EDINET閲覧(提出)サイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)をもとに上場企業サーチ作成

本ページはEDINETに提出された開示情報を上場企業サーチが加工/編集したものであり、記載された情報の正確性および完全性について上場企業サーチは一切の保証を行いません。本ページの情報を利用する際は自己の責任で判断頂き、意思決定に際しては適宜EDINETや提出会社が公開するオリジナルを参照する様にしてください。本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

【表紙】

 

【提出書類】

有価証券報告書

【根拠条文】

金融商品取引法第24条第1項

【提出先】

関東財務局長

【提出日】

令和2年9月28日

【事業年度】

第66期(自 令和元年7月1日 至 令和2年6月30日)

【会社名】

アトムリビンテック株式会社

【英訳名】

ATOM LIVIN TECH Co.,Ltd.

【代表者の役職氏名】

代表取締役社長  髙橋 快一郎

【本店の所在の場所】

東京都台東区入谷一丁目27番4号

【電話番号】

03(3876)0607

【事務連絡者氏名】

執行役員管理部長  森辻 英樹

【最寄りの連絡場所】

東京都台東区入谷一丁目27番4号

【電話番号】

03(3876)0607

【事務連絡者氏名】

執行役員管理部長  森辻 英樹

【縦覧に供する場所】

株式会社東京証券取引所

(東京都中央区日本橋兜町2番1号)

 

E02920 34260 アトムリビンテック株式会社 ATOM LIVIN TECH Co.,Ltd. 企業内容等の開示に関する内閣府令 第三号様式 Japan GAAP false CTE 2019-07-01 2020-06-30 FY 2020-06-30 2018-07-01 2019-06-30 2019-06-30 1 false false false E02920-000 2020-06-30 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E02920-000 2020-09-28 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E02920-000 2019-07-01 2020-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E02920-000 2019-07-01 2020-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E02920-000 2019-07-01 2020-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ReserveForReductionEntryOfLandMember E02920-000 2019-07-01 2020-06-30 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02920-000 2019-07-01 2020-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E02920-000 2019-07-01 2020-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E02920-000 2019-07-01 2020-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E02920-000 2019-07-01 2020-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E02920-000 2018-07-01 2019-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E02920-000 2018-07-01 2019-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E02920-000 2018-07-01 2019-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E02920-000 2018-07-01 2019-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E02920-000 2018-07-01 2019-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:GeneralReserveMember E02920-000 2018-07-01 2019-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E02920-000 2020-06-30 jpcrp_cor:No1MajorShareholdersMember E02920-000 2020-06-30 jpcrp_cor:No2MajorShareholdersMember E02920-000 2020-06-30 jpcrp_cor:No3MajorShareholdersMember E02920-000 2020-06-30 jpcrp_cor:No4MajorShareholdersMember E02920-000 2020-06-30 jpcrp_cor:No5MajorShareholdersMember E02920-000 2020-06-30 jpcrp_cor:No6MajorShareholdersMember E02920-000 2020-06-30 jpcrp_cor:No7MajorShareholdersMember E02920-000 2020-06-30 jpcrp_cor:No8MajorShareholdersMember E02920-000 2020-06-30 jpcrp_cor:No9MajorShareholdersMember E02920-000 2020-06-30 jpcrp_cor:No10MajorShareholdersMember E02920-000 2020-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02920-000 2019-07-01 2020-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02920-000 2018-06-30 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02920-000 2018-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E02920-000 2018-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E02920-000 2018-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E02920-000 2018-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ReserveForReductionEntryOfLandMember E02920-000 2018-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:GeneralReserveMember E02920-000 2018-07-01 2019-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ReserveForReductionEntryOfLandMember E02920-000 2020-09-28 jpcrp_cor:Row5Member E02920-000 2019-07-01 2020-06-30 jpcrp030000-asr_E02920-000:DirectorsMember E02920-000 2020-09-28 E02920-000 2020-06-30 E02920-000 2019-07-01 2020-06-30 E02920-000 2019-06-30 E02920-000 2018-07-01 2019-06-30 E02920-000 2019-07-01 2020-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E02920-000 2018-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E02920-000 2018-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E02920-000 2018-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E02920-000 2018-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E02920-000 2018-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E02920-000 2018-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E02920-000 2019-07-01 2020-06-30 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02920-000 2020-06-30 jpcrp_cor:SharesWithFullVotingRightsOtherMember E02920-000 2020-06-30 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsOtherMember E02920-000 2020-06-30 jpcrp_cor:SharesLessThanOneUnitMember E02920-000 2020-06-30 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesLessThanOneUnitMember E02920-000 2020-06-30 jpcrp_cor:Row1Member E02920-000 2019-07-01 2020-06-30 jpcrp_cor:CorporateAuditorsExcludingOutsideCorporateAuditorsMember E02920-000 2019-07-01 2020-06-30 jpcrp_cor:OutsideDirectorsAndOtherOfficersMember E02920-000 2020-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E02920-000 2020-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E02920-000 2020-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E02920-000 2020-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ReserveForReductionEntryOfLandMember E02920-000 2020-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:GeneralReserveMember E02920-000 2019-07-01 2020-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E02920-000 2020-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E02920-000 2020-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E02920-000 2020-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E02920-000 2020-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E02920-000 2019-07-01 2020-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E02920-000 2019-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02920-000 2018-07-01 2019-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02920-000 2018-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02920-000 2017-07-01 2018-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02920-000 2017-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02920-000 2016-07-01 2017-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02920-000 2016-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02920-000 2015-07-01 2016-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02920-000 2020-06-30 jpcrp_cor:SharesWithNoVotingRightsMember E02920-000 2020-06-30 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsTreasurySharesEtcMember E02920-000 2020-06-30 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsOtherMember E02920-000 2020-06-30 jpcrp_cor:SharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E02920-000 2020-06-30 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E02920-000 2020-06-30 jpcrp_cor:Row5Member E02920-000 2020-06-30 jpcrp_cor:Row6Member E02920-000 2020-09-28 jpcrp030000-asr_E02920-000:SyunYamaguchiMember E02920-000 2020-09-28 jpcrp030000-asr_E02920-000:MasahikoIkeiMember E02920-000 2019-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E02920-000 2019-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ReserveForReductionEntryOfLandMember E02920-000 2019-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:GeneralReserveMember E02920-000 2019-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E02920-000 2019-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E02920-000 2019-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E02920-000 2019-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E02920-000 2019-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E02920-000 2019-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E02920-000 2020-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E02920-000 2020-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E02920-000 2020-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E02920-000 2020-06-30 jpcrp_cor:Row2Member E02920-000 2020-06-30 jpcrp_cor:Row3Member E02920-000 2020-06-30 jpcrp_cor:Row4Member E02920-000 2019-06-30 jpcrp_cor:Row1Member E02920-000 2019-06-30 jpcrp_cor:Row2Member E02920-000 2019-06-30 jpcrp_cor:Row5Member E02920-000 2019-06-30 jpcrp_cor:Row6Member E02920-000 2018-07-01 2019-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E02920-000 2018-07-01 2019-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E02920-000 2018-07-01 2019-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E02920-000 2018-07-01 2019-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E02920-000 2019-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E02920-000 2019-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E02920-000 2019-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E02920-000 2018-07-01 2019-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E02920-000 2019-06-30 jpcrp_cor:Row3Member E02920-000 2019-06-30 jpcrp_cor:Row4Member E02920-000 2020-09-28 jpcrp_cor:Row1Member E02920-000 2020-09-28 jpcrp_cor:Row2Member E02920-000 2020-09-28 jpcrp_cor:Row3Member E02920-000 2020-09-28 jpcrp_cor:Row4Member E02920-000 2020-09-28 jpcrp030000-asr_E02920-000:RyouichiTakahashiMember E02920-000 2020-09-28 jpcrp030000-asr_E02920-000:KaiichirouTakahashiMember E02920-000 2020-09-28 jpcrp030000-asr_E02920-000:HidemitsuSuzukiMember E02920-000 2020-09-28 jpcrp030000-asr_E02920-000:TomoyasuItouMember E02920-000 2020-09-28 jpcrp030000-asr_E02920-000:YutakaKanekoMember E02920-000 2020-09-28 jpcrp030000-asr_E02920-000:YouichiKoshimizuMember E02920-000 2020-09-28 jpcrp030000-asr_E02920-000:YoshikiTakashimaMember xbrli:pure iso4217:JPY iso4217:JPY xbrli:shares xbrli:shares

第一部【企業情報】

第1【企業の概況】

1【主要な経営指標等の推移】

回次

第62期

第63期

第64期

第65期

第66期

決算年月

平成28年6月

平成29年6月

平成30年6月

令和元年6月

令和2年6月

売上高

(千円)

9,913,841

10,532,090

10,483,546

10,589,833

10,394,001

経常利益

(千円)

369,382

592,424

656,031

687,135

706,141

当期純利益

(千円)

244,307

382,357

446,906

434,605

482,770

持分法を適用した場合の

投資利益

(千円)

資本金

(千円)

300,745

300,745

300,745

300,745

300,745

発行済株式総数

(千株)

4,105

4,105

4,105

4,105

4,105

純資産額

(千円)

8,006,325

8,283,478

8,622,712

8,910,882

9,242,271

総資産額

(千円)

9,331,136

11,250,461

11,613,680

11,971,789

12,021,808

1株当たり純資産額

(円)

2,006.66

2,076.12

2,161.16

2,233.40

2,316.46

1株当たり配当額

(円)

25.00

30.00

30.00

35.00

35.00

(うち1株当たり中間配当額)

(12.50)

(15.00)

(15.00)

(17.50)

(17.50)

1株当たり当期純利益

(円)

61.23

95.83

112.01

108.93

121.00

潜在株式調整後1株当たり

当期純利益

(円)

自己資本比率

(%)

85.8

73.6

74.2

74.4

76.9

自己資本利益率

(%)

3.08

4.69

5.29

4.96

5.32

株価収益率

(倍)

14.63

10.94

10.70

12.90

11.41

配当性向

(%)

40.83

31.31

26.78

32.13

28.93

営業活動による

キャッシュ・フロー

(千円)

571,733

2,261,534

677,589

927,805

626,984

投資活動による

キャッシュ・フロー

(千円)

33,618

451,604

542,591

490,396

689,426

財務活動による

キャッシュ・フロー

(千円)

90,029

109,640

119,815

129,751

139,623

現金及び現金同等物の

期末残高

(千円)

2,634,751

4,335,045

4,350,228

4,657,816

4,455,677

従業員数

(人)

113

119

124

124

123

(外、平均臨時雇用者数)

(27)

(25)

(20)

(18)

(18)

株主総利回り

(%)

93.3

111.8

130.0

154.5

155.6

(比較指標:配当込みTOPIX)

(%)

(78.0)

(103.2)

(113.2)

(103.8)

(107.1)

最高株価

(円)

1,012

1,268

1,286

1,580

1,578

最低株価

(円)

764

906

1,002

1,110

1,166

(注)1.当社は連結財務諸表を作成しておりませんので、連結会計年度に係る主要な経営指標等の推移については記載しておりません。

2.売上高には消費税等は含まれておりません。

3.持分法を適用した場合の投資利益については、重要性が乏しい非連結子会社のみであるため省略しております。

4.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

5.第65期の1株当たり配当額35円には、創業115周年記念配当2円50銭及びアトムブランド誕生65周年記念配当2円50銭を含んでおります。

6.第66期の1株当たり配当額35円には、法人改組65周年記念配当2円50銭を含んでおります。

7.当事業年度より、キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲を変更し、主要な経営指標等について遡及処理後の数値を記載しております。

