EDINET閲覧(提出)サイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)をもとに上場企業サーチ作成

本ページはEDINETに提出された開示情報を上場企業サーチが加工/編集したものであり、記載された情報の正確性および完全性について上場企業サーチは一切の保証を行いません。本ページの情報を利用する際は自己の責任で判断頂き、意思決定に際しては適宜EDINETや提出会社が公開するオリジナルを参照する様にしてください。本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

 

【表紙】

 

【提出書類】

有価証券報告書

【根拠条文】

金融商品取引法第24条第1項

【提出先】

近畿財務局長

【提出日】

2021年2月19日

【事業年度】

第76期(自 2019年11月21日 至 2020年11月20日)

【会社名】

象印マホービン株式会社

【英訳名】

Zojirushi Corporation

【代表者の役職氏名】

代表取締役 社長執行役員 市 川 典 男

【本店の所在の場所】

大阪市北区天満1丁目20番5号

【電話番号】

06-6356-2368

【事務連絡者氏名】

経理部長 岡 本 茂 久

【最寄りの連絡場所】

大阪市北区天満1丁目20番5号

【電話番号】

06-6356-2368

【事務連絡者氏名】

経理部長 岡 本 茂 久

【縦覧に供する場所】

株式会社東京証券取引所

 (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

象印マホービン株式会社東京支社

 (東京都港区南麻布1丁目6番18号)

 

 

E02395 79650 象印マホービン株式会社 Zojirushi Corporation 企業内容等の開示に関する内閣府令 第三号様式 Japan GAAP true cte cte 2019-11-21 2020-11-20 FY 2020-11-20 2018-11-21 2019-11-20 2019-11-20 1 false false false E02395-000 2021-02-19 E02395-000 2015-11-21 2016-11-20 E02395-000 2016-11-21 2017-11-20 E02395-000 2017-11-21 2018-11-20 E02395-000 2018-11-21 2019-11-20 E02395-000 2019-11-21 2020-11-20 E02395-000 2016-11-20 E02395-000 2017-11-20 E02395-000 2018-11-20 E02395-000 2019-11-20 E02395-000 2020-11-20 E02395-000 2015-11-21 2016-11-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02395-000 2016-11-21 2017-11-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02395-000 2017-11-21 2018-11-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02395-000 2018-11-21 2019-11-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02395-000 2019-11-21 2020-11-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02395-000 2016-11-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02395-000 2017-11-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02395-000 2018-11-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02395-000 2019-11-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02395-000 2020-11-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02395-000 2021-02-19 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E02395-000 2020-11-20 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E02395-000 2020-11-20 jpcrp_cor:No1MajorShareholdersMember E02395-000 2020-11-20 jpcrp_cor:No2MajorShareholdersMember E02395-000 2020-11-20 jpcrp_cor:No3MajorShareholdersMember E02395-000 2020-11-20 jpcrp_cor:No4MajorShareholdersMember E02395-000 2020-11-20 jpcrp_cor:No5MajorShareholdersMember E02395-000 2020-11-20 jpcrp_cor:No6MajorShareholdersMember E02395-000 2020-11-20 jpcrp_cor:No7MajorShareholdersMember E02395-000 2020-11-20 jpcrp_cor:No8MajorShareholdersMember E02395-000 2020-11-20 jpcrp_cor:No9MajorShareholdersMember E02395-000 2020-11-20 jpcrp_cor:No10MajorShareholdersMember E02395-000 2020-11-20 jpcrp_cor:SharesWithNoVotingRightsMember E02395-000 2020-11-20 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsTreasurySharesEtcMember E02395-000 2020-11-20 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsOtherMember E02395-000 2020-11-20 jpcrp_cor:OrdinarySharesTreasurySharesSharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E02395-000 2020-11-20 jpcrp_cor:OrdinarySharesReciprocalHoldingSharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E02395-000 2020-11-20 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsOtherMember E02395-000 2020-11-20 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesLessThanOneUnitMember E02395-000 2020-11-20 jpcrp_cor:Row1Member E02395-000 2020-11-20 jpcrp_cor:Row2Member E02395-000 2021-02-19 jpcrp_cor:Row1Member E02395-000 2021-02-19 jpcrp_cor:Row2Member E02395-000 2021-02-19 jpcrp030000-asr_E02395-000:NorioIchikawaMember E02395-000 2021-02-19 jpcrp030000-asr_E02395-000:TatsunoriMatsumotoMember E02395-000 2021-02-19 jpcrp030000-asr_E02395-000:YoshihikoMiyakoshiMember E02395-000 2021-02-19 jpcrp030000-asr_E02395-000:OsamuSanadaMember E02395-000 2021-02-19 jpcrp030000-asr_E02395-000:EijiSodaMember E02395-000 2021-02-19 jpcrp030000-asr_E02395-000:MasaoUwaMember E02395-000 2021-02-19 jpcrp030000-asr_E02395-000:HiroakiJikyoMember E02395-000 2021-02-19 jpcrp030000-asr_E02395-000:NaokiTakagishiMember E02395-000 2021-02-19 jpcrp030000-asr_E02395-000:HiromiIzumiMember E02395-000 2021-02-19 jpcrp030000-asr_E02395-000:ShingoToriiMember E02395-000 2021-02-19 jpcrp030000-asr_E02395-000:YoshitsuguHiraiMember E02395-000 2021-02-19 jpcrp030000-asr_E02395-000:KanaeShionoMember E02395-000 2021-02-19 jpcrp030000-asr_E02395-000:HitoshiUtsunomiyaMember E02395-000 2021-02-19 jpcrp_cor:Row3Member E02395-000 2021-02-19 jpcrp_cor:Row4Member E02395-000 2021-02-19 jpcrp_cor:Row5Member E02395-000 2021-02-19 jpcrp_cor:Row6Member E02395-000 2019-11-21 2020-11-20 jpcrp_cor:DirectorsExcludingAuditAndSupervisoryCommitteeMembersAndOutsideDirectorsMember E02395-000 2019-11-21 2020-11-20 jpcrp_cor:DirectorsAppointedAsAuditAndSupervisoryCommitteeMembersExcludingOutsideDirectorsMember E02395-000 2019-11-21 2020-11-20 jpcrp_cor:CorporateAuditorsExcludingOutsideCorporateAuditorsMember E02395-000 2019-11-21 2020-11-20 jpcrp_cor:OutsideDirectorsAndOtherOfficersMember E02395-000 2019-11-20 jpcrp_cor:Row1Member E02395-000 2019-11-20 jpcrp_cor:Row2Member E02395-000 2020-11-20 jpcrp_cor:Row3Member E02395-000 2019-11-20 jpcrp_cor:Row3Member E02395-000 2020-11-20 jpcrp_cor:Row4Member E02395-000 2019-11-20 jpcrp_cor:Row4Member E02395-000 2020-11-20 jpcrp_cor:Row5Member E02395-000 2019-11-20 jpcrp_cor:Row5Member E02395-000 2020-11-20 jpcrp_cor:Row6Member E02395-000 2019-11-20 jpcrp_cor:Row6Member E02395-000 2020-11-20 jpcrp_cor:Row7Member E02395-000 2019-11-20 jpcrp_cor:Row7Member E02395-000 2020-11-20 jpcrp_cor:Row8Member E02395-000 2019-11-20 jpcrp_cor:Row8Member E02395-000 2020-11-20 jpcrp_cor:Row9Member E02395-000 2019-11-20 jpcrp_cor:Row9Member E02395-000 2020-11-20 jpcrp_cor:Row10Member E02395-000 2019-11-20 jpcrp_cor:Row10Member E02395-000 2020-11-20 jpcrp_cor:Row11Member E02395-000 2019-11-20 jpcrp_cor:Row11Member E02395-000 2020-11-20 jpcrp_cor:Row12Member E02395-000 2019-11-20 jpcrp_cor:Row12Member E02395-000 2020-11-20 jpcrp_cor:Row13Member E02395-000 2019-11-20 jpcrp_cor:Row13Member E02395-000 2020-11-20 jpcrp_cor:Row14Member E02395-000 2019-11-20 jpcrp_cor:Row14Member E02395-000 2020-11-20 jpcrp_cor:Row15Member E02395-000 2019-11-20 jpcrp_cor:Row15Member E02395-000 2020-11-20 jpcrp_cor:Row16Member E02395-000 2019-11-20 jpcrp_cor:Row16Member E02395-000 2020-11-20 jpcrp_cor:Row17Member E02395-000 2019-11-20 jpcrp_cor:Row17Member E02395-000 2020-11-20 jpcrp_cor:Row18Member E02395-000 2019-11-20 jpcrp_cor:Row18Member E02395-000 2020-11-20 jpcrp_cor:Row19Member E02395-000 2019-11-20 jpcrp_cor:Row19Member E02395-000 2020-11-20 jpcrp_cor:Row20Member E02395-000 2019-11-20 jpcrp_cor:Row20Member E02395-000 2020-11-20 jpcrp_cor:Row21Member E02395-000 2019-11-20 jpcrp_cor:Row21Member E02395-000 2020-11-20 jpcrp_cor:Row22Member E02395-000 2019-11-20 jpcrp_cor:Row22Member E02395-000 2020-11-20 jpcrp_cor:Row23Member E02395-000 2019-11-20 jpcrp_cor:Row23Member E02395-000 2020-11-20 jpcrp_cor:Row24Member E02395-000 2019-11-20 jpcrp_cor:Row24Member E02395-000 2020-11-20 jpcrp_cor:Row25Member E02395-000 2019-11-20 jpcrp_cor:Row25Member E02395-000 2020-11-20 jpcrp_cor:Row26Member E02395-000 2019-11-20 jpcrp_cor:Row26Member E02395-000 2020-11-20 jpcrp_cor:Row27Member E02395-000 2019-11-20 jpcrp_cor:Row27Member E02395-000 2020-11-20 jpcrp_cor:Row28Member E02395-000 2019-11-20 jpcrp_cor:Row28Member E02395-000 2020-11-20 jpcrp_cor:Row29Member E02395-000 2019-11-20 jpcrp_cor:Row29Member E02395-000 2020-11-20 jpcrp_cor:Row30Member E02395-000 2019-11-20 jpcrp_cor:Row30Member E02395-000 2020-11-20 jpcrp_cor:Row31Member E02395-000 2019-11-20 jpcrp_cor:Row31Member E02395-000 2020-11-20 jpcrp_cor:Row32Member E02395-000 2019-11-20 jpcrp_cor:Row32Member E02395-000 2020-11-20 jpcrp_cor:Row33Member E02395-000 2019-11-20 jpcrp_cor:Row33Member E02395-000 2020-11-20 jpcrp_cor:Row34Member E02395-000 2019-11-20 jpcrp_cor:Row34Member E02395-000 2020-11-20 jpcrp_cor:Row35Member E02395-000 2019-11-20 jpcrp_cor:Row35Member E02395-000 2020-11-20 jpcrp_cor:Row36Member E02395-000 2019-11-20 jpcrp_cor:Row36Member E02395-000 2020-11-20 jpcrp_cor:Row37Member E02395-000 2019-11-20 jpcrp_cor:Row37Member E02395-000 2018-11-20 jppfs_cor:CapitalStockMember E02395-000 2019-11-20 jppfs_cor:CapitalStockMember E02395-000 2018-11-20 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E02395-000 2019-11-20 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E02395-000 2019-11-20 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E02395-000 2018-11-20 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E02395-000 2019-11-20 jppfs_cor:TreasuryStockMember E02395-000 2018-11-20 jppfs_cor:TreasuryStockMember E02395-000 2018-11-20 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E02395-000 2019-11-20 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E02395-000 2018-11-20 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E02395-000 2019-11-20 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E02395-000 2019-11-20 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E02395-000 2018-11-20 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E02395-000 2018-11-20 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E02395-000 2019-11-20 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E02395-000 2018-11-20 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E02395-000 2019-11-20 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E02395-000 2019-11-20 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E02395-000 2018-11-20 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E02395-000 2018-11-21 2019-11-20 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E02395-000 2019-11-21 2020-11-20 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E02395-000 2019-11-21 2020-11-20 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E02395-000 2018-11-21 2019-11-20 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E02395-000 2018-11-21 2019-11-20 jppfs_cor:TreasuryStockMember E02395-000 2019-11-21 2020-11-20 jppfs_cor:TreasuryStockMember E02395-000 2019-11-21 2020-11-20 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E02395-000 2018-11-21 2019-11-20 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E02395-000 2018-11-21 2019-11-20 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E02395-000 2019-11-21 2020-11-20 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E02395-000 2019-11-21 2020-11-20 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E02395-000 2018-11-21 2019-11-20 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E02395-000 2018-11-21 2019-11-20 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E02395-000 2019-11-21 2020-11-20 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E02395-000 2018-11-21 2019-11-20 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E02395-000 2019-11-21 2020-11-20 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E02395-000 2019-11-21 2020-11-20 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E02395-000 2018-11-21 2019-11-20 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E02395-000 2019-11-21 2020-11-20 jppfs_cor:CapitalStockMember E02395-000 2018-11-21 2019-11-20 jppfs_cor:CapitalStockMember E02395-000 2020-11-20 jppfs_cor:CapitalStockMember E02395-000 2020-11-20 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E02395-000 2020-11-20 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E02395-000 2020-11-20 jppfs_cor:TreasuryStockMember E02395-000 2020-11-20 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E02395-000 2020-11-20 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E02395-000 2020-11-20 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E02395-000 2020-11-20 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E02395-000 2020-11-20 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E02395-000 2020-11-20 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E02395-000 2019-11-20 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02395-000 2018-11-20 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02395-000 2018-11-20 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02395-000 2019-11-20 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02395-000 2019-11-20 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02395-000 2018-11-20 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02395-000 2019-11-20 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02395-000 2018-11-20 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02395-000 2018-11-20 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02395-000 2019-11-20 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02395-000 2018-11-20 jppfs_cor:ReserveForDividends3Member jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02395-000 2019-11-20 jppfs_cor:ReserveForDividends3Member jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02395-000 2018-11-20 jppfs_cor:ReserveForAdvancedDepreciationOfNoncurrentAssetsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02395-000 2019-11-20 jppfs_cor:ReserveForAdvancedDepreciationOfNoncurrentAssetsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02395-000 2018-11-20 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02395-000 2019-11-20 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02395-000 2018-11-20 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02395-000 2019-11-20 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02395-000 2018-11-20 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02395-000 2019-11-20 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02395-000 2019-11-20 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02395-000 2018-11-20 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02395-000 2018-11-20 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02395-000 2019-11-20 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02395-000 2018-11-20 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02395-000 2019-11-20 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02395-000 2018-11-20 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02395-000 2019-11-20 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02395-000 2018-11-21 2019-11-20 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02395-000 2019-11-21 2020-11-20 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02395-000 2018-11-21 2019-11-20 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02395-000 2019-11-21 2020-11-20 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02395-000 2019-11-21 2020-11-20 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02395-000 2018-11-21 2019-11-20 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02395-000 2019-11-21 2020-11-20 jppfs_cor:ReserveForAdvancedDepreciationOfNoncurrentAssetsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02395-000 2018-11-21 2019-11-20 jppfs_cor:ReserveForAdvancedDepreciationOfNoncurrentAssetsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02395-000 2019-11-21 2020-11-20 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02395-000 2018-11-21 2019-11-20 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02395-000 2018-11-21 2019-11-20 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02395-000 2019-11-21 2020-11-20 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02395-000 2018-11-21 2019-11-20 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02395-000 2019-11-21 2020-11-20 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02395-000 2018-11-21 2019-11-20 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02395-000 2019-11-21 2020-11-20 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02395-000 2018-11-21 2019-11-20 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02395-000 2019-11-21 2020-11-20 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02395-000 2018-11-21 2019-11-20 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02395-000 2019-11-21 2020-11-20 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02395-000 2019-11-21 2020-11-20 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02395-000 2018-11-21 2019-11-20 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02395-000 2019-11-21 2020-11-20 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02395-000 2018-11-21 2019-11-20 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02395-000 2019-11-21 2020-11-20 jppfs_cor:ReserveForDividends3Member jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02395-000 2018-11-21 2019-11-20 jppfs_cor:ReserveForDividends3Member jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02395-000 2019-11-21 2020-11-20 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02395-000 2018-11-21 2019-11-20 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02395-000 2020-11-20 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02395-000 2020-11-20 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02395-000 2020-11-20 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02395-000 2020-11-20 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02395-000 2020-11-20 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02395-000 2020-11-20 jppfs_cor:ReserveForDividends3Member jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02395-000 2020-11-20 jppfs_cor:ReserveForAdvancedDepreciationOfNoncurrentAssetsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02395-000 2020-11-20 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02395-000 2020-11-20 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02395-000 2020-11-20 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02395-000 2020-11-20 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02395-000 2020-11-20 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02395-000 2020-11-20 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02395-000 2020-11-20 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember iso4217:JPY iso4217:JPY xbrli:shares xbrli:pure xbrli:shares

