己資本比率:自己資本/総資産

時価ベースの自己資本比率:株式時価総額/総資産

キャッシュ・フロー対有利子負債比率:有利子負債/キャッシュ・フロー

インタレスト・カバレッジ・レシオ:キャッシュ・フロー/利払い

 (注)1.株式時価総額は自己株式を除く発行済株式数をベースに計算しております。

2.キャッシュ・フローは、営業キャッシュ・フローを利用しております。

3.有利子負債は、貸借対照表に計上されている負債のうち利子を支払っているすべての負債を対象としております。

(資本の財源についての分析)

 当社の資金需要のうち主なものは、製品製造のための材料・部品の購入のほか、製造に係る労務費・経費、販売費及び一般管理費等の営業費用による運転資金や設備資金であります。また、当社の財務状態といたしましては、当事業年度末における流動比率は194.8%、自己資本比率は62.6%であり比較的健全な財務状態であると認識しております。なお、運転資金及び設備資金につきましては、自己資金の他、新型コロナウイルス感染症の拡大に対応すべく、借入金を増額することにより手元資金の拡充を図っております。

③重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

 当社の財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成されております。この財務諸表の作成に当たりまして、経営者により、一定の会計基準の範囲内で見積りが行われている部分があり、資産・負債や収益・費用の数値に反映されています。これらの見積りについては、継続して評価し、必要に応じて見直しを行っていますが、見積りには不確実性が伴うため、実際の結果は、これらとは異なる場合があります。なお、財務諸表の作成に当たって用いた会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定のうち、重要なものについては、第5 経理の状況 1.財務諸表等 (1)財務諸表 注記事項(重要な会計上の見積り)に記載のとおりであります。

(貸倒引当金)

 当社は、売上債権等の貸倒損失に備えて回収不能となる見積額を貸倒引当金として計上しております。将来、得意先の財務状況が悪化し支払能力が低下した場合には、引当金の追加計上又は貸倒損失が発生する可能性があります。

(繰延税金資産)

 当社は、繰延税金資産の回収可能性を評価するに際しまして将来の課税所得を合理的に見積っております。繰延税金資産の回収可能性は将来の課税所得の見積りに依存しますので、新型コロナウイルス感染症拡大等によりその見積額が減少した場合、また、税率変更を含む税制の改正等があった場合には、繰延税金資産が減額され税金費用が計上される可能性があります。

(有価証券の減損処理)

 当社は、有価証券を保有しておりますが、時価のあるものについては、新型コロナウイルス感染症拡大等により市場価格が悪化した場合に、また時価のないものについては、投資先の財政状態の悪化等の事象が認められた場合に減損処理を行うこととしております。

(退職給付引当金)

 退職給付費用及び債務の算定については、割引率や年金資産の長期期待運用収益率等の多くの見積りが存在します。実際の結果が前提条件と異なる場合、又は前提条件が変更された場合、法改正や採用する退職給付制度の変更がある場合に発生する数理差異は将来期間において償却されるため、将来の退職給付費用及び債務に大きな影響を与える可能性があります。

4【経営上の重要な契約等】

 該当事項はありません。

5【研究開発活動】

 当社では、従来から顧客ニーズに密着した研究開発を進めてまいりました。このため精密加工事業部及び機械事業部にそれぞれ技術開発部を置き、担当分野に係る研究開発に取り組んでおります。また、中長期的な視野から商品の企画を行うため、次世代企画室において次世代商品に係る要素技術の研究に取り組んでおります。更に、アルファノマス推進室では長期的なビジョンとして『ALPHANOMOUS(アルファノマス)』というビジョンを掲げて、2053年の生産現場で人が介在する作業をどこまで軽減できるかという取り組みを全社で推進しております。「IoTやAIを真に活用することで、機械自らに調節、調律する機能を持たせて、作業者が離れた場所にいながらも生産現場に関わることを可能にする」という構想をもつこのビジョンは、未来の製造業において求められる要素が含まれたものだと考えております。

 なお、研究開発費については各セグメントに配賦できない研究費用14,137千円が含まれており、当事業年度における研究開発費は、総額で121,848千円となりました。

 セグメント別の研究開発の概要は、次のとおりであります。

[精密加工事業部]

精密加工事業部における当事業年度の研究開発費は、50,654千円となり、その内容は以下のとおりです。

(1)基礎研究

 加工対象となる素材そのものの調査研究はもとより、顧客のニーズに最も適合する加工方法の開発をめざして基礎的な調査研究を行っております。以上、基礎研究に対する研究開発費は3,435千円であります。

(2)精密加工技術の研究

 検査装置を含む最適製造システムの構築のための研究、より高精度の塑性加工技術の開発、各種弾薬の開発を行っております。また、従来技術では加工が難しいとされてきた素材に対しても加工技術の確立に努めてまいります。以上、精密加工技術の研究に対する研究開発費は47,219千円であります。

[機械事業部]

機械事業部における当事業年度の研究開発費は、57,056千円となり、その内容は以下のとおりです。

(1)基礎研究

 顧客のニーズに最も適合する加工機械の開発をめざして基礎的な調査研究を行っております。また、IoT、AIの加工機械への応用に関する研究を行っております。以上、基礎研究に対する研究開発費は26,144千円であります。

(2)プレス機械の研究

 リチウムイオン電池缶加工専用プレス、汎用型NCフォーミング機の開発に取り組んでおります。以上、プレス機械の研究に対する研究開発費は13,902千円であります。

(3)ばね機械の研究

 T2、USF-PCシリーズ、CFXシリーズ、iCFシリーズの成形領域の拡大と、新しい成形技術の確立のため、顧客要求のばね形状の試作研究を行いました。また、EV用コイル等非鉄材の試作研究に取り組んでおります。以上、ばね機械の研究開発費は17,009千円であります。

第3【設備の状況】

1【設備投資等の概要】

 当事業年度は、生産設備の更新及び合理化のための投資(無形固定資産を含む)を総額599百万円実施しました。その主なものは、精密加工事業部の製造設備に464百万円及び機械事業部の製造設備に122百万円であります。

 また、2021年3月をもって、航空機部品加工を行っておりました神戸工場から撤退をしております。その他に生産設備に重要な影響を及ぼすような固定資産の売却、除却等はありません。

2【主要な設備の状況】

 当社の主要な設備は、以下のとおりであります。

2021年3月31日現在

 

事業所名

(所在地)

セグメントの名称

設備の内容

帳簿価額

従業員数

(人)

建物及び構築物

(千円)

機械装置及び工具器具備品

(千円)

土地

(千円)

(面積)

リース資産

(千円)

その他

(千円)

(千円)

(面積)

本社・本社工場

(愛知県尾張旭市)

精密加工事業部

及び機械事業部

製造設備他

[18,601]

2,252,606

 

[58,879]

1,816,581

 

 

565,301

(286,547㎡)

4,987

277,783

[77,481]

4,917,260

(286,547㎡)

498

東京支店

(東京都文京区)

精密加工事業部

及び機械事業部

販売設備

{320㎡}

-

 

1,069

-

-

1,914

{320㎡}

2,984

 

15

大阪営業所

(大阪府吹田市)