8.最高株価及び最低株価は東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)におけるものであります。

 

2【沿革】

 当社は、明治36年に現社長の曾祖父髙橋良助が、東京市下谷区入谷町に於いて家具金物の製造業を創業したことに始まります。その後、大正5年に高橋良助商店と称し製造販売を行い、昭和22年4月に有限会社高橋製作所に改組、昭和29年1月に商標としてアトムマーク(0101010_001.png)を制定、昭和29年10月に株式会社に改組し、高橋金物株式会社(現アトムリビンテック株式会社)を設立いたしました。

 当社設立以後の主な沿革は、次のとおりであります。

年月

事項

昭和29年10月

家具金物・建築用金物の企画・開発及び販売を目的として、東京都台東区に資本金100万円で高橋金物株式会社を設立

昭和37年4月

業務拡張に伴い埼玉県北葛飾郡八潮町に八潮営業所兼倉庫を開設、地方発送及び入荷業務を本社より移管(昭和45年5月花畑集配センターに移転)

昭和40年2月

建築金物部門を設置

昭和40年4月

商品企画開発の向上を目的として、開発研究室を設置(昭和62年1月開発部に統合)

昭和41年9月

群馬県前橋市に前橋営業所を開設

昭和45年5月

八潮営業所の業務を移管するとともに出荷業務の集約化を図るため、東京都足立区に花畑集配センターを開設(昭和63年8月ATOM C/Dセンターに移転)

昭和46年3月

スライド蝶番を国産化し、110°スライド蝶番スタンダード型を発売

昭和47年11月

広島県広島市の広島連絡所を広島営業所に昇格

昭和50年1月

北海道旭川市に旭川営業所を開設

昭和54年9月

上吊式折戸・引戸システム金具を開発・発売

昭和54年10月

山梨県中巨摩郡竜王町の甲府駐在所を甲府営業所に昇格

昭和55年1月

東京都港区にショップ&ショールーム「亜吐夢金物館」を開設

昭和56年9月

特需部門を設置

昭和56年10月

販売企画室を設置(昭和62年1月開発部に統合)

昭和60年9月

第1回個展「住まいづくりとATOMとの出逢い展」を開催(以後、継続して毎年開催)

昭和60年10月

アトムベーシックシリーズの戸当り2種が「グッドデザイン中小企業商品賞」を受賞

昭和62年1月

開発研究室、販売企画室を統合し、新たに開発部を設置

昭和62年9月

アトムの商標を新マーク(0101010_002.png)に変更し、「住まいの飾り職人」を標榜

昭和63年4月

新総合カタログ「ATOM DATA LINE」を発刊(以後、継続して発行)

昭和63年8月

品質管理・試験研究業務及び集配業務の拡充を目的とし、埼玉県草加市に総合業務センターとして「ATOM C/Dセンター」を開設、試験設備・仕入部・花畑集配センターの業務を移管・集約化

平成3年9月

大阪府吹田市に大阪事業所&ショールーム「ATOM住まいの金物ギャラリー大阪」を開設

平成5年1月

特品部門を設置

平成5年6月

業務拡大にともない本社屋を全面改装

平成6年7月

兵庫県神戸市中央区の神戸ハーバーランド内「HDC神戸」3階にショールーム「ATOM住まいの金物ギャラリーHDC神戸」を開設

平成8年4月

営業本部、商品本部を設置するとともに、仕入部業務を商品部へ移管

 

 

年月

事項

平成8年6月

販売5部を設置

平成8年12月

東京都足立区に福利厚生施設「ATOMコミュニティセンター」並びに「社員寮」を建設

平成8年12月

経営企画室を設置

平成11年7月

販売5部門を販売3部門に統合

平成12年6月

商号をアトムリビンテック株式会社に変更

平成12年9月

日本証券業協会に店頭売買有価証券として新規登録

平成14年2月

甲府営業所の業務を本社に移管統合

平成14年6月

ショールーム「ATOM住まいの金物ギャラリーHDC神戸」の業務を大阪事業所に移管統合

平成14年9月

ショップ&ショールーム「亜吐夢金物館」内にCS工房を開設

平成15年9月

旭川営業所の業務を本社に移管統合

平成15年10月

当社の品質マネジメントシステムがISO9001:2000の認証を取得

(登録対象:本社及び全ての拠点)

平成16年7月

オンデマンド事業部を設置

平成16年12月

日本証券業協会への店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場

平成17年7月

北海道札幌市に札幌営業所を開設

平成18年8月

当社の環境マネジメントシステムがISO14001:2004の認証を取得

(登録対象:本社及び全ての拠点)

平成18年12月

中国上海市に「上海阿童木建材商貿有限公司」を設立

平成19年1月

東京都港区にショールーム「アトムCSタワー」を建設

平成22年4月

ジャスダック証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、大阪証券取引所JASDAQに上場

平成24年7月

オンデマンド事業部をアーバンスタイル事業部に名称変更

平成25年7月

東京証券取引所と大阪証券取引所の現物市場の統合に伴い、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に上場

平成27年7月

ベトナムホーチミン市に駐在員事務所を開設

平成29年5月

ベトナムホーチミン市に「ATOM LIVIN TECH VIETNAM COMPANY LIMITED」を設立

令和元年10月

「広島営業所・C/Dセンター」を建設並びに移転

 

3【事業の内容】

 当社は建築金物・家具金物を主体とした内装金物全般の企画・開発・販売を「ATOM」ブランドの下、国内全域のハウスメーカー・住宅設備機器メーカー・建材メーカーならびに建築金物店等を販売先とする、ファブレス(工場を持たない)メーカーとして事業活動を展開しております。

 

 事業の系統図は、次のとおりであります。

 

0101010_003.png

 

※上記系統図以外に、当社全額出資による子会社(非連結)として、中国に「上海阿童木建材商貿有限公司」、
ベトナムに「ATOM LIVIN TECH VIETNAM COMPANY LIMITED」を設立しています。
当該2社は、海外協力工場の開拓、現地販売ならびに日本国内への商品供給の拡大を目的としております。

 

4【関係会社の状況】

その他の関係会社

名称

住所

資本金

(千円)

主要な事業の内容

議決権の

被所有割合(%)

関係内容

高橋不動産㈱

東京都台東区

65,000

不動産賃貸業

直接22.2

不動産の賃借

役員の兼任 2名

 

5【従業員の状況】

(1)提出会社の状況

 

 

 

 

令和2年6月30日現在

従業員数(人)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(千円)

123

18

40.6

15.2

6,467

(注)1.平均年間給与は令和元年7月から令和2年6月までの年間給与支払額及び賞与支払額の平均であります。

2.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数(嘱託5名、パート13名)は、年間の平均人員を( )外数で記載しております。

3.当社は、単一セグメントであるため、セグメントごとの従業員数は記載しておりません。

 

(2)労働組合の状況

 労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しております。

 

第2【事業の状況】

1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

文中の将来に関する事項は、当事業年度末現在において当社が判断したものであります。

 

(1)会社の経営の基本方針

 当社は、明治36年に創業し、昭和29年10月、その前身(有)高橋製作所を改組設立して以来、江戸指物金具の職人

  カザリ

( 錺 職)であった創業者の言「独り歩きのできる商品を提供すべき」との教えに基づく企業理念「より良い金物を

自ら考え、自ら普及させて行く」を掲げ、併せて「創意・誠実・進取」の精神を社是として、企画・開発・販売を兼ねるファブレス(工場を持たない)メーカーを標榜しつつ企業規模の拡充強化を図り、新しい時代に即した事業展開を積極的に進めております。

 この間、伝統的に別分野として区別されていた「家具金物」と「建具金物」とを融合させた「内装金物(住まいの金物)」の分野を新たに創造しつつ、順次、家具業界から建具業界・住宅設備機器業界・住宅業界へと販路を拡大するとともに、常に先駆的な商品の企画開発に努め、今日では取扱商品の80%以上を自社商品で占めるという独自の業態を形成するに至っております。

 また、東京「アトムCSタワー」を始め大阪・札幌に常設ショールームを開設し、更にはコロナ禍の下2020年4月「春の新作発表会」、同10月の「秋の内覧会」の開催は中止といたしましたが、収束後は引き続き個展を定期的に開催するとともに、総合カタログを定期刊行するなど、幅広くステークホルダーとの情報交換に努める一方、常に物流の近代化・合理化に力を注ぎ、独自のコンピューターネットワークを構築して商品の安定供給に努力して参りました。

 当社といたしましては、今後とも新たな時代の要請に応えつつ、永続的に「より良い金物を自ら考え、自ら普及させて行く」との理念を全うし、住まいの金物の進化と発展に寄与するとともに、住生活を通して、広く社会に貢献して参りたいと考えております。

 

(2)目標とする経営指標

 当社では、売上高と営業利益・経常利益を当社の成長を示す経営指標として位置付けております。また、財務基盤強化の観点から自己資本比率を重視しております。

 

(3)経営環境

 当社の関連する住宅市場におきましては、政府による大規模な経済対策や、継続した住宅取得支援政策などに支えられ、市場の活性化が期待される一方で、未だ新型コロナウイルス感染症の縮小・拡大の動向、ならびに収束時期の見通しが立たないため、消費者心理の冷え込みが長引き、景気の下押し圧力が働くことが強く懸念され、新設住宅着工戸数の動向については、感染症の収束に加えて、所得環境及び消費性向のより一層明確な改善が伴わなければ、顕著な回復には至らない状況にあるものと思われます。

 

 

(4)中長期的な会社の経営戦略ならびに優先的に対処すべき課題

 当社は、事業環境に左右されない経営基盤の確立をキーワードに、変動する経営環境下においても安定成長を可能とする市場優位性の維持と収益力の強化に向けて、<商品戦略>・<市場戦略>・<情報システム戦略>を策定し、更には<環境方針>を制定して、これらを実行することで、既存事業と新規事業の有機的結合による21世紀型ビジネスモデル、すなわち環境に配慮した「住空間創造企業」の構築を目指しております。なお、上記3つの戦略と環境方針における主な重点施策は以下の通りです。

 

① <商品戦略>におきましては、数多あるアトムオリジナル商品の再構成に着手し、シリーズ商品の集約化を図るなど顧客利便性の向上に努め、併せて居住空間のトータルデザイン化を目指して、更なる販路拡大ならびに新たな戦略的商品開発(裾野の広い商品群の開発)を全社一丸となり推進して参ります。更にリフォーム市場への対応を強化し、高齢化社会及び価値観の多様化などの社会的要請に対応する「バリアフリー・快適性・安全性・利便性・汎用性」等々を有する、ソフトクローズ関連商品を始めとする快適提案品シリーズや、様々な引戸の納まりに展開が可能なマルチソフトクローザーシリーズの拡充を図るとともに、消費者生活の質的向上に寄与するため、環境負荷が小さく、かつ安全性に配慮した抗ウイルス商品への取り組みに着手するなど、「繊細なものづくりの精神」を反映させた商品開発を推進して参ります。

 

