EDINET閲覧(提出)サイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)をもとに上場企業サーチ作成

本ページはEDINETに提出された開示情報を上場企業サーチが加工/編集したものであり、記載された情報の正確性および完全性について上場企業サーチは一切の保証を行いません。本ページの情報を利用する際は自己の責任で判断頂き、意思決定に際しては適宜EDINETや提出会社が公開するオリジナルを参照する様にしてください。本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

【表紙】

 

【提出書類】

有価証券報告書

【根拠条文】

金融商品取引法第24条第1項

【提出先】

近畿財務局長

【提出日】

2021年3月31日

【事業年度】

第115期(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)

【会社名】

日東精工株式会社

【英訳名】

NITTOSEIKO CO.,LTD.

【代表者の役職氏名】

代表取締役社長  材木 正己

【本店の所在の場所】

京都府綾部市井倉町梅ヶ畑20番地

【電話番号】

(0773)42-3111

【事務連絡者氏名】

取締役執行役員 財務部門担当兼監査部門担当  松本 真一

【最寄りの連絡場所】

大阪府東大阪市本庄西一丁目6番4号

【電話番号】

(06)6745-8357

【事務連絡者氏名】

大阪支店長  村上 宏樹

【縦覧に供する場所】

日東精工株式会社東京支店

(横浜市港北区綱島東六丁目2番21号)

日東精工株式会社大阪支店

(大阪府東大阪市本庄西一丁目6番4号)

日東精工株式会社名古屋支店

(名古屋市名東区上社五丁目405番地)

株式会社東京証券取引所

(東京都中央区日本橋兜町2番1号)

 

E02296 59570 日東精工株式会社 NITTOSEIKO CO.,LTD. 企業内容等の開示に関する内閣府令 第三号様式 Japan GAAP true CTE CTE 2020-01-01 2020-12-31 FY 2020-12-31 2019-01-01 2019-12-31 2019-12-31 1 false false false E02296-000 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E02296-000:AkiraKitataniMember E02296-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row8Member E02296-000 2020-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp_cor:CorporateSharedMember E02296-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E02296-000 2020-12-31 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E02296-000 2020-12-31 jpcrp_cor:SharesWithNoVotingRightsMember E02296-000 2020-12-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsTreasurySharesEtcMember E02296-000 2020-12-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsOtherMember E02296-000 2018-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E02296-000 2018-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E02296-000 2018-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E02296-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember E02296-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ReserveForReductionEntryOfReplacedPropertyMember E02296-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:GeneralReserveMember E02296-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E02296-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E02296-000 2019-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E02296-000 2019-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember E02296-000 2019-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E02296-000 2019-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ReserveForDividends3Member E02296-000 2020-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E02296-000 2020-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E02296-000 2020-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember E02296-000 2019-12-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E02296-000 2018-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E02296-000 2018-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E02296-000 2018-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember E02296-000 2018-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E02296-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E02296-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E02296-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ReserveForReductionEntryOfReplacedPropertyMember E02296-000 2020-12-31 jpcrp_cor:SharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E02296-000 2020-12-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesTreasurySharesSharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E02296-000 2020-12-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesReciprocalHoldingSharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E02296-000 2020-12-31 jpcrp_cor:SharesWithFullVotingRightsOtherMember E02296-000 2020-12-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsOtherMember E02296-000 2020-12-31 jpcrp_cor:SharesLessThanOneUnitMember E02296-000 2020-12-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesLessThanOneUnitMember E02296-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E02296-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E02296-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E02296-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E02296-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E02296-000 2019-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E02296-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E02296-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E02296-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E02296-000 2020-12-31 jpcrp_cor:Row1Member E02296-000 2020-12-31 jpcrp_cor:Row2Member E02296-000 2020-12-31 jpcrp_cor:Row3Member E02296-000 2020-12-31 jpcrp_cor:Row4Member E02296-000 2019-12-31 jpcrp_cor:Row1Member E02296-000 2019-12-31 jpcrp_cor:Row2Member E02296-000 2019-12-31 jpcrp_cor:Row3Member E02296-000 2019-12-31 jpcrp_cor:Row4Member E02296-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row1Member E02296-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row2Member E02296-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row3Member E02296-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row4Member E02296-000 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E02296-000:MasamiZaikiMember E02296-000 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E02296-000:TakeshiSawaiMember E02296-000 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E02296-000:NobuhiroUejimaMember E02296-000 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E02296-000:ShigehiroYamazoeMember E02296-000 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E02296-000:ShinichiMatsumotoMember E02296-000 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E02296-000:MakotoAragaMember E02296-000 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E02296-000:MitsuruShiomiMember E02296-000 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E02296-000:KazuyukiHiraoMember E02296-000 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E02296-000:KonomiKatsumiMember E02296-000 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E02296-000:KatsuhikoMizoguchiMember E02296-000 2020-01-01 2020-12-31 jpcrp_cor:DirectorsExcludingOutsideDirectorsMember E02296-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:ReserveForDividends3Member jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02296-000 2020-12-31 jpcrp_cor:No1MajorShareholdersMember E02296-000 2020-12-31 jpcrp_cor:No2MajorShareholdersMember E02296-000 2020-12-31 jpcrp_cor:No3MajorShareholdersMember E02296-000 2020-12-31 jpcrp_cor:No4MajorShareholdersMember E02296-000 2020-12-31 jpcrp_cor:No5MajorShareholdersMember E02296-000 2020-12-31 jpcrp_cor:No6MajorShareholdersMember E02296-000 2020-12-31 jpcrp_cor:No7MajorShareholdersMember E02296-000 2020-12-31 jpcrp_cor:No8MajorShareholdersMember E02296-000 2020-01-01 2020-12-31 jpcrp_cor:UnallocatedAmountsAndEliminationMember E02296-000 2020-01-01 2020-12-31 jpcrp_cor:CorporateAuditorsExcludingOutsideCorporateAuditorsMember E02296-000 2020-01-01 2020-12-31 jpcrp_cor:OutsideDirectorsAndOtherOfficersMember E02296-000 2020-12-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E02296-000 2020-12-31 jpcrp_cor:UnallocatedAmountsAndEliminationMember E02296-000 2020-12-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E02296-000 2020-12-31 jpcrp030000-asr_E02296-000:ControlSystemReportableSegmentsMember E02296-000 2020-12-31 jpcrp030000-asr_E02296-000:MachineryReportableSegmentsMember E02296-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E02296-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E02296-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E02296-000 2019-12-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E02296-000 2019-12-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E02296-000 2019-12-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E02296-000 2019-12-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E02296-000 2019-12-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E02296-000 2019-12-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E02296-000 2019-12-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E02296-000 2019-12-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E02296-000 2020-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E02296-000 2020-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E02296-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E02296-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E02296-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E02296-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E02296-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember E02296-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E02296-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ReserveForDividends3Member E02296-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:GeneralReserveMember E02296-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E02296-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E02296-000 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E02296-000:HirokazuTaganoMember E02296-000 2018-12-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E02296-000 2018-12-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E02296-000 2018-12-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E02296-000 2018-12-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E02296-000 2018-12-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E02296-000 2018-12-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E02296-000 2018-12-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E02296-000 2018-12-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E02296-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E02296-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row7Member E02296-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row6Member E02296-000 2020-12-31 jpcrp030000-asr_E02296-000:FastenerReportableSegmentsMember E02296-000 2020-01-01 2020-12-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E02296-000 2020-01-01 2020-12-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E02296-000 2020-01-01 2020-12-31 jpcrp030000-asr_E02296-000:ControlSystemReportableSegmentsMember E02296-000 2020-01-01 2020-12-31 jpcrp030000-asr_E02296-000:MachineryReportableSegmentsMember E02296-000 2020-01-01 2020-12-31 jpcrp030000-asr_E02296-000:FastenerReportableSegmentsMember E02296-000 2020-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:GeneralReserveMember E02296-000 2020-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E02296-000 2020-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E02296-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row5Member E02296-000 2021-03-31 E02296-000 2020-12-31 E02296-000 2020-01-01 2020-12-31 E02296-000 2019-12-31 E02296-000 2019-01-01 2019-12-31 E02296-000 2018-12-31 E02296-000 2018-01-01 2018-12-31 E02296-000 2017-12-31 E02296-000 2017-01-01 2017-12-31 E02296-000 2016-12-31 E02296-000 2016-01-01 2016-12-31 E02296-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E02296-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E02296-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E02296-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E02296-000 2019-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ReserveForReductionEntryOfReplacedPropertyMember E02296-000 2019-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:GeneralReserveMember E02296-000 2019-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E02296-000 2020-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E02296-000 2020-12-31 jppfs_cor:ReserveForDividends3Member jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02296-000 2019-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E02296-000 2019-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E02296-000 2019-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E02296-000 2019-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E02296-000 2019-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E02296-000 2020-12-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E02296-000 2020-12-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E02296-000 2020-12-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E02296-000 2020-12-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E02296-000 2020-12-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E02296-000 2020-12-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E02296-000 2020-12-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E02296-000 2020-12-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E02296-000 2020-12-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E02296-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E02296-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E02296-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E02296-000 2018-12-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E02296-000 2018-12-31 jppfs_cor:ReserveForDividends3Member jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02296-000 2018-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ReserveForReductionEntryOfReplacedPropertyMember E02296-000 2018-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:GeneralReserveMember E02296-000 2018-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E02296-000 2018-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E02296-000 2018-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E02296-000 2020-12-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E02296-000 2019-12-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E02296-000 2018-12-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E02296-000 2020-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02296-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02296-000 2019-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02296-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02296-000 2018-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02296-000 2018-01-01 2018-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02296-000 2017-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02296-000 2017-01-01 2017-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02296-000 2016-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02296-000 2016-01-01 2016-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02296-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E02296-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E02296-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E02296-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E02296-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E02296-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E02296-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E02296-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E02296-000 2020-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E02296-000 2020-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E02296-000 2020-12-31 jpcrp_cor:No9MajorShareholdersMember E02296-000 2020-12-31 jpcrp_cor:No10MajorShareholdersMember E02296-000 2019-01-01 2019-12-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E02296-000 2019-01-01 2019-12-31 jpcrp030000-asr_E02296-000:FastenerReportableSegmentsMember E02296-000 2019-01-01 2019-12-31 jpcrp030000-asr_E02296-000:MachineryReportableSegmentsMember E02296-000 2019-01-01 2019-12-31 jpcrp030000-asr_E02296-000:ControlSystemReportableSegmentsMember E02296-000 2019-01-01 2019-12-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E02296-000 2019-12-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E02296-000 2019-12-31 jpcrp030000-asr_E02296-000:FastenerReportableSegmentsMember E02296-000 2019-12-31 jpcrp030000-asr_E02296-000:MachineryReportableSegmentsMember E02296-000 2019-12-31 jpcrp030000-asr_E02296-000:ControlSystemReportableSegmentsMember E02296-000 2019-12-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E02296-000 2019-01-01 2019-12-31 jpcrp_cor:UnallocatedAmountsAndEliminationMember E02296-000 2019-12-31 jpcrp_cor:UnallocatedAmountsAndEliminationMember E02296-000 2020-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ReserveForReductionEntryOfReplacedPropertyMember E02296-000 2020-12-31 jpcrp_cor:Row5Member E02296-000 2020-12-31 jpcrp_cor:Row6Member E02296-000 2019-12-31 jpcrp_cor:Row5Member E02296-000 2019-12-31 jpcrp_cor:Row6Member E02296-000 2020-12-31 jpcrp_cor:CorporateSharedMember E02296-000 2020-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E02296-000:FastenerReportableSegmentsMember E02296-000 2020-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E02296-000:MachineryReportableSegmentsMember E02296-000 2020-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E02296-000:ControlSystemReportableSegmentsMember iso4217:JPY xbrli:shares xbrli:shares xbrli:pure iso4217:JPY

第一部【企業情報】

第1【企業の概況】

1【主要な経営指標等の推移】

(1)連結経営指標等

 

回次

第111期

第112期

第113期

第114期

第115期

決算年月

2016年12月

2017年12月

2018年12月

2019年12月

2020年12月

売上高

(千円)

26,299,969

30,074,312

33,777,793

34,857,199

32,904,538

経常利益

(千円)

2,616,948

2,809,287

3,196,806

2,853,902

1,418,199

親会社株主に帰属する当期純利益

(千円)

1,547,993

1,604,072

2,029,708

1,937,144

764,912

包括利益

(千円)

1,196,046

2,574,262

1,604,106

2,297,345

704,680

純資産額

(千円)

25,196,614

26,808,098

27,674,549

29,600,913

29,858,027

総資産額

(千円)

38,927,662

40,877,351

43,353,846

45,989,266

46,222,277

1株当たり純資産額

(円)

596.72

649.32

678.12

723.66

729.76

1株当たり当期純利益

(円)

40.63

42.45

54.14

52.08

20.78

潜在株式調整後1株当たり当期純利益

(円)

自己資本比率

(%)

57.9

59.5

58.2

57.9

58.1

自己資本利益率

(%)

7.0

6.8

8.2

7.5

2.9

株価収益率

(倍)

10.3

15.8

9.9

12.3

21.6

営業活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

2,582,784

1,995,240

3,128,873

2,633,537

3,368,561

投資活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

848,988

1,808,615

1,527,546

476,929

3,164,145

財務活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

1,244,062

1,697,438

1,093,501

665,457

871,934

現金及び現金同等物の期末残高

(千円)

7,235,135

5,857,072

6,055,169

9,012,114

8,299,433

従業員数

(人)

1,518

1,651

1,830

1,828

1,856

(外、平均臨時雇用人員)

(302)

(342)

(368)

(341)

(302)

(注)1 売上高には、消費税等は含まれておりません。

2 潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載をしておりません。

3 「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第114期の期首から適用しており、第113期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。

4 第112期より「役員向け株式交付信託」を導入しており、信託財産として株式会社日本カストディ銀行が保有する当社株式は、1株当たり純資産額の算定上、期末発行済株式数から控除する自己株式に含めております。また、1株当たり当期純利益の算定上、期中平均株式数の計算において控除する自己株式に含めております。

(2)提出会社の経営指標等

回次

第111期

第112期

第113期

第114期

第115期

決算年月

2016年12月

2017年12月

2018年12月

2019年12月

2020年12月

売上高

(千円)