機械事業部

販売設備

{81㎡}

-

 

15

-

-

2,522

{81㎡}

2,537

 

5

従業員厚生施設

(愛知県尾張旭市他)

社宅・寮等

{1,277㎡}

28,950

 

 

270

 

 

100,431

(1,505㎡)

 

-

 

 

-

 

{1,277㎡}

129,652

(1,505㎡)

-

{1,678㎡}

[18,601]

2,281,557

 

[58,879]

1,817,936

 

 

665,733

(288,052㎡)

 

4,987

 

282,220

{1,678㎡}

[77,481]

5,052,435

(288,052㎡)

518

 (注)1.帳簿価額のうち「その他」は、車両運搬具及び建設仮勘定の合計であります。なお、金額には消費税等を含んでおりません。

2.建物及び構築物、機械装置及び工具器具備品の[ ]内の金額は、賃貸中のもので、内書きで示してあり、主な貸与先は子会社の株式会社アステックスであります。

3.建物及び構築物の{ }内の数字は、賃借中の建物の面積を示しております。なお、年間賃借料は、56,116千円であります。

4.従業員厚生施設の土地の所在地は、愛知県尾張旭市1,505㎡であります。

5.現在休止中の主要な設備はありません。

 

3【設備の新設、除却等の計画】

 2021年3月31日現在において計画している主なものは次のとおりであります。なお、重要な設備の売却、除却等の計画はありません。

事業所名

(所在地)

セグメントの名称

設備の内容

投資予定金額

資金調達
方法

着手及び完了予定

総額

(百万円)

既支払額

(百万円)

着工年月

完成予定年月

本社工場

(愛知県尾張旭市)

精密加工事業部

製造設備

222

-

自己資金

2021年4月

2022年3月

本社工場

(愛知県尾張旭市)

機械事業部

製造設備

92

-

自己資金

2021年4月

2022年3月

 

 (注)1.上記計画の完成後の増加能力は、算定が困難であるため記載しておりません。

    2.金額には消費税等を含んでおりません。

第4【提出会社の状況】

1【株式等の状況】

(1)【株式の総数等】

①【株式の総数】

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

5,824,900

5,824,900

 

②【発行済株式】

種類

事業年度末現在発行数

(株)

(2021年3月31日)

提出日現在発行数(株)

(2021年6月29日)

上場金融商品取引所名又は登録認可金融商品取引業協会名

内容

普通株式

3,088,739

3,088,739

名古屋証券取引所

(市場第二部)

権利内容に何ら限定のない当社における標準となる株式であり、単元株式数は100株であります。

3,088,739

3,088,739

-

-

 

(2)【新株予約権等の状況】

①【ストックオプション制度の内容】

 該当事項はありません。

②【ライツプランの内容】

 該当事項はありません。

③【その他の新株予約権等の状況】

 該当事項はありません。

(3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

      該当事項はありません。

(4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

年月日

発行済株式総数増減数

(千株)

発行済株式総数残高

(千株)

資本金増減額(千円)

資本金残高(千円)

資本準備金増減額

(千円)

資本準備金残高(千円)

2017年10月1日

 (注)

△27,798

3,088

-

4,175,416

-

3,468,202

  (注)2017年6月28日開催の第68回定時株主総会決議により、2017年10月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株式併合を行い、発行済株式総数は27,798千株減少し、3,088千株となっております。

(5)【所有者別状況】

 

 

 

 

 

 

 

2021年3月31日現在

区分

株式の状況(1単元の株式数100株)

単元未満株式の状況

(株)

政府及び地方公共団体

金融機関

金融商品取引業者

その他の法人

外国法人等

個人その他

個人以外

個人

株主数(人)

1

10

5

65

1

1

1,775

1,858

所有株式数(単元)

30

3,944

58

11,356

296

1

15,077

30,762

12,539

所有株式数の割合(%)

0.10

12.82

0.19

36.92

0.96

0.00

49.01

100

 (注) 自己株式679,255株は「個人その他」に6,792単元、「単元未満株式の状況」に55株含まれております。

(6)【大株主の状況】

 

 

2021年3月31日現在

氏名又は名称

住所

所有株式数

(千株)

発行済株式(自己株式を除く。)の総数に対する所有株式数の割合(%)

古河電気工業株式会社

東京都千代田区丸の内二丁目2番3号

455

18.91

旭化成株式会社

東京都千代田区有楽町一丁目1番2号

168

7.00

オークマ株式会社

愛知県丹羽郡大口町下小口五丁目25番地の1

120

4.98

三谷伸銅株式会社

京都市南区上鳥羽大柳町1番地1

119

4.94

株式会社三菱UFJ銀行

東京都千代田区丸の内二丁目7番1号

106

4.40

東京海上日動火災保険株式会社

東京都千代田区丸の内一丁目2番1号

86

3.59

岡谷鋼機株式会社

名古屋市中区栄二丁目4番18号

84

3.51

株式会社みずほ銀行

東京都千代田区大手町一丁目5番5号

56

2.34

株式会社名古屋銀行

名古屋市中区錦三丁目19番17号

45

1.86

知多鋼業株式会社

愛知県春日井市前並町二丁目12番地の4

40

1.66

-

1,282

53.22

 (注)上記のほか、自己株式が679千株あります。

(7)【議決権の状況】

①【発行済株式】

 

 

 

 

2021年3月31日現在

区分

株式数(株)

議決権の数(個)

内容

無議決権株式

 

-

-

-

議決権制限株式(自己株式等)

 

-

-

-

議決権制限株式(その他)

 

-

-

-

完全議決権株式(自己株式等)

普通株式

679,200

-

-

完全議決権株式(その他)

普通株式

2,397,000

23,970

-

単元未満株式

普通株式

12,539

-

-

発行済株式総数

 

3,088,739

-

-

総株主の議決権

 

-

23,970

-

 (注)「単元未満株式」の欄には、当社保有の自己株式55株が含まれております。

②【自己株式等】

 

 

 

 

2021年3月31日現在

所有者の氏名又は名称

所有者の住所

自己名義所有株式数(株)

他人名義所有株式数(株)

所有株式数の合計(株)

発行済株式総数に対する所有株式数の割合(%)

旭精機工業株式会社

愛知県尾張旭市旭前町新田洞5050番地の1

679,200

-

679,200

21.98

-

679,200

-

679,200

21.98

 

2【自己株式の取得等の状況】

  【株式の種類等】 会社法第155条第7号による普通株式の取得

(1)【株主総会決議による取得の状況】

 該当事項はありません。

(2)【取締役会決議による取得の状況】

     該当事項はありません。

 

(3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

区分

株式数(株)

価額の総額(円)

当事業年度における取得自己株式

549

1,054,021

当期間における取得自己株式

40

79,774

 (注) 当期間における取得自己株式には、2021年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りによる株式は含まれておりません。

(4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

区分

当事業年度

当期間

株式数(株)

処分価額の総額

(円)

株式数(株)

処分価額の総額

(円)

引き受ける者の募集を行った取得自己株式

-

-

-

-

消却の処分を行った取得自己株式

-

-

-

-

合併、株式交換、株式交付、会社分割に係る移転を行った取得自己株式

-

-

-

-

その他

( - )