② <市場戦略>におきましては、ATOMダイレクトショップの情報発信機能を活用するとともに、設計事務所・工務店など、実際に製品をお使いいただくエンドユーザーのニーズや声を反映させるマーケティング機能をも有効に活用し、住まいに関わる新たな商材を開拓・投入して一層の充実を図るとともに、ISO9001及びISO14001の認証取得企業として、品質と環境に配慮した商品開発を継続しつつ、「アトムCSタワー」を主軸とした新分野・異分野への展開を積極的かつ持続的に推進して参ります。

 また、市場のニーズに応える機能商品の構造が複雑化する中、その商品情報をあまねく市場に効果的に浸透させるために、これまでに培ってきたお客様との信頼関係を守りつつも、金物卸売業界の流通ルートの整備を進め、提案型の営業活動を積極的に推進して参ります。

 加えて、今後の成長が期待される東南アジアに設立した、当社全額出資の子会社「ATOM LIVIN TECH VIETNAM COMPANY LIMITED(ホーチミン市)」においては、海外協力工場の開拓、現地販売ならびに日本国内への商品供給の拡大に注力し、所期の目的を果たして参る所存であります。

 

③ <情報システム戦略>におきましては、金物業界のIT化における企業モデルの構築を目指して、大幅にバージョンアップした戦略的経営統合システムの活用を推進するとともに、前項の市場戦略に基づき、ATOMダイレクトショップにおける商品アイテムの拡充を始め、販促ツールの一環として、機能商品における正しい施工方法や取り付け手順、金物の調整方法などが建築現場でも確認できる利便性を高めたコンテンツ動画の充実を図るなど、インターネットを最大限に活用した事業展開を強化して参ります。

 

④ <環境方針>におきましては、持続可能な社会の実現に向けた環境保全活動への取り組みとして、ISO14001(2006年8月認証取得)に則り、設計の基本段階から有害物質を排除するといった、エコロジーとエコノミーを同化させた事業活動を継続しつつ、更に2011年4月には「環境方針」を制定し、全社員が環境保全、及び汚染の予防を推進することが最重要課題の一つであることを十分に理解・認識のうえ、内装金物の設計・製造管理・販売を通して、人や社会、自然や地球にやさしい、環境に配慮した企業を目指しております。

 

 また、当面する住宅関連市場の不透明な事業環境の下ながらも、当社は、時代の変化に即応し得る柔軟かつ機動的な新しいフレームワークの構築が必須であるとの判断に基づき、商品開発と販売・購買体制の拡充強化はもとより、経営体制の高度化による業務運用全般の品質向上を目指しており、すべからく企業活動の更なる活性化を図り、内装金物分野におけるリーディングカンパニーとしてのポジションをより確固たるものにすることこそが、当社の果たすべき責務と考え、引き続き安定的な収益体質を維持向上させて行くことと併せて、ユーザビリティーが高い商品の提供を通して、社会の発展に貢献して参る所存です。

 

2【事業等のリスク】

 有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、経営者が提出会社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると認識している主要なリスクは、以下のとおりであります。

 なお、文中の将来に関する事項は、当事業年度末現在において当社が判断したものであります。

 

(住宅投資動向が当社の業績に及ぼす影響について)

 当社は、家具金物・建築金物・陳列金物など、住宅用内装金物全般の企画・開発・販売を行っており、主として当社が企画開発した商品をメーカーに製造委託し、「ATOM」ブランドで国内全域の家具メーカー、建築金物店、ハウスメーカー、住宅設備機器メーカー等に販売しております。

 住宅用内装金物は主として住宅新設時に使用されるため、当社の業績は新設住宅着工戸数の増減に影響されます。

 また、新設住宅着工戸数は、一般景気動向、金利動向、雇用情勢、地価動向、税制等の影響を受けるため、当社の業績もこれら外部要因に左右される可能性があります。

 

(新型コロナウイルス感染症について)

 当社は、新型コロナウイルス感染症について、関係者並びに社員の安全確保のため、不要不急の外出や面談・出張を差し控えるとともに、在宅勤務や時差通勤の励行等の感染症対策を講じた上で、業務継続が可能な範囲において、営業活動を継続しております。

 今後、新型コロナウイルス感染症の影響が長期化し、経済情勢が悪化した場合には、当社の業績に影響を及ぼす可能性があります。

 

3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

(1)業績等の概要

①業績

 当期におけるわが国経済は、政府の推進する積極的な経済対策や日銀の継続的な金融緩和政策の下、雇用・所得環境は緩やかな回復基調が期待されたものの、2019年10月の消費増税による消費者マインドの落ち込みに加え、世界経済を巡っては、安全保障問題を包含する米中貿易摩擦や、英国のEU離脱問題、また中東における地政学リスクの高まりなどが危惧され、更には新型コロナウイルス感染症の拡大に起因する社会的・経済的活動の抑制や、サプライチェーンの不安定化を背景に経済活動が世界的に停滞するなど、不確実な世界情勢に伴う国内外経済の下振れ懸念が大きく膨らみ、景気の先行きに対する不透明感が、急速に進行する極めて厳しい状況の下で推移いたしました。

 当社の関連する住宅市場におきましては、低水準にある住宅ローン金利や省エネ住宅への補助金制度など、政府による各種住宅取得支援政策が下支えしたものの、新設住宅着工戸数は昨年度に続いて貸家が大きく減少するとともに、持家ならびに分譲住宅も前年割れに転じるなど低調な推移を示し、併せて慢性的な人工不足による工事の遅延や人件費の上昇、更には建築資材及び物流費の高騰が続くなど、本格的な市場の回復には未だ至らない水準で推移いたしました。加えて、新型コロナウイルス感染症の影響を受け、住宅関連各社による一部資材の供給遅延や出荷停止、また建設現場では工事が中断されるなど、建設需要の不振が顕著に現れ、第4四半期以降は極めて厳しい経営環境が続きました。

 このような状況ながらも、当社は今期を中間年度とする「第10次中期経営計画(第65期~第67期)」において掲げた「自己改革を追究する企業風土の承継と発展」とのスローガンに従い、創業以来、積み重ねてきた現状に安住することなく「将来の発展を支えうる経営基盤の確立と進化」を基本方針として、持続的発展を可能にする原動力となるべき人材を確保し、世代交代による組織の若返りを進めて、全社的な連携を強化しつつ、組織をあげて次世代を担う経営基盤づくりと更なる進化を図って参りました。

 また、住宅産業における「企画開発型企業」として、当社の主力商品群に成長したソフトクローズ関連商品の拡充はもとより、あまた市場の要望に応えて、新技術ならびに新商品の開発に取り組み「内装金物(住まいの金物)の全般」に目を向けた幅広い商品開発と営業戦略の推進を心がけ、併せて販売費及び一般管理費の圧縮など、調整かつ管理可能な諸施策を講じて、経営環境の変動に左右されにくい社内体制と財務体質の構築を目指し、更には商品戦略、市場戦略、及び情報システム戦略に一層の前進を果たすべく、鋭意当面する各々の課題に取り組んで参りました。

 商品戦略につきましては、日々嵩じるお客様のご要望にきめ細かく対応し、より現場主義に徹した、柔軟で機動力のある商品開発を具現化すべく「営業設計グループ」を主軸に据え、先鋭的な次世代商品として自閉機能を付与した「半自動引戸ユニット」の商品化を実現して、高齢者向け市場の深耕を図るとともに、ソフトクローズ機構部単体のユニット化に成功し、様々な引戸の納まりに展開が可能な、汎用性の高い「マルチソフトクローザー」の第一弾となる「AFDシステム・戸袋納まり」を開発するなど、ソフトクローズの機能性と利便性の向上を実現しつつ、当社独自の機能を持った商品群の拡充と、市場への浸透に注力いたしました。

 一方、市場戦略につきましては、営業本部直轄の「販売促進グループ」において、当社商品の認知度向上と販路開拓を含む、積極的な営業支援活動を展開して参りました。なお、アトムCSタワーにおきましては、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を鑑み、2020年4月の「春の新作発表会」の開催を中止といたしましたが、収束後には各種の提案会等を速やかに開催できるよう、同2階の「空間提案」として位置付ける「LIVIN’ZONE」を住空間の有効活用をテーマとして一新したほか、同館4階には保育施設や介護施設などの室内をイメージした「非住宅部門」を対象とする多数の当社商品を組み入れたモデルルームを設置し、これら商品群の効用を実体験していただく場とするとともに、同館5階の展示スペースもまた拡張して豊富な品揃えとするなど、引き続き金物のみならず広くインテリアに関わる商品を用意してコロナ禍の収束後に備えて参りました。

 また、当社の情報発信基地としての性格を持つ同館では「KANAGUつなぐ 地域」伝統工芸支援プロジェクトのオンライン化の推進に努め、金物知識の普及を図る勉強会に代えて、オンライン上での問い合わせなどには積極的に対応しつつ、同所開設の本旨に則り、柔軟な事業展開を重ねて参りました。

 なお広島市内に新設した物流拠点「広島営業所・C/Dセンター」につきましては、西日本市場の強化と深刻化する運送コストや、自然災害によるリスク分散等を目的として2019年10月より稼働しており、引き続き供給体制の充実を図りつつ、顧客満足とサービスの維持・向上に取り組んでおります。

 

 更に情報システム戦略につきましては、当社の経営管理体制を支える「統合型業務ソフトウェア」の継続的なバージョンアップを実施し、営業・業務・現業の各部門とも、あまねく同システムを最大限に活用しつつ利便性の向上に努め、常に業務効率ならびに経営効率の一層の向上を図っております。

 加えて、当社の「ものづくり」を広く紹介するため、ホームページ内の「atom動画ぎゃらりー」におきましては、新たに「マルチソフトクローザー AFDシステム 戸袋納まり」の施工動画を追加配信するなど、当社の主力商品について単なる商品紹介に留まることなく、職人不足が顕著な建築現場においても、施工方法や手順、金物の調整方法などを明解に確認できる利便性を高めた動画コンテンツの拡充に努めました。

 このような経営全般にわたる諸施策を期中における内外況の変化に即応して推進して参りました結果、当期の売上高は10,394百万円(前期比1.8%減)、営業利益は680百万円(前期比2.4%増)、経常利益は706百万円(前期比2.8%増)、当期純利益は482百万円(前期比11.1%増)となりました。

 

②キャッシュ・フロー

 当事業年度における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前事業年度末に比べ202百万円減少し、当事業年度末では4,455百万円となりました。

 当事業年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は、次のとおりであります。

(営業活動によるキャッシュ・フロー)

 営業活動の結果得られた資金は626百万円(前年同期は927百万円の増加)となりました。

 主な資金増加要因は、税引前当期純利益705百万円、減価償却費195百万円、売上債権の減少額260百万円等によるものです。また主な資金減少要因は、仕入債務の減少額204百万円、法人税等の支払額231百万円等によるものです。

(投資活動によるキャッシュ・フロー)

 投資活動の結果、使用した資金は689百万円(前年同期は490百万円の減少)となりました。

 主な資金増加要因は、投資有価証券の償還による収入200百万円等によるものです。また主な資金減少要因は、商品開発の金型及び広島営業所・C/Dセンターを開設するための設備投資など有形固定資産の取得による支出249百万円、投資有価証券の取得による支出603百万円等によるものです。

(財務活動によるキャッシュ・フロー)

 財務活動の結果、使用した資金は139百万円(前年同期は129百万円の減少)となりました。

 これは配当金の支払額139百万円によるものです。

 

③仕入及び販売の実績

a.仕入実績

 当事業年度の仕入実績を品目別に示すと、次のとおりであります。

品目別

当事業年度

(自 令和元年7月1日

至 令和2年6月30日)