16,328,398

16,907,204

17,726,473

16,924,398

14,188,625

経常利益

(千円)

1,662,031

1,917,159

2,165,216

2,165,909

1,357,134

当期純利益

(千円)

1,074,345

1,363,017

1,563,259

1,666,503

1,056,988

資本金

(千円)

3,522,580

3,522,580

3,522,580

3,522,580

3,522,580

発行済株式総数

(株)

39,985,017

39,985,017

39,985,017

39,985,017

39,985,017

純資産額

(千円)

19,282,973

20,159,406

21,093,938

22,006,107

22,638,863

総資産額

(千円)

27,447,815

28,624,661

29,743,829

30,237,006

30,284,825

1株当たり純資産額

(円)

507.64

534.95

564.09

594.72

611.48

1株当たり配当額

(円)

9.00

9.00

12.00

12.00

8.50

(内、1株当たり中間配当額)

(4.00)

(4.50)

(5.50)

(6.00)

(4.00)

1株当たり当期純利益

(円)

28.06

35.88

41.48

44.56

28.56

潜在株式調整後1株当たり当期純利益

(円)

自己資本比率

(%)

70.3

70.4

70.9

72.8

74.8

自己資本利益率

(%)

5.7

6.9

7.6

7.7

4.7

株価収益率

(倍)

14.9

18.6

13.0

14.4

15.7

配当性向

(%)

32.1

25.1

28.9

26.9

29.8

従業員数

(人)

544

540

545

545

551

(外、平均臨時雇用人員)

(69)

(71)

(79)

(75)

(54)

株主総利回り

(%)

131.1

211.4

174.8

210.2

153.4

(比較指標:配当込みTOPIX)

(%)

(100.3)

(122.6)

(103.0)

(121.7)

(130.7)

最高株価

(円)

461

702

832

676

645

最低株価

(円)

229

401

467

453

345

(注)1 売上高には、消費税等は含まれておりません。

2 潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載をしておりません。

3 「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第114期の期首から適用しており、第113期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。

4 最高株価及び最低株価は東京証券取引所(市場第一部)におけるものであります。

5 第112期より「役員向け株式交付信託」を導入しており、信託財産として株式会社日本カストディ銀行が保有する当社株式は、1株当たり純資産額の算定上、期末発行済株式数から控除する自己株式に含めております。また、1株当たり当期純利益の算定上、期中平均株式数の計算において控除する自己株式に含めております。

 

2【沿革】

年月

沿革

1938年2月

資本金7万円をもって日東精工株式会社を設立(京都府綾部市井倉町梅ヶ畑20番地)、特殊時計及びダイヤルゲージの製造を開始(設立年月日 1938年2月25日)

1952年5月

大阪出張所(現 大阪支店)開設

1956年8月

工業用ファスナーの製造を開始

1957年4月

精密流量計の製造を開始

1960年7月

東京出張所(現 東京支店)開設

1963年6月

名古屋出張所(現 名古屋支店)開設

1965年1月

産業用機械の製造を開始

1968年8月

京都府綾部市に精密機器、工業用ファスナーの製造・販売のため日東公進株式会社(現 連結子会社)を設立

1971年2月

大阪証券取引所(現 株式会社東京証券取引所)市場第2部に上場

1974年3月

京都府綾部市に工業用ファスナーの熱処理加工のため株式会社ニッセイ(現 連結子会社)を設立

1979年8月

台湾高雄市に工業用ファスナーの製造・販売のため合弁会社旭和螺絲工業股份有限公司(現 連結子会社)を設立

1980年6月

大阪証券取引所(現 株式会社東京証券取引所)市場第1部に指定替え上場

1982年7月

工業用ファスナーの合理化工場として京都府綾部市に八田工場竣工

1984年5月

京都府綾部市の八田工場内にファスナー事業部管理センター竣工

1984年12月

米国ミシガン州に産業機械の製造・販売のため現地法人VSI AUTOMATION ASSEMBLY,INC.を設立(2009年12月閉鎖、2010年8月清算結了)

1985年6月

インドネシア共和国バンテン州に工業用ファスナーの製造・販売のため合弁会社PT.NITTO ALAM INDONESIA(現 連結子会社)を設立

1985年8月

東京証券取引所(現 株式会社東京証券取引所)市場第1部に上場

1987年6月

群馬県前橋市において鋲螺類の製造・販売を行う東洋圧造株式会社(現 連結子会社)に資本参加

1988年10月

タイ国サムットプラカーン県に工業用ファスナーの製造・販売のため合弁会社NITTO SEIKO (THAILAND) CO.,LTD.(現 連結子会社)を設立

1990年7月

マレーシアセランゴール州に工業用ファスナーの製造・販売のため合弁会社MALAYSIAN PRECISION MANUFACTURING SDN.BHD.(現 連結子会社)を設立

1991年7月

京都府綾部市に産業機器の組立・製造工場として城山工場竣工

1995年12月

ファスナー部門において品質保証の国際規格ISO9002の認証を取得

1998年8月

京都府綾部市に城山第2工場竣工

2000年5月

本社工場及び八田工場において環境管理の国際規格ISO14001の認証を取得

2001年9月

中国浙江省において工業用ファスナーの製造・販売を行う日東精密螺絲工業(浙江)有限公司(現 連結子会社)に資本参加

2009年11月

アメリカ支店開設(2016年6月アメリカミシガン支店に改称)

2013年7月

タイ国パトゥムタニー県に産業用機械の製造販売および輸入販売を行うTHAI NITTO SEIKO MACHINERY CO.,LTD.(現 連結子会社)を設立

2013年9月

 

2014年7月

 

インドネシア共和国バンテン州に工業用ファスナー等の輸入販売を行うPT.INDONESIA NITTO SEIKO

TRADING(現 連結子会社)を設立

京都府綾部市において工具類の製造・販売を行う東陽精工株式会社(現 連結子会社)の株式の一部を追加取得(東陽精工株式会社は持分法適用会社から連結子会社に変更)

2016年6月

アメリカテネシー支店開設

2016年10月

奈良県五條市においてボルト・ナット及び各種ファスナー等の製造・販売を行う株式会社協栄製作所(現 連結子会社)の株式を取得

2017年6月

京都市に研究開発拠点として京都R&Dセンターを開設

2017年7月

広島営業所開設

2017年8月

韓国支店開設

2017年10月

米国ミシガン州に産業機械等の製造販売のため現地法人NITTO SEIKO AMERICA CORPORATION(現 連結子会社)を設立

2018年1月

連結子会社のPT.NITTO ALAM INDONESIAが、インドネシア共和国西ジャワ州にブカシ工場(第2工場)を設立

 

年月

沿革

2018年5月

長野県上伊那郡箕輪町において精密プレス製品及び金型等の製造・販売を行う株式会社伸和精工

 

(現 連結子会社)の株式を取得

2020年4月

神奈川県大和市において分析関連機器の開発・製造・販売・メンテナンスを行う日東精工アナリテッ

 

ク株式会社(2020年4月1日付で株式会社三菱ケミカルアナリテックより商号変更、現 連結子会社)の株式を取得

 

 

3【事業の内容】

 当社グループは、当社及び子会社27社と関連会社6社で構成され、工業用ファスナー及び工具類(ファスナー事業)、産業用機械及び精密機器(産機事業)、計測制御機器及びその他製品(制御事業)の製造及び販売を主たる事業の内容としております。

 当社グループの事業における位置付け及びセグメントとの主な関連は、次のとおりであります。

 

(1)ファスナー事業

 当部門は、精密ねじ部品を基軸に、大幅な合理化を推進する特殊冷間圧造部品などの製造、販売を行っております。当社は、上記製品の設計、原材料の調達、加工、検査、包装までを一貫して行い、関係会社から仕入れた完成品とともに、これら製品を国内及びアジア、北米を中心とする海外市場にて販売しております。

 国内には、工業用ファスナーの製造・販売を行っている東洋圧造㈱及び㈱協栄製作所、工業用ファスナーに使用される工具類の製造・販売を行っている東陽精工㈱、工業用ファスナーの製造工程の一部を受託している㈱ニッセイ及び㈱ファイン、精密プレス製品及び金型の製造・販売を行っている㈱伸和精工、工業用ファスナーなどの販売を行う関係会社4社(和光㈱、松浦屋㈱、他2社)があります。また、海外には、工業用ファスナーなどの製造・販売を行っている関係会社10社(旭和螺絲工業股份有限公司、PT.NITTO ALAM INDONESIA、他8社)などがあります。

 

(2)産機事業

 当部門は、組立工場の自動化、高品質化、高効率化を実現するためのフリーサイクルコンベア、自動ねじ締め機、自動リベットかしめ機、各種ロボット等の自動組立装置の製造、販売を行っております。国内においては、当社及び日東公進㈱において、設計、原材料の調達、加工、組立、検査、梱包までを一貫して行い、これら製品を国内及び海外各地域で販売しております。また、海外には、産業用機械の製造・販売を行っているTHAI NITTO SEIKO MACHINERY CO.,LTD.及びNITTO SEIKO AMERICA CORPORATIONがあります。

 

(3)制御事業

 当部門は、長年培ってきた精密加工技術を生かし、各種流量計をはじめ数多くの流体計測機器、画像センサを用いた高性能検査選別装置、地質調査用の自動貫入試験機そして環境負荷を低減するマイクロバブル洗浄装置などを製造、販売しております。国内には、分析関連機器の開発・製造・販売・メンテナンスを行っている日東精工アナリテック㈱があります。

 

[事業系統図]

 事業の主な系統図は以下のとおりであります。

0101010_001.png

 

 

4【関係会社の状況】

会社名

住所

資本金

(千円)

主要な事業の内容

議決権の所有割合

(%)

関係内容

役員の兼任等

資金援助

営業上の取引

設備の賃貸借

当社

役員

(名)

当社

従業員

(名)

(連結子会社)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 日東公進㈱

京都府

綾部市

20,000

精密機械装置の

製造・販売

100.0

3

-

原材料の供給

製品の仕入れ

土地建物賃貸

 

和光㈱

 

群馬県

邑楽郡大泉町

90,000

工業用ファスナーの販売

100.0

1

2

資金の貸付

製品の供給

商品の仕入れ

土地建物賃貸

東洋圧造㈱

群馬県

前橋市

90,000

鋲螺類の製造

・販売

100.0

1

2

資金の貸付

原材料の供給

製品の仕入れ

土地建物賃貸

日東工具販売㈱

大阪府

東大阪市

15,000

工具類の販売

100.0

1

3

製品の供給

商品の仕入れ

建物賃貸

㈱ニッセイ

京都府

綾部市

30,000

工業用ファスナーの熱処理加工

100.0

1

3

製品の仕入れ

建物賃貸

㈱ファイン

京都府

綾部市

10,000

工業用ファスナーの検査・包装

100.0

1

3

製品の仕入れ

建物賃貸

東陽精工㈱

京都府

綾部市

40,000

工具類の製造・販売

100.0

1

3

原材料等の供給

製品の仕入れ

㈱協栄製作所

奈良県

五條市

150,000

工業用ファスナーの製造・販売

88.1

1

2

製品の供給

㈱伸和精工

長野県

上伊那郡

箕輪町

173,800

精密プレス製品、金型の製造・販売

100.0

1

2

製品の供給

製品の仕入れ

松浦屋㈱

東京都

品川区

30,000

工業用ファスナーの販売

52.0

1

2

製品の供給

商品の仕入れ

日東精工アナリテック株式会社

神奈川県

大和市

335,000

分析関連機器の開発・製造・販売・メンテナンス

100.0

3

1

NITTO SEIKO

(THAILAND)CO.,LTD.

※1

タイ国

サムットプラカーン県

千バーツ

100,000

工業用ファスナーの製造・販売

57.9

2

3

原材料等の供給

製品の仕入れ

PT.NITTO ALAM INDONESIA

※1

インドネシア共和国バンテン州

千RP

117,230,104

工業用ファスナーの製造・販売

 

100.0

 

1

2

原材料等の供給

製品の仕入れ

旭和螺絲工業

股份有限公司

※1,2

台湾

高雄市

千NT$

100,003

工業用ファスナーの製造・販売

50.0

4

3

原材料等の供給

製品の仕入れ

香港和光精工有限公司

 

香港

千HK$

1,500

工業用ファスナーの販売

100.0

(100.0)

-

1

製品の供給

日東精密螺絲工業

(浙江)有限公司

※1,2

中国

浙江省

千人民元

46,773

工業用ファスナーの製造・販売

50.0

(30.0)

2

2

原材料等の供給

製品の仕入れ

SHI-HO INVESTMENT

CO.,LTD.

※1,2

英国領

ヴァージン諸島

千US$

2,400

中華人民共和国

への投資会社

50.0

(50.0)

-

1

VIETNAM WACOH

CO., LTD.

 

ベトナム社会主義共和国ハイズオン省

千VND

9,021,100

工業用ファスナー等の販売

100.0

(100.0)

-

1

THAI NITTO SEIKO

MACHINERY CO.,LTD.

タイ国

パトゥムタニー県

千バーツ

21,000

産業用機械の製造販売および

輸入販売

100.0

1

2

製品等の供給

商品の仕入れ

PT.INDONESIA

NITTO SEIKO TRADING

 

インドネシア共和国バンテン州

千US$

300

工業用ファスナー等の輸入販売

100.0

(40.0)

1

2

製品等の供給

NITTO SEIKO AMERICA CORPORATION

 

アメリカ合衆国ミシガン州

千US$

1,000

 

産業用機械の輸入販売

100.0

 

2

1

製品等の供給

 

 

会社名

住所

資本金

(千円)

主要な事業の内容

議決権の所有割合

(%)

関係内容

役員の兼任等

資金援助

営業上の取引

設備の賃貸借

当社

役員

(名)

当社

従業員

(名)

MALAYSIAN PRECISION

MANUFACTURING SDN.

