EDINET閲覧(提出)サイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)をもとに上場企業サーチ作成

本ページはEDINETに提出された開示情報を上場企業サーチが加工/編集したものであり、記載された情報の正確性および完全性について上場企業サーチは一切の保証を行いません。本ページの情報を利用する際は自己の責任で判断頂き、意思決定に際しては適宜EDINETや提出会社が公開するオリジナルを参照する様にしてください。本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

 

【表紙】

 

【提出書類】

有価証券報告書(令和3年11月15日付け訂正報告書の添付インラインXBRL)

【根拠条文】

金融商品取引法第24条第1項

【提出先】

関東財務局長

【提出日】

平成30年6月26日

【事業年度】

第40期(自  平成29年4月1日  至  平成30年3月31日)

【会社名】

日本プリメックス株式会社

【英訳名】

NIPPON PRIMEX INC.

【代表者の役職氏名】

代表取締役会長兼社長    中  川  善  司

【本店の所在の場所】

東京都大田区鵜の木一丁目5番12号

【電話番号】

03(3750)1234

【事務連絡者氏名】

取締役管理本部長  真 岡 厚 史

【最寄りの連絡場所】

東京都大田区鵜の木一丁目5番12号

【電話番号】

03(3750)1234

【事務連絡者氏名】

取締役管理本部長  真 岡 厚 史

【縦覧に供する場所】

株式会社東京証券取引所

(東京都中央区日本橋兜町2番1号)

 

 

E02964 27950 日本プリメックス株式会社 NIPPON PRIMEX INC. 企業内容等の開示に関する内閣府令 第三号様式 Japan GAAP true cte cte 2017-04-01 2018-03-31 FY 2018-03-31 2016-04-01 2017-03-31 2017-03-31 2 true S100DE2H true false E02964-000 2021-11-15 E02964-000 2013-04-01 2014-03-31 E02964-000 2014-04-01 2015-03-31 E02964-000 2015-04-01 2016-03-31 E02964-000 2016-04-01 2017-03-31 E02964-000 2017-04-01 2018-03-31 E02964-000 2014-03-31 E02964-000 2015-03-31 E02964-000 2016-03-31 E02964-000 2017-03-31 E02964-000 2018-03-31 E02964-000 2013-04-01 2014-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02964-000 2014-04-01 2015-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02964-000 2015-04-01 2016-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02964-000 2016-04-01 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02964-000 2017-04-01 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02964-000 2014-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02964-000 2015-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02964-000 2016-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02964-000 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02964-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02964-000 2018-03-31 jpcrp_cor:No1MajorShareholdersMember E02964-000 2018-03-31 jpcrp_cor:No2MajorShareholdersMember E02964-000 2018-03-31 jpcrp_cor:No3MajorShareholdersMember E02964-000 2018-03-31 jpcrp_cor:No4MajorShareholdersMember E02964-000 2018-03-31 jpcrp_cor:No5MajorShareholdersMember E02964-000 2018-03-31 jpcrp_cor:No6MajorShareholdersMember E02964-000 2018-03-31 jpcrp_cor:No7MajorShareholdersMember E02964-000 2018-03-31 jpcrp_cor:No8MajorShareholdersMember E02964-000 2018-03-31 jpcrp_cor:No9MajorShareholdersMember E02964-000 2018-03-31 jpcrp_cor:No10MajorShareholdersMember E02964-000 2017-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E02964-000 2016-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E02964-000 2016-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E02964-000 2017-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E02964-000 2016-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E02964-000 2017-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E02964-000 2017-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E02964-000 2016-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E02964-000 2017-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E02964-000 2016-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E02964-000 2016-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E02964-000 2017-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E02964-000 2017-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E02964-000 2016-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E02964-000 2017-04-01 2018-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E02964-000 2016-04-01 2017-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E02964-000 2016-04-01 2017-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E02964-000 2017-04-01 2018-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E02964-000 2017-04-01 2018-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E02964-000 2017-04-01 2018-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E02964-000 2016-04-01 2017-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E02964-000 2017-04-01 2018-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E02964-000 2016-04-01 2017-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E02964-000 2017-04-01 2018-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E02964-000 2016-04-01 2017-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E02964-000 2017-04-01 2018-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E02964-000 2016-04-01 2017-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E02964-000 2016-04-01 2017-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E02964-000 2018-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E02964-000 2018-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E02964-000 2018-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E02964-000 2018-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E02964-000 2018-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E02964-000 2018-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E02964-000 2018-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E02964-000 2016-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02964-000 2017-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02964-000 2016-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02964-000 2017-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02964-000 2016-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02964-000 2017-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02964-000 2017-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02964-000 2016-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02964-000 2017-03-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02964-000 2016-03-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02964-000 2016-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02964-000 2017-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02964-000 2017-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02964-000 2016-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02964-000 2017-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02964-000 2016-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02964-000 2016-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02964-000 2017-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02964-000 2016-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02964-000 2017-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02964-000 2016-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02964-000 2017-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02964-000 2016-04-01 2017-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02964-000 2017-04-01 2018-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02964-000 2017-04-01 2018-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02964-000 2016-04-01 2017-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02964-000 2017-04-01 2018-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02964-000 2016-04-01 2017-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02964-000 2017-04-01 2018-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02964-000 2017-04-01 2018-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02964-000 2016-04-01 2017-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02964-000 2016-04-01 2017-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02964-000 2017-04-01 2018-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02964-000 2017-04-01 2018-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02964-000 2016-04-01 2017-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02964-000 2016-04-01 2017-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02964-000 2017-04-01 2018-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02964-000 2017-04-01 2018-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02964-000 2016-04-01 2017-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02964-000 2017-04-01 2018-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02964-000 2016-04-01 2017-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02964-000 2017-04-01 2018-03-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02964-000 2016-04-01 2017-03-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02964-000 2016-04-01 2017-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02964-000 2018-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02964-000 2018-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02964-000 2018-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02964-000 2018-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02964-000 2018-03-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02964-000 2018-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02964-000 2018-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02964-000 2018-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02964-000 2018-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02964-000 2018-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02964-000 2018-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember iso4217:JPY iso4217:JPY xbrli:shares xbrli:pure xbrli:shares

第一部 【企業情報】

 

第1 【企業の概況】

 

1 【主要な経営指標等の推移】

(1) 連結経営指標等

 

回次

第36期

第37期

第38期

第39期

第40期

決算年月

平成26年3月

平成27年3月

平成28年3月

平成29年3月

平成30年3月

売上高

(千円)

4,838,531

4,866,417

5,288,465

5,185,061

5,445,840

経常利益

(千円)

531,801

838,443

319,958

474,995

406,809

親会社株主に帰属する
当期純利益

(千円)

323,669

555,592

227,621

318,169

322,586

包括利益

(千円)

368,497

572,670

144,723

365,961

294,797

純資産額

(千円)

4,550,167

5,017,580

5,030,733

5,291,438

5,480,945

総資産額

(千円)

6,439,738

6,833,110

6,884,736

7,129,648

7,692,589

1株当たり純資産額

(円)

864.58

953.40

955.90

1,005.43

1,041.45

1株当たり当期純利益

(円)

61.50

105.57

43.25

60.46

61.30

潜在株式調整後
1株当たり当期純利益

(円)

自己資本比率

(%)

70.7

73.4

73.1

74.2

71.3

自己資本利益率

(%)

7.3

11.6

4.5

6.0

6.0

株価収益率

(倍)

9.35

6.87

12.95

10.14

14.05

営業活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

184,439

391,296

212,971

684,459

585,604

投資活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

29,724

374,258

433,574

1,633,501

355,898

財務活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

139,529

190,064

177,162

202,963

162,903

現金及び現金同等物
の期末残高

(千円)

1,972,728

2,088,816

2,421,239

1,250,554

1,257,825

従業員数
(ほか臨時雇用者数)

(名)
 

97

95

96

96

93

(21)

(22)

(26)

(27)

(26)

 

