EDINET閲覧(提出)サイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)をもとに上場企業サーチ作成

本ページはEDINETに提出された開示情報を上場企業サーチが加工/編集したものであり、記載された情報の正確性および完全性について上場企業サーチは一切の保証を行いません。本ページの情報を利用する際は自己の責任で判断頂き、意思決定に際しては適宜EDINETや提出会社が公開するオリジナルを参照する様にしてください。本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

 

【表紙】

 

【提出書類】

有価証券報告書

【根拠条文】

金融商品取引法第24条第1項

【提出先】

近畿財務局長

【提出日】

2021年12月24日

【事業年度】

第75期(自 2020年10月1日 至 2021年9月30日)

【会社名】

IMV株式会社

【英訳名】

IMV CORPORATION

【代表者の役職氏名】

代表取締役社長  小 嶋 淳 平

【本店の所在の場所】

大阪市西淀川区竹島二丁目6番10号

【電話番号】

06-6478-2565(代表)

【事務連絡者氏名】

常務取締役経営企画本部長  岡 本 裕 司

【最寄りの連絡場所】

大阪市西淀川区竹島二丁目6番10号

【電話番号】

06-6478-2565(代表)

【事務連絡者氏名】

常務取締役経営企画本部長  岡 本 裕 司

【縦覧に供する場所】

株式会社東京証券取引所

(東京都中央区日本橋兜町2番1号)

IMV株式会社東京営業所

(東京都中央区築地7丁目2番1号)

 

 

E02352 77600 IMV株式会社 IMV CORPORATION 企業内容等の開示に関する内閣府令 第三号様式 Japan GAAP true cte cte 2020-10-01 2021-09-30 FY 2021-09-30 2019-10-01 2020-09-30 2020-09-30 1 false false false E02352-000 2021-12-24 E02352-000 2016-10-01 2017-09-30 E02352-000 2017-10-01 2018-09-30 E02352-000 2018-10-01 2019-09-30 E02352-000 2019-10-01 2020-09-30 E02352-000 2020-10-01 2021-09-30 E02352-000 2017-09-30 E02352-000 2018-09-30 E02352-000 2019-09-30 E02352-000 2020-09-30 E02352-000 2021-09-30 E02352-000 2016-10-01 2017-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02352-000 2017-10-01 2018-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02352-000 2018-10-01 2019-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02352-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02352-000 2020-10-01 2021-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02352-000 2017-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02352-000 2018-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02352-000 2019-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02352-000 2020-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02352-000 2021-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02352-000 2021-12-24 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E02352-000 2021-09-30 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E02352-000 2021-09-30 jpcrp_cor:No1MajorShareholdersMember E02352-000 2021-09-30 jpcrp_cor:No2MajorShareholdersMember E02352-000 2021-09-30 jpcrp_cor:No3MajorShareholdersMember E02352-000 2021-09-30 jpcrp_cor:No4MajorShareholdersMember E02352-000 2021-09-30 jpcrp_cor:No5MajorShareholdersMember E02352-000 2021-09-30 jpcrp_cor:No6MajorShareholdersMember E02352-000 2021-09-30 jpcrp_cor:No7MajorShareholdersMember E02352-000 2021-09-30 jpcrp_cor:No8MajorShareholdersMember E02352-000 2021-09-30 jpcrp_cor:No9MajorShareholdersMember E02352-000 2021-09-30 jpcrp_cor:No10MajorShareholdersMember E02352-000 2021-09-30 jpcrp_cor:SharesWithNoVotingRightsMember E02352-000 2021-09-30 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsTreasurySharesEtcMember E02352-000 2021-09-30 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsOtherMember E02352-000 2021-09-30 jpcrp_cor:OrdinarySharesTreasurySharesSharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E02352-000 2021-09-30 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsOtherMember E02352-000 2021-09-30 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesLessThanOneUnitMember E02352-000 2021-09-30 jpcrp_cor:Row1Member E02352-000 2021-12-24 jpcrp_cor:Row1Member E02352-000 2021-12-24 jpcrp030000-asr_E02352-000:KojimaShigeoMember E02352-000 2021-12-24 jpcrp030000-asr_E02352-000:KojimaJumpeiMember E02352-000 2021-12-24 jpcrp030000-asr_E02352-000:OkamotoHirojiMember E02352-000 2021-12-24 jpcrp030000-asr_E02352-000:AokiHidenaoMember E02352-000 2021-12-24 jpcrp030000-asr_E02352-000:KusanoKinyaMember E02352-000 2021-12-24 jpcrp030000-asr_E02352-000:KojimaKentaroMember E02352-000 2021-12-24 jpcrp030000-asr_E02352-000:SakaiKiyoshiMember E02352-000 2021-12-24 jpcrp030000-asr_E02352-000:TakashimaFumioMember E02352-000 2021-12-24 jpcrp030000-asr_E02352-000:TeradaYasuoMember E02352-000 2021-12-24 jpcrp030000-asr_E02352-000:HashimotoHikaruMember E02352-000 2021-12-24 jpcrp_cor:Row2Member E02352-000 2021-12-24 jpcrp_cor:Row3Member E02352-000 2021-12-24 jpcrp_cor:Row4Member E02352-000 2021-12-24 jpcrp_cor:Row5Member E02352-000 2021-12-24 jpcrp_cor:Row6Member E02352-000 2021-12-24 jpcrp_cor:Row7Member E02352-000 2021-12-24 jpcrp_cor:Row8Member E02352-000 2021-12-24 jpcrp_cor:Row9Member E02352-000 2021-12-24 jpcrp_cor:Row10Member E02352-000 2020-10-01 2021-09-30 jpcrp_cor:DirectorsExcludingOutsideDirectorsMember E02352-000 2020-10-01 2021-09-30 jpcrp_cor:CorporateAuditorsExcludingOutsideCorporateAuditorsMember E02352-000 2020-10-01 2021-09-30 jpcrp_cor:OutsideDirectorsAndOtherOfficersMember E02352-000 2020-09-30 jpcrp_cor:Row1Member E02352-000 2021-09-30 jpcrp_cor:Row2Member E02352-000 2020-09-30 jpcrp_cor:Row2Member E02352-000 2021-09-30 jpcrp_cor:Row3Member E02352-000 2020-09-30 jpcrp_cor:Row3Member E02352-000 2021-09-30 jpcrp_cor:Row4Member E02352-000 2020-09-30 jpcrp_cor:Row4Member E02352-000 2021-09-30 jpcrp_cor:Row5Member E02352-000 2020-09-30 jpcrp_cor:Row5Member E02352-000 2021-09-30 jpcrp_cor:Row6Member E02352-000 2020-09-30 jpcrp_cor:Row6Member E02352-000 2021-09-30 jpcrp_cor:Row7Member E02352-000 2020-09-30 jpcrp_cor:Row7Member E02352-000 2020-09-30 jppfs_cor:CapitalStockMember E02352-000 2019-09-30 jppfs_cor:CapitalStockMember E02352-000 2020-09-30 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E02352-000 2019-09-30 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E02352-000 2020-09-30 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E02352-000 2019-09-30 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E02352-000 2020-09-30 jppfs_cor:TreasuryStockMember E02352-000 2019-09-30 jppfs_cor:TreasuryStockMember E02352-000 2019-09-30 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E02352-000 2020-09-30 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E02352-000 2020-09-30 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E02352-000 2019-09-30 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E02352-000 2020-09-30 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E02352-000 2019-09-30 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E02352-000 2019-09-30 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E02352-000 2020-09-30 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E02352-000 2019-09-30 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E02352-000 2020-09-30 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E02352-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E02352-000 2020-10-01 2021-09-30 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E02352-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E02352-000 2020-10-01 2021-09-30 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E02352-000 2020-10-01 2021-09-30 jppfs_cor:TreasuryStockMember E02352-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:TreasuryStockMember E02352-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E02352-000 2020-10-01 2021-09-30 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E02352-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E02352-000 2020-10-01 2021-09-30 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E02352-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E02352-000 2020-10-01 2021-09-30 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E02352-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E02352-000 2020-10-01 2021-09-30 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E02352-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E02352-000 2020-10-01 2021-09-30 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E02352-000 2020-10-01 2021-09-30 jppfs_cor:CapitalStockMember E02352-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:CapitalStockMember E02352-000 2021-09-30 jppfs_cor:CapitalStockMember E02352-000 2021-09-30 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E02352-000 2021-09-30 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E02352-000 2021-09-30 jppfs_cor:TreasuryStockMember E02352-000 2021-09-30 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E02352-000 2021-09-30 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E02352-000 2021-09-30 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E02352-000 2021-09-30 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E02352-000 2021-09-30 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E02352-000 2019-09-30 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02352-000 2020-09-30 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02352-000 2020-09-30 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02352-000 2019-09-30 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02352-000 2019-09-30 jpcrp030000-asr_E02352-000:GainOnDisposalOfTreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02352-000 2020-09-30 jpcrp030000-asr_E02352-000:GainOnDisposalOfTreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02352-000 2019-09-30 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02352-000 2020-09-30 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02352-000 2020-09-30 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02352-000 2019-09-30 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02352-000 2019-09-30 jppfs_cor:ReserveForAdvancedDepreciationOfNoncurrentAssetsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02352-000 2020-09-30 jppfs_cor:ReserveForAdvancedDepreciationOfNoncurrentAssetsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02352-000 2020-09-30 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02352-000 2019-09-30 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02352-000 2020-09-30 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02352-000 2019-09-30 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02352-000 2019-09-30 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02352-000 2020-09-30 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02352-000 2019-09-30 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02352-000 2020-09-30 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02352-000 2020-09-30 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02352-000 2019-09-30 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02352-000 2020-09-30 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02352-000 2019-09-30 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02352-000 2020-10-01 2021-09-30 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02352-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02352-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02352-000 2020-10-01 2021-09-30 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02352-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02352-000 2020-10-01 2021-09-30 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02352-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02352-000 2020-10-01 2021-09-30 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02352-000 2019-10-01 2020-09-30 jpcrp030000-asr_E02352-000:GainOnDisposalOfTreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02352-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02352-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02352-000 2020-10-01 2021-09-30 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02352-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02352-000 2020-10-01 2021-09-30 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02352-000 2020-10-01 2021-09-30 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02352-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02352-000 2020-10-01 2021-09-30 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02352-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02352-000 2020-10-01 2021-09-30 jpcrp030000-asr_E02352-000:GainOnDisposalOfTreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02352-000 2020-10-01 2021-09-30 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02352-000 2020-10-01 2021-09-30 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02352-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02352-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:ReserveForAdvancedDepreciationOfNoncurrentAssetsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02352-000 2020-10-01 2021-09-30 jppfs_cor:ReserveForAdvancedDepreciationOfNoncurrentAssetsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02352-000 2021-09-30 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02352-000 2021-09-30 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02352-000 2021-09-30 jpcrp030000-asr_E02352-000:GainOnDisposalOfTreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02352-000 2021-09-30 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02352-000 2021-09-30 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02352-000 2021-09-30 jppfs_cor:ReserveForAdvancedDepreciationOfNoncurrentAssetsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02352-000 2021-09-30 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02352-000 2021-09-30 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02352-000 2021-09-30 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02352-000 2021-09-30 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02352-000 2021-09-30 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02352-000 2021-09-30 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember iso4217:JPY iso4217:JPY xbrli:shares xbrli:pure xbrli:shares