-

-

-

-

保有自己株式数

679,255

-

679,295

-

 (注) 当期間における保有自己株式数には、2021年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取り及び売渡による株式は含まれておりません。

3【配当政策】

 当社は、利益配分につきましては、将来の事業展開と経営基盤の強化のために必要な内部留保を確保しつつ、安定した配当を継続して実施していくことを基本方針としております。また、剰余金の配当の回数につきましては、期末配当の年1回とすることを基本方針としております。

 なお、期末配当の決定機関は、株主総会であります。

 当事業年度の配当につきましては、上記方針に基づき、当社をとりまく環境等を勘案して、1株当たり70円を実施することを決定しております。

 内部留保資金につきましては、経営基盤の強化及び設備投資等、将来の事業展開に役立てることを基本方針としております。

 なお、当事業年度に係る剰余金の配当は以下のとおりであります。

決議年月日

配当金の総額(千円)

1株当たり配当額(円)

2021年6月29日

168,663

70

定時株主総会決議

 

4【コーポレート・ガバナンスの状況等】

(1)【コーポレート・ガバナンスの概要】

①  コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

当社は、株主重視と企業価値の増大を経営の基本としつつ、企業活動を通じて顧客、取引企業、従業員、地域社会との関係を育み社会との密接な結びつきの中で法令等を遵守し、健全で透明性の高い経営を行うことを経営上の最も重要な課題の一つとして位置付け、コーポレート・ガバナンスへの取り組みの強化と徹底に努めております。

 

②  企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由

当社は、業務執行の最高の意思決定機関として取締役会を設置し、法令及び定款に基づき様々な意思決定を行っております。取締役会は、議長を取締役社長神谷真二とし、山口央、安藤充、工野浩義、白石憲生、松原幸弘、石村淳、社外取締役溝田義昭、社外取締役尾形昭彦、社外取締役西野充の10名で構成し、公正かつ多様な価値観に基づく意思決定を行っております。

また、取締役会の意思決定のもと、諸方策を適切迅速に樹立し経営活動を有効に推進するため常務会を設置しております。常務会は、議長を取締役社長神谷真二とし、山口央、安藤充、工野浩義、白石憲生、松原幸弘、石村淳の常勤取締役及び人事部、総務部、経理部、情報システム部を管轄する長山和美及び青木潤の合計9名で構成し、毎月の定例会の他、必要に応じて随時開催し、日常の業務執行の迅速化を図っております。

なお、当社は精密加工事業部及び機械事業部からなる事業部制を採用し、事業部ごとに権限の委譲と責任の明確化を行い、経営の効率化を図っております。その他として、各種の独立した専門委員会を常設し、取締役会及び常務会の監督の下、組織横断的に選任された委員が個別案件の処理を行っております。

また、当社は監査役制度を採用し、常勤監査役金厚博、非常勤監査役馬場紀彰(社外監査役)、非常勤監査役上総英男(社外監査役)の計3名を選任しております。監査役は取締役会に出席し、中立の立場から必要に応じて意見を述べ、効率的な業務執行及び取締役会の執行監視を行っております。また、常勤監査役は常務会等の重要な会議にも出席し、その結果を監査役会に報告するなど取締役の業務執行状況を積極的に監視できる体制となっております。

当社が現在の企業統治体制を採用する理由は、現在の体制が当社の規模に最も適していると判断していることによるものであります。

 

当社のコーポレート・ガバナンス模式図

0104010_001.png

 

 

③  企業統治に関するその他の事項

当社の内部統制システムは、基本規定(定款、取締役会規程、常務会規程等)、組織規定(業務分掌規程、職制規程等)、人事関係規定(就業規則、賃金規則等)及び業務規定(経理規程、財務報告に係る内部統制推進規程、内部監査規程、リスク管理基本規程等)から成る規定群にその根拠を置いており、これら規定群に準拠して業務を執行することで、当社における事業経営の有効性と効率性を高め、財務報告の信頼性を確保し、事業経営に係る法令の遵守を促しております。また、その遵守状況については内部監査規程に準拠した内部監査により検証し、それらの結果は四半期ごとに取締役会に報告しております。なお、総務部及び経理部が内部統制の推進及び維持管理を行う内部統制部門としてその任に当たっております。

リスク管理体制の整備につきましては、リスク管理基本規程に基づきリスク管理責任者及びリスク管理委員会を設置し、当社におけるリスク管理推進体制を構築いたしております。また、具体的に発生したリスクへの対応につきましては、会社経営にかかわる緊急事態の定義、通報ルート、危機管理委員会の設置等について定めた「危機管理マニュアル」を制定して緊急事態の発生に備えております。今後もこの体制を強化・充実させ、リスク管理の徹底を行ってまいります。

また、子会社における業務の適正を確保するための体制としては、当社の子会社担当取締役が事業内容の報告を定期的に受け、重要案件については事前に協議を行うこととしております。

 

④  責任限定契約の内容の概要

当社と社外取締役及び社外監査役は、会社法第427条第1項の規定に基づき、同法第423条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結しております。なお、当該契約に基づく損害賠償責任の限度額は、法令が定める最低責任限度額としております。

 

⑤  取締役の定数

当社の取締役は20名以内とする旨定款に定めております。

 

⑥  取締役の選任の決議要件

当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨、及び累積投票によらない旨定款で定めております。

 

⑦  株主総会決議事項を取締役会で決議することができる事項

当社は、自己の株式の取得について、経営環境の変化に対応した経営を行うため、会社法第165条第2項の規定に基づき、取締役会の決議によって市場取引等により自己の株式を取得できる旨定款で定めております。

 

⑧  株主総会の特別決議要件

当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨定款に定めております。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目的とするものであります。

 

(2)【役員の状況】

① 役員一覧

男性 13名 女性 -名 (役員のうち女性の比率 -%)

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株

式数

(百株)

取締役会長

東京支店長

山口 央

1953年1月21日

1976年3月

当社入社

2000年3月

当社東京営業部長就任

2004年3月

当社営業部長就任

2004年6月

当社取締役就任

2004年6月

当社第一事業部(現精密加工事業部)副長就任

2008年6月

当社代表取締役社長就任

2021年4月

当社取締役会長就任(現任)

2021年4月

当社東京支店長就任(現任)

 

(注)3

74

取締役社長

管理統括部長

(代表取締役)

神谷 真二

1964年5月22日

1987年3月

当社入社

2010年6月

当社経理部長就任

2014年6月

当社取締役就任

2014年6月

当社東京支店長就任

2014年6月

当社人事総務部担当就任

2014年6月

当社情報システム部担当就任

2016年3月

当社総務部・人事部担当就任

2018年6月

当社常務取締役就任

2018年6月

当社経理部担当就任

2019年4月

当社経営企画・IR室長就任

2019年4月

当社アルファノマス推進室長就任

2021年4月

当社代表取締役社長就任(現任)

2021年4月

当社管理統括部長就任(現任)

 

(注)3

22

常務取締役

精密加工事業部長

安藤 充

1958年10月18日

1983年3月

当社入社

2008年3月

当社第一製造部長就任

2010年6月

当社取締役就任

2010年6月

当社精密加工事業部副長就任

2014年6月

当社常務取締役就任(現任)