BHD.※2

マレーシア セランゴール州

千MS$

9,200

工業用ファスナーの製造・販売

47.5

(4.4)

1

2

製品等の供給

伸和精工(香港)有限公司

香港

千HK$

50

精密プレス製品の販売

100.0

(100.0)

-

1

先端精密金属制品(深セン)有限公司

※1

中国

広東省

千人民元

98,150

精密プレス製品の製造・販売

100.0

(100.0)

-

1

松浦屋香港有限公司

香港

千HK$

500

工業用ファスナーの販売

52.0

(52.0)

-

-

東莞和光汽車零配件

有限公司

中国

広東省

千人民元

3,500

工業用部品の組立および販売

100.0

(100.0)

-

1

(持分法適用関連会社)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

九州日東精工㈱

福岡市

博多区

21,000

工業用ファスナーの販売

33.3

2

-

製品の供給

商品の仕入れ

(注)1 上記会社のうちには、有価証券届出書又は有価証券報告書を提出している会社はありません。

2 議決権の所有割合の( )内は、間接所有割合で内数であります。

3 ※1 特定子会社に該当しております。

※2 持分は100分の50以下ですが、実質的に支配しているため子会社としております。

5【従業員の状況】

(1)連結会社の状況

 

2020年12月31日現在

セグメントの名称

従業員数(人)

ファスナー

1,393

(254)

産機

230

(27)

制御

172

(4)

全社(共通)

61

(17)

合計

1,856

(302)

(注) 従業員数は就業人員であり、臨時従業員数は( )内に年間の平均人員を外数で記載しております。

 

(2)提出会社の状況

 

 

 

 

2020年12月31日現在

従業員数(人)

平均年齢(才)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(円)

551

(54)

41.7

19.7

5,144,625

 

セグメントの名称

従業員数(人)

ファスナー

246

(24)

産機

159

(9)

制御

85

(4)

全社(共通)

61

(17)

合計

551

(54)

(注)1 従業員数は就業人員であり、臨時従業員数は( )内に年間の平均人員を外数で記載しております。

2 平均年間給与は、基準外賃金および賞与を含んでおります。

 

(3)労働組合の状況

 会社と組合は、正常な労使関係を維持しており、特記すべき事項はありません。

 

第2【事業の状況】

1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。

 

(1)経営の基本方針

当社グループは、コア事業である工業用ファスナー、自動組立機械、計測制御・検査機器など多岐にわたる技術、製品群をファスニング・ソリューションとして融合し、「締結・組立・計測検査における真のグローバルメーカー」となることを長期経営ビジョンに掲げております。

当社グループは、コンプライアンスの徹底、環境保護などの社会的責任を果たしつつ自己革新を進め、適正な利益を確保できる強靭な企業体質の構築と、持続可能な成長の実現により、株主、顧客、取引先、地域社会など、すべてのステークホルダーにとっての価値向上を目指しております。

 

(2)経営戦略等

当社グループは、2019年に世界で戦う力を一層高め、成果を生む効率を追求するために、当社グループが共通で取組む中期経営計画を新たに策定いたしました。

当社グループはまず、10年後のビジョンとして『世界中で認められ、求められる「モノづくりソリューショングループ」を目指す』を掲げ、お取引先様から認められ頼りにされるグループを目指します。その最初のステージである4年間を中期経営計画「NITTOSEIKO Mission"G"」と位置づけ、「グループシナジーの追求」「グローバル展開と事業領域拡充の強化」「お客様満足度の追求」「モノづくり力の強化」「ブランド価値の向上」を図ってまいります。

 

(3)経営上の目標の達成状態を判断するための客観的な指標等

当社グループは2019年を初年度とする4ヶ年の中期経営計画において、その最終年度である2022年には、売上高55,000百万円及び営業利益4,705百万円(営業利益率8.6%以上)の達成を目標に取り組んでまいります。

 

(4)優先的に対処すべき業務上及び財務上の課題

当連結会計年度の経済情勢は、世界中が新型コロナウイルスの影響を受け、製造業のサプライチェーンが破壊されただけでなく、観光やサービス業など、あらゆる産業の機能が麻痺しました。このような状況において、当社は、中期経営計画「NITTOSEIKO Mission"G"」で掲げる成長戦略を部分的に見直し、「グループ従業員の健康と安心安全の確保」「低重心経営」に取り組み、グループの存続に傾注しました。

今後の経済情勢は、新型コロナウイルスが収束するまでの間は、経済の回復が遅れ、企業の財務体質だけでなく、コロナ禍の緊急事態における各国の財政政策や金融支援を背景とした国や地方の債務拡大の問題が考えられます

当社グループは、このような状況において、キャッシュ・フローに注視しつつ、成長戦略を再び軌道に戻し、経営方針「高い目標の達成を、高い志で目指す企業集団になろう」のもと、中期経営計画「NITTOSEIKO Mission"G"」の目標達成を目指してまいります。

 

[重点課題]

①「持続的成長企業を目指す」

  当社グループの持続的成長のために業績拡大と次代への種まきに注力します。

②「環境貢献企業を目指す」

  当社製品を通じ環境社会の実現に貢献します。

③「デジタル革新企業を目指す」

  デジタル革新を積極的に取り入れ、新しい仕事のやり方に変革します。

④「グローカル推進企業を目指す」

  地域の活性化とグローバル化を両面で推進します。

⑤「人財活性化企業を目指す」

  多様な人財の活用と働き方改革を推進し、生き生きと働ける企業づくりを進めます。

 

2【事業等のリスク】

 有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資家の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項には、以下のようなものがあります。

 なお、文中における将来に関する事項は、当連結会計年度末(2020年12月31日)現在において当社グループが判断したものであります。

(1)経済状況等

 当社グループの製品に対する需要は、事業を展開している国或いは地域の経済状況と併せて、顧客である家電業界、精密機器業界、自動車関連業界、住宅関連業界等の業況・生産動向の影響を受けています。各販売地域での景気後退或いは主要顧客の需要減少や海外シフトの進行が、当社グループの業績及び財政状態に悪影響を及ぼす可能性があります。当社グループは、事業環境の変化に左右されない収益基盤の構築を目指しております。

(2)販売価格の下落

 当社グループは、国内外の市場において厳しい競争に晒され、常に販売価格の下落圧力を受けています。競争激化による販売価格の更なる下落は、当社グループの業績及び財政状態に悪影響を及ぼす可能性があります。当社グループでは、価格低下に対して、新製品の投入、コスト削減等により利益の確保に努めております。

(3)部材調達価格の上昇

 当社グループの生産活動には、原材料、部品等の部材の時宜を得た調達が必要不可欠であります。部材の供給不足、調達価格の高騰は、当社グループの生産高のみならず利益率や価格競争力を低下させ、業績及び財政状態に悪影響を及ぼす可能性があります。

 当社グループでは、部品の共通化や複数購買化を進め、コストダウンに努めるとともに、吸収できない市況価格の変動については、競合他社の動向を踏まえ、適切な売価への反映を行っております。

(4)製品の品質と責任

 当社グループは、品質第一をものづくりの基本とし、厳格な品質管理体制を構築しています。しかしながら、万一、当社グループの製品・サービスに欠陥等の問題が生じた場合には、当該問題から生じた損害について当社グループが責任を負う可能性があるとともに、当社グループの信頼性や業績に悪影響を及ぼす可能性があります。

 当社グループでは、ISO9001やIATF16949といった外部認証を取得し、開発・設計から生産に至るすべての段階において品質を造り込み、優れた製品・サービスを安定的に供給することができる体制の確立に取り組むとともに、調達先の品質管理についても徹底しております。

(5)海外事業活動と為替変動

 当社グループの海外事業は、アジアを中心に展開しており、事業展開をしている各国の文化、宗教、商慣習、社会資本の整備状況等の影響を受けるとともに、経済情勢、政治情勢及び治安状態の悪化が、当社グループの業績及び財政状態に悪影響を及ぼす可能性があります。

 このような状況に対処するため、定期的に子会社との間で情報交換を行い、各社の経営状況の他、周辺環境の変化等についても積極的に情報の共有を図り、政情不安等の兆候の早期把握に努めております。

 また、為替変動が、当社グループの外貨建取引から発生する資産及び負債、売上高等の円貨換算額が当社グループの経営成績及び財政状態に重要な影響を与える可能性があります。

 当社グループでは、ドル、タイバーツ等の主要通貨の変動の影響を最小限に抑えるため、金融機関等と為替予約等を行っております。

(6)知的財産権

 当社は、多数の知的財産権を保有しており、グループ各社において有効活用しておりますが、特定の地域では十分な保護が得られない可能性や知的財産権の対象が模倣される可能性があり、知的財産権が侵害されるリスクがあります。また、知的財産権に関する訴訟において当社グループが当事者となった場合、結果として損害賠償金等の支払が発生する可能性があり、当社グループの業績及び財政状態に悪影響を及ぼす可能性があります。

 当社グループでは、知的財産部門が、特許や登録商標等の出願や維持業務を行うとともに、係争への対応に備えることで損失の最小化に努めております。

(7)法的規制等

 当社グループは、事業を展開している国或いは地域において、事業・投資の許可、貿易・関税、知的財産権等に関する様々な規制の適用を受けています。また、当社グループの事業活動は、大気汚染、水質汚濁、土壌汚染等の環境汚染の防止、地球温暖化物質、有害物質の使用削減及び廃棄物処理等に係る環境関連法令、労働安全衛生関連法令に従っております。

 当社グループが、これらの規制を遵守できなかった場合、事業活動が制限されるとともに、これらに係る費用や補償が当社グループの業績及び財政状態に悪影響を及ぼす可能性があります。

 当社グループでは、効率的で健全な経営にはコンプライアンスが不可欠であると認識し、企業活動の基本指針として制定した「企業倫理綱領」に基づいた行動実践に努めております。また、企業倫理に反する行為やグループのブランド価値を著しく損ねる行為を予防し早期発見・是正するために、内部通報窓口を設けております。

 さらに環境保全への取り組みを企業経営の最優先事項の一つとして位置づけ、主要な工場においては、環境管理や監視体制の強化、産業廃棄物管理の徹底のため、ISO14001の認証を取得して問題発生の抑制に努めております。

(8)有利子負債

 当社グループは、金融機関からの借入により運転資金を調達しております。急激かつ大幅な金利上昇等の金融環境の悪化が、当社グループの業績及び財政状態に悪影響を及ぼす可能性があります。

 このような状況に対処するため、当社グループは、有利子負債の圧縮に努め財務体質の強化を図っております。

(9)投資有価証券の減損処理

 当社グループは、投資有価証券を保有していますが、そのうち時価のある有価証券については、時価が著しく下落し、かつ回復する見込みがないと判定した場合には、減損処理を行うこととなり、当社グループの業績及び財政状態に悪影響を及ぼす可能性があります。

 このような状況に対処するため、保有株式の有効性評価を定期的に行い、取締役会にて必要可否を判断し、不要と判断された株式の速やかな処分を行うこととしております。

(10)固定資産の減損会計適用

 当社グループは、固定資産を保有していますが、固定資産の減損に係る会計基準の対象となる資産又は資産グループについて減損損失を認識すべきであると判定した場合には、当該資産又は資産グループの帳簿価額を回収可能価額まで減額することとなり、当社グループの業績及び財政状態に悪影響を及ぼす可能性があります。

(11)退職給付債務

 当社グループの従業員退職給付費用及び債務は、割引率等数理計算上で設定される前提条件や年金資産の期待運用収益率に基づいて算出されています。しかし、実際の結果が前提条件と異なる場合、前提条件が変更された場合、または年金資産の運用利回りが低下した場合、その影響は累積され将来にわたって規則的に認識されるため、一般的には将来期間において認識される費用及び計上される債務に影響を及ぼします。一層の割引率の低下や運用利回りの悪化などが起こった場合、当社グループの業績及び財政状態に悪影響を及ぼす可能性があります。

(12)自然災害、戦争、テロ等

 当社グループは日本、アジア、北米に製造、販売等の拠点を設け事業を展開しています。

 これらの国或いは地域において、地震、火災、台風、洪水、戦争、テロ行為等が発生した場合、当社グループの製造ラインや情報システムの機能マヒに伴い生産・出荷が停止し、業績及び財政状態に甚大な影響を及ぼす可能性があります。

 当社グループでは、防災体制の構築と事業継続能力の強化をはかるため、社内防災組織を編成し、訓練等を実施しており、耐震対策等の取り組みも行っております。また、重要な事業を継続あるいは早期復旧を果たし影響を最小限にするため、事業継続計画(BCP)の策定を推進しております。

(13)新型コロナウイルス感染症の影響について

 新型コロナウイルス感染症については、ワクチンの接種・普及が進むにつれて、徐々に収束していくものと予想しておりますが、感染拡大に伴う経済活動の停滞の影響が長期化した場合は、当社グループ及び取引先の営業活動の制限や停滞等により、当社グループの事業、経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性は相応にあるものと認識しております。また、従業員の感染、事業所でのクラスターの発生により、事業活動に影響が出る可能性があります。

 このような状況に対処するため、各拠点の状況を注視しながら出張・会議・健康管理などの感染予防対策を徹底するとともに、社内会議のオンライン化やテレワークの推進など勤務体制に関する積極的な対応を行っております。お客様への対応についても、会議・面談のオンライン化やITツールの活用などにより、外出自粛等が求められる環境下においても、従来通りの事業継続が可能な体制を構築しております。

 なお、のれんを含む固定資産の減損及び繰延税金資産の回収可能性の判断等の会計上の見積りについては、感染拡大が収束し、客先からの需要が徐々に回復していくとの仮定のもと、見積りを行っておりますが、前述の仮定から状況が悪化した場合には、当社グループの業績に悪影響を及ぼす可能性があります。

(14)情報セキュリティについて

 当社グループは事業活動を通して、お客様や取引先の個人情報及び機密情報、また、当社グループの個人情報や機密情報を有しています。これらの情報に対するシステムのセキュリティ対策および監視体制ならびにリスクマネジメント体制の強化を推進しております。しかしながら、サイバー攻撃、不正アクセス、コンピューターウィルスの侵入等により、万一これらの情報が流出した場合や重要データの破壊、改ざん、システム停止等が生じた場合には、当社グループの信用低下や被害を受けた方への損害賠償等の多額の費用が発生し、業績及び財務状況に重大な影響を及ぼす可能性があります。

 当社グループでは、年々多様化かつ巧妙化するサイバーセキュリティ上の脅威への対策として、情報システム部門が中心となり、情報セキュリティレベルを向上するための取組みを進めております。サイバーセキュリティの脅威に対する技術的な対策に加え、新入社員研修に情報セキュリティの研修を取り入れる等、従業員の情報セキュリティに対する意識レベルの向上に努めております。

