EDINET閲覧(提出)サイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)をもとに上場企業サーチ作成

本ページはEDINETに提出された開示情報を上場企業サーチが加工/編集したものであり、記載された情報の正確性および完全性について上場企業サーチは一切の保証を行いません。本ページの情報を利用する際は自己の責任で判断頂き、意思決定に際しては適宜EDINETや提出会社が公開するオリジナルを参照する様にしてください。本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

【表紙】

 

【提出書類】

有価証券報告書

【根拠条文】

金融商品取引法第24条第1項

【提出先】

関東財務局長

【提出日】

2021年2月25日

【事業年度】

第31期(自 2019年12月1日 至 2020年11月30日)

【会社名】

テクノアルファ株式会社

【英訳名】

Techno Alpha Co., Ltd.

【代表者の役職氏名】

代表取締役社長  青島 勉

【本店の所在の場所】

東京都品川区西五反田二丁目27番4号
明治安田生命五反田ビル

【電話番号】

(03)3492-7421(代表)

【事務連絡者氏名】

経営企画室 マネージャー  前田 資之

【最寄りの連絡場所】

東京都品川区西五反田二丁目27番4号
明治安田生命五反田ビル

【電話番号】

(03)5745-9722

【事務連絡者氏名】

経営企画室 マネージャー  前田 資之

【縦覧に供する場所】

株式会社東京証券取引所
  (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

 

 

E03007 30890 テクノアルファ株式会社 Techno Alpha Co., Ltd. 企業内容等の開示に関する内閣府令 第三号様式 Japan GAAP true cte cte 2019-12-01 2020-11-30 FY 2020-11-30 2018-12-01 2019-11-30 2019-11-30 1 false false false E03007-000 2021-02-25 E03007-000 2015-12-01 2016-11-30 E03007-000 2016-12-01 2017-11-30 E03007-000 2017-12-01 2018-11-30 E03007-000 2018-12-01 2019-11-30 E03007-000 2019-12-01 2020-11-30 E03007-000 2016-11-30 E03007-000 2017-11-30 E03007-000 2018-11-30 E03007-000 2019-11-30 E03007-000 2020-11-30 E03007-000 2015-12-01 2016-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03007-000 2016-12-01 2017-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03007-000 2017-12-01 2018-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03007-000 2018-12-01 2019-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03007-000 2019-12-01 2020-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03007-000 2016-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03007-000 2017-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03007-000 2018-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03007-000 2019-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03007-000 2020-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03007-000 2020-11-30 jpcrp030000-asr_E03007-000:ElectronicsReportableSegmentsMember E03007-000 2020-11-30 jpcrp030000-asr_E03007-000:MarineAndEnvironmentalEquipmentsReportableSegmentsMember E03007-000 2020-11-30 jpcrp030000-asr_E03007-000:SIReportableSegmentsMember E03007-000 2020-11-30 jpcrp030000-asr_E03007-000:ScienceReportableSegmentsMember E03007-000 2020-11-30 jpcrp_cor:CorporateSharedMember E03007-000 2020-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E03007-000:ElectronicsReportableSegmentsMember E03007-000 2020-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E03007-000:MarineAndEnvironmentalEquipmentsReportableSegmentsMember E03007-000 2020-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E03007-000:ScienceReportableSegmentsMember E03007-000 2020-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp_cor:CorporateSharedMember E03007-000 2021-02-25 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E03007-000 2020-11-30 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E03007-000 2020-11-30 jpcrp_cor:No1MajorShareholdersMember E03007-000 2020-11-30 jpcrp_cor:No2MajorShareholdersMember E03007-000 2020-11-30 jpcrp_cor:No3MajorShareholdersMember E03007-000 2020-11-30 jpcrp_cor:No4MajorShareholdersMember E03007-000 2020-11-30 jpcrp_cor:No5MajorShareholdersMember E03007-000 2020-11-30 jpcrp_cor:No6MajorShareholdersMember E03007-000 2020-11-30 jpcrp_cor:No7MajorShareholdersMember E03007-000 2020-11-30 jpcrp_cor:No8MajorShareholdersMember E03007-000 2020-11-30 jpcrp_cor:No9MajorShareholdersMember E03007-000 2020-11-30 jpcrp_cor:No10MajorShareholdersMember E03007-000 2020-11-30 jpcrp_cor:SharesWithNoVotingRightsMember E03007-000 2020-11-30 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsTreasurySharesEtcMember E03007-000 2020-11-30 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsOtherMember E03007-000 2020-11-30 jpcrp_cor:OrdinarySharesTreasurySharesSharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E03007-000 2020-11-30 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsOtherMember E03007-000 2020-11-30 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesLessThanOneUnitMember E03007-000 2020-11-30 jpcrp_cor:Row1Member E03007-000 2021-02-25 jpcrp_cor:Row1Member E03007-000 2021-02-25 jpcrp030000-asr_E03007-000:TsutomuAoshimaMember E03007-000 2021-02-25 jpcrp030000-asr_E03007-000:TaizoNakamuraMember E03007-000 2021-02-25 jpcrp030000-asr_E03007-000:HayumaInagakiMember E03007-000 2021-02-25 jpcrp030000-asr_E03007-000:ToshihiroIzawaMember E03007-000 2021-02-25 jpcrp030000-asr_E03007-000:YoshihisaAonoMember E03007-000 2021-02-25 jpcrp030000-asr_E03007-000:AkiraMurakamiMember E03007-000 2021-02-25 jpcrp030000-asr_E03007-000:YoheiTamuraMember E03007-000 2021-02-25 jpcrp_cor:Row2Member E03007-000 2021-02-25 jpcrp_cor:Row3Member E03007-000 2021-02-25 jpcrp_cor:Row4Member E03007-000 2019-12-01 2020-11-30 jpcrp030000-asr_E03007-000:DirectorsMember E03007-000 2019-12-01 2020-11-30 jpcrp_cor:CorporateAuditorsExcludingOutsideCorporateAuditorsMember E03007-000 2019-12-01 2020-11-30 jpcrp_cor:OutsideDirectorsAndOtherOfficersMember E03007-000 2018-11-30 jppfs_cor:CapitalStockMember E03007-000 2019-11-30 jppfs_cor:CapitalStockMember E03007-000 2018-11-30 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E03007-000 2019-11-30 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E03007-000 2018-11-30 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E03007-000 2019-11-30 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E03007-000 2019-11-30 jppfs_cor:TreasuryStockMember E03007-000 2018-11-30 jppfs_cor:TreasuryStockMember E03007-000 2019-11-30 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E03007-000 2018-11-30 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E03007-000 2018-11-30 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E03007-000 2019-11-30 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E03007-000 2019-11-30 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E03007-000 2018-11-30 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E03007-000 2019-11-30 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E03007-000 2018-11-30 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E03007-000 2019-12-01 2020-11-30 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E03007-000 2018-12-01 2019-11-30 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E03007-000 2019-12-01 2020-11-30 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E03007-000 2018-12-01 2019-11-30 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E03007-000 2018-12-01 2019-11-30 jppfs_cor:TreasuryStockMember E03007-000 2018-12-01 2019-11-30 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E03007-000 2019-12-01 2020-11-30 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E03007-000 2019-12-01 2020-11-30 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E03007-000 2018-12-01 2019-11-30 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E03007-000 2019-12-01 2020-11-30 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E03007-000 2018-12-01 2019-11-30 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E03007-000 2019-12-01 2020-11-30 jppfs_cor:CapitalStockMember E03007-000 2018-12-01 2019-11-30 jppfs_cor:CapitalStockMember E03007-000 2019-12-01 2020-11-30 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E03007-000 2018-12-01 2019-11-30 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E03007-000 2019-12-01 2020-11-30 jppfs_cor:TreasuryStockMember E03007-000 2020-11-30 jppfs_cor:CapitalStockMember E03007-000 2020-11-30 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E03007-000 2020-11-30 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E03007-000 2020-11-30 jppfs_cor:TreasuryStockMember E03007-000 2020-11-30 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E03007-000 2020-11-30 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E03007-000 2020-11-30 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E03007-000 2020-11-30 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E03007-000 2018-12-01 2019-11-30 jpcrp030000-asr_E03007-000:ElectronicsReportableSegmentsMember E03007-000 2019-12-01 2020-11-30 jpcrp030000-asr_E03007-000:ElectronicsReportableSegmentsMember E03007-000 2018-12-01 2019-11-30 jpcrp030000-asr_E03007-000:MarineAndEnvironmentalEquipmentsReportableSegmentsMember E03007-000 2019-12-01 2020-11-30 jpcrp030000-asr_E03007-000:MarineAndEnvironmentalEquipmentsReportableSegmentsMember E03007-000 2018-12-01 2019-11-30 jpcrp030000-asr_E03007-000:SIReportableSegmentsMember E03007-000 2019-12-01 2020-11-30 jpcrp030000-asr_E03007-000:SIReportableSegmentsMember E03007-000 2019-12-01 2020-11-30 jpcrp030000-asr_E03007-000:ScienceReportableSegmentsMember E03007-000 2018-12-01 2019-11-30 jpcrp030000-asr_E03007-000:ScienceReportableSegmentsMember E03007-000 2019-12-01 2020-11-30 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E03007-000 2018-12-01 2019-11-30 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E03007-000 2019-11-30 jpcrp030000-asr_E03007-000:ElectronicsReportableSegmentsMember E03007-000 2019-11-30 jpcrp030000-asr_E03007-000:MarineAndEnvironmentalEquipmentsReportableSegmentsMember E03007-000 2019-11-30 jpcrp030000-asr_E03007-000:SIReportableSegmentsMember E03007-000 2019-11-30 jpcrp030000-asr_E03007-000:ScienceReportableSegmentsMember E03007-000 2019-11-30 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E03007-000 2020-11-30 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E03007-000 2018-11-30 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03007-000 2019-11-30 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03007-000 2018-11-30 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03007-000 2019-11-30 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03007-000 2019-11-30 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03007-000 2018-11-30 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03007-000 2019-11-30 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03007-000 2018-11-30 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03007-000 2018-11-30 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03007-000 2019-11-30 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03007-000 2018-11-30 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03007-000 2019-11-30 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03007-000 2018-11-30 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03007-000 2019-11-30 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03007-000 2018-11-30 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03007-000 2019-11-30 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03007-000 2019-11-30 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03007-000 2018-11-30 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03007-000 2019-11-30 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03007-000 2018-11-30 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03007-000 2019-11-30 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03007-000 2018-11-30 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03007-000 2019-11-30 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03007-000 2018-11-30 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03007-000 2019-11-30 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03007-000 2018-11-30 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03007-000 2018-12-01 2019-11-30 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03007-000 2019-12-01 2020-11-30 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03007-000 2019-12-01 2020-11-30 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03007-000 2018-12-01 2019-11-30 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03007-000 2019-12-01 2020-11-30 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03007-000 2018-12-01 2019-11-30 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03007-000 2018-12-01 2019-11-30 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03007-000 2018-12-01 2019-11-30 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03007-000 2019-12-01 2020-11-30 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03007-000 2019-12-01 2020-11-30 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03007-000 2018-12-01 2019-11-30 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03007-000 2019-12-01 2020-11-30 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03007-000 2018-12-01 2019-11-30 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03007-000 2018-12-01 2019-11-30 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03007-000 2019-12-01 2020-11-30 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03007-000 2018-12-01 2019-11-30 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03007-000 2019-12-01 2020-11-30 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03007-000 2018-12-01 2019-11-30 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03007-000 2019-12-01 2020-11-30 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03007-000 2018-12-01 2019-11-30 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03007-000 2019-12-01 2020-11-30 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03007-000 2019-12-01 2020-11-30 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03007-000 2018-12-01 2019-11-30 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03007-000 2018-12-01 2019-11-30 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03007-000 2019-12-01 2020-11-30 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03007-000 2019-12-01 2020-11-30 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03007-000 2020-11-30 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03007-000 2020-11-30 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03007-000 2020-11-30 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03007-000 2020-11-30 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03007-000 2020-11-30 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03007-000 2020-11-30 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03007-000 2020-11-30 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03007-000 2020-11-30 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03007-000 2020-11-30 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03007-000 2020-11-30 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03007-000 2020-11-30 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03007-000 2020-11-30 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03007-000 2020-11-30 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember iso4217:JPY iso4217:JPY xbrli:shares xbrli:pure xbrli:shares

第一部 【企業情報】

 

第1 【企業の概況】

 

1 【主要な経営指標等の推移】

(1) 連結経営指標等

 

回次

第27期

第28期

第29期

第30期

第31期

決算年月

2016年11月

2017年11月

2018年11月

2019年11月

2020年11月

売上高

(千円)

2,662,917

2,819,137

3,584,960

3,422,530

2,329,608

経常利益又は経常損失(△)

(千円)

87,130

74,393

277,530

300,664

2,730

親会社株主に帰属する
当期純利益又は
親会社株主に帰属する
当期純損失(△)

(千円)

76,989

44,711

178,421

224,614

5,435

包括利益

(千円)

81,152

40,526

173,044

228,627

10,209

純資産額

(千円)

1,176,373

1,191,567

1,320,465

1,501,340

1,438,157

総資産額

(千円)

1,876,081

1,719,182

2,146,254

2,230,224

2,167,309

1株当たり純資産額

(円)

666.16

674.77

747.76

850.22

814.44

1株当たり当期純利益
又は当期純損失(△)

(円)

43.59

25.32

101.04

127.20

3.08

潜在株式調整後
1株当たり当期純利益

(円)

自己資本比率

(%)

62.7

69.3

61.5

67.3

66.4

自己資本利益率

(%)

6.2

3.8

14.2

15.9

0.4

株価収益率

(倍)

46.0

10.8

9.0

営業活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

47,006

127,246

144,537

212,014

350,314

投資活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

9,650

6,695

30,524

9,917

15,709

財務活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

24,289

215,579

153,717

99,560

45,200

現金及び現金同等物の
期末残高

(千円)

353,903

257,784

236,368

338,904

750,129

従業員数

(人)

73

77

81

84

82

 

(注) 1 売上高には、消費税等は含まれておりません。

2 潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため、記載しておりません。

3 第27期及び第31期の株価収益率については、1株当たり当期純損失であるため記載しておりません。

4 従業員数は、就業人員数を表示しております。

5 「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第30期の期首から適用しており、第29期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。

 

 

(2) 提出会社の経営指標等

 

回次

第27期

第28期

第29期

第30期

第31期

決算年月

2016年11月

2017年11月

2018年11月

2019年11月

2020年11月

売上高

(千円)

1,934,157

2,137,611

2,811,351

2,635,734

1,806,341

経常利益

(千円)

73,653

37,955

251,931

222,597

23,905

当期純利益又は
当期純損失(△)

(千円)

124,034

22,408

143,594

171,144

12,479

資本金

(千円)

100,210

100,210

100,210

100,210

100,210

発行済株式総数

(株)

2,316,000

2,316,000

2,316,000

2,316,000

2,316,000

純資産額

(千円)

1,061,960

1,054,852

1,148,923

1,276,329

1,231,060

総資産額

(千円)

1,628,181

1,423,206

1,843,483

1,868,671

1,748,038

1株当たり純資産額

(円)

601.37

597.35

650.62

722.80

697.16

1株当たり配当額

(円)

25.00

25.00

27.00

30.00

25.00

(1株当たり中間配当額)

(―)

(-)

(-)

(-)

(-)

1株当たり当期純利益
又は当期純損失(△)

(円)

70.23

12.69

81.32

96.92

7.07

潜在株式調整後
1株当たり当期純利益

(円)

自己資本比率

(%)

65.2

74.1

62.3

68.3

70.4

自己資本利益率

(%)

10.8

2.1

13.0

14.1

1.0

株価収益率

(倍)

91.9

13.4

11.8

145.2

配当性向

(%)

197.2

33.2

31.0

353.7

従業員数

(人)

41

38

38

44

46

株主総利回り

(%)

79.7

88.2

85.1

90.9

84.0

(比較指標:配当込みTOPIX)

(%)

(95.1)

(118.4)

(112.5)

(117.6)

(124.5)

最高株価

(円)

1,380

1,448

1,280

1,277

1,243

最低株価

(円)

905

990

1,052

723

700

 

(注) 1 売上高には、消費税等は含まれておりません。

2 潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため、記載しておりません。

3 第27期の株価収益率については、1株当たり当期純損失であるため、記載しておりません。

4 第27期の配当性向については、1株当たり当期純損失であるため、記載しておりません。

5 「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第30期の期首から適用しており、第29期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。

6 第30期の1株当たり配当額30円には、設立30周年記念配当3円を含んでおります。

7 最高株価及び最低株価は東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)におけるものであります。

 

 

2 【沿革】

 

年月

概要

1989年12月

 

半導体装置、電子材料の輸入販売及びバネ製造機械の輸出を目的として、イギリスDodwell & Co.,Ltd.よりハイテク部門の営業譲渡を受け、テクノアルファ株式会社を東京都港区に設立

1990年1月

 

アメリカOrthodyne Electronics Corp.(現Kulicke & Soffa Pte, Ltd.)とウェッジワイヤボンダーの日本国内における独占販売代理店契約を締結し、ワイヤボンダーの販売を開始

1995年11月

本社移転(東京都品川区西五反田二丁目27番)

1997年8月

 

アメリカDeweyl Tool Company, Inc.と販売代理店契約を締結し、ワイヤボンダー用のツールの販売を開始

1998年12月

 

インチケープマシナリー株式会社より救命ボート(株式会社ニシエフ製)、ダビットの販売部門の営業譲渡を受ける

2000年10月

 

アメリカAdvanced Integrated Technologies, Inc.と販売代理店契約を締結し、電極の販売を開始

2001年12月

 

本社内に半導体製造装置、電子材料に関する顧客向けデモンストレーション・トレーニングを目的とした接合技術センターを開設

2002年5月

 

半導体製造装置のアフターサービス強化のため、愛知県刈谷市に名古屋テクニカル・サービスセンターを設置

2002年10月

アメリカNew Logic Research, Inc.と日本における振動膜式フィルターの販売代理店契約を締結

2003年3月

ISO9001を取得

2003年10月

 

国立大学法人静岡大学との産学協同による半導体関連装置であるマイクロ波プラズマ処理装置の商品化を開始

2004年9月

自社ブランド卓上型フリップチップ・ダイボンダーの販売を開始

2005年1月

 

フランスTAMI Industries SAと日本国内における独占販売代理店契約を締結し、セラミック膜の販売を開始

2005年11月

 

ドイツDiener Electric GmbHと販売代理店契約を締結し、半導体関連装置である大気圧プラズマ処理装置の販売を開始

2007年10月

株式会社大阪証券取引所 ニッポン・ニュー・マーケット-「ヘラクレス」に株式を上場

2009年5月

 

液晶ディスプレイ・フラットパネルディスプレイ関連の製造装置及び材料を仕入・輸出する株式会社コムテックを子会社化

2010年10月

 

大阪証券取引所ヘラクレス市場、同取引所JASDAQ市場及び同取引所NEO市場の各市場の統合に伴い、大阪証券取引所JASDAQ(グロース)に株式を上場

2011年5月

大阪証券取引所JASDAQ(スタンダード)に市場区分を変更

2011年9月

 

電子機器(テスター)の製造・販売並びにコンピューター・プログラムの開発・販売を行う株式会社ペリテックを子会社化(現連結子会社)

2011年12月

連結子会社である株式会社コムテックを吸収合併

2012年1月

株式会社ペリテック(連結子会社)が、株式会社日立ディスプレイズよりEMIテスタ事業を譲受

2012年5月

メーカー機能の拡充を目的として、神奈川県大和市に神奈川事業所(現「神奈川エンジニアリングセンター」)を開設

2013年7月

 

大阪証券取引所と東京証券取引所の統合に伴い、東京証券取引所(JASDAQ(スタンダード))に株式を上場

2014年1月

 

理化学機器分野の研究開発、製造、販売等を行う株式会社ケーワイエーテクノロジーズを子会社化

2019年3月

連結子会社である株式会社ケーワイエーテクノロジーズを吸収合併

 

 

 

 

3 【事業の内容】

(1) 事業の概要

当社グループは、当社、連結子会社(株式会社ペリテック)および非連結子会社(PERITEC CO.,LTD.)の計3社で構成されており、エレクトロニクス事業、マリン・環境機器事業、SI(システムインテグレーター)事業およびサイエンス事業を主な事業としております。

当社グループ各社の位置付けおよびセグメントとの関連は、次のとおりであります。

 

(エレクトロニクス事業)

当社が、パワー半導体製造プロセスの後工程で使用される半導体製造装置、半導体製造プロセスの後工程向けの研究開発機器、検査機器、その他機器及び電子材料を、国内販売代理店として輸入販売しております。また、液晶ディスプレイ、フラットパネルディスプレイ等製造用の材料及び装置を、輸出販売しております。さらに、当社製装置を含む製造ライン向け装置一式を販売しております。

(マリン・環境機器事業)

当社が、ライフボート、ボートダビット及び船舶用クレーン等の舶用機器を国内外のメーカーから調達し、国内外の造船所に販売しております。また、食品・化学・石油化学業界等における液体分離・ろ過等を目的とした膜等を、それぞれ海外メーカーとの販売代理店契約に基づき仕入れ、顧客に販売しております。

(SI事業)

当社の連結子会社である株式会社ペリテックおよび非連結子会社であるPERITEC CO.,LTDが、計測・制御システム等の受託開発を行うとともに、主に計測・制御分野に関するプログラミング教育を提供しております。

(サイエンス事業)

当社が、理化学分野の機器の開発および製造ならびに国内外からの仕入を行い、主に国内の大学や研究所向けに販売しております。

 

(2) 各事業の取扱商品および技術サポートについて

当社グループは、商品・製品の販売と併せて、各事業領域における経験、知見に基づいた専門的な技術サポートを提供し、顧客の要求に応えております。

 

(エレクトロニクス事業)

パワー半導体(*1)製造プロセスの後工程(組立工程)で使用されるアルミ線ウェッジワイヤボンダー(*2)およびその部品・消耗品等を輸入し、顧客の要求仕様に合わせて当社が設計・製造した搬送装置等を組み合わせて販売するとともに、技術サポートとして、設置・調整、ユーザ向けトレーニングおよび保守サービス等を提供しております。また、半導体製造、電子部品製造、液晶等組立で使用される接着剤や消耗品、ボンドテスター(*3)、温度モニターシステム(*4)のほか自社開発商品のフリップチップ・ダイボンダー(*5)、プラズマ処置装置(*6)及び液晶ディスプレイ・フラットパネルディスプレイ製造用の材料・装置等を販売するとともに、これらの機器についても、技術サポートとして、設置調整、ユーザ向けトレーニングおよび保守サービス等を提供しております。さらに、主にアルミ線ウェッジワイヤボンダーの顧客向けデモンストレーション、試作支援およびトレーニング等を行う接合技術センターを本社内に設置しております。

(マリン・環境機器事業)

大型船舶に搭載されるライフボート等の舶用機器の仕入れ・販売を行うとともに、ボートダビット(*7)を、日本国内メーカーへ製造委託し、国内外の造船会社等へ販売しております。

また、食品、飲料、化学など幅広い分野における液体分離を目的とした振動膜式フィルター(*8)とセラミック膜(*9)の販売およびこれらのろ過膜を組み込んだろ過システムの設計、外注による製造および販売を行うとともに、技術サポートとして、設置・調整、ユーザ向けトレーニングおよび保守サービス等を提供しております。

(SI事業)

計測・検査システムの受託開発および自社製品の開発・販売を行うとともに、システムインテグレータとして、ハードウェアも含めた設置・調整、ユーザ向けトレーニングおよび保守サービス等を提供しております。

 

(サイエンス事業)

理化学分野の機器の開発・製造、仕入・販売を行うとともに、技術サポートとして、設置・調整、ユーザ向けトレーニングおよび保守サービス等を提供しております。

 

用語解説

*1 パワー半導体:電力を制御する半導体デバイスを指し、電源装置、モータードライブ、コンピュータ、自動車、大型家電(エアコン、冷蔵庫など)、産業用機器等に用いられる半導体

*2 ウェッジワイヤボンダー:半導体組立工程で、ICチップと端子間を細いアルミ線で超音波を用いて接合する装置

*3 ボンドテスター:半導体組立工程でワイヤボンドをした後、接合強度を検査する装置

*4 温度モニターシステム:プリント基板に電子部品を実装するハンダ付け装置の温度を監視する装置

*5 フリップチップ・ダイボンダー:半導体組立工程でICチップを基板上に高い精度で搭載する装置

*6 プラズマ処理装置:マイクロ波や大気圧等を用いて、プラズマを発生させ、ICチップ表面やその他接合面の表面状態を改善するためのクリーニング装置

*7 ダビット:救命ボート等を昇降させる装置

*8 振動膜式フィルター:フィルター膜の目詰まりを防止する目的で、膜自体を振動させ、フィルター膜の寿命を維持させる装置

*9 セラミック膜:フィルターの一種で、セラミックで成形された多種形状の膜

 

4 【関係会社の状況】

 

名称

住所

資本金
(百万円)

主要な事業
の内容

議決権の
所有割合(%)

関係内容

(連結子会社)

 

 

 

 

 

株式会社ペリテック
(注)2、3

群馬県高崎市

30

SI(システムインテグレーター)事業

100

役員の兼務

 

(注) 1 有価証券届出書又は有価証券報告書を提出している会社はありません。

2 特定子会社であります。

3 株式会社ペリテックについては、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の連結売上高に対する割合が10%を超えております。

主要な損益情報等

① 売上高

523,279千円

② 経常損失(△)

△24,584千円

③ 当期純損失(△)

△16,556千円

④ 純資産

412,347千円

⑤ 総資産

624,521千円

 

 

 

5 【従業員の状況】

(1) 連結会社の状況

2020年11月30日現在

セグメントの名称

従業員数(人)

エレクトロニクス事業

32

マリン・環境機器事業

4

SI事業

36

サイエンス事業

4

全社(共通)

6

合計

82

 

(注) 1 従業員数は就業人員数であります。

2 全社(共通)は、総務及び経理等の管理部門の従業員であります。

 

(2) 提出会社の状況

2020年11月30日現在

従業員数(人)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(円)

46

42.9

9.4

5,968,253

 

 

セグメントの名称

従業員数(人)

エレクトロニクス事業

32

マリン・環境機器事業

4

サイエンス事業

4

全社(共通)

6

合計

46

 

(注) 1 従業員数は就業人員数であります。

2 平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。

 

(3) 労働組合の状況

当社グループには、労働組合は結成されておりませんが、労使関係については円滑な関係にあり、特記すべき事項はありません。

 

第2 【事業の状況】

 

1 【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。

 

(1) 会社の経営の基本方針

当社グループは、国内外の優れた商品を開拓し、また、優れた製品を開発・製造し、高い技術力に基づいたサービスとともにお客様へ提供することで企業の成長を図り社会に貢献することを基本方針としております。

この基本方針に基づき、エレクトロニクス事業、マリン・環境機器事業、SI事業およびサイエンス事業の4事業を展開しております。

 

(2) 目標とする経営指標

当社グループは、総合的な収益力を示す指標として、経常利益の向上を重視しております。

 

(3) 中長期的な会社の経営戦略

当社グループは、既存事業の拡大・収益性の向上に加え、当社グループの技術力を活用できる新商材・マーケットの開拓および製品開発力の強化を進めます。エレクトロニクス事業においては、特に新商材・マーケットの開拓および育成ならびに自社製品の開発・販売強化および自社製品を含む製造ライン向け装置一式の提案・販売強化に注力いたします。マリン・環境機器事業においては、特に海外メーカー製甲板機器の販売強化に注力いたします。SI事業においては、特にASEAN諸国を中心とした海外での計測・制御システム・インテグレーションサービスの強化ならびに国内におけるプログラミング教育ビジネスの強化に注力いたします。サイエンス事業においては、特に海外メーカー製イメージング関連機器の開拓・販売強化および国内メーカー製計測機器等の販売強化に注力いたします。

なお、新型コロナウイルス感染症の状況を踏まえ、在宅勤務の活用やオンラインでの営業活動の推進等の取組みを進めてまいります。

 

(4) 優先的に対処すべき課題

① 新商材・マーケットの開拓

全事業において、当社グループの強みである技術力を活用できる新たな商材・マーケットの開拓を継続してまいります。

② 事業間の連携と開発力の強化

各事業の経験・知見を統合し、製品開発力の強化に努めてまいります。

③ サイエンス事業の強化

ビジネス・体制を再構築したサイエンス事業において、成長への取組みを強化してまいります。

 

 

2 【事業等のリスク】

有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、経営者が連結会社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると認識している主要なリスクは、以下のとおりであります。

なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。

 

(1) エレクトロニクス事業への依存について

当社グループにおいては、設立当初からワイヤボンダーを中心としたエレクトロニクス事業の売上高が、総売上高に対して高い割合を占めており、エレクトロニクス事業の販売動向が当社グループの業績に影響を与える可能性があります。なお、当該リスクが顕在化する可能性は現時点では認識しておりませんが、当該リスクを踏まえ、各事業において新たな商材・ビジネスの開拓を進めるとともに、自社製品の開発・販売の強化を進めております。

 

(2) 販売店契約について

当社グループのエレクトロニクス事業、マリン・環境機器事業およびサイエンス事業においては、国内外の仕入先メーカーとの間で販売店契約を締結し、国内の顧客に商品を販売をしております。メーカーの販売政策の変更等に伴って販売店契約の解除や契約内容が変更された場合、特に主力商品であるワイヤボンダーの製造元であるKulicke & Soffa社からの仕入れが困難となった場合、当社グループの業績に影響を与える可能性があります。なお、当該リスクが顕在化する可能性は現時点では認識しておりませんが、リスクへの対応策として、新たな商材・ビジネスの開拓に加え、自社製品の開発・販売の強化に努めております。

 

(3) 為替の影響について

当社グループにおいては、仕入の多くが外貨建輸入取引であり、急激な為替レートの変動が当社グループの業績に影響を与える可能性があります。このような外貨建輸入取引の為替レートの変動リスクを極力回避するため、為替予約等のリスクヘッジの手段を講じて、輸入原価の安定に努めております。また、為替変動による影響が長期化することが予想される場合には、海外仕入先との価格改定、国内販売先に対する価格改定等の交渉を行うなど当社グループへの影響を減少するよう努力しております

 

(4) 売上計上基準から生じる業績の変動について

当社グループの売上計上基準は、半導体製造装置等の機械装置について原則検収基準を採用しており、メーカーからの機械装置の納品の遅れ、あるいは顧客の受入検査の遅れ等によっては、契約上予定されていた期間内に検収を受けることができない場合があります。特に、決算月に大きな案件が計画どおりに検収を受けることができなくなるような事態が発生した場合には、売上高及びそれに対応する売上原価の計上時期が翌連結会計年度となることにより、当社グループの業績に影響を与える可能性があります。

 

(5) 会社組織について

当社グループは小規模であり、社内管理体制もこの規模に応じたものとなっております。事業が急速に拡大した場合において、人員・体制など適切かつ十分な組織対応ができなかったときには当社グループの事業遂行及び拡大に制約が生じ、当社グループの業績に影響を与える可能性があります。このようなリスクに備え、事業の状況の適時な把握と社内管理体制の強化を進めております。

 

(6) 新型コロナウイルスの影響について

当社グループのエレクトロニクス事業およびサイエンス事業においては、海外メーカーからの輸入商材の販売が高い比率を占めております。世界的な新型コロナウイルスの感染拡大状況によっては、メーカーの製造体制や物流などへの影響により、商品調達の遅延が発生する可能性があります。現時点においては、当該リスクが顕在化する可能性は認識しておりませんが、適時な状況の把握に努めております。

 

 

3 【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

 当連結会計年度における当社グループ(当社及び連結子会社)の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下、「経営成績等」という。)の状況の概要並びに経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりであります。

 

(1) 経営成績

当連結会計年度においては、世界的に新型コロナウイルスによる先行きの不透明感が継続する中、当社グループは、可能な限りの在宅勤務体制を取り、お客様への商品・サービスの供給継続に努めるとともに、対面での営業活動が制限される中、オンラインでの営業活動を推進し、主な課題である新たな商材・ビジネスの開拓、自社製品の開発・販売の強化、営業体制の強化およびサイエンス事業の再構築に取り組んでまいりました。

これらの結果、当連結会計年度の売上高は2,329,608千円(前連結会計年度比31.9%減)、営業損失は60,314千円(前連結会計年度は、262,275千円の営業利益)、経常損失は2,730千円(前連結会計年度は、300,664千円の経常利益)、親会社株主に帰属する当期純損失は5,435千円(前連結会計年度は、224,614千円の親会社株主に帰属する当期純利益)となりました。

 

セグメントごとの経営成績は次のとおりであります。

① エレクトロニクス事業

当事業においては、特に新たな商材・ビジネスの開拓および当社製装置を含む製造ライン向け装置一式の一括提案・販売の強化に注力しております。当連結会計年度においては、新商材・ビジネスの開拓は徐々に進んでおりますが、当社製装置を含む製造ライン向け装置一式での販売が、見込み案件の実施予定時期の延期等により低調に推移いたしました。また、既存ビジネスについては、商材により好不調はあるものの、比較的大型の装置類の受注・販売が低調に推移いたしました。

これらの結果、売上高は1,180,147千円(前連結会計年度比41.7%減)、営業利益は3,761千円(前連結会計年度比98.2%減)となりました。

② マリン・環境機器事業

当事業においては、ライフボートおよびボートダビットの販売強化に加え、新たな主力商材として、海外メーカー製舶用クレーン等の甲板機器の販売強化に注力しております。これらの舶用機器については、受注から検収までの期間が長く、当連結会計年度においては、海外メーカー製舶用クレーンを含む前連結会計年度以前に受注した舶用機器を予定どおりに販売いたしました。

これらの結果、売上高は467,905千円(前連結会計年度比3.4%増)、営業利益は102,862千円(前連結会計年度比32.3%増)となりました。

③ SI事業

当事業においては、特にASEAN諸国における計測・制御システムのインテグレーションサービスの営業の強化およびプログラミング教育分野の開拓に注力しております。当連結会計年度においては、ASEAN諸国におけるシステムインテグレーション関連ビジネスは堅調に成長しつつあるものの、国内においては、新型コロナウイルス感染拡大の影響による営業活動の制限、案件の延期・凍結等によりシステムインテグレーションサービスが低調に推移いたしました。また、プログラミング教育分野の開拓については、新型コロナウイルス感染拡大を踏まえ、当初の対面を前提としたスキームの見直しなど、ビジネスモデルの再構築および基盤の整備を進めております。

これらの結果、売上高は523,279千円(前連結会計年度比29.7%減)、営業損失は71,213千円(前連結会計年度は、75,632千円の営業利益)となりました。

④ サイエンス事業

当事業においては、自社製品、国内メーカー製計測機器および中古機器の販売とともに、特に海外メーカー製イメージング関連機器の開拓および販売強化に注力しております。当連結会計年度においては、新型コロナウイルス感染拡大の影響による営業活動の制限、国際渡航制限による輸入商品の検収の後ろ倒しなどがあったものの、海外メーカー製イメージング関連機器の開拓および販売が順調に進みました。

これらの結果、売上高は158,276千円(前連結会計年度比21.3%減)、営業利益は7,830千円(前連結会計年度は、1,930千円の営業損失)となりました。

 

仕入、受注及び販売の実績は、次のとおりであります。

 ① 仕入実績

当連結会計年度における仕入実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。

 

セグメントの名称

仕入高(千円)

前年同期比(%)

エレクトロニクス事業

664,453

△29.0

マリン・環境機器事業

320,005

△0.7

SI事業

サイエンス事業

128,039

△9.9

合計

1,112,499

△20.5

 

(注) 1 セグメント間取引については相殺消去しております。

2 金額は仕入価格で表示しており、消費税等は含まれておりません。

 

② 受注状況

当連結会計年度における受注状況をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。

 

セグメントの名称

受注高(千円)

前年同期比(%)

受注残高(千円)

前年同期比(%)

エレクトロニクス事業

1,403,281

△13.1

465,647

+92.0

マリン・環境機器事業

451,231

+9.9

465,680

△3.5

SI事業

552,146

+9.6

221,777

+15.0

サイエンス事業

204,347

+11.4

55,458

+490.8

合計

2,611,006

△3.7

1,208,563

+30.4

 

(注) 1 セグメント間取引については、相殺消去しております。

2 金額は販売価格で表示しており、消費税等は含まれておりません。

 

③ 販売実績

当連結会計年度における販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。

 

セグメントの名称

販売高(千円)

前年同期比(%)

エレクトロニクス事業

1,180,147

△41.7

マリン・環境機器事業

467,905

+3.4

SI事業

523,279

△29.7

サイエンス事業

158,276

△21.3

合計

2,329,608

△31.9

 

(注) 1 主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に対する割合

 

相手先

前連結会計年度

当連結会計年度

販売高(千円)

割合(%)

販売高(千円)

割合(%)

三菱造船株式会社

234,261

10.05

 

2 セグメント間取引については、相殺消去しております。

3 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

 

 

(2) 財政状態

当連結会計年度末における総資産は2,167,309千円(前連結会計年度末比2.8%減)となりました。

当連結会計年度末における自己資本比率は66.4%(前連結会計年度末比0.9ポイント減)となり、当連結会計年度末における1株当たり純資産額は814円44銭となりました。

 

資産、負債及び純資産の状況は、次のとおりであります。

① 資産

当連結会計年度末の総資産は、2,167,309千円(前連結会計年度末比62,915千円の減少)となりました。これは主に、現金及び預金の増加411,224千円電子記録債権の増加31,928千円および前渡金の増加52,254千円の一方で売掛金の減少527,491千円仕掛品の減少34,765千円およびその他流動資産の増加12,459千円などによる流動資産の減少28,780千円ならびに有形固定資産の減少12,072千円無形固定資産の減少4,960千円および投資その他の資産の減少17,102千円による固定資産の減少34,135千円によるものであります。

② 負債

当連結会計年度末の負債合計は、729,151千円(前連結会計年度末比267千円の増加)となりました。これは主に、未払法人税等の減少30,274千円およびその他流動負債の減少77,960千円などによる流動負債の減少112,027千円の一方で、長期借入金の増加100,000千円および役員退職慰労引当金の増加10,520千円などによる固定負債の増加112,295千円によるものであります。

③ 純資産

当連結会計年度末における純資産は1,438,157千円(前連結会計年度末比63,183千円の減少)となりました。これは主に、親会社株主に帰属する当期純損失の計上および配当金の支払による利益剰余金の減少58,409千円ならびにその他の包括利益累計額の減少4,773千円によるものであります。

 

(3) キャッシュ・フロー

当連結会計年度末における現金及び現金同等物は、750,129千円(前連結会計年度末比411,224千円の増加)となりました。

① 営業活動によるキャッシュ・フロー

営業活動によるキャッシュ・フローは、350,314千円の収入(前連結会計年度は、212,014千円の収入)となりました。これは、主な支出要因として税金等調整前当期純損失3,030千円の計上たな卸資産の増加34,081千円未払金の減少17,601千円および未払消費税等の減少48,742千円などがあった一方で、主な収入要因として売上債権の減少515,456千円があったことによるものであります。

② 投資活動によるキャッシュ・フロー

投資活動によるキャッシュ・フローは、15,709千円の収入(前連結会計年度は、9,917千円の支出)となりました。これは主に、有形固定資産の取得による支出9,229千円および保険積立金の積立による支出12,269千円の一方で、投資有価証券の売却による収入10,050千円および保険積立金の解約による収入29,100千円によるものであります。

③ 財務活動によるキャッシュ・フロー

財務活動によるキャッシュ・フローは、45,200千円の収入(前連結会計年度は99,560千円の支出)となりました。これは主に、配当金の支払による支出53,000千円の一方で、長期借入れによる収入100,000千円によるものであります。

④ 資本の財源及び資金の流動性に関する情報

当社グループの資金需要のうち主なものは、商品の仕入れのほか、販売費及び一般管理費等の営業費用であり、これらの運転資金については、自己資金および短期借入金により充当しております。また、当社は、運転資金の効率的な調達を行うため取引銀行3行と当座貸越契約を締結しております。

なお、現時点においては、重要な資本的支出の予定はありません。

 

(4) 重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成されております。この連結財務諸表の作成にあたり、資産、負債、収益および費用の計上額に影響を与える会計上の見積りを行う必要があります。当該見積りは、過去の経験等を勘案して適切と考えられる仮定に基づいておりますが、実際の結果は、これらの見積りと異なる可能性があります。特に以下の事項は、経営者の会計上の見積りの判断が財政状態及び経営成績に重要な影響を及ぼすと考えております。

なお、新型コロナウイルス感染症の影響については、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1) 連結財務諸表 注記事項 (追加情報)」に記載しております。

 

(繰延税金資産)

繰延税金資産は、将来の課税所得を合理的に見積り、回収可能性を十分に検討し、回収可能見込額を計上しております。繰延税金資産の回収可能性は、将来の課税所得の見積りに依存するため、その見積りの前提とした条件や仮定に変更が生じ、課税所得が減少した場合、繰延税金資産が取り崩され、税金費用を計上する可能性があります。

 

(固定資産の減損処理)

減損の兆候のある資産又は資産グループについて、回収可能価額に基づき減損の判定を行っております。回収可能価額は、使用価値と正味売却価額のいずれか高い方により測定しております。回収可能価額は、事業計画や市場環境の変化により、その見積り金額の前提とした条件や仮定に変更が生じ減少した場合、追加の減損処理が必要になる可能性があります。

 

(退職給付費用及び退職給付債務)

当社グループは、退職給付費用及び退職給付債務について、割引率等、数理計算上で設定される前提条件に基づいて算出しております。実際の結果が前提条件と異なる場合、または前提条件が変更された場合、その影響は将来にわたって規則的に認識されるため、将来期間において認識される費用及び計上される債務に影響を及ぼす可能性があります。

 

 

4 【経営上の重要な契約等】

(販売代理店契約)

 

契約締結年月

契約主体
(事業部門)

相手方の名称

契約名称

契約内容

現行契約期間

1990年1月

当社
(半導体装置)

Kulicke & Soffa Pte, Ltd.
(旧Orthodyne
Electronics Corp.)
(シンガポール)

販売代理店契約

日本国内におけるワイヤボンダーの独占販売権

1990年1月1日から1992年12月31日まで(以後双方の同意の文書による契約解除まで)

1997年8月

当社
(電子材料・機器)

Deweyl Tool Company, Inc.
(アメリカ)

販売代理店契約

日本国内におけるワイヤボンダー用のツールの販売権

1997年8月7日から(以後双方の同意の文書による契約解除まで)

2000年10月

当社
(電子材料・機器)

Advanced Integrated Technologies, Inc.
(アメリカ)

販売代理店契約

日本国内における電極の独占販売権

2000年10月1日から2003年9月30日まで(以後3年単位の自動更新)

2002年10月

当社
(マリン・環境機器)

New Logic Research, Inc.
(アメリカ)

販売代理店契約

日本国内における振動膜式フィルターの販売権(食品業界向けを除く)

2003年6月27日から2004年6月26日まで(以後1年単位の自動更新)

2004年11月

当社
(マリン・環境機器)

株式会社ニシエフ
(日本)

契約書

日本国内における救命艇の独占販売権(造船所指定)

2004年12月1日から2007年11月30日まで(以後1年単位の自動更新)

2005年1月

当社
(マリン・環境機器)

TAMI Industries SA
(フランス)

販売代理店契約

日本国内におけるセラミック膜の独占販売権

2005年1月17日から2008年6月16日まで(以後1年単位の自動更新)

2005年11月

当社
(電子材料・機器)

Diener Electronic
GmbH
(ドイツ)

販売代理店契約

日本国内における大気圧プラズマ処理装置独占販売権

2007年5月16日から2010年5月15日まで(以後3年単位の自動更新)

 

 

5 【研究開発活動】

該当事項はありません。

 

第3 【設備の状況】

 

1 【設備投資等の概要】

当連結会計年度(自 2019年12月1日 至 2020年11月30日)において重要な設備投資はありません。また、当連結会計年度において重要な設備の除却、売却等はありません。

 

2 【主要な設備の状況】

(1) 提出会社

 

 

 

 

 

 

2020年11月30日現在

事業所名
(所在地)

セグメント
の名称

設備の内容

帳簿価額(千円)

従業員数
(名)

建物

機械及び
装置

工具器具
備品

リース
資産

合計

本社
(東京都品川区)

エレクトロニクス事業
マリン・環境機器事業

サイエンス事業

事務所設備

5,968

5,979

3,469

3,031

18,448

35

名古屋テクニカル・サービスセンター
(愛知県刈谷市)

エレクトロニクス事業

事務所設備

0

93

93

3

神奈川エンジニアリングセンター
(神奈川県大和市)

エレクトロニクス事業

事務所設備

491

15,842

344

16,679

8

 

(注) 1 上記の他、主要な賃借及びリース設備として、以下のものがあります。

本社

年間賃借料

27,957千円

面積

582.40㎡

名古屋テクニカル・サービスセンター

年間賃借料

2,220千円

面積

119.33㎡

神奈川エンジニアリングセンター

年間賃借料

5,919千円

面積

475.06㎡

 

2 従業員数は就業人員数であります。

 

(2) 国内子会社

 

 

 

 

 

 

 

2020年11月30日現在

会社名

事業所名
(所在地)

セグメント
の名称

設備の内容

帳簿価額(千円)

従業員数
(名)

建物及び
構築物

機械装置
及び
運搬具

土地
(面積㎡)

工具器具
備品

リース
資産

合計

株式会社ペリテック

群馬県
高崎市

SI事業

事務所
設備

36,635

3,864

74,618

4,034

119,152

36

 

 

3 【設備の新設、除却等の計画】

(1) 重要な設備の新設等

重要な設備の新設等の計画はありません。

 

(2) 重要な設備の除却等

重要な設備の除却等の計画はありません。

 

第4 【提出会社の状況】

 

1 【株式等の状況】

(1) 【株式の総数等】

① 【株式の総数】

 

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

8,000,000

8,000,000

 

 

② 【発行済株式】

 

種類

事業年度末現在
発行数(株)
(2020年11月30日)

提出日現在
発行数(株)
(2021年2月25日)

上場金融商品取引所名又は登録認可金融商品取引業協会名

内容

普通株式

2,316,000

2,316,000

東京証券取引所
JASDAQ
(スタンダード)

(注)1、2

2,316,000

2,316,000

 

(注) 1 単元株式数は100株であります。

2 当社の発行済株式は、すべて株主としての権利に制限のない、標準となる株式であります。

 

(2) 【新株予約権等の状況】

① 【ストックオプション制度の内容】

該当事項はありません。

 

② 【ライツプランの内容】

該当事項はありません。

 

③ 【その他の新株予約権等の状況】

該当事項はありません。

 

(3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

該当事項はありません。

 

 

(4) 【発行済株式総数、資本金等の推移】

 

年月日

発行済株式
総数増減数
(株)

発行済株式
総数残高
(株)

資本金増減額
 
(千円)

資本金残高
 
(千円)

資本準備金
増減額
(千円)

資本準備金
残高
(千円)

2010年12月1日
(注)

2,304,420

2,316,000

100,210

75,210

 

(注) 普通株式1株を200株の割合で分割しております。

 

(5) 【所有者別状況】

2020年11月30日現在

区分

株式の状況(1単元の株式数100株)

単元未満
株式の状況
(株)

政府及び
地方公共
団体

金融機関

金融商品
取引業者

その他の
法人

外国法人等

個人
その他

個人以外

個人

株主数(人)

8

39

9

10

7,502

7,568

所有株式数
(単元)

96

93

147

11

22,794

23,141

1,900

所有株式数
の割合(%)

0.41

0.40

0.64

0.05

98.50

100.00

 

(注) 自己株式は、「個人その他」に5,501単元、「単元未満株式」に84株含まれております。

 

(6) 【大株主の状況】

2020年11月30日現在

氏名又は名称

住所

所有株式数
(株)

発行済株式
(自己株式を
除く。)の
総数に対する
所有株式数の
割合(%)

青島 勉

横浜市神奈川区

192,000

10.87

楠目 常男

神奈川県鎌倉市

117,100

6.63

塩崎 五月

東京都目黒区

46,500

2.63

中村 泰三

横浜市鶴見区

43,700

2.47

平 豊

群馬県高崎市

41,000

2.32

佐藤 公則

大分県大分市

30,000

1.70

テクノアルファ取引先持株会

東京都品川区西五反田二丁目27番4号

26,000

1.47

槇田 重夫

愛知県豊橋市

25,300

1.43

横倉 弘和

東京都豊島区

18,600

1.05

高橋 由紀子

東京都中央区

18,000

1.02

558,200

31.61

 

 (注)上記のほか当社所有の自己株式550,184株があります。

 

 

(7) 【議決権の状況】

① 【発行済株式】

 

 

 

 

2020年11月30日現在

区分

株式数(株)

議決権の数(個)

内容

無議決権株式

議決権制限株式(自己株式等)

議決権制限株式(その他)

完全議決権株式(自己株式等)

(自己保有株式)

普通株式

550,100

完全議決権株式(その他)

普通株式

17,640

1,764,000

単元未満株式

普通株式

1,900

発行済株式総数

2,316,000

総株主の議決権

17,640

 

 

② 【自己株式等】

 

 

 

 

2020年11月30日現在

所有者の氏名
又は名称

所有者の住所

自己名義
所有株式数(株)

他人名義
所有株式数(株)

所有株式数
の合計
(株)

発行済株式総数に対する所有株式数の
割合(%)

(自己保有株式)

 

 

 

 

 

テクノアルファ株式会社

東京都品川区西五反田二丁目27番4号明治安田生命五反田ビル

550,100

550,100

23.75

550,100

550,100

23.75

 

 

 

2 【自己株式の取得等の状況】

 

【株式の種類等】

普通株式

 

 

(1) 【株主総会決議による取得の状況】

該当事項はありません。

 

(2) 【取締役会決議による取得の状況】

該当事項はありません。

 

(3) 【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

 該当事項はありません。

 

(4) 【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

 

区分

当事業年度

当期間

株式数(株)

処分価額の総額
(千円)

株式数(株)

処分価額の総額
(千円)

引き受ける者の募集を行った
取得自己株式

消却の処分を行った取得自己株式

合併、株式交換、会社分割に係る
移転を行った取得自己株式

その他

 

 

 

 

 

保有自己株式数

550,184

550,184

 

(注)当期間における保有自己株式数には、2021年2月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りによる株式数は含めておりません。

 

 

3 【配当政策】

当社は、株主への還元を第一として、当事業年度および中長期の収益見通しならびに財務状況等を鑑み、継続的かつ安定的な配当を行うことを基本方針としております。

当社の剰余金の配当は、期末配当を年1回または中間配当を含めた年2回を基本的な方針としております。

配当の決定機関は株主総会であり、当社は中間配当を取締役会決議によって行うことができる旨を定款で定めております。

当事業年度の配当につきましては、上記基本方針に基づき、1株当たり期末配当金25円とすることを決定いたしました。内部留保につきましては、持続的な成長による将来の収益力向上を図るための人材確保、自社製品開発への投資、有力企業との提携等に有効に活用する方針であります。

 

(注) 当事業年度にかかる剰余金の配当の決議内容

株主総会決議日

2021年2月25日

配当金の総額

44,145千円

1株当たりの配当金額

25

 

 

 

4 【コーポレート・ガバナンスの状況等】

(1) 【コーポレート・ガバナンスの概要】

① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

当社は、お客様に感動して頂ける高品質な商品・サービスを提供により、社会の発展に貢献するという基本理念のもと、持続的な成長と企業価値の向上を実現するために、経営判断の迅速性・効率性を重視し、コーポレート・ガバナンスの強化に努めております。

 

② 企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由
1) 企業統治の体制の概要

当社は監査役会設置会社であります。

(a) 取締役会・取締役

 取締役会は、代表取締役社長を議長とし、取締役4名で構成されております。(構成員の氏名については、後記(2)役員の状況に記載しております。

 取締役会は、会社法で定められた内容のほか、経営戦略、事業計画の執行に関する最高の意思決定機関及び業務執行の監督のため、毎月1回の開催を定例化しております。取締役会では、法令定款に定められた事項に限定せず、幅広く決議事項、報告事項を議案とし、実質的に業務執行に関する最高意思決定機関及び監督機関として機能しております。

(b) 監査役会・監査役

 監査役会は、常勤監査役1名および社外監査役2名で構成されております。(構成員の氏名については、後記(2)役員の状況に記載しております。)

 監査役は、取締役会に出席し、取締役の業務執行を監督するとともに、社長のほか各担当取締役と随時情報交換を行い、経営課題や問題点を共有するほか、さまざまな角度から経営をモニターし、取締役の業務執行に対して厳正に対応しております。また、監査役は、毎月1回監査役会を開催し、監査役監査に関する協議を行っております。

(c) 内部監査

 社長直轄の監査室(1名)を設置しており、年間を通じて内部監査規程により必要な監査を実施するとともに、適宜、監査役と意見交換を行っております。

(d) 会計監査人

 会計監査人は、三優監査法人であります。

 

会社の機関、コーポレート・ガバナンス体制の関係を示すと以下のとおりであります。

 


 

 

2) 当該体制を採用する理由

当社は、企業規模を鑑み、経営判断の迅速性・効率性の最大化を重視していること、また、現時点においては、当該体制のもと実効性のあるガバナンスを実現できていることから、当該体制を採用しております。

 

③ 企業統治に関するその他の事項

1) 内部統制システムの整備の状況

当社は、以下の内部統制システムの基本方針に基づき、内部統制システムを整備・運用しております。

(a)  取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制

・ステークホルダーの要望に応え、健全な企業活動を継続して行う上で、コンプライアンスが重要不可欠であるとの認識に立ち、コンプライアンス・マニュアルを作成する。社長直轄の監査室が、コンプライアンス担当部署となり、役員及び社員一人ひとりがコンプライアンスを実行するための支援・指導を行い、徹底を図る。

・社内の規程違反、問題に関する社内通報について、公益通報者保護法対応マニュアルを準用規定し、通報窓口を監査室又は監査役とする。

・内部監査を担当する社長直轄の監査室は、コンプライアンスに関し監査を行う。

・取締役会及びマネージメント会議の月1回開催を定例とし、各取締役間の意思疎通を図るとともに相互の業務を監督する。

・監査役3名が取締役会、マネージメント会議を含む重要な会議に出席し、また取締役と随時情報交換を行い、取締役の職務執行を監査する。

・社会の秩序や企業の健全な活動に脅威を与える反社会的勢力に対しては、反社会的勢力対策規程に則り、毅然とした姿勢で組織的に対応する。

(b)  取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制

・取締役会、マネージメント会議等の議事録、並びに稟議書、報告書その他取締役の職務執行に係る重要な書類については、文書管理規程に基づき適切に保存及び管理する。

・文書管理規程を含む社内規程の改廃は取締役会の承認を要する。

(c)  損失の危険の管理に関する規程その他の体制

・市場リスク管理方針規程、市場リスク管理施策規程に基づき取締役会が毎事業年度初めに年間の市場リスク管理施策を決定し、管理グループが管理にあたる。実行結果は毎月管理グループマネージャーが取締役会に報告する。

・IT社内ルール、セキュリティ・マニュアルに則り、情報システムやその他の安全性対策を適切に実施する。

・内部監査担当の監査室及び監査役がそれぞれの監査においてその他リスクを感知察知する場合は、代表取締役に報告する。

(d)  取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

・企業価値の最大化を図る観点から、営業判断の迅速化、経営の効率化を進め、経営のチェック機能の充実及び適時適切な情報開示を行うことを目的に定時取締役会を月1回開催し、重要案件があれば臨時取締役会を開催する。取締役会は、経営戦略、事業計画の執行に関する最高の意思決定機関であり、取締役の職務執行の監督を行う。

・社長、各営業グループマネージャー、管理グループマネージャー及び監査役が出席するマネージメント会議を月1回開催する。取締役会で付議される以外の経営に関する、より細部にわたる審議、報告を行い、主として事業環境の分析、事業計画、利益計画の進捗状況など情報の共有化を図り、経営判断に反映させる。

(e)  当社及びその子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制

・関係会社管理規程に基づき、当社とその子会社は、統一された経営理念と基本方針に従い、綿密な連携を保つ。

・当社の取締役又は監査役等が、子会社の業務の適正を監視する。

・当社と子会社の連絡会議において、子会社の代表取締役による経営に関する報告並びに当社の指導・監督を実施する。

(f)  監査役の職務を補助すべき使用人に関する事項、当該使用人の取締役からの独立性に関する事項及び当該使用人に対する指示の実効性の確保に関する事項

・監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合、必要な員数等を監査役と協議の上、人員を配置する。

・監査役を補助すべき使用人は、監査役の指揮命令下で補助業務を行う。

(g)  当社及び子会社の取締役及び使用人が監査役に報告するための体制、その他の監査役への報告に関する体制、報告をしたことを理由として不利な取扱いを受けないことを確保する体制及びその他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制

・監査役会規程、監査役監査基準及び内部統制システムに係る監査の実施基準に基づき、監査役は重要な会議に出席し、意見を述べるとともに、代表取締役をはじめとする取締役と随時会合を持ち、経営方針を確かめ、会社が対処すべき課題、会社を取り巻くリスクの他、監査役監査の環境整備状況、監査上の重要課題等について意見を交換する。

・当社及び子会社の取締役及び使用人等は、公益通報者保護法対応マニュアルに基づき、公益通報があったとき及び社内の規程違反、問題に関する社内通報があったときには、監査役に報告する。

・当社及び子会社の取締役及び使用人等は、当社の業務又は業績に影響を与える重要な事項について、監査役に都度報告する。監査役はいつでも必要に応じて取締役及び使用人に対して報告を求めることができる。

・監査役に報告を行った者に対し、当該報告をしたことを理由として不利な取扱いを受けないことを確保するため、監査役は取締役又は使用人から得た情報について、第三者に対する報告義務を負わないものとする。

・監査役がその職務の執行について生ずる費用の前払い又は支出した費用の償還を請求した際は、明らかに監査役の職務の執行に関係しないと認められる費用を除き、すみやかにこれに応じることとする。

 

2) リスク管理体制の整備の状況

当社は、企業活動を取り巻く様々なリスクを事前に予測し未然に防止するとともに、リスクが発生した場合には、損害を最小限に抑制することをリスク管理の基本方針としております。全社的なリスク管理体制を構築すべく危機管理マニュアルを制定し、その下で各部署において関連するリスクの把握及び対応に取り組んでおります。

 

3) 取締役会で決議することができる株主総会決議事項

当社は、自己株式の取得について、経営環境の変化に対応した機動的な資本政策を可能とするため、会社法第165条第2項の規定に基づき、取締役会決議によって市場取引等により自己の株式を取得できる旨を定款に定めております。また、当社は、株主への機動的な利益還元を行うため、取締役会決議により毎年5月31日を基準日として中間配当を行うことができる旨を定款に定めております。

 

4) 取締役の定数

取締役の定数は8名以内とする旨を定款に定めております。

 

5) 取締役の選任の決議要件

当社は、取締役の選任決議については、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨及び選任決議は、累積投票によらない旨を定款に定めております。

 

6) 株主総会の特別決議の要件

当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議の要件について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款に定めております。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目的とするものであります。

 

7) 取締役及び監査役の責任免除

当社は、会社法第427条第1項に基づき、社外監査役全員との間において、会社法第423条第1項の賠償責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任限度額は、法令が定める額としております。なお、当該賠償責任が認められるのは、当該社外監査役が責任の原因となった職務の遂行について善意でかつ重大な過失がないときに限られます。

 

 

(2) 【役員の状況】

① 役員一覧

男性7名 女性0名 (役員のうち女性の比率0%)

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数(株)

代表取締役社長

青島 勉

1957年5月6日

1980年4月

イギリスDodwell & Co.,Ltd.入社

1989年12月

当社設立と同時に入社 半導体装置グループ グループマネージャー

2003年1月

当社取締役 半導体装置グループ グループマネージャー

2011年4月

当社取締役 営業統括マネージャー

2011年9月

株式会社ペリテック取締役(現任)

2012年1月

当社代表取締役社長(現任)

(注)2

192,000

取締役
エレクトロニクスグループ 
グループマネージャー

中村 泰三

1971年12月24日

1995年4月

日本電気株式会社入社

1997年10月

当社入社

2011年4月

当社執行役員(半導体装置グループ グループマネージャー)

2017年2月

当社取締役(半導体装置グループ グループマネージャー)

2017年4月

当社取締役(エレクトロニクスグループ グループマネージャー)(現任)

2021年1月

株式会社ペリテック取締役(現任)

(注)2

43,700

取締役
システム開発グループ
グループマネージャー

稲垣 映磨

1973年9月17日

1997年4月

東京エレクトロン株式会社入社

2001年10月

当社入社

2016年4月

当社システム開発グループ グループマネージャー

2017年4月

当社執行役員(システム開発グループ グループマネージャー)

2018年2月

当社取締役(システム開発グループ グループマネージャー)(現任)

(注)2

3,500

取締役

井澤 年宏

1978年11月26日

2004年7月

株式会社ペリテック入社

2009年10月

株式会社ペリテック技術部長代理

2012年7月

株式会社ペリテック経営企画室長

2013年12月

株式会社ペリテック取締役(営業グループマネージャー)

2015年2月

株式会社ペリテック常務取締役

2016年2月

株式会社ペリテック代表取締役社長(現任)

2018年2月

当社取締役(現任)

(注)2

4,300

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数(株)

常勤監査役

青野 芳久

1958年9月26日

1981年4月

イギリスDodwell & Co.,Ltd.入社

1996年1月

クラークソン・アンド・ベイン・ジャパン・リミテッド入社

2000年2月

クレスト・リインシュランス・ブローカーズ株式会社入社

2004年3月

ウイリス・リミテッド入社

2008年10月

ジェイ・ディ共済協同組合入社

2012年1月

当社入社

2012年2月

当社常勤監査役(現任)

(注)3

監査役

村上 章

1959年8月13日

1986年7月

株式会社岐阜ナチュラル(現株式会社ナチュラル)入社

1999年4月

中小企業診断士登録

2005年7月

アシストブレインコンサルティング開設

2015年9月

行政書士登録

2017年3月

実践経営コンサルティング株式会社代表取締役(現任)

2018年3月

ソフトブレーン株式会社社外取締役(現任)

2020年1月

事業承継コンサルティング株式会社代表取締役(現任)

2020年2月

当社監査役(現任)

(注)4

監査役

田村 洋平

1962年4月23日

1987年4月

アルプス電気株式会社(現アルプスアルパイン株式会社)入社

1999年10月

中央監査法人入所

2003年4月

公認会計士登録

2007年8月

新日本監査法人(現EY新日本有限責任監査法人)入所

2012年4月

中小企業診断士登録

2012年8月

たむら会計事務所設立 代表(現任)

2020年2月

当社監査役(現任)

(注)4

243,500

 

(注) 1 監査役村上章氏及び田村洋平氏は、社外監査役であります。

2 取締役の任期は、2020年11月期に係る定時株主総会の終結の時から2021年11月期に係る定時株主総会の終結の時までであります。

3 常勤監査役青野芳久氏の任期は、2017年11月期に係る定時株主総会終結の時から2021年11月期に係る定時株主総会の終結の時までであります。

4 監査役村上章氏及び田村洋平氏の任期は、2019年11月期に係る定時株主総会終結の時から2023年11月期に係る定時株主総会終結の時までであります。

 

② 社外役員の状況

当社の社外監査役は2名であり、村上章監査役及び田村洋平監査役と当社との間には、特別な利害関係はありません。

社外監査役の村上章氏は経営コンサルタントとしての職務経験が長く、その培われた知識・経験等を当社の監査にいかしていただけると判断し、社外監査役として選任しております。

社外監査役の田村洋平氏は公認会計士であり、その培われた知識・経験等を当社の監査にいかしていただけると判断し、社外監査役に選任しております。

当社においては、社外取締役及び社外監査役を選任するための独立性に関する基準又は方針を定めてはいないものの、選任にあたっては、株式会社東京証券取引所が定める独立性に関する判断基準を参考にしております。

 

③ 社外監査役による監督と又は監査と、内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携等

社外監査役は、取締役会・マネージメント会議等重要会議に出席し、適宜意見を述べ、当社の経営方針を含む経営全般の状況を把握、理解しております。また、常勤監査役から社外監査役に対して、実地往査の結果等について、適宜概要説明を行っております。これらを通じて各監査役が独立した立場から監査を実施しており、経営の監視機能の面では十分に機能する体制が整っていると判断しております。

当社は、三優監査法人と監査契約を締結しており、期中を通じて会計監査が行われ、監査役は監査方針について意見交換を行い、監査の方法や結果について、適宜監査法人より報告を受けております。

監査役は、監査室との会合を定期的に持ち、監査の方法や結果について情報交換を行うことで相互連携を図っております。

 

 

(3) 【監査の状況】

① 監査役監査の状況

当社は、常勤監査役1名、非常勤監査役(社外監査役)2名からなる監査役会を設置しており、取締役会に出席し、意見を述べております。監査役は業務及び財産状況の調査を随時行い、決算期には取締役会に対して監査報告書を提出しております。また、監査室や会計監査人との連携を密にし、取締役の業務遂行を監査しております。なお、非常勤監査役田村洋平氏は、公認会計士の資格を有し、財務及び会計に関する相当程度の知見を有しております。

当事業年度において当社は監査役会を13回開催しており、個々の監査役の出席状況については次の通りであります。

氏名

出席回数 / 開催回数

青野 芳久

13 / 13

村上 章

9 / 9

田村 洋平

9 / 9

 

なお、村上章氏、田村洋平氏の両氏は、2020年2月27日開催の第30回定時株主総会にてそれぞれ選任された後に開催された監査役会の回数及び出席回数を記載しております。

 

監査役会においては、監査方針や監査計画の策定、監査報告書の作成、会計監査人の再任、会計監査人の報酬、会計監査人からの報告と意見交換、取締役会に付議される主要議案の内容、定時株主総会への付議議案等を主に審議・検討いたしました。

また、常勤監査役は、取締役会をはじめとする重要な会議への出席、重要書類の閲覧等により、意思決定過程および業務執行状況について適時に把握するほか、監査室および会計監査人との間で情報および意見の交換を定例的に行い、業務執行の監査、内部統制の監査を行いました

 

② 内部監査の状況

当社は、当社の業務全般の内部管理体制の適切性、有効性を検証することを目的として、代表取締役社長直属の組織である監査室(1名)を設置し、「内部監査規程」に基づく各事業部門に対する監査を定期的に行っております。監査室は内部監査報告書を作成し、監査の内容及び結果について代表取締役社長に報告しております。問題点が認められた場合は、被監査部門に対し、改善指示書を発出し、その改善実施の方法、改善計画等、措置の状況を記載した改善状況報告書を改善指示書の受領から1カ月以内に監査室に提出させることとしております。その後の改善実行状況について調査、確認を行い、その結果を代表取締役社長及び必要に応じて関係役員に報告しております。さらに、監査役や会計監査人と連携することで、内部統制機能が機能するように努めております。

 

③ 会計監査の状況

1) 監査法人の名称

 三優監査法人

 

2) 継続監査期間

 11年間

 

3) 業務を執行した公認会計士

 公認会計士 山本公太

 公認会計士 川村啓文


4) 監査業務に係る補助者の構成

 監査業務に係る補助者は、公認会計士5名及びその他2名であります。

 

5) 監査法人の選定方針と理由

当社は、独立性、専門性、品質管理体制及び監査報酬等を総合的に勘案し、監査法人を選定しております。上記について検討した結果、適任と判断し同監査法人を選定しております。

 

6) 監査役及び監査役会による監査法人の評価

 当社は、監査役会において策定した評価基準に基づき、監査法人の独立性、専門性、品質管理体制、各種コミュニケーション及び監査報酬等について、評価しております。

 上記について評価した結果、同監査法人は、期待される機能を十分に発揮していると判断しております。

 

④ 監査報酬の内容等

1) 監査公認会計士等に対する報酬の内容

区分

前連結会計年度

当連結会計年度

監査証明業務に
基づく報酬(百万円)

非監査業務に
基づく報酬(百万円)

監査証明業務に
基づく報酬(百万円)

非監査業務に
基づく報酬(百万円)

提出会社

18

20

連結子会社

18

20

 

 

2) 監査公認会計士等と同一のネットワークに対する報酬

該当事項はありません。

 

3) その他重要な報酬の内容

該当事項はありません。

 

4) 監査報酬の決定方針

 当社は、監査法人から提示された監査計画および監査日数等の妥当性ならびに当社の規模・業務の特性等を勘案し、監査役会の同意を得て監査報酬を決定しております。

 

5) 監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由

監査役会は、会計監査人が提出した監査計画の妥当性や適正性等を検討した結果、会計監査人の報酬等は合理的な水準であると判断し、会計監査人の報酬等の額について同意しております。

 

 

(4) 【役員の報酬等】

① 役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項

当社は、役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針を定めておりません。

当社の役員の報酬等に関する株主総会の決議年月日は2005年2月25日であり、決議の内容は、取締役の報酬額は年額100百万円を限度とし、監査役の報酬額は年額10百万円を限度とするものであります。

当事業年度における各取締役の報酬等の額については、2019年2月27日開催の取締役会において各取締役の報酬等の額についての決定が代表取締役に一任され、代表取締役が、各取締役の担当する職務、責任、業績および貢献度等を総合的に勘案し、決定しております。各監査役の報酬等については、監査役の協議により決定しております。

 

② 役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

役員区分

報酬等の総額
(百万円)

報酬等の種類別総額(百万円)

対象となる
役員の員数
(名)

固定報酬

業績連動報酬

退職慰労金

取締役

43

35

7

4

監査役
(社外監査役を除く)

7

6

1

1

社外役員

2

2

4

 

(注) 退職慰労金は、当事業年度に役員退職慰労引当金繰入額として費用処理した金額であります。

 

③ 役員ごとの連結報酬等の総額等

連結報酬等の総額が1億円以上であるものが存在しないため、記載しておりません。

 

(5) 【株式の保有状況】

該当事項はありません。

 

第5 【経理の状況】

 

1 連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について

(1) 当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)に基づいて作成しております。

 

(2) 当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。

また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しております。

 

2 監査証明について

当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2019年12月1日から2020年11月30日まで)の連結財務諸表及び事業年度(2019年12月1日から2020年11月30日まで)の財務諸表について、三優監査法人により監査を受けております。

 

3 連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内容を適切に把握し、または会計基準等の変更等について的確に対応できる体制を整備するため、公益財団法人財務会計基準機構へ加入し、適正な連結財務諸表等の開示に努めております。また、将来の指定国際会計基準の適用に備え、監査法人等が主催する研修会への参加並びに会計専門書の定期購読を行っております。

 

1 【連結財務諸表等】

(1) 【連結財務諸表】

① 【連結貸借対照表】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(単位:千円)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前連結会計年度

(2019年11月30日)

当連結会計年度

(2020年11月30日)

資産の部

 

 

 

流動資産

 

 

 

 

現金及び預金

338,904

750,129

 

 

受取手形

46,112

27,844

 

 

電子記録債権

13,414

45,342

 

 

売掛金

899,183

371,691

 

 

商品

173,359

189,870

 

 

仕掛品

84,800

50,035

 

 

前渡金

70,266

122,521

 

 

未収還付法人税等

27,366