第一部 【企業情報】

 

第1 【企業の概況】

 

1 【主要な経営指標等の推移】

(1) 連結経営指標等

 

回次

第71期

第72期

第73期

第74期

第75期

決算年月

2017年9月

2018年9月

2019年9月

2020年9月

2021年9月

売上高

(千円)

10,898,345

11,044,926

12,348,007

11,338,176

11,576,008

経常利益

(千円)

1,389,441

918,227

652,146

462,592

1,310,239

親会社株主に帰属する
当期純利益

(千円)

942,675

578,183

366,871

316,830

937,265

包括利益

(千円)

941,551

564,966

227,899

318,613

985,227

純資産

(千円)

5,996,496

6,407,677

6,503,512

6,704,840

7,529,872

総資産

(千円)

13,116,562

15,356,145

15,200,702

16,219,102

17,121,775

1株当たり純資産額

(円)

360.85

385.70

400.82

411.15

461.18

1株当たり当期純利益

(円)

58.02

35.65

22.62

19.48

57.52

潜在株式調整後1株
当たり当期純利益

(円)

自己資本比率

(%)

44.6

40.7

42.8

41.3

43.9

自己資本利益率

(%)

17.3

9.6

5.7

4.8

13.2

株価収益率

(倍)

12.2

11.8

15.3

15.7

9.9

営業活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

1,201,250

34,020

798,296

500,378

2,098,403

投資活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

696,471

1,917,544

653,218

545,479

162,833

財務活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

235,663

1,548,810

556,722

1,899,165

1,158,028

現金及び現金同等物
の期末残高

(千円)

1,757,905

1,374,292

970,730

2,839,536

3,652,453

従業員数
(外、平均臨時
雇用者数)

(名)

271

289

314

315

328

(94)

(73)

(80)

(85)

(82)

 

(注) 1 売上高には、消費税等は含まれておりません。

2 潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため、記載しておりません。

3 従業員数は就業人員数であります。

4 従業員数欄の(外書)は臨時従業員数の年間平均雇用者数であります。

5 「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を第73期の期首から適用しており、第72期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。

 

 

 

(2) 提出会社の経営指標等

 

回次

第71期

第72期

第73期

第74期

第75期

決算年月

2017年9月

2018年9月

2019年9月

2020年9月

2021年9月

売上高

(千円)

9,094,862

8,665,478

10,249,379

9,083,772

9,181,126

経常利益

(千円)

1,290,220

871,303

681,860

302,947

1,127,940

当期純利益

(千円)

902,495

609,412

492,946

176,296

773,917

資本金

(千円)

464,817

464,817

464,817

464,817

464,817

発行済株式総数

(株)

16,957,016

16,957,016

16,957,016

16,957,016

16,957,016

純資産

(千円)

5,464,955

5,916,476

6,248,534

6,312,710

6,988,286

総資産

(千円)

11,309,928

13,680,567

13,675,292

14,384,609

14,800,344

1株当たり純資産額

(円)

337.16

364.73

385.21

387.44

428.90

1株当たり配当額
(1株当たり中間配当額)

(円)

10.00

8.00

8.50

8.50

10.00

(―)

(―)

(―)

(―)

(―)

1株当たり当期純利益

(円)

55.54

37.58

30.39

10.84

47.50

潜在株式調整後1株
当たり当期純利益

(円)

自己資本比率

(%)

48.3

43.2

45.7

43.9

47.2

自己資本利益率

(%)

17.8

10.7

8.1

2.8

11.6

株価収益率

(倍)

12.7

11.2

11.4

28.1

12.0

配当性向

(%)

18.0

21.3

28.0

78.4

21.1

従業員数
(外、平均臨時雇用者数)

(名)

164

172

180

176

185

(52)

(52)

(60)

(63)

(60)

株主総利回り

(比較指標:JASDAQ INDEX スタンダード)

(%)

(%)

255.4

156.8

133.4

121.4

218.9

(142.7)

(148.8)

(137.5)

(155.1)

(173.0)

最高株価

(円)

800

701

490

469

857

最低株価

(円)

278

383

276

194

302

 

(注) 1 売上高には、消費税等は含まれておりません。

2 潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため、記載しておりません。

3 従業員数は就業人員数であります。

4 従業員数欄の(外書)は臨時従業員数の年間平均雇用者数であります。

5 第71期の1株当たり配当額10円には、設立60周年記念配当2円50銭を含んでおります。

6 最高・最低株価は、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)における株価を記載しております。

7 「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を第73期の期首から適用しており、第72期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。

 

 

2 【沿革】

1957年4月

株式会社国際機械振動研究所(現IMV株式会社)を設立

 

本社:大阪市北区旅篭町 東京支社(現東京営業所):東京都港区西新橋
名古屋営業所:名古屋市中区新栄町

1957年10月

大阪工場を兵庫県伊丹市天津藤ノ木に設置

1960年8月

東京工場を東京都八王子市中野町に設置

1964年7月

東京工場を神奈川県津久井郡藤野町に移転

1971年1月

東京営業所を東京都千代田区三崎町に移転

1974年10月

会社更生法を申請

 

更生管財人として小嶋成夫(現代表取締役会長)が就任し、会社再建を開始

1980年7月

本社を大阪市北区茶屋町に移転

1985年7月

会社更生手続終結

1987年4月

社名をアイエムブイ株式会社に商号変更

1994年9月

日東精機株式会社(現連結子会社)の株式を取得して、同社を100%子会社とする

1997年12月

名古屋営業所を名古屋市東区泉に移転

2003年1月

社名をIMV株式会社に商号変更

2005年5月

本社、大阪工場及び連結子会社である日東精機株式会社を大阪市西淀川区竹島に移転

2005年7月

ジャスダック証券取引所に株式を上場

2007年9月

名古屋テストラボを愛知県加茂郡三好町に開設及び名古屋営業所を移転

2009年3月

鉄道車両用テストラボを大阪市西淀川区竹島に開設

2009年12月

株式会社データ・テクノ(現連結子会社)の株式を取得して、同社を100%子会社とする

2010年4月

ジャスダック証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、大阪証券取引所JASDAQに上場

2011年10月

IMV CORPORATION EUROPEAN TECHNICAL CENTREを英国に設置

2011年11月

IMV(THAILAND)CO.,LTD.(現連結子会社)を設立

2013年2月

IMV CORPORATION EUROPEAN TECHNICAL CENTREを法人化し、IMV EUROPE LIMITED(現連結子会社)を設立

2013年7月

東京証券取引所と大阪証券取引所の統合に伴い、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に上場

2015年11月

東京テストラボ上野原サイト高度試験センターを山梨県上野原市に開設

2016年2月

株式会社振研(現連結子会社)の株式を取得して、同社を100%子会社とする

2016年4月

IMV America, Inc.(現連結子会社)を設立

2017年7月

1G DYNAMICS LIMITED(現連結子会社)を設立して、同社を51%子会社とする

2018年4月

IMV TECHNO VIETNAM CO.,LTD(現連結子会社)を設立

2018年12月

入間テストラボ日本高度信頼性評価試験センターを埼玉県入間市に開設

2019年1月

春日井テストラボを愛知県春日井市に開設

2021年1月

東京営業所を中央区築地へ移転

 

 

 

3 【事業の内容】

当社グループは主に振動シミュレーションシステム、メジャリングシステムの製造・販売を行っております。また、テスト&ソリューションサービスとして振動試験を受託しております。

当社グループに関する事業の種類別セグメントについては、その事業全てが「振動に関する事業」であり、「振動に関する単一セグメント」としております。なお、当社グループの事業部門を品目別に記載しますと次のとおりであります。

 

(1) 振動シミュレーションシステム

振動シミュレーションシステム(振動試験装置)及びオールウェザーシミュレーションシステム(複合環境試験装置)の製造・販売及びこれらの修理・保守を行っております。連結子会社である株式会社振研でも同様に、振動試験装置及び複合環境試験装置の製造・販売及びこれらの修理・保守を行っております。また、日東精機株式会社では主に当社製品の組立・加工を行っている他、IMV(THAILAND)CO.,LTD.及びIMV TECHNO VIETNAM CO.,LTDがASEAN地域で、IMV EUROPE LIMITEDが欧州地域で、IMV America, Inc.が米国で、販売及びこれらの修理・保守を行っております。また、1G DYNAMICS LIMITEDが全世界を対象にこれらの修理・保守を行っております。