第一部 【企業情報】

 

第1 【企業の概況】

 

1 【主要な経営指標等の推移】

 

(1) 連結経営指標等

 

回次

第72期

第73期

第74期

第75期

第76期

決算年月

2016年11月

2017年11月

2018年11月

2019年11月

2020年11月

売上高

(百万円)

89,231

85,363

84,635

79,110

74,947

経常利益

(百万円)

11,822

8,493

6,606

5,878

5,725

親会社株主に帰属する
当期純利益

(百万円)

7,299

5,338

4,434

4,082

3,943

包括利益

(百万円)

3,931

8,263

4,108

3,183

3,744

純資産額

(百万円)

61,144

67,672

69,746

71,018

72,917

総資産額

(百万円)

88,022

92,928

91,647

91,507

97,019

1株当たり純資産額

(円)

894.49

989.11

1,022.37

1,040.63

1,069.58

1株当たり当期純利益

(円)

108.03

79.00

65.62

60.39

58.34

潜在株式調整後1株 当たり当期純利益

(円)

自己資本比率

(%)

68.7

71.9

75.4

76.9

74.5

自己資本利益率

(%)

12.3

8.4

6.5

5.9

5.5

株価収益率

(倍)

12.4

12.5

17.7

28.8

33.4

営業活動による
キャッシュ・フロー

(百万円)

8,016

6,636

4,684

6,739

7,366

投資活動による
キャッシュ・フロー

(百万円)

3,429

937

2,503

1,265

1,608

財務活動による
キャッシュ・フロー

(百万円)

1,663

1,927

3,557

1,933

2,206

現金及び現金同等物の期末残高

(百万円)

22,691

27,292

25,891

29,005

32,582

従業員数
〔ほか、平均臨時
雇用人員〕

(名)

1,308

1,325

1,376

1,357

1,322

(1,468)

(1,422)

(1,305)

(1,331)

(1,276)

 

 (注) 1 売上高には、消費税等は含まれておりません。

 2 潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

3 「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を第75期の期首から適用しており、第74期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。

 

 

2) 提出会社の経営指標等

 

回次

第72期

第73期

第74期

第75期

第76期

決算年月

2016年11月

2017年11月

2018年11月

2019年11月

2020年11月

売上高

(百万円)

75,484

71,874

70,478

67,926

64,800

経常利益

(百万円)

7,161

8,365

5,542

4,411

4,057

当期純利益

(百万円)

5,942

6,186

4,206

3,218

2,952

資本金

(百万円)

4,022

4,022

4,022

4,022

4,022

発行済株式総数

(千株)

72,600

72,600

72,600

72,600

72,600

純資産額

(百万円)

51,393

56,562

58,753

59,847

60,967

総資産額

(百万円)

71,465

75,628

76,255

75,882

79,172

1株当たり純資産額

(円)

760.61

837.11

869.32

885.27

901.72

1株当たり配当額
(うち1株当たり
中間配当額)

(円)

22.00

22.00

30.00

26.00

26.00

(10.00)

(11.00)

(15.00)

(13.00)

(13.00)

1株当たり当期純利益

(円)

87.94

91.56

62.24

47.61

43.67

潜在株式調整後1株当たり当期純利益

(円)

自己資本比率

(%)