(注) 1  売上高には消費税等は含まれておりません。

2  潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

 

 

(2) 提出会社の経営指標等

 

回次

第36期

第37期

第38期

第39期

第40期

決算年月

平成26年3月

平成27年3月

平成28年3月

平成29年3月

平成30年3月

売上高

(千円)

4,829,207

4,854,057

5,268,978

5,176,464

5,435,026

経常利益

(千円)

423,059

784,928

281,475

419,480

357,669

当期純利益

(千円)

222,322

515,658

183,188

279,497

293,460

資本金

(千円)

393,997

393,997

393,997

393,997

393,997

発行済株式総数

(株)

5,523,592

5,523,592

5,523,592

5,523,592

5,523,592

純資産額

(千円)

4,591,852

5,019,331

4,988,050

5,210,083

5,370,464

総資産額

(千円)

6,272,927

6,657,435

6,629,699

6,868,792

7,349,149

1株当たり純資産額

(円)

872.50

953.73

947.79

989.98

1,020.46

1株当たり配当額
(内1株当たり
中間配当額)

(円)

20.0

25.0

20.0

20.0

20.0

(─)

(─)

(―)

(―)

(―)

1株当たり当期純利益

(円)

42.24

97.98

34.81

53.11

55.76

潜在株式調整後
1株当たり当期純利益

(円)

自己資本比率

(%)

73.2

75.4

75.2

75.9

73.1

自己資本利益率

(%)

4.9

10.7

3.7

5.4

5.5

株価収益率

(倍)

13.61

7.4

16.1

11.5

15.4

配当性向

(%)

47.3

25.5

57.5

37.7

35.9

従業員数
  (ほか臨時雇用者数)

(名)

63

60

63

60

58

 (─)

(─)

(―)

(1)

(2)

 

(注) 1  売上高には消費税等は含まれておりません。

2  潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

      3 平成27年3月期の1株当たり配当額25円には、特別配当5円を含んでおります。   

 

2 【沿革】

昭和54年4月

東京都大田区東雪谷二丁目22番4号に、小型プリンタ、電子機器及び同部品の販売を目的として資本金6百万円で設立、シチズン事務機株式会社(現:シチズン・システムズ株式会社)、スター精密株式会社の国内代理店として営業を開始

昭和55年1月

セイコーエプソン株式会社、セイコー電子工業株式会社及びブラザー工業株式会社等国内有力メーカーのプリンタ及び電子機器の販売を開始

昭和58年10月

本社を東京都大田区東雪谷五丁目29番5号に移転

昭和61年11月

山梨県富士吉田市下吉田に小型プリンタの開発、製造を目的としてニチプリ電子工業株式会社(現・連結子会社)を設立し、OEM製品の製造を開始

平成3年3月

ニチプリ電子工業株式会社が、シチズン・システムズ株式会社向け小型プリンタのOEM製品供給開始

平成4年1月

東京都大田区鵜の木一丁目5番地12号(現在地)に新社屋が完成し本社を移転

平成5年11月

ニチプリ電子工業株式会社開発による当社初のオリジナル製品小型プリンタの販売を開始

平成7年3月

オリジナル製品小型プリンタの輸出を開始

平成9年7月

当社グループの統合のため、ニチプリ電子工業株式会社、石川台商事株式会社(現・連結子会社)及びニチプリトータルプランニング株式会社を100%出資子会社とする

平成9年9月

米国エルトロン社(現 ゼブラ社)との業務提携により日本における総代理店となり、同社製バーコード・ラベル・カードプリンタの輸入販売を開始

平成12年2月

ニチプリ電子工業株式会社がスター精密株式会社向け小型プリンタのOEM製品供給開始

平成13年3月

事業拡大及び効率化の一環として当社グループ再編を行い、石川台商事株式会社がニチプリトータルプランニング株式会社を吸収合併

平成13年11月

ニチプリ電子工業株式会社「ISO9001」(品質保証規格)認証取得

平成13年11月

石川台商事株式会社があいおい損害保険株式会社の損害保険代理店業務を開始

平成15年3月

米国コダック社向けキオスクプリンタの納入開始

平成16年1月

当社「ISO14001」(環境管理)認証取得

平成16年2月

日本証券業協会への株式店頭登録

平成16年12月

日本証券業協会への店頭登録を取消し、株式会社ジャスダック証券取引所に株式を上場

平成18年8月

ニチプリ電子工業株式会社の開発センター兼工場(山梨県富士吉田市)を閉鎖し

山梨県南都留郡に新設移転

平成22年4月

ジャスダック証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、大阪証券取引所(JASDAQ市場)に上場

平成22年10月

大阪証券取引所ヘラクレス市場、同取引所JASDAQ市場及び同取引所NEO市場の各市場の統合に伴い、大阪証券取引所JASDAQ(スタンダード)に株式を上場

平成23年4月

ニチプリ電子工業株式会社は、日本プリンタエンジニアリング株式会社に商号変更

平成25年7月 

東京証券取引所と大阪証券取引所の統合に伴い、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に株式を上場

平成28年4月

日本プリンタエンジニアリング株式会社は、製品メカ開発と修理を担当する部署として、富士吉田事業所(山梨県富士吉田市)を開設

 

 

 

3 【事業の内容】

当社グループ(当社及び子会社)は、販売会社である日本プリメックス株式会社を中核として、オリジナルプリンタの開発、設計、製造を担当する日本プリンタエンジニアリング株式会社、グループの資産管理を主業務とする石川台商事株式会社の3社で構成しております。当社グループの報告セグメントは「ミニプリンタの開発・製造・販売事業」のみとなっております。

(ミニプリンタの開発・製造・販売事業)

当社グループの事業の内容は、産業用小型プリンタの開発・製造・販売会社として、国内の有力メーカーであるシチズン・システムズ株式会社、セイコーエプソン株式会社、セイコーインスツル株式会社、スター精密株式会社、

ブラザー工業株式会社及び日本プリンタエンジニアリング株式会社の小型プリンタ及び周辺機器の販売が主要業務となっております。

加えて、米国ゼブラ社製のバーコード・ラベル・カードプリンタの販売及び日本プリンタエンジニアリング株式会社開発のオリジナル製品の国内販売及び海外市場向け輸出を行っております。

日本プリンタエンジニアリング株式会社においては、ユーザーより受注のOEM製品の製造、製品改造、オリジナル製品の開発製造を行っております。

また、当社グループの販売体制は、東京本社を中心に、横浜、名古屋、大阪、福岡に営業所を設置するとともに海外営業部を東京本社に設け、平成30年3月31日現在33名の営業社員を配置しユーザーに対し営業活動を行っております。

事業の系統図は、次のとおりです。

 


    ※は連結子会社です。

 

 

4 【関係会社の状況】

 

名称

住所

資本金
(千円)

主要な事業
の内容

議決権の
所有割合
(%)

関係内容

(連結子会社)

 

 

 

 

 

日本プリンタエンジニアリング株式会社
 (注)1

山梨県
南都留郡

299,000

産業用小型
プリンタ
開発製造

100

①役員の兼務    3名

②営業上の取引  製品の開発、製造委託、製品仕入

③設備の賃貸借  土地・建物等の賃貸

 

石川台商事
株式会社

東京都
大田区

25,000

資産管理
損害保険
代理店業務

100

①役員の兼務    2名

②営業上の取引  土地・建物の維持管理委託、車両の賃借

 

 

(注) 1  特定子会社に該当しております。

2  有価証券届出書又は有価証券報告書を提出している会社はありません。

3  当社グループの報告セグメントは「ミニプリンタの開発・製造・販売事業」のみですが、「主な事業の内容」欄には詳細な区分を記載しております。

 

5 【従業員の状況】

(1) 連結会社の状況

  報告セグメントが「ミニプリンタの開発・製造・販売事業」のみであり、セグメント情報を記載していないため、事業部門別の従業員数を示すと次のとおりであります。

平成30年3月31日現在

事業部門の名称

従業員数(名)

プリンタ事業

92

(25)