2014年6月

当社精密加工事業部長就任

(現任)

 

(注)3

37

常務取締役

機械事業部長

兼技術情報開発室担当

工野 浩義

1966年5月21日

1987年3月

当社入社

2014年11月

当社第二製造部長就任

2018年6月

当社取締役就任

2018年6月

当社機械事業部副長就任

2018年6月

当社神戸工場長就任

2019年12月

当社第二技術開発部長就任

2020年4月

当社機械事業部長就任(現任)

2020年4月

当社大阪営業所担当就任

2020年6月

当社常務取締役就任(現任)

2020年6月

当社技術情報開発室担当就任

 

(現任)

 

(注)3

8

取締役

精密加工事業部副長

兼業務部長

白石 憲生

1965年8月11日

1988年3月

当社入社

2013年6月

当社営業部長就任

2014年6月

当社取締役就任(現任)

2014年6月

当社精密加工事業部副長就任

(現任)

2017年6月

当社業務部長就任(現任)

 

(注)3

15

取締役

精密加工事業部副長

兼第一製造部長

兼次世代企画室長

兼アルファノマス推進室長

松原 幸弘

1964年1月17日

1982年3月

当社入社

2014年6月

当社第一製造部長就任(現任)

2018年6月

当社次世代企画室長就任(現任)

2020年4月

当社精密加工事業部副長就任

(現任)

2020年6月

当社取締役就任(現任)

2021年4月

当社アルファノマス推進室長

就任(現任)

 

(注)3

13

取締役

機械事業部副長

兼第二製造部長

兼大阪営業所・

ドイツ駐在員事務所担当

石村 淳

1970年6月7日

1994年3月

当社入社

2019年4月

当社第二製造部長就任(現任)

2020年4月

当社機械事業部副長就任(現任)

2020年6月

当社取締役就任(現任)

2020年6月

当社大阪営業所担当就任(現任)

2020年6月

当社ドイツ駐在員事務所担当就任

(現任)

 

(注)3

5

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株

式数

(百株)

取締役

溝田 義昭

1959年4月1日

1983年4月

古河電気工業株式会社入社

2001年9月

同社オプトコム事業部千葉通信製造部長就任

2002年6月

同社オプトコム事業部三重通信製造部長就任

2003年10月

同社情報通信カンパニー三重通信製造部長就任

2006年3月

同社情報通信カンパニー技術開発部長就任

2007年3月

同社情報通信カンパニーファイバ・ケーブル製品部長就任

2010年8月

OFS Fitel, LLC 取締役兼Senior Vice President就任

2011年4月

古河電気工業株式会社執行役員

OFS Fitel, LLC 取締役兼Senior Vice President就任

2012年4月

古河電気工業株式会社執行役員

情報通信カンパニーファイバ・ケーブル事業部門長就任

2013年4月

同社執行役員 ファイバ・ケーブル事業部門長兼電子線事業部門長就任

2015年4月

同社執行役員 生産技術本部長就任

2017年4月

同社執行役員 ものづくり改革本部長就任

2018年4月

同社執行役員常務 ものづくり改革本部長就任

2019年4月

同社ものづくり改革本部アドバイザー就任

2019年6月

同社常勤監査役就任(現任)

2020年6月

当社取締役就任(現任)

 

(注)3

-

取締役

尾形 昭彦

1952年7月2日

1973年4月

株式會社大隈鐡工所(現オークマ株式会社)入社

2001年1月

同社製造本部サービス部長就任

2005年7月

同社サービス本部サービス部長就任

2009年6月

オークマ興産株式会社代表取締役社長就任

2010年6月

オークマ株式会社常勤監査役就任

2018年6月

同社特別顧問就任(現任)

2018年6月

当社取締役就任(現任)

 

(注)3

-

取締役

西野 充

1952年8月27日

1975年4月

株式会社東京銀行(現株式会社三菱UFJ銀行)入行

2001年5月

株式会社東京三菱銀行(現株式会社三菱UFJ銀行)新橋支社長就任

2003年4月

同行神戸支社長就任

2006年8月

ペンタックス株式会社顧問就任

2007年1月

同社執行役員就任

2007年6月

同社執行役員CSR・内部統制統括部長就任

2008年3月

HOYA株式会社監査部ゼネラル・マネージャー就任

2008年6月

AvanStrate株式会社監査役就任

2012年6月

当社監査役就任

2016年12月

株式会社ロックオン(現株式会社イルグルム)社外取締役(監査等委員)就任(現任)

2020年6月

当社取締役就任(現任)

 

(注)3

21

常勤監査役

金 厚博

1962年3月15日

1982年3月

当社入社

2012年3月

当社業務部長就任

2017年6月

当社内部監査室長就任

2021年6月

当社常勤監査役就任(現任)

 

(注)4

8

 

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株

式数

(百株)

監査役

馬場 紀彰

1951年11月15日

1975年4月

岡谷鋼機株式会社入社

2003年3月

同社メカトロ本部長就任

2005年5月

同社取締役メカトロ本部長就任

2009年5月

同社常務取締役就任

産業資材事業担当就任

名古屋本店長就任

2012年6月

当社監査役就任(現任)

2013年11月

岡谷鋼機株式会社代表取締役専務取締役就任

2014年5月

同社管理部門管掌就任(現任)

2020年5月

同社代表取締役副社長就任(現任)

 

(注)5

-

監査役

上総 英男

1958年2月23日

1982年4月

株式会社東京銀行(現株式会社三菱UFJ銀行)入行

2006年12月

同行欧州本部欧州企画部長就任

2008年4月

同行決済事業部長就任

2011年4月

兼松株式会社執行役員就任

2011年6月

同社取締役就任

2012年3月

日本オフィスシステム株式会社監査役(社外監査役)就任

2012年6月

兼松エレクトロニクス株式会社監査役(社外監査役)就任

2014年6月

株式会社東京クレジットサービス常務取締役就任

2017年6月

同社代表取締役専務就任

2020年6月

当社監査役就任(現任)

 

(注)5

1

204

 (注)1.取締役溝田義昭、尾形昭彦及び西野充は社外取締役であります。

2.監査役馬場紀彰及び上総英男は社外監査役であります。

3.2020年6月25日開催の定時株主総会の終結の時から2年間

4.2021年6月29日開催の定時株主総会の終結の時から4年間

5.2020年6月25日開催の定時株主総会の終結の時から4年間

6.当社は、法令に定める監査役の員数を欠くことになる場合に備え、会社法第329条第3項に基づき補欠監査役2名を選任しております。

補欠監査役の略歴は次のとおりであります。

氏名

生年月日

略歴

所有株式数

(百株)

伊藤 康裕

1957年4月16日生

 

1980年11月

当社入社

2008年6月

当社営業部長就任

2013年6月

当社常勤監査役就任

2021年6月

当社常勤監査役退任

 

31

後藤 武夫

1945年4月10日生

 