前期比(%)

折戸・引戸金物(千円)

5,372,387

△1.0

開戸金物(千円)

615,633

△8.9

引出・収納金物(千円)

695,287

△0.0

取手・引手(千円)

356,417

1.2

附帯金物(千円)

471,592

△5.9

合計(千円)

7,511,318

△1.8

(注)1.当社は、単一セグメントであるため、品目別に記載しております。

2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

 

 

b.販売実績

 当事業年度の販売実績を品目別に示すと、次のとおりであります。

品目別

当事業年度

(自 令和元年7月1日

至 令和2年6月30日)

前期比(%)

折戸・引戸金物(千円)

7,768,792

△1.0

開戸金物(千円)

761,569

△6.0

引出・収納金物(千円)

815,890

△2.9

取手・引手(千円)

421,905

△2.8

附帯金物(千円)

625,843

△4.5

合計(千円)

10,394,001

△1.8

(注)1.当社は、単一セグメントであるため、品目別に記載しております。

2.最近2事業年度の主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に対する割合は次のとおりであります。

相手先

前事業年度

(自  平成30年7月1日

至  令和元年6月30日)

当事業年度

(自  令和元年7月1日

至  令和2年6月30日)

金額(千円)

割合(%)

金額(千円)

割合(%)

株式会社ウッドワン

1,089,596

10.3

1,069,560

10.3

3.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

 

(2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

経営者の視点による当社の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりであります。

なお、文中の将来に関する事項は、当事業年度末現在において判断したものであります。

 

①財政状態及び経営成績の状況に関する認識及び分析・検討内容

a.財政状態の分析

 当事業年度末の資産総額は、12,021百万円となり、前事業年度末に比べ50百万円の増加となりました。主な内容は、現金及び預金が202百万円、売掛金が171百万円それぞれ減少しましたが、投資有価証券が389百万円、有形固定資産が51百万円それぞれ増加したこと等によるものです。

 負債につきましては、2,779百万円となり、前事業年度末に比べ281百万円の減少となりました。主な内容は、電子記録債務が118百万円、買掛金が137百万円それぞれ減少したこと等によるものです。

 純資産につきましては、9,242百万円となり、前事業年度末に比べ331百万円の増加となりました。主な内容は、配当金支払で139百万円減少しましたが、当期純利益で482百万円増加したこと等によるものです。

 

b.経営成績の分析

 当社の関連する住宅市場におきましては、新設住宅着工戸数は昨年度に続いて貸家が大きく減少するとともに、持家ならびに分譲住宅も前年割れに転じるなど低調な推移を示し、本格的な市場の回復には未だ至らない水準で推移いたしました。

 こうした市場環境のもと、当社におきましては、住宅産業における「企画開発型企業」として、当社の主力商品群に成長したソフトクローズ関連商品の拡充はもとより、「内装金物(住まいの金物)の全般」に目を向けた幅広い商品開発と営業戦略の推進を心がけて参りました結果、売上高は10,394百万円(前年同期に比べ195百万円の減少)となりました。

 利益面につきましては、ソフトクローズの機能性と利便性の向上を実現しつつ、当社独自の機能を持った商品群の拡充と、市場への浸透に注力して参りました結果、売上総利益率が向上し、着実に利益を確保することができたことに加え、販売費及び一般管理費の圧縮により、営業利益は680百万円(前年同期に比べ16百万円の増加)、経常利益は706百万円(前年同期に比べ19百万円の増加)、当期純利益は482百万円(前年同期に比べ48百万円の増加)となりました。

 

c.経営方針、経営戦略、経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等

 当社では、売上高と営業利益・経常利益を当社の成長を示す経営指標として位置付けています。また、財務基盤強化の観点から自己資本比率を重視しています。各指標は、次のとおりです。

指標

令和元年6月期

令和2年6月期

増減

売上高

10,589,833千円

10,394,001千円

△195,832千円減

営業利益

664,663千円

680,890千円

16,227千円増

経常利益

687,135千円

706,141千円

19,006千円増

自己資本比率

74.4%

76.9%

2.5ポイント増

 

d.セグメントごとの財政状態及び経営成績の状況に関する認識及び分析・検討内容

 当社は、住宅用内装金物事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。

 

キャッシュ・フローの状況の分析・検討内容並びに資本の財源及び資金の流動性に係る情報

 当事業年度のキャッシュ・フローの分析につきましては、「第2 事業の状況 3 経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析 (1)業績等の概要 ②キャッシュ・フロー」に記載のとおりであります。

 

 当社の運転資金需要のうち主なものは、商品の仕入、販売費及び一般管理費等の営業費用であります。また、投資を目的とした資金需要は、主に設備投資であります。

 運転資金及び設備投資資金につきましては、自己資金で賄っております。

 

③重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

 当社の財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成されております。この財務諸表の作成にあたって、資産、負債、収益及び費用の報告額に影響を及ぼす見積り及び仮定を用いておりますが、これらの見積り及び仮定に基づく数値は実際の結果と異なる可能性があります。

 財務諸表の作成にあたって用いた会計上の見積り及び仮定のうち、重要なものは「第5 経理の状況 1 財務諸表等 (1) 財務諸表 注記事項(重要な会計方針)」に記載のとおりであります。

 

4【経営上の重要な契約等】

 該当事項はありません。

 

5【研究開発活動】

 当事業年度における研究開発活動は、日々嵩じるお客様のご要望にきめ細かく対応し、より現場主義に徹した、柔軟で機動力のある商品開発を具現化すべく「営業設計グループ」を主軸に据え、ソフトクローズの機能性と利便性の向上を実現しつつ、当社独自の機能を持った商品群の拡充と、市場への浸透に注力いたしました。

 当事業年度における研究開発費は97百万円であります。

 

第3【設備の状況】

1【設備投資等の概要】

 当事業年度の主要な設備投資は、商品開発の金型取得及び令和元年10月21日より稼働を開始した「広島営業所・C/Dセンター」の建設費用などであり、投資総額は254百万円であります。

 なお、設備投資の金額には、無形固定資産への投資額を含めて記載しております。

 また、営業に重要な影響を及ぼすような設備の除却、売却等はありません。

 

2【主要な設備の状況】

 当社の主要な設備は、次のとおりであります。

令和2年6月30日現在

 

事業所名

(所在地)

設備の内容

帳簿価額

従業員数

(人)

建物

(千円)

工具器具

及び備品

(千円)

土地

(千円)

(面積㎡)

その他

(千円)

合計

(千円)

本社

(東京都台東区)

全社管理施設

販売設備

57,510

13,809

26,692

(63.20)

[126.38]

98,012

68

(3)

前橋営業所

ほか1営業所

販売設備

1,004

1,145

2,150

8

(3)

アトムCSタワー

(東京都港区)

販売設備

459,634

4,553

559,728

(243.19)

1,023,916

8

(1)

大阪事業所

(大阪府吹田市)

販売設備

35,489

1,480

19,241

(121.78)

390

56,602

8

広島営業所・C/Dセンター

(広島県広島市)

販売設備

販売在庫保管

配送設備

(施設)

328,982

8,049

133,517

(371.57)

6,396

476,946

8

(5)

配送センター

(埼玉県草加市)

販売在庫保管

配送設備

(施設)

115,201

15,961

284,080

(2,431.00)

4,361

419,605

22

(6)

箱根保養所

(神奈川県足柄下郡

 箱根町)

福利厚生施設

3,572

3,863

(90.07)

7,436

コミュニティセンター

(東京都足立区)

福利厚生施設

189,925

244

134,160

(978.70)

408

324,739

1

協力工場に対する

貸与金型

生産設備

73,571

73,571

(注)1.帳簿価額のうち「その他」は、構築物及び車両運搬具であります。

なお、金額には消費税等は含まれておりません。

2.土地及び建物の一部を賃借しております。年間賃借料は39,600千円であります。

なお、賃借している土地の面積は[ ]で外書しております。

3.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数(嘱託5名・パート13名)は、年間の平均人員を( )外数で記載しております。

4.現在休止中の主要な設備はありません。

5.当社は、単一セグメントであるため、セグメントに関連付けた記載は行っておりません。

 

3【設備の新設、除却等の計画】

該当事項はありません。

 

第4【提出会社の状況】

1【株式等の状況】

(1)【株式の総数等】

①【株式の総数】

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

15,420,000

15,420,000

 

②【発行済株式】

種類

事業年度末現在発行数(株)

(令和2年6月30日)

提出日現在発行数(株)

(令和2年9月28日)

上場金融商品取引所名

又は登録認可金融商品

取引業協会名

内容

普通株式

4,105,000

4,105,000

東京証券取引所

JASDAQ

(スタンダード)

単元株式数

100株

4,105,000

4,105,000

 

(2)【新株予約権等の状況】

①【ストックオプション制度の内容】

 該当事項はありません。

 

②【ライツプランの内容】

 該当事項はありません。

 

③【その他の新株予約権等の状況】

 該当事項はありません。

 

(3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

 該当事項はありません。

 

(4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

年月日

発行済株式

総数増減数

(千株)

発行済株式

総数残高

(千株)

資本金

増減額

(千円)

資本金

残高

(千円)

資本準備金

増減額

(千円)

資本準備金

残高

(千円)

平成12年9月5日

(注)

250

4,105

42,500

300,745

75,000

273,245

(注) 有償一般募集(ブックビルディング方式による募集)

発行価格  500円

資本組入額 170円

 

(5)【所有者別状況】

 

 

 

 

 

 

 

令和2年6月30日現在

区分

株式の状況(1単元の株式数100株)

単元未満株式の状況(株)

政府及び地方公共団体

金融機関

金融商品取引業者

その他

の法人

外国法人等

個人

その他

個人以外

個人

株主数(人)

1

6

20

17

599

643

所有株式数

(単元)

232

34

10,832

1,137

28,810

41,045

500

所有株式数

の割合(%)

0.57

0.08

26.39

2.77

70.19

100

(注) 自己株式115,180株は、「個人その他」に1,151単元及び「単元未満株式の状況」に80株を含めて記載しております。

 

(6)【大株主の状況】

 

 

 

令和2年6月30日現在

氏名又は名称

住所

所有株式数

(千株)

発行済株式(自己株式を除く。)の総数に対する所有株式数の割合(%)

高橋不動産株式会社

東京都台東区入谷1-27-4

885

22.19

髙橋 快一郎

東京都台東区

500

12.53

アトムリビンテック取引先持株会

東京都台東区入谷1-27-4

408

10.24

髙橋 良一

東京都台東区

290

7.26

アトムリビンテック従業員持株会

東京都台東区入谷1-27-4

250

6.26

髙橋 壽子

東京都台東区

157

3.93

大塚 李代

東京都台東区

88

2.22

磯川産業株式会社

東京都荒川区東日暮里2-11-5

81

2.04

岡崎 衛

千葉県柏市

74

1.87

櫻井金属工業株式会社

東京都荒川区荒川1-14-11

71

1.77

2,807

70.36

 

(7)【議決権の状況】

①【発行済株式】

 

 

 

 

令和2年6月30日現在

区分

株式数(株)

議決権の数(個)

内容

無議決権株式

 

議決権制限株式(自己株式等)

 

議決権制限株式(その他)

 

完全議決権株式(自己株式等)

普通株式

115,100

完全議決権株式(その他)

普通株式

3,989,400

39,894

単元未満株式

普通株式

500

発行済株式総数

 