 

(2) テスト&ソリューションサービス

上記、製品の製造・販売以外に受託試験を行っております。これらは顧客からの振動試験及び解析の要請を  受け、供試品に対する振動を含む環境試験の実施及びその結果に基づく分析・解析を行っているものであります。当該事業は当社及び連結子会社である株式会社振研が国内で行っており、連結子会社であるIMV(THAILAND)CO.,LTD.及びIMV TECHNO VIETNAM CO.,LTDがASEAN地域にて行っております。

 

(3) メジャリングシステム

メジャリングシステム(振動計測装置、振動監視装置、地震監視装置及び環境信頼性評価システムを含む)の  製造・販売及びこれらの修理・保守を行っております。これらは主に、地震や工業機械の磨耗又は劣化による異常振動を感知し、地震による二次災害の防止や予知保全の分野で用いられるものであります。連結子会社である株式会社データ・テクノでは当社を含め複数の企業から製品の設計・開発を受託しております。

 

事業の系統図は次のとおりであります。


 

(注) 日東精機株式会社は、部品を得意先に販売しておりますが、軽微であるため記載を省略しております。

 

 

4 【関係会社の状況】

 

名称

住所

資本金

主要な事業
の内容

議決権の所有
割合(%)

関係内容

(連結子会社)

 

 

 

 

 

日東精機株式会社(注)1

大阪市西淀川区

10,000千円

各種機械の組立・加工

100.0

役員の兼任1名
従業員の兼任2名
主に当社製品の組立・加工をしております。

 

 

 

 

 

 

株式会社データ・テクノ

京都市下京区

29,000千円

電子工業用機器の開発製造

100.0

従業員の兼任3名
当社の製品の開発をしております。

 

 

 

 

 

 

株式会社振研

東京都八王子市

37,000千円

試験装置の製造・販売、修理、保守及び受託試験

100.0

役員の兼任1名
従業員の兼任1名
振動試験装置の製造・販売をしております。

 

 

 

 

 

 

IMV(THAILAND)CO.,LTD.

(注)1

Thailand

40,000千バーツ

試験装置の販売、修理、保守及び受託試験

100.0

従業員の兼任1名
当社の製品の販売をしております。

 

 

 

 

 

 

IMV EUROPE LIMITED

(注)3

United Kingdom

200,000ユーロ

試験装置の販売、修理、保守及び受託試験

100.0

役員の兼任1名
従業員の兼任2名
当社の製品の販売をしております。

 

 

 

 

 

 

IMV America, Inc.

United States of America

300,000ドル

試験装置の販売、修理、保守

100.0

従業員の兼任1名
当社の製品の販売をしております。

 

 

 

 

 

 

1G DYNAMICS LIMITED

(注)2

United Kingdom

1,000千ポンド

試験装置の修理・保守

75.5

(75.5)

従業員の兼任2名
当社の製品の修理・保守をしております。

 

 

 

 

 

 

IMV TECHNO VIETNAM CO.,LTD(注)1

Vietnam

1,000千米ドル

試験装置の販売、修理、保守及び受託試験

100.0

従業員の兼任3名
当社の製品の販売をしております。

 

(注)1.特定子会社であります。

2.議決権の所有割合の()内は、間接所有割合で内数であります。

3.IMV EUROPE LIMITEDについては、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の連結売上高に占める割合が10%を超えております。

主要な損益情報等

 ① 売上高    1,662,625千円

 ② 経常利益     94,243千円

 ③ 当期純利益     93,002千円

 ④ 純資産    △300,842千円

 ⑤ 総資産       1,400,720千円

 

5 【従業員の状況】

(1) 連結会社の状況

当社グループの事業は単一セグメントであり、セグメント情報を記載していないため、部門別の従業員数を示すと次のとおりであります。

2021年9月30日現在

区分

製造部門

販売部門

管理部門

合計

従業員数(名)

226

(60)

63

(10)

39

(12)

328

(82)

 

(注) 1 従業員数は就業人員数であり、従業員数欄の(外書)は臨時従業員の最近1年間の平均雇用人員であります。

2 臨時従業員には、パートタイマー及び嘱託契約の従業員を含み、派遣社員を除いています。

 

(2) 提出会社の状況

2021年9月30日現在

従業員数(名)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(千円)

185

(60)

43.6

12.9

6,798

 

(注) 1 従業員数は就業人員数であり、従業員数欄の(外書)は臨時従業員の最近1年間の平均雇用人員であります。

2 平均年間給与は賞与及び基準外賃金を含んでおります。

3 臨時従業員には、パートタイマー及び嘱託契約の従業員を含み、派遣社員を除いています。

 

(3) 労働組合の状況

当社には下記の労働組合が組織されており、当社と労働組合との関係は労使協調体制で円満に推移しております。

名称:JAM IMV労働組合

   (JAM:Japanese Association of Metal,Machinery,and Manufacturing Workers)

組合員数:117名(2021年9月30日現在)

上部団体:連合

なお、連結子会社である日東精機株式会社、株式会社データ・テクノ、株式会社振研、IMV(THAILAND)CO.,LTD.、IMV EUROPE LIMITED、IMV America, Inc.、1G DYNAMICS LIMITED、IMV TECHNO VIETNAM CO.,LTDにおいては、労働組合は組織されておりません。

第2 【事業の状況】

 

1 【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において、当社グループが判断したものであります。

 

(1) 経営方針

当社グループは“SECURE THE FUTURE”をスローガンに、社会の安全・快適・エコロジーに貢献することを責務と考えております。これからも世界トップレベルの「開発力」「提案力」そして「総合力」を強みに、経営基盤の強化を進めてまいります。

 

(2) 経営戦略等

当社グループは、長年にわたり振動に係る試験装置や計測装置の開発・製造・販売及び試験受託を行い、また振動問題に対するコンサルティング等も実施することで、総合環境シミュレーション業界のリーディングカンパニーとして確固たる地位を確立しておりますが、さらなる事業成長と顧客満足の向上のために、グローバルな展開を行ってまいります。

 

(3) 経営環境

国内経済は、製造業等で設備投資や企業収益に持ち直しの動きが見られたものの、緊急事態宣言が複数回発出され、経済活動が制限される時期もあるなど、依然として厳しい状況でありました。また、世界経済においても、ワクチン接種が進展する一方で、新型コロナウイルス(COVID-19)変異株の感染が拡大し、先行きの不透明な状況が続いております。当社を取り巻く事業環境は、主要顧客である自動車及び自動車部品メーカーがCASEに代表される100年に一度といわれる変革期を迎え、その潮流に遅れることなく対応を迫られております。

一方、グローバルでの法規制の強化と企業のESGやSDGsに対する取り組みへの評価の高まり、更には、人口や社会の変化による働き方の多様化とグローバル化や経済成長に伴う賃金上昇の加速、IoT、AI、自動運転などの技術進化の加速と業界の垣根を越えた連携や異業種自体の台頭など、当社グループを取り巻く環境は急速な変化を見せています。このような中、当社グループはコンプライアンス遵守を基盤としつつ、高収益体質への変革を目指す各種施策を着実に実行してまいります。

 

(4) 経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等

当社グループは、投下資本利益率(ROIC)を8%以上で維持することを数値目標としております。また、2022年9月期の連結業績は、売上高12,500百万円、連結営業利益1,150百万円の計上を予想しております。

 

(5) 優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

以下を優先的に対処すべき課題として認識し、対応してまいります。

 

 ① 生産体制

当社グループはパートナーを含めた生産技術の革新と計測技術の確立に取り組み生産機能の強化を図っております。これにより製品品質を確保し、競争力のあるコストとリードタイムの実現を行ってまいります。

 

 ②コスト削減

当社グループは重要部品を除く多くの部品を外注委託する生産形態をとっているため、パートナーも含めたサプライチェーン全体でのコストダウンが重要となります。材料費の高騰に対し、設計段階から価値分析を駆使した対策に努めてまいります。

 

 

 ③人材育成

海外子会社及び海外駐在員事務所設立等により、当社グループにおいてもグローバル市場で活躍ができる人材の確保が課題となっております。そのため現有人員への語学教育や海外経験の豊富な人材のリクルート活動を強化してまいります。また、リーダーシップと積極性を兼ね備えた人材育成のため能力開発教育を積極的に行ってまいります。

 

 ④研究開発体制

振動試験・計測・解析分野における近未来的ビジョンを実現させるべく研究開発体制を強化し、内外の研究機関と連携した研究開発を推進してまいります。さらに、振動シミュレーションシステムとメジャリングシステムの研究開発機能を大阪に一元化することにより、相乗効果を追求した新たな製品開発を推進してまいります。

 

 ⑤管理体制

上場企業として、タイムリーに正確な情報を開示することに留まらず、今後の会計基準の改訂等への対応準備や、コーポレート・ガバナンスコードの遵守に重点を置き、管理部門の体制強化を図ります。

 

 ⑥新規事業

既存市場は成熟傾向にあるため、持続可能な成長のためには新規事業分野への展開が不可欠となっております。有力企業との提携等を通じてデジタル技術を含めた研究開発やマーケティングの機能を強化してまいります。

 

 ⑦海外展開

自動車関連業界を中心に生産体制だけでなく、開発体制も含めた海外シフトが進んでおります。当社グループの製品は研究開発段階で使用されることが多いため、今後は海外での売上が伸張していくものと想定しており、現地企業と共同で販売・サービス・生産体制の構築を進めてまいります。

 

2 【事業等のリスク】

有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、経営者が連結会社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると認識している主要なリスクは、以下のとおりであります。

なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものであります。

 