その他

1

(1)

合計

93

(26)

 

(注)  1 従業員数は就業人員数であります。

2 従業員数欄の(外書)は、臨時雇用者数であります。

 

(2) 提出会社の状況

当社は、事業部門が「ミニプリンタの販売事業」のみであるため一括して記載しております。

平成30年3月31日現在

従業員数(名)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(千円)

58

(2)

44.4

11.9

6,143

 

(注)  1 従業員数は就業人員数(当社から社外への出向者を除く)であります。

2  平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。

3 従業員数欄の(外書)は、臨時雇用者数であります。

 

(3) 労働組合の状況

当社グループには労働組合は組織されておりませんが、労使関係は円滑に推移しております。

 

第2 【事業の状況】

 

1 【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

(1) 経営方針

 当社グループは、産業用小型プリンタ専門の開発・製造・販売会社として、「世界的視野に立ち、社会の発展に必要な質の高い技術、商品知識、ノウハウを提供することにより、社会の構成員の一翼を担うと共に、社会的責任を履行する」を経営理念としております。
めまぐるしく進化する情報技術やお客様のニーズが多様化する中、この経営理念を確実に実行するために、「堅実経営」を柱としながら、国内外の市場に対し、当社独自の質の高い技術・商品・サービスを広く社会に提供し、社会とともに永続的な発展を図り強固な企業基盤を確立し企業価値を高めて行くことが重要な使命であると考えております。
 また当社グループは、顧客に提供するサービスの高品質化を図るとともに、環境と調和した社会基盤の形成に資する事業活動を推進しつつ、事業の生産性を向上させる事を目的として、全社レベルでのISO14001 の認証取得、開発・生産部門におけるISO9001の認証取得などに積極的に取り組んで参りました。
 今後もお客様志向を基に、企業としての成長と利益を確実なものとして、株主・取引先・従業員・社会に対する責務を果たしていくために、事業に邁進して参ります。

 (2) 経営環境

① 市場動向

 当社グループの経営環境といたしましては、近年は、小売業向けのPOSプリンタの需要増から、各種POSシステムに対応可能なプリンタについて、自社製品の他、代理店商品の拡販を積極的に行うとともに、既存顧客約1万社に対し、交換・機種変更需要を獲得すべく、定期的な訪問営業により、顧客業界の動向や価格競争の状況に応じた各種製品の提案を行ない、安定した受注を確保する事により、市場の変化に追従出来る、販路の開拓、経営環境の実現を目指します。

② 生産体制

 製造における主な構造改革テーマは、メカニズム製造と製品修理を担当する富士吉田事業所の立上げ、作業者の習熟度向上による品質の安定化、物流業務の効率化などですが、これらは製造の合理化と部材の在庫削減目標の達成に効果があります。また製品在庫つきましても、フォーキャストの精度向上・内容分析等により削減目標を達成することが出来ます。

(3) 対処すべき課題

① 製販一体

 当社は、他社商品を扱うディーラーとしての営業面およびメーカー販社としての営業面の両面を併せ持ち、それにより培ったマーケティング力と営業力に強い日本プリメックスと、優れた商品開発力・安定した製造力を持つ日本プリンタエンジニアリングが共働して新商品の企画・開発から製造・販売・サービスに至る事業を推進しており、ディーラーとして、顧客ニーズを的確に把握すべく常に市場にアンテナを張り巡らし、メーカーとタイムリーに商品・市場情報を共有することにより販売活動の更なる連携強化と、より高度なウイン・ウインの関係、各社との共存共栄を目指します。

② 体制整備

 マネージメント力の向上を目指し、経営トップによる全ての業務を対象とした“見える化”の実施と“徹底したコスト削減”を推進して参ります。これは開発人材資源を効率的且つ有効に活かして行くことを目的に、商品開発のプロセスとマネージメントを見直し、顧客ニーズに合ったより付加価値の高い商品を安価で提供することです。既にそのための組織体制整備と人のアサイン、スケジュール化を終了し、具体的な商品企画・テーマの推進に入っております。これらの活動により、当社製品の特長である“高品質で、安く、使い勝手の良い商品の提供”がスピーディに出来るものと確信しております。

③ 販路拡大

新商品による新たな市場開拓とともに地域戦略によるビジネス拡大を目指します。東北地方、中四国地方など、まだ開拓の余地がある地域について今後ビジネスチャンスを見出して販売を促進して参ります。
 海外については、特に北米に於けるガソリンスタンドマーケット、中南米に於ける自販機マーケット、及び欧州でのゲーミングマーケットなどポテンシャルの高い市場の掘り起しを推進します。

 

2 【事業等のリスク】

当社グループの事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項には以下のようなものがあります。当社グループはこれらのリスク発生の可能性を把握したうえで、その発生の回避及び発生した場合の迅速・的確な対応に努める方針であります。

なお、文中の将来に関する事項は当連結会計年度末において、当社が判断したものであります。

 

①  仕入先・販売部門 

当社の売上高の大半はプリンタメーカーからの仕入商品の販売によるものであります。一方、主要仕入先である大手プリンタメーカーまたはその販売子会社は、産業用小型プリンタに関して独自の販売部門を有しております。これらの販売部門と当社は常に競業関係にあります。当社は取引先ユーザーに対して定期的な訪問を行うことにより顧客ニーズの把握に努めております。

また、少量の受注であっても子会社である日本プリンタエンジニアリング㈱において、カスタマイズ等の対応を行うことにより、一定の顧客層を確保しております。しかしながら、今後、大手仕入先の販売方針の変更等が行われた場合、当社グループの業績が影響を受ける可能性があります。

 

② 業界動向と業績の変動について

当社グループは、産業用小型プリンタの販売を主要業務としており、当社グループの取扱商品及び製品の需要動向は企業の設備投資動向に影響される可能性があります。当社グループでは幅広い業界に販売を行うことにより、個別企業からの受注減少による影響を軽減するよう留意しております。

しかしながら、長期にわたる不況の影響、メーカーの生産拠点の海外移転、競合商品に対するコスト競争力の低下、主要販売分野であるPOSや計測器分野におけるメーカーの統合、IT技術の急激な革新等により当社グループの業績が影響を受ける可能性があります。

 

③ 為替変動

輸出売上に関しましてはスポットレートにて決済を行っており、為替相場により売上および収益の計上額が影響を受けます。また、外貨取引におきましては、保有外貨(米ドル)を一部輸入代金の決済に回しておりますが、為替に対するヘッジ策をとっておらず外貨預金及び外貨建債権に係る為替差損益の発生等により業績が影響を受ける可能性があります。

 

④ 知的所有権の侵害について

当社グループは、子会社である日本プリンタエンジニアリング㈱において、新製品の開発を積極的に行っております。そのため新製品開発に係る知的所有権の調査、確認、管理、保全等に努めておりますが、当社グループの認識していない知的所有権等が既に成立している可能性もあるため、今後当社グループが第三者の知的所有権等を侵害しないということを現時点において保証することはできません。従いまして、当社グループが第三者の知的所有権等を侵害し、当該知的所有権等の所有者から当社グループに対して権利侵害を主張してきた場合、当社グループが損害賠償請求を受けたり、当該知的所有権等を使用する製品を提供できなくなったり、使用継続を認められる場合でもロイヤリティ等の支払いを要求される可能性があります。そのような事態が発生した場合、当社グループの業績が影響を受ける可能性があります。

 

⑤ 製造物責任について

 当社グループは子会社である日本プリンタエンジニアリング㈱において、製品の製造、開発を行っており、製造物責任法(以下、PL法という)の適用を受けております。現時点までにPL法に関する訴訟は生じておりませんが、そのような事態が発生した場合、当社グループの製品への信頼性の低下や損害賠償請求等により、当社グループの業績が影響を受ける可能性があります。また、OEM製品及び自社製品の開発の遅れ等によりクレームが発生し、当社グループの業績が影響を受ける可能性があります。

 

 

3 【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

 