4,105,000

総株主の議決権

 

39,894

(注)「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式80株が含まれております。

 

②【自己株式等】

 

 

 

 

令和2年6月30日現在

所有者の氏名又は名称

所有者の住所

自己名義

所有株式数

(株)

他人名義

所有株式数

(株)

所有株式数

の合計

(株)

発行済株式総数に対する所有株式数の割合

(%)

(自己保有株式)

アトムリビンテック株式会社

東京都台東区入谷

一丁目27番4号

115,100

115,100

2.80

115,100

115,100

2.80

 

2【自己株式の取得等の状況】

【株式の種類等】 普通株式

 

(1)【株主総会決議による取得の状況】

 該当事項はありません。

 

(2)【取締役会決議による取得の状況】

 該当事項はありません。

 

(3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

 該当事項はありません。

 

(4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

区分

当事業年度

当期間

株式数(株)

処分価額の総額

(円)

株式数(株)

処分価額の総額

(円)

引き受ける者の募集を行った取得自己株式

消却の処分を行った取得自己株式

合併、株式交換、会社分割に係る移転を

行った取得自己株式

その他(

保有自己株式数

115,180

115,180

(注) 当期間における保有自己株式には、令和2年9月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りによる株式数は含まれておりません。

 

3【配当政策】

 当社は、安定的な経営基盤の確保と株主資本利益率の向上に努めるとともに、株主の皆様に対する利益還元を最重要課題として位置付け、積極的な配当を行うことを基本方針に掲げており、第10次中期経営計画における年間配当金については、常に着実な株主還元を目指すべく「年間配当金は利益水準のいかんに関わらず、最低でも1株当たり30円を維持する」ものとしております。

 なお、配当回数につきましては、従来通り第2四半期末・期末の年間2回の配当を行ってまいります。

 これら配当の決定機関につきましては、期末配当は株主総会、中間配当は取締役会としております。

 当事業年度の配当金につきましては、上記方針ならびに業績を踏まえ、期末配当金を17円50銭(2円50銭増配)とし、中間配当金の1株当たり17円50銭(「法人改組65周年」記念配当2円50銭を含む)と合わせて、年間配当金を35円とさせていただくことを決定いたしました。

 なお、内部留保金につきましては、研究開発費や本社社屋の建て替え準備等の資金需要に充てる所存であります。

 当社は、「取締役会の決議により、毎年12月31日を基準日として、中間配当を行うことができる。」旨を定款に定めております。

 

(注) 基準日が当事業年度に属する剰余金の配当は、以下のとおりであります。

決議年月日

配当金の総額

(千円)

1株当たり配当額

(円)

令和2年1月30日

69,821

17.50

取締役会決議

令和2年9月25日

69,821

17.50

定時株主総会決議

 

 

4【コーポレート・ガバナンスの状況等】

(1)【コーポレート・ガバナンスの概要】

① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

 当社では、企業価値の最大化を実現するうえで、コーポレート・ガバナンスの確立は極めて重要な経営課題であると認識し、効率的かつ健全な企業活動を図るべく、組織の見直し・諸制度の整備等に取り組んでおります。

 

② 企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由

 当社は監査役制度を採用しております。提出日現在の役員構成は、取締役が6名、監査役は3名であり、監査役のうち2名が社外監査役であります。

 取締役会は、「(2)役員の状況 ①役員一覧」に記載している取締役及び監査役全員、並びに執行役員2名で構成されており、議長は代表取締役社長が務めております。取締役会は、経営の基本方針や法令で定められた事項、その他経営に関する重要な事項を決定する機関であるとともに、取締役の業務執行を監督する機関として、原則月1回開催するほか、必要に応じて臨時取締役会を開催し、迅速な意思決定機能の維持と機動的な経営判断を行っております。

 経営会議は、「(2)役員の状況 ①役員一覧」に記載している取締役及び監査役全員、並びに執行役員2名を含む各部門長で構成されており、議長は代表取締役社長が務めております。経営会議は、業務執行に係る重要事項の協議のため、原則月1回開催しております。ここでは、経営計画・組織体制・予実分析・財務状況・営業状況についての実務的な検討が行われており、迅速な意思決定の伝達に活かされております。

 監査役会は、「(2)役員の状況 ①役員一覧」に記載している監査役全員で構成されており、毎月の取締役会および経営会議に出席するとともに、部門監査の実施、重要書類の閲覧等により、会社の基本方針、経営計画、重要事項の決定および取締役の職務執行状況の監視機能を十分に発揮できる体制を整えております。また、会計監査人とも緊密な連携を保っており、監査の有効性及び効率を高めております。なお、議長は監査役会規程に則り選任された監査役が務めております。

 当社の機関及び内部統制図は以下のとおりであります。

 

0104010_001.png

 

 当社は社外取締役を選任しておりませんが監査役制度を導入しており、監査役は3名、そのうち社外監査役は2名(内1名は独立役員)を選任しております。監査役は毎月の取締役会および経営会議に出席するとともに、部門監査の実施、重要書類の閲覧等により、会社の基本方針、経営計画、重要事項の決定及び取締役の職務執行状況の監査機能を発揮できる体制を整えております。また、社外監査役による監査を実施しており、外部からの経営監視機能が十分に果たせる体制が整っているため、現状の体制をとっております。

 

③ 企業統治に関するその他の事項

イ.内部統制システムの整備の状況

 当社の内部統制システムといたしましては、各部門の業務執行が法令、社内規程等に違反することなく遂行されることを確保する内部監査部門(2名)を設置しております。

 また、監査役、内部監査部門および会計監査人との連携により、経営監視機能の強化を図るとともに、顧問弁護士と顧問契約を締結し必要に応じて客観的な経営に関する助言を戴く等健全な経営とコンプライアンスの徹底に努めるとともに、コンプライアンス経営の強化を図る目的で、法令違反ないし不正行為による不祥事の防止および早期発見を「公益通報に関する規程」に定め、相談・通報窓口となる公益通報調査委員会を設けて一層の自浄体制の強化を図るとともに、公益通報者に対する保護も図っております。

 

ロ.リスク管理体制の整備の状況

 総てのステークホルダーに対する情報の社外漏洩等の未然防止を目的とした「個人情報管理規程」を定めるとともに、管理・監督および監視体制を図る「個人情報安全管理システム」を構築し運用しております。

 業務上の経常的なリスクについては、「業務分掌規程」にて定めた各部門の役割に基づき、それぞれの担当部門が中心となり、各種マニュアルに従い、これに対処するとともに、リスク発生防止策の推進に努めております。

 

ハ.子会社の業務の適正を確保するための体制整備の状況

 当社の子会社管理の担当部門は、子会社からの報告に基づき、子会社業務が効率的に行われるように適切な管理を行うこととしております。また、子会社の取締役等は、経営計画、損益、業務執行状況等に関する報告を定期的に行うこととしております。

 

④ 取締役の定数

 当社の取締役は8名以内とする旨定款に定めております。

 

⑤ 取締役の選任の決議要件

 当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨及び累積投票によらないものとする旨定款に定めております。

 

⑥ 中間配当

 当社は、中間配当について、取締役会の決議により、毎年12月31日の最終の株主名簿に記載または記録された株主もしくは登録株式質権者に対し、中間配当を行うことができる旨定款に定めております。これは、株主への機動的な利益還元を行うことを目的とするものであります。

 

⑦ 自己の株式の取得

 当社は、自己の株式の取得について、会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議をもって自己の株式を取得することができる旨定款に定めております。これは、機動的な経営を遂行することを目的とするものであります。

 

⑧ 株主総会の特別決議要件

 当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨定款に定めております。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目的とするものであります。

 

(2)【役員の状況】

① 役員一覧

男性9名 女性-名 (役員のうち女性の比率-%)

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有

株式数

(千株)

取締役

会長

髙橋 良一

昭和24年11月15日

昭和44年4月 当社入社

昭和45年4月 当社取締役

昭和48年2月 高橋不動産株式会社設立

       代表取締役

昭和51年2月 当社取締役副社長

昭和55年6月 当社代表取締役副社長

昭和59年8月 当社代表取締役社長

平成8年11月 高橋不動産株式会社取締役(現任)

平成18年12月 上海阿童木建材商貿有限公司 董事(現任)

令和2年9月 当社取締役会長(現任)

(注)3

290

代表取締役

社長

 

髙橋 快一郎

昭和54年8月30日

平成13年12月 高橋不動産株式会社

       代表取締役(現任)

平成16年4月 当社入社

平成24年1月 上海阿童木建材商貿有限公司

       董事長(現任)

平成25年4月 当社社長室長

平成28年9月 当社取締役副社長管理部管掌

平成29年5月 ATOM LIVIN TECH VIETNAM COMPANY LIMITED Chairman(現任)

平成29年7月 当社取締役副社長管理業務管掌・

       海外事業統括

令和2年9月 当社代表取締役社長(現任)

(注)3

500

常務取締役兼

CS業務管掌

鈴木 英光

昭和32年11月24日

昭和59年9月 当社入社

平成17年7月 当社卸売事業部長

平成24年7月 当社執行役員商品部長

平成25年7月 当社執行役員商品本部長兼商品部長

平成26年9月 当社取締役商品本部長兼商品部長

平成30年7月 当社取締役商品本部長

令和2年9月 当社常務取締役兼CS業務管掌(現任)

(注)3

9

取締役

開発業務管掌・

アウトソーシング統括

伊藤 友悌

昭和34年1月29日

昭和62年10月 当社入社

平成17年4月 当社開発部長

平成17年5月 当社執行役員開発部長

平成26年9月 当社取締役開発部長

平成29年7月 当社取締役開発業務管掌・アウトソーシング統括(現任)

(注)3

14

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有

株式数

(千株)

取締役

商品本部長

池井 正彦

昭和42年11月3日

昭和61年4月 当社入社

平成24年7月 当社卸売事業部長

平成30年7月 当社執行役員商品部長

令和2年9月 当社取締役商品本部長(現任)

(注)3

1

取締役

営業本部長兼

特販事業部長

山口 俊

昭和46年9月19日

平成7年4月 当社入社

平成24年7月 当社特販事業部長

平成30年7月 当社執行役員特販事業部長

令和2年9月 当社取締役営業本部長兼特販事業部長(現任)

(注)3

1

常勤監査役

金子 豊

昭和34年10月25日

昭和58年4月 当社入社

平成17年7月 当社特販事業部長

平成22年7月 当社経営企画室長

平成26年6月 当社管理部長

平成26年9月 当社取締役管理部長

平成28年9月 当社常勤監査役(現任)

(注)4

12

監査役

輿水 洋一

昭和24年11月10日

昭和47年4月 株式会社三越入社

平成15年9月 株式会社名古屋三越 栄本店

       営業推進部内装監理デザイン担当部長

平成21年11月 株式会社三越定年退職

平成22年9月 当社社外監査役(現任)

(注)5

4

監査役

高島 良樹

昭和34年4月18日

平成2年4月 弁護士登録

       永野・真山法律事務所入所

平成4年4月 柴田政雄法律事務所入所

平成15年1月 柴田・山口・高島法律事務所パートナー(現任)

平成20年12月 株式会社TKC社外監査役(現任)

平成27年5月 当社社外監査役(仮監査役)

平成27年9月 当社社外監査役(現任)