3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

(1)経営成績等の状況の概要

当連結会計年度における当社グループ(当社、連結子会社及び持分法適用会社)の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下「経営成績等」という。)の状況の概要は次のとおりであります。

 

①財政状態及び経営成績の状況

当連結会計年度におけるわが国経済は、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大による各国の都市封鎖や外出制限措置を背景に、企業の生産活動や個人消費が低迷し、極めて厳しい状況でスタートしました。途中、感染状況に落ち着きが見られ、社会経済活動の段階的な引き上げで景気回復が期待されたものの、後半は感染が再拡大し、一部の国で再び部分的封鎖が実施されるなど、先行き不透明な状況となっております。

このような経営環境において、当社グループは、中期経営計画「NITTOSEIKO Mission"G"(2019年~2022年)」のもと、新たな事業の柱の一つとしてメディカル新規事業部を立ち上げ、一般手術・診療用照明器「フリーレッド」を開発し販売を開始しました。また、計測制御システム機器の海外展開を加速するため、分析・計測機器分野を得意とし、充実した海外販売ネットワークを持つ企業を子会社化するなど、事業領域を拡充するための施策を積極的に展開してまいりました。併せて、環境の変化への対応力の向上と不測の事態を切り抜ける強い企業文化の醸成を目的とした前例主義廃止改革に全社一丸で取り組みました。

この結果、当連結会計年度の財政状態及び経営成績は以下のとおりとなりました。

 

a.財政状態

 当連結会計年度末の資産合計は、前連結会計年度末に比べ233百万円増加し、46,222百万円となりました。

 当連結会計年度末の負債合計は、前連結会計年度末に比べ24百万円減少し、16,364百万円となりました。

 当連結会計年度末の純資産合計は、前連結会計年度末に比べ257百万円増加し、29,858百万円となりました。

 

b.経営成績

 当連結会計年度の売上高は329億4百万円(前年同期比5.6%減)、営業利益は13億3百万円(前年同期比49.8%減)、経常利益は14億1千8百万円(前年同期比50.3%減)、親会社株主に帰属する当期純利益は7億6千4百万円(前年同期比60.5%減)となりました。

 

セグメントごとの経営成績は、次のとおりです。

<ファスナー事業>

当事業につきましては、精密ねじは、コロナ禍における外出自粛や大学のオンライン授業・企業のリモート会議などの対応を背景に、ゲーム機やパソコンの需要が好調に推移しました。一般ねじは、新しい生活様式における通勤・通学の手段として注目される自転車向けの需要などが増加しましたが、コロナ前の経済水準までの回復には至らず厳しい状況となりました。

このような状況のもと、自動車の電動化による蓄電池の需要拡大を見据えて、異なる金属同士を強固に密着させる「AKROSE」の販売促進と生産体制の拡充を図りました。また、「AKROSE」に拡散接合を施した「AKROSE HYBRID」や高精度で大量生産を可能にした「ギヤ部品」を開発し、市場に投入しました。また、香港の子会社が、中国の広東省に新会社を設立し、中国南部地区の需要拡大に努めました

この結果、売上高は234億3千9百万円(前年同期比5.9%減)、営業利益は5億5千7百万円(前年同期比1.5%増)となりました。

<産機事業>

当事業につきましては、国内は、自動車のCASEに関わる設備需要が好調に推移しました。また、中国において、各地の自動車の購入促進政策の導入を背景に、自動車関連業界の設備需要が堅調に推移しました。一方、新型コロナウイルスの収束時期の不透明感から、多くの業界において設備投資計画が凍結・延期されるなど、事業環境は、標準機・自動組立ライン共に厳しい状況となりました。
 このような状況のもと、ⅠoTなど産業ネットワークに対応したコントローラ「RC77-T1」を開発し需要の拡大に努めました。また、CASE市場を中心に、自動車関連業界で評価が高い高機能型ドライの販売促進に取り組みました。併せて、国内外の展示会への積極的な出展による需要の拡大に努めました

この結果、売上高は54億5千4百万円(前年同期比30.1%減)、営業利益は9億1千1百万円(前年同期比52.2%減)となりました。

<制御事業>

当事業につきましては、流量計は、新型コロナウイルスの感染拡大を背景に消毒液の需要が増加し、医薬品業界で好調に推移しましたが、主な需要先である造船業界を中心に需要が低調となりました。システム製品および地盤調査機「ジオカルテ」は、一部に需要回復の動きが見られるものの、設備投資計画の凍結・延期の動きが強く、売上に貢献するまでには至りませんでした。また、M&Aにより分析・計測機器の売上が大幅に増加する一方、株式取得関連費用などを計上しました。

このような状況のもと、スクリューウエイト貫入試験を迅速・確実に自動化する「ジオカルテⅣ」および「ジオカルテⅣ SDS」を開発し需要の拡大に努めました。併せて、防爆エリアで安全な定量計測を可能にする定量バッチ制御装置「防爆バッチカウンタPX2」、日中の屋外環境下でも優れた視認性で流量管理を可能にする「高輝度大型表示器DS1」を市場に投入しました。

この結果、売上高は40億1千万円(前年同期比86.3%増)、営業損失は1億6千4百万円(前年同期は営業利益1億4千3百万円)となりました。

 

②キャッシュ・フローの状況

 当連結会計年度における連結ベースの現金及び現金同等物(以下「資金」という)は前連結会計年度末に比べ7億1千2百万円減少し、82億9千9百万円となりました。

 当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次の通りであります。

(営業活動によるキャッシュ・フロー)

 営業活動による資金は、33億6千8百万円の収入(前期は26億3千3百万円の収入)となりました。これは主に、税金等調整前当期純利益13億5千9百万円に加え、減価償却費11億7千6百万円、売上債権の減少14億6千6百万円による資金の増加があった一方、仕入債務の減少6億3千7百万円や法人税等の支払額5億2百万円などによる資金の減少があったことなどによるものであります。

(投資活動によるキャッシュ・フロー)

 投資活動による資金は、31億6千4百万円の支出(前期は4億7千6百万円の収入)となりました。これは主に、定期預金の払戻による収入5億4千7百万円に加え、投資有価証券の償還による収入1億9千万円による資金の増加があった一方、有形固定資産の取得による支出14億5千7百万円連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得による支出19億8千6百万円による資金の減少があったことなどによるものであります。

(財務活動によるキャッシュ・フロー)

 財務活動による資金は、8億7千1百万円の支出(前期は6億6千5百万円の支出)となりました。これは主に、長期借入れによる収入3億9千5百万円による資金の増加があった一方、長期借入金の返済による支出3億8千6百万円や配当金の支払3億7千1百万円による資金の減少があったことなどによるものであります。

 

③生産、受注及び販売の実績

(注)1 「(a)生産実績」及び「(b)受注実績」における金額は販売価格によっております。

2 下記金額には、消費税等は含まれておりません。

(a)生産実績

セグメントの名称

当連結会計年度

(自 2020年1月1日

至 2020年12月31日)

金額(千円)

前年同期比(%)

ファスナー

17,095,374

90.0

産機

4,034,486

64.7

制御

4,500,485

208.9

合計

25,630,346

93.6

 

(b)受注実績

セグメントの名称

当連結会計年度

(自 2020年1月1日

至 2020年12月31日)

受注高(千円)

前年同期比(%)

受注残高(千円)

前年同期比(%)

ファスナー

23,888,624

97.5

3,824,754

113.3

産機

5,565,687

79.9

1,528,177

107.9

制御

4,133,507

205.2

692,550

220.9

合計

33,587,818

100.3

6,045,482

118.4

 

(C)販売実績

セグメントの名称

当連結会計年度

(自 2020年1月1日

至 2020年12月31日)

金額(千円)

前年同期比(%)

ファスナー

23,439,439

94.1

産機

5,454,288

69.9

制御

4,010,811

186.3

合計

32,904,538

94.4

 

(2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

 経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりであります。

 なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものであります。

①重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

 当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成されております。この連結財務諸表の作成に当たりまして、決算日における資産・負債の報告数値及び偶発債務の開示、並びに報告期間における収入・費用の報告数値に影響を与える見積り及び仮定設定を行い、提出日現在において判断したものであり、将来に関しては不確実性があるため、これらの見積りと異なる場合があります。

 当社グループの連結財務諸表で採用する重要な会計方針は、「第5 経理の状況 1.連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項 (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)」に記載しておりますが、次の重要な会計方針が連結財務諸表作成における重要な判断と見積りに大きな影響を及ぼすと考えています。

(a)  固定資産の減損処理

  当社グループは、固定資産のうち減損の兆候がある資産又は資産グループについて、当該資産又は資産グループから得られる割引前将来キャッシュ・フローの総額が帳簿価額を下回る場合には、帳簿価額を回収可能価額まで減額し減損損失として計上しております。
 減損損失の認識及び測定にあたり、その時点における合理的な情報等を基に将来キャッシュ・フローの見積りを行っておりますが、事業計画や経営環境の悪化等により、その見積りの前提とした条件や仮定に変動が生じ回収可能価額が減少した場合、固定資産の減損処理が必要となる可能性があります。

(b)  投資有価証券の減損処理

  投資有価証券の評価方法については、時価のある有価証券については時価法を、時価のない有価証券については原価法を採用しています。保有する有価証券につき、時価のあるものは株式市場の価格変動リスクを負っていること、時価のないものは投資先の業績状況等が悪化する可能性があること等から、合理的な基準に基づいて投資有価証券の減損処理を行っています。

  この基準に伴い、将来の市況悪化または投資先の業績不振等により、現状の簿価に反映されていない損失または簿価の回収不能が発生し、減損処理が必要となる可能性があります。

(c)  繰延税金資産の回収可能性の評価

  繰延税金資産については、将来の課税所得を合理的に見積り、回収可能性を十分に検討し、回収可能見込額を計上しています。しかし、繰延税金資産の回収可能見込額に変動が生じた場合には、繰延税金資産の取崩しまたは追加計上により利益が変動する可能性があります。

 また、会計上の見積りにあたっての新型コロナウイルス感染症の影響につきましては、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項 (追加情報)」及び「第5 経理の状況 2 財務諸表等 (1)財務諸表 注記事項 (追加情報)」に記載のとおりでありますが、新型コロナウイルス感染症の収束時期及び経済環境への影響が変化した場合には、見積りの結果に影響し、翌期以降の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に影響を及ぼす可能性があります。

②当連結会計年度の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

当社グループの当連結会計年度の経営成績は、次のとおりであります。

(売上高)

 当連結会計年度における売上高は、M&Aによる連結子会社の増加はあったものの、コロナ禍による国内外の受注減少の影響は大きく、329億4百万円(前年同期比5.6%減)となりました。

(営業利益)

 新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受け、利益率の高い産機事業が設備投資の延期、凍結で売上が減少したことやM&A関連費用の計上などによる販管費の増加により、13億3百万円(前年同期比49.8%減)となりました。

(経常利益)

 為替差損の計上などがあったものの、受取利息や受取賃貸料の計上などにより、14億1千8百万円(前年同期比50.3%減)となりました。

(親会社株主に帰属する当期純利益)

 子会社の資産売却による減損損失9千7百万円や法人税、住民税及び事業税4億7千3百万円の計上により、7億6千4百万円(前年同期比60.5%減)となりました。

 

当社グループの当連結会計年度の財政状態は、次のとおりであります。

(資産)

 当連結会計年度における資産の残高は、M&Aによる子会社株式の取得に伴い現金及び預金が8億1千6百万円減少した一方、連結子会社の増加などに伴い、原材料及び貯蔵品が4億7千3百万円、のれんが5億5千3百万円増加したことなどにより前連結会計年度末に比べ2億3千3百万円増加し、462億2千2百万円(前年同期比0.5%増)となりました。

(負債)

 当連結会計年度における負債の残高は、短期借入金が2億7千3百万円増加した一方、支払手形及び買掛金が2億3千5百万円、電子記録債務が2億1百万円減少したことなどにより前連結会計年度末に比べ2千4百万円減少し、163億6千4百万円(前年同期比0.1%減)となりました。

(純資産)

 当連結会計年度における純資産の残高は、親会社株主に帰属する当期純利益の計上等に伴う利益剰余金の増加3億9千3百万円などにより前連結会計年度末に比べ2億5千7百万円増加し、298億5千8百万円(前年同期比0.9%増)となりました。

 

 当社グループの当連結会計年度のキャッシュ・フローの分析につきましては、「第2 事業の状況 3 経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析 (1)経営成績等の状況の概要 ②キャッシュ・フローの状況」に記載のとおりであります。

 

③経営成績に重要な影響を与える要因について

 経営成績に重要な影響を与える要因につきましては、「第2 事業の状況 2 事業等のリスク」に記載のとおりであります。

 

④資本の財源及び資金の流動性

 a.資金需要

 当社グループの運転資金需要のうち主なものは、製品製造のための原材料及び部品の購入費や製造経費のほか、販売費及び一般管理費等であります。また、設備投資需要としては建物や機械装置等の生産設備の投資等があります。

 

 b財務政策

 当社グループは、運転資金及び設備資金については、内部資金または借入により資金調達することにしております。このうち、借入による資金調達に関しましては、運転資金については短期借入金で、生産設備など長期資金につきましては、長期借入金で調達しております。

 なお、新型コロナウイルス感染症の影響の長期化を想定し、一時的な運転資金需要やグループ会社の経営安定化支援のための資金確保のため、2020年7月に金融機関との間で2021年6月末を期限とする10億円のコミットメントライン契約を新たに締結しました。

 当連結会計年度末において、取引銀行4行との間で合計41億円の貸出コミットメントライン契約(借入実行残高21億2千5百万円、借入未実行残高19億7千5百万円)を、また、取引銀行12行との間で合計34億5百万円の当座貸越契約(借入実行残高4億6千5百万円、借入未実行残高29億3千9百万円)を締結しております。

 

⑤経営方針、経営戦略、経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等

 2020年2月13日に公表いたしました当連結会計年度の当初業績予想に対しては、売上高は8.6%減、営業利益は49.9%減、営業利益率は4.0%(業績予想は7.2%)となりました。

 今後の経済情勢につきましては、新型コロナウイルスが収束するまでの間は、経済の回復が遅れ、企業の財務体質だけでなく、コロナ禍の緊急事態における各国の財政政策や金融支援を背景とした国や地方の債務拡大の問題が考えられます。

 当社グループは、持続的成長のために業績拡大と次代への種まきに注力するとともに、デジタル革新を積極的に取り入れ、地域の活性化とグローバル化を両面で推進してまいります。

 

4【経営上の重要な契約等】

 当社は、次のとおり契約を締結しております。

契約会社名

CONTI FASTENERS A.G.