(1) 生産における外注先の活用等について

当社グループでは製品製造にあたり製品の心臓部にあたる部品や工程は、振動シミュレーションシステムについては連結子会社を含めた当社グループ工場、メジャリングシステムについては当社工場で内製化しており、また、当社工場において、外注委託先から仕入れた部品の受入検査、部品組立、出荷検査を行っております。内製化する必要がない部品・工程に関しては、外注先を積極的に活用する方針としており、当社が策定した設計に則りその多くを外注委託しております。当社は、原則、外注委託先を複数確保し、調達リスクの軽減に努めておりますが、仮に外注先からの調達に支障が生じるなどの事態が生じた場合においては、当社グループの納期管理や品質管理等に影響を及ぼす可能性があります。

 

(2) 季節変動について

当社グループの振動シミュレーションシステムの売上高は、販売先の予算執行等の事情により、3月度及び9月度に集中する傾向があり、第2四半期及び第4四半期の業績が他の四半期に比し、上回る傾向にあります。今後、官公庁向けの販売比率の増加によっては、こうした傾向が強まる可能性もあります。また、大型案件を計上するタイミングによっては、月次変動要因となる可能性があります。なお、当社グループの振動シミュレーションシステムの売上高のうち、据付及び動作確認作業を伴う製品の販売については、製品の引渡しと当該製品の据付及び動作確認が完了し、顧客が検収した時点で売上高を計上しており、検収遅延等によっては、期ずれにより経営成績の変動要因となる可能性があります。

 

 

(3) 内需の減少について

当社グループは、国内売上の比率が高く当連結会計年度において全体の約67%を占めております。このため、海外での売上拡大を積極的に進め、かつ国内においては次世代エネルギーや電気自動車等の新たな試験需要への対応を進めておりますが、既存の自動車産業等における内需の回復が想定よりも遅れた場合には、経営成績の変動要因となる可能性があります。

 

(4) 為替の変動リスクについて

当社グループは、海外売上比率の増加とともに外貨建ての取引が増加し、当初想定した為替レートと実勢レートに著しい乖離が生じた場合には、当社グループの業績及び財務状況に悪影響を与える可能性があります。さらに、海外子会社の財務諸表は現地通貨にて作成されるため、連結財務諸表作成時に円換算されることになり、為替相場の変動による円換算時の為替レートの変動が、当社グループの財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

 

 

3 【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

当連結会計年度における当社グループ(当社及び連結子会社)の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下、「経営成績等」という。)の状況の概要並びに経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は以下のとおりであります。なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものであります。
 

(1) 経営成績

当連結会計年度における世界経済は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大局面での経済活動の制限と、収束局面での経済活動再開の動きが繰り返され、不透明な状況が続きました。一方、国内経済はCOVID-19による度重なる緊急事態宣言の発出に見舞われ、厳しい状況にある中、設備投資など一部に持ち直しの動きもみられました。

このような環境の中、当社グループの売上高は振動シミュレーションシステム及びメジャリングシステムの伸長により、前年同期を237百万円上回る11,576百万円となりました。利益面では、製品原価率の改善や経費の削減などグループ全体における費用圧縮効果により、営業利益が1,067百万円(対前年同期比729百万円増)、経常利益が1,310百万円(対前年同期比847百万円増)、親会社株主に帰属する当期純利益は937百万円(対前年同期比620百万円増)となりました。

当社グループは、ROICを主要な経営指標として採り上げ、株主重視の経営を推進しております。中長期の観点でROIC8%以上の水準を意識し、経営資源を既存コア事業の拡大や新規事業の立ち上げに効率的に投入して収益性の向上に努めるとともに、資本効率のさらなる向上を目指しております。

当連結会計年度におけるROICは5.8%(前年同期比3.8ポイント増加)であり、目標である8%以上の水準を下回りましたが、引き続き当該指標の向上に取り組んでまいります。

ROIC=営業利益×(1-法定実効税率)÷(株主資本+借入金)

ROICは法定実効税率を30.4%を前提として計算しております。

 

 

品目別の営業の概況は次のとおりであります。

 

① 振動シミュレーションシステム

国内市場におきましては、大型機の売上が好調に推移したことや自動車関連向けの売上が堅調に推移しました。一方、海外市場におきましては、自動車関連向けや試験施設向けを中心に欧州は好調でしたが、米国やASEAN地域の売上低迷が響き前年同期を下回る結果となりました。また、サービス部門におきましては、試験所及び校正機関品質マネジメントシステム規格(ISO 17025)の校正サービスを開始したほか、海外でのメンテナンスサービスが好調に推移し前年同期を上回りました。

以上の結果、この品目の売上高は8,364百万円(対前年同期比380百万円増)となりました。

 

② テスト&ソリューションサービス

国内市場におきましては、第2四半期連結累計期間まではCOVID-19の感染拡大に伴う経済活動の制限による受託試験の延期などにより低迷しましたが、第3四半期連結会計期間以降は振動試験を中心に復調しました。一方、海外市場におきましては、ASEAN地域における自動車向けの試験が順調に推移いたしました。

しかしながら、第2四半期連結累計期間までの国内市場の不調が影響し、この品目の売上高は前年同期を下回る2,026百万円(対前年同期比282百万円減)となりました。

 

③ メジャリングシステム

国内市場におきましては、振動計測装置や構造ヘルスモニタリングの製品販売が伸びたものの、地震監視装置等が伸び悩み前年同期を下回りました。一方、海外市場におきましては、中国、台湾を中心に振動計測装置、地震監視装置の販売が好調に推移しました。また、サービス部門もメンテナンス部材等の売上が好調に推移し前年同期を上回りました。

以上の結果、この品目の売上高は1,184百万円(対前年同期比140百万円増)となりました。

 

 

生産、受注及び販売の実績は、次のとおりであります。

当社グループの事業は単一セグメントでありセグメント情報を記載していないため、品目別に記載しております。

 a. 生産実績

当連結会計年度における生産実績を品目別に示すと、次のとおりであります。

品目

当連結会計年度

(自 2020年10月1日

至 2021年9月30日)

生産高(千円)

前期比(%)

振動シミュレーションシステム

8,837,213

110.9

テスト&ソリューションサービス

2,025,254

89.5

メジャリングシステム

1,185,565

114.2

合計

12,048,033

106.9

 

(注) 1 金額は販売価格によっております。

2 上記の金額には消費税等は含まれておりません。

 

 b. 受注実績

当連結会計年度における受注実績を品目別に示すと、次のとおりであります。

品目

当連結会計年度

(自 2020年10月1日

至 2021年9月30日)

受注高(千円)

前期比(%)

受注残高(千円)

前期比(%)

振動シミュレーションシステム

8,379,755

102.4

3,648,535

100.4

テスト&ソリューションサービス

2,063,901

88.6

306,723

114.1

メジャリングシステム

1,106,444

105.6

214,367

73.2

合計

11,550,101

99.9

4,169,627

99.4

 

(注) 1 金額は販売価格によっております。

2 上記の金額には消費税等は含まれておりません。

 

 c. 販売実績

当連結会計年度における販売実績を品目別に示すと、次のとおりであります。

品目

当連結会計年度

(自 2020年10月1日

至 2021年9月30日)

販売高(千円)

前期比(%)

振動シミュレーションシステム

8,364,978

104.8

テスト&ソリューションサービス

2,026,040

87.8

メジャリングシステム

1,184,989

113.4

合計

11,576,008

102.1

 

(注) 1 金額は販売価格によっております。

2 上記の金額には消費税等は含まれておりません。

 

(2) 財政状態

当連結会計年度末における資産は、前連結会計年度末と比べ902百万円増加し、17,121百万円となりました。流動資産は、現金及び預金が810百万円増加したことから前連結会計年度末と比べ1,166百万円増加し、11,272百万円となりました。固定資産は、建設仮勘定が65百万円減少したことと減価償却が進捗したことにより前連結会計年度末と比べ263百万円減少し、5,849百万円となりました。

当連結会計年度末における負債は、前連結会計年度末と比べ77百万円増加し、9,591百万円となりました。流動負債は、未払法人税等の増加436百万円と仕入債務の増加354百万円により前連結会計年度末と比べ1,166百万円増加し、7,408百万円となりました。固定負債は、長期借入金が1,030百万円減少したことから前連結会計年度末と比べ1,089百万円減少し、2,183百万円となりました。

当連結会計年度末における純資産は、利益剰余金が798百万円増加したことから、前連結会計年度末と比べ825百万円増加し、7,529百万円となりました。この結果、自己資本比率は前連結会計年度末と比べ2.6ポイント増加し43.9%となりました。1株当たり純資産は前連結会計年度末の411円15銭に対し、461円18銭となりました。

 
(3) キャッシュ・フローの状況並びに資本の財源及び資金の流動性に関する情報

営業活動によるキャッシュ・フローは、2,098百万円の資金が増加(前連結会計年度は500百万円増加)しました。これは、税金等調整前当期純利益1,356百万円、減価償却費602百万円及び仕入債務の増加388百万円の資金の増加要因が、たな卸資産の増加208百万円等の資金の減少要因を上回ったことによるものであります。

投資活動によるキャッシュ・フローは、162百万円の資金が減少(前連結会計年度は545百万円減少)しました。これは主に有形固定資産の取得による支出160百万円によるものであります。

財務活動によるキャッシュ・フローは、1,158百万円の資金が減少(前連結会計年度は1,899百万円増加)しました。これは主に長期借入金の返済623百万円と短期借入金の返済360百万円に伴う資金の減少によるものであります。

これらの活動の結果、現金及び現金同等物の残高は前連結会計年度末の2,839百万円から812百万円増加し、3,652百万円となりました。

 

 資本の財源及び資金の流動性について、当社グループの主な運転資金需要は製品製造の為の原材料購入のほか、製造費用、販売費及び一般管理費等の営業費用であります。投資を目的とした資金需要は、設備投資等によるものであります。当社グループは、事業の運営に必要な資金の調達について、調達手段の多様化を図ることで、低コストかつ安定的に資金を確保するよう努めております。また、グループ各社における余剰資金の一元管理を図り、資金効率の向上と金融費用の削減を目的として、国内外でキャッシュ・マネジメントを実施しております。