1972年3月

弁護士登録・佐治良三法律事務所入所

1979年4月

後藤武夫法律事務所(現後藤・鈴木法律事務所)設立

2006年6月

石塚硝子株式会社社外監査役就任

2006年12月

株式会社シイエム・シイ社外監査役就任(現任)

2014年6月

石塚硝子株式会社社外取締役就任(現任)

 

-

 

② 社外役員の状況

当社の社外取締役は3名、社外監査役は2名であります。

社外取締役の溝田義昭氏は、当社の主要株主である古河電気工業株式会社の常勤監査役であります。当社は同社から材料を購入しておりますが、これは定例的な取引であり同氏が直接利害関係を有するものではないため、独立性は十分確保されていると考えております。同氏を社外取締役として選任したのは、同氏は古河電気工業株式会社の執行役員や監査役などを歴任し企業経営に関する豊富な経験と知見を有しており、同氏の経験と知見を当社経営に生かしていただくためであります。社外取締役の尾形昭彦氏は、当社の株主であるオークマ株式会社の特別顧問であります。当社は同社から機械部品等を購入しておりますが、これは定例的な取引であり同氏が直接利害関係を有するものではないため、独立性は十分確保されていると考えております。同氏を社外取締役として選任したのは、同氏はオークマ興産株式会社の代表取締役社長やオークマ株式会社の常勤監査役などを歴任し企業経営に関する豊富な経験と知見を有しており、また当社社外取締役に就任以降、取締役会において当社の経営課題等について有益な助言・提言等をしており、今後も当社経営に貢献していただくためであります。社外取締役西野充氏は、当社の借入先である株式会社三菱UFJ銀行の出身者であります。当社は同行と一般的な銀行取引を行っておりますが、これは通常の定例的取引であり、同氏が直接利害関係を有するものではないため、独立性は十分確保されていると考えております。同氏を社外取締役として選任したのは、同氏はペンタックス株式会社の執行役員、AvanStrate株式会社の監査役、株式会社イルグルムの社外取締役などを歴任し企業経営に関する豊富な経験と知見を有しており、また当社社外監査役に就任以降、当社の経営課題等について有益な助言・提言等をしており、引き続き当社経営に貢献していただくためであります。社外監査役の馬場紀彰氏は、当社の仕入先及び販売先である岡谷鋼機株式会社の代表取締役副社長であります。当社は同社から材料を購入しており、また当社は同社へプレス機械等を販売しておりますが、これは定例的な取引であり同氏が直接利害関係を有するものではないため、独立性は十分確保されていると考えております。同氏を社外監査役として選任したのは、同氏は岡谷鋼機株式会社の代表取締役を務めるなど永年にわたり同社の経営に携わっており、企業経営に関する豊富な経験と知見を有しており、また当社社外監査役に就任以降、取締役会において当社の経営課題等について有益な助言・提言等をするとともに、監査役会においても積極的な意見を述べており、今後も当社経営に貢献していただくためであります。社外監査役の上総英男氏は、当社の借入先である株式会社三菱UFJ銀行の出身者であります。当社は同行と一般的な銀行取引を行っておりますが、これは通常の定例的取引であり、同氏が直接利害関係を有するものではないため、独立性は十分確保されていると考えております。同氏を社外監査役として選任したのは、同氏は兼松株式会社の取締役や株式会社東京クレジットサービスの代表取締役専務などを歴任し企業経営に関する豊富な経験と知見を有しており、同氏の経験と知見を当社経営に生かしていただくためであります。

当社は、当社の社外取締役及び社外監査役は高い独立性を維持し、それぞれが有する経営に関する豊富な経験及び見識に基づき取締役会、監査役会において意見を述べるなど、当社における公正かつ多様な価値観に基づく意思決定の形成に寄与していると判断しております。また、社外取締役及び社外監査役は、取締役会において常勤取締役及び常勤監査役とともに、内部統制部門及び各部門の内部統制活動の状況について、四半期ごとに内部監査室から報告を受けております。

なお、社外取締役及び社外監査役を選任するための当社からの独立性に関する基準又は方針については、会社法及び名古屋証券取引所が定める独立性基準によることとし、社外取締役及び社外監査役の全員について、名古屋証券取引所の定めに基づく独立役員に指定しております。

 

③ 社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部統制部門との関係

社外役員は、取締役会において、定期的に内部監査の結果について報告を受けているほか、社外監査役は、常勤監査役が出席した重要な会議の概要及び必要に応じて内部統制部門に説明を求めた事項など各種の報告を受けるとともに、定期的に会計監査人との協議の場を設けて活発な意見交換を行っております。

 

(3)【監査の状況】

①  監査役監査の状況

監査役監査は、監査役(常勤監査役1名及び非常勤監査役2名(いずれも社外監査役))が取締役会及び常務会等の重要な会議に出席する他、取締役及び使用人等からその職務の執行状況について報告、説明などの聴取を行い、内部監査室、内部統制部門及び会計監査人と必要に応じて随時情報伝達と意見交換を行い、相互の連携を高め職務執行を充分に監視できる体制を整えております。

当事業年度において当社は監査役会を5回/年開催しており、監査結果等についての意見交換、協議等を行っております。個々の監査役の出席状況については、次の通りであります。

氏 名

開催回数

出席回数

伊藤 康裕

5回

5回

馬場 紀彰

5回

5回

西野 充

1回

1回

上総 英男

4回

4回

監査役会においては、監査報告書の作成、監査の方針・業務及び財産の状況の調査方法その他監査役の職務の執行に関する決定を主な検討事項としております。

また、常勤監査役の活動としては、取締役会及び常務会やその他重要な会議への出席、また、会計監査人と定期的な意見交換を行うとともに、内部監査室との連携を通じて、監査の実効性の向上を図っております。

 

②  内部監査の状況

 当社の内部監査は、社長直轄の組織として設置された内部監査室(専任者2名)が内部監査規程に基づき各部門の業務遂行状況を監査し、内部統制システムの適切性及び有効性を検証しております。また、内部統制部門とも随時情報伝達と意見交換を行うなど連携して内部統制の推進及び維持に努めております。

 

③  会計監査の状況

a.監査法人の名称

東陽監査法人

 

b.継続監査期間

53年間

 

c.業務を執行した公認会計士

橋田 光正

安達 則嗣

玉田 貴彦

 

d.監査業務に係る補助者の構成

当社の会計監査業務に係る補助者は、公認会計士6名、会計士試験合格者等4名となっております。

 

e.監査法人の選定方針と理由

当社における会計監査人の選定基準に基づいて、会計監査人が独立性を保持し、かつ適正な監査を持続的に実施できる体制を構築していると判断しております。また、監査役会は会計監査人の職務の執行に支障がある場合など、その必要があると判断した場合は、会計監査人の解任又は不再任を決定いたします。

 

f.監査役及び監査役会による監査法人の評価

当社における監査法人の品質管理には、特に問題となる行動は見受けられず、独立性等も保持されているため、監査については、有効かつ効率的に実施されているものと判断しております。

 

④  監査報酬の内容等

a.監査公認会計士等に対する報酬

前事業年度

当事業年度

監査証明業務に基づく報酬(千円)

非監査業務に基づく報酬(千円)

監査証明業務に基づく報酬(千円)