71.9

74.8

77.0

78.9

77.0

自己資本利益率

(%)

12.0

11.5

7.3

5.4

4.9

株価収益率

(倍)

15.23

10.80

18.68

36.57

44.67

配当性向

(%)

25.02

24.03

48.20

54.61

59.53

従業員数
〔ほか、平均臨時
雇用人員〕

(名)

503

501

504

505

509

(116)

(108)

(102)

(99)

(97)

株主総利回り

(比較指標:配当込みTOPIX)

(%)

(%)

75.7

57.5

68.8

102.4

115.6

(91.1)

(114.6)

(108.1)

(115.4)

(120.8)

最高株価

(円)

2,240

1,683

1,758

1,766

2,518

最低株価

(円)

1,255

982

985

792

1,230

 

 (注) 1 売上高には、消費税等は含まれておりません。

 2 2018年11月期の1株当たり配当額30円には、創業100周年記念配当8円を含んでおります。

 3 潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

 4 最高株価及び最低株価は、東京証券取引所市場第一部におけるものであります。

 5 「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を第75期の期首から適用しており、第74期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。

 

 

2 【沿革】

 

年月

概要

1948年12月

株式会社協和製作所を設立。

1953年6月

協和魔法瓶工業株式会社に商号変更。

1961年11月

象印マホービン株式会社に商号変更。

1967年1月

大阪府大東市に製造会社和研プラスチックス株式会社
〔現・象印ファクトリー・ジャパン株式会社〕を設立(現・連結子会社)。

1970年5月

電子ジャーを開発・販売し家庭用電気製品部門に進出。

1978年9月

大阪府東大阪市に物流会社象印配送サービス株式会社
〔現・象印ユーサービス株式会社〕を設立(現・連結子会社)。

1979年6月

大阪府大阪市に販売会社象印フレスコ株式会社を設立(現・連結子会社)。

1981年7月

ステンレス製マホービンを開発し販売を開始。

1986年10月

タイに製造会社UNION ZOJIRUSHI CO.,LTD.を設立(現・持分法適用の関連会社)。

1986年9月

大阪証券取引所市場第二部に上場。

1987年1月

アメリカに販売会社ZOJIRUSHI AMERICA CORPORATIONを設立(現・連結子会社)。

1995年3月

香港に製造会社新象製造廠有限公司を設立(現・連結子会社)。

2002年4月

台湾に販売会社台象股份有限公司を設立(現・連結子会社)。

2003年3月

中国に販売会社上海象印家用電器有限公司を設立(現・連結子会社)。

2003年5月

象印ファクトリー・ジャパン株式会社に生産移管。

2005年11月

東京都港区に販売会社象印特販株式会社を設立(現・連結子会社)。

2013年3月

大阪府大阪市に販売会社象印ラコルト株式会社を設立。

2013年7月

大阪証券取引所と東京証券取引所の現物市場統合により、東京証券取引所市場第二部へ移行。

2014年10月

タイに販売会社ZOJIRUSHI SE ASIA CORPORATION LTD.を設立(現・連結子会社)。

2018年2月

東京証券取引所市場第一部に指定。

2020年4月

当社を存続会社として、象印ラコルト株式会社(連結子会社)を吸収合併。

 

 

 

3 【事業の内容】

当社グループは、当社、子会社9社及び関連会社3社により構成され、その事業は、家庭用品等の製造、販売及びこれらの付随業務を営んでおります。なお、家庭用品以外の事業の重要性が乏しいと考えられるため、セグメント情報の記載を省略しております。

 

製造部門

(調理家電製品)国内においては、象印ファクトリー・ジャパン株式会社、海外においては、新象製造廠有限公司があります。

(リビング製品)国内においては、象印ファクトリー・ジャパン株式会社、海外においては、関連会社であるUNION ZOJIRUSHI CO., LTD.があります。

(生活家電製品)象印ファクトリー・ジャパン株式会社があります。

(その他製品) 象印ファクトリー・ジャパン株式会社があります。

販売部門

国内においては、当社及び象印フレスコ株式会社、象印特販株式会社、海外においては、ZOJIRUSHI AMERICA CORPORATION、上海象印家用電器有限公司、台象股有限公司、ZOJIRUSHI SE ASIA CORPORATION LTD.、そして関連会社であるN&I ASIA PTE LTDがあります。

物流部門

象印ユーサービス株式会社、そして関連会社である旭菱倉庫株式会社があります。

修理・リサイクル部門

象印ユーサービス株式会社があります。

 

事業の系統図は次のとおりであります。

 


 

 

4 【関係会社の状況】

 

名称

住所

資本金又は
出資金
(百万円)

主要な事業
の内容

議決権の所有
割合(%)

関係内容

(連結子会社)

 

 

 

 

 

ZOJIRUSHI AMERICA 
CORPORATION

米国        カリフォルニア州
トーランス市

千US$

3,000

調理家電製品
リビング製品
その他製品

100.0

当社製品の販売
役員の兼任2名

象印フレスコ株式会社

大阪市北区

10

調理家電製品
リビング製品
生活家電製品
その他製品

100.0

当社製品の販売
当社所有の土地・建物の賃貸
役員の兼任1名

象印特販株式会社

東京都港区

10

調理家電製品
リビング製品
生活家電製品
その他製品

100.0

当社製品の販売
当社所有の建物の賃貸

新象製造廠有限公司

(注)2

中国        香港特別行政区

千HK$

15,000

調理家電製品

51.0

当社製品の製造
債務保証
役員の兼任4名

象印ファクトリー・ジャパン
株式会社

(注)2

大阪府大東市

80

調理家電製品
リビング製品
生活家電製品
その他製品

100.0

当社製品の製造
当社所有の土地・建物他の賃貸
債務保証
役員の兼任6名

台象股份有限公司

(注)2

台湾
台北市

千NT$

200,000

調理家電製品
リビング製品
生活家電製品
その他製品

100.0

当社製品の販売
債務保証
役員の兼任2名

上海象印家用電器有限公司
(注)6

中国
上海市

千人民元

14,208

調理家電製品
リビング製品
生活家電製品
その他製品

100.0

(75.0)

当社製品の販売
債務保証
役員の兼任2名

象印ユーサービス株式会社

大阪府東大阪市

30

製品の配送
製品の修理・リサイクル

100.0

当社製品の配送
当社製品の修理及びリサイクル
役員の兼任2名

ZOJIRUSHI SE ASIA
CORPORATION LTD.

タイ国
バンコク都

千BHT

100,000

調理家電製品
リビング製品
生活家電製品
その他製品

100.0

当社製品の販売
債務保証
役員の兼任2名

(持分法適用関連会社)

 

 

 

 

 

UNION ZOJIRUSHI CO., LTD.

タイ国
バンコク都

千BHT

600,000

リビング製品

49.0

当社製品の製造
役員の兼任3名

 

 (注) 1 主要な事業の内容欄には、製品区分の名称を記載しております。

 2 特定子会社であります。

 3 議決権の所有割合欄の(内書)は間接所有割合であります。

4 前連結会計年度末において連結子会社であった象印ラコルト株式会社は、2020年2月3日開催の取締役会における決議に基づき、同年4月10日付で当社を存続会社として吸収合併いたしました。

5 有価証券届出書又は有価証券報告書を提出している会社はありません。

6 連結財務諸表の売上高に占める連結子会社の売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く。)の割合が、10%を超えております。

 

主要な損益情報等

売上高

7,727

百万円

 

経常利益

662

百万円

 

当期純利益

504

百万円

 

純資産額

4,492

百万円

 

総資産額

5,930

百万円

 

 

 

5 【従業員の状況】

(1) 連結会社の状況

 

2020年11月20日現在

事業部門の名称

従業員数(名)

生産・開発部門

494

(1,150)

販売部門

455

(   55)

その他

373

(   71)

合  計

1,322

1,276

 

 (注) 1 従業員数は、当社グループからグループ外への出向者を除いた就業人員であります。

 2 従業員数欄の(外書)は、臨時従業員の年間平均雇用人員であります。

 3 臨時従業員には、契約社員、パートタイマー及び嘱託契約の従業員を含み、派遣社員を除いております。

4 セグメント情報を記載しておらず、また、事業部門を兼務する従業員がほとんどのため、事業部門別の 従業員数を記載しております。

 5 その他の部門は総務及び経理等の管理部門の従業員であります。

 

(2) 提出会社の状況

 

 

 

2020年11月20日現在

従業員数(名)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(千円)

 

509

(97)

42.3

16.0

7,850

 

 

事業部門の名称

従業員数(名)

生産・開発部門

197

(   35)

販売部門

227

(   51)

その他

85

(   11)

合  計

509

(   97

 

(注) 1 従業員数は、当社から他社への出向者を除き、他社から当社への受入れ出向者を加えた就業人員であり ます。

 2 従業員数欄の(外書)は、臨時従業員の年間平均雇用人員であります。

 3 臨時従業員には、契約社員、パートタイマー及び嘱託契約の従業員を含み、派遣社員を除いております。

 4 平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。

5 セグメント情報を記載しておらず、また、事業部門を兼務する従業員がほとんどのため、事業部門別の 従業員数を記載しております。

 6 その他の部門は総務及び経理等の管理部門の従業員であります。

 

(3) 労働組合の状況

当社及び連結子会社1社には、象印マホービン労働組合等が組織されており、全国繊維化学食品流通サービス 一般労働組合同盟に所属し、組合員数は532名(2020年11月20日現在)であります。

なお、労働組合との間に特記すべき事項はありません。

 

第2 【事業の状況】

 

1 【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

(1) 会社の経営の基本方針

当社グループでは、企業理念を創業以来、経営の根底にある不変の価値観を表した「暮らしを創る」と定め、経営方針として「BRAND INNOVATION(ブランド革新)~家庭用品ブランドの深化と「食」と「暮らし」のソリューションブランドへの進化~」を掲げております。

その背景には、国内における人口・世帯数の減少や少子高齢化の進行、海外新興国における生活水準の向上、デジタル化の急速な進展等、人々の暮らしが変化・多様化していくなかで、従来の家庭用品メーカーとしてのブランドを継続するだけでは持続的な成長が難しくなりつつあることが挙げられます。