(1) 概要

当連結会計年度の国内実質GDP成長率は、前期比1.8%のプラス成長見込みとなり、景気の回復が続いてきております。しかし、これは諸外国に比較して非常に低い値であり、隣国中国では、前年比6%強、韓国でも2017年中は前年比プラス3.1%となっております。本年度の予測としては、景気の回復は続くと予想されておりますが、個人消費の伸び悩みから国内景気は厳しい状況が予想されております。

また海外では、米国の鉄鋼製品等関税引上げ政策に対し、各国で対抗措置を検討するなどの保護貿易主義が台頭し始めており、貿易立国である我国の経済に悪影響を及ぼしかねない状況です。

このような経済環境の中、当連結会計年度の売上高は、54億45百万円(前年同期比5.0%増)となりました。

営業利益は、4億82百万円(前年同期比14.6%増)となりました。

期末において、保有外貨につき円高により1億6百万円の為替差損が発生しており、経常利益は、4億6百万円(前年同期比14.4%減)となりましたが、投資有価証券の売却により、69百万円の売却益を計上しております。
 この結果、親会社株主に帰属する当期純利益は、3億22百万円(前年同期比1.4%増)となりました。

 商品群別の売上高は、ミニプリンタメカニズムが1億91百万円(前年同期比28.2%減)、ケース入りミニプリンタの売上高は32億27百万円(前年同期比1.4%増)となりました。また、ミニプリンタ関連商品は7億36百万円(前年同期比6.5%増)、消耗品は4億59百万円(前年同期比6.2%増)、大型プリンタは1億29百万円(前年同期比8.1%増)、その他は7億1百万円(前年同期比42.5%増)となりました。

 

(2) 財政状態の分析

① 財政状態

資産、負債および純資産の状況

(資産)

  流動資産は、前連結会計年度末に比べて 13.1%増加し、58億54百万円となりました。これは、主として現金及び預金が2億97百万増加、受取手形及び売掛金が66百万円増加、有価証券が1億5百万円の増加、商品及び製品が85百万円増加したことによります。
 固定資産は、前連結会計年度末に比べて 5.8%減少し、18億38百万円となりました。これは、主として有形固定資産のリース資産が57百万円増加し、投資有価証券が1億69百万円減少したことによります。
 この結果、総資産は、前連結会計年度と比べて7.9%増加し、76億92百万円となりました。

(負債)

 流動負債は、前連結会計年度末に比べ21.1%増加し、18億14百万円となりました。主な増減は、支払手形及び買掛金が3億44百万円の増加、未払法人税等が41百万円の減少となっております。
 固定負債は、前連結会計年度末に比べて16.8%増加し、3億97百万円となりました。
 この結果、負債合計は、前連結会計年度末に比べて20.3%増加し、22億11百万円となりました。

(純資産)

 純資産合計は、前連結会計年度末に比べて3.6%増加し、54億80百万円となりました。主な要因は利益剰余金 2億17百万円の増加及びその他有価証券評価差額金27百万円の減少であります。
 1株当たり純資産は、前連結会計年度末に比べて36円1銭増加し、1,041円45銭となりました。また、自己資本比率は、前連結会計年度末の74.2%から71.3%となりました。

② 財政政策

当社グループの財政政策の基本につきましては、運転資金は内部資金により賄うこととしており、設備投資資金を除き、当面借入金による資金調達を行わない方針であります。

 

 

(3) 経営成績の分析

① 経営成績

a. 売上高

当連結会計年度における売上高は54億45百万円(前年同期比5.0%増加)となりました。主な要因は、国内売上の増加によるもので、小売業向けPOSレジ関連製品の売上増によるものです。

b. 売上総利益

売上高が前年同期比で増加したことにより、当連結会計年度の売上総利益は、前年同期比5.0%増の15億71百万円となりました。なお、売上総利益率は、前連結会計年度と同様28.9%となっております。

c. 販売費及び一般管理費

当連結会計年度における販売費及び一般管理費は、10億88百万円と前連結会計年度に比べ13百万円(対前年同期比1.3%)の増加となりました。主な要因は人件費が2百万円の増加、新製品の開発による開発消耗品費が8百万円の増加、業務委託費が4百万円の増加に対し、広告宣伝費が2百万円の減少となっております。

d. 営業利益

当連結会計年度における営業利益は4億82百万円(前連結会計年度の営業利益4億21百万円に比べ61百万円の増加)となりました。

e. 経常利益

当連結会計年度における経常利益は4億6百万円(前連結会計年度の経常利益4億74百万円に比べ68百万円の減少)となりました。主な要因は、前期の為替差益26百万円が、当期は、為替差損1億6百万円となったことによるものです。

f. 親会社株主に帰属する当期純利益 

税金等調整前当期純利益は4億76百万円(前連結会計年度の税金等調整前当期純利益4億74百万円に比べ1百万円の増加)となり、税効果会計適用後の法人税等負担額は1億53百万円(前連結会計年度1億56百万円に比べ3百万円の減少)となりました。その結果、当連結会計年度における親会社株主に帰属する当期純利益は3億22百万円(前連結会計年度3億18百万円に比べ4百万円の増加)となりました。

 

 

② 生産、受注及び販売の状況

当社グループの報告セグメントは「ミニプリンタの開発・製造・販売事業」のみですが、以下ではより詳細な区分に分類し開示を行っております。

a. 生産実績

 

 

区  分

 

 

金  額  (千円)

 

 

前年同期比(%)

 

ケース入りミニプリンタ

835,829

+7.0

ミニプリンタ関連商品

53,556

△38.6

合計

889,386

+2.4

 

(注) 1 金額は、製造原価によっております。

 2 金額には、消費税等は含まれておりません。

 

b. 受注状況

 

区  分

受注高(千円)

前年同期比(%)

受注残高(千円)

前年同期比(%)

ミニプリンタメカニズム

189,232

△6.4

50,001

△4.7

ケース入りミニプリンタ

3,247,499

+0.8

451,320

+4.6

ミニプリンタ関連商品

748,565

△1.0

71,032

+20.2

消耗品

454,718

△1.2

20,364

△18.6

大型プリンタ

127,186

+25.7

3,295

△37.1

その他

667,374

+24.0

49,843

△40.5

合計

5,434,572

+2.9

645,854

△1.7

 

(注)   金額には、消費税等は含まれておりません。

 

c. 販売実績

 


区  分
 

金  額  (千円)

前年同期比(%)

ミニプリンタメカニズム

191,723

△28.2

ケース入りミニプリンタ

3,227,726

+1.4

ミニプリンタ関連商品

736,628

+6.5

消耗品

459,379

+6.2

大型プリンタ

129,132

+8.1

その他

701,252

+42.5

合計

5,445,840

+5.0

 

(注)   金額には、消費税等は含まれておりません。

 

 

(4) キャッシュ・フローの状況 

当連結会計年度末における現金及び現金同等物は、(以下「資金」という。)前連結会計年度に比べ7百万円増加し12億57百万円となりました。  

当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況は次のとおりであります。

(営業活動によるキャッシュ・フロー)
 当連結会計年度における営業活動によって得られた資金は、5億85百万円(前年同期6億84百万円)となりました。これは主として税金等調整前当期純利益の計上4億76百万円、仕入債務の増加3億44百万円のインフローに対し法人税等の支払額2億10百万円のアウトフローとなったことによるものであります。

(投資活動によるキャッシュ・フロー)
 当連結会計年度における投資活動によって支出した資金は、3億55百万円(前年同期16億33百万円)となりました。これは主に、定期預金の払戻しによる収入27億33百万円に対して、預入による支出30億62百万円、投資有価証券の取得による支出が1億52百万円、投資有価証券の売却による収入が92百万円であったことによるものであります。

 (財務活動によるキャッシュ・フロー)
 当連結会計年度における財務活動により支出した資金は1億62百万円(前年同期2億2百万円)であり、これは主に配当金の支払1億5百万円による支出であります。   

 

 

 

 