非監査業務に基づく報酬(千円)

21,000

-

21,000

-

非監査業務につきましては、前事業年度及び当事業年度共にありません。

 

b.監査公認会計士等と同一のネットワークに対する報酬(a.を除く)

  該当事項はありません。

 

c.その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

該当事項はありません。

 

d.監査報酬の決定方針

監査報酬の決定にあたっては、監査計画の内容や従前の事業年度における職務執行状況等を踏まえ、監査品質の維持・向上と監査の効率的な実施の両面から、監査手続を確認し、監査日数等を勘案し、決定しております。

上記方針に沿って監査報酬の妥当性を確認し、監査役会の同意を得て最終決定しております。

 

e.監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由

監査役会は日本監査役協会が公表する「会計監査人との連携に関する実務指針」を踏まえ、会計監査人の監査計画、監査の実施状況及び報酬見積の算定根拠などを確認し、検討した結果、会計監査人の報酬等について同意を行っております。

 

(4)【役員の報酬等】

①  役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項

a.取締役の個人別の報酬等の決定方針の決定方法

取締役の個人別の報酬等の決定方針(以下「決定方針」といいます。)は、社外役員を過半数の委員とする任意の指名・報酬諮問委員会に諮問し、その答申内容を尊重して2021年2月25日開催の取締役会にて決議いたしました。

b.決定方針の内容の概要

取締役の報酬等に関する基本方針は、常勤取締役の報酬は、内規で定められた基本報酬として支払われる固定報酬と会社業績の達成度によって変動する業績連動報酬によって構成し、社外取締役の報酬は、その役割に鑑み、内規で定められた基本報酬として支払われる固定報酬のみとし、業績連動報酬は支給しないこととしております。

常勤取締役の基本報酬は月額の固定報酬とし、その算定は、内規に基づき、社員給与の最高額を基準とし、これを指数1.0として役位別に定めている指数を目安に決定することとしております。

社外取締役の報酬は月額の固定報酬のみとし、その算定は、内規に基づき、社会的地位、経歴及び就任の事情など総合的に勘案して決定することとしております。

c.当事業年度に係る取締役の個人別の報酬等の内容が決定方針に沿うものであると取締役会が判断した理由

取締役の個人別の報酬等の内容の決定にあたっては指名・報酬諮問委員会に諮問し、当該委員会にて決定方針との整合性を含めた多角的な検討を行っているため、取締役会も基本的にその答申を尊重し決定方針に沿うものであると判断しております。

d.監査役の報酬の決定方針等

監査役の報酬は、報酬限度額である年額36,000千円以内で監査役の協議により決定しております。なお、監査役は、その役割に鑑み、基本報酬として支払われる固定報酬のみとし、業績連動報酬は支給しないこととしております。

e.業績連動報酬等に関する事項

業績連動報酬は、常勤取締役に対して会社業績の達成度により支払うこととしており、当期純利益に応じて各取締役の基本報酬に下表に示す係数を乗じた金額としております。業績連動報酬の指標として当期純利益を選択した理由は、当期純利益は、事業年度の活動を通じて得られた最終の期間損益であり期間の企業価値向上に直結しているため当社の企業価値向上と株主の皆様の利益最大化について責任を持つ取締役の報酬決定の指標としてふさわしいものと考えたためであります。

なお、当事業年度における業績連動報酬に係る指標の目標は、当期純利益390,000千円であり、その実績は408,967千円でした。なお、下表の適用にあたっては、業績連動報酬控除前の金額にて算出しております。

当期純利益(業績連動報酬控除前)

係数

 500,000千円以上

3.00

 475,000千円以上500,000千円未満

2.95

 450,000千円以上475,000千円未満

2.90

 425,000千円以上450,000千円未満

2.85

 400,000千円以上425,000千円未満

2.80

 375,000千円以上400,000千円未満

2.75

 350,000千円以上375,000千円未満

2.70

 325,000千円以上350,000千円未満

2.65

 300,000千円以上325,000千円未満

2.60

 275,000千円以上300,000千円未満

2.50

 250,000千円以上275,000千円未満

2.40

 225,000千円以上250,000千円未満

2.30

 200,000千円以上225,000千円未満

2.20

 175,000千円以上200,000千円未満

2.10

 150,000千円以上175,000千円未満

2.00

 125,000千円以上150,000千円未満

1.75

 100,000千円以上125,000千円未満

1.50

 100,000千円未満

 業績連動報酬の支給合計額の上限額は30,000千円とし、当期純利益が100,000千円未満の場合は業績連動報酬を支給いたしません。なお、各取締役の基本報酬に係数を乗じた合計額が上限額の30,000千円を超えた場合は、次のとおりといたします。

各取締役の業績連動報酬=基本報酬に係数を乗じた金額×{30,000千円÷(基本報酬に係数を乗じた業績連動報酬の合計額)}

 

f.取締役及び監査役の報酬等についての株主総会の決議に関する事項

取締役の報酬等は2013年6月27日開催の第64回定時株主総会において年額180,000千円以内(うち社外取締役分14,000千円以内)と決議しております(使用人兼務取締役の使用人分給与相当額(使用人分賞与含む)を除く。)。当該定時株主総会終結時点の取締役の員数は8名(うち社外取締役2名)です。

監査役の報酬等は2013年6月27日開催の第64回定時株主総会において年額36,000千円以内と決議しております。当該定時株主総会終結時点の監査役の員数は4名です。

g.取締役の個人別の報酬等の決定に係る委任に関する事項

当事業年度における取締役の個人別の報酬等は、2020年6月25日開催の取締役会にて、専ら取締役会で決議された内規に則り役員の役位別の具体的金額を決定することとし、その細部及び手続き等については取締役社長山口央に委任する旨の決議をしております。委任した理由は、内規に則り具体的金額を決定することの細部及び手続き等に関する実務は、会社業務を統括する取締役社長が行うのが最も合理的であるからです。なお、取締役社長は、指名・報酬諮問委員会での審議結果に基づいて当事業年度についての当該権限を行使することを、同取締役会で決議しております。

②  役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

役員区分

報酬等の総額

(千円)

報酬等の種類別の総額(千円)

対象となる

役員の員数

(人)

固定報酬

業績連動報酬

退職慰労金

左記のうち、非金銭報酬等

取締役

(社外取締役を除く)

145,947

118,775

27,172

-

-

9

監査役

(社外監査役を除く)

13,668

13,668

-

-

-

1

社外役員

21,945

21,945

-

-

-

7

(注)1.取締役の固定報酬の額には、使用人兼務取締役の使用人分給与は含まれておりません。

   2.取締役の業績連動報酬の額は、当期における役員業績報酬引当金繰入額であります。

 

(5)【株式の保有状況】

①  投資株式の区分の基準及び考え方

当社は、保有目的が純投資目的である投資株式と純投資目的以外の目的である投資株式の区分について、専ら株式の価値の変動又は株式に係わる配当によって利益を受けることを目的とする株式を純投資目的である投資株式としており、それ以外の株式を純投資目的以外の目的である投資株式としております。

 