(注)4

1

835

(注)1.取締役会長 髙橋良一氏 は、代表取締役社長 髙橋快一郎氏の実父であります。

2.監査役 輿水洋一氏 及び 監査役 高島良樹氏 は、社外監査役であります。

3.令和2年9月25日開催の定時株主総会の終結の時から2年間

4.令和2年9月25日開催の定時株主総会の終結の時から4年間

5.平成30年9月26日開催の定時株主総会の終結の時から4年間

 

 

② 社外役員の状況

 当社の社外監査役は2名であります。

 社外監査役の輿水洋一氏並びに高島良樹氏との間には、当社株式の所有を除き、特別な利害関係はありません。

 輿水洋一氏は、これまで培ってきたビジネス経験を活かし当社監査体制の強化を図るため選任しております。

 なお、当社は輿水洋一氏を一般株主と利益相反の生じるおそれがないと判断したため、独立役員として指定しております。

 高島良樹氏は、弁護士としての豊富な経験と専門知識を有しており、主にコンプライアンスの観点から有益なアドバイスをいただけるものと期待し選任しております。

 社外監査役を選任するための当社からの独立性に関する基準又は方針はございませんが、選任にあたっては、株式会社東京証券取引所が定めた一般株主と利益相反が生じるおそれのない独立役員の独立性に関する判断基準等を参考にし、客観的・中立的立場から、それぞれの専門知識や見識を活かした観点からの監督及び監査、併せて助言や提言を行って戴けることを考慮しています。

 当社は社外取締役を選任しておりません。当社は、経営の基本方針や法令で定められた事項、その他経営に関する重要な事項を決定する機関であるとともに、取締役の業務執行を監督する機関である取締役会に対して、監査役3名の内、上記の社外監査役2名を選任することで経営への監視機能を強化しております。コーポレート・ガバナンスにおいて、外部からの客観的、中立の経営監視の機能が重要と考えており、社外監査役2名による監査が実施されることにより、外部からの経営監視機能が十分に機能する体制が整っているため、現状の体制としております。

 

③ 社外監査役による監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部統制部門との関係

 職務の執行に要する重要な文書および情報については、「文書取扱規程」等社内規程に従い運用しており、また社長直轄の内部監査部門(経営企画室)により、その整備・運用状況の監査を実施しております。

 監査役及び社外監査役は、取締役会などの重要な会議に出席し監督しております。

 監査役及び社外監査役と会計監査人は、監査計画、監査の実施状況、監査結果、財務報告に係る内部統制の整備状況に対する評価等について報告、説明、意見および情報交換を行うなど、相互に緊密な連携を図り、監査の実効性の向上に努めております。また、内部監査部門(経営企画室)から監査計画、監査の実施状況および監査結果等について、詳細に報告を受けるほか、定期的に意見交換を行うなど緊密に連携を図っております。

 

(3)【監査の状況】

① 監査役監査の状況

 当社における監査役会は社外監査役2名を含む3名で構成されております。

 各監査役は、監査役会が定めた監査役監査の基準に準拠し、監査の方針、職務の分担等に従い、取締役及び会計監査人・内部監査部門と意思疎通を図り、必要に応じて説明を求める等、適正な監査の環境整備に努めております。

 当事業年度において当社は監査役会を11回開催しており、個々の監査役の出席状況については次のとおりであります。

 

氏 名

開催回数

出席回数

金子 豊

11回

11回

輿水 洋一

11回

11回

高島 良樹

11回

11回

 

 監査役会は当事業年度の監査の方針、職務の分担等を定め、監査役会が定めた監査役監査の基準に準拠し、取締役会その他重要な会議に出席し、重要な決裁書類等を閲覧し、取締役の職務の執行が法令若しくは定款に適合しているかについて、調査いたしました。

 さらに、内部統制システムについて、その構築及び運用の状況について定期的に報告を受け、必要に応じて説明を求め、意見を表明いたしました。

 また、常勤監査役は監査の方針、職務の分担等に従い、取締役、内部監査部門その他の従業員等と意思疎通を図り、情報の収集及び監査の環境の整備に努めております。

 

② 内部監査の状況

 当社は、社長直轄の内部監査部門(経営企画室)を設置しており、2名体制にて「内部監査計画書」に基づき、内部監査及び内部統制システムの整備・運用状況について監査をしております。また、内部監査部門と監査役会及び会計監査人は、相互に情報交換・意見交換を行うなど緊密な連携を保ち、監査の実効性を高めております。

 

③ 会計監査の状況

a.監査法人の名称

アーク有限責任監査法人

 

b.継続監査期間

平成30年6月期より

 

c.業務を執行した公認会計士

木村 ゆりか

長井 裕太

 

d.監査業務に係る補助者の構成

当社の会計監査業務に係る補助者は、公認会計士6名、その他6名で構成されております。

 

e.監査法人の選定方針と理由

 監査法人につきましては、当社の業務内容や事業規模を踏まえ、監査法人としての独立性、専門性及び品質管理体制、監査報酬等を総合的に判断した上で、選定する方針としております。

 アーク有限責任監査法人につきましては、上記方針に則り検討した結果、適任であると判断しております。

 なお、会計監査人が会社法第340条第1項各号に定める項目に該当すると認められる場合は、監査役全員の同意に基づき、会計監査人を解任いたします。この場合、監査役会が選定した監査役は、解任後最初に招集される株主総会において、会計監査人を解任した旨及びその理由を報告いたします。

 

f.監査役及び監査役会による監査法人の評価

 当社の監査役及び監査役会は、日本監査役協会が公表する「会計監査人の評価および選定基準策定に関する監査役等の実務指針」を踏まえ、監査法人に対して評価を行っております。

 アーク有限責任監査法人につきましては、評価項目別に会計監査人の職務遂行状況を評価した結果、監査の方法及び結果は相当であると認められております。

④ 監査報酬の内容等

a.監査公認会計士等に対する報酬

前事業年度

当事業年度

監査証明業務に基づく報酬

(千円)

非監査業務に基づく報酬

(千円)

監査証明業務に基づく報酬

(千円)

非監査業務に基づく報酬

(千円)

16,620

16,620

当社における非監査業務については、該当事項はありません。

 

b.監査公認会計士等と同一のネットワーク(KRESTON International)に属する組織に対する報酬(a.を除く)

 該当事項はありません。

 

c.その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

 該当事項はありません。

 

d.監査報酬の決定方針

 当社は、監査公認会計士等に対する報酬の額の決定に関する方針を定めてはおりませんが、監査日数、監査計画の内容、当社の業務内容等を勘案した上で決定しております。

 

e.監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由

 監査役会は、会計監査人の監査計画の内容、会計監査の職務遂行状況及び報酬見積りの算出根拠等が適切であるかどうかについて必要な検証を行った上で、会計監査人の報酬等の額について同意の判断をいたしました。

 

(4)【役員の報酬等】

① 役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項

 当社の役員報酬は、株主総会の決議により報酬限度年額が定められております。

取締役の報酬限度年額 230,000千円(平成8年9月25日第42回定時株主総会決議)

監査役の報酬限度年額  40,000千円(平成8年9月25日第42回定時株主総会決議)

 取締役の報酬は、取締役会より一任された代表取締役が報酬限度年額の範囲内において決定しております。

 監査役の報酬は、監査役の協議により報酬限度年額の範囲内において決定しております。

 

② 役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

役員区分

報酬等の総額

(千円)

報酬等の種類別の総額(千円)

対象となる

役員の員数

(人)

固定報酬

退職慰労金

取締役

133,220

122,970

10,250

6

監査役

(社外監査役を除く)

19,210

18,210

1,000

1

社外役員

4,980

4,980

2

 

③ 役員ごとの報酬等の総額等

報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。

 

④ 使用人兼務役員の使用人給与のうち、重要なもの

該当事項はありません。

 

 

(5)【株式の保有状況】

① 投資株式の区分の基準及び考え方

 当社は、投資株式の価値の変動または配当の受領によって利益を得ることを目的として保有する株式を純投資目的である投資株式、それ以外の株式を純投資目的以外の目的である投資株式に区分しております。

 

② 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

a.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の内容

 当社は、取引先との関係強化により、中長期的な企業価値の向上に資するかどうかを総合的に勘案した上で、株式を保有する方針としており、定期的に発行体との取引状況、株価等の状況を確認し、保有の妥当性について検証をしております。

 上記の方法により検証した結果、すべての銘柄において保有の合理性があると判断しております。

 

b.銘柄数及び貸借対照表計上額

 

銘柄数

(銘柄)

貸借対照表計上額の

合計額(千円)

非上場株式

3

71,684

非上場株式以外の株式

6

165,305

 

(当事業年度において株式数が増加した銘柄)

 

銘柄数

(銘柄)

株式数の増加に係る取得

価額の合計額(千円)

株式数の増加の理由

非上場株式

非上場株式以外の株式

4

6,298

取引先持株会を通じた株式の取得

 

(当事業年度において株式数が減少した銘柄)

 

銘柄数

(銘柄)

株式数の減少に係る売却

価額の合計額(千円)

非上場株式

非上場株式以外の株式

 

c.特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報

特定投資株式

銘柄

当事業年度

前事業年度

保有目的、定量的な保有効果

及び株式数が増加した理由

当社の株式の

保有の有無

株式数(株)

株式数(株)

貸借対照表計上額

(千円)

貸借対照表計上額

(千円)

タカラスタンダード㈱

54,036

52,226

(保有目的)取引関係強化のため

(定量的な保有効果)(注1)

(株式数が増加した理由)取引先持株会を通じた株式の取得(注2)

 

82,460

89,045

ニホンフラッシュ㈱(注3)

25,064

12,185

(保有目的)取引関係強化のため

(定量的な保有効果)(注1)

(株式数が増加した理由)取引先持株会を通じた株式の取得(注2)

33,561

30,354

㈱ウッドワン

19,157

17,643

(保有目的)取引関係強化のため

(定量的な保有効果)(注1)

(株式数が増加した理由)取引先持株会を通じた株式の取得(注2)

22,394

16,760

クリナップ㈱

30,394

29,712

(保有目的)取引関係強化のため

(定量的な保有効果)(注1)

(株式数が増加した理由)取引先持株会を通じた株式の取得(注2)

17,355

16,371

アイカ工業㈱

2,689

2,689

(保有目的)取引関係強化のため

(定量的な保有効果)(注1)

9,505

9,680

㈱土屋ホールディングス

200

200

(保有目的)取引関係強化のため

(定量的な保有効果)(注1)

28

32

(注)1. 当社の保有する特定投資株式について定量的な保有効果を記載することは困難でありますが、当社は個別の政策保有株式について、取引関係の状況、業績の状況、株価、配当金額等から経済合理性、保有の妥当性について検証をしており、現状保有する政策保有株式はいずれも保有方針に沿った目的で保有していることを確認しております。

2. 当該銘柄の株式数が増加した理由につきましては、保有方針に合致していると判断し加入している取引先持株会において買付したものであります。

3. ニホンフラッシュ株式会社は、令和2年4月1日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割しております。

 

(みなし保有株式)

該当事項はありません。

 

③ 保有目的が純投資目的である投資株式

区分

当事業年度

前事業年度

銘柄数

(銘柄)

貸借対照表計上額の

合計額(千円)

銘柄数

(銘柄)

貸借対照表計上額の

合計額(千円)

非上場株式

1

52,990

1

52,990

非上場株式以外の株式

 

区分

当事業年度

受取配当金の

合計額(千円)

売却損益の

合計額(千円)

評価損益の

合計額(千円)