将来にわたりお客様に支持され、持続的成長を実現するためには、こうした環境の変化に適応し、生活者の食や暮らしに関する不満や負担を、商品やサービスを通じて解決(ソリューション)していく必要があり、ZOJIRUSHIブランドの革新が不可欠であると考えております。

 

(2) 中期経営計画の進捗状況

当社グループは2018年11月21日より、中期3ヵ年計画『ADAPT』を推進しております。

『ADAPT』は、「Adaptation to Diversity of Area,People and Technology」の各単語の頭文字をとり「多様性への適応」という意味を込めており、多様化する事業領域や販売地域、お客様や株主、テクノロジー等に適応し、持続的に成長することを目指しております。

この2年間、経営方針である「BRAND INNOVATION(ブランド革新)」の実現に向けて、「領域の水平的拡大」、「領域の垂直的拡大」、「経営基盤の強化」に取り組んでまいりました。

「領域の水平的拡大」では、既存市場を深掘りするために、商品ラインアップの拡大や、新市場・新規チャネルの開拓をはかりました。国内では、かまどの炎のゆらぎを再現した最高級モデルの圧力IH炊飯ジャー『炎舞炊き』シリーズの拡充や、共働き・子育て世代をターゲットとした機能性と使いやすさ、シンプルなデザイン性を兼ね備えた家電シリーズ『STAN.』を発売いたしました。また2020年11月より、当社製品を取り扱う直販ECサイト「象印ダイレクト」をオープンいたしました。海外では、中国ベビー用品市場の開拓やEC市場における拡販、販路拡大のため世界最大級の消費財見本市「アンビエンテ」への出展等を行ってきました。

「領域の垂直的拡大」では、新規事業を検討する専門部署を設置し新たな事業領域の創出に向けた体制の強化や、新規商品・新規事業のアイデアを社内公募し開発に着手しています。また、おいしいごはんを軸とした事業展開として、2018年に大阪にオープンしたごはんレストラン「象印食堂」の魅力度向上をはかるとともに、テイクアウト専門店「炎舞炊き象印亭」を期間限定でオープンいたしました。

「経営基盤の強化」では、業務効率化による生産性の向上と原価低減の推進や、当社製品のご愛用者を対象とした「ZOJIRUSHI オーナーサービス」を開始する等、お客様とのコミュニケーション強化を行っています。また、コーポレート・ガバナンス体制のより一層の強化をはかり、さらなる企業価値向上に取り組むため、監査等委員会設置会社へ移行いたしました。

しかしながら、新型コロナウイルス感染症の拡大による世界的な景気減速も影響し、減収減益に歯止めをかけることができませんでした。

 

(3) 経営環境及び対処すべき課題

欧米をはじめ日本においても新型コロナウイルスの感染再拡大が懸念されるなか、各国で感染抑制と経済活動継続を両立するための試行錯誤が続いています。今後の経済情勢については、ワクチンの普及により緩やかに回復すると見られますが、収束の見通しは立っておらず、今後も不透明な経営環境が続くと推測されます。

人々の暮らしにおいては、健康・衛生意識の高まりや、安心・安全な暮らしへの欲求、デジタル消費の加速、内食への回帰と中食の増加などが見られます。また景気後退による倒産・失業率の増加により、さらなる消費マインドの冷え込みも想定されます。働き方については、テレワークの増加やウェブ会議の普及、電子承認やペーパーレス化が進み、都市部集中への緩和の動きが見られます。このような環境変化のなか、今後はさらに多様な価値観や多様な社会の広がりが進むと考えられます。

このような状況下、減収減益に歯止めをかけ持続的な成長軌道に乗せるため、対処すべき7つの重点課題を設定しました。

 

①在宅勤務経験を通して見えた課題

    ・ICT環境の整備と業務の効率化

  ・働き方の変化に即した人事・評価制度の見直し

 

②新しい日常における生活者の多様な価値観への適応

 ・中食・内食シフトや衛生・健康意識の高まりに即したモノづくり

 ・ECやオンライン化に対応したデジタルマーケティングの強化

 

③新型コロナウイルス感染症の影響等、景気・需要動向への対応

 ・主力商品の収益力強化、ステンレスボトルのシェア回復

 ・景気後退に伴う価格志向への対応

 

④事業多様化の推進による成長とリスク分散

 ・新規事業・新規商品の開発、新市場・新チャネル開拓の加速

 ・基幹商品・基幹部品の調達リスク対策

 

⑤海外事業の成長軌道回帰

 ・アジア市場における急速なECシフトへの対応

 ・ASEAN重点国(ベトナム・タイ・インドネシア)での成長加速

 

⑥生活者接点の強化と新たなファン層の開拓

 ・アフターサービス(ZOJIRUSHIオーナーサービス含む)を通じた強固なファンづくり

 ・「STAN.」を活用した20-30歳代の開拓・ファン化促進

 

⑦ステークホルダーとの関係強化

 ・ESG視点での課題整理と実行促進

 ・IR・SR活動の強化

 

2021年11月期は、本来であれば中期3ヵ年計画『ADAPT』の最終年度となりますが、新型コロナウイルスの感染拡大により、前提としていた経営環境が大きく変化しました。そのため2021年11月期から2022年11月期の2ヵ年を『ADAPT PhaseⅡ』と位置づけ、上記7つの重点課題を解決する、新しい日常における計画を新たに策定し、多様性への適応「ADAPT」を加速させていきます。

 

中期2ヵ年計画『ADAPT  PhaseⅡ』の概要(2021年11月期~2022年11月期)

中期2ヵ年計画『ADAPT  PhaseⅡ』では、象印ブランドを現状の家庭用品ブランドから、「食」や「暮らし」に関する不満や課題を、商品やサービスを通じて解決できるソリューションブランドへ進化していくために、引き続き「領域の水平的拡大」と「領域の垂直的拡大」、「経営基盤の強化」に取り組んでまいります。

国内事業では「利益とシェア」の最適バランスを追求した提案営業の強化や新規チャネルの開拓に取り組むとともに、社会や生活の変化に合わせた新製品の投入や、「おいしいごはん」を軸とした新規事業の創出をはかります。海外事業では成長軌道への回帰をはかるため、海外特有のニーズに対応した商品の投入や、EC市場の開拓・拡販、成長地域における販路の拡充を行います。また並行して、業務効率・開発効率の向上、サプライチェーンの再整備、人材・組織体制などの強化を行うとともに、ESG課題への取り組みを推進し社会的価値の向上をはかります。


 

 

1.領域の水平的拡大

 ◆国内事業

 ・アフターコロナの需要停滞を想定し、「利益とシェア」の最適バランスを追求した

    提案営業の強化により、利益額の最大化をはかります。

 ・ステンレスボトルと親和性のある売り場をもつ販売チャネルの新規開拓を推進し、

    リビング事業の回復を行います。

 ・社会や生活の変化に合わせた商品のモデルチェンジやラインアップ拡大を行い、

    既存カテゴリの活性化をはかります。

 ◆海外事業

 ・主要地域におけるEC市場の徹底攻略と新規チャネルの開拓を強化します。

 ・成長地域(ベトナム・タイ・インドネシア)における販路の拡充と

    最適な販売体制の再構築を行います。

 

 

 

 

2.領域の垂直的拡大

 ◆新規カテゴリ商品の投入

 ・社内公募や協業による商品展開や、既存技術を応用した商品開発により、

   新しい売上を創造するとともに、海外特有のニーズ対応した商品を投入します。

 新規事業の創出

 ・象印らしい「おいしいごはん」を軸とした新規事業の創出をはかります。

 

 

 

 

3.経営基盤の強化

◆生産性の向上

・業務効率・開発効率を向上させるため、社内リソース(経営資源)の

  拡充をはかるとともに、社外への業務委託などを積極的に活用します。

◆供給体制の整備

・日本、中国、東南アジアを主軸に生産体制を段階的に見直し、

  品質・コスト・納期とリスク分散の両立をはかります。

 ・部品調達リスクの分散や価格競争力強化に向けた取り組みを推進します。

◆お客様との接点強化

・時代に即したコミュニケーション手段を活用し、充実したサービスの提供により

  更なるお客様満足度の向上をはかります。

・若年層へのコミュニケーションを強化し、新たなファン層を獲得します。

人材・組織体制の強化

・多様な価値観に適応し、イノベーションによって持続的成長を可能にする

  人的基盤の強化と組織の活性化を行います。

ESG課題への取り組み推進

ESG課題の解決に向け、具体的な施策や目標を設定し推進することで

  社会的価値の向上をはかります。

 

 

 

 

   中期業績目標

  業績目標は以下の通りです。

                                                                             (単位:百万円)

 

2020年実績

2021年計画

2022年目標

連結売上高

74,947

76,000

80,000

連結営業利益

5,440

5,700

6,000

(営業利益率)

(7.3%)

(7.5%)

(7.5%)

 

 

 

2 【事業等のリスク】

有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項には、以下のようなものがあります。

なお、文中における将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。

 

(1) 新製品開発について

当社グループは、市場ニーズに応じた高付加価値製品や価格競争力のある製品の開発を目指しております。しかしながら、市場から支持を獲得できる新製品または新技術を正確に予想できるとは限らず、またこれら製品の販売が成功しない場合には、将来の成長と収益性を低下させ、当社グループの業績及び財務状況に影響を与える可能性があります。

 

(2) 製品価格の下落について

当社グループでは、競争力のある新製品の投入等により製品価格の維持、上昇を図っておりますが、市場からの納入価格引き下げの圧力やリベートの要求などは、ますます強まる傾向にあります。価格下落が当社グループの想定を大きく上回り、かつ長期にわたった場合、当社グループの業績及び財務状況に影響を与える可能性があります。

 

(3) 競合他社との競争について

当社グループの主力製品は、家電メーカー等と競合しており、その一部には当社グループより多くの研究、開発、製造、販売資源を有する企業もあります。そうした中で当社グループは安定的なシェアを確保しておりますが、将来において競争が激化し、シェアが低下した場合は、当社グループの業績及び財務状況に影響を与える可能性があります。

 