契約内容

タップタイトねじ等の製造、販売の実施権

契約期間

2009年9月1日から1年間、以後1年ごとの自動更新

技術導入料

上記製品販売高の一定率

 

 また、当社は、2020年2月28日開催の取締役会において、株式会社三菱ケミカルアナリテック(2020年4月1日付で日東精工アナリテック株式会社に商号変更)の株式を取得し、子会社化することを決議し、同日株式譲渡契約を締結し、2020年4月1日付で株式を取得することによって、同社を連結子会社といたしました。

 詳細は、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項(企業結合等関係)」に記載のとおりであります。

 

5【研究開発活動】

 当社グループは、工業用ファスナー及び工具類、産業用機械及び精密機器、計測制御機器及び土質調査機器分野等の事業活動を展開しております。これらを支援する研究開発活動は、主として当社の研究開発部と事業部門(ファスナー事業部門、産機事業部門、制御システム事業部門)が互いに連携協力し、研究開発テーマの技術内容、開発期間等の視点から、研究開発活動の分業を行い、それぞれの部門の固有技術を生かした技術及び製品の研究開発を行っており、当連結会計年度における研究開発費の総額は、630百万円であります。

 セグメントの研究開発活動の状況は、次のとおりであります。

 

(1)ファスナー事業

 異種金属接合技術「AKROSE」に冶金的接合である拡散接合を加え、密着性をさらに向上させたハイブリッド接合技術「AKROSE HYBRID」や冷間圧造・転造技術を利用し、切削加工と比較して大幅なコストダウンを実現した「ギヤ部品」を市場投入するとともに、反りやバリの発生を軽減しつつ、従来品以上の回り止め強度(空転トルク)を得ることができる「新型クリンチングスタッドボルト」や自動車の軽量化のための部材を締結するねじ部品などの開発に取り組みました。当事業に係る研究開発費は、41百万円であります。

 

(2)産機事業

 高速・高精度処理が可能なPLCを搭載し、ⅠoTなど産業ネットワークの拡充とフレキシブルなプログラム対応を可能にしたコントローラ「RC77-T1」の販売を開始するとともに、高機能型ドライバや垂直多関節ねじ締めロボットなどの開発に取り組みました。当事業に係る研究開発費は、67百万円であります。

 

(3)制御事業

 流量計関連では、防爆エリアで安全な定量計測を可能にする定量バッチ制御装置「防爆バッチカウンタPX2」、日中の屋外環境下でも優れた視認性で流量管理を可能にする「高輝度大型表示器DS1」を市場投入するとともに、新容積流量計(ヘリカルギア式)や超音波流量計変換器などの開発に取り組みました。ジオカルテ関連では、宅地の地盤調査で広く使用されているスウェーデン式サウンディング試験を迅速・確実に自動化する「ジオカルテⅣ」及び「ジオカルテⅣ SDS」の販売を開始する一方、土手や橋梁建設の地盤調査向けにハイパワー型機の開発などを行いました。また、分析機器関連では、粉体の電気抵抗を自動で測定する自動粉体抵抗測定システム「MCP-PD600」を市場投入するとともに、水分測定も可能な自動滴定装置などの開発に取り組みました。当事業に係る研究開発費は、312百万円であります。

 

(4)全社(共通)

 研究開発部では、自然光に近い光色で高輝度の光を発生する医療用照明器「フリーレッド」を製品化するとともに、信号波形の自動分類による異常検出技術や新素材に対する塑性加工技術の研究、ねじの軽量化やねじ締めの高速化に関する技術開発、マイクロバブルの民生用途への応用開発などに取り組みました。なお、研究開発費については、特定のセグメントに区分できない基礎的研究費が210百万円あります。

 

第3【設備の状況】

1【設備投資等の概要】

 当社グループは、主として生産設備の更新・拡充及び生産工程の合理化・省力化のため総額1,313百万円の設備投資(無形固定資産を含む)を実施いたしました。その内訳は、ファスナー事業951百万円、産機事業139百万円、制御事業39百万円、全社共通183百万円であります。

 

2【主要な設備の状況】

 当社グループにおける主要な設備は、次のとおりであります。

(1)提出会社

2020年12月31日現在

 

事業所名

(所在地)

セグメントの名称

設備の内容

帳簿価額(千円)

従業員数

(人)

建物及び

構築物

機械装置

及び運搬具

土地

(面積㎡)

その他

合計

本社工場

(京都府綾部市)

ファスナー

制御

生産設備

434,490

295,262

92,549

(49,058)

460,025

1,282,328

102

八田工場

(京都府綾部市)

ファスナー

生産設備

271,828

404,159

556,550

(78,417)

36,648

1,269,186

153

城山工場

(京都府綾部市)

産機

生産設備

176,359

16,553

1,230,230

(53,149)

41,039

1,464,181

119

本社

(京都府綾部市)

全社管理

その他設備

569,812

218,998

157,268

(10,244)

37,882

983,961

109

支店等

(大阪府東大阪市他)

販売業務

その他設備

135,989

1,392,889

(23,106)

4,632

1,533,510

68

(注)1 帳簿価額のうち「その他」は、工具、器具及び備品並びに建設仮勘定の合計であります。なお、金額には消費税等を含んでおりません。

2 現在休止中の主要な設備はありません。

 

(2)国内子会社

2020年12月31日現在

 

会社名

(所在地)

セグメントの名称

設備の内容

帳簿価額(千円)

従業員数

(人)

建物及び

構築物

機械装置

及び運搬具

土地

(面積㎡)

その他

合計

日東公進㈱

(京都府綾部市)

産機

生産設備

179,302

160,506

19,410

359,219

54

東洋圧造㈱

(群馬県前橋市)

ファスナー

生産設備

400

27,930

1,212

29,543

23

和光㈱

(群馬県邑楽郡大泉町)

ファスナー

その他設備

276,004

2,578

310,562

(12,872)

13,627

602,772

38

東陽精工㈱

(京都府綾部市)

ファスナー

生産設備

31,085

54,249

31,797

(4,261)

537

117,669

46

㈱協栄製作所

(奈良県五條市)

ファスナー

生産設備

512,408

259,935

781,175

(40,845)

10,651

1,564,171

119

㈱伸和精工

(長野県上伊那 郡箕輪町)

ファスナー

生産設備

383,010

129,532

137,889

(7,178)

18,901

669,334

84

(注)1 帳簿価額のうち「その他」は、工具、器具及び備品並びに建設仮勘定の合計であります。なお、金額には消費税等を含んでおりません。

2 現在休止中の主要な設備はありません。

(3)在外子会社

2020年12月31日現在

 

会社名

(所在地)

セグメントの名称

設備の内容

帳簿価額(千円)

従業員数

(人)

建物及び

構築物

機械装置

及び運搬具

土地

(面積㎡)

その他

合計

旭和螺絲工業股份有限公司

(台湾高雄市)

ファスナー

生産設備

59,833

147,561

138,215

(6,400)

44,958

390,568

158

PT.NITTO ALAM INDONESIA

(インドネシア共和国バンテン州)

ファスナー

生産設備

220,182

298,212

284,865

(34,645)

349,611

1,152,872

151

NITTO SEIKO (THAILAND) CO.,LTD.

(タイ国サムットプラカーン県)

ファスナー

生産設備

72,570

145,921

61,275

(15,200)

5,826

285,593

180

日東精密螺絲工業(浙江)有限公司

(中国浙江省)

ファスナー

生産設備

57,343

113,576

21,976

(43,584)

494,526

687,422

106

MALAYSIAN PRECISION MANUFACTURING SDN.BHD

(マレーシア セランゴール州)

ファスナー

生産設備

88,431

47,804

66,648

(6,150)

18,922

221,807

96

(注)1 帳簿価額のうち「その他」は、工具、器具及び備品並びに建設仮勘定の合計であります。なお、金額には消費税等を含んでおりません。

2 現在休止中の主要な設備はありません。

 

3【設備の新設、除却等の計画】

 当連結会計年度末現在における重要な設備の新設、除却等の計画はありません。

 

第4【提出会社の状況】

1【株式等の状況】

(1)【株式の総数等】

①【株式の総数】

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

98,800,000

98,800,000

 

②【発行済株式】

種類

事業年度末現在

発行数(株)

(2020年12月31日)

提出日現在発行数(株)

(2021年3月31日)

上場金融商品取引所名又は登録認可金融商品取引業協会名

内容

普通株式

39,985,017

39,985,017

東京証券取引所

市場第一部

・株主としての権利内容に制限のない、標準となる株式

・単元株式数 100株

39,985,017

39,985,017

 

(2)【新株予約権等の状況】

①【ストックオプション制度の内容】

 該当事項はありません。

 

②【ライツプランの内容】

 該当事項はありません。

 

③【その他の新株予約権等の状況】

 該当事項はありません。

 

(3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

 該当事項はありません。

 

(4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

年月日

発行済株式

総数増減数

(千株)

発行済株式

総数残高

(千株)

資本金増減額

(千円)

資本金残高

(千円)

資本準備金増減額(千円)

資本準備金残高(千円)

2010年10月25日

 (注)

△400

39,985

3,522,580

880,645

(注) 発行済株式総数の減少は、その他資本剰余金による自己株式の消却による減少であります。

 

(5)【所有者別状況】

 

 

 

 

 

 

 

2020年12月31日現在

区分

株式の状況(1単元の株式数100株)

単元未満株式の状況

(株)

政府及び地方公共団体

金融機関

金融商品取引業者

その他の法人

外国法人等

個人

その他

個人以外

個人

株主数(人)

31

23

99

58

4

3,120

3,335

所有株式数

(単元)

149,822

1,250

85,168

19,087

8

143,871

399,206

64,417

所有株式数

の割合(%)

37.53

0.31

21.34

4.78

0.00

36.04

100.0

(注)1 自己株式2,802,117株は、「個人その他」に28,021単元、「単元未満株式の状況」に17株含めて記載しております。なお、自己株式2,802,117株は株主名簿記載上の株式数であり、2020年12月31日現在の実保有残高は2,801,117株であります。

2 「金融機関」の欄には、「役員向け株式交付信託」制度の信託財産として、株式会社日本カストディ銀行が所有している当社株式1,611単元、「その他の法人」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が20単元含まれております。

 

(6)【大株主の状況】

 

 

 

2020年12月31日現在

氏名又は名称

住所

所有株式数

(千株)

発行済株式(自己株式を除く。)の総数に対する所有株式数の割合(%)

株式会社日本カストディ銀行(信託口)

東京都中央区晴海一丁目8番12号

3,554

9.55

日東精工協友会

京都府綾部市井倉町梅ヶ畑20番地

3,103

8.34

日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口)

東京都港区浜松町二丁目11番3号

2,277

6.12

株式会社京都銀行

京都市下京区烏丸通松原上ル薬師前町700番地

1,855

4.99

グンゼ株式会社

京都府綾部市青野町膳所1番地

1,784

4.80

神鋼商事株式会社

大阪市中央区北浜二丁目6番18号

1,499

4.03

三井住友信託銀行株式会社

東京都千代田区丸の内一丁目4番1号

1,350

3.63

株式会社三菱UFJ銀行

東京都千代田区丸の内二丁目7番1号

1,347

3.62

日東精工従業員持株会

京都府綾部市井倉町梅ヶ畑20番地

784

2.11

日本生命保険相互会社

東京都千代田区丸の内一丁目6番6号

619

1.66

18,177

48.88

(注) 日東精工協友会は当社と取引関係にある企業の持株会であります。

(7)【議決権の状況】

①【発行済株式】

 

 

 

 

2020年12月31日現在

区分

株式数(株)

議決権の数(個)

内容

無議決権株式

 

議決権制限株式(自己株式等)

 

議決権制限株式(その他)

 

完全議決権株式(自己株式等)

(自己保有株式)

株主としての権利内容に制限のない、標準となる株式

普通株式

2,801,100

(相互保有株式)

普通株式

663,100

完全議決権株式(その他)

普通株式

36,456,400

364,554

同上

単元未満株式

普通株式

64,417

発行済株式総数

 

39,985,017

総株主の議決権

 

364,554

(注)1 「完全議決権株式(その他)」の欄の普通株式には、「役員向け株式交付信託」が保有する当社株式161,100株(議決権数1,611個)及び証券保管振替機構名義の株式2,000株(議決権数20個)が含まれております。

2  株主名簿上は、当社名義となっておりますが、実質的に所有していない株式が、1,000株あります。なお、当該株式数は「完全議決権株式(その他)」の欄の普通株式に含めて表示していますが、議決権の数10個は「議決権の数」の欄には含まれておりません。

3 「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式17株及び「役員向け株式交付信託」が保有する当社株式11株が含まれております。

 

②【自己株式等】

 

 

 

 

2020年12月31日現在

所有者の氏名又は名称

所有者の住所

自己名義所有株式数(株)

他人名義所有株式数(株)

所有株式数の合計(株)

発行済株式総数に対する所有株式数の割合(%)

(自己保有株式)

 

 

 

 

 

日東精工㈱

京都府綾部市井倉町梅ヶ畑20番地

2,801,100

2,801,100

7.00

(相互保有株式)

 

 

 

 

 

松浦屋㈱

東京都品川区西五反田

七丁目22番17-929号

403,700

403,700

1.00

九州日東精工㈱

福岡市博多区半道橋

一丁目6番46号

4,700

254,700

259,400

0.64

3,209,500

254,700

3,464,200

8.66

(注)1 「自己名義所有株式数」には、「役員向け株式交付信託」が保有する当社株式161,100株を含めておりません。

  2 他人名義で所有している理由等

所有理由

名義人の氏名又は名称

名義人の住所

加入持株会における共有持分数

日東精工協友会

京都府綾部市井倉町梅ヶ畑20番地

 