②  保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

a.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の内容

当社は、中長期的な観点から取引先との良好な取引関係を構築し、事業の円滑な推進を図り、企業価値の維持・向上に資すると判断される場合にのみ、取引先の株式を保有しております。

当該投資株式につきましては個社別に保有目的の適切性や経済合理性について毎年取締役会での検証を実施しております。具体的には事業取引に伴う利益、保有株式の配当利回りを踏まえました総合的な便益と時価変動リスクが資本コスト等に見合っているか否かを確認し、当社の保有方針に照らし合わせたうえ、保有の適否を検証しております。

 

b.銘柄数及び貸借対照表計上額

 

銘柄数

(銘柄)

貸借対照表計上額の

合計額(千円)

非上場株式

4

36,599

非上場株式以外の株式

13

1,963,214

 

(当事業年度において株式数が増加した銘柄)

 

銘柄数

(銘柄)

株式数の増加に係る取得

価額の合計額(千円)

株式数の増加の理由

非上場株式

-

-

-

非上場株式以外の株式

5

3,398

取引先持株会月例買付による取得

 

(当事業年度において株式数が減少した銘柄)

 

銘柄数

(銘柄)

株式数の減少に係る売却

価額の合計額(千円)

非上場株式

-

-

非上場株式以外の株式

1

182,763

 

c.特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報

特定投資株式

銘柄

当事業年度

前事業年度

保有目的、定量的な保有効果

及び株式数が増加した理由

当社の株式の

保有の有無

株式数(株)

株式数(株)

貸借対照表計上額

(千円)

貸借対照表計上額

(千円)

株式会社パイロットコーポレーション

261,400

324,400

精密加工事業部に係わる安定的な営業取引関係の維持・強化による当社の企業価値向上が保有の目的となります。

922,742

1,166,218

オークマ株式会社

49,200

49,200

機械事業部に係わる機械設備導入等の取引関係の維持・強化による当社の企業価値向上が保有の目的となります。

312,420

171,462

株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ

436,090

436,090

安定的な金融取引による当社の企業価値向上が保有の目的となります。

(注)2

258,034

175,744

岡谷鋼機株式会社

19,600

19,600

精密加工事業部及び機械事業部に係わる安定的な営業取引関係の維持・強化による当社の企業価値向上が保有の目的となります。

178,556

157,780

旭化成株式会社

68,495

68,495

精密加工事業部に係わる安定的な原材料等の仕入取引関係の維持・強化による当社の企業価値向上が保有の目的となります。

87,296

52,384

三菱重工業株式会社

21,160

20,518

機械事業部に係わる安定的な営業取引関係の維持・強化による当社の企業価値向上が保有の目的となります。株式数の増加理由は取引先持株会月例買付による取得であります。

72,982

56,067

株式会社大真空

22,702

22,642

精密加工事業部に係わる安定的な営業取引関係の維持・強化による当社の企業価値向上が保有の目的となります。株式数の増加理由は取引先持株会月例買付による取得であります。

56,210

33,624

株式会社名古屋銀行

8,000

8,000

安定的な金融取引による当社の企業価値向上が保有の目的となります。

25,200

20,912

日東工業株式会社

11,110

10,552

精密加工事業部に係わる安定的な営業取引関係の維持・強化による当社の企業価値向上が保有の目的となります。株式数の増加理由は取引先持株会月例買付による取得であります。

22,532

18,245

株式会社みずほフィナンシャルグループ

10,267

102,670

安定的な金融取引による当社の企業価値向上が保有の目的となります。

(注)3、4

16,416

12,690

株式会社ジェイテクト

8,185

8,185

機械事業部に係わる安定的な営業取引関係の維持・強化による当社の企業価値向上が保有の目的となります。

9,249

6,015

日本特殊陶業株式会社

466

323

精密加工事業部に係わる安定的な営業取引関係の維持・強化による当社の企業価値向上が保有の目的となります。株式数の増加理由は取引先持株会月例買付による取得であります。

891

492

大同メタル工業株式会社

1,158

687

機械事業部に係わる安定的な営業取引関係の維持・強化による当社の企業価値向上が保有の目的となります。株式数の増加理由は取引先持株会月例買付による取得であります。

681

369

 

(注)1.各銘柄の定量的な保有効果の記載は困難ですが、保有株式につきましては事業取引に伴う利益、保有株式の配当利回りを踏まえました総合的な便益と時価変動リスクが資本コスト等に見合っているか否かを確認し、当社の保有方針に照らし合わせたうえ、保有の適否を毎年取締役会にて検証を実施しております。

   2.株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループは当社株式を保有しておりませんが、同社子会社である株式会社三菱UFJ銀行は当社株式を保有しております。

   3.株式会社みずほフィナンシャルグループは当社株式を保有しておりませんが、同社子会社である株式会社みずほ銀行は当社株式を保有しております。

   4.株式会社みずほフィナンシャルグループは2020年10月1日付で普通株式10株を1株に株式併合しております。

 

③  保有目的が純投資目的である投資株式

該当事項はありません。

 

第5【経理の状況】

1.財務諸表の作成方法について

 当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号)に基づいて作成しております。

 

2.監査証明について

 当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、事業年度(2020年4月1日から2021年3月31日まで)の財務諸表について、東陽監査法人による監査を受けております。

3.連結財務諸表について

 連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則(昭和51年大蔵省令第28号)第5条第2項により、当社では、子会社の資産、売上高、損益、利益剰余金及びキャッシュ・フローその他の項目から見て、当企業集団の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に関する合理的な判断を誤らせない程度に重要性が乏しいものとして、連結財務諸表は作成しておりません。

 なお、資産基準、売上高基準、利益基準(最近5年間の平均純損益で計算しております。)及び利益剰余金基準による割合は次のとおりであります。

資産基準           0.8%

売上高基準         0.0%

利益基準           1.1%

利益剰余金基準       1.8%

4.財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

当社は、財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内容を適切に把握し、又は会計基準の変更等について的確に対応できる体制を整備するため、公益財団法人財務会計基準機構へ加入しております。

1【財務諸表等】

(1)【財務諸表】

①【貸借対照表】

 

 

(単位:千円)

 

前事業年度

(2020年3月31日)

当事業年度

(2021年3月31日)

資産の部

 

 

流動資産

 

 

現金及び預金

4,241,168

6,976,589

受取手形

70,734

43,101

電子記録債権

815,425

810,006

売掛金

2,205,700

2,003,407

製品

237,054

178,670

仕掛品

2,510,772

2,473,305

原材料及び貯蔵品

645,840

564,840

前払費用

23,480

22,421

その他

45,818

72,696

貸倒引当金

4,500

3,800

流動資産合計

10,791,495

13,141,240

固定資産

 

 

有形固定資産

 

 

建物

6,781,749

6,722,080

減価償却累計額

4,660,895

4,761,781

建物(純額)

2,120,853

1,960,299

構築物

1,229,230

1,287,661

減価償却累計額

938,856

966,403

構築物(純額)

290,374

321,258

機械及び装置

14,347,631

14,300,165

減価償却累計額

12,281,047

12,626,853

機械及び装置(純額)

2,066,583

1,673,312

車両運搬具

193,808

187,294

減価償却累計額

164,599

171,131

車両運搬具(純額)