非上場株式

1,320

(注)

非上場株式以外の株式

(注)非上場株式については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、「評価損益の合計額」は記載しておりません。

 

第5【経理の状況】

1.財務諸表の作成方法について

 当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号)に基づいて作成しております。

 

2.監査証明について

 当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、事業年度(令和元年7月1日から令和2年6月30日まで)の財務諸表について、アーク有限責任監査法人による監査を受けております。

 

3.連結財務諸表について

 「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)第5条第2項により、当社では、子会社の資産、売上高、損益、利益剰余金及びキャッシュ・フローその他の項目から見て、当企業集団の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に関する合理的な判断を誤らせない程度に重要性が乏しいものとして、連結財務諸表は作成しておりません。

 

1【財務諸表等】

(1)【財務諸表】

①【貸借対照表】

 

 

 

(単位:千円)

 

前事業年度

(令和元年6月30日)

当事業年度

(令和2年6月30日)

資産の部

 

 

流動資産

 

 

現金及び預金

4,657,816

4,455,677

受取手形

※1 529,190

464,793

電子記録債権

※1 385,013

359,010

売掛金

※2 1,523,746

1,352,744

商品

450,362

523,492

貯蔵品

20,143

前渡金

319

4,340

前払費用

20,878

22,613

その他

5,468

9,636

貸倒引当金

243

217

流動資産合計

7,592,695

7,192,091

固定資産

 

 

有形固定資産

 

 

建物

2,520,889

2,864,330

減価償却累計額

1,623,605

1,673,010

建物(純額)

897,283

1,191,320

構築物

22,650

28,657

減価償却累計額

16,686

18,138

構築物(純額)

5,963

10,518

車両運搬具

4,760

6,155

減価償却累計額

4,309

5,116

車両運搬具(純額)

450

1,038

工具、器具及び備品

2,238,199

2,314,085

減価償却累計額

2,114,446

2,195,268

工具、器具及び備品(純額)

123,752

118,816

土地

1,161,285

1,161,285

建設仮勘定

245,160

1,980

有形固定資産合計

2,433,895

2,484,960

無形固定資産

 

 

商標権

201

179

ソフトウエア

24,218

3,843

その他

306

28,741

無形固定資産合計

24,726

32,764

投資その他の資産

 

 

投資有価証券

1,795,028

2,184,412

関係会社株式

28,933

0

従業員に対する長期貸付金

1,039

449

関係会社長期貸付金

15,079

破産更生債権等

194

600

長期前払費用

391

516

繰延税金資産

69,525

67,836

敷金及び保証金

54,486

49,131

貸倒引当金

194

6,034

投資損失引当金

28,933

投資その他の資産合計

1,920,472

2,311,991

固定資産合計

4,379,093

4,829,716

資産合計

11,971,789

12,021,808

 

 

 

 

(単位:千円)

 

前事業年度

(令和元年6月30日)

当事業年度

(令和2年6月30日)

負債の部

 

 

流動負債

 

 

支払手形

※1 92,849

91,493

電子記録債務

※1 1,689,648

1,571,126

買掛金

585,402

447,857

未払金

55,159

71,068

未払費用

41,984

41,801

未払法人税等

129,510

112,997

未払消費税等

32,978

29,005

預り金

40,444

40,976

前受金

1,674

製品補償引当金

20,055

流動負債合計

2,689,707

2,406,325

固定負債

 

 

退職給付引当金

157,252

147,815

役員退職慰労引当金

211,345

222,595

その他

2,600

2,800

固定負債合計

371,198

373,211

負債合計

3,060,906

2,779,537

純資産の部

 

 

株主資本

 

 

資本金

300,745

300,745

資本剰余金

 

 

資本準備金

273,245

273,245

資本剰余金合計

273,245

273,245

利益剰余金

 

 

利益準備金

43,189

43,189

その他利益剰余金

 

 

土地圧縮積立金

95,868

95,868

別途積立金

6,000,000

6,000,000

繰越利益剰余金

2,223,357

2,566,484

利益剰余金合計

8,362,414

8,705,541

自己株式

64,554

64,554

株主資本合計

8,871,849

9,214,976

評価・換算差額等

 

 

その他有価証券評価差額金

39,033

27,294

評価・換算差額等合計

39,033

27,294

純資産合計

8,910,882

9,242,271

負債純資産合計

11,971,789

12,021,808

 

②【損益計算書】

 

 

 

(単位:千円)

 

前事業年度

(自 平成30年7月1日

 至 令和元年6月30日)

当事業年度

(自 令和元年7月1日

 至 令和2年6月30日)

売上高

10,589,833

10,394,001

売上原価

 

 

商品期首たな卸高

478,708

450,362

当期商品仕入高

7,651,819

7,511,318

合計

8,130,528

7,961,680

商品期末たな卸高

450,362

523,492

売上原価合計

7,680,165

7,438,187

売上総利益

2,909,668

2,955,813

販売費及び一般管理費

 

 

荷造運搬費

277,095

273,860

役員退職慰労引当金繰入額

11,250

11,250

給料及び手当

606,578

609,933

退職給付費用

72,323

67,389

減価償却費

205,782

195,397

貸倒引当金繰入額

166

555

その他

1,071,808

1,116,536

販売費及び一般管理費合計

※1 2,245,005

※1 2,274,922

営業利益

664,663

680,890

営業外収益

 

 

受取利息

649

877

有価証券利息

10,737

12,163

受取配当金

4,804

5,478

仕入割引

6,053

5,935

受取技術料

4,000

雑収入

675

3,203

営業外収益合計

22,920

31,658

営業外費用

 

 

為替差損

448

973

貸倒引当金繰入額

※2 5,434

営業外費用合計

448

6,407

経常利益

687,135

706,141

特別利益

特別損失

 

 

固定資産除却損

※3 482

※3 387

投資損失引当金繰入額

28,933

特別損失合計

29,416

387

税引前当期純利益

657,719

705,754

法人税、住民税及び事業税

223,425

216,118

法人税等調整額

312

6,864

法人税等合計

223,113

222,983

当期純利益

434,605

482,770

 

③【株主資本等変動計算書】

前事業年度(自 平成30年7月1日 至 令和元年6月30日)

 

 

 

 

 

 

 

(単位:千円)

 

株主資本

 

資本金

資本剰余金

利益剰余金

 

資本準備金

資本剰余金合計

利益準備金

その他利益剰余金

利益剰余金合計

 

土地圧縮積立金

別途積立金

繰越利益剰余金

当期首残高

300,745

273,245

273,245

43,189

95,868

6,000,000

1,918,421

8,057,478

当期変動額

 

 

 

 

 

 

 

 

剰余金の配当

 

 

 

 

 

 

129,670

129,670

当期純利益

 

 

 

 

 

 

434,605

434,605

自己株式の取得

 

 

 

 

 

 

 

 

株主資本以外の項目の当期変動額(純額)

 

 

 

 

 

 

 

 

当期変動額合計

304,935

304,935

当期末残高

300,745

273,245

273,245

43,189

95,868

6,000,000

2,223,357

8,362,414

 

 

 

 

 

 

 

 

株主資本

評価・換算差額等

純資産合計

 

自己株式

株主資本合計

その他有価証券評価差額金

評価・換算差額等合計

当期首残高

64,518

8,566,950

55,762

55,762

8,622,712

当期変動額

 

 

 

 

 

剰余金の配当

 

129,670

 

 

129,670

当期純利益

 

434,605

 

 

434,605

自己株式の取得

36

36

 

 

36

株主資本以外の項目の当期変動額(純額)

 

 

16,729

16,729

16,729

当期変動額合計

36

304,899

16,729

16,729

288,169

当期末残高

64,554

8,871,849

39,033

39,033

8,910,882

 

当事業年度(自 令和元年7月1日 至 令和2年6月30日)

 

 

 

 

 

 

 

(単位:千円)

 

株主資本

 

資本金

資本剰余金

利益剰余金

 

資本準備金

資本剰余金合計

利益準備金

その他利益剰余金

利益剰余金合計

 

土地圧縮積立金

別途積立金

繰越利益剰余金

当期首残高

300,745

273,245

273,245

43,189

95,868

6,000,000

2,223,357

8,362,414

当期変動額

 

 

 

 

 

 

 

 

剰余金の配当

 

 

 

 

 

 

139,643

139,643

当期純利益

 

 

 

 

 

 

482,770

482,770

株主資本以外の項目の当期変動額(純額)

 

 

 

 

 

 

 

 

当期変動額合計

343,126

343,126

当期末残高

300,745

273,245

273,245

43,189

95,868

6,000,000

2,566,484

8,705,541

 

 

 

 

 

 

 

 

株主資本

評価・換算差額等

純資産合計

 

自己株式

株主資本合計

その他有価証券評価差額金

評価・換算差額等合計

当期首残高

64,554

8,871,849

39,033

39,033

8,910,882

当期変動額

 

 

 

 

 

剰余金の配当

 

139,643

 

 

139,643

当期純利益

 

482,770

 

 

482,770

株主資本以外の項目の当期変動額(純額)

 

 

11,738

11,738

11,738

当期変動額合計

343,126

11,738

11,738

331,388

当期末残高

64,554

9,214,976

27,294

27,294

9,242,271

 

④【キャッシュ・フロー計算書】

 

 

 

(単位:千円)

 

前事業年度

(自 平成30年7月1日

 至 令和元年6月30日)

当事業年度

(自 令和元年7月1日

 至 令和2年6月30日)

営業活動によるキャッシュ・フロー

 

 

税引前当期純利益

657,719

705,754

減価償却費

205,782

195,397

貸倒引当金の増減額(△は減少)

27

5,813

投資損失引当金の増減額(△は減少)

28,933

退職給付引当金の増減額(△は減少)

7,902

9,437

役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)

11,250

11,250

製品補償引当金の増減額(△は減少)

27,054

20,055

受取利息及び受取配当金

16,191

18,519

為替差損益(△は益)

69

614

固定資産除却損

482

387

売上債権の増減額(△は増加)

173,730

260,996

たな卸資産の増減額(△は増加)

8,201

52,986

仕入債務の増減額(△は減少)

45,724

204,171

未払消費税等の増減額(△は減少)

9,566

3,972

その他

36,253

26,813

小計

1,142,396

844,258

利息及び配当金の受取額

13,011

14,709

法人税等の支払額

227,603

231,984

営業活動によるキャッシュ・フロー

927,805

626,984

投資活動によるキャッシュ・フロー

 

 

有価証券の償還による収入

100,000

有形固定資産の取得による支出

386,608

249,470

無形固定資産の取得による支出

26,937

投資有価証券の取得による支出

303,599

603,599

投資有価証券の償還による収入

100,000

200,000

貸付けによる支出

1,000

19,215

貸付金の回収による収入

811

4,565

その他

5,231

投資活動によるキャッシュ・フロー

490,396

689,426

財務活動によるキャッシュ・フロー

 

 

自己株式の取得による支出

36

配当金の支払額

129,714

139,623

財務活動によるキャッシュ・フロー

129,751

139,623

現金及び現金同等物に係る換算差額

69

72

現金及び現金同等物の増減額(△は減少)

307,588

202,138

現金及び現金同等物の期首残高

4,350,228

4,657,816

現金及び現金同等物の期末残高

※1 4,657,816

※1 4,455,677

 

【注記事項】

(重要な会計方針)

1.有価証券の評価基準及び評価方法

(1)子会社株式及び関連会社株式

 移動平均法による原価法を採用しております。

 