(8)【役員・従業員株式所有制度の内容】

① 取締役に対する株式報酬制度の概要

  当社は、取締役(社外取締役を除く。以下同じ。)の報酬と当社の株式価値との連動性をより明確にし、取締役が株価上昇によりメリットを享受するのみならず、株価下落リスクをも負担し、株価の変動による利益・リスクを株主の皆様と共有することで、中長期的な業績の向上と企業価値の増大に貢献する意識を高めることを目的として、取締役に対する株式報酬制度(以下「本制度」という。)を導入することを、2017年3月30日開催の第111期定時株主総会において決議いたしました。

  本制度は、当社が設定する信託(以下、「本信託」といいます。)に金銭を信託し、本信託において当社株式の取得を行い、取締役に対して、当社取締役会が定める株式交付規程に従って付与されるポイント数に応じ、当社株式が本信託を通じて交付される株式報酬制度であります。

② 取締役に交付する株式の総数または総額

  2017年6月1日付で95,200千円を拠出し、すでに株式会社日本カストディ銀行が200,000株を取得しております。

③ 当該制度による受益権その他の権利を受けることができる者の範囲

  取締役のうち受益者要件を満たす者

 

2【自己株式の取得等の状況】

 【株式の種類等】 会社法第155条第7号による普通株式の取得

(1)【株主総会決議による取得の状況】

 該当事項はありません。

 

(2)【取締役会決議による取得の状況】

該当事項はありません。

 

(3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

区分

株式数(株)

価額の総額(円)

当事業年度における取得自己株式

310

136,003

当期間における取得自己株式

(注) 当期間における取得自己株式には、2021年3月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りによる株式数は含めておりません。

 

(4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

区分

当事業年度

当期間

株式数(株)

処分価額の総額

(円)

株式数(株)

処分価額の総額

(円)

引き受ける者の募集を行った

取得自己株式

消却の処分を行った取得自己株式

合併、株式交換、株式交付、会社分割

に係る移転を行った取得自己株式

その他

(単元未満株式の売渡請求による売渡)

13

5,331

保有自己株式数

2,801,117

2,801,117

(注)1 保有自己株式数には、「役員向け株式交付信託」制度の信託財産として、株式会社日本カストディ銀行が所有している当社株式161,111株を含めておりません。

2 当期間における処理自己株式には、2021年3月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の売渡しによる株式数は含めておりません。

3 当期間における保有自己株式数には、2021年3月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取り及び売渡しによる株式数は含めておりません。

 

3【配当政策】

 当社は、株主の皆様に対する利益還元を経営の最重要政策のひとつと位置づけるとともに、業績に見合った安定的かつ適正な配当の継続を利益配分の基本としております。

 当社は、中間配当と期末配当の年2回の剰余金の配当を行うことを基本方針としており、これらの剰余金の配当の決定機関は、期末配当については株主総会、中間配当については取締役会であります。

 当期末の配当金につきましては、1株当たり4円50銭とし、中間配当金(1株につき4円)を加えた年間配当金は、1株当たり8円50銭といたしました。

 また、内部留保資金につきましては、企業体質の強化及び将来の事業展開に効率よく充当する所存でありますが、その決定にあたっては、中長期的視点から総合的に判断してまいります。

 当社は、「取締役会の決議により、毎年6月30日を基準日として、中間配当を行うことができる」旨を定款に定めております。

 なお、当事業年度の剰余金の配当は以下のとおりであります。

決議年月日

配当金の総額(千円)

1株当たりの配当額(円)

2020年8月12日

148,736

4.00

取締役会決議

2021年3月30日

167,327

4.50

定時株主総会決議

 

4【コーポレート・ガバナンスの状況等】

(1)【コーポレート・ガバナンスの概要】

① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

 当社は、効率的で健全な企業経営にはコンプライアンスが不可欠であると認識し、企業活動の基本指針として制定した「企業倫理綱領」に基づいた行動実践に努めております。2021年2月に「内部統制システムの整備に関する基本方針」の一部を改定し、内部統制システムの整備、拡充に取り組んでおります。また、財務情報等を適正に作成し、適時に開示する内部統制システムの構築・運用が重要であると認識しており、そのための社内体制の一層の充実に努めております。

 

② 企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由

イ.企業統治体制の概要

 当社は監査役会設置会社であり、監査役会は常勤監査役 北谷明、社外監査役 溝口克彦、多賀野博一の3名(うち社外監査役2名)で構成され、原則として毎月1回その他必要に応じて、取締役会に先だち開催しております。

  当社の取締役会は、代表取締役社長 材木正己が議長を務めております。その他メンバーは代表取締役常務 荒賀誠、常務取締役 澤井健、取締役 上嶋伸宏、山添重博、松本真一、社外取締役 塩見満、平尾一之、勝見九重の9名(うち社外取締役3名)で構成されており、取締役会は原則として毎月1回、その他必要に応じて開催し、経営にかかわる重要事項について審議・決定を行うとともに、取締役の職務執行を監督しております。当社の取締役については、その経営責任を明確にし、かつ経営環境の変化に迅速に対応できるよう取締役の任期を1年としております。

 常務会は、常務取締役以上の役付取締役及び監査役をもって構成し、原則として毎月1回開催し、経営基本事項及び重要事項の審議ならびに常勤役員会付議事項の事前審査を行っております。

 常勤役員会は、常勤取締役で構成され、社長が議長を務めております。原則として毎月2回開催し、社長の意思決定の協議機関として経営基本事項を協議し、意思決定の迅速化と業務執行の効率化を図っております。

 指名報酬委員会は、取締役・執行役員の指名、報酬等に関する手続の公正性・透明性・客観性を強化し、コーポレート・ガバナンスの充実を図るため、取締役会の任意の諮問機関として、2020年11月より設置しております。指名報酬委員会は、取締役会の決議で選任された3名以上の取締役で構成され、その過半数を独立社外取締役としております。

 また、経営の意思決定及び監督機能と業務執行機能の分担を明確化することにより経営機能と執行機能の双方を強化し、経営の機動性向上を図るとともにコーポレートガバナンスのレベルアップを図ることを目的に2019年3月より執行役員制度を導入しております。

 

 当社のコーポレート・ガバナンス体制の概要は、次のとおりです。

 

0104010_001.png

ロ.企業統治の体制を採用する理由

 当社の経営監視機能は、独立機関である監査役会が主に担っており、取締役会付議議案の事前監査を実施するなど監査役による監視機能を充実させております。またアドバイザリー機能につきましては、法務・会計・税務における複数の専門家との顧問契約を積極的に活用することで、その補完に努めております。当社は迅速で効率的な意思決定を重視し、事業内容を熟知した取締役による経営統治体制としております。

 

③ 企業統治に関するその他の事項

イ.内部統制システムの整備の状況

  当社は、内部統制システムの整備に関する基本方針について、次のとおり定めております。

(イ)取締役、執行役員及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制

1.取締役、執行役員及び使用人に法令・定款等の遵守を徹底するため、企業倫理綱領の整備、見直し等を行うとともに、取締役、執行役員及び使用人が法令・定款等の違反に関する行為を発見した場合の報告手段としての内部通報制度の、さらなる周知徹底を図るとともに、公益通報者の保護を図り、適法かつ公正な事業運営を図る。

2.社長が指名した監査部門担当取締役の下に設置した監査部による業務のモニタリングを実施し、法令、定款及び社内規定に則り、妥当かつ合理的に実施されているかを調査し、社長に報告する。

3.関連する法規の制定・改正があった場合は、必要な研修を実施する。

4.財務報告の信頼性を確保するために、金融商品取引法等に従い、財務報告に係る内部統制を整備、運用し、それを評価する体制を構築する。

5.反社会的勢力及び団体に対しては、毅然とした態度で臨み、一切の関係を持たず、またその活動を助長するような行為は行わない。

(ロ)取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制

1.株主総会議事録、取締役会議事録、常勤役員会議事録、稟議書等、取締役の職務の執行に係る重要な情報の取扱いについては、法令及び文書帳票保管及び処分規定に基づき、文書または電磁的媒体に記録し、定められた期間保存する。

2.取締役及び監査役は、必要に応じて当該文書を自由に閲覧することができる。

(ハ)損失の危険の管理に関する規定その他の体制

1.リスクマネジメント規定に基づき、リスク発生の防止及び損失の最小化のため、リスクカタログを作成し、当社が抱える諸リスクの抽出、分析、評価、優先度の決定を実施し対応を図る。

2.当社の経営または事業活動に重大な影響を与えると判断される突発的なリスク発生時には、危機管理委員会規定に基づき取締役社長が委員長として危機管理委員会を招集し、速やかに問題の解決にあたる。

3.情報漏洩等による企業の信頼の喪失及び経済的損失を防止するため、企業機密管理規定及び運用細則に基づき、当社が有する重要な情報を適切に管理する。

(ニ)取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

1.取締役の職務の効率性を確保するため、取締役職務権限規定等に基づき運営を行うとともに、合理的な経営方針の策定、全社的な重要事項について検討、決定する常務会・常勤役員会等の有効的活用、及び各部門の有効な連携の確保のための制度の整備、運用等を行う。

2.執行役員制度を導入し、経営の意思決定及び監督機能と業務執行機能の分担を明確にすることで、経営機能と執行機能の双方を強化し、経営の機動性の向上、コーポレートガバナンスのレベルアップを図る。

3.取締役会における取締役等の指名及び報酬等の意思決定のプロセスの公平性・透明性・客観性の確保と説明責任を強化するため、取締役会の任意の諮問機関として、半数以上が独立社外取締役で構成される指名報酬委員会を設置する。当諮問委員会は、取締役等の選解任に関する事項及び報酬等について審議した結果を取締役会に答申する。

4.日常の職務遂行に際しては、職責権限規定等に基づき権限の委譲が行われ、各レベルの責任者が意思決定ルールに則り業務を遂行する。

(ホ)当社及び子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制

1.当社及び子会社と関連会社(以下、子会社等という)から成る企業集団の業務の適正を確保するため、またグループ間取引の適正を図るため、関係会社管理規定に基づき、子会社等の経営に関わる基本的事項に関して統括的に管理及び指導を行う管理部署を設置するとともに、適切な監視体制および報告体制を確保する。

2.すべてのステークホルダーとの信頼をさらに高めるとともに、企業の社会的責任を果たすため、企業倫理綱領を子会社等の指針として積極的に展開する。

3.子会社等は関係会社管理規定に従い、定期的に業務執行状況を当社に報告する。

4.子会社等との会議を定期的に実施し、子会社等の経営方針・経営計画についてチェックと調整を行う。

5.関係会社管理規定に従い、子会社等に対し内部監査を行う。

(ヘ)監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する体制

監査役の職務を補助すべき使用人を置くことを監査役から求められた場合、その人選にあたっては監査役の意見を聴取し、人事担当取締役その他の関係者の意見も十分に考慮して決定する。

(ト)前号の使用人の取締役からの独立性に関する事項

1.監査役の職務を補助すべき使用人の任命・異動については、事前に監査役と協議の上、決定し、その人事考課については常勤監査役が行う。

2.監査役の職務を補助すべき使用人が監査役の職務を補助する場合は、監査役の指揮命令下で職務を遂行する。

(チ)取締役、執行役員及び使用人並びに子会社の取締役、監査役等が監査役に報告をするための体制と、報告したことを理由として不利益な取扱いを受けないことを確保するための体制

1.取締役、執行役員及び使用人、並びに子会社の取締役、監査役及び使用人またはこれらの者から報告を受けた者は、監査役から業務執行に関する事項の報告を求められた場合には、遅滞なく監査役に報告を行う。

2.取締役、執行役員及び使用人、並びに子会社の取締役、監査役及び使用人またはこれらの者から報告を受けた者は、監査役に対して、法令・定款に違反する事実、当社及び子会社等の会社に著しい損害を与える恐れのある事実を発見した場合には、当該事実に関する事項を遅滞なく監査役に報告を行う。

3.当社は、監査役への報告を行った者に対し、当該報告をしたことを理由として不利な取扱いを行うことを禁止し、その旨を当社及び子会社の取締役、監査役及び使用人に周知徹底する。

(リ)その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制

1.監査役は監査の実施にあたり必要と認めた時は、自らの判断で顧問弁護士や公認会計士等の外部アドバイザーを任用することができる。

2.監査役は監査の実効性を高めるため、会計監査人及び内部監査部門と連携強化を図るとともに、会計監査人から会計監査内容について、また内部監査部門から内部監査の実施状況について報告を受ける。

 

ロ.リスク管理体制の整備の状況

  当社及びグループ会社のリスクマネジメントに関する基本的事項を定め、リスクの防止及び損失の最小化を目的としたリスクマネジメント規定に基づき、リスクマネジメント委員会を定期的に開催し、リスクマネジメントに関する方針の策定、教育等を実施しました。また、リスクカタログの見直しを行い、当社が抱える諸リスクの抽出、分析、再評価を実施いたしました。

 

ハ.責任限定契約の内容の概要

 当社と社外取締役及び社外監査役は、会社法第427条第1項の規定に基づき、同法第423条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任の限度額は、法令が定める最低責任限度額であります。

 

ニ.取締役の定数

 当社の取締役は15名以内とする旨定款に定めております。

 

ホ.取締役の選任の決議要件

 当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨、また、選任決議は累積投票によらない旨を定款に定めております。

 

ヘ.自己の株式の取得の決定機関

 当社は、会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議によって自己の株式を取得することができる旨定款に定めております。これは機動的な資本政策の遂行を目的とするものであります。

 

ト.中間配当

 当社は、会社法第454条第5項の定めに基づき、取締役会の決議によって、毎年6月30日を基準日として中間配当をすることができる旨定款に定めております。これは機動的な配当政策の遂行を目的とするものであります。

 

チ.株主総会の特別決議要件

 当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨定款に定めております。これは株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目的とするものであります。

 

 

(2)【役員の状況】

① 役員一覧

男性 11名 女性 1名 (役員のうち女性の比率 8.3%)

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数

(千株)

代表取締役社長

材 木 正 己

1950年10月22日

 

1971年3月

当社入社

1998年12月

ファスナー事業部技術部長

2002年4月

ファスナー事業部第二製造部長

2004年4月

ファスナー事業部

副事業部長(製造担当)