4 【経営上の重要な契約等】

仕入関係契約

契約会社名

相手先名

国名

契約名

契約内容

契約期間

日本プリメックス株式会社

シチズンCBM株式会社

日本

取引基本契約

商品の継続的取引並びに外注取引に関する基本的事項

自平成12年7月1日
至平成13年6月30日
(以降1年毎に自動延長)

日本プリメックス株式会社

エプソン販売株式会社

日本

エプソン製品売買基本契約

エプソン製品継続販売に関する事項

自平成13年4月1日
至平成14年3月31日
(以降1年毎に自動延長)

日本プリメックス株式会社

セイコーインスツル株式会社

日本

販売代理店契約

電子部品取扱に関する事項

自平成13年5月1日
至平成14年4月30日
(以降1年毎に自動延長)

 

 

5 【研究開発活動】

当社グループにおける研究開発活動は、従来どおり、市場ニーズを先取りし、顧客に信頼される耐久性ある商品の企画・開発を旨としております。

流通業向けのプリンタについては、従来のレジスター組込みタイプの他、PCと販売・在庫管理などのシステム、キャッシュドロワー(現金収納箱)、ディスプレーやタブレットと一体で販売される卓上プリンタの出荷も増加しており、それらWi-Fi無線LAN接続などのIT技術に対応するため、当社における営業情報や、営業受注の内容に基づき、日本プリンタエンジニアリング㈱において新技術の開発に注力すると同時に、新製品の開発、製造を行っております。

  最近では、高齢化社会に向け、フォントのサイズを大きくしたデカ文字プリンタや、用紙のサイズの大きな幅広プリンタ、低価格の卓上プリンタなどの開発・製品化を実現しております。

また、今後につきましては、「海外市場特化モデル」である主に北米や欧州の製品需要者ニーズに合った外観や機能を備えた製品の開発に注力する方針です。

  当社グループの報告セグメントは「ミニプリンタの開発・製造・販売事業」のみであり、当連結会計年度における研究開発費は2億46百万円であります。

 

 

第3 【設備の状況】

 

1 【設備投資等の概要】

当連結会計年度に実施した設備投資の総額は108,323千円であり、その主な内容は、建物設備改修825千円、機械装置294千円、車両運搬具3,328千円、工具器具備品等7,306千円、金型等のリース資産96,570千円の設備投資を行い
ました。

なお、当連結会計年度において、重要な設備の除却、売却等はありません。

また、当社グループの報告セグメントは「ミニプリンタの開発・製造・販売事業」のみであるため、セグメントごとの設備投資等の概要については記載しておりません。

 

2 【主要な設備の状況】

(1) 提出会社                                                                  平成30年3月31日現在

事業所名
(所在地)

設備の内容

帳簿価額(千円)

従業員数
(名)

建物
及び構築物

工具、器具及び備品

土地
(面積㎡)

合計

本社(東京営業部を含む)
(東京都大田区)

本社管理部門及び東京営業部

120,825

602

515,240

(276.61)

636,668

32

(1)

サービスセンター

(東京都大田区)

カスタマーサポート部

641

641

3

(1)

旧山梨工場
(山梨県富士吉田市)
 

日本プリンタエンジニアリング㈱ 富士吉田事業所

1,000

12,500

(197.78)

13,500

(―)

 

山梨工場
(山梨県南都留郡
富士河口湖町)(注3)

日本プリンタ  エンジニアリング㈱本社兼工場

154,779

 (8,803.82)

154,779

(―)

 

横浜営業所
(横浜市中区)

営業設備

55

55

8

(―)

大阪営業所
(大阪市淀川区)

営業設備

8

(―)

名古屋営業所
(名古屋市千種区)

営業設備

33

33

5

(―)

九州営業所
(福岡市博多区)

営業設備

22

22

2

(―)

横浜営業所建設予定地
(横浜市中区)

横浜営業所駐車場及び賃貸駐車場

213

207,563

(325.09)

207,776

(―)

 

(注) 1  金額には、消費税等は含まれておりません。

2  金額は帳簿価額であります。

3  山梨工場は、日本プリンタエンジニアリング㈱に賃貸しております。

     4  従業員数の(外書)は、臨時雇用者数であります。

(2) 国内子会社                                                                  平成30年3月31日現在

会社名

事業所名
(所在地)

設備の内容

帳簿価額(千円)

従業
員数
(名)

建物
及び構築物

機械装置
及び運搬具

工具、器具及び備品

土地
(面積㎡)

その他
(リース
資産)

合計

日本プリンタエンジニアリング株式会社

本社兼工場
(山梨県
南都留郡)

本社管理部門及びプリンタ生産設備

121,841

1,613

6,510

125,359

255,326

33

(20)

日本プリンタエンジニアリング株式会社

富士吉田事業所

製品メカ開発・修理センター

6,420

6,420

1

(3)

 

石川台商事株式会社

本社
(東京都大田区)

賃貸用資産

24

6,055

6,080

 

1

(1)

      川崎市高津区
 

41,252

(150.35)

41,252

 

(―)

 

(注) 1  金額には、消費税等は含まれておりません。

2  金額は帳簿価額であります。

3  石川台商事㈱における機械装置及び運搬具6,055千円は、提出会社及び日本プリンタエンジニアリング㈱に賃貸している営業用車両33台の帳簿価額であります。

     4  従業員数の(外書)は、臨時雇用者数であります。

 

3 【設備の新設、除却等の計画】

経常的な設備の更新のための除却等を除き、重要な設備の新設、除却等の計画はありません。

 

第4【提出会社の状況】

 

1 【株式等の状況】

(1) 【株式の総数等】

① 【株式の総数】

 

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

22,090,000

22,090,000

 

 

② 【発行済株式】

種類

事業年度末現在
発行数(株)
(平成30年3月31日)

提出日現在
発行数(株)
(平成30年6月26日)

上場金融商品取引所名又は登録
認可金融商品
取引業協会名

内容

普通株式

5,523,592

5,523,592

東京証券取引所
JASDAQ
(スタンダード)

単元株式数は100株であります。

5,523,592

5,523,592

 

 

(2) 【新株予約権等の状況】

① 【ストックオプション制度の内容】

該当事項はありません。

 

② 【ライツプランの内容】

該当事項はありません。

 

③ 【その他の新株予約権等の状況】

該当事項はありません。

 

(3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

該当事項はありません。

 

(4) 【発行済株式総数、資本金等の推移】

 

年月日
 

発行済株式総数増減数

(株)

発行済株式総数残高

(株)

資本金増減額

(千円)

資本金残高

(千円)

資本準備金増減額

(千円)

資本準備金残高

(千円)

平成16年2月13日 (注)

400,000

5,523,592

119,200

393,997

178,400

283,095

 

(注) 一般募集(ブックビルディング方式)

発行価格   800円

引受価格   744円

発行価額   595円

資本組入額  298円

 

(5) 【所有者別状況】

平成30年3月31日現在

区分

株式の状況(1単元の株式数100株)

単元未満
株式の状況
(株)

政府及び
地方公共
団体

金融機関

金融商品

取引業者

その他の
法人

外国法人等

個人
その他

個人以外

個人

株主数
(人)

3

12

13

6

1

1,461

1,496

所有株式数
(単元)

1,902

270

2,853

72

2

50,121

55,220

1,592

所有株式数
の割合(%)

3.44

0.49

5.17

0.13

0.00

90.76

100.00

 

(注)  自己株式 260,801株は「個人その他」に2,608単元及び「単元未満株式の状況」に1株含めて記載しております。

 

(6) 【大株主の状況】

平成30年3月31日現在

氏名又は名称

住所

所有株式数
(千株)

発行済株式
(自己株式を
除く。)の
総数に対する
所有株式数
の割合(%)