29,208

16,163

工具、器具及び備品

1,627,827

1,613,091

減価償却累計額

1,493,008

1,468,466

工具、器具及び備品(純額)

134,818

144,624

土地

647,760

665,733

リース資産

29,271

19,948

減価償却累計額

19,167

14,961

リース資産(純額)

10,103

4,987

建設仮勘定

106,619

266,057

有形固定資産合計

5,406,323

5,052,435

 

 

 

 

(単位:千円)

 

前事業年度

(2020年3月31日)

当事業年度

(2021年3月31日)

無形固定資産

 

 

ソフトウエア

90,866

84,930

リース資産

7,616

4,231

その他

2,081

2,051

無形固定資産合計

100,565

91,213

投資その他の資産

 

 

投資有価証券

2,008,607

2,099,814

関係会社株式

10,000

10,000

長期前払費用

17,202

120

前払年金費用

40,302

46,641

繰延税金資産

-

30,090

その他

127,737

127,804

投資その他の資産合計

2,203,851

2,314,471

固定資産合計

7,710,739

7,458,120

資産合計

18,502,235

20,599,360

負債の部

 

 

流動負債

 

 

支払手形

196,610

261,060

電子記録債務

1,711,359

1,604,671

買掛金

557,109

665,866

短期借入金

1,700,000

2,930,000

リース債務

9,182

7,964

未払金

359,427

495,285

未払費用

67,522

78,941

未払法人税等

143,464

247,240

前受金

7,855

140,622

預り金

21,503

20,895

賞与引当金

203,407

266,708

役員業績報酬引当金

30,000

27,172

その他

-

226

流動負債合計

5,007,443

6,746,656

固定負債

 

 

リース債務

9,956

1,991

繰延税金負債

904

-

退職給付引当金

807,193

868,917

その他

126,342

82,776

固定負債合計

944,396

953,685

負債合計

5,951,840

7,700,341

 

 

 

 

(単位:千円)

 

前事業年度

(2020年3月31日)

当事業年度

(2021年3月31日)

純資産の部

 

 

株主資本

 

 

資本金

4,175,416

4,175,416

資本剰余金

 

 

資本準備金

3,468,202

3,468,202

資本剰余金合計

3,468,202

3,468,202

利益剰余金

 

 

利益準備金

449,500

449,500

その他利益剰余金

 

 

別途積立金

2,392,500

2,392,500

繰越利益剰余金

2,620,093

2,860,358

利益剰余金合計

5,462,093

5,702,358

自己株式

1,431,406

1,432,460

株主資本合計

11,674,306

11,913,517

評価・換算差額等

 

 

その他有価証券評価差額金

876,088

985,659

繰延ヘッジ損益

-

158

評価・換算差額等合計

876,088

985,500

純資産合計

12,550,395

12,899,018

負債純資産合計

18,502,235

20,599,360

 

②【損益計算書】

 

 

(単位:千円)

 

前事業年度

(自 2019年4月1日

 至 2020年3月31日)

当事業年度

(自 2020年4月1日

 至 2021年3月31日)

売上高

13,941,653

11,756,345

売上原価

 

 

製品期首たな卸高

148,630

237,054

当期製品製造原価

12,041,427

10,302,143

合計

12,190,058

10,539,197

他勘定振替高

※2 142

-

製品期末たな卸高

237,054

178,670

製品売上原価

※4 11,952,861

※4 10,360,527

売上総利益

1,988,791

1,395,817

販売費及び一般管理費

 

 

役員報酬

164,895

154,388

給料手当及び賞与

479,848

506,102

賞与引当金繰入額

38,628

55,030

役員業績報酬引当金繰入額

30,000

27,172

退職給付費用

34,328

31,608

減価償却費

32,848

29,052

その他

※1 919,594

※1 816,462

販売費及び一般管理費合計

1,700,142

1,619,817

営業利益又は営業損失(△)

288,649

224,000

営業外収益

 

 

受取利息

503

503

受取配当金

52,192

48,005

固定資産賃貸料

※3 31,529

※3 33,694

雇用調整助成金

-

48,652

その他

8,644

8,383

営業外収益合計

92,870

139,238

営業外費用

 

 

支払利息

7,227

18,100

固定資産賃貸費用

12,995

19,528

コミットメントフィー

-

6,684

その他

2,038

1,055

営業外費用合計

22,260

45,368

経常利益又は経常損失(△)

359,258

130,130

特別利益

 

 

投資有価証券売却益

188,639

161,472

受取補償金

-

※5 562,627

特別利益合計

188,639

724,100

税引前当期純利益

547,897

593,969

法人税、住民税及び事業税

127,432

215,457

法人税等調整額

15,983

30,455

法人税等合計

143,416

185,002

当期純利益

404,480

408,967

 

【製造原価明細書】

 

 

前事業年度

(自 2019年4月1日

至 2020年3月31日)

当事業年度

(自 2020年4月1日

至 2021年3月31日)

区分

注記

番号

金額(千円)

構成比

(%)

金額(千円)

構成比

(%)

Ⅰ 材料費

 

5,724,194

47.8

4,858,042

46.6

Ⅱ 労務費

 

3,012,782

25.1

2,999,709

28.8

Ⅲ 経費

 

3,243,576

27.1

2,557,772

24.6

(うち外注加工費)

 

(1,480,005)

(12.4)

(993,156)

(9.5)

(うち減価償却費)

 

(764,913)

(6.4)

(767,467)

(7.4)

当期総製造費用

 

11,980,553

100.0

10,415,525

100.0

期首仕掛品たな卸高

 

2,691,767

 

2,510,772

 

合計

 

14,672,320

 

12,926,297

 

他勘定振替高

120,120

 

150,848

 

期末仕掛品たな卸高

 

2,510,772

 

2,473,305

 

当期製品製造原価

 

12,041,427

 

10,302,143

 

 

原価計算の方法

 小口径銃弾は組別工程別総合原価計算、精密金属加工品は総合原価計算、プレス機械、自動機・専用機、ばね機械及び航空機部品は個別原価計算の方法を採用しております。

 

(注)※ 他勘定振替高の内訳は次のとおりであります。

(単位:千円)

 

内訳

前事業年度

(自 2019年4月1日

至 2020年3月31日)

当事業年度

(自 2020年4月1日

至 2021年3月31日)

固定資産

50,027

87,666

販売費及び一般管理費

59,099

53,887

貯蔵品(消耗工具器具)

2,298

1,210

営業外費用

8,694

8,083

120,120

150,848

 

③【株主資本等変動計算書】

前事業年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

 

 

 

 

 

 

(単位:千円)

 

株主資本

 

資本金

資本剰余金

利益剰余金

 

資本準備金

資本剰余金

合計

利益準備金

その他利益剰余金

利益剰余金

合計

 

別途積立金

繰越利益

剰余金

当期首残高

4,175,416

3,468,202

3,468,202

449,500

2,392,500

2,384,438

5,226,438

当期変動額

 

 

 

 

 

 

 

剰余金の配当

 

 

 

 

 

168,825

168,825

当期純利益

 

 

 

 

 

404,480

404,480

自己株式の取得