2005年3月

取締役

2005年3月

ファスナー事業部副事業部長

兼第一製造部長

2006年2月

和光株式会社代表取締役社長

2009年3月

ファスナー事業部事業部長

2010年3月

常務取締役

2011年3月

代表取締役常務

2011年3月

ファスナー事業部門担当

2013年3月

代表取締役社長(現任)

 

注3

69

代表取締役常務

常務執行役員

経営管理部門

(経営企画室・

グローバル戦略部・

人事総務部・

グループ経営

推進部)担当

荒 賀  誠

1968年10月11日

 

1991年4月

当社入社

2014年10月

企画室長兼内部統制推進部長

2015年10月

企画室長兼監査部長

2016年10月

経営企画室長兼監査部長

2018年3月

取締役

2018年3月

経営企画室長兼人事総務部長

兼監査部長

2018年10月

経営管理部門(経営企画室・

人事総務部)担当兼人事総務部長

2019年3月

執行役員 経営管理部門(経営企画室・人事総務部・ダイバーシティ推進室)担当

2020年3月

常務取締役

2020年3月

常務執行役員 経営管理部門(経営企画室・グローバル戦略部・人事総務部・ダイバーシティ推進室)担当

2021年3月

代表取締役常務(現任)

2021年3月

常務執行役員 経営管理部門(経営企画室・グローバル戦略部・人事総務部・グループ経営推進部)担当(現任)

 

注3

14

常務取締役

常務執行役員

産機事業部

事業部長

澤 井  健

1959年12月24日

 

1983年4月

当社入社

2007年4月

名古屋支店長

2010年10月

産機事業部販売部長(中部・関西担当)

2012年4月

産機事業部製造部長

2015年3月

取締役

2015年3月

産機事業部副事業部長

2016年3月

産機事業部事業部長

2019年3月

常務取締役(現任)

2019年3月

常務執行役員 産機事業部

事業部長兼日東公進株式会社

代表取締役社長(現任)

 

注3

9

取締役

執行役員

メディカル新規事業部

事業部長兼

研究開発部門担当兼

研究開発部長

上 嶋 伸 宏

1959年8月4日

 

1986年11月

当社入社

2008年4月

旭和螺絲工業股份有限公司董事総経理兼日東精密螺絲工業(浙江)有限公司董事長兼旭和投資股份有限公司董事

2012年10月

ファスナー事業部品質管理部長

2015年3月

取締役(現任)

2015年3月

ファスナー事業部副事業部長

兼製造部長

2016年3月

ファスナー事業部事業部長

兼品質管理部長

2017年3月

ファスナー事業部事業部長

2018年3月

支店管理部門担当兼東京支店長

2019年3月

執行役員 支店管理部門担当

兼東京支店長

2021年3月

執行役員 メディカル新規事業部

事業部長兼研究開発部門担当兼

研究開発部長(現任)

 

注3

13

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数

(千株)

取締役

執行役員

制御システム

事業部

事業部長兼

生産技術部門担当

山 添 重 博

1960年2月15日

 

1989年10月

当社入社

2011年4月

制御システム事業部製造部長

2014年10月

生産技術部長

2017年3月

取締役(現任)

2017年3月

制御システム事業部事業部長兼

生産技術部長

2019年3月

執行役員 制御システム事業部

事業部長兼生産技術部長

2020年3月

執行役員 制御システム事業部事業部長兼生産技術部門担当

(現任)

 

注3

10

取締役

執行役員

財務部門担当兼

監査部門担当兼

監査部長

松 本 真 一

1964年10月16日

 

1987年4月

当社入社

2015年4月

財務部長

2018年3月

取締役(現任)

2018年10月

財務部門担当

2019年3月

執行役員 財務部門担当

兼財務部長

2020年3月

執行役員 財務部門担当

兼監査部門担当

2021年3月

執行役員 財務部門担当兼

監査部門担当兼監査部長(現任)

 

注3

7

取締役

塩 見  満

1962年7月29日

 

1989年4月

当社入社

2002年7月

当社退社

2006年10月

弁護士登録(京都弁護士会)

(現任)

塩見法律事務所設立(京都市)

2007年4月

塩見法律事務所移転(福知山市)

(現任)

2008年3月

税理士登録(近畿税理士会)

(現任)

2016年3月

当社取締役(現任)

2019年5月

株式会社さとう 非常勤監査役(現任)

2019年10月

社会福祉法人空心福祉会 理事(現任)

 

注3

13

取締役

平 尾 一 之

1951年5月29日

 

1979年6月

京都大学工学部助手

1987年8月

京都大学工学部工業化学教室

助教授

1998年8月

京都大学工学研究科材料化学専攻

教授

2002年4月

京都大学付属福井謙一記念研究

センター副センター長

2006年12月

京都市イノベーションセンター長

2013年1月

京都大学ナノテクノロジーハブ

拠点長

2014年7月

京都グリーンケミカル・ネット

ワーク会長(現任)

2017年3月

当社取締役(現任)

2017年4月

京都大学名誉教授・特任教授

(現任)

2017年4月

京都市成長産業創造センター

センター長(現任)

2017年6月

日本セラミックス協会会長

2018年4月

京都市桂イノベーションセンター

センター長(現任)

 

注3

2

取締役

勝 見 九 重

1964年9月10日

 

2000年1月

社会保険労務士登録

(大阪府社会保険労務士会)

2000年1月

勝見社会保険労務士事務所設立

(現任)

2005年9月

スリー・バイ・スリー設立

2007年4月

産業カウンセラー(財団法人産業カウンセラー協会認定)(現任)

2007年4月

特定社会保険労務士登録(京都府

社会保険労務士会)(現任)

2008年4月

キャリアコンサルタント

(現任)

2019年3月

当社取締役(現任)

2019年7月

株式会社スリー・バイ・スリー設立 代表取締役(現任)

 

注3

0

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数

(千株)

監査役(常勤)

北 谷  明

1960年12月25日

 

1984年4月

当社入社

2005年10月

企画室長

2011年10月

企画室長兼内部統制推進部長

2014年10月

東京支店長

2018年4月

大阪支店長

2020年3月

監査部長

2021年3月

監査役(現任)

 

注4

14

監査役

溝 口 克 彦

1955年6月28日

 

1979年3月

グンゼ株式会社入社

2004年7月

秘書室長

2008年10月

経営戦略部経営戦略室マネージャー

2009年11月

人事総務部総務サービスセンターマネージャー

2011年11月

人事総務部総務サービスセンターマネージャー兼

株式会社グンゼオフィスサービス代表取締役社長

2013年4月

グンゼ株式会社執行役員

2013年4月

グンゼ開発株式会社代表取締役

社長

2017年3月

当社監査役(現任)

2017年4月

グンゼ開発株式会社社長付

2017年6月

グンゼ株式会社監査役(現任)

 

注5

3

監査役

多 賀 野 博 一

1957年11月8日

 

1980年4月

株式会社京都銀行入行

2012年6月

執行役員 営業統轄部長

2013年2月

執行役員 営業統轄部長兼営業統轄部阪神営業本部長

2013年4月

執行役員 営業統轄部長兼営業統轄部阪神営業本部長兼営業統轄部融資推進室長

2015年6月

執行役員 名古屋支店長

2017年6月

常務執行役員 大阪営業部長

2019年6月

京都クレジットサービス株式会社代表取締役社長(現任)

2020年3月

当社監査役(現任)

2020年6月

京銀カードサービス株式会社

代表取締役社長(現任)

 

注6

0

158

 

(注)1 取締役 塩見満、平尾一之及び勝見九重は、「社外取締役」であります。

(注)2 監査役 溝口克彦及び多賀野博一は、「社外監査役」であります。

(注)3 取締役の任期は、2020年12月期に係る定時株主総会終結の時から2021年12月期に係る定時株主総会終結の時までであります。

(注)4 監査役の任期は、2020年12月期に係る定時株主総会終結の時から2023年12月期に係る定時株主総会終結の時までであります。

(注)5 監査役の任期は、2018年12月期に係る定時株主総会終結の時から2022年12月期に係る定時株主総会終結の時までであります。

(注)6 監査役の任期は、2019年12月期に係る定時株主総会終結の時から2023年12月期に係る定時株主総会終結の時までであります。

(注)7 当社は、法令に定める監査役の員数を欠くことになる場合に備え、会社法第329条第3項に定める補欠監査役1名を選任しております。補欠監査役の略歴は次のとおりであります。

 

 

 

氏名

生年月日

略歴

所有株式数(千株)

四 方 浩 人

1968年7月27日生

1995年4月

 

 

中小企業診断士登録(一般社団

法人京都府中小企業診断協会)

(現任)

 

2006年6月

 

公認会計士登録

(日本公認会計士協会京滋会)

(現任)

2007年11月

 

2009年6月

 

税理士登録(近畿税理士会)

(現任)

一般社団法人京都府中小企業

診断協会常任理事(現任)

2011年7月

 

株式会社MHCアドバイザリー

サービス設立

代表取締役(現任)

2017年7月

 

MHC税理士法人設立

代表社員(現任)

2019年6月

 

日本公認会計士協会京滋会

副会長(現任)

 

 

(注)8 当社は、執行役員制度を導入しております。取締役を除く執行役員は4名で、執行役員ファスナー事業部事業部長 浅井基樹、執行役員支店管理部門担当兼東京支店長 石原雅和、執行役員グローバル戦略部長兼産機事業部海外販売部長 小雲康弘、執行役員産機事業部副事業部長兼製造部長 桐村和也で構成されております。

 

② 社外役員の状況

 当社は経営監視機能の客観性及び中立性を確保するため、社外取締役3名、社外監査役2名を選任しております。

 当社は、社外取締役及び社外監査役を選任するための独立性に関する基準または方針を定めてはおりませんが、選任にあたっては、独立役員の独立性に関する判断基準等を参考とし、一般株主との利益相反が生じるおそれがないことを基本的な考え方として選任しております。なお、当社は社外取締役及び社外監査役の全員を東京証券取引所の定めに基づく独立役員として指定し、届け出ております。

 社外取締役塩見満氏は、弁護士及び税理士としての高度な専門的知見を有しており、当社の経営意思決定に必要な監督機能を果たしていただけると判断し、選任しております。同氏は1989年4月から2002年7月まで当社の従業員でありましたが、現在は当社との間に特別な利害関係はありません。社外取締役平尾一之氏は、上場会社の経営に関与された経験はありませんが、多くの団体の筆頭者や大学教授としての豊富な経験を有しており、その知見を活かして、当社の経営意思決定に必要な監督機能を果たしていただけると判断し、選任しております。同氏と当社との間に特別な利害関係はありません。また、社外取締役勝見九重氏は、企業の経営戦略としてのメンタルヘルスやワークライフバランスを取り入れた人財コンサルティングを展開されており、女性活躍促進などの観点から当社の経営意思決定に必要な監督機能を果たしていただけると判断し、選任しております。同氏と当社との間に特別な利害関係はありません。社外取締役の当社株式の保有状況については、「① 役員一覧」の所有株式数の欄に記載のとおりです。

 社外監査役溝口克彦氏は、当社の株主であるグンゼ株式会社の監査役であります。同社は、当社の株式の4.80%を所有しておりますが、重要な取引関係はありません。また、社外監査役多賀野博一氏は、当社とは特記すべき関係に無い京都クレジットサービス株式会社及び京銀カードサービス株式会社の代表取締役社長であります。同氏は当社の取引銀行であり、当社の株式の4.99%を所有する株式会社京都銀行の出身者ですが、当社は総資産に占める同行からの借入金の割合が2%程度と低いうえに、複数の金融機関と取引をしており、資金繰りも順調であるため、当社は業務執行の決定の際に影響を受けていないことから、同氏の独立性は高く、一般株主と利益相反の生じる恐れはないものと認識しております。また、社外監査役の当社株式の保有状況については、「① 役員一覧」の所有株式数の欄に記載のとおりです。なお、社外監査役と当社との間には、上記以外の特別な利害関係はありません。

 

③ 社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部 統制部門との関係

 社外取締役は、主に取締役会に出席し、より客観的な立場から、その経験と見識に裏付けられた発言を行う等、当社の取締役会としての業務執行監督機能の充実に努めております。

 社外監査役は、監査役会において常勤監査役から適宜情報の提供を受けるとともに、取締役会提出議案の事前監査を行い、取締役会ではその決議と意思決定の状況を監視し、必要に応じ意見を述べております。また代表取締役と定期的に意見交換を行い、取締役からは職務執行の報告を受けております。

 また、毎期、会計監査人の監査計画の内容を聴取し、監査方針及び重点監査事項の報告を受けるとともに、意見交換を行っております。

 内部監査部門とは定期的に情報交換することで、当社の内部統制システム全般をモニタリングしております。

(3)【監査の状況】

①監査役監査の状況

監査役会は監査役3名で構成され、うち2名が社外監査役であります。監査役は、その他社外監査役の員数が欠けた場合に備え、補欠の監査役を1名選任しております。

独立役員に指定しております社外監査役溝口克彦氏は当社の株主であるグンゼ株式会社の監査役であり、企業経営者としての豊富な経験と幅広い知見を有しております。また、独立役員に指定しております社外監査役多賀野博一氏は当社とは特記すべき関係に無い京都クレジットサービス株式会社及び京銀カードサービス株式会社の代表取締役社長であり、金融機関での豊富な業務経験や企業経営者としての見識を有しております。

当事業年度において当社は監査役会を16回開催しており、個々の監査役の出席状況については次のとおりであります。

氏 名

開催回数

出席回数

大田  直樹

4

4

大塚  芳邦

12

12

北谷   明

0

0

中村  久義

4

4

溝口  克彦

16

15

多賀野 博一

12

12

(注) 開催回数が異なるのは、就任時期の違いによるものであります。なお、監査役の大田直樹氏及び中村久義氏は2020年3月30日開催の第114期定時株主総会の終結時をもって任期満了によりそれぞれ退任し、監査役の大塚芳邦氏及び多賀野博一氏が選任され、それぞれ就任いたしました。また、監査役の大塚芳邦氏は2021年3月30日開催の第115期定時株主総会の終結時をもって辞任し、監査役の北谷明氏が選任され、就任いたしました。

 