(4) 原材料価格の変動について

当社グループの製品の主要原材料であるステンレス、樹脂、銅等の価格は、国際市況に大きく影響されております。原油価格の上昇等による原材料価格の上昇は、当社グループの業績及び財務状況に影響を与える可能性があります。

 

(5) 為替変動による影響について

当社グループにおける海外事業の現地通貨建ての資産等は、換算時の為替レートにより円換算後の価額が影響を受ける可能性があります。また、海外から輸入する製品や部材は日本円以外の通貨で決済しております。そのため予測を超えた円安が進行した場合などは、当社グループの業績及び財務状況に影響を与える可能性があります。

そのリスク軽減のために輸出により受け取る米ドルを支払いに充てており、またリスク管理方針に従って不足分の一部を為替予約によりリスクヘッジしておりますが、予測を超えて円高が進行した場合には為替差損が発生し、当社グループの業績及び財務状況に影響を与える可能性があります。

 

(6) 製造物責任について

当社グループは、高品質の製品の提供をめざし、厳密な品質管理基準にしたがって各種の製品を製造しておりますが、万一、製品の欠陥等が発生した場合のメーカー責任を果たすために、製造物責任賠償に備え保険に加入しております。しかし、大規模な製品の欠陥やリコールの発生は、当社グループの業績及び財務状況に影響を与える可能性があります。

 

(7) 知的財産権の保護について

当社グループは、事業の優位性を確保するため、開発する製品及び技術について知的財産権の保護に努めておりますが、特定の地域では充分な保護が得られない可能性があります。また、当社グループの製品が第三者の知的財産権を侵害しているとの主張を受ける可能性もあります。当社グループの主張が認められなかった場合には、損害賠償やロイヤリティの支払等の損失が発生し、当社グループの業績及び財務状況に影響を与える可能性があります。

 

 

(8) 模倣品の出現について

当社グループはブランドの重要性を認識しており、国内外でのブランド価値向上を目指しております。国内外にて商標の出願及び登録を実施し、模倣品対策を講じておりますが、当社ブランドの模倣品が市場に出現した場合、当社グループのブランド価値を毀損し、当社グループの業績及び財務状況に影響を与える可能性があります。

 

(9) 業績の季節変動について

当社グループの業績は、製品の特性や国内外の商戦期等の関係上、取引先への出荷が秋口から春先に集中するため、第1四半期に偏重する傾向にあります。

 

(10) 情報セキュリティについて

当社グループは事業活動を通して、お客様や取引先の個人情報及び機密情報を入手し保有しています。これらの情報に対するシステムのセキュリティ対策および監視体制ならびにリスクマネジメント体制の強化を推進しており、ISMS認証の取得や従業員教育の徹底など、システムと運用の両面で機密保持に努めております。しかしながら、サイバー攻撃、不正アクセス、コンピューターウィルスの侵入等により、万一これらの情報が流出した場合や重要データの破壊、改ざん、システム停止等が生じた場合には、当社グループの信用低下や業績及び財務状況に影響を与える可能性があります。

 

(11) 災害の発生について

当社グループは国内外で生産、販売活動を展開しておりますが、当該地域で地震、洪水、台風、火災、戦争、感染症等が発生し、当社グループや取引先企業が被害を受けた場合、事業活動に支障をきたし、当社グループの業績及び財務状況に影響を与える可能性があります。

 

(12) 新型コロナウイルス感染症について

在宅勤務や時差出勤、WEB会議の推奨、イベント開催の可否等について、新型コロナウイルス感染状況に応じてリスク管理委員会より従業員に向けて行動指針を発信し、感染防止に努めながら事業活動を行っております。今後、ワクチンの普及により緩やかに回復するとみられますが、収束の見通しは立っておらず、今後も外出自粛による売上の減少、海外での需要の減少並びに販売活動の制約が想定され、当社グループの業績及び財務状況に影響を与える可能性があります。そのリスクが顕在化する可能性は、予測困難でありますが、感染症対策の徹底を図り、安定した生産体制から商品供給が行えるよう努めてまいります。

 

 

3 【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

 当連結会計年度における当社グループ(当社、連結子会社及び持分法適用会社)の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下、「経営成績等」という。)の状況の概要並びに経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりであります。

 なお、文中における将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。

 

(1) 経営成績

(経営成績に関する分析)

当連結会計年度における世界経済は、新型コロナウイルス感染症の影響で急速に落ち込んだ後、緩やかに回復しているものの大幅なマイナス成長となりました。中国ではコロナ前のGDP水準に回復しましたが、欧米をはじめ日本においても感染拡大の加速に加え、雇用や所得環境の悪化により、依然として先行き不透明な状況で推移いたしました。

このような経営環境の中で、当社グループは、中期3ヵ年計画『ADAPT』の2年目を迎え、象印ブランドを現状の家庭用品ブランドから「食」と「暮らし」のソリューションブランドへ進化させるため、「領域の水平的拡大」、「領域の垂直的拡大」、「経営基盤の強化」に取り組んでまいりました。

「領域の水平的拡大」では、既存商品による新市場や新規チャネルの開拓、既存市場や既存チャネルを深掘りするために既存商品のラインアップ拡大を図りました。「領域の垂直的拡大」では、おいしいごはんを軸とした事業展開として、2018年に大阪にオープンしたごはんレストラン「象印食堂」の魅力度向上をはかるとともに、テイクアウト専門店「炎舞炊き象印亭」を期間限定でオープンしました。「経営基盤の強化」では、業務効率化による生産性の向上や原価低減を推進しました。またコーポレート・ガバナンス体制のより一層の強化をはかり、さらなる企業価値向上に取り組むため、監査等委員会設置会社へ移行いたしました。

しかしながら、当連結会計年度の売上高は、前年実績から4,162百万円減少し74,947百万円(前連結会計年度比5.3%減)となりました。製品区分別では調理家電製品や生活家電製品は順調に推移しましたが、リビング製品は前年を下回りました。連結全体の国内売上高は52,548百万円(前連結会計年度比4.7%減)、海外売上高は22,399百万円(同6.5%減)となり、海外売上高構成比は29.9%となりました。海外では北米の売上は増加しましたが、中国や東南アジアでは前年実績を下回りました。

利益については、原価の低減や販売費及び一般管理費の抑制に努めたものの、売上高減少の影響により、営業利益は5,440百万円(前連結会計年度比0.1%減)となりました。経常利益は5,725百万円(同2.6%減)となり、親会社株主に帰属する当期純利益は3,943百万円(同3.4%減)となりました。

 

製品区分別の経営成績は次のとおりであります。

 

① 調理家電製品

調理家電製品の売上高は、54,318百万円(前連結会計年度比1.6%増)となりました。

国内では、炊飯ジャーは、かまどの炎のゆらぎを再現した最高級モデルの圧力IH炊飯ジャー「炎舞炊き」シリーズは好調に推移しましたが、市場の停滞などの影響もあり炊飯ジャー全体としては前年を下回りました。電気ポットは市場の縮小傾向もあり低調に推移しました。電気調理器具では、新型コロナウイルス感染症による外出自粛のため、巣ごもり需要が拡大したことにより、ホットプレートやオーブントースターなどの売上が伸長し、電気調理器具全体は好調に推移いたしました。

海外では、炊飯ジャーは、北米市場と台湾市場で好調に推移しました。電気ポットは、北米市場は前年を上回りましたが、その他の市場では低調に推移しました。電気調理器具では、北米市場でホームベーカリーやコーヒーメーカーなどが前年を上回りました。

 

 

② リビング製品

リビング製品の売上高は、15,347百万円(前連結会計年度比27.1%減)となりました。

新型コロナウイルス感染症による外出自粛のため、レジャーやスポーツ活動が制限されたことにより、国内、海外ともにステンレスボトルやステンレスフードジャーなどのステンレス製品が前年を下回りました。国内ではインバウンド需要の大幅減少による市場全体の出荷数量の落ち込みもあり、主力のステンレスマグが低調に推移しましたが、9月に発売した業界初となる“せん”と“パッキン”がひとつになった「シームレスせん」を採用したステンレスマグSM-Z型が好調に推移し、売上高は回復傾向にあります。

海外のステンレスボトルは、主力の中国市場をはじめ多くの市場で低調に推移しましたが、新型コロナウイルス感染症による落ち込みから回復している中国では、第4四半期は前年を上回りました。

 

③ 生活家電製品

生活家電製品の売上高は、3,665百万円(前連結会計年度比32.7%増)となりました。

国内では、ふとん乾燥機の売上が減少しましたが、衛生志向の高まりにより加湿器、空気清浄機、食器乾燥器が好調に推移し前年実績を上回りました。

 

④ その他製品

その他製品の売上高は、1,615百万円(前連結会計年度比11.8%減)となりました。

 

・地域別製品区分別売上高

 

 

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

日本

 

 

海外

 

 

合計

前年

同期比

(%)

アジア

北米

その他

 

内、中国

売上高

調理家電

41,369

8,062

2,977

4,872

14

12,949

54,318

1.6

リビング

6,492

7,376

4,674

972

506

8,855

15,347

△27.1

生活家電

3,591

73

73

3,665

32.7

その他

1,095

346

74

168

5

520

1,615

△11.8

 

52,548

15,858

7,727

6,013

527

22,399

74,947

△5.3

構成比(%)

70.1

21.2

10.3

8.0

0.7

29.9

100.0

 

 

 

 

当社グループは、家庭用品等の製造、販売及びこれらの付随業務を営んでおりますが、家庭用品以外の事業の重要性が乏しいと考えられるため、セグメント別の生産実績及び販売実績の記載は行っておりません。
 なお、生産実績及び販売実績を製品区分別に記載すると以下のとおりであります。

 

① 生産実績

当連結会計年度における生産実績は次のとおりであります。

 

製品区分

生産高(百万円)

前年同期比(%)

 調理家電製品

37,041

0.9

 リビング製品

8,875

△25.8

 生活家電製品

2,210

13.2

 その他製品

846

△14.3

合計

48,974

△5.1

 

 (注) 1 金額は製造原価により表示しております。

 2 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

 

② 受注状況

当社グループは、原則として見込生産であります。

 

③ 販売実績

当連結会計年度における販売実績は次のとおりであります。

 