中川  善司

東京都大田区

2,001

38.02

中川  悦子

東京都大田区

889

16.90

中川 亮

東京都大田区

221

4.21

中川  優

東京都大田区

221

4.21

日本プリメックス従業員持株会

東京都大田区鵜の木1丁目5番12号

213

4.05

上原  幸

埼玉県蕨市

164

3.12

株式会社光通信

東京都豊島区西池袋1丁目4番10号

140

2.68

株式会社三菱東京UFJ銀行

東京都千代田区丸の内2丁目7番1号

100

1.90

株式会社みずほ銀行(常任代理人 資産管理サービス信託銀行株式会社)

千代田区大手町1丁目5番5号(東京都中央区晴海1丁目8番12号 晴海アイランドトリトンスクエアオフィスタワーZ棟)

90

1.71

朝比奈 誠

山梨県南都留郡

78

1.50

4,120

78.29

 

(注) 上記のほか、当社所有の自己株式260千株があります。

 

 

(7) 【議決権の状況】

① 【発行済株式】

平成30年3月31日現在

区分

株式数(株)

議決権の数(個)

内容

無議決権株式

議決権制限株式(自己株式等)

議決権制限株式(その他)

完全議決権株式(自己株式等)

(自己保有株式)

普通株式

260,800

 

完全議決権株式(その他)

普通株式

5,261,200

 

52,612

権利内容に何ら限定のない当社における標準となる株式であります。

単元未満株式

普通株式

1,592

 

同  上

発行済株式総数

5,523,592

同  上

総株主の議決権

52,612

 

 

② 【自己株式等】

平成30年3月31日現在

所有者の氏名
又は名称

所有者の住所

自己名義
所有株式数
(株)

他人名義
所有株式数
(株)

所有株式数
の合計
(株)

発行済株式
総数に対する
所有株式数
の割合(%)

(自己保有株式)

東京都大田区鵜の木1丁目5番12号

260,800

260,800

4.72

日本プリメックス株式会社

260,800

260,800

4.72

 

 

 

2 【自己株式の取得等の状況】

 

【株式の種類等】

会社法第155条第7号による普通株式の取得

 

 

 

(1) 【株主総会決議による取得の状況】

        該当事項はありません。

 

(2) 【取締役会決議による取得の状況】

  該当事項はありません。

 

(3) 【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

 

区分

株式数(株)

価額の総額(千円)

当事業年度における取得自己株式

49

33

当期間における取得自己株式

 

(注)  当期間における取得自己株式には、平成30年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りによる株式数は含めておりません。

 

(4) 【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

 

区分

当事業年度

当期間

株式数(株)

処分価額の総額
(千円)

株式数(株)

処分価額の総額
(千円)

引き受ける者の募集を行った
取得自己株式

消却の処分を行った取得自己株式

合併、株式交換、会社分割に係る
移転を行った取得自己株式

その他

保有自己株式数

260,801

260,801

 

(注)当期間における保有自己株式数には、平成30年6月1日から有価証券報告書提出日までの株式の買取りによる株式数は含まれておりません。

 

 

3 【配当政策】

  当社は、株主に対する利益還元を経営戦略の重要な要素と認識し、株主重視の基本政策に基づき、将来にわたる安定配当の維持と企業体質の強化ならびに今後の事業展開に必要な内部留保の確保等を念頭に、利益水準、企業の財政状態、配当性向等を総合的に検討した上で積極的に株主への利益還元に取り組んでいく方針であります。

  当社の剰余金の配当は、期末配当の年1回を基本的な方針としており、期末配当の決定機関は株主総会であります。

  当期の剰余金の配当につきましては、継続的な安定配当の基本方針のもと、1株当たり20円としております。

また、内部留保資金につきましては、業容の拡大にむけた財務体質の強化、新製品の開発、新市場の開拓などに活用し、株主の皆様への長期的、安定的な配当水準の維持、向上に努めて参りたいと考えております。

なお、当事業年度においては、第40回定時株主総会(平成30年6月26日開催)において、剰余金の配当(1株につき20円)を決議しております。

  また、当社は定款において、取締役会の決議により毎年9月30日を基準として、中間配当を行うことができる旨を定めております。

 

(注)基準日が当事業年度に属する剰余金の配当は、以下のとおりであります。

決議年月日

配当金の総額(千円)

1株当たりの配当額(円)

平成30年6月26日

105,255

20

定時株主総会決議

 

 

4 【株価の推移】

(1) 【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】

回次

第36期

第37期

第38期

第39期

第40期

決算年月

平成26年3月

平成27年3月

平成28年3月

平成29年3月

平成30年3月

最高(円)

679

779

752

689

874

最低(円)

485

519

549

499

569

 

(注)  最高・最低株価は、平成25年7月15日以前は大阪証券取引所JASDAQ(スタンダード)におけるものであり、平成25年7月16日以降は東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)におけるものであります。

(2) 【最近6月間の月別最高・最低株価】

月別

平成29年10月

11月

12月

平成30年1月

2月

3月

最高(円)

749

768

760

815

819

874

最低(円)

679

711

736

751

741

778

 

(注)  最高・最低株価は、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)におけるものであります。

 

 

5 【役員の状況】

男性 9名 女性―名 (役員のうち女性の比率―%)

役名

職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数

(株)

代表取締役
会長兼社長

中  川  善  司

昭和20年1月13日生

昭和42年4月

シチズン事務機株式会社入社(現シチズン・システムズ株式会社)

昭和61年4月

同社システム営業部長

平成3年4月

同社システム営業部長兼シービーエムアメリカ・コーポレーション社長就任

平成8年6月

当社取締役就任

平成9年10月

代表取締役会長就任(現任)

平成11年5月

代表取締役社長兼務(現任)

(注)2

2,001,140

取締役

執行役員

国内営業

本部長

兼特販部長

太  田  明  光

昭和30年9月14日生

昭和49年4月

商工組合中央金庫入社

昭和58年4月

当社入社

平成9年5月

営業部長

平成11年5月

取締役国内営業部長就任

平成13年4月

取締役国内営業本部長兼東京営業部長

平成17年9月

取締役国内営業本部長兼特販部長(現任)

(注)2

21,372

取締役

執行役員

国内営業

副本部長兼

所店営業部長

内  田      弘

昭和31年7月21日生

昭和50年4月

東京ダイハツ自動車株式会社入社

昭和57年5月

当社入社

平成9年5月

営業第2部長

平成10年4月

システム営業部長

平成13年3月

取締役システム営業部長就任

平成13年4月

取締役国内営業副本部長兼システム営業部長

平成17年9月

取締役国内営業副本部長兼東京営業部長

平成29年4月

取締役国内営業副本部長兼所店営業部長(現任)

(注)2

21,372

取締役

執行役員

国内営業

副本部長兼

東京営業部長

渡  辺  良  雄

昭和28年12月21日生

昭和51年4月

株式会社アズマ商会入社

昭和58年3月

当社入社

昭和63年11月

横浜営業所長

平成13年3月

取締役就任

平成13年4月

取締役国内営業副本部長兼横浜営業所長

平成16年1月

取締役国内営業副本部長兼所店営業部長

平成29年4月

取締役国内営業副本部長兼東京営業部長(現任)

(注)2

20,244

取締役

執行役員

管理本部長

真  岡  厚  史

昭和27年2月17日生

昭和50年4月

セイコーエプソン(株)入社

平成16年6月

エプソン販売(株)取締役就任

平成17年6月

同社  常務取締役就任
CS・QAセンター長 

平成22年11月

同社  常務取締役
経営推進本部長兼技術推進本部長

平成24年2月

セイコーエプソン(株)、エプソン販売(株)退社

平成24年3月

当社入社  管理本部長兼人事部長

平成24年6月

取締役就任  管理本部長(現任)

(注)2

3,000

 

取締役

 

加 藤 準 一 

昭和23年8月3日生

昭和45年4月

(株)諏訪精工舎入社(現セイ
コーエプソン(株))

平成17年12月

日本プリンタエンジニアリング
(株)入社

平成19年6月

同社取締役執行役員 管理製造部
就任

平成25年4月

同社取締役執行役員工場長就任
(現任)

平成27年6月

当社取締役就任(現任)