監査役における主な検討事項は、監査報告の作成、監査計画の策定、会計監査人の再任・不再任及び報酬の同意、各四半期において会計監査人とのレビュー内容を含む意見交換等であります。

各監査役は、監査役会で定めた監査計画に基づき、取締役会等の重要な会議に出席し、取締役等の職務の執行状況について報告を受け、必要に応じて意見を表明しております。また会計監査人からは、適時に監査及びレビュー結果の報告及び説明を受け、意見交換を行っております。

常勤監査役は、取締役会や社内の重要会議に出席するほか、本社及び主要な事業所において業務、財産の状況を調査しております。また子会社に対しても随時訪問又面談し、事業の報告を求めるとともに、必要に応じ業務、財産の調査を行うなど、経営全般の立場から公平不偏の姿勢で監査を行っております。また、監査役会で社外監査役と情報共有による意思の疎通を図っております。

 

②内部監査の状況

内部監査部門(4名)が、監査計画に基づき、当社及びグループ各社を対象として内部監査を実施し、内部統制機能の充実を図っております。

監査役は内部監査部門と定期的に情報交換することで、当社の内部統制システム全般をモニタリングするとともに、より効率的な運用について助言を行っております。

また、監査役は毎期、会計監査人から監査計画の内容を聴取し、監査方針及び重点監査事項の報告を受けるとともに、意見交換を行っております。会計監査人の監査に随時立会い、監査の方法等の検証を行っております。監査報告書の作成にあたっては、会計監査人の監査の概要及び監査方法とその結果について報告を受けるなど、会計監査の質的向上に注力しております。

 

③会計監査の状況

a.監査法人の名称

PwC京都監査法人

 

b.継続監査期間

2012年12月期以降

 

c.業務を執行した公認会計士

中村 源

橋本 民子

 

d.監査業務に係る補助者の構成

当社の会計監査業務に係る補助者は、公認会計士4名、会計士試験合格者等2名、その他9名であります。

 

e.監査法人の選定方針と理由

当社は、会計監査に必要とされる専門性、独立性を有していること、及び当社の事業活動に対する理解や海外子会社の会計監査人との連携体制などを総合的に勘案して監査法人を選定しており、PwC京都監査法人が適任であると判断しております。

 

f.監査役及び監査役会による監査法人の評価

当社の監査役会は、監査法人に対して毎期評価を行っております。監査役会は、監査法人と緊密なコミュニケーションをとっており、適時かつ適切に意見交換や監査状況を把握しております。その結果、監査法人に関して、不再任または解任に相当する事項はなく、かつ会計監査が相当であると認めております。

 

④監査報酬の内容等

a.監査公認会計士等に対する報酬

区分

前連結会計年度

当連結会計年度

監査証明業務に基づく報酬(百万円)

非監査業務に基づく報酬(百万円)

監査証明業務に基づく報酬(百万円)

非監査業務に基づく報酬(百万円)

提出会社

28

0

28

8

連結子会社

28

0

28

8

当社における非監査業務の内容は、前連結会計年度及び当連結連結会計年度ともに、公認会計士法第2条第1項の業務以外の業務である、M&Aに関するアドバイザリー業務であります。

 

b.監査公認会計士等と同一のネットワーク(プライスウォーターハウスクーパース)に対する報酬(a.を除く)

区分

前連結会計年度

当連結会計年度

監査証明業務に基づく報酬(百万円)

非監査業務に基づく報酬(百万円)

監査証明業務に基づく報酬(百万円)

非監査業務に基づく報酬(百万円)

提出会社

連結子会社

3

5

3

5

連結子会社における非監査業務の内容は、前連結会計年度及び当連結連結会計年度ともに、税務関連業務であります。

 

c.その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

該当事項はありません。

 

d.監査報酬の決定方針

当社の監査報酬は、監査法人が当社の監査上のリスクなどを踏まえた監査計画を基に算定した監査報酬案について、その適正性に検討を加えたうえで決定しております。

 

e.監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由

計画ベースでの監査時間当たり報酬の水準及び売上高に対する報酬比率等や他社水準との比較及び監査報酬の推移や監査法人と会社間の交渉経緯の聴取結果などを総合的に判断した結果、会計監査人の報酬等について会社法第399条第1項の同意を行っております。

 

(4)【役員の報酬等】

役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項

取締役の報酬は、企業価値の持続的な向上を図るインセンティブとして機能するよう株主利益と連動した報酬体系とし、個々の取締役の報酬の決定に際しては、各職責を踏まえた適正な水準とすることを基本方針としております。

具体的には、業務執行取締役の報酬は、固定報酬である基本報酬、役員賞与、株式報酬により構成し、社外取締役については、その職務に鑑み、基本報酬のみ支払うものとしております。

当社の取締役の報酬限度額は2007年3月29日開催の第101回定時株主総会において、年額200百万円と決議されており、その員数は15名以内とする旨を定款において定めております。また、上記報酬限度額とは別枠で、株式報酬制度において信託に拠出する上限額は、5年間の信託期間を対象として合計225百万円とする旨を、2017年3月30日開催の第111回定時株主総会にて決議しております。

なお、2020年11月開催の取締役会において、取締役会の任意の諮問機関として指名報酬委員会を設置し、代表取締役1名、独立役員3名を構成員とした委員4名を選任いたしました。指名報酬委員会は、取締役会の諮問に応じて、取締役の報酬等の基本的な方針、取締役の報酬限度額、その他経営上の重要な報酬に関する事項等について審議し、取締役会に対して答申いたします。

 

a.基本報酬(金銭報酬)の個人別の報酬等の額の決定に関する方針

取締役の基本報酬は、月例の固定報酬とし、役位、役割、担当する職責等に応じて、会社の業績、社会水準、従業員給与等のバランスや当社の企業規模を勘案して決定するものとする。

 

b.業績連動報酬等ならびに非金銭報酬等の内容及び額または算定方法の決定に関する方針

業績連動報酬等は、単年度の連結営業利益達成度を基準とし、中期経営課題の取り組み状況、従業員への賞与の支給状況、ガバナンスの状況などを総合的に勘案して、算出された額を賞与として毎年、一定の時期に支給する。

非金銭報酬等は、中長期的な業績向上と企業価値の増大に対するインセンティブを付与することを目的として導入しており、取締役に対して当社株式交付規程に従って付与されるポイント数に応じ、当社株式が設定する信託を通じて付与される株式報酬とする。

 

c.金銭報酬の額、業績連動報酬等の額または非金銭報酬等の額の取締役の個人別の報酬等の額に関する割合の

決定に関する方針

業務執行取締役の種類別の報酬割合については、第三者機関実施による役員報酬サーベイに基づき、当社と同程度の事業規模や関連する業種・業態に属する企業をベンチマークとする報酬水準を踏まえ、上位の役職ほどに業績連動が高まる構成とし、指名報酬委員会において検討を行う。取締役会は指名報酬委員会の答申内容を尊重し、当該答申で示された種類別の範囲内で取締役の個人別の報酬等の内容を決定することとする。

役位

基本報酬

業績連動報酬等

非金銭報酬等

代表取締役

60%~80%

15%~25%

5%~15%

常務取締役

60%~80%

15%~25%

5%~15%

取締役

70%~90%

5%~15%

5%~15%

※業績連動報酬等は役員賞与であり、非金銭報酬等には株式報酬が含まれている。

 

d.取締役の個人別の報酬等の内容についての決定に関する事項

取締役の個人別の報酬額については取締役会決議に基づき、代表取締役社長がその具体的内容について委任をうけるものとし、その権限の内容は、各取締役の基本報酬の額および各取締役の担当事業の業績を踏まえた賞与の評価配分とする。

取締役会は、当該権限が代表取締役社長によって適切に行使されるよう指名報酬委員会から答申を得るものとし、当該答申の内容を踏まえて決定しなければならないこととする。

なお、株式報酬は、指名報酬委員会の答申を踏まえ、取締役会で取締役個人別の割当株式数を決議する。

 

当事業年度の取締役の報酬の額等は、株主総会で決議された上限の範囲において、取締役会の一任を受けた代表取締役社長の材木正己が決定しております。

 

監査役の報酬等の額又はその算定方法の決定につきましては株主総会で決議された報酬総額の最高限度額の範囲内において、監査役の協議により決定しております。

なお、当社の監査役の報酬限度額は2007年3月29日開催の第101回定時株主総会において、年額50百万円と決議されており、その員数は4名以内とする旨を定款において定めております。

 

②役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

役員区分

報酬等の総額

(百万円)

 報酬等の種類別の総額(百万円)

対象となる

役員の員数

(名)

固定報酬

業績連動報酬

退職慰労金

株式報酬

取締役

(社外取締役を除く。)

128

93

20

14

8

監査役

(社外監査役を除く。)

13

12

0

2

社外役員

22

21

1

6

 

③提出会社の役員ごとの連結報酬等の総額等

 連結報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。

 

④使用人兼務役員の使用人給与のうち、重要なもの

 該当事項はありません。

 

(5)【株式の保有状況】

①  投資株式の区分の基準及び考え方

当社は、保有目的が純投資目的である投資株式と純投資目的以外の目的である投資株式の区分について、株式の価値の変動または配当の受領によって利益を得ることを目的として保有する投資株式を純投資目的である投資株式とし、それ以外の目的で保有する投資株式を純投資目的以外の目的である投資株式として区分しております。

 

②  保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

a.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の内容

政策保有株式については、企業価値を向上させるための中長期的な視点に立ち、事業戦略上の重要性、今後の営業展開、事業上のシナジー等を総合的に勘案し、政策的に必要とされる株式を保有しており、保有株式については、原則として会計年度毎に経済合理性の視点も含めて取締役会において検証し、保有の意義が希薄と考えられる株式については、縮減していく方針であります。なお、上記の検証を取締役会にて実施し、全ての銘柄について保有の合理性を確認するとともに、売却する銘柄も確認しました。

 

b.銘柄数及び貸借対照表計上額の合計額

 

銘柄数

(銘柄)

貸借対照表計上額の

合計額(千円)

非上場株式

7

514,425

非上場株式以外の株式

5

61,977

 

(当事業年度において株式数が増加した銘柄)

 

銘柄数

(銘柄)

株式数の増加に係る取得

価額の合計額(千円)

株式数の増加の理由

非上場株式

非上場株式以外の株式

 

(当事業年度において株式数が減少した銘柄)

 

銘柄数

(銘柄)

株式数の減少に係る売却

価額の合計額(千円)

非上場株式

非上場株式以外の株式

1

67,052

 

c.特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報

 特定投資株式

銘柄

当事業年度

前事業年度

保有目的、定量的な保有効果

及び株式数が増加した理由

当社の株式の

保有の有無

株式数(株)

株式数(株)

貸借対照表計上額

(千円)

貸借対照表計上額

(千円)

㈱テクノアソシエ

113,600

販売取引関係の強化

124,619

グンゼ㈱

10,100

10,100

経営交流、医療向け製品開発提携、地域振興の協働等企業価値向上のための関係強化

33,936

49,389

㈱鳥羽洋行

5,000

5,000

販売取引関係の強化

12,795

14,915

協立電機㈱

6,000

6,000

販売取引関係の強化

12,330

17,064

神鋼商事㈱

1,000

1,000

仕入取引関係の強化

1,842

2,819

㈱京都銀行

200

200

資金調達・運用先、情報収集先としての関係強化

1,074

940

(注)定量的な保有効果については記載が困難であります。「②保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式」の「a.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の内容」に記載の方法に基づき検証を実施しており、十分な保有合理性があると判断しております。

 

     みなし保有株式

銘柄

当事業年度

前事業年度

保有目的、定量的な保有効果

及び株式数が増加した理由

当社の株式の

保有の有無

株式数(株)

株式数(株)

貸借対照表計上額

(千円)

貸借対照表計上額

(千円)

㈱京都銀行

116,000

116,000

退職給付を目的に信託設定しており、当社が議決権行使の指図権限を有している。

622,920

545,200

グンゼ㈱

44,000

44,000

退職給付を目的に信託設定しており、当社が議決権行使の指図権限を有している。

147,840

215,160

㈱三菱UFJフィナンシャル・グループ

190,000

190,000

退職給付を目的に信託設定しており、当社が議決権行使の指図権限を有している。

86,659

112,708

三井住友トラスト・ホールディングス㈱

20,000

20,000

退職給付を目的に信託設定しており、当社が議決権行使の指図権限を有している。

63,540

86,740

㈱三井住友フィナンシャルグループ

6,700

6,700

退職給付を目的に信託設定しており、当社が議決権行使の指図権限を有している。

21,359

27,054

(注)1 定量的な保有効果については記載が困難であります。「②保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式」

     の「a.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等におけ

     る検証の内容」に記載の方法に基づき検証を実施しており、十分な保有合理性があると判断しております。

   2  当社の株式の保有の有無については、銘柄が持株会社の場合はその主要な子会社の保有分(実質所有株式数)

     を勘案し記載しております。

   3  貸借対照表計上額の上位銘柄を選定する段階で、特定投資株式とみなし保有株式を合算しておりません。

   4 みなし保有株式は、退職給付信託として信託設定したものであり、当社の貸借対照表には計上しておりませ

     ん。なお、みなし保有株式の「貸借対照表計上額」欄には、事業年度末日におけるみなし保有株式の時価に

     議決権行使権限の対象となる株式数を乗じた額を記載しております。

 

③  保有目的が純投資目的である投資株式

該当株式はありません。

 

 

第5【経理の状況】

1 連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について

(1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)に基づいて作成しております。

 

(2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。

 また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しております。

 

2 監査証明について

 当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2020年1月1日から2020年12月31日まで)及び事業年度(2020年1月1日から2020年12月31日まで)の連結財務諸表及び財務諸表について、PwC京都監査法人により監査を受けております。

 

3 連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

 当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内容を適切に把握し、また会計基準の変更等について的確に対応することができる体制を整備するため、公益財団法人財務会計基準機構へ加入し、研修会への参加や会計専門誌等の定期購読を行っております。

 

1【連結財務諸表等】

(1)【連結財務諸表】

①【連結貸借対照表】

 

 

 

(単位:千円)

 

前連結会計年度

(2019年12月31日)

当連結会計年度

(2020年12月31日)

資産の部

 

 

流動資産