 

 

(4)重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

 当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められる会計基準に基づき作成されております。重要な会計方針については、「第5 経理の状況 1連結財務諸表等 注記事項 (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)」に記載のとおりであります。連結財務諸表の作成にあたっては、過去の実績やその時点で合理的と考えられる情報に基づき、会計上の見積りや判断を行っております。

連結財務諸表に与える影響が大きいと考えられる会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定は以下のとおりです。

(固定資産の減損)

 当社グループは、固定資産のうち減損の兆候がある資産グループについて、当該資産グループから得られる割引前将来キャッシュ・フローの総額が帳簿価額を下回る場合には、帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失として計上することとしております。

 減損の兆候の把握、減損損失の認識及び測定にあたっては、経営環境などの外部要因に関する情報や当社グループが用いている内部の情報(事業計画等)に基づく合理的な仮定により検討しておりますが、事業計画や市場環境の変化などにより、その見積りの前提とした条件や仮定に変更が生じた場合、減損損失が発生する可能性があります。

(繰延税金資産)

 当社グループは、繰延税金資産の回収可能性評価に際し、将来の課税所得を合理的に見積もっております。繰延税金資産の回収可能性の評価にあたっては、決算時点で入手可能な情報等に基づき合理的に判断しておりますが、将来の課税所得の見積りに依存するため、経営環境の変化などにより見積りの前提とした条件や仮定に変更が生じた場合、繰延税金資産が取り崩され、税金費用を計上する可能性があります。

 

4 【経営上の重要な契約等】

(1) 協同開発契約

 

契約会社名

相手方の名称

契約内容

契約期間

IMV株式会社
(当社)

IC Consultants
Limited
(英国)

次世代振動試験システムの開発

自 2021年4月1日
至 2022年3月31日
(書面確認により契約更新)

 

 

契約会社名

相手方の名称

契約内容

契約期間

IMV株式会社
(当社)

IMDEA Energy
(スペイン)

次世代振動試験システムの開発

自 2021年4月1日
至 2022年3月31日
(書面確認により契約更新)

 

 

 

5 【研究開発活動】

当社は開発型企業として顧客のニーズに応えるべく、各装置において積極的に研究開発活動に取り組んでおります。継続的な新製品・新技術の研究開発活動には大別して振動試験技術と振動計測技術があります。当連結会計年度の研究開発費の総額は392百万円であります。

なお、当社グループの事業は単一セグメントであり、セグメント情報を記載していないため、品目別に記載しております。

また、研究開発活動は当社が一括して行っているため、連結子会社においての研究開発活動は行っておりません。

 

主な研究開発テーマとその内容は以下のとおりであります。

(1) 振動シミュレーションシステム

① 高加速度振動シミュレーションシステム

振動試験を取り巻く環境は常に変化しています。例えば、自動車業界で進んでいるEV化や自動化の影響によって、振動試験に対してより大きなストレスを試験品に与えて評価したいという要望が出てきています。IMVでは、このようなニーズに対応するため、従来機種より大きな加速度を発生できる振動シミュレーションシステムの開発に取り組んできました。当期はこの開発が完了し、出荷を開始しています。

当連結会計年度における研究開発費の金額1百万円であります。

 

② 次世代電力増幅器コントローラ

電力増幅器は、大きな電力を使用する振動シミュレーションシステムの主要な構成機器です。当社では、電力増幅器のさらなる性能向上、機能の充実化に向けた開発を継続して行っています。当期は、デザイン・操作性を向上させ、ネットワーク機能を強化した新しい電力増幅器コントローラの開発が完了し、出荷を開始しています。

当連結会計年度における研究開発費の金額は12百万円であります。

 

③ 次世代振動制御器、クラウドサービス

振動制御器は振動シミュレーションシステムのオペレーターとのインターフェースであり、試験品にどのようなストレスを与えるかを決める重要な機器です。ユーザーが最も使用する機器であり、新しい要望も多く、これに対応するため、常に改良を重ねています。例えば、ネットワーク機能テーマにした新しい振動制御器やクラウドサービスの開発もそれにあたります。当期は、新しい振動制御器の開発が完了し、標準品の出荷を開始しています。

当連結会計年度における研究開発費の金額は108百万円であります。

 

 

 

(2) メジャリングシステム

① 構造ヘルスモニタリング

国策のリスクマネジメント「防災・減災、国土強靭化」における「重要インフラの緊急点検」が急務な課題として高度成長期に建設された橋脚、高速道、などの総点検が取り沙汰される中、産学連携研究で長年取り組んでいる構造物ヘルスモニタリングの健全性評価の確立とクラウド技術を組み合わせた普及型後付け遠隔監視システムの商品化に向けて、昨年研究運用開始に漕ぎ着けた火力発電所のモニタリングシステムを皮切りに構造物ヘルスモニタリングシステムの商品化改良開発に取り組み尽力してまいります。

当連結会計年度における研究開発費の金額は4百万円であります。

 

② 特定用途センサ

回転駆動設備機器類の要であるベアリングの健全性を振動計測で分析・診断する技術ノウハウを生かした計測センサ、その主要製品であるスピンドル製品の健全性のモニタリング専用小型センサの開発と、顧客ニーズに合わせた特定用途向けセンサの開発に尽力し、引き続き新たな商品化に向けて努めてまいります。回転駆動設備機器類の要であるベアリングの健全性を振動計測で分析・診断する技術ノウハウを生かした計測センサ、その主要製品であるスピンドル製品の健全性のモニタリング専用小型センサの開発と、顧客ニーズに合わせた特定用途向けセンサの開発に尽力し、引き続き新たな商品化に向けて努めてまいります。
 当連結会計年度における研究開発費の金額は1百万円であります。

 

③ IoT診断ユニット

IoT診断ユニットについては、既存製品の「ラムダバイブロ」を軸にFA産業(マテハン業界・ロボット業界)の設備遠隔モニタリングによる保全監視システムのソリューション製品としてさらなる改良開発に取り組み、汎用性の高い新たな商品への展開を進めてまいります。IoT診断ユニットについては、既存製品の「ラムダバイブロ」を軸にFA産業(マテハン業界・ロボット業界)の設備遠隔モニタリングによる保全監視システムのソリューション製品としてさらなる改良開発に取り組み、汎用性の高い新たな商品への展開を進めてまいります。
 当連結会計年度における研究開発費の金額は1百万円であります。

 

④ 要素技術開発

 通年より要素技術の研究開発に取り組んでおります。特にMEMS技術を用いた各種振動センサの製品化開発に注力しています。

新たな顧客市場参入に向けて機械振動計測(高周波数帯計測)が可能なMEMS加速度ピックアップセンサの研究開発、従来地震計製品よりも安価で高精度計測が可能となるMEMS技術を応用した地震計の研究開発、構造物の健全性を測る計測監視システム研究開発と振動を測る事についての幅広い計測技術の開発に取り組みを進めてまいります。

国策のリスクマネジメント「防災・減災、国土強靭化」における「重要インフラの緊急点検」に寄与するべく弊社の計測技術を用いて各種大学や研究機関と連携しながらインフラ構造物の健全性を計測で証明評価する取り組みも続けてまいります。
 当連結会計年度における研究開発費の金額は44百万円であります。

第3 【設備の状況】

 

1 【設備投資等の概要】

当連結会計年度の設備投資については、146百万円計上いたしました。
 当社のテスト&ソリューションサービス事業の設備に関するものであります。

 

2 【主要な設備の状況】

当社グループの事業は単一セグメントであり、セグメント情報を記載していないため、業務内容及び主要生産品目別に記載しております。

 

提出会社

2021年9月30日現在

事業所名
(所在地)

業務内容及び主要生産品目

設備の内容

帳簿価額(千円)

従業員数
(名)

建物
及び構築物

機械装置
及び運搬具

工具、器具
及び備品

土地
(面積㎡)

合計

本社・大阪工場
(大阪市西淀川区)

管理業務・販売業務
振動シミュレーションシステム

営業設備
生産設備

353,567

799

78,475

1,139,076

(16,926)

1,571,919

120(44)

大阪テストラボ
(大阪市西淀川区)

テスト&ソリューションサービス

試験設備

151,200

12,429

141,374

30,406

(453)

335,411

7(4)

東京工場
(相模原市緑区)

メジャリングシステム

生産設備

749

128,668

(6,464)

129,417

2(1)

東京テストラボ
(相模原市緑区)

テスト&ソリューションサービス

試験設備

43,477

0

2,197

23,782

(1,190)

69,458

―(1)

東京テストラボ上野原サイト(山梨県上野原市)

テスト&ソリューションサービス

試験設備

752,365

124

47,788

98,163

(4,964)

898,441

11(3)

名古屋営業所
(愛知県みよし市)

販売業務

営業設備

0

1,368

8,436

(115)

9,805

12(2)

名古屋テストラボ(愛知県みよし市)

テスト&ソリューションサービス

試験設備

217,379

71,892

187,764

(2,603)

477,036

3(―)

東京営業所
(東京都中央区)

販売業務

営業設備

3,547

(―)

3,547

13(3)

東京エンジニアリングサービス(東京都中央区)

振動シミュレーションシステム

営業設備

1,514

(―)

1,514

 

11(2)

日本高度信頼性評価試験センター

(埼玉県入間市)

テスト&ソリューションサービス

試験設備

692,939

38,829

319,358

(5,686)

1,051,127

3(―)

春日井テストラボ

(愛知県春日井市)

テスト&ソリューションサービス

試験設備

2,933

190

35,849

(―)

[2,851]

38,973

3(―)

 

(注) 1 上記金額には消費税等は含まれておりません。

2 従業員数の( )は平均臨時従業員を外書しております。

3 国内子会社及び在外子会社については、重要性が乏しいため記載しておりません。

4 春日井テストラボの土地及び建物の一部を連結会社以外から賃借(年間賃借料131,838千円)しております。なお、賃借している土地の面積は[ ]で外書きしております。