製品区分

販売高(百万円)

前年同期比(%)

調理家電製品

54,318

1.6

リビング製品

15,347

△27.1

生活家電製品

3,665

32.7

その他製品

1,615

△11.8

合計

74,947

△5.3

 

 (注) 1 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

 2 当連結会計年度において、総販売実績に対する割合が10%以上となる相手先はございません。

 

(重要な経営指標に関する分析)

中期経営計画『ADAPT』における重要な経営指標である「連結売上高の持続的成長」および「連結売上高営業利益率8%以上の持続的確保」という目標に対して、連結売上高は前年同期比5.3%減、連結売上高営業利益率は7.3%となりました。これは主に、国内外でステンレス製品が低調に推移したことに加え、中国や東南アジアなど利益率の高い海外において売上が減少したことにより利益が減少したことによるものであります。

 

 

(2) 財政状態

当連結会計期間末の財政状態は、前連結会計年度末と比較して総資産が5,511百万円増加し、負債が3,613百万円増加しました。また、純資産は1,898百万円増加いたしました。その結果、自己資本比率は2.4ポイント減少し74.5%となりました。

総資産の増加5,511百万円は、流動資産の増加5,922百万円及び固定資産の減少410百万円によるものであります。

流動資産の増加5,922百万円の主なものは、現金及び預金の増加3,950百万円、受取手形及び売掛金の減少216百万円、電子記録債権の増加122百万円、有価証券の増加400百万円、商品及び製品の増加1,532百万円、原材料及び貯蔵品の減少159百万円、その他流動資産の増加293百万円であります。また、固定資産の減少410百万円の主なものは、建物及び構築物の減少162百万円、リース資産の増加614百万円、ソフトウエアの減少449百万円、投資有価証券の減少785百万円、退職給付に係る資産の増加415百万円であります。

負債の増加3,613百万円は、流動負債の増加3,132百万円及び固定負債の増加481百万円によるものであります。

流動負債の増加3,132百万円の主なものは、支払手形及び買掛金の増加1,605百万円、リース債務の増加335百万円、未払費用の増加451百万円、未払法人税等の増加419百万円、その他流動負債の増加239百万円であります。また、固定負債の増加481百万円の主なものは、リース債務の増加270百万円、繰延税金負債の増加127百万円であります。

純資産の増加1,898百万円の主なものは、親会社株主に帰属する当期純利益の計上3,943百万円、剰余金の配当の支払1,757百万円、その他有価証券評価差額金の減少92百万円、為替換算調整勘定の減少50百万円、退職給付に係る調整累計額の減少90百万円であります。

 

(3) キャッシュ・フロー

当連結会計年度における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前連結会計年度末と比較して3,577百万円増加し、32,582百万円となりました。

 

(営業活動によるキャッシュ・フロー)

営業活動の結果得られた資金は、前連結会計年度と比較して626百万円増加し、7,366百万円となりました。
 これは主に、税金等調整前当期純利益5,629百万円、仕入債務の増加額1,583百万円により資金が増加したものの、法人税等の支払額1,136百万円により資金が減少したことによるものであります。

 

(投資活動によるキャッシュ・フロー)

投資活動の結果使用した資金は、前連結会計年度と比較して342百万円増加し、1,608百万円となりました。
 これは主に、有形固定資産の取得による支出1,084百万円により資金が減少したことによるものであります。

 

(財務活動によるキャッシュ・フロー)

財務活動の結果使用した資金は、前連結会計年度と比較して273百万円増加し、2,206百万円となりました。
 これは主に、配当金の支払額1,758百万円により資金が減少したことによるものであります。

 

(資本の財源及び資金の流動性)

当社グループの資金需要のうち主なものは、製品製造のための費用、販売費及び一般管理費等の営業費用や、金型等の生産設備、情報処理システム等への設備投資であります。
 これらの資金需要に対応するための財源は、営業活動によるキャッシュ・フローで得られる自己資金により調達することを基本としておりますが、必要に応じて金融機関からの借入等により調達していく考えであります。

 

 

(4) 重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成しております。この連結財務諸表を作成するにあたって、資産、負債、収益及び費用の報告額に影響を及ぼす見積り及び仮定を用いておりますが、これらの見積り及び仮定に基づく数値は不確実性を伴うため、実際の結果と異なる可能性があります。

なお、新型コロナウイルス感染症の感染拡大が会計上の見積りに与える影響に関する情報は、「第5[経理の状況] 1[連結財務諸表等] (1)[連結財務諸表] [注記事項] (追加情報)」に記載しております。

連結財務諸表の作成に当たって用いた会計上の見積り及び仮定のうち、重要なものは以下のとおりであります。

 

① たな卸資産の評価

たな卸資産の評価は、期末における正味売却価額が帳簿価額を下回る場合には、帳簿価額を正味売却価額まで減額し、当該減少額を評価損として計上しております。

正味売却価額は、販売実績等を基礎として見積っているため、価格戦略や市場環境の変化によりこの見積りの前提とした条件や仮定に見直しが生じ、正味売却価額が帳簿価額を下回る場合には、評価損の金額に重要な影響を与える可能性があります。

 

② 退職給付会計

確定給付制度の退職給付債務、年金資産及び退職給付費用は、数理計算上の仮定を用いた見積りを基礎として算定しております。当該数理計算上の仮定には、安全性の高い債券の利回りを用いた割引率、予想昇給率及び年金資産の長期期待運用収益率等の様々な計算基礎があります。

これらの計算基礎について、将来の不確実な経済条件の変動等により見直しが必要となった場合、退職給付に係る資産、負債及び退職給付費用の金額に重要な影響を与える可能性があります。

 

③ 繰延税金資産の回収可能性

繰延税金資産の回収可能性は、将来減算一時差異が将来の税金負担額を軽減する効果を有するかどうかで判断しております。当該判断は、将来の利益計画に基づく課税所得の十分性、将来加算一時差異の十分性等を満たしている場合に、将来減算一時差異が将来の税金負担額を軽減する効果を有するものとしております。

これらの判断は、将来の利益計画に基づく課税所得、一時差異等の解消見込年度等の見積りに依存するため、将来の不確実な経済条件の変動等によりこの見積りの前提とした条件や仮定に見直しが必要となった場合、繰延税金資産及び法人税等調整額の金額に重要な影響を与える可能性があります。

 

④ 固定資産の減損

固定資産の減損は、固定資産のうち減損の兆候がある資産又は資産グループについて、当該資産又は資産グループから得られる割引前将来キャッシュ・フローの総額が帳簿価額を下回る場合に減損損失を認識することとし、帳簿価額を回収可能価額まで減額させた当該減少額を減損損失として測定しております。

減損の兆候の把握、減損損失の認識及び測定を行うにあたっては、過年度の実績や事業計画等に基づく資産又は資産グループから得られる将来キャッシュ・フロー、回収可能価額等の見積りに依存するため、将来の不確実な経済条件の変動等によりこの見積りの前提とした条件や仮定に見直しが必要となった場合、減損損失が発生する可能性があります。

 

4 【経営上の重要な契約等】

該当事項はありません。

 

 

5 【研究開発活動】

当社グループは、調理家電製品・リビング製品・生活家電製品・その他製品の分野において、保温・保冷・加熱・断熱など、独自の技術を駆使し、性能・使用性の向上を目指した高付加価値商品や、市場ニーズに応じた価格競争力のある商品を開発するべく、研究開発活動を展開しております。

研究開発体制は、当社の生産開発本部が中心となり、各子会社及び関連会社と密接な連携・協力関係を保ち、効果的かつ迅速な活動を推進しております。

当連結会計年度における研究開発費の金額は818百万円であり、製品区分別の研究成果は以下のとおりであります。

 

調理家電製品の分野の圧力IH炊飯ジャー“炎舞炊き”シリーズでは、NW-LA型は底IHヒーターを6つに増強し、NW-PS型では4つの底IHヒーターを搭載、対角線上にある2つのヒーターを同時加熱させることで激しい対流を起こし、お米の甘み成分をさらに引き出し、ふっくらとしたごはんに炊き上げます。また、内ぶたの構造を見直したことで毎回洗う点数は2点だけとなり、お手入れ性も大きく向上しました。

当連結会計年度における研究開発費の金額は627百万円であります。

 

リビング製品の分野のステンレスマグ『TUFF』では、業界初となる“せん”と“パッキン”がひとつになった「シームレスせん」を開発し、採用しました。
 当連結会計年度における研究開発費の金額は74百万円であります。

 

生活家電製品の分野のふとん乾燥機では、面倒なマットとホースの取り付けや後片付けが不要という象印独自の機能は踏襲しながら、改めて製品を見つめ直し、風量アップと本体のコンパクト化を実現しました。

当連結会計年度における研究開発費の金額は111百万円であります。

 

その他製品の分野では、産業機器製品を中心に開発いたしました。

当連結会計年度における研究開発費の金額は5百万円であります。

 

製品区分

研究開発費(百万円)

 調理家電製品

627

 リビング製品

74

 生活家電製品

111

 その他製品

5

合計

818

 

 

第3 【設備の状況】

 

1 【設備投資等の概要】

当連結会計年度において、生産設備の増強・合理化及び情報処理システムの強化などを目的とした総額1,404百万円の設備投資を実施いたしました。主なものは、提出会社における金型773百万円であります。なお、当該設備投資額には、有形固定資産の他、無形固定資産への投資額を含めております。

当社グループは、家庭用品等の製造、販売及びこれらの付随業務を営んでおりますが、家庭用品以外の事業の重要性が乏しいと考えられるため、設備の状況についてセグメント情報に関連付けた記載は行っておりません。

なお、重要な設備の除却、売却等はありません。

 

2 【主要な設備の状況】

(1) 提出会社

 

事業所名

所在地

設備の
内容

帳簿価額(百万円)

従業
員数
(名)

建物及び
構築物

機械装置
及び運搬具

土地
(面積㎡)

リース資産

その他

合計

本社・
大阪支店等

大阪市北区

管理設備
販売設備

440

3,735

(1,420)

 

185

4,361

171

〈20〉

東京支社

東京都港区

管理設備
販売設備

418

327

(990)