平成29年4月

日本プリンタエンジニアリング
取締役社長(現任)

(注)2

 

 

 

 

役名

職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数

(株)

常勤監査役

白  石  吉  昭

昭和18年1月30日生

昭和40年4月

株式会社諏訪精工舎入社

平成8年1月

同社FA機器部部長

平成10年6月

エプソン販売株式会社常務取締役就任

平成11年6月

同社専務取締役就任

平成15年1月

同社退社

平成15年3月

当社監査役就任(現任)

(注)3

6,000

監査役

山  崎  真  人

昭和21年1月21日生

昭和45年4月

シチズン時計株式会社入社

平成12年6月

シービーエム株式会社入社
(現シチズン・システムズ株式会社)
取締役システム事業部長就任

平成17年6月

シチズン・システムズ株式会社
取締役本部長

平成19年6月

同社  顧問

平成21年1月

同社  顧問退任

平成22年6月

当社監査役就任(現任)

(注)4

 

監査役

田  中 貞  雄

昭和23年5月11日生

昭和47年4月

株式会社三和銀行入行 (現(株)三菱UFJ銀行)

平成11年4月

(株)三和総合研究所 出向     SANMIC事業部長

平成15年7月

エム・ユー・フロンティア債権 回収(株)入社 執行役員リテール業務部長

平成22年7月

同社 大阪ローン業務部参与

平成27年5月

同社退社

平成27年6月

当社監査役就任(現任)

 

 

(注)5

 

 

 

2,073,128

 

(注)  1.  監査役  白石吉昭、山崎真人、田中貞雄は「社外監査役」であります。

2.  取締役の任期は、平成29年3月期に係る定時株主総会終結の時から平成31年3月期に係る定時株主総会終
 結の時までであります。

3.  監査役  白石吉昭の任期は、平成29年3月期に係る定時株主総会終結の時から平成33年3月期に係る定時株主総会終結の時までであります。

4.  監査役  山崎真人の任期は、平成30年3月期に係る定時株主総会終結の時から平成34年3月期に係る定時株主総会終結の時までであります。

5.  監査役  田中貞雄の任期は、平成27年3月期に係る定時株主総会終結の時から平成31年3月期に係る定時株主総会終結の時までであります。

  6.  当社では経営に関する機能分担を明確にして、意思決定と業務遂行の迅速化を図るとともに、監督機能を強化するため、執行役員制度を導入しております。これにより機動的かつ戦略的な経営体制をより強化し、企業価値の向上を図ってまいります。

     執行役員は合計6名で上記記載(4名)の他、取締役を兼務していない執行役員は以下のとおりです。  

 

職名

氏名

財務担当

中川  育生

経理担当

柳澤 雄二

 

 

 

6 【コーポレート・ガバナンスの状況等】

(1) 【コーポレート・ガバナンスの状況】

(コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方)

当社では、事業の財務体質の強化を図り安定した収益構造を構築して企業価値を高め、株主、投資家の皆様をはじめ、顧客・取引先等すべてのステークホルダー及び社会から信頼される企業であり続けるために、コーポレート・ガバナンスの充実を経営上の重要課題の一つと位置付けており、経営上の組織体制や編成を整備し、社員の意思統一を実現して邁進していくものと考えております。

また、情報開示面においても、決算実績及び事業の概況を開示するほか、機関投資家、アナリスト向け個別ミーティングを開催すると同時にホームページにもその内容を掲載し、詳細な情報提供に努めております。

① 企業統治の体制

(企業統治の体制の概要)

当社は、監査役会設置会社であり、取締役会及び監査役会により業務執行の決議、監督及び監査を行っております。また、当社は、弁護士、税理士、社会保険労務士と顧問契約を締結し、重要な契約、法的な判断及びコンプライアンスに関する事項については、必要に応じて助言ないし指導を受ける体制を整えております。

a  取締役会

当社の取締役会は、取締役6名、執行役員1名で構成されております。取締役会では、事業環境の変化に素早く対応するために、経営の意思決定を迅速かつ適正に行うことができるよう、毎月開催される定例取締役会のほか、緊急を要する場合にはその都度取締役会を招集して取締役全員で審議にあたり意思決定を行っております。また、当社取締役が当社子会社の役員を兼務することにより、各グループ企業の意思決定や取締役の業務執行状況を管理・監督しております。

b  監査役会

当社では、常勤監査役1名と非常勤監査役2名(3名の社外監査役)にて構成されております。監査役会は、
原則、毎月1回開催することとしており、各監査役は監査役会が定めた監査の方針、監査計画、業務分担に従い、取締役会及びその他重要な会議に出席し意見を述べるなど、取締役の業務執行が適正かどうかの監査を行っております。

c  内部監査

当社では、社長の下に内部監査兼任の担当者(1名)を置き、経営の健全化・効率化の促進に向け監査計画を作成、監査役との連携を密に行いその運用に注力し、年2回各部署の業務執行状況について業務監査を実施し社長に定期報告しております。

d  内部監査、監査役監査及び会計監査の相互連携

監査役及び内部監査担当者は毎月1回監査内容及び監査結果について協議会を開催し、問題点の改善状況、新たな問題点の有無等について協議しております。また、会計監査につきましては、会計監査人と連携し、決算に関する定期監査の実施により、法令や社内規程の違反行為の有無をチェックしております。

e  社外取締役及び社外監査役

当社の社外監査役は3名であります。

社外監査役白石吉昭氏は、株式会社エプソン販売の出身者(平成15年1月まで専務取締役在籍)又、社外監

査役山崎真人氏は、シチズン・システムズ株式会社の出身者(平成20年12月まで取締役在籍)で同社との間には資本関係、及び商品等の仕入に関する取引がありますが取引は定常的なものであり、社外監査役個人が直接利害関係を有するものではありません。社外監査役田中貞雄氏は、エム・ユー・フロンティア株式会社の出身者(平成27年5月31日退職)で同社との間には資本関係等一切の関係はありません。

当社は、社外監査役を選任するための当社からの独立性に関する基準又は方針について、具体的に定めることはしておりませんが、専門家としての知見に基づき、客観的かつ適切な監視、監督、監査の助言が期待できる候補者を選定しております。

当社は、会社法第427条第1項に基づき、社外監査役との間において、会社法423条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任限度額は、金5百万円以上であらかじめ定めた額と法令の定める最低責任限度額とのいずれか高い額としています。なお、当該責任限定が認められるのは、当該社外監査役が責任の原因となった職務の遂行について善意でかつ重大な過失がないときに限られます。

なお、当社は社外取締役を選任しておりません。当社は意思決定機能と業務執行を管理監督する機能を持つ取締役会に対し、監査役3名を社外監査役とすることで経営への監視機能を実現しております。コーポレートガバナンスにおいて、外部からの客観的、中立の経営監視の機能が重要と考え、社外監査役3名による監査が実施されることにより、外部からの経営監視機能が十分に機能する体制が整っているため、現状の体制となっております。

f  内部統制システムの整備の状況

当社の内部統制のシステムは、経営の有効性と効率性を高めること、財務報告の信頼性を確保すること、各種法規や社内ルールの遵守を促すなどの目的から「内部監査」「監査役監査」をはじめ「取締役会」や「所課長会議」の開催をもって、各種有機的に連携しそれぞれの持つ機能を相互補完・牽制しあいながら企業経営の健全性を図っております。

   さらに案件により各種プロジェクト・委員会を組織し、取締役会へ報告・答申する中から、利害関係者への管理を行う体制を図っております。

また、通常の意思決定については、稟議制度を採用し、職務分掌規程・職務権限規程・稟議規程などに則り決裁しており、重要な法的課題やコンプライアンスなどに関する事象については、必要に応じて顧問弁護士から助言・指導を受けております。

g  リスク管理体制

当社では、毎週月曜日に行われる本社部長、課長会議、また、毎月1回行われるグループ全社の役員、部長、所長、課長、工場長の会議(所課長会議)において、部門別業務案件及び懸案事項等の報告が行われ、全社的に情報の収集体制が確立されており、案件ごとに社長以下出席者全員の合議において意思決定される体制となっております。

h  IR活動

当社では、株主、投資家の皆様には、決算実績及び事業の概況等をホームページにおいて適時に開示し、アナリスト・機関投資家に対し個別ミーティングを開催する等IR活動の充実に取り組んでおり、透明度の高い充実した早期の情報開示に努力しております。

i  その他

    (取締役の員数)