 

3 【設備の新設、除却等の計画】

当社グループの事業は単一セグメントであり、セグメント情報を記載していないため、業務内容及び主要生産品目別に記載しております。

(1) 重要な設備の新設等

経常的な設備の更新の為の新設を除き、重要な設備の新設等の計画はありません。

 

(2) 重要な設備の除却等

経常的な設備の更新の為の除却を除き、重要な設備の除却等の計画はありません。

第4 【提出会社の状況】

 

1 【株式等の状況】

(1) 【株式の総数等】

① 【株式の総数】

 

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

67,820,000

67,820,000

 

 

② 【発行済株式】

 

種類

事業年度末現在
発行数(株)
(2021年9月30日)

提出日現在
発行数(株)
(2021年12月24日)

上場金融商品取引所
名又は登録認可金融
商品取引業協会名

内容

普通株式

16,957,016

16,957,016

東京証券取引所
JASDAQ
(スタンダード)

単元株式数
100株

16,957,016

16,957,016

 

 

(2) 【新株予約権等の状況】

① 【ストックオプション制度の内容】

該当事項はありません。

 

② 【ライツプランの内容】

該当事項はありません。

 

③ 【その他の新株予約権等の状況】

該当事項はありません。

 

(3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

該当事項はありません。

 

 

(4) 【発行済株式総数、資本金等の推移】

 

年月日

発行済株式
総数増減数
(株)

発行済株式
総数残高
(株)

資本金増減額
 
(千円)

資本金残高
 
(千円)

資本準備金
増減額
(千円)

資本準備金
残高
(千円)

2005年12月31日
(注)

8,478,508

16,957,016

464,817

557,563

 

(注) 普通株式1株につき2株の割合により株式分割を行っております。

 

(5) 【所有者別状況】

2021年9月30日現在

区分

株式の状況(1単元の株式数100株)

単元未満
株式の状況
(株)

政府及び
地方公共
団体

金融機関

金融商品
取引業者

その他の
法人

外国法人等

個人
その他

個人以外

個人

株主数
(人)

3

29

48

19

17

4,773

4,889

所有株式数
(単元)

998

2,625

44,531

1,960

59

119,355

169,528

4,216

所有株式数
の割合(%)

0.59

1.55

26.27

1.16

0.03

70.40

100.00

 

(注)  自己株式663,484株は「個人その他」に6,634単元、「単元未満株式の状況」に84株含めて記載しております。

 

(6) 【大株主の状況】

2021年9月30日現在

氏名又は名称

住所

所有株式数
(株)

発行済株式(自己株式を
除く。)の総数に対する
所有株式数の割合(%)

有限会社SEIKO

大阪市北区堂島二丁目1-25
堂島アーバンライフビル401

2,993,100

18.3

小嶋成夫

奈良県奈良市

1,274,218

7.8

IMV取引先持株会

大阪市西淀川区竹島二丁目6番10号

1,075,300

6.6

小嶋淳平

兵庫県芦屋市

1,037,533

6.3

IMV従業員持株会

大阪市西淀川区竹島二丁目6番10号

766,820

4.7

エスペック株式会社

大阪市北区天神橋三丁目5番6号

766,000

4.7

小嶋健太郎

東京都港区

472,464

2.9

有限会社アフロ

大阪市北区堂島二丁目1-25-304

280,000

1.7

髙嶋文雄

東京都八王子市

243,800

1.5

大阪中小企業投資育成株式会社

大阪市北区中之島三丁目3番23号

230,000

1.4

9,139,235

56.0

 

 

(7) 【議決権の状況】

① 【発行済株式】

2021年9月30日現在

区分

株式数(株)

議決権の数(個)

内容

無議決権株式

議決権制限株式(自己株式等)

議決権制限株式(その他)

完全議決権株式(自己株式等)

(自己保有株式数)

普通株式

663,400

 

完全議決権株式(その他)

普通株式

162,894

16,289,400

単元未満株式

普通株式

一単元(100株)未満の株式

4,216

発行済株式総数

16,957,016

総株主の議決権

162,894

 

(注)  「単元未満株式」の欄には、当社所有の自己株式84株が含まれております。

 

② 【自己株式等】

2021年9月30日現在

所有者の氏名
又は名称

所有者の住所

自己名義
所有株式数
(株)

他人名義
所有株式数
(株)

所有株式数
の合計
(株)

発行済株式総数
に対する所有
株式数の割合(%)

(自己保有株式)

IMV株式会社

大阪市西淀川区竹島二丁目6番10号

663,400

663,400

3.91

663,400

663,400

3.91

 

(注) 上記株式数には、単元未満株式84株を含めておりません。

 

 

2 【自己株式の取得等の状況】

【株式の種類等】

会社法第155条第7号による普通株式の取得

 

 

(1) 【株主総会決議による取得の状況】

該当事項はありません。

 

(2) 【取締役会決議による取得の状況】

  該当事項はありません。

 

(3) 【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

区分

株式数(株)

価格の総額(千円)

当事業年度における取得自己株式

32

25

当期間における取得自己株式

 

 (注) 当期間における取得自己株式には、2021年12月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取による取得は含めておりません。

 

(4) 【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

 

区分

当事業年度

当期間

株式数(株)

処分価額の総額
(千円)

株式数(株)

処分価額の総額
(千円)

引き受ける者の募集を行った
取得自己株式

消却の処分を行った取得自己株式

合併、株式交換、株式交付、
会社分割に係る移転を行った
取得自己株式

その他(―)

保有自己株式数

663,484

663,484

 

(注) 当期間における保有自己株式には、2021年12月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取による取得は含めておりません。

 

 

3 【配当政策】

当社は、株主の皆様に対する利益還元を経営の重要課題の一つとして認識しており、将来の事業展開と経営体質の強化のために内部留保を確保しつつ、安定的かつ継続して配当を実施することを基本方針としております。また、内部留保資金につきましては、開発・製造体制強化のための設備投資や研究開発資金として活用し、経営基盤の強化とより一層の事業発展のために有効活用してまいります。このような状況に鑑み、単年度の利益だけではなく過去からの剰余金や今後の事業戦略に供する資金等を総合的に勘案して、配当金額を上程させていただきたく存じます。配当の決定機関は、株主総会であります。

当事業年度の利益配当金につきましては、1株につき10円を実施いたしました。

内部留保資金につきましては、開発・製造体制強化のための設備投資や研究開発資金として活用し、経営基盤の強化とより一層の事業発展のために有効活用してまいります。

当社は、「取締役会の決議によって、毎年3月31日を基準日として中間配当をすることができる」旨を定款に定めております。

 

(注) 基準日が当事業年度に属する剰余金の配当は、以下のとおりであります。

決議年月日

配当金の総額(千円)

1株当たり配当額(円)

2021年12月24日

定時株主総会

162,935

10.00

 

 

 

4 【コーポレート・ガバナンスの状況等】

(1) 【コーポレート・ガバナンスの概要】

① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

当社グループは、企業価値の向上に努めることで各ステークホルダーの利益を最大限に高めるため、コンプライアンスの徹底を基礎に、社内の各部門が生産性の高い効率的な業務活動に邁進できるよう、管理体制及び監査体制を整え、経営の透明性を高め、迅速な意思決定が出来る組織体を整備することがコーポレート・ガバナンスの基本であると考えております。

 

② 企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由
(企業統治の体制の概要)
 当社の企業統治の体制の状況は以下のとおりであります。
 イ 取締役会

取締役会は、月1回の定例取締役会に加え、必要に応じて臨時役員会を開催し、経営の意思決定及び業務執行の監督を行っております。
 当事業年度は12回の定例取締役会を開催し、経営に関する重要事項を協議決定いたしました。

 ロ 監査役会

監査役会は監査役3名(うち2名は社外監査役)で構成され、社外監査役については財務及び会計に関する相当程度の知見を有する監査役を選任しており、補欠の社外監査役については法律に関する相当程度の知見を有する監査役を適任しており、監査役会として、取締役会や各部門が開催する会議への出席のほか、内部監査室、会計監査人と連携しつつ、稟議案件及び業務・財産の状況調査を通じて取締役の職務遂行等について監査を行っております。
 当事業年度は12回の定例監査役会を開催いたしました。また、法令で定める監査役の員数を欠くことになる場合に備えて、補欠監査役1名を選任しております。

 ハ 経営幹部会議

意思決定と実務執行を分離し、実務執行の達成・充実のため2002年1月より執行役員制度を導入しております。取締役会の決議に基づく業務の遂行について、執行役員間の情報交換・連絡・調整を円滑に図ることを目的に、原則として月1回の経営幹部会議を開催しております。
 当事業年度は12回の定例経営幹部会議を開催し、業務執行に関する重要事項を協議決定いたしました。

 

(企業統治の体制を採用する理由)

当社は、企業の社会的責任を果たすため、企業統治を充実させることを経営の重要課題の一つであると考えております。その方針に沿って執行役員制度を2002年1月から導入し、取締役会の本来の機能をさらに凝縮・充実させ、経営責任の明確化と業務執行の迅速化を図る体制を敷いております。

会社法上の機関及びその他業務意思決定機関としては、最高機関としての株主総会、その選任による取締役で構成される取締役会が、当社の事業全般の最高意思決定機関に位置付けられます。また、同様に株主総会にて選任された監査役は、取締役の職務の執行について監査いたします。さらに、取締役会の下位機関として経営幹部会議を設けております。これは、意思決定と業務執行を分離し、業務の達成・充実を目的として、より現場業務の実体に即した運営を目指すものであります。

 

 

当社の企業統治の体制の概要は以下の通りであります。


 

 

③ 企業統治に関するその他の事項

(内部統制システムの整備の状況)

社内規程に謳われている規則は、取締役を筆頭に従業員全員がそれをよく守り、適正・効率的な業務運営を心がけております。その監視としましては、内部監査室を設け、内部監査規程及び内部監査マニュアルによる定期及び特命監査を実施し、社内の不正・誤謬を未然に防ぐ体制を敷いております。
 また、会計監査は有限責任監査法人トーマツに依頼し、通常の監査業務のほか適宜アドバイスを受けております。
 内部監査室、監査役会及び会計監査を行っている監査法人は、それぞれ定期的に意見交換を実施しております。

 

(リスク管理体制の整備の状況)
 イ 業務の適正な遂行を管理するための体制

当社においては、販売、購買、総務などの主要業務につき、担当部門を分けることにより、内部牽制が働くようにしております。その上で、代表取締役直轄の内部監査室が、内部監査規程及び内部監査マニュアルに基づき、随時内部監査を実施することで、各部門が業務を遂行する上で法令及び社内諸規程を遵守し、当該業務が合法かつ適正に行われていることを確認しております。

ロ 情報の保存及び管理に関する体制

当社の業務遂行上、個人情報を含む重要事項に接する機会があります。このため、個人情報保護規程を制定し、社内規程の勉強会を実施し周知徹底を図り情報漏洩対策を実施しております。
 また、インサイダー取引規制への対応といたしましても、インサイダー取引規程を制定し、自己株式の売買の管理を行うほか、社内勉強会を実施し周知徹底しております。

ハ 反社会勢力の排除に関する体制

当社は、社会の秩序や安全に脅威を与える反社会勢力・団体に関しては、断固たる行動をとるものとし、一切の関係を遮断することを基本方針としております。また、必要に応じて警察・顧問弁護士等の外部専門機関と連携し、組織的かつ速やかに対応することとしております。

 

 

(取締役会で決議することができる株主総会決議事項)
a 中間配当

当社は、株主への機動的な利益還元を可能とするため、会社法第454条第5項の規定に基づき、取締役会の決議によって、毎年3月31日を基準日として中間配当をすることができる旨を定款で定めております。

b 自己株式の取得

当社は、自己株式の取得について経済情勢の変化に対応して財務政策等の経営諸施策を機動的に遂行することを可能とするため、会社法第165条第2項の規定に基づき、取締役会の決議によって市場取引等により自己株式を取得することができる旨を定款で定めております。

 

(取締役の員数)

当社の取締役は7名以内とする旨を定款で定めております。

 

(取締役の選任の決議要件)

当社は、取締役の選任決議は、議決権を行使することができる株主の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨を定款で定めております。なお、累積投票によらないものとしております。

 

(株主総会の特別決議要件)

当社は会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款に定めております。これは、株主総会の円滑な運営を図るためであります。

 

(取締役及び監査役の責任免除)

当社は、取締役及び監査役がその役割を十分に発揮できるようにするため、会社法第426条第1項の規定に基づき、取締役会の決議によって、同法423条第1項に定める取締役(取締役であった者を含む。)及び監査役(監査役であった者を含む。)の責任を法令の定める限度額の範囲内で、その責任を免除することができる旨を定款で定めております。

 

 

(2) 【役員の状況】

① 役員一覧

男性10名 女性―名 (役員のうち女性の比率―%)

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数
(株)

代表取締役
会長

小 嶋 成 夫

1936年3月13日

1958年4月

シャープ株式会社入社

1969年1月

公認会計士事務所開設

1976年7月

当社代表取締役社長

1986年2月

当社代表取締役会長(現任)

1997年3月

当社代表取締役社長

(注)4

1,274,218

代表取締役
社長

小 嶋 淳 平

1976年6月24日

2006年6月

当社入社

2012年10月

当社執行役員海外事業本部長

2014年10月

当社専務執行役員海外事業本部長

2014年12月

当社専務取締役海外事業本部長

2015年10月

当社代表取締役社長(現任)

(注)4

1,037,533

常務取締役
経営企画本部長兼
テストラボ事業本部長

岡 本 裕 司

1953年1月11日

1975年4月

松下電器産業株式会社入社

2007年6月

パナソニックエレクトロニックデバイス社取締役

2009年6月

同社代表取締役常務

2013年5月

当社入社 執行役員営業本部長

2013年9月

当社執行役員営業本部長兼テストラボ事業本部長

2015年10月

当社執行役員テストラボ事業本部長

2015年12月

当社取締役テストラボ事業本部長

2019年6月

当社取締役テストラボ事業本部長兼人事・総務担当

2020年1月

当社常務取締役テストラボ事業本部長兼人事・総務担当

2020年10月

当社常務取締役経営企画本部長兼テストラボ事業本部長

2021年10月

当社常務取締役経営企画本部長(現任)

(注)5

18,638

取締役
DSS事業本部長代行

青 木 秀 修

1961年5月11日

1988年3月

当社入社

2009年9月

当社執行役員営業本部長

2012年12月

当社執行役員R&Dセンター長

2013年10月

当社執行役員DSS事業本部長兼R&Dセンター部長

2014年12月

当社取締役DSS事業本部長兼R&Dセンター部長兼生産技術部長兼品質保証部長

2016年4月

当社取締役DSS事業本部長兼R&Dセンター部長兼製造部長

2018年10月

当社取締役DSS事業本部長兼R&Dセンター部長兼管理部長

2020年6月

当社取締役DSS事業本部長代行

2021年10月

当社取締役最高技術責任者(CTO)兼技術推進統括本部長兼テストラボ事業本部長(現任)

(注)4

60,080

取締役

草 野 欽 也

1952年9月25日

1982年11月

株式会社藏商会入社

1998年3月

同社代表取締役社長

2002年12月

当社監査役

2004年7月

当社取締役(現任)

2012年8月

株式会社藏商会相談役(現任)

(注)4

39,000

取締役

小 嶋 健 太 郎

1974年2月16日

1999年4月

チッソ株式会社入社

1999年10月

公認会計士小川晥司事務所入所

2001年1月

公認会計士小嶋成夫事務所入所

2002年5月

税理士登録(現任)

2005年10月

小嶋健太郎税理士事務所所長(現任)

2005年12月

当社取締役(現任)

(注)5

472,464

取締役

酒 井  清

1950年8月9日

1975年4月

等松・青木監査法人(現有限責任監査法人トーマツ)入所

1979年3月

公認会計士登録

1998年7月

同法人代表社員

2016年1月

公認会計士酒井清事務所所長(現任)

2016年6月

合同製鐵株式会社社外監査役(現任)

2016年12月

当社取締役(現任)

(注)4

5,900

 

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数
(株)

常勤監査役

髙 嶋 文 雄

1947年2月13日

1970年4月

当社入社

1995年4月

当社東京工場長

2003年10月

当社執行役員

2007年10月

当社ソリューション事業部長

2011年12月

当社監査役(現任)

(注)6

243,800

監査役

寺 田 康 男

1949年5月17日

1970年8月

朝日電器株式会社入社

2000年9月

同社取締役財務部長

2003年12月

当社監査役(現任)

2004年6月

朝日電器株式会社常務取締役財務グループ長兼財務部長

2012年1月

同社専務取締役管理本部本部長

2013年10月

同社代表取締役専務管理本部本部長

2015年1月

同社常勤監査役(現任)

(注)6

39,100

監査役

橋 本  光

1947年9月15日

1970年4月

山一證券株式会社入社

1998年5月

松井証券株式会社入社

2000年7月

株式会社ジャスダック・サービス(現 株式会社日本取引所グループ)入社

2004年6月

同社執行役員プロモーション部長兼IR支援部長

2006年6月

同社執行役ステークスホルダーズ本部副本部長兼IR支援部長

2008年12月

当社監査役(現任)

2010年6月

2011年3月

神田通信機株式会社社外監査役

株式会社C&Gシステムズ社外監査役

2015年5月

株式会社C&Gシステムズ社外取締役(現任)

2016年6月

神田通信機株式会社社外取締役(現任)

(注)7

10,900

 

3,201,633

 

(注) 1 取締役 草野欽也及び酒井清は、社外取締役であります。

2 監査役 寺田康男及び橋本光は、社外監査役であります。

3 当社は、安定した収益確保、経営体質の強化を目指して執行役員制度を導入し、経営の意思決定と業務執行監督機能を分離しております。提出日現在の執行役員(取締役を兼務する執行役員は除く)は、執行役員IMV EUROPE LIMITED Director John Goodfellow、執行役員テストラボ事業本部  白星政和、執行役員技術推進統括本部 技術プロジェクト担当 三森正仁、執行役員海外事業本部長 柿原正治、執行役員MES事業本部長 西原弘之、執行役員営業本部長 溝本秀樹の6名であります。

4 代表取締役会長 小嶋成夫、代表取締役社長 小嶋淳平、取締役 草野欽也、青木秀修及び酒井清の任期は、2020年9月期に係る定時株主総会終結の時から2022年9月期に係る定時株主総会終結の時までであります。

5 取締役 小嶋健太郎及び岡本裕司の任期は、2021年9月期に係る定時株主総会終結の時から2023年9月期に係る定時株主総会終結の時までであります。

6 常勤監査役 髙嶋文雄及び監査役 寺田康男の任期は、2019年9月期に係る定時株主総会終結の時から2023年9月期に係る定時株主総会終結の時までであります。

7 監査役 橋本光の任期は、2020年9月期に係る定時株主総会終結の時から2024年9月期に係る定時株主総会終結の時までであります。

8 取締役 小嶋健太郎は、代表取締役会長 小嶋成夫の長男であります。

9 代表取締役社長 小嶋淳平は、代表取締役会長 小嶋成夫の次男であります。

10 当社は、法令に定める監査役の員数を欠くことになる場合に備え、会社法第329条第3項に定める補欠監査役1名を選任しております。補欠監査役の略歴は次のとおりであります。

 

氏名

生年月日

略歴

所有株式数
(株)

木原万樹子

1974年5月23日生

2004年10月

弁護士登録

4,000

2014年2月

木原法律事務所パートナー(現任)

 

 

 

② 社外役員の状況

当社には、社外取締役2名及び社外監査役2名が就任しております。
 当社は、社外取締役が企業統治において果たす役割及び機能は、専門的な見地から経営を監督し、客観的な視点で経営判断を行うことができる体制を構築することと考えております。
 社外取締役のうち、草野欽也は、株式会社藏商会の相談役であり、企業経営に関する豊富な経験と知見を備えており、人格等からも適任であると考えております。また、酒井清は、合同製鐵株式会社の社外監査役であり、公認会計士としての財務及び会計に関する豊富な知識を備えており、人格等からも適任であると考えております。
 当社は、社外監査役が企業統治において果たす役割及び機能は、高い独立性及び専門的な見地から、客観的な監視、監督ができる企業統治体制を構築することと考えております。
 社外監査役のうち、寺田康男は、朝日電器株式会社の常勤監査役であり、企業経営に関する豊富な経験と知見を備えており、社外の第三者的立場から当社の取締役の業務執行を監査するにあたり、人格等からも適任であると考えております。また、橋本光は、株式会社C&Gシステムズ及び神田通信機株式会社の社外取締役であり、豊富な経験と知見を備えており、社外の第三者的立場から当社の取締役の業務執行を監査するにあたり、人格等からも適任であると考えております。

社外取締役及び社外監査役と会社との人的関係については、「第4 提出会社の状況 4 コーポレート・ガバナンスの状況等 (2) 役員の状況」に記載している株式の所有を除く資本関係又は取引関係その他の利害関係はありません。

また、当社は社外取締役及び社外監査役の独立性に関する基準又は方針を定めておりませんが、選任にあたっては金融商品取引所の独立役員の独立性に関する判断基準等を参考にしております。

 

③ 社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部統制部門との関係

当社の役員は取締役7名及び監査役3名の合計10名で構成されており、そのうち社外取締役及び社外監査役は4名と役員全体の3分の1を超え、実効性の高い経営の監督体制を確保しております。

当社は、内部監査により把握された問題点等について、適宜取締役や監査役へ報告がなされています。その際、必要に応じて、監査役会とも連携を行っております。

常勤監査役は、取締役会に加え、経営会議等の重要な会議にも出席し、社外監査役への情報共有を定期的に行っております。また、社外取締役とは必要に応じて意見交換を行う等連携できる体制を確保しております。

外部会計監査人と監査役、内部監査部門は、会計監査や四半期レビューを通じ連携を確保しております。また、社外取締役とも必要に応じて連携ができるよう体制を整備しております。

 

(3) 【監査の状況】

① 監査役監査の状況
a.監査役監査の組織と監査役会の開催状況

当社における監査役監査につきましては、監査役3名(うち2名が社外監査役)にて構成される監査役会を設置しております。各監査役は、監査役会の協議により定めた監査役監査規程に準拠し、取締役の業務執行の適法性、妥当性に関し、公正・客観的な立場から監査を行っております。なお、原則として、取締役会には監査役全員が出席しており、取締役の業務執行を十分に監査できる体制になっております。また、会計監査人を行っている監査法人と情報の共有及び意見交換に努めており、監査の有効性及び効率性を高めております。

 

役職名

氏名

開催回数

出席回数

常勤監査役

髙 嶋 文 雄

12回

12回

監査役

寺 田 康 男

12回

12回

監査役

橋 本  光

12回

12回

 

 

b.監査役及び監査役会等の活動状況

監査役会では、常勤監査役が議長を担い、取締役および関係部門との連携および情報の共有化を相互に図るとともに、監査役間の意思疎通に努め監査の実効性の向上に努めました。なお、監査役会は取締役会に先立ち月次で開催される他、必要に応じて随時開催されます。当事業年度は12回開催し、1回当たりの所要時間は約1時間でした。当事業年度の主な決議、検討事項及び審議事項等は以下のとおりです。

(監査役会)

(ⅰ)監査方針および監査計画ならびに監査計画の実施状況

(ⅱ)会計監査人の監査計画と監査報酬の適切性

(ⅲ)会計監査人の再任可否の相当性

(ⅳ)内部統制システムの構築・運用状況

(ⅴ)中間・期末配当限度額

(ⅵ)リスク管理体制の整備・運用状況

(ⅶ)稟議承認および重要会議決議事項等の確認

(ⅷ)取締役会の他、重要な会議への出席

(ⅸ)取締役の職務執行状況の監査

(ⅹ)取締役との意思疎通

(ⅺ)会計監査ならびに会計監査人との連携

(常勤監査役)

(ⅰ)取締役会や経営幹部会議の他、重要な会議への出席

(ⅱ)子会社を含む事業所の往査(業務・財産の監査)

(ⅲ)監査役等への内部通報制度の運用

(ⅳ)社内の情報収集

(ⅴ)内部監査部門との連携

 

② 内部監査の状況

当社における内部監査につきましては内部監査室の2名が内部監査を担当しております。内部監査規程及び内部監査マニュアルに基づき、随時内部監査を実施することで、各部門が業務を遂行する上で法令及び社内諸規程を遵守し、当該業務が合法かつ適正に行われていることを確認しております。
 

また、輸出管理室において、輸出管理プログラムが遵守されていることを確認しております。

その他、顧問弁護士や会計監査人等から必要に応じて適宜アドバイスを受け、経営全般に活かしております。

 

 

③ 会計監査の状況
a.監査法人の名称

有限責任監査法人トーマツ

 

b.継続監査期間

19年間

 

c.業務を執行した公認会計士

指定有限責任社員 業務執行社員 川合 弘泰

指定有限責任社員 業務執行社員 中田 信之

 

d.監査業務に係る補助者の構成

当社の会計監査業務に係る補助者は、公認会計士5名、その他9名であります。

 

e.監査法人の選定方針と理由

当社監査役会は、監査法人の選定方針として、会社計算規則が定める「会計監査人の職務の遂行に関する事項」の体制等を整備していること、職業的専門家として独立の立場を保持し適切な監査を実施すること、会社法の会計監査人の解任事由が存しないこと、等の基準に照らして選定の可否を判断することとしており、これらを確認した結果、現会計監査人の有限責任監査法人トーマツを選定しております。

また、会計監査人が会社法340条1項各号に定める項目等に該当したと判断した場合には、監査役会は会計監査人の解任又は不再任に関する議案を決定し、取締役会は、当該決定に基づき、当該議案を株主総会に提出することとしております。

 

f.監査役及び監査役会による監査法人の評価

当社の監査役及び監査役会は、上述監査法人の選定方針に掲げた基準の適否に加え、日頃の監査活動等を通じ、経営者・監査役・財務部門・内部監査部門等とのコミュニケーション、グループ全体の監査、不正リスクへの対応等が適切に行われているかという観点で評価した結果、有限責任監査法人トーマツは当社の監査法人として適格であると判断しております。

 

 

④ 監査報酬の内容等
a.監査公認会計士等に対する報酬の内容

区分

前連結会計年度

当連結会計年度

監査証明業務に
基づく報酬(千円)

非監査業務に
基づく報酬(千円)

監査証明業務に
基づく報酬(千円)

非監査業務に
基づく報酬(千円)

提出会社

37,500

2,000

29,500

連結子会社

37,500

2,000

29,500

 

(前連結会計年度)

 当社における非監査業務の内容は、「収益認識基準に関する会計基準」の適用による会計方針の検討に関する助言・指導業務であります。

(当連結会計年度)

 該当事項はありません。

b.監査公認会計士等と同一ネットワーク(デロイトグループ)に対する報酬

区分

前連結会計年度

当連結会計年度

監査証明業務に
基づく報酬(千円)

非監査業務に
基づく報酬(千円)

監査証明業務に
基づく報酬(千円)

非監査業務に
基づく報酬(千円)

提出会社

3,527

2,700

連結子会社

2,180

2,264

2,180

3,527

2,264

2,700

 

(前連結会計年度)

 当社における非監査業務の内容は、税務関連業務であります。

(当連結会計年度)

 当社における非監査業務の内容は、税務関連業務であります。

 

c.その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

該当事項はありません。

 

d.監査報酬の決定方針

当社の監査公認会計士等に対する監査報酬の決定方針としましては、監査公認会計士等より提示される監査計画の内容をもとに、監査日数等の妥当性を勘案し、協議を行ったうえで決定することを方針としております。

 

e.監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由

取締役会が提案した会計監査人に対する報酬等に対して、当社の監査役会が会社法第399条第1項の同意をした理由は、会計監査人から監査項目の内容と予定監査時間等の算定根拠について説明を受け、また、監査報酬の推移と増減理由も確認し、当事業年度の監査時間および報酬額の妥当性を検討した結果、会計監査人の報酬等の額について同意の判断を行っております。

 

 

(4) 【役員の報酬等】

① 役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項

当社は役員の報酬等の額につきましては、株主総会で決議された報酬限度額の範囲内で、会社の業績等を勘案して決定しております。決定方法は、取締役につきましては取締役会の決議で、監査役につきましては監査役の協議により決定しております。また、取締役会は、当事業年度に係る取締役(監査等委員である取締役を除く。)の個人別の報酬等について、報酬等の内容の決定方法及び決定された報酬等の内容が当該決定方針と整合していることを確認しており、当該決定方針に沿うものであると判断しております。

当社の取締役報酬限度額は、2021年12月24日開催の第75期定時株主総会決議において年額480,000千円以内(うち社外取締役120,000千円以内、使用人給与相当額は含まない)となっております。

当社の監査役報酬限度額は、2021年12月24日開催の第75期定時株主総会決議において年額120,000千円以内となっております。

 

当社の取締役の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針の決定権限を有する者は、取締役会より委任された代表取締役であり