 

5

751

51

〈12〉

大阪工場等

大阪府大東市
大阪府東大阪市

研究開発
設備等

860

3

1,262

(43,315)

 

403

2,528

190

〈35〉

支店・
営業所等
(14ヶ所)

福岡市博多区他

販売設備

151

452

(3,676)

 

8

611

97

〈30〉

 

 (注) 1 帳簿価額のうち「その他」は、工具、器具及び備品及び建設仮勘定の合計であります。

 2 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

 3 現在休止中の主要な設備はありません。

 4 従業員数の〈外書〉は、臨時従業員数であります。

 

(2) 国内子会社

 

会社名

事業所名

所在地

設備の
内容

帳簿価額(百万円)

従業
員数
(名)

建物及び
構築物

機械装置
及び運搬具

土地
(面積㎡)

リース資産

その他

合計

象印ファクトリー・ジャパン株式会社

本社
大阪工場

大阪府   大東市

管理設備
生産設備

134

230

(―)

5

370

140

〈110〉

福町工場

大阪市   西淀川区

生産設備

142

23

477

(2,608)

0

643

29

〈10〉

滋賀工場

滋賀県   近江八幡市

生産設備

49

22

(―)

1

73

38

〈33〉

 

 (注) 1 帳簿価額のうち「その他」は、工具、器具及び備品及び建設仮勘定の合計であります。

 2 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

 3 現在休止中の主要な設備はありません。

 4 従業員数の〈外書〉は、臨時従業員数であります。

 

 

(3) 在外子会社

 

会社名

事業所名

所在地

設備の
内容

帳簿価額(百万円)

従業
員数
(名)

建物及び
構築物

機械装置
及び運搬具

土地
(面積㎡)

リース資産

その他

合計

新象製造廠有限公司

本社

中国工場

中国香港

中国深圳市

管理設備

生産設備

108

(―)

      156

3

268

108
 <959>

 

 (注) 1 帳簿価額のうち「その他」は、工具、器具及び備品及び建設仮勘定の合計であります。

 2 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

 3 現在休止中の主要な設備はありません。

 4 従業員数の〈外書〉は、臨時従業員数であります。

 

3 【設備の新設、除却等の計画】

(1) 重要な設備の新設等

 

会社名

事業所名
(所在地)

設備の
内容

投資予定額(百万円)

資金調達
方法

着手年月

完成予定
年月

完成後の
増加能力

総額

既支払額

提出会社

大阪工場

(大阪府大東市)

生産設備

(金型)

1,864

自己資金

2020年

12月

2021年

11月

生産能力の増加は軽微

 

 (注) 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

 

(2) 重要な設備の除却等

該当事項はありません。

 

第4 【提出会社の状況】

 

1 【株式等の状況】

(1) 【株式の総数等】

① 【株式の総数】

 

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

240,000,000

240,000,000

 

 

② 【発行済株式】

 

種類

事業年度末現在
発行数(株)
(2020年11月20日)

提出日現在
発行数(株)
(2021年2月19日)

上場金融商品取引所名又は登録認可金融商品取引業協会名

内容

普通株式

72,600,000

72,600,000

東京証券取引所
(市場第一部)

単元株式数は100株であります。

72,600,000

72,600,000

 

 

(2) 【新株予約権等の状況】

① 【ストックオプション制度の内容】

該当事項はありません。

 

② 【ライツプランの内容】

該当事項はありません。

 

③ 【その他の新株予約権等の状況】

該当事項はありません。

 

(3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

該当事項はありません。

 

(4) 【発行済株式総数、資本金等の推移】

 

年月日

発行済株式
総数増減数
(株)

発行済株式
総数残高
(株)

資本金増減額
 
(百万円)

資本金残高
 
(百万円)

資本準備金
増減額
(百万円)

資本準備金
残高
(百万円)

2007年11月21日

48,400,000

72,600,000

4,022

4,069

 

 (注) 2007年11月21日に、2007年11月20日最終の株主名簿及び実質株主名簿に記載または記録された株主に対し、所有株式数を1株につき3株の割合をもって分割いたしました。

 

 

(5) 【所有者別状況】

  2020年11月20日現在

区分

株式の状況(1単元の株式数100株)

単元未満
株式の状況
(株)

政府及び
地方公共
団体

金融機関

金融商品
取引業者

その他の
法人

外国法人等

個人
その他

個人以外

個人

株主数(人)

44

23

114

121

8

4,082

4,392

所有株式数
(単元)

129,802

5,555

153,971

142,952

28

293,545

725,853

14,700

所有株式数
の割合(%)

17.9

0.8

21.2

19.7

0.0

40.4

100.0

 

 (注) 自己株式4,987,621株は、「個人その他」に49,876単元、「単元未満株式の状況」に21株含めて記載しております。なお、自己株式4,987,621株は株主名簿上の株式数であり、実質保有株式数も同一であります。

 

(6) 【大株主の状況】

 2020年11月20日現在

氏名又は名称

住所

所有株式数
(千株)

発行済株式
(自己株式を
除く。)の
総数に対する
所有株式数
の割合(%)

CLEARSTREAM BANKING S.A
(常任代理人 香港上海銀行東京支店 カストディ業務部)

東京都中央区日本橋3丁目11番1号

9,633

14.25

市 川 典 男

兵庫県芦屋市

8,389

12.41

和幸株式会社

大阪市中央区上汐2丁目6番20号

4,196

6.21

日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口)

東京都港区浜松町2丁目11番3号

2,733

4.04

象印共栄持株会

大阪市北区天満1丁目20番5号

2,157

3.19

公益財団法人市川国際奨学財団

大阪市北区松ヶ枝町5番20号

1,650

2.44

三菱UFJ信託銀行株式会社
(常任代理人 日本マスタートラスト信託銀行株式会社)

東京都港区浜松町2丁目11番3号

1,552

2.30

リバーシティー株式会社

兵庫県宝塚市南口1丁目4番26号

1,544

2.28

宝英商事株式会社

兵庫県宝塚市南口1丁目4番26号

1,425

2.11

市 川 尚 孝

兵庫県川西市

1,309

1.94

34,592

51.2

 

(注) 1 上記の他、自己株式4,987千株を保有しております。なお、当該株式は、会社法第308条第2項の規定により議決権を有しておりません。

 2 象印共栄持株会は取引先持株会であり、上記の所有株式数には会社法施行規則第67条第1項の規定により議決権を有していない会員の持分252千株が含まれております。

 

 3 2020年1月6日付でグレート・フォーチュン・インターナショナル・ディベロップメント・リミテッド及びその共同保有者であるエース・フロンティア・リミテッド、ギャランツジャパン株式会社より大量保有報告書の変更報告書が公衆の縦覧に供されておりますが、当社として2020年11月20日現在の実質保有株式数が確認できませんので、上記大株主の状況には含めておりません。

       なお、当該大量保有報告書による2019年12月23日現在の株式保有状況は次のとおりであります。

氏名又は名称

住所

保有株券等の数

(株)

株券等保有割合

(%)

グレート・フォーチュン・インターナショナル・ディベロップメント・リミテッド

ケイマン諸島、グランド・ケイマン KY1-1205、ウェスト・ベイ・ロード802、ハイビスカス・ウェイ、グランド・パビリオン

9,160,100

 12.62

エース・フロンティア・リミテッド

ケイマン諸島、グランド・ケイマン KY1-1205、ウェスト・ベイ・ロード802、ハイビスカス・ウェイ、グランド・パビリオン

638,200

0.88

ギャランツジャパン株式会社

大阪市中央区北浜一丁目5番5号

100

0.00

9,798,400

13.50

 

 

(7) 【議決権の状況】

① 【発行済株式】

2020年11月20日現在

区分

株式数(株)

議決権の数(個)

内容

無議決権株式

議決権制限株式(自己株式等)

議決権制限株式(その他)

完全議決権株式(自己株式等)

(自己保有株式)
普通株式

4,987,600

(相互保有株式)

普通株式

252,000

 

完全議決権株式(その他)

普通株式

673,456

67,345,600

単元未満株式

普通株式

14,700

 

 

発行済株式総数

72,600,000

総株主の議決権

673,456

 

 (注) 単元未満株式のうち自己株式等に該当する株式数は次のとおりであります。

自己株式

21株

旭菱倉庫株式会社

84株

 

 

② 【自己株式等】

   2020年11月20日現在

所有者の氏名
又は名称

所有者の住所

自己名義
所有株式数
(株)

他人名義
所有株式数
(株)

所有株式数
の合計
(株)

発行済株式総数
に対する所有
株式数の割合(%)

(自己保有株式)

 

 

 

 

 

象印マホービン株式会社

大阪市北区天満1丁目20番5号

4,987,600

4,987,600

6.87

(相互保有株式)

 

 

 

 

 

旭菱倉庫株式 会社

大阪府大東市御領2丁目4番1号

252,000

252,000

0.35

4,987,600

252,000

5,239,600

7.22

 

(注) 1 「他人名義所有株式数」欄に記載しております旭菱倉庫株式会社の株式の名義人は、「象印共栄持株会」 (大阪市北区天満1丁目20番5号)であり、同会名義の株式のうち、同社の持分残高(252,084株)の単元部分を記載しております。

2 他人名義で所有している理由等

所有理由

名義人の氏名又は名称

名義人の住所

加入持株会における共有持分数

象印共栄持株会

大阪市北区天満1丁目20番5号

 

 

 

2 【自己株式の取得等の状況】

【株式の種類等】 

会社法第155条第7号による普通株式の取得 

 

 

(1) 【株主総会決議による取得の状況】

該当事項はありません。

 

(2) 【取締役会決議による取得の状況】

該当事項はありません。

 

(3) 【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

会社法第155条第7号による取得 

 

区分

株式数(株)

価額の総額(円)

当事業年度における取得自己株式

165

274,095

当期間における取得自己株式

 

(注) 当期間における取得自己株式には、2021年1月21日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取請求による株式数は含めておりません。

 

(4) 【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

 

区分

当事業年度

当期間

株式数(株)

処分価額の総額

(百万円)

株式数(株)

処分価額の総額

(百万円)