        当社の取締役は、10名以内とする旨を定款で定めております。

    (監査役の員数)

        当社の監査役は、3名以内とする旨を定款で定めております。

    (取締役選任の決議要件)

        当社は、取締役の選任決議について総株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨を定款に定めております。

    (株主総会決議事項を取締役会で決議することとしている事項)

      *自己の株式の取得

        当社は、経営環境の変化に対応した機動的な資本政策の遂行を可能とするため、会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議により自己の株式を取得できる旨を定款に定めております。

      *中間配当

        当社は、株主への機動的な利益還元を行なう事が出来るよう、取締役会の決議によって、毎年9月30日を基準日として中間配当をすることが出来る旨を定款で定めております。 

        (株主総会の特別決議要件)

*当社は、特別決議の定足数を緩和することにより株主総会の円滑な運営を行なうため、会社法第309条第2項に定める決議は、議決権を行使することの出来る株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行なう旨を定款に定めております。

 

② 役員報酬

イ.  役員報酬等

  提出会社の役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

役員区分

報酬等

の総額

(千円)

報酬等の種類別の総額(千円)

対象となる

役員の員数

(名)

基本報酬

ストック
オプション

賞与

退職慰労金

取締役
(社外取締役を除く)

45,159

45,159

6

監査役
(社外監査役を除く)

社外役員

12,750

12,750

3

 

(注)1.社外役員はすべて社外監査役であります。

      2.上記の報酬のほか使用人兼務取締役6名に使用人給与18,106千円を支払っております。

      3.平成12年6月29日開催の株主総会において、取締役の報酬額は年額60百万円以内(但し、使用人兼務取締役の使用人分の給与は含まない。) 、監査役の報酬額は年額30百万円以内とご承認を頂いております。

 

ロ.  役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針

   当社は役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針は定めておりません。

③ 株式の保有状況

        保有目的が純投資目的である投資株式

 

前事業年度(千円)

当事業年度(千円)

貸借対照表計上
額の合計額

貸借対照表計
上額の合計額

受取配当金
の合計額

売却損益の
合計額

評価損益の
合計額

非上場以外の株式

608,585

425,998

19,962

69,417

61,196

 

   ④ 会計監査の状況

a  業務を執行した公認会計士の氏名

     樋 口 義 行    ( 有限責任監査法人トーマツ )

           山 田  知 輝   ( 有限責任監査法人トーマツ ) 

b  監査業務に係る補助者の構成

     公認会計士      3名

     その他          5名

なお、当社のコーポレート・ガバナンスの体制は以下の図のとおりであります。

 

 

 

 


 

(2) 【監査報酬の内容等】

① 【監査公認会計士等に対する報酬の内容】

 

区分

前連結会計年度

当連結会計年度

監査証明業務に
基づく報酬(千円)

非監査業務に
基づく報酬(千円)

監査証明業務に
基づく報酬(千円)

非監査業務に
基づく報酬(千円)

提出会社

22,000

22,000

連結子会社

22,000

22,000

 

 

② 【その他重要な報酬の内容】

  該当事項はありません。

③ 【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

該当事項はありません。

④ 【監査報酬の決定方針】

  当社の監査公認会計士等に対する監査報酬の決定方針といたしましては、監査の所要日数、従事する人数等を勘案し、監査法人と相互に協議の上決定しております。

 

第5 【経理の状況】

 

1  連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について

(1) 当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)に基づいて作成しております。

 

(2) 当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。

  また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則127条の規定により財務諸表を作成しております。

 

2  監査証明について

当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(平成29年4月1日から平成30年3月31日まで)の連結財務諸表及び事業年度(平成29年4月1日から平成30年3月31日まで)の財務諸表について、有限責任監査法人トーマツにより監査を受けております。

 

1 【連結財務諸表等】

(1) 【連結財務諸表】

① 【連結貸借対照表】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(単位:千円)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前連結会計年度

(平成29年3月31日)

当連結会計年度

(平成30年3月31日)

資産の部

 

 

 

流動資産

 

 

 

 

現金及び預金

※2 3,276,733

※2 3,574,171

 

 

受取手形及び売掛金

1,392,339

※3 1,458,629

 

 

有価証券

-

105,698

 

 

商品及び製品

258,186

344,060

 

 

原材料及び貯蔵品

153,184

155,177

 

 

未収還付法人税等

683

-

 

 

繰延税金資産

39,135

47,192

 

 

その他

57,314

169,804

 

 

貸倒引当金

279

437

 

 

流動資産合計

5,177,297

5,854,296

 

固定資産

 

 

 

 

有形固定資産

 

 

 

 

 

建物及び構築物(純額)

※2 262,582

※2 251,056

 

 

 

機械装置及び運搬具(純額)

9,617

7,669

 

 

 

工具、器具及び備品(純額)

11,170

8,574

 

 

 

土地

※2 931,334

※2 931,334

 

 

 

リース資産(純額)

76,612

134,353

 

 

 

有形固定資産合計

※1 1,291,317

※1 1,332,988

 

 

無形固定資産

 

 

 

 

 

リース資産

13,551

8,527

 

 

 

その他

12,682

11,103

 

 

 

無形固定資産合計

26,233

19,631

 

 

投資その他の資産

 

 

 

 

 

投資有価証券

608,585

439,123

 

 

 

繰延税金資産

12,921

33,248

 

 

 

その他

18,398

13,924

 

 

 

貸倒引当金

5,106

623

 

 

 

投資その他の資産合計

634,799

485,673

 

 

固定資産合計

1,952,351

1,838,292

 

資産合計

7,129,648

7,692,589

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(単位:千円)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前連結会計年度

(平成29年3月31日)

当連結会計年度

(平成30年3月31日)

負債の部

 

 

 

流動負債

 

 

 

 

支払手形及び買掛金

※2 1,199,465

※2.※3 1,543,751

 

 

未払法人税等

132,930

91,435

 

 

賞与引当金

42,920

43,112

 

 

その他

122,872

136,096

 

 

流動負債合計

1,498,189

1,814,395

 

固定負債

 

 

 

 

役員退職慰労引当金

144,275

160,230

 

 

退職給付に係る負債

156,110

171,912

 

 

その他

39,634

65,105

 

 

固定負債合計

340,020

397,248

 

負債合計

1,838,209

2,211,644

純資産の部

 

 

 

株主資本

 

 

 

 

資本金

393,997

393,997

 

 

資本剰余金

283,095

283,095

 

 

利益剰余金

4,702,876

4,920,206

 

 

自己株式

158,866

158,899

 

 

株主資本合計

5,221,103

5,438,400

 

その他の包括利益累計額

 

 

 

 

その他有価証券評価差額金

70,334

42,545

 

 

その他の包括利益累計額合計

70,334

42,545

 

純資産合計

5,291,438

5,480,945

負債純資産合計

7,129,648

7,692,589

 

② 【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】

【連結損益計算書】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(単位:千円)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前連結会計年度

(自 平成28年4月1日

 至 平成29年3月31日)

当連結会計年度

(自 平成29年4月1日

 至 平成30年3月31日)

売上高

5,185,061

5,445,840

売上原価

※1,※4 3,688,999

※1,※4 3,874,576

売上総利益

1,496,061

1,571,264

販売費及び一般管理費

※2,※4 1,074,707

※2,※4 1,088,506

営業利益

421,353

482,758

営業外収益

 

 

 

受取利息

6,448

8,425

 

受取配当金

19,494

19,962

 

受取賃貸料

475

490

 

為替差益

26,128

-

 

その他

3,793

6,205