EDINET閲覧(提出)サイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)をもとに上場企業サーチ作成

本ページはEDINETに提出された開示情報を上場企業サーチが加工/編集したものであり、記載された情報の正確性および完全性について上場企業サーチは一切の保証を行いません。本ページの情報を利用する際は自己の責任で判断頂き、意思決定に際しては適宜EDINETや提出会社が公開するオリジナルを参照する様にしてください。本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

 

【表紙】

 

【提出書類】

有価証券報告書

【根拠条文】

金融商品取引法第24条第1項

【提出先】

関東財務局長

【提出日】

2021年12月27日

【事業年度】

第28期(自 2020年10月1日 至 2021年9月30日)

【会社名】

レカム株式会社

【英訳名】

RECOMM CO.,LTD.

【代表者の役職氏名】

代表取締役社長  伊 藤 秀 博

【本店の所在の場所】

東京都渋谷区代々木三丁目25番3号

【電話番号】

03-4405-4566 (代表)

【事務連絡者氏名】

取締役執行役員CFO兼経営管理本部長  砥 綿 正 博

【最寄りの連絡場所】

東京都渋谷区代々木三丁目25番3号

【電話番号】

03-4405-4566 (代表)

【事務連絡者氏名】

取締役執行役員CFO兼経営管理本部長  砥 綿 正 博

【縦覧に供する場所】

株式会社東京証券取引所

 (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

 

 

E02971 33230 レカム株式会社 RECOMM CO.,LTD. 企業内容等の開示に関する内閣府令 第三号様式 IFRS true cte cte 2020-10-01 2021-09-30 FY 2021-09-30 2019-10-01 2020-09-30 2020-09-30 1 false false false E02971-000 2021-12-27 E02971-000 2018-10-01 2019-09-30 E02971-000 2019-10-01 2020-09-30 E02971-000 2020-10-01 2021-09-30 E02971-000 2019-09-30 E02971-000 2020-09-30 E02971-000 2021-09-30 E02971-000 2017-09-30 E02971-000 2018-09-30 E02971-000 2016-10-01 2017-09-30 E02971-000 2017-10-01 2018-09-30 E02971-000 2016-10-01 2017-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02971-000 2017-10-01 2018-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02971-000 2018-10-01 2019-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02971-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02971-000 2020-10-01 2021-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02971-000 2017-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02971-000 2018-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02971-000 2019-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02971-000 2020-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02971-000 2021-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02971-000 2021-09-30 jpcrp030000-asr_E02971-000:DomesticSolutionReportableSegmentMember E02971-000 2021-09-30 jpcrp030000-asr_E02971-000:OverseasSolutionReportableSegmentMember E02971-000 2021-09-30 jpcrp030000-asr_E02971-000:BusinessProcessReEngineeringReportableSegmentMember E02971-000 2021-09-30 jpcrp030000-asr_E02971-000:ManagementDepartmentOtherReportableSegmentMember E02971-000 2021-09-30 jpcrp030000-asr_E02971-000:ITSolutionReportableSegmentMember E02971-000 2021-09-30 jpcrp030000-asr_E02971-000:EnergySolutionReportableSegmentMember E02971-000 2021-12-27 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E02971-000 2021-09-30 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E02971-000 2021-09-30 jpcrp_cor:No1MajorShareholdersMember E02971-000 2021-09-30 jpcrp_cor:No2MajorShareholdersMember E02971-000 2021-09-30 jpcrp_cor:No3MajorShareholdersMember E02971-000 2021-09-30 jpcrp_cor:No4MajorShareholdersMember E02971-000 2021-09-30 jpcrp_cor:No5MajorShareholdersMember E02971-000 2021-09-30 jpcrp_cor:No6MajorShareholdersMember E02971-000 2021-09-30 jpcrp_cor:No7MajorShareholdersMember E02971-000 2021-09-30 jpcrp_cor:No8MajorShareholdersMember E02971-000 2021-09-30 jpcrp_cor:No9MajorShareholdersMember E02971-000 2021-09-30 jpcrp_cor:No10MajorShareholdersMember E02971-000 2021-09-30 jpcrp_cor:SharesWithNoVotingRightsMember E02971-000 2021-09-30 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsTreasurySharesEtcMember E02971-000 2021-09-30 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsOtherMember E02971-000 2021-09-30 jpcrp_cor:OrdinarySharesTreasurySharesSharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E02971-000 2021-09-30 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsOtherMember E02971-000 2021-09-30 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesLessThanOneUnitMember E02971-000 2021-09-30 jpcrp_cor:Row1Member E02971-000 2021-12-27 jpcrp030000-asr_E02971-000:ItouHidehiroMember E02971-000 2021-12-27 jpcrp030000-asr_E02971-000:KinoshitaTateshiMember E02971-000 2021-12-27 jpcrp030000-asr_E02971-000:TowataMasahiroMember E02971-000 2021-12-27 jpcrp030000-asr_E02971-000:OshimaYukiMember E02971-000 2021-12-27 jpcrp030000-asr_E02971-000:MiyakeIchirouMember E02971-000 2021-12-27 jpcrp030000-asr_E02971-000:KatouHidehitoMember E02971-000 2021-12-27 jpcrp030000-asr_E02971-000:YamaguchiYoshinariMember E02971-000 2021-12-27 jpcrp030000-asr_E02971-000:ShimaduYoshinoriMember E02971-000 2021-12-27 jpcrp_cor:Row1Member E02971-000 2021-12-27 jpcrp_cor:Row2Member E02971-000 2021-12-27 jpcrp_cor:Row3Member E02971-000 2021-12-27 jpcrp_cor:Row4Member E02971-000 2021-12-27 jpcrp_cor:Row5Member E02971-000 2021-12-27 jpcrp_cor:Row6Member E02971-000 2020-10-01 2021-09-30 jpcrp_cor:DirectorsExcludingAuditAndSupervisoryCommitteeMembersAndOutsideDirectorsMember E02971-000 2020-10-01 2021-09-30 jpcrp_cor:DirectorsAppointedAsAuditAndSupervisoryCommitteeMembersExcludingOutsideDirectorsMember E02971-000 2020-10-01 2021-09-30 jpcrp030000-asr_E02971-000:OutsideDirectorAuditAndSupervisoryCommitteeMemberMember E02971-000 2020-09-30 jpcrp_cor:Row1Member E02971-000 2019-09-30 jpigp_cor:ShareCapitalIFRSMember E02971-000 2020-09-30 jpigp_cor:ShareCapitalIFRSMember E02971-000 2019-09-30 jpigp_cor:CapitalSurplusIFRSMember E02971-000 2020-09-30 jpigp_cor:CapitalSurplusIFRSMember E02971-000 2020-09-30 jpigp_cor:RetainedEarningsIFRSMember E02971-000 2019-09-30 jpigp_cor:RetainedEarningsIFRSMember E02971-000 2019-09-30 jpigp_cor:TreasurySharesIFRSMember E02971-000 2020-09-30 jpigp_cor:TreasurySharesIFRSMember E02971-000 2019-09-30 jpigp_cor:OtherComponentsOfEquityIFRSMember E02971-000 2020-09-30 jpigp_cor:OtherComponentsOfEquityIFRSMember E02971-000 2019-09-30 jpigp_cor:EquityAttributableToOwnersOfParentIFRSMember E02971-000 2020-09-30 jpigp_cor:EquityAttributableToOwnersOfParentIFRSMember E02971-000 2020-09-30 jpigp_cor:NonControllingInterestsIFRSMember E02971-000 2019-09-30 jpigp_cor:NonControllingInterestsIFRSMember E02971-000 2019-10-01 2020-09-30 jpigp_cor:RetainedEarningsIFRSMember E02971-000 2020-10-01 2021-09-30 jpigp_cor:RetainedEarningsIFRSMember E02971-000 2019-10-01 2020-09-30 jpigp_cor:EquityAttributableToOwnersOfParentIFRSMember E02971-000 2020-10-01 2021-09-30 jpigp_cor:EquityAttributableToOwnersOfParentIFRSMember E02971-000 2019-10-01 2020-09-30 jpigp_cor:NonControllingInterestsIFRSMember E02971-000 2020-10-01 2021-09-30 jpigp_cor:NonControllingInterestsIFRSMember E02971-000 2020-10-01 2021-09-30 jpigp_cor:OtherComponentsOfEquityIFRSMember E02971-000 2019-10-01 2020-09-30 jpigp_cor:OtherComponentsOfEquityIFRSMember E02971-000 2019-10-01 2020-09-30 jpigp_cor:ShareCapitalIFRSMember E02971-000 2020-10-01 2021-09-30 jpigp_cor:ShareCapitalIFRSMember E02971-000 2019-10-01 2020-09-30 jpigp_cor:CapitalSurplusIFRSMember E02971-000 2020-10-01 2021-09-30 jpigp_cor:CapitalSurplusIFRSMember E02971-000 2019-10-01 2020-09-30 jpigp_cor:TreasurySharesIFRSMember E02971-000 2020-10-01 2021-09-30 jpigp_cor:TreasurySharesIFRSMember E02971-000 2021-09-30 jpigp_cor:ShareCapitalIFRSMember E02971-000 2021-09-30 jpigp_cor:CapitalSurplusIFRSMember E02971-000 2021-09-30 jpigp_cor:RetainedEarningsIFRSMember E02971-000 2021-09-30 jpigp_cor:TreasurySharesIFRSMember E02971-000 2021-09-30 jpigp_cor:OtherComponentsOfEquityIFRSMember E02971-000 2021-09-30 jpigp_cor:EquityAttributableToOwnersOfParentIFRSMember E02971-000 2021-09-30 jpigp_cor:NonControllingInterestsIFRSMember E02971-000 2019-10-01 2020-09-30 jpcrp030000-asr_E02971-000:DomesticSolutionReportableSegmentMember E02971-000 2020-10-01 2021-09-30 jpcrp030000-asr_E02971-000:DomesticSolutionReportableSegmentMember E02971-000 2019-10-01 2020-09-30 jpcrp030000-asr_E02971-000:OverseasBusinessReportableSegmentMember E02971-000 2020-10-01 2021-09-30 jpcrp030000-asr_E02971-000:OverseasSolutionReportableSegmentMember E02971-000 2019-10-01 2020-09-30 jpcrp030000-asr_E02971-000:BusinessProcessReEngineeringReportableSegmentMember E02971-000 2020-10-01 2021-09-30 jpcrp030000-asr_E02971-000:BusinessProcessReEngineeringReportableSegmentMember E02971-000 2019-10-01 2020-09-30 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E02971-000 2020-10-01 2021-09-30 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E02971-000 2020-10-01 2021-09-30 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E02971-000 2019-10-01 2020-09-30 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E02971-000 2019-09-30 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02971-000 2020-09-30 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02971-000 2019-09-30 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02971-000 2020-09-30 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02971-000 2019-09-30 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02971-000 2020-09-30 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02971-000 2020-09-30 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02971-000 2019-09-30 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02971-000 2020-09-30 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02971-000 2019-09-30 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02971-000 2019-09-30 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02971-000 2020-09-30 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02971-000 2020-09-30 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02971-000 2019-09-30 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02971-000 2019-09-30 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02971-000 2020-09-30 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02971-000 2019-09-30 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02971-000 2020-09-30 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02971-000 2020-09-30 jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02971-000 2019-09-30 jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02971-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02971-000 2020-10-01 2021-09-30 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02971-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02971-000 2020-10-01 2021-09-30 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02971-000 2020-10-01 2021-09-30 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02971-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02971-000 2020-10-01 2021-09-30 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02971-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02971-000 2020-10-01 2021-09-30 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02971-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02971-000 2020-10-01 2021-09-30 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02971-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02971-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02971-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02971-000 2020-10-01 2021-09-30 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02971-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02971-000 2020-10-01 2021-09-30 jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02971-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02971-000 2021-09-30 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02971-000 2021-09-30 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02971-000 2021-09-30 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02971-000 2021-09-30 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02971-000 2021-09-30 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02971-000 2021-09-30 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02971-000 2021-09-30 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02971-000 2021-09-30 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02971-000 2021-09-30 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02971-000 2021-09-30 jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember iso4217:JPY iso4217:JPY xbrli:shares xbrli:pure xbrli:shares

第一部 【企業情報】

 

第1 【企業の概況】

 

1 【主要な経営指標等の推移】

(1) 連結経営指標等

 

回次

国際会計基準

移行日

第27期

第28期

決算年月

2019年10月1日

2020年9月

2021年9月

売上収益

(千円)

7,147,210

6,628,429

税引前利益

(千円)

1,079,808

153,672

親会社の所有者に帰属
する当期利益(△損失)

(千円)

364,429

316,519

親会社の所有者に帰属
する当期包括利益(△

損失)

(千円)

372,234

279,276

親会社の所有者に帰属
する持分

(千円)

2,791,535

4,109,927

3,677,458

総資産額

(千円)

9,557,034

9,641,945

8,250,898

1株当たり親会社
所有者帰属持分

(円)

39.43

50.52

45.07

基本的1株当たり
当期利益(△損失)

(円)

4.86

3.88

希薄化後1株当たり
当期利益(△損失)

(円)

4.46

3.88

親会社所有者帰属持分
比率

(%)

29.2

42.6

44.6

親会社所有者帰属持分
利益率

(%)

10.6

8.1

株価収益率

(倍)

27.57

22.14

営業活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

216,057

331,498

投資活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

1,287,229

242,429

財務活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

221,763

558,729

現金及び現金同等物
の期末残高

(千円)

2,106,307

3,363,963

2,992,675

従業員数

(人)

560

502

463

(外、平均臨時雇用者数)

(11)

(9)

(10)

 

(注) 1.第28期より国際会計基準(以下「IFRS」という。)に基づいて連結財務諸表を作成しております。

2.売上収益には、消費税等は含まれておりません。

       3.当社は、第28期に当社の子会社である株式会社産電が行なう太陽光発電システム等の住宅設備機器

           販売事業、及び株式会社産電テクノが行なうこれら住宅設備機器の取付施工事業を非継続事業に分

          類しております。これに伴い、売上収益及び税引前利益の金額については、非継続事業を除いた継

          続事業の金額を表示しております。

 

 

 

 

回次

日本基準

第24期

第25期

第26期

第27期

第28期

決算年月

2017年9月

2018年9月

2019年9月

2020年9月

2021年9月

売上高

(千円)

5,139,179

7,296,893

9,858,320

8,739,202

7,796,696

経常利益又は
経常損失(△)

(千円)

258,790

627,840

642,158

244,734

51,198

親会社株主に帰属する当期純利益

(千円)

140,361

304,801

318,003

327,061

674,525

包括利益

(千円)

203,488

399,890

335,647

284,480

588,139

純資産額

(千円)

1,758,591

3,193,565

4,201,351

5,396,333

4,643,884

総資産額

(千円)

3,161,984

5,932,295

9,777,561

9,910,948

8,518,966

1株当たり純資産額

(円)

27.26

44.02

51.21

60.71

50.59

1株当たり当期
純利益(△純損失)

(円)

2.40

4.75

4.65

4.37

8.25

潜在株式調整後
1株当たり当期
純利益

(円)

2.38

4.51

4.45

4.35

自己資本比率

(%)

51.8

49.7

37.1

49.8

48.5

自己資本利益率

(%)

9.2

13.0

9.7

7.6

14.9

株価収益率

(倍)

46.3

54.3

28.0

30.7

10.5

営業活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

357,912

250,547

113,023

127,732

243,989

投資活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

146,566

970,384

1,487,128

1,287,229

179,076

財務活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

101,096

984,764

2,244,388

133,438

474,604

現金及び現金同等物
の期末残高

(千円)

1,233,170

1,484,958

2,106,307

3,363,963

2,992,675

従業員数

(外、平均臨時雇用者数)

(人)

280

353

560

502

463

(1)

(1)

(11)

(9)

(10)

 

(注)1.第28期の日本基準に基づく連結財務諸表については、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査を受けておりません。

2.売上高には、消費税等は含まれておりません。

3.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を第26期の期首から適用しており、第25期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。 

4. 第28期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

 

 

(2) 提出会社の経営指標等

 

回次

第24期

第25期

第26期

第27期

第28期

決算年月

2017年9月

2018年9月

2019年9月

2020年9月

2021年9月

営業収益

(千円)

1,542,405

488,274

819,874

875,842

916,095

経常利益又は

経常損失(△)

(千円)

48,345

71,311

270,125

15,895

40,046

当期純利益又は

当期純損失(△)

(千円)

56,373

74,457

263,792

829,603

444,417

資本金

(千円)

1,011,895

1,548,693

1,814,647

2,437,914

2,446,171

発行済株式総数

(株)

60,116,900

66,950,500

70,817,500

82,371,755

82,606,255

純資産額

(千円)

2,114,223

3,211,766

3,890,930

5,696,897

5,072,898

総資産額

(千円)

2,531,683

4,219,466

7,875,359

8,040,833

6,968,959

1株当たり純資産額

(円)

34.71

47.42

54.65

69.81

62.05

1株当たり配当額
(うち1株当たり
中間配当額)

(円)

1.0

1.5

3.0

2.0

(―)

(―)

(―)

(―)

(―)

1株当たり当期
純利益金額

(円)

0.96

1.16

3.86

11.07

5.43

潜在株式調整後
1株当たり当期
純利益金額

(円)

0.96

1.10

3.69

11.05

自己資本比率

(%)

82.4

75.2

49.1

70.6

72.6

自己資本利益率

(%)

2.8

2.9

7.5

17.4

8.3

株価収益率

(倍)

115.3

222.3

33.7

12.1

16.0

配当性向

(%)

100.4

129.3

77.7

18.1

従業員数

(外、平均臨時雇用者数)

(人)

18

29

44

29

42

(―)

(―)

(―)

(―)

(―)

株主総利回り

(%)

129.3

 143.3

128.4

134.7

171.8

(比較指標:JASDAQ INDEX)

(%)

(172.3)

(400.8)

(208.5)
 
 

(217.7)
 
 

145.4)

最高株価

(円)

154

553

307

201

158

最低株価

(円)

52

108

112

65

78

 

(注) 1 売上高には、消費税等は含まれておりません。

2 「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を第26期の期首から適用しており、第25期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。

3 最高株価・最低株価は、東京証券取引所(JASDAQ)におけるものであります。

4 第28期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

 

2 【沿革】

 

年月

事項

1994年9月

通信機器・OA機器の販売を目的として東京都港区に株式会社レカムジャパンを設立(資本金1,000万円)主にNTT商品(ビジネスホン・ファクシミリ)の販売を開始

1995年5月

FC加盟店募集開始

1995年8月

東京都世田谷区にてフランチャイズ加盟1号店開業

1997年10月

株式会社アイ・シー・エス、株式会社リンク、株式会社テレネックの出資3社を吸収合併し、本社を東京都渋谷区へ移転

1999年10月

インターネット事業開始

「RET'S NET」ホスティングサービス開始

2000年4月

デジタル複合機(MFP)定額保守「RET'S COPY」サービス開始

2001年3月

本社を東京都新宿区へ移転

2002年1月

社名をレカム株式会社へ変更

2002年2月

IP電話サービス「RET'S CALL」販売開始

2003年10月

中国遼寧省大連市に子会社(大連賚卡睦通信信息服務有限公司・資本金150千米ドル)を設立し、コールセンターを開設

2004年5月

大阪証券取引所ニッポン・ニュー・マーケット-「ヘラクレス」に株式を上場

2005年3月

中国遼寧省大連市に子会社(大連賚卡睦通信設備有限公司・資本金140千米ドル)を設立し、OA機器販売・DMC事業を開始

2005年6月

顧客企業向けインターネットポータルサービス「RET'S BIZ」事業開始

2005年9月

中国遼寧省大連市の子会社2社を大連賚卡睦通信設備有限公司を存続会社として合併(資本金750千米ドル・コールセンター事業、DMC・OA機器販売事業)

2005年10月

株式会社コムズの株式を100%取得し、子会社化(情報通信機器販売)

2005年12月

本社を東京都中央区へ移転

2006年2月

大連賚卡睦通信設備有限公司を増資(資本金870千米ドル)

2006年3月

株式会社ケーイーエスの株式を100%取得し、子会社化(情報通信機器製造及び販売)

2006年10月

株式会社アレックシステムサービスの株式を62.4%取得し、子会社化(情報通信機器販売)

2008年4月

ウォーターワン株式会社、及び有限会社サイバーワンより事業承継し、カウネットの販売代理店事業を開始

2008年8月

株式会社コムズ株式の一部を売却し、関連会社となる

2008年10月

純粋持株会社へ移行し、社名をレカムホールディングス株式会社へ変更

株式会社ケーイーエスとの共同新設分割により情報通信機器販売のレカム株式会社を設立

株式会社ケーイーエスの社名を株式会社アスモに変更

2009年4月

株式会社アレックシステムサービスを株式交換により完全子会社化

2009年8月

本社を東京都港区へ移転

レカム株式会社の全株式を取得し、完全子会社化

2009年9月

株式会社アスモのモバイル事業を譲渡

2009年10月

2009年11月

2010年9月

2010年10月

 

2011年2月

2011年4月

2011年8月

2011年10月

2011年12月

レカム株式会社が株式会社アレックシステムサービスを吸収合併

自社ブランドIPビジネスホン「アノア」販売開始

レカム株式会社が株式会社No.1と業務提携

京セラミタ株式会社との資本提携を解消

株式会社コムズの株式の全部を譲渡

大連賚卡睦通信設備有限公司が外部BPO(Business Process Outsourcing)の受託を開始

WizBiz株式会社を設立、事業開始

大阪証券取引所JASDAQ市場、同取引所ヘラクレス市場及び同取引所NEO市場の各市場の統合に伴い、大阪証券取引所JASDAQ(スタンダード)に株式を上場

スターティア株式会社と資本業務提携を開始

株式会社光通信と資本業務提携を開始

株式会社ビジョンと資本業務提携を開始

琉球レカム・リール株式会社を設立

WizBiz株式会社の株式を譲渡

 

 

年月

事項

2012年6月

中国吉林省長春市に大連賚卡睦通信設備有限公司の子会社として長春賚卡睦服務外包有限公司を設立

2012年7月

大連賚卡睦通信設備有限公司が京セラドキュメントソリューションズジャパン株式会社との間でBPO事業に関する業務委託契約を締結

2012年8月

レカム株式会社が東京中小企業経友会事業協同組合と業務提携を開始

2012年12月

本社を東京都千代田区へ移転

2013年6月

当社を存続会社、旧レカム株式会社を消滅会社とする吸収合併を行い、事業持株会社体制に再移行し、商号をレカムホールディングス株式会社からレカム株式会社へ変更

2013年7月

東京証券取引所と大阪証券取引所の現物市場の統合に伴い、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に株式を上場

2013年9月

株式会社アスモの情報通信機器製造事業を株式会社三洋化成製作所に事業譲渡

カウネットの販売代理店事業を株式会社アルファライズに譲渡

ライツ・オファリング(ノンコミットメント型/上場型新株予約権の無償割当て)を実施し、資
本金を3億5,662万円に増資

2014年2月

自社ブランドLED「RENTIA(レンティア)」販売開始

2014年5月

株式会社ニューウェイブビジネスソリューション株式の100%を取得し子会社化

2014年8月

第1回転換社債型新株予約権付社債を発行(株式会社エフティーコミュニケーションズ引受)

2014年9月

HJオフショアサービス株式会社株式の100%を取得し子会社化

2014年12月

ミャンマー連邦共和国にミャンマーレカム株式会社を設立

2015年3月

レカムBPOソリューションズ株式会社が、株式会社ニューウェイブビジネスソリューション
とHJオフショアサービス株式会社を吸収合併

2015年5月

ヴィーナステックジャパン株式会社を設立

2015年7月

株式会社コスモ情報機器株式の100%を取得し子会社化

2015年11月

大連賚卡睦通信設備有限公司が、大連新涛諮詢服務有限公司と大連求界奥信服務有限公司を吸
収合併

2016年1月

邦英株式会社よりオフィス家具販売事業を譲受

AI inside株式会社との業務提携を締結

2016年4月

大連賚卡睦通信設備有限公司の社名をレカムビジネスソリューションズ(大連)有限公司に変更

長春賚卡睦服務外包有限公司の社名をレカムビジネスソリューションズ(長春)有限公司に変更

レカムビジネスソリューションズ(大連)有限公司が上海誠予信息技術有限公司を子会社化し、同社の社名をレカムビジネスソリューションズ(上海)有限公司に変更

AI inside株式会社との資本提携を開始

2016年6月

レカムエナジーパートナー株式会社を設立

2016年8月

株式会社エフティグループとの資本業務提携を開始

2016年9月

レカムBPO株式会社を設立

2017年2月

当社を分割会社、レカムジャパン株式会社を新設承継会社とする会社分割を実施し、純粋持株会社体制へ移行

2017年6月

レカムビジネスソリューションズ(大連)有限公司の会社形態を変更し、レカムビジネスソリューションズ(大連)株式有限公司に社名変更

ベトナム社会主義共和国にベトナムレカム有限会社を設立

2018年1月

本社を東京都渋谷区へ移転

マレーシアにレカムビジネスソリューションズ(マレーシア)株式会社を設立

2018年2月

株式会社アイ・イーグループ・エコ(社名をレカムIEパートナー株式会社に変更)株式の51%を取得し子会社化

2018年4月

株式会社R・S及び株式会社G・Sコミュニケーションズ株式の100%を取得し、連結子会社化

2018年8月

ミャンマー連邦共和国にレカムビジネスソリューションズ(ミャンマー)株式会社を設立

2018年9月

連結子会社であるレカムIEパートナー株式会社とレカムエナジーパートナー株式会社を合併し

社名をレカムIEパートナー株式会社に変更

2018年10月

インド・ハリヤナ州グルガオン市にレカムビジネスソリューションズ(インディア)株式会社を設立

 

 

 

 

年月

事項

2018年10月

レカムビジネスソリューションズ(大連)株式有限公司が中国新三板市場に上場

2018年12月

株式会社産電と株式会社産電テクノ株式の100%を取得し連結子会社化

2019年2月

レカムジャパン株式会社が株式会社コスモ情報機器を吸収合併

株式会社eighth toolと業務提携契約を締結、台湾台北市に合賚卡睦第八工具商務服務(臺灣)股份有限公司を合弁にて設立

2019年6月

情報通信機器販売事業を東日本エリアと西日本にエリアに組織再編することを目的として、吸収分割の方式によりレカムジャパン株式会社の西日本エリア事業を分割し、株式会社R・Sが吸収。併せて、レカムジャパン株式会社をレカムジャパンイースト株式会社に、株式会社R・Sをレカムジャパンウエスト株式会社に社名を変更

株式会社エフティグループより、ASEAN3か国(タイ王国、フィリピン共和国、インドネシア共和国)に所在するFTGroup (THAILAND) Co.,Ltd.、FTGroup (ASIA) Co.,Ltd.、FTGroup (PHILIPPINES),Inc.、PT.FT Group Indonesia各社の株式を取得し連結子会社化

2019年10月

海外法人事業の管理本部機能を集約することを目的としてマレーシア共和国クアラルンプール市にグローバル統括管理本部を新設

2020年2月

FTGroup(THAILAND)Co.,Ltd.は、レカムビジネスソリューションズ(タイ)株式会社に、FTGroup(ASIA)Co.,Ltd.は、レカムビジネスソリューションズ(アジア)株式会社に社名変更

2020年4月

レカムジャパンイースト株式会社がレカムジャパンウエスト株式会社を吸収合併し、レカムジャパンイースト株式会社はレカムジャパン株式会社に社名を変更

2020年5月

ウイルス除菌装置「ReSPR(レスパー)」の販売を開始

2020年6月

ReSPRの海外7か国における独占販売権を取得

2020年12月

株式会社G・Sコミュニケーションズの回線取次事業及び全株式を譲渡

2021年6月

シンガポールに所在するGreentech International Pte.Ltd.の株式30%を取得し持分法適用会社化

2021年9月

株式会社産電テクノの全株式を譲渡

株式会社産電が行う太陽光発電システム等の住宅設備機器販売事業を譲渡

2021年10月

マレーシアに所在するSin Lian Wah Lighting Sdn.Bhd.の株式100%を取得し連結子会社化

 

3 【事業の内容】

当社グループ(当社および当社の関連会社)は、当社及び連結子会社22社と持分法適用関連会社1社の計24社で構成されており、ReSPR(レスパー)、LED照明等のエコ商材、ビジネスホン・デジタル複合機(複写機、プリンター、イメージスキャナ、ファクシミリなどの機能が一体となった複合機)等の情報通信機器のリース販売、これに付帯する設置工事、保守サービス、省エネ機器等の販売、およびBPR(Business Process Re-engineering)事業を行っております。

なお、当連結事業年度において、「エネルギーソリューション事業」など事業構造の見直しを行ったこと、また中期経営計画の策定を契機に事業セグメントの区分方法を見直し、報告セグメントを変更することといたしました。これに伴い、当連結会計年度から「ITソリューション事業」と「エネルギーソリューション事業」を統合し「国内ソリューション事業」へ、「海外法人事業」を「海外ソリューション事業」に名称変更いたしました。

また、第28期に当社の子会社である株式会社産電が行う太陽光発電システム等の住宅設備機器販売事業、及び株式会社産電テクノが行うこれら住宅設備機器の取付施工事業を非継続事業に分類しております。詳細は、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 連結財務諸表注記37.非継続事業」記載のとおりです。

 

(1) 国内ソリューション事業

ReSPR(レスパー)、LED照明等のエコ商材、ビジネスホン、デジタル複合機、その他OA機器等を販売しております。

 

(2) 海外ソリューション事業

中国、インド及びASEAN地域において、ReSPR(レスパー)、LED照明等のエコ商材、情報通信機器を販売しております。

 

(3) BPR事業

グループ内の管理業務の受託事業及びグループ外の顧客からのアウトソーシング、業務改革の提案コンサルティング事業を行っております。

 

事業系統図は以下の通りです。


 

4 【関係会社の状況】

 

名称

住所

資本金又は
出資金

主要な事業の内容

議決権の所有
〔被所有〕割合(%)

関係内容

(連結子会社)

 

 

 

 

 

レカムジャパン株式会社 (注)3、(注)4

東京都渋谷区

100,000千円

国内ソリューション事業

100.0

経営指導、資金援助、役員の兼任あり

オーパス株式会社

東京都渋谷区

10,000千円

国内ソリューション事業

100.0

経営指導、役員の兼任あり

レカムビジネスソリューションズ(大連)株式有限公司

中華人民共和国
遼寧省大連市

225,869千円

BPR事業

海外ソリューション事業

78.4

経営指導、役員の兼任あり

レカムビジネスソリューションズ(長春)有限公司 (注)2

中華人民共和国
吉林省長春市

7,472千円

BPR事業

78.4

(78.4)

経営指導、役員の兼任あり

レカムビジネスソリューションズ(上海)有限公司 (注)2

中華人民共和国
上海市

95,457千円

BPR事業

海外ソリューション事業

78.4

(78.4)

経営指導、役員の兼任あり

レカム騰遠ビジネスソリューションズ(大連)有限公司 (注)2

中華人民共和国
遼寧省大連市

75,621千円

BPR事業

78.4

(78.4)

経営指導、役員の兼任あり

レカムBPO株式会社 (注)2

東京都渋谷区

50,000千円

BPR事業

78.4

(78.4)

経営指導、役員の兼任あり

ミヤンマーレカム株式会社 (注)2

Yangon,Myanmar

56,411千円

BPR事業

78.4

(78.4)

経営指導、役員の兼任あり

ヴィーナステックジャパン株式会社(注)3

東京都渋谷区

9,000千円

国内ソリューション事業

51.0

経営指導、役員の兼任あり

レカムIEパートナー株式会社(注)4

東京都渋谷区

10,000千円

国内ソリューション事業

51.0

経営指導、資金援助、役員の兼任あり

ベトナムレカム有限会社

Ho Chi Minh, Vietnam

49,965千円

海外ソリューション事業

100.0

経営指導、資金援助、役員の兼任あり

レカムビジネスソリューションズ(マレーシア)株式会社

Kuala Lumpur,
Malaysia

28,910千円

海外ソリューション事業

100.0

経営指導、資金援助、役員の兼任あり

レカムビジネスソリューションズ(ミャンマー)株式会社

Yangon,Myanmar

33,465千円

海外ソリューション事業

100.0

経営指導、資金援助、役員の兼任あり

レカムビジネスソリューションズ(インディア)株式会社(注)2

Gurgaon,India

103,887千円

海外ソリューション事業

100.0

(10.0)

経営指導、役員の兼任あり

株式会社産電

大阪府大阪市

福島区

48,000千円

国内ソリューション事業

100.0

経営指導、役員の兼任あり

株式会社サンリノベル(注)2

奈良県奈良市

30,000千円

国内ソリューション事業

100.0

(100.0)

経営指導、役員の兼任あり

台湾レカムエイトツールビジネスソリューションズ株式有限公司

台湾台北市

29,755千円

海外ソリューション事業

60.0

経営指導、役員の兼任あり

レカムビジネスソリューションズ(タイ)株式会社

Bangkok,Thailand

35,177千円

海外ソリューション事業

40.0

経営指導、役員の兼任あり

 

 

名称

住所

資本金又は
出資金

主要な事業の内容

議決権の所有
〔被所有〕割合(%)

関係内容

レカムビジネスソリューションズ(アジア)株式会社

Bangkok,Thailand

7,035千円

海外ソリューション事業

80.0

経営指導、役員の兼任あり

FTGroup(PHILIPPINES),Inc.

Sta.Rosa,

Philippines

37,107千円

海外ソリューション事業

100.0

経営指導、役員の兼任あり

FTGroup(Philippines)Trading,Inc. (注)2

Sta.Rosa,

Philippines

21,077千円

海外ソリューション事業

80.0

(80.0)

経営指導、役員の兼任あり

PT.FT Group

Indonesia

Jawa Barat,

Indonesia

186,237千円

海外ソリューション事業

80.0

経営指導、役員の兼任あり

(持分法適用関連会社)

 

 

 

 

 

Greentech International Pte.Ltd.

Singapore

16,516千円

海外ソリューション事業

30.0

役員の兼任あり

 

(注) 1 主要な事業の内容欄には、セグメントの名称を記載しております。

2 「議決権の所有〔被所有〕割合」欄の( )は間接所有割合であります。

3 特定子会社であります。

4 レカムジャパン株式会社及びレカムIEパートナー株式会社については、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の連結売上収益に占める割合が10%を超えております。

主要な損益情報等(連結会社相互間の内部取引、債権債務相殺前)の内容は以下の通りであります。

 

 

 

 

レカムジャパン株式会社

(1) 売上高

3,754,758

千円

 

(2) 経常利益

108,596

千円

 

(3) 当期純利益

69,514

千円

 

(4) 純資産額

437,481

千円

 

(5) 総資産額

1,347,648

千円

 

 

 

 

レカムIEパートナー株式会社

(1) 売上高

1,153,418

千円

 

(2) 経常利益

22,223

千円

 

(3) 当期純利益

26,632

千円

 

(4) 純資産額

3,506

千円

 

(5) 総資産額

487,138

千円

 

 

 

 

 

 

5 【従業員の状況】

(1) 連結会社の状況

2021年9月30日現在

セグメントの名称

従業員数(人)

国内ソリューション事業

137

(0)

海外ソリューション事業

45

(―)

BPR事業

229

(9)

管理部門

52

(―)

合計

463

(10)

 

(注) 従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数は( )内に年間の平均人員を外数で記載しております。

 

(2) 提出会社の状況

2021年9月30日現在

従業員数(人)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(千円)

42

41.0

6.3

5,540

 

(注) 1 従業員数は、就業人員であります。

2 平均年間給与には、賞与及び基準外賃金を含んでおります。

 

(3) 労働組合の状況

労働組合は結成されておりませんが、労使関係は良好であります。

 

第2 【事業の状況】

 

1 【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において、当社グループが判断したものであります。

(1)経営方針

当社グループは、お客様に「最適な情報通信システムの構築」「最大限の経費削減のお手伝い」「迅速かつ安心していただける保守サービス」を提供することを通じて社会に貢献するという企業理念のもと、国内ソリューション事業、海外ソリューション事業、BPR事業を展開し、国内から中国、ASEANへ、そしてグローバルで企業のソリューションプロバイダーとなることを目指しております。

 

(2)目標とする経営指標

当社グループは、持続的な事業拡大による企業価値の向上を目指しており、営業利益とEPSの増大及びROEの向上を重要な経営指標としてとらえております。当期は、海外事業を成長のドライバーとした中期経営計画(2021年10月~2024年9月)を策定し、年率売上成長率30%以上、営業利益に占める海外ソリューション事業の割合50%以上、時価総額300億円を達成目標としております。また、中期経営計画の最終年度である、2024年9月期には、連結売上収益150億円、連結営業利益15億円を目標とし、事業拡大を図ってまいります。

 

(3)中長期的な会社の経営戦略

当社グループは、グローバル事業展開を推進していくために、営業社員採用の強化と早期育成のための教育、トレーニングを実施することで、当社グループが展開する事業において活躍できる人財を多く輩出することが最重要課題であると考えております。これにより、海外におけるローカル展開の加速化及び新商材の開発を推進することで、事業拡大を図ってまいります。また、当社グループのビジネス領域を国内からASEAN、そしてグローバルへと拡げ、ダイレクトマーケティングによるソリューション事業を推進してまいります。

各事業の事業戦略は次のとおりであります

国内ソリューション事業につきましては、脱炭素化商材を中心に独自商品、独自サービスを開発し、他社と差別化を図るとともに、営業社員によるワンストップサービスを実施してまいります。また、販売から生じる保守等のストック収入を拡大させることに注力し、収益の安定化に取り組んでまいります。

海外ソリューション事業につきましては、中国、ASEAN諸国、インドに進出し、海外進出している日系企業へLED照明、業務用エアコン、コンプレッサー、ウイルス除菌装置等を幅広く提案していくほか、海外企業とのアライアンスを強化し、ローカル企業への販売拡大に向けて、商材、販売網当を獲得し、事業シナジーを生み出してまいります。販売チャネルとしては、直販、代理店販売を主に、EC販売にも取り組んでまいります。

BPR事業につきましては、従前より実施しております業務改善提案に加えて、DX推進に向けての提案を強化していくことにより業務請負量の増加を図ってまいります。また、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)、AI-OCRサービス等による業務改善、業務効率やこれらサービスとBPOを組み合わせた提案営業を推進してまいります。

 

(4)事業上及び財務上の対処すべき課題

① 人材の採用・育成

新規事業や新商品の開発・推進、及び営業社員による提案営業により事業を拡大していくためには、優秀な人員の採用と育成が重要な経営課題であります。人員採用に力を入れるとともに、社員が能力を発揮できる人事制度の整備、教育・研修を充実させることに一層取り組んでまいります。

② 既存事業の事業拡大

事業をより一層拡大していくための手法として、事業シナジーのある企業とのアライアンスやM&Aを活用しております。国内ソリューション事業においては市場の成長が鈍化するなか、同業者においては事業の後継者問題が生じてきております。海外ソリューション事業においてはローカル市場の開拓とグローバル戦略商品の開発が課題と考えております。このため、営業社員の採用、育成による自力成長に加え、M&Aを活用したアライアンス展開についても積極的に取り組んでまいります。

 

③ 海外事業の拡大

海外ソリューション事業においては、国内・海外で販売できるグローバル戦略商品を開発すること、及びローカル市場を開拓するために現地企業とのパートナーシップを強化していくことが課題であります。商材の開発と販売網の拡大に取り組んでまいります。

 

2 【事業等のリスク】

当社グループの経営成績及び財政状態、株価等に影響を及ぼす可能性のあるリスクについては、以下のものがあります。

なお、文中における将来に関する事項は、当連結会計年度末において当社グループが判断したものであります。

(1) リース契約を用いた販売に係るリスク

国内ソリューション事業及び海外ソリューション事業においては、エンドユーザーに対して主に提携リース会社のリース契約を介して販売しております。国内や海外の経済情勢によるリース料率の変動や、リース会社における与信審査状況の変化、リース取引に関する法令等の改定、ならびに会計基準の変更等の事由により、リース契約を介する販売が著しく困難になる場合には、当社グループの業績に悪影響を及ぼす可能性があります。

 

(2) 人財の確保及び育成に係るリスク

当社グループは、社員一人一人が専門性を持ち、顧客に対するソリューション提案力が事業の根幹であると考えております。このため、専門性のある人財を確保し、育成することが必要であると考えております。当社グループでは、新卒採用や中途採用を積極的に実施し、社員が能力を発揮できる人事制度の整備、人材育成プログラムに則った教育、OJT研修により社員の成長を促進できるよう取り組んでおります。このような取り組みにもかかわらず、計画人員の採用が思うように進まない場合や人財育成が想定通りに進まない場合には、当社グループの業績に悪影響を及ぼす可能性があります。

(3) 特定人物への依存について

当社の創業者であり代表取締役である伊藤秀博は、事業モデルの創出や経営戦略の決定、営業、資本政策など当社グループの経営において中心的な役割を担っております。現在も当社の代表取締役、レカムビジネスソリューションズ(大連)株式有限公司の董事長を兼務しております。当社グループは、同氏に対して過度に依存しない経営体制の構築を構築するべく人材の育成・強化に注力しておりますが、同氏が何らかの理由により業務執行が困難になった場合、当社グループの業績に重大な影響を与える可能性があります。

 

(4) レカムビジネスソリューションズ(大連)株式有限公司について

当社の連結子会社であるレカムビジネスソリューションズ(大連)株式有限公司は、BPR事業の本部機能を有しており、4拠点のBPOセンターの中心的な役割を担っております。また、当社グループの販売管理業務をアウトソーシングするなど、グループ会社の間接業務にも重要な役割を担っております。中国においては、政情の悪化、経済状況の変化ならびに法律や税法の改定などのカントリーリスクにより、同社の経営や業務執行に著しい影響を受ける場合には、業績に悪影響を及ぼす可能性があります。

 

(5) 情報漏洩に係るリスクについて

当社グループは、事業の性質上、顧客や取引先の個人情報や機密情報を保有しておりますが、昨今はサイバー攻撃等の外部からの不正アクセスによる情報漏洩リスクが高まってきております。当社グループでは、情報セキュリティ管理の強化や社員へのセキュリティ教育の実施、アセスメントを実施するなど、統制強化に努めております。このような取り組みにもかかわらず、情報の漏洩が起きた場合には、当社グループの信用低下や顧客等に対する賠償責任が発生するなどにより、当社グループの業績に悪影響を及ぼす可能性があります。

 

(6) M&Aによるリスク

当社グループは、事業の成長を加速させ企業価値を高めていく上で、販売網や商材、技術、商圏等を外部より獲得することが有効であると判断した場合には、必要に応じてM&Aやアライアンスを実施しております。M&Aの実施に当たっては、市場動向や顧客のニーズ、相手先企業の業績や財務状況、技術優位性や市場競争力、事業シナジー、M&Aに伴うリスク分析等を十分に考慮し進めております。しかしながら、M&Aやアライアンス実施後に当社グループが認識していない問題が明らかになった場合や期待した成果が上がらない場合には、のれんの減損処理を行う必要が生じるなど、当社グループの業績に悪影響を及ぼす可能性があります。

 

(7) 新型コロナ感染症に関するリスク

当社グループの事業は、主としてオフィスや店舗、工場等、オフィス空間に必要な商品やサービスのソリューションの提案を行っており、商品を提供しております。コロナウイルス感染症の拡大の程度によっては、顧客のオフィスに訪問できず十分な提案が行なえないこと、受注した商品の工事が行なえないこと、顧客企業の投資意欲が著しく減退した場合には顧客開拓が想定通りに進まないなど、当社グループの業績に悪影響を及ぼす可能性があります。

 

3 【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

※当社グループは当連結会計年度(2020年10月1日から2021年9月30日まで)より、従来の日本基準に替えてIFRSを適用しており、前連結会計年度の数値をIFRSに組み替えて比較分析を行っております。

 

(1) 経営成績等の状況の概要

① 財政状態及び経営成績の状況

当連結会計年度における我が国の経済は、新型コロナウイルス感染症の拡大長期化により厳しい状況が長期化しました。ワクチン接種の本格開始や各種政策の効果により一時持ち直しの動きもありましたが、変異株の発生による感染症の再拡大や世界的な半導体不足の懸念もあり、先行き不透明な状況にあります。

当社の属する情報通信業界におきましては、情報通信機器や事務用機器のリース取扱高が前年比で減少傾向が続くなど、厳しい状況で推移しております。また、当社が進出しているASEAN各国では新型コロナウイルス感染症の拡大の影響が大きく、ロックダウンや移動制限等により営業活動に著しく制約を受けております。
 こうした経営環境のなか、当社グループはグループ会社間のシナジーを最大化するべく、組織再編やグループ会社の再編を進めました。国内ソリューション事業では、約6万件の顧客データベースを活用し情報通信機器やセキュリティ関連商品、LED照明などのアップセルに取り組みました。

なお、家庭向け太陽光発電システム等の住宅設備機器販売事業は、2021年9月に事業譲渡を行っております。

BPR(※1)事業では、業務改善やコストダウンのコンサルティング提案によりRPAやAI-OCRの販売とBPO業務の獲得に取り組みました。海外ソリューション事業では、より強固な営業組織にするべく拠点の集約を行うとともに、現地企業向けの販売を拡大する為のM&Aを実施しました。また、ウイルス除菌装置「ReSPR」についてはグループを挙げて販売を行いました。

当連結会計年度において、「エネルギーソリューション事業」など事業構造の見直しを行ったこと、また中期経営計画の策定を契機に、事業セグメントの区分の方法を見直し、報告セグメントを変更することといたしました。これに伴い、当連結会計年度から「ITソリューション事業」と「エネルギーソリューション事業」を統合し、「国内ソリューション事業」へ、「海外法人事業」を「海外ソリューション事業」に名称変更いたしました。

また、当社は、当連結会計年度より当社の子会社である株式会社産電が行なう太陽光発電システム等の住宅設備機器販売事業、及び株式会社産電テクノが行なうこれら住宅設備機器の取付施工事業を非継続事業に分類しております。詳細は、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 連結財務諸表注記37.非継続事業」記載のとおりです。

以上の結果、当連結会計年度の業績は、売上収益が前年同期比7.3%減の6,628百万円となりました。営業利益は、付加価値の高い商品の販売比率が高まったこと等により、売上総利益率が対前年同期比で6.9ポイント上昇したこと、及び事業再構築や業務効率化により間接コストを削減したこと等により、営業利益は210百万円となりました。継続事業からの税引前利益は153百万円となり、前年同期比85.8%減となりました。減益となったのは前年同期に株式譲渡等による金融収益1,266百万円を計上したことがその主な要因であります。非継続事業からの当期損失は太陽光発電システム関連事業の譲渡により260百万円(前年同期は213百万円の損失)となりました。親会社の所有者持分に帰属する当期損失は316百万円(前年同期は364百万円の利益)となりました。

※1 BPR(Business Process Re-engineering)の略称です。

 

セグメントの業績を示すと、次のとおりです。なお、連結前連結会計年度のセグメント数値については、変更後の区分方法に集計し、前年同期比較したものを記載しております。

 

a.国内ソリューション事業

直営店チャネルにおいては、顧客データベースを活用した効率的な営業活動を行うとともに、新規の顧客開拓に取り組み、企業のネットセキュリティ強化のための独自商品であるUTM(※2)とテレワーク対応商品の販売に注力しました。その結果、同チャネルの売上収益は前年同期比9.1%増の2,327百万円となりました。

FC加盟店チャネルにおいては、直営店の販売手法を水平展開し、セキュリティ商材等の販売支援を実施した結果、同チャネルの売上高は前年同期比並みの1,169百万円となりました。

代理店チャネルにおいては、取り扱い商材を拡充し、代理店の開拓に取り組んだ結果、同チャネルの売上高は前年同期比0.9%減の1,146百万円となりました。

グループ会社においては、光回線取次ビジネスの売却等があったことから、売上収益は前年同期比80.9%減の88百万円となりました。

これらの結果、国内ソリューション事業の売上収益は、前年同期比3.9%減の4,731百万円となりました。セグメント利益は、付加価値の高い商品の販売比率が高まったことから売上マージン率が上昇したこと等により、95百万円(前年同期比65.3%増)となりました。

  ※2 UTM(Unified Threat Management:統合脅威管理)の略称です。

 

b.海外ソリューション事業

海外ソリューション事業は、より強固な営業組織にするために進出国の集約と事業再構築を行い、LED等の従来商品とウイルス除菌装置の販売に取り組みました。しかしながら、コロナウイルスの感染拡大によるロックダウンや行動制限令の発令により、営業停止せざるを得ない拠点や現地調査が必要なLED等、従来商品の商談ができず、ウイルス除菌装置に限定した営業を行わざるを得ない拠点がありました。これらの結果、売上収益は前年同期比20.9%減の1,350百万円となりました。セグメント利益は、事業再構築を行ったこと等により減収幅が大きく、減損損失の計上等により66百万円の損失(前年同期は259百万円の損失)となりましたが、損失額は大幅に縮小しました。

 

c.BPR事業

BPR事業は、業務改善や経費削減提案により、RPAやAI-OCRの導入やBPO等の獲得に取り組むとともに、顧客からの追加業務の獲得営業を強化しました。BPOセンターにおいては、業務の自動化をより一層進め、業務効率化と品質向上を実現しました。これらの結果、売上収益は前年同期比5.6%増の546百万円となりました。セグメント利益は、BPOセンターの業務効率化が進んだこと等により、前年同期比6.5%増153百万円となりました。

 

② キャッシュ・フローの状況

当連結会計年度末における現金及び現金同等物(以下「資金」という)は、前連結会計年度末と比べ371百万円減少し、2,992百万円となりました。営業活動で391百万円獲得し、投資活動で242百万円、財務活動で558百万円を使用したことによるものです。

なお、当連結会計年度のキャッシュ・フローの状況は次のとおりであります。

(営業活動によるキャッシュ・フロー)

営業活動で獲得した資金は、391百万円(前連結会計年度は216百万円の獲得)となりました。税引前利益が107百万円の損失となりましたが、減価償却費や減損損失等の非キャッシュ項目が451百万円あったこと、及び営業債権及びその他の債権が514百万円減少したこと、法人所得税の支払が630百万円あったことによるものです。

(投資活動によるキャッシュ・フロー)

投資活動で使用した資金は、242百万円(前連結会計年度は1,287百万円の獲得)となりました。この主な要因は、持分法投資の取得による支出194百万円によるものです。

(財務活動によるキャッシュ・フロー)

財務活動で使用した資金は、558百万円(前連結会計年度は221百万円の使用)となりました。この主な要因は、長期借入金594百万円の返済、配当金の支払171百万円を行う一方、長期借入で100百万円調達したほか、短期借入金が200百万円増加したことによるものです。

 

③ 生産、受注及び販売の状況

a.生産実績

該当事項はありません。

 

b.受注状況

該当事項はありません。

c.販売実績

当連結会計年度の販売実績をセグメント別、販売チャネル別に示すと、次のとおりであります。

 

セグメントの名称

当連結会計年度

(自 2020年10月1日

至 2021年9月30日)

前年同期比(%)

国内ソリューション事業

直営店

(千円)

2,327,325

109.1

FC加盟店

(千円)

1,169,623

100.0

代理店

(千円)

1,146,454

99.1

グループ会社

(千円)

88,077

19.1

  計

(千円)

4,731,481

96.1

海外ソリューション事業

(千円)

1,350,653

79.1

BPR事業

(千円)

546,294

105.6

合計

(千円)

6,628,429

92.7

 

(注) 1 セグメント間の取引については相殺消去しております。

2.上記の金額に消費税等は、含まれておりません。

3.非継続事業に分類した事業は含めておりません。

 

(2) 経営者の視点による経営成績の状況に関する検討内容

文中における将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において、当社グループが判断したものであります。

 

① 重要な会計方針及び見積り

当社グループの連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」第93条の規定によりIFRSに準拠して作成しております。この連結財務諸表の作成に当たって、必要と思われる見積りは、合理的な基準に基づいて実施しております。

なお、当社グループの連結財務諸表で採用する重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定は、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等(1)連結財務諸表 連結財務諸表注記 3.重要な会計方針及び4.重要な会計上の見積り及び見積りを伴う判断」に記載しております。

 

② 財政状態の分析

当連結会計年度末の資産につきましては、前連結会計年度末より1,391百万円減少し、8,250百万円となりました。これは、主に現金及び現金同等物が借入金の返済及び法人税の支払等により371百万円減少したこと、及び営業債権及びその他の債権が548百万円減少したこと、のれんが減損により262百万円減少したことによるものであります。
  負債につきましては、前連結会計年度末より1,017百万円減少し、4,073百万円となりました。これは主に営業債務及びその他の債務が361百万円減少したこと、法人所得税費用の支払により未払法人所得税が369百万円減少したこと、借入金(流動負債と非流動負債の合計)が295百万円減少したことによるものであります。

資本合計につきましては、前連結会計年度末より373百万円減少し、4,176百万円となりました。これは主に配当支払い及びのれんの減損等により当期損失となったこと等により、利益剰余金が479百万円減少したことによるものであります。

 

③ 経営成績に重要な影響を与える要因

「第2 事業の状況 2.事業等のリスク」に記載のとおりです。

 

④ 当社グループの資本の財源及び資金の流動性について

当社グループの運転資金需要のうち主なものは、情報通信機器及び環境商材等の仕入資金ならびに人件費をはじめとする販売費及び一般管理費であります。また、M&Aや新規事業開発、グローバル事業への戦略的投資に係る資金需要が生じております。

当社グループの事業活動に必要な資金を確保する方法として、運転資金につきましては、内部資金または短期借入金により調達することを原則としております。M&A等の戦略的投資に係る資金につきましては、長期借入金や転換社債、株式発行等で調達することとしており、負債と資本のバランスに配慮しつつ、必要な資金を調達してまいります。

 

(3) 並行開示情報

連結財務諸表規則(第7章及び第8章を除く。以下「日本基準」という。)により作成した要約連結財務諸表、要約連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項の変更は、次のとおりであります。

なお、日本基準により作成した要約連結財務諸表については、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査を受けておりません。

また、日本基準により作成した要約連結財務諸表については、千円未満を切捨てしております。

 

① 要約連結貸借対照表

 

 

(単位:千円)

 

前連結会計年度

(2020年9月30日)

当連結会計年度

(2021年9月30日)

資産の部

 

 

 流動資産

6,805,091

6,023,015

 固定資産

 

 

  有形固定資産

101,912

64,743

  無形固定資産

2,469,537

1,773,558

  投資その他の資産

523,590

650,843

  固定資産合計

3,095,041

2,489,145

  繰延資産

10,815

6,806

 資産合計

9,910,948

8,518,966

負債の部

 

 

 流動負債

3,279,345

2,986,871

 固定負債

1,235,269

888,210

 負債合計

4,514,614

3,875,081

純資産の部

 

 

 株主資本

4,975,539

4,154,801

 その他の包括利益累計額

△36,589

△26,822

 新株予約権

17,111

10,132

 非支配株主持分

440,271

505,773

 純資産合計

5,396,333

4,643,884

負債純資産合計

9,910,948

8,518,966

 

 

 

② 要約連結損益計算書及び要約連結包括利益計算書

要約連結損益計算書

 

 

(単位:千円)

 

前連結会計年度

(自 2019年10月1日

至 2020年9月30日)

当連結会計年度

(自 2020年10月1日

至 2021年9月30日)

売上高

8,739,202

7,796,696

売上原価

6,064,556

5,022,850

売上総利益

2,674,646

2,773,846

販売費及び一般管理費

3,019,904

2,768,032

営業利益又は営業損失(△)

△345,258

5,813

営業外収益

208,222

54,854

営業外費用

107,698

111,865

経常損失(△)

△244,734

△51,198

特別利益

1,187,983

103,300

特別損失

137,970

465,642

税金等調整前当期純利益又は税金等調整前当期純損失(△)

805,277

△413,539

法人税等

549,086

193,460

当期純利益又は当期純損失(△)

256,191

△607,000

非支配株主に帰属する当期純利益又は非支配株主に帰属する当期純損失(△)

△70,869

67,525

親会社株主に帰属する当期純利益又は親会社株主に帰属する当期純損失(△)

327,061

△674,525

 

 

要約連結包括利益計算書

 

 

(単位:千円)

 

前連結会計年度

(自 2019年10月1日

至 2020年9月30日)

当連結会計年度

(自 2020年10月1日

至 2021年9月30日)

当期純利益又は当期純損失(△)

256,191

△607,000

 その他の包括利益合計

28,289

18,860

包括利益

284,480

△588,139

(内訳)

 

 

 親会社株主に係る包括利益

362,236

△664,758

 非支配株主に係る包括利益

△77,756

76,618

 

 

③ 要約連結株主資本等変動計算書

前連結会計年度(自 2019年10月1日 至 2020年9月30日)

 

(単位:千円)

 

株主資本

その他の
包括利益累計額

新株予約権

非支配株主持分

純資産合計

当期首残高

3,697,932

△71,764

21,500

553,683

4,201,351

当期変動額

1,277,606

35,175

△4,388

△113,411

1,194,982

当期末残高

4,975,539

△36,589

17,111

440,271

5,396,333

 

 

当連結会計年度(自 2020年10月1日 至 2021年9月30日)

 

(単位:千円)

 

株主資本

その他の
包括利益累計額

新株予約権

非支配株主持分

純資産合計

当期首残高

4,975,539

△36,589

17,111

440,271

5,396,333

当期変動額

△820,737

9,766

△6,979

65,501

△752,449

当期末残高

4,154,801

△26,822

10,132

505,773

4,643,884

 

 

 

④ 要約連結キャッシュ・フロー計算書

 

 

(単位:千円)

 

前連結会計年度

(自 2019年10月1日

至 2020年9月30日)

当連結会計年度

(自 2020年10月1日

至 2021年9月30日)

営業活動によるキャッシュ・フロー

127,732

243,989

投資活動によるキャッシュ・フロー

1,287,229

△179,076

財務活動によるキャッシュ・フロー

△133,438

△474,604

現金及び現金同等物に係る換算差額

△23,867

38,404

現金及び現金同等物の増減額(△は減少)

1,257,656

△371,287

現金及び現金同等物の期首残高

2,106,307

3,363,963

現金及び現金同等物の期末残高

3,363,963

2,992,675

 

 

⑤ 要約連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項の変更

前連結会計年度(自 2019年10月1日 至 2020年9月30日)

(連結の範囲の変更)

前連結会計年度において、レカムジャパンウエスト株式会社は、当社の連結子会社であるレカムジャパンイースト株式会社を存続会社とする吸収合併により消滅したため、連結の範囲から除外しております。なお、レカムジャパンイースト株式会社はレカムジャパン株式会社に商号を変更しております。

 

当連結会計年度(自 2020年10月1日 至 2021年9月30日)

(連結の範囲の変更)

当連結会計年度において、株式会社G・Sコミュニケーションズ及び、株式会社産電テクノの株式を売却したことにより、連結子会社から除外しております。

 

(持分法適用の範囲の変更)

第3四半期連結会計期間より、新たに出資したGreentech International Pte.Ltd.を持分法適用の範囲に含めております。

 

(連結子会社の決算日の変更)

連結子会社のうち決算日が3月31日であったミャンマーレカム株式会社、レカムビジネスソリューションズ(ミャンマー)株式会社、レカムビジネスソリューションズ(タイ)株式会社、レカムビジネスソリューションズ(アジア)株式会社は、当連結会計年度より、決算日を9月30日に変更しております。

 

(会計方針の変更)

(在外子会社等の収益及び費用の換算方法の変更)

在外子会社等の収益及び費用については、従来、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算しておりましたが、当連結会計年度より期中平均相場により円貨に換算する方法に変更しております。この変更は、在外子会社等の収益及び費用の重要性が高まってきたため、一時的な為替相場の変動による期間損益への影響を緩和し、会計期間を通じて発生する在外子会社等の損益をより適切に連結財務諸表に反映させるために行ったものであります。

なお、この変更による影響は軽微であるため、遡及適用は行っておりません。

 

 

(会計上の見積りの変更と区分することが困難な会計方針の変更)

従来、当社及び国内連結子会社は、有形固定資産(リース資産を除く)の減価償却方法について、定率法(ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)、並びに2016年4月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物については定額法)を採用しておりましたが、当連結会計年度より定額法に変更しております。当社グループでは、中期経営計画の策定を契機として、当社及び国内連結子会社の有形固定資産の使用状況を調査し、適正な期間損益計算の観点から有形固定資産の減価償却方法について改めて検討した結果、これまでの使用実態から急激な技術的・経済的な陳腐化は見られず、また今後も耐用年数にわたり安定的に稼働していくことが認められるとともに、収益へ安定的に貢献していくことが見込まれることから、減価償却方法を定率法から定額法に変更することが経済実態をより適切に反映すると判断したことによるものであります。

これにより、従来の方法と比べて、当連結会計年度の営業利益、経常利益及び税金等調整前当期純利益がそれぞれ523千円増加しております。

 

 

(4) 経営成績等の状況の概要に係る主要な項目における差異に関する情報

前連結会計年度(自 2019年10月1日 至 2020年9月30日)

「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1) 連結財務諸表 連結財務諸表注記」の「42.初度適用」をご参照ください。

 

当連結会計年度(自 2020年10月1日 至 2021年9月30日)

(のれんの償却)

のれんの償却について、日本基準では10年以内の合理的な償却期間を設定し、定額法により償却を行っておりましたが、IFRSでは償却を行わず、毎期減損テストを実施しております。この影響により、IFRSでは日本基準に比べて販売費及び一般管理費が298百万円減少しております。

 

 

4 【経営上の重要な契約等】

 

(1) 販売店契約等

契約会社名

相手先

契約年月日

契約内容

契約期間

レカム株式会社

東日本電信電話株式会社

1999年6月30日

電気通信機器売買に関する基本的事項
(販売店契約)

自 1999年7月1日
至 2000年3月31日
以降1年ごとの自動更新

レカム株式会社

西日本電信電話株式会社

2001年4月1日

電気通信機器売買に関する基本的事項
(販売店契約)

自 2001年4月1日
至 2002年3月31日
以降1年ごとの自動更新

レカム株式会社

京セラドキュメントソリューションズジャパン株式会社

2001年8月10日

京セラ製品並びにその他関連商品の売買に関する事項
(基本取引契約)

自 2001年8月10日
至 2002年8月9日
以降1年ごとの自動更新

レカム株式会社

サクサ株式会社

2006年8月1日

サクサビジネス製品並びにその他関連商品の売買に関する事項
(基本取引契約)

自 2006年8月1日
至 2007年7月31日
以降1年ごとの自動更新

レカム株式会社

コニカミノルタビジネスソリューションズ株式会社

2007年9月6日

コニカミノルタビジネスソリューションズ製品並びにその他関連商品の売買に関する事項
(基本取引契約)

自 2007年9月6日
至 2009年9月5日
以降1年ごとの自動更新

レカムジャパン株式会社

オリックス株式会社

2001年7月30日

取扱商品のリース販売に関する事項
(基本取引契約)

特に定めず

 

 

(2) フランチャイズ契約

レカムジャパン株式会社には、直営店以外にフランチャイズ契約を締結し「レカム」の商号のもとで営業を行っているフランチャイズ加盟店舗が16店舗(2021年9月末日現在)あります。

フランチャイズ契約の要旨は、次のとおりであります。

① 契約の目的

当社の取扱い商品の販売について、加盟店企業に対しノウハウを伝授し、当社と顧客との間の売買契約の成立を媒介する権利を与え、加盟店企業が当社の代理店として商品の販売に努め、その実績に応じて販売手数料を受領し、もって当社と加盟店企業の共通利益の増進と発展を図ることを目的とする。

② 契約品目

ビジネスホン、ファクシミリ等の通信機器、デジタル複合機等のOA機器、パソコン関連商品、インターネット商材等

③ 契約期間に関する事項

開業日から開始し1年間。(以降1年ごとの自動更新)

④ ロイヤリティに関する事項

ロイヤリティ:売上総額の一定料率

⑤ 契約形態

営業所契約:営業行為に特化した契約形態

支店契約:営業行為のみならず、設置工事から業務処理まで加盟店企業独自で実施する契約形態

 

5 【研究開発活動】

該当事項はありません。

 

第3 【設備の状況】

 

1 【設備投資等の概要】

当連結会計年度において、重要な設備投資の実施はありません。

 

2 【主要な設備の状況】

(1) 提出会社

2021年9月30日現在における各事業所の設備、投下資本ならびに従業員の配置状況は、次のとおりであります。

事業所名
(所在地)

セグメントの名称

設備の内容

帳簿価額(単位:千円)

従業
員数
(人)

建物及び
構築物

工具、器具
及び備品

ソフト
ウェア

使用権資産

合計

本社事務所
(東京都渋谷区)

その他

統括業務施設

16,533

7,715

16,642

182,625

223,516

   42(-)

 

(注) 1 金額には消費税等は含まれておりません。

2 従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数は( )内に年間の平均人員を外数で記載しております。 

3 帳簿金額は、IFRSに基づく金額を記載しております。 

 

(2) 子会社

子会社の設備については、重要性がないため記載を省略しております。

 

 

3 【設備の新設、除却等の計画】

当社グループの2021年9月30日現在の設備投資計画については、次のとおりであります。

(1) 重要な設備の新設

該当事項はありません。

 

(2) 重要な除却等

該当事項はありません。

第4 【提出会社の状況】

 

1 【株式等の状況】

(1) 【株式の総数等】

① 【株式の総数】

 

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

240,000,000

240,000,000

 

 

② 【発行済株式】

 

種類

事業年度末現在
発行数(株)
(2021年9月30日)

提出日現在
発行数(株)
(2021年12月27日)

上場金融商品取引所名又は登録認可金融商品取引業協会名

内容

普通株式

82,606,255

82,630,255

東京証券取引所
JASDAQ
(スタンダード)

単元株式数
100株

82,606,255

82,630,255

 

(注) 「提出日現在発行数」欄には、2021年12月1日からこの有価証券報告書提出日までの新株予約権の行使により発行された株式数は含まれておりません。

 

 

(2) 【新株予約権等の状況】

① 【ストックオプション制度の内容】

会社法に基づき発行した新株予約権は、次のとおりであります。

   2014年11月14日取締役会決議(第13回新株予約権)

 

事業年度末現在
(2021年9月30日)

提出日の前月末現在
(2021年11月30日)

付与対象者の区分及び人数

当社取締役   1名
当社取締役監査等委員 1名
当社使用人並びに当社子会社 役員及び使用人 34名

新株予約権の数(個)

1,970個

新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)

新株予約権の目的となる株式の種類

普通株式

新株予約権の目的となる株式の数

197,000株

新株予約権の行使時の払込金額

1株につき97円

新株予約権の行使期間

自 2016年11月15日
至 2021年11月14日

新株予約権の行使により株式を発行する場合の
株式の発行価格及び資本組入額

発行価格        97円
資本組入額      49円

新株予約権の行使の条件

新株予約権の割当を受けたものは権利行使時においても、当社または当社子会社の取締役、監査役、もしくは従業員の地位にあることを要す。ただし、任期満了による退任、定年退職等その他の正当な理由がある場合はこの限りではない。その他の条件は、定時株主総会および取締役会決議に基づき、当社と付与対象取締役および従業員との間で締結する「新株予約権付与契約書」に定めるものとする。

新株予約権の譲渡に関する事項

相続以外の新株予約権の譲渡、質入その他の処分は一切認めない。

代用払込みに関する事項

組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に
関する事項

 

(注) 株式の数は、退職等の理由により権利を喪失した者の数を減じております。 

 

② 【ライツプランの内容】

該当事項はありません。

 

③ 【その他の新株予約権等の状況】

該当事項はありません。

 

(3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

該当事項はありません。  

 

 

(4) 【発行済株式総数、資本金等の推移】

 

年月日

発行済株式
総数増減数
(株)

発行済株式
総数残高
(株)

資本金増減額
 
(千円)

資本金残高
 
(千円)

資本準備金
増減額
(千円)

資本準備金
残高
(千円)

2017年8月31日

(注)1

2,437,800

60,116,900

79,375

1,011,895

79,375

811,893

2018年3月31日

(注)2

4,655,100

64,772,000

251,394

1,263,289

251,394

1,063,289

2018年6月30日

(注)3

2,122,500

66,894,500

283,874

1,547,163

283,874

1,347,163

2018年9月30日

(注)4

56,000

66,950,500

1,530

1,548,693

1,530

1,348,693

2019年6月3日

(注)5

2,000,000

68,950,500

148,500

1,697,693

148,500

1,497,193

2019年6月4日

(注)6

1,350,000

70,300,500

100,237

1,797,431

100,237

1,597,431

2019年9月30日

(注)7

517,000

70,817,500

17,216

1,814,647

17,216

1,614,647

2020年9月30日

(注)8

11,554,255

82,371,755

623,266

2,437,914

623,266

2,237,913

2021年9月30日

(注)9

234,500

82,606,255

8,257

2,446,171

8,257

2,246,171

 

(注) 1 2017年4月1日から2017年8月31日までの間に、第8回、第9回、第11回および第14回の各種新株予約権の行使により、発行済株式総数が2,437,800株、資本金が79,376千円および資本準備金が79,376千円それぞれ増加しております。

2 2018年1月19日を払込期日とし、当社代表取締役社長伊藤秀博及び当社常務執行役員木下建を割当先とする第三者割当による新株式発行(1,100,000株)及び2018年1月1日から2018年3月31日までの間に、第9回、第11回、第14回及び第15回の各種新株予約権の行使(3,555,100株)により、発行済株式総数が4,655,100株、資本金が251,394千円および資本準備金が251,394千円それぞれ増加しております。

3 2018年4月4日を払込期日とし、マッコーリー・バンク・リミテッドを割当先とする第三者割当による新株式発行(1,731,000株、発行価格:1株当たり289円、資本組入額:1株当たり144.5円)および2018年4月1日から2018年6月30日までの間に、第8回、第9回、第11回、第13回および第18回の各種新株予約権の行使(391,500株)により、発行済株式総数が2,122,500株、資本金が283,874千円および資本準備金が283,874千円それぞれ増加しております。

4 2018年8月1日から2018年9月30日までの間に、第8回、第9回、第11回および第13回の各種新株予約権の行使により、発行済株式総数が56,000株、資本金が1,530千円および資本準備金が1,530千円それぞれ増加しております。

5 2019年6月3日に株式会社エフティグループを割当先とする第三者割当による新株式発行(2,000,000株、発行価格:1株当たり148.5円、資本組入額:1株当たり74.25円)により、発行済株式総数が2,000,000株、資本金が148,500千円および資本準備金が148,500千円それぞれ増加しております。

6 2019年6月4日にマッコーリー・バンク・リミテッドを割当先とする第三者割当による新株式発行(1,350,000株、発行価格:1株当たり148.5円、資本組入額:1株当たり74.25円)により、発行済株式総数が1,350,000株、資本金が100,237千円および資本準備金が100,237千円それぞれ増加しております。

7 2018年10月1日から2019年9月30日までの間に、第8回、第13回および第15回の各種新株予約権の行使により、発行済株式総数が517,000株、資本金が17,216千円および資本準備金が17,216千円それぞれ増加しております。

8 2019年10月1日から2020年9月30日までの間に、第9回および第19回の新株予約権ならびに第2回無担保転換社債型新株予約権付社債の行使により、発行済株式総数が11,554,255株、資本金が623,266千円および資本準備金が623,266千円それぞれ増加しております。

9 2020年10月1日から2021年9月30日までの間に、第11回および第13回の新株予約権の行使により、発行済株式総数が234,500株、資本金が8,257千円および資本準備金が8,257千円それぞれ増加しております。

10  2021年10月1日から提出日までの間に、第13回新株予約権の行使により、発行済株式総数が24,000株、資本金および資本準備金が1,781千円それぞれ増加しております。

 

 

(5) 【所有者別状況】

2021年9月30日現在

区分

株式の状況(1単元の株式数 100株)

単元未満
株式の状況
(株)

政府及び
地方公共
団体

金融機関

金融商品
取引業者

その他の
法人

外国法人等

個人
その他

個人以外

個人

株主数
(人)

2

25

76

26

70

20,248

20,447

所有株式数
(単元)

25,797

34,332

34,477

10,056

2,989

718,308

825,959

10,355

所有株式数
の割合(%)

3.12

4.16

4.17

1.22

0.36

86.97

100.00

 

(注) 自己株式1,013,000株は、「個人その他」の欄に含まれております。

 

(6) 【大株主の状況】

2021年9月30日現在

氏名又は名称

住所

所有株式数
(株)

発行済株式
(自己株式を
除く。)の
総数に対する
所有株式数の
割合(%)

伊藤 秀博

東京都練馬区

5,045,000

6.18

上田八木短資株式会社

大阪府大阪市中央区高麗橋2丁目4-2

2,214,800

2.71

株式会社エフティグループ

東京都中央区日本橋蛎殻町2丁目13-6

2,000,000

2.45

楽天証券株式会社

東京都港区青山2丁目6-21

1,469,900

1.80

亀山 与一

栃木県佐野市

848,500

1.04

有限会社ヤマザキ

青森県弘前市駅前2丁目1-4

630,000

0.77

清水 直也

東京都中央区

505,000

0.62

井上 聡

東京都江東区

500,000

0.61

奥西 明

奈良県奈良市

486,100

0.60

神林 茂

神奈川県横浜市神奈川区

433,200

0.53

14,132,500

17.32

 

(注) 上記のほか、自己株式1,013,000株があります。

 

 

(7) 【議決権の状況】

① 【発行済