引き受ける者の募集を行った 取得自己株式

消却の処分を行った取得自己 株式

合併、株式交換、会社分割に 係る移転を行った取得自己株式

その他(特定譲渡制限付株式報酬による自己株式の処分)

9,400

15

保有自己株式数

4,987,621

4,987,621

 

(注)1 当期間における処理自己株式には、2021年1月21日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買増請求による株式数は含めておりません。

  2 当期間における保有自己株式には、2021年1月21日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取請求及び買増請求による株式数は含めておりません。

 

 

3 【配当政策】

当社は、株主に対する利益還元を重要政策の一つであると考えており、企業基盤の強化ならびに将来の事業展開のための内部留保や収益見通しなどを総合的に勘案しながら、可能な限り安定的な成果の配分を行うことを基本方針としております。

当社の剰余金の配当は、中間配当及び期末配当の年2回を基本的な方針としております。配当の決定機関は、中間配当は取締役会、期末配当は株主総会であります。

当事業年度の期末配当につきましては、基本方針に基づき、1株につき13円といたしました。

既に中間配当として1株につき13円を実施いたしておりますので、年間の配当金は1株につき26円になります。

また、内部留保金は、経営体質の一層の充実、ならびに将来の事業展開に役立てる所存であります。

なお当社は、会社法第454条第5項に規定する中間配当を行うことができる旨を定款で定めております。

 

 (注) 基準日が当事業年度に属する剰余金の配当は、以下のとおりであります。

 

決議年月日

配当金の総額(百万円)

1株当たり配当額(円)

2020年6月29日

取締役会決議

878

13.00

2021年2月18日

定時株主総会決議

878

13.00

 

 

 

4 【コーポレート・ガバナンスの状況等】

(1) 【コーポレート・ガバナンスの概要】

① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

ステークホルダーの信頼を確保し、持続的に企業価値を高めるため、コーポレート・ガバナンスの充実は、重要な経営課題のひとつと認識しております。

当社は、激しい経営環境の変化に迅速に対応し、企業価値を向上させ成長するため、企業体質の強化、経営効率の向上を図り、かつ、監査・統制機能の強化に取り組み、経営の迅速性、健全性、透明性を確保し、コーポレート・ガバナンスを充実させてまいりたいと考えております。

 

② 企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由

当社は、コーポレート・ガバナンス体制のより一層の強化を図り、さらなる企業価値向上に取り組むため、2020年2月19日開催の第75期定時株主総会の決議により、監査等委員会設置会社に移行いたしました。

a. 取締役会

取締役会は提出日現在において取締役(監査等委員である取締役を除く。)10名、監査等委員である取締役3名の取締役13名(うち5名を社外取締役)で構成しており、原則として月1回開催し、法令で定められた事項や経営の基本方針及び中長期的経営戦略など経営に関する重要事項について審議・決定するとともに、業務執行状況の報告及び監督を行っております。また、取締役会の業務執行決定権限の一部を取締役に委任するとともに、監査等委員会設置会社への移行とあわせて執行役員制度の見直しを行い、業務執行と監督機能の分離をより推進し、さらなる意思決定及び業務執行の迅速化を図っております。

b. 経営会議

経営会議を原則として週1回開催しており、執行役員のうち社長及び各本部長を中心に構成し、取締役会が決定した経営の基本方針に基づく執行方針に関する事項、業務執行取締役への委任事項やその他の重要事項について審議・決定を行い、迅速な経営活動を推進しております。

c. 監査等委員会

監査等委員会は提出日現在において3名(うち2名を社外取締役)で構成しております。また、財務・会計に関する知見を有する監査等委員を選任するとともに、常勤の監査等委員を設置することで必要な情報の収集力強化を行うなど監査の実効性向上を図っております。監査等委員会は原則として月1回開催し、監査方針・監査計画の決定、職務の執行状況の報告を行うとともに、常勤の監査等委員は経営会議などの重要な会議にも出席し、監査等委員会等を通じて監査等委員間での情報共有を図っており、経営に対する監視の強化に努めております。また、内部監査部門から報告を受けるとともに必要に応じて指示を行うなど連携を強化し、監査等委員会の機能強化も図っております。

d. 指名・報酬委員会

取締役等の指名及び報酬に関して、独立社外取締役の適切な関与・助言を得ることで、取締役会の機能の独立性・客観性と説明責任を強化することを目的に、指名・報酬委員会を設置しております。

 

 

機関ごとの構成は次のとおりであります。(◎:議長または委員長)

役職名

氏名

取締役会

監査等委員会

指名・報酬委員会

経営会議

代表取締役社長 執行役員

市川 典男

 

取締役 執行役員

松本 龍範

 

 

取締役 執行役員

宮越 芳彦

 

 

取締役 執行役員

真田  修

 

 

取締役 執行役員

造田 英治

 

 

取締役 執行役員

宇和 政男

 

 

取締役

治京 宏明

 

 

 

社外取締役

髙岸 直樹

 

 

社外取締役

伊住 弘美

 

 

 

社外取締役

鳥井 信吾

 

 

取締役 常勤監査等委員

平井 義嗣

 

社外取締役 監査等委員

塩野 香苗

 

 

社外取締役 監査等委員

宇都宮 一志

 

 

 

 

③ 企業統治に関するその他の事項
a. 内部統制システムの整備の状況

当社は、取締役会において中期経営計画を策定し、それに基づく各年度計画に従い当社及び子会社が具体的な年度目標や予算を設定するとともに月次、四半期業績管理を定期的、日常的に実施しております。また、原則的に週1回開催される経営会議において、当社及び当社グループ全体における諸重要案件の審議・決定を行い、早期解決、実施を図っております。この経営会議には常勤の監査等委員も毎回出席し、取締役、執行役員の職務執行を監視できる体制となっております。

情報管理体制につきましては、各種情報の記録や保存に関しては、社内規程に基づき、適切に保存及び管理をしております。また、情報セキュリティに係る規程を制定し、情報セキュリティの管理体制を明確化するとともに、情報セキュリティを向上させるための施策を推進しております。なお、2019年12月に発生しました個人情報の流出事件を受けて、さらなるセキュリティ対策の強化を図っております。

コンプライアンス体制につきましては、コンプライアンス規程を制定し、コンプライアンス委員会を設置するとともに、内部通報制度の導入や一人ひとりが心がけるべき規範が含まれる「CSR基本方針」を制定するなど全役職員への教育啓蒙活動を実施しており、当社グループ全体のコンプライアンス体制の構築及び維持・向上を推進しております。また、財務報告の信頼性を確保するため、内部統制委員会を中心に財務報告に係る内部統制を構築し、その体制の整備・運用状況を定期的に評価するとともに、維持・改善に努めております。また、CSR推進委員会を設置し、コンプライアンス、リスク管理、内部統制の各委員会の活動を統括するとともにより一層の推進を図っております。

反社会的勢力への対応については人事総務部を対応統括部署とし、平素から警察・顧問弁護士及び関連団体等の外部専門機関と緊密な連携を図りつつ、反社会的勢力に関する情報収集を行うとともに、入手した情報を対応統括部署において管理しております。また、新規取引時の審査や取引基本契約書への反社条項の導入を行うとともに、対応マニュアルを整備し、その実態や対応策について意識の徹底を図っております。

 

 

b. リスク管理体制の整備の状況

リスク管理体制の強化を目指し、リスク管理基本規程を制定するとともにリスク管理委員会を設置して、当社グループにおける様々な事業運営上のリスクについて、想定されるリスクの洗い出しとその評価、対応について整理、検討し、関係部署及びグループ会社間で情報の共有化を行うとともに必要に応じて助言を行っております。また、リスク管理基本規程の下位規程として危機管理基本規程を制定するとともに、万一危機が顕在化した場合には、対応マニュアルに基づき、迅速かつ組織的な対応を行い、損害を最小限に抑える体制を整えております。

 

c. 提出会社の子会社の業務の適正を確保するための体制整備の状況

子会社に関しては、各会社の自主性を尊重しつつ、当社グループ全体の適正かつ効率的な経営のため、各会社の状況に応じて内部統制システムの整備を行い、当社グループ全体の業務の適正確保に努めております。

また、子会社の業績・財務状況、その他の重要事項については、取締役会等の所定の機関に対して報告を行うこととするとともに、当社との協議事項、承認事項、報告事項等を定めた子会社管理に関する規程を設け、情報の共有化を図っております。

 

d. 責任限定契約の内容の概要

当社と社外取締役は、会社法第427条第1項の規定に基づき、同法第423条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任の限度額は法令が規定する額としております。なお、当該責任限定が認められるのは、当該社外取締役が責任の原因となった職務の遂行において善意かつ重大な過失がない時に限られます。

 

コーポレート・ガバナンス体制の模式図は次のとおりであります。

 

 


 

e. 取締役の定数

当社は、取締役(監査等委員である取締役を除く。)は10名以内、監査等委員である取締役は5名以内とする旨を定款に定めております。

 

f. 取締役の選任の決議要件

当社は、取締役の選任決議は、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨、累積投票によらないものとする旨を定款に定めております。

 

g. 自己株式取得の決定機関

当社は、機動的な資本政策の遂行を可能とするため、会社法第165条第2項の規定に基づき、取締役会の決議をもって市場取引等により自己の株式を取得することができる旨を定款に定めております。

 

h. 中間配当の決定機関

当社は、株主への機動的な利益還元を行うため、会社法第454条第5項の規定に基づき、毎年5月20日を基準日として、取締役会の決議をもって中間配当を行うことができる旨を定款に定めております。

 

i. 株主総会の特別決議要件

当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、株主総会の円滑な運営を目的として、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款に定めております。

 

j. 取締役の責任免除

当社は、職務を行うにあたっての責任を合理的な範囲にとどめることにより、期待される役割を適切に遂行することができるよう、会社法第426条第1項の規定により、取締役会の決議をもって、同法第423条第1項の取締役(取締役であったものを含む。)及び監査役であったものの損害賠償責任を、法令の定める限度額の範囲内で免除することができる旨を定款に定めております。

 

 

(2) 【役員の状況】

①役員一覧

男性11名 女性2名(役員のうち女性の比率15.4%)

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期</