(2)その他有価証券

時価のあるもの

 期末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定)を採用しております。

時価のないもの

 移動平均法による原価法を採用しております。

 

2.たな卸資産の評価基準及び評価方法

(1)商品

 移動平均法による原価法(収益性の低下に基づく簿価切下げの方法)を採用しております。

 

3.固定資産の減価償却の方法

(1)有形固定資産(リース資産を除く)

 定率法を採用しております。

 ただし、平成10年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)並びに平成28年4月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物については、定額法を採用しております。

 なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。

  ・建物及び構築物    5~50年

  ・工具、器具及び備品  1~20年

 

(2)無形固定資産(リース資産を除く)

 定額法を採用しております。

 なお、主な償却年数は以下のとおりであります。

  ・自社利用のソフトウェア 5年(社内における見込利用可能期間)

 

4.引当金の計上基準

(1)貸倒引当金

 売上債権、貸付金等の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。

 

(2)投資損失引当金

 関係会社への投資に係る損失に備えるため、当該会社の財政状態等を勘案し、必要と認められる額を計上しております。

 

(3)製品補償引当金

 販売した製品に係る補償の発生に備えるため、当該費用の発生額を見積もって計上しております。

 

(4)退職給付引当金

 従業員の退職給付に備えるため、退職金規程に基づく自己都合による期末退職金要支給額から特定退職金共済及び確定給付企業年金の年金資産を控除した額を計上しております。

 

(5)役員退職慰労引当金

 役員の退職慰労金の支払に備えるため、内規に基づく期末要支給額を計上しております。

 

 

5.キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

 キャッシュ・フロー計算書における資金(現金及び現金同等物)は、手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。

 

6.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

(1)消費税等の会計処理

 税抜方式によっております。

 

(会計方針の変更)

(キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲の変更)

 キャッシュ・フロー計算書における資金(現金及び現金同等物)の範囲は、従来、手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負わない取得日から12ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっておりましたが、当事業年度より、取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資に変更しております。

 これは、資金管理活動の実情を見直した結果、近年、価値の変動について僅少なリスクしか負わない短期投資については償還期限が3ヶ月以内に到来する短期投資として運用しているという実態があることから、償還期限が3ヶ月を超える投資については資金の範囲から外すことで、より適切にキャッシュ・フローの状況を表示することが可能になると判断したためです。

 当該会計方針の変更は遡及適用され、前事業年度については、遡及適用後の金額となっておりますが、前事業年度において償還期限が3ヶ月超となる短期投資がないため、影響はありません。

 

(未適用の会計基準等)

・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日 企業会計基準委員会)

・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 2020年3月31日 企業会計基準委員会)

・「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第19号 2020年3月31日 企業会計基準委員会)

 

(1)概要

国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)は、共同して収益認識に関する包括的な会計基準の開発を行い、平成26年5月に「顧客との契約から生じる収益」(IASBにおいてはIFRS第15号、FASBにおいてはTopic606)を公表しており、IFRS第15号は平成30年1月1日以後開始する事業年度から、Topic606は平成29年12月15日より後に開始する事業年度から適用される状況を踏まえ、企業会計基準委員会において、収益認識に関する包括的な会計基準が開発され、適用指針と合わせて公表されたものです。

企業会計基準委員会の収益認識に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、IFRS第15号と整合性を図る便益の1つである財務諸表間の比較可能性の観点から、IFRS第15号の基本的な原則を取り入れることを出発点とし、会計基準を定めることとされ、また、これまで我が国で行われてきた実務等に配慮すべき項目がある場合には、比較可能性を損なわせない範囲で代替的な取扱いを追加することとされております。

 

(2)適用予定日

令和4年6月期の期首から適用します。

 

(3)当該会計基準等の適用による影響

「収益認識に関する会計基準」等の適用による財務諸表に与える影響額については、現時点で評価中であります。

 

・「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号 2019年7月4日 企業会計基準委員会)

・「棚卸資産の評価に関する会計基準」(企業会計基準第9号 2019年7月4日 企業会計基準委員会)

・「金融商品に関する会計基準」(企業会計基準第10号 2019年7月4日 企業会計基準委員会)

・「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号 2019年7月4日 企業会計基準委員会)

・「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第19号 2020年3月31日 企業会計基準委員会)

 

(1)概要

国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)が、公正価値測定についてほぼ同じ内容の詳細なガイダンス(国際財務報告基準(IFRS)においてはIFRS第13号「公正価値測定」、米国会計基準においてはAccounting Standards CodificationのTopic 820「公正価値測定」)を定めている状況を踏まえ、企業会計基準委員会において、主に金融商品の時価に関するガイダンス及び開示に関して、日本基準を国際的な会計基準との整合性を図る取組みが行われ、「時価の算定に関する会計基準」等が公表されたものです。

企業会計基準委員会の時価の算定に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、統一的な算定方法を用いることにより、国内外の企業間における財務諸表の比較可能性を向上させる観点から、IFRS第13号の定めを基本的にすべて取り入れることとされ、また、これまで我が国で行われてきた実務等に配慮し、財務諸表間の比較可能性を大きく損なわせない範囲で、個別項目に対するその他の取扱いを定めることとされております。

 

(2)適用予定日

令和4年6月期の期首から適用します。

 

(3)当該会計基準等の適用による影響

「時価の算定に関する会計基準」等の適用による財務諸表に与える影響額については、現時点で未定であります。

 

 

・「会計上の見積りの開示に関する会計基準」(企業会計基準第31号 2020年3月31日 企業会計基準委員会)

 

(1)概要

国際会計基準審議会(IASB)が平成15年に公表した国際会計基準(IAS)第1号「財務諸表の表示」(以下「IAS 第1号」)第125項において開示が求められている「見積りの不確実性の発生要因」について、財務諸表利用者にとって有用性が高い情報として日本基準においても注記情報として開示を求めることを検討するよう要望が寄せられ、企業会計基準委員会において、会計上の見積りの開示に関する会計基準(以下「本会計基準」)が開発され、公表されたものです。

企業会計基準委員会の本会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、個々の注記を拡充するのではなく、原則(開示目的)を示したうえで、具体的な開示内容は企業が開示目的に照らして判断することとされ、開発にあたっては、IAS第1号第125項の定めを参考とすることとしたものです。

 

(2)適用予定日

令和3年6月期の年度末から適用します。

 

・「会計方針の開示、会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準」(企業会計基準第24号 2020年3月31日 企業会計基準委員会)

 

(1)概要

「関連する会計基準等の定めが明らかでない場合に採用した会計処理の原則及び手続」に係る注記情報の充実について検討することが提言されたことを受け、企業会計基準委員会において、所要の改正を行い、会計方針の開示、会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準として公表されたものです。

なお、「関連する会計基準等の定めが明らかでない場合に採用した会計処理の原則及び手続」に係る注記情報の充実を図るに際しては、関連する会計基準等の定めが明らかな場合におけるこれまでの実務に影響を及ぼさないために、企業会計原則注解(注1-2)の定めを引き継ぐこととされております。

 

(2)適用予定日

令和3年6月期の年度末から適用します。

 

(貸借対照表関係)

※1.期末日満期手形、電子記録債権及び電子記録債務

 期末日満期手形、電子記録債権及び電子記録債務の会計処理については、満期日に決済が行われたものとして処理しております。なお、前事業年度末日が金融機関の休日であったため、次の事業年度末日満期手形、電子記録債権及び電子記録債務を満期日に決済が行われたものとして処理しております。

 

前事業年度

(令和元年6月30日)

当事業年度

(令和2年6月30日)

受取手形

88,992千円

-千円

電子記録債権

19,133千円

-千円

支払手形

11,265千円

-千円

電子記録債務

7,609千円

-千円

 

※2.関係会社に対する資産及び負債

 区分掲記されたもの以外で各科目に含まれているものは、次のとおりであります。

 

前事業年度

(令和元年6月30日)

当事業年度

(令和2年6月30日)

売掛金

1,273千円

-千円

 

(損益計算書関係)

※1.一般管理費に含まれる研究開発費は、次のとおりであります。

前事業年度

(自 平成30年7月1日

  至 令和元年6月30日)

当事業年度

(自 令和元年7月1日

  至 令和2年6月30日)

74,805千円

97,060千円

 

※2.関係会社との取引高

 

前事業年度

(自 平成30年7月1日

至 令和元年6月30日)

当事業年度

(自 令和元年7月1日

至 令和2年6月30日)

貸倒引当金繰入額

-千円

5,434千円

 

※3.固定資産除却損の内容は、次のとおりであります。

 

前事業年度

(自 平成30年7月1日

至 令和元年6月30日)

当事業年度

(自 令和元年7月1日

至 令和2年6月30日)

建物

-千円

369千円

工具、器具及び備品

482千円

17千円

482千円

387千円

 

(株主資本等変動計算書関係)

前事業年度(自 平成30年7月1日 至 令和元年6月30日)

1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項

 

当事業年度期首

株式数

(千株)

当事業年度

増加株式数

(千株)

当事業年度

減少株式数

(千株)

当事業年度末

株式数

(千株)

発行済株式

 

 

 

 

普通株式

4,105

4,105

合計

4,105

4,105

自己株式

 

 

 

 

普通株式(注)

115

0

115

合計

115

0

115

(注) 自己株式の株式数の増加0千株は、単元未満株式の買取りによる増加であります。

 

2.配当に関する事項

(1)配当金支払額

決議

株式の種類

配当金の総額

(千円)

1株当たり

配当額

(円)

基準日

効力発生日

平成30年9月26日

定時株主総会

普通株式

59,847

15.00

平成30年6月30日

平成30年9月27日

平成31年1月30日

取締役会

普通株式

69,822

17.50

平成30年12月31日

平成31年3月8日

(注)平成31年1月30日取締役会決議における1株当たり配当額17円50銭には、創業115周年記念配当2円50銭を含んでおります。

 

(2)基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの

決議

株式の種類

配当金の総額

(千円)

配当の原資

1株当たり

配当額

(円)

基準日

効力発生日

令和元年9月25日

定時株主総会

普通株式

69,821

利益剰余金

17.50

令和元年6月30日

令和元年9月26日

(注)1株当たり配当額17円50銭には、アトムブランド誕生65周年記念配当2円50銭を含んでおります。

 

当事業年度(自 令和元年7月1日 至 令和2年6月30日)

1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項

 

当事業年度期首

株式数

(千株)

当事業年度

増加株式数

(千株)

当事業年度

減少株式数

(千株)

当事業年度末

株式数

(千株)

発行済株式

 

 

 

 

普通株式

4,105

4,105

合計

4,105

4,105

自己株式

 

 

 

 

普通株式

115

115

合計

115

115

 

2.配当に関する事項

(1)配当金支払額

決議

株式の種類

配当金の総額

(千円)

1株当たり

配当額

(円)

基準日

効力発生日

令和元年9月25日

定時株主総会

普通株式

69,821

17.50

令和元年6月30日

令和元年9月26日

令和2年1月30日

取締役会

普通株式

69,821

17.50

令和元年12月31日

令和2年3月11日

(注)1.令和元年9月25日定時株主総会決議における1株当たり配当額17円50銭には、アトムブランド誕生65周年記念配当2円50銭を含んでおります。

2.令和2年1月30日取締役会決議における1株当たり配当額17円50銭には、法人改組65周年記念配当2円50銭を含んでおります。

 

(2)基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの